青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「性質~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

急~ ~急い 急い~ 急ぎ~ 急ぐ~ ~性 性~ ~性格 性格~ ~性質
性質~
怨み~ 怪~ ~怪しい 怪しい~ 怪人~ ~怪我 怪我~ ~怪物 怪物~ ~恋

「性質~」 7821, 75ppm, 1503位

▼ 性質~ (1830, 23.4%)

254 もので 168 ものである 73 ものだ 44 ものであった 28 ものでない 20 ものに 19 ものだった 17 ものです 16 ものと 15 よくない 13 ものが, ものな 12 ものとして 11 ために, ものか, ものであり, ものを 10 ものであります 9 ものであろう, ものでなく 8 異った, 違ったもの 7 ものであっ, 人であった, 人では 6 ものでした, ものでなけれ, 中に, 人だ 5 うちに, ものだろう, ものの, 中には, 人が, 人で, 人である, 人に, 男は, 美しさ 4 ことを, ものじゃ, ものは, ものも, ものらしい

3 [19件] あること, ことで, この人, なかに, ものぢや, ものでなかった, 上から, 上において, 中で, 人な, 仕事である, 女だ, 女で, 悪い悪戯, 持主であった, 男な, 者は, 良くない, 金な

2 [91件] あるもの, ある点, いい乞食, いい娘, ことです, せいか, ためである, ちがいによる, ちがうもの, なかには, ものかと, ものかという, ものだったろう, ものだらう, ものでありません, ものでしょう, ものでも, ものとは, ものなら, ものなり, ものにおいては, ものには, ものばかり, ものゆえ, よい人, ようである, ように, よさ, よさそう, をなごだ, 一つ一つを, 一歌詞を, 上より, 中の, 人です, 人の, 人は, 人を, 人間が, 仕事の, 仕事を, 作品である, 光を, 処世的な, 出来事の, 問題でも, 善良な, 変化を, 多いもの, 大人さだ, 女が, 女である, 女に, 子でした, 屋敷な, 差は, 差も, 幾分を, 影響を, 思想です, 悪いこと, 悪いの, 悪い金, 手紙を, 持主である, 持主であるらしい, 文学である, 文学と, 方が, 時計では, 概念である, 氣むづかしい處から, 点の, 猛惡, 男だった, 男であった, 男では, 男に, 異なるもの, 異なれる, 相異, 相違が, 相違は, 研究に, 研究は, 者が, 自分は, 良さ, 説明には, 間に, 麟は

1 [696件 抜粋] あなたは, あの娘, あらゆる費用, あらわれるの, あるの, ある唾液, ある者, いい人, いい奴, いい男, いい資本, いい運動, いじけて, いたすところ, うえから, うちで, うちには, おとなしい子, おもしろさ, お文, かの女, きわめて温順, ことであっ, ことであります, ことである, ことな, ことにも, この集まり, これは, さびしいもの, しっかりした, すぐれた者, せいでも, そして余り, そそっかし屋, それも, それを, ためか, ためかも, ためじゃ, ためです, ための, ためも, ちがいが, ちがいにおいて, ちがう人々, ちがう建設期, ちがったもの, ちがった涙, つよい文筆家たち, どちらかが, なかの, はっきり現われ, ぴちッと, ほうから, ほかに, ままで, まま何等かの, もあり, もと円満, ものかは, ものさ, ものすな, ものたとへば, ものたる, ものだつたら, ものであったなら, ものであったら, ものでありまし, ものでありましょう, ものでありませう, もので無い, ものとか, ものなりや, ものなるや, ものらしかった, もの故, もの日本は, やさしいところ, やや詳しい, よいところ, よい方, よい若者, ようです, ようにも, よからぬ, よくねえ, よくわかった, よって, よ過ぎたる, わるい女, グレディエントが, ジャックの, ドユパンと, パッと, ビジネスらし, マリユスは, 一つであろう, 一つを, 一個の, 一徳でありました, 一種の, 一角と, 一部が, 一面に, 一面の, 一面即ち, 上からも, 上でも, 不幸だ, 不良な, 両面を, 乗合船, 事で, 事件の, 事柄が, 事柄だつた, 事柄な, 事柄に, 事柄を, 事業として, 事業に, 互いに, 五人扶持が, 人々が, 人々であろう, 人か, 人たちかと, 人だった, 人であり, 人でした, 人でない, 人ゆえまあまあ, 人らしい, 人物が, 人間であった, 人間であります, 人間では, 人間に対しては, 人間は, 人間を, 介在する, 仕事だろう, 仕事では, 仕事でも, 仕事に, 仕掛が, 似て, 佐佐木茂索である, 何処かに, 何物なる, 佛蘭西婦人は, 作品で, 作品であった, 作品であろう, 作品と, 作品を, 作業であった, 価値は, 俳優が, 傾向に, 優しい人馴れ, 元素が, 兄と共に, 兇器なる, 兵乱とは, 内から, 内で, 内には, 内へ, 内部に, 処へ, 出来ごとの, 分らない仕事, 利己主義者に, 刺戟に対して, 劇団で, 勅撰の, 北村は, 区別も, 危険性が, 又は何れ, 反映で, 叔母の, 古さ, 史料に, 史料によって, 告白でも, 品物は, 哄笑が, 唾液が, 善く交, 善悪や, 善良のは, 噂が, 土器と, 型通りであるらしい, 場所では, 増大とともに, 変った思い, 変って, 変る筈, 変化それらの, 多くは, 大きな欠点, 大人しいお, 大臣は, 大躰, 天晴傾城の, 天来の, 夫人である, 奇稀性に, 奥が, 奥村氏二人を, 女じゃ, 女だった, 女であった, 女でした, 女と, 女には, 女子でも, 女房では, 女房らは, 女王は, 好い猫, 好い男, 好過ぎたる, 如何で, 如何なるもの, 如何には, 妙子は, 娘だ, 娘だった, 娘で, 婦人だ, 婦人であった, 子に, 子供は, 孤独が, 学科で, 学科と, 安は, 定義とは, 宜しくない, 家である, 家老が, 容易ならぬ, 対局な, 対立は, 少女を, 山だ, 川瀬は, 差に, 差を, 差異が, 差異を, 差違から, 弱点が, 弱点を, 彼の, 彼女には, 彼女は, 必然性である, 怒かも, 思惑を, 性質を, 悪いいわゆる, 悪いやつ, 悪い乳母, 悪い兄, 悪い奴, 悪い強面, 悪い洲崎下, 悪い狂犬, 悪い男, 悪い組合, 悪い継母, 悪い萎縮腎, 悪い郡内, 悪い青年, 悪事を, 情を, 惡る, 惧れで, 愚鈍な, 感応が, 感情を, 或る, 或部分等, 戦争を, 持ち主で, 持ち主であり, 持主であります, 持主に, 接吻が, 改良が, 故にいわば, 故にこれ, 教養こそ, 数も, 文学は, 文明な, 文芸である, 方で, 方に, 明るい疲れる, 時計を, 暗黙の, 暴行を, 曲がった人, 書にすら, 書物である, 書物も, 最も現われ, 有つ, 有限に, 本である, 材料の, 根底を, 根柢に, 格闘を, 極端な, 楽器では, 欠乏が, 歌だ, 正成で, 歴史的混合物である, 比較は, 水だ, 注意力知識慾階級闘争の, 活かし方, 流水である, 流行としての, 混じて, 漸次的進歩に, 火を, 焦点を, 然らし, 物で, 物は, 物を, 特徴である, 特異の, 特色として, 犠牲と, 犯罪たとえば, 獰猛らしい, 現れである, 現象と, 生物に, 甦えっ, 由来は, 男が, 男だろう, 男であっ, 男です, 男でなけれ, 男と, 男の子です, 異つたもの, 異つた夜, 異なったもの, 異なった二人, 異なるを, 異なる者, 異なる部分, 異例と, 病気に, 癖に, 発達を, 発露だ, 的中する, 目標と, 相反する, 相手では, 相違などは, 相違を, 真実性を, 真情を, 矛盾は, 矛盾を, 矢を, 短慮な, 研究が, 研究であろう, 研究という, 研究とか, 研究所の, 破損が, 磊落なる, 秀ちゃんです, 私は, 稍明か, 種族であった, 穏かな, 究明が, 究明と, 空想夢幻的な, 童子だろう, 笑い言が, 粉について, 粗, 純な, 紙で, 紙な, 素直な, 細かいこと, 組合なんだか, 結社だろう, 統一として, 線が, 罪人は, 美な, 美の, 美を, 美術館は, 者で, 者であった, 者でございます, 者と, 者に, 者には, 者を, 職能の, 腕白な, 自然な, 自然に, 自然を, 興味である, 舞台, 良いは, 良い邪推, 良く無い, 芝居で無い, 花火を, 若者だ, 荒い俥夫, 葛岡は, 蔓では, 薄弱な, 薄皮を以て, 表はれ, 裏とも, 觀念, 言葉が, 言葉でない, 記録では, 許す限り, 訳書も, 診療所だ, 証拠の, 話である, 語では, 諸原因, 謂である, 謎を, 賢いもの, 賢い狆, 週期的曲線は, 進歩が, 運動にな, 違いは, 違うこと, 違うこの, 違うた新撰万葉集, 違うところ, 違う旅, 違ったもの対立, 違った別, 違った心, 違った比較, 違った社会, 違った親愛, 違って, 遥かにより, 遺伝すなわち, 避くべ, 都市です, 金かという, 金では, 金属を, 金銭を, 鑑識に, 間の, 集合意志は, 難事業, 需要とて, 震動を, 青年は, 面白いこと, 革命に, 音が, 項に, 順序を, 領域でなく, 願い事でも, 類似した, 飮み, 飲み手である, 骨も

▼ 性質~ (1783, 22.8%)

102 持って 99 もって 39 帯びて 30 持つて, 異にし 29 異にする 27 有って, 有つ 23 知って 14 明らかに 13 もつて, 有して 12 帯びたもの 11 備えて, 異にした 10 有するもの, 示して 8 もつもの, よく知っ, 明かに 7 具へて, 多分に, 失って, 持つもの 6 具えて, 有ち, 考えて 5 あらは, 有すること, 有た, 有ったもの

4 [11件] あらわして, もつ, 与えて, 充分に, 根本的に, 欠いて, 理解する, 表わして, 規定する, 語って, 離れて

3 [26件] おびて, そなえて, それ自身において, なお相応, もつたもの, 備へ, 別に, 子に, 帯びる, 帯ぶる, 帶ぶる, 意味する, 指して, 異にす, 異にせり, 発揮し, 知つてゐる, 知らない者, 知るため, 研究した, 研究する, 融通する, 見るに, 見抜いて, 説明し, 露骨に

