青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「於~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

方向~ ~方法 方法~ ~方角 方角~ ~方針 方針~ ~方面 方面~ ~於
於~
~於い 於い~ ~於ける 於ける~ ~旅 旅~ ~旅人 旅人~ 旅籠~ ~旅行

「於~」 20412, 196ppm, 519位

▼ 於~ (13513, 66.2%)

69 私は 46 之を 45 である 39 始めて 37 彼は 35 彼の 33 他の 29 一つの, 如何に 28 では 27 これを, 吾 26 自己を 24 自分の 23 或る, 私の 22 それは, 日本の 19 人間の 18 あるもの, 吾人は, 大に, 非常に 17 さへ, 此の 16 それが, 今日の, 何の 15 それを, であった, 一種の, 成立する, 然り, 自分は, 自己の 14 何か, 我々は, 殆ん 13 一定の, 存在する, 彼が, 社会の 12 次の, 非常な 11 であつ, 多くの, 彼等は, 支那の, 明らかに, 理解する 10 このよう, 人は, 何等の, 完全に, 彼を, 我々の, 然る, 見ること, 閣下の 9 その存在, だ, 一の, 今の, 問題に, 把握する

8 [11件] 一致する, 両者の, 予は, 云わば, 何が, 何を, 存在の, 少しも, 彼れ, 異る, 行はれ

7 [20件] あること, すべての, それの, でなければ, どのよう, 之は, 人の, 可なり, 多少の, 大なる, 彼等の, 必要な, 最初の, 歴史の, 現實的, 確かに, 能く, 行はれる, 見れば, 遙かに

6 [30件] おやである, これに, そうであった, であろうと, 一個の, 一致し, 二人の, 人間は, 何等かの, 余は, 凡ての, 右の, 唯だ, 夫, 夫は, 従来の, 成り立つの, 日本に, 時の, 歴史に, 理解される, 甚しく, 発見する, 直接に, 真の, 私たちは, 科学の, 空間の, 缺くる, 見た

5 [58件] ある, あるの, かくの, さへも, そうな, であって, であるが, どこに, われわれの, 一切の, 一般に, 世界の, 之に, 事實としての, 人間が, 作者の, 僕の, 分析する, 初めてその, 同一の, 同様の, 問題と, 固より, 国民の, 存在と, 存在は, 實に, 幾多の, 意識の, 我々が, 我等は, 我輩は, 捉えようと, 捉へ, 日本は, 明かに, 最も重要, 有つ, 歴史は, 現はれる, 現在の, 現實存在, 生活し, 社会に, 神の, 私が, 私を, 空間は, 自らの, 自然の, 著るしく, 行われて, 表現され, 規定される, 規定し, 詩と, 誰か, 運動する

4 [87件] このこと, この二つ, この種, さうである, すぐれて, その人, なければ, またその, アリストテレスの, ドイツと, 一般の, 世界的なり, 乎彼は, 事實と, 人々は, 人類の, 他に, 他人の, 代助, 伊藤侯の, 何かの, 何である, 何よりも, 余の, 侯の, 優れて, 全くその, 全く一致, 全く同一, 前の, 占めて, 唯一の, 変りの, 変りは, 天地の, 存在としての, 学問性は, 完全な, 客観的に, 容易に, 實現する, 少くとも, 尚ほ, 彼と, 彼女の, 後悔せず, 思想に, 意味を, 所謂, 把握された, 把握される, 持って, 支那に, 文化の, 文学に, 日本人が, 明確に, 是の, 曾て, 最も多く, 最大の, 最後の, 桂内閣と, 歴史と, 歴史的に, 特殊な, 独特の, 獄門申付くる, 現はれた, 理解され, 異つて, 発生する, 発見される, 發展の, 相違し, 確に, 示して, 社会と, 私に, 稍, 統一的に, 自然に, 與へ, 認識される, 進歩的な, 過去の, 閣下と

3 [214件] あり神, あるという, いかにこの, いは, お銀様, こ, こういうこと, このやう, この現象, この男, この言葉, これほど, これも, これらの, さう, さうで, する, せられた, せられたの, そうだ, そうである, その, その内容, その意味, その誤謬, それぞれの, それと, それに, であるか, であると, なされた, はるかに, ひとつの, わたくしは, わたしの, わたしは, 一に, 一日の, 一般的に, 万人の, 世界的に, 世界観と, 乎彼れ, 予が, 事實を, 二つは, 云って, 五十歩百歩の, 亦た, 人々が, 人々に, 人生を, 今は, 今も, 伊藤博文伯に, 何と, 何人も, 余りにも, 作者は, 例の, 価値の, 個人の, 個人は, 偉大なる, 働かねば, 僕が, 僕は, 優って, 充分の, 兩者の, 兵を, 分析される, 別な, 前に, 前者は, 勝れて, 印度の, 又一般, 可能な, 各々の, 同じこと, 同じもの, 同じよう, 同樣, 君が, 吾人が, 吾人の, 哲学は, 問題の, 問題は, 單に, 天下に, 天然的解釈を, 太陽神話としての, 夫が, 女は, 実践の, 実際に, 屡ば, 己れ, 常に相, 幕府は, 幸福を, 当時の, 彼に, 從來の, 心を, 必らず, 必然的な, 思想と, 意識を, 我等の, 技術は, 持つ社会的規定, 捉えること, 政府の, 敢て, 文学が, 文学は, 斯かる, 斯の, 方法が, 日本が, 日本人の, 日本人は, 早くも, 時代の, 時間の, 普遍的に, 更に大, 最もその, 最も必要, 最も有名, 最も特色, 最も著しい, 最も著しく, 最後に, 本質の, 根本的な, 根本的に, 欠けて, 歴史的である, 殺害し, 殺害に, 民衆の, 決定的な, 活動する, 混乱し, 演劇の, 無政府主義, 無限の, 現代の, 現実に, 理解された, 理解した, 生きること, 生の, 発生した, 発見せられ, 盛んに, 目に, 相互に, 相対的でなけれ, 眞の, 知って, 社会が, 社會の, 祖先の, 私と, 種々なる, 第二, 精密に, 精神の, 純な, 統一され, 美の, 考察する, 而も, 自らを, 自分を, 自我の, 自然主義の, 自由である, 自由に, 芸術は, 著者は, 行はれた, 表は, 表現する, 見たよう, 見て, 見なければ, 見られるよう, 見る, 見るやう, 見出される, 見受けられるよう, 言うの, 言ふ, 言を, 言葉の, 詩を, 詳かに, 認識する, 認識の, 連続の, 遙に, 重大な, 開催せられた, 静止し, 音楽の, 顯はに, 餘り, 駒井は

