青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思ひ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思った 思った~ 思ったら~ ~思つて ~思はず 思はず~ ~思はれた ~思はれる 思はれる~ ~思ひ
思ひ~
~思ひます ~思ふ 思ふ~ ~思へ 思へ~ ~思わず 思わず~ ~思わない 思わない~ ~思わなかった

「思ひ~」 9758, 94ppm, 1178位

▼ 思ひ~ (831, 8.5%)

4645 外の 44 外に 16 ままに 14 外早く 13 ほかに 10 儘に, 外なる 9 外確り 8 中に 7 ために 6 ほかの 4 ことを, たけを, 外嚴重で, 外手輕に

3 [15件] なかに, ほかなる, 充ちて, 外だ, 外で, 外な, 外は, 外元, 外滑らかに, 外簡單に, 外落着い, 所に, 有しに, 止まる紅入, 胸に

2 [35件] あるもの, ない處, ひとつで, ひとつに, ふさぐ時, ほか早く, まま熱弁を, やうな, 丈けを, 中の, 他に, 他の, 外, 外いろ, 外でした, 外なりし, 外大きい, 外少い, 外明るい, 外樂でした, 外氣の, 外氣輕に, 外用事が, 外穩や, 外筋が, 外綺麗で, 外若い, 外行屆きます, 外重く, 女でございました, 姿勢で, 方が, 方法で, 様子で, 銀之助は

1 [472件] あひだ, ありつたけ, ありて, ありや, あること, ある君, ある所, いでたちながら, いと微小, うちいづるごとく, うちで, うちに, およぼすとき, お歌ばかり, お祖母さんや, お縫, かげを, かをり, さまたげには, さらにう, した一行, した事, した女, した芥川, する事, する健康, する匂, する怖, する恥しい, する文子, せつなさ, たくみ, たけが, たけでも, たけなんか, たけの, ため隣家を, ついて, つのりつつ, とげられない痴想, ところから, ところに, ともすれ, どこかしらには, ない処, ない男女, なかでた, なかの, なかへ, なきかは, なぐさめに, なぐべくは, なほや, は貴方, ひまを, ほかこの, ほかすらり, ほかたやすく, ほかで, ほかでありました, ほかな, ほかな話し, ほかにかけ, ほかにて, ほかにな, ほかは, ほかふえ申さず, ほかシヤンとしてを, ほか人が, ほか何も, ほか刄が, ほか十分の一と, ほか同じ, ほか善人かも, ほか嚴重に, ほか大なる, ほか太い, ほか富士山を, ほか底が, ほか暗, ほか正直者の, ほか生憎の, ほか穩や, ほか苛辣な, ほか評判がよ, ほか豪勢でした, ほか費用がか, ほか質素で, ほか近い, ほか重大視し, ほか限られた, ほか高, ほか魚が, まへに, ままなり, やうに, やさしい人, よそ行き姿で, ガラツ八は, ジエスチユアが, ユウジェニイが, 一切を, 一筋に, 一部なり, 下に, 不精さでも, 世の中その, 世間話に, 中でも, 中にて, 中には, 中へ, 丹誠と, 了見が, 事を, 人の, 他よく, 他広く, 仮装が, 仮装に, 何處やらに, 作左が, 働き場所を, 儘こんな, 儘の, 兄弟なかの, 光彩は, 全く虚僞, 全部な, 八五郎は, 出來る, 切実なる, 前後の, 力を, 半裸の, 印を, 原因たらしめき, 及ぶはず, 叫声は, 呉葉は, 善良な, 地に, 場所に, 増り, 壱円札を, 外あつ, 外い, 外いかにも, 外お, 外お侠な, 外お前の, 外か, 外かへ, 外きりやう好みです, 外これは, 外さ, 外しんみりと, 外すらすらと, 外それは, 外ぞんざいで, 外です, 外にな, 外むつかしい, 外むづかしいなア, 外よ, 外よく, 外わかる, 外わけも, 外ケロリ, 外スラスラ, 外ダレて, 外ノツペりした, 外ハキハキ, 外ペンは, 外丁寧でした, 外丁寧に, 外丈夫に, 外丈夫らしい, 外上までは, 外上首尾に, 外乏しい, 外井然として, 外人が, 外人と, 外人の, 外人觸り, 外他の, 外企らみ, 外低く, 外使は, 外使ひ, 外偉大也, 外全快し, 外六つかしい, 外六づかしい, 外凄まじい, 外利運を, 外力が, 外取, 外受け, 外口が, 外口剛です, 外同じ, 外呑氣です, 外善良な, 外喜ん, 外器用さうです, 外土地は, 外土橋か, 外塀は, 外大, 外太く, 外奇つ, 外奉公人達には, 外奧底の, 外奧行が, 外奧行の, 外好い, 外如才が, 外嫉妬が, 外學者だ, 外実に, 外寛大で, 外対手の, 外對手の, 外小綺麗です, 外小綺麗な, 外少く, 外少なく, 外山中の, 外山吹色を, 外岩乘な, 外巍然たる, 外巧みに, 外常子は, 外平氣で, 外平氣な, 外幸福な, 外廣いお, 外廣く, 外弱い, 外役に立ち, 外役に立つ, 外彼女の, 外心掛の, 外思慮が, 外急に, 外恬淡で, 外息を, 外悧口さうだ, 外惡い, 外感じの, 外慇懃な, 外憎々しい, 外手おくれ, 外手の, 外手剛いかも, 外手剛き, 外手間取つて添役に, 外手間取りました, 外打て, 外敏捷に, 外散る, 外整頓し, 外文字の, 外日本の, 外早, 外材料を, 外柔かい, 外案外, 外森として, 外構へだけは, 外歡びて近所の, 外正直者です, 外毒々しい, 外気持よき, 外氣が, 外氣輕な, 外淋しく, 外深々, 外深い, 外深刻に, 外混み, 外淺い, 外温かく, 外溜め込ん, 外滑かな, 外点の, 外父は, 外狹く, 外甘い, 外町内では, 外異説も, 外皆な, 外目鼻立も, 外真面目に, 外眼が, 外知つてる, 外知つてゐる, 外知己に, 外祝言の, 外私の, 外穩かで, 外突つ込んだ, 外立派だつた, 外立派で, 外立派な, 外筋の, 外粗末な, 外精巧で, 外素直に, 外綺麗に, 外練れた, 外美しい, 外美男に, 外能所へ, 外臆病で, 外良い, 外良く, 外芭蕉といふ, 外芸妓学校が, 外芸術的な, 外華奢で, 外薄く, 外蟠りの, 外蠅は, 外血が, 外血溜りも, 外見世の, 外見事です, 外親切に, 外記憶も, 外誠吾は, 外豪勢で, 外貧し, 外質素で, 外質素な, 外質素ながら, 外贅を, 外越前守は, 外身輕に, 外軍師だ, 外輕く, 外迅速に, 外近い, 外近所の, 外逞しい, 外遅く, 外達者で, 外達辯に, 外遠く, 外都合よく, 外酔つてゐ, 外重い, 外金を, 外間が, 外難かしい, 外面白く, 外驚きません, 外骨を, 外高く, 外鹽つ, 多い人達, 大半は, 奥方は, 娘だつた, 孝行者なれ, 宵も, 尽きない様, 平次は, 平次も, 幸福は, 底に, 強さ, 徳行の, 心にな, 忠実心, 息つぎに, 息のみ, 情に, 情を, 惱みだ, 意中の, 愛らしい子, 愛称を, 感想が, 成らざるなき, 成れるを, 批評を, 教訓を, 数々逢ひたし見た, 數, 數を, 方向に, 方向の, 方向へ, 方向を, 方角に, 方角へ, 方面へ, 日が, 日に, 晴る, 暮しに, 木曜會員は, 本多正信が, 本源なる, 様子に, 派手な, 深い濕, 深い詩, 深さ, 添ふ, 源なる, 火より, 為れば, 無き身, 無意味な, 燃ゆる, 物を, 独断の, 猿智惠だ, 生じたこと, 生活を, 男が, 男を, 癖に, 私の, 移るを, 程も, 稚きを, 種子, 空想に, 籠る彫刻, 絲を, 絵を, 絶間なき, 罪と, 美談として, 義, 考が, 者は, 聖女の, 聞えも, 色と, 色の, 花環で, 苦しくも, 血の, 血潮を, 表現を, 装束を, 親切な, 詮な, 誤れること, 起るを, 辿るまにまにふと, 通り数々の, 遂げられぬこと, 都を, 錢形平次は, 長けに, 長平と, 長閑さは, 限りを, 集中せる, 離れや, 音作が, 類ひ, 馳する, 體なりし, 鼻歌が

▼ 思ひ~ (801, 8.2%)

23 寄らぬこと 20 寄りません 19 寄らぬ事 13 した, よらぬこと 10 よらぬ事 9 寄らない 7 寄ぬ事, 寄らなかつた, 寄らぬ事件 6 かけぬ事, よらない, よらないこと, よらなかつたの, 寄らなかつたの, 寄らぬ大 5 寄らぬところ 4 したが, しなかつた, せずに, よらなかつた, よらぬ, よりません, 寄らないこと, 寄らぬ方

3 [19件] あつた, かけず, かけず唯, かけず奈良, かけないこと, かけなかつた, したの, する, するの, するを, よらず, 及ばなかつた, 寄らない人間, 寄らぬもの, 寄らぬ人, 寄らぬ場所, 寄らぬ客, 寄らぬ私, 掛けぬ事

2 [43件] ありしが, あるの, かけざりき, かけずあなた, かけない事, かけなかつたの, かけぬこと, かけぬ怪しき, かけぬ貪婪, したし, して, しないで, しないでは, しなかつたが, し又, するので, せず, なし, もうけぬ欲望, よらない心境, よらない物, よらない贅澤, よらぬ所, 及ばない, 及ばないこと, 及ばないほど, 及ばない事, 及ばぬこと, 寄らず, 寄らないと, 寄らぬ三崎, 寄らぬ人間, 寄らぬ報告, 寄らぬ大きな, 寄らぬ大袈裟, 寄らぬ大金, 寄らぬ御, 寄らぬ挨拶, 寄らぬ發展, 寄らぬ言葉, 寄らぬ非常, 寄らぬ騷ぎ, 寄りませんでした

