青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「時計~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

時代~ ~時分 時分~ ~時刻 時刻~ 時勢~ 時半~ ~時期 時期~ ~時計
時計~
~時間 時間~ 晝~ ~晩 晩~ 晩年~ ~普通 普通~ 普遍~ 景~

「時計~」 5817, 56ppm, 2072位

▼ 時計~ (1766, 30.4%)

181 見ると 160 出して 81 見て 60 見た 26 持って 25 見ながら 23 見れば 15 持つて, 返して 14 買って 12 見上げた 11 見る, 見上げて 10 取り出して 9 みると, 出した, 眺めて, 見ますと 8 手に 7 眺めた, 見たが, 見ました 6 ながめて, のぞいて, みた, みて, 大尉の, 見たり, 誰に 5 見に, 見上げると, 覗いて 4 もって, 体よく, 取り出した, 取出して, 売つて, 気に, 盗んだと, 見つめて, 見るの, 見上げながら

3 [30件] だして, とめること, なおして, はめて, みる, もつて, 仰いで, 取り上げて, 受取った, 引出して, 握ったまま, 正しいと, 盜んだ, 直して, 眺めると, 脱して, 自分の, 落して, 見あげた, 見あげて, 見せた, 見たの, 見つめました, 見ては, 見ようと, 見上げ, 貰つてそして, 買った, 買つ, 鳴らして

2 [97件] いじって, かけてから, きいた, くれた百姓, さへ, じっと見, ちらりと見, です, とめて, ながめました, ぶら垂げ, みあげて, チラリと, ポケット深く, 一つ取られた, 不得要領に, 仰ぐと, 何う, 何うしようと, 修繕す, 借りだして, 健康な, 出すの, 取って, 取りあげて, 取り出すと, 受け止めて, 叩き返して, 合図に, 外して, 夫人は, 妻に, 幾度も, 庭の, 弄んで, 引き出して, 懐から, 懐に, 持ったまま, 持つた事, 挟んで, 振り仰いだ, 振り仰ぐ, 捲いたの, 掛けた, 掛けて, 探して, 暫らく見詰め, 枕の, 止めて, 死屍から, 盜んで, 目當に, 真の, 眺め, 眺めては, 置いた, 聞くと, 見い, 見ずとも, 見せて, 見たとき, 見たまえ, 見たらまだ, 見たらもう, 見たら四時, 見つつ, 見ること, 見る狂人, 見上げたなり, 見上げた目, 見入つて登校の, 見詰めて, 貴女から, 貴女に, 買うの, 買ひ, 賣つて來, 質に, 身に, 返すこと, 返すとき, 返すとして, 返すなどと, 返すには, 返すの, 返すべきかも, 返すべき人, 返すべき当の, 返すべき持主, 返すべき本当, 返すべき相手, 返すべき緒, 返す為, 頂戴し, 食って, 鳴らすの

1 [676件 抜粋] あおぎ, あげました, あずけて, あちこちと, あなたに, あわせて, いじくりながら, いじくり廻して, いただいたと, いぢ, いつぺん見た, いつまでも, うしなへる, うでから, うばいさったの, おいて, おくとは, おくれしむ, おくれよ, お持ちです, お持ちでない, お捲き成されました, かくします, かくす場所, かけあがる, かけて, かけましょう, かれに, ききながらも, きくとね, くすねて, くばつて, くれそう, こぬれに, この店, こは, ごらん時計を, さえ自分, さえ蔑み切って, さがし出したって, さぐって, さげて, しまいながら, じっと見つめ, じっと計っ, すぐに, すすませて, そっと懐, その子供, そばに, そんな高い, ためつすがめつした, たよりに, だれにも, ちやうだいします, ちょいと, ちょっと覗い, ちょと, ちらちらさせ, つかんだ, つぎの, つくろうかと, つけたあの, つけた腕, つや子が, とてもだいじ, とめる, とりかえしたい位, とりだし, とり出して, どうぞ見せ, どこか, どこから, どんな具合, なおしに, なおすの, ながめては, なくしたので, なくしちゃった, ならべた明るい小さい, ぬすんで, のぞいたが, のぞきこんだ, はずして, ひき出して, ひっつかんで, ひっぱりだして, ひっぱり出しました, ひどくほめた, ひろひに, ふんだくっただけで, ぶらさげてりゃ日本, ぶらを, ぶら下げた似而非詩人ども, ぶら下げて, ほしがっ, ほめて, ぼうんと, まくこと, また取り上げた, また東京, みたら丁度, みたら四時半, みたり, みつけて, みつめて, みつめながら, みました, みるから, みるよう, みんな拾われ, もう一度出し, もう十分, もたない私, もたぬ二人, もってるだろう, やるぞ, やると, やろう父, よくしらべ, よく見る, よほど高価, わが友, わたした, ギュッと, サゲてる, ジッと, タタキ返し, チョッキの, チンチンと, ヌッと, フリント君が, ブラ下げ, ポケットに, ポケットへ, ポッケットへ, マゲテ, モスリンを, 一つずつ, 一つと, 一つ下し, 一つ欲し, 一つ買っ, 一つ買った, 一つ鎖ごと取り出し, 一に, 一寸修繕, 一度も, 三時の, 三時まで, 下げて, 下賜された, 与へて, 世に贈る, 両の, 並べた家, 九時まで, 九時五分前に, 二十分から, 二十分進め, 二百六十とか, 五十五分進ませた, 五時にかけ, 仰いだが, 仰ぎ見た, 何べ, 何度も, 使用し, 信長に, 修繕に, 俺の, 借りて, 健三に, 僕に, 光らしたデップリ, 入れたか, 入れて, 入質し, 六時半にかけて, 出さないやう, 出さなかった, 出し, 出しその, 出したら五時すぎ, 出してか, 出してから, 出しては, 出し入れし, 出し見つ座, 出す, 出そうと, 出だして, 前に, 前において, 副えて, 動かすこと, 十分ほど, 卷きつけ白足袋, 取つたの, 取つて, 取つて物, 取りながら, 取りに, 取り出し不安さうにそれ, 取出し手早く, 受け取った夫人, 受取って, 受取つた, 受取つて呉れる, 号砲に, 合せたそう, 合わせかく, 含めた坐標系, 含めて, 呉れると, 四十五分も, 四時に, 四時にかけて, 埼子の, 塚田屋へ, 売ったから, 売って, 売りに, 売る, 大切に, 失いて, 失敬した, 奪い取って, 奪ったの, 宗近に, 実際に, 密輸入する, 尻尾に, 巧みに, 差し出したるに, 帯の, 年老いた震える指先, 幾つか, 座蒲団の, 庭へ, 廻転させた, 弄りつ, 引きずり出して, 引き出し片方, 引っ張り出しちらりと, 引っ浚っ, 引抜いて, 弟の, 強く掛け, 徐かに, 得たれば, 御取り, 御拾得, 御覧よ, 御記憶, 忘れたので, 思い出したので, 急に, 愛用した, 感じ, 懐中から, 懐中へ, 所持なさらず, 手さぐりし, 手づかみに, 手搜りし, 手放して, 手本に, 手頸から, 打ち第, 打仰ぐ, 扱う権利, 折々見ました, 抜いて, 押しかえした, 拝見いたしましょう, 拾い上げながら, 拾ったとたん, 拾ったやつ, 拾ひ上げ, 持たないゆ, 持たなかった, 持たなくなった乙, 持ちオペラバツグ, 持ち出させた上, 持ち色, 持ったり, 持ってたか, 持ってたっけ, 持つこと, 持つたなりどこ, 持つたまま, 持つてる筈, 持つと, 持主の, 指さして, 指しながら, 指差し, 振つて, 振り仰いで, 振ると, 捜し出しに, 捜すの, 捲いたので, 捲き試して, 捲く事, 掏って, 掏られた, 掏摸に, 探し出して, 探って, 探りあてて, 握つたまま, 搜し出す, 携へ, 撓めながら, 撫でたがって, 支へる, 收めて, 數へ, 時計屋へ, 曲げて, 書いて, 机の, 枕もとに, 枕元に, 柱時計と, 検べ, 検めると, 次の, 欲しかつ, 殊に其の, 気軽く振り向いた, 求めたの, 求めること, 求めるという, 注意し, 海に, 渡して, 照らす, 片手に, 狂わせること, 狂わせる原因, 玩具に, 生活に, 用いなくては, 町へ, 疎開先へ, 白縮緬の, 盗まれたの, 盗まれたり, 盗みだしたとき, 盗みだすところ, 盗むなんて, 盗んだ方, 盜つたのは, 盜まれて, 盜んだり, 目当に, 目立たぬところ, 眺めたり, 眺めてから, 眺めながら, 眺める, 眺め急, 眺め時間, 睨みながら, 睨みながらも, 睨むよう, 睨んで, 磨いて, 示しながら, 私の, 種に, 納めつ, 納めて, 素早く計る, 組立てて, 置いたらよっちゃ, 置いて, 考えて, 耳に, 耳へ, 聞きながら, 聞く頃, 聴きぬ電気, 背負つたアトラスが, 胸に, 茶だんすの, 落さないと, 落したん, 褒めて, 褒美に, 要するは, 見あげました, 見い見いせわし, 見い見い坐って, 見たいとも, 見たか, 見たぎり何とも, 見たって, 見たら七時二十分, 見たら三時半, 見たら九時, 見たら二時, 見たら十一時十五分, 見たら十二時, 見た人々, 見た眼, 見ちよ, 見つけた, 見ても, 見てるよ, 見てわ, 見ないで, 見ない癖, 見なかったか, 見られると, 見るかも, 見るから, 見るため, 見るであろう, 見るに, 見るふり, 見るまでも, 見る必要, 見る癖, 見る等し, 見上げたが, 見上げては, 見上げましたが, 見上げを, 見乍ら, 見伸子, 見入った, 見出すと, 見守って, 見比べて, 見直すと, 見誤って, 見較べた, 見違, 視た, 覗かせて, 覗き込むと, 覚えて, 解剖し, 訂正しよう, 調べましょう, 象の, 貰い何方, 貰って, 貰つてゐる, 貴重品扱いで, 買いたくホテル・ヴェレビュ, 買いやがった, 買えの, 買おうと, 買ったと, 買ったよ, 買ったり, 買った古道具屋, 買っては, 買つた, 買つた家に, 買つて來て, 買つて来, 買つて来た, 買つて貰ふ, 買ひました, 買ふ, 貸して, 賣つたら長谷, 賣つたり, 賣らして, 質入れし, 贈つた, 返しさ, 返しさえ, 返しやっと, 返附し, 送る小包, 進めねば, 運命の, 遠く海, 還さん事, 配置し, 門柱の, 隠す必要, 隱した, 集めたほどに, 電話機の, 靜かに, 順次に, 預けて, 頬に, 験して, 鳥共と, 鳴らさせるという, 鵜に

