青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「新た~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

斯~ 斯く~ 斯様~ ~新 新~ ~新しい 新しい~ ~新しく 新しく~ ~新た
新た~
新劇~ 新吉~ 新子~ 新田~ ~新聞 新聞~ 新聞紙~ 新鮮~ 斷~ ~方

「新た~」 3007, 29ppm, 4050位

▼ 新た~ (1782, 59.3%)

56 して 22 した 10 するの 8 すること 7 する 6 店を, 自分の 5 したが, しました, 家を 4 これを, したこと, しようと, するもの, なるの, 入って, 彼の, 水を, 設けられたもの

3 [22件] されて, しなければ, するため, するに, するよう, なった, なって, 他の, 別の, 創造する, 同志を, 始まったもの, 戸に, 戸籍に, 手に, 玄徳の, 現われて, 生まれて, 生れて, 生命を, 発見した, 起こって

2 [82件] いたします, この学名, したしだいであった, しつつ, しながら, しようという, し国民, すると, する効果, する必要, する次第, せん, なりぬ, なる, パンを, 一つの, 一の, 一人の, 一枚の, 世に, 世界の, 之れ, 享け, 人が, 今度の, 何を, 來れる, 修正し, 修繕の, 出來, 出来たの, 出現した, 出直さす, 創造され, 勃興した, 右馬允に, 多くの, 大規模, 始めなくては, 宗助の, 居を, 幸福論が, 建てられて, 彼を, 徴収さるべき, 思い出されました, 情人を, 成りて, 把握された, 持って, 掘り出された, 採用した, 普請し, 杯を, 榾火から, 歴史的な, 殘虐の, 法学に, 温めて, 生きるの, 生れること, 生活を, 発見された, 石灰粉が, 種々と, 筆を, 策を, 胸に, 胸へ, 自分が, 興りつつ, 見直すところ, 規模を, 解釈する, 質問を, 起こったもの, 転生し, 進級した, 道を, 開かれて, 養子を, 驚異を