1 [457件] あつて, あへぬ, あらじ, あらば, ありました, あんな言葉, いでよ我が, おありで, かけずかつ, かけずちらちら, かけずなつかしい, かけずひな子, かけず一声, かけず主, かけず兄, かけず出遭つたの, かけず吾家, かけず唐突, かけず寢臺, かけず屋根, かけず彼, かけず田中翁, かけず鏡, かけて, かけないお, かけないかうして, かけないほど, かけないほどの, かけないもの, かけないやう, かけない何, かけない作者, かけない別, かけない原始的, かけない唇, かけない失敗, かけない小さな, かけない崖, かけない幸福, かけない広い, かけない悪い, かけない方向, かけない死, かけない物體, かけない笑, かけない苦し, かけない言葉, かけない遊び, かけない遠く, かけない陥穽, かけない静か, かけなかつたしかし, かけなかつたつらい, かけなかつたな, かけなかつたやう, かけなかつたん, かけなかつた事, かけなかつた事柄, かけなかつた恋人, かけなかつた次第, かけなかつた河原町, かけなかつた程, かけなかつた色々, かけぬこと也, かけぬこの, かけぬところ, かけぬとどろきが, かけぬほど, かけぬもの, かけぬわが, かけぬ三人, かけぬ世, かけぬ世相, かけぬ事故, かけぬ人間, かけぬ内省, かけぬ別天地, かけぬ喰, かけぬ噂, かけぬ図柄, かけぬ土産物, かけぬ地, かけぬ声, かけぬ大, かけぬ天候, かけぬ好, かけぬ客人, かけぬ富士, かけぬ尾, かけぬ局面, かけぬ山, かけぬ幸福, かけぬ幾本, かけぬ弱点, かけぬ御身たち, かけぬ感情, かけぬ懸崖, かけぬ敵手, かけぬ旅僧, かけぬ春, かけぬ時, かけぬ本堂, かけぬ汚い狭い, かけぬ深切, かけぬ清らか, かけぬ物かげ, かけぬ病床, かけぬ相, かけぬ禍, かけぬ笹田登美三君, かけぬ経蔵, かけぬ色, かけぬ變事, かけぬ返事, かけぬ道, かけぬ青空, かけねば, かけませぬことぢ, かけませんでした, かけませんでしたね, させました, しないこと, しないし, しない男, しない風, しなかつたこんな, しなかつたし, しなかつたの, しなかつたのに, しなかつたやう, しなかつた感情, しながら, しなければ, しまいが, し云ひも, し可愛い, し望み, するが, せずお, せでよしなき, せなかつた壮年無頼, せぬ事, そこへ, そめないこと, そめない重い, そめぬ些細, ぢ, つかないで, つかないやう, つかない位, つかない直截, つかない立派, つかない遠い, つかなかつた, つかなかつた細部, つかぬ嗄れて, つかんこと, つかん歌, ともにはためきぬ, ないで, ないん, ない日々, なかつたいま, なかつたが, なかつたとは, なくて, なく空々しい歎きの, なければ, よらざる事也, よらずこれ, よらずさりとて, よらずなる例, よらず候, よらず殊に, よらず毛布, よらず眼前, よらず開いて, よらないこんな, よらないので, よらないもの, よらないやう, よらないよ, よらない不思議, よらない出來事, よらない出来事, よらない刃傷沙汰さ, よらない変化, よらない失禮, よらない方角, よらない時, よらない松岡, よらない程, よらない考, よらない花やか, よらない表出, よらない見, よらない言葉, よらない返答, よらない速, よらない遠く, よらない邂逅, よらなかつたが, よらなかつたけれど, よらなかつたこと, よらなかつたので, よらなかつたやう, よらなかつた思想, よらぬと, よらぬの, よらぬほどの, よらぬもの, よらぬやう, よらぬやんごとない, よらぬ不意, よらぬ主人, よらぬ人物, よらぬ出来事, よらぬ出来栄え, よらぬ判断, よらぬ別, よらぬ困難, よらぬ地主, よらぬ大, よらぬ大変, よらぬ大物, よらぬ大男, よらぬ大袈裟, よらぬ天下, よらぬ奇妙, よらぬ女, よらぬ孤獨, よらぬ幼い, よらぬ怨み言, よらぬ息子, よらぬ手段, よらぬ手紙, よらぬ拒絶, よらぬ新鮮, よらぬ方面, よらぬ有り樣, よらぬ歌, よらぬ此, よらぬ生命, よらぬ疼痛, よらぬ相, よらぬ相談, よらぬ真実, よらぬ結果, よらぬ萬古, よらぬ表現, よらぬ襖, よらぬ言葉, よらぬ謬見, よらぬ途方, よらぬ遲, よらぬ金, よらぬ錢形平次, よらぬ長い, よらぬ障害, よらぬ非常, よらぬ高, よられぬ苦惱, よらんので, よりませんでした, より申さぬ, 付かないこと, 付かなかつた, 付ぬ, 依ぬ事, 依ぬ後ろ, 働かなかつた, 出でずこの, 分け得ざる間, 及ばざる事, 及ばざる勇, 及ばざる川, 及ばず我が, 及ばないの, 及ばない負担, 及ばなかつたところ, 及ばなかつたの, 及ばなかつた徴, 及ばぬ, 及ばぬたいへん, 及ばぬところ, 及ばぬ事, 及ばぬ処, 及ばぬ大事, 及ばぬ深い, 及ばぬ隙, 同じこと, 同じである, 同じ思ひなる, 因ぬ, 増すなれいざ, 多からで, 寄ずと, 寄ず假令平生何樣, 寄ず十兩, 寄ず如何, 寄ず心, 寄ず此苦み, 寄ず然, 寄ぬ尋ねゆゑ私, 寄らざりしが, 寄らざる曲事, 寄らずお, 寄らずか, 寄らずその, 寄らず中, 寄らず今, 寄らず佇むかげ, 寄らず僞八五郎, 寄らず喜八, 寄らず柳屋, 寄らず私, 寄らず締め, 寄らないで, 寄らないところ, 寄らないほど, 寄らないやう, 寄らない人, 寄らない唐突, 寄らない時, 寄らない物質主義, 寄らない糸口, 寄らなかつたから, 寄らなかつたこと, 寄らなかつたで, 寄らなかつたな, 寄らなかつたので, 寄らなつた, 寄らぬ, 寄らぬあたり, 寄らぬお金, 寄らぬから, 寄らぬと, 寄らぬのに, 寄らぬま, 寄らぬやう, 寄らぬタクシー, 寄らぬ下手人, 寄らぬ不思議, 寄らぬ世界, 寄らぬ主人, 寄らぬ事實, 寄らぬ光景, 寄らぬ凄, 寄らぬ凄まじい, 寄らぬ凶報, 寄らぬ別様, 寄らぬ勝造, 寄らぬ勢ひで, 寄らぬ命, 寄らぬ哀れ, 寄らぬ土地, 寄らぬ境遇, 寄らぬ夢, 寄らぬ夫定, 寄らぬ妨げ, 寄らぬ姿, 寄らぬ孤独, 寄らぬ家, 寄らぬ尊い, 寄らぬ小, 寄らぬ巨額, 寄らぬ平次, 寄らぬ形, 寄らぬ怖, 寄らぬ怨み, 寄らぬ恥辱, 寄らぬ所, 寄らぬ手掛り, 寄らぬ挫けやう, 寄らぬ捕物陣, 寄らぬ新, 寄らぬ新しい, 寄らぬ方面, 寄らぬ昨日, 寄らぬ澁, 寄らぬ火事, 寄らぬ災難, 寄らぬ發見, 寄らぬ短, 寄らぬ破局, 寄らぬ縮尻, 寄らぬ罪, 寄らぬ美しい, 寄らぬ腕達者, 寄らぬ艶, 寄らぬ花, 寄らぬ處, 寄らぬ複雜, 寄らぬ見事, 寄らぬ話, 寄らぬ誠実, 寄らぬ變つた世界, 寄らぬ變事, 寄らぬ贅澤, 寄らぬ身近, 寄らぬ近傍, 寄らぬ錢形平次, 寄らぬ長持, 寄らぬ飛躍, 寄らぬ馬, 寄らぬ騷ぎになつてしまつたのです, 寄らぬ驚き, 寄らねえ, 寄らねど, 寄りませんでしたよ, 寄り申さぬ, 当らなかつた, 感じなかつた, 懐かざるを, 懸けず俄, 懸けず宮, 懸けず富山, 懸けず後, 懸けぬ災難, 懸けぬ細い, 打ちあけられずに, 掛けざりき, 掛けずソ, 掛けず先生, 掛けず浮き出し様々, 掛けず現実的, 掛けないこと, 掛けない事, 掛けない出来事, 掛けない白晝, 掛けない艫, 掛けなかつた, 掛けなかつたこと, 掛けぬほど, 掛けぬ尺八, 掛けぬ心配, 掛けぬ様子, 掛けぬ美し, 時々はする, 深く彼, 湧いた, 湧かなかつた, 湧く, 無いのに, 由らざる事, 知らで過, 私の, 積る, 自分に, 致しました, 致しません, 設けない拾, 設けぬ事, 設けぬ水, 設けぬ災害, 遂げ得なかつたら後味, 鹿野山

▼ 思ひ~ (788, 8.1%)

72 して 30 した 16 しながら, しなければ 10 したこと 7 させた, すること, するの, 抱いて 6 させて, する, 寄せて 5 こめて, こらして, したり, 凝して 4 あらたに, させる, しながらも, せずに, つけくさる, 胸に, 致して

3 [12件] かけて, したに, したので, した事, しても, すれば, まうけて, 忍んで, 感じて, 眼に, 表は, 述ぶる

2 [32件] あらは, させたこと, させたの, させられたこと, したか, したもの, した者, しないで, しましたが, するだらうなどとまで, するなんて, するので, するもの, するやう, する事, そ, そこに, どうする, なして, なせり, ひそめしは, めぐらして, れば, 凝らして, 寄せた, 引立てて, 抱きながら, 持つて, 深めて, 籠めた, 馳せけり, 馳せて

1 [450件] あつめた, あなたは, いさぎよく棄てる, いたします, いつしらず整頓, かぐ, かけた伜, かけた美女, かけちや, かけよ, かけるより, かけ主君, かけ裏, かけ間, くだきしが, こめた恋, こめてから, こらすと, こらすま, さされるの, させずに, させそして, させたあと一緒, させたかを, させたくないと, させたので, させた怨み, させては, させないため, させないだけの, させないでね, させないやう, させながら, させぬため, させぬやう, させや, させられた, させられたかを, させられたので, させられたもの, させられる, させられるなんて, させられるの, させられるばかり, させるからには, させること, させるだけが, させると, させるなよ, させるの, させるば, させるやう, させる平岡, させる惧, させる愚か, させ合, さながらの, さまたげなかつた, されて, しずには, したあの, したかといふ, したから, したが, したくなかつたの, したさ, しただらう, しただらうといふ, したと, したとき, したところ, したなどとは, したの, したもん, したらう, したらしかつ, したわけ, した序, した時, した百七十七箇村, した罰, した自分, した駄夫, しつ, しては, してるか, してる時, しないこと, しない内, しなくて, しなけりや, しに, しはじめた, しましたから, します, しようたつて, し合つて, し度, すべて棄てし, するたち, するため, するだん, するであらういい, するならいっそほんとに, するのに, するばかり, するよりは, するよりはと, するよりも, するんぢ, する事さ, する氣, する爲, する甲斐, する程, せき留め得なかつた, せつないまでに, せぬ中, せねば, そそらずにはを, そそるもの, そそる場所, たぐって, たどり, つづけましたが, つとめて, つらつら抱く, つんざくこと, とげる奴, とり直した如く立ち直つて, なさつて, なさねば, なさるつもり, なさんとは, なしけるが, なしけん, なした, なしたと, なしたり, なしに, なし傳吉夫婦此度, なし寂寥, なし忍び忍び, なし我等, なし昨日, なし辛い悲しい, なすにぞ, なす吾, なせしが, なぜしなけれ, なつかしむ悲しい, なるべく少なく, はせること, はせ併せて, ひかれたやう, ひそめ, ひそめた一克, ひそめた末, ひそめた筈, ひそめて, ひとしく壓, ひねもす語る, ふさぐぬかの, ほかに, ほのめかす大島守, ましば, みだすこと, みる者, めぐらしはじめた, めぐらし努めて, めぐらすこと, めぐらすの, もつて, もて日, もて自ら己, やどす, よく知つて, よせた此国, よせられやりきれない, よせる人, らる, りしに, りたる, り候, る, るかな, われに, 一の, 一入深め, 一年ある, 一念, 一瞬に, 与えること, 与えるゆえ, 与へ, 与へた, 乱すまじ, 乾さぬ心, 二千年の, 云ひ, 人々は, 人に, 今だに, 今一度自分の, 仏体に, 他の, 以つて家の, 何故忍ばなけれ, 作すべし, 傳へる, 兄にこそ, 全く追, 其儘に, 其處に, 凝さ, 凝した藤田, 凝しぬ, 凝め, 凝らさば, 凝らしあるいは, 凝らした, 凝らした山羊脚, 到して, 動かして, 動す, 動作に, 医すため, 及したらう, 及ぼす事, 反らせるの, 取り留めも, 叶へ, 吐きつくさば, 向けしめるであらう, 向けること, 吾がベイコン博士, 味つた, 味は, 味ひ, 味ひつ, 味ひ返す, 味ふ, 唆られ, 嘗めさせられるの, 噛みながら, 囚へて, 圭一郎は, 増すばかりの, 増種々に, 外には, 多くする, 多くするらしい, 天に, 天下の, 宇宙や, 定かに, 定め賣殘, 寄する, 寄せしは, 寄せし時, 寄せたとでも, 寄せた一册, 寄せた男, 寄せつつ, 寄せなければ, 寄せはじめたこと, 察して, 審判し, 少くしよう, 尽してつ, 己が, 廣くし我はかの, 廻らした揚句, 強めた, 強めるの, 彼に, 彼の, 彼自らに, 忍び得るほどの, 忘れて, 忘れないで, 忘れ忽ち, 思ふ, 感じさせた, 感じさせ宇宙, 感じた, 感じたらしく直ちに, 感じつづけた, 感じること, 感じるやう, 感じ度, 感ぜしめずに, 慰めても, 懐いて, 懐かずに, 懐くの, 懷か, 懷かせる, 懷くにいたれり, 懷けり, 懸けその, 戀ぞと, 我等祖先の, 払ひのけよう, 抑へる, 抒べ, 抒べた人々は, 抱いた, 抱いた光源氏, 抱いても, 抱かしめるといふ, 抱くもの, 拝すること, 持ちながら, 持つたお, 振り棄てるやう, 振袖に, 掛けたこと, 掛けたの, 掛けた吉野太夫, 掛け時, 擁く, 擬へ, 新たに, 斷つ, 晴すべし, 更に弾力, 更に激しい, 書いて, 果して, 果すこと, 棄つるを, 樂しみ, 欺かうと, 歌つてゐる, 止まりて, 正さざりせば, 正しく生き, 残して, 殘し, 沁, 消さむ, 深うした, 深く包ん, 深める, 深めるばかり, 深める原因, 清うし, 溺らしぬ, 漲らせて, 潛めず, 潜めたり, 潜めたれど, 潜めた後, 潜めること, 潜めるに, 潜めれば, 為し案内, 為せり, 爲し, 爲べし, 盡し, 相手に, 知らねばや, 知られじとか, 知るので, 破る, 碎きしは, 碎くに, 禁じえなかつた, 禁じえなかつたに, 秘しながら, 移す, 移すを, 積み入れ身, 筆墨の, 籠めて, 紛らせたさ, 経験した, 絶つまでには, 続けて, 繰返しながらも, 纒めらる, 聞く苦, 自分の, 自然に, 致さず礼儀, 致さないで, 致したこと, 致したで, 致しました, 致しまして, 致し候, 致すので, 舞台の, 裏切られた, 裡に, 見せずして, 覚えたの, 言ひあらはさむ, 言現, 言現は, 訴へる, 認めた, 誘つた, 誘はれた, 誘はれたいやらし, 誘ひやすく, 語りあつ, 語りて, 語り合, 讀みながら, 讀んでしまつた, 變へ, 變へよ, 費した人, 賭けた深刻面, 走らせて, 走らせる蘇満国境, 起させる, 起させるある, 起しなぜ, 超ゆる, 込めて, 辿ると, 近く仕ふる, 述べようと, 逃げだすこと, 遁が, 遂げた, 遂げること, 遂んと, 運べるもの雲霞, 過るので, 遺憾なく, 鎧として, 閉す白雲, 陳べて, 離れき, 霽さで, 革める心地, 響かし願, 風に, 飜さでは, 馳する, 馳せた, 馳せました, 馳せ口, 馳らせた, 駆られはじめると

▼ 思ひながら~ (703, 7.2%)

24 私は 13 彼は 6 彼女は 3 そつと, やつと, 三田は, 思ふばかり, 答へ, 読んで

2 [42件] かう言, からだを, かれは, じつと, その折, それを, ぢつと, ついその, つい失礼, どうする, ぼんやりし, マツチを, 主家に, 今だに, 例の, 信一郎は, 僕は, 兎に, 出しそびれて, 出した, 大股に, 妹の, 姉の, 床に, 彼が, 彼の, 復た, 急いで, 息を, 時間に, 歩いた, 熱心に, 瓜井戸の, 短尺すゞり, 私はた, 私も, 空を, 自分の, 自分は, 行くと, 訊きました, 駿介は

