青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「映る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

明瞭~ 易~ ~易い 易い~ ~昔 昔~ ~星 星~ 映っ~ ~映る
映る~
~映画 映画~ ~春 春~ 春日~ ~昨夜 昨夜~ 昨年~ ~昨日 昨日~

「映る~」 1018, 9ppm, 11216位

▼ 映る~ (142, 13.9%)

13 である 11 であった 75 です 4 でした 3 だった, でありました, であろう, では, を見た 2 か, かもわかりません, が透通る, だろう, であります, を眺め, を見, を覗い

1 [71件] かさまざま, かそう, かと思つて, かと怪む, から見れ, か凡そ五十畳, か知れた, が, がきまり, が大仏, が得意, が殊に, が物凄い, が窺, が絵, が繪, が薄, が血, が見える, が遠い, さえが明らか, さえ避けたい, だそう, だらうか, だろうか, であるから, であるが, であるのに, であろうけれども, でございますから, でしたね, でしょうか, ですが, でなければ, でも, とちがっ, と映らぬ, に気づく, は, はお, はその, はそれ, はそれで, はただ, はどんなに, はなぜ, はやむを得ない, は一面, は地平線, は多少, は左文字, は当然, は必定, は是非, は月, は無理, は紅羅, は自分, は雲, は順序, は騎士, も仕方, も眺めた, も花, を凝視, を女, を怖, を望んだ, を見せ, を見る, を見落とさない

▼ 映るよう~ (45, 4.4%)

4 になった 3 な気 2 だ, だった, になる, に感じた

1 [30件] あわれ博多, で向う, で思い做しばかり, なところ, なふう, なカラ縁, な場合, な柄, な様子, な現実, な粥腹, な美しい, な茶粥, な配置, な顔色, な黒ビロード, にそれ, にと玄関跡, になりはじめた, に判っ, に思えぬで, に成った, に描写, に美しかっ, に艶, に見えた, に透い, に部屋, に陰気, に電灯

▼ 映るもの~ (43, 4.2%)

2 では, は殆, は真実, もあらじ

1 [35件] かね, か不平, か物理学者, があった, があり, が不断, が多かっ, だったが, であるし, でひとたび, としては歩一歩複雑, として眺めた, なり心, に違い, のすべて, の少ない, は, はなかっ, は一様, は二重, は初めて, は壁面, は女, は容貌, は市松, は悪鬼, は自分, は裃, は電柱, ばかりであった, もない, もまた, も同じ, をほんとに, を感じ

▼ 映る~ (40, 3.9%)

2 何思ひ, 急に, 私は, 釵は

1 [32件] いうと, いっそう決定的, いって, お思いなさる, しつ, すぐ敷居際, すごいだらう, すれば, その青白い, それが, みえる, もう暗い, 今の, 伸子は, 僕は, 同時にそこ, 妙な, 宗湛は, 彼の, 思うその, 思うと, 思ふと, 水の, 温泉の, 漸く我, 片頬, 申そうか, 笑われて, 見たの, 見る間, 言った方, 邪魔に

▼ 映る自分~ (27, 2.7%)

10 の姿 8 の顔 1 の影像, の心, の痩せた, の眸, の罪, の顏, の髪, をながめた, を眺め

▼ 映ること~ (22, 2.2%)

32 だろう

1 [17件] ありと, かという恐れ, がそれだけ, が絶望, だから, であろうし, です, になりましょう, になる, は避け, も二人, をわたくし共, をわたし, を恐れた, を止める, を発見, を考慮

▼ 映るやう~ (19, 1.9%)

2 になつ, に描寫

1 [15件] であつ, でそして, なお, な気, な氣, な都會, な黒, に全幅, に判つて, に思はれた, に此, に艶, に見えた, に鏡, に鐘

▼ 映る~ (14, 1.4%)

1 [14件] がもう一度, が果して, さびし, と人間, と言, のよう, は人, は弱っ, みれば, もない, をまちのぞん, を一つ, を見, 見れば

▼ 映る~ (13, 1.3%)

