青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「札~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

本来~ 本気~ 本物~ ~本能 本能~ ~本質 本質~ 本郷~ 本陣~ ~札
札~
朱~ ~机 机~ ~杉 杉~ 李~ ~材料 材料~ 材木~ ~村

「札~」 2906, 28ppm, 4169位

▼ 札~ (1136, 39.1%)

25 出して 15 つけて 14 手に 11 持って, 立てて, 見て 8 かけて 7 して, 貼って 6 一枚出し, 出したり 5 入れて, 打って, 持つて, 裏が, 見ると 4 つけられて, ぶら下げて, もって, 何枚か, 入れた巾着, 出した, 立て, 読んで, 軒に

3 [14件] はりしより, 二枚出し, 入れたの, 取って, 投げ出した, 投げ出して, 掛けて, 掴んで, 書いて, 胸に, 見た, 見つけて, 貰って, 買って

2 [51件] くれた, くれる, さげると, するが, たてて, だした, だして, つけたの, とりだして, はって, めくったも, 一々貼付けた, 一枚だけ, 一枚と, 一枚ボーイの, 一枚自分の, 保存する, 出したの, 分配し, 切る, 勘定し, 勘定し始めた, 卓上に, 善くし, 守つてゐる, 小島成斎に, 左の, 建てて, 建てよ, 打つ, 打つ事, 持出す奴, 持参すれ, 持歩く, 挟んで, 授けて, 探して, 掲げた書棚, 掲げて, 握って, 水に, 渡して, 渡すと, 盗んで, 眺めて, 立てても, 貼つた問題, 貼らんと, 送らなかつた, 配って, 鳴らして