2 [86件] すつかり呑み込んで, そなうる, そなえざれば, もったもの, よく承知, よく理解, よく見定めなさい, より多く, 一に, 与えたの, 与えるの, 与える原因, 代表し, 会得し, 全く同, 具備した, 具備する, 具備せし, 出来るだけ, 判断する, 利用し, 十分に, 受け取ること, 吟味し, 吟味する, 否認し, 含んで, 呑み込んで, 変じて, 変更する, 失うて, 失うならどうして, 失った, 客観的に, 帯びては, 帯びること, 帯びるに, 帯び芸術本来, 帯び賞味, 忘れて, 思うと, 持ったもの, 持つ, 持つから, 持つこと, 擔ひ, 放棄する, 最も能, 有するを, 有せる, 有つて居る, 有つと, 有て, 検べて, 概括し, 比較する, 決定し, 決定する, 現わす, 発揮する, 知った, 知つ, 知つた, 知らざるが, 知らないからの, 知らんと, 知ること, 示すと共に, 示すもの, 究めその, 精確に, 考えると, 表して, 表は, 見た, 見て, 規定し, 観察し, 詳らかに, 説明した, 説明する, 調べるには, 身に, 述べて, 限りも, 顯は

1 [899件 抜粋] あきらかに, あらわしはじめて, いいえ子, いい尽し, いい現すこと, いかに活用, いった言葉, いろ, うけついで, おのずから具えた, おびたる上, お危ぶみ, かうして, かえること, かなり正しく, かんたん, きはめて, ぎんみし, こうも, この常識, さえもって, さながらに, しみじみ考える, しらべようと, すっかり受継いだ, すっかり見通し, そだてて, そなえた女の子, そなえ余程, そのうち, その儘享, その場合, その濃, その著, たとい出版, ためようなんて, だめに, つきとめて, とかく欠き, とること, どんなに伝えよう, なくしよう, のみこんで, のみ込むうへに, はっきりと, はっきりわからせ, はっきり認識, はやのみ込ん, ふくむ返事, ふんだんに見せ, ほめ度, まげたり, まだ十分, むきだしに, もう少しお前, もたせたがった, もちそして, もちまた, もち得ず從つて體系, もち自分, もったやつ, もった大望, もった池, もった超, もっては, もつたカーテン, もつた芸術, もつてるん, もつの, もつよう, もつ元素, もつ方向づけ, もつ道徳的原因, もつ雑誌, や, よく了解, よく吟味, よく基礎, よく心得, よく活かした, よく知つて, よく知りぬい, よく示す, よく表し, よく証拠立てた, よく調べる, わきま, わきまえないもの, わける特殊, エーヴは, ハッキリ嚥, 一変した, 一層明確, 一日も, 一言し, 一身に, 与えられたまま, 与えられて, 与えるため, 之に, 二つの, 云い表わすの, 云い表わす最も, 享けた私は, 人臆しする, 仕込み替えて, 以って, 会得しえない, 伸ばすやう, 作り自然, 保存し, 保存せしめ, 保証し, 假託し得る, 備えた人間, 備えた者, 備へて, 元来持つ, 先入主で, 克く, 免れて, 全く同じ, 全く同じくし, 全く異, 共通に, 具えたもの, 具え滄海, 具し, 兼ね備えたもの, 兼備し, 再び考え直させる, 出ないもの, 分け合ったん, 分化発展する, 分析する, 判ずること, 利用した, 到る所, 剔抉し, 勞働生産物そのものの, 区別した, 千数百年に, 半分失はね, 危ぶんでるから, 原子の, 収得と, 取り付けるもの, 取り出し之, 取り替えるから, 受けたと, 受ける民画, 受け取るため, 受け継いだん, 受け継いで, 可なり, 同うし, 同じうし, 同じゅうするものではないが, 否定し, 吾, 呑みこんですなほ, 呑み込ませたつもり, 味は, 問は, 噛みわけて, 培ひ育て, 培養し, 士地が, 変えたよう, 変えられて, 変えるでありましょう, 変えるには, 変ずる丈, 変化せし, 多くもっ, 夢に, 大きく二つ, 大略聞い, 失います, 失える, 失つただけ, 失つた証拠は, 失はうとして, 失はぬ限り, 失ひ從つて, 失ふこと, 失わない, 失わなかつた, 好きが, 好く表してる, 好もしいこと, 如何に, 子孫に, 完備せざる, 完全なり, 実にゆたか, 実感し, 察して, 實に, 尊敬し, 少しでも, 少し添え, 尚持続, 帯びがち, 帯びざるもの, 帯びしむるときは, 帯びずには, 帯びそして, 帯びたあの, 帯びたるもの, 帯びた一つ, 帯びた不良分子, 帯びた商業劇場, 帯びた団体的同盟罷業, 帯びた手軽, 帯びだした, 帯びてるの, 帯びなかった, 帯びるの, 帯びる風, 帯び劇芸術, 帯び意欲的能力, 帶びずに, 帶びだした, 帶びてゐることをも物語つてゐる, 帶びて來る, 帶びて各, 帶び意欲的能力の, 帶び易く, 底まで, 強調したい, 強調する, 形作つて, 彼は, 御存じの, 御観察, 御説明, 心配し, 忌憚なく, 忘れた点, 快不快, 忽ち失っ, 思い出して, 思ひ出させる, 恥かしい, 恵まれた新, 悪いところ, 悲惨なる, 惹き出して, 愛して, 愛でられて, 感じた, 感ずるの, 感覚した, 憶定する, 或る, 承けて, 把握しない, 投票させた, 抜け出させるの, 抽象, 持たされる, 持たせ集会宴席, 持たない人, 持たぬもの, 持ちながら, 持ち出しても, 持ち相互, 持ち謂, 持った人, 持った人間, 持った生活事実, 持った自然科学, 持つが, 持つたらしい, 持つたトルストイ, 持つた人間, 持つた所, 持つてないと, 持つであろう, 持つと, 持つ実, 持つ程度, 持つ進歩的辞典, 指すこと, 指すの, 指示する, 挙げ得るであろう, 捻出する, 排斥する, 探って, 探求の, 換へて, 撓めるため, 改善しよう, 改良すべきだ, 新入漢語の, 明らめたがりました, 明証の, 更にこうも, 最も一般的, 有しおるもの, 有した人, 有し啼泣号哭, 有し目的, 有す, 有するが, 有するという, 有するは, 有する一個, 有する一時期, 有する同, 有する歴史的時間, 有する租税, 有すれども, 有す故, 有たされた, 有った仮説, 有つこ, 有つて居ない, 有つて居ました, 未だに唄, 根絶する, 検出する, 極めて朧気, 極めて簡略, 檢査する, 欠き易い, 次第に重, 正しく解し, 此の, 歪める危険, 殊に, 殘らず知つた, 気附く, 決める, 法水さんに, 洞察する, 深く信じ, 満足させよう, 無くして, 熟知し, 片付けて, 特に指摘, 現す機会, 現はさ, 現在性, 理解し, 理解しなかっ, 生かすこと, 生み出すという, 生れつきも, 異にしたであろう, 痛感させた, 発展する, 発見する, 直接に, 省みては, 真に帯び, 眺めて, 知ったならそれほど, 知ってるせい, 知つてから, 知つてゐた, 知つて妻でも, 知らざるは, 知らずして, 知らずに, 知らないが, 知らないその, 知らない亭主, 知らなかった, 知らぬ唯物論者, 知らんが, 知りきって, 知りぬいてること, 知り得たわけ, 知り自分, 知ること緊要, 知るといふ, 知れる千々岩, 矯め束縛, 矯め過ぎるな, 矯正し, 矯正したい, 破った, 確実に, 示さなければ, 示した事実, 示してる顔, 示し従って, 示すと, 示すので, 示す可, 示す時以外, 私から, 科学的に, 究めできるだけ, 究めなければ, 究めるには, 空間曲率の, 等しくし, 純粹, 細かく鋭く刺戟, 紹介し, 結合する, 罵りはなはだしき, 考うる, 考えること, 考える上, 考え合せると, 考へると, 聖い, 聞き定めようと, 聞くと, 脱すること, 自分から, 自由自在に, 舞台は, 良いところ, 色盲検査表に, 苦に, 蔽いかくして, 表で, 表へ, 表現し, 表示する, 見きわめた, 見せた, 見せたゾッと, 見せるの, 見ないの, 見るうえ, 見信仰, 見出したもの, 見出すであろう, 見抜いたもの, 見抜きさき, 見抜く点, 見拔, 見究め勇敢, 見通してる賢者, 規定される, 観察した, 観察する, 解する鍵, 言い表わすため, 言って, 訊きたいと, 記述した, 証拠立てただけ, 試驗した, 話すの, 詳に, 認めないわけ, 認めると共に, 認識し, 語りて, 語り顔, 語るもの, 誤解し, 誤解せず, 説明しかけた, 説明しない, 説明しよう, 調べその, 調べたもの, 調べてから, 調べまた, 調べるか, 調べ上げて, 調査する, 論じようと, 論ずるの, 論理的に, 論評すべき, 識別した, 變じ, 變化する, 變化せられた, 賛美する, 賦與する, 跡づけ得るよう, 述べたの, 逐一物語った, 違えねば, 遺伝いだ, 遺却, 釋放し, 鋭く把捉, 鍛へる, 間接に, 限定する, 除いて, 雲の上から, 非難せぬ, 額に, 顧みて, 顧みるより, 駿介は

▼ 性質~ (821, 10.5%)

33 ある 11 違って 8 あって 7 あるので 6 あるから, 似て 5 あつた, あること, あるの, 備わって, 変って, 彼を, 違います, 違うの, 違ふ 4 ちがって, 非常に

3 [15件] ありました, あるか, あるもの, あるよう, がらりと, ちがう, 出て, 変化し, 多分に, 如何に, 性質な, 現われて, 異る, 違う, 違うから

2 [41件] あった, あったの, あります, あるという, あればこそ, おとなしすぎ, そうな, たまらなく好き, どうあろう, なくなって, よくわかる, よく似, わかる, 一変し, 不規則だ, 今までと, 分って, 反映し, 善良で, 変るの, 子に, 実に愛らし, 宿ります, 微に, 忽然苦痛に, 性格として, 悪い, 手に, 明るくて, 次第に発達, 残って, 潜んで, 現れて, 異って, 異なって, 能く, 表面に, 許す限り, 起る, 違うもの, 違うん