1 [558件 抜粋] あたりを, あるく冬, あれからずつと, あんまり気乗り, いちん, いつ暗い, いよいよその, うとうとと, おつかな, お処, お末, お父さま, お雪, かすかに, かなり抽象的, こちらからも, この中途半端, この勇敢, この留守宅, この若い, この記事, この頃一切コレクシヨン嫌, こればかりは, こんな九州, こんな会話, さうだと, さめての, しかしそれ, しかしやはり, しかも信念, しかも躊躇, しつかりこの, しばらく何, しや, すかして, すつと, すべてを, ずんずん進ん, そこに, そこへ, そこを, そのま, そのままに, その上, その丘, その儘耳, その前屈み, その場, その宿屋, その後姿を, その怪我, その手の甲, その手段, その新聞, その時, その水音, その状箱, その言葉, その鶴, それが, それでもいそい, それでも妙, それでも彼女, それでも構はず, それでも青い, それにか, それ切りに, そろそろ野呂, そんなこんなで, そんな空想, だ, だまって, だまつて口を, だんだん谷地, ちやんと, ついそれなり, ついつい自分, つい下手, つい又, つい真夜中, つひ乗りそびれて, でも今日, とまって, ともかく腹這, ともかく諦め, どうしてもその, どうしても縁, どうも気, なかなかそれ, なほう, なほそれを, なんだかいや, なんとも, ひつ張られ, ひよい, ふてくされた肚, ふと, ふところ手を, ふと考へた, ふと足元, ぼんやりと, ぼんやりとして, ぼんやり床, また, また汽車, また父, まだそれ, まだ一度, まだ其の, まだ逢, まづ時計, もうひよつ, もう少し近く, もう斯, もう毒, もう端艇, もさうし, やうや, やうやく, やがて汽船, やつぱりいろんな事を, やつぱりぽくぽくそれをたべてゐました, やつぱり懐しい, やつぱり水位の, やはり彼, よく視る, わざとゆ, わざと氣輕さうにあたり, わたくしは, わたしが, わたしは, わたしも, わたし達も, オヅ, ギャーッてな, ゴーと, ジョバンニも, ジヨバンニも, ソロドフニコフは, ソーダを, ダニーロが, ツイその, ツイ手が, フト考へた, フラフラと, ペトゥローは, ポストの, ワザと, 一つぶ口で, 一二度數へ, 一人から, 一寸顎, 一年延しに, 一心に彼, 一方では, 一方には, 一方軍律, 一種の, 一足二足行つて覗いた, 三本目の, 下へ, 不気味が, 両脇, 丸で, 主なき, 九時に, 二十三日は, 二階に, 二階の, 今その, 今にも挙がり, 今まで, 今夜は, 今日偶然カタクリの, 今日迄, 今月号に, 仕方が, 他の, 他愛なくなる, 代助, 以前書いた, 佐原に, 何う, 何か, 何から, 何の, 何故當の, 何時しか夫, 何時の間にか夏, 何食は, 余が, 例へば前夜, 俥から, 俺は, 傍目も, 先づおもて二階の, 先を, 先生の, 先頃はがきを, 兎も, 入用の, 六か, 其儘ぢつ, 内へ, 内外の, 再びウトウトした, 冷たい空氣, 凝と, 出かけたら坂, 出不精が, 出來, 到, 勢の, 勢ひよく一散に, 包みの, 北へ, 十年以来鉛筆で, 却つて御無沙汰する, 却つて清々した, 又し, 又ツヽ, 又其風, 又同じ, 又忽ちに, 友の, 反対に, 口の, 台所を, 右の, 同じく默つて, 同夜下諏訪の, 名前には, 向うの, 向うを, 向方の, 唐草の, 唯もう一目, 商人に, 四辺を, 団扇を, 国上寺の, 土神は, 夕方の, 外套の, 夫の, 奧へ, 如才なく, 妙に, 孫生快, 定かに, 室の, 家の, 家へ, 寂しい山道, 富之助の, 寝床に, 寝床の, 寺男は, 小使の, 小柄に, 小波の, 小玄関, 少しも, 工夫を, 差し上げようと, 帰つていつた, 帽子を, 平次は, 幾度と, 幾度手に, 庫裡へと, 庭の, 彼女を, 彼女等の, 彼等の, 後の, 徒然なる, 從來嘗て, 御もつとも, 御返事を, 御飯を, 微笑を, 微笑んだ, 念の, 急に, 恍惚として, 恐る恐るそこ, 情けない気, 意外の, 態と覗き, 慳貪に, 慾も, 我儘お, 我慢を, 所謂, 手が, 手に, 手を, 手紙を, 打過にせし, 扨どう, 抱きと, 振り返つて闇, 振り顧つた, 握る手, 數へて, 文吾は, 旅の, 日が, 日頃生真面目な, 早足に, 明日に, 時々笑, 時の, 時間なく, 晩秋の, 暗い足元, 暫く待つ, 暫く頭, 暫の, 暫らく荷物を, 暮れて, 朝の, 未に, 本意なく, 机の, 東京へ, 柿の, 栄蔵と, 根もとに, 案内を, 桜の, 榮子が, 様子を, 横に, 横道を, 樽野は, 橋の, 止せばい, 正式には, 此好時節に, 歩いて, 歩き出した, 歩るいた, 歸る, 死んだの, 死んで, 殊更に, 残り惜しく小屋, 氣にか, 池の, 油屋へ, 注意した, 注意ぶ, 洋傘を, 浮いて, 涙の, 淋しい堪へ, 渠の, 渠は, 湯の, 澁, 澁川で, 濡れた身體, 灌木の, 炬燵で, 然しこの, 父利兵衞に, 父親の, 犬の, 狡く情けない笑, 猶もよく, 猶局部, 玄竹は, 現在もうすぐ, 理髪し, 生きながら, 田舍道なら, 町の, 番頭に, 疎い白髮, 登つて行つた, 登美子は, 白々しく騒ぎ, 目の, 目は, 直ぐ義雄, 眉を, 眞先き, 眠り不足な, 眺めた, 矢張りつい, 矢張り自己は, 知らず識ら, 知ること, 破れた垣, 神経は, 私が, 私の, 秋草の, 空しく一ト月あまり, 窕子は, 竜胆の, 竿を, 筆を, 箱の, 納戸へ, 細い腕, 絶えず拍子, 續き, 義雄は, 翻訳の, 考へ, 考へた, 聖像に, 聞いて, 聲を, 聴きも, 腕を, 自分一人が, 自動車の, 自轉車, 艫を, 花の, 苦笑ひ, 菊次さんは, 蒲原氏は, 藪蛇を, 蚊帳を, 行くの, 行つて見た, 行に, 行過ぎたれど, 表口へ, 袋の, 裏口から, 見た, 見つめて, 見ては, 見ました, 見守つて, 言へば, 言葉を, 訊いた, 諦められないもの, 讀んだ, 讀者よ, 貴方の, 走つて帰, 足許に, 足許の, 跳んだの, 踏む山路, 軽い嫉妬, 辷つて, 辻の, 迎への, 近子は, 返す言葉, 這入つて, 通りすぎた, 逢ふべき, 遂に機會, 運ばれて, 過して, 道を, 遠くから, 遣方, 遥か眼, 部屋を, 銀座裏の, 鍛冶屋は, 間もなくお, 闇の, 陳列館の, 隆造は, 障子を, 隣家を, 雨あがり, 雪に, 電話口へ, 電車に, 静かに, 静に, 靜かに, 面を, 靱負の, 靴音を, 頁を, 頭の, 顔だけは, 願が, 飢たる, 駿介の, 鬼頭の, 鳥打帽を, 默つてさうし, 默つて着物の, 默つて聞い, 龍子は

▼ 思ひ~ (693, 7.1%)

1815 がある, の中 11 の種 10 である 8 の多い 6 のため, のなか 5 の一つ 4 が私, であつ, に耽る, のやう, の深い, はその, を語り

3 [16件] か, があつ, です, でら, といつた, となつ, に, になつ, になつて, になりました, になる, にまう, のある, のほか, の詞, を持つ

2 [38件] が, があります, がそれ, が今, で一杯, といふもの, となる, と云, にしまする, にせ, にでも耽つ, にふさ, に似, に充ちた, に耽らう, に走つた, の, のなつかし, のみに身, の匂, の原稿, の数々, の為, の爲め, の物, の花, の若干部分, の記, は, は再び, は盡, は遠く, もはつきり, も深い, を書いた, を残し, を話し, を語る

1 [447件] かた, からそれ, から書き出し, から自分, から誌, があまり, があらう, があり, があれ, がいつ, がいつの間にか, がいま, がいまごろ, がいまだに, がう, がかやう, がからみ, がこの, がしつこく, がずたずた, がその, がたくさん, がなんと, がにじみ出, がまた, がやつ, がよみ, がわく, が僕, が切々, が壓倒, が多い, が多数歌, が夢, が尽きない, が常識, が影絵, が後, が心, が息苦しく, が或, が押し, が數, が最も, が果して, が案外, が殘, が氷, が浮ん, が深い, が激しく, が濃い, が現在, が生き返, が瞼, が種ぎれになつたときはいつも, が絵巻, が色濃く, が蘇つて, が詩味, が走馬燈, が酔つた脳裡, が霧, が非常, が頻りに, こそ妻, しか持つ, しか浮かばない, しまんな, たり, だ, だけでもみよ, だけなりと持つ, だけに生き, だけのものぢ, ださん, だつた, だつたの, だつて, だにもあらぬ, であらふ, であるから, であるからと, であるが, でけ, でけむ杯, でざりき, でしかなかつた, でしむ, でしもの, でたり, でたり汝ら, でたれば, でつれ, でな, でぬる, ではありません, ではなかつた, では何, でむ, でむわれも昔, でもなき, でもみよ, でよ, でよと, でよとぞ, で候, で奸計, で忘れ, で慟哭, で涙流, で難し, で青空, といつ, といふやう, といふ奴, といふ霞, とかばかりだつた, とか運命, とし, としてある, としてこれ, として彼等, として目, として胸, として色濃く, とする, となりし, となるであらう, となるべき, とに震, とはよくよく, とは異, ともなり, とプルウスト, と共に, と未来, と申します, と相, と運命, と陰影, なぞといふもの, なぞは少し, などいくら, などすこし, などではない, などに脳裏, など書き, など生きた, なの, なればこそ, なん, なン, にこの, にこれ, にし, にすつかり焦立たさせられ, にする, にせん, にその, になり, になります, になるでせう, にのこつ, には一つ, には火, にも若い, によつて豊か, にわびしい, に一ぱい, に乾杯, に二人, に今それ, に伴, に似た, に何ん, に冷汗, に吊られ, に変, に夫, に富士登山, に對, に就い, に引き, に心, に心臟, に最初, に最後, に此匂, に残つて, に汁粉, に泣く, に活氣, に漂, に甘く, に皆んな, に等しい, に耽, に耽つ, に耽り, に聴水, に花, に若い, に若作り, に蘭醫ケンペル, に襲, に記述, に誘はれ, に酔, に関してはその, に非, のああ, のあり, のいかな, のうれしき, のかずかず, のことごとく, のしみない, のたけ, のところ, のひとつふたつ, のみが余りに, のみに生きた, のみは永久, のむかし, のアルバム, のハイデルベルヒ, の一, の一つ二つ, の一番奥, の三月, の二つ三つ, の五年十年, の人, の会, の伴奏者, の作品, の全部, の凧, の取縋る, の味, の土地, の地, の夜, の夢, の家, の帷, の底, の断片, の日, の景色, の月夜, の果, の様, の樂さや回想, の樫, の歌, の気分, の清き, の温泉地, の爲, の父, の痛手, の破片, の禁じ, の積つて, の素直さ, の綾, の緒口, の縁結び, の自画像, の蘇る, の街, の赤き, の走馬灯, の走馬燈, の遠い, の部屋, の靄, の類ひと, の風景, はああ, はあまり, はある, はいつ, はいつも, はおれ, はこれ, はこれすべて, はすぐ, はそれ, はたいへん, はだいたい, はだんだん, はどう, はどつち, はどんな, はない, ははつきり, はまた, はみな春, はむしろ, はやつぱりなつかしくきれいなものである, はわが, は一つ, は一塊, は三十五六年, は今, は仲, は何と, は何ん, は十年前二十年前三十年前, は商人, は寢室, は尺取虫, は彼, は彼女, は息苦し, は悲しい, は持つ, は時には, は朝, は次, は此, は残つて, は消え, は淋しい, は甘酸, は生憎, は私, は郷愁, は長命寺内芭蕉堂, は隱, は霞ん, は首, は鮮やか, ばかりがある, ばかりで, ばかりに引きずられ, ばかりはせんなく, ほど懷, ほど時, ほど毒, もあり, もある, もあんまり, もいま, もいや, もいや積みまさる大谷, もむろん, もよし, もン, も今, も出京後最初, も悲しく, も払ってない, も持つ, も次第に, も祖國, も色, も身, やかの, やに疲れ, や熱帯地方, や翁自身, よりもずつと新しい, をあ, をあたり一面, をいつ, をいま, をいやいやながら, をきかせ, をさそふ, をしのん, をたくさんこ, をたぐりよせよう, をたぐり寄せ, をたぐる, をつ, をつく, をひめ, をほ, をほごす, をもあまり筆, をもつた, をもと, をよび起す, をトゥルン・ウント・タクジス公爵夫人, を一切合財, を二人, を五百枚近く, を伴つて, を再び, を同時に, を否認, を呼びおこす, を呼び起す, を哀しき, を堆積, を壞, を少し, を展開, を巡る, を強請, を彼, を恐れ, を悉く, を憎ん, を懐い, を懷, を払, を持つた, を指折り数, を振り棄て, を掘り返した, を新しく, を書かなかつた, を書き, を書取, を棄て去る, を残さなけれ, を残した, を泣き, を浮べる, を独占, を私, を秘め, を續, を胸, を脱稿, を記し, を記録, を訳し, を詠じた, を誘, を誘ふ, を語, を語つて, を辿る, を述べ, を金貸し, を非常, を順序, 深いその, 深い交情, 深い少年, 深し四度

▼ 思ひがけ~ (650, 6.7%)

25 なくも 18 ないこと 12 なかつた 9 ないところ 8 ない幸福 7 ない人, ない処, ない時 6 ないもの, ないやう 5 ない出来事, ない大, なく, なく出, ぬ事, もなく 4 ない光景, ない方面, ない言葉

3 [20件] ずに, ないその, ないので, ないほど, ない不思議, ない事, ない声, ない想念, ない手紙, ない方向, ない物, ない発見, ない結果, なくその, なくそれ, なさ, ぬこと, ぬところ, ぬ日々, ませぬといふ

