青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時代~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

昼~ 昼間~ ~時 時~ ~時々 時々~ 時として~ 時に~ 時には~ ~時代
時代~
~時分 時分~ ~時刻 時刻~ 時勢~ 時半~ ~時期 時期~ ~時計 時計~

「時代~」 32158, 298ppm, 325位

▼ 時代~ (10253, 31.9%)

80 ことを 43 ことである 33 ように 27 人の 26 人々の, 日本の 25 ために 24 人間の 23 ことで, 人が 22 要求に 21 人は 19 ものである 18 ことだ, ことは, もので, ものは, ような, 人々は, 或る, 文化を, 私の 17 生活の 16 文学の 15 ことです, ものと, 事を, 波に, 空気の 14 女性の, 空気を, 精神に, 自分の 13 一つの, 中に, 事で, 多くの, 夢を 12 ものが, 初期に, 影響を, 精神を, 風俗を

11 [11件] ことが, ものに, ものを, 事である, 人々が, 姿を, 思ひ出, 末期に, 歴史の, 江戸の, 話を

10 人間が, 俤を, 思い出の, 文化の, 歴史を, 遺物が

9 ロシアの, 人間は, 私は, 遺物である

8 [22件] あったこと, うちに, やうに, 世相を, 人で, 人と, 他の, 友人の, 友達で, 友達の, 同窓で, 女の, 彼の, 推移を, 文学を, 昔の, 有名な, 波は, 特殊な, 社会の, 空気は, 風潮に

7 [24件] いろいろの, お友達, ことであった, すべての, ものの, 人々に, 人たちは, 人間に, 人間を, 作者の, 娘の, 思い出が, 思想を, 日本人の, 末に, 民衆の, 生活は, 産物である, 空気に, 記憶の, 記憶を, 話である, 間に, 面影が

6 [31件] 事と, 人だ, 人である, 人に, 人達の, 作で, 作家の, 初期の, 友人が, 土器に, 学者は, 思い出を, 思想の, 悪を, 推移と共に, 文化に, 文化は, 方が, 日本人は, 最後の, 末には, 歌の, 波の, 流れに, 流行に, 特色を, 生活を, 空気が, 遺物の, 青年が, 青年の

5 [44件] あつた, ことと, こととして, こととて, ことに, ものであろう, ものらしい, フランスの, 事が, 事とて, 事に, 事や, 人々を, 人心に, 作品は, 写真を, 友だちの, 同級生で, 嗜好に, 夢の, 好みが, 尖端を, 影の, 後に, 性格に, 性格は, 推移が, 文学は, 文明を, 昔に, 様に, 流行を, 物と, 理想に, 理想を, 生活が, 生活に, 科学, 精神が, 自分を, 芸術の, 遺物と, 遺物に, 遺蹟から

4 [79件] ことか, ことから, ことだった, ことな, せいも, それと, それは, もあらん, ものだ, ものであった, 一般の, 上に, 中で, 事だ, 人たちが, 人として, 人には, 人達は, 人類の, 作と, 作は, 作家を, 先生の, 写真が, 動きを, 友人で, 友達が, 名ある, 唯一の, 土器の, 変化が, 変遷に, 変遷の, 変遷は, 外に, 大勢を, 好尚と, 姿で, 姿に, 婦人の, 影を, 怒濤, 思い出, 思い出は, 思想と, 性格と, 戯作者の, 推移に, 支那の, 支那人は, 文化が, 文明は, 日本を, 昔を, 武士の, 歴史は, 演劇に, 特徴を, 生活と, 産物に, 相違が, 空氣を, 精神と, 絵画の, 習いとして, 芸術を, 英雄に, 言葉で, 記憶が, 貴族の, 趨勢に, 趨勢を, 迷信深い, 道標, 遺跡を, 面影を, 頃に, 風潮が, 黎明を

3 [181件] あること, うす明り, おもかげ, かれの, ことでした, ことも, せいで, せいに, それよりも, なつかしい日, ままの, ものたる, ものであっ, ものには, わたしは, イギリスの, インテリゲンツィアの, 一人の, 一般的な, 下の, 下るもの, 下降と共に, 中心から, 事は, 事蹟を, 京都の, 人々と, 人たちの, 人であった, 人を, 人気を, 仏像が, 作に, 作品の, 作品を, 作家たちの, 作家で, 作家と, 俳優に, 僕の, 先生は, 初めに, 初期から, 初期には, 制約の, 力と, 力に, 友人を, 友達と, 友達に, 同窓であった, 同窓に, 名残りを, 吾, 城主の, 外へ, 外交は, 夜は, 夢から, 夢が, 大画家, 大阪の, 天才の, 女は, 如きは, 子である, 子供である, 学者に, 学者の, 學者は, 寄席は, 小説の, 小説を, 尖端に, 平和を, 平民の, 幸福な, 建物の, 形で, 彼が, 彼は, 彼女の, 心の, 思い出である, 思想に, 性格が, 性格として, 性格を, 恵みによって, 悩みを, 感情に, 感情を, 推移の, 推移は, 文化と, 文化も, 文学が, 新しい性質, 日本に, 書物にも, 書物を, 最大の, 服装を, 末から, 末まで, 末期, 末期から, 来るの, 栄華を, 歌を, 武士と, 気風が, 法として, 波を, 流れが, 流れを, 溌剌たる, 潮に, 物だ, 特殊の, 特色は, 状態に, 現実の, 現実を, 環境の, 産物たる, 産物であっ, 産物であり, 画家の, 相違を, 知識の, 知識人の, 私が, 私を, 科学の, 空気と, 空氣に, 第一, 精神である, 精神の, 精神は, 罪なり, 美人の, 習いで, 習慣で, 習慣を, 背景を, 自分が, 蒙古人, 血気が, 要求は, 要求を, 観客は, 言葉の, 言葉を, 言語に, 言語の, 話が, 話だ, 話です, 話に, 話も, 誰でもが, 變遷を, 跡を, 追想の, 進歩とともに, 道徳を, 遺物たる, 遺物だ, 遺物を, 遺跡より, 重要な, 錦絵には, 雰囲気の, 青年に, 面影は, 頃から, 風俗に, 風潮は, 風潮を

2 [688件 抜粋] あった事, あとに, あなたの, あの暗澹, あらゆる方面, あらゆる特徴, ありさま, ある地方, ある年, ある日, ある片田舎, いろいろな, うごきに, うちで, おもひで, お夏さん, お蔭で, かげが, かれは, がたいさん, ことだけは, ことだつた, ことだろう, ことなどを, ことについては, ことや, さまざまな, それに, ついた古代金貨, ついた角帽, つまらぬこと, においが, のんきな, はうが, ぴらぴらした着物を, まんまの, むかしを, もの, ものであり, ものでなく, ものとして, ものとは, ものも, やうな, アイヌの, アゼンスの, エジプト人が, エタは, ギリシアの, ゴーリキイの, センチメントの, トルストイ, フィレンツェの, モナ・リザの, ヨオロッパの, ロシアでは, ロシアは, ロマンティシズムが, 一代表的人物と, 一名士たる, 一女性が, 一片を, 一種の, 一里は, 上, 不勉強, 不思議な, 世状と, 世界の, 世相の, 中ごろから, 中枢を, 事です, 事として, 京都は, 人, 人々にとっては, 人にて, 人も, 人民の, 人気が, 人物を, 人間, 人間だ, 人間です, 人間と, 人間も, 仏教の, 付いた御影石, 以前に, 伝統を, 住民の, 作だ, 作である, 作品である, 作品については, 作家たちに, 作家たちは, 作物が, 作者が, 例を, 侍従長の, 信仰を, 俳優が, 俳諧の, 借金が, 健全な, 傾向は, 僕一人の, 優者である, 先駆を, 光明を, 光景を, 公家の, 内閣と, 再来を, 写真か, 写真という, 写真は, 出来事で, 出現にあたって, 出現を, 初めにかけての, 初恋を, 初期にかけて, 初期を, 制度に, 前に, 前後を, 割引を, 劇作家は, 力が, 労働の, 動きが, 動きに, 勢力として, 北朝の, 印象から, 印象が, 原動力が, 参考として, 友だちが, 友だちなり, 友人に, 友人や, 友達とも, 取締が, 古いもの, 古さ, 古城が, 古瓦, 句が, 句を, 同窓である, 同窓な, 同級生であった, 名において, 名を, 名人と, 名残を, 呉の, 問題である, 国民の, 国民は, 土器は, 土豪の, 地図と, 墓が, 墓場から, 変化を, 変改を, 変遷が, 夏休みに, 夏冬の, 外生活に, 大家と, 大書し, 大津絵や, 大部分, 天才は, 奔放な, 女が, 女に, 女子の, 女性には, 女流の, 好みに, 好尚を, 姿が, 姿という, 姿として, 娘を, 婦人を, 子供に, 孕んだ子, 学問に, 學者で, 宗助に, 官感を, 宦官の, 宮廷婦人たちの, 家族生活の, 寵児だ, 寵児である, 小説や, 小説家, 小説類に, 少年少女の, 屑, 差が, 差ばかりに, 差を, 市井人の, 常識でしか, 常識に, 幕は, 平岡を, 幾多の, 広島の, 建築の, 弟子で, 影響で, 影響と, 役者の, 役者絵を, 後半において, 後半は, 後半期から, 徳川家の, 心理の, 思い出に, 思想だの, 思潮を, 性質を, 怪談に, 恋愛および, 恐怖と, 恵みとして, 悩みに, 情操を, 情熱が, 意識を, 感が, 感情が, 感覚が, 感覚に, 感覚の, 我が国の, 戦乱が, 戦術は, 戯作者は, 才能を, 批評家が, 探偵物語という, 推移といふ, 支持が, 支那は, 政治家の, 政治界が, 政治的問題を, 教養に, 数学は, 文化史を, 文化状態或, 文壇は, 文学と, 文学としては, 文学に, 文学的常識を, 文学者が, 文學は, 文明が, 文物の, 文章は, 文芸史の, 文豪に, 方は, 方を, 日本と, 日本人が, 日本人に, 日本民族の, 日記を, 旧友の, 昔から, 時代精神の, 暗礁を, 暦に, 書であり, 最も古い, 最も愉しい, 最初の, 有様が, 有様を, 末の, 末頃に, 本の, 本所以外に, 朱輔, 村落では, 来ること, 果実が, 柳橋の, 根本史料たる, 梅玉が, 極端な, 楽しいやう, 様々な, 標準里に, 樣な, 機運に, 歌と, 歌には, 武士としては, 武士に, 武士や, 武家は, 歴史に, 歴史的運動によって, 歴史的運動は, 民が, 民間の, 気分を, 江戸には, 河口の, 法に, 波が, 波濤の, 波頭に, 流れの, 流れは, 流行という, 深傷, 混乱の, 清らかな, 準備を, 演劇は, 漢文学かぶれの, 潮流に, 潮流を, 激しい潮流, 為に, 熱情が, 物語を, 特徴として, 特徴は, 特色ある, 特色である, 犯罪には, 状態が, 現象として, 理会が, 理想の, 生活だ, 生活という, 生活感情が, 産物であろう, 用例を, 男は, 男伊達とかいう, 男女の, 疲弊堕落せる, 病氣だ, 痛々しい内省心理, 白壁が, 百姓一揆は, 直流の, 相を, 相場では, 相違による, 眞相の, 真の, 研究を, 礼制を, 社会は, 社会的約束を, 祖先が, 禅僧に, 科学は, 童話は, 第一線に, 築城は, 紅い服, 終りに, 終り頃たしかにたびたび, 経過する, 経験を, 緑雨は, 線で, 線である, 美しさ, 美術的光栄を, 群雄を, 習慣と, 習慣として, 考へ方, 者達に, 肖像畫の, 脳髄しか, 臂掛け椅子に, 自分は, 良心の, 色が, 色を, 色彩を, 色男の, 芸術が, 芸術家として, 芸術家を, 若い頃, 若さ, 英雄にも, 茶の湯の, 茶番に, 薄ぼかし, 藝術を, 街の, 表情が, 要求が, 見聞を, 親友が, 親友で, 言葉と, 言葉として, 言語を, 記念として, 記念の, 記憶で, 記憶と, 記憶に, 記録にも, 記録を, 記録文書に, 詩, 詩の, 詩人に, 詩文の, 話なぞも, 諸大名, 諸音, 謂わば, 貝塚が, 貞操を, 費用が, 質朴さに, 趣味と, 趨勢と, 転換を, 農村の, 追想, 追想に, 追憶を, 通俗文学に, 通念が, 進むにつれて, 進展に, 進歩に, 遊女は, 運動の, 道徳では, 道徳も, 道徳や, 遺物で, 遺物です, 遺物としては, 遺物遺蹟を, 遺跡である, 遺蹟に, 遺蹟の, 遺風である, 都で, 都の, 醜化, 鎌倉政府が, 鎧兜を, 長を, 間には, 間隔を, 陰陽道, 陶器に, 隔りを, 雰囲気が, 露西亜の, 青年は, 青年を, 青年男女の, 音楽は, 頃にも, 頃の, 頭を, 風は, 風俗なり, 風俗の, 風俗や, 風波は, 風潮としては, 風習の, 魂が, 鷹匠に, 麹町が

1 [6208件 抜粋] あいだあらゆる, あの懐しい, あらゆる文物, ある人々, ある期間中, いかさま物を, いろんな風俗, うしろから, おのずからなる, お寺や, かう云, きびしさ, ことであっ, ことには, こと蒙, この段階, ごときにおいては, ささやかな, すえに, せいだけ, そうした気持, それ, それを通じて, つ, ついた大, ついた珍, ついて, ところを, なかなか東洋, にがい経験, はなやかな, ほかは, ままある, めぐり合わせ自分の, ものから, ものによって, も奈良朝, よしみも, アイネ・リィドの, イギリスで, イタリア語だらう, エクレシヤとは, カフカに, ギリシア彫刻の, コピーを, シナが, スタイルで, ゾシマが, テンポの, ドイツ人らが, ハーモニカの, ファンなどと, ブルジヨア作家である, ミカン類の, ユーモアが, ルーベンスに, ロシヤも, 一つとして, 一定運動を, 一時の, 一般は, 一里塚だ, 万人の, 三善清行といふ, 上水道工事, 下れる, 不幸なんて, 世界商業および, 両前の, 中国には, 中絶時代の, 主導的な, 乱暴極まる, 事であろう, 事情は, 二度と地上, 交友には, 京師だ, 人々にとっても, 人だった, 人らしい, 人気ある, 人相書などは, 人間として, 今から, 仏像とを, 仏教学者は, 仕事で, 代表作家の, 代表者としては, 仲間が, 伝説や, 体験を, 余波を, 作ほど, 作品中に, 作家フレッシュ, 作者に, 侮蔑である, 信州に, 修行が, 俳句を, 個人主義と, 偉大なる, 傾向を, 僧堂を, 優秀な, 先後を, 先輩で, 先駈, 児である, 全盛が, 公衆が, 兵法者流の, 円本書肆が, 写本類は, 冬外套を, 出来事を, 分だけを, 刊本と, 初めにおいても, 初毛, 制作者として, 刺繍の, 前後迄, 割拠の, 劇を, 力は, 勇敢なる, 動静が, 勢力源として, 北畠親房などは, 十八公麿が, 卑い, 卿相は, 友から, 友人たちと, 友情が, 双艶, 収入の, 古いサロン, 古い戦争学, 古い関係, 古典では, 古彫像, 古雅の, 只中で, 司令官の, 吉原は, 同學, 同窓生だ, 同輩は, 名匠良工の, 名残りが, 名物案内に, 君の, 周の, 和算の, 哲学の, 商店は, 善意と, 器械で, 困難といふ, 国内統一の, 国民思想といった, 土偶など, 地下窖なども, 地理を, 垢の, 城壁が, 塔什元, 墓からは, 壮年の, 変動は, 変遷とは, 外套を, 夢想だった, 大きな意義, 大勢であった, 大変革期, 大波が, 大衆が, 大阪と, 天守が, 夫, 奈良朝または, 女として, 女性が, 女性藤原夫人の, 好みとは, 如き日本獨得, 如何なる影響, 始まる頃, 姿の, 婦人作家たちと, 子と, 字書だ, 学校の, 学者安積艮斎も, 學費も, 宗派である, 実歴談を, 宦者に, 家号文化が, 容貌が, 實際を, 寵児として, 対人間の, 專制主義を, 小娘の, 小田原城は, 小説家を, 少数の, 居住地から, 山猫芸者それくらいの, 崇尚, 工藝は, 市井の, 帰趨とを, 平民美術を, 幻影の, 底の, 廣大な, 建築標準と, 弱点を, 形な, 形見らしい, 彫刻仏を, 役の, 彼等としては, 後漢の, 御定書百個條, 御用印刷処という, 徳川将軍家の, 心持で, 必要によって, 思い出な, 思想から, 思想家学者指導者らは, 急変か, 性格への, 恋歌ドンフハンと, 恵みに, 悪瓦斯, 情熱など, 意匠だ, 意見の, 感情をも, 憂鬱は, 成功に, 我が他日壯歳, 戦争画を, 戯曲文学について, 所説と, 手紙を, 技術では, 拷問具が, 探偵ものがたりを, 推移というか, 支那には, 支配者どころで, 政治と, 政治的理想, 故実を, 教育と, 教養よりも, 数百年小大名より, 文化という, 文化相が, 文学において, 文学的空気に, 文學である, 文書に, 文獻に, 文芸特に, 新しい動き, 新しき日本社会, 新作だ, 新技巧, 新郎の, 方言区域の, 日本だけに, 日本型ファシズムの, 日本美を, 旧友で, 旧観に, 明貿易は, 春と, 普国の, 暗い境遇, 曲玉と, 書斎は, 書類だの, 最も精巧, 最善を, 有志とか, 服装の, 木造である, 末期には, 末頃までは, 本質を, 来る事, 板画は, 染付これを, 根本的諸, 楽しい追想, 様々の, 模倣である, 権化として, 機運の, 歌, 歌即ち, 正しいお, 武士という, 武将などに, 歯車の, 歴史性の, 歴史談に, 残物で, 毎日新聞社員は, 民族は, 気分に, 氣の, 氷河の, 江戸大坂の, 法としては, 法科の, 洋装を, 活きた脈動, 流刑地で, 流行思想の, 浪華趣味を, 海水浴の, 深川を, 渾然たる, 演劇, 演劇的土壌が, 漱石の, 激しさ, 火の, 無智, 熟語であり, 爛熟した, 物でなけれ, 物語にのみ, 特有な, 特色であります, 犠牲者と, 狂言作者は, 玉川勝太郎君と, 珍本を, 現実は, 理解の, 生まれだけに, 生命を, 生活全体が, 生活表現を, 産物としての, 用語例に, 男たちの, 町人は, 画僧に, 異なる姿, 病的な, 発祥地でしょう, 百姓心理を, 目標と, 相違で, 眉目の, 眩惑を, 知人である, 石塔石燈を以て, 研究実験として, 磁, 社会制度と, 社会生活社会の, 社会科学的批評の, 神の, 神隠しの, 私にとっても, 移り変りは, 空に, 空気とに, 童話を, 笹部準之助の, 箱入, 精神つてものが, 精神的気流の, 純真さ持っ, 終りごろまで, 終わりに, 経済は, 絵として, 絶えず求める, 編輯をも, 繪畫といふ, 美しい写経, 美濃を, 群雄の, 習慣かも, 考え方を, 耽美的描写に, 能の, 自分であった, 自然主義的手法の, 自由主義的な, 舊校舍跡次に, 舞台を, 良心と, 色町から, 芭蕉が, 芸術は, 芸術運動が, 若い女性, 若い親鸞, 苦労が, 苦悶だ, 英国空軍は, 英雄主義と, 荒御魂, 落莫たる, 葛藤を, 藤原氏は, 蛮民が, 行燈と, 被害のみが, 製作として, 西鶴の, 見分け方, 親友なり, 観音さまが, 言語および, 記念品, 記録に, 詞で, 詩人の, 話しだから, 語の, 説経は, 請け負い人どもが, 諸論客中, 變遷と, 豪傑関羽さまの, 貞治四年には, 貴女人形返しゃ, 買妓や, 賢相松平越中守が, 超人を, 趨勢から, 距離いくばく, 軍服を, 軽薄才子, 農地制度においては, 近代ヨーロッパの, 追憶は, 通人と, 連句に, 進んで, 進歩的な, 遊び友だちあの, 運命について, 道化者だっ, 違いからばかり, 遠い先祖, 遺品中最も, 遺物ぢや, 遺物遺産は, 遺跡や, 遺風を, 都府文明の, 重圧に, 金堂らしい, 鉄砲は, 鎖國的な, 鐵砲などは, 開けて, 間それは, 関係も, 附いた全体, 陳腐に, 随筆の, 隨喜渇仰の, 雰囲気と, 青少年たちは, 青年らに, 面影と, 音楽西洋劇と, 頃まで, 頭では, 風であった, 風俗についても, 風尚にも, 風浪は, 風習が, 風雅に, 食い物は, 馬場下に, 骨の, 高輪は, 鶯谷は

▼ 時代~ (5269, 16.4%)

162 於て 91 なって 85 なると 60 於ては 46 あっては 44 なっても 31 あつて 29 於ても 23 生きて 21 入って 20 入つて, 生れて 16 於いては 15 なっては, なつて 14 あって, 出來, 於いて, 比べると 13 至って 12 あっても, して 11 なれば, 応じて, 私は 10 なりますと, よりて, 入ってから, 至っては 9 ありて, なってから, 支那に, 比して, 自分の 8 ありては, なつた, 住んで, 入ると, 屬する, 流行した, 発達した, 私の 7 あつた, 出て, 出来たもの, 当って, 或る, 日本の, 来て, 當る, 適応する 6 それぞれの, なったの, なってからは, 相応する, 至っても, 遡って

5 [12件] このよう, 一つの, 依って, 及んで, 居る身, 属して, 属するもの, 彼の, 書いたもの, 書かれたもの, 生まれて, 遅れて

4 [32件] あるの, あるもの, かくの, さかのぼって, しても, なった, なってからの, なりまして, なるの, フランスの, 世話に, 京都の, 今の, 依つて, 到達した, 在っては, 存在し, 完成した, 彼は, 成長した, 於いても, 比べて, 比べれば, 江戸に, 生活し, 相応した, 私が, 至るまで, 行われて, 返ったよう, 適応した, 順応し

3 [76件] あったこと, あったの, ある, あれきり, いたっては, くらべれば, これらの, しかも帝都, しては, その時代, それを, つれて, なってからも, なりました, ふさは, われわれの, オランダから, 一人の, 二三日家を, 亘って, 人間の, 他の, 何の, 何度も, 作られたもの, 入ってからの, 入っては, 入つた, 入る, 共通な, 到って, 到達し, 反抗する, 各々の, 向かって, 在つて, 在ては, 始まつたもの, 始まる, 始めて, 存在した, 就て, 彼が, 應じ, 持って, 敏感な, 於る, 日本に, 日本人の, 時代の, 有名な, 楚の, 欠けて, 比較し, 流行せる, 溯って, 珍らしい, 用ゐし, 目覚めて, 相當, 知って, 私に, 立って, 筋の, 聞き馴れた声, 至つても, 至りて, 行はれた, 読んだもの, 誰が, 輩出した, 返って, 逆行する, 進んで, 適応し, 限つた譯でない

2 [280件] あったという, あまりにも, あらざれば, ありても, あるが, あること, あると, いたって, いるの, いろいろな, おとなだった, かくも, この怪談, この辺, これだけの, これほど, これ以上誰が, さう, さうし, すぐれた感受, すでにそれ, そのままで, その源, それが, できたもの, ともかく新進作家, とりのこされたよう, とりのこされて, どういふ, なかった, なったね, なっての, なりても, なりましては, なりましても, なりますると, なる, なるまで, はいった, はさのみの, はじまる, ひとめ見た, ふさわしい異色, ふたたびその, もう両国停車場, よく読誦, よく讀誦, よる, わたしは, われわれが, われわれは, 一度は, 世阿弥が, 並んで, 乳母車を, 云ったこと, 亙って, 人の, 人間が, 人間を, 伯母と, 似て, 何か, 何を, 作られた, 使って, 使用された, 価値の, 僕を, 元園町, 先の, 克く, 入ったという, 入ったの, 入らうと, 入りつつ, 入るとともに, 入ると共に, 入るの, 入ろうと, 処して, 出來上つて, 出来た名, 出来て, 刊行せられた, 到つて, 勃興し, 博文館から, 即応し, 及で, 及ぼして, 叔父の, 取り残されて, 取材した, 受けた教育, 古い筆, 同一の, 向って, 吾, 問題が, 在って, 在ても, 変って, 変つてゐない, 変りの, 夏が, 多い, 多くの, 大和の, 大川に, 大阪に, 如何に, 始まったもの, 存在する, 完成された, 定州で, 實行され, 對し, 導き町方, 少しばかり, 就いて, 属する, 屬し, 岐れた, 己を, 平民の, 座敷の, 建てられたこの, 張騫という, 当たって, 当つて, 当時の, 当面し, 形の, 影響を, 彼等が, 復った, 応は, 思い比べて, 急に, 情人と, 想像した, 愛読した, 成立した, 我国に, 戻ったよう, 戻って, 手を, 抛り捨てられ苦悶, 押されて, 支那から, 支那で, 支那の, 政府が, 政治上の, 数, 数人の, 文学の, 文学は, 新たに, 新羅, 於きまして, 於けるその, 於けるよう, 於ける一国, 於ける人間, 於ける他, 於ける日本, 於ける武士, 於ける歴史敍述, 於ける演劇, 於ける社会, 於ける蒙古人, 日本から, 日本と, 日本へ, 曇始といふ, 書いた, 最も多く, 最も深い, 月光の, 有勝, 有名であった, 朝右の, 本郷小石川や, 東京へ, 東洋に, 棲んで, 楓の, 業平橋か, 極めて大切, 横綱を, 死せざりしは, 歿せし, 母が, 母の, 江ノ島の, 泉州堺に, 活きる, 海外に, 渡って, 溯ると, 溯れば, 演劇の, 父に, 物を, 特殊な, 現れたる啓示, 現れた啓示, 生きいかなる, 生きる人々, 生きる人間, 生きる作家, 生まれた人, 生れたの, 生れたもの, 生れたん, 生れても, 生れ兄, 生れ父, 生息し, 産れ, 発生した, 登りしもの, 發達した, 盛に, 盛んに, 目に, 相対的である, 相当する, 私たちの, 移った, 移って, 移りかけて, 移ること, 稽古した, 突入し, 立ち帰ること, 立派な, 経験した, 結婚された, 編纂された, 置いて, 美が, 胚胎し, 自分は, 自分も, 自己の, 至り始めて, 至るまでも, 芸術家志望者油絵制作希望者は, 若い党員, 蕪村句集を, 行なわれた, 行なわれた音楽, 行はるべき, 行はれ, 行はれたる, 裂けるか, 西域の, 親しかった, 読んだ, 貝原益軒の, 買馴染ん, 赤坂の, 起ったと, 起ったの, 身を, 逆行し, 這入った, 造られたもの, 連歌師の, 適して, 遭逢した, 鎬を, 長音を, 關する, 降ると, 順応する, 黒岩涙香や

