青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「明らか~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

早く~ 早くから~ ~早速 早速~ 昂奮~ ~明 明~ ~明け 明け~ ~明らか
明らか~
~明り 明り~ 明る~ ~明るい 明るい~ ~明るく 明るく~ ~明日 明日~ 明智~

「明らか~」 5744, 53ppm, 2182位

▼ 明らか~ (4465, 77.7%)

230 して 82 なって 81 すること 62 なった 56 した 49 されて 44 するため 33 しようと 24 彼の 23 したの, なる 18 された, しなければ 17 それを 16 なったの, なつて 15 せねば, 彼は, 示して 14 する必要, それは, 知ること, 自分の 13 これを, しその, する, するには, 見えて 12 これは, するに, なるの, なれば 11 されたの, したこと, なつた 10 するの, するもの, なりました, なると, 一つの, 見せて 9 したもの, すれば, 現われて, 私に, 私の, 見て 8 したいと, しよう, すると, するを, せんと, 狼狽した, 知って 7 なったこと

6 [14件] される, したが, したよう, なること, 彼を, 彼女の, 日本の, 知れる, 示されて, 自分を, 見えた, 見える, 見ること, 記憶し

5 [18件] した上, しました, しようとして, するという, せられて, なったと, なったので, ならない, なるだろう, なるであろう, 一種の, 之は, 和した, 彼女は, 意識し, 目が, 知れて, 自覚し

4 [24件] されては, されること, されるであろう, されるの, それと, なるよう, わかって, 人間の, 僕の, 出て, 分って, 彼等は, 心の, 書いて, 残って, 目に, 示すもの, 第一, 認めて, 認められる, 認めること, 語って, 誤解である, 読まれた

3 [51件] あらわれて, これらの, されたと, されました, されると, しがたい, しそれ, したと, した以上, しつつ, しないが, しないで, しましたが, するが, するだろう, するつもり, すると共に, するは, するやう, するよう, する目的, せず, せん, それが, なったが, なった時, なるわけ, なろうと, はっきりと, わかった, われわれの, 人の, 今の, 何か, 女の, 彼らは, 御代々, 意識する, 感じた, 或る, 指すこと, 狼狽し, 現わ, 眼に, 知るところ, 示すこと, 答えた, 見えねば, 見られる, 認められた, 認められて

2 [213件] あつた, あの黒曜石, あらはれて, ある, いやな, うかがわれる, かつての, このおそるべき錯誤, このよう, この事実, されず又, されそれ, されたもの, されない, されなかった, されなければ, されねば, されるよう, しうるもの, しこれ, したいの, したところ, したので, したり, した場合, した後, した斑, した点, してから, しない, しふたたび, しようという, し之, し兼ねて, し出した, し同時に, し得るもの, し生死, し罰, し西洋器械, し難い, すべきであると, するであらう, するのみ, する上, する事, する方, する機会, する点, する為, する過程, せざるは, せざるより, せずに, せられたの, せんが, その声, その理由, その男, たがねの, なさろうと, なったという, なったよう, なった処, なってから, なつたの, ならないの, ならぬうち, なります, なり今, なるかも, なるから, なるだろうと, なるであろうと, なるばかり, なるもの, なろう, ほかの, ほかひ, わかります, わかるとおり, わかるの, わかるよう, アウグスティヌスや, 一人の, 不合理, 不当な, 之を, 二つの, 亢奮し, 人に, 人は, 人手に, 今は, 仏教の, 他の, 他人の, 代助, 全快し, 写って, 冷淡さの, 分る, 分れて, 別である, 別の, 努力を, 動揺の, 区別され, 区別し, 反動的な, 反感を, 口に, 口を, 古くなりかけた, 吾人に, 告白する, 嘘だ, 変って, 天皇の, 失望し, 女は, 存在する, 存在論的範疇としての, 察しられるの, 察せられるよう, 少なくも三, 弁護士の, 当時の, 彼が, 彼らの, 彼女を, 後世の, 後者の, 心に, 心を, 恐怖の, 恥辱と, 意識が, 意識され, 意識した, 感じて, 感じ分けること, 持つて, 指の, 政府の, 敵意を, 断わって, 書かれて, 月を, 条約違反に, 校長閣下の, 次の, 次の間の, 殺されて, 物を, 狼狽を, 理解し, 発音の, 盲目と, 相手を, 看取された, 眠りでは, 眼を, 矛盾し, 矛盾である, 知れること, 知れ趙簡子, 示したもの, 示すに, 神の, 私が, 私を, 聞える, 聞こえた, 胸に, 自分が, 自分たちの, 自分は, 自覚した, 興奮し, 落ちたの, 葉子の, 蒙古人, 薄紅, 見えるの, 見た, 見ゆべきもの, 見られた, 見る事, 見覚えが, 規定され, 覚えて, 観て, 言って, 言ふ, 記されて, 記憶の, 証拠立てて, 証明し, 認めた, 認めたの, 認める事, 誤謬である, 説明しなかった, 豹一を, 身を, 違ふ, 遠くから, 醜聞を, 阿曾麻呂, 露国の, 頭の, 高級巫女なる

