青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「旨~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

日本橋~ ~日本語 日本語~ ~日記 日記~ 日間~ 日頃~ ~旦那 旦那~ ~旨
旨~
~早 早~ 早々~ ~早い 早い~ ~早く 早く~ 早くから~ ~早速 早速~

「旨~」 2271, 22ppm, 5287位

▼ 旨~ (1073, 47.2%)

36 うけて 25 告げた 17 答えた 15 受けて 13 伝えた, 答えると 12 含めて 11 答えて 10 伝えて 9 述べた, 述べて 8 告げて, 奉じて 7 告げると, 承けて 6 ふくめて, ふくんで, 帯びて 5 ふくませて, 含んで, 答へて, 記して 4 つたえて, 伝えに, 報告した, 宣言した, 本陣に, 答えました, 答へ, 答へる, 話して, 返事し

3 [13件] おびて, ふくめた, 伝えると, 傳へ, 受けた暗殺者, 告白した, 声明した, 申し入れた, 発表した, 言って, 話すと, 通知し, 通達した

2 [59件] ありていに, いって, うけると, つげた, のべた, ほのめかした, もたらして, もって, オリバ・ロッヂ卿ローレンス, 主張し, 主張した, 二様に, 云つた, 仰せ下されて, 公使館に, 六波羅へ, 厳に訓, 含めた, 告げ足, 報告し, 奏上した, 宣らせ先帝, 宣告した, 届けて, 強調した, 御奉行, 復命し, 心得て, 応えた, 承って, 承諾し, 持って, 書いて, 書き添, 添えて, 申請した, 相手に, 知らせて, 知らせる為, 神さんに, 答えたが, 答えたり, 答えた彼, 編集部ならびに, 聞かせて, 証明すべし, 話した, 誓った, 誓紙に, 警視庁に, 返事した, 返事する, 述べると, 述べ終ると, 通じて, 通告した, 進言した, 隣家に, 領し

