青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「拡げ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

拂~ ~拍子 拍子~ ~拔 拔~ 拘らず~ 拙者~ 招待~ 拝~ 拝見~
拡げ~
~拭い 拭い~ ~拳 拳~ ~拵 拵~ ~拵え 拵え~ 拾~ ~拾っ

「拡げ~」 1027, 10ppm, 11126位

▼ 拡げ~ (834, 81.2%)

17 いた 14 いる 13 見ると 11 見せた, 見て 9 ゐた 7 見た 6 あった, みせた 5 いった, いるの, ゆく 4 みた, ゐる, 行つた 3 ある, います, しまって, みて, みると, 机の, 海の, 行った, 行ったの, 読んで

2 [43件] ありました, いって, いて, いへば, いました, いること, いる中, お蘭, しばらくは, その上, それぞれみづか, それに, それらしい, ゆくの, ゐると, ゐるの, ガバと, 一杯に, 仕度を, 右の, 大きな頭, 大の字なりに, 彼の, 快い欠伸, 息を, 来たもの, 武者振ついた, 深呼吸を, 男性たちの, 異様な, 相模の, 立って, 立塞がりました, 置くには, 考へれば, 腹一杯の, 船は, 行って, 見せたり, 見せました, 読み耽って, 隙間も, 首を

