青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暮し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

暗示~ 暗闇~ 暗黒~ 暦~ 暫~ ~暫く 暫く~ ~暮 暮~ ~暮し
暮し~
~暮らし 暮らし~ ~暮れ 暮れ~ 曖昧~ 曰く~ ~曲 曲~ 曲線~ ~曲者

「暮し~」 5258, 50ppm, 2289位

▼ 暮し~ (2918, 55.5%)

167 いた 112 いるの 110 いる 47 いたの 41 ゐた 38 いて, いると 36 居ります 34 ゐるの 32 いたが 30 ゐる 28 来た 26 居るの 24 いました, いるという 22 いること, いるよう 21 居た 20 いるうち 18 来たの 17 いるが, 居りました, 居る 16 いるん, しまった, ゐたの, ゐると, 来て 14 おりました 13 いるから, おります 12 います, ゐて, 下さい 11 いるもの, 來た 10 いたこと, いるのに, いるわけ, いる人 9 いるか, ゐるやう, 行くの 8 いても, いるので, いる人々, きた, 行くこと, 行けるの, 行こうと 7 いたという, いたよう, いたん, いた時分, みて, ゆけるの, 居たの, 居りますが, 居ると, 来たが 6 いたと, いる者, しまいました, しまつ, みると, ゐた時分, 居るのに, 見ると

5 [13件] いたとき, いた時, いた間, いた頃, いますと, いるかと, きたの, ゐたので, ゐたもの, ゐるが, ゐるといふ, ゐるので, 来ました

4 [33件] いたところ, いた女, いては, いながら, いましたが, いるお, いるそう, いるだろう, いるところ, いるとは, いるはず, いる中, いる様子, いれば, おりますが, きたという, ゆくの, ゆこうと, ゐたが, ゐたやう, ゐるか, ゐること, ゐるに, 居たが, 居りましたが, 居るお, 来たこと, 来たという, 来たのに, 来たん, 行かねば, 行けば, 見て

3 [47件] いいか, いたから, いたのに, いたり, いたわけ, いた人々, いなければ, いますよ, いようと, いられるの, いるその, いるだけ, いるものの, いる内, いる女, いる男, いる私, いる筈, いる若い, いる間, おいでに, きたよう, くれ, ゐたといふ, ゐた時, ゐた頃, ゐました, ゐます, ゐるお, ゐるから, ゐる人達, ゐる私, 居たので, 居て, 居ました, 居ますよ, 居りますから, 居るか, 居るから, 居ること, 居るという, 居る樣子, 来たよう, 行かなければ, 行きたいと, 行くつもり, 見たいと

2 [124件] いいの, いけるよう, いたか, いたかを, いたころ, いたし, いたって, いたので, いたもの, いた人間, いた家庭, いた東京, いた私, いた面, いったらいい, いますから, いますが, いらっしゃるの, いられるん, いるかが, いるかという, いるからと, いるこの, いるだけの, いるばかり, いるひと, いるよ, いるより, いるよりも, いるらしい, いる事, いる伸子, いる処, いる場合, いる姉, いる家, いる幼い, いる彼, いる彼女, いる方, いる日, いる様, いる民, いる父親, いる由, いる町, おりましたが, おりまする, おるの, おれば, お呉れ, きたので, きたん, きて, くれるよう, しまう, しまう人, しまひました, その間に, たまに帰る, みるの, ゆけて, ゐたから, ゐたこと, ゐたし, ゐたん, ゐた土地, ゐても, ゐましたが, ゐますから, ゐるうち, ゐるさ, ゐるし, ゐるだけに, ゐるだらうと, ゐるとは, ゐるもの, ゐるよ, ゐる中, ゐる人, ゐる人々, ゐる彼女, ゐる者, ゐる陸上, 仕上げて, 來ました, 夜に, 家に, 居た事, 居ます, 居ますお前, 居まする貴, 居りまするが, 居るが, 居るなれば, 居るもの, 居る私, 来たお, 来たか, 来た男, 来た自分, 来た間, 来ましたが, 算盤以外の, 行かれるの, 行く, 行くうち, 行くか, 行くに, 行くには, 行くよう, 行くより, 行く事, 行く積り, 行けそう, 行けない, 行けるだけの, 行けると, 行ける身分, 行ければ, 行こうという, 見たの, 見る最終, 見れば