1 [3241件 抜粋] ああいう, あちこちで, あったので, あった二つ, あった迷信, あてはめて, あまり見られなかった, あらわれた一つ, あるかの, ある人達, ある煩悶, あれだけの, あんなもの, いくらか, いたりても, いちばん必要な, いよいよ広く, いろんな家, おいおいと, おくれて, おとづれ来る, お下げに, かう言, かかれた, かつて醜い, かわって, こういう事, こうして一旦, ことさら地方, この國, この弊風, この話, これに関する, こんな処, こんな経験, さきの, さらに十分, しじゆう留守, しばしば着, すごした佐々, すでにその同じ, すなわち文芸, せめて大国, そぐは, そなへ, その二人, その外來, その後に, その死, その表面, その頃, それだけに, そんなこと, ぞくする近代的, たびたび病気, ちょうど能面, つきても, てんで眼, できた歴史書, とった親類, どうして理想, どれだけ, ない, なかろう, なったかなあ, なったら夫婦, ならうとも, なりましたから, なり更に, なるであらう, のぞんで, はじまった貯髯, はっきり知っ, ひとまずその, ふくらんだ女, ふさわしからぬ, ふみこんで, ほとんど一日おき, また如何なる, まとめて, むしろ認識論, めぐり会い社会経済, もうちよ, もう立派, もし目覚めた, やうやく, やって来たよう, やはり古風, よくここ, よく行かれた, よらず周囲, わが郷里土佐高岡郡佐川町, わたくし達は, イギリスの, エタとして, カムチャツカまで, キヨメ, コマ人が, シュールリアリズムに, ストライキを, チャールズ二世に, ハムは, パレスチナに, フルダの, ペテルブルグ・ガゼータなどに, リアリズムに, 一たび文化生活の, 一人上等の, 一年や, 一度やはり, 一応中断, 一歩も, 一級上だ, 一銭切という, 三助に, 三番町に, 上記の, 不勉強, 与力同心等の, 世話を, 中国の, 主君を, 乱読した, 事相に, 二年ほど, 互いに違った, 亙つて行, 京に, 人を, 人生の, 今に, 今日と, 仔細知らぬ, 仙臺の, 伎楽面を, 伝へる最も, 住む, 何かしらお伽噺の, 何一つこれ, 作ったたくさん, 作り出された能狂言, 使はれ, 依怙贔屓の, 信州路を, 修身教育しか, 借りて, 傭ったの, 傾いた形跡, 僕より, 優勢の, 先んじたる偉人, 先生でも, 先行し, 党派心も, 入ってさえも, 入つて行つた明治文学, 入りて, 入り最初, 入り鎌倉, 入れば, 全部焼かれ, 六集鎌倉時代に, 兵糧米などを, 冬も, 出たといふ, 出た文武, 出ようじゃ, 出来た大, 出来た築地小劇場, 出来なかった, 出發, 分ち彼, 刊行された, 初めて見, 到達したなら, 刻みつけられた思ひ換, 創始された, 劉向, 劣る観, 勝れて, 北海道へ, 十人でも, 半年ほど, 単なる恋, 危険の, 原始男女の, 又力, 友だちと, 反覆される, 取つて, 取る必要, 受けた孔孟, 口から, 右の, 合った調法人, 合わんと, 同じ予備校, 同級だった, 名誉も, 味える, 和蘭独逸瑞西を, 啓蒙という, 器械体操で, 四年間支払猶予され, 國學が, 在ってこそ, 在る, 執って, 塩類の, 夏の, 多いこと, 多数の, 夢と, 大して熱意, 大和國郡山の, 大阪の, 天下の, 夭死した, 奢侈によって, 女性侮蔑の, 奴隷が, 如何なる體裁, 始まったの, 始まり甥, 娘義太夫は, 子供らしい, 存外真剣, 学校の, 安住し, 宗観寺の, 宣伝せられた, 家庭生活といふ, 寺院から, 将軍直参の, 小説の, 尚古態を, 居た家, 居合わして, 属するの, 属する性格, 山王の, 岸田俊子その他の, 差しかかって, 帰する, 常に重要, 平民的模範を, 幾つかの, 店の, 建てられたらしかった, 廻って, 強いていろいろと, 当たり貞享, 当る, 役に立つて, 彼から, 彼女は, 後れた詩人, 徐元, 得意に, 復するという, 必然的に, 応ずる事, 思いを, 恰もそれら, 情事が, 愛讀し, 憧憬れ, 我々は, 我邦に, 戻つたやう, 所謂河原者の, 抗すること, 持ち越したが, 掃除人足を, 探り得たもの, 揉まれる農家, 撮った半身, 支店や, 改変を, 故人も, 教科書として, 数学に, 文明の, 斯の, 新しく起す, 新聞記者として, 於けるなつかし, 於けるマッハ主義的, 於ける修理, 於ける出處, 於ける堺港, 於ける奧州, 於ける性慾小説, 於ける支那, 於ける最も, 於ける漢人, 於ける眞宗, 於ける西郷隆盛, 於ける錦絵画家, 於ける預言者, 既にその, 既に姓, 既に理研, 既に長, 日本活字を, 日蓮聖人が, 昆虫類の, 春の, 時めいた一宰相, 普遍的な, 書いた私, 書上げの, 最も尊重, 最も過酷, 最高の, 朝倉家の, 木から, 李充と, 束縛せられず, 東京に, 東方を, 果の, 栄えて, 桃山文化といふ, 植えた種子, 楽しく経験, 樫村家へ, 歌人であり, 止つて了つて改作しなく, 此土へ, 武田の, 死んだ, 死牛馬の, 残存し, 母親を, 比ぶべく, 毫も酒, 水が, 汚れた快楽, 決しておびえる, 没頭し, 法令上エタ, 津軽へ, 活版技師インデル・モウルと共に, 流行する, 浜田弥兵衛の, 海軍士官であった, 深憂し, 湧いて, 溯りますから, 漢文を, 瀕死の, 無理な, 焼けて, 熱心に, 父と, 牧湊が, 特に謹ん, 狭い土地, 王党の, 現はれし, 現われた柳橋, 甘え時代, 生きたから, 生きた生きかた, 生きるには, 生きる吾, 生き合わせて, 生まれたもの, 生まれた者, 生れあわせたが, 生れたので, 生れた古今伝授, 生れた私たち, 生れ人, 生れ合せた人達, 生れ寛永年間九十三歳, 生存する, 用ひた, 田丸先生友田先生から, 男女の, 異った, 病気した, 発展する, 発芽した, 発音が, 盛った悪, 監獄と, 盲人が, 相応しくロマン主義的, 相違は, 矢張あの, 知名の, 確率論の, 神へ, 祭りとして, 秀才や, 秋の, 移しこれ, 移つてゐる, 移ろう, 空を, 立ち高松, 竜野中学にも, 築かれたという, 米三君や, 素朴に, 経済的ゆとりを, 絵と, 続いた, 縁故を, 罪の, 罹った気鬱症, 考えたの, 聖書の, 肋膜炎を, 育ったエリカ, 育つ若い, 脳の, 自分ながら, 自転車で, 至つては, 至りしならん法便必, 至る仏教美術, 與へ, 良い成績, 芝に, 花袋門下として, 若いもの, 英国が, 英語を, 萌して, 著名な, 藏と, 蜀の, 行わるべきこと, 行われたよう, 行基と, 西域文化の, 見うけられる, 見た村相撲, 見るが, 見聞きした, 親しく往き来, 観世の, 計画的に, 訳された, 認められたの, 読んだダアウィン, 読んだ経済学, 課そうと, 諸国の, 警察から, 谷永字は, 負けて, 貰って, 買入れたドス, 贋せ, 起った事, 起つた博奕, 起原を, 跨つて話, 輪を, 迎合し, 近づいて, 迷ふ, 逆戻りを, 這入つて, 通ずるの, 造らしめられた国字, 連続映画に, 遅れない心がけ, 遊びくらした, 遊女が, 道場へ, 遠くこの, 遡らねば, 適するよう, 適用する, 遷り, 鄭廣といふ, 金へ, 鍛へ, 長大な, 開いた梵刹, 関係の, 附けたもの, 限らない徳川以後, 限る人格, 陸海軍大臣が, 際す先生, 電磁気廻転に, 青年期を, 非常に, 頭脳労働者は, 飛躍し, 餅を, 高い金, 高遠な, 鵜呑みに

▼ 時代には~ (1675, 5.2%)

13 それが 8 ひつて, 今の 7 いって, なかった 6 非常に 5 さう, 何でも, 盛んに 4 これが, これを

3 [19件] あの辺, これでも, それは, どこにも, まだそれ, もう十月, よくそんな, ゴルフ場へ, 一種の, 一般に, 世界の, 人間は, 全く無, 彼は, 日本の, 普通に, 最初に, 私は, 誰しも

2 [79件] あれで, いろいろの, かなりの, こういうたぐい, ここの, このよう, この言葉, こんな形式, そこにも, それも, それを, そんなもの, ひる, ほとんと, まだ, まだこの, まだ後世, やはりこの, アテナイは, フランスに, 一年の, 一方に, 三宅坂下の, 上皇には, 之を, 京の, 京都の, 人の, 人は, 今よりも, 何の, 出來, 北支那の, 各人が, 各藩, 壁に, 多くの, 大抵, 大抵の, 大變, 天皇は, 子供の, 客を, 幾度か, 彼の, 彼らは, 彼女は, 文字や, 既に終り, 普通の, 書物の, 東京では, 此の, 殆ん, 江戸の, 温泉宿に, 相当に, 確かに, 神の, 神隠しという, 立派な, 筑紫の, 箱根の, 粉糠には, 絞刑, 美術文学に対する, 自己の, 自然法律談が, 葛餅も, 誰でも, 貫之時代よりも, 赤と, 遠慮なく充たした, 鉄面皮にも, 陸軍の, 飛ぶ矢, 首という, 高貴の, 鼠色の

1 [1388件 抜粋] あ, あたかも野獣, あつた, あのくら, あばれも, あるいはもっと, あれを, あんな大きな日本犬, いかなること, いってから, いつも卓越, いませんでした, いまだ金属, いやな, いわゆるシュク, おそらくダーウィン, おそらく適当, お世話に, お互に, お大名, かう言, かかる不屈不撓, かくれた大きい, かの女, けだかい人, こういうの, こうした素朴, このくらい, この一巻, この地方, この山頂, この掟, この池, この祕密宗教, この繍, この関係, これでは, これら公卿の, こんなこと, こんなもの, こんな晩, ご研究, さほど訓練, さんざん江戸, しょっちゅう喧嘩, すぐれた獨創力, すでに万葉時代, すでに静か, ずば抜けた豪傑, そういうもの, そういう生活, そういっ, そうした豪気, そうは, そのま, その当時, その扇, その方法, その物凄い, その素質, その角笛, その遊芸, その黄金, それでも彼ら, それらは, それ程気, そんな化け物, たくさんの, ちゃんと毎月, ちらほら歴史上, つねに宮廷, ところかまわず, とてもそう行かなかった, とても想像, どうやら家橘, どっちかの, どんな形, なお, なお昔, なかつたこと, なくて, なほはるかに, なるほど, ねぎや, ばかな, ひりました, びっくりする, ふつうの, ほかに, ほとんど常習, ぼろを, また如何, また平和, まだちゃんと残っ, まだアーサア, まだ副業, まだ士族, まだ時, まだ民心, まだ珍しい白い, まだ隨分賑, まま放逸, みさきと, みんな理想的人物を, もうあんな, もう不審紙, もう文明, もちろんなかっ, もちろん生理学, もとよりそれ, もはや文字記録, やはり物, よくあった, よく美人画, よく覚え, よし流言蜚語, われわれの, アラビアの, エタとも, エタ程には, オリーブ, ガデャーチの, キヨメ或いは, コレラや, ゴールの, チビ公は, テニスも, ハ行音は, ピンポンの, フランス軍は, ポーランド語で, マルクス主義西田哲学時代には, ミノの, ユピテルの, ヴァイオリンを, 一つ事の, 一個の, 一千万に, 一字でも, 一層恵まれ, 一時に, 一時必ず, 一般にそういう, 一藝に, 一錢の, 上下一般の, 不向きな, 与力の, 世間に対する, 中央アジアは, 中間小説という, 主として質, 主膳と, 事実において, 事情は, 二万三千三百メートルの, 二度と再び戦争, 井戸掘り, 京大阪に, 人びとは, 人民は, 人間無為に, 今夜の, 今村家は, 仏文学の, 他人の, 以前ともに, 会社の, 伝統的な, 何う, 何といったか, 何時何処に, 余りに其の, 作品の, 便乗だった, 俗悪な, 俳句の, 個人的な, 僕が, 僻遠の, 先生にも, 先祖代々からの, 兎角皮肉, 全然用, 公卿の, 兵学なども, 其の前, 其宗教あり, 内政も, 冬の, 出て, 出来るだけ, 前の, 勅語を, 動詞の, 勝てず消滅, 勿論総て, 十三度も, 十分に, 十年おきぐらいに, 南支那に, 単に美意識, 印度哲学を, 參した, 又一つ, 反って, 可なり, 右等の, 吉備田狭, 同じくギリシア風要素, 同君に, 同級生たちの, 向両国, 吾妻鏡ほどに, 和算と, 商人階級が, 善と, 囚人の, 四邊に, 国民の, 土地の, 在ったそう, 地唄の, 地方に, 地震を, 型に, 堯舜は, 墨子が, 売物, 夕づく, 外國貿易が, 多く神と, 多少の, 夢が, 大体もとの, 大分老耄し, 大名とも, 大学などを, 大曾根という, 大概の, 大理石を, 大鷲が, 天変地妖引きつづい, 天然の, 天皇の, 夫婦の, 女ふたりの, 女学生の, 女性日本社が, 好奇に, 妻を, 子供と, 存在しなかった, 学問奴隷が, 学校で, 守刀は, 宗教も, 宗祠を, 実にうまかっ, 実際において, 宮中の, 家の, 家事裁縫手藝等の, 家系の, 宿題の, 寒詣り, 封建的な, 将来物理を, 小田原附近から, 少くとも, 少年共通の, 尤も自由, 居候の, 山奥や, 島原の, 左様な, 己も, 巴里に, 師匠も, 帰化人の, 常人の, 幕府の, 平民社の, 幻灯などという, 幾らかあっ, 引きつづいて, 役立ったでしょうが, 彼らの, 彼を, 後に, 従者や, 御同様, 徳川期の, 必ずこの, 必然に, 思いも, 急な, 怪談が, 悲田院と, 我々は, 或は宗教上, 戦術は, 房川の, 所謂正義派で, 持って, 揚一といふ, 支那の, 支配階級の, 政治家が, 教室まで, 数奇者が, 数学のみ, 文化は, 文学では, 文学を, 文官の, 斯うい, 新屋敷と, 斷じ, 既に固定, 既に畿内地方, 日本といふ, 日本民族の, 旧憲法, 映画芸術を, 是が, 時々死, 暇人の, 更にたくさん, 書画会以外に, 最も温い, 月光の, 望まれない事, 朝廷に, 木村曙女史の, 未だ人物, 本栖湖は, 本芸で, 朱, 東京じゅうで, 東海東山に, 松を, 林檎などは, 果実といふ, 柴田勝家の, 桟敷三十五匁土間二十五匁が, 梅島昇君鴨下晁湖君西沢笛畝君渋沢青花君, 森林が, 極端に, 標準では, 樹木の, 歓楽から, 正雪, 此処は, 此歴史的惰性の, 此話は, 武勇は, 歴史といふ, 歴史を, 死刑に, 殺し場も, 殿様を, 毎朝舞台から, 気体すなわち, 気候が, 汝の, 池袋の, 決して雇人, 沒交渉では, 油絵と, 津輕蝦夷は, 流言蜚語は, 海賊と, 消えなかつた一つ, 淡島願人と, 満都の, 激昂の, 無用な, 無論肉食, 煙硝蔵だった, 熊襲が, 父, 牛めし深川めし三好野の, 物理学は, 物質的に, 特に頼ん, 狼の, 玉田宿禰が, 珍しい異国趣味, 珍らしく, 現在の, 現政府, 理解し, 田地の, 男とも, 町なかへも, 画家は, 発作の, 百万以上の, 百姓町人らの, 皆この, 皆当然, 盆踊りと, 目録學上に, 相当な, 相当残っ, 相思の, 相違なかっ, 真夏でも, 真実罪を, 眼の, 知らずしらずすべて, 石器時代の, 研究は, 祝いは, 神功皇后が, 禁書と, 科学的分析という, 程よき中辞典, 稱へ, 第二, 箪笥に, 精, 素描の, 経済的に, 絞罪, 絵画も, 絶対に, 総じて文化的優質, 緑町山尻町などに, 美が, 美声の, 考へても, 聖人と, 肖像彫刻の, 自分の, 自宅に, 自称勤皇家たとえば, 興業物に, 色々他, 芝の, 芸能といふ, 英帝国の, 落付か, 著しく現れ, 蒙古, 藤原氏として, 蘇我に, 裕福だった, 西域人の, 西田哲学という, 見て, 見られなかったもの, 見られぬ詐偽商人, 親友だった, 言はれた, 試験中目の, 詩は, 詩作も, 誅求が, 読書が, 論理と, 諸国の, 讀書の, 財布は, 貴人の, 貴族だ, 貴重品で, 賣官料, 軍人は, 農学部の, 近い親族, 近世天狗と, 近江に, 通人は, 連続映画黄金時代で, 進士覚明と, 道らしい, 適せぬ, 金は, 金魚飼育という, 鎌倉初期の, 長安には, 陝西省の, 随分やった, 随分元気, 随分小さく, 電氣分解つまり電氣の, 青山の, 青年らしい, 非常の, 領主も, 頻繁に, 食物としても, 飲もうにも, 馬鹿に, 高天原が, 高麗楽のみが, 鶉も, 麦畑の

▼ 時代~ (1596, 5.0%)

45 経て 17 代表する 13 知って 12 過ぎて 8 超えて 7 もって, 背景と, 背景に, 通過し 6 経過し, 超越した 5 回想し, 回顧し, 現出した, 異にする, 經て, 考えて, 見るに, 超越し, 風靡した

4 [13件] へて, よく知っ, 思い出した, 思わせるよう, 現出し, 現出する, 生きて, 経るに従って, 考えると, 舞台に, 語って, 象徴する, 非認

3 [35件] 中心と, 代表し, 反映し, 反映する, 同じうし, 同じくし, 同じくする, 呼吸し, 回顧する, 思い出すと, 思ひ出して, 想像し, 意識し, 指導する, 産む母, 異にし, 異にした, 私は, 背景として, 表は, 見ても, 見よ, 超越する, 追懐し, 送った, 逆に, 通り過ぎて, 過した, 遡つて, 遡るに従って, 間違へる, 除いては, 隔てて, 顕出した, 顧みると

2 [89件] あらは, いつに, すぎて, すごして, とりちがえて, どう生きた, よく知らない, モデルに, 一つに, 一時に, 世帯の, 作ったの, 作って, 再現する, 出現した, 前に, 劃して, 動かして, 取って, 同じ向, 含んで, 呼び返そうと, 善くせしめ, 帯びて, 彼は, 復活し, 思いかえすと, 思い出す, 思い出すの, 思ひ出した, 思出さず, 感じて, 指して, 振り返って, 捨てなければ, 推知する, 描こうと, 支配し, 支配する, 明確に, 書いて, 標準として, 歴史の, 比較し, 溯れば, 理解する, 生きたの, 産むため, 画して, 画し之, 異にせる, 知らねば, 知ること, 知るもの, 私共は, 等しくする, 終ると, 終るまで, 経たの, 経てから, 経ても, 経るごと, 経るに, 經る, 考へて, 考へると, 苦き回顧, 見せて, 見て, 記念する, 貫いて, 距てて, 迎えて, 迎えるに, 追ふて, 送ったの, 送って, 通って, 通り越した, 過したの, 過した巴里, 過して, 達観し, 開くこと, 隔てると, 離しては, 離れて, 震えあがらせる恐怖, 領解し

1 [1081件 抜粋] あざけりため, ある意味, いうの, いつくしむよう, うかがう事, うけもつ資格, うたへる, おいて, おくったもの, おれの, かいて, かえって諷誡, かような, かんがえて, きめる事, くぎつても, くらべて, こえるため, この晩, この頃, ご覽, さがしても, しめす符牒, すごした彼女, すごしました, すごす, すでに一歩, ずらしたに, そこに, その修養, その年齡, その新妻, その気持, その製作期, それへ, たのしくすごせる, つかんだ, つくったこと, つくつたの, つくつて, つくるに, つくれ, つけようと, つけ雅味, とおり越した, とって, とりいれた作品, とり戻すため, どうして育ったでございましょう, どう思っ, どう感じ, どこまで, どのよう, なつかしみながら, ぬきに, のぞいて, ののしるばかりに, のろい始めると共に, はっきり現した, ひきついで, ふいちょうしたかった, ふと思わせる, ふるに, へだてた私たち, へだて世, ほんた, まだそのまま川口, むかへた娘, もうすこし歴史的, もう一遍, もたらしたの, もちそして, もっともお, やや後, やりすごすには, よく乗り切っ, より良い, わが民族, わずかに, わりあい間違, わりに家中, われらの, スタートした, ナポレオン没落後の, ブル, 一世紀も, 一期と, 一貫する, 三つに, 三期に, 下り坂時代の, 下総行徳在の, 世界は, 中学を, 中心に, 中興の, 主人公的に, 乗ッ, 予想させます, 予想する, 二つと, 云へば, 人が, 人間的に, 今よりも, 他人の, 代表すべき, 会得する, 体験すべきです, 何となく思ひ出した, 何年間か, 作った罪, 作らうなど, 作り出した所以, 作るという, 作る者, 來した, 保護し, 俯瞰する, 倶に, 偲ばせる旧式, 偲んだ, 僕は, 兎にも, 全く放れる, 公平に, 共学どころか, 具現し, 凍らして, 出ること能, 出現させる, 分けること, 切りぬけやがて, 別に劃した, 刺激し, 前述の, 創る, 創造する, 劃した地点, 劃するだけの, 劃する傑作, 劃する必要, 力強く性格, 動かす大きな, 包む人生, 北上川の, 区別し, 區劃した, 卒って, 南フランスの, 厭う人間, 去ったん, 去つて, 又は, 収拾する, 取り扱った部分, 取材した, 史家は, 同うせる, 同くす, 同じくし感情, 同じゅうするのみか略, 呼吸する, 問えば, 問わずこういう, 問わず人生, 喰ったもの, 囘顧するなら, 回顧しつ, 墨守し, 夢みようと, 大きく劃, 失うと共に, 奪い彼, 如何に, 妙な, 子供で, 孕んで, 学んだの, 守りして, 定むることが出來, 対象と, 尊重し, 導く日本人, 少しばかり, 少壮で, 工藝に, 帶びて居る, 幼穉に, 建て直すか, 建設せん, 引き出した, 引く迄も, 強調し, 当てて, 形造っ, 彩色る, 征御する, 待ちあぐんだ人々, 後に, 後期として, 御追想, 心配され, 忍びながらも, 忘れたり, 忘れ大きな, 念頭に, 思いやらせずに, 思い出させるなつかしい, 思い出させるもの, 思い出したの, 思い出して, 思い出すこと, 思い顔, 思うと, 思って, 思はせる歌, 思ひ起して, 思わしめた, 思わせる青年ユースタス・ブライト, 恋しくなる, 悪劫, 悲しいもの, 想い出すね, 想い起した, 想う時, 想像する, 想像せね, 意味する, 愚かな, 感じないでは, 感じる, 感覚し切っ, 慕い二百年前, 憂い憂い戦時, 憶出した, 懐かしむ意味, 懐しむのもよいが, 我慢し, 扱った作品, 扱っても, 批評する, 承けて, 抽ん, 招いたの, 招き興そうと, 招来し, 持たずしかも, 持続し, 振り返る必要, 探り求めるよう, 控えて, 推測せし, 推進する, 描いたやう, 描き出す前, 描写し, 支配しなけれ, 支配すべき, 政権に対する, 救うもの, 新しくしまし, 新世紀, 早く引, 早期から, 明示する, 暗殺と, 暗示せり, 更に細かく, 書いた古風, 書きつつ, 書くの, 書く時, 最もよく代表, 最も大きく, 有つと, 朝名の, 木曾殿の, 未来にも, 末法として, 東京で, 東山時代に, 極めてゐる, 極楽に, 楽しむね, 正法, 歩もうと, 歴史的に, 母と共に, 求むるならば, 洞見するなら, 浪費し, 淡く色, 深く認識, 温床とな, 溯つたもの, 溯るほど, 潜って, 無視し, 無視する, 物語つ, 物語ろう, 犯罪的な, 現じました, 現す一定, 現は, 理解しない, 理解しよう, 生きた一人, 生きぬけ, 生きようと, 生き時代, 生じたる今日, 生み出して, 生活した, 産みますでしょう, 甦らすため, 田舍で, 画した, 画したもの, 画しつつ, 画すこと, 画するやう, 発生せしめる, 監獄に, 直接に, 相当に, 省みる時, 真に純潔, 眼で, 着けるの, 知つてゐる, 知らずに, 知らず後者, 知らないが, 知らないもの, 知らなければ, 知り晩年, 知るといふ, 知る一つ, 知る者, 示すかの, 禁圧されてた, 空しく貧弱, 端折って, 糜爛させ, 約束し, 終つた但し, 終ひ, 終結せしめた, 経た, 経たとも, 経た今日, 経た若い, 経ないもの, 経れば, 経過した, 経過する, 経験した, 絶えず囲繞, 經ても, 經驗した, 編むやう, 繞り, 考えなければ, 考ふる, 考へたであらうか, 考へる事, 耕すという, 背負って, 背負ふ, 脱しなかったころ, 腐らせて, 自己の, 自身工場の, 芸術至上主義の, 荒廃の, 葬ろうと, 蘇らせて, 虚心これを, 表象する, 西洋で, 見くびつてゐる者, 見せるかも, 見た, 見ますと, 見るおもい, 見ること, 見るを, 見れば, 見出した彼, 見渡したところ, 見直さなければ, 観るという, 解せざる没分暁, 記録する, 許さない, 評するため, 話し多少, 誘導人心を, 語つてゐない, 語り顏, 語るとき, 語るよう, 説く, 説明する, 論ず, 論ずるには, 論破する, 識り, 象徴した, 負って, 貧乏の, 貫通した, 賞揚してる, 趁って, 超えた非凡, 超すこと, 超越すべし, 越えた本質的法則, 越える, 越すと, 距る, 軽く取扱つて, 軽蔑し, 迎えた今日, 迎えること, 迎へ, 迎へてから, 近き過去, 述べて, 追うて, 追想し, 追想せざる, 追憶し, 追憶する, 送ったこと, 送った人, 送った母, 送つたもの, 送つた記憶, 送りまた, 逃がしては, 逆行させる, 通し吾, 通じ俳優, 通じ歳月, 通ずる全部, 通り太郎や, 通り越し知力, 通拔け, 通鑑綱目の, 造り上げて, 造るの, 過ぎがさつ, 過ぎた子供, 過ぎましたね, 過ぎるや, 過ぎ周代, 過ごしたあの, 過ごした土地, 過ごした彼女, 過ごした私, 過ごしてから, 過しお, 過したいと, 過したけれども, 過した土地, 過した彼, 過した郷里, 過し学校, 過渡期と, 違えた写真, 遠く越える, 遡れば, 醸した前期, 野人として, 金石併用期と, 鐵の, 開いた功蹟, 間違へ, 除いて, 陶酔せしめ, 隔つれ, 離れた遠い, 離れ一旦, 難しい時勢, 青山さん壮年期を, 非常に, 頑固な, 顧みその, 顧みなくては, 風靡し, 飛ばしたので, 飛び越えロードゥス, 飛躍し, 食って, 飾るに, 體驗した, 髣髴する

▼ 時代~ (1495, 4.6%)

13 過ぎて 10 ない 8 過ぎた 7 日本の 5 なかった 4 もう過ぎた, 今から, 去った, 宋時代にも, 私は, 過ぎ去りました, 非常に

3 [13件] あつた, いざ知らず, このよう, すべての, 一時代より, 今日の, 何と, 既に過ぎ, 普通の, 曾て, 過ぎ去って, 違っても, 遥かに

2 [74件] ありませんでした, いつ頃, かくの, こうだった, ここに, さう, すぎた, すぎて, すでに集団的性格, その為, ついに来ない, ないの, まさにさう, まだ, まだどこ, もう終熄, もう過ぎ, もう過ぎ去っ, バーミンガム市の, 一番に, 世界が, 亂世である, 二年か, 人々に, 人文の, 今の, 伯を, 來ない, 全く変革, 内外ともに, 南都北嶺の, 去ったと, 去ったとしても, 唐の, 四十年位続いた, 士族とか, 変る無限, 大正の, 夫, 女形凋落時代で, 少しも, 常にこの, 常に変る, 平民が, 彼の, 彼を, 急激に, 急速に, 意表外の, 我国に, 戦争の, 持統天皇から, 散兵, 新らしい, 日本が, 明らかでない, 暗かった, 来れり, 此の, 武断の, 父の, 田地の, 社会が, 秀吉の, 移って, 自分の, 識見と, 足利時代の, 追剥と, 過ぎたと, 過ぎたの, 過ぎたよ, 過ぎ去った, 遙かに