2 [897件 抜粋] 〇・二倍と, あながちに, あの偉大, あまりにも, ありそれ自身, ある種, あろうと, いずれの, いろ, ぎこちない, この, この小説, この概念, この科学, この運動, これが, これまで, これまでの, したこと, するを, せられたもの, そうだった, そしてただこの, そのこと, その両方, その全部, その支配者, その方面, その本質, その統一, その辯證法, その運動, それぞれ異, それらの, た, ちつとも, であ, であったろう, でなく却, どういう風, どの程度, どれほど, どんなに大切, の如き, ひそかに, まさしく女性政治, みんな芸妓では, もさうい, もつと, より大, わが国の, われ, われわれが, アプリオリな, イリヤ・エレンブルグが, カントの, ギリシヤの, ジャーナリズムが, デモクラシーを, ノンセンスである, パルマルストンを, ピールに, フランスの, ブルジョアジーの, ヘーゲルの, マルクス主義批評家若しくは, ロゴスとしての, 一つである, 一字, 一方では, 一時やかましく, 一歩も, 一致を, 三つの, 三角形の, 不当である, 不適当, 且つその, 両国の, 主として解决, 主観の, 主観的な, 之と, 乎一方, 乎伊藤侯は, 乎公は, 乎星除名論は, 乎椿山莊は, 九條武子夫人と, 事実と, 事実的に, 事實によ, 二人が, 井上伯失蹤の, 亞剌比亞人が, 交渉中だ, 亦敢, 亦頗る, 人たらしめなけれ, 人を, 人後に, 人民を, 人生の, 人間性の, 今度の, 今敢てこ, 今日では, 以上の, 伊藤伯, 伊藤公の, 伊藤内閣に, 伯と, 伯の, 佐々等の, 何も, 何れの, 何処までも, 作家の, 作用する, 作者が, 使用される, 侯たる, 俳句に, 個人に, 個人相互が, 個物, 側面より, 優秀な, 先づ, 先づ此一怪物と, 先生おもむろに, 全く一, 全く無稽無意義, 全力を, 公に, 公共的に, 公衆に, 共通な, 其の今囘自ら, 其の果して, 其心事を, 其起源を, 内容に, 再び野, 决し, 出来ない, 出水後の, 初めてこの, 初めて可能, 初めて或, 初めて自己, 判断が, 到底この, 到底忍ぶ, 刺し殺した結果, 前代未聞の, 勃発した, 十二種衆議院に, 十分な, 卓越した, 単なる十年, 即ちその, 即ち今日, 即座に, 原図より, 又他, 又吾人, 反つて閣下等, 取られる政策, 取扱は, 古語も, 可能である, 同じやう, 同じ方向, 同胞の, 向の, 君の, 否定的に, 否決せられ, 周到なる, 和歌御, 哲学の, 唐の, 唯一なる, 啻に政務, 善悪を, 団結した, 国民皆兵の, 地獄と, 壓死した, 変化する, 外交に, 外来の, 多少とも, 多少変更, 夜の, 大した違, 大体次の, 大小の, 大神力を, 大隈伯は, 天下の, 太陽に, 女が, 女性は, 好個の, 如何なる手段方法, 如何なる生活様態, 存在し, 学問性が, 宇治山田の, 完き, 完了した, 完成した, 定まれりと, 実現する, 客觀的である, 宮中の, 対立する, 専門家でなけれ, 小学校の, 少からぬ, 尚一層, 尤も強い, 尾崎行雄氏を, 山登りが, 巣を, 巧みに, 差別を, 巴里の, 希臘の, 常に奇異, 常に閣下, 常識に, 幾たびか, 幾回と, 幾度と, 弁証法的方法であり, 弱くし, 当って, 形成する, 彼女と, 彼等が, 往々衝突, 得られないもの, 復た, 徹底する, 心理に, 必要だ, 快よい, 怎し, 思想という, 性格は, 悉く随縁臨機, 悪魔に, 愉快である, 意味が, 意識が, 意識に, 感覚が, 感覚を, 成功し, 成功を, 成立を, 我が國, 我は, 或はクロオデル, 戦争が, 手落ちが, 技術の, 把握しない, 捉へる, 支那から, 政府も, 政治の, 政治家に, 故なく, 敵の, 文学的な, 斉しく, 斯う, 新に, 新内閣, 方法は, 既に之, 既に岡崎邦輔氏, 既に相, 日常何を, 日本側の, 日本文化の, 明らかな, 昔から, 星除名論者は, 晩年の, 普通の, 普遍的な, 最も低俗, 最も具体的, 最も困難, 最も多く君, 最も完全, 最も平和, 最も敵対, 最も有効, 最も淫靡, 最も珍奇, 最も直接的, 最も重大, 最初其が, 最少の, 有力な, 有名な, 朝野の, 未だ必らずし, 本來, 本質的な, 机は, 東西の, 果してどれ, 検証され, 極度に, 構成され, 櫻木海軍大佐の, 欠くべからざる要素, 歓喜し, 正しく君, 正当に, 此事あり, 此事は, 此地方に, 此等の, 歴史的なり, 殆ど其の, 殆ど時と, 殊に著しく, 毎年正月三日の, 比較的に, 氏の, 氣が, 求むべからず, 江戸の, 決して木, 法則の, 法則を, 注意す, 活きて, 海は, 深く侯, 測定された, 演劇革新運動の, 点という, 無限に, 然りである, 熱烈な, 爾雅, 物を, 物質が, 特に一つ, 特別の, 特殊の, 猪の, 獲得したる, 現はれたる, 現代的滑稽の, 現実と, 理性の, 理解し, 理解しなけれ, 環境の, 甚だ合理的, 生産し, 申渡し左, 男を, 異っ, 異常なる, 発令し, 発揮せられた, 発見し, 發展する, 發見された, 發見せられたる, 盛に, 目が, 相互の, 相対的である, 相扞格, 相撞着, 相調和, 相通ずる, 真実らしき, 眼に, 矛盾に, 矜恤ある, 研究する, 破裂を, 示された物, 示されて, 神と, 神尾主膳は, 神話の, 科学が, 科学は, 科学小説の, 種々の, 穀屋平兵衞を, 突然失蹤, 立派な, 第一雪, 第三紀偶蹄類, 筆を, 純然たる, 純理的存在を, 細説する, 組織的綜合的な, 統一される, 統一を, 絶対的に, 緑は, 美を, 考えれば, 考へて, 耳目を, 職業を, 育英の, 自ら新, 自分が, 自分と, 自家の, 自殺す, 自然を, 自然弁証法と, 自然科学の, 自然科学的な, 自由を, 與へられ, 舞台には, 色々の, 芸術の, 英雄とは, 著しい, 著しき相違, 薩摩っぽう, 藩閥者流は, 衆議院よりも, 行は, 行はる, 行ふ, 行動の, 表出する, 表現される, 複雑な, 西洋の, 見たもの, 見た処, 見られる, 見出す, 見出そうと, 覩る, 解明される, 解決される, 解決すべき, 解脱し, 記紀の, 許される唯一, 試に, 認識し, 認識論に, 読者に, 誰よりも, 論じて, 論理的でなけれ, 論理的なる, 諸民族, 議會の, 讀みづらい, 質的な, 起ったこと, 超絶すれ, 足利時代は, 身に, 近代の, 逮捕されたる, 遂に一致, 遊ぶこと, 運命の, 道義欲の, 遥に, 遺憾ながら, 邦人と, 部分的に, 重大なる, 関係や, 陰と, 階級イデオロギーの, 電光の, 青年の, 非常の, 革命軍の, 頗る無遠慮, 飜刻せられた

1 [8841件 抜粋] あえて不足, あまり発展, あらわれて, あるこの, ある神, いかに夢想的, いつも人民, いわゆる御来光, およそ自他共, かういふ書き方, かく呼ばれる, きっぱりと, こうして拘束, この世の, この動き, この少年, この方針, この理念, この蠻風, これこそは, さうし, さまざまな, しばしば見られる, すでに一種, するが, せられたかと, そうで, そして更に, その上級生, その力, その家柄, その手段, その構造, その現実, その節, その試み, それぞれ信用ある, それ自らの, ただに, だお前, つながつて, であるけれども, でなく權利, どういう役割, どちらか, なさねば, なすべきだと, なら友情, の釈尊自身の, はじめて感じる, ひとは, まさしく近代, またまた惨劇, また非凡, むしろ劇, もしくは其会話, もはや行われない, やる気が, より新しく, わが当局, われ等の, アラビア人から, イデオロギーでなけれ, ウェーゲナー教授は, カントから, グッと, シナで, スワンソン邸の, テストし, ドグマとして, ヒューマニズムであった, フランス国民の, ベルギイの, マラッカオルムヅの, ヤマト民族を, ルーソーボルテールの, 一たい何本ぐらゐそれを持つ, 一人前である, 一大圖書殿を, 一度は, 一時のみ, 一番古い, 一般民衆に, 一面的である, 三両一人扶持を, 三藏の, 下部の, 不安と, 不覚を, 与えられるもの, 世界的大, 両者とも, 中間層を, 主張した, 乃ち相与, 九助の, 事々に, 事物を, 二箇の, 互に一體, 五里霧中に, 亦一, 人始め, 人生と, 人間的である, 今や共存, 今日如何なる, 仕事には, 付着の, 仮構である, 伝統的型を, 体系である, 何であらう, 何某が, 佛國と, 作家と, 例えば軍事扶助, 俗人と, 信玄は, 俳諧的文學に, 個性を, 健康な, 傳吉思ふ, 僚囚に, 優劣が, 兄の, 先ず最も適当, 先立つもの, 党議と, 全く我々読者, 全く誤謬, 全然痕跡, 八雲記念碑を, 共にこの, 兵営に, 其の芳香, 其他幾多の, 其新味の, 其説を, 内亂, 再び君, 凡そ三期の, 出來, 分らない, 切腹すべけれ, 初めて全体, 初めて支配的, 初めより, 到らぬ所, 制約を, 割引きする, 加えられて, 勇戦奮闘する, 勝って, 北方を, 十三日に, 十分彼女の, 半途に, 単に天, 占める威容, 危険きわまる, 即ち是人, 却つて心を, 厳令を, 又ブルジョア社会科学相互, 又様々, 友と, 収穫と, 取引に, 受動的な, 古典的因果律が, 可なりに, 史觀によ, 各民族的国家, 同じ代物, 同人の, 同時に実在, 名も, 吟味の, 告白するごとく, 咒文を, 唐和蘭人同, 唯美主義や, 問題では, 喜内を, 噴出する, 因循姑息の, 国家の, 國後島より, 在京発起人会を, 埴輪土偶を, 境遇に, 変化を, 外國車を, 多く見られる, 多数人士の, 大々的の, 大わら, 大多數, 大政維新の, 大胆に, 大體二樣, 天然神話的の, 夫人は, 女子の, 如何なる姿, 妙に, 始末し得たであらう, 子孫を, 存在によ, 孤立した, 孰の, 完うし, 官林払下を, 実に違う, 実現し得る, 実験される, 客觀的に, 家臣に, 察知出来る, 審問中なる, 対立撞着雑居する, 将然と, 小主観的作品, 少くも, 尚一個, 尻に, 屡弁難攻撃, 岸田の, 左までの, 已に之, 希臘猶太の, 常にクラシズム, 常に病理学的, 常識的である, 平均小説の, 平等無差別の, 幼稚さを, 広く大衆, 廻転し出した, 張り得よ死に於, 強調しない, 当然彦根, 形式社会学に, 役に立つと, 彼奴等支配階級に対して, 徂徠門下に, 従来自分の, 御多分に, 徳ある, 心靈が, 必ず其暗さ, 忍びがたい, 思わぬ誤謬, 性の, 恋の, 恰も迷信, 患者の, 惡人共に, 意味も, 感じられるもの, 慈悲深い, 成し遂げたところ, 成功者は, 我が, 我機は, 或は人道, 或は鯀, 戦死と, 所謂大陸ボケかとも, 手懸りを, 批難され, 把捉する, 抽象的規定に, 指導的な, 捕捉する, 掴える, 損害を, 支那問題に関する, 收穫, 政治も, 敍述され, 教祖の, 数十年前に, 文体の, 文化統制と, 文章語は, 新しい戲曲, 新協劇団や, 方法である, 既に事實そのもの, 既に彼, 既に稍, 既に變形, 日本人に, 日本民族的条件を, 旧組織, 明治文学に, 昔話の, 是等以外に, 時間に関する, 暫く埃及三角塔時代死書, 更に狭め, 書名の, 最も不利, 最も哀れ, 最も悪い, 最も無頼, 最も組織的, 最も適切, 最低たらしめるべく, 最神聖, 有り得るの, 望んで, 未だ独り前, 本当に重大性, 本質上から, 東方に, 果してどの, 架空の, 格別異, 極めて初学, 極めて清新, 極端に, 構成性を, 機敏豪放を以て, 欠け情, 欧洲諸, 正しい途, 正に遣い果し, 此が, 此宿は, 此處に, 武藏相模の, 歴史的原理を, 死物同様であります, 殊に強く, 殘り, 母と, 比較的安定, 民族ぜんたいを, 氣分に, 永遠に, 汝等の, 決して珍, 決戦せん, 法本が, 活版を, 浪漫派と, 淀君派に, 渡辺氏は, 満足を, 演じる役割, 漫然と経験的空間, 為さねば, 無形の, 無言劇で, 煢, 父と, 物理的暴力を, 特にわれわれ, 特に深い, 特別に, 狂いを, 猛利, 王起っ, 現われるべきである, 現在口語ばかり, 理想と, 理解的に, 甚だやましい, 甚だ聡明, 生と, 生活態度において, 用いられると, 田中翁と, 申立也と, 畔放ち, 當を, 病人は, 発明が, 發展した, 百人以上も, 益あり, 盲目的で, 直観された, 相合する, 相競, 真に哲学的, 真正ファシズムとしての, 着々と, 知らず習慣, 知識と, 硝子管を, 示したリアリスム, 社会性が, 祐天の, 神祠巫覡の, 福田は, 私共を, 科学的精神の, 程度の, 空気を, 突然軍備, 竜虎の, 第一義的に, 範疇である, 米国空軍に, 精神病医は, 純国民的, 素盞嗚尊の, 終止言に, 経験的, 結成された, 絶えず比較, 絶對的なる, 綿井氏は, 總括され, 罪悪と, 義しく生きるなら, 考えられて, 聊か他, 肖像畫も, 臨時無, 自分等の, 自然人生の, 自由党を, 自覺, 舞台的写実の, 芝居そのものは, 芸術家で, 英仏独の, 菜食主義も, 著しき發展, 著書に, 薄命の, 虚偽の, 行なった国法学講義, 行わるる限り, 行使され, 表現された, 被告に対して, 西北方遽に, 西郷は, 見た者, 見られる事実, 見るよう, 見事に, 見出し得なかつたならば, 見逃しては, 親鸞は, 観想的世界観又は, 解明された, 言うと, 計画を, 許される如き悠長, 試金石で, 誅せら, 認識され得ない, 誤りを, 誰でも, 論理内の, 諸子六藝に, 謬なく, 讚えられたの, 豪傑の, 責任を, 賊軍は, 起ったもの, 足らない一点, 軍議は, 輝やかしき, 農家に, 近代的生活を, 述べたもの, 通ずる所, 連続的に, 遂行した, 過去と, 道徳芸術宗教学術等の, 遥かに, 邂逅した, 醫科大, 量的である, 鎌の, 長老と, 間違が, 降灰の, 階級的イデオロギーに, 集る人々, 雲飛は, 青年らしから, 非理性的であり, 音戸の, 領域的ならぬ, 食ひち, 首の, 驚くべきパルチザン闘争, 高調する, 鹽釜は

