青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「懐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

憂~ ~憂鬱 憂鬱~ 憎い~ 憎悪~ 憚~ 憲法~ 懇意~ 應~ ~懐
懐~
~懐中 懐中~ 懷~ 懸~ ~懸け 懸け~ 戀~ ~成 成~ ~成っ

「懐~」 2652, 25ppm, 4573位

▼ 懐~ (665, 25.1%)

105 して 65 入れて 13 抱いて 11 手を, 抱かれて 9 入って 7 いれて 5 入れた, 入れながら, 突込ん 4 入れたまま, 隠して, 顔を, 飛び込んで 3 しまって, とびこんで

2 [39件] ありて, ある, お小遣, お金が, お金を, しつつ, しながら, しまふ, すると, せんも, わたくしが, ガサガサと, 何か, 入りて, 入るの, 入れば, 入れました, 入れること, 入れると, 加速度を以て, 小判百両ありし, 帰れば, 弁当あり, 戻って, 抱きて, 押し込んで, 採り入れられて, 活きる, 眠り同じ, 蔵し, 這入って, 金が, 金の, 金も, 金を, 隠した, 飛びこんで, 飛び入ったと, 飛び込んでは

1 [329件] あった例, あった剃刀, あった紙, あった薬, あつた, あり只, あり教会, あり散る桜, あり母, あるだかい, あるだけの, あるほまち, ある先刻, ある家, ある幼児, ある泥だらけ, ある物, ある紙入, ある蟇口, ある金, いくら金が, いだかれた激烈, いだき入んと, いっぱい砂利, いる子, いる幼子, いれそうして, いれ死骸, いれ黙って, おかまいなし, おさめる, お入れ, かなうところ, ころげ込んで, し, しがみついた, しがみつく, したなり, したまま, したまま胸, したまま首, したる人々, した女, した姿, した手, した時, した書付, した書状, した片手, した諸国, した青木, しっかと圧, しっかり入れ, しつ健児大助, しては, しのばして, しのばせた短刀, しのばせゴム, しまいました, しまい札束, しまい立ちぎわ, しまい鏡台, しまうもの, しまった, しまつて, し二頭, し佐伯, し俳友, し六美女, し得た, し恬, し既に, し煙草, し身, し青扇夫婦, すがって, すること, するの, するまでの, するよりも, するりと辷る, する人, する超, すれば, ずって, せしブック, せず, せり, せる奴, その郊外, それを, たんまりあるだろう, だん, つきこんで, つっ込んで, つッ, どすと, ないから, なった処, なりました, ぬれぬよう, ねじこんで, ねじ入れ, ねじ込みざまガラッ, ねじ込みました, ねじ込んだり, ねじ込んだ帳面, ねむった夢, はいれば, はさんで, ひしと縋っ, ふと水瓶, ぽうと, もって, もやし露, ゐるやう, グイと, 一人抱かれよう, 一個の, 一杯お金を, 一杯薯を, 七時頃家を, 三十円入れ, 三歳の, 不平を, 人となりたる, 今あつ, 仕舞い込んだまま, 仕舞った, 仕舞って, 任した, 任せる野獣, 何かを, 作るは, 入った右手, 入った百円紙幣, 入っとる手紙, 入つて何, 入りぬ, 入り手, 入る, 入るぐらいな, 入るならば, 入る至楽, 入れし鼈甲, 入れそれから, 入れたま, 入れたら堅い, 入れたり, 入れた手, 入れやがて, 入れり地, 入れるだけの, 入れるよう, 入れチリ紙, 入れ上, 入れ中途, 入れ先, 入れ其の, 入れ前もって, 入れ後, 入れ手, 入れ提灯, 入れ矢立て, 入ろうと, 内れ, 出刃を, 刀を, 別れなければ, 剣を, 加担した, 匕首を, 匿し持ったる, 十円あれ, 十手の, 十枚ばかり, 協いたる, 印象を, 収め, 収めた, 収めた彼, 収めた瞬間, 収めて, 右を, 合ふところあり, 呑みこまれて, 呑み幸い, 呑んだ三十両, 呑んだ鉄磨き, 呑んで, 周平は, 啜泣, 喰い入りのちのち, 噛り付いた, 多少余裕, 夢の, 大に, 容れること, 富んでも, 小さく畳ん, 小判一両たしかに, 小楊枝を, 就いて, 差し入れて, 差し込んだ, 差し込んだまま, 差入れらるる, 帰って, 帰るもの, 平等あり, 引き入れるなんて, 影響します, 彼は, 彼女が, 往来し, 復って, 忍ばせたもの, 忍ばせたり, 忍ばせて, 忘られぬ, 忘れざる旧友, 愴然たる, 慣らされて, 憂を, 懐剣を, 手帳素足に, 投じて, 抛りこんで, 抱いたの, 抱いたまま一人, 抱かれたい自然, 抱かれたる心地, 抱かれた幼年, 抱かれた心安, 抱かれないの, 抱かれる時, 抱かれ伏見, 抱かれ敬愛, 抱きかかえる幼年者, 抱きしめて, 抱きよせようとして, 抱き込まれるやう, 抱くの, 抱く夢, 抱く珠, 抱こうと, 抱擁せられ, 押しこんだ, 押し込みました, 押し込んだの, 押し込んでる金入, 持ったまま, 持った百十四万余, 持って, 挟って, 挿み, 捩じ込んで, 捩ぢ, 捻じ込む真似, 接しまた, 掻き込むよう, 暖まって, 暖めつつ, 有ったろう, 服して, 木屑材木の, 残って, 沈んで, 浮んだ事, 深く眠っ, 温められて, 満々たる, 潜みながら, 潜り込もうという, 無い事, 片手を, 狙った密書, 猫を, 生活を, 畳んで, 盗んで, 相変らず, 眠らば, 眠りたいとさえ, 短刀を, 禁ぜざら, 秘めて, 突っ張って, 突込まれる, 突込み片手では, 筑摩県庁あての, 納め, 納めたから, 納めて, 納れ, 縋って, 肘まで, 肩から, 育まれた谷川, 胸を, 膝に, 膝を, 自然の, 茶袱紗を, 落ちて, 落ちるわけ, 落つる時, 裄短な, 触れるよりも, 語られ敬虔, 読みかけの, 諸雑費, 護られつつ, 財布が, 費っても, 走ったの, 身を, 転がり込んだので, 這い込んで, 重たく眠り臥し, 金え, 金は, 隠し持ったる短刀, 隠し突っ, 順一は, 預けて, 頭から, 飛込んだり, 黒い表紙