1 [1386件 抜粋] ある種, いたしてを, いろ, うちしたがえられた, うまれた本能, おとし穴, お滝, お祭りし, かえるが, かくの, きた患者, きのふ享け, こうした新, この, この十年, この幼, この無人島, ささげられる経, されたよう, されなければ, されると, しその, したかったの, したもの, したわけ, した篝, しないでは, し七月, し元気, し得なかった原因, し第, するいろいろ, するごとくその, するって, するとともに, するも, する事物, する機械そのもの, する考, する風, せしめられるの, せむ, せられる罪, そういう大きな力, そのこと, その卓子, その持前, その社会, それ自ら主, つぎ足しましただが, つくられつつ, つくること, つけられるやう, できた元, できた地名, できた寝殿, できた遊星, とりに, なしたとも, なに者か, なり召使, なる成長, はいった亀屋栄吉, はじまった当座, はっきりと, ほかより, まき返って, また似合わしい, また組織, みずみずしく俺, もう一寺, わが政府事業, アカイアの, ウイスキーの, シュルツに, ピヤノぐらい, メートル法式に, 一ノ関へ, 一人地上に, 一宗教に, 一戸を, 一本の, 一条を, 一群の, 七子を, 三十匹の, 三戸を, 世と, 世界を, 主君との, 之を, 二つの, 二十万騎募っ, 二箇師団出来た, 五十間幅に, 五奉行の, 交代した, 人増しを, 人間の, 今ある, 仕事の, 仕入れた, 令を, 任命いたしまし, 任命した, 伯爵夫人の, 佐久間の, 作った爆弾, 作った箱, 作らせ, 作らなければ, 作られつつ, 作られ行為, 作り両者, 作り直されるであろう, 作る物, 作曲を, 來た, 例の, 保証金を, 俳優を, 俳句集を, 借りて, 光彩を, 入った理事, 入り込み来る人, 入れどころ, 入団した, 八つの, 八重山古見の, 六条室町に, 再建されなけれ, 出でたりとて, 出来た平民, 出来た語, 出版された, 出現する, 出直した, 出資し, 分国二十ヵ国, 刊行した, 刑期満ち, 到る駿足, 制定する, 刺戟を, 創造された, 加えた, 加えて, 加つて來る, 加わった六条院, 加わること, 加入した, 努力を, 募られた歩兵隊, 勧請した, 医学校を, 十五石五人扶持を, 半耳, 参政権を, 取つた俘虜, 取り出したの, 取付けられた煙突, 受けて, 叛乱を, 召抱えるという, 各州の, 同盟を, 向うへ, 吹きました, 味方に, 命令を, 哲学の, 商店を, 問題に, 喪の, 噴出した, 四百余名を, 国の, 国司郡司を, 国民党中央政府の, 国際無, 土塚を, 地下道を, 地形によって, 地頭職を, 墓を, 増税される, 外国から, 多大なる, 大大名二軒, 大岡越前守忠相が, 天下を, 失った母, 奮発し, 始まった現象, 始めるので, 娑婆に, 孔明が, 学事を, 宇野教授の, 完成した, 官吏抗拒事件という, 室女を, 家具を, 寡なる, 将軍職を, 小判の, 小松を, 就職した, 就職の, 展開した, 山材大石を, 岩波文庫で, 工を, 巫と, 布かれた徴兵令, 帰朝された, 平民と, 年貢を, 店主としての, 建つに, 建てまして, 建てられし離家, 建てられたの, 建てられたる, 建て増した, 建て直さなければ, 建築し, 弁護士に, 強く止まった, 彼へ, 彼女を, 得たる歡喜, 得られるはず, 御母后, 心づいたこの, 心付くこと, 忌み嫌われなければ, 思いついたこと, 思い出される一つ, 思い構えた趣向, 息を, 情交を, 想起せしめる, 意識を, 感じられる涼味, 憲法を, 成った地峡, 