青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「有~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

最高~ ~會 會~ ~月 月~ 月光~ 月夜~ 月日~ 月給~ ~有
有~
~有し 有し~ ~有する 有する~ ~有っ 有っ~ ~有り 有り~ ~有る 有る~

「有~」 7655, 74ppm, 1535位

▼ 有~ (1295, 16.9%)

87 ことが 45 のである 42 ということ 33 もので 20 ことを, ものである 19 ものと 18 ことに, ものは 15 処の 14 のは 13 ことの 10 ので 9 からである, が故に, のであった, ように 8 ものが 7 ことによって, ためには, のだ, ものとして, わけである, 一つの 6 とすれ, ものだ 5 か, に至った, ものであり, 国においては, 者は 4 か否, ことと, ところの, ものに, ような, 事が, 人が, 意味の, 意味を, 所の

3 [17件] か有, とするなら, にも拘らず, ものの, ものを, 人は, 国が, 国の, 国は, 家は, 必要が, 或る, 時には, 筈であった, 美しさ, 者が, 者の

2 [81件] かという問題, かという点, かのよう, からと云っ, か又は, か或いは, ことであり, ことであろう, ことなく, それは, ために, たりする, ちやと, てる, てる人は, でせう, という, というよう, という事, とは, とは考えられない, とは限らない, と云っ, と云われる, に至っ, に過ぎない, に過ぎないであろう, のか, のであり, のでない, のでなけれ, のを, はずである, ばかりで, ものだった, ものだろう, ものな, ものなり, やうに, わけで, シャクに, 世界である, 二つの, 人の, 人種でなけれ, 個人の, 唯一の, 商品を, 問題を, 固定資本を, 土地は, 場合は, 存在性の, 実験も, 小さな国, 形という, 心では, 心の, 性格を, 悲むべ, 教導性は, 時に, 点で, 点に, 特殊な, 理由が, 理由は, 生活に, 社会科学は, 美は, 美的百姓でも, 者も, 諸結果, 資本を, 重要性は, 関係を, 限りに, 限りの, 限り之を, 雌蟾蜍の, 食物及び

1 [565件 抜粋] あらゆる商工業, あらゆる国家, あらゆる者, ありのままな, ある他, ある分量, ある種, いかなる経験, かが明らか, かこれ, かそれ, かである, かなぜ, かに在る, かの問題, かはである, かは学問, かは後, かも知れない, かも知れぬ, からだ, からには他人, からもし, から之, から窯数, から行く, かを明確, かを知られるでしょう, か二つ, か即ち, か答え, がそれ, が古典, が対象一般, が恐らく, けれども万人, ことだ, ことである, こととに, ことなどを, ことには, ことより, このよう, この得点, この理解, この目的, この秩序, この論文, すべての, そこに, その或る, たけの, たりし, たり京都近く, たり又, たり変てこ, たり寫誤, たり日本紀, たり解し, だけである, だけに日本, だけのこと, ちやあ, ちやを, てるとか, てるに, であらう, と, という事実, という利益, という所謂自由主義, という時, という時世界, という歴史的身体的形成, という結果, という言葉, といったこと, といふ意味, ところ多き, ところ少なき, としたら, としても錫, とそう, とはいえ, とはいかなる, とは云え, とは期待, とも云うべき, と主張, と云った, と云われ, と云われた, と云われなく, と共にこれ, と共にそれ, と共に他方, と共に感情的生命, と言った, どころで, にすぎぬ, にはあまりに, にはそれぞれ, には至っ, に反し, に至る, に過ぎず, に過ぎぬ, に違い, に非, のじゃ, のでしょう, のです, ので古く, ので大まか, ので食物, のなら, のに心, のに茶祖, のみである, はずの, ばかりでなく, ほどに増加, ほど非, までには至っ, もの, ものこそ, ものだけ, ものであろう, ものでしょう, ものでない, ものでなけれ, ものとは, ものに対して, もののみが, ものの単なる, やうにと, より優れた, わけであっ, わけであった, わけであり, アナーキスティックな, イデオロギー性, インテリ・リベラーレンの, スローガンに, タマセセと, ナチ哲学が, ヨオロッパからの, リアリティーと, 一切の, 一定の, 一束の, 一般化は, 一般性と, 一面である, 丈の, 三つの, 不信者ら, 不利益の, 世界の, 世界は, 世界形象が, 世界知識の, 世界観という, 世論, 主義, 事は, 事態性を, 事物として, 二人は, 二国の, 人々には, 人で, 人である, 人であろう, 人には, 人物が, 他の, 代々木は, 代りに, 代表権を, 代表者は, 任意の, 伝説そのものの, 低質性, 体系なる, 体躯に, 何かの, 作用に, 使命が, 価値に, 価値への, 価格よりも, 個人は, 個人を, 健康な, 偶然性では, 僕の, 全人間生活, 公共性の, 共通な, 共通性とを, 内容は, 内容も, 内心の, 内面的価値に, 出版物が, 分である, 判断では, 判断を, 利益は, 利益を, 制限に, 力の, 労働者の, 動機に, 十五大省を, 印度の, 危険性が, 即ちそれ, 即ち歴史的身体的, 厚手の, 原因は, 古来政治学は, 可能性乃至, 合理性と, 合目的性は, 同一金属, 名である, 名では, 哲学と, 哲学よりも, 哲学的意味を, 商人の, 商品それは, 問題そのものを, 啓示と, 啓蒙との, 固定した, 固有な, 固有法則性は, 国で, 国であります, 国とより, 国における, 国には, 国民生活安定費に, 國民が, 土地から, 土地の, 地方的風俗の, 地金で, 基金は, 場合, 場合が, 場合に, 場合には, 場合も, 場面が, 多くの, 多数の, 大きな弱点, 大きな根本的, 大きな水路, 大酋長ラウペパ, 天子を, 奨励は, 始元の, 委員によって, 子供の, 存在が, 存在でなけれ, 存在と, 存在論的構造に, 季, 学校が, 宇宙, 実践が, 客観的意義を, 家に, 富について, 対象は, 尊さ, 工藝の, 市井語が, 希望の, 座標である, 引用は, 弱点と, 形とは, 形式は, 形現実の, 形私の, 得点が, 微妙な, 徳性です, 心は, 心理的要素を, 必要は, 性格だけを, 性格とは, 性格は, 性質だ, 性質だけが, 性質で, 性質によって, 意味である, 意味は, 意味をも, 意味内容は, 意味相互間の, 意義が, 意識である, 意識は, 愛情とは, 感情の, 懸念から, 所か, 所以だ, 所以である, 所以は, 所得を, 批評に, 把握は, 政治性に, 故に理性的, 文化が, 文化の, 日常性の, 日本を, 日本語の, 明白感を, 昔の, 時が, 時それが, 時それによって, 時である, 時は, 時代的意義に, 時却って, 時私は, 最近の, 望遠鏡から, 木村研究所の, 本質的な, 条件を, 東印度大学が, 東洋の, 果報を, 果樹園の, 枯草や, 桜皮を, 極く, 楽しみも, 概念である, 概念な, 構成原則を, 様に, 権利の, 次の, 次元である, 欲望の, 正しい質, 此の, 歩みで, 歴史的意味が, 殆ん, 比例に, 気に, 浅間の, 源泉により, 潮風が, 点には, 点の, 点は, 無数の, 物が, 物をのみ, 物理学的世界へ, 物理的空間は, 物質の, 物質性, 特別の, 特有な, 特有の, 特権と, 特權である, 特殊性との, 特色である, 特色を, 独特の, 独自性を, 現代人は, 現実社会に対する, 理由には, 理由を, 理論の, 琉球は, 由緒ある, 町や, 異常な, 癖が, 目的を, 直接的な, 県で, 真に歴史的, 真の, 真理形態に, 矛盾を, 矛盾的自己同一的世界においては, 知覚である, 社会を, 社会的な, 社会階級的意義をば, 科に対して, 科学と, 科学的な, 科学的世界の, 科学的夢幻派の, 秘密結社や, 種類の, 積極的な, 空間乃至, 窯一個だ, 第一, 筈だ, 筈である, 筈であろう, 筈は, 米国辺りでは, 精密の, 系の, 紙幣の, 経験に, 経験指導の, 結果に, 線分に, 織物に, 美しい色彩, 美に, 美への, 美的箇条は, 者あれ, 者でない, 者にとっては, 者を, 而も, 能力そのものであっ, 自己, 自由な, 至極尤も, 苦悩そのものまでも, 著しいイデオロギー性, 葡萄酒の, 蓋然性は, 處だ, 螻の, 表象であった, 要素体系は, 規定ばかり, 親という, 観念の, 観念性だけに, 観念的な, 言葉だ, 記憶に, 記録は, 認識論上の, 論理学的, 論理的とを, 論理的な, 諸形式, 諸時代, 貨幣額で, 貴金属類が, 購買力について, 身で, 身であった, 身である, 身な, 輸出貨物を, 迄にはそこ, 連続では, 過程が, 部分的な, 醸造業者は, 重大さに, 間は, 関係, 関係は, 限り, 限りたとい, 限り一応, 階級は, 隣人として, 青年として, 面に, 靴下を, 領域をば, 願望は, 食物や

▼ 有~ (590, 7.7%)

17114 候へども 13 候えども 7 候に, 候故 5 候へ 4 候へど

3 [12件] しかも生, まじく候, 不申, 候ては, 候は, 候よ, 候也, 生が, 生の, 節は, 貫之は, 迫りたる調

2 [26件] げに候, この歌, すなわちこれ, その木, と思は, べく候, まじく被, よし, 且つ先日杉野子爵, 事, 事と, 候えば, 候が, 候とも, 候や, 候よし, 候を, 候様に, 候由さて, 候間御, 哉と, 旁, 由, 由なれ, 由に, 過分の

1 [281件] あたかも太原, いづれにても増人, かげながら雀躍候事, かつ実験, げに候え, ことにアルネ, この, この苦痛最初, これ等の, さほど不自由, しかも屁, しなり, すでにその, そのきれ, その度, その甲斐, と思わ, には無, にや, に付, に付其後村方, に付其方共, に付召連, に付右, に付我々兩人, に付所々, に付格別, に付此方, に付私, に因止事, に於い, はや中腹, べきかと, べきところ, べき處主人又七, べく念, まじく候由気, まじく其代, まじく彼ハンベルヒ, まじく必ずや, まじ假令白状, まじ外に, また御, もし七字句, ものにて, も其義難, やうに, やう存候, らんか, り之, り候由, るまじく候, る間大納言殿御内雜掌一人早々江戸表, を見出し, ソノ上ニ定遍先ズ三日ガ中ニ六千貫ヲ, 万民困窮之, 上方へ, 並に, 之を, 也, 二月三月の, 人, 人居申様子見えず, 今年今月今日殊に, 今日中にも, 以後も, 何卒爾後, 供先にても, 依之此者, 依而免職, 候あいだ仰せ聞け下さるべく, 候あはれといふも, 候えど, 候え共, 候お蔦, 候さり, 候その, 候と, 候ところついに, 候のみ, 候はば, 候ひき, 候ひし, 候ひしか, 候へば, 候ほど, 候ま, 候まままことに, 候も, 候もの, 候ものを, 候ヲ, 候事とて, 候云々という, 候今, 候儘御, 候共右日限の, 候共相勤候儀無, 候其傑作を, 候処十五歳の, 候処右は, 候処追, 候別, 候哉, 候哉との, 候哉否や, 候子育地蔵尊の, 候小生の, 候往古者御当, 候御, 候御多忙の, 候所太平打續候餘り, 候故入, 候旨に, 候時下向寒の, 候晩には, 候様公より, 候様承, 候様美作守申付候此段得御意候以上, 候樣に, 候樣取計, 候樣相, 候此段及御回答候也, 候由, 候由に, 候由何に, 候由別紙御, 候由周旋屋の, 候由始而入耳, 候由承り, 候節は, 候節穢多, 候者共にて, 候者共人氣の, 候薗八節新曲の, 候言葉も, 候趣に, 候趣にて, 候趣池袋闇市の, 候近, 候道形等は, 候間, 候間召仕等迄, 候間右体ノ, 候間安田平馬佐々木靱負の, 候間寺男慶蔵は, 候間明十一日朝五つ時当, 候間明廿八日四時留守居役方え御, 候間留守中母子の, 候間直ぐ, 候間頭村の, 候飛離れ, 停止候事, 兄さんの, 兎角の, 公方様御, 公羽衣の, 兵隊十人許り, 其他にも, 其喜を, 其許方に, 其身も, 其間多分, 其餘大工鍛冶心得候者有之, 内には, 再板, 出來候儀, 出来得るならば, 別紙に, 助さんと, 助富山弥兵衛加納道之助の, 助藤堂平助富山弥兵衛篠山泰之進の, 北地の, 十年以前与作方へ, 即幸徳井, 可と, 可謂不思議云々, 右ニ付村内ハ不, 右之, 右認方全, 同翁, 向寄, 君太夫とても, 哉に, 哉にて, 哉の, 哉共存候へども, 哉聢と, 四方庵の, 土師村地内に, 夜ごと日ごとに, 夫より, 奉恭, 妻ユリハ誤, 始て, 官軍不利, 宜くたのむ, 実は今回, 容易に, 将之評判無, 小生は, 小生有之, 尚又, 尤本寺は, 尤此書附而已に, 就ては, 已来右躰之, 引払之上一昨夜平館著船昨夕蟹田村御, 当裁判所, 彩牋堂より, 彼が, 彼の, 従って詳しき, 従つて詳しき, 御参府, 御座候得共若, 御役人樣方, 御羨, 懸御, 抔と, 日なみも, 旨其筋より, 旨如何の, 早々被, 明十六日朝四時出頭する, 明後十七日県下発程, 明後十七日県下登程, 昨夜は, 是亦, 是迄の, 様, 様存候, 此人は, 此傘にて, 此所へ, 此歌も, 此段及御答候也, 此連中に, 殊に駒, 段相聞不, 浪遊に, 由今も, 由甚だ, 申す迄も, 百俵は, 百姓株の, 皮毛皺奴黒有之, 節申出, 総督御召に, 義にて, 腎臓病とか, 至って重き, 興味を, 花柳春話と, 若し七字句, 著者ビョルンソンは, 處へ, 西洋流の, 諸君も, 賊徒敗走軍艦に, 辞安の, 辞職の, 農産物は, 近年御領奉行代官に, 近日美佐子同道御, 近来ふたたび, 追放以下之, 逗留, 道形とも, 遙想仕, 里の, 長二寸許無枝而梢有葉似松苗, 閉口之, 陣中ながら, 隨分極端なる, 難有迷惑, 難計, 雨夜葉非, 青海亀, 食禄を, 髪毛白斑奴由奈由奈波気左倍絶而後