1 [638件 抜粋] あきらめ給, あやまらずまた, いいしに, いいだした, いいやった, いい含められて, いひいひ出ようと, いひ出, いひ渡しぬ, いま別当職まで, うけたこと, うけたぶん, うけたもの, うけた俥, うけた西園寺, うけた魏延, うけられながら, うけ要, おあきらめ, おつぎ, おびた召, お代官, お伝え申し, お墨付, お詫びし, かいて, かかりの, かたく使者, きわめたが, こう訴え, こたへて, したためた書状, すぐに, すぐ家中, すぐ藩主, そこへ, そっと伝え, そのままに, その中, そむく者, それに, そんな私, ちかい何とか, ちかい順々, つけ加えて, つげその, つたえすぐ, つたえに, つたえ同時に, のべ, のべました, ひそかに, ふくませたのち, ふくめ, また秀吉, また諸, みこと, よく申し聞かせ, よく説い, カタリナ皇后に, スコットランドの, フィリッピン体育協会に, 一々その, 一々的確, 一同に, 一同へ, 一応答え, 一応話し, 一統へ, 三法師君へ, 三郎治に, 下知し給う, 両軍, 主人に, 主張せられた, 云いふらして, 云いやって, 云いわたし, 云い遣ると, 云うの, 云った, 云って, 京都へ, 人の, 仔細に, 付け加えた, 代表らへ, 令した, 仰出されて, 伝えかつまた, 伝えさせた, 伝えしに, 伝えそれから, 伝えたの, 伝えよとの, 伝えられた, 伝えられたそう, 伝える, 伝えるため, 伝え勘定書, 伝え景一, 伝え第, 伝え自身, 伝へた, 伝へら, 伝へ氏直, 伝言された, 伺い出よ居宅, 伺ふこと, 佐々木看護婦から, 体した, 体し野, 信じて, 信長公の, 倶し, 催告する, 傳へて, 先方に, 先頃冗談ながら, 全教授, 公けに, 公布した, 共にちかった, 兵部から, 具申し, 再三朝廷, 初子さんまで, 前もってシナ, 前日から, 勧告し, 医者から, 半分報知せ, 半狂人, 反復厳達した, 取り次いで, 受けた友人, 受けた縫殿介, 受けての, 受け何, 口笛に, 口達せられた, 可児才蔵に, 各国に, 向へ, 含ませたの, 含ませたらしい, 含まぬ證據, 含め, 含めお, 含めかえって, 含めこれ, 含め給, 含め見え隠れ, 含んでの, 告ぐれば, 告げ, 告げかつ, 告げたから, 告げたと, 告げたの, 告げたまうた, 告げた加納, 告げました, 告げる, 告げ且つ, 告げ参られました, 告げ夫, 告げ家内, 告げ当, 告げ知らせました, 告げ知らせ張飛, 告げ適当, 告白し, 周信に, 味わうこと, 命じた, 唱へ, 唱誦する, 啣むところあるが如し, 啣め二月朔日までに, 喩された, 囁くと, 回答し, 固く言い張っ, 国元へ, 城中へ, 報じた, 報ずると, 報せると, 報ぜり, 報らせ, 声明し, 外へ, 大勢の, 大統領に, 天下に, 天子に, 夫に, 奉じたるもの, 奉じ万民, 奉じ確実, 奉じ豊後伊豆両人, 奉答した, 奉行に, 奨励する, 嫂に, 子孫へ, 學ぶとか, 安め奉り, 定め内閣, 客に, 宣した, 宣り示す, 宣り降されるので, 宣り降される事, 宣下し, 宣言し, 宣言しまし, 宣言する, 宿直の, 察する, 寺田寅彦博士に, 尋ねければ, 届けに, 届けると, 届け出たので, 布令だした, 布告て, 布達せしめた, 希望し, 師団長会議で, 帯びその, 帯びる左膳, 幕府に, 弁ぜんと, 弁護しある, 引いて, 彼は, 後悔し, 後藤氏へ, 得たり, 御報告, 御興, 復命した, 心づけ, 心得鶏, 忖り, 忘れたること, 忘れて, 応へ, 忠告した, 思えば, 恭しく申出た, 悟り周易, 悪しからず太守, 感動的な, 感謝する, 慥かに, 戴いた, 所司代奥平信昌に, 打ち合せて, 打ち明けそして, 打ち明けた事, 打ち明け時介, 打電し, 打電した, 承くるに, 承じて, 承りまする, 承わって, 承知しました, 拝した, 持たせて, 指摘する, 捨てて, 授かりましたが, 授けたの, 控え目に, 支倉検事が, 教えて, 教へて, 断って, 断り帽子, 新橋署にて, 既報, 旨として, 早馬で, 明らかに, 智深, 書いた手紙, 書きつけそれ, 書きつけて, 書き記した紙片, 書き送った, 書き送りその後, 書付けた書面, 曹洪に, 曹真の, 有りの, 朝廷へ, 本丸番所に, 本営に, 本署に, 松尾氏は, 松浦侯に, 果しさえ, 果たさねば, 極め才名世, 極意的に, 様々に, 池上侯爵家へ, 河竹へ, 洞発し, 洩らせるが, 演つ, 演説せられ, 父に, 牛込の, 玄関で, 王に, 玩味する, 用人まで, 申しあげて, 申しおくったの, 申しきかせ社員, 申しでて, 申しましたので, 申しますと, 申し入れるが, 申し出て, 申し出でた, 申し出ると, 申し含めて, 申し汝寧, 申し添えて, 申し立てかの, 申し立てた, 申し聞けおき候, 申し聞けて, 申し込むけれど, 申し込んだ, 申し送り倉皇土倉氏, 申し達しました, 申上けれ, 申上げ, 申上げとうござる, 申上九助を, 申入れた, 申出ずる, 申出そう, 申出ました, 申又, 申渡したり, 申渡し且つ, 畏まった, 発表し, 発表する, 直書した, 相心得, 相談し, 知らざるの, 知らせに, 知らせると, 知らせ必要, 知らせ指図, 石田治部少, 示した, 示したの, 祭壇に, 秀吉へ, 秀林院様へ, 私に, 竜宮界に, 答えいよいよ, 答えさせると, 答えたあと, 答えたという, 答えなかったけれども, 答えましたところ, 答えようと, 答えるとともに, 答え一応, 答え何故, 答え官兵衛, 答え心当り, 答え次席家老, 答らる, 箱書し, 篤と聞, 織田家へも, 繼母に, 義経へ, 翌日マルクープ老人に, 耕雲斎に, 聞きたまえ, 聞き定めた爾, 聞き訊, 脱退組に, 自らふれだした, 茶屋の, 莊重な, 表し置かんと, 表情で, 要領よく, 規定し, 覚えて, 覚らせるべく笑顔, 触れしめたこと, 言いだして, 言いよこした, 言い含めたの, 言い含めて, 言い置く, 言い聞かせられて, 言つた, 言ひ含め, 言ひ送, 言上した, 言上の, 記入し, 記載し, 記述せられ, 訴えに, 訴え出るだろう, 訴へ, 話し二三, 話す者, 話そうと, 詳しく察, 詳細に, 認めた官廳, 誓ったが, 誓わせた, 語って, 語りつ, 語りました, 語る, 説きヤッ, 誰が, 談判した, 請求し, 論じた, 論じて, 諭した, 諸方に, 謙さんに, 警視庁及検事局に, 警護の, 貴方達から, 賜ったによる, 越中守の, 返答した, 述べたところ, 述べたるもの, 述べた尤も, 述べなお, 述べました, 述べるや, 述べ与五兵衛, 述べ合って, 述べ彼女, 述べ更に, 述べ終るか, 述べ結局お引受け, 述らる, 逐一打ち明ける, 通じたという, 通じたり, 通じました, 通じると, 通じ静粛, 通ずると, 通報する, 通知しました, 通知なども, 進言しました, 達した上, 違ふ, 銀行へ, 長崎滞在の, 関係者一同に, 附記した, 附記する, 附記せられた, 陳べ次いで, 陳述した, 電報した, 電照し, 領した, 領諾した, 頭下げ, 頼むと, 頼んだが, 頼朝に, 顔で, 願ひける, 驢の, 高声に, 魏軍へ, 齎らしたまえ