▼ 懐から~ (342, 12.9%)

11 出して 9 例の, 財布を 6 一通の, 取出したの 5 出て 4 取出して, 手拭を, 紙を, 紙入を 3 一枚の, 何か, 手紙を, 金を

2 [15件] バットの, 出したの, 出した白い, 取り出して, 手を, 手帳と, 抜いて, 新聞紙を, 汚ない, 洋封筒を, 畳んだ手拭, 紙片を, 萌え出るであろう, 蛇の, 部厚

1 [238件] かきを, さっき書いたらしい, さつきの, さも大事そう, するつと, そっと, そっと盗すむ, その文案みたい, その晩, その灰皿, そろそろ刀, だらしなくはみ出した, ちょいと, とりだした紙包, とりだして, とり出したの, とり出しながら, はなさぬ慈悲, はみだしてる甘, はみ出して, ふかし芋, ほらこの, まき上げるという, また一枚, また薄い, まともに, わざと悠々と, カステラとか, カルモチンの, スケッチ, タオルの, ノートブックを, ハアモニカを, バレンと, ポケット猿が, 一寸ばかり, 一巻の, 一掴みの, 一本の, 一片の, 三千円を, 両手を, 二三本の, 二冊つづき, 二枚の, 二通の, 仰せ渡され, 位牌を, 何物かを, 八つ折の, 八両の, 写生帖を, 写真を, 出した, 出したが, 出したもみくちゃ, 出した一枚, 出した半紙, 出した半紙横綴, 出した小さな, 出した小刀, 出した手, 出した胴巻, 出し放った, 出すと, 出そうと, 出たので, 出たばかりの, 出た手首, 出た白旗, 出た金, 出ても, 出ました, 出るの, 分厚の, 利益を, 前に, 前の, 剣を, 包みを, 十両貰った, 十字架と, 十手なんか, 十手を, 千両, 千代子の, 半紙の, 原稿の, 原稿を, 原稿用紙を, 取りだしたの, 取り出される逢状, 取り出した, 取り出しながら, 取り出し主人, 取り出し冒頭, 取り出すと, 取出した, 取出したぎらつく刄物, 取出した匕首, 取出した大, 取出した畳紙, 取出した種ヶ島, 取出し幾箇, 取出す胴巻, 受取ったまま, 右手を, 合口を, 図書の, 国許の, 塩煎餅を, 夕刊を, 大きなちりめん, 大きな布, 大きな紙入, 大きな財布, 天眼鏡を, 妙な, 孟子を, 小い袋, 小さい手帳, 小さい紙片, 小さい風呂敷, 小さな煙管, 小さな石, 小さな箱, 小さな網, 小さな鋏, 小さな錦, 小判で, 小判を, 小菊を, 巻物を, 帛紗包を, 帳面を, 引っ張り出しそして, 引出して, 思ひも, 房枝の, 手丸提灯を, 手先を, 手帳を, 手首を, 折木に, 抜いたの, 抜きにか, 抜出した合口, 放した, 放したこと, 新しい切り立て, 旅金の, 日本外史を, 日本新聞を, 昨夜の, 書付を, 書類を, 最前の, 東海道分間図絵を, 桃色の, 母の, 毛抜入れを, 汗に, 汚れた手拭い, 油光り, 油紙に, 洋書の, 浅黄の, 海へ, 添え書きようの, 源を, 無理に, 焼き芋を, 煙草入を, 燧石を, 瓜が, 生ずる田中さん, 生れ出す数, 用意の, 男たちを, 白鞘を, 皺だらけの, 盞を, 目薬を, 真白な, 眼鏡の, 短銃を, 碧玉の, 穢い手拭, 空気枕だの, 紅い糸巻き, 紐の, 紫の, 綺麗な, 縄を, 肩へと, 背中へ, 脇差見た, 脱けだす, 色々な, 落ちそう, 落ちた, 落雷の, 蝦蟇口を, 蟇口を, 袂髷節の, 袋を, 見ながら, 覗かせて, 詩集を, 贈物の, 赤い缶詰, 足袋を, 転げ出るとともに, 辷ったに, 逃げ出すよう, 逃れて, 金の, 金包を, 金子を, 釵を, 銀を, 銭を, 鋭い小刀, 鍵を, 鏡を, 離すよう, 離れたという, 雪踏が, 青い封筒, 風呂敷を, 鮑貝を, 鳳凰の, 麦藁を, 黄いろく光る, 黒い表紙, 鼠色に, 鼻紙の, 鼻紙袋を

