青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「~於ける」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~方角 方角~ ~方針 方針~ ~方面 方面~ ~於 於~ ~於い 於い~
~於ける
於ける~ ~旅 旅~ ~旅人 旅人~ 旅籠~ ~旅行 旅行~ ~旅館 旅館~

「~於ける」 6921, 66ppm, 1708位

▲ ~於ける (6920)

460 意味 260 日本 176 社会 81 現代 72 文学 70 支那 66 世界 57 現在 51 自然科学, 間 45 人生 44 場合 43 科学 42 東京 41 広義, 時代 38 社会科学 37 わが国, 芸術 3430 演劇 27 小説 26 物理学, 近代 25 家庭, 歴史 23 フランス, 方面, 自然 21 中, 生活, 農村 20 と, など, 領域 19 今日, 当時, 形, 過去 17 主観, 人間, 内部, 古代, 宇宙, 意義, 近世, 際 16 ドイツ, 下, 哲学, 地上, 文壇, 段階, 認識, 資本主義社会 15 京都, 文芸 14 上, 上海, 東洋, 空間, 西洋 12 国内, 國, 地方, 将来, 江戸, 理論, 貴族院 11 ソヴェート, ブルジョア社会, 歐洲, 議会

10 [11件] イギリス, ヘーゲル, 内, 形式論理学, 形態, 意識, 数学, 時期, 概念, 欧洲, 都会

9 [15件] ヨーロッパ, 仏蘭西, 側, 北海道, 埃及, 学問, 將來, 戦場, 日常生活, 朝鮮, 樺太, 生物学, 社会生活, 舞台, 表現

8 [13件] カント, 世, 中世, 内地, 初期, 大学, 学校, 宮廷, 巴里, 我が国, 我国, 最近, 瞬間

7 [21件] うち, この世, インド, ギリシア, 人間生活, 地, 徳川時代, 支那人間, 映画, 時, 村, 狭義, 生涯, 當時, 秩序, 絵画, 自由党, 自由黨, 論理, 限り, 音楽

6 [28件] なか, コント, ロシア, 作, 作品, 名, 国, 存在, 工場, 広範義, 戦争, 戯曲, 政治, 政治上, 文学上, 欧米, 欧羅巴, 此方面, 歴史的社会, 現下, 現世, 現代日本, 社會, 科学論, 範囲, 芸術上, 観照, 論文

5 [29件] この間, もの, アカデミー, ロンドン, 両者, 今後, 体系, 佛國, 俳句, 印度, 唯物史観, 土地, 大阪, 學, 後, 思想界, 我國, 戦時, 文化運動, 方法, 本質, 歴史上, 法廷, 現実, 現象学, 短歌, 神楽坂署, 立場, 過程

4 [62件] そこ, それ, だけ, ソヴェート同盟, マホメット教國, マルクス主義, 上代, 世の中, 九州, 事実, 亜米利加, 以後, 個人, 倫敦, 公判廷, 内外, 内容, 内閣, 前, 勝義, 北支那, 十七世紀, 名古屋, 問題選択, 場, 場所, 大体, 大陸, 學校, 小学校, 幾何学, 延長, 思想上, 恋愛, 故郷, 教学, 文化, 日本内地, 日本詩壇, 明治初年, 晩年, 書物, 期間, 此の間, 此世, 歴史的運動, 深海, 点, 発展, 美術, 自覚, 西欧, 観念, 言語, 資本主義下, 資本制下, 道場, 部門, 郷土, 関係, 關東, 點

3 [135件] これ日本, そのもの, その後, その間, アイヌ, アメリカ, イデオロギー, カザン, ソヴェト, ソヴェート・ロシア, ソヴェート連邦, パリ, フィヒテ, フランス革命, プラトン, ベルリン, モダーニズム, ルネサンス, 一時代, 一次欧州大戦, 世紀, 中央, 予審廷, 人物, 人類社会, 例, 全国, 冬, 出発点, 判断, 刹那, 前後, 劇場, 十九世紀, 台湾, 司法省, 和歌, 哲學, 唐時代, 国々, 国家, 國内, 地区, 外部, 天, 天上, 宇宙間, 宗教, 実験, 室内, 家, 家庭内, 密室, 小郡, 島, 川中島, 市場, 弁証法, 役, 彼, 思想, 悲劇, 惡しき意味, 意識内, 我邦, 戦国時代, 政界, 文化上, 文学的表象, 文藝上, 新劇, 新聞, 方向, 日, 日本文化, 日本文学, 早期, 明治, 時間, 朝, 札幌, 東京市内, 東方, 構造, 模写, 欧州, 此の際, 此地方, 此意味, 此時代, 此點, 死後, 洲, 温泉場, 漢代, 物心両面, 物理的空間, 状態, 現代社会, 現実世界, 田舎, 病院, 発展段階, 発生, 研究, 研究室, 社会主義社会, 神代, 程度, 空襲時, 精神科學, 経済学, 経済現象, 絶対空間, 背後, 能, 能楽, 舞台面, 英国, 街頭, 評論, 詩壇, 資本主義制度下, 足利時代, 近代物理学, 運動, 邦, 酒, 野, 鎌倉時代, 長安, 関西, 陸上, 静岡, 面