成り立とうと, 我々の, 戦争に, 戸籍を, 打つの, 承認せられた, 拓くべき曠野, 拵え直されたもの, 持つ, 持とう, 捉えた発見, 捜査を, 掘り出された旧, 採るべき項目, 探偵を, 支店を, 改宗した, 政黨の, 斃され, 文部の, 新撰組という, 方針を, 旅行券を, 日に日に新た, 日本の, 昇った太陽, 明治の, 星と, 時代に, 普請した, 書いても, 書き入れを, 書き加, 書き始める煩わし, 書き足して, 書庫として, 最適任者, 木炭を, 村落の, 来たる離座敷, 来た人, 来た憲兵, 来るべき世界, 来合わせた人, 東八ヵ国を, 枢密院を, 梯子段に, 検事総長に, 構造しなけれ, 樹立された, 歌い出す人, 歓喜の, 武士という, 歸ぐ町の, 毒瓦斯発明官に, 気が付いて, 永久に, 求めた余分, 求め得た領土, 油の, 法学部に, 波間に, 注いで, 泪を, 活動し初める, 流れはじめた, 海の, 消火栓が, 深くされた, 清光閣に, 温めた銚子, 湧き出でた清水, 湯殿へ, 漁でも, 潜水艦隊を, 灑ぐ涙あり, 灯させたので, 焚き付けるか, 無に, 煎茶の, 燃え移るたび, 版を, 特殊民が, 独立か, 獲たもの, 玄徳に, 現れ窓いっぱい, 現出する, 現実を, 生じた地, 生ぜる諸, 生まれたもの, 生まれまた, 生まれ出るものの, 生れた子供, 生れた狡智, 生れる主, 生れ出るだろう, 生れ変るという, 生起する, 産み得ようや, 甦った人生, 甦る私, 甲相二国の, 町村は, 発展し, 発明した, 発明使用するごとき, 発生する, 発表された, 発見されたる, 発見せられる, 発足を, 發明され, 發見しよう, 白熱化し, 盛に, 目覚めた人, 県治を, 真実の, 眼ざめたる興味を, 知り得ること, 知名の, 研究を, 社会の, 神様の, 祭り直されました, 祭壇を, 私の, 移って, 種を, 積入れ, 窃盗を, 立てたバルコン式, 立てて, 第一歩から, 筆名を, 築いたの, 築きあげるもの, 築き立てられた輸入材, 精鋭を, 納入する, 組織しよう, 結ばれる, 結びつけること, 結び直されようと, 經營し直さう, 編制し, 織田家の, 繰り返そうとは, 美しい芽, 習うよう, 考えさせること, 考えました, 考えるところ, 考え直しそれ, 考案せず, 聞くこと, 肯定された, 自家用の, 自由主義という, 興したが, 興を, 船を, 色々の, 花やかな, 芽を, 英國にも, 草した, 華族に, 蒐集しよう, 蕾が, 衆と, 行を, 補充した, 西洋に, 西洋より, 見直さなければ, 視界に, 覚えるの, 親が, 解題を, 計画した, 記者を, 設けし活版所, 設けられたという, 設けられた同種, 設けられやや, 設立し, 許可した, 詩人繍腸の, 認可された, 誕生なされた, 語るまでも, 読み初められても, 誰かが, 調えた軍勢三万余騎, 談林風の, 諸大学, 讀むやう, 豊饒な, 買つた二分心の, 贈られたる衣服, 起こった風習, 起こるの, 起ったの, 起って, 起りし事実, 起るの, 踏み出すだろう, 軍器省を, 轉ずべき, 迎えまた, 迎へた妻の, 送別會を, 造った住居, 造られたという, 造り出されたさすが, 造営した, 進出せん, 過去を, 適当の, 選ばれたの, 邸宅を, 部類を, 酒を, 金の, 錦繍の, 鐚が, 開いたやう, 開けた処, 開墾を, 開店し, 開拓する, 開版せられた, 附けるの, 降りかかつた前, 降れる雪, 集団を, 雇い入れた火夫, 雇入れられた, 電氣燈を, 電車の, 非存在, 革新興行の, 頓服薬の, 頼み出しという, 飛んで, 飼われること, 駒産める, 高天原から, 麻布白金台に