▼ 時計~ (1178, 20.3%)

43 音が 37 針は 34 音を 33 針が 32 針の 28 針を 19 音に 17 下に 16 鎖を 15 ように 14 振子の 13 捲き方 10 やうに 9 ような 8 針に, 音は 7 前に, 秒を, 鎖に 6 セコンドの, チクタク, 元の, 持主である, 文字盤を, 方へ, 胴に, 長い針 5 上に, 振り子の, 方を, 謎を, 音と, 響きも, 鳴る音

4 [17件] ことを, そばに, 下の, 中に, 代りに, 修繕を, 刻む音, 持主を, 指針は, 時を, 機械を, 盤面には, 盤面を, 秒針を, 金鎖を, 針も, 音と共に

3 [24件] ことが, ねじが, セコンドを, 事を, 修理を, 円い白い顔, 十二時である, 指針の, 指針を, 振子が, 振子と, 振子を, 文字盤が, 時間を, 歴史, 番を, 箱の, 蓋を, 針と, 鎖の, 鐘が, 面を, 音, 鳴るの

2 [64件] あたりで, うちで, ことなどよりも, ことは, すぐ下, ために, ちくたく, つめたさ, ないの, ほうで, やうな, コチコチと, ゼンマイに, チクタクと, チクタク心臓の, 上の, 下には, 中の, 中へ, 中を, 事は, 修繕の, 元来の, 右が, 多くは, 如くに, 形を, 怪, 持主らしい, 振子に, 振子は, 捻子を, 数字や, 文字ばんが, 文字ばんに, 文字盤に, 方だ, 時間の, 本当の, 機械に, 機械の, 白い腹, 真の, 秘密を, 箱に, 紐を, 蓋の, 話を, 輾る, 針で, 針ばかり, 針ばかりが, 銀鎖を, 鐘の, 鐘は, 長針は, 音から, 音だ, 音だけが, 音という, 音の, 音ばかりが, 音も, 顔を