▼ 旨~ (159, 7.0%)

7 して 6 した, する, するもの 4 するの 3 されて 2 しその, したつもり, したり, す, すべし, するから, すると, するは, せよと

1 [109件] いえば, しいちめん禅機, しいまだかつて, したため, したもの, したゆみなく, したれど, した器物, した四行詩, しなくては, しなければ, しますから, しよう酒, し一切, し不愍, し且携帯, し以, し其利益, し分厚く, し古人, し同じ, し城, し大声, し大抵, し大臣, し奉仕, し学者, し家事, し強, し意義, し日本, し武備, し沒, し清潔, し秩序, し紐, し肉慾, し苟且, し蛮民, し金銀, し面会謝絶, し頑迷, し飛ぶが, し驕奢, すと, すべきである, すべきもの, すべき学生, すべしといふ, するかの, するため質, するつもり, するところ, するとは, するなり, するなるわが国, するに, するやう, するよう, するバクロ雑誌, する一大文學雜誌, する個人的作品, する几帳面, する処, する劇塲, する博覧会, する台所方, する大, する婦人宗教團, する宗教, する師範出, する意図, する所, する探偵小説, する日常生活, する旧, する東洋語學校今日我國, する紅葉, する老子, する者, する者也, する茶会, する茶會, する蓬莱仙郷, する財閥, する風習, する鴎外, すれば, せざるを, せず厭世必らずし, せよ, せよとの, せよなど, せられると, その体, なし苟, なす, なせ, ならば, まったく相, 云ったの, 仕つり平生慈善, 奏詞との, 寿詞との, 戲曲の, 書いて, 申して, 称して, 致すわれら仏弟子

▼ 旨~ (101, 4.4%)

5 為に 3 なき貸家, 返事を 2 内報が, 力を, 第三, 電報を

1 [82件] うち, うちよく, お書付, とおりに, まま委細承知, まま雪乃さまへ, ように, 一つは, 一通の, 一部です, 一部分, 一部分は, 一項あり, 上書を, 下札にて, 主命を, 代りに, 便りあり, 信号を, 偽りの, 儀相違なく, 到底遂げる, 口上を, 名古屋県からの, 味品が, 命令を, 在る所, 城主等署名の, 報告を, 報告書が, 声明は, 変奏である, 天に, 奉告に, 威力の, 宣告が, 宣誓が, 届かぬ者, 届く可, 御返事を, 思召しも, 性質も, 悟りを, 成就する, 戲曲ならぬ, 手紙が, 手紙を, 指令を, 旅出立わな, 明文を, 書状を, 書面が, 最も根本, 来信あり, 来信が, 此の, 決定を, 法名から, 申し出が, 申渡しが, 申立て, 申込が, 発報を, 目安, 第一, 簡単な, 綸旨を, 菩提寺の, 言質を, 詫状を, 話も, 證文を, 述懐を, 通知が, 通知に, 通知を, 遺書で, 遺書と, 遺言書を, 酷責する, 電報が, 類で

