青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「拍子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

抵抗~ ~押 押~ ~押え 押え~ ~押し 押し~ 抽象~ 拂~ ~拍子
拍子~
~拔 拔~ 拘らず~ 拙者~ 招待~ 拝~ 拝見~ ~拭い 拭い~ ~拳

「拍子~」 1803, 17ppm, 6559位

▼ 拍子~ (1051, 58.3%)

11 私は 10 彼は 9 足を 5 何か, 眼を, 私の, 自分の 4 ちらと, ふいと, 二人の, 合わせて, 彼女は, 手が, 顔を

3 [13件] そこに, それを, つれて, どうした, もとの, 乗って, 女の, 帽子が, 彼女の, 急に, 手に, 眼が, 連れて

2 [59件] あの上高地, ある横町, いやと, お菊さん, この国, さか, だしぬけに, なって, ふとこの, ふと日清戦争, ふと見る, みると, よろめいて, わたしは, タバコを, 一寸後を, 両手を, 乗つて, 今まで, 今迄の, 例の, 円朝の, 前の, 半分から, 右の, 君の, 婆さんが, 小六, 崖から, 床の, 彼と, 彼の, 心の, 手で, 手を, 持って, 昌作の, 椅子に, 横に, 気が, 水の, 水を, 火は, 火事にも, 牟子の, 筋が, 素早く前, 縁側から, 膝の, 自分は, 自然と, 良秀も, 葉子は, 足が, 軒下に, 長靴の, 非常に, 頭から, 頭の