▼ 有~ (426, 5.6%)

69 ない 50 なかった 30 ねばならぬ 29 ないの 14 ないであろう 13 ないから 10 ないこと, ないという 9 ないと, ないもの, ねばならない 5 ないが, ないなら, ない時 4 ざるを, ないだろう, ないよう, ない限り, ねばならなかった 3 ないに, ない世界, ない処, ない生活, なかったであろう, なくても

2 [11件] ないかも, ないので, ないのに, ないわけ, ない叔父, ない小, ない彼, ない筈, ねばならず, のか, のです

1 [99件] から其上, かコリヤ九郎兵衞其方, か扨, けれど死, ざるなり, ざるべからず, しと宣, しナア, し只今, ずして, とし, として見れ, とは明, とやら無理やり, と云, と出, と聞, と記, ないけれど, ないこの, ないし, ないそう, ないそこ, ないだけ, ないとこう, ないとでも, ないとは, ないやう, ないらしい, ないりす, ない一個, ない二つ, ない人, ない人たち, ない人間, ない信心, ない健三, ない僕, ない内, ない単なる, ない印度, ない古い墓, ない国, ない場合, ない多, ない多く, ない姉, ない学問, ない客観的存在, ない山国, ない島国, ない島田, ない彼女, ない彼等, ない悪, ない或, ない所, ない把握, ない文化, ない方法論, ない時之, ない東洋的ヒューマニズム, ない無, ない男, ない真に, ない知識, ない社会, ない社会科学者, ない神, ない租税, ない種類, ない結果, ない蒙昧人, ない話, ない貨物, ない階級, ない青二才, なかったなら, なくては, なさ, なすぎる, などと後指, にせよ, に違い有, ねばならなくなった, のかと, のが, のである, のでどれ, ので手早く, ので隣室, のは, のを, ナ先々其儀, 事だけは, 事は, 事丈は, 奧樣の, 處あり

▼ 有つて~ (296, 3.9%)

27 ゐた 26 ゐる 12 ゐるの 11 居る 8 ゐると 7 居るの 6 ゐたの, ゐるやう, 居た 5 ゐること, 居るやう 4 ゐたが, ゐない, ゐながら, ゐるが, ゐるもの, 居ると 3 ゐて, ゐるから, ゐる人, 居ります, 居ること, 居るもの

2 [11件] はならない, ゐなかつた, ゐなければ, ゐるに, ゐる人物, 居つて, 居なかつた, 居られるんで, 居りまして, 居るか, 居る人

1 [113件] か無心, ない様, ない樣, なかつた, も無う, も自分, も色, ゐたかは, ゐたから, ゐたかを, ゐたとともに, ゐたとも, ゐたのみ, ゐたもの, ゐた二葉亭氏, ゐた人, ゐた彼, ゐた日本民族, ゐた時代, ゐた此旧友, ゐた点, ゐた頃, ゐては, ゐないから, ゐないこと, ゐないといふ, ゐない事, ゐない父, ゐなかつたから, ゐなかつたと, ゐなかつたの, ゐなかつた結果, ゐなくつて, ゐなければと, ゐるか, ゐるため, ゐるといふだけ, ゐるところ, ゐるので, ゐるわけ, ゐるん, ゐるプロレタリア階級, ゐる主, ゐる事, ゐる人々, ゐる娘, ゐる平七, ゐる急がしい私, ゐる我々, ゐる戯曲, ゐる教育, ゐる新聞編輯, ゐる時, ゐる松本男爵, ゐる活火山, ゐる点, ゐる為, ゐる男, ゐる者さ, ゐる胸, ゐる貫一, ゐる都會, ゐる須磨子, をり, をります, をる, 即ち是, 居たが, 居ただけに, 居たの, 居たのに, 居た事, 居た所, 居つたか, 居つた小野氏, 居つた殷人, 居て, 居ないからといふ, 居ながら, 居なさらぬ梅子さん, 居ました, 居らぬ者, 居られましたから, 居りましたの, 居りませぬから, 居り眞率憂思, 居るかも, 居るから, 居るからの, 居るが, 居るとは, 居るのみ, 居る事, 居る國, 居る所, 居る爺さん, 居る物, 居る翁, 居る貧民, 居る隨つて假名, 居る點, 待つて, 或は枝, 来た, 来ても, 決して自己, 生れたと, 異つて, 若し其の, 見せて, 見れば, 見惚, 讀んで

▼ 有~ (257, 3.4%)

19 儘に 7 儘を 6 境に 5 外に 3 ままで, ままに, ままを, 儘である, 儘の, 大戦争, 観念は, 觀念は

2 [19件] ま, ままの, 上に, 中に, 儘で, 出た奇蹟, 大事件, 大事変, 大戦果, 大飢饉, 弁証法, 本性の, 本性は, 概念の, 砂漠を, 観念が, 觀念が, 言い換えると, 言ひ

1 [158件] あかに, あるもの, うちに, かくも, かね貴君, かネ, ことだった, ことを, すさびに, そしてまた不可能, です, です山田, ないの, のち生, ふたりが, ものであった, ものと, ものとして, キャノン牧師聖者代弁人すなわち, ミシン機械を, 一大恥辱を, 一点だ, 一種に, 一般者が, 七十の, 不動産にても, 不正事と, 世界だけ, 世界に, 世界の, 中か, 中の, 事が, 二字や, 二部落を, 伝統破壊を, 傍ら又は, 傑作を, 儘, 儘だ, 儘だけを, 儘な, 儘源吾殿まで, 内にも, 再現である, 出来事であった, 出来事である, 初九, 別名に, 前に, 勢いであり, 十六に, 名を, 哲学に, 善を, 国体の, 国難, 国難に, 土地として, 地で, 型状, 境, 境の, 変革を, 夢に, 大スクープ, 大事だ, 大工事, 大恐慌, 大戦の, 大改革たる, 大格闘, 大業に, 大活躍, 大混乱, 大火であった, 大獄検挙中なり, 大発見であった, 大芝居, 大追撃, 奈落で, 如く思ひ従軍記者, 始元は, 娘で, 子に, 存在, 存在つまり, 学者連騎士連が, 孫道栄の, 完遂という, 宗教戦争である, 実でも, 実在的で, 實在, 山林原野を, 弁証法と, 思想を, 急速な, 性格を, 悪意地, 悪潮, 情況の, 意味が, 技巧の, 投票数で, 捕物吟味御前試合, 政体が, 方には, 時期は, 果して無たらず, 根柢には, 次第を, 歓迎を, 死について, 比率の, 気持九時半から, 沖へ, 無への, 珍声を, 生ずること, 生ぜしを, 發生の, 種子を, 空に, 窮乏は, 立場たる生の, 立場乃至, 箭の, 線と, 義と, 至境であっ, 色を, 花やかな, 虹に, 観念をば, 觀念をば, 言語によって, 言語を, 論を, 論理では, 論理に, 論理の, 論理は, 論理を以て, 諸部落, 豪奢を, 趣味と, 返辞であった, 里に, 開顕は, 陰謀を, 際を, 難境である, 需要の, 音楽は, 風に, 風情が, 騒擾が

▼ 有~ (212, 2.8%)

3 見れば

2 [12件] 來り, 僅に, 動く者, 原田大, 參り, 図無き, 始めて, 左樣には, 政府より, 日を, 然るべし, 猛から

1 [185件] いないでも, いるよう, おられる, お久, お菊, すな, そうに, なくなるだろう, なくなるでは, ばこそ, みれば, ゐる, エア助った, エ難有て, 一ツの, 一同呼上る, 一言半句を, 一言申出る, 三州額田郡西大平に, 上り込み者成ん, 上京夫ニ付て, 上好の, 下られけれども, 不屆きの奴, 且天一坊は, 世に, 主取, 主家を, 九助方へ, 五月蠅も, 人を, 仇を, 今御尋申處, 但し米子, 何う, 何れも, 何方へ, 何時に, 來られしや, 信長を, 候へ, 假牢に, 傳吉を, 兄を, 共に飯匕, 其女中を, 其方事先達て, 其餘は, 出來り, 出家仕, 判事や, 南北と, 印籠の, 即刻此段嘉川主税之, 參られしや, 參りたれ, 又お, 又忠八, 召捕なり, 召捕吟味, 右兩所より, 同所を, 吟味にこそは, 呼出せしなり, 四郎左衞門其方抱の, 困って, 困つた事, 多分の, 夜中只一人此原中を, 夫, 夫で, 夫に, 夫を, 奉行所へ, 如何に, 娘に, 宜しかるべし, 宿預けに, 密かに, 將軍へ, 小膝を, 居る, 岡山より, 己が, 常に先, 年に, 年魚を, 店をも, 廻り暗礁多き, 引込ける, 彼の, 御二人樣, 御供揃に, 御取, 御奇麗好, 御徒目付青山三右衞門再び, 御明察, 御覧なさい, 御身の, 心を, 思出しけん, 惣内夫婦を, 懲らす無く, 懷中より, 手習は, 推て, 敵討の, 文右衞門を, 文藏夫婦を, 新知二百石下し置れ, 日野家よりの, 早速孕石源兵衞安井伊兵衞, 早速年寄衆, 明朝早く, 昔し, 是又, 晝前巳時頃より, 暫時考へ, 書籍を, 月番の, 朝の, 来たのよ, 松平左近將監殿酒井讃岐守殿御出なり, 株敷は, 此の, 此事は, 此度の, 此段早速, 此繩目私し, 死骸は, 段右衞門を, 毎日話し相手に, 永の, 波斯等の, 浪に, 無きが, 無情くも夫を, 父源内が, 田舍娘と, 申さる, 申すが, 申分無, 申渡し左, 當山へ, 疾に, 痛は, 盜賊より, 直に繩, 相州鎌倉なる, 相模国何某といふ, 瞳を, 知者あらじ, 短氣, 砂利の, 祝着なり, 終に亡, 繩を, 罪に, 罰するなき, 能く, 能こそ, 能程に, 芝八山の, 草薙の, 薩邸ニも, 藤五郎を, 行たる, 行たるや, 行屆く, 西班牙人を, 見廻の, 親類縁者たる, 訴訟人越後高田領百姓憑司お, 調べる譯, 貴公の, 貴殿の, 跡は, 身分より, 逆に, 遺恨を, 附たりと, 隣家迄, 隱居有べし, 音の, 風と

▼ 有~ (165, 2.2%)

6 之に 4 そしてこの, て 3 そしてその 2 かつ同一, かつ添加, そしてそれ, その耕作, それは, はしない, 他方は, 彼は

1 [132件] かつ何故, かつ彼ら, かつ最も, ここに, この問題, この客観性, この連続, したがって社会, すべての, そうな, そしておそらく, そしてかく, そしてこれ, そして一国, そして他方, そして単に, そして古代, そして有, そして期限, そして消費, そして熟練, そして穀物, そして等しい, そして結婚, そのイデオロギー, そのロジック, その中, その意味, その操行, その方面, その特殊, その眞摯, それぞれの, つつその, ながらいつ, ながらこの, ながらその, ながら之, ながら他, ながら俗流, ながら同時に, ながら天理教, ながら極めて, ながら生まれ, ながら生涯社会, ながら私, ながら空しく, ながら裾, ながら遂に, になろう, またおそらくかなり, またそういう, またその, またそれ, または優秀, またもし, また事実発揮, また出生数, また同一, また外国, また彼ら, 且つ調整, 世界は, 中等度の, 之に対して, 乍ら他の, 乍ら彼女も, 人間生活を, 何らかの不幸, 内に, 前の, 勝ちだ, 又その, 又はどういう, 又一見, 又世界, 又事実執拗, 又他方, 又伯父国香, 又前者, 又如何なる, 又有力, 又歴史そのもの, 又社会, 又言語, 合はせ, 哲学を, 地主が, 変つた生活を, 多くの, 多少の, 大いに増加, 導かる, 山や, 幾つで, 強く移住, 従って同一, 従って常識的, 従って把握, 従って普遍性, 従って最大重要性, 従って生存, 従って資本家, 得し, 得てゐた, 思想性が, 意味を, 我々は, 我国が, 抱負を, 新聞は, 旅に, 既知の, 日本の, 易いからと, 更にその, 最後の, 物の, 現在から, 現実が, 現実において, 直線性を, 等しい耐久力, 経験論の, 老人青年子供それぞれの, 自分と, 船である, 菓を, 資本が, 軍部的警察的帝国主義の, 過去未来を, 食物及び

