青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時期~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

時には~ ~時代 時代~ ~時分 時分~ ~時刻 時刻~ 時勢~ 時半~ ~時期
時期~
~時計 時計~ ~時間 時間~ 晝~ ~晩 晩~ 晩年~ ~普通 普通~

「時期~」 2861, 27ppm, 4369位

▼ 時期~ (645, 22.5%)

19 於て 9 於いて 8 入って, 於ては, 達して 7 なって, なると, 来て 6 当って 5 なった, 到達し, 於ても, 遭遇し 4 あった, あって, 日本の, 私は 3 さしかかって, 到って, 到達した, 当つて, 至って, 際会し

2 [26件] あったの, ある, おかれて, それが, なったと, なったの, なっても, ならない, はいりかけたの, ゴーリキイの, プロレタリア文学は, 亘って, 依つて, 入った, 入ると, 分つこと, 向って, 於ける天皇家, 田植を, 発生した, 神が, 穂が, 至れば, 逢着し, 達した, 達したの

1 [460件] あたって, あったから, あった現象, あっては, あつた, あつて, あのよう, あの辺, あらわされた個性, ありその, あること, あるの, あるもの, ある一つ, ある人, ある娘, ある婦人, ある当人, ある特別, いつまで, いつもフロイス, いるが, いるの, いろいろの, うなぎが, おこる飛躍, お産を, かう言, かかれたもの, かっきり達し, かれの, きっと彼の世, きて, こういう問題, こういう結果, ここに, この, この三軍, この住宅, この比率, この法案, これらの, こんな暢気, さうし, さしかかってると, さらされて, しかもなまなましい, すぐ到達, そうした生活, そう大した, その人, その傾向, その段階, その活動力, その総体, その裏うち, それぞれの, それぞれ一定の, それぞれ低温実験室とか, それぞれ次の, それに, それを, ぞくして, ちがった形, ちようど念仏踊りを, です戀愛, どういう土, どういう思考作用, どこでも, どれほど, どんな内容, なぜ太陽, なったよ, なった時, なつたら, なつて, なつて踊りも, なにかが, なり渓間, なり猪, なるが, なるので, なれば, はいった, はいったとき, はいったわけ, はいった時, はじめて公刊, ひとしくツァー暗殺, ぴたりと, ふと思い上った, ぶつかつ, ぶつかると, ほかならぬの, まう一度, またがって, まったく致命的, めぐりあった新しい, めぐり合せたもの, めぐり合せた俊才たち, よい蒐集, わけの, わざわざシナ, わたった事業, わたって, われわれは, ウロツイて, ソヴェト同盟は, ヒダの, ファシスト的デマゴギーに, ベートーヴェンと, マリアが, メキシコでは, ヨオロッパの, ラジオ放送し, ロマンチック思想の, 一八〇〇年よりも, 一囘落ち翌年また, 一家を, 一度ならず, 一種族が, 一致し, 一躍し, 一部の, 丁度私たち, 三円三十銭一月から, 三好義重が, 上人の, 不作が, 与えられた名称, 主張する, 予め起つ, 亙る所, 人々を, 人口の, 人民の, 人界から, 人類は, 人麻呂が, 仕事を, 他の, 仮に人間, 伊藤整も, 伝統の, 何たる微妙, 作者は, 作者も, 併在した, 例えばこの, 倍加され得よう, 僕の, 兄弟三人とも, 先立たなかったこと, 先立って, 入ったこと, 入ったの, 入った日本, 入ってから, 入つて, 入りつつ, 入り五十年以内, 入り収穫, 入り昨年二月, 入る, 入るだろうという, 入るとき, 入るにつれ, 入ろうとして, 出た, 出て, 出会った, 出現する, 出生率は, 出逢った, 分かれる, 分けられる煎茶, 分ける事, 分たれる, 分つて, 別ければ, 別に一つ, 別れて, 別府で, 到来し, 到着する, 労作, 労働者農民は, 勉強の, 動いて, 勘定を, 勝手に, 区切られて, 区劃する, 十月八日に, 又再び之, 取り組み人間, 取上げられたの, 古代には, 右の, 各国の, 同じ社会的条件, 同じ胎内, 同一の, 同時に目, 吐き気を, 向かって, 君の, 吾, 吾が文壇, 品物が, 唯物弁証法という, 喀血した, 営んで, 国外で, 土壌が, 地名を, 地熱が, 地球上の, 増加した, 外ならない, 外へ, 多かつ, 多種の, 多量に, 大きな葉, 女房が, 婦人作家の, 婦人作家は, 学んだの, 宗教的な, 実際運動, 家族に, 寵を, 小さな子供, 小市民出身, 就いて, 就いてだけ, 就いても, 居た, 居ると, 属して, 属すもの, 属する, 岡本かの子が, 幾分の, 幾多の, 引揚げた, 当てはめるに, 当りましょう, 当るの, 当面し, 彼にとって, 彼の, 彼は, 往往はげしい, 後の, 後れまじと, 後進国らしい, 必ず改めて究明, 必要な, 忽然多発し, 思想の, 急速な, 恰も遥か, 悪性の, 成つたもの, 成立した, 或る, 手紙あげます, 折竹は, 採るべき行為, 摘み取らなければ, 文化, 文化は, 文学に, 新聞の, 於いては, 於いても, 於けるこちら, 於ける一小説家, 於ける失業者, 於ける好み, 於ける性慾撰択権内, 於ける歴史的一運動, 於ける生, 於ける病父母, 於ける神, 於ける象, 於てのみ, 日本で, 日本に, 旺盛だった, 映画を, 書かれたもの, 書かれた作品, 書かれました, 最も努むべ, 最も豊か, 材料難を, 来た, 来てるん, 来る場所, 東洋は, 林房雄氏が, 株に, 案外にも, 梅雨が, 止まり或は, 此神事が, 死んで, 死亡の, 死病に, 殆ど壮大, 比して, 民主主義文学運動の, 水を, 水力電気を, 永遠的価値ある, 求めねば, 江戸に, 決してただ, 深い交渉, 渡つて行は, 準備された, 溯り服中, 瀕し, 熟するから, 爲替相場が, 特殊な, 特殊に, 犯した思想上, 状勢に, 率先し, 現れた永井荷風, 現れるの, 生きた錯雑, 生きる人間, 生れ活動, 画家を, 當る, 発生し, 発生する, 発表した, 直面し, 相継いで, 真実な, 知らせて, 石坂氏の, 示す危険性, 私が, 穀物が, 突入し, 立ち到って, 立って, 立つて, 籾を, 粟田口鋭き, 精神的疾患を, 素子は, 組織内に, 経済力を, 経験した, 繼ぎ合わせ, 考えられて, 考えられ又, 腸出血や, 臨めるを, 自ら刃に, 自分の, 自動的に, 自身の, 至って昂揚, 至つて地球の, 至つて拂出し, 至つて魂の, 至るに従って, 至るまで, 色々困った, 苦しむという, 英蘭及び, 英語版の, 萌えいでた芽, 萌え出て, 著作者より, 行き当るでしょう, 行はれた, 行われたの, 行われた主要, 裏日本に, 襲われたの, 襲来した, 見たこと, 見事な, 親鳥を, 評論集としては, 該当する, 読者としての, 諸国に, 起こった最も, 起った, 起るが, 起る事, 踏み迷, 身上の, 輸入された, 近いな, 近づくこと, 近づく時, 近代文学の, 返った, 迫って, 迷信と, 迸発したもの, 送り出された何人, 這入ったこと, 這入ったの, 這入って, 這入つてる訣, 逢うの, 遅くれ, 遅くれず, 達したという, 達したとしても, 達したもの, 達した処女, 達した様, 達した社会, 達しなければ, 達すると, 達するを, 達せねば, 適切な, 適切の, 適当の, 遭つてゐる, 遭遇します, 遭遇せり, 遺憾にも, 邂逅しつ, 都邑の, 都電が, 金魚の, 間に, 間にあうよう, 関係の, 関連した, 限ると, 限るよう, 際会され, 際会した, 青年期を, 非ず, 非マルクス主義陣営, 非常に, 面して, 飛躍する, 鬱屈させられ, 魂が, 魂の, 鴨に