▼ 於ては~ (3704, 18.1%)

16 それが, 一つの 15 之に 12 之を 11 或る 10 それは, 一切の, 殆ん, 私は 9 人間の 8 凡ての 7 他の, 何の, 私の, 非常に 6 一般に, 則ち, 彼等は, 日本の 5 そうで, 之は, 云うまでも, 存在の, 少しも, 技術の, 此の, 自己の

4 [21件] これが, すべての, そこに, 一方に, 一種の, 両戦争, 人の, 前に, 即ち一, 夫, 如何で, 当時の, 彼の, 我々は, 文学は, 歴史の, 物質は, 特にこの, 科学の, 第一, 自分が

3 [41件] このよう, これと, これは, そうだ, そうである, そうでない, まず第, まだこの, 一定の, 一致し, 之が, 二つの, 人々は, 人を, 人間が, 何れの, 何れも, 何等の, 例の, 個人の, 僕は, 同一である, 單に, 多くの, 大なる, 大體一致, 実験という, 實に, 思想は, 政府の, 方法と, 時間は, 概念の, 異る, 社会の, 空間は, 純粋の, 美の, 許されないの, 運動感覚が, 遥かに

2 [220件] おの, ここに, このやう, この二つ, この信仰, この困難, さう, そこまで, その内容, その反対, その通り, その道の, それに, それも, それを, たとへ, どのよう, なお更, むしろ個人的対立感情, もはや, サビだの, プロメトイスは, プロレタリア, ヘーゲルの, ローマよりも, 一層の, 一日も, 一歩も, 七兵衛は, 万能力を, 不可能だ, 不可能な, 不老長生の, 世界に, 世界の, 世良田の, 中, 云わば, 人は, 人格修養の, 人民の, 人間は, 今でも, 今の, 他に, 伊東男に, 伊藤伯の, 伯よりも, 伯亦, 何か, 作家の, 作者も, 併し, 俗物なり, 俳優の, 個々の, 元老は, 全くの, 全く同一, 其の如何なる内閣たる, 其の弊, 其主義綱領は, 其方の, 其舞台は, 内閣の, 凡てが, 凡て同一なる, 判然と, 動物感情は, 十人十色である, 十分に, 却って之, 又屡, 又閣下, 反逆的破壊的な, 古くから, 古代の, 可成り, 各の, 各個人, 各方面, 同じである, 同じもの, 同一の, 同様の, 否定し, 唐朝の, 唯だ, 善人は, 嚮に, 因果律は, 固より, 国家の, 国民の, 型の, 大に, 大隈伯確かに, 夫が, 夫は, 女形も, 女性の, 如何に, 婦人の, 孔子の, 存在する, 存在と, 存在は, 宗教の, 実験は, 家庭という, 尋常以上に, 小説を, 少くとも, 尾崎氏こそ, 左様な, 平民主義を, 彼れ, 彼等の, 従来の, 必らず, 思想の, 急躁焦慮, 恩威兼用の, 我々の, 或は君等, 戦争の, 所謂親日派なる, 批評は, 支那に, 政治の, 数と, 斯う, 斯する, 新聞の, 既に解決, 日常語としての, 日本は, 日本よりも, 明らかに, 星氏に, 是非に, 時節を以て, 曲りなりにも, 最も代表的, 最も把握, 最大の, 最後の, 未だ一つ, 未来語の, 机の, 東京の, 板垣伯と, 極めて小心, 極端の, 概念は, 次第にその, 欺瞞である, 此を, 此等の, 武力の, 歪められて, 水垢の, 決してない, 決して之, 清浦奎吾曾禰荒助桂太郎の, 演劇の, 無いの, 無意味であっ, 爛漫たる, 物は, 特にそれ, 犯罪を, 猶更, 甚だ揚らざる, 生活に, 異色ある, 當然の, 皇帝は, 直接に, 相異なる, 真理は, 知識は, 確かに, 社会に, 神が, 神の, 神は, 空間の, 窃に, 竊に, 糞マジメな, 純然たる, 純粋なる, 絶対に, 自我は, 自然の, 芸術は, 若い時, 萬事に, 著者も, 藩閥を, 藩閥及び, 言葉が, 詩と, 詩の, 誰か, 論理的で, 論理的である, 負けた, 資本家は, 赤ん坊だけ, 速かに, 速力的だ, 進むで, 進歩的な, 過去も, 鎔岩を, 長く逆境, 閣下に, 隠すべきだ

