青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

昨日~ 昭和~ ~是 是~ ~是非 是非~ ~昼 昼~ 昼間~ ~時
時~
~時々 時々~ 時として~ 時に~ 時には~ ~時代 時代~ ~時分 時分~ ~時刻

「時~」 170943, 1587ppm, 49位

▼ 時~ (21209, 12.4%)

397 なって 291 なると 225 私は 137 彼は 117 限って 104 なっても 83 私の 78 起きて 73 於て 67 出て 64 当って 58 家を 52 自分の 47 彼の 46 私が 40 始めて 39 それを, なった 38 して 36 なれば 35 僕は 33 自分は 32 何か 30 なつたら 29 彼女は 28 来て, 近かった 27 起きる 25 なつて, 彼が 22 それが, 至って 20 これを, 例の, 出る, 持って 19 一人の, 近かつ 18 それは, わたしは, 帰って, 此の, 當り, 眼が, 言った, 起きた 17 なつた, 人は 16 お銀様, 女は, 比べて, 竜之, 自分が, 近い頃, 限るの 15 なる, 不意に, 先生の, 座へ, 急に, 見ると 14 お君, かぎって, これが, なりました, なるの, 僕の, 当つて, 手に 13 あなたの, ならなければ, 僕が, 出來, 女の, 妾は, 父は, 目を, 私を, 連れて 12 いつでも, わたくしは, 於ても, 比べると, 眼を, 着て, 至るまで, 非常に

11 [13件] あなたは, 一つの, 一緒に, 二人は, 人の, 君は, 手を, 於ては, 源氏は, 発す, 自分も, 起される, 限る

10 [19件] お前は, かれは, この人, これは, こんなこと, その人, なってから, なるか, わしは, 人を, 先生が, 先生は, 向うの, 君の, 彼女の, 疾翔大力爾, 私に, 至りて, 近い

9 [19件] あなたが, そこに, ですね, ねて, 三人の, 人が, 何かの, 入る, 出発し, 出発した, 宿を, 店を, 当りて, 成って, 斯う, 目が, 私も, 読んで, 迎へ

8 [26件] くらべると, ここへ, すぐに, そこの, どうした, なったの, 之を, 何の, 及んで, 天皇が, 夫の, 娘の, 帰る, 当たりて, 彼を, 彼等は, 後ろから, 必要な, 或る, 母が, 父が, 米友は, 誰か, 諸君は, 間も, 顔を

7 [27件] あたりて, おきて, お角, ここの, さへ, すべての, 今度は, 何を, 使ふ, 兵馬は, 口を, 彼らは, 成りませる神, 持つて, 死んで, 母の, 母は, 父の, 當つては, 終る, 腹を, 花を, 見て, 起きると, 迎へが, 際して, 頭を

6 [51件] いたれば, お松は, お父様, さうし, するよう, その話, それと, ちらと, なったので, ならないと, なるまで, なろうと, ふいと, われわれは, ハネる, 一切の, 両親を, 二人の, 今日の, 似て, 俺は, 出かける, 右の, 吾, 大阪の, 如何に, 家に, 家の, 宿へ, 当っては, 彼等の, 思いも, 息を, 成っても, 於いて, 書いて, 月が, 死んだ, 無理に, 男は, 私と, 臨んで, 至れば, 行って, 行はれた, 表の, 誰も, 起されて, 酒を, 非ず, 風が

5 [83件] あたつ, あたる, あつた, あつて, あなたに, あの人, あるの, いっしょに, おいで, お別れ, お前の, お目, お絹, ここで, さ, しても, その國, ちよつと, どこへ, なくしんみり, なりますよ, なること, はきつと, ふと彼, よると, 一方の, 両親に, 主人が, 人間の, 仕事を, 何と, 余は, 使用する, 僕を, 出して, 到って, 及びて, 外で, 外れた昨今, 大和の, 始まる, 寝る, 尋ねて, 床へ, 急いで, 我も, 方り, 於てのみ, 日本の, 書いたもの, 最初に, 有楽座, 朝の, 東京に, 気がついて, 気の, 泣きあげて, 涙を, 玄関の, 生きて, 直ぐに, 着いた, 立って, 第一, 答へて, 米友が, 聞いた話, 聞いて, 能登守は, 自分で, 至っても, 至るも, 船が, 船の, 話して, 調べて, 變らず, 辞して, 近所の, 都へ, 雨を, 静かに, 黙って

4 [141件] あの男, あらわれた神, ある, いたりて, おれの, お伺い, お前が, お母さんが, お菊, かぎつて, きまって, くらべて, このお, この話, しよう, そこを, その中, その女, その孃子, その家, その眼, その船, それに, そんなこと, どこからとも, なったが, なります, ふと自分, よくする, わたくしが, わたしが, アラスカへ, オルゴールが, ハッと, パッと, ムク犬は, 一所に, 一番先に, 上野を, 下の, 不図, 与八が, 与八は, 主人の, 人々は, 人間は, 今の, 今まで, 今日は, 他の, 仲間の, 伊勢の, 何でも, 何も, 使う, 先方の, 入口の, 出るの, 初めてその, 別の, 前に, 副院長, 勝平の, 勝平は, 勝手に, 君が, 多くの, 夢を, 天照らす, 姉の, 始まったの, 始まるの, 始る, 娘が, 学校へ, 宮の, 宮は, 宿の, 居士は, 山の, 左の, 床を, 当時の, 彼に, 彼女が, 御出現, 扉が, 旅を, 日が, 早くも, 明らかに, 有名な, 本を, 机の, 机竜之, 来いと, 次の, 死んだの, 母を, 比べれば, 水を, 汝は, 汽車が, 注意し, 父から, 父を, 生れて, 用うべき, 町の, 眠ったと, 社を, 神尾主膳は, 私たちは, 米友の, 終った, 置いて, 翁は, 自己の, 自然に, 若林博士は, 薫は, 血が, 行く, 行くと, 見たの, 見に, 言ふ, 訪ねて, 誤って, 誰かが, 誰が, 起される迄, 起ったの, 近いころ, 近かったろう, 道の, 金を, 銀座の, 際会し, 頭の, 食物を

3 [349件] あったと, あっては, あとから, あらざるを, あらわれて, あり, ありて, ありと, あれを, いたるまで, いった, いつもする, いつもの, いろ, いろいろな, おいでに, おれが, おれは, お帰り, お松が, お歌い, お熊, お角さん, お集まりください, かかって, がんりきは, きまつて, ここに, こちらの, このよう, この世を, この男, この辺, これらの, こんな事, こんな所, こんな話, さすがの, したかて, すな, すること, そうである, そう云う, そう云っ, その, そのこと, その前, その姿, その後どう, その手, その時, その父, その男, それらの, そんな事, ちょいと, どこか, どこに, なくて, なくなって, なく荒らい事, なったと, なったとき, ならねば, なりかかって, なりて, なりぬ, なりますと, なりますね, なり十一時, なり十二時, なり十時, なるが, なるまでは, なるや, はきまつて, はじまる, はじめてこの, はた, はっきりと, はね, ひそかに, ひとりの, ふつと, またし, またそれぞれ, また別, みのるは, みんなが, やつた, よくこんな, よくその, よくやる, よく似, よく見る, わたしを, われは, スイッチを, チラと, チラリと, ビクターへ, 一人で, 一度, 三四郎は, 上の, 下から, 下に, 不思議な, 乗って, 二親が, 二階へ, 五分前に, 交換条件の, 京都の, 人々の, 人肉を, 今でも, 会う約束, 何かに, 何が, 何とも, 余の, 使って, 來る, 俺の, 偶然に, 偶然流人太宰員外帥として, 傍に, 備えて, 先生から, 入って, 兵馬が, 出たの, 出ました, 出るので, 出るん, 出京, 出勤し, 出勤する, 出掛けるという, 出来たと, 出来たの, 出来たもの, 出来るもの, 出直す方, 割り込んで, 勝手な, 医師の, 卵が, 友人の, 双方の, 叔父に, 取りに, 叱った, 同じよう, 向って, 向つて, 吾人の, 命を, 品子が, 唯一の, 困る, 塔の, 声が, 変な, 夜が, 大切な, 大抵の, 大臣は, 大阪を, 大雨が, 天皇の, 天皇は, 夫人の, 夫婦の, 女中が, 女房は, 妹の, 妾が, 妾の, 姫君は, 子供を, 完全に, 実隆は, 室の, 山水楼へ, 己の, 帰宅, 幕を, 幕府の, 平気で, 店の, 庭の, 廊下で, 廊下を, 弟が, 当ると, 彼と, 彼も, 彼女を, 待つて, 従いて, 微笑した, 心が, 心の, 忘れて, 応じて, 思い切って, 思った, 思ひがけ, 怪我を, 意見を, 成ると, 我々は, 戻って, 折よく, 抜けて, 教えて, 文ビルへ, 新聞で, 日本に, 日本は, 日本へ, 昔の, 春の, 時計を, 朝食を, 木の, 来る, 来るの, 東京駅に, 東京駅へ, 東宝ビルで, 森の, 歌うもの, 歌よみした, 歌を, 正木先生は, 此処に, 死せざれば, 死の, 死んだと, 殺されて, 氏は, 気が付いて, 水の, 河の, 河内の, 波の, 泣いた, 洗礼を, 源氏の, 焼けて, 煙草を, 父母に, 王は, 甚しく, 生じたもの, 生れた子, 用いるの, 用ひた, 發する, 眼に, 眼の, 着いたの, 知つてゐた, 礼を, 祖母は, 神が, 神に, 福太郎は, 私どもの, 私どもは, 私には, 窓の, 立派な, 笑いながら, 素直に, 紫の, 終って, 美が, 老人の, 考えて, 耳を, 聞いた, 背後から, 背後の, 能く, 腹が, 自分でも, 自分を, 自分達は, 至つては, 至るまでの, 船で, 船は, 落したの, 薫の, 行けば, 行われるから, 行方不明に, 袂から, 見せて, 見たよう, 見れば, 覚えて, 観察された, 詠んだもの, 誰かに, 誰に, 誰れ, 起つて, 起る, 起るの, 起床し, 足を, 身を, 迎えに, 近い時分, 近い時刻, 近づいて, 返しとくな, 迫って, 途中で, 遊びに, 道庵が, 長三郎は, 門の, 開けて, 間の, 限らないで, 限ります, 限るという, 限るので, 院は, 院長は, 集まって, 雨の, 青年の, 静かな, 音も, 順天堂へ, 顏を, 食事を, 飯を, 首を, 駒井の, 駒井甚三郎は, 驚いて

2 [1155件 抜粋] ああし, あすこへ, あたりては, あった, あったの, あらざれば, ありしならば, あるもの, ある種, いうと, いって, いつも傍, いろいろの, おあがり, おきた, おめ, お伽噺にでも, お出, お妃, お屋敷, お庭, お母様が, お気が, お町, お祖父様, お雪ちゃんが, かき人物, かつがつ返事, こ, こう言った, こちらから, こっちは, この問題, この怪しい, この点, この邸, これほどの, これも, さう云, さきに, した, しとくな, しみじみと, すくもの屑, すでにこの, するいつも, するもの, すれば, そう云った, そこへ, そっくりだ, そのお, その三柱, その周囲, その坂本, その妻, その山, その御, その林, その母君, その結果, その訳, それだけの, そんな風, たった一人, たまたま給仕, だれか, ちょうどお, つい本心, つく, である, ですよ, どういふ, どう処置, どのよう, どんな風, なく上ず, なく師匠, なく生き生き, なぜいつも自分, なったって, なったばかり, なったら一二一二, なったら自分, なっては, ならぬうち, なりぬれば, なるのに, なるよ, ねても, はかへ, はじめて海, はねかづら, びくとも, ふとその, ふと見る, ほんとうの, また第, みのるの, むしろ隆盛, もう少しで, もさうで, やって来たん, やります, ゆくという, よく見かけた, よんで, わたしの, イザナミ, キリストが, グリルへ, ザッと, ジロリと, タケミナカタの, ツイと, ハッキリと, ヒヤリと, ビクターで, ベシーは, ホテルへ, メールアイランドの, ロリー氏は, 一分でも, 一年の, 一方彼, 一行は, 丁寧に, 丁度太陽, 三木が, 上野へ, 下を, 不思議にも, 世人は, 両方の, 中を, 中将の, 主人を, 乗込んで, 二つの, 二人が, 二升なり, 五万両の, 五分前という, 井に, 交合の, 京橋の, 亭主は, 今までの, 今迄の, 仏頂寺は, 代って, 休息する, 会社の, 伸子は, 体に, 何らの, 何んと, 余が, 使うもの, 使ったの, 來て, 依つて, 価格は, 信吾は, 修禅寺の, 候ふ, 停車場に, 偶然流人太宰府員外帥として, 僕に, 兄の, 全然蝸牛, 兵部卿の, 其を, 写生した, 出かけて, 出すの, 出られるか, 出ると, 出勤した, 出帆した, 出立し, 刀の, 初めて, 初めてドストイェフスキイ, 初めて自分, 到りて, 前の, 剣を, 助けて, 労賃は, 勤めに, 医師が, 十二社の, 半七, 又も, 又頭, 及んでも, 叔父が, 取って, 受けた心, 叛いた, 口に, 合わせて, 吉備の, 向うから, 君だけは, 呑んでも, 周章てて, 咄嗟に, 唯ばかり, 唱歌を, 嘘を, 国家を, 土井夫人の, 在りて, 坂の, 城の, 墓の, 夕霧は, 外の, 多数の, 大きいと, 大きな役者, 大嘗, 大沢小屋に, 天皇御, 太郎さんは, 夫が, 夫人は, 奥の, 女が, 女中を, 妙子が, 妻の, 始まったもの, 始まるので, 始り, 婆さんが, 存分に, 学校が, 宇治山田の, 実は私, 宮中に, 家へ, 密と, 寝て, 實に, 小屋の, 少しでも, 少しばかりの, 少し解った, 展開し来る, 峠の, 工合が, 己れ, 帝国ホテルの, 帰った, 帰宅し, 年にも, 幸福が, 床屋の, 庸三は, 弁信の, 弟の, 当たって, 当るの, 役に, 彼方の, 彼自身にも, 後の, 得て, 御嬢さん, 御息所が, 復興とか, 徴し, 心弱いもの, 念を, 思ったこと, 恰度私の, 意外の, 感じた, 感じたの, 感じるの, 懲りて, 我を, 戸を, 扉を, 投げる銭, 挨拶を, 政府は, 救つ, 散歩した, 文学は, 新橋を, 於てを, 既に或, 星が, 時計は, 暁の, 書いた, 書かれた最も, 書物を, 最初の, 有り勝, 木を, 本當, 村では, 村会議員の, 来た, 来ました, 来るが, 来るもの, 来鳴き響むる, 東京から, 東京駅で, 東屋氏が, 果して, 柳橋の, 森君は, 横合いから, 權六が, 止まつて, 正しき言, 正木博士は, 此処だ, 歯を, 死ぬる, 死んだもの, 殺して, 母に, 母屋の, 比して, 氏が, 気がつくと, 氣を, 水取の, 江戸へ, 法然の, 泣くの, 浅井の, 海を, 消し忘れた, 添えるの, 渡して, 漠然と, 激発し, 火の, 火傷を, 為す信頼, 無意識に, 焼失し, 燐寸を, 爪弾の, 爺さんは, 物部の, 犯人は, 猿女の, 玩具を, 瑠璃子と, 瑠璃子夫人は, 生れた, 生を, 用いられるもの, 用うる, 用ゐし, 用ゐる, 男の, 當つてたま, 當つてゐる, 病人の, 病気で, 病院から, 発して, 白雲が, 盗んで, 直樣仕, 相応する, 看て, 着いたが, 着いて, 着くやう, 着るもの, 知って, 破れて, 示した子供, 祖父の, 神仏の, 神尾主膳が, 私たちが, 私達は, 移し行, 突然思出, 立つの, 立女形の, 笑つ, 第三, 答へ, 築地の, 米友を, 細君は, 終り床, 絵を, 縁が, 美禰子は, 老父が, 聞いたこと, 聞くと, 胚胎し, 脱稿, 腰の, 自動車で, 自動車を, 至りては, 船を, 船長は, 色々の, 芥川が, 芭蕉は, 花香風に, 若旦那が, 茶を, 薬を, 藤野さんが, 虫が, 蛆たかれ, 行くの, 行ったこと, 行ふ, 裸なる, 見えなかったいろいろ, 見たという, 見た絵, 見るは, 見覺, 親切に, 言葉を, 試験が, 誰でも, 調らへて, 諸の, 譬喩を, 貰われて, 貴方は, 起きたり, 起きるの, 起き七時半, 起き服, 起して, 起ったと, 起るので, 足元に, 身に, 軍曹なりき, 較べて, 辰子は, 近き頃, 近く酒気を, 迫られて, 退ッ, 送電線が, 途方も, 逝かれたの, 進んで, 道を, 違いなかった, 部屋の, 酢を, 金峰山に, 銀座へ, 鏡の, 開けると, 間が, 阿多, 限つてお前は, 限らない, 限られる, 限るとか, 限るよう, 隣の, 隣室の, 集めて, 雪の, 雪を, 電報を, 霧が, 露西亜は, 青森に, 非ずや, 面を, 音が, 頂上を, 頼みに, 顔色を, 風邪を, 食べたが, 食器を, 養わねば, 馬鹿な, 駿介は, 鼻を

1 [12463件 抜粋] ○○港へ, あくる三十七年, あったこと, あのチャンボウ, あの手紙, あの親方, あやまって, あり約定上, ある短い, あんな風, いかなる指導者, いたって, いつもお, いやこんな, うごかうと, うまく刈り取った, おき御飯, おとうさんに, およんで, お供へ, お合羽さん, お專, お払い, お済ませする, お見つけ, かいて, かえる, かたい自信, かような, きたの, きみが, くれぐれ注意, こういった, こっちじゃあ, この一室, この夏子夫人, この捕方, この珍妙, この記録, こやしを, こんな不快, さうなの, さへも, してからが, しろなぜ, すぐ見分け, すでにぴんと感じ, すると, ずっと上流, そういう不, そう申した, そのうしろ, その乾飯, その出雲土産, その大久米, その幾部分, その所, その機会, その現, その罪, その衣裳道具, その道を, その鳴滝, それ女, たき物の, たって, たんぜんを, ちょうどこちら, ちょうど金吾, ちょっと金, ついに時機, つけたので, できた小さい, とにかくオール, どうかすると, どうなり, どっさりと, どんなに強く, ない十手, なくその, なく悶かし相, なく眼鏡, なぜ私ら, なったらそれ, なったら返せると, なにも, なりそう, なり三時, なるで, なんか, ぬすむという, のりたまはむ, はじめてお, はじめて白旗山, はっきり見る, はるか眼の, ひょっこりひ, ふたたび私, ふと将来法律, ふと肩越し, ぷんと血, まごつくの, またしても, また他, また母, まだ彼, みずから決勝点を, もうこ, もう二分位, もう東京帝大, もし小早川, もはや彼, やがて電線, やっと明るい, やめ單, やる兵隊, ようやく野風, よく僕, よく鳴る, わざと身, アア時間に, アンマが, エビフライなら, カフェープランタンで, ギラギラと, コーヒーが, シナ人弟子から, ジーッと, ズク・ニョンは, ダルメイダは, ドアが, ネパール国政府の, バレた, ピオウと, フーッと, ホンの, マッチを, メシを, ヨーロツパに, レニンの, 一々手早く, 一二年で, 一団の, 一度そんな, 一斉に, 一枚御, 一番鶏が, 丁度い, 万葉集略解の, 三吉は, 上さんは, 上野翠松園へ, 不世出の, 不都合である, 世界科学を, 中央銅像局の, 丸ビルの, 主計頭座を, 乗込, 予は, 二三度續けて, 二日も, 云って, 五十五歳であった, 亜米利加ほど, 京から, 人手を, 今宵は, 仏蘭西語役に, 代金を, 伊太夫は, 会したからは, 伜の, 佃君が, 何から, 何とも知れぬ, 何度鏡子は, 何遍でも, 作る田, 使う骨, 使用します, 依然として長髪, 信綱という, 倖せ, 偶然友人の, 傳通院の, 僧都の, 充分後悔を, 先程も, 入用であった, 兩親に, 六波羅の, 其バラモンが, 其系圖を, 内端, 写して, 処する所以, 出すくらいの, 出るかね, 出來上つた, 出来た書物, 出發, 分れたの, 初めてちょっと伯父, 初めて宮城, 初めて結ばれた, 別れた兄さん, 削り取らなければ, 劍を以て, 労賃が, 勝ちて, 医者に, 十字架の, 半焼に, 印象派の, 參つた, 又輪, 双方ともに, 取り落したモチ棹, 受け出すこと, 句として, 右馬寮の, 同じ定紋, 名を, 君行き, 呉れて, 呼びあうよう, 和魂, 唱へて, 嗅いだもの, 回向院の, 国許で, 地平線の, 垣根の, 塩冶は, 変ります御, 外し損なつ, 多少でも, 大きな三方, 大倭根子何, 大山の, 大概手放し, 大量飛来した, 天井から, 太卜に, 失望し, 奥さんの, 女ほど, 好いもの, 妻君が, 始まり死後, 姫から, 嬉しかった, 字を, 宇治野の, 官で, 実行する, 家康は, 富士駅着ハイヤで, 寝小便を, 将曹, 小僧と, 小石を, 少し後れ, 尾張国片, 屋上の, 山下で, 岡の, 川へ, 差して, 希望も, 帰つて来た, 幕が, 年を, 幾分なりとも, 庭前に, 引いたから, 弘法大師が, 強烈な, 当りほとほと, 当家を, 役立つよう, 彼處は, 後悔せぬ, 御ユックリ, 御引立, 御茶, 心ある, 必ず咒語, 必要以外の, 忽然と, 思いついたこと, 思ひます, 急ぎようが, 恥ずかしくても, 悪い黴菌, 惡るうございます, 感じた印象, 感心する, 懲り懲りした, 我慢といふ, 戸口から, 手前自身で, 打つの, 折角の, 拳骨和尚が, 按摩は, 授かったもの, 描いた海景, 撲った返報, 放蕩無頼で, 教え込まれて, 数匹の, 文官試驗を, 斯く斯くの, 新橋の, 方つて大苦ある, 於てや, 既に名のり, 日本も, 旧思想, 明智探偵は, 春日明神を, 時計に, 暮れかかる, 書き出した, 最も正しい, 月は, 期待しうる, 本庁の, 材を, 来てから, 東寺へも, 果たしてその, 校長先生の, 梅田映画へ, 植村くに子先生に, 概ねあらわれる, 機械は, 歌の, 正直を, 武蔵様が, 死に別れた父母, 死亡しました, 殺されたが, 母上より, 毫も矛盾, 気の毒に, 水肌に, 江州石田村と, 決意した, 沼田の, 泣けない人, 活路を, 浮かんだ事, 消えると, 深層の, 済せば, 測器, 源次が, 漢の, 火の見梯子に, 無くな, 焼けたの, 熱せられ空中, 父上山形行を, 牡鹿を, 特に買っ, 独り朝食を, 玄関に, 現れ強いて, 瓢六玉の, 生の, 生れ身, 用いた材料, 用事を, 甲谷と, 画帖を, 當つてねえ, 疫痢を, 発したの, 登は, 白粉まで, 皆攻め苦しめられた, 盗難に, 盲目と, 直衣の, 看破する, 眠って, 着けるん, 瞼を, 知り合, 硝子窓の, 示す戸籍, 神として, 神経が, 私へ, 稀代の, 穿くつもり, 突然葦, 立ったとき, 端を, 第一回, 箱根山を, 粥二椀を, 紅玉が, 素知らぬ顔, 終了する, 絶対旦那さんを, 総長が, 罐に, 義ちやん, 考えた百円, 聞かなかった聴衆, 肥料を, 脊髄結核に, 腹ん, 自分たちに, 自由な, 至りますます, 至粋は, 艇は, 花園の, 若し寝, 英の, 草木即ち, 落ちたまま, 著, 蓋の, 藤の, 蛙鳴きいかに, 行うから, 行つ, 行水を, 袴を, 襲來する, 見せた微笑, 見た小郷, 見まして, 見合わせる若, 覚悟を, 觸れ, 計ったら六度三分, 詛いが, 話そうと, 読めば, 調べまして, 警官の, 谷中村方の, 貴方が, 買手が, 赤の, 起きりゃいい, 起きる涼しい, 起き必要品, 起させる風呂, 起つたと, 起れること, 跪いて, 車が, 辞し座, 迎への, 近からん, 近常さん, 迷うて, 退却すれ, 途中である, 逞しい中年, 進化論を, 遊べる処, 道楽を, 適したもの, 郵便配達夫が, 釈迦が, 野鳥の, 釣瓶が, 鋭い科学的, 長助が, 閉じますから, 間に合わせる, 附添う, 限つてやられる, 限て, 限るそして, 階子を, 隨ふも, 難船に, 電光の, 青味を, 面色は, 頭光が, 顧野王が, 食すべき者, 食糧攻めに, 香港へ, 駕籠から, 高尾の, 魔法博士の, 鶏も, 黒マントを

▼ 時~ (17449, 10.2%)

85 私は 51 さすがに 50 自分の 46 いつでも 38 彼は 34 ない 31 その時 30 私の 29 それを 28 彼の 26 何の, 私も 23 それが 22 非常に 21 何か, 私が, 過ぎて 20 僕は, 誰も 18 此の 17 もう夜, もう遅かっ, 他の, 何も 16 どうする 15 それは, 何でも, 僕も 14 ないの, もう日, 女の, 急に 13 これを, それで, 二人の, 来た, 確かに 12 人を, 何を, 家の, 殆ん, 流石に

11 [12件] さすがの, なかった, もうお, 二人とも, 例の, 夏の, 少しも, 手を, 早や, 気が, 秋の, 自分で

10 [14件] お前の, きつと, どうした, またその, もう, 刻々に, 夜の, 如何に, 彼女の, 日が, 父の, 自分が, 自分も, 誰が

9 すぐに, ほんとうに, 一緒に, 仕方が, 僕の, 六月の, 身を

8 [13件] あの人, そこに, た, どうなる, まだお, 五月の, 人の, 右の, 必らず, 母の, 水を, 涙を, 目の

7 [28件] おれは, これも, それに, そんな事, ないと, まだ私, もうこの, もうその, もう彼, わたしも, 一人で, 不思議に, 何うし, 何とも, 俺は, 冬の, 女は, 娘の, 彼れ, 彼女は, 必ずその, 悪いもの, 春の, 朝の, 見て, 誰でも, 馬鹿に, 黙って

6 [39件] あるまい, かの女, これは, さう, すべての, その人, そんなこと, どうだ, どこに, なんの, もう夕方, もう彼女, もう暗く, わたくしの, 不思議な, 二人は, 今だ, 仕方の, 何う, 何時でも, 俺も, 先に, 先生は, 別として, 夜に, 大変に, 妙に, 嬉しかった, 左の, 平次の, 彼も, 彼等は, 眼を, 自分でも, 自分を, 花の, 誰か, 貴方の, 金の

5 [72件] あ, あだ, あなたが, お前が, お前も, こんなもの, すでに遅かっ, そこの, その場, どうかし, ほんた, まだ息, もうすっかり夜, もうそんな, もう二人, もう十時, もう私, 一つの, 一と, 主人の, 之を, 二人で, 人に, 今日の, 余は, 俺が, 僕が, 前に, 午後の, 右が, 君の, 土地の, 多くの, 夢なり, 夢中で, 大變, 女房が, 妙な, 實に, 山の, 師匠の, 平次が, 平生の, 座敷の, 急いで, 手に, 日本の, 本當, 机の, 村の, 気の毒に, 水の, 流れた, 涙が, 火の, 父が, 父は, 男の, 目を, 相手の, 私に, 胸が, 自分は, 裳も, 誰しも, 部屋の, 金なり, 頭の, 顔を, 餘り, 鳥の, 鼻の

4 [122件] あつしも, あの時, ありません, あるの, いつもの, おげん, おのづか, お互, お前は, お勢, お品, お越, お酒, ここに, ここへ, これが, こんなこと, そうで, それも, たって, どういうもの, どうかする, どうします, どこかで, なう, なかつた, なりに, ひそかに, また, まだ自分, もうおそかっ, もう何, もう半月, もう大, もう息, もう朝, もう真夜中, もう自分, もう誰, もう遅い, わしが, わたしが, わたしは, 一刻も, 一度に, 一方が, 一日に, 一種の, 上の, 丑松は, 九月の, 人が, 人間の, 今の, 今も, 他に, 何とも云え, 前の, 勝手に, 君も, 呼んでも, 問題でない, 四月の, 外からの, 外の, 外へ, 夜は, 大変な, 夫の, 家に, 容易に, 岸本は, 己は, 幸いに, 床の, 彼らは, 彼女も, 彼等の, 後に, 必ずこの, 我ながら, 我は, 我も, 或る, 手が, 日頃の, 春, 是れ, 本当の, 死んで, 殊に, 気持が, 泣いて, 生活の, 相手が, 眼に, 知らなかった, 確に, 神の, 神尾の, 私にも, 素直に, 腹を, 自分ながら, 自分自身の, 誰だって, 誰に, 足が, 身に, 近所の, 逝く, 遅かった, 過ぎた, 里の, 隣の, 雨が, 静かに, 頬に, 頭が, 風の, 食事の, 馬の

3 [266件] あつて, あなたも, あまりの, ある, あれで, あんな顔, いいが, いくらでも, いずれも, いつも, いつもこの, お互に, お光, お半, お孃さん, かなりの, かねて, がんりきの, きた, こ, こうと, こっそりと, この, この上, この家, この辺, これに, しずかに, すぎて, すっかり夜, そうであった, そうも, その中, その前, その家, それこそ, そんなもの, たすかりました, ただの, ちやんと, ちょうどお, ちよつと, づれの人棲まぬ, どうか, どうしても思ひ浮ばず, どうしよう, どうだった, どうである, どこの, ないよう, なおさらの, なか, なにも, なんでも, はじめから, ほかに, ぼんやりし, またこの, またそれ, まだい, まだ生き, みんなで, もうあの, もうおそい, もう三時, もう五時, もう今, もう子, もう小, もう庭, もう手遅れ, もう春, もう晝, もう曲者, もう相手, もう薄暗く, もう遅, もう陽, もつと, われわれは, 一々その, 一層その, 一日の, 丁度その, 丁度秋, 三人は, 三句切に, 世間から, 世間の, 丸で, 主に, 久しぶりに, 九時を, 二度も, 二階に, 京都の, 人生に, 人生の, 人間が, 人間は, 人間を, 今夜の, 仕事が, 仕様の, 何かに, 何が, 何という, 何んと, 何んの, 何時もの, 何等の, 何處へ, 余りの, 個人の, 傷を, 僅に, 兎に, 八五郎は, 冬は, 別に気, 十二月の, 十四か, 却て, 口を, 君が, 君と, 君を, 呉一郎の, 單に, 多少の, 夜半を, 夢に, 夢の, 大して気, 大に, 大人の, 大変だ, 大抵の, 天幕の, 女に, 女房の, 妾が, 姿が, 嫌がる, 嬉しかつ, 嬉しくて, 嬉しさ, 子供が, 子供の, 子供を, 完全に, 実に痛快, 家へ, 家族の, 寄って, 寒さ, 寝て, 少なからず, 少年の, 山から, 岩の, 岸の, 己が, 己に, 希望も, 帯の, 彼が, 彼女を, 彼自身が, 後へ, 御身の, 必ずフンシ, 思わず涙, 怪我を, 恰かも, 憤然として, 我々は, 我ながらの, 手の, 手前が, 手足を, 折角の, 故郷の, 敵の, 敵を, 既に私, 日も, 日本に, 早くも, 明治の, 昏, 昔の, 是等の, 是非に, 普通の, 月が, 月に, 本堂の, 来て, 来ないもの, 東洋の, 森の, 次の, 止むを, 正太が, 死ぬ時, 死骸の, 毎日毎晩泣い, 気がつかなかったが, 気の, 気を, 河童の, 流れて, 流石の, 海の, 涙も, 満てり, 潮の, 無い, 無かった, 父親は, 物を, 生命の, 町の, 痩せて, 皆が, 皆な, 盛んに, 目に, 直ぐに, 着物を, 石を, 私達の, 移りぬ, 空が, 空の, 空も, 立派らしく, 竜之, 笑って, 笠を, 結晶は, 背に, 腹の, 自分一人の, 自動車を, 自然に, 自然の, 虫の, 血の, 西の, 言ふ, 誰にも, 誰の, 足に, 身の, 近づいた, 途中で, 過ぎたが, 酒を, 雨の, 電話で, 顔の, 首を, 馬鹿, 髪を

2 [1064件 抜粋] あたかも正午, あとから, あなたの, あの夕立, あまりに世話, あり, あれは, あんな風, いいもの, いけないよ, いたずらに, いって, いつも僕, いつも家, いつも村島さん, いつも私, いやに, いろいろに, うれしくて, おかしかった, お一人, お前たちの, お定, お寺へ, お延, お竹倉, お腹が, お舟さん, お通さん, お雪, かうして, こういう風, ここから, ここの, こちらから, この世の, この女, この心, この窓, この部屋, これで, これまでの, こんなじゃ, さぞお, すぐにも, すでにその, すでに自分, そうそうたる, そうだった, そうは, その, そのまま風車, その代り, その声, その年, その方, その時サ, それから, それまでの, それらの, ただお, ただもう, だれでも, ついあんな, とう, とても嬉しく, どういふ, どうすれ, どうです, どう見, どこかに, どちらにも, どの様, どんな場合, ないが, なんとし, はてなと, ひとの, ふたりを, ほぼその, またお, また別, また私自身, まだこの, まだよかっ, まだ夜, まだ日, まだ父, まだ誰, まるで夢, みんな気絶し, もうあけ, もうぐったりした, もうそれ, もうみんな, もう七時, もう主人, もう二時, もう仕様, もう元, もう先, もう力, もう口, もう夕暮, もう夢中, もう少しで, もう手摺, もう既にその, もう時計, もう栓, もう無数, もう窓, もう虚無僧, もう遲い, もう静か, もう駄目, ものも, やむを得ず本, よかった, よく城, わからなかった, わしの, わたしたちの, わたしの, われと, われらに, アノ人が, ウンと, ケチで, ッと, トオラス山の, ビーヤホールの, ピンピンし, 一人でも, 一人の, 一切の, 一同茶の間に, 一巻の, 一方に, 一月末雪と, 一株も, 一生の, 一箇月近く歩いた, 一足違で, 一週間も, 丁度私, 三人の, 三吉も, 三歳兒の, 三百戸ばかり, 三週間の, 上り下りの, 下へ, 下男の, 不自由な, 世に, 世界は, 両人とも, 中, 主人は, 主人平馬も, 事に, 二つの, 二十一二少し, 二度ない, 二度目の, 二百十日前後の, 二階の, 五月だ, 井戸端で, 人は, 人間よりは, 今から, 今まで, 今何時にか, 今晩泊めろ, 仕官懸命の, 他人を, 代助, 何うかし, 何と, 何とか忠告, 何と云つて, 何もかもことごとく汚, 何んにも, 何人も, 何度も, 何時も, 余が, 余も, 來り, 信心に, 俺に, 俺らは, 傍に, 先づ第, 先刻散歩からの, 兎も, 全くその, 全く何, 全く腹, 全店員, 八月の, 六時を, 兵は, 其人相を, 内側から, 冬で, 出発した, 初めから, 別です, 刻々と, 則ち, 前以, 剣を, 功を, 北亜弗利加の, 医者に, 十七八の, 十二月な, 千里に, 午刻, 半蔵は, 危篤の, 又, 又た, 又彼, 又銀, 反対の, 反對, 取返しの, 右に, 同じこと, 同じ中隊, 同時に私, 君は, 吾人は, 和武は, 器用に, 回向院の, 国家の, 地中海の, 型を, 塩は, 声を, 変な, 夕暮の, 外界の, 多少に, 夜遅く, 夢中だつた, 大へん, 大勢に, 大変でした, 大抵頭巾, 大砲で, 大野ろに, 天へも, 夫に, 奈何に, 女が, 女房ばかりが, 好い男, 妻の, 妾は, 姉の, 姪の, 威勢が, 嫉妬に, 子供に, 孝子は, 定吉の, 実はもう, 宮の, 寮は, 小ギボン, 小ナポレオン, 小ルーソー, 小松君を, 小鈴, 少くとも, 山に, 岩良と, 左程, 己も, 帆を, 帳場に, 平八茶屋, 平岡も, 平生と, 年齢なみの, 幽霊が, 幾多の, 店は, 座敷へ, 廊下に, 弟の, 当人は, 当番に, 形を, 彼との, 往来の, 徒らに, 御新造, 御米, 微笑を, 心に, 心細さ, 必ず, 必ず娘, 必ず方角, 必然に, 怖いと, 思い切って, 思はず私, 思わざるに, 恰度空を, 悲しそう, 惨めな, 意地の, 態, 我れ, 戦の, 手前も, 拙者も, 政府の, 教室の, 数十人の, 文学として, 文箱は, 新しい戯曲, 方に, 既に真, 日の, 日下部君と, 日本が, 明治三十一年の, 星の, 是を, 晩秋今の, 最も喜び, 最早車室, 有難さ, 木村の, 本気で, 村中の, 村肝の, 来ました, 東京で, 板前の, 枝葉も, 柵の, 格別気にも, 桐の, 森として, 極めて間遠, 機嫌が, 欧化主義の, 正岡子規と, 武蔵を, 死なん者, 死ねない人生, 母に, 毎日五六十本も, 気に, 水だけ, 水司又市も, 氷よりも, 永遠に, 沢山の, 沼とも, 泰道を, 流れる, 海底の, 涙の, 淵に, 渠には, 湯殿に, 潔く負ける, 無意識に, 無精者の, 煙草代にも, 熱いお茶, 父や, 牛に, 物が, 特別の, 甘, 生命, 生憎御飯, 男が, 町家の, 畳に, 病気に, 白金の, 百何人が, 皆んなそれに, 目も, 相變ら, 真珠の, 真赤に, 眠って, 知らしてね, 磯の, 神を, 神聖な, 私と, 私達も, 穴へでも, 空は, 窓が, 立派に, 笑顔だった, 第一幕, 笹野新三郎の, 節子は, 籠の, 精神が, 細めて, 経った, 経っても, 経を, 經つて行つた, 美しい藤野さん, 羞し, 翌日半日いや, 老子の, 耳を, 肩身を, 背中に, 腕車が, 腰を, 自らその, 自己を, 自然新しい, 自身の, 舞台の, 色白の, 花が, 若いもの, 若者の, 茫然し, 葉子は, 藤野さんの, 街に, 裂ける時, 裸一貫で, 西山に, 見るかげ, 親が, 親分の, 訳も, 読書そのものが, 豚が, 豪快で, 賑か, 越前が, 足を, 身体は, 近い, 返事も, 迫った, 逃げ出して, 逆に, 速い翼, 過ぎたり, 過ぎ去りました, 遠いと, 遠慮し, 邪気ない, 部屋全体が, 醤油を, 金なりという, 金剛石入りの, 錆槍で, 鐘が, 長火鉢の, 門の, 附近の, 障子に, 雀の, 雨, 雨戸の, 雪と, 雪の, 雲の, 震えて, 青雲の, 面白かった, 頭を, 顏を, 飛ぶよう, 食べものの, 驚いた, 驚ろいた, 高い日, 髯を, 魂の, 鶯谷宗匠それを, 黙つて

1 [11856件 抜粋] ああいう, あすの, あたりの, あの汚らわしい, あまり異論, ありますぜ, ある売国奴, あんまり意識, いかにすべき, いくら尋ね, いっさい夢中でした, いつまで, いつもより, いつも外, いつも留守, いつ到来, いやもう, うちの人と, うろたえて, おすが, おのれが, おろか十二時に, お前に, お妙, お心, お河童の, お綾, お靜, かかる事実, かなり身心とも, がやがや話し込ん, きっと旦那, きれいだ, こう云う, ことしの, この一片, この宝石, この沢, この部落, これほどとは, こんな気分, さう返した, さっき別亭へ, しかし八重子, しばらく節子, すぎ日, すし屋久兵衛が, すでにマアガレット・エリザベス・ロフティ, すでに御存じ, すでに鳴り物一切停止, ずいぶん放埒, せり合うた鰯, そうばかりとも, そつと, そのまま腰, その功, その威, その感激, その未亡人, その獣, その菓子, その部屋, それきりに, それどころで, そんなこんなで, そんな点, たえず我名, たしか月, ただ勇敢, たちまち子, たぶん白い, ちゃんとした, ちょうど二度目, ちょうど東京横浜間, ちょっと動じたらしかった, ついに来たれり, つらき時, とうに過ぎ去っ, ともに起き, どうしても目当, どうにも仕様, どこも, どんなには, どんな心地, なおさらそうでなけれ, なかなか盛ん, なな, なんか, にこにこ笑っ, はなはだまずかっ, ひとり手に, びっくりしたでしょう, ほうぼうから, ほのかに, ぼうと, まさしく平八, まず自ら, また交通途絶, また御, また自分, まださ, まだわたし, まだ八十里, まだ女, まだ才蔵, まだ横浜開港以前, まだ立たなかった, まったく偶, まるで勝負, まるで遠足, みんな男の, めっきりおとなしい, もうすこし先, もうたそがれ, もうコンパ, もう上, もう五時過ぎ, もう光子, もう加集, もう吉野, もう天命, もう常に復し, もう我々, もう明日, もう橋, もう潮, もう真, もう肝心, もう訳, もう鎮まりかけ, もう黎明, もっと素朴, もはや後方, やっぱりそそ, やむをえず自己, よい, よく分っ, よし, ろかなり, わしはじめ皆目を, アドルム三百錠の, エリザベートも, キャバレーなんかより, ゴンゾ様々たい, スキー客に, ソの, ツイ側に, ドテラ, バイロンが, ピタリと, プロレタリア文学が, マルコの, ラッパが, 一つ充なる, 一人前五十文と, 一同, 一寸手の, 一弁の, 一日か, 一本の, 一番苦し, 一通りその, 丁度つつじ, 丁度日曜, 七月末二千米突の, 三人だけでも, 三四冊の, 三条岩倉などの, 上った, 下がって, 不在で, 世にあつ, 両手で, 丹前に, 乗せるじゃ, 九段, 事件が, 二人差向, 二回繰返し, 二氏には, 互いの, 五尺ほど, 享保十一午年正月五日の, 人声の, 今お前の, 今日までは, 仏顔を, 以前人間であった, 会った時, 何うだろう, 何だか漂泊者, 何となく私, 何もかも済ん, 何処へでも, 何時か, 何為か, 余り多量, 來たり, 俗悪な, 倫理さえ, 僅かな, 優婉な, 先ず一歩, 先生だっても, 全き, 全く嫌, 全く自信, 全部の, 公な, 六百円の, 其の表面, 其岸邊には, 内々で, 冗談かと, 凍らさぬよう嚢, 凾館を, 切支丹屋敷の, 初日無, 別に何とも思ひませんでした, 利かなくても, 前述の, 助かったが, 勝手も, 勿論独り, 医師の, 十二三の, 十手の, 千住方面から, 半ばを, 半額ぐらいで, 博士は, 即ち平和, 厚い霜柱状氷層, 去年から, 又愈, 反対に, 口幅つたく, 召使の, 右足を, 同じです, 同時に清三, 向う見ずに, 吹き崩された石垣, 周章てて, 和尚奴ざま見ろ, 唯チラリと, 啓之助も, 嗚咽であり, 四十歳まで, 四錢の, 国道の, 地下二階の, 坐って, 場所がらおそろしい, 売れと, 夕方の, 外面を, 夜ごとに, 夢は, 大いに狼狽, 大づかみで, 大名の, 大層怒りつ, 大抵書物, 大概大小を, 大變顏, 天下乱麻の, 天罰たちどころに, 失望した, 奮って, 奴隷にも, 如何に力め, 始めて夜, 嬉しいと, 字引や, 宅の, 官軍の, 実に古人六世, 実に長州, 実際木, 宴は, 家財や, 密雲の, 寛, 實驗上隨分用ひ, 将軍も, 小供, 小松帯刀と, 少々失敬, 少し時間, 尚お, 屡ば, 屹度いつかどう, 島田に, 左に, 已むを, 帰京し, 幟さえ, 平田篤胤没後の, 幾らでも, 店番と, 引き上げ得られたが, 強いて犯人, 当然部下, 彼等が, 後列未だ, 御出かけ, 御變替, 心のみを, 必ずここ, 必ず其の, 必ず常に孺子, 必ず私, 必外で, 忽ちつかへ, 怖さ, 思はずホツ, 思わず神様, 恋と, 恥かしくなり, 恰度御, 悲しいと, 惡いと, 意外であり, 感情が, 憂悶に, 成る可, 我身と, 戸外に, 手前どう, 才六は, 折よく, 指の, 措かなかった, 改造後僅か, 数十回の, 文学には, 斯うい, 新町へ, 既にもうその, 既に始まっ, 既に窓, 日出前なれ, 日本軍が, 早く泡, 明るき, 明治四十三年の, 春山武松君などと, 是非共今迄の, 時計の, 暖たかく, 暮色が, 書物と, 最初だった, 最早虫の息, 有名な, 期せずして, 未だ人々, 本当にしつかりし, 本間三郎の, 来たとの, 来客中とばかりにて, 松並木の間から, 果物を, 案内者なくし, 棒縞の, 楽燕張りの, 樺太へ, 次第に流れ, 正に真, 正確で, 此方が, 歩行に, 死んだよう, 殊に気むずかしかっ, 殺人剣また, 毛布の, 気質の, 水気を, 汚れて, 決して勉強家, 沈んで, 法律も, 洗濯屋また, 浅い生垣, 海軍で, 深夜であり, 渠等定め, 源氏も, 漸く正午, 火は, 焉ぞ, 無智, 無論結構, 煙草盆の, 爐の, 牢として, 犬どもは, 狼狽した, 獣情に, 珍らしく, 瑞祥の, 生の, 産婆の, 町一面を, 異状なかっ, 病気で, 白井様の, 百人の, 皆はど, 目と目と, 直立し, 眉毛動かす, 真夜中であった, 眼色に, 知ってるほどの, 短くし, 破滅すべし, 神ある, 祭文語りの, 私より, 秘密の, 空想が, 立ち上がると, 竹簾が, 筆者の, 籾を, 純客観的自然, 終って, 結果は, 綺麗な, 縄張争ひ, 群小作家皆, 翼を, 聞え出したと, 肩を, 胸騒ぎ肉顫ひ, 腰掛が, 自づとこの天地, 自家用の, 至極簡単, 船橋の, 芭蕉の, 若い人達, 苦虫を, 荷物が, 落葉で, 蓮太郎が, 薙刀の, 虎の, 螺線的に, 衣服なども, 裁可を, 西洋の, 見当が, 親父に, 言うばかり, 詮方が, 読書に, 諸国から, 豆粒よりも, 貸金の, 赤児は, 路地の, 軍備が, 農商務大臣は, 近頃色氣づいた, 逃げ出したいほど, 進むってことはよくねえんだな, 過ぎし昔, 過去でも, 違ふ, 遥かに, 都下の, 酷く気, 野鼠の, 釣りに, 銀簪で, 鎌は, 長生きを, 関羽は, 陸地を, 随分埃, 隨分投げ, 雨に, 電気に, 青玉の, 面白いなどという, 頓て, 題を, 風呂の, 食べても, 餅を, 馴れて, 驚きも, 高橋警部及び, 魏の, 鳴った, 黄塵煙の, 黒暗々たる

▼ 時~ (16743, 9.8%)

478 ことを 446 ように 255 ような 196 私の 178 事を 162 やうに 112 やうな 107 ことである, 方が 104 汽車で 99 彼の 75 ことだ 73 自分の 67 ことで 65 事である 62 ことが 60 私は 55 彼は 53 ことは 49 用意に 46 ことであった, ことです, 彼女の 41 作, 心持は 40 様に 39 様子を 38 ほかは 37 たつの 36 私には 35 話を 32 事で, 外は, 経つの 31 心の 30 ことだった, 事が, 嬉しさ 28 光景を, 鐘が 27 様な 26 ために, 来るの, 母の, 汽車に, 用心に 25 印象が, 移るの 23 事だ, 君の, 気持は, 話である 22 こと, 僕の 21 ことも, ままの, 先生の, 時計が 20 事は, 光景が, 如きは 19 あなたの, サイレンが, 事であった, 有様を, 流れの, 記憶を 18 記憶が 17 ことでした, 事です, 名を, 姿を, 心持を, 歌 16 ことに, 光景は, 感じを, 流れに, 話に, 顔を 15 バスで, 印象は, 印象を, 女の, 政府に 14 うれしさ, ことや, ま, 二人の, 感じは, 気持を, 流れは, 父の, 通りの 13 ことから, ほうが, わたしの, 人の, 彼女は, 心持が, 樣子を, 苦しさ, 鐘を

12 [11件] ことなどを, はずみで, ままに, 模様を, 気持が, 癖で, 眼の, 自分を, 話だ, 話では, 話の

11 中に, 古今を, 寂しさ, 流れ, 長さ

10 [11件] もある, 僕は, 心は, 急行で, 悲しさ, 時計を, 有樣, 様子が, 様子は, 表情が, 言葉を

9 [15件] ことでございます, 事情を, 余の, 先生は, 喜びは, 如くに, 姿は, 彼には, 歌である, 気持に, 經つ, 美しさ, 調子で, 鐘の, 頃に

8 [27件] あの人, くるの, ことな, ごときは, ぼくの, 事でした, 人々の, 人は, 作である, 儘で, 兄の, 列車で, 前に, 心を, 心地は, 態度は, 態度を, 時計の, 最初の, 歌に, 氏神の, 気持と, 流れを, 私を, 経過を, 記憶は, 通りに

7 [30件] さまを, まに, サイレンを, 事さ, 人々は, 作者の, 俺の, 句に, 夫の, 心持ちは, 心持と, 恐ろしさ, 情景を, 感情は, 感想を, 政府の, 最後の, 樣に, 歌で, 流れが, 淋しさ, 私が, 自分には, 自分は, 言葉は, 話が, 話は, 鐘, 電車で, 顔は

6 [46件] ありさま, ことと, ごとし, ままで, ようだ, よろこびは, 一つの, 事でございます, 列車に, 力に, 力を, 参考に, 句である, 器械, 声は, 夫人の, 如く, 姿が, 姿と, 姿の, 子供の, 寒さ, 帝の, 彼を, 彼等の, 心細さ, 思ひ出, 感じが, 旅の, 歌だ, 歩みを, 汽車の, 流の, 流れから, 用意にと, 立つの, 苦しみは, 記憶に, 記憶の, 試練に, 話です, 近づくの, 運だ, 運と, 音の, 顔が

5 [74件] いつもの, お話を, ことさ, ことであります, ごとく, それと, ところで, ところへ, ほかには, ようには, 一種の, 不思議な, 事に, 人が, 人間の, 他は, 余は, 作で, 作の, 写真を, 到るを, 力の, 勢いに, 名は, 問題と, 喜び, 喜びの, 大臣の, 妻の, 心に, 心持に, 快感が, 恰好を, 悲しみは, 感じに, 景色は, 更け過ぎた事, 有様は, 来ること, 楽しさ, 様子から, 歩みが, 気持ちを, 汽車へ, 流れと, 流を, 準備を, 為に, 爲に, 父は, 状態は, 用意として, 用意も, 男の, 眞中に, 移るを, 第一, 経つに従って, 自分が, 苦痛は, 記憶で, 話, 足の, 過ぎるの, 道を, 鐘は, 音を, 頃から, 顔と, 顔に, 顔の, 驚きと, 驚きは, 驚きを

4 [129件] あの女, あること, おやつ, お約束, お話では, お顔色, ことか, ことだつた, ことでしょう, ことなど, ことなどが, ことの, ことまで, この男, さまに, すがた, その人, たつにつれて, ためにも, ところに, もあれ, ものだ, ものと, ものに, やす子の, ようで, わしの, わたしたちの, わたしには, 一座の, 上層の, 世に, 事から, 事と, 事情に, 人, 何とも, 作物であり, 俤は, 偶然の, 内閣に, 凄まじさ, 出来事である, 力は, 勢いで, 勢いという, 君は, 周囲の, 問題である, 喜びと, 外に, 外には, 夜行で, 夢に, 夢は, 夢を, 姿で, 姿とは, 姿に, 姿勢の, 嬉しかった, 子である, 室内の, 容子を, 役には, 彼が, 彼に, 彼女を, 御奉行様, 御様子, 心もちを, 心得を, 心持で, 急行の, 恐怖と, 情景が, 感じでは, 感じと, 所に, 推移を, 政府は, 旅行は, 樣な, 歌が, 母親の, 比では, 気分で, 気分は, 気分を, 気持ちは, 気持の, 汽車が, 汽車を, 法律に, 流行に, 火焔が, 父が, 状を, 状態を, 状況は, 用に, 用意の, 痛さ, 眼は, 眼を, 秋の, 約束で, 約束を, 経つに, 経過が, 経過の, 経過は, 経験から, 胸の, 表情は, 言葉が, 記憶では, 記録には, 詩の, 話で, 話な, 調子と, 迫つて居る, 運, 都合で, 雨の, 音が, 頃からか, 鳴るの

3 [257件] あたしの, うちに, おせい, おれの, お前の, お姿, お延, お母様の, お顔, くるまでは, ことでありました, ことばを, ことまた, それとは, それに, たつうち, ところを, はづみぞかし, ひろ子の, もので, ものである, ようすを, ようである, わたくしは, サイレン, サイレンで, セエラの, ハズミで, ヘルンは, 一部始終を, 三人の, 三通りと, 不愉快は, 乞食は, 事だった, 事とて, 事などを, 事も, 事情が, 事情は, 二葉亭の, 交代前の, 仕事に, 会話を, 余裕が, 作が, 作と, 作に, 作には, 來る, 俥の, 傷が, 儀式の, 光景である, 光景と, 兵馬の, 凄さ, 前後の, 力には, 勢いを, 勢に, 印象で, 印象では, 印象に, 即興なるべく, 友人の, 友達の, 吉凶を, 味気な, 問題だ, 問題として, 問題に, 喜びとが, 喜びを, 場合と, 声だった, 声と, 多くの, 大勢に, 天子の, 妹の, 妻は, 妾の, 姿勢を, 嬉しかつ, 孔子の, 定刻に, 実感を, 客の, 小夜子の, 平次の, 年齢が, 年齢と, 幸福を, 床几の, 役割は, 役廻りつらし, 彼と, 彼とは, 後に, 御歌である, 心地我身限つて腥き, 心持, 心理状態は, 心理状態を, 心臓の, 忙しさ, 怖ろ, 思い出を, 思想に, 急行に, 恐しさ, 恐怖を, 悲しみが, 愉快さを, 愉快は, 感動を, 感情を, 態度から, 或る, 手から, 手の, 手紙には, 批評に, 拍子だ, 政府が, 政府を, 日が, 日の, 春の, 晝寢は, 暑さ, 曲線が, 最期, 木村の, 本当の, 来たこと, 来又, 林田の, 桂次が, 様を, 様子では, 様子でも, 様子と, 様子とは, 様子などを, 様子の, 様子や, 樣子が, 次郎の, 歌と, 気分に, 氣持で, 氣持は, 水が, 水の, 江戸の, 汽車, 汽車には, 流行の, 海の, 清三の, 潮の, 火事で, 火花が, 無終極性, 父と, 物の, 状態と, 狂言は, 猫の, 現象に, 用心の, 用意が, 用意を, 痛かった, 癖である, 白痴の, 相場に, 相手が, 看護婦の, 眞の, 眼つきは, 着物を, 瞬間が, 石の, 祖母の, 神頼み, 私も, 私達の, 私達は, 空の, 空気の, 窓の, 竜之, 笹村の, 米友は, 終りの, 経つと共に, 経つにつれて, 経過と, 経過と共に, 経験が, 経験を, 義男の, 翁の, 老中の, 自分と, 自分に, 至るを, 興奮を, 良人の, 苦痛を, 落胆と, 葉子の, 血が, 表情に, 要領で, 見聞を, 覚悟は, 言い草が, 言葉で, 言葉であった, 言葉でも, 記念として, 記念に, 記念の, 記憶だ, 記憶も, 詩に, 話などを, 話や, 議論の, 貴女の, 足跡を, 辛さ, 返り血, 返事は, 退校に, 通りで, 運で, 運に, 運は, 過飽和の, 醜さ, 雪の, 青木の, 面影が, 面影は, 面白さ, 音は, 音楽も, 頬の, 頭の, 顔つきは, 騷ぎを, 驚愕が

2 [883件 抜粋] あいだに, あの訴, あるの, ある日, あれは, いろんな人間, うつるの, うつるまで, おむすびは, お便りは, お八代さん, お勢, お君, お島, お種, お茶うけ, お蝶, お話でございます, お酒, お銀様, かぞえかた, かねは, かれの, ことしか, ことその, ことであろう, こととて, ことばかり, ことばに, ことをも, この人, ごときも, さまが, さまざまな, すべての, せわしない, その声, その心持, その眼, たつとともに, たのしさ, ためと, つかれて, つつましや, つらさ, できごと, ないもの, ない様, はずみだ, はなしを, は船, ほかに, まの, ままです, ままな, みんなの, ものだろう, もよう, やうだ, やうである, ゆければ, ようでした, よく晴れた, わたくしの, コップが, ドイツの, ネルロの, バスに, ベルナアルさんの, ラジオで, リヽーは, 一体の, 一族を, 一生懸命な, 一知の, 一行は, 三郎の, 上りが, 下り列車, 不愍さ, 世間話なんて, 中村鴈治郎から, 久保の, 亂を, 予は, 事であります, 事など, 事なれ, 事やを, 事情と, 二歳違ひ, 交代に, 人々を, 人に, 人心, 人麿の, 仕業に, 他の, 代にも, 会の, 位置と, 位置に, 住持は, 佐助は, 体を, 何かの, 何百分の一の, 作なるべし, 作品には, 來又去つた, 保子の, 俸給が, 借りが, 僕が, 僕に, 僕らの, 僧寺には, 元気は, 先生が, 光景, 克服である, 兵部の, 内儀さんは, 写真が, 写真は, 凄まじい光景, 出来心で, 切なさ, 列車には, 別当定暁僧都さまの, 到るの, 刻みを, 前には, 前後と, 力, 力が, 力という, 効果を, 勢いと, 勢いとは, 勤行を, 半蔵の, 印象から, 印象の, 厭な, 取次の, 口笛を, 可恐い, 名, 名残りに, 吾輩には, 味を, 呼び名として, 唯一の, 問答は, 喜は, 喜びが, 土工の, 坊主の, 場合で, 声色を, 変遷を, 夢では, 大水は, 天師は, 天鵞絨の, 失望は, 奉仕者の, 奉行所記録を, 奔騰する, 女房の, 如, 如き閣員, 如何に, 妻を, 妾は, 姿, 姿勢である, 姿勢は, 嬉しそう, 子供らしい, 安らかな, 宜き, 客は, 家の, 家庭の, 家庭服としては, 容子から, 寵を, 将軍は, 小判一枚は, 少女は, 山の, 左膳の, 己れ, 帝から, 幕府に, 平岡は, 弟が, 弟の, 強い印象, 形が, 形見である, 影が, 役に, 彼女には, 彼方に, 彼自身の, 待遇を, 御前相伴衆の, 御感想, 微笑などが, 徴候に, 心が, 心もちでは, 心やりと, 心地が, 心境を, 心持だ, 心持ちを, 心持です, 心持の, 心掛けで, 心理は, 忙が, 快さ, 快感を, 思いは, 思い出に, 思出などに, 性慾は, 恐ろしかつ, 恐怖や, 恥かし, 恩寵を, 患者の, 悪事の, 悲しみ, 悲哀の, 悲痛な, 情なさ, 情を, 想像に, 愉快な, 感得中に, 感情とは, 感想が, 感激は, 感激的な, 感触を, 感銘を, 態を, 態度である, 憂愁に, 我がまま育ちに, 我に, 所持金が, 手を, 手應は, 手本に, 拍子木が, 拷問の, 挨拶が, 挨拶に, 探偵の, 摩擦に, 支配の, 政権の, 政治が, 敗者, 文三の, 新聞記事の, 方がずつ, 方は, 方を, 日か, 日当に, 日記は, 早さ, 春, 時の, 時代でも, 時刻を, 晩の, 曲線に, 曲線は, 最期と, 有ける, 有様です, 服装の, 朝日会館, 期待に, 束縛と, 条件が, 条件は, 来らんこと, 来るまで, 校長先生の, 根源的の, 概念は, 構圖は, 様子などが, 模様は, 権力に, 檄文に, 歌には, 歌の, 歌も, 歌をも, 此の, 武蔵の, 歩き方, 歩行に, 死は, 死骸も, 残酷な, 氏は, 氏神と, 気もちは, 気分が, 気分即ち, 気持といふ, 気持も, 氣分が, 氣持を, 決心を, 法度に, 波に, 津田には, 流れには, 流行を, 海賊どもの, 消息を, 涙は, 温度が, 滅し得ざる, 演説の, 火事は, 災難だ, 無邪気な, 煙草を, 父や, 物語を, 特徴は, 特称, 犠牲者の, 犯罪が, 状態によって, 状況が, 状況を, 現在において, 生じ得ずまた, 生活と, 生活は, 用には, 用心だ, 用心にと, 用心を, 用意昔の, 田舎の, 異常な, 當惑さ大方は, 症状が, 癖だった, 癖に, 白い手, 白雲の, 皇太子, 目に, 目の, 目付それで, 目的を, 直感は, 相場で, 省線で, 真名古の, 眼つきに, 知識である, 礼拝なり, 神が, 神経, 祭礼に, 私から, 私と, 私自身を, 移りを, 移るも, 移るをも, 空には, 空気が, 窮屈さ, 立て換へと, 竹さんは, 笑顔, 笹村は, 節子の, 約束では, 紐の, 終りに, 終末とともに, 経つうち, 経過によって, 経験も, 絵は, 絶望と, 緊張した, 美くし, 美は, 習慣に, 習慣の, 老母の, 背中の, 能勢の, 腰付が, 自由派大臣は, 興奮が, 航海の, 船が, 船に, 船頭だ, 芝居は, 花と, 苔の, 苦労を, 虐殺ぶりは, 蝙蝠が, 血の, 衝撃が, 表情である, 表情を, 複雑な, 要心に, 覚えが, 観察を, 観念も, 言葉に, 記念である, 記録に, 診察について, 詞を, 詩は, 話であっ, 話など, 話も, 誓いを, 語を, 調子も, 談話を, 講演で, 貌その, 費用な, 趣で, 距り, 車掌は, 近づいたこと, 返事であった, 追憶喜びも, 追懐を, 逃げのびて, 通り雨が, 速度は, 運さ, 運つよく, 運行, 過ぐる, 道は, 道江の, 遺言に, 遺風らしく, 重さ, 銀ちゃんの, 鎌倉の, 鐘だろう, 鐘と, 鐘も, 降雪の, 隔りが, 隔りは, 電車が, 青年の, 静かな, 面が, 音と, 音や, 頃だった, 頼なき, 頼みに, 顔だ, 顔色を, 風の, 風光を, 飛行です, 食物の, 駭き, 騒ぎから, 騒動と, 騷擾から, 鳩時計が, 鶏の, 麓の

1 [7530件 抜粋] ああも, あでやかさその, あのも, あの御, あの敵方, あの病気, あの騒ぎ, ありける, あわただしい足, いきほひで, いわゆる人種改良, うなずきを, おおぎょう, おばあさんには, お三人, お喜び, お引きあげ, お札は, お燕, お船頭, お話でも, かおの, か注連縄, くだり, こつてす, ことちやうど, ことなりし, こと二人が, こと政子には, こと私が, この, この頃, ごとくおどおど, ごまかしには, さびしさは, しばらくとか, すさまじい光景, せめて或, その冷酷, その悲し, そばで, そんな心持, たのみだったが, だらしない, つれか, ときの, どことなくニヒリスティク, なかで, なんとも云えぬ, はここ, はやしである, は此奴等, ひだるい気持, ほかそれっきり彼は, ほの暗い木下道, まずいもの, ままにな, みじめさが, もう一つ, もの凄い水柱, ゆき子の, ような打ちとけた, よろこび様, わたくしたちの, アイスクリーム五時の, イオナ海峡の, オキマリの, キャジノの, コンパスの, シーンを, センチメンタリズムを, テープに, ドーブレクの, ハズミが, ビスマルクの, プログラムに, マカロニの, モンラムは, リュックサックの, 一つであった, 一念は, 一般の, 七月に, 三輛目へ, 上演目録は, 不健康さの, 不平組も, 不祥, 世か, 世話やら, 中国人の, 主人将監の, 乗客有志を, 乱雑な, 予定では, 事だつた, 事なんかが, 事今猶, 事情により, 事迄, 二番目で, 五島理学部長も, 交替と, 人と, 人形です, 人相が, 介抱学課の, 他に, 代表者に, 伊那丸の, 会見は, 体験から, 何時もの, 作として, 作文に, 例で, 便利身を, 修学旅行以外一切東京を, 倍以上も, 健三は, 傘とを, 僕自身に, 兄と, 光景です, 入沢博士の, 公使の, 兵隊さんたちの, 内乱とは, 再びの, 写真よ, 凍った坂道, 出入口, 出来事の, 函数である, 列國の, 利と, 刻みとともに, 剣幕と, 力松の, 励みも, 動きゆく, 勝手な, 勢ひといふ, 北大の, 十風の, 半睡, 印象さえ, 危ふさは, 又之丞は, 反対で, 取計らひを, 口惜さを, 古今に従って, 句を, 台に, 司法大臣に, 吉野太夫よりも, 同行三人と, 名判官板倉殿, 名題が, 吾輩の, 味噌汁にさえ, 命に, 唇もとだの, 問題とは, 喜びッたらなかった, 噂を, 回顧や, 國王の, 地下電車に, 執務終了の, 報告書が, 塩田検事正の, 声であった, 変化に, 夕闇でした, 外洗ひものも, 夜行に, 大ビケ, 大塚さんは, 大毒, 大胆不敵な, 大道具の, 天気によ, 太守劉韻は, 夫婦以上の, 奥さんについては, 女中質朴らしい, 女道樂が, 如きも, 如き神祕高雅, 如く兵糧攻め, 如く芸文, 妨にな, 始め終りには, 姿や, 娘には, 嫁御寮に, 子供っぽい, 存八思わず, 學問と, 官憲から, 実弟北条泰家を, 室内は, 宰相アスキスは, 容子だけは, 寂しみ, 寝衣, 寵児であった, 将軍家家慶公は, 小さな坊さん, 小田急で, 少し前, 居士は, 山師坊主の, 島原の, 巫女と, 帝を, 帰朝者としての, 幕府を, 平次とは, 幸田と, 幾の, 座に, 式と, 強い日, 形で, 影響の, 役人からの, 彼女に, 後には, 後醍醐が, 御報告, 御所様の, 御相談, 御返事を, 微笑した, 心とを, 心事を, 心強さ, 心持といふ, 心理上の, 必要である, 快い感じ, 怕かつ, 思い出である, 急場を, 怨嗟著者の, 恐らく芸術家, 恥らい勝ちな, 恰好である, 悪感の, 悲哀, 情懐を, 惨な, 愉快と, 意見は, 愛情や, 感じより, 感想である, 感激の, 感銘が, 慎しみと, 憂鬱な, 成績が, 或物, 戸外が, 所置は, 手先を, 手紙が, 打った後, 折ふしにも, 持ちの, 挙動など, 授業時に, 推移といふ, 操縦指揮者ヴォドビヤーノフの, 政事家に, 政治を, 教員の, 敬意と, 文さんの, 文淵閣書目に, 斎藤先生の, 新旧を, 方向の, 旅行も, 日本は, 旧蔵本, 明日の, 春琴女は, 時刻七時四十一分を, 景子の, 智識は, 曲者に, 最大の, 有り様を, 有様などは, 服装です, 朝日会館を, 木村摂津守の, 机竜之, 来た如く思い捕吏, 東京発で, 柳ばかりは, 根源的姿に, 検察当局に, 楽しみに, 様な思ひ, 樂し, 樣子で, 権威者として, 次あ, 歌人が, 正装であっ, 武蔵は, 死ぬとき, 殘り, 比に, 気の毒さも, 気味の, 気持ちでは, 気持次第で, 氣持ちを, 汚さ, 汽笛が, 沢庵は, 法王が, 泥醉した, 流れいひか, 流動推移が, 浪士らは, 海軍政策を, 淋しい自分, 混乱から, 温度で, 満足は, 演説と, 潮と, 火事には, 点検が, 無念無想即ち, 煎餅の, 熱は, 爆発的に, 爺やの, 物狂い天狗騒ぎなど, 犠牲は, 状景は, 独語でありました, 玉藻の, 現在の, 甘い夢, 生計を, 用心だった, 用意は, 男らしい気分, 番組は, 病子規は, 癖の, 白内障が, 皇后である, 目つきです, 目録を, 相場六十円で, 相識宮本半蔵が, 真面目くさって, 眼と, 着物にと, 矜恃で, 研究では, 磨滅力にたいして, 社会的役割が, 神の, 神遊びよりも, 秀吉の, 秋東京に, 移ると共に, 空が, 空費と, 立會人, 笑の, 筍の, 篩に, 精神機能が, 紀行文を, 純な, 終ったの, 経ったもの, 経験に, 結論に, 經つた者との, 総理は, 縁で, 置文を, 美佐子の, 羞恥を, 翌る, 老中酒井左衞門尉の, 考には, 聞書を, 脊椎の, 臍かためけり, 自炊道具で, 至れる, 舞台監督として, 色合の, 若々しい情熱, 若葉の, 苦労さ海で, 苦痛の, 茶を, 莊之助の, 落下速度である, 蒼白い聖ら, 薄氣味, 處士阮孝緒の, 血だ, 行くま, 街の, 表情にも, 袴を, 褶の, 要素の, 規則には, 親切気という, 觀念の, 言葉すら, 計画は, 記念は, 記憶眉の, 証拠とも, 詩を, 話だらう, 話死体が, 誕生だ, 読書の, 談判の, 講師の, 警視総監三島通庸は, 谷永の, 貧しき自慢, 費用を, 賭場銭を, 趣意は, 足音を, 身の, 車代に, 転変を, 辛かった, 迅さに, 返事を, 追放に際して, 通り, 通人の, 連は, 進むこと, 遊楽三昧やら, 運によって, 運気に, 過失は, 道具立てでし, 遠い美しい記臆, 遺臣らだ, 邸宅の, 都合次第や, 重々しい口調, 野菜を, 釣仲間は, 銃声に, 鎭臺へ, 鐘楼が, 長官の, 門, 間に合せの, 關係を, 陰鬱な曇り, 階段の, 集会には, 雲浜の, 霊魂に, 青年達は, 面影を, 音楽が, 響きに, 順序から, 頼みに従って, 顔つきである, 顔色で, 風俗だ, 颯爽たる, 飯と, 首が, 馬子さんだ, 騒ぎつてなかつた, 驚きも, 高い時計台, 鬼頭少佐は, 鰻の, 黒吉の

▼ 時には~ (11431, 6.7%)

150 私は 101 彼は 61 それは 51 いつでも 45 自分の 37 私の 35 それが, 彼の 30 さすがに, それを, 彼女は 29 私も 25 何か 23 もうその 21 僕は 19 人は, 他の 18 非常に 16 そこに 1514 何も, 流石に, 自分は 13 何の 12 彼らは, 急に, 私が, 誰も 11 それに, 手を, 流石の 10 仕方が, 彼等は 9 これらの, さすがの, わたしも, 例の, 女の, 次郎は

8 [16件] これが, これは, これを, すぐに, どうする, 一種の, 僕の, 女は, 悪いもの, 普通の, 此の, 父は, 確かに, 窕子は, 葉子は, 誰しも

7 [17件] その結果, もう夜, もう彼, もう私, わしは, 不思議に, 二人の, 人々は, 何う, 何を, 帰って, 彼が, 彼女の, 日は, 自分が, 誰でも, 起きて

6 [22件] いつもこの, いつもその, お前は, かれは, きつと, その時, だれも, もう日, 二人は, 何でも, 何時でも, 僕も, 家の, 少しも, 彼も, 必らず, 東京の, 殆ん, 眼が, 自から, 自分も, 黙って

5 [40件] さう, その人, その女, その男, それらの, どうかする, どうした, ほんとうに, もうこの, もうそこ, もう何, わたくしも, ウンと, セエラは, 一緒に, 二人とも, 人間の, 今まで, 何と, 前に, 前の, 労賃は, 妙に, 妻は, 娘は, 子供は, 實に, 床に, 彼等の, 日が, 日本の, 暫らく撲たれた, 村の, 母は, 男の, 目を, 相手の, 私に, 自然に, 船は

4 [60件] あたりは, あなたの, あなたは, あれほど, いつもの, かなりの, ここに, この部屋, これに, こんな風, その声, それこそ, そんな事, どんなこと, もう, もうお, もうそれ, もうどこ, もつと, 一人の, 一方の, 不思議な, 乃公は, 之を, 人の, 今度は, 他方の, 偉大なる, 口を, 右の, 多少の, 夜が, 夢の, 妾は, 家を, 左程にも, 常にその, 必ず起き, 我々は, 早や, 月が, 気が, 気を, 水の, 海の, 涙を, 父の, 町の, 皆が, 直ぐに, 眼を, 自分で, 自分を, 表の, 親は, 起きねば, 間が, 陽は, 青年の, 頭が

3 [150件] あの人, あの男, あんなに快活, いろいろな, うれしかった, おれは, お互に, お前の, お可愛想, お母さんは, かう云, ここの, このよう, しかしもう, すでに遅く, すべての, そこから, そこには, そのため, その光, その前, それと, それまでの, た, どうしたら, どこか, どこへ, なかった, なって, なんの, なんらの, ほかの, またその, まだ十五分, もう一人, もう二人, もう手, もう死ん, もう若い, もう金, もとの, やはりこの, よく彼, わたくしは, わたしは, われわれは, チャンと, バックは, 一グラムについて, 一人で, 一文の, 一日の, 主人の, 人々の, 人に, 仕方の, 他人の, 以前の, 何にも, 何らの, 何事も, 何人も, 信長は, 俺が, 俺は, 俺も, 僕に, 先生は, 刀の, 刀を, 切って, 却て, 原稿紙の, 向うへ, 君は, 国の, 土地の, 塔の, 声を, 夏の, 大の, 大小を, 大森の, 妙な, 家に, 己れ, 庭の, 彼らが, 往来の, 得て, 心が, 必ず, 必ずその, 必ず誰, 思いも, 恐怖の, 息が, 或る, 手に, 手紙を, 敵の, 文章も, 既に自分, 日に, 早くも, 昔の, 書物を, 最初の, 本の, 本当の, 机の, 極度に, 次の, 死んで, 母も, 水が, 水を, 波の, 涙が, 無限の, 父親の, 父親は, 現在の, 用心を, 男は, 目が, 眼の, 神の, 私たちは, 私には, 私達の, 私達は, 種々な, 第一, 紋也の, 結晶は, 胸が, 誰よりも, 足の, 足を, 身も, 途方に, 遊びにも, 道の, 間の, 雪が, 非常な, 頭を, 顔を, 鳥の

2 [592件 抜粋] ああし, あけるかも, あなたが, ある大きな, いいが, いつかそこに, いつくしみの, いつまでも, いつもこんな, いつも口ごも, いつも彼, いつも彼女, いつも眉, いつも自分, おきまり, おれが, おれも, お前も, お君, お宅, お絹, お金が, かぎが, かなりな, かなりに, かの女, かれ等, きかして, きっとその, きまって何, こういうもの, ここで, この, このこと, このやう, この意味, この瘤, この道, これで, こんな虫, さうし, しかしもうそん, しばらくは, すぐにも, すでに彼, すな, そいつは, そうだ, そうで, そこで, そこの, そこへ, そぞろに, その下, その中, その事, その国, その娘, その方, その死, その眼, その聲, その芸術, その辺, その逆, その連中, その青年, その鞘, それの, それも, それ等の, そんな気, そんな風, たいてい自分, たしかに大尉殿, たしかに返事, たのもしいもの, ためらわず悪魔, ちっとも気, ちょっと知らせ, ですね, どうなる, どう云, どこの, どこまでも, どの人も, なにも, なりぬ, なりませんか, なるまい, はじめて真剣, はつと, ばかに, ほかに, ほっとした, ほつと, ぼくは, またかかる, また調子外れ, まだ今日, まだ誰, まるで伊豆, まるで自分, みんなが, みんな貴重な, むらむらと, もういつのまにか大きな, もういなかった, もうコトコトと, もうレプロシイ, もう一歩, もう今, もう体, もう午, もう半身, もう大戸, もう姿, もう暗く, もう母, もう目, もう眼, もう空, もう自分, もう誰, もう起き, もう身体, もう遅かっ, もう長い, やはり, やはりその, やはり同じ, やれやれと, ゆき子は, よくした, よく作られた, よく太閤記, よほどの, ららき, わざと今日, われわれの, われわれも, クリストフが, クリストフは, ステパンは, ッと, ノロ勘が, ピストルを, プラトンは, リヽーと, 一しょに, 一体どんな, 一心の, 一方が, 一月に, 一般に, 七人の, 七八人が, 三十分と, 上の, 上半身を, 上等の, 不意を, 不自然に, 世界中が, 世辞も, 世間は, 中, 中流上層階級の, 主人が, 主人は, 主税の, 事情は, 二人で, 二匹の, 二時間ばかり, 五分も, 五日も, 亭主は, 人が, 人夫が, 人間は, 今から, 今つとめ, 今でも, 今の, 今は, 今みたいに, 今少し, 仔牛ほども, 仔細に, 仕事を, 仲, 住居の, 何うし, 何うである, 何とかし, 何とも, 何ほど, 何よりも, 何時も, 何時も躊躇, 余の, 余は, 余計に, 作家活動は, 併し, 例も, 信吾は, 俺の, 僕等は, 先生が, 先生に, 先生の, 兎に, 全く何, 全く絶命, 全然在来, 八五郎の, 兵野は, 其の国民, 其処に, 内に, 出て, 出来るだけ, 切明けの, 列車は, 別の, 制帽を, 前よりも, 劇的な, 力めても, 勝手に, 十人の, 千世子は, 即座に, 却って邪魔, 友人達が, 反対に, 口も, 古本や, 可なり, 台所の, 吃驚した, 向うの, 君が, 君の, 吾人の, 周囲の, 坊主に, 堀口は, 堂宇は, 墓の, 壁に, 外の, 多くの, 夜に, 夜も, 夢中に, 大に, 大分くたぶれたらしく, 大勢の, 大変な, 大変に, 大抵の, 大沢は, 天子様は, 太子も, 太田は, 夫は, 女帝に, 妙子は, 妹の, 妻が, 娘の, 嬉しかった, 子供の, 学校の, 宅の, 定つたやう, 実隆は, 実際烈しい, 客が, 客の, 室の, 容赦なく, 宿へ, 將軍の, 小さな船, 小腰を, 小雨が, 山の, 屹度その, 岩の, 島の, 川の, 左の, 巧みに, 平気で, 庭先や, 彼に, 彼には, 彼女が, 彼是もう, 待てども, 徒らに, 得々と, 御米, 徳さんの, 必ずこれ, 必ず何, 必ず寝る, 必ず私, 忘れては, 急激に, 悲しいだけ, 想像も, 愈クライシス, 意識的には, 慰めて, 我々の, 我々人間と, 我を通しても, 戸惑ひし, 手紙は, 持って, 持つて, 数馬は, 文学の, 文武の, 斯んな, 既にその, 既に詳しい, 既に音樂, 日の, 早く寝, 星を, 昨日会った, 時々深く, 時を, 曾ての, 有繋, 朝寒けれ, 未だ蓋, 本を, 李は, 村, 来なかった, 果して如何なる, 校長と, 案外その, 案外の, 極めてイタ, 極端に, 歌ふ, 此を, 此処で, 歯車も, 死んだ方, 母の, 氏は, 民衆を, 気に, 水晶の, 水筒の, 氷砂糖にも, 池の, 決してお, 決して嘘, 決して幇間, 汽車は, 油舐, 洞窟の, 洲そのものが, 浪人者は, 海へ, 清三は, 湖水に, 湯茶が, 火は, 熱海へ, 父さんは, 物蔭に, 特別に, 犬の, 玄関まで, 珍らしい, 瑠璃子の, 甘んじて, 生憎く, 男も, 病気の, 登志子は, 白軍には, 白髪頭を, 百合子は, 目に, 直接に, 相当に, 相当の, 省三の, 眠りに, 短いスカート, 石は, 硝子を, 祖父さんは, 神さまに, 神さまは, 神は, 私にも, 私を, 種々の, 空の, 窓から, 立って, 立派な, 立派に, 第二, 第六, 笹の, 精, 糸嚢は, 美津子の, 肩を, 能く, 腰が, 腹は, 自信が, 自分にも, 自己の, 自由に, 舌を, 舟の, 色々の, 芸術と, 若い亜米利加人, 草の, 葉桜の, 蔵海は, 血は, 行列の, 被害者は, 製造業者は, 裾を, 西洋の, 見す, 見せて, 見ること, 見る人, 見舞いに, 話は, 誰が, 誰だって, 誰にも, 誰の, 貨物は, 赤坂の, 足が, 路ばた, 路上にも, 身体を, 軟い, 転出する, 近所の, 逆に, 途中で, 違った世の中, 部屋の, 都合が, 酒が, 野送, 針仕事なども, 長吉は, 長屋の, 長靴を, 阿母, 隣近所の, 雨の, 雪は, 電報を, 電車の, 霧の, 頭から, 頭の, 頼みに, 風が, 風の, 飛び越せると, 食卓の, 飴は, 餘り, 香料を, 馬から, 馬を, 駕籠の, 駿介は, 騰貴し, 驚きましたよ, 骨の, 麓の, 麦畑の

1 [7978件 抜粋] ああいう, あたりの, あの井戸, あばれても, あらゆる音, あれでも, あんな格好, いかな, いかに智恵, いくら飲ん, いっこうに気, いつに, いつもこわい, いつも両方, いつも国王, いつも意識的, いつも祖母, いつも麺麭, いよいよ驚い, うっかり出られません, うんとこ, おそらくカツト, おのずからこう云う, お互い様さ, お前達は, お師匠様, お湯を, お葬, お骨, かえって寂しく悲し, かしこまゐるだと, かならず石, かれら, きっと人, きっと砂糖, きまって甥, くだらない夢, こうこういう, こちらを, このピクプュス小路六十二番地, この啓之助, この島, この汁, この種, この重, これまで, こんな女, さうだつ, さながら亡くなった, しきりなし, じつに予期, すこしも彼, すでにそれ, すでに北条美作, すでに粗, すべて解決するだろう, せいぜい水牛, ぜひ必要, そうした一区劃, そう投, そとを, そのまま甲板, その世間, その価格, その反対, その場, その屋根さ, その意識, その暑寒, その激情, その相反, その老獪, その製造業, その道, その黒い美しい, それでも窕子, それら過去の, そんな物, たいてい男, たしか五十八枚, ただ一入, ただ遠く, たぶん四人, だれしも, ちと渡し, ちょうどルパン, ちょっと帽, つい徹夜, ていねいだった, とても他, とん, どうしてもいつ, どうもそれ, どちらかと, どんなに寒く, どんな気持ち, なおたまらなかっ, なげく時として, なるだろうな, なんとなく不満, のしかかって, はや振り返る, ひとりでに湧き上っ, ひょろ長い木造, ふるへはを, ほとんどわれ, ほやを, ぼく達が, またいつも, また五日位, また現在, まだこれ, まだシヤンパンサイダ, まだ小学校, まだ癒, まったくそれ, まづ反射的, まるで急, みな一神的な考へ, みんな笑わず, もうお前さん, もうすつかり安心, もうどう見, もうピオニイル, もう三人, もう会, もう兩方, もう前, もう喉笛, もう大体, もう家, もう弦, もう方々, もう正気, もう深谷, もう男, もう窓, もう船, もう赤かっ, もう酒場, もう頬, もしや狭い, もっと悪性, もはや心から諸君, やっぱりこうなさる, やはり最も天才的, よくそうした, よく岸本, よっぽどしっかりした, わが月草, わたくしが, アマさんに, インドの, オスボルン・レーノルズが, ガラリ人間, グイと, サア罪人は, ジプシーの, ストーヴに, ゾラに, テキメンに, ドの, バケツでさえも, ビヨン先生が, ベアトリーチェは, マア坊が, モウ犯人の, ラザルスは, リヴィングストーンを, 一々ねえさん, 一万円の, 一入故人, 一同洞内の, 一寸何故生き, 一層嬉しかっ, 一握りの, 一時務が, 一枚ずつ, 一番諦らめの, 一通りの, 丁度岡田, 三〇クヲタアすなわち, 三千人の, 三条小鍛冶ある, 上田の, 不安な, 世にも稀, 両陛下, 主人よりも, 乗ること, 乞食部落が, 争われぬ病, 二で, 二十万両という, 二度位宛かならず, 二階の, 五十銭が, 京水の, 人前も, 今こそ, 今日ほどの, 仕方なし, 伊作と, 伯父が, 体当りで, 何だかまるでこの世, 何といふ, 何とも云え, 何んでも, 何卒宜敷, 何處か, 併かし私の, 俗悪な, 俺達と, 僅か八十人, 儲けそこねました, 充分理解, 先づ砲又は, 入口の, 全く役に立つ, 全欧州民族, 八九人も, 六圓に, 其の人, 其刺戟や, 其酒席に, 再拝し, 出して, 出発し, 刑事は, 別にお, 別段そうした, 前垂の, 力を, 勉強し, 勢い愚痴, 化学部の, 十分でも, 千円あるいは, 半開きの, 単に吁, 却って郊外, 又その, 友人の, 口ぎたない言辭, 可なりの, 各工場, 同じ樣, 名主幸左衞門原丹治も, 君ほんと, 呉葉と, 和らいで, 唯おとなしやか, 善良に, 嘘だって, 四国屋で, 困っちまう, 国民は, 地下へ, 坊主は, 場所がら問わず, 変装も, 外衣の, 夜中の, 大いに飲んだ, 大之進, 大喝を, 大小四百隻ポルトガル兵三千六百を, 大抵祖母, 大菩薩峠の, 天下を, 天皇は, 失礼だ, 女と, 好奇し, 妾腹の, 威厳忽ち, 嬉しいの, 子息の, 守るべき門, 定めて, 実の, 実際今昔, 家人は, 宿に, 寒色の, 寺の前の, 小さな手紙, 小指の, 少々うんざりする, 少し積み過ぎた, 就中臆病な, 屍体は, 山本は, 屹度深酒の, 岸山先生という, 巧まない瓢逸, 已に過去, 帰ったから, 常に狂愚, 平和会議に, 年を, 幾万の, 店員たちと共に, 廟見せず, 弟子が, 役に立ちません, 彼女に, 往来まで, 徒刑三年です, 御勝手, 御自身, 徹夜した, 心平さんは, 必ずついて行っ, 必ず二階, 必ず大阪, 必ず最, 必ず自分, 必要以上大きな, 念仏を, 思い出されて, 思わずふっと親, 思わず知らず, 怪物は, 恐ろしい戦慄, 悉皆落ち着い, 悲惨にも, 愉快な, 感情的理智的又は, 憤慨の, 我儘も, 戻つて, 手代ふうを, 手足を, 折角日曜, 指は, 握りこぶしの, 教師の, 数日前から, 文太郎が, 斬衰三年, 旅僧は, 既にアンニュイ, 既に幾分, 既に身體, 日本で, 旧来の, 易も, 是公は, 昼間でも, 晏如としては, 暗い心, 更に更に賞讚, 最も老巧, 最早二人, 月評は, 朝に, 木目に従って, 本名で, 本流文壇の, 来る様, 松原である, 柳田の, 桑畠の, 検事と, 楽屋の, 檜山さんを, 正しく備, 此方へ, 死にたくも, 殆ど無意識的注意の, 殺しても, 母國に, 毎朝, 気の毒で, 氣負つた調子で, 汝の, 決して好い, 決然として, 沼の, 泣いて, 洋食だ, 浜御殿今の, 消すこと, 深沢という, 港へ, 源氏も, 潯陽江の, 火口の, 炬燵が, 無意識に, 無邪気な, 熱湯に, 父祖代々の, 牧畜を, 特に少数, 狭いから, 獰猛なる, 王昭君へ, 理想を, 甚太郎の, 生命がけ, 田の, 男女一同御, 番ごと驚かされ, 病人は, 発明も, 百濟を, 皆私たち妹の, 目も, 相当落, 県令学務委員等の, 真夜の, 着ける, 知らず知らず緊張, 石の, 碌に, 祈りを, 神秘なる, 私たちが, 秋の, 稲荷様は, 空気中に, 窓の, 竹法螺を, 第三班, 篤さんと, 糠を, 素足で, 経済や, 絹ごしが, 総督方騎兵三二八名歩兵四二〇名アルマグロ方騎兵二二〇名歩兵二八〇名であった, 缶詰や, 翌日の, 耳にも, 肉体的にも, 胃袋が, 脱いで, 膝が, 自分としては, 自己を, 自筆の, 船に, 花と, 苦しいとも, 茂少年が, 荻生君が, 葉が, 蕾の, 藝文志を, 蜂は, 行った先, 被って, 覆面武士は, 見掛けたやう, 親譲りの, 計ります, 話し合った事, 読者も, 謙さんや, 譲吉は, 貧に, 貴殿を, 赤い火, 起き上がった時, 路傍でも, 身重だった, 軽蔑する, 近代にな, 退ける, 造花に, 運動の, 遠いはるか, 遺言で, 酔払わない前, 野袴を, 釣り竿を, 銭箱に, 長いよう, 開眼師, 閣下から, 陣十郎の, 随分地味, 隠れて, 雑画を, 雨もよ, 電灯の, 非ず, 音に, 頻りと, 顔貌歩きぶりは, 飛躍的な, 飲める間, 馬子の, 騰貴する, 高山ダリヨが, 魂が, 鳥打を, 黒ソースの

▼ 時から~ (4400, 2.6%)

47 私は 31 して 27 彼は 23 知って, 私の 22 であった, 十一時まで 18 見ると 17 夜の 16 十二時まで 14 である 13 です, 今日まで, 俺は, 四時まで 12 十時まで 11 一緒に, 僕の 10 二時まで, 僕は 9 三時まで, 今まで, 自分の 8 一時まで, 彼の, 思って, 見て

7 [12件] あつた, それを, だ, 五時まで, 六時まで, 午後四時まで, 夕方の, 奉公し, 父の, 私が, 起きて, 非常に

6 だと, 三時までの, 十二時までの, 妙に, 彼女の

5 [18件] わしは, わたしは, 一度も, 九時まで, 九時までの, 人に, 何か, 分って, 十時までの, 四時までの, 好きで, 始まったの, 彼女は, 持って, 朝の, 此處に, 母に, 絵が

4 [29件] あなたの, いっしょに, この男, これは, そうな, それが, だった, なの, 五時までの, 人の, 今に, 今までの, 八時まで, 午後の, 夜中まで, 急に, 晩の, 母の, 眼を, 私に, 翌朝の, 考えて, 親の, 足が, 酒を, 金を, 非常な, 頭の, 馴染んで

3 [81件] あいつは, あった, あなたは, お前は, こ, こいつは, ここに, このよう, これを, さう, すると, そうなった, だから, であつ, でした, ですか, なん, はじまった, はじまります, もう違つて, やって, よく知っ, ビクターの, 一つの, 七時まで, 七時までの, 今日に, 仕事に, 何かの, 先は, 八時までの, 八時頃まで, 六時までの, 出て, 出来て, 十一時までの, 十一時半まで, 夫人に, 妾の, 始まった, 始まって, 始まります, 始まるの, 始めて, 家へ, 小劇場, 小言は, 少しも, 式が, 彼が, 彼には, 忘れて, 手癖が, 教えられて, 数えれば, 早くも, 極く, 正午まで, 此の, 死ぬ時, 母親に, 物を, 生きて, 男の, 真夜中まで, 睨んで, 私には, 私を, 練習が, 翌日の, 耳に, 聞いて, 育てて, 胸が, 自分は, 自然に, 見慣れて, 親しくし, 變だ, 貰われて, 面倒を

2 [262件] あったの, あの人, あるもの, いろいろと, いろいろの, おますの, おれは, お光, お婆さんに, お待ちし, お祈りを, けい古な, ここへ, こっちへ, この女, これらの, すぐに, すでに変, ずいぶん人, そいつが, そうだった, そう言っ, その一箇年, その客間, その日, その男, そんな気, ただ何ん, たびたびその, だが, だつた, だという, だよ, ぢや, であるが, ですから, ですが, どうした, どうもおかしい, どこか, はじまって, はじめますから, ひそかに, ふしぎな, また又, みると, もういい, もう二十年, もう六七年, もう気, やつて, よく山, わずか数年後, わたくしの, オリガさんの, ザッと, チャンと, ナポレオンの, ビクターへ, フィナレの, レコード何を, 一人も, 一文の, 一時までの, 一時半まで, 一時間ばかり, 一晩の, 一歩も, 一種の, 一言も, 一面に, 七時までは, 七時迄, 七時迄として, 七時間余も, 万一の, 三時の, 三時の間, 三時頃までの, 下婢を, 不具な, 世の, 世界は, 世話に, 中津の, 乙ばかり, 乞食の, 二人は, 五時の間に, 五時半まで, 人を, 人間は, 仁科を, 今日の, 今朝まで, 他の, 仲が, 休みを, 伸子の, 何う, 何だか親しみ, 何も, 何事をか, 何年間夢中で走りつづけ, 何時まで, 使って, 來て, 例の, 偽物だった, 僕には, 先生旺に, 六時の間に, 六時までという, 其処に, 其後一度も, 冬に, 出來, 別れて, 十一時半までの, 十一時迄, 十三年いまに, 十二時の間だ, 十二時頃まで, 十二時頃までの, 十五の, 十時, 十時までと, 十時四十分までの, 午前の, 午後一時まで, 午後三時まで, 午後五時まで, 友達に, 友達の, 叔父の, 口が, 名誉を, 君の, 四十四にも, 坑夫に, 夜中の, 夢に, 大人の, 夫でも, 夫婦に, 女が, 女姿で, 如水の, 妙な, 姉妹の, 始まったか, 始まつた, 始まつて, 始まる, 始終本, 娘の, 子供の, 存じて, 学問が, 学問を, 学校に, 家に, 家の, 寺が, 少しずつ, 山のに, 幾歳を, 店を, 引き続いて, 彼を, 後藤立川二ツの, 御厄介, 心の, 思つてゐた, 怪しいと, 或る, 房州へ, 手塩に, 抱いて, 拙者は, 持たぬやう, 持つて, 教へ, 教会にも, 数えて, 既にその, 日劇五階で, 早や, 是れ, 昼の, 最早五年, 朝夕に, 本を, 朱の, 村を, 棒が, 此樣な, 気が, 気がついて, 気に, 気の, 海について, 海は, 源氏は, 火傷か, 無口で, 父は, 父親の, 牛乳を, 現れて, 甲板で, 目に, 眺めて, 知つてゐる, 知つて居る, 祖母の, 秀子の, 私たちは, 私も, 稽古だ, 空想勝ちな, 第三部会, 第二部会, 第四部会, 結合した, 続いて, 聞かされもし, 育て, 能く, 自分が, 自分一人の, 自慢の, 舞台稽古, 船頭で, 花柳界に, 苦しがる, 苦労を, 苦学を, 藤間流の, 見れば, 見覚えて, 覚悟を, 親に, 親を, 貴方は, 起き出して, 起つて, 跛者跛者と, 身に, 途中松風と, 酒が, 酒に, 酒の, 酒も, 門の, 開くバター, 開催した, 飛行船が, 飲み馴れたせい, 飼って, 馴れて, 齲歯の

1 [2888件 抜粋] ああいう, あちこちの, あとを, あのひと, あの恋しく, あの通り, あらゆる人生, あるのに, ある面白く, いい毛, いっても, いつのまにか藤吉郎, いにしえに, いよいよ精分, いろいろ苦労, おおかたあの, おかあさんに, おやりでした, お世辞, お伽話として, お友達, お屋敷, お構ひな, お父様, お育て申した, お集まり, かう云, かほどまでに, きっと聖者, きれいで, けさ八時迄の, こうしてここ, こだ, この, この二隻, この功, この女丈夫, この少女, この樟脳, この牢, この秋森家, この貴い, この騒ぎ, これといふ, こんなに鼻, ご自分, さう云つて村, さのみ, してが, すぐ後, すでにこんな, すでに五十年, すでに眼, ずいぶん空, ずっとそうし, ずっと後年, ずっと立ち続けてる, せめて夢, そうでした, そう思わず, そっくりそのままに, そのやせた, その世界, その出現, その後の, その父, その脈搏, それだけは, そろそろ彼, そんな話, たけば, たびたび方々, だつたが, だ私, ちゃんと壺, ちょうど七十年, つかわれて, つねに進化, てんぐは, でありました, できて, ですかと, では, で会場, で諸, とんがらしを, どうも僕, どう云う, どれが, なかなか苦労, なにか暴れ, なんだかその, なんとなく騙され, のは, はじまったと, ひけは, ひよわい質, ほとんど一語, またさらに二十年, まだまだ生き, まわりの, もう, もうそんな, もう三年, もう僕, もう冬, もう博士, もう恩だらけ, もう落ち着かない, もはや地上, やって来たの, ゆるい陣痛, よく弟妹, よく話, わかつて, われわれ兄弟は, オソアビアヒム, キャプテンに, クラブの, ゴーリキイは, ゼネ・ストに, チャアンと, ノッポと, ビクターで, フランス語は, プレスコで, ホラブンと, ミス, ランドセルを, ヴァイオリン弾き, 一つ恐ろしい, 一八九二年に, 一刻も, 一層希望, 一年目に, 一時ごろまでは, 一時間半ほど, 一死は, 一筋縄では, 一軒だけ, 七日目に, 七時二十分まで, 七時迄といふ, 三十分間放送された, 三四郎の, 三年生まで, 三時か, 三時五十九分までの, 三要の, 下宿住いには, 不安定に, 与次郎は, 世界的な, 両親と, 中学を, 中納言の, 丹羽五郎左衛門に, 九カ月たっ, 九時の間, 九時五十九分までと, 九条の, 予の, 二三年前の, 二人で, 二十六哩四分ノ一の, 二年半という, 二時までぐらいの, 二時間ばかり, 二等室で, 互に視線, 五時すぎобедを, 五時六時から, 五郎は, 人々に, 人工的に, 仄見え, 今年の, 今日で, 今朝までも, 仏教と, 仕込んだから, 以後の, 仲よしの, 会社に, 住みこんだの, 体養に, 何でも, 何となく好意, 何よりも, 何処と, 何時でも, 余り多弁, 使われて, 俗生活の, 俺にも, 偏食癖の, 僕なんかより, 兄弟五人他人まぜず, 先生で, 全くすべて, 全部解消し, 八時, 八時二十分までの, 八時間東京に, 六十前後まで, 六時までも, 六時頃の, 内から, 再びまた, 冬至の, 出なくては, 出来たという, 分れたもの, 初めて沢子, 利三郎が, 前より, 勇は, 勤を, 北部の, 十一時の間氏家さんが, 十一時半ぐらいまでの, 十一時頃まで, 十二時の間でしょう, 十二時近く迄, 十年あまり前の, 十時くらいまで, 十時までは, 十時間も, 午前五時すぎまで, 午後三時までの, 午後五時, 午後四時迄, 卒業する, 即ち鎌倉時代, 又山水楼, 双葉を, 口先では, 可愛らしかった, 吉良は, 同輩から, 君を, 吾輩は, 和歌の, 唯の, 喰い意地, 器量と, 四時ぐらいまでは, 四時半ぐらいまで, 四時間労働で, 四百五十年も, 土蔵の, 壁の, 夕の, 外を, 多助, 夜ふけまで, 夜十時まで, 夢の, 大へん緊張, 大好きだった, 大急, 大變親切心, 大鼾, 夫人は, 奥様と, 女中部屋に, 好いて, 好な, 妻子の, 始まったという, 始まりその後幾多, 始まること, 始まる豫定, 始められること, 姿が, 婦人の, 嬉しくなりはじめた, 子路の, 孤立無援の, 學校の, 宗助の, 宝祥寺住持秋山暁道師によって, 宣伝という, 家で, 家庭を, 富士と, 射撃の, 小太郎には, 小説が, 少からず疑, 少し気, 屋台の, 山荘の, 島の, 工場を, 己に, 希望し, 常に人, 幕府方は, 幾分二心, 広まって, 座談会を, 弁えては, 弟が, 弱く小さくまた, 当然受, 彼らは, 彼是十年もの間虐げられ続け, 待機の, 従いて, 御息所の, 御養育, 心を, 心臓が, 忙しい生活, 怖しかつ, 思ふに, 怪しい色, 恋仲であっ, 息子への, 悪事を, 愉快な, 愛し合った二人, 慈悲心牛馬にまで, 慣れて, 成王康王の, 或は登山, 手に, 手離し, 折々顔, 指紋が, 掴んで, 放さなかつた扇, 故意に, 数えても, 敵の, 文化芸術の, 斧入れず, 新川へ, 方々を, 既に先生, 既に心, 既に茶の間, 日劇舞台けい古まだ, 日本人の, 日記を, 明までの, 昼食までの, 暗に老公, 書いたこと, 有ったかね, 朝まで, 本が, 本読みな, 来たん, 東二郎どのを, 松木弘安を, 桃太郎と, 植村東急社長邸で, 権力は, 次第に詩, 歌を, 此人をを, 此方へ, 此野郎迚も, 歩きつけてる道, 死体が, 母から, 毎年来, 毎日飛行機に, 氏はずつと, 気にかけては, 水甕は, 江戸へ, 河内山を, 泣蟲で, 洋書を, 浪花節の, 海の, 深い疑惑, 深刻な, 渡すん, 溜りはじめた胸, 潜んで, 無くなつた, 然う, 熟し始めたの, 父からは, 父親は, 物思いを, 犬一匹飼つた, 猛烈な, 理想の, 生じた, 生起した, 由藏は, 男子の, 異常を, 疲れきつて, 痩せてたのよ, 発展の, 百万単位と, 百年も, 目には, 相当和本類, 眼に, 知っては, 知つていたんだ, 知り合ひと, 研究課の, 祖母上の, 祥子の, 私と, 私へ, 私達は, 種々な, 稼ぎに, 立ち去る時, 竹内流の, 管理人の, 精神的にも, 素直な, 終列車までの, 絶えず耳許, 續い, 義太夫が, 習い始めると, 老せた, 考へ続けて, 聞き覚えの, 聴いたよう, 肚の, 胃弱で, 胸騒ぎの, 腕利きで, 自分に, 自宅において, 至極元気, 舞台けい古の, 船を, 艱難し, 花田橋の, 芸術的傾向に, 苦労の, 草木が, 萌しては, 落魄の, 蒔て, 蘆の, 蜜柑を, 行く, 行ふ, 西方に, 見たり, 見ますと, 見覚えの, 覚えて, 親たちに, 親類の, 言おうか, 試写な, 該方面に, 読書にばかり, 誰にでも, 諸所を, 貞吉は, 貧家に, 賢こい, 赤坂の, 起り今, 踊りが, 身体の, 近年完成する, 返事は, 透視的直覚力の, 造らせた好い, 運命が, 遥か年を, 都の, 醜い醜いと, 金谷山宝祥寺に, 鉄道の, 長崎在の, 開かれるの, 開始する, 間を, 降出したとも, 随分種々, 雑沓する, 青年の, 面白くなった, 音楽入りで, 頭脳に, 飛行家が, 飲兵衛でなかったら, 馴らされてる社交裡, 騙されるの, 高い鼻, 鳶人足の, 黄昏どき

▼ 時~ (4050, 2.4%)

127 過ぎて 54 打った 46 同じくし 41 定めて, 経て 38 すぎて 35 得て 32 送った 31 待って, 指して 27 過して 25 得顔に, 見て 23 刻んで 22 期して 21 同じうし, 打つと 20 打つ, 打つた, 送って 19 移して 18 過ぎると, 過ごして, 過した 17 同じゅうして, 廻って 16 待つて, 移した 15 同うする, 忘れて, 過ぎても 14 まわって, 打ちました, 過ぎた頃 13 合図に, 報じた, 打つの 12 打って, 見計らって 11 うった, おいて, すごして, 計って 10 りは, 異にし, 過ぎてから, 過ぎる頃, 選んで 9 すごした, ねらって, もって, 同うし, 少し過ぎ, 少し過ぎた, 打つ音, 移さずに, 過ごした, 隔てて 8 うちました, 打ったの, 打っても, 狙って, 費して, 過ぎたばかり 7 うつと, つぶして, りに, 刻む音, 見はからって, 見計って, 送つた, 過ぎた

6 [13件] うつ, きめて, すぎても, すこし廻った, 告げて, 報じた時, 待つこと, 思えば, 打つて, 示して, 経るに, 經る, 置いて

5 [21件] うかがって, えらんで, おいては, きって, さして, へだてて, 告げた, 廻つてゐた, 待った, 待つ, 得たもの, 楽しみに, 求めて, 消して, 移さず, 經て, 聞いて, 見計らつて, 費やして, 迎えて, 過すの

4 [45件] うって, えて, お前は, きざんで, さすこと, すぎると, つくる, へて, り石城, 一つに, 利用し, 刻むよう, 合せて, 同じくする, 回って, 境として, 少し廻っ, 廻った頃, 待たねば, 待て, 待とうと, 得顔の, 思い出して, 惜しんで, 想像し, 打った時, 打ってから, 打つ時, 打つ時計, 打つ頃, 指しました, 消すこと, 潰して, 無駄に, 知って, 示しその, 窺って, 索めて, 考えて, 見越して, 話るべき, 送ったこと, 送ろうと, 過ぎたり, 過すこと

3 [72件] いうの, うしな, うったとき, うつして, すぎたばかり, すぎてから, すこし廻っ, すこし過ぎた, ちょっと過ぎた, ひとつに, まって, わすれて, 二十分も, 余程過ぎ, 切って, 割いて, 劃して, 同うせる, 同くし, 報じました, 報ずると, 報ずるに, 境に, 大分過ぎ, 定めずに, 少しすぎた, 廻ったばかり, 待つが, 待つに, 待つより, 得たの, 得れば, 思うと, 思ひ出すべし, 思へば, 思出す, 打ち出した, 打つ鐘, 持った, 指すと, 措いて, 浪費し, 消すため, 知らせて, 移さずこの, 移したが, 移すと, 空費する, 経た, 経た今, 経ても, 経るにつれて, 経るに従って, 聞いてから, 聞くまで, 見すまして, 見つけて, 見はから, 費したので, 費すこと, 送つたの, 送りました, 送る, 送ること, 過ぎたが, 過ぎたので, 過ぎれば, 過さねば, 過したか, 過したの, 過しました, 頭に

2 [211件] あらは, いふ, うたなかったと, うちはじめた, うったの, うつしたるに, うつし日, うつた, えれば, おなじゅうして震災, お待ちなさい, さしはかり, しむなり, し待たむ君, すぎれば, すこしすぎた, すこし過ぎる, すごしたが, すごしました, すごすこと, そこで, それほどの, だいぶ過ぎ, ちょっと廻った, ちよつと, つくる声, ぬかして, はずして, またずに, まつ必要, まはつ, まわったころ, まわると, みて, むだに, もとめて, り急, り木賊, り眼, 与えて, 与え給え, 与へて, 予想し, 人を, 僕は, 八分過ぎ, 六十に, 写し多少, 十五分過ぎ, 十分ばかり, 合わせて, 同じうす, 告げだした, 回想する, 報じたの, 報じて, 報ずる遠い, 外して, 失し機, 失ふなかれ, 妙に, 始として, 始めとして, 少しま, 少し廻った, 少し過, 少過ぎた, 廻ってから, 廻つた頃だつた, 彼は, 待たなければ, 待ちかねて, 待ちかまえて, 待ちすぎたの, 待つと, 待つの, 待つのみ, 待つ一方, 待とう, 待構え, 徒費し, 得ざれば, 得ず, 得ずして, 得たので, 得たりと, 得ないだけが, 得顏, 忘れた, 忘れたこと, 思いぬ, 恐れて, 打ちはじめた, 打ち昔, 打ち礼節, 打ったばかり, 打ったばかりの, 打った頃, 打つたの, 打つまで, 打つ前, 打つ振子, 打出した時, 択ま, 持たないもの, 持って, 措いては, 早くし, 最期に, 期し予, 楽しんで, 消すの, 測って, 点つ, 狙っては, 盛る袋, 相図, 相手に, 知らなければ, 知る人, 私の, 私は, 移さずあの, 移さずその, 移さず全, 移さず八五郎, 移さず地獄, 移さず家, 移さず山谷, 移さず御, 移さず御用聞千駄木, 移さず所轄署, 移さず捕卒, 移さず現場, 移さず自分, 移さず警察, 移さず飛びました, 移さず飛んで, 移さず飯田町, 移さず駆けつけて, 移さず駈けつけた, 移さず鼠屋横町, 移しても, 移す, 稼ぐため, 約して, 終わりと, 経ただけの, 経たであらうか, 経たり, 経ると, 経る間, 経れば, 經た, 考へて, 自分の, 要した, 要しました, 要する, 要すること, 要するの, 見つけた, 見ては, 見張って, 見程, 見計, 覚えて, 計つて, 記載してない, 費した, 費したが, 費したること, 費すは, 費やした, 費やしてから, 費やしまた, 追懐し, 送ったと, 送った後, 送らなかった, 逆行させる, 逸して, 遅れて, 過ぎたお, 過ぎたころ, 過ぎたでしょう, 過ぎたらしい, 過ぎた位, 過ぎた時分, 過ぎました, 過ぎること, 過ぎ十一時, 過ぎ十二時, 過ぐる頃, 過ごしすぎられたの, 過ごし十二時, 過ごす, 過ごすうち, 過したが, 過したので, 過した上, 過しながら, 違へ, 選ばずに, 選んだの, 限って, 隔て, 隔てた今日, 隔てた後, 離れて, 鳴らして

1 [1772件 抜粋] あてたからに, あやまるなと, あわせて, いかにせ, いとう事, いへるなり, うかがい今日, うたないよう, うたなかったかという, うちやがて, うち出した, うっかりしてた, うってるところ, うつさずこの, うつさず大, うつさず彼, うつさず現場, うつさず警視庁首脳部, うつしたが, うつしました, うつすな, うつの, うつ鐘, うまく利用, えたら俺, えない源氏党, えらび酒, おいてさ, おかず本陣, おかなくては, おくらすしんぱい, おなじくし, お待ち下さい, お祝ひ, かえりみれば, かけないで, かけ苦しめて, かすの, かせぐの, かなりま, かなり過ぎた, かまわず口実, きざむきざむ, きっかけに, きらはず頭, こすこと, ごまかす, さきに, さしてゐた, さっぱり空け, したたか廻っ, しふれば, しり処, すぎたので, すぎたらきっと, すぎた静寂, すぎること, すぎ十一時, すこし過ぎ, すごしえたところ, すごしたので, すごしてから, すごすため, すごすべき右門, すごせるうちジユビレーオ, そのままに, たが, ただいま, たのむより, ちょいと, ついやしましたけれど, つくつて, つくると, つげるもの, つぶした, つぶすこと, とうに過ぎた, とにかくしばし楽しく, どこかで, ながめて, ねがうよりも, のがさず重吉, のせ, のばすため, はずすなと, ひとしゅうし, へだておれ, へだてては, またずいつ, まち子は, まわったじゃ, まわったらしいこっち, まわらなければ, みはからって, めざして, もったと, やや過ぎる, よばひて, よほど過ぎた, よろしと, りあの, りちら, りボオンヂイン, り実家, り従姉, り打, り村道, り猛烈, り私, り自然, り降りそ, わかたずと, わたしの, コタツに, 一寸ま, 三分過ぎ, 三十分過ぎた, 与えたその, 与えよだ僕, 与え給うもの, 久しくし, 二分ばかり, 二回分け, 五分ばかり, 五分過ぎ下りの, 仮して, 余程過ぎた, 作ったので, 作らせて, 作り朝夕, 作るの, 使って, 信じて, 偸んで, 充たすやう, 全く空間, 分たず咲くであろうと, 初瀬も, 制して, 刻み始めたの, 刻むで以前, 刻むセコンド, 刻む秒読み, 包括する, 十二三分ほど, 十五分程, 十分過ぎ, 占むるにいたらざるほどいと早き, 友と, 取る人, 合わしつつ, 同じう, 同じく輕舟, 同じゅうした藤原明衡, 同じゅうして勧学院, 同じゅうして相, 同じゅうすることによって, 告ぐるの, 告げあたり, 告げたもの, 告げる声, 告げる鼓楼, 告げ顔, 問わず闇, 四分し, 回顧し, 報じたるなりダンテ, 報じ初めた, 報ずるもの, 報ずる六點鐘, 報ずる柱時計, 報ずる響空, 境界として, 夏と, 外づしてしまつた事が, 大分まわっ, 失いてはとて, 失うこと, 失して, 失っては, 失ふこと, 失ふべからず先, 失わじ, 奪われて, 始めと, 嫌わず能くも, 安定と, 定めず好んで, 定めず私, 定めてのみ, 寂しく打つた, 寝過した, 小間使に, 少し廻つた, 巧に, 庭へ, 廻ったら裏門前, 廻つたばかりの, 廻れば, 弑したと, 弥縫した, 待たず起した滝川一益, 待ちたまえ, 待ちぬ, 待ち受けた, 待ったところ, 待った此, 待つかの, 待つため, 待つのほか, 待つべきであると, 待つほんの, 待つ外, 待つ空, 待つ間, 得ず終って, 得たしるし, 得たりとばかり, 得た人間, 得た至妙, 得ない草莽, 得なかつたため, 得ました, 得ます, 得るという, 得るもの, 得んずる, 得顏也, 御徒町卜居の, 必要と, 忘れさせて, 忘れたもの, 忘れる, 忘れ家, 忘れ行事, 念じ, 思い伊香保, 思い出しは, 思い出すと, 思い結婚, 思はせて, 思ひ出され感慨無量, 思ひ出してると, 思ひ浮べた, 思わせる, 怨むやう, 悲しみの, 惜しむ営み, 惜むこ, 惜む情より, 想うべきなり, 想像すれ, 意味する, 感じては, 慕う眼, 憤る吾輩, 或る, 打たぜ, 打ちそこ, 打ちましたから, 打ちましたとの, 打ち初め, 打ち終りますと, 打ったころ, 打ったばかりに, 打ったり, 打つごと, 打つたり, 打つだろうと, 打つぼんぼん時計, 打つカーン, 打つ五分前, 打とうと, 択ばぬ花, 持たないまでも, 持つこと, 指し, 指したところ, 指し窓, 指すにも, 指せるなり, 指定する, 捧げ夜会, 推定しよう, 措かず砕けるの, 撞く, 擇びて二日三日共に, 改めて会う, 教へて, 數ふ, 早めて, 晝の, 月に, 有つだろう, 期し栄寿太夫, 本に, 楽しむよう, 樹氷と, 機会に, 正午として, 歩みたいと, 殘せり, 殺すため, 永い間, 決定する, 浪費した, 消したい話, 清盛に, 測るもの, 滅ぼすべく鎌倉, 潰すというばかり, 無為に, 熱心に, 狙えるの, 猶予する, 生きたの, 異にする, 発足点と, 目当てに, 知つた, 知らしめない, 知らず神, 知らせつつ, 知らせる時計, 知らないからでも, 知りその, 知るべき心掛け奇特, 示した形, 示す昇りはじめた新月, 移さずあらゆる, 移さずそこ, 移さずやつ, 移さず一生懸命, 移さず三吉, 移さず乗込みましたが, 移さず交戦, 移さず俊一君, 移さず出動, 移さず同, 移さず呂, 移さず姿, 移さず戻って, 移さず捕はれて, 移さず救助, 移さず来た, 移さず牛舍, 移さず珍奇, 移さず神田鍛冶町, 移さず血眼, 移さず表口, 移さず親方, 移さず踏み込んだ二人, 移さず追撃, 移さず開門, 移さず靜修庵, 移さず駈けつけて, 移さず魏呉, 移しかく, 移してから, 移し二時間あまり, 移し早子, 移すとも, 移すよりも, 移せしが, 稼がせて, 稼げば, 空しく過ごす, 空間化する, 窺うて, 等しくし, 糊塗する, 経, 経たろうか, 経た昨今, 経ぬ, 経るにつれ, 経作, 経過した, 經たりき, 經ても, 經驗した, 縮め或は, 纔に, 置かずに, 考えると, 考へれば, 聞いたカーテン, 聞きけれど, 聞き出そうと, 聞く度, 胸を, 與へられた, 藉す, 袖手傍観しない, 補ひ, 要したこと, 要しまた, 見ず, 見つけては, 見つけるすら, 見ると, 見る眼, 見比べに, 見澄まして, 見計らひ, 覘う, 言はむ, 計ってから, 計り規定, 計画的に, 設ける様, 誤った人間, 説きひいて, 識り, 費された, 費したる後, 費しての, 費し土岐蔵人頼春, 費すとも, 費すを, 費す必要, 費やしその, 費やしても, 費やし血書き, 費やす衛門督, 趁うて, 越えたと, 越えた真夜中, 越した, 距て, 身請と, 軸に, 迎へる, 送ったが, 送ったばかり, 送つて, 送らうとして, 送りに, 送り漸, 送る若者, 逃がしては, 逆行させ, 造る処, 逸します, 遅らさずに, 過ぎしをも, 過ぎたと, 過ぎたばかりに, 過ぎたろう寂寞, 過ぎた今時分, 過ぎた許, 過ぎてしまつたしね, 過ぎないけれども, 過ぎぬ二等煉瓦, 過ぎるの, 過ぎる十分, 過ぎ三時, 過ぎ憂苦, 過ぐし, 過ごさせるため, 過ごされるの, 過ごしたこと, 過ごしたので, 過ごした頃, 過ごし四十日四十夜, 過ごすに, 過さむ, 過しお, 過したいと, 過したと, 過した後, 過しまして, 過し給, 過すと, 過せば, 過ること二分余, 過る頃戦闘艦三隻装甲巡洋艦十一隻及其他若干, 違えずグレゴリーチャント以後今日, 違へて, 選ばずひとりでに, 選ばず所, 選ばず起せと, 選び数回, 選ぶべきでは, 選ぶ方, 避けるなぞ, 量るもの, 鏡で, 長くしなけれ, 間違へ, 限った, 限らず来客, 限りに, 除く外, 隔て聞いても, 雨は, 頻って, 餘つ, 高氏は, 鳴らそうと

▼ 時~ (3701, 2.2%)

168 来た 124 ある 67 来たの 53 来れば 43 来て 38 来ると 36 来る 33 あった, 経って 32 来るの 31 あつた 28 たつにつれて 26 あるの, 来ました, 過ぎて 25 たって 24 たてば, 來る 22 あると, 始めて 21 来るだろう 20 きた 19 来たと 18 あります, 來た 17 来ても, 鳴った 16 ない, 経てば, 鳴ると 15 きたの, きて, 近づいて 14 たつと, 経った, 鳴つた 13 なかった, 来るかも, 経つと 11 多かった, 打つと, 迫って 10 あるかも, あるん

9 [13件] あったり, あっても, あるもの, くる, くると, すぎて, たった, 来るで, 来るであろう, 流れた, 経つて, 経つに, 経つにつれて

8 あれば, くれば, 打った, 来たよう, 過ぎた

7 あるに, たつに従って, 初めてだった, 多かつ, 来たら, 来るまで, 立つと

6 [17件] ないの, 來て, 初めてであった, 彼の, 待ちど, 時だけに, 来たん, 来なければ, 来るだろうと, 来るもの, 来るん, 流れて, 私の, 経つうち, 經つ, 過ぎたと, 過ぎても

5 [21件] あって, ありました, ありますよ, あるが, あるであろう, あるよ, かかった, さうだ, それに, たったの, たつに, 参りました, 多い, 来たから, 来ましたよ, 来ること, 来るに, 移って, 経ってから, 経過し, 鳴る

4 [24件] あつたら, あつて, ありません, あるから, あるだろう, うって, おくれて, たつて, ないので, やって来た, 來ない, 來れ, 打っても, 時だ, 来たこと, 来ようとは, 来ようとも, 来るでしょう, 来るよう, 経つ, 經つた, 過ぎれば, 静かに, 鳴つて

3 [57件] あったの, あったらこの, あるし, あるだらう, あるだろうと, あるので, あるやう, あるン, あろうと, いつであるか, いよいよ来た, きたと, きたん, きました, さうである, すぎても, すべてを, せまって, たちました, たつた, どうした, ないから, ないでも, めぐって, よい, 一家の, 一番美しい, 來たら, 來ました, 初めてである, 十一時に, 成立する, 打ちました, 打って, 時であった, 最初でございました, 来そう, 来たぞ, 来たならば, 来たらその, 来よう, 来るから, 来る迄, 永久に, 無い, 立って, 立っても, 経つた, 経つに従って, 経過した, 經てば, 近づいたと, 迫った, 過ぎました, 過ぎる, 非常に, 鳴るまで

2 [155件] あったが, あったと, あらうとも, ありそう, ありそういう, ありましても, ありましょう, ありますから, あるかと, あるからと, あるそれ, あるであらう, あるでしょう, あるという, あるべきこと, あるもん, あるやろと, あるよう, あるわね, ある筈, いくらも, うっても, うつと, おしまいだ, かならず来る, きても, きます, くるの, こなければ, この時, こんなに暗い, ございましょう, ございます, ございますね, すぎさって, そうな, その時, たった後, たってから, たっても, たつうち, たつにつれ, だんだん経っ, ないだろう, ないとは, ないん, なかつた, はじまりであった, はじめてだった, はじめてでした, まいりました, やって来るの, やつて, よかった, わたしには, カンバンだって, 一番平岡と, 九時に, 人間の, 來り, 來るだらう, 來るであらう, 出て, 初めてだ, 初めてで, 初めてです, 初めてな, 初めの, 十八, 参った, 多いの, 多いので, 多くて, 多くなつた, 大切だ, 大切な, 始である, 少しでも, 少し廻った, 年中で, 役者では, 待って, 必ず来る, 打ったとき, 打つた, 打つたから, 打つて, 打つまでも, 時であっ, 時でした, 時です, 時なり, 時場所が, 最も情なく, 最初であった, 最初であり, 最初であります, 最初でした, 有った, 有って, 来たので, 来たらこの, 来たら一太刀, 来た時, 来ないとも, 来なくては, 来ます, 来るぞ, 来るだらう, 来るだろうまして, 来るだろうよ, 来るでありましょう, 来るなら吾, 来るなんて, 段々経つ, 沈黙の, 消されると, 無いとも, 無かつ, 無く夜, 移った, 移る, 移るので, 立った, 立つに, 第一, 経ちました, 経ったの, 経っても, 経つにつれ, 経つの, 経つほど, 経つまま, 經ち, 起るたび, 近づいた, 近づいたな, 近づいたので, 近づいた様, 近づきつ, 近づきつつ, 近づくにつれて, 近付いて, 迫つて来た, 進むに従って, 遂に過ぎ, 遅々として, 過ぎたか, 過ぎると, 過ぎ一時, 過ぎ去つて, 預かって, 鳴った時, 鳴って, 鳴るの