▼ 旨そう~ (72, 3.2%)

4 に喫 3 な奴, に食っ, に食った, に飲ん 2 だから, だが, にその, にそれ, に食べました, に飲んだ

1 [44件] だなと, だね, だろう, なお, なお茶受け, なので, なもの, な油, な肉附, な若々しい, な茶飯餡掛, な菓物, な酥酪, な風, な食物, な鶏, にお, にお嬢さん, にしゃぶった, にすすり, にたべ, になめ尽くした, にぱくつい, にふかし出した, にみえた, にむしゃむしゃ, にパイプ, に一服, に午餐, に噬ん, に埃及煙草, に引っかけ, に片端, に眼玉, に立, に腹, に蒲焼, に見えた, に食う, に食ってる, に食べ, に食べだす, に食べる, に鵜呑

▼ 旨~ (58, 2.6%)

3 反して 2 忤い, 忤って

1 [51件] あらざるなり, あり, あること, おまかせする, かなうと, かなうよう, かなう人間, したが, したがい発向, そむくこと, よらずして, 乖く, 付同心は, 付御, 任せ帰帆, 任せ浪人共集候儀其分, 依りて, 倶楽部で, 傾倒し, 其大国を, 出たもの, 出たるもの, 出ること, 即位式と, 叶うもの, 叶つた予言者たり, 同心あり, 変ずべき時節, 従って, 従ふ, 從はんため殺害者の, 御座候之に, 御座候処右御, 忠義を, 忤つて職を, 忤ひ, 戻らず三条, 抗し得ず, 正直な, 称つたので, 称わ, 背き跡, 背くが, 藍光の, 身を, 違えりと, 適えば, 遵る, 隨ひ, 非ざる, 非ず

▼ 旨~ (52, 2.3%)

7 物を 3 ものを, 事を, 旨え, 物でも 2 ことを, もので

1 [29件] か, からね, が, が嬉しく, が怖くっ, けれど可, しかし狸, なに持っ, のうもう, ものは, もんだ, もんです, や, やだが, 乾物など, 事は, 仕事を, 屹度持っ, 木口親分の, 柄杓は, 汁を, 物あ, 物が, 物喰っ, 物拵れえ, 物持っ, 酒を, 酒一つ飲ませよう, 馬鹿に

▼ 旨として~ (45, 2.0%)

2 できる, 大勉強, 居られた平生

1 [39件] おいで, おくるるな, おる, お伝えする, さきには, しばしば寒暖応答, わずかずつ, ゐるので, ゐる人達, 万事に, 乗務致します, 以後軍は, 作られて, 作られるなら見違えるほどの, 八七調に, 其の筋, 凡てを, 出来る絣, 出立する, 剣を, 即刻筒井家へ, 各自に, 国の, 堂上堂下の, 少しにても, 居ります, 居るの, 差支えないと, 收むべ, 来た, 第一監獄工場, 行る, 製造された, 調ぶべき, 質問した, 通ずるなり, 隆中へ, 青山与三は, 魏軍の

▼ 旨~ (38, 1.7%)

2 書いて, 記されて

1 [34件] あつて, あると, あるらしく, うまく弾け, つて數本が, つて食べる, とどいて, はじまって, ふくめられた, らしっけ, 一つもので, 三個ある, 佛祖統記第, 取りつがれた, 国王より, 報ぜられた, 学校の, 宣せられて, 宣らせ給うて, 感じられました, 新聞によって, 段々臨時, 発布され, 継いだが, 耶蘇教以前より, 自分の, 解し難い, 言明し, 記して, 記載し, 認められて, 貢物目録に, 追記し, 降りて

▼ 旨~ (38, 1.7%)

1 [38件] かねて, この私, さながらさき, つまりキリスト教, なんじら, むしろ軽薄子, わかります, 一昨年から, 三つ有ります, 人を, 人生の, 今日歐州に, 分って, 前に, 勅使へ, 即位の, 叔父へ, 大事の, 少しも, 帯びて, 弟正季へ, 形体と, 御不興, 御取あげ無い, 忘れぬ, 承らずとも, 次第に重要, 此受朝の, 決して頭取, 測るべからざる哉, 留守番の, 神の, 純粹, 結局寿詞, 綱常を, 迅くに以前に, 遂げられ宮廷, 遺言され