▼ 時期~ (420, 14.7%)

13 来れば 12 ある, 来ると 11 あった 10 來る 9 来て 7 あつた, あるもの, 来た 5 来たの, 来るまで 4 あって, きて, 来る, 迫って 3 あります, あること, くる, すぎると, 來れ, 時期だ, 来るだろう, 来るに

2 [31件] あったと, あったの, あまり続いた, ありました, あると, あるの, くると, くれば, すぎて, やってきて, やつて, 來ても, 來ない, 冬で, 到来した, 悪かつ, 早すぎる, 来たら生き残るため, 来ないとも, 来なければ, 来るかも, 来るの, 来るまでは, 私に, 経過し, 経過する, 近づいて, 遅れて, 過ぎて, 過ぎると, 限られて

1 [220件] あったが, あったそう, あったという, あったに, あったろうか, あつて, あらゆるもの, ありこの, ありそう, ありますから, あり得るという, あるかも, あるから, あるが, あるせい, あるだらうと, あるだろうか, あるだろうという, あるであろうという, あるとの, あるとは, あるに, あるよう, あるん, ある程度まで, いかに遠い, いたるであろう, いちばん狂暴に, いるもの, おくれたやう, おくれて, おくれるぢゃないですか, おそいもう少し, おそくて, おそく別に, おそって, かくの, かなり長, きたの, きたらおれ, きたらわたしども, きたら悠二郎, きましたから, くりゃあ, くるかも, くるまでは, すぎこの, すぎるの, すくなくとも五年, すんだらちゃんと, そういうプロレタリア芸術運動, その証拠, それである, それらの, それ自体として, そろそろ終ろう, たまたま一致, たまたま今次, つづく, どのよう, どの位, ない, ないとは, なかつた, なく戰亂, はじまった, ふゆな, まだ早かっ, やがて來, やってくるであろう, やって来ても, やって来ましたよ, やって来る, よかった, わかるやう, ズレて, ソヴェトの, 一二週間やってき, 一人の, 七日目である, 世界史的に, 二人の, 今にきっと来る, 今終らう, 休暇に, 何時か, 來さうにも, 來ました, 來んとも, 全盛の, 切迫し, 到つたので, 到るであろう, 到来し, 到来したら, 到来すれ, 到来せん, 刻々と, 即ち爾, 参りませうから, 収った, 同僚として, 同時に一般, 唐宋の, 問題です, 問題と, 大切な, 奈良の, 女の子には, 始まった, 定まって, 家庭と, 少し早, 尚早い, 延びたばかり, 延びて, 引続いた, 彼清水が, 彼等に, 後の, 後れて, 後れるかも, 必要な, 悪いため, 悪いという, 悪いの, 悪かった, 想像せられる, 我が國史, 新しいにも, 日本の, 早い, 早いし, 早いので, 早いよ, 早ければ, 早まつ, 早晩到来する, 昔にも, 時期だけに, 時期です, 暗いの, 最もおとなしい, 最も好い, 有るであろうと, 来かかって, 来たこと, 来たと, 来たという, 来たらにわかに, 来たわけ, 来た時分, 来ったの, 来つつ, 来つて, 来ないごとく哲学者, 来ない前, 来ねば, 来べしとは, 来ました, 来ましたから, 来ます, 来ること, 来るだらうと, 来るだろうと, 来るという, 来るん, 正しい平均, 段々きまつ, 比較的新しい, 気持の, 決ったらその, 決まると, 熟したら温, 熟して, 熟するだろうあるいは, 現われそして, 異る, 盆と, 相応に, 真剣に, 短か, 示されて, 私にも, 穂によって, 精確に, 経つに, 経過しない, 続いた, 続いたが, 續いた, 自分に, 自己の, 英独開戦の, 襲って, 襲來する, 計らぬ面, 訪れて, 語序を, 説明可能の, 誰にだって, 誰にでも, 近づいたぞ, 近づいたやう, 近づきつつ, 近づきました, 近付いた, 迫った, 遅いかも, 遅いので, 遅かつ, 遅れ余り期待, 過ぎたから, 過ぎたら祝言, 過雲, 違うよう, 遠退きました, 長かつ, 長く時として, 長引くに従って