1 [972件 抜粋] あなたが, いいかが, いかれるだけは, いくこと, いけたのに, いけねえよ, いけるか, いこうと, いたある, いたいが, いたいの, いたいわ, いたかとも, いたじゃ, いただけ, いただろうか, いたであろうが, いたところが, いたのよ, いたばかり, いたひろ子, いたら, いたらしい, いたらしい菜穂子, いたらしく磨き抜いた格子, いたら互いに, いたら永, いたら鼻, いたガラン, いたン, いた上流, いた中條百合子, いた二階, いた仲, いた侘し, いた処, いた多, いた大きな, いた夫伊織, いた家, いた平和, いた弟, いた徹底的, いた故, いた日, いた日ごろ, いた時戦争, いた東北, いた津村信夫君, いた獄中生活, いた百五十年間, いた程, いた経験, いた老母, いた追分, いた風流, いったい僕, いとうございます, いないため, いなさるの, いは, いますわ, います子, いませんでしょう, いようね, いらしたでしょう, いらしたの, いらっしゃいます, いらっしゃるそう, いらっしゃるという, いられたが, いられたら自由, いられないでしょうね, いられるが, いられるもの, いられる女性, いられれば, いるあいだ, いるあの, いるあわただしい, いるかって, いるかなどという, いるかも, いるくせ, いるここ, いるごとく立って, いるじゃ, いるそういう, いるそんな, いるだろうか, いるだろうと, いるつましい若い, いるて, いるであろうこと, いるであろう様子, いるでしょうな, いるといった, いるとの, いるな, いるなれば, いるに, いるのね, いるぼく, いるみたい, いるも, いるやつ, いるらしかった, いるわね, いるシューベルト, いるツルゲーネフ, いる一, いる一家, いる一群, いる三十歳, いる上流階級, いる下宿住い, いる世, いる世情, いる丹左, いる二間, いる人間, いる今, いる住民, いる佐吉, いる光景, いる内気, いる動物, いる又, いる友人, いる同性たち, いる図, いる圭子, いる場所, いる外国人, いる多く, いる大, いる夫婦生活, いる女性たち, いる妹寿江, いる妾, いる娘, いる娘さんたち, いる嫂, いる子供達, いる安易さ, いる実に, いる小さい, いる山, いる川西, いる必要, いる恐ろしく, いる悲し, いる愉し, いる政子さん, いる新吉, いる日常生活, いる日本青年, いる時代, いる暮し, いる月日, いる松山くに, いる模様, いる母親, いる江戸時代, いる泉太, いる浅草田圃, いる消息, いる理由, いる相, いる空想, いる空気, いる老, いる者すべて, いる自然, いる貴族たち, いる辛棒, いる退屈, いる金費い, いる関係, いる階級的, いる雪子, いる髪, いる鰻, い二階, おいでだった, おくれよ, おせわ, おとしといふ, おととし何か, おられたが, おられますが, おりかしょう, おりました急いで, おりますうち, おりますから, おりますという, おりますわ, おり今, おり泰治さん, おるから, おると, おるところ, おる模様, おれよ, お出, お出なさる, お前さんは, お終, かなり推察, きたこの, きたに, きた全作, きた女, きた民族, きた親子, きました, きましたのに, くだされ, くれよ, こられたの, こんなにこがれない, こんな廊下, さて其翌日, しまいましたから, しまいましたん, しまうん, しまえば, しまった丈八郎, しまった母, しまつて, しまわねば, そいつらの, そこに, そして漸く, そのため, その晩, それで, それを, ついに五十歳六十歳, でなければ, どうかこう, どんな事, はおられなかったかも, はって, まいりました, まいりましたの, ますわ, みたい, みたいという, みたいもの, みたかった, みた方, みないこと, みようかと, みるも, みろ, もがき苦しんで, もらいたい弟, ゆかう, ゆかれるだけよ, ゆきたいそう, ゆく, ゆくそれ, ゆくという, ゆくよう, ゆく人, ゆけたの, ゆけない作家, ゆけるか, ゆけるだけは, ゆけるという, ゆけるもん, ゆける人, ゆける身分, よいという, よかった, わたしを, ゐたいと, ゐたか, ゐたけれど, ゐたと, ゐたよ, ゐたらしく調度, ゐたタキ, ゐたン, ゐた夢, ゐた家, ゐた日, ゐた母方, ゐた病院, ゐた筈, ゐないの, ゐなさるの, ゐましてね, ゐますと, ゐますといふ, ゐますよ, ゐよい, ゐようとも, ゐられたので, ゐられます, ゐられるもの, ゐられるんぢ, ゐるかと, ゐるかね, ゐるかを, ゐるこの, ゐるそれでは, ゐるだらうね, ゐるでは, ゐるなど, ゐるのに, ゐるらしかつ, ゐるん, ゐる中年過ぎ, ゐる五十男, ゐる人間, ゐる僕, ゐる叔母, ゐる土人, ゐる太平, ゐる女, ゐる山形生れ, ゐる方, ゐる期間, ゐる榮屋, ゐる歌よみ, ゐる母親, ゐる江戸時代, ゐる父, ゐる百姓達, ゐる空気, ゐる自分, ゐる若い, ゐる金費, ゐる間, モスク, 一人で, 一向平気, 下さいませ, 下さい私, 九年の, 了ふ, 二十年以上たっ, 人に, 今日も, 仕舞った, 他人と, 何を, 來たんだらう, 働いて, 兄弟喧嘩など, 出された, 参りました, 台所を, 周囲の, 夕方に, 太陽が, 家の, 少くとも, 居ける處, 居たお, 居たけれ共, 居たその, 居たらマア, 居た事ゆゑ, 居た哲学者, 居た時分, 居た相, 居た種々, 居た頼り, 居っても, 居ても, 居ますが, 居られたやう, 居られた婦人, 居られる, 居られるもの, 居りました当年, 居りますもの, 居りむしろ, 居り蜂谷, 居るくせ, 居るこの, 居るこのごろ, 居るだけに, 居るところ, 居るのにと, 居るやう, 居るよう, 居るらしく母, 居るんで, 居る人, 居る千世子, 居る影, 居る方, 居る武家, 居る由, 居る石上左傳次, 居る罰當, 居る自分一人, 居る苦痛, 居る菊屋, 帰って, 帰りに, 当年六十四歳, 待って, 御座るだ, 掃除だの, 明くれ, 最も得意, 来たあげく, 来たかの, 来たけれど, 来たそれら, 来たところ, 来たには, 来たのよ, 来たもう, 来た下宿人, 来た二番息子, 来た人間, 来た否, 来た彼女等, 来た日, 来た旧い, 来た正一, 来た母親, 来た疑問, 来た私, 来た第, 来た重吉, 来ましたからね, 来ましたので, 来ました妻子, 来られるもん, 東京も, 歸つて來た, 死ぬる, 毎日たのしく, 水でも, 江戸長者番附へ, 漸, 燒餅らしい, 目醒むると第, 秋晴れの, 終に賢者, 経論の, 縛られ, 羅馬の, 苦しき一夜, 蕗とり蓬摘み, 行かうと, 行かぬ法, 行かれるか, 行きたかったから, 行きてえもの, 行くかと, 行くが, 行くところ, 行くのに, 行くべきだと, 行く夫婦, 行く気, 行く筈, 行けたら世間, 行けないのよ, 行けますからね, 行けりゃ何より, 行けるか, 行けるかも, 行けるよう, 行ける事, 行ける千浪, 行ける確信, 行ける財産, 行けれァ, 行ったらよい, 行つた, 行つてる, 見たい, 見たいもの, 見たくな, 見たら此方, 見たリモオジュ, 見た四月余り, 見た旅窓, 見ないか, 見ようと, 見るが, 見る若い, 見自分, 財産を, 贅沢したい, 身代にも, 通つた, 部屋の, 釣でも, 降りる事, 飛鳥川流れ

