青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「木~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

朝夕~ 朝廷~ 朝日~ 朝飯~ 朝鮮~ 期~ ~期待 期待~ 期間~ ~木
木~
木の下~ ~木の葉 木の葉~ 木下~ 木戸~ 木曾~ 木村~ ~木立 木立~ 木綿~

「木~」 21503, 207ppm, 492位

▼ 木~ (6558, 30.5%)

227 枝に 161 枝を 137 上に 79 枝の 67 幹に 66 枝が 56 かげに, ように 53 上で 51 上から 46 幹を 43 幹の 40 蔭に 39 上の 33 枝から, 枝で 32 花の 31 皮を 30 上へ 28 實を, 香の 27 上を 25 梢に, 陰に 24 ような, 枝へ, 梢を, 股から 23 香が 22 影が, 枝は 21 しげみの, 枝や, 箱に 20 てっぺんに 19 やうに 18 中に, 箱を 17 かげから, 枝と, 根元に 15 てっぺんから, 小枝, 方へ, 杖を, 皮で, 箱の 14 まわりを, 切株に, 幹が 13 あいだを, もとに, 橋が, 花が, 花は, 蔭から 12 ところへ, みきに, 札を, 梢の, 箱が 11 そばに, 梢から, 皮の 10 ほうへ, 影を, 札が, 棒を, 階段を

9 [11件] こずえに, みきの, やうな, 上には, 國の, 枝などを, 株の, 茂みに, 茂みの, 顔を, 香も

8 [16件] あいだから, うしろから, しげみに, てっぺんまで, ところに, みきを, 上では, 中で, 人は, 幹から, 方に, 方を, 枝, 枝も, 生えて, 蔭で

7 [20件] かげで, ことを, そばへ, てっぺんの, 並木が, 前に, 周囲を, 實, 實の, 杓子で, 柳の, 株が, 梢が, 皮が, 皮や, 股に, 色も, 花を, 輪の, 音の

6 [27件] かげへ, かげを, したに, ベンチに, 中でも, 中へ, 幹は, 床の, 方も, 枕を, 株に, 根本に, 梢, 森, 槌で, 洞の, 片を, 皮に, 立って, 箱で, 苗を, 若葉が, 道の, 門が, 音が, 頂に, 香を

5 [48件] あいだに, あるところ, ある山, うしろに, かげの, ことで, ために, てっぺんで, てっぺんを, はしごを, 上にも, 中から, 中の, 傍で, 切株の, 十字架を, 大きさ, 家の, 實が, 影の, 手を, 方が, 方は, 板で, 板を, 林の, 枝か, 枝には, 柄の, 柱を, 株を, 根っこの, 根方に, 梢で, 梢や, 椅子に, 楚に, 橋の, 瘤の, 肌を, 腰掛に, 茂みが, 蔭へ, 門を, 陰から, 香に, 香新しい, 高さ

4 [70件] ある家, ある町, うえに, うろの, お扇子, ことは, しげみから, しげみが, したで, そばまで, そばを, てっぺんへ, ない都, まに, まはり, まわりに, 上にでも, 代りに, 側に, 傍へ, 傍らに, 前で, 前まで, 十字架が, 叉枝を, 名を, 姿は, 子を, 家を, 實や, 幹へ, 影に, 影も, 意味で, 扉の, 暗の, 束を, 板の, 枝にも, 枠に, 枠を, 柄が, 柄を, 根元を, 椅子が, 橋を, 火を, 生え工合, 皮と, 立, 立札が, 緑の, 繁みの, 胸に, 腰掛けが, 腰掛の, 腰掛を, 色と, 茂みから, 虚から, 谷, 鉢に, 門の, 陰へ, 陰や, 青葉の, 音を, 頂の, 頂を, 黒い影

3 [154件] あるの, ある処, ある所, いろいろな, うら, えだに, えだの, かげは, かげや, きれを, こずえの, こずえを, こんもりと, しげったところ, しげった中, しげみを, した路, てっぺんが, てっぺんには, てつぺんに, ところまで, ないところ, なかで, はしごの, はしと, ほとりに, またに, まより, もとの, テーブルに, ベッドが, 一番高い, 上まで, 上より, 中を, 丸太を, 事を, 人が, 人の, 低い枝, 俣の, 側へ, 傍に, 傍を, 切り株の, 切株を, 列は, 前の, 前へ, 匂いが, 台に, 名の, 名は, 外に, 太さ, 姿が, 姿を, 宮運送店の, 家へ, 實は, 小さな林, 小箱, 工兵隊, 幹には, 幹や, 影, 影は, 心を, 心臓は, 或る, 所から, 扉が, 扉に, 札に, 札の, 板が, 林が, 林に, 林を, 枝だの, 枝にかけて, 枝にて, 枝にでも, 枯れて, 枯木の, 柄に, 柱に, 柵が, 柵に, 柵の, 株へ, 株や, 根元から, 根方へ, 根株が, 格子が, 梢は, 梢も, 森が, 森に, 森の, 森を, 椀へ, 椀を, 椅子の, 橋と, 櫃の, 水を, 水垣の, 洞に, 灰を, 燃える音, 玉垣の, 球を, 白, 白い花, 皮にて, 皮も, 祝言, 竜騎兵, 端の, 精が, 精でも, 繁みを, 肌が, 肌に, 股からでも, 股の, 肩を, 脚を, 腰掛が, 色の, 花, 花も, 花や, 茂って, 茂みや, 蓋を, 蔭にも, 蔭の, 蔭や, 蔭を, 虫を, 裂ける音, 軋る音, 釘に, 隙に, 雄鶏は, 雫に, 頂上に, 香は, 高いところ, 鳥居に, 鳥居の

2 [348件] あたまに, あたりに, あたりを, あちこちの, ありかをも, ある杉皮, いうこと, いたずらに, いただきを, うえの, うしろへ, うしろを, うたです, うれに, うろに, うわって, えだ, おじいさん, お船, かげが, からうどの, きれはし, くつを, くらき夜, くれな, くれを, こずえで, こずえには, こずえも, こずゑより, ことに, しげった庭, した暗侘し, じくに, すぐそば, すねの, その花麻豆美, そば栗の, たらたら坂, だまつて居る, てつぺんで, てつぺんにと, ところを, となりから, となりに, ないと, ない山, においを, はしの, はぜる音, はの, ふたを, ふところまで, ほづえ, まを, ま洩る, ま越し, ま透き花, みきが, むこうに, めきめき云う, もとを, ようだ, わくに, わくの, ステーション, テエブルに, テーブルと, ドアが, パイプを, ベッドに, ベンチが, 一片でも, 一片を, 上も, 下露は, 下駄を, 並木は, 中では, 中には, 中にも, 丸小屋へ, 丸殿も, 事は, 二十二の, 伐り屑, 信, 俣に, 倒れる方向, 傍をよ, 先は, 先へ, 兵隊で, 函よ, 切り株が, 切り株に, 切れっ, 切れならずや, 切を, 切株が, 切株は, 力を, 匂ひ, 匙で, 十字架, 卓子が, 卓子の, 叉に, 古りはてし黒木, 台の, 向うに, 向こうに, 向さ, 周りに, 唐櫃の, 四角な, 塀の, 墓標が, 外側には, 多いところ, 多い山, 多い庭, 大団栗, 大木の, 大監督官舎, 奴に, 如き諸君, 始末を, 姿に, 子, 子が, 子の, 宮, 宮に, 宮運送店に, 家は, 實か, 實草の, 小団栗, 小皿が, 屑など, 巣箱の, 幸福な, 幹, 幹で, 幹と, 幹も, 床に, 床を, 床几の, 底部の, 廻りを, 弓, 形も, 影で, 後から, 後に, 後ろに, 御器, 性と, 意で, 戸が, 所で, 所へ, 扉を, 揺れやむ, 数を, 新芽を, 暗渠, 書庫に, 木しづく, 木ぬれ, 木の間に, 木は, 木立である, 札で, 机の, 条に, 来たの, 板に, 枕で, 林で, 果が, 果は, 果を, 枝では, 枝など, 枝などが, 枝などに, 枝にと, 枝まで, 枝山さ, 枝葉が, 枠の, 枯れること, 柔らかな, 柱, 柱で, 柱の, 柵で, 柵を, 柵空地奥の, 栓が, 栓を, 栗は, 根っこや, 根っこを, 根元で, 根元には, 根元の, 根方の, 根本の, 格子で, 梢と, 梢には, 梢にも, 梯子段を, 棒が, 棒で, 棒に, 棒の, 棚が, 棚の, 棺を, 椀に, 椽に, 槌は, 槌を, 様に, 横へ, 樹てられる, 橋がか, 橋で, 櫃に, 沖で, 洋燈から, 洞から, 灰と, 炭を, 片で, 片は, 牧場まで, 玉の, 生えた森, 生命が, 生籬を, 登美の, 皮でも, 皮は, 皮または, 皮葺き, 盆で, 盆に, 目を, 眞若の, 真打席, 神, 神の, 神久久野智神, 種が, 種を, 種子を, 空に, 空洞の, 端か, 箱から, 箱だ, 箱は, 箸で, 箸を, 精の, 細工を, 紹介で, 緑に, 緑を, 縣主の, 繁みから, 群立が, 群花は, 義で, 肌の, 肌も, 股で, 股へ, 股を, 肩へ, 胯の, 胯へ, 胴に, 腰かけから, 臣, 色が, 色は, 花だ, 花である, 花もが, 花もを, 花を以て, 花咲く, 花知流比賣, 芽ぶきいつかしづけくなりに, 若芽も, 若葉の, 茂った中, 茂った所, 茂みへ, 茂みを, 荒田の, 蔭井戸の, 薫, 虫から, 行列虫は, 角の, 話を, 谷の, 質も, 踏台の, 都, 釘と, 鈴を, 鉢の, 門は, 閂で, 陰で, 陰の, 陰は, 陸橋が, 階段が, 階段の, 雪の, 雪を, 青木の, 青空の, 青葉を, 頂が, 頂で, 頼り無き, 額が, 顔は, 顔へ, 類, 首を, 香や, 香りが, 高い枝, 高い梢, 鳥居あり, 黄葉の

1 [2233件 抜粋] あいだで, あたりで, あつた, あるあき地, あるその, ある一面, ある場所, ある日本俗庭, ある溜池, ある野原, いただきに, いちばんいちばん高い, いちばん近い, いつかもみづれる月あかり, うえを, うち何の, うら枯れ, えだが, おほき, お化けは, かおり咽, かげにも, かたちに, かをりなど, くいぜに, こうし, こずえは, ことだの, ことな, こまに, ころもがへ, ごつごつした, ごとし新鮮, ざく股でも, しげった島, しげった間, しずんだ地面, したの, しみたつ山, しんにも, すずしさ, ずっとならんだ, その葉, そばによって, それに, たくさん両側に, たちまち風, たらの木は, つぎ足を, つるが, てっぺんだろう, とがった頂, ところで, どれよりも, ない山林, ない生田, なかほどまで, においが, はえた崖, はがしげっ, はしごに, はしにて, はづれ, は猿, ひよろり, ふさに, ふれあう音, ほうで, ほえる音, ほっそりと, ほのかな, まえに, またなどに, まっ赤, まを通して, むこうが, むらは, もあさって, もとで, やうで, ゆうぜん, ようには, わく沢山雪の, カブに, ジヤツク, ステッキを, テエブルヘ僕と, バケツかんづめの, フオクもちて, ベッド一つと, ベンチは, モザイックに, 一に, 一本が, 一片から, 一種を, 一面を, 三つの, 三百六十五年という, 上でも, 上にかけて, 上や, 上着を, 下方を, 下草の, 世界へ, 両側に, 中だ, 中程の, 丸太が, 丸盆で, 事だ, 事石の, 二本の, 五月の, 人に, 人形が, 仕切りの, 代人は, 伐り出し初め, 伸縮を, 佐野源左衛門じゃ, 俣, 倒れる端風, 側へも, 傍であった, 兄の, 光また, 公園エカテリンスキーの, 内側である, 円盤に, 処に, 函へ, 分布は, 切に, 切れが, 切れ塵などを, 切符を, 制を, 前には, 副木を, 助六は, 匂いなども, 匂と, 匙や, 十分の一をも, 半分ほどの, 半身像にて, 卓子そして, 厚板に, 又枝, 叉枝で, 取引部へは, 古い株, 古枝に, 台が, 台みたいな, 各所に, 名である, 名など, 名をも, 向うを, 周囲にも, 和名は, 器が, 囁きの, 四方に, 国と, 國生れの, 地上から, 垂木や, 堅くし, 塊から, 声に, 変死事件が, 多いだけに, 多い人里, 多い小路, 多い町, 多い靜, 夢は, 大きなの, 大きな枝, 大きな身体, 大砲は, 天井板に, 天邊で, 太刀を, 好運を, 如くなる直, 姿と, 嫩葉は, 子に, 字に, 季節外れな, 家, 家名は, 寄席宮志多亭から, 寝台から, 實しあら, 實はみ木の根と, 實をわ, 小さかった, 小片で, 小皿その他樹身や, 少女ドリアス, 尺角上から, 尾根に, 屑一つ散らかっ, 山地を, 島で, 左にという, 巻に, 帰って, 幣, 年寿が, 幹ぐらい, 幹という, 幹へと, 床, 底の, 建って, 弓の, 弟の, 形から, 形変りし, 彫刻の, 影にも, 彼方には, 後ろへ, 御衣に, 心の, 心臓も, 性格であった, 性質を, 恰好と, 意, 成長した, 所を, 扉飾りには, 手入れを, 払い下げも, 折るる, 折れる烈しい, 折敷二つに, 拱せる, 挿入より, 採れる山, 揺れが, 撓むの, 数とは, 断崖から, 新芽が, 方であっ, 方まで, 春浅う, 更に夥しく, 月夜の, 木ぶり枝ぶりある, 木材の, 末に, 本末とを, 札だった, 机が, 材を, 杖, 杖にかけて, 束が, 板と, 枕, 林, 枝からは, 枝その, 枝でし, 枝にかけ, 枝ばかり, 枝やに, 枝を以て, 枝岩角などに, 枝柴のるゐ, 枝葉よりも, 枠と, 枯枝が, 枯葉の, 柄杓で, 柱にも, 柱壁の, 柿が, 栓抜きを, 株などが, 株根を, 根っこと, 根っこは, 根元或は, 根本へ, 根瘤だの, 格子戸の, 桶である, 梃子へ, 梢だけは, 梢へ, 棒, 棒切れを, 森で, 椅子とが, 植えかた一さい家人, 植込の, 楔を, 様な, 槽に, 標札が, 樣に, 横まで, 樹立, 橋かけた, 橋に, 櫃や, 欄干の, 歳は, 段々が, 母たり, 水樋を, 洗濯挿み, 洞穴や, 流儀の, 湯気と, 火なる, 火四方に, 灯籠一つ, 烏瓜ランタン, 無い真白い雪原, 照り円き, 燃える匂い, 燈籠や, 片の, 片手が, 牧場の, 物置台が, 玉を, 生い茂った崖, 生えた小社, 生えた間, 生きて, 生ひしげつ, 生垣の, 生皮を, 用途および, 留釘が, 疲れが, 瘤花を, 白くし, 皮であり, 皮みたいな, 皮より, 皿で, 盆と共に, 監獄であり, 看板である, 真上藍碧に, 真赤な, 眼を, 知らない彼女, 神といふ, 神久久能智神という, 祭壇である, 種子である, 積み物, 空から, 空にも, 空洞を, 立ちならんだ林, 立の, 端くれか, 端で, 端は, 竿に, 箪笥の, 箱でも, 箱へ, 節で, 簇葉は, 粉に, 精に, 紅葉の, 細工も, 經濟界も, 縁から, 繁ったせまい, 繁つた所は, 繁る所, 繊維紐三本の, 群, 羽子板で, 耳へ, 肌は, 股ばかりを, 肩越しに, 育つの, 背後にでも, 胴体に, 胸を, 脚, 腕を, 腰掛けを, 膚に, 自由な, 臺が, 臼も, 舟を, 船底を, 花おどり, 花さく頃の, 花と, 花ゆれるゆれる, 花盛りを, 花踊り打出され, 芽生えの, 芽立ちの, 若芽, 若葉窓の, 茂った岬, 茂った長い, 茂つた葉の, 茂りから, 茎は, 荷箱が, 落ちて, 葉ずれが, 葉も, 蓋で, 蔓で, 蔭からでも, 蔭と, 薪で, 藪が, 虫土の, 行き行く道, 衝立だけの, 表紙の, 裡あるいは, 覆いを, 見えるよう, 見事な, 親父にな, 解禁は, 証言, 諸氏などから, 豐かな, 貯へは, 赤い条, 起りに, 足元へ, 踵を, 身体の, 軈て梢, 転子が, 近くに, 運ばれた窪みを, 遺族については, 部屋の, 釣橋を, 鉢の子を, 鉤の, 鋸屑の, 鍬で, 長い列, 長椅子が, 門と, 閻魔様は, 附近は, 陰やら, 陸橋だ, 階段には, 隙間より, 雑木山が, 電柱が, 青々する, 面が, 面形でござれ, 靴の, 音で, 音は, 頂きには, 頂でありました, 頂より, 領収書を, 顔さえ, 飾り台敷き, 館に, 香く, 香とに, 香匂へる, 馬に, 馬吉は, 骨, 髄を, 高さ二十五間, 魂が, 鳥居は, 黒檜の

▼ 木~ (1819, 8.5%)

39 伐って 22 見て 18 切って 17 伐りに 14 持って 11 伐り倒して 10 伐ったり, 植へる 9 植えて, 見ると 8 組んで, 見上げて 7 伐つて, 集めて 6 伐る音, 楯に, 見つけて 5 叩く音, 眺めて, 知って, 立てて, 見ながら, 見に

4 [15件] ながめて, もって, ゆすぶって, 伐っては, 伐り出しに, 入れて, 切る, 刻んで, 削って, 挽く音, 搬つ, 育てるよう, 見ても, 見ました, 買いに

3 [33件] きって, けずって, たたいて, つたって, とりに, めがけて, やたらに, 伐つたり, 伐り払って, 伐る者, 切る音, 刳って, 削りて, 前に, 北門に, 取って, 大事に, 小楯に, 打って, 根こぎに, 栽え, 横に, 渡って, 用いて, 眺めた, 背負って, 見あげました, 見た, 見れば, 買って, 運んで, 選んで, 離れて

2 [126件] あげて, えらんで, おりて, きつた, きり, きる音, したり, たて, つかまえて, つませて, とって, どこに, のせて, のぼって, はなれて, ひっこぬいて, みあげて, むしること, もつて, ゆすって, スルスルと, 一二本見つけ, 一本ずつ, 上ったり, 仆し, 仰いで, 伐らない, 伐らば, 伐りたおして, 伐りて, 伐り丘, 伐り倒したの, 伐り倒すこと, 伐り倒す斧, 伐り出す時, 伐り山, 伐り払ったので, 伐り払った跡, 伐ること, 伐るとき, 伐るの, 伐る斧, 伐る時, 伐れば, 何本か, 作る, 保護する, 倒して, 倒すこと, 写し出だし, 分けて, 切ったあと, 切つ, 切つてゐる, 切りに, 切りはじめました, 切り終ると, 切るという, 切る話, 切断する, 利用し, 削るかんな, 前景に, 取つて, 取りに, 取り巻いて, 叩くやう, 売る者, 大切に, 大木に, 奇麗に, 庭に, 愛して, 或る, 手に, 打つけ, 投げだして, 折るよう, 担いで, 拾ふ, 指さした, 指して, 指しながら, 挽いて, 挽き水, 撓めて, 断るが, 木だ, 栽培し, 植えたの, 植えても, 植えようという, 求めること, 流して, 渡して, 潜って, 火鉢の, 焚いて, 焼いて, 照らして, 用ゐる, 目あてに, 眺めながら, 神として, 組んだり, 育てること, 背後に, 自分の, 見たこと, 見ますと, 見る, 見ること, 見上げた, 見出した, 調へ, 調べて, 負うて, 賣れ道具, 足場に, 路ばた, 軽蔑しよう, 載せて, 運んだり, 選んだもの, 配して, 頭ばかり

1 [1171件 抜粋] あげるから, あは, いただくこと, いぢ, うえましたジョウ, おし倒したの, おまえは, おりた, お伐り, お友達, お挽, かくして, かけた上, かける外, かすって, かついで, かつぐの, からかって, きくとき, きらうかと, きらすとは, きりそして, きりたほすま, きりだして, きり炭, きる声, きろうという, くべ火, くわえて, けずった細い, こすり合わせて, ことさら姫君, この人たち, この若い, さかきという, さがして, さがしましたけれど, さぐり出して, しっかり攫ん, しょって, すぐ日本, すこしばかり, すてて, せおって, そえて, その女の子, それまで, たたいた, たたき落とすの, つかい飯台, つかまえなさる秘術, つかむとき, つきつけて, つついてる一匹, つらぬいて, とりこに, どうしてほか, ながめ, なくしたの, なつかしがっ, なんだ, にらみつけました, ぬき肥料, のせたまま, はこぶ, はずすと, ひき裂くよう, ひし折ったり, ひっこぬかなかったの, ふところに, ふりかえって, ふるはせて, ほめないもの, まだ知らぬ, まといみち, まるで海綿, みあげると, みたよる, みんな狂人の, めぐらし柿の木, もちいて, もらったん, やはり寺風, ゆすぶつたり, ゆるがせた, よく見た, よっくため, わたした上, わたり最終点, アネサは, グルグル廻り, タイサンボクと, ハナ起しと, マッチと, レールの, 一つ, 一まわりし, 一パイ詰め, 一尺五寸位に, 一度に, 一本えらびました, 一本のこらず, 一本もらえ, 一本一本押頂い, 一本植えました, 一本縛り付け, 一枚灯し, 一目見, 三十年も, 三尺程に, 上って, 下さい, 下さい早, 丘を, 並べたの, 中心として, 乞う祭, 二三挺も, 二三本切り倒しました, 二本たおし, 二本梯子の, 五六本小刀で, 五本軽い, 今日の, 仰いだ, 仰ぐと, 伐ったあと, 伐ったぐらい, 伐ったの, 伐った切屑, 伐ってるだけ, 伐つた時, 伐らずその, 伐らせコミッション, 伐られてから, 伐りしあと夏山, 伐りはじめた, 伐り下ろして, 伐り倒しその, 伐り倒しに, 伐り倒すの, 伐り出した時, 伐り四本, 伐り持ちこ, 伐り木, 伐り炭, 伐り竹, 伐り過ぎれば, 伐るとき平ら, 伐るひま, 伐るよりも, 伐る山賤, 伐る響梅雨, 伐出いて, 伐採する, 伝い得るよう, 伝わって, 作り人, 使ったため, 使っても, 使用する, 促すと, 修むるような仕儀に, 倒し灌木, 傷つける人, 元の, 入れます, 八圓で, 出すの, 刀の, 分割し, 切ったって, 切った通り, 切つてしまつたのである, 切つて梅の, 切らして, 切られて, 切りたおしたでしょう, 切りだして, 切りまして, 切り倒した点, 切り倒す悲し, 切り出させるん, 切り集めて, 切ると, 切るやう, 刈り込みながら, 刳つた, 刻った, 刻むであらう, 刻んだの, 削いで, 削つた杖, 削りかけに, 削る, 削る時, 割ってる樵夫, 割りつつ, 割る音, 加えながら, 加えると共に, 動かすなどといふ, 動かす季節, 十分に, 原形の, 友だちの, 取らした, 取りのけそれから, 取り出しそれで, 取り包んだまま, 受持つなり, 叩いたり, 叩くという, 叩くとか, 叩ッ切る, 向合, 吹き折ったり, 呪うとでも, 呼んだの, 唯一の, 嗅いで, 四ツに, 固定させる, 土に, 執って, 填めて, 売ったそう, 売る女房, 夕立の, 大きな篝火, 大概伐り倒します, 失ったこと, 失った私, 始末する, 尊敬と, 尋ねみるに, 少し離れ, 尻に, 山では, 嵌めて, 巡り館, 巻き母, 庭へ, 廻わるのであった, 引き出すという, 引く意味, 引っ張りました, 引拔深く, 彫りて, 彼から, 御伐り, 御覧に, 御馳走しよう, 忘れたの, 思い出すの, 思ひ出して, 惜気も, 想像する, 愛するが, 慰めて, 憎んで, 或は幾何学的, 手分けし, 打ち通せなかったの, 打った草履, 打つよう, 打込む, 打込んで, 投げさせて, 投げ入れ塩, 投げ捨て懸命, 折り挫, 抜けて, 択ぶ, 押し倒したところ, 拂ふ, 拆き, 拾い集めて, 拾つて歸つて來る, 持ちこんで, 持ち黒板塀, 持つて, 持翳す, 指の, 挽きひとり, 挽く, 挽く響隣, 挿木に, 捕へて, 捨って, 捨てその, 掘り出したの, 掛けて, 探したり, 探るの, 接ぎ木, 描いたこと, 握り更, 揺すぶるほどの, 揺すりました, 揺るがせ木立, 搬んで, 摩し, 摺る, 撫でたり, 撰びました, 擦って, 攀じて, 支えて, 数えること, 敷いた車道, 數へる, 斜面の, 斫らすが, 斬ったよう, 新しく取り, 方言で, 旧の, 暗やみの, 曳く労働婦人, 木小屋に, 机上に, 杖で, 東へ, 松めかし, 枯らして, 枯らすも, 根こじ, 根もとから, 格子の, 栽えられた, 梢から, 棄てて, 植うる, 植えさせたり, 植えずまた, 植えず植えて, 植えたとか, 植えたんで, 植えついだという, 植えては, 植えました, 植えよと, 植えるという, 植えるには, 植えるべ, 植える方, 植えんと, 植え直したり, 植え込んだ庭, 植ゆる, 植ゑたとか言つて, 植ゑたんだ, 植ゑて仕たてる, 植ゑとく家は, 植ゑることにしました, 植ゑ並べ, 椽先に, 樂園に, 樵る人, 樵る翁, 樹て, 橋に, 残らず買占める, 水中に, 流す時, 浸して, 清ちゃんに, 満足そうに, 滅茶苦茶に, 灰として, 炎天, 焚かねば, 焚くと, 焚べて, 焼きましたならば, 照らしたの, 燃した, 燃して, 燃やしたん, 燒い, 片ッぱしからひきぬいては, 現金で, 生かすため, 生じ木, 用いたもの, 用いた棺桶, 用ゐた, 画きて, 画けば, 発奮させた, 発見します, 登るところ, 白楊を, 盗むぐらいの, 盗んで, 盜伐同, 目に, 直接殺した, 真中に, 眺める風, 知つた頃は, 知らないもの, 砕いて, 福木と, 移す時期, 積んだり, 穿ちて, 窓近く植えた, 立て, 立てた結果, 立てる例, 立て斎串, 竪に, 粉に, 組みあはせた校倉, 組みて, 組合せた態, 結いわたした, 結び合せた屋根, 網の, 縫うて, 繰拔, 美しく作り立てる, 考えないの, 股に, 育成した, 背負つ, 腐らして, 自然の, 花の木と, 苦しめるの, 荒町に, 薄い板, 薪に, 表わす必要, 裂いた箸, 裂くよう, 見あげて, 見あげると, 見かけるが, 見ずだと, 見せられた日, 見つけたその, 見つけますと, 見つけるであろう, 見つめた, 見つめて, 見ないでは, 見るの, 見上げ, 見上げたの, 見上げましたが, 見付け出し根, 見出して, 見直して, 覘つて居る, 訪ねた時, 設け舜招諫, 認めたとき, 認め出した, 読みましたいろいろ, 調べたが, 識別する, 負つて, 買つ, 買つて来, 賞讃する, 賣れと, 贈って, 赤土に, 越え山, 越すよう, 車の, 軽業の, 近く見, 退治せられな, 透きて, 通りすぎた, 運ばしむ而, 運ぶの, 適当と, 選ぶこと, 避けたの, 邪魔に, 重ねたの, 銅像もろとも, 鎧って, 鑽つて出した, 長椅子に, 附け足して, 降りるの, 除くを, 集めに, 離れずぶりと, 離れたと, 顧みで, 食い切るよう, 飾って, 高く架け