▼ 有~ (149, 1.9%)

9 して 5 帰して 3 なって, 帰した 2 しようと, 九郎兵衞は, 任せて, 依繋, 外ならぬ, 帰したの, 帰する, 平吉は, 非ず

1 [111件] あらざるもの, あらず, あらずして, あらず無, あらず野父, お深, お節は, させて, したそっち, した十五坪, しないでは, しないと, しなくては, しなければ, すると, するのに, する事, せんと, できるので, なった家, ならない, なる, なるの, なる訳, なろうとは, リズムを, 三人の, 与る限り, 主税之, 久兵衞は, 之き, 乘り, 九助は, 九郎兵衞夫は, 人代りを, 付差出さるべき, 付頓て, 代へる, 仰の, 似たり, 何れも, 供すること緊要, 依早速, 依案内, 入る人, 兩人は, 兩人共一言の, 八五郎は, 八藏然, 參候其節の, 吉兵衞ハイ何時頃で, 否拙者は, 周藏木祖兵衞は, 呼び戻される限り, 囚われます, 囚われ色, 変り得ても, 多兵衞それ, 天一坊の, 安五郎ハツト答て, 安五郎然, 対立する, 對し, 屑屋の, 山住は, 市之丞此旨伊賀亮へ, 帰したなら其本, 帰し倉知氏, 帰し北の方, 帰し居候, 帰し彼土, 帰し後に, 帰し敵性, 帰し煙草, 帰し皇家, 帰せしめそれ, 帰せしめたこと, 帰せば, 平左衞門先主人, 平左衞門心中, 徐々乘籠を, 提供する, 文七徐かに, 旋帰す, 是屈竟と, 是非共兄樣と, 段右衞門其者は, 浮いて, 深刻なる, 源八其儀は, 漂ふ, 煌く, 病らひもなく, 皈せる, 眠るであらうよ, 石川安五郎は, 程なく夜, 粂之進夫は, 結ばれて, 與る, 藤八は, 虎松ハイ仰せの, 連らなる, 過ぎない, 道庵は, 重助ヘイ當六月中迄, 開門しけれ, 非ざら, 非す, 願山ヘイ四年以前に, 願山恐れながら

▼ 有~ (130, 1.7%)

13 たい, とう 6 たくも 3 たいと, たきもの曲りなりにも, 無に 2 たき御事, たくも覺, たし, つたと

1 [81件] お前は, その後恐ろしい, たいお, たいが, たいことには, たいので, たいやらこはい, たいネ, たい人が, たい人に, たい名を, たい片, たからぬ名目, たからぬ身分, たがるの, たがる輓馬, たきお, たき事, たき儀, たき恵みならずや, たき言葉, たく, たくて, たくなし, たく存じ, たく思う, たく思はれ死骸, たく感じられる, たく礼, たけれとて, たさ, たし嬉し, つてる処, つてゐる, つて敬つてゐました, つて然るべき, ていこつてネ, てえ, てえが, てえ畜生, できると, とうご, とうございました, とうございます, とうと, とうよく解った, とう好い, とう存じました, とう存じます, とう御, ッて, 一転し, 乙子, 何ら存在, 何等存在, 右は, 各々を, 呼び起されつつ, 変じて, 如し然, 如何に, 如何や, 始元である, 底の, 成り又, 有である, 有るという, 有るといふ, 概説し, 横から, 此方に, 無によって, 無の, 生じたの, 生じると, 生じる奇跡, 生れたろうか, 生れ出る, 直ちに無, 突然生まれいでる, 聞た

▼ 有~ (124, 1.6%)

43 のは, 事だ, 気が

2 [13件] ことで, にもせよ, ものと, ものは, わ, 事でございます, 事に, 事は, 仕合でございまする, 御考, 御言が, 心持は, 難有

1 [85件] ありがたい, が私, ことであろう, ことには, ことの, ことは, さう, としっとり, と御, な, にも違い, のだ, のだろう, のであっ, のである, のでございます, のです, のはた, のを, は親, むむさあ, もので, ものである, ものを, わけぢや, んでございます, 上沓の, 事ぢや, 事で, 事であります, 事である, 事でございませう, 事です, 事を, 事実とを, 人だ, 人の, 人は, 人物では, 仏壇の, 仕合せだ, 仕合せに, 仕合せ幸い, 作でなけれ, 信仰では, 修行場であった, 儀に, 場所に, 境遇に, 墓地に, 夢に, 太平の, 奇特な, 帝に, 彌勒の, 御代の, 御懇意, 御礼は, 御諚が, 心持が, 思召から, 慰めの, 所は, 所へ, 教訓を, 方々に, 旦那が, 本末を, 気に, 氣が, 液體の, 為合せだ, 爲合せである, 畢生の, 目出たい, 神社参拝の, 神達にも, 結構だ, 結構な, 訳を, 賜物の, 身の上だ, 道場である, 難有い, 霊の

▼ 有せざる~ (123, 1.6%)

8 が故に 3 ものである, ものを

2 [13件] がゆゑ, とに在り, のみならず, はなし, は無論, ものと, を奈何, を得ない, 事なり, 人物一たび首領と, 是れなり, 点に, 者は

1 [83件] か, が如し, こと, ことを, さきに, とによりて分かります, とに帰す, との原因, にかかわらず, によらざる, による, に似たれ, に至る, に非, はない, はなく, は単に, は無く, は蓋し, もそ, ものあらん, ものありたれ, ものある, ものが, ものなり, ものなる, ものに, ものには, もの十二人有する, もの大地母神の, も列國, も姉妹説話, も尚, も虎, も西方, や国民, をもっ, を云う, を以て凡て一個, を以て往々, ロンドン船渠の, 万物の, 也, 事を, 人あり, 人こそ, 人の, 人は, 人類に対しては, 今の, 今日において, 以上は, 可から, 可し, 否むしろ, 國家に, 基督教国の, 女として, 如くに, 娘は, 家何ぞ, 實行の, 彼は, 彼らは, 彼等文芸家が, 政友会に, 政友會に, 日本の, 日本的音楽を, 明治の, 時においてすら, 時代の, 未開民族の, 江戸気質の, 男性の, 神が, 精霊であった, 者なる, 者の, 者を, 而し, 銀杏の, 階級の

▼ 有~ (106, 1.4%)

11 無との 4 なつて 3 無の, 非有 2 した, なす, なって, 云に, 無と, 無とを, 見えて

1 [71件] あらゆるもの, いえば, いって, いひ又, いへども, かく思し, したこと, し無, じゃそこ, す, するの, するのに, するも, なしかく, なしけれ, なしさらに, なしたるなど, なしたるなり, なし命報終謝, なし生後死前, なすいづれ, なすとき, なすべからざる規則, なすべからずという, なすもの, なす二者倶に, なす愛は, なす者も, なった, なった柳沼, ならんと, なりてん, なり有化, なり遠, なること, なるという, なるに, 主張し, 云うだけの, 云う鋳込まれたキャプスタン, 云では, 何等異, 區別し, 即ち海地獄, 口には, 同一字, 土人万年雪と, 存在と, 布團の, 所謂無との, 敏くも, 有との, 来雅有, 無は, 無を, 爲さず, 爲し, 申すが, 申たるは, 申に, 病中の, 種々尋問らる, 繰返し改めし, 考えること, 聞て, 聞及び居, 臥轉び如何成ばこそ, 般若の, 萬念と, 詩人, 認めたの

▼ 有~ (98, 1.3%)

23 存じます 7 ござります 62 ぞんじます, まあ相, ッて, 様で

1 [54件] お琴さん, お蔭で, から己, か夫, か肝腎, がなと申さる, が如何にも, が小生, が是, ごわす, さやう, それで, とそう, とは思われぬ, とばかり言って, とも何, とも何とも, とも藻西太郎, と云, と云う, と云っ, と何樣其方, と受け, と涙, と申, と答, と答えた, どれ, なと投出す, な然, ゆゑ殘らず, よくお, ナアと, 人間と, 元は, 只今受取りました, 外の, 存じました, 存じまして, 存じますあの, 存じますいいえ, 存じますが, 存じますどうぞ, 存じますまだちっとも, 存じます何れ主人, 存じます未だ, 彼是を, 御座りやす, 様でございます, 無は, 然し, 筈が, 續, 難有

▼ 有~ (84, 1.1%)

7 転じて 2 以なるべし, 以此二編に, 認めたるもの

1 [71件] だ, なげきおもほす御, ひねり出す芸当, もつて, わが體系, 亡す, 他人に, 以つてする, 併せて, 保ち又, 克服する, 内容と, 出すに, 創造する, 包合する, 取られては, 取りて, 含む無, 呼び出す, 呼び出すこと, 呼び出す働き, 呼び出す創造, 呼び出す永遠者, 存し, 幽邃と, 待受ける無, 得ねば, 御覽, 感ぜしめないこと, 把握し出す, 支配する, 有と, 歌い出すこと, 無に, 生じさす以外, 生じたの, 生じた事, 生じた処, 生じて, 生じる, 生じること, 生じ地, 生じ得ら, 生じ次に, 生ずる, 生ずるが, 生ずること, 生ずるって, 生ずるところ, 生ずるなどという, 生ずるの, 生ずるわけ, 生ずる理無し, 生ぜしめ古, 生み出すこと, 産みださねば, 知らんや, 結果する, 考えたこと, 聞出し早速, 見て, 見まして, 見るに, 見付たれ, 見付是ぞ, 責めて, 買取て, 造り出すといふ, 造ること, 遣わされて, 隠すこと

▼ 有ません~ (80, 1.0%)

302 のです, 目

1 [46件] かつた, から停車場, か余, か先ア能, か店番, か廊下, か我が, か最早, か若し, か貴方, が全く, が唯, けれども先生, さ, とは何, ので, よ, よ音, サアお, 何うです, 何にも, 余程前, 先ず其遺恨, 全く遺恨, 其子供は, 吾信州教育界の, 唯問, 夫は, 夫を, 妻が, 安物ながら, 廊下へ, 心は, 必ず誰, 斯し, 是が, 此三筋を, 演繹法の, 然るに此三本, 短剣でした, 私し, 童子の, 警, 警察長は, 遺恨も, 首切台は

▼ 有しない~ (77, 1.0%)

6 のである 4 ということ 3 ことを, ような 2 といふこと, ところの, にし, のであり, のは, ものと, 人々は, 場合にしか, 間は

1 [43件] いかなること, かもし, かわりに, か芸術的料理, が未だ, が為, が精神, ことの, ため測定し得られない, でただ, でもよろしい, で終る, というの, ところから, と一般に, のか, のであります, ので其の, のみで, はずである, ばかりでなく, ものが, ものです, ものなら, ものは, ものも, センチメンタリズムが, 下級民です, 人々に, 人々も, 人であった, 人は, 出来事は, 如何なること, 彼女は, 懐疑は, 懷疑は, 空想を, 筈である, 者である, 者は, 貧民は, 限りそれ自体としては

▼ 有せず~ (72, 0.9%)

6 と雖 2 と云, と目せられたる, と言う, と認め, 偏へに, 其有する, 夫の

1 [52件] あるいは言語, しかもこの, しかも敵, したがってそれ, すなわち単に, そして恐らくは, そして物体, そして物體, ただある, といえ, といふ, とする, と恐ろしく, なんて怒っ, また藤田東湖, むしろその, やっと木賃宿生活, アルノーも, カルノーも, スールトも, 三尺の, 両性間の, 亡親の, 他人の, 佐久間象山の, 勉強の, 唯之, 国家の, 天下到る, 天志に, 太陽を, 実際に, 家なく, 彼の, 所在に, 故に事物, 敵は, 旅稼ぎの, 本国から, 次へ, 歯牙を, 無よりの, 無垢の, 焦点を, 真理探求の, 租税を, 自らを, 自ら食物を, 蛇は, 要するに此三派, 証明を, 農民では

▼ 有~ (65, 0.8%)

2 是非に

1 [63件] あるもの御用相濟, たよふ, よも奸通, クビラといふ, 一々に, 三郎兵衞ハツと, 世間に, 久八は, 之を, 仰られよ又, 伊豆守も, 何は, 公儀へ, 其支配の, 其町内の, 則ち, 勝手が, 包まず有, 包まず申立, 又宜, 友次郎も, 否とは, 呼べし夫, 地あり, 夜中ながらも, 如何せんと, 宜や, 容易には, 尋る, 少しも, 常に殘, 思の, 思ひながら, 我甥なり, 打捨置, 教へ, 日向守殿に, 早速此方, 明日五ツ時伊豆守御, 曲事たるべし, 最早一生懸命, 木場の, 正四位上中將, 此先例に, 此方も, 此者を, 水心と, 汗と, 濱町の, 申すべしと, 申立べし, 申立よと, 粂之進則ち, 糺明有ん, 終に離縁, 見送りの, 親子三人暮故, 諸家方より, 越前守は, 追, 進ぜ申, 陽報あり, 隨分油斷有べからず

▼ 有まじ~ (62, 0.8%)