▼ 時期~ (341, 11.9%)

11 待って 9 見て 6 失して 5 異にする 4 異にし, 通って, 逸して 3 劃して, 待つて, 待つの, 待てと, 早めること, 通過した, 過ぎて

2 [24件] すぎて, ひとしくし, 中心として, 失したの, 定めて, 待たねば, 待つこと, 待つですな, 択んで, 持って, 持つもの, 現は, 生きた八〇年代, 看過し, 知って, 経過した, 見なければ, 調べて, 逸しては, 遅らせて, 過ぎた, 過ぐれ, 過して, 選んで

1 [229件] あまり選ばなく, いつか経過し, いつか通りすぎ, うっかりすごし, おいては, かえりみると, ここに, ことごとく知っ, この頃, さだめがたい, すごせば, その頁, それぞれに, とおして, とおって, とっくに過ぎた, とり扱って, はかって, ひきまわされやがて, へつつ, ほとんど江戸研究, まだ余りすぎ, まって, まつよう, まつユトリ, まともに, みて, みなければ, もっと早め, もっと早める, もつもの, やはりこの, よく表わす, より縮めん, わざ, わるくい, ドイツで, 一区画として, 一生涯の, 三区分し, 主と, 予想し, 予言した, 予言する, 二つに, 云うので, 云って, 今やおそし, 仙台の, 低く評価, 何とかきりまわし, 何一つ教えられず, 作り出すべき大, 作るもの, 全くすぎ, 冀望せざる, 分けて, 切り拔, 刻々に, 劃すること, 劃するに, 劃するの, 劃するもの, 劃する一つ, 区別せしむべき, 占める筈, 原始代太古代中, 去つて, 同うし, 同じうし, 味おう, 呻吟し, 回顧し, 境する, 境として, 境界として, 夏から, 失うから, 失う筈, 失した口, 失する, 失すると, 失すれば, 失せずかれら, 失せず明確, 失っては, 失つてゐた, 子供と共に, 少しだ, 展望し, 希求し, 幸福な, 延して, 延ばした, 延ばして, 延ばそういま, 待たう, 待たずそれ, 待ちましょう, 待ち望んで, 待っては, 待つた, 待つたと, 待つたの, 待つつもり, 待つと, 待つべきでしたあの, 待つもの, 待て, 待てこの, 待てば, 待とうと, 心得て, 思い出す事, 思ひがけ, 思わせた, 思わせるもの, 恋愛関係または, 打合せに, 批判し, 指して, 指定し, 指示され, 指示する, 挾むこと, 推測し得られる, 掴んで, 描いた数, 撰んで, 故ら, 教へて, 文化史の, 斥す語で, 早くする, 早めさす口火, 早めたいと, 早めたに, 早めたもの, 早めるか, 早めると, 早める硬論, 景行天皇の, 暗示する, 曖昧に, 最初の, 本気で, 来させないと, 決定的勝利に, 泥に, 海外に, 漠然と考へ, 潜りぬけた経験, 無用に, 爭つて日光を, 父親は, 特別に, 画したこと, 画した作品, 画した岩波, 画すこと, 画すもの, 画するに, 画するもの, 画す性質, 界に, 畫し, 病院で, 皇室によって, 知らず真に, 知る事, 確言した, 示すと, 種々の, 経た後, 経て, 経過し, 経過すれ, 経過せる, 経験し, 経験した, 經て, 經過する, 縮めて, 考うる, 考えて, 脱却する, 自分ばかりの, 芸術以外の, 若い女性, 葬るため, 見はから, 見はからって, 見まして, 見ること, 見計って, 言い現, 計ること, 計算した, 訊いた, 記念する, 許して, 誤り採り, 謂つてゐる, 貫いて, 越して, 辨へ, 迎えたから, 通じ宏子, 通りすぎて, 通り越して, 通り過ぎた後, 通過し, 通過しなく, 逸すること, 逸するとかいう, 遅らして, 過ぎても, 過ごした, 過ごし九時, 過ごす助け, 遲らし, 選ばず氷, 選ばず発情, 選んだの, 避けるの, 邑落離れた, 限りある, 除いては, 除けば