2 [27件] ない, ないかは, ないのに, ない問, ない姿, ない形, ない心残り, ない心殘, ない所, ない方角, ない満足, ない病氣, ない程, ない聲, ない興奮, ない親切, ない訪れ, なかつたの, なくよみ, なく伊庭, なく彼, なく私, なく自分, ぬこの, ぬ喜び, ぬ時刻, もなき

1 [389件] が無い, きや, ざりき, ざりしお, ざる有力, ざる特賞, ずぴつたりと合, ず丁度, ず三年, ず往には, ず殆ど, ず立ち現, ず誰, ず遠から, ないあどけさ, ないお客様, ないかたち, ないから, ないくら, ないこんな, ないさびしい郊外, ないそして, ないといふ, ないとき, ないはずみ, ないほどの, ないほど近いところ, ないほん, ないめぐりあひに, ないめつけもの, ないん, ないアセチリン燈, ないシミ, ないパンク, ない一事, ない一人, ない一刹那, ない一瞬時, ない一聯, ない一輪二輪, ない一通, ない上値, ない不幸, ない不快, ない不意, ない不時, ない不運, ない世界, ない事情, ない人生, ない仕合せ, ない他人, ない何, ない何處, ない侮辱, ない偶然的, ない偶発事件, ない傍系, ない優しい言葉, ない冷気, ない出来ごと, ない出現, ない初, ない別, ない利益, ない勇氣, ない反感, ない反撃, ない古代, ない可, ない味方, ない四人, ない困難, ない土地, ない地方, ない報知, ない夢, ない大きい響き, ない大した, ない大胆, ない大道, ない太い声, ない失神, ない奇, ない奇禍, ない奇蹟的, ない奥羽, ない女房, ない好機會, ない娘, ない嬉しいこと, ない嬉しさ, ない宥恕, ない寒気, ない小, ない帰結, ない幸田ゆき子, ない幸運, ない廻り合せ, ない強い力, ない彼女, ない思ひ, ない恨み, ない悪い結果, ない悲しみ, ない悲劇事, ない情慾, ない意味, ない意志的, ない感じ, ない戦争, ない打撃, ない抗議, ない抹茶, ない招待, ない挨拶, ない救, ない数々, ない斜面, ない断面, ない新, ない新しいスタイル, ない新た, ない方, ない旅行, ない旅路, ない日々, ない旧知, ない早さ, ない昏倒, ない梨枝子, ない様子, ない歓会, ない死, ない死に目, ない気兼, ない決意, ない活劇, ない涼しさ, ない深い恍惚, ない深切, ない火事, ない災難, ない熱心さ, ない物静か, ない狼狽, ない率直, ない現出, ない由子, ない異常, ない相談, ない瞬間, ない知己, ない石楠木, ない石油, ない神々しさ, ない神秘, ない私, ない立派, ない答, ない組合せ, ない結末, ない結論, ない絵, ない絶望的, ない繁み, ない美しい対照, ない美しさ, ない美麗, ない考, ない聯想, ない腹立たしい無責任, ない自殺, ない自由, ない花園, ない芸人, ない藍色, ない處, ない街, ない街通り, ない衝撃, ない表情, ない言, ない計, ない訪問者, ない訪客, ない話題, ない語, ない誤訳, ない贈物, ない赤ン坊, ない返事, ない迷惑, ない逆説, ない途方, ない進歩, ない道, ない違算, ない遭遇, ない邪魔, ない都人, ない野卑, ない金的, ない雨, ない静か, ない顏, ない風, ない飛躍, ない高い空, ない魅力, ない龍, なかつたし, なかつたぢ, なかつたですね, なかつたに, なかつたひどい, なかつたもの, なかつたもん, なかつたよ, なかつたらしい, なかつたらしく眼, なかつた事, なかつた詰問, なき事, なき二發, なき坂, なき場所, なき材木, なき東夷, なき源太, なき雪, なくあつぱつぱ姿, なくあんな, なくうまく命中, なくおあ, なくおふくろ, なくお布施, なくぎり, なくこの, なくころ, なくこんな, なくそこ, なくその大きな, なくは, なくはかどつた, なくはつきり, なくはね返した, なくばつ, なくひがんだ, なくひよツ, なくぷつゝりと, なくまた, なくキビキビ, なくクルリ, なく一つ, なく三名, なく下男横だき, なく不意討ち, なく今度, なく來, なく元, なく兄, なく兵庫洋, なく冨子, なく刈草, なく卵, なく及第, なく古い友達, なく古い型, なく否定, なく吾, なく周二君来訪, なく坐りこんだ, なく外国, なく大きくせ, なく大輪, なく太い口髭, なく女學生, なく子, なく實際, なく小穴隆一君, なく小舎, なく工藤, なく平河さん, なく年齡, なく広いと, なく往来, なく思つて, なく急, なく悠々, なく我々, なく手, なく手厳しい矢継ば, なく拡大, なく旧友, なく早くやつ, なく明, なく東京, なく東武, なく桜, なく森本先生, なく比嘉, なく沖繩一見, なく河野さん, なく海上, なく澄太君, なく澤山採集, なく父, なく現, なく病少年, なく登美子, なく白い犬, なく眼, なく着物姿, なく私達, なく穏便, なく突然, なく結婚, なく綺麗, なく練吉, なく翻つて, なく脱ぎ棄て, なく脱し得た, なく脱出, なく與, なく芥川君, なく若々しい女, なく藤津君, なく見え, なく見る, なく訪れ, なく豊富, なく赤くな, なく近いところ, なく過ぎ去つた, なく長谷さん, なく隣室, なく隣村, なく須磨子, なく餘, なく黄色い板, なく黎, ぬところで, ぬどんな, ぬに, ぬやう, ぬわが子, ぬわたし, ぬ一つ, ぬ不幸, ぬ人, ぬ何, ぬ信州, ぬ出來事, ぬ利分, ぬ利益, ぬ動作, ぬ友だち, ぬ地位, ぬ幾多, ぬ心, ぬ所, ぬ方角, ぬ方面, ぬ時, ぬ来客, ぬ正月, ぬ水門, ぬ流転, ぬ熱, ぬ発見, ぬ突発事故, ぬ窮地, ぬ綿引蒼梧和尚, ぬ處, ぬ虫, ぬ近, ぬ金, ぬ闖入者, ぬ附録, ぬ青葉, ぬ靜, ぬ驚き, ねえこと, ねば, もしない, もない, もない広い, ん好い

▼ 思ひ~ (639, 6.5%)

18 耽つて 15 沈んで 11 なつた, なる 10 打たれて 9 なりませんか 7 なるの, 打たれた, 殺して, 耽つた 5 なりますか, なるかも, ふけつて, 心を 4 なつたら, ならない, ならないで, なるか, なるでせう 3 なります, なるでせうが, なるので, もえて, 屈託ばかりも, 死んで, 沈みながら, 耽りながら, 落ついて, 迫れど

2 [40件] おかまひな, しづめり, なつたんだ, なつて, ならないの, なりまして, なりますの, なりませうが, なりません, なりませんの, なること, なるでせうでも, なるなら私, なる方, ふけつたり, やつた, よりて, 似たる, 刺しました, 刺し殺して, 心が, 心の, 握つて了, 暮が, 東京へ, 死にたかつた, 沈んだ, 白粉を, 突いた, 突き刺し得る丈, 耽つたり, 耽ること, 胸も, 自分の, 自殺し, 行つてしまへといふ, 追はれ, 駆られること, 駈られたこと, 黒味勝の

1 [387件] あたためられ六十, あの人, あの飲んだくれ, いつも同情, いづれ一句, うたれしばし, うち沈む, うとうとと, おすし, お菊, お近, お通, かき暮らされて, かすめられたが, かられたもの, くるしむ共, くれつ, こつちから, このわたし, この女, さあ貫一さん, さう, された時, しばらくは, すべてを, そこへ, そこを, そそられて, その後から, その男, それを, ただただ周章てふためい, つきまとはれど, とざされました, とざされる, とらはれた, とらはれてから, とらはれはじめて, とらはれるの, どういふ, なやむは, なやんだ, ならなくつて, ならんやう, なりますで, なりますならば, なりますなら此処, なり女, なり急, なり滿足, なるきり, なるだけ, なるだらう, なるでせうけれど, なるでせう私, なると, なるならどうか, なるわ, なるわよ, なるん, なる時, なる筈, なる諸君, なる譯, なる贈り物, なれば, なればよ, なんの, にわかに富子, のりうつつ, ひた, ひたる, ふけつた, ふけつた為, ふけり勝ち, ふける, ふけること, ふけるヒヤシンス, ふける伊太利, ふける女鳥, ぶちまけて, ほかならなかつた, まかせぬ疲れ, まさる思ひなき, みちあふれ, むしろ数々, や, やつて, やらないとは, やられたこと, やる氣, よしなき胸, よりてさ, よれり, われと, アイアース, ウノミに, カケオチしてやれ, ゾツとして, 一層彼, 三脚を, 不法の, 乱れて, 亂れ, 五左衞門を, 人を, 仁王門の, 他ならなかつた, 任せて, 伸しちや何, 似ず遂に, 住ひ, 依らず, 偽りは, 充たされた, 内部の, 出ないと, 切々と, 別れ話を, 刺されたので, 刺し殺しちよ, 刺違へて, 刻果てた, 加はること, 加来の, 叩かれたらしくよく, 叫んだらどんなに, 叶は, 向ひ, 吹雪に, 命を, 坊主に, 坐る場所, 堪えられず演半ば, 堪へかねた, 堪へざりき, 堪へて, 堪へないから, 堪へ兼ねて, 堪へ廉, 堪へ難き, 変じあやふく落涙, 変つてゐた, 変装を, 外へ, 夜の, 大阪へ, 失踪したい, 好む飲料, 姿を, 家ぐらゐ飛びだし, 寄るこ, 寄るこころなし, 寐られぬ, 寤むる, 屈託ばかり, 左乳の, 左翼へ, 度々出逢った, 度を, 庭へ, 延髓を, 引いたところ, 引つ張り込んだ, 引越して, 引返して, 彼の, 心休まらで, 怒鳴りつけたい苛立たしさ, 思うて, 思つてさて, 思ひま, 思ひ乱れて, 思ひ候, 思ひ続けて, 思ふのみにて, 思ふばかりにて, 急がれるばかり, 息の根を, 息の根止め, 悩まされながら, 悩みながら, 悩む時, 悩む者, 悩んだ, 悩んで, 感じられたほど, 慄ふ, 憂さも, 懊悩し, 成りて, 手馴れた楊弓, 打たれき, 打たれずには, 打たれたが, 打たれたの, 打たれたり, 打たれた風景, 打たれてからといふ, 打たれながら, 打たれまた, 打たれる, 打たれると, 打たれ申候, 打ち殺して, 扨て, 投り込んだ, 抱きしめ, 捲込まれたいと, 掻ききり二千五百兩, 撲たれた, 擬して, 散つて, 文子さんと, 文子と, 斬れし方, 既に枕, 景気好く, 暮れたる, 書いて, 有りの, 未練を, 東京へでも, 楽な, 横つ, 橇に, 歎かる, 正面に, 此処の, 歸れ, 死に花, 死ぬ覺悟, 死ねるものぢ, 死んじま, 死んだ事, 死花を, 殺さうと, 殺されたんぢ, 殺しその, 殺したの, 殺した方, 殺しちや, 殺しなさい, 殺すの, 殺られたこと, 汝の, 沈みその, 沈みて, 沈み始めた, 沈み言葉少な, 沈むといふ, 沈むの, 沈むめ, 沈む折ふし, 沈めり, 沈める内, 沈める折ふし, 沈んだハモニカ, 沈んだ旗, 沈んだ表情, 沈んだ酔漢, 没したこと, 泣かぬこと, 泣きたくなつ, 泣く友, 泣けよかし, 洋服や, 浮んだの, 浮んだり, 浮んでは, 浸りつつ, 清水の, 満され, 満たされた群集, 滿ち, 滿ちあふれ, 火の, 煽つて, 燃えざりければ, 燃えたが, 燃えて, 片腕すつ, 疲れた, 痩し, 目を, 眼を, 知らないところ, 短銃だ, 破壞, 私の, 秋の, 移りて, 穢れは, 突いたと, 突いて, 突き上げたの, 突つ込んだ, 突当らずには, 立つて踊り廻つた, 答ふべし, 絞殺され, 罪ある, 耐へ, 耽けつた, 耽つた時, 耽つて徘徊, 耽つて眼前, 耽り, 耽りつ, 耽りつかれて, 耽りて, 耽りぬ, 耽るやう, 耽るわけ, 耽る時, 耽る表情, 胸が, 胸は, 胸を, 脱いで, 腕力沙汰を, 腹に, 自分を, 自殺でも, 艶しき身の, 芋刺しだ, 苦しみ疲れて, 苦しめられて, 荷物を, 落ちこんで, 落ちざるを, 落ちたこと, 落ちたと, 落ちやす, 落ちるの, 薄墨の, 行つても, 襟を, 襲は, 襲はれ, 襲はれた, 見つむ獄庭, 言葉さへ, 訣れの, 詣づれば, 談笑し, 責めら, 責め刺され, 走つた, 走つたり, 走らせて, 足を, 蹲踞んだり, 身の, 身を, 迫ま, 退出し, 送油管, 這入り込んで, 運命の, 遣つつけたら頭, 遣つ付けたいから, 配は, 金井朝雲を, 銀の, 銃殺せられる, 閉されがち, 閉ざされて, 陣を, 障子を, 離別しよう, 震へながらも, 顏を, 風變りなかつ, 飛び去りたくなる, 飛び込めずに, 飛んで, 飛込まうと, 首を, 首筋を, 駆られ, 駆られて, 駆られながら, 駆られながらも, 駆られるの, 骨を, 鳴川留之

▼ 思ひ~ (480, 4.9%)

105 した 37 する 28 して 16 するの 14 するので 6 あつた, したの, 胸に 5 したので, しました 4 あらう, けずも, したが, するばかり 3 ある, 湧いて