3 と云, と思ひ, 然れ 2 と存じ, 其内には

1 [49件] けれど折角, けれど渠安五郎白妙, けれど隨分, との評判, との風聞, と人々言, と存じ噂, と封, と心, と歎息, と正鵠, と申さる, と申されけれ, と評判高, と貞節, エヽ汝れ, サア有, サア申立よと, 京都に, 今夜は, 何成とも, 其上島の, 又た, 又勘太郎, 又御前樣, 又貴, 因て, 大身小身とも, 夫に, 夫にても, 夫れ, 夫を, 夫人の, 夫故にこそ, 寧田原町へ, 尋常に, 左右未練に, 斯の, 此上にも, 段々其方, 無宿であろう, 然すれ, 然なから, 然なり, 然る, 町内, 畢竟當人, 若運, 豫ての

▼ 有たぬ~ (58, 0.8%)

4 ものと 3 のである, 場合には 2 ものである, 者

1 [44件] がその, が秋, が自慢, ことだ, ぞこう, という方針, とかという三つ, と云った, と考えられ, と電気業者, のを, はずである, ものこそ, ものであり, ものに, ものは, やうに, ようにまで, 三年なり, 同士である, 唯一の, 場合それは, 場合の, 太政官は, 女性の, 孤独の, 小商人, 彼等も, 性分でも, 手が, 故その, 時である, 為でも, 物質は, 状態に, 私であり, 程強い, 程惑亂し, 者は, 者程, 而も, 開化の, 限りその, 限り現代の

▼ 有仰る~ (54, 0.7%)

5 のです 3 の, ので, のでございます, のね, のは 2 が, には本院, 病人は, 通り勝を

1 [26件] かも知れません, からどう, ことが, ことで, ことの, と, ところは, と何, と日頃私, な, のかは, のぢ, のでしょう, のでせう, ので御座います, ので湯島, ので私一番それ, もので御座います, もんです, やうな, やら聚楽第, んです, 事を, 位では, 資本は, 通り学問の

▼ 有べし~ (50, 0.7%)

2 との事, と案内, と申

1 [44件] と, といふ水差是, とお, とて其手配り, とて勢州田丸街道, とて此旅館, とのたま, との事故三人, と事, と云, と内外承知, と勸め, と思ひ, と思慮, と控, と教, と是, と會釋, と江戸下向, と申置暇乞, と評議一決, と認めし, と認め送れり, と頓, と餞別, 事を, 今一寢入する, 今爰, 併し, 包み隱さば屹度拷問申付んと, 太儀ながら, 夫なりとて, 夫に, 小石川御, 尤も我等, 尤も道中警固, 我又, 早計玉ふ, 然すれ, 猶もお, 當人は, 素より彼, 縱令又七殿が, 途中にて

▼ 有つこ~ (47, 0.6%)

7 とは出来ない 2 と多けれ

1 [38件] と, とそのもの, となくし, とは, とはそれ, とはできない, とは不可能, とは個々, とは出来ないだろう, とは出来ないであろう, とは出来ません, とは否定, とは夙に, とは察, とは広く, とは感謝, とは承認, とは改めて, とは明かに証, とは有り得, とは次, とは決して, とは無, とは芸術, ともある, ともあれ, ともあろう, ともできない, とも出来ないであろう, とも出来なく, とも出来る, とも出来るだろう, と即ち, と及び, と少なから, と従っ, と従って, と換言

▼ 有つた~ (46, 0.6%)

2 し紺屋, もので, ものでない, んでせう

1 [38件] かといふ事, かのやう, かも知れません, からと悠長, か知れません, がこれ, がみんな応用問題, が僕, が又, が友, が意, が扨, が施, が朝, が此, が然, が自分等, けど, けどねそんな, けれども伏生以前, ことと, ことは, ことを, し或は, とて鼻, にし, に相違, ので一時, ので平常, ので是, ので花柳, ので這, ので魯, ものであります, もので無い, ものを, んだ, 筈ぢや

▼ 有せる~ (45, 0.6%)

2 ものが, 一個の, 一大勢力たり, 一種の, 人の, 怪鳥が

1 [33件] かを嘆きぬ, に拘らず, ものであった, ものならん, もの一人も, 也, 事を, 事実に, 人, 人が, 人である, 人よりも, 低山, 光栄若く, 八代子と, 勢力に, 商家の, 婦人が, 小日向臺は, 形状との, 支那織物に, 曲線の, 果実と, 枯痩の, 歌人に, 発作は, 者は, 舞台の, 谷中村を, 象も, 迷信, 野獸は, 魔の

▼ 有~ (42, 0.5%)

4 の叔父, の山寺 2 とがそこ, にわかれ, はまだ, はやはり, は実父, は少し, も遠慮なし

1 [20件] から姫路, であった, であつ, といっ, といつ, に宿営, に来, の光明寺, の方, の高地, はさらに, はだまっ, はだまつて, は一, は一息, は押, は押し止めた, は更に, もさすが, も流石

▼ 有けれ~ (41, 0.5%)

2 ば兩人, ば是, ば終に

1 [35件] と狂, ばお, ば久八, ば久八首, ば久兵衞爰, ば五兵衞, ば何, ば兩人是, ば六右衞門愼ん, ば其儀, ば同心共立, ば多, ば天一坊伊賀亮大膳左京常樂院等, ば寶澤, ば平, ば彌, ば憑司, ば指折算, ば文右衞門, ば本陣, ば此, ば段右衞門, ば流石, ば漸, ば町役人, ば町役人共九助, ば親子, ば越前守, ば越前守殿思案, ば鍵, ば雲助共眼, ば願山, ば餘, 共是, 共最早

▼ 有つと~ (41, 0.5%)

3 考えられる 2 いうだけ, 思う, 考えられて, 考えられるから, 考えること

1 [28件] いふこと, さえ考えられる, モウ最後だ, 一瞬間でも, 云うこと, 云うならば, 云う言葉, 仮定し, 仮定し得るなら, 公言する, 思う子供, 思つてたら見えねえ, 思わるべき所, 想像する, 想定された, 考えねば, 考えられなければ, 考えられぬこと, 考えられるだろうから, 考えられる存在, 考える, 考えるから, 考え従って, 考え得る場合, 聞いて, 表象する, 見て, 言ふ

▼ 有~ (39, 0.5%)

4 はない 3 頂戴した 2 思ったの, 思つてゐる, 感銘すべき

1 [26件] あなたの, せめて報恩, て涙, ない, ないもの, ないわ, ない方, ない變遷, なって, は無い, ッて, 之を, 圍爐裏の, 思った, 思って, 思つてゐた, 思つてゐます, 思ふけれども, 思ふの, 思ふので, 感謝し, 戴きました, 拝する, 拝読驚歎した, 服膺する, 辱け

▼ 有~ (39, 0.5%)

64 がつて, やお 3 や有難 2 や嬉し

1 [20件] がつてる, がつて無理, が分らない, の光明, の君が代, の御世, の我身, や乗, や勿体な, や地下, や年月, や感謝, や望み, や柳, や法, や節, や緑盤, を云う, 有, 有難

▼ 有~ (38, 0.5%)

4 無に 2 存在しない, 存在する, 無と, 無の, 神では

1 [24件] あくまでも有, いつも無, せんか, なほ存在する, もはや始元, 九助か, 全く抽象作用, 勿論客體的存在, 大いに嫌, 所謂無に, 是も, 有に, 本來, 本来から, 無から, 無くなるが, 無でない, 無を, 生じない, 生ぜじだ, 知らざれど, 観念の, 適斎と, 霞亭の

▼ 有ゆる~ (37, 0.5%)

3 方面の 2 ものを

1 [32件] 中学の, 井戸は, 人に, 假名を, 利慾の, 努力を, 和漢の, 壓制が, 声が, 外國から, 外界の, 學問の, 宗教は, 思想を, 感覚有ゆる, 文獻が, 方面から, 方面に, 方面を通じて, 日本人は, 本を, 条件を, 果物が, 演出の, 病氣の, 神佛を, 苦しみを, 荷物が, 辣手段を, 長崎の, 革新の, 騒音の

▼ 有たず~ (35, 0.5%)

2 ば神, またはそれ

1 [31件] されども, したがってこの, そして彼ら, それ自体個人的であり, と云い放った, にはいられない, には全く, には無意味, にやつ, に一般的平均, に天幕, に強い, に殆ど, に生れた, に行く, または必要, また反対, また叔父, また貨幣価値, 単に強く, 即ち唯一性, 又あまり, 又有っ, 多元的な, 少くとも, 引続き最も不利, 当事者も, 従って穀物, 新奇を, 理論的に, 農業者も

▼ 有つたら~ (35, 0.5%)

2 ば直に, 石油でも

1 [31件] うちの, え, その上, その際ウン, それこそ, それでもう, ばこんな, ばと思はん, ばと考へた, ば其の, ば自分, 一切は, 一層和尚さん, 三味線を, 何うだらう, 何が, 何とでも, 先づ辞儀を, 其上に, 半月でも, 危くお, 又お, 如何しませう, 寵妾に, 御話, 昨日の, 是非それ, 枯枝一つでも, 此方へ, 訳も, 長い歳月

▼ 有せぬ~ (32, 0.4%)

1 [32件] から知らぬ, がため, がわが, が元禄宝永年間, が唱門支配, が恥ずべき, ことによ, ことは, ことを, しかし進取, だけである, のを, ほどの悲哀, ものが, ものと, ものは, 事は, 人々までも, 人で, 奴である, 平面的なる, 故それ自ら, 現在は, 神的な, 細君に, 花茎, 表象より, 觀念的存在者として, 觀念的存在者としての, 貴婦人や, 量であっ, 限り大洋の

▼ 有~ (31, 0.4%)

3 の姿 2 の船, はその

1 [24件] か, が故主, が泣き止む, が涙, が生き, が目のあたり, だけは俊寛, です, に引き合せた, の右, は, はおどろき, はすべて, はそう, は三日, は主, は人里, は最初, は林, は言葉通り, もじっと, をぐんぐん, を驚, 無王主一切

▼ 有楽座~ (30, 0.4%)

5 に徃 2

1 [23件] が彼女, である, で会, で見た, で観た, といふやう, に久米氏, に来, に来りし, に清元会, に開かる, の, のわらわし, の一月, の出し, の新聞広告, の美音会, の記念パンフレット編輯, は八重子, は有, へ来, をまぜた, を外濠

▼ 有~ (29, 0.4%)

9 である 4 です 3 であります, なの 2 であった 1 でありました, でありますから, であるから, とかを告げる, なので, に依る, に痩せ, に配分

▼ 有がたう~ (28, 0.4%)

3 ございますと, と同音, と常に, 御座いますと, 御座んしたと, 御異見 2 の御 1 ございました, ございましたほんとう, の御礼山々, 存じます, 存じますは, 存じます何卒, 存じます實, 御座ると

▼ 有ける~ (28, 0.4%)

2 があゝ御, に或, ほどは頼む, 故夫

1 [20件] かと驚, か恥しき, か斯, か欺かれ, がああ御, とかや, にぞ元, に先, に間もなく, や餘所, よと即座, を盜, 事は, 光かな, 故大いに, 時小夜衣は, 時恐れ, 由茲は, 胴卷を, 返事屆きけれ

▼ 有ち得る~ (28, 0.4%)

2 ためには, のは

1 [24件] かの圧倒性, からの語, か否, ことが, ことに, ことを, し又, ために, ということ, とは如何に, のか, のであります, のも, ものである, ものでない, ような, よりもより, 一切の, 人と, 唯一の, 國民と, 場合が, 程度に, 限りでの

▼ 有つよう~ (28, 0.4%)

10 になった 6 になる 4 になっ 2 になり, になれ 1 な私的興味, にさえなるだろう, にする, になッ

▼ 有たなけれ~ (27, 0.4%)

18 ばならない 2 ばならぬ 1 ばまた, ば之, ば人間, ば報道, ば実際, ば成り立つ, ば結婚

▼ 有つなら~ (25, 0.3%)

3 ば彼 2 ば, ばその, ば穀物, ば第

1 [14件] その第, ばもし, ばハムブルグ, ば二倍, ば今, ば半分, ば即ち, ば吾, ば地代, ば我々, ば無理, ば諸, 夫は, 草葺の

▼ 有いと~ (24, 0.3%)

2 思つてゐます

1 [22件] おもいなされそりゃ, それを, の即答, 云うので, 云う礼, 云う顔, 云つて感謝した, 云ふ, 喜んだのに, 御辞儀, 思いました, 思うて, 思った事, 思って, 思つた事は, 思つてゐました, 思つてゐる, 思つて居ます, 思ひましたよ, 思ふの, 恩に, 書いて

▼ 有ち得ない~ (24, 0.3%)

3 ということ, のである

1 [18件] ことは, とは, のだ, のは, ものだ, ものである, ものを, ような, 事誰一人趣味を, 人とを, 処に, 力又は, 女で, 女であった, 従って又, 男であった, 筈だ, 等

▼ 有つべき~ (24, 0.3%)

2 かを吾, 租税は

1 [20件] かということ, はずの, または有, ものであっ, ものである, ものな, ものも, 価値で, 基礎的な, 姿である, 年齢に, 文化内容に, 民衆を, 真理性の, 研究資料を, 科学に対して, 筈の, 義務を, 自然哲学の, 要素として

▼ 有つであろう~ (22, 0.3%)

3 がしかし, がそれ 2 か, ということ

1 [12件] からであり, から彼, がけだし, ことを, そして彼, というアダム, と私, 個性が, 故に結局創造, 目的を, 社会科学に, 質的個別に対しては

▼ 有明け~ (22, 0.3%)

4 の月, の空 2 の灯影

1 [12件] にはずっと, のとぼす, のともし, の下, の天上, の燈芯皿, の色, の電燈, の黒白, めいて, を啼く, を燈

▼ 有せり~ (21, 0.3%)