▼ 暮し~ (516, 9.8%)

228 して 28 立てて 10 続けて 8 つづけて, 立て 5 しなければ, すること, たてて 4 續けて 3 いたして, させて, するの, する者, つ, はじめたの, 見て

2 [16件] させられて, したか, したこと, しながら, し始めました, するつもり, するよう, たいへん憂鬱, どうしよう, どうにかしよう, はじめた, 不自由とも, 余儀なくされ, 助けて, 比較し, 賄い他

1 [162件] いたします, いたしますと, お伝えしよう, けとばして, この間申しあげました, ごちゃごちゃに, さして, させたいと, しこの世, した, しただけ, したと, したの, したばかりに, した後, した昔, しつけた人達, してを, しとったが, しとる, しなさい, しましょうよ, しやう, しようじゃ, しようと, しようという, しようとして, しようとも, しようなどと, するという, するので, するひろ子, するもの, するやう, するより, する人, する有様, する気, する部屋, する風俗, ずいぶん見, せにゃ, せねば, それでも何人目, つけて, つづけお, つづけたこと, つづけたと, つづけてまで, つづけよく, とりいれて, とり戻したさっぱりしたよろこびをあらわしとうございます, なさいますよりも, なさったそう, なさつたの, なされて, なすって, なすってるよう, なせり, はじめた頃, はじめました, ひどく嫌, やって, やめて, よくする役に立つ, 不服に, 与えたいこれ, 仕て, 付けて, 何よりの, 傍観し, 共にし, 切り上げようかと, 初めるよう, 判い, 利用し, 助けること, 十三年も, 厭が, 取り賄, 同情的な, 営んで, 外から, 始めたの, 始めるの, 始めるん, 安くあげる, 安全に, 実行いたします, 少しも, 展開し, 工面する, 幼い時, 弁じて, 心配し, 必要と, 思います, 思い一対, 思い立って, 思うと, 思はせます, 思わせた, 思わせる, 想うこと, 托して, 扶ける, 投げ出しても, 支へ, 日本じゅうの, 条件として, 根掘り聴い, 楽しく良くする, 楽しむが, 永年し, 永年の, 求めます, 法則と, 活かしたいため, 温めて, 物語って, 現して, 目で, 目の, 目のあたりに, 眺めて, 知らないで, 空想し, 立てた, 立てては, 立てようッ, 立てる必要, 立てる方法, 立てる食物, 立て直して, 第二, 経験し, 続けたの, 續け, 考えたの, 考える屈託, 考え齢, 考へたの, 自分で, 至極呑気, 致しますの, 補って, 見きき, 見たの, 見た事, 見ては, 見ること, 見れば, 見出したいそう, 訪ねて, 詰めようといふ, 辛棒し, 近所に, 通した祖母, 長くつづけ, 頭に, 頼らざるを, 餘儀なく

▼ 暮し~ (318, 6.0%)

8 中で 7 ために 5 中では, 中に 4 時分と, 立て方, 習し, 苦しさ 3 ことを, なかに, 方は, 足しに, 間に

2 [22件] いいこと, うちに, こと, ことも, たそく, なかで, ほうが, やうに, 中から, 中にも, 中へ, 事は, 事も, 八年間よりも, 喬生が, 工夫も, 底に, 心配を, 穴を, 背後から, 苦しいこと, 裏には

1 [218件] あれこれを, いいところ, うちにも, おいたは, お蔭で, かげに, きつい後家たち, くせが, くせに, ことそして, ことなど, こと旦那の, この二階, しかたを, しきたりみたいな, しまつつきかねる, せいであったろう, その母, たたぬ村, たつきと, つくこッ, つらいの, つらさ, ときから, とき部屋着として, どこから, どんな佗, なかには, なかにも, ぬくもり女が, はじめから, ほうの, ほうは, ほどは, ものだ, やすら, やりかた, ゆたかさに, ようで, ようである, ような, よさ, らくな, わが家の, タシに, ユトリと, ユトリは, 一部で, 上での, 上でも, 不平も, 世帯を, 両刀の, 中でも, 中にて, 中には, 主人も, 乏しい祖国, 事と, 事情は, 人々と, 人たちと, 仕末ぶり, 何処が, 余りの, 作家は, 侍の, 内容についての, 出来ぬこと, 出来る人, 出来る身分, 初心, 力を, 助に, 動きに, 医者が, 味も, 味わいを, 国々での, 多忙人などが, 奥底を, 女性を, 好みを, 姿を, 実際を, 家かと, 家が, 家で, 家に, 家には, 家は, 家内に対して, 家族を, 将来に, 工夫なら, 帰り途らしく, 形で, 形でも, 形は, 形を, 彼女たちの, 微な, 心配から, 心配が, 心配なんぞは, 心配も, 急激な, 恰好も, 愚痴健康の, 感情では, 感覚を, 憂鬱は, 憂鬱も, 或る, 手だてが, 手ひとつで, 手帖, 手帖八月号に, 手帖杜から, 数も, 料に, 料や, 方に, 日常に, 明け暮れの, 時ばかり, 時代の, 晴々し, 有様とを, 有様は, 有様都会の, 根じ, 楽しさ, 楽しみ少な, 様を, 様子なんか, 樂な, 母親が, 毎日が, 気づかれが, 気分も, 気易, 気楽さを, 氣樂さを, 水田の, 派手さが, 流れを, 淋しさ, 父の, 物語が, 特攻隊で, 現実を, 環境の, 生活は, 田舎住居又, 由, 界隈の, 疲れやう, 真ただ中, 稼ぎまで, 空気に, 立たない者, 立ちやすかっ, 立つよう, 立つ様, 立てにくかっ, 立てようが, 立筈は, 第一日, 範囲と, 経験から, 経験では, 緒に, 繋りの, 習は, 習慣から, 習慣と, 老いた父, 者が, 聞きしに, 肉親の, 良い浪人者, 良さ, 苦しいの, 苦労で, 苦労なんて, 苦労も, 苦勞も, 茶山は, 行きあたりばったりという, 行詰りの, 表面から, 見通しが, 親父が, 變な, 豊かさここの, 豐かさ, 豪勢さは, 貧乏人は, 貧民が, 質実さ素朴さに, 贅澤さに, 足しにと, 足しにも, 足に, 輪郭や, 道具だてに, 違いだ, 都合から, 醫師なりし, 長閑さは, 閑寂な, 間で, 間でも, 間は, 附きますよう, 雰囲気で, 駄菓子屋が