1 [1473件 抜粋] ○千部位第, あったか, あったそう, あったなあと, あったので, あったらいつ, あったらどう, あったらみな, あったら同時に, あったら飲みに, あってよ, あのルネッサンス, あぶないん, あらう, あらア, ありさうに, ありましたか, ありましょう人, ありますがな, ありますの, ありませう, ありませんわい, あり大体来潮時, あり心, あり褥, あるかん, あるじや, あるだらうかと, あるだろうか, あるでしょうあの, あるです, あるとは, あるなら私, あるほど, あるらしいが, あるわたし, ある井荻, ある内, ある外, あろう, あろうとも, いいと, いいん, いちばんいい, いちばん不幸な, いちばん強い, いちばん退屈しません, いつか来ないで, いつ來, いよいよ間近, うち九時, うつて, うつのに, うまいとか, おそらくはしばしばある, お六ツ, かえって交通, かかります, かかり過ぎたわい, かんじんだ, きたとき, きたので, きたらただちに, きたら牛丸, きましたから, きますわ, くりゃちゃあ, くるさ, くるだろうか, くるだろうよ, くるもの, くるわ, こ, この人たち, この数年, こんなに早く, ございましたらどうぞ, ございましょうか, ございません, さうであります, さばいて, しばしばあった, しばらく岸本, すぎあと, すぎたか, すぎると, すぎ十一時, すこしずつ, すでに不安, すでに時勢, すなわち定刻, ずいぶん久しい, そうだった, その中, その後そういう, そもそも避けられる, それを, そんな調和, たちそして, たちゃこっち, たち伸子, たったであろう, たっては, たつたらしく, たつの, たつまま, たまたま一致, たれにも, だんだん近づい, ちがう, ちょうど例, ちょうど十八歳, ちょうど旧暦, ちようど夏だ, つづいた, つぶやいた一ト言, とうとう来た, どうの, どん底だった, ないすなわち, ないという, ないなどと, ないやう, なお術, なかつたから, なかなかやってこない, なくなったので, なく手近, なって, なれば, ぬけたと, はさまれての, はじめてであった, はじめてです, ひそかに, ほんとうに, まいったよう, まいりましたらこれ, まいり私, まず驚かされた, またやつ, また過ぎた, まだ来, まま多かっ, むつかしい, もうその, もう暁間近, もう近く, もつと, やがてくる, やがて間もなく來, やってきたん, やって来たこと, やって来てからは, やっと到った, やっぱりそうだった, ようやく帰っ, よくあります, よく大, よろこぶとこ, わしの, わるくて, ズンズン経っ, ドンドン経っ, レグミーゼココア百五十瓦に, 一つ二つ打った, 一人團扇を, 一寸面白い, 一度私, 一日で, 一番いい, 一番この, 一番イヤだつた, 一番危険な, 一番多い, 一番孤独である, 一番寒い, 一番心は, 一番楽しかっ, 一番気楽だった, 一番綺麗だ, 一番閑寂の, 丁度十一時であった, 万事を, 三四度あっ, 三時でもと, 上書の, 不意に, 与八の, 主も, 予想せらるる, 事実上の, 二人の, 二十二の, 二十五度から, 二十分たちました, 二度目な, 五十三歳で, 交代で, 人類最後の, 今な, 今までの, 今鳴った, 代官として, 会議の, 伸び夜の, 何よりも, 何処までも, 作られる, 來ず, 來なけれ, 來ます, 俺には, 側に, 僕には, 全くない, 六ツ鳴り, 六時六分偽造の, 再び蚊, 出演時間である, 分るけれども, 初まり, 初めて, 初めてだつたさうで, 初めで, 初対面, 初對面, 別離だ, 到着した, 刻まれて, 刻刻に, 十七八だ, 十三歳であった, 十六歳であった, 十年も, 千万年も, 半分すぎた, 単に直線的, 即ち我々, 去ったらもう, 参ったら必ず, 参ります, 参るまでは, 又格別, 吉祥寺, 否定せられる, 命じたの, 喜悦である, 四十一歳初老に, 四時過ぎでも, 団十郎の, 執権の, 増したので, 夏でも, 夕景の, 多いんで, 多くなった, 夜であれ, 大ぶ, 大分移った, 大切の, 大正十四年だった, 天暦十一年十二月に, 女巾着切, 如何にもしみったれ, 始めてか, 宇治攻めの, 定つて, 実験に, 家を, 小松谷の, 屡ある, 山城民部大夫, 己の, 庇護を, 延びるに, 廻ると, 形を, 彼らの, 往々に, 後れかつ遅々たる, 徐ろに, 御座いますが, 必ず参る, 必要である, 快楽であっ, 怖しかった, 思えば, 恃み, 恐いの, 恰も学生層知能技術, 恰度夜の, 悪人で, 想像できなかつた, 成功不, 我が地方, 手ばなした, 打たんけりゃ来ないよ, 打ったところ, 打ってから, 打つた時, 打つの, 技師大得意の, 持ち去って, 掃除し, 探題北條英時を, 摺半鐘で, 文化運動に, 旅に, 既に機, 早い, 早かろう, 早く通り過ぎ, 明治二十年の, 春風駘蕩の, 時, 時で, 時でございます, 時な, 時場合が, 晩餐の, 最も伝染, 最も緊張, 最も長かっ, 最初だったであろう, 最初で, 最後, 有つたら, 有りますネ, 有る, 望ましいの, 本当である, 来さ, 来たかの, 来たぜ, 来たという, 来たなあ, 来たなら遠慮会釈, 来たのに, 来たらあなた, 来たらきっと, 来たらしいと, 来たらそッ, 来たらどうして, 来たらもう一度, 来たら今にも, 来たら何もかも, 来たら国家, 来たら彼, 来たら死骸, 来たら結婚, 来たら赤い, 来たり, 来た喜び, 来た新しい, 来てから, 来てるん, 来ないとは, 来なけりゃ血, 来ましたから, 来ましたんで, 来ますからね, 来ますと, 来ようかと, 来らねば, 来るじゃろう, 来るだろうそう, 来るであろうその, 来るでしょうネエ, 来るなら来ようといふ, 来るまでの, 来るわ, 来れゃあ, 来愈々, 根源においては, 次第に冷やか, 此の, 歩みを, 殊に役, 母の, 毎日風呂敷包を, 求めて, 決まったら知らして, 流れその, 流れる彼, 消される立場, 満ちれば, 潜んで, 無いで, 無いやう, 無うなった, 熟さなければ, 熟すれ, 特にそれ, 現實的生, 田中の, 異様に, 百済観音や, 盜つたのなら, 目前に, 真に自由, 知ってるのよ, 私たちの, 移つた, 移り人, 移る人, 立ちました, 立ってから, 立つてから, 立つに従って, 立てば, 第一回, 答えれば, 終りだった, 経ちしなり故, 経ちますと, 経ち何回, 経ち日, 経ち過ぎて, 経ったかを, 経ったであろうか, 経ったなら白河戸郷, 経ったよう, 経った後, 経つたとも, 経つてから, 経つ中, 結婚倦怠期であっ, 絶望を, 經つては, 經つて居る, 經つて行く, 続いた訳, 繰り返されなければ, 肉体の, 肝腎です, 胸へ, 臨終だ, 自分の, 自殺と, 至らぬの, 興の, 若旦那の, 草心尼母子を, 行くところ, 要つた, 見ものというも, 見張って, 解決し, 言った通り, 訪れたので, 許しさ, 証明する, 詩は, 読本の, 調和する, 貞任宗任の, 賊将少, 軸の, 近い位, 近くな, 近く来る, 近づいた際, 近づくに, 近づくらしい, 迫つたことを, 迫つて來る, 迫る, 迫れば, 退庁時間である, 逆行し, 進むにつれて, 遂に来たった, 遂に来よう, 遅れるから, 運命の, 過ぎたらそれ, 過ぎなければ, 過ぎゆく, 過ぎる前, 過ぎ去って, 過されたらうし, 遣つて參, 選択を, 重忠を以て, 長かつ, 長く経過, 門口で, 関の山でしたらう, 陰険のと, 隔つ, 難関で, 革命に, 顏色を, 食事を, 馬楽の, 鳴らないわけ, 鳴ります, 鳴り十時, 鳴ろうと

▼ 時~ (2996, 1.8%)

104 ある 46 あった 39 私は 28 あつた 21 彼は 19 あれば 13 そうだった 12 あったが, あるの, そうであった 11 あります, 過ぎて 9 あるが, あるし, 僕は 8 あると, そうでした, 私の, 自分の 7 あろうに, なし 6 ありました, それを, ない, わたしは, 少しも 5 あって, あるもの, そうだ, まだ一流れ, 今も, 墓作りに, 彼等は, 所も, 時, 時だ

4 [18件] あったの, ありましたが, これと, その通り, た, 例の, 僕の, 先に, 前と, 前の, 同じ事, 庸三は, 彼の, 彼を, 時とて, 此の, 父は, 私が

3 [32件] あの男, あらば, あり, ありき, ありまた, あり或は, あるので, あるべし我, あるやう, あれど, すぐに, そうである, そうです, それが, なかった, また, 一人の, 一緒に, 來る, 先生は, 出て, 同じこと, 妙に, 後に, 忘れて, 急に, 斯う, 時場所も, 母の, 母は, 自分は, 非常に

2 [159件] あったし, あったと, あつて, あの年, あの連中, あらう, あらうに, あらねば, ありますの, あり見えない時, あるけれど, あるさ, あるよう, あるん, うその, おや花火, お前が, お前は, お松は, お銀, お雪, かなりに, かれは, きつと, この奇妙, これは, しわが, そうで, そう言っ, そして赤ちゃん, そのお, その前, その後二三ヶ月経つ, その詞, その頃, それから落ち, それと, それは, たった一人, ちらと, つくづく思, できるだけの, どうしても, なしああみ, ひとりで, ふところの, べそは, ぼくは, まあ親方, まいりましょう, またしかり, またそう, またその, また彼, また新しく, また私, まだその, やがて来る, やつて, やはり同じ, ゆるがせに, よいでしょう, わるい, われわれの, ツルゲーネフは, 一しょに, 之と, 二つのみ, 二人の, 人も, 今と, 何か, 何が, 何の, 何も, 作家は, 依然として許諾, 僕に, 冷やかな, 別に顔色, 前に, 前刻吾, 勝手に, 十吉も, 同じよう, 同じ様, 同様である, 喜見, 地に, 場所も, 外に, 外へ, 多かり, 多くの, 大佐は, 大勢いる, 大川に, 女の, 女は, 女房の, 婿八人で, 実際困った, 家に, 将軍家は, 少し前, 帰る時, 彼れ, 彼女が, 彼女の, 彼女は, 御前演奏を, 御寵愛, 心からの, 心の, 心も, 成るべく娘, 戸を, 旅僧は, 時なる, 時所も, 時折も, 時正月三日の, 時益も, 最初は, 有るには, 来ずには, 来ない親, 構わないで, 武蔵は, 洛陽の, 無抵抗主義をと, 父さんが, 父母は, 琵琶湖の, 生活を, 目を, 相手が, 眼を, 祈りたまえ, 私と, 私を, 第一, 終始彼, 経って, 老爺の, 自分が, 自分を, 若殿様は, 荒む時, 菅沼の, 葉子は, 蘇州から, 袋に, 見て, 過ぎた, 過ぎに, 阿堵, 頭の, 頭を

1 [2029件 抜粋] ああ云う, あたかも我事, あったのにね, あった家, あつたらしい, あなたわたしが, あのよう, あの子, あまた, あやか, あらじと, あらぬに, ありいつ, ありその, ありふかし甘藷二三本新聞紙, ありましょうし, ありますよ, ありません, あり七八分目, あり十丁, あり夜中, あり念仏聖, あり知らずに, あり輕, あるそう, あるであろう, あるや, ある冷, ある悪く, あれうまい, あろうから, あろうと, あんなに不快, いいひと, いくらか眉, いずれ参上, いっしょです, いつもいっしょ, いつも女中, いひやう, いらっしってたじゃ, うしろについて, うずうずし, うれしい, おきれいだと, おどろいた, おれが, お京様, お前と, お叱り, お庄, お昼過だ, お母様は, お皆, お龍, かたまる時, かなり更け, きっとくるだろう, こうして家庭, ここで, この, この人, この妹, この焼失, この青年, こみ上げて, これである, こんなにも取り乱さなかった, ございましたわ, ございますからね, さして変り, さらにその, さわぐ時, したよう, し一人, じつと, すぐ日ごろ好む, すでに済まされたらしい, せいぜい淑やか, そうありませんでした, そうだったでしょう, そこで, そっと中, そのこと, そのピアノ, その事, その前日, その学問, その御殿, その文章, その疼痛, その自動車, その部室, それから私, それほど田川夫人, そんなよう, そんな覺, たいへんで, たしか艪, たたぬに, ただふとそう, ただ独り, たのむ, だいぶ過ぎた, ちょうどその, ちょうど此の程じゅう, ちょっと驚かされた, ついに鳴らされた, ですか, とどまっては, どうせ負ける, どこかの, ないこと, ないよう, なお見え, なくて, なく沈ん, なぐられて, なほむしろ, なるべく美しい, のどに, ばあいに, ひどい雨, ふいに, ほかの, ほとんど風, まず大抵, またギヨタン博士, また伸子, また十文字, また彼女, また直治, また空間座標, また雪, まだほとんど耐えきれぬ, まだ二人, まだ手, まだ竜神村, まだ見物, まつまい, みんなと, もうこれきり, もう腕, もってない時, やったが, やっぱり一つ, やっぱり歯痛, やつぱり賭けが, やはりその, やはり倉庫, やはり夢, やはり気, やはり許諾, やはり雷, やりきれなかった, ようやく酒気, よく左様, よりよい, わきまえずなるまでに, わざと言葉, わざわざ水天宮, われのみは, アイルランドに, オーレンカは, ケーク丈は, サハラの, ダリヤは, チョロチョロブウブウと, ハミルトンが, パンツ一つであった, フッと, マアドック運転士は, ユダは, ヴアテイカンの, 一つ濡れた, 一人かくして, 一処に, 一度きました, 一度盜まれ, 一日も, 一本引ッこ抜い, 一番きたない, 丁度御, 三千人位の, 三枝未亡人が, 上気し, 不思議に, 不生物乎, 両家で, 主人の, 九死に, 予は, 二三人その, 二度失敗って, 二葉亭は, 云つた通りそう, 五百は, 亦その同じ, 亦ネガティイフ, 亦常世浪, 亦然, 人を, 人間という, 仇や, 今度の, 今朝檢めた, 今頃, 他人それじゃ, 仙夢さんは, 伊助は, 休んで, 佐藤紅緑氏が, 何かの, 何とも仰言いませず, 何遍この, 作衛は, 供人の, 俺は, 借手が, 偶然に, 僅か五厘の, 充分に, 先導として, 先触が, 光線の, 全然見覚え, 八月極, 共に愁, 其処に, 内心では, 凍らぬの, 出征し, 初めの, 別段動揺, 則光のみは, 剣と, 勝家は, 北海道が, 十年不敗の, 千枝子は, 半鐘の, 単身学校の, 原本の, 厳寒の, 又そう, 又歸つて來, 叔父は, 口びるはなおくやしそうに震え, 吃驚した, 同じだ, 同じやう, 同じ大きき, 同じ術さ, 同君は, 同様であります, 同行した, 君の, 周章てた風, 唇の, 問わず語りに, 四谷へ, 土岐小次郎は, 坐れる時, 城民は, 場所がらも, 声づかい, 変らなかった, 外出の, 多く私, 多鶴子が, 夜も, 夜業の, 夢中で追いかけた, 大切には, 大奥様, 大抵の, 大晦日を, 大湊の, 大谷は, 天皇が, 奇蹟が, 女が, 好いだらう, 妻が, 始は, 嫂の, 子供は, 孝助が, 宜しくない, 実際それ, 家人の, 富岡は, 寸時の, 小池さんは, 小金井までは, 少しこれ, 少し昔, 尚パリ, 屡々あった, 山神が, 岡村が, 島民共と, 左大臣の, 差別が, 帰って, 平和の, 平林氏の, 幸若や, 幾分声を, 庸三にとって, 張卒に, 弾左衛門から, 当惑顔の, 彼はへへへと, 待たず劉表, 従妹を, 御座りましょう, 心づいて, 必死に, 忘れずに, 快く承諾, 思い出さなかったの, 思うさま憂愁, 思ったの, 急激に, 恐らくお, 恒例に, 悪場から, 惜んで, 意外の, 感激的に, 憎めない, 懐胎し, 我々は, 我等拿破里人は, 戸外は, 手伝って, 手紙は, 承知お, 持たない, 措かず北条一統, 支那海を, 敏感な, 散歩に, 斉しく, 新太郎ちやんは, 旅籠で, 既に筋肉, 旧に, 早や, 春峡山の, 是非来, 昼寝の, 時この, 時だった, 時でございましょう, 時なら, 時ラレイが, 時今本位田家の, 時少し, 時海も, 時草木も, 時鬢長君なにを, 暑い時, 暫く玉子, 曲げる時, 書斎へ, 最も好評, 有つたらう, 有るが, 朝から, 本当に父, 杢若は, 来るだろうと, 来るもの, 柔かな, 栄誉ある, 桁数を, 桝の, 棄婦の, 楽しみに, 樂しき時も, 次女は, 正しい客觀, 此堤が, 此路に, 死せる, 殊に声, 毎も, 気の, 気温は, 決してめったにない, 河田が, 泡立て方, 浅草の, 涸れること, 清三が, 渡らなむ, 溢るる, 瀞八町の, 無く見, 無電の, 焼香の, 燈火を, 父様は, 爺さんは, 独り莞爾とも, 玄奘は, 甘くはずし, 申しましたよう, 町へ, 発光が, 皆これを, 相当に, 相打ちでは, 真黒に, 着るもの, 矢張り其の, 矢張り静かな, 知らして, 知らない様, 石垣が, 神は, 禍に, 私たちいやな, 私にとっては, 秋八月両, 移りまする, 空でない, 竜之, 笞打と, 算盤を, 米吉どんと結婚する, 糸の, 細君は, 経ざるに, 経ったろうが, 絶えず口, 綺麗に, 美人連の, 老師は, 肝付学務課長と共に, 脳溢血といふ, 臣下唯一の, 自分には, 自然に, 舞踏か, 艶であった, 若年の, 華厳を, 蓆壁の, 薄暗い, 藤村は, 行つた事の, 衝突の, 衰えた時, 見えない眼, 親柱五本に, 計らず粗相, 訪うた事, 語らふ人, 談笑し, 警察の, 負惜みの捨台詞, 費えぬ, 赤くな, 趙が, 身体の, 近いと, 近くな, 近づくころ, 述べた通り, 通じて, 連れ戻されて, 運動に, 過ぎたこの, 過ぎたり, 過冷却, 違約の, 選ばず師事, 野本彌, 野武士に, 金兵衛は, 鉄や, 銀杏返しじゃ, 鏡に, 門弟三十余人を, 陸奥は, 随分嬉しかっ, 随分横幅, 離したくないほど, 雨だ, 雪子は, 青の, 頑固だ, 顔色一つ変えなかった, 餘り, 高が, 魂は, 黄絹七反紫絹七反毛皮三枚五つの

▼ 時~ (2945, 1.7%)

95 になる 68 になっ 53 であった 48 であつ 32 だった 26 でした 25 のこと 23 である 21 の事 18 かえる 16 になつて 15 から 13 だったと, にはもう, に起き 12 だったろう, であったろう 11 だつた, だと, に帰っ, まで 9 お帰り, でせう, にお, に目, に眼 8 ですか, なん, になった, までの間, 帰って, 起きる 7 か, だ, だか, であったが, であったろうか, です, でもあったろう, までいろいろ, までかかっ, 起きて 6 から始め, から起き, だったか, だったが, だったろうか, だらう, であったと, に出, に漸く, まで話す

5 [17件] からもう, から出かけ, でしたが, でなければ, でもあろう, なの, になるでしょう, にまた, に又, に家, に帰る, に来, に起きる, 出て, 帰る, 来て, 迄ねた

4 [25件] かえった, からまた, から雪, だったね, だろうか, であろうか, でしたか, でしたろう, でしょう, ですよ, でもあつ, なので, に, にこの, にその, になつ, にならなけれ, に寝, に寝る, ねる, までやっ, まで居, 出る, 来る, 着いた

3 [44件] おきて, かしら, かな, からあつ, から出, から出かけた, から出かける, から夕方, から始まった, から始める, から家, から床, から眼, じゃない, だったでしょう, だつたが, だろうと, でありました, であろう, でございました, でございます, でしたかね, でしたわ, でしょうか, になります, には家, にもなっ, に二人, に出発, に床, に朝飯, に私, に至っ, に起床, に電話, ねた, までお, までぐっすり, までに帰っ, までねた, まで仕事, まで居た, 寝ました, 迄

2 [161件] あの人, あんまり暑く, いつもの, おきる, かえって来た, かえると, かもしれない, からからり, からそんな, からです, からぽ, から七時頃, から三時頃, から二時, から二時間, から仕事, から例, から六時頃, から十時頃, から同, から外, から夜, から夜中, から天気, から来, から東京, から此, から疲れ, から社, から私, から蚊帳, から見物, から起つた, から開始, から雨, が丁度, だから, だそう, だったかね, だったそう, だったでしょうか, だつし, だつたらう, だらうね, であ, であったろうと, であろうかと, でいい, でしたから, でしたけど, でしたらう, ですから, ですが, でもあったでしょう, でもう, でもございましたらう, で御座, で有った, とある町, という, というの, とか書, と推定, と記憶, なりき, なるべし, にせ, にはお, には寝, には日, には早, には木戸, には父, には私, には雨, にぶらりと, にもう, にも鐘, にやっと, にベッド, に会社, に何, に使, に便所, に僕, に出かけ, に十番, に小屋, に小川家, に帰, に帰った, に帰宅, に彼, に御, に成っ, に戻っ, に昇降器, に晴着, に来い, に涼み, に湯, に無事, に生れた, に白い, に眠り, に着いた, に社, に突然, に起きた, に起き上る, に降り, の日, の時, の汽車, の筈, の間, の陽, の電車, までい, までか, までこの, までどこ, までなら, までには劇場, までねる, までも生徒, までカタ, まで休ませ, まで出ます, まで営業, まで寝, まで小説, まで床, まで待つた, まで用, まで眠つて, まで眠りました, まで色々, まで話し, まで話した, まで過し, もうねる, やって来ました, よ, より一人, よんだ, 出かけて, 出かけました, 出かける, 寝る, 寝るの, 帰ると, 広い御成街道, 時々酒, 暑いさかり, 着いて, 終る, 起きると, 辞して, 迄か, 迄やり

1 [1536件 抜粋] あがるん, あの向う, ある町, いそいで, うかがいますと, おかへりの, おくれて, お伺ひする, お出掛, お悪く, お見え, お雑煮, かういふ催し, かえっては, かえって湯たんぷ, かえりかけて, かえりねる, かえるつもり, かしらん, かといふこと, かと自分, かね, かや, からある, からうち, からか, からかなり, からか細か, からきまって, からこれ, からし, からず, からそれ, からだ, からつひ, からという, からなく, からねむく, からのこと, からの仲, からはじまる, からは雲, からやう, からをかしくなつ, からシトシト, から一息, から七時すぎ, から三時, から二人, から五時位, から人, から來, から光, から八百人余り, から出よう, から出来, から前原町, から十一時, から午後, から午後五時頃, から同座, から四時半頃, から坂本, から夜七時頃, から夫, から始まつた, から始められ, から定められた, から寝室, から小, から居らぬ, から広場, から彼ら, から手許, から掘り始めなけれ, から敏子, から新築, から曲馬, から本降り, から棧橋, から次第に, から此處, から沢山, から深い, から湯豆腐, から灯, から熊手, から用いられた, から盛ん, から知つて, から空, から立つ, から繰り出した, から習い始めた, から自宅, から藤原等, から行乞, から誕生日, から起きた, から遅く, から配らなけれ, から開く, から階下, から靄, から非常, から高峰秀子扮, かアルコール, か其, か少々, がお, が一番, が大変, こうは, こつそり食事, この町, ざっと片づけ, じゃ, すっかり七十二枚, そしてどこ, その行手, たべて, だすやろ, だっしゃろ, だったけや, だったでございますね, だったろうほっと, だったんで, だって云います, だつたかと, だつたさうだが, だつたらうな, だつたらう昨夜, だらうから, だろう, だッ, ちょうど富岡老人, ちょっと用事, って言う, つく, てくてく帰っ, であったから, であったし, であったろう室戸岬, であった中央線, でありましたこの, であるが, である途, であろうという, できるの, でございましたお客様, でございましょう, でさすが, でしたでしょうか, でしょうまだ, ですペーテル一族, でそれ, ででもありました, でね, でも, でもあらう, で一つ目, で何と, で夜通し, で当直, で御座いますわ, で未だ, で燕号, で私, で驛, ということ, という返事, とおぼし, としとく, となった, とも思う, と分った, と夕方, と思います, と見, と覚えます, なかなか遠い, なら僕, なりけむ, なりしが, なり直ちに, にある, にお湯, にかなり, にころり, にし, にすぎない, にそう, にたずねた, にでもなった, にと惚け, になつて眼, になり, にねた, にはおいとまさし, にはさしも, にはどういう, にはみんな, にはよく, にはマルセーユ, には一室, には仕事, には六・八分, には右申, には大, には大概戸, には家内, には山, には帰れませう, には御, には担荷, には早く, には洲, には着く, には終, には蔵前, には起き, には頂上, には馳せ出でた, にひょっこり, にもう少し, にもなるだらう, にも一度, にやありけん, にわたし, にガイド, にネエ, に一台, に万歳万歳, に三回分十二枚, に中将, に井村, に伺ったら, に供せられた, に入口, に其処, に出立, に千葉, に及べ, に名物, に國手, に夕飯, に大きな, に大森, に太郎, に女中達, に始まっ, に宴, に寢, に山, に崖, に川端, に帰りました, に幽霊塔, に引き返し, に待っ, に息子さん, に手塚屋, に散歩, に本堂, に来た, に林五君, に横, に正太夫婦, に殿下, に済みます, に獵師, に町, に病家, に發掘, に瞑目, に私共, に立つ, に終え, に終る, に美和子, に肉, に至つて人, に蕎麦, に虎井夫人, に行く, に行われた, に被害者山上みさを, に見えた, に誘い, に谷町五丁目, に買う, に起き上っ, に起こりたる, に車中, に遣っ, に酔払つて帰つたの, に銀ちゃん, に門口, に開演, に階下, に電気, に馬車, にLST, ねたんだと, のだから, のまだ, の上野, の夏, の斜め, の日影, の明るい, の暗, の深更, の特別, の診断, の靄, はまさに, は十月, は東京, は真夜中, ほんとにこの, また同所, また迷亭先生, まだえん, まだ昨日, まだ真っ暗, まであの, までうつらうつら, までかかった, までくたびれ, までせっせと, までだらだら, までちょっと, までつづい, までで日, までにかなり, までには家, までには来, までには輕井澤, までに二百枚余, までに出, までに帰る, までに空中, までに詰めかけ, までね, までの二時間半, まではお, まではよたよた, までは何やら, までは多分, までは帰らぬ, までは私, までは階下, までもそこで, までも叔父さん, までも掛った, までも眠りつけない, までも遊ん, までも風力, までウトウト, までボオト・デッキ, まで一日, まで下, まで休む, まで働く, まで冴えた, まで医者, まで召, まで喋り, まで大同, まで妾, まで家, まで寝た, まで寝ませんでした, まで専念, まで山本, まで庭, まで張番, まで待ちました, まで悠々, まで探偵, まで日向ぼっこ, まで朝寝, まで歩きました, まで母上, まで湯本さん, まで特に, まで目, まで眠っ, まで眠らない, まで福岡, まで約, まで続く, まで考え, まで自分, まで行った, まで話し合った, まで読書, まで起き出さない, まで針仕事, まで閉, まで降り, まで頑として, めづらしく, もうねむい, もう西, やっとお, やっとの, やっと床, やつて來, ゆくつもり, ようやく戻っ, ようやく舞踏室, よりおさまり, よりか観音堂, よりは遅く, よりテント, より來, より參, より大風雨襲来, より映り始め, より正門, より熔岩, より開始, わざわざ手紙, を意味, アガり, ノ約束ガモウ出来ナイカラ甚ダ済ミマセン, 上りますよ, 亡くなつた, 全く夢中, 出かけたら途中, 出かける迄, 出たら四時すぎ, 出られたん, 出掛けて, 出来あがるん, 出直して, 参りましょうと, 又飯, 命じたもの, 大きな崖, 大変動, 実にいい, 寒く凍った, 寝に, 小さな島, 少しうとうとし, 帰ったらハナ, 帰りかけた, 帰るの, 帰る途中, 御參府, 御茶, 息苦しくて, 戻って, 打入候処, 散髮, 暫く手, 最も鮮, 来ますからね, 来られる筈, 来るから, 来庵, 段々火の手, 涼しくなっ, 漸く當市, 焼いたか, 疲れた睡りから, 眠いが, 眠ったか, 着いたが, 着きましたもう再び, 着そこ, 第五信, 終って, 縫い上げた式服, 著きました, 行ったとき, 行われた事, 赤い広場, 起きたら父上, 起きる大庭, 起き出づれば, 起き道子, 起つたか, 迄あれ, 迄には帰っ, 迄ね, 迄へ掛け, 迄働き通した, 迄居た, 迄打, 迄睡った, 迄話し, 迄読合せ, 迎えに, 連れ立つて, 酔った佐介, 降るだろうか

▼ 時~ (2553, 1.5%)

438 すると 132 同じよう 39 場合に 37 同じやう 26 少しも 25 いえば, 場合で 21 違って 18 同様に 15 いうと, 同じ様 14 なった 13 場所とを 12 全く同じ, 場合によっては 11 いうに 10 ちがって, なると, 同じこと 9 いうのに, すれば, なって, 同じに, 場所と, 場所柄とを, 所と 8 おなじよう, なる, なれば, 云ふ, 同様の, 場合では, 雖も 7 いって, 云えば, 処と, 場合とに, 場所を, 所を

6 [12件] いふに, なしに, 処を, 同樣, 場合が, 場合を, 場所との, 思って, 所とに, 所との, 所とを, 空間の

5 [11件] いえども, いふと, なく女たち, なりて, 処とを, 同じだった, 同じで, 同じ気持, 場合によって, 場所の, 書いて

4 [16件] なりました, 三時との, 今とは, 処とに, 処に, 十一時との, 同じ事, 同じ樣, 同じ調子, 場合と, 場合により, 場合による, 場所に, 悪い時, 殆ど同じ, 言えば

3 [33件] いっては, いへば, して, する, そっくりの, ない時, なく心安くお, なり三時, ほとんど同じ, 云うと, 五時の間に, 人とを, 入る時, 同じであった, 同じである, 同じな, 同じ心持, 同じ心持ち, 同じ服装, 同一の, 場合じゃ, 場合には, 場合によ, 場合の, 場所とに, 変って, 寒い時, 帰る時, 店の, 思う, 空間に関する, 處を, 言って

2 [110件] ある, いう, いない時, いふとも, いへども, うって, おなじです, きいて, きまって, さへ, しよう, その時, それア違ひます, たるまさしや, ちっとも変っ, ちっとも変わらない, である, ところとを, なく薄らい, なったこと, なったの, なったので, なっても, なつた, なりに, なりぬ, なります, なり十時, ほぼ同じ, まるで違っ, みが, ゐない時, 一致し, 三時に, 二度悲鳴を, 云うの, 云う事, 云う偉大, 云って, 云ふと, 人の, 今とでは, 今の, 仰しゃっても, 何の, 六時の間に, 出発の, 労力とを, 勇みたち, 勘定時が, 同じく爽, 同じだ, 同じでした, 同じです, 同じ動作, 同じ姿勢, 同じ意味, 同じ態度, 同じ所, 同じ言葉, 同じ赤い, 同じ道, 同じ道順, 同様で, 国を, 地の, 場合だ, 場合とを, 場所とで, 境遇とに, 変りの, 外出の, 大に, 妹が, 孰れ, 寝る時, 寸分違わぬ, 彼の, 後に, 後の, 心に, 思います, 恁うし, 所が, 所で, 打って, 捨てる時, 日が, 時の, 時計を, 最後の, 来て, 永遠, 永遠との, 混同し, 為って, 異り, 石で, 空間とは, 空間を, 考へて, 見えて, 見る事, 言ひ, 言ふと, 記憶する, 變り, 辻褄が, 逆に, 違うの

1 [999件 抜粋] あっては, あの時, あまり區別, あまり違わない, あるいは野うさぎ, あるし, あると, ある忠勤, ある時, いいますが, いい三十三間堂, いうであろうと, いえさすが, いずれも, いたしましょうか, いったって, いったのに, いづかた, いひ処, いふのに, いろいろちがう, おそらくはその, おなじ, おなじであろう, おなじ覚悟, おもって, おんなじだ, おんなじ奴, お孝一人, お帰り, お絹, お駒, きめたと, この二つ, この絵, この退け時, これだけ, されて, しない時, しますと, すこしもちがわない, すっかり勝手, すること當然, せずに, ぜんぜん違つて, そこに, そっくり, そつくりそのまま, そつくりな, そのままで, その二つ, その全く, その学問, その後お, その後何十年かの, その次, その翌年単行本, その音, それからも, それが, それほどでも, そんなに変らない, たいした変わり, たたむ時, たった今ふたり, ちがいもう, ちがい頸すじ, ちっともちがっ, ちっとも変らない, ちょうど同じ, つとと, でよほどの, ところで囃子, ところとによっては, ところな, ところを, どうしてこんなにちがう, どっちが, なお輿論, なく二人, なく信じ, なく分離, なく肥つて來, なく醗酵, なく鐵, なしたの, なす, なぜそう気持ち, ならう, なりしを, なりては, なり七時八時九時十時, なり床, なり是, なり段々, なり郊外, なり静か, なるされば, なるであらう, なれり東西南北, はおつそろしく早, ひとしい恐るべき, ほとんどそっくりで, ほぼ同時, まさに同様, まったくおなじ, まったく同じ, まるっきりわからない, まるで同じ, みえ古本屋, もうかう, もちが, やや似, わずかな, アインスタインの, ガラリと, ストーブの, ドイツの, ナゼいわん, 一しょに, 一つも, 一度に, 一時に, 一段思付い, 七時との, 七月二日に, 丈夫な, 三人同時に, 三時で, 三時の間だ, 三津の, 上等の, 不安な, 世間, 両足で, 九時の間も, 九月の, 了う, 事どもが, 事実が, 事情により, 二人あるいは, 二人の, 二度しか, 二度餅の, 二時の間即ち, 二階から, 云うこと, 云うに, 云うのに, 云うもの, 云う今夜, 云う約束, 云う風雲, 云つた, 云ひ, 云へば, 五時との, 五時の間と, 五月下旬の, 亡霊, 京都の, 人とが, 人との, 今しがた城の, 今との, 今度と, 代とに, 会う気, 会読を, 伝統の, 似たり, 位置と, 位置も, 何とはなし, 何事も, 余り変り, 倶に, 僕は, 先刻とは, 先達からの, 光線の, 全く事情, 全く同じく両, 全く同様, 全く變ら, 八時との, 六時の間にも, 内外の, 再度のみ, 凋落との, 処かな, 処とで, 処とによって, 処と共に, 処の, 分らぬ時, 切る時, 別に渝, 利剣を, 前に, 労とを, 勇み立ちあつかましく, 勝るとも, 北条時益の, 十ヵ月後とは, 十一時の, 十二時との, 十時の間, 十銭の, 午後一時には, 半歳ばかり, 反対側の, 只單, 同じ, 同じあの柔和, 同じい, 同じくこの, 同じくそれら, 同じくスペイン, 同じく不思議, 同じく句数, 同じく定まった, 同じく彼, 同じく樹木, 同じく現在, 同じく突然に, 同じく結局福次郎, 同じく蒲団, 同じすばや, 同じだつた, 同じところ, 同じコバルト色, 同じ三個, 同じ人力車夫二人, 同じ位, 同じ何, 同じ冷た, 同じ印象, 同じ唐突さ, 同じ困難, 同じ場所, 同じ大き, 同じ室, 同じ年齢, 同じ手続, 同じ擽つたい, 同じ方角, 同じ様子, 同じ点, 同じ状, 同じ理由, 同じ眼眸, 同じ程度, 同じ華やか, 同じ角速度, 同じ足音, 同じ軽装, 同じ静か, 同じ顏, 同ん, 同一で, 同一容体にて, 同一量の, 同時に又, 同時代, 同様だった, 同様な, 同様味気ない, 同様平然として, 同様戦争の, 同様独身生活を, 同様縁の, 同様自分自身にたいする, 同様驚かされる, 名乘つた, 吾人の, 商人が, 喋る時, 四十分を, 土蹈まず, 場あいによ, 場合だろう, 場合である, 場合とで, 場合とによって, 場合との, 場合など, 場合にのみ, 場合によつた, 場合ばかり, 場合出したく, 場所が, 場所こそ, 場所で, 場所とが, 場所とをかへて, 場所柄との, 墓場で, 壁上に, 変とに, 変らないよう, 変りありません, 変りは, 変わらないもの, 夕の, 夕方六時どっちも, 外に, 夜には, 夜更しを, 大して変らねえ, 大抵同じ, 天候と, 女の子が, 妻が, 字を, 存じ一人, 定まって, 定めて, 定められた, 定めること, 宮内に, 寝る時位, 寸分ちがわぬ, 寸分違っ, 対手によっての, 少し気に入った, 少年時の, 尺地の, 左を, 布令出され, 年も, 当代一流の, 形が, 彼には, 後で見直した, 御銘, 心を, 必ずしも一つ, 必ず珠, 怒ってるの, 思いましたので, 思うが, 思える頃, 思ったらしく渋々, 思つて持つ, 思はねば, 思ふころ毒藥, 思わしい時, 思わねば, 思われる時計, 性が, 情交の, 感じて, 感情は, 慢心の, 成熟した, 所とにおいて, 手ぬかりなく, 打ち解けて, 抜いた後, 掛札が, 摂理の, 数えら, 文句が, 文政の, 方法とを以て, 方面を, 日の, 日入る, 明らかに, 昔愛人が, 時における, 時間が, 晩年との, 智識の, 書いた, 書く時, 朝寢の, 未だ夢みざる, 来た楽屋, 極楽の, 様式とを, 歌いかえ高, 歴史が, 死んで, 死體に, 殆ど同時に新聞記者村井, 殊なる, 比べたら, 比べると, 比較し, 毫も異なる, 気分との, 水の, 永遠と, 汐先の, 沈黙とが, 沒交渉では, 注意と, 海底を, 渓流へ, 火鉢の, 熱の, 物を, 特殊の, 玄弉三藏の, 現在との, 甚しく, 用立たない, 甲府の, 申すに, 異った, 異なり今, 異なり蝋燭, 病気でも, 皆が, 相手とが, 相違の, 真夜中と, 眼を, 知つて居る, 社会との, 神自身と, 称した, 種とを, 空間いずれか, 空間であっ, 空間とにも, 空間に対して, 突ッこん, 立ち栄ゆとも, 等しいはるか, 紙とを, 終始秀吉, 縄付きの, 考えたもの, 考えました, 考えること, 考へられた時期, 聞きて, 聴いたので, 自らその, 自分との, 自分より, 自由さに, 致して, 色艶の, 茶時, 荒廃とに, 見えた, 見え艶の, 見ると, 見通しを, 覚しく山, 親鸞とは, 言い今, 言うと, 言ったら十時, 言っといたの, 言ふ, 言へば, 言われたのに, 詠じたの, 読み終った時, 調子は, 趣きを, 身装が, 較べて, 近ごろ拿破里に, 追, 通知され, 遊びに, 道誉が, 違い今度, 違う, 違うて, 違った気持ち, 違つた, 違つてトランクが, 違つて後ろから, 違つて未明の, 違つて針が, 違て, 重り合って, 金とを, 針の, 長柄の, 間の, 関連し, 限った事, 限らず臼, 陶器を, 雨天の, 非性格的, 音沙汰が, 食との, 馬鹿に, 騒いで, 高さ

▼ 時でも~ (2023, 1.2%)

18 自分の 17 私は 12 彼は 10 なければ 9 あつた 7 それを 6 あった, ない, 私が, 自由に 5 あなたの, なかった, 云って, 勝手に, 私を, 自分を, 遊びに 4 ある, い, 何でも, 其調子だ, 持って, 私の, 貴女は

3 [24件] これだけの, そうである, そこに, それに, それは, ないのに, 三時でも, 何か, 何時でも, 夜寝る, 差支ない, 床へ, 彼の, 彼らは, 彼女の, 必要な, 愛くるしさ, 成つて見せまする, 昔の, 然う, 父の, 私に, 自己に, 随意に

2 [127件] あったから, あったの, あなたは, あるかの, あるが, あるの, お相手, お糸, かういふ時, こ, このよう, このニコニコ顔, これほど, こんな調子, こんな風, さう, するが, するつもり, する気, その中, その人, その男, それが, それだけは, そんな事, たいていは, どうかする, ない雷, まだ彼, やつて, やり兼ねない男, アノ通り紅を, リヽーちやんの, 一つの, 一種の, 一緒に, 世話を, 二人連の, 云ふ, 人と, 人の, 今日の, 今日は, 代用教員の, 伝七郎の, 何かの, 何の, 何処かに, 何処でも, 何所でも, 來い, 依然として幸福, 出来て, 前借にな, 剛情で, 剥き出しに, 十時でも, 右の, 同じやう, 同じ事, 同じ様, 噪いでゐる, 大小言, 夫の, 夫は, 女を, 好きな, 安心し, 寒そう, 少しも, 帰って, 平和だ, 平気で, 平生の, 幼気, 底深く, 彼女は, 彼女を, 彼等は, 御一緒, 必らず, 投げ出して, 斯う, 昇の, 書いて, 望みの, 机に, 校長を, 此章を, 死にます, 死んで, 気が, 決して相手, 涙が, 用に, 用意し, 男だ, 皮膚に, 目の, 目も, 直ぐに, 相手の, 確だ, 神の, 神様の, 私には, 秋の, 紀昌の, 素直に, 美奈子さんを, 義憤に, 聖書を, 胸に, 色々な, 蟄居し, 行って, 貴女の, 起きて, 退化である, 那, 酒を, 金の, 降参する, 雨が, 面白く感ぜられる, 鮨を, 鳴り出す

1 [1537件 抜粋] あがりたまえ, あったが, あったろうか, あなたが, あの記者, ありかねて, あります, あり多分, あるぢ, ある人, あろうと, あんまりあなた, いいけど, いかなること, いざ開帳, いつか僕自身に, いつもそういう, いつ起る, いよいよ失敗, いるんぢやあ, おざれば, およその, お互に, お別れ, お噂, お嬢さんと, お序, お新, お母さんから, お節が, かういふ事, かなしい時, かまわずお, きげん, ぐっすり眠る, こういう弁解, こうで, こっちが, この一番私, この場合, この小僧, この扉, この水, この練習, これに, これまで, こんなだ, こんな大きな動悸, ございません, さうだとは, さすがに, じよらうぐも, すぐ引っ越し, そういった風, そうでありました, そうな, そう云っ, そこの, そのあたり, そのやう, その三倍, その完全統一, その所, その時確実, その理論, その痛, その臆面, その輪, その速力, その銃器, その騒々し, それから当分, そんなに早く, そんな話, ただ一言, つい手, つっけんどんで, どういうこと, どこまで, ないが, ないの, ない寒中, なかなかそこ, なきゃ大っぴら, なく暗い時, なければね, なるべく言葉, なんでも, はしやい, ひけつする癖, ひやや, ふと気, ほかの, またはお茶, また国民, まだ僕, まるで融合, みんなで, むずかしい深刻, もう一枚, やって来給え, やはりその, やはり同じ, やはり東山一雄, やるから, ゆうべの, よく, よく私, ろくにお話, わしは, わたしにだけは, アナタだ, イフヒムの, ガボオの, クララは, シグナルの, ジュスチーヌが, ズケ, チャッチャッチャッと, トマト胡瓜茄子菜っ葉の, ド忘れし, パンを, ホントの, マンネリズムに, リュウと, ワンと, 一つ残され, 一命を, 一方には, 一萬以上を, 万難を, 三十八度ぐらい, 三日や, 上ったり, 上演する, 下等な, 不安が, 不意に, 不用な, 世間の, 主人の, 乃公に, 九十八九から, 予想外な, 事変が, 二三日の, 二人相對し, 云つてゐた, 五つや, 井伊掃部頭の, 人を, 人力車より, 人道または, 仁慈の, 他人が, 他所へ, 伊沢と, 伜は, 何かしら考へ, 何も, 何度この, 何處からとも, 何處の, 使へる, 來給へ, 依然として自由, 俺は, 僕に, 優しく眞實, 元気が, 先行つち, 入つて, 入院の, 其に, 其の者, 其定に, 其顛末の, 内心で, 冷やかに, 冷静で, 出來, 出来ますからな, 出発が, 切出しさえ, 別に変, 別れて, 利用しなけれ, 副長だけは, 助けて, 動かなかった, 勝つて, 勿体ぶるなど, 十マイルの, 十人くらいの, 半白の, 博奕が, 参ります, 叔母は, 取出せるやう, 口を, 召集される, 可能である, 各地に, 同じこと, 同じ樣, 同様で, 君には, 吾輩の, 咲き匂つた桜, 唇を, 問題に, 喧嘩と, 四時でも, 国の, 坂の, 壁を, 夕暮に, 外國の, 多くは, 夜か, 夥しい崇拝者, 大人にも, 大抵格子の, 大望を, 大輔は, 天然を, 太陽は, 失敗者だ, 女には, 好い時, 妻には, 始終笑顔一つ, 嫉妬し合った, 学校の, 安利で, 宜いわ, 実によく揚り, 実費以下困っ, 客を, 家は, 寝る時, 實際に, 尊大に, 小さな子, 小父さん, 少しづゝ, 少し体, 屁理窟だった, 山で, 岸本に, 左様で, 己が, 席について, 帰りぎわ, 帰れるやう, 常にこの, 平に穏, 年中變てこに, 広い範囲, 座敷を, 引き渡せるやう, 引受る, 強いもの, 彼だけは, 彼女だけは, 彼自身は, 後からは, 従五位勲何等の, 御出で下さい, 御父子代々, 御馳走は, 心が, 心得たとこそ, 必ずタキシー, 必ず日傘, 必ず氣味, 必一方には, 応戦の, 念の, 思う事, 思ひながら, 恐らく同じ, 悠然と歩い, 悪びれないあの, 悲境の, 愉快に, 意志の, 感じたこと, 態の, 我がもの, 我情に, 或は, 戦いは, 戻れる気持ち, 手伝は, 手拭の, 手紙を, 払って, 拔いだ, 持つて, 挙国一致は, 掛りつけの, 損を, 支那若しくは, 散歩に, 文化は, 料理に, 斯うでした, 斯ん, 新内の, 日の, 昇が, 明瞭である, 春の海の, 時々さう, 時計など, 晩が, 晴天の, 暗誦です, 書きたい時, 最初バターと, 最後には, 朝から, 朝廷方の, 木虱は, 本当は僕, 来い薄馬鹿野郎め, 東京から, 松五郎の, 枕の, 校長だけは, 森の, 極つて, 構は, 構わぬ殆, 機嫌の, 次郎には, 歌ひ, 正直だ, 此初日出の, 此所まで, 此程度以上に, 此通りだ, 歩いて, 死なれるから, 死ねるに, 殺されよう, 母親と, 毎朝必ず, 毛利家の, 毛管現象が, 気の, 気配を, 水瓜を, 汗が, 江戸川の, 決して憎らしい, 決して荒々しい, 沖氏は, 泊めて, 泣かなきゃア, 注意ぶ, 洗湯へ, 浄蔵が, 涼しい処, 深夜酔っ, 清らかに, 渠は, 温かい料理, 湖を, 濛つ, 烏の, 然うです, 煙を, 父さんは, 片脚, 物語を, 犠牲の, 猶且元氣, 現われる現象, 生命を, 用意の, 田舎に, 男の, 疊を, 癪を, 百や, 皆これと, 盜りつ, 直ぐ書く, 相手に, 眞赤に, 真面目に, 眼が, 眼を, 着物の, 矢張り, 砲兵の, 神経科へ, 私で, 私行きます, 稀に, 穿かれるやう, 窓を, 立ち去ること, 竜の, 笑つてゐる, 第一, 節子は, 粗略な, 素知らぬ振り, 紳士然, 結構です, 絶えること, 綻びるもの, 編上靴の, 翌る, 老人が, 考へ, 耳たぶが, 聖書が, 聞き上手であった, 胃が, 胼が, 脚を, 脱いで, 腰よりも, 腹巻きに, 臨時の, 自分で, 自分は, 自己が, 自由自在に, 舞台の, 船艙の, 芝居気は, 花の, 若ものと, 英太郎には, 莞爾しまさあ, 葉子は, 蒙古人, 薄暗い倉庫, 蝦と, 血気壮な, 行きちがいに, 行つて寢る, 表の, 裁判所へ, 西伯利亜経由と, 見せる人, 見るよう, 規定通り両, 親分の, 言葉が, 訪客を, 話せそう, 調理し, 謂わば, 議論は, 負けて, 貴女に, 買える故, 貸す処, 足を, 跳ねあげられた笠, 身を, 辛いこと, 追い出す権利, 逃すこと, 逞しい男, 造作なくちよつ, 連続的に, 達雄は, 遠慮なくその, 部屋に, 酔つ, 金を, 銀行から, 開いて, 阿闍利さま, 雇つ, 零下五度以上に, 青年の, 非常に, 革命を, 鞘走るよう, 頭巾へ, 顔は, 風呂から, 飛び出せる用意, 食べられるよう, 食慾が, 飲めると, 馬小屋の, 鮨だ, 黒い学生服, 黒焼屋の, 默つて一心に, 黙つて

▼ 時~ (1855, 1.1%)

32 はその 31 の心 26 はふと, は自分 20 は何 1916 の頭 15 はこの 13 の眼 12 の胸, は初めて, は彼 11 はまた, は思わず 10 はまだ 9 はいつも, はお, はそれ, はどんなに 8 は心 7 はこれ, はすぐ, はそんな, は始め, は急, は私, は突然, は胸 6 はこう, はもう, は一人, は不意, は父 5 の方, はちょっと, はよく, は今, は先生, は全く, は母

4 [20件] が, が何, の体, の友人, の家, の母, の疲れ, の耳, はそう, はただ, はどう, はどうして, は何となく, は何とも, は俄, は前, は少し, は彼等, は思いました, は眼

3 [36件] がその, が一寸, が彼, に, のところ, の兄, の全身, の前, の左, の手, の肩, はあの, はある, はいかに, はここ, はこんな, はそこ, はつくづく, はどんな, ははじめて, はほっと, は二階, は京都, は何気なく, は再び, は又, は妻, は彼女, は思はず, は我国, は既に, は物, は祖母, は驚き, もまた, も共に

2 [125件] がこの, がそれ, がどんな, がふと, がほんと, が先生, が出した, が彼女, が秋田, が通訳, が間, と一緒, と八五郎, にお, にこう, には六十三銭, には彼, には心, に銀側時計, のすぐ, のそば, の下宿, の作品集, の傍ら, の全く, の名前, の呼吸, の境遇, の小さな, の心臓, の気持, の画いた, の目, の考え, の見た, の許, の郷里土佐国佐川町, はあっと, はあんな, はいきなり, はおや, はしばしば, はすべて, はつい, はどうしても, はどこ, はなぜ, はなんだか, ははっと, はひどく, はひょっくり, はほんとに, はます, はもはや, はわざと, はわざわざ, はハッ, はフト, はマッチ, は上野, は不思議, は二つ, は他, は何だか, は何故, は側, は偶然, は全力, は其処, は凡て, は劇, は十七, は口, は君, は四度目, は坂, は多少, は如何, は実に, は実際, は尋常三年, は屡々, は常に, は広告ビラ, は御, は思, は恐し, は慌て, は或, は批評家, は斯ん, は日本, は明瞭, は本当に, は泣きたい, は活動写真, は涙, は湧き上る, は異様, は病気, は瞑想, は納戸, は紙巻煙草, は縁側, は袂, は見た, は言, は誰, は貴方がた, は身, は身ぶるい, は逆, は遠く, は野口, は鉄路, は隣り, は電車, は静か, は香, は驚いた, も亦, も心, も死ん, も淋しく悲しい, を呼ぶ

1 [986件 抜粋] あかんぼでした, があなた, があれ, がいそい, がお供, がきいた, がすべて, がそんな, がちゃんと, がひどく, がふとした, がへん, がまず, がやっ, がジーッ, がハッ, がモウソン, が一番楽しみ, が乱歩, が今日死, が何ん, が先, が反, が只, が呉清源, が妻, が小走り, が幾日, が彼方, が御, が悲しむ, が感じた, が慌て, が救った, が月影, が某, が水, が泣く, が男, が縁付いた, が自暴自棄的, が菊池, が見, が訴, が説明, が辛, が電報, が非常, が風邪, くらいな年紀, このまま轢, しは, し口, だけ一人, だつて, と同時に, と彼, と母, と秀子, と結婚, などはま, なら馴染, にかう, にこれ, にとっては二重, にはどう, にはひどく, には井伏さん, には冷靜, には梯子, には資本制度, にわかった, に一番, に云いました, に出遇います, に土産, に思はれた, に於, に書い, に此, に渡された, に申します, に言った, に話した, に談, に跟, に道案内, のあと先, のお母さん登波, のため, のひとみ, のほか, のウチ, のスートケース, の予期, の仰向かん, の体内, の側, の内, の列挙, の勇気, の友, の受けた, の口腔, の同級生, の唯一, の喜び, の国, の大森, の妹丈, の嫌い, の家族, の小説, の師匠, の帯, の幸福, の弱, の心配, の性欲, の意見, の感じた, の懐中, の指してる, の操行考査, の春機, の横, の樫, の注意, の父, の理性, の生活, の疑念, の目前, の眼底, の知ろう, の秘書, の窮状, の精神, の翻訳中, の背後, の自宅, の船, の荷物, の行く手, の視線, の覚え, の親友, の言つた事, の足, の身体, の鍬, の隣, の青春時代, の顏, の願, の驚き, の鼻先, はあたかも, はあなたがた, はいたたまらず, はいや, はいよいよ, はうれしい, はおかしく, はお嬢さん, はかあいさうで, はかなしみ, はかね, はかの, はきっと, はくどくど, はくれぐれも, はこちら, はこの世, はこれら, はさ, はさらに, はしくしく, はしみじみ, はす, はすっかり, はずつと以前, はそのままじっと, はその道, はそれら, はぞっと, はたいへん, はたった, はちっとも, はちら, はつかつか, はつくづくこう, はつと, はつまらない, はとても, はどきんと, はなる, はなるべく, はなん, はなんとなく, はにつこり, ははじめ, ははじめて少し, はひきつった, はひどく淋しい, はふい, はほ, はほんとう, はまじめ, はまっさきに, はみよ子, はめつたに, はもう一度, はやう, はやはり, はようやく, はよほどぐずぐず, はわッ, はキャッ, はコネティカット州ブリッジポート, はゴーリキイ, はスコール, はゼネラル, はドサ貫, はハンター氏, はピアノ伴奏, はフォーデングブリッジ, はフト離屋, はホテル・サボイ, はマサチューセッツ州エセックス郡出身, はユダヤ教以来, はレニン, は一切, は一層, は一年近く, は一掴み, は一生, は一番先, は一般婦人, は七つ, は不, は不謹慎, は中, は主治医, は二人, は二十三歳, は云, は云い知らぬ, は云った, は五年, は人, は人力車夫, は今夜, は今日, は以上, は但馬さん, は何もかも, は何千エーカー, は何様, は余りに, は依然として, は俥, は偶然国, は傍, は先輩, は入学試験, は公衆, は六歳, は兵さん, は其處, は初めてじっと, は別に, は到頭, は勉強室, は勘兵衛, は北川君, は十七歳, は十二, は半信半疑, は卒然バタバタ, は印形, は叔父, は古く, は可, は右, は吸殻, は周蔵, は咄嗟, は問いました, は喉, は嘘, は国, は城介, は堪らない, は多く, は大, は大変, は大層, は太郎, は奉公, は女, は女史, は好い, は姉夫婦, は娘, は婢, は嬉し, は完, は実は, は家族, は宿屋, は将棋, は尋常, は小僧, は少々, は山田, は左, は帝国劇場, は常, は年寄, は幸, は幾分, は床の間, は座敷, は廿一, は弟, は弱い, は彼ら, は心から, は必ず, は忌わしい, は思い切っ, は思った, は思ひ, は恐ろしい, は恥, は恥しく, は息詰る, は悪い, は惨め, は愕然, は感じた, は慄然, は憤然, は成蹊学園長中村春二先生, は手, は手頃, は折, は招かれ, は挿絵, は支那, は救, は敢, は文子, は新し, は新聞, は日本人, は早速, は明治, は時々, は時男さん, は晝, は暗やみ, は書け, は有, は木, は本校生, は東京有楽社, は柳編み, は桜, は極めて, は横須賀, は次, は正体, は此, は歩く, は死ん, は母親, は氏, は気づいた, は江戸, は沁, は河野, は泣い, は泣出, は海, は涯, は温泉, は激しい, は無心, は焼, は片隅, は物語, は狩太農場, は獅子身中, は瓦止め, は生, は生れ変った, は生涯, は男盛り, は當然夷三郎神, は病身, は皇后, は盲目的, は直感的, は直覚的, は真に, は眼前, は瞬間ハツ, は知らなかった, は社会, は神様, は秀子, は空恐ろしく, は立ち止, は立派, は競馬場, は範疇, は簡潔, は級長, は細かい, は總身, は老婆, は考へた, は聴き, は背, は脱脂綿, は腕力, は腹具合, は膝, は臺所, は若い, は苦しい, は英書, は莫迦莫迦, は菓子, は蒼々, は蔵, は藤枝, は蚊, は行きつけ, は見つけた, は見舞, は観察, は言い出し, は訊ねました, は話, は調和, は身体, は辛, は近頃, は逃亡者, は這入っ, は遇, は過去, は遠慮, は那須, は鎌倉, は随分, は雨, は電話, は静子, は面白い, は頓に, は頭上, は飛ん, は食物, は馬鹿, は鳥渡, は鼻血, へ障る, もきちんと, もすべて, もねえよ, もイセレマクシ, もツイポンポン斷, も一応, も何度, も坪井君, も夢中, も庭, も招, も招かれ, も父, も特に, も祈願祝祷, も續, も送っ, やどんなに, や竹内先生, をお, をわら, を刺さう, を助けたい, を後, を東京, を紹介, を連れ, を養子, 何だか気

▼ 時~ (1503, 0.9%)

34 は自分 30 はその 25 の眼 23 はふと 21 の心 17 は, はまた 12 の頭 11 は初めて 10 はもう, は急, れは 9 はそれ, は何 8 はいつも, は私 7 の胸, の顔, は始め, は既に, は突然, は胸 6 の女, の耳, はまだ, は顔 5 の目, はそこ, はただ, は例, は身

4 [14件] が, がその, の体, はこの, はじっと, はすぐ, は一人, は今, は実に, は心, は思わず, は意外, は眼, は遂に

3 [28件] の手, の注意, の額, はぎくりと, はこう, はこういう, はちょっと, はどう, はほとんど, はまったく, は一つ, は不意, は世間, は云った, は僕, は全く, は又, は女, は妙, は妻, は彼, は後, は息, は最初, は父, は神, は言った, は頭

2 [108件] が寝台, が心, が無理, が私, が突然, が身, に真, のうしろ, のすぐ, の作品, の口, の唇, の地理, の姿, の室, の家, の左手, の幼い, の後, の心臓, の想像, の王者, の腹, の語りける, の身体, はあ, はあの, はお, はこと, はこれ, はこんな, はす, はすこし, はすっかり, はだしぬけ, はついに, はつと, はどれ, はなお, ははじめて, ははっと, はひそか, はまことに, はまるで, はもはや, はやっと, はやつ, はやにわに, はようやく, はドロシイ, はハッ, は一層, は一度, は不, は不思議, は二階, は何物, は先ず, は全身, は其処, は十五, は嘆, は堪えがたき重い, は変, は大曲, は大通り, は天, は存在, は家, は少女, は屹度, は平気, は年頃, は床, は彼女, は思ひ, は愕然, は愛憐, は我, は手紙, は明らか, は果して, は次, は死んだ, は殆, は泣き, は片手, は狭い, は玄関, は生れ, は痴川殺害, は癩病人, は目, は相手, は立ち止まった, は節子, は細君, は結婚, は縁側, は舌, は苦笑, は蒼白い, は軽い, は頻りに, は首, は馬車, は驚ろ, は鳥

1 [802件 抜粋] かあるいは, から妙, から贈った, がうつ, がかつて, がする, がそれ, がそれら, がつと, がとても, がまた, がレイクランヅ, がローマ教皇, が一生, が両, が僕, が単身, が危険, が夕食後散歩, が子供達, が宿, が少女, が彼自身, が愛し, が感じた, が或, が是非, が最初, が櫂, が正式, が沁, が無心, が生き生き, が盛ん, が眼, が着せ, が縁, が繰り込ん, が胎児, が舟, が著しく, が言, が門, と一緒, と妻, と小料理屋, にその, にとって, にはさっき, にはただ, にはもの音, には微か, には思い出され, には食べる, にアイアース, に云った, に入用, に判っ, に向っ, に宣んし, に就い, に曰, に案内, に無, に示した, に端嚴, に臨み, に言った, に贈り, に金, に高価, のお, のからだ, のその, のてれ隠し, のふとった, のベルナルドオ, のマガリャンス, の七兵衛, の五体, の今, の伯父, の側, の処, の前面, の労, の原作, の古, の右手, の名, の君, の四人打寄, の妻, の姉, の小, の屋敷, の幸福, の微笑, の心中, の心持, の思い, の恋人, の恩師, の息子, の悲哀, の惑乱, の意識, の慈母, の成功, の手枕, の手頸三四寸, の方, の書きかけ, の最後, の本, の村, の横, の武勇, の歩行, の母親, の気, の水腫, の為, の父親, の物差し, の用いた, の男, の眼中, の眼付, の神経, の神經過敏, の筋向う, の縁談, の美, の聯想, の脳, の自尊心, の血相, の行手, の視覚, の財布, の貴女, の踏み出した, の踏ん, の車, の長い幽, の長子, の露出し, の面, の魂, はあっこあっ, はあと, はあやまつた, はあらゆる, はいかに, はいつもおずおず, はうつ, はおそろしく, はおま, はかえって, はかすか, はかなり, はきっと, はきれい, はぎょっと, はここ, はごく, はさも, はざっくばらん, はじつに, はすでに, はすべて, はせき込み, はそういう, はそば, はそれ等昆虫, はそんな, はたちまち, はだまっ, はちょうど, はちら, はつつみ切れない, はです, はとりあえず, はどうして, はどの, はどんな, はなにか, はなんだか, はにやにや, ははげしい, ははげしく, はひざまずい, はひどく, はひやりと, はふつ, はふとした, はふり, はふるえだした, はほ, はほっと, はほほえみ, はみ, はもうこ, はもうすでに, はもう一度, はもう既に, はもし, はもとより, はもの思い, はやはり, はやむをえず, はようやくハッキリ, はわざわざ, はわずか, はエッケルマン, はエルンスト, はギョッ, はコップ, はゴオド, はソッ, はトルレス, はドイツ, はパン, はビール, はファンファーレ, はフジヤ・ホテル, はフト, はブランコ, はポリデクティーズ王, はマルテ, はムッ, はレイクランヅ, は一, は一人胸, は一寸, は一瞬, は一種特別, は一通行人, は三つ, は三十歳, は不安, は両手, は久米正雄, は乞食, は二十万, は二年級, は云, は人, は人通り, は今夜ここ, は仕方, は代議士, は伊之助, は体, は何と, は何人, は何度, は何時も, は何気なく, は作品, は侍臣, は依子, は倒れまい, は健三, は偶像, は先, は先夜西山, は共産主義, は内心大人げ, は决然, は刀, は初め, は到底, は刹那的, は前者, は力まかせ, は十六, は千三百円, は友だち, は友人, は叔父, は受驗料, は右手, は吉莫靴, は名, は向側, は呟いた, は周子, は和服, は咳払ひといつ, は喇叭, は喜ばしい, は喫驚, は嚴, は四五分の停車時間, は国境, は執権高時, は声高, は夕陽, は外国生活, は外界, は多く, は夢見る, は大体次, は大勢, は大岩, は大臣ら, は大西博士, は夫人, は如何にも, は妾四人, は実は, は実際, は室, は寄席, は小斎, は山, は工藝, は常に, は帽子箱, は平吉, は平然, は幸福, は幾たび, は幾十万, は引き出し, は待っ, は後頭部, は得意, は微笑, は必ら, は応召間ぎわ, は念, は思はず, は思はずほつ, は思はず微笑ん, は思わずほっと, は思わずハッ, は恐ろし, は恐ろしく, は悚然, は悲し, は惜気, は愚痴, は感慨, は慎ましやか, は憤り, は懇, は我乍ら唾棄, は戦闘的, は戸外, は指, は振り, は振り返つ, は掛り, は断然, は新聞, は方々, は既, は日頃, は昔, は時宜, は時計, は暴れだし, は曲折, は書い, は朧ろげ, は未だ, は本能的生活, は本郷座, は朽ちた, は根, は根底的, は桟敷, は梳, は檣樓, は次第に, は此, は死ぬべきなり, は汝, は決死隊勇士, は泣いた, は泥棒, は洋筆, は津田, は流石, は浅草, は海, は満, は漸く, は激怒, は烈日, は無, は無事, は爐辺, は爺さん, は牛小屋, は牧師, は独乙統一, は狼, は玉藻, は珍, は理非, は生ける, は用捨, は画集, は盗み, は直ぐ, は真個, は眠っ, は眦, は確か, は穏やか, は窓, は立ち止まらなけれ, は立っ, は笑ひたいやう, は筆, は粗末, は給仕, は続い, は美くし, は羞, は老, は考える, は聖書, は胸中, は腰掛, は腹, は自ら, は自ら戦慄, は自宅, は興, は興奮, は色, は芸術, は苦しんだ, は茂み, は茫然, は荒涼, は葉子, は蓉子, は血相, は行かなかつた, は袋, は裏口, は視線, は言, は言いました, は言っ, は記録係, は語つた, は貧民救済, は贔屓客, は赫ツ, は足もと, は車窓, は辞職, は返辞, は過, は過去, は遠方, は邸宅, は部屋, は配達夫, は酔っ払っ, は酷い, は銀弓, は銃, は門, は陰嚢水腫, は陳, は電話, は青木, は非常, は額, は飛び上がっ, は騒ぎ, は驚いた, は高, もその, もそれ, も九州, も雑, より受け, をし, をなぐさめる, を助け, を助ける, を呼ぶ, を待ちかまえ, を惡め, を拒絶, を救った, を襲, を訪問, を送り出した, 去る, 叫びて

▼ 時にも~ (1405, 0.8%)

20 私は 13 彼は 9 それを 7 私の 5 この子, 何か, 彼女の, 彼女は 4 なって, 何の, 自分は

3 [19件] あつた, あの北側, これは, それが, そんなこと, なかった, やはりこの, クロは, 例の, 割り込んで, 彼の, 彼を, 念押したら, 手に, 父は, 私が, 間に, 隙が, 電車に

2 [72件] いろ, おれは, お父様, さう, その厚意, その土地, その話, それは, そんな話, ない薄紫, ならないに, ならないらしかった, ならない内, なると, なるの, またそう, まだ望み, やはりその, やはり彼, ややこしいと, 二人は, 亦死んだ, 信一郎は, 僕は, 僧は, 兄の, 先生の, 先生は, 六十に, 別に相手, 別に鼻白み, 勝って, 同じこと, 同じやう, 同様な, 呼ばないで, 大いに日本, 妙に, 始終私, 家の, 少しも, 岸本は, 帰る時, 彼が, 彼等の, 必ず不正不潔, 悪意の, 文章上の, 東京の, 格別不便, 毎年小春の, 源氏の, 火の, 特別に, 現われて, 発光が, 睡らずに, 矢張り日本兵も, 私を, 私達は, 笑ひ, 腹は, 自分の, 見たこと, 親子は, 變り, 近いし, 遺族の, 都合が, 長井は, 降魔の, 香を

1 [1123件 抜粋] あ, あいつが, あっちこっちに, あの人, あの屋根, あの春日野, あひ, ありますよ, あり得ると, あるいはまた鋳掛屋松五郎, あるオルソドクシー, いいました, いかなる道, いたんだ, いちいちお父さん, いつと, いつも法廷, いらないいらないって, いろいろその, うたての, うれしいの, おしかは, おちかは, おれの, お供を, お前さんに, お寿賀さん, お春, お松は, お目, お粂, お話の, お顔, かう云, かえってからも, かたく禁じられ, かならず第, かねて, かの怪物, きまって葉巻, けったいな, こういう古, こっちを, この二つ, この修理亮泰時さま, この子供, この帽子, この悪い, この気持ち, この狂言, この箱, この英文, この香水, これに, これらの, こんな格好, さうだつ, さすがに, しぐさで, じゃんじゃん飲んだ, すぐに, すでにかかる, すでに地球, すべて中畑さんと, せよ兎, そういったそう, そうであった, そうです, そう思った, そこだけは, そこに, そのこと, そのパン工場, その人, その分析, その大きな丸髷, その当座, その心得, その感慨, その数日後オリエンタルホテル, その機嫌, その潮流, その若い, その顛末, そろって, そんな人, そんな計画, たいへんな, たしか久留米絣, ただただその, ただよそ, たといそれ, だまって, だれが, ちっとも楽し, ちゃんと仮装敵機, ちょっと言っ, つい二三日前, つまらぬ作, つまり銀行, どうしても一緒, どんな状況, どんな處, ない訴, なお壁画, なお霧粒, なく平次, なく羽織, なった所, なつた, なにか面白い, ならないうち, ならなければ, ならんと, なり易い, なること, なれば, なんでも, ひどく危, ほかの, ほんの少し, まさって, まさるばかり, まして一層はっきりと, まず気, またそれ, またパン, また同数, また大, また横瀬浦, また生産, また胤長さま, また部屋, まだまた赤く, まだボンヤリ, まだ叔母, まだ岡, まだ月, まなばれた為, めづらしく相州さま, もうそんなふうにおなり, もう女, もしこれ, やっとの, やっぱりうなずく, やっぱり米友, やはりいっしょ, やはりこんな, やはり一しょ, やはり同じ, やはり泣寝入り, やはり生命健康, やはり自分, やはり顔, ゆる子, よく事情, よく薄, よく診, よほど意地, ろくろく私, わざわざポオチ, わしは, わたしばかりじゃ, われわれの, イエスは, オルガンチノは, ソマリイを, チヨンまげ, ニッケル製の, ビールを, フレッチャーが, プラトンは, メリヤスの, 一々彼等, 一層の, 一応は, 一緒の, 七時にも, 三つ四つ樹の, 三号法廷で, 三毛だ, 不逞鮮人事件という, 並いる, 乃公は, 乗って, 二つあります, 二つばかり, 二度ばかり, 五・一五事件の, 亦ちょっとした, 人は, 人間は, 今度の, 今日は, 仲に, 伊藤左千夫が, 会場の, 伶人が, 似たよう, 体の, 何だかそんな, 何台と, 使う, 使つてを, 俄かに, 俺ァ, 側へ, 偽を, 傍を, 働く時, 優る武名, 兄妹とも, 充満し, 光子さんは, 全く同輩, 全然知らぬ顔, 八歳の, 公平ばかりを, 其の日, 再びこの, 再び西瓜, 冷たく醒め, 出て, 分って, 刑事が, 初めから, 別れの, 別段驚き, 前夜と, 劣らないほどの, 勇ましい足音, 動いて, 募集し, 勿論苦, 十人の, 十六人の, 十時にも, 半兵衛が, 卵は, 厭がっ, 又水, 友人の, 古今傳授が, 各藩とも, 同じで, 同じ事, 同博士, 同時に普遍的, 同氏から, 君に, 吾, 問題と, 噛つて飢が, 困難な, 土色に, 場所にも, 増して, 声から, 外国の, 夜叉王の, 夢の, 大に, 大友へ, 大抵聽, 大概の, 太后は, 太陽を, 女三の, 女性の, 好い塩梅, 妖異を, 妻は, 姉ちゃんは, 始終親分, 子供めいた, 安土や, 安死術を, 宗教の, 実に北さん, 宦官が, 宮は, 宰相の, 容易に, 寮の, 将軍が, 将軍家は, 小雨が, 少し触れた, 少年クリストフは, 尚そこ, 居残りに, 山門の, 峠を, 左の, 左右不定に, 希望された, 師匠の, 帯びて, 帰朝し, 平和の, 平生の, 平田一郎という, 年の, 幾分その, 役に立ち輝子, 役立って, 彼について, 彼らは, 彼我の, 後世の, 御仙さん, 御親切, 微かな, 必ずしも一方, 必ず一刀, 必ず私たち, 必要です, 忘れては, 念仏を, 思ったこと, 怠ける時, 恰度それと, 愛嬌の, 態とその, 憤つて, 成りなん, 我は, 手を, 払は, 拍車を, 挙動そのものが, 捨てたもの, 接したこと, 教師の, 数学の, 断って, 既に十五巻, 日取, 日本語は, 早速には, 時々ふっと二人, 暇さえ, 暫く休みます, 書けなかった手紙, 最初に, 朋黨が, 服從し, 木村大尉の, 本当に利き, 枕に, 枕もとに, 校讀もした, 格別嬉しかっ, 案外やく, 棄てる時, 極めを, 此処に, 歸朝の, 死を, 母が, 民主主義批評家の, 気がついた, 気づいたあの, 永遠なる, 江戸の, 決して中間, 決して叱らなかった, 決して笑ひたい, 決して閉ぢ, 泣いて, 泣きなどは, 洒落にもな, 流れる汗, 浪に, 涙一つ落さなかつた, 深い仔細, 湯川さんの, 源之, 滅ぼす者これ, 演技する, 火の手は, 点の, 然ら, 煙を, 熱が, 片袖, 独りでは, 猶その, 猶此, 現れます, 現われる, 生れて, 生家へ, 田所には, 男も, 異人が, 癢いの, 発火の, 盗人たちと, 直き, 相当以上に, 相阿弥その他の, 真にカイホウ, 眠ったふう, 眼に, 睦まじいふう, 矢張怕ろしかった, 石椁には, 神原君の, 私だけは, 私に, 私曲を, 秋から, 種々の, 窓を, 立派に, 笑った, 第一番, 精しい手紙, 紛れる方, 終始一貫, 線香に, 罪は, 羽仁に, 考えごとを, 耳の, 聞いたこと, 聯盟の, 肩を, 脇腹を, 臨時の, 自から, 自分が, 自分を, 自己弁護や, 自然厳密に, 至極便利, 良人は, 芭蕉は, 若月は, 草鞋を, 落馬し, 著者は, 蒔岡方へ, 藤野先生が, 虫が, 行わるるの, 行われ中国, 街へ, 表向きに, 見かけたが, 見たね, 見られなかった決意, 覚えたこと, 言ったの, 言わでもの, 訓練を, 試験管を, 話し声は, 誤解が, 読むに, 誰か, 貝十郎の, 費用の, 賑わったの, 起居注を, 身体の, 車に, 近いころ, 近くす, 追剥が, 連れ立って, 過ぐるとき, 遥々やつ, 都会の, 重苦しさ, 金さへ, 銃砲が, 長い, 長火鉢の, 関取が, 随分と, 随分銭貰い, 雌雄は, 雨戸には, 雪の, 電車の, 霧の, 青柳と, 非常に, 頭と, 顔に, 風そよぐ, 食事を, 飾つた, 馬は, 驚かなかったはず, 魚が, 鳩の, 黄身ばかりへ

▼ 時まで~ (1335, 0.8%)

15 私は 14 経っても 11 ねた 9 黙って 8 待って 7 彼は 6 経つても, 起きて 5 かかって, そこに, ねる, 何を, 待ったが, 眠る 4 それを, でも, 仕事を, 寝て, 彼の, 私の, 經つても, 續く

3 [19件] たっても, だった, ゆっくりと, 僕は, 坐って, 居た, 店を, 待っても, 待つても, 忘れて, 気が, 氣が, 生きて, 着て, 私が, 続くの, 自分の, 自分は, 誰も

2 [59件] あります, いたの, いて, お父様, お銀様, かかった, ここに, この山, すっかり忘れ, そうし, た, たつても, だ, だから, ついて, です, ですから, やすみなし, やった, よくねた, 一緒に, 一言も, 九時出は, 二たび啼く, 交際を, 仕事, 何も, 何処に, 余は, 叔父の, 始終僕, 封建制度の, 市川猿之助君が, 彼女は, 必然に, 散歩し, 機械の, 正午出は, 気がつかなかったが, 気が付かなかった, 無言で, 用も, 発育する, 眠つた, 眺めて, 知らなかったん, 知らなかつた, 私達の, 続いて, 続くこと, 繰返し繰返し歩いた, 自宅に, 船に, 若旦那は, 行乞行乞相は, 話し込む, 読んで, 遊んで, 開いて

1 [1022件 抜粋] МГУの, あそこに, あったん, あなたと, あなた様の, あの女, あまり人の, あるいは徹夜, あんな物置小屋, いたん, いっぱい, いらつし, いろ, うたせそれから, うつかり歩い, うんうんいっ, おさらばじゃ, おつき合それから, お勝手で, お壮健, お母さんが, お浦, お達者, お預けに, かかっての, かかる, かかるの, かさまよ, がんばり行政学会, きつと, ぎっしり詰まっ, くっ附いて, ぐずついて, ぐっすりねた, ぐっすり眠りました, けっして予期, こうしてここ, こちらに, このまま, この八畳, この制度, この手箱, この生活, この船, この説明, この響, これを, こんな媚態, ございますわ, さまざまの, しつかり掴まへて, しょうばい, すこしむこう, すっかり肚胆, すまして, ずっとお, そこで, そのままに, そのまま抽斗, その増加, その消息, その髻, それから一時, それに, そんなこと, そんな機嫌, ただブラブラ, たったお, たびたび八幡様, だけれど, だったから, だと, だもの, だらしない, だろう, ちっともそれ, ちやんと, ぢつと, つづくか, つづく長い, であったかも, でした, で僅か, とにかく形式, どうか知れず, どうでも, どの位時間, なお扇, なに一つ聞かず, なんだって, なんにも口, にぎって, ねて, ねられた, のんびりと, ひっきりなしに昼花火, ひやかす奴, ぶっとおし, べらべら喋舌, ほとんど沈黙, ぼんやりと, ぽつ, まだ一言, まだ戸, まだ神尾, まだ立った, まったく朦朧, まつたく無視, まるで悪態, みんなを, もぐず, もっと大きな, やたらに, やつと, やりくたびれた, やるの, ゆっくり泊っ, よくは, わが輩は, われわれの, イヤリングの, オセロを, オムライスなんど食ひ, ケチな, ジョウは, ダンスという, トロイア軍に, ハアン・ベイに, ヒルネを, ピンと, フランス人の, プラツトホームで, ベロン, マドリッドを, ラズーミヒン氏の, リーズ, ロセスに, 一々肝, 一に, 一千萬圓の, 一寸の, 一度も, 一日十四時間という, 一時間自修, 一番上の, 一般社会は, 七時間といふ, 三人は, 三千円住みこみ, 三年の, 三時から, 三郎は, 下の, 不明, 与えられた仕事, 両人とも, 中味が, 丸薬を, 乃公の, 乾いて, 争っても, 二三時間も, 二十四時間の, 二時間, 二講師ずつという, 二階の, 五局だ, 五郎蔵は, 交番の, 人の, 今, 仙吉を, 伏せて, 休み食事, 休憩し, 会が, 伝はるで, 伸子は, 住み慣れた村, 何でも, 何事も, 何時間かの, 作業, 使わずに, 依然として自分, 保存された, 保留し, 俺を, 健康を, 僅に, 働きました, 働き通すこと, 働くこと, 僕の, 兄の, 全く冗談, 全く知らなかった, 全然何, 八ツ番という, 八百常で, 内の, 内職を, 冬には, 出前が, 分りかねる曲芸, 別に何事, 前の, 勉強を, 勝負を, 勤めました, 勤務, 十二時まで, 十二時間作業であっ, 十年を, 午後三時から, 半ば眠っ, 即ち満, 原型を, 双方ともに, 受身の, 司法省の, 同じよう, 同じ言葉, 君が, 吾, 咒罵を, 喋舌る, 営業が, 四ヶ月ぐらい, 四時間に, 圧力が, 地下戦車の, 坐るん, 執筆し, 報念深く, 壮士は, 夕方は, 多四郎の, 夜業に, 夜間営業を, 夢にも, 大いにやっちまった, 大前さん水田さんと, 大気焔, 大英博物館, 大騒ぎに, 天気は, 夫人を, 奉公し, 奥様は, 女中部屋に, 女帝といふ, 好い耻, 妾宅に, 姉に, 嫂に, 存在した, 学校から, 完全に, 宮野仁保を, 寂と, 寝った, 寝るの, 寝込んで, 寢てる, 小学校に, 少しも, 少し搖れ, 尚ほ, 居ても, 居る積り, 居残りの, 山口市街行乞それからまた, 岸本は, 左手に, 市中に, 市街行乞行乞相は, 帰り着けば, 平然として, 幾年間麹町の, 店で, 座中を, 延ばさうと, 延ばすこと, 延岡銀座通を, 廻廊の, 引き続いて, 当山において, 役者が, 彼に, 彼も, 彼女が, 待たされた, 待たせる法, 待たなければ, 待った, 待ったら験, 待つたと, 待つとは, 待て, 待とうと, 御在, 御親子, 御逗留, 心配そうで, 忘れようと, 息も, 悲しみて, 意外の, 憤っても, 懸命に, 我にともな, 我慢した, 手から, 打つて, 抛って, 持ち越して, 掛ります大層, 控席に, 放つて, 散佚せず, 数年来ずっと, 斯し, 新聞に, 日本じゅうが, 日本民族が, 昏睡状態, 春子さんと, 昨夜の, 時には六時過ぎ, 時計屋から, 暗々裡に, 暗黒なる, 曳網を, 書いて, 書かなくては, 書き讀み午後二三時頃起床, 最後の, 月給百円, 有るもん, 朝露と, 末野は, 本通りの, 来朝の, 枕許へ, 柱の, 桂子の, 構えの, 樅の, 次の間で, 歌の, 正太は, 正門を, 武門の, 歩きつ, 死んだ者, 残って, 殘つて村の, 毛布と, 気がつかなかったの, 気が付かなかったん, 気にも, 決して他, 沈黙し, 沼の, 洞内の, 浅草俵町の, 海軍の, 温和しく, 湯に, 漕ぎつけた, 火種一切なし, 無事で, 無事でいなさい, 無自覚的に, 熟睡しました, 熱心に, 營中に, 片手に, 狂氣でも, 独り黙っ, 猶予いたし, 獨身で, 生きられるであらうか, 生て, 男である, 町中や, 発音という, 皆を, 目送を, 眉根を, 眞つ, 眠ったのに, 眠られず, 眠れようとも, 瞑目し, 知らず知らず話, 知らなかったの, 知らぬ面, 研究室を, 社に, 秀吉の, 私と, 私語き合うた, 秘密の, 空しくせられず, 空に, 窒息の, 立ちづめ, 競売という, 算術を, 純文科共通, 細目に, 紺の, 組み太刀の, 経ても, 給与され, 絵を, 絶えず行, 続いたさ, 続き翌日入棺, 続くん, 縁の, 繰り返すの, 續い, 續きました, 續けられた, 美少年は, 考えて, 肩が, 脚洗ってるだ, 自分が, 自然に, 自然淘汰の, 花岡行乞, 苦しみ通しの, 草葺であった, 蒼蠅く, 蕗子は, 虫に, 蝗を, 行乞, 行乞かなり, 行乞こんなに早う, 行乞なぜ, 行乞去年の, 行乞泊つて食べる, 行乞銭四十七銭米八合, 西市行乞行乞相は, 見合せて, 許可, 試合う, 話して, 話し込むお客, 誠実に, 読書沿道を, 諍い続け, 貴公は, 賑やかです, 起きてたこと, 越智町行乞しぐれだした, 足軽といふ, 踊って, 躊躇し, 軍隊としての, 辛抱づよく待っ, 通計五時間, 遊ばしとき, 遊楽地を, 道っ, 遠くの, 部員の, 都城の, 釣り暮らし, 長らえ居りましても, 開門, 間断なく, 間違ひもなく, 附ききり, 降った処女雪, 陳じ居る, 隠れて, 隱し, 雪洞高く, 雲霞の, 電燈の, 静かに, 面談と, 預けて, 頬を, 額を, 飜訳なんぞを, 飲み続けた, 駱駝ごとき, 高鍋町本通り行乞そして, 鳴りつづい, 麦川行乞西市へ, 默って, 黙々として, 黙つて控

▼ 時その~ (1176, 0.7%)

32 時の 14 時に 12 人は, 男は 10 中に 8 人が 6 場に, 時こそ, 時は 5 人の, 姿は, 家の, 美しさ, 話を, 貴い女性 4 人に, 場で, 場の, 女が, 女の, 時が, 時で, 男の

3 [15件] ことを, ほとんど大, ま, 前に, 場合に, 婦人が, 子が, 廊下を, 手を, 時その, 時を, 時初めて, 船の, 蕭索と, 車に

2 [66件] お方が, つもりで, つるりとした, ような, 上に, 中の, 中へ, 主張は, 事に, 事は, 人も, 作家は, 先生が, 八五郎とやらが, 同窓の, 問題を, 喉から, 喜びを, 場所その, 声は, 多くが, 大部分, 実社会に, 底の, 往復に, 後姿を, 御隱居さま寸白, 意味が, 手足を, 日の, 時, 時も, 時私は, 松の, 横に, 橋の, 永遠なる, 淋しい姿, 淡黄, 男が, 皺が, 科学の, 稀な, 美が, 美は, 老夫婦, 胸に, 船に, 色彩りの, 花壇に, 芸術は, 蔀を, 藝者が, 親戚からも, 話が, 語の, 足音を, 近くに, 部屋の, 部屋へ, 金の, 鍬を, 音が, 顔は, 高等科の, 魚は

1 [831件 抜粋] あいだに, あまりに劇, いずれが, うちには, うめき叫び, おじいさんが, お二方, お通, お通様, お馬, ことが, ことばは, ころ高師の, そばに, そばを, たびに, ついでに, なかに, ひき蛙の, ように, わけを, オウクランド市の, コーヒーの, ゴムの, スリツパを, テントに, ノートを, ヒューメーンという, 一つかみの, 一タッチ一タッチ存在に対する, 一味徒党には, 一団は, 一点に, 一行を, 一部分が, 上へ, 上演種目の, 下の, 下を, 下役の, 不在中, 不思議さを, 世界は, 丘は, 中から, 中でも, 中洲の, 主が, 主權, 事ある, 事件に, 事情いづれ, 事物と, 二國の, 二番目の, 二重の, 五十の, 井戸の, 人々が, 人々に, 人から, 人たちは, 人みたいに, 人影が, 人影の, 人数の, 人生は, 人立ち駐り, 人達と, 人面の, 代官町の, 会の, 伝便の, 位置が, 余りを, 余響が, 余響を, 作用を, 使徒たる, 侍の, 俳優は, 借金を, 偉大な, 傍に, 像を, 優劣上下が, 先輩にあたる, 光の, 光を, 児を, 入來る, 兵を, 兵營の, 内容が, 内容的ならびに, 冷岩熱岩を, 処女は, 処身の, 出鼻で, 刑場で, 別の, 刹那その, 剣は, 創作の, 効果の, 半切を, 卓越さが, 危惧と, 原因を, 友人が, 友頼山陽の, 反抗を, 口尻に, 可否を, 吉宗が, 名称の, 周囲の, 命名に, 哲学は, 唇は, 問題の, 喜びは, 器具を, 四角の, 国に, 圖書室の, 土地に, 圧倒性は, 地平線に, 地方地方の, 型を, 城を, 場へ, 場所の, 境遇で, 墓を, 声を, 外部の, 多少の, 夜かり, 大内裏に, 大切な, 大睾丸, 天象を, 夫婦が, 奏樂を, 奥底の, 女, 女に, 女を, 女中が, 女性は, 女王三百人の, 女須勢理比売出で, 奴隷の, 妙善の, 妹の, 妻子を, 姫君に, 娘が, 婦人の, 子に, 子の, 子供と共に, 学校で, 孫悟空の, 宗教的方面に, 実余人, 客の, 客間の, 室に, 宮廷の, 家から, 家では, 家に, 家へ, 小亭, 小説を, 少しの, 少しまえ, 少女は, 尾羽根の, 居士の, 屎に, 山伏が, 山脈中で, 岩の, 川で, 左の, 市井の, 帯取りの, 帳簿を, 平凡な, 年増の, 幻想は, 幾つ目であった, 序文の, 店の, 店先を, 庚申塚の, 度毎に, 庶子の, 形骸は, 彦兵衛の, 役人に, 後任の, 従弟の, 御主人, 御蔵に, 御隠居さま寸白, 心持を, 心理的効果が, 心語に, 思想や, 性格や, 性質は, 恐怖の, 息子たちに, 悲しみの, 情夫の, 惡しき心より, 意味を, 意見では, 感激は, 戸口から, 扉絵に, 手より, 手先を, 手綱を, 批評家は, 折の, 折海の, 持ち馬, 指が, 指頭画を, 捲毛, 採集品を, 提灯には, 撰択集の, 教に, 文字の, 斎藤家の, 新しい国, 方に, 方へ, 方向が, 方面で, 日も, 日起った, 明家の, 時々刻々の, 時すでに, 時だ, 時だけの, 時です, 時なんと, 時には, 時に従って, 時ヨブの, 時人々は, 時代の, 時住民は, 時僕は, 時彼は, 時海軍の, 時私が, 時貼紙を, 暗く寄り集っ, 書物の, 最後に, 服が, 本に, 本を, 本質に, 本領を, 村の, 松が, 林檎と, 柄の, 柳の, 根本的特徴が, 梅津の, 植物を, 楼上で, 標語と, 横丁に, 横顔を, 正反対の, 歩立と, 死に, 殺人行為を, 母夢に, 母親の, 民アル, 気味悪さ, 気持ちを, 水色襷で, 求めて, 池田病院とかいう, 法師少し, 洋装の, 津田については, 活きもの, 浪士数十人を, 涙を, 温泉に, 溝板の, 滑かな面や, 激怒の, 火気を, 為に, 煙が, 熱せられた甲羅, 熱中の, 父に, 物資を, 犬の, 状況において, 独楽にも, 独自な, 猫にまで, 玄関前で, 王が, 理由問いたるに, 生命は, 生垣の, 生活に, 田舎出身の, 甲板に, 男に, 男の子は, 男衆に, 画家が, 画本を, 疑ひには, 白い額, 白木綿に, 百貨店の, 盗人の, 目前に, 直観が, 相談を, 眞中に, 眼に, 着けて, 着て, 瞬間に, 瞬間ミサ子の, 瞳には, 石垣に, 破れた窓, 破壞, 社会でも, 祠を, 私という, 稲荷堀の, 空気とともに, 窈窕たる, 立場は, 竹竿を, 竿を, 第二十二編, 箱に, 米三君は, 精霊の, 細殿, 紳士が, 結晶の, 統一作用の, 絶望的な, 緊まった, 編輯者が, 編輯者の, 縉紳は, 美女ヶ原という, 美少年は, 翌年から, 者たる, 者は, 聲が, 肩の, 肩を, 背なかの, 背後で, 背後に, 脚下から, 腹は, 自動車を, 舌は, 舟へ, 船から, 色々な, 花茎が, 芸妓は, 若々しい手足, 若人たちの, 茎葉を, 荘厳なる, 莖や, 落ちたあと, 葉に, 葉の, 蒲団を, 薮の, 虚しい希望, 蚊から, 蠍が, 蠍の, 行末は, 表情を, 表裏が, 裏の, 裡面に, 裳裾を, 襞に, 観念は, 観念論は, 言葉は, 記者として, 許嫁の, 話でした, 話は, 話も, 説くところ, 諸問題, 諸費を, 豆を, 貴婦人が, 賃金は, 資財の, 赤い紐, 赤い顔, 赤児と, 足だけを, 足に, 足は, 路を, 路傍の, 身に, 身体に, 身體へ, 軍旗が, 辺が, 辺の, 近処, 近衛騎兵を, 述べる態度, 途中から, 速力が, 運動を, 道士が, 遠い道, 遺書を, 郡ち, 部屋から, 部屋が, 部落の, 都度都度に, 醤油買いの, 野望が, 金が, 金谷秀太から, 鉄壁の, 門の, 門内に, 門柱の, 闇の, 限界を, 陰を, 隘路の, 隣で, 雄大光明な, 雑誌が, 雑誌社を, 電話には, 電車が, 露台を, 青年必ず, 青白い皮膚, 静かな, 響きが, 頃これも, 頃まだ, 頃三年で, 頃三年であった, 頃私は, 領地を, 領民を, 顏に, 顔が, 願望が, 飛行士は, 饅頭を, 馬天に, 馬鹿七の, 騒ぎと, 骸を, 魔力で, 鸚鵡は, 麓なる

▼ 時ごろ~ (1023, 0.6%)

35 になっ 30 のこと 29 であった, になる 23 でした 14 だった 9 である, です 8 帰って 7 にお 6 だ, でしたか, ですか, にはもう, に家 5 だね, であったが, であったろう 4 お帰り, だろう, でしたが, でしょう, でしょうか, に目, までかかっ

3 [19件] かしら, からです, から十時ごろ, から起き, だろうか, であったと, であつ, でありました, ですが, なん, にやっと, に二人, に帰っ, に彼女, に発した, に起き, の日, までの間, 戻って

2 [45件] かしらずっと, からはじまった, からもう, がいい, だっけか, だったが, だったそう, だったでしょう, だったね, だつた, だつたらう, だと, であったかは, であったろうか, であろう, でございます, でしたかね, でしよう, ですから, で銀子, なのに, なり, に, にそこ, になりました, になります, になるでしょう, に外, に彼, に来, に銀座, のよう, の暑い, の間, まで, までつづいた, まで仕事, まで勉強, まで待たされた, まで騒い, 出かけて, 出て, 来て, 起きて, 迄啼き続け

1 [610件 抜粋] あのひどい, あまり遠く, いきなり築地, いったん会社, いつもの, いよいよ国境, うと, おきて, おでかけでした, お庄, お昼飯, お正さん, お着替え, お神さん, お近く, お部屋, かえったら咲枝, かえって来た, かえって来たら, かえりつきました, かえる, かしらんもう, かと思い, かと思います, かな, かなりビックリ, かね, かもっと, からお, からかネ, からしばらく, からその, からそろそろ, からであった, からでせう, からどんどん, からね, からはじまる, からは廊下, からひしめき集う, からぼつぼつ, からやっぱり, からパチンコ, からブローニュ, から一時間, から七度五六分, から七時, から七時八時ごろ, から仕事, から八時半ごろ, から出, から出かけた, から初, から喫煙室, から四時半, から売っ, から夕方近く, から夜, から夢想, から太陽, から始, から始まっ, から小此木先生, から山下, から嵐山, から川, から店, から強い, から彼, から数十分間巣鴨三田間, から日, から明け方, から晩, から晴れ, から暮れがた, から東南東海上, から林, から果して, から横, から滑る, から目, から立っ, から納豆, から菊人形, から蓑笠, から身の上相談, から雨, から飲み始めた, かわからなかつた, か夜半, か正しい, があの, きまって変, このサ, この片, さすがの, じゃない, じゃア, そうして子どもたち, そして日, その家, そんなところ, ただちに入院, だか, だしかし, だす, だったか, だったと, だったな, だったの, だったろう, だったろうと, だった二階, だつたかね, だつたらうが, だつたらう何もかも, だのに, だろうこれ, だろうと, だろうよ, だろう近所, ってきまって, つきますか, つきバス, つみ出させひるすぎ, であったか, であったし, であったらしい, であらう, であろう一昨夜, でございましょう, でさ, でしたから, でしたさ, でしたな, でしたよ, でしたろう, でしたろう十杯許, でしょうかな, でしょうかネ, でしょうねえ, ですがね, です表, でせう, でたいてい, でなくては, でなけりや, でなければ, でもあろう, でもすっかり, でわたしたち, で三月, で冬, で彼, で日, で月, で浜, で終了, で薄暮, で食べもの, というの, とが一, となっ, となる, ともおぼしき, と午前十時ごろ, と夜, と思います, と思われる, どういう病気, どの地方, にいけなくなっ, にいつ, にいよいよ, におし, にかけ, にきっと, にこれ, にさらに, にし, にでもい, になった, になつて, になれ, にはいつも, にはお小, にはここ, にはこの, にはすでに, にはたいてい, にはどこ, にはどの, にはひとりさっさと, にはイギリス軍, にはロンドン着, には三百五十名, には仕事, には国王, には大森, には妾宅, には少なくとも, には左衛門町, には当家, には手, には援兵, には日, には昼飯, には焼けた, には用意, には病院, には私達, には空, には腰, には舟, には船, には解散, には降りだし, には雪, には駕籠, にぶらりと, にぷっ, にも登つた, にも鳴く, にやって来た, にようよう, にわかに薄暗く, にわたし, にトラック三台, にパヴェ・サン・タンドレ街, にベッド, にマルセーユ, にモコウ, にラカジーブ島, に一, に一度手, に主上, に事件, に伊佐子さん, に会社, に僕, に六兵衛老人, に再び, に出, に出かけ, に北, に午後, に参りましたら, に台所, に喧嘩, に妻, に子供, に宇治, に宮, に寝床, に帰った, に帰れ, に帳場, に店, に引き揚げ, に強い, に当っ, に後, に戻つ, に手, に手紙, に明智探偵, に昼, に朝昼兼帯, に朝食, に来ましょう, に来る, に松江, に楊家店, に楊枝, に楽しみ, に江戸, に海中, に源氏, に火事, に焼けない, に相当, に眼, に石山行き, に磯貝, に社長室, に私, に突然, に第, に箱型, に納竿, に給仕, に老婦, に耕一さん, に自宅, に蓉子姉ちやん, に蚊帳, に行っ, に西宮, に認, に講堂, に谷川君, に起きた, に起きる, に起き始めます, に辻, に道場, に鍾乳洞, に閉場, に階下, に青銅, に飲むべき, ねたりし, の, のだれ, のつもり, のまだ, のメトロ, の下宿, の事, の事件, の体温, の日ざかり過ぎ, の日差し, の日盛り, の明るい, の晴れた, の暖かい, の汽車, の烈々, の私, の遅い, の銭湯, はかえる, はかえれます, はじまった将棋, はまだ, はもう, は四十一二度, は家, ひめじ釣り, ふとした想念, ふと目, ぶじ左門洞, また伸子, まだウエートレスたち, まであれ, までいた, までいつも, までいました, までいや, までお, までおもしろく, までお客さま, までかかります, までが一番油, までが青年組, までしか持たない, までだ, までつづく, までなにかゴソゴソ, までにかえり, までには朝, までに世話, までに何と, までに尾花川, までに根津権現, までのあいだ, までのかせぎであった, までのりと汗, までの町, までの話, まではお客, まではじ, まではまア, までは帰らぬ, までは扉, までは日, までは見た, までは調理場, までは馬, までひとり, までもぶっ, までもキャッキャッ, までも勉強, までも眠り, までも續, までも表, までも話し込んだ, までも起き, までらしい, までトントン, までボソボソ, まで一人, まで一日, まで三代鶴, まで三輪神社裏, まで五郎吉, まで休み, まで作文, まで十時間, まで半夜, まで原稿, まで坐っ, まで外, まで子供, まで家, まで寝ころん, まで寝坊, まで居た, まで居ました, まで店, まで待ちぶせる, まで徹夜, まで快晴, まで探し, まで時間, まで書きつづける, まで書物, まで机, まで灯, まで独り, まで盛ん, まで目, まで眠っ, まで眠った, まで絲満, まで話し込ん, まで赤神山, まで起き, まで遊ん, まで鉱石, まで閂, まで集める, まで電燈, まで露店, やったと, やっとパン, やっとホテル, やっと日, よ, ようやく一日, ようやく会見, ようやく名, ようやく目, よりは如何にも, より五時ごろ, より午前二時ごろ, より四時ごろ, を見はからっ, を避けれ, ホッと, 一旦ね, 両名, 何時もは, 全く出ませんでした, 再び散歩, 再び訪ね, 出かけたかね, 出かけたの, 出かけましたよ, 出かける古町, 出てから, 出る, 出掛けたね, 同じ場所, 同字関谷清一郎, 売るの, 多介屋本店, 大クレーン, 大グロッキー, 寝た, 帰ったが, 帰ったと, 帰りかけると, 帰る, 必ず眠ります, 来たらよろしい, 来ましょうか, 来る, 来るの, 止まって, 歩き疲れ途中, 消燈, 目ざめる, 着いたの, 着八時半東京出発, 突きあげられるよう, 突然あたし, 突然巌乗, 若い将校, 行かれたの, 見に, 訪ねたん, 読んで, 迄には帰る, 迄上野, 迎えに, 通りかかった, 飲ませるよう, 飲むよう

▼ 時~ (1016, 0.6%)

273 あつた 15 さへ 14 あつて 13 あらう 9 でも 5 あつたらしい, せう 4 あつたらう

3 [12件] ござりました, ござります, さへも, すら, どうにかなる, はない, はなく, よろしいの, 大抵は, 小さい体, 彼は, 私は

2 [32件] あつたの, あらうか, あらうから, おまけに, お松の, すら彼, すら私, その時, それに, それは, それまで, はある, はまだ, 三人の, 二本の, 何う, 何でも, 例の, 全く違う, 好いと, 実質主義の, 往来には, 新潟へ, 最初の, 無えば用ア, 目に, 私の, 緩くり, 華氏寒暖計が, 農夫は, 雪が, 非常に

1 [578件 抜粋] あだ, あつたら, あの人, あの多肉根, あらうが, あらうも, あツ, い, いい, いいおりだったという, いいという, いいわ, いいん, いくらか湿った, いずれ本土, いつか暖簾の, いづれ本土, えらい時期, おざった, おじさんと, おそば, お前の, お祖父さんに, お鈴, かえったら一時, かえった古田さん, かつ景気, かなり余裕, がす, こうばかばかしい, こっちに, このとき, この年, この手紙, この点, この留守役, この種, この鳥, これでは, これは, こんだん, ごぜえます, さ, さあ, さあという, さう, さえそう, さえもわれわれ, さえやかましく, さすがの, さすれ, さればこそ, さわやかな, しかし退屈男以下三名, しかたが, しんしんと, すって, すらあの, すらいささか, すらいや, すらお, すらかれ, すらこの, すらこの世, すらすでに, すらそう, すらたいへん, すらなけれ, すらも愛ちやん, すらも決して, すらも灼けただれた, すらも物質, すらも表現, すらやつ, すら二人, すら何, すら余, すら別段, すら動く, すら口, すら周囲, すら奴隷階級, すら実際, すら常に, すら彼女たち, すら得意, すら書物, すら極めて, すら此問題, すら江戸, すら画布, すら睡魔, すら穀物, すら自分, すら落ちつい, すら見た, すら親, すら貴方, すら道中愛器, すら遠くっ, せうと, せうよ, ぜひも, そう無茶, そこで初めて, そのあと, その写真, その前年, その女, その左団次, その年, その年彼, その後の, その後三年に, その後戦況が, その才, その日, その時分, その當時行, その経験, その製造元, その贈物, その際, その頃, その風體, その高い, それから騒ぎ, それより, それを, たいていは, たしか二つ違, たしか大井広介, ちらり, つまり欧氏管, てんで木曾福島あたり, とかく切り棄て, とかく頑固, どうかこう, どうにも致し方, どこの, どこへ, な, なつかしいふう, なるほど下車, なんとかします, なんとか考え, ね, ねもう, はあらう, はこの, はございません, は千二少年, は四時間, は未だ, は無い, は鵞鳥, ばたばたと, ひとたび戦闘, ほとんど目, まかり間違えば, まことに困っ, まず頂, また, またどうか, まだそこ, まだ角帽, まもなく鶏, まアお見, もう夜, もさうだが, もちろん弓, もやぶられる, もやられる, もソクラテス, もノリト, も岸本さん, も滝山, も緒方, も貼られ, も逢坂, ようござんす, よくお, よくわからない, よろこんで, よろしいという, わけても晴れた, わたしが, わたしは, アガる, アトリヱには, ウイークデーこんな, カエリタイと, グラグラに, サア仏蘭西の, サイが, サチ子が, ボーイらは, マネージャーの, ミルコオト町の, ランプの, 一升二円だった, 一層奮励, 一時しのぎに, 一時間十海里くらい, 一番で, 一番有難かっ, 丁度, 丁度岸本, 丈夫な, 三吉が, 三角に, 三郎が, 上空からは, 上野の, 不幸悲惨は, 中村君と, 主婦の, 主膳は, 之を, 九月の, 二人の, 二人は, 二分おくれ, 二時間という, 二時間ばかり, 二階を, 互に發車, 五十三四度, 五日以上置かなけれ, 五時から, 五時に, 亜米利加の, 人の, 人は, 人里たえた, 人間の, 今だに, 今は, 今年は, 今後の, 仕事は, 代る代る私, 低い長くのびた, 住居へ, 何も, 何店も, 何気なく見る, 余り緑, 作の, 作品の, 使役に, 例えばあの, 倫理を, 傘などは, 僅な, 僕は, 兄の, 先生は, 八九頭多い, 八度から, 六七本ひどい, 其が, 円形の, 冷く鋭い, 出たとこ勝負で, 函館の, 分って, 初めてであった, 別に急坂, 刻限が, 前から, 勝つタイプ, 北村君も, 十円ぐらい, 十分の掠奪が, 十四五秒ぐらい, 十日位でしょう, 午だ, 午前の, 午後には, 半蔵が, 厚いド, 厨の, 又まいもどり, 取つて, 可哀そうに, 同時に, 呼び戻すこと, 善いから, 営業を, 四五秒ぐらい, 四十カット近くある, 四百円だ, 国王は, 土器の, 夏の, 夏休という, 多くの, 夜は, 天井の, 天慶の, 天気が, 太陽は, 夫も, 奈良にも, 女の, 女は, 女も, 好いとは, 妹の, 姫路で, 嬰児の, 子供です, 子供に, 定かには, 宜い, 実に私, 実は彼, 家には, 家の, 家内中の, 寒かった, 寒く駅前, 将門が, 少し口, 少し早い, 少し歩く, 岸本は, 岸本独り寂しく, 島吉が, 巻子中の, 帝に, 帰京, 年に, 幸だつた, 床の間の, 引継ぎ引継ぎ出来た, 当時猿之助と, 彼女に, 彼女の, 後九年, 従って大きな, 御覧じろえて, 心ゆくばかり, 忙しいだろう, 思わぬ運, 恰度妹が, 悔いは, 悪く行っ, 悲しくな, 懲りて, 抽斎の, 拝見された, 挨拶よりも, 教会堂の, 数十秒長く, 新と, 新宿変遷史の, 新思潮, 旅に, 既う, 日が, 明るくなっ, 昨年は, 昼食後四〇〇〇尺の, 時には十二時, 時計の, 晴れた日, 暑いうち, 最後の, 有ったから, 有っただろうと, 有ったに, 有ったの, 有った余, 有ろう況して, 有難や, 朝凪ぎ, 朝来冷酒, 朝食を, 木曾谷は, 本人の, 松原の, 某夜近く, 柱に, 椿岳と, 極く, 榎本氏は, 橋の, 機に, 歌うの, 止って, 正しく桓武天皇, 正木先生が, 此料理人は, 母親は, 毎年の, 民衆の, 気が, 気がついて, 水は, 波を, 海べに, 海面は, 滝より, 漂泊生でありました, 漸く土屋, 無口な, 然ら, 煙草の, 爰は, 父が, 物凄い旋風, 特に荷物, 田圃は, 申合せた, 留つてゐる, 疎開先から, 癩病などは, 発って, 真暗であった, 硝子窓が, 禁出入とか, 私が, 私にとっては, 私も, 私一人の, 秋に, 移転の, 種々な, 空しく一時間半, 空の, 空はいち面の, 立ちます, 立ったからと, 立ったが, 立つと, 立つ事, 笑いさざめく, 笛の, 筆を, 精神が, 細君が, 細川船は, 紹介人は, 終り, 終るが, 終るの, 終るので, 終了, 結構, 結構だ, 絶版に, 維持され, 續い, 聖武天皇の, 聴流し, 腕を, 膳を, 自分で, 舁き手, 船は, 茶室の, 萎れたふう, 葛布が, 薄く一面, 薄曇の, 行つて三時には, 見れば, 見物は, 見知らぬ出張先, 親しくお話, 計られるの, 計ること, 読みよく, 誰か, 諸勘定, 諸君は, 足もとの, 軍人会館の, 辻斬が, 追ひ出される, 途は, 都合が, 野放しに, 鈴木君も, 鉢伏の, 鉢伏へ, 長火鉢の, 間に合せに, 間もなく私ら, 附近の, 階下の, 電灯が, 電話を, 鞄を, 頭から, 馬車宿の, 騒がしくにぎやか, 高城二時間ほど

▼ 時すぎ~ (781, 0.5%)

15 だった 12 になっ 11 に出る, 迄か 10 かえる, であった, になる, に出, に家, に起きる, 迄 9 に起き 7 に帰る, の汽車, まで 5 のこと, 迄ねる 4 から, だ, にかえる, に出かける, よ, 出る, 起き

3 [16件] だつた, であつ, でなければ, に, にかえって, にはもう, にアガリ, に二人, に迎, まで仕事, まで居, 歩いて, 起きる, 迄ね, 迄やった, 迄寝る

2 [51件] かえって来, からスタヂオ, から七時, だから, だと, つきました, てしまっ, てバス, て夕飯, て居た, である, でした, でしょう, です, にお, につく, になった, になり, にやっと, にやつ, にオールチョン, にセット, にダットサン, に一度, に始まる, に帰っ, に店, に来た, に目, に眠った, に眠り, に眼, に砧, に終った, に終り, に終る, ねる, の月, までかかった, まで居た, まで起き, 寝る, 帰って, 帰る, 終る, 起き雨, 迄ぐっすり, 迄ねた, 迄のむ, 迄やり, 迄よく

1 [444件] あの男, いきなり朝, いつもの, おかえり迄, お清さん, かえったので, かえったらあの, かえったら咲, かえって寿江子, かえって来ました, かえって食事, かえり, かえりそして, かえる大, かえる炭, かなり疲労, からМОСПС, からか, からけさいっぱい十四時間, からと定, からひどい, からアフレコ, からセット, から一睡, から三時, から三時近く, から三河島日暮里, から丸の内, から二時すぎ, から二時間おき位, から二時頃, から二荘, から井上さん, から今朝, から仕度, から伊藤松雄, から六時, から六時すぎ, から十一時, から十時の間, から又, から始める, から工員, から晴れ, から来合せた, から温泉宿, から銀座, から雨, から麻雀, か十一時ぐらゐに東京, が何日, ぐらいになっ, ぐらい迄ウンウン, すぐ近く, すっかり済み, ぞろりとご, たの, だが, だし, だぞ, だったこれ, だったという, だったやう, だったん, だね, だのに, だろう, だわ, ついて, つく, つとめ先, て, ていた, てかえり, てかえる, てから, てからいいき, てからつや子, てからのこと, てからサモワール, てから三人, てから伸子, てから地下足袋, てから立つ, てから草鞋, てから蝶太夫, てから長く, てさてと, てさびしい, てしまった, てたたんだ, てねしずまった, てはもう, てもうやがて, てもやつ, ても仕事, ても悪止め, ても病室, ても薄明, てやがら, てやつ, てよ, てゐた, て不意, て今, て仙台着, て保, て夕方, て学生大群, て宿, て小南, て川越, て年越しそば, て座, て庶務, て来る, て目, て私, て船木着, て農学校, て迷雲四散, て電報, て電車, て青城子居, て鶴来, であるが, でしたから, でして, ですから, ですが, ですわ, でせう, でその, でなくちゃ, でほうき草, でもあったろう, でもおどりで, でもね, でも光った, で九時すぎ, で弱い, で早い, で私, で隣室, で馴れない出先, という, という働き, といふの, ときにはもっとおそく, となる, とはい, なのに, なのよ, なれども, にあそこ, にあわて, にうち, にかえりました, にかけて昼飯時刻, にきりあげ, にけたたましく, にこうした, にここ, にし, にしかこの, にしか次, にすませ, にすむ, にそつ, にそれ, にちゃんと, にて店, になつ, にねた, にねる, にはお出かけ, にはきっと, にはそこ, にはつく, にはなかなか, にははれました, にはほとんど, にはアガっ, にはセット, には三週間ぶり, には乗客, には乗客達, には了, には仕事, には堯, には夕方, には小古祖, には空しく, には起きた, には隣組全部, にふたたび, にもう, によらる, にアフリカ, にシリヤ, にスエ, にタクシー帰宅, にパンアメリカン, にワルシャワ, に一回便通, に一旦, に七度三分, に三原, に下痢, に之, に了, に伸子, に伸子ひとり, に倉知, に僕, に入れ, に出かけ, に到着, に勇敢, に医員, に半, に去る, に又, に及んだ, に友だち, に召使, に喫茶店, に国, に夫婦, に女房, に宿, に山, に帰京, に帰宅, に広田, に床, に座, に彦根着, に彼, に待ち兼ね, に思いがけず, に戻りました, に斎藤寅次郎, に新宿駅, に新橋演舞場, に本部, に来, に東京駅, に楽屋入り, に止んだ, に汽車, に沢子, に済む, に済んだ, に満潮, に烏帽子沢, に琴平駅, に田村英介氏, に私ども, に稽古, に竹川, に終, に終了, に荒巻, に落合った, に葉子, に薪, に行き, に行く, に角平が, に豆奴, に起され, に起される, に起し, に辞し, に通った, に金光堂蓄音器店, に銀座, に開く, に食堂, に馬頭, に駕籠, に高槻, ねついた, のトゥウェルスカヤ通り, のハネ, のモスクワ, のラッシュ, の上り, の上り列車, の客間, の復員列車, の急行, の日光, の日没, の橋, の涼しい, の田舎道, の筈, の薄い, はじめて庭, は如何, ふら, までいる, までお通夜, までかかっ, までかかりつめ, までしずか, までそちら, までねた, までの間, までぶとう, までみっしり, までもある, までもその, までもやっとる, までやる, までゆ, までブラック, まで一生懸命, まで二階, まで前, まで問題, まで夕暮, まで外, まで大いに, まで学校, まで寝, まで寝通した, まで対手, まで居りました, まで山岡, まで店, まで座敷, まで待たなけれ, まで待っ, まで待機, まで思はず, まで戸外, まで朝寝, まで横浜, まで歩く, まで歯医者, まで海風, まで神妙, まで種々, まで聞こえた, まで話し, まで足止め, まで遊ぶ, まで飲み, まで飲ん, もうね, もう嫌, もう身体, も戸外, やっとうち, やっと安全, やっと帆船, やめ自分, ゆっくり食事, より, より第, をさして, アガっちまった, エイ, サラサラサラサラいう, 一旦おきた, 丁度番組, 上って, 全病院, 出て, 出るピーカン, 出發,3時間餘, 別れるが, 好い月, 寝られなくても, 帰ると, 引きあげる, 早いが, 有楽座, 漸くアガリ, 漸く国府津, 漸く始まる, 漸く起きる, 眠い, 着きました, 着三十枚, 着東宝文芸ビル, 細かいところ, 終って, 終り久々ニューグランド, 終り満, 終ると, 苦しくて, 行く, 行こうと, 行った由, 起きて, 起きると, 起きる宿, 起きオゾノールがい, 起き上山, 起き久々, 起き久富, 起き伊藤松雄, 起き入浴, 起き北原武夫, 起き寒い, 起き左眼もの, 起き庭, 起き斎藤, 起き朝めし, 起き東海道線昼頃, 起き絨たん, 起き順天堂病院, 辞して, 辞す, 迄かなり, 迄これ, 迄たっぷり, 迄つかまっ, 迄で一かた, 迄とろり, 迄ねられなかった, 迄のみ, 迄ゆっくり, 迄一, 迄下, 迄久しぶり, 迄二日分, 迄女房, 迄寝られなかった, 迄待ち, 迄眠っ, 迄第, 迄続ける, 迄見物, 迄話し込み, 迄話す, 迄読ん, 迄読書, 迄雀, 酔ったいきおい

▼ 時過ぎ~ (729, 0.4%)

36 であった 20 になっ, になる 12 だった 11 であつ 10 だつた 9 ていた 8 である 7 だ, にけり 6 でなければ, のこと 5 だと, に帰っ 4 であったが, でした, です, ですから, になった, に眼, の日光, まで起き

3 [16件] だぜ, だったと, てからでなく, てもまだ, でしたろう, でもあろう, に, にやっと, に今津, に到着, に戻っ, に私, の日影, まで帰らなかった, まで行乞, まで話し

2 [39件] から一時, じゃない, だろう, ています, ている, てっ, て月明らけし高槻, て玄関, であったろうか, ですよ, でないと, など近所, にお, になつ, にはもう, にぼんやり, にようやく, に出, に家, に帰宅, に廊下, に御, に新宿, に起き, に起床, に飯, ね, の太陽, の汽車, の終列車, まで, までお, までに大抵, まで私, まで続いた, まで花弄, よ, 恐らく十一時過ぎ, 迄も待ちあぐませる

1 [409件] うすら寒い街道, おそい月, おそらく五時, かと, からある, からお, からさわい, からで, からである, からにし, からは人, から一時過ぎ, から三時頃, から今, から出掛けた, から四時過ぎごろ, から夜明け前三時ごろ, から御, から行く, から通い女中, から開い, が何故か, ぐらいではなかっ, だから, だったが, だったそう, だったであろう, だったでしょう, だったので, だったよ, だったよう, だったろう, だった急, だって, だつたが, だつたけれども, だつて, だね, だもの, だよ, だらう, だんだん腹, だ出掛けるの, だ戯談, ちょっと鏡, ていつも, ていました, ておる, てからでなけれ, てからの座敷, てからふらり, てから中町行乞二時間, てから僅か, てから出前, てから合羽, てから外, てから店, てから思わぬ, てから無益, てから起き, てしまった, てその, ては乾く, ても帰らない, ても眠られない, ても顔, てゐた, て一定, て下町行, て二三時, て何, て依然として, て其, て再び, て出立, て周二居訪問, て回顧, て始め, て宿, て尚, て居た, て居たろう, て居る, て帰っ, て心づきたる, て或, て敬治君, て暮, て朝子, て済んだ, て濟ん, て濡れた, て見, て都濃町, て雪, であったかと, であったから, であったと, でありました, であるが, である盆踊り, である風, であろうこれから, でいつも, でございました, でございましたらう, でございましょう, でございます, でございませう, でしかも, でしたあの, でしたが, でしたけれど, でしたの, でしたやろう, でしたよ, でしたわ, でしょう, でしょう雪模様, ですからね, ですぜ, ですな, でどこ, では, でもあっただろう, でもあったでしょう, でも御, で二階, で函館, で小屋, で帰り, で引越して, で御座いましたでしょうか, で無, で無ければ, で裏手, で野辺, というその, といふの, といふ通知, とかいっ, とかであっ, となり, となる, とはいえ, ともなる, と云, と思う, なの, なのに, なり, なん, にある, にいま一つきわめて, にお里, にこの, にしゃがん, にそれ, にちらし, についた, にとほる, になつて歸, にならう, にならなけれ, になり, になりまし, になります, になれ, になツ, にはここ, にはじめて, にはとうに, にはもはや, にはアパート, には何, には入港, には又もや, には宿, には帰っ, には延岡着, には料理屋, には木更津, には清三, には起き, には馬, には駅, にぴかりと, にまた, にむしろ, にむすこ, にもう, にも登つたの, にやっ, にやつ, にやんだ, にアタフタ, にシャツ一枚, にストロンボリ, にブ師, にラスコーリニコフ, に一同無事, に二人, に亡くなっ, に修理, に先生, に冷蔵庫, に出かける, に出帆, に別れた, に及び, に叔父さん, に受持, に古川郁郎, に叩きおこす, に吉良, に同じ, に呉淞, に喜兵衛, に堀井, に塩山, に夜食, に天野, に学校, に宇治, に安成, に室, に寝る, に寺, に小さな, に小野, に少し, に尿意, に居合せた, に山口村, に山手線, に工場, に工藤, に市中, に帰った, に帰つて, に帰宅つて, に平気, に床, に店, に式, に役所, に彼女, に手水, に散, に敵味方, に是非, に最う, に来た, に案内, に棍棒, に極, に此, に歸, に母, に母親, に清三, に湖水, に湯, に状態, に玄関, に現われる, に申込者, に番傘, に目, に着い, に着き, に着く, に着くべき, に神戸, に福次郎, に秋子さん, に窓, に第, に自動車, に至, に船, に芙佐子, に蒲郡, に行け, に解雇工員, に谷間田探偵入来, に豐津着, に赤ん坊, に赤提灯, に起きた, に通る, に通行, に道玄坂, に開成山, に開明館, に階段, に電話, に青年団, に順番, に食卓, のよう, のドーヴィル賭博場内, のモンマルトル, の冷水浴, の夜半, の強き日光, の往来, の歎, の涼しい, の神楽坂, の空, の芝居, の街衢, の陽, の電車, の静けさ, はめったに, ましてこの, まである, までいる, までお茶, までか, までしゃべっ, までつぶし, までに八里余り, までのべつ, までは仕事, までは食事, までも小, までも小児等, までも明るい, までも社員, までも続いた, までも近所, までも遠く, までも酒, までも零下十五度, までやっ, までゐた, までディノソウルス, まで一仕事, まで井汲清治, まで仕事, まで四, まで夜食, まで寝, まで寝床, まで帳場, まで店, まで延長, まで待った, まで御, まで徹底的, まで応接間, まで断食, まで机, まで無意味, まで焼けつづき, まで百合ちやん, まで相手, まで結びごんにゃくをこしらえていた, まで継続, まで織りつ, まで續, まで聞え申し, まで聽, まで話, まで語り, まで語り合っ, まで謹聴, まで讀書, まで賑やか, まで起きるで, まで銀座, まで雑談, まで音沙汰, まで頑張られる, まで頑張り, まで飮, まで飲み, まで飲み続けた, まで飲む, まで飲んだ, やっとお開き, やっと田端, やない, やのに, やや日蔭, よちよ, より帰途, 到頭大, 媼の, 寒い思ひ, 年移る, 懶さ, 戻つた, 暫く耳, 然かも, 着きました, 起きたすぐ, 起きて, 起き雨, 迄, 迄かかっ, 迄も話し込み, 迄交, 迄消えなかった, 通る処, 遅々たる春

▼ 時~ (716, 0.4%)

3521 という 16 と思っ, ね 11 と思う, と思った 8 からね 7 と思います 6 から, つたと, つたのである, と思, と思ふ 5 つたのです, ということ, と云う, な 4 からその, つたから, といっ, と思つて, と思ひます, ねえ, わ 3 からそれ, か分らない, そうです, ぞ, つてあなたの, と云, と私, と考えた, ッ

2 [30件] からあわて, からである, からな, からもう, から元治元年, から私, から青木さん, から食べられた, がこれ, がの狐, がまだ, が私, その第, ぞや, つたで, つたの, つた二階で, つて, とお, とすれ, と下手糞, と彼, と憶, と決断, と聞く, と言, のに, のに千早先生, べす, 俺は