1 [470件] あたりお, あった通り, あのややこしい, あらかじめ意図, あらかじめ意圖, ありがたみを, あること, あるひろ, あるほう, うち円い, うつ音で, うれしい針, おもて, お箱, お腹の中, お贈り物, かえって静けさ, かかった柱, かかった茶の間, かぎに, かけ方, かちかちを, かどの, かわりに, きぎむ音を, きち, くさりに, ぐるりには, けざやかな, ことだけが, ことで, ことです, ことなど, ことについて, ことには, ことも, ことよりも, こまかい確か, ごとく正確, ごみを, すること, ぜんまいみたいな, ぜんまいみたいに, その唄, たばだったに, たばを, とまって, とまつ, どこに, ないのに, ない世, ない仕事, ない国, なかった, なしたと, なるの, ねじに, ねじを, ねむたさ, のろのろし, はいって, ひ, ひびきは, ひもを, ふたの, ふりこが, ふりこです, ふりこの, ほうに, ほか父は, ほとりから, まはり, やうで, ゆらりゆらりと動い, ゆるんだねじ, わきを, イミテイションで, エルジンを, オルゴオルの, オルゴルを, カチカチなどは, カチカチカチカチいう, ガタンガタンという, ガラスなんか, ガラスに, ガラスは, セコンドが, セコンドと, ゼンマイが, ゼンマイは, ゼンマイを, ダイアルの, チクタクが, チクタクだけが, チクタクとを, チクタクばかり, チクタクオール, トの, ネヂを, ベルが, マチガイでは, ユックリユックリと, 一つの, 一二時を, 一方が, 一時で, 一種なるべし, 三分か, 三品を, 上には, 下げ物を, 下だ, 下で, 下へ, 下や, 不便な, 中から, 中で, 中には, 中まで, 中味は, 事件と, 事件によって, 二時が, 交換なども, 仕事が, 仕事で, 仕度を, 仕掛けだ, 仕掛は, 代の, 代りと, 代りを, 代を, 仰向けに, 価, 価格, 修理が, 修理などは, 修繕に, 修繕にも, 修繕は, 停まる, 傍に, 傍には, 傳は, 光と, 入つて, 内職で, 内部から, 内部で, 内部へ, 円い顔, 凄惨な, 出さきが, 出物が, 函を, 分針が, 刻み, 刻みで, 刻みのみ, 前で, 前にも, 前へ, 十一時近い, 十三時を, 十二を, 十二時を, 十時を, 古ぼけた指盤, 台盤だけが, 右手に, 合って, 同じ唯一つ, 周期的な, 味方だ, 呼ぶに, 嗄れた声, 器械の, 囚人, 図を, 圖, 圖は, 在る家, 垂下つてゐる, 型や, 場, 塔まで, 壊れを, 声も, 売れた一件, 外に, 大きさ, 大きな音, 大量輸入と共に, 如き捲くべき時間, 如くひま, 妙味も, 字面に, 安価な, 安價, 室書物の, 家に, 密輸入で, 差を, 巻き方, 幽霊と, 弾機に, 形が, 形と, 役を, 彼にとって, 後に, 心臓, 心臓であった, 快音と共に, 怠慢に, 怠慢に対して, 性質を, 怪しい數字, 扉に, 扉を, 手前に対しても, 手引きと, 打つの, 持主の, 指針が, 振り子は, 振子かと, 振子から, 振子だ, 振子も, 振子運動光の, 振幅が, 掃除修繕を, 撥条が, 撥条に, 故障のせゐ, 数は, 數字の, 文字が, 文字と, 文字ばんも, 文字も, 文字板から, 文字板が, 文字盤だけが, 文字盤には, 文字盤通りに, 方が, 方で, 方に, 方の, 方は, 時刻盤の, 時天文學の, 時鐘が, 時間が, 時間であり, 時間は, 時間よりは, 時間よりも, 時間指示が, 時鳴, 有る所, 有難味なんか, 検査を, 構造を, 様な, 横にかけ, 横の, 機械で, 機械も, 機械らしい, 機械室だった, 機械室です, 機械室に, 機械室の, 機械的な, 機構よりも, 歌の, 正確さ, 此の, 歩みの, 歩調は, 歯車と, 歯車を, 歴史とかいう, 気た, 汚れた硝子, 沈んだ音, 淺葱の, 渡職人に, 灯が, 玻璃の, 現物を, 用意ばかり, 用意を, 用途は, 番人が, 番人じゃ, 番人程, 発条小瓶漏斗, 白い円い顔, 白い台盤, 白い文字盤, 白い盤, 白い顔, 百姓が, 皮でした, 盤を, 盤面が, 盤面では, 目, 目盛から, 直ぐに, 直しが, 真下に, 真下振子の, 真中に, 真白な, 眩ゆい, 短針が, 硝子なら, 硝子の, 示す時刻, 示す時間, 秒や, 秒刻, 秒刻の, 秒針の, 秒針は, 秘密が, 箱ん, 紐が, 紐の, 紛失に, 細い金鎖, 組織などを, 絵を, 緑色に, 罪だ, 罪悪です, 腕輪を, 色模様の, 荷物を, 落ちて, 葢を, 蒐集として, 蒼い浪, 蓋は, 蜩など, 螺旋を, 表を, 表字板, 表面は, 裏から, 裏に, 裏へは, 裏蓋を, 裏面を, 製造に, 製造は, 見えねえタチ, 見樣, 観念と, 觀念と, 言い草, 言い草から, 詮索は, 詮索尖つた, 話が, 話は, 誤りを, 読みは, 軋, 這入って, 通りに, 進むにつれて, 進むの, 進む速, 運動みたいに, 運搬の, 道具を, 選手では, 部分が, 部屋でした, 部屋には, 部屋へ, 重子が, 金具が, 金色の, 金鎖などを, 金鎖胸に, 針, 針ぐらいは, 針や, 針停り, 針出っくわす, 鈴が, 銀鎖手に, 鍵を, 鍼を, 鎖かて, 鎖から, 鎖でも, 鎖と, 鎖なら, 鎖は, 鎖へ, 鎖襟垢の, 鎖輝きぬ, 鏈を, 長短二本の, 長短針が, 長針が, 長針だった, 間から, 間に, 間には, 間の, 間坊主側用取次と, 間坊主側用取次という, 陰を, 隣に, 零時三十二分で, 青い針, 面から, 面が, 面に, 面までが, 音がが, 音ぐらゐでもして居なけれ, 音さえ, 音ぞ, 音だけ, 音で, 音なんか, 音なんかは, 音のみ, 音ばかり, 音までも, 音より, 音をも, 音一つしか, 音楽の, 音盆, 響, 響が, 響きは, 飾って, 飾り玉および, 飾り玉を, 馬車を, 高さ, 鮮明な, 鳥は, 鳩が, 鳴って, 鳴り方, 鳴ると, 鳴るにも, 鳴るも, 鳴るを, 鳴る夜, 鳴る頃, 鳴鐘, 鳴音, 黄金鎖が, 黒い針

▼ 時計~ (677, 11.6%)

23 十二時を 16 九時を 15 二時を 12 十一時を, 十時を 10 一時を, 四時を 9 鳴った 8 カン, 三時を, 八時を 7 云つた, 五時を, 時を 6 ある, かかって, 七時を 5 入って, 六時を, 鳴る 4 あった, おくれて, 止まって, 鳴るの 3 あると, ない, ないので, チンと, 動いて, 午前二時を, 鳴って, 鳴ると

2 [37件] あって, あるから, ある筈, きっかり七時, しずかに, すきで, その真, ないと, ないの, 一時間に, 九時半を, 五時半を, 何か, 八時半を, 六時に, 出て, 動く毎, 十二時十五分前を, 午前三時を, 大変大きな, 朝の, 本当の, 案外容易, 狂って, 薄気味の, 言った, 誰かに, 這入って, 進んだ, 遅れて, 音を, 鳴ったの, 鳴っても, 鳴つた, 鳴つたの, 鳴りだした, 鳴り出した

1 [378件] あったって, あったとしても, あったら, あったろう, あつた, あつて, ありましたが, あり両端, あるいは柱, あるが, あるけどね, あるじや, あるの, あるのに, あるはず, あるばかりに, あれば, あんなに喧しく, いかにも時代もの, いきむよう, いくつ打った, いたむのもむりはありません, いつもの, いつもより, いらないならシャープ鉛筆, いろんな音, うごいて, うたつてる, うつと, うつ音, うまく動き出し, おいて, おくれたので, おごそかに, お友達ちのやう, かけて, かざって, がさがさな, きゅうに, ぎいと軋み, ここに, こち, ことに私たち, この頃, こわれて, ございません何, すすんだの, すすんで, そう知らせ, そこから, その傍, それです, それと, それとも宇宙, それほど信用, ぞろぞろ出, たった二つぎりしかなかったのです, ちっとも精巧, ちゃんと保証, ちょうど七時, ちょうど五時, ちょうど十二時, ちょうど背, ちんと鳴り出す, ぢん, できるから, とまっても, とまってる方, どうした, どこから, どの位, どれも, ないかと, ないから, ないのよ, ないん, ないんで, ない時計, なおってから, なかつたら, なくて, なくな, なくなったら僕, なくなったッ, なにかいっ, にこにこと, にぶい音響, ねぼけたよう, ねむそう, はいって, はいってること, はじめて日本, はめられて, ほしいと, ほしかった, ほんとうの, ぼうんと, まず十二時, また一時間, まだ鳴らない, まちがって, まるで時計屋, みつかったので, もうすこし動い, もう午前三時, やはり正確, ゆっくり十時, ゆるやかに, りっぱな, わかるの, ウンと, カタ・コトと, カチ, ガタンガタンと, ガラス, コチーンコチーンと, ジンジンと, ズラリと, チクタク音を, チョッキの, チンチンと, チーンと, パチパチした, ボウンボウンと, ユックリ十一時を, 一つ, 一つあった, 一つある, 一つかかっ, 一つございます, 一つずつ, 一つの, 一つぼ, 一つ据ゑてあつてそれが, 一つ目に, 一つ紛失りました, 一つ鳴りました, 一個おやじの, 一個書籍を, 一定の, 一斉に, 一時三十分を, 一時九分の, 一時四十分を, 一種無類の, 丁度, 丁度十二時を, 七分すすみすぎ, 三つと, 三つ鳴った, 三匹の, 三十分ちかく, 三時五分前を, 上司氏に, 不思議で, 与えられて, 並べて, 九つ打っ, 九時で, 九時前だ, 二つあった, 二つなく, 二つ打った, 二つ目を, 二分を, 二分遅, 二十分進ん, 二時半を, 五つ鳴, 五つ鳴つた, 五ツ鳴りました, 五分遅れの, 五十分に, 五時から, 人を, 今まさに, 今六時半, 今度来た, 付いてるから, 何といおう, 何故二時, 何時だ, 何時何十分を, 停って, 停つて, 八時の, 八時半に, 六時半を, 六時四十分を, 円い顔, 出るだろうと, 出るという, 出るなら僕ら, 出るなんて, 出来て, 分秒を, 動きだせば, 動き出したの, 動くの, 動くよう, 十一時, 十一時か, 十一時だ, 十一時に, 十一時半に, 十一時打つ, 十三分ばかり, 十二打つ, 十二時に, 十二時半を, 十字半を, 十時半に, 午前か, 午前七時を, 午前八時を, 午前十時の, 午後の, 午後三時を, 半を, 又シャー, 収めて, 取れませんよ, 古ぼけた姿, 可笑しさうに, 呼んだの, 善いの, 四つうつた, 四時に, 四時七分を, 四時半を, 地の, 基準系に関して, 壊れたと, 壊れて, 壊れても, 外の, 夜の, 夜中の, 夜半を, 大写しに, 天から, 失くなって, 奥深い所, 学校で, 寂しくなっ, 寝ぼけたよう, 嵌って, 左側の, 平和な, 底澄ん, 引きしまった音, 彼を, 彼女の, 往還の, 待って, 忙しく四時, 快活な, 思い出されます, 急に, 悪く作られ, 悲しさうに午後三時, 惜しくて, 惡く作られ, 懸かって, 懸った, 打たなくては, 打ち出して, 打ち出すので, 打つたび, 指す午後十一時四十分の四時間前, 据ゑ付け, 掛かって, 既に午後, 既に発明, 日本に, 早くほしいな, 早く進む, 春に, 時間を, 村中の, 柱にか, 柱の, 模様の, 欲しいため, 欲しいと, 欲しくなった, 止ったの, 止ったよ, 止まった, 止まつて, 止らない大した, 正に二分, 正確に, 毀れたの, 氣にか, 永い午後, 汗を, 沈黙の, 湧くっていう, 無いとね, 無いの, 無くても, 無くな, 物憂く動い, 狂うわけ, 狂った, 狂つた, 現れた, 目の玉の, 相対性理論に, 真っ青に, 真鍮に, 硝子窓の, 示して, 示す時間, 私の, 秒から, 突然弾条, 箝め込ん, 米とも, 粗末で, 紛失すれ, 紳士の, 繰返した, 置いて, 置かれて, 羊の, 聞えた, 聞える, 肝癪, 若しか, 落ちました, 見えて, 見えなかった, 見られて, 見付かつ, 見着, 規則正しく鳴る, 言いました, 言つてゐる, 買えなかった, 赤色に, 載せられて, 這ひ出し, 遅れだしてから, 遅滞なく, 違って, 違ってるに, 遠い遠い大昔, 遠くで, 遠慮なく十時, 遥かな, 遺って, 銀の, 銀側の, 長谷の, 間の, 間違なく, 雪の, 零時半を, 静かな, 鳴ったぞ, 鳴ったと, 鳴ったとこ, 鳴ったよう, 鳴ったん, 鳴った数えると, 鳴りだしたの, 鳴りだしたん, 鳴りひびいた, 鳴ります, 鳴り出すと, 鳴り出すの, 鳴り始めると, 鳴るとね, 鳴るにつれて, 鳴れば, P