1 [810件 抜粋] あげて, あげなくちゃ, あたえて, あわてて, いじくった, いただきたいと, いちまい手, いつも私, うけて, うちつけた, うった, おきました, おろして, お前見な, お綱, お釣りに, かえして, かかげた部屋部屋, かかげて, かき寄せて, かき集めて, かけたそう, かけた幾つ, かけた自動車, かけること, かけ實, かけ幾つ, かぞえて, かぞえても, くばって, くれたまえ, くれないか, くれようと, くれるから, くれるので, こしらえた証拠, こしらえて, さがし回りそして, さしだした, さし出して, されたん, しきりに引っ張っ, しっかりと, しらべるよう, し便所, すっかりお, すてて, すり換えて, する人物, そっと戸郷橋, その滞在, そろえて, たくさん持ってる, たたいて, たて自分たち, だします, だまって, ちらと, つかませると, つかみ出した, つかみ出すよう, つかんだ, つかんだま, つきつけながら, つけさせて, つけずに, つけた番人, つけた監督, つけた税関吏, つけてさ, つけては, つけとかなくちゃ, つけられたもの, つけること, つけ番号, つみ上げて, とりに, とるよう, どうかし, ながめに, なくすなとは, にぎったまま, ぬいて, はがしたこと, はがし額縁, ぱらりと床, ひかへて, ひっくり返して, ひょっと盗まれ, ひらく, ひろげて, ひろったり, ぶらさげて, ぶら下げてるところ, ぽんと, まとわせる, むき出しの, めくって, めくる, めくるの, もう一度無料, もらって, やらんぞ, わたした, わたす, ガチャガチャかき廻した, ジヤガイモさんは, ズラズラと, デカデカと, ピラリッと, ホントに, ムッシュー・ヴォルデマールに, 一つのこらず, 一掴み無造作に, 一枚, 一枚あ, 一枚ずつ, 一枚ちやんと, 一枚とり出し, 一枚に, 一枚ぬかれ, 一枚のせ, 一枚ポイ, 一枚ポケットに, 一枚出す, 一枚卓の, 一枚投げ出し, 一枚投出し, 一枚抜きかけた, 一枚拔い, 一枚持っ, 一枚持出す, 一枚気張っ, 一枚渡した, 一枚私の, 一枚貰つて来た, 一枚長火鉢の, 丁寧に, 三千円も, 三枚つかみ出す, 三枚処分した, 三枚出した, 三枚私に, 下げた台, 下げた花輪, 下げた門口, 下げない, 下げられたくない, 与うるに, 両手に, 主人から, 二つに, 二三枚ポケットから, 二三枚貰っ, 二倍にも, 二十面相の, 二枚おい, 二枚とりだした, 二枚もった, 二枚わたし, 二枚出した, 二枚取りだし, 二枚取り出し, 二枚握らした, 二枚重ね, 五六十枚ほど, 五枚ぬきだした, 京都の, 今迄, 付けたん, 付ける奴, 仰いで, 余の, 作って, 作り出せるよう, 使って, 信念礼拝すれ, 俺ら方で, 僕等が, 先頭に, 入れた, 入れたという, 入れといて, 入れなかったが, 入れ執務能率, 兩掛けの, 六十二枚かぞえる, 凝視めて, 出しお, 出しこれ, 出したに, 出したもの, 出した台, 出した小家, 出した泥, 出しました, 出し公儀, 出し青黒い, 出すと, 出す例, 出せ, 出せつて, 出せという, 出だすとの, 出て, 切った, 切らされたので, 切り乍ら葉子, 切るの, 前へ, 剥がして, 動かしたとき, 包みへ, 十七番と, 十字に, 十枚揃え, 半分ばかり, 卸して, 卸し用事, 取り上げて, 取り上げ口, 取り出して, 取ると, 取る人, 受けた, 受け取ったとき, 受け取る手間, 受取つて控所に, 受取つて退く, 受取り代り, 受取る, 受取ると, 受取れ受取人, 叩いて, 叩上げ, 呉れるので, 唯一の, 善くした, 四五枚取っ, 四人に, 壱枚, 売るとか, 外してから, 奪り返し, 女の, 女給へ, 威勢よく, 学んで, 客に, 客には, 小さな硯, 届けました男, 差し出した, 帆柱に, 帯ば, 幅ひろくし, 平井東堂に, 年始に, 店さきに, 建てさせるの, 建てた, 建てると, 建てるところ, 弄ぶやう, 引いて, 引き出しそして, 引き散らかした, 引けば, 引っぱり出したが, 引ッこ抜い, 張った所, 張つたのも, 張りつける, 張りつけると, 後に, 後の, 忙しさうに数, 念入りに, 急いで, 懐に, 懷へ, 戸口に, 手から, 手ずからこしらえ, 手にとって, 打ちますと, 打った扉, 打った葱, 打つなと, 打つの, 打つ迄は, 打つ音, 打納め, 払った, 投げた, 投げ込むと, 投りこみ, 抜いたが, 抜き出した, 抜き取った, 抜打ちに, 押しつけるそれ, 押しのけながら, 押し出した変, 押し立てて, 拍子木代りに, 拔きました, 拔く, 拵えた覚え, 拾い上げ箱, 拾い川, 持ったままジッ, 持った方, 持つた遊猟家, 持参した, 指した, 振り出しては, 捨てたが, 捲き上げたん, 授けしめて, 掌の, 掛けたあたり, 掛けること, 掛けるの, 探し出しました, 探ねて, 掲げた方, 掲げた酒場, 掲げては, 掲げる汽車, 掴み出す奴, 揃えたり, 揚げい, 握ったまま, 握つて埒外, 握るには, 携帯すれ, 撒いて, 改めたら茶色, 教えた嘱託, 数えながら, 数えまして, 数えること, 数える若々しい, 数え終った, 数枚下さつた, 斜めに, 新らしくする, 旧の, 曝し過ぎたかな, 書直し, 本に, 本庄の, 村じゅう軒別に, 束に, 松本董斎に, 柱の, 根付け代りに, 棄てると, 検める邪魔, 横合から, 残すよう, 求めて, 浅い茶碗, 渡された時, 渡され一本, 渡した, 渡しながら, 渡しました, 渡す時, 温めて, 狸が, 玄関へ, 用ひる, 畠に, 番下げに, 白い指, 皿の, 盗まれる, 直したそう, 眺めては, 眺めるさ, 着けかえるの, 着けた, 瞶めて, 示して, 示す, 私の, 秘めて, 突きつけたま, 突き出して, 突き出しながら, 突ん, 立てさせた, 立てその, 立てたり, 立てた広い, 立てては, 立てようか, 立てること, 立て添, 箱の, 米軍では, 紛失し, 素早く取りあげ, 細かくし, 結えつけて, 綱吉から, 縫ひ, 置いてから, 置きかえた, 羅紗の, 考えつづけた, 背なかに, 能くする事, 膝の, 落した, 落す, 落すよう, 蟇口から, 行李に, 見かけない霊場, 見せた, 見せつけるなんて, 見せないで, 見せながら, 見せろとか, 見たの, 見つけたの, 見つけた間, 見つめて, 見て取るに, 見に, 見ましたので, 見届けられた, 見思わず, 見比べて, 親爺に, 記憶し, 設けて, 註文した, 証拠に, 読みスリッパ, 読む, 誰れ, 讀んで, 貰い今度, 貰えなかったよう, 貰った, 貰ったよう, 貰へ, 買いに, 買い二十歳, 買うと, 買う金, 買ったこと, 買ったので, 買つて大穴を, 買ふと, 貼ったと, 貼つたの, 貼らされたが, 貼られたうえ, 貼られた洋館, 貼りつけたよう, 貼り散らしたと, 貼付け, 贈ったもの, 路次口へ, 載せられた時, 返さなければ, 返して, 透かしたり, 造り出す者, 遊ばして, 運転手に, 選んで, 配りはじめる, 配りますぜ, 配る傍, 金を, 釘づけ, 銀次の, 門に, 開けるぜ, 附けたま, 附けた数十個, 附けて, 附けると, 附ける役, 集めそれ, 集めて, 順々に, 預けに, 顎で, 首かしげかしげし, 高々と, 高く差し上げる, 高頤斎, 魚籃の

