青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「打っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

才~ ~才能 才能~ 打~ ~打たれ 打たれ~ ~打たれた ~打ち 打ち~ ~打っ
打っ~
~打った 打った~ ~打つ 打つ~ ~払 払~ 払い~ ~払っ 払っ~ 扱~

「打っ~」 3228, 31ppm, 3773位

▼ 打っ~ (2838, 87.9%)

98 いた, 変って 54 いる 32 いるの 25 かかった 24 ある 21 一丸と 20 来た 18 つけの 15 きた, 変ったよう 13 打って 12 くれ 10 あった, あるの 9 下さい, 変わって, 火を 8 あって, いたが, いたの, くる, くるの, よろこんだ, 笑った 7 います 6 いると, いるよう, かかって, かかりました, かかろうと, かわって, きたの, やる, 一丸として, 叫んだ 5 あります, いました, いること, いるん, しまった, みた, やるから, 付けの, 取れ, 寄した

4 [18件] いった, いるうち, いるばかり, いる男, おります, かかる, しまうと, しまって, つけであった, みても, やった, やろうと, 喜んだ, 来て, 来る, 落ちて, 言った, 飛び込んで

3 [42件] ありますから, あるという, あるん, いたので, いて, いるが, いるところ, いる者, いる音, おいた, おいて, おいでに, おけば, おりました, かかったの, かかると, かかるの, ごらん, ごらんなさい, さけんだ, しまったん, つけだ, みたり, みようと, もらって, やると, 云った, 人を, 仰向けに, 地へ, 居るの, 彼は, 掛るから, 来るの, 気を, 気絶した, 私を, 置いたの, 見て, 見ると, 變った, 逃げて

2 [120件] あったが, あるから, あるし, あるところ, あるので, あるよう, いたから, いたに, いたんで, いた手, いるか, いるし, いるじゃ, いるという, いるもの, いるらしい, いる姿, いる間, おこう, お日さま, かかったが, きて, きました, ください, くるもの, くるよう, くれた, くれたの, くれる, くれるもの, くれれば, ここへ, ござんす, しばらくは, しまいました, しまったの, その場, その手, その部分, それから, それへ, それを, つけたよう, つけと, ひびくよう, また眼, みせた, みたい, みて, みると, みる気, みろと, やれ, よろこびました, 一同は, 上げるから, 下の, 下へ, 不意に, 了った, 仆れた, 代って, 何に, 倒れたが, 倒れて, 元の, 先に, 助けろ, 動揺した, 呉れと, 嘆じた, 地に, 地上に, 変った御, 変り, 大声で, 大笑, 女中を, 子供の, 居たと, 居ります, 居る, 帰って, 廻って, 彼の, 御覧なさい, 感嘆した, 感嘆する, 打ちすえて, 打ち据えて, 掛る, 掛るを, 最後の, 来たの, 来るし, 来るもの, 歌って, 歩いて, 溝の, 畑の, 私の, 笑い合って, 置いて, 自分たちの, 血を, 行った, 行ったという, 見せようという, 見ました時, 貰った, 近づいて, 退いて, 逃げ出して, 遊んで, 違って, 金を, 雨の, 雪の, 頭の, 飛込んで

