青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「斯~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

斗~ 料~ ~料理 料理~ 斜~ 斜め~ 斜面~ 斧~ 斬っ~ ~斯
斯~
斯く~ 斯様~ ~新 新~ ~新しい 新しい~ ~新しく 新しく~ ~新た 新た~

「斯~」 11283, 105ppm, 1033位

▼ 斯~ (4693, 41.6%)

311 云ふ 178 やって 127 言ふ 62 いふこと 49 言つた 48 いうこと 46 云つた 40 いふ風に 32 思うと 30 いう事 29 遣って 27 云う事 26 なつて 25 考へて 21 見えても 20 云うこと 19 やつて, 云うの 18 いうもの 17 云うと, 云う訳, 説明し 16 丑松は 15 いう訳 14 云ひ, 云ひました, 云ふも, 言ひました 13 いうの, すれば, 考へると 12 いふもの, 云ふこ, 言はれる, 言ひ 11 いふの, いふ言葉, であつ, 云う風 10 いふ事を, 云う時, 云ふと, 声を, 思ふと 9 いふ風な, 云はれ, 銀之助は 8 いふ事が, なつた, 云う処, 云えば, 叫んで, 言うの, 言つた調子です, 言ひます 7 いふわけ, いふ話を, 云うもの, 答へ, 言ひきる, 言われると 6 いふ処, いふ場合, 云うよう, 叫んだ, 考えて, 自分の, 言つ, 言ふんです

5 [22件] いうわけ, いふやう, いふ歌を, いふ種類, いふ連中, するより, ぢゃ, なつたら, なつて來, 云は, 口を, 心の, 思うて, 気が, 決心し, 私が, 私は, 言つた調子でした, 言はれた, 言出した, 訊ねました, 説明する

4 [28件] ある, いふ心持, いふ態度, いふ時に, いふ状態, いふ話が, いふ談話を, するの, であらう, やらやっ, やら暮し, やるの, 云う姿, 云う心持, 云つて彼は, 云われて, 云われると, 平次に, 書けば, 答へて, 考えると, 聞くと, 胸の, 自分を, 言うん, 言つたら, 言つてお, 言つて居る

3 [87件] いふ中にも, いふ事は, いふ人々, いふ人の, いふ処に, いふ奴, いふ好い, いふ思想, いふ時代, いふ歌は, いふ考, いふ處, いふ言, いふ過去, さ, しろと, するん, でもしなけれ, と云う, と分っ, と決心, と知ったら, と言, なつ, まで言, も云, やら其の, 並んで, 云う, 云うので, 云うん, 云う中, 云う家, 云う所, 云う次第, 云う点, 云う生活, 云う言葉, 云つ, 云はれた, 云はれる, 人の, 仰有, 住職は, 叫んだの, 呼ぶの, 呼んで, 尋ねた, 尋ねて, 思ふの, 急に, 感じて, 感じるに, 成ったの, 打ち明けて, 教へて, 斜に, 日が, 深々と, 申すと, 申すの, 私に, 答えた, 答へる, 続けるの, 考へた, 考へたの, 考へるの, 聲を, 聽く, 自分で, 蓮太郎は, 見えて, 言つた八五郎です, 言つた調子で, 言つた調子の, 言つて銀之助は, 言はれ, 言ひ切つ, 言われるの, 訊くと, 訊くの, 訊ねるの, 説明した, 附け加, 頭が, 頭の

2 [223件] いう物, いつもの, いふ不思議, いふ事に, いふ人が, いふ人達, いふ人間, いふ作家, いふ光景, いふ具合, いふ名の, いふ境地, いふ徹底しない, いふ心配は, いふ思ひ, いふ挨拶を, いふ文章, いふ時, いふ時には, いふ晩, いふ月夜, いふ楽しい, いふ機会, いふ歌が, いふ父, いふ男, いふ目に, いふ石は, いふ結果, いふ結論を, いふ經驗, いふ話で, いふ話の, いふ調子, いふ遊び, いふ風で, お云いでした, お出でなさいまし, お出で下さいまし, お前の, か, すると, すると言, で, でもし, でもしなき, という事, という訳, どこまでも, ない事, なくては, なのよ, はつきりと, はなるまい, は云った, ひとりごとを, ぼんやりと, また彼等, また自分, まで深く, もありません, も云う, も未練, も立派, も違, やつて斯, やら今, やら彼, やると, よ, スヤ, 両手で, 並べると, 二つに, 云うお, 云うたもの, 云うて, 云う仕事, 云う場合, 云う塩梅, 云う声, 云う奴, 云う意味, 云う旅行, 云う様, 云う話, 云う身の上, 云う面白い, 云つたと, 云つて, 云つてし, 云つては, 云つてやる, 云つて居る, 云つて彼を, 云つて手を, 云つて私は, 云つて見た, 云つて電話を, 云ひたかつた, 云ひます, 云ひ出した, 云ひ出しました, 云ひ得た, 云ひ棄て, 云ふお, 人に, 人垣の, 仰し, 仰しやつ, 仰有るん, 仰言, 体が, 何も, 來て, 信じて, 俺が, 僕は, 切り出す時, 叔父さんは, 叫びながら, 叫ぶと, 叫ぶやう, 叫んだが, 呶鳴る, 夢の, 如何も, 始めました, 尋ねました, 局面が, 平次の, 彼の, 彼は, 彼も, 彼女の, 彼等の, 念を, 念入りに, 思う, 思た, 思つた, 思つた時には, 思ふやう, 思ふん, 思われた, 感傷的気分を, 成るの, 手を, 暗くなつちや, 書くと, 校長は, 機械的に, 歌ひました, 決心する, 為たら, 父は, 獨り, 用心する, 申されます, 申すも, 申上げる, 目を, 相談を, 礼を, 私を, 笑ひ, 約束し, 納まって, 素人まかせでは, 繪解き, 續け, 續ける, 義雄が, 考へ, 考へたので, 考へながら, 背後から, 自分に, 行屆いた, 見えたつて, 見ると, 言うても, 言うと, 言うわけ, 言つたのは, 言つた途方も, 言つてその, 言つてゐた, 言つてゐる, 言つて叔母は, 言つて小さい, 言つて小池は, 言つて気を, 言つて省吾は, 言つて軈て, 言つて高柳は, 言は, 言ひかけ, 言ひ切る, 言ひ捨て, 言ふて, 言ふも, 言ふんだ, 言わなければ, 訊ねた, 訊ねると, 註を, 話しかけた, 話しかけます, 語り進みました, 語ると, 語るの, 警戒する, 讀めるの, 返辞を, 述べて, 酬いた, 靜かに, 非常に, 額を, 首を, 高らかに, 高飛車に