▼ 札~ (517, 17.8%)

37 出て 15 ついて 13 貼って 10 かかって 9 下って, 立って 7 して, 貼られて 5 張って, 立てて, 附いて 4 つけて, はって, 下がって, 出して, 眼に, 貼られた

3 [11件] ない, 下げて, 下つて, 付いて, 出た, 張られて, 掛けて, 掛って, 目に, 落ちた, 貼つて

2 [36件] あって, ある, おいて, つけられました, でて, なければ, ななめに, はられた, わずか, 一枚, 一枚なく, 一枚は, 一枚紛失した, 二枚ある, 二枚と, 二枚入っ, 何枚も, 六七枚も, 出ました, 建つて, 懸易, 手際よく, 打って, 掛つてゐた, 掲げられて, 撒かれた, 斜めに, 無くな, 立てられて, 紅いへらへら, 落ちたこと, 落ちたの, 落ちて, 見る間, 親の, 風に

1 [266件] あった, あったの, あった貼札, あっても, あらわれました, ありますがね, ありません, あるから, あるじゃ, あるぜ, あるはず, あれば, いくら押込, いずれも, いたるところ, うちつけて, うつて, おきまり, かかげられた, かかげられた小頭組合, かかげられて, かかりその, かけて, かけられて, さがって, さげて, さして, さて早, ずっと並ん, ずらりと掛けつらねられ, その傍ら, たった一枚, ちゃんと後ろ, ちらつく, ついてるかを, つく, といつたのは, ところどころに, とめて, どうもいかさま, なかったら, なくなった, なんともかとも, はいって, はね飛ばされて, はりつけて, ふるえる指先, ぶら下がって, ぶら下って, ぺったりと, またその, まぶしいくらいに, まるで秋, まわって, みんな知れ, むすびつけて, もうヨレ, もう一枚, キレイに, ゴチャ, ズラとばかり, ズラリと, チラつく, テーブルへ, パタリと, パッと, ヒュッと, ヒラヒラと, ピラ, ブラさげ, ベタベタ張つて, ヨメに, ヨメもらいた, 一昨日の, 一枚あつ, 一枚それほど, 一枚それ自身嬌羞を, 一枚と, 一枚一円札二枚それから, 一枚下に, 一枚後閑武兵衛の, 一枚後閑武兵衞の, 一枚懸っ, 一枚打ちつけられ, 一枚折り込ん, 一枚消え, 一枚羽が, 一番少なく, 七枚おい, 三枚, 三枚バラ, 下った所, 並んで, 乱雑に, 事務所に, 二ツの, 二三人に, 二三十枚も, 二三枚しか, 二枚あった, 二枚ほど, 五六枚ちょうど, 五枚です, 五枚出, 今でも, 付いた, 伸子の, 低れ, 何だか気, 例の, 偽ものだった, 先ず目, 光を, 入って, 六十兩で, 出たから, 出てるあそこ, 出てるのに, 出ないこと, 出ること, 出るという, 出るの, 出る安心, 出来た, 分れて, 剥がして, 剥がれたから, 剥げたとき, 十束です, 十枚封じられ, 半ば閉ざされた, 卓子の, 単位だ, 厚ぼったいほど, 厳めしく立っ, 取れた, 取れて, 取れてるの, 同型である, 吸いよせた人出, 団長の, 土手の, 外され真新しい, 多く斜め, 大きすぎ, 大変だ, 大評判, 失くなった, 始まろうという, 実際は, 届いたとき, 山と, 常にはりつけられ, 幾枚か, 広告の, 庭の, 建って, 建てて, 建てられたの, 張つてあつ, 張られたり, 当ればこそ, 形ばかりの, 急に, 懸かって, 懸って, 所も, 手ぎわよく, 打ちつけられて, 打つてあつ, 投げられて, 指と, 捨てられたり, 掛けられた, 掛け並べて, 掛つてゐました, 掛つて改札の, 掛つて詰り, 掲けて, 掲って, 掻き集められ勝った賭け, 握られて, 数倍多く, 数通り百本納められ, 文鳥と, 新しいため, 星野の, 書かれて, 来たぞ, 来てるよ, 来る, 松村が, 格子戸に, 次ぎ次ぎに読み上げられ, 正しい, 正面の, 母親の, 江戸じゅうの, 沢山下, 深く隠れ, 添えて, 渡される, 現れて, 當つてゐたら, 當る, 発止と, 発見され, 発見された, 監房の, 目を, 直ちに又掲げられた, 眼を, 立ち並んで, 立った, 立つて, 立てかけて, 立てられたに, 笊の, 筆法が, 筆頭から, 紐で, 紛失し, 結び付けて, 胸と, 茶屋の, 菩提樹の, 落ちたらその, 落ちました, 落ちますよう, 落ちようと, 蒐集家によって, 蒼い木賊, 行われて, 見えたの, 見えたん, 見えねえの, 見える, 見えるだけ, 見えるでしょう, 見え縁日, 見破られたこと, 請取れない, 貯金の, 貼つてあつ, 貼られたら手, 貼られだれ, 貼られ右, 貼りつけて, 貼り付けて, 賣れ殘つた, 贋造だった, 贋造紙幣だった, 足らない, 路傍に, 軒並に, 辻に, 返るの, 這入って, 配られた, 采女柳の, 釣るされて, 鍵について, 附いてるもの, 電話番号の, 顔に, 黒く風雨

