青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「懸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

憎悪~ 憚~ 憲法~ 懇意~ 應~ ~懐 懐~ ~懐中 懐中~ 懷~
懸~
~懸け 懸け~ 戀~ ~成 成~ ~成っ 成っ~ ~成った 成り~ ~成る

「懸~」 1009, 10ppm, 10969位

▼ 懸つて~ (80, 7.9%)

31 ゐた 5 居た 4 ゐて 3 もあ 2 ゐました, をる, 居て, 来た

1 [29件] からは殆ど, こんな思ひ, その瞬間, その竿, ならなかつた, は手, は男, もその, ゐさ, ゐたが, ゐたこと, ゐたそして, ゐたと, ゐたといふ, ゐたので, ゐたアメリカ・インヂアン, ゐた十字架, ゐた父祖伝来, ゐた筈, ゐた門野, ゐた額面, をり, をります, 居たの, 居りました, 居りますな, 居りラツパ, 行くこと, 長い廊下

▼ 懸~ (80, 7.9%)

3 の前 2 にした

1 [75件] があっ, がか, が一つ, が下, が二幅, が家康, が懸, が懸っ, が気, が現, が見える, だった, だの, だの香炉, であったが, でした, でも, との蒐集, などの家康伝来, なんぞ, にでも仕立てさせ, にでも仕立てさせよう, になっ, には最も, にもずゐ, に払う, に眼, に絵, に線香, に見入りたかった, の上部, の中, の価額, の懸, の掛け, の文字, の表具, の講釈, の鑑定, はこの, はその, は天下一, は宗教的, は手早く, は方一尺, は流れる, は長年, へと視線, もとうに, もまた, も机, も枠, やその他, や刀剣類, や骨董, をかけえ, をじっと, をひろげ, をまく, を一幅, を出し, を取り出し, を右手, を外し, を巻い, を巻き, を拝す, を枕もと, を添え, を蓋, を見, を見た, を見る, を鏡, を順々

▼ 懸~ (79, 7.8%)

2 並木の, 尊い事, 朝の, 松さ, 樹の, 間を

1 [67件] こずゑにも, ございません僕なんざ, と云う, ないやう, やうに, よいもの, 上に, 上の, 並木が, 並木を, 人々には, 人である, 人は, 人力車彼はと, 仮寓, 仮寓小さい, 傍に, 分疏, 参詣で, 友人二見十郎, 可い, 喧嘩から, 土壇場です, 宜い, 宜いも, 家には, 小屋と, 小屋は, 小屋又は, 展覧即売会が, 工業行なわるる, 巧みなる, 影が, 後世の, 心願象頭山に, 悪いの, 悪かった, 昔の, 是非無く, 木が, 木の下で, 木の下の, 木の根もとに, 木立から, 松, 松だ, 松で, 松は, 槍が, 槍を, 段は, 発声と, 空前に, 絹の, 緑陰よろし, 者は, 良いもの, 良くない, 若葉が, 若葉に, 若葉の, 荷物を, 葉に, 袖の, 註に, 隣り合せ, 魚を

▼ 懸~ (79, 7.8%)

10 をし 3 して, をかけ 2 しながら, とも付かぬ

1 [59件] いさましく上熊本駅, があちこち, がある, がし, がした, がよ火, が一斉, が出ない, が樽野, が起った, が闇, さするかと, そろへて, だ, だけ勇ましい, で, であたり, であった, で仕事, で大和家, で少年たち, で浜, で舟, といっしょ, とが人間, と共に, と同時に, と拍手, と森厳, と足音, など, などをかけ, にかわっ, には恰も, に似た, に何とも, に勢, のうち, のこと, の下, の先, の間々, は, はハンケチ, ばかりが澄み, ばかりで, ばかりをし, もせず, もできない, もなかっ, をした, をします, をする, をそろえ, をだした, をはじめた, を合せ, を発し, を虚空

▼ 懸~ (31, 3.1%)

2

1 [29件] が宜しく, だから, だ飼殺, つたが, つて, ではない, でもする, でやっ, で黒, としてそれ, となり, について必要, にならない, になろう, に出, に及び, に及びける, に来た, の上金三十五兩今宵中, の末年一ぱい金五十兩, の樣子, の筋, はせた, ひ無理, ふ故, もせざりし, れよ某, をやった, を遂遣

▼ 懸~ (30, 3.0%)

2 知らぬ振を

1 [28件] して, なったか, なつたんで御座います, なられたん, なりました, なるん, なる時, もう一度絶壁, 似たので, 似たる故に, 來たんだ, 依ず慈悲, 傳吉は, 充てたは, 入れた, 堂々かかる, 女房お, 存じます早速, 懸けて, 来たん, 突込ん, 見立てし句, 言訳し, 這入つて, 達成しよう, 降られても, 頬杖つい, 顔赧らめ困り