▼ 時期~ (277, 9.7%)

8 間は 5 後に, 間に 4 ことである, 古代生活とでも 3 來る, 問題だ, 後には, 来るの

2 [12件] あとに, あること, ことも, 一番終りの, 到来を, 前後に, 姿態を, 方が, 詩人は, 詩篇には, 間, 間には

1 [215件] ああいう憤り, あつた, あの姿, あひだ宗右衛門, いずれの, いろいろの, うすれ果てた記憶, うちに, うちにおいても, くいちがいを, ことだった, ことでなく, こととて, ことなども, ことは, ことを, このみに, さまざまの, すぐあと, そのまた, その他の, それと, なつかしい思い出, ひとつの, ほうが, もっとも忠実, ものが, ものでした, ものなら, シェリングは, ジャーナリズムは, ズレか, プロレタリア作家の, ベートーヴェン, ベートーヴェンの, ロマン, 一つである, 一つでしょう, 一つは, 一刻も, 一国の, 一国人口の, 一日も, 一日暮方駿河台下の, 一転舵なり, 上に, 不適当, 久野女史を, 事情を, 二人だった, 人たちとして, 人口を, 人生の, 何のと, 何れか, 余りに早かっ, 作, 作かも, 作品には, 作品にも, 作者の, 作者は, 価格よりも, 値の, 傾向であり, 傾向として, 全部が, 六月四日および, 内では, 内に, 内容的充実についての, 出生率で, 切迫とともに, 到るを, 到達し, 前年, 前後より, 勉強如何で, 十年おきの, 印刷者たちは, 印象から, 反動が, 古語においては, 吾, 問題だけ, 問題であった, 問題であろう, 問題では, 問題やらを, 啓蒙とは, 執筆は, 増加は, 大ロマン作品, 大姐, 大部分, 夫に対して, 好例は, 姿と, 婦人作家たちの, 嫉妬や, 存した, 定まらぬ天候, 幾つかの, 影響が, 彼の, 彼を, 待遇等は, 後間もなく, 微妙な, 徴候としては, 心の, 心中を, 必ず到, 性格は, 息づんだやうな歌舞妓の, 感懐を, 成長の, 所産である, 所産としては, 所謂, 指定である, 指定も, 文化の, 文学は, 文學は, 新聞界の, 日本の, 日本人に, 日記が, 早きを, 暫く前, 最後の, 末には, 来たの, 来た場合, 来るまで, 核が, 様々の, 標準気象要素を, 歴史を, 歴史をも, 死亡数と, 比較上の, 水温と, 永き点, 物忌みである, 特徴は, 特色にだけは, 犠牲であった, 玉七の, 現在人口1, 生きかた, 生活の, 生活を, 画中には, 異る, 登山について, 直後に, 社会的需要に, 祓へに, 秀歌に, 私心から, 種々な, 精神生活は, 約二倍半, 続きであるだろう, 考えを, 考慮に, 自分に, 自然哲学的研究の, 自然的健康性を, 至らんこと, 芸術哲学ならびに, 著作と, 製作かとも, 西洋活字は, 解釈法によりて, 記念と, 記念として, 記念の, 記載が, 記述な, 記録な, 評論が, 話は, 謂ひなれ, 足溜りにな, 農民の, 近いもの, 近寄りたるを, 通り過ぎ方, 進んだ結核患者, 進歩的な, 過ぎたあと, 過半は, 違うに従って, 遠からざる, 遠きに, 遥か以前に, 開始を, 間いまだ, 間この, 間だけ, 間の, 間二人は, 間前の, 間我国から, 間異常の, 間筑紫の, 間金は, 関係から, 青年は, 非常に, 音韻状態が, 順序に従って

▼ 時期~ (204, 7.1%)