1 [816件 抜粋] ああ地震, あたいを, あの人, あの水, あやまつて, あるいは怒り, あれなる, あんまり喜ん, いきなり雪, いつ見, いわゆる青練, うしろ頭を, うまく直っ, うまく頤, お光自身, お六, お清, お縁, お隣づきあいの, かかって, かたい物, からだが, がたんと, ぎごちなく, ぎょっとする, くわえたシガー, ぐにゃりと柔かい, ぐるりと, こう云った, このやむを得ない, この容易, この探偵, この断崖, これが, これ町人身共は, こんなこと, ごく自然, さっき大学の, して, すぐその, すっかり泥, すばやくヒョイ, すんでの, ずしんと, せり出しの, そうッ, そこへ, そっと相, そのいんちき, そのこと, そのバッグ, その五銭玉二ツ, その効果, その口, その幻, その掛声, その横顔, その潮, その男, その眼, その芋虫, その蹲ん, その鐘, そわそわと, ぞっと寒気, だいぶ前, ちっとぱっかこぼれたんです, ちょいちょい覗き出し, ちょっと抜き, ついと空ざま, つい不運, つい身体, つけて, つづみの与吉さっと, とりまとめた紙包, どういう訳, どうん, どしん, どっと上った, につこりすると, ねえやが, ねこは, はじめてその, はずみが, はたと他, はなやかな, ばったり倒れた, ひっかけて, ひとまわりし, ひとりの, ひどく脳, ひょいとそういう, ひょいと右手, ひょいと現われ, ひょいと薄ぐらい, ひょっと落し, ふいに, ふっとそんな, ふとかの, ふと一つ, ふと伝吉, ふと己, ふと庭, ふと父母, ふと空, ふと薄暗い, ふと鼻, ぷんと好い, へたに, ぽんと, まじめくさって, またきのう, またもやド, またヒョロヒョロ, また嚏, また餌壺, まだ温かい, まるで別人, まわりの, みんなが, もつれ毛, もともと持ち, やっと後ずさり, やはり反射的, よろけて, わがかけ, わきに, わたくしを, われ知らずそれが, インキ壺から, イーサーの, カテリーナ・リヴォーヴナも, カラ子は, カーネーションの, ギュッとばかり, ゴトリと, ジュノーの, スーッと, ズドンと, チラリと, ツイ化の, テーブルの, トラは, トントントントンと, ドシーン, ナイフが, ノックする, ハアクシャン, バスは, バナナの, ヒョイと, ビリビリ音, ビール瓶を, フット目を, フト眼が, ベタリと, ポケットに, ポケットの, ミミーは, ヤカンから, ランプスタンドを, ロクと, 一寸後ろ, 一層やつれ, 一挺の, 一握りの, 一篇の, 万戸屋さん, 三四郎を, 上り框に, 与次郎は, 両脚を, 中の, 丸い婢, 乗つたとも, 乗らねば, 乗りて, 二人が, 二人は, 二十歳ぐらいは, 五七町の, 五人は, 人の, 仏様の, 他の, 以前の, 伽羅の, 佃は, 住みい, 体が, 何かしらスバラシイ思付きが, 何が, 何だかけばだった, 何の, 何を, 何処ぞ, 何所かで, 余り前, 保子そっくり, 倒に, 倒れたため, 値うて, 偶然保吉と, 偶然枝の, 先生莫迦に, 兜が, 入り来, 其処の, 其処へは, 再び電燈, 冷たい水, 出方の, 初めて, 前へ, 割れて, 力が, 力を, 加世子の, 勘太郎の, 北山の, 南天の, 又出す, 取り落とした, 古杙, 可也深い, 右手で, 合い過ぎる, 合せて, 合は, 合わせるよう, 同じ問題, 君枝は, 呉羽嬢の, 周囲に, 唇を, 嚥み, 四つ這ひ, 土瓶を, 地面と, 壞れ, 多分丸薬, 多鶴子の, 夢とも, 大きいおなら, 大きく破れる, 大きな猫, 大きな眼, 大きな薔薇, 大切な, 大窓, 大阪の, 夫人の, 奇声を, 女は, 女猿廻し, 妻はどたりと, 婆さんは, 孔雀石の, 安楽椅子の, 寝乱れ, 寝衣, 小さい金, 小刀は, 小指が, 小脇の, 小言を, 少しの, 少年の, 尻尾が, 居住いを, 巌は, 左の, 己の, 帯の, 常談の, 幸子は, 幹を, 広太郎, 床板が, 床柱へ, 引つくり返し, 強く亀, 彼が, 彼を, 彼女が, 後から, 応じて, 忽ちかすか, 怒って, 思いも, 思はず彼女, 思わず, 思わず遠い, 思わぬ金, 息が, 息せききって, 愉快そうな, 慈姑が, 慌てて, 懐中電灯を, 或る, 扇が, 手の, 手は, 手もとが, 投げ出された長刀白線一, 投出した赤い, 拍車を, 指の, 掏摸の, 掛けて, 提灯が, 敬太郎の, 日に, 日本の, 旻の, 明るみへ, 明治初, 暗がりで, 木や, 机の, 東海道は, 林檎を, 枳殼の, 柿江が, 桃の, 梯子段を, 棚が, 椅子を, 椿の, 檻を, 檻楯が, 欄間の, 次郎の, 正気に, 殻を, 母が, 母親に, 気がつくこと, 気が付いて, 気絶し, 氷嚢が, 汝の, 波の, 泥の, 泰軒の, 派手な, 浄瑠璃を, 浮べる表情, 涙の, 淀川の, 湯呑みが, 溝の, 滑つて尻持を, 火傷を, 灯の, 無言の, 煮ても, 熟した柿, 燈火の, 父は, 片手の, 牛乳箱の, 物音も, 犬殺しは, 猛犬は, 玄関に, 王が, 用いて, 田舎から, 異様な, 畳の, 痛みで, 発展し, 発見され, 白い紗, 白い額部, 目か, 目つきに, 眉と, 真暗な, 眼玉を, 眼鏡の, 瞬く間, 矢代の, 短歌の, 石に, 石炭の, 研究室に, 私が, 私を, 私達を, 移らうと, 種子を, 空二は, 突然俯伏, 突然目, 立ち上り女, 答案用紙が, 箱の, 籠の, 粗末な, 線香を, 縄が, 縄も, 美しい歯, 肩を, 背中を, 胸の, 脛を, 腰掛が, 腹に, 膝から, 自分で, 自分に, 自分を, 舟が, 船が, 船は, 花冠が, 花嫁に, 若い武士, 茨へ, 茨右近は, 草を, 落ちた青い, 落ちるよう, 蘆の, 蘆屋の, 蛮性を, 螢は, 行灯の, 袂から, 裏返しに, 裾から, 褞袍の, 見えた, 見ること, 触角が, 詞が, 變に, 豹一が, 貝原と, 赤井の, 起ったこの, 足の, 足踏滑らし, 路傍の, 踵を, 躓いて, 身が, 身体に, 車内の, 車夫の, 転んでしまつたらどう, 軽い袖口, 輪が, 辻褄が, 近まわり, 逃げたの, 逢痴の, 進藤に, 運んだ, 過ぎ去つた日, 過って, 適は, 釘か, 釣瓶へ, 鉄網の, 銀子は, 鎌を, 間違えられたの, 阿賀妻は, 障子の, 隣室から, 隻方の, 雨に, 雨除け, 露伴先生の, 頤が, 頭が, 頭を, 頸す, 頸動脈から, 顎が, 顛覆し, 風に, 風を, 風呂敷が, 飛び込んで, 首が, 馬は, 馬車が, 髪の毛が, 鬘が, 鳥渡私の, 鳴らし始めた, 鷹雄は, 黒髪が, 鼻が