1 [13件] 一息に, 不思議であった, 今, 何物蓬頭亂面の, 全く曲線, 我面なら, 暗き古宮, 海の, 煕, 真紅の, 自己が, 草の, 鬚髯蓬

▼ 映るその~ (10, 1.0%)

1 大滝の, 影が, 意味からの, 扁平い, 掛け物を, 日の, 横顔が, 無精髭を, 西洋人は, 顔を

▼ 映るだけ~ (10, 1.0%)

2 で黒く 1 である, でこれ, では, で家, で探し索め, で給仕, で買いたい了簡, なの

▼ 映るから~ (9, 0.9%)

2 だ, であ, である 1 何うし, 実際は, 引っ掻きが

▼ 映る~ (9, 0.9%)

1 ごとく沼, スウィスの, 如く値の, 彼自身は, 戀の, 探照燈, 蛇の, 雪子のは, 面白いこと

▼ 映るので~ (9, 0.9%)

7 あつた 1 わたしは, 釣鐘の

▼ 映るばかり~ (9, 0.9%)

1 だつた, であった, でありました, である, では, で情愛, で戸棚, 十四五人には, 試合と

▼ 映る姿~ (9, 0.9%)

2 を見 1 である, で妻, に眺め, に見惚れ, はあまりに, は物, も故郷

▼ 映る~ (8, 0.8%)

1 が二つ, だ知らん, ではない, に目, は二つ, は健か, をみた, を見合せた

▼ 映るかと~ (7, 0.7%)

2 思はれた 1 この欄干, 五色の, 寂しらしく, 思へば, 思われる

▼ 映る~ (7, 0.7%)

2 である, の影 1 といふもの, の顔, を見はじめた

▼ 映る~ (7, 0.7%)

1 であります, なもん, なん, のよう, の前, は醜い, を作り上げる

▼ 映る~ (6, 0.6%)

1 恐れて, 眺むらん, 見て, 見ながら, 見れば, 見月今井

▼ 映る~ (6, 0.6%)

21 だから, だなあ, だ向う, ですもの

▼ 映る~ (6, 0.6%)

2 もあった, もあつ 1 がない, になった

▼ 映る二人~ (6, 0.6%)

3 の影 1 の位置, の間柄, の黒い

▼ 映る~ (6, 0.6%)

1 たとえばガラス, なら何, の全て, の影, の色, の象

▼ 映る~ (5, 0.5%)

1 すぎないでしょう, 相違ない, 過ぎないの, 違いない, 違ひない

▼ 映るほど~ (5, 0.5%)

1 いちめんきれいに, 下を, 世紀末的な, 本人にとって, 頼み甲斐の

▼ 映るわが~ (5, 0.5%)

1 影を, 白き鬢髪, 表情の, 顔は, 顔へ

▼ 映る~ (5, 0.5%)

2 の影 1 いつもいつも心, のよう, は

▼ 映る~ (5, 0.5%)

1 から二人, こう言っ, である, まで私達, 漸くに

▼ 映る~ (4, 0.4%)

1 さもなく, それは, 水底の, 目の

▼ 映るという~ (4, 0.4%)

1 ことは, ように, 場面が, 釣鐘の

▼ 映るはず~ (4, 0.4%)

1 がない, がなかっ, だと, である

▼ 映る世界~ (4, 0.4%)

1 です, として取り扱う, と云う, は美麗

▼ 映る~ (4, 0.4%)

3 の影 1 と水

▼ 映る~ (4, 0.4%)

1 ざしが, であった, の光, の在処

▼ 映る~ (4, 0.4%)

1 の世界, の光, の影, は曇らないであろう

▼ 映る~ (4, 0.4%)

1 の光, の影, の町, の陰

▼ 映る~ (4, 0.4%)

1 がない, だ, である, もない

▼ 映る~ (3, 0.3%)

1 延は, 文さんの, 粂は

▼ 映るかも~ (3, 0.3%)

1 しれませんが, 知れないよう, 知れません

▼ 映るさま~ (3, 0.3%)

1 なぞを眺め, は何人, を見せる

▼ 映るすべて~ (3, 0.3%)

1 の動物, の者, は秋

▼ 映るところ~ (3, 0.3%)