1 [2137件 抜粋] あきらめやうと, あつた, ある人, いうん, いけないの, いふお話を, いふぼんやりした, いふ一節が, いふ上酒は, いふ事で, いふ事態, いふ人も, いふ作を, いふ儲け, いふ処には, いふ加上の, いふ可愛らしい, いふ呑気, いふ問, いふ因果, いふ地方, いふ塩梅だ, いふ大きい, いふ女らしいやさしい, いふ學問, いふ小綺麗, いふ山の上, いふ島々, いふ形で, いふ忍従に, いふ惡戲, いふ意見を, いふ所を, いふ文書, いふ方向, いふ日も, いふ時の, いふ書斎, いふ枝, いふ歌の, いふ浅ましい, いふ無法, いふ現実, いふ田園, いふ病が, いふ相談を, いふ科学書生, いふ笑, いふ綺麗, いふ老妓, いふ苦しい, いふ表現法は, いふ角だった, いふ訳から, いふ説教の, いふ論議上の, いふ身の上, いふ進言も, いふ酒を, いふ銀之助, いふ關節, いふ面白い, いふ風だ, いふ馬鹿, いろいろに, お世辭, お前が, お栄, かけ離れて, かねの欲しい, か人間並, か己等夫婦, か潜れよう, か足, きつい説法, ささやく心, ざつくばらんになつてから何も, しようね, じゃ浮む瀬, するさ, すると光輝, すると恰度眼, すると軒, するんだい, する物, たくさんは, でせう, でも出なけれ, でも払, でも言, といふまでもなく, とか話した, とは大, と云, と四五十二, と思ひ立つた, と極める, と聞か, と言葉, なあ何處, なだめると, なつた時, なつちや私も, のつて, はっきり言われる, は云, は呟いた, は戴けません, は行かない, は集まらない, ひとり決めし, ほど騰貴, までする, までの早業, までケナシ, まで厭, まで巧妙, まで恵まれた, まで打ち込ん, まで検める, まで滅茶, まで綺麗, まで親達, まで里子, もあらう, もしてやる, も云つて, も変ったら, も思, も思ひ返した, も書い, も甘, も考へた, も行為, も軽薄, も違ふかナア, やったまま, やつて此方, やつれ果てたといふ, やらヤット何十万弗, やら人, やら六本木, やら十二, やら周旋, やら塩酸, やら布哇, やら手紙, やら書付, やら火, やら種々, やら胡魔化, やら讀める, やら遺骸, やります, ゆう単純, わざと知らん振り, カサカサし, スーとして, ニユースを, フラフラとしてねえ, ポーッと, 一々条件, 一方から, 丁寧な, 三人で, 三本指を, 下つ脹れ, 不気味に, 世の中に, 中途半端に, 九郎右衛門, 二人の, 云うが, 云うた全く, 云うに, 云うわけ, 云う不時, 云う仕組, 云う光景, 云う判断, 云う商売柄店, 云う好い, 云う小児, 云う弱点, 云う態度, 云う新鮮, 云う書いたもの, 云う木, 云う気, 云う法律, 云う犯罪事件, 云う真夜中, 云う稚, 云う約束, 云う考, 云う親孝行, 云う貧乏長屋, 云う農民, 云う非難, 云つたさうだ, 云つたのです, 云つた切りで, 云つた氷峰を, 云つていつも, 云つてこちらの, 云つてぷいと, 云つてゐた, 云つてホツと, 云つて了ふ, 云つて仕舞つた, 云つて先生は, 云つて初めて, 云つて又, 云つて君は, 云つて女優たちを, 云つて居ます, 云つて彈力の, 云つて彼女は, 云つて時計は, 云つて海岸の, 云つて皆誉め, 云つて笑つて一人づつの, 云つて腕を, 云つて行け, 云つて酒を, 云はう, 云ひ出す, 云ひ詰めた, 云ふもんです, 云へる, 云われては, 五人で, 人間よりも, 仕よう, 仰云ってよ, 伏線を, 何だか珠数, 來なく, 係蹄に, 信實が, 僕を, 先生に, 八五郎に, 内命を, 凝っと大, 出る平次, 切なさ, 刷つてある, 力強いもの, 十文字に, 南を, 参って, 反問する, 取り繕ろつて云つて貰, 口すさん, 口述し, 叫ぶ声, 叫んだ照子, 吐し, 吹聽し, 呟くの, 呶鳴って, 呼ばして, 呼び止られました, 呼んだ, 唯事でない, 問い乍ら, 問ひかける, 問ひ返す, 噂され, 囁くの, 坐つて, 堅く信じた, 変って, 多分に, 大きな声, 大根を, 大風呂敷, 夫人は, 女は, 好気嫌, 姓名を, 嬉しいか, 安心を, 宣告しました, 寂寞な, 寢て, 少し湖水, 屋敷中で, 島が, 平凡に, 幾日も, 座つてゐる, 廿三坂越え, 引止められるやう, 弱々しい声, 当推量, 彼等は, 御立派, 復た, 心を, 心配を, 怒り出して, 怒鳴るの, 思い詰めて, 思うた, 思うにつけ, 思つたら, 思つてまだ一寸, 思つて勝利者の, 思つて微笑みたい, 思つて私は, 思ふ丑松, 思出し, 恐しく胸騒ぎ, 悪智恵, 想像する, 感傷的気分に, 懸けて, 成つちや, 成れたの, 我輩は, 手繰りました, 打ち明けると, 打明けた上, 扱えば, 抜き合せること, 拍子を, 挙げた顔, 捲って, 揃つて外へ, 揺ぶり加減に, 擽られる様, 改めて訊い, 文平の, 斬下げられました時, 斯うい, 新吉, 旨, 早く引上よう, 明らさまに, 時々生活, 暑くて, 暗くなっ, 書けとか, 松埃を, 校長先生が, 森山から, 極め付けました, 横に, 正直に, 毎日白々しく, 毎晩は, 氣弱く, 決めたが, 沁, 注文した, 海は, 混雜し, 演説を, 為ねえ, 為よう周玄さんが, 無礼の, 無闇に, 燥いだ, 片足踏出し, 物を, 独り言の, 狹い, 獨身で, 生活も, 用心深く考へ, 申しては, 申せば, 疑へ, 白々しく放言, 皿に, 目付っては, 眞面目に, 眼エの, 短兵急に, 磊落に, 私の, 種々に, 穴や, 突き放す様, 突然お, 立ち止りました, 筋道を, 答えられました, 答え乍ら洗い立てた, 簡便な, 素直に, 結んで, 絶望は, 縛るから, 署長は, 習慣に, 考えたので, 考えました, 考が, 考へつ, 考深い, 聞くから, 聽い, 肚を, 背中に, 脆くも, 脱字が, 腹這に, 自分ばかり, 致そう兎, 艶めかしい, 若々しい生命, 苦り切って, 萬事を, 葉書を, 虎ばかり, 行き詰つて, 衣の, 西洋の, 見ては, 見るからに, 見舞の, 覚りが, 觀察し, 解釋した, 言い聞かせたの, 言うより, 言つたお, 言つたのを, 言つた人だ, 言つた八五郎の, 言つた問ひ, 言つた寶搜し, 言つた心持に, 言つた方が, 言つた無精者でした, 言つた聲を, 言つた逞ましい, 言つた顏の, 言つてまた, 言つて了へば, 言つて來る, 言つて再会を, 言つて勸めた, 言つて呉れる, 言つて如水の, 言つて居ましただ, 言つて彼は, 言つて恰も, 言つて淋しく, 言つて癖の, 言つて笑ふ, 言つて苦悶の, 言つて見たい, 言つて顎を, 言はれました, 言ひきります, 言ひ出した, 言ひ残す, 言ふから其時私が, 言ふんで, 言われた聴衆, 言葉を, 詮じ, 話しかけるの, 詳しく意見, 認定すれ, 語り續け, 説明される, 誰にとも, 調子に, 謂はば, 讀めます, 貴方なぞは, 足りないの, 輕い, 迄は幾度, 近い将来, 追つ, 透き通る樣, 遅いんぢ, 運びが, 遣っては, 酒の, 金龍山の, 鎌で, 開き直られては, 附け足したが, 降られては, 難義, 露骨に, 面長で, 頭から, 額口の, 飛び込んで, 餌に, 骨身に, 鷹揚に

▼ 斯~ (1611, 14.3%)

195 なこと 174 な事 76 な風 48 なところ 41 なもの 32 な処 30 なにも 23 な時, な調子 18 な話 16 なの, な場合 12 な嬉しい 10 な途方 9 な物, な言葉 8 なやう, な家, な山, な所 7 な具合, な男, な種類, な綺麗, な顔, な馬鹿 5 なにし, なわけ, な会話, な工合, な日, な気, な状態, な騒ぎ 4 なに, な仕事, な意味, な虐

3 [23件] な, なとき, なに遅く, なふう, な不幸, な人, な商, な嘘, な大きな, な奇妙, な好い, な態, な手紙, な文句, な晩, な村, な機会, な歌, な田舎, な目, な眼, な處, な類

2 [64件] なあんばい, なお語, なぢ, なにな, なになる, なにまで, なによく, なに悠々, なに沁, なに眠い, なに立派に, なに頼りない, な事情, な人物, な僭越, な冗談, な呑氣, な問, な問題, な場所, な声, な夢, な大, な奇麗, な女, な帽子, な忌わしい, な怖, な恐ろしい, な悪, な愚, な憎, な文字, な景色, な暮し, な月夜, な楓, な淋しい, な激しい, な煩い, な甘い, な生活, な病気, な皮肉, な祈願, な科白, な立派, な素晴, な素晴らしい, な細工, な結構, な羽織, な者, な聖書, な芝居, な苦労, な虚言, な訳, な説明, な道, な酷い, な重い, な長閑, な非業

1 [552件 抜粋] ことを, でも, なあはれ, ないきさつ, ないたずら, なうまい, なおとなしい, なお優しい, なお婆さん, なお座なり, なお膳, なお芽, なお饒舌, なきき, なこと位, なしを, なじめ, なそう, なだし, なつまらない, なつらい, なて, なでつかい, なでは, なところで, なにお, なにぐづ, なにしげしげと, なにしてる, なにだらしが, なにで, なになった, なになり, なになりました, なにびっしょり, なにもの, なにわざとらしい, なにガツ, なに一列に, なに一時に, なに乱雑な, なに云っ, なに云つても, なに他人に, なに具合の, なに円かに, なに円満に, なに冷たい, なに冷たく, なに切っ, なに勝つ, なに厄介な, なに叫ん, なに可笑しい, なに呟く, なに変つた, なに多数の, なに夢中に, なに大きく, なに女に, なに客が, なに家が, なに寂しく, なに川床が, なに己惚が, なに広い, なに引ツ込み思案に, なに彼女は, なに待たされ, なに待たし, なに心配さうな, なに心配する, なに忠実に, なに悧巧な, なに悲しく, なに慌て, なに成った, なに散ら, なに早く, なに早朝から, なに晴れ, なに根気好く, なに歩きます, なに気が, なに気どらなけれ, なに沢山, なに深刻に, なに溜つてゐる, なに澄み, なに激しい, なに無, なに無知で, なに無辺に, なに痛い, なに痩せ, なに痩せ細っ, なに眉毛が, なに眞劍に, なに真面目さうな, なに破壊され, なに種々, なに窮してる, なに窮屈に, なに窶れ, なに符合する, なに素晴しい, なに群衆の, なに老人的高慢心を, なに考えた, なに考へ, なに脚が, なに船の, なに苦しん, なに蕪雑な, なに見所が, なに詳しく, なに読ん, なに貧しく, なに貧乏する, なに貧乏だ, なに賑かな, なに軽蔑し, なに迄, なに逆せた, なに速く, なに遅い, なに遠く, なに遲くまで, なに酔つてゐ, なに酔つてゐた, なに酷い, なに金が, なに長い, なに長たらしい, なに離れ, なに雨が, なに震える, なに青白く, なに響く, なに頼りなく, なに騒い, なに騒ぐ, なに驚いた, なに驚き易い, なに麗らかな, なに黒く, なに鼠色に, なのに, なはなし, なぶつ, なもの一ト息, なもん, なわる, なイヤ, なエピソード, なコツ, なゴミゴミ, なタヴレツト, なトボケ, なボロ, なポーズ, な一方, な一節, な丁重, な上天気, な下らねえ, な下宿屋, な下手, な下等, な不思議, な世にも, な中味, な乞食, な乱暴, な事実, な云, な亢奮, な交際, な他, な他人前, な他愛, な仰山, な伝法, な伝説, な位置, な余計, な例, な侍, な信号, な個所, な借家, な借金, な偏僻, な健康, な僻見, な兄貴, な光, な光景, な六ヶ, な写真, な凄, な出来事, な切実, な切端詰つた時期, な判らん, な刺激, な勤勉家, な医者, な卑しい, な卑俗, な卑近, な単純, な取返し, な受け, な口, な口惜しい, な古臭い, な合間, な名, な呑気, な哀れ, な哲理, な唄, な唖鳥, な唱歌, な商売, な喜び, な噂, な因循, な団欒, な図々しい, な国, な圓圓, な土, な変, な外部条件中, な大げさ, な大まか, な大事, な大人し, な大胆, な天気, な天気ぢ, な夫人, な奇怪, な奥床しい, な好意, な妙, な姿, な娯楽, な婆ア狐ぐらひ, な嬶, な子供, な孫, な宅, な宵, な家位, な寒い, な尋常, な小, な小さい, な小指, な居敷, な山の上, な山中, な島, な市井, な席上, な平凡, な幸運, な幻覚, な幼稚, な広い, な廣, な廻り道, な弱い, な形, な得, な御, な心持, な心持ち, な心残り, な心的状態, な心配, な怖い, な思い, な思ひ, な急, な怨, な怪奇, な怪我, な恐ろし, な恥, な恰好, な悪戯, な悪戯書き, な悲惨, な愉快, な愚か, な愚問, な愚痴話, な愛書狂, な感傷気, な態ぢ, な態度, な慾, な憎い, な懺悔, な手付き, な手合, な手続き, な打, な折, な拷問, な挙動, な振舞, な挿話, な掘出物, な掛声, な掲示, な文章, な新, な早朝, な春, な時刻, な時彼, な暗い, な月, な有, な有り得べからざる, な服装, な本, な枯枝, な格好, な格恰, な棄科白, な様, な様ア, な樂, な樣子, な機構, な残酷, な毒, な毒口, な気まぐれ, な気分, な気持, な氣, な氣樂, な汚, な汚い, な派手, な流言, な浅ましい, な浅間, な浪人, な渋い, な温泉町, な渺, な溜息, な激励, な無, な無心, な無理, な無神経, な無謀, な無駄, な焦慮, な父, な物蔭, な犬猫, な狭い, な珍, な理屈, な生活状態, な田圃, な田舎警察, な画, な異, な異状, な病, な発作, な發明, な的, な目ツカチ, な目出度い, な相談, な眞劍, な真, な知らない, な私, な稼業, な穢い, な穩, な穴, な空々しい, な空想, な突調子, な突飛, な立, な章, な節, な簡單, な粋事, な紙ぢ, な細い, な細かい, な経験, な結果, な美しい, な老, な老人, な老成, な考, な考え, な考古学, な肉, な胡散, な自分, な良い, な苦界, な苦痛, な草深い, な荒い, な荒れた, な莫迦げた苦労, な落着, な薄暗がり, な行為, な袋, な装飾, な裏家住居, な複雑, な見ず知らず, な見せかけ, な計画, な詰らん, な話聽, な調法, な貧乏世帯, な賑, な質問, な贅澤, な踊り, な身の上, な身重, な身體, な軍歌, な辛抱性, な辺鄙, な辻棲, な近く, な近事, な返事, な逃げ場所, な途徹, な通知, な遊び, な遊戯的情景, な道具, な道具だて, な遠く, な部屋, な酒, な酒場, な酔態, な醜い, な金目, な鐘楼, な鑿, な長, な間に合せ, な関係, な院長, な隱, な雁首, な離室, な難, な雨, な霊, な青い, な静か, な面, な靴, な音, な順序, な題名, な風つき, な風俗, な飛ん, な食物商, な馬車, な馬鹿気, な馬鹿馬鹿しい, な騷ぎ, な騷ぎで, な髪結道具, な魅惑的, な麗らか, を