▼ 木~ (1664, 7.7%)

48 立って 43 あって 41 ある 29 生えて 27 ありました 19 しげって 15 あつた, 茂って 14 あった 13 くれに 12 あつて 10 立つて 9 多い, 繁って 8 あるの, らしの, 一本立っ 7 あります, たくさんある, 幾本も, 枝を, 目に 6 くれの, 一本ある, 倒れて, 葉を 5 くれて, 植えて, 汁に

4 [12件] あったが, ありその, こんもりと, とびだしました, ほとんどいちめん, ものを, 一本ありました, 一杯に, 何本か, 多いので, 植わって, 見えました

3 [28件] あるから, あるが, あるので, あるん, ざわざわと, たくさんあっ, たくさんしげっ, ない, なくなって, はえて, まばらに, ゆれて, らしが, 一本あった, 倒れるよう, 彼の, 朽ちて, 林の, 植って, 物を, 立ち並んで, 聳えて, 腰を, 花を, 芽を, 茂つてゐる, 見えて, 見える

2 [89件] あったの, ありませんから, あるし, あると, あるな, あれば, いっぱいありました, こんもり茂っ, すっかり伐り払われ, そこにも, その上, そびえて, たってその, つんつんと, でて, ところどころに, どこに, ないので, なければ, めまぐるしいぞ, らし, らしに, 一めんに, 一本, 一本あっ, 一本ひ, 一本も, 一本生え, 一本立つ, 一本雪曇り, 三四本燃やし, 三本立っ, 乾いて, 二三本立っ, 二本ある, 二本つい, 人の, 人間の, 他の, 伐り倒されて, 低いから, 何か, 何本も, 俄かに, 光るの, 出ました, 切り倒されること, 四五本あれ, 土の, 多いから, 大きくて, 大きくなり, 大きくなる, 好きだ, 好きで, 左右から, 幻燈の, 急に, 成長し, 折れて, 揺れて, 散らばって, 月の, 枯れて, 池の, 清作の, 生え出して, 生きて, 生長し, 畑一面に, 空を, 立ちならんで, 立てられて, 立枯れし, 緑の, 美しい黄金, 茂りこと, 草の, 見えその, 見られは, 言った, 赤い実, 身ぶるいを, 隙間も, 雷に, 青々と, 風に, 飛んだお, 鳴った

1 [952件 抜粋] ああ今, あくまで反対, あちこちに, あっしの, あったから, あったという, あったとて, あったので, あったら屈んで, あっても, あの上衣, あぶないと, ありあやめ, ありた, ありましたの, ありましよう, ありますから, ありまた, あり子持石, あり川, あり桜, あり橙, あり生り盛り, あり私, あるかと, あることさ, あるその, あるだろう, あるでしょ, あるという, あるに, あるばかり, あるよ, ある水, いいかげんな, いきいきと, いためられるの, いちばんしあわせだった, いちばんよく, いち早く雪間, いっぱいしげっ, いっぱいはえ, いっぱい茂っ, いつぱいありました, いぶる, いま窓外に, いるな, いろいろ出, うごく, うつりました, うは, おいかぶさっ, おかしくて, おとす黒い, お互, お好き, お杉, かれはじめたので, かわいそうじゃ, きまりなく, ぎっしりとり囲ん, くりに, くるのよ, くれたよう, くれ徑, ぐるりを, こうして悲しみ, こうやっ, ここに, こごえたよう, この地上, この話, これも, こんなふう, ございます土地, ごろごろし, さか, ざわざわ鳴っ, しきりに目, しげつ, しげりその, しげり草, してあつ, じぶん, すきよ, すくなく, すっかり黄葉, そういつた, そこい, そこに, そこらの, そのあたり一帯, そのままあれ, その中央, その切り取られた, その奧底, その枯れ枝, その間に, そびえたって, そびえ右, たおれて, たくさんに, たくさん生え, たくさん立っ, たこなつてる, ただ一本だけ, たちならびひるまでも, たつて, たもつ影, ちがう, ちょうどいま, つぎに, つづいて, とろとろ燃え, どこかに, どこへ, どしんという, どのくら, どんどん切り出され, ないか, ないから, ないと, なかったら, なくては, なくな, なくなるところ, なく正面, なつかしいな, なんぼんも, にわかにざわざわ, はいっても, はえしげって, はずかしそう, はなやかに, はねかえる, ばらばらと, ひとりで, ひらひらと, ふっふっと, ぶつかる音, ほかの, ほしくなっ, ほとんど地面, まさに地上, まず第, またひどく, まだニョキニョキ, まだ掘り返され, まだ残っ, まっ直, まばらと, まるっきり繁っ, まるでかぶさる, みなきれいに, みな落葉し, みんな二三尺に, みんな山から, みんな青い, むき出しでは, めづらしく五六輪, もう一抱え, もう落葉, もう蕾, もしあれ, もつと, やっと元気, ゆらいで, ゆれるよう, よくなる, よく焚かれた, よく茂つて, らしと, らしは, りんごを, ゐるな, ガラスで, スク, ホテルの, メリメリポキッと, 一つの, 一ぽん, 一二本眼に, 一巡し, 一斉に, 一本あ, 一本あるだろう, 一本その, 一本たつた, 一本の, 一本ぽつんと, 一本冷やり, 一本庭一ぱいに, 一本植わ, 一本植わっ, 一本残らず吹き倒され, 一本立ってる, 一本背後へ, 一本見事に, 一本頂に, 一株ある, 一番うまい, 一面に, 七八株一列に, 三ぼん立っ, 三四本見える, 三本かたまっ, 三本なら, 三本四本づつちらばってゐるだけじつにしぃんとして何ともい, 不思議と, 並んで, 中国では, 乏しい若葉, 二つに, 二三本あつ, 二三本あります, 二三本こけ, 二三本植わっ, 二列に, 二本あります, 二本も, 二本咲いた, 二本見える, 二股に, 五六本あたかも, 五六本あっ, 五六本その, 五六本ひょろひょろ, 五六本植ゑられてその, 五六本茂ってる, 五本あっ, 五本倒れました, 人間製造会社の, 今も, 今日の, 企てそう, 伐って, 何本と, 倒れても, 倒れましたから, 倒れる瞬間, 偶然熱海へ, 傷ましい, 僅に, 光りゆらめくぞよ, 光沢の, 入って, 入れられる, 全部は, 六七本ある, 其処此処の, 分る, 切り倒される度, 別々に, 剥きだしに, 動くの, 十二本ほど, 十五六本大小塩梅し, 十株とも, 半分も, 南部安南に, 去ると, 取卷いて, 古いオレ, 古葉, 可愛くて, 吹き折られそう, 呼ぶの, 唐時代まで, 嗚呼草, 四五本うわっ, 四本とも, 在りかっと, 地べたに, 堤いっぱい繁っ, 塀に, 壁に, 変な, 夏の, 外れて, 多いそんな, 多いやう, 多かった, 多くそれ, 多く植え, 夢を, 大きな柔, 大変奇麗に, 大小塩梅し, 大波に, 天然から, 好きであった, 威張つて, 子供に, 実を, 家の, 寥寂たる, 小さいからね, 小さく揺らいだ, 小高い塚, 少しある, 少ない, 少なくなる, 屑に, 川ぶち, 左右の, 左手へ, 市の, 年よりに, 幸福で, 幾本と, 庭に, 引っぱり出されました, 弱ったという, 当選する, 彼女の, 後ろに, 心に, 応えると, 快さ, 成育し, 所々に, 承知しません, 押潰され, 拾い集めて, 挽臼に, 揺れたかと, 数多くあ, 料理を, 斧の, 斯様な, 早くも, 星の, 時々パチ, 時ならぬ, 曲った木, 曲りでも, 最も見ばえ, 最神聖, 本当にある, 本当にし, 板塀に, 枝, 枝垂柳の, 枯れたので, 枯れる, 栄えるよう, 根移しされ, 森の, 植えられて, 植えられ桃, 植つてもう, 植られ, 極重, 横たわって, 横仆わり, 次第にそのままの, 死ぬ時, 殆ん, 毎夜怒鳴し, 毛虫の, 水を, 沢山あっ, 沢山植え, 沢山茂っ, 河の, 浮洲の, 涼しい蔭, 淋しく頼り, 湖水に, 澤山ある, 濟むと板の間の, 炉ばただった, 無いので, 無かろう, 無くなった森, 無ければ, 無慘, 焼き殺されるわ, 燃えだすと, 燐火の, 牧場の, 特に千葉県, 独りぼっちで, 珍しいか, 生えたの, 生える, 生え茂つて, 生え黄金, 生ずること以上, 生れた時, 用いて, 用いられる, 田安家へ, 畢世の, 瘠せたな, 登壇した, 白い蕾, 白くか, 皆小さく, 皆矮小な, 目を, 目隠しの, 相当互に相, 矢っ, 確かに, 神に, 私に, 私を, 稚くっても, 積んで, 空に, 突っ立っ, 突堤で, 立ちならびその, 立ちならび水楢, 立ちならんだ森, 立つ, 立てられたすなわち, 立枯れに, 笑ったの, 糸でも, 紅葉山御, 細いと, 絡み合, 緑を, 繁つてゐる, 繁つて居る, 美しい林, 美しく花, 考え込んで, 育つて, 背筋の, 脅迫状に, 腐って, 自然に, 良いという, 芽ぐむには, 芽ぶいて, 茂つてゐた, 茂つてゐれ, 茂りました, 茂り諸, 茂る熱帯, 茶の, 荒れてを, 落葉し尽す, 葉の, 蔽つてる, 蕾を, 衣物を, 裸だ, 見えそして, 見えたから, 見えた時, 見えだしました, 見えるかの, 見える門, 見たいの, 見と, 見られたが, 規則正しく並ん, 言つて三つづ, 赤い滴, 走つて, 走りますよ, 路が, 軋ると, 軒を, 逆境という, 道に, 遠くまで, 還照, 邪魔に, 酌しよう, 配合し, 重なり合, 鉞の, 鐵にかは, 長く続い, 開いて, 降った, 陰樹か, 雑然と繁っ, 雪の, 雷の, 霜明りの, 青い空, 青じろいひも, 非常に, 響くと, 飛びつけて, 飛び生えて, 騒いで, 高いの, 高く生い茂っ, 鬱蒼と, 鶯餅を, 黄色くなった, 黒, 黒くなったろう

▼ 木~ (1584, 7.4%)

22 いった 12 お杉 11 思った 10 一本も, 自分の 8 思いました, 言いました 7 いいました 6 彼の, 秋蘭の, 黙って 5 何の, 風に 4 いって, かんがえました, ごとんご, そんなこと, オルガを, 今は, 前から, 生えて, 答えました, 高重の

3 [21件] こら, それらの, それを, ため息を, ちす, どこか, ほんとうに, 不意に, 宮子の, 彼女の, 思って, 日の, 春の, 枝も, 枯れて, 私の, 考えました, 訊ねた, 青い後光, 静かに, 魔女の

2 [117件] いうと, いたるところ, いつしかガツシリ, いよよ透けれ, うれしくて, うれしそう, ここの, こたえました, これらの, こんなこと, し, しばらく黙っ, じぶん, すっかり葉, そう云っ, そこに, そのとき, その夜, その葉, それが, それこそ, ただもう, ためいきを, だが, だなりけり雲, どこだろう, ないの, なだらかな, ばらばらと, びつしりと赭い, ほかの, まるで死んだ, みだすよ, みなぐらぐら, みなまるで, みな波の, みんなあらしの, みんな度を, みんな踊の, オルガの, 一面に, 不平を, 両手を, 亭々として, 人間と, 今でも, 今も, 伊東さんそれじゃ, 伐つても, 伐り倒し狭い, 伸子を, 何れも, 例の, 光る, 冬でなく, 切って, 却って小さく, 名物に, 君である, 圧し潰され埋められまもなく, 夏の, 夢から, 大きくなっ, 天まで, 寂静印です, 少しく霜, 少しばかり, 少し太, 尾田の, 山口の, 平常は, 彼女が, 心に, 思うと, 急に, 手を, 手探りで, 斯うし, 普通に, 木で, 村の, 枝が, 枝を, 根から大, 根もとから, 根を, 梅雨前と, 森の, 榧の, 横に, 殆ん, 水の, 河の, 火を, 煙草を, 物を, 甲谷が, 甲谷の, 男の, 皆その, 眼を, 笑いながら, 細いぞ, 絶えて, 胸を, 腕だる, 花から, 芽を, 荒し, 街を, 裸, 足を, 遠くから, 金茶色の, 雷の, 露は, 頭の

1 [1131件 抜粋] あいかわらずふかい, あたらしい命, あちらの, あっと声, あなたが, あの美しい, あるし, あれど, あわてて, いいおじさん, いきおいよく長い, いくつも, いずれも, いっしょに, いつしか高く大きく, いつのまにか美しく, いつもこう言いました, いつ其那ところ, いのちに, いまでも, いやで, うぐいすの, うたひました, うなだれて, うめき声を, おおかた葉, おかしくなっ, おまえひとりに, おもいました, おろか者の, お互に, お日さま, お酒, かつとに, かなり大きく, からすが, からすの, きたなく繁っ, きっとたおされ, ぐらぐらっと, こういい, こうして毎日, こう云う, ここにも, このつつまし, この噂, この女, この悪辣, この混乱, この異国人, この美しい, この英国, これが, これまでに, これ以外にも, さっそくこの, さびしさに, しっかりと, しばらくじっとした, しばらく何ごと, じっとひと晩じゅう, じゃまに, すくすくと槍, すずしい風, すっかりじ, すつかり, すてば, すべて葉を, ずっと新茶屋, ずんずんなくなっ, せいばかり, そうで, そこらに, そのおかげ, そのとき熱心, その三十棒, その前庭, その宿命, その手, その柔, その樫, その独得, その箱, その贋金, その重い, その高い, それでも枯れず, それほどにも, それまでに, それ程の, た, たかに, たくさんある, たずねて, たよりなく, だまつてまた, だめな, ちがいます, ちやうど片, ちょうど片, ちょっと荒っぽく, ちらつと清作, ついに一つ, つい硝子窓, つぐみに, とうとう怒っ, とてもたいせつ, どうし, どうしてゐる, どうなったろう, どこかの, どなりました, どれ一つと, どんな木, ないって, ない松, なかった, なべて夢ざめぬ, なんだ, なんにも動かない, なんの, にょきにょき黙っ, のっそりと, はじめていま, はねかえって, ひどい勢, ひどく太つて, びっくりした, ふたかかえ, ふとお, ふと甲谷, ぶっきら棒, ほとんど昨夜, ほんとにきれい, ますます大きく, またこの, また倒れる, また笑う, まだこの, まだだ, まだ元, まだ青葉, まばらであった, まんじりとも, みな古く, みな柊に, みな薪炭と, みんなが, みんな咲い, みんな幹や, みんな度ぎもをぬかれてしいんとなつてしまひました, みんな立っ, みんな裸体に, めったに人, めりめり云っ, もうこそっと, もうそこ, もうみんな葉, もう一度元気, もう下, もう二度目, もう四百年近く, もう火, もう苗代, もくもくと煙, もちろんの, もっとひどい, もとの, もと根株, ものを, やうやく, やがてこの, やがて庭半分, やさしくいっ, やはり平然と頭, やはり自然, やや傾いた, よい実, ようやく起き上る, よろこびの, わずかしか, シシリイの, スレヱトの, ドアーを, バッサリ倒れる, ピストルの, ベッドから, ミルクに, ユウゴオが, 一たまり, 一つ大きく, 一丈ほど, 一助の, 一坪に, 一年の, 一晩じゅうじっと, 一本でした, 一杯魚の, 丁度今, 七十八本であった, 万遍なく, 上の, 上眼で, 不安そうに, 不思議な, 世界の, 中空であっ, 中食にも, 主人の, 予想とは, 二時が, 二本ある, 人通りの, 今日ある, 今頃若葉と, 他には, 仰向きに, 伊豆や, 伐られ道, 伐り払っても, 伐採する, 伸びたり, 伸子に, 何という, 何事も, 余り伸びられない, 併し, 倒れて, 僕と, 元気に, 先の, 公園の, 再び星, 冬でも, 凋んだ花, 切られたり, 初めて口, 刻々に, 前を, 勝手を, 北の方三丁ばかり, 南米および, 去つた, 反動で, 取引部へ, 口を, 古くて, 唐檜が, 囁きました, 国立公園の, 地の, 地上一二フィートの, 坊主に, 堅かった, 夏に, 外へ, 多いが, 夜もすがら彼, 大きかった, 大きな葉, 大人三人ほど, 大抵楡, 大行山の, 天主樣が, 太田君の, 女と, 妻には, 始めて, 完全に, 家の, 寄生木で, 寝台の, 寿命が, 小さくありました, 少きやう, 少ないでしょう, 少なく主として, 山から, 山ヂサとは, 山毛欅の, 岩の, 平服で, 幹の, 幹高く, 幾らでも, 庭に, 庵の, 弓なりに, 弛んだ背中の間, 強く立っ, 彫るが, 往来まで, 後に, 後を, 復活した, 心の, 快い顔, 思い出ました, 思つた, 思ふに, 急が, 恐ろしさ, 悉く呻いた, 悠々として, 悲しい唄, 意味が, 感動の, 憎悪に, 手丸に, 打ち合う工女, 折れ河, 押しつけられた胸, 拳を, 指の, 振り返ると, 撓む, 敏感に, 料理の, 新芽ひとつだけ, 旗亭を, 日を, 日本の, 日蔭に, 明るい淡緑色, 春には, 春盛んに, 昨夜の, 是非ひと本でなけれ, 時計を, 暗中から, 更に無い, 最初は, 月経その他の, 有合せ物で, 木として, 木の, 木挽い, 木石は, 未だ解放, 本当にその, 本能の, 材の, 枝ばかりに, 枝や, 枯れた高い, 枯れても, 枯れ稲, 栗と, 栗や, 根が, 案外真面目, 桜なり, 梅と, 棒の, 植えること, 極力会議, 横たわったまま, 次から, 歌人が, 死と, 死んだかしら, 残らず七, 気が, 水に, 氷と, 沢山な, 河岸に, 油の, 波打際へ, 海べ, 深い深い愁い, 満開でした, 漆に, 潜り戸を, 激しい瞑想, 火の, 無く偃松, 無口で, 無益な, 然しそれ, 燃えきって, 父の, 片側の, 片手で, 特別な, 狼を, 玉島の, 王様の, 生きて, 生き物だ, 生れて, 生長し, 男を, 疲れながら, 痛ましげ, 白きからたち, 皆すばらしい, 皆まで, 皆伐り払われ, 皆千年も, 皆死にかか, 皆葉が, 皆随分, 益押すくめられ, 目の, 真っ赤だ, 砂が, 祠の, 私に, 私を, 秋に, 秋蘭と, 突撃し, 突然襲っ, 立ち上がった, 立ち上ると, 競子を, 竹藪の, 笑ふ, 答えたの, 粘き故, 素早くドアー, 絡まり合, 綿を, 置いてきぼりです, 群衆の, 翡翠の, 考えた, 考え直した, 考え込んだ, 育たない, 育ち悪, 育つよう, 胸をは, 自分が, 自分で, 自分は, 自身が, 舟の, 花かも, 花を, 花瓶に, 芽も, 苛酷な, 若木の, 若葉を, 茶い, 茶館を, 落合堺の, 薄くらがり, 蘆が, 蝶も, 裂け草, 見あたりませんが, 見かけに, 見つかりました, 見ゆ, 視察を, 言った, 言葉を, 話を, 調和し, 譫言の, 象牙の, 赤樫で, 起き上ると, 起った事件, 跳る, 身動きを, 身震いを, 転々として, 近づいて, 通例は, 運び出されたスープ, 遠くの, 部屋の, 重なり合って, 銀行を, 鋭い利鎌, 長い間, 閃めいた, 険しい崖, 随分低い, 雑草や, 雲の上よりも, 青く光っ, 静かである, 頭を, 頼み難い, 風呂敷包を, 食禄千二百石であった, 首を, 骸骨の, 高くて, 高さ四, 鬱蒼として, 魔法の, 鳥に, 鶯も, 黒檀の

▼ 木~ (1267, 5.9%)