1 [1237件 抜粋] ああであった, あたかもあの, あつて, あなたに, あばれたもの, あまりから, ありませんよ, あるが, ある行為, あんどんの, いさ知らず, いずれも, いつごろの, いつに, いつもこの, いつ迄, いわゆる世間なみ, おおよそ一百五十年, おそらく貧乏, おそろしい勢い, おとなしい若い学生, お前達から, かういふ詩, かくして寛政, かつてあったであろう, かつて見ない, かなり多く, くらくはるか, こうしてあらゆる, この, この三つ, この人, この国内, この平等, この次, この胃, これからという, これでも, これより, これ正に, さぞかしのん, さておき次第に, すぎたよう, すぎ去つたの, すこし前, すでにわが, すでに過ぎ去った, すでに遠き, すべて押上村で, ずいぶんさみしかっ, ずっと新しい, ずっと違います, そうし, そうで, そこから, その中間, その反対, その弊害, その後を, その時代, その模型モデルビルト, その論, その頃, それぞれ絶対に, それでもまだ, それは, それ以前の, そんな反発, たいていどこ, たうとう, たしかに来, ただ我武者羅, だいたい百枚, ちょうどその, ちょうど日露戦争直後, ついにこの, づれの, とうにすぎ, とうの, とくに通り越し, とにかく第, どういう時代, どうしてどうして喧々囂々, どうせ行く, どこまでも, どんどんかわっ, どんな計算, ないだろう, ないといふ, ないなり, なおさらの, なかなか田舎, なほ更で, ぬらりくらりとして, はっきりしない, はっきり代った, ひどく悲惨, ふたたび来かかってる, ほとんど過ぎ去っ, まあなかつた, まことにさ, まさに文字通り, ますますその, また大きな, また正に, まださ, まだまだ遙, まだロシア人, まだ始まった, まだ戦国, まだ文壇, まだ来, まだ武勇, まだ終る, まだ続く, むしろフルトン, もうとっくに過ぎ去った, もう大きな, もう来, もう疾うに, もう通り越し, もう過ぎ去った, もしかする, もちろんその, もちろん明治以後, もちろん鎌倉時代, もっと下り, もっぱら特別, やがてまた, やたらに, やや後れ, よい料理, よかった, よく打った, よほど大切, わが国の, わりあい長かっ, アメリカの, エチカだの, シキヰに, ソヴェト文壇は, ニュートンの, ノンキに, ファルスは, フランス芸術の, プロレタリア文学史の, ヨーロッパばかり, ロココよりも, 一九三五年だ, 一口に, 一定の, 一年一年が, 一度も, 一新し, 一時代で, 一般には, 丁度唐, 七世紀の, 七年も, 七百歳の, 三十四五もう, 三百年の, 上り坂に, 下剋上の, 不完全なる, 不明である, 世間が, 両都共, 中世紀, 中国歴代の, 主として中国文化, 久しく渇い, 亂世であります, 二丈八尺が, 二尺八寸が, 五二年から, 京都から, 亭主関白男尊女卑の, 人心も, 人類が, 今と, 今まで, 今より, 今日では, 今日已に, 今生み, 仏教藝術の, 他の, 伝統としては, 何といつ, 何によって, 何れも, 何事に, 何時かと, 例外なく醜い, 信長が, 借馬, 傳統的な, 僕が, 元気と, 兄として, 先生が, 兎に, 全くの, 全く苦労知らず, 全歴史的時間, 八百余年の, 六十有餘年からか, 其と, 其前半の, 凄かった, 分らないが, 別に二本足, 前に, 前ほどに, 前後し, 創造的な, 勿論その, 勿論一生涯, 勿論後世, 北条中期かな, 十五六世紀の, 十六世紀の, 十年足らずの, 単に引越し, 即ちこの, 厳格な, 去って, 去りましたよ, 又溯つ, 古い, 古いもの, 古今東西に, 史料の, 同じ周期, 同時にかういふ, 君一人が, 呑気で, 呪われるが, 和歌の, 団十郎菊五郎の, 図書館と, 国民皆兵であります, 地方地方の, 坊さん連中が, 変った, 変つ, 変つても, 外廓的には, 多くは, 多分こんな, 夢も, 大して長く, 大体そういう, 大体三四百年と, 大変な, 大概太平な, 天保の, 天子をて, 天正から, 太古の, 女中払底じゃ, 女房が, 妙義的也, 威力を以て, 存外短い, 学問界においては, 学校外の, 学術の, 実にその, 実に惨澹, 実に私, 室町では, 家族の, 富の, 寡兵を, 小康を, 小説が, 少くとも, 少壮の, 展開し, 屹度一度は, 島村抱月の, 巫覡の, 市街の, 常に一種, 常に異, 幕末明治と, 平安時代の, 平安朝へ, 幸福で, 幾年ほど, 建築に, 当時の, 彫刻においても, 役地が, 彼らには, 往々そんな, 後に, 後家さんで, 徐々に変化, 徳川将軍綱吉の, 心から愛し, 必ずしも平穏, 必ず其, 忽然三四十年むかしに, 恐らくはまだ二十, 恐らく一生, 恐ろしい汚辱, 悲壮喜劇, 感嘆する, 慶賀すべきで, 我国の, 或は人間, 戦乱に, 所謂, 所謂欧化主義の, 打ち續, 折角支那, 拠るべき文献, 措き耕稼乗駕馬, 支那の, 政治的にこそ, 教室内で, 文化が, 文壇的には, 文学作品ばかり, 文政である, 文武天皇の, 斯の, 新しい芝居, 既に去り, 既に国軍, 既に終った, 既に経過, 既に通過, 既に過ぎ去, 既に電信採用, 日本でも, 日本国中に, 日本木彫史上の, 日神隠れ給ひ, 旧式の, 明の, 明るくくっきり, 明治の, 明治三十八年日露戦争も, 明治二十三年であった, 昔です, 春浪君の, 時代の, 智月の, 暴戻乱雑の, 更にもっと動的, 更に降る, 最も日本, 最早, 最早遠く, 木曾谷の, 未だ嘗てない, 未だ至らず, 未組織, 本居, 本所の, 来ないで, 来ないと, 来るであろう, 東方亞細亞に, 格別こうして, 極めて短く, 楽しゅうござんした, 次の, 欧風心酔の, 歐陽通の, 正に世界, 正確には, 此記録を, 武家政治の, 死の, 母系の, 毎晩仏壇の, 水奴の, 永かった, 永久に, 永徳を, 江戸が, 江戸の, 決して史料缺乏, 決して短, 決して考へられぬ, 沈む併, 治国の, 津田梅子先生じきじきの, 浅草の, 淋しく送られた, 満州事変を, 滔々として, 演奏会等を, 漸に, 火事に対しては, 無我夢中でした, 父を, 物質的の, 特別, 猶ほ, 王侯の, 珍本どころか, 現在の, 理解する, 生れつきの, 生命の, 申すに, 男女関係の, 異なり地方色, 病身のせゐ, 百花爛漫その, 皆ギルドの, 目前に, 相当養父, 真に工藝時代, 真の, 短かかった, 短気な, 研究という, 確かに, 祖父の, 私から, 私と, 私よりも, 私一人の, 移る人間, 種々相異, 空白の, 竜や, 紀年的に, 純然たる, 終りましたから, 終り美しい, 終戦後まで, 経って, 経賢, 絵でも, 継体天皇の, 縛り上げる力, 群雄割拠時代と, 羽左衛門の, 考へて, 背後に, 腺病質の, 自己一点張りでは, 舊石器時代と, 色の, 花鳥を, 若い世代, 英雄時代じゃ, 草相撲の, 藤原鎌足歿後石上麻呂や, 衣類などは, 複雑です, 西洋との, 親戚先の, 詩人にも, 詰り世界, 諸に論, 象牙の, 貧乏咄を, 貴かつ, 資本主義社会を, 足利の, 身心共に, 近くも, 退いて, 進みつ, 進むばかり, 過ぎたなあ, 過ぎつつ, 過ぎ去ったと, 過ぎ去り人類, 過ぎ思想, 過去に, 過渡期なれ, 道楽時代という, 遠いが, 遷って, 都市の, 野獣である, 金剛智三藏の, 鎌倉時代および, 長い時代, 開幕せられる, 降るが, 隋唐の, 隔世の, 隨分長き, 青年の, 非歴史的, 革まった, 餘り, 首尾を, 騒がしく生きる

▼ 時代から~ (1395, 4.3%)

12 見ると 10 今日まで 9 して 8 明治の 7 である, 彼は, 知って 6 あつた, 見れば 5 彼の 4 ここに, 今日に, 今日までの, 徳川の, 徳川時代へ, 沈んで, 続いて

3 [20件] あったもの, いえば, であった, どうかする, よく知っ, 今日までに, 始まつて, 存在した, 持ち越しの, 日本の, 時代へと, 有名な, 江戸時代の, 生れて, 盛んに, 自分の, 見て, 言へば, 辛苦の, 青年時代へ

2 [66件] あったに, いうと, いろいろな, この, このかた, この地方, これを, たった十幾年, だと, では, でも, はじまる, ゴーリキイの, ポオや, 一歩も, 一種の, 一足飛びに, 今日迄, 仲間の, 伝わって, 侍し, 先生の, 六七年も, 初まった, 受けて, 周期的に, 唐の, 国家連合の, 女の, 好んで, 始まったもの, 始まって, 始めて, 存在し, 存在は, 学校を, 客に対して, 實行され, 常識的であり, 年増の, 店に, 引き續, 引続い, 後の, 徳川初期の, 持って, 明治初年へ, 時代へ, 最近に, 機械時代に, 浦里時次郎を, 特別に, 犬猿も, 私の, 私は, 置き去られて, 考へて, 脱すること, 自身の, 落伍者が, 行われたもの, 行われて, 話を, 遊離した, 鎌倉時代に, 鎌倉時代にかけて

1 [1098件 抜粋] あくせく知らず, あったお, あったん, あって, あの通り, あらわれて, ある, あるらしいこの, ある地下室料理デン・ギュルデン・フレデン, ある期間, ある社会運動, ある過程, あれだけの, いきなり野ざらし, いっしょであった, いふと, いるカナカ人, お側を, かう云, かかる弊風, かけて, かなり多く, かわりの, ぐっと風潮, こういう商人, このころ, この人, この天保初年, この年頃, この禮制, この組曲, この花, この英雄, この通り, この飯山, これらの, ご存じだ, さまざまの, さらに迫っ, すすんで, すでにさいなまれ, すでにレジスタンス式, すでに學問, すでに潟, すでに郷里, すなわち老儒者, ずいぶん意地, ずっとお, ずっとずっとお, ずっと引, ずっと文芸, そういっ, そう後, そこまで, その姿, その懇切, その日, その緒, その観念, それは, そろそろ日本, そんな大志, たえず山野, だ, だそう, だらう, つい近世, つけ初め病が, で, であるか, であること, であるらしいが, できて, です, で五, ときとして, どうも彼, なのよ, のらくらもの, はじまつたか, はるかに, ひきつづいて, ひそかに, ほかひ, または御, まるで作男, もう一つほか, もつて, よい助言, よく先人, よく遊んだ, らしいが, わたしを, われ俺で, イタリアに, オッペンハイマーの, クゲの, ゴッホに, スポーツで, トゥウェリの, ニコラウス帝を, ハードルで, バレーでは, ピアノに, フランス革命明治維新等を, マユミを, モンジベロ, ラジオの, ロオマ時代へ, 一串せる, 一大長編, 一年上が, 一方には, 一枚看板けれども, 一歩動い, 一緒でした, 一般に, 一葉の, 一遍自分で, 丁度琴, 七月革命を, 三十の, 三十四歳で, 三百年の, 不孝に, 世の中の, 世界は, 世話に, 両者を, 中世にかけての, 中世を通じての, 久しく営裡, 事情は, 二十五年後の, 二千年もの, 五十余年にわたって, 交際し, 京浜間の, 人に, 人工心臓の, 人知れず恋し, 人類が, 仁左衛門にな, 今に, 今の, 今日へ, 仕えて, 他の, 代々の, 以上を, 仲よくつきあっ, 伝つてゐる, 伝わつて, 伝承したらしい, 伝承し来つた, 伝襲し来った, 何かにつけ, 何といふ, 何を, 何十遍見聞きした, 佛典は, 作家生活を, 使はれ, 便利な, 信用が, 俳優は, 倉沢を, 借家さが, 働きつづけた, 僕等の, 優雅な, 先祖代々七八代も, 光源氏を, 全くかけはなれた, 全盛時代の, 共学で, 其の素質, 円心主義ばかりで, 凝って, 出入りする, 切り苛なまれ, 初めて盛ん, 利己主義や, 前漢に, 創作をとの, 剽輕者で, 力に, 勝気で, 勤労者の, 北町奉行所に, 十五六年も, 千年も, 卒業後世に, 原先生の, 厳格な, 友だちづきあひ, 反対し, 取り離れたこと, 受けた苦しみそのもの, 口には, 古今集の, 台詞の, 同年輩の, 同級で, 名の, 名高い万葉学者, 周囲の, 唱歌も, 喜ばれて, 四代も, 図画が, 固陋な, 土地に, 地貌と, 堅い甲羅, 売官の, 変りものであった, 夙にナロードニキ, 多く四五月の, 多年標榜し, 大した変化, 大そう, 大國の, 大嫌, 大学へ, 大正の, 大菩薩, 天下を, 天子の, 天皇は, 太陽神ラー, 奈良平安前期に, 奉職口の, 女性を, 好きだった, 好きな, 妙に, 始まったろうかという, 始まり武宗皇帝, 始めたこと, 始終そば, 娘時代にかけて, 娘盛りの, 存し, 学問を, 学校で, 學業品行共に, 宗法が, 室町の, 室町時代に, 家に, 家を, 家来では, 寛文延寶頃の, 寿美子を, 小使い兼帯, 小僧の, 小説を, 少しく此信頼, 少しづゝ歴史, 少年時代にかけて, 居残ったもの, 左のみの, 布教時代に, 帛も, 常に心, 平民時代に, 幾年と, 引つづいたその, 引続いた, 弥生式土器を, 強盜諸君, 彼と, 彼女に, 彼岸ザクラについては, 彼等本, 後今までだって, 徐々に発達, 得意で, 御布令, 御自分, 徳川氏に, 徴候を, 心臓の, 忘れ得ない秋海棠, 思いだしたよう, 思ひ込んで, 急速な, 怪異が, 悪賢く人生, 愛し使われた若党, 感化を, 憧れて, 我々の, 或種, 戦国頃へ, 手にも, 手塩にかけて, 打ち鳴らしつ, 押し上げられ又は, 持ち前の, 持ち越されて, 持ち越した言語遊戯, 持ってた空想, 振返つて, 探偵小説の, 描きためて, 支那で, 支那に, 支那民族に, 政府は, 故あっ, 数えても, 文化の, 文字通り理想的な, 文獻に, 料理の, 新婚当時は, 新石器時代, 既にうた, 既にそうした, 既に存在, 既に巾着, 既に物, 既に露骨, 日本は, 日本屈指の, 明時代にかけて, 明治にかけての, 明治へ, 明治初年まで, 明治時代にかけての, 明治末期まで, 映画だけが, 時世諷刺御, 時代を, 晩年の, 暖簾を, 書きためた自作, 書物に対する, 最近までの, 有名と, 朝廷の, 本当に働い, 本篇時代に, 東京の, 東洋に, 格別親密な, 桃山期という, 概して幸福, 機械類を, 次ぎの, 次第に書癖, 欧州大戦までの, 此屋敷の, 武士であった, 武廟といふ, 歴史では, 死の, 残った俳書, 残つたのだ, 段々変化, 母の, 毎年十二月十四日には, 氣儘に, 永い月日, 永久の, 江戸にも, 江戸川の, 決して生家, 沁, 泣きべそ, 活き返って, 流行した, 流行りだした風習, 浅草境内は, 浮きあがって, 淫靡な, 清朝迄, 溢れ出し或は, 漢代まで, 漸次廢止, 濃い筋, 瀬戸内航路の, 然うだった, 父君に, 物騒な, 特殊物質の, 犬ねこは, 独立的気風は, 現れて, 現代までを, 現在までの, 現時に, 生きて, 生じた植民地, 申しますると, 病弱で, 白髮に, 皆無と, 目に, 相当の, 真の, 知つては, 知つて居た, 知合って, 神田の, 禁欲を, 私も, 稍自在を, 窯が, 競争相手だった, 第二, 算術と, 紀州河内へ, 細く長く見, 結婚生活十七年の, 絵を, 絶無で, 続出せる, 繰返されました, 翁の, 老いに, 考えた癖, 考える, 考へられます, 肩を, 胸間に, 脱する, 自分たちは, 自國, 自然主義の, 船場の, 色々修理, 芭蕉に, 苦労を, 英雄の, 萌芽し, 著, 著名であった, 蒔き初め, 行はれ, 複数的私は, 見た時, 見ますと, 見るので, 見通して, 覚えて, 解放せられ, 言って, 言語学を, 詩を, 読書が, 諸外國人, 謎の, 貧乏の, 貧乏線は, 賣官, 超逸, 足利時代にかけて, 足利時代の, 身寄り頼りの, 轉化し, 農耕時代に, 近代か, 逃去つて仕舞つた, 連歌とか, 遂に単なる, 過去の, 道楽し, 遠い古代人, 遺つて, 郡会病院で, 酒を, 野上彌生俊子千代と, 金を, 釣って, 鉢を, 鎌倉あたり迄は, 鏡花先生の, 長いこと彼, 間断なく, 降つて, 随分悩まされた, 隔てなく交際, 集団生活を, 青年へ, 青年時代にかけては, 非常に, 音楽にたいする, 須磨子は, 頼まれて, 顔見知りの, 食み出して, 飯田町東片町の, 養って, 養成した, 馴らして, 魏叔子や, 黴毒で

▼ 時代~ (1345, 4.2%)

42 あつた 35 あった 25 ある 18 あったの 17 来た 16 来て 14 来たの 11 あるの, 来ると 10 過ぎて 9 ついて 7 あったこと, 來る, 来ても 6 あって, あります, 來た 5 あつて, あるん, 変って, 来るかも, 来ること

4 [12件] あったという, ありました, きた, 先に, 出現し, 到来した, 去って, 来る, 来るの, 経てば, 進んで, 附いて

3 [23件] あったと, かつては, すぎて, つ, はさまって, はじまった, まだ続い, 下ると, 今も, 変つても, 始まって, 帰りも, 来ないとも, 来なければ, 来るか, 来るであろう, 私にも, 移って, 近づいて, 遅れて, 過去の, 違う, 違って

2 [87件] あったが, あったそう, あったん, あっても, あり, ありその, ありますが, あるかも, あるが, あること, あるもの, きたらその, きて, くると, それな, それを, たって, ちがうから, ついに夢想, ないとも, なかった, また来る, まだ續, めぐって, もって, やがて到来, やって来るの, 丁度源之助, 下って, 下降する, 久しく意味, 事実あった, 享け, 先について, 出て, 出來, 到来し, 劃され, 即ち君主專制時代, 去つて, 参りました, 参りますよ, 古い, 古いから, 如何に, 始った, 始まったの, 彼を, 悪いの, 悪化し, 我々の, 改まって, 文学美術全般の, 日本にも, 時代だ, 時代です, 来たと, 来たよう, 来ないもの, 来るだらうと, 来るもの, 来るよう, 極度に, 機械工業時代に, 求めるもの, 決定した, 活き個人, 生んだ特殊, 私たちに, 私の, 終って, 続いた, 続いたが, 続いて, 西洋から, 詩人にとって, 變る, 進むと, 過ぎ去つて, 違います, 違つてゐる, 違ふ, 長かった, 降るにつれて, 隊伍を, 非常に, 食えない時代

1 [782件 抜粋] あったか, あったし, あったでしょう, あったとは, あったなどとは, あったに, あったにも, あったもの, あったらしいこと, あったろうかという, あとに, あまりに現代, あらう, あらわれた, ありそれ, ありましたので, あり得るの, あり選ばれた少数, あるから, あるだらう, あるだろうか, あると, あるといふ, あるに, あるのに, あるやう, ある換言, ある故に, あろう, あろうか, いい方, いかにきのう, いかに遠く, いつか過ぎ, いつぺんに, いやでも, いろいろに, おありでした, おおよそ百年あまり, お名残り, かかる経済的結合, かって, かつて一度, かつて我国, かわってから, きたでは, きたらしい, きた時分, きても, くるの, くるまでは, くれば, こ, こうしてやや, ここに, このとき, この島, これから人類, こんな風, さういふ女性, さういふ言葉, さうし, さがると, しばしば認められる, じりじりと, すぎると, すつかり, すなわち史, すなわち理想教, すみ次第に本当に, ずいぶん永い, そういうふう, そうだった, そうであった, そうな, そうなった, そこに, そのいっさい, その各々, その技術, その時, その道中, それから, それであつ, それであります, それらの, そろそろ来, そんなに長く, たったこと, たつにつれて, ちがう, ちがうが, ちがうとは, ちがうわよ, ちがう目的, ちょうど極東列島, ついでや, つく, つづいたの, つまらなく四十年代, とび, どうの, どれだけ, どれほど, ない, ないの, なかなか来, ながい, なぜ平民發展時代, なつかしい, なつかしくなる, はじまったの, はじまって, はじめで, はたすまたは, ふえて, ふたたびくるだろう, ほんとうに, まいります, まさに始まろう, まさに社會, まさに頂点, またその, また來, また日本, また社会, まだそれほどに, まだ今日, まだ余りに早, まだ昨日, まだ良かっ, みのえ, みんな鎌倉幕府いは, もう始まろう, もし来た, もし来れ, やがて来る, やがて来るだらう, やってきて, やってきますと, やって来たよう, やって来る, やって来るだろう, やはり彼, よい, よくて, よく分っ, わからない, わかり遙, われ等の, ファッショに, ペン画に, 一とわたり, 一寸岡田, 一方では, 一日も, 一番なつかしい, 一番生意気盛りの, 一部分合致する, 丁度相応する, 丁度閣竜英, 三四十年も, 三百年の, 上るに従って, 上世には, 下つて, 下るとともに, 下るに, 下る程, 不思議な, 並存し, 主観的な, 久しかった, 久しく続いた, 久しく自然主義, 乱れて, 二十九年で, 二度ある, 二度か, 二度と還らぬ, 五十年にも, 五年か, 人物を, 人間一生の, 人間理性の, 人類の, 今すこし, 今である, 今までの, 今よりも, 今一層古く, 今日の, 今日まさに, 今重い, 他の, 代って, 伝統主義を, 伝記的な, 何を, 何等かの, 來て, 來は, 來や, 來やうと, 促しつくらしめる凡て, 做せる, 健全な, 僕の, 優れた人間, 公平に, 再びくる, 再び来る, 出現した, 分らないと, 分り作家, 分るが, 分るの, 切迫し, 到来するであろう, 割に近い, 創作時代, 區分される, 十分に, 十年後の, 単に過ぎ去つた, 即ち平民發展時代, 原史時代で, 去った後, 去り一人一人, 参りましょう, 反対する, 反映し, 古いと, 古いとも, 古かつ, 古くて, 古くなり, 古く且つ, 古過ぎた, 各時代, 合って, 吾, 呼気的状勢に, 問題に, 嘗てある, 嘗ていつ, 国家の, 地球にも, 坐ろに, 堅実に, 売り物です, 変つ, 変つた, 変ると, 変転する, 外の, 外来文化の, 多くの, 大體爻辭, 太平洋郵船ラインとともに, 女性の, 奴隷制時代である, 好きである, 妾にとって, 始まったという, 始まったので, 始まるであろう, 存在論美学ハイデッガーより, 学生知能技術上の, 完成され, 実に雑多, 封建であった, 将来には, 少し後れる, 少し怯え過ぎ, 少なくとも三世紀, 展開され, 展開された, 已に耶蘇紀元以前, 帰って, 幕末で, 平和だった, 延喜時代に, 形に, 彼に, 彼らに, 彼等の, 後れ劉氏, 後退的である, 必ず来る, 必要と, 忘れられないで, 思い出されたん, 思い出されるの, 思ひ出される, 思出されます, 恋ひしくなる, 悪くなる, 惡い, 憂鬱なら, 懐しい無理, 成長し, 我等の, 或る, 或事件, 打開される, 抑も, 持つ要素, 推移し, 推移傾倒し, 新しいから, 新しいため, 新しくなる, 既に, 既にさう, 日本における, 旧生活, 早かつ, 早くすべて, 早晩到来する, 早過ぎた, 明治四十年代に, 昔から, 時には余り沈滞, 時代で, 時代と, 時代の, 時代ゆえ教育は, 暫くは, 最もいい, 最も古い, 最も激しく, 最も発達, 有っただろう, 有つた, 有るにゃ, 来たが, 来たといふ, 来たとしても, 来たらしいと, 来たら外, 来たん, 来てから, 来ないと, 来ないの, 来ましたよ, 来よう, 来るから, 来るころ, 来るであろうか, 来るであろうかと, 来るという, 来るなら個性, 来るに, 来るほど, 来るまでの, 来れば, 来大, 椿岳の, 椿岳本来の, 次々に, 次第に浪漫派, 次第に降る, 欲しいといふ, 正しく見え, 武士の, 歴史的に, 段違いの, 民衆的作品によって, 決してそんな, 決戦戦争と, 波瀾に, 活発に, 浅墓, 準備され, 漲る力, 激しく移り変った, 牧野さんの, 物語文芸への, 現れたこと, 現われた, 現われること, 現われるの, 現出され, 現出する, 現在に, 理性の, 甚だ悠遠, 生むの, 生む線, 生れて, 生んだもの, 生んだ一種, 生んだ工藝品, 産みたる薄倖, 異つて, 発展し, 相当長く, 相応に, 眼の, 知れ居るだろうか, 石川の, 確に, 私に, 移っても, 移つて行く, 移り変わって, 移ると共に, 稍, 立派に, 約束された, 純粋な, 純粋に, 終に来た, 終らうと, 終る頃, 終わってからは, 経って, 結婚などとは, 絶頂で, 続きやがて, 続き次いで, 緑雨の, 繁栄した, 繁栄の, 考えなかった事実, 考へられる, 自分には, 自分の, 航海事業の, 英雄を, 蝦夷地の, 衰えたから, 衰えて, 要求した, 見付けたといふ, 解決し, 解消するであろう, 許さないだらう, 語られて, 貞享を, 起り農民, 転回できる, 近いため, 近いだけに, 近すぎる, 近よる, 逆さまに, 造り出した一つ, 進みその, 進むと共に, 進むに, 進むに従って, 進んだ証拠, 遅れてから, 過ぎた, 過ぎてからの, 過ぎれば, 過ぎ去ったという, 過ぎ去らうとして, 過ぎ去ろうと, 過去にも, 違いますぜ, 違うかな, 違うからナ, 違うが, 違うと, 違うという, 違うなあ, 違ったの, 違っても, 違つてゐ, 違つてを, 違ふからで, 違ふと, 違ふわね, 違ふんです, 遠からず, 遠すぎる, 遲れ, 選みとった, 選んだギルド, 重なると, 長いほど, 長く長く続きました, 開けかけた, 開けたの, 開ける, 閣竜英の, 降って, 降つて, 降ると, 降るとともに, 隔たって, 面白く感ぜられる, 頭を, 顕れようと, 餘り, 魔法では, 鹿鳴

▼ 時代~ (766, 2.4%)

15 なって 13 なった 10 同じよう 9 いって, なると, 違って 8 いえば, 少しも 7 ちがって, 云ふ 6 なっては, なつて 5 なつた 4 いうと, なったの, なりました, 同じやう, 比べて

3 [13件] いっても, すれば, なるの, なれば, 云えば, 云ふも, 人との, 同様に, 同樣, 歴史とに, 民族とを, 自分の, 見做

2 [45件] いうべきであるが, いはれて, し或, その制度, どっちが, なりつつ, なる, なれり, 一緒に, 云うこと, 云うもの, 人は, 今とは, 今の, 今日と, 今日とは, 代助, 個性との, 倶に, 同じもの, 同時代, 名づける, 呼ばれて, 呼ばれる現代, 呼んでも, 場所との, 境遇との, 変って, 大に, 大正以後の, 思う, 打って, 文学の, 新時代, 新石器時代, 来て, 桃山時代と, 歴史が, 特殊の, 環境とは, 申しましても, 異る, 考へて, 言ふも, 足利時代とは

1 [505件 抜粋] あきらめるが, あまりにも, あまり変らない, あるが, あるなか, ある関係, いいうる, いいて, いいますもの, いい出来, いう, いうから, いうべきもの, いうべし, いうよりは, いえども, いえなくも, いえよう, いかに大きな, いつたやう, いはれたほど, いはれるほど文化, いひましても, いひます, いひ出来, いひ好尚, いふ, いふが, いふべき平家, いへば, いわざるべからず, いわぬまでも, いわばいっ, いわれて, いわれる, いわれる今日, いわれ上下みなおおらか, おなじよう, おのずから連関, おばと, おめでたい自滅世相, かいつたもの, かけ離れたもの, かなり異なる, くらべて, ことなり主権, この時代, こもごもの, さして変っ, されて, しすぐ, したに, したら全く, したり, して, し或は, し而, すること, すると, するは, するもの, する習慣, せずして, そうして晩年, そう変り, そぐわぬ因習, そして, そして平家衰亡時代, そっくりの, そつくりな, そつくりの, その世界観, その二つ, その人, その以後, その使命, その周囲, その国, その後の, その時代, その條件, その歴史, その社会的基礎, その義妹, その英雄的功業, その趣, その退化, その風景, それからあと現代, そんなにかは, そんなに違わない, ちがいただ, ちがいみな一色村, ちごうて, ちっとも変らない, ちっとも変わっ, ちょうど相, つぎの, ところを, なさ, なし廿二年, なすは, なったから, なったが, なった故に, なった時, ならなければ, なりあらゆる, なりこれら倭人諸国, なりさらに, なりしこと, なりそこ, なりとうとう, なりましたなら彼ら, なりましたの, なりますと, なり一, なり人類社會, なり仏教系, なり元弘三年新田義貞卿, なり其中頃, なり実際, なり室町, なり尚, なり巨大, なり市区改正, なり徳川期, なり恵心僧都, なり戦争, なり文化, なり既に, なり江戸, なり生活, なり職, なるから, なるに, なるので, なんの, ひとしく封建, またその, また其の, また支那, まるで違, みえる, みえるな, やっぱり大人, よくいう, よぶならば, わかれて, ソックリの, ページを, ロココとの, 一しょに, 一しよ, 一気に絶縁, 三つの, 三代に, 三口に, 世界と, 世界とを, 世相とに, 世相とは, 世話とに, 両立し得べから, 並存せず, 並行線を, 事情の, 云うには, 云うも, 云うよう, 云う所以, 云う考え, 云えども, 云おうと, 云って, 云つても, 云は, 云ひたる, 云ふこ, 云ふなり, 云へば, 云われ宗教, 交渉が, 人で, 人と, 人とに関して, 人とを, 人による, 人情との, 人物には, 人種の, 人間との, 人間の, 今と, 今とでは, 今日との, 他方には, 伝えたる金溜塗り, 似たおもむきは, 何も, 作れるよう, 作家の, 作者とを, 作者の, 佳絶の, 個人との, 先史時代との, 入れ替った, 全く同じ, 全然かけ離れた, 全然同一, 全然変わっ, 兩立し得べから, 兩統迭立の, 共に変る, 共に歩み, 共に進む, 共に遷り変つ, 共栄謳歌する, 其の後, 其為事に, 其行はれた, 出生地のみを, 別れる樣, 化して, 化し去る, 化する, 十三世紀の, 印象派の, 反対に, 古墳時代とを, 各流派, 合わないいいかげん, 合わなかった, 同じく諸侯各所, 同じく邪視, 同じく陰暦, 同じだ, 同じつもり, 同じ情熱, 同じ気持, 同じ程度, 同じ程度位, 同じ装飾, 同じ調子, 同時だ, 同時に一方, 同様な, 同様なり, 同様物見遊山に, 同程度, 同視する, 名づけたならば, 名づけて, 名付ける和洋混淆, 呟いて, 呼ばれると, 呼ばれるに, 呼ばれる宮廷文化, 呼ばれる日本封建文化, 呼ばれ新興, 呼びたいの, 呼ぶには, 呼んで, 呼んでを, 器物の, 四五百年連綿と, 国境とを, 国情とに, 国民性と, 土地を, 地方とで, 地方とによって, 地方との, 執政内閣時代との, 場処の, 場処を, 場合の, 場所が, 場所とに, 場所に, 場所の, 境遇とが, 境遇とを, 壯年時代を, 変ったが, 変らない, 変りない, 変わらない東京湾, 変わりは, 大いに同じ, 大仏鋳造の, 大学を, 大差ない, 大差なき, 大正時代の, 大衆への, 失意の, 如何なる關係, 子供の, 安息王朝時代との, 家庭, 少しの, 少しもか, 少しもかは, 層との, 山城京に, 工人とを, 左したる, 常に何等, 平安時代とを, 平安時代初期, 平安朝時代との, 年代とに, 并存せず, 幾多の, 彼女の, 心得なければ, 思いくらべると, 思うの, 思ふ, 思われた, 性格の, 慣行とを, 成つたのである, 我が徳川政府封建, 戦ふより, 戦国時代とは, 所とは, 技術の, 折合わない古風, 択ぶところ, 持久戦争の, 探偵小説と, 推して, 推定される, 推測される, 改めようかなと, 改題する, 文化の, 文学との, 文學の, 文明の, 斯う, 新しい世界, 新しい時代, 新しい芸術, 日本の, 明治, 明治時代の, 時代が, 時代との, 時代によって, 時代の, 時代は, 晩年の, 最も苦しく悩まし, 最初の, 有史時代とが, 服従性の, 条件との, 東京時代とは, 楊雄とは, 次々の, 次第に音韻, 歴史の, 死ぬ年一年, 殆ど些, 比べ若い, 比較する, 毘沙門の, 民族との, 民族階級或は, 民衆との, 永遠とに対する, 永遠な, 没交渉に, 流れを, 流派とが, 流行と, 海外発展, 深い關係, 混和した, 為りたるは, 煙とで, 爲りたる, 現代とが, 現代との, 現代とは, 現代の, 現在とでは, 現實主義時代, 環境とにたいする, 環境とによって, 環境との, 環境によ, 環境の, 申しますの, 略, 略同, 略相当する, 異った, 異なり決戦戦争, 異なり私, 異り, 直角的に, 相並ん, 相容, 相容れないに, 相應, 相距, 相関の, 社会が, 社会とが, 社会とに, 社会とを, 社會について, 社會にも, 私の, 私は, 称し各地, 称すべし, 称せられ例, 称ばう, 稱します, 稱する, 稱揚する, 経て, 義仲や, 考うるさ, 考えられる窮極, 考える, 考え得るならば, 考へる, 自分という, 自称する, 自身の, 致しますると, 色彩を, 苗字に, 若き世紀, 藤原時代との, 藤吉郎の, 蛹虫時代と, 蛾蝶時代の, 血の, 西行の, 見ても, 見ねば, 見られて, 見るため, 見るべきもの, 見違えるほど, 観ずること, 覺しい, 言うべくこの, 言えましょう, 言ふ, 言ふべき, 詩人とは, 誇稱, 誰が, 調和する, 謂つた仮りの, 謂はる, 變り, 豊かな, 身分の, 身辺の, 較べて, 逆行した, 進歩し, 違いますから, 違いもはや, 違い吾, 違うん, 違った字, 遠いだけに, 重なって, 鎌倉時代との, 鎌倉時代戦国時代の, 長崎, 関係の, 闘うこと, 闘う人間, 隋唐時代, 隔つた感覚を以て, 隔離し出来得る, 雖も, 青年時代を, 青春の, 順に並べ, 順を, 頭とが, 類似した, 類型的人物の, 風俗の, 風俗画との, 餘り, 香料の