1 [2400件 抜粋] あいて, あの女, あらゆる反対, あわて, いたして, いつもとは, いらいらし出し, うかがわれた, うつし出したとき, うろたえて, お前は, お糸, お雪, かく答えた, かれら自身, こういうこと, ここらの, この一句, この予期, この報道化, この悪い, この文字, この無謀, この禁忌, この要求, これから訪問, こんなこと, さう見ゆるが, さるべきもの, されそして, されたこと, されたのみ, された戦慄, されない条件, されるから, されるならば, される時代, され得ない, しいっそう, しかけて, しさいき, したいが, したきわめて, したならば, したること, した事実, した批評, した碑, しても, しないの, しなかったけれども, しなくては, しもう, しようやく, し上下固有, し他, し区別, し国内, し学問, し得ず武, し得ないとまで, し得られようが, し得る十分, し得る道, し指導, し此彼相比較, し真実, し自己, し誤謬, すっかり言っ, すべき時機, すべし, するだけの, するであろうが, するとして, するの学問, する一こと, する出発, する如くである, する技術, する的確, する鑑, せざるがため, せずまた, せぬ態度, せらるるに, せられた以上, せんこと, そういう家, そうだ, そう考え, そこに, その一瞬, その人, その原因, その地点, その帰依, その来由, その流れ, その眼, その虚, その防寨, それに, それ以上口数を, たじろぎを, ただ自分, ためらいに, つぎの, とり入れられて, なし得ない, なったかと, なったため, なったもの, なった以上, なった瞬間, なにかたいへん鋭利, ならなかったの, ならぬ限り, なりさえ, なりたるも, なりゆく真理, なり数年来, なり芸術動機, なるだろうという, なるにつれ, なるを, なる機会, ぬかの, ひとつの, ふたりを, まじめに, また新, みずから名乗った, もう久しい, やくざな, よその, わかったの, わかる理由, わざとらしかった, アダムと, ウルリーケは, ガッカリした, コカインの, スコラ主義と, ソヴェート哲学が, テラスと, ナポレオンは, バクれ, ファシズム的色彩が, ブル化し, マドレーヌ氏の, モスク, ワシントン特電が, 一人が, 一向門徒, 一撃を, 一目おい, 万三郎と, 三次元世界へ, 下つて, 不利だった, 不安そうで, 不平が, 不快と, 不条理だ, 不遜な誤魔化し, 世論を, 中傷の, 主星, 乗船停止を, 了解する, 事情を, 二人の, 二度以上の, 云うわけ, 云われ出して, 亜砒酸の, 人々に, 人びとの, 人眼を, 今にもその, 仏教から, 仰がれたトレーガー, 伊達が, 佃と, 何も, 余程背, 依怙贔屓だ, 保守と, 信と, 個人, 偽りである, 傾向を, 僕以後で, 優って, 先刻より, 八五郎の, 其の人, 其の高風大業, 其馬脚を, 内的連絡を, 冬子は, 出た作物, 出来ないこと, 分かるの, 分らなかつたので, 分るほど, 判って, 判るの, 制して, 前者と, 効き目が, 動物の, 勲功として, 区別されね, 区別する, 區別されるべき, 半信半疑どちらかと, 南方支那系の, 博奕の, 印象せられた, 又十郎宗冬, 反則的だ, 反対らしく, 反映され, 取り定めたうえ, 口籠った, 古物らしい, 同じ様式, 同席の, 名のった, 君の, 呂布の, 呑み込めないかも, 呼吸が, 唯物論では, 啓示された, 嘘と, 四季の, 困却の, 国内的には, 