1 [1735件 抜粋] あげたいわ, あげべ, あちらを, あとの, あらア, あり通された表座敷, あるその, あるでしょう, あるびょう, あるらしく人, ある下駄箱, ある容易, ある飯, いずれゆっくり話, いたさい女, いたそう, いたなどは, いたよう, いたろうな, いた二人, いた労働者, いた奴, いた様子, いた玄庵, いた老, いちばん早い, いないと, いながら, いますが, いま杵が, いらっしゃい, いられないという, いるありし日, いるけ, いるそこ, いるだけ, いるので, いるキー, いる与八, いる事, いる住持, いる劇場, いる小屋, いる時, いる武士, いる由兵衛, いる碁, いる船, いる農夫, うなぎが, おいたので, おきましょう, おくの, おけ, おのずと登り路, おられるし, おりますそんな, おり肺, おるあいだ, お互いの, お取りなされ, お心, お濠, お見せ, かかったり, かかっても, かかられた, かかられ進退, かかり一度, かかるか, かかるべきはず, かかる彼, かかろうとして, かまきりも, かわった得意満面, かわり陽気は, きた白毫色, きましたが, くださらんか, くだせえまし, くる一, くる腕, くれたり, くれちもん, くれないか, くれるか, くれる奴, けたたましく叫びました, こちらから, こっけいな, こないとは, この尺取り横町, こみあげ歯, これを, ころがり道, ころげ落ちると, ございました, ござる, さし出せ, さも新, しかも全体, しばらく息, しまうが, しまえ, しまったと, しまわねば, すぐ来い, すまし返りました, そうした精神統制, そこに, そのパシッ, その大, その後は, その新聞記事, その穴, その辺, それさえ, それとなく花桐, たおれて, たちまち我, ちごうた性質なり, ちょっと行き, つけ, つけだった, つけな, つけな部屋, つけに, でること, ときどき薄, とよの中へ, とろとろころころ砂, どうなる, ななめに, なんの, ばたばたと, ひびいて, ふたたび眠り, ふん縛って, ほとんど立っ, まいあがるの, また打った, まったくそうです, まわったり, まわる仲間, みせるの, みたいの, みたらと, みはらしの, みまわしますとね, みられたの, みれば, むくむくと, もらいに, もらうという, もらえば, もらった繰綿, やったわ, やった電報, やりたいけど, やるぐらい, やるよ, やろう, ゆく, ゆく策, よい, よこしたの, よこして, よしッ酒, られたの, ゐたの, カチッと, キュバ島西端の, シクシク泣て, タラタラと, トウセンボウとか, ドブり, ニヤリと, ハラハラと, ペタペタたたいた, ポルカを, 一つ鍋を, 一人が, 一団の, 一思いに, 一方が, 万太郎は, 三たび起つべき, 下さいました, 下さらないと, 下って, 下駄を, 中ったら勝, 乱れたが, 二三回打ち返し, 二十九日に, 二間の, 互いに寄っ, 人間を, 今松, 仙波顎十郎と, 代り, 仮面の, 伸びかつ, 何の, 作りその, 倒れた, 停車場もよりの, 元親の, 光って, 入室相見, 全達と, 其響が, 再び水中, 出します, 出ろ, 刀と共に, 刎ね, 利根の, 動かぬ春, 動けなくなったうえ, 勢いを, 南都東南院の, 去れば, 取った覆面, 取られ城, 取るが, 叛旗を, 召捕って, 吉左右これへ, 向うを, 吾ながら, 呉れなきゃ困ると, 呵々と, 唄うたい, 喜び二三時間, 喜ぶだろう, 喜んだもの, 嘆声を, 四十二歳で, 図らず見えた腹, 在った, 地面に, 城中数千の, 声は, 変ったいかにも, 変ったかかる, 変ったの, 変った不思議そう, 変った卑屈, 変った大, 変った妙子, 変った形相, 変った性格, 変った慇懃さ, 変った改心ぶり, 変った様, 変った気持, 変った父, 変った白々しい, 変った至極平凡, 変った被布姿, 変った謹慎, 変った軽快さ, 変った鸚鵡, 変りちと, 変り朝, 変る, 変わった力, 変わった馴れ馴れしい, 外の, 夜廻りを, 夜雨蕭々と, 大きな音, 大向うを, 天下の, 奈落へ, 女房子供を, 嬉しそう, 官邸の, 実験室の, 寄こすの, 寄りました折, 尋ねました, 小蒸汽, 居た胸, 居ると, 居る処, 岩の, 巡るの, 帆を, 帽子の, 平次の, 幾日も, 座敷へ, 廻ったの, 廻りまして, 廻る, 廻る素, 廻わった, 引き据えるか, 引っ立てると, 引立てたら命, 引立てます, 引返します, 彼に, 彼女は, 御機嫌を, 御覧是程の, 心が, 忠相を, 快笑, 思うつぼと, 息の, 悩む, 惹きつけるの, 感じられる, 感心を, 我が国などへ, 手に, 手足を, 打ちのめしました, 打ち明かしたいと, 打ち殺そうと, 投げ込まれましたから, 押しかけた, 拍子を, 拭く, 掃除を, 掘子, 掛らば, 掛るの, 揺れたかと, 擦らせて, 散った, 敵を, 斃した, 新たに, 旅客が, 明かす夜, 春月亭の, 暖まるくらい, 暮らす事, 有るなどと, 木剣は, 来たかと, 来たとは, 来た金色, 来ないで, 来るか, 来るは, 来る刹那, 来る正餐, 来る言葉, 松江表を, 板敷きへ, 柿に, 植えるその, 横なぐれ, 次の, 歓ぶに, 止んだから, 歩いた男, 歯から, 死を, 死神を, 殺到した, 民衆の, 気楽に, 水際まで, 河中に, 泣きだした, 流して, 消える, 消防の, 済むか, 溝へは, 潰した鬼, 火の, 煽るに, 片手を, 狂って, 猿の, 申しに, 畳中に, 痛いこと, 痛んで, 白く砕け, 百姓の, 皿の, 目も, 相変らず負け, 県城の, 真黒な, 眼を, 碁石を, 祝う風, 私たちの, 空に, 突っ立ち, 立ち去った, 立ち退いた覚え, 立った, 笑いこけると, 笑いだした, 笑ったが, 紙燭に, 結束した, 網の, 線路堤から, 置いたので, 置きますから, 置け, 耳を, 耳鳴りが, 胸を, 脇差を, 膝を, 自分で, 自分を, 舞台へ, 芝生の, 苦しい心配, 苦しんで, 落したの, 落ちたに, 落ち行くしか, 蒲団の, 虚空を, 蠅男の, 行かれたところ, 行く, 行く跫音, 行ったが, 街道の, 襟を, 見せしめて, 見せねば, 見せるの, 見たって, 見たん, 見ようと, 見事に, 記憶の, 豊島だの, 貰いたいこと, 貰う吹き立て, 貰ったらいい, 貰って, 賞めて, 赤瀬の, 起ちかけた, 踵を, 躍って, 軒の, 転がったの, 転げ墜ちるであろう, 転びまた, 軽く目, 迎えた, 返す手, 追いかけて, 追分の, 送金し, 逃げ出します, 逃げ出て, 逃げ退いた, 通って, 進みましたから, 道を, 遠く見る, 避け合おうと, 酒を, 鋸を, 鏘然と, 門野を, 間もなくいきなり汽笛, 間もなく父, 降る雨, 隣の, 震へて, 面白がりました, 音なき, 響かせた者, 響きを, 頂きたいの, 頭が, 願文を, 飛びまわりました, 飛び出したの, 飛び降り網, 飜然と, 首を, 馬に, 駅の, 駈けつけて, 高嶺から, 魚を, 鳴り轟い, 麓へ, 鼻の