1 [597件 抜粋] あったテント, あります, あるの, ある夕刊, ある家並裏, ある書物, ある生活, ある翻訳, いくと, いくの, いざと, いたお, いたから, いただけば, いたとこ, いたよう, いた仏様側, いた私, いた鬚根, いつまでも, いなくては, いましたから, いらっしゃること, いるうち, いるが, いるこの, いるちょうど, いると, いるところ, いるらしい, いるピータア, いる一本, いる下, いる図, いる小豆, いる彼, いる方, いる時, いる書物, いる紅葉, いる音, うす縁畳, うつさせて, うなぎの, おいたので, おいよ, おかねば, おかみに, おき毛織, おさえる, おまえの, おりました, お前の, お妾, お床, お置きなさい, からからと, くれた結果, くれた蒲団, くれ進めて, この寒い, この指, これで, これに, さあなんぼ, して, しまった, しまったの, すぐ傍, すべての, そっとおじさん, そのまま音, その下, その前途, その後から, その手, その末世末代, その欄, その生活, その筋, それと, それは, それを, たたみ始めた, ただ浮び, たち塞がったもの, つくづくと, とぼけた漫画, とりつけられた紅白, どこまでも, どす黒くまるい腹, ぱたぱたと裏塀の, ひっくりかえして, ひと刷き, ふさふさした, ぶう, ぼうと, ぼんやり水の上, まずその, またその, まだ自分, みせたもの, みせた古文書, みたところ, みなかったん, みながら, みようとも, みる, みるの, みろと, むずと寄っ, やって, やりたくなつ, やること, ゆかなければ, ゆき子の, ゆくといふ, ゆくより, ゆく光景, ゆく夕暮, ゆく戦慄, ゆく文化, ゆたり, ゆっくりと, ゆびぬきの形に, わざわざ乾燥, ゐたが, ゐるうち, ゐるから, ゐるもの, ゐる会社, ゐる公園, ゐる大鷲, ゐる新聞紙, ゐる樅, ゐる萩, ゐる露店市, スクーネルの, ソファの, チョコレイトと, パンパン手を, ピタリと, ペンを, ミットの, ラサ府の, ラジオや, 一々景色, 一人一人が, 一国一民族の, 一枚干す, 三池の, 三面記事を, 与えられた, 両側の, 両方の, 丹念に, 乾して, 了った, 二三間ほど, 二人が, 二人に, 人々の, 人差指と, 今にも飛び出さう, 今まで, 今日の, 仔細あり, 仔細らしい, 伊那少年を, 何か, 何人かの, 何千株の, 何度も, 余の, 余を, 作事場に, 使うたまで, 使はれた, 信吉の, 俯向い, 俯向いた, 停めなさるあなた, 入口を, 其の尊き, 其方へ, 其間から, 写生を, 処置なし, 出す黒蛇の目, 判断を, 別に紅い, 前に, 前後左右の, 勇ましく艶かしく, 包み内懐, 卓上で, 印度へ, 厭世的と, 反抗しよう, 受け入れるほど, 口ずさんで, 口元近く, 古い日附, 叫んだ, 台の, 右手で, 吾人の, 呆気にでも, 品定めに, 品川沖は, 喜ぶ, 喜悦の, 四十度の, 四時変る, 土を, 坐り油絵, 声も, 夏に, 多勢の, 夜露を, 大きく肩, 大きな深呼吸, 大仰な, 大地に, 大阪市の, 女の, 嫉ましそう, 富岡の, 富岡は, 富江に, 小さな頸, 小夜子は, 少年と, 少年を, 少時見入っ, 居たので, 居て, 居られるもの, 居ります内, 居るの, 屠殺場へと, 履歴書を, 山の, 岩に, 岩の, 巌の, 差し出し左, 平田氏に, 幾万と, 広告欄の, 庭へ, 廻って, 引っかぶせ, 弥助と, 張って, 張りつけられて, 強烈な, 当りつづけ新しく, 当番の, 彼が, 彼らの, 彼女の, 彼女を, 彼方には, 待って, 徳利に, 忍び寄つて, 思いついたの, 思ひの, 急いで, 恋人を, 悪魔の, 戯れる, 戻つて, 所有地を, 手に, 手早く非常線, 折角晴々, 抜け目なく, 押し戻すよう, 押し止めました, 拙い字, 括りつけられ両, 持って, 指先の, 振った, 据えた, 探って, 掴みかかって, 撫で, 救いを, 敷いて, 日本内地から, 時々サイダ, 晨は, 月の, 朝から, 未練がましく見た, 机に, 村じゅうの, 来た, 来たこの, 来たまで, 来た彼, 来て, 来る, 来る径路, 板屋や, 柘楠の, 柳田家の, 案外と, 森から, 楠の, 横に, 樹から, 欠呻を, 欲しいと, 歌つた, 止って, 歩く売子, 死んで, 殖え行くの, 母親の, 水で, 汗を, 沢庵が, 泉原の, 泣く子, 浩歎之を, 海を, 淡くすいすい, 清水の, 渓間に, 満身からの, 源氏は, 漂って, 演説の, 火の, 猛然と活動, 猟犬の, 獲物を, 珊瑚珠銀簪銀煙管なんかを, 理解した, 甥達に, 町名を, 畳の, 白い布, 目の, 相手に, 相談し, 眠そう, 眠って, 眺めて, 石段の, 社会面を, 私は, 稀に, 空を, 空中の, 突っ立った, 突込んだ, 立ちはだかったの, 立ちはだかって, 立ちはだかりました, 立ち塞がった, 立った, 立ったから, 立つた, 立つたままシク, 立塞がった, 精神現象まで, 糸で, 細みを, 絵具を, 総監に, 線路の, 縁先に, 縞柄を, 繭倉へ, 置く, 置こうという, 翔け廻った, 翼の, 考えても, 肩へ, 胸の, 腰かけた, 腰を, 膝を, 自分から, 自分は, 舞い遊んで, 舞ひ, 舞子に, 苦々し気, 蔭干, 薄暗く控えた, 蛛網の, 蝙蝠みたいに, 血族通有の, 行き再々増築, 行くつもり, 行くと, 行くの, 行くので, 行く勢い, 行く性質, 行く時代, 行く美しい, 行く道, 行こう, 行こうと, 行ったに, 行つ, 行つてゐ, 行つて石城なども, 行手に, 袂で, 袋田の, 裏から, 裏表を, 見せて, 見せない, 見せるの, 見せるので, 見せ乍ら, 見たいもの, 見たが, 見たら大山大将, 見たら都民税, 見たり, 見ても, 見ながら, 見ます, 見ようと, 見る, 見る機会, 見る間, 見入って, 説明を, 読み下しましたが, 読み出したが, 読み始めた, 読んだ, 誰か, 調べて, 赤い鉛筆, 赤黒い胸, 走って, 趣向歌の, 足を, 足踏し, 躍り出す, 身の, 身振りを, 車窓から, 軽々と娘, 輝きは, 輝き渡つた刹那に, 迎え容れた椅子, 迎え接吻, 近寄って, 追い迫って, 追ってくるんだ, 追っても, 追ふと, 逆茂木にも, 遠くから, 遠火で, 遮り止めた, 避ける間もなく, 部屋一面の, 金を, 鉄砲玉に, 鍋一杯に, 開き直つた, 闊歩する, 降りそそぐ雨, 降参降参を, 隅の, 隠して, 雑嚢の, 霊魂が, 霧吹きで, 青田の, 頭から, 頻りと, 頻りに説明, 飛び上ったの, 飛び出して, 飛び廻ったら天下, 飛び廻るの, 飛んで, 食品以外の, 食堂の, 飯を, 養つた蚕が, 高らかに, 鷲が, 黒い洋袴

▼ 拡げながら~ (37, 3.6%)