▼ 懐~ (251, 9.5%)

19 にし 17 の中 7 へ入れ 5 に入れ, へ手 4 から財布 3 から出した, から取り出した, から抜いた, にした, に入れる 2 から何, にある, に入った, に入れた, に息, に金, の財布, の金, へ入れた

1 [161件] からでも出た, からはノート, からふく, からジヤックナイフ, からスケッチ, からナイフ, からバラ, から一封, から一枚, から出, から出し, から出た, から制帽, から十手, から取りだす, から取り出し, から引つ, から引張り出し, から拉しこられた, から椀, から滑り落ちた, から煙草入, から番附様, から百何十円, から盃, から紙入, から葉子, から覗かせ, から風呂敷包, から飛び出した, から黒塗り, がさびし, がさびしく, が大きい, が寂しく, が寒く, が怪しく, が温まった, が痛む, だけがこうして, だけにそう, であった, でなずんだ, では出来ない, で握り絞め, で施し, で縦横, で自分, に, にこそ測り知られぬ, にしまいこみ, にすやすや, にする, にたくしこんだ, にねじ込ん, にはおのおの四十万ルーブリ, にはさきほど, にはなかっ, には一文, には二十ルーブル, には刑事人類学, には店, には身分不相応, にへえる, にも余裕, にも出なく, にも幾分, にウィスキイ, にカチ, に一人, に入っ, に入る, に入れてる, に入れました, に剃刀, に大船, に安, に小判, に巨額, に帰った, に忍ばせ, に戻っ, に抱かれ, に挾まっ, に捻じ込む, に捻込みつ, に明治卅年, に書置き, に東京, に流れ込んだ, に線香, に落します, に遠く, に鍵, に音, に顔, に飛び込み, に飛び込ん, に飛び込んだ, のいたまない, のいたむ, のなか, の児, の内, の写生帖, の十手, の広い, の所, の暖かい, の潤い, の銭, はそう, はそれだけ, は偉大, は手一ぱい, は書物, は温かく, ばかりこやし, へしっかり, へしまつ, へと進む, へねじ込む, へはいる, へ入, へ入る, へ入れる, へ向, へ向っ, へ忍ばせ, へ懐ろ, へ抱かれ, へ押し込む, へ押し込んだ, へ押入れ, へ捻じ込む, へ捻込み, へ道中手形, へ飛びこん, まで心配, も大分, も怖, も温かく, より用意, をあたためる, をあて, をいつの間に, をさした, をすっかり, をふくらませた, をも肥やし得る, を十手, を当て込ん, を探, を探り, を探りました, を探る, を朶, を温かく, を空, を見入った, 深く入り

▼ 懐~ (224, 8.4%)

40 入れて 29 手を 10 入れた 5 飛び込んで 4 入って 3 入れたり, 捻込んで 2 しまった, つっこんで, ねじこんで, ねじ込んで, 入ると, 入れ, 入れたが, 押し込んで, 顔を, 飛びこんで