1 だけでもだいぶ, まで来, 弛く大きくカーブ

▼ 映るのみ~ (3, 0.3%)

1 であります, でその, で作物

▼ 映るよと~ (3, 0.3%)

1 その浴衣, 僕が, 其の浴衣

▼ 映る幻影~ (3, 0.3%)

2 を幻影 1 は旅

▼ 映る感じ~ (3, 0.3%)

1 があった, があつ, が一番

▼ 映る~ (3, 0.3%)

1 にはきっと, のその, へばかり兵

▼ 映る~ (3, 0.3%)

1 な仕かけ, になり, に作り変えました

▼ 映る海上海底~ (3, 0.3%)

3 の光景

▼ 映る火影~ (3, 0.3%)

2 を口惜し 1 と小舟

▼ 映る~ (3, 0.3%)

2 の色 1 の雲

▼ 映る美しい~ (3, 0.3%)

1 イルミネーシヨンを, 女の, 数々の

▼ 映る若葉~ (3, 0.3%)

2 の清 1 かな

▼ 映る通り~ (3, 0.3%)

2 の人間 1 やはり紺無地

▼ 映るあらゆる~ (2, 0.2%)

1 ものを, 形勢と

▼ 映るかなどという~ (2, 0.2%)

1 ことは, ところも

▼ 映るくらい~ (2, 0.2%)

1 だった, だったの

▼ 映るけれども~ (2, 0.2%)

1 理由は, 私は

▼ 映るころ~ (2, 0.2%)

1 となる, になっ

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 そういうこと, そういう無責任

▼ 映るとき~ (2, 0.2%)

1 がある, 最も美しく

▼ 映るなんて~ (2, 0.2%)

2 一体どうした

▼ 映るにつれて~ (2, 0.2%)

1 白鳥会員全体が, 真面目な

▼ 映るまで~ (2, 0.2%)

1 満開です, 花の

▼ 映るまでに~ (2, 0.2%)

1 なって, 海外との

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 わりなきかな, 岸の

▼ 映るよりも~ (2, 0.2%)

1 さらに深く, よっぽどハッキリと

▼ 映るわけ~ (2, 0.2%)

1 でも, には行かなかった

▼ 映るイルミネーション~ (2, 0.2%)

1 の片, を眺め

▼ 映る~ (2, 0.2%)

2 岸の

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 の姿, の顏

▼ 映る人影~ (2, 0.2%)

1 がうまく, に驚い

▼ 映る人生~ (2, 0.2%)

1 には卒然, の事象

▼ 映る伸子~ (2, 0.2%)

1 が何で, のなり

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 はただ, を目標

▼ 映る兩岸~ (2, 0.2%)

2 の灯

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 だのかよう, はどうやら

▼ 映る剃刀~ (2, 0.2%)

2 の閃

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 にすでに, に既に

▼ 映る危険~ (2, 0.2%)

1 があっ, な寝床

▼ 映る夕日~ (2, 0.2%)

1 も消え, を望み

▼ 映る外界~ (2, 0.2%)

1 が如何, の姿

▼ 映る小さな~ (2, 0.2%)

2 紅は

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 が顔, れが

▼ 映る巴里~ (2, 0.2%)

2 の明る

▼ 映る~ (2, 0.2%)

2 よりは暑い

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 にすぎまい, のよう

▼ 映る影声~ (2, 0.2%)

2 に応ずる

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 の住宅, の顔

▼ 映る彼女~ (2, 0.2%)

1 のほう, の黒ダイヤ

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 でず, なんざ

▼ 映る日影~ (2, 0.2%)

1 を記録, 珍しく麗かなり

▼ 映る時計~ (2, 0.2%)

2 や箒

▼ 映る景色~ (2, 0.2%)

1 が, というもの

▼ 映る~ (2, 0.2%)

2 の日

▼ 映る有様~ (2, 0.2%)

1 であった, では益々

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 あり藪, もある

▼ 映る無数~ (2, 0.2%)

1 のヘッドライト, の燈火

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 が見られた, にも景

▼ 映る白壁~ (2, 0.2%)