29 竹を 19 のぼって 16 なって 13 して 12 止まって, 登って 11 向かって 10 つかまって 9 とまって, 手を 8 繋いで 7 上って 6 いった, つないで 5 巣を, 縁って, 縁つて魚を 4 かけられたよう, きて, つかまりながら, つけて, よりかかって, 二人の, 似て, 向って, 縁りて, 過ぎなかつた

3 [21件] かかって, かけられたやう, かけられて, ちがいない, ついて, つなぎました, とまりました, 囲まれた小さな, 当って, 掛けて, 水を, 登ったり, 登りはじめました, 登ること, 眼を, 腰かけて, 腰を, 花が, 落ちて, 雪が, 首を

2 [73件] かけて, かこまれそこはかとない, く, くっついて, さわって, しあるべし, しては, しても, しばりつけて, すずめが, そんな色, たぐへてその性, たずねました, つかまれ木, とまったとき, とりつくと, なすび, なったという, なつた, なつて, なると, なるという, のぼった, のぼりました, むかって, よじのぼりました, よじ登ったり, よっかかって, 上する, 上っても, 上りはじめました, 二銭銅貨の, 二銭銅貨位の, 体を, 倚り, 停まり, 出来る木瘤, 別れを, 刺して, 吊した, 実るの, 小鳥が, 巻きついて, 帰って, 懸けて, 斧を, 本末あれ, 来て, 栗鼠が, 棲んで, 渡して, 火を, 燕の, 生った蜜柑, 登る, 登るもの, 紙を, 縁が, 縄を, 自分の, 至っては, 蛇が, 蝉の, 行きました, 逃げて, 逢いに, 違ひない, 雀が, 雄蕋, 雷が, 頭を, 飛び移るとき, 鳴く鶯

1 [836件 抜粋] □□□□□□が, あつまつて, あらず, ある, あるま, あるらしかった, ある釘, いいました, いくつも, いちめんに, いったい何, いった高重, いっぱいともされたようなぐあいでした, いっぱい平, いつの間にか下枝, いつも来, いる昆虫, うちつけて, うつして, うつすと, おおわれたうす暗い, おおわれた山, おくれて, おけるが, おりて, お棲, お棲ひな, かかった点, かかる水, かくれつ, かくれるもんぢ, かけさせた, かけたよう, かけた方, かけました, かけられたの, かけられた様, かけられるか, かけるよう, かけ上った, かけ登りそれ, かこまれたお, かこまれたひろい, かこまれた泉, かこまれて, かじりついて, かぶとむしが, からだを, からまつて, からむべし, かわって, かわりたること, きざまれまして, きれいな, くぎられた路, くくり付けられて, くびれるか, ぐるぐると, こてこてなすりはじめました, この間逢ったら, こもらふ熱, さえぎ止められかず枝, さして, さわるだろうと, したって, しばりつけた土間共十五坪, しばり付けて, しみ付くやう, しろ草, すがすがしく咲い, すがるように, すらすらと, する, するので, する為, その年, たと, たどりつき巡礼草鞋, たべられて, ついこの間, つかまったまま, つかまつて, つかまり壁, つかまるあぶない, つかまること, つきさして, つくりただ, つっかかって, つながれたまま, つながれて, つながれノンキそう, つなぎながら, つらねた玩具, つり下げて, できたもの, できるの, とびつくの, とび上がったこと, とび移りました, とまったすずめ, とまった二匹, とまらせたの, とまりて, とまり度くも, とまるこそ, とられて, とりつけて, どうかする, どこからか, どれくらい, ながめ入っては, なすられて, なったと, なった蜜柑, なめくじを, ならせる団子, なりさ, なりました, なり代, なるの, なるよう, なるん, なる柱, なれ柿, なわを, ぬったり, のぼったり, のぼらしめた, のぼらない, のぼりその, のぼりはじめたぞ, のぼり眞菰, のぼると, のぼる芸当, のぼれて, はじめて實つたの, はっしと射込んだ, はねあがって, ひつかけ, ふとって, ぶっつかりつつ, ぶつかったから, ぶつかったり, ぶつかること, ぶつつけられ, ぶつ懸けた, ぶらさげられた人間, ぼつぼつと, まいたシメナワ, まけないほどに, まだたいした, まだ黄ばんだ, みじかき梯子, もちぼうを, もつこく, やってくるうそ, ゆわえつけました, ゆわえられてる大きな, よく似た, よじのぼり下, よじ登りあるいは, よじ登りもいでは, よせかけて, よりかかり立ったまま, よりて, わく虫けら, キスを, キラキラあたっ, シメナワを, ペンキを, ボーシスは, リンゴが, 一ぴきの, 一人の, 一点の, 上った, 上ったの, 上っては, 上りたるにこそ, 上り狗ども下に, 上ること, 下ったり, 不満だった, 両手を, 之を, 乏しく常に, 乗りて, 乘つて枝を, 二三羽の, 交った二本, 人攀ぢのぼり, 仕掛けが, 付けるだそれ能, 代りてを, 伐採の, 伝わりそれ, 似た削り掛け, 似た彼女, 住まつて, 住む栗虫, 住んで, 使ふつも, 倚りかかつて, 倚りかかり, 倚る, 兎を, 入り體, 凍りついたもの, 凝然として, 凭り, 凭れた宇津木兵馬, 出あったと, 出逢うこと, 刻み壁に, 刻んだ二つ, 前を, 匂いあり, 十数人としても, 卯の花と, 取って, 取りついて, 取りつけた, 取りまかれ鉄柵, 取り囲まれし二棟, 吊しあげて, 吊り上げて, 同情する, 向かいあった崖, 向けたまま, 向つて突進, 吸われて, 命が, 咲いた花, 咲くところ, 咲くの, 問いました, 喘ぐ胸, 嘴は, 噛りつい, 囲まれた, 囲まれた丸木造り, 囲まれた平家, 囲まれた表札, 囲まれて, 圍まれて, 圧されて, 坊主が, 塒定, 多いの, 夢酔する, 大木なく, 天蔵の, 太陽の, 女の子が, 妙に, 嬰児を, 実が, 寄掛っ, 實は, 小さく高崎五郎右衛門, 少からぬ, 少なからぬ, 就て, 居る鬼, 届きました, 山茶花の, 引っかかって, 引っかかりました, 引掛けた, 張りつけ仮, 張り廻すもの, 当るの, 彫りつけます, 彫り上げ十数遍, 彫る人, 彫刻を, 彼が, 御嶽道と, 復って, 怒りが, 惚れこむなんて, 愛護を, 懸けた大根, 懸けられ給, 打ちつけて, 打ち立てその, 打ち込んで, 投げつけた, 抱きつくやう, 押しつけられて, 拠って, 括りたり, 括りつけて, 振向いて, 掛けられたやう, 掛けられたよう, 掛けるか, 掛ける苦痛, 接がせて, 提灯つるし, 據つて魚を, 攀じて, 攀じ上り霧, 攀る, 攪き廻されてる, 放すと, 於ては, 日ごとに, 昇って, 昇るとき, 昇る事, 春の, 書いて, 書きつけた詩, 朝晩群れる, 朽ちたる穴, 来しは, 果実の, 架けつつ, 桃葉珊瑚が, 梟けられました, 棚を, 棲み穴, 楔を, 止って, 止つた儘動か, 止まつて, 止まりますかね, 止まり損なって, 止まるの, 止れる, 歩いて, 死骸とな, 残って, 毒が, 気を, 水に, 水兵の, 氷花を, 汗を, 油が, 沿って, 注意し, 注意する, 海猫は, 添うては, 清盛という, 渡しかけて, 澄み渡って, 灰色の, 燃えついて, 牡丹を, 猶太人等, 生えたやぶだま, 生えるもの, 生ずる茸, 生ったもの, 生る紫色, 異国の, 當つて粉々に, 登ったもの, 登つた, 登つて, 登つておいでに, 登らざるを, 登らせて, 登り初めたが, 登り知らん顔, 登り鉄門, 登るが, 登る世話, 登る景色, 登る練習, 登れるもの, 白い美しい花, 白が, 目が, 目を, 相違ない, 真っ赤な, 眠り, 矢を, 磁石が, 私の, 秘かに, 移し植ゑようとした, 移し破れ行燈, 移って, 移りながら, 稲妻が, 積って, 空門に, 突き当りよろめいた途端, 窮屈な, 立てかけられたり, 竹ついだ, 精神が, 紫が, 細かい彫刻, 終日油蝉が, 結びつく理由, 結びつけさせる, 結ぶこと, 絡って, 絡まって, 絡む糸瓜, 絡んだの, 縁て, 縊死し, 縋りついて, 縋り乍ら, 縛し付けられて, 縛られた姫, 縛りつけられて, 縛りつける習い, 繋いだ, 繋がれる, 繋げり, 羊歯だの, 群がり啼くの, 群れて, 翹ち, 聞える位, 聞こえるくらい, 肥料を, 胴から, 胸を, 花を, 草ばっかり, 草鞋の, 落してね, 落ちないとは, 落ちませんでした, 葉といふ, 蔽われたその, 薄黄, 薔薇の, 藤が, 藤の, 虫が, 蜜蜂が, 蜩なく, 蠅が, 行き当たって, 被われて, 褐色の, 見えるが, 見覚えが, 親しみを, 言問はむ, 許されて, 譲り渡したる旨, 赤い蕾, 足を, 軒燈の, 近いとは, 近いほう, 近くその, 近づいた, 近づいて, 近づくと, 近寄つて, 這いまといその, 造り千度額ずり, 逢わして, 連れられて, 邪魔を, 長い梯子, 関係の, 降る雨, 限るが, 隠れたが, 隠れたので, 隠れ岩, 集りして, 集り是方, 雫が, 霧らふ, 青い葉っぱ, 鞦韆など, 風が, 風の, 風騒ぎつ, 飛びかわす頃, 飛び上らうとして, 食い入る音, 馬を, 駆けのぼった小さな, 騷ぐ朝まだき木綿波雲に, 魚を, 鳥の, 鳴いて, 鳴く蝉, 鵙の, 黄いろい木質, 黄色い実, 黄色く色づいた, 黄金の, 黒鳥が, 鼓を

▼ 木~ (476, 2.2%)

37 草も 10 生えて 9 石も 4 まばらな, 人も, 家も 3 あった, ある, ない, 鳥も

2 [24件] あれば, がりがり鳴る, ない本所, ない黄色, なし, また何, まばらに, みな宵闇の, みな興を, ゆれ雲, 一本も, 一本一本す, 一様に, 上から, 上の, 声を, 山も, 枯れて, 栗の, 生えては, 画かきには, 花も, 虫も, 黙って

1 [348件] あかりも, あったの, あったもの, あって, あつた, あつて, あの木, あはれなる, ありつ, ありますから, ありますが, ありますし, ありませんね, あり旧, あり来春, あるが, あること, いい色, いっぱいに, いつかは, いるはず, うす青く遠く遠くなっ, うち捨てて, うつくしい若葉, うれしがっ, おしまいに, おほか, かきねも, かきの, かの誘惑, きらきら露, ぐんぐん大きく, ここから, このくらい, この灰, この花瓶, これでは, さぞ白波, さんた, しっかり根, すくなくな, すずめさんも, すっかり坊主, すっかり葉, すでに二, すでに結婚, すでに緑, すでに苔, すべてだらり, すべてを, ずいぶん大きく, そういう深み, そうご, そうだった, そのあと, そのお, そのひとつ, その威, その頃, そびえ, それで賀茂, ただ柳, たやすく動き出し, たよりない, だん, だんだん目だっ, です, とどろ, どの木, どんどん出ましょう, ないきれい, ないのよ, ない今, ない吹きはらしな, ない大きな, ない急, ない此曠野, ない白茶けた, ない禿げ, ない高い所, なかつたと, なくただ, なくなつた, なくむき出し, なく土, なければ, なしに, なし病者, なんだかざあっと, ぬらして, ほりとられた, ほんとうに, またみんな, またツバキ, また境界, また尋常, まるで咲かず, まるで弓, みんなぐらぐら, みんなまっ黒草も, みんな一つ一つの, みんな伐られ, みんな灰色を, みんな父さんの, みんな雪に, みんな雪の下に, みんな黒い, めちゃくちゃである, もう蔭, わたくしも, ガランスに, タムブリアンも, バットを, パンの木も, ブン, 一々見覚え, 一つかみの, 一つに, 一つの, 一つ一つが, 一合五勺位から, 一方に, 一日の, 一木一石の, 一楔木の, 一軒の, 乾きあがって, 交って, 人の, 人間も, 今なお, 仏なり, 伐られて, 伐り盡, 伐れば, 低い木, 低く小さくな, 何も, 何時の間にかつかっ, 元は, 公けの, 共に六月, 共に小日向臺, 冬に, 冬木も, 冷き, 出来たでしょう, 初夏, 判然と, 別当さんのは, 助かったぞ, 動かぬ日, 動揺ぐめり, 動物も, 十字に, 古びたり, 可也に, 同じこと, 同じ寸法, 同じ趣向, 同然, 吹っとんで, 呪い悉さ, 命を, 善果惡果を, 喜ぶ水, 嘗つて同じ, 土も, 売る事, 変らずに, 多かつ, 多く岩, 多く葉, 大きなもの, 大差が, 大抵この, 太く大きくなっ, 太陽の, 姿を, 娘の, 季節の, 寒さうに震, 寝入って, 寝静まつた深夜, 小さくな, 小鳥も, 少くなり, 少しあった, 居ます, 屋根も, 屍に, 山口も, 山羊の, 岩も, 島の, 年を, 庭ぜんたいが, 庭の, 庭も, 庵らしくする, 庵らしくひらい, 建物も, 影も, 彼の, 往来も, 思出の, 息を, 恵みに, 悲しげ, 悲しめば, 手ごたえに, 打ち砕いて, 打むれ, 折れるくらい, 押なべて一様, 攀ずれ, 数本生え, 新緑を, 日の, 日常生活の, 日本の, 昆虫も, 明日の, 昔の, 春の, 曙立王の, 月待つ, 木としては, 材料材料は, 杭も, 松でない, 板も, 枝も, 枝毎に, 枯れはてて, 根こそぎに, 植わって, 横倒し, 樹氷で, 此処の, 此度で, 水も, 氷も, 決して少く, 沢山あるだろう, 泣いて, 涙つ, 混って, 混つて毬と共に, 澤山あるだらう, 瀕死の, 火にも, 炭も, 点々と, 無い, 無いの, 無い一大沙漠, 無い傾斜, 無い砂, 無き裸, 無く雜草, 無ければ, 焼け始めた, 熟れるまで, 燃え立つよう, 牧場の, 物いふ, 猛暑に, 瓦も, 生えない濘, 生命の, 異様に, 皆ざわざわ, 眠って, 眠り沈みどこ, 眠れるなか, 知ってるん, 知らねば, 砂も, 砂礫も, 禊ぎに, 禊ぎに用ゐた, 秋の, 空も, 立ちあがって, 立ちこんで, 立つて, 笑ってるよう, 粉に, 素地よりは, 細い梢, 結晶した, 絶無であった, 緑に, 緑を, 縱横に, 育てたこと, 背戸の, 自分と, 至って, 花が, 花こそ, 苟くもその, 若い時分, 若干見えた, 英語で, 茂るが, 草やぶも, 落葉し出し, 蕭々と, 藪も, 被害者への, 見えず家, 見えない, 見えるし, 見える雀, 見られた, 見当らない, 言祝ぎ謳, 谷の, 谷も, 足りまい, 軒の, 軒も, 追懐を, 道も, 重なって, 野づら, 陰鬱な, 雑草も, 雪を, 霞みそめたる藪穂, 青い焔, 青白いもの, 静かな, 静に, 順に点々, 風で, 饒舌家の, 駄目だ, 高熱を, 魚も, 鳴ると, 黄楊の, 黄色い木の葉, 黄色く葉, 黙々として, 黙った

▼ 木~ (366, 1.7%)

11 木との 10 木の 5 一緒に 4 なって, 云ふ 3 いへば, 家と, 書いて, 木の間へ, 木の間を, 木を, 泥と, 竹を, 見て, 言ふ

2 [27件] いっしょに, いって, おんなじよう, なつて, なりて, よく似, 一本の, 乾いた薪木, 云ふも, 人とが, 古りぬる木々, 同じやう, 同じよう, 同様年々に, 呼ばれて, 呼ぶの, 呼んで, 旅に, 木の間から, 椰子との, 猫, 甲谷の, 紙と, 結婚する, 草と, 雌木とが, 高さ

1 [248件] あの木, いい諸戸, いうからには, いうより, いうよりも, いえば, いちわの, いった, いっても, いひしを, いわず石, いわず草, いわれた綾模様, うけ木, うろうろ飛びまわっ, おなじくらい, お母さんそして, かや谷の, されて, し四方, し眉, じっと向い合っ, すぐに, すずかけと, すべて木で, する場合, する日本, すれすれに, すれちがって, すれば, その傍, その色, その蔓, その部, その隣, それに, たかとが, ちょうど同じ, となえて, なく何草, なしの, なった時分, なつた, ならむ, なりその間, なり動物, なり果て, なり果てた身, なり石, なり花, なり高鳴かう百舌, なる, なるであらう, なるアルピーエ, なれり, またたびの, まばゆい雲, みえて, みてや, もてはやさる, わかれるの, わたくしとは, ゴム製の, スモモの, セ, ブナの, ミドリ糸子と, ロダンゴを, 三年越しの, 三日休みが, 三木を, 並み木の間を, 並んで, 云い此, 云うという, 云う言葉, 云えば, 云つた, 云はずそれ等の, 云ひ, 云へる, 井戸が, 仰有るの, 低い木, 八ツ手などが, 分れると, 別れること, 別れを, 北風と, 原ッぱだ, 古屋の, 号す, 同じく成長, 同じく殆ど花, 同じく貪慾, 同じこと, 同じだ, 同じに, 同じもの, 同じ物, 同化させる, 同時に火生木, 同種の, 名の, 名乗る公爵, 呼ばれたその, 呼び別に, 呼べども, 唐鍬とを, 問返したの, 土と, 変りが, 夜の, 家根とを, 對し, 少しも, 屋根と, 岸井は, 年とった, 幹とが, 後生願いに, 思はしむれど, 愚かしい一つ, 接合した, 摩り合わすと, 教えられた, 暮して, 書く, 書くの, 木と, 木とが, 木とを, 木の間が, 木は, 杭との, 松と, 某の, 柚の木とが, 梅の, 植替えた, 楓が, 楡の, 段木とが, 段木とを, 水, 水の, 水を, 油と, 海に, 渾名される, 火と, 火事見, 無花果の, 熊笹とが, 牛の, 甲谷は, 申すと, 申せば, 男の, 畠作物との, 異ならぬ, 異なるを, 白い雪, 白樺の, 相面した, 真珠を, 石に, 石の, 碧の, 私の, 称えた地, 称して, 移植昨年の, 空の, 突然一方, 竹の, 等しくない, 糸子と, 紙で, 紙とで, 紙の, 紙よ, 結びついて, 結婚し, 綿とで, 背丈の, 花と, 花とに, 花との, 花とを, 茅と, 茅とで, 草とで, 草との, 草の, 草ばかりの, 草を, 草叢との, 葉っぱと, 蔓とは, 蔦とが, 薪の, 薪を, 藁と, 藁屋が, 虫と, 裸木との, 裸木の, 見えた, 見えて, 見えぬ, 見てという, 覚悟しなけれ, 親しくなっ, 言いましたの, 言うたの, 言うて, 言って, 言つて世の中に, 話を, 謂い是, 謂ったところ, 讀む人, 變れ, 谷渡りの, 身を, 輦に, 逢うべきはず, 逢わねば, 道ひとつ隔てた, 釉薬を, 重なり合う対岸, 金の, 釘との, 鈍くする, 鉄で, 鉄との, 鉄の, 鉛と, 鋤と, 間違えられたそれ, 青草が, 革, 食い違って, 飯梨の, 馬醉木とを, 鱒井が, 黒土が

▼ 木~ (364, 1.7%)

19 鼻を 11 あつた 9 出来て 8 できて 5 作られて 3 あつて, こしらえて, それが, 出來, 拵へ, 造ったもの

2 [14件] あらう, がす, ぎっしりです, つくった小さな, やけに丈夫, 作ったよう, 作って, 刻まれて, 啼いた, 拵えたもの, 琴を, 目を, 若々しい枝葉, 造られた煙草入

1 [266件] あつたり, あらうか, あれは, あゝでも, おさえたり, お建て, かけないそう, がんじ, きれいに, くみたてて, げす, こうする, こさ, こさへた馬, こしら, こしらえた人形, こしらえ胡粉, この程度, これも, これを, こんな処, こんもりと, さあ, さがしはじめました, さへも, しかも大木, しかも誤っ, しきられて, しめあげ, しよう大きな, せう, そのままそっくりに, その枝, その細かい, ただキナ, つくったかんたん, つくったシグナレス, つくった大きな, つくった担い棒, つくった日本, つくった木ごま, つくった本当, つくった装置, つくった負い台, つくつた, つくられた普通, つくられる, できた, できた箱, できてるん, でも, とき, とりまかれた池, はござりませぬ, びくともしません, ふさいだので, ほった女の, ほって, まず七フィート, まるく枝, ゆたかに, キイキイいう, ホウホウと, 一匹の, 上帝を, 上端を, 下の, 串を, 二円といふ, 五尺に, 他の, 何を, 何鳥か, 作ったいろいろ, 作ったこういう, 作ったこと, 作ったそんな, 作ったらしい手垢, 作ったり, 作った上飾り, 作った人, 作った人形, 作った先, 作った品物, 作った場合, 作った大きな, 作った容れもの, 作った径三寸, 作った杭, 作った玉, 作った碁石代り, 作った粗末, 作った脇立, 作った脚長, 作った船, 作った面, 作つたのを, 作つた彫刻が, 作つた活字も, 作つた縵, 作られた円い古い, 作られた足, 作られる漏斗, 作り, 作りつけたよう, 作るそう, 作ると, 作れり支那, 其の幼虫, 出して, 出て, 出来たブイ, 出来た人形, 出来た蜜柑大, 出来た鬱蒼, 出来るだけ, 刻まれたもの, 刻んだもの, 刻んだ神像, 削つたか, 十文字を, 取った火, 取り囲んだ奥, 吊しきれないと, 咲いて, 啼く私, 囀るミソサザイ, 囲まれた低い, 固められたの, 圏を, 堅く組みあわされ, 塞いで, 塵も, 境ッた, 大変に, 大臣を, 女の, 字を, 寄生木の, 小形に, 市の, 幹が, 庵を, 建てて, 弓を, 張った梯子段, 彫った仏様, 彫って, 彫つて箔, 彫つて金箔, 彫むの, 彫らせるという, 彫りは, 彫り物を, 彫ること, 彫るもの, 彫るより, 彫る方, 彫刻を, 彼の, 打たれると, 打ち殺すと, 押えて, 抽斎は, 拵えたの, 拵えた卓, 拵えた板, 拵へて, 支えた老樹, 昔から, 春早く, 暗くされ, 有りとは, 杖を, 板の, 棍棒を, 楔を, 榊の, 模造品を, 橋を, 此の, 此は, 殆ん, 殺された人間, 毎年たくさんの, 水の, 永くその, 法師蝉が, 海老の, 源内櫛という, 火を, 灯を, 焚いた炉, 無くまた, 燃やすです, 父さんが, 犬を, 甘そう, 生血を, 田辺付近の, 痛み止めの, 登れねえって, 白金の, 皆と, 皮を, 知られて, 祝詞にも, 笏を, 精巧を, 糖尿にも, 紫が, 組まれた非常, 組まれて, 組み立てて, 組んだ形, 組合わした, 締め附けられた, 縦に, 聖木つげの, 肖像を, 膝から, 自分の, 芥川が, 花では, 葺いた塔, 蔭を, 蕎麥粉を, 袂に, 言ひます, 軽くでき, 近代的な, 造ったお家, 造ったかと, 造ったよう, 造った像, 造った品, 造った小屋, 造った巨船, 造った橇, 造った渡船, 造った背負い道具, 造った鶏, 造って, 造つ, 造つたのも, 造つた渡船と, 造つて嚴重に, 造つて着物を, 造られたもの, 造られ内部, 釣鐘躑躅といふ, 錐の, 階段に, 頑丈に, 頭を, 首を, 魚の, 鳥笛を, 鳴いて, 鳴き初めた, 鳴くの, 鶯が, 鹿の, 黄色い花, 黒い裸, 鼻の