4 ない 2 今や過去, 供給の, 去って, 多くの, 来たの, 来て, 近づいた, 遅れて, 過去又は

1 [182件] ああその, あたかも自由競争, あつたらしく其, あと十日八月二十日だ, あるまいと, いかによく隊伍, いかに恐るべき, いつか, いつごろかという, いつだろう, いつで, いつとは, いつなるべき, おそらく明治開化期以来, かかるところ, かつてなかっ, かなり早く, かなり短く, きわめて徐々, これと, さう, しきりに動い, すぎて, すぎました, すでに過ぎ, すでに遠き, すなわち幼時, ずっと後, ただ遠い, とうに到達, どうして自分, どこの, ないだらう, ないと, ないの, なかった, なかつた, なかろう, なく従って, はじまれり, はっきり語っ, ほ, ほとんどない, ほぼ判る, まさしく僕, まだやってこない, まだ遠く, もうすぎ去, もう望めない, もう来, もう永久, もう熟した, もう過ぎ, もう過ぎ去ろう, もとより, もはや目, やって来ない, やはり八十八夜, よし推測, われわれの, フランスの, ヨーロッパに, 一つも, 一・九の, 一九三一年か, 一体いつ, 一冊の, 一刻も, 一年の, 一生に, 一種の, 一致し, 一般に, 三四段に, 両人とも, 之を, 二た, 互の, 人間の, 今ごろから, 今を, 仏家でも, 仏教の, 仕事と, 他に, 他の, 代馬, 伸子が, 何の, 何人にも, 偶, 僅か八ヵ月, 僕みたいに, 先代我童仁左衛門狂死の, 切迫し, 前から, 前後に, 博多の, 又他方, 君の, 回って, 固より, 大体に, 大体一月から, 大凡同じ, 大正一一年の, 太陽暦一八六九年十二月下旬から, 婦人にとって, 容易に, 少しは, 少し延びる, 少なくともあの, 尚もう少し, 平均寿命よりも, 幾万世紀は, 彼が, 彼に対しては, 彼の, 愈狼将軍, 慶長の, 成る丈, 文学についても, 既に去っ, 日本では, 日本の, 日本文化の, 早くなります, 早く過ぎ, 早ければ, 明治の, 明治三十九年, 春と, 昨年は, 時間的に, 晩秋が, 月の, 来かかって, 来さうにも, 来ない, 極めて短, 樺太へ, 歐羅巴と, 正に迫ら, 此種の, 歩みを, 死人の, 残る一方, 残念乍らその, 決してこれ, 決してない, 決して到達, 決して遠く, 漢口陥落の, 無論代, 父が, 特殊な, 独逸の, 知らずして, 短きもの, 私の, 稍遅れ, 稲の, 第一隊, 罵声と, 茫然自失期とも, 西方と, 読書人の, 貸し本などを, 身體作用が, 近づいたと, 近づいたやう, 通り過ぎて, 遅すぎる, 遅れたが, 過ぎ去って, 過去にも, 遠く紀元前数世紀, 避けたほう, 郊外も, 震災の, 青年に, 非常に

▼ 時期には~ (117, 4.1%)

2 いって

1 [115件] あらゆる地点, いやだ, おそらく多数, おそらく感覚的快楽, かかる変動, きて, きびしい物忌み, このよう, この会, この種, この赤茶色, これが, すでに險, それが, それは, どうしても没落, はなれを, ひき船を, ひつて, ぼくも, また画壇, まだ達し, むしろ食糧自身, もっと陽気, よくその, より大, カトリックの, ガンダーラ地方から, プロレタリア作家が, マルクスなどを, 一つの, 一年に, 下女が, 五ヵ年計画に, 人が, 人口は, 人間の, 他の, 何か, 余人以上に, 価格が, 児童は, 全く後, 六五九〇〇〇である, 六六〇〇〇〇である, 其神聖な, 其處には, 内に, 再び活動, 出生の, 単純である, 古典の, 四時間おきくらいに, 土地が, 地方銀行は, 執筆以外の, 外国語を, 多くの, 夜中でも, 大きな松明, 大西洋的精神などを, 客に, 家内の, 封建を, 小説その他の, 少くて, 少しも, 山びとが, 希望も, 常にそうであった, 当てはめ得ないであろう, 御馳走を, 微妙な, 徹底的に, 性的刺激に対する, 戦争遂行に, 把握され, 日に, 時期な, 月刊雑誌だけ, 本書は, 本能的に, 根本的な, 標語めいた, 機械説であった, 民衆の, 水嵩が, 海で, 海上の, 漁師に, 牢屋にも, 現在よりも, 現在夫婦の, 現実に対する, 生涯の, 相当に, 真実でなくなる, 神主としての, 神様と, 私は, 窮乏化する, 結婚が, 統帥権の, 絵画展覧会は, 継続的貧困と, 群れを, 群集を, 自殺を, 自然, 若い人, 若干の, 複雑な, 西洋の, 記代子も, 軍関係の

▼ 時期~ (72, 2.5%)

4 なった 2 す, 方法を, 私が, 言ふ, 高い時期

1 [58件] あまり距つて, ある如く國, いい内容, いう, いえば, いえる成年, いって, されて, するの, する様, それから老衰, なったが, なつて, なり永久平和, なる, なるに, ほとんど解けた, 一致し, 一足飛びの, 云う, 云ふも, 仕方で, 口実を, 同じよう, 同じ比例, 名づけるこれ, 場合に, 場所と, 場所を, 定めて, 少しく此關門, 幾つかの, 度数とは, 心得まする, 懶い冷淡, 支払う時期, 散逸する, 方法だ, 方法とは, 方法の, 時を, 東の, 歴史の, 比較的大, 發散する, 称するところ, 穂孕み時期とで, 空気の, 結びついて, 考えられる五世紀, 見る方, 言える, 言えるかも, 言ふも, 謂ふ, 銷沈の, 關門に, 青年の

▼ 時期~ (63, 2.2%)