▼ 打ったり~ (166, 5.1%)

35 して 10 した 8 蹴ったり 6 叩いたり 3 すると, 叩かれたり 2 したが, したの, すること, するの, 何か, 花を

1 [89件] あるいは供養物, いたずらという, けったり, こまかい書入れ, さあさあ打て, したもの, した事, した奉公人, しました, します, するので, するん, する六郎, する音, そうかと, たたいたり, っ, つねったり, なぐったり, なわを, なんか, なんかしない, または足蹴, もぐったり, ゆすぶったり, ッ, ベンチの, 下方が, 両手で, 人を, 人工栄養などで, 切ったり, 医者を, 同情し, 咳を, 土を, 壊したり, 小旦, 巡警, 引っかいたり, 引っ掻いたり, 弥蔵を, 憚りながら富士春, 或は縛っ, 打たれたり, 打ったり, 払ったり, 抓ったり, 撫子, 撲ったり, 擲い, 擲え, 敏感さに, 敲いたり, 文字通りの, 日曜日の, 棒を, 横向きに, 歌を, 正面に, 殆ど倦む, 殴ったり, 毒突い, 浪の, 独楽を, 相撲し, 石を, 空家の, 突き飛ばしたり, 箱を, 絞めたり, 線を, 繭買いを, 罵ったり, 背を, 致して, 致しますので, 舞ったり, 見て, 質問を, 酒の, 酒を, 酒をの, 重い荷, 重傷や, 間口十一間へ, 馬の, 髪の毛を, 魚を