▼ 札~ (334, 11.5%)

14 束を 7 ついて, ような 5 か, 上に 4 ように, 前に, 数を, 束が 3 下って, 下に, 中に, 出て, 懸つて

2 [20件] かかって, かけて, こと, して, つもりで, もと, やうな, 他に, 円輔, 姿も, 張って, 懸って, 所在を, 掲げて, 束の, 水玉が, 番号を, 立つ, 表には, 陰から

1 [225件] あがるの, あとに, あるうち, あるビルディング, ある入口, ある堤, ある改札口, ある棧敷, うすきたないの, うちに, うちには, うち誰の, うって, おいて, おもて, かかげられて, かかった区劃, かかった妙, かかった軒, かなりの, くるところ, ことが, ことで, ことでした, ことなどが, ことも, ことを, ごときもの, ごとし, さがったばら, さがった晴れ着, さし変え, そのかかれる, ために, ついたダイヤモンド, ついた二尺五寸位, ついた小さい, ついた帯地, ついた砂糖, ついた脱衣戸棚, ついた花, ついた薬瓶, ついた鍵, ついた餅, ところに, ところへね, ところを, ない犬, なかに, に会う, はいったの, ほうの, ほうを, まわりを, よろいを, オツリ返さねえ, フンだ, 一方の, 一枚も, 三月の, 上には, 上の, 上へ, 下がったわき本陣, 下ったところ, 下ったばら, 下った公園, 下った机, 下った窓口, 下つて, 下まで, 不始末, 不融通, 中の, 事は, 二三枚も, 二百枚あれは, 五九六二一番俺の, 五人の, 五六枚も, 交換です, 代りに, 代わりに, 代償として, 代金の, 何枚かを, 価値さえも, 先には, 入って, 入つて, 全部を, 内容にも, 円公, 円公は, 出して, 出たの, 出てるの, 出てる家, 切りかたも, 剰銭, 劈頭に, 効験なり, 勘定に, 勘定を, 十が, 十枚ばかりは, 原因は, 取り合いを, 取り方, 取れて, 同類の, 名人と, 向うに, 因縁を, 図案さえも, 土用干でも, 増えて, 外に, 外へ, 夥しきにても, 大きさ, 天運を, 奥は, 奪ひ合し, 如く離れ離れ, 小さい事, 師小島成斎が, 帯を, 建ったも, 建って, 廻転が, 引張合いを, 引繰返っ, 張られて, 形に, 後に, 悪戯は, 意匠などに, 意味は, 抜き換えや, 抽籤の, 拙なさ, 掛けて, 掛ってるお寺, 掲げられて, 掲って, 改良を, 数が, 数は, 数字に, 数字は, 文句, 文句にも, 文字も, 文字を, 方も, 木目から, 木目に, 札束を, 束で, 束でも, 束丈けを, 楮幣が, 極印さ, 残りを, 汚し方, 流用はくふうせられ, 準備を, 灰を, 片側には, 番号が, 番号って, 番号などには, 番号は, 百枚束千円という, 種類を, 穴の, 空家の, 立った家, 立った就中, 立った最初, 立った杉並木, 立って, 立つた就中, 立つた所, 第一号, 筆法を, 糸では, 紙は, 結果は, 絵の, 総計を, 縁を, 肖像に, 自分に, 葉を, 行く先は, 表に, 表面には, 袋は, 裏に, 裏表を, 裏面の, 見えなくなるよう, 話は, 買い戻しだけは, 貼って, 貼りつけてないの, 貼付ある, 辻の, 辻も, 辻を, 通し番号は, 配られるひま, 釣銭を, 鎧は, 附け方等, 陰に, 面には, 音が, 響が, 順に, 順を, 順序に, 類までも