2 [16件] いたしまして, いたします, いつかは, けずその, したから, したもの, した自分自身, します, ないでも, にじむばかりに, 叶つて会ふ, 強いの, 彼の, 深かつ, 私の, 肚底に

1 [198件] あつたなら, あつて, あつてか, あるせゐか, あると, あるといふ, あるなら二人, あるばかり, あれば, いくらかあります, いたしましたわ, いつも一杯, かなつた, かなつてうる, きんには, けずかかる, けずはつきり, けずわれわれ, けず伊勢物語, けず大きな, けず展けた風景, けず岩波, けず幸田文女史, けず強烈, けず接近, けず此處, けず殘忍, けず甘美, けず異人馬鹿, けず目, けず私, けず貴方, けず郷里, ここに, こみ上げて, こもつて, ござつた, させた仕業, されます, されるものぢ, され冷汗, しその, したかも, したこと, したさ, したぜ, したと, したといふ, したに, したよ, した日本映画, した経験, し卓一, し文子, し胸, し腕, すぎると, するから, するさ, するそこ, するで, するであらうと, すると, するほど, するもの, する奴等, ずん, せつないの, せぬでも, そのま, その全文, その響き, それとなく去来, それを, たかまり愈々, たかまるの, だん, とりとめも, どこからとも, ないこと, ないだらう, なかなかに, なくな, なつかしいの, なにごとに, ねつとり残る, はじまりだつた, はじまる, ひそかに, ひとりの, ひらめくと, ふとした, まつたくなかつた, まづ胸, まとまらぬ, まるで炎, まるで私, むしろ由子, むしろ私, やつと, 不快で, 乱れぼんやり, 二人の, 人にも, 今だに, 今また, 今更の, 何うし, 何だかぼうっとみんな立派, 何となく私, 何より嫌ひなの, 俺の, 先に, 全身を, 内に, 冷たく私, 切なく私, 去らずそれ, 向ふと, 多い例へば, 奇妙に, 子梅玉一代, 少くなかつた, 尚強く, 年老いた彼, 強い, 微塵も, 心の, 忙が, 怒りの, 息苦しかつ, 憐れぢや, 掠めて, 明治二十年代初期に, 時々めばえた, 晴らされるの, 未だ成らざる, 杜絶えた, 次々に, 残つて加茂族の, 殘つてゐる, 殘つてゐるだらう, 殘る, 毎日毎夜わたくしの, 油然と, 流れて, 浮かびでて, 浮んだ, 浮んだとき私, 深い, 深くな, 湧く, 満悦に, 漸くの, 激しい, 激しかつ, 濃くゆらぐ, 濃く胸, 犇めき合つて來, 目の, 矢張り天候の, 私を, 移つて旅の, 籠つてゐるらしい, 絶えない, 絶えないしるし, 総身の, 總身の, 胸の, 胸一杯である, 自分に, 自然彼を, 致したこと, 致しました, 致しました程, 致しまして, 致しますけれども, 舞ひ, 色蒼ざめ活気の, 芽ぐみつつ, 萌して, 蛇と, 解るもの, 誰しもの, 謙一の, 豊かで, 走つて, 起る, 起るの, 足りるやう, 込みあげて, 通り魔の, 過去に, 違つてゐた, 遠く離れ, 重くかぶさり, 重く屈し, 黒い眉

▼ 思ひ~ (273, 2.8%)

64 あつた 5 あらう, せう 2 之を, 喇叭節を, 明日着, 私は, 踊りの, 酒を

1 [187件] あつたの, あの会堂, あらうと, あらゆる罵詈, いつも頭, うすぐらい箱, うち眺め, おかし, おせい, くさり果て, この全, この花束, この詩集, こんどは, しばらく見つめ, せうが, せうけれど, そこを, そして子煩悩, そちらへ, そつと, その尊, それにしても温い, それを, そんな会話, つらかつ, とり縋つて, どうにか生きのび, なるほどさ, はら, はらはら致し, ひと足づつ踏みこん, また, また妹, また強く, む, めいめいの, もう一萬兩, よく表, よた, ゐたの, ゐる者, ガタ, サア早う, サイゴンで, ゼーロンの, ボーイの, 一ぱいらしい, 一時も, 一杯で, 一杯に, 上海へ, 不気味さとも, 事に, 二人の, 二銭の, 二階へ, 云つ, 云つた, 云ひそびれ, 云ふ, 人気離れた, 今日の, 伊庭の, 伴れ去られた, 何時までも, 元の, 全く目醍, 其目的の, 凝視し, 包裝を, 半身不, 厚ぼつたかつた, 參りました, 取り寄せて, 取り戻すこと, 古道具屋から, 叩きつぶした, 叫びも, 叫び叫びした, 名古屋へ, 吻と, 嘆くやう, 固く口, 堪らなく憂鬱, 夜は, 夢見て, 太田は, 学者らしい, 官舎へ, 宵の, 対談し, 尚灰, 居たので, 幾つかの, 座敷を, 引纒めて, 彼にと, 彼の, 彼女は, 彼等の, 待ちかねて, 徐ろに, 心の, 忍び笑, 急ぐ, 愉快に, 感謝しなけれ, 戸外へ, 手に, 捨てられた悲しみ, 支度も, 新たな, 日を, 日本を, 昂奮してる, 春登は, 月給の, 朝から, 本街道, 棚曳く, 椅子に, 機械体操を, 次の, 此処まで, 此方へと, 歩いて, 決意を, 泣いて, 注文者に, 涙を, 深水に, 生活し, 男に, 癩の, 眺めて, 眼を, 知つてを, 知らず識ら, 神の, 神經を, 窓から, 立つて, 答へ, 米を, 耐へて, 聞いたの, 聞き學んだこと, 聴いて, 肩に, 船を, 船室に, 苛, 茫然と, 荷物を, 菊子の, 行きすぎたが, 見つめ出して, 見る者, 見栄も, 見詰めて, 見遣り乍ら, 言ひかけた, 訪れ二階, 貪り食つたの, 起きた自分, 身輕な, 車の, 迎えるだらう, 迎へ, 退院し, 運んで, 運命と, 部屋を, 酒場へ, 野島に, 野村は, 長い田甫道, 隨分父親や, 雨の, 雲を, 霜の, 頭を, 飛降りました, 飲んで, 首を, 鳴物入りで

▼ 思ひ~ (174, 1.8%)

5 するが 4 したが 3 しなかつた, しませぬけれど, なかつた, 口にこそ, 有れども, 致しません 2 しないで, しないん, する, せぬ, 吉野と, 微塵も

1 [135件] あつて, ありません, あるに, いたしませんから, いづれ一つ魂, うつら, おなじ団十郎, かぎりない, かなりそがれ, これで, さう, したもの, して, しても, しない, しないか, しないかね, しないけれど, しないだらうか, しないよ, しない少し, しなかつたが, しなかつたで, しなかつたらうかと, しなからうか, しなからうが, しません, すべて斷たるべし, せぬかとも, そも幾何, それどころで, それの, た, ただ一つ, ただ憂鬱, ぢめて, ぢめる, つきぬ今日, つねならず, どうしてこんなに限り, ない, ないの, なくなりました, なく身, なれて, なれぬほだし, はるかに, ひそんで, ひとつの, またも, また消え, また私, みなほろぶ, もうきん, もう父, もとの, ガブリエルロが, 一度も, 一瞬の, 上海と, 不可抗的な, 中, 乱れて, 二度と繰り, 人を, 今ぞ, 今の, 今日を, 今益々, 全軍心底, 其方へ, 努めて, 千登世には, 千萬無量と, 同じかはしもの, 同じところ, 同じ働, 同じ弟, 同じ處, 四百年の, 圭一郎の, 夢の, 大體二日おき, 天平の, 夫れ, 奇異な, 妻へだけは, 実は軽い, 巡つて, 常に同一, 幼い頃, 幾分ある, 強かつた, 彼に, 彼れ, 後々ずゐ, 恰で, 惱み, 愈, 意外な, 愛に, 日毎に, 明治の, 昔人丸が, 是も, 暗き澤, 暗し, 有難けれど, 果てじ, 極洋の, 此身ある, 死んだ葛子, 沈む恋, 沸きぬ, 流れるやう, 海せめて, 深い淵, 激し人, 然しなほ, 生々と, 眞理を, 真面目で, 私と, 私には, 突然そんな, 第一, 考へて, 致しませんが, 豊醇きはまる, 走つて, 邪魔くさくも, 長し北上, 陽ざしの, 雲井にまで, 齊しい

▼ 思ひ~ (163, 1.7%)

4 なり 3 なれば 2 おのれに, また器械的人物, 居たり, 束髪に, 百取, 神の

1 [144件] あとに, ありしが, あるとき, ある貧しき, あれば, いかで我男子, いきど, いよ, うれしといふも, お糸, かたく辭, かれ外, き, こ, これを, さまざまの, すな, すべての, そこの, そして五時, その後生活の, その日, その父, その車, つれづれなる, なるべき恋, ねんごろ, ひたすら罵り打ち立て, ひたとその, やをら歩み出で, われは, ゐしは, ゐたりき, 一種名状す, 三四度また, 中津川の, 丹府を, 主人の, 人々わすれず, 今日までは, 今日も, 何なにか, 何の, 何も, 何を, 何日しかに, 作り置けるもの, 來り, 俄に, 俗に, 先淺草御門, 其の夜すがら三坂峠, 其の形, 出づれば, 出で, 十六といふまでは, 參り, 又躬, 友にも, 取物, 告たり, 喜びゐ, 夜も, 大切に, 娘の, 孝行盡すべし, 宮は, 寝ねざりし夜, 尽きざるに, 巨勢が, 己れ, 廿五兩の, 引き出でし, 引越して, 引返さむとしたりしかど, 彼是半月餘り, 往いて, 徃か, 従来よりも, 御身の, 心は, 心やすく嬉しき, 心病みぬる, 怒るわが, 恆に, 我は, 我らも, 我儘気儘に, 我等心を, 持ち來, 攻めたるが, 斯く言, 日を, 暗き寝床, 有合, 歌ひた, 歎く, 止まざりき, 止みぬ, 正體, 歩行ゆゑ肝心の, 求めけれども, 汝悲むや, 済むべきや, 渠等兩人御, 滿面に, 漫に, 濟むべ, 物を, 猶ゑがきがたし, 獨り, 町内申合無, 相待所, 私かに, 私に, 空く鬱抑, 竊に, 立歸れり, 紙屑を, 絶に, 縊死す, 群集に, 聞くもの, 肥ゆべき, 胸に, 色々の, 落ちつかず日, 虚言も, 衆人の, 行くとも, 行向, 見る程, 見返りたるに, 謂ふ, 變らず, 起きぬ, 起して, 起たんと, 進言する, 閉づべき小門を, 面の, 養ふ, 香花を, 馬を

▼ 思ひつき~ (134, 1.4%)

4 だ, であつ 2 で私, なり, によつて, に過ぎない, のすぐれ, の言葉

1 [114件] からきた, からすでに, からだつた, からでもあつ, から十六, から草吉, があつ, がある, がいよいよ, がである, がとびだした, がなく, が僕, が多少, が野々宮, が高須, だが, だけの面白, だけれど, だと, だとか, だな, だなあ, だらうこの, だわ, だ近代的, てか令孃, であ, であらう, である, であると, であるとしても, でお茶, でこんな, です, ですよ, でせう, でその, ではあるまい, ではなく, でもした, でやつ, で俺, で咄嗟, で師, で投票人, で終り, で趣味, で近所, といふの, として, として以外, とで勝手放題, とは認められぬ, どほり, なの, なので, なれど, な智慧, にし, にすつかり, にもな, による個人的活動, にソハソハ, に満足, に笑, に誇り, に過ぎなかつた, に過ぎなかつたなら, に過ぎぬ, のこなし, のた, のよい, の便宜主義, の域, の大, の意味, の意見, の為め, の理由, はあまり, はいま僕, はまあ, はまんざら, はわれ, は他所, は実際, は意表外, は私, は見事, は賢い, もなささうだ, も中, も台, も時たま, も至誠, も面白い, やお座なり, や斷片的, や特定, や訳さう, らしい即興劇, らしい説, をとりとめ, をやつ, をやらかしたらしいです, を人々, を取入れ, を呉れた, を実行, を得た, を書きつらね, を書く, を笑

▼ 思ひながらも~ (107, 1.1%)

2 この批評癖, それが, 仕方が, 彼は

1 [99件] あきらめて, あれだけの, いひ難き, お園たち, お絹, かくては, かれは, きまつて, この女, この頃, これでは, しかし一方哲造, しかもその, すぐに, その, そのそば, そのわけ, その才能, その花, ちよツと, ついそのまま何年, なんだか恐し, まだ何, むきに, むしように, もんは, やつて, ゆき子は, ヤンの, ヱヴェレストの, 一つは, 一ヶ月でも, 一度門, 一所懸命に, 一生懸命の, 不安は, 世の, 亦一方には, 亦東京, 仕舞には, 何か, 何となくホツ, 何となく胸, 何時の間にか房江, 俺は, 個人的な, 兎に, 其れ, 其を, 其機會も, 初會, 千代子より, 又一方, 又元, 叔父の, 可笑くつ, 同行を, 商賣, 大いに悦び, 富岡は, 彦太郎の, 彼女の, 彼等は, 意固地に, 愛して, 慌て, 打掛けた, 旅でかう, 既に二人, 晝間の, 正三は, 死ぬの, 清治の, 父の, 猶この, 猶板戸, 現實, 理由が, 瑠璃子は, 直に岡田, 直吉は, 知らず知らずの, 私は, 秘かに, 立ちし浮名, 美奈子は, 職業意識で, 自分まで, 自尊心と, 茶屋に, 被告の, 誘はれて, 読みはじめて, 貫一の, 遁る, 遂に一目, 遠かつ, 障子明け, 餘り

▼ 思ひきつ~ (100, 1.0%)