▼ 拍子~ (247, 13.7%)

33 取って 31 とって 14 とりながら 9 取りながら 6 とつて 4 とるよう, 取つて, 取る, 合せて, 合わせて 3 取った, 取りて, 揃えて 2 つけて, とつた, 取るが, 取ると, 取るよう, 取る様, 早めたり, 踏み

1 [109件] あはせ, あはせる, いれる, いれる抜作, うち畢, かえた茂太郎, そろえて, つかまつりましょうほどに, とったもの, とつたり, とらせ口鼓, とりだすの, とりつ, とりつつ, とりにく, とりはじめましたが, とりました, とりますの, とりドウスル, とり出しますと, とり十本, とり囃すもの, とり声, とり居ろうが, とり明るい, とり自分, とる, とるの, とる手真似, とる木, ぬけ, はずすため, はずませて, ふむやう, まちがえるな, もって, やたらに, やる仲間, トントンと, 中心に, 入れるの, 入れ畳み拍子, 創って, 取ったという, 取った木叩き, 取ってから, 取つた所以, 取つて揺, 取りおもしろい, 取りつつ, 取りつづけて, 取り三叉, 取り乍ら, 取り声, 取り尻, 取り朗々, 取るため, 取るの, 取るもの, 取るやう, 取る場合, 取る戞然, 取んなさるか, 受け持って, 合せその, 合せた, 合せるやう, 合せるよう, 合せ乍ら多勢, 合せ種々形, 合は, 合わせた二つ, 合わせトコトン, 合わせ始めた, 喜ぶ様, 変えました, 失った悪戯者, 失って, 奏でて, 打ちなされ, 打ち出して, 打った, 打ってるん, 打つよう, 打込んだの, 扱って, 把握する, 抜く必要, 抜し, 持ち込みや, 持つた音, 指すの, 捕えて, 数えて, 替えて, 添え川浪近くタタ, 狂わせると, 真似て, 見て, 見別けるやう, 覚えたばかり, 謡うもの, 變へて, 踏みながら, 踏み東方, 踏んで, 食って, 鳴らして, 鳴らす大勢

▼ 拍子~ (93, 5.2%)

2 おせい, 人と, 出来合うという, 青年と, 鼓や

1 [83件] あつて, か出来る, くっつき合った互, このうす, この崖, これらの, こんな事, その素性, そばに, それは, だしぬけに, ぢき, はござりませぬぶつぶつ, ふいと, ふと自分, ぼくを, もうこの, アポロンに, シシリヤ事件の, スッと, ドー舞台が, フォン・コーレンに, 上昇し, 二言三言ことばを, 人に, 他の, 兄の, 先へ, 全然種類, 共産主義の, 卑陋な, 参詣の, 叩いたり, 叩いた門端芸人, 叩き始めました, 合ったり, 合つ, 名古屋方面から, 咳を, 啼きつづけた, 囃すの, 地球の, 声を, 夜分うちを, 好かれたならただ, 岸へ, 川向うへ, 庭に, 強い光線, 忽地元に, 怪我を, 恰も緞帳, 我知らず持っ, 指折りの, 新子に, 晴やかに, 朝鮮団扇が, 板木の, 業平が, 檻を, 此樣な, 歩いて, 母が, 気が, 泣きだしそう, 漕いで, 物を, 現在の, 生れ故郷は, 眠れなかった時, 私と, 移ったの, 突然ピカッ, 統一し, 美しい花嫁, 言ひ, 語つたと, 豚舎の, 買って, 運が, 間違ったか, 電気が, 非常な