▼ 札~ (117, 4.0%)

2 ないので, 一枚も, 可怪しい, 梅の, 相違なく

1 [107件] いい思いつき, いたしませんが, いったい誰, いつの間にか抽斗, おれの, お前の, お前伯父に, お有る, ぐしゃぐしゃと, こういう時, この頃, こりゃ誰, これほどの, ございませんでしたね, さる大会社, すっかり次々に, そのま, その札束, その物, たしかに当行, たった一番ちがい, ちと多, ついに一度, つけてない, どうした, どこかの, どちらも, まだ木, まったくよく適当, みんな手垢で, もう七, もう三文, もう二百人, られて, スルリと, フォーシュルヴァンの, 一つも, 一枚しか, 上下の, 不思議にも, 不渡りでない, 両横, 両足の, 並大抵の, 中止した, 今誂, 何うし, 何の, 何んだつた, 何処にも, 僕に, 出来上った, 別当松智院社人より, 十円札らしい, 卓子の, 取れて, 吉川英治氏で, 名前だの, 君が, 売りゃしません, 大丈夫だ, 女房ので, 孔を, 客観的の, 宿場の, 当然です, 彼の, 心許なく古び, 急に, 悪魔の, 手に, 投げられた, 押しいただいて, 持たず鍍金, 持ってるかと, 掛けたが, 既に水精以前, 木にて, 栗島という, 棒で, 櫛の, 殆どどの, 殿様の, 特にこの, 盗まれたん, 直ぐ見破られる, 確かに, 磨いた竹, 神仏の, 素材の, 背に, 自分が, 自分の, 裏返らないでも, 読めなかったという, 買える, 賣りやしません, 遒麗に, 酒屋から, 金だ, 門番が, 間もなく警吏, 間違ひもなく, 音を, 風に, 鮮銀の, 齒と

▼ 札~ (98, 3.4%)

10 書いて 3 して, 替えて 2 つけると, 三銭を, 墨書し, 換えて, 東海道線に

1 [72件] ≪腹ぺこ≫という, あいつの, ありついた, いちいち眼, かえた金, くずして, くずし大きな, さらして, しては, すると, つける腰巾着, なって, なりたる故, よれば, ノーリンと, 一行の, 並べて, 交じって, 代え前, 仮名づけし, 何, 全身の, 出羽国六个郡之, 化けちゃうでしょうカミサン, 印刷し, 厭味な, 古酒一升, 向つて言, 塗りつけた, 妙な, 対合つた昌作の, 對合つた昌作の, 小さい皮肉, 小さく次, 少なくも着替え, 巻きはじめたが, 平石権現と, 当るという, 志ある, 日本飛行何とかという, 曰く, 更に紙片, 書いたよう, 書きつけ土車, 未練が, 横目を, 気づいて, 深見新吉と, 狐の, 生方鼎斎絵画に, 留めた, 確認された, 竹駒神社これより, 紐を, 落候故, 見かける名, 見入って, 記された文字, 記して, 誌し, 認め御料私領, 貼りつけて, 賭けると, 足早き, 醤油の, 重ねて, 野々宮よし子と, 鉄片を, 長い紐, 順応し, 魚の, 鮮やかな

▼ 札~ (68, 2.3%)

2 ふくらんで, 彼は

1 [64件] あとは, おつり, お目にかかったこと, この株, これが, すっかり底, それ以下は, たこを, どれほどの, ね, ひもを, コロブ, スッテンテンに, タクサンだ, ヘエ, 一ぱいに, 一万円白紙に, 七百円ばかり, 三千円と, 三百八十万, 之も, 九十円もの, 二十五万法を, 五十万円の, 五枚それに, 五枚渡される, 伴奏を, 信吾の, 信吾方の, 働きに, 八割十円札二割と, 六十二枚それを, 唇に, 四十ドル銀貨で, 四枚十円札で, 壱円八拾九銭なぞと, 売ったの, 大きなの, 小判形に, 山頭火を, 引き出したという, 当ったの, 惜しいこと, 扉が, 拍子を, 支払ったという, 札の, 洟を, 煙草盆を, 百二十万, 百五十エスクウド分或いは, 目を, 稲札の, 約五百円, 脹らませて, 良人の, 落し損ねた, 被って, 見たの, 読んで, 買収され, 軍艦四十隻が, 銭を, 隠して

▼ 札~ (52, 1.8%)