1 [426件] あ, あはて, いま, おじさん私は, おれは, お前たちは, かそんな, かちょっと, かに一せい, かに彼女, かに私, かは忘れ, からああ, からいつも, からうまい, からおしゃれ, からきっと, からけえれ, からこの, からさっそく, からすくなくとも, からそれとも, からたちまち, からたっぷり, からたのん, からたまふり, からたまりません, からだ, からで御座います, からと思っ, からと考へた, からどんな, からなあ, からはなはだ, からふと, からもうちょっと, からもし真に, からよう, からよかっ, からよかつ, からコヅカイ, からコヅカヒ, からタタミ一面ドンブリ, から丁度, から丁度十時間, から三十分, から三十分違い, から不意, から中, から今, から仕方, から他, から会社, から何, から何国人, から倉子, から勿論, から只, から呉服店, から大した, から好い加減, から客, から家, から寒, から小, から彼, から御, から急ぐ, から成るべく, から新, から明治十二三年頃, から此, から歸, から海水, から猶, から直ぐ, から真, から秀吉, から結句, から至ってひっそり, から蒲團, から行つて來, から覺, から計, から警察, から谷間, から責むる, から辛抱, から遂に, から酒, から関わない, から面白い, から飲食, から馬, から黙っ, かわからない, かわからなかった, かわからぬ, か三時, か九時, か九時半, か夜, か帝大前, か教え, か書いた, か知っ, か知ってる, か知りません, か私, がい, がその, がそれでも, がなあ正月前, がなんぞこの, がまあ, がもうそろそろ, がもわがらない, がマビ, がレスアマ, が併, が十時半, が友人達, が始め, が意地, が或, が日本, が日比谷外, が約束, が鍵, けれど夕方, けれど私, げな, この時, これから食堂, さ, しあなた, しかしこれ, しそして, しや小さな, し人出, し今さら, し拵えよう, し秋雨, すさまじい大, ぜ, そういうこと, そうじゃ, そうだ, そうである, そうでございます, そのため, その壺, その時, それから, それから目黒, それくらゐ, それは, そろそろとりかかっ, そんなこと, ぞ人間, ぞ今, ぞ焦るまい, っけあの, っけ飛鳥山, つけか, つけむゝ俺が, つたといふ, つたのかと, つたのだ, つたのだらう, つた一時には, つた何と, つた労れた, つた唐戸市場を, つた疑り, つた突然, つた蛇は, つた裏口の, つた途中道連れにな, つてあの, つてお, つてかめしまへん, つてこの, つてこんな, つてさういふ, つてさうだつた, つてし, つてそんな, つてた, つてだ, つてちやんと, つてない, つてダフダフなんて, つて人傳てに, つて今宮様は, つて似た, つて何だか, つて來も, つて俺お前の, つて十二時だ, つて同じ, つて土堤が, つて好い, つて学生時分に, つて帶ひろ解け, つて幾度むしり, つて彼等の, つて搆う, つて斯んな, つて棒なんか, つて田舎空気には, つて眞實だらう, つて神無から, つて私は, つて私はは, つて私はも, つて稻子さんと, つて笑は, つて訊いてる, つて貴方の, つて避けたい, つて飲めやしない, で, と, とあっしゃ, というよう, という予言, という気, という風, といふ心, といわれ, といわれる, とうじゃうじゃ, とおも, とかいうもの, とかで繭, とか云う, とか云え, とか十時, とか洗い洗濯, ときい, とさ, とさとった, としてある, としてゐる, としみじみ, とする, とその, とそれ, とそんな, とつい, とて上, とぬらぬら, とばかりその, とばかりに私, とばかりまだ, とばかり思つて, とへたばりかける, ともいう, とも云, とも聞きまし, とウィリアム, とビール, と云い, と云います, と云い出し, と云ってた, と云つて, と何とか, と僕, と先刻, と夜更け, と女王, と思い, と思いつい, と思いなさい, と思いました, と思い出し, と思ったら, と思ってる, と思つて遽, と思はれ, と思われる, と感じ, と明日, と杉戸, と気がつく, と水兵, と焦り出した, と申します, と知った, と知り, と示達, と笑い, と考えつきました, と考へ, と考へられる, と自分, と自然, と見た, と言い, と言い得る, と言っ, と言った, と言われた, と訊いた, と訊ねました, と話し合っ, と説いた, と諦め, と諸事, どうする, どうせ小学校, どうだい俺, なと思う, なと時計, なんていう, なア, な今, ねあの, ねこの, ねじゃ, ねちょうど, ねもう, ねをばさん, ね十夜, ね学校, のと, のという, のにそう, のに例, のに僕, のに日, のに椅子, のに沢山, のに物好き, のに電車, べが, みんな仕事に, めそめそ泣い, もう時, もの, ものな, もの宿へ, もんだ, もんで, もんです, もんね, もん船ん, よう, よくは, よく考え, よく考へ, よさっさと, よと答えなけれ, よ僕, よ僕ら, よ冗談, よ出航, よ大笑い, よ家, よ寝よう, よ日, わどうしても, わねえ, われの, んべ, チョッ今, ッけねえ, ッて, ツた, ツて, ヒューマニティーを, ヒョイと, 一つ品川の, 一日寸念でも, 丑三時だ, 乃至は, 二時間經てば, 今から, 今は, 今度の, 何か, 何とかごまかし, 何を, 何ん, 何事も, 何時だ, 僕ならず, 僕は, 否早晩, 命を, 問はれたら名乗る, 四時には, 大野の, 宗三思惑が, 実に余, 実際困るだろう, 山内伊賀之, 己も, 平泉へ, 御空腹, 志士論客が, 愚図愚図し, 成天閣の, 手の, 掛布団の, 掬つた月影は, 明日に, 昨日か, 朝の, 朝目を, 歸らね, 江戸へ, 真ん丸に, 私あ, 私が, 私は, 美人は, 荷を, 表が, 誰か外に, 調子を, 諸君左様なら, 長話しち, 饗応の

▼ 時~ (632, 0.4%)

23 延は 11 雪は 7 民は 6 種は 5 勢は, 千代は, 増は, 島の, 島は, 庄は, 延の, 粂は 4 もてに, 勝手口から, 品は, 定は, 富は, 葉は, 雪が, 鳥は

3 [18件] つぎは, ぬいさんが, 光は, 君の, 君は, 夏は, 妙の, 妙は, 民が, 清は, 父様が, 父様も, 菊は, 銀は, 銀様が, 隣りの, 雪伯母が, 静は

2 [55件] げんは, 三婆を, 作は, 兄様が, 六婆アから, 兼さんは, 内儀さんは, 出しに, 千代ちゃんは, 友達は, 吉の, 君さんの, 国は, 夏の, 妻の, 峯が, 幾は, 延から, 微行で, 悦の, 持に, 政は, 文が, 春が, 時の, 暇乞する, 末が, 杉の, 柳からの, 浜の, 浦は, 珊は, 白洲で, 皿の, 秀の, 秀は, 米は, 絹さんは, 絹は, 綱が, 膳を, 舟と, 若は, 菊が, 葉の, 袖は, 豊の, 酒が, 醤油を, 重は, 銀様は, 顔を, 駒は, 駒を, 鶴が

1 [349件] いよさんの, いよさんは, うつしに, かくが, かっぱを, くみは, げんくわんで, げんの, さだの, さよと, しょさんどんな, しょさんは, せいは置き去りにでも, たかが, たずねして, たまという, たみは, つぎでも, つぎの, つ母さん, ときが, とらは, にと言, のぼりの, はいりな, はきなさいまし, はるの, ひとりでは, ふさの, ふさは, ふさも, ほいなる, みつは, むらが, やつは, よねさんが, りんも二人の, 三輪は, 上りに, 久と, 久という, 久美さんは, 久良も, 乳が, 乳を, 二人の, 二方の, 互だ, 互にかう, 互に交換, 互の, 京の, 人が, 休みしたの, 会いに, 伺いします, 住は, 作が, 侍さんが, 供え物に, 俊お婆さんは, 俊は, 信さんから, 信さんは, 信さんを, 信さん自身が, 信は, 倉に, 倉の, 傍の, 優さんの, 兄い様は, 光の, 八重の, 其は, 兼は, 兼を, 内儀さんが, 内儀と, 内儀様が, 別れした, 加代の, 加代は, 助けしましょう, 助け下され何, 勝が, 勢が, 勢も, 医者さまが, 医者さまの, 医者さんは, 医者に, 医者は, 十九で, 十夜は, 千さんの, 千は, 千代が, 千代の, 千絵には, 午すぎには, 午飯さえ, 厩の, 友だちの, 友達に, 友達を, 吉も, 名を, 君さんは, 君だけは, 君に, 君について, 品の, 品も, 喜乃の, 喜佐も, 噺が, 国の, 國が, 園さんの, 園さん二三日大阪へ, 園の, 堂の, 声だけ, 奈美殿の, 奥に, 女郎ぐもの大きな, 妹さんと, 妹子さんの, 妻が, 妻太夫の, 妾が, 姉さまと, 媽さんに, 嫁なんか, 嫂さんが, 孃さんは, 孝には, 專面を, 小夜の, 屋敷の, 岩は, 峯は, 布令が, 師匠さんの, 師匠さんは, 帰し申し, 年寄が, 幸さんが, 幸は, 庄が, 庄にも, 店の, 店は, 店へも, 延が, 弁当の, 役にでも, 待たせいたしまして, 徳は, 惠は, 成で, 房は, 手が, 手に, 手紙の, 才と, 才の, 扶持を, 抱への, 掃除など, 政さんに, 敏が, 斬りに, 新が, 新は, 新も, 暇し, 暇乞し, 杉は, 杉ばばは, 杉婆が, 染は, 柳の, 栄は, 桐に対して, 梅が, 梅どん電話口い出, 榮は, 止めした, 殿様とは, 母が, 民の, 水を, 池に, 浜という, 浜にとって, 浜の面の, 浦が, 浦を, 清が, 渡しした, 渡し申します, 濠の, 熊という, 父さまが, 父さまの, 父様に, 父樣に, 猫さんは, 玄関で, 珊の, 琴さんの, 由羅が, 由羅と, 町が, 町の, 登和さんは, 登和嬢が, 登和嬢は, 登和嬢送り来り, 百姓は, 目に, 目にか, 石は, 砂糖入りの, 祖母さまは, 祖母様から, 祖母様は, 祖母樣の, 祖父様お, 祖父様に, 祖父様の, 神さんと, 秀に, 種の, 立てに, 竹が, 竹に, 竹は, 米が, 米と, 粥の, 糸の, 絃の, 絃右近の, 組が, 給仕を, 絹から, 絹が, 絹さんが, 絹さんと, 綱から, 綱は, 綾さんは, 縄に, 縫さんは, 繁婆さんの, 繩に, 聞き申して, 肴一盤と, 胤を, 脱がせに, 膳で, 舟を, 芝居へ, 花に, 花を, 若かった, 若さんが, 菊の, 葉が, 葉と, 葉書を, 葬式には, 蒲団の, 蓮さまは, 薬の, 藤様を, 藻代は, 蝶は, 袖が, 袖さまに, 裏山へ, 褒めに, 見せしたもの, 見のがしを, 見舞いに, 角の, 訪ねしたら座敷, 許には, 詠みに, 誂えの, 誓さんは, 調べに, 諏訪さまの, 豊さんは, 貞さんは, 負傷の, 贈りに, 辭儀を, 辰引き取っ, 辰門口に, 辰魘われ, 近さんは, 通さんが, 通も, 逢いし, 逢い申, 連れいたしましょう, 遊びに, 道は, 遺言も, 邪魔なら, 部屋に, 酌が, 酒を, 鈴も, 鉄が, 銀が, 銀に, 銀様の, 長屋の, 関が, 関の, 隣家か, 雪には, 雪の, 雪を, 雪伯母は, 雪伯母を, 雪危ない, 霜婆さんと, 露が, 面を, 預りした, 館の, 香代に, 馴染の, 高は, 高祖頭巾の, 高祖頭巾を, 魚を, 鳥が, 鳥と共に, 鳥に, 鳥を, 鶴の, 龜て

▼ 時この~ (566, 0.3%)

5 事を 4 人は, 家に, 男が, 男は 3 ことは, ことを, ような, 人の, 女の, 女は, 家の

2 [34件] ことが, ように, 不思議な, 事件が, 二つの, 二人は, 国の, 地に, 場合何人も, 夢の, 子は, 孫の, 室に, 室の, 家は, 家へ, 家を, 対立は, 少女の, 店の, 往来に, 批評家は, 方法で, 景色を, 有様を, 洋式の, 男に, 町に, 眼の, 習慣を, 花の, 詩を, 通りに, 青年の

1 [456件] あたしに, あたりの, おかたは雨, おっちょこちょいが, お二方, お城あと, お屋敷, お方について, お方も, お玉杓子の, かたあなたの, くらい自由, さとの, たった六行, たびのは, ところに, ところは, とりとめの, ま, ままの, まま大地に, むす子, りっぱな, エスキモーは, エスキモー犬の, オウオソ町と, オピタル大通りは, カフェの, カヤキの, グラスで, シグナルの, シベリアに, スマートな, バリコンをすら, バルコニーの, バルザック流の, ヒューマニズムは, ビョウたる, フィルムの, プロレタリア的文学的世界観と, マニエールが, レントゲン写真も, 一作が, 一切経の, 一応非, 一撃で, 一片が, 三人の, 三君が, 三年の, 三箇月ほど, 上妻に, 下で, 不幸な, 世の中の, 世界に, 世紀の, 両者の, 中に, 乱れた世, 事件は, 二タ股野郎覚悟を, 二ヶ町で, 二人の, 二十一行なし, 二尺あまりの, 二度だ, 二物を, 井戸が, 井戸は, 交驩の, 人が, 人に, 人には, 人を, 人奪, 人生に, 仏像を, 仙界へ, 仲間に, 任土貢を, 体系は, 作用が, 俺が, 俺は, 個別の, 僕を, 兄弟が, 先生の, 児も, 兒も, 入院第, 兵乱に, 内輪の, 冒険が, 凧は, 出発点を, 切那われは, 初期的な, 別天地を, 制約は, 前の, 前よりも, 匕首を, 半島の, 半球を, 南海の, 原稿は, 友人から, 友人たちが, 反ファッショ運動, 叔母さんは, 叔母は, 叔父の, 句の, 句は, 名を, 哀れなる, 問題が, 噂は, 噂も, 国見附の, 土地で, 地の, 地方の, 地震ひ, 坊さんは, 坊主に, 坑夫の, 場で, 場に, 場の, 場へ, 場合の, 場合吾人は, 声は, 声を, 変則の, 変化によって, 外国人の, 外套が, 大乾坤, 大商船隊が, 大石を, 大空艇の, 大衆は, 太陽は, 失望は, 奇妙な, 女から, 女房が, 娘の, 婦人が, 婦人に, 婦人は, 嬌態を, 子を, 存在は, 家が, 家で, 家族の, 寂しい海, 寥々として, 寺の, 小さい丘, 小僧の, 小説を, 少女以上にも, 少年の, 少年は, 少年を, 山の, 山へ, 岸の, 峠を, 島の, 川幅の, 巡撫, 工事を, 常陸の, 幻想は, 店は, 庭の, 廃れものを, 建物の, 建物は, 建物を, 建築材料の, 廻転椅子に, 役を, 後も, 後れを, 御堂の, 御爺さん, 御紋服, 御親切, 忠告を, 怪鐘を, 惨事に, 愛国の, 感じを, 感激を, 慘事に, 憂悶を, 憎悪の, 扉の, 手が, 手紙を, 手袋が, 拾い物の, 支那蕎麥屋の, 敏公, 数字の, 文を, 文句の, 料理番とともに, 新しい風習, 方の, 方面の, 旗あり, 日本語は, 明るい輝き, 時なんめり, 時には, 時代の, 時背面の, 時自分が, 景に, 景天女あり, 書生丈けは, 最後の, 木の, 木を, 木像の, 本も, 本を, 村で, 村の, 村へ, 村方で, 条約文が, 東海道の, 板敷の, 枝隊は, 柵を, 校長は, 棒を, 森の, 楼の, 概念は, 概念体は, 様な, 横町は, 樫の, 樹下に, 次第に革命的, 歌によって, 殺気に, 民族の, 気軽そう, 水を, 水口の, 池の, 汽車が, 洋盃を, 津軽地方の, 浅草の, 海の, 湖の, 漢を, 潮流に, 濛々たる, 瀬戸物屋の, 点を, 為合が, 無残な, 燈火が, 爆音は, 片袖, 物影は, 犬めが, 犯罪の, 珍らしい, 現在は, 理解を, 生活よりの, 産業戦士は, 男には, 男の, 男も, 町で, 異人種, 異様なる, 異様の, 病身な, 病院には, 病院へ, 症状は, 白い女人柱, 皇子在世の, 目を通して, 直線上の, 直観自身とは, 盾を, 眞理に, 眞理を, 真理が, 瞬間の, 瞬間は, 瞬間ほど, 瞬間宛ら, 神領を, 秀郷た, 私に, 私を, 科の, 科学や, 種の, 稲の, 穢れたる世, 立会検事の, 章に, 答を, 米屋の, 粥は, 精神が, 系統の, 経験に, 給仕は, 統一が, 統一への, 統一作用は, 絵を, 罪ある, 羅馬に, 美しい被害者, 美しい誇らしげ, 美術批評家は, 群島を, 翼の, 老人の, 老人は, 老令嬢, 老婆には, 老看守, 老騾, 考えには, 者その, 耳掻きを, 耳掻を, 職に, 胸で, 腕さえ, 自分の, 舗石の, 船に, 船宿の, 色は, 花を, 芸術的空間が, 苦難の, 草磔柱の, 虫を, 蜂須賀村に, 蠢くもの, 行為の, 衝突を, 裂け目の, 裏の, 襟へ, 西明寺は, 解説は, 解釈法が, 言を, 言必ずしも, 言葉が, 言葉は, 言葉を, 計算を, 記事の, 詰物を, 話が, 話に, 話を, 説法を, 論理学は, 講師の, 警衛の, 護摩壇の, 貴い古, 質問を, 身は, 車に, 車も, 辺で, 辺に, 近所の, 途中に, 通人は, 連中が, 連嶺を, 運動の, 運動乃至, 運転手に, 邂逅に, 邸から, 郡兵衛は, 部屋で, 部屋に, 部屋を, 都に, 醜態を, 里も, 野から, 野郎は, 鍵で, 鏡窓ガラスの, 鐘を, 鐘海鯨の, 鐵砲といふ, 長蔵さんは, 関係は, 阿弥陀沢の, 附近に, 降るの, 際とばかり, 際に, 際人を, 際先生でなけれ, 際婦人の, 際自分の, 際貸本でも, 障子に, 隠れたる神, 隣村に, 集団的性格との, 雑踏の, 雨雲の, 電場の, 霊廟の, 露路に, 青葉に, 頃何かの, 頑丈な, 頸と, 餘儀ない, 館の, 館を, 騒動が, 騒動に, 鳩を, 鳩穴は, 鳶色の, 黒島の, 點において, 鼠崇拝の

▼ 時近く~ (504, 0.3%)

27 であった 23 になっ 17 なって, なつて 15 であつ 13 になる 11 迄か 9 なると 7 だった, ねる 6 から, である, なってから, 起きる 5 なった, まで 4 だつた, になつて, まで起き, 出て, 迄

3 [11件] だ, なったので, なっても, になりました, に家, までか, までやっ, を指し, 起きて, 迄やり, 迄寝る

2 [22件] かえる, だったか, であったが, であったろう, でなければ, なる, になった, に彼等, に済み, に私, に起きる, ねた, までねた, までは大丈夫, までやる, まで寝床, まで話し, まで電燈, 帰って, 帰ると, 迄ねる, 迄ゐ

1 [227件] いつと, おかえり, からセット入り, から十一時半, から又, から始まる, から延々, から弁護士, から牛乳, から稽古, から青路, から鳥屋, か津田, が一番気温, くたびれ切って, くたびれ切つて釧路, この白粉, そして書棚, それでもまだ, たあ, だったが, だったそう, だったでしょう, だったでしょうか, だったらうアド三, だったらうセット, だよ, ってん, であったから, であっただろうか, であったと, であったので, であったろう恐ろしく, であった上, でありそれでも, であろう, でいっぱい, でございました, でさすが, でしたの, でしたろうが, です, ですから, ですが, ですわ, でなきや, でもあったろう, で今, で寒い, で小樽, と知り, なったが, なったの, なった夏, なった朝, なつてしまつた, なつて出発, なつて出立, なつて四人連れ, なつて帰庵, なつて散会, なつて湯ノ原着, なつて草鞋, なつて西条着, なの, なので, ならなければ, なりけれ, なりそれ, なりても, なりねる, なりましたから, なるのに, なる頃, に, にかえって, にそこ, にそれ, になつ, になつた, になつて電話, になり, にねた, にねる, には三人, には全市, には明け, にやってきた, にやつ, にト, に一寸, に丸の内, に南風太郎, に又, に坪内先生, に大巻, に宿, に寂しい, に帰った, に帰宅せり, に座, に打ちやめる, に有明荘, に来た, に看護婦, に眠った, に終り, に読み終る, に起き, に起きた, に連れ立っ, に針, の列車, の夜中, の夜更け, の寺, の所, の村, の桜木町, の汽車, の犯行, の美術倶楽部, の開演, まったが, までいちど, までぐーぐー, までじっと, までだった, までも起き, までやり, までゐ, までスワン, までペン, まで一人, まで働い, まで僕, まで切通し, まで勉強, まで咄, まで唄, まで喋り, まで喋舌, まで四人, まで国男, まで大, まで寝, まで寢, まで彼女, まで待たね, まで待つ, まで時々, まで書い, まで未練がましく, まで次, まで熱心, まで私, まで立っ, まで続いた, まで続けた, まで言葉どおり, まで話し込んだ, まで遊ぶ, まで遊ん, まで遊んだ, まで雨, まで食事, めでたく終った, もうその, やっとアピア, やっと正面, より一時半, より雨ふり, を通り, アガり銀座ジャマンベーカリー, ドテラ, 両名帰京, 出かける, 出た, 切り上げて, 初雁, 又自動車, 帰った, 打ち止めて, 済み東宝劇場, 漸く呼ばれ, 漸く雨風, 着又, 終って, 終り日劇, 終り阿部, 赤い広場, 起きるづっしりと, 起きると, 起きるボビー, 起き二時, 起き入浴, 起き女房同道, 起き朝, 起き母上, 起き築地小劇場マチネー, 辞して, 辞し京極, 迄いろ, 迄おあ, 迄かかっ, 迄で三回, 迄に四回, 迄ね, 迄ねた, 迄ぼんやり, 迄やつ, 迄よく, 迄タクシー帰宿, 迄テスト二回, 迄ベロ, 迄中野, 迄喋っ, 迄寝た, 迄待っ, 迄撮る, 迄熟睡, 迄話した, 迄語る, 迄読書, 迄食, 迄麻雀, 遅くなっ

▼ 時より~ (495, 0.3%)

10 して 8 外に 7 外には 4 今に至る 3 この方, 信如は, 前には, 前の, 官長の

2 [20件] あさくは, ずっと前, どんなにか, ほかに, もって, 九時迄, 五兵衞方へ, 今日に, 助長し, 學校を, 少しく前, 後に, 更に多人数, 母の, 氣まぐれを, 燃はじめし, 物読む, 男女の, 能く, 遲い

1 [411件] あつて, あとだった, あの悪病, い, いっそう堅固, いっそう小男, いっそう貧し, いへば, いよいよ公然黙許, うまいの, うまくより, おくれた, おぐあいがわるいのじゃないかとおもいます, おもしろくない, おや消え, おん身の, お俊, かえって賑やか, かの童, こちらの, この方東, この時, さきの, さらに深き, しつこくお, ずっとポッチャリ, ずっと後, ずっと条件, ずっと近く, ずっと遅れ, ずっと馴れ, その野, ちからづよくおちつい, づっと面白く, なお高く, はじまった, はじめたる, はずみ出して, はるかに, ひとしおと, ひどくなっ, またふっくら, また一分, また半分, また起たず, また起たずなりき, もうずっと御, もうずつと, もっともっと無一文, もっと不愉快, もっと忙しなかっ, もっと朗, もっと苛立たしい, もっと陽気, やや血色, よけいに, よっぽど念入り, よほど快, りっぱな, イージーで, テスト一時すぎ迄か, プレイバック自動車の, ボズネシェンスキーを, ポセードーン, ヨリ若く, 一千年餘の, 一回のみ, 一層ひどい, 一層個人的, 一層憐れ, 一層若やぎ, 一層賑やか, 一層険悪, 一層高い, 一方ならぬ, 一族高氏と, 一時ばかり, 一時間ばかり, 一時間前だ, 一時間半も, 一段と醜, 一段の, 一際密, 七十年後に, 七時, 七時半まで, 三十分前に, 三十分間, 三宅氏の, 三年の, 三時の間だ, 三時まで, 三時半までの, 三時間も, 三時頃最も, 不整頓不始末, 両親に, 主人を, 之に, 乗船, 九時まで, 九時半までの, 二人で, 二千五百年の, 二尺の, 二年前に, 二年程, 二時半頃までの, 二時迄, 云ひ出したる, 五百年以上も, 人相を, 今度の, 今日まで, 今日までは, 仏教については, 他に, 他人の, 他郷に, 以上に, 以上の, 以上夜更しを, 以來, 以來主の, 以來我は, 以外の, 低能あつかい, 何かの, 何も, 何十倍の, 何卒再び家, 何時に, 何時までの, 何處へか, 例に, 俸禄が, 催される謝肉祭仮装, 優雅に, 全く隔てなきあたわざる, 八年ばかり, 八時十時より, 六時の間なりし, 六時までを, 六時五時より, 六波羅探題に, 其發展の, 内地諸湖の, 出來, 分量が, 利発者で, 前からの, 前に, 前にも, 加えること, 労わっ, 勤め今, 勧銀の, 十一時ごろまで, 十一時迄, 十二時ごろまでの, 十二時の, 十二時まで, 十二時午後四時より, 十二時迄, 十年ほど, 十時まで, 十時までを, 十時迄, 千五百人売切れ, 午前三時まで, 午後三時までを, 半月ほど, 却って後, 却つて遲くまで, 参詣致, 又, 又二寸, 又六七年, 司法省に, 吉三郎とも, 吉村方にて, 同じく憧憬, 同三十分, 同時十分迄の, 向島の, 嘉永二年三十一歳に, 四五十分前が, 四五年経った, 四十分やり, 四十年余りしか, 四時まで, 四時迄之内出仕御帳有之, 四時過ぎまで, 国境の, 国字の, 在官の, 地に, 執り行, 堺生の, 夜半までを, 夜痛み, 大きく育っ, 大きゅうなってる, 大分い, 大変に, 大法会, 大阪, 奇麗に, 奉公に, 妊み, 妙念は, 妾は, 姉に, 始まりまして, 始まり魏, 始まる, 姙み, 学に, 学文に, 学校へも, 宇治黄檗の, 実学を, 家庭の, 寸々に, 將來を, 小日山君夫婦の, 少くとも, 少し後, 居を, 峡間に, 巡査部長ほか一名の, 幾らか量, 幾星霜他意の, 幾百年の, 広いよう, 引きつづき甚だ, 引っ張られてからは, 弱った, 当町, 役者が, 彼の, 彼は, 彼らが, 後は, 御名を, 御来聴, 御瀉, 御行跡穏やか, 心変りいた, 必ずこんな, 思い込みし武男, 悪く一寸, 愈, 感應院が, 成りけるやら, 成りたる神, 成島柳北と, 成長も, 所得多き, 手に, 打解けまして, 抜いて, 撮影と, 支那に, 放牧塲, 政府の, 教育の, 数倍淋しく物凄く, 数層倍面白く, 数年後の, 数時間前に, 数百年前既に, 文ビル二階で, 新日本文学会議, 新橋太田屋で, 既にどうやら人, 既に空文, 日の, 日沒迄の, 早くお, 早く休んだ, 早く寝た, 早く庭, 早く歳月, 早く登った, 早く起きた, 早く起出小姓, 易も, 昔の, 時に聽, 晝の, 暁りし, 曲終りし, 更に情熱, 更に野蛮, 有楽座, 朝廷向きの, 来りて, 来刹那刹那, 森長栗林弁護人の, 次に百度, 正午十二時までの, 歯に, 死の, 殖其上に, 段々解けまする, 毎旦孝経, 気が, 気まぐれを, 氣を, 永劫に, 永遠に, 江戸長谷川町城重, 泊りに, 法皇の, 津軽今別本覚寺の, 淋しいのね, 深くは, 深更寢に, 渋くれた, 満鉄本社, 漸く王化, 無銘品を, 然かお, 爆聲亦, 物讀む, 特別番外猛獣団長大山ヘンリー氏の, 王家の, 甚しかりき, 甚暑不堪, 生きいきし, 画を, 疫も, 病人が, 百層倍も, 相場が, 相始め, 真心尽くし, 着手し, 知って, 短くなってる, 研いだよう, 硫黄を, 神の, 神曲示現の, 神楽坂春秋座演技道場にて, 福岡市中庄只圓翁旧宅庭前に, 私は, 稍, 稽古尤も, 第二十二時, 第十二時, 精神に, 紀元一六〇〇年代に, 約二割方, 約八十年, 約百年, 美しくは, 義父に, 翌朝まで, 肉は, 胃のわ, 自ら十八姨と, 自分の, 舞台稽古, 莫大の, 藩士同様に, 行わるる議論, 衷裡を, 西公園の, 見にくくなった, 見覚えたる, 言葉の, 詩の, 読み書き双, 貧しい生活, 赤くなっ, 起こると, 身みずから教育を, 身輕けれ, 車行二十八マイルに, 較や, 辛いので, 近年までも, 遅いやう, 遅くなった, 道をよけて, 遥かに, 部屋は, 都合の, 酒を, 鈴木某氏の, 開場し, 開場する, 際立って, 青年の, 静に, 面白いと, 面白いもの, 顔が, 顔色が, 風位南轉し, 飯は, 馬鹿らしく見え, 骨の, 高天原の, 高志の, 高野山より, 鮮かな, 鳴轟稍, 鳴鳳楼

▼ 時自分~ (488, 0.3%)

136 の心 5 の手, はまた 4 で自分, の方, はこの

3 [11件] の何処, の口, の家, の眼, の胸, の身, の身體, の頭, はその, はふと, は思わず

2 [29件] がその, が幼時山, が死ぬる, で玄関, のうち, の一生, の今, の前, の妻, の姿, の目, の考え, の足許, の頬, はすぐ, はひやりと, は今, は何と, は何となく, は再び, は始め, は彼, は彼女, は後, は気, は突然, は茫然, を慰め, を欺

1 [356件] から白ネル, が, があんなに, がいなかった, がそれ, がとるべき, がどうして, がなぜ, がぱツぱと瞬き, がほっと, がほとんど, がもしも, がやはり, がヌクヌク, がポオー, が一世一代, が世話, が丹波先生, が乾鮭, が云つた言葉, が今, が今日何, が休ん, が何, が何故, が兄, が前, が剣道, が口, が好む, が少し, が心底, が心配, が怠け, が懐中電燈, が戀, が手, が承知さ, が本当に, が東京, が欲, が此, が決して, が火, が発見, が私生子, が誰, が轉ば, が遺精, が間接, が除けもの, が驚いた, だけはどこ, でお話, でそれ, でも不敵, でも分らなかった, でも思いがけなく, でも成, でも知らない, でも驚く, でわざ, でわざわざ, で丈夫, で云った如く, で云つた, で作った, で出たら, で描いた, で書いた, で男, で町, で素, で藁火, で返事, で陸, で髪, とお, と全く, と同じ, ながらわからない, ながら思はず, ながら驚い, なり自分, にし, にその, にそむい, には其那こと, には四十, にも実行, に向っ, に尋ねる, に慾, に掛かっ, に言つて, に責任, に迫る, のあと, のいる, のうしろ, のうめき声, のこと, のし, のすぐ, のピストル, の一存, の上衣, の両親, の事業, の二十六年, の云, の云った, の仕事, の仕事場, の伝道, の体, の使った, の倅, の側, の傳道, の働き, の入, の入っ, の内部, の到着, の取るべき, の古い, の名, の名前, の向う側, の嚴, の國, の境遇, の声, の外, の失敗, の好き, の好奇心, の娘, の子, の寢, の寫眞, の寺, の小隊, の希望, の席, の弟子たち, の弱点, の後ろ, の従兄, の心持, の心臟, の悧巧, の情, の意識, の愚劣, の感じた, の感動, の懷中時計, の我, の持っ, の持った, の撥, の政党員, の数間前, の楽想, の気分, の気息, の父, の特異, の犯した, の理想, の田, の着物, の知っ, の穴, の立っ, の端, の純潔, の肉, の肩, の背中, の脳裡, の腹, の船, の花, の荒み切つた, の薄志弱行, の蟇口, の解し, の言った, の言葉使い, の誠実さ, の豫想, の足, の身なり, の身体, の部下, の醜, の隣, の頼る, の顏, の顔, の飲み代, はあるいは, はあんなに, はうらやむ, はうれしい, はぎょっと, はこ, はこれぎりでその娘さん, はこんな, はこんなにも, はしばらく, はそれ, はただ, はできるだけ, はとても, はどうか, はどうせ, はどこ, はどんな, はない, はなぜ, はなる, ははっと, はひとごと, はひとり, はぴたり, はふい, はみずから, はむしろ, はもう, はもどかし, はチェホフ, はチョコレート, はムク, はランプ, は一つ, は一個, は丁度, は三人, は三種, は不思議, は不愉快, は不意, は主婦, は久しぶり, は京役者, は京都, は人間, は何, は何だか, は偶, は兄, は全たく夢, は冒険的, は初めて, は別府温泉, は又もや, は君公, は和田さん, は國元, は地上, は多少, は大, は如何, は娘, は嬉しい, は学者, は実際, は客, は家路, は寒い, は居眠り, は岩手訛, は嵯峨野, は平然, は年, は待ち, は心底, は急, は恰度其鐘楼, は恰度其鐘樓, は愈, は我儘, は我知らず涙, は或, は撲られた, は既に, は星野温泉別館, は時として, は時めく, は更に, は本間久雄氏, は横浜, は欄, は比較的, は気味, は泣い, は浜, は火性, は無論, は父, は田圃, は畏まった, は發熱, は益, は益其感, は真に, は真個, は硬く, は空, は窓, は簡単, は糞, は胡桃澤君, は胸, は舞踊, は船, は若しそう, は茫々, は蒸発, は見る, は迚, は遙, は酒, は酔っ, は隨分, は霧, は顛覆, は風, は馬, は黙阿弥翁, への寵, もその, も一つ, も一緒, も乙子, も亦, も何, も千円, も御, も憎から, も数痕, も旧友, も昔, も死なう, も船, をどっち, をひどく, を悪魔, を投出し, を生んだ, を誘惑, を驚かした

▼ 時彼女~ (426, 0.2%)

10 の眼 9 はふと 8 は彼 6 の顔 5 の心, は, はもう, は何, は私 4 の頭, はこの, はその, は自分 3 はある, はそれ, はまた, は思わず

2 [21件] が私, と同じ, に声, の叫び声, の懐, の父, の頬, はいきなり, はこう, はそう, はそこ, はつと, はまだ, はやはり, は云った, は只, は急, は恐ろし, は気, は突然, は非常

1 [298件] お小夜, からその, から催促, から受取った, から教會, から聞いた, がお客, がそこ, がどういう, がなんと, がひとりでに, がひどく, がひょっこり, がまたし, がわたし, が二十五, が云いました, が何と, が何故, が如何なる, が子供たち, が帳場, が庭, が思はず, が思ひ切つた, が折れ, が最早, が棺, が極度, が橋, が独語, が生き, が目, が相手, が立っ, が笑い, が終始, が藤本さん, が追いかけ, と並ん, と僕, と誰, についてはまだいっこう, にのみある, には夫, に云いました, に出, に最上, に注いだ, に渡される, に紹介, に肝臓, に言った, に餘, のうしろ, のうち, のこと, のそば, のたっての, のところ, のまじめ, のやや, のよう, の一瞥, の使った, の処女, の口, の口元, の叫び, の唇, の声, の夫, の姿, の家, の寝台, の尊大, の小さな, の引, の後, の恐れ, の息づかい, の意志, の手, の掌, の昂奮, の束髪, の梅毒, の気もち, の當惑, の痛み, の発汗, の皮肉, の目, の目前, の瞳, の耳もと, の肩, の肩口, の背後, の血, の表情, の見た, の見聞, の贔屓連, の足, の足下, の身体, の車, の部屋, の長い, の静か, の面影, の頸筋, の顏, の髪の毛, の鼻, はあんなに, はいざ, はいそぎ足, はいった, はいつか, はお, はがばと, はこの間, はさらに, はざあざあと, はすぐ, はするりと, はたいてい, はたしかに, はため, はだしぬけ, はちら, はついに, はどんなに, はなぜいつも, はなんだか, はなんど, はにっこり, はにやりと, はにわかに, ははじめて, ははつ, はひどく悲し, はふり向い, はまず, はまだごく, はむつくり, はむやみ, はやせた, はよく, はわざと, はわたし, はストップ, はチブス, はハンケチ, はパルチザン, はペルシ, はマッフ, はメルキオル, はモウ眠気, は一寸, は一応, は丁度, は三十八歳, は上衣, は両手, は九十郎, は二人, は云, は五つ位, は亡夫, は亢奮, は人間, は今, は何物, は例, は俄, は僕, は僕たち, は元, は再び, は冷, は凡て, は切に, は初めて, は初めてすっかり, は北原ミユキ, は十ヶ月, は十一, は十九歳, は危険, は又, は友, は口惜し, は同じ, は名状, は含羞むようになり, は嘗て, は噂, は堪らなくなっ, は夢, は大きな, は女中, は女中奉公, は宅, は安里, は小娘, は居間, は崖下, は幌, は当分一人, は彼女, は微か, は思はず, は急い, は恐しく, は恐ろしい, は息, は恰度三四間向う, は悲し, は感傷的, は手早く, は掴みつきたい, は改めて, は故郷, は断然, は既に, は旧友, は早口, は明, は時々, は更に, は最も, は最後, は未亡人, は杖, は松葉杖, は枕, は枕元, は横向き, は此, は死, は死んだ, は母, は氷, は漸く, は漸く何だか, は焦点, は焦燥, は物悲しい, は玄関, は異常, は病院, は白布, は看板, は真面目, は眼, は窓裏, は窮屈そう, は紅茶茶碗, は素知らぬ, は細君, は絶えず, は縁側, は耐ら, は胸, は腰掛, は臨月, は自家, は舌打, は茨, は荘夫人, は覚束, は身命, は辻馬車, は達雄, は銀杏, は離婚, は電気スタンド, は青木, は静か, は音, は顔, は風呂敷包み, は餅, は首, は骨, は鼻うち, も亦, も老母, を女郎, を嫌悪, を強迫, を彼, を撲った, を相手, を選んだ

▼ 時までも~ (414, 0.2%)

14 何時までも 5 目に, 私の 4 自分の 3 ずる, 人形と, 定まらず故郷, 待つて, 続いて, 黙って

2 [28件] そうし, ぢつと, 三時までも, 凝つと, 姉の, 寝て, 寢て, 平和に, 心の, 押して, 持ちます, 泣き明し, 浮んで, 然うし, 狂奔した, 生きなければ, 癒らなけれ, 目を, 眺めて, 立去らうと, 続くと, 美しさ, 舞い落ちて, 芸妓を, 見詰めて, 見送って, 起きて, 馬鹿で

1 [312件] ああや, ある, あんなじゃ, いちゃ, いつまでも, いるん, おれの, お前子供の, お忘れでない, お父様, お護りし, かうし, かかるの, かくしおおせられる, くすぶり返つて, くだらん話, ぐずぐずし, こうし, こうしちゃいられない, こうして二人, ここに, ここには, こちらを, これを, さう, さがして, さまようよう, しっかり襟首, して, じっと見入っ, すわりきり, ずるずるべったりに, せうこと, そう, そうぞうしく出はいり, その, そのうら若, そのこんがらかった, そんなこと, そんなところ, そんな風, ただ雨を, ちぢこまつて, つづく, とらえて, なおコンドル, なにしてる, べた附い, ぼんやり其処, ぼんやり待っ, もったいないこと, ガラツ八をから, プラトニックで, ムク犬は, 一人で, 一人住の, 一時二時までも, 一緒に, 上手に, 乃公を, 二人の, 云って, 五月蠅く, 亡くなった忠寛, 人々から, 人間の, 今迄の, 仕事を, 会釈を, 何か, 使へる, 便々と, 保つよ, 保存したい, 俺の, 停滞し, 僕の, 僕を, 兄妹の, 入院してる, 凝ツ, 凝然と, 凝視し, 凝視めて, 凡そ酒を, 出て, 刀を, 別れようとは, 力と, 労働し, 勉強し, 動かうとも, 匂ひ, 匿し, 友達に, 友達の, 可愛らしいほくろ, 各々に, 同じところ, 同じやう, 同じよう, 同じ事, 同じ単調, 同じ様, 同じ谷間, 同様の, 向上する, 呑気でいけない, 呑気に, 商売なし, 問題に, 喋舌って, 噛んで, 囁いて, 四時までも, 地の, 坐って, 坐つて, 墺太利人で, 売れるん, 夜更かしせね, 大切に, 奇体に, 奉公人並で, 女学生ぢや, 女房の, 妃が, 妹と, 始終不思議, 娑婆へ, 子供の, 存続した, 存続する, 安心し, 宙に, 寝る女, 小止みなく, 小脇に, 少しも, 居ちや, 居て, 居なければ, 居られる訳, 屋根の, 差控え, 己の, 幕府の, 強ひ, 彼処にか, 往來の, 待って, 御挨拶, 御贔屓, 御預り申事, 忘れなかったと, 忘れなかつた, 快活に, 思い悩まされて, 思い込んで, 愚図愚図し, 愚圖愚圖し, 愚痴は, 憂鬱気な, 手前一人に, 折竹の, 抱きあって, 押し通して, 持ちこたへられる, 持って, 持続する, 捨てきれないで, 放つて, 断続し, 旨い酒, 曳いて, 書生で, 来ないなんて, 根に, 業を, 構う気色, 檻の, 欺きお, 此の, 此儘に, 残って, 残つてゐ, 毎日毎日執拗に, 気が, 気がつかなかったの, 気づかないで, 気に, 気附かず, 氷解せざる, 永く続け, 江戸の, 泣いて, 泣き止まないので, 泣く奴, 洗って, 消えずに, 消えない彼女, 消えなかった, 消えなかつた, 消えようと, 消さずに, 淋しがっ, 淙々たる, 混沌に, 湖水の, 湯槽に, 満足する, 瀬川と, 無事ぢや, 無精に, 照りつける辛気, 物を, 独りで, 獄に, 獨りでゐる, 獨身ぢや, 理解し, 琉装を, 生きて, 生きてると, 畏まり居ては, 皆んなの, 眠つた, 眺めた, 眺めたり, 睨み合って, 瞑られなかつた, 瞼から, 碌な, 社会の, 窓の, 立ったまま, 立って, 立止まっ, 箱の, 細くしなやか, 絵姿の, 継続する, 継続するだろう, 続きそう, 続くかと, 続くの, 続けちゃ, 続けて, 続けば, 緊り, 繰返して, 續け, 置いて, 羊羹色の, 翻筋斗を, 聞えて, 肌に, 腰かけて, 腹を, 船に, 花の, 苦しめるばかり, 英国の, 落ちついて, 蔵って, 蛙である, 褥に, 見ずに, 見せられたら目, 見て, 見送つて, 見送りし心, 覚めずに, 親がかりでは, 言い続けたかったが, 記念される, 記憶の, 許されようとは, 証拠に, 読みそう, 變らない, 貧乏し, 貯へて, 賭博宿に, 赤樫に, 走つて, 躊躇し, 辛抱強い眼, 退かないの, 逗留し, 通うて, 遺って, 邪魔の, 銀貨は, 錢の, 長閑に, 門口に, 闇の, 附いて, 陰謀が, 響いて, 預り居るか, 頑張つて, 頭に, 顔を, 食べられる, 飲みつづけるの, 首を, 高い樫, 默つて考へ, 黙つて, 鼓の

▼ 時それ~ (377, 0.2%)

4 は彼, は私, を見 3 が, は, はもはや, を見た

2 [16件] が丁度, が科学, が精一ぱい, と同じ, に似た, はいや, はすでに, はちょうど, はもう, は何, は初めて, は実に, は悦ん, は立派, もやはり, を聞いた

1 [321件] からの一時間, からはこの, から八時, から出た, から奥羽線, がいい, がいかに, がからく, がことごとく, がこの, がし, がすこぶる, がずれ, がそこ, がその, がつい, がとり, がどこ, がどんなに, がなん, がにわかに, がほんの, がまだ, がもし, がインテリゲンチャ, がキラキラ, がモデル, が一つ, が一度, が不意, が人間, が人間的労働力, が何故, が何故か, が余りに, が傑作, が出来なかった, が分かった, が口輕, が喉, が夜中, が実は, が容易, が幾日, が恐しい, が恐ろしい, が意識面的形成的, が手, が技術学, が揺れ, が教学, が日光, が普通, が更に, が本当, が松本伊豆守, が果して, が根本, が椅子, が歌劇, が物理的世界, が現われ, が生命, が紛失, が美しい, が芝居, が誰, が途絶えた, が酵, が陳長財, が麻痺, こそ待った, こそ氏, こそ生れ, じゃ困る, そっと一両, であるから, とはなし, とはまるで, とは反, とは見なかった, と反対, と同時に, と提携, と知り, と聞い, と認めた, にあう, にあそこ, について一言, には一定不変, によって得られた, によって我々, に丑, に乗っ, に交っ, に交叉, に反抗, に呼応, に基い, に媚びよう, に対して神近君, に対するナロードニキ, に就い, に応え, に応じ, に比例, に気付い, に添, に熱中, に答え, に阿ねる, に附随, の代り, の先, の尻, はあたかも, はあながち, はあまりに, はいかに, はいかにも突然, はいつも, はこまやか, はさすが, はすぐ, はただ, はどこ, はなお, はまた, はやや, はわたくし, はわづか, は一応, は一種, は一般的, は丁度, は七月, は不滅, は世界, は世紀, は乾物屋, は事実, は事実上, は二次元, は人, は人々, は人間, は他人, は伝統, は例えば, は傳統的, は僕, は別に, は勿論, は卑俗低劣, は単なる, は印刷, は只, は哀れ, は多く一地方的存在, は天地, は学問性, は実は, は実証, は常に, は往昔, は心理学, は必ず, は必ずしも, は戦時中, は批判者, は抽象論理的, は新橋駅, は日焼け, は晩春, は暖かい, は最も, は最初秀ちゃん, は本統, は極めて, は槍, は氏, は気, は氣, は浮世絵, は炬燵, は然し, は現実, は理智, は生命, は皆, は盛りあがった, は直ちに, は省線, は真赤, は積極的, は空間, は精神, は経験的, は緊, は罪, は羊, は聖女, は腰, は自, は自明, は自由主義全般, は茲, は血, は見当違, は誠に, は誰, は警察, は釜谷, は鐵舟, は非常, は音調, は魅力, は黄金, へ槍, までである, まで世話, まで公爵夫人, まで堤, まで暗く, まで物静か, も作家, や伺ふ, より早く, より簡単, を, をいっ, をくい止め, をこの, をしりぞけた, をすだき鳴く, をそう, をそのまま, をちょい, をどこ, をねらっ, をはっきり, をもっさり, をピストル, を一枚一枚, を下, を不味い, を不純, を中学, を乳母, を他郷, を伴, を信じ, を共和制, を再び, を冗談半分, を出す, を創立當時, を助け, を取ろう, を可能, を堪へ忍ばなけれ, を変えさせず, を外す, を嫌っ, を実行, を崖, を左, を幾回, を形, を思う, を思ひ出した, を手, を拡げる, を持ち出す, を探し出す, を支持, を放棄, を断然, を枷, を横, を母親, を活動, を活字, を点し, を父, を狙つてわざ, を生け, を生み育てる, を癒す, を知らず, を知りませんでした, を祝っ, を種々, を筑山左衛門, を美, を美しい, を耐え, を耳, を聞い, を聞き終った, を自分, を自身, を興味深く, を茶の間, を行う, を補う, を見守っ, を解決, を言った, を言ったら, を読み下した, を諷した, を越える, を身, を運ん, を闡明, を香川甚五郎, 出たぞという, 見た事, 迄聞きなれた

▼ 時~ (350, 0.2%)

65 はあの, はもう 4 の頭, はこの, はすぐ, は君, は自分 3 の家, の心, はある, はお, は初めて, は少し, は本当に

2 [26件] がなまじい, のため, のところ, の恋愛, の未来, の為, の眼, の見た, の顔, はあなた, はいつも, はその, はそれ, はどう, ははつ, はふと, はまず, はまだ, はまるで, は何, は又, は変, は始め, は急, は慇懃, は頭

1 [241件] かなんぞのよう, からおい, が, があんなに, がいつた, がそれ, がつい, がどんな, がふと, がゐ, が一生懸命外, が不思議, が今, が何故, が君, が唐本, が婆, が彼, が心配, が思い切, が情死, が房州, が承認, が掘りあてた, が樺, が知ってたら, が突然, が第, が脚本, が訊く, が語らう, が警察, が附け, と同じ, に, にある, にはあの, には一種, には何, にぶつかった, にも気, に出鱈目, に向っ, に彼, に斯, に次, に目, に遺した, のからだ, のすぐ, のもう, のやう, のやり方, の下宿生活, の主我, の天邪鬼, の姉, の家内, の弱点, の後, の徹底的, の所, の探し, の推賞, の書斎, の母, の疑い, の病体, の目, の眼前, の経歴談, の腕時計, の自意識, の荷物, の視線, の車屋, の連れ, の部屋, の面前, はいかに, はいきなり, はいよ, はお客様, はかっと, はこの世, はこれ, はこれ等, はこんな, はさ, はしばらく, はそう, はそこ, はそんな, はそんなに, はたちまち, はたまたま, はぢ, はつい, はどうしても, はどんな, はどんなに, ははっきり, はひそか, はひとり, はびっくり, はふるえあがらざる, はほとんど, はまた, はもう少し, はやっと, はやられた, はやる, はようよう, はエキスタシイ, はガクリ, はギクン, はズボン, はツク, はトレヴォ氏, はドユパン, はハミルトン氏, はハラハラ, はパリ, はマア坊, は一応, は一足, は万事, は世にも, は世界, は両手, は久しく, は二つ返辞, は何だか, は何気なし, は余計, は僕, は公園, は再び, は十八時間, は卒然, は友達, は口, は右隣, は同, は吐月峯, は嚏, は奈落, は如何, は妙, は妙子, は官服, は実に何とも, は尠, は屹度妙, は左手, は年長, は度々, は庭, は強い, は当然, は彼ピョートル・ペトローヴィッチ・ルージン, は心, は快活, は思った, は思つた此處, は思わず, は恐る恐る, は感激, は態と, は或, は戦慄, は手燭, は敏捷, は料理場, は斯ん, は昂奮, は時々, は時に, は暗然, は更に, は本箱, は母, は毛穴, は気づかなかつた, は水島, は決心, は無条件, は父, は片一方, は独りぽっち, は獄中, は生薑, は痛切, は目, は確か, は神, は稍, は突然, は窓, は考えた, は興味, は處女詩集, は蝋燭, は覚えず, は言っ, は記者, は説明, は身體, は軽い, は迷った, は遙, は適当, は酒, は鏡花氏, は非常, は顔, は食合せ, は香港電信局, は駭然, は高木, は麻素子さん, へかたみに, も, もいっ, も一寸会釈, も今君, も仕舞ったら, も唯, も大方そう, も焼け出された, も腹, も見, も訳者, も返事, をよろこばせよう, を俗物, を動かす, を大関, を妄想者, を押し退け, を撲った

▼ 時~ (348, 0.2%)

6 であつ 5 だった, です 4 だ, であった, にハネ, に家, に床, に終る 3 かえる, でした, になる, に出かける, に帰宅, に起き, に起きた, に起きる

2 [27件] だったが, だもの, だよ, である, ですよ, で平生, なの, なのに, に, にここ, にすつかり, には起きられない, にマリイ, に二人, に入る, に出, に宿, に帰っ, に眼, に着く, に立っ, に行く, に言った, に述べた, の亭主, の車夫, を行く

1 [230件] あしを, からお, からくる, からけさ十時, からご, からひえびえ, から一枝, から二時, から五時, から人々, から寝床, から寝込む, から持つ, から斬り込ん, から日暮れ, から筆記, から露月, がよい, ぐらいでしたろう, ぐらい迄は事務, しかもひどい, それでは一時間, だから, だからな, だったあそこ, だったと, だったの, だつた, だつたらうなか, だと, だという, ちょうど逢う, ってこと, であったが, であるから, であるが, であるという, であるのに, でございましたが, でしたろう私, ですぐ, ですのよ, ではあった, ではあつ, でまだ, でもう少し, で堂屋敷, で散歩, となる, とに鳴く, とはあまりに早, とは違つて泣き声, とばかり思っ, と云, なので, にあがった, にあの, にいた, にいつしよ, におき, におきる, にお父さん, にかえる, にからだ, にこちら, につきました, にとれた, になっ, になりました, にね, にはあちら, にはいっ, にはきっと, にはきまつ, にはさめる, にはすでに, にはつける, にはもう, には京都, には全快, には吉次, には帰れる, には引, には戻っ, には楽屋入, には湯, には起き, には間違, には階段, には雪, にもいった, にもう, にやってき, にや帰りやしない, によばれ, にゐた, にアガリ, にオヨリデキヌ一一ジ二〇ヱキデオアイシタシ, にハネよう, にホテル, に上る, に下街, に五重塔, に亡くなっ, に今日, に仏像, に伊豆山, に体, に出かけ, に出かけたい, に出た, に十許, に唱う, に坐ってる, に報告, に大, に室, に寐かす事さ, に寝, に寝かす, に寝る, に寢床, に小, に就褥, に帰, に帰った, に帰る, に彼, に御飯, に怪美人, に悶着, に戸, に放送会館, に早く, に晩餐, に書き込んだ, に朝, に本邸, に本郷, に本郷基督教会, に来, に来る, に此処, に殿下, に決まっ, に源三郎居, に片, に牧瀬さん, に発車, に發車, に白い, に眠り, に着いた, に砧入り, に私, に終了, に絶頂, に自分, に舞台, に蚊帳, に行, に行った, に解散, に警察, に豊島園, に赤線入り, に起きなけれ, に起床, に身仕舞, に身体, に道子, に門, に開けられる, に飯塚着, のこと, のふす, のよう, の乗物, の借家, の同じ, の四人連れ, の奥様, の山, の山東庵, の廊下, の日, の旦那様, の早, の時, の朝, の物, の窓, の肉, の腰掛, の花, の街道, の言葉, の通り, の馬車, の駕籠, はまだ, へオイ, へ引く, へ来た, まだ戻らず, までそこ, までには必ず, までに帰れない, までに平河町, まではあの, までは文三, までもかかつ, まで居, もう御免, よりもよく, よりも一層, より市中螺, を歩い, を通る, 下がりに, 何と身, 借金を, 又, 句に, 四つ樋より, 少し休み, 意識は, 檣の, 老女将初め昔馴染, 開く

▼ 時ふと~ (346, 0.2%)

10 彼の, 気が 7 気がついて, 私は, 見ると 6 彼は 5 自分の 4 耳に 3 それを, 心に, 思いついて, 気がついた, 眼を, 頭を, 顔を

2 [17件] お父様, この牛, バスの, 一種の, 僕は, 妙な, 彼女の, 思い出したの, 新しい墓標, 母の, 目に, 緑の, 考えた, 胸に, 見る銀杏, 足を, 頭に

1 [235件] 〇・〇〇五の, あの五年生, あの大通り, ある事, ある好奇心, ある疑問, ある空虚, ある記事, いやな, お今, お光, お寺の, お島, この局長, この影, この明菓, この機会, この細菌, この老人, この考え, この顔, こんな文句, こんな窮屈, すべて大きな, せんだってここを, そのこと, その一寸前, その奥さん, その横顔, その目覚しい, その結果, そんな光景, つぶやいた竹童, つれて, どことも, ひょんな考え, また美, もらしたその, やり出してから, わにの, オルガンティノは, ショルムスは, ニツケルの, ラム・ダスが, 一人の, 一色の, 三越の, 三造は, 上と下で, 上流の, 不審な, 中佐の, 中尉は, 久保田さんの, 乗って, 二三日前の, 二旒の, 人を, 人形の, 人間の, 今の, 今朝何か, 今迄, 仰ぎ見れば, 何か, 何処からとも, 傍らの, 傘の, 兄が, 六樹園の, 其のこと, 其感情を, 刺客は, 前面を, 千代子が, 卓上を, 博士と, 去年別れた, 反対の, 句案の, 吉弥の, 同君の, 同行の, 向ふ, 国王が, 坂本繁二郎氏の, 壁辰の, 売って, 変な, 夕方の, 外套の, 太子は, 女の, 妹に, 季節こそ, 定子の, 室の, 家を, 富子の, 小き, 小さな鍛冶屋, 左の, 左膳の, 帯を, 幅の, 平沢事件の, 店先を, 彼女は, 往来で, 御堂の, 心の, 思いだしたこと, 思いだして, 思いついたの, 思いついたよう, 思い付いて, 思い出した, 思い出した事, 思ったくらい, 思ひついたの, 思ひ出して, 思ひ出しました, 急に, 悲しそう, 愛娘の, 感ずる淡い, 我が姿, 或る, 戸外で, 房一は, 手を, 振りかへ, 振り向いて, 描いて, 新聞から, 日数を, 星が, 星明りに, 昨日の, 昨日天満宮の, 書き捨てた反古, 本能的に, 東儀与力の, 松岡の, 柱時計を, 横を, 次の, 残忍な, 気がついたの, 気づいたの, 気づくと, 気まぐれに, 氣が, 氣附いた, 水の上へ, 汽車で, 注意を, 洩らした告白, 浮いた考え, 浮んだ言葉, 涙が, 涼やかに, 父が, 父の, 片隅の, 物の, 独言の, 玩具の, 瑠璃光の, 發見し, 目を, 眼に, 眼にと, 社長の, 神谷は, 私が, 私に, 私の, 私達の, 私達は, 窓の, 窓硝子が, 窪田が, 立っちゃ, 竦んだよう, 笑ご, 紅い珊瑚, 結末に, 義雄の, 考えついたの, 考え出して, 耳が, 耳を, 聞いた一言, 背後に, 自分が, 自然を, 自身の, 萌した, 蓼科山の, 行手の, 見あげると, 見かえると, 見上げた左手, 見上げた教会, 見上げると, 見返った目, 見返ると, 親切心に, 言葉を, 誰かの, 警部の, 豊かな, 贋造紙幣の, 赤羽夫人の, 足元に, 路の, 返事でも, 退屈男の, 途中の, 道の, 鄭の, 重たい瞼, 鈴江は, 鏡を, 長い虫, 陶器師は, 隣の, 隣室の, 隣席の, 青木の, 静かに, 頭へ, 駿介は, 高知新聞中土佐特産寒蘭の

▼ 時~ (340, 0.2%)

10 っきりに 4 何か 3 すりでも, っきりには, 三時には, 三時頃に, 九時の, 妹が, 書物に

2 [25件] あらむ, おそくも, それを, っきりだ, であった, である, でなくば, どうか, 三時に, 三時まで, 三時頃から, 三時頃まで, 九時頃に, 二時に, 二時の, 二時頃の, 何かの, 否九時, 四時に, 四時半に, 左樣言つた, 知らん, 自己の, 遅くも, 雑誌の

1 [255件] あ, あか, ある, あるいはあばれ, あるいは他, あるいは外, いつの, うえに, うして, えしてやろう, お出かけに, お正, お葬式, こんな声, ご存じで, さるにても, しなくなった, そうでなけれ, その気, それともずっと, それとも三年生, それとも海面, それとも芝, それとも行秀, それより, そろそろ眠く, たみの鏡に, たるに, だらうとお, ぢゃまた遇はう, っきりという, つて院より, とにかくどちら, どこの, なし, ならずかの, ならずこれ, ならず屁, なりきげん, にくき男, ふたたび満足, または, または彼, または比較的, また僕たち, まだ一時間, ま猫, むくゆべき身, もしくは昼間, ように, よく此目的, らちゅうことになっとる, キット内地に, 一度は, 一度みんな, 一度其宝は, 一度遊びたい, 一時です, 一時にも, 一時半頃さそい, 一時半頃である, 一時頃に, 七時でない, 七時に, 七時には, 七時半か, 七時半だった, 七時頃から, 七時頃に, 七時頃には, 七時頃冬なら, 三十分か, 三時, 三時かで, 三時ごろ帰っ, 三時すぎでなけれ, 三時と, 三時にな, 三時の, 三時までも, 三時より, 三時半遅く, 三時頃, 三時頃である, 三時頃にな, 三時頃静かに, 上演する, 九時ごろでしょう, 九時ごろに, 九時しつ, 九時という, 九時は, 九時まで, 九時半かという, 九時半ごろ一時に, 九時半頃まで, 九時近かっ, 九時頃家を, 九時頃清子は, 九時頃病院へ, 二時半には, 云ふ, 五時から, 五時ごろから, 五時ちょッと, 五時何でも, 五時半には, 五時半頃までに, 五時頃だったろう, 五時頃でした, 五時頃な, 五時頃に, 人は, 今は, 他人の, 以外に, 何かに, 余に, 倹約令を, 八時ごろまで, 八時だ, 八時に, 八時半ごろでしょう, 八時半に, 八時半頃から, 八時頃から, 八時頃であった, 八時頃に, 八時頃には, 八時頃船を, 六時から, 六時に, 六時には, 六時までに, 六時五十分ごろ, 六時半まで, 六時頃でした, 六時頃です, 再會, 分らぬ, 十一時ころ村から, 十一時で, 十一時に, 十一時まで, 十一時半ころ目が, 十一時頃, 十二時かを, 十二時でなけれ, 十二時までは, 十二時頃の, 十分前くらゐ, 十時ぐらいに, 十時ごろでなけれ, 十時ごろ入谷を, 十時ごろ誰か, 十時だ, 十時で, 十時でなけれ, 十時と, 十時何う, 十時十分ごろだ, 十時過, 十時頃からは, 十時頃に, 十時頃までには, 半時前までは, 半頃芥川は, 去って, 又はこっち, 又は二川家, 又は月夜, 又上り, 友情と, 向ふ, 吹きやみて, 四時か, 四時ごろの, 四時には, 四時位に, 四時半頃だったでしょう, 四時或は, 四時迄, 四時頃が, 四時頃でも, 四時頃と, 四時頃に, 四時頃私は, 夕食頃の, 夜にでも, 大切な, 家内の, 寝床へ, 小言の, 屹度神様に, 屹度神樣に, 已む可けん, 序盤の, 廃頽期でなかろう, 役所の, 御免を, 心地よき追分, 忘れたが, 忘れるとも, 忘れるやう, 我家の, 或いは千メートル程度, 或はもっと, 或は反対, 或は薨去直後, 折れざら, 散って, 昔の, 昼飯の, 来りて, 来るに, 林檎の, 止められて, 死ぬ時, 気が, 水木と, 水脚の, 混乱し, 清まんずる, 父の, 犧牲に, 現在の, 生憎はつきり, 町に, 病気の, 相手の, 知らぬが, 知ら時代, 示して, 私に, 経つにつれて, 縛られた後, 聞いた言葉, 能楽趣味の, 膝の, 自分達の, 自動車製造を, 自然に, 草津石部も, 見習ひ, 親父が, 討たざら, 返しも, 進かまわない, 遅くても, 過ぎ心, 開くの, 防禦かの, 零時半頃であったろう, 頭の, 風雲に

▼ 時ほど~ (328, 0.2%)

13 私は 9 驚いたこと 5 自分の 4 岸本は 3 困ったこと, 彼の, 彼は, 私の

2 [19件] うれしいもの, して, はっきりと, ひどい失策, 人間が, 人間の, 仰天した, 厭な, 女の, 平次も, 彼が, 彼も, 彼女の, 心の, 痛感した, 美しいと, 美しい人, 自分という, 自分を

1 [247件] ありがたい人, い, いたく感じた, いやだ, いやな, うまくない, うまく弁当, うまく書け, うれしかった, うれしくは, おとなしい気分, お三輪, お延, お綱, かえって気持, こう云う, この世の中, この時間, こよなき人, これらの, さうし, しかと捕える, しみじみと, しょッち, すがすがしい心持, そうだった, その作, その激し, その美, その観念, それが, たって, つッ, なく陽, なもの, な太守, はっきり自分, ひろ子が, びっくりした, びっくりは, ふしぎな, まつ赤にな, わたしぞっこん, エリザベートが, スパセニアが, ハッキリ, ピッタリする, ホームズが, マザ, マツチの, 万華鏡の, 不愉快な, 人の, 人生が, 人生の, 人間は, 人間生活の, 仕事が, 偉大な, 優しくなされる, 先生が, 先生の, 児玉が, 冷静に, 凄いと, 切なくそれら, 前に, 前の, 医者の, 厳重な, 友人が, 名利競争の, 君太郎を, 吾骨の, 喜ばしいこと, 堪へ難い, 多く脂, 夢を, 大きいもの, 大らか, 大手柄を, 天空海濶な, 太平なる, 夫が, 好い機会, 如実に, 妙に, 妻の, 嬉しまぎれ, 存外急, 学士の, 宇宙に, 富士山を, 寝台を, 實は, 實際に, 将棋を, 小氣味, 幸福な, 度々お, 庶民は, 弱いん, 強くは, 強くまた, 強く拒絶, 強く親子, 強く起った, 彼にと, 彼を, 彼等の, 後だった, 心を, 心持好う, 心配した, 忌々しく口惜しく思う, 怒ったこと, 思わず目, 恐れ入ったこと, 恥ずかしくきまり, 恨めしく感じた, 悔の, 悩まぬ, 悲しい事, 悲しい時, 悲しかった, 悲しくなつかしい思ひ, 情ないもの, 情ない思い, 情慾の, 愉快に, 愉快の, 慧鶴の, 憎らしくは, 懐かしく親しみ, 所産に対して, 手を, 旅人の, 日本の, 日本左衛門という, 早く歩いた, 明るくこの, 是方の, 未だかつて覚えぬ, 未亡人にとって, 染, 柔らかならず, 栄養が, 梅の, 樂いものは, 次郎の, 残忍な, 残念な, 母に, 民藝が, 気候の, 気持に, 気温の, 氣の, 沢山の, 河井に対する, 泥酔した, 深い人情, 深刻な, 烈しく人, 無意味な, 無氣味, 熱い涙, 父の, 狂暴な, 生徒を, 生活で, 生粋の, 男の, 疲労が, 痛切に, 痛烈に, 目近に, 眞に, 真に語感, 真剣に, 真実味を, 眠たくない, 眠ったか, 秀林院様の, 私が, 私たち全, 立派な, 競輪の, 節子の, 籠の, 精神活動が, 純真な, 純粋な, 純粋に, 素子を, 素直な, 細君を, 美しい妻, 美しく感じなかった, 美しさ, 腹の, 腹を, 自分は, 自分自身に対して, 自己嫌悪を, 自由な, 自由を, 良い心持, 芥川龍之介を, 英吉利の, 英雄的な, 荘厳なる, 萎れて, 著しい事, 血気と, 西欧の, 西洋という, 誇らしく思, 賢そう, 越後が, 身に, 身分不相応の, 軟かい心持, 近藤氏を, 迷ったこと, 迷つた, 逆上し, 道を, 部下の, 郷土人の, 銭形平次は, 錢形平次は, 間近く見, 陰気な, 雑誌の, 静かに, 靜かに, 面白くなかった, 頼もしい男, 頼もしく心地よかつ, 顔も, 馬鹿, 駿介が, 驚いた事, 驚ろいた事は, 魅力を, 麻雀に

▼ 時などは~ (326, 0.2%)

4 彼は 3 店の, 私は, 自分の

2 [16件] よく笛, よく袿, わざわざ頼ん, 一見銅像, 傍で, 刀が, 唄も, 声を, 彼の, 時々非常, 気のせゐ, 滔々滾, 私の, 雨のどしゃぶる, 非常に, 風に

1 [281件] あの算木筮竹, ある学生, いくら防寒, いつしか消え失せる, いつで, いつもの, いつも温泉, いつも非常, いても, いよいよもっ, うぶ毛の, おむつかしい, お二人, お前は, お喜び, お心, お雪ちゃんの, この上, この二階桟敷, これが, これまで, これよりも, こんどこそ, さあもう, さすがに, しばしばあれ, すっかり忘れ, そうした, そのうち, その村, その礼, その肩, その通路, それが, それのみを, たしかにオルテガ讃美者, だいぶ暴, ちよいと, つい近年, つとめて大きな, とっと, とても嬉しく, とても聡明, とても聰明, どうせ又, どこを, なおさらである, なさけない金, なるべく父, ふと真夏, ほとんど魂, ほんとうに, まごまごとして, まるで青年, みんなの, もう夕闇, もっとも注意, やはり十時間, やはり昔, ゆれるひばの, よい眺め, よく気絶, よく組合せ文房具, よく見えた, わざわざ手紙, わざわざ線路, アネサが, ウーシャールの, ゾッとしました, ゾロゾロと, ツイ扉を, ベンチに, ラム・ダスは, ワシリの, 一そうそうであった, 一人の, 一層そうであった, 一度に, 一日に, 一時でも, 一時間の, 一晩の, 一種の, 一見平凡, 一軒の, 万燈が, 三衣種子袈裟を, 下水を, 世人は, 丸で, 二人の, 二人立ちあがっ, 二時間目までも, 五六人の, 井筒屋の, 些細な, 今日は, 何よりも, 何処かの, 何年生は, 余程入費, 個々の, 借金を, 停車場の, 側へ, 傍から, 傍に, 僕が, 僕と, 先へ, 先生が, 全くそんな, 全く凄, 全く無, 写真を, 処置に, 別して痩せ我慢, 北派の, 卓の, 危うく耳, 危険だ, 厚さ十センチ, 取越苦労を, 古くから, 可笑しい区内, 向ふ, 向も, 向鉢巻, 善良なる, 四十八度も, 団欒が, 土に, 土地の, 土砂降りであった, 士族は, 多少彼, 夢にも見た, 大いに働いた, 大いに洗, 大勢の, 大変便利だった, 大抵小さい, 大抵数寄屋町, 大骨折りで, 天國を, 天竜の, 太夫を, 如何にも残念, 婦人文芸雑誌の, 媚びるよう, 子供たちは, 実にさびしく, 実に水臭い, 実際情けない, 実際目, 客席の, 家の, 家へ, 寧ろ爽, 尊貴の, 少し危険, 差向いで, 帳合いや計算を, 帽子も, 幕を, 幾ら行つても, 引き返して, 彎刀を, 当り前の, 彫刻は, 彼女は, 徹夜附っきり, 心の, 思わず声, 急に, 恋しく宮, 恩も, 恰度カルタでも, 悲愴な, 憧れの, 手に, 手も, 手を, 折々手, 持たなかったため, 支那の, 数十人の, 日本の, 日本服が, 旧藩主, 早く帰っ, 明かに, 昼間は, 書斎から, 最も幼稚, 最初の, 朝起き, 本当にまごまご, 本当に短刀, 村中に, 村瀬は, 案内役の, 殊に嬉しく, 気が, 気の, 氣が, 浅井は, 浴場内で, 涙も, 淡い失望, 清に, 湯殿の, 準備に, 無着菩薩, 片貝谷, 特にそれ, 特に妙, 狼煙の, 率先し, 生煮, 田舎女が, 當り, 白魚の, 皆と, 皆な, 目覚しい勢ひで大空, 相阿, 真剣な, 真夜中に, 眼を, 私より, 箱の, 素肌に, 終ひ, 絶息した, 美しくさ, 翁の, 脊中合せの, 腰に, 膳へ, 自分から, 自分が, 自分だけ, 自在に, 若しか, 若江三箇甲賀などの, 茶気と, 蓑笠で, 薪の, 蛮人百二十名巡査十五名を, 行脚先き, 袈裟は, 観測を, 言語動作が, 詩を, 話の, 誰か, 賀川市長の, 足駄を, 路が, 跳躍する, 逃げようの, 道を, 遙か, 部屋の, 野原に, 鋪装道路の, 鏡の, 長椅子の, 門番の, 開会一分で, 随分様子, 雪中で, 電柱は, 青白い光, 非常な, 頭ごなしに, 頭を, 飯を, 騒ぎで, 黙って

▼ 時よりも~ (322, 0.2%)

4 今はつきり, 遥かに, 遥に 3 はるかに, 後の

2 [15件] かえってその, ずっと御, まして聡明, もつと, 一段の, 今日は, 好い気味, 彼の, 後であつ, 悪化し, 照然, 爽かには, 美しさ, 若やいで, 遙か

1 [274件] あたりが, あるいは前, いっそうな, いっそう元気, いっそう立派, いつそう, いる時, おゆう, かえってますます綺麗, かえって一倍, かえって今, かえって得意, かえって早く, かえって無気味, この時, この時分, こんどの, こん夜の, さらに一そう, さらに光彩, さらに四年前, さらに多く, さらに溯っ, じっとし, すこし早い, ずっと古び, ずっと後, ずっと熱烈, ずっと目立っ, ずっと美しかっ, ずっと豊か, ずっと趣, ずツ, その方, その満足, そんな罪, たとえ俗臭ふんぷんたるところはあつても, だいぶ和やか, だんだん自然, つよい精神, つらい, とても忙しい, どれだけ, なおいっそう, なお劇, なか, ひどい, ふとったよう, またどれ, また一段と, まだ十年, まだ寂しい, まだ辛い, むしろこうした, もっとだらし, もっとよい, もっと以前, もっと大, もっと大きい, もっと大きな, もっと小さかっ, もっと怖, もっと派手, もっと特別, もっと素迅, もっと美しい, もっと艶, もっと裸, もっと遠く, もつとずつと, もつともつと泣いた, よけいに, より大, シドニーと, ズッと, ズット面白おかしく, ズンと, ソヴェト作家の, バッハを, モットモットひどい, 一カ月ほど, 一二フィート落ちた, 一人に, 一倍鮮やかで, 一層お, 一層に, 一層の, 一層よく寫實的, 一層大きく, 一層嬉しい, 一層心細い, 一層悄気, 一層深く, 一層激しかっ, 一層狐, 一層落ち着き, 一日置い, 一段低く, 一生懸命に, 一畝ほど, 七百多い, 下界は, 世の中が, 両脚の, 久しき以前, 二〇〇〇〇〇磅の, 二十年も, 二度目に, 二葉亭との, 人の, 人口増加が, 人間の, 今はっきり, 今度の, 今日はずつと, 今頃の, 仏教の, 仰山に, 会つて話を, 伸び太って, 余程姑, 余程嬉し, 余程雄大, 余計に, 余計権力, 侍従という, 信子を, 倍も, 健全の, 傷が, 全身が, 冷たくは, 初めに, 別れて, 前であっ, 力強く鑑賞, 労賃が, 効験の, 勤番支配の, 十五分なり, 千八百年近くも, 却って若返った, 厚かりしか, 去る時, 反て, 古いこと, 古いの, 同盟本部に, 品が, 噴火の, 困難であった, 増れる, 変わった土地, 外光の, 多く金, 大きく感じられる, 大きなババ, 大きな聲, 大勢でした, 大勢の, 夫人の, 女王様らしかった, 嬉しい胸, 子供子供した, 安心した, 寂しく一人, 寂然と, 寝て, 少し窶れ, 師匠が, 帰って, 年を, 幹が, 庭の, 強く感じた, 強く震撼, 当然意志的, 彼を, 後に, 後日の, 忙しいの, 怒って, 恨めしい別れ, 憤懣を, 或はもつ, 手紙は, 払わない時, 数層倍した, 日は, 早くぢ, 早く悲しげ, 旺盛な, 明確な, 時々おいで, 暢気に, 更に一層青ざめ, 更に深く, 更に甚, 更に肉感的, 更に面, 案外賑, 楽しい生涯, 次第に美しく, 死んだ後, 死んでから, 母親らしい, 気を, 気候の, 水が, 泣きける, 淋しかつ, 深し, 清き涼しき涙, 火葬場での, 烈しく怒つ, 無気味な, 熱が, 父に対して, 特別に, 病んで, 痛くは, 痩せは, 皇后と, 盛んである, 相手が, 石に, 私に, 稀少な, 穀物の, 立派な, 立派に, 童姿の, 競爭者が, 精神が, 美しかった, 美しくさえ, 聞えて, 股が, 自宅に, 自由の, 色が, 苦しい脅威, 苦しい自由, 苦しみながらも, 英国貨物と, 荒れて, 衰えたの, 親しみが, 親芋と, 言葉も, 言葉を, 走ること, 軈て來らん, 軍曹を, 軟らかさ, 返す時, 送り出す時, 進化論を, 遙かに, 遠く離れ, 醜い老人, 重く私, 重く罰せられる, 重吉に対する, 院の, 陰惨に, 階下で, 險惡にな, 雀斑は, 非常に, 面白いと, 飮んで, 飲んで, 魔物を

▼ 時こそ~ (319, 0.2%)

5 今は, 再己, 彼は, 来れ, 私の, 私は 4 彼の, 来れと 3 わたしは

2 [19件] あれ, ほんとうに, わたくしの, 人の, 人間は, 何時よりも, 來れ, 僕が, 六花状や, 到る, 君は, 吾, 我は, 来つれ生涯, 来れり, 美に, 逃しは, 道の, 釣人は

1 [240件] あこがれて, あつらえ向き, あのやう, あの世から, あの人たち, あの手のひら, ありつたけ, あれ一天俄, あれ一発, いいか, いたると, いちばい警戒を, おくれを, おげん, おまえ方も, おれの, おれは, お大事, お心静か, かえってすべて, かえって自信, かかる綜合的, かれの, きっと自殺, きっと軍法, きびしいこと, くれと, この世の, この幽霊, これらの, せめてあの, そち自身は, その効果, その比類, その生活, たのしくしよう, ちょいと, であったの, どうか朝子, どちらかに, どれくらい, どんなに眠らそう, はじめて, ひとつせいぜい, びっくり敗亡し, ほんとの, まさに林田, まったく煙, みじめな, もうお, もはや疑い, よけれと, わが兵馬, わたしという, わたしも, わたしを, われわれの, オレが, タコの, チョウフを, ドーブレクが, 一人一人が, 一生懸命であった, 一緒では, 三十六計の, 下谷本郷四谷牛込麻布という, 久光兄を, 二人で, 二人の, 二人はつ, 些ばかし, 人は, 今に, 今度は, 仕方が, 佐助は, 余の, 來ぬれ, 來りたれ, 例の, 侍の, 供花燒香に, 俺が, 俺は, 僕は, 僕達自身も, 元治元年の, 先方さえ, 先生は, 其方の, 内乱もしくは, 再起の, 初めて知った, 初めて花袋氏, 初めて首, 判ったね, 判事さんレイモンド嬢を, 到来と, 割当事務の, 力を, 労働には, 却ってその, 友の, 友達ならではと, 反って, 同志小林は, 君の, 吠え面を, 吾等には, 呉は, 唇の, 善けれ出, 喜んで, 堂々と, 堺港の, 多少なりとも日本, 大事です, 夫が, 夫の, 女狐なぞが, 好時期, 妙な, 妹でございます, 妻子を, 始めて, 姫の, 婆さんは, 存分に, 安心し切つ, 宗教の, 実に人民, 実に余, 実際悪魔, 家来に, 家老たる, 容赦は, 宿方と, 小ブルジョア, 山崎を, 平次の, 幸福であります, 彼女たちの, 彼女の, 彼等の, 待ち遠しゅうござりまする, 得たれと, 得意さうに羽を, 御剣の, 心が, 心行くまで, 思い知るが, 怪獣は, 恐怖すべき, 悪より, 惨めな, 愛嬌も, 我が江川蘭子, 戦慄すべき, 手討ち, 抜くべき物, 救われるであろう, 文化における, 文化の, 文学派が, 断然叔父, 新しい社会経済, 新しい素晴らしい生活, 日頃の, 最後, 最早嘘, 有縁の, 本件の, 本当の, 来たれである, 来たれと, 来たれり, 来つれと, 来れりと, 楠公一代において, 歌舞伎劇は, 正義の, 此の, 母性は, 毎日見舞にと, 永井キヌ子の, 江戸開府以来の, 泥靴の, 浄土の, 涙が, 涙を, 演出者は, 煩悩の, 父上は, 爾が, 玄徳との, 理論家として, 生涯の, 生涯人の, 男に, 町子さんの, 痛烈な, 真に下層社会, 真に基督, 真に青春, 私こそ, 私にとって, 私を, 美しく生れ, 聯携し, 腹を, 自分から, 自分だけで, 自分に, 自分には, 自分も, 至れりと, 船乗り異人の, 色々な, 落着い, 蜀兵が, 血書の, 覚悟を, 親娘, 親戚では, 訴訟を, 証文が, 調所殿の, 諸君の, 諸君は, 諸方の, 警戒しなけれ, 貴様達どんな, 身の, 進歩も, 運命が, 道案内の, 違へ, 遠慮なく正面, 関羽を, 麻痺し

▼ 時ならぬ~ (314, 0.2%)

12 時に 6 時刻に 5 一時颪の, 人の 4 花を 3 春を, 時分に, 月が, 華やかな

2 [20件] ときに, ものが, アジの, 今時分何し, 土の, 太鼓の, 拳の, 明滅ために, 春が, 春の, 時間に, 深夜に, 深夜の, 火である, 白き華, 破局を, 笑ひ, 鉄砲の, 雪の, 頃に

1 [230件] いかめしさ, お迎えが, こそ見劣り, この夜中, この辺, ご来駕, ざわめきが, ときめきを, にうばい, にはや, に天国, に明る, に木の葉, に枯木, に為晨, に独り打, に琴, に谷水, ものでした, やりとりが, センセーションを, ホールへの, ユニフォームの, 一團の, 一片の, 二人の, 五色の, 人で, 人出で, 人出の, 人声に, 人声を, 人工の, 何の, 兄の, 光景を, 兵の, 冷え日で, 冷光花林の, 出立客など, 剣林怒罵, 勝手口に, 叫喚を, 名香の, 吹雪と, 呪咀の, 呪詛の, 哄声の, 噴火の, 噴火口が, 団扇を, 地獄風景は, 場所で, 場違いの, 墓に, 声が, 夜ざかもりがはずんでここ離庵の, 夜の, 大声を, 客に, 寄生木の, 寒波昨夜かいたり, 小銃の, 嵐が, 川開きの, 巨大な, 帰省の, 平静が, 年越しの, 御馳走の, 忠告は, 快事じゃよ, 急報を, 想念の, 感傷に, 慌しいほどの, 新月が, 昼酒を, 時と, 時の, 時分この, 時刻茫然山荘へ, 時笛や, 暁の, 暖気で, 暗々世界を, 曼珠沙華が, 朝の, 朝霜は, 朧月夜の, 木枯しの, 木霊を, 村雨の, 桜が, 桜花, 梅桜桃李の, 梅花を, 欠勤続出し, 死を, 殺気に, 水切が, 水煙です, 水音ザアーッと, 氷雨の, 汝を, 沈黙を, 沖合からの, 沙汰ある, 波を, 洪水不思議の, 浄めの, 海上の, 消滅を, 深夜だ, 深夜相, 混雑に, 混雑を, 減刑美談では, 温気の, 潮の, 烈しい爆音, 烏の, 無料宿泊である, 熟睡の, 爆発やら, 爆笑が, 牡丹の, 牡丹餅が, 物々しい前後, 物音に, 狼煙と, 狼煙の, 猿猴の, 現金を, 琵琶の, 病葉の, 登山者が, 白刃の, 白百合の, 真夜中に, 真実を, 砧の, 祭礼の, 福運そんな, 稲妻かと, 空爆に, 竜巻が, 競争を, 笑聲に, 簾越なる, 紅の, 紅白の, 紅葉を, 繁昌を, 胡粉の, 腹拵えは, 興を, 良人の, 色や, 色彩で, 花の, 花吹雪とも, 花壇と, 花壇を, 花火の, 花見の, 若芽などは, 若芽を, 草花薔薇などが, 菜園が, 菫花の, 落花とばかり, 落葉に, 落葉を, 蓮華草が, 蕾を, 藪うぐいすの, 虹地に, 蛍合戦の, 螢と, 血潮とまで, 行燈の, 袖の, 見世物に, 言葉咎めに, 警鼓が, 豪奢な, 賑いが, 賑やかな, 賑わいを, 賓客を, 軍勢の, 軍馬に, 輕氣球を, 迎えの, 逆戻りを, 酒宴の, 銀行の, 銃声が, 銃声に, 錦木が, 鐘の, 閃光を, 関所を, 陽炎の, 雨だ, 雨に, 雨中の, 雷という, 雷雨が, 雷鳴が, 雹の, 霙や, 霜が, 露が, 静寂が, 非運を, 音に, 風が, 風は, 馬蹄の, 騒ぎが, 騒ぎだった, 騒動を, 騒音を, 高音を, 魚とり大会が, 鶏の, 黄昏の, 黒蝶が

▼ 時~ (293, 0.2%)

18 ねる 15 ねた 11 経っても 6 たつても, よくねた, 寝た, 寝る 5 ぐっすりねた, 經つても 4 ゐて, 待つても 3 待っても, 経つても, 見て

2 [23件] ぐっすり, ぐっすりと, ぐっすり眠る, たっても, つ, ねて, まつこと, やる, よく眠った, よく眠る, ベッタリと, 五分の間に, 同じこと, 四時間の, 寝て, 弓の, 待ったといふ, 待ても, 机に, 眠って, 眠る, 続くか, 麻雀

1 [152件] かかって, かかるの, がんばって, ぐっすり寝た, けいこじゃ, こうしては, この組, しっかりと, じっとし, すっかりねた, すや, せい, それを, たっぷりと, たつたつて, だから, だが, づーっと, であつ, でありまた, であり更に, である, であるから, ですから, でも, で次, ねたが, ねたラキサトールを, ねた入浴し, ねられた, ねられるの, ねる暑い, のむいや, ぶっ通す, べったりね, べったり熟睡, まつても, もさう云, もつだろうか, やった, やったとは, やっちまった, やってるうち一万七千, やりコロムビア, やりヤンキー, やり又, やり樋口, やると, ゆっくりね, ゆっくりねる, よくぞ, アド三の, グウだら, セットを, ニハ帰レマスカラ大丈夫デス但, ビールを, モ俺ハ屍体デアラントシテ屍体ナラヌコトデアラウカ, ランプが, 一休みも, 一生けん, 久しぶりで, 之内改服に, 事務所で, 二十四時間勤務で, 二荘やる, 仕事を, 仮睡し, 休み, 何してるだ, 何事も, 働いて, 僕の, 写真を, 出発, 勤めたりとも, 取って, 台所に, 四時間といふ, 埠頭を, 夕方から, 大学に, 家に, 寝たが, 寝たん, 寝た今日, 寝られた, 寝る此, 居たの, 居らる, 居られよう, 居る, 居るの, 居眠りを, 平穏だった, 店しまは, 延ばして, 彼の, 待ちましたがね, 待ち食事, 待ったが, 待って, 待て, 我々は, 押して, 持たず帰宅, 持堪へる, 故郷に, 斯て, 日が, 日給六拾銭で, 早くては, 昼直とも, 時間が, 暇と, 書きわりに, 書く三十枚, 月謝は, 此の, 毎年一つの, 液汁の, 深々と, 深く寝た, 漫才今日の, 狂氣でも, 當院の, 皆は, 眠った, 眠ったすぐ, 眠る今日, 私も, 立つて, 立つても, 続いたの, 続くの, 続くもの, 続行まっすぐ, 縷々として, 行っても, 見たこと, 試写を, 試験の, 話した, 話し込む, 語り論ず, 読む, 起き居る間, 遊び帰宅, 遊んで, 間が, 降る氣, 麻雀を, 鼾も

▼ 時とは~ (291, 0.2%)

17 違って 9 別人の 8 なしに 7 ちがって 5 全く別 4 打って, 違ふ 3 まるで違っ, 別の, 反対の, 違う

2 [19件] なりぬ, まるでちがった, まるで別, まるで異, 丸で, 何だ, 全然違った, 別人で, 反対に, 大違い, 打つて, 比較に, 消滅性である, 申ながら, 百般の, 見違えるよう, 較べもの, 違うさ, 違ひ

1 [187件] いいながら, いえ, いえあの, いえ日本, いへ, うつてかは, えらい違い, おのずから異なった, かなり違っ, くらべること, ぐつとやつれて元, この同じ風景, これでも, すっかり打っ, すっかり模様, すっかり相, ずいぶん顔立, その處分, その間の, だいぶプラン, だいぶ違う, ちが, ちがう眼, ちがった夜, ちがった心構え, ちっと区別, どことなく変った, どんな事, なく五十年, なく伊庭, なく眠ツ, なく維新, なく聞えて, なく覚えて, なし学資, なれり, ほんとの, まことにある, またうっ, また係り, また別, また声, まったく別人, まったく色, まったく違っ, まるっきり違った, まるでち, まるで別人, まるで国, まるで変っ, まるで彼, まるで感じ, まるで様子, まるで気持, まるで空気, まるで見当, まるで違う, まるで違つた, もう大分, もう大分変つて, ものの, よく似, ガラリと, 主従の, 云うものの, 人が, 人の, 人死する, 人相は, 今度は, 今日この, 似も, 何たる変り方, 何の, 何年頃であった, 余程小降り, 全くち, 全くちがっ, 全くちがった, 全く別人, 全く味, 全く変っ, 全く異, 全く違う, 全く違っ, 全で, 全然様子, 其現象が, 其考へが, 勝手が, 勢い矛盾, 化して, 又全く, 受け方が, 可なり, 可哀そうね, 同じよう, 同じ時, 場合も, 境遇も, 変って, 変つ, 変つてその, 多少異なる, 大きに違う, 大分事情を, 大分樣子が, 大変な, 大變, 大部全, 姙娠し, 寄ると, 対踵的に, 対蹠的に, 少々様子, 少くとも, 少しばかり, 少し肥つて, 心の, 心理の, 思うが, 恐らくは赤松則房, 恐ろしく黒っぽく, 打て變つて使節一行, 既に數百年, 更に更に寺, 月と, 服装も, 東条の, 格段な, 正反対な, 正反対に, 殆ど反対の, 殆ん, 母の, 氣のせゐかぐ, 為った全く, 無く實際, 無く病的, 熱心さにおいて, 物の, 生き心地, 異なつて, 異なりこう, 異なり迅速, 異なる物, 異り, 相反する, 精神も, 経たない間, 経っては, 総ての, 見えなかった, 見違, 見違える程, 言へ, 言わない, 言わないで, 訳が, 話の, 調子の, 趣きの, 軍隊が, 違い大, 違い少なくとも, 違い年頃, 違い物々しい, 違い皇子, 違うぞ, 違うだろう, 違うわ, 違う分けて, 違ったこれこれ, 違った色調, 違つた交際が, 違つて何だかもう, 違つて急に, 違つて成ほど, 違つて手を, 違つて洗ひ, 違つて離れ, 違つて非常に, 違ふからね, 長針の, 限らない生活, 飛んでも, 馴れて

▼ 時~ (285, 0.2%)

34 んだ 32 のだ 29 のである 16 のです, んです 9 ので 8 の, んどき 6 のにどう 4 のであった, のよ, んだろう 3 のでその, のに, のにその 2 のか, のだった, のだらう, のだろう, のであつ, のでした, ので又, ので私

1 [90件] うーんと, お発汗, からめ, さで, その繋り, たん果報時のな, のかさえ, のさ, のでありました, のであります, のでいささか, のでうらうら, のでかれ, のでこの, のでございました, のでございます, のでさ, のでしょう, のでそれ, のでそれで, のでそれ程, のでちよ, のでなかなか, のでまだ, のでもう, のでやむを得ず, のでわれわれ, のでハッ, のでハツ, のでパン, のでピオ, のでヴアン・ダイク, ので中, ので中双里, ので云, ので交通事故, ので人間, ので今日, ので他, ので何, ので其家, ので冷え, ので前々, ので勉強部屋, ので即ち, ので感じ, ので時, ので毎日捕虫網, ので父, ので研究科, ので空部屋, ので良人, ので血の気, ので言葉, ので貧しい, ので途中, ので黒い, のと, のにあやにく, のにそれ, のにた, のに早く, のね, のを, ものです, んざあ石岡の, んざあ絶対に, んざこんな, んざそりゃ, んざなおのこと何にも, んざはじめから, んざべらんめえこれんばかしの, んざ二日たっ, んざ団扇を, んざ奴の, んざ真実に, んじいず, んだけ, んだらう, んで, んでございます, んでせう, んと, んという, アもう, ンて, ンです, 活きた人, 点に, 皆ば

▼ 時など~ (285, 0.2%)

5 彼は 4 私が, 私は

2 [11件] それが, である, どうかし, 他の, 仰ぎ見ると, 太田は, 恋人の, 慎重を, 私の, 翌朝まで, 自信の

1 [250件] あまりの, ある, あるいはその他, あれを, いかにも利巧, いずれも, いつも彼, いふ味, いろいろな, うしろの, おりおりそれ, かけつぱなしになつたことはあらうけれど, かれは, ここで, ここでも, こっそり取り出し, ことに便利, このアイスアックス, この方法, この言葉, この重態, こんな人間, さぞ便利, じっと黙っ, すべて改まっ, ずいぶんうるさい, ずいぶん意地, そうしてそんな, そこの, そちらで, その家, その朝, その青い, そりゃ大変, それだけで, それは, それほど空けた, そんなこと, ちびなどは, つい話, つい飲みたくなる, づらり, どうしても副, どこかの, どしどし歩い, なかなかの, ひとみの, ひょいとその, ふいに, ふとその, ふと其処, ふと高い高い, ほとんど談論風発, ほんとうに, ぼくの, まじないも, まだ半分, まるで剣術, むらむらと, もござります, よくおじいさん, よくその, よくたわし, よく不意, よく呉服屋, よく家具類, よく年寄, よく彼, よく検べた最近, よく鉱山, よそ目には, わざと恭, わたくしがは, わたくしの, セエラは, 一々丁寧, 一人の, 一人運動場の, 一日は, 一緒に, 一週間原稿は, 丁度お, 三人がかりでも, 下へ, 下足を, 下駄の, 不思議な, 両側へ, 両手に, 主人顔で, 九工場の, 予が, 事の, 二人だけ, 二人とも, 二人の, 五百枚千枚といふ, 人性の, 代作か, 会社は, 伯母さまは, 何だか自分, 何ともいえないじ, 何も, 何処とも, 何時もさう, 余人には, 例の, 俊亮に, 俺は, 僕は, 光君は, 入社以後絶対に, 八階の, 凄じい羽音, 利用の, 医師に, 医師に対して, 十吉は, 十幾人の, 半巾で, 向うから, 吾も, 大いにそれ, 大きな古い, 大岩壁の, 女は, 女將, 妙な, 妻を, 妻君自身は, 娘の, 娘は, 嬉さが, 学生には, 宅から, 客に, 室内は, 家に, 家老の, 寢床には, 小学校随一の, 尻の, 山之内一次が, 帯を, 常に起る, 幸子は, 幾分混雑, 弟が, 彼が, 彼の, 彼も, 彼女と, 彼女の, 彼等は, 後から, 心が, 必ずこの, 忙しくつて夢中, 思い起しては, 思はず私, 思はず耳, 思わずその後姿, 思わず万歳, 急遽水道税, 態と縁, 戸障子を, 手を, 拳銃を, 改めて建立, 新らしく持つた, 新次は, 新聞は, 新鮮な, 日暮れ方へとへとに, 早くから外出, 明けやすい, 春樹は, 暖めるのに, 暦表を, 更に可, 有名な, 木箱に, 木蔭を, 本当に海, 柱でも, 椅子に, 楽屋内で, 横の, 次男は, 止めようも, 殆ど不可能, 殆ん, 殊に身, 母が, 母の, 母は, 気分が, 水夫達も, 汽車が, 浜子の, 湿れば, 爺さんは, 物凄い感じ, 特に日本服, 狼に, 玄関で, 珍しく庭, 畳の, 疲労の, 発熱の, 皆著名な, 相手の, 真弓は, 眼を, 祝儀を, 私たちの, 私たち二人きり座敷で, 窓から, 細かな, 緒方氏は, 美津子さんは, 義雄は, 肋骨が, 肌ぬぎ, 背中を, 腕の, 自分で, 自動車が, 藪の, 被面衣, 親類の, 貞の, 足の, 車中で, 農民組合で, 近道を, 退屈まぎれ, 這うよう, 通りすがりに, 酒が, 酒を, 針の, 離れでは, 電車が, 静かに, 頬を, 馬鹿声出し, 駿介は, 駿介をも

▼ 時起き~ (283, 0.2%)

15 今日は 6 医者へ 4 ビクターへ, マチネーだ, 宿の 3 二階で, 座へ, 辛し, PCLへ

2 [14件] で座, 一時に, 久々の, 今日から, 今日も, 入浴し, 女房, 家の, 日劇へ, 昨夜の, 暑い, 東京から, 砧村へ, 食事せず

1 [210件] あくび連発, いさ, お盆だ, がかなり, が毎日, が辛かっ, けい古場へ, すぐ入浴, すぐ浅草, その辛, たっぷり寝不足, てゆかなけれ, て手伝, て書い, て雨戸, では元気, で内幸町大阪ビル, で大番町, で近郊ロケ, といふこと, なか川旅館の, に辛い, のねむい, の十時出, の由, の辛, の辛い, はかなく朝食食, はづんと, はとても, は辛い, は辛かっ, まだ眠い, もあと一週間, もう涼しく, もはや暑い, よくねた, よく寝た, わが家の, ガスビルへ, ズシーンと, タカリの, ニューグランドで, パン食一時半に, パン食十一時半眼医者へ, ビクターの, ビクター名古屋支店の, ビクター支店で, ポリドールより, ロッパチームと, ローマ風呂へ, ワッと, 一座京都へ, 一時すぎに, 三信ビルの, 三時に, 三時山水楼で, 上山から, 上山雅輔来る, 上山雅輔来訪お, 上山雅輔来訪来年は, 世は, 中座へ, 中泉眼科へ, 主婦之, 九時に, 二戸から, 二時から, 京都へ, 今日あたりから, 今日が, 今日一日だ, 今日二日目は, 今日放送が, 今日臨時マチネーで, 今朝NOPなり, 仕事にか, 伊藤松雄の, 伊藤松雄訪問, 伊豆山の, 体の, 何う, 入浴せざる, 入浴久々客の, 入浴少々, 入浴朝食金子姉近, 入浴食事, 入浴食事パン家の, 入湯名残りの, 十一時に, 十一時中泉眼科へ, 十二時に, 十二時半に, 十二時半近く日劇へ, 午前中に, 南の, 又今日, 又暑い, 又活動, 右眼まっ, 咳しきりに, 咽喉少し, 喜多村氏迎へに, 地下の, 堀井夫妻が, 堂ビルの, 声ます, 夕方まで, 多和の, 夜更しした, 大庭と, 夫婦で, 女房から, 女房が, 宝塚の, 寒し, 寺木歯医者へ, 小劇場, 屠蘇, 山王ホテルへ, 山田勝氏と, 左眼は, 帝劇へ, 平野と, 平野同宿で, 座談会あり, 御影の, 徳山, 徳山が, 折笠に, 招魂祭の, 撮影所へ, 撮影開始は, 文ビルけい古場へ, 文ビルへ, 料理旅館だけ, 新喜劇座, 新長崎ホテル, 旅へ, 日劇の, 日曜マチネーである, 日記の, 昨夜雨の, 昨日整理した, 昼の, 時間なく, 暑し, 朝から, 朝日, 朝食が, 朝食せず, 東宝グリル, 東宝撮影所からの, 東発へ, 果して大分具合, 柳が, 橘夫妻と, 残暑きびし, 汗で, 清, 清と, 清の, 滝村と, 犬と, 田中三郎夫人来訪此の間から, 田端の, 癖が, 相当辛い, 眼は, 砧村の, 福富って, 稽古場へ, 穂積純太郎来る, 納豆が, 花井が, 若葉の, 菊田, 藤山が, 藤山一郎が, 蚤の, 裸で, 警察署から, 谷崎潤一郎の, 車で, 辛いの何, 迎へ, 近郊ロケで, 道子は, 鈴木静一, 銀座へ, 鎌倉の, 鏑木が, 鏑木清一が, 陸軍中佐, 雑司ヶ谷の, 雨が, 雨だ, 雨である, 顔の, 風邪具合よろしから, 食事まあ, 食事も, 食事パン, 食事少し, 高槻の, 髭は, 鳴尾の, JOAKの, JOBKへ, PCL迄

▼ 時~ (280, 0.2%)

7 うした 6 かの拍子 3 かの席, かの用, と思った, に驚いた, を思った, を考え, 思ったか

2 [22件] うか, うして, うも, かいい, かお, かのついで, かのはずみ, かの機会, かほか, か云, か変った, だって彼, でもない, ということ, と云った, に腹立っ, のねがひも, よりも先ず, をいう, をした, を喋った, を措い

1 [202件] うしても, うする, うなること, う恥辱, か, かいそい, かいつも, かおのずから, かお前, かがあなた, かがもう一度, かが急, かが胸, かきびきび, かこの, かそんな, かにつれて人, かに悶え, かに持ちあげられる, かに行き当っ, かに驚いた, かに驚かされ, かの事, かの会, かの会合, かの例証, かの問題, かの学術雑誌, かの宴会, かの手柄, かの折, かの機, かの次に, かの煮物, かの用事, かの紙, かの試験, かの話, かの都合, かの間違い, かはっきり, かふと, かぶつけた, かパラパラ, か事, か事件, か二人, か云おう, か云つて, か伴, か僕, か僕等, か冷たい, か前, か匂いました, か叫びだしたくなる, か商売, か啓示的感激, か変, か大, か大きい, か大きな, か大声, か大殿樣, か妙, か妻君, か小座敷, か従兄, か御馳走, か心, か心境, か怒っ, か急, か悲しい, か我々人間, か春雄, か柔, か柔かい, か様子, か気, か気味悪い, か氣易さ, か求める, か深い, か為, か無気味, か物, か申し, か知らん, か答え, か罪, か老人, か考え, か聞き分けた, か芯, か薄い, か見方, か言, か言った, か言葉, か買っ, か返事, か重い, か重要, か鳥渡, があつ, が動機, が原因, が始まる, が殘, が母, が起った, さ, した株, だかせなか, ですか, でも一枚, でも先生, でも入, でも夕飯, でも多人数競争, でも芝, という事, という歓喜, という気, という理由, といっ, といったか, とはなし, ともつかない, とも云わない, と云ったい, と云わ, と言った, と返事, にかの弾み, にかドタリ, にかモヂモヂ, にか言, にか變, にも換え, にも知らない, にも郵便, に使う, に押された, に狼狽, に興, のきつ, のことわり, のその, のわけ, のわざをかかこたむとする, の不平, の前, の前提, の悲しみ, の意味, の様, の気, の沙汰, の涙, の異常, の花, の説明, の面, の面倒, の音, もいはず, もさむ, もなかっ, もはつきり, も知らず, も知らぬ, よりもさき, よりも先づ妹, よりも困った, よりも画, よりも畫, よりも自分, をあわてた, をおくれ, をおもいだした, をお祈り, をし, をもっ, をもつ, を以て外人, を問, を問答, を好ん, を思いついた, を思い出した, を思い立った, を感じなく, を考えた, を見た, を話した, を読んだ, んであんな, んなに, 之沙汰, 小仙

▼ 時だけ~ (262, 0.2%)

16 である 116 なの 5 だった, であった 4 です, では 3 彼女は, 忠実振りを, 自分の

2 [11件] あんた楽しい, じゃ, であと, でその, で雪, なん, 亭主を, 外に, 急に, 手伝うの, 顔を

1 [180件] あたりがわ, あります, あ別, おきた, お上手を, かけた, ことさら地球, これを, じゃった, そこに, その水, その食卓, それを, そんな気, ぞくぞくし, だからね, だったらちょっと, だつた, だと, だという, だよ, だろうとの, だわ, ちょっとやむ, ちょっと啼きやん, ちょっと片, ちよつと, であったよう, であります, であるが, であるけれど, であるさ, でこの, でした, でしたか, でしたが, でしたよ, でしょう, ですが, でだんだん, でぢ, でなくこの, でなくその, でなく阿蘇, で三千, で以後帰宅, で個人, で其の, で大きく, で字どまり, で手の甲, で昼, で無く彼女, とびとびに, やって, やっぱり配達, やるといふ, ようやく正常, れ共, ゴーリキイが, ゴール直前で, ナニした, ハダカで, ホッと, ホンの, 一人一人の, 一本腕に, 三好の, 下に, 下ろす仕組み, 不意に, 不知不, 乗りまわす事, 乗り超えるの, 争闘の, 人間らしい感情, 他を, 他人事, 付いて, 仲間の, 休息し, 低い声, 使うの, 使う事, 使ったこと, 使われる一棟, 侍の, 保姆は, 信義を, 儀式的な, 元気よく, 兇暴性を, 六人も, 処女の, 出社し, 初めて笑声, 十ぐらゐづゝやりかけて客が, 印象的な, 只一日聖教を, 啓介は, 変な, 大小の, 天下晴れ, 奇麗だ, 姿を, 嫂も, 學校苦を, 寝台の, 寝床を, 寝食忘れ, 引っ張り出されて, 彼は, 彼れ, 彼等は, 御世辞, 忘れるを以て, 意識が, 懸けるん, 戀人と, 手廻わしを, 拠んどころ, 教室へ, 昔に, 本の, 本当の, 来たま, 来る奴, 東京へ, 極めて活溌, 樂しい, 樣を, 欄干渡りが, 母と, 毛蟲の, 決して自分, 消した, 湧いて, 激しい怒り, 火山の, 現の, 生きて, 生甲斐を, 甲に, 申付けます, 痛くない, 眼球を, 着て, 私たちと, 私の, 空虚に, 立ちどまつたが, 立ちのぼるよう, 立ち止った, 立った, 立てたもの, 耳ざわりな, 能力者に, 腹の, 螢光燈を, 要領よく, 親に, 許されて, 許した, 読んだん, 賑かに, 赤米を, 起きあがること, 起きて, 輸入する, 連れ帰って, 遊んで, 開けるそれ, 階段を, 集団的に, 頭を, 風呂には, 食堂へ, 飯が, 高く痩せた, 鳴らないという

▼ 時突然~ (261, 0.2%)

4 彼の, 彼は 3 奥の, 私の, 私は, 闇の

2 [16件] この夢, とし, どこからとも, どこへ, 何か, 右手より, 向から, 妙な, 机上の, 格子戸が, 浴室, 物凄い雪嵐, 稲妻の, 群集の, 自分の, 部屋が

1 [209件] あの言葉, ある少女, うしろから, うしろに, お勢, お杉, お松の, お父様, お隣り, けたたましい笑い声, こういうこと, これも, さつきまで, しかし悠々, その出会い, その手, その清教徒的規律, たずねて, にどこ, に今, に何, に前, に天, に女, に振り向いた, に枕許, に死, に父, に私, に笑い, に谷山, のよう, はるか遠い, びっくりする, やかたから, わたしの, アダルベルト兵曹が, ウメ子は, デブさんの, トテントテンと, ドアが, ドンという, ノックを, パンクでも, ビシーンという, ボッーンと, ワッという, 一つの, 一枚の, 一種異様な, 一筋の, 三人の, 主人夫妻は, 主水, 二人の, 二十代の, 二階で, 二頭の, 人々の, 他の, 何物かが, 供の, 側へ, 兄の, 兵営の, 兵士らの, 其の車, 冷水を, 別な, 前方の, 勘兵衛めは, 十吉が, 午砲を, 卑弥呼の, 卑弥呼は, 卑近な, 卒中症に, 口を, 右の, 右手の, 君の, 啻ならぬ, 壊れ出すかも, 大きい声, 大勢が, 大熱, 大難が, 太子と, 夫人は, 奇蹟が, 妙に, 室生氏の, 家の, 対岸からは, 小麦色の, 屋敷内から, 山猫の, 岡が, 岩の, 峰の, 川部の, 己は, 席を, 庄三郎は, 店の, 弟の, 影の, 彼には, 彼女の, 後ろで, 微かな, 志を, 思い出したよう, 怪獣は, 恐ろしい考, 或る, 戸外に, 扉を, 手紙を, 教室の, 新座敷, 暗闇から, 木陰から, 机上に, 村長が, 東京の, 林の, 枝が, 桟敷の, 横手の, 橋の, 次の, 止みたり, 武装した, 死が, 池の, 沖田刑事が, 津田の, 流しと, 海が, 清一の, 漕ぎ手, 激しい笑う, 無茶苦茶に, 父から, 父が, 片影より, 狂象に, 猪熊の, 玄關の, 現はれ, 男の, 病んで, 癇癖に, 目の, 眼を, 知人の, 石段に, 砂礫を, 私に, 私には, 私を, 空虚が, 窓の, 立って, 緑雨から, 練吉は, 美代子が, 群集が, 耳もとで, 聞いた, 聴衆の, 肩を, 興奮し, 若い方, 若い武士, 荒漠たる, 落ち潰れて, 葉子の, 蝶々さんの, 蟇の, 行手にあたって, 行手の, 衝動的に, 西原の, 見物席に, 親の, 語調を, 調子が, 足を, 蹴落とされしは, 車が, 轟然たる, 重く荷, 鈴の, 鐘が, 長羅は, 閃き落ちる稲妻, 間近の, 階下の, 電流に, 電話室の, 青年は, 非常に, 音頭を, 頭の, 首を, 驚かされた, 鳴尾君から

▼ 時初めて~ (254, 0.1%)

5 自分の 4 彼は, 気が 3 人の, 知った, 私は

2 [12件] インフルエンザという, 人間は, 口を, 吾, 彼の, 心の, 我れ, 気付いたの, 知ったの, 秀子の, 私たちは, 言葉を

1 [208件] あの哀れ, いっさいを, いろいろな, うすい苦笑い, お作, お前の, お客さんの, お志保, お目, お目にかかつたので, かれの, きいたと, きが, このお母さん, この自由, した綽空, そして多分, そのものの, その唯一性, その小さな子供, その必然性, それと, それは, の時, ひとつの, わたしも, わつと, アクロポリスの, アルプスの, イナサに, クイックシルヴァが, ジーナから, ローマに, 一大事と, 一家の, 一般的に, 世の中の, 世は, 予の, 事物を, 五年間どの, 人々は, 人間的虚偽が, 伏見宮に, 会った, 会った人, 作の, 作品の, 信長の, 備えられた大砲, 僕の, 僕は, 先生に, 入國せり, 其意味の, 再発見, 冷たい汗, 刃の, 判った, 判ったの, 創られるもの, 勘定に, 同人雑誌に, 同氏の, 吾に, 呼ばわった, 国交を, 声を, 外国船を, 夢から, 女の, 女將としての, 存在の, 存在は, 宇治の, 完全である, 実子の, 家の, 将軍から, 小仏, 平均した, 平常の, 幸福を, 庭苔の, 彼等は, 得られるの, 御稽古申, 御飯を, 必然的な, 怖ろ, 思い当った, 思想という, 恋の, 恐ろしい風, 意外な, 感じた, 感じまして, 感想を, 懐疑の, 成り立つ, 或る, 打ち明けました, 批判は, 担当看守から, 拝んだという, 持った大兵, 支那に, 教えて, 敬助は, 断乎と, 方法の, 日本語に, 日程に, 春日新九郎の, 昨夜の, 時代と, 朝倉家で, 本当の, 本物の, 柳生谷三千石を, 次郎の, 正吉は, 母の, 気がついた, 気がついたの, 気づいた, 気づいたの, 気づいた彼女, 気付きますと, 気持が, 気附いた, 汽車の, 治安維持法は, 渡辺政太郎氏に, 湧き出るだろう, 無条件に, 父から, 父の, 父君から, 版に, 理解され得る, 理解し得た, 甚太郎は, 生まれる美し, 生活信念は, 産れた, 田舎者の, 画家の, 目が, 眼に, 眼醒むる彼等の, 知つた, 知つたのである, 知ること, 石渡三蔵が, 研究様式方法の, 社会的分化によって, 私共は, 科学は, 科学性を, 空しく死, 粂八の, 織田信長に, 羽生村へ, 老人は, 聞いた, 肝の, 肩上げを, 腕を, 自分からの, 自分が, 自分で, 自分自身に, 自然哲学にまで, 自然律を, 舞台の, 荒鷲に, 薄い笑, 薄笑いらしい, 蛋白質の, 表面に, 見た姿, 見上げた空, 解かれるべきもの, 認識の, 認識論上の, 論理は, 諸科学, 識り, 貴むべ, 費用の, 起ったと, 身に, 身を, 通商条約の, 連れて, 達成せられる, 遥かなる, 醍醐味が, 闇といふ, 雨戸を, 面白いと, 顧みると, 風に, 馬琴の, 驚く事, 高座に, 黄金魔左膳の

▼ 時である~ (244, 0.1%)

14 ことを 54 ことが 3 からこの, からそれ, から彼, が, と見, 私は

2 [17件] かそれとも, かと云, からその, からであろう, から煩悶, から私, がそれ, が私, ことは, ということ, と思う, と思っ, と思ふ, やうに, グリュッセを, 彼は, 菩薩の

1 [169件] いつか活動の, うしろから, うしろに, お留伊, か, かあなた, かお, かすべて, かそれ, かもしれない, から, からあるいは, からおの, からことに, からこれら, からなるべく, からよく, からよほど, から一言, から丁度十二時間, から丗七年春, から仕方, から休憩時, から何となく, から入院, から入院患者, から六十ぐらゐになつて, から其の, から単なる, から却って, から地図, から家, から彼等, から恋しい, から書, から殆ど, から気持, から汝, から注意, から約, から絵, から裳着, から軍部, から遅配, かを決め, か明確, か私, か見当, がすこし, がその, がそれほど, がそれら, が人, が今, が其後, が其御代, が哲学史家, が少し, が彼, が御前様, が清少納言, が王, が生々, が薩摩潟, が親しく, けれど, けれどもさすが, ことも, ことをも, これから夜食, し今中姉ちゃん, し衛生舎, その嫁さん, だけにそこ, だけにまだ, だけに多少なりとも, だけに父, だけに狭い, だけに面白い, ちょっと面白い, で第, といい伝えられ, というところ, というの, という意識, といはれるであらう, といわれるであろう, とおもった, とし, とすれ, との考, と仄か, と共に曹操, と凍結, と同時に, と思い, と感じた, と申し上げた, と私, と考えた, と言っ, なぞと, にかかわらず, のだ, のであります, のでお, ので土地, のに, のにあわて, のにあんな, のにド, のに參詣, のに周囲, のに私, のは, のも, のを, はじめて事, はずです, ひどく冷える, ふと女, また熊笹, ボツボツと, 一方の, 事が, 事それで, 事を, 今猛然と, 何でも秀子, 何故なら, 先刻から, 先頭に, 内と, 十数名の, 向こうから, 夏なら, 帽子を, 幕府では, 幸に, 幹之, 張り替へ, 当時余は, 彼女は, 我々は, 所が, 故にこれ, 故にそれ, 故に惠果, 是から, 朝は, 木戸の, 東京に, 正法時に, 武蔵の, 清涼たる, 滝の, 用人の, 男の, 空は, 竹藪の, 群集の, 耳もとで, 自分の, 艫の, 若い衆が, 菊千代の, 裏の, 金が, 鷺組の

▼ 時また~ (243, 0.1%)

5 しても 3 彼の, 私は 2 一人の, 別の, 家を, 私の, 鮮かな

1 [222件] あのキキーッ, あの時, いじくって, いろいろな, うしろの, うたふ, うちあわせを, うめいた, おかしか, おきくさん, おほ, おもふ, おるに, お代りを, お便りします, お嬢さんに, お嬢さんの, かと云, かと云う, かなたより, からからと, けんかを, こ, ここで, この二物, この平野, この手紙, こんな事, ご相談, さきほどこの, さっきの, さっと風, そそくさと, そのひた, その人, その無尽蔵, その牢屋, その途中, その隣り, それに, それを, それ以来も, だしぬけに, ちょうど村, ちょっとした話, どこからか, ひっそりと, ひとしきりはげしく, ぴかりときた, へどを吐いた, ぽつりぽつりと, みちのりを, も囁いた, ゆっくりと, よろよろと, わあっ, われ汝に, アデェルが, イタリーへ, カアテンの, ケドキと, チベット銀二十タンガー, ドシンと, パリーに, ヒョイッと, ペップや, マストの, モリエエルの, 一つの, 一つ大笑いを, 一つ背中の, 一人が, 一人勇士が, 一人御, 一人敵が, 一度村, 一方には, 一者いふ, 三時と, 不当の, 中空から, 二人が, 二時し, 二本の, 二足ばかり, 二階から, 五六の, 五勺ばかりの, 五重塔の, 人に, 今度來よと, 会いに, 会へる, 伴れ, 低い声, 何か, 何が, 何に, 何処へ, 個人作家が, 偶然にも, 元の, 先に, 先刻の, 共に旅行, 其處に, 冷淡極まる, 出て, 出会った, 出直して, 力役する, 勉強の, 医師津幡直が, 千恵の, 右の, 右手より, 同じく三保の松原, 同じ声, 噴きなやむ管, 地が, 地蔵様を, 壊れかけた扉, 声に, 変化が, 夕ぐれ半月の, 大勢が, 大正八年松居松葉子が, 奇怪な, 奇怪にも, 女の, 如来の, 姿を, 子供が, 室生は, 小舟に, 少女が, 少年の, 山の, 岸山先生に, 左手の, 幾人かの, 彼は, 彼女が, 彼自身の, 往来に, 御主人, 怎麼なる, 思文の, 急に, 息も, 愛する時, 戸を, 扉が, 扉を, 支配人が, 文法書を, 新しい厚い敷蒲団, 新らしい, 明が, 昨日の, 昨日百間平から, 時益も, 曉明吉原田圃を, 本所の, 村の, 来客を, 東の, 枕もとで, 次の, 母屋に, 水を, 汽笛が, 波瀾が, 減じたり, 湖の, 烈しい風, 父が, 玄関で, 玄関の, 甲子に, 皈り, 碁を, 礼拝式あり, 神妙に, 立体的に, 竜之, 笑い声が, 第一, 箒が, 結婚先でも, 美代子は, 羽目を, 聖し, 聞こえた, 聴いたよう, 芳賀真咲に, 蝉の, 行手から, 裏の, 見舞つて見る, 評者もしくは, 誰かが, 赤くなった, 足音が, 転ぶ様, 軽気球などで, 運送屋に, 重い物, 重い荷, 鋭い笛, 門口を, 雑器に, 電話の, 頭を, 頼みしが, 顫え, 高らかに, 鱒や, 鳴く, 鳴くが, 鳴くと, 黒い影

▼ 時~ (240, 0.1%)

9 であつ 5 になっ, になる 4 なり 3 ぐるまで, に, に帰った, に漸く, の事, 床に

2 [22件] から家, ぐる頃美奈子の, ぐれば, になった, になつ, には寄席, にアダリン, に帰っ, に彼, に来い, に歸つて來, に湯, に食堂, の日射, の汽車, までは何日, までも富江, まで居, まで話し, よ, 迄代, 開け放した窓

1 [155件] あまり寒く, からに, から九時二十分頃, から仕度, から休ん, から出かける, から国男さん, から御, が元来, ぎでなくつてはやつて来ない, ぎになつた一里歩い, ぎになつてばつたり止んだ, ぎにはもうちやんとすべてがとゝなうてゐた, ぎにみんみんの声を, ぐるころ家を, ぐると, ぐる比なりき, ぐる頃に, ぐる頃まで, ぐる頃ようやく, ぐる頃東京着直ちに, さつき買つて來た, それからああ, それからあゝ, それからヒョイ, でもあった, で到底, なほ子は, にあたるイタリア, にかえる, にそつ, になつて, になつて帰, にはあたり, にアレルト, にアヴェレー・ホオル, に三吉, に二人, に來, に出かけ, に出発, に前の, に勝手口, に又, に及び, に夫人, に始め, に寝台, に寢臺, に帰つて, に帰り, に帰る, に平ヶ岳, に床, に急, に歸, に白湯, に目, に私, に起きたら, に起きる, に起て, に酔っ, に野営地, に顏, に顔, に馬場裏, ぬるい湯, のこと, の列車, の寂し, の日影, の筈, の西日, の電車, はイエルサレム, は滅多, は踏切番, まって, までう, までかかる, までその, までは眼, までも茲, までゴヤゴヤ, までハイ, まで一つ, まで代, まで何かと, まで国男さん, まで学校, まで待ちあぐん, まで愚図愚図, まで春江ちゃん, まで机, まで植源, まで熟睡, まで猥談, まで興, まで行乞, まで話, まで話す, まで起き, まで金次, もお昼, より淡島道五十町一里半, ギニ帰宅シタ, ギニ敏子ガ一人デコチラニ現, ギニ決マッテイルカラト云ウ意味ナノカ予ヲ, ギニ颯子ガヒョッコリ這入, ギ予ハソットドーアノ把手ヲ, ギ敏子ガヒョッコリ顔ヲ, ギ春久来, パリに, ル頃, 上野に, 中禅寺湖畔の, 乗船夜半出船, 伸子は, 佃から, 停車場前に, 再び千駄木, 出発自動車, 十一時近くって, 十一時近くに, 即ち午前十時, 和木清三郎倉島竹二郎來訪, 土井の, 家に, 寢に, 寢室に, 左千夫今日の, 帰宅, 帰宅父には, 忽ち立, 我廬吟興黙, 木村カラ電話, 此法師來り, 油川宿出立朝五半時頃蟹田村著之処松前侯昨夕御, 清水氏再び, 祖母おけ, 神戸港出帆, 箱館著船, 老母が, 自分は, 著船, 處は, 蟹田村出立馬上に, 辭し, 迄亡き人, 迄仕事, 連絡船に, 遂に御, 電車を, 頃に

▼ 時では~ (234, 0.1%)

53 ない 16 なかった 14 ありません 13 ないと 8 ないか 7 ないかと 6 ないの 5 御座りません 4 ありませんか, 無い 3 なくむしろ

2 [12件] あったが, あつた, ありますまい, ありませぬ, あるが, あるまい, ないでしょうか, ないよう, なかったろうか, なかろうかと, なくて, なく觀

1 [77件] あった, あったがと, ありああ, ありこっち, ありその, ありとかく, ありますけれども, ありませんかな, ありませんここ, ありませんじゃ, ありません甲府, あり得ないから, あり熱病, ある, あるし, あるの, あるまいおれ, あるまいか, あるまいかと, いけないから, うまく行き, お母さんと, ことに夏, ございませぬ, ございません, ございませんで妻, そうだった, その作, たとえ駈けつけ, ないかという, ないからな, ないが, ないこと, ないさ, ないじゃ, ないすべて, ないぞ, ないぞと, ないだまっ, ないだろう, ないで, ないでしょう, ないという, ないといふ, ないないと, ないので, ないわ, ない下手人, ない大いに, ない天下, ない早く早く, ない筈, ない頼まれ, なかつたか, なかつたかと, なかつただらうか, なかろうか, なかろうとの, なく, なくこの, なくして, なくその, なくただ, なくなった, なくなりました, なく情意沈潜, もう何, もう遅い, 会社は, 厳父が, 吸入器に, 啓坊の, 有りません, 無いよ, 無い一同揃つて校長, 異う, 細工が

▼ 時だった~ (228, 0.1%)

10 のです 8 と思う, のである 4 から, と思います, のだ 3 か, かしら私, かと思う, という, ね, んだ

2 [17件] かな, かね, か今, がこの, そうである, ということ, と云う, な, のか, ので, のでこの, のでこれ, のでしょう, のでその, ので私, よ, わ

1 [138件] あれは, おれは, かある, かお隣, かしら, かそれから, かそれとも, かと覚え, かどの, かは餓鬼, かも思い出せませぬ, かも知れぬ, からお互い, からことし六十五歳, からその, からね, からまだまあ, からネ, から一刻, から何, から唾, から折っ, から河上博士, から町名主, かラジオ, か何, か八時, か別, か北沢さん, か同様経験, か坊城, か小母さん, か忘れた, か田鶴子, か私, か築地, か間違っ, がしかし, がその, がそれ, がたま, がどういう, がね, がパーヴェル・パーヴロヴィチ, が俺, が先生, が彼, が彼女, が我輩, が日常自分, が此, が玄関, が矮鶏, が私, が船中, が門内, けれども御飯, ことを, しその, し気温, じゃねえ, せいな, そうで, そうであります, というの, といえる, とさえ信じたい, とはいえ, と申します, と申す, と見え, と覚え, などというわけ, な来月, に相違, の, のだろう, のであります, のであれ, のであろう, のであんまり, のでことに, のでこんな, のですぐ, のでそのまま, のでそれ, のでそんな, のでただ, のでちょっと, ので三人, ので京吉, ので人, ので俄然, ので六樹園, ので叔母, ので彼, ので明治時代, ので気, ので水, ので泣上戸, ので浜, ので海岸, ので狐拳, ので甘粕隊, ので私たち, ので自分, ので芥川, ので躊躇, ので遊び場, ので金, ので陣十郎, ので非常, のにと思う, のにやはり, のに零下二十一度, のね, はずだ, ものである, ものです, やっぱりそういう, ような, ように, わね五時, んじゃ, んだろう, んです, んで残念, アパートの, 不意に, 二階で, 折も, 故郷は, 相です, 私は, 私達の, 秋ちゃんは, 突如カン声, 誰かが

▼ 時はじめて~ (224, 0.1%)

6 彼は 4 口を, 彼の 3 一トしづく, 気がついた, 気がついたの, 頭を 2 それが, ほんとうに, わが生活, 主人が, 彼女の, 徳さんと, 気が, 私の, 自分の