▼ 新た~ (869, 28.9%)

6 生命を 5 ものが, 興味を 4 ものを, 文化の, 時代に, 歴史の, 生活を

3 [14件] ヒューマニズムの, リアリズムの, 一つの, 希望の, 感動を, 文化が, 方向を, 時代の, 水源を, 発見を, 目標を, 興味で, 証拠を, 道を

2 [49件] のが, のを, ものに, ものは, より高い, 世界を, 予想し得ない, 人物の, 人間の, 仕事の, 価値に, 光が, 光の, 内容が, 制度を, 力で, 勢を, 天皇と, 尊敬の, 建設には, 形で, 心を以て, 性格が, 想念が, 意味で, 感情を, 感覚を, 文化を, 文学の, 方向へ, 時代が, 時代には, 歓びを, 活動力を, 涙に, 生命が, 生活に, 発見と, 目的の, 眼を, 美の, 興味と, 花が, 薪と, 計画が, 階級の, 面影を, 顔が, 鮮かな

1 [693件 抜粋] あらゆる学問, いろんなもの, お銚子, かたちで, ことも, ことを, すがた, その大きな愕, その幸福, たくましさ, といふ意味, ところである, むずかしさ, ものこの, もので, ものと, インスピレイションを, ソヴェトの, タイプを, テーマであり, リアリズムへの, リズムの, リズムメロディーを, 一と, 一件が, 一升壜が, 一年の, 一店を, 一日の, 一時期に, 一段階に, 一種の, 一線を, 一面を, 三つの, 不安な, 不幸子供の, 不思議を, 不運は, 世界が, 世界には, 世界へ, 世界主義の, 世界観を, 主人の, 主婦が, 事件が, 事件を, 事実を, 事情から, 事情の, 事態という, 交情が, 交渉が, 人を, 人数を, 人生観の, 人造人間的視覚として, 人間なり, 人間像を, 人間性を, 人類である, 人類の, 仕事が, 令も, 仮定を, 仲間に, 任務, 任務を, 住居を, 体制にな, 何物も, 作品の, 作戦に, 供給を, 価値が, 便船を, 信仰の, 信号が, 信念を, 停滞する, 健かな, 先頭の, 光心の, 六軒の, 内容にまで, 内容の, 冷さは, 出発に, 出発を, 出発線を, 分析力による, 分配によってのみ, 別の, 利益を, 刺戟脱皮が, 刺激を, 前途が, 創作方法を, 劇運動にとって, 力の, 力を, 加入者の, 努力を, 励みと, 勇気が, 動きの, 化け物の, 危険が, 危険に, 危険を, 原因と, 友情を, 反省を, 収容を, 取留めの, 可愛い女, 可能性が, 可能性独創性発明が, 司権者として, 同情を, 名称を, 吸血鬼事件も, 周期, 命を, 命令が, 哄笑, 問題とも, 問題を, 噂の, 四十何人かと, 困難が, 困難さの, 困難や, 国境, 土地と, 土地に, 土木工事が, 地上を, 地球と, 境地が, 境地を, 境遇ニンシンと, 墨色を, 外来の, 夜と, 大御代の, 天地が, 失望を, 女の, 女中が, 好奇の, 好奇心とが, 好奇心も, 姓を, 子孫に, 存在と, 実感で, 客が, 客を, 宵を, 家に, 家を, 家族の, 容易ならざる, 小枝, 小袖の, 尼院生活に, 屈辱感として, 展開に, 工合悪, 工夫を, 工夫創意などは, 巨大な, 市人は, 希望を, 平和を, 平和形態は, 幸福に, 幻想が, 幼年時代だった, 廟形式を, 建築物の, 建設へ, 廻転を, 弓絃の, 強い力, 強権の, 形を, 影が, 影響も, 役目を, 彼らの, 復興創造と, 心境が, 心境に, 心理が, 心理文学という, 心配が, 忍耐力と, 志願者の, 怒りが, 思いが, 思いも, 性慾の, 性格の, 性質を, 恋人が, 恋愛が, 恋愛論として, 