5 銀貨を 2 その傍, ひきかえに, 十円札の, 同じよう, 百円札

1 [37件] すり替えた奴, せしは, そっくりの, また女笛師, 一円札とが, 一円札ばかり, 不運の, 並べて掛け, 事の, 五十銭札と, 五拾錢銀貨いづれ, 俺の, 受取証と, 合わせたもの, 同じぐらゐ, 同じ位, 四角い札, 定めんと, 引きか, 戸棚の, 手拭が, 擦り換えて, 書いて, 最大限二十五, 此の, 異った, 睨めっこ, 睨めつこ, 知らずに, 米券でござん, 聞いて, 自分の, 薬の, 調合した, 郵便函とが, 銭札との, 高射砲陣地が

▼ 札~ (47, 1.6%)

2 下って, 守り切れずイザ, 示して

1 [41件] あとから, あり, ありますから, お民, かけず一つ, こう云う, ただま, ない, なくなり爾, なくなり醤油, なくまた, はりつけて, みえない, もう闇, もぎとって, ろとも, 一倍と, 下げて, 下つて, 何にも, 何も, 公然とは, 出す, 同じく残る, 同様でありました, 外された, 実はそうした, 封鎖される, 成田山らしく思えた, 手に, 汗と, 消えて, 立たずに, 肌に, 見えます, 誰かの, 貼らないで, 貼りつけて, 身の, 駅と, 黒くくすぶっ

▼ 札~ (21, 0.7%)

8 ばを 3 ばが 1 ば, ばというのも, ばとひきかえだ, ばの, ばのふろしきづつみをおいて, ばのふろしきづつみをさげて, ばの整理, ばはそのまま, ばもどこ, ばも煙

▼ 札一枚~ (19, 0.7%)

1 [19件] あれば, くらいそっと, しかなかっ, しか持て居ない, だ, ですっかり, でみんな, と一圓札二枚, なら楽, ぬきとられた時, はあきらめ, は貰, もない, を外套, を持っ, 出して, 呉れて, 読むの, 返すと

▼ 札でも~ (14, 0.5%)

2 あるまいと, 立てられそう 1 こしらえんけりゃ追っつかんや, して, ないもの, 何でも, 出して, 出すか, 出すと, 出そうかという, 後の, 押っ立て

▼ 札には~ (14, 0.5%)

1 [14件] こだわって, それについて, 今度は, 六十一カペイキと, 利害関係の, 四疊半に, 墨黒, 明らかに, 浦上の, 白い羽, 蘇民将来子孫也という, 虎杖村と, 魚の, 麗は

▼ 札差し~ (14, 0.5%)

1 [14件] から引き出す, が招宴, と対等, などと吉原, なんて奴, に来年さらい, のもうからない, の一人, の家内, の番頭, の身上, は札差料, を痛めつけられる, 泣かせ本所法恩寺

▼ 札~ (13, 0.4%)

5 てある 1 て, ておおかた, ての古道具, てぴたり, て初めて, て曰く, て板東三十三番, て置いた

▼ 札付き~ (13, 0.4%)

1 [13件] であるが, になっ, になる, のいたずら小僧, のクジマ, の不良少年三十名, の主義者, の女, の官吏, の悪党, の紙, の莫連, の親不孝

▼ 札~ (12, 0.4%)

1 [12件] なんかヒョイヒョイ, カンテラの, 二十銭札, 千円札が, 名刺が, 座蒲団を, 御休処, 百円札が, 銀貨が, 銀貨と, 銀貨を, 銀銅貨を

▼ 札~ (11, 0.4%)

21 から造作, がかね, しそれから, という三百円, といっ, と思っ, な, なんてムチャ, わねえはじめて

▼ 札二枚~ (11, 0.4%)

2 入れて 1 それから銀貨, だった, と銀貨銅貨, をちひさくた, をカマルー小, を封入, を帯, を投げ出す, 渡して

▼ 札ビラ~ (10, 0.3%)

2 を拾 1 が拾, の散らば, をきる, を一枚一枚たん, を克明, を切っ, を切る, を見る

▼ 札旦那~ (9, 0.3%)

2 の次男 1 から御藏前, か何ん, のもつれ, の伜, の倅, の方々, の用事

▼ 札~ (7, 0.2%)

2 巾着に 1 であった, 百円札か, 知つてゐる, 精, 金札かを

▼ 札薩克~ (7, 0.2%)

1 に王, の中, の拉布坦, の統轄, は大抵元, は幾人, は王公

▼ 札附き~ (7, 0.2%)

2 になつ 1 の中, の商売人, の気狂ひで出来損, の無宿者, 男ひとりが

▼ 札じゃ~ (6, 0.2%)

2 ないか, ないの 1 ないどう, ねえが

▼ 札という~ (6, 0.2%)

1 お札が, のが, のは, ものの, ものを, やつが

▼ 札~ (6, 0.2%)

2 目を 1 かたみ, この頃, 二両の, 黒

▼ 札五枚~ (6, 0.2%)