國家の, 地方的な, 堂々と, 声明した, 変化した, 外記の, 夜店出しを, 大きな変化, 大地の, 大阪の, 天平二年の, 夫に, 夫婦であった, 失敗に, 女史の, 妙想胸に, 嫁の, 子どもの, 孔子学徒の, 学ぶこと, 官庫破りの, 実在の, 実証し, 宣した, 家庭料理と, 察知さるる, 対象は, 尋常でなかった, 小夜子への, 尸者の, 山肌から, 崩して, 差異を, 平生の, 幼い心, 庭に, 引張出して, 張家口錦州を, 当惑げに, 当惑の, 彦太郎を, 彼には, 彼一人のみが, 往時の, 御代御代の, 徹底を, 心身兩者の, 志都歌としての, 怒つた顔付, 思い起して, 思想生活の, 恐しい剛力, 恵まれて, 悶えだした, 想像し, 意識しなけれ, 愚弄された, 感じたところ, 感ぜられた, 感知しなかった, 我の, 戰爭の, 所長殺害事件の, 技術の, 拒否の, 指摘され, 採用され, 掲げて, 握って, 支配し, 故意である, 敗者の, 教へて, 散文に, 敵であり, 文体を, 文次の, 断言し, 新作だ, 旋風で, 日本人が, 日本製と, 明治に, 映し出したもの, 春である, 是ぞ, 時日を, 晴れて, 書き添, 最後の, 服の, 木遣りの, 朱飲山の, 東京市中の, 根底の, 検察当局が, 次郎, 正宗氏の, 此辞によ, 歴代宝案時代と, 死者に対する, 殺気そのものが, 気を, 水上生活者の, 江戸ッ子で, 法律違反じゃ, 活きた大衆組織, 浮かび出て, 海原の, 淫靡であった, 減少する, 源家の, 演説を, 濫僧と, 無政府共産主義, 無視し, 照って, 熱と, 片方だけに, 物語られた, 犯人が, 猪鹿の, 現は, 現れる事実, 現示し, 理解される, 生きたの, 田か, 甲斐に対する, 申上げ, 画家の, 當時に, 疑わしいと, 病室から, 発せられる, 白皙人種の, 皇室の, 皮肉の, 盲て, 相矛盾, 真壁のしごとだ, 瞬いて, 知らされた, 知らるるも, 知り, 知り難し, 知る所, 知れた, 知れるとおり, 知ろしめすべきところ, 石膏細工の, 磯吉の, 示されたの, 示したので, 示すところ, 社会科学と, 神経の, 私立の, 移轍です, 空いて, 突きとめたところ, 立証せられる, 第二, 簇, 精霊の, 紫水晶であった, 絵師としての, 綴られて, 羅馬中葉期の, 義太夫の, 耳の, 聞えた, 聞かされて, 聞取りたいもの, 肉体が, 胎動が, 臣の, 自家撞着でなけれ, 自殺しました, 自然淘汰説を, 自記装置に, 船長の, 芸術に, 苦しがる, 茶碗の, 落ち目で, 薄田氏自身も, 蚕ほどの, 行われて, 表現する, 袖子に, 見え, 見えては, 見える祭り, 見せるほどの, 見た気, 見とどけたの, 見ゆるが, 見られるであろう, 見るという, 見分ける隙, 視覺型, 観念した, 解し知るべきである, 解るの, 触れた人手, 言われて, 記したもの, 許可し, 証拠立てられて, 証明せられる, 誌し, 認めたから, 認めなければ, 認められた後, 認められ後, 認識し得る, 語る, 誤って, 誤算である, 説述した, 読めるよう, 誰にでも, 警察が, 豪傑の, 販売員の, 貴族主義の, 賤が, 起こりつつ, 身に, 軽侮の, 輕蔑されつき放された, 農民の, 返辞が, 迷いだしたよう, 透かし見せること, 逮捕され, 逸子には, 道徳的意識の, 遠くからの, 避けて, 酔つてゐる, 重大な, 金吾に, 長い間そこ, 間の, 附け加, 隔てを, 離反を, 震撼せられ, 非人という, 鞘を, 響くの, 顫え, 館城の, 驚いたの, 骸骨の, 魯の, 鵯の