▼ 斯うし~ (1036, 9.2%)

19 てゐる, て居る 11 た場合 10 て彼 9 て置け 8 てい 7 たもの, てお, てこの, ては居られない, て私 6 たわけ, ている, てゐ, て生き 5 た所, てはゐられない, て二人, て置い

4 [11件] た事, た場所, た生活, た話, て, て又, て君, て居た, て御, て此処, て自分

3 [19件] た例, た土地, た女, た時, ちゃいられない, ていれ, て一緒, て事件, て何, て八五郎, て坐つ, て寝, て彼等, て新, て歩い, て独り, て見る, て酒, なければ

2 [63件] たいと, たこと, たの, たら宜, た事件, た人, た仕事, た傷物, た取止め, た手紙, た物, た田舍, た田舎, た男, た私, た苦行, た言葉, た貧しい, た質問, た風, ていた, ておくれ, てお母さん, てくれ, てさよなら, てやう, てるうち, て一まとめ, て上やう, て世, て久しぶり, て九郎右衛門, て人, て今日, て休ん, て來, て僕, て千曲川, て博士, て家庭, て居, て居られる, て帰っ, て平和, て斯, て斯様, て旅, て日毎, て春, て書く, て此, て歩いた, て沁, て獨, て病室, て益々, て眺め, て葉, て親しく, て飛び出し, ましょう, ますよ, ませう

1 [654件 抜粋] た, たいろいろ, たおだやか, たかなり, たこの, たまじめ, たもねえ, たらいい, たらお客様, たエロキユーシヨン, たロマンス, た一人, た三月下旬, た下宿, た不幸, た世才, た事実, た事情, た二つ, た二人, た人達, た仇, た作品, た俗事, た信濃, た傲岸, た傾向, た儀式, た処, た努力, た勝手, た卑劣, た友達同志, た口紅, た口繪, た商, た商売, た問題, た嚴格, た地上, た地主, た壯大, た夢, た大, た天気, た失敗, た女子供, た学生町, た実証, た家ごと, た家格, た小さな, た少女, た展望, た山國, た平, た幸福, た幼稚さ, た店, た彼, た御家, た怪奇, た怪奇事件, た悲哀, た意味, た戒律的実践, た手続, た打, た揚句圭一郎, た支流, た旅先, た日々, た早春, た時代, た景色, た暗い, た暗示, た有, た材料, た森, た歡樂境, た死顏, た気持, た油断, た浦曲, た深い, た深謀, た湖上民, た溢れるよう, た潔い, た無心, た父子二人きり, た片言, た獸的, た珍魚共, た現象的, た環境, た生活状態, た申込, た男性的, た病的, た癖, た百姓生活, た盲目意志, た神様, た神社, た種類, た穀粉, た空気, た簡單, た縁, た聲, た肝腎, た能力, た腹, た自分, た苦勞, た荘厳無比, た行動, た訳, た詰問, た誤が, た趣, た軽い, た遅い, た運動, た酒, た間違, た隱, た雨, た青年, た顧慮, た鬼, た鮫島, た麁相, ちゃ居られない, てあれ, ていつか, ていつも, ていられない, ていられる, ていろ, ておく, てお前, てお客様, てお話し, てくるしん, てここ, てしつかり, てじっと, てすべて, てせわしい, てその, てそら, てたうとう, てたつた, てちやん, てちよい, てつかまっ, てつぶやく, てと云っ, てどの, てね, てのこ, てはいられない, てはゐられなく, ては居られぬ, てみな占領, てめぐり逢う, てもいられん, てもう, てやる, てゆ, てると, てろくな, てわいわい, てゐさせる, てゐたい, てゐない, てゐなけれ, てゐなさる, てゐられない, てアグネス, てカテリイヌ, てトニィ・フェルナンデ, てハンス, てブラ, てペン, てボンヤリ, てモニカ, て一つ, て一つ屋敷内, て一人, て一切, て一日, て一日々, て一時間, て一月, て一枚, て七色, て丈太郎, て三人目, て三分の間, て三年目, て三度目, て上げたら, て上つて, て下さいまし, て下さる, て下男元吉, て不幸, て不満, て丑松, て両方, て並べ, て並ん, て丸くっ, て之, て九十八人裸, て五人, て人様, て人間, て今, て仕事, て会場, て何所, て作る, て例, て依怙地, て俺達, て働け, て先, て八年以来貧乏世帯, て其, て其の, て内儀, て冬ごもり, て冷, て凝, て出かけ, て出す, て出ました, て出来上りました, て別, て別々, て別れる, て北海道, て十年, て午後, て半町, て卵, て厨川君, て又もやそれ程, て友人, て友伯父さん, て向き合つて, て向き合つて夜, て吾儕, て呉れ, て命, て唯, て喪むら, て土地, て地中, て坐っ, て声, て外, て夜更, て夢, て大変, て天城, て天気, て夫, て女, て女中, て妻, て妾, て始め, て娘, て家, て家々即, て寛濶, て寺, て小さい, て小さな, て尾行, て居たら, て居ない, て居られない, て居られぬ, て居残つ, て山田, て嵐, て巨大, て帰省中, て平次, て幾年, て幾度, て幾時, て庇っ, て座つて, て張ってる, て彼女, て彼方, て待ちます, て待っ, て待つ, て御飯, て復, て微笑, て心配, て思ひ, て急, て悠悠, て愛ちやん, て成り立ちました, て我輩, て戸板, て手紙, て打, て拝見, て持つ, て揃つた姿, て放し, て救われる, て散文, て数年住, て新しい, て新橋, て新聞配達, て旅行, て日米, て旦那がた, て明方, て易々, て時間, て暫, て暮し, て暮したくなった, て暮らし, て書いた, て書かず, て書物, て有れ, て有耶無耶, て本当, て東京, て松, て植民地, て横, て次, て止まつ, て此学校, て此島, て此等講中, て武装, て歯, て歸, て死ん, て母, て母親, て毎, て毎年旅, て毎日君, て毎日氣, て毎晩, て永久, て永久世, て汝等, て法廷, て法水, て浮, て温順, て源次郎, て火, て無, て無事, て焦躁, て父, て牛歩遅々乍ら着実, て牢獄, て牧場, て犯人, て犯行, て狂, て現世, て生きた, て生きたい, て生きる, て生れ, て田圃, て町, て皇子, て目, て直ぐ, て省吾, て眠り, て眠る, て着用, て石燒, て碧巖抔, て神界, て種々, て空, て窓, て笑つて, て第, て筆, て約, て紐, て細君, て終りかける, て給仕, て緩く, て置かなき, て置かなけれ, て置き, て置きました, て置けあ, て羽織, て翌日, て考え, て考える, て聴い, て腹, て膝, て膳, て興味, て船, て花嫁衣袋, て苦勞, て茶屋, て荒れ, て莫大, て行きます, て行ったら, て裏, て見れ, て見張つてる, て覚え, て親子七人何不足, て訂正, て話, て話し, て語つて, て誠実, て論じ, て貯, て貴, て貴君, て貴方等, て賑やか, て赤外線写真, て身分, て車, て辿り着い, て送, て逢えた, て遂, て遊ばし, て遊ん, て遥々, て邪気, て都, て酒新聞社, て醉拂つて, て釣, て錢形平次, て鑑別, て長い, て関東平原, て防衛, て集まつた, て雜念, て離れ, て難儀, て電灯, て電話口, て霧雨, て静, て音, て順々, て頭, て顔丈, て飛ん, て飛出し, て食べさし, て飮め, て飯山, て飾りもの, て馬, て黙, て鼻, なきア, ました, ましょう知れないよう, ます, ませう明後日, まほ, やう私が

▼ 斯~ (1036, 9.2%)

37 如くに 19 如きは 18 如きもの, 如し 14 如きの 8 如くし, 手紙を 7 様な 6 やうに, 如きこと, 如き事 5 光景を, 如き者 4 如き大, 如くなれば, 文を, 部屋の 3 ように, 人は, 女の, 如き考, 如くの, 様に, 混雑の, 種の

2 [63件] ごとき人, ような, 人が, 人を, 兒は, 叔父さんの, 可傷, 国是を, 大傾斜, 如きに, 如きのみ, 如きを, 如き事実, 如き御, 如き戦, 如き方法, 如き時, 如き最悪, 如き状態, 如き種類, 如き統一力, 如き自然, 如き行, 如き都合, 如くす, 如くすれ, 如くせん, 如くである, 如くなら, 如くなりき, 如くなるを, 如く人間, 如く展転し, 如く平気, 如く明白, 如しと, 姫子沢へ, 子供等の, 家で, 家の, 寺の, 寺へ, 小父さん, 少年の, 屋根の, 山の上の, 思想に, 手紙の, 手紙は, 文に, 時に, 有髪の, 牧場に, 牧場の, 状態が, 神, 言葉を, 訪問者が, 道に, 道の, 雪の, 飯山に, 飯山へ