10 たこと 7 た樣子 32 た戯作, た調子, てある, てそこ, てやつちやつて, て彼

1 [68件] た, たあの, たあぶない, たところ, たの, た仕事, た企て, た取立て, た壮挙, た實行, た手段, た描き方, た神がかり, た緊縮, た行動, た表現, た試み, た顔, た顔付, てああ, てあたし, てあの, ていろ, ていろんな, てお, ておあ, てこんど, てさつき, てしまふ, てそれ, てそれでは, てもん, ても一度, てやつちやつたの, てコンシャアルさん, てパチ, て一家ひき, て一船, て上州屋, て今日, て伊庭, て伯父, て切, て変, て大きな, て富岡, て左, て得, て支那, て新しい, て更に, て本当に, て板燒きの, て玄関, て申しませう, て皆んな言, て盛大豪華, て突飛, て素直, て翻訳, て蓋, て言, て話さう, て質素, て近所, て遊ん, て青山, て飛び出した

▼ 思ひ~ (87, 0.9%)

19 ること 6 りません, る節 4 つた, りました, るの, るもの 32 ります, る事, る所

1 [31件] つたが, つたので, つたやう, つたんで, てた, てて頂だい, られる事, りしこと, りしと, りし事, りたりと, りたれと, りましたよ, りませんこんな, りません隨分人樣, り今, り死んだ氣, り淵瀬こと, るから, るで, るであらう, ると, るに, るふし, るまま, るやう, るよ, るらしく一度, る度, る心持, る筋

▼ 思ひ~ (74, 0.8%)

12 ひを 5 へた 3 へて 2 ひ, ひかしら, へてゐる, へて一々

1 [46件] でと云, ひかん, ひが, ひしたの, ひして, ひしないやう, ひすること, ひぢ, ひでございました, ひでございましたよ, ひでした, ひです, ひで御座いませうな, ひに, ひばかり, ひやらを, ひ即ち, ひ憤りを, へからとんだ, へけむもうもう, へし, へする, へたのも, へてあんな, へての惡口, へてゐた, へてゐるらし, へてイヽ気, へて厭, へて憧れた, へて有無, へて真実, へて眼, へて瞋恚, へて踊り相手, へでなく, へではおま, へられる, へるだけ, へるやう, へるわけ, へをし, へをした, へを起させる, へ易い, へ給

▼ 思ひ~ (64, 0.7%)

11 はせて 8 はせると 5 すれば, はし, はする 3 はされ, はせ, はせた 2 つた, はされる

1 [17件] する程, はさ, はされた, はしたれ, はすべきである, はすべし, はせては, はせても, はせられ, はせる, ひたる楽しみ, ふたる職人共, ふほど, ふ中, ふ人, へばさ, へる中

▼ 思ひ~ (63, 0.6%)

15 がつて 6 たつた 4 がつた 3 たつて 2 がつたこと, がつた心, がりを, まつた

1 [27件] がつたひとつ, がつたもの, がつたドンジュアニズム, がつたブルヂョア娘, がつた人間, がつた奇々怪々, がつた姿, がつた小説, がつた後世觀, がつた心根, がつた我儘, がつた有様, がつた私, がつた自己満足, がつた表現, がつた観察, がつた諧謔心, がつた野郎, がつた顔付, たつたが, たつたこと, たつたとき, たつたふう, たつた時, つてゐた, はせると, へども逢

▼ 思ひきり~ (62, 0.6%)

1 [62件] かねし酒ゆゑにけふも朝, がわるい, たかく蹴上げ, たしなめて, なよ, のいい, のばした恰好, のびをして, のよ, のよき, のわるい, の大声, はしやいだ, ゆすぶつて, よく, よくその, よく中途, よく故郷, よく脱い, よく起ち, を持つた, 傷ついて, 切開かれ土蔵, 力一杯ドア, 可愛がらうと, 大きかつ, 大きくくしやみ, 好く家, 好く振り離し, 好く晴れた, 好く片づけ, 張り飛ばされたやう, 強い口笛, 強くハアツ, 強く大西氏, 強く履, 強く抓りあげた, 強く擲つ, 弾み反, 怒鳴つたんで, 怒鳴りたいやう, 怒鳴りつける, 悪く考へつ, 懲らしめて, 抛つた, 明つ放し, 明るくな, 柔かい手, 殴つて, 泣いたと, 泣きたかつたから, 深々と, 濃くまた, 爛れそれ, 甘つたれ, 甘へ, 短く結ん, 突き飛ばされて, 脅かして, 荒れて, 辛い点, 騒いだり

▼ 思ひ通り~ (46, 0.5%)

2 になつ, にならない, に動かし, に幸福

1 [38件] で私, なもの, な事, にしなく, にでなくつ, になつて, にならなかつた, になる, には生きられない, には雲, にまつし, に事, に云, に仕事, に仕立てよう, に伊香保, に何ん, に出る, に占有, に変化, に巧み, に書け, に獲物, に生活, に立派, に藝, に行, に行かぬ, に開業, のこと, の可愛い, の棲家, の物, の訴状, の贅澤, やつて, を作家, 出来る様

▼ 思ひ付き~ (41, 0.4%)

52 である

1 [34件] か, から出来た, があつ, この女, たる如く, だが, だつた, て俳優似顔, であつ, であるのみ, でしたらう, ですが, でもし, で梁川星巌その他日本, で隱, に烏頂天, に盲目, に終るでありませう, に誘はれ, ぬ, の, のつもり, のやう, の大声音, の当, の急, の異常さ, の芝居, は申分, をほめられた, を並べる, を以て試驗官, 少し遠廻り乍ら, 改めて御

▼ 思ひ~ (41, 0.4%)

63 はぬ, ふならん 2 ふこと, ふな

1 [25件] はざるべき, はじ, はで, はばその, はば願, ひけむ, ひけん, ひしといふ, ひしとき, ひし瀧口殿, ひそ, ひそと, ひぬ, ひ候, ふ, ふが, ふぞと, ふといふ, ふなどの, ふ如くなる, ふ小生, ふ故に, へり, へる長處, へ立つ

▼ 思ひやつ~ (36, 0.4%)

193 てゐる 2 たの

1 [12件] た気持, ていた, てやたら, て下さつ, て其, て可, て呉れない, て居るであらう, て忠実, て暗涙, て鬼ども, と

▼ 思ひなしか~ (35, 0.4%)

3 俗とは, 衣類も

1 [29件] かすかに, その健康, その眼瞼, その睫毛, その視線, その頬, はしらねども, はやお, ひどく幼稚, ひどく沈んでる, やはりあの, 一ツ一ツ伸縮を, 何となく母, 元気が, 先生の, 喜八の, 声が, 女の, 妙に, 少し顏色, 少なかつた, 心持白んだ, 悲しさうに, 松王, 町は, 目鼻手足の, 稍, 逓信省内が, 鮮かな

▼ 思ひその~ (33, 0.3%)

2 ま, 中に

1 [29件] お坊さん, ことが, ことを, そばに, わけを, 一束を, 不快な, 事務所を, 人を, 傍へと, 品物の, 国土に, 大事な, 女ラウィニアが, 度毎に, 方面で, 水面に, 由を, 男子は, 神に, 神經を, 紐を, 行よく, 衣の, 親戚に, 透徹せる, 運命を, 頃の, 高貴と

▼ 思ひ~ (33, 0.3%)

4 ひて 2 はずに, ふうち, ふな, ふ勿

1 [21件] つたこと, ひし上句, ひながら, ひ乍ら, ひ居候義, ふ, ふといふ, ふなかれ, ふま, ふまい, ふや, ふ事, ふ内, ふ朝夕, ふ果, ふ樣, ふ樣子, ふ民, へるのみ, へる事さ, へる折

▼ 思ひかへ~ (31, 0.3%)

14 して 5 した 2 せば 1 されました, されると, ししにや, したやう, しつますます, しつ第, しともかく, しぬ, すに, つて寺田先生を

▼ 思ひ切り~ (30, 0.3%)

3 が宜

1 [27件] がいい, しとか, にもなつて來, ぬるとの, のい, の力, の好, の悪い, はない, や切れる, よく理性的, よく諦めね, よく飄然, わるく引止めたく, をつけた, 吹いた, 大きいの, 好く晴れた, 好く突然, 好く郷里, 強く卓子, 抓られたもの, 泣きたくな, 短く刈り, 笑ったあと, 高く上げ手, 高く鳴し

▼ 思ひ~ (28, 0.3%)

10 まつた 3 まつて

1 [15件] そのやう, なる, ウラハラな, 一層孔雀, 一致する, 云つても, 夕の, 官能を, 対座し, 思ひとは, 思ひ言, 物思ひ, 行ひ, 見えて, 野々宮に

▼ 思ひ~ (26, 0.3%)

9 つた 2 ふうち

1 [15件] つたやう, はせて, はれるかも, ひ, ひしが, ひて, ひぬ書きおくるれば, ひ候, ひ恥, ふこと, ふには, ふので, ふを, ふ時, ふ間もなく

▼ 思ひつつ~ (25, 0.3%)

1 [25件] かのぢぢ, その淡白き, なすこと, 今日までに, 執る事務多忙, 寝ね, 寝ればや, 尚ほ生き, 彼は, 徒然なるひる, 思ひの, 捨てて, 採る, 松より, 歩み移せば, 死なんと, 段々のびた, 毎週さう, 獄窓に, 膝に, 行くも, 裳引きなら, 遂にその, 音な, 黙つて

▼ 思ひなし~ (25, 0.3%)

4 かは知らね 3 ひずんで

1 [18件] かも分らない, かや昨日, か何, か少し, か消沈, か皆憂愁, くすんで, だ, つつこの, では, にし, にや, にや流石, にや讀む, に勝手, に思ふべき, に窃, のせゐか

▼ 思ひ~ (25, 0.3%)

4 ゐら, んねんけど 3 はせ 2 うけぬ處, どふ 1 うけざりしを, うけて, うけないで, うけなかつたでございませう, うけぬこと, うけぬ処, うけぬ悦び, うけぬ所, はした, んな

▼ 思ひ入れ~ (24, 0.2%)

2 をし, を示す

1 [20件] が割り込ん, で, ですか, で席, で拳, で気, で現し, と一処, と共に, と共に一文字, のま, の多い, もいらないだらう, もそつちの, もなく, も憎, よろしくあつ, よろしくわが身, をした, を込め

▼ 思ひにな~ (22, 0.2%)

10 つて 4 つて居た 3 つてゐた 1 つたの, つたのは, つていらつ, つてわしの, つてを

▼ 思ひ~ (22, 0.2%)

3 あこがれに 2 つても, つてゐた

1 [15件] かけし神, つて, つての, つては, つてゐ, つて悲しみを, つて貰ひたい, つて身を, まず, 優しい心, 厭な, 挙動を, 敗北感と, 歌へる, 生一本の

▼ 思ひ~ (22, 0.2%)

5 つた

1 [17件] つたが, つたと, つたなら, つたのだつた, つたのである, つたのよ, つたやうに, つたわけでは, つた事だ, つた如く, つた思想といふ, つた様子で, つてあやふく笑ひだし, つてくれた, つてヂッと, つて感服した, つて椅子から

▼ 思ひ乍ら~ (21, 0.2%)

1 [21件] あから, その意味, つい見た, も, もつい, もどこ, もなんだか, もをかしく, も一度, も内心厭, も奈何, 到頭柳原河岸, 呼ぶ其声, 圧されるやう, 好かない理由, 来るらしいので, 歩いた, 歩いて, 真に快, 行くと, 通り過ぎた

▼ 思ひまた~ (20, 0.2%)

3 夕を

1 [17件] ここから, この境遇, それが, 下宿料も, 両親の, 夢見るやう, 彼女が, 思ふやう, 意久地なく, 折角来た, 暗い気持, 此地在留の, 毒づいた人, 生き伸びる切な, 相手にも, 考へ, 胸に

▼ 思ひ~ (20, 0.2%)

2 つた, つた調子で

1 [16件] たる有樣に, つたのか, つたやうな, つたやうに, つた人でなけれ, つた初代勘兵衞の, つた平次の, つた形を, つた樣に, つた目に, つた顏を, つた風情に, つてゐた, つて動かなかつた, つて慄え, て擦る

▼ 思ひ~ (20, 0.2%)

2 あの猫

1 [18件] いい所, それに, どんな人, わたくしの, 一臺空しく, 人々の, 今日までの, 利章の, 夕を, 我身生れ効も, 持つて, 指図の, 火曜会も, 神を, 自から, 觀想の, 誇りともし, 風を

▼ 思ひそれ~ (18, 0.2%)

1 [18件] から間もなく, がきつ, がため, がつい, だと, と暗く, によりて出たら, に伝染, の除去, は, は断念, までぢ, まではわざと, をとにかく, を模樣, を済まない済まない, を魅力, 故に其の

▼ 思ひ~ (18, 0.2%)

1 [18件] が若し, に, にや忽大声, に東京繁昌記, はざりき, ひけんかばかり, ひしが, ひつる, ひて, ひぬ, ふて束の間, へ, へと我, へども今, へ共, べき, ほどなれ, ま

▼ 思ひ~ (18, 0.2%)

4 して 2 された

1 [12件] されて, される, されるさ, しかかすか, しか今, しか少く, しか少し, しか此間逢, しか男, しなさるまじく候, しの, すかの

▼ 思ひ出し~ (18, 0.2%)

3 の涙むね, もしなかつた, もせざりし 2 もする 1 するの, になるでせう, はした, はしない, はせぬ, もした, も有りませぬ

▼ 思ひ出話~ (18, 0.2%)

2 に花, をする

1 [14件] が伯父, など今, によつて, に耳, に耽つた, は何時, ばかりし, も少々, や生態, よりも娘, を一つ二つ, を聽, を語り, を面白

▼ 思ひ~ (17, 0.2%)

3 うして, へした 21 ういふ, うもない, う思ふ, するなりとか, ても果敢なし, へ, へがする, へする, ませば

▼ 思ひ~ (17, 0.2%)

1 [17件] お兼, かない, が面白い, たり其譯, たる手段, たれば, た事, だつて云, ですね, で出した, で町内, に感心, の戯, もなき, よく追, をすぐ, 或時庄三郎

▼ 思ひ~ (15, 0.2%)

3 ほして, ほんとにお湯 2 はる 1 ぐさむよすがとして空漠たる, さまし, しぬ, はてそ, ほさねば, ほし応接間, わびそ天

▼ 思ひこれ~ (14, 0.1%)