1 [110件] おしこんだ奴, かくして, かくす, これを, ころげこもうという, ころげこんだの, しまいこんだ, しまい込まずに, しまうと, しまえないから, しまったまでに, しまつて, たたんで, とびこんだかも, どろんと, にじり込ませて, ねじ込みながら, ねじ込むの, ふわりと, ぶち込む事, また逆戻り, まつしぐらにをどりこみ, デッかい, ネジ込む, 一本忍ばせたろう, 乳房を, 仕舞いこんだ, 仕舞った, 入った右手, 入り嘴, 入る, 入る金, 入れそれ, 入れたから, 入れたなり, 入れた大事, 入れた手, 入れた枳, 入れた郵便物, 入れちゃったの, 入れてるの, 入れてるん, 入れます, 入れや, 入れる, 入れると, 入れるよう, 入れる奴, 入れる真似, 入れ足, 入れ部屋着, 出た, 匕首の, 匕首を, 匿し, 十手と, 原稿束をね, 収め, 収めて, 取りこんだ, 右手を, 吊して, 吸い込まれて, 大きく風, 子供を, 届いて, 差込んだ, 帰って, 引込めた, 懐炉を, 手, 手が, 手などを, 手なんか, 手紙を, 抱かれでも, 抱きとって, 押し入れさせ此, 押し入れて, 押し込みました, 押込んだ, 敷島の, 流れ込んで, 深く突き込ん, 無精らしく, 無精らしく入れ, 片手を, 突こみながら, 突っ込んで, 突込みそうに, 納めた, 納め頤, 納れ, 素早く入れた, 絡りつい, 羽織の, 草履か, 落して, 袴を, 踏みこむと, 軽く挟ん, 軽快に, 這入るじゃ, 集めること, 飛びこませなくては, 飛び込まうつて, 飛び込むよう, 飛込むよう, 飛込もうと, 飛込んで

▼ 懐~ (208, 7.8%)

24 中に 16 中から 12 中で 11 中へ 6 中には 5 中の 4 中を, 十手を 3 うちに

2 [13件] ことを, なかで, 上から, 勘定を, 奥の, 捕縄を, 暖かな, 短刀を, 菓子包みが, 財布から, 金を, 金入を, 魚を

1 [97件] いたまない気分, いろんなもの, うちで, うちには, うれし味, かげんかで, さびしいの, しまいどころ, そばへ, ために, だらしなく膨れたる, なかに, なかへ, なかも, なかを, まま栄蔵が, ものに, ように, キャラメルを, ターヘルアナトミアに, 一端を, 上を, 不平と, 中だ, 中な, 中にも, 中ばかり, 中手の, 乳のみは, 乳を, 人相書を, 余り途中で, 内から, 内に, 写生帳が, 前に, 匕首から, 十手なんかを, 四文銭六枚で, 大海, 奥から, 奥ふかく, 奥へ, 好い方, 如何を, 委曲を, 守袋の, 寒くなった, 寒むさうな, 小刀を, 左手を, 当りを, 御都合次第, 懐剣の, 手も, 手拭を, 手紙に, 景気が, 暖え, 暖かい奴, 暖かそう, 有無により, 栗を, 淋しいこと, 淋しい折, 淙々と, 深くない, 温かい時, 煙草を, 煮, 片手を, 状を, 猫を, 玉を, 申の, 画帳が, 短刀の, 糸巻を, 紙入から, 紙入れ, 紙入を, 紙包みを, 紙包を, 脹れて, 致す所, 蕭条たる, 裡に, 詩に, 財布が, 財布に, 重いこと, 金と, 金よりは, 金入から, 雪踏が, 韻に, 魚の

▼ 懐~ (199, 7.5%)

4 ひろげて, 探ると 3 さぐって, 探って, 痛めずに

2 [14件] あけて, 傷めなかった, 当てに, 捜すと, 探った, 掻合せ, 散ずるに, 狙ったの, 狙って, 肥やして, 託する, 遣る, 開いて, 離れられるよう