2 あった, あつた, あります, ある, あれば, 定まらぬまま, 近づいて

1 [49件] あったが, あっただろうに, あったわけ, あつたらしく思はれる, あり自ら心, あるが, あるだろう, あるに, あるの, あるん, おくれたし, おそくなっ, お暮し, きて, くり下げて, すぎたため, すでに去った, そう遠く, それぞれの, だいぶ早く, ちがいそれぞれ, なしに, またその, また恐らくは, もう過ぎよう, もう間ぢ, わるくやはり, 一通り終ります, 丁度例, 七月でした, 三月三日の, 今まで, 來る, 判って, 定まらずまったく, 悪かった, 早くなっ, 有り得べくそんな, 有るを, 有れば, 来て, 決して遠く, 無事過ぎ, 画すること, 私は, 色々あり, 過ぎて, 過って, 過去の

▼ 時期では~ (49, 1.7%)

9 ない 5 ないと, ないよう 3 なかった 2 あったが, ないか, ないかと, ないが, なくまだ

1 [17件] ありません, ありませんぞ, あるけれども, どこの, ないから, ないであろう, ないという, ないというかも, ないん, ない唯実行, なかつた, なかつたらうかと, なからう, なくなりましたが, なく何処, 健康さと, 空の

▼ 時期~ (42, 1.5%)

10 あつた 4 あつて 2 それも

1 [26件] あつたらしい, いまそこでは, えたいの, そういうとき, どの手許, はじめから, レオナルド・ダ・ヴィンチを, 三四日眠れない, 中国の, 九月と共に, 二線の, 午より, 古い文献, 商店街復興の, 女の, 後の, 拡大された, 村には, 村の, 果樹園にも, 母胎内に, 田山の, 知識層が, 禁欲生活を, 英語どころか, 詩的想像や

▼ 時期~ (37, 1.3%)

5 と思う 4 ということ 2 と思っ

1 [26件] からうまく, からである, からと思いつい, からな, が, がその, がそれ, が僕ら, し私, し製造, し連絡, と, という, というよう, といふ, とお, とさ, とする, と信じる, と思います, と思つて, と思ふ, と考へられ, と言, ね, よパンパン

▼ 時期において~ (36, 1.3%)

2 ある種

1 [34件] ある特別, ことにピアノ, その特殊性, それから, であった, どうしても彼女, なお栄養, ソヴェト社会は, フィニス, 一平方リイグ当りの, 不自然な, 人文は, 倫理的要求が, 公を, 同様に, 吾, 増加し, 大部分, 彼に, 彼ら自身が, 徴兵検査の, 既に伯林, 日本の, 時々これ, 書かれたもの, 極めて優越, 然りである, 疑わしい自由, 相当の, 石狩川口に, 考えて, 集中的に, 顕著な, 食物の

▼ 時期から~ (27, 0.9%)

2 云えば

1 [25件] いって, これで, その復興, である, ますますはっきりし, やらせる, フランス人の, 一七七一年の, 云っても, 任意の, 出発位までは, 区劃せられた, 危機的時期に, 彼の, 得られたもの, 急に, 書きはじめた, 見ても, 見ると, 言うても, 誰の, 起つた思想, 運命の, 野暮に, 降って

▼ 時期における~ (27, 0.9%)

2 人口の, 抵抗の

1 [23件] かかる努力, これらの, その人口, ギニイ貨の, プロレタリアートの, 京阪語の, 出生の, 出生率で, 同一の, 安易と, 客観的叙述を, 富の, 或る言語, 政治や, 教養尊重の, 数万の, 文芸批評の, 独占価格は, 独占的価格よりも, 目標を, 社会的環境の, 茶の, 諸国の

▼ 時期である~ (24, 0.8%)

2 ためである

1 [22件] か, かは貴方, からこの, から同時に, から輸出手形, がしかも, が栄養, ことを, し元, そうです, ため一しお, だけあっ, と嚴肅, と痛い, と紫, にも拘らず, のに長時間汽車, 中世紀, 啓蒙期も, 故にフロイド, 正法像法とは, 陰鬱な

▼ 時期でも~ (22, 0.8%)

3 あった

1 [19件] あったから, あつた, ある, あるかの, あるまいと, あるよう, あれば, あろうから, ないし, ないと, ないの, ないのに, ないん, はっきりと, 一応論じつくされた, 他の, 文学史についての, 適して, 髪を

▼ 時期~ (22, 0.8%)

9 のである 3 のだ, んです 1 のさ, のであった, のでしょう, のでそう, ので別個, ので広い, ので折

▼ 時期まで~ (16, 0.6%)

1 [16件] あなたに, それを, どのくらいと, 一と, 人目に, 作家の, 博物館長として, 喰い止めること, 報道は, 延ばされるだろうと, 待たなければ, 待てないと, 根気よく, 此島に, 江戸藩邸に, 自分の

▼ 時期であった~ (14, 0.5%)

2 と思う, のである 1 から彫工会, かを今, がこの, が叔父, に相違, のだ, ので某, ようである, 一面に, 啓蒙期の

▼ 時期にも~ (13, 0.5%)