4 彼の 2 乃ち其一は, 是れ

1 [13件] しかして今これ, しには, と答, と謂, コロムウェルは, 一国民の, 北に, 啻に忘, 彼その, 敢えて男子, 春水は, 自らは, 進歩も

▼ 有てる~ (21, 0.3%)

2 ように, 凡ての

1 [17件] かい, すべてを, にも拘らず, のか, のだ, ものを以て, ような, わけだ, 一切を, 力を, 少壮者流の, 比類稀なる, 物を, 砂糖を, 身と, 身の, 霧とも

▼ 有ます~ (18, 0.2%)

3 とて出 2 か, よ

1 [11件] から, か何でも, がね, し人物, とも, とも老人, よお, よ力, よ夫, よ是, 根から梢

▼ 有合う~ (18, 0.2%)

2 枯枝や

1 [16件] ベンチに, 下駄を, 小石を, 岩角に, 捨石の, 燐寸を, 獣の, 石に, 砧の, 紙片の, 縄で, 草履に, 衾を, 金や, 長煙管, 雑布で

▼ 有仰つ~ (17, 0.2%)

7 て下さいまし 3 て下さい 2 てお 1 ちや可け, てどうぞ, て下さいました, て下す, て訳

▼ 有~ (16, 0.2%)

1 [16件] が伺はれる, だつた, であつ, でお, でございますから, となつ, なり爰, なり皆, にて其體哀, に呆れ返らず, に聞, を主として, を思ふ, を知らぬ, を見せつけられ, 重景

▼ 有ても~ (15, 0.2%)

1 [15件] 今度の, 出来ません, 又何処, 又思直, 無くても, 無駄に, 生た, 知ぬ, 自然に, 見られも, 調法な, 返事しません, 逢ね, 駄目だ, 高い御

▼ 有~ (15, 0.2%)

2 厚禮申上候, 坐, 坐心得 1 厚礼申上候, 同意被, 坐や, 坐此, 心得候, 時代なり, 氣色而維久陳申云候御方防凶徒事武州令見知, 言葉, 越候村

▼ 有~ (15, 0.2%)

3 の大 2 の名 1 といふ實相, なり, の古本屋, の喧嘩好き, の地位, の御用商人, の惡文家, の蟹捕獲場, の製鐵所, の靈境

▼ 有~ (14, 0.2%)

1 [14件] お前さんの, かまるで, ことに不具, ことに水, こッ, ぞ, ぞ難, と無法, や, 大日如来己が, 島が, 思召で, 樣な, 苦労させる

▼ 有~ (14, 0.2%)

1 [14件] が分らない, でこれ, にこの, にそれ, に何時塀, に感動, はまた, は二倍三倍百倍, も出る, よ, を感ずる, を減じる, を繰返し, を覺

▼ 有~ (14, 0.2%)

2 のある

1 [12件] がございません, がない, が乏しい, が解るだろう, が違っ, の忘れ, はなく, も消え, を痛感, を知った, を説い, 少しも

▼ 有~ (14, 0.2%)

1 [14件] が所謂帖學家, が更に, が最も, が自ら, が近代, と云, なども評する, の士, の廣藝舟雙楫, の弟子, の書, の書論, も之, ノ一海軍將校海中潜行艇

▼ 有~ (13, 0.2%)

2 にゐた

1 [11件] から梅陽軒, との間, に入, に寄寓, に後期, に於, に来, は享保中僧, へ任有亭, より梅陽軒, 翌賦呈宣上人

▼ 有~ (13, 0.2%)

2 ツた

1 [11件] つたので御座います, つたので御座いませう, つたのを, つて, つてお尋ね, つてで御座いました, つてで御座います, つても, つてゐ, つて置い, ゃりますまいが貴方の

▼ 有~ (13, 0.2%)

1 [13件] とあ, とある, にし, に上り, の多き, の大男, の大男黒羽二重, の媼, の歳月, の猛, の若木, の誤, の間

▼ 有から~ (12, 0.2%)

2 出て, 創造せられた 1 もう再びそんな, 出発し, 山を, 是非, 有が, 有を, 絶対無に, 遲く

▼ 有がたい~ (12, 0.2%)

1 [12件] が, ことであった, それに一, とは思われなかった, とは感じない, と思うでしょう, もの, ものが, もので, もの懐しい, やうで, わけ

▼ 有さま~ (12, 0.2%)

3 です 1 が厭, だから, でおられる, で眼, にて有べき, を委, を思ひ起し, を見, を見かね

▼ 有する~ (12, 0.2%)

5 ところの 1 ことは, ことを, に至つた, に至つて, 便宜で, 兵力と, 各藩

▼ 有ては~ (12, 0.2%)

2 却て 1 わが父母, 兎角後, 大變, 容易成ざる, 徳川の, 必死と, 成らぬと, 独で, 相談も, 身體の

▼ 有とう~ (12, 0.2%)

1 [12件] では, ということ, とすれ, とそれ, とは期待, とまたは, ともそれ, とも疑い, とも資本, と一〇, と心掛け, と欲する

▼ 有ますまい~ (12, 0.2%)

2 か, ねえ 1 かしら, でせう, よ, 倉, 必ず屹度, 目, 貴方が, 隱す程

▼ 有~ (12, 0.2%)

1 [12件] だつた, だつたら其力, でこ, で正月朔日, となっ, な原因, な叛徒, な海軍, になつ, になつたの, になつて, の貴人

▼ 有~ (12, 0.2%)

1 [12件] かと夜明烏, か取たなら取た, が何故, なり此八五郎, なれば, にて夫, に手, の仕業, の所行, は天是, を此儘, 故右樣

▼ 有~ (11, 0.1%)

1 [11件] いっさいの, して, つた, つた難, 但し前世, 其脇差は, 無か, 無かの, 無かは, 無きかに, 非る

▼ 有たない~ (11, 0.1%)

1 [11件] かということ, かという一段, かにある, かのよう, かの相違, かは今更, かは元来, かを省みない, ではない, でゐ, で済むであろう

▼ 有である~ (11, 0.1%)

1 [11件] かのやう, が有, ことは, ことも, しなにしろ余りに突然, ということ, という関係, ものとの, やうに, 土地の, 是れ

▼ 有べき~ (11, 0.1%)

1 [11件] との詞, やう申しけれ, やはて, や其方, や又, や若, 事なり, 惡漢と, 樣な, 筈なり, 者と

▼ 有~ (11, 0.1%)

2 と申す 1 が雨戸, が頼まれ, には大層, は姿, を取っ, を駈けさせ, 今開ける, 何方か, 貴様も

▼ 有迷惑~ (11, 0.1%)

1 [11件] で, であると, であろう, な事, な厚遇, な次第, に思う, に感じた, の意, の方, を感じた

▼ 有~ (11, 0.1%)

1 [11件] だより, と言, に帰臥, に抱き去らん, に連れ, のこまごま, の遊び人, へ行く, を彷徨, を細やか, を色々

▼ 有うございます~ (10, 0.1%)

1 が, が少々, が手前, けれど, それでは, と云, と御礼, よ, 大阪に, 私は

▼ 有として~ (10, 0.1%)

1 あらゆる相対的, 事物の, 再生されね, 存在としてのみ, 性格付けられる, 満洲, 無に, 独占し, 皆相対的である, 過去は

▼ 有により~ (10, 0.1%)

1 取調に, 同人所業と, 夫をも, 己一人身と, 彼方へ, 徐々と, 數日吟味なす所なり, 昔を, 暇を, 讀本の

▼ 有まい~ (10, 0.1%)

1 か萬一此事, ぞと言, と言, なと尋, な其方重役, な夫, もので, コリヤ男共此奴を, サア明白に, 誰か

▼ 有~ (10, 0.1%)

2 なさるん 1 なさいますか, なさいますそう, なさるから, なさるでは, なさるので, なすったか, やサア尋常, サア何ぢや

▼ 有之と~ (10, 0.1%)

3 存ぜられ候 1 云えども, 存じ居候間, 存居候, 思ひ居候処, 思召し, 雖も, 頼み居候

▼ 有~ (10, 0.1%)

1 が解らなくなった, にて人, の建部郷右衞門伴佐十郎, の藪, へ出, を存じ, を探し喰い殺さね, を紋十郎, を間違えた, 解ったか

▼ 有~ (10, 0.1%)

3 路より 2 の身 1 に勝ちたる, のさわり, の露, 覚えの, 路の

▼ 有餘年~ (10, 0.1%)

2 の時, を經 1 からか, に亙る, の其昔, の後生, の間, 其の間

▼ 有がる~ (9, 0.1%)

2 二百文に 1 のは, ほど呑気, ものかと, 国民である, 國民である, 大臣サ総理大臣の, 様子も

▼ 有~ (9, 0.1%)

1 かそんな, たりの物乍ら, 人の, 仕合に, 心掛の, 爲合せに, 若殿の, 若者なり, 賢女の

▼ 有しか~ (9, 0.1%)

2 年來馴れたる 1 ば九助は, ば四郎左衞門成程夫は, 一向左樣, 共懸り, 年来馴れたる, 然なら, 長秀そと

▼ 有~ (9, 0.1%)

2 事は, 力と 1 のである, ば猶々, ものに, 文化史的条件が, 祖先伝来の

▼ 有やと~ (9, 0.1%)

3 尋問らる 1 尋ぬる, 尋らる, 申ける, 申さるれば, 聞る, 言葉和らかに

▼ 有勝ち~ (9, 0.1%)

2 のこと, の妙 1 である, なうるんだ, なこと, な其胸, のこった

▼ 有合わせ~ (9, 0.1%)

1 のもの, のペン, の切れ, の味噌, の床几, の猪口, の肴, の蒲団, を持っ

▼ 有~ (9, 0.1%)

1 にいひ出し兼ね, にしみ, に分別盛, に彼, に心, に思はぬ, に憎い, に憐, に暑苦しい

▼ 有たなかつた~ (8, 0.1%)

2 のである 1 から同じ, から寡婦, と同時に, やうに, 彼は, 英雄に

▼ 有であり~ (8, 0.1%)

1 ながらそれ, まただれ, 一の, 存在である, 従って無, 未来は, 無は, 自己は

▼ 有合わす~ (8, 0.1%)

1 小砂利, 履物も, 得物を, 手だけで, 縄で, 衣類調度を, 鉄砲に, 麻袋へ

▼ 有声映画~ (8, 0.1%)

1 というもの, には数世紀, に取り入れられる, に特有, の国際的普遍性, の目的, の純化, はもちろん

▼ 有~ (8, 0.1%)

1 で居, なる直情性, な口吻, な容子, にいる, のこと, を直ちに, を表現

▼ 有部律~ (8, 0.1%)

3 の第 2 の方 1 にし, に關, の自

▼ 有~ (8, 0.1%)

3 に申せ, に白状 2 に申立

▼ 有しかば~ (7, 0.1%)

1 住持祐然, 大岡殿御仁惠の, 小松の, 持口々, 身を, 道庵別に, 餘

▼ 有そう~ (7, 0.1%)

1 な者, な頭, に偈, に兇器, に千本, に学士, に読ん

▼ 有つたらう~ (7, 0.1%)

1 が以前, が義經, ぢや, と思ふ, と迷信, なんどと, 左様サ

▼ 有つだろう~ (7, 0.1%)

2 からだ 1 かが疑問, だが宗教, という結論, 意味の, 社会的重大性を

▼ 有つてる~ (7, 0.1%)

2 頃では 1 ね, もんだ, シカゴ某, 事です, 事を

▼ 有ての~ (7, 0.1%)

2 事か 1 事なる, 儀で御座る, 儀なり, 儀やと, 物種なり

▼ 有ながら~ (7, 0.1%)

1 何故先, 奥様の, 左様な, 此様な, 當家へ, 病気と, 訪ねる事

▼ 有~ (7, 0.1%)

1 でも無風流, と云う, なぞで, にいた, に来, の楼上, は何しろ

▼ 有~ (7, 0.1%)

1 の知る, は兄半作, は將軍, を大将, を通じてその, 無時, 過我廬

▼ 有餘名~ (7, 0.1%)

2 の水兵等 1 の三年以來, の卒業生, の學生, の日頃, の水兵

▼ 有いお~ (6, 0.1%)

1 使の, 寺の, 志だ, 方として, 方なり, 言葉が

▼ 有かった~ (6, 0.1%)

1 と思いました, と感謝, と書い, なんて串談半分, よ, 姉さん

▼ 有せずし~ (6, 0.1%)

2 て其の, て寧ろ 1 て人, て耕作

▼ 有たる~ (6, 0.1%)

1 ことを, に相違, に過ぎない, を知る, 可し, 生命を

▼ 有たれ~ (6, 0.1%)

1 たり憎まれ, ていた, ている, てゐた, て大, ば大

▼ 有との~ (6, 0.1%)

2 間の 1 事なれ, 二つの, 極みなき, 間隔の

▼ 有とも~ (6, 0.1%)

1 いわないで, 斯し, 法は, 無とも, 知ず, 知らず所々方々

▼ 有なさる~ (6, 0.1%)

2 んです 1 の, のか, のです, ので御座います

▼ 有ました~ (6, 0.1%)

1 かねえ, からそれ, がね叔父さん, ねえ, のです, ツけ

▼ 有ませう~ (6, 0.1%)

31 から行つて, が僅か, と取り

▼ 有~ (6, 0.1%)