2 を思ひ, を考へる 1 が地色, だけ他, ではどんなに, は, はどう, ばかりは斷わり續, までかかりつけ, まで殆, を家, を思ふ

▼ 思ひ~ (12, 0.1%)

1 [12件] では内儀樣, なら父樣寸時, にては是非, は仰せ, は何故, は隨分, よりまた, より別して, より日毎, より種々, より言葉, より道

▼ 思ひ~ (12, 0.1%)

5 つた 3 つたか 1 すと, すべしと, つて, やと聲掛誰

▼ 思ひ~ (12, 0.1%)

2 けてゐた, けて居た 1 くるうち夜, くれば, けその, けてゐる, けて夜, けて蒲團, けられた, る娘

▼ 思ひ~ (11, 0.1%)

1 [11件] しれぬ欲望, であるあの, と有しなるべし, ならぬはしらる, にもいひ, にもつい, のいのち, の一生, の後, の知らぬいろ, は主人

▼ 思ひ當ら~ (11, 0.1%)

2 ないの 1 うでは, ざる故, せます, せられる時, ない, ないやう, ない樣子, なかつた, なかつたこと

▼ 思ひ~ (11, 0.1%)

1 [11件] しにも, しを, し儀日頃恩, はふと, はふん, は二三, は相, は輕蔑, も母, を捨て去り, を誇

▼ 思ひしか~ (10, 0.1%)

1 といひけるを, ば後をも, ば立止まつ, ひとりゆふ, を知る, 共五日, 共此病氣, 恐る, 我も, 我れ

▼ 思ひ~ (10, 0.1%)

3 づらふ 2 づらひ, づらひた 1 たらむ, づらつて, づらふこ

▼ 思ひ~ (10, 0.1%)

2 を煩 1 かひどく済まない, か彼等, か紛らし, とし, のほこり, も隱, を夢み, を語り

▼ 思ひ~ (10, 0.1%)

2 べてゐた, べる 1 べず, べていただきたい, べてゴツン, べて目, べられます, べられる

▼ 思ひ立ち~ (10, 0.1%)

1 しものよ, ではありますまい, とは如何なる, にし, に母, の後悔, を危ぶん, を止めました, を矢張り無謀, を飜

▼ 思ひあまり~ (9, 0.1%)

2 て草枕 1 そつけない応対, て, て往きゆか, て御籤, て散るなら, 急須と, 躍りゆらめく鰻籠ぢ

▼ 思ひ~ (9, 0.1%)

2 あたる 1 へすの, へすので, へす樣, 帰るならお, 気を, 知らないが, 迷ふ

▼ 思ひこそ~ (9, 0.1%)

6 やれ 1 やれ山里, 入れ, 知れ

▼ 思ひ~ (9, 0.1%)

2 いづる 1 あがる, くらす秋, すなることし, やりし, 出づる, 出づる馬追, 燒くる

▼ 思ひたり~ (9, 0.1%)

4 しに 1 し, しなり, しは, ただこう, アアこの

▼ 思ひつつも~ (9, 0.1%)

1 さすがに, その薬, 何だか殘念, 婆は, 帰つて来ました, 強ひ, 枉げて, 猶行末, 養生は

▼ 思ひにも~ (9, 0.1%)

2 なるので 1 なるほど, やつぱり陳腐な, ゆるは, 今はか, 同じ寝床, 堪へて, 若干の

▼ 思ひより~ (9, 0.1%)

1 この歌, たまへば, ほかの, わが心, 外に, 思ひに, 思ひを, 我に, 生ずる樂しみ

▼ 思ひ定めし~ (9, 0.1%)

1 が餘地, に俄, を母様, ライプニッツも, 事なれ, 事成ば何樣あ, 人の, 如く, 眼の

▼ 思ひ~ (9, 0.1%)

2 業を 1 る日, る時, 日叔母女房に, 日夕暮より, 日懷中より, 日我が, 時は

▼ 思ひ~ (9, 0.1%)

4 すこと 3 すところ 1 りが, りの

▼ 思ひ~ (9, 0.1%)

1 けるは, しかば夫, し最, たる事, たる左京, で申, で申立, 兎角し, 其の邊

▼ 思ひ~ (8, 0.1%)

3 は何故 1 しばらくかの, つくりぢ, といふ, はそ, ふ一睡

▼ 思ひたち~ (8, 0.1%)

3 しは 21 しより, たる身, て侍りし

▼ 思ひにて~ (8, 0.1%)

2 違ひ 1 いかなる推察, 十兵衞お, 帛紗さばきの, 待居, 待程に, 茫然と

▼ 思ひ~ (8, 0.1%)

5 れて 1 るる人, るる胸, れる

▼ 思ひ半ば~ (8, 0.1%)

4 に過 2 に過ぎる 1 に過ぎない, 驚いたやう

▼ 思ひ~ (8, 0.1%)

1 し娘, し愚, みやつ, み心, み手, も道理要, んでゐる, んで居る

▼ 思ひ或は~ (8, 0.1%)

1 六時に, 勇士家園を, 十字架に, 天と, 広島の, 心を, 愛の, 群行する

▼ 思ひ~ (8, 0.1%)

5 つた 1 つたけれど, つたん, つて

▼ 思ひ~ (8, 0.1%)

61 ふナニ女運, へと云

▼ 思ひでも~ (7, 0.1%)

2 あつた, なかつたら何 1 して, ゐた, 書いて

▼ 思ひ~ (7, 0.1%)

4 ほりに 1 ほりになんぞ, ほりには, ほりの

▼ 思ひなき~ (7, 0.1%)

1 おも, かな, こそ文目, にあらね, もの, 心に, 思ひを

▼ 思ひやう~ (7, 0.1%)

1 がなかっ, がなかつた, が無い, によつちや, に依, のない, も無い

▼ 思ひをば~ (7, 0.1%)

2 生計に 1 とけて, 人には, 叶る, 捨てえし人, 捨て得し人

▼ 思ひ~ (7, 0.1%)

3 るる 1 る, るるとは, るる人, るる煙

▼ 思ひ~ (7, 0.1%)

1 た, たけれどネ, た併, た故, といつの間にか, よそれ, ネ

▼ 思ひ~ (7, 0.1%)

1 の老女, の言, はそば, はやはり, は大里町子, は近所, を訪ね

▼ 思ひ~ (7, 0.1%)

1 両親様の, 先代よりの, 報告します, 屋敷より, 手なほ肩に, 詔伝ふと, 邊斯大金を

▼ 思ひ惱ん~ (7, 0.1%)

1 だあげく, だこと, だの, だ末, だ眼, では, でゐた

▼ 思ひ~ (7, 0.1%)

2 を思ひ 1 はし, は不調法, も工風, を思ふ, 迄此段右衞門

▼ 思ひけむ~ (6, 0.1%)

1 と後鳥羽院, 他意も, 犬は, 紅葉独得の, 紫ぐるみ本に, 賣つて

▼ 思ひもの~ (6, 0.1%)

1 だが, だけ口説いち, であ, である点, で私, 人に

▼ 思ひ~ (6, 0.1%)

1 がその, のところ, は一日彼, は何とも, は腹, も気

▼ 思ひ初め~ (6, 0.1%)

2 けん 1 けり, た, たは, にし

▼ 思ひ~ (6, 0.1%)

1 むるあたはずば彼等我等に, むる事あり, むる所ありや, むる時ぞ, むる道も, 而池のを

▼ 思ひ居たる~ (6, 0.1%)

1 に全く, に彌, に或, に渡船, に漸, に疾

▼ 思ひ~ (6, 0.1%)

2 らば 1 すれば, にても慥, ば市之丞, 樣の

▼ 思ひ知らず~ (6, 0.1%)

4 にゐられなかつた 1 に耽つ, やと云ひも

▼ 思ひ自分~ (6, 0.1%)

1 から模倣, が大人, で心当り, の孤独, の孤獨, は知らぬ顔

▼ 思ひ~ (6, 0.1%)

1 し事, たる事由, たる雛, たれども, てや或, 頻りに翌朝

▼ 思ひ起し~ (6, 0.1%)

2 さうな氣 1 さう, さうな気, たる感動, 書きつらねて

▼ 思ひ迷つて~ (6, 0.1%)

1 ゐたの, ゐるかの, ゐる其処, ゐる間, 居たが, 居ましたが

▼ 思ひ~ (6, 0.1%)

2 にしよう 1 にする, にはならないらしい, に動かない, に引き廻す

▼ 思ひあたり~ (5, 0.1%)

2 の歌ども 1 がつかぬ, しは, 同時にさらりと

▼ 思ひあまつて~ (5, 0.1%)

1 あの体操, あの體操, お国さん, お蕗, 忙しい中

▼ 思ひある~ (5, 0.1%)

1 人の, 共同の, 可し, 者は, 身一層

▼ 思ひから~ (5, 0.1%)

1 すつと, 巧に, 我にか, 時には, 解放される

▼ 思ひけれど~ (5, 0.1%)

3 軒ならび 1 口説れし, 言争はんは

▼ 思ひけれども~ (5, 0.1%)

1 何とやら, 元來吾助, 庄三郎が, 是ぞと, 猶も叮嚀

▼ 思ひこの~ (5, 0.1%)

1 ナンセンスな, 一枚の, 人を, 方は, 朝ぞ

▼ 思ひごと~ (5, 0.1%)

3 は思ひ 1 のある, をし

▼ 思ひしも~ (5, 0.1%)

1 不折君出発後敵なき, 今は, 熱出で, 疲れて, 皆筑紫の

▼ 思ひすら~ (5, 0.1%)

3 した 1 する, 与へず有耶無耶

▼ 思ひそして~ (5, 0.1%)

2 ロチの 1 心から恐縮, 此の, 男の

▼ 思ひよりも~ (5, 0.1%)

3 せぬ風 1 女を, 見知らぬ土地

▼ 思ひ上り~ (5, 0.1%)

1 から来る, から色々, て歌, とそれ, ばかり食べ

▼ 思ひ乍ら私~ (5, 0.1%)

2 は別に 1 は健気, は復, は近づい

▼ 思ひ~ (5, 0.1%)

4 つたやう 1 れる焔

▼ 思ひ其の~ (5, 0.1%)

1 ま, 事故は, 儘それに, 恩を, 移り香の

▼ 思ひ~ (5, 0.1%)

1 からそれ, が見る, れほくそ笑み, れも, 故に斯成行給

▼ 思ひ決して~ (5, 0.1%)

1 ゐるから, ゐるだけ, をり, 留吉の, 言つた

▼ 思ひすごし~ (4, 0.0%)

1 かも知れなかつた, でこの, でした, では

▼ 思ひそのまま~ (4, 0.0%)

1 サン・ヂャン・ド・リュズの, 打捨て如何様, 放つて, 棄てて

▼ 思ひそめし~ (4, 0.0%)

31 は其動機

▼ 思ひだけ~ (4, 0.0%)

1 したくないの, でございます見事, では, で人間らしい

▼ 思ひだけが~ (4, 0.0%)

1 その空気, 頭の, 馬鹿に, 黒雲の

▼ 思ひつる~ (4, 0.0%)

1 がげに, が余, にそれ, に今

▼ 思ひては~ (4, 0.0%)

1 ならぬ事, またもこの, 彼は, 春の

▼ 思ひてや~ (4, 0.0%)

1 みぬ, 心を, 謂る, 齒を

▼ 思ひとは~ (4, 0.0%)

1 なりに, ひしめき, 宛然一樣に, 是なるべし

▼ 思ひには~ (4, 0.0%)

2 ならないで 1 なりますまいが, なれなかつた

▼ 思ひのみが~ (4, 0.0%)

1 なほ生ある, 共通し, 身を, 高まつ

▼ 思ひまつり~ (4, 0.0%)

4

▼ 思ひまど~ (4, 0.0%)

1 つた, つたあげく大念寺の, つてゐる, ひつつ

▼ 思ひ且つ~ (4, 0.0%)

1 それを, は君, 信じた, 惱み

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

1 を味, を思ふ, を明末, を求めん

▼ 思ひ出づる~ (4, 0.0%)

1 が故に, に身, はこの, 床しさ

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

1 が能う, しに, と千太郎申候, なるもの

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

1 し最初, むるはじめいと浅し, めしは, 主人の

▼ 思ひ初めて~ (4, 0.0%)

3 ゐた 1

▼ 思ひ定め~ (4, 0.0%)

1 けむ, しかど, にてたしかに, よ

▼ 思ひ屈し~ (4, 0.0%)

2 ぬくき日あたり 1 しばし見, しばし見惚れつ

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

2 くなかつた 1 いと望んだ, かつた

▼ 思ひ惑つて~ (4, 0.0%)

2 ゐた 1 居たの, 居る樣子

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

1 たねば, ちたれば, ちて, つこと

▼ 思ひ早速~ (4, 0.0%)

1 座敷へ, 立歸て, 立歸り, 箱根の

▼ 思ひ止つて~ (4, 0.0%)

1 もらはうといふ, も見た, ゐた, 居る

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

1 の頬, はさめ, や冷笑, 流る

▼ 思ひ當つた樣子~ (4, 0.0%)

3 です 1 で振り仰ぐ

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

1 えなむと, えもし, しなりやがて, たりし

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

3 つた 1 つて

▼ 思ひ返し~ (4, 0.0%)

1 のなき, はしなかつたらう, はなされまい, 慣れぬ手

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

1 ける程, ひける程, ふばかり, ふ暗い

▼ 思ひ~ (4, 0.0%)

1 ぎであつた, ぎでもあつた, しか窶れた, める

▼ 思ひあまつて言つた事~ (3, 0.0%)

3 をとツこ

▼ 思ひあん~ (3, 0.0%)

2 したども 1 したつけ

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 安は, 秋を, 菊の

▼ 思ひかく~ (3, 0.0%)

1 も思, 命名した, 思ひつ

▼ 思ひがち~ (3, 0.0%)

1 だが, でありました, な大

▼ 思ひここ~ (3, 0.0%)

1 で一般, にこの, へ来た

▼ 思ひこんな~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 立派な

▼ 思ひさだめて~ (3, 0.0%)