▼ 木~ (310, 1.4%)

16 草の 9 石の, 草が 8 竹の 7 草や 6 草を 4 何かも, 石に, 石や, 石を, 草に 3 家や, 樫の, 竹や, 草は, 草も, 草花が

2 [14件] はんの, まねこ, 新墾小田, 時には, 水の, 石が, 石では, 竹を, 胡椒の, 花が, 花や, 道や, 霜朝の, 鳥や

1 [189件] いいつけた用事, いまに, いろいろの, おまけに, お月様, ごつごつした, すべての, そのほか, そのみどり, そんなもの, つばき, つみ重ねられた黒い, つる草や, とうもろこしを, な, なにか立つ, なにに対しても, なんかが, はりもみの, ひくい木, ひとりで, ひよっ子や, またいろいろ, また日陰, まっさおな, やぶの, やぶは, やぶや, アカシヤなどが, カンナの, クリの, クルミの, セルロイドの, パインアプルの, マツの, モミの, 丘は, 乾漆などには, 亜麻の, 人間の, 低い木, 何かが, 何かで, 何とも名状, 八幡山の, 剥板をば, 古い木, 土で, 土や, 土塊や, 地割れが, 地表の, 堂の, 大理石の, 太い椰子, 子は, 子供を, 孔雀の, 宮角力, 家と, 家の, 家は, 家を, 家畜や, 家畜場の, 小さい木, 小さな柳, 小人を, 小鳥や, 屋根へ, 岩が, 岩に, 岩は, 岩を, 岩石に, 建物が, 建物や, 彼ら人間にとって, 日光の, 明方の, 木の, 本釣り以上, 杉並み木の, 松の木さては, 松の木や, 松の木やみなし, 松の木を, 板に, 板の, 板べ, 板を, 枝に, 枯れ木の, 枯れ草の, 枳殼の, 柱の, 柳が, 柴に, 柿の, 柿の木が, 柿の木や, 棒の, 椿の, 楓の, 榛の木や, 樺の木が, 樺の木も, 檜などを, 死にかけた樹, 死にそこなうたわたし, 気軽な, 水で, 水や, 清い流れ, 漆食の, 灌木が, 灌木に, 灌木を, 火である, 煉瓦ガツン, 琉球の, 瓦の, 瓦を, 生きて, 畑が, 白い花, 百年余の, 石さては, 石じゃ, 石だ, 石で, 石でない, 石と, 石とを, 石倉で, 砂の, 神の, 稲を, 空も, 空や, 竹なら, 竹に, 竹は, 竹切れが, 竹藪に, 花などにも, 花の, 草たちの, 草たちは, 草っ, 草と, 草には, 草にも, 草の根つ, 草ばかりが, 草ばっかり, 草やを, 草木が, 草本は, 葉の, 薄い板, 藁の, 藪が, 藪がけむりのやうにぐらぐらゆれました, 藪を, 虫や, 蜜柑の, 話声が, 赤い実, 軒から, 道具を, 重平番頭の, 金を, 鉄瓶や, 銅に, 銅の, 陶器や, 隅田川など, 電信柱に, 額に, 風や, 馬を, 骨などに, 魚たちにも, 鰐よりも, 鰹木と, 鳥に, 鹿を, 黒塗の

▼ 木~ (306, 1.4%)

30 の中 8 に入れ, の上 7 の蓋 4 に腰, を持っ 3 には, に入った, のなか

2 [12件] があった, が置い, でその, と樽, にはいった, のやう, の匂い, の底, の方, も見え, をはこんだ, を適当

1 [212件] かなんぞのよう, からは黒い, からダイナマイト, から出, から四方, から立ちあがるなら, から薪, がうす, がおい, ががらがらず, がぐんぐん, がここ, がさ, がずっしり, がその, がそろそろ, がつづい, がとんがり, がどっさり, が一つ, が二つ, が四つ, が宇野さん, が家財, が幾個, が月光, が棚, が残っ, が生き物, が目, が置かれ, が見えた, が送られ, こそ宥免状, さえも, だった, だとか, だとかが, だのもらいました, だの金ものづくり, である, であること, でぎっしり, でさえこれ, でさえ約, でもなん, でも作っ, でも兇器, でわく, で出来, で十字, で厳重, で大切, で硝子, との過剰, とを置く, とケラシンカ, とブリキ, と一箇, と一緒, と同じ, と訪問者名簿, と銅箱, などはしらべなかった, などを幾つ, におさめ, につ, につきそっ, にはいっ, には両, には衣服, にガラス繊維, にハガネ, に仕組んだ, に入れた, に入れました, に収め, に収められた, に川手氏自身, に掛け, に書物, に樹木, に残され, に湿, に眼, に竹, に納, に結びつけた, に詰め, に詰めた, に赤坊, のくぎ, のところ, のひとつ, のふた, のよう, の一つ, の下, の前, の前面, の包み, の古びかげん, の周囲, の壊れ, の壊れた, の山, の形, の横腹, の硝子, の縁, の肌, の落ちた, の贈物, の車, の配達, の金具, の釘, はぐんぐん, はすう, は午後, は塔, は暗い, は横側, は蝶蝶, は部屋, は音, へ押しこん, も燃します, やあきびん, やまだ, やナップ, やバケツ, や包紙, や古, や弾薬箱, や樽, や縄, や金蒔絵, をあけ, をおい, をおろす, をかつい, をがたがた, をさげ, をその, をそれ, をたてた, をつくり, をつくる, をつないだ, をつん, をとりだし, をとり出した, をはこばせ, をひきずる, をひき出した, をひょいと, をふたり, をもっ, をゆずっ, をわっ, をゴトリ, をテーブル, を一つ, を下し, を並べた, を使う, を催促, を傾け, を六畳, を出し, を取り出し, を吊っ, を周さん, を地上, を室, を小脇, を山, を左, を左右, を幾つ, を手さぐり, を抱えた, を押え, を持ちこん, を持ち上げ, を持ち出し, を持ち込み, を捧げた, を探し, を探る, を日傭人足, を横, を眺め, を積んだ, を穴, を肩, を背負い, を背負っ, を胸, を腰, を落とす, を見せ, を見る, を見上げた, を見立て, を跨ぎ, を載せ, を運びあげ, を集め, を高大之進, を鬱金

▼ 木から~ (262, 1.2%)

23 木へ 10 落ちた猿 9 木へと, 落ちて 8 降りて 5 おりて, 下りて 4 木に, 木を

2 [13件] おりました, おりるの, おろして, はね下りて, 下ろして, 愛鷹山の, 落ちたの, 落ちた猿みたい, 落ちた猿同然, 落ちるかも, 落ちること, 落ちると, 落ちる山蛭

1 [159件] あの黄いろ, い, いえば, うつ, おちた柿, おちる雨雫, おっこちたより, おりた, おりたと, おりては, おりはじめた, おりること, おりる私たち, おろしました, お杉, かなり多量, かれ葉, さが, さへ, その姿, たやすく得られる, ですよ, ときおりどっと音, とって, とびおりた, とびおりて, とびおり鞄, のぼる焔, はねおりて, ばさばさ落ち, ばたり, ひらりと, ぶらさ, ぶらさがつたから, ぶら下って, ほっそりと, まっかな, まるでまるで百疋, まるで兎, もいだよう, もぎ取った林檎, わかれて, アカハラが, グン, タンニンが, バラバラと, ポタリッポタリッと, 一羽の, 一輪の, 三吉猿飛びおり, 下りた時, 下りようか, 下りると, 二三間左の, 二百ヤードほどの, 二間ばかりの, 五米位離れた, 伝つて外に, 何とも言えぬ, 俺が, 入り込んで, 凝と, 出た兄弟, 出て, 出る膠, 出来て, 切りは, 切離す必要, 刻み出しますが, 北東の, 取ったこの, 取ったばかりの, 取り立ての, 垂れた大根, 堕ちて, 墜ちて, 墜ちる, 壁板に, 外へ, 大理石の, 帰って, 彫ったもの, 我々の, 捕えて, 支配会社へ, 放しその, 放した, 放して, 新町を, 新芽の, 日の, 暫くで, 木の葉を, 木の間の, 榎の, 樅の, 滑り降りて, 熟した林檎, 生まれた男, 立つて, 結核菌に対する, 綱を, 美酒を, 胸毛の, 良質の, 花は, 草叢草叢から, 落させたの, 落された猿, 落したの, 落すという, 落ちか, 落ちたと, 落ちたみたよう, 落ちたやう, 落ちたよう, 落ちたササキリ, 落ちた山猿みたい, 落ちた拍子, 落ちた猿同様, 落ちた猿同然ぢ, 落ちた猿猴, 落ちびっことなったにかかわらず, 落ちる, 落ちるさ, 落ちるん, 落ちる栗, 落ちる毛虫, 落ち重なって, 落っこちること, 落つたつち怪我人, 落つたな, 落つたの, 落猿と, 虫を, 解いて, 護摩木へ, 辷り降りた男, 逃げ出して, 金に, 降りさ, 降りた時, 隣りの, 離して, 離れもと, 離れるやう, 雪の, 電報が, 顔を, 風が, 飛びたつと, 飛びのくと, 飛び上がると, 飛び降りると, 飛ぶの, 飛下りて, 首を, 高浮彫, 黄いろの

▼ 木~ (258, 1.2%)

28 の傳次 7 の吹く, の風 5 が吹い, の中, の音 4 が吹いたら, の日 3 が吹く, のよう, の夜, の寒い

2 [31件] がペンペン草, が急, が真紅, が窓, であつ, と酒, に吹き倒され, に河, に面, のうねり, の吹き, の吹き荒ぶ, の吹き荒れる, の吹き込んだ, の呻き, の如く酒, の武蔵野, の酒倉, の闇, の響, の颯々, の騒ぐ, はまた, は恰も, もそよ風, もなにか, よりも尚, を, をつんざい, を弾, 荒れて

1 [119件] あらば, か, がさっと, がそろそろ, がどこ, がやや, がピュウ, が今朝, が吹きすさん, が吹きまく, が吹きまくろう, が吹き出した, が吹き始める, が吹き立った, が吹き立つた, が吹き荒れ, が夏, が夕方, が小屋, が川原, が情ない, が江戸, が激しく, が野, が野山, が隣り, が雨戸, が音, が驚く, さけぶ夜すがら手, じみた黒く冷たい, じみて, つよい日, である, と, といっしょ, とかいう配合, とはよく, なの, にいたんだ, にう, になつ, には一, にふうわり, にふわり, にぺらつかすべく一着, に三河島菜, に交, に吹かれ, に吹きよせられた, に吹き捲られ, に吹き曝された, に岩吹, に星, に浅間, に物凄い, に追, に鳴っ, に鳴る, のかぜ, のこえ, のこと, のざわめき, のひと, のローラー, の丘, の叫び, の吹, の吹い, の吹いた, の吹かない, の吹きまくった, の吹き入る, の吹き荒む, の吹き荒れた, の夕, の夕暮, の天狗, の如く, の如く伝わる, の後, の杜, の森, の様, の真, の真っ, の真下, の聲, の荒れ, の荒れ狂う, の荒野, の走り, の身, の過, の過ぎた, はをり, は北, は君等, は屋, は矢張り, は鳴り, ふけど, もどうやら少し, も吹きそめる, も用捨, やぼう, や何, や夜, や柔, るる, を厭う, を配合, 凄まじく鐘, 吹きすさぶが, 吹きすさむ夜半, 吹きスサブ秋, 吹く街, 荒れる闇, 高く秋落ち

▼ 木~ (194, 0.9%)

98 助は 34 助の 18 助が 11 助を 5 助には 3 助と, 助爺さん 2 助にも, 花開耶姫が, 花開耶姫を

1 [16件] さんあんたは, さんも, さん今年も, 助たちが, 助たちの, 助たちを, 助といふ, 助などは, 助にとっては, 助も, 助自身, 根川が, 根川に, 根川の, 根川は, 神草之

▼ 木~ (162, 0.8%)

6 登って 5 のぼって 4 手を 3 上って 2 とび移るその, 天道さまの, 掛けて, 火を, 移って, 行って

1 [132件] あがろうと, あつまり新, かけ上がった, かたまって, かわるたび, きて, ぐいぐいと, さわって, しがみついて, すべる雪, するするのぼっ, たくさん渡り鳥が, たてかけて, たどり着くと, つながれて, つるして, とび移る所, とぶムササビ, のぼった, のぼったよ, のぼりはじめました, のぼりました, のぼるとね, のぼれと, ひっかかったり, ぶら下げて, ほかの, また火, もどりました, やるよりは, よじ登って, よじ登り梢, わたる敵, んだ, んを, 一生懸命で, 上手に, 付く虫, 傾きか, 六道銭を, 刻んだの, 吊るせ吊るせ, 啄木鳥が, 寄りかかって, 寄りゴム, 寄り前歯, 寄り座, 寄り歯, 寄る, 寄る上歯, 寄る前歯, 山の, 岩から, 幕を, 干し渡して, 幾すじも, 幾筋と, 引つ張つた, 引つ張つて末社, 彫んだの, 怪鴟が, 愛着の, 戸板を, 抜ける薬師峠, 掛けられた, 掻き上がり枝, 攀登った, 春なら, 横の, 決して触わらぬ, 渡り囀りの, 火柱が, 燃え移った, 猿の, 登った, 登ったり, 登つて, 登つていつた, 登つて柿を, 登つて花を, 登つて行つた, 登りかけた, 登りましたか, 登り狐, 登ると共に, 登れ, 登れるし, 目を, 眼を, 短冊が, 移した, 移った, 移動すれ, 立てかけた槍, 竹竿を, 結びつけそれから, 結んで, 絡んだ晝顏, 綱を, 縛しつけた, 縛しつけられ, 縛りつけると, 肩を, 蔓や, 街路の, 衝突し, 袋を, 触れたり, 躍りかわして, 身を, 近づくため, 逃げたかる田圃雀一, 逃げ登り, 逆さに, 這ひ, 通つてゐる, 鉛色の, 閲兵し, 障わっ, 雪の, 静かに, 飛びつくと, 飛びわたりますが, 飛び移った, 飛び移ったり, 飛び移りつつ, 飛んで, 飛付いて, 馳け, 駒を, 鼠色の, 龍の

▼ 木立ち~ (151, 0.7%)

5 のなか 4 を透かし 2 があった, があり, であった, にかくれ, にかこまれ, をくぐり, をぬっ, を出る, を分け

1 [124件] あり, から木立ち, から離れ, から離れた, があっ, があります, がくれ, がけむり, がその, がちらほら, がつぶされる, がぬっと, がひろがっ, が一色, が不吉, が入り組ん, が取り残された, が地平線, が大家, が所どころ, が昔, が深く, が真っ黒, が立ち続いた, が繁り合った, が茂っ, が込ん, が騒ぐ, その陰, だけだった, だけは春, だった, であると, です, で道, などは淡く, にかこまれた, にさえぎられ, につづい, にながめ入った, になく, になっ, にひびく, にぼーっと, にむすびつけ, に仮令, に包まれた, に囲まれた, に夕靄, に大将, に幾フィート, に破屋, に立ち迷う, に蜩, に限られ, に隠見, に風, のなか垣根, の中, はあんまり, はいま, はいまさかん, はすべて仄, はにぶい, は微風, は気味悪く古い, は水際, は紅葉, は絵, へかけ, へこだま, へとまり, へ反響, へ藤蔓, もある, もしげり栄え, もところどころ, も墓地, も多い, も尽きた, も残っ, も消え, も行きかう, より走り出で, より飛びいで, らしい, をお, をくぐっ, をさし, をさまよい蠢く, を一本一本, を一本一本丹念, を出はずれた, を切り, を回っ, を巡り, を当て, を抜けきる, を押しのけ押しのけ, を映し, を楯, を潜っ, を点綴, を目, を縫い, を縫う, を縫っ, を見まわし, を見渡した, を透し, を通し, を通してさし, を通して没しゆく, を通して田圃, を通して社殿, を過ぎ, を離れ, を離れた, 二つの, 囲いの, 池の, 藪石燈籠それらの, 際に, 雨には

▼ 木~ (119, 0.6%)

7 の家 6 のやう 4 が鳴い 3 の眼

2 [16件] がなまじ, が啼い, が死んだ, が片方, とがその後, と云, と蝙蝠, に襲, に餌, のごとく, の羽音, の背中, の銅像, は, は蓋, を唆

1 [67件] か, かと思った, が止り木, が相, が鳴く, で, であつ, でも出来あがつたら, で三寸, とか梟目玉, とは大好き, とも云, と化し, と赤い, と鴉, などの土産物, などを担い, ならば, にからかつ, にとり, になつて, に悟られぬ, に近寄つた, のよう, の体, の句, の叫声, の図とり, の図取り, の形, の悲しみ, の真似, の眼つき, の箱, の籠, の餌, の體, はあれつ, はいつ, はその, は丘, は何, は岡, は牛, は真, は眠る, は素手, は逃げ, は間, もさ, もやはり, も大鷲, も早く, やカケス, や赤い, や達磨, や鴉, を, をつかまへた, をまねびけり, を彫つたつ, を指, を欲しい, を眠らせた, を追, を飼, 赤い達磨

▼ 木小屋~ (119, 0.6%)

9 の前, の方 3 の一部, の中, の屋根 2 がある, がつい, である, のなか, の周囲, の土間, の裏

1 [78件] から, から出し, から母屋, から運び出される, から飛び出され, か物, があった, があり, がありました, があるし, がその, が一つ, が一軒, でも出来, で俺, と云っ, と柿の木, なぞが並ん, などへは住む, なども見えなくなる, にあたっ, にあった, にき, にしまつ, には一層, に仮に, に住ん, に働い, に入, に古, に忘れ物, に病み倒れ, に移っ, に踏み留まった, に遺した, に集まり, の, のうち, ののき, のわびしい, のドア, の位置, の作事, の内, の労働者, の外, の奥, の屋根板, の戸締まり, の板屋根, の柱, の羽目, の辺, の近く, の静かさ, は, へと引き立てられ, へ住む, へ引き返し, へ来, へ泊まり, へ燃えうつった, へ行っ, へ見回り, へ運ん, まで行かない, めいた建物, や竹やぶ, を出た, を売り飛ばし, を建てた, を立てた, を裏, を見る, を見付けた, を見回る, を設け, を造っ

▼ 木には~ (117, 0.5%)

5 ありとも 3 小鳥が, 花が 2 実に見事, 思ひがけ, 望あり, 真紅な, 青い栗

1 [96件] あんなにきれい, あんなに美しい, いつもあまい, おのぼり, お姫さまに, かかる芽, かきが, この尨大, これら共産党と, さつきの, さまざまの, その後の, その群集, それか, それが, それは, たくさんの, ちぎれて, とうてい仁王, とても澤山, どんな蛇, ないの, なれない, なんの, のぼらなかった, ひとり喜ぶ, まだ一枚, みんな白い, もうすっかり青苔, もとよりそれ, もはや日々, もはや背中, よくある, サルか, パルミチン酸を, 一匹の, 一度も, 凌宵花の, 千磐破る, 却つて花の, 古い寄席, 夜目にも, 大へん, 大学に, 天狗巣病が, 始終いろんな, 子房と, 実の, 巨き, 干しにくい, 強い匂, 彫刻は, 数へ, 新しい疑問, 昨夜からの, 木の, 木鼠が, 枝や, 枯れか, 根が, 梅まだ, 梯子が, 椏の, 樒や, 次の, 段々と, 毒を, 浅間山秘密な, 深い意味, 火の, 烏が, 無数の, 特にいわゆる, 生気が, 産地で, 甲虫が, 短刀は, 精気が, 自分の, 花の, 葉の, 蝋が, 貝殻の, 赤い実, 逢うまいと, 運よく, 酔いが, 雀が, 集まって, 風が, 餅を, 首を, 驚かされる, 鴉が, 黄楊椎檜花には, 黄色い粒々

▼ 木~ (95, 0.4%)

11 龍太郎は 10 龍太郎の 5 龍太郎も 4 龍太郎が, 龍太郎と 3 龍太郎, 龍太郎である, 龍太郎という, 龍太郎山県蔦之 2 龍太郎つづい, 龍太郎や

1 [45件] がやらじ, が出立, が右, というやつ, とこの, と巽, どの, どのの, にもおそろしい, に白い, に語, の姿, の気, の茶碗, の音, は名器, は白球, もうなずい, や小幡民部, や山県, をのせ, 一流の, 巽の, 巽加賀見山県の, 巽山県加賀見咲耶子の, 早くこっち, 木隠, 流の, 流のと, 龍太郎から, 龍太郎その, 龍太郎ただいま, 龍太郎だ, 龍太郎で, 龍太郎であった, 龍太郎とうとう, 龍太郎とが, 龍太郎とともに, 龍太郎どの, 龍太郎ばらばらと, 龍太郎へ, 龍太郎を, 龍太郎ッ, 龍太郎加賀見忍剣いつも, 龍太郎小太郎山より

▼ 木~ (85, 0.4%)

3 なあ, よ 2 か分らない, ぞ, と, とおもったらう, とばかり思つて, と聞い, なア, ねえ

1 [63件] かなんだか, から, からサギ, から今, から動ける, から古人, から女, から椿, から構, から見, か目立っ, か知らない, か知らなかった, か竹箒, か細い, か草, が, がどう, がな, がラテン名, が一番珍重, が可哀そう, けれどその, こと, そうだ, ちやそこらの, つたつけチヨンの, で, という, ということ, というの, という説, とうつ向き, とおもう, とか, とかそんな, とか丘, とそういう, とばかり思っ, とわかる, とドンドン, と云う, と思う, と思っ, と思つて, と思ふ, と村, と水, と言っ, と重味, ね, ねここ, ねと聞く, のが, のという, のに人々, のに対する, のの, ものだ, よ蔓草, わ, んだ, 曾て

▼ 木~ (84, 0.4%)

18 して 5 のよう 2 がかえって, しながら, するばかり, するやう, にひびい

1 [51件] かへす, か噴上, がし, がその, がひびき返っ, が余韻, が檜林, が謙譲, さへそ, した, しただけで, した声, した自, し反響, する, すると共に, するほど, する哄笑, する概, でした, でもあろう, とか山彦, となっ, となつ, にし, につ, につんざいた, になっ, になつて, に一瞬, に呼びかけられる, に聞いた, に返っ, のやう, の歎息, は, は人間, は何と, は声, は稀, は逃げ, ばかり, や虫達, よ嘆ける, をかえした, をし, を呼びたてる, を呼ん, を返した, を響かせ, を驚

▼ 木にも~ (82, 0.4%)

8 草にも 4 たれて 3 どの木 2 たれか, 何んと, 小さい株, 岩にも, 恭一君は, 花にも

1 [55件] あの實, あらわれけわしい, ある処, きっと花, きれいな, これが, せよ竹, そんな萠, たれけり, たれる, だよ, ならないもの, なり又, まるでりす, よく調和, 一つの, 一坐, 一面に, 三人四人と, 上れば, 五六枚ずつ, 付かず草, 似ずさて, 似て, 何か, 何かと思ひ, 別れを, 土にも, 地面にも, 存外色々の, 山から, 心の, 恭一君はの, 枝の, 根が, 死んだ葉, 比べて, 沢山の, 登ったもの, 登つてゐた, 登れば, 登れる山羊, 皆精, 石にも, 竹にも, 繭を, 花なし, 花の, 花は, 萱にも, 蛇が, 見つける事, 見られる, 鉄の, 食物として

▼ 木~ (80, 0.4%)

3 の中 2 にはいっ, のベンチ, を帯び

1 [71件] うつれる春日野, からすっかり, から出る, から小さな, から少し, から日, から見事, がちらちら, がちらつく, がまだ, が揺く, が次第に, で一緒, で側, で見, で長い, なぞと古来, などが障子窓, にあった, にうち, にしゃがん, にしよんぼり, にすわる, にその, にてきみ, にて君, には無数, には糊口, にも情, に前, に坐った, に屈んだ, に憩う, に憩わず, に或は, に本, に横たわっ, に白髯, に眠る, に穴, に立った, に野宿, に鐵燈, に隠れたる, に隠れてる, のない, のひそや, のよう, の凉風, の方, の石, の窪ん, の道, の雑草, はもうとくに, は水面, へ, へ乗り捨て, へ隠れた, もすべり, や土塀, や新, や植込み, や深い, をあたり, を印し, を映し, を眺め, 深い庭園, 深い表, 深くひっそり