▼ 時計~ (533, 9.2%)

7 九時を 6 三時を, 二時を, 自分の 5 十一時を, 十時を 4 どうした, 一時を, 七時を, 十二時を 3 かっきり第, もう十二時, 動いて, 午後の, 四時を

2 [32件] あやふやな, あれは, いそがしく十三時, これで, そのままに, その偽り, どうしたろう, どこへ, まことに念入り, もう七時, もう十一時, もう十時, もう十時近く, エキスプレッスで, 一時二十分前でした, 一時十六分を, 七時半を, 不得要領に, 何時だらう, 停って, 十二時に, 十二時五分前です, 十時前だ, 午後三時を, 夫人に, 既に夫人, 日に, 時を, 最初は, 狂って, 貴女に, 遅れて

1 [403件] あいかわらずカチカチ音, あいつの, あそこに, あって, あてに, あと一分しか, あなたには, あります, ありません, あるが, いいもの, いい塩梅, いうに, いくらする, いく度か, いつか十二時近くに, いつか打つ, いつでも, いつまでも, いつも, いつもおなじ, いつも一つ, いつも後れ, いまちやうど, いよいよ打ち始めた, いよいよ鳴り出した, いらだ, いらない, いらないこれ, いらないの, うごいて, おくれて, おれよりも, お父さんが, お菓子を, かつきり, かつて何らかの, きちきちと, きらいでしたそう, きん色を, ぎいッと, くさりばかり, くるって, けっして狂う, こちらで, こちら樣の, こつこつと, このごろよく, この航海, こはれたの, これだ, こんなまっ, さっきから, さっき十二時を, さま頑く, さみしくと, ざらに, しきりになにか赤ちゃん, すぐに, すこし前, すっかりなおった, すでに二時二十五分, すでに亡, すでに午後十一時一, ずっとむかし, ずん, ぜんまいが, そのあいだ, そのま, その一つ, その度ごと, その指針, その時間, その晩時計屋, その沈黙, その當時現在, その眉毛, その誇り, それが, それと, たしかかしら, だあれ, だいじょうぶでしょう, だいぶ古く, ちゃんとその, ちょうど一時半, ちょうど一時間, ちょうど十二時, ちょうど午後四時, ちょうど汽車, ちょっと頭, つまづき, とうてい離せない, とうとう一時, とうとう廃物, とうに三時二十七分, ときどき狂う, とくに鳴り, とくに鳴りやんだ, とまっては, とまり空, どうしたい, どこに, どこの, どこまでも, どっちも, どれも, なくなります, にぶく光つて, のうても, はあどこ, ひるね, びっこをひきひきうごいてゐる, ほこりを, ますますおちついた, またくつくつ, またも黒い, また美しく, まだある, まだこうして, まだこれ, まだその, まだ七時, まだ八時, まだ午後一時, まちがって, まるで魔法, もう一時, もう一時半, もう九時, もう二時すぎ, もう五時, もう五時半近く, もう信用, もう出来, もう十二時近く, もう十時半, もう十時四十五分, もう午後四時, もう四時七分前, もう四時近く, もう四時過ぎ, もう外国, もう夜中, もう幾時, もつたい, やがて二時, やっぱり謎, やつと, やつぱり謎の, やはりおくれ, よく狂う, よっちゃ, りっぱな, イタリアの, インド更紗ばりの, カチカチいっ, カチカチと, カッチカッチと, コチ, ゴーン, シャンシャンと, タッタ今午後の, チクタクの, チクタクを, ナポレオン三世の, ピストルの, ベヒーベンとか, ボール函から, ボール函に, マンと, モ, モスコーの, ラジウムが, 一つしか, 一つのこらず, 一時十五分で, 一時的に, 一時間を, 一秒ごとに, 丁度五時だつた, 丁度十時四十五分支配人が, 七時です, 七時に, 七時七分前で, 七時二十分前を, 三十分位前へ, 三時であった, 三時七分を, 三時五分を, 三時十五分を, 上に, 下げられるたち, 不正確な, 世界じゅうの, 世界的に, 丸で, 九時五分を, 事務室と, 二十分過ぎだ, 二日持にて, 二時三十分の, 二時間四十分遅れ, 二本の, 云つた, 五分と, 五時から, 五時に, 人に, 人間でない, 今は, 今や二十一時, 今十一時を, 今午前二時三十五分を, 今少し, 今藤尾が, 伊香保で, 休みなく, 何だ, 何の, 何処だ, 何時から, 何時な, 何時もの, 併し, 依然廻つて, 僕は, 元々売る, 入りませんしかし, 八時を, 八時二十分である, 八時前十五分を, 八時打ち, 六時を, 其奴等を, 出て, 刻々と, 十一だけ, 十一分前である, 十一時半頃を, 十二時まで, 十二時十五分まえ, 十二時近かっ, 十二時近くなった, 十二時過であった, 十五分毎に, 十六時五分前を, 千二の, 午前三時, 午前三時を, 午前九時を, 午前二時を, 午前四時半と, 午後一時を, 午後一時五分前約束より, 午後一時半であった, 午後三時十五分を, 午後十一時を, 午後十一時四十分を, 午後十時の, 厳かなおき, 取り上げて, 同じ会社, 唯四声, 四つの, 四時三十分を, 四時半を, 四時四十分に, 地金の, 型が, 塔其の物と, 壊れて, 夜中を, 大きいなあ, 大きなもの, 大理石の, 太い金, 夫人の, 奈何したらう, 奪られ, 宛に, 宮本の, 家に, 家の, 容赦なく, 小野さんに, 少し進ん, 巻き方, 常に狂っ, 年を, 幾ら位ゐした, 幾年たっ, 当らないで, 影も, 彼女の, 徐かに, 御迷惑, 必要な, 忘れられたよう, 急に, 性に, 悪叮嚀, 憤慨の, 懐中に, 懶いチクタク, 持たして, 持って, 持つて, 振子が, 捩子を, 故郷戀し, 故障で, 教育家の, 散策の, 文字板の, 方々で, 既に次, 日暮れ方から, 日本には, 明るい, 明るい正午, 昼も, 時刻が, 時間を, 朝の, 未だ振子, 止って, 止まった, 止まったの, 正午と, 正午の, 正確でなく, 正確なら, 正確に, 死んで, 殆ど進ん, 毎更, 永久に, 永久動力と, 沢山の, 海水に, 渡さずに, 瀝青に, 無気味な, 父が, 狂うよう, 狂わないだろうか, 狂わない正しい, 獨り, 現在持っ, 留る小間物屋, 當らない, 病み憊, 目覚まし時計で, 直って, 直に強奪, 相談を, 眉毛の, 真夜中の, 石に, 石之, 神さまの, 私が, 私たちが, 空の, 突と, 精工舎製だ, 約三十分, 約束の, 絶えず喋っ, 聞かないが, 胴着の, 胴衣の, 腹が, 自分が, 自鳴, 蓋し巨, 虚言だ, 要らないか, 要らないよ, 見えなかった, 見えながら, 見かけだけで, 見かけばかり, 見向きも, 見違えるよう, 親譲りの, 識らぬ, 赤や, 赭黒い, 輪かんを, 近頃ずっととまっ, 違ふたと, 針が, 銀に, 鍵が, 陰気な, 陽気に, 電気時計である, 頗る精巧, 馬鹿正直に, 鳴って, 黄金今又