▼ 旨~ (29, 1.3%)

2 である

1 [27件] うだから, うだと, うだな, があった, がある, が分かれ, が十銭均一, が籠つて, だ, だ唯, であった, であつ, ですね, で思い出された, で思ひ出された, とは違, はただ, はたまらない, は口, は天下これ, は歌, は母, よと手打ち, よりもさらに, を今, を味, 軽い冗談

▼ 旨~ (20, 0.9%)

4 を唱道 2 に於, は殆ど, を含蓄, を標榜 1 となしたる, とはなつ, と主権在民, ははなはだ, は大概, もまた, を宣言, を排斥

▼ 旨~ (18, 0.8%)

1 [18件] 上意也, 分り相成べき, 咎を, 届申上げ候処速, 掟候事, 書付に, 檢使場に, 用い下さるよう, 用い下されと, 用い無いとか, 立合の, 答申上候処御, 置文を, 老中仰, 賞詞有之, 返答也, 達書到来に, 頭乾三殿被申談候

▼ 旨かつ~ (15, 0.7%)

121 たから, たこと, たので

▼ 旨~ (15, 0.7%)

1 [15件] あること, あるので, あれば, あればこそ, そっと伝え, ほのめかして, 亦明らか, 付け加えたが, 充分に, 充分言いふくめ, 宣せられた, 忘れずに, 果たして届く, 様々の, 薄々は

▼ 旨~ (10, 0.4%)

1 ければ, せし處文右衞門, により其意, に付吉凶, わたされ其日, 上げたいたところ, 伝えて, 来るなど, 聞ける故, 述べたくは

▼ 旨~ (9, 0.4%)

1 いと著く, が伝えられた, が甚だ, ではなく, の発表, の違っ, は如何にも, も秩序, を詳しく

▼ 旨~ (6, 0.3%)

2 つたなえ 1 あ行かねえ, つた味が, りき, 知らぬけれど

▼ 旨~ (6, 0.3%)

1 ござりましょう, ご家老, 実は彼女妊娠, 秀吉の, 繰出され, 貴公を

▼ 旨~ (6, 0.3%)

2 仰出候事 1 下院宣已訖, 仰付候, 仰渡, 遺慇懃

▼ 旨がって~ (5, 0.2%)

1 兄栄次郎と, 口舌の, 食います, 食べるだよ, 飲む

▼ 旨さうに~ (5, 0.2%)

2 噛んで 1 しや, 熟して, 見えた

▼ 旨である~ (5, 0.2%)

2 ぞと触れ出された 1 か, がしかし, といっ

▼ 旨にも~ (5, 0.2%)

1 かなって, かのうた, 通ずるところ, 違ふこ, 非ざれ

▼ 旨をも~ (5, 0.2%)

1 併せて, 含むべきを, 味は, 欠くこと, 申し渡す

▼ 旨~ (5, 0.2%)

2 付られしか 1 セ出サレ候向後, セ出サレ即, セ出ダサレ八月十五日ヨリ十九日マデ諸手ヨリ搦メ捕

▼ 旨言っ~ (5, 0.2%)

2 て来た 1 てからする, て置く, て貰う

▼ 旨その~ (4, 0.2%)

1 単行本を, 家より, 御沙汰を, 時分より

▼ 旨~ (4, 0.2%)

1 か愈々, か解らない, とある, な

▼ 旨により~ (4, 0.2%)

1 上帝の, 加藤夫人が, 太師を, 皇后の

▼ 旨を以て~ (4, 0.2%)

2 するも 1 叙位官職を, 御膝下

▼ 旨差紙~ (4, 0.2%)

1 あり依て, に付家主五人組名主同道, を出され, を遣

▼ 旨申し~ (4, 0.2%)

1 厚く礼, 張り候所篠何とも, 立る, 述けれ

▼ 旨申す~ (4, 0.2%)

1 にぞ大岡殿コリヤ其方, に又, の由, 間兼ての

▼ 旨申立~ (4, 0.2%)

1 けるを, しかば口書爪印申付, しかば源次郎四郎左衞門, たり

▼ 旨~ (4, 0.2%)

1 をしらず, を知り, を知る, を開示

▼ 旨あり~ (3, 0.1%)

1 て叙情詩, て熊野參籠, と見

▼ 旨あれ~ (3, 0.1%)