2 せぬ事 1 せぬ僞, せぬ声, 無も, 道理なり

▼ 有~ (6, 0.1%)

1 しません, 但知らぬ, 是とても, 望みは, 狐とも, 願いの

▼ 有より~ (6, 0.1%)

1 して, 一枚彼岸に, 有に, 無に, 無へ, 無への

▼ 有~ (6, 0.1%)

1 が口, であった, に陣, は供, は素更紗染屋, は香以

▼ 有仕合~ (6, 0.1%)

3 に奉 2 奉存候 1 に存じ奉り

▼ 有付く~ (6, 0.1%)

1 かまたは, ことが, というの, というもの, 方なく, 洋犬と

▼ 有仰つた~ (6, 0.1%)

2 のです 1 つけ, ものです, 事の, 林檎を

▼ 有仰らず~ (6, 0.1%)

1 に, にね心配, にまあ, によう, に唯, に高

▼ 有仰らない~ (6, 0.1%)

2 でさ, やうに 1 あなたです, で下さいまし

▼ 有~ (6, 0.1%)

1 にヤッホー, ハ足ヲ, モ, ヲ捨テルニシノビズ, 一雄, 馨寧といふ

▼ 有~ (6, 0.1%)

21 古都國, 古都國次, 者下必有甚焉者矣, 醜の

▼ 有~ (6, 0.1%)

1 であること, なりとして採用, な人工降雨条件, に利用, に成就, の史料

▼ 有がたく~ (5, 0.1%)

1 ないわけ, ない御, ない横浜, はなくなりました, 私なども

▼ 有くも~ (5, 0.1%)

1 ありません, うれしくも, なく又, なく自分, 何ともない

▼ 有けん~ (5, 0.1%)

1 ものを, 折々見え, 正體, 膝を, 詞靜かに

▼ 有つも~ (5, 0.1%)

1 の, のでそれ, のでコレジ・ド・フランス, ので全く, ので又

▼ 有とか~ (5, 0.1%)

1 九圍とかいふ, 寶澤は, 承るいとも, 色々な, 言いますけれど

▼ 有なら~ (5, 0.1%)

1 ば年貢, ば早く, んが, 返答仕ろ, 零では

▼ 有なれ~ (5, 0.1%)

3 ば也 1 と思ふ, ば御

▼ 有べからず~ (5, 0.1%)

1 と立派, と賞美, と辯舌滔々, 其謂は, 呉

▼ 有まじき~ (5, 0.1%)

1 ぞと申さる, に猶, 事なり, 事に, 樣子に

▼ 有~ (5, 0.1%)

1 た, たろう, ても宜, てるのね, て当分

▼ 有~ (5, 0.1%)

2 呼國次 1 と, 勝自, 合者皆推之以爲商禮此便是沒理會處と

▼ 有~ (5, 0.1%)

4 にし 1 に満たず

▼ 有~ (5, 0.1%)

2 の画 1 と有位無声, になった, の詩

▼ 有~ (5, 0.1%)

1 の夫, の男子, ノ男子ガ淫ヲ買フハ明カニ一夫一婦, ノ男子ニシテ蓄妾, ノ男子ハ

▼ 有造氏~ (5, 0.1%)

2 は去れり, を農商務大臣 1 の実弟

▼ 有いません~ (4, 0.1%)

31 のそしてただ

▼ 有かつ~ (4, 0.1%)

21 たと, たの

▼ 有からは~ (4, 0.1%)

1 何卒手, 其方が, 罪科も, 落し主は

▼ 有がっ~ (4, 0.1%)

1 ていた, ていましょう, ている, てばかりはいられなくなる

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 かしと, 其は, 可愛やと, 有體

▼ 有たされ~ (4, 0.1%)

4 ている

▼ 有たされた~ (4, 0.1%)

1 わけであった, わけな, 権威を, 限りの

▼ 有たせ~ (4, 0.1%)

1 つつ綜合的, てあります, て来た, 毫も間然

▼ 有つか~ (4, 0.1%)

1 どうか, どうかである, どうかの, どうかを

▼ 有つべきで~ (4, 0.1%)

4 はない

▼ 有~ (4, 0.1%)

2 あつて 1 せうと, まり方せう

▼ 有では~ (4, 0.1%)

1 あり得ない, ないが, ない処, なく又

▼ 有という~ (4, 0.1%)

1 のは, もので, 定形を以て, 根本の

▼ 有とは~ (4, 0.1%)

1 夢さら知ず, 所詮一枚, 知らず明日, 誰人にや

▼ 有ども~ (4, 0.1%)

2 この小児 1 又其方, 無きが

▼ 有ねば~ (4, 0.1%)

1 一兩の, 實は, 日は, 是非なく

▼ 有ばとて~ (4, 0.1%)

1 それは, 吉右衞門は, 專ら用心をぞ, 案内し

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 再生する, 呼び出されたる主, 呼戻されるといふ, 無を

▼ 有まし~ (4, 0.1%)

1 く越前役儀, て, て斯, て橋

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 たとさ, てゐる, て居る, て活

▼ 有ハア~ (4, 0.1%)

2 俺みたいな 1 月々三両せ, 月々三兩せ

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 からはお, は大切, は少し, は此趣き

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 たりと一盃酒, たりと心, べしと, を考

▼ 有仰っ~ (4, 0.1%)

1 て, ていただく, てもひょっと, て下さいます

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 せんちよ坊, に付き, は, 故濱奉行

▼ 有~ (4, 0.1%)

2 の事 1 なこと, なる霧

▼ 有合わした~ (4, 0.1%)

1 お菓子を, 三文判を, 小遣を, 雪洞を

▼ 有~ (4, 0.1%)

2 存候 1 存候本意も, 深謝候

▼ 有得べからざる~ (4, 0.1%)

1 事とは, 事実だ, 儀と, 怪き夢

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 其の血汐, 失禄, 宜らん, 猶さら生命

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 な目, な眼付, な薄笑い, に母親

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 か首さ, だから, でちょい, で馳走

▼ 有~ (4, 0.1%)

1 の語, は初め弟子たち, を越中, 曰く豈

▼ 有~ (4, 0.1%)

2 者以婢千人自 1 我得歓喜三昧, 者唯

▼ 有いとも~ (3, 0.0%)

1 云いよう, 思わなかったが, 言いは

▼ 有いも~ (3, 0.0%)

1 のじゃ, のでした, ので貰

▼ 有いんです~ (3, 0.0%)

3 けれど

▼ 有がった~ (3, 0.0%)

1 のです, 事が, 所だ

▼ 有がってる~ (3, 0.0%)

1 と思う, なんの, 処だ

▼ 有けり~ (3, 0.0%)

1 いつも小遣, 幼馴染の, 或時

▼ 有~ (3, 0.0%)

1 て海内, 次第を, 趣き是等は

▼ 有せらるる~ (3, 0.0%)

1 は適当, 同情の, 諸君は

▼ 有たせる~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 ような

▼ 有たと~ (3, 0.0%)

3 て少

▼ 有たなくなる~ (3, 0.0%)

1 からである, わけで, 初めから

▼ 有ちたい~ (3, 0.0%)

1 のが, ほどの者, ものは

▼ 有ち得べき~ (3, 0.0%)

1 未知の, 素質が, 要素を

▼ 有ついた~ (3, 0.0%)

3 も必竟

▼ 有つか持たない~ (3, 0.0%)

2 かに就い 1 かが恐らく

▼ 有てば~ (3, 0.0%)

1 その一人, 常識の, 弱くなる

▼ 有でない~ (3, 0.0%)

1 からこそ無, ことによって, どころで

▼ 有などと~ (3, 0.0%)

1 云う人々, 云ふ, 其の白紙

▼ 有なる~ (3, 0.0%)

1 事の, 奇劑なる, 調和を

▼ 有まじく~ (3, 0.0%)

1 候, 其内には, 被存候

▼ 有ませぬ~ (3, 0.0%)

3 私から

▼ 有~ (3, 0.0%)

1 が出来た, は知れます, を感ぜさせた

▼ 有三居~ (3, 0.0%)

1 で酒, の句会, を襲う

▼ 有之者~ (3, 0.0%)

1 は皆以世間之妨候間, を誅戮, 申出づべし

▼ 有~ (3, 0.0%)

1 の属, の高, の高齢

▼ 有仰います~ (3, 0.0%)

1 か, けれどもそり, 拙いなんて

▼ 有仰った~ (3, 0.0%)

1 こととは, っけ, ので扨

▼ 有仰らなく~ (3, 0.0%)

1 ても, ても可, ても宜

▼ 有仰れ~ (3, 0.0%)

1 ば以上, ば女, ば耐えます

▼ 有伊邪國~ (3, 0.0%)

1 より好, 次有郡支國, 次有都支國

▼ 有即ち~ (3, 0.0%)

1 滅びぬ存在, 現在に, 異なつた

▼ 有~ (3, 0.0%)

1 であった尾瀬ヶ原, の減失, ノ經營

▼ 有太郎~ (3, 0.0%)

1 の匕首, の家, はもう

▼ 有対自動詞~ (3, 0.0%)

1 であつ, といふやう, の形

▼ 有~ (3, 0.0%)

1 と称し, 中江三次宇佐元, 故人の

▼ 有~ (3, 0.0%)

1 から酒井所司代, と相談, の家来賀川肇

▼ 有~ (3, 0.0%)

2 たる神事 1 候神社嶽之

▼ 有~ (3, 0.0%)

1 だった, の木, を設ける

▼ 有~ (3, 0.0%)

1 ニ御, ニ越前行は, 樣に

▼ 有理想~ (3, 0.0%)

1 といひ, と唱, にあらず

▼ 有餘日~ (3, 0.0%)

1 にし, の中, の間

▼ 有~ (3, 0.0%)

1 というの, とつきあう, の別荘

▼ 有あふ~ (2, 0.0%)

1 硯引寄せ, 菓子などを

▼ 有いませんでした~ (2, 0.0%)

2

▼ 有かと~ (2, 0.0%)

1 申さる, 聞れ

▼ 有がち~ (2, 0.0%)

1 だから, な肉体的

▼ 有がって~ (2, 0.0%)

1 偶之を, 然るべき能力

▼ 有く思う~ (2, 0.0%)

1 が可, のは

▼ 有けむ~ (2, 0.0%)

1 蛇な, 院主不

▼ 有けれど~ (2, 0.0%)

1 容貌の, 心安う志す

▼ 有さん~ (2, 0.0%)

1 といふの, に眼

▼ 有ざれ~ (2, 0.0%)

1 ば二階廻し, ば所詮

▼ 有せらるべき~ (2, 0.0%)

1 が此度八山御旅館, 間取

▼ 有ぞと~ (2, 0.0%)

1 云つ, 大音に

▼ 有たう~ (2, 0.0%)

1 としてゐる, としない

▼ 有たかが~ (2, 0.0%)

1 知れた田舍女ぢ, 知れた田舎女ぢ

▼ 有たされる~ (2, 0.0%)

1 のが, 時は

▼ 有たざる~ (2, 0.0%)

2 心に

▼ 有たれる~ (2, 0.0%)

1 のか, ように

▼ 有ちまた~ (2, 0.0%)

1 その能力, はより

▼ 有ち得た~ (2, 0.0%)

1 からである, が丁度

▼ 有ち得なかった~ (2, 0.0%)

1 からだった, ので少し

▼ 有ち得よう~ (2, 0.0%)

2

▼ 有って~ (2, 0.0%)

1 思わずも, 越後高田に

▼ 有つからし~ (2, 0.0%)

1 てこの, て時には

▼ 有つてそれ~ (2, 0.0%)

1 とはなし, を聞い

▼ 有つべきである~ (2, 0.0%)

1 とするなら, と云った

▼ 有てない~ (2, 0.0%)

1 やうな, 哀れな

▼ 有でなく~ (2, 0.0%)

2 そして極めて

▼ 有とが~ (2, 0.0%)

1 背中合せに, 重なった一点

▼ 有とぞ~ (2, 0.0%)

1 云る, 思ひ詰め結納

▼ 有とて~ (2, 0.0%)

1 清三郎に, 考へ

▼ 有とを~ (2, 0.0%)

1 一擧に, 併存せしめ得る

▼ 有なす~ (2, 0.0%)

1 つて, つて色恋の

▼ 有にぞ~ (2, 0.0%)

1 大いに便り, 長庵

▼ 有について~ (2, 0.0%)

2 思惟し

▼ 有によ~ (2, 0.0%)

1 つてでは, つてのみ

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 か兎, 樣に

▼ 有のみ~ (2, 0.0%)

1 あつて無, 存在のみ

▼ 有もの~ (2, 0.0%)

1 ならば, を罪

▼ 有らむと放言~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 有をば~ (2, 0.0%)

2 最大の

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 故ニ, 程昨日ニカハル習ナレバ

▼ 有ルモ~ (2, 0.0%)

1 亦妓無カル可ラズ, 又ハ鐵器

▼ 有一堂中置二女影身着戎衣服頭戴烏帽子右方~ (2, 0.0%)

2 執弓矢

▼ 有七歳~ (2, 0.0%)

1 とある, にし

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 の派流, の眼

▼ 有三九~ (2, 0.0%)

1 という名前, という男

▼ 有三千許家差有田地耕田~ (2, 0.0%)

2 猶不足食

▼ 有中米八~ (2, 0.0%)

1 が来た, を連れ

▼ 有之の~ (2, 0.0%)

1 処又四郎に, 處當時病氣にて

▼ 有之ば~ (2, 0.0%)

