青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「春日~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

易い~ ~昔 昔~ ~星 星~ ~映る ~映画 映画~ ~春 春~
春日~
~昨夜 昨夜~ 昨年~ ~昨日 昨日~ 昭和~ ~是 是~ ~是非 是非~

「春日~」 1036, 10ppm, 10713位

▼ 春日~ (210, 20.3%)

6 御社に 5 杜は 4 社の 3 下に, 大郎女, 山の, 山田の, 袁杼比賣

2 [18件] あゆを, ところへ, 伊耶河の, 宮の, 宮の使ひ, 小田の, 山は, 建國勝戸賣, 日爪の, 杜にの, 杜影に, 森の, 森を, 横顔を, 永きに, 臣, 野辺に, 鹿

1 [144件] あたたかい日, うら, うららかな, おん帯と, おん祭りに関しては, からすども, さしこむ窓, さす縁側, させば, しごと, ちらちらも, ところへも, どけみ, どけみ人影, もとに, ような, イザ河, カスガ, タケクニカツトメの, チチハヤマワカ姫と, ナカツワクゴの, ヒノツマの, ヲド姫が, ヲド姫と, ヲド姫の, 一の, 三笠山と, 上へ, 下で, 下の, 並んで, 中つ, 中の, 事である, 事務所に, 作と, 作を, 優に, 光りを, 十三塚の, 千千速眞若比賣, 千千速眞若比賣に, 午後は, 參道芳野の, 名槍, 和らかい光を, 声に, 夕闇の, 大和申楽, 太占を, 女将だの, 女將, 妙に, 姓だけは, 姿も, 姿を, 安天, 宮わか葉の, 家しか, 家とは, 家へ, 容子でも, 小庭, 小野臣大樹が, 尖った顔, 局と, 局の, 山に, 山を, 庭に, 御社まで, 思いがけぬ義侠的, 悠々として, 我を, 手前も, 指に, 揚言と, 料理でも, 旅の, 日向に, 明い街道, 明神が, 暖かなる, 暮れに, 曇りなき, 曇硝子に, 月夜, 村, 森, 森から, 森で, 森に, 森は, 森西には, 楽人で, 浅緑かすめる, 照りこそ, 熱を, 燈籠は, 王, 王次に, 畦を, 社, 社で, 社も, 社や, 社家大森隼人の, 社殿及び, 神で, 神でない, 神の, 神人の, 神意どおりに, 神木を, 神様は, 神鹿の, 祭りとは, 空へ, 第一殿鹿島, 続くころ, 縁側に, 羽易山の, 腹でも, 臣大宅の, 花に, 若宮祭りの, 血液が, 詩には, 造る狛犬, 遅々たる天, 里に, 里爾殖子水葱, 野邊に, 鍋の, 長屋を, 長閑な, 閑かさに, 閑なる, 閑戯に, 静かな, 馬鹿野郎, 鹿などの, 鹿を, 麗なる

▼ 春日新九郎~ (76, 7.3%)

6 であった, と申す 3 だ, だな 2 じゃ, だった, と千浪, に出会った

1 [50件] がこの, がまず, が園部, が大月玄蕃, が縄目, たあ, であったか, であったの, である, であるぞ, であると, という奴, という誓った, とであった, とは一段腕前, とは夢にも, と出会い, と名乗れ, と尋常, と戸川志摩, と申しまする, と知った, なんてそんな, に会った, に渡したい, に討たれ, の一身, の体, の唇, の姿, の背中, の身, の駕, はあれ, はしてやっ, はしばらく, はやがて, は一歩, は云い捨てる, は今, は今日, は但馬街道, は何, は十九, は忠房, は気, も半年前, も遥か, を, 決して乱心

▼ 春日~ (58, 5.6%)