1 [180件] あの人, いらっした方, おくれ毛が, お妙ちゃん, お町, お酒飲み, お銀様, かなしい處世, かなたに, こちらを, この憤怒, この火事騒ぎ, この男, この草, これでしまいだ, これは, ご安心, すべてを, そこに, そして最後, その不思議, その女, その正子さん, その死骸, その男, それは, それも, のこと, びっくりした, ふしぎな, ふたりとも, ふり向いて, らしく駒井甚三郎, わかったの, わかつた, わかりました, わたしは, われから, われわれが, ハハアと, ハンドルの, フランス人らしい, マルクス, 一人の, 下から, 両親は, 中から, 乗ったので, 云い出したの, 人間としての, 余裕を, 傍近く引き寄せた, 先生の, 其屍骸の, 冷然として, 出来た言葉, 勁く, 半助, 原稿料を, 叱った, 右手を, 君尾の, 咽喉の, 喫茶店で, 四十面相の, 国許を, 地面が, 外出を, 夜の, 夜気の, 夢から, 大川の, 大臣は, 奥の, 媚らしい, 室一重に, 少年は, 山窩達は, 巳之吉の, 平次は, 座敷の, 廊下を, 弁信の, 彼女が, 彼等の, 徹太郎の, 怒って, 怒りが, 思いも, 思ひ切つて, 恐ろしい事態, 恐怖を, 我に, 我れ, 戸の, 新造の, 旦那を, 昨日の, 樗牛に, 此の, 気がついたらしく怯えたよう, 気がついて, 気に, 気の, 氣が, 氣づいた, 氣づかせる, 河童の, 法然の, 洋々たる, 清元とは, 演劇は, 熊を, 牧野さんに, 物の, 特殊の, 犯人は, 理学士の, 甚三郎の, 発見せしめられた, 発見仕り, 百間全, 盛岡へ, 目のあたり見た, 看る者, 真顔に, 眼を, 着た着物, 知ったと, 知って, 知つた, 知つたのである, 知らゆ, 知りました, 神主は, 福村が, 私たちの, 私は, 科学的な, 秘密が, 竜之, 素子の, 経之は, 結婚は, 絶叫する, 美禰子から, 美禰子に関する, 翁に, 考えた, 胸中を, 胸苦しい血, 能樂の, 腰の, 自分が, 自分たちを, 自分にも, 荷物が, 菊枝は, 衰へ, 見た, 見たと, 見たとか, 見たの, 観たの, 観念せざる, 詩人に, 詳しく観察, 諸国遍歴の, 賊の, 赤い絹, 選び定めたもの, 重々しく口, 錆びた声音, 鍵が, 長谷川の, 面を, 顔を, 駿介の, 駿河は, 黒い絵

▼ 時です~ (220, 0.1%)

3413129 から, わ 5 もの 4 からお 3 ぞ, って, な, よ旦那 2 からこの, からね, からやはり, がそれでも, ものあした早く, ものね, わい, わね

1 [106件] あのひと, あの人, いちどに両方, おかみさん, お月さま, かい, かいな, かお話, かと時間, かな, かね, かまあ, かもう, からあなた, からお話声, からけっこう, からじゅうぶん, からその, からたまりません, からとこぼす, からな, からもう, からわし, から一寸, から一郎君, から七十年, から七時すぎ, から両, から人通り, から今, から何, から僕, から六時頃, から周囲, から多摩川, から大勢人, から幾等, から思い切っ, から恐ろし, から或, から日, から普通, から暗い, から東, から百姓仲間, から砂村, から笑, から約, から紛らし, から綾麿, から老若さまざま, から聞い, から自信, から自動車, から舟, から詳しい, から阿部さん, か今, が, がそれ, がね, がネ, が押し迫った, が明るい, が窓, きょう歯医者が, けれども, ここは, しまもなく, ぜ, ぜ明日, ちょうどこの, というた, とお, ねどうか, ねもう, ね勝負, の, の田舍, みなさんも, ようと, よお嬢さん, よそれから, よだ, よちょうど, よもう, よルミさん, よ今, よ掘っ, よ私ども, わお, 二人で, 十五分前です, 女が, 尊は, 小山から, 彼は, 旦那, 橋桁でも, 氏が, 牛込辺でしたろう, 用意し, 白痴留吉は, 私が, 突如と, 駒井甚三郎の

▼ 時としては~ (218, 0.1%)

3 自分の 2 その単語全体, またその, 一夜の, 初心な, 大なる, 彼の, 彼我の, 心が

1 [199件] あまりに若々しい, いくら黙, うるさい事, かういふこと, かかるもの, かく形, この正直, これを, こんな際, じっと聞い, そして実際, そのまま死ぬ, その卑し, その境地, その山, その援助, その瓦, それを, た, ただ頭, ちゃんと上衣, なきに, はるかに, ぼんやりした, またしかつめらしく, またベートーヴェン, また往来, また数匹, また酋長, まだ早い, まとまった詩, みずから感じ, もう幾年, よい一日, わき方, わたしの, コゼットが, シャールマーニュの, トラスト征伐累進的相続税法等の, マブーフ老人に, モウ幾年もの, ルピック氏や, 一人, 一人で, 一代の, 一個の, 一時間前後もさ, 一見相反し, 下駄の, 不憫の, 不謹慎と, 両方ともに, 丹前に, 之に, 二人とも, 二場, 二羽の, 二里も, 二階に, 人を, 人物より, 人肉を, 人血も, 仇首といふ, 他を, 何という, 何ものかを, 何処かに, 余り剛情, 俊敏で, 全く読み得ない, 其冬木の, 刀の, 勝手に, 十五列から, 単に其, 単に円場, 却て, 又涙, 収穫した, 叱り罵ること, 嘆賞すべき, 土間に, 塚を, 変更を, 夢想も, 大名公家が, 天気の, 妙な, 子路の, 完全な, 宗旨論の, 実作の, 島めぐり, 常識的には, 幻の, 座に, 座敷にも, 弟の, 彼女の, 彼女は, 御飯を, 思わずそれ, 性質が, 恰好の, 想像より, 我等にと, 把手を, 拡がりすぎて, 探偵小説に, 描きながら, 数個の, 斯う, 新婚の, 方便の, 旨いと, 昔の, 更に深い, 書かれたる作品, 朝早くから, 朝食から, 朝鮮に, 木の根を, 木虱に, 枯野を, 梅干一つで, 棒二本を以て, 欲せずし, 正義に, 此より, 殺傷沙汰にまでも, 毎日の, 比較を, 海から, 深い絶望, 火災の, 無理に, 無限の, 焦, 熊の, 父母にも, 犯さる, 狡猾とさえ, 独り潜かに, 王権獲得の, 珍らしく, 甚く, 生徒の, 申し合, 申し合わせたよう, 町, 病的である, 白地時として, 百とか, 真面目である, 矛盾し, 社会理論の, 祈祷書だの, 神經質す, 私どもと, 私の, 秋の, 突然わたし, 竹, 約十二尺, 絵の, 線路に, 胃袋は, 背負う者, 胸を, 自らそういう, 自ら出, 自己生存の, 自由党を, 自由黨を, 自覺, 色糸で, 若い者, 草鞋を, 荒い熱, 螺鈿入の, 誤字と, 賛美する, 越後から, 過ちや, 過分の, 道に, 邪推さえ, 銀の, 鏖殺を, 青貝も, 静まり返った外見, 非常な, 靴を, 風呂敷の, 食人種の, 飢えに, 飯台思案外史とも, 飲料水すら

▼ 時からの~ (211, 0.1%)

6 ことを, 習慣で 4 馴染で 3 ことである, 友達です, 彼の

2 [17件] お友達, ことで, 事かは, 事である, 事を, 仲よしで, 仲好しです, 友達としての, 名と, 懷かし, 癖が, 癖で, 知り合いで, 知合で, 習慣が, 脱皮は, 親友で

1 [152件] お乳母どん, かずかずの, かたはの, くせで, ことだ, ことだつた, ことであります, ことです, ご陽気すぎ, ところが, ものだ, ものである, アトラクションを, オハナシしましょう, キチガイで, シシたる, ツムジ曲りだ, プレスコが, プレ・スコを, 三四時間は, 不倶戴天の, 中心地で, 乱暴者の, 予定どうせ, 事と, 交である, 交わりは, 仕来りを, 仲を, 仲好でした, 仲良しである, 信条で, 倣慢不敵さが, 兄弟の, 八時間労働で, 冐險談を, 出来事を, 割烹で, 友だちだった, 友に, 友人であった, 友人である, 友人な, 友達だ, 友達で, 友達の, 名は, 名家で, 呼び名を, 嗜好を, 執念で, 売女では, 外見だけで, 大好きな, 奇術師商売日本は, 好物である, 妙に, 妻だらう, 学校友達で, 学校友達であり, 宗教上の, 宴会であった, 家庭の, 宿命である, 小使であった, 居宅で, 岡惚れだ, 川口松太郎の, 座員の, 庭が, 引かかりが, 影響にも, 彼女の, 彼女は, 御約束, 思いが, 性僻であった, 恋の, 悪いくせ, 悲しい自覚, 情夫で, 愛読書ゆゑ詩を, 感情で, 慣わしである, 慣例で, 憂鬱について, 戀の, 戸籍名で, 数えきれない記憶, 日数を, 日蔭者の, 朋友であった, 未だに直らぬ, 松岡家の, 模様を, 欲望である, 深川育ち, 演芸放送の, 現象である, 理想小説家を, 環境で, 生活で, 生活には, 生活の, 生糸商野沢屋の, 異状が, 疑問が, 疑問な, 痼疾だった, 癖だ, 癖である, 白痴と, 知りあいという, 知り合いである, 知合いと, 知合だ, 社交夫人で, 競争者で, 筈だった, 経験で, 絶えざる栄養不良, 続きである, 習わしが, 習慣である, 考えで, 興奮は, 色々な, 苦しい思い, 苦労を, 華美好で, 覚悟であった, 覚悟三百人の, 計画であった, 許婚で, 許嫁さ, 許嫁染谷宗右衛門の, 診察の, 講義が, 講話四時の, 身体の, 返辞を, 道楽の, 鋳造工だ, 鑁阿寺の, 関係でも, 附き合いだが, 隔りが, 霧模様には, 願いであった, 養育の, 馴染かも, 馴染である

▼ 時少し~ (208, 0.1%)

26 前に 14 過ぎに 5 前で, 前でした 4 過ぎた頃 3 前であった, 過ぎたばかり, 過ぎであった

2 [16件] は返り, まえです, まはつ, 前, 前だ, 前である, 前の, 前頃で, 廻った時分, 手先が, 私に, 過ぎたころ, 過ぎであつた, 過ぎと, 過ぎミハイル, 過で

1 [113件] いい詰って, すぎから, すぎたばかり, すぎだった, すぎに, すぎの, すぎると, すぎ自動車, でも塩気, でも髪, でも髮, のぞいた歯, は引緊め, は物, ばかりお, ばかりお話, ばかりの危難, ばかり余裕, ばかり目, ばかり離れ, ばかり飲んだ, へんだ, まへに, もまだ, も他人, も分らなかった, も心, も思ひ, も母, も私達, も紊, も考へなかつた, も芸, も見えなかった, も誇張, も謝らない, 上気した, 下手だ, 不謹愼, 亂れた, 位の, 冷たい思ひ, 冷静な, 前いい, 前かえる, 前てくてく, 前まで, 前三好さんと, 前仙波は, 前又, 前小使の, 前岩瀬庄兵衛氏は, 前工夫を, 前後演奏が, 前朝食, 前英男, 前雨の, 前頃であった, 口惜い, 回ったばかり, 回つた許で, 変だ, 廻ったかと, 廻ったばかりじゃ, 廻った頃, 廻って, 廻つたばかり, 御心配, 悲しそう, 慶應義塾を, 改まった口調, 林が, 欠席日数が, 熱が, 疲れを, 眼を, 窘める様, 篁村息を, 考えさせられました, 考えて, 腹を, 見当を, 遅れて, 過ぎ, 過ぎごろ, 過ぎそろそろ, 過ぎたころからであつたらうか, 過ぎだ, 過ぎだった, 過ぎて, 過ぎまで, 過ぎまでならいいそうだから, 過ぎまでは, 過ぎよ, 過ぎると, 過ぎ列車, 過ぎ富岡着, 過ぎ小石川区指ヶ谷町, 過ぎ東, 過ぎ私, 過ぎ窓, 過ぐるころ, 過て居ただろう, 過でありました, 過る頃, 過飯田町着, 重みが, 離れたところ, 離れた処, 離れた築山, 難儀だつた, 顏を, 風邪の

▼ 時もう~ (205, 0.1%)

5 一人の 3 これで, 窓の 2 こんな事, そこには, ハチ切れ, 七つに, 六十歳, 大胆に, 彼の, 死んで, 私は

1 [176件] あたりは, いくつかの, おちこちの水際, お前の, お城, お婿さん, かえらないとか, かげりかけた日蔭, かげりかけた日陰, かなりか, ここへは, これは, これを, そこに, そこより, そこを, その女, その辺, その部屋, それが, だめだ, ひとりの, ほかの, わたしの, カンデルタールに, フランス皇帝に, ボクさんも, マクシムは, 一つとても, 一つの, 一つ驚くべき, 一ぺんよし子の, 一ぺん談判し, 一人いた, 一人金を, 一変し, 一挺の, 一撃肩を, 一木は, 一杯持っ, 一枚の, 三十五に, 三十分も, 下手人を, 二つの, 二三間行き交わし, 二人とも, 二十九でございます, 五騎六騎と, 亡くなったの, 人に, 人足が, 他吉, 会って, 伝右衛門の, 先の, 先刻の, 入院した, 兵頭は, 冬の, 冷たくな, 冷たくなっ, 列を, 制服に, 創作が, 加集は, 動いて, 北海道から, 医学士は, 十一時を, 午を, 午後三時近くと, 午後遅く, 半ば意識を, 吉良邸は, 向方の, 味方は, 喘息に, 四つばかり, 圓生は, 土蔵の, 城門の, 堪えられなくなった, 墓穴だ, 夕方で, 大ぶ, 大作の, 大分よく, 大分元気づいた, 女学生に, 女難に, 娘は, 婆の, 客を, 寝る, 寝床に, 小六, 少くとも後, 屋根の, 岩の, 左門は, 平次の, 幼い私, 床を, 彼女の, 御姉様, 思はずキヤツ, 悪者の, 意識を, 我々の, 我慢が, 方針が, 日の, 日は, 書けて, 来ないと, 枯草の, 格子が, 框から, 権右衛門の, 歪みの, 死んだ魚, 氏は, 気が, 沢山だ, 泥鼠の, 海を, 片手きかない, 瓦屋根が, 生絹の, 由良の, 疑えなかった, 疾う, 白襷隊は, 皇帝が, 眼が, 知らん顔で, 私に, 私達は, 第二, 終つてゐた, 絵に, 老人であった, 老人の, 老境には, 考えて, 職業的意識で, 胸から, 胸の, 自分の, 花粉に, 若ざむらい, 若者の, 茶室は, 草の, 蒸汽の, 蜀軍は, 袖, 諸方の, 越前守の, 連中は, 遠い先, 都会という, 醉って, 野山に, 降り始めて, 階子段を, 階段を, 雨脚は, 頭の, 頼朝の, 高くのぼっ, 髪が, 魂は, 鳥安に, 黙って

▼ 時であった~ (202, 0.1%)

7 と思う 53 かと思う, から, がその, という 2 か, かも知れぬ, から大臣, ことを, のだ, のである

1 [166件] いざ出発, かこの, かそれ, かと云う, かどうもはっきり, かな, かも知れない, からいろいろ, からぎょっと, からこの, からこんな, からそっと, からその, からそれ, からたまった, からともかく, からどこ, からむやみ, からガラス越し, から七, から二人, から今, から何時もちょび, から公使ら, から冷静, から力, から医局, から商売, から天性, から女別当, から婿方, から家族, から家族一, から将軍, から少し, から少将, から常陸, から彼岸, から手紙, から拝見, から早速, から春, から時間つぶし, から書く, から朧月夜, から真実, から私, から自然東京, から苦しく, から途中, から雀, かわたし, か内田百間氏, か増上寺, か女御, か彼, か明, か熱海, か私, か聞きもらした, か記憶, がおちついた, がこれ, がそこ, がそれ, がそれだけに, がただ, がはじめて, がアメリカ, がバルボア, が一人, が一個黒衣, が一年ぶり, が二人, が人影, が会議中, が何しろ, が副島, が地平線, が塩尻, が天変地妖, が宇治, が幽か, が当日, が彼自身, が忽ち, が意外, が或, が払暁マダ, が文部省, が旅客, が槻, が母, が毎日, が水の上, が父親, が百個, が紗, が胸, が花圃, が茶屋, が詳しく, が間もなく, が隊士, が駕籠, ことが, さっきよりも, し, しその, しそれに, し宮廷, し所, し誰か, そこに, そこの, その時東, ため五六日見舞いの, といいます, というところ, とは言え, とも言わるる, と云う, と思います, と書い, と覚え, と言われ, にも拘らず, のか, のだろう, のであります, のでお, のでこういう, のです, ので其処, ので道, のにひどく, よ, ような, ゼーロンが, トルストイの, トントントントンと, 一人の, 不思議な, 丘の, 中庭の, 久しぶりで, 側の, 先生が, 入口近くに, 只今誰方か, 右手の, 夕陽が, 太郎左衛門の, 娘は, 山影宗三郎跪座い, 彼女は, 戸外から, 故に何, 日本の, 楽屋へ, 白井は, 私が, 葉之, 話が, 遥かの, 陣幕の

▼ 時すでに~ (200, 0.1%)

5 私は, 遅かった, 遅し 3 遅しで 2 僕は, 彼は, 情熱は, 私の, 窓は, 遅しであった

1 [170件] あとを, あやうくと, あらゆる方面, うしろの, おそかった, おそしだ, おそしで, おそしであった, おそし汽車, お延, かの女, この巨像, この悲報, この青年, さきの, そういう古, そこに, その決心, それが, ひとりの, アレッチホーンを, ズンと, ダニーロは, トメイは, モンフェルメイュか, 一つの, 一周し, 一定の, 一週間内に, 一閑斎の, 七人です, 三ヶ月の, 下には, 丞相室の, 五六日と, 五十の, 人間は, 今日の, 他の, 伊井は, 伊勢の, 体温が, 侍の, 俵を, 冬季に, 初更に, 判明し, 功を, 十一を, 十六で, 十歳の, 半ばなら, 南朝の, 南麓の, 原稿の, 厭世的に, 又主観, 取って, 同じ現象, 呉の, 哲学的, 四五十万は, 国庁の, 堀秀政小川佐平次らの, 夜明を, 大きな桶, 大月玄蕃も, 妙に, 姉は, 姫の, 婿を, 存在したる, 完全に, 家康と, 寝るには, 察しただろうから, 将軍家に, 将軍家も, 少女から, 常態を, 幕末に, 引き裂いて, 形式, 影も, 彼が, 彼に, 彼の, 彼等は, 彼自身の, 快癒の, 感じて, 懐が, 或省, 戦傷を, 戸外に, 挙国一致という, 挨拶に, 敬太郎の, 敵を, 日本政府から, 春更け, 暑さ, 暗灰色, 暗黒に, 曹操の, 李逵は, 来世に, 武田家の, 武蔵は, 歴史の, 死ぬと, 気づき始めた, 気を, 水底では, 水戸家の, 水面も, 河上家の, 清子の, 潮の, 無言の, 狸に, 狸に対して, 生活の, 異本として, 白鷹先生の, 県庁に, 破産の, 社会的の, 秀吉と, 私には, 秘蔵の, 稲の, 空腹に, 絶命し, 腕ききの, 自分の, 船長は, 苦い顔, 茶の, 薄暮, 薄暮に, 虫の息医者を, 蛾次郎は, 解放の, 識別し, 警視庁部内には, 身体も, 農民運動は, 逸品と, 遅かつ, 遅くきたないその, 遅く五十嵐博士, 遅く以来, 遅く彼, 遅しそこ, 遅しである, 遅しです, 遅しという, 遅しな, 遅しの, 遠慮深い, 銀星上下に, 錦絵も, 防壁の, 陽平関は, 霧の, 駿三は, 魏延は, 麻川氏に, 黄金板の

▼ 時あの~ (197, 0.1%)

5 下が, 人は 4 人の, 女は 3 時の

2 [11件] お方は, ちっぽけな, やうな, ように, 下流の, 印度人の, 女が, 方が, 眼鏡の, 衝撃を, 闇の

1 [154件] いまは, いやな, うつくしい白足袋, おきたと, お前が, お吉さん, すべての, なんとも言えない, ひとも, ひろいひろい海, ま, ままで, ままに, まま自分が, ような, ギョッと, ギョロリと, ゴシックの, ゴムだこみたいな, シルクハットフロックコートです, テーブルの, トリックを, マア坊の, マドロスが, モリアーティ教授は, ランプは, 不思議な, 乱軍の, 亀の, 事件が, 二人の, 二十日の, 五十銭銀貨です, 五重の塔の, 井戸に, 人が, 人たちの, 人と, 人に, 人も, 人怒らし, 佛樣の, 傍まで, 傍迄, 傘張の, 兇行の, 先生の, 割に, 動物が, 厩戸皇子が, 口から, 召使は, 堤防の, 場に, 場合どうして, 変事が, 大地震, 大広間の, 奇獣の, 女にも, 女も, 奴等を, 妓, 妓の, 娘さんが, 娘の, 娘を, 婆が, 婆さんは, 婦人が, 子の, 子供と, 室の, 家に, 小児に, 少女が, 山は, 崖道から, 平の, 年とった, 庭の, 怖ろ, 怪人が, 教会で, 方の, 方は, 日ひろ子の, 映画に, 時あなたは, 時から, 時と, 時には, 時もう, 時を, 時一度だけ, 時分の, 木村が, 未知の, 本を, 格闘の, 森の, 様に, 母さんが, 気の, 洋橙が, 浜に, 浪人か, 清少納言の, 滅入るよう, 濱に, 父親は, 物静かな, 狆の, 獅子の, 獨ソ戰が, 玄関に, 男の, 男を, 痕は, 短刀は, 空家の, 窓に, 箱に, 精巧な, 絵の, 緊張しきった, 緑の, 線が, 縁側に, 繼母の, 美しい僧形, 美しい囚人, 老人は, 脚で, 若い娘, 薬缶を, 蜘蛛を, 豪奢な, 赤い小さな, 軟骨を, 転機が, 近江屋の, 連中が, 道の, 遠い山, 邊では, 隅を, 露月の, 青竹へ, 餅屋の, 高札場高く, 魔法が, 鯉を, 黒い髪の毛

▼ 時までに~ (195, 0.1%)

3 彼の, 来て 2 ここへ, 予定の, 小石川の, 目的地の, 都合十三回も

1 [179件] あがること, あつた, あと何時間も, あと僅か五時間, あと十分しか, あと十時間足らず, あますところ僅か二時間, あまりの, いいますけど, いくぶん蒼ざめかかっていたが, いちはやくウイスキイ, いらっして, いらっしゃるの, いろんな不思議, おいでが, お帰り, かえらなければ, きっとちょうだい, こちらも, この謎, して, しまい六時頃, ぜひとも立ち会い, そのあき, その到来客, その花, その速度, それらの, たった十二時間, ぢや, できて, ですよ, とにかく省作, とらねば, どうしてもやっちゃう, どうしても五千円, どうしても次, どんなこと, どんな事, なしとげたあらゆる, まだ時, まだ時間, まわる, みんな揃っ, わざわざ香櫨園, ゴンサカに, スイス公使館へ, ベシーは, ホテルに, 一千万円の, 一寸来, 一座は, 一方の, 万一電話を, 三人が, 三度も, 下山させまし, 不適格教員六五〇名, 中の, 二三組の, 二人が, 五六人の, 五六段は, 亙つて, 今市へ, 今日工場に, 何とかし, 何分ある, 保存用結晶作成十二時スタート一時核出現その, 保存用結晶作成十時スタート十二時半結晶完成一時電流切り無人放置二時半検査良けれ, 俳諧では, 倉田屋へ, 停車場へ, 僕が, 僕の, 入って, 入らないと, 全員乗船だ, 全快し, 全部庶務へ, 再びこの, 出來, 出帆する, 出来上る約束, 切口三寸長, 割引の, 十分ある, 参れますわ, 取りに, 名古屋へ, 向うへ, 堂島さんの, 変った事, 客を, 家に, 屹度停車場へ, 帰って, 帰りませんでしたら即刻捜査, 帰ること, 帰るん, 帰る筈, 帰れますわね, 帰営しなけりゃならない, 店へ, 当支庁, 役所へ, 彼は, 御出, 御来車, 必ず行きます, 必要な, 必要に, 憲兵隊司令部へ, 所謂論理学, 持って, 支払わなければ, 数寄屋橋ビルデング四階東洋興業株式会社に, 新宿へ, 新橋に, 新茶屋へ, 日本堤の, 昇さんの, 是非おこせ, 曲馬を, 書記局へ, 木村四百五十五分を, 来い, 来いと, 来なくっては, 東京小石川の, 槍下で, 横浜に, 歴史の, 歸らなく, 歸りさへ, 消費した, 無事に, 盗む機会, 目録を, 相違なく, 着くよう, 知って, 空中村に, 窒素や, 竜燈や, 第一列目, 経験した, 総勢八人の, 練習所へ, 聖坂の, 至るまでは, 苦沙弥の, 藤屋デパートへ, 行かなくては, 行かなけりや, 行けば, 行けますかね, 裾合わせ迄, 西田先生の, 要する各種気象要素, 見た中村氏, 親方の, 豪徳寺駅付近の, 越後直江津に, 近所の, 通油町地本問屋鶴屋喜右衛門同道にて, 郵便局に, 鎌倉に, 間に, 間に合せだ, 限られる, 集まったところ, 集るの, 離床, 食事の, 食事を, 飲み干して, 駈けつけるけれど, 魚が

▼ 時二人~ (190, 0.1%)

6 の間 3 の心, の眼, の頭, はその

2 [13件] して, でガスストーヴ, の女, の浪人, の紳士, の見た, の話, の青年, はもう, は城下外, は始め, は安井, を待ち受け

1 [146件] がいっしょ, がどの, がほんとに, がまるで, が夕飯, が如何, が擦れ, が潔く, が監獄, が身投心中, ずついっしょ, で, で上京, で提灯, で球, で飲ん, で首, ともずぶ濡, ともそれぞれ, ともまた, とももう, とも中学, とも至って, とも草鞋, ながら, にはそれら, のうしろ, のマダム達, の上, の下男, の争い, の人物, の人足, の側, の僧形, の前, の印度學者, の古, の同行者, の命, の声, の女中, の娘たち, の子供達, の密談, の小, の少女, の尼, の座頭, の強敵, の形, の微笑, の意見, の愛, の手先, の方, の旅人, の旅姿, の横, の武士, の男, の目, の看護婦, の神さま, の神様, の肩, の胸, の芸者, の若い, の若き, の視線, の言, の警官, の跛, の身体, の酒席, の長老, の隠士, の頬, の馬上, の鷹匠, は, はいろいろ, はこんな, はじめじめ, はすでに, はせう, はそんな, はちら, はとうとう, はどんな, ははつ, はびつくり, はまた, はまるで, はもうすぐ, はホーンビーム, は一刻, は一寸たち, は一度, は一緒, は一足先, は七ヶ月振り, は三十歳前後, は何, は借金, は其処, は出した, は前, は同じ, は唯, は喧嘩, は外出着, は屹立つた, は帰りがけ, は帽子, は床, は庭, は弾正橋, は思わず, は急, は或, は手, は早く, は明日, は暗号通信, は水月寺, は浮かれ浮かれ, は生き, は研究室, は空, は突然, は肴, は自, は自慢, は覚えず, は身体, は選手, は電車, は顔, は驚き, は高島屋, は鼻, を引っ, を発見, 連れ立って

▼ 時一人~ (188, 0.1%)

12 の男 11 の女 7 の若い 6 の青年 5 の姥, の武士, の老人 4 の侍, の少年 3 の旅人, の私服, の老, の若者 2 の乞食, の人影, の刑事, の名将, の女中, の学生, の立派, の若, や二人腹

1 [99件] お味方, が, が咳, が数右衛門, が走, が鼠, でいた, では, でも御, で何, で困る, で居た, で行っ, として御免, のいたずら者, のお, のお嬢さん, のアメリカ婦人, のゴロン棒風, の下男, の世話人, の事務員, の人夫, の使, の倡妓, の僧, の先生, の兵士, の医者, の友達, の召使, の同級, の哲学者, の坑夫, の壮漢, の大尉, の妖精, の娘, の婆さん, の婦人, の官員, の家来, の寺男, の山登り, の年取った, の年増女, の年老いた, の弁士, の引廻, の忍び姿, の患者, の手, の手先, の持つ, の支那人, の日本人, の檀那, の武者, の比丘尼, の洋服, の洋服男, の浮浪人, の漁夫, の物好き, の男遽, の男附添, の留女, の白髪雑, の盗賊, の盲人, の看護婦, の知合, の神主さん, の童, の紳士, の羊飼, の老婆, の肩, の船客, の船頭, の芸者, の著, の行商人, の見知らぬ, の貧人, の足袋はだし, の身, の近習, の選手, の部下, の鎧武者, の闘牛者, の黒い, は言った, は診察室, を置い, 残って, 逃げた者, 遅れて

▼ 時~ (187, 0.1%)

9 んは 3 んが, んの, 古館 2 お駒, そのほか, つたなア, んも, 場所を, 安心し, 山などに

1 [155件] あの豚, あまり退屈, あるいは家, あるいは遠く, あるいは金, あるひ, いくらなん, いつ, いつ離れ, いま非常中国の, いろ, えらさうに言, おそし万太郎, おそし八方, お店, お茶を, かいお, かいに, がもう, きまりの, これは, さかいなア, さかいもう, せつなさ, その他の, ぞそしたら, つたのかも, つて來た, つて來て, つて来た, ないか, なにかに, のあの, ひどく恐ろしい思ひ, ひどく遲, またその, また単に, また向う, よし, よしと貴方は, わからん, んに, ア, ア少, トルストイの, 一と, 七時には, 万さんにも, 三時に, 三時まで, 九時頃家の, 事件を, 二時に, 二階で, 人民は, 今, 以前の, 何かにつけ, 何かには, 何かは, 何でかで, 何ん, 例の, 便の, 其他の, 其姿が, 其後友人の, 写生する, 冬小春日の, 分を, 切ない悶え, 刈入, 十吉が, 十時じゃ, 十時でなけれ, 又彼女, 友達の, 呼吸引き取りますだ, 命も, 咲かざらむ花, 咲かざらん, 嚊に, 埴生が, 変態条件下に, 外から, 夜一しょに, 夜更けに, 夜横に, 天氣を, 太政官が, 失恋だの, 嫁入の, 家族の, 寝て, 寝る時, 帰る時, 平凡な, 平泉の, 序の, 引つ掛つて仲, 彼を, 心の, 怒ったとき, 思てる, 恋愛の, 或は祭り, 持つて, 斯く, 時益へも, 更にまた, 板張の, 機関も, 機關も, 死んだすぐ, 淋しい時, 無い時, 煙草畑の, 熊手を, 猫姿を, 玉の, 生理的変化の, 産後や, 疾しひよろひよろ, 病人にだけ, 相手の, 知らんか, 祐けず, 空間は, 紅裏颯と, 細かい雨, 經驗を, 緊張した, 罵りに, 肥料小屋だ, 胃の, 腹立たしい時, 芝ッ原へ, 苦しい時, 處や, 語原さへ, 費用の, 起きたばかりの, 辛い時, 遠路を, 酒のうへ, 長い間, 長い骨, 雨の, 雪の, 雪解け増水の, 音楽の, 風の, 風呂で, 風雨の, 食事の

▼ 時だけは~ (170, 0.1%)

7 さすがに 3 妙に 2 やはり神代以來, やはり神代以来, 由松も, 確かに, 私を, 良秀が

1 [148件] あいつの, あたりませんでした, ありたけ, いくらか落, いつもの, お絹, こういう態度, この公使, さう, さえぎられまた, しばらくこの, そうでなかった, その大きな声, その天津神, その頬冠, それだけの, それですつかり, それは, ただ子供達, だまつて窓に, ちっとも笑わず, ちやんと, ちょッと, どう云う, どこか, なかなか利かない, はつきりし, へんに, ほんまに, まあ世間並, まっ赤, まるで子供, みじんも, もう可, ものすごい顔, やな, やはり采配, よくも気絶, よく自制, オヤジの, カンが, ドック内も, ホンモノの, 一同出席し, 一等に, 三人の, 世界中の, 人間の, 仕方が, 休んだら宜, 何故か為吉, 僕は, 先生を, 全く息, 全く有様, 全く閉口, 全く驚ろか, 其の方向, 初々しゅう年紀, 別で, 参った, 台所へ, 味方の, 啜り泣きを, 声を, 変に, 大に, 夫にも, 奴等は, 好い加減に, 妙な, 嫂も, 定められた処, 小按摩, 小母さんは, 少くも, 山蘰を, 左馬之, 帰るが, 帳面に, 帶刀を, 幕府有司の, 平伏悄然モーローと, 幸福の, 幾干, 彼は, 後足二本で, 御前さんを, 御次ぎ, 思ったが, 恐るるに, 愉快な, 故郷に, 有吉君たちの, 本当に素晴らしい, 杉江の, 村中の, 極めて自然, 欠かさないで, 欲しいやう, 此例に, 此方の, 気がかりです, 気の, 気を, 泣くか, 流石に, 流石の, 温い心, 無性に勇み立つ, 無気味な, 父親母親姉達の, 爺さんは, 甚だ殊勝, 生々と, 生き生きと, 異質の, 直立不動の, 相手が, 真剣に, 真実此の, 真面目な, 神棚へ, 私が, 私ども兄弟に, 私は, 継母だ, 臍の, 自分で, 自分の, 自分より, 苦痛なし, 茫然と, 莫迦の, 葉子のき, 複雑な, 言合せた, 語気を, 誰よりも, 道子と共に, 遠慮すべき, 野郎の, 金蔵は, 青い瞳, 非凡な, 顔に, 顔色が, 髪が

▼ 時ばかりは~ (170, 0.1%)

3 さすがに, 流石に

2 [11件] いさ, さすがの, わたしも, 冗談を, 天気運が, 少しも, 彼の, 彼も, 私は, 親分の, 青年の

1 [142件] あのむずかしい, いかにも淋し, いかに不潔, いかに武運, いささかてれ, いろいろな, おろおろし, お前の, お父様, ぎょっとした, この通り, こんな手, すつかり萎れき, その口, その少年, そんな気, たまらなくなっ, てんで訳, とても難, どうした, どうもそうらしい, どんなはずみ, ないの, なんの, はっと息, ひどく感傷的, ふとそれ, ほと, ゆるやかに, よほどおかしかっ, よほど口惜しかっ, ガラッ八, ガラツ八に, ガラツ八の, ポチが, ポッポちゃんを, リヴィングストーンも, 三秒か, 不思議な, 丸い頭, 今にも山羊, 何とも云えぬ, 何ぼ, 何も, 何故かしら, 余りの, 兄さんを, 全くの, 全くギョッ, 全く別, 全く夢中, 全く意志, 全く言葉, 兵隊が, 別人の, 前例を, 動けなくなっちまったよ, 十人一時に, 十分不平の, 十手捕縄を, 反感や, 受太刀どころか, 叫ぶこと, 名伏, 呆気に, 呪は, 咽喉に, 嘸満足, 声を, 大声で, 大縮尻, 失敬だ, 女子の, 女房に, 女房御免の, 学校へ, 学者の, 少し小言, 少し頬, 平生と, 幸いと, 店の, 得意さうでした, 得意そうでした, 微かな, 心から弟, 志が, 忽然とし, 恐ろしい縮尻, 悪い心持, 手許が, 打ち出しの, 指先の, 文字通り蘇生の, 断然帰っ, 日頃から, 本当に勝った, 本物の, 染染思ひました, 椅子から, 正二郎が, 残りの, 流石の, 涙の, 混血児お, 無理に, 無礼講で, 猟を, 玉の, 王子を, 理窟では, 癇癪を, 目玉を, 真実の, 真赤に, 真面目に, 眼の, 眼も, 神主の, 私の, 私も, 稍荒々しい, 穩かな, 穴にも, 羞しく, 羽柴筑前守も, 腹を, 自分でも, 色を, 苦々しく思いました, 葉子も, 話が, 誰の, 貧乏が, 郷党子弟の, 閉口した, 露骨な, 顔を, 顔色を, 飛丸に, 駄目だ, 鬼に

▼ 時までは~ (170, 0.1%)

3 自分の 2 まだ, 生きて

1 [163件] あなたに, あぶないこと, あますところ, あれだった, いやもっと, いるとも, いわれが, おきないと, おのれ等敵の, お酒, これっ, ご酒, じぶん, ずいぶん長い, せっせと手伝い, そうで, そこに, そこは, そのこと, それに, それほど切実, そんなに大, たしかに女, ただ可哀そう, たまに雪子, ちゃんとお, ついて, つい気, どんなにのろく, なかった, なにも, なんの, まあ沈默, まあ沈黙, まことにノン, まず懸念, またと, まだどの, まだまさかと, まだ不良, まだ多少の, まだ直接, まだ龍代, よそ目に, アリバイが, ウェルギリウス最初に, トロコは, バスが, ヒダには, ヒッソリと, モーナの, 一時間八銭で, 一段歩は, 七つに, 三郎兵衞は, 予期しなかった, 事務を, 事務室に, 二時間を, 人跡の, 人間という, 何うにも, 何とも思はなかつた, 何の, 何も, 何んの, 何事も, 何人も, 何処に, 余所目に, 全く爆音, 全力を, 八畳間の, 其処に, 分らぬ, 前に, 剣の, 勝利に, 単に漠然とした, 原野であった, 受合お休み夜, 口外する, 古來, 唐までの, 問へば, 土地に, 報道が, 塔の, 外へ, 大丈夫だ, 大丈夫よ, 天井裏から, 夫婦合わせ, 女の子を, 婆さんの, 少しは, 居たが, 居りませんから, 巴里の, 帰らねえ, 帰省と, 彼は, 微生物が, 徹頭徹尾此方, 心の, 心を, 必ず起き, 必要ない, 忍び, 思いさえも, 成行きに, 或る, 戸棚の, 房, 指図する, 新宿辺で, 日本の, 普通の, 果してどんな, 棺も, 死ぬこと, 殆ど自分, 殆ん, 毎年暑中休暇に, 気がつかなかったけれど, 気に, 水上に, 氷島の, 沼と, 流石に, 浜の, 激しい喜ばしい好奇心, 灯光を, 甲の, 申し分の, 男一人であった, 白拍子遊女などに, 目録學が, 睡って, 矢張り, 研数学館に, 確かに, 確実に, 糸子と, 考えて, 腰も, 若林を, 苦しかった, 行われ家中奥向勤め, 裁縫を, 覚束ない, 言わずに, 調理場は, 進歩党党則に, 都新聞の, 長椅子の, 門が, 阿母, 面会を, 音が, 音樂に, 顔を, 餘所目に

▼ 時始め~ (167, 0.1%)

8 て彼, て気がついた 5 て口, て知った 43 てこれ, てそれ, て私

2 [14件] てお, てそこ, てわれ, て二人, て云, て声, て女, て弟, て彼ら, て彼女, て心から, て気, て聞いた, て自分

1 [100件] からボートルレ, てうす暗い, てお前さん, てここ, てどてら, てはいった, てほっと, てよく, てアボット, てナロードニキ, てハムレット, てヒョイ, て一寸代助, て主語, て之, て九助, て予察, て二重, て云い, て人, て何, て側, て兄さん, て児玉さん, て列仙伝, て則重, て同行, て吾人, て喧嘩, て外, て天, て実現, て実際, て小田切さん, て少し, て廣, て彫刻, て彼等, て後悔, て御相手, て心, て心づいた, て心付いた, て悟った, て意識, て懐中, て我々, て推測, て放免, て教, て日光, て日本, て普通, て本当に, て東京, て棚, て此, て此方, て氣, て水徳, て汗, て沖縄, て河童, て海, て清水, て物, て生れる, て生気, て男, て画, て疑い, て盲目, て真面目, て知, て確か, て社長, て神代, て積極的, て第一義, て純, て罪, て習慣, て耳, て背広服, て腰, て自信, て自然, て花魁, て芸子, て親達, て解かれた, て解った, て身, て附添, て額, て顔, て馬車, にプラトン, の学校, は李

▼ 時そこ~ (163, 0.1%)

3 に本当

2 [13件] から新, にいる, にいわゆる, には大勢, には常に, にも説く, に何, に当然, に私, に見出される, の主人, の家, の景色

1 [134件] からは晴れやか, から十歩, から堕落, から起った, では虎列刺, で分れ, で別れる, にあった, にある, にいた, にこの, にこの間, にさる所, にどういう, にはあまりに, にはもう, にはもはや, にはハッキリ, には一個, には二つ, には余り, には光, には初め, には区別, には彼, には必然, には意志, には概して, には無我, には現実, には現実的, には砦, には貴族的, には限られた, にほぼ, にも警護, にやがて, に一人, に一点, に事実決定, に二様, に仙女, に住む, に何者, に内在, に初めて, に咲く, に安住, に寛容, に屏風, に広大, に庭番, に必然, に感興, に戰車, に新, に於い, に時, に歴史的, に残っ, に気, に気が付い, に求められる, に法術, に浮い, に混同, に温泉, に現れた, に瞳, に神, に繰りひろげられる, に置きざり, に自由, に芸術至上主義, に落ちつき, に言葉, に記述, に輝く, に逗留, に非常, に高札場, のイギリス総督, のプラットホオム, の下駄箱, の二階, の人ごみ, の匪首, の叔父夫婦, の土間, の壁, の崖, の広, の店員, の御, の明, の民家, の水夫, の町, の町角, の番頭, の石倉, の硝子戸棚, の社長, の神主, の神楽殿, の自然, の角, の邸, の闇, の電話, の電車通り, はだれ, は病院, は矢張り彼, へ, へきた, へしらが, へはからずも, へアリョーシャ, へ一台, へ入, へ古い, へ左, へ来たる, へ来る, へ解脱, へ通りかかった, までたどりたる, を一人, を監視, を確め, を見学, を通る, 迄御

▼ 時わたし~ (162, 0.1%)

4 は自分 3 のところ, の頭, はただ, は和服 2 に言った, の夫, の心, は, はこの, はその, は娘, は彼女, は意外

1 [128件] があなた, があの, がどんな, が何, が其処, が前後, が味わった, が弓, が木村先生, が非常, としてはやはり, にある, にこう, にはほとんど, に勸告, に及ぼした, に向っ, に屡, に感じた, に突然, のこと, の出會つた思想家エドワード・カアペンター, の姿, の家, の左手, の後, の後ろ, の心持, の心臓, の感心, の手文庫, の持つ, の故郷, の書斎, の横, の横手, の気持, の注意, の涙, の眼, の義理, の肘, の背後, の膝, の面, の馬, はあなた, はあの, はいつも, はおまえ, はお化け, はききました, はさっそく, はすっかり, はそこ, はそれ, はとかく, はどん, はなん, はふと, はほとんど, はほんとに, はまだ, はむしろ, はもう, はもうどうにも, はもう少し, はクラリモンド, は一人きり, は一層, は一緒, は三日, は乳, は人前, は何だかぞっと, は内々, は初めて, は匕首, は半, は司祭館, は同社, は坪田氏, は大, は女, は妻, は娘さん, は庫裏, は庭, は彼, は御, は心, は思いきっ, は思った, は思わず, は悲嘆, は慥か, は手, は斎藤さん, は斯く, は既に, は最初, は桂子様, は正面, は母, は浜子, は海, は満場, は無限, は燈籠, は父, は生まれ, は用心, は皆, は真白, は眼ざめた後, は社長, は私自身, は胸, は自ら, は若き, は足駄, は道, は遠く, は郷里, は量っ, も厚かましく, を庭, 見なかつたもん

▼ 時~ (162, 0.1%)

6 の声 53 の顔, はようよう 2 の何, の児, の姿, はしみじみ, はその, はにこり, は僕, は帶, は投げ出す

1 [127件] から始め, がうわ, がきいた, がしきりに, がにない, が二人, が入り口, が可哀相, が庄太郎, が次の間, が歩き出した, が私, が笑った, が箸, が送っ, が里, と壮, と自分, なら両足, にその, になつて, に預けた, のあと, のうしろ, のむっくり, のよう, のドクトル, の云う, の人, の叫び声, の家庭生活, の帯, の帰っ, の廊下, の心, の心持ち, の態度, の方, の白足袋, の眉, の移香, の稼ぎ, の耳, の肉體, の腰, の視線, の言つた言葉, の詠めるなるべし, の足, の陰毛三本, の首筋, はあまえた, はお, はかち, はきいた, はこう, はさつき, はすぐ, はついに, ははじめて, はぱたり, はひ, はふい, はもう, はもう余程, はようやく, はわけなく, はわずか, はヒョッコリ肩越し, はリゴー, は一ばん, は一枚細目, は一途, は二人, は五十一歳, は井戸端, は人, は何, は何気なく, は児, は君, は唸る, は始め, は寂しい, は寝ころんだ, は山田屋, は屹度袖, は座敷, は廂, は心, は必ず, は思わず, は戸棚, は扱帶, は持っ, は撲, は日, は枕元, は横合, は横浜, は正しく, は海, は渠, は無性に, は病気, は発狂, は私, は突然, は絞った, は羞かし気, は義雄, は耐, は肩越し, は背後, は舟縁, は苦し, は裏, は言う, は話し, は赤痢, は青い, は頭髪, は顔, は髪, は鬼灯, も手, も畑

▼ 時迄も~ (162, 0.1%)

5 何時迄も 2 保って, 現は, 眺めて, 続いた, 話して, 黙って

1 [145件] あの事, あの娘, あの赤い, いて, おとなしく本, お浦, この筆, この船, こんな女, して, そうやっ, その例外, その感觸, ぢつと, つづけて, はなして, みて, よくし, ゐて, ゐるので, ウマク出来る, エァリエルや, ドキついた, ボンヤリした, 一本調子の, 一緒に, 丈夫でいられる, 三田が, 不安の, 不愉快だつた, 世間の, 仇に, 今の, 仕事を, 何処へも, 保ちは, 修羅道つづき, 俺の, 働いてるん, 元気な, 兄に, 児童の, 其前に, 其處を, 勤勉に, 反復に, 可厭, 可愛が, 同じ事, 同じ位置, 同じ場所, 同じ愛, 名殘, 君に, 夕映を, 大東京, 大衆化する, 失われて, 子供な, 家に, 容赦は, 寡婦で, 寢床の, 小供, 居り度, 展望を, 引き止めて, 彼女は, 心に, 意地悪く, 懐いて, 我儘を, 手に, 放つて, 放れません, 時間を, 會社の, 月を, 枕もとで, 欄干の, 止む事, 此世に, 此方に, 此海上に, 歩いて, 殘つた, 毎日, 海に, 海賊と, 消えなかった, 済めば, 無精に, 生きて, 生き永らえて, 用ゐられ, 當院を, 白い足, 百姓ば, 盃を, 盡きなかつた, 盲目の, 眞相を, 眺めつつ, 石碑に, 稚気の, 立ちどまって, 立って, 笑って, 続いて, 続くよう, 緩, 織屋, 老女さんです, 考へこんでしまつた, 考へた, 耳に, 膨れて, 致すは, 良人の, 苦々しい事件, 著述に, 見詰めて, 見送って, 覚えて, 記憶から, 話し込んで, 説が, 読み続けるので, 譲吉を, 讀書を, 貴方の, 起きて, 近藤夫人に対し, 過去を, 釈けないで, 長く凝視, 長く逗留, 長生を, 閉じて, 飽かず眺めて, 鷹や, 默つて居る, 默つて針を, 黙っては, 鼻を

▼ 時~ (161, 0.1%)

7

2 [11件] と兄, の方, の老い, はその, はそれ, は代, は私, は胃癌, は自分, は貧乏時代, や母

1 [132件] から一喝, から俳句, から切, から大, から貰った, が, がかく, がそれ, がつれし, がはいつ, がポツン, が一冊, が京, が僕, が割り合, が厠, が外国, が外国勤め, が学資, が帰つて, が思, が思ひ, が東京, が死ん, が残した, が求めた, が関氏, と母, なる博士, にかくまわれ, にかくれ, について十手術, につき, には何, には大変上等, には生き, にわかれた, に云, に伴われ, に先, に出逢った, に分け, に別れた, に向, に引きとられた, に愬, に死なれ, に連れられ, のあと, のこと, のため, のもと, の世阿弥, の傍, の古, の名代, の周囲, の宗匠, の常, の弟, の後, の心, の思ひ, の恋しき, の曹操, の法外, の父, の用箪笥, の瞳, の石舟斎, の肩車, の背, の背中, の茂兵衞大病, の言う, の顔, はああ, はこう, はしみじみ, はすこし, はただ, はひよつ, はまだ, はもう, はゆるゆる, はわたし, はコレラ, は一人息子, は一包み, は一寸, は之, は今年, は他, は会社, は公用, は其勇戦隊, は即座, は厳正, は君, は哄笑, は四十一二歳, は四十五六, は大, は如何, は寝, は尾道, は彼岸, は手, は折, は東京, は沖, は物, は玉, は用, は病死, は道夫, は重病, は霊験, は頗る, は頻りに, は黙, も一旦, も事務室, も剃髪, も厭, も母, を喪い, を天文学者位, を失った, を思う, を殺せる如く, ノ代理ダト云ッテ

▼ 時~ (159, 0.1%)

9 公の 4 大臣夫婦の 3 の父, 公は, 大臣を

2 [21件] ときけ, どんの, のところ, の不, の任, の塚, の夫人, の女, の孫, の方, の讒毒, の車, の顔, は国経, 公二十七, 公左, 公薨ず, 大納言に, 大臣が, 或日国経, 是に

1 [95件] がそう, が矢代, が驚く, だが, であると, で天神, とその, とはその, とは違っ, と二人, と云う, と共に菅公讒奏, と昇進, にも多少, に先立たれた, に拉し去られる, に渡そう, に詰まらぬ, に詰め寄られる, のこと, のした, のそう, のため, のよう, の一味, の一族, の三男, の事, の位置, の場合, の声, の外孫, の姿, の子, の子たち, の家来, の居館, の弟, の後裔, の意図, の才幹, の死後, の死後三十五年, の腰巾着, の蒼白く, の許, の讒言, の貫禄, の邸, の霊威, の面上, の頃, はいよ, はこれ, はそう, はた, はひとり, はやがて, はニヤ, は一層, は一座, は九年, は事切れ, は体, は何, は何処, は凜然, は勿論, は又, は呻, は大納言, は夫人在原氏, は宮中, は左大臣, は彼, は恐懼, は恰も, は悪逆無道, は此, は立ちかけた, は自分, は菅原道真, は途端, も著名, より先, を始め満座, を悪く, を祀っ, を祀る, を神, 公か, 及びその, 左衞門のみ, 御家人の, 洲と

▼ 時既に~ (159, 0.1%)

2 世人の, 死を, 発展し, 遅かった

1 [151件] いつかは, おそいの, おそしである, お浦, かれに, こういうこと, この女, この未練, この瘧, この説, すさまじく犇めく, その床, その症状, と思い出した, と思ひ出した, どこやら, わが手, わが答, アイネは, アノ鯉のぼりが, クレーヴン探偵は, ジャン, タイタニックは, タダオモウナオは, リキと, 一たび錦橋を, 七十に, 七十歳に, 七時を, 三四尺の, 不氣味, 世界的活眼, 両親が, 中學を, 主題は, 二の, 二人ともに, 二十一史十三經等を, 人足は, 他の, 僧の, 充分興を, 兆して, 先客が, 八万の, 其場所よりも, 冬に, 凡ての, 出口を, 出版され, 出藍の, 初瀬から, 午なり, 危か, 去つた, 去り勢, 呉青秀の, 四庫全書は, 夕, 夜なりき, 夜半に, 大人なり, 妹とは, 娘は, 宇宙の, 対象認識の, 属僚に, 屬僚に, 幾分か, 広間の, 庄司神戸両氏は, 座敷から, 彼は, 彼を, 彼女の, 成し遂げた事, 我々は, 截點を, 手遅れな, 支那に, 数億の, 新聞記者たらん, 新興ブルジョアと, 早く, 昔に, 晩く, 晩し, 晩飯の, 最後の, 本妻即ち, 札幌の, 此の, 死体と, 法政騒動の, 浮世絵に, 火は, 父母は, 狂詩と共に, 生産文学に, 病の, 病篤く, 発狂し, 発見された, 目録に, 相応の, 真の, 知人から, 神意に, 私が, 私の, 秘かに, 空は, 空中襲英の, 粋人たら, 精神的絶え, 自分の, 自分自身で, 興行十年の, 葉巻あり, 蒼い顔, 蘭軒の, 西に, 覚悟した, 読売新聞社を, 読書界を, 貴嬢, 起きゐたり, 遁げたれ, 遅かつ, 遅くはるか由良川, 遅く一艇身半, 遅く両, 遅く前記, 遅く場内, 遅く次第に, 遅く羽織, 遅れて, 遠い闇, 遲かつ, 金の, 釣台で, 鍛へ, 長州は, 隠し子まで, 隣人は, 雨漏, 震災前の, 高田殿は, 高輪田の, 黄昏ぬ, 鼠を

▼ 時これ~ (155, 0.1%)

2 がこの世, が見おさめ, はまた, はもう, も内攻, をその, を一日, を目録, を見

1 [137件] あいけないと, あるかなと, がため, がなくなっ, がまじょりかといって, が一つ, が一生, が二人, が今生, が垂直, が密室, が死んだ, が病人, が篠塚流, が防禦, が飯場頭, じゃない, だけの鐘, だろうと, でねる, といふ話題, と一緒, と同じ, と戰はず, なら脚色, には何より, にむかひ, によく, にコケシダ, に伴うべき, に似た, に向っ, に告ぐる, に堪ふる, に次ぐ, に添, に添えた, に耳, に觸, に論賛, に過ぎた, に適した, はうつくしい, はこの, はたぶん, はと思った, はどう, はどうしても, はどこ, はまたもや, は三ヶ月, は又, は友人, は受精, は基房, は大量カット, は天智天皇, は如何にも, は学問性, は屠っ, は思つた, は恐らく, は悪い, は本当, は滝川一益, は神示, は立派, は素敵, は自然, は葬式, は運, は長物, は面白い, ほどの事件, まであくせく, までかつて, までずっと, までついぞ, までになく, までの文化人, までの自分, もご, もやはり, も北鉄, も口惜し, も政友系, も教育, も返す, をこの, をつくった, をやる, を人, を人家, を以て人, を何, を先生, を助け, を包囲, を受取ろう, を売, を守れる, を廃, を引ツ, を心, を惜, を成就, を手, を持っ, を持つ, を持参, を捕え, を改正, を放る, を機会, を歌, を歌う, を正そう, を現金, を甲乙丙丁, を発表, を真理, を石蓮子, を社會, を祝い, を箱入, を藪中, を行う, を見付けた, を解放, を誇る, を読んだ, を警官, を越し, を食え, を馴らし使う, を鶏, 大地震

▼ 時という~ (151, 0.1%)

14 ものは 10 ものが 8 ことに 7 のに 5 のは 4 のが 3 ものの, ものを, 時刻に 2 お約束, のである, ような, 意味だ, 時間には, 時間を, 言葉は

1 [80件] ことが, ことだった, ことであった, ことです, ことなく, ことについて, ことは, ころに, ところ, のだ, のであります, のであろう, のです, のにも, ものだけに, ものには, ものに関する, もんで, ように, 一老臣これも, 二時間の, 五十ばかりの, 人この, 人も, 刻限私の, 医者を, 名は, 名字の, 名目の, 命名を, 問題の, 四月の, 夕暮を, 夜中に, 大阪の, 奇矯な, 女の, 女は, 女中が, 女工が, 女房が, 定めの, 定刻に, 小間使ひとり, 小間使を, 意味は, 意味らしい, 指定に, 指定にも, 数字が, 時を, 時刻が, 時刻だった, 時刻な, 時腕車が, 時間に, 時間は, 時間まで, 欄には, 海の, 深夜に, 炎暑真中の, 目的も, 空間の, 約束かっきり, 英雄さん尊氏という, 見当であった, 見当も, 覚悟を, 観念全く, 記憶は, 門限の, 門限を, 頃おいジャン, 頃だ, 頃には, 頃川に, 風な, 風に, 驕児は

▼ 時~ (151, 0.1%)

53 だか, れが

2 [13件] かこの, からともなく, か忍び足, か穴, か部屋, がこれ, がそれ, にも知らさず, にも逢, も世話, も彼, も見, やらが後

1 [114件] かあの, かにぴしゃり, かに言葉, かに語った, かに逢ったら, かの万年筆, かの口, かの投げた, かの拳骨, かの梯子, かはいっ, かは善く, かほか, かよそ, から如何なる, か一時, か來, か嫁, か廊下, か後ろ, か御堂, か抜き足, か来たそうです, か横合い, か沖縄, か珠, か知, か見, か隅っこ, か風呂場, か馬, が, がいいあてたろう, がいい出した, がお勝手, がした, がどこ, がどんな, がやつ, がカ氏, が一番, が創つたの, が喰, が廻し, が彼女, が思つた, が戸, が投げた, が捨てた, が書いた, が珠, が目, が自分, が菊吉二人, が行く, が言い出した, が連れ, が金, しもその, しも感ずる, ぞもう, だかが, でもいちばん最初, でもが交す, でもが感じる, でもその, でも一人人間, でも一度, でも持つ, ともなく, とも別れ, とも知らない, と何処, にでも言っ, にもそんな, にも知らせず, に対してもあの, に殺された, に這入, の仕業, の眼, の胸, の話, もあの, もが感ずるであろう, もこの, もする, もその, もほ, もゐなかつた, もニュートン, も中村君, も便利, も入った, も声, も居なかった, も知らなかつた, も縁側, も自分, やらことこと, やらの猛りたつた, やらガタガタ, やら向う, やら狐格子, やら若き, やら表, よりも一番, れか, れかが, れかに, れも, をも疑わせた, を眞先, 言うと

▼ 時あなた~ (140, 0.1%)

5 は何 4 は私 3 のお, の胸 2 がわからなくなった, はもう, は牀

1 [119件] から怒られる, が, があそこ, があんな, がいなかったら, がいらし, がお, がおいで, がその, がどんな, がはいっ, がわれわれ, がテーブル, がハッキリ, がピストル, が一杯, が働く, が出来ない, が前夜, が囈語, が居なかっ, が庭, が想像, が気, が灯, が留守, が私, が見舞, が通られる, とは違つて田舎, と少女, と岩, と新一君, なんと言った, にそう, にはわたくし, によって蒔かれた, に七ルウベル借用, に圧倒, に嫌疑, に樋口, に私, のあと, のお父さん, の一杯, の今, の住まい, の子, の学校, の山, の所, の手紙, の欅, の決心, の為, の疎林, の眼, の窓, の築山辺り, の親御, の金, の長篇小説, の陽気, の顔, はお, はおっしゃった, はしきりに, はすぐ, はそう, はそこ, はその, はとても, はどう, はどこ, はなぜ, はなにか, はなんと, はまず, はまだなんにも, はわざわざ, はゐませんでした, は一番, は三十二才, は不満, は二歳, は伊達, は伊那, は何処, は初めて, は叉棒, は寂しい, は少し, は必, は快活, は忽然と, は慄, は救い, は普通, は決して, は特別, は社, は蒼頭職主, は起ち上がっ, は金, は鳥刺し, は鳩色絹, も, も一緒, も坪内さん, も扉, やと, をからかいました, を殺し, を相手, 云いましょう, 云う新しい, 炊いて, 言いましょう, 長い刀

▼ 時~ (140, 0.1%)

5 に彼 3 に後, に私, に自分, に顔 2 に, に他郷, に哀れ, に心細く, に眼, に足, に陽, に頭上

1 [107件] な用, な要事, にあなた, にかみ, にくるり, にこまらない, にさつき, にざわ, にしなやか, になつかしい, にはげしく, にはっきり, にふら, にほら穴, にむつつり, にもがきだし, にゆるんだ, にアリョーシャ, に不安, に両手, に人生, に今, に何, に兵卒, に写真, に判然, に前のめり, に勢, に原口流, に又, に反動的, に口, に口惜し, に右腕, に呻き, に呼びさまされた, に国, に地面, に堪らない, に変, に変った, に夢, に大きな, に女, に子, に寒く, に小便, に小声, に居竦ん, に幕, に引きしまる, に弛んだ, に心臓, に思い, に思い出したらしく, に悩, に感じ出し, に慶子, に或, に扉, に揃, に敵, に是, に曲馬, に本, に次の間, に此, に母, に気が付い, に気分, に泣き出しちまうだろう, に活気, に激しい, に王様, に生々, に眩暈, に社会, に窓, に立ち上, に立ち上がっ, に立ち上っ, に約束, に緊張, に耳, に胸, に腑, に自分自身, に船, に若, に表, に話, に赧, に身, に車内, に道, に選手, に鋭い, に閉じられる, に飛び出し, に飛び起き, に馬鹿, に騒ぎ出した, に高, に高く, に黄いろく, に黒い, を聞い

▼ 時先生~ (138, 0.1%)

75 は私 2 が大層, の墓碑, の目, の眼, はこの, はとつぜん, は何, は火星人

1 [110件] からその, からたいへん, からつけ, から罰, がいつも, がおいで, がおっしゃった, がかう, がこの世, が一寸, が中等程度, が亡くなられました, が例, が奥さん, が徐ろ, が用, が送られた, が鎌倉, が長岡先生, が鞭, と老中水野和泉守忠精, にそう, にもお, にラドロフ氏, に今日, に国, に御, に打つ, のお家, のこと, のこの, の一人, の下, の云つた言葉, の俥, の坐っ, の宿, の引用, の御, の心, の手, の時間, の枕頭, の母堂, の氣持, の物, の眞面目, の立っ, の肩, の膝, の落胆, の試驗, の足もと, の門, の頭, はいつも, はかつて, はこれ, はそう, はそういう, はその, はつくづく, はどこ, ははたしてまだ, はやっと, はガラス窓, はニス, はハア, は一九一八年, は中風, は二, は二十三歳, は何とも, は俳句, は六十六歳, は内ヶ崎君, は前, は又, は唖者, は啓蒙, は四十七, は好い, は尨, は急, は愈, は桃太郎, は次, は段々, は沈んだ, は満, は留守, は突然, は第, は篠田, は胃, は色々, は豆, は起き上っ, は近作, は途端, は金, は雜誌明星, は雨中, は非常, は顔, は高い, も大, も立つ, を拘引, 細長くし

▼ 時三十分~ (137, 0.1%)

43 です, になる, に東京駅, までの間, を示し 2 であった, であります, である, にたちます, になった, の長岡行

1 [106件] か, かな, からです, から二分間陛下, から五分, から八時五十分, から十一時の間, か四十分, ぐらいまでしか許され, このはち切れ, たっても, だから, だしたな, だったが, だったね, だったの, だったネ, だもう, だよ, であったから, であったと, であるから, であるが, でございます, で歸, で海上, で発つ, で賽, というの, といふ報告, とかのつもり, とかの汽車, とし, となる, との間, と云え, に, にここ, につく, にはもう, には事務所, には東京, には西, にキャリフォルニアン号, にナミ子, にブリユツセル市, に今日, に出, に出れ, に出発, に到り, に区, に大変, に始つて, に始まる, に寄航, に小屋, に既に, に松花江, に決っ, に浅草, に濁, に発ち, に発車, に着いた, に着し, に着せし, に突然, に著い, に著く, に遂に, に霜, のところ, の小田原発, は過ぎた, ばかりは死ん, まで, までにこの, までに会, までの一時間半, までは同じ, までもう, まで下山電車, まで汽車, やっと祖母石村, より, より八時七分前, より初めて, をお待ち, を五分以上, を少し, を指し, を指した, を期し, を過ぎ, 全く残光, 再び雪渓, 前平沢, 各方面, 憎むべき賊, 正に丑満すぎ, 着十時十分出発, 着駅前, 第二, 行ったらもう, 迄の間

▼ 時~ (135, 0.1%)

3 が父, は私 2 から云われた, が, の眼, の顔, は, はこんな, は左, は父

1 [113件] から女, から小, がいろ, がいろいろ, がうっかり, がその, がそれ, がそれら, がちら, がもう少し, がやって来た, が云つた言葉, が十分, が古い, が喫驚, が夢, が大病, が宥める, が息, が春慶塗, が来る, が死ん, が臨終, が自分, が餞別, たるドイツ, とマリウチア, と弟, と私, と自分, には父, にもその, に云, に俸給, に分れ, に別れ, に別れた, に向, に手, に死に別れた, に買っ, に送った, のすさまじい, の不在, の乳, の乳房, の傍, の先, の実家, の心, の恋し, の手前, の手蹟, の持っ, の片方, の狂乱, の箪笥, の聲, の膝, の花子, の里方, の魂, はいいわけ, はいよいよ, はかよう, はくれぐれも, はすぐ, はもう, はわれ, は丑時, は事も無げ, は何やら, は傍, は八十七歳, は其の, は半ば心配, は口, は吉三郎, は大, は妊娠中, は娘, は嫂, は実に, は実母, は宮本, は少し, は幾度, は彼, は必ず, は恰も, は悲し, は潛然, は無理矢理, は生, は申しました, は皺, は相, は眠つたやう, は突然, は紅白, は自分, は茶碗, は言った, は迎え, は非常, への手紙, もマリヤ, も奥, や妹, をい, をいい, を冒涜, を説い

▼ 時までの~ (127, 0.1%)

28 間に 3 時間を, 間, 間で 2 可恐し, 私の, 過程を, 間だ, 間と, 間には, 間の, 間は

1 [74件] あいだかならず, あいだだ, あいだに, あいだ帰る, うちに, ことが, その夜学, 一時間の, 三時間は, 下車客を, 二十分を, 二時間に, 二時間の, 仕事で, 休憩時間に, 何か, 兄の, 入場者には, 出番に, 労働である, 動かしがたい, 勝見伍策は, 勤務弁当自弁の, 勤務時間中は, 受持と, 君枝の, 営業の, 増加は, 客に, 専斎は, 就眠は, 廓の, 所を, 手配を, 時間が, 時間に, 暇な, 暖を, 校長は, 歌を, 汽船の, 消費時間は, 潜入教師に, 猶豫, 由, 真夜中を, 短い時間, 秋は, 精細な, 練習休みの, 舞台は, 行動が, 規定に, 記章には, 許しを, 許を, 身の, 道連れだ, 鑑定だけでも, 間が, 間だろう, 間つまり, 間であった, 間である, 間です, 間なりき, 間も, 間よ, 間を, 間椅子を, 間私は, 間通行の, 間頃だ, 面会時間の

▼ 時だって~ (122, 0.1%)

3 私は 2 あるの, お前の, お茶の水の, そうだった, 泣いて, 親分は

1 [107件] あたくし, あなた, あなたトビ市を, あの辺, ある, あるん, あれだけの, いい, いうの, いうん, いつのまにやら, いつも石, えのに, おれは, お前一度分の, お前達は, お母さまは, お腹が, かまわない, こういう事, ことが, この間の, これほど, こんないい, こんなじゃ, ずいぶんある, ずいぶんつらかっ, ずいぶん噂, ずいぶん頑入, そうだ, そうでした, そうです, そう思った, そりや, ただもう, たったひとり, たった一度どこ, にこにこし, ぷすっと黙ってるでしょ, ほんとうは, まじまじと, まんざら遣り損なった, もうかならず越し, もう少しいい, やっぱり私, やはりそれ, わざわざ訪ね, わすれたこと, わたしも, オレは, 一口も, 一言半句も, 人が, 人伝に, 今だって, 代りばんこに, 会わせて, 僕の, 先方で, 冷静に, 出来るさ, 十一時五十八分テ事ァ, 同じさ, 君は, 吾, 呑んで, 土堤が, 坐って, 夢に, 大体も, 天窓から, 始終あり, 己は, 幸子さんを, 幾度むしり合った, 得意な, 情況が, 意地の, 抱えて, 散々酷い, 時刻を, 村の, 来るが, 棒なんか, 構いませんから, 構わなかった, 気が付いたら按摩, 温順しい, 無駄にゃ, 現われると, 男の, 監視兵たちの, 真面目な, 破れ袴, 私どもは, 胸が, 自分の, 蟹が, 見たこと, 見舞状一本下さいませんでした, 親分の, 貴方の, 運動場で, 酒こ二升しか, 随分手間, 集まった人, 雨だった

▼ 時にゃ~ (121, 0.1%)

42 ああの

1 [115件] ああたい, あおれ, あこう, あさすが, あっしゃゾッと, あどんなに, あな己たちは, あの男, あもちろん, あフリント, あ一二度, あ何日, あ俺, あ千, あ商売, あ大層, あ奥様, あ少し, あ悪い, あ旦那, あ暗く, あ気, あ泥水, あ立派, あ紀久ちゃん, あ腰, いくら歩こう, おいらの, おっか, おとよは, おばさんの, おめ, がらりと, きっと鉛弾丸, こうして日本, この子, この直接, これが, これを, こッち, たのもしいよ, ちゃんと三角, ちょっと俺たち, つまらねえ奴, どこへ, ひと思い, またどうか, まだ別に腹膜炎, まだ薄暗かっ, まったく可愛く, みんなで, もう一家, もう巡査, もう息, よくの, わしも, アおらア彼奴の, アお客が, アこの, アよく, ア一つ長屋の, ア夢を, ア失る, ア己あ, ア己が, ア御, ア懺悔が, ア手を, ア折々店へも, ア此処へも, ア此様な, ア私は, ア私アとっちた, ア頭巾を, カント・デックに, ホッと, ヤタラに, 世話に, 何しろこれ, 何でも, 僕は, 其人は, 刑事と, 別に, 動かそうと, 夜ッぴて鍋を, 大層御馳走に, 女を, 如何様に, 宅助も, 実家から, 己あ, 己は, 常木様へ, 張の, 思わずポケット, 悪いこと, 既に怖, 案内記を, 比田が, 気持も, 滝の, 無かった, 相手が, 私が, 精神は, 臨時の, 良え, 若いもの, 赤の飯でも, 邪魔ばかり, 間誤つくだろう, 限らないよう, 随分悪, 黙って

▼ 時二十分~ (120, 0.1%)

85 である 3 から四時三十分, です 2 から三十分, から三十分の間, であった, という, になっ, に出発, に此処, までに停車場, までの間

1 [83件] あまり早かっ, かにかえって, からがいつ, から九時の間, から八時, から四時, から正午, きっかり, ぐらいに出, それから例会, だぜ, だった, だったの, だと, って, て云ったら, であつ, であるが, ですわ, でその, で発つ, という奴, といふ危, と十二時二十分, と答, なので, なれば, にあの, において北, にここ, にしよう, になる, には和田, には峯, には目ざす, にふみちゃん, にハネ, にフェンチャアチ停車場, に五人, に出, に出火, に女中, に峠, に来たでしょう, に東京駅, に濁沢, に生れました, に發, に真, に着す, に茶屋, に茶臼山, に駿信国境, のところ, のトゥルーズ行, の下り, の名古屋発東京行, の東京発, は過ぎた, また左, まっすぐ宿, まで, までにおい, までには社長室, までに會社, まで三人, まで引きつづき, まで社長室, まで立っ, よ, ようやくに, よくなった, より, より可, をひっそり, を指し, を過ぎる, 即ち年前九時, 片貝谷, 着十一時四十分出発, 起き, 過だけれど, 過である

▼ 時~ (113, 0.1%)

3 はまた 2 の実在, の素姓, はすぐ, はその

1 [102件] からの仕送り, か叔父さん, がこの, がたえず, がどこ, がわざわざ, が悦ん, が胸中, が茶, すなわち毛利時親, だ, だったせい, でお, でもある, というもの, という方, といえ, といわず, とやらいう, と代, と名, と大蔵, などという者, なの, なので, なる人物, なる兵学者, にすすめた, にそむき, について兵学, にはなれ, によほど, に代っ, に会っ, に死, に飼われ, のあ, のお, のどこ, のべつ, のまえ, の仇, の名, の如く, の家, の容子, の山荘, の忠言, の本心, の横顔, の河内, の笑い声, の筆蹟, の言, の責任, の門, の頭上, の風貌, の食事, の首, は, はうめいた, はかあっ, はここ, はそう, はそっぽ, はそばめ, はにがりきった, はほんとに, はまだ, はまもなく, はもう, はやっぱり, はやはり, は上唇, は何, は刀, は喉, は嘘, は嘲っ, は大江氏, は客, は往年, は思慮, は惜しげ, は書斎, は次第に, は灰みたい, は牛, は狼狽, は甚内, は自分, は返辞, は長い, は顔, は髪さ, をここ, を以て, を大江氏, を牛, ッて, 猿は

▼ 時ある~ (112, 0.1%)

3 所で, 文士が, 男が 2 一つの, 人が, 場合には, 日の, 者は

1 [93件] おかしな希望, か, かない, かなどと噂, か解らない, ところで, とも一刀, と云, にわれら, ひは, わよ, を信じ, を小生, を忘, を知ら, サマリヤの, 一人の, 不思議な, 中学の, 事を, 事件に, 事件によって, 事件に対して, 人々は, 人の, 兵卒が, 冷たい腹, 動揺が, 友達から, 古道具屋で, 句に, 叫びに, 合宿所では, 問題を, 国に, 場合に, 場合の, 壮士の, 夜彼は, 大いに単純, 大きいもの, 大きな使命, 大名の, 奥さんと, 女が, 学者は, 宣教師を, 小さな出, 居酒屋から, 山駅の, 律義な, 微笑ましい想念, 志士の, 所に, 手品師の, 文学者が, 新聞が, 日そとの, 日に, 日アノ窓の, 日上野の, 日勃士敦の, 日本の, 日田山が, 日知らぬ, 日突然, 日陰気な, 日隣家の, 易者に, 時海に, 晩ある, 晩やはりいつも, 晩十一時三十分ごろに, 有名な, 機会が, 物知りから, 物音が, 種の, 穴の, 経学者の, 考えが, 舞と, 若い武官教官, 草を, 蓄財家の, 貧しい天国的, 貴族の, 通信社の, 酋長から, 長老が, 雑誌で, 音楽会の, 高い階級

▼ 時~ (111, 0.1%)

2 の姿, の家, の話, はその, はどう, はぴよんぴよん, は僕, は彼女, 眠る時

1 [93件] ああすこ, からああ, があれ, がその, がどうも, がなんとなく, がもう少し, がブレーキ, が列挙, が居合せない, が必ず, が打明け, が気, が油障子, が湯屋, が漣山人, が煙草, が眼鏡, が突き, が飯屋, だなんて, という人, とは待遇, と小杉未醒氏, などの講義, にその, には光子, には東京, に話した, に貸し, に頼まれ, のお父さん, のところ, の両, の令弟, の名前, の慰め, の推理, の母, の求める, の独断専行, の背中, の話し, の部屋, の長い, の頭, の顔, の顔色, の顔色ただ, は, はいくつ, はこう, はこういう, はさ, はそれ, はただ, はどこ, はまた, はまだ, はみづか, はアンマ, はハヽヽ, は一層, は下谷, は不安, は主人, は信州, は勉強, は右肘, は形余り大, は彼, は往来, は明き灯, は果して, は気がつい, は河野さん, は浜路, は眞, は神経衰弱, は背中, は腹, は貴重, は賊, は軽い, は金, は餘程, は鶴子嬢, は2-1, また我, も亦, も充分, も又, も来

▼ 時~ (108, 0.1%)

4 の心 3 はこの, はただ 2 に正しい, のいい, の名前, はその, は往々, は慄然, は自然, 知れぬ涙

1 [82件] から病人, から頼まれたなら, か獣, がいたずら, が五百, が寒暖計, が見, が諫め, と神, と立話, に伴, に怨恨, に見られる, に誘はれ, に邪魔, のわるい, の勸め, の命, の好, の往き来, の思想, の最も, の来る, の爲め, の生命, の眼, の碁, の細君, の絶えた, の背後, の足音, の跫音, の身体, はお前, はすべて, はそれ, はたまりかね, はちょっと, はなかなか, はまさに, はもはや, はやはり, はよく, はわが, は上求菩提, は個人的限界, は僅か, は初めて, は前者, は只, は各種, は名状, は坐ろ, は大抵いつも, は彼, は彼ら, は必ず, は思わず, は我々, は最も, は殊に, は気品, は漢城, は無人島, は獣, は皆, は皆倫理的, は自ら心, は自殺, は蓋し, は誰, は限り, は隠し終せる, は雲雀, も多き, よ憶, をわけ, を投ずる, を救う, を殺し, を殺しまし, を驚かした

▼ 時~ (108, 0.1%)

29 米は 2 世話に, 主人と, 出発の, 奉行様は, 米が, 胸, 自分で

1 [65件] かえりでしたネエ, みずから作りた, ユックリと, 一所に, 一緒に, 両親や, 主人の, 主人はって, 主人騒い, 主君から, 二十四姫は, 互に椅子, 亭主が, 会いしたのよ, 会席で, 信仰の, 側御用取次に, 先を, 先手組の, 入棺, 出御という, 別れに, 参内あり, 同所に, 土産に, 坐敷, 報告した, 夕飯食べとっつらな, 奉行は, 奉行様に, 奉行様も, 孃さんは, 家中の, 寵愛の, 就床よ, 帳に, 弟子たちが, 徒士目附, 承知の, 曳船と, 本家で, 本邸へ, 来朝の, 母さんは, 病いと, 相談申上げる, 祖母さんが, 祖神魂命之, 維新の, 綱柏を, 縁続きである, 耳入, 臺處に, 藤さんに, 褒美に, 詠みの, 話したこと, 貴殿は, 跡改めの, 辞儀を, 近習を, 隠家自身, 隠居は, 隠居様の, 隱居が

▼ 時でした~ (102, 0.1%)

5432 かね, から今, がその, が其の, ね, わ

1 [78件] あなたに, かあまりに, かある, かそれ, かと殿様, かな, かに会場内, から, からその, からよしや, からわたし, から五十年位, から京弥, から何より, から何事, から兄貴, から兇行, から引上げ, から応酬, から恐かっ, から手頃, から無論, から爺さん, から碌, から笑う, か二, か何, か分りません, か山の上, か貴女, か雨, があれ, がうす暗い, がお前, がそれ, がそんな, がね, がね何ぶん死体, がひとり, がやはり, がシューベルト, がスカラ座, が四方, が学校, が心残り, が正一君, が気球, が然し, が独り, が見物席中, が踏ん, が道, が顔, その時分, っけねえ始, つけ, つけねえ, でせう, な, のでこんな, ほんとにぞ, ぼろぼろの, らん間に, わ花, タクシーに, 何でも, 先生は, 城北大学と, 大膳坊の, 戸が, 毎も, 白石書記生が, 私が, 私は, 親子三人で, 警官が, 路地の, 青年が

▼ 時不意~ (102, 0.1%)

4 に, にこの 3 に彼 2 にその, に対手, に私, に自分

1 [83件] にあの, におし, にお客, にがらがら, にけたたましい, にすさまじい, にど, にどこ, ににやりと, にまた, にわたし, にわっ, にトタン廂, にハツ, にマニーロフ, にヤン, に一つ, に一人, に一大爆音, に一艘, に一陣, に何, に何もの, に先, に六時頃, に切支丹坂, に前, に化粧部屋, に右, に右手, に地, に奪略, に小林さん, に少年, に屋根, に平中, に後ろ, に思ひつきました, に恐ろしい, に悲鳴, に我と, に扉, に抜刀, に早足, に木魂, に棚, に母さん, に水, に消え, に潮, に煖炉棚, に獅子, に百助, に瞼, に立ち止まり, に米友, に紛失, に縁側, に繁み, に聞こえた, に背後, に腰障子, に茂太郎, に表, に裏口, に警察部長, に谷, に豪商シュテフェンス, に身, に近寄っ, に遊び, に道庵先生, に部屋, に門, に階段, に青桐, に風, に飛ん, に駈け寄っ, の失火, の自動車, をおそわれた, を喰らっ

▼ 時前後~ (102, 0.1%)

3 になる 2 して, でしたろう, とする, と推定, にこの, の事

1 [87件] から三時間内外, から夜伽, から立合っ, から頭脳, から風, くらいであったろう, それから約, だが, だったでしょう, だつた, だと, だろうが, であったろう, であって, である, でその, でまだ, でよろしい, で三度, で電車, ということ, といえ, ときまっ, となり, となります, と云え, と思う, と思われる, なのに, なのよ, に, にあなた, にお, におき, におこなわれた, につく, にながらみ, になっ, にはなったであろう, にはなつた, には先ず, には家, には早く, にもう, にやって来る, にピストル, に三番線, に人, に人力車, に何, に到着, に博士, に大震, に富山, に寝る, に帰来, に床, に於, に於ける, に村, に来, に死なれた, に殺された, に池袋, に沢崎氏, に洋品店, に満潮, に目, に社, に行われた, に覚醒, に起床, に車, に電燈, の出来ごと, の混雑, の湘江, は何度, までは, もう水, よ, より丸の内, らしいと, わずかに, 全病院, 最も多し, 最も猛烈

▼ 時ばかり~ (101, 0.1%)

17 では 4 だ, だと 3 でない 2 であった, であつ, である, でなく日, でまた, で無く, 都の

1 [59件] お重, お頼み, かすかに, ご前, すると, それでぴったり, だったのでね, であったから, でありましょう, でうち, でお里, です, でそして, でその, でそれに, でないと, でなく午後, でなく徒歩, でなく従来, でなく私, でなく米国兵, でなく趙, なぜか, なるも, ままに, むやみに, よけいに, 世の, 人その, 人に, 僅かな, 出入を, 咋う, 天井に, 子を, 少し居, 少し顏色, 底抜けに, 彼の, 彼女の, 後の, 成政の, 振返られて, 最も自由, 期間を, 来て, 気が, 氣を, 水を, 特にこしらえた, 狂気の, 白い肌, 眠ッて, 笑うもの, 花も, 親だ, 過ぎてから, 適当な, 遮二無二おばさん

▼ 時すぐ~ (100, 0.1%)

3 前の 2 そばに, に, に判った, 後から

1 [89件] あなたに, かうしたこと, そこに, そこの, そのあたり, その前, その書留, そばの, それが, それを, と気がついた, と目, にお, にこれ, にそう, にそれ, にも貴女, にマンメリイ, に主人意気揚, に云, に到頭, に博多, に又, に奈, に女中, に始まった, に家, に引き挙げ, に弱音機, に思, に懐かしく, に打ち割る, に服, に次, に池, に湯屋, に目, に知らせ, に窓, に立つ, に義時, に貴方, に返事, に逮捕, に金, に馳, ねる, わかったん, オーレーフル油で, スリッパを, 下の, 今朝の, 作者の, 兇器を, 入浴久々の, 其の子爵夫人, 前に, 助太刀を, 同じ眼, 吐かせれば, 土間で, 大きな声, 寄って, 寸法を, 屋根の, 彼は, 後ろに, 御知らせ, 思ったけれ共, 来ようと, 様之を, 横手の, 気がついたが, 眼の, 自動車を, 行けば, 街頭音楽者の, 見つかったのに, 言葉つきに, 足もとで, 近くで, 近くに, 近くの, 隣りの, 雨宿りを, 顔を, 飛びかかって, 養子を, 鼻の

▼ 時~ (99, 0.1%)

3 は駒形 2 の家, までにない, まで傾聴, まで黙っ

1 [88件] いつたやう, からおもえ, からちょうど, から千四百年, から思う, から思へ, から荷物, から行っ, そんなこと, でも覚え, となっ, となつて, とは違っ, なお詩興, のうち, のお前, のよう, のチェコ, のフォーロ・ロマーノ, の三時半頃殿様, の主人, の八時頃, の内儀, の品々, の場所, の市川団十郎, の方法, の旦那, の時代, の松茸, の社会, の私, の秩序, の籬, の紙, の紫蘇, の自分, の茶人達, の話, の鮪, はた, は亡き, は午後二時頃, は故人, ひとたび振, まで, まですっかり, までどこ, までに経験, までのごたごた, までの涙, までの自分, まで一口, まで一定, まで俺, まで南欧, まで友, まで反, まで向う, まで弱げ, まで彼, まで感じなかった, まで戸口, まで晴れ, まで格子, まで消し, まで漠然たる, まで激論, まで点, まで熱心, まで真暗, まで眠れる, まで籠城, まで職工頭, まで調子づい, まで青い, まで默つて, もたずねられた, を宮成ら, ハ数十人, 大路一渓は, 天井に, 少しで, 携えたる男, 言つた人々を, 迄無表情, 迄貪っ, 迄默然

▼ 時なら~ (98, 0.1%)

3 ばそれ 2 ば健足, んや, 少しは

1 [89件] あなたに, いいだろう, いいん, いつも嘲弄, おりも, お前も, ここは, こんなの, こんな珠, し, すぐに, その斑犬, それを, そんなこと, だけれども今, では, では整はず, でわが, で今朝, で我が, で柞, ともかく夜, ともかく近ごろ商売, と彼, ない尾州藩, ない授業中, ぬくしゃめ, ばお, ばそれでも, ばそんなに, ばといい, ばとにかく, ばと大, ばどれほど, ばなん, ばまだしも, ば亜砒酸中毒, ば仕方, ば寝覚め, ば平, ば彼, ば採集, ば早速, ば格別, ば楽, ば決して, ば煙草, ば知らず, ば非常, ば颯爽, ば鬼柳, ば魏, べつだ, もうそろそろ大変, よいが, 一も, 一汽車でも, 丁度此村, 二日位溜め, 井荻看護婦は, 何うにでも, 何と, 何とも思わない, 何も, 何処へでも, 何時もぽかんとし, 兎も, 八時に, 反対の, 口を, 四五日が, 四五日は, 少し位, 彼女の, 恰度此村から, 悪人たちも, 日本では, 早い人, 格別仮令片言隻語, 橋の, 気も, 浅草橋の, 湯豆腐香の, 私を, 給仕に, 花見に, 誰にだって, 鐸を, 静かに

▼ 時どこ~ (97, 0.1%)

19 からともなく 6 に居た 3 をどう 2 かで, から吹い, から来た, か物わかり, にも快活, に居なすった

1 [57件] かから桃子, かから直径一吋, かでゆるい, かでガチャン, かでビーン, かで一度, かで見た, かで読んだ, かとぼけた, かの地方, かの山, かの時計, かの窓, かの隅, かへ出かけ, かへ振り, かへ紛失, かへ遊び, からあの, からか, からかピドールカ, からか一本, からか壮, からか姿, からか小石, からか聞え, からとも知らず, から出, から戻っ, から現, から現われた, から聞いた, か旅行, がどんな, でですか, ででも僕, でどんな, でなくした, でなん, でもできる, でも勝手次第, で撞く, にいた, にいたんだ, にどんな, にもその, にゐた, に勤める, に立っ, に置い, のもの, の自動車, へか姿, へ行, へ行つたの, へ飛ん, やらはなれた

▼ 時でさえ~ (96, 0.1%)

4 彼は, 私は 3 彼女は 2 お銀様, 自分の

1 [81件] あったらそれ, かなり保吉, きわめて深い, けっしておのれ, この人, この珍しい, この社会的常識, これには, これまでよりも, これを, さまで心, すでに現代, そう信じ, そこに, そっと傍, そのうしろ, その外的条件, その隙, それでございました, それは, どうもこっち, ひそかに, まだ私, よく観察, わたしあの, アカーキイ・アカーキエウィッチは, イーゼルに, ジャヴェルの, レオナルド, 一回の, 今にも例, 何の, 何故かという, 例の, 兄を, 兄弟とか, 各人は, 吉田屋の, 問に対して, 妙な, 宇左衛門が, 実はそういう, 室の, 家に, 家来の, 少しも, 年を, 店を, 弱いわたし, 御難渋, 思い出さなかった, 愛嬌が, 慎重さを, 敵も, 時々電光, 未来の, 果してそれ, 湖の, 源氏の, 滅多に, 甚五衛門は, 病気と, 目前の, 私たちは, 義憤を, 肚の, 腰を, 自分たちが, 自分は, 蔽いの, 見えないふう, 親爺と, 踊って, 金が, 鍵を, 門の, 非人たちは, 馬車の, 魂が, 黄水を, 黒く見える

▼ 時十五分~ (96, 0.1%)

4 である, を示し 3 になる, を指し 2 か, だったと, であった, にハネ, に漸く

1 [72件] いよいよ上り, からせいぜい, から二十分頃, から子供, が二十分, くらいだ, ずつ, だ, だった, だったという, でございます, でした, です, でそれ, で宮, で御座います, で湯河原, ということ, という時刻, といふ, といふの, とかの汽車, となる, にすなわち, にだ, になっ, になりかかっ, にグリンデルワルト, にゴールデンゲート, に出発, に只見川, に家出, に就寢, に平岳沢, に御, に於い, に日本教育テレビ, に津田, に白沢, に着くべき, に社長室, に終った, に終らせ, に装甲自動車, に高槻, の長崎行, ばかり前, まえを, まで, までの間, までゐ, ようやく大, よりカセイ, より太陽, より文ビル三階, を, を報じた, を打つ, 吹くほどの, 大窓着, 恐ろしい震動, 漸く三宝山の下, 突然発狂, 終り森永, 見下ろすアレッチ・グレッチャー, 迄に電球, 遂に南穂高岳, 遂に絶命, 過, 過で, 過であった, 過までの

▼ 時お前~ (94, 0.1%)

5 は何 3 はどこ 2 ならその, はこれ, はもう, は本道, は自分

1 [76件] が, がおれ, がどうしても, がどんなに, が文科, が斉彬, が旦那, が有名, が来なかろう, が私, が酔っ, というもの, といふ人間, なぜそれ, ならどう, にそう, には煙草, に未練, に血刀, に貸す, のあと, のお母さん, のお父さん, の上, の云う, の口, の右手, の居た, の性格, の祖父さん, の脳天, の若気, の親爺, の辮子, の霊魂, はかぶり, はきっと, はそれ, はどう, はどんなに, はほん, はまさか, はやはり, は何と, は何ん, は何處, は傍, は僕, は先, は卯, は妙, は嬉し, は己, は手桶, は控え目, は既に, は次, は死相, は気嫌悪そう, は永遠, は決して, は油ぎつた二つ, は短刀, は結び目, は綱, は脱, は自分ひとり, は茶, は裏梯子, は象牙細工, は部屋, は金持ち, は顏, も落合っ, も連れ, を抱いた

▼ 時どう~ (94, 0.1%)

8 したもの 7 したはずみ 6 したの 5 したわけ 4 する 3 したこと, した訳, 云ふ 2 したらいい, したん, するか, すれば, なって, なるか, 云う訳, 感じたか

1 [39件] いふもの, いふわけ, いふ恰好, いふ風に, お考, か少し, した, したか, した事, した拍子, した機みか橋, した機会, した機勢, した話, した誘惑, した途端, して, しようかしら, しようかな, するつもり, するであろう, するのよ, する積り, だこの, だったね, だったの, だとか, で春子さん, なさいますか, なりゆくか, なるかが, なるもの, なるん, にでもなれ, 云う志望, 云う腹工合, 斬り返すか, 答えて, 見ても

▼ 時にでも~ (94, 0.1%)

2 なり次第, やはり同じ

1 [90件] あの鞄, あるいは, いつも彼, うまく振る舞う, お前の, お召し, お役, お話し申しましょう, これが, さては同じ, すぐ柔らかい, するよう, そのいたみ, それは, たまには, どんな所, なったらどんなにがつがつ, ならなければ, またはぼんやり, または金, むかっ腹を, もしその, ゆっくり言わせ, よしんば馬, クリストフは, スパイは, ラザルスは, 不時の, 与えたこと, 些ア儲うけさし, 人生を, 会さなければ, 会われは, 使つ, 出て, 吹きそう, 喰うが, 四時が, 土を, 外出する, 多くの, 大人が, 学校の, 実に頑是, 實に, 小判といふ, 少し気, 屡々一緒, 常に, 常に動かし, 常に彼, 度々あった, 廻って, 弟程に, 彼が, 彼の, 彼は, 必ず一人, 思い出しても, 思って, 持って, 教室を, 昔の, 枕に, 民政党の, 清算し, 無理を, 用わ, 申しあげます, 直せば, 看板の, 真正に, 着るの, 着るよう, 礼儀と, 私の, 私は, 積まれたかと, 自殺し, 落ち着きを, 見なければ, 親切な, 言葉に対する, 記述する, 起きて, 返すの, 通りかかると, 飛び込まれやうもの, 骨を, 鬼でも

▼ 時四十分~ (94, 0.1%)

3 である, にハネ 2 か, であった, であつ, でした, です, ですわね, になっ, までの間

1 [72件] かに品川駅, からはNHKTV, から七時五十分, から五十分の間, から十二時三十分, ぐらいに皆, その時, だ, だつた, だと, だね, つまり海老塚医師, て, ですから, で今日松高山岳部, で十分許, で大阪, で立ちました, といふの, となり, と正午, になった, にのれた, には出懸けられた, には絶巓, にタイタニック号, にリオデジャネイロ経由, に凡, に出, に出発, に受取った, に古, に只見川, に四人, に多賀ちゃん, に家, に待っ, に汽車, に着いた, に立つ, に終る, に著き, に赤坂見附, に頂上, のこと, の紅海横断, の豊橋行, また車中, までこの, までにモンパルナス, までの行動, まで君ら二人, まで女中, まで待たない, よでも, より, より上厠, を打った, を指し, を示し, キッカリ, 乃至五十分ごろ, 出校, 又カット相談, 大窓裏, 漸く海抜三千百二十米突, 着ハイヤ, 着蒲郡観光ホテル, 第六哨赤坂見附, 迄か, 近し, 鳴轟一時

▼ 時ちゃん~ (93, 0.1%)

2 [31件] が帰らなくなっ, が珍, が蒲団, じゃない, その指輪, て娘, に限っ, のお家, のお母さん, のたより, のところ, の住み込み, の唄声, の手紙, の瞼, の腕, の顔, はうれし, はかじかん, はコックリ, はピシャリ, は勉強, は千駄木, は吉さん, は安心, は枕元, は淋し, は淋しい, は私, は貧乏, へ向っ

1 [31件] お茂ちゃん, がエロウ・パウダ氏, がソーダ水, が何, が大きな, が私, が自転車, が酔っぱらった, が非常, にこの間, には真実, に五円, に富ちゃん, の年始状, の父さん, の自転車乗り, はぶ, はほんとう, はまだ, はもう, はスヤスヤいびき, は俺, は冷笑, は文学書生, は馬, や光ちゃん, をねせつけ, をねせつけた, をカフェー, をカフエー, を待ち

▼ 時まだ~ (92, 0.1%)

4 生きて 2 一度も, 彼の, 息が, 若くも

1 [80件] あの有名, お店, お父さんは, かれも, この都市, これつけ, その公文書, その竹垣, それを, ちいさかった, ほんの入口, アトラクションは, ガッキと, シャルトル氏とのみ, ディプロマが, メリーが, 一時間ほどの, 一緒に, 中学生であった, 二十とは, 二十にも, 二歳であった, 五分前だ, 五歳の, 來ぬ, 写経を, 前或は, 十九であった, 十二で, 十二であった, 十八だ, 十六の, 十四歳であった, 印刷出来なかった, 口に, 口を, 外に, 大事さうに鏡子の, 失敗などは, 奥の, 子供の, 學生の, 少佐で, 庭に, 彼を, 戸は, 戸も, 掘る部分, 故郷に, 敵機は, 新しい出迎人, 日の出前の, 日出前の, 日本にも, 明るい時, 昧い, 時も, 暁は, 暗いうち, 東京に, 母の, 気付かなかったであろう, 無名作家の, 生れて, 相當, 看護婦を, 眠いの, 着かないという, 私達が, 線路工事を, 與吉は, 苗であった, 莟が, 見ぬグロテスク, 詰襟服の, 部屋の, 長椅子の, 非常の, 頑是ない, 高村さんの

▼ 時いつも~ (89, 0.1%)

3 のよう, 彼の 2 それを, 左の, 彼女の, 私は, 自分が

1 [73件] あごを, お参りに, お土産, お姉様, この事実, この香, するよう, する様, その現場, その規模, なら胸骨, なる時計, のやう, の単純, の如く, の通り, の通り片靨, の部屋, は人, は他, は物音, よくし, わたくしは, コティーの, フロックコートで, 一冊の, 一間に, 世の中は, 人となりたる, 伯母から, 使う眼付き, 傍に, 冷かして, 北の方は, 十二人の, 司会役の, 女に, 好んで, 彼が, 彼らの, 恐ろしい事件, 感じたあの, 憤然として, 掌を, 曲る濠端, 最終の, 樂屋總出で, 欠かさずその, 此時の, 残念に, 汝の, 沖には, 注意を, 済まない済まないと, 玄関まで, 現われる現象, 私の, 聖書を, 能くお, 自分に, 自分は, 西洋について, 覺ゆる, 言ったよう, 話の, 貧乏籤を, 起こること, 起して, 軽い会釈, 遠くから, 頭を, 顫へて, 高村軍曹の

▼ 時どんな~ (89, 0.1%)

6 話を 5 ことで, 事が 4 時でも, 顔を 3 ことが, ことを, ふうに, 態度を 2 ところで, 処で, 場合でも, 恥を, 表情を

1 [43件] か見て, ことに, だったか, だと, ところまで, はずみで, まずい方面, 事で, 事情かで, 人が, 命令が, 地震が, 変に, 女優が, 好い気持, 役に立つかも, 心持だった, 思いする, 手段を, 景観が, 服装を, 樣子を, 気が, 気持が, 気持だった, 災害に, 災難が, 牡馬でも, 特色を, 玩具を, 用事が, 目に, 窓の, 約束を, 苦しみを, 話が, 誘惑に, 負傷を, 音を, 顔し, 顔色を, 風を, 騒動が

▼ 時にな~ (89, 0.1%)

31 つても 5 つてゐた 2 つて, つてやつと, つて初めて, 庄屋敷村の

1 [45件] これから着ます, つたのである, つた寫眞を, つてお前の, つてから, つてからも, つてし, つてそれを, つててんでに, つてどうしても, つてまだ, つてもう, つてドユパンは, つて一に, つて一先づ片付いた, つて一同, つて伊達弥惣兵衛為永といふ, つて停車場に, つて兩眼が, つて冷静な, つて分つた, つて刷毛を, つて去, つて声援を, つて大いに, つて天下の, つて客に, つて成帝が, つて抜く, つて是に, つて本当に, つて汝の, つて治る, つて源次ばかり, つて狼狽する, つて祖先への, つて私を, つて自分の, つて著しく, つて解決する, なえから, もう俥夫, ッたら, ッて, 来て

▼ 時~ (88, 0.1%)

16 の中 6 を出 3 の者 2 が崩壊, に帰っ, に歸, のギシギシ, の前, の外, の方, の物二ツ, を飛び出し

1 [45件] から人力車, がなかっ, が空, が笠屋町, が震動, で客, で散々世話, にあ, にある, にいた, にかへりぬ, にはゐなかつた, には要らない, にばかり引つ込ん, に一婢, に仕事, に帰りし, に残した, に誰, に遺った, のお金, のどこ, のなか, のもの, の主人, の代, の古い, の周囲, の父, の猫, の系図, の裏, の裏手, の道具, の鶏, へも來, へ帰る, へ歸つて, をとび出し, を出よう, を出る, を憶, を遁, を飛出し, 鳴に

▼ 時において~ (87, 0.1%)

2 これよりも, それを, である

1 [81件] いさぎよく降伏, おや, これを, すでに精神, すべきか, すべきだ, その余力, その同志, その現存, であった, どうして趣味, なおさらである, ぼろを, またなおさら, われらの, われを, マルサスが, 一層深い, 一日の, 一般に, 事実上跡絶えた, 五ヘクトリットルの, 人が, 人間に, 他日悲しむ, 供給が, 倹約の, 全く意識, 全宇宙, 兵馬が, 初めてわれ等, 利潤は, 加賀の, 北陸の, 反りて, 国民の, 地代を, 増加せる, 天使の, 女流に, 始て, 始めて, 始めて世界, 始めて善く, 存在する, 学者は, 孫呉を, 寡婦孤児を, 幕府には, 彼の, 彼らに, 彼豈, 御朱印船なる, 徳川幕府を, 懦夫と, 我々は, 或形, 最も高, 本当に平日, 次の, 殊にそう思われる, 毛織布及び, 焉んぞ遅疑, 熱湯を, 現在における, 甚しい, 生徒の, 知って, 社会の, 福原又四郎に, 私の, 自ら俗世を, 自分と, 薪を, 行はれる, 親が, 親鸞さんの, 越前の, 達し得ると, 鎖国令を, 雷洋丸の

▼ 時~ (83, 0.0%)

3 はどんな, はもう 2 はこの, は何, は結婚, は鶯谷, よりも確か

1 [67件] がこの, が今, が出たら, が汝, が結婚, が行っ, が行つて, とお前, と久美子, に, になびい, のすぐ, の上, の中, の中止命令, の倅, の名, の心, の所持品, の手, の決心, の献上, の腕, の腰帯, の逃げる, の頭, は, はあいつ, はあっと, はあの, はいったいなんと, はただ, はたつた, ははっ, ははつきり曲者, はふと, はほっと, はやっぱり, はナゼ気, はハハア, は三輪, は今, は何故か, は偶然酔い, は周さん, は変, は外物, は女中, は嫌, は実は, は彼女, は思はず, は戦慄, は手紙, は手荒く, は斯ん, は早く, は本当に, は桑田, は現在, は真先, は真面目, は鉄, は隆吉, は随分, は高城, も帰る

▼ 時彼等~ (83, 0.0%)

3 の一人, の間, はその

1 [74件] えせ識者等, から歌, がぶつ, が使う, が悲憤, すでにこ, と前後, と知り合い, と親しく, にとっては私, に資本, のいう, のおどろき, の中, の了簡, の傍, の大, の姿, の宗教, の影, の念, の癖, の眼, の自動車, の行手, はいったい, はこの, はこれら, はどう, はどんな, はほんとに, はみんな, はむしろ, はやや, はわたし, はウンウン, はコンヴェンション, はスワデシ, は両側, は何度, は假聲, は其の, は十セント, は唱応的, は妥協, は容易, は密か, は尼僧院, は川上, は帰り, は彼等, は必ず, は忽ち, は恐ろしい, は懇, は日, は松魚, は淡い, は温情, は生死, は田園生活, は相伴う, は細い悲しい, は自党, は色, は西洋館, は言, は言われた, は近く, は陸, は頭, もやはり, よりその, をし

▼ 時によって~ (82, 0.0%)

2 それは, 変って, 妙に

1 [76件] いろいろです, いろいろな, いろいろに, きく人を, この言葉, その相手, それを, つぼの, ばかに, ひどく無邪気, ひどく表情的, びっくりする, まるで自分, ものごとを, やや広い, より若い, わざわざ関東, ヒステリックに, 一様で, 一致します, 七十尺も, 三分の二を, 丸顔に, 乱高下が, 人を, 人間の, 人間観照の, 他の, 伸子自身にも, 余りに親昵, 内でも, 出たり, 刀の, 却って客, 口の, 右が, 味が, 変ります, 変る文句, 変化した, 多少表現, 大仏次郎や, 大変出来不出来が, 大小さまざまだった, 意見の, 感情も, 慰められるという, 格段の, 正常者の, 歯を, 死以上の, 牧の, 狂いが, 狡い所謂ロシア, 生じた理由, 目茶な, 相異なり, 私は, 耐えきれないよう, 職業の, 自分そのものまで, 自分の, 舞台装置と, 良く調和, 調和し, 貴族的ディレッタント風であっ, 起伏が, 趣向を, 身が, 違いあるいは, 違う話, 邪魔に, 降灰の, 飛入りの, 骨ごと布巾へ, 高低が

▼ 時以来~ (82, 0.0%)

3 のこと, まだ押入 2 のよき, 忘れられて

1 [72件] あった事, あの覆面, いつも内大臣, いつも私, がらりと, こうしてまあ, このお雪さん, このひとり言, このネクタイピン, この宮, この島, この征矢野家, この村長, この親爺, さらに逞しい, しばらくお, すぐ後で再び述べる, すっかり客足, ずいぶん貧乏, ずっとご, ずっと京, ずっと黒眼鏡, そう信じ, そして百五十俵, そのつめたい, そのふち, その人, たびたび戦争, だ, であるらしいこと, であろう, できないこと, です, どうかし, どんなにあの, なの, ねむたい暑い午後, のお話, の大, の天真, の散髪, の渋谷駅, の考, の苦しみ, の蘇格蘭, の記念, は, はそれ, は目, ひきつづき一九四五年, ほとんど毎日, また永遠, まだしずまっ, まったく消息, らしい画家, 一層文壇, 二度と姿, 会わないん, 全く消滅, 再びあの, 初めての, 受けた印象, 実に十何年, 実に異常, 少しも, 度々であった, 心から遺憾, 著しくはつきり, 蟠が, 要は二人, 覚えこんだ癖, 離れて

▼ 時我々~ (82, 0.0%)

4 の心 2 の傍, はこの, はこれ, はどこ, は反省的, は東京, を無言

1 [64件] が引き出す, が青虫, にとってこの, にはもう, に満足, に直観的, の働き, の帽子, の後, の忘れ, の想像, の生活, の眼前, の胸, はいつか側, はいわゆる, はお, はこれ以上, はその, はもう, はサンフランシスコ, はド, は下関海峡, は今夜, は何, は何処, は何等, は個人的主観, は其報酬, は別れ, は加賀屋敷, は四台, は多少, は家, は小さな, は工場, は已に, は常に, は床, は底, は彼女, は意識的, は我々自身, は数軒, は横浜, は汽船, は河, は熊本, は相撲, は真鍮製, は社会的, は若干, は行為的直観的, は褌, は車夫, は郵便局, は長崎, は長崎湾, は間違った, は面, は食事, は驚く, より独立, わそこ

▼ 時十分~ (81, 0.0%)

4 である 3 を指し 2 だと, であった, であつ, になっ, 急いで

1 [64件] か, かで出かけました, から仄か, から今朝, から四時卅分, か十五分ごろ, きっかりでございました, くらいだろう, ぐらいまでに終る, ぐらい前, じゃありません, だ, だから, だほんとう, でかえりました, でございます, でしょう, です, でまだ充分, で三島, で帰ります, という神戸行, と時間, なの, に, になった, には千二百二十六米, にウェンゲン, にコトコト, にハネ, にバルトウ氏, にヒルバ, に下り始め, に中野, に人力, に出, に国師, に太陽, に書斎, に着く, に絶頂, に至り, に車, に閉演, の活力, の静岡行, まえを, まえ金庫, までの, まではい, もう暗く, もはやトチ, よ, を崩御, 又一, 急げば, 愈, 憧れの, 漸く広い, 考えて, 遂に崩御, 遅れると, 過ぐらい, 過位

▼ 時よりは~ (80, 0.0%)

4 褻れ 3 却つて店が, 極彩色の 2 幾分か, 彼の, 痛く見劣り

1 [64件] かえっていろいろの, くる時, この革命的, ずっと危険, ずっと強い, ずっと背, ずっと自由, たしかに十倍以上, なお淋しい, はるかに, よくなり, よほど権力, らくに過ぎ, わけも, 一そうはげしい憎, 一層の, 一層激しく, 一層足許, 一段と立ちまさっ, 一階上の, 三十代もっと, 三十分程, 不思議に, 予想外の, 二三倍の, 二十代二十代の, 余程明るく, 其の優麗, 却て, 又数倍, 反つて, 夏の, 夐かに, 多い点, 寧ろ蒼白, 寧ろ蒼白かっ, 少し赤い, 少し遅れ, 山を, 庇髪を, 強くなっ, 心も, 慥に, 或る, 智識が, 案外に, 樂だ, 気の, 熟く分った, 猶淋しい, 百幾字か, 肥って, 船員の, 萎れ皺, 覆面を, 親しくなっ, 違つてゐる, 遙かに, 遥かに強い, 雷に, 静かな, 餘程明るく, 驚くばかりの, 髪が

▼ 時~ (78, 0.0%)

4 人が 2 る人, る女, る書物, る朝連れ, る瞬間, 人に, 所にて

1 [60件] いぢ, るダンサア, る一定, る事, る人々, る人間像, る作家, る友達, る器物, る園藝家, る場合, る場合一寸此, る場所, る場末, る外国使臣, る夜遲, る学校, る家, る小さな, る席, る所, る新聞, る日, る時刻, る時期, る朝ラジウム温泉, る木, る村, る米屋, る紳士, る考え, る者, る薬, る説明しがたい, る軟, る酒, 不能如意偶賦一絶, 人々に, 人は, 大漁業家, 大阪の, 字が, 小橋を, 席で, 年上の, 教授の, 旅人が, 日兄栄次郎が, 日公判を, 村へ, 機会螽を, 機會螽を, 海邊の, 清吟小, 独乙人が, 男に, 習古楽, 處に, 酔後夜行途次往々, 雨の

▼ 時などに~ (77, 0.0%)

2 時間が, 父は, 駈け出した丈

1 [71件] いきなりドンと, この用法, する洋一, する表情, そんなの, だから彼, とくにこの, ふいと, ふとあの, ふとその, また繰り返し, やむなく君前, やれば, よくその, よく眼, よく經驗, 一二の, 一方の, 何気ないやう, 使はれる, 使わせないの, 出た, 出るもの, 困らされたもの, 国民の, 執念くまつはりつい, 堪らない空虚, 夫人は, 女の童などが, 女王は, 宮廷に, 帝は, 当ても, 心の, 心残りの, 手紙を, 時々弾い, 時たまお祖母さん, 気を, 氣の, 浜屋敷から, 漱石と, 濡れた外套, 甚く, 用いられて, 用う, 用を, 甲州話が, 秘かに, 突然そむい, 突然家人, 篏めて, 考えて, 聞くこと, 聴かれるが, 背中へ, 自分の, 至ては, 良家の, 見せて, 見舞客から, 詠みかけて, 試みに, 読むやう, 起こりがち, 起る, 身の上を, 遊びに, 閃光の, 降る霰, 集まる広間

▼ 時~ (76, 0.0%)

4 との約束 3 の妻 2 が来た, である, と云う, の事, の顔, は余, も余

1 [55件] から充分, が, が一人, が何, が外面, が小脇, が此, が秀子, が私, が茲, が証明, が遽, だ余, でしょう彼, ですか, との堅い, なら私, に何, に其の, に向かい, に対しても此, に彼様, に救わせずし, に身, に逢っ, に頼まれ, の住居, の保護, の声, の姿, の恐ろしい, の来, の様, は一種奇妙, は二度, は何, は先刻, は全く, は大いに, は少し, は次の間, は殆ど譬え様, は決して, は直ちに, は言葉, は飛鳥, へお話, も泣いた, も現に, も驚いた, を呼び, を呼ん, を怨ませ, を敵, を見

▼ 時丁度~ (74, 0.0%)

2 嘉ッコの, 天の

1 [70件] あなたが, あん時だ, お前が, お弓町, この年, こんな風, その前, その室, その時, その格子先, その頃, それが, という時刻, ガボリイは, ロザリーは, 上り線に, 京子の, 何処からとも, 僕の, 其の土地, 其人は, 北の, 午前九時でした, 午飯の, 半纏を, 向うで, 向う河岸, 君も, 大阪の, 奥で, 奥州から, 妻は, 家茂将軍の, 川上から, 帆一ぱいに, 平次と, 庚申横町の, 彫像八百屋お七は, 彼も, 彼女は, 忘れつぽい, 快い刺戟, 春藤家では, 格子を, 死人の, 水道端の, 湯に, 物置の, 珍らしく, 生れて, 盆で, 私が, 私の, 空家の, 米屋や, 紅茶茶碗を, 素人写真流行時代だった, 経川の, 義雄は, 表具屋から, 貴婦人が, 貴方の, 越後屋は, 遠方へ, 針が, 雲の, 電車が, 靈岸島の, 頭の, 驛夫が

▼ 時五十分~ (73, 0.0%)

4 であった 3 を指し 2 から四時五十分, の大阪行, までの間, を示し

1 [58件] かの終汽車, から三十何分, から三十八分, から三時十分, から五時, から同, から四時五十分の間, か七時ごろ帰着, ぐらいにはじまり, だ, だと, だ間に合わない, であったが, であつ, であります, ですかナ, でジュネーヴ行, で無事帰京, で荷物, とかのレンラク, とか言つて居, となり, となりました, と出, なり, にこの, になっ, にはマンチェスター, に不動瀑布上, に出る, に合わせた, に家, に巴里, に幸手, に散会, に東京駅, に正門, に自らロード・スタア, に著い, に長蔵小屋, に間に合う, に鶴子, の東海道急行, までの総監, までタバコ, まで陛下, までJOAK, より, 再び釜谷山頂上, 同県浜村沖, 着下り, 着八時三十五分出発, 着昼食, 第一哨桜田門, 約二千八百四十米突, 起きる, 遂に海岸上空, 鳴轟

▼ 時かの~ (71, 0.0%)

11 女は 3 女の 2 外は, 後に

1 [53件] あたり人七百余も, ほかには, やうに, 下士官は, 中に, 他の, 前に, 可哀, 君も, 声無き, 大国主袋の, 女が, 女に, 女客, 婦人に対し, 家に, 家らに, 少女が, 幸多き, 後には, 後はじめて, 後与八は, 後町の, 後私が, 徐光が, 昔に, 時眉目の, 有名な, 朝顔売り, 李香が, 機會に, 武士は, 池部郷助から, 無縁仏の, 爆弾の, 猿は, 男が, 疑ひを, 盜人雙手を, 竜来り救うた, 策たる, 箱根細工の, 絵が, 美しい花束, 美しき淑女, 者の, 聖なる目, 聖傳を, 聲無き, 言葉を, 間を, 首領が, 駒跪い

▼ 時にのみ~ (71, 0.0%)

2 それは, 人の, 佩用すべき

1 [65件] おのれ一人の, おまへは, こちらの, その価値, それを, はじめて理想, もっぱら力演これ, われわれの, プロレタリアートは, 両者は, 些かは, 人口が, 仏の, 仕事を, 使われるらしく子供, 光栄な, 全体の, 凡有る, 出でて, 初めて俳句, 初めて多, 力を, 可能である, 完全に, 実現される, 実行し得る, 建築家は, 強いの, 役立つこと, 彼女たちを, 従って競争, 従五位と, 心理学の, 必要である, 必要な, 意味を, 感じ得られる鋭い, 把握される, 明らかに, 書くこと, 本質は, 極つて, 構造組織の, 正しい存在, 水を, 独占価格に, 用いたる蕪村, 画家は, 相応し, 確固たる結果, 私たちの, 私の, 私は, 絵を, 美しいの, 行為の, 見られる佳, 訪ひ行き, 話した, 論理的という, 責任について, 起り得ること, 重大問題な, 青年は, 面白い

▼ 時ころ~ (70, 0.0%)

7 のこと 4 になります 3 帰ったよ 2 だろうか, であった, で高品さん, に, になっ, まで縫い物

1 [44件] かその, からそろそろ, から始まっ, から雲, ぐっすり寝込んだ, さらに三人, だった, だろうね, だろうひと眠り, である, であろうそのまま, であろう暑い, であろう病室内, であろう酒, でございませうか, ですか, ですわ, でその, で外出, で陽気, と思えるじ, なの, なるべし, にあたる, にいちど用, にここ, にたしか, になる, に六歳, に同じ, に着いた, に萩原くめ, に足軽, に酒宴, に青山主馬, の斜陽, まですわり込んだ, までマットレス, まで夕明り, まで次, まで賑やか, より天候にわか, 少し片づいた, 成りけん白皚々

▼ 時しも~ (70, 0.0%)

10 あれや 2 冬の, 台所の, 秋の, 頃は

1 [52件] ありけれ魯智, あれ, あれその, あれ一彪, あれ九月下旬, あれ秋, あれ見よ, お銀様, こよい, しきりに都門, すでに夕空, すでに紫, その日, アカイア軍勢は, 一面の, 久保田万太郎夫人告別式の, 五月の, 享保八年七月十六日にて, 今夜という, 凩に, 十一月の, 十月中旬の, 又, 土手の, 夏の, 天下は, 天井より, 太田主計頭が, 孔明は, 家の, 寒気肌を, 屋の, 岩手軽, 廊下を, 建安四年六月, 得三, 得三等, 忽ち見る, 旨飯を, 春, 春更け, 此方の, 沛然として, 碧海島の, 秋四方の, 窓外の, 老いし小使, 赭き, 軽装した, 非常ながら, 颯と夜嵐, 鬱金木綿が

▼ 時~ (69, 0.0%)

1 [69件] いかで理, から始まった, がまこと浮世, が今生, が六尺, が又, が土地, が旅すがら, が最初, が此座, が武士, が發心, が眞, が若し, が身, が陳情, こそは中, さては其方, たのむは, だったという, であった旅僧, である, というひと, とは武骨者, と云, と云っ, と名, なりけり, にあはれ, には兎角, にほかならなかった, にもならず, に假託, に句, のあはれさ, の分, の名君ぶり, の堅持, の妾, の寒飢, の廻國物語, の時代, の氣風何時, の為, の耳, の落胤, の著, の行脚時代, の造らせたる, は世, は兩手, は自, は默然, ふて置いて, ほどの武士, また元, も連, や泰時, や講談, を末頼母, を瀧口, を知れる, を辭, 善く聞け, 常にも, 未だ夢, 直ちに後世, 近う寄れ, 進んでは

▼ 時ちょうど~ (68, 0.0%)

1 [68件] いい処, いかめしい重たい漢字, お勝手の, お静, ここへ, この話, その仕方, その小径, その町, に正体, ビタミンの, ピストル事件が, ロンドンで, 一人の, 上の, 上野の, 上野公園で, 下から, 下を, 丸木たちの, 事務所を, 例の, 先生に, 八十四歳いっぱいに, 勤め先へ, 友の, 大手前, 大火が, 夫婦喧嘩を, 奈良から, 居合せた私, 平次と, 庖丁の, 店の, 店先へ, 庚申横町の, 彼女を, 扉を, 教会堂の, 日ざかりで, 木彫や, 松井大将絞首刑の, 桜田門停留場まで, 森の, 槌を, 水を, 河岸で, 湯へ, 燈台通いの, 真向う, 眼の, 石原の, 祈祷書を, 祠の, 秀吉は, 私の, 立ち去りながら, 紙に, 罷工し, 肝腎の, 肥運びの, 蜘蛛の, 誰かが, 郷里で, 隣席で, 風が, 駕籠で, 鶏が

▼ 時ちょっと~ (68, 0.0%)

2 前, 前でした, 過ぎたころ, 過ぎた時分

1 [60件] あなたの, うけ口, きまりの, したら先生, の警官, ばかり懇意, まえである, まえに, まえ二階, もの哀れ, エリスは, ヒヤリと, 一瞥を, 何と, 内野さんの, 別れの, 前かな, 前くらい, 前ぐらいから, 前だ, 前だったでしょう, 前もちろん, 前頃であった, 参りましたあの, 喧嘩した, 困った, 寄って, 廻ったくらい, 引掛け, 彼の, 彼等の, 恨を, 来ます, 歩いただけ, 気が, 泣いて, 注意を, 男に, 痛いん, 眼を, 立ちどまって, 立ち停った, 立ち止まって, 立ち止るよう, 竿先が, 筆を, 肩を, 自分の, 茶目気を, 襟を, 見えたわ, 見たが, 覗きこんで, 言葉を, 身動きを, 迷信家の, 過ぎた頃, 電車を, 首を, 驚いたの

▼ 時~ (68, 0.0%)

25 をし 12 をした 10 をする 3 して 2 をしました

1 [16件] だけに終つて, などをし, に, に答える, のところ, の形, はいっそう, は全然, も御, をされた, をしたい, をしない, を叙, を致, を詳しく, を述べ

▼ 時あっ~ (67, 0.0%)

2 て起つ

1 [65件] ていうとき, てかかる, てか出頭, てくわえられる, てこの, てこれ, てこれら, ての倖, ては人里, ては小癪, ては蒼海, てぼ, てムク犬, てユダ, て不意, て世界全体, て之, て人, て仄, て催される, て全, て勢, て口, て吾, て変, て姿, て寄り, て巡り会った, て彼ら, て必要, て忘れられます, て怒っ, て思い出され, て意識, て憂, て或, て提婆, て教養, て旅, て日常生活, て明るく, て是, て暗く, て月, て杖, て法外, て洩らす, て湧き起こる, て発現, て相, て禍い, て肩, て胃, て自動車, て自然, て莫大, て著しく, て誰, て遠い, て長広舌, て靴, て頭, て顕れる, て風, て駒井甚三郎

▼ 時じゃ~ (67, 0.0%)

11 ないか 6 ありませんか 2 ありません, ない, ないかと, ないと

1 [42件] ありますまい, ありませんずっと, ありませんぜ, ありませんね, ありませんよ, ありゃァ, あるまい, お姿, でわし, ないしね, ないぜ, ないだろうか, ないって, ないなんて, ないの, ないよ, ないわ, ないん, ない二人, ない眉, ない誰か, ねえかと, ねえでしょうか, ねえの, やっと眼, アあるまい, アあんめえ, アない, アねえや, アねえやな, 何ぞお話し, 参ろうぞ, 工合わるい, 徒らに, 日が, 時勢じゃ, 有りませんネ, 無い, 私たちは, 私と, 膳には, 芝居で

▼ 時などには~ (66, 0.0%)

2 今でも, 夜は, 美奈子は

1 [60件] あたりの, いつの, ききとれないよう, この光榮至極, その女性的, その指揮, たとえストーブ, どうかする, ふと思, ジョルジが, 三人口を, 中で, 中姫君, 二人は, 二匹の, 云い知れぬ霊感, 先ず子供, 先生の, 其の方, 出して, 勇敢に, 危険で, 古い器物, 右近を, 名の, 囲炉裏の, 娘さんが, 子供の, 宅に, 実際我々, 彼の, 彼は, 往々に, 忌々しげに, 忽ち大蛇, 普段人家に, 最も適切, 板倉に, 楽しさうに世間話, 樂し, 樒を, 母は, 毎度此方から, 特に意地, 白衣を, 皆馬に, 私などを, 線路の, 考へ, 自分でも, 若き看守, 葵女御等と, 適には, 部屋に, 随分と, 随分はげしき, 非常に, 風雪に, 麓で, 麦幾許

▼ 時なり~ (66, 0.0%)

6 ければ 2 その上, とも内閣大臣たる, とも各, とも皇帝, 奧の, 心も

1 [48件] お耻かしく, けむ風雨, けらし, けん翁, しかして感謝, しが, しと, たとい一日, とかや, とこの, ともこの, ともその, とも建武中興, とも捧ぐべし, とも爾, とも空気, とも美しく, とも要求, と上, と主張, と云, と伺候, と大, と安らか, と心静か, と持たせまし, と推定, の高い, ませぬ蛞蝓, や誰, 三年の, 三社の, 今ぞ, 今日こそ, 仮令一発二発, 何卒此儀, 吉兵衞は, 変ったの, 実り頃実家の, 少き時, 我いまだ, 汝我に, 汽車は, 神は, 第三歩翼, 糸子が, 腹充ち, 非人三党の

▼ 時すこし~ (65, 0.0%)

8 前に 3 まえに, 過に 2 すぎに, まえです, 前, 書き物を, 過ぎたところ, 過ぎに

1 [39件] すぎ, すぎそちら, すぎたころ, すぎたばかりだつた, は秋, ひねくれて, まえセトモノ屋, まへで, まわったばっかり, まわった刻限, まわって, 前から, 前だった, 前で, 前でした, 前です, 前と, 前には, 前の, 前まで, 前サイレン, 前起床, 前金五郎は, 廻ったころ, 後方に, 滑りぎみな, 過, 過から, 過ぎくらいの, 過ぎた頃, 過ぎだった, 過ぎでした, 過ぎ裳, 過たところで, 過であの, 過でね, 過には, 過の, 酔って

▼ 時でなけれ~ (65, 0.0%)

4 ばならぬ, ば決して 2 ばどう, ばならない, ば詩

1 [51件] ば, ばいけない, ばうたえません, ばかえれず, ばけっして, ばこの, ばたちよる, ばだ, ばだれ, ばちょっと, ばできない, ばなりません, ばまた, ば人助け, ば人間, ば入れ, ば公開, ば出す, ば出入り, ば出来なかった, ば分りまし, ば別々, ば吹い, ば外貌, ば室内, ば小刀, ば帰らない, ば年寄, ば心から, ば恋愛, ば我が国, ば教, ば暗く, ば格子, ば此, ば歸ら, ば殆, ば残肴, ば滅多, ば演劇, ば現れず, ば用いた, ば眼, ば笑, ば見られない, ば見分け, ば言う, ば起きません, ば開けません, やお, や駄目