▼ 拍子~ (52, 2.9%)

3 樣樣なる, 音が 2 出来事ながら, 悪いこと

1 [42件] うちに, お講釈, とり方から, とれさ, よい時, ように, ウォルツを, キチンと, メチャメチャな, 一分景に, 一歩一歩を, 不規則な, 中で, 中に, 内奥に, 出ない歌, 分らないまんざら, 取り通し, 古風な, 如く幾何學的圖式, 序破急に対する, 弾み切ったの, 当りが, 当りなぞを, 思いつきらしく, 悪い, 感じが, 感じを, 抜けたやう, 抜けた表情, 撞木杖に, 数を, 時は, 松の, 研究が, 研究を, 笛が, 觀念を, 間に, 間も, 間を, 間取りが

▼ 拍子ぬけ~ (48, 2.7%)

12 がした 9 がし 7 のした 3 がしました, のし 2 にも何, のする, の気味, の気持 1 がしたらしい, がしたらしく, がする, その砂肚, の気持等, の體

▼ 拍子~ (39, 2.2%)

4 抜けて 2 悪いと

1 [33件] あって, おもむろに熟し, その濫觴, ちゃんとわかっ, ながれ舞台, ヒヨイと, リズムの, 一方の, 似て, 其ま, 分かるの, 前よりも, 十分のみ, 合うか, 合って, 唄に, 問題に, 尋常んじゃ, 急調に, 急迫する, 悪くなっ, 我国のと, 明かに, 異常な, 痕跡を, 真剣に, 細くて, 轟いて, 逆に, 速くなる, 面白いので, 韻律の, 黒い杉木立

▼ 拍子~ (38, 2.1%)

2 誤って

1 [36件] かの日記, その反射光, ふと奥さん, ふと魯西亜, わたしの, トランクの, フラフラと, 何かに, 僕が, 先に, 剃毛, 前歯を, 前齒, 北山の, 喧嘩を, 坊ばの, 大方和尚さん, 安達の, 彼の, 悠二郎が, 手紙の, 揃うた真, 方角を, 為朝と, 焼け出されて, 瓶子は, 砂金の, 私の, 簪が, 籠の, 縁を, 背中を, 興に, 行燈の, 袋の, 釘に

▼ 拍子~ (32, 1.8%)

1 [32件] あったもの, おかしいが, きっかけも, それで, ない, ないこと, ないすばらしい単語, ないところ, ないよう, ない事, ない声, ない言葉, ない話, なくかけはなれ, なくはじまるので, なく上るとか, なく各々, なく女房, なく彈みきつて, なく絶頂, なく馬鹿気, なければ, なんとなくジャズ, わりあいに, 二拍子三拍子四拍子などと, 何も, 抜け, 旋律も, 正しゅうございます, 無く並んだ, 調子も, 賑やかに

▼ 拍子~ (13, 0.7%)

6 がし 3 のした 2 して 1 がした, とも間抜け

▼ 拍子~ (12, 0.7%)

1 [12件] いくら早く, しなやかでい, ますますさえ, 取れる, 妙に, 左大臣実, 湯を, 畠山庄司重忠, 自然と, 転換し, 韻律の, 鼓を

▼ 拍子~ (12, 0.7%)

2 けのした, けの氣味 1 けがしたと, けがしました, けしたほど, けしたよう, けの氣持, けの體, した樣, のやう

▼ 拍子~ (9, 0.5%)

1 である, マアチの, 一つである, 云うもの, 云ふも, 快活と, 旋律との, 楽器を, 言えば

▼ 拍子~ (7, 0.4%)

1 声色で, 旋律や, 節扱いが, 舞いの, 舞の, 雉子の, 鼓の

▼ 拍子~ (6, 0.3%)

3 から堪忍 1 か髮, ね, 強いからって

▼ 拍子にか~ (6, 0.3%)

1 ふと思い出され, 其の繩, 几帳の, 婦の, 空へ, 靴を

▼ 拍子から~ (5, 0.3%)

1 おこるの, こんなこと, そんな気下味, だったか, 話は

▼ 拍子には~ (5, 0.3%)