1 [713件 抜粋] あたりの, ある都市, お寺へ, お暑, お霜婆, きれを, ことを, ごときをもって, ごとき害, ごとく毒, ごとく汝ら, ごとく重大, ごとし, しらせを, どっちから, はかりごと, もので, やうな, ブラン・モウル大学の, ワクチン療法その, 一室が, 一年を, 一息の, 下婢は, 不幸な, 中なる, 中世紀薩珊王朝の, 亂暴な, 争論の, 二人は, 人, 人と, 人ばかりは, 人名である, 人名または, 仕事が, 仕事を, 仕合なりと, 仕合に, 仕合故, 伝説は, 伯母さんの, 住慣れた, 何時迄も, 僧, 兄の, 先祖の, 児の, 児は, 兒ほど, 六左衛門の, 内儀さんは, 内部の, 刑罰は, 労働の, 千載一遇の, 参観人と, 友人の, 叔父に, 古い僧坊, 古代, 古代宗教思想の, 古代文学に, 古代文学を, 古代文學に, 古代文學を, 古壁, 名稱, 品にて, 品ばかりの, 噂好きな, 国家の, 土地で, 土壁の, 地希くは, 坊主に, 場処を, 壁掛けの, 夕暮に, 夕暮を, 大きな問題, 大日向といふ, 大理, 大祭の, 天気の, 天長節で, 女です, 女は, 好い天気, 如き, 如きが, 如きはた, 如きまま, 如きをも, 如きを以て, 如きインスピレーシヨン, 如き一思想, 如き一条, 如き不, 如き不条理, 如き事態, 如き事柄, 如き云, 如き人格, 如き仏弟子, 如き仮定, 如き作用, 如き倫理学説, 如き偉大, 如き偏頗, 如き児, 如き其動機目的, 如き功業, 如き労働者, 如き区別, 如き厳しい, 如き古来未曾有, 如き商品, 如き問題, 如き壮快, 如き変態, 如き夢, 如き夢想, 如き夫, 如き女豪傑, 如き宗教, 如き室内競馬, 如き實務的, 如き尾羽, 如き屍体飜弄, 如き形態, 如き形象, 如き待遇, 如き心眼, 如き恋愛論, 如き患者, 如き悲劇, 如き悲境, 如き憲法, 如き戦争, 如き戦慄, 如き所, 如き挙動, 如き救, 如き文士, 如き文面, 如き日本, 如き時勢, 如き書, 如き有力, 如き有益, 如き根本的理想, 如き永口上, 如き淺はか, 如き漆黒, 如き演劇的同盟, 如き無作法, 如き犯罪, 如き状勢, 如き現象, 如き男, 如き直覚的経験, 如き相違, 如き真相, 如き神秘力, 如き空論家, 如き結果, 如き美しく, 如き自然主義, 如き自白, 如き良好, 如き花やか, 如き芸術, 如き蛮行, 如き被告, 如き観念, 如き解脱, 如き言動, 如き訳, 如き論戦, 如き變化, 如き讒誣, 如き選り別けを, 如き重圧, 如き量見, 如き長大, 如き風貌, 如くかの, 如くする, 如くだ, 如くで, 如くでございます, 如くなりしが, 如くなりと, 如くなるが, 如くなるに, 如くなるべ, 如くなるべき也, 如くなる可, 如くぶち, 如くよの, 如くヒド, 如く一の, 如く一は, 如く一時の, 如く一種の, 如く之, 如く二回三回數時間の, 如く何卒, 如く余は, 如く偏曲なる, 如く僕, 如く内地, 如く勝利を, 如く北斎国芳国貞ら江戸時代, 如く嚴重, 如く固有性, 如く國家, 如く変化なき, 如く多恨, 如く大に, 如く大乗的仏教, 如く奇怪, 如く安眠する, 如く完備したる, 如く害, 如く将門思惟す, 如く少額, 如く山伏, 如く差料, 如く帳面, 如く平和, 如く広く, 如く強硬, 如く心得, 如く怖い, 如く悪口, 如く惜, 如く意, 如く慥, 如く我, 如く戰國時代, 如く所謂宣伝の, 如く推断し, 如く擧國一致, 如く斜視, 如く日本, 如く明瞭, 如く村を, 如く東西道徳, 如く枯れる, 如く機運, 如く權利, 如く欺く者皆彼, 如く此入定, 如く殘酷, 如く法律, 如く泥だらけ, 如く漸次順, 如く無造作, 如く現実, 如く瑣末的, 如く生, 如く生くる, 如く生くるも, 如く発達し来りたる, 如く目の, 如く真実, 如く真面目, 如く知と愛, 如く立派, 如く約束を, 如く組織せられ, 如く繋る親類ゆゑ假令, 如く美を, 如く考, 如く脩辞, 如く落, 如く襤褸袴, 如く見えき, 如く覚醒したる, 如く言, 如く認めたる, 如く象, 如く賞罰夫, 如く身請, 如く追, 如く遊, 如く金を, 如く鑛業人一人, 如く霊, 如く非常, 如く面倒, 如しさらに, 如しだ, 如しであるなら, 如しなどと, 如し今日一事を, 如し仏蘭西も, 如し依, 如し後, 如し後世の, 如し意は, 如し我も, 如し時代には, 如し正面に, 如し此事我々の, 如し深く, 如し相摸殿にも, 如し遺憾に, 如アイナイアースの, 妙機を, 妹の, 姉さんでも, 姉妹が, 始末に, 娘ばかり, 婆さんでした, 婆さんと, 婦人に, 婦人は, 子供の, 子供らし, 学にとっては, 学校を, 宗教が, 官吏の, 客が, 家に, 家へ, 家族が, 容貌を, 寂しい田舎, 寺のも, 寺を, 小屋の, 小母さんの, 少年は, 少年を, 尻下りの, 屠牛場に, 山で, 山の上を, 山国に, 山家の, 山間に, 山間を, 川の, 工學士が, 年甲斐の, 年頃に, 幼馴染の, 広濶, 座敷までも, 廊下が, 廣い, 待合室に, 御天気, 徳行を, 心は, 心地は, 思想は, 思想を, 惡戲は, 意匠などは, 意味を, 愛情は, 感応あらずし, 手紙には, 支配階級が, 教室へ, 文學には, 文學にも, 文物が, 新しい交際, 方は, 方も, 旅は, 旅を, 旅舎の, 日頃永らく, 早婚は, 星夜の, 暦法が, 木曾の, 村から, 村で, 板の間に, 枯, 校長と, 校長の, 根津村にも, 根津村の, 梵授王一の, 様だ, 様子では, 次第に成行, 比倫なき, 民族の, 気丈夫な, 求道者を, 決心が, 洋食屋から, 海岸に, 海岸へ, 炉辺を, 烏帽子ヶ嶽の, 焚火の, 熱くなつ, 熱度表の, 父の, 牛飼の, 牧場は, 物見高い沈黙, 犬には, 狐の, 狭い噂好き, 王子ハルン・アル・ラシドといった, 理想は, 男の, 町に, 町へ, 番人に, 番小屋を, 畫家を, 疼痛が, 病人は, 社会だ, 社会に, 神経の, 私の, 空には, 細君の, 絨氈, 編を, 美しい穢多, 老朽な, 老爺が, 老爺は, 考への, 耳で, 臆病から, 花の, 芸術の, 若い植物学者, 若きの, 茅宇に, 草の, 草屋は, 著述は, 蓮華寺へ, 西に, 西乃入には, 言の, 言を, 記念の, 詩書を, 話を, 談話の, 軍人として, 軍歌に, 辰に, 途中行列が, 通り, 通りと, 通り一緒に, 通り成ぞ, 通り日も, 通り畳建具なども, 通り簡単な, 通り脚気で, 通り致した, 通り部屋を, 運動場から, 道を, 選挙は, 遺骨の, 邊の, 郊外の, 部屋, 部落に, 重いので, 金を, 鍾愛の, 降り積つた雪の, 際選挙の, 隣の, 雪に, 霙を, 静かな, 題を, 風説に, 飯山の, 飴屋さんは, 飾りの, 馬に, 馬丁も, 骨の, 體と, 鸚鵡冊子より

▼ 斯うい~ (511, 4.5%)

20 う処 19 う時 17 う風 14 う場合 10 う人, う具合 9 つた 8 うお 6 う事情, う所, う次第 5 う話, ふんです 4 う声, う結果

3 [17件] う, うと, うのに, う事件, う人達, う先生, う因縁, う女, う始末, う御, う意味, う理窟, う痣, う言葉, う調子, う足跡, う身の上

2 [25件] うよう, う不思議, う名, う問題, う席, う形, う心持, う感じ, う態度, う手, う手紙, う折, う時に, う時世, う暗示, う理由, う経緯, う美しい, う羽目, う芽出度, う計画, つてお, つて又, つまでも, ふんだ