▼ 暮し~ (152, 2.9%)

2 ある, 楽でない, 楽に, 立たないから, 立たねえ, 苦しいから

1 [140件] あった, あって, あまりに苦しい, あまり好き, あるな, あるよ, いかにも味気, いつかぷつりと截ち切られる, かかるからネ, かかる素朴, くるしくて, こまごました, こんな見すぼらしい, したい, したいと, したいといふ, したかったの, して, しんから, そうしてこの, それだけで, それらの, それを, たたず百姓, たたないからと, たたないと, たつん, ちっとは, ついたもの, つづいた, つづいたの, つづいたらぼく, つづくであろう, つらくなる, できず三, できそう, できたと, できたとしても, できる, できるか, できるという, できるん, できる筈, とても苦しく, ない有様, はじまったのよ, はじまると, はじめられた, ひつそりと, むずかしいから, むつかしかろう, もつと, ゆるやかで, よいと, よくなかった, イヤに, 一層困っ, 一番性に, 三人に, 不如意に, 二手に, 二週間足らずで, 二重に, 今眼, 何となくしっとりした, 何となく味気, 作る品, 出來, 出来そう, 出来たら日本, 出来ないので, 出来なかったの, 出来なくなる, 出来なけりゃどうして, 出来ると, 出来るの, 厭に, 営まれたわけ, 困難に, 変りその, 多く今日, 大変だ, 大変な, 好きな, 始ってから, 始まったそう, 始まつたさうで, 安易でない, 家の, 察しられた, 平面の, 年々深い, 幾日と, 心に, 想は, 懸るもの, 敗戦の, 新しくなりまし, 東京より, 根っから救われる, 根拠を, 楽じゃ, 楽の, 樂ぢや, 樂に, 癪に, 立たない, 立たないので, 立たないもん, 立たなくなりゃ別, 立たなくなりや, 立たなくなる恐れ, 立たねえで今に, 立ち兼ねた, 立ち耳, 立った, 立って, 立つて, 立つと, 立つやう, 立つよう, 立てられようか, 続いた恵まれぬ将棋指し, 続いて, 肩身の, 良いか, 良かった, 苦しいもん, 苦しくなつ, 苦るしくなる, 詰って, 贅沢な, 贅澤な, 足りない筈, 身について, 身軽く, 辛くなる, 長くつづいた, 音楽の, 順調に

▼ 暮し~ (151, 2.9%)

4 なって 3 なるよう, 困らぬほどの, 就いて

2 [11件] なった, なるから, なるの, もちよ, 不自由そうな, 事を, 困った, 困らぬ小額, 困るわけ, 心配が, 適しない

1 [116件] あくせく追われ通し, あこがれること, あてがって, あてて, ある独特, いつも希望, いるだけの, おかれて, おどろかないの, お馴れなされ, こまらない定職, こまるという, こまるといふ, さへ, して, しろ場所, すっかりなじみ, すっかりイヤ気, すつかり, ちっとも困る, つまって, なじんで, なったとて, なっても, なりは, なりました, なりましたね, なりましたの, なりまして, なりますか, なりますよう, なりません, なりやすい, なると, なるなあ, なるん, なる方, はいりたいと, ひびくこと, まさること, やれそう, よく順応, プライドを, 不自由は, 不足しない, 世を, 付母娘共大きに, 住みついて, 何ごとが, 何の, 使い立てられては, 入った, 入ります, 具体的な, 又一, 同じ時刻, 嘗めさせられた甘い, 困ったため, 困って, 困つたので, 困つて, 困らないよう, 困らない人, 困らない身分, 困らぬ程, 困りさえ, 困るまい双生児宗次, 困るまい双生兒宗次, 困るわけぢ, 困れば, 堪えて, 堪へて, 多く用いる, 大変満足し, 婆あ, 少しでも, 少なからぬ, 就いての, 差支えたこと, 差支えないだけは, 帰すこと, 幅が, 幸福が, 役立ちそう, 心配いりません, 思ひ屈した時, 成し處近所, 我慢し, 所の, 指閊え, 掛かりますもの, 欠けて, 比べると, 流れるの, 満足できず, 目を, 積った, 窮した, 窮し自分は, 老いこんで, 自分が, 落ちついたが, 落ちつきかけると, 行つた, 視点を, 誠実な, 費う, 費ふ, 辛抱し, 近く念々称名する, 追はれるらしい, 追われて, 進んだ面, 過ぎぬ, 重宝であった, 馴れるん