1 合わないもの, 来ること, 父の, 目さえ, 顔を

▼ 拍子だった~ (4, 0.2%)

1 か話題, がいや, ので案外, 一風颯と

▼ 拍子かで~ (3, 0.2%)

1 ひょいと立ち, 差出人の, 軽める

▼ 拍子だけ~ (3, 0.2%)

1 では, 合せるよう, 隔たった

▼ 拍子でも~ (3, 0.2%)

1 あらうか, とるよう, 取るよう

▼ 拍子ばかり~ (3, 0.2%)

1 万右衛門を, 見まもって, 黙って

▼ 拍子よく~ (3, 0.2%)

1 行き文庫, 走せて, 運んだ

▼ 拍子をと~ (3, 0.2%)

2 つてゐた 1 つて三辺打ち叩く

▼ 拍子本位~ (3, 0.2%)

1 からより, の美, の音樂

▼ 拍子それ~ (2, 0.1%)

2 が最後

▼ 拍子という~ (2, 0.1%)

1 のも, 新しい拍子

▼ 拍子とる~ (2, 0.1%)

1 だけが役目, に歩行

▼ 拍子などの~ (2, 0.1%)

1 中心に, 秘事を

▼ 拍子にかの~ (2, 0.1%)

1 女の, 履を

▼ 拍子ぬけし~ (2, 0.1%)

1 てうろたえた, てわらえ

▼ 拍子ほど~ (2, 0.1%)

1 まを, 身動きも

▼ 拍子取る~ (2, 0.1%)

1 ように, 漢子と

▼ 拍子合い~ (2, 0.1%)

1 といっ, 二が

▼ 拍子嫌い~ (2, 0.1%)

1 の人, の我儘流諸氏

▼ 拍子~ (2, 0.1%)

1 の実体, を持つ

▼ 拍子~ (2, 0.1%)

1 けのした, けの形

▼1* [79件]

拍子いたすとか, 拍子友達に, 拍子おもしろくチンチンたたきながら, 拍子ぐらい時間が, 拍子さびしう, 拍子て囃し立てた, 拍子そんなものの, 拍子秋の, 拍子だけでその中, 拍子だけはピッタリ合っ, 拍子だつたか話題, 拍子づけて軽く, 拍子であってその, 拍子であったかとにかく, 拍子でございましたでしょうか, 拍子でしたかマッチ箱, 拍子でない拍子, 拍子でなくまるで人, 拍子といふものが, 拍子としての時計的時間構造を, 拍子とに合奏させ, 拍子とも考え合せ, 拍子どって叩い, 拍子どりして歩む, 拍子流行歌を, 拍子なぞも出来るどころか, 拍子なんぞを覚え込むには, 拍子にがッくり抜けた, 拍子にでも表さねば, 拍子になつて出来べき, 拍子にゃ怪我も, 拍子にやら変に, 拍子によって老公には, 拍子に従って動くため, 拍子ぬけしたような, 拍子はずれだろうと, 拍子ばかりの出来ごとだったろう, 拍子ひょいと切戸を, 拍子まで良く心得, 拍子やうやく慣れて, 拍子ニ俄ニ自分ガ腕白盛リノ駄々ッ子ニ返ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ, 拍子一つで極まる, 拍子三つほどのあいだ, 拍子三拍子四拍子などと固定, 拍子二人はそこ, 拍子二番目狂言には, 拍子五つほどがあいだ, 拍子以外尚一つ, 拍子かの縁, 拍子倒れ伏さった屏風に, 拍子入れて此方, 拍子危ふくなれば, 拍子韻律, 拍子取っている, 拍子取つた響を, 拍子取りにはトコセイ, 拍子取り連て歌, 拍子合わせの笛, 拍子外れのもの, 拍子外れしましたが田舎, 拍子太鼓が, 拍子天狗の諸氏, 拍子宮神楽双盤駅路山颪浪音そこへ噺, 拍子思はず何やら物, 拍子悪く退却した, 拍子打ちに始まっ, 拍子抜けてついに, 拍子へた, 拍子揃って都合, 拍子正しく演奏し, 拍子にチラリ, 拍子を合せ, 拍子と名づけ, 拍子を軽く, 拍子き風, 拍子などいう, 拍子にソイ, 拍子はならぬ, 拍子面白く送られながら