1 [2838件 抜粋] あえてそう京阪地方, あの著者, あまり流行児, あるけれども, いちばん血統に, いよいよ美しい, おのずから連関的, お銀様, かかること, かなり勇敢, こういうたち, ここで, この三つ, この作者, この制限, この女, この役割, この教祖, この淨土教, この知識, この芽, これからさき, これを, さすが尚, すくなくとも女, すべてこの, すべて精神的に, そうした合理主義的根拠, そうは, そのま, その不利, その値, その安らかさ, その戦勝, その本性上命令, その物, その研究様式, その胸, その資本主義, その階級制, それだけ彼, それ相應の, それ自身独立した, ただ別個, たとえ無意識的, ともかく論理的, どこが, どんな學問, なおその, なるべく訊問, ほとんどあり得べからざる, ましてそうな, また複合, まだナロードニキ風, まだ多少読者, まだ解答, むしろその, もう劇場, もとよりこうした, もはや理知, やはりその, やはり象形, よく懲罰, われながらの, アベコベだ, イデオロギー, エジソンも, カルチベードされ, クライストシルラアゲーテの, ゴアと, シナの, スミス自身の, チンピラ記者と, ドイツと, ニィーッチエが, パンパンガールの, フィヒテや, ブルジョアジーや, ポルトガルの, ミチミの, ヨダレクリ坊主の, レーニンは, ヴォルフ学派を, 一ヶ月も, 一切は, 一団躰の, 一層巧妙, 一方歴史, 一歩を, 一糸も, 一遍の, 万葉時代に, 三文安の, 下々の, 不定である, 不決定, 世俗的な, 世間へ, 並ぶべきもの, 中間部屋で, 主として国防充実, 主義として, 乃父に, 之等の, 予は, 事実上それ自身技術乃至, 事實と, 事情大に, 二十五円だ, 五帝の, 享楽主義を, 人よく, 人次第で, 人間學によ, 今も, 今日この, 今日未だ, 他人である, 以上の, 仰付, 何う, 何とも怪しく, 何んと, 何時地震に, 何課に, 作者が, 例えば形式主義的, 依然として三間, 俗衆の, 俳優相互の, 個人主体, 假名遣, 僕の, 優も, 元亨釈書, 充實の, 先天的総合判断は, 兎に, 入道相国に, 全く人類的, 全く小金井博士, 全く無能力, 全く違つて, 全部これを, 八つ山辺りの, 公私間の, 其す, 其の趨, 其土地人民を, 其恐る, 其政府なる, 其目的を, 其面影をも, 内容の, 决し, 凡て失敗に, 凡て無, 出来上ったシナリオ, 切支丹宗門が, 別だ, 利用の, 到底男子, 前の, 前者まさり, 労働組合は, 動物虐待者は, 勿論いつ, 北陸道を, 十分, 千葉桃井には, 単にジャーナリスティック, 単に物質的需用, 単一起原説を, 印象追随が, 却, 却って実は, 却斥しか, 去就の, 又候訴, 反てか, 受取所存決して, 古來今, 古来から, 可である, 右翼運動団体に対する, 各國家民族, 合衆国を, 同じ型, 同一なれ, 名古屋の, 君主が, 否定すべき, 周代の, 哲学は, 唯一の, 唯物論に, 問題は, 嘗て人, 嚴重取, 国の, 国民は, 国際間に, 地理的自然の, 基督教は, 変りが, 外国殊に, 多分その主たる, 夜間は, 大きな地震動, 大体に, 大寺以外に, 大洪水, 大臣どもが, 天下また, 天子が, 天數にも, 天皇への, 太史公自序を, 夫人の, 奧の, 如何なる絶對的, 妻の, 孔子も, 存在し, 学問風に, 學術的研究が, 完全に, 宗吾を, 官吏は, 定めし不自然, 実に円満, 実在的で, 実践をば, 実験が, 宣撫工作などという, 家計理論であった, 寡言を, 實踐は, 寧ろ啻に強い, 寺院のみに, 対蹠的な, 尊いという, 小生が, 少し私, 尚更の, 尽すこと, 屡この, 屹度曲事たるべし, 左程にも, 希臘及び, 常に二の次, 常識的概念は, 平生の, 幸ひ, 床しく太宰, 座標的という, 強力な, 当時町人共の, 形式社会学に, 彼女の, 彼自身は, 後者と, 從來の, 御召捕, 復古の, 心理を, 必ずしも一体, 必ずしも事実, 必ずもっとも, 必ず血, 忍び難き, 忽ちにし, 急度申付, 恋愛は, 恐らく義理, 恰も神, 情熱が, 愉しみである, 愚の, 感覚の, 憲政党の, 成功した, 我々に, 我も, 或は創設, 戦争以前よりもずつと, 所謂その, 扉に, 批評と, 折衷や, 掏摸を, 支那の, 放散すべき, 政権は, 政治学術産業文学美術と, 教育の, 散文に, 文久二年十二月十三日の, 文化運動も, 文学を, 文明は, 文芸評論と, 新しい意義, 新聞出版資本家, 方便を, 既に, 既に半ば意識, 既に理想社会, 日月は, 日本主義倫理学へ, 日本文学の, 日本獨得の, 旧制を, 明治三十二年鳥居龍藏氏同, 昔から, 昨日も, 時としては, 時期を, 普遍者である, 更に勇敢, 更に難, 最も其の, 最も必要, 最も王達善, 最も貴重, 最早旧, 有ち得ない, 有名な, 未だかつて經驗, 未だ必, 未來なる, 未組織兒童, 本格的な, 東方が, 根本的に, 梓君の, 極めて最近, 榮西の, 権化の, 欠けるところ, 欧州の, 歐洲婦人に, 正にその, 正精, 此処まで, 此方面に, 此評判を, 武士が, 歴史的展開の, 死を, 殆どこれ, 殆ど弛み, 殊に一日, 残留者による, 比較神話学の, 毫も遺憾, 民間の, 求められない, 決してころがりつこない, 決して人後, 決して彼等二三子, 決して然らざる, 沢山の, 法律の, 泰西の, 浦島物語を, 海賊も, 温和であった, 滑稽でない, 漢民族が, 激痛の, 火雷神の, 無と, 無産者にと, 無関係的発生説と, 然る, 爆發前, 物珍しとは, 物質の, 物質的精神的両, 特に困難, 特に生産者, 特別組織の, 独り文学に, 猫は, 獅子は, 珍しい例, 現代の, 現在の, 現実主義と, 理解される, 理論的信條のみを, 甚だしい知識不足, 甚だ急い, 甚だ貧弱, 生徒は, 生産費と, 男の, 異議が, 発明は, 白雲の, 益々平和, 直ちに, 直接山の, 相似に関する, 相當, 真正の, 睡眠は, 知識構成という, 研究批判検討を, 社会は, 社会的に, 社会科学一般は, 祈祷ある, 神仏お, 神話学者は, 私が, 科学乃至, 稀有でも, 種々の, 空間が, 競争相手の, 等しい, 簡単に, 精霊信仰は, 純生理学的状態, 純粹, 細かな, 経営は, 結婚者の, 統帥権の, 經驗の, 練れて, 美妙なる, 義務の, 聊か之, 胡亂なる, 自ら専門の, 自分の, 自己を, 自然は, 自然科学は, 自由主義を, 至當の, 船員すなわち, 花自体の, 若し疾病, 英仏独露西亜墺太利伊太利この, 茶弟であり, 著しい進境, 藝の, 融合する, 衒気匠気という, 表面の, 西冷の, 要するにいつ, 見出すこと, 観察や, 言語と, 記憶の, 評論という, 詩壇に, 認識の, 誤つて, 論理は, 諧謔を, 證人を, 豐太閤に, 貴族と, 資本主義社会に, 起死回生の, 足利時代を通して, 身分の, 軍人の, 輪廻説は, 近代産業技術の, 追, 通じて, 遂にこれ, 運ばれ得ないかの, 道を, 道義的人生にまで, 還元前の, 酒席の, 野狐その, 鈍愚利の, 間接に, 除き去りそして, 随分色々, 難事で, 震原地の, 非常なる, 鞦韆の, 頗る激烈, 風俗を, 飛行機や, 餘り, 馬場財政修正だった, 高啓, 魏使が

▼ 於ても~ (1713, 8.4%)

22 亦た 8 それは, 之を 7 そうである, 同樣 6 彼の, 日本の 5 これを, その通り, それが 4 そうだ, またその, 同様である, 將た, 悪い意味

3 [21件] これは, そうであった, その例, それを, また同様, 一種の, 亦この, 亦同, 亦然, 今日の, 内容に, 决し, 同じこと, 固より, 変りは, 少しも, 彼等は, 感情に, 或る, 此の, 私は

2 [97件] いは, かくの, これが, これと, さう, その事, その真実, その空想, その絶縁, その言論, その逆, それに, デモクラチツクなり, 一切の, 之は, 亦久, 亦公衆, 亦同一, 亦恥ず, 亦最も, 亦決して, 亦稍, 人間の, 今日に, 仮令それ, 伊藤侯が, 何等の, 偉大の, 全くさう, 全く其の, 全力的であり, 共に進歩, 其を, 初めより, 十分に, 単なるエゴイズム, 又然, 同じやう, 同じ事, 同様に, 吾, 品性に, 嘗て自分, 大に, 存在とは, 学問に, 實質に, 尚ほ, 尚奈良朝, 屈指の, 屡々内閣, 常に, 引用という, 思想に, 意見の, 我々は, 技術に, 技術の, 支那の, 日本に, 日本語の, 明かに, 普通の, 書きうるもの, 有力な, 有名である, 根本的な, 欧米の, 殆ん, 決して, 決して伊藤侯, 漫に, 無論先生, 狭義に, 甚だ稀有, 生活に, 盛んに, 相当に, 真の, 神の, 私の, 科学に, 経験に, 絶対に, 罪人が, 自分の, 自己の, 自然其所に, 若くは, 蝦夷は, 行動に, 言へる, 譬へば料理屋, 隅田川の, 非常な, 非常に, 飽まで