1 其の村方, 役人たり

▼ 有之間敷~ (2, 0.0%)

1 かと被, と取

▼ 有二十鬼~ (2, 0.0%)

1 の寿, 之寿

▼ 有二年~ (2, 0.0%)

1 この本, の月日

▼ 有五年~ (2, 0.0%)

1 なり, にし

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 其間眼前の, 空といはむ

▼ 有~ (2, 0.0%)

2 言は

▼ 有付い~ (2, 0.0%)

1 たりそんな, てゐる

▼ 有付かう~ (2, 0.0%)

1 とする, と思ツ

▼ 有仰い~ (2, 0.0%)

1 よ, よ倶楽部

▼ 有仰いまし~ (2, 0.0%)

1 て, てそれで

▼ 有仰いました~ (2, 0.0%)

1 なお, ね

▼ 有仰つたら~ (2, 0.0%)

1 可いでせう, 震へ

▼ 有仰られる~ (2, 0.0%)

1 のは, のも

▼ 有仰り~ (2, 0.0%)

1 やうが, 度い

▼ 有仰るで~ (2, 0.0%)

1 は御座いません, 私の

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 の人, の階級

▼ 有則螺線サこれ~ (2, 0.0%)

1 はつまり, は玩弄

▼ 有千餘戸~ (2, 0.0%)

2 無良田

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 から銅貨, た

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 しコレ金庄兵衞, し父

▼ 有呼邑國~ (2, 0.0%)

2 次有華奴蘇奴國

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 是社稷を, 頓所ニ居申候

▼ 有四千餘戸濱山海~ (2, 0.0%)

2 居草木茂盛

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 のため, の詐欺

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 異, 隋禮義之

▼ 有大丈夫~ (2, 0.0%)

2 でご

▼ 有奴國此女王境界所盡其南~ (2, 0.0%)

2 有狗奴國

▼ 有好し好し~ (2, 0.0%)

1 まだ二三軒心当り, まだ二三軒心當

▼ 有姐奴國~ (2, 0.0%)

2 次有對蘇國

▼ 有對蘇國~ (2, 0.0%)

2 次有蘇奴國

▼ 有峰さん~ (2, 0.0%)

1 を煙, を煙たがっ

▼ 有峰松次郎~ (2, 0.0%)

2 の兄

▼ 有巴利國~ (2, 0.0%)

2 次有支惟國

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 という洋紙店, 樣の

▼ 有年方面~ (2, 0.0%)

1 の鯰峠, を監視

▼ 有引力~ (2, 0.0%)

1 とは違う, の公式

▼ 有~ (2, 0.0%)

2 奴國次

▼ 有得るです~ (2, 0.0%)

2

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 に告白, に復命

▼ 有支惟國~ (2, 0.0%)

2 次有烏奴國

▼ 有斯馬國~ (2, 0.0%)

1 次有己百支國, 次有已百支國

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 日約, 青山

▼ 有時性~ (2, 0.0%)

1 で其の, の散

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 が言った, 御当家

▼ 有松屋~ (2, 0.0%)

1 という提灯, の婆さん

▼ 有機体説~ (2, 0.0%)

1 または全体説, や社会ダーウィン主義

▼ 有毎年今日~ (2, 0.0%)

2 はそれ位

▼ 有法案~ (2, 0.0%)

1 が中ごろ同一事情, を提議

▼ 有烏奴國~ (2, 0.0%)

2 次有奴國

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 の四字, を生ずる

▼ 有無し~ (2, 0.0%)

2 を確め

▼ 有爲吾國~ (2, 0.0%)

2 次有鬼奴國

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 だから, を火鉢

▼ 有~ (2, 0.0%)

2 といへ

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 にて出, 仰出され志太遠江守

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 な区別, の妻

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 が明治二十二年, のやう

▼ 有~ (2, 0.0%)

2 なんかモウお婆さん

▼ 有科學~ (2, 0.0%)

1 の權威國ドイツ皇帝陛下, 大會第八十五回

▼ 有章院~ (2, 0.0%)

1 の別当瑞蓮寺, の北側地続き

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 なり其頃, なるに

▼ 有者併~ (2, 0.0%)

1 し理, ながら夫

▼ 有華奴蘇奴國~ (2, 0.0%)

2 次有鬼國

▼ 有蘇奴國~ (2, 0.0%)

2 次有呼邑國

▼ 有~ (2, 0.0%)

2 つてるよ

▼ 有~ (2, 0.0%)

2 次韻賦呈

▼ 有財産~ (2, 0.0%)

1 の造成, を殖

▼ 有躬臣國~ (2, 0.0%)

2 次有巴利國

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 名主方に, 御控

▼ 有造等~ (2, 0.0%)

2 の人格

▼ 有過ぎる傾がある~ (2, 0.0%)

2 ので今日

▼ 有~ (2, 0.0%)

2 にこれ

▼ 有邪馬國~ (2, 0.0%)

2 次有躬臣國

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 の律, の第

▼ 有難連~ (2, 0.0%)

1 の信者, はすっかり

▼ 有~ (2, 0.0%)

1 無非非, 空の

▼ 有頂戴~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 有餘年以前~ (2, 0.0%)

2 よりし

▼ 有鬼國~ (2, 0.0%)

2 次有爲吾國

▼ 有鬼奴國~ (2, 0.0%)

2 次有邪馬國

▼1* [742件]