1 [570件 抜粋] あったから, あったろうかと, あなたがたの, あらはれて, ありこれ, ありそう, ありましたから, ありますから, あり境遇, あるいいかえると, あるが, あるだろうか, あると, あるといふ, あるならそこ, あるにもか, あるわ, ある区域, ある炭, ある爲, ある程度において, ある言葉, あろうとも, あんまり感情的, いいそう, いかなるもの, いかにも自分, いかに考えられる, いっしょに, いっそう強調, いっそう片寄っ, いとも濃い, いよいよ本格的, えらい違う, おとなしいという, おとなしくて, おのずから違っ, おぼろげに, おれに, お判りでしょう, かく生育, かなりち, かなりよくわかっ, かわって, きまって, こう変った, ここにも, この協団, この工藝, この弟, これらに, これを, これんばかしも, さうさせたやう, さっそくであっ, しからざれば, しだいに嫌悪, しっかりと, すっかり変っ, すっかり気にいっ, すつかり, そういうこと, そうさせた, そうしたもの, そうなっ, そのまま失われず, その原因, その友情, その時そこら, その特殊, それに, それほど盲目的, それらの, ただ文字, たとえその, だんだん分っ, ちがいます, ちがいますから, ちがいまた, ちがうか, ちがうから, ちがうでは, ちがうよう, でて, とかく冷たかっ, とくに研究, とくを, ともに温度, どうあらう, どういうもの, どうも違っ, どう走る, どこでも, どのくらいに, どんなだった, ない, ないかと, なかったら, なかなか只見, なければ, なんである, にわかに穏, のぞき出して, はっきりし, ひがんで, ひそむの, ひとしい, ひどく憧憬的, ほんとうに, まざまざと, ますます穏やか, まだよくわかっ, まだ人民層, まだ少し残っ, まつたく私, まつたく違うと, まるでちがう, まるで変っ, まるで違っ, みなの, むしろ得, むしろ文弱的, もしひとたび改変, もし本当, もともといわゆる, もと染物, やがて彼等, やさしくあった, よくあらわれ, よくて, よくない, よくなかった, よくなっ, よくねえ, よくのみこめない, よくわかっ, よく出, よく判つて, よほど楽器, よろしくない, わかります, わかるに, われらの, キツイのも, シッカリなすっ, シナ人一般の, ソレ程, ハッキリ分っ, ハッキリ甄別, 一体この, 一変した, 一本氣で, 一番はっきり, 一部の, 不思議なら, 不明な, 不遇な, 世界中どこへ, 丸で, 主に, 乏しいの, 京子の, 人に, 今に, 今の, 今はっきり, 今日の, 仕事から, 他方の, 似かよって, 似たところ, 似なくて, 似名前, 何かという, 何も, 余りよく, 依然として生き, 保守的である, 俯瞰もしくは, 俺の, 個人性を, 偏狭で, 偲ばれて, 元の, 充分には, 全く母, 全く異, 全く違う, 全然違う, 共に暮し, 具わって, 具わらない鏡, 内端, 処世的には, 出ずに, 出来て, 分らず平均, 分ると, 分るという, 分るまで, 分るまでには, 分る筈, 分れるもの, 分れれば, 前にも, 加わって, 劣等で, 効いて, 勤厚, 半政治的, 却って心棒, 却つて邪魔を, 原因し, 又は段階, 又他, 反対な, 反科学的, 合いませんし, 合わんこと, 同じこと, 同じで, 同時にクリティシズム, 向かって, 含有され, 吹き切らない限り, 唯物弁証法に, 問題と, 問題な, 善くない, 善なれ, 善良だ, 場所によって, 変ったか, 変つて来なけれ, 変らない限り, 変りかけて, 変りもっと, 変わったでは, 変わったよう, 変わって, 変わりました, 変わりましたそう, 外は, 多いでしょう, 多くなる, 大切で, 大変違う, 夫程, 失はれるの, 失われるから, 好いん, 好きだった, 如何にも淡泊, 如何にも自分, 妨げられること, 娘の, 嫌いで, 嫌ひなのよ, 学者肌に, 完全に, 定る, 察しられる陸軍少佐, 寫生風の, 將來果して, 少いの, 少し異なる, 尾花で, 屬する, 帝国主義である, 幼少い, 幼時から, 幾分か, 延びて, 強かつ, 当時に, 微妙に, 微温的に, 必然に, 必然的な, 忽然今一度かっと, 怜悧で, 思い浮べられる, 思い浮んだ, 急に, 急激である, 性質だけに, 性質であり, 性質です, 悪いから, 悪いからな, 悪いので, 悪かつ, 悪くつて, 悪くて, 悪くひねくれ, 悪ざま, 悪では, 惡いから, 惡く, 想像の, 想像出来る, 愛嬌で, 慎重だ, 我々に, 戦争以前と, 手機を, 持久, 持久戦争から, 指摘される, 探究される, 推察される, 改まらなかったの, 改造され, 救治法を, 数えられます, 文章に対して, 断片的であれ, 新文明, 明らかに, 明治初年の, 明瞭に, 普通の, 普通のとは, 暈しを, 曲って, 最も多く, 最大可能の, 有るかも, 未だ燒, 本当に研究, 本来備わっ, 本来頭ぬけ, 柔らぎ決して, 柔順で, 根本の, 根本的に, 極いい, 極めて漠然, 極めて臆病, 極素直, 欠けて, 次第に失はれ, 次第に少しずつ, 次第に闡明, 次郎, 歴然と出, 殆ん, 残忍な, 段々変っ, 段々女性化, 段々男, 母親と, 気に, 気に入った, 求められ発揮, 江戸へ, 決められたこと, 派手ずきな, 流行病的な, 消えて, 消極的であっ, 深くその, 混合し, 混合的である, 清くて, 減衰し, 温和であった, 温和な, 温順で捕, 漸, 潜むから, 激しく打ち寄せる, 激変する, 為する返答, 無いところ, 無邪氣, 然ら, 父に, 父の, 物質にも, 猶豫, 獣の, 現れる例えば, 理解される, 生じて, 生み出す一種, 男よりも, 異いエロシェンコ, 異うん, 異っ, 病的な, 発端において, 発見される, 発見せられる, 発達し来った, 発達する, 百害ある, 直接墨色と, 相背馳, 眼を, 知られたよう, 知られるとは, 碁石の, 禍いして, 私には, 秘密結社と, 稚気を, 穏し過ぎました, 究極に, 突きとめられないうち, 立体で, 素直でなかった, 累を, 組織化され, 経営難と, 結婚後急に, 缺けて, 缺點だらけの, 考えられるだけに, 耐えがたく忍び, 耕作や, 自分にとって, 自分の, 自然現象の, 至って優しく, 致命で, 良いもの, 花柳に, 若し一たび改変, 荒々しくなり, 著しく変っ, 著しく異る, 著明に, 薄情殘酷で, 見え透き興味, 見られます, 見られる様, 見出されること, 見失われて, 解ったかい, 解っても, 解らないらしい, 解らなくてな, 解らなくなった, 解らんから, 訣つて来る, 許されて, 詩を, 詳しく分れ, 認められる, 調べられた, 調和の, 謹厳でした, 豊沃であっ, 責任を, 賢く聖人, 車屋の, 軟弱に, 近似し, 退化し, 退化し始める, 違いすぎても, 違いますよ, 違います上, 違います彼等, 違い単に, 違い年齢が, 違い発作が, 違うて, 違うでしょう少し, 違うという, 違ったり, 違つた, 違つてゐ, 違つて居り, 違つて来る, 違ふだらう, 違ふと, 遺伝し, 邪魔を, 重大である, 重要な, 鍵である, 限りなく, 陰気で, 陰気でし, 陰気に, 陰氣だ, 陰氣で, 陶磁の, 離れて, 音を, 顔に, 顕著である, 顕著な, 風の, 養われたわけ, 髣髴と, 鬼王丸には, 鷹揚であるごとく

▼ 性質~ (491, 6.3%)

3 それを, 年を, 用に, 非常に

2 [27件] かかるもの, ここに, ただ極めて, ない, よく知っ, よさそう, ギリシア人の, 一変し, 之では, 之を, 今日の, 以前から, 何も, 同じである, 君の, 商品を, 変わりました, 如何に, 彼の, 悉く此背景, 明るくて, 氷の, 流体が, 私が, 穏しかった, 行動人は, 頼まる