2 の色

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 のかわり, の影

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 の影, をつまんだ

▼ 映る~ (2, 0.2%)

2 黒い頬

▼ 映る~ (2, 0.2%)

1 があった, そんなもの

▼ 映る衣裳~ (2, 0.2%)

2 の色

▼ 映る陳腐~ (2, 0.2%)

2 なもの

▼ 映る~ (2, 0.2%)

2 かな日影

▼1* [311件]

映るあの紺無地の, 映るいろいろが心, 映るかぎりは焔, 映るかということを, 映るかの女の, 映るかは存じませぬが, 映るきりで過ぎ, 映るぐらいになる, 映るけしきを考へ, 映るげんげの姿, 映るこの新しい夏帽子, 映るすぐ傍を, 映るせいでそれで, 映るそれから粟畑それから, 映るたびに吉岡方, 映るためであると, 映るちぎれ雲の間, 映るちらちらする炉火, 映るといふ艶麗な, 映るとしてもそれは, 映るとしましたらなんとなく御霊所, 映るとは無論思わない, 映るともなき, 映るなかで蘰, 映るなど肝を, 映るについても意外な, 映るにも映らないにも, 映るによりて多くの, 映るこうした方, 映るのにまして宅助, 映るのみにて薄暗くはっきり, 映るはみ冬づく水, 映るばかりに見えたので, 映るひつつめ銀杏の青白い, 映るひとみにもなる, 映るひとりぼっちの影法師, 映るほどに好く磨いた, 映るまばゆいばかりの電燈, 映るもの何の色, 映るもの石崖と岩, 映るやつは食べられます, 映るイメージの色彩, 映るコップの水, 映るナチは病的, 映るマンはもう, 映るヨーロッパからその, 映るランプの光, 映るワニスの光沢, 映る一つの駕籠, 映る一切の出来事, 映る一点だけを説い, 映る一種特別な感覚, 映る七人の自分, 映る万象はみんなゆがみ, 映るで買ひたい了簡, 映る三つの自分, 映るに長い, 映る上がり口に池, 映る忍池の, 映る不夜城の美観, 映る不幸な犠牲者, 映る不気味な影, 映る世態への省察, 映るに風鈴, 映る乗客の中, 映る二日の月, 映る云々の裡, 映る人物の影, 映る人間の身体, 映る今夜の泊り, 映る代りに夫, 映るの事, 映る位いのまつ, 映る位明白であった, 映る住職は眉毛, 映るにかを持つ, 映る俊三とはまるで, 映る俗衆の悦楽, 映るをたどっ, 映る健三の一部分, 映ると影, 映る光景はやはり, 映る光線の反射, 映る入り日の反射, 映る入日の黄ろ, 映る其の大瀧の, 映る其影を面白, 映るの想, 映る内容は何, 映るとした, 映るゆる物象, 映る凡ての実在, 映る処計りでした, 映る初瀬の顔, 映る別嬪だったから, 映る加減でしょう, 映る勝重はその, 映る千人の姿, 映るが面, 映る哀れの影, 映るはほとんど, 映るは黒い, 映る夕陽の色, 映るは青い, 映るは諸事, 映る鏡の, 映る大洋は最早, 映る大通りの雪景色, 映る天井を眺め, 映るは父吉左衛門, 映る奥様の夜, 映る女神の影, 映る姿見に消え, 映るはますます, 映るは二度と, 映る宇宙は深き, 映るの天井, 映る宮島の燭, 映るに見た, 映るの影, 映る寛永年代の江戸, 映る盃の, 映る小さい影像の, 映る山襞が胃, 映るの家々, 映る工合が直, 映る工合蠅を飛び下す, 映るの影, 映る帆影である, 映る幻燈器械だ, 映る幻覚ではない, 映る幾分かの緑, 映る幾面幾色の影, 映る高き屋裏, 映る店先での娘, 映る度ごとに, 