1 で支配人, までの幹部, をお, を入れ, を投出す, 入れて

▼ 札である~ (5, 0.2%)

1 から新入り, ことは, と詰る, にせよ, 恩人まで

▼ 札です~ (5, 0.2%)

2 よ親分 1 か, から錐, よ

▼ 札では~ (5, 0.2%)

1 ない, なかつた, なかろう, 一番に, 一番には

▼ 札~ (5, 0.2%)

1 と一挺, などは手, に手, のセロファン, より取り出す

▼ 札~ (5, 0.2%)

1 にはいった, の後ろ, はその, を切ります, を持ち廻っ

▼ 札荅蘭族~ (5, 0.2%)

2 の旗 1 の参謀, の山寨, の根絶やし

▼ 札~ (4, 0.1%)

2 のかい 1 のです, んだ

▼ 札ばかり~ (4, 0.1%)

1 です, 全部で, 十円出す, 朝夕に

▼ 札~ (4, 0.1%)

1 ツケテ本陣ヘ, 出セリ云々, 受テ帰レリ両, 渡ス故

▼ 札出し~ (4, 0.1%)

2 てくれた 1 てこれ, て紙

▼ 札売場~ (4, 0.1%)

1 のそば, の前, の口, はぴったり

▼ 札~ (4, 0.1%)

2 もない 1 で売った, にならん

▼ 札あり~ (3, 0.1%)

2 今猶歴然と 1 極楽で

▼ 札ある~ (3, 0.1%)

1 は菫, を見る, 家を

▼ 札から~ (3, 0.1%)

1 最も忠実, 考えを, 離れない

▼ 札そろ~ (3, 0.1%)

3 へてがらん

▼ 札だの~ (3, 0.1%)

1 海外の, 米券だ, 靴下だ

▼ 札であっ~ (3, 0.1%)

1 たりした, たり科学界, て

▼ 札とが~ (3, 0.1%)

1 たくさん立て, 合せて, 隠されて

▼ 札として~ (3, 0.1%)

1 二階家が, 安全に, 見のがせない

▼ 札とを~ (3, 0.1%)

1 つき出すと, 引換に, 見比べて

▼ 札などが~ (3, 0.1%)

1 ちらかって, 全く病気, 目に

▼ 札なんか~ (3, 0.1%)

2 みせびらかすから 1 裏返すもの

▼ 札にて~ (3, 0.1%)

1 差上候儀, 御仕置仰せ付ら, 相下られけり

▼ 札にも~ (3, 0.1%)

1 何の, 漂って, 私の

▼ 札によって~ (3, 0.1%)

1 出ること, 正確な, 示される

▼ 札みたい~ (3, 0.1%)

1 なネットリ, に使い古された, に薄く

▼ 札らしい~ (3, 0.1%)

2 ものが 1 形が

▼ 札を以て~ (3, 0.1%)

1 この殿, 上等に, 被仰

▼ 札使~ (3, 0.1%)

1 だと, としてつけられ, として全く

▼ 札~ (3, 0.1%)

1 で結構, を爭つた, を突き

▼ 札十枚~ (3, 0.1%)

1 だけを数え, を取出し, 程用意

▼ 札~ (3, 0.1%)

2 の女 1 の娘

▼ 札造り~ (3, 0.1%)

1 としての成功, の一人, を御

▼ 札配り~ (3, 0.1%)

1 がいわば, とに限定, をやり出した

▼ 札~ (3, 0.1%)

1 の一人, の前科者, の同役

▼ 札うち~ (2, 0.1%)

1 たるあたり, て都

▼ 札さえ~ (2, 0.1%)

1 あれば, 張られて

▼ 札そのもの~ (2, 0.1%)

1 がブラ, は迷信

▼ 札だけ~ (2, 0.1%)

1 残して, 殘し

▼ 札だけは~ (2, 0.1%)

1 上手であった, 彼にも

▼ 札だって~ (2, 0.1%)

1 こたぁ, そんな馬鹿

▼ 札~ (2, 0.1%)

1 や, やねえ

▼ 札でした~ (2, 0.1%)

1 か一円札, 二百円呉れました

▼ 札でもと~ (2, 0.1%)

2 存じ灰塵瓦礫

▼ 札などの~ (2, 0.1%)

1 よく立てられ, 掛かった茶屋

▼ 札などは~ (2, 0.1%)

1 何時でも, 取り捨てて

▼ 札などを~ (2, 0.1%)

1 かけて, 貼付けた手荷物が

▼ 札まで~ (2, 0.1%)

1 出すところ, 誰かが

▼ 札ツキ~ (2, 0.1%)

1 にでも, に寺小屋

▼ 札~ (2, 0.1%)