恐怖では, 恐怖に, 悔恨が, 患者の, 悲しみが, 情勢を, 情報を, 情況によ, 情熱とが, 想念に, 意企や, 意味を, 意志と, 意識で, 意識的構成, 愚では, 愛, 愛や, 愛人は, 感動で, 感想が, 感激とを, 感覚新鮮さを, 感覚的探求が, 感銘として, 慾感を, 懐疑が, 懸念が, 戦場に, 戦慄とともに, 打撃ごとに, 打撃に, 技法を, 拡張を, 指導的理論家としての, 採訪を, 探求と, 探求を, 提供を, 提議を, 搾取の, 政党だの, 故郷の, 敵意を, 文化に, 文化への, 文化力としての, 文学が, 文学は, 文学徒食階級の, 文学発生の, 文芸それだけ, 文芸思潮と, 新市街計画, 新聞記事が, 方向と, 方向への, 方法も, 方策が, 日が, 日の, 日程に, 旦那が, 旦那の, 星が, 時代な, 時代性として, 時局の, 晴朗さが, 有機体, 朝廷に, 未来を, 材料として, 材料の, 村を, 杯に, 東洋文化の, 株を, 森には, 構想が, 構想の, 権利をも, 機械の, 次代の, 欲望に, 歳を, 歴史を, 段階に, 段階の, 段階を, 民衆の, 気分を, 気息を, 気持ちに, 気構えで, 氣持を, 決して私, 決意を, 沈滓を, 泉を, 法則に, 波紋が, 波紋を, 活動を, 活気と, 浮世絵の, 涙が, 涙こそ, 深い悲しみ, 深みを, 深淵を, 清い生活, 渓が, 演劇形式の, 潮流に, 激しさ, 炭を, 焔を, 照明の, 物語に, 独立的生活の, 玩具の, 理想は, 瓶を, 生々と, 生命, 生命とは, 生命へ, 生成を, 生活に対する, 生活の, 生活様式に, 生涯が, 生涯に, 甲冑の, 申し込みを, 疑問が, 病いは, 痛みを, 発展を, 発展力その, 発展的な, 発見だ, 発足に, 皺が, 目ざめを, 盲人組織を, 省察を, 真実な, 瞬間に, 知識を, 研究問題と, 砲弾が, 破壊には, 確信に, 確信を, 社の, 社会への, 社会主義的リアリズムの, 社会事情の, 社会的な, 社会的背景を, 社會組織が, 祈りが, 祈祷の, 私小説の, 私小説は, 秩序が, 秩序を, 称賛と, 稲子さんの, 積極的な, 空想を, 空間が, 立場に, 笑いの, 第一日, 精神的, 糸を, 系統の, 組を, 絆を, 経営者から, 経験すなわち, 経験は, 結びつきであった, 結晶軸を, 緊張を, 美しさ, 美を, 美徳を, 義務を, 考え方, 考へを, 考察を, 考慮へと, 者らも, 耕作でも, 聚落を, 脅迫状が, 腹立ちが, 自己を, 自然を, 自然人の, 自覚であった, 自覚への, 興味が, 花園が, 芸術の, 芸術運動を, 芽生えの, 苦しみの, 苦悶を, 苦汁と, 蕾が, 薪の, 薪束を, 血で, 行動などの, 術を, 衝動を, 被害, 要求は, 要素が, 視野が, 視野と, 親しみ深, 解説たとえば, 言葉が, 言葉を, 計画を, 試みの, 誅求に, 認識で, 認識は, 誕生を, 誘因が, 課題と, 課題として, 調査機関が, 讃辞を, 讚美の, 財力の, 貸借契約を, 賀客が, 起伏を, 起債が, 趣向だった, 軍命を, 転向とは, 農田は, 追慕と, 追憶と, 途が, 通路が, 運動の, 運命を, 道が, 違算を, 郡県の, 部署に, 都市の, 配合を, 鉄砲が, 長い地獄, 長兄みたいな, 関心で, 関心を, 階級として, 障害を, 集団的心理の, 面への, 面を, 面影によって, 革命的内容を, 革命運動の, 項目たる, 領土の, 領土を, 風潮が, 風韻とも, 騒ぎが, 驚きが, 驚きに, 驚きを以て, 驚嘆を, 驚愕と, 骨格を, 魅力を, 3の