▼ 時代~ (447, 1.4%)

97 あつた 10 あつて 3 私は

2 [14件] あつたら, あらう, あらうか, いわゆる文明開化, すこし歩く, その中, つまり初期, 平次が, 後を, 極端に, 祝言も, 言へば, 長の, 雑誌の

1 [309件] ああいう, あた, あつたとい, あつたの, あつたらう, あつたれ, あつた君, あつて明瞭, あの緑雨君, あるいは当時, いえば, いくら飲ん, いちばんゆかいな, いろいろ動物研究, いわば哲学, いわゆる賊軍, ええと, おそらく福島, おなじみの, お竹, かなり骨, かのエンタツ, かの末広鉄腸居士, げすから, こつぴどく取扱, ことにテンコツさん一家, ことに現在, この三代, この前, この本, この間はずつと, これは, これも, こんな本, ござりまし, ご府内, さう, さへ, しかもその, しよう助監督, すらそんな, すらも船, すら今日三尺, すら眠られない, すら衣裳, すら露西亜文学, せう, そこに, その二百八十年, その前, その反面, その後は, その時代, その時代時代, その時代特有, その結果, その翻訳, その職制, その著, その間の, その頃, その頃夫人, それから, それからは, それから以来, それから次第に, それが, それで, そんなチャチ, そんな景色, ちゃんと眉, とても変てこ, とび抜けて, ともに私, とりたて, な, などちら, ね日本, はかへって, ひとまず終り, まごまごする, まさに女, まだ学校, もんの, アムステルダムなどは, エラ, オランダの, カストリが, カンテラが, ガリレオ, コーチに, ビスマルクも, 一乗三乗峻別し, 一剣天下を, 一定の, 一層これ, 一手販売だった, 一方には, 一方宮廷, 一時期を, 一段と堪えた, 一段落つげ, 一般の, 丁度ピース, 万年筆を, 万暦の, 三公を, 三条寺町の, 上京し, 世の中が, 之れ, 二十世紀に, 二十二郡と, 二氏を, 五十代に, 井筒屋の, 交通はずゐ, 人の, 人手が, 人生の, 今の, 今や列國, 今思い出し, 今日とは, 仏様の, 住居も, 佐野に対する, 何と云つて, 作品から, 作品も, 俄に, 俳諧史より, 像法は, 僕は, 充分に, 兇徴妖, 先夫人が, 先日代々木の, 先生の, 兎に, 其の勢威, 其頃は, 加納屋甚兵衞最初は, 半七老人, 原型は, 取締りが, 口が, 吉利支丹信者は, 吉祥天の, 同時に翁, 同窓生は, 君主の, 和文系統であった, 嘉慶に, 嚇しかける, 四十歳前後から, 國の, 地図は, 堅苦しい漢文調, 墨や, 夏休みの, 外國から, 夜を以て, 大分その, 大抵出羽, 大森の, 大概みんな化け猫女形ばかり, 大概みんな化猫女形ばかり, 大正七年暮には, 天武天皇の, 女の, 好運は, 學問は, 客も, 対人的には, 尊攘派征伐の, 小角が, 就中茶道具などは, 就職は, 山形であった, 岩谷天狗の, 已に大, 幣原, 平民の, 幾日も, 廃棄さるべき, 彼も, 彼等は, 往来の, 徐, 從來の, 御隠居自身, 徳川時代から, 徹底的に, 心の, 思ひつめて, 恋愛遊戯など, 恐らく一層偉大, 恐らく今日, 政敵から, 故郷を, 教会の, 文化の, 文壇という, 文字通り夫が, 料飲食店は, 断髪令という, 新しい歴史, 日常生活に, 日本が, 明治十二年の, 明清以後は, 晩年には, 最も印象, 最早偉人英雄, 有ると, 未だ一家, 東は, 東亜キネマとか, 東京を, 東京近在の, 柳浪乙羽眉山水蔭などが, 極めて取りとめ, 極彩色の, 次で, 正史の, 正徹の, 武蔵の, 殊にジュコーフスキー, 殊に西暦八世紀, 毎月私の, 氏族の, 江戸市中一般に, 沢山な, 無いやう, 無頓著, 狗までが, 独逸が, 王自らも, 珍らしく聞きます, 現世は, 現在の, 瓦斯も, 生活そのものは, 甲州は, 男性の, 白馬会には, 真物も, 着ぶくれて, 着換へと, 神戸, 祭神の, 私達の, 程順則ほか多くの, 稲垣足穂氏の, 窮乏も, 第三期, 紀元で, 約千七, 素質の, 紫式部やら, 終つたとしても, 終り, 経営難に, 經學の, 練習した, 聖武天皇は, 脚立を, 自分が, 自然主義の, 致し方も, 航空船が, 艶なる, 芸者上りの, 若い娘, 英語の, 落着い, 蒙古, 藝術が, 虫食いの, 行つたから, 西鶴の, 見られない静か, 覚えた詩, 解脱の, 記録の, 詩には, 贅澤な, 迷うこと, 退屈で, 送った人, 造り上げたもの, 選挙運動者は, 都人が, 金の, 釣船の, 銀子たちも, 間もなく両親, 電子の, 電車は, 鞍馬西, 音楽の, 魯の, 麻裃に, 黄金時代の, 黒く光っ, 黒く光る, 黒ずんだ桐, 黒光りが

▼ 時代にも~ (353, 1.1%)

3 たぐへ, 幾度か

2 [18件] あつて, ある, あるが, いるの, かなり住み荒らし, さうし, その時代, なお, なかった, やはりこれ, 不老不死の, 作文は, 同じよう, 名声を, 常に人間, 幾分か, 見出すこと, 長崎や

1 [311件] あいかわらず一般, あったか, あの辺, あまり類が, あらはれて, あらわれるの, あり且つ, あり得ない, あるかと, あること, あるもの, ある戦闘国, ある文化カブレ, あれば, いい姐さん, いい相棒, いかなる人種, いかなる哲學, いくらかずつは, いくらか御朱印, いたであろうが, いは, いま考え, いや増して, いろいろな, いわゆる有史時代, かくの, かく考えね, かつてこの, かつてその, くさった人間, こういう助け合い, こういう女たち, この像, この男, この種, この自然, この連中, これだけ, これと, こんな古風, こんな風, しばしば, じぶん, すたらずに, すでに有り得なかったであろう, すでに近頃, すべて元, ずいぶん多かっ, せよ, そうしたこと, そうであった, その例, その当時, その理性, その類型, それぞれの, それぞれ好ん, それと, それは, それを, たくさんの, たぐえ申すべく俗気紛々, たびたび火事, ともかく人間, どこででも, どの地方, どんな世相, どんな処, どんな場合, ない訣, なお公平, なって, なれば, ひきさらしは, びんば, ほかの, ました明るい, まして愛書狂, またその, また他, また何れ, また幾十年, まだ三十, まだ残っ, まれに, まれびとは家あるじに対して, めづらしい, もちろん紡ぐ, もっともしげく, もとよりやくざ, やっぱり廃物利用, やはりその, よくひつくり返した, よくわからなかった, よるが, わが国の, われわれの, ゐたで, アンダスンなる, エタ以外に, ゴシップ以外の, ゴーリキイは, ズウフルという, ソヴェトが, マアレイの, マークは, ロゴスとしての, ロシヤの, 一つの, 一つのも, 一二度訪問し, 一人で, 一度ある, 一方には, 一様に, 一部には, 三千の, 乱行に, 五山の, 五百石の, 人の, 人夫が, 人心の, 人物画を, 人穴は, 人間は, 人間全体によって, 今は, 今日見られる, 他との, 他に, 仙人の, 何処かで, 余りお親しい, 作家は, 例の, 侮るべからざるもの, 保存し, 保守と, 信仰の, 倭冦が, 兄弟の, 免れがたい, 免れない, 免れません, 全能では, 兵部卿の, 其通り考へ, 凡太と, 分りにくく, 劣らずよく, 劣らず大学, 勢力の, 勿論父母, 危険不安を, 口を, 古代生活の, 古風な, 句作は, 同じ伝説, 同じ生, 同様であったらしい, 向上進歩という, 品川あたりの, 唱えられて, 土とか, 土地と, 地方によ, 地方領主の, 壁画式でない, 多くの, 大体において, 大切な, 大師詣での, 大衆は, 天鵞絨の, 失礼ながら, 奥羽地方の, 如何なる相手, 妙義の, 存し, 宋元との, 完全な, 実際上民衆, 実験的の, 小説家志願者は, 尚村, 屡々實行, 已むを, 帝王の, 平凡と, 平凡な, 当世風と, 当然の, 彼には, 彼は, 彼らに, 彼らを, 彼等は, 後世にも, 徳川時代にも, 必要である, 思想の, 或る, 或一種, 拘らず戦争, 拘わらずトキユタ, 政府は, 故意に, 数種の, 文語と, 斯う, 方々へ, 既に平安祝詞, 既に法楽, 日露戦争後の, 明治時代にも, 昔と, 時々林檎, 時たまの, 時には有望, 村, 格別これ, 極めて打算的, 極綺麗, 権力者の, 此等の, 歴史の, 毎月一つや, 決して永続, 沢山ありました, 派手好きな, 流れて, 清時代にも, 清音である, 温かな, 溯ろうと, 澤山の, 無いよう, 無い内容, 無かつ, 熱病を, 父宮などの, 牛乳は, 特に人類, 珍しい, 現れたこと, 現状に, 生かされうるよう, 生かされて, 生ずる, 生れ得るやう, 生存した, 生活の, 用いられて, 用ゐられたれど, 疲労した, 矢張りこの, 知られし, 知られし也, 神田川筋の, 私たちは, 私は, 種々なる, 穴師を, 立派な, 立派に, 第一, 終りを, 結婚後にも, 結髪や, 続いて, 繰返されつつ, 繰返される, 老年者は, 耐乏生活を, 肋膜で, 自己の, 色々悩ん, 若鮎の, 落伍者が, 落伍者は, 行はれる, 見いだされる, 見られなかったこと, 見出せなかったある, 言へ, 言われた善隣, 言語の, 詩人は, 読んで, 諸君の, 貞観時代にも, 貴僧の, 辻斬りなどという, 金木の, 金語楼や, 随分あるき廻りました, 隨分あつ, 隨分家を, 青春の, 預言者あり, 頓阿とか, 領主村田家の, 類が, 馬喰町の, 馬文耕と, 高い犠牲, 鬼熊という, 黒人種は

▼ 時代~ (351, 1.1%)

24 あった 21 あつた 13 あったの 12 ある 8 あったが, あるの 4 ありました, 中頃以後に 3 同じよう, 過ぎて

2 [19件] あったけれども, あったと, あったわけ, あったん, あって, あらゆる時代, ありしかど, あります, ありますが, あれば, 中頃以後には, 二時代も, 今も, 前の, 暢びりし, 来ること, 環境も, 生活も, 素姓も

1 [213件] あったかと, あったかナ, あったですよ, あったに, あったのに, あったもの, あったよう, あったらしい, あったン, あつたら, あつた様, あてに, あり, ありき, ありきピータア, ありき丸山作楽君, ありき如此, ありき当代, ありしか, ありましたけれど, ありませうし, あり映画, あり道徳, あるが, あること, あるし, あるそれ, あるでしょうが, あるには, ある人々, ある芭蕉, いつの間にか古う, おそらく弘安頃, おそらく末, およばぬほど, かつては, かわって, こうあったろう, この世の, この映画, これらの, これら不滅の, これ以上金に, さう, さうです, すぎた, すぎましたから, すでに去っ, そういうもの, そうだった, そうである, そう長く, そこまで, その一方, その意味, それと, それよりは, そんなに遠い, そんなわけ, たって, ちがうが, つづきビスマルク, とび越えた空想, どうにか通り越し, どうやら心細い, どれだけ, ない, ないと, ないの, ほんとの, またこの, またこれ, またその, またなつかしい, またわれわれ, また世界, また僕, また決して, また過ぎた, まだ寛水, めずらしい, めづらしい, もちろんさう, やがて到着, やがて去ろう, やがて過ぎ去るだろう, やはりこの, やや下った, わかりそこ, 一度は, 一様でない, 万葉上期だ, 三十六七年頃が, 下るか, 中, 中期以後末期に, 中頃から, 中頃以前の, 中頃以後の, 亦た, 亦われわれ, 亦説経節, 人物も, 人間には, 人間を, 今では, 今は, 何時かは, 何時の間にか慕, 來る, 入れて, 兵の, 其通りである, 出て, 分らない私, 分らぬもの, 到着する, 前に, 卒業後も, 去って, 古いし, 古い芸者, 同じ三田, 同時親王と, 名家の, 嘗つてなかっ, 国も, 地名の, 場所も, 変って, 大抵相距る, 大阪の, 天保十三年の, 存在した, 宮戸座で, 少しも, 少女時代も, 尠い, 尠なく, 平安朝頃まで, 年が, 幼少寝小便の, 後にな, 徐々に移りつ, 必ず人々, 忘却した, 憶良や, 数えて, 新しく見える, 日本が, 早い近江朝頃, 明らかで, 昭和の, 暗黒の, 書物を, 有りました, 有名な, 未詳である, 末この, 末葉の, 来た, 来ないとは, 来るの, 来る時代, 来後, 楽しいもの, 此頃に, 殆ど大差が, 江戸の, 源平紅白二つの, 珍らしい, 現代も, 現実は, 生きて, 異様な, 白楽天の, 相当な, 相応に, 知って, 確かに, 終りだ, 経た嬰児たち, 経過した, 絵を, 総て経験し, 老年に, 考へて, 自から, 自ら想像出来ます, 苦しい時代, 見る事, 認識の, 近いし, 近い人, 近く民族, 進み婦人, 過ぎ去つたかね, 過ぎ去りローマ, 過ぎ石炭, 過去の, 違い事柄も, 違うん, 違つてゐる, 遠い過去, 遠くないだろう, 遷って, 鎌倉時代も, 降って, 離れて, 難しくなり, 非常に, 風俗も, 魔窟であった

▼ 時代からの~ (301, 0.9%)

8 親友で 7 友人で 4 友達で, 友達である, 同窓で 3 友人が, 友人であった, 知り合, 竹馬の, 親しい友人

2 [17件] ことであった, たった一人, ものである, マドロスパイプを, 彼の, 後輩で, 慣習かは, 生活の, 男の, 癖で, 知合いで, 自分の, 親しい友達, 親友です, 貸本屋で, 近眼である, 長い紛争

1 [225件] いろ, おなじみは, ことが, ことだらう, ことで, ことであっ, ことを, この国, そういう心がけ, つき合いで, どちらかと, なごりを, ふるい植民地帯, もちものよ, もとの, ものだ, ものと, ニイチェの, ヒイキが, ビフテキ愛好者な, ボロボロの, 一友人が, 不眠が, 両性交際に, 主義であります, 九谷の, 予ての, 事で, 事であった, 事である, 交遊の, 京都の, 仲のよ, 仲間で, 伝統で, 伝統に, 伝統の, 伝統を, 伝習心の, 住民も, 体の, 体験を, 作家たちは, 作家として, 俗謡にも, 信仰は, 側臣で, 傅人だった, 僕たち二人の, 優秀な, 元の, 先生だ, 先生である, 先祖の, 兼ねての, 写真業の, 勤労から, 千古の, 原稿なんかも, 友だちで, 友だちでありました, 友では, 友人である, 友人でし, 友人でした, 友人です, 友人の, 友人中村草田男の, 友人稀代の, 友情が, 友達, 友達だ, 友達だった, 友達の, 口癖に, 古いお, 古いお寺, 古いこと, 古い事, 古い伝統, 古い住居, 古い品物, 古い城跡, 古い技師, 古い書付, 古い顏なじみ, 古びた息づまるばかりの, 古絲, 古舗丸八, 古馴染である, 召使いであった, 同学だ, 同志と, 同窓の, 名で, 問題であった, 団扇の, 国会議員に, 地方吏の, 境遇に, 墓碑も, 夙志であった, 大きな疑問, 女の, 女房で, 女房また, 好奇心と, 学資も, 宗教心と, 宮仕えである, 家柄で, 宿痾が, 山本安英などの, 常総地方, 年老の, 幸吉の, 店と, 店の, 引き続きとして, 形見として, 彼が, 御林軍, 心の, 必然的な, 性慾史を, 性関係の, 恋人で, 意志を, 感情生活は, 慣わしであった, 慣習として, 懇意な, 掟として, 故夫人, 数万年に, 文学の, 文学狂で, 文学界の, 旧いなじみ, 旧い友人達, 旧友だろう, 旧友であった, 旧家だ, 旧家と, 旧盟, 昵みである, 最初の, 本堂は, 本箱と, 櫛比である, 歌人で, 正銀, 正香の, 残り物です, 水田稲作を, 氷雪の, 洋画界の, 浅からぬ, 深い馴染, 濠で, 煤と, 由緒を, 町だけに, 番頭格清助にも, 疑いを, 痼疾だ, 発展として, 眞宗寺で, 知り合いの, 知合で, 知己であり, 研究によって, 神道を, 私たちに, 私の, 精勤であった, 経験である, 結びついた気持, 縁故で, 繼續で, 美貌の, 習慣で, 習慣として, 習慣に, 色々な, 苦しい恋, 苦闘によって, 莫逆の, 藩の, 蘭学者の, 親しい仲間, 親しい間柄, 親交であっ, 親交であった, 親友, 親友が, 親友だ, 親友の, 記念的建物だった, 記憶が, 記憶の, 記憶を, 訣別であった, 許嫁で, 詩の, 話で, 諸役人, 謂わば, 貧乏で, 身の上話を, 農民を, 迷信の, 運命に, 運命によって, 道楽者で, 遺物で, 遺物であろう, 遺物も, 部下で, 郷士が, 関係である, 闘争心が, 陋信では, 隅田川の, 馴染の

▼ 時代~ (234, 0.7%)

16 なもの 9 な意味 3 です, な変遷, な心理, な関心, のもの

2 [18件] な, な不安, な俗悪, な弱, な性格, な懐疑, な新しい, な特徴, な理由, な矛盾, な社会, な第一声, な翹望, な要求, な雰囲気, に交互, に合理化, に変化

1 [158件] だし, であった不粋, であつ, でありまた, であり永久不変, であり過渡的, であるの, でない人間, で世俗的, で何だか, で妙, で本人, という, といふやう, とかといふべき, なこと, なこの, なこわれかた, なスタイルそのもの, なスピード, なトピック, なニュアンス, な一つ, な一般, な不幸, な中心テーマ, な主張, な二つ, な亢奮, な人々, な何物, な使命, な偶像型, な冒険, な功績, な動揺, な動揺性, な印象, な双生児, な叙情詩, な合理感, な同, な問題, な営造物, な嗜好, な境遇, な変種, な幼稚さ, な広, な心理主義者, な意欲, な意義, な感興, な感覚, な所産, な文化表現, な文学, な文書, な期間, な本質, な枠, な気魄, な水準, な波瀾, な活動, な潮流, な焦躁, な物の怪, な特性, な特色, な現象, な生活, な画学生, な真価, な示唆, な社會的, な粋, な精神病治療, な絡み合いに, な背景, な色, な苦悶, な英雄精神, な荒い, な荒っぽ, な著しい, な表明, な要素, な解釈, な詩風, な象徴, な過敏さ, な郭制度, な錯綜, な青年男女, な音調, な風潮, な黒い, に, にいえ, にしか生きられぬ, にその, には前, には古び, にみ, にも, にも人生的, に世代的, に今日, に何等, に先, に先駆者, に内, に動こう, に区別, に區分, に同一, に大別, に彼等, に恋する, に救い, に最も, に漸次, に生長, に発音, に盛りあげ, に種々, に見, に見れ, に観る, に觀, に解釈, に重視, に限られた, の, のセンセイシヨン, の一現象, の事件, の作, の傾向, の変遷, の妙味, の差別, の差違, の影響, の新, の新生面, の活発, の混迷, の特殊, の珍しい, の理会, の祭り, の空気, の要素, の趣味, または国民的特色, 超常識的

▼ 時代でも~ (206, 0.6%)

5 あった 3 あったの 2 ありまた, その上, なかった, なければ, 女帝には, 或る

1 [186件] あつた, あなたの, ありかつ, ありしづ, ありともに, ありますが, ありますので, ありゆるさない社会, あるが, あるの, あるまい源氏物語, ある場合, ある時代, ある権力者, あれば, あろうが, あんがい若い, あんな粗末, いかなる場合, いずれの, いっぺんでも, えらい人, かうなん, かつては, こうした悪鬼, これただ, これだけ, こんな地震, こんな愚劣, こんな烈しい, ございましたろう川越三喜, さう, ずいぶんひどい, そういう傾向, そうひどく, そのよう, その晩, その煽り, それが, そんなふしぎ, そんな時代, だ, ですね, どこでも, どの場所, どんな人, ないその, ない平民時代, なかつた, なかろう, なくかつ, また帝王政治家學者たる, まったくおなじ, もっと食える, やはり芝居小屋, よき画材, よく売れる, よく賢明, より精練, パミール以西の, 一カ月に, 一挙に, 上流階級の, 二十石位である, 亡ぶ者, 京都では, 人を, 人間は, 他の, 余り物に, 例えばドイツ, 個々の, 元日に, 先ず感覚, 入場料三銭で, 十五歳の, 卒業證書は, 南洋方面から, 単にこれ, 印度では, 即ち此, 只今でも, 同じこと, 同じだろう, 同じやう, 味覚は, 和魂漢才と, 和魂漢才とて, 国民の, 地べた以下の, 売れば, 変らない, 大きい握り飯ひとつ, 大学は, 威張るもの, 学力と, 実際に, 富豪といふ, 富豪の, 寧御, 少しむずかしかっ, 少しも, 常識の, 平民の, 年頃の, 必ず半町手前, 必ず君たち, 思出した, 恋に, 戦乱には, 戦争は, 技師や, 抽象的な, 捕方に, 捨てがたい, 探せば, 探偵は, 支那で, 救はれない, 文化について, 文化の, 新人には, 新羅, 日本人の, 明治の, 時々発生, 普通の, 最も人間らしい, 有りませんから, 本当の, 格別不自由, 桃は, 歌が, 此の, 武力への, 歴史の, 毎年三四百萬石ほど, 比較的古く, 民衆の, 決して人物, 漢族の, 犯罪は, 生まれる訳, 田沼といふ, 田舎よりも, 町奉行火消掛お, 異なつて, 病の, 病院の, 皇位の, 相手が, 真の, 矢張り同じ, 矢張り廣州の, 矢張り東洋と, 禁物です, 純工藝, 経験した, 経験する, 美しい石材, 美徳だ, 羨むべく無難, 腕を, 興行としては, 若いもの, 蒐集癖と, 衣食住に, 西片町時代でも, 親がかりの, 親子の, 言葉全部を, 読者を, 誰の, 質物渡世は, 身延山詣でした, 農書だけは, 農民は, 適當な, 遺失物は, 都城の, 鍛冶屋町の, 鎌倉期を, 長く秘密, 離さなかつた并び, 領主の, 驚き易い

▼ 時代~ (197, 0.6%)

8 と思う 6 つたから, といふ, よ 5 からね 43 からである, からといっ, つたと, ということ, というの, と思います

2 [12件] から, からこそ益々, からそんな, から仕方, から大股, から食えない, つたで, つたのである, と, とする, ともいえる, と云っ

1 [120件] おれは, かに桜, からいくら, からおそらく, からかう, からかなり, からこれ, からそこで, からその, からで, からです, からという, からとて能率万能, からと言う, からと言っ, からどっち, からどんな, からな, からねと, からね金, からのこと, からまた, からもう, からやむをえない, からよし, から一日十里, から両者, から二三日, から何, から先づ新聞社, から出来た, から又, から大衆作家, から定め, から岡田, から年内, から強盗, から忽ち, から日本文明, から月, から未, から本, から東洋, から比丘尼, から満蒙経営, から犯罪, から竜宮, から緑雨, から芸能, から血統, から西洋, から豪い, から長, から餓鬼, から驚く, がそれでも, がやり出した, が一般, が彼, が春満, し正体, し結婚, し都合, ぢやあ, つたからね, つただけに, つたつて言つてた, つたなア, つたので, つたのです, つて五公五民とか, つて小さい, といいます, というしかない, というところ, という今, といっ, といふやう, といふ諦め, といへ, とか宗教革新, とさえ云っ, としても恐らく, とねえ, とはいえ, とは考え, とは言, とは言つて, とヨ, と云います, と云う, と云え, と云った, と云つて, と云われ, と云わん, と呼ん, と思っ, と思ってる, と思ふ, と思われます, と申す, と考えた, と観察, と言, と謂, な, なあと腹の中, なんて急, のに, のに洗濯屋, また人心, まア焦らず, もの, よ人, 何でも, 汽車と, 老中重役共でさえ, 脚本を, 趣味の

▼ 時代では~ (193, 0.6%)

20 ない 6 なかった 5 ないの 4 ありません, ないか 2 あったが, あつた, ある, あるが, ないかと, ないこと, ないという, 何よりの, 常識的な

1 [136件] あった, あったし, あっても, ありますが, ありませんか, あり一向, あり一般, あり弟子, あり賢實, あるいはこうした, あるまいか, あるまいと, あるまい女性, あろう, いちばん力の, いつとも, おそらく一家, おそらく大, かつては, けっしてなかっ, このお, これまでの, これを, こんな粗末, その各, その各々, その呼び名, その愛情, その生活, それは, たやすいこと, どうもそう行きませんでした, どこまでも, ないかという, ないから, ないが, ないでしょうか, ないと, ないとしても, ないに, ない勤王, なかったでしょう, なかつたこと, なかなか作家, なくして, なくなった, なくなったから, なくなって, なくなつ, なく今, なく啓蒙, なく新, なく明後日, なく昔, なく西漢, なしに, なし矢文, なまじ出家, まあ新手, まさにあれ, まず怪談, まだこういう, むしろ国ぶりに, もう常識, もっともすばらしい, もっぱら云い伝え, わかるといふ, スヰートホームという, 一つの, 一応謁見, 一種の, 一途に, 万葉仮名そういう, 不遇であった, 世界中が, 乃公に対して, 久しく天下, 了解する, 二十五歳と, 人生の, 何が, 何と, 何よりも, 何事にも, 俗書に, 入門に, 到底思い, 到底百年後, 吟味が, 和歌を, 國泰寺の, 夢中に, 大金です, 大金という, 妻は, 媚薬などを, 嫌われた, 嫌味も, 容易に, 少しの, 山岳は, 巻物と, 師匠は, 彼らは, 惣蔵昌恒が, 感情の, 我々男たる者は, 戦争の, 放射性廃棄物の, 文学に, 斉, 斯う, 日常の, 書籍は, 最高と, 極端に, 殆芸らしい, 決してなかっ, 法律的にすら, 無いと, 生産に, 矢張荻原守衛が, 空々しく思われない, 簡単に, 簡單に, 總て, 考えられないほど, 能楽に, 脚本に, 誰れ, 趣味の, 随分へそくり, 飛離れた自由恋愛, 馬鹿正直と, 驚異である, 鰯の