5 の空家 4 の方 3 の停留場 2 の運座, へ下る, へ着いた

1 [40件] からズーット掃除町, から伝通院, から大塚, から指ヶ谷町, から柳町指ヶ谷町, でまた, で人殺し, と何度, にてかなり, に行く, のさる, のところ, のマダム, の借家, の叔父, の四辻, の市場, の支那茶館, の殺人事件, の美容院, の親類, の車庫, の辻, の通り, の間, はたいへん, はどの, へお, へ着い, へ行った, へ行つた八五郎, へ行つて貰, へ遲, までのあの, までわずか, まで歩いた, まで行こう, まで行つて, を訪ねるらしく, を通っ

▼ 春日~ (42, 4.1%)

3 雲雀あがり 2 徃き, 背中を, 金を, 飲む

1 [31件] いつて, おいでに, して, つき興福寺, とける雪, キラキラ美しく, 一酌す, 久しく出入, 乾されて, 似て, 候, 出ては, 子らと, 宝達山が, 少憩し, 居住し, 徃く, 照らされて, 牛売り, 甲羅を, 白く光る, 眸を, 立寄り三笑庵, 立寄り薗八節さら, 立寄り車, 至り晩餐, 解けがて, 赴きて, 限らず何日何時, 面さらしをり, 鳴く鳥

▼ 春日重蔵~ (42, 4.1%)

5 と千浪 3 の道場 2 と申す

1 [32件] か, がお, が二人, が京極, が及ぶ, が手練, が片足, が現われれ, であった, であろう, という対手の者, との試合, とやらの乱れぬ, と旅装い, なの, ならびに正木作左衛門, のふたり, の容態, の小太刀, の弟, の町道場, の舎弟, の顔色, はそれ, はまったく, は今, は敵, は木剣, は藩主, は足軽, もいまだに, を返り討ち

▼ 春日~ (41, 4.0%)

1 [41件] うららかに, その女, その木島, それを, そんなこと, ジフィリスだった, ネネの, ピアノも, 一流れの, 不在であった, 中央で, 人を, 今ネネの, 切り出した, 呆れたよう, 四季を通じて, 塀の, 大分変である, 帽子を, 平然と, 平然と寧ろ心地よ, 店頭を, 庸三の, 急に, 旧の, 暖かなり, 更に一年間, 果なき, 渡邊に, 渡邊を, 率直に, 眩しげ, 石畳の, 空しけ, 笑いながら, 自ら手帳を, 至つて直な, 電車通りまで, 青柳の, 頭を, 黙って

▼ 春日~ (23, 2.2%)

3

1 [20件] いるの, おとずれて, つづきそう, のどかに, ぽかぽか暖, 丸窓の, 二人の, 休みで, 住んで, 例え噂, 射して, 機敏に, 漂ひ, 照らし出して, 照りつけ銀色, 玄関へ, 畳の, 連想され, 電話に, 麗かに

▼ 春日~ (23, 2.2%)

2 水田には

1 [21件] あるけば, いっぱいに, こどもらと, ほくり, ぽか, 仰ぎけり, 徒に暮らさん, 恋ひ, 慰め奉れと, 楽しみ得ん, 檻の, 浴びて, 短かし, 約束し, 経て, 肩に, 訪れること, 詰った, 送って, 過ぎつま, 鳥が

▼ 春日神社~ (21, 2.0%)

1 [21件] からはかなり, から出た, が今, と新, などの付近地方, など一通り, に奉仕, に行き, の公園, の内陣, の前, の囲, の御事, の森, の猿樂師, の神殿, の神職, の裏, の鹿, へ行く, へ願立

▼ 春日邦之助~ (20, 1.9%)

2 の屋敷

1 [18件] が本多右馬, が通用門, だ, では, といふ人, といふ許婚, に取, に殺された, に相違, は名題, は槍, は秋山伊織殿, までが憎く, を下手人, を助け, を助けた, を無, を自滅

▼ 春日藤左衛門~ (17, 1.6%)

2 の心, はさすが

1 [13件] が置き忘れた, でした, にとっては朋輩, に訊く, は, はたまり兼ね, はとうとう, は一色友衛, は分別盛り, は本当, は見詰めました, は道理, を呼出し