▼ 懸~ (29, 2.9%)

2 がある, が強く, のない, をし

1 [21件] があれ, がない, でいらつ, とのため, と利害, なおまた討入, なしの, に緊め, に興味, の件, の呼応, は国々, は部隊部隊, もない, や手続, をかわし, をされない, をもってはいられない, をやめた, を掌, を理由

▼ 懸~ (25, 2.5%)

2 を揚げ

1 [23件] がし, が下し, が下り, が外れ, で何, になった, に手, の錠, の音, は外れ, をかけ, をさし置く, をし, をはずした, をひらい, を下す, を内側, を外し, を外す, を掛け, を掛ける, を放しかけ, を放そう

▼ 懸~ (24, 2.4%)

2 来て

1 [22件] ある手ランプ, いて, おいた, ゐたり, 下されたり, 人生を, 同人が, 夫と, 奉行越前守伊豆守殿へ, 寫が, 強く摩り, 我々を, 斫込だり, 燒立其中にて, 突きか, 艶や, 行よく, 行共其詮無しと, 迯行けり, 遣は, 金剛杖を, 馬を

▼ 懸~ (24, 2.4%)

5 のない 2 がある, をいう

1 [15件] があっ, があった, があつ, があるらしい, が籠っ, して, であるとしても, ですが, なしである, の, のある, はない, は恕, をいっ, を言

▼ 懸~ (24, 2.4%)

2 啼く

1 [22件] から見る, がい, がうまく, が一羽, が来, が林, が真似, が頻りに, である, と懸合い, どり, のこと, の方, の眼, の眼瞬き, の美しい, は再び, は猛鳥, は赤裸, は飛びてするどかりしか, を奪い取った, 啼きて

▼ 懸つたの~ (21, 2.1%)

2 だ, は, は夫人

1 [15件] か, かあたり, が, が十一時, だと, だとの, である身, でしたが, とそつくり, はそれ, は何, は外, は大手道, は無え, は祠

▼ 懸~ (21, 2.1%)

1 [21件] いいしには, かけて, かけ顔, して, すると, せし事言語, 乞いに, 俗に, 初めと, 半ば絞った, 取って, 悠々と, 掛けたるを, 櫛に, 涵し, 知らざる者, 紹介しました, 見せ, 謂う, 鍋取, 附けし者

▼ 懸~ (17, 1.7%)

4 になっ

1 [13件] たる身分柄中途半端, だ, だろう, ってなん, ということ, となっ, とはその, にございまする, に被, の, の分際, の藤原邦通, は不自由

▼ 懸かつて~ (16, 1.6%)

7 ゐる 1 あるので, おる, ゐた, ゐたの, ゐると, ゐるゴオガン, 居る, 居るその, 死のうと

▼ 懸~ (12, 1.2%)

2 夏らしく輝き, 朝ごとに 1 あるまい, なれたその, まだ寄越さん, やはり名人, 当て字それを, 支那の, 現在の, 穏かで

▼ 懸~ (12, 1.2%)

1 [12件] た, たが, たその, たの, た恋, た者, てどうも, て斜, て極, て極付, て気, て腹

▼ 懸~ (11, 1.1%)

2 惡く 1 よくわかる, よくッ, 冠の, 善くない, 宜しゅうご, 悪いの, 悪うがす, 木に, 良いので

▼ 懸~ (11, 1.1%)

2 から軸物 1 として愛用, とはどうしても, とを眺めた, の, は奉納, を, をキッ, を一枚, を誂ら

▼ 懸~ (8, 0.8%)

1 いい実に, いひ天晴, いふところ, 呼ばせて, 呼ぶこと, 手絡あり, 申すの, 細捲

▼ 懸かつ~ (7, 0.7%)

31 た中間搾取者共, た医者, た時, てるやう

▼ 懸~ (7, 0.7%)

1 た, たもの, てならぬ, ても余り, て不安, て来るです, て見る

▼ 懸~ (7, 0.7%)

2 の水, の縁 1 あり, から流れ, は冬

▼ 懸たり~ (6, 0.6%)

1 ける因, ける折節山風烈くし, ける斯, ける此間, 小鍋, 金兵衞は

▼ 懸~ (6, 0.6%)

1 天晴なり, 有りし故, 目に, 自づと, 装飾も, 鍋取

▼ 懸~ (6, 0.6%)

2 目申候 1 依頼に, 目候事千万, 目儀於我等者不定之, 目度義有之

▼ 懸~ (6, 0.6%)

1 がそれとなく, と共に束の間, にヨーイ, の調子, を連呼, 勇ましく御

▼ 懸~ (5, 0.5%)

3 すれば 1 あるが, だったのに

▼ 懸~ (4, 0.4%)