映る度合の減ずる, 映る建築物の趣, 映る影画のよう, 映る影繪のやう, 映る影聲に應ずる響, 映る自分の, 映る悉くが私, 映るふざけを, 映る我が顏見れ, 映る我姿を眺める, 映る我影を見, 映る戦火よりも彼女, 映る手紙であった, 映るよ, 映る敵情を察し, 映る文士仲間その一員, 映る日光のゆらぎ, 映る日本の生活一般, 映る明星の澄める, 映る明智の影, 映るのフィルム, 映る星籾磨歌が聞える, 映るの子, 映る時八十年にも近かろ, 映る時燕は軽やか, 映る時諸君は無理, 映る暖簾をさらり, 映る暗い影であった, 映る最初の時, 映る最大な工藝, 映る月影を見, 映る有明けの灯影, 映るの影, 映る東京の火光, 映る東院の築地, 映るの影, 映る林檎や柿, 映る果樹の姿, 映る格好を見せよう, 映る椽側へ離れ, 映る様々な物象, 映るに部屋, 映る樹影墨絵の如し, 映る樹木の影, 映るの影, 映る母国は, 映る民衆の大, 映る気味の悪い, 映る水平線のかなた, 映る永遠の姿, 映る汝等の姿, 映る江一格子の柳, 映る河岸を, 映るの反射, 映る洋燈の火燈, 映る活動写真が僕, 映る浜座敷の丸窓, 映る海上の光景, 映る消防夫の姿, 映る淡い月影の, 映るの建物, 映るの底, 映る湯沢医師の言葉, 映る瀬戸内の風光, 映るをわずか, 映る灯影を眺める, 映るの影, 映るれども, 映るが見えます, 映る燈影を望み, 映る燈火を見た, 映る物凄い影から, 映る犯人の顔, 映る状態であります, 映る田舎が四色, 映るの影法師, 映る男らの手足, 映るの変化, 映る異性のなか, 映る白菊の清香, 映る白雲のいつしか, 映るなの, 映る真白の色, 映るのあたり, 映るの形, 映る硝子障子越しに白い, 映る社會の男, 映る神経質な夫, 映るの顔, 映る私達の姿, 映る屡繰り返された, 映る程度の速力, 映る程街道は水, 映る空しき影を, 映る笹寺の笹, 映る節子は到底, 映る紅葉の色, 映るの上, 映る紛物をおぼろ, 映る栄えて, 映る紫雲英の温かい, 映る細々とした, 映るの中, 映る総てのもの, 映る縁結びの紅い, 映る總てのものは新鮮, 映る繊雲あふぎ, 映る美人は時折, 映る美保子の肩, 映る背後の客席, 映る脇廊下の端, 映る自己の白髪頭, 映る自然の海洋, 映る自身をしげしげと, 映る良人の顏, 映るというもの, 映る花ざかりの大きな, 映る花二本ゆかりの色, 映る花子の表情, 映る花鳥を諷詠, 映る茶色や黄色, 映る草花のやう, 映るの影, 映る葉子の批評, 映る葦茎の太き, 映る蒼いものか, 映る薔薇色の桜島, 映るは松葉, 映る蝋燭の灯影, 映るの分量, 映るの灯, 映るに真, 映るも映る, 映る襟地の中, 映る西洋の曾我, 映る西洋人はなかなか, 映る西洋押絵というもの, 映る観音の境内, 映るだが, 映る誠に好い景色, 映るの月, 映る通り自分の心, 映る運転手の表情, 映る道理はない, 映る道路の面, 映る部屋のなか, 映る重太郎の顔, 映る金剛石に肩, 映る銀子の顔, 映る銀笛やらっぱ, 映ると麻綱, 映る鏡地は今, 映るは彼ら, 映る限りにおいて自己以外, 映る階段を望ん, 映る隙間もない, 映る障子の方, 映る雛壇の影, 映るのよう, 映るの色, 映る電気スタンドの円い, 映る電線の青白い, 映る電車通には往来, 映る青い心太を, 映る青空に漣, 映る頃ランスロットはわれ, 映る頻りに揺れうごく, 映る風景を眺め, 映る飛行機の影, 映る食卓を囲んだ, 映る高山の風景, 映るい夕陽, 映る黄昏時のわびし, 映る黄色の薄い, 映る黒ビロードの人影