2 [347件] その他, それ自身, アジア, イングランド, クリティシズム, シェリング, シベリア, ジャーナリズム, ソーンフィールド, チャハル, ディルタイ, ハイラステンゴール, パスカル, ビルマ, ブルジョア哲学, プラグマティズム, ヘーゲル哲學, マライシア, メキシコ, ルネサンス期, ローウッド, 一つ, 一ツ橋高等女学校, 一千年間, 一定距離, 一日, 一点, 三六年度, 三十年間, 三期, 上古, 上高地, 下院, 世界史上, 中心地, 主観上, 予告殺人, 事件, 事態, 二期, 二次欧州大戦, 人, 人民戦線, 今川家, 今後省内, 仏国, 仏教, 他宗, 仙臺, 伊藤侯, 作文, 俗界, 保養院, 像, 光, 党内, 其当時, 其時代, 其維新後, 其間, 冬季, 初頭, 創作, 劇, 劇壇, 力学, 動的表現界, 北上河畔, 北支, 十三議会, 十二単衣, 十四議会, 卑彌呼時代, 南方, 単位時間, 印度支那, 古代信仰, 台頭的契機, 史觀, 名古屋市, 周囲, 哲学叙述, 唐代, 唯物論研究会, 問題, 啓蒙, 啓蒙時代, 国境, 国境楊森子付近, 地下, 地点, 外国, 大事, 大嘗祭, 大正以降, 大隈伯, 天地, 太古, 太平洋, 奈良朝, 奧州, 女子, 学芸会, 學地震學教室, 學界, 宋代, 宗教生活, 定常状態, 定説, 実地, 実証科学, 客間, 宮, 宮中, 家中, 家族内, 寸暇, 対象, 封建時代, 對立, 對自, 小田原, 山, 山脈, 工業, 市, 帝都, 常識, 廣義, 弁証法的唯物論, 当区, 当夜, 形成, 後年, 心理, 心理學, 思春期, 思索, 思考, 性格, 性格的論理, 愛, 愛蘭, 感覚, 戦地, 戦時下, 戦闘, 戸外, 所謂反動期, 批判主義, 批評, 技術家, 排星運動, 探偵小説, 推移, 支那古代, 支那方面, 支配機構, 政府部内, 政治界, 教育, 教育上, 散文, 数学界, 整理, 文化史上, 文化生活線上, 文化的領域, 文化財生産関係, 文学作品, 文学的認識, 斯界, 既徃, 日々, 日本アルプス, 日本ラジオ放送, 日本文壇, 日本語, 明治以後, 明治時代, 春, 時間空間, 普通教育, 暮, 書斎, 本国, 本性, 来世, 東亜細亜, 東京大阪, 東国, 桑港, 極東, 様式, 歌, 歐羅巴, 此場合, 此点, 此際, 此頃, 歴史内容, 歴史的役割, 歴史的時間, 歴史社会, 歴史科学, 歴史記述, 殖民地, 段, 民間, 水源地, 江戸時代, 沖合, 沖縄, 没落的契機, 法律, 海上, 海岸, 海濱, 清朝, 測定, 満州, 熱帯地, 物語, 物質的生産, 狹義, 猿楽, 王朝, 現今, 現代的価値, 現在日本, 現在段階, 現場, 現物, 理論内容, 琉球神道, 生, 生活上, 生物界, 生産, 生産関係, 田楽, 甲州, 画, 畿内, 発生期, 發展, 發展過程, 相対性理論, 矛盾, 研究方法, 碁, 磯部, 社会上, 社会主義下, 社会全体, 社会構造, 社会機構, 社会現象, 祝詞, 神道, 私, 科学教育, 科学的理論, 程, 空間内, 立憲政治, 立法行政, 第一義, 等々, 箱根, 範囲内, 米国, 精神上, 精神界, 純粋小説, 終局, 経済上, 経験, 経験界, 絶東, 維新後, 羅馬, 翻訳, 聖マテオ, 職域, 職場, 背景, 自然哲学, 自然界, 色彩, 芸術界, 芸術運動, 英文壇, 茲, 葬場, 藝術, 虚空, 表面, 被害地, 西洋演劇, 西田哲学, 覚醒時, 計量幾何学, 詩情, 詩歌, 詩社, 論理学, 諸国, 講演会, 谷中天王寺墓畔, 貝塚, 財政上, 資本主義国, 資本主義諸国, 資格, 身術, 軍隊, 農村生活, 近世初頭, 近年, 近畿地方, 連續, 遊郭, 過去一ヶ月間, 過渡期, 道中, 道程, 遣ひ, 邑落生活, 部屋, 郷里, 都市, 都會, 鎮江, 閨房, 阿部家, 陣営, 階級社会, 雑誌, 霊界, 青森, 非常時, 音韻, 頂点, 馬島, 體, 高原