1 ば名, ば夜, ば鏡

▼ 旨がる~ (3, 0.1%)

1 ところが, 田舎漢では, 處か

▼ 旨でも~ (3, 0.1%)

1 あったと, あつた, 帯びて

▼ 旨なら~ (3, 0.1%)

2 ばそむかれませぬ 1 結婚しましょう

▼ 旨にて~ (3, 0.1%)

1 その手段, 参上仕, 現品分量問合の

▼ 旨~ (3, 0.1%)

2 え物 1 え事

▼ 旨仰せ~ (3, 0.1%)

1 出された, 聞けられ候わば, 被聞

▼ 旨~ (3, 0.1%)

2 け出 1 け候

▼ 旨申渡され~ (3, 0.1%)

1 一件落着とぞ, 八ヶ年以前中山出雲守殿調にて, 夫より

▼ 旨~ (3, 0.1%)

1 へけれ, へれば, へ来りし

▼ 旨~ (3, 0.1%)

1 ひければ, ひし處願, ひ候

▼ 旨ありと~ (2, 0.1%)

1 て何ぞ, て斥

▼ 旨ある~ (2, 0.1%)

1 かな言, ところを

▼ 旨いことったら~ (2, 0.1%)

1 お話に, どうです

▼ 旨~ (2, 0.1%)

1 約束が, 館に

▼ 旨さうな~ (2, 0.1%)

1 事と, 料理を

▼ 旨さ加減~ (2, 0.1%)

1 それに幾日, は他

▼ 旨~ (2, 0.1%)

1 そうだ, そうに

▼ 旨しい~ (2, 0.1%)

1 ものを, 物を

▼ 旨では~ (2, 0.1%)

1 ないか, 決してなかろ

▼ 旨とが~ (2, 0.1%)

2 ある

▼ 旨との~ (2, 0.1%)

1 占領すべき, 間に

▼ 旨とは~ (2, 0.1%)

1 人から, 読んで

▼ 旨なき~ (2, 0.1%)

1 ものに, 戲曲を

▼ 旨などと~ (2, 0.1%)

1 云うと, 云うも

▼ 旨なり~ (2, 0.1%)

1 しが, とする

▼ 旨なる~ (2, 0.1%)

1 がごとし, ことを

▼ 旨によって~ (2, 0.1%)

1 わしは, 孔明は

▼ 旨より~ (2, 0.1%)

1 外ならず, 槍を

▼ 旨を通じて~ (2, 0.1%)

1 あること, さうし

▼ 旨之を~ (2, 0.1%)

1 申され諸, 申喜悦勇み

▼ 旨判明~ (2, 0.1%)

1 したゆえ, なお市外十軒屋

▼ 旨~ (2, 0.1%)

1 を嘗, を知り

▼ 旨大論~ (2, 0.1%)

1 に天, や皆

▼ 旨御沙汰~ (2, 0.1%)

1 に付, 相成り候段屹度承知

▼ 旨明記~ (2, 0.1%)

1 しある, しあれば

▼ 旨~ (2, 0.1%)

1 八珍に, 抵八珍

▼ 旨申し述べ~ (2, 0.1%)

1 候処, 候処横井閉口いたし

▼ 旨申渡されし~ (2, 0.1%)

1 により其段豐島屋, により同心二人

▼ 旨申聞候~ (2, 0.1%)

1 に付, 故私

▼ 旨~ (2, 0.1%)

1 心得致指揮仏蘭西人者無, 認めて

▼ 旨言う~ (2, 0.1%)

1 とあれ, と種吉

▼ 旨記され~ (2, 0.1%)

1 てある, ている

▼ 旨~ (2, 0.1%)

1 へに及びけり, へん

▼ 旨誓言~ (2, 0.1%)

1 いたし候, 致し候

▼ 旨返事~ (2, 0.1%)

1 したが, して

▼ 旨通じ~ (2, 0.1%)

2 てはありました

▼ 旨通告~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ 旨過ぎる~ (2, 0.1%)

1 なあその, などといふかも知れない

▼ 旨陳述~ (2, 0.1%)

1 した, せるが

▼ 旨電話~ (2, 0.1%)

1 した, をかけた

▼1* [314件]