1 [154件] あたると, いためた, いためないで, いためなかった, いためるの, いふ, うたって, おさえて, おさえ褄, おもは, かきま, かきまわす時, くつろげて, さがした, さぐらせた, さぐりました, さぐると, して, じろりと見, そっと押えた, その論述, た, たたきました, ちょっと抑え, とり戻して, なでながら, ねらうだけ, ねらって, のぞいて, のぞくよう, はたいて, はなれる, はなれること, ひらいて, ひろげた, ふくらませながら, まぬかれずゆえに, もうけさせて, やらせようと, やるもの風鈴, 一番よく, 一足ごとに, 両手で, 亡き人に, 何と思う, 傷けんや, 免れずその, 全く別, 具えた見識, 冷やかに, 出で, 出でて, 出られやしまい牛若, 分つよう, 即席の, 去らない, 叩いて, 合せたって, 同じゅうしてこの花, 大きく仰天, 寄する, 寝処, 広く一膝出, 弄って, 当に, 心がけて, 思いやって, 想へば, 愉しむに, 慕った, 慕ふと同時に, 慰するに, 慰むるに, 払いた芸妓, 抜いたに, 抜く役目, 抱いたまま, 拡げ微, 持って, 持つ運命, 指さした, 捜して, 捜しても, 捜しながら, 捜って, 捜る, 探した, 探して, 探すと, 探ったかと, 探つた, 探つて, 探りましたら思い, 探り紙包みの, 探り袱紗, 掻合せる, 掻開け, 揺り固めた, 撫でま, 撫でまわして, 改めて見よう, 放ち互いに, 有って, 歌ったに, 気に, 沁, 洗って, 清澄の, 滌ぐばかり, 痛めないもの, 相手に, 示さむがために, 示すよう, 秀吉自身の, 窺ふ, 美しく語り伝え, 肥したは, 肥して, 肥し乍ら, 肥やさうと, 肥やさんと, 肥やしたに, 肥やしても, 肥やすが, 肥やすだけ, 肥やすと, 肥やす事, 肥やす為, 脅かすほどの, 膨らませて, 行動に, 見せたくは, 覗いて, 覗かなくとも, 解くかの, 解さないもの, 託そうとして, 詠じたもの, 語り随意放任, 読んで, 賦し, 述ぶ, 述べそれから, 述べた一章, 述べて, 述べられるわけ, 遣り一具, 遣るの余戯, 都に, 開けて, 離れて, 離れなかったので, 養う事, 鷹揚に

▼ 懐しみ~ (35, 1.3%)

4 のある 2 がある, の多い, を持つ

1 [25件] があった, がない, が涌い, が湧き上りました, さえ沸き起る, さえ見せ, そうして言う, ではない, と云った, ながら二人きり, ながら私, に富んだ, に近い, の深い, の籠った忘れ, の籠つた響, はする, は通う, も常, を感じられる, を有, を深く, を蘇, 一夜寝, 両親や

▼ 懐~ (34, 1.3%)

2 妊婦の, 寒くなる, 淋しくな

1 [28件] あった, あり過ぎて, いいん, お苦し, くり, しみ称, つてゐた, なか, なければ, ふくらんでるの, ふくれほう, みで, 冷やかであっ, 危しくなっ, 寒くなら, 平地から, 恋しくなっ, 有る, 淋しくなっ, 温かけりゃあ, 温まって, 空に, 窮屈だった, 肥ゆる, 脹らんで, 見えますか, 見たいん, 許せば

▼ 懐には~ (34, 1.3%)

2 いって, 十円近い

1 [30件] それだけ原稿料, たくさんの, なかった, ふてて, まだ前夜, まだ昨夜, もはや十ルピー, 一文も, 中田に, 乳を, 二百や, 何か, 偶然捕縄が, 出し忘れた, 即金二百両の, 口を, 可愛い, 合口を, 嘗て和蘭医, 女に, 容易に, 少からぬ, 少しも, 居ようたつて, 弐拾円しか, 昨日おりた, 欣弥が, 無えんだ, 百だって, 落ちつかなかったろうという

▼ 懐~ (26, 1.0%)

2 が歿, である, を連れ, 字は

1 [18件] が三十二歳, が二十五歳, が四十歳, が怙, が続い, が辛巳西遊中, で懐, に其古泉癖, に自, に譲つた, より穉, 七歳たか一歳の, 三右衛門矩之三市である, 其忘年の, 小野富穀等と, 少卿, 懐之の, 第二たかの

▼ 懐ろ手~ (24, 0.9%)

10 をし 2

1 [12件] から手, して, でソロ, で乗込ん, で暮す, で澄し, で頭越し, の外記, の襟, をした, をしてた, を襟

▼ 懐~ (22, 0.8%)

2 涼しいし

1 [20件] きゅう, ざるに, ないの, まことに見上げた, また秋風落寞, 一文なし, 久しく深雪, 傷まないの, 十分重かっ, 四五日で, 寒むさうでも, 惜いや, 推しても, 死人の, 滅びたる世, 無人島を, 相当苦しい, 穏かに, 肥るばかり, 蓋し江戸ッ児

▼ 懐より~ (22, 0.8%)

2 顔を

1 [20件] かの髪の毛, すらりと, 兎を, 児を, 出し, 天眼鏡を, 太陽上る, 懐へ, 手を, 手紙を, 把り出した, 日の, 時計を, 桃色の, 椀を, 横笛を, 橡実にて, 烟草入を, 笛を, 銭を