1 [267件] うお方, うお話, うお願い, うにも, うのさ, うのにか, う一家, う一身上, う不自由, う不謹慎, う不都合, う世間, う中, う乱暴, う事実, う亡者, う人間, う仏, う仕事, う代物, う会合, う作品, う使い方, う価値, う便利, う信者, う倉皇, う傾向, う働き人, う優れた, う光景, う内助, う冗談, う分らず屋, う切っかけです, う切れ切れ, う別嬪, う前, う勢力, う勤め, う厄介者, う厳正批評, う同情, う名前, う吾, う品, う商売, う噂, う因果, う因縁ごと, う国, う土地, う報告, う場合千吉君, う場合私達, う場所, う場面, う塩梅, う塲合, う境涯, う墨, う変事, う夕暮, う多く, う夜, う夢, う大, う大きい, う大将, う大漁, う奴ら, う好い, う姿, う威嚇, う娘さんがた, う婦人, う子, う孤独, う学校, う安い, う家, う家庭, う対談, う小さな, う尾無し, う山, う山国, う山村, う島民, う工合, う帯, う広々, う広告, う店開き, う廃品, う廃物, う廓, う建, う弊風, う心, う心掛け, う心理状態, う忘我, う忙, う応援団, う忠良無比, う思い, う思惑, う患家, う患者, う悪い, う悪人, う悪声, う悪戯, う悲劇, う感情上, う我儘, う手堅い, う手順, う掛合, う教え, う教育, う散歩, う文句, う文壇, う文学, う文章, う文芸, う料理屋, う旦那, う旦那さま, う旦那ゆえ, う時に何とか, う時分, う時気, う暗い, う暢気, う最中, う有りふれた, う本当, う柔和, う極, う機会, う歌, う正直, う死骸, う殺人事件, う気持, う気持ち, う気風, う浅ましい, う清々, う無駄話, う物語, う特質, う犬ころ, う独逸人, う理想, う理解, う生活, う田地, う田舎, う画, う病院, う瘤腫, う真正, う真面目, う着物, う睦さん, う確か, う祠, う秀才, う空気, う窮命, う立派, う筋, う筋合, う算術, う粗い, う精神状態, う経験, う結婚, う結構, う緊張, う総理, う縁談, う美人, う考え, う職業, う良い, う芝居, う芸, う芸道, う苛酷, う苦労, う茶見世, う蔵持, う薬, う行き方, う表現, う要領, う見地, う見舞客, う規則, う覚悟, う証拠, う話合, う議論, う豪語, う豪農, う貧乏人, う趣味, う身体, う身分, う軒並, う軽い, う軽侮語, う農夫, う返辞, う連中, う遊び場, う道楽稼業, う都合, う重宝, う野蛮人種, う長い, う閑, う関係, う険しい, う際, う雄大, う雛妓, う霊場, う非常時, う非業, う順序, う顔, う顔付, う馬鹿らしい, たせば, っても安子夫人, ってイブロバッツ氏, って喜ばしく, って廉, つたとか, つたのである, つた人達も, つた現, つてひとりなげく, つて多くの, つて彼に, つて石鹸を, つて耳を, つて見た, はれて, ふお慈悲, ふかたちの, ふきつ, ふしき, ふたぐひ, ふところで, ふところ好きでせう, ふとマリヤン, ふと周子, ふと春三郎, ふ化粧品を, へば現在

▼ 斯~ (416, 3.7%)

9 事の 4 事を, 大金を, 所へ, 種類の, 處へ, 類ひ

2 [35件] ことが, ことの, ときに, 上奏文を, 事さへ, 事とは, 事に, 個人性を, 内閣の, 危険な, 場合には, 場合の, 始末と, 怪異を, 惡人なれ, 意味に, 意義に, 憂目, 成行に, 所に, 所ろへ, 手段を, 政治的道徳を, 深山に, 深山へ, 無實, 物の, 禍ひ, 結構な, 美人に対する, 苦界に, 要求の, 連中の, 重大の, 風説の

1 [313件] ことごとは, ことは, ことを, ことをや, こと相, とき怒りの, ながめ, むつまじき御事, ものが, をや云うなら, スローガンを, スローガン的アツピールを, フイランスロツプが, 下郎に, 不名誉なる, 不名譽, 不幸に際して, 不徳の, 不徳は, 不心得を, 不思議な, 不自由の, 世に, 世上の, 世界の, 中にも, 事, 事が, 事と, 事な, 事にまで, 事にも, 事に迄, 事出來せしか, 事実の, 交通有たるを, 人々ありし, 人さへ, 人なれ, 人は, 人最も, 仮面の, 作法も, 侮辱に, 信號には, 偉大な, 偽りの, 兇行を, 内政の, 凖備は, 処にのみ, 処の, 処へ, 凶惡上將軍の, 切創を, 刑死の, 労働に, 化物は, 医官の, 卑き, 単純なる, 危い, 危き所へ, 危險なる, 危難に, 厭味は, 受動若く, 古めかしい田舎者, 古風な, 叫喚に, 同じ状態, 善は, 善人が, 單純なる, 嘲笑の, 噂を, 囚人を, 國際補助語が, 在所には, 地名の, 堂々たる大, 場処が, 場合で無けれ, 場合に, 場合にも, 場合は, 場合山へ, 場合指揮者と, 場合文太郎は, 場所にて, 塲合だ, 塲合に, 塲所の, 境地から, 境地の, 境地を, 境界に, 境遇に, 変死者に, 夜は, 夢の, 大事件, 大層の, 大惡不道, 大疵, 大秘密, 大胆な, 大膽, 大變, 大軍が, 失敗の, 奇才子は, 女性の, 奸物を, 妄念を, 姿を, 姿勢は, 嫉妬心は, 子女の, 孝子を, 孤立的觀念即ち, 客観的荘厳を, 家の, 家業は, 宿の, 寒き雪, 専制治風の, 山の, 山中に, 島の, 工の, 巧の, 巧みに, 巧みの, 巨魚の, 平和の, 幽邃な, 建物が, 弊害の, 徒の, 御人, 御考, 心配を, 恋には, 患者である, 悪事を, 悪戯は, 悪疾に, 悲境に, 惡事を, 惡人とも, 惡人に, 惡心あり, 惡黨も, 想は, 意味にては, 戰艇が, 所は, 手続履践の, 手術で, 折から, 折名乘り, 挙動ありし, 擧動あるべき, 擧動を, 敵意の, 文章に, 族の, 明奉行の, 昭代に, 時, 時に, 時には, 時の, 時人は, 時代に, 時代の, 時宜に, 時神の, 時靜かに, 景色再び, 曲物を, 有様にては, 果敢なき運, 業ひ, 業物なり, 業病に, 極端の, 楽い, 樣見せ, 機会が, 機会に, 機会を, 歌よみに, 殊勝の, 殺人公認の, 母故, 民権自由論を, 民權自由論を, 気運を, 泉の, 注入的の, 浅ましい姿, 深林に, 混雜の, 災難に, 災難まで, 無智短才, 無根の, 無邪気の, 無體, 物語に, 物音の, 特性あれ, 現象を, 甘さ, 生気を, 田舎らしき, 男子を, 男性的な, 町に, 病あり, 盛大なる, 目出度御, 眼病に, 瞋り, 矛盾などと, 研究法は, 確なる, 禍難を, 禽獣の, 私党を以て, 私黨を以て, 秘薬を, 空は, 空気の, 竜巻に, 節にも, 篤志家に, 細君の, 紳士を, 絶島に, 缺點は, 美人が, 習が, 老いたる, 考慮の, 者が, 者とは, 良い村, 花の, 苦学を, 苦痛を, 英断ある, 英斷ある, 草の, 行爲を, 行者は, 見苦しき身装, 規定が, 規定の, 評論を, 詳細の, 認識の, 読者は, 論をも, 諸の, 謹厳方正なる, 謹嚴方正なる, 證人有上は, 證據の, 議論は, 讀物1が, 貧窮の, 賑ひ, 賤き, 質問を, 賭博に, 贅沢品の, 通人の, 遊びの, 遊女有べからず, 配慮の, 醜界, 醜行を, 醜談, 醫道に, 重大事件を, 重罪を, 重要なる, 野卑な, 間に, 間にも, 間を, 関係が, 際に, 難儀を, 難儀をも, 難澁, 雰囲気に, 静けさを, 非業を, 非行を, 面白き處, 顕象を以て, 類似は, 顯象を以て, 風流有ける, 風聞聞えな, 騷を, 騷動を, 高貴の, 鳥類を

▼ 斯かる~ (288, 2.6%)

6 場合には 3 ことは, 問答は

2 [15件] ことに, 事ども, 人は, 人を, 処に, 勢力を, 器より, 場合に, 思惟言行が, 性格だ, 憂きこと, 新鮮な, 疑問の, 話を, 間に

1 [246件] おも, けしきを, ことから, ことが, ことには, ことの, こと言放つ, まこと, ものかと, もので, ものは, タイプは, ハムレット的な, モチーフを, 一切の, 下劣な, 不幸の, 不祥を, 不親切な, 世の中に, 主義を, 事あら, 事あらん, 事とは, 事に, 事は, 事を, 事実の, 事態から, 事態は, 事我口より, 事陛下ぞ, 二大校を, 些末なる, 人々が, 人が, 人の, 人獣でも, 仕事は, 企みを, 伝奇的な, 伝説の, 佳品を, 例が, 例しば, 例は, 俗人の, 保守頑固の, 健康を, 偽善的な, 兇暴捨ておか, 兇行を, 先進國の, 光明に, 全能者の, 前後の, 創意が, 勇士二人までも, 動かし難い, 反抗の, 反目の, 取引に, 含蓄性は, 嘆を, 国の, 土地に対しては, 地図なから, 場合にこそ, 場合沈黙こそは, 場所に, 塲合に, 境界, 声明文を, 変体の, 夕なりしなら, 夕彼の, 夜に, 夢想の, 大事を, 大事をも, 大任を, 大出血, 大火を, 大變, 天変地異が, 天稟, 如なる, 姫の, 姿を, 娘は, 婉や, 嫉み無し, 存在は, 孤島の, 家族の, 容を, 寂寥を, 屍体飜弄の, 山上に, 山中に, 峽間の, 差異が, 幾重の, 形と, 役割の, 心の, 心配は, 快活な, 思想は, 悪人を, 悪戯は, 情景は, 惡例を, 意味の, 愚劣事の, 愛国の, 慎重な, 憂目, 成長の, 所をも, 抑圧の, 探求の, 撞着の, 政治は, 政治的関係は, 新らし, 新天地の, 新旧の, 方外の, 方法を, 旅にとっては, 既成の, 日に, 日既に, 春の, 時, 時こそ, 時にも, 時人は, 時代に, 時小鼻を, 時局切迫の, 時純粋芸術が, 時芸術家が, 時詩は, 時近時の, 普請を, 曉にはと, 書は, 有様で, 有様であります, 有様では, 有様にては, 有樣, 条件の, 極東の, 構図形式が, 様式の, 機会に, 機會が, 残虐の, 民族の, 民族的な, 気儘を, 気焔を, 氣質なれ, 氣高き美しき, 汚穢の, 法の, 浮き袋に, 混沌時代に, 無念を, 無謀を, 物質的に, 状勢に, 状態を, 理想の, 理由あれ, 理解の, 理解を, 生殖の, 由あり, 申し出ゆえずいぶん, 疑問を, 痴態を, 發見物無しと, 眞面目の, 眺望全体の, 矛盾が, 研究の, 神経の, 神経は, 程度に, 種類の, 精神を, 美人は, 美人を, 肺炎の, 能衣裳を, 腰抜主義の, 至人の, 航路の, 英雄が, 英雄に, 落人には, 行いを, 行為が, 衝突は, 表情の, 覆面は, 觀察點から, 計算法は, 記事を, 試驗法をも, 詩に対する, 話は, 誠ある, 論は, 證據を, 證據物さへ, 變化が, 賭博場は, 赤裸な, 超高度美, 身の, 身の上の, 身は, 退化の, 遊戯にも, 運動の, 都市の, 都市を, 醜さ, 際に, 際にも, 雄篇大作を, 雅会が, 靜かな, 非道の, 面倒なる, 頭脳の, 類の, 類型的な, 體にて, 高次の, 魂を