3 のない 1 なしで

▼ 懸~ (4, 0.4%)

3 も畏く 1 も畏し

▼ 懸時計~ (4, 0.4%)

1 が今, の下, は懶い, を見守っ

▼ 懸椅子~ (4, 0.4%)

2 に腰 1 にグッタリ, に凭れ

▼ 懸~ (4, 0.4%)

1 が一隻塔, が印刷, の通る, をいっぱい

▼ 懸~ (4, 0.4%)

1 がある, でいずれ, で落口, を横切っ

▼ 懸~ (4, 0.4%)

1 がありました, にし, も無く, も花瓶

▼ 懸~ (4, 0.4%)

4 の如き

▼ 懸つて成~ (3, 0.3%)

3 ませぬ何故

▼ 懸とは~ (3, 0.3%)

1 下々の, 如何する, 質が

▼ 懸~ (3, 0.3%)

2 に名 1 に年齢書

▼ 懸取り~ (3, 0.3%)

1 に行っ, に行った, やらに忙しく

▼ 懸合事~ (3, 0.3%)

1 などに出掛ける, にせん, の気転

▼ 懸~ (3, 0.3%)

1 になっ, の端, の頂

▼ 懸~ (3, 0.3%)

1 しようなどという, の旦那, 来れと

▼ 懸~ (3, 0.3%)

1 の南裏通, の紀伊国橋, の美吉屋

▼ 懸~ (3, 0.3%)

1 が四つ, の一種, の上

▼ 懸~ (3, 0.3%)

1 が見え, の明き, の障子

▼ 懸腕直筆~ (3, 0.3%)

1 で富士山, というよう, と云う

▼ 懸茶屋~ (3, 0.3%)

1 には絹, の前, の彼方

▼ 懸蒲団~ (3, 0.3%)

1 が三枚, の上, を引っ被る

▼ 懸蒲團~ (3, 0.3%)

1 だけで, の下, は氣

▼ 懸~ (3, 0.3%)

1 と称し, を負わせた, 少々宛上納

▼ 懸だの~ (2, 0.2%)

1 孔雀石の, 蒔絵の

▼ 懸つた~ (2, 0.2%)

1 主殺し, 黒い捲き

▼ 懸つた額~ (2, 0.2%)

1 が目, に目

▼ 懸つて來~ (2, 0.2%)

1 たので, る

▼ 懸つて水~ (2, 0.2%)

1 の滴り, を離れる

▼ 懸つて足下~ (2, 0.2%)

2 と我輩

▼ 懸つて閣下~ (2, 0.2%)

2 の肩上

▼ 懸てぞ~ (2, 0.2%)

2 居たり

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 彼処へ, 来ました

▼ 懸ながら~ (2, 0.2%)

1 入來りしに, 内へ

▼ 懸にて~ (2, 0.2%)

1 すべての, 面々飛出し

▼ 懸よき~ (2, 0.2%)

1 女にて, 故なり斯

▼ 懸人穢多~ (2, 0.2%)

1 という事, と相付居申所

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 へ廻つて鷲, より未

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 彼, 此

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 の鬼王, は措

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 へ, へを買ふため

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 えられた, へられた

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 といひし, と言いました

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 に難行, を爲

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 から盗みだし, を開い

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 に張合つた次第, を着けた

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 にがつちりとく, のお

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 たる錢十貫文之, 最早手筈

▼ 懸脚絆~ (2, 0.2%)

1 まで穿旅支度, 迄も穿率

▼ 懸色々~ (2, 0.2%)

1 と云寄, 衣

▼ 懸行燈~ (2, 0.2%)

1 この常, に水茎

▼ 懸~ (2, 0.2%)

1 の亂, より

▼ 懸障子~ (2, 0.2%)

1 に小次郎, へ自分

▼1* [190件]