▼ 打っても~ (86, 2.7%)

13 叩いても 2 いい, 好いという, 突いても, 落ちついて

1 [65件] いいこと, いいし, いいと, お糸さん, かからずじっと, かまわない殺しても, かれは, すぐ四三, せいぜい二塁, そういう違い, その快楽, その手, その東, そんなこと, ちっとも返事, ならぬ, まだやまず, まだ部屋, よろしいが, カテーテルが, カーン, ピンピン生き, 三時を, 下の, 二時が, 人々は, 何に, 僕は, 八時を, 動く様子, 北京の, 卑怯な, 叩かれても, 同じだ, 声立つる者なく, 好いこと, 好い夫, 小突いても, 帰って, 帰らなかった, 常磐は, 張合いの, 弾丸が, 快ら, 怪獣は, 打たれても, 擲い, 最初は, 未だ奥様, 機械が, 潰れそう, 目覚めぬよう, 眼を, 突つい, 肌に, 自分は, 良いと, 表を, 評判に, 誰も, 跡かたない, 跳ね上がって, 音を, 響きの, 須永は

▼ 打っちゃ~ (22, 0.7%)

10 らか

1 [12件] いけない, つとい, らかしだ, らかしでは, られた雨傘, られても, られに, ること, るよう, れ, ッと, 厭じゃ

▼ 打っては~ (22, 0.7%)

1 [22件] いけない, かかるまい, くれない, くれまい, ころころ転がった, ない, ならないところ, やめ受信機, 何度か, 出まい, 吼えて, 地面に, 心配を, 斯う問い続けた, 欠いて, 歩いて, 消える, 減圧幕に, 返り休み, 返り打っては, 額の, 飛びのき飛びのいてはまた

▼ 打っ~ (12, 0.4%)

2 かったの 1 かったって, かってそれ, かってなんとか, かってむしゃ, かって星, からない, かり, かりそう, かり放題, かろうと

▼ 打ってから~ (10, 0.3%)

1 お琴, その次ぎ, であった, やっと二階, ノソノソやって来られた, 先に, 半時間ばかり, 数時間の, 此家へ, 表の

▼ 打っ~ (10, 0.3%)

1 ってあと, っておい, ってしまい給え, っても置けない, って伊太利, って置いた, って置くべき, って置け, って行った, られたまま

▼ 打ったって~ (6, 0.2%)

1 利かん利かん, 可憐そうも, 当然だ, 真似方, 返事が, 追っつくもん

▼ 打っ~ (5, 0.2%)

1 っておく, ってくれい, ってしまいました, って二階, りを

▼ 打ったりなど~ (4, 0.1%)

2 して 1 した後, なさったらどんな

▼ 打っ通し~ (4, 0.1%)

1 に呻, に眠れない, の仕事, の講義

▼ 打っての~ (3, 0.1%)

1 使者だ, 小さな宴会, 高いびきです

▼ 打ってや~ (3, 0.1%)

1 がると, がるな, むにやまれぬ心の

▼ 打っ~ (3, 0.1%)

1 した, したこと, したまま

▼ 打ったりなんか~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 打っちゃあ~ (2, 0.1%)

1 血が, 霙が

▼ 打っつけ~ (2, 0.1%)

1 にやった, に母

▼ 打っ~ (2, 0.1%)

1 れたの, れた様

▼ 打っ~ (2, 0.1%)

2 けて

▼ 打っ~ (2, 0.1%)

1 る, ると

▼ 打っ~ (2, 0.1%)

1 ってしまった, つけたん

▼1* [20件]

打ったまえの陣幕, 打ったりには平気で, 打っちゃってな一座チリチリバラバラ, 打っちゃり笑いながら, 打っていうのだった, 打ってでも働かして, 打ってとなり部屋, 打ってねこの方, 打ってべこは, 打ってまでふぐの, 打っおして借り, 打っかってきゃ, 打っ付けやア, 打っ坐りまさ, 打っして, 打っかれるぞ, 打っ捨らかしとかなけ, 打っ返しにし, 打っ通し悪夢に襲われました, 打っ違いざらにある