▼ 時計~ (211, 3.6%)

9 の店 5 の娘 4 の主人 3 の前, の店先, へ持つ

2 [17件] で, であるとか, では下, では盜まれ, と左官, に奉公, に居た, のかざり窓, のテッディ・ヘンフリイ, のヘンフリイ, の店さき, の方, の番頭, の飾窓, へ持っ, へ直し, へ見習い

1 [150件] からだ, から一つ, から佃, から何, から持出した, から盜難屆, から聽, があつ, があと, がき, がどんどん, がはね起きた, が一軒づゝ店, が使う, が修理, が強盗殺人強姦, が折れ釘, が時計, が最後, が来, が来た, が欠伸, が洞穴, が片手, が笑い, だ, ださうで, だった, だったポールトン, だと, だの洋物店, だよ, であったの, でありました, であります, である, でお金, でさえも脂だらけ, ではそれ, では何, では時計, では泊め, では現物, では盜難, で五十錢, で別に, で時計, で朝飯, で水晶細工, で盜ん, で蔓, と地主, と小間物屋, などがある, などではどうしても, などのある, なども見える, なら, なん, なんかもいい, になりたい, になりまし, には支那服, にやはり, に修繕, に入, に寄つて, に応援, に持つ, に時計, に泊つたの, に行ったら, のお, のおじさん, のおばあさん, のふくろ, のほう, のショウ, の一件, の二階, の亭主, の問答, の大きい, の姿, の子, の子息, の帰り, の店頭, の息子, の時計, の時計塔, の板囲い, の柳田商会, の看板, の職人, の角, の話, の貸切, の近所, の隣, の飾り窓, はいろいろ, はおずおず, はたいへん, はな, はない, はなにしろ, はなにやら, は四十五フラン, は寝たきり, は水中, は語っ, は逃げだしたくなった, は道, ばかりのよう, へいっ, へは東京, へみがき, へもか, へゆく, へ使, へ入っ, へ売っ, へ寄つて樣子, へ引返し, へ泊つた, へ目, へ行, へ行った, へ行つて, へ賣つた, までつい, もある, もない, も同じ, も怪しげ, らしいの, をうながす, をし, をはじめて, をひやかす, をよび, をよろこばせ, を出, を呼ん, を探した, を探そう, を教えた, を詐欺, を開業

▼ 時計~ (111, 1.9%)

2 一時間も, 云ふも, 今日見た, 指輪とを, 旅行案内とを, 正確に, 自分の, 話を, 金とを

1 [93件] いうよりも, いっても, おなじよう, し又, そっくりの, その黄金, それから, ちがって, なって, なつて, にらめくらして, にらめっこする, にらめつくら, やくざな, オルゴールの, キチンと, キャベツと, キャベツとが, キヤベツとが, キヤベツとの, スカーフど, ステツキが, ステツキは, ツリランプを, ニッケル貨幣と, ニッケル貨幣とが, ニッケル貨幣とを, ピアノ最強音と, 一日にらみあひ, 一緒くたに, 一緒に, 七時の, 上野の, 並んで, 争ふ, 云うの, 云う奴, 云へば, 交換した, 交換に, 十銭玉が, 十銭白銅三個が, 古い芝居, 古くても, 同じの, 同じよう, 同じ事, 名の, 君の, 外に, 寸分違っ, 寸分違つては, 平和の, 廣間の, 彼女の, 思いほしく, 思つて選び取つた, 懐中時計に, 懐中時計を, 手帳置きたる, 持って, 指環も, 指輪だけにても, 旅行鞄に, 松源の, 椅子と, 植木鉢との, 比べて, 水中聴音機とを, 煙草入が, 爆薬が, 生徒に, 相談した, 睨めっこ, 睨めっこしおりたり, 睨めっ競, 空の, 紙入と, 置くに, 若い令嬢, 藤尾とは, 蛸, 見くらべた, 見ても, 言つたつ, 誇称し, 貨幣とを, 金鎖の, 鎖とを, 鏡とにと, 電流による, 電車の, 髑髏が

▼ 時計~ (109, 1.9%)

6 眼を 4 酷似し 2 なるや, 依つて, 向かって, 心覚えが, 慢心を, 注意し, 目を, 鏤刻され

1 [83件] あこがれたとて, おどろかされて, おどろきお, かかった, くっ付いて, こだ, しては, しても, してるん, すえて, すぎないと, たよって, ちゃんと合わし, ついた磁石, ついて, つけて, つける金, とびつき修理, なつて, なるの, のせて, もし意識, よく似, よると, ネジを, 三人が, 三十円の, 似たところ, 似た沈んだ音響, 何処と, 依って, 十時が, 印を, 合はせ, 合わせて, 向って, 和臭が, 変ったという, 大した狂い, 就て, 山高帽子の, 従つて全速力に, 手を, 打ちこむため, 故障が, 日常生活を, 映る自然, 武者振りつい, 武者振りつく, 毛皮に, 気がついて, 気を, 気附く, 狂いは, 珊瑚珠の, 用が, 相当する, 眠りを, 眼がと, 睨みあわせて, 答えて, 細い金鎖, 綿様の, 罪を, 耳を, 背中を, 自分のを, 落しながら, 螺旋を, 見憶えが, 觸れた, 赤い秒針, 近よって, 近よる, 達するまでの, 違ない, 金鎖を, 鎖は, 附隨し, 限らずたいてい, 零時の, 非常に, 馳せはじめた

▼ 時計~ (103, 1.8%)