▼ 時~ (65, 0.0%)

3 の連合軍 2 の声, の陣営

1 [58件] かなりおかしげ, かむと, がさした, がひっさらう, がスペイン砲, が信濃, が参りました, が持ちあげる, が腰かけ, が話そう, が諏訪頼, さえない, ささやき出した, さも不安, じっと何, そういう者, その者, だが, つて, である, でこれ, でつづい, で屋敷, で自分, となる, とは驚いた, と名, と次, などの手, にいわれ, の一味, の一隊, の先見, の兵, の助け, の片腕, の言葉, の軍勢, はれたの, はれた所, はれ萬物生育, は木, ばかりでなく, ふ儀式, へ渡し, を共に, を大将, を見詰め, を追って, を逐う, 一層小声, 依然として軽い, 改めてひろげられた, 突っ立った, 突然ひょうきん, 立ち去って, 逢った父親, 違う人

▼ 時によっては~ (64, 0.0%)

2 非常に

1 [62件] このからだ, この地方, これを, その心痛, それを, なかなか大変, はっとさせられる, まるで別人, もっと老け, 一人も, 一道の, 三尺ぐらい, 下の, 九州の, 二人の, 二日や, 以前よりは, 僕も, 先生の, 全く問題, 全く抛っ, 兵隊でさえ, 勇敢な, 勇猛鬼神を, 十日や, 十銭玉一つ入っ, 合同し, 吉田といった, 和郎さんの, 大多法師, 失敗も, 好い景色, 客観的にさえ, 小ブル, 川と, 左翼文学運動とは, 当然の, 彼の, 心やさしい, 必要である, 恐れ入ったり, 意外なる, 数年経っ, 普通の, 毒舌も, 水霜も, 法という, 火つけも, 煮豆佃煮の, 理非を, 男以上に, 登場人物の, 白水を, 立替えをも, 簡単に, 経済上の, 肉身の, 自分の, 至極社交的, 藤原と, 補助し, 身体の

▼ 時始めて~ (64, 0.0%)

4 自分の, 見た 2 主人の, 竹の

1 [52件] あの老爺さん, あの鵠沼, この男, この若い, この鉢, その女, その手, ほんとうに, わが社, ジャンボーの, ヂッケンスの, 丑松は, 世間並の, 人に, 作りて, 偉大なる, 全である, 勘づくくらい, 化学は, 千枝子は, 唯物主義を, 嗅ぎ覚えたウイスキー, 女の, 実行に, 尾張町の, 座蒲団から, 思惟の, 故郷を, 文芸の, 月の, 服屬せし如く見ゆべく記せる, 父親を, 生きて, 病人は, 眞正に, 緊張し, 考えました, 聞けるの, 自然主義に, 船の, 芥舟君から, 苗場である, 菅笠の, 蒙古, 藤原公正が, 蜀紅葵とか, 袖に, 見たやう, 親愛の, 諸君は, 釘の, 門は

▼ 時~ (61, 0.0%)

2 つて

1 [59件] あなつたのは, あんたあ, いちや, おいらッち, おいらツち, お前の, かかさずうしろ, さうさ, そごの, そん人に, たまの, ってかあの, ってかその, ってか竜, ってか駒井, つては, つて來り臨ん, つて來臨する, つて努力の, つて姿を, つて嫁入りした, つて子孫の, つて明るく, つて智恵子の, つて智惠子の, つて暗く, つて演出する, つて演芸を, つて澄みき, つて行はれた, つて財産家の, つて里を, つて門から, つて閃めき, とても頭, なんだけ, ばたっ, ひ手, まだ息の根, われな, 上州の, 何でも, 俺あ, 俺も, 問題を, 壮六も, 張り倒したって, 悪いもん, 悪い事, 振り返りも, 村の, 深川の, 狂人が, 盆ゴザに, 目の, 誰の, 針や, 黒田先生にも, 黒田君に

▼ 時よく~ (60, 0.0%)

2 それを, 稲の, 調べて, 飛沫の

1 [52件] ありも, ある種, お友達, お唱, お盆として, かう云, この野蒜つみ芹つみ, これを, すくい候事, する表情, その品物, そんなこと, は分らない, やるの, やる癖, 之に, 休むため, 休む困った人, 僕の, 冗談口を, 冴えた鈴, 出入を, 分らなかつたの, 判らなかつたが, 双方の, 唾吐く, 壮年の, 密会を, 寝入って, 思い出す一事, 思い出せる様, 掻き廻さないと, 松茸を, 気を, 気味悪い夢, 気絶し, 注意し, 浄瑠璃の, 混ぜます, 父の, 版を, 申しました, 相談する, 私共に, 私達は, 空寝を, 膨れなければ, 自分で, 自分は, 見れば, 起こるよう, 釣瓶から

▼ 時~ (60, 0.0%)

4 助は 3 助樣, 大屋子という 2 助が, 助これは, 助と, 助には, 助様の, 大屋子が, 大屋子の, 大屋子を

1 [34件] が必然, に答, はその, は何, は政治的事物決定, まで弁護人, を吾, を思い止まる, を悼んだ, を拒み得る, を救, を有, を歌, を混乱, を目, を科学的, を覆し, を警戒, を追, を避けざれ, を鎮める, 丞と, 丞に, 丞は, 以上出る, 助様は, 助様も, 助様御, 助樣御命, 大屋子とて, 山に, 捌, 相ヲ観ズルニ, 種々之

▼ 時~ (60, 0.0%)

2 地主の, 地震が

1 [56件] そうりっぱ, なる動亂, なる群衆, なる鷙鳥, な魚, に乱れ, に反対, に感心, に物議, に自分, に行, へんていねいに, へん大きな, へん悲し, へん興奮し, 不出来し, 伝馬町四丁目大丸呉服店所在地の, 凡そ見当が, 劇場に, 匙一杯の, 司馬と, 咯血を, 喇嘛の, 囲炉裡に, 地震に, 塩の, 天文台からは, 天文台より, 奮発じゃ, 學に, 學其他の, 岩石層の, 得意で, 慧は, 打撃を, 損害だ, 摩の, 旦那は, 時計の, 梁の, 楯の, 欅の, 歓喜の, 法官も, 海嘯が, 滑稽を, 異の, 破損を, 碓命は, 聲を, 行列が, 衝突が, 變な, 部分主人に, 部隊の, 體次の

▼ 時~ (60, 0.0%)

8 の中 4 のうち 3 なきやう, の平和 2 の内, の底, は心

1 [36件] おきない客同志, が沈んだ, が苦しく, が魔道, ざしありて, ない山風, にさす, にも無い, に一杯, に何, に感じた, に持っ, に日本刀, に浮び, に浮びし, に燃え上る, に誓つたの, のどこ, の乱れ, の冷え, の寂しい, の急がざる, の悩み, の激, の眼, の表面, の裡, を寒く, を打, を打つ, を潛め, を組み立つる, を走つた, を附, 急いた状, 易くな

▼ 時~ (60, 0.0%)

11 の方 9 の戸 3 を通る 2 では何, で行商, の格子戸

1 [31件] から, からふい, から二階, から台所口, から呼ぶ, から嫂, から百瀬鬼骨, から細君空子, で, では犬, でガラリ, で世津子さま, で待ちくたびれ, で第, で若い, にいた, にかけた, にふと, に待っ, に急, のくぐり, の土間口, の庭, の引戸, の御, の扉, の雪, へ出, を専領, を電車, 戸が

▼ 時とか~ (59, 0.0%)

2 あるいは歩い, 手代の, 父の

1 [53件] あの人, あるいは御, あるいは法王, かけおちの, さもなければ酷く, すっぽんの, そういったよう, そこに, その他恐ろしい, その恋人, それでなけれ, つれづれな, で伯父さん, なにかやりきれない, はらぬ調子, または一般的, または堀切, または少し, また寄宿舎, また著者, また部屋, わたしの, 二三ヶ月に, 五時とかいう, 休んで, 何かの, 便所へ, 八教とかに, 八時出船という, 兵隊に, 内密の, 労役に, 印刷物の, 危急存亡の, 厠へ, 又は大, 夜寝る, 天気の, 広い世間, 御自身, 教養に, 机に, 歌を, 決っては, 決つては, 洗濯を, 病気で, 社会から, 神経衰弱に, 薬の, 諸大名, 道を, 電話とか

▼ 時わたくし~ (59, 0.0%)

3 はもう 2 の顔, をいかばかり

1 [52件] が肝, には始め, に匿われた, に父, に魔, の兄, の内, の口, の年齢, の最も, の渇き, の胸, の覚えた, の長屋, はこういう, はこれ, はその, はそれ, はただ, はどっち, はどんなに, はなんだか, はふと, はまた, はまだ, は下町, は何, は何と, は再び, は前述, は北島さん, は十四年, は向う, は唯, は夢中, は宙, は年, は弁駁, は悲しい, は折々, は更に, は曾, は朝鮮人, は本当, は正しい, は特に, は的矢, は直に, は見る見る, は過ち, は鴎外先生, を取り巻い

▼ 時即ち~ (59, 0.0%)

1 [59件] このよう, そが, そのよう, その事物, その文化的能力, その理性, それが, それらの, もっとリアリスチック, わが, アルヴォルの, 一五四五年には, 一日の, 主體自ら, 之と, 事実の, 他との, 個人の, 十九世紀初頭である, 十月一日より, 又対象そのもの, 同日九時頃には, 多くは, 大衆が, 天堂の, 実在と, 実在の, 寒き季節, 対象と, 弘安四年, 意識中心が, 我々の, 文久二年に, 文禄三年の, 斷食を, 昨夜と, 晴れの, 本文に, 歴史的時間が, 湿度一〇〇の, 無組織化, 理想が, 生を, 生活でなくなった, 生長速度の, 発展の, 稷下に, 稻刈から, 第六時, 純客観, 絵画は, 腦は, 自己の, 虚空間だけ, 表現の, 豐臣秀吉の, 造作的に, 過去せる, 鞦韆は

▼ 時~ (59, 0.0%)

32 に対していくら, はその, は何

1 [50件] から子供, から帽子, から苦情, がふい, が云った, が彼, が眼付, が血, と看護婦, に, に一切, に云, に別, に煮物, のある, のさい, のとま, のテワス, の両手, の以前, の依, の微笑, の機轉, の歩調, の歳, の母いわく, の物語りし, の真帆子, の話, の部屋, の金髪, はでも感心, はとう, はとうとう, はどんな, はもう, はわざわざ, はホイットカム, は今, は夫, は尾頭つき, は愛想, は手, は死んでしまつた, は流石, は自分, は軽い, より一層, を嫌つて, 依羅娘子

▼ 時~ (59, 0.0%)

6 の前 2 がさめる, に涙, に見えぬ, も眉

1 [45件] がさめ, がさめた, がふと, が大きく, が沾, が覚めよう, が醒めた, が醒めました, が離せなかった, と眼, にいっぱい, に付いた, に映る, に見, に見え, に角立て, のあたり目撃, のやり場, の小さな, の病, の膜, をあげ, をあげた, をさまし, をつぶ, をつぶってる, をふさぎ, をパチパチ, を上げ, を光らせた, を据ゑて, を掩, を楽, を樂, を病ん, を瞠, を移し, を細く, を見るべからず, を見合, を見張り, を醒し, を閉ぎてあゆめば, を閉ぢ, を開い

▼ 時でない~ (58, 0.0%)

2 と人

1 [56件] から都, から醍醐, ことは, ことを, ぞ, という気, といかん, といけない, とうっかり, とうつ, とかけない, とこう, とずっしり, とはいえ, とは云, とよく, とモヒ, と下城, と使っ, と冒険, と出来ない, と容易, と応じない, と思います, と思つた, と思ひ, と旅, と深く, と滅多, と考へた, と蒼く, と見えん, と見た, と読書, と遊ぶ, と部屋, と鐚一文, と開かない, と顔, と飛ん, のだ, のに口, のは, までも我等, やうな, 事, 以外どうして, 僕の, 先ず婆, 時に, 時尋常の, 柵外に, 機会が, 群生活の, 限は, 限り殆ど言葉を

▼ 時~ (58, 0.0%)

1 [58件] からお嬢さん, からぱッ, からゴム, から一人, から二人, から五, から女, から晴れやか, から格太郎, から爆音, から爽, から背広, から開け, から霊魂, がその間, きいて, くだらないおしゃべり, それとなく密偵, そんな顔, たぎり立って, ただもう, でいちばん年, ですから, でたしかに, で互に, どんな人間, にはあわてふためい, に入った, に固い, に挟ん, に沢庵, に立っ, に這入, のクレヨン, の三人, の賑やかさ, を迎えた, クラクラする, 世紀の, 同じ所, 少しの, 張りきって, 役立てること, 徒士町に, 忘れざりしが, 忘れること, 持って, 曝されて, 皇命が, 眠れなかつた, 繰り返す真理, 考えてなぞ, 考へて, 考へてなぞ, 若い野沢富美子, 行事の, 見て, 起って

▼ 時廊下~ (58, 0.0%)

4 に足音 2 の奥, を急ぎ足, を歩い

1 [48件] が一方, が暗く, であわただしく, でランプ, で人, で又, で明日子, で立並んでる, で行き合った, で誰, で足音, で顔, にいた, にドヤドヤ, にバタバタ, に並んだ, に人, に山吹, に忙しい, に急がしい, に草履, に荒き, に面した, の人込, の向う, の向う側, の向こう, の外, の小暗い, の彼方, の方, の窓, の薄暗い, の跫音, をいそい, をばたばた, をバタバタ, を先頭, を慌しく, を走っ, を走る, を足音, を踏み鳴らし, を踏む, を通つた人, を通り, を間違った, を駈け

▼ 時私達~ (57, 0.0%)

2 の心, の間, の頭, はこの, はこんな, はその, は何

1 [43件] がその, がどやどや, が一体千鳥川, が少女, が若し, ちは, の個性, の定食, の後, の手, の目, の真実, の耳元, の非常, の鼻, は, はかけおち, はついに, はまた, はもう, はアヴァランシュ, はホッ, は一つ, は土, は家, は宿泊所, は寂, は小, は思わず, は愛, は救い, は旅人, は更に, は未来, は正面, は河, は照國丸, は突然, は級長谷, は自ら救ふため, は蟲酸, は酒, を案内

▼ 時おれ~ (56, 0.0%)

2 は細君

1 [54件] があの, があやまったら, があやまつたら, がお, がつくづく, がわざと, が何, が古い, が容易く, が怒り, が親父, が馬, が駈けつけ, に番人, に盗み, のすぐ, の心, の愉悦, の所, の生涯, の顔, はあんなに, はおこわめし, はけが, はこ, はこう, はすぐ, はすぐそう, はそば, はちょうど, はどこ, はまだ, はソーニャ, は一生懸命本堂, は半分, は卑劣漢, は大いに, は彼女, は思った, は急, は既に, は書物, は最初, は気, は狸, は男, は皿, は相手, は脳天, は舌, は親しい, は親父, は錠前, を本当に

▼ 時なぞは~ (56, 0.0%)

2 大層御, 廊下に, 着いて

1 [50件] えらい権幕, そこの, その光り, その時分, その気持, その頬, だいぶ働いた, どうかすると, どのくらい, どの山, ほとんど毎日, ほんの形式, よくあなた, わたしの, スイと, フランスの, 一寸頼もし, 一応は, 一通りなら, 三か月も, 上手から, 今の, 令夫人やや, 何か, 何といふ, 何となく嫌悪, 先生が, 其時分の, 君は, 女で, 宛然文人画を, 少しうつむき, 尻が, 山下さん世の中が, 抑え切れないほどの, 持前の, 最早年頃, 村外れで, 殿様が, 毎日毎日大入り客止めで, 無理に, 牛乳配達の, 真実に, 窓の, 薬抜きで, 袖口や, 誰も, 軍服を, 野良犬の, 院長の

▼ 時までには~ (56, 0.0%)

3 帰って 2 どんなこと, 帰ると

1 [49件] あとたった, あと僅か九時間と, いろ, いろいろの, かえれるさ, かならず帰る, かれこれ三十分足らず, きっと何, きっと帰っ, きっと直っ, その祝意, だいぶまが, どうしても生糸, ほんの數分, まだ一時間以上, まだ三時間, まだ時, もう四十分, やっと一通, 一時間しか, 上りますとの, 余すところあと四時間, 充分本所, 充分着きます, 勝負を, 参りますからと, 問答無用派は, 城跡へ, 山上は, 屹度引張る, 岡村へ, 床に, 彼は, 必ず加茂川べり, 必ず帰っ, 必ず帰る, 必らず出かけ, 拘引し, 明石に, 村へ, 正確に, 歸らなき, 療養所に, 絶対に, 編輯者諸君が, 落命し, 行けるだろう, 諸君も, 間違わずに

▼ 時わが~ (56, 0.0%)

2 傍に, 軍の

1 [52件] いふ處忘る, みは, ゐたる一株, をの, ヒンニーと, マデライン嬢とともに, 上を, 主君には, 主驚く, 信越間の, 先鋒隊は, 呪いの, 命は, 國からは, 室の, 容姿の, 導者は, 導者聲を, 居たる一株, 左に, 師は, 常勝の, 心に, 心の, 心より, 心挫けざりし, 心琴の, 恐れ少しく, 懇志を, 手振るい, 手最も, 故郷ならざりし, 末山大将の, 爲せる, 目あきらかに, 目と, 目に, 目恥を, 眼に, 立ちし背, 第二艦隊, 精神の, 素戔嗚は, 細綱, 胸は, 胸を, 舟も, 船ペルー港カヤオに, 軍は, 連合艦隊は, 雄は, 風に

▼ 時~ (56, 0.0%)

2 の目, の胸, は努め, は向う, は決然, れが

1 [44件] いら, がおばさん, が一時嫉妬, が其の, が子, が怒っ, が手前, が黨與, が鼠半切, のこの, のほか, の信ずる, の分, の家, の星, の考, の考へ, はこの, はそれ, はふと, はもう, はアムステルダム, はオオギユスト・ドユパン, はワシリ, は丁度, は予期, は云, は其顛末, は十二, は却つて廊下伝, は呆れ, は多分, は始, は実に, は己, は忽然本国, は或, は現に, は考へた, は胸, は自分, は骨, も八歳, を愛する

▼ 時~ (56, 0.0%)

2 の方, の障子

1 [52件] からさす, からやっと, から一台, から十六代様, から君江さん, から押す, から来た, から棒, から熊さん, から牛, から独り, から猿ガ京行, から現われ, から肩, から蟒, から追いかけ, から馬, が女, だから, といえ, となっ, におよそ, について贅沢, にて聞け, になっ, になり, に尾, に残し, に残った, に殘, に近接曲者, のキリスト教建築, のドア, の墨, の夜, の竹, の駕籠, はようやく, は濃霧, へのこっ, へ反る, まで戸外, まで西天, る, をふり向いた, を尾, を振り返っ, を見, を閉めよう, 何分経て, 戸を, 脳を

▼ 時~ (55, 0.0%)

4 ういふ 2 う云, へ一寸, ほ子

1 [45件] あったって, あの一件, ういふ時, うした, うして, うやつ, う云つて, う呟いた, う思, う思つたの, う思つて, う思ふ, う感じる, う考へた, う見れ, う言, お前さんちょっと, お巡査様, しか, つそく一浴一杯, つそく豆田炭坑, つと手, つと身, つぱり意味, のもう, へあつ, へある, へはつきり, へも鱶, へ來, へ嘘, へ寂し, へ必ず, へ我汝, へ水, へ畢竟, へ磯臭い, へ面, へ面隠し, ほどに苦しまずし, も弱り切った, アいよいよ, アッと, ツき, 船は

▼ 時なんか~ (55, 0.0%)

2 凄いこと, 川へ

1 [51件] うまく使ってる, おかみさんの, お世辞, きみと, すこぶる愉快, すてきだ, たいへんおいしく, つーん, とても変, どころで, まとまって, まるでない, もう二度と生き, もう五分, やかましく云っ, わざとぎゅっと抱く, 一ツ猪口戴く, 九目という, 今目を, 何んで, 側で, 僕も, 南さんは, 向うから, 四人の, 女史も, 子供は, 実に愉快, 小さな眼, 廻り途を, 弁当を, 彼女の, 彼奴, 御新造樣か, 御母さん, 恐ろしくまっか, 方々様から, 明る過ぎ, 時々ちらと, 暑うい時分, 木と, 歓声を, 武田は, 照れたりなんか, 緊張の, 訳も, 警察の, 金を, 面倒な, 面白い話, 駈け出したり

▼ 時人々~ (55, 0.0%)

52 はこの, は紀昌, は驚いた

1 [44件] が空間, が自分たち, に取囲まれ, のうしろ, の不安, の多く, の気, の身体, の顔, はきっと, はしばしば, はどう, はほんとう, はまるで, はやう, はようやく, はアー, はディレッタント, は一つ, は一方, は之, は二人, は例, は僕, は別荘, は即座, は合掌, は多く, は大いなる, は奇異, は始, は弁証法, は強い, は彼, は彼女, は恐らく, は現, は生活, は皆, は美貌, は胸, は自分, まづ, を見返かえり

▼ 時~ (55, 0.0%)

1 [55件] その誰, その項, と共に名残, にかえって, にもあらず, にチチヤノ, に明らか, に答, はすこし, はその, はた, はともに, はぬけ, はをぢ, は一, は今, は他人, は先, は先んじ, は又, は唯, は圖ら, は多く, は己, は悲しめり, は憐, は我理想, は我胸, は数理, は既に, は日, は早く, は是, は本郷菊坂, は汝, は血, は詞, は變, は費す, より先, より進ん, れに, れ我, れ痛く, れ陣營, れ雲, わが悦び, を忘れ, を恐れ, を棄て, を疑, 幼くて, 書ける小, 泣くとも, 起きいでん

▼ 時そんな~ (54, 0.0%)

12 ことを 4 事を 3 ことは, ものを, 風に 2 気が, 話を

1 [25件] おさきまつくら, お婿さん, お爺さんが, かけ声で, ことが, ものに, もん買う, 不本意な, 事については, 凄まじい事件, 咄が, 噂が, 大それた, 時わざわざ, 様子を, 死に方, 気兼ねや, 生意気な, 直感が, 科白を, 表札を, 言葉が, 言葉を, 金を, 風な

▼ 時と共に~ (53, 0.0%)

5 倦まずに 2 その光, 濃密の

1 [44件] いかに移り変っ, いた者, いよいよよく知る, いよいよ地中, いよいよ気むづかしさがつのる一方, この男女両性, これを, だんだんくつきり, ますますはっきりと, もくもくと拡大, わが国の, 二つに, 凋落する, 南の, 善処始末した, 在る一族御家人, 増すとも, 変り又, 失はれて, 失はれ來, 成長した, 推し移って, 推し移ろうと, 改正され, 日本民族に, 浮動する, 消え去った過去, 消え去って, 漸次養われ, 発達し, 益々わるく汚, 相手が, 磨かれ輝き, 移り行く, 種類の, 評価が, 転換する, 進化すべき, 進歩改新せられね, 錆びて, 需用が, 非理性的と, 駈けて, 鮮明確実と

▼ 時以後~ (53, 0.0%)

2 にこの世, もう宅, もペン

1 [47件] からでなけれ, から夜, だったら断然, であり諸国, である, であること, であろう, です, でなくば, では, という事, といふ意味, ならたいてい, にこの, になった, になるでしょう, には早く, に外出, に於ける, に来る, に次回興行, に起った, の外出, の外国, の婦人, の広小路界隈, の時間, の歌, の航行制限, はすっかり, はなお, はもう, はもう何ら, は何もかも, は何ん, は呉羽嬢, は営業, は宿直, は左方, は庭先, は必ず, は盛り場, は直ぐ, は誰, もう少将, 再び感ずる, 漸く固定

▼ 時玄関~ (53, 0.0%)

6 の方 5 で, の呼鈴 3 の格子

1 [34件] から匍匐, から声, から真直食堂, から若い, が開く, でさ, でまた, でベル, で会った, で呼鈴, で涙, で見掛けた, に, にも廊下, に出, に当たって人声, に当っ, に御免, に案内, に美緒, に訪れた, に近い, のあたり, のほう, の中, の人声, の外, の戸, の所, の間, へ一団, まで出迎える, まで行っ, まで送っ

▼ 時こそは~ (52, 0.0%)

2 彼の

1 [50件] あっぱれ右大臣左大臣に, いかに僕, うまく跡, おまえの, お気の毒, こちと, この問題, この新, すべての, その友人, たとえ勝算, まったくの, アタクシも, サルトル商会の, 下宿や, 今な, 今程, 他界の, 全国行脚を, 全村老若, 勝負が, 単に現実, 即ち常に, 吾, 呪の, 問題が, 問題だ, 夫婦別を, 奥様も, 妾が, 妾の, 少しも, 市之丞殿の, 幕府の, 徐かに, 心の, 心ゆくまで, 思い切って, 断然と営, 本妻の, 本当にびつこを, 正に敵国人, 死ぐばっかだ, 火にな, 爾をば, 用捨なく, 直ぐに, 素敵だろう, 逃げも, 遠藤主膳喜ん

▼ 時であり~ (52, 0.0%)

1 [52件] お二人, ここに, この時期, この江戸表, これからは, そして大友皇子, そして敗北, そのとき自我, その第, それからこの, それも, たいていおとな, たとへば完成, なかに, ながらその, ながら気分, また不安, また私, アンデスの, クリストフの, シルヴァン・コーンでは, ドイツの, 一時いわゆる, 九本の, 京都の, 人は, 伸子の, 全盛の, 又しなけれ, 又現にそう, 同時に彼, 同時に突き刺す, 善作は, 場合が, 奉公至誠の, 女学生達は, 婦人問題に対する, 少しでも, 幕間の, 彼女は, 後に, 從つてそこでは, 意外の, 懐しみの, 或人, 昼の, 有名な, 次に人, 瞬間であった, 美術学校に, 老期及び, 青山の

▼ 時~ (52, 0.0%)

10 の外 3 から首 2 の下, の内, を開く, を開けた

1 [31件] からすうっ, からその, からそれ, からのぞいた, からのび上がっ, から半分, から半身, から外, から機関銃, が開い, にどんな, にはまだ, によって眺, に映, に添う, に立つ, に頬杖つき, のすぐ, のそ, のそば, のムウルヂング, の側, の処, の前, の戸, の真下, の硝子, の近く, へ目, へ逃げ, を越え

▼ 時さん~ (51, 0.0%)

4 のお 2 の方

1 [45件] かてもう, がやられた, が不品行, が並ん, が來, が危い, が坊, が言ってた, が通った, が道理, ですよ, というん, という大きな, といふ名, とお, とはなほさら, と娘, どうして, には気の毒, にも話し, に何, に渡し, に生命保険, の一件, の妹, の姿, の子, の弟, はいい, はその, はわし, は一昨年, は天神さん, は病身, は確り, は自分, は飮, ももう, やない, を二度目, を奧さん, を忘れるちふ, を愛し, 大へん, 泣いて

▼ 時其の~ (51, 0.0%)

2 ま, 蔀を

1 [47件] お屋敷, ホテルの, 一館に, 両方に, 乳房に, 人の, 作品から, 傷痕を, 刃に, 制裁を, 前を, 剪り去りし, 土地の, 墓の, 墓石を, 大臣が, 室の, 室へ, 家へ, 幾分を, 廃黜する, 廢黜する, 従人等人を, 手が, 日を, 時こそ, 時の, 村方を, 校長の, 樂みや如何なら, 洋傘を, 火が, 火玉を, 男は, 白妙を, 研ぎ減らした唐鍬, 秘伝を, 罪の, 美しく青々, 身體精神の, 通りに, 遠い道の, 間の, 頃の, 顔色とともに, 風呂敷包を, 鷄を

▼ 時にこそ~ (50, 0.0%)

1 [50件] あの女, ある, あれと, いふべきであらう, お客が, お雪ちゃんの, お館, かえって一時, この姥, この顔面, ご出張, その個性, サンゼンと, ラサすなわち, 人間らしい自主的, 何もかも当たり前, 何事も, 使われると, 使用され, 充分に, 内心軽蔑は, 初さんの, 却ってその, 史蹟歩きの, 地上の, 大丸が, 始めて理窟拔きの, 実にも, 居て, 彼は, 悟り侍り, 意義の, 我が生涯, 我脈絡に, 抗議する, 文芸は, 最も必要, 浅墓, 焼きもちを, 相談相手に, 真髄の, 科学の, 聞えたれ, 豊かな, 都会住者も, 酒を, 金三も, 長割下水の, 隔りの, 魔性の

▼ 時何分~ (50, 0.0%)

5 かの汽車 2 かに着く, かの東京行列車

1 [41件] か, かで帰っ, かで戸田, かなァ, かに京都, かに国, かに大阪, かに横浜, かに網代, かに鳥栖, かの, かの上り, かの夜行, かの大阪行, かの小淵沢行き, かの登山列車, かの終列車, かの電車, か過ぎ, だった, だな, だネ, でなければ, とか時間, とまでおぼえ, なりやとか, にこれら, にする, にはドシャ降り, には爆発, に又, に死んだ, に生れ, に被害者, に誰, に鐘, に風, の新潟行き, より雨降り, を指し, 遠方の

▼ 時~ (50, 0.0%)

2 しても, 大きな声, 平岡の

1 [44件] あの鈍い, えせ笑, そこに, その隣り, もグッ, も強い, やつて, ガタリと, 一つの, 一無事帰塲す, 仕事の, 休憩, 会いましょうね, 佐々木ガ血壓計ヲ, 何か, 何処から, 先刻の, 再び貧しき, 別の, 司法主任が, 同じよう, 哲学が, 如何なる場合, 如何なる環境, 忘れたの, 急に, 悔や, 悲しさ, 新しい事実, 新発見, 来て, 極めてかすか, 楽しき嬉しき時, 物の, 特別の, 独作文を, 直き, 私の, 竿を, 考えの, 職員室で, 自分が, 遣使朝貢, 電話が

▼ 時~ (50, 0.0%)

2 は空櫃

1 [48件] がふと, がふら, がやった, が平手打ち, じゃねえ, だった, っていうの, ってえ, って今, です, という男, という蝙蝠面, とも一時, と湯隆, などをひそか, なの, ならお手の物, にし, にもやり, に道案内, のごとき, のみずから, のよう, の三人づれ, の影, の泣きッ面, の目, の風態, はいつのまにか, はなおも, はふたたび, はスルスル, は下手人, は城内, は後, は腹, は跳び上がっ, は間道, は鼻, もその, もまた, も得意, りて, るにつれて, をしょッ, 助け出しの, 待った待った, 次に間諜

▼ 時あり~ (49, 0.0%)

4 見物は 3 て, 誰が 2 始あり, 月はか, 此シガ朝, 稚子

1 [31件] この時, しもにいふべし, てあるいは, てさやか, ては爪弾, ては獨, ては畳, て人民増税, て出窓, て印度, て大いなる, て大差, て失敗, て屈伸, て山雨, て幾条, て怪しき, て或は, て曲中人物, て朗読, て梁山泊, て機, て白玉, て起伏, て鶸, となさ, や樹, わが如き, 稚兒, 至醜, 資通大弐この

▼ 時こんな~ (49, 0.0%)

6 ことを 4 ことが, 事を 2 事が, 晩には, 話も, 風に

1 [27件] かおを, ことで, こととは, ことの, ことまでは, ところへ, に変った, ものを, 不平を, 人気の, 価値の, 処へは, 場合に, 失敗を, 感想すら, 摺剥き, 星を, 歌が, 歌を, 気持ちを, 破屋でも, 経験は, 莫迦, 詩を, 顔を, 風な, 風の

▼ 時との~ (49, 0.0%)

11 間に 4 間には 32 仲に, 間を

1 [27件] いきさつで, ために, ほかは, 予想の, 二様が, 会見にも, 其の人, 区別を, 卷數の, 対面の, 差違に, 感じの, 感は, 感興は, 異なるの, 相違である, 相違に, 約束も, 鐘聞ゆ, 間が, 間だ, 間で, 間なり, 間用が, 間談話暫時途絶えた, 關係を, 集まる點

▼ 時にや~ (49, 0.0%)

3 ふやながら

1 [46件] おうい, おれは, お前ぐらゐの年恰好で, こつぽ, これで, だから俺達, ちつたあ, どうした, どうすべ, まびと, もう大方, ようせぶらか, わし等もは, ア僕等の, スイッチを, 一緒に, 丁度好い, 三人とも, 世話に, 俺は, 勘次さんも, 勘辨しめえと, 十二俵どれの, 四斗樽で, 子奴等こた, 少し遲, 役に立ちません, 息ふつかへ, 悚然と, 捕縄のか, 村の, 泣えた, 煙管へ, 皆この, 盲目も, 相当の, 相當, 綱も, 自分で, 舞踏會でも, 若いもの, 軽くて, 遣つから, 頭へ, 食べさしちや, 默つて引つ込む

▼ 時~ (49, 0.0%)

2 が, と一緒, は, は事務室

1 [41件] から三百両, が云う, が佐川さん, が先ず, が廊下伝い, が洩らした, が私, が突然, と自分, などの話, に抱かれ, のなつかし, のセザレヴィッチ, の中川, の修一, の友達, の唇, の子, の家, の持つ, の紋也, の蟇口, の言い条, の言葉, の赤橋将監英時はじめ, はチョッキ, は一目, は二十六歳, は公暁, は叱る, は常に, は怒った, は急, は自分, は走る, は非常, もその, も相伴, や嫂, を二人, を生んだ

▼ 時四十五分~ (49, 0.0%)

5 であった 3 である 2 だ, です, ですから, に出, 終に金精峠

1 [31件] からラヂオ小説, から十二時, から正午, か五十分ごろ, だった, ちょうど時間一杯, で帰る, で昼, で熱海発, とある, とかで十一時, につきます, になっ, には対山館, には必ず, には桜田門, にドイツ軍, にハネ, に出発, に道筋通り, の頃, はじめて名人, までボク, もそれぞれ時計, よ, より, より中継, わが艦隊, を報じ, 先ず山砲, 起き小林さん

▼ 時~ (49, 0.0%)

4 の戸 2 から, から歸つて來, に居た

1 [39件] からそっと, からドイツ軍, から二人, から何, から女房, から差し込む, から帰っ, から手, から指, から聞こえ, から食い酔っ, から鳴り込ん, では盲法師, で夜廻り, で弥次馬, にはゐた, に人, に人っ子一人, に出る, に足音, に遊び, のお, のトロイア, の事, の壁際, の大きな, の方, の明るい, の濡れ縁, の男, の縁台, の縁臺, はいつか霏, はすっかり, へ出し, へ出す, へ廻つて内儀, より男女二人, を見

▼ 時~ (49, 0.0%)

2 に入れた, に手

1 [45件] からはずし, が滑つて左, が震えた, すさびに, づから雑煮, で遮る, と足, なる角燈, にいじっ, にし, にした, に入れ, に取, に少し, に残った, に殘つたの, に虎, をあげなかった, をすこし, をたたい, をつい, をつく, をつける, をどんな, をひい, をひかれ, をぶらりと, をもっ, を休め, を伸ばした, を出し, を取り合っ, を合せ, を左右, を延した, を引きあっ, を把, を振る, を握り締め, を放し, を着い, を緩める, を通し, を餅箱, 捕に

▼ 時~ (49, 0.0%)

16 一に 6 二の 5 三の 2 一番に

1 [20件] 一には, 一世の, 一号の, 一席に, 一彼の, 一自分の, 一部の, 三回内国勧業博覧会に, 三回洋上句会が, 三次元が, 三部一年生であった, 二世である, 二外國語の, 二工場と, 二部をも, 五大隊の, 五章として, 六時及び, 四の, 四斥候隊の

▼ 時~ (49, 0.0%)

4 ても大師 3 ても好い 2 ても疲れた, ても絶えた

1 [38件] っともなく, ておりました, ても, てもあの, てもい, てもいい, てもお変り, てもそう, てもそれ, てもといふ句, てもカラ, てもニコニコ, ても二人, ても内, ても可笑しい, ても同じ, ても変ッ, ても多少, ても奇麗, ても強, ても恐ろしい, ても整然と, ても目さむる様, ても眠る, ても紫, ても美しい若い, ても飽かない, ても鮮やか, てゐた, て歩いた, て置いた, て置きたる, に来たら, タノカ, テイラッシャラナカッタワドン, 張の, 覺えた, 風箏泝半天

▼ 時あれ~ (48, 0.0%)

2 を買っとけ

1 [46件] かし, がたしか, が西, だけの穴, だな, とし, ど, にお, には助手, の母, はいま, は何とか, は何処, は半蔵, は太郎, は揮発油, は長崎, ばおかみ, ばなり, ばふたたび, ばまた, ばユリ, ば亦, ば必ず, ば泌むやうに酒, ば泌むように酒, ば秀吉, へんで, ほどいい, ほど半, ほど堅く, ほど憤つた, ほど申し上げ, ほど自分, ほど骨, もよし, も一緒, も恋, も態と, や, よPH, を投げた, を教, を生徒, を聴き, 程の確信

▼ 時とも~ (48, 0.0%)

6 なしに 3 なれば 2 なくこの, 違って

1 [35件] あろうお方, いうべきもの, この四谷, ちがって, なくしかし, なくその, なくぢ, なくわたし, なく三之助さん, なく後, なく東, なく湧き出し, なく私, なく誰か, なりな, なると, に殺生禁斷, 云える, 云ふべき, 分きが, 分らない夜ふけ, 同じである, 吾人の, 彼らの, 思う頃徐々頭, 思われるころ, 書いてないがね, 無く不審, 無く行, 申さず明日, 申しまして, 知れずと, 言える, 違い中, 違う心

▼ 時向う~ (48, 0.0%)

2 につき出した, の丘, の亭, の方, の隅

1 [38件] からトッテントッテントッテンテン, から一人, から二人づれのお孃さん, から先んじ, から學校, から扉, から暴い, から来た, から眼, から芸者, から若い, から貨物自動車, から銀色, から陽, が冷淡, にちらつく, に掛っ, のせん, のサンムトリ, の人家, の子供, の室, の座敷, の戸, の手, の田圃路, の町, の窓, の草原, の袂, の農夫室, の飛行機, へ置き去り, より數人乘合し渡し船來, より那須, 寝室に, 山を, 詰の

▼ 時日本~ (48, 0.0%)

2 に生れた, の五月, の見知らない, は宗教

1 [40件] から支那, から送つた, がリーダー, が朝鮮, では, ではもう少し, では号外, で天才, にはきまって, には何, に在, に帰った, に於, に来, に育っ, のさる, のすべて, のインテリゲンチャ, の人, の国, の学者達, の将来, の政府, の文壇, の文壇諸家, の昔, の木枕, の漢學者中, の狐, の絵画, の軍隊, は一元祿事件どころ, は一種, は三國干渉, は政治的, は既に, は連合諸国, は金, へおいで, ノ極

▼ 時~ (48, 0.0%)

4 私は 2 人の, 空恐し

1 [40件] この娘, その發光力, ひしひし悪い, みじめな, 不思議な, 人間の, 俺は, 優秀な, 嬉しかつ, 安心し, 山岳の, 平和な, 幸福を, 心淋しい, 恐ろしい厳しいお, 恐ろしかりし事, 悲しく思った, 愉快さを, 感銘深く, 日本の, 明瞭に, 朋友を, 松茸を, 果敢ない思, 楽しい事, 比較判断, 淋しいこと, 痛切に, 白々しい態度, 純良な, 美しい妻, 美しく感じた, 考えが, 腹は, 萬華鏡の, 足が, 近いどこ, 近い時, 面喰つた事は, 頤朱熹等己が

▼ 時~ (48, 0.0%)

9 の上 2 の中, をもたげ

1 [35件] から冷水, から手, から水, がぐらり, がぼんやり, がカァーッ, が床, が急, が痛い, が痛く, と尻, にこなかった, に何, に戴いた, に浮かん, に浮ぶ, に浮べ, に浮んだ, に纏, に鳥, のすぐ, のどこ, の大きな, の少し, の形, の打, の脳天, の蓋, はもちろん, をあ, を以て敵, を剥き出した, を振った, を水, を見せなかった

▼ 時そう~ (47, 0.0%)

4 して, 思った 3 思いました 2 だった, 云う事, 言って

1 [30件] いって, いわれた, かも知れない, さね高砂, しなかったら老師, だ久しぶり, でなければ, とにらんだ, は答えた, は言いきった, やって, 云いました, 云う声, 云ったこと, 云ったじゃ, 云ったとさ, 云って, 信じた時, 思ったから, 思ったん, 思って, 思わないわけ, 感じたに, 感傷的な, 気がついて, 言いながらも, 言いましたよ, 言った, 言ったん, 附加えた

▼ 時にとっての~ (47, 0.0%)

1 [47件] おもちゃだ, とんだ茶番, よい点心, よい見物, よい見舞い, 一興だった, 一興でありました, 一興である, 人柱も, 仕合せでした, 仕合せと, 何かの, 何ぼうの, 勘案は, 天禄の, 好いお, 好き道しるべと, 好旅籠, 好運である, 座興の, 強力が, 心頼りでした, 応用です, 恰好の, 愛嬌と, 慰みだ, 拾い物であった, 政略を, 救い主感情を, 暫しの, 本釣り, 機智で, 機転あらかじめ, 気転だった, 清涼剤だ, 生活を, 相方に, 福の神として, 策略であり, 若々しい一興, 薬石, 証拠として, 話相手に, 辻占は, 非常手段を, 風流と, 魂胆が

▼ 時一緒~ (47, 0.0%)

2 に連れ, に頸, に風呂

1 [41件] だったん, にいた, にいたもう, について行っ, になっ, になった, にみんな, にやられた, に働いてた, に出, に国, に売っ, に外, に家, に帰つて, に引っ越しました, に御嶽昇仙峡, に手, に手紙, に持, に救い出された, に散歩, に散策, に来た, に東, に死なれりゃ, に死ん, に殺されたら, に立会, に行つた山本, に行つて, に裁縫通, に転げ落ちた, に転落, に轉げ, に造顔師, に連れられ, に遊ん, に釣られた, に馳, やらう

▼ 時二階~ (47, 0.0%)

2 の部屋

1 [45件] からお, から下り, から人, から又, から拝みました, から紳二, から聞こえ, から茂七さん, から足音, から降り, から階段, から飛び下りた, で, では, でミシリ, で人, で誰, に寝, に居た, のさだ子, のヴェランダ, の一室, の三番, の上り口あたり, の下, の八畳, の壁, の応接間, の教室, の方, の書斎, の梯子段, の欄干, の硝子窓, の笑声, の老人, の裏座敷, の障子, への梯子段, へ上る, へ通う, も棧敷, より京作, を下り, を降り

▼ 時早く~ (47, 0.0%)

2 この時, も

1 [43件] お静, お靜, その時, ば朝比奈, もこの, もそこここ, もジルベール, も二人, も外, も廻廊, も彼, も彼女, も数名, も最悪, も目指した, も自分, も裏口, シューシューと, ショルムスも, ファッツが, 不自然な, 兵馬は, 又も, 呑み込んで, 思いも, 斬奸, 既に自ら調子, 既に躋寿館, 既に頭, 水面にも, 無茶先生が, 玲子は, 直ぐに, 紅矢は, 老ドクトル, 芹沢と, 行かんと, 行や, 行尿の, 過ぎて, 間髮容れぬ投げ, 雪の, 黒煙に

▼ 時東京~ (47, 0.0%)

2 に出た, の新聞, へ帰る, へ行く

1 [39件] からの扈従記者, から同室, から帰ります, から歸, から送っ, があんまり, でこ, ではもう, で俳句会, で想像, で生, で逢った, で逢つた, における御殿, には政党, に出, に出され, に奉公, に帰り, に来た, に留学, に移っ, に開かれた, のある, の主婦たち, の友達, の実業家, の自家, の貧民窟, は芸妓, へ出, へ出た, へ出られなかった, へ出られなかつた, へ帰つた, へ戻る, へ来た, も田舎, を離れた

▼ 時どうして~ (46, 0.0%)

6 私は 2 私の

1 [38件] あの女, あの樣, あんなこと, あんな気, いた, いたかのう, かういふ状態, この二人, この女, そこに, そこへ, それが, それと共に, たか内に, だか, も見付からなかつた, ゐるかと, 一番小, 三たび以後の, 三十郎の, 予知する, 他との, 何の, 危難を, 反駁が, 君が, 基経に, 失くなったん, 彌生は, 御新造は, 死に, 殺されたか, 気がつこう, 白くなった, 真の, 知り得よう, 私に, 遊んで

▼ 時~ (46, 0.0%)

4 の一人 3 の人 2 に見, の家具類, の童, の者達, の諸

1 [29件] に一つ, に二人, に人影, に男手, の一方, の三人, の事務員, の二個, の人々, の人間, の偉大, の側, の半, の外人たち, の女たち, の家臣たち, の心, の教官達, の方面, の止宿人, の玉葱, の用事, の者, の見えない, はこれ, へ嫁い, より力, をまた, 吉の

▼ 時彼ら~ (46, 0.0%)

2 の間

1 [44件] が俥上, さながら倦怠, にたいして言った, に代っ, に陳, のうち一人, のそば, の一群, の勇気, の区別, の影, の情意, の愉快, の感激, の或, の揚げた, の正面, の背後, の解決, の頭, はある, はこの, はその, はそれ, はただちに, はもはや, はロレンソその他, は一斉, は主として, は勝手, は四つ這, は宇宙, は官憲臨席, は平凡, は彼ら自ら, は文学談, は殺人, は泣き出した, は父, は知らず知らず, は虚偽, は踊り場, もまた, を世間並

▼ 時主人~ (45, 0.0%)

2 は, は生き

1 [41件] が, がイヤ, が作る, が手燭, が最, が片, が若干, と客間, にいっそ, にも告ずし, に拒まれぬ, に用事, に話す, の前, の千本金, の君, の娘, の平, の弱点, の背後, の膝, の部屋, の鈴川, はきたならしい, はすでに, はどこ, はわざわざ, は云, は何, は学校, は幸い, は従容, は急, は昨日紹介, は机, は白, は確か, は素知らぬ, もいませんでした, より年, を社長

▼ 時~ (45, 0.0%)

5 が開い 4 の外 3 をノツク 2 の彼方

1 [31件] があい, がいっぱい, がしまる, がそっと, がそつ, がひらい, がスーッ, が不意, が軋っ, が開いた, が開く, が静か, には鍵, のきわ, のそば, の入口, の内側, の向う, の板, の裏側, の開き目, の開く, は再び, は確か, をあけ, をそつ, をたたい, を叩い, を叩く, を開い, を開け

▼ 時~ (45, 0.0%)

3 の中

1 [42件] からお, からの荷上げ, から使者, が一艘, が入, が又, が向う岸, が向かふ, すでにオンダールスネス湾, すでにリスボン湾, すでにリンデン湾, になみちゃん, に乗る, に乘, の余りに, の内部, の前面, の旗, の横面, はいっそう, はしずか, はた, はちょうど, はどの, ははや, は忽ち, は桟橋, は遂に, は銀, は錨, は静か, へ乗りよん, まで見送っ, ようやくプリマス港, をあやつった, を出す, を動かす, を押してた, を桟橋, を焼く, を用意, 平晩紅

▼ 時もし~ (44, 0.0%)

2 私に

1 [42件] あの丈, あの糸, あれが, おて, おれが, お芳, この歴史的運動, その堂, その声, それに, だれか, だれも, ジャン, チャーチルが, ヘルマアに, 之によって, 京都と, 今日の, 仔羊皮の, 何か, 俺たちが, 僕が, 全身を, 出来なかったら, 千両も, 参州街道を, 壜詰の, 妾に, 宇宙は, 廉州先生が, 御三, 東京に, 民主主義文学運動が, 泊めて, 物質が, 犯人の, 私が, 粂吉と, 縋りつく目標, 自分が, 警官の, 遂げなかった

▼ 時同じ~ (44, 0.0%)

3 やうに 2 といへ

1 [39件] ことが, もので, ような, ように, カフェに, 上手の, 二階に, 光景が, 列に, 口調で, 商売だった, 場合でも, 声が, 姓持つ, 室に, 家中の, 小笠郡朝日奈村の, 山を, 帯の, 恋の, 悪魔めが, 意志を, 所に, 救い出された三人, 旅館の, 構内の, 模様の, 模樣の, 牙彫, 生命を, 町にて, 画家仲間の, 真理を, 茶店の, 記者の, 都に, 銀行の, 長椅子の, 露西亜生れの

▼ 時とともに~ (43, 0.0%)

1 [43件] おのづか, その流域, それらの, だんだん強く, ますます多く, ますます面白く, また異なるだろう, 一方向き, 一般的な, 不変なる, 充実しなく, 利害の, 加わる人, 堅くなり, 堕落と, 変って, 変化し, 少しずつ, 役所風で, 拡散し, 持続された, 来た悟り, 次第に意識, 流れて, 消させ鎮めさせて, 減るという, 滅びる, 漆喰が, 現われて, 現象の, 癒えること, 移り変ったに, 穏和に, 自分が, 自然に, 變つた, 貴族の, 途を, 速やかに, 進歩する, 運動する, 面目が, 騰貴し

▼ 時なる~ (43, 0.0%)

4 かな 2 ものが

1 [37件] かなだ, かなわが, かな今年, かな宇治山田, かな時なる, かな相撲道, が朝鮮, ことを, なからむや, ほどと思った, ものは, ものを, ものをと, もの鋏を, やもっ, や白水答, らむめざめ, を, を信じ, を感ずる, を知らない, を知らなかつた, を知る, 一三〇〇年には, 事を, 危うさ, 哉, 哉いざ, 哉二葉亭は, 哉作の, 哉宇治山田の, 哉時なる, 哉時至れり, 哉松澤は, 折に, 線は, 長廊下

▼ 時ようやく~ (43, 0.0%)

3 口を

1 [40件] そのこと, ラインハルトは, 下女に, 人の, 僕の, 兄の, 冬次郎と, 勃興的気運に, 勘づいた, 十七歳の, 卯の, 声を, 多右衛門, 太き呼吸, 宗三郎様を, 宿願を, 弁信法師が, 張教仁は, 得た, 悲しい気分, 旗幟を, 晴れて, 本心に, 枕を, 母親の, 犬の, 甚内の, 知った, 立って, 美禰子の, 義務が, 自分の, 藏の, 解った, 走るの, 起き上って, 趙荘が, 這い寄り足, 門口が, 顔を

▼ 時われ~ (43, 0.0%)

4 に利 2 しらず泣きて, はその, は思わず

1 [33件] いたく我咎, かの貧しき, ながら, に差し迫った, に返り, はアヌンチヤタ, はフエデリゴ, は今, は仰い, は何人, は初めて, は剛勇, は友, は呆然, は堪へ, は帰国, は早く, は汝, は痙攣, は目, は眠りたるらむ, は端, は肺, は裏道, は詩稿, は跪く, は銃聲, は頭, をまち, 思ふ大衆, 知らずむっと, 知らず凄, 自も

▼ 時~ (43, 0.0%)

2 図私は

1 [41件] 二子の, 図, 図あの, 図した, 図その, 図そんな, 図アヽ私ヤ恋し, 図オリオン座の, 図一つの, 図仁王の, 図何か, 図傍の, 図傍らの, 図傍らを, 図兵野が, 図天上を, 図室内を, 図彼の, 図或, 図横目で, 図次の, 図熱い, 図窓の, 図袋が, 図見れ, 図話頭を, 図近くの, 図途上で, 図食膳の, 圖仁王の, 圖次の, 圖此影は, 圖眼に, 平家は, 待人, 慥な, 期生前首重, 残血に, 絶利根川本源ヲ, 行迹の, 覺にも

▼ 時五分~ (43, 0.0%)

4 を指し 3 から十分 2 だ, である, より放送

1 [30件] か, から藤山, か六分, か十分, か十分ごろ, であつ, にうち, になる, にはじめて, にモスクワ, に出立, に君, に放送局, に窓, に絶巓, に至っ, に至り, に茲, に車掌, の日光直行, ほど前, まえです, まで待っ, よりの最終回, より半, を示し, 浅眠状態, 着急行列車, 過であった, 過に

▼ 時夫人~ (43, 0.0%)

32 が友吉, の手, は

1 [34件] がほ, が何故, が振り返っ, が文学道, が江の島, が現れた, の前, の姿, の態度, の深, の深刻, の目, の顏, の顔, はいつも, はすぐさま, はちら, はもう, はわたし, はクレエテルヤアン氏, は叮嚀, は失われたい, は好き, は房奴, は手巾, は此, は洋傘, は涙, は眼, は脇息, は葉子, は食堂, へ私, も母衣

▼ 時私たち~ (43, 0.0%)

2 は四十近く

1 [41件] がなすべき, が陥つた, に云いました, のよう, の下, の年頃, の生活, の眼, の間, はあなた, はいつ, はこんど, はさらに, はしみじみ, はそこ, はどうしても, はサン・セバスティアン, はブレッシングトン, は一層, は一週間近く, は不意, は並木路, は争闘, は何, は再び, は名, は囲爐裡, は宇宙, は小, は店員, は思い思い, は既に, は此, は無精, は知, は自然, は言葉, は誇る, は青い青い, は鬱蒼, を叱った

▼ 時老人~ (43, 0.0%)

4 の声 2 は手

1 [37件] がすぐ, が卓, が口, が焼死, が熊, が話し出した, に書い, の唇, の役人, の持っ, の目, の言葉, の過去, の顏, は, はその, はちょうど, はひ, はまた, はもう, はゲラゲラ, はニツコリ, は初瀬, は力強く, は名刺がわり, は安らか, は室, は左右, は巻紙, は彼, は感慨, は日ごろ, は無意味, は腎臓, は靜, も送り, を怪しむ

▼ 時ふい~ (42, 0.0%)

2 ともう一度, に後ろ

1 [38件] っと或, とあの, とお, とその, と寐, と思い出し, と感じた, と戯け, と旅, と時計, と気がついた, と目, と舞台, にこういう, にクリスマス, にセエラ, に下, に低い, に全く, に別々, に卯女子, に口, に君枝, に嗄れ, に小刻み, に思ひついた, に懐中電燈, に或, に戸口, に正夫, に相沢, に破られ, に耳, に表, に誰, に軍服, に途中, に風

▼ 時~ (42, 0.0%)

1 [42件] によって二人, によって六郎, によって聞き耳, のあなた, のこと, のガラクタ馬車, のスリ, の三田四国町, の上げ蓋, の中国人少年石福海, の優しい, の内弟子, の吃音, の坑口, の声, の如く, の姐子, の富士型, の小笹, の山芋掘りさん, の市, の快, の旅客, の早苗さん, の松葉, の森, の汚い, の洋燈, の濁声出し, の空屋, の紳士, の總理大臣, の老人, の老輩共, の膝, の連中, の金融家, の離れ家, の黄ろ, の黒怪物, は薄, よりは忙

▼ 時何処~ (41, 0.0%)

3 からともなく 2 でお, を然

1 [34件] かでけた, かでガサゴソ, かで半鐘, かで嗅いだ, かで消える, かで砂, かで見た, かの宿屋, からか敏捷, からか教えられ, からとこれ, か一ヶ所雨戸, か一緒, で, ででも遣, でどうして, でどれ, でどんな, でも偉大, でチェホフ, で如何, で思ひ出し, で演, で聞い, で覚えた, とかいう御, とも知れず, においてもたやすく, に居た, に於, の部屋, へとも無く, へ行っ, を起算点

▼ 時~ (41, 0.0%)

2 の間, は母, は車

1 [35件] が余りに, が心, と池辺君, の心, の服装, の歯, の病気, の背後, はええ, はしばしば, ははち切れ, ははっと, ははなはだ, はやむなく, はよく, はゴルドン, は下, は世にも, は余, は先生, は其通信, は夜, は女, は妻, は小さい, は平民社, は彼, は無知, は看護婦, は翁, は聲, は覚えず, も新聞記者, を愛する, を橋本

▼ 時半蔵~ (41, 0.0%)

2 はその, は妻

1 [37件] がしるし, が酒, には兼吉, の手, の放った, の胸, はお, はきい, はじっと, はそこ, はそれ, はふところ, はもと, は両手, は二人, は二代目伊之助, は供, は先輩, は出, は初めて, は向こう, は唐紙, は娘, は子供, は子供ら, は峠, は店座敷, は払暁, は次ぎ, は正香, は江戸, は無言, は父, は翌朝, は腰, は言葉, は鶴松

▼ 時近い~ (41, 0.0%)

3 頃に 2 ころだった, のであらう, 頃で, 頃であった

1 [30件] からおつき, ことが, ころには, じゃない, たっぷりおそく, ときかに, と思われた, のだ, ので戸部, ので昼飯, よ, 今夜徹宵で, 夜は, 新橋停車場の, 日の, 時刻だった, 時刻だったろう, 時刻であろう, 汽車に, 秋の, 腹が, 茶の間には, 頃, 頃いくつか, 頃だった, 頃だったろう, 頃であったろう, 頃まで, 頃京子は, 頃青年は

▼ 時以外~ (40, 0.0%)

2 は毎日, は毎日必ら

1 [36件] にある, にお, にはもう, にはモンペ, には体, には動かぬ, には本土, には靴, にもなるたけ, にも暇, にも雪片形成状態, に一向, に使用, に取次, に彼ら, に熱心そう, に親しい, の全部, はあまり, はごく, はそれ, はたいてい, はと入坑, はベッド, は一日, は学校, は廊下, は役所, は月光, は洋服, は滅多, は玉その他, は老眼鏡, は鵲, やったこと, 決して靴

▼ 時~ (40, 0.0%)

4 て来た 3 て来 2 ていた, て來, は七時, は午後五時

1 [25件] だね, ちゃ困る, づべき法敵として, づるものぞと思ひし, てき, て挨拶, て浮藻, て行, て行く, て行こう, て行つて, なのよ, の晩番, 京し, 來た, 來て, 宅に, 會った, 發の, 聽政跏趺坐日出便停, 葬, 逢つたのだ, 逢つたのは, 過者, 鹽盈珠而令溺其愁請者出

▼ 時女中~ (40, 0.0%)

2 が, が供, が急, が杓文字, のマリイ, の一人

1 [28件] がお召物, がさりげ, がそっと, がはいっ, がばたばた, が一封, が上っ, が取次い, が向う, が後片, が来, が機嫌, が玄関, が田原さん, が給仕, が襖, が障子, が風呂, と入り, にあの, に旨, に案内, のはる, のひとり, の話, はいかにも, は台所, は隣

▼ 時若い~ (40, 0.0%)

3 娘が 2 女の, 尼は, 聴講生が

1 [31件] あわれ, ものは, ゴーリキイの, ダンサアふうの, ラールマンの, 侍は, 元気に, 先生は, 坊ちやん, 夫を, 夫婦が, 女中は, 妻を, 娘と, 婦人, 婦人の, 日本人が, 武士に, 男が, 男がは, 画家が, 細君の, 綺麗な, 美僧は, 美貌の, 衛侯や, 警官は, 貴婦人が, 身を, 軽部は, 陸軍少尉が

▼ 時~ (40, 0.0%)

2 が出, の吹いた

1 [36件] がこの, がざあっと, がザァッ, が出た, が巨人, が強く, が擲つ, が来, が死んだ, が添つて, が行っ, さえ加わっ, であれ, ではない, とあれ, という, となった, と戦つて, と見慣れ, に, にはたかれ, に人間, に同調, に吹かれ, に揉みちぎられ, に流され, のめぐらす, の吹き荒む, の如く, の当然, の歌, はいくらか, は吹い, も烈しい, をまつ, を入れる

▼ 時ここ~ (39, 0.0%)

2 では演習

1 [37件] から上っ, から水, から聞え, から選抜き, でこれ, で全く, で最初, で療養, で遭遇, で野宿, にいつも, にはからずも, には大いなる, にまた, にエホバ, に一つ, に初めて, に忽ち, に日常, に日本僧, に演劇, に畝近く蚕豆, に至って, に舟, に芸術, に葛飾北斎一立斎広重, に行宮, に集まり, に雪がん, のお, の大, の田舎町, の障子, へどんな, へ入り込ん, へ廟堂, へ忍びこんだ

▼ 時といふ~ (39, 0.0%)

3 のは 2 ものが

1 [34件] ことで, ことです, ことなし, のが, のでなく, のに, のにも, ものあり, ものの, 事も, 出発が, 十七に, 半端な, 名を, 奴は, 學士に, 宵の, 意味らしい, 文字に, 文字にかへて, 時分表の, 時間が, 時間で, 私は, 程に, 約束な, 約束に, 約束のと, 茶摘の, 間際にな, 際限も, 頃に, 頃には, 頃屈み

▼ 時として~ (39, 0.0%)

2 桂子を

1 [37件] あくまで眠り, あるが, ともかく巣鴨, まずそれ, また切符, わが情懐, エゴイズムの, サン, 之に, 人より, 人間の, 何處として, 偶然に, 四時間たっぷりは, 小春は, 当然一言, 忙しい週日, 憂鬱な, 我々の, 明治三十八九年迄, 本当を, 此等の, 波に, 浮流する, 清長を, 湖龍斎に, 無理も, 特色づけられる, 甚だ相, 甚安ぜ, 男女関係の, 稀に, 粥を, 著者の, 蝦夷唐人島の, 解らないけれども, 道徳家を

▼ 時一つ~ (39, 0.0%)

4 の人影 2 の事件, の想念, の考え

1 [29件] うんととっちめ, しか顔, の不思議, の二階, の人影土塀, の価値転換, の出来事, の実例, の室, の小島, の小舟, の影, の恐ろしい, の意外, の放電, の枝道, の歌, の法螺, の流れ, の狼種々, の生ぬるい, の目算, の興味, の見処, の鮮明, は上総, は上總, は眼底, 躓いて

▼ 時何處~ (39, 0.0%)

6 に居た 3 からともなく 2 に居なす, より起つ

1 [26件] かの家, から乘, から現, から聞知, から迷込ん, か一ヶ所雨戸, か一箇所, であつし, でどこ, でどんな, でやつたかよう覺, で如何, で手, で死ん, で落さん, で誰, にての事, にどんな, にゐた, にゐたつ, に居なすつた, へでも行く, へどうして, へ行き, へ隱, へ飛ぶ

▼ 時~ (39, 0.0%)

2 が腹, の顔, の風邪

1 [33件] から父, から速達, が, がかわいそう, がそっと, がとめた, がひどく, のお父さん, の光子, の声, の孝子, の家, の心, の方, の死骸何, ははいっ, はもう, はわたし, は何, は叔父, は夢, は巡査, は彼, は料理, は母親, は眼瞼, は雨戸, は風呂, も病気, を勾引, を始め, を連れ, 出でて

▼ 時~ (39, 0.0%)

3 鈴が

1 [36件] のの先生, 一より, 万と, 仏越え, 休所に, 侍が, 供心に, 供等の, 供等は, 信が, 八の, 六と, 六の, 円太と, 函を, 初は, 夜着を, 大仏の, 奴は, 妻の, 姉に, 孔の, 學教場でさえ, 學校の, 宰相殿が, 式部が, 式部さんの, 栄と, 汽船を, 法師の, 浅間の, 聲で, 虫さえ, 行事の, 記, 野川栄蔵に

▼ 時~ (39, 0.0%)

3 へ一人 2 のもの, の人々, の者

1 [30件] からずっと, から供, での豪家, では正一郎, で水莽, に忍び入っ, に権, に騒動, の人, の人たち, の人気, の人達, の友達, の四辻, の屋根, の床屋, の或, の方, の東境, の池, の男, の祭り, の紳縉王子良, の脱出組, の若者, の路ば, の青年, へ穢い, を出, を西

▼ 時さえ~ (38, 0.0%)

4 ある 3 あった 2 たてば, 計って

1 [27件] ありながら, あるの, ある重吉, いつも長い, この川, それが, ただ遥, テエブルの, 九十銭以上に, 何かと文句, 兄の, 厳めしい, 夜着の, 少しも, 待ちど, 得れば, 日本の, 有ったけれ共, 来なければ, 来りゃあ, 畢竟僕自身, 磯臭い匂, 稀らしくなく, 経てば, 縮められて, 許されなかった, 隣の

▼ 時ちかく~ (38, 0.0%)

3 なると 2 なって, になっ, になる

1 [29件] だ, だった, だったであろうか, でしたから, でしたもの, でもありましたろう, なった思い, なってから, なつて, なつて宇品着, なつて起床, になります, にもなつ, に五人, に着く, に部屋, の筈, までそれに, までも待っ, まで大鹿君, まで床, まで露月, を指し, 峠の, 帰宅した, 泥の, 迄ステージ, 部屋の, 風呂も

▼ 時三時~ (38, 0.0%)

2 の頃

1 [36件] からその, が打っ, すると俺, だな, でしょう, でも三十八度, という深夜, となり, となる, と一つ, になっ, になった, になつ, になる, にはなる, に帰っ, に御, に自動車, に行列, の交, の急行列車, の時計, の深更, の真夜中, までも夜, まで二つ, まで仕事, まで学校, まで寝, まで書い, まで研究, まで話し込む, まで頬, も傍, も厭, 長い長い夜

▼ 時非常~ (38, 0.0%)

2 な力

1 [36件] なる辱めに, な不愉快, な好評, な損害, な重, な驚き, な高い, にいい, にかわいそう, によく, に不安, に咽喉, に喜ん, に困難, に変, に嫌悪, に宗教, に屡々, に強い, に心, に心細く, に意外, に有り難く, に気, に深い, に素早い, に綺麗, に苛立つ, に荒廃, に要領, に親, に親しい, に親切, に驚いた, の利益, の貧苦

▼ 時どんなに~ (37, 0.0%)

1 [37件] あの白い, うれしかろう, おいしいか, か哀しい, か子供, か恥しい, か血, それは, やるの, よろこんで, 仰天した, 優しくある, 児童たちは, 口惜しかつ, 可哀そうに, 喜ぶで, 喜んだであろう, 変てこな, 外の, 心を, 怒つたか, 急いだもの, 恐れおののくこと, 感謝した, 憾んだか, 我を, 極り悪げに, 淋しそう, 深刻に, 猛くても, 疲れて, 皆が, 私は, 自分が, 見すぼらしく貧弱, 驚いたでありましょう, 驚愕し

▼ 時なく~ (37, 0.0%)

1 [37件] ここに, この渾円球上, さっきから, さらに五代, したの, せかせかし, その願望, つづいた, て竜潭山, と人, と含む, ば可, 一の, 丑寅辰巳刻々, 仇し, 信仰も, 前者に, 又我, 右人殺しの, 国民塗炭に, 安石鹸, 家は, 寸の, 心に, 慕って, 折々閼伽, 殊に天文十八年, 永遠に, 聞いて, 肉慾の, 葉子を, 街で, 軍国時代から, 酒の, 雨が, 鳥部山の, 黨勢とみに

▼ 時~ (37, 0.0%)

3 に, の中, の方 2 に足音, に音

1 [24件] で父, にあたって, に入っ, に居た, に突っ, に誰, のほう, の仕事, の太湖石, の奥, の小暗い, の松, の植込み, の樹, の白樺, の竹藪, の築山, の蟻, は唯, は生きてる, へ縁台, を廻っ, を掃い, ノ散歩

▼ 時漸く~ (37, 0.0%)

2 三十二三分別も, 下の, 主人の, 平次の

1 [29件] この不愉快, その不意, 不意と, 丑松は, 二千五百米に, 五つに, 元気を, 出発, 十歳であった, 口を, 夢が, 娘に, 延子は, 当市に, 彼には, 怒りを, 意志の, 斯う, 旧に, 来る, 私の, 自分は, 落着いた, 行く手に, 迫れるの, 霽れ, 顔を, 饑餓を, 黄昏の

▼ 時~ (37, 0.0%)

5 の音 2 こそ不思議, の忍足, の恐ろし, の眼, の針, を見詰むれ

1 [20件] がきこえた, がな, がなった, が一つ, が九時, が八つ, が冴, が四つ, が鳴った, が鳴り, が鳴りわたっ, とが言い合わした, となっ, の内部, の取締り, の子, は初め, を撞く, を鳴らしおわった, 鳴器

▼ 時やっと~ (36, 0.0%)

3 気が 2 気を

1 [31件] お梅どん, その人, のこと, ふだんの, タクシーで, フェリックス, ホートンは, ルミが, 云ひました, 仕事を, 動くよう, 十二であった, 口を, 吾れ, 唇を, 女中も, 安心した, 安心したらしく, 小学校を, 居直って, 式が, 役目の, 手に, 教会と, 玄関に, 眼を, 考えあてて, 長椅子の, 頭を, 顔を, 魂を

▼ 時~ (36, 0.0%)

4 のお 2 の御, の置文

1 [28件] が御存知, という, におれ, にした, には早, に於, の, のご, の二男亀寿どの, の侍臣, の台命, の家, の御内許, の御意, の怨霊, の闘犬, の面貌, はこう, は左右, は思はず, は思わず, は閑栖, ふとお, へはこう, また最明寺時頼公, もエラク, 御一代, 退して

▼ 時必ず~ (36, 0.0%)

1 [36件] あなごの, おっ取り, おまえを, お礼を, かかる本能, その時, それ等の, の様, ふきだして, カーライルと, ガラス窓を, ヴェルレエヌの, 一二度斯う, 人を, 使うど, 勝れたる作品, 夫人が, 学校時代の, 帽子を, 弥次馬が, 影と, 彼は, 我を, 教学という, 旅籠銭を, 普門品を, 本形, 母の, 消して, 目を, 神を, 禍敗を, 空間的な, 繰り返されべき言葉, 自分の, 足の

▼ 時~ (36, 0.0%)

2 もまた

1 [34件] がどんなに, がはなやか, が来会, が私, と桃井直常, などは目, のごとき, の嫡子和泉守義氏, の家来, の態度, の社宅, の著書日本アルプス, の話, の軍, はすぐ, はすでに, はまた, は初めて, は到底, は大きな, は天王寺, は小四郎綱高, は心から, は激賞, は現在, は目尻, は眉, は私, は笑い, は色々, は誰, は長年, も戦死, も目礼

▼ 時~ (36, 0.0%)

5 が付いた 3 がつきました, がつく, のついた

1 [22件] がつきませんでした, が付い, が付いたら, が付く, が来れ, が附いた, にくわぬ, になる, にも止めなかった, のゆるみ, の付いた, の合った, の弱い, の狂, の立った, をつけ, を利かさない, を利かした, を失っ, を失ったら, を紛らす, を落ちつけ

▼ 時背後~ (36, 0.0%)

6 の方 4 から 2 から大勢

1 [24件] からつけ, から一人跟, から力強い, から呼ぶ, から声, から武者, から母様, から聴, から襲った, から足音, から軽く, から追い迫っ, から錆びたずんぐりした声, ではわッ, で異様, にあたってゾッと, にあたってドッ, にあたって異様, にはたはた, に異様, のほう, の主, の席, をふり

▼ 時迄に~ (36, 0.0%)

2 いやその後, 彼が, 明日会う, 連絡し

1 [28件] この宿舎, まだ我が, アゲて, ハネない, ワンカット, 一人殺し, 一寸来, 七景迄, 三時間は, 二カット済み, 五枚しか, 來り, 其日の, 十枚書いた, 帰るよう, 御出, 戻りやい, 料理人は, 新橋登喜本へ, 来いと, 来い毎日, 来て, 来ると, 母上と共に, 病院へ, 終らねば, 總計, 間違なく

▼ 時頃私~ (36, 0.0%)

1 [36件] がかえる, がアトリエ, が二階, が会社, が書斎, が母, が病院, が自分, が見廻りました, が起きます, が鎌倉, の家, の手, は, はその, はベッド, は一仕事, は仕事, は何, は何時も, は俥屋, は出掛け, は家, は戸口, は日本ビルディング, は旧友, は村, は極, は氷, は私, は突発的, は約束, は西日, は銀座通り, は電車, は黒い

▼ 時あたかも~ (35, 0.0%)

2 二尾の

1 [33件] この人, その前年梁川星巌, ドイツ大, 可し, 大学が, 天明寛政中の, 季節の, 室内の, 家根瓦の, 導者と, 小説を, 島津三郎が, 差出されたウイスキー, 彼の, 彼女に, 日露大, 日露戦争の, 春秋戦国の, 曠野に, 樹, 欧州の, 牡丹の, 皇帝から, 私が, 私の, 私は, 秋の, 自分の, 英姿颯爽たる, 英清戦争に際して, 蚕が, 西洋に, 邏卒が

▼ 時~ (35, 0.0%)

14 やない 5 や, やありません

1 [11件] つとそれ, やありやせん, やいろ, やと, やなかつた, やねえ, やよ, やらうと, や合衾, や我輩, や膳

▼ 時でなく~ (35, 0.0%)

2 てはならぬ, ては彼, ては活動

1 [29件] その父, ちゃお, ちゃだめ, ちゃ出られない, ちや帰りません, ちや歸りません, つて好かつたわねえ, てはあて, てはいかん, てはだめ, てはならない, てはならん, ては出掛け, ては男, てもいい, ても丑寅さん, ても十二分, ても執務時間, ても心, て六時, て可, ともつい, も出這入りする, ッたっ, ッちゃ, 又南蠻, 呉に, 實に, 麹町からの

▼ 時~ (35, 0.0%)

7 になっ 4 であった 2 から寝

1 [22件] からなら, から三時比, から往, から降りだした, が好い, だ, であったが, であったろう電車, でした, です, で午近く, で外, にあった, にかけて暑い, にも十一時比, にも東京行, に来, に目黒, のこと, まで飲んだ, 帰って, 自支和気等殯所

▼ 時細君~ (35, 0.0%)

2 はまた, は突然

1 [31件] からふとっちょさん, から速達郵便, がお, が取り出し, が懐妊, が色々, が赤ん坊, と取り換わせた, の体, の声, の実家, の横手, の父, の言った, の金盥, の顏色, は, はこの, はやむをえず, はヤグラ, は一枚, は亭主, は何時も, は別に, は半分, は思い, は急, は我, は無論, は物, は玄関

▼ 時いつ~ (34, 0.0%)

2 でも同じ, と知, までも彼

1 [28件] あいつが, しよだつた, しよに, そ事情を, そ私は, でもいう, でも一角, でも右, でも東京府庁, でも此, でも渡し, でも火, でも玉ちやん, でも用心, でも私, でも私共, でも車, とはなし, と知りてか, にいたる, にない, になく暗い, になく蒼白く, の頃, までもいつ, まで経つ, よりも余計, 幾日には

▼ 時わし~ (34, 0.0%)

2 は何

1 [32件] から父上, が, が一年以前, が助太刀, と守君, の側, の怒り, はあの, はすぐ, はどんな, はほんとに, はまだ, はもう, は一瞬, は何と, は何気なく, は兄三郎盛綱, は又, は奈世, は子供, は寝, は時々, は来会者達, は森, は江戸, は泣いた, は父, は見ました, は閉口, もやっぱり, も先, をこの

▼ 時~ (34, 0.0%)

4 のかた 2 の方, の河中, を見

1 [24件] から, から三四人, から不意打, から力任せ, から女中, すった御返事, で, では呉竹, に著, の座敷, の往来, の杉野兵曹長, の格子戸, の渓流, の玄関, の真暗, の窓, の鐘楼, むきに, より騎兵二騎, 唇を, 張に, 準備を, 襲の

▼ 時五分前~ (34, 0.0%)

3 だ, です 2 であったので, でした, をしらせ

1 [22件] だがな, だった, だよ, であったが, であつ, である, でございます, で電車, といふの, なので, に, になっ, になった, になりました, に止め, の汽車, まで踊りつづけ, よ, をさし, を報じる, を指し, 弱ったもの

▼ 時~ (34, 0.0%)

26 助は 6 助の 2 助が

▼ 時~ (34, 0.0%)

4 なこと, なもの 2 な事, に不快, に真剣, に表情

1 [18件] なそぶり, な人, な出來事, な呼び方, な囈語, な声, な心持, な洋服男, な現象, な発明家, な目, な笑いかた, な者, にしおれた, にしんみり, にそこ, に憤ってた, に柔かい

▼ 時折り~ (34, 0.0%)

2 に詠み

1 [32件] お春, この空地, ごらんに, それが, たそがれの, にはこれ, に思い思い, の一致, の暴威, はいつか, はキリキリ, は涙, は追い剥ぎ, わたしが, ワラビや, 中尾通章という, 亜麻布紙に, 六やん, 冗談めかしく唐沢氏は, 咳が, 姉が, 形を, 手を, 暗い法悦, 模範として, 氷が, 湖面に, 窓を, 竹鋏を, 笠置の, 誰か, 風が

▼ 時相手~ (34, 0.0%)

4 の顔 2 は勝平

1 [28件] があんまり, がいかにも, がそれ, が亀, が此処, が玄人, が龜, に出, に気前, のかぶっ, のやりかねない, の僧侶, の女性, の宗兵衛, の客, の容貌, の爲, の目, の稽古着, の立場, の膝, の袖, はぶっきら, は初めて, は恩惠, は自然, をした, を少し

▼ 時~ (34, 0.0%)

2 から上, にむせぶ, のなか, の中, をうつ

1 [24件] から小刀, がう, がどきりと, が一つドキツ, が怪しく, にある, にいだいた, にしみ込んだ, には無量, にゲブゲブッ, に下っ, に浮かんだ, に浮びたる, に畳ん, の一隅, の上, の奥, はドキドキ, を抉られた, を押された, を据ゑる處, を突かれ, を裂い, 裂くるやう

▼ 時ああ~ (33, 0.0%)

3 すれば

1 [30件] いうふう, いうグループ, いう変死, いって, きょうも, ぎごちない, これが, これだ, これは, こんなに日本食, したらかう, その時, だったらもしこう, だれが, でなかつたら自分, と溜息, まで園, まで活気づい, 云う消極的, 代りが, 俺は, 執念深い人, 悪いこと, 既に悪魔, 早く頑丈, 福島慶子さんは, 私は, 行らつ, 赤ん坊が, 遣るの

▼ 時うしろ~ (33, 0.0%)

5 の方 2 の廊下, の襖

1 [24件] から, からさした, からその, から一つ, から三助, から人, から彼, から手, から昇つて來, から馬鹿力, で, にむかっ, に当っ, に忍ばせた, に犬, に畏まっ, に立っ, の兵, の山, の山二つ, の戸, の枯れ, の草原, の霧

▼ 時こう~ (33, 0.0%)

2 いった, 云った

1 [29件] いたしましたと, いたそう, いったという, いった光景, いって, いわれては, おっしゃったそう, がら日増しに, して, ためらいがち, も言った, 云う声, 云う寄附, 云ったと, 云った声, 云った彼, 云って, 彼女に, 思った, 思ったそう, 思ったね, 思ったの, 決心を, 考えて, 考えるが, 聞いた, 言う借りもの, 言った, 言って

▼ 時ただ~ (33, 0.0%)

1 [33件] うるさいと, お帰りなさいで, こう言え, さえ乱雑, そのドア, その時, ではすまなかった, なんとなし, の一度, ひとり彼, ぼんやりと, 一つしか, 一つの, 一人この, 一人で, 一個の, 一基の, 一度, 一言, 一身上の, 三好さんとして, 何となくそう思った, 何とは, 南蛮寺の, 哀れだ, 悪人らを, 独りで, 獨り醒め, 私の, 衣を, 貰った地面, 顔を, 黒雲の

▼ 時人間~ (33, 0.0%)

2 は人間, は永遠

1 [29件] が人間, が地上, としての來雑物, に人間, に好き嫌い, に打たれ, に捕えられ, に捕られたなら, の一番大切, の世界, の史的評価, の各自, の感情, の歴史的世界, の生活, の目, の精神生活, の連鎖, の顱頂骨, の驚き, はどう, はまた, はむしろ却って, は己, は必ずしも, は自堕落, は頭, は鳥類, も球形

▼ 時~ (33, 0.0%)

1 [33件] からその, から其折, があんな, がこの, がすこし, が元来, が帰つて, が文化形態, が自然弁証法, と並ん, と妻, にそっと, に死なれ, のモデスト・アレクセーイチ, の事, の歳男, の笑顔, の自身, はくるり, はすでに, はもはや, は一寸たち, は人ごみ, は六十, は六十二, は外出中, は大概在宅, は小さく丸, は広く, は必ず, は相, を亡, 或いは父親

▼ 時忽ち~ (33, 0.0%)

2 又一事件

1 [31件] お勢, 一の, 一人あり, 一本の, 他の, 何物か, 余の, 傍より, 兵営や, 凛々しくなった, 前方から, 厚い硝子越し, 大原家の, 平板な, 必然に, 思い附いたイヤイヤ, 我が背後, 曠茫たる, 渦巻の, 犬の, 犯すべからざる者, 男色を, 白, 背中で, 舷門の, 艦の, 部室の, 醒覚した, 関氏五郎と, 隠居所の, 鴉の

▼ 時汽車~ (33, 0.0%)

4 の中 3 の窓 2 が動き出した, は三間, は既に, は隧道

1 [18件] がその, が箱根, が通, で通り, にて帰船, に乗った, に轢かれた, のおかげ, の動く, の旅, の音, はご, はもう, はレール, は丁度, は動, は地獄, は猛烈

▼ 時葉子~ (33, 0.0%)

2 は自分

1 [31件] から電話, が大きい, が思い出した, が情, に来客, の世話, の寝床, の心, の手もと, の部屋, の魂, はいつのまにかしくしく, はきびしく, はするする, はその, はふと, は倉地, は初めて, は危うく, は庸三, は時々, は木部, は決して, は海岸, は激しく, は籠, は紙幣, は船長室, は身ぶるい, もそれ, も思わず

▼ 時部屋~ (33, 0.0%)

6 の隅 5 の中 4 の外 2 の入口, の戸

1 [14件] で手紙, には灯, に丁度, に居た, に殘つて, のすみ, のそ, のなか, のガラス窓, の戸口, の窓, の趣, の雰囲気, へ駈け込ん

▼ 時かれ~ (32, 0.0%)

3 らは

1 [29件] の取つた, の性格, の所, の死首, の視線, の頭脳, は, はかならず, はその, はそぼろ助広, はもろい, は両国, は二十二歳, は俄, は初めて, は太守阿波守, は寺, は岩, は思わ, は意外, は文章, は机, は狂女, は粗相, は限り, もまた, らその, 善くかぎり, 自身が

▼ 時だろう~ (32, 0.0%)

432 と思っ, 少しは

1 [21件] かと思う, かと腕時計, がまだこんなに, が何, が彼女, が腕いっぱい, そうは, といわれ, と云う, と云った, と室, と思います, と思われる, な, ねジョー, は宜, ナなまじ, 何でお前, 四年前の, 屹度, 心から青空

▼ 時であっ~ (32, 0.0%)

2 てそれ, て彼

1 [28件] てきわめて, てこの間, てこれ, てすべて, てその, てどうか, ては急速, ては自分, てまだ, てみれ, てもあの, てもう既に, ても僅か, ても遅滞, て事実, て以来, て初め, て午後, て四方, て宮, て思う, て既に, て源松, て皆, て科学, て美妙, て西田哲学, て鱒魚

▼ 時~ (32, 0.0%)

4 にいた 2 で見, の闇

1 [24件] で誰, にあつ, に小さく, に来た, に立った, に附い, のお嬢さん, の室, の燭, の玄関, の盥, の窓ガラス, の老人, の藪陰, の道路, の静子, の靜子, の骨格, へやって来ました, へ来た, へ行っ, を通りました, を過ぎた, 見を

▼ 時~ (32, 0.0%)

4 がした 2 や表情, を立て

1 [24件] がよく, が大分, が漏れ, が甲, が聞こえました, でも立て, に応じ, ふるわせて, もかけず, も掛けず, をかけ, をかけた, をかけよう, をかける, を出し, を出した, を励まし, を懸け, を掛けた, を探り, を立てられ, を響かせた, 常に異なり, 謡い果ては

▼ 時~ (32, 0.0%)

8 の方 2 の室

1 [22件] から出, から声, から妻, から幸太郎, から店, から蓄音機, から駒江, では一家, で手, の丸, の居間, の座敷, の戸, の椅子, の若, の襖, の見通し, の部屋, の障子, よりお, より目羅, 坐舗

▼ 時~ (32, 0.0%)

5 の心, は端近く膝行 4 は悲しみ 3 の声 2 の聲

1 [13件] がお, が見付けた, などを勤め, に向, の宣給, の態度, の目, の肩, の詞, は, はいひました, は悲しみ乍ら, もよかっ

▼ 時後ろ~ (32, 0.0%)

2 から, から呼ぶ, から青年, で, の方, を返り見る

1 [20件] からこっそり, からそつ, からやった, から与八, から久恵, から彼, から聲, から若い, から葉子, から誰, から追, から追い抜こう, から銭形平次, から錢形平次, でしきりに, なる或, に立っ, のほう, の紺看板, の襖

▼ 時~ (32, 0.0%)

2 の手

1 [30件] がたちまち, がどういう, が不意, が云った, が淡泊, と女, に陪乗, の云った, の何, の前かがみがち, の声, の左, の心, の跫音, はこれ, はそこ, はそろそろ, ははじめて, はまた, はやっと, は一度, は俄, は女, は彼女, は急, は淫ら, は綿, は肩, は霊魂, も女

▼ 時見た~ (32, 0.0%)

3 ことの 2 ものは

1 [27件] が立派, きり七八カ月という, くらゐ, ことが, のか, のが, のだ, のと, のは, ま, ように, んじゃ, んだ, 一部始終を, 人には, 夢が, 女の, 山々の, 川の, 数限りない, 襖一重が, 覚えは, 豊国の, 農民の, 金は, 阿片窟と, 魚雷の

▼ 時~ (32, 0.0%)

2 のよう, の上, の姿, の降る

1 [24件] あり, が労働新聞社, が硝子, が降っ, が降ってた, が降らなかつたら, が降り出した, でつくった, なす衣, のとぎれ, のない, の中, の屋, の時, の林, の締め, の話, は小止み, は現在, を戴く, を掘, を解かし, を蹴っ, を頂く

▼ 時ぐらい~ (31, 0.0%)

4 なもの 2 困ったこと

1 [25件] しみじみと, それを, だった, でありしか, ですが, でそれ, なの, なん, ミジメな, 吉野君を, 味気ない, 妾の, 嬉しかった, 怖しかった, 情けなく思った, 旅行を, 狼狽した, 甘く見られた, 米と, 署長と, 腹の, 蓄音器かけた, 親の, 賑かに, 首を

▼ 時を以て~ (31, 0.0%)

2 内閣を, 始めと, 正さしく閣下, 絶頂と

1 [23件] すれば, ニコリスクを, 一次会が, 事実に, 事實に, 先ず其端, 千住大橋を, 始と, 始まりそれ, 始めて, 始めて總辭職, 従来の, 慊らず思ひけれ, 或は終焉, 敵を, 早く訖, 最と, 最初として, 測り規矩繩墨, 算する用弁, 責められるには, 鐵檻車の, 顧るべき

▼ 時一度~ (31, 0.0%)

1 [31件] あそこで, あるきり, その鮮明, それを, だけで, だけであった, だけであつ, だけもう, ていねいに, であつ, といふ事, にし, にどやどや, に水, に流れました, に眼, に立ち上がった, のこと, は, はノモンハン, は或, 一緒に, 下して, 振返つて, 沈みかけて, 知らしたまま, 聞いたこと, 聴いた, 若者にな, 見た記憶, 領地を

▼ 時三人~ (31, 0.0%)

1 [31件] いたの, が四角, が座, が皆, であつ, で大黒座, ともなにか, のいる, のおじいさん, の下, の下っ, の位置, の兄弟, の兵卒, の天使, の夫, の心中, の話, の賊, の青年, はその, はどっと, は一様, は始めて, は宿, は橋, は猛烈, を乗せた, を乘, を橋, 同時に顔

▼ 時平次~ (31, 0.0%)

2 の後ろ, はそれ, はケロリ, はブラリ, は二十八歳, は日頃, は眼

1 [17件] と八五郎, に力, の引出した, の持つ, の眼, はこの, は三十, は何, は八五郎, は危うく, は危ふく日頃, は家, は岡崎屋三十郎, は思はず, は思わず, は打ち萎れ, は支度

▼ 時~ (31, 0.0%)

2 は, は宮

1 [27件] から話, がお, がせつに, が始終, が来, が行っ, とおっしゃる, ともう, と呼ばれ, に帝国議会, に帝國議會, に自身, に計らわせ, に食事, の叔父, はその, はひどく, は京, は侍従, は出雲権守, は取り次がせた, は右近, は才子, は持っ, は笑い, も恋, を促し

▼ 時~ (31, 0.0%)

3 が開い, の外, を開け 2 があき, がしずか, がサラリと, が静か

1 [14件] があけられ, がそっと, がひっそり, がひらい, が開いた, のところ, の向こう, の蔭, の開く, の間, の陰, へ筍, をあけ, を叩く

▼ 時なぜ~ (30, 0.0%)

2 ともなく

1 [28件] あなたは, あのよう, あの男, あれほどまでに, か, かしらぽろぽろ, かはっと, かほつ, か仲間割れ, か侍, か冷酒, か急, か男, か胸, か腹, か駒井, そんな風, だか, ねらったよう, 一所に, 今村さんに, 君を, 声が, 女中だけが, 東南へ, 自分も, 自動車の, 逆らわなかったの

▼ 時なぞ~ (30, 0.0%)

1 [30件] こんな自動車, さう, その前, ちょっと薄, でございますと, でも, どんな物, ひとしほこ, ほど論じられなかった, みなの, わたしは, ゴム底の, 一刻も, 何が, 何となくその, 宛然堡塁を, 後から, 振向いて, 歴史上の, 殊に深い, 気持の, 父は, 甘いもの, 田村屋好みの, 私の, 肩が, 虚無的だった, 血相を, 親切に, 読書し

▼ 時~ (30, 0.0%)

2 コトヲ, 彼女ノ

1 [26件] 予ト同様デ, 亡命貴族, 会ヲ, 半分ニモナラナイモノダシマイニハ四文, 同役, 外ハ剣ヲ, 奉行ニ至リテ理非黒白ヲ, 姿ヲシテイタ, 寄留者トシテノミ之, 師匠番くれない, 彼女ハ何処カラ見, 心持ハドンナダロウナ, 急務アルナシ, 感ジガ殊ニ似, 様子ヲハナシテ勤向, 死ニヨウマデツブサニ見, 為ニハ入用ナレバ一枝ヲ, 用心ニアレハ取, 用意ニポケットニ忍バセテ来タセデスヲ二錠颯子ニモ佐々木ニモ見, 石ガ二百萬圓ト書イテマシタネ, 私ハ未, 經營, 詩ハ既ニ刻スルモノ十余巻, 鐘では, 頃ニ至ツテ政道ハ紊レ起居ハ王侯ヲ, 黒人ヲ

▼ 時不思議~ (30, 0.0%)

3 なこと

1 [27件] がって, ななつかし, なやさしい, なる笛太鼓, な力, な姿, な考え, な色彩, な衝動, にこの, には思わなかった, にまた, にも別段, にも噴水, にも小倉君, にも深い, にも部落, にも門, に何, に命, に尺八, に思っ, に思った, に死んだ, の感, や棺, を感ぜず

▼ 時~ (30, 0.0%)

4 の手 3 の方 2 のよう, の肱掛

1 [19件] がわ, にいった如く, にねじる, には切り立った, に仰ぎ, に捩る, のスゲ, の一頭, の事, の人さし指, の兄, の屋敷, の最後, の武功者, の矮鶏, の端, の考え, の肩, へ廻し

▼ 時最も~ (30, 0.0%)

2 強し

1 [28件] 不思議に, 偉大なる, 入院が, 具体的と, 力強い頼り, 困るの, 多く体得, 孤独を, 安らかに, 巧みに, 彼を, 恐怖すべき, 日本らしい, 有效, 欲して, 注意しなけれ, 父を, 痛快なる, 盛んに, 真直に, 端的に, 純粋に, 美なる, 自由と, 自発的な, 興味の, 頑固に, 魅惑的に

▼ 時~ (30, 0.0%)

1 [30件] あざけりて, かの壁, が前橋, が眼, とおも, に現, のいっさい, の噂, の家, の怒癒され, の故に, の爲め, の腕, の行路, はかかる, はその, はまさに, はわれ, は何, は彼, は我, は町場さ嫁, は神, は私, は賭博打, は重量, を救, 亦ありき, 出でて, 最も多く

▼ 時遠く~ (30, 0.0%)

2 から眺め, の小石川, の方

1 [24件] かすかに, から, からでもはつきり, から誰, から風, で, ない松原, に, にお, に人, に去っ, の渡り廊下, の町角, の騒擾, アンジアンの, 兵馬の, 展望した, 左手の, 聞えた, 聞えた尺八, 西方に, 見える部屋, 進軍喇叭の, 鐘の

▼ 時三十五分~ (29, 0.0%)

2 を指し

1 [27件] だ, だから, だった, であった, であった眺望雄大, であつ, であること, でかえる, でした, でしたがネ, です, です閣下, でそれから, で広島, と記録, には少し, にアンハルター停車場, に息, に見, のパリ行急行, の岐阜発電車, の浜松行, までずいぶん, やから, よりも二十五分前後, より二十五分, 着三時五十分出発

▼ 時~ (29, 0.0%)

1 [29件] いきなり後ろ, かと思ってたら, かと思つて, からか, がっかりした, しか眠っ, であつ, でしょう, ですかな, でその, なのに, なもの, には発つ, に召集, に眼, のうれし, のこと, は漸く, までかかっ, までずつうす赤い, までです, までには帰らなくっ, までの間, まで数学, を棄て, 嬉しいこと, 嬉しい事, 嬉しい時, 有難かった

▼ 時~ (29, 0.0%)

4 の家

1 [25件] と同じ, の一着, の中井さん, の切, の娘, の婆, の新参, の新興芸術, の木枯, の沈勇, の男, の筒提灯, の答, の経典, の美くし, の自殺, の言葉, の話, の軍艦形, の邊, の邸宅, の部屋, の野郎, の鍵屋, れなら不在証明

▼ 時~ (29, 0.0%)

4 から卸し 2 に入っ, の無い

1 [21件] から下ろす, が薪木, で囲み焼く, で自殺, に追われた, のつく, のよう, の中, の光, の出た, の子, の廻り, の誘った, は既に, をつけ, を引いた, を換, を消し, を焚き付け, を生み給, を避ける

▼ 時~ (29, 0.0%)

6 の前 2 に湧い, を細く

1 [19件] がさめた, がちらちら, くばせを, じるしに, で引つけられた, についた, には涙, に涙, に珍, のま, をあ, をこすり, をつぶる, を眠っ, を瞠つて水月, を見張っ, を見張る, を覚ました, を醒す

▼ 時~ (29, 0.0%)

4 の姿

1 [25件] か何, がその後, っ, とであった, と頼春, なども顔, のひきいる, の一隊, の太刀, の遥か背後, の郎党, の郎党三人, はあやうく, はその, はまた, は中途, は兵, は兵法巧者, は受け太刀ぎみ, は叫んだ, は斬りむすび, は考えた, もすぐ, を斷つて, を途方

▼ 時~ (29, 0.0%)

4 をあげ, を上げ

1 [21件] から血, がひきつれる, が半分無理, でも赤らめる, と顔, には微笑, の中心, は帽子, へ陽, も似, や容姿, をあげた, をあげる, をぐるり, を出された, を出しや, を包ん, を合わした, を見, を見合わせた, を黒く

▼ 時だけに~ (28, 0.0%)

1 [28件] あつまって, お才, これは, さうするの, したい, して, しろ, するが, その太鼓, ただ一ト声だった, なるから, 伯父に, 使って, 働いて, 少し変じ, 岡つ, 彼は, 成功し, 止まると, 気慰めに, 用いて, 着る物, 私は, 見えるん, 見せる淫蕩, 限ったもの, 限らず増水時, 限られて

▼ 時偶然~ (28, 0.0%)

3 にある 2 にもその

1 [23件] が中条, この, ちょっと小説, な契機, に, にこう, にさういふ, にどこ, にもマンハイム, にも一人, にも仮面, にも小松, にも藤枝, にパリー, に下, に見た, に起った, のうまい, の機会, 会った山内義雄さん, 同じ机, 或る, 話し合って

▼ 時子供~ (28, 0.0%)

2 がそれ, は父母, や大人

1 [22件] がなかつたなら, さえ覗かなかったら, だけを城, でしたから, の一人, の叫声, の心, の時間, の私, はお客様, はすぐ, はそれ, はもう, は頬, は食事, もその, や妻, らしい喜び, らしい誇り, を守りし, を見守ってる, を頼ん

▼ 時母親~ (28, 0.0%)

1 [28件] から何等, がガラス戸, が示す, が袋戸棚, と一緒, に一寸手, に仕, に呼ばれ, に死なれ, に釣られ, のくん, の姿, の手, の歌った, の胸, の顔, はきつい, はそこ, は七カ月目, は容赦, は急, は断った, は昨日, は聖女, は腫物, は蠣殻町, や乳母たち, や女中達

▼ 時~ (28, 0.0%)

4 がその 3 の, はその 2 のいう

1 [16件] いう虎, が, がいう, が万, が作った, が嶺南, が曰う, が曹叔雅, が本草, という学者, という支那, の本草綱目, は猯, より約, らしく散歩, らしく閑

▼ 時~ (28, 0.0%)

2 をそ, を挫

1 [24件] から露顕, がすくんだ, が折れる, が窓, にかけられ, にはく, に蹈力, のところ, の下, の濡れる, の爪, の爪先, の痛み, は自然, もあ, をすべらし, をすりむき, をひどく, を伸, を傷, を小, を怪我, を早めた, を止めた

▼ 時頃家~ (28, 0.0%)

11 を出 3 に帰っ

1 [14件] から三丁, に帰った, に歸, のどこ, のもの, へかえり, へこい, へ帰っ, へ帰る, まで歩く, をとび出しました, を出た, を出たら, を飛び出し

▼ 時あたり~ (27, 0.0%)

4 はもう 3 の空気

1 [20件] からやつ, から私, から開始, が急, には誰, に人気, に人氣, の乗客ども, の客, の景色, の木, の物蔭, の眼, はもうすっかり, は全く, は火, は闃, は霧, は静か, を見廻す

▼ 時~ (27, 0.0%)

14 くの 5 くぞ 1 くに匂ひ, くに楽しかるべし, くを, つと兼家, ぶんに, ぶんの, まひの, やりつ

▼ 時一寸~ (27, 0.0%)

1 [27件] お言葉, こぼれた, した投機, すぎて, でもその, と驚かされたせゐ, みぞれ, よったん, 不思議の, 乃木さんへ, 僕等が, 厭な, 台所に, 呼び止められて, 寄ってけねか, 左様思った, 廻った頃, 本箱の, 来たばかり, 止った時, 緊張した, 行って, 見ると, 覚えで, 躊躇した, 頭を, 顏を

▼ 時一方~ (27, 0.0%)

1 [27件] からまた, から気持, で, ではさらさら, では急, では水, では老人, では辰代, に自家, に遥か, の大きな, の婦人, の山峡, の扉, の持っ, の柳, の核, の浪人, の狗熊, の玉, の襖, の道, は一方, は立ち聞き, 僕の, 吉原の, 志津子夫人と

▼ 時三四郎~ (27, 0.0%)

32 は自分

1 [22件] がまじめ, の前, の受けた, の耳, の腰, の頭, はあと, はからになった, はこの, はこれ, はしゃがみ, はとんだ, はふと, は与次郎, は少し, は念, は急, は明らか, は真実, は美禰子, は考えた, は黒い

▼ 時~ (27, 0.0%)

2 たン, れば

1 [23件] すると, たつて, たの, ても喜ばれるで, ても天鵞絨, ても氏, てゐた, て下さいます, て見, りたれば, り浴, る, るえ, るか, るだらう, るだらうと, るとも, るべし, るべし而, るや, る時, れるを, んぢやつ

▼ 時十五分前~ (27, 0.0%)

2 であった, である, です, まで図書館

1 [19件] からもう, から九時ごろ, だよ, でございますよ, なら, にそこ, にはそこ, に一台, に晴々, に私, に起き, に陣取っ, まで, までのあいだ, まで部屋, もう十五分, をうちました, を打ちました, 又山野

▼ 時~ (27, 0.0%)

2 から京都, の八方

1 [23件] から目, ぞひ, でも根こぎ, で遊ん, と積んだ, の一所, の人, の仕事, の城, の奥, の宿, の峰, の形, の方, の案内者, の蔭, の雪白, はにわかに, はまつたく, へ, へ行く, を下り, 及び山

▼ 時津田~ (27, 0.0%)

3 の胸, は始め, は思わず

1 [18件] はさらに, はその, はそれ, はほとんど, はまた, はわが, は一種, は二人, は偶然, は再度, は吃驚, は外部, は小切手, は急, は気, は真, は雨, は驚ろ

▼ 時~ (27, 0.0%)

2 に最も

1 [25件] から上り, から急, から舟, が一面, が夜, が見えない, が迎い, というもの, にあり, に下り, に入ります, に面した, のやう, の上, の旅, の水, の波, の真中, の神, また傾い, も海, も野, も飽くまで, を渡つて, を見ます

▼ 時いかに~ (26, 0.0%)

2 して, してか

1 [22件] この摂理, この歌, その筋肉, 不甲斐なくとも, 今日まで, 厭や, 在銘の, 多くの, 彼は, 後者に, 感激的荘厳的の, 應へ, 我々を, 方向が, 日露戦争の, 民藝品と, 絶望に, 美意識ある, 自分は, 長い間, 音楽と, 食べ残しの

▼ 時いきなり~ (26, 0.0%)

2 ドアが

1 [24件] にゅうっと, はいって, ぼくに, ルパンは, 何を, 口を, 夏服を, 振り返つた, 此の, 浴室の, 激しい物音, 熱湯でも, 狐の, 耳元で, 肩を, 脇腹を, 自分の, 表へ, 襖が, 角頭の, 話を, 警察へ, 雪の, 頭の

▼ 時にだけ~ (26, 0.0%)

2 彼は

1 [24件] ぱあつと, 一定の, 使う言葉, 使用するなら, 入るん, 出席する, 始めて充分, 容れ換, 役に立つの, 感じられる, 昔の, 柿江は, 様を, 気分が, 浮き出る商売女, 父は, 現れる熱心, 短いたより, 笑われますので, 見られる一種, 見ること, 起る, 開かれる大きな, 開かれる穀物倉庫

▼ 時まず~ (26, 0.0%)

3 第一

1 [23件] かの子供, この形, その中, ほととぎすという, 一人で, 上に, 個人としての, 先生を, 冠詞という, 大儀そうに, 女の, 彼の, 我が胸, 此の, 片荷, 眠りが, 私の, 科学的な, 著者に対して, 蝦夷という, 見えたの, 鉄砲を, 驚いたの

▼ 時もはや~ (26, 0.0%)

1 [26件] あの不可解, この世に, その先, それは, と縁, ニイチェは, 一つの, 三十歳にも, 吾, 堪え性が, 多の, 女王様は, 姉は, 子供は, 対社会的な, 弓絃との, 彼らに, 暁が, 混乱や, 澄江の, 爆音の, 現在の, 省作は, 自然科学も, 雛鳥の, 龍然

▼ 時~ (26, 0.0%)

2 の兵, の焔, 大伍

1 [20件] がお供, が京, が姿, だった, といえ, に声, の兵二, の加勢, の異, の発言, の知った, の高原, はそう, は日ごろ, は身, へ何らかの, へ目礼, もまた, も粟田口あたり, も追いつい

▼ 時十分前~ (26, 0.0%)

3 だ, になる

1 [20件] か十五分前, ぐらいそんな, ぐらいだった, だから, であった, でした, ですよ, と津田, におさめた, にこの, になった, に演技道場控室, に玄関, に私達, ね, へ, まっすぐ帰宅, をさしました, を指し, を指せり

▼ 時叔父~ (26, 0.0%)

2 の手, の拵ら

1 [22件] が理解, が突然, が突然こう, が見, のゴットフリート, の出雲守忠朝, の口, の声, の観覚, の頬, の顔, は, はお, はこりゃ, はたえ子, は外, は片手, は私, は筆, は鼻, もその, も湯治場

▼ 時~ (26, 0.0%)

2 の更ける, は明け

1 [22件] があけはなれ, が來, が明け, でも夜中, ながら要, に乘, に入る, のさま, の公園, の六時ごろ, の外, の明ける, の暗黒, の遲, は一層, は六時, は月, は未だ, は殊に, を日, 眠れぬまま, 遅くなっ

▼ 時~ (26, 0.0%)

1 [26件] があまり, がうたっ, が来た, の名, の心, の罪, の胸, はどんなに, はふと, はまあどんなに, はもう, は妾, は実に, は心, は思わず, は憎悪, は殺される, は母, は盲人, は直ちに, は紅矢様, は自分, は観覧席, は麦藁, を呼ばれ, 思はず手

▼ 時少年~ (26, 0.0%)

1 [26件] が, がお, でおいで, のいう, のころ, の咽喉, の心, の涙, の身分, の面貌風采, の顔, はその, はちょっと, ははっと, はほとんど, はわざと, は今, は先生, は口, は清し, は立, は立ちあが, は老人, は薬局, は襟元, は言

▼ 時~ (26, 0.0%)

2 の中, の入口, の方, の灯

1 [18件] と奥, にいる, におりました, にゐた, に三人共顏, に在りし知らぬ, に姿, に居なかつた, に自分, に行っ, の一方, の前, の奥, の若者等打寄彼, の間, の電話, も家藏, より持出せ

▼ 時~ (26, 0.0%)

5 の光 3 の影

1 [18件] がそろそろ, が冴え居, が差し, が更に, に雲, の引力, の手水鉢, の明るい, の神, の面, はさやけし, はひとしお, は小さな, は少し, は落ちかかっ, は雲, は雲翳, を眺めん

▼ 時~ (26, 0.0%)

2 は不意, は何日, は半分腰, は女, は自分, は辷るまい

1 [14件] が布子, の剛愎, の眼, はあ, はお, はかの, はその, はふと, はもう, は拿破里, は病者, は道具屋, は遠藤, は顎

▼ 時~ (26, 0.0%)

2 で亡くなりまし, で急, で死に, とはいったい, にかかっ, にふた親みな

1 [14件] がはやり, でなくなりまして, で亡くなつた, で大, で昼夜, で枕, で死んだ, で熱, どころか親, にかかり, にでもかかっ, のよう, の恨めし, の暴瀉

▼ 時~ (26, 0.0%)

4 ていた, て居た 2 の下り, の由

1 [14件] つばめ発車迄, ておりました, て来た, て行った, となっ, のはず, 三時二十分出発室堂着六時半, 三角点にて, 二時間あまり行乞ぼつ, 孤独な, 本読み一と, 行乞三時間三時帰庵行乞相はよ, 赤いネオン, 車中武者小路を

▼ 時近かっ~ (26, 0.0%)

221 たか, たかも, たでしょう, たろう

▼ 時~ (26, 0.0%)

3 の部屋 2 の風呂場, より失火

1 [19件] で相島, にいた, に腰, に腰掛けてたら, のテーブル, の人, の助, の大, の女, の娘, の室, の寝室, の広間, の柿の木, の肺病患者, の赤児, の赤鼻, の間, の障子

▼ 時~ (26, 0.0%)

2 が降っ, の中

1 [22件] がさっと, がぱらぱら, が小やみ, が降り出した, が頻りに, と一緒, になる, に濡れた, の傾斜, の吹きこむ, の降る, の青い, の音, はやん, は衰, は車軸, は飛沫, ます, も熄, を冒し, を凌い, を持った

▼ 時~ (26, 0.0%)

2 の霽間

1 [24件] か霞, がよぎる, と山の端, に乗じ, に水, に選ばれた, のうごき, のきれ, の下, の中, の去来, の断れ, の早, の棧橋, の緩急, はれて, は悪, は案外, は高く, をのぞむ, を捉え得ず, を語りあい, 亦断, 急潮

▼ 時~ (26, 0.0%)

5 をぴたと

1 [21件] かはゆし, がたちまち, が驚い, にお, にて火事場, に乗らね, に蹴られました, に鞭, のかけ, の上, の全, の前, の努力, の手綱, の氣, の糧葉切, の胴, の鳴, は用事, は美女峠, をとどめさせ

▼ 時そして~ (25, 0.0%)

2 この陰謀

1 [23件] СССРは, ああそう, その前後, その死体, とりとめも, シュピネル氏が, ピヤノの, 一人で, 一方には, 今は, 先刻と, 全人員, 地蔵菩薩の, 家の, 朝は, 樹木の, 殊に秘書役, 片づけ終った安らか, 牧師と, 眼前に, 私に, 軒から, 辰代が

▼ 時~ (25, 0.0%)

1 [25件] ゅういじめつけている妻が, ゅうおこる口論や, ゅうさめ, ゅうみずから意を, ゅうスリッパを, ゅうトロイカを, ゅう動い, ゅう勝手に, ゅう喧嘩口論の, ゅう屋根の, ゅう彼を, ゅう彼女の, ゅう旅を, ゅう橇を, ゅう眼前に, ゅう縛られ, ゅう耳について, ゅう肝に, ゅう行動を, ゅう裁判所に, ゅう遊び仲間と, ゅう邪魔神の, ょうどそうしてしかられしがああ, ょうどどこかへおでましになるつもりで玄関まで, ょっとうしろをふりかへってこっちをすかすやうにして見ました

▼ 時とが~ (25, 0.0%)

8 ある

1 [17件] あったこと, あって, あり口やかましく, あるであらう, あるはず, あるもの, それである, どれだけの, 一致しないなら, 不思議にも, 兎も, 其である, 判らない位, 半々ぐらゐである, 大概同じ, 本質的に, 融合しなけれ

▼ 時なれ~ (25, 0.0%)

3 どそれでも 2 ば年

1 [20件] どまるで, ど如何なる, ばうるさき, ばかえって, ばこそぞ, ばこそだ, ばこそである, ばこれ, ばとゆるさせ給え, ばなり, ばまだ, ば何, ば十二三日位, ば地獄, ば彼等理想, ば東京, ば此等, ば泣く, ば直ちに, ば花尽し

▼ 時ぼく~ (25, 0.0%)

1 [25件] がしよ, が出来得る, が女, が見, が見なれた, なんかは身, には明日子, の受取つた, の受持教師, の部下, はああ, はかなり, はそう, はその, はひどく, はぼく自身, はドキッと, は二人, は戦争時代, は次郎, は歴史的, は父, は独り, も思った, を人

▼ 時やはり~ (25, 0.0%)

1 [25件] お祖父様, この池, この袷, そのやう, その試験, みんなと, 一方では, 三人の, 世子の, 五六人の, 会社の, 修験者は, 同じ浪人組, 左の, 帰省し, 庭先へ, 彼の, 微笑した, 文化部で, 泣かなかった, 生きて, 磯山の, 自分が, 荒木郁子さんの, 裏口に

▼ 時~ (25, 0.0%)

2 しよに, と手柄

1 [21件] かどの, と役, と思い, と思ひ, と捻り, と通り私, と際, と騷ぎ, の俳書, の光, の夜叉名, の峰頭, の平坦地, の年, の批評家, の枝, の聲, の鬼, ばん喜ばれるだらう, も二, 同ハツ

▼ 時二十五分~ (25, 0.0%)

1 [25件] から三十分, から四時半, が来る, だったもし, であつ, である, では, といふ時刻, とかで, に小池, に島田, に着く, に自分, の東京駅発伊東行き, の浜松行, の熱海行き, は普通列車, までには三時間あまり, より, わが旗艦松島, を差し, を指し, を示した, を違約, 何とか短縮

▼ 時~ (25, 0.0%)

2 かにピチピチ

1 [23件] かに, かにこの世, かに形, かに思い出した, かに物, かに眩暈, かに砲門, かに風ふき来, かに風趣, にけたたましい, にぼう, に人, に大地, に屋, に怖, に悪寒, に発した, に秋めい, に路地, に車内, に邸内, に驚きたる如く, に黒い

▼ 時入口~ (25, 0.0%)

3 の扉, の障子 2 のあたり, のドア, の戸

1 [13件] から, からひょっこり, からもう, から影, が開い, に近い, に靴, ののれん, のボーイ, の外, の所, の石階, へ入

▼ 時博士~ (25, 0.0%)

1 [25件] のやう, の同情, の唇, の威厳, の家, の寝室, の思索, の第, の表情, の諸, の默つて, はいつも, はすぐ, はたまたま, ははっと, はぽん, はめずらしく, はよく, は外出, は怒っ, は独逸, は社会, は美術学校, は自分, も亦

▼ 時多く~ (25, 0.0%)

2 の人々

1 [23件] の世人, の人, の人死, の医師たち, の困難, の場合, の場合新た, の天才達, の年, の批難, の敬意, の東北人, の歎聲, の無理, の男, の知合, の罪人, の者, の靈, はこの, は杖, 得たるもの, 水墨画の

▼ 時奥さん~ (25, 0.0%)

4

1 [21件] が, がお, が不安, が出, が現れた, が私, の一人, はどうして, はどうも, はテラス, は二人, は傍, は地味, は大変感動, は急, は縁側, は自動車, は長火鉢, を貰, を貰う, を起そう

▼ 時意外~ (25, 0.0%)

3 の事件 2 なこと, にも文

1 [18件] では, な傑作, な所, な援助, な敵, な最も, な現象, な高輪田長三, にも一つ, にも三人, にも加納, にも法水, にも私, にも答, にも紅琴, の意外, の感, の方面

▼ 時江戸~ (25, 0.0%)

3 へ出 2 の方

1 [20件] から来, から甲州, から長政, でその, では薩摩系, で飜刻, にあっ, にいた, においては正月, に下り, に出, に来, に来た, に来る, の水, の藩邸, へ參, へ持っ, へ持つ, より歸

▼ 時きっかり~ (24, 0.0%)

2 に部屋

1 [22件] だそう, だったから, なの, に, にお, になりました, になる, にぬすみだす, にぬすみ出し, にはじまった, に下宿, に出社, に宿, に帰り着いた, に日本橋, に東洋銀行, に片桐家, に礼拝堂, に終る, に起きなけれ, 出かける, 東京駅発車の

▼ 時どの~ (24, 0.0%)

4 ような 3 やうな

1 [17件] かまた明の, が庁, が申された, だ子, のや, へはよしなに, みたいな, やうに, カメラも, ツラ下げ, 位私は, 位腹立たしく, 地点に, 家の, 文化領域も, 様な, 道を

▼ 時なども~ (24, 0.0%)

2 小猿, 私は

1 [20件] あったそう, いわゆる武士気質, たまたま私, ちょうど私, よく先方, ロス氏が, 三頭取始め同盟の, 変な, 彼は, 昂奮し, 曇天雨天の, 母や, 渠は, 湯島の, 煙突の, 生死の, 製造場その他いっさい付い, 酒気に, 鞍を, 鬼門だ

▼ 時のみ~ (24, 0.0%)

6 では

1 [18件] だと, づみづしい心を, である, でそれさ, ならず常に, なり, なりき, らしい, われは, 人々は, 何思いけん, 使用致す, 偉大な, 可能である, 地へ, 急いで, 牧塲に, 蒼古として

▼ 時以上~ (24, 0.0%)

2 に蒼い

1 [22件] ずつも顔, であった, でひいき, に, にぎくりと, にも気, に一歩, に天理教流行, に慶祝, に癪, に美, に部屋, のこと, のイヤ, の如く考えね, の感想, の打撃, の苦しみ, の要約, の諸説, の驚き, は経っ

▼ 時其処~ (24, 0.0%)

1 [24件] から初めて, から少し, から東南, で暗がり, で落合, にいる, には中年, には生存競争場裡, に名状, に少し, に居た, に居る, に居合せた, に帰る, に物思わ, に錆, の調子, の酒樽, は田圃, まで一緒, まで溯る, まで話す, まで運ん, を遥か

▼ 時再び~ (24, 0.0%)

1 [24件] おたみ, この噂, これに, はッ, 人間として, 人間を, 使者が, 入って, 凝然として, 出て, 合った, 唇の, 奇蹟が, 家を, 彼に, 彼は, 悪鬼の, 振向いて, 昨日と, 杉坂様に, 東隣り, 港を, 立った, 自然の

▼ 時如何なる~ (24, 0.0%)

2 場合に, 時でも

1 [20件] ことによって, とき白刃の, 事態に, 人の, 場合で, 場合でも, 場合にも, 場所でも, 形で, 復讐を, 所に, 故か, 新制度, 時代でも, 時代に, 来客に対しても, 死でも, 災難が, 辺に, 難儀憂

▼ 時~ (24, 0.0%)

2 を流し

1 [22件] がわい, が出た, が出る, が見えた, では動いた, ながれき, に輝いた, に頬, のやう, の一杯, の出る, の味, の谷, はおのずから, はらはらと, は初, は実際, は眼中, は紙上, をいっぱい, を出し, を隠し

▼ 時~ (24, 0.0%)

2 のやう

1 [22件] がいつか, が私, にあたって義仲, におくれず, にたいする反抗, に乗せられ, に乗っ, に乗りおくれ, に乘, に狂奔, の中, の人間, の兆し, の外, の尖端, の調子, の逆, をうけた, を先駆, を描ける, を知る, を頭

▼ 時~ (24, 0.0%)

7 の汽車 2 の下り

1 [15件] で中華, で切符, で盛岡, にはよく, のバス, の上り一番汽車, の上り貨物列車, の列車, の吉敦鉄道, の吉長線, の夜汽車, の急行, の昂昂渓行, の貨物列車, の電車

▼ 時~ (24, 0.0%)

1 [24件] がバック, が一種, が二ヶ月, が私たち, が逃げ出した, で抱, な申, な皆, のうしろ, のもう一度, の坐っ, の所, の者, の視線, は云っ, ふざけすぎるので, 仰向いて, 実行し, 心配忘れるです, 揃って, 立ちあがった, 遠漕, 非なり, 非なり旅

▼ 時~ (24, 0.0%)

2 につけ

1 [22件] と心, に沁み, のめぐり, の内, も世, も心, をかくし, をかくして, をかくす, をかわし, をささげ, をそばめ死, をもっ, を処し, を去る, を寄せ, を後方, を極める, を置く, を轉, を隠され, 全く水

▼ 時限り~ (24, 0.0%)

2 である

1 [22件] おいおいと, お浦, ぐらい, だ, でそれ以上, でやめ, で後, で渡し, で生涯, で立ち消え, どんなに仕事, ない憤懣, なく咲き, にし, に断絶, のこと, のよう, の感動, の気分, の話, 引払わないと, 被入っ

▼ 時あたし~ (23, 0.0%)

1 [23件] がまち, がピストル, が云, が突然, には聞えなかつた, のお, のまぶた, の室, はあなた, はいつも, はここ, はその, はふと, はまた, はまだ, は橋, は歩き出し, は死んだ, は涙, は滝, は祖父さん, ァ, 思い切って

▼ 時あるいは~ (23, 0.0%)

1 [23件] その少し, メルキオル自身で, 三時頃あるいは, 三時頃から, 二時あるいは, 何かの, 偶像の, 十一時から, 十二時すぎまでも, 十時開場という, 十時頃に, 南に, 可笑し気, 家内に, 政権返上の, 月光と, 生命の, 美が, 考えて, 蛇あるいは, 言う益州, 誤まって, 酒の

▼ 時しか~ (23, 0.0%)

2 病を

1 [21件] あなたを, いうまいと, ないと, なくなります, 内気で, 奮起しない, 安心できなくなるだらう, 心を, 文弱の, 来ず寂しい, 来ないの, 洋服を, 生きてる心地, 痛みを, 経験し, 給仕にも, 變り, 部屋を, 金の, 音が, 顔を

▼ 時だつた~ (23, 0.0%)

2

1 [21件] かあの, かそれ, かな最後, かまた, か火, か青銅, がそれ, が數日, が然し, ね, のでお, のでこの, のでその, ので本家, ので突然, ので舌, ので鳩, もんで, よお前さん, んだ, 筈である

▼ 時なんぞは~ (23, 0.0%)

2 耳ン処に

1 [21件] あなた浅間山の下に, いつ海, ずいぶんお足, そっと絹物, その緋牡丹, つまらない道楽, ほとんど終日, 一週間位寝ない, 今思い出し, 休日に, 大抵そんな, 尚更の, 平生の, 御祝儀処, 心得の, 母子連れの, 特別に, 秀麿は, 近所の, 銀行から, 飯粒だらけの

▼ 時ひとり~ (23, 0.0%)

1 [23件] この窯, だった, だに悦び, では按摩, で行, にかぶせ, の乞食, の侍, の侍女, の兵士, の刑事, の勇士, の城兵, の婆さん, の巡査, の気丈, の浮浪者, の男, の若い, の若者, の農民作家, もお, をみな狂人視

▼ 時~ (23, 0.0%)

1 [23件] てもよろしく, も相成ん, チョット悶着ガアッタ, 依ルト顔ニ一種, 借リテ出ル位ダカラ, 又モウ一度改築シタガ, 向フ, 少シ心ニアルコトヲ記シテミル, 当テハ, 当リ, 当リテ敢テ法典, 当リ徳川温恭公, 当リ紛争日, 当レバ彼, 或ハ心ニ従フ, 或ハ書説ニ, 掘取レバ輒チ, 最早心ニ, 来タ, 残し申候, 直グ変ニ, 過従ス, 騰

▼ 時五十五分~ (23, 0.0%)

1 [23件] かで咲, から三時, だ, だった, であった, であつ, でかえる, です, ですよ, でカバン二つ両手, で五十分, で出, で出発, で咲国太郎国府津行, と決定, に, になっ, に乗った, に出る, に開く, のこと, の神戸行急行列車, 同じく九時二十分の二回

▼ 時伸子~ (23, 0.0%)

2 はほっと, は佃

1 [19件] に三回, に蝋質, の瞼, の魂, は, はあの, はむしろ, はもう, はダンネベルグ夫人, は前庭, は大抵, は嬉しい, は嬉しく, は思いがけなく, は成ろう, は日頃, は極り, は自分, も初めて

▼ 時何故~ (23, 0.0%)

2 私は

1 [21件] あんな奇妙, おれは, こんな素晴らしい, そんな気, ともなく, ともなく深く, とも知らず, にテレーズ, に天使, もつとは, 佐久間さんを, 俺は, 別れるの, 妻は, 曾根崎心中に, 独り言を, 知らせなかった, 素直に, 自分は, 芸人の, 酢あるいは

▼ 時全く~ (23, 0.0%)

1 [23件] その一組, どこ歩いてる, の無一文, 別な, 区別なく, 同じだ, 君は, 命拾いを, 天の, 忘られ, 斥けて, 時来れり, 死なんばかりに, 滑稽そのものだった, 生きて, 真剣に, 私どもは, 競技を, 絶命し, 落胆し, 非科学的, 顔色を, 驚かされたこと

▼ 時大きな~ (23, 0.0%)

3 声を

1 [20件] のが, カステラの, 包を, 午砲が, 声で, 尻を, 幟が, 槐の, 模様を, 樽柿を, 爐の, 物の, 真っ黒の, 笑い声が, 聲でも, 衝動を, 西瓜を, 青大, 音を, 鼻と

▼ 時~ (23, 0.0%)

2 を拝

1 [21件] からまるい, から降った, と地, に上った, に両手, のヤチマタ, の一隅, の光我等, の半, の向う, の御堂, の星, の比重, はそろそろ, は彼, は絶妙, は貸さずし, ようやく晴, より降る, 暗くなりし, 開けて

▼ 時~ (23, 0.0%)

8 の中 2 の外, の床

1 [11件] が広い, には西日, に居なかった, に現れた, の動搖, の帳外, の戸, の扉, の窓硝子, の隅, の隅っこ

▼ 時最初~ (23, 0.0%)

1 [23件] には多少, に入った, に入り込んだ, に妙子, に手, に来た, に注意, に発した, に砂糖一斤, に考えた, に耳, に隠れた, の一瞬間, の二, の女中, の手懸り, の看護婦, の考え, の要求, の講演, の馬上, は誰, 果してどういう

▼ 時~ (23, 0.0%)

5 て見 4 たれば

1 [14件] てもすがすがしい, ても天鵞絨, ても知らない, て下, て何時, て建てた, て拝む, て柘榴, て見ろ, て話した, と書い, なすつたね, なん, 煩悩を

▼ 時突如~ (23, 0.0%)

13 とし 1 そのヒイラギ山, 出入口の, 卓上電話の, 参殿し, 天の, 板壁の, 狂気の, 発表された, 私の, 静寂な

▼ 時若し~ (23, 0.0%)