▼ 明らか~ (511, 8.9%)

30 ように 17 ことだ 15 ことである 13 ことで 10 のである 9 のだ 7 のは 6 ことです, ことは 5 ことだった, 事である, 事実である 4 ことを, んだ 3 ところである, のであります, のです, ものが, 事実が, 事実で, 証拠である

2 [32件] うちに, こと, ために, のでそれ, もので, ものに, やうに, 一線を, 事実だ, 事実であった, 事実であります, 事実について, 事実を, 二つの, 出現罪である, 境界が, 失望の, 差別が, 形を, 意識を, 日がの, 時で, 晩である, 欠陥を, 線を, 自覚を, 観念は, 証拠が, 証拠だった, 話である, 返事も, 返事を

1 [290件] きっぱりと, きりを, きわめて澄み切った, ことさえ, ことだろう, ことであった, ことであったろう, ことであり, ことであります, ことであるなら, ことと, ことゆえ, この二つ, この常識論, しかし控え目, その矛盾, とおりこの, とおり本来は, とおり針目博士が, ところであります, ところでしょう, のだった, のでありました, のでこの, ので有る, ので舞台, のに対照, のに足跡, ほどすっかり, まちがいである, もの, ものから, ものごとの, ものであり, ものである, ものは, ものを, もの五百五十人中実に, やり方で, ようで, より知り, わけだ, わけで, 一つの, 一本の, 一点の, 一類型を, 不利益を, 不合理である, 不在證明が, 不安を, 不幸は, 不愉快さを, 主婦が, 事, 事で, 事であった, 事実として, 事実な, 事実に, 事実は, 事實でした, 事態である, 事柄に, 事象である, 交迭期を, 人であった, 人声が, 人道に, 人道を, 今と, 仏眼は, 代表者を, 余徳と, 例であっ, 例としては, 侵略行為だ, 先駆症状を, 光を, 光線, 光線が, 光西洋蝋燭が, 内容を, 処である, 分化を, 判断を, 利益が, 動揺が, 勝敗ゆえ仲裁し, 区別が, 協力の, 印象が, 原因として, 反感を, 反抗が, 叛旗を, 叡智を, 右翼日和見主義が, 右翼的逸脱への, 唇は, 喧嘩腰と, 土饅頭は, 圧力を, 場合に, 場合には, 境界の, 境界は, 境界を, 境界線を, 声で, 夜である, 夜に, 夢の, 大義という, 大逆です, 太陽に, 奉行所与力だ, 女であります, 姿では, 姿を, 媒介物も, 季節も, 定った, 定位を, 寂漠しい, 寛ろぎを, 対立そこから, 對象が, 屈折以上の, 層を, 差別は, 差別を, 希望も, 年代も, 幻像を, 幼年期の, 形式の, 影を, 影像を, 影響を, 御供え, 御息所の, 徴候を, 心術の, 必然である, 思想的な, 性質は, 惡感を, 意匠は, 意味を, 意図と, 意識の, 憎悪の, 截り, 批判である, 批判的特色を, 指導を, 挑戦だ, 推理です, 教育を, 教養気高い, 数でございましょう, 数字を, 敵意の, 敵意を, 數字で, 方向を, 日が, 日光の, 日向へ, 時代に, 時代の, 月影に, 未来として, 末期の, 死体現象な, 殺しを, 決心を, 沿岸線で, 法および, 法律的根拠が, 洋燈も, 浮説に, 焔とも, 無理である, 牧師の, 物質で, 犯行の, 狂気の, 狼狽え, 理である, 理を, 理屈である, 理性と, 生まれ附きで, 疑いを, 疲憊と, 痕跡を, 目つきしっかり, 目を, 目当ても, 目標を, 目的が, 直覚を, 真実の, 眼が, 眼で, 眼と, 眼を, 瞳が, 矛盾に, 矛盾にたいして, 知性と, 確信をもって, 社会的欠如を, 秘密が, 積極性をもって, 空に, 空の, 空を, 空気の, 立場の, 端正な, 第一, 筈だ, 答へは, 箇人対箇人の, 素質だった, 結果としては, 結果を, 罪人を, 署名が, 美しい山なみ, 羸痩が, 考えばかりが, 脅迫である, 自分の, 螺旋的推移が, 表出を, 表情も, 規定が, 親鸞の, 観念を, 解釈だ, 計策, 記憶だ, 記憶の, 証の, 証を, 証拠では, 証拠には, 証拠の, 証明だ, 証明と, 試みを, 話で, 話でござる, 誤りが, 誤解の, 誤謬, 貴族主義が, 賢い女, 超人間的存在, 趨向を, 跫音が, 路地を, 輪廓を, 逃足に, 通りその, 通り明治も, 通信を, 道を, 道理で, 達見が, 部分だけを, 都市は, 重荷を, 銃創による, 錯簡を, 錯誤の, 鏡が, 長歌類を, 間違つた, 関係が, 電灯が, 音調を, 頭腦の, 類縁に, 駭きの色が, 驚きと