1 [13件] なかった, まるで田口, 丈余の, 其, 宮仕えし, 工夫が, 差し上げた, 必ず意味, 末摘花だけは, 歌ふ, 用語例を, 表土の, 騰貴せず

▼ 時期であり~ (12, 0.4%)

1 [12件] しかもそれ, しかも特徴的現象, そうしてその, そこに, その後半, ただ十五歳, どんなに肉体, 世界が, 危機的時期とは, 安易なる, 從つて支那史が, 或は時代

▼ 時期です~ (10, 0.3%)

1 から, からそうした, からそこ, からなかなか, から出来る, から泣い, って, な, わたくしは, 其理由は

▼ 時期でない~ (10, 0.3%)

1 からどうせ, から全然, か知ら, という剣, と言っ, のかも, ものと, やうである, やうな, ように

▼ 時期においては~ (10, 0.3%)

1 かならず何, このこと, それらの, ハムレットは, 人は, 削減された, 反復熟読し, 心身ともに, 池は, 蓄積は

▼ 時期として~ (9, 0.3%)

1 ユーモアと, リアリスティックな, 心が, 理解しよう, 眺めると, 示されて, 自然主義の, 認識した, 陰暗

▼ 時期だった~ (8, 0.3%)

1 かもしれない, からこういう, から幼稚, に違い, のだろう, のでフレッドさん, ので外見, ので無理

▼ 時期であっ~ (8, 0.3%)

2 てちょうど 1 てことに, ても大抵, てやがて, て各種, て多く, て高地

▼ 時期という~ (8, 0.3%)

2 ものが 1 ことが, ことだ, のは, ものは, ものも, ような

▼ 時期とが~ (8, 0.3%)

2 あり前者 1 その前後, 交, 交互に, 合つて居た, 急激な, 距りすぎ

▼ 時期までは~ (8, 0.3%)

1 すべての, プラスであった, 吾等の, 恐らくは其の, 横田にも, 気に, 絶対に, 邪魔を

▼ 時期~ (8, 0.3%)

1 それが, セーゾン, 場合を通じて, 天候を, 新芽の, 方向にも, 方法などを, 風の

▼ 時期だけ~ (7, 0.2%)

2 処女の 1 のは, 傭われて, 労働を, 夫を, 神と

▼ 時期とは~ (7, 0.2%)

1 かくの, ほらあなた, 何を, 何んの, 反対に, 社会において, 言えない

▼ 時期おくれ~ (6, 0.2%)

1 てで, でほとんど, にならない, に倉田工業, の写真, の干からびた

▼ 時期によって~ (6, 0.2%)

1 だいぶ変わっ, 何処で, 区分されなけれ, 名が, 多少鋭, 対生に

▼ 時期以前~ (6, 0.2%)

2 のこと 1 にはプライス, に書かれた, に衰耗, の変態

▼ 時期尚早~ (6, 0.2%)

1 だ, で採用, という断定, なのに, なん, のうち

▼ 時期との~ (5, 0.2%)

1 交替は, 微妙な, 関係で, 関聯において, 隔りが

▼ 時期にな~ (5, 0.2%)

1 つてぽ, つても, つてゐ, つて自分は, つて自分自身の

▼ 時期ある~ (4, 0.1%)

2 を信ぜり 1 ことも, 可し

▼ 時期こそ~ (4, 0.1%)

1 ガリレイの, 本当の, 真の, 科学性は

▼ 時期だつた~ (4, 0.1%)

1 けれどもこの, ことは, ので午前中, わけである

▼ 時期に際して~ (4, 0.1%)

1 プロレタリア文学の, 予を, 憎視, 芸術も

▼ 時期より~ (4, 0.1%)

1 以前では, 前に, 後まで, 恐ろしい毒素

▼ 時期をも~ (4, 0.1%)

1 もたらしたり, 将来の, 知らない, 経て

▼ 時期以後~ (4, 0.1%)

1 になっ, に始まった, の作品, の語尾

▼ 時期じゃ~ (3, 0.1%)

1 ない, ないでしょうか, なかったの

▼ 時期その~ (3, 0.1%)

1 うちに, 比率は, 顔を

▼ 時期だけに~ (3, 0.1%)

1 それが, それを, 後々の

▼ 時期でした~ (3, 0.1%)

1 から, から相続税, し

▼ 時期とを~ (3, 0.1%)

1 もって, 創造した, 求めて

▼ 時期までの~ (3, 0.1%)

1 その間, 全責任, 運命との

▼ 時期よりも~ (3, 0.1%)

1 一層多く, 有効です, 盛であった

▼ 時期を通じて~ (3, 0.1%)

1 われわれの, 勤労階級の, 私の

▼ 時期到来~ (3, 0.1%)

1 このうえ, して, だ

▼ 時期遅れ~ (3, 0.1%)

1 だ, だった, ではあった

▼ 時期からの~ (2, 0.1%)

1 変態で, 逸作は

▼ 時期それから~ (2, 0.1%)

1 壯盛な, 老衰の

▼ 時期~ (2, 0.1%)

1 やありません, やない

▼ 時期でなかった~ (2, 0.1%)

1 からだ, ので実

▼ 時期とて~ (2, 0.1%)

1 二人の, 結局私どもの

▼ 時期とに~ (2, 0.1%)

1 いろいろな, 本づい

▼ 時期なけれ~ (2, 0.1%)