▼ 春日藤左衞門~ (16, 1.5%)

2 の心, はさすが

1 [12件] が置き忘れた, でした, に訊く, は, はたまり兼ね, は一色友衞, は分別盛り, は到頭, は本, は見詰めました, は道理, を呼出し

▼ 春日~ (14, 1.4%)

2 のお前さん, の人達, を脱 1 に顏, に顔, の一人, の一人一人, の空気, の空氣, の貧乏屋敷, 御先祖

▼ 春日~ (14, 1.4%)

1 [14件] となった, にけち, にとっては稀有, に室, に戻っ, に李, に来た, の一室, の主婦, の十四五人, の東側, の立前, は普通, を去る

▼ 春日~ (13, 1.3%)

3 二処に 2 二處に 1 いえば, ネネの, 云ふ, 何か, 向き合いの, 渡邊が, 熊野もしくは, 落花とを

▼ 春日~ (13, 1.3%)

4 になつて 1 がつづい, だつた, です私, になっ, になつた, にはそれ, はいは, もう虫, を麥畑

▼ 春日祭り~ (13, 1.3%)

3 に女使ひで 1 としては却つて此方, と臨時祭り, ならば, につきもの, に上られた, に出た, に女使い, に本来, はもと, や臨時祭り

▼ 春日燈籠~ (12, 1.2%)

2 に雨ふり, の灯 1 があり, が一つ, などが書割, の灯影, の立った, やいろ, や門燈, をつつん

▼ 春日~ (11, 1.1%)

1 [11件] お目ざめでござりますか, と伊勢, に頼ん, の方, の足, は余り大和, は熊野, は藤原家, は鹿, へ御, を撃ち込んだ

▼ 春日~ (10, 1.0%)

2 御参詣 1 に併せ, に因縁, に当て, の一, の巫女百万, の縁起, へ御, をもっ

▼ 春日山城~ (9, 0.9%)

1 にある, にはまだ, に安泰, に拠り, のお, の内外, の総員, へ辿りつく, まではわずか

▼ 春日~ (8, 0.8%)

1 が安治川, だ, で, で五卿, に便乗, の人々, は衛兵一百人, を長門沖

▼ 春日明神~ (8, 0.8%)

1 が合祠, におとる, の愛し, の森, の磯, の神木, は本地釈迦如来, を勧請

▼ 春日長次郎~ (8, 0.8%)

1 があらかじめ, がまた, といっ, のジプシー, はかなり, はその, は五十恰好, は続け

▼ 春日大明神~ (7, 0.7%)

2 の帯 1 か, に奉る, の管領, 如何なる事, 第一

▼ 春日邦之助樣~ (7, 0.7%)

1 が本多右馬, が通用門, といふんで, に腹, は槍術名譽, をお, を疑ふ

▼ 春日~ (5, 0.5%)

1 そして熊本, 寄って, 扉ひらい, 爪先あがり, 登って

▼ 春日丹後~ (5, 0.5%)

1 と共に眼, はまだ, は主命, は座, も肌着

▼ 春日~ (5, 0.5%)

2 の電燈会社 1 の宏大, の岸, の方面

▼ 春日殿~ (5, 0.5%)

1 お仕度, で竟宴, とやら大, と手合せ, へ再び

▼ 春日~ (5, 0.5%)

1 となつ, ともいい, については中, の声, の氏族

▼ 春日重蔵殿~ (5, 0.5%)

2 のご 1 では, と立ち合い, ならびに正木殿

▼ 春日さす~ (4, 0.4%)

1 君が, 縁に, 藤の, 鞠はかなし

▼ 春日すら~ (4, 0.4%)

2 ひめも 1 田に, 霞を

▼ 春日にて~ (4, 0.4%)

3 昼餉を 1 猿之助千代菊八郎等と

▼ 春日~ (4, 0.4%)

1 人形を, 暮れはてに, 朗かに, 終りで

▼ 春日~ (4, 0.4%)