▼ 明らか~ (111, 1.9%)

31 はない 19 あつた 5 あつて 3 はありません, はなかっ 2 何の

1 [48件] あらう, いやしくも軍紀, これは, これ実に, ござりまする, しかもその, そのため, その場, その対局中, その海老錠, その著しい, それが, それを, ただ一方いずれ, ただ藩, つまり夫, どう考え, なお同書, なお腸部, はないだろう, はなく, ふたたび僕, へんに, もしも文, もはや抗弁, 一秒ごとに, 今まで, 仙台語と, 其經に, 又健全, 又間接, 合戦記等の, 嘉永元年以後二十餘年に, 多少の, 大は, 娘子軍の, 存外この, 容成公を, 日本に, 時に放心, 木曾山を, 水槽は, 永遠に, 王道を, 田を, 粛々たる, 要は他日, 間々聯絡

▼ 明らかである~ (110, 1.9%)

13 ように 5 と思う 3 がしかし, と思われる 2 が, がこれ, がそれ, と同時に, にかかわらず, に違い

1 [74件] かぎりその, からである, からもし, から中間層, から政治的実践, から普通教育, から赤石山系, か何, がこの, がこれから, がさらに, がさりとてまた, がしかしまた, がそういう, がその後, がそれに, がでは, がともかく, がまだ, がもう, がわれら, が一つ, が中, が之, が人工, が今日, が併, が判然, が区別, が同時に, が大殿祭, が巷説, が幕府, が幾何学的, が從來, が徳川時代, が最初, が活版技師, が画, が私, けれどその, けれども一方, けれどやつぱり, けれどやつぱり默つて, ことが, この状態, し室, というゆえん, といった, とおり非常に, としてもそれ, としても広義国防, とせね, とは現代, とも考えられるだろう, と思つて, と考えます, にも拘らず, ので彼, のに文字, のに日本人, ばかりで, までもわれわれ, もただ, ものを, やうである, ような, 以上憎みあう, 其の他, 夫れ, 新物理学, 時に, 通り本文は, 限り前途の

▼ 明らか~ (108, 1.9%)