▼ 木~ (75, 0.3%)

3 や猟人

2 [11件] がすっかり, がやって来ました, には土神, のかたち, のからだ, の子, はおろおろ, はだんだんぐるっと, はみち, はやっと, は草

1 [50件] か, か百姓, があっ, がいた, がすばらしく, がやがて, が住ん, が山中, が来, が通います, だの百姓, でありました, でかね, ではありません, で下駄灸, で養蚕, と一しょ, と三匹, と見, と間違えます, などにまんまと, にたのん, にも遇わぬ, に出かけた, に嘗められた, に逢, の, の妻, の小屋, の徒, の業, の権七, の群, の老人, の耳, の聲, はしばらく, はすぐ, は絵, もやった, も見かけず, も遣る, や炭焼き小屋, や見知らぬ, や里, より他, らしい男, をし, を尋ね, を辺境

▼ 木~ (70, 0.3%)

3 の獅子 2 が十匹, のゐる, の家族, の話

1 [59件] から六ヶ月, がいります, がその, がそんなに, がついた, がどうして, がゐなく, が大好き, が日光, が来る, で一ぱい, で一ぱいになつてしまふだらう, で其の, で出来た, と云つて, などの無数, にさうする, について考へる, になる, の乳, の子孫, の小舎, の管, の群, の背中, はさ, はその, はゐる, は不足, は乳, は他, は卵, は猶, は獅子, は緑色, は負け, も皆んな, も薔薇, や鱈, よ, をあの, をお, をさがす, をしぼり, をたべる, をどうして, をねらつ, を他, を其処, を囲つて, を捉, を撫で, を撫でさす, を草叢, を見つけました, を見つける, を計算, を非常, を食べる

▼ 木という~ (69, 0.3%)

10 木は 7 のは 6 ものが 4 木が 3 木に 2 ことは

1 [37件] きょうだいの, すこぶる劇的, ところへ, のを, ふうに, ものです, ものの, ものは, ものを, 会計係であった, 号で, 合歓木か, 名だ, 名で, 姓を, 家具屋を, 峠村を, 恐ろしい木, 意味に, 所を, 方言は, 木ぎれを, 木で, 木には, 木の葉が, 木やぶ, 木草という, 木谷という, 植物繊維には, 樹で, 漢字の, 生木を, 種類の, 総理大臣の, 語ともとは, 語の, 風に

▼ 木登り~ (66, 0.3%)

11 をし 4 をする 3 が出来る, は上手, をしよう 2 が上手, して, の上手, も上手, をした

1 [32件] がじょうず, が得意中, が達者, する時, でもする, でスルスル, といった恰好, といふこと, と聞く, なんかをし, なんか少し, に, にはまだ, に至っ, のうまい, の一種, の危険, の惡戲, はおぼつかない, はさる, はまた, は出来ない, は十八番, もその, も木, も水泳ぎ, や山歩き, や石, を始めよう, を怖, を見, 方は

▼ 木でも~ (65, 0.3%)

5 石でも 3 草でも 2 切るより

1 [55件] あって, あるの, あろうか, けちらして, これを, こんな寒い, さびしい広野, して, ない, ないという, なかったなら, ながめて, なくなったん, なく金, なければ, なんでも, にぎやかな, まるで赤ん坊, みんな頭に, マッチ箱でも, 丹誠ひとつだ, 二万円も, 二三百年から, 今ん, 何でも, 何んか, 同じよう, 崖でも, 折れるよう, 持って, 持つて, 最も勇敢, 有ったらぶらさがって, 梅の, 植えて, 植ゑたら廃んだ, 植ゑてゐるのだらう, 樫の, 樺の木でも, 櫻の, 無かつ, 町の, 皆薪, 竹でも, 紙でも, 肉でも, 自由に, 色々な, 虫でも, 裂けるよう, 見せるなら己, 赤い花, 電柱でも, 鳴くの, 鴉が

▼ 木~ (60, 0.3%)

3 知らぬが 2 何かの, 甲谷か, 知らないが, 石で, 石の, 秀枝し, 金で

1 [43件] しらん, しらんが, とおも, どちらか, なにかで, はちよつと, みつちりと, もしくは岩, わからないの, わからなかったの, クヌギかも, 七八本の, 何かに, 何しろ喬木, 何んだ, 倒れて, 厚紙に, 咲いて, 土の, 形板で, 探す様子, 木の, 木の芽の, 樺の木かが, 知らないけれど, 知らなかったけれど, 知りませんが, 石か, 石ころでも, 石をでも, 竹でも, 竹に, 草か, 血の, 見別けが, 金かも, 金の, 銅かで, 銅の, 鎹の, 鐘を, 障子に, 鳥獣か

▼ 木大臣~ (59, 0.3%)

5 の家 2 の見幕, は歯噛み

1 [50件] がこの, がどんなに, が忠義, が抱き留める, でした, と一所, と紅矢, に蹴られ, のお, のこう, のよう, の位, の姉娘, の屋敷, の末娘美紅, の笑い声, の邸宅, の髪毛, はいつの間にか, はこの, はこれ, はその間, はそんな, はつかつか, はどう, は室, は心配, は昨日, は欺, は濃, は王宮, は自, は血走った, は言葉, は身体中, は身動き, は青眼先生, は静, は騎兵, へ直ぐ, もこの, もこれ, も思わず, をこんな, を初め家, を取り巻い, を呼ん, を殺させた, を見る, を追っかけ

▼ 木~ (55, 0.3%)

7 葉みじんに 4 ぱ微塵に 3 葉微塵と, 葉微塵に 2 ぱを, 羽木っ

1 [34件] ぱだすかいな, ぱとともに, ぱと嬶とばくみっこすりゃがっ, ぱのような餅たべ, ぱの二三片を, ぱみじんに消し飛んじまっ, ぱや鉋屑などが, ぱよりもひどくとり扱う, ぱをとばしながらペーチャと, 根この, 羽が, 羽だ, 羽微塵だ, 羽微塵と, 葉, 葉か, 葉が, 葉だ, 葉と, 葉どもめ, 葉どもめ花栄さまの, 葉みじんだ, 葉みじんの, 葉も, 葉や, 葉天狗, 葉天狗さ, 葉微塵だ, 葉微塵姿は, 葉悪魔ぐらいにしか, 葉旗本貧乏御家人の, 葉武士な, 葉武者に, 葉野郎どもを

▼ 木~ (51, 0.2%)

2 だ, を研究, 美しき槻胴

1 [45件] がある, がお, がハネ, が伸びず, が何, が明, つみて, でそして, によって薄い, に光沢, に染み込ん, に銀, のところ, のやう, の上, の剥離片, の天井, の新しい, の曝, の無い, の眼, の細かく, の美しい, の義足, の落し, の込んだ, の面, は意外, までが動い, も同じ, も枯れ渋った, も考え, も至っ, も見えぬ, をこすっ, をこすり出した, をしらべ, を一面, を叩き, を形づくる, を持つ, を沢山数, を現, を見つめ, を高く

▼ 木のぼり~ (42, 0.2%)

5 の名人 3 がうまい, をし 2 がじょうず, のお, をする, をはじめました

1 [23件] がうまく, がおでき, ができ, ができる, が好き, これは, じょうずの, に限らず, のうまい, のめいじ, のめいじん, のよう, の映, の班, はうまく, は困, は彼唯一, は正吉, をやっ, を初め, を初めて, を叱る, 身を

▼ 木切れ~ (42, 0.2%)

2 か何, に細き, を取っ

1 [36件] か石ころ, が多けれ, が本当, だった, でそこら, で何, で遊ん, などを蹴散らさない, にする, にどんなに, にむすびつけ, に他, に女, に鉛筆, のあいだ, のうえ, の上, の山, やその, や小道具, や板切れ, をさまざま, をとりつけ, を一匹, を取りあげ, を尖らせ, を拾い上げ, を拾っ, を持っ, を探し, を焚き, を當, を盗ん, を賜わるまい, を遠く, を選ぶ

▼ 木~ (42, 0.2%)

106 の花 2 の濃き, の花立ち, の葉, は花

1 [18件] かあるいは, がふわり, が盃, が花, ではない, とはどんな, とモクレン, と書くべきで, に海棠, の下, の個性, の櫂, の香い, はその, はなぜ, は寺, をモクレン, を二尺

▼ 木ベエ~ (40, 0.2%)

1 [40件] がいる, がひやかした, が僕, が冷めたい, が突き刺す, が答えた, が静か, こそ世, それに巨勢博士, だ, で歩い, という件, ときた, と小六, と神山東洋, にしろ, にやりこめられ, のアリバイ, の件, の場合, の横顔, の耳, の言葉, はうなずい, はふだん酒, はフン, は一言, は又, は女性的, は海老塚, は相手, は蒼ざめて目, は酔い, も不興げ, も小, を指さし, を指し示した, を睨み, を睨ん, を見つめた

▼ 木~ (39, 0.2%)

10 の梢 3 の枝 2 の緑

1 [24件] がしつ, が嗚呼, が水, とにひびき, に, に空門, に葉, のあ, のほとり, の中, の嫩葉, の影, の息, の濡れ, の立つ, の簇葉, の花, は花季, は芽, は骸骨, までが苦痛, も, もあはれ, も初夏

▼ 木~ (37, 0.2%)

4 に向っ 3 をかつい

1 [30件] から疊, が一列, が押立, が立っ, が立てられ, が立てられる, ではない, なども可也, な何, にくらべ, に比べる, に罪, のある, のみは後生大事, の一つ, の前, の字, の文字, の根, はあれ, は敬虔, は長, へ筆太, をかついだ, をかつぎ, をかつぎだした, を使う, を祭壇, を見出した, を軽々と

▼ 木洩れ~ (36, 0.2%)

14 の月光 8 陽の 7 陽が 4 陽を 1 陽に, 陽は, 陽程

▼ 木~ (34, 0.2%)

6 の影 3 の花

1 [25件] すら無い, であろうと, という草, なし満, には花, にまなこ, に至る, に露, に風ふき, の持ちまえ, の枝, の枝葉, の汁, の精, の芽立ち, の薫り, は草, も繕われだした, より星, らしい草, をた, をたずさえ, を植え込んだ, 欠く秋, 見ゆ

▼ 木~ (30, 0.1%)

2 ですら, に及ばず, の硯

1 [24件] が, がそれ, が外交調査会, で寺内首相, と, と併び, と併び稱, などはよく, に振落され, のやう, の両, の刀剣談, の女婿, の家来, の邸, は憲政擁護, は政界, は星, は自分, は莞爾, は議会, も書物, より遙, より遥

▼ 木では~ (29, 0.1%)

4 ない, ないと 3 なかった 2 あるが, なくて

1 [14件] ありません, ありませんか, ありませんわ, そうおさまっ, ないかと, ないたくさん, ないん, なくって, ほんの少し, 一番大きい, 出来ないところ, 栗鼠が, 梅桜松も, 若い蝉

▼ 木~ (29, 0.1%)

3 が打ち棄てられ 2 の下

1 [24件] がその, が十文字, が珍, が皆, であつ, ではない, で出来, で絵図, ながらこの, などの繊細いそ, によりかかっ, に出来, の中央, の堅牢無比, の小屋, の支柱, の浴槽, はくち, は一瞬, は外, は物, や壁, をうまく, をし

▼ 木~ (29, 0.1%)

4 で羽, には早 2 が梢, しづけきここ, しづけくありに, のうしろ, のみどり盛り層むなり, の深, の深い, 寒け 1 か, がなか, が黒しほそき, に篝, のさや

▼ 木とは~ (28, 0.1%)

2 正月十五日粥を

1 [26件] さっきまで, ちがいぼそぼそ, なかなか合わない, ゆめにも, アカネ科に, 伊勢太神宮へ, 何と, 何百年ぐらい, 全くちがう, 全く交渉, 全然形, 別な, 別物である, 思えぬほどの, 思はれぬかな, 折って, 木は, 此事で, 水は, 生糸の, 異つた存在, 相談の, 若殿様を, 西の, 言いながら, 誰の

▼ 木~ (28, 0.1%)

3 の音 2 あたまに

1 [23件] がとまつた, が軽く, で其草鞋, で叩く, で急速, で打つた, で氷, で皮, で胸, などをかつい, のこと, のよう, の柄, や扇子, をふりあげ, をふるおう, をよこせ, を下, を取っ, を取つ, を叩く, を振っ, を添え

▼ 木さん~ (27, 0.1%)

2 のところ

1 [25件] が四つ, が悲しい, が赴任, しばらくね, だから, という, と打つ, と甚助, なんかいらっしゃる, につめよせる, には口, のこと, のとこ, の槍, の泰三さん, の浪宅, の貧乏, の隣, はお, はもう, また来年, もこんな, よ, よろしくお願い, 隠しちゃいやよ

▼ 木兵馬~ (27, 0.1%)

1 [27件] がそれ, が間違, が離屋, でした, で眼, といふ御, と玉枝, と腹違, の娘, の答, の義理, の聲, の表情, の身許, はその, はまだ, は又, は心もとない, は手さぐり, は涙, は苦笑, は見えぬ, は逃げ, も今, も綱田五郎次郎, を訪ねた, 最早この世

▼ 木~ (27, 0.1%)

2 から隠見, に, のした

1 [21件] からこぼし, から変わり, から尺, から蒼然, から薄, がくれ, に入り, に立ち迷っ, に粗末, に見え, の月, へスポリ, や岩蔭, や藪, をくぐっ, を伝い, を徘徊, を洩れ, を潜り, を隙, ノ笛

▼ 木母寺~ (26, 0.1%)

3 の植半 2 の境内, の方

1 [19件] から水戸邸, が将軍, で休息, にと, には梅若塚, のしもでした, のすこし, の休息所, の畔, の辺, の近所, の鉦鼓, へ引っ返し, へ往, または弘福寺, まで漕い, まで肩摩轂撃, まで長い, を弘福寺

▼ 木~ (25, 0.1%)

5 のだ 3 のか, のです, んだ 2 のである, んです 1 のであっ, のでこの, のでした, のでしょう, ので普通, ので異常, ので蔓

▼ 木といふ~ (24, 0.1%)

4 木が 2 木ある, 木は, 草の, 風に

1 [12件] のは, もの, ものは, 事で, 事に, 島が, 木おのがじし, 木も, 物あり, 男は, 部落には, 風變り

▼ 木ぶり~ (24, 0.1%)

3 が一様 2 が一樣

1 [19件] かそけき紫, が嫌い, で小さな, と申し, にはしっくり, にふさわしい, に似あ, のみをためつすがめつし, のよい, の好き櫻, の面白い, もよい, も太き, をかしく, をかしく搖, をながめ, をよろこんだ, を愛し, 面白い老樹

▼ 木~ (24, 0.1%)

5 わたしの

1 [19件] おまへの, お前に, お前は, お婆さん, さも樂, 常世の, 憎の, 憐愍深き, 昔は, 朴よ, 樫の, 海草の, 滅んだ神, 發情期の, 祈念を, 聖母瑪利亞子持を, 肉を, 血塗の, 親切な

▼ 木~ (24, 0.1%)

3 の前

1 [21件] がある, が建, が立ち, が立つ, が自然, さえ建て, ではなく, でも一つ, でも建て, とくずれかけた, にて足れり, には帝國女子大學, のみにて石塔, の文字, の立てる, はなく, は新, は湖中, を建, を立て, 立てり

▼ 木活字~ (23, 0.1%)

3 の歴史 2 をつくつた

1 [18件] が再び, が時にひらひら, が間もなく, ないし木版, にした, になり, の創造者, の部分的, はあつ, は何とか, は再版, は材, は高低, への端緒, よりも木版, をつく, を字母, を發明

▼ 木ばかり~ (21, 0.1%)

2 では, 生えて

1 [17件] あんたは, だが, だった, だつた, であった, であつ, でかなり, でございましょう, でした, でない, でなくそこ, で埋ずまって, で竹籔, みたいな, 聳えて, 芝の, 草ばかり

▼ 木椅子~ (21, 0.1%)

3 の上

1 [18件] から立ち上った, から立っ, に並んだ, に倚, に呆, に戻っ, に日向ぼつこ, に腰, に腰かけ, の肌, の高, へグッタリ, へ並ん, へ腰掛け, や卓子, や秋日和, をひきよせ, を両脚

▼ 木~ (21, 0.1%)

1 [21件] が一通り以上, が仁清, が桃山期, が注いだ, が独特, が用いた, が鋭く, その人, である, としてその, についても云, の作った, の光彩, の煎茶器, はその, は何時も, は多種多様, は申す, をこの, をはなはだ, を例

▼ 木美子~ (21, 0.1%)

1 [21件] あのミケランジェロ, が叔父様, が淋し, が独り, が面会, だけはお, というの, という美少女, と一緒, と共に手伝っ, の, の場合, の姿, の神経, の腕, はわし, は元々, は可哀そう, は右足, は生れ, を知っとるじゃろう

▼ 木だの~ (20, 0.1%)

4 草だ 2 虫だの

1 [14件] そのの木, その他の, みて, カレンダーだ, 三叉の, 山間を, 板だの, 柾木だの, 槇の, 毒々しいよう, 真珠だ, 胡桃の, 草だの, 青い紙

▼ 木との~ (20, 0.1%)

3 間を 2 間から, 間の

1 [13件] あいだに, あいだを, すれあう不快, 二語で, 別あれ, 十文字の, 対照, 檻の, 神に, 組み合わせ等を, 距離まで, 間に, 隙から

▼ 木~ (20, 0.1%)

1 [20件] いささかも, がすれ違いざま, がとりあげる, が執念深く, が得, が煙山, であった, はカンシャク玉, はキゲン, はギョッ, はズッ, は中央, は京都, は伝票, は八時半ごろ支局, は奇声, は悲しい, は札束, を制した, を睨みつけ

▼ 木大王~ (20, 0.1%)

2 がきこえない, がぶりぶり, が怒りました, が機嫌, が眉, のお客さま, のところ, の前, もよろこん, も白

▼ 木~ (20, 0.1%)

3 の蔭

1 [17件] から蔵, で鞭打, などを拾う, につい, に絡まれ, に触れる, のた, の参差, の影, の股, の茂み, は本来, や樹皮, や軒, を伐り, を投げ, を空中

▼ 木です~ (19, 0.1%)

42

1 [13件] からなかなか, から梅林, から玩具, がそれ, が細か, こと, ってね, と訊い, ねえ, の, もろい, よこの, わ

▼ 木にて~ (19, 0.1%)

3 作られたるやう 2 作りたる木鋤, 作りたる硯箱, 作りたる鋤, 造り紙 1 作られたりとの, 作りたるホラ, 作りたる靴, 作れるのみ, 匕ひ, 哥沢芝きぬに, 男の, 造る

▼ 木樵り~ (19, 0.1%)

3 の爺さん 2 の母親

1 [14件] から教, が, が下り, が二人, が大台ヶ原, にでも行く, の一人, の小屋, はもう, はわたし, を突き離した, 小屋の, 歌, 道は

▼ 木~ (18, 0.1%)

1 [18件] が二本, が立ち並ん, が立っ, さながらの, だったら焼けても, に水, に火, に烟管, の如く, の左右, の間, は数万本, は火, や焼, よりもなお, を掻きのけ, を負, 降つてくらア

▼ 木~ (18, 0.1%)

2 のヴァイオリン

1 [16件] がある, が割れた, である, のダンス, の先, の音, をうがち, をはいた, をはき, をひきずり, をひきずる, を持ち, を指し, を脱いだら, を脱ぐ, 白い手

▼ 木牛流馬~ (18, 0.1%)

1 [18件] がこの, が備わった, が隴西, とかいう器械, とはどんな, と称する, と蜀兵, なるもの, なれば, の口, の口中, の口腔, の構造, は入神, は残らず貰いうけた, をことごとく, を分捕り, を曳い

▼ 木音也~ (18, 0.1%)

1 [18件] といふ見る, とはどう, に話しかけた, の眼, の顔, の首, はぐつと唾, はそれ以来, はまだ, はペコリ, は吾妻養狐場, は四国, は報告, は夫博士, は家畜小屋, は眉間, をこの, を連れ

▼ 木だけは~ (17, 0.1%)

2 何かの

1 [15件] あったが, かならずほか, これは, そのままに, だまりこんで, 人の, 其形容を, 当日の, 探り当てたが, 昔の, 暗い緑色, 椅子の, 独り唄を, 葉が, 辛うじて船頭小屋

▼ 木である~ (17, 0.1%)

2 事を

1 [15件] かもわからなかった, からこれ, から狹い, か分らなかつた, か無い, ことに, し見る, とこれ, としか考へ, と知つて, と考へる, にも驚き, のに紫, 事が, 必要は

▼ 木などが~ (17, 0.1%)

3 あって

1 [14件] あった, おのづか, つめこんで, はえ茂って, 亭々と, 今も, 森の, 植えて, 植わって, 疎に, 立って, 茂りふかく, 非常に, 鬱蒼と

▼ 木ぬれ~ (17, 0.1%)

1 [17件] か, にかかり, になる, にはこ, にひとつ鳴き, にみゆる, に春雨, に石, は, はうつす, をそむる, をはかる, を圧し, を眺, を茂み白菊, 求むとあしひきの山の, 淋しく散る

▼ 木~ (17, 0.1%)

2 を叩く

1 [15件] がある, が遺つ, が鮮明, で汝, になつて, に就い, のたゆる, の境い目二尺, の手習, の技術, の本, の畫, を習つて, を食っ, 焦がれ血

▼ 木~ (17, 0.1%)

2 かぐろく伐, のさるすべり夜, の目, 照らせり 1 かがやきに, がそそけ立っ, が不規則, にこれ, には, のまま, の黝, をたたい, を斜

▼ 木とを~ (16, 0.1%)

1 [16件] つぎ合, もつて, 並べて, 作つた, 使用した, 利用し, 半折, 恨み一切, 採伐すること, 探って, 揉み合わすれば, 眺めて, 積み重ねた, 見た, 見よ, 見上げたの

▼ 木などは~ (16, 0.1%)

4 中に

1 [12件] どうで, どの位, ない, なかなか好い, 一つかみ五百本にも, 世界に, 恐らく土, 曇天を, 根が, 根こぎに, 葉が, 説明が

▼ 木~ (16, 0.1%)

4 の紋章

1 [12件] からは幾度, では気づく, では警察, なん, に傳はる, に関する資料, のれっきとした, の壊崩, の建物, の給仕長川那部易介, は眼, を再興

▼ 木~ (16, 0.1%)

2 が京都

1 [14件] が専門家, とか尊敬, と並ぶ, などは極度, についで, のよう, の側, の場合, の持つ, は, はそれ, はやや, もこの, を懐柔

▼ 木稲荷~ (16, 0.1%)

2 の境内

1 [14件] の前, の千本格子, の枯れ, の真ん前, の神前, の神前いっぱい, の絵馬売, の縁, の茶, へ化けもの, へ臆病者, へ行った, までは無事, 淋しいところ

▼ 木造り~ (16, 0.1%)

2 のホテル, の船

1 [12件] でしかも, と不調和, のほんの, の円卓酒, の四角, の形, の扉, の檻, の自動車, の階段, の食卓, の館

▼ 木~ (16, 0.1%)

2 にてはからず, を持, を持て, を用 1 で雪, なり, にてみな, にて平ら, も雪, をかたげ, を持っ, を持家内

▼ 木ぎれ~ (15, 0.1%)

1 [15件] が残らず, さては襤褸, でピッタリ, に突進, に足, のステツキ, はたぶん, は濡れた, は蘚苔, もそんなに, を力いっぱい, を拾, を拾い集め, を指さした, を集め

▼ 木とが~ (15, 0.1%)

2 ある

1 [13件] あり動物, さしてあります, ついて, 一面に, 承け継いで, 明るく日光, 植えられて, 深く茂っ, 生えた, 目立つばかり, 置かれて, 背景に, 触れ合ったらこんな

▼ 木より~ (15, 0.1%)

1 [15件] まだ大きかっ, 下り来らん, 俺は, 先に, 墜落ぢや, 外には, 大きな杉, 枝によって, 榊とも, 火を, 生じたるに, 生ずるに, 落たる山猿, 落ちたる猿, 落つという