6 の時計 3 のある, の上, の天井, の鐘 2 からインターナショナル, の角, の首, を建てた

1 [77件] からうち, からボーン, から五時, から十二時, から夜毎, があっ, があります, がある, がいつ, がうち, がこし, がそびえ, がどこ, が九時, が十一時, が十時, が吹倒, が弦月, が聳え, が見え, が見えた, が造られ, が頂き, こそもっとも, その前面, その明るい, であつ, で塔, で幽か, で絞首, とその, と枯木, にかけられる, にとりつけられた, には大金, には流るる, に人, に吊り下げられ, に奇妙, に灯, のあった, のちょうど, のよう, のインタナショナル, のインターナショナル, の下, の元祖, の十一時, の向う, の大, の方, の灯, の照明, の白い, の見える, の避雷針, の針, はまさに, はプリュニイ氏式, は真正面, は青く, ばかりであった, へつるし, へ吊りさげられ, へ吊り下げられた, もとくに, も洋館, をにらみつけ, をふりかえりふりかえり, をみあげ, を二つ, を指さす, を攫っ, を照らし, を盗ん, を眺める, を見上げ

▼ 時計~ (102, 1.8%)

3 壊れて 2 お受取りし, それを, たしかにが, ないので, 鎖も

1 [89件] あすこの, いつのまにか針, かけ指輪, この頭蓋骨, こんなふう, すこし運動, そのま, そのままにな, その振子, たたみの, だいぶ年, だが, ちゃんと四時, ちょうど九時三十分, とまって, ないの, なかった, なかつた, ねえん, はやくガラス, ふところに, べつに変った, まだ六時前, みつかりました, みな残し, オルゴール入りの, チクチク鈍い, ハト時計も, ラジオも, ラヂオも, ランプも, 万年筆も, 世界で, 九時, 五分前の, 作った, 別して記, 午砲に, 取られて, 古いもの, 君に, 四時を, 売って, 大小無数の, 帽子も, 廃せ, 引くり返され床, 恐らくはそれ, 懐中物も, 打毀して, 折々岡田, 折よく, 持って, 指輪も, 掛って, 時間は, 柱時計も, 柱鏡も, 気長に, 無いん, 熊城のも, 狂いはじめた, 疲れた音, 目を, 睡くなる, 矢張七角に, 石之, 硝子が, 立派, 立派中にも, 第二, 第二時計, 紙入も, 置かざること, 腕も, 腹が, 自分の, 見えなければ, 見ずに, 調べて, 買いたいし, 買えるか, 進み方, 金も, 階段の, 雨で, 音を, 鳴つて, 鳴るの

▼ 時計~ (89, 1.5%)

5 の屋根 4 がそびえ, のある 3 のてっぺん, の上, の中, の五階 2 の大, の文字盤, の機械室, の階段

1 [56件] が夜, が構内照明燈, が薄暮, が見え, であった, です, でひどい, として塔, とそこ, とははんた, とばかりで, と云った, と高, などもその, にいる, にかけのぼっ, にのぼりました, にみょう, に道化師, のこうもり男, のぜんぶ, のところ, のとんがり, のよう, のよこ, の一階, の下, の住人, の四方, の四階, の時計, の殺風景, の秘密, の穴, の立っ, の裏, の西洋館, の針, の鍵穴, はやみ, は上, は五階, は諸所, へおいで, へのぼる, への道, までかざっ, までも盗ん, も煉瓦, よ, をすみからすみ, をつくった, をながめ, をのぞけ, をもつ, を見あげます

▼ 時計屋敷~ (68, 1.2%)

5 の秘密 4 の中, の幽霊 3 の大 2 には手, の怪談, へ近

1 [46件] からにげだした, があと一時間, があと五分足らず, がいつ, がおそろしい, がおそろしく, がそんなに, ができあがった, が爆発, が見られた, で三日三晩, とはいったい, におそろしいのろい, についてのいろいろ, にはまだまだ, には足, に住ん, に近づける, のこと, のたたり, の塀, の外, の崩壊, の怪魔, の捜査, の掃除, の探険, の昔ばなし, の最初, の正面, の爆発時刻, の玄関, の真下, の窓, の買手, の間取り, はおっかね, はすごい, は大, は極度, へはいった, へ乗りこんだ, へ行こう, を入っ, を手入れ, を掃除

▼ 時計~ (60, 1.0%)

5 しきの 3 しきを 2 しきが, しきに, ノートを, 望遠鏡や, 箒の

1 [42件] お鳥目, きれいな, しきとか, しきへ, しきも, そんなもの, カバンなど, マフラを, 七曜円を, 上衣の, 上衣を, 双眼鏡や, 古いゆい, 古めかしい鎧, 呼び鈴などの, 宝石の, 巻烟草いれ, 庭や, 手帳などを, 指環なども, 指輪や, 晴雨計を, 暦にも, 本の, 材木や, 枝から, 洋服を, 火繩時計の, 熊の, 猫の, 琥珀貝で, 紙入れや, 紙匣や, 置時計が, 置時計は, 花瓶などが, 財布までが, 貨幣の, 貴金属を, 遠眼鏡などを, 銀の, 鏡や

▼ 時計~ (48, 0.8%)

4 の前 3 の時計台 2 のなか, の裏通り

1 [37件] そのとなり, では鎌倉, では防備装置, で弾機, というの, といふの, と資生堂, におそろしい, にたちかえり, にはいりこん, にふらつ, にもこの, にゐた, にショーウィンドー, に貼紙, に連れ, のさわぎはひととおりではありません, のところ, の主人, の例, の名刺, の奥座敷, の店硝子, の支配人, の方, の番頭, の盗難, の硝子戸, の貸切, の鐘, はやはり, は大, へ近づい, や珍しい, をたちいでます, をみつけ, を風靡

▼ 時計~ (47, 0.8%)

5 時間を 4 あつた 3 測って 2 十字五分, 直接に

1 [31件] あらう, いまちょうど, お金を, せう, それは, ちょうど七時, はかりよう, はね起き立食い食堂, まさに午後四時三十一分, もうお昼時, サ裏に, 丁度七時に, 何年だ, 停電すれ, 十二時くらいには, 南北を, 太い鎖, 定めること, 巣の, 数えたの, 文字は, 昨年故国に, 暗闇の, 測った時, 無二膏, 知れる, 見つめたり, 計った一時間, 計って, 計られて, 闇に

▼ 時計~ (41, 0.7%)

3 な, のを 2 つたのだ, よ

1 [31件] から音, かわかつ, かわかりません, がこれ, がとにかく, が買つて, けれどどうも, つたと, つたのです, つてやり, つて妾が, といつも, といよいよ, とおっしゃった, とかが紛失, とかで頗る, とか云つて, とか指環, と云う, と僞, と彼, と思ったら, と言っ, なと思, なと思っ, ね, のが, のに其の, よ時計, 椅子が, 衣類だ

▼ 時計~ (30, 0.5%)

3 へ登っ

1 [27件] から降り, が見え, だという, という部屋, との間, と拱廊, にあった, には私, に幽閉, に行く, に鍵, の中, の前, の広い, の扉, の文字盤, の直ぐ, の直ぐ下, の直下, の鉄扉, はいつ, へ, へ上っ, へ上る, をいれ, を出る, を検め

▼ 時計です~ (21, 0.4%)

921 から, からこわさない, からだいじ, が何, ことね, なあれ, ね仕方, の, よ, よ覚え

▼ 時計でも~ (17, 0.3%)

1 [17件] あれだけ数が, なく昔, ボタンでも, 万年筆でも, 取らうと, 取ろうと, 多少の, 大時計, 懷中に, 持って, 探すの, 止つ, 渡して, 衣服でも, 見て, 見比べて, 隱しやしない

▼ 時計ばかり~ (17, 0.3%)

4 見て 3 気に 2 みて, 苦に 1 でなくいつのまにか, 二十分進んだ, 動いて, 売つて, 盗む幽霊, 見ては

▼ 時計屋さん~ (15, 0.3%)

2 の妾

1 [13件] があった, がある, がこんな, がたてた, ですが, に行きました, の仲間入り, の品物, の幼稚園, の親類, はよほど, はフシギ, は仕事