あまった収入の, 有あまる身代を, 有あらば言つて, 有いうむそこで, 有いがいま来たばかりの, 有いがそれよりはこの, 有いが二時間半を無言, 有いが手前一人の量見, 有いが薬罐の底, 有いが鬼とも組まんず, 有いしあは, 有いですが其様, 有いとこう云うた, 有いねそしてここいら, 有いね何分宜しく, 有いもんじゃあない, 有いもんだと思っ, 有いやらで胸, 有いような気, 有い話じゃありません, 有うあゝ悦ばし嬉しとて, 有うございましても別に, 有うございました先生, 有うちなり然, 有うなら恐らく島原切つて, 有うも知ぬがさぞ, 有う御座います陛下アラアは, 有えこりゃ先生だ, 有かしと窺, 有かとの御尋, 有かな虚名は, 有かの所有權の, 有がたい勿体ない事で, 有がていこつたか, 有がとございますこれ, 有がらなければならん, 有がりもしない, 有がりおり申候, 有きものであるかを, 有きもの無しなど申し候う, 有くありません青鬚で, 有くお思なさい, 有くかれを念, 有くない変遷である, 有くも日本文明の一, 有く待たれて置い, 有く心得たに相違, 有く思え日傭取の, 有く思はせようなどと思はず, 有く思はないだつて他に, 有く思はなければならぬ, 有く感じていた, 有く這入るが好い, 有けれども事柄確と, 有けんむかひめはむつまじ, 有な様子, 有こそかなし, 有ことと是, 有ことなるや有, 有ことなれば何, 有こと常のこと, 有これで可, 有さうな物なり, 有さま人々が迎, 有さ神とも仏, 有さ身にしみ, 有じゃまたあるまじ, 有なは, 有すなわち形相的な, 有すべき生命でありました, 有せざりしは無し, 有せざるごとくに人, 有せざるなり殊に建仁元年四五月, 有せざるべからざることを, 有せざるべからずと云い, 有せざるべき筈の, 有せざるべしと雖, 有せざる成り上りものの, 有せず憤りもなく, 有せず有するの要, 有せず為して憎まず, 有せぬでもなかっ, 有せらるる如きも前記, 有せりしかれども彼プロテスタント教徒たる, 有せり仰では千仞, 有せる如き人々の, 有その消滅は, 有それか, 有たいマサカ獨りで, 有たかして貞之進, 有たけアせ, 有たされなければならないであろう, 有たざりしにあらず, 有たしめるものは, 有たせうるように, 有たせた事を, 有たせたいのであった, 有たせねばならぬ, 有たせようとする, 有たせよ孕みが何寸, 有ただらうが追, 有たなくなったものとして, 有たなら矢張僕と, 有たぬでもない, 有たらうと記されました, 有たりけん, 有たるるか存じませぬ, 有たれるであろう処の, 有わ, 有だけの勇気を, 有だつたら手だらう, 有ちし往時も, 有ちしやを知らず, 有ちたかったのだ, 有ちたがっていた, 有ちたくても有, 有ちなんか置けない, 有ちまして庭, 有ちませぬし是, 有ちませんが何, 有ち合わさぬではない, 有ち始めたものの, 有ち従ってまた, 有ち得たらば幸福, 有ち得なかつたので少し, 有ち得なくなったからと説い, 有ち得ぬ事柄である, 有ち損なったのであろう, 有ち行かんと欲する, 有ち遊ばされた高い神様, 有ち過ぎている, 有つから大きな登り窯, 有つきにと包物, 有つき得ず空しく故郷, 有つたお安の, 有つたけえどもうこ, 有つたことがあります, 有つたものですから, 有つたらかうでもない, 有つたら撲り飛ばしてやら, 有つたら知らぬこと華嚴は, 有つたら考へて置い, 有つたら赦さねえと云, 有つたら選り出して持つ, 有つた丈の原子, 有つた日には村, 有つだらうか, 有つてらツしやらなくつて, 有つて主人自ら之を味, 有つて人生の賜物, 有つて仏教を説い, 有つて以来最も醜悪, 有つて來る, 有つて來者の爲, 有つて其水に潤, 有つて參上仕つり, 有つて周囲のほとんど, 有つて奇麗にする, 有つて媚無きは, 有つて少年の拳, 有つて居しかと責め, 有つて彼女の眼, 有つて新らしい仕事, 有つて日野家の一件, 有つて早朝より罷り出しなり, 有つて易者の前, 有つて昨日の該松樹, 有つて泥棒が果して, 有つて爆発するが, 有つて独りにや, 有つて行動するの, 有つて西面の方, 有つて途を行く, 有つて食ふに, 有つともう最後だ, 有つべしという有司以, 有つまいと決心, 有つもう一つの, 有つらしいことが, 有つればさぞ, 有つ云わば悲劇的, 有つ優れた歴史的意味を, 有つ如き生産部門への, 有つ鋳貨または, 有てさえしたらいい, 有てとの心, 有てや是より, 有てり謂ふべし, 有であって従って, 有であったし儀式, 有であれば物, 有でもなかった, 有といふものが, 有終に其意, 有ども下郎は口, 有ども何事も夫, 有ども其日を送る, 有ども夫は道, 有ども後にお, 有ながらも猜疑と, 有なさらなかつたらまあどんな, 有なすつたさうですな, 有などは限定せられた, 有なり其節途中に, 有なん然は, 有なんぞ無無, 有においては互に引懸, 有になづんで云へば, 有にはならないという, 有にもなく無, 有によってでは, 有によってのみ生ぜしめられ得るという, 有に対する相対的無を, 有ど餘, 有のに鮫洲から, 有ばと探索る, 有ば九助ヘイ, 有ふと言ふも, 有へと即ち實在, 有への轉向は, 有べきやと種々, 有べけれ共主殺し, 有べしさりながら何, 有ましき事なり, 有ましてね今, 有まじく思ふなり強て, 有まじ依ては其方共, 有まじ包まず申立よと, 有ませんでしたがさ, 有ません分りましたか夫, 有まで借りて, 有みのあるもの, 有へ敵, 有やうは先年勢州山田奉行, 有ゆる戯けた姿を, 有ゆゑ主税之助, 有よしにて時々, 有ば我等, 有らっしゃるうちは, 有らっせまいで寄るだけは寄れ, 有らむ限りの我儘, 有らむ限り引攫うて還るべし, 有らア此様な田舎, 有をのみ主張する, 有を以てし之, 有ア爲ねへ夫迚, 有が身, 有或者ハ國境, 有スル大資本ガ米穀, 有ス数学文章学ハ更ニ論ヲ俟ザルナリ, 有タテ何ア目ぐせバ, 有タルベキガ故ニ, 有タルベキ者ト民有タルベキ者ト亦實ニ私人生産業限度, 有ッタガ久シクナルカラ思イ出サレヌオレハ一生ノウチニ無法ノ馬鹿ナコトヲシテ年月, 有ツテ一襄ニ満ツ, 有亦ナサケナキ風俗也, 有テ其ノ実無, 有テ吾ガ言ヲ聴クト聴カザルトハ吾ガ敢テ問フ所ロニ, 有テ而シテ後以テ遺憾無シトス可シ, 有トシテ國家ノ經營スベキ土地, 有トテ御厩舎人菊方ヲ御, 有ナルガ故ニ現時, 有過キズ, 有ノミナレバ未其, 有ベケレ食物ホシキト思ハヾ心ニ任セテ取テンズ, 有マジ本道ヲ露見シテ通ルベシト言ヘバ, 有の字, 有ラヌ玉瓶瑶盃ニ千金ヲ費ヤシ反故紙ニモ劣ル偽其昌贋徴明ナドニ流涎シテ, 有ラバ琴ヲ抱イテ来タレ, 有又我兵馬ニツツマレ終ンヌ, 有リオレガ裏店神主ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 有リガタウ私ノ親愛ナル父サンヨ, 有リシトノ事ヲ證スルノミ, 有リシ事ハ古ヨリ人, 有リトシ又本邦, 有リト思ヒ急ニ引退ク気ニ浮キ立ツベシ, 有リ児ヲ携フ者アリ妓, 有リ其レヲシテ蟻ノ行為ヲ目セシムレバ, 有リ山水人物法ヲ海北氏ニ習フ, 有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, 有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 有ルカラオレニ一ショニ行ッテクレロ是ハ千両バクチ故ニ, 有ルカラソレヲ手紙ニ書イテ送ッタガ, 有ルカラ引越シタガコノ鉄五郎ガ惣領ハ元ヨリ心易, 有ルガ人ガ大勢痛ムダロウトテ心当リハ, 有ルガ如ク無キガ如キ思ヒス, 有ルソノ時ハ世話人ガウソツキニナルカラ片ハシヨリ切ッテ仕舞ウツモリデ来タカラ, 有ルト云イオルカラソレハ尤モダガヨクツモッテ見ロ, 有ルナリ故ニ植物学, 有ルニ於テハ急度, 有ルノカ無イノカ, 有ルハ此頃ハモッパラ吉原ハイリヲスル由世間ニテハオノシガ年頃ニハミンナヤメル時分ニ不届, 有ルマイト思ウ故ニ, 有ルモノヲ擧グレバ次ノ如シ, 有ルモ智覚無キガ如シ, 有ルモ誰カ是等ノ石器, 有ル者皆朱泥ヲ品賞シ, 有レド今ハ空蝉ト, 有ロト思ウ故ニ云ウノダ, 有貢シテ無, 有一乗諸法寂滅相という言葉, 有一年なり憂危心, 有一年その間すべて事志とちがっ, 有一年間において外国, 有一日伏姫は, 有一日例年の如く米子, 有一月の光陰, 有一道ハ西丘ヲツラヌイテ走ルコト里余, 有一館の館生, 有七個の箱, 有七年初めこの学校, 有七年支那では光緒三十三年, 有の人衆, 有三十三所順禮行者打簡とみ, 有三尺にし, 有三居訪問番人に誰何, 有三年の後, 有三年後の今日岩波書店主, 有三年文化の進行, 有三日日は照らず, 有三春秋逝者已如水天地無始終, 有三楽而王天下不与, 有三歳を一期, 有三疋捕えた, 有無, 有世智賢くて, 有世言有類と申し, 有中同権平同米八, 有中米八権平等を座敷, 有主惟江上之清風與山間之明月, 有主説に反駁, 有之とは存じ候え, 有之につき庭窪の, 有之により有難く存ずべし, 有之まで気長く, 有之度その上, 有之度此段申進じ候, 有之間じく, 有之間勘解由を江戸表, 有之間敷三河士は何れ, 有予言の確信, 有二人本所江東橋畔なる第, 有二個の凸, 有二十五世して, 有二囘然れ, 有二年一たびも曾遊, 有二年矣頃日賃得一屋復還, 有二日為亡友高君子融小祥期矣, 有二歳の老人, 有二萬餘戸東行至不彌, 有五年選挙を繰返す, 有五而笄とあります, 有亭者吾院之所有, 有人為三翁立伝当収先生此詩於賛中, 有の女婿, 有付いた時にも, 有付かせ候様, 有付きたいと思い, 有付けず塩からい, 有付けぬとなる, 有付けやうといふもん, 有付けるように, 有付事と兩手, 有付以後は盜賊, 有付工夫をなし, 有仰いましたでは御座いません, 有仰いますなら何か, 有仰ったではございません, 有仰ったらいいでしょう, 有仰らうとなさる, 有仰らなかったでしょうね, 有仰らんのです, 有仰るなら竹法螺吹い, 有仰るなら泣きますとも泣く, 有仰れないやうに, 有伝者に取立てられ, 有位有声と有位無声, 有位無位併せて, 有位無声とがあります, 有位者というよう, 有何意画幅懸来, 有何處のお家, 有使の其の, 有信氏からきつ, 有の箱, 有候三版には大分, 有候島中に此状, 有備館の用掛り, 有は些, 有於無間, 有載放勲乃ち徂落, 有八尺にし, 有八毛三栗中上不来, 有之但, 有六寸の巨躯横綱力士, 有六年の心裡, 有かやう, 有共今此處へ粂之進, 有共其疵口の不審さ, 有共小山田と云, 有共白状せぬ中, 有其以てする, 有其方が身の代金, 有の事, 有内助之方, 有にて更に, 有の曲線, 有前代未聞のでき, 有創造的事業と等しく, 有助主人松蔭大藏方へ忍び込ん, 有勢裡に彼, 有して, 有医村であって, 有千坂有而上杉有唯是, 有千餘家南至投馬國水行二十日官曰彌彌副, 有南北なりとも仏性, 有無という, 有子供同士の, 有の中, 有無句, 有召見之命, 有荒山原, 有右夫婦の者, 有の手拭, 有合さず菜漬づかい, 有合したコニャク酒を, 有合す碗石五器にも, 有合わさなかったのです, 有君而無臣を慨, 有の者, 有命數にや日増, 有和蘭人も赤面, 有と云, 有べる, 有好古者謬云, 有嚢群は濠州, 有四五妻其餘或兩或三, 有因果等あると, 有の家人, 有国々の訛, 有土岐弾正おなじく道謙, 有地名を誌さ, 有堂宇重修之挙, 有の法悦, 有声化して, 有声映画製作者にとってはこの, 有声活動写真をつくる, 有聲, 有天あたりで正式, 有天地非人間, 有太井川と云, 有太郎さんは親孝行, 有奇蹟を解釈, 有女人設欲求男とありま, 有女六七百人名太子爲利歌, 有如此之藝能, 有と書い, 有や心配, 有始有本有妙有などは限定, 有の士族, 有姿のま, 有嬉しく思ふは, 有孔孟道徳之文章, 有存在の一種, 有孫呉韜略之兵法, 有春夏秋冬軌道之, 有与君善, 有寃親想永脱諸悪趣, 有山崎屋敷と云処, 有山辺に妹, 有とか言, 有島生馬南薫造の両君, 有嶋生馬君と共に満蒙, 有などは芋, 有己百支國次有伊邪國, 有の妻, 有平生より心, 有年山から城下, 有年川を越える, 有禽窺, 有幾峯買得住來今幾日尋常誰與坐從容, 有幾銭と書き, 有との言, 有度村の農家, 有の人, 有廣西洞院時慶の兩公卿, 有引力論や光, 有彼地より兩人同道, 有の災, 有得ないからこれ, 有得べき事でない, 有得る事である, 有御所的之役人云々, 有御礼申上候来年は御, 有思つて居る, 有怪我人は数, 有之四子, 有悪い処へは, 有い處, 有非無想処, 有意識にも無意識, 有という短文, 有感信致別而家内, 有慧心などと譬喩品, 有倦於多劫中常作国王発願求於無上菩提心不退転為欲満足六波羅密勤行布施心無, 有ひに, 有所不能變者蓋淪於塵俗而莫之覺也, 有所云爲輒灼骨而卜以占吉凶先告所卜其辭如令龜法視火, 有所方面に落ち激つ, 有所謂外面如菩薩内心如夜刄と佛, 有手無手の問答, 有歓処, 有詩うつさせ, 有春人遊春人盡空池在直, 有故に渠を, 有效成分があるであらう, 有文富小路敬直なぞ, 有文庫に殘つて, 有新小岩小岩の町, 有新香書古香, 有日無我有我無日, 有日道之助は例日, 有日野屋孫兵衛と申もの, 有昇自らは弾丸, 有昇馬を寄せ, 有明け行燈が仄か, 有明子新声社の主人, 有明月に立ち, 有是等が確か, 有時一同に罷, 有時右馬ノ頭茂時, 有が千人, 有無智, 有月光窺客牀喜此波上甚静穏笑我閑中却多忙或説礦業, 有本有妙有などは限定, 有杜鵑花数株其先人所栽与山室士彦, 有杼翁之志乃空成往乎, 有松柏後彫之質云, 有柄花であって, 有柄葉は根, 有國云々といへる, 有格小野圭庵の如き, 有無槨, 有業者の第, 有楼収全境, 有の工夫, 有楽古田織部光悦小堀遠州, 有楽座主事と五月, 有楽座主任来り島津保次郎演出, 有楽座人形芝居の事, 有楽座人形芝居二ノ替, 有楽座側へ靴音, 有楽座四月興行に上演, 有楽座案を相談, 有楽座清元会に徃, 有楽座総見物をなす, 有楽座見物なので, 有楽座見物気楽な映画, 有榴房之福, 有樂町にある, 有樣子なれば, 有樣宛然麻殼を扱かふ, 有樣繪ならでは, 有横河断海之浮雲, 有樹木并巨竹を産し, 有機体なり, 有機体説的に解釈, 有と問, 有此住寺も又, 有殿爾携二人入居而老目不為死不為而永世爾有家留物乎世間之愚人, 有水一生閑朱門不管渠痴絶, 有汝ぢ三河町二丁目の伊勢屋五兵衞養子千太郎, 有池池中有水水中有魚三頭九尾不食人間五穀, 有に暮れ, 有洛東にて騎馬音楽有, 有洸さんも対坐, 有の山かげおぼろ, 有渡山の山の端あたり, 有渡郡田子の浦在駿河不二郎, 有滯無所彈問と云, 有さ, 有爲梁啓超等の新, 有は醜く, 有狗奴國男子爲王其官有狗古智卑狗, 有玉郷では天竜川, 有王島に著き, 有王島下の条, 有王自身の事, 有真可惜, 有生じ死生ずるは, 有生徒の目, 有由豫て聞及びあれ, 有疾病遭暴害便欲殺之, 有不求薬, 有的国家を無, 有的進歩なの, 有隠医, 有が会津, 有盛侍従忠房その他の公達, 有の些, 有泊りそれから, 有之紛如其後, 有石癸斉有石之紛如其後, 有禅僧観有, 有禮君の第, 有科学論に依, 有引かぶり, 有程の誠を, 有種馬が飼, 有種馬牧場を見, 有穆山由利滴水橋本峩山新井日薩七里恒順などという人々, 有空間的即時間的, 有高一十丈許, 有立書序曰皐陶矢厥謨禹成厥功帝舜申之作, 有が養子, 有章院七代家継公のとき, 有章院別当瑞蓮寺へ行っ, 有章院殿と號, 有の息子, 有竹松太郎加藤東作吉田彦六戸島粂之介等々の武士, 有竹松太郎鈴木権太左衛門関口勘之丞戸島粂之介僧範円等の人々, 有竹某と云う, 有三は, 有筈ゆゑ急度今, 有等麻宇之多麻敝礼御心乎安吉良米多麻比, 有なりと思ひしか, 有筒式火器が製作, 有籍者としての待遇, 有糸分裂を研究, 有君休背, 有素幸手出生の者, 有経籍志不録者, 有経緯の根底, 有逃れて, 有縞衣待吾返孤衾如水已三年, 有縹緲の中, 有義氏は本郷, 有とあり, 有を特徴, 有翼犢と云う, 有者二十人代議士五十人とか, 有者哉夫十兵衞は兄長庵, 有者此の處, 有而上杉有唯是, 有而千坂有千坂有而上杉有唯是, 有而已なれども, 有而言ふ, 有而記詞逆心悉顯露云々其後鎌倉中彌騷動, 有の篇, 有胎盤群に食虫, 有脇瀬戸黒神高免の八大字, 有なと問, 有舞サア眞直に白状, 有苦町など呼ぶ, 有華石空揮如意撃碎於其前羅再三取, 有の梨, 有藝戸数十毎戸栽菊培養頗精有高丈許枝亦数尺者, 有蘆岸の子, 有と思はるれ, 有衝波逆折, 有袋類のある, 有な地位, 有の御, 有親必須宮室宮室既備事資器用今謂, 有観念の生みし, 有のもの, 有角大蛇とし, 有角家畜共進会において賞金, 有触れた然う, 有議先遠, 有記記中亦自, 有証事件となし, 有与我同, 有を噛み砕い, 有恐怖悪鬼入, 有諸家増益用廣異聞釋言釋訓以下亦猶, 有だか, 有謀反之企云, 有財餓鬼てえん, 有資格者は一県, 有の文, 有蹄獣の元祖, 有なれば, 有軍尼一百二十人猶中, 有近頃迄土俗稲荷大明神, 有通り當國島田の藤八, 有造ほかに中立, 有造竹内綱等例の土佐派, 有だと, 有過ぎた暇潰です, 有過ぎましたほど儲かりまし, 有道庁の学務課, 有道廳の學務課, 有があがりません, 有礎問之, 有金の, 有郡支國次有, 有郷物語を世にも, 有郷裡の英雄, 有都支國次有, 有重荷負事者可堪母, 有だけでも少い額, 有金千百八十兩盜取申候此時盜取し金, 有然而自無銭, 有鑛山ノ積極的開發等, 有関はんさお, 有附いたと実, 有附かせる外には, 有附かぬ兄弟が, 有附く可き, 有附けぬとなる, 有院様の時代, 有雅風女多男, 有うございます, 有電鉄の沿線, 有非非無, 有にした, 有領巾文だけを照る, 有領巾文光蟹手に纏, 有請伝写者, 有贈, 有と申し, 有飛綿今歳多, 有養子なりなどと云, 有餘人とある, 有餘人呼出しに相成, 有餘先生に師事, 有餘回の秋, 有餘年前即ち第, 有餘年前宗祖弘法大師が支那海, 有餘年前私の意見, 有餘年間ありますが, 有餘年間一人で護持, 有餘歳に出でない, 有餘石に御座候, 有餘箇月大約一萬五千里の長途, 有餘篇にも及んだ, 有體打明てと, 有魂自然自由必然など人類, 有魚三頭九尾不食人間五穀, 有枝葉猶, 有黒し聯落とし