1 [425件] あきらかだった, あっても, あのとおり, あの弱々しい, あらゆる人, ある, ある一人, あんなじゃ, いい方, いかに優しく, いくらかは, いくらか生, いくらか生意気, いたって, いっそう強かっ, いつでも, いつも物わかり, いよ, いよいよもの, うってつけであった, おのずから多く, およそ三段, おわかりでしょう, お化けの, かかる際, かくの, かくも, かなり根強かっ, かなり美の, きわめて快活, きわめて頑固, ぐい, こちらの, ことごとくそれ, ことしの, このとき, この小説, この春以来, この研究, この言葉, これが, これまで, これまでの, ご承知, ずっと後, そういうもの, そういう問題, そうしたもの, そう変らない, そう変らないでしょう, そなえて, そのま, そのままに, その世界性格, その呼名, その天分, その感受性もろ, その机, その父, その狭い, その粒子, それぞれ独立の, それだけぢ, それだけ軽く, それである, それとは, それに, それの, それほど偏頗, それ位の, たしかに多い, たしかに家庭, たしかに彼, ただちにその, たちまちその, だん, だんだん退化, ちと優し, ちょうど金力, ちょっと見る, であるから, とにかくそれ, どうか, どうかする, どうかと, どうだ, どこまでも, どんなもの, どんな性質, ないと, なんだか半分半分, なんである, はなはだ好ましから, ひとに, ひどく凶暴, ほぼ判った, ほぼ同, まじめな, ますます強く, また習慣, また職業, まだ本当にわからない, まちまちで, まるで正反対, まるで見られません, まるで違う, むきでも, むしろ優柔不断, むしろ動物, むしろ好ん, むしろ憂鬱, もたぬの, もちろん空気, もって, もっとも活溌, もっと純粋, もとよりよく知っ, もとより太陽, もと読書, やがて彼女, やさしいいい子, やや正直, よいけれども, よいと, よく一学, よく分っ, よほど薄く, より明, わかって, クリストフの, サロンなどに, ペール・ギュントが, ボンヤリ理解し, 一代ごとに, 一変した, 一度逢, 一方また, 一目暸然であった, 一致する, 万々承知だ, 三桁位の, 上品に, 不変絶対の, 人に, 人により, 人の, 人も, 今さら直す, 今なお, 仕方が, 他の, 代を, 代表され, 以上の, 以上論ぜし, 伊太夫としても, 似て, 似寄ってる笑い, 位置解析が, 何か, 何かという, 何であろう, 何処までも, 何所までも, 余りすき, 併し, 依然として劇, 依然として明らか, 倫理道徳の, 傲岸で, 働かせないよう, 僕が, 僧という, 先に, 先程も, 兎角物理的, 全くこの, 全く工藝, 全く異, 全く素人, 全体放任主義と, 全然外交官, 全然表現, 其意義を, 其頃も, 决し, 冷たくとも, 冷淡さ, 凡てこれ等二つの, 凡て生活への, 分らない, 分らないが, 分明に, 初めて愛, 別としても, 則ち異なる, 副次的であり, 剽悍で, 勘定高き現今, 勤勉で, 十分うかがう, 十分に, 十分には, 単純で, 単純である, 単純な, 反対な, 口数が, 可能性の, 各個人, 同じな, 同じやう, 同じよう, 同一なれ, 名馬ブーシファラス以來どんな, 唐代に, 善良とは, 善良な, 因循で, 固より, 国民的解放の, 土地人狭義の, 変えようと, 変ったけれども, 変ること, 変る筈, 多くの, 多分に, 多趣, 大体実際, 大津絵を, 天地の, 天性による, 天然自然に, 夫婦とも, 奇怪な, 女を, 好きに, 如何なる科學, 嫂とは, 嫌いです, 学問の, 学校の, 宇宙に, 完全そのものよりも, 実際人民, 寛仁大度この, 寛大で, 實際人民を, 寧ろ謹直慈悲, 将来何に, 少しくその, 山火事という, 市之助も, 布施とよせ夫人, 常識と, 平生知っ, 年と共に, 幾つかずつ, 弱いです, 彼に, 彼女を, 彼等の, 従前の, 從來からも, 必ずしも学問, 快活で, 快活である, 念に, 性格という, 性質として, 恐ろしい速力, 悉く非常, 悪いという, 愛す可, 戀せぬ, 成善とは, 或意味, 拍節的の, 持って, 捨て去られて, 掴めないの, 散弾の, 文太郎に, 新派草創の, 旅の, 既に拗け, 既に私, 日露戦争時代の, 早くから曲物, 早く描く, 明敏で, 時代との, 時代或は, 更うる, 更に大きな, 最後迄, 有核原子, 朝から, 本来の, 本質的な, 根本的に, 案外おとなしく, 案外温順, 極めて執拗, 極めて愚鈍, 極めて柔順温良, 極めて温和, 極めて貞淑恭謙, 極勝気, 極度の, 構成的である, 様々な, 権右衛門も, 機敏で, 次に物質, 正直で, 此度の, 歩行や, 殊に著名, 残忍であろう, 比較し, 氏が, 水と, 永久的興味を, 決して自分, 波羅夷罪の, 活溌に, 温厚で, 温和であった, 温順な, 無論ある, 無論兄, 無論無視, 無論相貌, 無邪気と, 無類に, 燃えさかる火, 父から, 父と, 物臭さの, 物質なる, 物體そのものの, 狼より, 現在自分の, 甚だ意志, 生利き, 田植時から, 異分子の, 異端者の, 疑はれること, 百歳までとも, 目に, 目耳鼻舌身の, 直ちにまた, 直らないというじゃ, 眞平です, 真の, 真実に, 矛盾などを, 知ってる, 知ってるん, 知らない, 短気の, 磊落で, 社会の, 祖父と, 神経衰弱その他生理的な, 神経過敏の, 穎敏に, 究められない, 第一次的性質, 簡単明瞭で, 素直で, 素直な, 経済上の, 結局墨の, 絶えず顕, 絶えず顯, 絶對的である, 緊密に, 緩慢なり, 考えただけでも, 職人芸で, 自分が, 自分は, 自然に, 至って軽, 至極剛情, 至極立派, 興味が, 花聟の, 茶人によって, 落ち着いて, 著しくない, 見えるものの, 訣らない, 読者の, 論理的である, 謂わば, 豪放であった, 逆に, 過去の, 違うとも, 違った二つ, 違って, 違ひ, 違ひます, 遲鈍です, 重く粘着力, 鈍重であり, 鋭ど, 闊達, 陰鬱な, 雪を, 霊的感化を, 霜夜の, 静かで, 頼もしくない, 顕著であり, 顕著なる, 風采にも, 體系の, 黒人諸, 點の

▼ 性質~ (332, 4.2%)

22 於て 7 応じて, 於ては 6 して 4 外ならない, 就いて, 就いては 3 なって

2 [17件] あらずして, したがって, つけ込んで, なったの, よりて, 依って, 其, 合う生き方, 基いて, 富んで, 接近する, 於ても, 照らして, 生れついて, 由来する, 相違なく, 至っては

1 [241件] あったの, ありて, ある, あるという, あるの, ある頑固さ, いかに危険, うち勝たなくては, うるおいが, かかわらずこれ, かかわらずして, かなって, かなわぬできぬ理想, かんがみ一時, さからってまでも, しばられて, しろ人格, しろ描写, し不幸, すぎないから, すぎないの, すれば, その基礎, そむくもの, そんな妄信性, ついて, つきて, つきての, つくられて, できて, でき上がって, どこか, ないこと, なったり, なったん, なられました, なりましたの, なると, なるの, はずゐ, ひきづら, ひきよせられ公共, ぴつたりくるものゝ出來た, ふくんで, ふさは, ふさわしい様式, まかせて, まったく魅せられ, もっとも背馳, もとづき走りて, もとづくの, もとづく敍述, よく似通った, よく協った, よく触れました, よったり, よらなかつたか, よりけりだ, よると, よるので, よれば, 一つの, 一片の, 一番能く, 一種の, 一見片意地らしい, 下戸上戸が, 不平を, 与える効果, 世界の, 並々ならず通じる, 乗じようと, 二つある, 互に近似, 交った好学的, 付て, 付着し, 似ず倉地, 似て, 似合わす一面神経質, 依るもの, 依るよりも, 依る解答, 候えば, 充ちた民藝, 具へて, 出来て, 出来上った彼女, 出来上って, 出来上つて, 制せられて, 制約せられる, 則り内心, 加へ, 即さねば, 及びその, 及び歐米, 反映し, 反発し過ぎ, 合うところ, 合うよう, 合って, 合は, 合わすよう, 合わない点, 合わぬむつかしい, 和平甘淡, 因っては, 因り一, 因る, 因るが, 因るもの, 困り果てながら, 基くとして, 基づき一, 基づくこと, 基づくの, 基因する, 基礎を, 変えて, 変った, 変り打たなければ, 変わって, 変化を, 多大の, 好意を, 存しない, 存するもの, 実によく似た, 富むそれら, 対比すれ, 對し, 對する, 就いての, 就き及び, 就て, 就ては, 屬し, 差が, 帰せら, 帰因する, 幾分かに, 引っかかって, 影響を, 従うの, 復したれば, 復り, 忠実な, 思いが, 恵まれて, 悖るでしょう, 惠まれて, 感性悟性理性の, 應じ, 打たれて, 打ち勝つて, 拠り決して, 支配され, 支配される, 文野の, 於いては, 於ける生活, 極く, 欠けるならよい, 欠陥が, 止まるもの, 母から, 比べると, 比較すべきであろう, 注意を, 注目し, 満足し, 災いされ, 照応する, 父母から, 理解ある, 生れついた人間, 生れながらに, 生れ過ぎて, 由り時, 由るの, 異る, 異同を, 発展させる, 発現の, 相応し, 相応した, 相違が, 矛盾する, 私などの, 移って, 種子は, 積極的な, 立ちかえって, 立ち入らねば, 立って, 素子よりも, 結び付いて, 置いて, 育て上げられた, 背き上昇, 臆病という, 至つては, 至りては, 見えました, 親しんで, 触れること, 誇りも, 調和し, 負ふこ, 起因する, 起源する, 転じて, 近いもの, 近寄らうと, 返るの, 逆ろう, 通暁せらるる, 過ぎず, 過ぎずして, 過ぎない, 過ぎなかったの, 適した文芸, 適して, 適すること, 適するであろうか, 適するよう, 適応する, 還元される, 釣り合わなかった, 鑑み此二人, 関係の, 関係を, 關する, 陥り易い, 陰陽の, 順応し得た, 頓着なく, 馴れようと, 駆られて, 驚かされた

▼ 性質から~ (217, 2.8%)

13 云って 9 して 7 いうと, 見て 6 云っても, 見ても 5 云えば, 云つても 4 いっても 3 いって

2 [17件] いえば, きて, しても, すれば, では, 云うと, 当然出, 推して, 来るの, 生ずるの, 考えて, 考えても, 言えば, 言って, 言っても, 言つても, 馬琴には

1 [118件] いうの, いう時, いずれは, いつて, いつても, いつの間にか熱く, いふと, いまの, きたもの, きた感じ, きっとからかわれた, こだわろうとも, この問題, この裁判, これらの, これを, さう, しばしば誤られた, すべてその, そうである, そのよう, その生活, その苦しみ, それに, そんなこと, たうとう, できてる田舎, ひとつは, ひどく離れた, ほかで, みて, もう秘密, わたくしに, 一つは, 一層嵩, 一年間の, 一方の, 一般的に, 云つて不可避の, 云ふなら, 云へば, 五人七人の, 今度の, 來る, 出たこと, 出るやむをえざる矛盾, 出る事, 区別し, 四つ又は, 境遇から, 変遷の, 夫からも, 姑の, 嫌悪の, 學派の, 宗教, 実に端的, 客の, 寂しい荒ら屋, 将又, 導き出されたもの, 導き出される, 少将の, 左翼の, 引出すこと, 強い味方, 彼の, 必然的に, 想像し得る, 抽象し, 明かに, 明らかである, 有り得べからざること, 有名な, 期待され得る, 本能的に, 来て, 来る他, 来る特徴, 根彫, 派生された, 深い考え, 演繹され, 物語的歴史及び, 生れた形, 生先, 申しますと, 直接に, 矢張り, 社会的に, 私なんか, 結局は, 考えれば, 自分に, 自然探偵小説的な, 色という, 規定され, 触れて, 言うと, 言つてやつぱり団体自身が, 言つて組踊りと, 言つて自然な, 言つて見れ, 言ふと, 言へば, 詩の, 詩や, 語り始めなくては, 説明し得られるであろう, 説明出来るであろう, 誰からも, 誰の, 豪快である, 起ったこと, 逸脱した, 過去に, 鋳上げられた不思議, 顔の

▼ 性質~ (202, 2.6%)