▼ 時計では~ (14, 0.2%)

2 なかった, なかつたの, なくて 1 ありません, ありませんでした, こういうこと, ない, ないか, ないから, 何時だ, 實は

▼ 時計だの~ (11, 0.2%)

2 金鎖が 1 お金子, その前, 十銭玉だ, 帯ど, 指環だ, 指輪だ, 新式の, 時計は, 金だの

▼ 時計とを~ (11, 0.2%)

1 [11件] にらめて, 入れたもの, 拒絶し, 掏摸られた, 机の, 見比べると, 見較べながら, 見較べ富貴子, 見較ベ, 針金で, 食うの

▼ 時計~ (11, 0.2%)

3 んです 2 のです, ので取られ, んだ 1 のか, のである

▼ 時計~ (10, 0.2%)

4 の株 1 には相違, のみがことごとく, の仕事場, はどんな, らしく前額, を抱へた向き

▼ 時計など~ (9, 0.2%)

1 あてに, だと, 何から, 持ち行く者, 持ったこと, 持って, 持つて, 胸に, 見て

▼ 時計などを~ (9, 0.2%)

1 かたっぱしから, 入れて, 出して, 出し入れし, 商なっ, 売り飛ばして, 思うまま, 預って, 預つて

▼ 時計から~ (8, 0.1%)

1 だ, 上に, 割りだしたって, 持主の, 時間を, 流れ出すワルツ曲, 発せられたが, 算出した

▼ 時計より~ (8, 0.1%)

3 胸に 1 それの, 一段進んだ, 大変な後れ, 目を, 高価んです

▼ 時計という~ (7, 0.1%)

3 ものを 1 のは, ものは, 特殊の, 風に

▼ 時計仕掛~ (7, 0.1%)

1 ではあぶない, で自動的, の水雷, の爆弾, の爆薬, の運動制御器, よりもこの

▼ 時計なんか~ (6, 0.1%)

1 いらないお, のぞくこと, 仕様が, 持って, 無くても, 見ませんが

▼ 時計には~ (6, 0.1%)

1 そんな穴, なりません, 半を, 卵黄色に, 手も, 故障と

▼ 時計~ (5, 0.1%)

1 ほんとか, 何か, 何かの, 何かを, 襟ど

▼ 時計だけは~ (5, 0.1%)

1 ぜひ必要, 円く明るい, 友達が, 同国人の, 金のに

▼ 時計だって~ (5, 0.1%)

1 すぐ新しく, 一分ぐらい, 何しろ夏, 前から, 妾が

▼ 時計とか~ (5, 0.1%)

1 あるいは小銃, 太陽とかに, 相当の, 赤いとか, 鎖とか

▼ 時計ほど~ (5, 0.1%)

1 な丸い, な大き, 公平な, 埒の, 適切に

▼ 時計までが~ (5, 0.1%)

1 いつもの, ちくちく口, 学校教師の, 學校教師の, 時を

▼ 時計台上~ (5, 0.1%)

1 からは非常, において絞首, に意外, の優雅, の首

▼ 時計~ (5, 0.1%)

1 である, とであった, の主人, の証言, は先刻

▼ 時計こそ~ (4, 0.1%)

2 お受けしました 1 まちがって, 合って

▼ 時計だった~ (4, 0.1%)

2 のだ 1 のです, んです

▼ 時計である~ (4, 0.1%)

1 かぎり時間が, やうな, ような, 事が

▼ 時計といふ~ (4, 0.1%)

2 ものを 1 時計を, 言葉を

▼ 時計などが~ (4, 0.1%)

1 あり名古屋藩, 並んで, 掛けられて, 符箋だけ

▼ 時計にも~ (4, 0.1%)

2 草花を 1 譬へるべき, 鳩時計にも

▼ 時計によって~ (4, 0.1%)

1 しなければ, 動くの, 双方が, 呼び醒まされ俄然

▼ 時計のね~ (4, 0.1%)

2 ぢを 1 ぢは, ぢをば

▼ 時計やら~ (4, 0.1%)

2 箪笥の 1 鏡台やら, 鏡臺やら

▼ 時計よりも~ (4, 0.1%)

1 暦の, 狂つた事が, 老つて, 遅く進む

▼ 時計台の下~ (4, 0.1%)

1 からモスク, であの, で電気ベル, の門

▼ 時計職人~ (4, 0.1%)

1 で自ら, にはなれない, のいい, の騒動

▼ 時計かと~ (3, 0.1%)

1 先生は, 尋ねたので, 思ったらそう

▼ 時計その他~ (3, 0.1%)

1 とられた, のもの, 珍しがっ

▼ 時計だけ~ (3, 0.1%)

1 では, で腕輪, 今を

▼ 時計だけが~ (3, 0.1%)

1 ただ一つ, 光って, 出た受取りに

▼ 時計ちく~ (3, 0.1%)

3 たく

▼ 時計とが~ (3, 0.1%)

1 同年の, 盜まれた, 袂の

▼ 時計との~ (3, 0.1%)

1 お礼を, 二重の, 間には

▼ 時計とは~ (3, 0.1%)

1 まだ残っ, 共に私, 出合つてゐた

▼ 時計などは~ (3, 0.1%)

1 一つだ, 持つて, 貰わなくても

▼ 時計に対して~ (3, 0.1%)

1 いくらか未練, 導き出されるの, 成り立つところ

▼ 時計まで~ (3, 0.1%)

1 ジャンパーの, スピード時代だ, 出して

▼ 時計みたい~ (3, 0.1%)

1 なもの, にグルリグルリ針, に暫くじりじり

▼ 時計一つ~ (3, 0.1%)

1 というまことに, とるため, と金

▼ 時計仕掛け~ (3, 0.1%)

1 になっ, の爆弾, の開閉装置

▼ 時計~ (3, 0.1%)

1 となり, の声, は自記航海図

▼ 時計~ (3, 0.1%)

1 のごく, の燐寸, の燐寸箱

▼ 時計工場~ (3, 0.1%)

1 から飛行計器, が出来, の寮

▼ 時計師廣田利右衞門~ (3, 0.1%)

1 が本, で京橋弓町, は腹

▼ 時計紛失~ (3, 0.1%)

1 といふ重大事件, の屆出, は容易

▼ 時計~ (3, 0.1%)

1 では一時, の下, を掠め

▼ 時計~ (3, 0.1%)

1 が建物, とを見せ, 小さな円柱

▼ 時計~ (3, 0.1%)

1 とよんだ, の別館, へ移り住ませた

▼ 時計がが~ (2, 0.0%)

2 ちっと鳴りました

▼ 時計がと~ (2, 0.0%)

1 まつて, 云ふ

▼ 時計きちがい~ (2, 0.0%)

1 のよう, の怪物

▼ 時計これ~ (2, 0.0%)

2 は全く

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 へ, へ持たなかつたら

▼ 時計しか~ (2, 0.0%)

1 ない空部屋, 持って

▼ 時計じゃ~ (2, 0.0%)

1 あるまいし, 訳らない

▼ 時計すら~ (2, 0.0%)

1 ない家, 数字の

▼ 時計その~ (2, 0.0%)

1 下に, 片方の

▼ 時計だけを~ (2, 0.0%)

1 夢に, 最後に

▼ 時計であっ~ (2, 0.0%)

1 てただ, て宮本

▼ 時計でない~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 時計での~ (2, 0.0%)

1 やうに, 夜の

▼ 時計として~ (2, 0.0%)

2 炉棚の

▼ 時計なし~ (2, 0.0%)

1 に暮した, の不自由

▼ 時計などとは~ (2, 0.0%)

2 何の

▼ 時計なら~ (2, 0.0%)

1 ばカチカチ, 僕も

▼ 時計なら買う~ (2, 0.0%)

1 のか, 決心を

▼ 時計なんて~ (2, 0.0%)

1 ものは, 反つて邪魔

▼ 時計については~ (2, 0.0%)