27 なった 12 なる, なるであろう 11 なって 3 なったであろう 2 なっただろう, なりました, なること, なるの, なるよう, なれり

1 [31件] いえよう, おもわれまする, される内容, される点, したこと, なったが, なったと, なったに, なったよう, なった今, なった今日, なった併, なりは, なり安心, なり或いは, なり旧, なり更に, なり紫式部, なり質量, なり重要, なるであらう, なるという, なるならば, なるにつれ, なるもの, なる通り, なる過程, なろう, 云う者, 怒号だった, 思われる

▼ 明らか~ (71, 1.2%)

8 と思う 3 からである 2 が, がそれ, しその, という処, と云っ, と反駁, よ

1 [46件] から, からあるいは, からその, からだ, から今度, から労働力, から実験装置そのもの, から焦慮, から述べない, がこれ, がそれにしても, がそんな, がただ, がつまり, がでは, が一年, が一方, が人心, が併, が其, が其性質, が処, が問題, が家族, が彼, が次, が汽車, が逆, が過去, けれどそれ, この土地, しシーボルト, し作品そのもの, そして幕府, つたから, つたで, つたのです, つた事始めを, つた時代には, といいます, としてもどだい, として今, と思ふ, と思へる, と思われた, 側用人も

▼ 明らかでない~ (65, 1.1%)

4 が其 3 がともかく, のである 2 がその, が名, が名称, が少なくとも, が西軍

1 [45件] かと論じた, がいわゆる, がおそらく, がすでに, がのち長崎奉行所, がもし, がやはり, が人類, が今日, が其の, が卜伝, が大槻如電, が室町末期, が寛文年間, が彼女自身, が或いは, が死者二万人, が洋學年表, が現代, が自然科学, が被害, が麩, けれども或, けれど實際家, けれど尠, ことが, その癖変, ということ, ところへ, と云う, と人形, による, のであった, ので土地, のは, のみか元来, ものも, ように, 以上に, 古代に, 命題を, 多くの, 状態である, 話が, 連歌師宗祇である

▼ 明らかなる~ (55, 1.0%)

2 事実なり

1 [53件] がごとく, ことである, ことを, こと多, こと白昼の, こと空疎清朗なる, ときブエノスアイレス市の, ところである, ところなり, に仕う, に從つて, に從來, に至る, は麦, もこれ, ものあり, ものありき, ものある, ものと, ものながら, ものなり, ものに, ものは, や十二月, を得た, 一つの, 上は, 世に, 事まことに, 人なら, 人物なり, 以上は, 冷笑と, 分界線が, 叛意と, 回答は, 国名は, 夜更に, 差別が, 形を, 意思を, 所あり, 時信の, 目を, 真性より, 知恵が, 答を, 能は, 能はずである, 覚悟を, 証拠である, 証拠を, 責任が

▼ 明らかなれ~ (21, 0.4%)

3 ばその 2 どもこれ, ども形, ば

1 [12件] ども, どもその, ばこの, ばなるべく, ばよし, ばわが, ば人, ば天然, ば夫, ば市民, ば是, ば理論上

▼ 明らかには~ (21, 0.4%)

2 彼の

1 [19件] しなかつた, なって, ならない, わからなかったけれども, 世人に, 云えない, 云は, 分りません, 告げざりしか, 居場所を, 悟らなかつたで, 拝見する, 描き出されて, 笑ったり, 見えざるにさえ, 見えざれど, 見えずと, 見られない, 解つてゐなかつた

▼ 明らかであり~ (19, 0.3%)

2 むしろ底

1 [17件] この青年, そして私, そして種々, そして訴願, その澱み, その結果中日関係, その自覚, ながら彼, また人間, また価格, また地形, もしそうでなけれ, 上は, 今更国体明徴, 滑稽であり, 目を, 算学発達上の

▼ 明らかなら~ (15, 0.3%)

72 ざるが, ざるを 1 ざるも, しむるの法, ねども秘事, ば交はり

▼ 明らかであっ~ (12, 0.2%)

2 てこの, てつまり 1 てこれ, てたぶん, てなお, てみれ, て一首, て当時, て日本人, て法力

▼ 明らかなり~ (12, 0.2%)

2 これを, といえ 1 しかして改進論派, という句, と云つて, と言うべし, また尾根, 夜もすがら涼み歩かん, 汝空を, 西のは

▼ 明らかです~ (11, 0.2%)