5 見えて 2 すれば, なるから, みえて, 云ふ, 云ふも, 考えられて, 考え合せて, 自分の, 落花落葉虫語鳥声等の, 見えまして

1 [177件] あなたの, あれば, いいその, いい取り回しと, いい境遇, いい憎むこと, いうよりは, いうよりも, いろいろの, きて, ここの, この半兵衛自身, これらの, しましても, するの, そして一部, その人, その分量, その力量, その半面, その原子量, その居場所, その形式, その影響力, その役割, その必然性, その真, その職能, その解決, その途方, その進歩, それを, なったの, なって, なつた, なつて, なりついに, なりまして, なり一人, なり自然, なる, なるだろう, なるもの, はる子の, ぴったり合った, ほとんどあらゆる, または用途, まるで反対, みえ, みえ叔父, もと荷車, わし以上そなた, ズボラが, フェルナンデスの, ブツかる, 一応考え, 一方の, 一緒に, 一致する, 不意に, 不確実, 両方から, 両方知っ, 両立せざる, 並に, 中和させる, 云うもの, 云うよりは, 云うよりも, 今日の, 位置を, 何でもを, 何物にも, 何等の, 作用の, 価値, 価値の, 傾向とを, 光景とを, 全然産業奴隷的, 兩立せざる, 其起源との, 剛気ある, 剛氣ある, 化したに, 区別せらるる, 反對, 同じく恋愛的, 同じ地盤, 地位とが, 地球物理的条件とによって, 場所とを, 境遇と, 境遇とから, 境遇とが, 境遇とに, 境遇との, 墨色との, 大会報告の, 女に, 婦人の, 平常の, 年齢とが, 必ずしも一致, 必然的に, 思います, 思いやりの, 思って, 思われる, 態度とを, 戦った経験, 手口から, 批評眼の, 挙動から, 挙動と, 政略的に, 明治時代の, 本性を, 横の, 機能とが, 比較し, 波動の, 温和し, 無邪気な, 無関係であっ, 照らし合わせて, 爲す, 特に墨, 犯罪の, 用途に, 申しますの, 画家そのものの, 病む原因, 的中する, 目的とを, 相俟, 相違が, 矛盾する, 程度を, 種類とを, 範囲及び, 精神とに, 経験が, 結びあって, 結びついて, 総ての, 美との, 美麗さとは, 習慣に, 習慣を, 考えて, 考えないならば, 考えられる, 考えられるので, 考えること, 考えるならば, 職掌とに関して, 職業の, 能楽の, 自身の, 致しまして, 行を, 行動を, 要求との, 見える, 見え何, 見え大声, 見え近代青年, 解すること, 言うか, 訥弁にたいする, 運命とは, 違って, 量との, 関係が, 関連し, 雄弁とは

▼ 性質~ (169, 2.2%)

12 あつた 3 自分の 2 それ丈では, どっちかと, な, ね徹底的, やむなく不規則雑然, 人に, 老人の

1 [140件] あいそという, あばたが, あり得ないの, いかなる人, いけませんあんな, いつの間にか机一杯, いつも家, いつも次郎, いつも現在, いつも軍功帳, いて, おどけた話, おれは, お勉強, お堅い, こいつ執念深い, この合理的性質, この時, これから進ん, こんなにいじけ, こんな境遇, ござります, ござりますだ, するそれ, そうしか, その中, その後間もなく, その性質, そぶりも, それだけ, それに, たちまち劇団, だからもてなし, だがほんとに, ちつとも, つねに敵, つよめられて, とても奥様, なかなか思う, なかなか思ふ, ね, ね私, ふだんから, ほしいと, もっと時間, ものに, やり出せば, よくあたたまります, わが同胞, わたしの, メリケン粉の, ロシアという, 一つの, 一日じゅうどこかしらで, 一生を, 下つたもの, 丸くって, 交際も, 人を, 人一倍体面, 人情の, 他の, 何か, 何かに, 何となく考えられ, 何もかもよくわかる, 何事でも, 作家が, 例えて, 個体を, 兄嫁を, 其の上美男, 兼好は, 力持の, 励ましても, 十数年の, 千穂子よりは, 反って, 同じく家産, 同じ面白相, 名聞を, 善に, 喋る方, 地方人特有な, 多くの, 夜通し寝ない, 大切な, 大臣は, 女に, 女の, 好人物の, 好感が, 婆さんの, 子供の, 寄席興行その他娯楽を, 寿詞や, 常に狗, 彼を, 御はし, 心安くする, 恨みを, 悪戯も, 拙者が, 敏活また, 教師が, 新しい生活様式, 日曜日には, 日本式の, 普段は, 服装なぞに, 朝はやく, 武勇こそ, 殺生が, 流行唄と, 深味の, 滅多に, 無始無終であり, 父の, 片づけられること, 物の, 生活とは, 用も, 知られて, 私どもは, 私の, 私は, 能く, 自分を, 自然に, 色々な, 色彩に, 蓋し子供, 行われて, 譬へばいま自分, 贅沢する, 酒の, 金で, 金の, 鉄の, 青いちゅうのは信じられ

▼ 性質~ (161, 2.1%)

5 容貌も 4 違って 2 あきらかに, どこかへ, 受けて, 持って, 次第に変っ

1 [142件] あった, あのとおり温順, あらはれて, ある, あるだが, ある娘, おとなしい方, およそその, くみたても, ぐっと内向的, ここでは, この人, こんな温厚, しだいに明るく, すぐれて, すぐ認めた, すつかりのみこん, その生涯, それが, たちまち退化, だんだん変っ, ちがう, ちがって, である, とりわけ剛毅豁達, とんと不明, どこへやら, なつかしく優しい子, のみこむだろう, のんびりし, ひき出されて, まああれ, またその, また卑しく, また哲學的認識, また容貌, また支那神仙説, また緩慢, まるで男, むろん変っ, もって, よい人, よくありません, よく分らない, よく知っ, よく見きわめた, よく調べられ, わかって, わかるの, わるぎ, メンデレーエフの, 一応彼, 一般にその, 三井物産の, 中, 丸出しに, 之からの, 亦その, 伺って, 似ると, 何となく一種, 作用も, 価値も, 優しい柔順, 分って, 分るだろうけれど, 分る時, 勝気で, 十分知っ, 反対だった, 同時に消え, 善良な, 善良技術を, 境遇も, 変化し, 大垣校長とは, 大概明らかであっ, 奇妙であっ, 好きで, 少しずつ, 弱気で, 彼が, 忘却と共に, 怜悧で, 悠暢として, 悪くない, 悪くは, 愈よ, 持ちは, 持つの, 挙動も, 日本人と, 明朗で, 昔とは, 昔日の, 昨今は, 極端だ, 欠点の, 次の, 正反対で, 気に入らなかつた, 気心も, 沈むで, 法則も, 深く知る, 温良な, 温順で, 湿って, 無論受け, 無邪気で, 現われて, 異って, 直に行, 知って, 知らずその, 知らないで, 私の, 私は, 範囲も, 聊か似通っ, 聡明で, 至って温雅, 至極温和, 著しく變化, 表現も, 袖口の, 見て, 見分ぬ, 見遁, 論理的という, 諸所必しも, 貴女らしく, 躯に, 運用の, 違うし, 違った, 違つて國の, 違つて居た, 違ふ, 重大であった, 雄々しくて, 顔付きも

▼ 性質として~ (129, 1.6%)

3 彼の

2 [11件] これらの, そんな中ぶらりん, もう何, 兄夫婦の, 反射し, 心苦しいと, 時間正しく, 生活が, 純粋に, 自分の, 齷齪なさいません

1 [104件] あきらめて, ある方, いたずらに手, かういふ, かの神話的記事, こうした経験, こう云う, この名称, この現実的, こんな事, すべてに, そういうこと, そう長く, そう露骨, その足, それでは満足, それも, それらの, そんなこと, ただその, たとえ当て, できない, どうしても男, はたちの, また私, もし成効, もって, ゆるがせに, よし親政, ヂミな, 一定の, 一方には, 一旦いわぬ, 一週間か, 上へ, 両岸, 主として上体, 人と, 人の, 今の, 他が, 何となく親しみ, 何分にも, 余り好まない, 作者は, 出来なかったし, 出来なかつた, 分って, 初めて会った, 到底実業家, 十分に, 単純に, 厭味の, 又断り切れず, 取り扱う, 古い迸, 品行は, 固より, 多くの, 大きく現代, 夫が, 好もしく思っ, 妙に, 工合が, 常に温い, 張り出しの, 後に, 応じないの, 恐らく人智, 批評は, 斯う, 既に予定, 早晩ここ, 普通次の, 普遍ならざるべからざる, 朋友と, 極めて少なく, 毫も怪しむ, 気が, 決してまとも, 決して好い加減, 深く咎, 為方の, 甚しく, 田が, 矢も, 知られたこの, 知事が, 社会は, 窮屈に, 細かい実例, 花を, 表象される, 表面には, 規範性, 話すまじきこと, 誰の, 議論が, 赤色と, 迎合屈従を, 運動を, 運命に対する, 金銭出納の, 震動は

▼ 性質~ (108, 1.4%)

5 から仕方 4 から自分, ということ, よ 3 から, というの 2 からたちまち, からな, からね, つたから, といふ, と云, と云う, と思う

1 [69件] からい, からいつのまにかけろりと, からかえって, からきっと, からこの, からこれから, からこれしき, からしかた, からそれ, からそれだけ, からだ, からつい, からで, からである, からです, からなあ, からねえ, からまるで, からハンドル, からビンタ, から三年一つこと, から事, から会社, から何畳敷, から傍, から安心, から庭, から後に, から徳, から止まねえ, から無法, から物, から眼, から筆, から結局他, から酔い, がしん, がへん, が偉丈夫たる者, が旦那, が裏切りもの, けど虫, けれども御, し殊に, その点, つたらしい, つても, と, というわけ, という理由, という説, といっ, とかまた, とどうしても, との事, と云つて, と仰し, と伺いまし, と信じ, と知っ, と私, と考え, と考えられましょう, と考える, と見え, な, ね, 忌々しいと, 悲劇だ

▼ 性質~ (98, 1.3%)

4 当然の 3 当然に

1 [91件] ある単位, おのずから金米糖, かかる権利, かきませんでしたが, からし, からつけられた, からは雑戸, から二階, から云っ, から保守的, から實質以上, から通例, きっと兄, きつと, きわめて博愛的, この事件, この場合, この資本, さう, しまいに行く, そう堅苦しく, そのあつい, その内容的, その時代, その英国, その資本, たしかに東京, では, とうてい両立, どうしても侠客肌, に根ざす, の制限, の差, の差別, の差異, の欠陥, の相違, の興味, の表裏, はたしていい, は民事責任, ひとりでに起っ, また一般に, まづ今, むしろ工藝品, やはり舞台, やむをえません, やむを得ないこと, やむを得なかった, やむを得なかつた, より言, より言つて, わぎとさういふ原始的, わりに容易, 一応千葉医大, 与へられ得ないの, 並びに従業員数, 主としてそれ, 主觀内, 出来ること, 分り切つた事実, 又形式上, 多分永久, 多少自身, 大して愉快, 実に長期, 小資本, 当然であっ, 当然である, 当然写真乾板, 当然擁護, 後にうす, 御家族, 断じて許すべからざる, 更に激しく, 最も本格的, 次々の, 止むを, 決してできぬ, 泣いたり, 無價値, 甚だ大, 省くこと, 立ち退かせねば, 與えられ得ないの, 著しく抑制, 著しく異りたる, 許されないが, 貴夫人, 随分悪食家, 飽く迄も反対