3 私が 2 そこに, 私に

1 [16件] あらゆる具体的表現, これが, その友人, やあなた, や人見さん, や仮面, 一人で, 一方が, 上の, 他の, 平次に, 日本全, 短刀を, 老婆に, 苦悩や, 酒が

▼ 時諸君~ (23, 0.0%)

1 [23件] がそれ, がどういう, がどんな, が私, の望ん, の目, の胸, の良心, の血, はいずれ, はなるべく, は他, は何, は同時に, は吾人, は小, は彼ら, は恐らく, は昔, は気, は無理, は薄暮, 及び諸君

▼ 時からは~ (22, 0.0%)

1 [22件] あまりの, いっさいの, いつも周囲, なお一層, また二三年前, もう八年, もう大分, もう幾千年, もはやそれ, 一般婦人を, 乙の, 厭だ, 又裁判所, 反つて私, 如水会館へ, 始終只今, 学生を, 座談会を, 政府は, 殆ん, 自身の, 草むしりを

▼ 時くらい~ (22, 0.0%)

1 [22件] うれしいこと, びっくりした, ほうほう鳥, 世にも果, 九鬼が, 人肌の, 人間の, 吃驚した, 孤独な, 彼女を, 恐ろしい思い, 東京を, 歓びを, 清く白く美しいの, 無量の, 爺たちが, 私は, 美しい気高い心, 自分が, 隅田川の, 雄弁は, 驚異の

▼ 時さま~ (22, 0.0%)

2 はその

1 [20件] おひとり, がさき, が専横, が御, が本, が非常, このお方, では, に背負, に託し, のあの, の実直, の御, はあの, はただちに, もあて, も御, をお, を御前, 御草創

▼ 時そっと~ (22, 0.0%)

1 [22件] お願いし, その腕, 上目で, 入って, 奥の, 姉さんの, 抜いて, 拭いて, 新造の, 李の, 注意し, 用意した, 登って, 石原の, 私に, 私は, 窺いて, 豚吉の, 起きて, 隣りを, 顔を, 首を

▼ 時だけの~ (22, 0.0%)

2 話夜が

1 [20件] ことだ, ことで, ことを, だましあふ二人, ものである, ように, メロディを, 事だ, 事でした, 共産主義で, 思い附きで, 慰めに, 氣分に, 淋しさ, 相談相手で, 臨時費では, 親方喚い, 話だ, 話で, 話と

▼ 時でございます~ (22, 0.0%)

52

1 [15件] お手向い, お髪, か, からご, からもし, から一方, から丁度, から主人, から元, から寝る, から正, か知ら, な, 厩橋, 意外にも

▼ 時とばかり~ (22, 0.0%)

1 [22件] うんと力, さらに訴えた, もう一度彼, 俺の, 博士に, 口を, 営利を, 城を, 屋敷の, 後から, 必死に, 思い出されたもの, 承知しない, 東大正門前の, 泊内の, 満々と, 良心的な, 苦々しげ, 著述を, 薬の, 貪り食べると, 近隣の

▼ 時にあたって~ (22, 0.0%)

2 余の

1 [20件] ああ神, どこか, ヒューゲノー党の, ユトランドの, 世界最大国民たるの, 余を, 全国から, 古谷氏の, 外人の, 太鼓と, 平家は, 彼を, 慈愛の, 憲政に, 我々は, 折も, 本格探偵小説の, 欧米の, 沖縄人の, 足利将軍家の

▼ 時にね~ (22, 0.0%)

2 着けなければ, 私が

1 [18件] あのひと, あのムーン, いくら早く, おばさまの, その刑事, その時, どうして手, どうも変, よくって, カンタイといふ, 一番安心し, 僕寒暖計の, 十八文おい, 妾が, 新橋駅の, 松原君が, 簑村といふ, 虎は

▼ 時ひどく~ (22, 0.0%)

1 [22件] ひっそりと, びつくりした, やせたみたい, 一般から, 七兵衛の, 冷淡に, 動悸が, 叱られて, 困った, 奇妙な, 奇怪な, 妻を, 安心した, 心配し, 慌てて, 手が, 泣いたという, 泣いてたの, 混乱し, 無念な, 破壊された, 酔っては

▼ 時まるで~ (22, 0.0%)

2 河馬の

1 [20件] うそみたいな, その疑問, それが, それは, ホジクリだされた, 人が, 夢中で, 嵐の, 幕が, 役者みたいな, 彼の, 彼女の, 昨日の, 浮気を, 申し合わせでも, 申合せでも, 私の, 自分の, 裸に, 言い当て

▼ 時みたい~ (22, 0.0%)

2 な嫌

1 [20件] です, な, なのよ, なはしゃいだ調子, な幼, な馬鹿景気, な騒動, な鳴動音, に, にすごく, にまるで, にもう, にやっ, にキューッ, にトキントキン, に両手, に大いに, に大事, に家中, に廻り木戸

▼ 時をも~ (22, 0.0%)

3 知って

1 [19件] おかず天使, しる也, 与えた, 人をも, 余さない生きた刻印, 僕等二人は, 加へ, 味方に, 差へ, 得ずし, 忘れ身, 持った, 構わずに, 機をも, 異にしたれ, 示すこと, 経略十年間, 超えて, 過ぎたれば

▼ 時ドア~ (22, 0.0%)

5 があい, が開い, をノック 2 があきはいっ 1 があく, にノック, の隙間, をノツク, を開ける

▼ 時~ (22, 0.0%)

1 [22件] うけあい雨, すぐ長崎, そのよ, どふなり, まだ, も早, 今ニ, 去ル月六日, 唯是優孟, 大キナタオル, 大謀モ乱ル, 御同様ニ上ミ, 御本藩, 恐ラク, 最早乗組一同貴藩之御手ニ倒レ申, 猶幸, 猶敵中, 皆甜クシテ, 皆苦渋, 至極宜候, 誠に久しぶり, 頻尿ニナル癖ガアルガ

▼ 時~ (22, 0.0%)

2 の中, を出した

1 [18件] から五六寸, から紅, が利けなかつた, が血, ならいい, に入る, に出し, に尾, に表わせ, に謡, に銜えた, の左右, をひらき, を入れ, を出し, を利いた, を容れた, を挟んだ

▼ 時~ (22, 0.0%)

3 八郎は 2 助の, 羅の

1 [15件] にカッフェ, に中小姓, に日本美術, に書卸, の野菜, らしい一本, らし物好き, を賣る, 京阪で, 兵衛が, 右衛門の, 嘗使として, 夫人が, 羅王の, 茄子を

▼ 時~ (22, 0.0%)

4 は暮れ 2 くれて

1 [16件] が全く, が沈む, が覆はれ, の光, の山, の没, の長い, はいまだ, はまだ, はわが, は傾きぬ, もすでに, もやがて, をも持續, を遮った, ノ御

▼ 時死ん~ (22, 0.0%)

2 でいたら, でしまつたの, でもいい, でゐた

1 [14件] だって構わない, でいた, でいる, でしまった, でしまわなかった, でも好い, でも幸せ, でも思ひ, でゐたらう, でゐる, で了ふか, で居らず, で竿, で高力

▼ 時法然~ (22, 0.0%)

2

1 [20件] が, がこの, が云う, が少しく, が御, が念仏, が月輪殿, が由々しく, のお, の処, の弟子, の念仏, の撰択集, の教え, の真影, は京みやげ, は叡山, は自分, は蓮華王院, を請

▼ 時~ (22, 0.0%)

4 にした 3 のそば 2 をすまし

1 [13件] ががん, にたこ, のせゐかしら, のなか, の中, の獣, の穴, へ口, まで紅く, をつよく, を澄, を貫き, 近く

▼ 時~ (22, 0.0%)

3 の上 2 のある, はたちまち

1 [15件] から出, が三台, にかひく, に乗りし, の梶棒, の群衆, の背後, はがらがら, はがらり, はやっと, は走り出した, へ乗り込んだ, をよける, を降り, を馬

▼ 時かも~ (21, 0.0%)

2 知れない, 笑つて居りました

1 [17件] おこったこと, お宅, お客様の, こんなこと, しれないけど, しれないと, つと詳しく, よく分らぬ, わからないの, 己の, 来むと, 申し上げたやう, 知れない私, 知れぬ, 知れぬから, 私が, 見たよう

▼ 時からと~ (21, 0.0%)

2 いうので, 云ふ

1 [17件] いえば, いって, したので, する説, なくお, なくはつきり六郎, なく五, なく寢, なく現れ, なく疱瘡痲疹, なく私, 云う期日, 云って, 截然と, 決定した, 無く湿, 申し上げましたら大抵

▼ 時~ (21, 0.0%)

3 なき 2 かし, 来に

1 [14件] かしこう心定, これぞ我が, つとした, や, 上意だ, 人は, 來ぬ, 來ぬれ, 來るべき, 君を, 哀愁の, 天より, 移ろふ, 遂に

▼ 時もの~ (21, 0.0%)

2 嘲笑ふ, 様に

1 [17件] とはまるで, とほり, とほり安価, に歸つて, の有った, への見方, より重い, をやる, を解決, を遣る, 樣に, 癖の, 自動車では, 通り夜に, 通り散歩に, 通り裏山の, 黄八丈に

▼ 時やん~ (21, 0.0%)

1 [21件] あんたあたしが, あんたそんな, か, から手, がお前, がつれ, が自分, けえ, これに, でいた, ではわからん, とがくっつい, とが田舎, と一杯, もう寝れ, を迎え, 時やん, 此處へ, 田舎で, 自身も, 若松に

▼ 時~ (21, 0.0%)

2 めぐる釦, 坊やみ, 坊や見, 浮世よい, 紺青の

1 [11件] あきれたもの, あんたを, この青春時, たは, た之儀, まだ, もうじきに, 天いまだ, 時節で, 汝は, 起きたら何

▼ 時一時~ (21, 0.0%)

1 [21件] から本, と次第に, にそれ, になつて, になる, に今, に嘴, に城下, に弛んだ, に掘り取らん, に相当, の時計, の気の毒さ, はたいへん, までうんうん, まで起き, まで闇, をすぎ, を打った, 止んで, 鳴を

▼ 時~ (21, 0.0%)

2 の高い

1 [19件] けで, けです, けでも吉ちゃん, けはあなた, けは御, けは被りましょう, けは音, け他人, け問題, け平民, け必要, け秘書, け詰め, だと, であつ, なす菅草, は勘次, は彼奴, 満ち足りた平和

▼ 時~ (21, 0.0%)

2 の心

1 [19件] がはからずも, が妻, が従来, が答えた, にはヨーロッパ中, に座, に殘, の後, は, はまず, はまた, は予, は人違, は兩腕, は帰朝, は烈しい, は窮巷, は諸, をじっと

▼ 時以前~ (21, 0.0%)

2 の薬売

1 [19件] から亡者, その辺, だったの, とします, にすでに, にはない, にはもう, には何処, には文字, にもました, に終えた, の噺, の年増, の概念, の種々, の通り, の長屋, は先史時代, は此処

▼ 時何だか~ (21, 0.0%)

3 自分の 2 私の

1 [16件] いろ, かーツ, ばさり, わからないままドキン, わたしは, ギルテーな, 不断に, 介添人の, 他人の, 厭な, 古い不要, 変で, 大変悪い, 恐ろしいもの, 美人の, 薄気味の

▼ 時兄さん~ (21, 0.0%)

2 が亡くならない, は

1 [17件] から兄さん, から龍馬, がゐ, が千代ちゃん, に諢, に門口, の口, の顔, はぐうぐう, はしきりに, はすぐ, はまた, は厭, は君, は泣い, は眠っ, は誰

▼ 時~ (21, 0.0%)

2 のほう, の入口, の宿

1 [15件] なるが, な方, な橘, な理由, な眼, にもっとたいへん, に湯, に立ち入った, の卓上, の声, の宇宙, の座敷, の彫刻家, の意識, の預言者

▼ 時思わず~ (21, 0.0%)

2 身を

1 [19件] も微笑, 二人の, 二人は, 伸子が, 低い呻き, 低く叫んだ, 取り落とした, 口を, 向き直ると, 彼女を, 微笑した, 悲哀な, 新九郎が, 熱い涙, 私の, 竜之, 笑ったね, 視線を, 谷へ

▼ 時来た~ (21, 0.0%)

4 のか 32 のは

1 [12件] きりもう, って必ず, って日蓮聖人, のかい, のが, のだ, のを, んだ, んだい, ンで, 勅使, 瓢箪の

▼ 時祖母~ (21, 0.0%)

1 [21件] から予て, が, がやつ, が死んだ, が笑い, が襟, につれられ, に叱られた, に家じゅう, に頼まれ, の分, の従兄, はもう, はオルレアン公, は五年間, は口, は始め, は末弟, は決して, は私, も言った

▼ 時~ (21, 0.0%)

3 もまた, をもまた 2 に彼, は温められ高められた

1 [11件] からもまた, があった, が一層, には乱れ, にも近づき, に近づく, はいよいよ, は二度と, は準備, は薄らい, への見方

▼ 時~ (21, 0.0%)

9 かつた 3 かつたらう 2 處に 1 か, かかった, にし, 仕の, 処に, 処の, 邊より

▼ 時電車~ (21, 0.0%)

2 が来た

1 [19件] が来ました, で子供, で戸畑, と車掌, にてサンベルナルド町, のつり革, のなか, の切符, の窓, の走っ, の車掌, はいつの間にかぴたり, は停留場, は動物園前, は大きな, は急, よりも東京, を下り, を降りる

▼ 時静か~ (21, 0.0%)

2 に襖

1 [19件] なとこ, なもの, な宿, な深い, な若葉, な鹿児島湾, になつ, にブラウン, に云った, に云つた, に口, に左手, に扉, に朝鮮語, に澄んだ, に眼, に裏戸, に言いました, に起き

▼ 時お父さん~ (20, 0.0%)

32 が訊いた

1 [15件] が, がそれ, がぬっと, がゆうべ, が帰っ, が浚っ, とお, とお母さん, に須田町, の船, はこう, はそわそわ, はどんなに, は僕, は和子

▼ 時~ (20, 0.0%)

2 てから忠志君

1 [18件] ぜんに, たり面, づれする声のみ, づれする聲のみ, てあげた, ている, て下され, て何気ない, て出, て如來, て居た, て廊下, て鳴き夜明け前一, はあらむ, ゃりこうべは吃驚りし, 天なる, 我適き, 機体ことごとが

▼ 時すぎる~ (20, 0.0%)

2 としん, ともう

1 [16件] で, とお, とおなか, とこの, とさすが, としまる, とカバレー, とノビ, と上野, と人ッ子一人, と空襲警報, と赤石沢, までここ, までつ, まで寝床, まで私

▼ 時すべて~ (20, 0.0%)

2 の人

1 [18件] が恰も, が正確, のこと, のもの, の世界, の事, の人々, の所有, の罪, の鐘, の雅致, は崩壊, は暗く, は終つて, をその, を戦ひ, を知った, を語り合った

▼ 時における~ (20, 0.0%)

2 ダダの

1 [18件] ある種類, ように, 兵役適齢の, 内容の, 同じ種類, 奉行の, 存在とは, 彼女ほどには, 救貧税の, 櫂を, 港湾は, 無戒, 生命の, 痙攣, 私の, 精神の, 結末, 農業者没落の

▼ 時われわれ~ (20, 0.0%)

3 はその

1 [17件] があなた, の如き, の姿, の巨大, の手, の牙, の生, の眼前, の祖父, は, はわれわれ, は何, は勇ましく, は古典主義, は沈黙, は海, は深く

▼ 時~ (20, 0.0%)

2 から降りよう, の方, の部屋

1 [14件] から二十貫, から墜ち, から激しく, から飛び下り, に上げ, に引いた, に述べた, のかた, の伏見屋, の問題, の弟, の階段, の雪隱, を下

▼ 時今度~ (20, 0.0%)

2 は第

1 [18件] こそはといろいろ手, こそ家, こそ必ず, のこと, の運命, はハッキリ, は丘, は何者, は北, は右, は美津, は胴, は自分, は葉子, は足もと, は電話, 空いた向, 集めた藏書目録

▼ 時伯父~ (20, 0.0%)

2 に抱きあげられ

1 [18件] から手ほどき, がさりげ, にあたる北山あたり, の半兵衛, の家, の平生, の某, の知邊, は, はこれ, はさ, はその, はひどく, はふと, は七十二, は探る, は珍しく, は私

▼ 時十時~ (20, 0.0%)

1 [20件] からことに, がまだ, となり, となる, と不安, と何事, と同じ, と壁上, と時間, と水, になっ, にならなけれ, になる, に至っ, に近い, のよう, の日, まで夜業, より十二時, より段々

▼ 時友達~ (20, 0.0%)

2 の一人, の御

1 [16件] から謡, がこの, が喜ん, が背, が自殺, と一緒, と二人, と二人巴里, と喧嘩, にあずけ, にたのまれ, のうち, の手, の許, は己, は言っ

▼ 時~ (20, 0.0%)

4 ふの 2 ふ岸

1 [14件] から座敷着, から歩い, つて右手の, に示した, に見える, の言葉, ひ側, ふから擦れち, ふから眼がねを, ふから陽に, ふへ, ふより, ふ側, 柳原まで

▼ 時~ (20, 0.0%)

2 の方

1 [18件] がどなりつけた, が云う, という順, と私, のため, の先祖, の父親, の王様, の目代, の親類筋, の話, は中里, は夜討ち, へ帰っ, も田舎, を夜討ち, を奪わるる, を建てる

▼ 時宗助~ (20, 0.0%)

2 の頭, は世の中, は何, は例, は始め, は御 1 はた, はただ, はなお, は会計, は會計, は猶, は生き, は生き残った

▼ 時~ (20, 0.0%)

4 の若い 2 が若く

1 [14件] うへだけに, とった体操, の三十, は, はときけ, はわずか, は三十, は二十四五, は幾何, まだ三十六歳, よった悪魔, よりの方, 少き漕手, 正に三十

▼ 時~ (20, 0.0%)

5 へ入る, へ出る 1 にいた, に在りし余さし, に少女, の中, へ, へ来る, へ行く, も立たなかった, を去った, を避けよう

▼ 時或は~ (20, 0.0%)

2 何かの

1 [18件] お筆, そういうこと, その以後, もっと早く, 上下し, 人を, 仰いで, 伊那盆地から, 六時に, 単に瞥見, 夕雲の, 多年酷使に, 宗教的な, 小判歩判を, 時間の, 朦朧と, 毎夜一点の, 田の

▼ 時~ (20, 0.0%)

2 のふたり

1 [18件] が条文, だったが, と諮っ, にも会っ, の両, の声なき声, の落命, はなん, は小首, は言った, へもじかに, もついに, もぴくり, もむしろ, も仲時, も同意, も斬り, も暗然

▼ 時縁側~ (20, 0.0%)

2 の障子

1 [18件] から平馬, でコトリ, で書類, で男, にいた, には二足, に寝転ん, に控, に立っ, に腰かけ, に誰, の戸, の方, の柱, の隅, へひらり, より庭, を老母

▼ 時~ (20, 0.0%)

2 の縁側

1 [18件] から宍戸, から降り, で前, で真事, で薪割り, に鬱金木綿, のうち, の家, の家主, の山, の崖, の方, の楽屋, の欅山, の畑, の硝子戸, の車屋, へ廻った

▼ 時階段~ (20, 0.0%)

2 の上, を上る

1 [16件] にバタバタ, に凭れ, に小さな, の上り口, の下, の平板, の途中, を上っ, を上りかけてる, を上り来る, を下り, を急い, を登る, を走っ, を踏む, を通る

▼ 時~ (20, 0.0%)

2 に紅い

1 [18件] からその, が落ちる, に細引, のない, は胴, をかしげ, をふった, をぽ, をもち, を上げる, を伸し, を傾け, を切られ, を囘, を捻りました, を曲げる, を落され, 当てと

▼ 時かは~ (19, 0.0%)

2 飛んだ目

1 [17件] こんな目, その二重, 亡ぶの, 又た, 墜落する, 幽靈, 必ず匕首, 必ず過ぎ, 惨めな, 来るでしょうから, 止まむ, 死する如く思はれる, 海峽の, 眞の, 良人は, 落城の, 見付けられ酷く

▼ 時さすが~ (19, 0.0%)

2 に懐し, 強情な

1 [15件] にいきなり, にさびし, にデンスケ君, に五郎, に全校, に悪, に惡智慧, の主任, の俺, の因業親爺, の彼, の我輩, は有名, 大家の, 鈍感の

▼ 時たった~ (19, 0.0%)

2 一人の

1 [17件] ことで, 一つ, 一つ残った, 一人で, 一人助けに, 一円八十銭しか, 一匹だけ, 一口物を, 一回だけ, 一度だった, 一度でございます, 一度文晃の, 一本であった, 一言交した, 一言彼女と, 一遍親だ, 二つか

▼ 時だけが~ (19, 0.0%)

4 私の

1 [15件] この男, まだしも自分, 二人を, 作用の, 僕には, 問題に, 夢中の, 実際に, 家がい, 少々黒ずんだ, 愉しみであった, 救ひだね, 本当らしく使えます, 生き甲斐であった, 自分の

▼ 時にわかに~ (19, 0.0%)

1 [19件] 一礼し, 中断せられ, 今まで, 光景が, 動揺した, 千切れる, 大勢の, 小次郎としては, 岩石人達は, 森の, 気後れが, 消えて, 減じて, 現われた, 脇へ, 自由な, 船が, 表に, 隣りの

▼ 時またも~ (19, 0.0%)

1 [19件] お島, 一人の, 一發ドガン, 呼子の, 奇蹟が, 子供が, 店の, 庭の, 彼女の, 戸の, 手紙が, 林の, 次郎吉は, 清涼と, 湖水の, 聴衆の, 表で, 道に, 闇の

▼ 時やつ~ (19, 0.0%)

1 [19件] があと, たかしら, たから, たで金さん, て来た, とそれら, との事, と初瀬, と千種, と唇, と帰, と教會, と産婆大野登志, と男, と腹, と鋭, と集まつ, と顔, は聞き流し

▼ 時一番~ (19, 0.0%)

1 [19件] おいし相, おかしかった, お好, にそれ, に蜥蜴, に驚いた, は若く, ひどい目, よく利く, 困つたの, 困るの, 困る事, 執念深く付き纏った, 執念深く附き, 小さいひなげ, 興味深く思い浮かべられる, 辛かった, 面白いよ, 食べたかったの

▼ 時今日~ (19, 0.0%)

1 [19件] あるを, のみのる, のやう, のよう, の三越, の後悔, の昼頃, の知識人, はとか今晩, はどの, は二ドリ, は五月一日, は宴会, は日劇地下室, は早く, は東宝西撮影所, は熱海, ほどまざ, も一日

▼ 時吾人~ (19, 0.0%)

3 はそれ

1 [16件] が今日, の心中一点, の抽象, の経験, の胸, はま, は一, は一高校風, は二百年来, は人間, は何等, は如何, は屡, は暴動そのもの, は自分, は身震い

▼ 時~ (19, 0.0%)

1 [19件] がその, が並ん, なる人, なる彼女, にかわっ, のお, の圭子, の婚礼, の家, の手, の肱, の貰った, はこんな, はすでに, は始め, は忙, は相当, は裏口, や友達

▼ 時岸本~ (19, 0.0%)

1 [19件] の方, の胸, は, はある, はこの, はそう, ははっきり, は一郎, は以前, は初めて, は嘆息, は国, は庭, は彼女, は後, は日頃, は根岸, は温泉地, は節子

▼ 時~ (19, 0.0%)

2 は起き

1 [17件] がカナリア, が横, と一緒, のエドワード, の女房, の方, の曹植, の淡路守後基, の瓜生長三郎, の縁談, の養母, ははや, はやう, は兄, は最期, への土産, も秋さん

▼ 時~ (19, 0.0%)

3 が開い

1 [16件] から洩れる, が開いた, の上, の向う, の隙間, をあける, をこつこつ, を以てこれ, を出たら, を叩く, を押破, を明け, を距, を閉づる事, を閉め, を開け

▼ 時更に~ (19, 0.0%)

1 [19件] あの時, しかし身, その上, シシリーを, 一躰南無, 之を, 其の珍重, 叫んだ勘次, 奇妙な, 彼の, 憾みが, 換言する, 深く彼, 神谷が, 繋ぎ直されたの, 美しさ, 聞こえたイヤ, 言葉を, 適当に

▼ 時~ (19, 0.0%)

4 の室 2 のよう

1 [13件] でせう, のお座敷, のやう, の勝負, の十日間, の山, の日曜日, の時間, の歩み, の決戦戦争, の部屋, 右衛門は, 景の

▼ 時父親~ (19, 0.0%)

1 [19件] が会, が小, が箪笥, が醫者, の樣子, の気に入った, の氣, の皆川敬吉, の鉱物標本, はそこ, は丁度, は不意, は滝壺, は青ざめた, も最早, やその, や知合, より分けられた, を鬼

▼ 時~ (19, 0.0%)

2 に狙

1 [17件] あり葦牙, と自分, にでも憑かれた, になる, にも半, に狙い, の欲しい, の気配, の輪廓, の響, をも言わ, を安石, を撃破, を案じ, を盗まれた, 干臺, 慣らされた物腰

▼ 時~ (19, 0.0%)

1 [19件] からだ, でも, で市中, なりとして賤, なり他, なる者, な不完全, な分業, な関心, に, に宿泊, に新聞紙的自由主義, に来る, に発狂, のもの, の性交, の神経障害, の結果, の迂回

▼ 時直ぐ~ (19, 0.0%)

1 [19件] それと, それを, にも立つ, に奈アちや, に店, に心, に止め, に池, に逢, よい病院, 其處に, 別れたらどう, 平三, 日比屋で, 火から, 眼の, 砂利詰の, 腐敗します, 騒ぎ立てればよ

▼ 時~ (19, 0.0%)

2 もますます

1 [17件] が咲いた, が梢一ぱい, さいたもののや, っている, のつぼみ, のよう, の中, の朧, の盛, の輪, の都々逸, は痙攣, を拾っ, を父, を見ない, を見ん, 満城

▼ 時お母さん~ (18, 0.0%)

2

1 [16件] が僕, が呼び, が後, とお, と二人, にそういった, に叱られた, に聞い, の膝, は一太郎君, は一所懸命, は何とか, は子供, は待ち受け, は泣いた, もつい

▼ 時からとも~ (18, 0.0%)

4 知らぬ習 2 なく姿

1 [12件] なく, なく口数, なく思ッ, なく春, なく注意, なく自分自身, なく足, なく鐵心道人, なく雲, なしに, 無く自然, 知らぬ習はし

▼ 時すっかり~ (18, 0.0%)

1 [18件] お腹が, きかして, ワルトンの, 乙に, 元気に, 化けの皮が, 参って, 奴の, 御幣の, 悲観し, 生きる楽し, 甲に, 網を, 考えが, 蒼ざめていた, 解った, 話すから, 話を

▼ 時そのまま~ (18, 0.0%)

1 [18件] であって, で初めて, で寂れた床屋, にああ, に何, に浪子, のよう, の姿, の心持, の純潔, の自分, の身體, の醜悪, また抽斗, 残して, 薄く切っ, 陸尺は, 飛び上つて

▼ 時だれ~ (18, 0.0%)

2 かが彼, よりも先

1 [14件] かがかなり, かが参った, かが声, かが見たなら, かと会った, か他家, か扉, か連れ, か重い, にも見せない, もいない, もが親しい, も彼, も私

▼ 時にとって~ (18, 0.0%)

1 [18件] ありがたい, いい獲物, ここに, このうえ, 五百の, 信長の, 名案だった, 回生の, 大きな障害物, 小気味の, 役に立つという, 意外の, 炎暑を, 百万の, 研究上必要の, 腕力も, 至尊の, 身を

▼ 時はっと~ (18, 0.0%)

2 した, 思って

1 [14件] したが, したの, しました, なって, 思った, 思ったくらい, 思ったらつい, 息をの, 気が, 気がついた, 気がついて, 皆わかっ, 足が, 驚いたの

▼ 時~ (18, 0.0%)

2 づ噴飯に

1 [16件] ことの, づいこと, づ困難を, づ考へず, づ自分つていふ, なくまめ, のよろしから, へ, へだ, へに出立, へに帰庵, へに起き, への電車, へまで, ほう使が, ぼろしの

▼ 時クリストフ~ (18, 0.0%)

1 [18件] にとって非常, には後者, はいちばん, はそれ, はたいへん, はなぜ, はもう, はザビーネ, はミンナ, は初め, は嫌悪, は河岸通り, は肩, は自作, は自分, は荒々しく, は身動き, は高い

▼ 時何となく~ (18, 0.0%)

2 其処に

1 [16件] 予期に, 嬉しい心持, 嬉しゅうございました, 後髪を, 悪い事, 惡い, 机の, 気の毒で, 目あたらしく, 着物が, 私は, 胸が, 自分の, 苛立った感傷, 西洋の, 陰気な

▼ 時何ん~ (18, 0.0%)

3 なこと 2 にも持っ

1 [13件] かチラリ, か打ち開けた, か言いかけ, たる怪異, でも, という不思議, といふ理由, とか思案, となく, な事, にも言, の異状, の雲助

▼ 時~ (18, 0.0%)

1 [18件] ある種, この寮, そういう特性, その遮断, そんな気持, だしぬけに, っと胸, と渠, と見出した, にせよ行われる, はあった, はトリエステ, は残っ, は洋服, は鄙, は陽気, ま窓, 話しかける言葉

▼ 時八五郎~ (18, 0.0%)

2 のため

1 [16件] がお玉, に一應言傳, に脅かされる, のところ, の家, の後ろ, の心, はあわてふためい, はそつ, は全く, は平次, は松, は絵解き, は繪, は飛ん, を先頭

▼ 時友人~ (18, 0.0%)

2 の一人

1 [16件] あり独り立て余, が主人, と二人, と全生, と競爭, に連れられ, のお, のお母さん, のレヴィウ作者, の元, の大塚保治君, の家, の細君, の紹介, の言葉, は笑い出し

▼ 時如何~ (18, 0.0%)

2 にし

1 [16件] しけん風, して, という事, とも全力, な事情, にすべき, にパレット, に両者, に多く, に家人, に振舞, に琉装, に瘠せ, に自分, に親身, に言ひま

▼ 時~ (18, 0.0%)

2 はその

1 [16件] が寝台, だという, とラズーミヒン, には逢わなかった, に呑ませる, のお, のくれ, のこと, の一人, の方, の秘密, はなにか, はようやく, は国, は銭湯, 再び来り

▼ 時~ (18, 0.0%)

2 から毛利, も折, 悪く差支

1 [12件] が折, に触れた, も所, よく向う, よく平賀源内, 好くも, 好くタキシ, 好く酒屋, 悪く卸した, 悪く河岸, 悪く道, 悪しく最前

▼ 時~ (18, 0.0%)

2 の中

1 [16件] がなかっ, がドブン, が井戸, が穂, で頭, に映った, のうえ, は徐々に, は段々, は真白, をふくん, を割る, を探, を汲む, を飲ませ, を飲み

▼ 時群集~ (18, 0.0%)

4 の中

1 [14件] がその, が項, のうち, のなか, の一団, の叫喚, の後方, の間, は三宮神社, は喝采, を上, を押分け, を襲う, 仰ぎ視る者

▼ 時義雄~ (18, 0.0%)

1 [18件] がさり, が大野, が見舞, の知つて, はその, はその後會, はインバネス, はマオカ, は一種, は何だかぷんと, は勇, は客, は弟, は既に, は言葉, は身, は隨分, も渠等

▼ 時~ (18, 0.0%)

1 [18件] と新聞社, にこの, の傍, の如き, の師匠, の物, の白い, の言, はやっと, は七十七歳, は何度目, は在, は夢みるごとき, は始め, は空想, は自身, は藤堂伯, は谷中村

▼ 時誰か~ (18, 0.0%)

3 がこの 2

1 [13件] がいろいろ, がちょっと, が宏子, が小声, が工夫, が掌, が林, が火の見櫓, が苦し, が被害者以外, が触った, が雑誌, 激しく戸

▼ 時遅く~ (18, 0.0%)

4 かの時, 彼の 3 この時 1 も十時, 大風の, 接吻した, 無頼漢の, 礫の, 間髪容れぬ, 青眼先生が

▼ 時階下~ (18, 0.0%)

2 の時計

1 [16件] から, から上ッ, から妹, から嬰児, から男, が誰, でも怪しい, で倉地, で彌, で彼女, で時計, で電話, にしはぶき, には誰, の廊下, の話声

▼ 時障子~ (18, 0.0%)

3 のそ 2 の外

1 [13件] がたたかれ, が開いた, には晩秋, の中, の中程, の破れ, の間, の隙, や壁, や天井, をあけ, をあけた, を締め

▼ 時電話~ (18, 0.0%)

3 のベル

1 [15件] がある, がか, がかかっ, がチリチリ, がチリン, が彼, が掛っ, で急, で注文, で確かめ, で起される, と書生, に支障, をかける, を掛け

▼ 時頃床~ (18, 0.0%)

3 についた, に入っ 2 に入り, を離れた 1 につき, につきぐっすり, につこう, に入った, へは入る, へ入った, へ入る, を出る

▼ 時駿介~ (18, 0.0%)

1 [18件] の心, の眼, の足, は, ははじめて, ははたと, はもう, は伊貝, は何, は全く, は坂, は心, は急き立てられる, は東京, は激しい, は自分, は風呂, を訪ねる

▼ 時たまたま~ (17, 0.0%)

2 記憶に

1 [15件] これらの, さういふ話, わたしは, 公の, 外に, 大朝の, 妙子が, 年齡の, 枇杷の, 沙漠に, 港家華柳丸君と, 私の, 話しに, 逢った同窓, 附近の

▼ 時であろう~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] お鯉さん, か家, か跫音, がその間, が今日普通, が寝, とか何, とたいした, と十一時, と思います, と思った, と思われた, と思われる, と身, の

▼ 時どういう~ (17, 0.0%)

1 [17件] きっかけだった, ことが, ことに, ことを, ふうに, わけか, 仕方であった, 形を, 御用が, 意味の, 方法で, 様子か, 気だった, 気持か, 風に, 風の, 食物を

▼ 時にか~ (17, 0.0%)

2 あれ空, 苦ん, 雪がねば

1 [11件] あたれるや, あらむ, 之を, 奮わん久しく, 女御更衣あ, 女御更衣数多侍ひ, 忘る, 我れ行き, 来れる, 腹を, 釆女御門の

▼ 時にまで~ (17, 0.0%)

2 私を

1 [15件] それを, なって, 人の, 他人の, 伝染し, 何一つ自分, 再興する, 及ぶ, 及んだが, 及んで, 理窟の, 立ち至って, 考えなくては, 至つて見る, 遡って

▼ 時ふっと~ (17, 0.0%)

1 [17件] したこと, ぼくの, また褄, 一つの, 彼女は, 思い出したの, 思い出して, 死にたくなる気持, 気がついた, 物影が, 私は, 窓に, 考えついた思案, 自分から, 記憶の, 順造の, 顔は

▼ 時ほか~ (17, 0.0%)

1 [17件] に客, のお客, のこと, のだれ, のもの, の人たち, の人間, の住僧, の俳優たち, の婦人, の学校, の必要, の方, の見物人, の親しい, は皆男, りと

▼ 時ほどの~ (17, 0.0%)

2 失策は

1 [15件] うまさ, 元気は, 厭わしい思い, 後に, 怖さ, 旅行の, 爽快を, 物々しい警戒, 狡猾さを, 生命力に, 痒さ, 立派な, 縹渺として, 美しさ, 色に

▼ 時みんな~ (17, 0.0%)

1 [17件] がかま猫, が大変, が悪性, して, で蹴とばした, と一緒, のうしろ, の後, の頭, はどっと, は一度, は一齊, は殆, は特別, は芝居, は黙し, 売って

▼ 時十二時~ (17, 0.0%)

1 [17件] が打った, だ, という二時間, と丁度, になっ, になつて, にまで及ぶ, に至り, は深夜, まで, までお, まで待った, まで殆ど, まで續, をすぎる, を過ぎた, 過ぎて

▼ 時~ (17, 0.0%)

1 [17件] だなあと, だなと, なこと, なところ, な事, な幻想, な心持, な気, な気持, な男, にじろじろ, にはにかむ, に妨げられ, に応じ, に憂鬱, のため, われる千々岩

▼ 時実に~ (17, 0.0%)

2 あわただしい後悔

1 [15件] うまく行った, その時, 不思議な, 予想も, 偶然を, 名状すべからざる, 変梃な, 寿永三年正月二十日粟津原頭黄茅蕭条として, 彼の, 恐ろしいこと, 或時, 次の, 私も, 途方も, 驚くべき一物

▼ 時宿~ (17, 0.0%)

3 の女中, へ帰る

1 [11件] が天井, に忘れ, の主婦, の亭主, の人, の前, の夫人, の軒下, へ帰りつく, もいよいよ, を出

▼ 時幾分~ (17, 0.0%)

4 かの汽車 2 と聞いた

1 [11件] かその, かにわたくしたち, かのがあった, かのところ, かの上諏訪発, かの助け, かの急行, かの最終, か僕, の汽車, 何か

▼ 時~ (17, 0.0%)

1 [17件] か味方, が上陸, が現れよう, なら敵, に旗, の大将, の屍体, の山名方, の陣, の魚形水雷命中, は, は二人, は血, も味方, も砲台, を軽んず, ムラムラと

▼ 時武蔵~ (17, 0.0%)

1 [17件] が, がいった, が五十七歳, が室内, のす, の国, の姿, の柩, の脳裡, は, はいちど, は少し, は必ず, は箱段, は老, は自分, を午餐

▼ 時~ (17, 0.0%)

2 の方, の有志

1 [13件] なら町, にいる, にはいっ, に見覚え, の何人, の家々, の役場, の角, へお, へ出, を出, を歩む, を通り掛かりし

▼ 時白い~ (17, 0.0%)

2 職服の

1 [15件] お茶の, ままで, エプロンを, ハンケチを, 岩の, 平素着を, 幽霊に, 指が, 歯が, 歯の, 歯並みを, 毛布に, 波の, 石で, 雲で

▼ 時~ (17, 0.0%)

1 [17件] となっ, と人間, に似る, に祈り求めしか, のことば, の加護, の名, の子一人, の存在, の廳, の標め, の膝, の諭す, はその, はモーセ, を招き寄せる, 告げたは

▼ 時~ (17, 0.0%)

1 [17件] しが, てからまた, てから忠義がま, てから源氏, てその, てのち, てまして, て国内, て孤立, て帰り, て後, て感受, て毛馬堤, て私, て記憶, て過去, を北静廬

▼ 時見る~ (17, 0.0%)

5 毎に

1 [12件] とも無しに, と佛壇, と四人, と家, と後ろ, と思いの外上, と思ひ, と相手, と薄化粧, と袖, 人間の, 時も

▼ 時~ (17, 0.0%)

3 はうやう 2 つた

1 [12件] つたが, つたらう, と意, のやう, ひたかつたが, ひました, ひ交した女, ひ出すべき言葉, ひ忘れたが, ひ忘れましたが, ひ知らぬ嬉し, ひ難い畏し

▼ 時近所~ (17, 0.0%)

1 [17件] から狩, に火事, に碇泊, のおかみ, のお仙, のもの, のカフェエ, の人, の人々, の今, の奥さん, の小僧, の教会, の木, の村民, の温泉, の若い

▼ 時隣り~ (17, 0.0%)

4 の部屋 2 村の

1 [11件] からお, に住ん, に何, に掛け, のボックス, の六畳間, の区劃, の婆さん, の室, の店, の応接部屋

▼ 時黒い~ (17, 0.0%)

1 [17件] はっぴを, ポツポツの, マントを, 人影が, 人影は, 厩肥の, 垂れ布を, 影の, 物の, 狐格子を, 眼鏡も, 空から, 縁の, 羽織を, 風みたいな, 髪の毛を, 鳥が

▼ 時あまり~ (16, 0.0%)

1 [16件] あわてたの, いい顏, お金を, きげん, その筋, で往復, のま, の世, の疲労, もかかっ, も石, 他の, 早かつ, 血が, 足が, 車輪に

▼ 時からか~ (16, 0.0%)

1 [16件] えびす神に, その絵, その繪, それらの, ポオトフオリオを, 卑人の, 又どう, 妙な, 床に, 思ひ込んで, 此踊り狂言が, 海の, 知らぬが, 私は, 芝居では, 長いこと

▼ 時すなわち~ (16, 0.0%)

1 [16件] この二年目, この揺らいでる, この本能, これ霊魂の, その外形, 三十年前から, 世界統一の, 五時半頃から, 余の, 例の, 俗に, 十月から, 午後十時には, 死滅という, 自分が, 雄略朝以来すでに

▼ 時ちよ~ (16, 0.0%)

4 つと過ぎ 2 つと我慢 1 つくら御機嫌, つとから, つとした, つとすぎ, つともの, つと休憩, つと動悸, つと氣, つと茶盆, つと驚いた

▼ 時ちら~ (16, 0.0%)

3 と見た 2 と見えた

1 [11件] とかなり, とそう, とでもあなた, と九太, と出した, と夫がい, と子供, と拝, と横顔, と私, ばらに

▼ 時つくづく~ (16, 0.0%)

2 私は

1 [14件] このヴァイオリン, これが, とこの, と思いました, と感じました, むかしを, わが生涯, 思いました, 思ったの, 思ったもの, 感じたこと, 感じた事, 酒を, 露月を

▼ 時なき~ (16, 0.0%)

2 愛撫とを

1 [14件] かかく, が如, が如し, が故に, ことを, なり, にあらず, にしも, をかこち, を遺憾, 人の, 人を, 今宵かな, 猜疑に

▼ 時なぞに~ (16, 0.0%)

1 [16件] お島, そうするごとく, それを, どうかする, まずい物, よくこんな, よく見受けられる, 休憩室で, 助けて, 嘘を, 憶い出した, 横田から, 痩躯を, 相手の, 葛湯は, 通りすがりに

▼ 時ならず~ (16, 0.0%)

2 俄に, 寒き夜ふけ

1 [12件] という意, 一度に, 倉の, 先生を, 呼起され, 商人衆の, 春風胎蕩として, 時を, 曩より, 花屋が, 豆棚の, 雲から

▼ 時においては~ (16, 0.0%)

1 [16件] あたかも酒石酸水, いっそうしかりである, これらの, それを, また革命家, 人智の, 何人か, 俄然膨脹, 全くの, 国家の, 必然に, 持戒および, 教法は, 物も, 真より, 革命家の

▼ 時ほんの~ (16, 0.0%)

4 暫し心 2 半日だけ 1 つまらないこと, わづかで, 一時, 一瞬間では, 一秒か, 三寸の, 偶然から, 小僧の, 少しの, 少年少女に

▼ 時まえ~ (16, 0.0%)

3 に寝た

1 [13件] からその, で新八, なんて静か, には下宿, には帰った, に七十郎, に帰っ, に目, に眼, に起き, に雨, の人通り, ふたたび海野十郎兵衛

▼ 時まさに~ (16, 0.0%)

1 [16件] その時期, パリ, 一時を, 三時四十分下女の, 三時定遠, 午後一時撃柝一声囃子は, 土曜日曜だ, 大組織体, 彼れ迫り, 新年に, 明治二十年八月二十五日午前九時なり, 暮春云々と, 未曾有の, 盛夏に, 関ヶ原の, 革命的宣伝小説は

▼ 時または~ (16, 0.0%)

2 天然にても

1 [14件] そのすぐ, その真理, そんな真似, 作家が, 元気よく嬉しく, 凝結少しく, 原料下落の, 大学を, 年の, 心を, 来客に, 眠られぬ夜, 衆議院議員總選擧の, 靜かな

▼ 時一同~ (16, 0.0%)

1 [16件] がそれ, が到達, に咄, に罷, の眼, の者, の顔面, はひそか, はもう, は噴き出した, は小さな, は突然, は言いあわした, は車座, は遥か, 笑い出した

▼ 時三千代~ (16, 0.0%)

2 は不意, は濡れた, は玄関 1 の説明, の顔, はた, はただ, は急, は眼, は笑っ, は長い, をこんな, を大変

▼ 時三吉~ (16, 0.0%)

2 はこの, は姉

1 [12件] の妻, はうす, は両手, は久し, は何, は向島, は妻, は実, は救, は直樹, は簡単, も数え

▼ 時下女~ (16, 0.0%)

6 のお 1 から, がはいつ, が客間, が来る, が熱がん, に連れられ, のお松, の云った, や主婦, を探し

▼ 時以来彼~ (16, 0.0%)

1 [16件] には昔, には金銭, には食物, に対する呪詛, の幼年時代, の生活そのもの, はそんな, はできるだけ, はもう, はもはや, は小, は弱虫, は碌, は陰欝, は陰鬱, を知っ

▼ 時~ (16, 0.0%)

2 の底

1 [14件] にそれ, に仰臥, に坐れ, のところ, の上, の光, の回転運動, の状態等, は震, は静か, を搖, を踏む, を蹴る, 裂け赤蓮花

▼ 時学校~ (16, 0.0%)

3 から帰る

1 [13件] から児童, から帰った, から若干, が一緒, で志望, にあがる, の倫理, の古顔, の帰り, の玄関, の規則, を出た, を罷め

▼ 時持っ~ (16, 0.0%)

7 て来た 4 ていた 1 てゆく, て居た, て来, て来られた, て行っ

▼ 時~ (16, 0.0%)

1 [16件] からわずか, から私, せる太陽, つぱぐれに逢つた, とは笑うべき, なむと, ぬるの, ぬるも御, ぬるやら, の不安, の直前, は寝室, を幸, を甘い, 別れた, 別れた祖母

▼ 時死ぬ~ (16, 0.0%)

3 か分らない 2 かも知れない, かも知れぬ, かわからない 1 かつう事, かもわからない, か分らぬ, ような, 思いを, 時本身を, 為に

▼ 時特に~ (16, 0.0%)

2 敵情を

1 [14件] かう思はずには, その中, 人払いし, 傍点の, 冬次郎から, 善くかくさん, 多くの, 奇異の, 強くこの, 探した処, 湿布が, 神として, 私の, 魏王から

▼ 時病人~ (16, 0.0%)

1 [16件] がうなされ, がどんな, が動いた, が袖口, が鼾, の唸る, の足利義栄, はちょい, はまだ, は一寸, は丁度, は云, は呟いた, は目, を小池さん, を診

▼ 時秀吉~ (16, 0.0%)

2 と如水

1 [14件] が上月城, が五右衛門, が北条氏, の側, の母, の策, の耳, の面, はいずれ, は咳一声, は左, は既に, は毎日, は決して

▼ 時~ (16, 0.0%)

16 之助

▼ 時~ (16, 0.0%)

3 僧は 2 夫は

1 [11件] フェッジウィッグは, 先生の, 博士は, 君の, 栓は, 桜の, 武士が, 漁は, 王プリアモス衆に, 聖人は, 船長イルベリイ氏は

▼ 時自然~ (16, 0.0%)

2 の大我

1 [14件] と涙, と追風, にその, にまかせ, にわかる, に出, に延びたらしかった, に眼尻, の勢, の大, の智慧, の静蕭, はその, は欠伸

▼ 時~ (16, 0.0%)

2 のついで, をし

1 [12件] が一寸, が出た, が急, が有りました, に醉, の中, の序, の最中, の次手, はだんだん, は自然, をしませんでした

▼ 時~ (16, 0.0%)

3 の戸

1 [13件] が開け放たれ, に倚つて自分, に居, の内, の外, の扉, の方, の辺, をあけ, をあけさせ, をくぐっ, をはひつ, を叩いた

▼ 時開始~ (16, 0.0%)

1 [16件] だが, でその, でセット, で働くんださうだ, で玄関, とあっ, といふん, といふ予定, と電話, どうせ嘘, なので, なんて言ってる, のヴァラエティ検閲, の予定, の由, の筈

▼ 時あんな~ (15, 0.0%)

3 風に 2 ことに, ことを, 恰好は 1 ところへ, 女に, 子は, 物を, 誠意の, 風な

▼ 時いろいろ~ (15, 0.0%)

1 [15件] なこと, な想念, な暗示, な考へごと, に用, の事, の手續, の案, の生き物, の話, 伺うわ, 考えたが, 薬局の, 述懷し, 騒ぎに

▼ 時すら~ (15, 0.0%)

2 あった, 彼は

1 [11件] あつた, ある, あるよう, やかく雲海は, やつぱり敗北し, 僕は, 多かつ, 未だ感じた, 来訪が, 死ななかった, 谷間の

▼ 時だらう~ (15, 0.0%)

3 が嫌, ね 2 か, と聞いた 1 かと尋ねた, と云つて時計, と想像, ねえ, 朝だらう

▼ 時ちょッ~ (15, 0.0%)

5 と前 4 とすぎた 2 と過ぎた 1 とすぎる, と廻った, と手, と過ぎ

▼ 時って~ (15, 0.0%)

2 いつの

1 [13件] いうと, いつ頃です, え時間, ことに, ことは, たしかそう若旦那, とこが, ば三時だ, 一体こんな, 云えば, 何時でも, 判然いい, 時間には

▼ 時とうとう~ (15, 0.0%)

1 [15件] この宝物, 一人胸の, 不自然な, 云い争い, 叫び声を, 宝沢の, 引返して, 彼は, 御父さん, 捕えられて, 機み, 欝結し, 此の, 私は, 鬱結し

▼ 時とを~ (15, 0.0%)

2 限って

1 [13件] 作り得たとき, 制限する, 失つてゐる, 待ち受けながら, 得て, 思合せる, 探偵する, 比するに, 繋ぐ何らかの, 費して, 選びうると, 除いて, 隔てたこれら

▼ 時どうしても~ (15, 0.0%)

2 争は

1 [13件] この苦痛, その決心, それが, 他の, 其が, 心の, 心理学から, 意味を, 欲しいという, 義経を, 肯かないで, 自分を, 論理を

▼ 時にても~ (15, 0.0%)

2 根こぎに

1 [13件] お供, これに, これを, またいなむべき, 労務に, 同じ事, 妻と, 彼と, 御用の, 御遠慮なく, 狂気し得る, 用達て, 皷の

▼ 時にと~ (15, 0.0%)

3 思って 2 さう 1 しいて心, なり座敷, 云って, 思いましたが, 思ったの, 急いで, 持って, 約束を, 自分は, 言い言いした彼女

▼ 時わざと~ (15, 0.0%)

2 眼を

1 [13件] よって, ハイカラの, 主家を, 二三カ所穴を, 半分飲み, 又次郎に, 大がかりを, 彼の, 案の, 活溌に, 短刀を, 笑いながら, 膏薬を

▼ 時二十分頃~ (15, 0.0%)

1 [15件] から十時半, から正午, だったろうと, だという, であるその, でしょう, でしょう今日, ということ, には田郷さん, にタクシー, に初江, の話, まで, までの間, までは園長

▼ 時京都~ (15, 0.0%)

1 [15件] からその, から出品, である, にいた, に帰る, に来合せ, に火事, の日の出新聞, の洗湯, へ向け, へ立寄, へ行, へ転学, へ轉學, へ辿りついた

▼ 時何と~ (15, 0.0%)

1 [15件] お互いに, お互に, せん道を, それは, でも, なし哀愁, 云つて部屋を, 云ふ, 云ッて, 切り出して, 宣われましたか, 清吉が, 申して, 自分を, 言おうか

▼ 時健三~ (15, 0.0%)

1 [15件] の態度, の眼, の頭, はこう, はふと, は一夜, は久しぶり, は何故, は御, は日, は書斎, は満更, は漸く, は相手, は頬杖

▼ 時医者~ (15, 0.0%)

2 は私

1 [13件] から貰っ, が癩, になりたい, のチャック, のチヤツク, の話, はこう, はその, はもはや, は予定通り彼, は眉, も大, を取り

▼ 時四方~ (15, 0.0%)

2 に火炎, の山, を見廻しました, を開け放ち 1 から大, から工夫, から彼, の巨木, の陣屋, より近づく, を巡回

▼ 時~ (15, 0.0%)

3 の方 2 の頬 1 から丁手掻, から乗る, から右, でこう, に見えた, の手, の本, を下, 前胸部, 程で

▼ 時左手~ (15, 0.0%)

2 と右足

1 [13件] から寮長, と左腕, にはめ, には新聞, に刀, に怪我, に當つて, の人差指, の坑道, の扉, の方遠く, の窓ガラス, を振り

▼ 時已に~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] あなたは, 両船の, 全文章, 吾, 大なる, 少女の, 彼の, 得た所, 恐しい, 有りたる樂浪郡, 現在に, 私は, 読者にも

▼ 時~ (15, 0.0%)

2 の散

1 [13件] で其の, で持續性, というよう, とかいうこと, と恒久性, なるのみ, のもの, の一, の満足, の知れた, の需要, もしくは特殊性, もしくは特種性

▼ 時決して~ (15, 0.0%)

2 車に

1 [13件] ステイションまで, 一時間の, 女々しくては, 怪我を, 愚痴を, 掻き廻しては, 文化水準が, 泣きませんでした, 物惜しみし, 着ません, 見ること, 邪魔は, 驚き給ふ

▼ 時~ (15, 0.0%)

4 之助 2 は微か 1 でうつ動作, に立てた, に腰かけた, の堤, の天井, はすでに, は赤い, をぶつけられた, を載せた

▼ 時祖父~ (15, 0.0%)

2 から聞いた

1 [13件] がホツホツホツ, が僕, が宝暦, が帰っ, が或, が戻, と二人酒船, の三回忌, は彼, は母, は脈, は鼻, をはじめ傍

▼ 時過ぎた~ (15, 0.0%)

2 ころで

1 [13件] かそれとも, かも知れない, のでない, ので床屋, ので彼, ばかりな, ばかりの時刻, 後は, 是りや梅子飛んだ, 時リイケは, 頃お, 頃だった, 頃に

▼ 時過ぎる~ (15, 0.0%)

1 [15件] ことが, ころに, その時, とまだ, と二十五日, と二階, と小さな, と素晴らしい, と飯, まで読んだ, まで賑わっ, もの, 時過ぎる, 頃から, 頃に

▼ 時~ (15, 0.0%)

1 [15件] が二つ, で同じ, で寒い, に如何, に砂利, に迷う, に迷われた, に這入っ, のまんなか, の右側須雲川, の向う, の白, はすでに, を上りき, 無おもいしは

▼ 時遥か~ (15, 0.0%)

1 [15件] あなたの, な波路, な港, にみとおし, に広縁, に望み, の前方, の外, の山, の海上, の麓, 彼方から, 戸外に, 行手にあたって, 遠方に

▼ 時~ (15, 0.0%)

2 を持っ

1 [13件] さえあれ, で買われ, に困, に眼, は永年, は甥女, をとつ, を借り, を包ん, を払う, を政府, を貸さなけれ, 貰うたか

▼ 時開演~ (15, 0.0%)

2 である

1 [13件] がその, だから, とある, なので, にはまだ, に改める, のベル, の初め, の十時前, の座, びっしり超, 売切補助, 大した入り

▼ 時~ (15, 0.0%)

3 もなく 2 をつくる 1 がした, がなんだか, に出, に聞えた, に聞く, の高, もなく入っ, も幽か, も立てず, を出す

▼ 時あら~ (14, 0.0%)

52 ば子 1 ばいか, ばその, ば大抵, ば必ず, ば歓ん, ば無縁, むと

▼ 時いよいよ~ (14, 0.0%)

1 [14件] こいつには, そのあぶない, その港, の危急, 冴ゆる, 出帆だ, 出発の, 実験開始, 帰ると, 彼らの, 曇って, 正式に, 退院の, 闇穴道の

▼ 時お前さん~ (14, 0.0%)

1 [14件] がし, がわたし, が来, が真先, が負傷, と道連, にはどう, の風船, はお供, はここ, はわたし, は店, は此處, は気絶ッ

▼ 時きっと~ (14, 0.0%)

1 [14件] あっと, お使い, この女, それは, そんな笑い, ですよ, 先生も, 前の, 呼ばれて, 御挨拶, 来て, 横を, 逢おうね, 顔を

▼ 時こういう~ (14, 0.0%)

1 [14件] おたずねでございます, ことが, ように, マッグと, 具体的な, 出来事が, 報告を, 態度を, 批評を, 散歩の, 時に, 発作が, 瞬間に, 述懐を

▼ 時さらに~ (14, 0.0%)

1 [14件] その道中, また次, 一人の, 一種異様の, 出港し, 小六と, 当夜の, 感じなかったの, 眉を, 突き当ると, 花道の, 遠い岡, 遠くさらに, 長かりせ

▼ 時~ (14, 0.0%)

2 なは

1 [12件] ぎからかゝりワンカットで, ぎたじぶんに島さんの, ぎでもあつたであらう夜の, ぎまできやつきやつ言つてゐた, ぐにつかまえなくてはなんの役にも, ぐにもさういふ畑浦の, つかり忘れて, つかり解決, つかり降參, つくりと, なおに, ッと

▼ 時そういう~ (14, 0.0%)

1 [14件] あやしい叫び声, お勤めを, ものを, 不安を, 二種の, 人と, 場合の, 時あなたは, 時が, 時には, 本を, 珊瑚の, 興味を, 風に

▼ 時そつ~ (14, 0.0%)

3 と私 2 と拔 1 と入, と後, と揚幕, と次の間, と石原, と長い, と開け, と隱, と鯨幕

▼ 時そば~ (14, 0.0%)

2 にいた

1 [12件] から, で紙風船, につい, に寝, に立っ, に聴い, に見, の一軒, の繁み, の茅, へ寄っ, を通りかかっ

▼ 時たちまち~ (14, 0.0%)

1 [14件] わが弱点, ガラ, 一方の, 万雷の, 交通巡査は, 右手に, 後悔した, 意味の, 故郷を, 森本の, 犯すべからざる者, 絶世の, 船の, 身辺に

▼ 時ちやう~ (14, 0.0%)

1 [14件] どこれ, どそ, どそれら, どドア, ど六時, ど夏, ど広元入道さま, ど彼, ど教会堂, ど朝, ど朝食, ど海女, ど薄もの, ど遺墨展覽會

▼ 時つい~ (14, 0.0%)

2 て來, て来た 1 いいそびれて, うっかりし, それまでは, 山を, 書物と, 横の, 気の, 百メートルほど, 着物の, 近くの

▼ 時でさえも~ (14, 0.0%)

1 [14件] あとの, どんなこと, なお三年, ほとんど一度, まるっきりお, やはり清浄, 両者の, 他の, 何だか他人, 冷静を, 君は, 女としての, 彼は, 私は

▼ 時とつぜん~ (14, 0.0%)

1 [14件] うしろに, びっくりする, 下腹に, 口を, 哲雄君が, 奇妙な, 妙な, 明智は, 湯気の, 潜水兜が, 異様な, 船長も, 逞しい男, 頭の

▼ 時なにか~ (14, 0.0%)

1 [14件] お世辞笑い, のはずみ, の事, の話, 其の顔, 半七, 変ったこと, 恐怖に, 深い戦慄, 灼熱した, 無気味にさえ, 知らぐらぐら, 血臭い, 變つた

▼ 時にしか~ (14, 0.0%)

1 [14件] その侮辱, はかぬもの, 使わない渇くという, 出かけなかったそして, 喝采しよう, 始まらないので, 完全には, 尿意や, 憤慨しない, 母や, 着ない麻, 認めない, 読まない劇場, 逢ったこと

▼ 時はっきり~ (14, 0.0%)

1 [14件] あの人, その人, その男, とお, とそう, と彼, と逃亡, 世間に, 予感し, 原作の, 意識し, 意識した, 感じた, 覚えて

▼ 時ばかりに~ (14, 0.0%)

2 して

1 [12件] あるもの, ぬ島, やみぬれば, 乗合六人石動山の, 奥方が, 念仏の, 池に, 篠傘をも, 船出す, 見せる残虐, 限ります, 高島の

▼ 時~ (14, 0.0%)

1 [14件] かかって, かけて, かけては, きて, たずねた, 咄しけれ, 宛て, 心にも, 戻した, 教えて, 私は, 約し高時, 諮って, 謀った

▼ 時一層~ (14, 0.0%)

1 [14件] その英姿, それが, つよく自覚, どす黒いまでに, 凡庸化し, 強くさ, 恐ろしいこと, 明かに, 胸を, 落ちつきを, 面白い云々, 音高く, 驚きが, 高く潔く且つ

▼ 時世間~ (14, 0.0%)

1 [14件] がもう, では十日, では関白殿, にては妾, に合わす, のいざこざ, の人, の問題, の多く, の憎悪, はこの, はどう, をあっ, 話して

▼ 時両親~ (14, 0.0%)

1 [14件] が快く, が死なず, だってだれ, とともにこの, について来, にともなわれ, になつい, には前後, に別れ, に死別, の家, の死, は不安, は親

▼ 時以来私~ (14, 0.0%)

2 は矢田津世子

1 [12件] が顔, のもの, の異性, の鼻, は, はどうして, はタンス, は彼, は松, は福島, は銀座, も彼

▼ 時十二分~ (14, 0.0%)

3 に噴水, を期し 1 かで広島, かの汽車, だ, でした, にとうとう, になっ, に終った, ばかりだ

▼ 時千世子~ (14, 0.0%)

3 は何 2 はいかにも 1 がいつも, の興奮, はこの, はズーッ, は夢, は居ない, は待ちくたびれた, は立ち上っ, は顔いっぱい

▼ 時参り~ (14, 0.0%)

2 の時刻

1 [12件] がねもう, が精根, でもする, なんかする, に使われる, のしきたり, の一味徒党, の陰森, はてまえ, をし, を押えとっ, 候と

▼ 時右手~ (14, 0.0%)

2 の方

1 [12件] から通す, から野良着, で彼女, なる犬, にあ, に黒髪, の三ばんめ, の岩の上, より一人, をあげ, をお, をハンドル

▼ 時~ (14, 0.0%)

2 から無心, は尤も 1 が云った, が苦労性, は, はただ, はにっこり, はまた, は一面識, は例, は彼, は髪

▼ 時実は~ (14, 0.0%)

1 [14件] いろいろ考へた, そんなに濡れ, どきッ, もうお, もうお目にかからない, 僕の, 単にそれ, 君に, 夕方早く, 大河君に, 朝帰りの, 本物の, 潜上の, 起って

▼ 時~ (14, 0.0%)

1 [14件] が一晩お世話, が大分, が来る, が立て込ん, に伴われ, のいない, の来ない, の絶えぬ, の足音, はいと, はいまいまし, は屹, は思わず, を招い

▼ 時帰る~ (14, 0.0%)

2 か解らない

1 [12件] かどうも, かわからない, か故郷, か知れぬ, か知れん, ことやら, と私等, の, のが, のだらう, のは, 間もなくやあさん来訪

▼ 時思い~ (14, 0.0%)

2 もよらず, も寄らず, も寄らぬ 1 さえすれ, もかけず, もかけぬ, も懸けない, も掛けぬ, も設けず, 爾来念頭, 遣ること

▼ 時新聞~ (14, 0.0%)

2 を持っ

1 [12件] で首都, にはお父さん, にはかつてそう, によるジャーナリズム化, にスキャンダル, に出, に黒く, はしきりに, はその, は容疑者, を持つ, を擴げ

▼ 時~ (14, 0.0%)

1 [14件] の上, の少し, の方, の間, を注文, を読み, 八丁堀を, 基に, 監視哨船の, 繩に, 蔵下屋敷を, 街道の, 阿弥の, 阿彌

▼ 時来る~ (14, 0.0%)

1 [14件] かと思っ, かもしれない, かも知れない, か何時, さ, という予言, との確信, とも解らない, と言っ, べ, まで公孫, ものとも, 人だ, 年の

▼ 時~ (14, 0.0%)

1 [14件] にかお, になんだか, にタカヂヤスターゼ, に上原, に劇, に微妙, に料理店百川, に汝, に窮する, に近く, に部屋, に齲齒, 土曜日から, 夏信州へ

▼ 時~ (14, 0.0%)

3 がつく 2 が付く 1 が付いた, が付かない, が付かなかつた, が付きました, が氣, づいたこと, になつ, の毒, をつけ

▼ 時~ (14, 0.0%)

1 [14件] が二人, が右手, が窓掛, の使, の命令, の姨, の家, の息子, はお, はその, は慰安, は窓, は訊いた, もし

▼ 時~ (14, 0.0%)

1 [14件] からヒュウ, から雲, があやしく, が異常, には厚雲, に鐘, はまっ, はもう, は再び, は夕, は晴れ, は暗く, も空気, を騰っ

▼ 時米友~ (14, 0.0%)

1 [14件] がはじめて, がまた, が一つ, が突然, の引っぱっ, の焚きつけた, の背後, の頭, の頭脳, は, はすり抜け, は一匹, は庭, は立ち上っ

▼ 時自動車~ (14, 0.0%)

3 の音 2 は軽く 1 が杜戸, が横付け, に乗, の中, の停る, の前, は, はくるっ, を雇

▼ 時~ (14, 0.0%)

1 [14件] 國使者の, 大名は, 大衆今日この, 天偈を, 将ほとんど, 將おの, 獣の, 神の, 舎利皆変じ, 軍の, 門を, 関係の, 陵頭に, 鳥が

▼ 時いくら~ (13, 0.0%)

4 の汽車 1 かので立っ, かの汽車, かの衝動, か心, か真面目, つていう, も方法, 借りたん, 静かに

▼ 時かかる~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことに, ところにて, 事件から, 出会の, 場合に, 必要に, 性格が, 数学を, 日も, 注意にも, 目的の, 美への, 運動は

▼ 時ごと~ (13, 0.0%)

1 [13件] にあなた, におのおの, にたまっ, につのる, にまず, に取直す, に吾が, に怒った, に感じ, に汝, に獄内, に神財, に空

▼ 時だしぬけ~ (13, 0.0%)

1 [13件] に, にかう, にはぎ, にガチャン, に仲間, に召使い, に向う, に土手っ腹, に戸口, に気まぐれ, に汽笛, に背後, に頭

▼ 時ちゃんと~ (13, 0.0%)

4 二人で 2 私は 1 は, 三人で, 拝見した, 焼けて, 狐に, 竜之, 講堂に

▼ 時でしょう~ (13, 0.0%)

61 か夜中, その間私が, って目白, なあ, よ, 九時には, 夜が

▼ 時とて~ (13, 0.0%)

1 [13件] あなた様の, その牝犬, より強く, わざわざ軍人, わしは, 仕事は, 同好の, 坐視し, 才有て, 渡河点の, 眠獅の, 親として, 飯料の

▼ 時なお~ (13, 0.0%)

1 [13件] つづけられてる牧童, はっきりと, よく眺め, よく言え, 低い, 十月初めなれ, 周囲の, 彼に, 彼等に, 忘れえざるわが, 春子さんを, 書院の, 秋涼を

▼ 時なんて~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありつこないん, ありゃア, お返事, ことになる, ことは, とんと態, ものは, 一体いつ, 予告は, 云う時間, 工場の, 時刻に, 言つたのあんたなんと

▼ 時にばかり~ (13, 0.0%)

1 [13件] あのお, その心持, だれも, であった, やって来る, 一ぱいに, 來て, 全的に, 役立つので, 我れ, 来て, 用ふる, 真に嬉し

▼ 時に際し~ (13, 0.0%)

2 石井鶴三氏の

1 [11件] これを, 人は, 今日に, 他は, 全く別人, 外国の, 常総, 昂然として, 特殊部落の, 逆天非理, 靦然として

▼ 時またもや~ (13, 0.0%)

1 [13件] この笑い, 一個の, 下から, 同じ呼び声, 山の, 山上から, 時雨疎らに, 最前の, 橋上が, 穴の, 老僕が, 霧を, 頭上にあたって

▼ 時わざわざ~ (13, 0.0%)

1 [13件] お医者, きみを, そんな馬鹿, よろける様, 医者を, 口辺に, 叮嚀に, 土間に, 妙な, 注意が, 私の, 窓から, 頬かむりを

▼ 時マリユス~ (13, 0.0%)

1 [13件] が自分, には亭主, の上, の頭, はまだ, はもう, はコゼット, は今, は十時すぎ, は女房, は気むずかしい荒い, は目, は静か

▼ 時一匹~ (13, 0.0%)

2 の蟻

1 [11件] でも足りない, の大きな, の小, の小さな, の狐物陰, の男鹿, の虫, の蜂, の螻蛄, の野良猫, の黒い

▼ 時世界~ (13, 0.0%)

2 は激烈

1 [11件] が一つ, の不況, の区別, の原点, は何処, は初めて, は意味, は科学的世界, は色, は行為的直観的, を金色

▼ 時亭主~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, が声, が安居酒屋, が氣, の坂田, の方, の留蔵, は女房, は姉娘, は立っ, は首, を叱った, 驚いたか

▼ 時人生~ (13, 0.0%)

2 に処する

1 [11件] というもの, のある, のどんな, の崇高, の正義, の秘奥, はその, は全然, は遂に, も地球, を七十

▼ 時何時~ (13, 0.0%)

1 [13件] か其弟子, でも, でもさう, でも安心, でも此, でも遊び, どんな災害, になく, の昔, も堪えられない, も自然, 別れて, 来たの

▼ 時~ (13, 0.0%)

3 にゐた 2 に居た, に誰 1 で人声, で見, に積さ, に茶, に落ち散っ, の木立

▼ 時~ (13, 0.0%)

3 を見た 2 を発した 1 という大名, といふ会社員, と音, の丘, の二つ, の射貫く, は, は受合つて

▼ 時~ (13, 0.0%)

1 [13件] がすぎ去つ, と闇黒, に祷る, のすすみ老いせぬ, のすゝみ, の外, の昔, の浜辺, の潮, の激浪, の濱邊, の音, を滅す

▼ 時~ (13, 0.0%)

4 七は 2 七の 1 シャツの, 七老人を, 九お前達が, 九郎が, 日程の, 裸体に, 里足らずの

▼ 時受けた~ (13, 0.0%)

1 [13件] のが, のだろう, 傷だ, 傷の, 印象は, 印象を, 大きい教訓, 感じを, 感動が, 疵が, 私の, 衝動が, 驚きと

▼ 時台所~ (13, 0.0%)

2 の方, へ出 1 からお, であと, でたすきがけ, で出入り, とそれ, と茶の間, に出, へ落着, や客間

▼ 時~ (13, 0.0%)

2 家中の, 藩の 1 一赤羽の, 会の, 勤の, 大学の, 妃殿下登山せさせ, 待遇じゃ, 治療場の, 藩中の, 銀行の

▼ 時同時に~ (13, 0.0%)

1 [13件] その空間, ほめられて, クビの, 出家し, 大学の, 彼女が, 彼女は, 後ろを, 文夫さんの, 無色と, 矢はは, 頭に, 首を

▼ 時太陽~ (13, 0.0%)

2 は白羊宮

1 [11件] が直射, が黄色, に面する, の光線, はまだ, はもうだいぶ, は小山, は少し, は雙兒宮, まさしく天頂, を仰ぐ

▼ 時女房~ (13, 0.0%)

2 の体

1 [11件] が亭主, が旅僧, が病気, に勘当, はお客, は狸, は石, は裏, は非常, や娘達, を殺せ

▼ 時~ (13, 0.0%)

8 あさん 1 あの胸, やが去る, やが来た, やは勝手口, を殺し

▼ 時小さい~ (13, 0.0%)

2 靴の

1 [11件] ことで, しっとや, 丘の, 丸麺麭一つの, 声で, 妹や, 忍術使は, 提灯が, 流れには, 灯が, 男の

▼ 時~ (13, 0.0%)

2 に船, のほとり 1 から二三町, がある, で遽, なり海, に面した, の中, の底, の水, の畔

▼ 時~ (13, 0.0%)

1 [13件] が捕われた, など重, にとびかからん, の一女, の偉, の奥方, の姉, の長子, はしかし, は義兄, をし, を重宝, 来たる

▼ 時恰も~ (13, 0.0%)

2 白井家の

1 [11件] よしその, 三十六回美術展覧会が, 今の, 其の客, 市郎の, 春の, 正午に, 父を, 臘八の, 良夜, 鎮西に

▼ 時戸口~ (13, 0.0%)

2 に丈, に人 1 が開いた, で半兵衛, で足踏, にはレベジャートニコフ, にゐた, に近く, の木, の鈴, を塞ぎたる

▼ 時持つ~ (13, 0.0%)

3 て來, て来た 1 てね, てゐた, て居た, て行く, て行つて, て行つて山人, と同じ

▼ 時支那~ (13, 0.0%)

2 につき

1 [11件] では鶏, で学んだ, に使節, のヤン嬢, の上下, の女, の少年金椎, の歴史, の西域, へ来た, 及びベルギー

▼ 時明智~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, がこんな, が尋ねた, が念, が示した, の目, の聰明, の部下, は, はその, は幕, は手塚さん, は袂

▼ 時最後~ (13, 0.0%)

1 [13件] に到着, に到達, に呼びかける, に所有, に残りし, に臨ん, の別れ, の尾, の悲劇, の演奏会, の締切, の馬車, まで踏み止まっ

▼ 時~ (13, 0.0%)

6 の空 2 の方 1 には蝦夷富士, のぐらぐら, の丘陵, の山の端, をめざし

▼ 時~ (13, 0.0%)

10 つべしとも 1 しなく大きな, つ可, べきとも

▼ 時果して~ (13, 0.0%)

2 一匹の

1 [11件] いやしい考え, お銀様, すべての, その時, それが, それの, 世の中は, 如何なる処置, 如何なる戰爭, 自分等は, 鈴に

▼ 時~ (13, 0.0%)

1 [13件] うべき七輪, う様, があっ, が其時, という検非違使, に立ちます, の許, ひたといふ, ひた色, ゐしもの, ゐられた言葉, ゐるを, をも美

▼ 時~ (13, 0.0%)

1 [13件] さきに, つ下, つ白, の仏陀, の化物, の生命, 一列に, 向うの, 床襲衾を, 暗闇の, 根の, 赧に, 近かに

▼ 時真に~ (13, 0.0%)

2 家に, 断腸の 1 わが家に, 吾が家, 息が, 我々に対して, 新しい意味, 末世の, 秋を, 見たの, 迫つた顔を

▼ 時~ (13, 0.0%)

1 [13件] が抜けてた, が痛い痛い, にきれ, にしめ, に差し, に腫物, ぬけの, へ結ぶ, をかけ, をかける, を下した, を折られた, を拔

▼ 時舞台~ (13, 0.0%)

2 の上

1 [11件] から退場, ではまゆみ, では幕, にうつ, に数名, に近い, のところ, の下, の方, の横, の背後

▼ 時途中~ (13, 0.0%)

2 の木

1 [11件] から同行, でほんの, で小野, で待ち合せ, で盗まれ, で私, で竹山, で腹痛, で酒君, に硝子板, の廊下

▼ 時~ (13, 0.0%)

1 [13件] など酌, によつぱらつて, に酔った, のお, のみてとろとろ, の上, の勢い, の席, は呑ん, を呑ませれ, を禁じ, を飮, を飲みたく

▼ 時~ (13, 0.0%)

5 の中 1 がワングリ, と光, の夜, の底, の為見え, は遠い, わが半球, をつい

▼ 時隣室~ (13, 0.0%)

2 から

1 [11件] から声, から扉, から明, でうーん, でば, とまちがえ, に八十, に寝かせ, のラヂオ, のラヂオ轟然, より絃歌

▼ 時~ (13, 0.0%)

1 [13件] がその, に結ん, に豚, の白い, の結い, もおどろ, や洗, をくるん, をなでつける, をふり乱した, を留める, 剃が, 剃を

▼ 時あんなに~ (12, 0.0%)

1 [12件] たやすく僕, も驚いた, 丈夫で, 元気だった, 取乱して, 悲しそう, 慌てたの, 泣いて, 澄ましこんだ顔, 熱くなった, 約束し, 自分を

▼ 時いかなる~ (12, 0.0%)

1 [12件] かこれ学人, ものなるや, 事変が, 処においても, 国にも, 嫌疑を, 必要が, 時間でも, 未知の, 機縁によって, 点が, 独創も

▼ 時いずれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] かの大楼, といえ, のところ, の印度人, の国, の部屋, もその, も失笑, も皆私, 伝蔵が, 梅村さんも, 近いうち

▼ 時いや~ (12, 0.0%)

1 [12件] その前, だと, つぎつぎに, でも何, どうもと, ならハッキリ, な横目, にお, もうかれこれ十一時, アな, 僕は, 太宰さんお

▼ 時かすか~ (12, 0.0%)

1 [12件] ながら覚え, な恐れ, によせ, に光る, に動いた, に寂しい, に工夫, に微笑, に微笑んだ, に春雄, に葉子, に酒

▼ 時すぎた~ (12, 0.0%)

2 ころ帰る 1 が床, ころであった, ころサヨは, のが, ので打ち切り, ばかりである, ばかりに寝床, エキストラの, 裏階段を, 頃庭田たちは

▼ 時それから~ (12, 0.0%)

1 [12件] あんな大, きょう, それへ, というもの, 先の, 台所を, 後の, 披露の, 救い出されて, 日本橋の, 最後は, 生れ出た

▼ 時などの~ (12, 0.0%)

1 [12件] ために, やうに, 宮方, 島台の, 島臺の, 当座の, 愛子の, 油断ならぬ, 焦燥し, 美しさ, 送迎や, 髪や

▼ 時なんかは~ (12, 0.0%)

1 [12件] それは, 九度以上の, 十四円も, 城の, 実に大, 少しばかりの, 度の, 御祖母さま, 患者が, 愛子さんに, 調子に, 電車の

▼ 時やや~ (12, 0.0%)

1 [12件] さめて, さんで, その形, もする, 前方に, 得意気に, 眸を, 血の, 遠きに, 遠く雲, 隔たった圃, 頓狂な

▼ 時コゼット~ (12, 0.0%)

1 [12件] が自分, はおずおず, はまだ, はもう, はよく, は化粧着, は喜び, は彼, は立ち止まった, は言った, は足, を取り上げ連れ出し救い出した

▼ 時ホテル~ (12, 0.0%)

1 [12件] に帰り, に泊まろう, のニューグリル, のロビイ, のロビー, の受付, の女将, の廊下, の玄関, へ向う, まで自動車, を出た

▼ 時一種~ (12, 0.0%)

2 の驚き 1 の不愉快, の好奇心, の慷慨, の暗, の曲芸, の本能, の眩暈, の精気, の臭気, の興味

▼ 時二つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] に裂け, のエポック, の事変, の事物, の大岩, の残った, の球, の球根, の科学, の連関, の風船, 合わせれば

▼ 時二郎~ (12, 0.0%)

1 [12件] が大きく, が物識り顔, が硝子戸, に向かっ, に声, の言葉, は新聞, は行きすぎ, は鋭く, は静か, は黙った, を見た

▼ 時何とか~ (12, 0.0%)

2 云つた 1 いう力, いふ耶蘇, したいと, して, 寝ようと, 思案も, 濁して, 申し候, 自分から, 言つ

▼ 時何事~ (12, 0.0%)

2 とも知れず, にでも用意 1 が起つ, ぞ徒に, とは知らず, にても人先, の破裂, もいわず, もお, を養父

▼ 時信長~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, でもなく, に仕へ, の顔, は, は侍臣たち, は土, は柴田勝家, は突如, は蒼く, は遠路, もまた

▼ 時其處~ (12, 0.0%)

1 [12件] で暗がり, で落合, にはゐなかつた, には凝然, には必ず, にもちやん, に休み居ける, に掛, の噴火, の襖, へ落ち, を遙

▼ 時~ (12, 0.0%)

2 の日 1 が来, が来る, になれ, には夜, の初, の暗い, の最中, の陽, はもう, は六時

▼ 時~ (12, 0.0%)

2 て真, メテ状ヲ, 君が 1 て姉, は単身入府, やがやってき, より孥, 號千山萬水樓主人, 阪の

▼ 時十一時~ (12, 0.0%)

2 となります, は我輩, まで用 1 が打ちました, と時, と音沙汰, になっ, までか, を過ぎ

▼ 時~ (12, 0.0%)

1 [12件] が, の主, の知れぬ, へ, もいる, も知らぬ, を変, を挙げた, を明かさず, を賜, 乘つて出なかつた, 探偵が

▼ 時場所~ (12, 0.0%)

3 も場所 2 が場所 1 が変った, で見, などいろいろ, はオリエンタルホテル, は大雲寺ヶ原, は水車場, は病院

▼ 時~ (12, 0.0%)

2 の中 1 からヒラヒラ, といふ壁, とは今, にかかった, にかけた, には黒く, によせ, に吊し, の向う, の後

▼ 時~ (12, 0.0%)

3 の中 1 から醒めた, ともわかず, と共に自分自身, にもあらず, にも知らず, に天使, のやう, のよう, より醒めたる

▼ 時大抵~ (12, 0.0%)

1 [12件] の人, の場合, の女性, の少年, の教訓, の日本人, の日本文化人, 売切れて, 彼女は, 矢場辰に, 紫紺色の, 髪を

▼ 時天井~ (12, 0.0%)

1 [12件] からさしこん, からすっと, からスルスル, から続けざま, から蜘蛛, に釣っ, の一角, の方, の板, の節穴, の蔭, をはなれ

▼ 時~ (12, 0.0%)

2 の門 1 では十人あまり, に居た, の主快, の什物いっさい, の垣, の壁, の栗, の玄関, の鐘, へ歸

▼ 時座敷~ (12, 0.0%)

2 に敷かれ, の床の間, の縁側 1 で, に招, に通す, の方, の燈, の畳

▼ 時往来~ (12, 0.0%)

2 の遙 1 から道中合羽, にいた, にゐた, の一方, の反対, の向う, の忙し, はもう, を歩い, 繁き都

▼ 時~ (12, 0.0%)

7 のため 2 の為め 1 を入れ, を押し, を押す

▼ 時我等~ (12, 0.0%)

1 [12件] が弱小, の主人公, の凡て, の子孫, の智, の段, の肉体, はこの, は唯, は此等, は目, は纔

▼ 時早速~ (12, 0.0%)

1 [12件] これに, サンタ, ニ使ヲ, 国家警察局へも, 天幕を, 奉行所を, 永井先生へ, 眼に, 縁談を, 見舞の, 買って, 軍司令部へ

▼ 時暗い~ (12, 0.0%)

2 風が 1 ところから, 処へ, 夜の, 岩穴の, 教室の, 書き割りの, 片隅の, 物影が, 町を, 顔を

▼ 時未だ~ (12, 0.0%)

1 [12件] その半, ひとたびも, 主も, 午に, 彼が, 春ならず, 有らざる郡, 毎日采配を, 理智の, 産後十七日位の, 至らざるうち恩惠彼, 花天月地を

▼ 時~ (12, 0.0%)

5 の中 1 が横, のすみ, のなか, のへり, の前, の茂み, をなした

▼ 時~ (12, 0.0%)

1 [12件] からおし, からひ, からふい, から口, から話頭, のガラス窓, の方, の松の木, ゆれに, を向い, を通ってる, 飛びに

▼ 時死んだ~ (12, 0.0%)

3 んです 1 お母, か知つて, と思え, のかは, んだ, 人間の, 子供の, 母親の, 鳥羽そつくりの

▼ 時殿~ (12, 0.0%)

1 [12件] から遺した, が大, が左様, との間, と一対, なせるお, はどうせ, はびっくり, は供, は大, 前ニ, 待て

▼ 時母屋~ (12, 0.0%)

3 の方 2 から料理, の窓 1 からそつ, では皆んな顏, でドッ, にはみんな顏, に何ん

▼ 時~ (12, 0.0%)

1 [12件] と猿, にくら, の吠える, の吠声, の群れ, はわん, は半, は四つ足, は虚空, は門, を飼, 高くほえしか

▼ 時病気~ (12, 0.0%)

1 [12件] が伝染, じゃとて安閑, ですっかり, でなやん, で粒立った, にかからない, になった, になる, に而御断申上候, の事, を移し, を起した

▼ 時確か~ (12, 0.0%)

2 に人ごみ 1 そこに, にアパート, にマリユス, に入院, に其處, に同じ, に彼, に握った, に松岡, に閉つて

▼ 時~ (12, 0.0%)

11 へて彼 1 へ陳

▼ 時結婚~ (12, 0.0%)

2 するん 1 が寿命, したつて, したの, して, するン, すれば, といふこと, なされた, のこと, をする

▼ 時聞いた~ (12, 0.0%)

2 話が, 話では 1 が帰り, ことや, と同じ, のだ, のよ, んだ, 南蛮屋での, 歌が

▼ 時至れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ばいかなる, ばなり, ば一矢, ば人間, ば佳味, ば勃然, ば天, ば幸, ば広告的論説, ば止む, ば空, ば空しき

▼ 時~ (12, 0.0%)

21 お宅, と両人, と田中, の中, の夏祭, の所, は傷寒, も打たれ, や, や千葉早智子

▼ 時~ (12, 0.0%)

1 [12件] くの, などに趨, に又, に向, に宣んし, に曰, のた, の一人, の前, の合理化, の妻, は高らか

▼ 時~ (12, 0.0%)

1 [12件] から絵葉書, から落ちた, から落ちました, でも振っ, の先, の埃, の斜, の端, の貝殻, へ突, へ辷, を振切る

▼ 時~ (12, 0.0%)

2 の傍 1 が一緒, が非常, と分れ, に多数, に近い, に迷っ, のほとり, の彼方, の辺, をふみ迷う

▼ 時迄は~ (12, 0.0%)

1 [12件] いらっしゃいました, どんな事, 何も, 俳優や, 俺達には, 分らなかったの, 十四時間よ, 曲頸の, 板倉と, 此部屋から, 遂に一人, 長椅子の

▼ 時運命~ (12, 0.0%)

2 が三千代 1 がこの, に罰せられたる, のため, の三神一木片, の片腕, の目論見, の神, は二三本, は彼女, 既に定めたる

▼ 時あと~ (11, 0.0%)

1 [11件] から乗り込んだ, でいや, でその, で中洲, で見失っ, にのこる, にオヂュシュウス歩み轉, に残る, に殘つたの, は空腹, よりつき

▼ 時あらゆる~ (11, 0.0%)

2 重大な, 革命に 1 ものに, 人に, 天才の, 濁を, 縛が, 苦痛と, 處に

▼ 時かう~ (11, 0.0%)

3 云ふ 1 いふ園長先生の, いふ奇談が, も言, 云つた, 云つて笑つた, 云つて笑つたことが, 圍爐裏の, 言ふ借り

▼ 時かと~ (11, 0.0%)

1 [11件] いぶかる折, 仰ぎ視れば, 存ずる, 思うころ, 思うほど, 思ったの, 思われます, 疑われるほど, 続けたので, 言って, 言ってるうち

▼ 時だけしか~ (11, 0.0%)

1 [11件] なくなつた, 僕の, 入らないの, 帆走出来ない, 役に立たぬの, 未醒を, 生きて, 眼鏡を, 経過しなかった, 開きません, 顔を

▼ 時なに~ (11, 0.0%)

2 かの動機 1 かしらどこ, かの用, か食事代り, がし, ができよう, が入っ, ものかにそ, をむずかり出した, を思

▼ 時ならない~ (11, 0.0%)

1 [11件] のと, 加茂の, 弦打ちの, 情の, 慈雨の, 払塵の, 日本の, 時分に, 部落の, 風が, 食卓に

▼ 時なんと~ (11, 0.0%)

1 [11件] いうこと, いう事, いって, でもだ, なく早く時雨堂, も言わず, 小太郎山の, 思ってか, 私は, 答えたか, 返事を

▼ 時にあたり~ (11, 0.0%)

1 [11件] これを, ささやかの, てこの, デンマークの, 僕たちは, 幾多主観的作家, 恐るべき世, 我ら十七名の, 禍乱は, 私は, 貧は

▼ 時に当たって~ (11, 0.0%)

1 [11件] いつでも, すべては, まず事情, テナルディエは, ベートーヴェンに, 万民を, 数学も, 文禄の, 早くも, 本官は, 王位に

▼ 時~ (11, 0.0%)

1 [11件] あの昼間, お前様あの, そろそろ馬崎, クションに, コンパクトで, 一人の, 僕は, 艶子さん, 話さなかったけれど, 遅れちや駄目よ, 飛騨屋の

▼ 時もう一度~ (11, 0.0%)

1 [11件] は彼, やって, ツモって, マーシーディズが, 丑松は, 娘の, 振返って, 美しい世界, 船に, 葉叢を, 飲むつもり

▼ 時われら~ (11, 0.0%)

1 [11件] が直ちに, が祖先, のチェレ, の友ユースタス, の墓辺, の烟突, の身, は世人, は全力, また乗り, を呼ぶ

▼ 時フト~ (11, 0.0%)

1 [11件] お思いつき, した事, した間違い, した間違ひで質, まずその, 思い出したの, 思った, 擧げた顏, 気付いたの, 浮んだあの, 短い静まり

▼ 時一本~ (11, 0.0%)

1 [11件] でも海中, に火, のステッキ, の手, の指, の槍, の矢, の立ち木, の羽白, の足, の鈎縄

▼ 時~ (11, 0.0%)

1 [11件] の眉, の膝, 先生が, 探題も, 箇が, 耳の, 肌を, 膝の, 藩の, 軍によって, 軍の

▼ 時九時~ (11, 0.0%)

2 と時計 1 が出演時間, と店, には起きる, に出られる, に成っ, の鐘, の高座, までも労働, 正十二時

▼ 時何気なく~ (11, 0.0%)

1 [11件] ひょいと向う, 上の, 云って, 十字架に, 四辺を, 奥の, 尾が, 帰つたら, 戸外から, 購い求めた写真, 鉄窓の

▼ 時先刻~ (11, 0.0%)

1 [11件] から車掌台, の五倍子染, の問題, の男, の病兵, の電話, の鰌, より一言, より熱発, 見た東, 見た猛犬

▼ 時出発~ (11, 0.0%)

1 [11件] この路アルプス銀座通り, して, しようと, する予定, なさるの, にきめ, のこと, の千草さん, の時, またボート, 前穂午後十二時

▼ 時~ (11, 0.0%)

1 [11件] あらずいか, あらずして, あらずで, あらずでその, あらずで残念, あらずと, あらずの, あらず平治, あらず敗退, あらず潮岬, あらず風雲

▼ 時反対~ (11, 0.0%)

4 の方向 1 してたらあんた, に濡れた, に牛丸少年, の径, の森, の町, の足

▼ 時同じく~ (11, 0.0%)

3 並びし花瓶 1 よき素質, 井伏君と, 招待を, 殉死した, 潰島田に, 石を, 若いテニソン, 青龍寺に

▼ 時向こう~ (11, 0.0%)

1 [11件] から仔馬, から益田街道, から連れ立っ, のにわとこ, の地平線, の山頂, の岩, の方, の端, の辻, をむいた

▼ 時四十分頃~ (11, 0.0%)

2 まっすぐ帰宅 1 か, それから下, であった, である, にけだ, になつて, に同家, の間, 行ったが

▼ 時大勢~ (11, 0.0%)

3 の足音 1 が軍ごっこ, して, でやって来た, の人々, の奉公人, の生蕃, の者, の見物

▼ 時大阪~ (11, 0.0%)

2 で働く 1 では焼ける, で面白い, に立つ, の新本取次書店, の薬種屋, の親戚, へ下, へ下った, も父

▼ 時天皇~ (11, 0.0%)

2 が葛城山 1 いでまして, がセンベツ, が御, が神, が近江, の為, は天, は遠い, 近つ

▼ 時太田~ (11, 0.0%)

2 はこの, ははじめて, は待ちかね, は非常 1 の百姓二三人, は思はず, は思わず

▼ 時孔子~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, の一行, の顔, は, はこれ, は何れ, は即座, は子路, は彼, は斉, は財政

▼ 時室内~ (11, 0.0%)

1 [11件] からもう, から良人, で金物, にある, にいなかった, には患者, に入り来っ, の冷気, の日, は光線, を見まわし

▼ 時師匠~ (11, 0.0%)

1 [11件] から, から最後, から貰った, がステパン, が安さん, について棒術, の半, は享年五十四, は厳か, は改めて, は鴨居越し

▼ 時常に~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるに, 一種の, 不可思議の, 京伝の, 其石像を, 意匠を, 持ちます火打袋, 笛の, 自分の, 近所を, 鮑叔牙と

▼ 時平に~ (11, 0.0%)

2 ゆかりの 1 代りその, 体を, 妻を, 尋ねられて, 巧い, 席を, 拉し去られる時, 擲つて, 格別な

▼ 時~ (11, 0.0%)

2 につく, のうえ 1 に植えた, に植ゑた短刀, の上, の下, の石畳みの上, へ入り, までとぶ

▼ 時弟子~ (11, 0.0%)

2 が袖, の眼 1 から貰った, が其處, が彼, に自己認識, の一人, の家, を集め

▼ 時我が~ (11, 0.0%)

2 子を 1 ヴァイリマの, 國に, 帽子も, 心に, 手に, 朝に, 父を, 耳に, 腸は

▼ 時故郷~ (11, 0.0%)

1 [11件] に帰らない, のナポリ, のムーラン, の上州, の中学, の声, の生家, の荒牧神社, の酒妓, の長兄, を流れ

▼ 時~ (11, 0.0%)

1 [11件] あった財産, のやう, 力学乃至, 君たり, 城の, 宿役人仲間でも, 思想と, 監獄署跡新開町より, 著全集の, 藩主が, 藩主に

▼ 時~ (11, 0.0%)

2 を移さず 1 ならぬ呪咀, ならぬ呪詛, ならぬ深夜, の中, の人, の征夷将軍, の知名, は過ぎ, を移さぬ

▼ 時時分~ (11, 0.0%)

2 になっ 1 だったので, だよ, であったろうから, であつ, でございましたでしょうか, でしたが, にさ, には女, に何

▼ 時本当に~ (11, 0.0%)

1 [11件] うれしかった, そういう御, 十円出す, 吉ちゃんの, 恐しくなって, 歔欷い, 清純な, 突き詰めた人間, 腹を, 薬包を, 驚いた

▼ 時~ (11, 0.0%)

5 の上 3 の前 1 によりかかっ, に倚, に凭

▼ 時~ (11, 0.0%)

4 の上 2 の下 1 に差, のむこう, の向う側, の末端, の袂

▼ 時~ (11, 0.0%)

11 んど

▼ 時~ (11, 0.0%)

1 [11件] から七代目, にさう, の居館, はやぶれ, もおなじ, 助が, 助は, 樣爰にて, 樣白洲を, 造の, 隣りの

▼ 時笹村~ (11, 0.0%)

21 に話しかけた, に話した, はかなり, はふと, はまだ, は悦ん, は産婦, は襖, も正一

▼ 時継母~ (11, 0.0%)

2 のお 1 が, が帰つて, が持っ, と同行, に育てられ, のおま, の心, は国王, は父

▼ 時美しい~ (11, 0.0%)

1 [11件] がむつつり, という印象, なと思う, 二頭の, 女が, 女優ミンナと, 文字の, 灯の, 物と, 衣服の, 鐘の

▼ 時群衆~ (11, 0.0%)

4 の中 2 はもう大方, を押分け 1 の, は一時, は既に

▼ 時~ (11, 0.0%)

2 を下げない 1 でも挫, で抱き合う, に同胞, をさすっ, を拱いた, を挫, を組ん, を腰, 白く梭

▼ 時~ (11, 0.0%)

2 を進めた 1 にあげたる, に取つ, に手, の上, をつい, を乗り出す, を打った, を打つ, を草

▼ 時自己~ (11, 0.0%)

1 [11件] がその, に死すであろう, に病み, の反対, の境遇, の氣力, の運命, はそれ自身, は既に, を対象, を離れ

▼ 時行く手~ (11, 0.0%)

1 [11件] にあたって一つ, にあたって一軒, にあたって小高い, にあたり取り廻した, に墨, に待っ, に陸, の向う, の方, の灌木, の雪

▼ 時貴女~ (11, 0.0%)

1 [11件] というもの, と同じ, のお母さん, の横, はどこ, はもう, は戸棚, は拒絶, も居られました, も私, を棄て

▼ 時起床~ (11, 0.0%)

1 [11件] が三四日, でその間, でそれから, でなければ, ということ, と書いた, と誌, の約束, まもなくあちらこちら, を決心せり, 明けゆく天地

▼ 時足音~ (11, 0.0%)

4 がし 2 が聞こえ 1 がした, がする, が土間, は又, を聞いた

▼ 時青年~ (11, 0.0%)

1 [11件] にそれ, の目, の頭, は, はラ氏, は仙妃, は少女, は急ぎ, は突然, は袴, も同じ

▼ 時頃眼~ (11, 0.0%)

3 がさめる 2 が覚めた 1 がさめ, がさめた, が覚める, をさまし, を覚ました, を醒した

▼ 時あいつ~ (10, 0.0%)

1 に踏み込まれた, に辱, の心, はどんな, はほろ酔い機嫌, はまだ, は九州, は義経公, は自動車, を絞め殺し

▼ 時あつ~ (10, 0.0%)

2 てこの, て忽然と 1 さり, たもの, て此処, て此處, て猛烈, て私

▼ 時いかにも~ (10, 0.0%)

1 いたいたしそう, ませた調子, 事々しい心持, 人なつこい調子, 寂しそう, 怖しくまた, 支那的音声で, 旅に, 極り惡氣で, 面白く響いた

▼ 時いま~ (10, 0.0%)

1 のマサ子, の女房, までは蔭, まで折々, まで旦那様, まで森閑, まで海面, まで黙っ, 見たの, 見て

▼ 時お嬢さん~ (10, 0.0%)

3 は私 1 が, がお出まし, の事, はいつも, は何, は始め, は家来

▼ 時かて~ (10, 0.0%)

1 いろいろ教, そうやっ, ほんまに, 二三日も, 唇に, 大変どした, 奉公人みたいな, 好え機会, 格別お, 看護婦よか

▼ 時かに~ (10, 0.0%)

1 そこに, なると, 下谷邊の, 其の本, 到着した, 吸うよう, 始まりそうして, 存在せしめ得る, 斯様の, 於て

▼ 時これら~ (10, 0.0%)

1 の事汝, の人, の勤労, の場合, の墳墓いか, の奇習, の復員軍人, の謙遜, の雨雲, は一年

▼ 時さっき~ (10, 0.0%)

1 からじっと, から具合, の女給, の病人, の角, 云った哲学, 出て, 死んだ船長, 聴いたと, 見た幻

▼ 時しみじみ~ (10, 0.0%)

2 とそう 1 かう感ぜずには, この地上, さう思, と, と感じた, また今, 感じたこと, 感じましたよ

▼ 時であります~ (10, 0.0%)

1 か, からこの, からともかく, から人, から多く, から折角, が非常, のであります, 次の間から, 行手の

▼ 時~ (10, 0.0%)

1 おんという, しん, たりと音, つちの方, つといふ, つと襲, つと近, ないする, ろぼうたちが, ッと

▼ 時どうも~ (10, 0.0%)

2 カルメンの, 空気という, 買う勇気 1 すること, 光子が, 御様子, 蕃殖せな

▼ 時にて~ (10, 0.0%)

1 さへ, はござりませぬ, 一廻りすれ, 余が, 候, 候ひし, 同人にも, 母隆治かえる, 荘園が, 門前の

▼ 時ひそか~ (10, 0.0%)

1 にお, にその, に傍聴人, に参り, に彼, に思, に思った, に東方, に父, に育て

▼ 時ひろ子~ (10, 0.0%)

2 と初江 1 がつぶやく, が戻, に伊達, の坐っ, はその, は予審判事, は勝手, は自分

▼ 時ふたたび~ (10, 0.0%)

1 この若い, また呂布, ドアが, マルグヴェンに, 不二見台, 出て, 遠い寺域, 静寂が, 駭き, 魚は

▼ 時ふたり~ (10, 0.0%)

1 が編集局, にいった, の側, の動き, の姿, の間, はすぐ, はまったく, は表, を枕もと

▼ 時までを~ (10, 0.0%)

2 どうして何処 1 ツルゲネーフの, 九州ホテルで, 定めと, 散歩した, 研数学館に, 確実に, 過して, 限りと

▼ 時テナルディエ~ (10, 0.0%)

1 に対して予審, の上さん, の叫ぶ, の家, はもはや, はペン, は十五分余り, は室, は救済, は椅子

▼ 時ハッ~ (10, 0.0%)

1 となる, と今, と思った, と我が, と気, と気がつい, と気がついた, と皆, と観衆, と顔

▼ 時~ (10, 0.0%)

1 以テ始マル, 以テ散, 以テ集リ八時ヲ, 報ズルヤ必酒飯ヲ, 措イテ振, 無為ニ送, 狙ッテ, 狙ッテ颯子ヲ, 知リ風雨ヲ, 補ハズ

▼ 時一寸前~ (10, 0.0%)

2 にハネ 1 だ, となる, には了, にまで漸く, に上っ, に早川, に着, 起される

▼ 時一座~ (10, 0.0%)

2 の劇 1 したお歴々, のものども, の人々, の空気, の者, の間, は息, を冷然

▼ 時一番先~ (10, 0.0%)

21 に下, に疑はれる, に疑われる, に眼, に路地, に駆け出す, に駈け付けた, に駈け出す

▼ 時三時頃~ (10, 0.0%)

2 まで営業 1 からきまって, ともなれ, になる, には日, にもなっ, までも男女, まで出たら, まで筆

▼ 時五十八分~ (10, 0.0%)

1 ある種, であった, です, というの, と午後四時三分, になっ, に起った, に起つた, までは大丈夫, 第七日

▼ 時以来僕~ (10, 0.0%)

2 の分裂, は自分 1 の空想, は初めて, は夏休み, は死, は毎日, は物質

▼ 時何者~ (10, 0.0%)

2 をか攫まん 1 かが博士, かが矢庭, か上, か彼, か道, が錬えた, だろう家, とも知れず

▼ 時例えば~ (10, 0.0%)

2 針ノ木峠の 1 それは, ターニャは, 之を, 対立物の, 正午の, 盛夏の, 目的地に, 運動に

▼ 時僅か~ (10, 0.0%)

1 その末席, ながら心, な事, にはれがましい, に安易, に海上, に遅れ, に遲, の隙, 十九歳の

▼ 時兵馬~ (10, 0.0%)

2 はその 1 がすかさず, が考え, の眼, の空想, の頭, は竜, は答えました, は色

▼ 時~ (10, 0.0%)

2 れは 1 から, が復古的, が総て, に併せ, は主観, は斎瓮, は現今, れ程

▼ 時~ (10, 0.0%)

1 が承, て御, て用意, て見知れる, なる美男, の麾下, は横山権守時広, は真青, は足利家六世, 実は藤右衛門尉

▼ 時~ (10, 0.0%)

1 に依, に従って動揺, の如何, の道徳的感情, の限定, はどこ, をこえ, を問わず, を超え, を超越

▼ 時~ (10, 0.0%)

1 のつ, の柄, の道, は拔, を前方, を引っさげ, を心掛候人ハ銃, を抜き, を抜く, を揮っ

▼ 時十分頃~ (10, 0.0%)

1 から今朝, だった, だったと, だったろうと, であり郵便局, になる, には完全, に電話, まで編物, やっとこちら

▼ 時及び~ (10, 0.0%)

3 時間性の 1 処において, 場処と, 時間性において, 時間性を, 第九時, 腦より, 處等を

▼ 時叔母~ (10, 0.0%)

1 から聞いた, と僕, の家, はもう, はわざわざ, は叔父, は早く, は気, は耳掻き, は蒼く

▼ 時吉左衛門~ (10, 0.0%)

1 が言い出した, に話しかけた, は, はその, は式台, は旧い, は普請場, は相手, は福島, は駕籠

▼ 時同志~ (10, 0.0%)

3 の一人 1 にある, の中, の二人, の者, の者八人斗, は窓, を率い

▼ 時婆さん~ (10, 0.0%)

2 の身体 1 が後, が洟, が漸く, が首, はまた, は殿村, は私, は立っ

▼ 時~ (10, 0.0%)

2 のお 1 から決心, にはあら, はうるおい, はお, はただ, は殆ど, は若君, 前関白殿

▼ 時小さな~ (10, 0.0%)

1 マリユスは, 丸い球, 冠が, 声で, 子供達が, 會を, 橋の, 汽船で, 汽船は, 男の子の

▼ 時小屋~ (10, 0.0%)

2 を出発 1 に殘つて, の中, の入口, の棧, の炉, の爐, へ駈け込ん, を出

▼ 時小林~ (10, 0.0%)

1 が知恵, が起き上り, のバラック, の太い, の頭, はうしろ, はすぐ, はほとんど, は云った, は行きがかり上

▼ 時幽か~ (10, 0.0%)

2 なシユブタ 1 では, な嫌厭, な泣声, な物音, に聞いた, に蔵, に音, に餅

▼ 時~ (10, 0.0%)

4 巳の 1 が息子金剛丸, 城介景盛以下数百人の, 太郎思わず, 太郎片手で, 岸, 巳は

▼ 時彼方~ (10, 0.0%)

1 から呼ばれる, から早馬一騎, では, で何, にいる, に燦爛, の寺, の廊下, の辻, の部屋

▼ 時思ひ~ (10, 0.0%)

4 がけなく 1 かへし, がけない, ながら少し, もかけぬ, も懸けない, 切り糸の

▼ 時~ (10, 0.0%)

1 が吐けなかつた, が絶え, が苦しく, の音, もし, をひき取る, をひそめた, を吸い, を吹き返し, を呑む

▼ 時戸外~ (10, 0.0%)

2 の方 1 からピンカートン, から部屋, が急, にあたり閧, にしょんぼり, にはもう, には余程, に立った

▼ 時旦那~ (10, 0.0%)

2 の部屋 1 がお, に捨てられる, の帯, はいかにも, はいつも, はうるさ, はその, も旅住居

▼ 時~ (10, 0.0%)

2 早く野村 1 から一度, になっ, の侘しい, の挨拶, の空気, の蜆汁, はやくヴエネチア, 詣の

▼ 時来れ~ (10, 0.0%)

2 ば包み 1 と心私, ばさつと, ばよかっ, ば君, ば宗家徳川, ば必ず, ば自ら, ば黄祖

▼ 時~ (10, 0.0%)

3 の中 1 で悪魔的, の出口, の向う, の奥所, の方, の方角, の根

▼ 時正面~ (10, 0.0%)

2 の壁 1 に鋸, のやや, のドア, の切り戸, の寝, の扉, の襖, の障子

▼ 時~ (10, 0.0%)

2 の方 1 に亀山島, に去り行く, に赤い, に釣, のほう, を見, を過ぎる, ノ端

▼ 時~ (10, 0.0%)

2 に似 1 がキー, が動いた, と為す, に抱かれ, の痩せた, の絵, も筆, を飼つて

▼ 時生れ~ (10, 0.0%)

7 てはじめて 1 てはじめ, て初めて, て間

▼ 時異様~ (10, 0.0%)

1 なきらめきを, なる面持, な予感, な哀音, な声, な恐怖, な物凄い, な鳥, に明るく, に高く

▼ 時聞い~ (10, 0.0%)

2 ても昔, て見た 1 ていた, ても息苦しく, て前後うろ覚え, て教わった, て来た, て見ました

▼ 時~ (10, 0.0%)

1 から背筋, がついに, で深く, に白髪, に袖, のあたり, のこらぬ面白, のへ, の落ちた, を落し

▼ 時行っ~ (10, 0.0%)

2 て見 1 てもこの, ても半分, ても同じ, ても女房, ても屹度, ても負傷者, ても逢っ, てツイ先刻亥刻

▼ 時言葉~ (10, 0.0%)

2 が途絶える, を 1 が途切れた, が通じない, といふもの, の内容, を交わさなかった, を濁し

▼ 時~ (10, 0.0%)

2 を作っ 1 が生れ, に云, の中, は歓び, は猶, を大沼枕山, を微吟, を賦

▼ 時迄の~ (10, 0.0%)

2 余暇に 1 三時間即ち, 不寝番を, 心積なれ, 時間であったら, 目印し, 訓練は, 間だ, 間と

▼ 時過去~ (10, 0.0%)

2 からの生活, を顧み 1 と全体, の友達, の忙し, の愚昧, の歴史, は既に

▼ 時~ (10, 0.0%)

2 がはれました, が晴れ 1 が少し, の如き, はふきはらわれ, は大, は輝き, を通して見る

▼ 時頃彼~ (10, 0.0%)

1 がまた, の従来, の身近, はボンヤリ, は忠僕スーシ, は暗く, は空, は起きる, は辞し去った, 帰りて

▼ 時頃目~ (10, 0.0%)

2 が覚め, を覚した 1 がさめ, が覚めた, をおさまし, をさまし, をさます, を一寸

▼ 時食堂~ (10, 0.0%)

1 でまた, でポツン, で上座, で大騒ぎ, にいた, にみち, の入口, の方, の隅, へ和食

▼ 時あそこ~ (9, 0.0%)

1 では林田, で日, で汽車, に樹, に行った, の鉱山, は女子供, は果して, へ出

▼ 時あわて~ (9, 0.0%)

1 て, て下駄, て乳母, て日本, て草むら, て落した, て閉めた, て馳, 者の

▼ 時あんた~ (9, 0.0%)

1 から注意, があの, が好き, その時わし, と一所, はなぜ, は何, は私, は近江源氏

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 ざりませぬ, ざンなれ, とりという, 一しょに, 一行は, 上人様は, 両親の, 持参の, 身分をも

▼ 時しばしば~ (9, 0.0%)

1 その自己流, その金子, それを, 嘲弄をさえ, 彼女と, 振返って, 猴を, 鉄鼠色の, 黙阿弥劇中の

▼ 時そこで~ (9, 0.0%)

1 なんとも変テコ, 一人の, 一足止め, 其奴が, 接待の, 泊り合せた, 第一, 翼を, 行逢った

▼ 時たしか~ (9, 0.0%)

1 この書物, その場, 二十三だ, 伸子さんは, 円覚寺の, 千八百六十九年の, 変な, 文禄三年の, 陸奥の

▼ 時たしかに~ (9, 0.0%)

1 いたもの, この夜, その胆汁臭, ハッチソンは, 僕は, 夏の, 幽寂の, 悲しさ, 紅み

▼ 時たつ~ (9, 0.0%)

1 が顎, のも, のを, ほどむらがり立っ, ほど彼, ほど獣林, ほど荒っぽく, ほど重たい, を呼ぶ

▼ 時だの~ (9, 0.0%)

1 はからざる随所, 会社の, 何かの, 何処かで, 倉で, 教室や, 洪水の, 遊んで, 電車の

▼ 時ちかい~ (9, 0.0%)

1 ころ, ころよ, ころ小田原駅ちかい, ね, ので, 刻限であったろう, 刻限である, 天地に, 頃僕の

▼ 時ちらりと~ (9, 0.0%)

2 見た糸七 1 した微笑, その横顔, そらした, 夫の, 皆の, 紋吉の, 見えたの

▼ 時つと~ (9, 0.0%)

1 上つた, 木陰から, 楊柳の, 立ち上った, 立ち上って, 見知らぬ少年, 起ち上つて部屋, 起つて, 高く通しる

▼ 時とても~ (9, 0.0%)

1 あの絵, お銀様, ない, なかった, 嬉しくてね, 帰られなくなりて, 持ち切れないという, 暑い八月, 異様な

▼ 時とで~ (9, 0.0%)

1 あたしの, その後に, その速度, 一々斟酌, 一樣には, 同じ事柄, 衝動を, 違ふ, 顔の

▼ 時とでは~ (9, 0.0%)

1 人間の, 何か, 俺が, 反応は, 思想や, 条件が, 火の, 目的がちが, 立居ふるまい

▼ 時どれ~ (9, 0.0%)

1 かがきい, か上げたい, だけの水量, だけ苦しんだ, ほど詳しく, 程こみ上げる, 程の力, 程多く, 程白く

▼ 時にさえ~ (9, 0.0%)

1 なった, なると, まじめ男である, 今は, 出し抜かれたの, 忍びの, 摩訶伽葉は, 満面に, 遠ざけられた

▼ 時にすら~ (9, 0.0%)

1 あったと, おげん, その指さき, 助かった人, 各藩, 政治的に, 猶且其誠実, 畏怖の, 署内の

▼ 時はと~ (9, 0.0%)

1 お約束, ぼとぼとある, みれば, 云えば, 家康のき, 思ひながら, 手に, 漸と, 瓦の

▼ 時ひょいと~ (9, 0.0%)

1 した感じ, 一人の, 出る, 彼の, 突く, 立つと, 船頭が, 頭の, 顔を

▼ 時ぼんやり~ (9, 0.0%)

3 幾つにも 1 させて, その方, としていました, と室内, ながらした, 立つて

▼ 時までと~ (9, 0.0%)

1 である, なって, なつて, 二時から, 判で, 各十時間勤務, 定まって, 改めさらに, 限られて

▼ 時よりの~ (9, 0.0%)

1 この習慣, 事で, 事を, 大道で, 座談会を, 御恩澤, 本と, 目あてなる, 飯焚にて

▼ 時を通じて~ (9, 0.0%)

1 その功たる, その模様大抵, また我と, わが周囲, アナーキズムの, 其処に, 山岳は, 我といっ, 残るもの

▼ 時ゴーリキイ~ (9, 0.0%)

1 が五哥, が死刑, の心臓, はニジェゴロドスカヤ県, は一寸, は最も, は自殺, は詩, を誘った

▼ 時セエラ~ (9, 0.0%)

1 にはあの, の声, の手, の緑色, の胸, はどきどき, は大, は眼, は興奮

▼ 時セルギウス~ (9, 0.0%)

1 がなん, はそれ, はもう, は全身, は婆, は戸, は此土地, は自分, は蝮

▼ 時ヨブ~ (9, 0.0%)

1 にまた, の如く, の無罪, の艱難, の苦悩悲愁, はいかなる, はただちに, は三友人, は既に

▼ 時ルパン~ (9, 0.0%)

1 が, が逃がし, で中野, はふと, は何, は先刻ジルベール, は相手, は石像, は自分

▼ 時三分~ (9, 0.0%)

1 だった, であった, であった事, であると, と二回, に土合, に来, やって, を指します

▼ 時今夜~ (9, 0.0%)

1 にかぎっ, は十三夜, は大学, は用事, もいつも, も隣, 来て, 突然自分, 遅く伯林

▼ 時作者~ (9, 0.0%)

2 は妹 1 が, が降りる, の眼, は, はなおも, は作中人物, よりはズッ

▼ 時傍ら~ (9, 0.0%)

2 に彼 1 にいた, に人, の一人, の大槻, の日向, より與惣次, を女子青年

▼ 時僕達~ (9, 0.0%)

1 はもう, は三輪さん, は停車場, は再び, は如何にも, は始め, は死ん, は許し合った, は頂上

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 と小僧, になっ, の徳, の法明, の顔, は云った, は何処, は読経, を伴

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 の世祖, の場所, の子時秋, の藪, 千代は, 園町は, 季の, 江馬越前守北条茂時二階堂ノ, 祿三年に

▼ 時先方~ (9, 0.0%)

1 が打っ, にみ, にも備え, の虚, は三割, は格子戸, は笑つて輕, もさる, も諦め

▼ 時前方~ (9, 0.0%)

1 から手, から疾走, から讃美歌, から飛翔, に何, に渡らなけれ, の室, の暗やみ, の海面

▼ 時~ (9, 0.0%)

4 と勘八 1 が劇, は薪, 七に, 八さんが, 八さんに

▼ 時勝手~ (9, 0.0%)

3 の方 1 がまるで, にて御, にふらり, にやれる, に出される, に切っ

▼ 時医師~ (9, 0.0%)

1 が大発見, が私, に行かずし, の言われる, の説明, は何故, は手, は肩, は言った

▼ 時卯平~ (9, 0.0%)

2 はのつ 1 とは一つ家, と衝突, は, は乾びた, は懶, は枕元, は横

▼ 時又は~ (9, 0.0%)

1 その前白根, ギャフンと, 天然にても, 急に, 我が門前, 更に聴空間, 気が, 氣の, 自国の

▼ 時~ (9, 0.0%)

2 に力, は活, は自然 1 だけを残し, の中, は一層

▼ 時四十七分~ (9, 0.0%)

2 を示し 1 が月, だ, で一時間, になる, には京都, に出た, に着く

▼ 時地上~ (9, 0.0%)

1 に伏した, に何やら, に物, に生長, のいくつ, の庭, の暗やみ, の虫, 遍く晦冥

▼ 時夢中~ (9, 0.0%)

2 になっ 1 でその, で自分, になった, になつ, にやった, に彼, に握っ

▼ 時大きい~ (9, 0.0%)

1 兄は, 春の, 柱時計の, 歓喜を, 漁場の, 船の, 葉巻の, 蝦蟇を, 銀の

▼ 時大変~ (9, 0.0%)

2 悲しかった 1 こわい顔, な身, な難問, に不快, 困った, 嬉しかった, 違って

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 てこの, て此男, て相, て知った, て自分, て親子, て起す, て運動, て開かれた

▼ 時婦人~ (9, 0.0%)

1 あり, が, にとってはじめて, に対して政治的自由, は一息つき, は低い, は男, は監外, は相続者

▼ 時寝室~ (9, 0.0%)

2 に小さい 1 から出た, で冷, に潜ん, の外, の寝台, の窓, の障子

▼ 時少女~ (9, 0.0%)

1 が楽譜, の唇元, の泣顔, の父母, の顏, はさ, は一寸, は笑っ, よりも私

▼ 時山田~ (9, 0.0%)

1 が, が四級, に赴任, はいや, ははっと, は決して, は突然, は自分, 亦介

▼ 時~ (9, 0.0%)

2 の部分 1 から犬, から遠い, にはこばれる, の上, の方, の草叢, へ浪

▼ 時島田~ (9, 0.0%)

1 と大野氏, に送った, の身, はそういう, はそれ, は当人, は彼, は既に, は洋燈

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 が此女, が言う, に仕えた, に近づい, はステパン, は夢, は悲しみ, は意味, は舞台

▼ 時庸三~ (9, 0.0%)

2 は長男 1 が庭, の前, は今, は彼女, は待ち合わせ, は海風, も質素

▼ 時思はず~ (9, 0.0%)

1 も戰慄, も直, 俺の, 姫君の, 涙を, 笑つ, 足を, 顔を, 驚愕の

▼ 時悲しい~ (9, 0.0%)

1 ことに, とか哀れ, ような, 中にも, 哉熱情の, 声だ, 声と, 時いつも, 時苦しい

▼ 時感じた~ (9, 0.0%)

1 いくぶんの, が, ことは, ことを, であらう, のです, やうに, 一瞬の, 不快感を

▼ 時~ (9, 0.0%)

2 の人逃入村, も所 1 が所, の人, は, を明, を超越

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 ありて, らに, ニ風景モ一入, 今一應御思案成れ, 侍従長は, 吃驚した, 御子ひとりで, 銅器の, 題次無

▼ 時新吉~ (9, 0.0%)

1 に絵雑誌, の遺子, は, はおやっ, はなんて言ったろう, は何ん, は優しい, は肝, は隣

▼ 時日本人~ (9, 0.0%)

1 として漢詩, と支那人, なら誰, になる, の名前, はあほらしい, はその, は感情, は昔

▼ 時時計~ (9, 0.0%)

1 が五時, が止まっ, のない, は午後十時, は壊れ, も万年筆, を出し, を見, を見たら

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 で押え, に縛られた, の事, の孔, の槌, の焦げる, の膚, は祠, 之助

▼ 時林田~ (9, 0.0%)

1 が, がさだ子, が口, と並ん, の用いた, は初江, は君, もあわて, も一緒

▼ 時梅子~ (9, 0.0%)

2 から一寸奥, はわざと 1 は何故, は待ち, は待ち構えた, は急, は玄関

▼ 時~ (9, 0.0%)

4 よみしたまひ 1 ひたまひ, をうた, をうたい, を作った, を縁

▼ 時殊に~ (9, 0.0%)

1 その思ひ, 一人きりの, 一八二九年別の, 夜に, 文雅の, 甚しく, 秋など, 美しきは, 豊吉の

▼ 時気がつい~ (9, 0.0%)

4 てみる 1 てみたら, て伯母, て思わず, て笑い出した, て虫

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 慚の, 政府主義者大杉栄は, 時といふ, 智な, 此本, 氣味な呻き, 目的に, 草の, 草も

▼ 時父母~ (9, 0.0%)

1 とともに東京, と一緒, と共に東京, と私, の国, の身体, は真向, を亡, を抱え

▼ 時犯人~ (9, 0.0%)

4 が室内 1 の身内, はヌキサシ, は小, は山雀, は林田

▼ 時瑠璃子~ (9, 0.0%)

2 の心, は初めて 1 の顔, は何気なく, は駆け寄った, は駆け寄つた, を見

▼ 時生き~ (9, 0.0%)

1 そうな, ていなかった, ていよう, ている, てかかる, てゐた, てゐた隣り, て居, て還る

▼ 時番頭~ (9, 0.0%)

1 がその, が現, に異な, の庄兵衞, の忠助, の總吉, の金藏奴, はプイ, は赫ら顔

▼ 時知らず~ (9, 0.0%)

1 じゃありません, です, にくじら, にま, に打ち当った, に無尽蔵, のわらび, の蠅, 熱い涙

▼ 時~ (9, 0.0%)

2 の日, の雨 1 が乃父, とがむかい合っ, とを一人, は秘曲, もやや

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 あるよう, ある現象, だ, だつた, に見る, の成功, は仕方, 現れるそう, 見廻りに

▼ 時経つ~ (9, 0.0%)

1 とす, と失くなっ, と甲軍, につれてぼく, につれて峯子, のを, ほどいかに, ほど山木勢, ほど逞しく

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 がいかん, が空い, が立っ, が立つた, にいた, のなか, の空いた, の空き加減, の辺り

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 から山, から眉間, から胸, から進ん, と両国, 個達旅人も, 働電話に, 惚の, 摸したの

▼ 時裏口~ (9, 0.0%)

2 で私 1 からそっと, から面, に張り番, の方, の木戸, へよぼよぼ, をどうして

▼ 時~ (9, 0.0%)

1 の上, の中央, の左岸, の底, の断崖, はもう, を目がけ, を見下ろし, を隔てし

▼ 時豹一~ (9, 0.0%)

2 の自尊心, の車 1 が子供, の眼, ははっと, はふと, は口

▼ 時赤い~ (9, 0.0%)

2 上に 1 光の, 夕日に, 火花が, 焔が, 熟柿を, 紙片や, 血に

▼ 時郷里~ (9, 0.0%)

1 から妻, から財産整理, で二三度, に帰省, に遺った, の妻, の鏡湖, へ帰つて貰つた女房, を離れ

▼ 時銀座~ (9, 0.0%)

3 はいつ 1 で買つたウビガン, のキャバレー, のコロンバン, の亀屋, の夜店, を歩い

▼ 時門口~ (9, 0.0%)

2 に人 1 から一人, から客, で, の方角, の石, へお, を見返る

▼ 時~ (9, 0.0%)

2 父さんは 1 母さんは, 羅本が, 耨多羅三藐三菩提の, 遲志貴高日子根の神到まし, 難の, 難は, 霞は

▼ 時雨戸~ (9, 0.0%)

2 を引い 1 が中, が音, に雪, の隙間, は確か, は閉つて, を引かぬ

▼ 時青い~ (9, 0.0%)

2 囚衣を 1 光の, 宝石入りの, 服を, 眼鏡を, 羽根が, 色の, 衣を

▼ 時静子~ (9, 0.0%)

1 にそれ, にとっては寧ろ, の語った, はすぐ, はふと, は何, は例, は私, は突然

▼ 時頃宿~ (9, 0.0%)

2 に着いた 1 の人, の褞袍, へ帰り, へ帰りついた, へ帰りました, を出る, を出発

▼ 時あらん~ (8, 0.0%)

2 も測り 1 も知れず, を, 事を, 日を, 此者共を, 限りの

▼ 時あんまり~ (8, 0.0%)

2 癪に 1 ひどい今, ひどい様子, ひどい樣子, 急いで, 感心しなかった, 鳥や

▼ 時~ (8, 0.0%)

2 ずくとも 1 さを, ずくよりか, ぢの, なづま忽, なむしろ, らしった

▼ 時うち~ (8, 0.0%)

2 の中 1 なんぞもどんな, にいなかつた, に帰っ, の旦那様, の運転手, やって

▼ 時うつ~ (8, 0.0%)

2 とりおれ 1 いざ出社, かり, かりして, かり僕, かり外, すらとたより

▼ 時おくれ~ (8, 0.0%)