▼ 暮し~ (129, 2.5%)

5 して 2 ひろびろと, 何の, 折々足らぬ, 立つべし, 老人には

1 [114件] ある私, いいところ, いかが, いたずら坊主には, おそろしいばかり, おばあさんや, お嫌い, お関, かう, きょうで, こういう風, この三月, したか, しちゃあ, しませんでした, すれども, そうは, そこへ, その仏, たえられない, たのしくも, だん, ちっとも悪い, できないし, どんなこころもち, どんなもの, どんな工合, どんな形, ないだろうか, なかなか悪い, なに不自由が, まことに都合, ますますゆかい, ままごとの, もうおしまい, もう去り, もう懲り懲り, もう早く, やり切れねえって, よくないでねえ, わるくあるまい, アンデルセン風の, 一ヵ月の, 一層みじめ, 一層嵩ん, 一層苦しく, 一日に, 一時的な, 不安で, 不自由であった, 丹女にとって, 人を, 依然として楽, 内海達郎に, 出来ないかも, 出来ないよ, 出来なかった, 出来ません, 単調で, 却, 同じ荒っぽ, 困窮に, 変ったが, 変ったもの, 大へん, 大變, 如何で, 嫌に, 小市民的, 御免だ, 懲, 手紙の, 日々仏を, 日一日と, 望みません, 楽じゃ, 楽じゃあねえ, 楽だ, 楽で, 楽に, 樂でない, 正直の, 江川邸内の, 決して容易, 淋しいこと, 現実には, 皆自炊だった, 知れて, 程度の, 立った, 絶えぬ古川, 絶対に, 羨しいと, 羨ましいなあ, 自分で, 自転し, 至って裕福, 苦しい, 苦しいの, 苦しかった, 苦しくなる, 苦るしくなっ, 裏通りの, 裕だ, 覚束なく, 話で, 話の, 誰が, 貧しいよう, 贅沢と, 退屈と, 長い一生, 雑多な, 非常に

▼ 暮し~ (86, 1.6%)

5 あつた 2 そんなに大きな, 下女も, 私の

1 [75件] いた鼈四郎, いふまでも, いるうち, いること, お母さんの, きっちり習慣, この家, じき七月十四日の, すらお, そうして兄さん, そこの, そのお母さん, そのどことなく, たちまちすーっと, ちっとも苦労, のびやかに, のんきに, はやり切れないから, ほかに, もう寝, やって, やつれて, ツイ傍には, ユリが, 一家そろっ, 一生を, 三日に, 不自由は, 主人が, 主人の, 二人の, 二階を, 今日の, 会社の, 住む伴藏, 住宅は, 何にも, 僕を, 先ず無事, 共稼ぎ使歩行やら, 処が, 動物の, 厳冬の, 只今は, 名古屋に, 大勉強, 大貧乏, 女中も, 子供は, 宜く稼ぎなさる, 寸暇なく, 寺の, 屋根と, 心は, 文学の, 斯ういう, 斯様に, 日に日に自分, 早く両親, 明け暮れ書物を, 暇の, 柳子さんが, 正直に, 泰造が, 独りで, 町は, 窮屈な, 粗衣粗食に, 結構だ, 自分の, 若い夫婦, 貯へと, 送って, 電灯が, 高橋という

▼ 暮し~ (80, 1.5%)

17 をし 2 に困ります, をしなけれ, をする

1 [57件] から来, から気立, がある, がどんなに, が残つて, が立ちません, が違う, だか, であつ, でさえ出来る, でした夫, です我まま, でそれ, でも気質, で主人, と自己, などとやこう, などを観, なの, にや定, に困った, に好適, に月, のため, のほう, の付く, の後々, の心掛け, の足, の面目, の鼠, はお母さん, はない, は澤山, は笊, もちがっ, も氣, や仕事, や暮し向き, をくりかえし, をしたい, をしてる, をしてるらしい, をしました, をなし, をはらはら, を取り戻す, を定めた, を容易, を教え, を更, を相談, を私, を自分, を自然, を見, を見透し

▼ 暮しぶり~ (71, 1.4%)

2 だ, だった, というもの, に非常, や信心, をみ

1 [59件] からまず, がある, がたいそう, がにじみ出, がまるで, が分る, が御意, が知りたかった, だったぜ, であるの, でなくては, で自家用, といえ, としても平林たい子, とは関係, とクラマール, と較べ, なんかにはもう, について好奇心, について話, にはわるく, には伸子, に向けられ, に対して神経, に対して自分, に対し単純, に心, に意味, のホテル, の娘さん, の独善的, はこう, はどなた, は仕事, は同じ, は変った, は心, もいろいろ, もその, も身, やお金, や日常, や村, らしく物質, をうちあけ, をかく, をし, をじろじろ, をそぞろ, をそのまま, をチャン, を改め, を物語っ, を眺める, を見, を見たら, を見る, を見直させるであろう, を観察

▼ 暮し~ (61, 1.2%)

2 したと, 四年と, 楽だ, 立てて

1 [53件] あろうもの, あんまりえ, いい, いくぶん楽, いやで, いろいろの, お許, かつかつの, させて, させなかったの, したやう, したよう, してない女, しよう, し好き, そのクライマックス, たたないので, ないの, なるまい, わるくない, 不自由な思ひ, 以来鰻のぼりに, 例外でない, 出來, 出来たろう, 出来ないので, 分らないどん底, 初めほど, 四十年からに, 小楽, 徐ろに, 案外つ, 案外つつましく, 楽で, 楽な, 楽に, 樂では, 段々と, 気が, 深刻な, 目下は, 相当に, 知って, 立ちがたし, 苦に, 詰めた, 豊に, 豐でない, 足かけ三ヵ月つづく, 追, 追いつきかねタケノコ生活, 都へ, 長くなる