▼ 性質~ (86, 1.1%)

11 のである 8 のだ, んだ 3 の, のか, ので, のです 2 のでこの, のでございます, ものです, んでしょう, んです

1 [37件] のだろう, のであった, のであらう, のであろう, のでいつも, のでかへつて悦, のでそれ, のでつい, ので一, ので一家, ので一旦, ので二十三, ので余り人, ので先輩, ので努めて, ので夜中, ので感じた, ので板倉, ので炬燵, ので父兄, ので盛ん, ので私, ので表, ので表向き, のに一つ腹, のに喧嘩, のに声, のに無理, のを, ものだ, もので, んだらう, んだろう, んでございます, んでさ, 出帆であっ, 登志子が

▼ 性質では~ (70, 0.9%)

8 なかった 4 あるが, ない 3 ないの, なくして, なくて 2 おそらく幸福, ないか, ないから, ないが

1 [37件] あたりま, あったが, あつた, ありません, ありませんでした, ありませんわたし, ある, あるし, きっとそうなる, ございますが, ございません, そうだろう, とても卒, ないかと, ないし, ないで, ないでしょうか, ない否, ない寧ろ, ない從つて經驗的, なかつた, なかつたらうか, なくむしろ, なく情景, なし気, もうそれら, 充分殺人, 全く同じ, 同性の, 天使の, 家主は, 尼寺へ, 心に, 必ず王忠, 案外そんな, 猶更, 留吉に

▼ 性質~ (70, 0.9%)

2 お駒, よい要素

1 [66件] そのときどき, その作品, その性質, それに, それらの, そんな愛, とか気だて, ひきの, もつと, 伎倆や, 何が, 俊斎様の, 傾向には, 傾向を, 働きを, 其の御, 分量を, 切迫せる, 品行の, 品行や, 固有な, 在り方を, 執筆者たちの, 境遇が, 境遇は, 好みを, 客との, 容貌の, 容貌は, 容貌を, 強さ, 心持まで, 性格に対する, 意味の, 意義を, 手法の, 才走ったところ, 敗れる性質, 教育家の, 文化の, 暮らし方が, 気候の, 気温の, 氷の, 淳朴な, 生活に関する, 癖を, 発達は, 皇族の, 目立たない程度, 結果について, 習慣などについて, 職業から, 職業の, 能力が, 草々の, 薬の, 行動を, 行為やらを, 行状を, 言語や, 趣味や, 身の上が, 辱しめられる, 量関係等は, 高貴な

▼ 性質である~ (57, 0.7%)

3 ことを 2 ためである, のか, のを, 上に, 処の, 善人の

1 [42件] かという一事, かという実際, かの女, からあの, からすぐ, からたまに, からと夫人, からと結論, からはああ, からまた, から一同, から特に, か単に, か抑, がため, がコル, が之, が体格, が大, ことが, ことに, こと夫人との, だけに一層, ところの, とする, とまで考えた, と思う, と思うた, と思っ, と申す, に反し, ので容易, ばかりかその, ゆえ団体動物道とも, 公正だの, 十七文字と, 反社会性, 弾性が, 必要は, 所以だ, 私は, 院同人展への

▼ 性質によって~ (38, 0.5%)

1 [38件] あるいはなんら, これらの, その知力, それが, だんだん解放, ちがうでしょう, つきかた, また答者, 一方において, 一方においては, 一義的な, 与えられた表象形式, 与えられて, 与えられる実在認識, 世間の, 二つに, 仕事場の, 保証される, 其の仕方, 制約され, 困難の, 少なくもその, 指定される, 握り方, 支配せられ, 比較的類似, 決まるもの, 温順しく, 特別の, 特色づけられる, 発売を, 示されるよう, 私達を, 種々雑多, 結晶形が, 絶対的に, 規定せられる, 違うの

▼ 性質であった~ (32, 0.4%)

2 もんです

1 [30件] かという一例, からこんな, からだろう, から人あたり, から今, から反発, から外人たち, から慰め, から源氏, から紫夫人, から継娘, から自分, から表面, がこの, がそれ, がそれでも, が一日, が今日一日ヨーロッパ, が杜陽, が私自身, けれどだれ, ことは, し彼女自身子供, とは一概に, とは言え, のか, ので奥深く, ので学校, ので院, 漱石は

▼ 性質にも~ (31, 0.4%)

3 よるが 2 還元し得ない

1 [26件] あらで, ありますサ, すぐれた美, とりどりな, なるので, よりましょうが, よりまた, よりハズミ, よること, よるの, 之と, 今日迄, 他人には, 似ず首尾不首尾, 依り又, 又現象, 品格にも, 因りまた, 容貌にも, 才能にも, 拘らずやさしく, 拘らず原始化主義, 満足し, 見えた, 赤ん坊の, 適せざるべからず

▼ 性質について~ (30, 0.4%)

2 煩瑣哲学的な

1 [28件] いふても, さらに吟味, そこからの, ですけれども, また工程, また知, 云って, 何も, 何ら触れる, 善い点, 実際を, 日に日に考え, 書いた最初, 深く考え, 知りうること, 知りながらも, 知り得ただけから, 研究を, 私の, 私有財産制について, 第二, 考えます, 考へて, 若者に, 話した, 説く, 雜誌に, 頭を

▼ 性質とは~ (27, 0.3%)

1 [27件] いい得ないとしても, いえ, かねて, すべての, ただ一つ, とりも, ぴたりと, まったく似合わない, もし空間, 丸で, 云えなかっ, 云えるかも, 人種的特色の, 今日の, 全然正, 各種の, 多くの, 少しも, 幾許も, 彼に, 彼女の, 思われません, 根本から, 沒交渉である, 没交渉である, 考えられません, 遺伝を

▼ 性質だった~ (26, 0.3%)

2 から, のだ, のである

1 [20件] からお, からおそらく, からであろう, から伝三郎, から家, が一匹, が次郎, が讃め, ことから, し二川, と小野田さん, と見えまし, のでしょう, ので上人, ので何一つ, ので物, ので笑い, ので自分, もので, ものです

▼ 性質でも~ (20, 0.3%)

4 なければ 3 ない 2 あった, あるめ 1 あり一種, あるから, なかつた, なかつたので, まさかに寝, 代を, 或る, 若い女, 見ず知らずの

▼ 性質において~ (19, 0.2%)

1 [19件] すでにしかる, 今までとは, 今日プロレタリア文学内に, 仕事が, 併立し, 全く別, 化学的激変を, 堕落すべき, 大いに異なる, 大いに驚い, 差違は, 描写する, 既に然る, 毫も異なる, 異っ, 認識する, 遠年, 都会的である, 非常に

▼ 性質には~ (19, 0.2%)

1 [19件] これと, ないこと, なりしならん切角, 似あわない頑, 似合は, 何処かに, 叔父も, 合うの, 埒外な, 天成の, 思い切って, 敬意を, 日蓮宗の, 根の, 父は, 調べなければ, 道徳的意味の, 釣り合った謙虚, 非ず

▼ 性質をも~ (19, 0.2%)

2 持って, 禀受し, 見て

1 [13件] もって, 備へて, 參考として, 受けついで, 強いて矯め直そう, 徐々に変化, 必然に, 忘れて, 更に潜り, 無ければ, 理解するであろう, 約束し, 辨へ

▼ 性質及び~ (18, 0.2%)

2 原因である, 増進に関する

1 [14件] その榮養上不可缺, その結果, その騰落, それに, 価値の, 傾向を, 影響に関し, 影響を, 政府の, 服装を, 結果を, 諸機能, 議員の, 起源に関する

▼ 性質という~ (17, 0.2%)

5 ものは 3 ような 2 ことを, ものを 1 ことも, のは, ものが, ものも, 形で

▼ 性質による~ (17, 0.2%)

2 もので, ものと

1 [13件] ことで, のか, のかしら, のだ, ので, のである, のです, のと, または用途, ものである, ものな, ものに, 配列は

▼ 性質です~ (15, 0.2%)

2 から諄々言つて, ね

1 [11件] から, からどんな, からなお, からなか, から力, から大, から屍骸, から話しかけられれ, が伝統的, けれど私, って

▼ 性質とを~ (15, 0.2%)

2 持つて

1 [13件] あなたの, ざっと話した, ともに持っ, もって, 保持し, 持つた強, 書いた告知書, 最も露骨, 異にし, 考え合わさなくては, 考え比べて, 調べるという, 賦与され

▼ 性質~ (15, 0.2%)

5 なもの 1 である, なる人間, な差別, にも超越的, に異, に異なっ, に異なり, に違っ, に違つて, に高め

▼ 性質であり~ (14, 0.2%)

1 [14件] いつも変らぬ, ことにその, そしてそれ, ただアメリカ, ながら乗手, ながら明晰, ながら犯罪行為, また彼, 優越な, 又嘗て, 巧に, 従って政治的不満, 無償で, 首魁が

▼ 性質そのもの~ (13, 0.2%)

2 を示し

1 [11件] からし, が個々別々, が原則的, が懷疑, が戦争, が私, と密接, により銀行, に基く, に帰した, も甚だ

▼ 性質としては~ (12, 0.2%)

1 [12件] いつも大勢, その意味, それにも, それも, たまには, ないこと, もう国府津, 一気に読み下さない, 同じこと, 天子の, 少しく大人気, 弱點

▼ 性質より~ (12, 0.2%)

3 して 2 いえば, 生ずるもの 1 するも, またその, 成れるか, 来る便利, 考うる

▼ 性質でない~ (11, 0.1%)

3 ことは 2 ことを 1 からつい, から世間, とする, とばかり思っ, 最愛し, 自分には

▼ 性質なり~ (10, 0.1%)

1 お尋ねに, でうまく, 使いみちなりが, 在り方なりによ, 姿顔形なりに, 態度なりが, 振舞なり, 是犬は, 雪の, 高さ

▼ 性質によ~ (10, 0.1%)

1 つてその, つてぢや, つてまた, つて分類した, つて動い, つて十分に, つて差異が, つて必ずしも, つて或は, つて昔の

▼ 性質であっ~ (9, 0.1%)

2 てその 1 てこれ, てそれ, てもそれ, ても運命, て何, て多く, て心

▼ 性質でした~ (9, 0.1%)