2 頻に

1 [35件] あちこちに, お通夜の, がっしりと, その地図, それが, のめり込んだ, のんびりと, ほんの申訳同様, やにわにあの, 一間ほど, 不審そうに, 不思議な, 他面細心緻密の, 何処か, 倉皇と, 南を, 夜すがら酒を, 差向いの, 市場の, 彼等が, 振返って, 振返つて, 歩いた, 歩行い, 海辺を, 片手で, 考えこんで, 背のびを, 自負心を, 言った, 話を, 話題を, 部落へ, 鳥の, 鶴子の

▼ 拡げたり~ (13, 1.3%)

4 して 1 いろんなもの, した, し新聞, すぼめたり, せばめたり, 前後に, 改築し, 縮めたり, 額椽を

▼ 拡げては~ (7, 0.7%)

1 あつた, いるが, ゐるものの, 不断の, 小さい舌, 泣面を, 青白い眼

▼ 拡げても~ (6, 0.6%)

2 開いたもの 1 なおその, 掘り拡げても, 猶余る, 相当使えるらしい

▼ 拡げその~ (5, 0.5%)

3 上に 1 書類の, 真中に

▼ 拡げつつ~ (4, 0.4%)

1 ある, 探り当てて, 限りなき, 露の

▼ 拡げ大きな~ (4, 0.4%)

3 声で 1 靴を

▼ 拡げ~ (3, 0.3%)

2 なった見知らないなんとなく 1 なった文

▼ 拡げ~ (3, 0.3%)

1 に図面用, の指, をふり上げ

▼ 拡げ友達~ (2, 0.2%)

2 のなか

▼ 拡げ買つて~ (2, 0.2%)

2 やらなければ

▼ 拡げ~ (2, 0.2%)

1 はいつ, を二つ

▼ 拡げ~ (2, 0.2%)

1 をかしげ, を前

▼1* [103件]

拡げぎごちない幹, 拡げへすれ, 拡げさてそれから, 拡げさらに搦手門の, 拡げしかもその瞬間, 拡げすぐその姿勢, 拡げすでに淀みの, 拡げそこを教室, 拡げそこで雑魚寝を, 拡げそしてロウマの, 拡げそれがため, 拡げちょうど銃砲店の, 拡げてから坐り直そうと, 拡げてと見こう, 拡げひらりと, 拡げ微笑な, 拡げしたものの, 拡げぱおぱおぱおて羽ばたき, 拡げひしとばかりに抱き締めた, 拡げひそかに賈, 拡げまた同じ欠伸, 拡げまるで大きな事故, 拡げタタと総身, 拡げナイフとフォーク, 拡げマスル・エル・フスタト或いは略し, 拡げラップによって指導, 拡げラビ先生の秘蔵品, 拡げ一人一人名前を区切っ, 拡げ一気に読んだ, 拡げ三つの池, 拡げ不気味ないぼいぼ, 拡げ乍ら話し合った, 拡げ二つの脚, 拡げ二組のワカン, 拡げ人間の損害, 拡げか皇帝, 拡げ先代の芸統, 拡げでその, 拡げ勝ちであつ, 拡げ区劃を限っ, 拡げ反射鏡に手, 拡げの掌, 拡げ嗅覚だけに生きた, 拡げ坑木に腰かけ, 拡げ堅めるため, 拡げ夕餐の用意, 拡げ女子を包む, 拡げの四五人, 拡げの行手, 拡げ寛濶な胸, 拡げ腕を, 拡げ屏風を立て, 拡げ展望台として恰好, 拡げ彼等の脚下, 拡げ紅の, 拡げ悠長に女扇, 拡げ情慾に眼, 拡げ意次を中, 拡げ所員も殖やさね, 拡げ手術の後, 拡げっかぶさるよう, 拡げ新しいのを, 拡げ新しくすること, 拡げが狭く, 拡げ日当りのよい, 拡げ日本では日英同盟, 拡げ時々障子の, 拡げ柔かくして, 拡げ椅子を起し, 拡げ検査された完全紙, 拡げ毒虫を追う, 拡げを吹い, 拡げを映した, 拡げ熱心に拾, 拡げ片手を頬, 拡げの前, 拡げ疵口を眺め, 拡げを置き, 拡げの前, 拡げ磁石を按じ, 拡げ税関の隔て, 拡げを伸ばす, 拡げを拡げ, 拡げ背嚢か携帯天幕, 拡げ背後の蔦, 拡げ脂肪ぶとりの, 拡げ脇差しギラリと抜き放った, 拡げ自己を充実, 拡げを作っ, 拡げ行動の自由, 拡げを延ばし, 拡げ足音を踏みとどろかせ, 拡げをそろえ, 拡げましいしっかり, 拡げの真ん中, 拡げ間口も五間, 拡げ陰湿たる奥, 拡げを仰ぎ, 拡げ雄壮なる陸軍, 拡げ題目の数, 拡げも洗わず, 拡げ颯と退いて, 拡げ鰐足になっ