▼ 斯うなる~ (167, 1.5%)

7 ともう 5 と私 4 と平次 3 と何, のは

2 [12件] と, とお, とガラツ八, と世間, と何処, と余, と僕, と八五郎, と少し, と最早, のが, のを

1 [121件] からは何卒, からは可愛, からは寧, が, という, といよ, とけえ, とこの, とね吾が, とはずっと, とまた, と一人, と一刻, と不在證明, と丑松, と二人, と人間, と今, と今度, と代々, と代表的英国人, と何だか, と何度, と俊一君, と儂等, と兄さん, と兄貴, と先輩三輪, と全然, と八千代さん, と内弟子, と前途, と加納屋, と勇気, と動く, と勢, と千曲川, と反っ, と叔父様達, と唯一, と大, と大抵, と嫌, と字面, と完全, と寄っ, と寛一君, と寢臺, と小豆澤小六郎, と巡査, と幾らか, と幾ら柔和, と影日向, と彼, と彼等, と惜しい, と慾, と打, と承知, と捜査, と改めて, と教職員丈, と文人, と新しい, と既, と既に, と日頃, と昨夜, と月一杯, と有難い, と松陰先生崇拝, と案外, と次, と死物狂い, と殆ど, と殺された, と流石, と熊, と獲物, と由蔵, と町方, と百兩, と百圓, と石卷左陣, と神秘, と空々, と罰, と胸, と自棄, と色んな, と菊太, と菊太郎君, と蛇足居士, と覿面, と誠に, と説明, と誰, と諦め, と貧乏, と車, と追, と途中, と酒屋, と金網, と錢形平次, と青年補祭ロスリッジ君, と面倒, と馴れた, なア因果, のであります, のである, のです, のも, わけは, んだらう, 上は, 二人だ, 私が, 者斯る, 迄には人間, 迄の消息

▼ 斯う云っ~ (113, 1.0%)

7 ている, て彼 4 て居る 3 てお, てお祈り, てその 2 て, てしまいました, てしまう, てしまひました, てもよい, てやりました, て居た

1 [72件] たってもう, ちゃ失敬, てあの, ていき, てから, てから自分, てきっと, てくれた, てつくばった, てはじめて, てはなんだか, てもう一度, てもひどく, てよこし, てサッサッ, てフンワリ丸味, て一抹, て下, て主人, て了, て二人, て云, て佐藤義範, て何故か, て余, て其日記, て再び, て出れ, て初めて, て十字, て又, て口, て声, て大塚, て夫, て女性, て好意, て守衛, て安心, て小さな, て居ります, て左, て平伏した, て彼女, て復, て怪美人, て手, て教, て教え, て未練, て来る, て検事, て権次, て母親, て気, て激昂, て父, て狭い, て猶, て秀子, て立ち止まりました, て笑い出した, て蔭, て要之助, て見た, て覗き, て訊いた, て話, て豊国, て部下, て闇, て頷いた

▼ 斯~ (89, 0.8%)

3 傳吉は 2 吾助は, 天一坊の, 延喜元年辛酉二月朔日京の

1 [80件] あるべきに, お花, その黄昏, なりけり云々, 七助と, 両人とも, 九助は, 九郎兵衞は, 元益, 兄作藏は, 光陰の, 兩人は, 兩人島の, 八山には, 八山の, 其夜も, 其日未, 其翌日に, 其翌朝淺草諏訪町へ, 十一月九日第, 博奕を, 原田大, 參向の, 又享保二年五月廿六日双方共明廿七日辰, 又勘太郎儀, 又友次郎, 又吾助, 又幸手宿, 又清三郎, 名主甚左衞門は, 善六は, 四月廿八日囚人九助を, 在事二百日餘, 地面も, 城富は, 大岡忠相ぬ, 大岡殿は, 大岡殿山住河内が, 天一坊一件善惡邪正明白に, 天眼通を, 始の, 居ること, 居るとも, 山路に, 常樂院, 年寄ば, 彦三郎は, 彼の, 彼三吉は, 後庄兵衞は, 後庄左衞門は, 徳太郎君追, 忠八は, 念には, 或夜, 早乘三次, 有べきに, 杉戸屋富右衞門は, 此大劇場の, 江戸高輪の, 津國屋の, 玄關に, 生田は, 生駒家の, 白子屋庄三郎は, 目科は, 程なく巳刻, 穀屋にては, 立花左仲は, 管伴忠兵衞は, 翌年一週忌に, 翌廿二日, 藤八は, 藤八宿屋の, 越前守には, 越前守の, 越前守は, 長き間, 長八娘お, 餘程の

▼ 斯うに~ (54, 0.5%)

4 もしよう 3 も手 2 も仕方, も仕様, も動き

1 [41件] か, かし, かやっ, かピカデリー・サアカス, か二人, か人車, か仕上げ, か出せる, か取りまし, か取続い, か店, か心掛け, か息, か折合, か押し込んだ, か書ける, か次ぎ, か歩行, か潜り, か片, か片付いた, か糊塗, か行け, か見苦しく, か讀める, か買う, か辨慶, か長い, もお, もする, もならない, も其様, も可笑しく, も唯, も大, も実に, も己, も成らなかった, も成らぬ, も私, も逃げ

▼ 斯う書い~ (49, 0.4%)

18 てある 5 てあつ, てありました 4 てあった 2 てあります, てゐる, て来る

1 [11件] てあ, てあるで, てお, ておく, てやつ, てゐ, てをる, て呉れた, て居る, て置きました, て見せた

▼ 斯~ (47, 0.4%)

3 聞て 2 判明した, 告る, 心の, 申ける, 申せと, 見て

1 [32件] いふ, である, 倶に, 告いざ, 告けれ, 告げしに, 告て, 咄すに, 報知る, 奧へ, 御聞とり遊, 村名主方へ, 此方とでは, 淤富須と, 申さば御, 申しては, 申すに, 申聞けれ, 申通ずれ, 知らせ彼, 羅馬との, 聞より, 聞給ふより, 膓窒扶斯との, 與に, 見より, 見るより, 視るより, 言入れ約束の, 話したる, 語りしに, 通ぜんと

▼ 斯~ (44, 0.4%)

4 於て 2 罹って

1 [38件] あらずと, あらぬこと, なったの, なつた, 兄弟あれ, 入りて, 内通した, 前賢の, 向い波斯湾, 命じて, 和らぐ, 在らん乎, 変化した, 存すること, 孤陰たり, 寺院を, 往き王, 惱み, 来り之, 生れ二百七十四年, 皆見はる, 立ち之, 紹介する, 縁の, 罹つた, 罹つたやう, 罹つて避病院, 罹りたるとき, 罹り病症, 美玉あり, 至るや, 行い之, 行く, 變化した, 逃れ遂に, 通讀といふは, 道が, 違いない

▼ 斯うなれ~ (40, 0.4%)

4 ばもう 2 ばよろしい, ば何と, ば意地

1 [30件] あもう, あ見当, ば, ばお前, ばこの, ば仕方, ば何, ば修道院, ば僕, ば富士見町, ば小堀樣, ば平常, ば心配, ば恐れる, ば恥, ば放つ, ば是, ば時には, ば最早, ば本気, ば横尾根, ば正直, ば此方, ば火, ば皆んな言, ば考へれ, ば行がかり, ば躓, ば陸軍, ば騎虎

▼ 斯~ (39, 0.3%)

3 て置 2 ては居られず, て呉ん, て居る

1 [30件] てあ, てお, てお前, てと工夫, てと心, ては呉れぬ, ては居られぬ, ても置, てゐたら, てウルさく, て到る, て在れな, て孤独, て居, て居られぬ, て彼等, て徳川氏初代, て愈, て態, て斯, て春三郎, て是, て来た, て為る, て生き, て自分, て見る, て遊び, て集めた, て鬪

▼ 斯う思っ~ (38, 0.3%)

4 て居る 3 て私 2 て余, て見る

1 [27件] て, てい, ていかにも, てうす, てたまらな, てももう, てコンマ, てスタンレイ街道, てマアどれ位私, て丸味, て仕事, て再び, て外, て奥歯, て少し, て居た, て居ります, て必ず, て次, て此, て気, て狭い, て秀子, て腹の中, て蒼く, て迷った, て重い

▼ 斯うなっ~ (36, 0.3%)

6 て見る 2 てはもう, ては仕方, て来た

1 [24件] ちゃもう, ちゃ負けられません, てから今, ては動き, ては匿, ては塚田巡査一人, ては寛大, ては小僧, ては幸三郎, ては我慢, ては手, ては最早, ては留らない, ては破れかぶれ, ては私達, ては箱, ては迚, ては運, ては隠し, ては隠れたる, て来る, て見れ, て誰, て近々

▼ 斯う言っ~ (36, 0.3%)

2 てしまった

1 [34件] ちゃ何, ていた, ている, てしまいます, てそこ, てぬうっと, てひどく, てました, ても森山, てやりました, てロスリッジ, て両方, て仔細, て先方, て出, て堅く, て小作人, て居ります, て席, て彼, て捨吉爺, て権四郎爺, て止めました, て毎日幾度, て江柄三平, て甚吉, て端麗, て絨毯, て記者室, て貰い度, て踵, て軽く, て退ける, て隣り

▼ 斯うだ~ (35, 0.3%)

2 ぞ, よ, 斯うだ

1 [29件] からい, からどうか, から世の中, から園, が今朝, ことつ, そうだ, ちがいない, というよう, とか云っ, とか言つて, と一言, と仕方話, と好い, と思つて, と決め, と真に, と限定, なということ, なといふ, なんて講釈, のと, よとある, よ親分, よ詳しく, 僕が, 此の, 親分, 親分今日も

▼ 斯う云った~ (34, 0.3%)

5 ような 3 のよ 2 と云う, のです, のは, んだ

1 [18件] からである, が, が到底, だけで, とき又, のでございます, のでした, ので私, まんま動こう, ように, 人が, 彼の, 明日夕景山三郎が, 時何故か, 時車の, 秀男の, 調子で, 随分下品

▼ 斯~ (31, 0.3%)

1 [31件] あなたさまを, いきなりかぶら, 上書し, 之を, 云ふま, 兩親に, 其意を, 命が, 大岡越前守が, 如何に, 御談, 打て變つて, 捕はれて, 書いて, 氣長に, 沃酸に, 物しつ, 獨旅を, 申されしなり夫, 申なり, 疑い初めたる, 病氣の, 秦に, 素よりの, 言しなるべし, 言る, 計ひしなり, 計らひしぞ, 計らひ私, 追いまくられて, 遠くに