1 から, から人, から少し, から応急, から成, から村, から滅多, から継母, のでいよいよ

▼ 性質との~ (9, 0.1%)

1 ために, まるでちがった, 一致した, 下に, 内に, 反映として, 差異の, 差異のせゐ, 間には

▼ 性質については~ (9, 0.1%)

1 いろいろな, さまざまな, その専門, ボイルは, 上来項を, 世間では, 従来からも, 春山行夫などが, 本書の

▼ 性質こそ~ (8, 0.1%)

1 かえって彼, 一方で, 多くの, 大津絵の, 大津絵を, 工藝美の, 彼女の, 美の

▼ 性質その~ (8, 0.1%)

31 やさしい愛嬌, 場面で, 心理的な, 次元を, 設立者の

▼ 性質といふ~ (8, 0.1%)

2 のは, ものが 1 ことです, もの, ものは, やうな

▼ 性質~ (8, 0.1%)

1 が変化, によく, によって見る, に原因, に就い, の内幕, は特に, も分らん

▼ 性質~ (7, 0.1%)

1 それとも俺, それとも又, どうか, または人民, 又は書生流儀, 目的を, 知らんが

▼ 性質に従って~ (7, 0.1%)

1 ある所, それに, 利口にか, 動かぬもの, 動くの, 正しく用いる, 物と

▼ 性質とか~ (6, 0.1%)

1 そういう種類, 意義とかが, 身分とか, 量とかの, 量とかは, 関係とか

▼ 性質についての~ (6, 0.1%)

1 ことで, 人知れぬ, 理解や, 留保を, 知識が, 話それから

▼ 性質によっては~ (6, 0.1%)

1 その貴重, どんなに危険, 凸凹が, 抵抗が, 終日東西に, 老人が

▼ 性質により~ (6, 0.1%)

1 その用途, また同じ, 一方において, 又關係地方, 度々交會, 遠慮なく喰い

▼ 性質に対する~ (6, 0.1%)

1 先輩の, 嫌忌も, 徹底せる, 日頃の, 無知が, 誤解から

▼ 性質に関する~ (6, 0.1%)

1 オルツェウスキーと, 全くの, 探究, 研究, 良識から, 見解の

▼ 性質からも~ (5, 0.1%)

1 またその, また学問, また彼, 一つ特殊な, 兎角舊套

▼ 性質さえ~ (5, 0.1%)

1 よく弁えない, 分れば, 持って, 知らない, 解ったなら自ら明瞭

▼ 性質とが~ (5, 0.1%)

1 ちがうよう, 交叉する, 各々異なつ, 或は引き合い, 破壊的に

▼ 性質においては~ (5, 0.1%)

1 その引用, ほぼ同一, 全く趣, 同じである, 皆同一なら

▼ 性質らしく~ (5, 0.1%)

1 あるところ, それに, 年にも, 次の, 男は

▼ 性質上それ~ (5, 0.1%)

1 が一番年下, が他, が既成的, についてほんの, をこの

▼ 性質如何~ (5, 0.1%)

1 には割, に拘らず, は以, は別, を問はず

▼ 性質たる~ (4, 0.1%)

1 いくじの, 使用される, 好事心, 花鳥を

▼ 性質だけに~ (4, 0.1%)

1 なにかほか, まだ見ない, 却って一種, 現住の

▼ 性質だつた~ (4, 0.1%)

1 が気, が落付, ので小, ので肥満

▼ 性質でなく~ (4, 0.1%)

1 いつも田舎, つまりは, てはならない, てはならぬ

▼ 性質でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならない 1 ばならないであろう, ばならぬ

▼ 性質とも~ (4, 0.1%)

1 ある, ならなければ, 病身の, 見えぬ

▼ 性質なども~ (4, 0.1%)

1 それぞれ異なっ, よい人, 一向明白, 一変する

▼ 性質のち~ (4, 0.1%)

1 がつた, がつたもの, がつた證言, がふも

▼ 性質やら~ (4, 0.1%)

1 あるいは為さん, 侍で, 強度やら, 特色について

▼ 性質を以て~ (4, 0.1%)

1 おられる自分, 始めんと, 学問性の, 居る物

▼ 性質上私~ (4, 0.1%)

1 だけはなれ, の所有, はそれ丈, は妻

▼ 性質~ (4, 0.1%)

1 にはその, には各種, に何, に現存

▼ 性質あり~ (3, 0.0%)

1 て独り貴族詩人, と知るべし, 之に

▼ 性質ある~ (3, 0.0%)

1 ことを, は吾人, ひは

▼ 性質および~ (3, 0.0%)

1 周囲の, 氏と, 義侠心に

▼ 性質からの~ (3, 0.0%)

1 ことだ, 制約小さな, 故意の

▼ 性質がち~ (3, 0.0%)

1 がひます, がふも, がふんだ

▼ 性質じゃ~ (3, 0.0%)

1 ありませんか, とても先生, ないかしらん

▼ 性質すなわち~ (3, 0.0%)

1 その形状, 他の, 粘性も

▼ 性質でありました~ (3, 0.0%)

1 から, からこれ, が李さん

▼ 性質とかいう~ (3, 0.0%)

1 ことに, ものじゃ, 問題でも

▼ 性質なる~ (3, 0.0%)

2 が故に 1 ものを

▼ 性質なれ~ (3, 0.0%)

1 ば無念骨髓, ば素より, ば讀經

▼ 性質においても~ (3, 0.0%)

1 つまり一から, また同じ, 私の

▼ 性質にて~ (3, 0.0%)

1 妹を, 末の, 法印の

▼ 性質まで~ (3, 0.0%)

1 うらうえ, そっくり似てる, 人好きの

▼ 性質までが~ (3, 0.0%)

1 ありありと, 変って, 想像される

▼ 性質らしい~ (3, 0.0%)

1 がさりとて, ことなど, 現実的な

▼ 性質~ (3, 0.0%)

1 ならされは, ならざるも, は現今

▼ 性質又は~ (3, 0.0%)

1 資格では, 運動を, 銅臭に

▼ 性質正直~ (3, 0.0%)

1 な心, な性質, にし

▼ 性質程度~ (3, 0.0%)

1 がまるで, でその, によつて

▼ 性質あるいは~ (2, 0.0%)

1 属性が, 構造を

▼ 性質かと~ (2, 0.0%)

1 思えば, 思って

▼ 性質かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れません

▼ 性質からと~ (2, 0.0%)

1 またそれ, 言うだけ

▼ 性質からは~ (2, 0.0%)

1 それは, 遠いもの

▼ 性質こそは~ (2, 0.0%)

1 工藝にとって, 工藝の

▼ 性質すこぶる~ (2, 0.0%)

1 多情な, 黠く

▼ 性質それら~ (2, 0.0%)

1 のこと, を作品

▼ 性質だけ~ (2, 0.0%)

1 で何, 調べ上げました

▼ 性質だけは~ (2, 0.0%)

1 曲げたくないと, 知って

▼ 性質だけを~ (2, 0.0%)

1 とりあげられても, 記述する

▼ 性質だって~ (2, 0.0%)

1 御風采, 長い間

▼ 性質つまり~ (2, 0.0%)

1 個性といふ, 育児院だ

▼ 性質であります~ (2, 0.0%)

1 が姉, が自分

▼ 性質でし~ (2, 0.0%)

1 てさあ, てね

▼ 性質とから~ (2, 0.0%)

1 いって, 来て

▼ 性質とかを~ (2, 0.0%)

1 吟味する, 概念として

▼ 性質などが~ (2, 0.0%)

1 入り交った心持, 気象条件によって

▼ 性質などは~ (2, 0.0%)

1 すぐに, ちょっとわかりかねます

▼ 性質などを~ (2, 0.0%)

1 まるで知らず, 若き時代

▼ 性質なら~ (2, 0.0%)

1 ば間違い, 敬太郎にも

▼ 性質なりを~ (2, 0.0%)

1 もって, 誰かが

▼ 性質における~ (2, 0.0%)

1 京風江戸風の, 何ものかによるよりも

▼ 性質にこそ~ (2, 0.0%)

2 美の

▼ 性質についても~ (2, 0.0%)

1 同様に, 深山の

▼ 性質にとって~ (2, 0.0%)

1 それは, 時代の

▼ 性質にまで~ (2, 0.0%)

1 持って, 発展し

▼ 性質に対して~ (2, 0.0%)

1 クリティシズムが, 自然が

▼ 性質のせゐ~ (2, 0.0%)

1 かハツキリ, かパラオ

▼ 性質のみが~ (2, 0.0%)

1 助長された, 眼立ちます

▼ 性質ばかり~ (2, 0.0%)

1 一々丹念, 出しあって

▼ 性質~ (2, 0.0%)

1 さらに女, 持って

▼ 性質までも~ (2, 0.0%)

1 よく表れ, 変えて

▼ 性質やを~ (2, 0.0%)

1 変へる, 詳しく書きとめ

▼ 性質よりも~ (2, 0.0%)

1 平三は, 賭博者の

▼ 性質を通じて~ (2, 0.0%)

1 却って実質上, 或る

▼ 性質カラ推シテ果シテホントウニ~ (2, 0.0%)

2 睡ッテイタノカ

▼ 性質~ (2, 0.0%)

1 最モ, 有スルコト日本人

▼ 性質上これ~ (2, 0.0%)

1 は或は, を繰返せ

▼ 性質上すべて~ (2, 0.0%)

1 が世話狂言式, をだいたい

▼ 性質上それ以上~ (2, 0.0%)

2 に増加

▼ 性質上一時的~ (2, 0.0%)

1 であり従って, であると

▼ 性質上不正確~ (2, 0.0%)

1 を含蓄, 不精密

▼ 性質上序文~ (2, 0.0%)

2 を必要

▼ 性質上永久的~ (2, 0.0%)

1 であって, では

▼ 性質上目的~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 性質上穀物~ (2, 0.0%)

1 には特有, は単に

▼ 性質上記~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ 性質~ (2, 0.0%)

1 に儒教, に必ず

▼ 性質並びに~ (2, 0.0%)

1 彼の, 配布感応電流による

▼ 性質作用~ (2, 0.0%)

1 を説明, を論究

▼ 性質即ち~ (2, 0.0%)

1 その平面性, 空間表象は

▼ 性質及其史料~ (2, 0.0%)

2 としての價値

▼ 性質~ (2, 0.0%)

1 にプロメトイス, 渦巻付近の

▼ 性質感動~ (2, 0.0%)

2 しやすく

▼ 性質~ (2, 0.0%)

1 義理を以て, 詰りは

▼ 性質敏捷勢力~ (2, 0.0%)

2 最勝

▼ 性質極めて~ (2, 0.0%)