21 から, からこの, がこれ, がもう, が僕, が多分, が嫉妬, が眉, し参ります

▼ 明らかであった~ (10, 0.2%)

1 から, からアメリカ, から日本, が彼女, が次郎, ところから, と思う, と思われる, ようです, ように

▼ 明らかならざれ~ (8, 0.1%)

2 ば人 1 ども俗説, ども眉, は, ばかく, ばすなわち, ば偃松帯

▼ 明らかならず~ (8, 0.1%)

1 その民俗, とか余輩出, ダンテが, パッセリーニ, 或ひ, 星座星環みな乱る, 猶博物志, 註釋者は

▼ 明らかでなく~ (7, 0.1%)

1 さながら真実, すでに下田, どの新聞の, なつたの, 今において, 従って人, 曖昧極まる

▼ 明らか~ (6, 0.1%)

2 で寂然 1 でひどく, で照らす, との度合, をもっ

▼ 明らか~ (6, 0.1%)

2 如く正に 1 お答, やうです, 事実です, 希望を以て

▼ 明らかだった~ (5, 0.1%)

1 からこれ, から二人, がどの, のである, ので僧

▼ 明らかならざる~ (5, 0.1%)

1 か, ため下界にて, 事久しき, 以上は, 眞理について

▼ 明らかならぬ~ (5, 0.1%)

1 が, が又, が星氣, のも, ゆえこの

▼ 明らかすぎる~ (4, 0.1%)

1 ことが, ことだ, ほど呑みこめる, 程明らか

▼ 明らかでなかつた~ (4, 0.1%)

1 が死, であらう, のである, 神又は

▼ 明らかだろう~ (3, 0.1%)

3 と思う

▼ 明らかであります~ (3, 0.1%)

1 から情操文学, が中心, ように

▼ 明らかでした~ (3, 0.1%)

2 から 1 がさうかと

▼ 明らかなごとく~ (3, 0.1%)

1 ただ様式上, 明戸の, 欽明天皇より

▼ 明らかでないなら~ (2, 0.0%)

1 ば即ち, ば空間

▼ 明らかでなかった~ (2, 0.0%)

1 が寧子, ように

▼ 明らかならしめ~ (2, 0.0%)

1 んが, 以て

▼ 明らかなるごとく~ (2, 0.0%)

1 これを, 各個人

▼ 明らかなるべき~ (2, 0.0%)

1 もとにかく, 彼等の

▼ 明らかなる如く~ (2, 0.0%)

1 日本要塞は, 道庵は

▼ 明らかにさえ~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ 明らかにて~ (2, 0.0%)

1 まえが, 正午よりは

▼ 明らかにと~ (2, 0.0%)

1 思って, 申せば

▼ 明らからしい~ (2, 0.0%)

1 ね, 批評的な

▼ 明らか過ぎる~ (2, 0.0%)

1 程呑み込ん, 程明らか

▼1* [35件]

明らかかと思われます, 明らかじゃないか, 明らかであらうと思ふ, 明らかでありたいと思い, 明らかでありませんが他, 明らかであるごとくほとんどギリシア風, 明らかであるであろうから, 明らかであるないの問題, 明らかであろうと思われる, 明らかでございますからネ, 明らかでござるとどこ, 明らかでない云い伝えは, 明らかでもある, 明らかで云うまでもなく, 明らかで光ってそして, 明らかで無いところが, 明らかとはならない, 明らかなうろたえが表, 明らかならしむるとも物, 明らかならしめしはいかなる, 明らかならしめることは, 明らかならず迷い山の, 明らかならず迷わんとする, 明らかなりければ太祖, 明らかなりしランプの, 明らかなるべしと思ひ計り, 明らかなるゆきわたりたる言葉にて, 明らかな凹んだ跡は, 明らかな啜り泣きで作業服, 明らかな如くあくまで習っ, 明らかな弄り癖の, 明らかな話しだがつい, 明らかにかの背の, 明らかにもの言えど, 明らか殿は本来腕