▼ 木板摺~ (15, 0.1%)

2 においてはそが, に及ばざる, の技術, の眠気, の紙質, はよく 1 にし, にした, の上

▼ 木~ (15, 0.1%)

3 を吹い 2 の音 1 だの, と風船, に結びつけた, のある, の取, は蘆, を取りあげ, を吹いた, を吹き終える, を置いた

▼ 木細工~ (15, 0.1%)

2 の刻煙草, の床

1 [11件] がし, がちょいちょい, でそれ, の刳り, の牛, の衒学, は粗末, をします, を思い出させる, を販売, を踏む

▼ 木芙蓉~ (15, 0.1%)

5 の花 1 がだしぬけ, と呼んだ, なので, の子, の影, の枯株, の純白, の莟, の顕気, や其の

▼ 木~ (14, 0.1%)

3 葉の 2 葉み 1 ぱのやうなものだと言ふ, 片微塵, 端旗本や, 菓の, 葉に, 葉や, 葉微塵に, 葉微塵の, 葉武者な

▼ 木とも~ (14, 0.1%)

1 [14件] お別れ, つかぬ森林, またウモレ木, わけの, 云ふ, 名は, 呼んで, 思われない意外, 異なると, 知れないなか, 知れない城, 見えぬ草, 見当の, 近いので

▼ 木なる~ (14, 0.1%)

2 を弁ずる

1 [12件] かと云, かは容易, かも亦, かを審, かを討, がその, が九州, ものが, ものを, を知らなかつた, を知る, 事が

▼ 木まで~ (14, 0.1%)

2 すっかりもと, 皆黒く 1 あるん, 一と, 伐っちまうん, 出た海苔, 御折り, 猿がまゐります, 行かずその, 行って, 見上げる, 食べた

▼ 木らしい~ (14, 0.1%)

2 ものを, 木は 1 ことまで, な, ものが, ものの, ものは, 人物が, 木の, 木を, 木草らしい, 重たい玄関

▼ 木~ (14, 0.1%)

3 の声 2 だちは, の一人 1 が集まっ, の傍, の数, は月, は谷, を伴, を突き飛ばす

▼ 木板画~ (14, 0.1%)

2 にのみ限られ, に倣はん, に及ばざる, の悲しき, は春信以後 1 にはどう, に対する一般, に関するもの, の陳列

▼ 木~ (14, 0.1%)

2 に腰, のよう 1 が植え込まれ, に叩きつけ, のあたり, のある, のところ, へどっか, へ腰, もない, や松, や石

▼ 木など~ (13, 0.1%)

1 [13件] あるはず, えも, おほしける, この領地, だ, のせた屋敷, 形式的の, 得物を, 折っては, 最も多い, 最寄りもよりに, 果物の, 言ひ

▼ 木ッ葉微塵~ (13, 0.1%)

2 となっ

1 [11件] だ, でしょうな, といったていた, にこわれた, にし, にしてやろうで, になる, に吹きとばし, に粉砕, に踏みくだかれた, に飜弄

▼ 木ドクトル~ (13, 0.1%)

2 へ, へかけつける, へ寄り, へ行く 1 からハム, と入歯, のとこ, へ寄る, へ急行

▼ 木伐り~ (13, 0.1%)

1 [13件] その他セチゴ, とか氷, にやしなわれ, の伐り, の方, の深い, はさらに一段と, はまず, は森, やその他, や鉄道, を知っ, 以上に

▼ 木~ (13, 0.1%)

1 [13件] か容易, が刺繍つて, が突然, ではない, で脳天, の強い, や栗, や清らか, を取り来よ, を拾い, を拾い取り運び置きたる, を拾っ, を食う

▼ 木~ (13, 0.1%)

1 [13件] からそう, がうまい, で深川あたり, はこう, はさも, はその後, はなだめる, はにやにや, はもう, は苦笑, は虚木老, は語った, も唸った

▼ 木などの~ (12, 0.1%)

1 [12件] ように, ステツキを, 丸太で, 冬の, 巻の, 打ち続いた森, 早い紅葉, 根もとの, 生えた藪畳, 空想の, 色淡, 郷を

▼ 木なら~ (12, 0.1%)

1 [12件] お手, どれでも, ば, ば極めて, 一本ある, 丁度板屋家, 今夜の, 何でも栽, 何んで, 僕は, 工場の, 殺人者が

▼ 木のみ~ (12, 0.1%)

4 きのうしろ 2 きのうしろから, きのかげに 1 きから, きです, 布絹の, 残して

▼ 木へと~ (12, 0.1%)

1 [12件] びうつらなきゃあならないとこよ, 伝い歩いた, 小鳥の, 捜しある, 木の実を, 渡って, 移って, 見すかしては, 跳びはねて, 跳び移って, 追いかけっこ, 飛びまわり周囲

▼ 木ペン~ (12, 0.1%)

1 [12件] がある, この木ペン, なくした, にはゴム, はきのう小屋, を持っ, 使って, 借せったら, 借せ木ペン, 取て, 見せろ, 返せじゃ

▼ 木煉瓦~ (12, 0.1%)

1 [12件] が一面敷, が雨, でしきつめられ, で塗り埋められ, と蛇紋石, にせよ, のしきつめられた, の上等, の代り, の路地, の鋪装, の鋪道

▼ 木花咲耶姫~ (12, 0.1%)

2 の神 1 にお, にも雲, に長く, のみ留められし, の名, の如く, へお礼, へのお礼, わが心, を尊

▼ 木づくり~ (11, 0.1%)

1 [11件] おなじ寢どこ, とちょっと, の低い, の十字架, の古, の古い, の大きい, の姿, の寝棺, の猿, の門

▼ 木にかけて~ (11, 0.1%)

1 [11件] その油, ギイギイ搾り上げ, 冷やかに, 圧搾される, 差し上げる, 殺され皮, 毎夜心身の, 油を, 細ったの, 絞めら, 絞らる

▼ 木よりも~ (11, 0.1%)

1 [11件] ずっとずっと高く, はるかに, まっさきに切りたおされました, わかい小さいの, 余程早く, 健康だ, 強く疲れ, 早い, 私の, 自分は, 辰男の

▼ 木売り~ (11, 0.1%)

1 [11件] がもう, が出, とはまた, に身, のお前さん, の手, の薪木, は戻っ, もモスクワ, も一しょ, を生活

▼ 木~ (11, 0.1%)

1 [11件] お, で家, と信じ, などが山, の荷, の貢物, や人間, や死人, を六本, を知つて, を立て

▼ 木~ (11, 0.1%)

2 の上納, を納め 1 というもの, のおびただしい, のこと, の中, を御, を課せられた, を運搬

▼ 木~ (11, 0.1%)

1 [11件] が夜具, が相, が首, で医者, と病床, と際どく, の向う, の囲炉裏火, の隣, はやがて, は鮫膚

▼ 木~ (11, 0.1%)

1 [11件] という, というの, とは違う, と兄弟同士, と同じ, と非常, の中, の五つ, は日本, は漢名, を沢山

▼ 木食仙人~ (11, 0.1%)

1 [11件] が云った, が以前, が見込んだ, というそういう, と仰せられました, と呼ん, と彼女, の声, の独擅場, は月光, を訊ね

▼ 木ぐつ~ (10, 0.0%)

1 そう三足, それから小さいかわいい, の古, の注文, は大きく, をつぎつぎ, をつくっ, を大切, を村, を胸

▼ 木~ (10, 0.0%)

2 はそれ 1 とを取り出した, と木牛, にあたえる, のいさかい, のよう, の歯, は木馬, も歌い

▼ 木先生~ (10, 0.0%)

1 のお, の背, は, ははっと, は史郎, は怒った, は薬学専門部, は足もと, もこの, を中心

▼ 木~ (10, 0.0%)

2 と八時 1 がとべ, が午後, だもの, ですから, といふことに, と書かれ, のうち, は午後七時

▼ 木暗い~ (10, 0.0%)

1 しじまで, 下を, 叢を, 坂道を, 崖すそに, 所には, 片隅に, 谷底の, 静かな, 頭上の

▼ 木~ (10, 0.0%)

2 は忽ち 1 は半ちゃん, は広, は松山, をふりかぶつ, を持っ, を揮っ, を揮った, を携

▼ 木~ (10, 0.0%)

1 が二十, が數箇, しの, にいれ, に死骸, の一, の裡, はくさ, や白骨, をそのまま

▼ 木~ (10, 0.0%)

2 の一木, の冬 1 だの, のしづけき, の植込, の葉, は冬, を植ゑ躑躅

▼ 木~ (10, 0.0%)

1 から逃げのびた, に火の手, の南, の婚家, の目代邸, の空, の附近, へさして, へ着きました, までは到底

▼ 木であろう~ (9, 0.0%)

2 か甲谷 1 かとまた, がそれ, という, とその, とそんな, と人間, と注文通り

▼ 木として~ (9, 0.0%)

1 でなく私木, よく用いられ, 伐採を, 取扱われて, 投ぜられたよう, 新聞は, 昔から, 知られて, 草は

▼ 木なんか~ (9, 0.0%)

2 みんなザラメを 1 この世の中, でも, どう思っ, 植えるとき根, 植ゑるとき根を, 見なかったがなあ, 跡形も

▼ 木によって~ (9, 0.0%)

2 魚を 1 いろいろ枝, 代表せられ, 多少ずつの, 始めて適切, 色が, 違うだろうが, 音が

▼ 木わたし~ (9, 0.0%)

9 の悲しい

▼ 木をも~ (9, 0.0%)

2 私は 1 ひとつのせるだろう, 併せて, 床に, 感ぜず顳, 纏わず縁日, 見出し得ない, 鎖せ掛矢

▼ 木一本~ (9, 0.0%)

2 伐ると 1 が容易, が葉脈, ない不毛, ない野原, の草, もない, を元

▼ 木~ (9, 0.0%)

2 の中 1 が奉納, が腐蝕, の持つ, の蓋, は前回, らしい物, を作る

▼ 木~ (9, 0.0%)

2 の, の道 1 とを比較, にたのん, の子, や魚, を呼ん

▼ 木~ (9, 0.0%)

2 に軸木 1 といっ, に嵌められ, に止め金, に白紙, の中, の写真, を縦横

▼ 木格子~ (9, 0.0%)

2 の中 1 があり, が祭壇, のある, の嵌まった, の門扉, は深く, をただ

▼ 木桂吉~ (9, 0.0%)

2 の心臓 1 が報知新聞社長, が政友会, だ, のため, の立看板, は報知新聞, を応援

▼ 木~ (9, 0.0%)

1 でも下着, の産地, の着物, の紋附, の羽織, の花, の金入, を植えた, を着よ

▼ 木~ (9, 0.0%)

2 日が, 日に, 陽を 1 日うつる, 日の, 日は

▼ 木~ (9, 0.0%)

5 の術 1 の一手, の法, の隠, を行いし

▼ 木~ (9, 0.0%)

2 して 1 うらびれて, がその, します, するを, を三度四度, を呼び起す, を響かせ

▼ 木高き~ (9, 0.0%)

2 影見れ 1 かけどもこぐらうみえわたりて, かげと, かげを, は現, ものは, 唐松の, 梢

▼ 木ある~ (8, 0.0%)

4 ひは 2 を以て貴 1 をもつ, を以て尊し

▼ 木ぐつ屋~ (8, 0.0%)

2 になりたい 1 がありました, がなく, だと, になる, のうわさ, の小僧

▼ 木であった~ (8, 0.0%)

1 から枝, か見, がそこ, がそれ, ことに, ための, のだ, ものと

▼ 木でした~ (8, 0.0%)

1 から, からそれなり, から案ずる, がその, がでも, しどうか, な, の

▼ 木にの~ (8, 0.0%)

4 ぼつて 1 ぼつた, ぼつてつかまへて, ぼつてる, ぼつてるだらう

▼ 木または~ (8, 0.0%)

1 しるしの, 大きな岩, 尋常の, 木の, 標の, 石に, 祝いの, 金属で

▼ 木公司~ (8, 0.0%)

1 の人人, の内藤確介氏, の御, の日本人達, の木材置場, の深澤暹氏, の社員, の筏

▼ 木喰五行上人~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 というの, と比べられた, なんてもの, のお, の再来, の行状

▼ 木~ (8, 0.0%)

1 それから盲目, でご, にいた, にかかる, の, の国境, の大, をこえ

▼ 木枯傳次~ (8, 0.0%)

1 ではないだらう, に盜まれ, の正, はそれ, は始終, は平次, をうまい, 恐しい躰力

▼ 木歯科~ (8, 0.0%)

21 へ寄り, へ寄る, へ少々, へ注射, へ行き, へ行く

▼ 木火土金水~ (8, 0.0%)

1 といふの, と有形物, にあらざる, にし, の五つ, の五種, の五行中皆虫, の外

▼ 木~ (8, 0.0%)

1 がある, に, の, のよく, の春雨, の桐, は, や山茶花

▼ 木華里~ (8, 0.0%)

1 が現れる, に伴われ, の去った, の看視, の肩, は一礼, は長い, をさし招き

▼ 木~ (8, 0.0%)

2 がかかっ 1 が上げ, が眼, には, のかかっ, の意味, の白い

▼ 木~ (8, 0.0%)

1 に酔つて, のする, のとれない, のなか, のぷーんと, の廻っ, の木, の由

▼ 木高く~ (8, 0.0%)

2 なりぬ, 群れて 1 もなる, 咲きの, 植列ねたる, 聳えて

▼ 木からは~ (7, 0.0%)

1 しきりに落葉, なれて, 咲きたての, 木綿で, 毎年毎年新しい, 絶えず雪, 逃れなかった

▼ 木~ (7, 0.0%)

2 へなく 1 へありあり, へが目, へも, へ草さ, 登んな

▼ 木その~ (7, 0.0%)

1 なかに, ひろがった枝, 樫の, 火だ, 紅いの, 蔭を, 闇の

▼ 木だった~ (7, 0.0%)

1 からこの, と見え, のかい, のが, のである, のは, のよ

▼ 木ども~ (7, 0.0%)

2 ははじめて, は大王, は風 1 を伐り倒す

▼ 木なども~ (7, 0.0%)

1 ありフミエ, おおかた伐られ, この池, ない, 皆同種, 眼に, 繁りほうだい

▼ 木などを~ (7, 0.0%)

1 ありありと, 今も, 使用し, 数えた, 数えて, 見なれた目, 買うて

▼ 木なれ~ (7, 0.0%)

2 ども色 1 ど, ども花車, ばこそ旅人, ば必ず, 噫大なる

▼ 木ぶす~ (7, 0.0%)

2 まの, まを 1 ま, まが, まは

▼ 木~ (7, 0.0%)

2 の許 1 が意, の甘粛, の道, の領土, は回教

▼ 木兵衛~ (7, 0.0%)

2 と一緒 1 という奴, と共に去る, と話, の腕, よりも王仁

▼ 木~ (7, 0.0%)

1 この打, などの頃, など柄, ならずとも, の家, はもう, も僕

▼ 木~ (7, 0.0%)

1 によった, のお, の名, の我家, の摺物師山本長兵衛, は浅草見附内, まで歩い

▼ 木教授~ (7, 0.0%)

2 をなだめ 1 がひとりごと, が何事, の表情, の裸体, はすこし

▼ 木~ (7, 0.0%)

3 の上 1 と木, と腰掛, のうへにひろげ, を据ゑ

▼ 木~ (7, 0.0%)

1 でかもじ, で掌, で敲いた, で膝, は白い, を握った, を異様

▼ 木羽葺~ (7, 0.0%)

2 が何百, のきたない 1 が一軒, の休憩所, の此山中

▼ 木~ (7, 0.0%)

1 が三つ, が伝わっ, と手杵, に腰かけ, に腰かけた, の上, の塵

▼ 木莵入~ (7, 0.0%)

2 と金公 1 いたか, であるらしい, と申しまする, と言い, は頭

▼ 木角左衞門~ (7, 0.0%)

2 と飴屋 1 が拔, といふ四十男, といふ恐しく, と勝負, と甚助

▼ 木~ (7, 0.0%)

1 などを散歩, にある, にさしかかっ, に行列, の右手, を左, を行った

▼ 木門道~ (7, 0.0%)

1 から取り上げ, さして引き退いた, に近づく, の外廓, の谷, の谷口, へ急がせ

▼ 木魂返し~ (7, 0.0%)

2 の様, の樣 1 にひびい, に向う, に正木博士

▼ 木鹿~ (7, 0.0%)

1 が数万, の喉, の歓心, はさらに, はみずから, は地響き, は大きく

▼ 木鹿王~ (7, 0.0%)

1 と共に陣頭, に力, の白象, はいつも, はそう, はその, は自国

▼ 木かと~ (6, 0.0%)

1 いひますと, そのまま子細, どれほど毎日毎夜, 疑ひも, 見えたもの, 言ったら木

▼ 木ぐれ~ (6, 0.0%)

2 は夜, を行き 1 に潜む, に落ちたる

▼ 木さえ~ (6, 0.0%)

2 写す技能 1 ありありと, ただ青い, 伝われば, 葉を

▼ 木そのもの~ (6, 0.0%)

1 がはり, さえ, についた, にはあまり, はそれほど, は依然として

▼ 木にでも~ (6, 0.0%)

1 からみついて, せられたが, つないで, 打たれたよう, 架けられたやう, 首を

▼ 木にと~ (6, 0.0%)

3 ォまった 1 つては, びあがつて地面を, まつて

▼ 木~ (6, 0.0%)

2 だち 1 どうした, もとは, 煙山の, 葉の

▼ 木までが~ (6, 0.0%)

1 まるで泣い, 何處から, 巨人や, 心からか, 林の, 苦痛を

▼ 木みたい~ (6, 0.0%)

1 なかっこう, な人, な博奕的遊戯, にこき使われ, にごつごつ, に揺すぶられ

▼ 木を以て~ (6, 0.0%)

1 作る径八寸, 切るべきに, 叩く落語, 圓形に, 奥津棄戸に, 製し仰向

▼ 木コリ~ (6, 0.0%)

1 が試験, だけの歩く, にあずけた, には向い, の仕事, も通らず

▼ 木井家~ (6, 0.0%)

2 を横領 1 が欲しい, と山科家, の事, の老女

▼ 木~ (6, 0.0%)

2 を拾う 1 でも生かし, と思っ, に刻んだ, をとっ

▼ 木~ (6, 0.0%)

1 からも酒, で飲んだ, の前, の間, を置き, を見つけました

▼ 木~ (6, 0.0%)

21 にしまし, の書, もそれぞれ, を送っ

▼ 木~ (6, 0.0%)

1 と云い, のいいひねた, のよい, の儘, よき柳, 賤から

▼ 木~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 でこじたり, の, の番争い, を

▼ 木~ (6, 0.0%)

1 と蔦蘿, にはこ, には許多, に残り, をもたげ, 離れぬ内

▼ 木~ (6, 0.0%)

1 から死骸引取り, とも金太郎様, の直, の跡, へは知らせ, 御使

▼ 木~ (6, 0.0%)

1 がある, が架かっ, が蜿蜒, の袂, をぢ, を渡る

▼ 木~ (6, 0.0%)

1 に非, の折れる, の棒, の身, をくくりつけ, を配し

▼ 木~ (6, 0.0%)

1 で皆常陸, に冷たい, の葉, の非常, は綺麗, ヲ以テ證スベシ

▼ 木~ (6, 0.0%)

1 に車, の細かく, や林檎, をひろつ, をもやし, を七輪

▼ 木~ (6, 0.0%)

4 の蝋マッチ 2 の大

▼ 木~ (6, 0.0%)

2 の西坂 1 の南, の名, の東南, へ通う

▼ 木~ (6, 0.0%)

1 があります, でしっかり, には數多, にひっかかっ, に嵌め, に竹

▼ 木食上人~ (6, 0.0%)

1 に会う, に託し, の作品, の力, の木像, の稚拙

▼ 木からも~ (5, 0.0%)

1 やかましく鳴い, アダンの, 残りの, 油や, 落ちるので

▼ 木くらげ~ (5, 0.0%)

1 かい, があれ, などがよい, のよう, の細く

▼ 木ぐつ師~ (5, 0.0%)

2 になりたい 1 が住ん, にゃなれぬかもしれん, のところ

▼ 木じゃ~ (5, 0.0%)

1 ただの, ないか, ないかしら, ないぜ, ねえん

▼ 木たち~ (5, 0.0%)

1 には人間, に又四郎, はなかでも, はみんな, は夏

▼ 木だって~ (5, 0.0%)

1 どうしてだい, 公孫樹が, 持ち出せる, 紙っ, 越せるよ

▼ 木だろう~ (5, 0.0%)

21 か, がちっとも, な

▼ 木であり~ (5, 0.0%)

1 ながら銅, 且つ一種, 森である, 脆さ, 金属であり

▼ 木とか~ (5, 0.0%)

1 布とか, 柿の木とか, 棒とか, 竹とか, 草とか

▼ 木とで~ (5, 0.0%)

1 とりまかれ日光, 両端に, 二重に, 大抵の, 話し弥十郎

▼ 木と共に~ (5, 0.0%)

1 わが国に, 下って, 全く枯木, 杉の, 球江邸の

▼ 木などに~ (5, 0.0%)

1 こんもりと, 場所を, 壁などに, 目を, 蔽われて

▼ 木なり~ (5, 0.0%)

2 石なり 1 芽も, 草なり, 萱なりを

▼ 木にとっては~ (5, 0.0%)

1 おそらくは日常事, このかわの, そのシラカバ, わたしたち人間の, 心配が

▼ 木によ~ (5, 0.0%)

2 ぢよ 1 かつたらしく, ぢのぼり, ぢ登つて青い

▼ 木のて~ (5, 0.0%)

2 すりを 1 すりに, ッぺんから, ツぺんに

▼ 木はと~ (5, 0.0%)

3 至極あどけなき 1 見ると, 見れば

▼ 木ほどの~ (5, 0.0%)

3 事も 1 名刺を, 大きさ

▼ 木もれ陽~ (5, 0.0%)

1 がそよい, がどの, と鳥, に眼, のうち

▼ 木やら~ (5, 0.0%)

2 岩やら 1 原配の, 生木の, 粟幹やらを

▼ 木をけ~ (5, 0.0%)

2 づりかけて髭と, づりて鍬鋤の 1 づる木片大工も

▼ 木ッ葉~ (5, 0.0%)

1 のよう, の如く相, や鉋くず, を相手, 拾いにでも

▼ 木ッ葉役人~ (5, 0.0%)

1 たア, の化け手先, の畜生奴, は瞞, 下りませい

▼ 木ヘン~ (5, 0.0%)

2 に公 1 に土, に春, の檀

▼ 木一つ~ (5, 0.0%)

1 でも惜しい, とない, の形容, の花, 買い取るのに

▼ 木~ (5, 0.0%)

1 ではなかなか, では午後二時頃, に侍する, の前, を拝

▼ 木~ (5, 0.0%)

1 で人, で仕合, で敵, と木劍, を拔

▼ 木~ (5, 0.0%)

1 では無論, と云う, と云った, と云わん, の声

▼ 木商店~ (5, 0.0%)

1 であった, に少, の主人, は食料, へは五日

▼ 木~ (5, 0.0%)

1 である, でもなけれ, というの, の袈裟, もいづれ

▼ 木~ (5, 0.0%)

2 の横 1 が結ん, に外套, の上

▼ 木~ (5, 0.0%)

2 がめぐらされ 1 がめぐらし, に劃, や建仁寺

▼ 木~ (5, 0.0%)

1 が身體, を仰ぎ見た, を割らん, を味, を啄ん

▼ 木~ (5, 0.0%)

3 の句 1 が春風, が春風景曲

▼ 木念人~ (5, 0.0%)

1 が繩尻, だろう因業, であったから, であつ, へ慇懃

▼ 木惣八~ (5, 0.0%)

1 が坐っ, の, はお前, はよう, はわたし

▼ 木~ (5, 0.0%)

2 に力 1 にかえ, に春, や土扁

▼ 木振り~ (5, 0.0%)

2 といい 1 もよく, よく巨木移植法, を損じた

▼ 木文字章三~ (5, 0.0%)