1 その他名だたる, 又この, 稲荷は, 障子に

▼ 春日~ (4, 0.4%)

1 に引き立てられ, の生む, の菩提所, はこの

▼ 春日~ (4, 0.4%)

1 のこの, の後, は, は癩病

▼ 春日珠枝~ (4, 0.4%)

2 が名刺 1 が, が襷掛け

▼ 春日町一丁目~ (4, 0.4%)

4 の空家

▼ 春日社頭~ (4, 0.4%)

1 に行, の燈籠, の薪能, の鹿

▼ 春日という~ (3, 0.3%)

1 割烹店が, 字だけを, 家から

▼ 春日なる~ (3, 0.3%)

2 三笠の 1 羽易の

▼ 春日よろし~ (3, 0.3%)

2 み蓬生 1

▼ 春日~ (3, 0.3%)

1 が入っ, に委せよう, は子供子供

▼ 春日~ (3, 0.3%)

1 という川, の川中, より出で

▼ 春日平六~ (3, 0.3%)

1 という人品, の手前, の言った

▼ 春日町二丁目~ (3, 0.3%)

21 に向かっ

▼ 春日若宮~ (3, 0.3%)

1 のおん祭り, 御本地事, 御祭礼図

▼ 春日規矩男~ (3, 0.3%)

1 からである, と書い, にかの女

▼ 春日くら~ (2, 0.2%)

2 さむ

▼ 春日さん~ (2, 0.2%)

1 から輸血, のは幸い

▼ 春日~ (2, 0.2%)

1 いへば, ぽかぽかと

▼ 春日でも~ (2, 0.2%)

1 又余所, 面白くなし

▼ 春日などの~ (2, 0.2%)

1 名の, 諸村を

▼ 春日には~ (2, 0.2%)

1 いつた, また彼

▼ 春日のどか~ (2, 0.2%)

2 になりなん

▼ 春日~ (2, 0.2%)

1 日傘の, 春日よ

▼ 春日丸から~ (2, 0.2%)

1 上陸した, 下船した

▼ 春日~ (2, 0.2%)

1 あり, を見

▼ 春日夫妻~ (2, 0.2%)

1 という牆壁, のところ

▼ 春日山麓~ (2, 0.2%)

1 の自然, の高燥地帯

▼ 春日~ (2, 0.2%)

1 の大, の石燈籠

▼ 春日明神さん~ (2, 0.2%)

2 の帯

▼ 春日~ (2, 0.2%)

1 との御, は左樣

▼ 春日~ (2, 0.2%)

1 の, の宗家

▼ 春日潜庵~ (2, 0.2%)

1 の住ん, の門

▼ 春日照る~ (2, 0.2%)

2 庭の

▼ 春日燈籠通草~ (2, 0.2%)

2 の棚

▼ 春日皇后~ (2, 0.2%)

1 の妻訪, の為

▼ 春日社参~ (2, 0.2%)

1 やらひとり, をやった

▼ 春日~ (2, 0.2%)

1 がすでに, に父

▼ 春日若宮祭り~ (2, 0.2%)

1 の一, の夜

▼ 春日遅々~ (2, 0.2%)

1 としてのどか, と云う

▼ 春日重蔵様~ (2, 0.2%)

1 の先代, の足

▼ 春日霊験記~ (2, 0.2%)

1 でもかけ, にある

▼ 春日霞み~ (2, 0.2%)

2 て葦蘆

▼ 春日龍神~ (2, 0.2%)

1 の後ジテ, はその

▼1* [147件]