▼ 暮しかた~ (57, 1.1%)

3 というもの, をし 2 だった, をする, をやっ

1 [45件] から得, がへんくつ, が信じられない, が始, が現実, で変っ, とちがう, にあらわれ, についてのプラン, について口, には大変, のこと, のとにかく, のほう, の反動, の或, の特別さ, の結果, はよく, は何, は出来ない, は素子, は逆, もある, もわかり, も会得, や産物, をあらわし, をある, をきめ, をした, をしよう, をすっかり, をすれ, をちっとも, をはじめて, をはじめる, をぼそぼそ, を作り出そう, を変え, を変える, を学ん, を考えます, 何だか虫, 考える必要

▼ 暮し~ (33, 0.6%)

2 あまりにひどい, いひまする別れれば

1 [29件] いう, いうだけ, いったらそれ, いひまする別れ, つても, なげかざるを, なりました, なり何, なり差し当り食うには, なり本, 一応みられ, 云いまた, 云うもの, 仕事と, 仕事について, 仕事は, 佐々の, 別に, 思えばこそ, 手仕事とを, 書きなおせと, 服装とが, 皆から, 考えて, 芸との, 見えたれ, 見え八百屋, 言った方, 言殊には

▼ 暮し~ (30, 0.6%)

3 の事 2 のこと, はどう

1 [23件] から金, がひどく, が豊か, こそ以前, でした, について詳しい, に悩ん, に見えます, の工合, の用, はとても, はグン, は二月三月, は女, は思ひ, は良い, は近頃, ばかりは何, も店, よき中流層, をよく, 万事質素, 万事質素で

▼ 暮しても~ (27, 0.5%)

2 よいと

1 [25件] い, いいし, いいただ, いいと, いないの, います, このごろの, そこが, それは, よいという, 世間並の, 其日数も, 十分と, 困らないやう, 大丈夫だ, 少しも, 尚そういう, 差支ない, 悪くは, 本望だ, 生きて, 血は, 誰も, 関はずた, 頭だけ

▼ 暮しながら~ (27, 0.5%)

1 [27件] いつとは, お茶, しかもぜいたく, そうはかばかしく, その余力, それを, たくさんの, ちょッと, ひとりで, 休暇を, 何と父, 僕は, 原稿を, 文学者として, 時々あの, 書き上げた, 次第に年老い, 歌人としても, 殆ど妻, 毎朝こんな, 無数な, 病院の, 研究所へ, 美人を, 観察し, 額の, 餓死に

▼ 暮し~ (25, 0.5%)

1 [25件] からその, から一人, が鹿児島, けれどこの, けれどどの, そこへ, つたからねえ, つたのだらう, つた美津江も, で用心, とあなた, ということ, といふ, とうなずける, とこわく, と云う, と判る, と引合い, と思う, と書い, と言う, なと思, ね, のに, 差換の

▼ 暮しでは~ (21, 0.4%)

2 あつた

1 [19件] あと一時間くらゐ, いろいろ辛棒, ないか, ないから, ないけれど, なかつたやう, ひろ子の, ふだんの, 一から, 不用心だ, 不自由である, 出来ないの, 別な, 文句の, 気がかりにも, 知らなかった細かい, 買っても, 返す見込み, 雑誌が

▼ 暮したり~ (18, 0.3%)

4 して

1 [14件] したこと, したニューヨーク, した父, するに, する場合, そのうち親, ぴちぴちする, またはニキビ, 名所を, 札幌の, 漸く五日, 紹巴を, 耕作し, 野原の

▼ 暮しむき~ (17, 0.3%)

2

1 [15件] がよい, が見える, だと, でいる, と云, なので, なり, に見えた, の不如意, の窮状, の賑わし, もよかっ, も傍若無人, も楽, を立て直そう

▼ 暮しです~ (15, 0.3%)

2 か, から, が血, が銅壺, の 1 から一人前, か周, が住居, が傍聴, よ

▼ 暮しには~ (15, 0.3%)

1 [15件] いい魂, こまらない亜流インテリゲンツィア, こまらぬ家庭, 不自由は, 事欠いて, 何程の, 困つて, 差支なく, 心の, 悦んで, 慣れて, 戻れないぢ, 智慧を, 珍しい夏, 非常に

▼ 暮しては~ (13, 0.2%)

2 いない

1 [11件] いつ大きく, いましたけれど, いられない, いられなかったこれ, いる, 呉れまいかと, 嘸かし欲, 居るが, 行かれますから, 行けないと, 飢えて

▼ 暮しにも~ (12, 0.2%)

2 困る位 1 困って, 困つて, 困るので, 困るよう, 困窮し, 差支えある, 差支えるよう, 持物にも, 格別不満らしい, 馴れた

▼ 暮しから~ (9, 0.2%)

2 足を 1 その悲しみ, みたら東京, 云って, 抜け出ようと, 湧いて, 脱け, 質素な

▼ 暮してを~ (9, 0.2%)

2 りました 1 らつ, られる患者さん方, りますが, りますわ, り今, る, れるわけ

▼ 暮しという~ (9, 0.2%)

3 ものは 1 かぎりなく, ことを, のが, のは, ものが, ものにも

▼ 暮し~ (9, 0.2%)

1 さつて, のかと, のだった, のだろう, のである, のでもし, ので気, んでしょう, 人間や

▼ 暮し~ (9, 0.2%)

1 あなた方の, その立身出世, 他人の, 信心をも, 単調な, 日常茶飯の, 書くもの, 生活や, 自然な

▼ 暮しであった~ (8, 0.2%)

1 から村, がこの, がたとい, がやがて, が仁吉, が家同士, が帳場, ので庄吉

▼ 暮しでも~ (8, 0.2%)

1 して, しようじゃ, するから, できること, ないやう, ないん, なかったらしい, 辛抱しよう

▼ 暮しよう~ (8, 0.2%)