1 だった, という青年実業家, に見つけられた, は姓, を廊下

▼ 木槌山~ (5, 0.0%)

2 の柳 1 として通っ, のかげ, まで出向い

▼ 木泰助~ (5, 0.0%)

1 が城代, が来た, と山治家, と泰三, についての世評

▼ 木~ (5, 0.0%)

1 と一個, に似, も取っ, を入れる, を推せ

▼ 木独楽~ (5, 0.0%)

1 だ, だもの, はぽんぽん, を持っ, を目当

▼ 木~ (5, 0.0%)

1 から聞い, が太夫元, との会話, はいっそう, を見た

▼ 木納屋~ (5, 0.0%)

2 に立てかけた 1 があった, の傍, の苫屋

▼ 木自身~ (5, 0.0%)

1 が掛合噺, が自分, にあっ, の重み, を養

▼ 木草花~ (5, 0.0%)

3 が何処 2 が何處

▼ 木あり~ (4, 0.0%)

1 それを, 巨大な, 年々枝葉繁伸し, 枝葉九里四方に

▼ 木この~ (4, 0.0%)

1 上に, 家と, 岩と, 辺より

▼ 木ごま~ (4, 0.0%)

1 か鉄胴, はたいへん, はどうしても, は鉄胴

▼ 木さま~ (4, 0.0%)

1 からも, だぜ, なら良人, のこと

▼ 木だけが~ (4, 0.0%)

1 ぼんやりかすん, 共通の, 石を, 黒ずんだ葉

▼ 木だま~ (4, 0.0%)

1 がホッ, となっ, にはその, も声

▼ 木でなく~ (4, 0.0%)

1 ては趣, て大蛇, ストーヴに, 鉄によって

▼ 木なぞが~ (4, 0.0%)

1 多い割合, 生えて, 自然に, 顏を

▼ 木にな~ (4, 0.0%)

1 たで切り形, つてゐた, つて三里先の, つて秋に

▼ 木のね~ (4, 0.0%)

2 もとから 1 もとの, もとを

▼ 木ばかりは~ (4, 0.0%)

1 すつきり, だまって, はずむ様, 喰わないの

▼ 木びき歌~ (4, 0.0%)

1 が響い, の続, ば唄う, ば教え

▼ 木ぶり枝ぶり~ (4, 0.0%)

2 を見 1 あるのみ, の見るべき

▼ 木むら~ (4, 0.0%)

1 からも離れ, の前, 与次, 立ちたつ

▼ 木もて~ (4, 0.0%)

1 作りて, 作れる人形, 彫り斑に, 組める小

▼ 木やぶ~ (4, 0.0%)

2 のところ 1 というやぶ, のある

▼ 木らしく~ (4, 0.0%)

1 いつも徒花, 性が, 暗く繁つたの, 暗く茂った

▼ 木ッ葉みじん~ (4, 0.0%)

1 とした, にくだい, にしてやろう, に吹ッ

▼ 木ネジ~ (4, 0.0%)

1 でとめ, といっしょ, の方, をねじこん

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 伐リテ基金八百五拾圓, 得ル此ニ, 植ヱ荒蕪, 組合ワセテ作リタル丈夫ナルモノ

▼ 木以外~ (4, 0.0%)

1 には一本, には生え, に物, の人間

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 ひて, ひぬ, ふ術, ふ鶯

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 でバタ, の中, は持たせる, をつっこん

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 からえぐり出し, がある, に画かれた, の名

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 である, と混合, の作業, の作業なぞ

▼ 木山椒~ (4, 0.0%)

4 の木

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 に, の房, をしめ, を背高

▼ 木或は~ (4, 0.0%)

1 分霊の, 太き竹, 火ば, 鬼打木と

▼ 木暗がり~ (4, 0.0%)

1 で契ッ, へ入っ, をつつむ, を見届け

▼ 木~ (4, 0.0%)

2 の目隠し窓 1 の繩梯子, をグワラグワラ

▼ 木棉畑~ (4, 0.0%)

1 がうんと, のいい, をつぶし, を残させ

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 などなにもかも, に木匙, の水, や帽子

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 があった, だの, に, の辺

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 でせう, と綱田屋さん, のお, の許婚

▼ 木生火~ (4, 0.0%)

1 とは木, と同時に, の理, の説明

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 の, のやう, のよう, 小さな瘤

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 があっ, が祀っ, のうしろ, の中

▼ 木~ (4, 0.0%)

2 の密林 1 の多い, の植物

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 に心, のそよぎ, も一時, も眠る

▼ 木虱共~ (4, 0.0%)

1 が嫩芽, の群, はマンナ, は私

▼ 木金土~ (4, 0.0%)

1 その気候, だ, という組み合わせ, の五行

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 があ, の前, は平凡, をお

▼ 木阿弥~ (4, 0.0%)

1 となつ, にしてやろう, のガンガラガン, の托鉢姿

▼ 木~ (4, 0.0%)

1 に周防氷室池詠人不知, に知家朝臣, の, の家綱

▼ 木かの~ (3, 0.0%)

1 ように, 木と, 若葉を

▼ 木がは~ (3, 0.0%)

1 いつた, だか, づかしさうに

▼ 木ぐち~ (3, 0.0%)

1 の新し, も造り, をながめ

▼ 木こそ~ (3, 0.0%)

1 彼の, 現在では, 生えて

▼ 木これ~ (3, 0.0%)

1 だこれ, と反対, の花

▼ 木~ (3, 0.0%)

2 しに 1 しらえ

▼ 木した~ (3, 0.0%)

1 のと, のとが, 夾竹桃が

▼ 木すら~ (3, 0.0%)

1 もはや大分根元, 妹と, 花咲きみのれる

▼ 木そこ~ (3, 0.0%)

1 から長者小屋, に出来, へは駕籠

▼ 木その他~ (3, 0.0%)

1 の分子, の天然, の資材

▼ 木~ (3, 0.0%)

2 何にも 1 しど

▼ 木ちん~ (3, 0.0%)

2 の宿 1 やどに

▼ 木つつき~ (3, 0.0%)

1 は始終, や島じゅう, 了へて

▼ 木としての~ (3, 0.0%)

1 器量は, 所有を, 生命の

▼ 木とともに~ (3, 0.0%)

1 この平地, その深淵, 盡くべし

▼ 木なく~ (3, 0.0%)

1 ては火, 一根の, 百方索したれ

▼ 木なんぞ~ (3, 0.0%)

1 ありませんでした, 一本も, 貰ったって

▼ 木について~ (3, 0.0%)

1 ちゃんと識別, ふたりの, 語るの

▼ 木により~ (3, 0.0%)

1 あるいは地形, さかなは, またその

▼ 木ばかりが~ (3, 0.0%)

1 ガサガサと, 下草を, 植えて

▼ 木ぶつ金~ (3, 0.0%)

1 ぶつ, ぶつう石, ぶつじゃあござんせんし

▼ 木ぶつ金ぶつ石~ (3, 0.0%)

2 ぼとけヤレ 1 ぼとけ

▼ 木へも~ (3, 0.0%)

1 登り地, 登れんよしんば, 絡ませた

▼ 木ほど~ (3, 0.0%)

1 で一足, な腰板, 大きくも

▼ 木ぼり~ (3, 0.0%)

1 のえんまさん, の坐像, や青銅細工

▼ 木まくら~ (3, 0.0%)

1 でありました, とかやり, の角

▼ 木をば~ (3, 0.0%)

1 一層つめたく, 吹くとき, 目印に

▼ 木ッ端~ (3, 0.0%)

1 のよう, の音, をバラ

▼ 木ツ葉微塵~ (3, 0.0%)

1 だ, に粉碎, の形

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 といふ待合茶屋, の店先, の開通

▼ 木伐る~ (3, 0.0%)

1 においては曲事, の可哀そう, 右手に

▼ 木作り~ (3, 0.0%)

1 となっ, の夷橋, の橇

▼ 木全体~ (3, 0.0%)

1 として見る, の姿, は暴風

▼ 木公爵~ (3, 0.0%)

1 という丈, の娘, も公爵夫人

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 の円眼船口形, の新調, の評

▼ 木剋土~ (3, 0.0%)

1 とは木, なり, の理

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 の諸君, 近辺山本村近藤登之助, 露月把栗墨水波静虚子らの

▼ 木喰戒~ (3, 0.0%)

1 をおう, を守り, を継い

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 と申人, より一紙相達候間, より私

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 り木根立ち, るしげ丘, る木

▼ 木垂根~ (3, 0.0%)

3 の王

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 もまた, を塗る, を貫く

▼ 木~ (3, 0.0%)

2 学士だ 1 さ数百丈

▼ 木夫人~ (3, 0.0%)

1 の前, は惣八, は猜疑心

▼ 木寄せ~ (3, 0.0%)

1 のこと, の各, をし

▼ 木寄師~ (3, 0.0%)

1 がまずかっ, の仕事, もその

▼ 木寺相模~ (3, 0.0%)

1 は, は敵, を呼ばれ

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 から八匹, の雨靴, の靴音

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 が両方, で区切っ, を押さう

▼ 木昇り~ (3, 0.0%)

1 が上手, の上手, の甚さん

▼ 木木の葉~ (3, 0.0%)

1 にも柔かい, の上, を鳴らし

▼ 木~ (3, 0.0%)

2 の床 1 の木

▼ 木~ (3, 0.0%)

3 だと

▼ 木板色摺~ (3, 0.0%)

2 のいまだ 1 となせし

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 や材木, を一つ, を浮かせる

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 にも使い残り, の中, の外

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 のそば, の共同墓碑, の肌

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 が昼間, も奥ま, や林

▼ 木槌頭~ (3, 0.0%)

1 のお, をした, を聳やかし

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 というもの, とは樹木, の名

▼ 木泰三~ (3, 0.0%)

1 が到着, ですなにか, に会見

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 が狼狽, ではびっくり, に大隈

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 日が, 日の, 日も

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 に書いた, の形, を安置

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 などどれ, の中, の備え

▼ 木神明~ (3, 0.0%)

2 の二塁 1 の二砦

▼ 木立ち越し~ (3, 0.0%)

1 にエポニーヌ, に叫ん, に電灯

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 と竹箸, のさき, を止め

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 の附着, を付けたる, を身

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 のうえ, の上, をはねのけ

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 の四日, の日, 乃至土

▼ 木~ (3, 0.0%)

2 れに 1 に白い

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 だけはたしかに, の行, はとき

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 というもの, に乗る, の上

▼ 木高く繁く~ (3, 0.0%)

3 なりにける

▼ 木~ (3, 0.0%)

1 の出で, の嘯く, の姿

▼ 木鹿大王~ (3, 0.0%)

1 はたちまち, は口, は白象

▼ 木麻黄~ (3, 0.0%)

1 が物悲しい, とパンダナス, の並木路

▼ 木あなた~ (2, 0.0%)

2 はあたし

▼ 木あれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ木遁, より他

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 休みなさいな, 定り

▼ 木かな~ (2, 0.0%)

2 あんなこと

▼ 木かを~ (2, 0.0%)

2 驚きながら

▼ 木ここ~ (2, 0.0%)

1 に枯れた, は土

▼ 木こる~ (2, 0.0%)

1 人あり, 人を

▼ 木ごと~ (2, 0.0%)

1 たたきおとしそう, にさき

▼ 木さく~ (2, 0.0%)

1 によりか, 頃

▼ 木さば保~ (2, 0.0%)

2 ご附く

▼ 木さらに~ (2, 0.0%)

2 なく俗

▼ 木さんあなた~ (2, 0.0%)

1 がはいる, はどんな

▼ 木ざわしの柿~ (2, 0.0%)

1 が多く, をガンザン

▼ 木しきりに~ (2, 0.0%)

2 さびし何

▼ 木しげき~ (2, 0.0%)

2 路よ

▼ 木しづく~ (2, 0.0%)

2 のしづけかりけり

▼ 木だけを~ (2, 0.0%)

1 ほめて, 背中へ

▼ 木だったら~ (2, 0.0%)

1 さぞいい, 犬が

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 やあんな, やない

▼ 木つて~ (2, 0.0%)

1 いふつての, えです

▼ 木であっ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て山野

▼ 木といった~ (2, 0.0%)

1 ものだ, 楓の

▼ 木とお~ (2, 0.0%)

2 もひ

▼ 木とに~ (2, 0.0%)

1 だいぶ積, ひびき

▼ 木どの~ (2, 0.0%)

1 屋根も, 草どの

▼ 木なし~ (2, 0.0%)

1 だ, と世間

▼ 木なぞ~ (2, 0.0%)

1 つつかないが, と同じ

▼ 木などと~ (2, 0.0%)

1 おのおのが, 呼ばれる古来

▼ 木なりを~ (2, 0.0%)

1 見て, 見る目

▼ 木なんぞに~ (2, 0.0%)

2 近よったこた

▼ 木なんぞは~ (2, 0.0%)

1 なんにも無かっ, 見たいけど

▼ 木なんど~ (2, 0.0%)

1 が見え, はなく

▼ 木において~ (2, 0.0%)

1 刻み出される以外, 最も美しい

▼ 木にても~ (2, 0.0%)

1 よろし, 尊く仰がる

▼ 木にとって~ (2, 0.0%)

1 こんなこと, 寂しかった

▼ 木に対して~ (2, 0.0%)

1 片箱フレーム, 自分と

▼ 木に対する~ (2, 0.0%)

1 いくらかの, 申訳の

▼ 木のうね~ (2, 0.0%)

1 間, 間に

▼ 木のぼり競争~ (2, 0.0%)

1 がはじまった, をやった

▼ 木のみは~ (2, 0.0%)

2 すべて赤く

▼ 木ばかりの~ (2, 0.0%)

1 揃つてゐる, 茂つた所も

▼ 木びき~ (2, 0.0%)

1 が食っ, だったの

▼ 木ぶつ金ぶつ~ (2, 0.0%)

1 と言う, はこの

▼ 木ほども~ (2, 0.0%)

1 ある, ある魔物

▼ 木までも~ (2, 0.0%)

1 伐つて, 萎びて

▼ 木もう~ (2, 0.0%)

1 ゑかへたりして日照雨, 一方は

▼ 木もえたつ~ (2, 0.0%)

2 墓地の

▼ 木ゆゑ~ (2, 0.0%)

2 に裸木

▼ 木よく~ (2, 0.0%)

1 土を, 繁りて

▼ 木よりは~ (2, 0.0%)

1 石が, 緑が

▼ 木をと~ (2, 0.0%)

1 つてくべた, びこえただけなのさ

▼ 木ッ端ども~ (2, 0.0%)

1 は一兵, を蹴ちらし

▼ 木ッ端みじん~ (2, 0.0%)

1 に敗れ, に破れ

▼ 木ッ端微塵~ (2, 0.0%)

1 とする, な大敗

▼ 木ッ葉ども~ (2, 0.0%)

1 はどう, を斬っ

▼ 木ッ葉武者ども~ (2, 0.0%)

1 がたとえ, は拙者

▼ 木トッケ~ (2, 0.0%)

1 との間, と白岩山

▼ 木ヘン土ヘン~ (2, 0.0%)

1 いずれでも, だけで一目

▼ 木一族~ (2, 0.0%)

1 の底, の表面

▼ 木一石~ (2, 0.0%)

1 にも追憶, の細緻

▼ 木一草~ (2, 0.0%)

2 の感覚

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 可知の, 見の

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 を車, を載せ

▼ 木井合名会社~ (2, 0.0%)

1 の社長さん, の重役会議

▼ 木井男爵~ (2, 0.0%)

1 ですの, の弟

▼ 木井男爵家~ (2, 0.0%)

1 の嫡男, の嫡男文夫さん

▼ 木伐りであり~ (2, 0.0%)

1 その技術, 杭つくりであり

▼ 木伝い~ (2, 0.0%)

1 に家, もなかなか

▼ 木倍美~ (2, 0.0%)

1 とあり, と訓ん

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 ひ渡り汝, ふ聲谷

▼ 木兄弟~ (2, 0.0%)

1 の到着, の父

▼ 木兎さん~ (2, 0.0%)

2 もお

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 のくび, もて鳥

▼ 木八吉助~ (2, 0.0%)

1 である, とが背後

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 と共に近頃, に示す

▼ 木兵馬さん~ (2, 0.0%)

1 の娘, は下手人ぢ

▼ 木兵馬樣~ (2, 0.0%)

1 とお, の子

▼ 木函作り~ (2, 0.0%)

1 に専念, の場合

▼ 木函作製~ (2, 0.0%)

1 のため, のためゆえ

▼ 木勝氏~ (2, 0.0%)

1 に物, の日本宗教史

▼ 木又は~ (2, 0.0%)

1 紙の, 草の

▼ 木名瀬典獄~ (2, 0.0%)

1 の手, は各

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 氣で, 良佐之

▼ 木喰上人~ (2, 0.0%)

1 と観正, の生れかわりである

▼ 木喰上人様~ (2, 0.0%)

1 が日本廻国, にそっくり

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 のこの, はこの

▼ 木土火木土~ (2, 0.0%)

2 と八時

▼ 木堂翁~ (2, 0.0%)

1 に私淑, の額

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 は高く, を以てすれ

▼ 木夫妻~ (2, 0.0%)

1 が三日, を説得

▼ 木奇歌集~ (2, 0.0%)

1 に, の奇歌

▼ 木守り~ (2, 0.0%)

1 の渋柿, の犬歯

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 芳, 芳ドクトルから

▼ 木客たち~ (2, 0.0%)

1 は夕飯, は顔

▼ 木小屋米倉なぞ~ (2, 0.0%)

1 のある, の前

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 にかける, の若

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 をはき

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 の精, はぜ丁字桜

▼ 木常盤木~ (2, 0.0%)

1 その葉落ちずい, はまこと文字どおり

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 のあたり, 何某の

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 のうへで辷り, の上

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 は幾何学式庭園

▼ 木念仁~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, のでこぼこ侍

▼ 木怪石千態万状筆~ (2, 0.0%)

2 を以ていひ

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 木拾い~ (2, 0.0%)

1 の娘, の歌う

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 木文造~ (2, 0.0%)

1 は女, や石谷堅之助

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 の居ない

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 右衛門と, 社長を

▼ 木旗太郎~ (2, 0.0%)

1 だった, なん

▼ 木暗に~ (2, 0.0%)

1 俯居, 立ちよりて

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 脱底桶

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 ではない, という微塵

▼ 木松の木朱欒~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 木板彩色摺~ (2, 0.0%)

2 の法

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 をあてた, をみる

▼ 木枯小僧~ (2, 0.0%)

1 の傳次, ほどの器用

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 なども選ん, にて赤銅拵え

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 の木, をとり

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 の木, の木山椒

▼ 木梯子~ (2, 0.0%)

1 が櫓, を降り

▼ 木棉綿~ (2, 0.0%)

1 から糸, を袋

▼ 木~ (2, 0.0%)

2

▼ 木樵唄水~ (2, 0.0%)

2 には船唄

▼ 木樵山~ (2, 0.0%)

2 がつ

▼ 木樵機業場~ (2, 0.0%)

2 の女工

▼ 木樵百姓~ (2, 0.0%)

1 が一時, などを督励

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 のやう, ばかり懐中

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 に干したる

▼ 木活字時代~ (2, 0.0%)

1 が二十九年, といふもの

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 が心臓狭心症, の告別式

▼ 木深み~ (2, 0.0%)

1 と未だ, 見えず

▼ 木漏れ陽~ (2, 0.0%)

1 は地上, を割っ

▼ 木火事~ (2, 0.0%)

2 で行かえない

▼ 木火金水~ (2, 0.0%)

1 に土, に春夏秋冬

▼ 木牛流馬隊~ (2, 0.0%)

1 をくり出し, を待ち伏せ

▼ 木特有~ (2, 0.0%)

1 の強い, の癖

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 といっ, は梓

▼ 木王園~ (2, 0.0%)

1 である, の木王

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 ふること, 繁りて

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 な新た, 各勢

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 の内, の札薩克図王旗

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 は石, も物思い

▼ 木立ち際~ (2, 0.0%)

1 から舞い込ん, の道

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 とも称せられる, と称し

▼ 木箱二つ~ (2, 0.0%)

1 が仲間入り, が砂

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 に悪, に目

▼ 木糸子~ (2, 0.0%)

1 に最も, の三名

▼ 木細工花漬~ (2, 0.0%)

1 などを売る, などを賣る

▼ 木練り~ (2, 0.0%)

1 すなわち樹上, という名

▼ 木群の~ (2, 0.0%)

2 とのぐもりこもれる君

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 木色咲耶媛~ (2, 0.0%)

1 と申す, にわざわざ

▼ 木草履~ (2, 0.0%)

2 など鬻ぎ

▼ 木草苔~ (2, 0.0%)

2 の枯涸

▼ 木荘左衛門~ (2, 0.0%)

1 の一味, の同志

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 の花, や

▼ 木華開耶姫~ (2, 0.0%)

2 と号

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 の弟子, の贋物

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 のしげき, の咲い

▼ 木落葉~ (2, 0.0%)

2 する栗

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 の花, 食むか

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 がまつわり, を分け

▼ 木薬屋~ (2, 0.0%)

1 で丁字屋, にやる

▼ 木蘭地~ (2, 0.0%)

1 の水干, の直垂

▼ 木蘭舟~ (2, 0.0%)

1 の語, ヲ刻ミ七里洲中ニ

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 じゃあない, 更に普通

▼ 木要之助~ (2, 0.0%)

1 が投げすてた, であること

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 盆子から, 盆子ばかり

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 して, するばかり

▼ 木豆波太~ (2, 0.0%)

2 すなわちカキツバタ

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 の機, を掛け

▼ 木辻西坂~ (2, 0.0%)

1 の唱門師, の四者

▼ 木通り~ (2, 0.0%)

1 や練兵場, を帰っ

▼ 木遁金遁~ (2, 0.0%)

2 さては土遁

▼ 木道具~ (2, 0.0%)

1 の好い, や窓

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 唄を, 男の

▼ 木郎君~ (2, 0.0%)

1 から来信, に送る

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 だの, をかつい

▼ 木~ (2, 0.0%)

2 持ち

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 さ一尺二寸幅三指の, 故呼梓為木王

▼ 木間越し~ (2, 0.0%)

1 には例, に見えた

▼ 木隠さ~ (2, 0.0%)

2

▼ 木雑器~ (2, 0.0%)

2 に至る

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 の牛, の美人

▼ 木~ (2, 0.0%)

1 がコトンコトン, のよく

▼ 木髄製~ (2, 0.0%)

1 のナポレオン帽, の日除帽子

▼ 木高い~ (2, 0.0%)

1 屋形に, 杉並辺には

▼ 木高く白き~ (2, 0.0%)

2 花群

▼ 木魂姫~ (2, 0.0%)

2 が臥

▼ 木鹿軍~ (2, 0.0%)

1 が来れ, の兵

▼ 木鼻木尻~ (2, 0.0%)

1 の作業, の作業なぞ

▼1* [919件]