1 単純清素に, 温和大勢の

▼ 性質温良~ (2, 0.0%)

1 か, なる雄

▼ 性質特に~ (2, 0.0%)

1 墨色などが, 細胞分子間における

▼ 性質甚だ~ (2, 0.0%)

1 明かに, 残忍で

▼ 性質篤実~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 性質美しい~ (2, 0.0%)

1 性質を, 性質懐疑悟性愚蒙

▼ 性質自身~ (2, 0.0%)

1 が異なっ, が要求

▼1* [368件]

性質いかんという問題, 性質いたって感じ, 性質いづれも心, 性質うけたまわってござる, 性質ええことない, 性質振る舞いを, 性質かしらとこれは, 性質かというような, 性質かはきめ兼ねるに, 性質からかあるいはまた或, 性質からだけでは, 性質からでも理由は, 性質からより民主化され, 性質がわざわいして情けなく, 性質きわめて悪し, 性質ぐらい妾だって, 性質ぐらいしかなかった, 性質この点少しく, 性質さえも私は, 性質さては能の, 性質さらに衣の, 性質しかもたずこれ, 性質じゃあないかしら, 性質なは, 性質すこし危ないもの, 性質すでに時間上変化し, 性質すら能く分らぬ, 性質そこに現れ, 性質そして母の, 性質そのままの象徴, 性質それは兄, 性質それ自身に基い, 性質たとえば赤という, 性質だけが自然である, 性質だけでなしに, 性質だけにともすれば, 性質だけによるので, 性質だすな, 性質だったら定めし後, 性質だったらしく窓の, 性質だの作物に対する, 性質だろうがそれ, 性質や無い, 性質つてものをよく, 性質でありましょうか私, 性質であるせゐか爽, 性質であればこそ桝本, 性質でいらっしゃるとか御, 性質でがすしそれで, 性質でございまして暴れ者, 性質でございますから今度旅行, 性質でさえなければ, 性質でしょうね, 性質でなくなって来る, 性質とかに由って, 性質としか思われないもの, 性質としての特別な, 性質としても引受けた事, 性質としましてはあまり人なかに, 性質とて女ばかり, 性質とでも云うよう, 性質とともに硯の, 性質と共になお尋ね, 性質なおも追求し, 性質なしと放言, 性質なぞはなか, 性質など話して, 性質などと何か, 性質などというものは, 性質などとも密接な, 性質などに就いて, 性質などに対していふ, 性質なりが変って, 性質なりと知るべし, 性質なんかじゃなくたいてい, 性質においてのみその美し, 性質にたいする長い戦い, 性質につき正確な, 性質にとってはそれは, 性質によっても著しく形, 性質によりましてますます賤視, 性質に対してはやはり一つ, 性質に関し吾, 性質に関して立ち入った研究, 性質のというよりも, 性質のみである, 性質のみによって定まらない, 性質のみを以て日本美を, 性質のもンじ, 性質はなはだ敏感で, 性質への知識用途に, 性質また如何とも, 性質または起源については, 性質もしくは作用を, 性質もとよりしかる, 性質やのんか, 性質やまでも物体視せん, 性質ゆえ修養とか信仰, 性質よりは私的性質を, 性質らしかつた, 性質らしかったから或は, 性質らしく近づくのは, 性質をさえ帯びて, 性質クラリモンドの人間以上, 性質トシテ説明ノ要, 性質女デモ, 性質バカか賢い, 性質モウロウたるたより, 性質モ残虐デアルカノヨウニ思イ又ソウデアルコトヲ希望スル, 性質一変して, 性質一定の量, 性質一般であると, 性質一般国民の性質, 性質上いずれも偏執, 性質上いつでも別, 性質上すべて銅貨でくずし, 性質上そこにはぱっと, 性質上どちらかと云え, 性質上めいめいの生活, 性質上イギリスの民話, 性質上サロンの出, 性質上ボクらの商法, 性質上一単位ずつしか消費, 性質上一台の橇, 性質上一定地点に定住, 性質上一般に文化, 性質上不可能なこと, 性質上之カ遂行ハ容易ニ非スト雖モ官民協力将来ニ於テ仏蘭西, 性質上予等の通信, 性質上事のいわゆる, 性質上今日まで父母, 性質上他に知れ, 性質上何時からと截然, 性質上作家の生活上, 性質上修理や修理, 性質上僕がひとつ第三者, 性質上先程申しましたよう, 性質上其から其用例, 性質上内向的なもの, 性質上内容とポジション, 性質上出來ぬこと, 性質上出席婦人会員の嗜なみ, 性質上分量の上, 性質上制限を超え, 性質上創業費中に繰り込む, 性質上南の長崎, 性質上原作以上である, 性質上原因の微分的変化, 性質上吐剤は悪口, 性質上問題にする, 性質上地元民との接觸, 性質上大差がある, 性質上大資本ヲ利トシ, 性質上奨励金その他何らかの人間, 性質上婦人が多い, 性質上官報のよう, 性質上家の隅々, 性質上対立的なもの, 性質上就寝時間が遅く, 性質上已むを得ぬ, 性質上年々の穀物生産, 性質上廊下の暗, 性質上形式も無, 性質上役人の指導, 性質上彼らは多数, 性質上後の長歌, 性質上後世の書上げ, 性質上必然に行, 性質上意味を分析的, 性質上戦争の絶えるごとき, 性質上拡張されなければ, 性質上故意の脱漏, 性質上新らしい作家, 性質上時代を經, 性質上普通の品, 性質上未来に向けられない, 性質上根本的困難が附隨, 性質上欠陥の生じ, 性質上死期の早かっ, 性質上殺人は多く, 性質上母はその, 性質上母親に似, 性質上民事責任を生ずべき, 性質上永続し得ないであろう, 性質上永続的たり得ない, 性質上海上用語が沢山, 性質上現在を基盤, 性質上現実味の薄らぐ, 性質上生命の躍進, 性質上男のにらみ, 性質上男子の或, 性質上画法幾何学は一躍, 性質上當然とはいへ, 性質上目に一丁字, 性質上直接社会に向っ, 性質上相手を呼出し, 性質上短期間でしかない, 性質上社交界に出入, 性質上神に近い, 性質上科学者でなければ, 性質上簡單に書かね, 性質上経済的には最も, 性質上結果は一向に, 性質上結論であるべきはず, 性質上線の連続, 性質上耕作の業, 性質上自分は時として, 性質上自然にそう, 性質上芸術的形式を越え, 性質上茨や釘, 性質上荘厳な讃辞, 性質上表現の自由, 性質上裁判の内容, 性質上言語として全然, 性質上談話者の姓名, 性質上賢明であったと, 性質上輕禁錮であつ, 性質上近松巣林子であって, 性質上返品は一切, 性質上逐字訳は許されぬ, 性質上逓増はせず, 性質上道楽本位の職業, 性質上選曲がぴつたりと合致, 性質上金は極端, 性質上閣下が私, 性質上非合理的なこと, 性質上領域的存在論である, 性質不明の点, 性質乃至階級政治的特色を, 性質事情の如何, 性質直に過, 性質人格趣味などが自分, 性質代々相伝の本性, 性質以外の障害, 性質以外余には余自身, 性質会うほどの者, 性質蒙で闘争, 性質体格により, 性質作法等も変っ, 性質作用意想を有, 性質使用法なぞを尋ねられた, 性質僅少と高価, 性質働き存限あり, 性質全くやどりぎと, 性質全体も猫, 性質内容に踏みこんだ, 性質初めて仲間入する, 性質創造の働き, 性質ふるに, 性質動作等に拠っ, 性質勢力惡意をも自分, 性質職業の, 性質古代の説, 性質傾向同, 性質同じく罪悪の, 性質周囲の事情, 性質和上が何, 性質品格におのおの一種特別, 性質品行学芸名望その一家, 性質善らぬ者, 性質善良何らの, 性質嗜好の相違, 性質地表の形状, 性質地震に損傷, 性質の濃度, 性質変化の動機, 性質変遷末路等に至っ, 性質多少は本, 性質太く異なるに, 性質奥方は町家, 性質を不幸, 性質寧沈着なりしを, 性質さ先生の, 性質と氷, 性質延長形状不可入性運動靜止及び數, 性質延長形状數空間時間などである, 性質さの, 性質形体を帯びた, 性質律儀なれども, 性質從つてそれの主, 性質思慮の細か, 性質なり, 性質急いで降る, 性質急激にし, 性質悧發な火者三十五名, 性質情想等を顧慮, 性質に近い, 性質懐疑悟性愚蒙経験, 性質成れば傍輩女郎, 性質挙動ともに極めて, 性質描かれた紙や, 性質換言すれば, 性質支那文化の特殊, 性質教養も違う, 性質浴場の, 性質方向などについて簡単, 性質既に不法なれ, 性質日本各新聞, 性質日本人の本, 性質日本人及ひアイヌ, 性質普及の範囲, 性質有っている, 性質本体がまだ, 性質欲望等についてお話, 性質の如くなる, 性質比較神話学の領分以外, 性質気取りたい性質などが, 性質気合を予定, 性質気風を感動薫化, 性質沿革を観察, 性質焼き方窯釉絵付けの, 性質物質の弁証法的自己運動, 性質特徴が性格, 性質生来おのおの別なり, 性質生活嗜好などを知る, 性質疑い深く残忍性に, 性質的差別を認め, 性質的辯證法の功績, 性質目的入会条件事業等について説明, 性質有雅風女多, 性質異なるを, 性質眉目の間, 性質真理の性質, 性質知りゃはれしませんのんです, 性質矛盾に, 性質種族の異, 性質筆まめ手まめな事, 性質とでもいう, 性質粗野にし, 性質純良事に熱心, 性質素直にし, 性質素行の如何なる, 性質組織大に他, 性質羨ましいと云う, 性質習慣又は隠れたる, 性質習慣境遇によるもの, 性質職掌によつて, 性質肥料や水, 性質能力を覚り, 性質膠質状態の研究等, 性質自然主義以前の馬琴的文学者, 性質て狡猾, 性質芸術的効果に対して敏感, 性質苦慘の實况, 性質の中, 性質行動その他百千のこと, 性質行為を研究, 性質はば花片, 性質りでなく其容貌, 性質調査書のやう, 性質象嵌の模様, 性質逃亡の必然, 性質違うよって奥様, 性質だ相似, 性質重罪のおこない, 性質量状態等と共に実体, 性質量状態関係等よりも本性上, 性質量関係等の基底, 性質の形, 性質の重, 性質關係等を詳説, 性質の効用, 性質音色調子であったの, 性質頗る豪快無理な, 性質だちが, 性質風流なく祭礼, 性質風習を具, 性質悍に