てはおきまする, 懸げようと, 懸もって, 懸じゃあ盲目の, 懸だけは穏か, 懸つた五目飯の下等, 懸つた仕事でハヤ其半, 懸つた侠気があつ, 懸つた古家で, 懸つた可なり立派, 懸つた大な姿見, 懸つた山の上には禿鷹, 懸つた形にこびりつい, 懸つた後なんで, 懸つた風なもん, 懸つた魚に違, 懸つて仕方がねえ, 懸つて仕様がない, 懸つて修業するの, 懸つて富右衞門を押伏, 懸つて岩石震動するの, 懸つて有故其の, 懸つて煩悩が起きた, 懸つて燻ぶつて, 懸つて片端より焼け上り, 懸つて空を踏ん, 懸ては魂の, 懸というものが, 懸なく閉籠て, 懸などがとうに黄いろい, 懸などを見廻しながら, 懸になつて居ります, 懸ねんなくひたすら, 懸はりなく心, 懸下り五兵衞は, 懸ほして有, 懸まで迎ひ, 懸みの根かもじ, 懸インキ瓶の, 懸可候, 懸ケタカ知レヌカンジンノ旦那ヘハ不忠至極ヲシテ, 懸ケタリマタソノ鍵ヲアチラコチラヘ隠シタリシタノカ, 懸ケテ吊ッテアッテ, 懸ケテヤレトイロイロ云ウカラ考エテミタラバオレガ心得違イダカラ夕方ウチヘ飛ンデ帰ッタラ, 懸ケテ運動ヲ為サントノ決心, 懸ケ人ト語ルニハ戯弄多ク, 懸コレサ音吉殿大分閙しさ, 懸ニッケル製の巻莨, 懸直越, 懸リマセンガイズレアナタガ新夫人トナラレタ暁ニ改メテ拝顔, 懸リ人数多討タセ, 懸ヶ谷の入口, 懸一ツでのああ, 懸上単身では出向かれぬ, 懸揺篆煙遶竹梁, 懸宮往古年中行事にも, 懸並ベ内ニハ資財雑具, 懸並木のあちら側, 懸人桑原甚内御首, 懸代金は元, 懸何一ツ是ぞと云, 懸りしが, 懸迄にて昨今, 懸候儀なれば, 懸候心底には候はず左樣, 懸候某を御, 懸候節加役方の御, 懸候趣きにて右秀儀里方, 懸候間寮主雲石殿も末頼母しき者, 懸値無しの真, 懸價無しの天下一品, 懸公家と附けたるなり, 懸其日は入牢, 懸其許庇の下, 懸具合が気, 懸勝助ガ首ヲ取, 懸は雪中其物, 懸古今厚薄異なるなり, 懸合つて居られるもの, 懸合申せし通り娘事先, 懸合處未だ一向, 懸合話をし, 懸合金百十五兩にて彌, 懸合面倒とはなりけり, 懸名乗リ懸勝助ガ首, 懸の姿勢, 懸声それもこれ, 懸声みたいに, 懸声もろとも杉田, 懸声もろともに, 懸声喚声板の踏, 懸声蒸気の笛, 懸声諸共わしは身体, 懸半空白, 懸天晴なる者, 懸如何に左仲内記殿, 懸姿の美しく, 懸と云, 懸岳低, 懸その事田町通り, 懸ぬれ共, 懸と称えた, 懸居候處私し元, 懸のこと, 懸山さんまで碁, 懸と思われる, 懸岩屏風のご, 懸巣さんこんちは, 懸で拭く, 懸平日百か二百, 懸床ゆららとわれ, 懸から村役場, 懸の謡い, 懸式呂張を根柢, 懸引きのない, 懸引相手である, 懸引知らずな若殿気質, 懸の日, 懸をも見ず, 懸惡漢共に付込, 懸所前主水町, 懸持ちといふやつ, 懸換えをする, 懸數年住馴し故郷, 懸暫らく御待有, 懸とは夢さら, 懸して, 懸の下宿, 懸村方困窮の人, 懸瑞北天, 懸の法, 懸の枯葉, 懸權現堂の土手, 懸次第またどんな, 懸正直實義を以て遣ひける, 懸をなし, 懸の端, 懸の如し, 懸の動揺, 懸に炬燵, 懸炬燵にあたって仮寝, 懸に於, 懸の類, 懸物柱かけの生花, 懸物活花ことごとくが, 懸物花瓶その他の装飾品, 懸物青銅の品, 懸衣並帷大口, 懸用人無事に紀州表, 懸直無しの所, 懸直無し私も一ツ, 懸して, 懸矢竹梯子細引龕灯提灯鉦というよう, 懸種々に口説, 懸のよう, 懸稲黝い畑, 懸空的に落ち, 懸老来いよいよ御壮健, 懸聲等喧びしく今稽古眞最中, 懸自分の望み, 懸船中より直に, 懸の香, 懸花入は松, 懸花入れの写生, 懸花火のよう, 懸花瓶には後れ, 懸若旦那樣は失敬, 懸茶二十四袋が例, 懸のよう, 懸蓬莱が畳, 懸行燈等の華美, 懸衣翁というの, 懸衣袴まで, 懸に應, 懸訴人に出, 懸貞宗の短刀, 懸軍さの懸, 懸にて惡漢, 懸邪舌を以て罪科, 懸酒井殿乘打御免と云, 懸にかかっ, 懸の金作, 懸針金作と称した, 懸たかくかかりたる, 懸鉤子の匂, 懸銀拵への茶辨當合羽籠兩掛三箇跡, 懸銀杏欅皆新詩社, 懸銀納付者の称, 懸の上, 懸鶴見畷など打