▼ 斯う言った~ (26, 0.2%)

6 調子で

1 [20件] お話は, からである, のさ, のだ, のは, んだ, んです, 作品が, 実話は, 御礼詣り, 怪しからぬ, 戦闘的な, 投書が, 方の, 早耳と, 時は, 物語も, 神の, 蔭口が, 親子の

▼ 斯う云い~ (22, 0.2%)

1 [22件] ながら, ながらしずか, ながらふりかえっ, ながら二人, ながら太い太い, ながら少年, ながら巡査, ながら色, 乍ら一つの, 乍ら一人の, 乍ら其娘は, 乍ら大きな, 乍ら岩の上へ, 乍ら床の間の, 乍ら急に, 乍ら気忙しく, 乍ら老人は, 乍ら近寄っ, 乍ら酔眼を, 乍ら門の, 度いの, 度いのです

▼ 斯~ (22, 0.2%)

1 [22件] したら或は, して, 不規則なる, 世の, 似寄たる所, 全快には, 可愛い者, 天理と, 妻孝行の, 引纏て, 御上へ, 打明けて, 湿濃く, 片が, 疑ッ, 痺れる者, 立派に, 罪人と, 自分が, 詮方がねへ, 誤読せらる, 貧乏は

▼ 斯うなった~ (19, 0.2%)

2 んだ

1 [17件] かと云う, からと云っ, からは私, が兄さん, という形, という筋道, とか何とか, とぼんやり事, と思ったら, のであった, ので是, のと, のも, のよ, もので, んです, 以上僕は

▼ 斯うです~ (18, 0.2%)

73 か, よ親分 1 お孃さん, か親分, もの取りつく, よもう, 私は

▼ 斯~ (15, 0.1%)

2 見舞に

1 [13件] こっそりと, はやりやしてなあ, 之に, 便利で, 執念く, 始皇帝に, 思想統一の, 惱まして, 段々こうじ, 献上した, 獻れる, 発し沈溺縊首, 蔓延し

▼ 斯うなったら~ (14, 0.1%)

2 どこまでだって, もう仕方 1 いっその, しようがねえ, ば隠さず云っ, もうお, 一日でも, 仕方が, 仕方がねえ, 息子の, 見識を, 逃が

▼ 斯~ (14, 0.1%)

1 [14件] セイロンの, 之未だ, 召びて罵り, 召還し, 呼びよせて, 征し, 恐れて, 煩い病後, 煩て, 經て, 襲い土耳古, 解熱剤で, 通りメッカを, 防ぎ実

▼ 斯うな~ (12, 0.1%)

5 のだ 3 のです 2 のでございます 1 のか, のである

▼ 斯うの~ (12, 0.1%)

1 [12件] ってこと, といふ心配, といふ話, とは言, と云う, と云っ, と喚い, と大, と学校, と思う, と言う, と言っ

▼ 斯う思った~ (12, 0.1%)

2 私は 1 から実は, から翌朝, が後, と自ら観, ので, ので苦心, のは, 刹那に, 瞬間眼頭から, 迄の事

▼ 斯う話し~ (12, 0.1%)

4 て居る 2 て聽 1 てま, てやりました, ながら鐵道, 乍らも, 乍らよく, 終つてこれも

▼ 斯うっ~ (10, 0.1%)

61 と七時頃, と今晩, と早速, と駅

▼ 斯ては~ (10, 0.1%)

4 果じ 1 勿, 日ならず, 當所に, 終に親子共餓死, 詮方なし, 長庵其方

▼ 斯いふ~ (9, 0.1%)

3 なり 1 也, 場合にも, 女が, 男が, 親子の, 馬鹿気た

▼ 斯う申し~ (9, 0.1%)

2 て居りました 1 てはをかし, ては定め, ても親分, てやりました, てをりました, て参りました, て大変歓待

▼ 斯~ (9, 0.1%)

1 あんなでございます, 中, 亡くなった母親, 亡くなつたこと, 亭主に, 右の, 左には, 聽いた, 草葺の

▼ 斯なる~ (9, 0.1%)

5 上は 1 ことを, は不孝, や阿, 塲合は

▼ 斯~ (9, 0.1%)

4 云ふ 1 云つてしりぞけ, 云ひ, 言つて了ふと, 言ふ, 言ふと

▼ 斯まで~ (9, 0.1%)

1 妻の, 委しく知らる, 悟られし上, 手配が, 白状致し, 空々しく云う, 貴方に, 運の, 零落なし

▼ 斯ういう~ (8, 0.1%)

2 目に, 訳で 1 氏の, 紙に, 者は, 間違が

▼ 斯~ (8, 0.1%)

1 るみづみづしき空を, る言説を, る言辞が, 二晩泊っ, 寒暑の, 此日まで, 肺炎でも, 致して

▼ 斯うで~ (7, 0.1%)

1 あつしを, はあるまい, はなかっ, もあろう, もしてやらず, 手の, 手足の

▼ 斯うなんです~ (7, 0.1%)

31 お紺, から, の, よ私

▼ 斯うしよう~ (6, 0.1%)

2 じゃア 1 じゃあない, じゃない, そう話, たつた一つ心當

▼ 斯うなり~ (6, 0.1%)

1 やどんな, や佛樣, や俺, や桝落し, や蟻, や退屈樣

▼ 斯うも~ (6, 0.1%)

1 うつくしい, お化け, お書き, かの女, 再, 秀子の

▼ 斯う思ひ~ (6, 0.1%)

2 乍ら丑松は 1 ながら団扇, やつて身, 乍ら校長は, 迷つて丑松は

▼ 斯~ (6, 0.1%)

1 からどう, か知らない, といふ, とか云つて曖眛, のと, 岸の

▼ 斯ういうと~ (5, 0.0%)

2 ころは, ころへ 1 ころに

▼ 斯うしようぢ~ (5, 0.0%)

5 やない

▼ 斯うでした~ (5, 0.0%)

21 それから, 若し何事, 頭の

▼ 斯う呟いた~ (5, 0.0%)

1 がむしろ, のである, のは, ばかりでした, ものでした

▼ 斯う言い~ (5, 0.0%)

1 ながらオツベル, 乍らも, 乍ら塀の, 乍ら江藤老人を, 乍ら遂に

▼ 斯では~ (5, 0.0%)

1 ない何, 人間を, 反対に, 未亡人さんといふ, 蒙古人

▼ 斯には~ (5, 0.0%)

2 いはぬ 1 余程いい, 兔角の, 單に

▼ 斯やう~ (5, 0.0%)

1 な慣習, な物, な藝術的文化, に言, の文

▼ 斯よう~ (5, 0.0%)

1 な悪人, な第六感, に優しく, に迄一筆, の中ゆえ拙者

▼ 斯~ (5, 0.0%)

5 し程

▼ 斯あらん~ (4, 0.0%)

1 とは少し, と存じ仰, と心得し, と豫

▼ 斯うつ~ (4, 0.0%)

1 づけました, と, とあの, と取

▼ 斯うである~ (4, 0.0%)

1 からし, から久しく, が代, と云

▼ 斯うなりゃ~ (4, 0.0%)

2 あ生洲 1 あ何もかも, 意地だ

▼ 斯う聞い~ (4, 0.0%)

1 ては実に, ては早く, ては自分, てみる

▼ 斯でも~ (4, 0.0%)

1 ありませんな, ないん, 患つてゐるらしく, 由緒正しい

▼ 斯~ (4, 0.0%)

1 のだ, 事が, 事を, 立派な

▼ 斯ばかり~ (4, 0.0%)

1 伊達氏の, 思いしこと, 明かに, 薄き契り

▼ 斯ばかりの~ (4, 0.0%)

1 世界の, 事に, 佳作を, 悲しさ

▼ 斯古代~ (4, 0.0%)

2 の文学, の文學

▼ 斯うさ~ (3, 0.0%)

1 あの直, つぱりと, とつた

▼ 斯うしちや~ (3, 0.0%)

2 あゐられねえ 1 居られない行つて

▼ 斯うそ~ (3, 0.0%)

1 この小作人達, の岩, の性格

▼ 斯うだろう~ (3, 0.0%)

1 と思っ, と感じた, 犯人の

▼ 斯うなんだ~ (3, 0.0%)

1 と云, もの, よ

▼ 斯う申します~ (3, 0.0%)

1 しあまり, んで, 駿河大納言の

▼ 斯う繰返し~ (3, 0.0%)

2 てもの 1 て力

▼ 斯う訊いた~ (3, 0.0%)

1 が, が警部補, のは

▼ 斯する~ (3, 0.0%)

1 ぞと頬, と首筋, 処が

▼ 斯ても~ (3, 0.0%)

1 未だ陳ずる, 生ずる争論, 菊が

▼ 斯ふいふ~ (3, 0.0%)

2 噂が 1 のであつ

▼ 斯よと~ (3, 0.0%)

1 見えける處, 見えたる折柄一人, 飛蒐る

▼ 斯~ (3, 0.0%)

1 ば我, ば汝, 之を

▼ 斯云う~ (3, 0.0%)

1 中にも, 事を, 次第です

▼ 斯校長~ (3, 0.0%)

1 に言, のやう, の現在

▼ 斯零落~ (3, 0.0%)

1 して, しても, せしも

▼ 斯うう~ (2, 0.0%)

2 たつて

▼ 斯うきつ~ (2, 0.0%)

1 ぱりとあるきまつた, ぱり云ひ放つ

▼ 斯うす~ (2, 0.0%)

1 べからず, べし

▼ 斯うせね~ (2, 0.0%)

1 ばまた, ば到底

▼ 斯うだった~ (2, 0.0%)

1 と思います, のに斯

▼ 斯うだつ~ (2, 0.0%)

1 たの, ち噺

▼ 斯うであった~ (2, 0.0%)

1 かと三歎, と記憶中

▼ 斯うであろう~ (2, 0.0%)

1 かと私たち, と察しまし

▼ 斯うでしょう~ (2, 0.0%)

1 ところが実はこれ, 今年一ぱい貴方の

▼ 斯うでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいけない, ばならぬ

▼ 斯うなされ~ (2, 0.0%)

1 彼あ, 畫は

▼ 斯うなん~ (2, 0.0%)

2

▼ 斯うふ~ (2, 0.0%)

1 いと何処, くろふ

▼ 斯う云い切っ~ (2, 0.0%)

1 て更に, て爾

▼ 斯う思い~ (2, 0.0%)

1 ながらそのまま, ながら縁

▼ 斯う思いまし~ (2, 0.0%)

1 て, て其儘

▼ 斯う思いました~ (2, 0.0%)