2 がありません 1 がない, で西国, のない, は色々, もなくなっ, も考へ

▼ 暮しいい~ (7, 0.1%)

1 か分らない, ぜ, でしょう, ところです, と思います, パリで, 浮世に

▼ 暮しなさる~ (7, 0.1%)

1 おつもり, かと思う, から大みそか, という, のは, ようにと, んだろう

▼ 暮し~ (7, 0.1%)

2 になる 1 になつ, に入る, は唯, は国, を明かし慰むべき

▼ 暮しさえ~ (6, 0.1%)

2 すれば 1 あれば, まだなかなか苦しい, やっとである, 満足でない

▼ 暮しその~ (6, 0.1%)

2 上女郎買とは 1 友情に, 職業に, 行末, 衣裳殊に

▼ 暮しだった~ (6, 0.1%)

2 のです 1 そうであります, ね, のだ, やがて頭梁

▼ 暮しである~ (6, 0.1%)

1 かもしれない, ために, のですぐ, 事を, 事実から, 塚本では

▼ 暮し振り~ (6, 0.1%)

1 がはつきり, であつ, では三円五十銭, を人一倍, を察, を見せ

▼ 暮しとは~ (5, 0.1%)

1 我ながら, 持物を, 深い結ばり, 縁の, 離れたこと

▼ 暮しにくい~ (5, 0.1%)

1 から保養かたがた田舎, ので人間, のは, 世相の, 乱世を

▼ 暮しやう~ (5, 0.1%)

1 がありません, が私, だと, でも, で西國

▼ 暮し~ (5, 0.1%)

21 ふを, へと種々, へ命

▼ 暮しがち~ (4, 0.1%)

2 なもの 1 であった, な日本人

▼ 暮しだろう~ (4, 0.1%)

1 か, かとひと, という気, とは図星

▼ 暮しでした~ (4, 0.1%)

21 が, がよし子

▼ 暮しにくく~ (4, 0.1%)

2 なり来る年 1 なり家, 父も

▼ 暮しにて~ (4, 0.1%)

1 いよ, いよいよ世間婦人, 半年たたぬ, 居られしならば

▼ 暮しやすい~ (4, 0.1%)

1 ということ, という感じ, 世に, 訳です

▼ 暮しよい~ (4, 0.1%)

1 ところらしい, ものなら, パリ時代の, 国たらん

▼ 暮し居り~ (4, 0.1%)

1 て十七歳, まゐ, 候事と, 候折から

▼ 暮し~ (4, 0.1%)

2 遊候や 1 成候御事蔭ながら, 遊候由何より

▼ 暮し遊ばす~ (4, 0.1%)

1 という御身分, やう清左衞門身に, よう清左衛門身に, よりもずっと

▼ 暮し上手~ (3, 0.1%)

1 でなければ, の女, は男

▼ 暮し近所~ (3, 0.1%)

2 の評判 1 の子

▼ 暮し~ (2, 0.0%)

2 袖は

▼ 暮し~ (2, 0.0%)

1 ていた, て東京

▼ 暮しそんな~ (2, 0.0%)

2 家は

▼ 暮しつつ~ (2, 0.0%)

1 その上, 往来を

▼ 暮しでございます~ (2, 0.0%)

1 がみんな早寝, しお

▼ 暮しといふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, 先生で

▼ 暮しとして~ (2, 0.0%)

1 それが, 定められて

▼ 暮しどこ~ (2, 0.0%)

1 へも旅行, を見

▼ 暮しながらも~ (2, 0.0%)

1 猶仕出屋, 私の

▼ 暮しなさいます~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 暮しなされ~ (2, 0.0%)

1 ば御身, 候や

▼ 暮しなどの~ (2, 0.0%)

2 人が

▼ 暮しなら~ (2, 0.0%)

1 ば我等一人位何やう, 魚を

▼ 暮しなる~ (2, 0.0%)

1 が此平兵衞, というの

▼ 暮しなれ~ (2, 0.0%)

1 ども正直もの, ば格別

▼ 暮しなんか~ (2, 0.0%)

1 したいとは, して

▼ 暮しについて~ (2, 0.0%)

1 およこし, 決して間違った

▼ 暮しよく~ (2, 0.0%)

1 なる, 家庭を

▼ 暮し出来る~ (2, 0.0%)

1 のです, わな

▼ 暮し~ (2, 0.0%)

1 の三人, も貧しい

▼ 暮し~ (2, 0.0%)

1 たりけり, と云

▼ 暮し居る~ (2, 0.0%)

1 と云趣き, にのみに御座候處先づ

▼ 暮し~ (2, 0.0%)

1 いお光, いと思ひました

▼ 暮し~ (2, 0.0%)

1 が経っ, は妙

▼ 暮し易い~ (2, 0.0%)

1 ところです, 譯です

▼ 暮し~ (2, 0.0%)

1 というもの, を語れ

▼ 暮し田舎~ (2, 0.0%)

1 の小学校教師, へ小金

▼ 暮し~ (2, 0.0%)

1 と冬, の末

▼1* [224件]