あしびと否, 木あらはればと, 木いかなる草の, 木いけがき, 木いちゐひびけり, 木いっぱいに薔薇, 木いまだ小さく人, 木うらとすみか, 木おいらおまえと遊び, 木おのがじし生ひ, 木おまえはそれ, 木かきの木, 木かこむ山門と, 木かしの木等, 木かしらんが, 木かしらと怪しんだ大きな, 木かに持たすべき思想, 木かはちょっと僕, 木かぶれてこちら, 木かも知れなかった, 木からさえ心ならずも立ち去った, 木からさえも軽い水蒸気, 木からでも落ちたよう, 木からどおっと, 木からね咲きたての, 木からのつそり, 木がにはかに, 木がものいふ, 木がよぞらに, 木がらひらっと, 木がらしめいた風が, 木な不安, 木きつてゐます, 木きれ竹ぎれ, 木の葉, 木ぎがふたたびみずみずしい, 木ぎはひっくりかえり山やま, 木ぎれがうちこんであります, 木ぎれでいっぱいに, 木ぎれであろうが秩序と法則, 木ぎれなどがごちゃごちゃはいっ, 木ぎれなんかどこにもない, 木ぎれのやうにタワイなく持ちあげられ, 木ぎれのようなものも落ちて, 木ぎれをくわえ取ったアザラシ, 木ぎれをくわえて引っぱる, 木ぎれをけずっている諭吉に声, 木ぎれをじっと見た, 木ぎれをならべる机が代わり, 木ぎれをもらっておひな様のこしかけ, 木ぎれを口で受けとめ, 木づ竹ぎれにも, 木くさぐさの雜木も, 木くらげ白茸鴈茸ぬめり茸霜降り茸獅子茸鼠茸皮剥ぎ茸, 木くりの木, 木ぐつがとんでいってしまうのをかわいそうに思った, 木ぐつでがたがた耳の遠く, 木ぐつですれて痛んだ, 木ぐつとお金とはつれ, 木ぐつにするけやきやくるみの木をけずっ, 木ぐつの十倍も重たい, 木ぐつもなかなかすりへるもの, 木ぐつをつくって金のかわり, 木ぐつを一対ほりあげたの, 木ぐつ気球のよう, 木ぐみの木などがしげっ, 木ぐみの木柿の木など五六本, 木ぐるみ一万円が一円, 木ぐれうかがふ, 木こっちの木, 木さえが疲れて, 木さえも植えそして, 木された大地の, 木さんおまえさんも年, 木さんここの景色, 木さ房下がってるぢゃぃ, 木さ蛇があがる, 木てそこ, 木しげれるきり, 木しげる桃山は, 木したしう見あげ, 木すなわち摺小杵を, 木ゑに, 木ずえの部分, 木ねどろぶ, 木その他参謀等多勢厳しき武装, 木そもじ樣は, 木それがいつのまに, 木それらが皆昔, 木そんなのが, 木たくさんの鳥獣, 木たとへば柳, 木だい楢か樺, 木だけでは, 木だけでも遠慮し, 木だけの長の, 木だちに鳴い, 木だったりした, 木だったら逃げられないわよ, 木だつたらうかといふ疑問, 木だらけの山, 木ちゃん今晩は, 木ぢゃないぜ途方もない, 木ぢやつたかな, 木つげの類, 木つづきの山腹, 木づくりわしの寢床, 木づたい鳴きかわす鳥, 木づたひて谷の古巣, 木づたふうぐひすの声さへにほふ, 木づたふ花の色, 木づたふ雨の如く, 木鼻を, 木であれば梢, 木であろな, 木でございますなア, 木でしてねあいつ, 木でとつくの, 木でない有情の, 木でなければならなかつた, 木でのごはむ, 木とかいう橘の, 木とかのかわった植物, 木とかを集める方, 木としか書いてないの, 木としては好きでなかった, 木とちがつて, 木とてはなかった, 木となさむあゝ, 木とについて心もとなく思っ, 木とのみ考えるから, 木どうしたの, 木どうしでしょう, 木どこ行くの, 木どころでは, 木どころ製材所が多い, 木どれも坊主, 木ないし銅の, 木なぞの設色も, 木なぞは未だ冬枯, 木なぞを見ると, 木などで取り囲まれて, 木などには止らずに, 木などへ走って, 木なりとや定むら, 木なるべしとて人夫, 木なんぞの多い山, 木なんぞを選んで, 木なんてまるで煙突, 木なんぼでもある, 木にくさぐさのものをつけて神に, 木にさえおん身を, 木にだけ落ちないもの, 木にだって登れるん, 木についても各枝, 木にとををに白く積む, 木にはずつと前から, 木によっては根元から, 木によりかかつて立つ, 木ぬれしよしも, 木ぬれ行く鳥の, 木ねずみのよう, 木ねり木ざわしの柿を, 木のうへに鴉鳴く見, 木のかしらいろは茶屋の, 木のぼりあそびにくる, 木のみがなびくが, 木のみを見る, 木のむこうには, 木のやはらかい, 木はぁみんな, 木はいちんち, 木はかべに寄りかかって, 木はからだから, 木はくすの木, 木はしごの一部, 木はぜの木其地ニ応じ, 木はちよつとしづか, 木はみがまへする, 木はんあんたは貧乏, 木この上, 木ばかりで造ったよくよく, 木ばかりを見てさえ, 木ばやしの青, 木ひとつかつげないの, 木ひとり老いたり, 木びき唄の基調, 木びき工場をし, 木びき歌唄うち聞かせちく, 木ぶり花ぶりにふさわしい, 木へがさりと, 木へでも通ずる, 木への感謝を, 木へまでも纏りついた, 木べらがあり, 木ほどに清潔で, 木ほんとうに死んだ, 木まじりの松林, 木また神社の, 木まだ睡ってるの, 木みればもえ, 木むれいまだみ, 木めがけて突進, 木めどに削り, 木もしくは奥州の, 木もれの月光, 木もれびの下のキジ猫, 木もれ日はしめれる, 木やうの物, 木やくすの木, 木やくらいあい色, 木やむこうの, 木やや紫ぐんで水氣立つてすつ, 木やらは棄てられねば, 木ゆすったけあ, 木ゆゑ名をとふと, 木いかに, 木れんは, 木たという, 木わざに半生, 木わだかまれりはじめのほどに, 木をこそ謡ひけれ, 木をぞっくり切ったたきもの, 木をといった私の, 木をはづす音が, 木をよぢのぼりゆく, 木とこへ, 木アカシヤなどが僅, 木アサダサンチンカタ杉檜の木, 木イ曽のネエ, 木ウドなどは巨大, 木エゾ松等見えて, 木カハラ漆食などの, 木カブの所, 木クラゲに糸蒟蒻, 木クリストフはなお, 木グチや板目, 木サンとよばれ, 木スクタリの柱形, 木ズイコ棒ズイコは明白, 木タクには何, 木タールを少し, 木ッぱになってメキメキと, 木ッぱみじんであったかも知れない, 木ッぱみじんにしてくれたがこんどは最後, 木ッぱ微塵に敗れ, 木ッぱ武者に用, 木ッパのよう, 木ッ片に火, 木ッ端武者の処分, 木ッ端細工で好個焚付, 木ッ葉ども師の仇, 木ッ葉みたいに云い, 木ッ葉ミジンに飜弄, 木ッ葉天狗にも外道, 木ッ葉屋根の二軒長屋, 木ッ葉役人共めがこの, 木ッ葉役者がこうして, 木ッ葉旗本行くぞ, 木ッ葉武者はどう, 木ッ葉浪人を八面, 木ッ葉船だ, 木ツ端微塵だぞ, 木ツ葉ガ飛ンデル君ノ顔, 木ツ葉海賊奴御乗船, 木今少シ駅ニ, 木トッケ及白岩山である, 木ト金ニテ作リ荷ヲ運ブニ用フルモノナリ, 木ニノボラウトシマシタノデツルツルツルツルトスベツテドウシテモノボルコトガデキマセン, 木化石ナリ, 木ハ黄ニシテ黄色ヲ染ムベシ, 木ピン助や福地キシャゴ, 木ブランコ縄飛びラムネの玉遊び, 木ベエ京子木曾乃さんの三人, 木ベエ人見小六丹後弓彦博士もピカ一, 木ペン失ぐした, 木ペン樺の木に沢山, 木ペン耳さ入る, 木モミジの木, 木モヤクル其春苗ヲ生, 木一たび他国の握る, 木一対を奉る, 木一島の特色, 木一把弐十弐銭とは, 木一方は石, 木一本溪流の石一つすべて生活, 木一本青草一筋なくただ, 木一杯に散つ, 木一枚を手形がわり, 木一生ケンメイなもの, 木一種とのみ信じきり, 木一茎の草, 木一輪の花, 木万吾は忠義立て, 木万籟を伴, 木丈以上の物, 木三木両君に一票, 木三木両派が握手, 木三本もある, 木三本照り寂しそこ, 木上りにも見出されます, 木上り競争をした, 木下草を繁茂, 木下駄を気の毒そう, 木不動野口五郎剣立山薬師黒槍穂高それらが二列, 木不思議の木, 木与四郎兵衛が頑丈, 木すぐれて, 木並びに其他の, 木中野方面の徳川三百年, 木に団子, 木を挟み, 木などの草木, 木事件の象徴, 木二本電燈やモール, 木二株檸檬の木一株立てりき, 木五倍二だの押, 木のお, 木井武雄さんが二十七歳, 木井男爵夫人と直ぐ, 木井邸で開かれた, 木人らを元, 木人夜穿靴去, 木人形を彫刻, 木今夜のうち, 木今日はひとつ, 木介カバンの執念, 木の一挙, 木以上に無情, 木伊乃に似たる, 木の当番, 木伐り尽せばまた, 木とか親睦会, 木伸子と書かれ, 木低みとなり, 木をからっと, 木の禽, 木何んとか仰有しゃい, 木佛金佛石ぼとけなり, 木作首尾一人裏於其中開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 木佳樹といつてはほんの, 木の敵, 木倒れてゐる, 木倒れた門の, 木兄君が此処, 木兎のは特別, 木兎亀戸の浮人形, 木兎人間ならば, 木兎引の木兎, 木兎梟や椋鳥, 木兎犬はり子さまざまの手遊, 木兎達摩鳩のたぐい, 木兎雑司ヶ谷から飛ん, 木兎青葉木兎とか称, 木児サマルカンドに拠り, 木児東せんとする, 木児父は答剌豈, 木兔あなづらひ, 木兔据ゑ待てば, 木の梶内蔵丞, 木全集に知られる, 木八ツ手なぞの庭木, 木八ツ手木斛なぞいう, 木八五郎と甚助, 木八刺は西域, 木八剌妻と対し, 木八吉助女中うたの七人, 木八百五十圓にて拂, 木公爵夫人がこう, 木六月茨の首, 木は一打ち, 木其地ニ応じ候, 木処水上以来何千年の経験, 木出でてかの木, 木出るならあたしも, 木函拾得者に対する謝礼, 木切れ竹下駄などが浮い, 木刈るてふ, 木初夏の木, 木刻手彩色の立派, 木刻紀要第一集, 木刻金色の蓮華, 木を散らし, 木剛助が云った, 木剛助一人は伊沢新五郎, 木にし, 木加藤だのゆずり葉加藤, 木匙羊の長毛, 木匠陶工等は只, 木十株敗鼓皮丸などという不思議, 木博士のもと, 木である, 木物忌みの, 木即松のはやし, 木へ上る, 木御魂天, 木ほほが, 木の戒文, 木叉子頬にあて, 木を教え, 木古屋の煤, 木叩きの音, 木合歓の木, 木同様へし折って, 木に厚朴, 木名瀬典獄語つて曰く本官は單, 木君あんたも落しやせん, 木君等の少年, 木の軒, 木善十郎を迎えました, 木喰い虫が, 木喰上人発見の縁起, 木喰上人研究に熱情, 木喰五行というの, 木喰五行上人さまよくお出まし, 木喰五行上人様のお, 木喰五行明満聖人品位, 木喰仏で私, 木喰仏発見の縁起, 木喰観正の碑, 木喰観海上人の弟子, 木であります, 木圭小五郎よりも長, 木圭氏に手紙, 木堂咢堂奎堂などといっ, 木堂尾崎学堂を隈門, 木堂尾崎學堂を隈門, 木堂氏のところ, 木堂翁のも出来上った, 木をめぐらし, 木塑像の麁悪, 木壁露人家五月春猶浅, 木を叩い, 木から贈つ, 木大人は, 木大佐のみは笑, 木大石泉や流れ, 木大臣夫婦に今夜, 木天蓼科木蘭科蕃茘枝科防已科などと成っ, 木夫婦もそこ, 木奇樹の姿, 木奇獸を集め, 木は蓋し, 木好子大原富枝そのほか幾人, 木と稱, 木旗子, 木安宅等ですら, 木実三沢宍戸小野安成岡崎読売の女, 木実子をつれ, 木の電燈, 木寺相模四尺三寸の太刀, 木寺相模岡本三河坊などの随身, 木寺相模岡本三河坊野長七郎矢田彦七平賀三郎などである, 木寺相模岡本三河房武蔵房村上彦四郎片岡八郎平賀三郎の人々, 木寺相模平賀三郎矢田彦七岡本三河坊野長七郎など, 木寺相模矢田彦七平賀三郎野長七郎岡本三河坊といったよう, 木小便桶の古, 木小屋一面に叢生, 木小屋夜は母屋, 木小屋式の建物, 木小屋木口は非常, 木小屋穏かな船, 木小酒井光次氏は素晴らしい, 木少年の逞しい, 木尻座の筵, 木尻筋からもらえ, 木尽くれば, 木屋根の棟, 木屏風を引き, 木の木, 木岡市氏の報告, 木岩方面とか有馬温泉方面, 木岩隙を求め, 木川子それにかく, 木差しにし, 木の材木, 木市長がどこ, 木平山は同, 木平愛二という人, 木幹石面に到る, 木床工があっ, 木庵蹄斎雅邦寛畝玉章熊沢蕃山の手紙, 木弃歌集あたりにはそれでも, 木弓木弓短下長上竹箭或鐵鏃, 木弓短下長上竹箭或鐵鏃, 木弟師木というきょうだい, 木弱つて花多からず, 木張りに過ぎない, 木当のうまいもの, 木に上角, 木待って待っ, 木とかわり, 木心夾紵法はやがて, 木忍辱の薔薇, 木の人, 木性羊歯ヘゴが繁りあい, 木惜しいな, 木惣八さんは候補者中, 木惣八原田雲井玉井金五郎それに花嫁, 木慎治君などは猫, 木成長して, 木戸松菊と幾松, 木手摺のところ, 木といふ著述, 木折ったり転覆, 木拵えに働い, 木ひ蕎麥屋, 木指定が流行, 木挺役が飛ん, 木ごとダラリと, 木揺らぎがした, 木やとまり木, 木敏君は雲仙, 木文字を良人, 木文字商事会社の事務所, 木文次他の一人, 木文河釧雲泉川槐庵同賦, 木文造三人ともいちおう, 木斎宮の切腹, 木斑竹などを用い, 木新宿附近では白地, 木方面の釣興, 木旃壇木楓香木菩提樹を取っ, 木旅館は傾けり, 木を逐, 木日光自分が五年前, 木昇る惡蛇進み寄り, 木昔葡萄なりしも今, 木も新緑, 木春苗を生じ, 木時計が可笑し, 木普請でそこら, 木晴雄水野主馬, 木曳きの話, 木更科山の老, 木更衣とも書きます, 木朝顔の花, 木木の芽は赤らみ, 木木はみがまへする, 木の如く成り, 木本郷西片町阿部伯爵家の椎, 木の袱紗, 木机角の欠けた, 木朽ちかかった木を, 木杉並み木などと呼ばれる, 木の木, 木杓子の霊, 木を運ぶ, 木東京市長が急逝, 木や清い, 木松の木南天の雪, 木松の木桂の木, 木板畫念珠などを賣り, 木板絵に見る, 木林戸の騒擾事件, 木枝毎に花さ, 木枠つきのトランク, 木枠正方型巻上大時計未来派裸体巨人像の額縁, 木枠籠胴に上質, 木枯傳次騷ぎは三輪, 木枯凄じく鐘, 木枯国で捕虜, 木枯嵐の風, 木枯汝がまま, 木枯海の音, 木枯過ぎ日暮れの赤き, 木の粉々, 木柱一株をたつ, 木柿の木に音, 木株碧りなる野原, 木株細流を, 木桂ヨリ来書アリ其儀ニ曰ク両国論ヲ合テ云々ト, 木桂吉安藤正純田川大吉郎伊藤痴遊というそうそう, 木桂吉氏の九谷窯, 木の糸, 木であるため, 木桜杉そんな植え込み, 木梅五三本この庭, 木棉樹すなわち斑枝花, 木棉鬘を着け, 木棺内の死體, 木棺存在の形跡, 木椀一つ数珠一つに見すぼらしい, 木椋鳥の大群, 木植物帯からいう, 木椎欅などが多く, 木楓香木菩提樹を取っ, 木が咲く, 木に必死, 木榛の木などの幹, 木に, 木あり, 木槌型の頭, 木槌暴徒十五世紀の外套盗賊, 木の身, 木に自分, 木様御苦労に存じます, 木槨中に置く, 木槲楓柏槙箱根笹つくばひの, 木槽たるやあ, 木標二カ所に建, 木標人を導く, 木でも山毛欅, 木樵りだなあ, 木樵ることを, 木樵木の香, 木樵海尊に伝授, 木樵炭焼で詩, 木樵男が瘤, 木樵稼業で日本, 木樵衆とも見受けられぬ, 木樵躰の件, 木樵頭の茂作, 木に, 木を引いた, 木橇道に出, 木を伏せ, 木櫃耳盥の樣, 木の木, 木の木, 木欒樹の花, 木歯医者へ行く, 木歯科上歯仮りに埋める, 木死んで, 木を藉らざる, 木殺しの下手人, 木母寺梅若塚の大, 木母寺辺であったかと, 木母寺附近料理茶屋の入口, 木にし, 木氏一建立の御, 木氣傴多く岸下, 木沓さへ完全, 木沢山あって, 木も少し, 木洞中に退い, 木活字コステルやグウテンベルグ, 木活字版とでも名, 木活字風の字形, 木活版に比べる, 木流しと共にこれ, 木浅井朝倉をやりつけ, 木浩追悼の夕, 木海濱に赤い, 木淡竹虎杖姫日向葵の葉, 木清き石について, 木渡りみたいに, 木に入る, 木に心付, 木漁村はゆ, 木漏れの朝陽, 木漸く大也, 木潮風はゴモラ人, 木澁柿はつねに, 木澤さんのところ, 木灰色の建物, 木無く処々の, 木として情寡, 木煉瓦以上に固い, 木煉瓦張りの通路, 木燧石そんなもの, 木が寂しく, 木の傍, 木牌一つに残したく思う, 木牌室ほど県下, 木牛トハ四角ナル腹, 木牛形の頭部, 木牛頭の上下, 木に, 木猫柳野梅が二, 木獣虎の如き, 木獣角のある, 木獣車のほか, 木王園主人である, 木王園裏老先生, 木理のは他, 木理滑かなる, 木理麗はしい, 木青い木, 木生え抜いたようだ, 木生ぜしなりと, 木生火火生土これが相生, 木の朝月夜, 木木であろう, 木異様の諸, 木疎らにならび, 木登らずと何, 木登り屋根登りはする, 木登り耐久までもし, 木登美の豐朝倉, 木白い雪の, 木白樺の雪白, 木白樺柏澤梨ゑんじゆ, 木の上, 木に格, 木盛りの紅梅, 木の上, 木相摩して, 木眞若の王, 木とを同, 木もて意気, 木知佳氏は東京音楽学校, 木石榴の古木, 木石鉄砲などだった, 木を脱出, 木を製造, 木微塵に, 木碎けし眞際の, 木碗木櫃耳盥の樣, 木磁絹紙タルヲ問ハズ, 木の掲げられ, 木社會黨は安寧秩序, 木あり火神, 木神明山にわたる一線, 木神明街道中ノ郷の諸, 木頑健な, 木積み仮駅, 木となす, 木立ち三本をへだてる, 木立ち山陰から盜, 木立ち木立ちを手, 木立ち等そのどこ, 木竹花の咲いた, 木竹藁を集めあるき, 木竹部となりました, 木竿で連ね, 木のしげみ, 木等みな日本種ならざるは, 木筧曲直して, 木を更によく, 木えと称し, 木箱さびくちた古い, 木箱一つ斧一梃を持っ, 木箱一ぱいの書物, 木箱内に露出, 木箱帆布と索, 木箱着無事だった, 木箱鑵づめを入れた, 木まだ新, 木米独特のムタムタ, 木系統の飾り物, 木の二枚, 木紅い木よ, 木紅葉苔の厚く, 木納屋苫屋の袖, 木紙竹土類を主要品, 木紫檀銀黄金などのすぐれた, 木組庇手斧のあと, 木結繩敬佛法於百濟求得佛經始有文字, 木の益子, 木の名, 木のいただき, 木繁き木原, 木繁みの間, 木纎維用等のため, 木置場に半身, 木署長は青眼鏡, 木美子一人でとても, 木美子一人きりじゃからナ遠慮, 木群れはそびえた, 木群秀に濡れ, 木羽屋根の集落, 木に負, 木胴鉄胴からくり胴, 木のよう, 木脱ぎすてにけり, 木葉で, 木や蔦, 木か, 木臭うて役, 木舞いはひどく, 木赤うし, 木芝草芝石芝肉芝の諸, 木多しと, 木若かだちていと, 木苦味のある, 木れる一区斜面, 木茂り中に, 木茂右衛門と云う, 木に心, 木の木, 木茶屋の店先, 木の坊さん一人, 木茸岩茸占地いろ, 木茸針茸革茸羊肚茸白茸やあ一杯, 木草石等の神, 木隠形, 木荘左衛門一味の同伴者, 木莓一株を見つけ出し, 木莵入木莵入と言い, 木華開耶姫命のこと, 木落ち風行く処, 木葉隠れに見えました, 木薔薇より淡く, 木薩地しづき頃, 木薬屋呉服屋の若い, 木の棚, 木の御嶽山, 木蘇川を下る, 木蘭そのものはけっして, 木蘭ハ林蘭ト曰ヒ杜蘭ト曰フ皮ハ桂ニ似テ香シ, 木蘭科の常緑小喬木, 木蘭科蕃茘枝科防已科などと成っ, 木蘭舟ハ即チ此レナリ, 木蘭藤山吹牡丹芍薬と順々, 木蘭躑躅牡丹なぞは一時花, 木虱其者を産む, 木の運動, 木が人, 木血樹はポリドーロス, 木行きだ, 木行街を過ぎりし, 木でありパリー, 木裂猫のふやけた, 木裏山でいつも, 木て居, 木見あげながら小さな, 木見る毎に, 木角左衞門四十前後の恰幅, 木の類, 木のよう, 木説明役の木, 木住の, 木護謨樹船材にする, 木という谷, 木豆弥射干なり関中, 木豆波太加岐豆波太加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他もしくは加岐都波奈, 木豆波太加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他もしくは加岐都波奈, 木に鳥, 木と名, 木貰ってもいい, 木貰つてもい, 木買収の協定, 木越しに築, 木身竹屋より成り, 木車一輛之を挽く, 木車一輛山海を越え, 木軍艦二隻戴冠式をおえ, 木軒息集軒明星庵無孔笛, 木が磨滅, 木辻あたりにはいかがわしい, 木辻西坂方という中, 木辻西阪は今, 木辻遊廓の近く, 木辻部落の故, 木近くへ来, 木追悼号を読ん, 木遁その他の隠, 木遁火あればこそ, 木遁金遁土遁の忍術, 木遊びに来た, 木道畠それだけな, 木遞相を動かし, 木遠くに昔風, 木郊野を見, 木第二世, 木郎村では収穫終り, 木配りで荒削りの, 木はすなわち, 木の草, 木野田清太郎老という七十余歳, 木のどれ, 木鉄混淆の新式橋梁, 木鉾高麗狗曲玉石斧などの神宝, 木銭宿へ泊り, 木鋼のか, 木で掻い込んだ, 木間道である限り, 木間隠れに立つ, 木をくみたて, 木の小路, 木闇がりの奥, 木阪町奉行よりの使者, 木已にあて, 木の坊, 木と水汲隊, 木を上つて, 木を以て遮断, 木隠しとかその他, 木集中に詠ずる, 木雌木が相当互に, 木雕児を取り, 木がぽたり, 木雲蝶蟻そして私, 木静まらんと欲すれ, 木の彫刻, 木から魚剖刀, 木の林, 木まで参りまする, 木飛塵馬蹄大屋裏住平秩東作ら四, 木食って, 木食上人ブレークアルトの歌手, 木食上人道場自在庵を訪, 木食仙の裸形, 木食名は応其, 木が転がり込んだ, 木の図, 木駿卿前遊, 木駿卿柴担人去年此夜与両生, 木の帽子, 木髄質の燈心若干, 木でつく, 木高しりて治め, 木高サ五六尺ニ過ズシテ叢生ス房彙モ小ナリソノ中ニ一顆或ハ二三顆アリ形, 木高廿数丈直ニシテ旁枝ナク, 木魂みたいな声, 木魂吶喊を作り, 木魅きつね虎竜の属, 木魅威名を避, 木魅山魅の影, 木鯉吉の建造, 木を墨子, 木の一双いが, 木麦稈等で建てられ, 木やアマゾン印度人, 木鼓しめやかなり, 木鼓板や鉦, 木鼬羚羊犬鯨海狸熊穴熊猪土竜など内地, 木に此