▼ 時代において~ (191, 0.6%)

3 新たに 2 かくの, つねに幸福, 始めて, 我々の, 自覚する

1 [178件] あの字, あらゆる馬鹿, あるいは穢多, いかに天皇, いやしくも一城, おそらく平安朝, かかる事, かかる雑器, かなり嫌味, この上, この二つ, この響, これらの, これを, さういふ風, さらに一段と注意, すでに天下, すでに奥羽北部地方, すべての, そういう仕事, その先駆者, その全盛期, その内容形式共, その力, その地方, その徴候, その東北, その蒙, その間違い, その首領, それぞれ特殊的であり, それぞれ独自なる, それらの, それ自身だけに, ともに現出, なにゆえに, なま若い, はさも, ほとんど全く認められず, ほとんど同一, もしある, もはや人間, わが西方諸国, エタと, カルタ札の, スキチアの, ヂと, ドイツは, ド・シャレー氏は, プロレタリアの, プロレタリヤが, ヨオロッパと, ロイド・ジョージの, ロンドンだけの, ローマは, 一城の, 一方に, 一般に浸, 一般の, 万葉仮名が, 三十銭以上の, 三善清行は, 三春五万六千石の, 上流社会の, 不貞の, 世に動揺紛乱, 世人の, 世間へ, 中央政府は, 二つの, 互いに違った, 五行風角の, 京師の, 人々が, 人柱の, 人間の, 人類は, 今の, 今日の, 体験した, 何が, 作られたる技倆, 作られたる技量, 使い分けの, 先んじて, 八十七類の, 到るところ, 剛猛, 半民間的, 原子は, 同一の, 名を, 哲学する, 唐船が, 嘗め尽しました, 困難であるごとく, 国家の, 國際的な, 変って, 変化した, 夙に林羅山, 大人に, 大枚百両の, 奈良坂の, 奥羽から, 始めて見る, 婦人の, 実際やむをえぬ, 家の, 容易に, 宿神の, 少なくとも一度, 少数の, 局外文士の, 平和社会唯一の, 広く各地, 彼は, 必要品なる, 急激に, 恋愛問題が, 懐疑的自覚の, 我々は, 支配的なる, 政治の, 政法上の, 教育され, 散々悩まされた, 数学でも, 斉東野人の, 既に著しく, 既に西洋, 日本の, 日本プロレタリアートの, 昴宿の, 書かれたもの, 最も多く, 最も廉価, 最大級の, 有益であった, 検非違使の, 此の, 武士の, 永世を, 波の, 為し尽されて, 無用有害なる, 煩悶苦悩せる, 物理学上の, 特にトスカーナ, 猪鹿が, 男子は, 画家北斎が, 皇室には, 相近く, 知られて, 社會の, 突如と, 立派に, 素読と, 經濟上生産および, 老牛馬, 肉食妻帯公許の, 自分が, 自己を, 自然賤しい, 興福寺所属の, 色々の, 花を, 著者の, 親不孝な, 認め得べき変化, 誰か, 課役を, 道徳維持の, 道鏡に, 違った音, 鉄材を, 開いて

▼ 時代である~ (169, 0.5%)

4 からこの, からそれ, ことを, ということ, と云 3 からである, ことは

2 [13件] かについて軽快無比, かも知れない, からし, からその, から如何, から或は, から矢立, がこの, がその, といふこと, とし, と主張, のだ

1 [117件] か, かという問題, からおよそ, からこそその, からこそ自分, からこんな, からさ, からすべて, からそれら, からです, からましてや, からレッキ, から下, から世道人心, から事々しく, から二銭, から五銭, から人, から僕ら, から古, から女の子, から好悪, から子供, から安政度, から尾張町, から岡君, から当時, から彼, から必ずしも, から愛書家, から才気, から政府, から新聞社, から新聞雜誌, から朝廷, から本人, から案外, から歳, から比較的, から煙筒, から珍しい, から男子, から私, から糟谷, から自然, から藤原氏, から親類縁者, から誰, から道中, から陪臣, から雨, から騎士, かを知らない, かを説き, がこれ, がそれ, がそれだけにまた, がそれでも, が京都府宮津中学校, が今日, が匹夫匹婦, が声色, が店, が当時, が此, が浅草, が紀伊半島, が馬吉, ことに, ことには, こと他方においては, し六十円, し自分, それと共に, という, というよう, という点, とかまたは, とする, とともに史学科, とは全て, とは言い, とも言はる, と云ひたい位, と仮構, と思います, と思ひます, と思ふ, と考える, と考へた, と考へられる, と観察, と言, と言えよう, と論じた, にも拘らず, によって公卿, に違, のでいずれ, のでさ, のみならず, やうだ, ようだ, 中世に, 事だけを, 事を, 今日の, 四世紀の, 大河と, 奈良朝においては, 戦国時代を, 持戒の, 斯う, 武蔵が, 殊に天才, 當時宮廷の, 鎌倉時代に

▼ 時代における~ (125, 0.4%)

3 日本の 2 交通事故は, 人間の, 仏教受容の, 基礎経験の, 文明の, 武士は, 衆生の

1 [108件] いろいろな, いわゆる陰陽師, お医者さん, こうした環境条件, この実験, それである, たしかに, ような, よりもより大, フィレンツェ屈指の, ブルジョア・インテリゲンツィアの, 一つの, 一人分の, 一種の, 一縉紳の, 上皇としての, 世界が, 世界の, 二条流の, 五人組制度の, 人の, 人口に対する, 人口の, 人間は, 人間解放の, 代表的の, 仮名すなわち, 作ったものの, 侠客間の, 俳句界の, 個人の, 偏理的儒教は, 傑出した, 先行者で, 典型的人物を, 内外の, 切支丹の, 創造的な, 半島及び, 右の, 啓蒙思想, 國民生活の, 地殻の, 型ばかりの, 増加かの, 変革性よりも, 多少の, 大有徳者, 大臣大連らの, 夷狄との, 如く今, 宇宙始源に関する, 宇宙関係諸, 宗教改革の, 実際には, 屍体埋葬の, 工藝との, 彼の, 徳川三百年の, 徳川将軍の, 慷慨殺伐の, 我々の, 或る, 政治の, 政治的理想は, 教養思想は, 文明開化の, 新しい様式, 日本馬と, 最も楽しい, 最も野蛮, 最初の, 最大の, 朋黨を, 木曾路の, 本草学者達は, 東西両, 梟雄であっ, 父の, 珊瑚礁の, 環境に, 生物の, 町人圧迫の, 皇室御料の, 硬骨は, 社会の, 禁裡の, 科学への, 空間的分布を, 精神の, 給仕人の, 統治者の, 聖書の, 自然の, 芝辻の, 草双紙中の, 落語界の, 蕪村の, 諸国の, 農民が, 近畿地方の, 遣唐使が, 重要な, 長期興行の, 音変化の, 領主の, 驚異であっ, 鴨川は

▼ 時代であった~ (115, 0.4%)

12 のである 3 がその 2 かと思う, からである, ことが, ことは, に違い, ように, ゴシックの

1 [86件] かということ, から, からそれら, からとてそう, からわずか, から互, から右衛門, から外国, から天下, から定めし, から当時, から彼女, から恥ずかしく, から校長先生, から満場, から犬, から私, から穢物, から誰, から電流, がこうして, がこの, がしかし, がそれ, がともかく, がアロハユニホーム, がカストリ, が上, が今, が子供二人, が布川, が往々, が故に, が父, が社会生活, が而, が読者, が逆, が隠された, ことと, ことまた, ことを, し, そうだ, ために, ため人心が, だけに特別, と, という, といういい, ということ, というの, というもよろしい, という事実, といわね, ところを, とは言っ, と云わね, と史家, と思います, と言う, と言えよう, にかかわらず, に相違, のか, ので, のでありました, のでした, のでしょう, のです, のでとかく, ので戦争, ので旧来, ので横隊戦術, ので父, ので至る, ので軍人, のを, ものが, ゆえで, ようだ, 事に, 大正の, 平安朝時代が, 由, 頃の

▼ 時代より~ (113, 0.4%)

3 一歩進んだ 2 もっともっと以前, 以前に, 前に, 前には, 客観的美に, 継続し, 進んで

1 [96件] かえって門下, かく唱えし, この, ございます, さらに多く, して, すでに世, その事業, その目的, はっきり物, もう一時代, もう少し前, やや衰えた, よく世話, ナポレオンの, マイスターへ, 一層厚く, 一時代古く, 一歩進ん, 二代前の, 二倍も, 五六年前, 今日に, 他の, 以前の, 伝れる, 信仰自由と, 傳はりし, 優れて, 優れ過ぎた人, 元弘年間に, 八十三歳の, 其証左は, 出でて, 出来て, 前でも, 十年くらい, 南北朝頃にかけては, 古いもの, 品行いっそう, 壮老に, 大きな抱懐, 大地主たる, 天平時代に, 天気予報の, 天涯万里孤城落日資金窮乏の, 學問の, 左翼的な, 幸福が, 引続きて, 後である, 後なら, 後に, 恵まれた環境, 恵まれて, 承継せる, 支出が, 数代前の, 文献に, 時代に, 時代を, 更に必要, 有力の, 次の, 次第に壞, 武田家の, 漸く盛ん, 漸次に, 激しくも, 無秩序で, 現時に, 甚だ新しい, 盛である, 相伝えたる, 知られて, 短かった, 約三百年後, 約四十年, 継続せる, 美貌を以て, 聞いて, 腐敗の, 良くなった, 萎靡した, 詛われた蛇, 足利時代に, 身躬から, 近くは, 近世浮世絵史上の, 遙か, 遙かに, 遥かに, 遲れ, 銅器鉄器の, 青山時代に, 非常に

▼ 時代という~ (101, 0.3%)

21 ものは 8 ものを 7 のは 6 ものが, ものに 3 のが, ものの 2 ことを

1 [45件] ことが, ことに, ことは, ことも, この掛声, こんな言葉, つなぎによ, ところが, のである, のでなく, ものその, もので, ものであろう, ものには, ものに対しても, もの完全に, ような, 一つの, 一生活体が, 事と, 事を, 名詞が, 大きな背景, 大ざっぱな, 奴は, 年代が, 幸福な, 意味であろう, 意味を, 文学上の, 時代だ, 時期が, 概念は, 歴史的全体に対する, 洋化時代が, 点に, 発展段階を, 矢代らの, 空気が, 考を, 親が, 言葉が, 言葉を, 頃には, 魅力が

▼ 時代においては~ (100, 0.3%)

2 これらの, 元より, 日本の, 板下画家は, 汽車

1 [90件] いわば農民, かなり活動, ことにいつ, この教, この点, この私, この芸術, これに, さほど深い, すなわち平安朝, そのもっとも, その切, その文明, その時代, その迷信, それぞれ別派を, それぞれ違った, そんなばか, どうしても今, なかなか重大, なほ盛なりしか, まことに理想的, むかしから, やはり従来苗字, イデオロギーの, ガ行音が, ビール罎は, 一致し, 一般に, 二日の, 二者は, 互に矛盾, 人となりは, 人は, 仮名が, 何か, 何かの, 勿論である, 同時に美, 和漢の, 四海万国みなわが, 地震などは, 多分どんな, 多少不, 太閤の, 奈良朝に, 如何, 始皇帝が, 学問的意識が, 宗教家は, 実に非常, 容易に, 屍体の, 崇拝畏敬の, 幾万の, 彼の, 思想上の, 戦争及び, 支那の, 文字どおりに, 最下層, 未だ真, 東国において, 欧州諸国は, 武士と, 死者は, 民族もしくは, 江戸の, 無論拗音, 牛が, 町人が, 皇室の, 硝子という, 稀薄な, 立派に, 絵画も, 聖道の, 自然を, 莫大の, 読書しない, 議論の, 起り得べき地震, 辻斬という, 道徳的に, 避けること, 醜い作, 階級思想が, 音楽を, 馬の, 鷺流と

▼ 時代~ (99, 0.3%)

13 のである, のです, んだ 11 のだ 4 んです 3 ので 2 のであります, のでしょう, ので自分

1 [36件] せりふだ, のかしら, のかも, のでうける, のでそこ, のでその, のでなおさら, のでクサヌス, ので主観句, ので九鬼嘉隆, ので五枚十枚ぐらゐづゝ, ので家, ので将, ので彼, ので月, ので武蔵, ので法王庁, ので私, ので西洋, ので警察, のにデパート, のね, のは, ものさ, ものを, んじゃ, 事で, 劇でも, 台辞で, 天才でも, 好みの, 楽隊の, 着付な, 経験として, 芝居めかした, 言葉で

▼ 時代とは~ (98, 0.3%)

5 違って 3 比較に 2 いいながら, ちがう, なりぬ, 云へ, 人間が, 全く相違, 変って

1 [76件] あきらかに, いえそう, いえ一家, いえ栄えある当山, いへ法律, かかわりの, かけ離れたおっちょこちょい, すっかり異なった, すなわち有史以前, その熱力, それぞれに, ちが, ちがって, ちっとは, なりに, また種類, まったく異なった, まるで善悪, よほど異, よほど趣, わけが, わけがちが, 三四十年しか, 事が, 事異, 云えません, 人心が, 人種上にも, 人類が, 似も, 僅か三十年位, 元来歴史的連続を, 全く異, 全く異なり, 全体の, 全然ちがっ, 共に日本, 同じでなかった, 国際事情が, 夜明け方の, 大いに趣, 大変な, 大違い, 天武, 少からぬ, 心機一転し, 思はれません, 性質の, 打って, 時が, 時代が, 時代区画, 時勢そのものが, 時間において, 最初關係が, 欧州の, 歴史に, 歴史的時間の, 没交渉で, 町の, 異り, 確に, 絶縁された, 考えないの, 考へられて, 肌合いも, 言いながら, 逆行させ, 違いますからね, 違うが, 違うの, 違つて今度こそ, 違つて叙述では, 違ひまし, 限らずに, 隔世の

▼ 時代錯誤~ (97, 0.3%)

3 だ, に近い

2 [11件] がある, だと, であります, であり余りに, である, であること, ではない, の感じ, の麟鳳, よ, を感じさせない

1 [69件] かも知れぬ, から救い出し, が感じられる, が自ら, が行, こそ論理, だの不二山, だもしくは, だろうね, であ, であった, であり之, であり反, であり茶道慣例, でおかしい, ではあるまい, ではなく, といふこと, といふ感じ, として斥け, とすべき, とだけ云いすてる, となっ, となる, と呼ん, なの, なり, な幽霊話, な感じ, な田舎者, な議事堂, になり, にもお話し, に溝渠, に相当, に相違, に陥らせ, に陥ります, のそしり, の代表的, の先祖返り, の処, の印象, の可笑し, の各種, の書, の薬, の虚偽, の観, の話, の顔, の風習, はいけません, は個人, は無意識的, への屈従, もなく, も甚だしい, や場所錯誤, や身分錯誤, をさせ, をし, をも敢えて, を平然と, を愍むような笑, を感じた, を敢, を自ら, を解放

▼ 時代よりも~ (78, 0.2%)

2 いまの, さらに古い, 余計御, 現在の, 進歩し, 遥かに

1 [66件] いっそう公卿化, いっそう渾沌, いっそう濃厚, かえって苦労, こう云, ずっと元気, ずっと文化, ずっと明るく, ずっと若返っ, なお数十年, なにかはるか遠く, はなはだしかった, またずっと, また現在, また銅鐸文化, まだまだ今日, まだ数十年, むしろ京都文明, むしろ旺盛, もっと切実, もっと幸福, もっと昔, もっと痛切, もっと突き進ん, もっと遠い, もつと, 一と, 一層厄介, 一門西走, 世紀の, 以前から, 何十年先まで, 全体の, 前の, 前進した, 創作態度が, 勝れて, 古い材料, 古くやはり, 多くし, 大である, 女の, 子規歿後親鸞に, 幸福に, 幾層倍せちがらく, 後に, 成績が, 普遍的と, 暗くて, 更に遠い, 歌は, 沢山釣れる, 白眼視され, 確かに, 秩序が, 積極的に, 繋辭や, 群盗横行の, 自身の, 蓮如の, 複雑な, 近世国家の, 遙かに, 遥に, 重要だ, 高まったとて

▼ 時代にな~ (73, 0.2%)

13 つても 10 つてから 3 つてからは, つてからも, つては 2 つてこそ, つてはじめて

1 [37件] つたのであります, つていろ, つてかたまつ, つてさ, つてし, つてすべての, つてそういう, つてそれから, つてそれも, つてだ, つてゐた, つて互に, つて來た, つて來て, つて來ます, つて其答詞の, つて冬の, つて出来上つた, つて同じ, つて坂上田村麻呂が, つて変わつた, つて天下が, つて居た, つて拗, つて支那の, つて新らしい, つて日本文學史に, つて朝聘の, つて村の, つて来ました, つて次の, つて科学に対する, つて虚無僧は, つて西洋の, つて調子の, つて譬へば, つて開通された

▼ 時代を通じて~ (73, 0.2%)

2 私が

1 [71件] ある意味, いまも, うたた寝の, おこなわれて, この, この遺風, これ以上に, そう増さなかった, その文明政策, その音楽家, つねに譜代, どんな作用, もっとも非合理野蛮, 一の, 一枚の, 不断の, 中央政府も, 二三首です, 人は, 人口に対する, 依然北支那, 傑れた, 僧尼は, 免かれなかつた, 凡ての, 北支那は, 印象を, 国民の, 國民大衆は, 外に, 多くの, 女房役以外に, 存在し, 實行された, 實行されたらしい, 尚ほか, 山あるいは, 成長し, 成長した, 我が全国, 支那では, 支那政府は, 支那第, 文化の, 文学書の, 斷獄は, 日本には, 日本人としての, 普通部落民の, 最も有力, 服中生, 朝廷を, 東ローマ人や, 武術を, 殆ど淨土宗, 活躍した, 甚だしい増減, 略公認された, 禁裏の, 絶えず新しく, 絶無で, 継続した, 自己の, 若い人たち, 行われたもの, 見ても, 見られる, 見るべきもの, 變る, 韓愈, 頗る共通性

▼ 時代まで~ (71, 0.2%)

3 つづいて

1 [68件] あったこと, あつた, あるに, かけて, さう, さかのぼれば, そこで, そのよう, たえまなく日本, つたわったの, つづくかといふ, なお繁茂, もさうであ, ゆけば, わが国に, 一度立ちもどっ, 伊達家に, 伝えられた, 伝わって, 伝わるべきもの, 使用に, 來た, 保存され, 個人, 健康に, 傳つた本木家藏本を, 兵法と, 其話が, 北海道本島のみ, 十数年これ一本で, 又更に, 善政を, 國粹など, 大約二百年の, 太古の, 子供を, 存在した, 存在しました, 学者も, 守りつづけて, 尚ほ, 常に論究, 怠らなかったという, 持ち越されて, 持った行くこと, 持続し来った, 持越して, 日本が, 残って, 残つたのは, 残り得たの, 殘つた書を, 民間殊に, 泝らせ得べき, 溯って, 溯れば, 猿廻しが, 生き切ること, 生活様式を, 画家に, 盛んに, 続いたの, 續い, 考へて, 著述を, 蕃人が, 進歩し, 遡ると

▼ 時代~ (70, 0.2%)

2 その時代, 青年時代の

1 [66件] いかなりけむ, そのころ, その人物, その作家, または壮年時代, また仕事, アマツールとしての, 世界の, 世相が, 乾隆時代に, 事件や, 人名を, 今日の, 他の, 元明時代に, 半開時代には, 周囲に, 唐宋や, 国民の, 國家を, 地方において, 地方によって, 境遇性別などと, 季節や, 宋朝の, 専制政治の, 將に, 庶民階級から, 徳川時代には, 性の, 戦国時代を, 文化によって, 文明の, 明治時代の, 明治時代へまで, 最明寺時頼の, 本ものが, 柳原時代は, 母の, 民族や, 永遠な, 流行から, 流行とは, 流行に, 流行の, 流行や, 源平期も, 漢や, 環境から, 環境に, 由緒について, 社会を, 社會條件をと, 私たちの, 空氣から, 自分の, 自身の, 芸術は, 近年の, 鎌倉時代の, 階級で, 階級の, 青年の, 青年時代を, 革命時代の, 顔料の

▼ 時代~ (68, 0.2%)

2 だった, の中, の誰

1 [62件] からの引用文, からひどく, から受けた, があつ, がある, がいまだ, だから, であったチャールズ, であつ, であるあたり, である菊池寛, で増永謹, というもの, としていろんな, としての同じ, としての好, としての構え, としての眼, としての近松, として初めて, として時代, と人, と共通, にくらべ, には二十年, には見取っ, には見抜く, によってバルザック, によつて, に穀食, のあれこれ, のこと, のこれ, のバルザック, の一般的, の作品, の全部, の制作, の叫喚, の同, の島崎藤村氏, の心, の感覺, の或, の略, の目, の眼, の知っ, の種々相, の芸術性, の芸術的欲求, の記録, の野性的, はコロレンコ, は容易, は確か, は蝦夷, よりももつ, をもつ, を代表, を動かした, 或は先輩後輩

▼ 時代だった~ (65, 0.2%)

3 のだ, のである, んだ 2 が泰文, というの, に違い, のです

1 [48件] から, からそこで, からその, からそれ, からとても, からな, から之, から人力車, から切支丹, から圓朝, から拾い, から正, がそういう, が京幕融和, が傍, が発表, が草雲, けれどこれから, けれども綱曳き後押し, ことを, せいも, て, という, とみえ, とも言える, と云, と思います, と私, と考え, と考える, と言えよう, にきまってる, のか, ので, のであります, のでございます, のでその, のでもう少し, ので大村, ので島田, ので廃業, もので, よ, ように, わけです, 外へ, 大正大震災前後も, 筈だ

▼ 時代精神~ (62, 0.2%)

2 がそれ, が漸く, の中枢, の傾向, を具体化

1 [52件] からである, が充分理解, が基本, が時代, が言葉, だと, だの文明, である, であると, であるという, でなければ, ということ, といふもの, といふやう, と云, と思ってる, と背馳, なるもの, によって文化, に依っ, に深く, のせゐが, の一部, の予感, の内面的連関, の反映, の圧力, の変転, の外的, の推移, の概念的表現, の浪漫感, の潮流, の発現, の相違, の自己認識, の踴躍, の革命, は言葉, への譲歩, をもった, をよく, を享受, を代表, を以てその, を反応, を想定, を憎む, を摂取, を攝取, を表わし, を要した

▼ 時代によって~ (61, 0.2%)

2 変化する, 多少の

1 [57件] かえって減少, さまざまな, その名称, その呼び, その意味, その指す, その波及力, それぞれ理由が, たいへん違う, まさしく正しい, まだよく咀嚼, もとより, ようすが, 一様で, 上下が, 世間の, 人が, 人間の, 全く物理学, 動かされて, 動かされぬ恒久, 名称も, 報いられなかったのみならず上宮王家一族, 変って, 変り周囲, 変る, 変ること, 変化が, 変化し, 多少異, 大きい変化, 好みが, 対照と, 常に新陳代謝, 常に流動変化, 常に甚だしく異, 意味が, 或は民族, 推移する, 明らかな, 次第にその, 歴史的に, 段々風が, 特別ちがいが, 異った, 異に, 発音が, 相違が, 真理と, 種々に, 種々の, 考え方の, 違いが, 違い人, 違う, 違って, 顔ぶれの

▼ 時代おくれ~ (57, 0.2%)

3 のもの 2 でもなく, になっ, になつ, のした, の人間, の小

1 [42件] じゃない, であらう, で地下足袋, で多少, で天保以後, で実際, とは人間, な俗悪, な嘆声, な形, な正統王党派ぶり, な考え, な顔, になつて, になる, の, のお, ののろ, のよう, のシロモノ, のハンド, の不経済, の俗人趣味, の刺青, の副, の卑劣, の土, の学生, の常識家, の昔話, の本, の標本, の理想主義者, の考え方, の衣裳, の話, の誤り, の貴族生活, の贅沢品, の躾, の野暮, の電燈

▼ 時代です~ (56, 0.2%)

62 から, からそれ, からな, から鈴, が一歩裏通り, な

1 [38件] か, からこう, からこうして, からそれだけ, からね, からもとより, からアダム, からトテシャン, から今, から千五百円, から名器, から大き, から大きい, から大分世間, から寺田, から平場, から往来, から悪い, から旗本, から明治三十四年, から時として, から桃山, から水銀, から田舎, から薄, から鐵砲, から面白い, が, がこの, がそういう, が旅順港, が此形, が随分, つて, ねまた, よ, ネ, 昔し

▼ 時代への~ (56, 0.2%)

2 しか, 追随では, 関心に

1 [50件] よき刺戟, エンファシスを, 一致として, 不安が, 人間の, 健康な, 働きかけの, 切実な, 単なる便乗, 反動として, 反動に, 反抗でしょう, 反抗なるほど, 哲学と, 回顧に, 大きな推移, 大きな道標, 太鼓として, 展開を, 希望と, 怖れ, 思慕は, 恐怖が, 意識が, 意識という, 意識の, 愛, 感応, 感覚の, 批判が, 批評正し, 抵抗は, 本能愛の, 渡し銭にもと, 激しい移り變, 燃えるよう, 特殊な, 理解の, 理解を, 発足に際しては, 移行型の, 結びつきは, 迎合ばかりとは, 逆流的形式を, 逆行である, 進展を, 適応の, 関心と, 関心も, 関心を

▼ 時代といふ~ (55, 0.2%)

11 ものは 4 ことは 3 のであります, ものが, ものを 2 のは, 意味でも, 風に

1 [25件] こと, ことにな, ことを, のだ, のです, ものから, もので, ものに, ものに対する, ものの, もんだ, やうな, 一時代を, 中間の, 事を, 半世紀, 女を, 如し, 巨大な, 怪しげな, 時代は, 稍長い, 素晴らしく景気, 血が, 語は

▼ 時代であり~ (52, 0.2%)

2 まさしく悪夢, 意識の, 既に発見, 爆発の

1 [44件] この時代, この期間, この論争, したがって江戸, その以前, その影響, その後, それだけまた, それは, たしか, はしない, またおそらく, またその, また国柄, イデオロギーの, クーロンが, コルシカ人の, ジャズトーキープロ文学の, プレハーノフの, 一方には, 五代に, 住宅難動物的雑居生活停電食糧難物資難交通難おまけに, 何ゆえに, 侵略的戦争の, 初期シェクスピアと, 又銘, 反省の, 各人の, 吉本としても, 少々の, 少数者の, 巽斎の, 当時の, 彼の, 成長の, 文芸的にも, 日本文学の, 景気の, 物々交換時代であり, 現実に, 社内の, 私が, 道教の, 闘争も

▼ 時代~ (52, 0.2%)

11 かけて 9 かけての 3 かけては

1 [29件] かえれだよ, かかる古い, だん, ぬき足し, 乗りかけて, 伝えようと, 伝えられる, 働らきかけた, 分散した, 帰った, 彼を, 急に, 戻るよ, 持って, 持つて, 時間器械を, 来ても, 残す家, 発展させ押しすすめる, 移ったあと, 移らうと, 移りゆく時期, 自分の, 逆戻りだ, 逆転させられる, 這入ったん, 進まうとして, 野生の, 革新的な

▼ 時代時代~ (49, 0.2%)

2 に形

1 [47件] がね, が堪え, が隔たっ, で地図, で大分, といふ, において変っ, において花, において道徳維持, につれ, によってたいへん, によって人, によって変る, に人間, に依っ, に依つ, に修正, に変った, に存在, に屹立, に応じ, に法律, に行われ, に適応, のそれぞれ時代, の人間, の円天井, の動物心理, の国民生活, の変化, の姿, の平均ノルム, の意識, の政界, の文化, の流行, の珍宝, の経験, の衣裳, の言語情調, の趣味文化, の軍事上, の輪ちがい, の風俗政治等々, を丁寧, を主人公的, を劃する

▼ 時代との~ (48, 0.1%)

4 間には 3 間に, 関係を 2 間の, 関係で

1 [34件] いきさつを, おもかげ, 三部に, 争い旧, 争ひ, 二段に, 交渉が, 判定は, 別離が, 区切りで, 區別も, 必然性から, 感覚の, 接触で, 有機的関係が, 木乃伊に, 格闘でも, 歩調を, 比較と, 環において, 相違を, 相関については, 研究が, 精神, 言語の, 記録を, 變化を, 連絡である, 開きを, 関係が, 関係なく, 関係は, 関係も, 關係以外に

▼ 時代と共に~ (48, 0.1%)

5 変化する 2 変化しなけれ, 忘れられて, 早く世

1 [37件] その光, その種, ふたつの, 亡びる性質, 亡び去る物, 俳句の, 全く断滅, 分桃, 前進せしめね, 動き移り, 呼吸する, 変化し, 変遷し, 変遷したる, 変遷する, 少しく言語, 推移した, 推移する, 日本化し, 武家が, 歩調を, 淘汰すべき, 温泉も, 滅びる主義流行, 生きつつ, 生きるやう, 生きる事, 知恵が, 美術的の, 育って, 行はれる, 變つては, 進化せしめ, 進歩し, 遷る, 雨漏, 面貌一新した

▼ 時代以後~ (44, 0.1%)

2 のこと

1 [42件] が新た, ださうである, だんだん盛, つまり中国文明, です, と見れ, において盛ん, になつて, にはじめて, にはもう, には民間舞踊, には決して, にも志野, にも生きのび, にやる, に作られた, に使用, に出来た, に変じた, に始まった, に書かれ, に武士道, に残存, に高, のいじけた, の事, の伝承, の俗法師, の夏目さん, の奥州人, の封建制, の慣習, の戯曲的手法, の日本, の時代, の武門, の禅宗, の附加, らしい, 或種, 次第に盛ん, 漸次キ・ケ・ギ・ゲ