1 が実は, 斯う思っ

▼ 斯う思いやし~ (2, 0.0%)

1 て帰っ, て旅

▼ 斯う思ひまし~ (2, 0.0%)

1 てね, て玄関

▼ 斯う申した~ (2, 0.0%)

1 という事, ばかりで

▼ 斯う致しましょう~ (2, 0.0%)

1 か却って, ねえ由さん

▼ 斯う覗い~ (2, 0.0%)

1 てやりました, てゐる

▼ 斯う話してる~ (2, 0.0%)

1 時私は, 間も

▼ 斯う説いた~ (2, 0.0%)

1 のである, のです

▼ 斯から~ (2, 0.0%)

1 ん後の, 東は

▼ 斯した~ (2, 0.0%)

1 女の, 處だ

▼ 斯その~ (2, 0.0%)

1 夫人との, 次の

▼ 斯~ (2, 0.0%)

1 出づ, 疏ん

▼ 斯とか~ (2, 0.0%)

1 神経痛とかいう, 長文句の

▼ 斯にも~ (2, 0.0%)

1 その人, 許さなければ

▼ 斯やとばかり~ (2, 0.0%)

1 怖ろし, 思はれて

▼ 斯やら~ (2, 0.0%)

1 伯父を, 起出す

▼ 斯より~ (2, 0.0%)

1 更に遙, 金紫光祿太夫同

▼ 斯れあり~ (2, 0.0%)

2 しかと感ぜしめられる

▼ 斯~ (2, 0.0%)

1 集一タビ出ヅレバ名藉甚シカラン, 難ナカルベシ

▼ 斯明白~ (2, 0.0%)

1 に善惡, に善惡邪正

▼ 斯火急~ (2, 0.0%)

1 に願, の出立

▼ 斯皆魔法~ (2, 0.0%)

2 の問屋

▼ 斯織り~ (2, 0.0%)

1 だの亜剌比亜, の花毛氈

▼1* [292件]

あたりのもの, 斯あるのみ英國, 斯あれ後々は, 斯いう話を, 斯いひ出しては今更, 斯いふ事を申す, 斯いふ人に娘, 斯いふ営業を始めた, 斯いふ解ゆゑ邪魔を入れ, 斯ういいましたよ彼, 斯ういいますから何処, 斯ういっちゃ何, 斯ういったのは, 斯ういひながら先刻, 斯うかうやんだよあゝ, 斯うかと思ふこと, 斯うこはされた, 斯うこつちばかり附けれ, 斯うこぼして居ります, 斯うしてつもりつ, 斯うしてる間に十枚, 斯うしようお参りをし, 斯うしよう一角を騙し, 斯うしよう下総の都賀崎, 斯うしよう是は追, 斯うしよう私は今, 斯うしろと仰せ, 斯うし給へ, 斯うすき間だらけでは, 斯うせよとか報酬, 斯うそろへられてゐ, 斯うた物遣しあん, 斯うだこた此れ, 斯うだちがひない, 斯うだらうと思へる, 斯うちよつと, 斯うつぶやいて死の, 斯うつぶやいたのです, 斯うでしやう, 斯うでなかったら立派な, 斯うでなくては可, 斯うで思ひ上つた秋葉の, 斯うと速坐, 斯うどつかり腰, 斯うなければならぬ, 斯うなさい娘を, 斯うなったらあきらめるより外, 斯うなら毎年こ, 斯うならざるを得ない, 斯うなられた元々を, 斯うなりました上は, 斯うなりますよ, 斯うなりやこちとら, 斯うなんだろうかしら, 斯うなんで奥さんの, 斯うふんはりと, 斯うぶツきら, 斯うまでぶッきら, 斯うまくし立て, 斯うまるで病院の, 斯うみると或, 斯うもない一大事の, 斯うも云おうと意気, 斯う乗出した時は, 斯う争って居る, 斯う云いすてるとホートン, 斯う云いつづけるではありません, 斯う云いましたらすぐと, 斯う云い出したら恥も, 斯う云い出すと菊太, 斯う云い切る事の, 斯う云い捨て廊下へ, 斯う云い渡して却って, 斯う云い終って祈祷, 斯う云い終ると少し, 斯う云い置いて藪原, 斯う云ったら悪かろうかと, 斯う切り出したのは, 斯う動き出してどんどんどんどん, 斯う呟いて見せ, 斯う呟きながら不, 斯う問い続けたのである, 斯う囁いて茶, 斯う囃しながら夫, 斯う威かしたり欺, 斯う察して懇ろ, 斯う延して脚, 斯う思ってるっていう, 斯う思ひましたので直ぐに, 斯う思ひやりのある, 斯う思ひ詰めてお, 斯う思ひ込んでゐる, 斯う思ひ附くと同時に, 斯う曲ッて居る, 斯う書いたので之, 斯う書かうか知ら, 斯う書き下したのです, 斯う歌ってゐます, 斯う歩いてるうちに, 斯う気づいてからはまた, 斯う流し眼に, 斯う申したら嘸お, 斯う申し渡したと云います, 斯う立ち働いている, 斯う繰り返したが直ぐ, 斯う繰返したが娘, 斯う聞かなければなりませんでした, 斯う聞かれたら何と, 斯う聞き澄まして丑松, 斯う行きたいものだ, 斯う見えたり見えなかっ, 斯う見ねえ是は, 斯う解いたんだ, 斯う計らいまた丈助, 斯う訊いて彼女, 斯う訊かれても默つて首, 斯う訊き返してやりたかつた, 斯う訊くべきことを, 斯う評してゐた, 斯う話したのである, 斯う話し出したのです, 斯う説き進めて来る, 斯う込み入る敵の, 斯う透して見, 斯う酔った紛れに, 斯う開いて其上, 斯う附いてゐる, 斯う驚かない驚かないと一々, 斯おのれの作った, 斯かも知れなかった, 斯かりあふさきる, 斯かるべしとはかねて, 斯かる仕義と, 斯かる侘しき住居も, 斯かる浅ましき所行に, 斯かる深い源泉から, 斯かる激しき変動を, 斯かる狭い国土に, 斯かる疑ひを全く, 斯かれずして, 斯て挙がり, 斯は宇陀, 斯こととは爭, 斯しましょ是から, 斯し討ちにした, 斯ずるを, 斯せず共致し方如何程, 斯せち鹹い, 斯せよとて大岡殿白紙, 斯それから大食イラン文化まで, 斯有ける, 斯やありません, 斯ぢやあないかつて, 斯つと十日は, 斯てこそ予に, 斯です鉄瓶の, 斯でなくて結核性, 斯というきょうだいの, 斯といふ處で, 斯とは約したれど, 斯とも知らず又七, 斯なして尚, 斯などの民族が, 斯なにお義理堅, 斯なに苦める結果, 斯なりては奉公, 斯なれば余り口数, 斯にこそあれ, 斯にて雲様の, 斯になつて入院し, 斯ばかりに熱烈なる, 斯歸つてから, 斯ほどにも菲薄な, 斯づまゐ向へて, 斯または土耳其の, 斯までに意外なる, 斯不時の, 斯やって話, 斯やに家財雜具を, 斯の英傑, 斯られて, 斯るべしとは夢にも, 斯る尋ねなれば意外, 斯る言葉の発言者, 斯る誤を來す, 斯る説ありしと, 斯れ申す者が, 斯んで年齡は, 斯カル變遷有リシトノ事ヲ證スルノミ, 斯ショールの譬え, 斯スシヤナおよび巴比崙初探検記, 斯見ルトコロアリ博ク江戸, 斯ニ盡キズシテ感覺ニテ知リ記性ニテ認メタル物ニ就テ其源由ヲ推ス上ニ, 斯ニ至ル者ト見エ, 斯バクダットを經, 斯ル例ノ他, 斯ル唾棄スベキ思想ガ上級將士ヲ支配スルトキ, 斯ル場合ニ於テ各別ニ利益配當, 斯ル建國ニモ非ズ, 斯ル改造組織ノ後, 斯ル物質的生活ノ問題ハ, 斯ル軍國主義者ノ侵害, 斯ンナ静カナ海辺ヲ歩イテヰルト, 斯ンナ靜カナ海邊ヲ歩イテヰルト, 斯一年餘りの, 斯一瞬の現今, 斯三人打連立ては豫, 斯中国日本と連想, 斯中央亜細亜あたりまでの各国書目, 斯乙女はわけても, 斯二十万坪の活きた, 斯亞拉比亞を經, 斯京都の公家, 斯をし, 斯以西の諸, 斯作りたるを打, 斯信濃毎日を, 斯働きのなき, 斯光景でせう, 斯光景豪気将呑五大洲, 斯十余年は私, 斯千歳村に雲霽, 斯博士とか赤痢博士, 斯即座に落着, 斯及び神経熱は, 斯古来未曾有の大御代, 斯四世を刺, 斯困窮の中, 斯困窮零落せしを, 斯困難に及ぶ, 斯土地柄も能事ゆゑ上手, 斯執着の意味, 斯夥しい雨雲の, 斯大事を見られた, 斯大徳阿羅本, 斯つ神, 斯女帝号の甲板, 斯如き不屆, 斯季節に農家, 斯小説の上, 斯少し下流愛宕の, 斯展望台である, 斯弟宇迦斯というきょうだい, 斯忙しい世の中に, 斯恐ろしい人達である, 斯意匠たること, 斯慾望が何処, 斯懇意には致せ, 斯折込んだら最早佛, 斯挨拶を交換, 斯早く御出なされしや, 斯時代に於, 斯更紗のカーテン, 斯歩行ます何卒五十, 斯毛氈でも敷き詰めた, 斯涼しい活画を, 斯深々と穽, 斯深き中なりと, 斯牧夫のたのしみ, 斯王安石となす, 斯生れの身長, 斯申す安間平, 斯病みをる, 斯病身に相成, 斯着眼は頗る, 斯砂利の上, 斯神話にも稍同じき大蛇殺戮説話, 斯突然に御, 斯維氏などと, 斯紀行一卷六一六頁に盜人, 斯絨毯間接光線は四方, 斯綸言は汗, 斯繁昌の御, 斯繋留場の柵, 斯自身にも異教徒, 斯苦しめる事是皆, 斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 斯見た處が, 斯計りのこと, 斯談話を聞ける, 斯謝罪た上, 斯貧しい小さな野, 斯通りで家屋, 斯遠く玉舍の, 斯部屋を片付ける, 斯郭菩薩等あり謡言, 斯難儀の暮, 斯難題を云, 斯零落困窮に及び, 斯電報を受取る, 斯駐在の英国公使, 斯鳴鏑もちて