▼ 新たなる~ (299, 9.9%)

4 ものが

2 [16件] が如き, の日, ものあり, ものを, 天地が, 存在を, 形式を, 征服者が, 性格を, 意味を, 意義を, 戦いの, 渇仰の, 環境と, 生命を, 立脚地に

1 [263件] お部屋様, かつ困難, こ, ことが, ことである, ことと, ころ, ころ實の, しかも大変, ところで, に依っ, は益, ものに, ものの, より善き, を加, を欣, を覚, を覚え, を覚えた, を覚ゆ, を覺ゆ, プラスは, ロマンチツクの, 一つの, 一曲を, 一段の, 一矢弦より, 下宿屋に, 不滿足, 世に, 世界を, 世紀の, 中心より, 主張を, 主體性, 乃至一層, 事こそ, 事情の, 事業であり, 二葉の, 交はりが, 交渉には, 人間が, 仇を, 仏法信仰の, 他者と, 企てによって, 作法の, 使徒である, 側面から, 先存事件を, 全體, 共同への, 内容と, 内容を, 冊子に, 凄慄, 凶の, 出処に, 制度および, 創痍を, 力として, 力は, 努力への, 勇気と, 勢力の, 匡正に, 危険が, 収入の, 台座を, 史料特に, 同情が, 名を, 周期, 呼び名を, 問題が, 啓示が, 喜び, 喜び己が, 国持衆の, 国民文学建設を, 土地を, 地に, 地名を, 境涯に, 変化であった, 夢に, 大きい祈願, 大坂城門に, 大城に, 天の, 天孫氏伝説に, 契約を, 好奇心へ, 妻への, 姿と, 存在に, 存在へ, 存在形式へと, 実例を, 家号を, 將來に, 對立に, 局面に, 展望から, 山は, 布あり, 希望として, 希求とに, 平衡を, 年と, 庵を, 延長かも, 建築物に対しては, 建設的指導理論を, 彩光を, 征服者という, 心境の, 心境を, 心配が, 必要から, 忠実の, 忠實の, 快よ, 性命に, 性命を, 恐怖が, 恐怖は, 恩命慶賀すべき, 悔を, 悦び, 愕き, 愛の, 愛国心の, 愛情と, 感情が, 感歎の, 感謝の, 感銘を, 態度言ひ, 憎しみと, 憲法による, 我の, 戦列に, 所である, 捨札の, 政策で, 文学の, 文芸の, 方向づけを, 方面より, 日を, 日本である, 春夏の, 曙, 有を, 有能な, 朝顔を, 東京が, 栽培を, 標的が, 機会を, 歌に, 歴史敍述換言すれ, 段階の, 気迫が, 永遠の, 燃料の, 爆発を, 牧場, 物語もて, 犯罪について, 獲得で, 理想の, 理解に, 理解の, 環境に, 生命に, 生命の, 生成が, 生活に, 生産物を, 生長を, 疑問の, 發展に, 發相を, 目的物の, 直接的交渉に, 相手に, 眞理の, 真理探求の, 眼を, 瞳孔は, 知識を, 破壊力の, 社会を, 社會生活の, 移住者が, 種類の, 穀物を, 空間の, 立脚地, 立脚地から, 符号を通して, 第二, 答が, 精力を, 精神が, 素質が, 経験を, 美しさ, 義務の, 耶馬台の, 聯關とを, 聲を, 職業の, 肯定を, 自我の, 自由通商主義の, 自白なり, 色彩とを, 色彩華やかなる, 芽が, 若宮今宮を, 苦しみを, 苦難を, 蟻の塔が, 血潮が, 衣服や, 覚りに, 親の, 解説が, 言葉が, 計画に, 記憶につれて, 詩は, 詩歌の, 語が, 語として, 課税が, 課税は, 調査とか, 貧窮の, 資料が, 赤面で, 趣味を, 遂にこの, 過去に, 道を, 部屋と, 長篇小説, 間食を, 雰囲気の, 霊の, 頁を, 領域においても, 題目を, 風景として, 驚きを, 魂を, 魅力を, 黒の

▼ 新た~ (12, 0.4%)

2 執筆で, 武裝を 1 わが祈願, 將帥缺かざれ, 悲哀汝の, 羽箭, 若き人, 草花生ぜしむ, 蜂蜜と, 跡に

▼ 新たなり~ (6, 0.2%)

1 であること, ということ, 処刑なく, 山ぎはの線は, 我は, 流離の

▼ 新たならしめ~ (3, 0.1%)

1 たり, よ, 同時にまた

▼ 新たには~ (3, 0.1%)

2 いって 1 ぢけちる

▼ 新た~ (2, 0.1%)

1 あつた, 涙が

▼ 新たであり~ (2, 0.1%)

1 あるいは信仰, 而も

▼ 新たなら~ (2, 0.1%)

1 しむるため, しむるものにして

▼1* [27件]

新たしいをアタラシイ, 新たすること, 新たないけにへをく, 新たなりしより以来, 新たなるべきがその後怪獣, 新たなる償われの爲め, 新たなる思ひがけも, 新たなる滅びぬ自己の, 新たなる聴きように, 新たな云うに云われない, 新たな引っ込んだ角を, 新たな思ひがけぬ, 新たな憤りに手足, 新たな担いてとして立ち, 新たな落つかなさ焦燥, 新たな誤れる感情と, 新たな逃げる方法を, 新たな降人呼延灼を, 新たな骨折りをかける, 新たにくふうされた, 新たにもすれば, 新たまりたること, 新たまり寺の御堂, 新たまるのを, 新たむるの道, 新たらしい配合を, 新たの御