1 [2099件 抜粋] いふ意味, かき未來, こと地獄, これ近郊, それら, つた環境, づけ, ところ, ばかり, ひとつ国境, れ, アフリカ, イェルザレム, イヤー, インド沿岸, エディプ, オイディプス錯綜, カナダ, カント自身, キャバレ・イーグル, ギリシア神話, ゲルマント邸, ゴルドマン, ザール方面, ジェームズ, スケート場, スペイン, ソヴェート舞台芸術, デボーリン主義, トンネル内, ドルバック, ハリコフ, バース, ファッショ支配, フラミニア, フロイト主義, ブルジョア国, ブルジョア新聞紙, ヘルリス, ペテルブルグ, ホロドマリ, マウント・モウリス町共同墓地, マルクス主義文学, マルクス的用語, メーデー, ユフカ, ヨーロッパ文化, リンガエン, ロシア帝国, ヴェルデュラン家, 一九三七年度, 一体関東, 一八八五年, 一回講演会, 一定時一定場所, 一幕, 一月, 一生, 一般, 一般神經質, 一面背後, 七月上旬, 三十代, 三國時代, 上方, 上町, 上院, 不可能内, 世界文學, 世界選手権試合, 中世哲学, 中島某等市会及市参事会, 丸山福山町, 主観的意識, 予備門, 争覇戦, 事変, 事後, 事物, 二十世紀初, 二巻, 二行, 五ヶ年計画完成後, 五相会議, 京都嵯峨, 人々, 人性, 人生観, 人間性, 人類歴史, 今日小学校, 今次事変, 仏教上, 代数学, 企業, 休日, 会創立後, 但馬地震, 何等外觀, 作者, 信仰, 修道院, 倫理, 健康, 催眠術, 元, 先づプラグマチズム, 先験的世界, 全国各地, 八幡宮, 公式生活, 六十六議会, 共和国フランス, 其中庵, 其以前, 其外面, 其本貫, 其生存中, 内東京, 冥土, 出でざる, 分野, 別屋, 到達点, 前章, 剣道, 創作方面, 劇等, 労働科, 労農露西亜, 動植物, 動的状態, 北九州一圓, 北支那海, 北海道生活, 十一年頃, 十九世紀後半, 十八世紀フランス, 十数年間, 半面, 南宋時代, 単語, 卷頭, 原子理論, 反発, 口元秩父, 古代ギリシア自然哲学, 古典学, 可能内, 各国, 吉林, 吾日本, 和泉藩, 哲学上, 哲学的意義, 唐以後, 唯物論文学, 商業劇場, 嘉坡, 四十四年後, 固定性, 国家機構, 国民, 国語, 国際科学史大会, 國民將來, 園, 地平線上, 地表, 城山, 基督教界, 境, 変, 夏, 外ヶ浜, 外見上, 大使館, 大和, 大局, 大戦直後, 大気中, 大衆文芸, 天体, 太宰府, 夫人, 奉天戦前後, 女学校, 如き, 始皇帝時代, 婦人論, 孝康皇帝, 学内, 学界, 學問, 宇宙的時間, 宗教上, 実体, 実生活, 実際, 客観, 室外, 家屋内, 宿屋, 寛政年間, 實際, 対立, 射影幾何学, 小樽, 小説中, 局面, 屍体, 山地, 山頂奥宮, 峡谷, 巌流島, 巻, 市振, 帝国議会, 平和時代, 平安京, 平生, 幸福, 広義国防費内, 床襲衾, 座標, 建文帝, 弘文學院, 当時上流地方, 形態心理学, 役者, 往日, 後代, 従来精神, 御所, 徳川期, 心理学・等, 性格的真理, 悔悛, 情緒発現時, 愛蘭党, 慶長以前, 應用, 成立, 我日本国中, 戦役, 