1 かつ周到, てはこの, ては武田伊那丸さま, となっ, の古い, の精霊蜻蛉, の花, やとんま

▼ 時かつて~ (8, 0.0%)

1 そこに, 同行した, 祭事の, 私の, 経験した, 美が, 覚えない緊張, 辻川の

▼ 時きみ~ (8, 0.0%)

1 にこの, に嘘, はきみ, はすぐ, はたった, は宝冠, をからかっ, を大事

▼ 時きり~ (8, 0.0%)

1 お経, じゃない, だ, である, で不安, で後, のもの, の生活

▼ 時しきりに~ (8, 0.0%)

2 水を 1 その話, 人物の, 声がか, 死という, 赤城の, 辯解し

▼ 時しばらく~ (8, 0.0%)

1 その木の下, はそう, ヴィエンナに, 休息する, 前の, 寝泊りを, 彼女の, 振で顔

▼ 時すぎごろ~ (8, 0.0%)

1 であった, でございます, でその, になった, にウチ, もう金色, 若夫婦, 重いブックエンド

▼ 時すぎタクシー~ (8, 0.0%)

5 出る 1 すぐ近く, で日劇, 出て

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 でねえ系図, とからは何, との縁, と見初めた, なたが, なたたち, なたは, 乱れざりける

▼ 時そのもの~ (8, 0.0%)

1 になった, になつ, のよう, の本質, の本質それ, は不動, までが歩み, を生みいでし

▼ 時それら~ (8, 0.0%)

4 のもの 1 の出来事, の姿, の知識, を経過

▼ 時~ (8, 0.0%)

2 とひ 1 あ様, いくつな, うとうそれ, うとう我慢, うとう立ち上り, がいの

▼ 時だったら~ (8, 0.0%)

1 いつもばか, この監獄, そのこと, それは, それ以上話を, 彼は, 彼も, 椀の

▼ 時ちょっと過ぎ~ (8, 0.0%)

1 くらいで, だろうか, には木戸, に来た, に海水服, に笠井, までの出来事, を指し

▼ 時でありました~ (8, 0.0%)

1 から大変家, が, がそれから, が昔, が青年, ので, 博士の, 私が

▼ 時なん~ (8, 0.0%)

1 だって一言弁解, だつて一言辯解, でも韃靼風, どきあたし, の, のはずみ, の気, の物音

▼ 時はな~ (8, 0.0%)

2 も恋 1 も, よび姿, 万事抜目なく, 八後, 八後学の, 実に訳

▼ 時ふつ~ (8, 0.0%)

2 と彼 1 とそんな, と官吏生活, と思ひつい, と此, と消えた, りと

▼ 時ふとした~ (8, 0.0%)

1 はずみで, 事から, 出来心で, 手ぬかりから, 機で, 沈黙の, 表情に, 言葉尻から

▼ 時ほんとう~ (8, 0.0%)

1 にうれしく, に久, に何とも, に僕, に同情, に夫, に春, の自分

▼ 時まさしく~ (8, 0.0%)

2 これは 1 すべてを, 大御所家康, 小鳥の, 扉の, 欧州最, 赤道を

▼ 時らしい~ (8, 0.0%)

1 から, からね, な, ので半, のに蜜柑, 冷たい風, 心持に, 電車線路を

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 して, その時, どうだ, またおれ, またお前, やる, やるよ, 困りましたよ

▼ 時キッ~ (8, 0.0%)

5 カリに 2 チリに 1 カリらしい

▼ 時パッ~ (8, 0.0%)

1 と四本, と室内, と手, と浜路, と眼, と開い, と電燈, と霧

▼ 時ビクター~ (8, 0.0%)

32 へ行く 1 から電話, の岡氏来洛, へ行った

▼ 時フランス~ (8, 0.0%)

1 がその, でマラリア, に帰っ, のこの, の公債利子, の巡礼僧, の村落, の社會關係

▼ 時両手~ (8, 0.0%)

1 で尻, で抱きとめました, で顔, に大きな, をつい, をのばし, を胸, を膝

▼ 時乃至~ (8, 0.0%)

1 一時という, 二時で, 十二時に, 十時に, 時間性に, 時間性は, 時間性を, 死んだ時

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 つた, つたい, はれたこと, ひそびれたので, ひました, ひ合, ひ置いて, ふとそんな

▼ 時五十一分~ (8, 0.0%)

1 でございますか, で出発, にあたる, にあの, になる, に十個, に沢山, に現われ

▼ 時五時~ (8, 0.0%)

3 の頃 1 とせず, になる, に迎, まであるいは, より七時

▼ 時京子~ (8, 0.0%)

1 がまだ, が気違い乍ら昔, と倭文子, の声, の手, の父, の瞳, もお

▼ 時以礼~ (8, 0.0%)

1 が兵士達, という工人, の緊張, の話, はつづけた, は人, は口, は唖

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 だちと, に立て, のい, のよい, の好い, へ入った, を割かれ, 善しの

▼ 時仲間~ (8, 0.0%)

2 で連絡, の者 1 に, のもの, の參會崩れ, の鉄

▼ 時伯母~ (8, 0.0%)

2 が必ず 1 が彼, と従兄, の口, の慈愛, はちょうど, はもう

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 には赤い, に少し, の調子, をひどく, をひどく悪く, をもたせ合っ, を反らし, ノ向

▼ 時何物~ (8, 0.0%)

2 をも持つ 1 か, かが現われ, かが音, か意義, か浪, も恐れない

▼ 時使う~ (8, 0.0%)

1 ので何処, もので, んだ, スタンドが, ピンセットの, 日本の, 玄翁に, 金の

▼ 時俊夫君~ (8, 0.0%)

21 がいかに, と小田刑事, はおばさん, は叫びました, は得意げ, は飛びあがる

▼ 時僕等~ (8, 0.0%)

1 に, の乗っ, の後ろ, は屡, は急, は病弱, は相, は詩話會

▼ 時先ず~ (8, 0.0%)

1 かれの, 吾, 母夫人の, 気づいたの, 眼に, 第一, 腕を, 詩経の

▼ 時出た~ (8, 0.0%)

1 あとの, お吸物, か分りませぬ, か知らなかった, のは, 新聞の, 汁へ, 第一集

▼ 時出る~ (8, 0.0%)

2 のか 1 かと思つて, かと聞いた, か分りません, やうな, 化けもの, 風も

▼ 時別に~ (8, 0.0%)

1 何でも, 何という, 商家から, 四人連れの, 注意しなかった, 男を, 試験法として, 重態と

▼ 時千二~ (8, 0.0%)

1 が叫んだ, の目, の頭, は, はその, は湖, は自分, は運転手

▼ 時~ (8, 0.0%)

3 の方 1 から吹く, から舞, の家, の空, も北

▼ 時周囲~ (8, 0.0%)

1 に目撃, の事物, の人, の人々, の群集, は霧, をまごまご, を照らし

▼ 時咄嗟~ (8, 0.0%)

1 に敵, に敵意, に渋面, に頭, のこと, の場合, の感慨, の間

▼ 時四人~ (8, 0.0%)

1 の人, の代表, の会員, の子供, の後, の男女, の耳, の酋長

▼ 時~ (8, 0.0%)

2 が嫁, は少しどうか 1 が尋常二年, に逢わし, は大きく, を連れ

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 のひくい, の外, の大手, の空壕, は敵, を仰い, を出, 之介鉄杖

▼ 時壮助~ (8, 0.0%)

1 の心, ははっ, は一寸, は却って, は学生時代, は急, は我知らず老婆, は診察

▼ 時多分~ (8, 0.0%)

1 いま前を, お雪あたり, にこの, キッティと, 天才に, 彼女の, 新郎の, 病人は

▼ 時多少~ (8, 0.0%)

1 とも頭, の愉快, の意見, の臣民, やったに, ハイカラな, 山県侯の, 山縣侯の

▼ 時夫婦~ (8, 0.0%)

2 の間, は顔 1 の衣類, は変, は長火鉢, も立ち

▼ 時富岡~ (8, 0.0%)

1 に振り返られ, のなぐさみものになつてしまつたのかも, は, はこ, はゆき子, は何気なく, は庭, は最も

▼ 時~ (8, 0.0%)

2 ていた 1 てい, ていたこじき, ている, てゐる, ながらに外面, 棚のうへに

▼ 時~ (8, 0.0%)

3 の上 1 かどにとまりいたる, から大きな, から舞い上がった, にでも乗り上げた, の壁

▼ 時~ (8, 0.0%)

3 の間 2 の結め 1 はやはり, をきりりと, を何ん

▼ 時平が~ (8, 0.0%)

1 あゝ云う, そっと袂, その人, 云った, 冷やかしにか, 果して音曲, 猶も追究, 重くて

▼ 時平岡~ (8, 0.0%)

1 の事, はこの, はただ, は一寸, は座敷, は早く, は此時計, は漸

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 から探し出した, にもぐる, の底, の機, の沈澱, まで押さず, もなく, をはたい

▼ 時強い~ (8, 0.0%)

1 てそれ, て私, て餅, 匂いが, 印象を, 叫び声が, 拵えたらしい硬, 若侍

▼ 時当の~ (8, 0.0%)

1 三室銀子と, 丘田医師から, 千枝子が, 大村が, 御本人, 新婦澄江夫人は, 武蔵は, 犯人の

▼ 時当然~ (8, 0.0%)

1 そこに, なこと, 一つの, 同じスリル, 文芸を, 暴力が, 犠牲に, 理学部の

▼ 時後で~ (8, 0.0%)

2 お茶が 1 一ちゃんが, 咳ばらいが, 大笑いな, 思えば, 手を, 有名に

▼ 時忽然と~ (8, 0.0%)

3 して 1 内側から, 弁円の, 思い出されたは, 浮かびましたの, 音楽の

▼ 時思いがけなく~ (8, 0.0%)

1 もふと, も住宅, も朝がけ, 大声で, 子供心が, 源氏が, 自分を, 駆けゆくお初

▼ 時思った~ (8, 0.0%)

2 のであった 1 がけれど, ことを, のだ, ものである, より酔ってる, より陽気

▼ 時戦争~ (8, 0.0%)

1 がこれ, が初, と文学, に訴える, の酣, はもはや到底, は持久戦争, を知らない

▼ 時教室~ (8, 0.0%)

2 でローマ字, の中 1 にぱっと, にパッ, の大久保さん, の黒板

▼ 時時間~ (8, 0.0%)

1 から空間, だと, と空間, などのこと, の節約, は, はまだかなり, は何

▼ 時最早~ (8, 0.0%)

2 水汲み 1 や終生, や見事, や馬上, 伊勢より, 前後を, 枯れて

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 は大分酒気, 博士かが, 学校で, 尼僧に, 新聞の, 村役場に, 町で, 非番にて

▼ 時格子~ (8, 0.0%)

2 が開い 1 の内, の戸, の手触り, の羽織, の開く, をあけ

▼ 時煙草~ (8, 0.0%)

1 に喫, のこと, は両人, をほうり投げ, を吸わぬ, を所持, を見つかっ, を買え

▼ 時片手~ (8, 0.0%)

1 でハンドル, で帆桁, にボンボン, の上, は獣, を休め, を挙げ, を静か

▼ 時田舎~ (8, 0.0%)

1 で買っ, の人, の叔父, の学校, の家, の父, の百姓家, の貧しい

▼ 時~ (8, 0.0%)

2 に耕す 1 には刷毛, に下種, の中, の畔, はからり, を耕す

▼ 時病院~ (8, 0.0%)

2 の方 1 の中庭, の入口, の芥溜, の青白き, より駈着け, を訪れる

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 となっ, のもと, を知らない, 与に, 変らず両, 携へて, 発し候儀, 隔る

▼ 時~ (8, 0.0%)

2 の中, の闇 1 があったら入りたい, に入るまえ, の入口, へ入り兼ね

▼ 時約束~ (8, 0.0%)

1 した, して, と云う, なされた, の十分, はした, をした, をたがえず

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 つづきの, にあたって人, に立てきった, に蚊遣, のあかり, の上, へ差置く, を越した

▼ 時老婆~ (8, 0.0%)

2 が鍋 1 がノズドゥリョフ, に向, の顔, はどう, はぴたり, は呉

▼ 時聴衆~ (8, 0.0%)

2 の中 1 がドッ, の八九割, の最, の注意, の顔, はどよめいた

▼ 時船中~ (8, 0.0%)

1 でと何段, で二人, で知己, に脈, の人々, の即席料理, の無線電信室, の警視総監

▼ 時良人~ (8, 0.0%)

1 が家, にはやく, の勧め, の手, の留守, はちょっと, は私, も爺

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 が変っ, が悪く, である, の, の蒼い, も慾, を変え, を此

▼ 時色々~ (8, 0.0%)

1 とこの, な事情, の世間話, の人, の物, 心を, 無遠慮な, 話が

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 っ原, のあいだ, の上, の家, の繁っ, の花, の葉, 多きところ

▼ 時~ (8, 0.0%)

2 が出た 1 が流れ, の出る, の氣, は博士, を猪口, 染れの

▼ 時行手~ (8, 0.0%)

1 から巨大, にあたり喊声, に一つ, に数人, の方, の薄, の谷間, の闇

▼ 時覚えず~ (8, 0.0%)

1 その手, はつと, 傘を, 大声を, 弱音を, 慄然たら, 紀昌は, 血が

▼ 時親先生~ (8, 0.0%)

1 からのお, には幼時, のとこ, の大江家伝来, は偉い, へお目にかかり, よりの御, をお

▼ 時親爺~ (8, 0.0%)

2 の使嗾 1 が忰, が見限っ, によく, の破廉恥さ加減, の額, は六十八

▼ 時~ (8, 0.0%)

5 へ来り 1 へが来, へが来た, へに往

▼ 時連れ~ (8, 0.0%)

1 てっ, てゐた, て来た, て行かれよう, て行っ, て行った, て逃げよう, を先

▼ 時遂に~ (8, 0.0%)

1 は文学, 御旗本, 死去, 気仙沼の, 潜水が, 父は, 発狂した, 發狂した

▼ 時野村~ (8, 0.0%)

1 にしろ, の心, の頭脳, の頭腦, はこの, はまた, は右, は広い

▼ 時鋭い~ (8, 0.0%)

2 嬌声が 1 刀は, 匕首を以て, 声が, 嬌聲が, 汽笛と共に, 矢声発止と

▼ 時~ (8, 0.0%)

2 の前 1 にうつつ, に写つて, に映った, のよう, の上, の中

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 さ一千メートルの, さ十五尺も, マントの, 庵と, 廊下をど, 水県に, 煙管を, 藩七人組と

▼ 時~ (8, 0.0%)

1 が抜け, にフランス鞣, に割り込んだ, に合, の四隅, の山, の襖, は五時十時間

▼ 時隣家~ (8, 0.0%)

1 から人声, から火, から訴え出ました, との間, なる同心中村武兵衛, の垣根, の淡路館, の老人

▼ 時順造~ (8, 0.0%)

1 はまた, は一寸面, は叱りつけた, は喫驚, は怒鳴りつける, は思わず, は急, は立ち上っ

▼ 時~ (8, 0.0%)

2 つ程, りに 1 りの, り呑むので, り過て又, を以て太陽

▼ 時駕籠~ (8, 0.0%)

3 の中 1 がある, が止まり, で家, の戸, の訴

▼ 時あわただしく~ (7, 0.0%)

1 一人の, 戸が, 扉を, 用人の, 胴の間から, 若侍, 金椎が

▼ 時いい~ (7, 0.0%)

1 からはいります, ことを, 位置では, 天気だ, 月夜の, 気持に, 考えが

▼ 時いっしょ~ (7, 0.0%)

1 に帰っ, に往, に暮した, に歩い, に歩き回る, に私, に積ませた

▼ 時うっかり~ (7, 0.0%)

1 しまい忘れたの, その威厳, とお先, 光子さんが, 聞き流したが, 血溜りへ, 霊媒の

▼ 時おなじ~ (7, 0.0%)

2 村つ 1 値段の, 学校で, 島の, 思いは, 節おなじ

▼ 時おまえ~ (7, 0.0%)

1 がたった, が一番さき, に質問, のほか, の母様, は十字架, は自分

▼ 時かぎり~ (7, 0.0%)

2 と触れ渡された 1 である, であるが, なく思されたり, 小林君の, 碁石を

▼ 時かく~ (7, 0.0%)

2 まで見事 1 あれか, は呟きぬ, も私, 手厳しく譴責, 重き任務

▼ 時からという~ (7, 0.0%)

2 ことに 1 ことは, もの, ものは, ものまず, 約束に

▼ 時きっちり~ (7, 0.0%)

1 に中, に着く, に閉演, やれ, を車中, 砧を, 開き

▼ 時きつ~ (7, 0.0%)

1 かけで, かりに立つた, となつた時, と犯人, と起つ, と逢, ぱりとしたお声にて

▼ 時くら~ (7, 0.0%)

1 ゐ九鬼, ゐ人間, ゐ唯心的, ゐ淺間山, ゐ湖水, ゐ私達, ゐ驚異

▼ 時こちら~ (7, 0.0%)

1 にも隙, の前, の縁側, は書き物, へ向っ, へ送っ, を睨み

▼ 時これから~ (7, 0.0%)

1 が故郷, 世の中で, 参ろうと, 少女たちの, 帰り着くべき故郷, 進んで, 雜誌人間十二月號の

▼ 時ごろ家~ (7, 0.0%)

2 へ帰る 1 へかえりました, へ帰っ, をで, を出, を出た

▼ 時ごろ彼~ (7, 0.0%)

1 が帰宅, の睡眠, はすでに, は一人, は支配人, は起き上がっ, は階段

▼ 時さだ子~ (7, 0.0%)

2 の部屋 1 がピヤノ, が赤く, のすぐ, の室, は着物

▼ 時すぎ座~ (7, 0.0%)

3 へ出る 2 へ入る 1 へ, へ来

▼ 時する~ (7, 0.0%)

3 ように 1 と実母, と西河岸, やうに, 様に

▼ 時せめて~ (7, 0.0%)

1 あの辺, この顛末, はわが, 一冊の, 最後の, 木戸孝允の, 連立内閣でもと

▼ 時それだけ~ (7, 0.0%)

1 それは, のこと, の知恵, の研究費, シヨオペンハウエルから, 忘れて, 自然へ

▼ 時そんなに~ (7, 0.0%)

1 ひどく迷惑, 悲しみの, 拙い調子, 程度の, 素晴らしい前途, 馬鹿, 高飛車に

▼ 時ぞと~ (7, 0.0%)

2 念ひ, 魯鈍の 1 奮発し, 山嶽の, 胸を

▼ 時たっ~ (7, 0.0%)

1 て, てまた, てもがんりき, てもまた, て後で, て頓狂, て高

▼ 時たれ~ (7, 0.0%)

1 かと同じ, か人, か戸, か番屋, か馳, もかれ, もさびし

▼ 時だけでも~ (7, 0.0%)

1 そのかげ, のびのびとして, 優しいこと, 美しく死のう, 自分の, 自然に, 良人の

▼ 時でございました~ (7, 0.0%)

2 がお 1 からついつい少し, から二人腕, が田郷さん, の, 事

▼ 時とに~ (7, 0.0%)

1 あたります, あなたが, 二回の, 今や直面, 會つてゐる, 通じて, 限つてゐる

▼ 時どうか~ (7, 0.0%)

4 すると 1 したはずみ, して, 死なないよう

▼ 時なし~ (7, 0.0%)

1 とせん, に, に売っ, に蒔き, またたく間ぞ, 大根や, 大根美濃わせ大根甘藍里芋夏葱春蒔白菜春菊胡瓜唐茄子西瓜亀戸大根山東菜十二種類なんと

▼ 時なぞには~ (7, 0.0%)

1 どのくらい, よくこんな, 勿論走り, 大抵この, 忽ち彼女, 殊に誰, 百姓の

▼ 時なぞも~ (7, 0.0%)

1 そうだった, もうちゃんと締, 先方が, 勢いの, 尋常に, 彼女の, 金吾中納言の

▼ 時などでも~ (7, 0.0%)

1 ちっとも手伝わなかっ, ほかの, むやみに, 小男は, 楽人の, 用紙に, 電車中で

▼ 時なるほど~ (7, 0.0%)

1 これで, さうかと, そんなもの, ハハアと, 家を, 早いもの, 若く見える

▼ 時ので~ (7, 0.0%)

2 立つ 1 お立ちに, かえる, こちらに, 大阪まで, 帰ろうかと

▼ 時はや~ (7, 0.0%)

1 に横風, ッぱり默つて袖を, ナイフの, 世界は, 敵の, 最後の, 殘り

▼ 時ばたばた~ (7, 0.0%)

1 といふ寂しい, と梯, と梯子, と臺所, と足音, と迅, と音

▼ 時ほとんど~ (7, 0.0%)

1 すべての, その訳, だれでも, 二時間近くも, 彼の, 感に, 誰も

▼ 時もさ~ (7, 0.0%)

6 うだつた 1 うだつたんで

▼ 時もしくは~ (7, 0.0%)

1 三時までも, 九時から, 午前十時頃を, 夢を, 死ぬかも, 牧馬が, 発作の

▼ 時やった~ (7, 0.0%)

1 かに光子さん, ものです, もんだ, ンや, 実験の, 結果が, 術だ

▼ 時やっぱり~ (7, 0.0%)

1 このまま, そんな料簡, 凹面鏡を, 包囲攻撃だ, 手に, 朝の, 私には

▼ 時~ (7, 0.0%)

4 神さびて 1 いくたびかうなされし夢, た之儀其身, 我が好む

▼ 時をか~ (7, 0.0%)

3 過しけん 2 經たる 1 眠りけん, 經し

▼ 時ヘルン~ (7, 0.0%)

2 はいつも 1 から万葉集, が, が案内, は自己, は黙っ

▼ 時ボーイ~ (7, 0.0%)

1 がやって来, が一人, が近寄っ, に案内, の代り, の口上, は意味

▼ 時一個~ (7, 0.0%)

2 の人影 1 の人, の大きな, の小さい, の老人年五十二, の鵞鳥

▼ 時一分~ (7, 0.0%)

2 まえです 1 すぎました, であつ, になった, にハネ, を期し

▼ 時一台~ (7, 0.0%)

3 の自動車 1 の乗用, の円タク, の大きな, の自転車

▼ 時一羽~ (7, 0.0%)

1 の, のジヤコウアゲハ, の大, の隼, の雉, の鳩, の鷓鴣

▼ 時三十分ごろ~ (7, 0.0%)

1 であったが, でさ, に一人, に前, に発した, に至り, のあの

▼ 時三十分頃~ (7, 0.0%)

2 であろうクック 1 この邸, だから, だつた, では, に西那須驛

▼ 時不幸~ (7, 0.0%)

1 な一瞥, な忘れられた槽, にし, にも, にも一人, にも餘, の男

▼ 時与次郎~ (7, 0.0%)

1 が突然, が話した, はげらげら, はへいへい, は往来, は思わぬ, は目

▼ 時世話~ (7, 0.0%)

3 をし 2 になった 1 になつ, になつて

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 の上 1 のふもと, の正面, の背後, を巡っ, を越え

▼ 時両者~ (7, 0.0%)

3 の区別 1 のあいだ, の異なる, の衒学的区別, は互いに

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 てふ, と共に, に私, のない, の八, の胸, 夫婦は

▼ 時九分~ (7, 0.0%)

1 で同じ, というところ, と仰言った, にし, に着きます, に長春, まだ一時間半

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 に敏感 1 と風雲, に一つ, の先駆, の圧迫, の外

▼ 時二十分前~ (7, 0.0%)

1 だ, であった, である, に来る, に行った, ほどであった, を示す

▼ 時五百~ (7, 0.0%)

1 にこう, の牧牛人芳園, はこの, はまた, はまだ, は六十八歳, は容易

▼ 時井戸~ (7, 0.0%)

2 に蓋 1 がない, にさげ, の中, の外, の背後

▼ 時仕事~ (7, 0.0%)

1 から帰っ, が不足, が支, に気, の苦し, は誠実, をし

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 となりました, の部 1 が俳句, と人事, の中

▼ 時以來~ (7, 0.0%)

1 おちかの順吉, おちかは, さう惡, のこと, ひどく損じられ, わるく嫉妬, 一層嫌

▼ 時何とも~ (7, 0.0%)

1 云えぬ悲惨, 云えぬ香気, 形容出来ない, 知れぬ恐ろし, 言はれぬ, 言ひ, 言へ

▼ 時何人~ (7, 0.0%)

1 が皇帝, に関する出来事, の作った, の手, の頭, よりも先, よりも兵馬

▼ 時何十分~ (7, 0.0%)

1 かにかなり, かにすぐ, かのほか, かの急行, とかに出発, までにその, を示し

▼ 時何度~ (7, 0.0%)

2 も廃学, も思案 1 もお, もかう, も列車

▼ 時何故か~ (7, 0.0%)

1 それを, とお, はつきりと, 伊吹という, 其顔を, 私は, 鼻下の

▼ 時便所~ (7, 0.0%)

2 へ行く 1 から出, に往きたかった, の中, の汲取口, を釘ヅケ

▼ 時信吉~ (7, 0.0%)

1 の顔, はおろおろ, ははっと, はゆっくり, は傷つけられた, は全然, は満員

▼ 時停車場~ (7, 0.0%)

1 から一里半, に送っ, の入り口, の大, の帰り, の拡張, へ送

▼ 時六時~ (7, 0.0%)

1 から七時, から汚, となり, になっ, のラッシュ時, はまるで, は丸

▼ 時刑事~ (7, 0.0%)

2 の一人 1 が, が蒔岡方, が金物屋, に言われた, はふと

▼ 時別れ~ (7, 0.0%)

2 てくれつ, てしまった 1 てい, て五年前母親, て以来

▼ 時別れた~ (7, 0.0%)

1 きりであった, なりで, んです, 兄は, 姉の, 後自分は, 私の

▼ 時勘次~ (7, 0.0%)

1 はぼろ, は又, は商人, は徒ら, は突然, は籠, は裏戸

▼ 時十九~ (7, 0.0%)

3 になる 1 か二十歳, だったが, の昔, の私

▼ 時十五分ごろ~ (7, 0.0%)

2 です 1 からかれこれ, であると, にこの, より日輪, 行ったとき

▼ 時十五分頃~ (7, 0.0%)

2 であった 1 にお, に定まる, に家, に恰度, に間違い

▼ 時十何分~ (7, 0.0%)

1 かで帰った, かに両国, かの室積行, か前, に了, に伊東発, に終る

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 なり動揺せず 1 なりの路, 厭だ, 哀らしい, 成公正な, 笑い事が

▼ 時喜び~ (7, 0.0%)

1 て, なり悲しみ, のあまり愕然, のため, の太鼓, の気持, の表情

▼ 時四十二分~ (7, 0.0%)

1 で止つて, に例, に夜行, に着きます, まで缺測, を示し, 着戸隠

▼ 時四十何分~ (7, 0.0%)

1 かについて改札, かに上野着, かの東京行き, かの汽車, からで, に楽屋入り, まで大いに

▼ 時四時~ (7, 0.0%)

1 だった, です, と待った, になる, の三度, まで続く, まで踊りつくし

▼ 時城介~ (7, 0.0%)

1 から祝い, が学校, の気持, はもう, は左雲, は肩, をひどく

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 でも夜, になる, に入っ, の日, の晩方, の暴風雨, は五時

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 緒子は 1 からむ, の船客, 一さん貴方は, 數の, 計代は

▼ 時大層~ (7, 0.0%)

2 御尊信 1 な喜び方, スマートナ奥サンガ一人片手ニベージュノハンドバッグヲ持ッテ片手ニ自動車, 大きいの, 好い青年, 御懇意

▼ 時奈良~ (7, 0.0%)

1 に居合わせた, に着いた, のある, の新聞, の然, へ行っ, へ行った

▼ 時奥様~ (7, 0.0%)

2 の御 1 がふらふら, と御, のうしろ, はすこし, はアンモニア

▼ 時姿~ (7, 0.0%)

2 を現 1 は見えない, をくらまし, を変え, を消さね, 全く見えざる

▼ 時嬉し~ (7, 0.0%)

1 かつた, かりし楓, さを, そうな, そうに, といは, と言わば

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 貢が 1 はわか, を抱いた, 僧が, 貢に対して, 鶉が

▼ 時子供たち~ (7, 0.0%)

2 は手 1 が街路, と別れる, に対するよう, の服装, の眼

▼ 時孝太郎~ (7, 0.0%)

1 にこう, の云った, はやはり, は一人苛ら苛, は一種, は寝, は自分

▼ 時宇治~ (7, 0.0%)

1 が感じ, の胸, はほとんど, は偶然隊長室, は戦慄, は既に, は直ぐ

▼ 時~ (7, 0.0%)

4 道は 2 道が 1 い塩梅

▼ 時実際~ (7, 0.0%)

1 あの男, こんな仕合せ, に金, の危険, 上必ず, 苦笑せず, 行潦へ

▼ 時家内~ (7, 0.0%)

1 が俯向, が神奈川在, の留守, の者, の者目, はこの, は憂色

▼ 時将軍~ (7, 0.0%)

2 はすでに 1 とは知らず, の家光, の手, は地図, は彼らオランダ人

▼ 時小僧~ (7, 0.0%)

1 がむくり, が呼び, が寝, の定吉, の要吉さん, は低い, 黙つて坂

▼ 時小太郎~ (7, 0.0%)

1 が, が蒼白め, の足音, はその, は圧された, は後方, は次の間

▼ 時小生~ (7, 0.0%)

1 に気の毒, の感じた, の眼中, はそれ, はリムビヨツク, は両, は妻

▼ 時居士~ (7, 0.0%)

21 が折節帰省中, はこんな, は自分, は車, は鉢

▼ 時屋敷~ (7, 0.0%)

1 の一間, の中, の奥座敷, の潜り戸, の縁, の近い, の雨戸

▼ 時左右~ (7, 0.0%)

1 から二人, に手, に紙, の小路, の者, へ敷物, より驀地

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 に三人 1 にあった, に列, に立上り, の真, を外した

▼ 時帰宅~ (7, 0.0%)

1 した尾形老人, して, しました, す, すぐねた, すぐ床, って馬鹿

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 ろしい 1 るべき険し, る怖, れずと, れと, ろしく

▼ 時思い切っ~ (7, 0.0%)

21 て云っ, て例, て尋ね, て自分, て高らか

▼ 時恐らく~ (7, 0.0%)

1 人々が, 人々は, 同じこと, 私の, 自分の, 色によって, 花を

▼ 時恐ろしい~ (7, 0.0%)

2 叫声が 1 ことが, その変転, ものを, 破局の, 音が

▼ 時恐怖~ (7, 0.0%)

1 とおどろき, の余り顛倒, の声, の夜, は勝, や蔑視, を忘れた

▼ 時息子~ (7, 0.0%)

1 がやう, が相続税, が間, に言った, は言った, ばかりが巴里, を顧み

▼ 時拙者~ (7, 0.0%)

1 はその, はどんなに, は其の, は其方, は申した, は雪隠, は雪隱

▼ 時挨拶~ (7, 0.0%)

2 に出た 1 したもの, をした, をする, をすれ, を受けた

▼ 時敏子~ (7, 0.0%)

1 が去り, が関田町, と小池さん, は初めて, は彼, は自分, は郁子

▼ 時敬太郎~ (7, 0.0%)

1 はますます, は奥, は彼, は松, は田口, は自分, は面倒

▼ 時新た~ (7, 0.0%)

1 なる喜び己, な想念, な母, な自由, な顔, に同人, に課

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 から帰っ, から帰つて, で集めた, に出る, のかばん, の興行師, の途すがら名

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 や其の, や声, や嬉し, や巡査部長, 引の, 引忠三ふるえあがっ, 櫓で

▼ 時昨日~ (7, 0.0%)

1 から続いた, すさまじい濁流, のすさまじい, の朝有明荘, の林田, の総, までの雨

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 く高峰, しかの時, しと, には藷, にコゼット, の祈祷, の食事

▼ 時暫く~ (7, 0.0%)

1 思案し, 海岸に, 滞留した, 漕運の, 考えて, 茫然と, 驚いたよう

▼ 時書いた~ (7, 0.0%)

2 んだ, んでせう 1 のが, ものか, もので

▼ 時曹操~ (7, 0.0%)

1 から, という素寒貧, に従って都, はちょうど, は本陣, は銅雀台, をかこん

▼ 時来ら~ (7, 0.0%)

21 ばこの, ば今一, ば提携, ば江北, ば父

▼ 時来客~ (7, 0.0%)

2 があっ 1 ありしを, があった, がその, で話, 代る

▼ 時枕元~ (7, 0.0%)

1 で含嗽, について看護, につきっきり, には昨夜, に備, に附き, の宗一

▼ 時極めて~ (7, 0.0%)

1 はつきりした, ぼんやりと, 冗漫なる, 常識的な, 落ついた声, 醜い由, 頼んだの

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 さえもっ, にかくる, の名手, の穂, の穂先, の穗, は暴風

▼ 時次の間~ (7, 0.0%)

2 の襖 1 から今, に荒い, の妻, の柱時計, よりかの

▼ 時次郎~ (7, 0.0%)

1 だけをわざわざ, の方, の顔, はすでに, ははっと, は俊亮, は子供

▼ 時此処~ (7, 0.0%)

1 でこの, で川浪, に始め, に集つて乾盃, へい, へ来, へ来た

▼ 時武士~ (7, 0.0%)

2 の魂 1 が云った, が大, たるもの, の囁く, の採る

▼ 時死骸~ (7, 0.0%)

2 が橋架, の側 1 が冷たく, に首, の首

▼ 時法水~ (7, 0.0%)

2 の眼 1 が中央, の戦闘状態, の顔, はただ, は外出着

▼ 時深い~ (7, 0.0%)

1 処から, 底知れぬ, 悲しみの, 感動と, 溝は, 谷の, 霧が

▼ 時照彦様~ (7, 0.0%)

51 と正三君, はきっと

▼ 時牛王~ (7, 0.0%)

4 の目 3 の眼

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 が言い出た, が言った, の事, の嫁, は後向, は車, 捜しの

▼ 時玉子~ (7, 0.0%)

3 の黄身, の黄身一つ 1 や砂糖

▼ 時現在~ (7, 0.0%)

1 が現在自身, で三メートル, で筏, の報告書, の行き, は勿論, を基点

▼ 時直ちに~ (7, 0.0%)

1 その作家, わかったこと, 大規模, 最寄, 歌ひ, 讀者を, 進んで

▼ 時社会~ (7, 0.0%)

1 が旧習, の改造, は又, は彼, は彼ら, は正しい, を自然的

▼ 時私ども~ (7, 0.0%)

3 はそこ 1 が蒲団, はこの, はクリスチャン, は青々

▼ 時移る~ (7, 0.0%)

1 うち早く, ごとに, ため, とも見えぬ, と釘勘, に従, に隨

▼ 時空間~ (7, 0.0%)

2 は必ず 1 がどの, が先験的, は一つ, は又, は空虚

▼ 時給仕~ (7, 0.0%)

1 があわて, がたしかに, がわれわれ, が冷たい, に出, のため, をし

▼ 時老女~ (7, 0.0%)

1 あり菊, がふと, に向っ, の屋敷, の絲, の車上, はまして

▼ 時老師~ (7, 0.0%)

21 の言葉, はいや, はピタリ, は何時も, は梅雨

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 ありて, ある由, はまた, また, めでたき女兒, を出し, を出した

▼ 時~ (7, 0.0%)

3 を出し 1 が石榴, の縮まる, を大皿, を汝ら

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 の高い 1 が緑青色, に荷物, に負, の嬰児, を見せた

▼ 時自身~ (7, 0.0%)

1 から真っ先, で草履, にもよく, の不幸, の愛犬, の罪, を叱る

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 の中 1 と舟, の五六間さき, の行く手, を引張り上げる, を漕い

▼ 時船頭~ (7, 0.0%)

1 が入れた, が出ます, に向, の神さん, の言う, はその, や漁夫

▼ 時花嫁~ (7, 0.0%)

1 に變, の綿帽子, の行列, は二つ, は四つ, は頻りに, をお伴

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 がかった庭, がわく, の中折, の会, の弁慶縞, の話, を運ん

▼ 時藤枝~ (7, 0.0%)

1 がひろ子, が今日, が思い出した, が検事, の右手, は云, をうらんだ

▼ 時行く~ (7, 0.0%)

1 と, とき, の, ものを, ンだ, 積りです, 道が

▼ 時街路~ (7, 0.0%)

1 から見られ, にはただ, には人影, に誰, は幾年, を歩いてる, を通っ

▼ 時計らず~ (7, 0.0%)

1 も, もそれ, も上人, も今度, 一つ妙案が, 眼に, 赤前垂の

▼ 時詠んだ~ (7, 0.0%)

1 のに, ものである, 彼の, 數首の, 歌で, 歌と, 長歌が

▼ 時読者~ (7, 0.0%)

1 の一人, の忍耐, の方, はいかに, はどこ, は常に, は新奇

▼ 時貴君~ (7, 0.0%)

2 が下す, をはぐらかした 1 が下さつた, が御, の御

▼ 時貴方~ (7, 0.0%)

1 が先, が御, にあの, のお父さん, の顔, は他, は御

▼ 時起きし~ (7, 0.0%)

1 て僕, て医者, て十時五分の汽車, て文ビル, て日暮里, て母上, て目黒

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 から附い 1 から同じく, で独り, の思ひ, ふりむきて, を襲いだ

▼ 時通り~ (7, 0.0%)

1 か, すこしも倉持, で会った, のどこ, の向う側, の肩車, をザッザッ

▼ 時遅れ~ (7, 0.0%)

2 ては 1 だった, ては大事, ては末世末代当家, て山崎, であ

▼ 時過ぎ頃~ (7, 0.0%)

1 から病室, そっと家, にいつも, に女子衆, に貞之助, の汽車, まで談話

▼ 時過る~ (7, 0.0%)

1 ことは, と寝かしつけなけれ, と扉, 頃であった, 頃でした, 頃に, 頃佐治右衞門忠内の

▼ 時重吉~ (7, 0.0%)

1 が胴, はおだやか, はただ, はまだ, は会社, は種子, は身近

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 の中 1 の上, の柄, の饂飩, を箕, 被の

▼ 時門司~ (7, 0.0%)

1 で有名, で若い, にせよ, に入港, に着い, の岔水居, の銀行

▼ 時門番~ (7, 0.0%)

2 の彌 1 がすぐ, が彼, だの其他, とお話, はそっと

▼ 時門野~ (7, 0.0%)

42 は今朝 1 の力

▼ 時~ (7, 0.0%)

4 の方 1 から中山小六, に坐っ, の棚

▼ 時雪子~ (7, 0.0%)

1 と同じ, は, は井谷, は吾, は板倉, は自分, へ宛てた

▼ 時~ (7, 0.0%)

1 から垂, に垂れ下っ, に玉, のあくまでも, の上, をうっ, をかきむしられた

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 け付けた 1 けつけ, けつけた, けつける, け付け, け付けたらしい

▼ 時~ (7, 0.0%)

2 がさした 1 とかいうもの, の如き, の魂, も善神, 睡薬

▼ 時黙っ~ (7, 0.0%)

1 ていた, ていただろう, てお, て丁寧, て届け, て杉本, て顔

▼ 時あまりに~ (6, 0.0%)

1 のどが, もったいないこと, 前を, 哀れな, 熱心に, 隔たりを

▼ 時いつの間にか~ (6, 0.0%)

1 やって来た例, 彼は, 汽車は, 田中翁の, 襖が, 起き出して

▼ 時いまだ~ (6, 0.0%)

1 初うぐひすの耳, 客者の, 容易に, 未ならず, 自然といふ, 臻らざりしか

▼ 時お勝手~ (6, 0.0%)

2 には 1 から声, から飛び出した, で書い, の方

▼ 時お母さま~ (6, 0.0%)

1 が仔鹿, にそう, は, は何, は平気, は笑っ

▼ 時お玉~ (6, 0.0%)

1 と顔, の方, はふい, は始, は横町, は胸

▼ 時かなり~ (6, 0.0%)

1 の人, ひどく損傷, 一緒に, 敬虔な, 激しい気性, 痛切に

▼ 時からでも~ (6, 0.0%)

1 一回の, 一気呵, 五年間生き, 戻つて, 自由で, 蟹漁が

▼ 時からといふ~ (6, 0.0%)

2 ことに 1 ことで, 事を, 約束に, 風で

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 あ夏, さまは, にも村長, ゃっきゃっと高笑靴を, ょとついたダンチョンの, ッと

▼ 時ぐらいに~ (6, 0.0%)

1 きまったもの, そこでプロデューサー, 寝て, 目が, 相違ない, 飴屋の

▼ 時けたたましい~ (6, 0.0%)

1 サイレンの, 叫び声が, 声が, 数人の, 汽笛が, 音を

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 ちとら, つんと頭, は天あらめ, は抑, は自己, を汲み乾せ

▼ 時ごく~ (6, 0.0%)

1 小さな一匹, 気に入りの, 注意深くポター夫妻, 無邪気に, 若い人, 遠くまで

▼ 時ごろ私~ (6, 0.0%)

1 がこの, はいつも, は人力車, は寝床, は撮影所, は本

▼ 時さつと~ (6, 0.0%)

3 吹く風大黒傘 1 一陣の, 云ひ, 拔けて

▼ 時しかし~ (6, 0.0%)

2 人々は 1 その奇怪, 伯父は, 飛衛は, 飛衞は

▼ 時すぎ家~ (6, 0.0%)

3 を出 1 へかえりました, へかえる, を出た

▼ 時すぎ宿~ (6, 0.0%)

3 へ帰る 1 へ藤山, を出, を出る

▼ 時すらも~ (6, 0.0%)

2 我は 1 おお実現, ここには, 余程堪え難く, 友情以上の

▼ 時それとなく~ (6, 0.0%)

1 仄めかしたつもり, 噂の, 御融通, 父に対する, 皮肉を, 聞きしに

▼ 時たとい~ (6, 0.0%)

2 それが 1 一命は, 人々が, 無残にも, 神鳴

▼ 時だけで~ (6, 0.0%)

2 あつた 1 不用心なら, 永続せぬ, 過ぎて, 驚きの

▼ 時とかに~ (6, 0.0%)

1 どんなにあなた, 奥と, 東京天文台から, 立って, 覚えず知らず, 記念の

▼ 時においても~ (6, 0.0%)

1 かかる国, 同一の, 地主たる, 地代を, 多くの, 質素を

▼ 時にかの~ (6, 0.0%)

1 地には, 大きな船, 女の, 女は, 女中を, 男は

▼ 時にという~ (6, 0.0%)

1 ことは, のは, 事である, 方は, 書出しから, 気が

▼ 時のが~ (6, 0.0%)

1 あったん, あつて, その例, 一番変っ, 拙者じゃ, 日本に

▼ 時はさ~ (6, 0.0%)

1 のみにも思わない, のみ気, ほどで, ほどにも感じなかった, ほどに思わぬ, ほどに疲労

▼ 時はたと~ (6, 0.0%)

1 ひ佛滅後若干百年, 思い当ったの, 武蔵と, 私たちの, 第四願, 行き逢

▼ 時はね~ (6, 0.0%)

2 お母さんが 1 ていた, もう病院, 私の, 警察の

▼ 時~ (6, 0.0%)

21 あやは, さっと葉, さりと, ツかり

▼ 時ばかりの~ (6, 0.0%)

1 うちに, のち雨に, 伊達に, 墨堤でも, 間に, 間互に

▼ 時~ (6, 0.0%)

5 よいと 1 ゅうという音が

▼ 時ひどい~ (6, 0.0%)

1 事故が, 仕打を, 勢で, 悪戯を, 熱を, 目に

▼ 時ぴたり~ (6, 0.0%)

1 ととまりました, とやみました, と化石, と口, と歩み, と真向

▼ 時への~ (6, 0.0%)

1 予約や, 奉仕を, 忠節に, 抵抗にも, 聯想まだ, 誓約として

▼ 時ほっと~ (6, 0.0%)

1 した, ためいきを, 一息ついた, 吐息を, 安心した, 消えて

▼ 時まざまざ~ (6, 0.0%)

2 と憶 1 と今朝上り, と故郷, と目前, と葉子

▼ 時までが~ (6, 0.0%)

2 二十年 1 いのちね, 忙しい, 成子の, 我々の

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 てえ 1 てもらいます, ても可笑しい, てエ, よりの者

▼ 時もっと~ (6, 0.0%)

1 小さい物体, 意義を, 早く歩け, 正則な, 深く考えなかった, 素直に

▼ 時やう~ (6, 0.0%)

1 やくある, やくそして, やく亜麻, やく十二歳, やく梅軒, やく気

▼ 時やる~ (6, 0.0%)

1 か, かと云っ, かな, ものが, んでしょう, 早縄だ

▼ 時ようよう~ (6, 0.0%)

1 の事, 与吉の, 前足を, 口を, 店の, 起き上ったの

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 がた, が視る, ちきが, ーッと, ーツと, 一切の

▼ 時アメリカ~ (6, 0.0%)

1 かスイス, が賛成, ではまた, の, へいっ, へ往

▼ 時ガラッ~ (6, 0.0%)

3 八の 1 と油障子, 八は, 八を

▼ 時ステパン~ (6, 0.0%)

1 に言, はその, は一つ, は今, は財産, は貶黜

▼ 時チラ~ (6, 0.0%)

2 と見た 1 とお, と見える, と見受けた, と記者

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 て八時頃 1 から育ツたん, と立上, と踵, ほんとににくらしい

▼ 時ナポレオン~ (6, 0.0%)

1 が居, が居並ぶ, はおどり上がった, は兵七万一千九百四十七, は追, は追い付かれた

▼ 時ナースチャ~ (6, 0.0%)

1 の眼, は, はなんだか, はむしろ, はドンドン, は挨拶

▼ 時ピサロ~ (6, 0.0%)

1 が三人均分, の手許, の暗殺, はこの, は既に, は老

▼ 時一家~ (6, 0.0%)

2 の者 1 の事情, の人, はナポレオン, は長野

▼ 時一日~ (6, 0.0%)

2 も早く 1 に白米二合, に追っかけ, の經過, 或は半日

▼ 時一旦~ (6, 0.0%)

1 は廢絶, は降参, テンピから, 戸締りを, 抽出し, 牡蠣を

▼ 時一郎~ (6, 0.0%)

1 の机, はいつ, はお, はその, はふと, は思い

▼ 時一頭~ (6, 0.0%)

2 の羚羊, の馬 1 の放れ, の鯨

▼ 時三沢~ (6, 0.0%)

1 が叫んだ, の出る, は, はまた, はようやく, は自分

▼ 時上京~ (6, 0.0%)

1 した, したの, して, するため, のついで, の節

▼ 時上野~ (6, 0.0%)

2 の鐘 1 のパーク劇場, の勇将田道, の戦争, の竹の台

▼ 時下手人~ (6, 0.0%)

1 の仲間, の小娘, の顏, の顔, はそつ, を縛らせる

▼ 時下男~ (6, 0.0%)

1 がはひつ, というもの, の丙吉, の八蔵, の早川, の與八

▼ 時世の中~ (6, 0.0%)

1 があまり, すて, という, にかう, にただ, はナカ

▼ 時中学校~ (6, 0.0%)

1 にはいっ, に行った, の先生, の八年生, の英語, の門前

▼ 時乳母~ (6, 0.0%)

1 から或, が大声, が駆け込ん, のお, の家, は悲し

▼ 時事件~ (6, 0.0%)

3 が起こった 1 に対するヨーロッパ人, の役割, は急

▼ 時二三人~ (6, 0.0%)

1 ならず人, の侍, の女中, の者, の足音, の馬上

▼ 時二十分ごろ~ (6, 0.0%)

1 その同じ部屋, だと, でした, に二十七号室, のこと, 突然島

▼ 時二時~ (6, 0.0%)

1 たまに店, となる, は普通, までも仕事, までも友達, を過ぎ

▼ 時二葉亭~ (6, 0.0%)

1 が一枚会合, が昔, の心, の頭, は手拭, を知る

▼ 時五分過ぎ~ (6, 0.0%)

1 から始められる, である, にお, に直した, に電話, まではぜったいに

▼ 時人気~ (6, 0.0%)

1 がおちた, ない今, のない, のなくなった, も火の気, を呼んだ

▼ 時令嬢~ (6, 0.0%)

2 は何とも 1 の話した, は再び, は白い, は言

▼ 時以下~ (6, 0.0%)

1 その群臣, の一族, の四百何十人, の死者四百三十二人, の者, を寒

▼ 時佐藤~ (6, 0.0%)

5 は僕 1 は懐中

▼ 時何心~ (6, 0.0%)

2 なく隣 1 なく, なくその, なく振り向け, なく見たら

▼ 時余り~ (6, 0.0%)

1 になっ, の事, ひどい刺戟, もたった, 拗過ぎて, 身分が

▼ 時作った~ (6, 0.0%)

1 ものであろう, 中の, 今年は, 句で, 小紋の, 石牛道すなわち

▼ 時使~ (6, 0.0%)

1 つたらしい, はれた, はれる, ふもので, ふんだえ, ふ手拭ぢ

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 に三四人, に其座敷, に十七歳, に數尺, に裳, に輕

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 が突刺りや, にも申, に死んだ, に門, の浮浪人, 少傅

▼ 時公園~ (6, 0.0%)

2 の入口 1 に一人, のカロラ池, の森, の砂利

▼ 時兵隊~ (6, 0.0%)

2 にとられ 1 だったと, に召集, のシモン, の銃口

▼ 時冷たい~ (6, 0.0%)

2 霧深い 1 汗が, 脂汗が, 雨が, 風が

▼ 時出家~ (6, 0.0%)

2 して 1 し浄海, せられた, を遂げ, 仕つり候

▼ 時出帆~ (6, 0.0%)

2 の船 1 した時, して, の汽笛, 珍しく静か

▼ 時出来た~ (6, 0.0%)

1 のが, のである, アルミの, 借金に, 子供が, 言葉では

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 から妾, にふとした, に学窓, のま, の愛読書, 疏を

▼ 時到ら~ (6, 0.0%)

1 ば, ばわが, ば他, ば兵, ば教壇, ば潔く

▼ 時劇場~ (6, 0.0%)

1 から話, の下足番, の廊下, の稽古場, へ, へ行き

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 というもの, なく答え, を入れ, を入れる, を入れろ, 無く俯

▼ 時十八分~ (6, 0.0%)

1 であった, でした, といえ, に小千谷駅, の沼津発, を待っ

▼ 時南玉~ (6, 0.0%)

21 がことこと, の表口あたり, の顔, は頭

▼ 時参詣~ (6, 0.0%)

1 でさえ牛, なれば, にまざまざ, をし, をすませ, を谷

▼ 時古い~ (6, 0.0%)

1 中国の, 仏壇を, 傷にでも, 原稿を, 手紙の, 見覚えが

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 それ等を, の臣下, 寂しく笑う, 見ても, 鳥渡聞いた, 黒い棒杭

▼ 時困った~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことには, ことを, 時どんな, 時又は, 顔を

▼ 時図らず~ (6, 0.0%)

1 さうだ, もあの, も大河内正敏理博, も寒, も幾枚, も教員室

▼ 時土地~ (6, 0.0%)

1 の事, の人, の人たち, の郵便局長, の顔役, を買っ

▼ 時坊主~ (6, 0.0%)

1 から聞いた, が, が出, が鋭, は貉, 之助

▼ 時大いに~ (6, 0.0%)

1 不満を, 役立つ, 意気込んだ心持, 支那人を, 食いたくなった, 驚きそして

▼ 時太子~ (6, 0.0%)

1 のお, の父母子, はこの, は天子さま, は妹子, は眉一つ

▼ 時太郎~ (6, 0.0%)

1 が父さん, のくちびる, の眼, はふと, はやう, や次

▼ 時奇怪~ (6, 0.0%)

1 きわまる軋り声, なこと, な不安, な想念, の賊, ナ

▼ 時~ (6, 0.0%)

6 近君

▼ 時家中~ (6, 0.0%)

4 の者 1 の争, の人々

▼ 時家人~ (6, 0.0%)

1 が祠, に云, に対するやう, の者, を呼び起し, 報ずらく

▼ 時富子~ (6, 0.0%)

1 が静, に云った, の肉体, の顔, はほっと, は縁

▼ 時将軍家~ (6, 0.0%)

2 はお 1 のお, の船遊覧, は私, は静か

▼ 時小野さん~ (6, 0.0%)

1 がい, がいらっしゃいました, はちょうど, は急, は自己, は蒼白い

▼ 時少々~ (6, 0.0%)

2 廻った頃, 芸者買を 1 刈らずに, 胆力が

▼ 時少く~ (6, 0.0%)

1 ともお前, とも吾, とも對手, とも現在民主的作家, なりぬされば, 路長き

▼ 時屏風~ (6, 0.0%)

3 の中 1 の向う側, の小屋, の張り

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 の上 1 くづれで家, の一端, の下, を這

▼ 時巡査~ (6, 0.0%)

1 がまだ, が一人, に斬られた, に行き会った, の足下, は手帳

▼ 時帰っ~ (6, 0.0%)

1 ていた, てゆくらしい, て来, て来た, て来る, て行く

▼ 時幕府~ (6, 0.0%)

1 が大改革, の有司, の軍勢, の軍艦, は黙っ, 即ち当時

▼ 時幾度~ (6, 0.0%)

2 となく 1 か父, か私, この梢, も

▼ 時往々~ (6, 0.0%)

3 にし 1 これらの, 人間をも, 地乾き汚水處

▼ 時後方~ (6, 0.0%)

1 から一彪, から草, で豆, にある, に立った, に鋭い

▼ 時微か~ (6, 0.0%)

1 だったが, な夏, な戦慄, に卑人, に吹い, に苦笑

▼ 時心から~ (6, 0.0%)

1 口惜しさ, 喜んで, 幸福であった, 感謝し, 感謝する, 笑う

▼ 時念仏~ (6, 0.0%)

1 には住蓮様, の法筵, の間, を唱え, を始め, を始めた

▼ 時急い~ (6, 0.0%)

1 でお先に, で取, で取った, で本箱二つ, で逃れた, で駈け

▼ 時我輩~ (6, 0.0%)

1 が伊藤伯, の帷幕, はあなた, は三十五, は末松, も門前

▼ 時打つ~ (6, 0.0%)

1 てしばらく, てもまだ, と廻る, のを, 時でも, 頃に

▼ 時折々~ (6, 0.0%)

1 の催し, の按摩, 何者にか, 老婆が, 耳に, 見たこと

▼ 時抜錨~ (6, 0.0%)

4 して 1 し海峡, す

▼ 時抽斎~ (6, 0.0%)

2 の家族 1 は下物, は四言十二句, は生れた, は長八

▼ 時支配人~ (6, 0.0%)

2 の半, の孫六さん 1 の令嬢妙子さん, は留守

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 のいい, のむす, へせがん, へという, へも語らなかった, 元一家

▼ 時政府~ (6, 0.0%)

1 が大きい, とそして, はそんな, は外国型, は松方内閣, は裏

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 というもの, にかかつ, にかかり免れる, にかかる, の法令, を経過

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 ういう, ういふ, う云った, う云って, う言つた伯父, の如き

▼ 時新しき~ (6, 0.0%)

2 多くの 1 客座敷に, 民面を, 物現, 男は

▼ 時昌作~ (6, 0.0%)

2 は窓側 1 は今, は殆, は突棒, は自分

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 をとる 1 かな理解, その母, に輝かされぬ, 融が

▼ 時明日~ (6, 0.0%)

1 から, にも暇, の事, の午後, の朝日, の申

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 の講釈 1 の二人, の桜花, の衆生, は礼

▼ 時昨夜~ (6, 0.0%)

2 の夢, の草鞋 1 の垢, も今朝

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 と夜, ねよ健坊, の半輪, の如く, は内部, は十二時

▼ 時曲者~ (6, 0.0%)

2 の姿 1 は, はつと, はわざと少し, は返り

▼ 時書い~ (6, 0.0%)

1 ていた, ている, ても同じ, てゐた, て出した, て受付

▼ 時書斎~ (6, 0.0%)

1 で読書, の中, の敷居, の方, の窓, の縁

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 リテ微, 之るまじく, 幽禽窺, 擬公侯, 朝見者今使譯所通三十國, 鳴枝葉

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 の人柄, はにこにこ, はひどく, は遽, は長時間話, は雑用

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 がかう, のみどり, の影, の根, の雫, 隠は

▼ 時椅子~ (6, 0.0%)

2 の上 1 から飛び上がっ, に張る, に靠れ, はがりがり

▼ 時横浜~ (6, 0.0%)

2 から新橋 1 にいた, に帰航, へ入港, を出航

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 には水, のすぐ, のふち, の中, の向う, の大

▼ 時池田~ (6, 0.0%)

1 とモナミ, の心, は, はフト後, は真中, は障子

▼ 時汽船~ (6, 0.0%)

1 および漁舟, と近く相, の五, の遠く煙, へ向け, を見る

▼ 時河原~ (6, 0.0%)

1 と寺内, にて何やら, にて物, に燃え残っ, の土手, の水溜り

▼ 時泣い~ (6, 0.0%)

2 て喜んだ 1 てゐた, て何故, て帰っ, て止める

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 つ, で搗布, には見わたす, に集合, の方, の西洋人

▼ 時海岸~ (6, 0.0%)

2 のいちばん北 1 には掛茶屋, に殘, の大きな, の方々

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 に行く, や水 1 どのできいた, に入った

▼ 時源氏~ (6, 0.0%)

1 はそば, はつくりたる, は初め, は心経, は悲しみ, も平家

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 煙霧後晴, 茶の 1 紅姫は, 茶色の

▼ 時火事~ (6, 0.0%)

1 で焼けました, で焼け出され, の光, の時, の空, もやっぱり

▼ 時無意識~ (6, 0.0%)

1 がいかに, にあの, に帽, に自分, に駆りたてられ, の好意

▼ 時無理~ (6, 0.0%)

1 な工面, につとめ, にでもその, にでも起せ, にも彼女, に床

▼ 時無論~ (6, 0.0%)

1 彼を, 氏郷は, 私は, 身に, 酒の, 非常に

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 に浮かされ, に苦しむ, をおし, を煩っ, 殺, 退

▼ 時爺さん~ (6, 0.0%)

1 が恍けた, はすぐ, は事, は大抵, は懐, は扇子

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 が, がくみ, の奥さん, は二十一歳, は痩せた, 之い

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 に目, のやう, の勢い, の恋, はそれ, は何

▼ 時玄關~ (6, 0.0%)

2 の扉 1 でおとづれる聲, で薙刀, に響いた, まで來

▼ 時王子~ (6, 0.0%)

1 の御, の渋沢家, はふい, はもうじっと, は彼, をたしなめました

▼ 時生活~ (6, 0.0%)

1 にかかわる, に対する強, の条件, の裕, は不具, は表現

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 が湖, に蛇, の水, の稲, の間, を荒らし

▼ 時留守~ (6, 0.0%)

2 にし 1 だった, であつ, に勇, に歸つて不自由

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 から免れる, が入りこむ, で斃, に困んだ, ひ篤, 甚だしたちまち

▼ 時看護婦~ (6, 0.0%)

1 がノック, が持っ, が津田, が町, はベッド, や看護卒

▼ 時眼前~ (6, 0.0%)

1 に咲いた, に石垣, の儀右衛門, の榎, の湖水, の藪地

▼ 時着物~ (6, 0.0%)

2 を脱い 1 を取り換え, を着, を着換え, を脱ぐ

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 も楯 1 が當つて, っ張り, のやう, を放った

▼ 時矢島さん~ (6, 0.0%)

2 は秀男 1 の顔, は四月, は大きい, は空虚

▼ 時神尾主膳~ (6, 0.0%)

1 の目頭, の耳, の邸, は, は忘れ, は物

▼ 時~ (6, 0.0%)

4 詩集 2

▼ 時私共~ (6, 0.0%)

1 はまさかに, はわー, は如何, は徹夜, は真個, を枕辺

▼ 時移り~ (6, 0.0%)

3 なば 1 しに, て已に, 入日の

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 止って 1 続く倉, 迎えると, 退を, 騰る地獄

▼ 時立ち~ (6, 0.0%)

1 て見, で帰家, とは随分, ながら心, よりし, 會つた巡査が

▼ 時立っ~ (6, 0.0%)

1 て, ていた, ている, て其処, て廊下, て茶棚

▼ 時立つ~ (6, 0.0%)

1 て廊下, とき横に, の, んです, 場所へ, 長崎に

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 が運ばなかつた, は一歩, を執っ, を執る, を持つ, を措い

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 う持つ, で茎, の先, を持つ, を立てられた, を置い

▼ 時節子~ (6, 0.0%)

1 が側, は兄, は岸本, は座, は新しく, を連れ

▼ 時経っ~ (6, 0.0%)

1 てからであった, てからである, てから不意, てまた, ても帝, ても桶一つ

▼ 時署長~ (6, 0.0%)

1 のエリクソン, の傍, はどうも, は思った, は舟木, は長吉

▼ 時老母~ (6, 0.0%)

1 が手ずから, と言っ, にきい, に新聞, の声, の髪の毛

▼ 時背中~ (6, 0.0%)

1 に入れられ, に当てる, に水, に雪, は床, を半分

▼ 時良平~ (6, 0.0%)

2 はとうとう, は年下 1 は一, は一思い

▼ 時芝居~ (6, 0.0%)

1 なんかの中, に誘っ, の初日, の幕, へ往く, へ行く

▼ 時芸術~ (6, 0.0%)

2 は最も 1 には進歩, に対するあの, の久遠, は一体どう

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 侍が 1 さという, しか転ん, シ近, 児ありて

▼ 時荷物~ (6, 0.0%)

2 をばおろし 1 があっ, は背負つて, を整理, を積ん

▼ 時~ (6, 0.0%)

3 之助 1 に先だって株, の縁, の裁方

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 のよう, の皮, の頭, はもう, を頸, 多く屋根

▼ 時蝋燭~ (6, 0.0%)

1 が二挺, の使, の灯, はバタリ, をつけた, を十二本

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 に入り来る, の心臓, の沈黙, の角, の騒音, を歩い

▼ 時西~ (6, 0.0%)

3 の方 1 に向え, の山, は遠く

▼ 時見知らぬ~ (6, 0.0%)

3 男が 1 人々の, 土人から, 看護婦が

▼ 時親父~ (6, 0.0%)

1 が下, が沁, が聞きつけ, は腕, も気, も氣

▼ 時訪ね~ (6, 0.0%)

2 て三日, て来 1 て来た, 來る

▼ 時話し~ (6, 0.0%)

2 ていた 1 てくれる, てみた, て聞かせた, 終へる

▼ 時読ん~ (6, 0.0%)

1 でいた, でごらん, でみろ, でもわたし, でも何時, で不快

▼ 時警察~ (6, 0.0%)

2 の方 1 ではひろ子, で話, のトラック, の人々

▼ 時貰った~ (6, 0.0%)

1 のさ, んです, 三千円を, 十円にも, 時の, 金は

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 嬢が, 嬢の, 嬢は, 嬢も, 孃の, 郎が

▼ 時買っ~ (6, 0.0%)

2 て来 1 てあった, てくれた, て帰っ, て来た

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 に遠慮, の前面, の逃げた, の顔, は周章, を逃がさぬ

▼ 時軽く~ (6, 0.0%)

2 扉を 1 会釈し, 咳が, 戸を, 投げた一

▼ 時迄と~ (6, 0.0%)

1 ちやあんと, なり酒類, 云うのに, 云って, 堅い約束, 思ったの

▼ 時近くなつ~ (6, 0.0%)

3 たので 21 てしまふ

▼ 時逃げ~ (6, 0.0%)

1 ても遅く, て來, て帰っ, て来た, て行った, て行つた方角

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 を聞く 1 に往き合い, に要撃, を歩い, 切らした話

▼ 時遅し~ (6, 0.0%)

1 とでもいおう, 五六人今の, 前後から, 大尉は, 忽ちに一個, 法月弦之

▼ 時道子~ (6, 0.0%)

1 が待ってる, とニューグランド, の前, の肩, はぽうっと, は俤

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 かな母屋, かに遠い, かの林, か北の方, か後, か林

▼ 時遠い~ (6, 0.0%)

1 山中で, 所で, 教場から, 昔の, 海を, 頭の

▼ 時重い~ (6, 0.0%)

2 地響が 1 つもりで, 病いに, 陰気な, 響が

▼ 時鉄砲~ (6, 0.0%)

2 の音 1 の轟音, は強う, を打掛け, を持ち出し

▼ 時長者~ (6, 0.0%)

1 の子, の手代渡海, は庭, は懐中, は歎息, は黄金

▼ 時随分~ (6, 0.0%)

1 キマリの, 不思議な, 他愛も, 煙突から, 自分は, 諸邦

▼ 時~ (6, 0.0%)

3 鳩は 1 がそういう, は上, 之進様

▼ 時~ (6, 0.0%)

2 のとどろくごとく 1 が落ちた, のよう, の嫌い, 落て四方眞

▼ 時青木~ (6, 0.0%)

1 と一緒, のため, の一家, の住所, はその, ははっきり

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 なりし後, な下駄, に扉, に掬い上げ, に襖, に雨戸

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 がほて, と向っ, の色, を九郎兵衛, を差寄せ, 喰らって

▼ 時頂上~ (6, 0.0%)

1 に着く, の旧, の窪地, は三尺, へ登る, を辞し

▼ 時頃僕~ (6, 0.0%)

1 の乗っ, の芝居, は夢, は散髪, は海, は表町

▼ 時頭上~ (6, 0.0%)

1 から, から土塊, に高く, の雲, の高台, をこつこつ

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 が熟し, くふ, と汁, を得べく, を済まし, を炊かせ

▼ 時馬車~ (6, 0.0%)

1 に乗っ, の中, の後部, は動き出した, は揚々, は邸

▼ 時驚き~ (6, 0.0%)

1 と羞恥, に打たれる, のあまり, の声, の目, は恐怖

▼ 時高天~ (6, 0.0%)

5 の大御 1 の原

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 が水面, が降った, のえら, の大き, の当り, の集り

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 が自分, の喜び, の足, は杜松の木, は重い, をおさえる

▼ 時~ (6, 0.0%)

1 がその, が鳴いた, という, と書いた, に夢, の字

▼ 時あいにく~ (5, 0.0%)

1 と風邪, トイレットに, 写真を, 涙は, 非常に

▼ 時あっし~ (5, 0.0%)

1 が飛び出し, とここ, は危ない, も用事, をかり立て

▼ 時あつし~ (5, 0.0%)

1 が世話, はまだ, は危ない, も用事, を門口

▼ 時いた~ (5, 0.0%)

2 づらを 1 下男など, 八尾の, 書生さんが

▼ 時うれし~ (5, 0.0%)

1 げな, げに, さうに言つた, さも, そうに

▼ 時おかあさん~ (5, 0.0%)

1 からきいた, にいわれた, ははじめて, はふと, はまくら

▼ 時おそし~ (5, 0.0%)

1 こいつを, じゃ, 南岳, 呂宋兵衛一味の, 聴衆の

▼ 時おや~ (5, 0.0%)

1 あれかと, こと正直な, この気苦労, ぢが, 高橋君に

▼ 時かな~ (5, 0.0%)

2 だむべ 1 が二階, ア, 時かなと

▼ 時かみさん~ (5, 0.0%)

1 が, が言った, はまた, は年老いた, は非常

▼ 時くらいの~ (5, 0.0%)

1 ものだった, もので, ものであった, 表情しか, 高座へ

▼ 時ぐらいの~ (5, 0.0%)

1 ものだ, ものだろう, ものでありました, ものであろう, 猶予は

▼ 時こいつ~ (5, 0.0%)

1 あお笑い, はルージェール伯, は寅藏, は強い, 悪いやつ

▼ 時こうした~ (5, 0.0%)

1 場所では, 形は, 教学主義的教育観が, 蕪村俳句の, 蜜蜂の

▼ 時こそと~ (5, 0.0%)

1 中へ, 云う様, 思っても, 策動した, 自らが

▼ 時この世~ (5, 0.0%)

1 と絶縁, ならぬ美し, にあり, にも不思議, に送られる

▼ 時さえも~ (5, 0.0%)

1 あるの, ない, 出席する, 恐ろしかった, 食事などが

▼ 時さっと~ (5, 0.0%)

1 カーテンが, 上の, 抜けて, 清き水流れ溢, 迸しる血潮

▼ 時しずか~ (5, 0.0%)

1 にその, に云いました, に梯子段, に相談役, に顔

▼ 時じっと~ (5, 0.0%)

1 僕の, 座に, 新九郎の, 沈没船を, 見下ろして

▼ 時すぎたら~ (5, 0.0%)

1 人通りは, 其筋の, 又苦しく, 此処に, 玄関の

▼ 時ずっと~ (5, 0.0%)

1 下の, 北の, 向うの, 奥の, 血の

▼ 時ぞとも~ (5, 0.0%)

1 なきかげ, なき思ひなりけり, なく, なく暗うなる, 知らず顏

▼ 時たつた~ (5, 0.0%)

1 いま, 一人葛城の, 一度だつた, 一言, 十二だつた

▼ 時だに~ (5, 0.0%)

1 その容, 厭ふべき, 引窓の, 是の, 汝ごとき

▼ 時ちと~ (5, 0.0%)

1 晩い, 更まる, 知縁の, 過ぎたかも, 飲み過ぎた

▼ 時ちやん~ (5, 0.0%)

1 と, と云つて, と伯母, と焼け, ねあの

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 からしたしく, からの仲よし, から不幸, から小石川, から源さん

▼ 時ついに~ (5, 0.0%)

1 それを, 待ちに, 永眠せられた, 深傷, 自らの

▼ 時つまり~ (5, 0.0%)

1 一昼夜五〇浬乃至, 両方の, 初めてお, 政治や, 革命を

▼ 時でございましょう~ (5, 0.0%)

2 かある 1 か, な, 旅に

▼ 時とばかりに~ (5, 0.0%)

1 はやし立てる, ひやかしの, 両手が, 努めて, 自由主義を

▼ 時どちら~ (5, 0.0%)

2 から見 1 がどう, が云った, にでも融通

▼ 時なんかに~ (5, 0.0%)

1 よくやって来た, 一日二日病気に, 出かけて, 千世子の, 知らず

▼ 時なんぞ~ (5, 0.0%)

1 どうかし, やっぱりスラ, 並んで, 今にも天, 私は

▼ 時なんだか~ (5, 0.0%)

1 からだ, へんな, 彼女の, 泣きたくなりました, 海の

▼ 時においてのみ~ (5, 0.0%)

2 である 1 ならず更に, 平価に, 生産された

▼ 時にだって~ (5, 0.0%)

1 それについて, そんなにも, どんなに雪子ちゃん, 民衆に, 眼鏡を

▼ 時にとっては~ (5, 0.0%)

1 おもしろいかも, 一興である, 五体で, 天来の, 非常に

▼ 時にはと~ (5, 0.0%)

1 いうより, それ等を, 念の, 思ってるから, 言われた言葉

▼ 時はずれ~ (5, 0.0%)

1 で客, の人, の夜中, の長雨, ましてやタナゴ釣り

▼ 時はたして~ (5, 0.0%)

1 後に, 意外な, 時の, 正義という, 社殿の

▼ 時はつ~ (5, 0.0%)

1 かねずみ, かはしめ, と思つて彈倉, と袖屏風, は年

▼ 時はる子~ (5, 0.0%)

1 が, が今日夕方, はあわてた, はその, は家

▼ 時へん~ (5, 0.0%)

1 なにおい, なもの, な義憤みたい, な肌寒, に跼蹐

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 つと息, つと氣, と, むちわけの皇子が, ッと

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 つかりと, つくり行かないもの, つちり, と, ツ

▼ 時まったく~ (5, 0.0%)

1 不意に, 怖かった, 泥酔の, 自分が, 黒部であっ

▼ 時みのる~ (5, 0.0%)

2 の眼 1 の顏, は上り口, は興奮

▼ 時もう少し~ (5, 0.0%)

1 で彼奴, 勉強し, 叩いて, 手練を, 遠慮すれ

▼ 時もさう~ (5, 0.0%)

3 であつ 1 大して美しい, 言つた

▼ 時やっ~ (5, 0.0%)

1 てみた, て置かない, と, と彼女, と本当

▼ 時よそ~ (5, 0.0%)

1 から電話, の叔父さん, の小父さん, の年寄, の男の子たち

▼ 時よほど~ (5, 0.0%)

1 おかしかった, 一戟の, 宿屋に, 巧みに, 残念に

▼ 時よりか~ (5, 0.0%)

1 ずっとふとっ, 二時間も, 知らず, 私極りが, 見ぬ人恋

▼ 時よりもずつと~ (5, 0.0%)

1 世帶じみた, 子供子供した, 後年の, 美しいので, 面白く讀んだ

▼ 時わずか~ (5, 0.0%)

1 に一度やや, に綻んだ, まどろっこしい, 前に, 十三歳で

▼ 時わっ~ (5, 0.0%)

3 しは 1 しが, と小児

▼ 時アンジョーラ~ (5, 0.0%)

1 はリシェフー喫煙所, は他, は彼, は死に定められてる, は男

▼ 時クールフェーラック~ (5, 0.0%)

1 が珈琲店, とジョリー, はその, はマリユス, は叫んだ

▼ 時スクルージ~ (5, 0.0%)

1 は一々, は前, は化物屋敷, は地, は眼

▼ 時チラリ~ (5, 0.0%)

1 とあげた, と僕, と月, と私, と胸

▼ 時ドイツ~ (5, 0.0%)

1 などから書物, のバルテルス, の專制政府, の有名, はインフレ

▼ 時ドッ~ (5, 0.0%)

2 と鬨の声 1 とこみ上げます, と喊声, と酒場

▼ 時ラスコーリニコフ~ (5, 0.0%)

1 はまごつい, はポケット, は二, は寝, は毒々しく

▼ 時一しょ~ (5, 0.0%)

1 にいた, に本所緑町, に生れた, に行っ, に買いなすった

▼ 時一寸すぎ~ (5, 0.0%)

1 いやはや, かえりました, に体, に善義, に引き上げました

▼ 時一所~ (5, 0.0%)

1 で物, になつて, に出, に手, に笑い出した

▼ 時一杯~ (5, 0.0%)

1 に押しあけられ, の水, やる積り, をと思ひたれ, 涙を

▼ 時一般~ (5, 0.0%)

1 に意識, の人々, の入学試験, の家風, の憤怒

▼ 時一行~ (5, 0.0%)

1 の中, の宿泊所, の後, は初めて, は小

▼ 時一軒~ (5, 0.0%)

1 のみすぼらしい, の写真屋, の家, の民家, の理髪店

▼ 時一隊~ (5, 0.0%)

2 の職工 1 のインディアン, の人夫勢, の近衛騎兵

▼ 時七兵衛~ (5, 0.0%)

1 が炉辺, が疑い出した, が膝, の船, の頭

▼ 時七分~ (5, 0.0%)

1 で帰京, に大連, に至る, を指し, を示し

▼ 時三つ~ (5, 0.0%)

1 だけする, だったん, のさらし首, の口, の相

▼ 時三三三号室~ (5, 0.0%)

2 ですよ 1 だな, でという風, をいきなり

▼ 時三十八分~ (5, 0.0%)

1 だから, です, で帰る, という, もう旅館

▼ 時三十分の汽車~ (5, 0.0%)

1 がもう, でお, でついた, で出発, で新

▼ 時三藏~ (5, 0.0%)

1 が聞く, は我, は氣, は漸く, は蘇生

▼ 時三造~ (5, 0.0%)

1 の一寸知つた男, はこんな小さな, はまず, はまだ, は始め

▼ 時上人~ (5, 0.0%)

2 は帯 1 が使, の前, を招請

▼ 時上海~ (5, 0.0%)

1 である, へ来ました, へ行っ, を中心, を全く

▼ 時下り~ (5, 0.0%)

1 て婆さん, て見る, の西日, 五時前と, 本線に

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 には乱れ, の人, の親たち, はいかに, を捨

▼ 時世に~ (5, 0.0%)

1 いう竜まき, いう築山殿事件, 云ふ, 名高い乾山, 我ある

▼ 時両方~ (5, 0.0%)

1 で思わず, の拳, の火夫, の腕, の袖

▼ 時中庭~ (5, 0.0%)

1 に当たっ, の向う, の奥, の方, をへだてた

▼ 時丸木~ (5, 0.0%)

1 の後頭部, の目, は不思議, は隊員, は驚き

▼ 時久し振り~ (5, 0.0%)

1 で電話, に京都, に帰省, に旅, に泉鏡花氏

▼ 時事務所~ (5, 0.0%)

1 から直接, の中, の扉, の看守長, の給仕

▼ 時事情~ (5, 0.0%)

2 を話し 1 があつ, を聞いた, を話された

▼ 時二十三分~ (5, 0.0%)

1 でございます, で熱海, になつ, に止った, を示し

▼ 時二十何分~ (5, 0.0%)

1 かにここ, で鎌倉, に乗る, に大阪, まだいかん

▼ 時云う~ (5, 0.0%)

1 てくれたら, に云え, までもなく, よう, 事は

▼ 時五分ごろ~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だ, でその, と認め, に来る

▼ 時五郎~ (5, 0.0%)

1 はじっと, はやっと, は突然, は背, は膝頭

▼ 時亜米利加~ (5, 0.0%)

1 に居た, の曠野, の甲比丹ブルツク, の自由, へ行った

▼ 時亡くなった~ (5, 0.0%)

1 の, のだい, 妻の, 御父上, 祖母の

▼ 時今井~ (5, 0.0%)

1 から北浦, から学校, の声, は半分机, は大抵

▼ 時今更~ (5, 0.0%)

2 のやう 1 ながら失望, ながら私, 手数を

▼ 時伊織~ (5, 0.0%)

1 がどうしても, の体, の耳, はふと, を通じて武蔵

▼ 時会社~ (5, 0.0%)

1 で執務, で業務上, の方, の者等, は竣工期限超過

▼ 時伯爵~ (5, 0.0%)

1 が入る, はなにげない, はひそか, は上使, は等身大

▼ 時低い~ (5, 0.0%)

2 声で, 雲を 1 方は

▼ 時何かしら~ (5, 0.0%)

2 与へられるで 1 かさばった風呂敷包み, 与えられるであろうし, 暗い忌まわしいもの

▼ 時何ぞ~ (5, 0.0%)

2 至善の 1 といえ, 所持の, 手に

▼ 時何分頃~ (5, 0.0%)

1 には何処, には小やみ, にポツ, に当りませう, に霽

▼ 時何日~ (5, 0.0%)

1 には聖上, に出陳, に扱所, に自分, に薬価

▼ 時何等~ (5, 0.0%)

1 かの前兆, か燃えあがる, の返答, 功利的な, 哲学に対して

▼ 時使った~ (5, 0.0%)

1 のと, ものです, ものな, 粗末な, 糠を

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 にも来る, のよい, の憶, は再び, は条約改正

▼ 時俄然~ (5, 0.0%)

1 と茅野雄, 台所の, 爆発した, 王驚き寤めた, 跳起き

▼ 時信子~ (5, 0.0%)

1 がそっと, ははっと, は其処, は懶, は木下

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 など全部, なりと, も致し, をし, 馬であろう

▼ 時光子さん~ (5, 0.0%)

1 は, は両親, は僕, は死ん, は眼エ

▼ 時光線~ (5, 0.0%)

1 が邪魔, に遭, に遭い, の反射, は非常

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 世界は, 同志の, 水滴の, 軍は, 防寨は

▼ 時凡て~ (5, 0.0%)

1 が同じ, が私, の樹木, の物音, は此

▼ 時出来る~ (5, 0.0%)

1 か判らない, のかね, 丈上品な, 粒の, 角板は

▼ 時出立~ (5, 0.0%)

1 すぐ行乞, する行乞, それではどなた, まことによい, 戻橋

▼ 時初さん~ (5, 0.0%)

1 がこんな, が見, はますます, は急, は笑い

▼ 時前者~ (5, 0.0%)

1 が批判外, のそれ, の勝, の場合, は我々家庭婦人

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 のささやき 1 が曲った, の一撃, はその

▼ 時勝負~ (5, 0.0%)

1 でやっ, で芝居, で風呂, はきまっ, はすでに

▼ 時十五分過ぎ~ (5, 0.0%)

1 だぜ, であった, にお, になっ, には十五マイル

▼ 時千代子~ (5, 0.0%)

1 の新た, の草履, はこちら, はその, は巾着

▼ 時半位~ (5, 0.0%)

2 に一つ 1 です, に起きる, のもの

▼ 時半開き~ (5, 0.0%)

32 だから

▼ 時卒然~ (5, 0.0%)

2 として私 1 としてこの, として代, と私

▼ 時卓造君~ (5, 0.0%)

1 のお父さん, の一行, は, は一寸, は一笑

▼ 時却って~ (5, 0.0%)

1 その存在, その概念, 大変も, 彼れ, 部分が

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 の宗匠, 久先生は, 手拭で, 聖人の, 釘に

▼ 時召使~ (5, 0.0%)

2 の一人 1 が一通, のアシル, の者

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 この草屋根, の語, 個人の, 字の, 有宜

▼ 時問題~ (5, 0.0%)

1 となつ, の土塀, の桐, はおのずから, を一歩

▼ 時四つ~ (5, 0.0%)

2 になる 1 だった女の子, に折った, 又に

▼ 時四十分の急行~ (5, 0.0%)

2 に乗れ 1 で出立, で父上, にて出発

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 とお, はそういう, は立上つて, は聖僧, も一種

▼ 時土蔵~ (5, 0.0%)

1 と座敷, の中, の二階, の横, の蔭

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 の中, の広前, の方, の横手, の縁

▼ 時~ (5, 0.0%)

5 の下

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 がその, の姿, の注意, はこの, はその

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 に上った, に巣喰つて, の上, の中, の鐘

▼ 時外套~ (5, 0.0%)

1 がかべにさわらない, がなくっ, の袖, はと気, をやった

▼ 時多勢~ (5, 0.0%)

1 のものども, の人, の叫び声, の見送, は一度

▼ 時多吉~ (5, 0.0%)

2 はお 1 の後, は路傍, も松子

▼ 時大地~ (5, 0.0%)

2 の色彩 1 の開閉, へ土下座, を震ふ

▼ 時大衆~ (5, 0.0%)

2 と美 1 の中, は新しい, は自分

▼ 時奇妙~ (5, 0.0%)

1 なこと, な不安, な故障, に押し潰された, に高い

▼ 時女給~ (5, 0.0%)

21 の瑠璃子, らしい女, をした

▼ 時姉さん~ (5, 0.0%)

1 だと, と俊雄君, の話, は何ん, は大声

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 が壻, でももらっ, に行き, の乘つて來, は風邪

▼ 時子路~ (5, 0.0%)

1 が一室, はいざ, はほっと, は思わず, は突然

▼ 時学士~ (5, 0.0%)

1 の大きい, の膝, はふい, は左, は自分

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 の広, の広次, の薬とり, は復籍, は細君

▼ 時客席~ (5, 0.0%)

1 から子供, で行儀, に酔漢, の窓, へスポット

▼ 時客間~ (5, 0.0%)

1 から酔っぱらい客, の他, の呼鈴, の戸, の窓

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 からの生あたたかい, から大雨, に使った, のうた, のうち

▼ 時家康~ (5, 0.0%)

2 はこれら 1 が耳, の長男竹千代九歳, は馬場美濃守

▼ 時家族~ (5, 0.0%)

1 および安藤弘, が東京, が集まっ, を同伴, を背負つたまま十数度

▼ 時寒い~ (5, 0.0%)

1 であらう, 冬の, 所で, 晩でした, 風が

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 ほ早く, を追う, 十幾つか, 温の, 白の

▼ 時岡田~ (5, 0.0%)

1 から電話口, は, はやっと, はわざと, は強い

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 が啼く, の啼く, の近海, の頂き, は大名

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 が近い, が風, について卵, を作っ, 籠って

▼ 時工藝~ (5, 0.0%)

1 がある, において個人主義, に美, の問題, は特別

▼ 時帳場~ (5, 0.0%)

1 が見廻っ, で声, の横, の若い, を離れ

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 どんが, ならずして, は笛, ニ衰ヘズ, 爺や

▼ 時庄吉~ (5, 0.0%)

1 の心, の飛びかかっ, はがばと, は商人, は急

▼ 時弁信~ (5, 0.0%)

1 が縁, の姿, の耳, は一議, は何

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 に縛字, 宗の, 寺に, 屋敷へ, 雲断処

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 から名, に小さい, ばかりの枝折戸, ばかりの竹垣, も声

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 ならぬ枝, のうち, のやう

▼ 時役人~ (5, 0.0%)

1 にでも會, の一人, の傍, を呼, を相手

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 たこと, ったら逢われようかという, っても好い, って知っ, て善い

▼ 時従駕~ (5, 0.0%)

1 した人麿, の人, の山部赤人, の弓削皇子, の笠金村

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 立つたので 1 つた, てあきらめ, 入った風

▼ 時思い出した~ (5, 0.0%)

2 のは 1 ことが, のが, のであった

▼ 時患者~ (5, 0.0%)

2 の臆病 1 の方, は突然, もゐなく

▼ 時悪い~ (5, 0.0%)

1 ことに, ことを, 予感に, 事を, 姥は

▼ 時悪魔~ (5, 0.0%)

1 が, がヴァイオリン, が彼, が美紅, のよう

▼ 時意味~ (5, 0.0%)

2 を生じ 1 ありげ, の所在, の深

▼ 時意識~ (5, 0.0%)

1 という名称, の精髄, はイデオロギー, は単なる, を恢復

▼ 時手紙~ (5, 0.0%)

1 が昨日, とハンケチ, なんぞをお, の中, の返事

▼ 時打ち~ (5, 0.0%)

1 一時打っ, 九時打ち, 九時打つた, 懐中時計の, 軈て十時

▼ 時打った~ (5, 0.0%)

1 にし, 奴では, 患部と, 腰が, 頃その

▼ 時政治~ (5, 0.0%)

1 が静子, が靜子, と不思議, の話, や昔

▼ 時教会~ (5, 0.0%)

1 から打ち出した, でお, の入口, へ行った, を脱退

▼ 時文化~ (5, 0.0%)

1 の問題, の末梢, はその, はついに, は正に

▼ 時文学~ (5, 0.0%)

1 の世界, はほん, は人生, は作者, は自滅

▼ 時新九郎~ (5, 0.0%)

1 が思わず, の縄尻, はふと, はズイ, は初めて

▼ 時新太郎君~ (5, 0.0%)

1 の魂, は, はこの, は初めて, は可

▼ 時旅人~ (5, 0.0%)

1 は, は前かがみ, は煖炉, は自分, 多く泊り合せし

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 の日 1 なる芳園, なン, 寒い頃

▼ 時時々~ (5, 0.0%)

1 それを, 乗った馬, 僕の, 妖怪に, 酒を

▼ 時~ (5, 0.0%)

4 の鐘 1 かけて

▼ 時暴風雨~ (5, 0.0%)

3 に襲 1 は一層, は更に

▼ 時書物~ (5, 0.0%)

1 の包, の整理, や衣類, を取上げられ, を声高

▼ 時月丸~ (5, 0.0%)

1 が, が草叢, の眼, は刀, は腹の中

▼ 時末造~ (5, 0.0%)

1 が或, は最初, は烟草, は自分, は茶漬屋

▼ 時果てる~ (5, 0.0%)

1 かと思はれる, ともなき, とも判らぬ, やもしれず, 時は

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 の葉 1 の樹, の蔭, は夜風

▼ 時格子戸~ (5, 0.0%)

1 がらり, にその, の外, の開く, を手荒く

▼ 時梯子段~ (5, 0.0%)

1 から女, の下, の途中, をとんとん, をどんな

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 がまた, が出た, に取り納め, の中, は既に

▼ 時榛軒~ (5, 0.0%)

2 は云 1 が渋江抽斎等, は初め輒, は抽斎

▼ 時横合い~ (5, 0.0%)

2 から口 1 からきい, からぬっと, から突

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 の中 1 のそ, の前, をやぶっ

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 の上, はメリ 1 を休め

▼ 時止む~ (5, 0.0%)

1 ときなく, とも知らず引き続く, とも見えない, 同四時五十分, 夜に

▼ 時正香~ (5, 0.0%)

1 はそこ, はそんな, はホッ, は条山神社, は行燈

▼ 時殆ど~ (5, 0.0%)

1 何ものかに, 唇を, 敵意に, 無意識に, 無意識的に

▼ 時殺される~ (5, 0.0%)

1 かも知れない, かわからない, か知らん, ともわからない, 者の

▼ 時気分~ (5, 0.0%)

1 がへん, が勝れてなかった, が悪い, が癒, の晴れた

▼ 時水中~ (5, 0.0%)

1 にいた, にゐた, に若い, の人魚, へその

▼ 時水音~ (5, 0.0%)

2 がし 1 いと近く, も立てなかった, も立てなかつた

▼ 時決心~ (5, 0.0%)

2 して 1 したの, したよう, を飜

▼ 時沢山~ (5, 0.0%)

1 ある髪, な患者さん達, の兵士, の労働者, の動く

▼ 時沢庵~ (5, 0.0%)

1 と茶漬け, は, はあたかも, は三斎, は生き永らえ

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 の中 1 に落っこちる, のほとり, の渦

▼ 時泥棒~ (5, 0.0%)

1 しなけりゃあ, すれば, に見舞われた, をしました, をやつ

▼ 時洋服~ (5, 0.0%)

1 なんぞ持っ, の上, の中老紳士, を一着, を着

▼ 時活動~ (5, 0.0%)

1 するこの, する此, などを見, の根本機關, の消

▼ 時流石~ (5, 0.0%)

1 に埼子, に驚いた, の三好曹長, の北川氏, の如電先生

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 巷, 洲で, 洲の, 洲事変が, 洲里へ

▼ 時漱石~ (5, 0.0%)

1 が芥川, はその, は仕事, は句, は花袋君

▼ 時火星人~ (5, 0.0%)

1 がまん中, の体, の医師, の腕, はす

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 がつい, がカンカン, が左右, が点い, をつけ

▼ 時~ (5, 0.0%)

4 いさんは 1 やがなんと

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 が荷車, が走りかかった, の頸, は人間, 曳きが

▼ 時牡丹~ (5, 0.0%)

2 に八ツ橋 1 なら牡丹, に雪, の茎

▼ 時甚だ~ (5, 0.0%)

1 うっとうしくなり, 其の見事, 忙が, 欝悒し, 穏か

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 で器, の享受, の松茸, 國土佐との, 玉子を

▼ 時生徒~ (5, 0.0%)

2 が門 1 の一人, は答案, を集め

▼ 時田原さん~ (5, 0.0%)

1 はいつも, はこう, は妙, は眼, は縁側

▼ 時甲板~ (5, 0.0%)

2 の方 1 に立出, のかなた, を一散

▼ 時疾風~ (5, 0.0%)

3 の脚 1 のよう, の足

▼ 時発車~ (5, 0.0%)

2 を知らせる 1 しようと, ということ, にもう

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 がすり, さぎを, のまま三反, は十一黒ろ十二, は追

▼ 時皆頭~ (5, 0.0%)

5 をさげ

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 に盛りたる, の中, の物, や花瓶, を打毀し

▼ 時直に~ (5, 0.0%)

1 其作者の, 地名を, 心に, 思ひ浮んだの, 本文に

▼ 時直接~ (5, 0.0%)

2 訊いて 1 と間接, には触れない, 手渡して

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 の濃い, をぴくぴく, を上げ, を落し, を開い

▼ 時真先~ (5, 0.0%)

1 にそれ, に彼, に最も, に眼, に米国物

▼ 時知事~ (5, 0.0%)

1 からは千元, につかまっ, の奥さんはじめ母, の方, は露台

▼ 時社會~ (5, 0.0%)

1 と他人, に働きかけず, の中, はこの, を考へ

▼ 時神戸~ (5, 0.0%)

1 で初めて, に入港, の旅館, の駅, を発する

▼ 時神谷~ (5, 0.0%)

2 はまた 1 のところ, はさも, はやつ

▼ 時科学~ (5, 0.0%)

2 と哲学 1 はニヒリズム, は最も, は決して

▼ 時移し~ (5, 0.0%)

2 ている 1 ておる, てはいられまい, ては大事

▼ 時突嗟~ (5, 0.0%)

5 に口

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 にうっかり, にも適し, に迷惑, も一旦, 見ると

▼ 時紙帳~ (5, 0.0%)

1 が自然, の外, の裾, を釣っ, を釣りました

▼ 時素子~ (5, 0.0%)

1 が横, のすぐ, の母, はそれ, は貰い合わせた

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 が飼, く曉, く訓, のアト, もこの

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 があつ, は百三十, らしい脈, をとらう, を取り終った

▼ 時自分達~ (5, 0.0%)

1 の中隊, は二階, は何, は何とも, は引き離され

▼ 時與吉~ (5, 0.0%)

1 が生れた, の驚愕, はもう, は其, は慌しく

▼ 時花唄~ (5, 0.0%)

1 などを歌っ, の一齣, の中, はまた, を思わせる

▼ 時英国~ (5, 0.0%)

1 のケンブリッジ, の一文豪, の某氏, の美術雑誌スタヂオ, へ留学

▼ 時茂太郎~ (5, 0.0%)

1 の唇, は, はもう, は持っ, は笛

▼ 時荷車~ (5, 0.0%)

1 が流れた, の後, の車輪, は弾, 引いて

▼ 時藤次郎~ (5, 0.0%)

1 はこんな, ははじめて, は右側, は急, は百足

▼ 時蘭軒~ (5, 0.0%)

1 が病ん, が菜の花, の春水, の父隆升軒信階, は始

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 が知らした, が知らせ, が知らせました, の声, を除ける

▼ 時蚊帳~ (5, 0.0%)

1 にぶつかった, の中, を吊る吊り, を釣っ, を釣つて

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 が放れた, の縞, へ落す, をかき合わせ, を引かぬ

▼ 時西洋~ (5, 0.0%)

1 のある, の小説, の文人, の桜, の酒

▼ 時見物~ (5, 0.0%)

1 が叫び出した, に集つた村, の気, は冷遇, を掻き分け

▼ 時見舞~ (5, 0.0%)

2 に来 1 にいっ, に行く, の返書

▼ 時親分~ (5, 0.0%)

1 が乗出しゃ, が乘出し, が行, が馬, は何処

▼ 時言った~ (5, 0.0%)

1 あら煮, ほかの, んじゃ, 言葉とが, 言葉を

▼ 時記者~ (5, 0.0%)

1 が受けた, はその, はまさか, は思わず, は沈んだ

▼ 時語部~ (5, 0.0%)

5 の尼

▼ 時読んだ~ (5, 0.0%)

1 だけです, ものを, ロバート, 彼の, 論語さへも

▼ 時財布~ (5, 0.0%)

1 に持っ, の縞柄, は二三歩後, は空っぽ, を持っ

▼ 時買った~ (5, 0.0%)

1 のは, まましごき, んでございます, ヴァイオリンは, 本を

▼ 時路地~ (5, 0.0%)

1 に居た, に顏, の中, を入, を入っ

▼ 時身体~ (5, 0.0%)

1 が崩れ, が弱く, が第, をびッこ, をよせかけ

▼ 時車夫~ (5, 0.0%)

1 が振向いた, に日本堤, は一層, は梶棒, は足

▼ 時車掌~ (5, 0.0%)

2 が入っ 1 が, が大倉別邸前, は先生

▼ 時通つて~ (5, 0.0%)

3 も覗かれ 2 も白痴

▼ 時逢った~ (5, 0.0%)

1 ことが, の, のでつい, 一度で, 心持ちと

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 が悪く, 悪く北川くん, 悪く塩, 悪く屋根, 悪るく

▼ 時過ぎました~ (5, 0.0%)

21 がお, ね, よ早く

▼ 時道庵~ (5, 0.0%)

1 がこう, は何, は少し, は手, は金十郎

▼ 時道端~ (5, 0.0%)

1 に筵, の乞食, の百姓家, の納屋, の草

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 の塀外, の後ろ, の横, の軒下, の長

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 とさだまり, に上り, の者, をはなれぬ, を出

▼ 時都合~ (5, 0.0%)

2 が惡るい 1 が悪, のよい, よく融通

▼ 時酒場~ (5, 0.0%)

1 にいた, にはあまり人, のジーベル, の人, の窓

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 の方 1 にやられる, に帰つて, に遣し

▼ 時鎌倉~ (5, 0.0%)

1 のある, の方, の農村, の雪の下, より鍛冶

▼ 時長い~ (5, 0.0%)

1 廊下が, 廊道の, 秋の, 間の, 間往来の

▼ 時長男~ (5, 0.0%)

1 が二階, が出発, が勉強部屋, の方, はまだ

▼ 時門前~ (5, 0.0%)

2 の婆さん 1 に捨て有し, へ車, を

▼ 時間近~ (5, 0.0%)

1 だった, でいよ, で夕陽, で若々しい, になっ

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 から自分, の御, は姫君, は平中, は非常

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 がばら, の声, の親子, は屋根, は知らせ

▼ 時雑誌~ (5, 0.0%)

1 から眼, のポスター, の三号目, を下, を買っ

▼ 時雨空~ (5, 0.0%)

1 から推す, ですね, に心, に膚, を冒し

▼ 時電燈~ (5, 0.0%)

1 がまたすつ, が消え, のスヰツチ, はバック, は消え

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 にし 1 なり無罪, 凡閣加藤, 周期的なる

▼ 時頃やつ~ (5, 0.0%)

1 てき, と船, と草津着, と起きる, と青山墓地近く

▼ 時頃一人~ (5, 0.0%)

2 で棊譜 1 の助手, の男, の肥胖漢

▼ 時頃帰宅~ (5, 0.0%)

1 されたの, したそう, した慎作, すると, って見る

▼ 時頃雨~ (5, 0.0%)

2 はまだ 1 が止んだ, が降っ, はやんだ

▼ 時頃電話~ (5, 0.0%)

1 があった, がかかりまし, で夕方, でPCL, をかける

▼ 時須永~ (5, 0.0%)

1 と千代子, に, はあまり, はとうとう, は少し

▼ 時領主~ (5, 0.0%)

1 が召し出し, の一人息子, の兵, の長子, の鹿

▼ 時頼ん~ (5, 0.0%)

2 で置いた 1 でおけ, で置きました, で遣ったら

▼ 時食事~ (5, 0.0%)

1 のあと, の支度, の時, を調うる, を運ん

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 の中, の事務員, の外側, の玄関, の音楽

▼ 時馬上~ (5, 0.0%)

2 の武士 1 から, にて射る, の兵馬

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 の中, の後方, の提灯, は侍女, は左

▼ 時驚くべき~ (5, 0.0%)

3 創造が 1 ことが, 一つの

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 さ低, などは大いに, 塀と, 声器からの, 張りの

▼ 時高い~ (5, 0.0%)

1 人気ない, 塔の, 木の, 温度を, 道念にか

▼ 時高く~ (5, 0.0%)

1 ネストールアルゴス勢に, 声を, 天仰ぎ, 差し上げた指先, 響くよう

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 の聞人 1 つた, を啼き交す, 装置が

▼ 時~ (5, 0.0%)

2 と云う 1 がすむ, の次, の番

▼ 時~ (5, 0.0%)

1 が戻, の子, はしめた, をよぶ, を捉

▼ 時あちら~ (4, 0.0%)

1 では指, の新聞, の水, は軍人全盛

▼ 時あなた方~ (4, 0.0%)

1 は, は二人がかり, は古参新参, は決して

▼ 時あらためて~ (4, 0.0%)

1 借用申候一札之, 眼の, 腰入を, 見霽

▼ 時いたる~ (4, 0.0%)

1 か北条殿, というよう, まではわが, 日を

▼ 時いった~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことだ, ことは, っけな

▼ 時いづれ~ (4, 0.0%)

2 も嫣然 1 か私, の奉行

▼ 時いわゆる~ (4, 0.0%)

1 写生文を, 焚書の, 精神現象と, 長虹堤

▼ 時うつした~ (4, 0.0%)

2 寫眞だ 1 写真だ, 写真を

▼ 時うんと~ (4, 0.0%)

1 叱って, 嘗めさせて, 血が, 飲ませちやつて

▼ 時おじさん~ (4, 0.0%)

1 からお前, がうんうん, に連れられ, は隣

▼ 時おのずから~ (4, 0.0%)

1 前の, 彼の, 浮んで, 眼に

▼ 時おのれ~ (4, 0.0%)

1 に告げよ, の生命, も招かれ, も祖父君

▼ 時おま~ (4, 0.0%)

2 んは 1 への幹, への手

▼ 時お上~ (4, 0.0%)

1 からお, からお達し, のお, の眼

▼ 時お前たち~ (4, 0.0%)

1 が芝生, にどう, の中, は丁度

▼ 時お婆さん~ (4, 0.0%)

1 はびっくり, は私, は誘う, は雨戸

▼ 時お松~ (4, 0.0%)

1 が戻っ, は屹, は母屋, は郁太郎

▼ 時お祖母さん~ (4, 0.0%)

1 から初めて, が仏間, が御, のうしろ

▼ 時お里~ (4, 0.0%)

1 からつい, はた, は夫, は待ち兼ね

▼ 時かなた~ (4, 0.0%)

1 あがりぬ, に立ち, の襖, より群衆

▼ 時きまって~ (4, 0.0%)

1 する事, 使う語調, 町へ, 眼に

▼ 時くれ~ (4, 0.0%)

21 ばゆく, ば時

▼ 時ぐらいは~ (4, 0.0%)

1 そうありたい, なぜ他, 楽を, 足を

▼ 時ぐらいまで~ (4, 0.0%)

1 いるから, おきて, ムダ話し, 遊んで

▼ 時こっち~ (4, 0.0%)

1 の親分, の返事, は突ッ, へ来た

▼ 時ことに~ (4, 0.0%)

2 よると 1 よったら稲村, 感じさせられる

▼ 時ごろ一人~ (4, 0.0%)

1 の女, の男, の若い, はいっ

▼ 時ごろ目~ (4, 0.0%)

3 をさまし 1 を覚した

▼ 時さい前~ (4, 0.0%)

1 から一言, から舟, の刑事, の呼笛

▼ 時さき~ (4, 0.0%)

1 に取次, の二人, へ宿, を握られ

▼ 時さつき~ (4, 0.0%)

1 のピヤノ, の村会議員三名, の男, の若い

▼ 時さびしい~ (4, 0.0%)

1 お寺の, 坂道を, 時腹が, 町角で

▼ 時しあれ~ (4, 0.0%)

1 ば別れし, ば変, ば生れ, わが双

▼ 時した~ (4, 0.0%)

2 ように 1 ことを, 我々の

▼ 時しなけれ~ (4, 0.0%)

1 は越路, ば, ばならない, ば蘆田鶴

▼ 時しらず~ (4, 0.0%)

1 と妹, 柔らかに, 活くる, 父も

▼ 時じいさん~ (4, 0.0%)

1 がその, とばあさん, の娘, は静か

▼ 時すぎ津田~ (4, 0.0%)

1 と共に出, に起される, 来り出るタクシー, 来り大阪行き

▼ 時すらり~ (4, 0.0%)

2 と脊 1 と投げた, と襖

▼ 時そいつ~ (4, 0.0%)

1 が例, が指, は面白い, をひと

▼ 時そこそこ~ (4, 0.0%)

1 である, というの, にはもう, に床

▼ 時そこら~ (4, 0.0%)

2 の草むら 1 に住まつ, の道端

▼ 時その間~ (4, 0.0%)

1 にあり, にはさん, はマア, 何とも怪しい

▼ 時ただちに~ (4, 0.0%)

1 それを, 月々送金する, 母の, 解決し得べき

▼ 時たち~ (4, 0.0%)

2 て音亨 1 が, にけりひらめく

▼ 時たる~ (4, 0.0%)

1 やもちろん, や相手, を問わず, を忘却

▼ 時だから~ (4, 0.0%)

1 例の, 政江は, 科学的理論的認識を, 銀ちゃんは

▼ 時だつ~ (4, 0.0%)

1 たかね, てわざと, て僕, て到頭

▼ 時ちょっとした~ (4, 0.0%)

1 一時的の, 話が, 買物の, 額を

▼ 時ついで~ (4, 0.0%)

1 だから, にわたしの, に二人, に頼み申したい

▼ 時つかつか~ (4, 0.0%)

1 とそこ, とはいっ, と現われた, と雪姉ちゃん

▼ 時であったら~ (4, 0.0%)

1 わたしは, エポニーヌに対する, 彼も, 無理にでも

▼ 時であったろう~ (4, 0.0%)

1 か, がこういう, と思召, はじめて沖縄史

▼ 時とかいう~ (4, 0.0%)

1 ような, 停滞の, 薄暗い光線, 風に

▼ 時とては~ (4, 0.0%)

2 無い 1 なかった, なくいよいよ

▼ 時どっち~ (4, 0.0%)

1 から見た, が払った, も三人, も指定

▼ 時ない~ (4, 0.0%)

1 じや, でせう, とは言われない, 無明の

▼ 時なかなか~ (4, 0.0%)

1 傑作である, 居付かない, 悪いもの, 面白いこと

▼ 時などにも~ (4, 0.0%)

1 あべこべに, なるべく出る, 叱, 老婆は

▼ 時ならずし~ (4, 0.0%)

2 て汝 1 て千波万波鼎, て漸く

▼ 時なりき~ (4, 0.0%)

2 彼れ 1 余の, 金起は

▼ 時なりと~ (4, 0.0%)

2 知らざる可 1 考えた少将, 規定した

▼ 時なんとも~ (4, 0.0%)

1 いへぬ可笑し, 微妙に, 言えない忌, 返事の

▼ 時にかけて~ (4, 0.0%)

1 うとうと, 宮城前の, 小林の, 敢行された

▼ 時にさえも~ (4, 0.0%)

1 あの, この種, 公方船, 田北紹鉄は

▼ 時にだけは~ (4, 0.0%)

1 お居間, こんな者たち, はっと思わせられる, 明石夫人の

▼ 時により~ (4, 0.0%)

1 ものによって, 国の, 多く面白い, 相違は

▼ 時のみは~ (4, 0.0%)

1 その従者, 何やら意味, 正真の, 非常に

▼ 時はずつと~ (4, 0.0%)

1 前から, 小さく見えた, 川下の, 遅れる訣

▼ 時はを~ (4, 0.0%)

31 かしくなかつた

▼ 時ばっかりは~ (4, 0.0%)

1 えらい喧嘩, 何故とも, 友様が, 特別に

▼ 時ひょっと~ (4, 0.0%)

1 お洩らしなすった, かして, して, 気が

▼ 時ひょっとしたら~ (4, 0.0%)

1 こんな感じ, 今晩は, 大津の, 彼は

▼ 時ひよ~ (4, 0.0%)

1 つくりそれ, つくりと, つくり伯父さん, ろひ

▼ 時びっくり~ (4, 0.0%)

1 したあまり病気, した拍子, して, しました

▼ 時ふり~ (4, 0.0%)

2 返って 1 そ, て此処

▼ 時ほどには~ (4, 0.0%)

1 もう驚かなかった, もう驚かなかつた, 冷たくない, 私を

▼ 時ほら~ (4, 0.0%)

1 こ, これ大川だ, 向うの, 裏口を

▼ 時ほんとに~ (4, 0.0%)

1 不思議な, 何かは, 困るの, 楽しそう

▼ 時まあ~ (4, 0.0%)

2 今日も 1 そんなもの, 当分休養する

▼ 時までという~ (4, 0.0%)

2 ことに 1 警察の, 風に

▼ 時むこう~ (4, 0.0%)

1 の作家たち, の方, の部屋, 側から

▼ 時もうこ~ (4, 0.0%)

1 の時カルーゾー, の機, の街道, の邸

▼ 時もしも~ (4, 0.0%)

1 しと, 人々が, 私に, 縁の

▼ 時もしや~ (4, 0.0%)

1 と取越苦労, と思う, と思った, 今のは

▼ 時もち~ (4, 0.0%)

2 ばなを作り歳徳 1 やうど田植ゑに, 出されて

▼ 時もと~ (4, 0.0%)

2 然う 1 の古文, の島

▼ 時よっぽど~ (4, 0.0%)

1 あの潜戸, タチの, 我慢を, 過の

▼ 時よと~ (4, 0.0%)

3 大汗 1 原稿紙に

▼ 時よりぞ~ (4, 0.0%)

1 われらの, 妾が, 始めて, 骸骨の

▼ 時よる~ (4, 0.0%)

4 べなき

▼ 時をと~ (4, 0.0%)

1 つくに, ッち, 思ってね, 誓って

▼ 時をもって~ (4, 0.0%)

1 同船は, 某町, 興安嶺を, 賄賂の

▼ 時をや~ (4, 0.0%)

3 過ぎけん 1 見る

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 ばわが家, ば一室, ば仮相, ば例えば

▼ 時アカイア軍勢~ (4, 0.0%)

1 その戰利, は, は高く, を急ぎ

▼ 時アパート~ (4, 0.0%)

1 の前, の狭い, の裏口, の階段

▼ 時イエス~ (4, 0.0%)

1 の母親, はこういう, は弟子たち, 答えて

▼ 時イギリス~ (4, 0.0%)

1 に行きたく, のシナリオ陣, の将軍コルヴィル, の詩人サア・エドウィン・アーノルド

▼ 時ガラツ八~ (4, 0.0%)

3 の八五郎 1 を投げ飛ばした

▼ 時コラム~ (4, 0.0%)

1 から押しかぶせられ, と弟子たち, は懼, は漸く

▼ 時ゴットフリート~ (4, 0.0%)

2 は下 1 は彼, は私ども

▼ 時サイレン~ (4, 0.0%)

2 が警戒警報, は空襲

▼ 時シンドバッド~ (4, 0.0%)

1 はいよいよ, はこう, は六度め, は金貨

▼ 時ジャン・ヴァルジャン~ (4, 0.0%)

1 が感じた, にさし向けられた, はその, は恐るべき

▼ 時タクシー~ (4, 0.0%)

3 出る 1 の窓越し

▼ 時チラチラ~ (4, 0.0%)

2 させましたが 1 と燈火, 揺れる電燈

▼ 時ツァウォツキイ~ (4, 0.0%)

1 が昔, の家, は二色, は台所

▼ 時テーブル~ (4, 0.0%)

1 が泥, の一方, の上, の反対

▼ 時ニューグランド~ (4, 0.0%)

1 で小林千代子, で森氏, で母上, へ

▼ 時バタバタ~ (4, 0.0%)

3 と足音 1 と小さな

▼ 時ピストル~ (4, 0.0%)

1 の引金, の音, は鋭い, を河合

▼ 時フォーシュルヴァン~ (4, 0.0%)

1 はジャン, はジャン・ヴァルジャン, は最後, は落ち着き払っ

▼ 時ベルナルドオ~ (4, 0.0%)

1 のいふ, の我, は壇, は忽ち

▼ 時ポケット~ (4, 0.0%)

1 に入れ, の中, へねじ込ん, やカバン

▼ 時マリア~ (4, 0.0%)

1 と共に来りし, の心, は兜兒, よ我等

▼ 時マリイ~ (4, 0.0%)

1 の顔, はアンリエット, は立ち留まっ, は諸手

▼ 時ムルタ~ (4, 0.0%)

2 は樫 1 がうたった, は立っ

▼ 時ラシイヌ~ (4, 0.0%)

1 が歩い, の鋭い, はふと, もレザール

▼ 時一冊~ (4, 0.0%)

1 の同人雑誌, の本, の詩集, の長篇小説

▼ 時一切~ (4, 0.0%)

1 の所, の滅, の生物, の設計

▼ 時一団~ (4, 0.0%)

1 のフランス俳優, の人数, の暗雲, の酔った

▼ 時一寸過ぎ~ (4, 0.0%)

1 だったそう, になる, に二度目, に着いた

▼ 時一枚~ (4, 0.0%)

1 では, の白衣, の短冊, の雨戸

▼ 時一点~ (4, 0.0%)

2 の火光 1 の涙, も疑う

▼ 時一生懸命~ (4, 0.0%)

1 で注意, にこすっ, にその, になつ

▼ 時一発~ (4, 0.0%)

2 の銃声 1 の弾, の銃弾

▼ 時一目~ (4, 0.0%)

1 でもお, に見, よく見た, 見て

▼ 時一群~ (4, 0.0%)

1 の人間, の村童, の行列, の雁

▼ 時一陣~ (4, 0.0%)

1 のすさまじい, の風, の風木立ち, 特に強い

▼ 時七人~ (4, 0.0%)

1 だった一行, のうち, の孃子, の手下

▼ 時七分前~ (4, 0.0%)

1 か, で停っ, に逼, 迄芸談

▼ 時七時~ (4, 0.0%)

1 と三時間, と追, になった, に使

▼ 時万吉~ (4, 0.0%)

1 が突然, に教え, の神経, 悟ったか

▼ 時三十~ (4, 0.0%)

1 になった, になつ, の人, を越し

▼ 時三十三分~ (4, 0.0%)

1 だそう, だつた, に伯林, 着一時出発

▼ 時三十何分~ (4, 0.0%)

1 かの下り, かの汽車, に着, まっすぐ帰宅

▼ 時三十分発~ (4, 0.0%)

1 のバス, の列車, の汽車, の車

▼ 時三国嶺~ (4, 0.0%)

4 を踰

▼ 時三田~ (4, 0.0%)

1 の薩摩邸, の視線, はうとうと, は既に

▼ 時上野発~ (4, 0.0%)

1 の列車, の急行, の本線廻り, の青森行急行

▼ 時上陸~ (4, 0.0%)

31 するの

▼ 時不断~ (4, 0.0%)

2 の雪渓 1 の御, の蒐集

▼ 時世人~ (4, 0.0%)

1 が色, の驚駭, はまた, は却って

▼ 時中味~ (4, 0.0%)

2 が紛失 1 だけ引つこ, を一々

▼ 時中学~ (4, 0.0%)

1 の二年生, の先生たち, へ入っ, を出

▼ 時中山~ (4, 0.0%)

1 が写した, の人, の周南, や三元

▼ 時中野~ (4, 0.0%)

1 が近づい, はすこし, は思わず, は最も

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が馬, で鎖国, と云う, の襟首

▼ 時乃公~ (4, 0.0%)

1 あロッパ, はテーブル, は最早, は窃

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 とか與作, の容, の手, は同

▼ 時二十一歳~ (4, 0.0%)

2 だと 1 であったが, であった次

▼ 時二十八歳~ (4, 0.0%)

2 である 1 だったかと, であったの

▼ 時二度~ (4, 0.0%)

1 とも次, と決して, の吸もの, 中臣

▼ 時云い~ (4, 0.0%)

2 ようの 1 はした, 現わすべき

▼ 時云い知れぬ~ (4, 0.0%)

1 不安に, 家庭的感激が, 恐怖に, 愉悦を

▼ 時云った~ (4, 0.0%)

1 のである, 事が, 然諾を, 筈である

▼ 時五十一分三十秒~ (4, 0.0%)

2 にあの 1 からあの, となる

▼ 時五十九分~ (4, 0.0%)

1 になる, までと午後三時, までのこの, をしめしました

▼ 時五十二分~ (4, 0.0%)

1 であります, で立ち, に始, を指し

▼ 時五十何分~ (4, 0.0%)

1 かにここ, かにこちら, かにのりおくれ, かに島田

▼ 時五十分の急行~ (4, 0.0%)

1 だけはお, だとか, でリオン停車場, で道子

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 と叩頭, と叮頭, と胸, の遅疑

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 た斯, た詩, 是れかく, 芸境の

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 でいろいろ, に残, のあたり, の五条

▼ 時他人~ (4, 0.0%)

1 に聞かれる, の履歴書, の罪, を迎え

▼ 時以来今日~ (4, 0.0%)

2 に至る 1 まで奥御殿, まで発狂

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 の如く, 向に, 渡並応答之, 言つた

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が部屋, に念, は, は神経

▼ 時佐吉~ (4, 0.0%)

2 は外 1 がさっき宿, は危うく

▼ 時何時も~ (4, 0.0%)

1 その娘, の橋, の通り, 赤い顏

▼ 時作品~ (4, 0.0%)

1 が相当, の譬喩, は偉大, は冷えきっ

▼ 時俊助~ (4, 0.0%)

1 の心, はいつも, は何気なく, は大井

▼ 時信一郎~ (4, 0.0%)

2 は其処 1 はやっと, はやつ

▼ 時信全作~ (4, 0.0%)

1 に起った, のところ, の所番地, も一色

▼ 時信家~ (4, 0.0%)

1 の実子, の現場, へ急いだ, を軽蔑

▼ 時信玄~ (4, 0.0%)

1 の感能, は四十二, は楯無し, は殿

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 の輪, をさしたる, を半びらき, を思ひぬ

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 がつい, けられたるが, の痛み, を得

▼ 時元気~ (4, 0.0%)

2 で私達 1 だけはちっとも, を取り戻した

▼ 時光子~ (4, 0.0%)

2 は急 1 があまり, は一寸

▼ 時兩親~ (4, 0.0%)

2 に死に別れ 1 に別れ, の話し

▼ 時其方~ (4, 0.0%)

1 があの, が利根川, が此, に行逢

▼ 時出かけ~ (4, 0.0%)

1 て行っ, て行つて, 大毎前の, 本やに

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 の中, の後, の後ろ, をつくっ

▼ 時列車~ (4, 0.0%)

1 が脱線, はごろ, は動き出した, を下り

▼ 時初代~ (4, 0.0%)

1 が残し, が目, の話, はやっぱり

▼ 時到れり~ (4, 0.0%)

1 と判断, と閔詠駿, と鳥取城, 覺悟せよ

▼ 時前年~ (4, 0.0%)

2 までは見る 1 の夏信濃追分, の記

▼ 時勝平~ (4, 0.0%)

2 の強い, の顔

▼ 時勝重~ (4, 0.0%)

1 の母親, はすぐ, は眉, は若々しい

▼ 時北の方~ (4, 0.0%)

31 に怪物

▼ 時十一時頃~ (4, 0.0%)

1 が大変, まではお, までも往来, までも遊ん

▼ 時十七分~ (4, 0.0%)

1 であった, です, の筈, 着青年団

▼ 時十三分~ (4, 0.0%)

1 だろう, であった, でとまっ, になっ

▼ 時十三分十三秒~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 にモロー彗星, に地球

▼ 時十五分の~ (4, 0.0%)

1 で帰った, には間に合う, に見られず, もあれ

▼ 時十六分~ (4, 0.0%)

1 だ, である, に乗り, を示し

▼ 時十分ごろ~ (4, 0.0%)

1 だと, だという, でした, です

▼ 時十分発~ (4, 0.0%)

1 で修善寺, の奥羽線まわり青森行き, の急行列車, の白河行き

▼ 時十分過ぎ~ (4, 0.0%)

1 くらいな, と思われる, になっ, を示し

▼ 時十時頃~ (4, 0.0%)

1 から午後, まで小さな, も一時, より段々

▼ 時南原杉子~ (4, 0.0%)

1 に同情, ははっきり, はふと, は蓬莱建介

▼ 時単に~ (4, 0.0%)

1 人類にのみ, 女一人の, 温度従っ, 研究の

▼ 時危険~ (4, 0.0%)

1 である, なインテリ層, な物, を齎らすか

▼ 時双方~ (4, 0.0%)

1 から投げた, から柏餅, とも女, の船客

▼ 時叔母さん~ (4, 0.0%)

1 からも御, が可哀そう, と何, に智子

▼ 時叔父さん~ (4, 0.0%)

1 に伴, の手紙, の書いた, は今

▼ 時吃驚~ (4, 0.0%)

2 したもの 1 した, りしなさんなよ

▼ 時君枝~ (4, 0.0%)

1 はちょっと, は水道端, は鼻歌, をはげます

▼ 時君江~ (4, 0.0%)

1 が巻煙草, の肩, は急, は折

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 ながら奇異, れ未だ, れ眠らんと, を憐

▼ 時吾儕~ (4, 0.0%)

1 にお, の会見, はいとど, は家

▼ 時吾輩~ (4, 0.0%)

1 の心臓, は何だか, は我, は蹲踞まり

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が来た, に馬, の家, 主孫権

▼ 時周子~ (4, 0.0%)

1 の音声, は, は河原, も傍観者

▼ 時呼び~ (4, 0.0%)

2 笛の 1 てヘレネー, もしない

▼ 時呼吸~ (4, 0.0%)

1 がとまる, するたび, とも声, のある

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 によって先ず, を惜, を的, を賭し

▼ 時商人~ (4, 0.0%)

1 が, が娘, の悪い, はただ

▼ 時国民~ (4, 0.0%)

1 に号令, の中, は既に, は自然

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 のついた, のなか, の上, の層

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 の向う 1 の上, を上つて

▼ 時坂田~ (4, 0.0%)

1 の頬, はかう, はそれ, は眼

▼ 時坊さん~ (4, 0.0%)

1 が何, が穴蔵, はヒョイ, は正一

▼ 時場内~ (4, 0.0%)

1 では温厚, に居合せた, に張り込ん, の観衆

▼ 時夜半~ (4, 0.0%)

2 に呼ばれる 1 にまき, を過

▼ 時大学~ (4, 0.0%)

1 から帰つて自分, での責任仕事, の狭い, はその

▼ 時大臣~ (4, 0.0%)

1 に教育法, の夜会, は, を左右

▼ 時太鼓~ (4, 0.0%)

2 の音 1 をたたき, を敲い

▼ 時失望~ (4, 0.0%)

1 と安心, のあまり信仰, の時, の沈黙

▼ 時奈落~ (4, 0.0%)

1 にいた, には係り, の中, の切り穴

▼ 時奉公~ (4, 0.0%)

1 して, するん, に來, に行っ

▼ 時女史~ (4, 0.0%)

1 はスクリアビン, はナオミ, は会場, は雨傘

▼ 時好ん~ (4, 0.0%)

1 で刺子着, で口ずさむ, で小銃, で弾いた

▼ 時妙子~ (4, 0.0%)

1 が, が何度, は一緒, を遠ざける

▼ 時妙子さん~ (4, 0.0%)

21 は三つ嚔, は好かない

▼ 時嫉妬~ (4, 0.0%)

1 の余り鼻, の昂奮, の気分, はせず

▼ 時子供達~ (4, 0.0%)

1 が向う, の享楽, は指, は眼

▼ 時孔明~ (4, 0.0%)

1 の下, は早く, は明確, は童子

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 から持っ, が申した, なら潰れるじゃ, に飼っ

▼ 時安子~ (4, 0.0%)

1 と組んだ, は, は十八歳, は皆

▼ 時室外~ (4, 0.0%)

1 に出た, に声, に突然どやどや, の廊下

▼ 時寿平次~ (4, 0.0%)

1 が助, が尋ね, は, は言葉

▼ 時導者~ (4, 0.0%)

1 はわが, は汝, は顏, わが手

▼ 時小使室~ (4, 0.0%)

4 の前

▼ 時小学校~ (4, 0.0%)

1 が嫌, でやらされた, に入学, の生徒

▼ 時小川~ (4, 0.0%)

1 に抵当, のささやき, の岸辺, の足元

▼ 時小梅~ (4, 0.0%)

2 の伯父さん 1 の方, の釣堀

▼ 時小次郎~ (4, 0.0%)

1 が物欲しそう, はなぜ, は乞食, は簾

▼ 時少佐~ (4, 0.0%)

1 の肩, の顔, はハッ, は勝手口

▼ 時屡々~ (4, 0.0%)

1 このやう, 声を, 武功あった, 起こる一つ

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 の頂上, の駅, を下り切った, を辞し

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 に従っ, の法外, の法然, 自ラ誓ヒ懇ロニ

▼ 時帰つて~ (4, 0.0%)

1 来たの, 来た依頼人, 来ても, 来るの

▼ 時平和~ (4, 0.0%)

1 が地上, が破れる, になり, に育ちました

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 くあらじ, にも馴染, に森, ひトルストイ夫人

▼ 時幸村~ (4, 0.0%)

1 の奮戦, の築いた, は一子大助, 申すこと

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 の蔭, の黒い, はげしく氣, 之介

▼ 時幼い~ (4, 0.0%)

1 ころから, 時に, 私と, 私や

▼ 時広間~ (4, 0.0%)

1 からも芸妓, のすそ, のほう, の客

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 と人事, に読まれた, に買っ, に静子

▼ 時廿分~ (4, 0.0%)

1 に発したる, に築地小田原町, までに安全確実, まで一度

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 を習った 1 に代っ, の折れ

▼ 時~ (4, 0.0%)

3 之丞 1 を離れた

▼ 時強き~ (4, 0.0%)