あい守るべきものなり, 旨あの人に, 旨あらわに申し出で, 旨ありていに言う, 旨いちおう親族に, 旨いろいろと身振り, 旨おおいに古説と, 旨お答えして, 旨かたく奉戴し, 旨かりしを稱, 旨かるべしと想い, 旨かんべい, 旨がったのかが, 旨がらない幸子は, 旨くどさり, 旨くれぐれも謙信公へ, 旨に酒, 旨こそあれ各々の, 旨ことはらせて, 旨このままお, 旨言上が, 旨さうにチウチウ音をたて, 旨さうに午餐を味, 旨さうに水を飲ん, 旨さうに眼を細め, 旨さうに葱のにほひ, 旨さうに食ふ, 旨さうに飮んだ, 旨しいだのちょうだいちょうだい, 旨しか認めて, 旨しかったのでそれから, 旨しかとお伝え下され, 旨しゅうないと, 旨すぎるやうだ, 旨すぐにも宮様, 旨そのものも次第に, 旨それぞれの近親, 旨だけが大きく瞠, 旨であり天帝の, 旨でござるぞ, 旨ですから一通り, 旨というのは, 旨といふことに, 旨とか云う事, 旨としても思想的の, 旨とて書を, 旨とも聞えませぬ, 旨と共に情死を, 旨などとは余り聞いた, 旨などの様式の, 旨などを持ち出す所, 旨なりといへれば人, 旨において昨夜からの, 旨においても詩形においても, 旨にかのうたから, 旨には十分に, 旨に対する覆奏, 旨ひとづてによって聞いた, 旨ふかきをおも, 旨そうに, 旨まかったか, 旨遠しと, 旨よりは罪悪も, 旨よりも賀を, 旨かず, 旨をば訴へに, 旨をまで見究めようと, 旨く誘き出し, 旨トシテヰル老曹長ナル学生監, 旨反シテ其書, 旨ニ候間早々人数召連レラレ, 旨フィリッピンに通告, 旨ならず, 旨一同に申し告げ, 旨一巻の絵目録, 旨一札だすよう, 旨上申して, 旨去側, 旨不意に触れだされた, 旨且上屋敷に於, 旨並びに夜泣きの, 旨主人へ度々, 旨主張して, 旨あり候, 旨九郎兵衞よりの訴状面, 旨ふて帰りし其日, 旨云うて帰りし, 旨交渉ありたり, 旨今日被仰, 旨今日相州に仰せ, 旨今時に密旨, 旨令與不空驗優劣他日會干便殿思遠持如意向之言論次, 旨仰せけるに因っ, 旨仰せらるるやもしれぬ, 旨仰せられ御歌を, 旨仰せ出さる則, 旨仰せ出されたにつき当会, 旨仰出さると云々, 旨伊助に言い, 旨伝えて父, 旨伝達者の資格, 旨何より先に, 旨便り有に付頓, 旨信長公へ, 旨先生に伺い, 旨入りたる多し, 旨公約せる部分, 旨其旨われは遂げしめ, 旨其筋より御, 旨其節仰せ渡され候, 旨内訓を發, 旨初めから何等, 旨而雀躍仕, 旨別段遠江守へ, 旨前田徳善院増田右衛門尉石田治部少輔下知, 旨剪紙を以て達せられけれ, 旨副長被申談, 旨創殿被仰, 旨厳かに宣告, 旨厳命致しました, 旨及び同じく天野屋, 旨口書になり, 旨古主松平越後守殿へ聞え, 旨只管頼みければ, 旨各国公使に申し入れる, 旨船長ヨリ, 旨同島の防空監視哨, 旨同行者に語れり, 旨同音に申し上げ, 旨君勇の耳, 旨吩咐けられて, 旨告げた者が, 旨唱誦であつ, 旨問うと三好, 旨嚴敷仰付, 旨回答した, 旨国中に触れしめた, 旨報じ來り, 旨報告に接した, 旨大坂表において仰せ, 旨大目付海塩忠左衛門殿御談被成候間, 旨太平記に記せる, 旨奉行人等に仰せ, 旨奏聞したが, 旨奥女中一統をはじめ, 旨女中にいいつけ, 旨如何の次第に, 旨に報告, 旨の手許, 旨委曲承知いたし候えども, 旨委細畏まり奉つり, 旨委細申立又願山儀, 旨存きり申立るの, 旨宣大命親王諸王諸臣百官人等天下公民衆聞食宣, 旨宣誓した証人, 