▼ 懐~ (22, 0.8%)

1 [22件] いたしてねえ, した, したか, したとき, したわけ, した胎児, した験, すでにその, するとき, するならば, でしかも, ではござりませぬ, なされた由, のこと, の原因, の場合, の女, の為め休業中, は最早, りたりと, をし, を致しました

▼ 懐~ (20, 0.8%)

1 [20件] お暇, もって, もつて, カチカチ山の, 一冊の, 其時泣き死に, 勝手に, 取り出した時, 安定を, 寝ながら, 手拭で, 暖めて, 決断の, 温めて, 物案じという, 生きる者, 糞を, 蛇の, 金の, 銭を

▼ 懐~ (19, 0.7%)

2 ごとに, の情

1 [15件] が故に, ことさらに, ことなし, だけでなく, というよう, のである, の人情, の詩, よりも幾層殷, よりも母, 事切なる, 切なりし, 時は, 様に, 風情かな

▼ 懐しむ~ (18, 0.7%)

2 のだ

1 [16件] ことが, という意, とともにその, のには, のは, の情に, まで眉, やうに, 心が, 心それが, 心と, 心は, 心を, 思いの, 情と, 感傷などは

▼ 懐ろ鏡~ (14, 0.5%)

1 [14件] があった, が一つ, が怖い, が落ち, でこいつ, は, をくれた, をどこ, を取出した, を敵討ち, を時次, を林彦三郎, を死骸, を縁側

▼ 懐~ (13, 0.5%)

1 [13件] いっこう感興, がさがさと, 倶利迦羅紋紋の, 冷たい私たち, 動く可, 寂しくなっ, 持って, 未だこれ, 温かいので, 温くは, 目立たない, 見せては, 隠れるけに

▼ 懐之の~ (12, 0.5%)

1 [12件] 初旅, 妻は, 家は, 家へ, 店主人で, 後を, 歿した, 退隠は, 養子なる, 養子三右衛門に, 養子三右衛門は, 養子矩之矩之の

▼ 懐~ (11, 0.4%)

1 [11件] にはなに, に入りたる, に宿りたる, に抱かれた, に産, に盈, に躍り入る, の物, の紙入れ, へ押し込んだ, を捜

▼ 懐~ (10, 0.4%)

1 こい, こいこと此, こいところ, こいの, こい女, こい娘, こい子, こい眼, こい笑顔, こく縋つ

▼ 懐~ (10, 0.4%)

2 くさい草書, の書, は是 1 というもの, のよう, を喜ぶ, を習うた

▼ 懐~ (9, 0.3%)

1 が, しか或は, て彼, て牀頭, て英風, て詠める, 寐ぬれ, 慕ひ, 春の

▼ 懐うて~ (8, 0.3%)

1 いわゆる, その人, も追い付かず, 復職され, 悵然たら, 慙愧の, 梅実を, 胸一杯に

▼ 懐~ (8, 0.3%)

1 他人の, 余裕を, 化して, 大洋の, 思召す, 本来の, 相談の, 香色とを

▼ 懐~ (8, 0.3%)

1 のじ, ばかり, 事しかく, 山本修二先生を, 心止み, 念の, 為に, 麗は

▼ 懐工合~ (8, 0.3%)

1 がいい, がよく, が悪い, はその, はなほさら, は非常, も以前, よろしいらしく

▼ 懐~ (7, 0.3%)

1 にも見え, に抱える, に灯, に言, に話しかける, に進み寄った, に頷い

▼ 懐~ (7, 0.3%)

2 にあの 1 がある, に振返る, に窓, はどんな, を存ずる

▼ 懐ろ紙~ (7, 0.3%)

1 につつん, に挟ん, に矢立, をとりだし, を出し, を取り出す, を門

▼ 懐~ (7, 0.3%)

2 は問う 1 が師, が師事, もこの, を初めて, を首座

▼ 懐深く~ (7, 0.3%)

2 大切に 1 ねじ込みどうやら少し, 呑んだ十手, 抱きしめて, 抱き込まれて, 溯つた村

▼ 懐そう~ (6, 0.2%)

1 な柔和, な笑顔, にそれ, に写真, に彼, に鳴い

▼ 懐にも~ (6, 0.2%)

1 いつぱいになつた松ぼつくり, 余裕を, 入らないから, 幾分の, 盗みあまって, 背にも

▼ 懐之は~ (6, 0.2%)

1 これを, 主人信厚を, 固より, 年甫て, 柏軒より, 此年十八歳で

▼ 懐~ (6, 0.2%)