1 [1357件 抜粋] あえて癇癪, あまり多く, あるいは軍人, あれ程の, いつも何, おのおの, おれは, かつて政治的, がた落ちだ, こうした法治主義的自由主義, このこと, この信仰, この年齢, この政治的, この根本的, この種, この自由主義, これに, さぞかし目ざましい, すでに国民, すでに芸術品, そうあった, そうで, そうであります, そう出放題, その人物, その先天的, その勢力, その宗教的基礎, その支配, その方法論, その有名, その状態, その直観, その義務, その長篇小説, それぞれまた, それだけ, それらに対する, それ自身一種の, た易く, だいぶ隔たり, つねに私, とにかく不充分, ない, なお且つ, なし得ら, なほ一面哲學史と, なほ自己の, ぬきんでるとは, はた独逸語, ほとんど一定, またかの, またツォイス, また各人各様, また同一, また大, また本質, また然, また農工商, また集団, まだ多分, まだ臆病, むしろ過ぎ, ものの, やっぱりその, やはり其以前, やはり家々, よく心得た, よほど気, わるい意味, アラビアの, ウラジオストックからの, クリティシズムという, ジャワに, ソヴェート・ロシアに, デカダンは, ハンフレイ・ワアズ或は, プロレタリア文学の, ヘーゲルに, ポプュラーである, ミケーネー族人中に, モルトケクラウゼウィッツの, レトリックが, 一つの, 一人一人の, 一兩日の, 一家を, 一年志願兵出身の, 一方ならず手, 一番に, 一貫し, 七福の, 三分一を, 下界に, 世界に, 両交戦国, 両者は, 中には, 主婦は, 久しき年月, 事機を, 二つを, 二律背反は, 二葉亭や, 云つた, 亦, 亦そうした, 亦カント, 亦云つて, 亦優越, 亦助長的態度, 亦問題, 亦常に, 亦性格, 亦或, 亦教え得る, 亦機械論, 亦理解, 亦社会学主義, 亦経験, 亦著しく, 亦附加, 人に, 人一倍強い, 人物の, 人間或は, 今は, 今も, 仏教には, 仏陀の, 仙子氏は, 仮にもしこの, 似たところ, 何ものにも, 何故に, 何某の, 余輩悉く, 例えば私, 例へば最も, 依然として従来通り, 依然として継続, 俗耳に, 個人関係に, 偶然の, 儒家は, 優れて, 充分に, 先駆的傾向の, 光を, 全く唯美派的, 全く欠如, 全然別個, 兩部神道やら, 公然の, 共通点の, 兵隊の, 其の裁判所構成法, 其偉大なる, 其意味から, 其旨相心得賊徒共金銀押借に, 其跡が, 其風は, 内地の, 出る毎, 出来得るかぎり, 初笑, 削除すべき, 劣って, 効果が, 勝つの, 勿論明治, 北條氏の, 十世紀以来すでに, 十分の, 協和会の, 単に奇妙, 印度では, 原始時代の, 原理上決して, 又こういう, 又不幸, 又其の, 又此, 反乱の, 古く学問, 古代は, 古典を, 古来大名などが, 只穩, 可能でない, 右様な, 各国家, 各界の, 同じく其の, 同じく月神, 同じ法則, 同様であります, 同様なり, 同様不肖の, 名人と, 否認する, 呆れる許, 哲学と, 唯一人独得の, 問題は, 営々と, 四段變化上二段下二段上一段下, 国情の, 国民生活日々の, 國文の, 在留支那人間, 増大し, 変りなかっ, 外戚たる, 多く奇僻な, 多少その, 多数の, 大きな指導的役割, 大体の, 大地震, 大差なかつた, 天上に, 天候や, 天淵の, 夫の, 奧方樣始め下々まで, 女囚が, 姿に, 子として, 存在しなかった, 孝心を, 宋代の, 宗教に, 実に悦ばしい, 実子の, 実質に, 実際脈, 客を, 富に, 寛保三年と, 寧ろ鎌倉時代以後南北朝, 対象との, 尋常でない, 小党分立個人個人の, 小説志願者の, 少しの, 尚お, 尚ぴつたり合, 尚且法理, 尚南方印度, 尤も大なる, 屡々大衆文芸, 川口不二の, 左様である, 已に単純, 帶方郡より, 常に世界, 常に方法, 常に継続, 平等なる, 平野に, 幾たびか, 幾日に, 広義に, 度々申立て, 建築的に, 強いながら, 形に, 影響下に, 彼は, 彼女等は, 後世に, 從來考え, 御研究, 復讐的に, 心的発達の, 必らず, 忍べないこと, 思想は, 恋されたい, 恐くは, 恐らく第, 恰度其れ, 悦びを, 惡徳たるを, 意識が, 感覚を, 成り立たない, 成立つもの, 我国同様, 我等無政府主義者が, 或伝承, 房州へ, 手を, 扱ふ, 技術家が, 抜かりなく, 探幽, 搭乗者が, 支那旅館では, 政治的でなく, 故大隈公, 教育法案中の, 敬服しなけれ, 文壇の, 文学の, 斯かる, 新しい感覚, 方法上全く, 既にこれ, 既に疑う, 既に遙, 日々夜々に, 日本人が, 旧社会, 明らかであった, 明治十年頃までは, 明白に, 昔から, 昔に, 是を, 時代時代で, 普く文献, 智脳の, 更に進歩, 最も名高い, 最も根本的, 最後の, 最近の, 有数の, 未だかつて氣附, 末子の, 本書の, 本来自然の, 本索引, 本質的であった, 東亜の, 東大寺の, 果してそうであるだろう, 格別の, 棟梁と, 極めて秘密, 構想に, 欠けると, 歌に, 正に古今未曾有, 此侠客気質の, 此画家の, 武力は, 死の, 殺人窃盜放火などの, 母は, 比較的無事平穏, 民族意識は, 民間ジャーナリストに, 水中に, 江戸時代の, 決して劇場台本, 決して日本独特, 沿革を, 法律家に, 洋の, 活用し得ない, 浜尾子爵閣下が, 海は, 涅槃経に, 漢代の, 漢文を以て, 漸次に, 激昂し, 無制約, 無生物体に, 無論働い, 然る, 父の, 特に会戦, 特別權限として, 特殊な, 犬に, 狂信的なる, 独創的でない, 猥り, 猶且吾人, 獨り, 珍奇な, 現在では, 現実と, 理に, 理解される, 理論や, 生い育った環境, 生活感情の, 用いられて, 用ゐられしならん, 申し分は, 男女の, 男子に, 異存毫も, 発見する, 白くは, 白馬山脈と, 益々この, 目抜きの, 目覺めさへ, 相当絶対的, 眞の, 真相だ, 矢張り其氣味が, 矢張り知識の, 知れ渡るという, 短かい, 確に, 社会科学に, 私たちは, 科学そのものから, 科学的理論の, 稀な, 程度の, 種々の, 突込んだ, 竜王院に, 第二, 等しく支那法曹間, 米友が, 精密であり, 精霊の, 純文芸家, 経済界と, 経験世界を, 結果として, 統計的操作は, 絶對的な, 綺麗な, 考へて, 考証が, 聖人に, 肉体に, 脱却しない, 自から, 自分を, 自殺かも, 自然哲学は, 自然科学に, 自身の, 色々未だ分らない, 芸術とは, 若き日, 荘園三十余州に, 萬事手緩き, 著しく表, 藝術に, 行なうと, 行われたこと, 表出出来ない, 複雑な, 要するに一般庶民, 見られない舞台, 見られるこの, 見掛けられは, 親友である, 観念論は, 言葉に, 記録は, 許されないこと, 詔し, 詩を, 詩想に, 認める限り, 語られて, 読本課に, 論ぜられなければ, 諸イデオロギー, 諸科学, 譲吉は, 豊公の, 貫こうと, 資本主義国の, 質に, 起り得るとの, 足利梁田両, 身を, 輿論の, 迷惑いたします, 通用しなけれ, 連続は, 道義を, 遠方の, 遺伝学上かかる, 金銭と, 錯覺或は, 阿羅漢の, 階級性そのものを, 雷名轟く, 青年間に, 鞄の, 頭の, 飄逸奇突を, 高原に, 鹿島以東の

▼ 於~ (225, 1.1%)

13 が如く, と同様 8 私の 5 と同じく 3 このよう, 同様な, 唯一の 2 のと, もの約, ように, ドルメン, 各種の, 彼の, 我々の, 文化の, 文学の, 最初の

1 [157件] ある特定, がごと, がごとき, が如き, が如く勢, ここの, すべての, それと異, と同, と同じ, ものと, やうに, ような, よりもより, よりも多く, よりも大分, よりも百倍, よりも遙, より古い, より装飾, コトパクシ, ダンスでは, ダーウィン説或は, ペラゴロの, ラヂカルな, ローウェル・インスティテュートの, 一大放射状弱線と, 一般の, 下級な, 中期十月より, 主なる, 主婦の, 主題の, 交際は, 人間の, 伝説, 健康状態, 先生の, 公開講演は, 初期住民の, 初期六月より, 刺青美しき凄, 動物実験室の, 古代の, 古代人の, 同じよう, 同様の, 同程度, 同種の, 唾壺の, 問題を, 噴煙の, 国民生活の, 地盤弱線の, 壮麗を, 声明及び, 大向の, 大工与四郎に, 大火事, 大禍患, 姉弟の, 始めての, 婦人の, 完全な, 完全なる, 宗助は, 寄席芸術に関する, 幹は, 広汎な, 底線と, 当時の, 彼女の, 彼等の, 後期霞亭の, 微妙な, 心理状態を, 戦の, 戦争に関する, 採集, 摩擦の, 支那劇場は, 放射状弱線に, 政治とは, 政治性, 教義を, 文化との, 文化については, 文化もう, 文化を, 文化人が, 文化性の, 文化的欲求を, 文化運動の, 新しい然し, 新噴火口, 旅館を, 最も印象的, 最も尊い, 最下等, 最高等, 有用培養食用産品が, 朝貢の, 木よりも, 東西兩洋の, 松崎と, 櫻島大, 歓会風景である, 此学の, 段丘と, 水準を, 氷河時代の, 洞窟を, 活動と, 混雑と, 演説者の, 火事は, 点燈装飾の, 無数の, 煙突の, 熔岩流の, 物理教育に関する, 特色は, 生活, 生物学会に, 當時の, 病気から, 知識も, 知識層で, 礼義と, 社会表面上の, 祖国の, 祭文に, 程立派, 第一印象, 精神鑑定は, 経験に, 経験は, 統計局の, 絵画や, 能率増進精神的肉体的の, 興味の, 菊四郎の, 覺悟, 質疑応答の, 輪郭図一から, 進化に関する, 防海壁に, 陶器さがし, 陸海軍大臣の, 需要を, 青島陥落ときの, 非常に, 非文化的存在, 音楽だろう, 音楽の, 魔術師に, 鼠小僧次郎吉の