▼ 時代~ (43, 0.1%)

1 [43件] だと, つまりその, となった, とは芝居, と思われる, と真理, に, になつ, にはそこ, にも藤村操流, に分派, に岐, に比較, のこと, のもの, のイギリス, のリアリズム, の人たち, の人間, の人類, の俤, の先輩, の古くさい, の名人, の因襲, の姿, の戦国, の政治的夢想家, の文化, の文学青年, の新進, の日本趣味, の東山趣味, の欧化, の海上生活, の生活, の研究, の考へ, の貴族社会, の青年, まではすべて, までは多, 或は又

▼ 時代即ち~ (41, 0.1%)

1 [41件] お寺を, わが国での, ジュラ紀よりも, ヨーロッパの, 中国草莽期の, 今から, 今より, 儒家が, 元亀天正, 前の, 化政度から, 原子力の, 右に, 唐末から, 唐末に, 嘉永万延以来あまり, 孔子を, 官窯で, 常識を, 幕府の, 彼の, 後漢, 想像によってしか, 戰國の, 文學界末期頃とは, 明治の, 暴力が, 最初の, 武士の, 殷周の, 殷墟以上の, 王莽が, 盛唐の, 耶蘇紀元以前の, 聖徳太子の, 荀子の, 藤原末期より, 西暦紀元第, 要するに, 近代といふ, 道を

▼ 時代後れ~ (41, 0.1%)

3 だと

1 [38件] かそれ, がかえって, が出来る, だ, だとも, だよ, で流行らない, で質素, として全く, となっ, と罵った, と見た, な交通機関, な太棹, な奴, な男達, に今日, ね, のした, のふつつか者, の人間, の嗤, の女, の御, の恨み, の感, の旧, の考古学, の蘭法医師, の見解, の話, の資本家気質, の輩, の阿, の頑物, の馬鹿もの, や不, 因循姑息と

▼ 時代によ~ (37, 0.1%)

5 つては 4 つても 2 つて價値を, つて多少, つて異, つて違ふ

1 [20件] つてさうし, つて其階級観に, つて内容が, つて地方によ, つて変化する, つて変遷も, つて學説が, つて幾らも, つて敷花成實した, つて段々, つて発音が, つて目的, つて相當の, つて相違は, つて考古博物館は, つて舞台の, つて色々な, つて言葉が, つて語序を, つて門派によ

▼ 時代にかけて~ (36, 0.1%)

1 [36件] とび, わが国の, 一方では, 三好氏が, 久しく俺, 五部の, 利瑪竇, 北狄でも, 十人の, 南方の, 印度から, 原抱琴岩動炎天岩動露子柴浅茅あるいは, 吐蕃の, 大いに流行, 大食の, 奥州津軽地方を, 學者は, 居る, 成就した, 戰爭に, 日琉貿易が, 景教の, 有名で, 次第に, 次第に打ち勝たれ取り除けられた, 泉州の, 法然親鸞日蓮道元の, 田楽と, 當時の, 發見した, 盛んに, 約四十年間, 繁華な, 育ち盛りの, 諸侯の, 重大なる

▼ 時代においても~ (35, 0.1%)

2 私の

1 [33件] これが, そういう区別, その小国, その華やか, ちゃんとした, なお不可解, なお士農工商, キリスト教が, ゴドウィン氏の, 事実駆使に, 人々が, 偏頗なる, 免れません, 利害を, 前号所載香畝生君の, 右の, 困難であった, 外部から, 失われなかった, 少し利口, 彼らは, 必ずしも幕府, 散所参加, 果して富士, 法王や, 現在なる, 現戦争, 病気と, 相変らず, 繰り返されぬであろうか, 行筋と, 軍隊社会の, 遂に覆滅

▼ 時代までは~ (35, 0.1%)

1 [35件] ここは, その全力, つづいた, どこの, なかった, なかつたところ, まだそういう, やや格式, よい友, 中央部の, 仏教徒全部が, 全くなく, 全く迷っ, 凡て原稿の, 同じ地球, 変らない特性, 存在しなかった, 家伝として, 年若, 彼らにも, 必ずいた, 折々彼, 政治は, 是を, 海外雄飛の, 知識人, 細々ながら, 続いて, 肩衣という, 興行日数の, 薬や, 逆転しない, 鉦を, 鍬も, 高下と

▼ 時代以前~ (35, 0.1%)

2 のサンジョ, の人々

1 [31件] から, からの教育, から俗, から行われた, すなわち群雄割拠, にあっ, にあの, においては漢文学, にさかのぼる, にはむしろ, にまでこの, にもやはりそう, に人気, に呪術, に在り, に存せし, に想像, に於, に既に, に書いた, の交通, の史料, の故事, の植民地, の歴史小説, の歴史層, の物, の美術彫刻, の連歌, へ, よりの北奥

▼ 時代小説~ (35, 0.1%)

2 といふもの, の上, を書く

1 [29件] から取材, が流行, が知らず, だから, では街道筋, でも全然, でも歴史小説とい, といえ, といふやう, といふ言葉, といへ, との間, に精進, に選ばれ, のやう, の今一つ, の作家, の取扱, の大きな, の底, の筆者, の面白い, はよく, は歴史小説, は読み, も多種, も徐々, も探偵小説, を志す

▼ 時代思潮~ (35, 0.1%)

2 が彼, に触れ, を血肉化

1 [29件] から一歩, であった翻訳的, であつ, です先生, とかいふもの, とか人心, とが合し, となつ, との相剋, にかぶれ, によっても往々, に於, に轉載, に革命, のごとき, の傾向, の先端, の啓蒙運動, の寵児, の影響, の支配下, は何, は何かと, は何もの, は暗黙, は英文, は過去, を語る, を説い

▼ 時代としては~ (33, 0.1%)

1 [33件] あり得べからざること, これも, そうする, それが, どうだ, まだまだ微温的, よく理会, よほど本, 一つの, 不似合, 人情的で, 何分にも, 大事件, 容易なら, 当然であった, 恐ろしい危険思想, 新しい教育, 温和な, 珍しい, 珍しい事情, 珍らしい, 珍らしく見られた, 甚だ穏, 甚だ穩, 直に鈔物, 相当モダン, 空前絶後の, 血統相続という, 谷崎潤一郎だの, 適当な, 阿部知二とか, 驚嘆すべき, 高級な

▼ 時代なら~ (32, 0.1%)

3 ばいざ 2 ばそれ, ば知らぬ

1 [25件] いざ知らず, そうまで, とにかく書く, ばいかにも, ばただ, ばとかく, ばともかく, ばまだ, ば国家, ば大いなる, ば当然, ば彼ら, ば或いは, ば押出し, ば新鮮, ば浅草, ば良い, 一家心中か, 年寄りは, 当然こんな, 極めて悪しき, 美貌の, 言ふ, 道義タイハイ人心の, 野球と

▼ 時代であっ~ (31, 0.1%)

2 てこの, てこれ

1 [27件] ていまさら, てすなわち, てその, てそれから, てそれ以後, てみれ, てもやがて, ても仮り, てヘリクツ, て人, て今, て今後, て同じ, て商人階級, て大抵, て左様, て幼時, て彫刻, て歌舞, て決して, て混乱, て白い, て白馬会, て石炭, て統一国家, て随, て青年男女

▼ 時代とも~ (31, 0.1%)

1 [31件] あらうもの, いうべきもの, いうべき一時期, いうべき女帝時代, いうべき状態, いうべき頃, いえる復古, いって, いふべきもの, いふべき一時期, いふべき女帝時代, いふべき或, ちがった条件, なったので, ほとんど同じ, また大いに, 云うべき家庭, 云は, 云ふべき, 名づくべき, 思われる, 書いてない, 申すべき時代, 知って, 称し得るこの, 称すべき文明, 稱すべき, 考えられるの, 見るべきもの, 言ふべき, 違ひ

▼ 時代以来~ (30, 0.1%)

3 のこと 2 の事, の名家

1 [23件] からわだかまる, すなわち数千年間スカンジナビア, そのまま各地, だんだん解放, の, の主張, の五人組, の先住土人, の名言, の四年間バック, の大名, の実際, の文芸顧問, の旧家, の朝野, の武家, の穢多, の絵詞, の藤村, の親友, ほとんど主従, 待ち望まれて, 甚だ広い

▼ 時代~ (30, 0.1%)

2 がある, が明確

1 [26件] があつ, がくっきり, が問題, が表, でしょう, といふやう, としてしっかり, とはいえ, とやはり, と密, と密接, と見るべきでない, と見るべきでなく, に富む, に左右, に接した, の一面, の確実, をもっ, をニュアンス, を参謀本部, を喪, を失っ, を把握, を持たない, を持っ

▼ 時代として~ (29, 0.1%)

1 [29件] いかに精密, いわゆる歴史家, かう言, どの世代, また社会, ゐる, 俄分限, 前代未聞宿の, 即興的に, 受け取ること, 大した技術, 定つた書物, 徹頭徹尾理想的, 振り返りその, 教わって, 新しいもの, 最重要, 此時代に, 法師の, 滅法界に, 特に注目, 特筆すべき, 男の, 経て, 自己の, 見れば, 記憶せられ, 謳歌された, 通って

▼ 時代までも~ (26, 0.1%)

2 継続し

1 [24件] この機織り, その芝辻, なお, 不浄役人などと, 人間は, 保たれ最初, 健康に, 内密には, 各地に, 地方によっては, 多く取り遺され, 存し, 引きつ, 引続い, 思い起こして, 掃除と, 時々夜中, 津軽の, 相当に, 石器時代が, 立派に, 継続した, 続いて, 非人以外に

▼ 時代~ (26, 0.1%)

1 [26件] から流れ出た, があり, がありあり, がある, では一部, といふこと, とでもいうべき, と異常, などを書く, に自分, に迎合, の區別, の徴候, の持った, は年少, は日本敗戦, は日本文化, への痛切, をもっとよく, を指す, を暗示, を背景, を裏付け, を見, を認識, を語る

▼ 時代思想~ (25, 0.1%)

3 の上

1 [22件] から遡, から離れる, がどう, であらう, で十九, といふ油, との關係, において自分, に依つた, に超然たる, の, のいくら, の中, の変化, の子, の後勁たる, の權化, の激変, の特徴, の罪, への逆行, を考える

▼ 時代ほど~ (23, 0.1%)

1 [23件] なもの, めいめいの, わが日本, 一日に, 不幸な, 乱作した, 人間が, 偉大な, 具合よく, 制作慾の, 力ある, 危険で, 可畏い, 女の, 怖ろ, 最早読者, 極端で, 演劇界が, 生き甲斐の, 義理人情という, 著しいとき, 超然として, 面白い時代

▼ 時代にまで~ (22, 0.1%)

1 [22件] この不愉快, さかのぼると, ひきもどされて, よく持っ, 刻まれる, 刻まれる分割, 吹針という, 奥羽北部地方には, 奥羽地方に, 引き続き盛ん, 手が, 持ち伝えたと, 本州に, 段階づけられる, 積極的に, 継続し, 行われたの, 誘いこんで, 進んで, 遡って, 遡る, 遡るまでも

▼ 時代ある~ (21, 0.1%)

8 ひは 2 場所では, 大人が 1 が如く, こと是なり, のみ, 地方には, 地方によ, 夜おそく, 大きな酒場, 大名の, 教授が

▼ 時代~ (21, 0.1%)

2 といふもの

1 [19件] だからと, であった, であなた, で見る, とのため, と云, にしてやる, の大部屋, の常識, の映, の没落, の略称, の運命, は多少, は演じ得まい, をみる, を再興, を見た, を選んだ

▼ 時代により~ (20, 0.1%)

2 人により

1 [18件] その外貌, また土地, 個人により, 又場所, 又経験, 名称に, 国により, 地方によって, 地方により, 場所によって, 大いに変動, 思想に, 情勢によって, 流派により, 流行によ, 流行によって, 生活の, 職業により

▼ 時代に対する~ (20, 0.1%)

2 不快感を

1 [18件] アラユル理解力を, 作家の, 信頼に, 勘が, 単に客観的, 反抗と, 回顧が, 如く徹底した, 少しぐらいの, 悩みは, 批判である, 渇望が, 理解が, 組織的考察に, 諷詠が, 讃美を, 道徳上の, 関心は

▼ 時代人民~ (20, 0.1%)

2 に關, の一例

1 [16件] がおも, が山木, が悉皆, が耳輪, といふ立塲, に似, のもの, の居りし, の我々日本人, の所爲, の掃き溜め, の棲息地, は明山, も北海道, ノ如何, ノ棲息スル事有リ得ベカラザル事ニハアラザルナリ

▼ 時代その~ (19, 0.1%)

1 [19件] お婆さんの, ま, 先頭に, 前室町時代, 前鎌倉時代, 境遇は, 宗教界の, 年代に, 年頃の, 時代に, 時代の, 時分には, 最後の, 歌によって, 父親と, 真っ只中, 社会からは, 社会の, 穴は

▼ 時代よりは~ (19, 0.1%)

1 [19件] ずっとまし, ずっと減少, ずっと美しく, もっともっと人間, もっと時代, やや古く, より広汎, 今日の, 千年も, 古い, 大規模, 小形の, 必ずしも文明, 数倍も, 比較に, 甚だ安全, 複雑な, 進歩し, 遅れて

▼ 時代すなわち~ (18, 0.1%)

1 [18件] いわゆる日本, わが国では, ヘレニスト的時代が, 五世紀から, 人が, 今から, 今日よりも, 地方豪族が, 奈良朝と, 幕府の, 弘前で, 新理想主義勃興時代, 歴史上の, 灰屋三郎兵衛に, 維新前後に, 落城当時, 長禄二年の, 駒場野

▼ 時代そのもの~ (18, 0.1%)

2 を感じ

1 [16件] があの, がこの, がその, がそれだけ, がもっ, が一つところ, が彼女, が悩み苦しん, が無名, が目前, であ, の年代的穿鑿, の悲劇, の文化的混淆, への一定, を描く

▼ 時代であります~ (18, 0.1%)

1 [18件] からこれ, からた, からなに, からまだ, から何事, から小説伝奇その他, から志野, から所謂町人, から日本, がこの, がこれ, がしかしながら, がま, が其の, が当時, が軍事的, のでそれ, ので文芸方面

▼ 時代~ (18, 0.1%)

2 の眼, の脳, は, はこの, は三千代, は婆さん, は左右, は普通 1 はその, は其絶壁

▼ 時代~ (18, 0.1%)

1 [18件] からすでに, からのこと, から後, から民衆, から画, から起つた, から鏡, にはもう, には民権自由, には民權自由, に入れ, に田舎, のやきもの, の大名, までの私, までは多く, までは青銅, よりし

▼ 時代について~ (17, 0.1%)

1 [17件] こしらえた作り話, また一茶, もっと知りたき, ゲルツェンは, 一般學者の, 伝えらるる, 単に自分自身, 売上げと, 少し考察, 形態の, 思い出すが, 書かれた世界, 書き終りまだ, 用語が, 省みるところ, 知り得られる事実, 行けるよう

▼ 時代及び~ (17, 0.1%)

2 諸民族, 金石併用期土器

1 [13件] その後における, それ以前, 人の, 其以前には, 其発達の, 場所の, 帝政時代は, 明治初年の, 民族に, 状態に, 社会との, 階級の, 青春時代の

▼ 時代離れ~ (17, 0.1%)

11 のした 3 がし 1 に心酔, のもの, をし

▼ 時代とか~ (16, 0.0%)

1 [16件] いったもの, そういうこと, 何とか云う, 作者の, 場所とかの, 大内氏頃とか, 大別し, 大学時代とか, 流行とかを, 現代人とかいう, 皆特別の, 社会とか, 社會的事情とかの, 若しくは非常, 訳者とかについて, 鎌倉時代とか

▼ 時代とともに~ (16, 0.0%)

1 [16件] いかに雑多, 他の, 増加する, 変るもの, 変わったもの, 変わって, 変遷し, 太くなっ, 始終考え, 朱の, 次々に, 段々と, 絶えず進ん, 若くて, 追, 非常に

▼ 時代感覚~ (16, 0.0%)

2 というもの, とその

1 [12件] がある, がぴったり, とのズレ, にくらべれ, に密着, の所有者, の食い違い, は, をとり入れよう, をもっ, を分明, を満

▼ 時代~ (16, 0.0%)

1 [16件] が読みもの, と同期, の得意, の所, の読書, はずっと, はほとんど, はよく, はノート, は一年, は一計, は書物, は決して, は煙草屋, は直接, をつつん

▼ 時代そのまま~ (15, 0.0%)

2 の再現, の姿

1 [11件] だぜ, という風, といっ, な谷, に, の個人, の復旧, の復活, の模範的, の風景, の黒い

▼ 時代でない~ (15, 0.0%)

1 [15件] かしらと思はる, から月, から親, ことは, ことや, だけでもお互い, ということ, といふこと, ときは, とすれ, とただ, と食う, 事も, 以上フロイドを, 限り人間に

▼ 時代にでも~ (15, 0.0%)

1 [15件] あるもの, いろんな風, こんな前例, その時代, どんな時代, まだ言論, オール, 一つの, 使ったらしい鼈甲, 左翼の, 帰って, 文学を, 現実の, 若い人々, 重吉の

▼ 時代~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるいはその, あるいは大正時代, どうかを, 人々が, 会社勤めの, 何かに, 四尺五尺位の, 奈良朝の, 時代後れか, 知らツ, 経過した, 繰りかへ, 若くば, 遊行神人の

▼ 時代らしい~ (14, 0.0%)

1 [14件] この光景, わね, モラリストである, 作りです, 女の, 感覚も, 手法で, 書斎でした, 歌人である, 自然な, 血腥いお家騒動, 詩人の, 趣味を, 高い金

▼ 時代創造的~ (14, 0.0%)

7 な意思 3 な意志 2 な, な激しい

▼ 時代なる~ (13, 0.0%)

2 ものは, を見る 1 に見, ものが, ものの, ものを, を知らず, 事は, 名称に, 概念が, 者は

▼ 時代~ (13, 0.0%)

1 [13件] からの影響, から最も, であったこの, でありそれら, である, であるばかり, と同じ, と同様, に對, のあいだ, のある, の寄与, の自分

▼ 時代この~ (12, 0.0%)

1 [12件] かたいかなる, かた窒息させられ, 人について, 圓朝が, 女と, 数年の, 新しい国, 時代の, 現在が, 辺の, 邊一帶を, 雰囲気から

▼ 時代じゃ~ (12, 0.0%)

2 ないん 1 ありません, ありませんよ, あるまいし, ない, ないか, ない日本, なしここ, なし親, 宇津木そなた, 意味が

▼ 時代でした~ (12, 0.0%)

1 [12件] ああそれ, からその, からね, からもちろん, から母, から空気, がもう, が栖鳳先生, が私共, な, よ, 家が

▼ 時代事業~ (12, 0.0%)

2 にし, に竭, に貢献, を完成, 終ると共に 1 は専制主義, は專制主義

▼ 時代既に~ (12, 0.0%)

1 [12件] こんな菌, ホープを, 一家の, 天才を, 日本に, 異なれば, 發達し, 祖父は, 行はれ, 訣らなく, 越中文化の, 首斬

▼ 時代遺跡~ (12, 0.0%)

2 に於, の種類, より出 1 の何たる, は琉球, よりは又, よりは黒曜石製, より發見, より發見さ

▼ 時代錯誤的~ (12, 0.0%)

2 な観念 1 だと, であるか, な切ない, な取扱い, な大尽風, な実益, な履物, な文明, な衣食住, な話題

▼ 時代にか~ (11, 0.0%)

1 [11件] それが, へること, へるを, へる小遣銭, もくもくと芽, 到る処, 南洋または, 新らしい, 私の, 結局人類の, 露西亜と

▼ 時代に対して~ (11, 0.0%)

1 [11件] なんにも, 今と, 反抗し, 幾度幾年間時勢の, 批判し, 抱いたの, 敏感で, 極めて敏感, 目を, 絶望と, 臆病な

▼ 時代までの~ (11, 0.0%)

1 [11件] あらゆる仙術, ことごとくの, スウェデンでは, 働きを, 国宝や, 彼を, 書畫の, 目の, 釣り堀には, 間に, 間には

▼ 時代或は~ (11, 0.0%)

1 [11件] その前後, それ以後段々, エリザベス時代或は, ルイ十四世時代などといふ, 一国の, 其より, 其以前に, 又た, 後代に, 我々以後の, 環境によ

▼ 時代それ~ (10, 0.0%)

1 からあまり, からだ, から羅馬帝國滅後, に夫, はどこ, は丁度, は豊太閤, もよほど, をかためる, をやって来た

▼ 時代とが~ (10, 0.0%)

1 あったと, あります, ある, かすかながらに, これほど, まざりあって, 上からと, 文学勉強を, 蛇の, 變化し

▼ 時代とを~ (10, 0.0%)

1 チャンポンに, 会得出来る, 截然区別する, 比べて, 異にした, 瞼に, 知って, 考へて, 過去に, 髣髴たらしめるであらう

▼ 時代~ (10, 0.0%)

5 なれの 2 なれが 1 なれしただけじゃ, なれしたフロックコート, なれした日本語

▼ 時代へと~ (10, 0.0%)

2 動いて 1 入りました, 堕落の, 思いを, 戻つて, 推移し, 移りました, 転じた, 進められるの

▼ 時代を以て~ (10, 0.0%)

2 すれば, 肖像畫の 1 人の, 我國の, 日本肖像畫の, 江戸文芸再興の, 藤原時代に, 言へ

▼ 時代初期~ (10, 0.0%)

21 に入る, の儒学者, の前, の商業人口増加率, の大儒, の学者林羅山, の軍学者小幡勘兵衛景憲, の重要

▼ 時代文化~ (10, 0.0%)

1 がその, が発達, に取り残された, の由来, の華やか, の著しい, の表現的傾向, の頂点, はあえて, を遺

▼ 時代~ (10, 0.0%)

5 一の 1 一流の, 三を, 二には, 二を, 二期は

▼ 時代あらゆる~ (9, 0.0%)

1 価値の, 国々の, 国においても, 国の, 国民の, 地方において, 民族あらゆる, 民族の, 民族的創造の

▼ 時代かも~ (9, 0.0%)

2 しれないと, 知れませぬ 1 しれない, しれません, 知れない, 知れないが, 知れぬ

▼ 時代からは~ (9, 0.0%)

1 だん, なれて, 中年の, 佛典の, 忘れられる, 普通の, 特に分, 皇室の, 遠いこと

▼ 時代だけ~ (9, 0.0%)

1 あって, ぢや, であったの, である, でさえ, でしょうね, 後れて, 詩人であり, 逃げを

▼ 時代であろう~ (9, 0.0%)

21 かとおもわれる, が人麿, とその, ともそこ, とも共産主義, とも衰滅, と私

▼ 時代なれ~ (9, 0.0%)

1 どもその, ばこそあり得た, ばその, ばなり, ば予等, ば人民, ば定め, ば社会, ば肖像畫

▼ 時代による~ (9, 0.0%)

1 交替が, 人間の, 仏菩薩像の, 差等が, 消滅を, 異いが, 称呼の, 趣味嗜好の, 迷彩に

▼ 時代~ (9, 0.0%)

1 一時的現象ナリ, 二ツノ稱ヘハ今ヲ, 前後ヲ, 回顧ノミ, 幾年カヲワガ塾生トシテ過, 彼女ニ違イナイ, 彼女ノ, 推移ノタメニ詳カナラザルニ至リ唯, 昔

▼ 時代文学~ (9, 0.0%)

2 の殿将, の糟粕 1 の方面, の殻, の殼, の真相, の開山

▼ 時代~ (9, 0.0%)

1 がある, であり世話, とがマッチ, な鎧扉, に濃く, に移っ, のローブ・ド・ステール, の侍僕, の建物

▼ 時代がかった~ (8, 0.0%)

1 ものであった, ものの, シルクハットを, 事を, 小さなガラス, 措辞は, 文章を, 話に

▼ 時代そして~ (8, 0.0%)

2 今日の 1 今は, 学校時代と, 安土桃山時代の, 怪物の, 日々夜々人間が, 現代の

▼ 時代たる~ (8, 0.0%)

1 がごとく, と共に階級闘争, と共に階級鬪爭, やた, を免れぬ, 明日の, 路易, 道長の

▼ 時代~ (8, 0.0%)

3 やない 1 やありません, やからな, や十倍ぐらゐにけえつてくるんだから, や無い, や落語

▼ 時代つまり~ (8, 0.0%)

1 いまから, は人生, アンニヤモンニヤ時代だ, 明治四十年前後が, 明治末の, 源氏の, 立派な, 高等学校の

▼ 時代などに~ (8, 0.0%)

2 あっては, あつて 1 なると, 作られたところ, 於て, 重きを

▼ 時代にては~ (8, 0.0%)

1 これらの, その水, 一般に, 人知いまだ, 俳句まず, 城壁は, 女甚だ, 平和勝利等おしなべて

▼ 時代にのみ~ (8, 0.0%)

2 通用すべき 1 あつて, 局限する, 相応する, 眼を, 見ら, 限らるるに

▼ 時代めいた~ (8, 0.0%)

1 お芝居みたい, せりふを, ニュアンスで, 固っ, 奥まつた, 形容詞を, 話でも, 頭が

▼ 時代をも~ (8, 0.0%)

1 おそらく通り過ぎ, のろい始めたん, 一度つくりたい, 含ませて, 深くその, 知つてゐる, 知り現在, 語るもの

▼ 時代一般~ (8, 0.0%)

1 との対照, にまだ, の人, の傾向, の婦人, の空気, の趣味, の風俗

▼ 時代區分~ (8, 0.0%)

1 にあ, に於, の仕方, の原理, はルネサンス時代, は暦, を形作つ, を立て

▼ 時代同じ~ (8, 0.0%)

1 下宿に, 年代生まれの, 日本の, 民主党に, 町の, 社会の, 空間に, 部屋に

▼ 時代~ (8, 0.0%)

2 に連ねた 1 に列べ, に列挙, に敍述, に発展, に竝, に編成

▼ 時代あたり~ (7, 0.0%)

1 から引き, に昔, に行かなけれ, の支那, の朝廷, まで遡つ, を

▼ 時代~ (7, 0.0%)

1 う言, であろう, へありました, へあります, へもが路, へもやつ, へも肖像畫

▼ 時代だけに~ (7, 0.0%)

1 かぎって, この真空, 実に敬虔, 深い印象, 終らなかった, 終らなかつた, 自分の

▼ 時代でなく~ (7, 0.0%)

1 お互, ただただ不平, てはならない, てもユーモア時代, て現在, ともやはり, とも女房

▼ 時代なり~ (7, 0.0%)

1 しに, 場所なりについて, 場所なりへ, 大英雄, 時の, 社会なりの, 而し

▼ 時代にこそ~ (7, 0.0%)

1 その宗教的權威, どうしても国民, 事実であった, 益々文学性, 秀才で, 芸術は, 黙々として

▼ 時代または~ (7, 0.0%)

2 或る 1 地方において, 明治初年の, 時期における, 時期の, 民族から

▼ 時代を通じての~ (7, 0.0%)

1 共有物です, 怪物, 最大の, 特色は, 皇室への, 都新聞は, 開化も

▼ 時代~ (7, 0.0%)

2 にし 1 なんか考え, によつて人類, に呼ばれる, を実に, を設け

▼ 時代前後~ (7, 0.0%)

1 と見るべきでありまし, には彫刻, に於い, に造られ, の, の天皇, の武士

▼ 時代~ (7, 0.0%)

1 だからね, というフランス, に生まれた, のつい, の人間, の腐敗, 漢の

▼ 時代末期~ (7, 0.0%)

2 の日本 1 から弘仁初期, における二条, に於ける, のデカダンス, の民衆

▼ 時代違い~ (7, 0.0%)

1 だよ, ではございますまい, で何, とあっ, とは恐れ入りました, の見立, を咎めずし

▼ 時代~ (7, 0.0%)

2 れなの, れの 1 れだと, れである, れに

▼ 時代こそ~ (6, 0.0%)

1 代表的全体に, 生みの親である, 至粋を, 薄汚いなりを, 違え身分, 降るが

▼ 時代これ~ (6, 0.0%)

1 でボート, はヨーロッパあたり, は単純, も少し, を新山, を概言

▼ 時代さえ~ (6, 0.0%)

1 あった位, あります, あるの, 前九年後三年, 生ぜしめた, 通り越して

▼ 時代だって~ (6, 0.0%)

2 心懸けなきゃ 1 いびつな, そうなる, シュルーズベリー時代から, 女のみ

▼ 時代でありまし~ (6, 0.0%)

1 てこの, てその, てフランス語, て穢多, て見る, て言語風俗

▼ 時代でありました~ (6, 0.0%)

1 から金, がその, が後, ところから, ので陶器, 湯淺常山が

▼ 時代としての~ (6, 0.0%)

1 十分な, 女性の, 新鮮味を, 最近代的, 相異, 知識によ

▼ 時代とでも~ (6, 0.0%)

2 いふので 1 いわれるもの, 云いましょうかね, 云ひませう, 言うべきであろうか

▼ 時代など~ (6, 0.0%)

1 いう称呼, 一度だって, 云うもの, 思えば, 思ひ出されて, 永遠に

▼ 時代にかけての~ (6, 0.0%)

1 僧家の, 古文書で, 四五十年間彼は, 涼味が, 習俗が, 頃即ち

▼ 時代にとって~ (6, 0.0%)

1 不可解であった, 幸な, 必然的な, 必要な, 無意義で, 重荷に

▼ 時代のみ~ (6, 0.0%)

1 であった, でなくまた, ならず義植, ならず雄略天皇, 仏である, 残る

▼ 時代ばかり~ (6, 0.0%)

2 でなく明治時代 1 であろうか, でなく概して, でなく次ぎの, では

▼ 時代また~ (6, 0.0%)