2 ばなり

▼ 時期などは~ (2, 0.1%)

2 何時でも

▼ 時期ならず~ (2, 0.1%)

2 や閣下

▼ 時期においても~ (2, 0.1%)

1 召集された, 総人口

▼ 時期にだけ~ (2, 0.1%)

1 作られる, 相応しかった

▼ 時期について~ (2, 0.1%)

1 多くの, 彼と

▼ 時期に際し~ (2, 0.1%)

1 一夜の, 自分一存で

▼ 時期~ (2, 0.1%)

1 入って, 来て

▼ 時期または~ (2, 0.1%)

1 予期された, 現在の

▼ 時期までには~ (2, 0.1%)

1 氏の, 笑うべき迷信

▼ 時期外れ~ (2, 0.1%)

1 さ, である

▼ 時期或は~ (2, 0.1%)

1 大風の, 時代は

▼ 時期特に~ (2, 0.1%)

1 初期の, 営巣生殖の

▼1* [150件]

時期あとの僕等, 時期あるいは一派の, 時期いくつか書いた, 時期いわゆる純文学は, 時期おそく雨または, 時期およそ一ヶ月間は, 時期決定的な, 時期かに使うという, 時期からは確かに, 時期くらい見当が, 時期ことにその方式態様, 時期この錯雑した, 時期これらの人, 時期ごとに必要, 時期へ來, 時期さうし状態がつづき, 時期さえある, 時期じやないつ, 時期せずして一致, 時期そこにある, 時期だけの問題では, 時期だけは死んだ気, 時期つくした善意の, 時期であったらしく今日記紀によって, 時期であるし体質も, 時期であろうと言われる, 時期でございましてその, 時期でしょうね, 時期でなければむしろ, 時期といふやうな, 時期といふも他日より, 時期とかく私たちの, 時期としての特徴が, 時期とでそれも, 時期とには段々と, 時期とも云へる, 時期どのような, 時期どんな時代に, 時期などというものが, 時期などとは違つて却つて面倒でなかつた, 時期なども老人は, 時期などを兎や, 時期ならでは出来ぬ, 時期なるものを, 時期にあたって当時の, 時期においてさえすべての, 時期においてすら辺境諸州は, 時期にすらこれが, 時期についての考察, 時期については来年亀千代さまが, 時期にてその年齢ごろ, 時期にでも芥川は, 時期にとっては現実的な, 時期になあもしが, 時期にまで彼等は, 時期によつて地球から, 時期により高い地代, 時期にわたってのさまざまな, 時期に当たってシェクスピアが, 時期に従って述べて, 時期に関するものである, 時期のみ特別に, 時期はちようど山中がその, 時期はのびますがおゆるしをお願ひする, 時期ほどいろいろな, 時期までが足場の, 時期までさういふ, 時期までとは何の, 時期までに苗が, 時期までをとり扱, 時期もよかつた, 時期やがてその軌道, 時期ようよう壮年に, 時期をば人類學者は, 時期ナンセンスな流行歌, 時期ニナッテ私ハ昔ニ倍加スル情熱ヲモッテ妻ヲ溺愛スル, 時期ニ達セザル國民權ヲ此, 時期ニ達セザル者ト雖モ此ノ新, 時期フロイドの方法, 時期ブルジョア・インテリゲンツィアの婦人作家, 時期レーニン夫妻が自分たち, 時期待ッテ出テ来タノダロウ, 時期一つの疑問, 時期一つ財布で暮した, 時期一ヶ月だけはそれ, 時期一年の成効, 時期一年中一番ひまな時期, 時期一種の刺戟, 時期人々はできるだけ, 時期以上にあまり, 時期以後年結婚数は減少, 時期以後生活の形, 時期以来の我国, 時期以来かくも多く, 時期以来我国の資本, 時期仮に一〇〇〇万年前において, 時期全体における, 時期再び至らず, 時期來セズ, 時期前後に属する, 時期十七歳から三十三歳, 時期即ちルネサンス時代, 時期にうんと, 時期場所由来言い伝えの行われる, 時期女二人一つ財布で暮した, 時期客観的にも正しい, 時期少なくとも一度は, 時期尚早論は単に, 時期年齢を青年期, 時期店番をし, 時期当然櫛田さんの, 時期彼等にとってもっとも, 時期後れの感, 時期後れたればやや, 時期の中, 時期る年月, 時期攻口など万端, 時期故に不安に, 時期文学と政治, 時期文武両道を励まね, 時期方法その他の具体案, 時期日本での人民戦線, 時期日本全国に待遇改善, 時期早速お立ちなさる, 時期時期によって何処, 時期更に一歩を, 時期最も親しい仲間, 時期来ってますます, 時期機械的な政治, 時期殊にこの両, 時期段階を歴史的, 時期民主主義文学運動は労働者階級, 時期な推移, 時期の言葉, 時期は健全, 時期窪川稲子は当時, 時期結納などはすべて, 時期肉感はすべて心, 時期自分の最も, 時期至ったと思われた, 時期誰彼に対する自分, 時期躍動の時期, 時期軍需会社は大小, 時期避け難く, 時期迎え送りの, 時期迫れるものの, 時期過ぎた京都の, 時期から批評, 時期順序銃器の入手方法, 時期黒く出るか