旨寄り寄り評議致し居る, 旨密命に使われ, 旨密旨今時に密旨, 旨寛斎宛同人書翰に見え居候, 旨小前百姓一同より申立, 旨屆けしにより頓, 旨と申し渡した, 旨川口に言, 旨布告せられたい, 旨希望して, 旨年寄の連署, 旨強談に及ぶ, 旨往訪の記者, 旨御前に申す, 旨御座候は, 旨御感被成, 旨御諚に候, 旨御返事有るの間, 旨忠兵衞并に差添, 旨のため, 旨意書を第, 旨意見書を出した, 旨と承知, 旨被仰, 旨所司代へ屆, 旨承知いたし候, 旨指揮をした, 旨指摘して, 旨掛合御座候間右の大金, 旨改めて閣老連署の, 旨将軍の, 旨文政八年中渡し置き候処, 旨賜環, 旨新聞にも出た, 旨りに, 旨日本六十余州の津々浦々, 旨日野殿へ掛合, 旨早速に承ろう, 旨又忝御事共, 旨書かれている, 旨書き入れて置いた, 旨月番老中本多中務大輔から申渡された, 旨御氣色, 旨未練気もなく, 旨本国へ取次い, 旨本日該地より関係, 旨本紙の逸早く, 旨東京府より太田氏, 旨柳吉に言う, 旨根本の原理, 旨梅申聞候といふ, 旨検事に申し出ました, 旨から次に, 旨江戸中に触れさせた, 旨沙汰申した, 旨治左衛門殿被仰, 旨法印に世間, 旨滅びなむとす, 旨熱海小学校訓導内田氏に相, 旨物語るに傳吉, 旨理由書と共に提出, 旨田辺看守長より申出, 旨申しあげると将軍, 旨申し上げますと晴やか, 旨申し出てくれた, 旨申し出ることも, 旨申し来るなど心, 旨申し立て候えども, 旨申し聞け候所篠無言の, 旨申せしかば今更然, 旨申上度思ひ侍れ共, 旨申付られしゆゑ頓, 旨申入候樣縫殿頭申付候之に依, 旨申出てました, 旨申出相成候, 旨申張何分白状に及ばざれ, 旨申斷り候, 旨申渡されける原田兵助は, 旨申渡されけれ共内々松葉屋, 旨申立つるなれども, 旨申立てたり, 旨申聞それより鈴木, 旨申請し検事, 旨申込有之其他, 旨申述ぶる中, 旨申送り候右やうの, 旨申達せしに, 旨町役人から姫路藩, 旨発向の前夜, 旨発表になりました, 旨百姓共にとく, 旨監督の教師, 旨相顯れ候併, 旨督事官吉左衛門殿造酒之丞殿, 旨知らしてくれ, 旨種々申聞候へ共, 旨答えたが仕事, 旨答えますとこれから, 旨答えると, 旨答え申置候間何卒御, 旨箱崎署に届出た, 旨簡単に百瀬, 旨約してこの, 旨編輯長に言う, 旨繰返して弁明, 旨義トスルヨリコノ宗徒ハ自ラ称シテ, 旨義理の正, 旨中井上河内守殿より, 旨老中方へ御, 旨聞き及んだゆえ家門の, 旨聞食し及ぶに, 旨聞食すの間, 旨自白したの, 旨航行中の各, 旨小天地想に, 旨蝶子が言う, 旨表明した, 旨要請したの, 旨規定し政令, 旨ひ出, 旨言い出すとお前, 旨言い送りてここ, 旨言つてやつた, 旨言われたものの, 旨言上すると, 旨言立るに, 旨訂正したり, 旨記して私, 旨記載して, 旨話して置く, 旨話す喜んで貸す, 旨認められてあった, 旨を立て, 旨誓紙を書いた, 旨語りましたので早速, 旨をなし, 旨諸事家茂の時, 旨諸国の守護人等, 旨警報を発せしめた, 旨豹一に言った, 旨でも言明, 旨辱クモ禁中ヨリ御勅使, 旨返答をし, 旨返電した, 旨通知すると, 旨通詞のもの申聞候, 旨通詞本木昌造を以申立候, 旨達されければ家主勘兵衞, 旨達しがあった, 旨達しられければ豐島屋, 旨遠きものは, 旨に酔いしれた, 旨重役をもっ, 旨電報あり, 旨電話室から病室, 旨領主の郡奉行, 旨頭領大石からそれぞれ通達, 旨を水, 旨駒井中務少輔