1 光井叔父上が, 忘られない

▼ 時計のみ~ (2, 0.0%)

1 眺めて, 音しづかに

▼ 時計ばかりが~ (2, 0.0%)

1 目に, 窓の

▼ 時計~ (2, 0.0%)

2 がらかに

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 が六時, が気に入らぬ

▼ 時計よりは~ (2, 0.0%)

1 むしろ宗助, 寧ろ宗助

▼ 時計をは~ (2, 0.0%)

2 づして机の

▼ 時計一個~ (2, 0.0%)

1 求むメイフォード五十五円也, 買って

▼ 時計上等~ (2, 0.0%)

2 だな

▼ 時計~ (2, 0.0%)

2 かけの

▼ 時計代り~ (2, 0.0%)

1 になっ, に語り

▼ 時計作り~ (2, 0.0%)

1 のこと, よりその

▼ 時計六時~ (2, 0.0%)

1 を五分過ぎ, を湿や

▼ 時計出し~ (2, 0.0%)

1 てみたら, てソ

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 つてる, つてるかい

▼ 時計問屋~ (2, 0.0%)

1 の地下室, の生活

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 であの, の話

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 に回転, の旋弾仕掛け

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 にかけ, を取りだし

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 た, を吊りあげ

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 てい, てびっくり

▼ 時計買っ~ (2, 0.0%)

1 てくれまい, てやっ

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 の指輪, の鎖

▼ 時計~ (2, 0.0%)

1 のねじ, のねぢ

▼1* [217件]

時計あたしたちには贅沢, 時計あっている, 時計あんまり狂うたこと, 時計いま幾時なン, 時計うごけるアトリエは, 時計買ひ, 時計おまえはどうして, 時計およびキャベツに, 時計かつちりあつ, 時計かねそれともただ, 時計かもしれませんから, 時計がさ御新造さんが, 時計きざめり草の, 時計きちがいと, 時計きょうはあそばさない, 時計ぐらい持って, 時計ぐらいは誰だって, 時計さえあれば, 時計さえもハタと, 時計かけで, 時計そのものが頗る, 時計その他マラッカの長官, 時計そりゃあニッケルとしては類, 時計それから二つの, 時計そんなものを, 時計ただ一つがたより, 時計だけのことだ, 時計ださうだから返し, 時計やあるまい, 時計であったが私, 時計ときたら動くのは, 時計とだけは懇請に, 時計とで精確な, 時計とばかり信じて, 時計とも絶縁だ, 時計どこから出した, 時計ないのか, 時計なぞ持つから, 時計なぞに用の, 時計なぞは要らないの, 時計などと一緒くたに, 時計などもあつかって, 時計なるものが, 時計なんかとくらべもの, 時計なんかというものは, 時計なんぞ二人とも, 時計にたいしてはすでにこつ, 時計について尋ねたこと, 時計にでもすべての, 時計にまで会釈を, 時計による時間トリック, 時計に対する自慢は, 時計に関する彼の, 時計のちやき, 時計はずつと昔支那が, 時計はちようど七時半になつ, 時計ばかりを気に, 時計ぶらさげたるは道者, 時計向って, 時計また二時前進, 時計までも帯の, 時計むずかしくないの, 時計もっていません, 時計やに眼を, 時計やのほかにも, 時計よりかへやの, 時計をすらお上手, 時計をとは小さき胸, 時計をば不思議そうに, 時計をも奪い去るべき筈, 時計バッカリ見よった二時間, 時計ペンシルパイプこまかな一々, 時計モバードの安物, 時計ラジオ屋のトンちゃん, 時計見タラ四時半, 時計一つ鑢で刻み出す, 時計一時間も進めり, 時計一点を聞き, 時計一面さし出し申候, 時計丈夫じゃなあ, 時計のお, 時計事件もえ, 時計二ツ鳴りぬアヽ, 時計二メガホン三コンパス十二暴風雨計一日本国旗と各国旗若干, 時計二時うついざ, 時計五分ばかり遅れ, 時計人形は士農工商, 時計人形煙草入すぐ右, 時計は故障, 時計のもの, 時計体系をその, 時計何でもある, 時計修繕屋の仕事場, 時計修繕屋顎の無い, 時計入りの皮, 時計入れの内, 時計其他の持物, 時計の洋服, 時計出しましょうか, 時計列車発着表露語の広告等掛け, 時計の広場, 時計十二時を打つ, 時計十時を告げ, 時計占いだ, 時計卦算時計印籠時計枕時計などがあり, 時計印籠時計枕時計などがあり, 時計一時間すっかり, 時計及キヤベツを忘却, 時計古風な厚ぼったい, 時計台建築の遺物, 時計台詩人プーシキンの雪, 時計台鏡の縁, 時計同じく御成街道東側に, 時計同様に正しく, 時計君何時だね, 時計商コルビンスキーが代っ, 時計商バスひきなど饒舌, 時計はナイフ, 時計塔のやしき, 時計塔アーチパゴーラ音楽堂等の自分, 時計売場の前, 時計大きな木札の, 時計大小のお, 時計大洋二百四十元紙幣三百八十元を強奪, 時計太い指に, 時計女学校の優等生, 時計好みの自動車, 時計始めて渡来, 時計専門などとは馬鹿馬鹿しく, 時計小学校の優等生, 時計屋中央が洋傘, 時計屋敷探険を強く, 時計屋等に, 時計屋菓子屋と並び, 時計屋骨董屋などの表看板, 時計工宮廷音楽教師新貴族, 時計工靴工という種類, 時計で私, 時計師九戸藤吉は大, 時計師廣田利右衞門樣のところ, 時計帳簿インクパンなどを救い出す, 時計店ナアゲルで伯爵夫人イェルヴァ, 時計店所蔵の有名, 時計形見よと父, 時計頼ニ候て, 時計忍び用の龕燈提灯, 時計懐中ものの袱紗, 時計手帳蟇口手巾地図辞書万年筆と平生持, 時計眺めながら, 時計持っていらし, 時計持てるも真珠, 時計指環等の装身具類, 時計にかかっ, 時計數字の, 時計きざむ, 時計時計はいつ, 時計書籍まで売り, 時計未来派裸体巨人像の額縁, 時計枕時計などがあり, 時計などいろいろ, 時計機織器であつ, 時計止ったま, 時計河岸を尋ねまわり, 時計漆器の巻煙草, 時計火鉢玩具ソロバン弓油絵雑誌その他が古ぼけ, 時計父死にて母, 時計ひ鳴る, 時計献上のあつ, 時計生産を圧迫, 時計むやその, 時計にたしかめ, 時計白い樅製の, 時計的俗衆的時間になぜ, 時計的時間構造をのがれ, 時計盗んだやつ, 時計直しの渡り職人, 時計眠む気に響く, 時計硝子の中, 時計磁石のわびごころ, 時計磁石インド銀が四, 時計磁石小型の手帳, 時計をさす, 時計をそった, 時計紙入蝙蝠傘を我, 時計細工は續, 時計経線儀が正しい, 時計ならば, 時計職人ノオンドルフとリシュモン, 時計職工になり, 時計膳椀皿古茶器, 時計自体よりもあの, 時計自転車の大量輸出, 時計花びんや置き, 時計花瓶の菊, 時計花花盛装天使これらの長篇制作, 時計荒物屋のカンテラ, 時計とも呼ばれ, 時計衣嚢から時計, 時計製作の大, 時計製造人の懐中時計, 時計見い見いじゃ全く, 時計見たいな, 時計見ないもの全然, 時計見るとピッタリ, 時計買つてよ腕時計, 時計赤い逢ふ, 時計出して, 時計迄が二十四時間で, 時計進み皆寝坊し, 時計遅れてるのん, 時計金入などを渡す, 時計とか地球儀, 時計電信機望遠鏡顕微鏡哲学的器械装置電気機械空気喞筒等いずれもこの, 時計をお, 時計鳴りにけり, 時計鳴るなり夏館, 時計鳴渡れば越前守