戦線, 戰國時代, 戸倉, 所謂決定論, 批判主義哲学, 投馬以東, 探偵研究時代, 擇捉島, 支那史乘, 支那本土, 支那近代, 政治家, 敍述, 教團, 教育界, 数年間, 文化全般, 文化国, 文化時局, 文化的専門領域内, 文化部門, 文学批評, 文學, 文明人, 文筆辯論, 文芸復興前五十年, 文藝生活, 料理, 新婚初夜, 新聞社自身, 方法全般, 既定年限内, 日常生活経験, 日本プロレタリア文学運動, 日本國内, 日本教育史, 日本現代, 日露戦争, 日露戰役, 昌平黌, 明治初期, 明清時代, 春水, 昭和十五年五月二十九日京都義方会, 時刻, 時間経過, 普通病, 曲線, 書道, 最近五十年間, 最近詩界, 有機體内, 期間内, 未開地, 本年, 本文, 本邦, 東亞, 東側, 東西, 東部戦線, 果實, 根本構造, 梅雨期, 楊州地区, 極, 構築物, 機械, 機能上, 權力, 欧州大戦末期, 欧米先進諸国, 歌道, 正確性, 此の方面, 此書, 此稿本年八月京都帝國大學開催夏期講習會, 歴史主義的伝統, 歴史的事実, 歴史的推移, 歴史的發展, 歴史社会的運動, 殿中, 毎年氷島, 比較言語学, 民主主義的国家, 水前寺, 水桶内, 永代橋, 江戸末期, 河北省, 沼田事件, 法学部, 法律的範囲, 洋, 洞中, 流布本, 浦島, 海, 海牙, 港内, 湯田, 演劇方面, 演説会場, 瀬戸際, 無産階級, 熱帯乾燥地, 牡鹿城内, 物質, 特徴, 犯罪検挙, 状況, 獨逸, 珠爾, 現代文壇, 現代語, 現場附近, 環境, 生家, 生理学, 生産面, 用語, 田舎町, 画壇, 異国, 當時日本, 畿内以西, 発見地, 登録以前, 白河, 皆大和平原, 盛時, 直接さ, 相対空間, 県下, 睡眠間, 知識, 社会学研究室, 社会支配, 社会的地位, 社内, 神, 神話, 祭り, 福島町, 秋冬, 科学主義工業, 科学的形態, 科学的精神, 科学間, 程ジャーナリズム, 空中戦, 空間論, 章, 箭, 築地座, 精密工業生産, 糸掛け石, 純文学, 純粋経験, 終末, 結婚, 統一, 絵画評論, 維新以後, 総体, 線路上, 繼起, 美術史上, 義仲, 翼側, 聖代, 肺, 能力, 脳組織, 自, 自国領内, 自然主義運動, 自然科学発達, 自然科学自身, 自由詩, 興味, 芸術家, 若松, 英國進歩黨, 茂吉, 華頂女学院, 藩, 衆概念, 行潦, 表現上, 被害民一行解散後, 製糸工場, 西側, 西国, 西洋映画, 西藏, 観, 角ポルトガル人渡來直後, 角近代的学問, 解放治療場内, 解釈形而上学, 評論界, 詩語, 認識論, 語調等, 論理的通用性, 講座, 讚嘆詞, 貨幣経済, 貴族院・等, 資本制度下, 賭場, 越中等, 身体各部, 軍艦, 軽工業, 農民, 近世初期, 近世資本主義社会, 近代初頭, 近代文明生活, 近時, 這般世界, 速度, 連鎖中, 進行過程, 道, 選挙, 部内, 重臣間, 野球, 金木, 銀行, 鎌倉時代奧州, 鑑賞, 長春, 開皇年代, 闘争時, 院展, 陸軍, 階級闘争, 集合論, 電磁気現象, 露國, 青松寺, 鞭, 音律上, 頃校外, 領域別, 風水害地, 首府プラーグ, 高山, 魅力, 黒船時代

▲1*

信用於ける