春日あたりでは大, 春日あまりに樂, 春日いたずらにうらら, 春日うららに, 春日おもほゆ, 春日かがよふ, 春日かげ世はのどか, 春日かげ長閑に霞む, 春日から十二階の, 春日からは使が, 春日くらすは昔人, 春日さしつつ, 春日さままたご, 春日さまお前様は嵐, 春日さんらんとして白樺, 春日であったために, 春日では若宮祭りに, 春日とがやって来たと, 春日との偶然な, 春日とはなりに, 春日とも対立する, 春日とよ小かめ, 春日とよが女將, 春日とを招請した, 春日なら紳士だ, 春日において行った濫僧供, 春日にも告げず帰京, 春日にや供せん, 春日はん珍しいと, 春日へでも納めたいと, 春日への中休みの, 春日んぢう, 春日まぶしく瞬けり, 春日ニテつる助小かめ, 春日七日を惓, 春日で賭試合, 春日霞時爾, 春日といった, 春日亭清吉があつ, 春日人形を腰かけさせた, 春日仏像を買う, 春日以前の神鹿, 春日使一行を襲うた, 春日兄弟をもてなした, 春日光暖かにし, 春日八郎兵衛の長女, 春日出岸蜂須賀家のお, 春日出発電所へ直接談判, 春日劉太保の墓, 春日く, 春日人影映る, 春日向われも袂, 春日喜々陽炎が, 春日四所大神と申しまし, 春日塗りの大きな, 春日郎女と, 春日大隅とて, 春日好い日で, 春日寛栗に托し, 春日小町と呼ん, 春日山の神鹿の祖, 春日山城内で厠, 春日左衛門尉をし, 春日左衛門等と, 春日帝國ホテルもしこの, 春日庄次郎の政治的責任, 春日の, 春日弾正馬場信春真田幸隆小山田備中守甘利左衛門尉相木市兵衛小畑山城守など続々, 春日御社参といったよう, 春日見, 春日恵美子とで私, 春日新九郎さまでご, 春日新九郎ただ一人のため, 春日新九郎一名がその, 春日新九郎彼は今宵, 春日新九郎様と仰っし, 春日新九郎殿鐘巻自斎殿, 春日新九郎青額に紫紐, 春日明神三社を掛け, 春日有縁無縁の墓, 春日木島そしてネネ, 春日へかえる, 春日でも同様, 春日村岫雲院で遺骸, 春日桜花の時節, 春日楽しい日曜を, 春日様お前様もこれ, 春日正一名古屋でつかまった, 春日歯朶や厚い, 春日殿某は当, 春日河内守の隊, 春日法隆寺東大寺などの仏会神事, 春日良米心佐閉消失多, 春日清鶴今の玉川勝太郎, 春日城来往譁珈琲店頭客深夜未, 春日之丞, 春日かに行く, 春日照りねもごろ, 春日町あたりに花, 春日町停留場の近所, 春日町壹岐坂辺何処が何処, 春日町春日町と何度, 春日町辺の本郷側, 春日皇后伝及び其, 春日皇后伝説がある, 春日皇女等の故事, 春日社二月堂三月堂大佛殿殿には博覽會, 春日社趾には目通り一丈八尺以上, 春日神木をかつい, 春日神社石燈籠の苔, 春日に詣でた, 春日祠造営費を大和全国, 春日に, 春日祭上卿をも勤めた, 春日祭使途中次第に詳しく, 春日竜神通四丁目の神功皇后, 春日のごとし, 春日のよう, 春日ヲ追, 春日の砲撃, 春日荘風な応対, 春日藤兵衞に取, 春日藤左衛門それに一色友衛, 春日藤左衛門一家に起った, 春日藤左衞門それに一色友衞, 春日藤左衞門一家に起つた, 春日行彦の痩せさらばえた, 春日越後は自然上司, 春日遅々たるの想ひで豆粒ほどの, 春日遅々外見はまことに, 春日遅遅として, 春日か新堀, 春日邦之助それを默つて, 春日邦之助屋敷へ乘, 春日邦之助殿の潔白, 春日の一部, 春日邸下になすつ, 春日重蔵これにある, 春日重蔵反対側から徐々, 春日重蔵義によって助太刀, 春日長閑の無為, 春日閑居の一, 春日雪見などある, 春日静枝が入り, 春日の朱塗門, 春日へ小春日和, 春日龍神そのものだった