1 そうでない, その伝統, その前々代, その次, とにもかく, 眞諦三藏が

▼ 時代~ (6, 0.0%)

1 である, において珍しい, の一節, の眞相, の貴重, を官本

▼ 時代日本~ (6, 0.0%)

1 が非常, には既に, に渡来, の反, の漁船, の鎌倉時代

▼ 時代からずつと~ (5, 0.0%)

1 出入りを, 商人の, 文芸の, 残存した, 現代にまで

▼ 時代それから~ (5, 0.0%)

1 今の, 細君婦人女房として, 結婚時代さらに, 美術技術本そして, 飛躍し

▼ 時代だつた~ (5, 0.0%)

1 ことが, ので築地木挽町あたり, ので自然, ので舞ひと言, よカテリーナ

▼ 時代であったら~ (5, 0.0%)

1 あの工科大学, こんな露骨, 庄屋としての, 金が, 門徒の

▼ 時代でさえ~ (5, 0.0%)

1 こんな程度, 公然たる, 後人は, 日頃の, 生物は

▼ 時代でさえも~ (5, 0.0%)

1 こうだった, なおどうして, まだ個人, 女の, 美しい源氏

▼ 時代でなけれ~ (5, 0.0%)

1 ばそれら, ばならぬ, ば滅多, ば産, ば見られない

▼ 時代とて~ (5, 0.0%)

1 それを, もっとも好評, 一部では, 此記事に, 間もなくこの

▼ 時代とに~ (5, 0.0%)

1 お互, 云伝へられた, 亙つて, 相応する, 関連し

▼ 時代どこ~ (5, 0.0%)

2 の国 1 かの国, の人間, の燒

▼ 時代までに~ (5, 0.0%)

2 しつかりと 1 九百六十年間に, 略, 色々集まつた

▼ 時代らしく~ (5, 0.0%)

1 仏教的に, 大づかみで, 対立させ, 芝居としても, 類型化し

▼ 時代を通して~ (5, 0.0%)

1 よくワグナー, 常に論争, 度々の, 搜し, 民衆に

▼ 時代乃至~ (5, 0.0%)

1 安土桃山時代の, 戦国時代が, 戦国時代は, 明清時代に, 鎌倉時代に

▼ 時代住民~ (5, 0.0%)

1 が材料, と現代日本人, に就, は今日, は前

▼ 時代区分~ (5, 0.0%)

1 として把握, として理論化, は一般, は一見, を与えられる

▼ 時代意識~ (5, 0.0%)

1 がない, にし, について理解, もあり, を把握

▼ 時代~ (5, 0.0%)

1 る方處, る時期, る階級, ハ黄金世界ナル名稱ハ形容, 地理書の

▼ 時代特に~ (5, 0.0%)

1 封建時代においては, 應仁文明以後に, 日本の, 能楽や, 足利義満義政等が

▼ 時代的変化~ (5, 0.0%)

1 が起つ, である, と関係, の血, ばかりでなく

▼ 時代的意義~ (5, 0.0%)

1 が体化, が全面的, に就い, をはっきり, を詮鑿

▼ 時代的背景~ (5, 0.0%)

1 とか時代的思想, にいくらか, につき入らぬ, に大差, を一応

▼ 時代相当~ (5, 0.0%)

2 の知識 1 にお茶, の交通, の年齢

▼ 時代若しくは~ (5, 0.0%)

2 地方の 1 七十子の, 學説の, 自然の

▼ 時代風俗~ (5, 0.0%)

3 の変遷 1 であったと, の反映

▼ 時代あの~ (4, 0.0%)

1 ときとの, 九十年の, 人と, 時代に

▼ 時代あるいは~ (4, 0.0%)

1 それより, それよりも, もう少し古い, 保元

▼ 時代~ (4, 0.0%)

2 綱は 1 墨附冒涜は, 背景に

▼ 時代おくれだ~ (4, 0.0%)

21 からつて, と思い

▼ 時代からか~ (4, 0.0%)

1 喜劇が, 男ばかり, 知らぬが, 間違つたの

▼ 時代さながら~ (4, 0.0%)

1 に雪, の何, の家出結婚, の粗野

▼ 時代すでに~ (4, 0.0%)

1 お茶を, 僕など, 箕作城の, 蹈鞴という

▼ 時代すら~ (4, 0.0%)

1 よくわからなかった, 夏の, 甚だ明瞭, 鴈治郎と

▼ 時代だけでも~ (4, 0.0%)

2 立派な 1 こうして白鳥会, 今と

▼ 時代でございます~ (4, 0.0%)

1 からな, からね, から今戸, という簡単

▼ 時代での~ (4, 0.0%)

1 一番の, 寵児な, 有名な, 生きかた

▼ 時代などには~ (4, 0.0%)

1 人の, 半分夢中で, 友達が, 鎌倉へんに

▼ 時代なりと~ (4, 0.0%)

1 せば, なすを, 曰ふべし, 申を

▼ 時代においてすら~ (4, 0.0%)

1 ショオト博士は, 人生大名と, 尚徐々, 論理学らしい

▼ 時代にかけては~ (4, 0.0%)

1 夕立と, 天上天堂地下蘇杭といふ, 或は山伏, 戦乱に

▼ 時代にだって~ (4, 0.0%)

3 ありは 1 新鮮な

▼ 時代にて~ (4, 0.0%)

1 市川団十郎松本小四郎富沢半, 戯曲の, 機根の, 黄老といふ

▼ 時代にとっては~ (4, 0.0%)

1 だれかが, 僧は, 彼ぐらい, 無価値

▼ 時代のみが~ (4, 0.0%)

1 すなわち有史時代, 專門家の, 文化の, 真に力

▼ 時代よりの~ (4, 0.0%)

1 あこがれが, 一種の, 小説類に, 飛躍を

▼ 時代ゴーリキイ~ (4, 0.0%)

1 に最も, はコロレンコ, はロシア, は近づき始めた

▼ 時代ロシア~ (4, 0.0%)

1 の勤労階級, の教育, の農民, の革命

▼ 時代~ (4, 0.0%)

1 云フ, 區別セリ, 異ニスレバ, 經過セズ

▼ 時代三百年~ (4, 0.0%)

1 の太平, の平和期, の間, を通じて一貫

▼ 時代中期~ (4, 0.0%)

1 にまだ, の代表的傑作, の無名, の読み

▼ 時代~ (4, 0.0%)

1 から十五六年前, から見る, の電気館, はその

▼ 時代~ (4, 0.0%)

1 した一般的通用性, した書き物, し人々題目, をその

▼ 時代区画~ (4, 0.0%)

1 が歴史的時間, によって初めて, の基準, を与える

▼ 時代又は~ (4, 0.0%)

1 ヘーゲルの, 後世に対して, 歓楽を, 王代における

▼ 時代~ (4, 0.0%)

1 個人の, 時期の, 民族に, 流派の

▼ 時代~ (4, 0.0%)

1 が三年, と一緒, の同級生, は非常

▼ 時代後半~ (4, 0.0%)

1 でなかろうかと, について少し, の大, の数多い

▼ 時代~ (4, 0.0%)

1 から室町時代, においてなお, より弘仁時代, 元亨四年

▼ 時代~ (4, 0.0%)

2 に応仁以後 1 に三十年代, に應仁前後

▼ 時代~ (4, 0.0%)

1 に替る, に相, に違つて, の能力

▼ 時代生活~ (4, 0.0%)

1 から類推, に合理化, の普遍的, を現し

▼ 時代的特色~ (4, 0.0%)

1 が寧ろ, としてもっと, を伝へた, を基礎

▼ 時代相応~ (4, 0.0%)

1 に悪知恵, の享楽世界, の故意, の理想

▼ 時代転換~ (4, 0.0%)

1 の前夜, の問題, の風潮, を前

▼ 時代~ (4, 0.0%)

1 此の, 溯らせること, 続いた, 繼續した

▼ 時代遺蹟~ (4, 0.0%)

1 から多く発, から宋銭発見, から往々, の表面採集

▼ 時代閉塞~ (4, 0.0%)

3 の現状 1 の状態

▼ 時代あなた~ (3, 0.0%)

1 がたと, のやさしく, はいつも

▼ 時代いわゆる~ (3, 0.0%)

1 ヴィクトーリアンの, 女学校教育は, 封建時代に

▼ 時代および~ (3, 0.0%)

1 その少し, その年数, 藤原時代に

▼ 時代かが~ (3, 0.0%)

3 ありまして

▼ 時代かの~ (3, 0.0%)

1 インドの, 伝習は, 報国寺朱印状に

▼ 時代ごと~ (3, 0.0%)

1 にいろいろ, にやはり, の忠実

▼ 時代そういう~ (3, 0.0%)

2 場所では 1 時代には

▼ 時代だったら~ (3, 0.0%)

1 おそらく火あぶり, 彼らは, 金硫黄と

▼ 時代であったなら~ (3, 0.0%)

1 とかえらぬ, ばいっそう, ば明らか

▼ 時代といった~ (3, 0.0%)

2 ような 1 ころには

▼ 時代なりし~ (3, 0.0%)

2 が天明 1 なり

▼ 時代なんて~ (3, 0.0%)

1 そんな事, ものは, 今までに

▼ 時代にさえ~ (3, 0.0%)

1 どの男性, なお自分, 大徳寺には

▼ 時代にしか~ (3, 0.0%)

2 生きて 1 生きられないという

▼ 時代にだけしか~ (3, 0.0%)

2 生きられない人間 1 生きられないもの

▼ 時代については~ (3, 0.0%)

1 いろいろな, それぞれ標準的な, 言い合したよう

▼ 時代についても~ (3, 0.0%)

1 できるならば, 知りたくなりまた, 種々の

▼ 時代にわたる~ (3, 0.0%)

1 人間の, 劇壇大道具の, 安土桃山文化期の

▼ 時代に従って~ (3, 0.0%)

1 漸次に, 発達する, 進化する

▼ 時代のち~ (3, 0.0%)

1 がつた花柳界, がふ, は十七歳

▼ 時代のみに~ (3, 0.0%)

2 就て 1 限らず明治

▼ 時代まだ~ (3, 0.0%)

1 大阪の, 宮門の, 笞刑の

▼ 時代よく~ (3, 0.0%)

1 弾いて, 散歩の, 獨りで

▼ 時代をば~ (3, 0.0%)

1 夢むる如く, 大体に, 舊石器時代と

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 入レル今日トナリテハ其レニ附帶セル空想的糟粕ハ一切棄却スベシ, 戻ッタ気ガシマスト, 非ザルナリ

▼ 時代世相~ (3, 0.0%)

2 の反映 1 の端的描写

▼ 時代世話~ (3, 0.0%)

1 であ, にこしらえ, を論じた

▼ 時代並びに~ (3, 0.0%)

1 その中, 同棲生活の, 地理の

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 に運び終った, の世話場, を小切った

▼ 時代以上~ (3, 0.0%)

1 に似, に超越, の威福

▼ 時代先生~ (3, 0.0%)

1 にひどい, はいつも, はずいぶん

▼ 時代全体~ (3, 0.0%)

1 のみならず, の理想, をにない

▼ 時代共通~ (3, 0.0%)

1 の一つ, の望み, の青年時代

▼ 時代前半~ (3, 0.0%)

1 の史料, の彫刻, は相当

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 シェークスピアや, 宣長の, 私が

▼ 時代固有~ (3, 0.0%)

1 の偉大さ, の形式, の道徳

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 と男, の人, は三界

▼ 時代学生~ (3, 0.0%)

1 というもの, は娯楽, を引率

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 元二年三月, 元四年, 正二年

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 が鋭い, の中, を醸し出す

▼ 時代感情~ (3, 0.0%)

1 がそれ, と文化整理, にマッチ

▼ 時代更に~ (3, 0.0%)

1 その職業, 社会の, 言ひ

▼ 時代殊に~ (3, 0.0%)

1 その光彩, 戦地です, 文化文政以後の

▼ 時代特有~ (3, 0.0%)

1 な文辞, の様式, の窮屈

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, から超越, を看板

▼ 時代的ヒステリイ~ (3, 0.0%)

1 であらう, に, に陥

▼ 時代的変遷~ (3, 0.0%)

1 がよく, であったと, などはどう

▼ 時代的意味~ (3, 0.0%)

1 も加味, をもち, をもっ

▼ 時代的特徴~ (3, 0.0%)

1 である, について私, の濃い

▼ 時代的色彩~ (3, 0.0%)

1 があつ, のある, をもつ

▼ 時代秩序~ (3, 0.0%)

1 なき時代, のない, の乱れた

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 があり, がこの, の古墳

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 七八十年後に, 三百年を通じて, 十年とも

▼ 時代考証~ (3, 0.0%)

1 もやかましく, や文学論, をした

▼ 時代自分~ (3, 0.0%)

1 のからから, の復讐, は物質的

▼ 時代自身~ (3, 0.0%)

1 の性格, の過失, も思潮

▼ 時代若い~ (3, 0.0%)

1 とは云つて, 人である, 女性として

▼ 時代若く~ (3, 0.0%)

2 ばその 1 はその

▼ 時代~ (3, 0.0%)

1 に打ちひしがれ, や人生苦, をおもい

▼ 時代蒔絵~ (3, 0.0%)

2 の結構 1 のある

▼ 時代通り~ (3, 0.0%)

1 にする, のもの, の甘えた

▼ 時代郷里~ (3, 0.0%)

2 で親父ども 1 の農家

▼ 時代電車~ (3, 0.0%)

2 も自動車 1 の窓

▼ 時代青年時代~ (3, 0.0%)

1 と三口, の姿, を回想

▼ 時代うち~ (2, 0.0%)

1 にはずいぶん, の経済

▼ 時代おくれな~ (2, 0.0%)

1 ものだろう, ものと

▼ 時代おそらく~ (2, 0.0%)

1 弘安頃の, 数千万年もの

▼ 時代かと~ (2, 0.0%)

1 思いますと, 思う

▼ 時代かといふ~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことは

▼ 時代かに~ (2, 0.0%)

1 使用した, 来た木

▼ 時代からという~ (2, 0.0%)

1 のにも, 事だけは

▼ 時代からも~ (2, 0.0%)

1 存し, 彼の

▼ 時代がと~ (2, 0.0%)

1 うたう来て, びつきたいほどなつかしく思われた

▼ 時代くらいの~ (2, 0.0%)

1 氷を, 程度まで

▼ 時代ことに~ (2, 0.0%)

1 彼が, 釧路時代の

▼ 時代ごろ~ (2, 0.0%)

1 には圓瓦, までの布地

▼ 時代さらに~ (2, 0.0%)

1 確かならず, 進んで

▼ 時代さん~ (2, 0.0%)

1 が殺された, のやう

▼ 時代しか~ (2, 0.0%)

1 これらの, ない

▼ 時代ずっと~ (2, 0.0%)

1 女の, 組織部長を

▼ 時代それぞれ~ (2, 0.0%)

1 の場所, の形

▼ 時代それら~ (2, 0.0%)

1 のこと, の頃

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 あいくらか, がへり

▼ 時代たまたま~ (2, 0.0%)

1 所属し, 私が

▼ 時代だけの~ (2, 0.0%)

1 ことであり, 違いである

▼ 時代だの~ (2, 0.0%)

1 旗を, 未亡人だの

▼ 時代だろう~ (2, 0.0%)

1 さ, と思う

▼ 時代つて~ (2, 0.0%)

1 いふと, いふの

▼ 時代であったろう~ (2, 0.0%)

1 ということ, と考えられる

▼ 時代であり歪められる~ (2, 0.0%)

2 ところなく

▼ 時代であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばその, ばよし

▼ 時代であれ~ (2, 0.0%)

1 どんな土地, ばこそ私

▼ 時代でございまし~ (2, 0.0%)

1 ては, て僧正さま

▼ 時代でございました~ (2, 0.0%)

1 からお, のでその

▼ 時代でし~ (2, 0.0%)

1 て宮中女性, て法律

▼ 時代といふもの~ (2, 0.0%)

1 ぢや, 完全に

▼ 時代としても~ (2, 0.0%)

1 櫻田門を, 決して高い

▼ 時代とな~ (2, 0.0%)

2 つても

▼ 時代とに対する~ (2, 0.0%)

2 深いかなしみ

▼ 時代なお~ (2, 0.0%)

1 ぜひとも後, 正従三位

▼ 時代などと~ (2, 0.0%)

1 よくいう, 云うもの

▼ 時代などの~ (2, 0.0%)

1 いにしえの, おほどかな

▼ 時代などは~ (2, 0.0%)

1 その隆盛時代, 僅かの

▼ 時代などを~ (2, 0.0%)

1 反映し, 突き抜けて

▼ 時代ならびに~ (2, 0.0%)

1 明治時代の, 芸術を

▼ 時代においてこそ~ (2, 0.0%)

1 世人も, 馴致され

▼ 時代においてさえ~ (2, 0.0%)

1 むしろ低き, 地上の

▼ 時代におけるが~ (2, 0.0%)

1 ままの, 如く公衆

▼ 時代にさえも~ (2, 0.0%)

1 堯舜の, 義満は

▼ 時代にすら~ (2, 0.0%)

1 ついぞ百姓一揆, 実に色々

▼ 時代にだけ~ (2, 0.0%)

1 いだかれるの, 農奴解放以前の

▼ 時代についての~ (2, 0.0%)

1 一般の, 理論と

▼ 時代にても~ (2, 0.0%)

1 人に, 厳格に

▼ 時代にと~ (2, 0.0%)

1 つては, 思うと

▼ 時代にとり~ (2, 0.0%)

2 残されたもの

▼ 時代にばかり~ (2, 0.0%)

2 行って

▼ 時代にまでも~ (2, 0.0%)

1 これが, 上り得るの

▼ 時代にわ~ (2, 0.0%)

1 たつて, 比較的単純

▼ 時代に対し~ (2, 0.0%)

1 人生に, 正反対の

▼ 時代に対しては~ (2, 0.0%)

1 そう大した, 常に不可解

▼ 時代に対しても~ (2, 0.0%)

1 その伝説, 実際恥

▼ 時代に関する~ (2, 0.0%)

1 予の, 歴史的聯想も

▼ 時代に際して~ (2, 0.0%)

1 大陸と, 少しの

▼ 時代に際しては~ (2, 0.0%)

1 世界經濟市場の, 所謂適材を

▼ 時代のせゐ~ (2, 0.0%)

1 で仕方, に帰し

▼ 時代はさ~ (2, 0.0%)

1 こそと推量られる, のみ貧乏

▼ 時代はよ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 時代までを~ (2, 0.0%)

1 第二期, 管到せぬ

▼ 時代みたい~ (2, 0.0%)

1 な実演会, に好き

▼ 時代めい~ (2, 0.0%)

1 てどことなく, て些か

▼ 時代もしくは~ (2, 0.0%)

1 それより, 前後の

▼ 時代われわれ~ (2, 0.0%)

1 の生活, の身辺

▼ 時代オクレナ舊道徳~ (2, 0.0%)

2 ヲ重

▼ 時代ヨオクシヤー~ (2, 0.0%)

2 のハーツヘッド

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 と夏, どはか

▼ 時代一つ~ (2, 0.0%)

1 のアスピレーション, の国

▼ 時代一ツ橋高等女学校~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 時代一地方~ (2, 0.0%)

1 の微妙, の産物

▼ 時代一方~ (2, 0.0%)

1 に婦人, 葬式などの

▼ 時代三年間~ (2, 0.0%)

1 における私, の

▼ 時代下宿~ (2, 0.0%)

1 して, に居た

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 を受け, を生めり

▼ 時代人々~ (2, 0.0%)

1 はぴんからきりまでのいとわしく, はめいめい

▼ 時代人一般~ (2, 0.0%)

2 に亘つて享受

▼ 時代人格~ (2, 0.0%)

1 が非常, の問題

▼ 時代人間~ (2, 0.0%)

1 が人間, が人間らしく

▼ 時代~ (2, 0.0%)

2 の桐箱

▼ 時代以降~ (2, 0.0%)

1 のこと, の御伽衆

▼ 時代仲間~ (2, 0.0%)

1 のアムフィトリオン, の一人

▼ 時代住ん~ (2, 0.0%)

2 でいた

▼ 時代何処~ (2, 0.0%)

1 の人間, の国

▼ 時代出版~ (2, 0.0%)

1 の伊曾保物語平家物語, の悪

▼ 時代別け~ (2, 0.0%)

1 で言, は実は

▼ 時代到来~ (2, 0.0%)

1 せるやを, を感じさせる

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 わりあひに, 人麻呂の

▼ 時代友達~ (2, 0.0%)

1 とお, と二人

▼ 時代古い~ (2, 0.0%)

1 ということ, 頃の

▼ 時代各地~ (2, 0.0%)

1 に小, の醸造家

▼ 時代土器~ (2, 0.0%)

1 と製作意匠, の腹壁

▼ 時代夜中~ (2, 0.0%)

2 に降り出されたら

▼ 時代夢想~ (2, 0.0%)

2 の対象

▼ 時代如何なる~ (2, 0.0%)

1 人が, 場所に

▼ 時代婦人~ (2, 0.0%)

1 の生活, の自

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 にいた, をまもる

▼ 時代家康~ (2, 0.0%)

2 は保身

▼ 時代寄宿舎~ (2, 0.0%)

1 で同じ, の同じ

▼ 時代寛文年間~ (2, 0.0%)

2 に沼田

▼ 時代封建時代~ (2, 0.0%)

1 から軍閥官僚, を問わず

▼ 時代少女時代~ (2, 0.0%)

1 その境遇, で甲州

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 であって, は中華民国

▼ 時代巣鴨~ (2, 0.0%)

2 や大塚

▼ 時代常識~ (2, 0.0%)

1 からいえ, であったわけ

▼ 時代当時~ (2, 0.0%)

1 においてすでに, の面影

▼ 時代後期~ (2, 0.0%)

1 に盛ん, の初め

▼ 時代徳川時代~ (2, 0.0%)

1 には今, の小説類

▼ 時代性格~ (2, 0.0%)

1 である, のあらわれ

▼ 時代恋心底~ (2, 0.0%)

2 に冬眠

▼ 時代或いは~ (2, 0.0%)

1 台徳院殿の, 若い頃

▼ 時代所謂個人主義自由主義~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 武蔵も, 辻本満丸氏の

▼ 時代文人~ (2, 0.0%)

1 の収入, は貧乏

▼ 時代文法~ (2, 0.0%)

1 の意識, の研究

▼ 時代日本文学~ (2, 0.0%)

1 の動き, は歴史的

▼ 時代明治~ (2, 0.0%)

1 の二十年代, の暁

▼ 時代時節~ (2, 0.0%)

1 というもの, まあ何事

▼ 時代曲玉~ (2, 0.0%)

1 に一例, の特徴

▼ 時代最も~ (2, 0.0%)

1 人間性を, 感銘の

▼ 時代最後~ (2, 0.0%)

1 の大儒, の老儒

▼ 時代~ (2, 0.0%)

2 を読みたく

▼ 時代東海道~ (2, 0.0%)

1 にお茶壺, を漂泊中

▼ 時代~ (2, 0.0%)

2 の地方

▼ 時代江戸~ (2, 0.0%)

1 に開成学校, は驕

▼ 時代潮流~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 時代無二~ (2, 0.0%)

2 の作家

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 の国司, の心

▼ 時代特殊~ (2, 0.0%)

1 の色, の趣味

▼ 時代独特~ (2, 0.0%)

2 の小説

▼ 時代用語例~ (2, 0.0%)

1 に囚, に囚われ

▼ 時代的人物~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 時代的傾向~ (2, 0.0%)

1 を実証, を帯び

▼ 時代的影響~ (2, 0.0%)

1 でありまして, もあっ

▼ 時代的役割~ (2, 0.0%)

1 のなか, を考へたら

▼ 時代的必然~ (2, 0.0%)

1 がある, がその

▼ 時代的感覚~ (2, 0.0%)

1 であるとか, の推移

▼ 時代的推移~ (2, 0.0%)

1 は芸術上, わが新興演劇

▼ 時代的条件~ (2, 0.0%)

1 といふこと, におかれ

▼ 時代的要求~ (2, 0.0%)

1 から生れた, の結果

▼ 時代的関係~ (2, 0.0%)

1 で人麿, もあっ

▼ 時代相違~ (2, 0.0%)

1 ならむかとも, のある

▼ 時代知らず~ (2, 0.0%)

1 でもない, の書生論

▼ 時代研究~ (2, 0.0%)

1 に絲, の必要

▼ 時代秀吉~ (2, 0.0%)

1 とのあいだ, を除い

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 よ, をわたし

▼ 時代紅葉山人~ (2, 0.0%)

1 についで, ノ

▼ 時代者ら~ (2, 0.0%)

1 から受けなけれ, のうち

▼ 時代薄墨~ (2, 0.0%)

2 の美貌

▼ 時代藤村~ (2, 0.0%)

1 の傑作, の自然

▼ 時代親戚~ (2, 0.0%)

1 とか召使, の者

▼ 時代観察~ (2, 0.0%)

1 です, をする

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 とはかけ離れた, に於

▼ 時代認識~ (2, 0.0%)

1 が工匠, とかそんな

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 であったそう, と道中

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 のほか, を書け

▼ 時代~ (2, 0.0%)

1 にその, 作者の

▼ 時代貴族~ (2, 0.0%)

1 に仕, や武家

▼ 時代越後~ (2, 0.0%)

1 の富国強兵, や出羽方面

▼ 時代趣味~ (2, 0.0%)

1 に執着, の上

▼ 時代足利時代~ (2, 0.0%)

1 から徳川時代, 降って

▼ 時代農村~ (2, 0.0%)

1 でそんな, の女

▼ 時代逆行~ (2, 0.0%)

1 というべきであろう, の珍現象

▼ 時代過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てすでに, てその

▼ 時代~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ 時代遺物~ (2, 0.0%)

1 に見る, の發見さ

▼ 時代重吉~ (2, 0.0%)

1 が机, は既に

▼ 時代~ (2, 0.0%)

2 なればとて

▼1* [1126件]