1 だった, の蓋, を出し, を取り出し, を持たせ, 取出して

▼ 懐~ (5, 0.2%)

1 こい眼, こい表情, こく, こさ, たりし

▼ 懐~ (5, 0.2%)

1 ざるを, しめる鳥, ずには, せるよう, ぬにては

▼ 懐具合~ (5, 0.2%)

1 から言え, もそんなに, を, を語っ, を鑑定

▼ 懐都合~ (5, 0.2%)

1 で見合せなけれ, とその, のいい, もあり, を見透かされる

▼ 懐しまれ~ (4, 0.2%)

1 てならなかった, て居られる, て来た, て来る

▼ 懐しまれる~ (4, 0.2%)

1 に従, のは, ものを, 性格の

▼ 懐~ (4, 0.2%)

1 から奢った, から長い, しお, もんだ

▼ 懐でも~ (4, 0.2%)

1 探すよう, 掻い探る如く左手, 聞かせんか, 覗う

▼ 懐へでも~ (4, 0.2%)

1 入れたの, 入れば, 入れること, 抱かれて

▼ 懐加減~ (4, 0.2%)

1 が宜, に少し, を聞く, を見通す

▼ 懐合い~ (4, 0.2%)

1 ではどう, の見, の遣繰り, を勘定

▼ 懐~ (4, 0.2%)

1 で性質, とは違っ, にはまことに, 或は上田秋成

▼ 懐時計~ (4, 0.2%)

1 の銀鎖, をはずし, を出し, を押しかえした

▼ 懐良親王~ (4, 0.2%)

1 であって, につき九州, に遺, を奉じ

▼ 懐~ (4, 0.2%)

1 に夢, に求めた, のよう, を忍び泣く

▼ 懐ふかく~ (3, 0.1%)

2 押し込まれると 1 のんで

▼ 懐へも~ (3, 0.1%)

1 どれだけ, はいった, 袂へも

▼ 懐まで~ (3, 0.1%)

2 かき廻して 1 見通しさ

▼ 懐~ (3, 0.1%)

1 帯の, 袂に, 袂を

▼ 懐ろ刀~ (3, 0.1%)

1 だよ, に手, をぬき出し

▼ 懐ろ子~ (3, 0.1%)

1 で何, に育っ, のよう

▼ 懐ろ都合~ (3, 0.1%)

1 のため, の潤沢, も思いやられる

▼ 懐仙閣本~ (3, 0.1%)

1 である, の病源候論, を借り

▼ 懐~ (3, 0.1%)

1 しいやう, するか, せられるの

▼ 懐月堂~ (3, 0.1%)

1 のふくれた, の幅, の江戸

▼ 懐~ (3, 0.1%)

1 に在り, に走らしむ, を保ち

▼ 懐~ (3, 0.1%)

1 に確, に養, を百七十円

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 を書す, 声を

▼ 懐うのみ~ (2, 0.1%)

1 げにしかり, ならず父母

▼ 懐くっ~ (2, 0.1%)

1 て涙ぐまるる, て身

▼ 懐くる~ (2, 0.1%)

2 に徳

▼ 懐けど~ (2, 0.1%)

2 露塵ほども

▼ 懐って~ (2, 0.1%)

1 ぬうと, ハラハラと

▼ 懐つかしい~ (2, 0.1%)

1 のか, 情緒を

▼ 懐つこ~ (2, 0.1%)

1 さうに勇まし, さを

▼ 懐つて~ (2, 0.1%)

1 ぬうと, 居るん

▼ 懐である~ (2, 0.1%)

1 と考えたらしい, のだ

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 お方とは, 様子澄んだ

▼ 懐なる~ (2, 0.1%)

1 二十一年来この, 兇器に

▼ 懐にでも~ (2, 0.1%)

1 お抱き, たちまち飛び込ん

▼ 懐にね~ (2, 0.1%)

1 ぢこみ, ぢ込ん

▼ 懐にのみ~ (2, 0.1%)

1 ふさは, 耽る者

▼ 懐はじめ~ (2, 0.1%)

1 のごとし, の如し

▼ 懐へと~ (2, 0.1%)

1 帰って, 急ぎつつ

▼ 懐れた~ (2, 0.1%)

2 のと

▼ 懐ろ具合~ (2, 0.1%)

1 とによつ, もたしかめず

▼ 懐ろ工合~ (2, 0.1%)

1 じゃ覚束ねえや, の方

▼ 懐われ~ (2, 0.1%)

1 て来まし, て縁組

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 だ, 中へ

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 こい所, こく誘いかけた

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 入レテイテ, 取リ込ムラシイ

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 開キテ好, 陳ズ

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 の有る, や一夕

▼ 懐姙致~ (2, 0.1%)