暮しあれよ, 暮しいくらか日本語が, 暮しいつもフェボラブルな, 暮しかたしたのよ, 暮しかたそれがどんなに, 暮しかたはむずかしくなり, 暮しかた勉強を期待, 暮しかた如何によるの, 暮しかた等は極めて, 暮しからは現れない豊かさ, 暮しくださいますように, 暮しけれ共天道惡事, 暮しことしの十一月, 暮しこんな境地が, 暮しへ到底, 暮ししかも零細な, 暮しするのを, 暮しするだらうと思ふ, 暮しせっかくの青春, 暮しそして孝行に, 暮しそのものが弱まっ, 暮しその間に何, 暮しそれがどういう, 暮しそれからシベリアを, 暮しそれぞれ全くちがいます, 暮したせゐか寢, 暮しただ密かに, 暮したなばたつめに, 暮したらうがまだ, 暮したりまでしたが, 暮しだいつどういうハズミ, 暮しだいぶお前よりは, 暮しだけ立てて, 暮しだせるのは, 暮しだって楽に, 暮しだつたので富岡, 暮しだつたさうですよ, 暮しちゃいけないこと, 暮しやア, 暮しつや子と子供ら, 暮してからようやく他人, 暮してからの数年伸子の, 暮してさ同じ船, 暮してさえいれば, 暮してでもいるか, 暮してと云つたら, 暮してばかり居ても, 暮しであっても金持ち性, 暮しでありましたから台所, 暮しでございましても何処, 暮しでござるかの, 暮しでしたらやってゆける, 暮しで御座いますが皆んな, 暮しとしては意外な, 暮しとて私たちより, 暮しとれば見る, 暮しどんなでしょう, 暮しなさっている, 暮しなさったのでございます, 暮しなすって下さいまし, 暮しなどは殆ん, 暮しなどをして, 暮しなり扨此喜内は, 暮しにおいてもサラリー, 暮しにしか写らない, 暮しにだって工場で, 暮しにより道に, 暮しぬる一人の, 暮しぬれば畜生, 暮しどこでも, 暮しのせゐか妙, 暮しのちがひからくる, 暮しのよかつた, 暮しばかりして, 暮しばかりを過して, 暮しひたすら父母を, 暮しひとつ出来ないなんて, 暮しぶり等は一つ, 暮しぶり簡素で活, 暮しぶり雨の湖, 暮し女学校時代からの, 暮しへは何と, 暮しまたはせいぜいの, 暮しもっと悪い事, 暮しやすければやすい, 暮しゆける所が, 暮しよかった, 暮しよくってもそんな, 暮しよりはすこしは, 暮しよりも詩的であり, 暮しらくにならざりじ, 暮しらしかつた, 暮しインテリゲンツィアの要求, 暮しゴーリキイとは離れ, 暮しツイこの間まではフラフラ, 暮しパリを見, 暮しヒステリイにもなれ, 暮しフランスが中心, 暮しルウソウ街にある, 暮しロマネスクという小説, 暮し一度は流行爲, 暮し一日も実務, 暮し一番早く来, 暮し万人が自然, 暮し三月の三日一先づ薩摩, 暮し両人の間, 暮し主取りをする, 暮し九月新学年, 暮し二六時中相語り相助けよく, 暮し二十三に成ろう, 暮し互に鄭重に, 暮し五月ごろ私が御, 暮し以後のもの, 暮し伸子はあと, 暮しはお, 暮し佐々木看護婦に代っ, 暮し何人も妾, 暮し何処の旅, 暮し俗人には分らない, 暮し候事も相, 暮し光ちゃんも益々, 暮し全体が伸子, 暮し八十のおじいさん, 暮し八十三でころり, 暮し其処で耕した, 暮しるも, 暮し兼ねるに, 暮し兼候ゆゑ妹の民こと番頭久兵衞, 暮し再び切れ目の, 暮しは猟, 暮し初めてから幾月, 暮しの所, 暮し勉強の金, 暮し十五日の朝三十四度七分, 暮し南洋にも暮し, 暮しになつ, 暮し急に, 暮し四人の子, 暮し土地の新聞, 暮し土瓶一つ鉢卷をした, 暮し土瓶一つ鉢巻をした, 暮しへ出れ, 暮し外国旅行もし, 暮しの様, 暮し青洋, 暮し夫人もお子様, 暮し好かった昔, 暮し妻子の事, 暮しのため, 暮し子供まであっ, 暮し子澤山と見え, 暮し安部とはたまに, 暮し家の子郎党の出迎え, 暮し家の子郎黨の出迎, 暮し居けるが兎角, 暮し居れば切, 暮し居候と申陳, 暮し居候始末にて私事, 暮しが樣, 暮し市内ですまし, 暮し広東で鶏, 暮し度胸もよく, 暮しは母, 暮し彼らの高慢さ, 暮し彼女の墓, 暮しには一本立ち, 暮し後世のほど, 暮し従ってより多産的, 暮し得らるるや, 暮し必然に美, 暮し慣れて来た, 暮し憂慮し苦しんで, 暮し成りければ獨心中, 暮しるもの, 暮し戯曲を書き, 暮しの大計, 暮し方心の持ち, 暮し方豊か故軽き, 暮し日々用いて, 暮し易くはなるしする, 暮し時々協会に, 暮し早く馬車, 暮し未だ父上の, 暮し東京で死んだ, 暮し桟橋の下, 暮し棧橋の下, 暮し模様は前便, 暮しの一週間, 暮し歸つて來て一緒, 暮し母親がない, 暮し毎日海水浴場にやって来, 暮し気持を擾, 暮し烟りと消え, 暮し無条件降伏と同時に, 暮しは可, 暮しも種々心, 暮し粗衣粗食に馴れ, 暮し素手で帰っ, 暮しへても, 暮し終るのであろう, 暮しも質素, 暮し良くこの生活, 暮し花見をし, 暮し前大通, 暮し表側全部を開放, 暮しはその, 暮しとも交際, 暮し謙虚さは失わなかった, 暮し貧乏にも借金, 暮し貧民窟にはどこ, 暮し貯金も出来る, 暮し輸送船につめこまれ, 暮し遊ばされ候由目出度, 暮し遊ばした日は, 暮し鉄砲のタマ, 暮しさが, 暮し難いもので, 暮し難うなると, 暮し難かろうからと, 暮しを働かす, 暮し食事に贅, 暮し食物は草刈人足, 暮し養母も實子, 暮し馴れている