▼ 於てのみ~ (194, 1.0%)

5 意味を 3 である, 之を 2 では, 主體的, 学問性は, 己れ, 成り立つと, 成立する, 把握され, 私は, 結晶する, 重大な

1 [163件] あること, かくの, この世界, この運動, これを, そのものは, その本来, その比較的, その矛盾, その祖国, その詩境, その階級性, それは, それを, それ自身を, であった, であって, であること, であろうそれ, でなく更に, どの問題, なされるの, なほ客観的に, ならず一般, ならず既に, ならず昔, まさに彼等, よく養われる, 一つの, 一概に云え, 不断の, 与えられる, 二段言は, 人を, 人間なみの, 他の, 価値ある, 個々の, 個人を, 個性, 優越を, 充分な, 再びその, 初めて可能, 初めて成り立つ, 初めて発生, 利用する, 前進的であっ, 効力を, 勝を, 十分に, 即ちただ内容そのもの, 取扱は, 可能である, 可能な, 同等な, 唯一の, 問われ得るの, 堕落せん, 多少野心, 夫, 夫婦喧嘩を, 娘に対しても, 存在し, 存在し得る, 存在する, 存在である, 存在として, 存在に, 存在は, 完全に, 実の, 客觀的に, 宦官を, 實存は, 専門的概念と, 常識的概念である, 常識的概念でない, 形作られ得る, 形式論理学の, 彼等の, 彼等は, 恋愛は, 意識が, 意識する, 意識の, 感激し, 把握する, 抽象し得る, 捉へ, 換言すれ, 方法と, 時代の, 曲率が, 概念と, 権威を, 欧米の, 正当に, 歴史の, 然る, 現はれる, 現實, 現實的, 環境なる, 生ずる, 生れます, 産出される, 発生する, 発見され, 發展し得る, 發展する, 目的論は, 直接である, 相許, 真である, 真に現実的, 真の, 真実な, 真理の, 真理性の, 眺められたる突屹, 神妙に, 秋は, 第一義的に, 築かれる社会, 純粋思惟が, 純粋感情が, 純粹, 終ったこと, 組織である, 結果する, 考えること, 考へられ得ると, 育ち得るよう, 自分を, 自己を, 自我を, 自覚に, 至当である, 與へられ, 行なわれるもの, 行はれ得る, 行ふ, 行われるので, 表象される, 被批判者, 見ると, 見るの, 見出される如きもの, 見出され得るよう, 見出したに, 見受けられる雑種児, 見受けるよう, 覗くを, 言語の, 詩人の, 認める, 認識され得る, 誘導性を, 語られる, 説明される, 読者は, 通達され得る

▼ 於ての~ (192, 0.9%)

31 ように 6 ような 3 ことな 2 みその, 如く抽象的, 痛切なる

1 [146件] あなたの, あのマドロス, あらゆる豪華, お話とは, お話を, ことである, しっかり工合, ほか何處に, ほか充されない, ほか存しない, ほんとうを, ほんとう殊に, やうに, ジャーナリストな, 万事の, 下界に, 不浄取りを, 世界主義を, 中国全土にわたる, 主従関係でも, 主観精神に, 事なら, 人世に対する, 人教, 人格の, 人間である, 人間界に対する, 仲好き夫婦の, 企の, 会合が, 作歌でなけれ, 働きが, 働きも, 先輩を, 内容を, 出来事らしく, 別世界を以て, 剖判説は, 力は, 勝利者たる, 区別は, 参考資料を, 向背を, 啓蒙的意義を, 国家と, 国家の, 国持大名たちが, 国民性は, 国民神話, 国民神話は, 國家と, 國家の, 場合と, 墨子の, 変換される, 夢が, 大仕掛, 大怪窟, 好箇, 如く, 如くそれ, 如く個人, 如く単に, 如く單, 如く特に, 如く知的, 如く自然, 婦人の, 孤独だ, 宇治山田の, 実在性と, 対象に, 常套打破を, 形式に対する, 形而上学である, 彼の, 恥かしい, 悔恨が, 情事は, 想像を, 感謝の, 慰安です, 成人, 教育が, 散文であり, 新しい女, 方が, 方法にも, 昨今は, 最も重要, 最初の, 最近の, 未練は, 様な, 様に, 樣に, 母様ばかり, 氣の, 決心が, 河な, 源泉と, 源泉は, 滑稽である, 無礼の, 物足らな, 理想的伝記を, 理解として, 琉球は, 生活では, 発展として, 發展が, 相当の, 神話即ち, 範疇でない, 細密描写が, 自然を, 自由な, 興味ある, 芸術を, 苦痛や, 荒法師が, 観照を, 評判も, 詩である, 詩に, 詩の, 詩的精神である, 話で, 話である, 語義の, 誤りは, 調査は, 論理であった, 講話筆記にて, 象徴主義は, 貞操道徳を, 連續ぢや, 過去の, 道路の, 遭遇戦を, 酷使や, 門徒の, 関係で, 隔たりと, 雌雄の, 非道と

▼ 於てか~ (126, 0.6%)

3 吾人は, 彼我に, 我

2 [11件] チヤムバーレーンを以て, 伯が, 公の, 宛も, 彼れ, 我は, 男子が, 私は, 諸君余は, 銅像建設も, 電火ひらめき

1 [95件] かのた, この不可思議, この義務, これを, その芸術家, わが師曰, わが身恰も, グエルフィの, ピレネイ連山の, 不老の, 不遇の, 世態観察の, 並立的同時存在に, 九種の, 人と, 人種の, 今までは, 今迄の, 伯の, 何時か, 余の, 全國人心, 其の本能, 初めて知る, 初めて讃, 勢ひ, 北八大, 各国は, 各國, 國民揚々として, 大岡越前守は, 大御神は, 大息すれ, 天人に, 天然神話の, 奇勝の, 女子は, 奴隷が, 奸物共は, 始めて我學問, 始めて燧山上, 始めて神話, 媒妁人はいふめでたし, 学術の, 平等の, 彼, 彼等は, 彼首を, 征馬鉄蹄に, 律法を, 従来の, 愛國盡忠の, 懺悔洗礼を, 我これに, 我答へて, 我輩の, 我輩は, 批判の, 摧破せられ, 救濟せらる, 日本は, 旧日本, 更に改革, 権勢家の, 次の, 正に知るべし, 此の, 此報告を, 流石の, 淑女等は, 深山の, 生じ意義, 痛切に, 相互の, 真実を, 知るその, 童子は, 統一され得る, 美的生活の, 能は, 自然大西洋横断所要日数の, 花吉大明神の, 芸術で, 萬事を, 蘇秦張儀以來の, 蘭学の, 覇者も, 説話は, 財産を, 貨幣制度が, 近来最も, 遂に彼, 釋迦の, 長崎の, 門人後藤世張を

▼ 於てを~ (89, 0.4%)

6319 やである 4 やだ 1 やであった, やであります, やです

▼ 於てしか~ (55, 0.3%)

3 通用しない 2 あり得ない, 存在しない, 成り立たない, 成立しない

1 [44件] あり得ないの, あり得ないわけ, あり得ない出来事, いふ者は, これを, その価値, 之は, 分析される, 即ち又, 問題として, 存しない, 存在せず, 実質的に, 成り立たない筈, 成り立つ筈, 把握されない, 把握されなかった, 把握しない, 把握しなかった, 捉えること, 政治的で, 文化や, 演じられなかったもの, 現われないという, 理解され, 理解され得ない, 生活し, 発動しない, 直観そのものとしてさえ, 知能生活を, 考察しない, 行なわれないこと, 見なかった, 見出されず又, 見出せないだろう, 見出せないので, 見当らないよう, 解決の, 記憶し, 許されないの, 許されないもの, 許されない根本概念, 認めること, 適用例を

▼ 於てすら~ (54, 0.3%)

2 その道徳, 酒そのものが

1 [50件] その主人公, それに, また喝采, まだ生存権, わたくしの, マリヤの, 二人の, 五六千円乃至, 今日は, 何か, 何月に, 作品は, 作家の, 元朝の, 全般的な, 十月に, 地方の, 地球上の, 多士済々たる, 大多数, 官僚性や, 尚ほ, 己の, 彼は, 往々身体, 忘れられ無視, 数の, 文学者の, 斯の, 構成性は, 模倣から, 殆ど無, 殆無, 法律は, 無視する, 然りである, 真実の, 確乎たる, 神に, 童貞を, 等閑視され, 自由詩の, 語られたこと, 議会の, 議會の, 豫言の, 貪婪に, 資本主義時代の, 雁行する, 非常な

▼ 於てこそ~ (53, 0.3%)