2 しました

▼ 懐徳堂~ (2, 0.1%)

1 から町人学者, の歴史

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 は同じく, 少康

▼ 懐月堂等~ (2, 0.1%)

2 の諸家

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 の女, の民

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 の賦, 之賦

▼ 懐淋しい~ (2, 0.1%)

1 から今頃, 良平は

▼ 懐紙挟み~ (2, 0.1%)

1 で金襴革, の中

▼ 懐育ち~ (2, 0.1%)

1 のお, のまま

▼ 懐良王~ (2, 0.1%)

1 の書, は後醍醐帝

▼ 懐~ (2, 0.1%)

1 が無い, に限る

▼ 懐風藻~ (2, 0.1%)

1 に残つた作物, に載った

▼1* [141件]

くれば, 懐あるにあらず, 懐いその姿, 懐いっぱい詰め込んで, 懐うございます厭ぢや, 懐うごとくしばらく息, 懐うて死ぬべく覚えたので王宮, 懐うて泣かないはずは, 懐うに至るの, 懐うの彼はかく, 懐えてきこえた, 懐えり故郷の, 懐かつたの, 懐かのような, 懐からも袂からも, 懐ぐあいのよいことを示そうと, 懐さうに彼に従い, 懐しかつたのは, 懐ししと思い, 懐しまうとする, 懐しむ思ひのひとつ, 懐するところの, 懐だったかも知れず, 懐胎んで, 懐っこいやつでは, 懐ったのである, 懐ってるのだ, 懐っ子で発育, 懐つかしくて, 懐ではあるが, 懐とを尊敬し, 懐なりし出刃は, 懐なんか捜る, 懐においてこれを, 懐にせる百金は, 懐にとりたまひ, 懐になど入れて, 懐にものあるをば, 懐にゃ入らないん, 懐はせるやうな, 懐ばかり覗いて, 懐ひ出して病後, 懐ふこと切, 懐ふて見やうかとも思, 懐ふものは, 懐へではあるまい, 懐へねぢこん, 懐へまで手を, 懐もある, 懐みたいな顔, 懐むにはあらず又その, 懐よりも些反別が, 懐ろぎだとかいう気分が亡くなっ, 懐ろ加減のいい, 懐ろ加減想ふべしである, 懐ろ手六法を踏む, 懐ろ煙草入銀延の細い, 懐ろ育ちのお嬢さん, 懐ろ鏡一つでお松, 懐わせた, 懐をばなるべくそのままそっと脇, 懐を以て天下を, 懐んで居る人, 懐シクテ好キダ, 懐テ至ラズ涕涙地ニ洒ギ遂ニ此花ヲ生, 懐入レバ猟師モ撃タズ, 懐ニシ蘭ヲ握, 懐ロニシ涙ヲ注, 懐之と同庚, 懐之と共に京都に, 懐之等が導誘, 懐仁地方へと進ん, 懐仙楼蔵と記, 懐仙閣も亦, 懐仙閣蔵の書, 懐て我言, 懐了せしを, 懐俗情に忤らざる, 懐でも町内, 懐具合いは割り, 懐大法師, 懐でたり, 懐出してそれ, 懐が到来, 懐千載憂, 懐印南一以上五首あること, 懐卵期で卵, 懐厚朴之才, 懐のズッシリ, 懐園消夏襍詩なぞその, 懐の念, 懐からの多那川, 懐うべから, 懐大きく腰下りに, 懐姙中その母能, 懐姙出産を要因, 懐姙婦人が喰, 懐す駒, 懐と云つて, 懐宝図鑑という小形, 懐家病に罹っ, 懐寧県では豆, 懐を空し, 懐の永嘉年中, 懐帳面の紙, 懐常に洒々落々たり, 懐弁当箱の中, 懐得る人の, 懐で俺, 懐恩王となし, 懐の一つ, 懐して, 懐愛しそうにに, 懐愛しくなる, 懐感禅師法照禅師少康禅師, 懐探つて取出す, 懐提灯に火, 懐宴相, 懐木駿卿柴担人去年此夜与両生, 懐は, 懐淡きこと水を, 懐深してん, 懐煙草入が一つ, 懐狭く寧ろひょっとこ, 懐玉有罪など言っ, 懐甫水兄於書無敢不読既通泰西文字, 懐を出し, 懐竹抄を読んだ, 懐紙入れでした, 懐などの諸, 懐良王明史に良懐, 懐袍別に春, 懐の中, 懐ってやつ, 懐金郷の程彬, 懐鉄砲というやつ, 懐を読む, 懐等に, 懐雄壮を覚え, 懐風藻等を見, 懐風藻類似の文集