1 に過ぎず, エペーオス, ヘクト, リキエーの

▼ 時弾丸~ (4, 0.0%)

1 が発射, のよう, を打ちつくした, を避ける

▼ 時当時~ (4, 0.0%)

1 の委員, の支那, の蘭学者, の青年

▼ 時彼我~ (4, 0.0%)

2 に曰 1 にいふ, の陣形

▼ 時彼自身~ (4, 0.0%)

1 が縁日, その除幕式, の口, の方

▼ 時復讐~ (4, 0.0%)

2 をしられる 1 と恩酬, の意

▼ 時微笑~ (4, 0.0%)

2 しながら 1 が浮んだ, を洩らし

▼ 時必然~ (4, 0.0%)

1 である, に放埒, に言語, の階梯

▼ 時必要~ (4, 0.0%)

1 があっ, があれ, がない, なの

▼ 時必見~ (4, 0.0%)

4 ること

▼ 時忘れ~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 て來, て千ヶ寺

▼ 時思う~ (4, 0.0%)

1 ことが, のは, 存分に, 旨が

▼ 時思ひ切~ (4, 0.0%)

1 つて, つてこの, つて旅行したら, つて松明を

▼ 時恋人~ (4, 0.0%)

1 が何人, に別れ, の大学生, の愛

▼ 時恐る恐る~ (4, 0.0%)

1 それを, 少将の, 船底より, 顔を

▼ 時恐ろしく~ (4, 0.0%)

1 なると共に, 強い相手, 敏捷な, 胸が

▼ 時恒雄~ (4, 0.0%)

2 は孝太郎 1 が興奮, は

▼ 時慌て~ (4, 0.0%)

1 ていた, て取込ん, て料金, て電燈

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 から出た, に押し込んでる, へ袴, われて

▼ 時手前~ (4, 0.0%)

1 がつい, にもガレーヂ, に借りた, もやっ

▼ 時手拭~ (4, 0.0%)

2 と石鹸 1 で足, を二筋

▼ 時手足~ (4, 0.0%)

2 も顔 1 も弱く, を失い

▼ 時手首~ (4, 0.0%)

1 にちくりと, に噛み付かれた, に擦過傷, を噛まれ

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 のひしゃげつぶれた, の尖で, を二本, を切つたの

▼ 時捕虜~ (4, 0.0%)

1 となつ, の身体, はその大きな, は玄関口

▼ 時改めて~ (4, 0.0%)

1 分配する, 御吹聴, 物理に, 遠来の

▼ 時政子~ (4, 0.0%)

1 が云, の二人, の熟知, は

▼ 時政江~ (4, 0.0%)

1 がどんな, が如何, の顔, はすっかり

▼ 時教誨師~ (4, 0.0%)

2 は忘れた 1 とその, は彼

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 知れぬ青 1 が少なけれ, 知れぬ炬火

▼ 時文吾~ (4, 0.0%)

1 の心, の枕邊, はカツ, は街道

▼ 時文壇~ (4, 0.0%)

1 には行き, にも親鸞, は行き, を舞台

▼ 時文太郎~ (4, 0.0%)

1 はくわつ, はつくづく, は暗い, は獨言

▼ 時文部省~ (4, 0.0%)

1 で発行, にその, の検定者, は用心深い

▼ 時新しい~ (4, 0.0%)

1 コックが, 女王蜂が, 日本の, 絹と

▼ 時新田先生~ (4, 0.0%)

1 が博士, はふと, は久方ぶり, は望遠鏡

▼ 時新聞記者~ (4, 0.0%)

1 になった, に話した, の臆面, は誰

▼ 時旅館~ (4, 0.0%)

1 にゐた, に泊つて夜中, に集つた, の楼上

▼ 時日劇~ (4, 0.0%)

1 へ, へ出る, へ寄っ, へ集合

▼ 時早し~ (4, 0.0%)

1 その時, ということ, 延期せよ, 彼時遅し

▼ 時明らか~ (4, 0.0%)

1 な親鸞, に, に代, に仰がれた

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 の下辺, の閃き, をめぐらした, をも吹き落とし

▼ 時星野~ (4, 0.0%)

1 からの葉書, とだけ書い, のこと, は秦

▼ 時映画~ (4, 0.0%)

1 で見た, というもの, の興味, の試写会

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 の如き, をエヽ, ヲ是認スル如キアラバ, 真翁

▼ 時是公~ (4, 0.0%)

1 が友熊, にこの, の御者, はやあ

▼ 時時男さん~ (4, 0.0%)

1 の持つ, は, は六年生, は年

▼ 時智恵子~ (4, 0.0%)

2 は訪問 1 の電報, はア

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 て人跡, て心, て見せた, て覚えない

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が周公, が然, に當つた, へること

▼ 時月光~ (4, 0.0%)

1 がさつと, が一時, が盲人, は谷底

▼ 時有名~ (4, 0.0%)

21 なワット・サーケー, な掏摸

▼ 時望遠鏡~ (4, 0.0%)

1 にさわる, のプリズム, の円い, を手

▼ 時朝日~ (4, 0.0%)

1 が山の上, の昇る, の特派員, はモン・ブロン

▼ 時木立~ (4, 0.0%)

2 の間 1 の蔭, を離れ

▼ 時札幌~ (4, 0.0%)

2 に着い 1 から蝦夷, の豊平館

▼ 時来っ~ (4, 0.0%)

1 てようやく, て兄上, て失った, て草莽

▼ 時東京駅~ (4, 0.0%)

1 の売店, へ, へ藤川一彦事森繁久弥出征, を滑り出

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 についた, の下, べの兄弟たち, を並べ

▼ 時柱時計~ (4, 0.0%)

2 の音 1 の下, を買った

▼ 時柿本人麿~ (4, 0.0%)

1 が泊瀬部皇女, の作った, の歌った, の献

▼ 時栄介~ (4, 0.0%)

1 が何, はその, はそれ, は考えた

▼ 時栄蔵~ (4, 0.0%)

1 は自分, は額, は顔, もつい

▼ 時校長~ (4, 0.0%)

1 が私, はこう, は妻, ももう

▼ 時案内~ (4, 0.0%)

1 の人夫, の車夫, はもう, も乞わず

▼ 時案内者~ (4, 0.0%)

1 であった梓山, と共に白骨温泉, を同伴, を捕まえ

▼ 時案外~ (4, 0.0%)

2 暖く 1 なほど, に浅薄

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 のさかり, の大木, の梢, の花

▼ 時梯子~ (4, 0.0%)

1 の下, を下りかけ, を登つて, を造り

▼ 時検事~ (4, 0.0%)

1 がルキーン, という職業, に云つた通り, も警部

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 の名士屈原 1 が晉, は孔子

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 くよう, く少数, く間近い所, つて妙な

▼ 時欄干~ (4, 0.0%)

2 の左右 1 に立った, に腰かけ

▼ 時次第~ (4, 0.0%)

1 だが, でをかしく, で徘徊, の気もち

▼ 時次第に~ (4, 0.0%)

1 光を, 無視される, 熱情的な, 私は

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 三に 1 十二時と, 枝は

▼ 時正三君~ (4, 0.0%)

1 の目, はもう, は地震, をかえりみた

▼ 時此方~ (4, 0.0%)

1 から来た, から申す, へ帰らなけれ, へ来た

▼ 時此處~ (4, 0.0%)

1 から脱, に居, に舟, へどんな

▼ 時武井さん~ (4, 0.0%)

1 がそんな, がまた, はかう, はし

▼ 時歩き~ (4, 0.0%)

1 ながらこの, ながらちよ, ながら房江, ながら私

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 か鱗, が茶碗, の生, の療治

▼ 時民衆~ (4, 0.0%)

1 の苦悩, は果して, は歓呼, は爭

▼ 時気がついた~ (4, 0.0%)

1 のだ, んだ, 事であった, 梭は

▼ 時水夫~ (4, 0.0%)

1 が驚, の一人, はひどく, はびつくり

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 のあなた, のふち, の岸づたいに, は暗う

▼ 時泣く~ (4, 0.0%)

1 のは, ものと, 時, 程口惜しく

▼ 時注意~ (4, 0.0%)

1 した, したでは, した筈, して

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 然と 1 の中, の外

▼ 時浅草~ (4, 0.0%)

1 で滝太郎, にいた, の客みたい, の釣り堀

▼ 時深雪~ (4, 0.0%)

1 が, が水, は, は懐

▼ 時清逸~ (4, 0.0%)

2 は自分 1 はまた, は茶の間

▼ 時渡瀬~ (4, 0.0%)

1 の全身, の後ろ, の眼, は酔

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が中心, の水, の背後, の音

▼ 時濃い~ (4, 0.0%)

1 桃いろ, 白粉の, 睫毛から, 雨気が

▼ 時火鉢~ (4, 0.0%)

1 に倚, のはた, のふち, の前

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 につ, の上, の流, は歎

▼ 時烈しく~ (4, 0.0%)

1 吠え出した, 怒りつけて, 沸つてを, 鳴らした号鈴

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 のよう, の舌, はわななきぬ, も水

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 よけに汽船 1 に助, に弁当

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 に帰らん, の奸臣子之, の来る, は軽やか

▼ 時父上~ (4, 0.0%)

1 が珍しく, と自分, の屍, は頻りに

▼ 時片足~ (4, 0.0%)

2 をあげた 1 に非常, の吉次

▼ 時牧之老人~ (4, 0.0%)

2 に伴, に此山

▼ 時犯罪~ (4, 0.0%)

1 が行われた, の主体, の場所, は亦

▼ 時狂気~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 のごとく, のやう

▼ 時猛き~ (4, 0.0%)

2 ヘクト 1 アキリュウス武具善く, メネラオス答へて

▼ 時猛然と~ (4, 0.0%)

2 男を 1 奮い起って, 闘志を

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 之松 1 の胴服, を食べ

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 お念, 十時なりしも, 在手塚氏塾落拓, 強ひ

▼ 時王様~ (4, 0.0%)

1 だけしかいなかった, はこう, は国中, は諸国

▼ 時現実~ (4, 0.0%)

1 となっ, とロマンス, の世界, の姿

▼ 時理由~ (4, 0.0%)

1 あってか, のない, も何, をいう

▼ 時田圃~ (4, 0.0%)

2 に出 1 の中, の溝

▼ 時甲野さん~ (4, 0.0%)

1 は何となく, は振り返っ, は聞いた, は背

▼ 時町子~ (4, 0.0%)

1 が静か, の夫, の手紙, は一ぱい

▼ 時畫工~ (4, 0.0%)

1 はかの, はわれ, は早晩一たび我, は聲

▼ 時異常~ (4, 0.0%)

1 な一つ, な羞恥, に光った, の美し

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 の上 1 の上一面, 替を

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が晴れ, のかかった, を存, 君出来

▼ 時疾く~ (4, 0.0%)

1 その手, に家, に過ぎ, 過ぐる

▼ 時疾翔大力~ (4, 0.0%)

2 はまだ, は上

▼ 時病室~ (4, 0.0%)

2 に患者 1 の方, の襖

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 する警蹕, の上り一番汽車, の汽車, 足す

▼ 時百合子~ (4, 0.0%)

1 はこの, はとても, はチラ, は笑

▼ 時百姓~ (4, 0.0%)

1 のお, の桑作, はそれ, は穿い

▼ 時皆んな~ (4, 0.0%)

1 がさう, が駈け付け, はごく, 大騷ぎをしてゐる隙

▼ 時相談~ (4, 0.0%)

1 して, すれば, をしかけたら, を持ちかけられ

▼ 時真名古~ (4, 0.0%)

1 がうっそり, が一向, の三銃士, は大

▼ 時知り~ (4, 0.0%)

3 合ひ 1 顏なる

▼ 時礼讃~ (4, 0.0%)

1 ということ, の苦行, を修し, を勤行

▼ 時神様~ (4, 0.0%)

1 が幽界, のお力, の玉, は汝

▼ 時程の~ (4, 0.0%)

1 動乱を, 感興が, 深い悲しみ, 興味を以て

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 詳しく家中 1 大きな波, 拗ねて

▼ 時空気~ (4, 0.0%)

1 がもれない, が遠く, は圧, やその

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 なくこの 1 なく一, の固い

▼ 時笑い~ (4, 0.0%)

1 ながら僕, ながら家, ながら笹村, ながら言った

▼ 時笑っ~ (4, 0.0%)

1 たり打っ, てしまえ, てもらいたいです, て行った

▼ 時箱根~ (4, 0.0%)

1 で思ふ, の方, の蘆, の関所

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 元章流 1 が煮える, の飯

▼ 時米国~ (4, 0.0%)

1 で恋愛, の俳優, の鉄道王ハリマン, の雑誌

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 の袙 1 の色, はつと

▼ 時紋也~ (4, 0.0%)

1 がいった, と引き, の体形, を相手

▼ 時納戸~ (4, 0.0%)

1 で私, の方, の障子, らしい板敷

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 の雲 1 の大岩, の大納言

▼ 時細い~ (4, 0.0%)

1 声を, 廊下の, 急な, 窓から

▼ 時紳士~ (4, 0.0%)

1 が来, はす, は男, は突然

▼ 時経れ~ (4, 0.0%)

2 ばほのぼの 1 ど弟, ば経る

▼ 時経験~ (4, 0.0%)

1 が成立, した, した恍惚, するであろう所

▼ 時絶えず~ (4, 0.0%)

1 大風雨, 居ずまひ, 日本を, 穿めて

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 ちし春蘭, つと眼, なば, ぬるかも

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 で老人, と網, につけ, の目

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 入れ歯を, 入歯の, 登城ご, 辞職せよ

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 の島 1 なる天, をとった

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 は何 1 は三度声, は三度聲

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が一匹群, なかま, のカレー料理, 飼いは

▼ 時美奈子~ (4, 0.0%)

2 は母 1 が某, は遥か数段

▼ 時羽織~ (4, 0.0%)

1 の紐, の裾, を新調, を観世音

▼ 時老公~ (4, 0.0%)

1 の口, の顔, は掌, もここ

▼ 時考へ~ (4, 0.0%)

1 て, てもなん, てゐた, て見た

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 たこと, もない, ゆる單調, 慣れたる主

▼ 時聞かされた~ (4, 0.0%)

1 のにフランス, はずです, までわたし, 筈です

▼ 時聲曰~ (4, 0.0%)

4

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が冷, に着けられ, のぬく, の寒

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 がカツ気, がカツ氣, は神速, 重く

▼ 時自ら~ (4, 0.0%)

1 この感情, の不徳, をも失はん, 悲しんで

▼ 時自分たち~ (4, 0.0%)

1 だけの幸福, の一人, の血液, も一しょ

▼ 時自転車~ (4, 0.0%)

1 に乗っ, に乗った, に乗つた, のランプ

▼ 時至る~ (4, 0.0%)

1 ごとに, に及び, まで世, もなほ弟

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 にうながされ, に乗じ, に乘, の盡

▼ 時船長~ (4, 0.0%)

1 として勇ましい, のジョン, はその, は猟

▼ 時芭蕉~ (4, 0.0%)

1 の喉, は, はその, は頓悟

▼ 時花歌~ (4, 0.0%)

2 のすぐ 1 を泪, を迎

▼ 時芳子~ (4, 0.0%)

1 がバタバタ, が第, は彼女, は急

▼ 時若き~ (4, 0.0%)

1 士達に, 獵人獵犬の, 男二人もの, 研究家で

▼ 時茶の間~ (4, 0.0%)

1 から父親, で恒雄, で針仕事, に立っ

▼ 時莞爾~ (4, 0.0%)

1 として微笑みたまえ, に笑い, 笑ったよう, 笑って

▼ 時落した~ (4, 0.0%)

2 んで 1 のだ, んだろう

▼ 時蓬莱和子~ (4, 0.0%)

1 に声, の乗る, の機嫌, は傍

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 だ, の中, の右手, の底

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 月出づ 1 は虫, 黒くな

▼ 時藤吉~ (4, 0.0%)

1 に向い, は, はははあ, はもう

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 の中 1 の奥, の蔭

▼ 時蝶吉~ (4, 0.0%)

1 が起きた, はそれ, は床, は生れ

▼ 時衝立~ (4, 0.0%)

2 の蔭 1 の外, の後

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 摺れの 1 のはじ, の中

▼ 時表門~ (4, 0.0%)

1 から一手, の方, の真只中, をぶらりと

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 にし, にズボン一つ, のまま, の体

▼ 時西洋人~ (4, 0.0%)

1 かしらと思った, が文楽, の手紙, の教師

▼ 時親どの~ (4, 0.0%)

2 の山荘 1 とはそも, はあなた

▼ 時親切~ (4, 0.0%)

2 にし 1 にも或, に弟

▼ 時親類~ (4, 0.0%)

1 が悪い, の亡者共, の娘達, の者共

▼ 時親鸞~ (4, 0.0%)

1 が静か, の詠んだ, は左, は甘える

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 りは 1 りでは, りやさしく

▼ 時誤っ~ (4, 0.0%)

1 て上, て宝素, て本能そのもの, て雄鶏

▼ 時警視庁~ (4, 0.0%)

1 の小田さん, の白井刑事, の花房一郎君, はロシア政府

▼ 時貴公~ (4, 0.0%)

1 の泣声, はいった, は小次郎殿, も共に

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 とした 1 いた, と顔

▼ 時足もと~ (4, 0.0%)

1 からつい, でがたん, のお, の床

▼ 時足許~ (4, 0.0%)

2 で小さい, で細い

▼ 時辰儀~ (4, 0.0%)

1 にてはその, の, の調整, まさに七時

▼ 時農家~ (4, 0.0%)

1 で尋ね, で林檎, の爺さん, の薄暗い

▼ 時近く家~ (4, 0.0%)

3 を出る 1 にかへる

▼ 時近村~ (4, 0.0%)

2 に地芝居 1 の, の里

▼ 時返事~ (4, 0.0%)

1 が少し, をお, をする, をツァ・ルンバ

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 にした, に室生, に森, 意の

▼ 時進ん~ (4, 0.0%)

2 で水 1 でそれ, で返事

▼ 時遊び~ (4, 0.0%)

1 にき, にまいっ, に来た, に来られ

▼ 時過て~ (4, 0.0%)

1 レオニード・グレゴリウィッチは, 又江戸, 私は, 郊外電車に

▼ 時道庵先生~ (4, 0.0%)

1 が屋台, はもう, は八畳, は米友

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 く, く來, く或は, れた原因

▼ 時遺言~ (4, 0.0%)

2 しない 1 して, をし

▼ 時邪魔~ (4, 0.0%)

1 がはいった, になる, の無い, をする

▼ 時部下~ (4, 0.0%)

1 から突, のザベルルス, の一判事, の役人

▼ 時酒屋~ (4, 0.0%)

1 の丁稚, の主, の厮童, の檐下

▼ 時野原~ (4, 0.0%)

2 の北側 1 へは夜一寸おじぎ, へ狩

▼ 時鉛筆~ (4, 0.0%)

1 がふとく, で写し, をけづつたりする場合, をカラリ

▼ 時銀子~ (4, 0.0%)

1 について歩いた, は家, は桟橋, は藤川

▼ 時長く~ (4, 0.0%)

1 影を, 病らって, 逗留し, 道頓堀に

▼ 時長吉~ (4, 0.0%)

2 はまるで, はもう

▼ 時長老~ (4, 0.0%)

1 が出, が戻っ, は今一人, は微笑み

▼ 時閉店~ (4, 0.0%)

1 として本郷, のきまり, の街路, を固守

▼ 時開き~ (4, 0.0%)

1 だから, 二回半といふ, 入りよし, 又

▼ 時開ける~ (4, 0.0%)

1 だけそれ, だけで, のは, 口より

▼ 時降り~ (4, 0.0%)

1 ていらつ, て來, にゃあなりっこなし, の道

▼ 時院長~ (4, 0.0%)

1 が氏名, が現, は少し, は静か

▼ 時~ (4, 0.0%)

2 かず散らひ, きに

▼ 時雨雲~ (4, 0.0%)

1 があった, が月, にきょう, の下

▼ 時零分~ (4, 0.0%)

1 から仕事, から始, から金曜, までこういう

▼ 時電灯~ (4, 0.0%)

1 が急, の輝く, を消さう, を遠く

▼ 時青々~ (4, 0.0%)

1 として居り, として緑, と翠, と茂っ

▼ 時青山~ (4, 0.0%)

1 のいろは, の古賀氏, の姪, の斎場

▼ 時青白い~ (4, 0.0%)

1 月明前, 梔子の, 皮膚の, 龕の

▼ 時頃二人~ (4, 0.0%)

1 が家, でаптека, の寮生, は新宿

▼ 時頃何~ (4, 0.0%)

2 を考へるで 1 の落人, を話した

▼ 時頃出発~ (4, 0.0%)

2 して 1 しカンバ, し燕絶頂

▼ 時頃夕飯~ (4, 0.0%)

1 をすまし, をたのむ, をたべよう, を終った

▼ 時頃急~ (4, 0.0%)

1 に円タク, に思ひ, に着いた, に胃痙攣

▼ 時頃東京~ (4, 0.0%)

1 に着い, へいらつ, へ着き, へ行く

▼ 時頃自動車~ (4, 0.0%)

2 の爆音 1 で出掛け, で街

▼ 時頻りに~ (4, 0.0%)

1 其の意気, 君の, 幸子や, 睡眠を

▼ 時額田王~ (4, 0.0%)

1 が皇太子, の歌った, の詠んだ, は供奉

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が一杯, が殊更, をこの, を出しや

▼ 時風呂~ (4, 0.0%)

1 では苦い, にはいらなかつたら, に入ったら, に持つ

▼ 時颯と~ (4, 0.0%)

2 音し 1 地を, 薄桃色

▼ 時飛行機~ (4, 0.0%)

1 から撒かれた, にし, の舵, はどう

▼ 時飯田町発~ (4, 0.0%)

4 の汽車

▼ 時駒井~ (4, 0.0%)

1 が怪しみ, に発見, はこんな, は鉛筆

▼ 時駿三~ (4, 0.0%)

1 の心理状態, の顔, は徳子, もひろ子

▼ 時騒ぎ~ (4, 0.0%)

1 になる, をきいた, を聞きつけ, を聴い

▼ 時驚いた~ (4, 0.0%)

2 のは 1 ことには, ほどの事

▼ 時高田~ (4, 0.0%)

2 の城下, の市中

▼ 時鬼頭~ (4, 0.0%)

1 の眼, は, は眼, は突然

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 に餌, は悲しい, は最後, は白鳥

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 の方, の若い, や中腹, を隙

▼ 時黄昏~ (4, 0.0%)

1 が少女, には出来らず, に迫つて, の嘆き

▼ 時黄色い~ (4, 0.0%)

1 でっぷりした, 実の, 稲田の, 蝶が

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 なる娑婆世界, は白, 暗の, 焦の

▼ 時~ (4, 0.0%)

1 が少し, が高く, の表現, は穴

▼ 時あかり~ (3, 0.0%)

2 泳ぐ蛙 1 かげるかと

▼ 時あきらめ~ (3, 0.0%)

3 てお金さ

▼ 時あすこ~ (3, 0.0%)

1 でその, にいる, のお

▼ 時あちこち~ (3, 0.0%)

1 と逃惑つて山, みては, をさがし

▼ 時あなた様~ (3, 0.0%)

1 が強, は今夜, は私

▼ 時あのお~ (3, 0.0%)

3 皿が

▼ 時あり泣い~ (3, 0.0%)

2 て辭 1 て辞す

▼ 時いう~ (3, 0.0%)

1 と, とお, 所の

▼ 時いかばかり~ (3, 0.0%)

1 偉大な, 心を, 我の

▼ 時いたれ~ (3, 0.0%)

1 ば, ばこれ, ばたちまち

▼ 時いっ~ (3, 0.0%)

1 ちゃいけない, ていた, てやる

▼ 時いつか~ (3, 0.0%)

1 こうお, は文壇, 思ひ出せるぢ

▼ 時いつの間に~ (3, 0.0%)

1 ついたん, やら鎮まっ, 来たの

▼ 時うけた~ (3, 0.0%)

1 三日月形の, 山の, 強い戦慄

▼ 時うっとり~ (3, 0.0%)

1 してる時, と瞳, 映画俳優を

▼ 時うつる~ (3, 0.0%)

2 この片 1 につれて黄蝋

▼ 時うとうと~ (3, 0.0%)

1 してる自分, と居睡り, 寝ながら

▼ 時うるさい~ (3, 0.0%)

2 ことの 1 場合にのみ

▼ 時えらい~ (3, 0.0%)

1 大師が, 雷雨, 駈落ちを

▼ 時おおかた~ (3, 0.0%)

1 この近所, そうだろう, 褪めて

▼ 時おそく~ (3, 0.0%)

1 先生は, 君らは, 雨の

▼ 時おばあさん~ (3, 0.0%)

1 にけっして, はみな, は顏色

▼ 時および~ (3, 0.0%)

1 した人達, 像法時も, 場所を

▼ 時お前達~ (3, 0.0%)

1 がつまらない, は何處, は鍵

▼ 時お客~ (3, 0.0%)

1 があっ, が二, は機関長

▼ 時お宮~ (3, 0.0%)

1 と自分, の石燈籠, の門

▼ 時お目にかかりました~ (3, 0.0%)

1 あの松虫, ねストレーカさん, のは

▼ 時お祖父さん~ (3, 0.0%)

1 が, が現れ, のそば

▼ 時お祭~ (3, 0.0%)

2 の前 1 をします

▼ 時お腹~ (3, 0.0%)

1 と腰, に物, を召され給う

▼ 時お雪さん~ (3, 0.0%)

1 が乳, の姉さん, の方

▼ 時かういふ~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 んです

▼ 時かえって~ (3, 0.0%)

1 その主人, 涙ぐましいもの, 自由である

▼ 時かで~ (3, 0.0%)

1 あつた, 庭先へ, 重子も

▼ 時かね~ (3, 0.0%)

1 て彼, て彼等, て打合せ

▼ 時かねて~ (3, 0.0%)

1 喋し合わした, 校庭に, 諜し合わせ

▼ 時からずつと~ (3, 0.0%)

1 埼子の, 色彩の, 隅田川の

▼ 時かれこれ~ (3, 0.0%)

1 であつ, に店, 五時に

▼ 時がやがや~ (3, 0.0%)

1 と家, 家の, 排斥さらしよった

▼ 時がんりき~ (3, 0.0%)

1 の百, はどこ, はもう

▼ 時きまつ~ (3, 0.0%)

1 てある, て吐氣, て彼女

▼ 時ぎり~ (3, 0.0%)

1 で何処, で忘れる, の白日夢

▼ 時ぐっと~ (3, 0.0%)

1 下降し, 引入れるよう, 行きつまった

▼ 時こうして~ (3, 0.0%)

1 一緒に, 一緒にかけて, 万遍なく

▼ 時こっそり~ (3, 0.0%)

1 きいて, と中, 自分で

▼ 時この間~ (3, 0.0%)

1 の松公, の軍隊行進曲, 亡くなられた浅井先生

▼ 時こんなに~ (3, 0.0%)

1 付きましたよ, 言って, 附きましたよ

▼ 時ごろ伸子~ (3, 0.0%)

2 と素子 1 のところ

▼ 時ごろ其処~ (3, 0.0%)

1 を出た, を辞した, を辞去

▼ 時ごろ帰宅~ (3, 0.0%)

1 いたしまして, すると, すれば

▼ 時ごろ空~ (3, 0.0%)

2 にはお 1 が晴れた

▼ 時ごろ電話~ (3, 0.0%)

2 がかかっ 1 で輝

▼ 時さがり~ (3, 0.0%)

1 に松葉, やや暑, 長崎船の

▼ 時さながら~ (3, 0.0%)

1 のこの, 天国へ, 身を

▼ 時さも~ (3, 0.0%)

1 ゆかい, 小さいスタニスラウス様, 快よ

▼ 時しかも~ (3, 0.0%)

1 使の, 山神が, 玉虫色の

▼ 時しぐれ~ (3, 0.0%)

3 がまた

▼ 時じつに~ (3, 0.0%)

1 とほう, ふしぎな, 突拍子も

▼ 時すぎ位~ (3, 0.0%)

1 かアド三, までの電車, 迄か

▼ 時すぎ床~ (3, 0.0%)

2 に入った 1 の中

▼ 時すぎ林町~ (3, 0.0%)

1 に行く, へ着, を出

▼ 時すぎ目~ (3, 0.0%)

1 がさめた, がさめる, をさまし

▼ 時すぎ電話~ (3, 0.0%)

1 がこ, で松田トキ子氏来, で速達

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 ッと 1 かと顕

▼ 時そうして~ (3, 0.0%)

1 不具に, 手工が, 自分と

▼ 時そのかみ~ (3, 0.0%)

2 の彼自身 1 この處

▼ 時それでも~ (3, 0.0%)

1 すべて潮合いの, それについて, 二三分は

▼ 時それほど~ (3, 0.0%)

1 にまで無理, ふさわしい歌, 混んでも

▼ 時たとえ~ (3, 0.0%)

1 お約束, その人, 先の

▼ 時たり~ (3, 0.0%)

1 とも, ともすぐさま, とも苦

▼ 時だったろう~ (3, 0.0%)

21 という覚え

▼ 時ちつ~ (3, 0.0%)

1 ともいや, とも叱らない, とも感情

▼ 時ちらちら~ (3, 0.0%)

1 と目蓋, と遠近, と降りかかり

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 からの, てます, ッつ

▼ 時ついた~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 手が

▼ 時つけた~ (3, 0.0%)

1 ばかりの燈火, ままだ, ものだ

▼ 時つめたい~ (3, 0.0%)

2 表情で 1 鉄柵を

▼ 時であったなら~ (3, 0.0%)

1 どれほどこの, 戸を, 自身から

▼ 時であれ~ (3, 0.0%)

1 それが, ば必ず, ば更に

▼ 時でござる~ (3, 0.0%)

1 から水漬, か上げ潮時, 彦兵衛さんという

▼ 時でなかつたら~ (3, 0.0%)

1 そこに, 之に, 奥さんと

▼ 時でなくっ~ (3, 0.0%)

1 ちゃわからない, ちゃ帰っ, ては鉛筆

▼ 時でなけりゃ~ (3, 0.0%)

1 あ出ない, ゆっくり用足し, 又朝っぱら

▼ 時でもさ~ (3, 0.0%)

2 うする 1 ういふ

▼ 時とうに~ (3, 0.0%)

1 バスは, 御主人, 討って

▼ 時とり~ (3, 0.0%)

1 かごは, や, や占方

▼ 時どうやら~ (3, 0.0%)

1 イシ, 家内が, 間違いなく

▼ 時どかどか~ (3, 0.0%)

1 と人込み, と土蔵梯子, と跫音

▼ 時どっと~ (3, 0.0%)

1 下の, 笑い出し店, 起ったの

▼ 時どやどや~ (3, 0.0%)

1 と四五人, と多勢, 二三人の

▼ 時なけれ~ (3, 0.0%)

2 ば人作 1 ば心

▼ 時などで~ (3, 0.0%)

1 そう思う, めんどうが, 家々の

▼ 時などとは~ (3, 0.0%)

1 生れ変ったよう, 違い晴れ晴れ, 違って

▼ 時などを~ (3, 0.0%)

1 御覧なさい, 思うと, 歩き廻る趣味

▼ 時なんとなく~ (3, 0.0%)

1 きまりが, その人物, 亡き祖母

▼ 時なんど~ (3, 0.0%)

1 きでも, は漢文, は特に

▼ 時においてすら~ (3, 0.0%)

1 あくまでもその, 彼は, 彼らは

▼ 時について~ (3, 0.0%)

1 何時に, 傳へる, 語らうと

▼ 時については~ (3, 0.0%)

1 あるいは正法五百年像法千年, 古より, 明日また

▼ 時によ~ (3, 0.0%)

1 それだけの, つていろいろ使ひ, つて人の

▼ 時による~ (3, 0.0%)

1 のだ, のでしょう, 兇も

▼ 時に当たり~ (3, 0.0%)

1 キリスト教を, 往々に, 断然起ち

▼ 時に際して~ (3, 0.0%)

1 かのはかなき, ネルソン伝は, 不折君を

▼ 時のみかど~ (3, 0.0%)

1 がかぐ, だ, 以外を

▼ 時はか~ (3, 0.0%)

1 ぎりあるみつぎものをさへゆるされき, はりは, ますの

▼ 時はからず~ (3, 0.0%)

1 あの公主, 母の, 目に

▼ 時はは~ (3, 0.0%)

1 あと漸く多少, きたる沓, ッと

▼ 時はも~ (3, 0.0%)

1 ウ蕨に, ツと, 少し高い

▼ 時ばかりが~ (3, 0.0%)

1 旅行者の, 眼の, 食べられるので

▼ 時ばかりを~ (3, 0.0%)

1 修行と, 熟睡の, 選んで

▼ 時ひと~ (3, 0.0%)

1 たまりも, はた, はどんな

▼ 時ひとりでに~ (3, 0.0%)

1 フォームは, 上に, 六尺ばかりに

▼ 時ひらり~ (3, 0.0%)

1 と屋根, と樹立, と身

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 ふうと, ふんと, ッと

▼ 時ふともう~ (3, 0.0%)

1 その目の玉, 久しく會つて, 忘れはてたつもり

▼ 時ふらり~ (3, 0.0%)

2 と外 1 と路傍樹

▼ 時ふん~ (3, 0.0%)

1 と云った, と云つた, と言った

▼ 時ぶん~ (3, 0.0%)

1 には皆, はまだ, 撲られなかったの

▼ 時へも~ (3, 0.0%)

1 まあ覗い, 行き先輩, 覚海夫人は

▼ 時ほどに~ (3, 0.0%)

1 慄る, 森口が, 運命の

▼ 時ほん~ (3, 0.0%)

1 たう, たうに私, との甲刑事

▼ 時ぽう~ (3, 0.0%)

2 と頬 1 と云

▼ 時ぽかんと~ (3, 0.0%)

2 して 1 起きた茶店

▼ 時まさか~ (3, 0.0%)

1 お孃さん, 事が, 髪結らしくなくふる

▼ 時ますます~ (3, 0.0%)

1 強固に, 強烈に, 気持が

▼ 時まっ先に~ (3, 0.0%)

1 入学できた, 殺されたの, 目に

▼ 時までしか~ (3, 0.0%)

1 いられないの, 働かなかった, 明いてを

▼ 時までにも~ (3, 0.0%)

2 どうかする 1 何遍と

▼ 時むしろ~ (3, 0.0%)

1 一種の, 世の中は, 深刻な

▼ 時もっとも~ (3, 0.0%)

1 多く用いる, 親しい間柄, 適当な

▼ 時もつ~ (3, 0.0%)

1 こを, と意義, と深く

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 てんで向う, 何もかも悪い, 悪いもん

▼ 時やら~ (3, 0.0%)

1 当将軍家, 政府の, 鏡子が

▼ 時ゆくりなく~ (3, 0.0%)

1 そんな気, もダフウト, 相見

▼ 時ゆっくり~ (3, 0.0%)

1 と千鳥足, 考えて, 逢って

▼ 時よし~ (3, 0.0%)

1 仏寺を, 私たち自らに, 風よしとて

▼ 時よりずつと~ (3, 0.0%)

1 天上の, 痩せこけた手, 痩せては

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 がことごとく, のつまり, の四百余人

▼ 時らしく~ (3, 0.0%)

1 て先生, も思われた, 一人の

▼ 時わたしたち~ (3, 0.0%)

1 の関係, はお前, ははじめて

▼ 時ゐた~ (3, 0.0%)

1 んです, カナリヤである, 場所に

▼ 時をぞ~ (3, 0.0%)

1 うつしける, 移しける, 移しける時

▼ 時をば~ (3, 0.0%)

2 人の 1 築き上げるかの

▼ 時アカイア~ (3, 0.0%)

21 の衆みな之

▼ 時アク~ (3, 0.0%)

1 が上, の浮く, を取っ

▼ 時アヌンチヤタ~ (3, 0.0%)

1 が唇, が我, は幕

▼ 時アラジン~ (3, 0.0%)

1 のお母さん, はかりに, はランプ

▼ 時イデー~ (3, 0.0%)

2 の高き 1 より

▼ 時イヤ~ (3, 0.0%)

1 という, な思い, に麦藁

▼ 時カアル~ (3, 0.0%)

1 は仰向け, は自分, は身

▼ 時カッ~ (3, 0.0%)

2 キリに 1 と輝い

▼ 時カント~ (3, 0.0%)

1 の空間, の立場, は実は

▼ 時ガラス~ (3, 0.0%)

1 がどこ, に残った, のかけら

▼ 時ガヴローシュ~ (3, 0.0%)

1 はその, は後ろ, は突然

▼ 時キリスト~ (3, 0.0%)

1 について二, は母, を通して愛

▼ 時クリヴォフ夫人~ (3, 0.0%)

1 がもし, の屍体, は眼

▼ 時クルリ~ (3, 0.0%)

1 とこたつ, と向き, と向き直りました

▼ 時ケレンコ~ (3, 0.0%)

1 からなに, が落下傘, にむかい

▼ 時コツコツ~ (3, 0.0%)

1 と主屋, と入口, 扉を

▼ 時コルテス~ (3, 0.0%)

1 のメキシコ征服, はモンテスーマ, は初め

▼ 時シン~ (3, 0.0%)

1 とかといふ彼奴等, は油壺, を油壺

▼ 時ジャスト~ (3, 0.0%)

1 に入る, に研究所, までに三原橋

▼ 時ジャヴェル~ (3, 0.0%)

1 は主人, は二人, は身

▼ 時ジュネーブ~ (3, 0.0%)

1 に着く, に着し, のホテル

▼ 時スエコ~ (3, 0.0%)

1 に素早く, を掴, 口走って

▼ 時ズボン~ (3, 0.0%)

1 が見当らなかった, の股, を蒲団

▼ 時ゾッと~ (3, 0.0%)

1 したこと, 寒気が, 身に

▼ 時ダンテ~ (3, 0.0%)

1 とその, はこ, はその

▼ 時ヂュウス~ (3, 0.0%)

1 おほいな, のめづるオヂュシュウス, 遣はせるイーリス

▼ 時ハツ~ (3, 0.0%)

1 と思, と思ひ, と気づきました

▼ 時バター~ (3, 0.0%)

1 を使用, を大, を溶

▼ 時バラバラ~ (3, 0.0%)

1 と森, と駈け寄った, 落ちそう

▼ 時パツ~ (3, 0.0%)

1 と一つ, と一塊, と明るい

▼ 時パーヴェル・パーヴロヴィチ~ (3, 0.0%)

1 が馬車, はやにわに, は門番

▼ 時ヒョイ~ (3, 0.0%)

1 としかも, と気, と眼

▼ 時ビレラフォン~ (3, 0.0%)

1 は怪物, は自分, は馬上

▼ 時フッ~ (3, 0.0%)

1 と歌, と眼, と考えついた

▼ 時フロイス~ (3, 0.0%)

2 はロレンソ 1 が高槻

▼ 時プラットフォーム~ (3, 0.0%)

1 に出, に飛び下りる, の上

▼ 時ベシー~ (3, 0.0%)

1 が戻, が階段, は溜息

▼ 時ベル~ (3, 0.0%)

2 が鳴った 1 が又

▼ 時ホテ・グリ~ (3, 0.0%)

1 で上森, で食事, へ藤山一郎

▼ 時ボルドー~ (3, 0.0%)

1 で汽車, はこれ, を見る

▼ 時ポン~ (3, 0.0%)

1 と何処, と肩, と胸

▼ 時マグロアール~ (3, 0.0%)

1 はいつも, は元気, は方々

▼ 時ラジオ~ (3, 0.0%)

1 でも聞い, も亦, を聞い

▼ 時ヴァランタン~ (3, 0.0%)

1 は云った, は突然, は親切

▼ 時ヴェリチャーニノフ~ (3, 0.0%)

1 の面上, の顏, は嚴

▼ 時一たび~ (3, 0.0%)

1 往きて, 来らば, 見たりと

▼ 時一体~ (3, 0.0%)

1 どうする, どんな考, 己が

▼ 時一分前~ (3, 0.0%)

1 だった, なの, になりました

▼ 時一室~ (3, 0.0%)

1 から皆, に屈託, に籠っ

▼ 時一寸法師~ (3, 0.0%)

1 が, の懐中, をお召

▼ 時一応~ (3, 0.0%)

1 ここを, の真理性, の自己独立性

▼ 時一朝~ (3, 0.0%)

2 にし 1 に憎

▼ 時一木~ (3, 0.0%)

1 の組, はこれ, は之

▼ 時一筋~ (3, 0.0%)

1 の光り, の光明, の風

▼ 時一艘~ (3, 0.0%)

3 の舟

▼ 時一部~ (3, 0.0%)

1 でも二部, の作家自身, 贈って

▼ 時一隅~ (3, 0.0%)

1 から声, に寝, に畠

▼ 時一齊~ (3, 0.0%)

1 にやめられた, に手, に私

▼ 時七日~ (3, 0.0%)

2 の間結跏 1 といふもの

▼ 時万作~ (3, 0.0%)

1 が何処, が鯉, は急

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の眼, の魂, はむくちで

▼ 時三十二分~ (3, 0.0%)

1 だったと, でその, には紐育

▼ 時三十五分の汽車~ (3, 0.0%)

1 に乗っ, に乗れ, はサン・モリッツ

▼ 時三十四分~ (3, 0.0%)

1 でかえり, につく, に発車

▼ 時三年~ (3, 0.0%)

1 に欠員, に缺員, の年期

▼ 時三時ごろ~ (3, 0.0%)

1 になっ, には日, までも勉強

▼ 時三次~ (3, 0.0%)

1 は一眼, は何となく, は夢中

▼ 時三益~ (3, 0.0%)

1 がセリフ, のセリフ, 来り岡庄五

▼ 時三輪さん~ (3, 0.0%)

1 が呟いた, が立ち止まった, は窓

▼ 時上り口~ (3, 0.0%)

1 には男下駄, の三畳, の二畳

▼ 時上流~ (3, 0.0%)

1 から乗り入れた, から女, の方

▼ 時下宿~ (3, 0.0%)

1 にゐる, の晩餐, の老嬢フロイライン・シュメルツァー達

▼ 時下手~ (3, 0.0%)

1 で大道具, の部屋, の高

▼ 時下界~ (3, 0.0%)

1 のこの, の人達, の私

▼ 時下駄~ (3, 0.0%)

1 の端緒, をこしらえた, を穿い

▼ 時与吉~ (3, 0.0%)

1 の鼻, はいよいよ, を見つけ

▼ 時丑松~ (3, 0.0%)

1 の肩, は先輩, は廊下

▼ 時両人~ (3, 0.0%)

1 で種々, とも進ん, の構え

▼ 時両国~ (3, 0.0%)

1 の坂本公園, の雪, へ小屋

▼ 時並木~ (3, 0.0%)

1 の暗い, の松蔭, の陰

▼ 時中尉~ (3, 0.0%)

1 のテオデュール, の後ろ, はある

▼ 時中彼~ (3, 0.0%)

1 の耳, を不愉快, を苛ん

▼ 時中心~ (3, 0.0%)

1 のうち, のなか, へ反射

▼ 時中腰~ (3, 0.0%)

2 に身 1 になっ

▼ 時中西~ (3, 0.0%)

1 が続い, の細君, は立ち上った

▼ 時丸善~ (3, 0.0%)

2 から小包 1 の店

▼ 時主婦~ (3, 0.0%)

1 が, のルコック夫人, は

▼ 時久しく~ (3, 0.0%)

1 なつた, 又度々, 諷誦せられた

▼ 時久米~ (3, 0.0%)

1 の仙人, の直, は何

▼ 時九つ~ (3, 0.0%)

1 であつ, の赤い, ばかりであった

▼ 時九時十時~ (3, 0.0%)

1 となり, と何事, と時間

▼ 時九郎右衛門~ (3, 0.0%)

1 が文吉, が足痛, は文吉

▼ 時乱暴~ (3, 0.0%)

1 したの, で義興水中, に鉢

▼ 時二十七八歳~ (3, 0.0%)

1 であった, であつ, まで生き

▼ 時二十七分~ (3, 0.0%)

1 から支那料理, に北停車場, を過ぎ

▼ 時二十五分発~ (3, 0.0%)

2 の汽車 1 の撫順支線

▼ 時二十分の汽車~ (3, 0.0%)

1 で佐世保, で郊外, に間

▼ 時二時頃~ (3, 0.0%)

1 までありました, までも電灯, 眠れないので

▼ 時二更~ (3, 0.0%)

3 の鐘

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 の支

▼ 時互に~ (3, 0.0%)

1 其の寶物, 斯う, 顔を

▼ 時五人~ (3, 0.0%)

1 のもの, の土蜘蛛, の浪人

▼ 時五六人~ (3, 0.0%)

1 の武士, の者, もの手

▼ 時五分発~ (3, 0.0%)

1 になっ, の列車, の汽車

▼ 時五十七分~ (3, 0.0%)

1 であった, 即ち離陸後二十四分, 着第

▼ 時五十分ごろ~ (3, 0.0%)

1 でした, ですよ, の第

▼ 時五十分の汽車~ (3, 0.0%)

1 でウォーターロー, で八幡, で哈爾賓

▼ 時五十分頃~ (3, 0.0%)

1 であったが, に平, のこと

▼ 時五時六時~ (3, 0.0%)

1 となり, はまるで, は丸

▼ 時五月~ (3, 0.0%)

1 にこれ, の晦日, の腹

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 を掘 1 を指し

▼ 時京吉~ (3, 0.0%)

1 に北, はいきなり, は石段下

▼ 時人声~ (3, 0.0%)

1 がした, して, 静まりて

▼ 時人知れず~ (3, 0.0%)

1 であろうとも, 悲愴陰惨な, 目を

▼ 時人通り~ (3, 0.0%)

2 が絶え 1 が殆

▼ 時今一つ~ (3, 0.0%)

1 の話柄, の赤旗, は漢学

▼ 時今朝~ (3, 0.0%)

1 が六時, へ, 見た息子

▼ 時介氏~ (3, 0.0%)

1 に充分, の事, の注文

▼ 時仏壇~ (3, 0.0%)

1 に亡くなった, の前方, の奥

▼ 時以来一緒~ (3, 0.0%)

3 に二階

▼ 時以来何~ (3, 0.0%)

1 の面白い, をし, んなに

▼ 時伊豆~ (3, 0.0%)

2 の顔付 1 の利島

▼ 時伊達~ (3, 0.0%)

1 がどう, が警察, の顔

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 からかえって, はれるか, へるから

▼ 時会場~ (3, 0.0%)

1 になった, はザッ, はザツ

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の佐太郎, の彦太郎, はもう

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の奴, の妹, れたの

▼ 時住ん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でた, でゐた

▼ 時住職~ (3, 0.0%)

1 の絲山氏, の頭, は大正八年

▼ 時何やら~ (3, 0.0%)

1 の雑誌, むずかしい学校, 裏で

▼ 時何分ごろ~ (3, 0.0%)

1 だから, でしたか, には上

▼ 時何分の汽車~ (3, 0.0%)

1 で一緒, で帰京, に乗る

▼ 時何分何秒~ (3, 0.0%)

1 から春, に始まつ, に終る

▼ 時余所~ (3, 0.0%)

1 からカステラ, の幼い, の読者

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の主題, は自ら創造, は高価

▼ 時作る~ (3, 0.0%)

2 心も 1 心は

▼ 時作家~ (3, 0.0%)

1 の存在, は決して, は豪けれ

▼ 時作物~ (3, 0.0%)

2 は素直 1 は著しく

▼ 時使い~ (3, 0.0%)

1 したの, に出, の者

▼ 時使用~ (3, 0.0%)

1 されたプラカード, した液体, する立派

▼ 時侍女~ (3, 0.0%)

1 が黒塗, はかう, らしい者

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に大曲, に投ぜざる, 呼んで

▼ 時保君~ (3, 0.0%)

1 が又, が正気, が白い

▼ 時信号~ (3, 0.0%)

1 が役に立つ, のリズム, もうけとった

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 で乗り着け, は引きおらざりし, は牛込見附

▼ 時俺ら~ (3, 0.0%)

1 といういわば, の胸, は旅

▼ 時個人~ (3, 0.0%)

1 はまず, は独, より集団

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 もその 1 が云った

▼ 時健康~ (3, 0.0%)

1 な半身, を害し, を気遣った

▼ 時偶然彼女~ (3, 0.0%)

1 がその, と並ぶ, の自信

▼ 時僕たち~ (3, 0.0%)

1 にかけられたら, はどうしても, はまだ

▼ 時兄貴~ (3, 0.0%)

1 が階段, の足, もおれ

▼ 時先師~ (3, 0.0%)

2 が彼 1 はその

▼ 時先輩~ (3, 0.0%)

2 に対して金 1 の大森房吉理学士

▼ 時先達~ (3, 0.0%)

1 はまず, は何とも, は急

▼ 時光る~ (3, 0.0%)

2 花火の 1 ものが

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 たちまち元, は獅子, 偽って

▼ 時入っ~ (3, 0.0%)

1 て来, て来た, て来ました

▼ 時入道~ (3, 0.0%)

1 には何, の魂, はひどく

▼ 時全身~ (3, 0.0%)

1 できく, に少年, の精力

▼ 時全部~ (3, 0.0%)

1 が崛起, の者, の雲粒

▼ 時八つ~ (3, 0.0%)

1 だった私, になる, はその

▼ 時八分~ (3, 0.0%)

1 だ, にこの, 着第

▼ 時八時頃~ (3, 0.0%)

1 には殆, までうつらうつら, 迄働き通した

▼ 時八歳~ (3, 0.0%)

1 の兄, の少女, の私

▼ 時公子~ (3, 0.0%)

1 が言った, の宣給, は言った

▼ 時六人~ (3, 0.0%)

1 の怪人物, の者, 揃って

▼ 時共に~ (3, 0.0%)

1 厚い扉, 室に, 軍馬は

▼ 時其人~ (3, 0.0%)

1 の後, の長き, は雲取山

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の門, より鎖しありき, 府殿は

▼ 時内儀さん~ (3, 0.0%)

1 からこの, は直に, は障子

▼ 時内地人~ (3, 0.0%)

2 の集まり 1 に貰った

▼ 時再発~ (3, 0.0%)

1 したら直ぐ, するやら, の虞

▼ 時処々~ (3, 0.0%)

1 に見える, の山野, を歩いた

▼ 時出入り~ (3, 0.0%)

1 の或, の経師屋, の車夫

▼ 時出港~ (3, 0.0%)

21 して

▼ 時出航~ (3, 0.0%)

21 なので

▼ 時初め~ (3, 0.0%)

1 からかく, に先生, の五時退出

▼ 時別荘~ (3, 0.0%)

1 の四方, の座敷, の門

▼ 時利休~ (3, 0.0%)

21 が賞め言ひとつ

▼ 時利章~ (3, 0.0%)

3 は云

▼ 時到る~ (3, 0.0%)

1 を待っ, を待つ, 所に

▼ 時到頭~ (3, 0.0%)

1 來た, 来たな, 縦横倶楽部の

▼ 時前夜~ (3, 0.0%)

1 からすこし, から買い込ん, 迄の忠実無比

▼ 時前頃~ (3, 0.0%)

1 からカチカチ拍子木, だったでしょうか, 又高柳

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 室から, 将軍の, 綜理ドクタア浜尾司会の

▼ 時加藤~ (3, 0.0%)

1 が再び, の玄関, の玄關

▼ 時勃発~ (3, 0.0%)

2 したサン 1 したの

▼ 時十九歳~ (3, 0.0%)

2 で新潟新聞 1 だったと

▼ 時十五分の汽車~ (3, 0.0%)

1 で帰京, で来る, に乗つた

▼ 時十五分前頃~ (3, 0.0%)

1 から今, だったでしょう, でしょう

▼ 時十八九~ (3, 0.0%)

1 であった総領, で紅顔, にもなりましょう

▼ 時十六~ (3, 0.0%)

1 としてももう, と云う, になった

▼ 時十分すぎ~ (3, 0.0%)

1 おそくなっ, だ, だぜ

▼ 時十四歳~ (3, 0.0%)

1 であったそう, ではじめて, になる

▼ 時千代~ (3, 0.0%)

1 の頭, はいきなり, は嘉代さん

▼ 時千登世~ (3, 0.0%)

1 が口, にゆすぶられ, は圭一郎

▼ 時午後~ (3, 0.0%)

1 に二度, の行事, 屡轎中

▼ 時半ば~ (3, 0.0%)

1 ならん, 広げられた鼡色, 開いたシャツ

▼ 時半文ビル~ (3, 0.0%)

1 へ, へ出る, へ本

▼ 時半眼~ (3, 0.0%)

3 がさめる

▼ 時卓子~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の一つ

▼ 時即座~ (3, 0.0%)

1 には固, に理解, の応急療法

▼ 時原口さん~ (3, 0.0%)

1 がとうとう, は, はうしろ

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に往, に立っ, のあたり

▼ 時厩舎~ (3, 0.0%)

1 の合鍵, の戸締り, の横

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 な絶望的, に神経的, やな

▼ 時又もや~ (3, 0.0%)

1 一時に, 耳の, 青ぞ

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 ありて, とも別れ, は急

▼ 時友だち~ (3, 0.0%)

1 がまわる, ってもの, の

▼ 時反抗~ (3, 0.0%)

1 して, しないで, する手段

▼ 時~ (3, 0.0%)

3 の名人也

▼ 時取り出し~ (3, 0.0%)

2 て愛撫 1 て食う

▼ 時取次~ (3, 0.0%)

1 に出, に現れた, のもの

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 にねます, はなかなか, よ

▼ 時司教~ (3, 0.0%)

1 はいつ, はなお, は冬

▼ 時吉ちゃん~ (3, 0.0%)

1 がひどい, がオンオン, が百足

▼ 時吉原~ (3, 0.0%)

1 ではこの, で袋叩き, の玉屋

▼ 時吉岡~ (3, 0.0%)

1 はわりに, は不意, は今後

▼ 時同人~ (3, 0.0%)

1 が皆んな揃つて, の一人, は新しき

▼ 時同僚~ (3, 0.0%)

1 として知り合っ, の一人, は一口

▼ 時同室~ (3, 0.0%)

1 だつた父親, だつた郵便局長, の若い

▼ 時同家~ (3, 0.0%)

1 に止宿, の山村武兵衛, の庭

▼ 時名古屋~ (3, 0.0%)

1 から一寸別離, にはすでに, の一名妓

▼ 時吹い~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 てきた

▼ 時吹雪~ (3, 0.0%)

1 に行悩み, に行惱, の中

▼ 時呉羽~ (3, 0.0%)

3 之介

▼ 時呉葉~ (3, 0.0%)

1 と二人, は今, は俄

▼ 時呼んだ~ (3, 0.0%)

1 のである, ので新子, のは

▼ 時和尚~ (3, 0.0%)

1 が咳払, の手中, は半蔵

▼ 時哲学~ (3, 0.0%)

1 と実証科学, は単に, は夫

▼ 時嘗て~ (3, 0.0%)

1 一村院を, 采女を, 鮑叔と

▼ 時嘲笑う~ (3, 0.0%)

2 ような 1 ように

▼ 時四分~ (3, 0.0%)

1 を指し示し, を示し, 着雪

▼ 時四十三分~ (3, 0.0%)

2 です 1 とかいうの

▼ 時四十五分の汽車~ (3, 0.0%)

1 すぐ寝台, で帰る, に間

▼ 時四十分ごろ~ (3, 0.0%)

1 でしたわ, にこの, までのアリバイ

▼ 時四十分の汽車~ (3, 0.0%)

1 で巴里, で帰っ, で立つ

▼ 時四十分発~ (3, 0.0%)

1 にて米原, の夜行, の急行

▼ 時四十歳~ (3, 0.0%)

1 であったが, に達し, まだ若

▼ 時四谷~ (3, 0.0%)

2 の家 1 第六国民学校

▼ 時四辺~ (3, 0.0%)

1 の蛙, はいつ, はようやく

▼ 時四阿~ (3, 0.0%)

1 でお待ち, の中, の前

▼ 時国語~ (3, 0.0%)

1 の, の現状, の試験

▼ 時~ (3, 0.0%)

3 を描く

▼ 時土産~ (3, 0.0%)

1 になし, に二冊本, に持っ

▼ 時土間~ (3, 0.0%)

1 の客席, の方, の腰掛け

▼ 時在留~ (3, 0.0%)

1 の日本学生, の米人中, の邦人纔

▼ 時地の利人~ (3, 0.0%)

2 の和 1 の妙用

▼ 時地下室~ (3, 0.0%)

1 から聲高, でま, に起こった

▼ 時地獄~ (3, 0.0%)

1 に堕ち, へ落ち, を思ふ

▼ 時地面~ (3, 0.0%)

1 と居宅, のドン底, は一度

▼ 時坂口~ (3, 0.0%)

1 がお前, は思, は独言

▼ 時城中~ (3, 0.0%)

1 に貯, の支那人, の金人

▼ 時城門~ (3, 0.0%)

1 の扉, より城主, を開い

▼ 時堀口生~ (3, 0.0%)

1 が大きな, の子分, はそれ

▼ 時堀尾君~ (3, 0.0%)

1 に叱られた, の経歴, は

▼ 時堂々たる~ (3, 0.0%)

1 卿相の, 大蓮華, 風采の

▼ 時堤防~ (3, 0.0%)

2 の上 1 に毒

▼ 時報告~ (3, 0.0%)

1 するつもり, に上っ, に接し

▼ 時場合~ (3, 0.0%)

1 が場合, によれ, に応じ

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の向う, を越える, を越した

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に居た, に眠, を出で

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の二圈, は早, は煎茶

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 が近く, の下, を出た

▼ 時墓地~ (3, 0.0%)

1 の中, の外, の東隣

▼ 時墓掘り人~ (3, 0.0%)

1 から目, の札, は

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 い木客, い男, い飛行士

▼ 時~ (3, 0.0%)

3 阿彌

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に及び, は五時半, まけて

▼ 時夕暮~ (3, 0.0%)

1 に小高い, の微光, の窓際

▼ 時夕立~ (3, 0.0%)

1 がやって来た, の後, の様

▼ 時夕食~ (3, 0.0%)

1 しはらん這, となつ, の膳

▼ 時夕飯~ (3, 0.0%)

1 の潮時, の菜, の頃

▼ 時外出~ (3, 0.0%)

1 した時, して, の時

▼ 時外国~ (3, 0.0%)

1 から横槍, で評判, の軍艦

▼ 時外部~ (3, 0.0%)

1 から私, から突然, に通ずる

▼ 時多田君~ (3, 0.0%)

1 はかう, はきつ, は踊り

▼ 時多鶴子~ (3, 0.0%)

1 の手, ははじめて, は長椅子

▼ 時夜中~ (3, 0.0%)

1 にフト目, に二階, に警察

▼ 時夢にも~ (3, 0.0%)

1 思い当りませんでした, 想わぬ災害, 考えなかったこと

▼ 時大丈夫~ (3, 0.0%)

1 たる者, も愚人, 写るは

▼ 時大久保~ (3, 0.0%)

2 に参ります 1 へ帰りました

▼ 時大事~ (3, 0.0%)

2 なもの 1 な大事

▼ 時大佐~ (3, 0.0%)

1 が花, は外出, は貴女

▼ 時大名~ (3, 0.0%)

2 の行列 1 よりは増屋

▼ 時大声~ (3, 0.0%)

1 で笑った, に, にて叫び

▼ 時大学生~ (3, 0.0%)

1 の青木, は例, は引越し

▼ 時大将~ (3, 0.0%)

1 の鬼, は, は腰

▼ 時大尉~ (3, 0.0%)

1 の一子, の服, は戯談

▼ 時大岡殿~ (3, 0.0%)

1 お梅, には榊原家家來伊藤, 然ば

▼ 時大急ぎ~ (3, 0.0%)

2 でみんな私 1 で神戸

▼ 時大根~ (3, 0.0%)

1 には指, は用事, を載せ

▼ 時大概~ (3, 0.0%)

1 の女, はそう, 短い返事

▼ 時大海~ (3, 0.0%)

1 がとどろき, に舟, を見渡してる

▼ 時大王~ (3, 0.0%)

1 この宝, の前, は梯隊

▼ 時天下~ (3, 0.0%)

2 第一 1 の往来そのもの

▼ 時天井裏~ (3, 0.0%)

1 から長, にあ, にひそん

▼ 時天才~ (3, 0.0%)

1 が殆, と凡人, の魂

▼ 時天王寺~ (3, 0.0%)

1 の勝山通り, の自宅, 詣りの

▼ 時失礼~ (3, 0.0%)

1 だが, ながら家, な手紙

▼ 時女主人~ (3, 0.0%)

1 がいう, に乞, の言葉

▼ 時女房づくり~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 時奴隷~ (3, 0.0%)

1 となつ, の蜥蜴, の頭髪

▼ 時好き~ (3, 0.0%)

1 な場所, になった, も嫌

▼ 時妻君~ (3, 0.0%)

1 が頻りに, はご, は産婆

▼ 時始まり~ (3, 0.0%)

1 さ, であるから, ダービンの

▼ 時委しく~ (3, 0.0%)

1 出すつもり, 意見を, 知ること

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 が東照宮 1 の夫

▼ 時子爵~ (3, 0.0%)

1 が精しい, はベッド, は率先

▼ 時子規~ (3, 0.0%)

2 はどこ 1 は夏目先生

▼ 時子規居士~ (3, 0.0%)

1 に手紙, はいよいよ, は余

▼ 時孔生~ (3, 0.0%)

1 がその, の胸, は目

▼ 時孤児~ (3, 0.0%)

1 となり, になっ, になり

▼ 時学生~ (3, 0.0%)

1 として初めて, の静三, は改まつ

▼ 時學校~ (3, 0.0%)

1 から歸つて, へ自分, や親

▼ 時宇治山田~ (3, 0.0%)

3 の米友

▼ 時完全~ (3, 0.0%)

1 にあなた, にあの, に失われた

▼ 時宗右衛門~ (3, 0.0%)

1 が家庭, は五百, は安

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 にかかった, に釣られ, 高くに

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 も下婢, も其の, も室

▼ 時客座敷~ (3, 0.0%)

1 では松山, で声, の背後

▼ 時家庭~ (3, 0.0%)

1 がない, の事情, の切迫

▼ 時家来~ (3, 0.0%)

1 が掛け声, の宇田金五郎, らしい侍

▼ 時宿屋~ (3, 0.0%)

1 でごはん, の女主, の庭

▼ 時寄宿舎~ (3, 0.0%)

1 で夜中, で発病, の二階

▼ 時寝る~ (3, 0.0%)

1 ともなく, 時共に, 時御馳走を

▼ 時寝台~ (3, 0.0%)

1 で熟睡, の中, の掃除

▼ 時寝床~ (3, 0.0%)

1 が軽く, の中, の前

▼ 時寢首~ (3, 0.0%)

2 を掻かれる 1 を掻き

▼ 時寺田先生~ (3, 0.0%)

1 に見せられた, は, は丁度

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に至ら, を遣, 曹が

▼ 時尋ね~ (3, 0.0%)

1 てみた, て行かれるであらう, て行った

▼ 時尋ねる~ (3, 0.0%)

21 と極

▼ 時小一郎~ (3, 0.0%)

1 の眼, は声, は足

▼ 時小便~ (3, 0.0%)

1 で眼, をもっ, を催した

▼ 時小夜子~ (3, 0.0%)

1 がどんなに, のとった, はそう

▼ 時小平太~ (3, 0.0%)

1 ははっと, は勘平, は思わず

▼ 時小林少年~ (3, 0.0%)

1 の恐怖, はただ, は電話

▼ 時小母さん~ (3, 0.0%)

1 が家, に買っ, は二階

▼ 時小池さん~ (3, 0.0%)

1 が二階, と二人, を二階

▼ 時小田刑事~ (3, 0.0%)

1 の部下, は小野龍太郎, は待ちかねた

▼ 時小雨~ (3, 0.0%)

1 がぽつり, の中, の夜

▼ 時小鳥~ (3, 0.0%)

1 の顫, は初めて, を庭

▼ 時少しく~ (3, 0.0%)

1 前に, 失望を, 手数を

▼ 時少なから~ (3, 0.0%)

1 ず一人前, ず逡巡, ず風采

▼ 時尤も~ (3, 0.0%)

1 その所, 多く己, 多く己れ

▼ 時就寝~ (3, 0.0%)

1 たっぷり十一時間, の時, は午後十一時

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 になつて, は公式, 怨んで

▼ 時居合せた~ (3, 0.0%)

1 ものは, 人達の, 男が

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 の棟 1 に登っ

▼ 時屍体~ (3, 0.0%)

1 が少し, の運搬車, をとりかこん

▼ 時山門~ (3, 0.0%)

1 からはいっ, の仁王両個夜まわり, を出

▼ 時岩瀬氏~ (3, 0.0%)

1 の在宅, はふと, も早苗さん

▼ 時左舷~ (3, 0.0%)

1 から眺める, にアフリカ海岸, の方

▼ 時巫女~ (3, 0.0%)

1 が私, は荷物, を見

▼ 時巾着~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 の紐

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の菜園, の邊, を横切る

▼ 時帰った~ (3, 0.0%)

1 とかいうこと, のが, ブルジョアは

▼ 時帰り~ (3, 0.0%)

1 は円タク, 来た神, 途に

▼ 時平気~ (3, 0.0%)

1 でいる, でゐる, で一年

▼ 時年上~ (3, 0.0%)

1 の女, の方, の築山様

▼ 時年下~ (3, 0.0%)

2 の女 1 の方

▼ 時幸い~ (3, 0.0%)

1 にも恵まれた, にも観覧人, 息が

▼ 時幸太郎~ (3, 0.0%)

1 の姿, の店, はいぶかし

▼ 時幸子~ (3, 0.0%)

1 にいつ, は, は悦子

▼ 時幽霊~ (3, 0.0%)

1 は云った, は卓子, は来

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 はその, は軍治, は限り

▼ 時幾日~ (3, 0.0%)

1 でも居りませう, と仰し, に何

▼ 時広い~ (3, 0.0%)

1 ので悦ん, 控所を, 野原を

▼ 時広小路~ (3, 0.0%)

1 で僕, で電車, の露店

▼ 時広島~ (3, 0.0%)

1 の廃墟, の沖合, の焼跡

▼ 時庄造~ (3, 0.0%)

2 はさ 1 はそう

▼ 時度々~ (3, 0.0%)

1 山で, 親しみの, 遊びに

▼ 時庭前~ (3, 0.0%)

1 にちらちら, の一本杉, の樹木

▼ 時建安~ (3, 0.0%)

1 の二十六, の二年秋九月, の十一年

▼ 時廻っ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 ていた

▼ 時廻った~ (3, 0.0%)

1 かア, ばかりである, 頃に

▼ 時弁慶~ (3, 0.0%)

1 がとっ, すこしも騒がず, はおもいました

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 取られたの 1 取れること

▼ 時張飛~ (3, 0.0%)

1 が朱雋, の鞍, は玉座

▼ 時強力~ (3, 0.0%)

2 が燈 1 だった農民組合

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 之助は, 八さんは, 兵衞は

▼ 時当人~ (3, 0.0%)

1 のほか, はもとより, は高等学校

▼ 時形式~ (3, 0.0%)

2 だけは十二分 1 の制約

▼ 時役に立つ~ (3, 0.0%)

1 やうな, ような, んだ

▼ 時彼答~ (3, 0.0%)

1 ふらくねが, ふらく我, へて曰

▼ 時待っ~ (3, 0.0%)

1 てい, てです, てました

▼ 時後れ~ (3, 0.0%)

1 てユーリオ, の鶏, ばせ

▼ 時後悔~ (3, 0.0%)

1 の印, の念, めかしい反省

▼ 時後者~ (3, 0.0%)

1 がより, の書いた, はより

▼ 時徒然~ (3, 0.0%)

2 なるに 1 でおります

▼ 時得た~ (3, 0.0%)

1 ものである, やうに, 私の

▼ 時御所~ (3, 0.0%)

1 から人, の女房頭周防, の東門

▼ 時御者~ (3, 0.0%)

1 は小さな, は話, は驚い

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 た先生, 之ヲ採掘ス山腹東南ニ洞口八十許, 到朝廷

▼ 時徳子~ (3, 0.0%)

1 が頭痛, と結婚, の苦しみ

▼ 時心臓~ (3, 0.0%)

1 が動悸, が胸, へのある

▼ 時心配~ (3, 0.0%)

1 したの, のあまり, をした

▼ 時必ずや~ (3, 0.0%)

1 その筆者, 夫人との, 彼は

▼ 時忍び~ (3, 0.0%)

1 に忍ん, の者共, 起きて

▼ 時快活~ (3, 0.0%)

1 な女, に一座, に叫んだ

▼ 時忽焉~ (3, 0.0%)

2 として湧 1 として二十五

▼ 時性格~ (3, 0.0%)

1 ではなかっ, は性格, や感情

▼ 時怪しい~ (3, 0.0%)

1 呻声が, 女は, 者が

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 とか愛, に離れた, をした

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 かしい気, のない, も外聞

▼ 時恰度~ (3, 0.0%)

1 その時, その町, 通りかかり犯人

▼ 時悉皆~ (3, 0.0%)

1 お話申上げれ, 掠奪され, 頭脳に

▼ 時悠然と~ (3, 0.0%)

2 腰を 1 彼は

▼ 時悲し~ (3, 0.0%)

2 そうな 1 さよりも

▼ 時悲痛~ (3, 0.0%)

1 な表情, に充ちた, はげしき哀號

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に濶ら, の織, も存候もの

▼ 時愈々~ (3, 0.0%)

1 のどかに, 明らかと, 空知川の

▼ 時意次~ (3, 0.0%)

1 が云った, が縁, は中庭

▼ 時意見~ (3, 0.0%)

1 があわない, は決定的, をし

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 から獣, はすぐ, は偽善

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 あり, と云, の反省

▼ 時感心~ (3, 0.0%)

1 した, しただけに, な子

▼ 時慳貪~ (3, 0.0%)

3 に申

▼ 時憤慨~ (3, 0.0%)

1 の情, の極暗殺, の気持

▼ 時懐中~ (3, 0.0%)

1 には僅, に金, わづか

▼ 時我慢~ (3, 0.0%)

1 が出来なくなっ, しきれなくなった, のならぬ

▼ 時或いは~ (3, 0.0%)

1 その以前, 外出時それらの, 寧ろその

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 つて來る, つて入浴し, つて来た

▼ 時房一~ (3, 0.0%)

1 の肩, はそこ, ははじめて

▼ 時所在~ (3, 0.0%)

2 の判然 1 の判らなかつた

▼ 時手早く~ (3, 0.0%)

2 拔かう 1 抜こうまっすぐ

▼ 時手近~ (3, 0.0%)

1 かの林, にあった, の所

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 向うた, 払方の, 重ねた袖

▼ 時打っ~ (3, 0.0%)

2 て変った 1 てから半時間

▼ 時打者~ (3, 0.0%)

1 が走者, は走者, は除外

▼ 時拘引~ (3, 0.0%)

2 されるか 1 するの

▼ 時拝借~ (3, 0.0%)

1 いたしましたベナビデス, した提灯, します

▼ 時持ち前~ (3, 0.0%)

1 のカンシャク, の静か, の靜

▼ 時指先~ (3, 0.0%)

1 でそれ, で蝋燭, にからまっ

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 消えるやう, 消えるよう, 潜るやう

▼ 時描いた~ (3, 0.0%)

1 ものである, 片端から, 物より

▼ 時提灯~ (3, 0.0%)

1 の火, の灯, は抛り出し

▼ 時撮った~ (3, 0.0%)

1 ものだろう, ものには, 写真の

▼ 時政治家~ (3, 0.0%)

1 と経済学者, と經濟學者, のデピユウ氏

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 へた, を按ずれ, を根拠

▼ 時教えられた~ (3, 0.0%)

1 のである, ジードの, 事を

▼ 時散歩~ (3, 0.0%)

1 から帰りまし, にも出たくない, に出

▼ 時斎藤~ (3, 0.0%)

1 が偶然, はこう, は答

▼ 時断然~ (3, 0.0%)

1 反対した, 断わるか, 片髪

▼ 時新しく~ (3, 0.0%)

1 刷って, 考えるの, 自分の

▼ 時新一~ (3, 0.0%)

1 はそう, は夢見る, は既に

▼ 時新一さん~ (3, 0.0%)

1 とわたし, はわたし, は手足

▼ 時新宿~ (3, 0.0%)

1 の桂子, の駅, は街道筋

▼ 時新聞社~ (3, 0.0%)

1 から電話, の客間, へもはいっ

▼ 時新賀~ (3, 0.0%)

1 がだしぬけ, が説明, のすぐ

▼ 時方々~ (3, 0.0%)

1 から買い集める, で発光現象, に投げ捨てた

▼ 時旅行~ (3, 0.0%)

1 して, に経験, のたやすから

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 は後, を衝, 出せば

▼ 時日光~ (3, 0.0%)

1 その部分, に著く, や飯坂

▼ 時日吉~ (3, 0.0%)

1 が取った, のうしろ, はふと

▼ 時早い~ (3, 0.0%)

1 からである, ですこれから, のだす

▼ 時早瀬~ (3, 0.0%)

1 が縁, の懐中, は退っ

▼ 時昂然~ (3, 0.0%)

1 として人々, として孔子, として自今此市

▼ 時明るい~ (3, 0.0%)

1 室の, 真昼の, 窓が

▼ 時明石~ (3, 0.0%)

3 の君

▼ 時春琴~ (3, 0.0%)

1 が, が生んだ, の姉

▼ 時是非~ (3, 0.0%)

1 なく実に, チロルへ, 私に

▼ 時普通~ (3, 0.0%)

1 これを, の人, の産婦

▼ 時暗き~ (3, 0.0%)

2 隅に 1 中に

▼ 時暗中~ (3, 0.0%)

1 で五つ, の飛躍, より躍り出

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 して, の上手, は世

▼ 時書庫~ (3, 0.0%)

1 から, にまだ, の灯

▼ 時書籍~ (3, 0.0%)

1 が文徳殿, やその他, を集め

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 先の, 先着者より, 寄の

▼ 時朝っぱら~ (3, 0.0%)

1 から寝床, から飛ん, の心

▼ 時朝廷~ (3, 0.0%)

1 からの御沙汰, から従四位下弾正少弼, へ奉る

▼ 時朝鮮~ (3, 0.0%)

1 に勢力, の泥濘, の鈴

▼ 時木戸~ (3, 0.0%)

1 に溢れた, に立った, のあく音

▼ 時木村~ (3, 0.0%)

1 の時間, の来, は一生

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 荘の 1

▼ 時未亡人~ (3, 0.0%)

1 の容体, は前, は山路

▼ 時末席~ (3, 0.0%)

1 にあった, に居流れ, の方

▼ 時本人~ (3, 0.0%)

2 は一向 1 がわたくし

▼ 時本堂~ (3, 0.0%)

1 の内, の前庭, の背後

▼ 時本屋~ (3, 0.0%)

1 が, の中, の主人

▼ 時本物~ (3, 0.0%)

1 のトルストイ, の品川, の鳰鳥

▼ 時机竜~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ 時杉山~ (3, 0.0%)

1 がアッ, は立松, は赤星

▼ 時村田~ (3, 0.0%)

1 はふと, は振り返っ, は突然

▼ 時杓子~ (3, 0.0%)

1 でべた, でよく, で飯櫃

▼ 時来会者~ (3, 0.0%)

1 の中, の大伴家持ら, は皆

▼ 時東京監獄~ (3, 0.0%)

1 からその, ではこれ, より押送吏

▼ 時東宝~ (3, 0.0%)

1 へ, へ菊田, 前集合

▼ 時東宝ビル~ (3, 0.0%)

1 へ, へ文芸部皆, へ那波氏

▼ 時東山~ (3, 0.0%)

1 の上, の方, の肩

▼ 時松井~ (3, 0.0%)

2 の心 1 はわけ

▼ 時松本~ (3, 0.0%)

1 が隣室, の城下, はふと

▼ 時柏軒~ (3, 0.0%)

1 の子, は死, は随行

▼ 時柔術~ (3, 0.0%)

1 で足, をやつ, を習

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 の古 1 の木

▼ 時校庭~ (3, 0.0%)

2 にある 1 に土俵

▼ 時根津~ (3, 0.0%)

2 も江戸 1 に茗荷屋

▼ 時桂子~ (3, 0.0%)

1 の右, は何, は写経

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の上, の中, や湯槽

▼ 時植木屋~ (3, 0.0%)

2 が石 1 だけにちょっと

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の父公甚太夫殿此節俄, へ御, やれ

▼ 時横井~ (3, 0.0%)

1 は六十一歳, は左平太, は門人

▼ 時横合~ (3, 0.0%)

1 からずんと, の小道, より

▼ 時横手~ (3, 0.0%)

1 からワッハッハッ, のわき道, のボックス

▼ 時横町~ (3, 0.0%)

1 の入口, の薬屋, を縱

▼ 時橋本~ (3, 0.0%)

1 にこの, はうん, は敷居

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の速力, をみる, を織った

▼ 時機体~ (3, 0.0%)

1 が急, が生, に生ずる

▼ 時機械~ (3, 0.0%)

1 に挟まれ, の間, や機関

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 の音 1 がのこっ

▼ 時櫻木大佐~ (3, 0.0%)

1 に此事, は天文, は稍

▼ 時歌舞伎座~ (3, 0.0%)

1 で, の新派, へ

▼ 時正に~ (3, 0.0%)

1 その時, たじたじと, 五十歳にな

▼ 時正太~ (3, 0.0%)

1 が首, は床の間, は苦し

▼ 時正岡~ (3, 0.0%)

1 に下宿, の絵, の繪

▼ 時正成~ (3, 0.0%)

1 の故事, の本陣, はふたたび

▼ 時此人~ (3, 0.0%)

1 の手, は僕, は茫々

▼ 時此家~ (3, 0.0%)

1 の主人, の伯父さん, へ引

▼ 時此間~ (3, 0.0%)

2 亡くなつた池邊君 1 亡くなった池辺君

▼ 時歴史~ (3, 0.0%)

1 で教, に血, は常に

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 るか, るとも, るの

▼ 時死に~ (3, 0.0%)

1 そくな, 對し, 瀕し

▼ 時死体~ (3, 0.0%)

1 から離れ, とは反対, はどっち

▼ 時殺された~ (3, 0.0%)

1 こちらの, って好い, つて好い

▼ 時殿下~ (3, 0.0%)

1 ではなく, のお, は白い

▼ 時母堂~ (3, 0.0%)

1 が何, が渡台, の心配そう

▼ 時母様~ (3, 0.0%)

2 は私 1 の計らず

▼ 時毎度~ (3, 0.0%)

1 その近傍, 有難うと, 頼まれて

▼ 時民子~ (3, 0.0%)

1 の胸, はやつ, は妊娠九カ月

▼ 時気の毒~ (3, 0.0%)

1 がるよう, だという, に思っ

▼ 時気絶~ (3, 0.0%)

1 から甦った, から甦生, して

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に路, のよう, の下

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 と稱 1 は之

▼ 時河鹿~ (3, 0.0%)

3 が啼いてた

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 は亦, は更に, は隨つて

▼ 時浅井~ (3, 0.0%)

1 は二階, は少し, もお

▼ 時浜田~ (3, 0.0%)

1 からもいい, の顔, は自分

▼ 時浜辺~ (3, 0.0%)

1 と海, に一人, の砂山

▼ 時浪人~ (3, 0.0%)

1 されました, はちょい, 仕つり其後京都

▼ 時浴場~ (3, 0.0%)

1 にいた, に何者, の中

▼ 時海中~ (3, 0.0%)

1 にストロンボリ, に墜落, に灯台

▼ 時海底~ (3, 0.0%)

2 が青く 1 の泥

▼ 時海豚~ (3, 0.0%)

2 の群 1 は群れ

▼ 時海賊~ (3, 0.0%)

1 にさら, に救われ, の匿

▼ 時海軍~ (3, 0.0%)

1 に入り, の将校, の水雷庫

▼ 時消え~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 てしまう

▼ 時淋しく~ (3, 0.0%)

1 ありませんか, はあった, 幽かに

▼ 時淑女~ (3, 0.0%)

1 あたかも蒼め, ほ, わが語らざる

▼ 時渠等~ (3, 0.0%)

2 のうち 1 の姿

▼ 時満潮~ (3, 0.0%)

2 の水 1 で川

▼ 時演劇~ (3, 0.0%)

1 の前途, の本質, は既に

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 と持前, と百頁, 頭を

▼ 時澄子さん~ (3, 0.0%)

1 が訊ねた, と私, はもう

▼ 時激しい~ (3, 0.0%)

1 稲光が, 苦痛なし, 苦痛を

▼ 時瀕死~ (3, 0.0%)

1 の娘, の怪我人, の苦しみ

▼ 時烈しい~ (3, 0.0%)

1 お声, 風が, 食慾を

▼ 時無から~ (3, 0.0%)

21 ん白雲は

▼ 時無聊~ (3, 0.0%)

2 に堪えざる 1 に苦しむ

▼ 時~ (3, 0.0%)

3 出されの

▼ 時焼失~ (3, 0.0%)

1 したと, しました, するに

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に巻け, のよう, を噴く

▼ 時熊太郎~ (3, 0.0%)

1 がそう, はわざと, は数歩

▼ 時熊野~ (3, 0.0%)

1 のタカクラジ, は何, 御参詣

▼ 時父子~ (3, 0.0%)

2 の間 1 が後鳥羽上皇

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 っ方, まけぬ, 頬を

▼ 時片隅~ (3, 0.0%)

1 にいる, に猫, の椅子

▼ 時牛乳~ (3, 0.0%)

1 と果汁少量, を飲ん, 搾の

▼ 時牧野さん~ (3, 0.0%)

1 の松濤, の生き生き, は三十六

▼ 時犠牲~ (3, 0.0%)

1 になった, に供, の叫び

▼ 時独り~ (3, 0.0%)

1 つくづくと, で歩く, で食卓

▼ 時狭い~ (3, 0.0%)

1 坑道は, 川を, 濠を

▼ 時狼狽~ (3, 0.0%)

1 した加十, した地主, の色

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 風俄に 1 狒は

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 に行った 1 へ行った

▼ 時獅子~ (3, 0.0%)

1 に虐待, の脳漿, も新た

▼ 時獨逸~ (3, 0.0%)

1 の士官等, の新しい, を去つ

▼ 時玄徳~ (3, 0.0%)

1 がこう, の舎弟関羽, は

▼ 時率然~ (3, 0.0%)

1 とコンプレヘンド, と宮家, と新九郎

▼ 時現場~ (3, 0.0%)

1 ちかくの, にいあわせなかった, にいた

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 を第 1 を中心

▼ 時甚兵衛~ (3, 0.0%)

1 が末弟, と惣八郎, はある

▼ 時甚内~ (3, 0.0%)

1 の乞う, は正直, は馬

▼ 時生れた~ (3, 0.0%)

1 のが, のである, 娘です

▼ 時生んだ~ (3, 0.0%)

2 娘でした 1 私生児の

▼ 時生垣~ (3, 0.0%)

1 の向う, の外, の蔭

▼ 時生憎~ (3, 0.0%)

1 こらへられぬ, と一両ふところ, 扉が

▼ 時生来~ (3, 0.0%)

1 なる瞽, の陽気性, 始めて

▼ 時用いた~ (3, 0.0%)

1 のは, 幕の, 言葉を

▼ 時用いる~ (3, 0.0%)

1 ための, 無文の, 背中当である

▼ 時用事~ (3, 0.0%)

1 あって, があっ, が出来

▼ 時用意~ (3, 0.0%)

2 して 1 全く成る

▼ 時田口~ (3, 0.0%)

1 から引き受けた, の唇, ははたして

▼ 時田町~ (3, 0.0%)

3 の高利かし

▼ 時田鶴子さん~ (3, 0.0%)

1 が, と僕, は

▼ 時由子~ (3, 0.0%)

1 は, はパン, は紅玉色

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の刻ごろ, 上げるであろう, 上げる事

▼ 時男の子~ (3, 0.0%)

1 が生れたら申し出る, は強い, は彼

▼ 時男湯~ (3, 0.0%)

1 の方, へ入, へ入っ

▼ 時画室~ (3, 0.0%)

1 の主, の外, の扉

▼ 時番人~ (3, 0.0%)

1 が白い, に雇, の目

▼ 時病死~ (3, 0.0%)

1 いたしました, して, しブウリー

▼ 時発狂~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 時発田~ (3, 0.0%)

1 のシロホン, の店, の身体

▼ 時発見~ (3, 0.0%)

1 された, したの, の事

▼ 時白洲~ (3, 0.0%)

1 で調べあげた, に引き出され, の端

▼ 時白鷺~ (3, 0.0%)

1 が一羽, が驚い, の一羽

▼ 時皇帝~ (3, 0.0%)

1 がその, は知事, は興奮

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の酒, をやりとり, を隣

▼ 時監督~ (3, 0.0%)

1 に廻っ, のお爺さん, をはじめ板張

▼ 時目前~ (3, 0.0%)

1 にある, に見たる, に見る

▼ 時目尻~ (3, 0.0%)

2 の皺 1 でこう

▼ 時直木~ (3, 0.0%)

2 は紺絣 1 にこういう

▼ 時直木氏~ (3, 0.0%)

1 がずつと傑, の, の家

▼ 時看護~ (3, 0.0%)

1 して, に帰つて, に歸つて來

▼ 時眞先~ (3, 0.0%)

1 に宣んし, に彼, に驅

▼ 時真理~ (3, 0.0%)

1 とは主観的相互, は人, は理論

▼ 時眠く~ (3, 0.0%)

1 てならぬ, て弱った, なった時

▼ 時眠っ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ている

▼ 時眠り~ (3, 0.0%)

1 ながら彼女, ながら考え, 夢の

▼ 時着いた~ (3, 0.0%)

1 のでしょう, 手紙に, 森成さんが

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 が曇つて來, の先, をじっと

▼ 時知っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ていましたら, ているだろう

▼ 時知らず大根~ (3, 0.0%)

1 といふ名, を半, を播く

▼ 時砂糖~ (3, 0.0%)

1 と牛乳, の焦げる, をとかした

▼ 時神父~ (3, 0.0%)

1 に向, に対して右近口説落し, は答

▼ 時神田~ (3, 0.0%)

2 の小学校 1 から出た

▼ 時神経衰弱~ (3, 0.0%)

1 とか号, になった, を起し

▼ 時禎輔~ (3, 0.0%)

1 は別に, は吸い, は昌作

▼ 時福次郎~ (3, 0.0%)

1 は, はまだ, は少し

▼ 時秀ちゃん~ (3, 0.0%)

1 が吉ちゃん, の方, も顔

▼ 時秀子~ (3, 0.0%)

1 の事, は余, は指

▼ 時秘書官~ (3, 0.0%)

1 が気, に使っ, に使つて以来

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の白起, はふい, は懐

▼ 時移す~ (3, 0.0%)

3

▼ 時程は~ (3, 0.0%)

1 今つくねんと, 淋しい心, 腹も

▼ 時稲妻~ (3, 0.0%)

1 が閃, のよう, はすでに

▼ 時空地~ (3, 0.0%)

1 の入口, の彼方, の遠方

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 として一つ, として横あい, 立ちたれ

▼ 時竜子~ (3, 0.0%)

1 は何, は母, は毎日母

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 で破ぶいた, につく, の杖

▼ 時笹田執事~ (3, 0.0%)

1 がまた, の案内, は用事

▼ 時範宴~ (3, 0.0%)

1 の耳, は水煙, は河内

▼ 時篤と~ (3, 0.0%)

1 この大黒, 御話申上ぐべく候, 見て

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 となつ, と時流, を加味

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 をあげる, をもて操らるる, 切れて

▼ 時系列~ (3, 0.0%)

1 をなさない, をなし, をなすなら

▼ 時紀昌~ (3, 0.0%)

2 の方 1 といふもの

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に従って近, の如く, 五十名の

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 ちやんは, 吉は, 清の

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に三文字, の問題, を貼りたる

▼ 時紙袋~ (3, 0.0%)

2 の中 1 に取り分け

▼ 時素直~ (3, 0.0%)

1 にあやまれなかった, にタバコ, に上洛

▼ 時紹介~ (3, 0.0%)

1 して, もなし, をせん

▼ 時終る~ (3, 0.0%)

1 かわからぬ, か判然, といふの

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 のさら, を裂く, 摺れの

▼ 時総身~ (3, 0.0%)

1 に或, に水, を心

▼ 時練吉~ (3, 0.0%)

1 が又, はぐつと盃, は唇

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 を強く, を後, を高く

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 次は 1 手が

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 もねえ, も報, をお作り

▼ 時置い~ (3, 0.0%)

1 ていった, て応えた, て行った

▼ 時美くし~ (3, 0.0%)

1 い友禅, い月, い灯かげ

▼ 時美佐子~ (3, 0.0%)

1 が何, はそうした, はそれ以上

▼ 時美登利立出~ (3, 0.0%)

21 でていざ

▼ 時義兄~ (3, 0.0%)

1 が其素行, は北牟婁, は御飯

▼ 時義家~ (3, 0.0%)

1 が時, はいつも, は家来たち

▼ 時義男~ (3, 0.0%)

1 がい, が生活, は二階

▼ 時義経~ (3, 0.0%)

2 少しも 1 の高館

▼ 時習った~ (3, 0.0%)

1 ツウホワイトという, 書物を, 簿記丈け

▼ 時習館~ (3, 0.0%)

1 において藩, の教授, の沿革

▼ 時老い~ (3, 0.0%)

1 たる父母, て病痩眼闇, ぼけた坊主

▼ 時老爺~ (3, 0.0%)

1 は庭, も知らざりし, を呼ん

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 うる隙, への中, へもしなかつた

▼ 時考え~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 は必ず

▼ 時考えた~ (3, 0.0%)

1 のであります, のは, 事は

▼ 時聞く~ (3, 0.0%)

1 ことの, もの悉く, 物音は

▼ 時自殺~ (3, 0.0%)

1 して, しなかったの, せしならば

▼ 時至ら~ (3, 0.0%)

1 ば心, ば自己, ば莠

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 よりうけし, をちょろ, 舐めずりを

▼ 時舞臺~ (3, 0.0%)

1 には誰, に居た, の隅

▼ 時良一~ (3, 0.0%)

1 はほっと, は実に, は用件

▼ 時良助~ (3, 0.0%)

1 は何, は使, は田原さん

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 の原 1 の中

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の神明樣, の青松寺, の鞆絵小学校

▼ 時芥川~ (3, 0.0%)

1 がそれ, と議論, は玄關

▼ 時芥川君~ (3, 0.0%)

1 が言, の顏, は芭蕉

▼ 時花子~ (3, 0.0%)

1 がかすか, は目暈, は眼

▼ 時若く~ (3, 0.0%)

1 て死んだ, は三時, は不埒

▼ 時若旦那~ (3, 0.0%)

1 が何, の一行, はお

▼ 時若者~ (3, 0.0%)

1 が露骨, の眉, は焼

▼ 時苦しい~ (3, 0.0%)

1 ながらこう, 中にも, 時などによって

▼ 時英子~ (3, 0.0%)

1 がやって来る, ははらはら, はよく

▼ 時茶店~ (3, 0.0%)

1 の中, の軒, へ休ん

▼ 時草原~ (3, 0.0%)

2 に露 1 の果て

▼ 時荊州~ (3, 0.0%)

1 から弔問, に行っ, は呉

▼ 時菊女~ (3, 0.0%)

1 が声, に声, は嬉し

▼ 時落葉~ (3, 0.0%)

2 ともつかず 1 のご

▼ 時著者~ (3, 0.0%)

1 と自分, の如き, はもはや

▼ 時葬式~ (3, 0.0%)

1 に采配, のこと, の時

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 で声, で聲, の方

▼ 時藤吉郎~ (3, 0.0%)

1 が見えた, の影, は振り向い

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の上邸, の悪, の造士館

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 と蛇 1 来り泰

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 がぎゃッ, の聲, は一齊

▼ 時蜘蛛~ (3, 0.0%)

1 が嫌い, の巣, を生捕り

▼ 時蜜柑~ (3, 0.0%)

1 のフライ, の皮, 転こ

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 が鳴き, は鳴きしきっ, また酔人

▼ 時蝙蝠~ (3, 0.0%)

2 でも飛ん 1 に於

▼ 時蟋蟀~ (3, 0.0%)

1 が之, に変りけん, の声

▼ 時衆人~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の前

▼ 時行燈~ (3, 0.0%)

1 の有明, を多く, を持っ

▼ 時街道~ (3, 0.0%)

1 から磯, へ二つ, を右

▼ 時衣服~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の制限, を作る

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 の中 1 のなか

▼ 時被告~ (3, 0.0%)

1 となっ, はどんな, は証人

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 がはらりと, へ付いた, へ附いた

▼ 時西北~ (3, 0.0%)

1 から真, の方, の水平線

▼ 時見よ~ (3, 0.0%)

1 そこには, それは, 栄光と

▼ 時見物人~ (3, 0.0%)

1 が皆, の中, はひとり

▼ 時見物席~ (3, 0.0%)

1 のほう, の一隅, の方

▼ 時覚えた~ (3, 0.0%)

1 ものだ, 唱歌までも, 流行唄を

▼ 時覚悟~ (3, 0.0%)

1 して, をきめ, を極めた

▼ 時親さま~ (3, 0.0%)

1 といっ, にはついに, はあなたさ

▼ 時親戚~ (3, 0.0%)

1 から戴きました, の女, の張閑雲

▼ 時親方~ (3, 0.0%)

21 はまた

▼ 時親知らず~ (3, 0.0%)

2 の約束 1 でもらつた

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 なんど謂える

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に立, に立止つて向う, に近傍

▼ 時話した~ (3, 0.0%)

1 けれども誰, のが, 事です

▼ 時話題~ (3, 0.0%)

1 になつて, に上せた, はさ

▼ 時諸人~ (3, 0.0%)

1 が歌, が競う, の彼

▼ 時警官~ (3, 0.0%)

1 が課長, に連れられ, の懐中電燈

▼ 時警部~ (3, 0.0%)

21 の眼

▼ 時護り~ (3, 0.0%)

2 刀の 1 の人たち

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 が些細, のよう, はその

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 て心得, て校庭, て盜ん

▼ 時貫一~ (3, 0.0%)

1 は始めて, は既に, は蹶起

▼ 時貰う~ (3, 0.0%)

1 んです, 筈であった, 銅貨の

▼ 時貴人~ (3, 0.0%)

2 のお 1 は女

▼ 時貴婦人~ (3, 0.0%)

1 の母親, の頬杖, はその

▼ 時貴様~ (3, 0.0%)

1 が最初, は運命, も落第

▼ 時賊軍~ (3, 0.0%)

1 に加わっ, に味方, 怖れ走っ

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 かな笑い声, かな街, かに古

▼ 時赤ん坊~ (3, 0.0%)

1 がどこ, が湯気, の泣声

▼ 時赤彦君~ (3, 0.0%)

21 のうしろ

▼ 時走っ~ (3, 0.0%)

1 て来, て来た, て来る

▼ 時走り~ (3, 0.0%)

1 に走った, 寄ったラシイヌ, 寄って

▼ 時起っ~ (3, 0.0%)

1 て手水, て抵抗, て来る

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の眞, の真似, の輪

▼ 時軍隊~ (3, 0.0%)

2 の事情 1 は同じその

▼ 時軽い~ (3, 0.0%)

1 抗議を, 音を, 風が

▼ 時軽部~ (3, 0.0%)

2 は大きな 1 はまちがい

▼ 時轟然~ (3, 0.0%)

1 たる大, として天地, と傾城塚

▼ 時辛うじて~ (3, 0.0%)

1 ウルップという, 蒼ざめた微笑を, 食堂に

▼ 時迄で~ (3, 0.0%)

1 これが, 切り上げ迎, 切上げること

▼ 時近き~ (3, 0.0%)

1 あたりの, 家の子等と, 比には

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 つ立てるやう, ひつい, 駈けたの

▼ 時通ら~ (3, 0.0%)

3 でも事

▼ 時通りかかった~ (3, 0.0%)

1 上級生が, 女が, 濠端で

▼ 時速く~ (3, 0.0%)

1 その脇下, たちまち猪, また蛙め

▼ 時運転手~ (3, 0.0%)

1 と並ん, の兵隊, の顔

▼ 時過ぎざる~ (3, 0.0%)

2 さきに 1 先に

▼ 時過ぎます~ (3, 0.0%)

3

▼ 時過ぎ私~ (3, 0.0%)

1 が帰っ, は公園, は目

▼ 時過である~ (3, 0.0%)

2 のに瑠璃子 1 が私

▼ 時過と~ (3, 0.0%)

1 も思はれる, も成し, 云ふ

▼ 時道也~ (3, 0.0%)

1 と妻君, はまた, は別に

▼ 時道具裏~ (3, 0.0%)

2 の暗い 1 で高声放談

▼ 時道路~ (3, 0.0%)

1 に面した, のむこう, の方

▼ 時遠藤~ (3, 0.0%)

1 はフッ, は明晩西の宮支店, は真赤

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 し賜う, 使入朝自, 場に

▼ 時適当~ (3, 0.0%)

1 なの, なる第, に法炉

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 かに独言, かに群集, に身

▼ 時部落~ (3, 0.0%)

1 の人々, の人達, の後

▼ 時酒宴~ (3, 0.0%)

1 の備整, の席, の興

▼ 時酷く~ (3, 0.0%)

1 お濡れ, 減つて畢つた, 自分の

▼ 時里虹~ (3, 0.0%)

1 が村次郎, の前, は写楽

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 そうな 1 右衛門は

▼ 時金兵衛~ (3, 0.0%)

1 は一通, は指, は皺だらけ

▼ 時釣瓶~ (3, 0.0%)

1 に障る, のよう, の底

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 の音 1 を打つ

▼ 時鈴子夫人~ (3, 0.0%)

1 が, が現, が現れる

▼ 時鈴江~ (3, 0.0%)

1 は二人, は居間, は行く手

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 が一番先, が純, のサイド

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 のギザギザ 1 いろの

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の台尻, を取った, 忽ち鳴る

▼ 時錦橋~ (3, 0.0%)

1 の墓, の曾祖父嵩山, の養子二世瑞仙

▼ 時~ (3, 0.0%)

2 の音 1 甲高く鳴りひびく

▼ 時鎮子~ (3, 0.0%)

1 の全身, の眼, は法水

▼ 時鏘然~ (3, 0.0%)

2 と太刀音 1 と光っ

▼ 時長き~ (3, 0.0%)

1 哀哭の, 大息に, 廊下の

▼ 時長兄~ (3, 0.0%)

1 のいる, は不在, もいろいろ

▼ 時長太郎~ (3, 0.0%)

1 だけはいっしょ, だけは一, は始め

▼ 時長崎~ (3, 0.0%)

1 に入港, に遣, を出発

▼ 時開会~ (3, 0.0%)

1 というの, を二十分, を知らせる

▼ 時開幕~ (3, 0.0%)

1 が少し, のベル, の電鈴

▼ 時閑子~ (3, 0.0%)

1 のあと, はしばらく, は大

▼ 時陽子~ (3, 0.0%)

1 が写真, は, は木崎

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 があった, が見えた, を覗つて鸚哥

▼ 時雁江~ (3, 0.0%)

1 はふと, は絹江, は耳

▼ 時離屋~ (3, 0.0%)

1 で恐ろしい, には, の東側

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 にし, を憂, を避け

▼ 時雲隠れ~ (3, 0.0%)

2 して 1 したそう

▼ 時電気~ (3, 0.0%)

1 が来た, で発する, に感じ

▼ 時露路~ (3, 0.0%)

1 に隠れ, のあちこち, の口

▼ 時露骨~ (3, 0.0%)

2 に僕 1 に嫌悪

▼ 時青く~ (3, 0.0%)

1 て丸い, なった小学校長, なって

▼ 時青山君~ (3, 0.0%)

2 が瓢箪 1 が聞いた

▼ 時青森~ (3, 0.0%)

2 に着き 1 で沢井君

▼ 時音楽~ (3, 0.0%)

1 に一生, に功労, を習おう

▼ 時頂き~ (3, 0.0%)

1 にて四時間霧, に上り, に立ち

▼ 時頃うち~ (3, 0.0%)

1 へかえり, へ帰った, を飛び出した

▼ 時頃おい~ (3, 0.0%)

2 でになる 1 でになります

▼ 時頃それ~ (3, 0.0%)

1 から一, が済ん, を言

▼ 時頃わたし~ (3, 0.0%)

2 は麹町 1 は鵞鳥

▼ 時頃ホテル~ (3, 0.0%)

1 に歸つてなに, のグリル, へかえった

▼ 時頃一緒~ (3, 0.0%)

1 に, に家, に寺島君

▼ 時頃上野公園~ (3, 0.0%)

1 の菊ちゃん, の菊ちやん, へ現われた

▼ 時頃五所川原駅~ (3, 0.0%)

2 に着いた 1 で五能線

▼ 時頃品子~ (3, 0.0%)

3 が朝

▼ 時頃女中~ (3, 0.0%)

1 が, にふられ, のクレマン

▼ 時頃小便~ (3, 0.0%)

2 に起き 1 に起きる

▼ 時頃帰つて~ (3, 0.0%)

1 くる, 来たら好い, 来ました

▼ 時頃散歩~ (3, 0.0%)

1 して, しながら, に出

▼ 時頃此処~ (3, 0.0%)

1 からお, で落合う, で見た

▼ 時頃歸つて來~ (3, 0.0%)

1 た, て一寸目, るんで

▼ 時頃玄関~ (3, 0.0%)

1 に, にかかる, の戸

▼ 時頃船~ (3, 0.0%)

1 に戻つた, は種子島, を一つ目

▼ 時頃表~ (3, 0.0%)

1 から仲間, のテレース, へ出

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 や衿筋, をすれすれ, を蔽

▼ 時頼朝~ (3, 0.0%)

1 の露, はわしら二人, は奥

▼ 時風邪~ (3, 0.0%)

2 を引いた 1 をひい

▼ 時飛び出し~ (3, 0.0%)

1 て行っ, て逃げた, はしない

▼ 時食卓~ (3, 0.0%)

1 に本, の端, の話題

▼ 時食後~ (3, 0.0%)

1 に箸, の煙草, の腹ごなし

▼ 時馬丁~ (3, 0.0%)

2 が馬 1 に連れられ

▼ 時馬琴~ (3, 0.0%)

1 が大変ひいき, はにわかに, は初めて

▼ 時高城~ (3, 0.0%)

1 が花田, は角, を射殺

▼ 時高木~ (3, 0.0%)

1 から受けた, がわざとらしい, はいや

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 が戸外, をひねる, を剃り

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 が島, が此方, の坊さん

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の抜けた, は極めて, も心

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 に傳, の軍勢, を正統

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 かな印象, かな支那服, しいクリーム

▼ 時鶴子~ (3, 0.0%)

1 のところ, はだいぶ, は自分

▼ 時鶴雄~ (3, 0.0%)

1 はその, はほっと, は前方

▼ 時麹町~ (3, 0.0%)

1 の宅, の曲淵, の紙問屋山一

▼ 時黄金丸~ (3, 0.0%)

1 は声, を膝近く, 思ふやう

▼ 時黒吉~ (3, 0.0%)

1 の心, はこってり, は消毒薬

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 の事, の音, を探す

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 が鳴鏑, の走る, を食うた

▼ 時~ (3, 0.0%)

1 しくあら, しく瞬くに, の宣王

▼ 時あき~ (2, 0.0%)

1 大満員, 秋晴天高肥馬的の

▼ 時あきだ~ (2, 0.0%)

1 が今度, が思はし

▼ 時あざやか~ (2, 0.0%)

1 な紅, に蘇っ

▼ 時あたい~ (2, 0.0%)

1 のもと, は云われた

▼ 時あっと~ (2, 0.0%)

1 言う隙, 驚いて

▼ 時あなた比丘尼~ (2, 0.0%)

2 となりましょう

▼ 時あはれ~ (2, 0.0%)

1 ふたたび, 仰ぐは

▼ 時あばれ出す~ (2, 0.0%)

2 か知れ

▼ 時あやまっ~ (2, 0.0%)

1 て瓶, て足

▼ 時あやめ~ (2, 0.0%)

2 を生ん

▼ 時ありき~ (2, 0.0%)

2 日も

▼ 時あんどん~ (2, 0.0%)

2 を持

▼ 時あゝ~ (2, 0.0%)

1 これが, 悪い事

▼ 時いささか~ (2, 0.0%)

1 得意げに, 蝦蟆口の

▼ 時いず~ (2, 0.0%)

1 ことも, こよりとも

▼ 時いたずら~ (2, 0.0%)

1 に純, をする

▼ 時いたらざる~ (2, 0.0%)

1 に, に來

▼ 時いちばん~ (2, 0.0%)

1 困ること, 役に立つの

▼ 時いっそ~ (2, 0.0%)

1 のこと婦, 一と

▼ 時いっそう~ (2, 0.0%)

1 に強く, 強く痛ん

▼ 時いったん~ (2, 0.0%)

1 林を, 消して

▼ 時いづく~ (2, 0.0%)

1 よりともなく, よりとも知らず

▼ 時いふ~ (2, 0.0%)

1 てしまひました, とお

▼ 時いらし~ (2, 0.0%)

1 つたの, ッて

▼ 時うかつ~ (2, 0.0%)

1 にその, に口

▼ 時うっすら~ (2, 0.0%)

1 と明け初める, と眼

▼ 時うつれ~ (2, 0.0%)

1 ども皈, ばうつる

▼ 時うまう~ (2, 0.0%)

1 まそいつ, ま途中

▼ 時うるさし~ (2, 0.0%)

1 や我が, や我名

▼ 時おかみさん~ (2, 0.0%)

1 が二階, に君

▼ 時おくれた~ (2, 0.0%)

1 のであろう, 反響を

▼ 時おしげ~ (2, 0.0%)

1 の身体, は暗がり

▼ 時おじいさん~ (2, 0.0%)

1 とおばあさん, は税金

▼ 時おせっかい~ (2, 0.0%)

1 な医者, な無駄口

▼ 時おそらく~ (2, 0.0%)

1 将軍家より, 貴下の

▼ 時おそろしい~ (2, 0.0%)

1 力で, 物音が

▼ 時おそろしく~ (2, 0.0%)

1 うまかった, 急ぎの

▼ 時おたがいに~ (2, 0.0%)

1 呆れ返って, 言葉を

▼ 時おっ~ (2, 0.0%)

1 ぽり出され, 母が

▼ 時おとうさん~ (2, 0.0%)

1 にその, はよんどころない

▼ 時おなか~ (2, 0.0%)

1 がすき, を出さない

▼ 時おの~ (2, 0.0%)

1 が猛, づから事

▼ 時おふくろ~ (2, 0.0%)

2 が鮒

▼ 時おもしろい~ (2, 0.0%)

1 ことは, 夢を

▼ 時おやじ~ (2, 0.0%)

1 が大きな, はどこ

▼ 時おら~ (2, 0.0%)

1 あ夢, が手

▼ 時おり~ (2, 0.0%)

1 かは足音, よく宮内

▼ 時おん~ (2, 0.0%)

1 つぁん, みが

▼ 時お上さん~ (2, 0.0%)

1 が帳場, に明日

▼ 時お世話~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 時お供~ (2, 0.0%)

1 をし, をなされ

▼ 時お客さん~ (2, 0.0%)

1 でいつ, に出した

▼ 時お家~ (2, 0.0%)

1 に帰つて, をお

▼ 時お寺~ (2, 0.0%)

1 で素麪, へ小僧さん

▼ 時お座敷~ (2, 0.0%)

1 に呼ばれ, に坐っ

▼ 時お母様~ (2, 0.0%)

1 がつけ, に宜しく

▼ 時お湯~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 時お爺さん~ (2, 0.0%)

1 の身, は斯

▼ 時お目にかかっ~ (2, 0.0%)

1 ても気持ち, て弔み

▼ 時お目にかかった~ (2, 0.0%)

1 がね, きりでした

▼ 時お蔦~ (2, 0.0%)

1 の留める, もいも

▼ 時お袋~ (2, 0.0%)

2 に叱られ

▼ 時お話~ (2, 0.0%)

1 が大変, のあつ

▼ 時お隣~ (2, 0.0%)

1 の国, の福念寺

▼ 時お雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 が火, が胆吹山

▼ 時かおつ~ (2, 0.0%)

2 しやつ

▼ 時かかっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て俺

▼ 時かかった~ (2, 0.0%)

1 ドイツの, 医者を

▼ 時かけ~ (2, 0.0%)

1 てらっしゃい, て行った

▼ 時かしこ~ (2, 0.0%)

1 に輝きゐたる, を君

▼ 時かたわら~ (2, 0.0%)

1 の吉弥, よりうまき

▼ 時かっきり~ (2, 0.0%)

1 なんだ, 時刻厳守で

▼ 時かまわず~ (2, 0.0%)

1 に琴, に降る

▼ 時からとしても~ (2, 0.0%)

1 二十分近い, 千八百五六十年は

▼ 時からとは~ (2, 0.0%)

1 なくそこ, なく例

▼ 時からも~ (2, 0.0%)

1 もう三十年, 絶えず貸間

▼ 時からやら~ (2, 0.0%)

2 はるの

▼ 時からり~ (2, 0.0%)

1 と投げ出し, と開いた

▼ 時からを~ (2, 0.0%)

1 面会日と, 面會日と

▼ 時かり~ (2, 0.0%)

1 そめにも, そめの

▼ 時かを~ (2, 0.0%)

1 すごして, 打続け

▼ 時がさがさ~ (2, 0.0%)

1 と云う, と雪

▼ 時がたがた~ (2, 0.0%)

1 いう音, 立ちあがり当てずっぽう

▼ 時がらくた~ (2, 0.0%)

1 にも大きな, は何処

▼ 時がらみ~ (2, 0.0%)

1 で向, に身体

▼ 時がらり~ (2, 0.0%)

1 と下, 表の

▼ 時きい~ (2, 0.0%)

1 て上げましょう, て上げませう

▼ 時きいた~ (2, 0.0%)

1 の, 事柄の

▼ 時きこえ~ (2, 0.0%)

1 て來, て来た

▼ 時きまっ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, て私

▼ 時きゃ~ (2, 0.0%)

1 っと声, アとか

▼ 時きらわず~ (2, 0.0%)

1 場所を, 髪を

▼ 時きわめて~ (2, 0.0%)

1 少数の, 幽かな

▼ 時ぎらぎら~ (2, 0.0%)

1 する二つ, と眼

▼ 時くっつい~ (2, 0.0%)

1 てはいっ, て雪片

▼ 時くらいに~ (2, 0.0%)

1 なって, むずかしくなる

▼ 時くらいまでの~ (2, 0.0%)

2 間に

▼ 時くる~ (2, 0.0%)

1 の, べかツ

▼ 時くるり~ (2, 0.0%)

1 と向う, と後ろ

▼ 時くれえだった~ (2, 0.0%)

2 がおっ

▼ 時くわしく~ (2, 0.0%)

2 お話しした

▼ 時ぐらいまでの~ (2, 0.0%)

1 あいだ社交部と, 働きだ

▼ 時ぐらいまでは~ (2, 0.0%)

1 働かせると, 地下鉄の

▼ 時~ (2, 0.0%)

1 だものたち, ふも來

▼ 時けたたましく~ (2, 0.0%)

1 卓上電話の, 泣き立てた

▼ 時こころ~ (2, 0.0%)

1 の疲れ, 伏せざる

▼ 時こつこつ~ (2, 0.0%)

1 とドア, と戸

▼ 時この大きな~ (2, 0.0%)

1 室の, 異邦の

▼ 時この小さな~ (2, 0.0%)

1 ものの, 書き物も

▼ 時こぼれ~ (2, 0.0%)

1 さう, て昼

▼ 時ころ流れ海苔~ (2, 0.0%)

2 を拾い

▼ 時ころ甲斐~ (2, 0.0%)

1 が覚書, を迎え

▼ 時こんど~ (2, 0.0%)

1 は南海, は受持

▼ 時ごらん~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ 時ごろあそこ~ (2, 0.0%)

2 へ来

▼ 時ごろごろ~ (2, 0.0%)

1 いう音, 懶いまま

▼ 時ごろそこ~ (2, 0.0%)

1 を出た, を辞し

▼ 時ごろわたし~ (2, 0.0%)

1 はかわいい, は人力車

▼ 時ごろアイビキ~ (2, 0.0%)

1 にでかけた, にでた

▼ 時ごろ三番町~ (2, 0.0%)

2 から中

▼ 時ごろ二人~ (2, 0.0%)

1 が勤め先, で来

▼ 時ごろ学校~ (2, 0.0%)

1 から帰る, の帰り

▼ 時ごろ小屋~ (2, 0.0%)

1 へ戻っ, へ戻る

▼ 時ごろ彼ら~ (2, 0.0%)

1 が通る, は二人きりいっしょ

▼ 時ごろ歸~ (2, 0.0%)

1 つたよ, るかといふ

▼ 時ごろ町~ (2, 0.0%)

1 なる某, を出発

▼ 時ごろ自動車~ (2, 0.0%)

1 が来, を

▼ 時ごろ退屈~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 時ごろ野原さん~ (2, 0.0%)

1 が見える, を先頭

▼ 時ごろ馬車~ (2, 0.0%)

1 でグレーヴ, の先

▼ 時ごろ高橋さん~ (2, 0.0%)

1 のお家, のところ

▼ 時さいぜん~ (2, 0.0%)

1 から控え, 走りたる者

▼ 時さう~ (2, 0.0%)

1 いふ風に, 云つた

▼ 時さっそく~ (2, 0.0%)

1 私を, 訊いて

▼ 時さまざま~ (2, 0.0%)

1 に記し散らし, の新

▼ 時さよなら~ (2, 0.0%)

1 ありがたうごきげんよう, をする

▼ 時さる~ (2, 0.0%)

2 お公家さま

▼ 時され~ (2, 0.0%)

1 ばみな幻想, ば皆

▼ 時さんざん~ (2, 0.0%)

1 ドイツの, 人も

▼ 時しあら~ (2, 0.0%)

1 ば, ばふたたび

▼ 時しつ~ (2, 0.0%)

1 とりと, ぽに

▼ 時しもと~ (2, 0.0%)

2 いって

▼ 時しゃべり~ (2, 0.0%)

1 ながら涙, 乍ら踊ってる

▼ 時しらぬ~ (2, 0.0%)

1 富士の, 山さくらかな

▼ 時しわ~ (2, 0.0%)

2 が持つ

▼ 時しん~ (2, 0.0%)

1 とした, は年

▼ 時じみ~ (2, 0.0%)

1 わが小田, 寢る

▼ 時じみ寝る~ (2, 0.0%)

2 夜落ちず

▼ 時じゃった~ (2, 0.0%)

1 ぞそれ, と申します

▼ 時すう~ (2, 0.0%)

1 つと開いた, と向う

▼ 時すぎカルタ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 時すぎ会社~ (2, 0.0%)

2 へ行った

▼ 時すぎ伸子~ (2, 0.0%)

1 がいつも, はペレール

▼ 時すぎ外~ (2, 0.0%)

1 に出, へ出たら

▼ 時すぎ女房~ (2, 0.0%)

1 と橘, 来る

▼ 時すぎ東~ (2, 0.0%)

2 から金牛宮

▼ 時すぎ柳~ (2, 0.0%)

1 と大庭, 来る

▼ 時すぎ母上~ (2, 0.0%)

1 おかえり, と待合せ

▼ 時すぎ皆~ (2, 0.0%)

1 大迷惑, 漸く来る

▼ 時すぎ頃~ (2, 0.0%)

1 から来, でした

▼ 時すこしも~ (2, 0.0%)

1 あわてず前, 抵抗しなかった

▼ 時すっ~ (2, 0.0%)

1 くりいう, くりと

▼ 時すっきり~ (2, 0.0%)

1 した横顔, とした

▼ 時すっくと~ (2, 0.0%)

1 立ち上って, 立って

▼ 時すて~ (2, 0.0%)

1 がいった, の顔色

▼ 時すてき~ (2, 0.0%)

1 な機会, にハイカラ

▼ 時すれ違った~ (2, 0.0%)

1 覆面の, 車の

▼ 時すーっ~ (2, 0.0%)

1 と私, と黒い

▼ 時ずいぶん~ (2, 0.0%)

1 お前たちの, 慎重な

▼ 時ずつと~ (2, 0.0%)

1 うち續いた, 前に

▼ 時せい子~ (2, 0.0%)

1 がよそ, と同棲

▼ 時せつ~ (2, 0.0%)

1 せと, 想い見ないで

▼ 時ぜひ~ (2, 0.0%)

1 なく神木屋, 宮田さんを

▼ 時そういった~ (2, 0.0%)

1 のは, ふらちな

▼ 時そうした~ (2, 0.0%)

1 場合に, 意味で

▼ 時そしてまた~ (2, 0.0%)

1 十二時, 母にな

▼ 時そっぽ~ (2, 0.0%)

2 を向い

▼ 時その同じ~ (2, 0.0%)

1 パンポルは, 場所に

▼ 時その小さな~ (2, 0.0%)

1 人影は, 娘は

▼ 時たいこ~ (2, 0.0%)

2 とこたえる

▼ 時たいへん~ (2, 0.0%)

1 むずかしい呪文, 急いで

▼ 時たくさん~ (2, 0.0%)

1 の本, 可愛がっ

▼ 時たって~ (2, 0.0%)

1 から人伝, から庸三

▼ 時たぶん~ (2, 0.0%)

1 停滞し, 間違えたの

▼ 時たまに~ (2, 0.0%)

1 店の, 省作の

▼ 時たまらなく~ (2, 0.0%)

1 なった私, なって

▼ 時だい~ (2, 0.0%)

1 て, もうそろ

▼ 時だけを~ (2, 0.0%)

1 さうし, 見ると

▼ 時だす~ (2, 0.0%)

1 から尚更ピン, な

▼ 時だつたら~ (2, 0.0%)

2 彼も

▼ 時だつまらねえ~ (2, 0.0%)

2 遠慮を

▼ 時だんだん~ (2, 0.0%)

1 に腹, 危しくなっ

▼ 時ちか~ (2, 0.0%)

2 りと

▼ 時ちっと~ (2, 0.0%)

1 廻ったばかり, 廻った時分

▼ 時ちっとも~ (2, 0.0%)

1 叱らないで, 知らなかった

▼ 時ちゃんたち~ (2, 0.0%)

1 は小山, 言って

▼ 時ちょっとすぎ~ (2, 0.0%)

1 に柚子, に羊

▼ 時ちようど鶏~ (2, 0.0%)

2 が鳴いた

▼ 時ちようど鷄~ (2, 0.0%)

2 が鳴いた

▼ 時ちよツ~ (2, 0.0%)

1 と下, と雨

▼ 時ぢい~ (2, 0.0%)

1 はきつ, は一番艪

▼ 時ついぞ~ (2, 0.0%)

1 あなたは, ないこと

▼ 時つかめえられ~ (2, 0.0%)

1 てしょびかれた, てしよびかれた

▼ 時つて~ (2, 0.0%)

1 とつくだ, 一体こんな

▼ 時つまらない~ (2, 0.0%)

1 気兼ねを, 週間刊行物から

▼ 時てっきり~ (2, 0.0%)

1 南方行きの, 宝蔵院くずれだ

▼ 時てれた~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 時でありまし~ (2, 0.0%)

1 ても十數年前, て其の

▼ 時できた~ (2, 0.0%)

2 小さな壺穴

▼ 時でございまし~ (2, 0.0%)

1 て, て間然

▼ 時でございません~ (2, 0.0%)

1 と思い切っ, ゆえ明早天出立致す

▼ 時でし~ (2, 0.0%)

1 て, てねそれに

▼ 時でしたら~ (2, 0.0%)

1 この洋館, なにかと

▼ 時でなかったら~ (2, 0.0%)

1 それは, 群臣万歳の

▼ 時でなくつ~ (2, 0.0%)

1 ちや滅多に, ちや遣れねえ

▼ 時でもから~ (2, 0.0%)

1 だが, つき挽割麥

▼ 時でもが~ (2, 0.0%)

1 あわてるが, それな

▼ 時でもわ~ (2, 0.0%)

1 たへの, つしの

▼ 時でやす~ (2, 0.0%)

1 かな, な

▼ 時で開き始め~ (2, 0.0%)

1 から開き, から開き終わり

▼ 時とある~ (2, 0.0%)

1 別荘らしい, 骨董店の

▼ 時とかには~ (2, 0.0%)

1 決してジャップ, 私は

▼ 時とかの~ (2, 0.0%)

1 外は, 火災に

▼ 時ときどき~ (2, 0.0%)

1 注意し, 燒いたつ

▼ 時とく子~ (2, 0.0%)

1 の母, は三度目

▼ 時とち~ (2, 0.0%)

1 がつて, がひ

▼ 時とちつ~ (2, 0.0%)

1 とも変り, とも違つて

▼ 時とっさ~ (2, 0.0%)

1 にみな, に自分

▼ 時とには~ (2, 0.0%)

1 家の, 必ずそれ

▼ 時とによって~ (2, 0.0%)

1 どうしても生地, 多様である

▼ 時とりあえず~ (2, 0.0%)

1 体を, 電話でとは

▼ 時とり返し~ (2, 0.0%)

2 のつかぬ

▼ 時とんと~ (2, 0.0%)

1 突飛ばして, 踵を

▼ 時どうせ~ (2, 0.0%)

1 奉天も, 私の

▼ 時どうぞ~ (2, 0.0%)

2 宜しく取りなし

▼ 時なかりし~ (2, 0.0%)

1 がとふ, やも亦

▼ 時なくなった~ (2, 0.0%)

1 のです, 母親の

▼ 時なだれ~ (2, 0.0%)

2 にうたれ死する

▼ 時などが~ (2, 0.0%)

1 そうな, 此れ

▼ 時なにげなく~ (2, 0.0%)

2 世間話などを

▼ 時なほ~ (2, 0.0%)

1 も憤解け, 早し

▼ 時なまぬるい~ (2, 0.0%)

2 音調で

▼ 時ならざる~ (2, 0.0%)

1 に梢, に死ぬ

▼ 時ならず者~ (2, 0.0%)

2 の仲間

▼ 時ならね~ (2, 0.0%)

1 ば躑躅船, ば飯

▼ 時なら知らず~ (2, 0.0%)

1 何も, 迷惑は

▼ 時なりし~ (2, 0.0%)

1 がた, が今日

▼ 時なんかとは~ (2, 0.0%)

2 比べものに

▼ 時なんかも~ (2, 0.0%)

1 こんなまずい, 遠い北海道

▼ 時なんぞも~ (2, 0.0%)

1 毎日見物に, 私には

▼ 時なんで~ (2, 0.0%)

1 国法を, 艇長の

▼ 時にこにこ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 時にこり~ (2, 0.0%)

1 と笑っ, と笑つて

▼ 時にだに~ (2, 0.0%)

1 その装, その裝

▼ 時につけ~ (2, 0.0%)

1 易える, 易へる

▼ 時につれて~ (2, 0.0%)

2 切々として

▼ 時にては~ (2, 0.0%)

1 日出より, 英領エジプトが

▼ 時にはかへ~ (2, 0.0%)

2 つて衆に

▼ 時にはから~ (2, 0.0%)

1 だが, だ中

▼ 時にはずつと~ (2, 0.0%)

1 遠退い, 音を

▼ 時にはも~ (2, 0.0%)

1 少していねい, 少し口

▼ 時にはわ~ (2, 0.0%)

1 づか彼女, づか金銀

▼ 時によっての~ (2, 0.0%)

1 わがままも, 弾き方

▼ 時にわ~ (2, 0.0%)

1 家の, 決して手ぶら

▼ 時に当たっては~ (2, 0.0%)

1 二百何十年来の, 夫婦一対に

▼ 時に従って~ (2, 0.0%)

1 無限の, 葉の

▼ 時に関する~ (2, 0.0%)

1 従来の, 知識が

▼ 時ぬかるみ~ (2, 0.0%)

1 に電車, の土

▼ 時ねと~ (2, 0.0%)

2 言ひ出す

▼ 時のち~ (2, 0.0%)

1 からだ, がひ

▼ 時のに~ (2, 0.0%)

1 使われて, 残して

▼ 時のべつ~ (2, 0.0%)

1 まくなし, 頭に

▼ 時のみが~ (2, 0.0%)

1 殘る, 癒し得るの

▼ 時のみの~ (2, 0.0%)

1 信者であっ, 迷信では

▼ 時のみを~ (2, 0.0%)

1<