1 [53件] いくらか遜色, かなり知名, こういう閑居, この推移, そのよう, その機械的, もっとも女神, スノビスムの, 事物の, 仏陀から, 保守の, 個性や, 充分に, 全人類, 初めて性格, 初めて成り立つ, 初めて法則, 初めて花咲き, 別種の, 卓絶の, 吾妻鏡に, 唯物弁証法は, 地震学は, 堂々たる大, 外国人の, 存在の, 完全に, 心理描写と, 意義も, 所謂閑雲野鶴頗る, 文学至上主義という, 文芸批評や, 最も自由, 楠正成忠勤の, 極めて改革的進歩的, 此の, 武夫の, 無からこそ, 独創的であった, 生命ある, 男の, 発想の, 直観や, 知性の, 純正化学と, 素人であれ, 自分が, 自由である, 要求されなけれ, 見出さるべきもの, 見出されるべきであろう, 諸君が, 逆臣元凶として

▼ 於てさえ~ (45, 0.2%)

1 [45件] いまだ理想的, こうした非, この事情, こんな惨たらしい, なお且つ, なお新, まだなかなか普遍的, まだ何等, もはや信用, 人の, 何である, 何とも知れない, 全盛を, 劇団全体としても, 半ば忘れられた, 協力し, 反覆される, 右往左往し, 向背の, 如何に, 婦人は, 実際吾, 巻末の, 常識の, 当局が, 彼の, 必要な, 愛情の, 感じたこの, 慈善心の, 抽象という, 斯くの, 日本の, 最も典型的, 未曾有の, 機械論, 殆ん, 決して優れた, 浪漫派に, 物質的及び, 結局質料主義としての, 自分の, 菊池君の, 道義より, 鑑識不十分と

▼ 於~ (27, 0.1%)

3 別ニ法律

1 [24件] 之ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学, 今ヤ解カレル一歩前ニアリ折角, 全ク近代的, 又ハ退却, 各, 各別ニ利益配當, 同一ナル罪惡, 同樣ナルニハアラズ, 在東京外国人, 尚我レ刄, 御加療中, 御覽アリ, 採収シタル時ハ灰乾シトシ, 最モ強劇, 未ダ, 本國, 極東西比利亞濠洲等, 濁逸ガ, 然リ, 獲ルモノナリ, 直ニ結実スルニ至ル, 破壞, 第一国立銀行, 若シ白耳義ガ獨乙ト握手シ而シテ英國

▼ 於ゆう~ (21, 0.1%)

2 は自分

1 [19件] か, から小父さま, が戦争, が来た, の女, の清麗, はそこ, ははじめて, はもう, は強がりでなく, は謹ん, は長浜, も病弱, をつれ, をならべ, を召し連れ, を呼ん, を置き放し, を連れ

▼ 於てばかり~ (17, 0.1%)

7 では 1 でなくすべて, でなくて, でなくまた, でなくヘーゲル哲学全体, でなくヨーロッパ, でなく人類, でなく南方, でなく各, でなく哲学的科学自身, でなく都会

▼ 於てでも~ (14, 0.1%)

1 [14件] いきなりパン, その害悪, ないから, ないが, ないまた, なくそれ以上, なくまして, なくまた, 同じこと, 御経, 暴威を, 特質を, 理解という, 見られる

▼ 於てをや~ (14, 0.1%)

2 且つ閣下, 先づ試に, 然るに閣下, 蓋し閣下 1 なんどそんな, 且つ国家方, 且つ國家方, 或るひ, 然るに情け, 男女共に

▼ 於てだけ~ (13, 0.1%)

1 [13件] そうありうる, だ, だと, である, であると, でなく田舎, とらえられて, 俳優に, 刹那を, 成功を, 水準が, 見ようと, 認めたの

▼ 於てよりも~ (13, 0.1%)

2 寧ろ私交上

1 [11件] より経済的, 人間と, 却ってフランス, 却って夫, 寧ろ不健康状態, 寧ろ文芸理論, 工場, 烈しく燃え, 直接の, 雑誌に, 静黙

▼ 於てさえも~ (12, 0.1%)

1 [12件] こうした直覚, これを, またそれ自身, ラス・カサスは, 唯物論研究は, 尚貴重, 支那語は, 新しい純真, 絶無を, 自由の, 見て取れた現象, 非常に

▼ 於てすらも~ (10, 0.0%)

1 さしたる神様, なお未だ, 尚且つ, 幾百人の, 彼等が, 文句なし, 普通であろう, 此の, 科学者たるべく, 高尚なる

▼ 於てと~ (8, 0.0%)

1 いふよりは, 全く同様, 同じく構成, 同じ形態, 同様文学者の, 同樣, 少しも, 略

▼ 於てとは~ (6, 0.0%)

4 異って 1 比較に, 異った

▼ 於~ (5, 0.0%)

2 不可思議の, 最雪 1 折あしく

▼ 於てかの~ (4, 0.0%)

1 信仰の, 濡れ仏丈けは, 落語, 離婚し

▼ 於てさ~ (4, 0.0%)

1 ういふ, う云, う易々, その時

▼ 於テハ~ (4, 0.0%)

1 取敢エズ更ニ詳報方船長ニ, 大日本赤十字社, 急度, 比較的ニ

▼ 於テモ~ (4, 0.0%)

1 之ヲ施行スルノ全権アリ, 亦然, 到ル処, 少シク通ゼザルガ如キ嫌ナキニ

▼ 於てという~ (3, 0.0%)

2 のは 1 ことだ

▼ 於てとに~ (3, 0.0%)

1 角一つの, 角社会的に, 角誤っ

▼ 於てのみの~ (3, 0.0%)

1 ことである, 物に, 異彩の

▼ 於てまで~ (3, 0.0%)

1 この技術的範疇, 問題に, 完全に

▼ 於~ (3, 0.0%)

2 地に 1 字を

▼ 於テ其~ (3, 0.0%)

1 ノ分配, ノ生, ノ生長ト共ニ參政權

▼ 於つみ~ (2, 0.0%)

1 にもふさわしい, にも衣

▼ 於てだけは~ (2, 0.0%)

1 互いに, 当ると

▼ 於てで~ (2, 0.0%)

1 あらう, あらうと

▼ 於てに~ (2, 0.0%)

1 しろ凡て, 非ず

▼ 於てや~ (2, 0.0%)

1 天下殆うかりし, 興りぬ

▼ 於てよりは~ (2, 0.0%)

1 人と, 夜間に

▼ 於てわ~ (2, 0.0%)

1 いずれも, 人間と

▼ 於やや~ (2, 0.0%)

1 と二人, までが彼

▼ 於テハ婦人~ (2, 0.0%)

1 ヲ工場ニ驅使シテ其, ヲ炎天ニ晒ラシテ其

▼ 於テ將來~ (2, 0.0%)

1 半世紀一世紀間ハ現代, 大領土

▼ 於テ彼~ (2, 0.0%)

1 ノ十分ニ安意シタル所, ノ革命黨ノミハ大局ヲ達觀シ日本ト結ビテ獨立

▼ 於テ彼等~ (2, 0.0%)

1 ノ獨占ヨリ奪取スル開戰, ノ鋭気

▼ 於テ支那~ (2, 0.0%)

1 ヲ保全シツツ, ヲ分割スル者

▼ 於テ英語~ (2, 0.0%)

1 ノ直, ヲ全

▼ 於小川街而邸~ (2, 0.0%)

2 未竣重修之功

▼ 於経営~ (2, 0.0%)

2 之中

▼1* [223件]