時代あたりまえの日, 時代あって何, 時代あっちでも戦い, 時代あとの若手連, 時代ありて起こる, 時代ありき嘗て文部省, 時代あれだけの演劇的活動, 時代あれりを, 時代いかなる国いかなる, 時代いかに素朴に, 時代いずれの国土, 時代いつも教室へ, 時代いづれの國, 時代いまだまったく心の, 時代いやまだその, 時代うるわしい青年時代金色の, 時代おくれじゃよ, 時代おくれでないことを, 時代おそらくは宝永地震後安政地震の, 時代かういふ時代は, 時代かしらッ, 時代かつては長く, 時代かの子さんの健康, 時代かまではっきりと, 時代からいはゆる, 時代からであらう, 時代からでもその土地, 時代かれにとっていろいろ, 時代がずつとあつた, 時代がちがふけれ, 時代がよかつたし, 時代くさくてやや, 時代くらゐ頽廃的, 時代くらいには大抵混同, 時代ぐらい古くなります, 時代ぐらゐまでの物を自分, 時代こういう旅人に, 時代こうして真の, 時代ここへ時々, 時代こそは人民の, 時代この方実に見事, 時代この方われわれは他, 時代これからが修業時代, 時代これらの作品, 時代ころの人々, 時代さ時代だよ, 時代したには違い, 時代じせつとは申し, 時代じゃあがあせん, 時代じゃけに早速二人, 時代なは, 時代すぎ去れりと, 時代すでにもうはやらなかった, 時代すなはち, 時代すべての国, 時代すらもあつた, 時代そうした時代の, 時代そしてまた或る, 時代そっくりの待合, 時代その他から凡そ, 時代その後に現われた, 時代その間にこうして, 時代それにやや似, 時代それほど芝居という, 時代それ以上に私, 時代それ以外に裏, 時代それ等の時代, 時代たいていは昼興行, 時代たつと人間, 時代たとえ僅かずつ, 時代たるなからむや, 時代たれ流し時代の書物, 時代だけがものを, 時代だけは尠く, 時代だけもはっきり調べ, 時代だけを特別憎悪すべき, 時代だったら瞬く間に, 時代だったろうねえ, 時代だつて極, 時代だつたらもうその, 時代だ考えてみる, 時代がひ, 時代ちがった人間どもが, 時代ちょっと飲んで, 時代ちょッとばかり世話, 時代つきて飴色, 時代つづいて第, 時代つまり小学校卒業の頃十四歳, 時代つまり桃山時代の華麗豪艶, 時代であったらしいと思われる, 時代でありましょうからその, 時代であり思うままに, 時代でござったかそれ, 時代でなくなっている, 時代といはるる, 時代というのほかは, 時代といつても大, 時代といはんこそ更に, 時代といふかそんなもの, 時代とかいう場合の, 時代とかというものを, 時代ときはめをつけ, 時代としてばかり教え込まれ, 時代とそぐはないものになつたと言ふ事, 時代とてもすべての, 時代とでは全く別人, 時代とにおいてさえ時折は, 時代とについて歴史書以外の, 時代とにのみ善いもの, 時代とのみ目せられて, 時代とりわけ北条時代であった, 時代どういう関係か, 時代どうしてあんな奴, 時代どころか石器時代の, 時代どの国の, 時代どんなだったかという, 時代なしに優れた, 時代なぞといふ方から, 時代などから見ると, 時代などが不用意の, 時代などではない, 時代などという正体の, 時代などといふ言葉を, 時代などよりも中味は, 時代なら知らぬこと昔の, 時代なりきとも見るべく, 時代なりしかば南北朝頃までの, 時代なりとは云え自ら, 時代なりに一生懸命の, 時代なりの人間生活を, 時代なんか想像も, 時代にあたって我らは, 時代においてであらうとも, 時代においての道徳であった, 時代においてのみ力の, 時代においてをやであります, 時代においてをや師匠についても, 時代におけるよりも却て, 時代にかけ幾多の, 時代にかけてをりました, 時代にかの偉大な, 時代にからだが, 時代にくらい井の, 時代にとっての枕刀である, 時代になぞ粗末な, 時代にねずいぶん喧嘩, 時代にはがたくりの, 時代にはとにもかくにも, 時代にはにう木, 時代にもわづかの, 時代によっての標準の, 時代によっては違う, 時代によっても又おのずから, 時代にわたって十手捕縄を, 時代に対しての反語だ, 時代に関して正当な, 時代に関しても両者の, 時代のせゐなのだ, 時代のであつて, 時代のとしてもその議論, 時代のみを礼讃し, 時代はいふまでもなく, 時代はげしさを, 時代はじめの人々, 時代はずつとずつと溯るであらう, 時代はっきりとした, 時代はとつくの昔, 時代はにかみ屋で控, 時代はるか隔っては天保年間, 時代ばかりと限つてゐる, 時代ばかりはない, 時代ばんだその, 時代ひきつづく事変によって, 時代ひとは一冊, 時代ひとり頼朝のみ, 時代ひどく風流子の, 時代ふと知りあい彼は, 時代へはほとんど伝わらなかったらしい, 時代ほどに変化せざりし, 時代ほんとうに私, 時代まえの人たち, 時代まことに仕様の, 時代までにはさうし, 時代までにも亘つて居る, 時代みずから捕えみずから, 時代みんな芸も顔, 時代むやみと下層社会, 時代めかしい身扮や, 時代めくンです, 時代もう武家の, 時代もっともっと勉強したかった, 時代もつと日本人, 時代もねもうとっくの, 時代もらっていた, 時代ゆえ教育はもう至って, 時代ゆゑ工人は各自, 時代その世, 時代よなよな官員を, 時代よりずつと低下し, 時代わけにし, 時代わたくしの考, 時代わたしのところ, 時代をこそ見たいと, 時代をとの注文が, 時代をのみ顧慮する, 時代を通じては主として平仮名, 時代を通じてもなお文化, 時代アフリカ西岸に古代, 時代アメリカ捕鯨帆船に乗り組ん, 時代アルコール中毒に悩んだ, 時代アンリ・ド・レニエの飜訳, 時代イギリスは植民地インド, 時代イスラエル民族に啓示, 時代インテリに大, 時代インテリゲンツィアのこの, 時代ウェブスターの逃亡奴隷法案, 時代エリザベス朝時代である, 時代オクレダカラダ二人ヲ信用シタラヨイノダ, 時代キリストが八戸, 時代キリスト教殉教者のよう, 時代クフといふ王様, 時代ゲーテの偉大, 時代ゴーゴリを出した, 時代サクゴというもの, 時代サークル活動が当時, 時代シャトウ・チェリイから出, 時代スケッチ帖をもっ, 時代セミナリオなどあった, 時代ソヴェト同盟の勤労大衆, 時代ソヴェト文学の消極面, 時代ソーニャ・コヴァレフスカヤの伝記, 時代タダの会社員, 時代ダグラスの, 時代ダナイト美しき冑造り, 時代両国廣小路ノ, 時代デンマルクで印刷業, 時代直譯スベキ歐羅巴語, 時代トハ石時代ト直譯スベキ歐羅巴語, 時代トヲ比ブレバ勿論石器使用, 時代トン当り七ポンド十シリングだったの, 時代ト云フノ他ハ皆金屬, 時代ト云フ名ノ影響, 時代ト稱スベキモノヽ存在ハ今ヨリ凡六十年前, 時代ドストイェフスキイは貧困, 時代ナポレオンブリューメルイエナの勝敗, 時代ナポレオン時代の紛糾, 時代ナリトモ種族ヲ異, 時代ナル名稱ハ考古學上ノ術語トシテ行ハル, 時代ナル語ニハ年歴ノ意味, 時代ニハソンナ風ダッタデアロウガ今デハソウデモナサソウデアル, 時代ニハモハヤ野生状ヲナシテ居ツタモノデアラウ, 時代ニ亞ギテ來ルベキ可能ナル世界ノ平和ハ, 時代ニ亞ギテ對建國家ノ集合的統一, 時代ニ於テヨク留意シ口腔歯牙ノ清掃, 時代ニ生レ其ノ見, 時代ニ發源シ更ニ現代ニ復興シテ漲溢シツツアル國民的, 時代ニ葬ヲ送, 時代ノアルコトヲ知ラナイ奴等ノ仕種, 時代今ヨリ何程以前ナリトハ决シテ云フ事能ハザルナリ, 時代ハ今ヲ距ル事凡ソ三千年前, 時代ヒンドスタンで生れ, 時代フランスの一等要塞, 時代フランス文化においてブリューメル以後, 時代フローレンス旅行以来しばらく沈黙, 時代ペシコフの初期, 時代ペンキ塗りの看板, 時代ボストンで声楽, 時代モウパッサンの, 時代ユキも帰り, 時代ヨリ現時ノ統一ニ至レリ, 時代リップ・ヴァン・ウィンクルが妻君, 時代ルネイッサンス時代とか大別, 時代ルネッサンスにあっ, 時代ワケの分らぬ, 時代一たび神田との縁, 時代一人で呑む, 時代一傾向を代表, 時代一国民もしくは一事件, 時代一層つよいもの, 時代一度その武者振り, 時代一月号所載横光君の巻頭論文, 時代一民族或は一階級, 時代一漁村に過ぎなかつた, 時代一生懸命にこの, 時代一番親しくした, 時代一級下であった由, 時代一転して, 時代一面福本主義的政治理論の文芸理論, 時代丁度西暦十三世紀の, 時代七つか八つ頃, 時代三代将軍みずから図したる, 時代三宅花圃田沢稲舟などという婦人, 時代三時代前の姿, 時代三津木春影の翻案, 時代三番は泰平時代, 時代三百年間に日本, 時代三百藩の一, 時代三角同盟といわれ, 時代上州高崎に床安, 時代上杉の時代, 時代上流の俊髦前光卿, 時代上野寛永寺御院主, 時代の民衆, 時代下町のきかぬ, 時代下等な酌女, 時代不安を抱い, 時代不知とお, 時代世の中への顔出し, 時代世帯を畳み, 時代世界の善良, 時代世相風俗資料は近頃, 時代世襲の行なわれたる, 時代世話なんでも利く, 時代世話共に行ける, 時代世話式に演じ, 時代に門派, 時代並みの商人, 時代中でも哲學が, 時代中世にはいろいろ, 時代中篇三百十一頁に, 時代中臣鎌足が審判, 時代主君の病死, 時代久しい間この, 時代久しく伝へ此, 時代久三がまだ, 時代乞食の葬式, 時代と宣教師, 時代乱暴書生に交っ, 時代乱離動揺常なき時代, 時代予言者エリヤがイスラエル国, 時代事変のため, 時代事情の相違, 時代二つを離し, 時代二三の目立った, 時代二三人の友, 時代二千五百石もお, 時代二度阿蘇に登った, 時代二本の刀, 時代二百七十年を通じて百姓一揆, 時代二百六十余年の太平, 時代二種の民族, 時代五人男といわれた, 時代交通路の推定, 時代京都占領が覇権, 時代亭主が度々, 時代人たちとの友愛, 時代人テエヌではなくし, 時代人才も亦, 時代人権がふみにじられ, 時代人民ガ住居セシ跡ナル事是等ノ中, 時代人民ガ食余ノ貝殼, 時代人民ト云フヲ以テ唯野蠻ノ一種族ニ關スト速斷スル勿レ, 時代人民ニ關スル研究ノ結果ハ廣ク人類學, 時代人民ハ幾種族ナリシカ容易ニ知ル事能ハズト雖モ北海道ト本州ノ大, 時代人民中には此, 時代人民日本ノ大, 時代人肥の汲取人たち, 時代人間らしい正当な, 時代他人の非難, 時代以下かも知れません, 時代以下江戸の末, 時代以來の古記録, 時代以來俺の人格, 時代以來四十年に亙る, 時代以來歴史や地理, 時代以來澤山ある學藝, 時代以前天武持統の頃, 時代以後ここに甲州武田氏, 時代以後一時中絶して, 時代以後二百年足らずの間, 時代以後南北朝のもの, 時代以後口語には盛, 時代以後宮刑が廢止, 時代以後文字を知らない, 時代以後植物の醋葉, 時代以後盛んになつ, 時代以後秋元家修築前の状, 時代以来わが国に産出, 時代以来ベートーヴェンは最大, 時代以来二大遊星, 時代以来五百年に亘っ, 時代以来今日のよう, 時代以来伝つてゐる古い, 時代以来伝統の敬神風俗, 時代以来債務破棄を中核的, 時代以来十八代目と称せられる, 時代以来商工業において絶えず, 時代以来外来的要素を取り入れ, 時代以来展開したお伽噺文芸, 時代以来平安初期にかけての支那文物, 時代以来幾たびか幕府, 時代以来延喜の御代, 時代以来日本の十六世紀, 時代以来諸国を放浪, 時代以来貨幣の問題, 時代以降社会問題に刺激, 時代伊藤野枝があなた, 時代の年號年數, 時代住居址のしかも, 時代何かというと, 時代何事かを為す, 時代何人の置いた, 時代何回か鑑別, 時代何百年と云, 時代作家にふさ, 時代作文は丁, 時代作者の生き, 時代使役する奴隷, 時代価値のない, 時代信念を背景, 時代信長の雄略, 時代俳優の払底時代, 時代俳諧は大, 時代個々の政治, 時代倫理学に身, 時代だ, 時代はあすこ, 時代僕等がよく, 時代僧侶の眼, 時代元子は年少政子, 時代元禄から享保頃, 時代兄博士の横槍, 時代兄弟系図国入りがやや, 時代先んじたるものに, 時代先天の日本, 時代先輩の職工, 時代體に, 時代全幅を語る, 時代全然チャンスが, 時代全盛をきわめた, 時代全部を通じての所得, 時代公園裏の田甫中, 時代に寝起き, 時代共に都に, 時代に似た, 時代凡ての民族, 時代出版インフレといわれた, 時代を見る, 時代分けでもよい, 時代分らず昔粟津の, 時代初めて知り合いに, 時代初め頃の人, 時代初給十五円を得, 時代別研究も若し, 時代前二時代前或は又, 時代前後八年間に江戸, 時代前後数年のこと, 時代前期以前のエタ, 時代前衛を描き, 時代前記の, 時代劇協会を興し, 時代劇向きなり, 時代劇売出しの若山富三郎, 時代劇演出者の当然, 時代劇解散といふ結末, 時代労働力はひとりでに, 時代勇敢にかれ, 時代勉強時代と心得なけれ, 時代勳功に賞, 時代北原白秋の思ひ, 時代北方作家の無趣味, 時代北条の時代, 時代北条時代足利時代戦国時代豊臣時代を経過, 時代北條某とやら申す, 時代北海道には熊とり, 時代区別をし得る, 時代十三世紀のはじめ, 時代十二月號の小説, 時代十六からハタチ, 時代十四五年頃まではちょん髷, 時代十字街に弾丸, 時代半開時代を経, 時代から北, 時代原子時代と呟い, 時代厳島に詣で, 時代厳父の死, 時代及資本主義社会, 時代友松のあった, 時代反抗時代独立時代そして今, 時代反省を経, 時代口説で傳, 時代古く王朝時代の, 時代古典時代と呼ん, 時代古文書にも散見, 時代可愛いい坊ちゃんで, 時代史中の一段落, 時代史劇のよう, 時代の電力費用, 時代各種の建物, 時代合宿して, 時代吉原遊女の文殻反古張, 時代窯なら, 時代同君を博多, 時代同年輩の人たち, 時代同所に生まれ出で, 時代同期だった作家, 時代同様その後がまだ, 時代同様日夜蚕が桑, 時代同級であ, 時代名題のもの, 時代向きになった, 時代は早稲田, 時代な最近, 時代呉国の孫権, 時代呉王闔閭の女, 時代味感溢るる佳, 時代呼吸器に関する専門家, 時代さえも自分, 時代哲学が民衆, 時代唐宋の産物, 時代唯一の婦人文藝雜誌, 時代唯物論時代を経, 時代商品は総て正札, 時代啓示時代なりきとも, 時代と僞, 時代四百年に三十一音, 時代より批評, 時代圏境であると, 時代土偶中には其面貌實, 時代土器石器の破片出づ, 時代土曜日のやすみ, 時代土竜が穴, 時代土耳古人が勢威, 時代在野の政治家, 時代地名表の第, 時代地域社会民族と文化, 時代地理的環境等を過度, 時代地震や饑饉, 時代地面が亀裂, 時代城下の第, 時代塵袋の頃, 時代変改の予感者, 時代をすごした, 時代夕暮の散歩, 時代に全く, 時代多少彩管を, 時代多年の圧迫, 時代多年苛斂誅求に苦しめられた, 時代多数の人, 時代夜半過ぎに東京牛込区市ヶ谷, 時代建築の, 時代大久保や淀橋, 時代大人の利己心, 時代大学の教授達, 時代大学時代恋愛時代それから結婚時代, 時代大巻の徹太郎叔父, 時代大師が飛翔, 時代大森は馬込, 時代大正の消化時代, 時代大正七八年の頃, 時代大正年間の日本, 時代大阪を放浪, 時代大阪落城のすぐ, 時代天下を横行, 時代天下泰平烽火を見ず, 時代天和頃にできた, 時代天平十一年万葉では十年, 時代天草の変以後, 時代天馬侠の愛読者, 時代太平の結果, 時代から泰平, 時代夫婦だけ働い, 時代奈良朝ごろになる, 時代奈良朝以前のインド, 時代奈良朝藤原時代の日本古代文化, 時代奧州に於ける, 時代女中も合わせ, 時代女子の側, 時代女学校を卒業, 時代女学生の紀代子, 時代好みとして再現, 時代好んで駆け廻った, 時代のこと, 時代始終子供たちの, 時代婦人作家として一定, 時代嫉妬の時代, 時代学校にある, 時代学校出でもろくな, 時代学芸と教養, 時代の時代等, 時代れの, 時代學問の始め, 時代宇宙をあたかも, 時代安土桃山時代にかけては戦乱, 時代安藤や峯岸, 時代や唐, 時代完全な専制時代, 時代官能は高村光太郎, 時代官邸へ訪問, 時代実力がすべて, 時代室町のころ, 時代室町時代安土桃山時代にかけては戦乱, 時代宮中のご, 時代富山城より二十四年, 時代富田基度のため, 時代寛政明和の頃, 時代寛文四年郡名整理のさい, 時代寛永年間のこと, 時代寛永頃にできた, 時代を同じく, 時代寮生生活の時代, 時代寶永四年から五年, 時代封建の夢三百年, 時代封建社會顛覆の時代, 時代専庶民の階級, 時代将軍家御用となっ, 時代た倫, 時代小唄の師匠, 時代小熊氏の活躍, 時代小異を捨て, 時代小説といつても時代, 時代小野君は悠揚, 時代小野妹子が隋, 時代少くともそれから, 時代少なくとも平安朝末期には, 時代少年時代より壮老, 時代少年時代青年時代と三口, 時代尼寺で行い, 時代履歴より記録文書, 時代山田さんが奥さん, 時代山田花子といつた, 時代岩波のホンヤク, 時代峯子は級, 時代帝國時代帝國衰亡時代それから羅馬帝國滅後, 時代帝國衰亡時代それから羅馬帝國滅後, 時代帷幄政治で名, 時代常識性と呼応, 時代平民の理想, 時代平衡を保たう, 時代年齢といふもの, 時代幸福な境遇, 時代幼少の時期, 時代幼年学校は陸軍, 時代康正年間と伝へられ, 時代建仁三年の出来事, 時代建築技巧の精華, 時代彼女の好き, 時代征夷の軍, 時代待合を議会, 時代後天の日本, 時代従つて享楽を, 時代従つて幻滅の時代, 時代趣旨の, 時代御一新少し前, 時代御用史家のこしらえ事, 時代復演に復演, 時代徳冨氏の, 時代徳川初期と茶道, 時代徳川新之助といっ, 時代徴兵適齢が頭, 時代必ずしも藤原時代よりも, 時代志向の権化, 時代思想ニヨリテ各歐洲, 時代思潮みたいなもの, 時代思潮変遷の危機, 時代思潮現在と異, 時代思潮遺伝等々の呪われたる, 時代性そこに生じる, 時代性ぬきのフランス派, 時代性文化の水準, 時代性確立のため, 時代恋愛時代それから結婚時代, 時代恍惚とした, 時代恐らくは室町時代から, 時代恐ろしい響きの, 時代息子の時代, 時代情緒である, 時代惡性な藝者, 時代愛用の褌, 時代感能を現, 時代感覺から離れ得ない, 時代慶応義塾幼稚舎ではまだ, 時代慶應義塾文科時代三年間の, 時代應擧呉春なみの畫家, 時代應永年中觀世觀阿彌同, 時代懐かしくいつもよりは, 時代懐しきパノラマ館, 時代懸賞小説の選, 時代成り上りの, 時代成親の別荘, 時代我々は再び, 時代戦国七雄というよう, 時代戦国時代の間, 時代戦国時代豊臣時代を経過, 時代戦線で働いた, 時代戦闘準備を完全, 時代所伝の鈔本, 時代所謂傳通院殿のお, 時代所謂帝国主義の時代, 時代所謂帝國主義の時代, 時代扮装行列などもあっ, 時代扶桑第一, 時代批評の精神, 時代投合者であ, 時代拡張の時代, 時代するが, 時代握り飯のこと, 時代撃たれ続け放心の, 時代支那に行, 時代改築の赤煉瓦, 時代改革にあった, 時代埓の, 時代放れした姿が, 時代政治犯が幽閉, 時代教師が黒板, 時代文化文政の産, 時代文字が来, 時代文学雑誌に紫苑, 時代文安の頃, 時代文安三年に出来た, 時代文安元年の, 時代文安頃にできた, 時代文明との関連, 時代文明時代という発展段階, 時代文芸復興期になっ, 時代文芸発程の名地, 時代料理の進ん, 時代料理女の子供たち, 時代新京極あたりの賑やか, 時代新婚時代母親時代と順に, 時代新派役者や軟派, 時代新潟市でも大きな, 時代日本プロレタリア芸術連盟の分裂, 時代日本共産党が非合法, 時代早く起つたか, 時代早稲田の講壇, 時代昇平時代泰平時代で第, 時代明治三四十年代の日本人, 時代明治以前の町, 時代明治十八年に生れた, 時代明治年間を想わす, 時代昔者でげす, 時代映画中の俳優, 時代昭和の初め頃, 時代が大同時代, 時代時たまはそこ, 時代くとも, 時代暁星で朝七時, 時代暮しの苦し, 時代最新式の外国, 時代に一二度, 時代有リシ事ハ古ヨリ人, 時代有明海にし, 時代朋輩の物, 時代服職業服並に様式服, 時代という言葉, 時代朝廷がその, 時代未だ過ぎ去らざるか, 時代未開時代文明時代という発展段階, 時代末頃より隆信, 時代本所石原の大, 時代本来の分, 時代条件や人間性, 時代東玉京枝はすでに, 時代松林はこの, 時代根岸村の漁師, 時代桐壺に酷, 時代様式らしい, 時代模様と称される, 時代権謀の多い, 時代横光利一は彼, 時代機械の時代, 時代機械体操にかけては級中, 時代次第に退歩し, 時代正に現代な, 時代正徳の頃, 時代此等の時期, 時代武士と町人百姓, 時代歴史を愛読, 時代歴史的な過去, 時代残肴を見, 時代母親時代と順に, 時代気風とを骨髄, 時代水戸黄門が一粒, 時代水泳の選手, 時代永享十一年十八歳で三条西家, 時代沼井からその, 時代泣ける彼等より, 時代泰平時代で第, 時代洞穴の口, 時代活劇から比べる, 時代活動した人々, 時代から象徴派, 時代流行の中心, 時代浄瑠璃読本にまでなった, 時代浅草のレビュー, 時代浪漫主義時代自然主義時代と順, 時代消息欄の受け賣りだ, 時代を趁, 時代清洲の城下, 時代清盛のいた, 時代満員を通り越した, 時代源氏枕草子その他の王朝文学, 時代無条件降伏をし, 時代無茶な抑圧, 時代りそれから, 時代煩悶を作者, 時代燕嬢の教え子, 時代牛込教会に通う, 時代牛馬の肉, 時代物語ゆえまだ例, 時代特別な時代, 時代犯人を探す, 時代独立時代そして今, 時代王党の亡命者ら, 時代玩具という物, 時代玩具時代反抗時代独立時代そして今, 時代珍しい犬の, 時代現実の社会生活, 時代環境を異に, 時代環境がちがふ, 時代環境家庭資質様々の綜合, 時代生き残りだけに気, 時代生存者の談話, 時代生田流の琴, 時代用いる時代は, 時代田舎は都市, 時代男女平等論の時代, 時代白樺等によって唱えられた, 時代百万石の大藩, 時代百年の間, 時代百済王より献上, 時代的ゴシップを喋っ, 時代的スケールの中, 時代的不誠実に嫌悪, 時代的交錯は愈々益々, 時代的作品を書いた, 時代的作物である, 時代的価値ばかりで判断, 時代的偶然に過ぎず, 時代的劇作家の名, 時代的卓越性がある, 時代的危険を危険, 時代的双生児で共通, 時代的反応の当然, 時代的叙情詩が発生, 時代的商人として世, 時代的好尚の影, 時代的必然的な土台, 時代的思想とかまたは, 時代的性格である, 時代的情調である, 時代的意識の差, 時代的感情というもの, 時代的懐疑をつきぬけ, 時代的成功を収めた, 時代的敏感さがなけれ, 時代的教養からちっとも, 時代的文学態度から極めて, 時代的新店の努力, 時代的服装は大体, 時代的楔の一つ, 時代的権勢家に併合, 時代的武勇に秀でた, 時代的歪など, 時代的没落を語る, 時代的潮流に乘, 時代的災厄の悲運, 時代的特性のなか, 時代的環境によって鬱屈的, 時代的産物でとにも角, 時代的発想の新旧, 時代的相貌は煩わさなくなっ, 時代的着色から躍進, 時代的矛盾を自身, 時代的移動や熟語, 時代的範囲は自由, 時代的精神を身, 時代的経験に敬意, 時代的翳をなげ, 時代的考証を全く, 時代的自由主義がこうした, 時代的興行界の覇者, 時代的舞台を展開, 時代的色調において一進, 時代的苦悩がきっとまざまざ, 時代的苦惱を背負つて, 時代的苦難の長い, 時代的英雄の力, 時代的行動です, 時代的表現をば永遠的真理そのもの, 時代的要因の間, 時代的解釈を加, 時代的記録を作つた, 時代的評価は抒情詩以外, 時代的變化を蒙る, 時代的趣味好尚であるとして, 時代的転換を, 時代的迷信の混入, 時代的逆行があり, 時代的進化と戯曲, 時代的進歩の跡, 時代的錯覚なしには, 時代的錯誤と地方的錯誤, 時代的関係めりはり利害, 時代的陣痛を経, 時代的陰鬱の梅毒的エロチシズム, 時代的雰囲気の中, 時代的音韻プリズムとも考えられる, 時代的風土的な特殊, 時代的風潮の中, 時代的飜訳であつ, 時代的魅力を失いつくし, 時代共通の, 時代皇族から臣下, 時代直に一集団の, 時代相伝の怠惰, 時代相当傾倒したの, 時代相應の都市生活, 時代真宗は御法度, 時代石佛の様式, 時代石油時代電気時代電波時代と進歩, 時代石炭時代石油時代電気時代電波時代と進歩, 時代研究中の最も, 時代硯友社の文脈, 時代社会によっていろいろ, 時代社会崩壊の時代, 時代の依る, 時代神人に男, 時代神戸の湊川, 時代神権万能時代にあっ, 時代神田の下宿, 時代神田祭りのとき, 時代神遊びの一つ, 時代祭染織祭祇園祭などが代表的, 時代私たちの実証性, 時代私達は劇研究會, 時代の庭, 時代科学文化で打ち固めた, 時代東西の, 時代積極的な時代, 時代空気を漂, 時代に之, 時代竪穴現存の例, 時代筆受の人名, 時代の歌境, 時代を着た, 時代終末期に就い, 時代経験させられたサーシャその他, 時代結婚後五年でその, 時代の技術的方面, 時代繁夫はこの, 時代美しい良書に, 時代美人数名の揮亳完成, 時代美術の要求, 時代群馬県旅行中同郷の者, 時代義経の時代, 時代考察文学の環境, 時代者たちの物音, 時代者マルクスが肯定, 時代者中のもっとも, 時代者全部に対して責任, 時代聖フランシスコ・ザビエルが日本, 時代育ちの老人達, 時代肺門淋巴腺を冒された, 時代脚絆草鞋で寄宿舎, 時代自宅の一室, 時代自己の周囲, 時代自然主義時代と順, 時代自然主義解体時代すなわち新, 時代自由党の総理, 時代自身固定を感じる, 時代自転車で日比谷あたり, 時代至って急に, 時代至ると彼, 時代興亡のあと, 時代色彩の活きた, 時代芭蕉出るに, 時代花柳病ヲ患ッタ頃ニハ摂護腺ト呼ンダモノダガ, 時代芸妓など連れ, 時代芸術のトップ, 時代若き人達の, 時代英雄崇拝時代の遺物, 時代茶店の店先, 時代茶色の荒い, 時代菰田自身の口, 時代菱川師宣の盛時, 時代之助, 時代蕪村時代の俳句, 時代藤原氏全盛の頃, 時代藩制時代を経, 時代藩政になつて, 時代蘇秦が遊學, 時代蝋燭やカンテラ, 時代行列なんで, 時代へた, 時代袴下にしめました, 時代西の橋詰, 時代西のは鎌倉, 時代西紀一四五年頃であるが, 時代要求の結果, 時代見たいだなあ, 時代に死なれたら, 時代親しくした唯一, 時代観音堂裏の見世物街, 時代言語との全く, 時代記録の素朴, 時代も行われました, 時代評判の下屋敷, 時代評論家としては鴎外逍遙, 時代評論感想では高山樗牛, 時代は一つ, 時代誠之というもの, 時代もがさういふ, 時代調というもの, 時代調和の時代, 時代大名の, 時代諸国の間, 時代警察史などを見, 時代豊臣時代を経過, 時代貧弱極まるもの, 時代貴族時代そうした時代, 時代買収でかため, 時代賀川豊彦の徒, 時代赤井や野崎, 時代赤軍で働き, 時代足利幕府の初期, 時代足利時代戦国時代豊臣時代を経過, 時代らしいもの, 時代軍人になる, 時代軍艦の砲塔, 時代軍部の横暴, 時代転歩にサッサ, 時代轉換の時, 時代農業機械をきらっ, 時代農民組合の経験, 時代迄の世の中の, 時代迄も考慮に, 時代近くは急速, 時代近眼鏡をかけ, 時代退屈凌ぎはこれ, 時代退歩して, 時代逆行的景観であ, 時代逆行者で農奴搾取者, 時代通常四列プロイセンに於, 時代だ, 時代遅く生れたため, 時代運動に入っ, 時代道徳に対する批判, 時代道徳観念から言っ, 時代遠方から来る, 時代遥かに古く, 時代適応性を西洋的, 時代遺品とは趣, 時代遺物中ノ著, 時代遺跡中には互に, 時代遺跡發見物中に在る, 時代りまでは, 時代那覇の港, 時代郷土研究会で報告, 時代醍醐帝の御, 時代醜聞があった, 時代野上彌生子はソーニャ・コ, 時代野蛮時代半開時代を経, 時代は何, 時代金色の布地, 時代金遼時代等の古墳, 時代鉄器時代石炭時代石油時代電気時代電波時代と進歩, 時代鉄時代とラボック, 時代銅器時代鉄器時代石炭時代石油時代電気時代電波時代と進歩, 時代錯倒が行なわれ, 時代錯誤場所錯誤及びある程度, 時代錯誤特権生活への架空, 時代錯誤的問題を選び, 時代錯誤的性情の持主, 時代錯誤的方法を用い, 時代錯誤的生活に沈潜, 時代錯誤的産物の一つ, 時代錯誤的精神が自由, 時代錯誤的解決を得る, 時代錯誤者が真理, 時代鎌倉時代の丁度變, 時代鎰屋のお, 時代鐵時代ノ二ツノ稱ヘハ今, 時代鐵時代ト云フ名ノ影響, 時代鐵時代ナル名稱ハ考古學上ノ術語トシテ行ハル, 時代長い世代に, 時代長く住んで, 時代門下には老巧, 時代関白殿下から直接, 時代附加の部分, 時代つては, 時代降って徳川時代, 時代限りで滅び失せた, 時代限界のなか, 時代から申せ, 時代隅田堤看花, 時代隅田川の河童党, 時代階級というもの, 時代階級時代英雄崇拝時代の遺物, 時代随一の物知り男曲亭馬琴, 時代随分当途, 時代集団主義的意識に対して個人, 時代集団単位の新しい, 時代離れた飛鳥近江朝の, 時代離ればなれになつて, 時代電気時代電波時代と進歩, 時代電波時代と進歩, 時代青年の心機, 時代青春の客氣, 時代青森鯵ヶ沢十三などと共に四浦, 時代青酸カリもピストル, 時代青銅の時代, 時代青銅時代鉄時代とラボック, 時代静物写生である, 時代非合法であった共産党, 時代革命のこと, 時代韻文刊行の第, 時代風俗画の方法, 時代風俗的なディテール, 時代風景的におもしろい, 時代風景花火も気, 時代風潮のせい, 時代風紀は水戸, 時代風習はすぐ, 時代風衣冠束帯ができ, 時代颯爽たるお嬢さん, 時代飛躍の多い, 時代飛騨の国司, 時代飛鳥の文化, 時代飜訳の時代, 時代食うに困っ, 時代食んだ障子を, 時代鯖山洞道を通り抜け, 時代鳥人スミスが宙返り飛行, 時代鷲神社には相