1 表面ニキイ, 鎧

▼ 札三枚~ (2, 0.1%)

1 を五圓, を出し

▼ 札四枚~ (2, 0.1%)

1 をとり出し, を並べ

▼ 札座奉行~ (2, 0.1%)

1 が張合い, の役所

▼ 札座横目~ (2, 0.1%)

2 の勝田新左衛門

▼ 札~ (2, 0.1%)

1 の多い, を持っ

▼ 札~ (2, 0.1%)

1 がさめてる, にかかり

▼ 札~ (2, 0.1%)

1 つれば, という地名

▼ 札~ (2, 0.1%)

1 が付い, を見た

▼ 札~ (2, 0.1%)

1 のとおり, を出し

▼1* [157件]

誰が, 札うち廃り忘られし屑, 札おどりおちけりはしご段, 札かと思ったら大違い, 札かなんかのことで, 札からりと投げ捨て, 札がかかつて居り, 札がわりに撒く, 札くさいがはっきりそう, 札くらいは扱って, 札この大鎧, 札これはただごと, 札こわくない, 札ごと引拔いて, 札へ見られた, 札しかないのよ, 札したものを, 札したる薬瓶あり, 札じゃねえこいつは, 札すなわち仏様を, 札するを以て五郎, 札その字が, 札それらのもの, 札たるに過ぎない, 札だけが曲って, 札だったのだ, 札だったらおれの, 札づくしをそんな, 札でへエ, 札といふものを, 札との二種が, 札とはならないの, 札つせ, 札なぞの目に, 札なぞを眺めて, 札などという勇士が, 札などもそこから, 札ならたかが, 札ならびに論語到来其御返事先月廿日比いた, 札なんかありゃあんな娘っ子, 札なんかを印刷する, 札なんぞしらべるふり, 札なんて滅多に, 札にさえすれば, 札につけ替えた名前, 札にでも書れ, 札によつて千社札ほど, 札に対する剰銭, 札のみ白き壁, 札のみが釘づけ, 札はつぎ目がつい, 札うんち投げ出え, 札ひきまくり捨てければ女, 札ひとつないのに, 札ほど重みの, 札まだ新しいもう, 札もらうのに徹夜, 札やとにい建札, 札やら麝香などが, 札をば心では, 札をや掲げんなぞ, 札を通して通学生を, 札カルタ札を掃く, 札タバをつかみだし, 札ニ都留郡福地郷之上村トアリ又鳥沢, 札ハネ後赤坂長谷川へ自分, 札一枚ポケットから抜い, 札一通を携え, 札三席までいった, 札三日の内, 札三貫目月一歩二之利足を加, 札下げとくの第, 札事, 札二三枚を紙, 札二割とする, 札二千三百枚調製の件, 札五枚めの村田市, 札に残るあり, 札が八匁, 札以外には占領地, 札使いの旅, 札八枚とりだした, 札ていた, 札出したれば歸途垣根道, 札出せるを見, 札出るマダム大, 札でもい, 札制度を採用, 札勘定をした, 札十五枚一円札が五枚, 札十円札を見, 札で聞いた, 札売り場で大きな, 札売る方に, 札多くあり札, 札の美粧院, 札の前, 札寄席の引き札, 札封入して, 札屋敷を取り毀し, 札差し稼業はもとより, 札をつかん, 札へやって来る, 札座屋敷の門, 札御返事は奉, 札必ずしも無用なる, 札打ちあったは大, 札打天照教まで大, 札披閲ソノ意ヲ得, 札掛けぬが山, 札数ひとつで最後, 札早々に目貫, 札は有難う, 札樽国道と札幌千歳間, 札やの半, 札無頼漢渦のよう, 札焼却の儀式, 札を撒い, 札が退屈そう, 札番書留役札番読上役などが控え, 札番読上役などが控え, 札百両といっ, 札目録をこごん, 札真筆もとうとう, 札眺めて参った, 札着換えというよう, 札知って参った, 札破れて鼠, 札確かにここ, 札は皆んな覺, 札立てとなっ, 札立てたるは葉五, 札納豆あるいは竹の子, 札縫ひつくること煩, 札功たり, 札荅蘭城下の避難民男女, 札荅蘭城城門の景, 札薩克図王旗の領地, 札蘚武等また上陽人, 札見付けて堤, 札賚特旗の領地, 札賚特郭爾羅斯諸旗の各, 札場に, 札賣りのどなる, 札賣る窓の, 札は數多, 札踏切に待つ, 札の御旅所, 札追求の組織, 札重ねのよろい, 札鈴木幸平をし, 札銭亀金魚二十日鼠豆板しょうが飴なめて, 札鍛冶弓師鎧師などすべて武具, 札開きの日, 札がさかん, 札の番, 札の一千二百三十四番