ちやア憚りながら少しも, 於てあつた事, 於てかへつてま, 於てからに松五郎殿が, 於てがよい, 於てさえの不信用, 於てすらがその目的, 於てぞや, 於てだけに食事を, 於てだけの問題に, 於てとにも角にも, 於てとの区別は, 於てとも同じく, 於てなせる演説, 於てないとした, 於てなしたる被告, 於てにだけわれを, 於てのみかの地震喊聲の, 於てのみは終始一貫修道僧, 於てのものそういうこと, 於てはかやうに, 於てはと云うべきであって, 於てはも早や, 於てひどく違うらしい, 於てほど甚しく, 於てよりもずつと遥かに, 於てる天に, 於てをやと云ふべきであらう, 於膝を, 於る企みは実に, 於る如き親しみを以て, 於る如く彫刻にかけても, 於歴て, 於イテ多少デモ意趣, 於イテ予ハ颯子ニ異存ガナイバカリカ少クトモソレヲ面白ガル気持ガアルコトヲ認メタ, 於イテ普通ノ脅迫状ト, 於イテ贅ヲ尽スニ於テ, 於ケル異民族ニ對シテハ義勇兵制, 於ケルガ如キ物的証拠ヲ厘毫モ留メズ, 於ケルガ如ク日本ト歐米トガ全然發達, 於ケルヤ開化之薬舗ニシテ而シテ文明, 於ケル一小部分ナリ, 於ケル上級審事件ハ第一審事件, 於ケル並ニ近世諸大家ト雖ドモ, 於ケル信用ヲ損スル重大ナル苦痛, 於ケル利權設定等ノ禍因, 於ケル印度獨立運動ノ失敗ハ凡テ日本ガ日英同盟, 於ケル國家ノ生存及ビ發達, 於ケル國民ノ私人生産業, 於ケル外国留学生ニ関スル施設如何ニヨリ将来益々増加セムトスルノ趨勢ニアリ外国青年子弟, 於ケル如クナラズ朝鮮全部ヲ掩有スルニ實力, 於ケル將校ト兵卒トノ物質的生活ヲ平等ニスル所以ハ自明, 於ケル幼少ナル同胞ヲ酷使シテ何, 於ケル所謂拓殖政策ナル者亦實ニ歐人, 於ケル斯種ノ施設ニ比シ遜色ナキ設立完全ナルモノトナシ所期, 於ケル日米ノ紛爭, 於ケル日英開戰ハ已ニ論議時代ニ非ザルナリ, 於ケル洵ニ名ト實ト共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, 於ケル無産者ノ地位ニアル日本ハ, 於ケル積極的活動ヲナス, 於ケル立場ハ英國ノ自, 於ケル糖業及ビ森林ニ對スル富豪等ノ罪惡ガ國家, 於ケル紅樓望雪ノ冬ニ於ケル四時, 於ケル英米ハ只海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品トヲ遮, 於ケル調印ハ獨逸ヲ目的トシテ聯合シタル列強ガ, 於ケル開墾又ハ大農法, 於ケル騎士ガ婦人ヲ崇拜シ其眷顧, 於テカ図画ナル者アリテ一目能ク其微妙精好, 於テカ専心一意之ニ従事センガ為メニ始メテ俗累, 於テソノママ富貴ヲ望ムナラバ, 於テノミ其ノ推移, 於テノミ彼ノ獨立, 於テハ事実ヲ詳ニシ, 於テハ二者相距ル事遠シ, 於テハ人工モ自然ト同ジク現象サレタ, 於テハ優レタル天分素質ヲ有, 於テハ先ヅ小梅才蔵松吉梅吉房吉増吉鈴八小勝小蝶, 於テハ問題ノ多, 於テハ国家ニ不忠内ニ於テハ国教ニ不信ナリトノ理由, 於テハ国教ニ不信ナリトノ理由ヲ以テ, 於テハ夫レ等僅少ナル寸法ヲ短縮スル等, 於テハ實ニ經濟上ヨリ人ノ國家, 於テハ帝国大学総長ハ講師ヲ嘱託スルコトヲ得, 於テハ必ズシモ強兵ヲ意味セズシテ, 於テハ清國ニ從ヒ日露戰爭ニ於テハ露西亞ヲ迎, 於テハ漸次消滅スベキコトヲ信ズト共ニ暫クノ近キ將來ニ存在スベキ其等ニ對シテ, 於テハ甚ダ古キ事, 於テハ甚ダ貴重ニシテ暴政ヲ行ハントスル者, 於テハ艶逸比スベキモノナク明代工筆ノ第一人者トイフベシ, 於テハ茲ニ掲グル例外的不幸ヲ除キテ無用ナル立法ナリトス, 於テハ華国ハ眠レル獅子ナリト言ヒナサレ覚醒, 於テハ軍人ノ精鋭ト兵器, 於テハ階級的表章以外ノ物質的生活, 於テハ露西亞ヲ迎, 於テハ驚キ怖ルル者, 於テモ各所ニ其等ヲ有, 於テモ平和ノ其レニ於テモ何等後顧, 於テモ日本ハ濠洲ト極東西比利亞トヲ要求ス, 於テモ時代ヲ異, 於テモ東西ノ比較ニ於テモ, 於テモ組合ト組合員トノ間ニ雇傭契約ヲ締結スルハ, 於テモ胚芽米ヲ使用シアル部隊尠カラザルモ患者統計ニ, 於テヤ始メテ善惡ノ別, 於テヤ始メテ賢愚ノ分, 於テヨク留意シ口腔歯牙ノ清掃, 於テ一タヒ米軍ノカビテ及ヒサンチヤーゴノ海戰ニ大勝ヲ獲, 於テ一家ノ生活, 於テ一律ニ國家ノ養育及ビ教育, 於テ三年後ニ取得シ得ベキ理由ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, 於テ不法過多ナル所有者ノ存在スルコトニ革命的理論, 於テ不義ナリシ如ク廣漠不毛ノ西比利亞, 於テ九坪乃至十五坪, 於テ予メ之ヲ許可シ居リタルモノト認ムベキハ条理上, 於テ二國ガ亦同, 於テ仏蘭西ノ, 於テ他をぬく, 於テ信仰ノ自由, 於テ借財ヲ為シ以テ一家, 於テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事ヲ證スルノミ, 於テ偽作者ニ対シテ訴訟ノ提起, 於テ先ヅ此ノ三, 於テ公知ニ属スルヲ以テ特許法第一条ニ該当セザルモノト認ム, 於テ其奸邪曲策ヲ弄セントスル者ノミ, 於テ其實驗ヲ表, 於テ其等ヲ有, 於テ内外ノ区別ヲ立ツルハ笑フ, 於テ内景臟腑ノ結構, 於テ労働者農民ヲ搾取シ, 於テ勞働スル者ハ此限リニ非ズ, 於テ南方ヨリ北方ニ向ヒシ事更ニ, 於テ只陸軍的模倣ヲナサシメテ海兵的訓育ヲ閑却スルコトノ矛盾ナルヲ以テナリ, 於テ各人ノ所有權, 於テ善結果ヲ招キ, 於テ國家ノ所有ニ納付セシムル所以, 於テ國家ハ別途其, 於テ國民的人權ヲ有, 於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, 於テ地ヲ堀リ凹マシテ住居トセシ事ハ彼, 於テ執心ナキガ故ニ九界, 於テ妄リニ生滅ヲ見, 於テ姦通罪ヲ檢擧セザル原則ニ, 於テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, 於テ孰カ能ク之ヲ爭ハン, 於テ密航者ヲ発見ス, 於テ小国城主右馬頭頼之馬上七騎ニテ宮, 於テ屬邦タルベカラズ又植民地タルベカラズ, 於テ岩流小次郎ト仕合致スベキ由, 於テ平等普通ニ衆議院議員ノ被, 於テ思想ノ自由信仰, 於テ悉ク心理的法則ニ背反セルコトハ英語ヲ譯シ漢文, 於テ惡模倣ヨリ蝉脱シテ其ノ本, 於テ我国人ヲ捕, 於テ所有權ニ伴フ權利トシテ賠償ヲ得, 於テ断獄ノ際, 於テ斯ル例ノ他, 於テ既ニ然リ, 於テ日本ノ健康體ナルコトニ, 於テ日本人ト同一ナル生活權利ノ各, 於テ日本人ト略等シキ程度ニアル者ニ對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, 於テ日本帝國ヲ契約ニヨリテ組織シタル者ト一考セシコトモナシ, 於テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名ノ影響, 於テ是レヲ可能ナラシムル幾多, 於テ有力ナルノミナラズ人類學上益スル所又决シテ, 於テ本文ニ詳記シ且別紙図面ニ付説明セル如ク略ボ腕ト等効ナル動作ヲナス機械腕, 於テ殘虐ナル一方ヲ處罰スベシ, 於テ流行性脳脊髄膜炎ト診断船中ニ於テ御加療中, 於テ海上ニ在ルガ, 於テ独立ヲ固執スルノデハアルガ, 於テ男姓ヲ凌ガムトスル処カアルモ, 於テ異常ナル勢力ヲ保有シオリ, 於テ確乎タル地歩ヲ占メルニ至リ, 於テ確實ナル所有權ヲ設定サルルコトハ國民的人權ナリトス, 於テ穏ナラズ宜シク改正, 於テ米国ノ放送, 於テ納付シタルモノニ無之候間右執行, 於テ絶滅セシカ或ハ更ニ北方ニ移リテ今, 於テ羅馬ノ奴隷, 於テ羅馬法皇ヲ奉戴セントスル自己矛盾ナリ, 於テ義手或ハ義足ガ, 於テ老婆少女ヲ有, 於テ背後ニ迫レル露軍ノ爲メニ巴里占領, 於テ自決スルヲ得ル覺醒的民族ト然ラザル者トアルハ, 於テ舊痾ヲ養フ一時危篤ニ瀕スルヤ疾, 於テ英國ノ保護, 於テ英國ト絶對的ニ兩立セザルガ故ニ實ニ, 於テ英米ガ傭兵制度ヲ日本ニ強ヒタルハ何タル迷妄ゾ, 於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, 於テ英語國民ガ世界的知識ノ供給者ニアラズ, 於テ遺憾多ク, 於テ遺物ノ一致スルヲ以テ知ルヲ得, 於テ錦旗ニ発砲シタルニ依ツテ羽津光明寺ニ謹慎, 於テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, 於テ項王乃チ悲歌慷慨シ自ラ詩, 於テ食フベキ土地ヲ有, 於テ高度約二千米, 於ル我カ帝國ノ位置, 於やべ, 於丸山邸岡田総督始夫卒迄御酒, 於二百里外豈意其人既亡, 於先生為姪孫今嗣菅氏, 於内海致爲乘樣其上彌以可也乘方出來候時ハ, 於函館港分遣諸隊於松, 於加田と抜き, 於夫子其後五傳而至田何施孟梁邱皆田何之弟子也, 於小田県公債証書買上代御渡相成, 於庶民永守君臣之義, 於掛川死去脚気腫之由, 於此度取入, 於江戸城北駒米里華佗巷之温知薬室, 於沸湯中令所競者探之, 於海岸自竹斯國以東, 於百濟求得佛經始有文字, 於考証不甚留意, 於若宮大路射三浦, 於護国寺令飲霊社神文之水, 於軍務局楽手稽古被仰, 於過去無量劫中求法華経無有, 於長崎ニ船の求め, 於長崎売払陸地罷帰り申候, 於青森大病院罪人解体に付, 於青森岡田総督不快に付, 於飯田宅別杯相催す, 於鶯谷庵かきつづりぬ