2 よりは生 1 立ち去る

▼ 思ひしかは~ (3, 0.0%)

3 知らねども

▼ 思ひしげ~ (3, 0.0%)

3 なれど

▼ 思ひすべて昨日~ (3, 0.0%)

3 の美登利

▼ 思ひせま~ (3, 0.0%)

2 つた娘の 1 つた苦衷に

▼ 思ひたま~ (3, 0.0%)

1 はむお, へ, へ御

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 つと, つと見つめ, やない

▼ 思ひつづ~ (3, 0.0%)

2 くる 1 くれば

▼ 思ひての~ (3, 0.0%)

1 事なり, 仕業に, 喜に

▼ 思ひと共に~ (3, 0.0%)

1 その人々, 一種の, 切符を

▼ 思ひなん~ (3, 0.0%)

2 だね 1 でせう

▼ 思ひにと~ (3, 0.0%)

1 ざゝれました, 思つて飛び出, 思ひますが

▼ 思ひまで~ (3, 0.0%)

2 して 1 させられた上

▼ 思ひ上つて~ (3, 0.0%)

1 ゐたの, ゐたドオデエ, ゐるとか

▼ 思ひ乍ら自分~ (3, 0.0%)

2 は此時算盤 1 の中

▼ 思ひ乱れ~ (3, 0.0%)

1 と更に, 思ひ乱, 思ひ乱れ

▼ 思ひ付いた事~ (3, 0.0%)

1 がある, にし, は皆

▼ 思ひ何時~ (3, 0.0%)

1 の日, まで御, まで狂氣

▼ 思ひ余り~ (3, 0.0%)

1 て, 大事に, 思ひきるむしろ

▼ 思ひ其夜~ (3, 0.0%)

1 の内, は外, も泊

▼ 思ひ合つて~ (3, 0.0%)

2 ゐた事 1 ゐた人

▼ 思ひ合ふた~ (3, 0.0%)

3 からには仕方

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 に捨てる, に罪, へ出ず

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 の裏手, をた, を出

▼ 思ひ少し~ (3, 0.0%)

1 づつ食む, 位の, 戸を

▼ 思ひ当り~ (3, 0.0%)

1 この文章, になつ, もあらう

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 なるも, に恥し, 用事かき

▼ 思ひ我等~ (3, 0.0%)

1 は中, も問屋, 最早四十歳

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 に小石, をあげ, をもてさぐり求むる

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 ない処, ない巡り合せ, もない

▼ 思ひ東京~ (3, 0.0%)

1 から味噌, の親しい, へ出

▼ 思ひ極めて~ (3, 0.0%)

1 ゐたので, 歡んでを, 立去けり

▼ 思ひ此上~ (3, 0.0%)

1 は家老方, は神佛, 御世話

▼ 思ひ段々~ (3, 0.0%)

1 承ま, 異見を, 近づきて

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 げな, げに, ませる肅

▼ 思ひ煩つて~ (3, 0.0%)

1 ゐるらしかつ, 全心, 居りましたが

▼ 思ひ當つたの~ (3, 0.0%)

1 です, でわる, も無理

▼ 思ひ直に~ (3, 0.0%)

1 書面を以て, 野尻の, 鈴ヶ森を

▼ 思ひ知つて~ (3, 0.0%)

1 ゐたに, ゐたの, 呆れも

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 と木蔭, に心痛, に母

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 し事, たりとも及ぶまじき, ぬせめて

▼ 思ひ終に~ (3, 0.0%)

1 吾助の, 持參金の, 是より

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 が立つ, の立の, を立て

▼ 思ひ設け~ (3, 0.0%)

3 なん

▼ 思ひ詰め~ (3, 0.0%)

1 たる女, はては自分, ひさ

▼ 思ひ違ひと~ (3, 0.0%)

1 いふこと, きめるの, 申すこと

▼ 思ひ~ (3, 0.0%)

1 ては中, ても亡き, らしく元

▼ 思ひかつ~ (2, 0.0%)

1 人から, 謀りて

▼ 思ひかも~ (2, 0.0%)

1 知れませんけれど, 知れんが

▼ 思ひきり復活~ (2, 0.0%)

2 さして

▼ 思ひきり聲~ (2, 0.0%)

1 をたて, を張りあげ

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 ふも数軒部屋, め

▼ 思ひさて~ (2, 0.0%)

1 はさうし, 現在由子の

▼ 思ひそこ~ (2, 0.0%)

1 にすべて, に踏み止まつた

▼ 思ひそつ~ (2, 0.0%)

1 とハンカチ, と肩

▼ 思ひそれとなく~ (2, 0.0%)

1 お糸, 戒めた上

▼ 思ひだけで~ (2, 0.0%)

1 あつた, 一杯に

▼ 思ひつい~ (2, 0.0%)

2 たま

▼ 思ひでの~ (2, 0.0%)

1 おほい, 日を

▼ 思ひとど~ (2, 0.0%)

1 まつた, まつたとき

▼ 思ひとも~ (2, 0.0%)

1 なり切なく, 憩ひとも

▼ 思ひとわ~ (2, 0.0%)

1 が思ひ, が言

▼ 思ひどんな~ (2, 0.0%)

1 寢心地の, 遊びを

▼ 思ひながらに~ (2, 0.0%)

1 はかに, 中や

▼ 思ひなく~ (2, 0.0%)

1 は寝, ば

▼ 思ひにでも~ (2, 0.0%)

1 ふける外, 打たれて

▼ 思ひひそか~ (2, 0.0%)

1 に自己分析, に頬

▼ 思ひまたは~ (2, 0.0%)

1 帰心の, 死別れ

▼ 思ひまだ~ (2, 0.0%)

1 何里位ある, 見ぬなつかしい

▼ 思ひもう~ (2, 0.0%)

1 俺は, 楽しみの

▼ 思ひやをら~ (2, 0.0%)

2 浮びぬ

▼ 思ひを以て~ (2, 0.0%)

1 この脚本, これを

▼ 思ひツきり~ (2, 0.0%)

1 つまらないこと, 強く吹かなけれ

▼ 思ひ上つた~ (2, 0.0%)

1 力み返りが, 思ひつき

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 をふかく, を深く

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 には再び, には少し

▼ 思ひ乍ら丑松~ (2, 0.0%)

1 は其, は蓮華寺

▼ 思ひ乍ら家路~ (2, 0.0%)

2 へ歩き出した

▼ 思ひ乍ら行きずり~ (2, 0.0%)

1 に過ぎ, に過ぎよう

▼ 思ひ乍ら袂~ (2, 0.0%)

2 に手

▼ 思ひ二人~ (2, 0.0%)

1 で溪流, はそつ

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 の方たち, 人事ながら

▼ 思ひ伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 に接する

▼ 思ひ何ぞ~ (2, 0.0%)

2 長き

▼ 思ひ余つた哀れ~ (2, 0.0%)

2 つぽい切ない

▼ 思ひ余つて~ (2, 0.0%)

1 呟く時, 巻いて

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 り更に又, れば

▼ 思ひ候者~ (2, 0.0%)

1 にやその, にや其量

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 元益, 思ひの

▼ 思ひ六右衞門~ (2, 0.0%)

1 に打向, の申立

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 に縋つ, 優しい言葉

▼ 思ひ再び~ (2, 0.0%)

1 武具を, 睡りに

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 思ひ出づるときはの山~ (2, 0.0%)

1 の, の岩

▼ 思ひ出づるをりたく柴~ (2, 0.0%)

1 の, の夕煙

▼ 思ひ出づる時~ (2, 0.0%)

1 は, もあらじ

▼ 思ひ出ばなし~ (2, 0.0%)

1 にある, やらが持ち出され

▼ 思ひ出もの~ (2, 0.0%)

2 です

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 かざりしが, ねども何

▼ 思ひ切り力~ (2, 0.0%)

1 をいれ, を入れた

▼ 思ひ切れ~ (2, 0.0%)

1 と云, などと平気

▼ 思ひ初瀬~ (2, 0.0%)

1 は座蒲団, は肚

▼ 思ひ前述~ (2, 0.0%)

2 の項

▼ 思ひ勇士~ (2, 0.0%)

1 が戦場, の愁歎

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 に過, に過ぎん

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 て悪く, て愁思

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 さしめられて, して

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

2 ある人

▼ 思ひ合せ~ (2, 0.0%)

1 でもする, になられるらしく

▼ 思ひ合つた~ (2, 0.0%)

1 といふ, にし

▼ 思ひ合つた二人~ (2, 0.0%)

1 の仲, は何ん

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 女房を, 道ばたに

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ 思ひ女中~ (2, 0.0%)

1 を呼ばう, を呼び

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 の父, を思ひ

▼ 思ひ少々~ (2, 0.0%)

1 の金, 尻こそばゆく

▼ 思ひ少年~ (2, 0.0%)

1 はみづか, らしいこの

▼ 思ひ帳簿~ (2, 0.0%)

1 を沢山, を澤山備

▼ 思ひ彼女~ (2, 0.0%)

1 に別れ, は何気なく

▼ 思ひ従軍記者~ (2, 0.0%)

1 は以, は自ら厄介者

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 せつなく如何, 頻りに安から

▼ 思ひ心中~ (2, 0.0%)

1 大いに當惑, 煮返るが

▼ 思ひ必ず~ (2, 0.0%)

1 合掌し, 有意義な

▼ 思ひ悲し~ (2, 0.0%)

1 とも聞く, も

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 しむ, も親切

▼ 思ひ我が~ (2, 0.0%)

1 亡跡を, 背

▼ 思ひ手紙~ (2, 0.0%)

1 を書きかけた, を添

▼ 思ひ掛け~ (2, 0.0%)

1 のない, もない

▼ 思ひ政治上~ (2, 0.0%)

2 の力量

▼ 思ひ故意~ (2, 0.0%)

1 と腰, と言葉

▼ 思ひ日頃~ (2, 0.0%)

1 の厚き, より用心堅固

▼ 思ひ明日~ (2, 0.0%)

1 に考へる, の今お

▼ 思ひ時々~ (2, 0.0%)

1 は薔薇色, 回想した

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

2 之候

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 へてゐた, へぬ

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 の抽斗, 右衞門申樣右寶澤の

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 を思ふ, を思へ

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 思ひ殊に~ (2, 0.0%)

1 伏猪に, 句の

▼ 思ひ殘す事~ (2, 0.0%)

1 はご, も無く

▼ 思ひ浮め~ (2, 0.0%)

1 て悔い, るなどといふ

▼ 思ひ深い~ (2, 0.0%)

1 ところが, 幻影を

▼ 思ひ深く~ (2, 0.0%)

1 典侍局を, 知れらむ人

▼ 思ひ滿~ (2, 0.0%)

1 たして, つれば

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 いたやう, いて

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 の柱, を投

▼ 思ひ秀吉~ (2, 0.0%)

2 が小牧山

▼ 思ひ秘か~ (2, 0.0%)

1 にその, に彼

▼ 思ひ笑つて~ (2, 0.0%)

2 でもゐる

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 を下, を動かした

▼ 思ひ給はず~ (2, 0.0%)

1 や, やと

▼ 思ひ給はん~ (2, 0.0%)

1 程のおぼつかなく, 程奈何

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 つが, 生えん秋

▼ 思ひ翌日~ (2, 0.0%)

1 は馬喰町, 読み直したが

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 で土地, になつて

▼ 思ひ聊か~ (2, 0.0%)

1 二十餘年の, 疑ふ心

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 にみち, に迫り

▼ 思ひ自ら~ (2, 0.0%)

1 の芸術, 愛し育ん

▼ 思ひ至つて~ (2, 0.0%)

1 まことに暗澹, ゐなかつた

▼ 思ひ行末~ (2, 0.0%)

1 には御子維盛卿, を案じける

▼ 思ひ計り~ (2, 0.0%)

2 しが

▼ 思ひ誤り~ (2, 0.0%)

1 たるならんか, て他

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 か知る, もが現在

▼ 思ひ路地~ (2, 0.0%)

2 を曲

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 處合壁つ, 處近傍へは

▼ 思ひ迫つたやう~ (2, 0.0%)

1 にみよ子, に聲

▼ 思ひ違ひだ~ (2, 0.0%)

1 つた, と子供

▼ 思ひ違ひで~ (2, 0.0%)

1 あらうと, いくらか心臓

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 から庭, の戸

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 にて一方, の若者

▼ 思ひ~ (2, 0.0%)

1 つた, りてか

▼1* [1007件]

思ひあかしのうら寂し, 思ひあたり心の疼く, 思ひあてがふこ, 思ひあとになつて, 思ひあの人の, 思ひあまつた必死の声, 思ひあまつた様子を眉, 思ひあまつた調子で呟いた, 思ひあまつていつまでも彼等, 思ひあまつて仕合を申し込んだ, 思ひあまつて呶鳴ること, 思ひあまつて廻転する, 思ひあまつて溜息を洩らし, 思ひあまつて自分の茶道, 思ひあまつて茫と疼く, 思ひあまつて飛沫をあげる, 思ひあらゆる恩愛の, 思ひあんなか愛, 思ひいい気にな, 思ひいいえあなたを, 思ひいかに切なる, 思ひいきなり停車場へ, 思ひいつの日, 思ひいつかまとめて, 思ひいつぞやこのヴェランダ, 思ひいつも帰行の, 思ひいまいましく感じた, 思ひいろいろの人, 思ひうねうねと絡みつい, 思ひおこしけること, 思ひおごれるやう, 思ひおとなしく後に, 思ひお前が縊, 思ひお前さん其樣に飮, 思ひお櫃の蓋, 思ひかたではなかつた, 思ひかは知らぬが, 思ひかへても遁れきて, 思ひかへと得意顔に, 思ひかまへてゐる, 思ひかれこれ未練がましき夢, 思ひがけんとすれ, 思ひがわりに少く, 思ひきりうつとりとして, 思ひきりぶつ突かつて, 思ひきりデカダンな夢, 思ひきり上から突き, 思ひきり具象的につかん, 思ひきり冷罵しあざ嗤, 思ひきり冷酷に言, 思ひきり力をこめてた, 思ひきり単純化されたもの, 思ひきり口惜や汝ぢ其金, 思ひきり叩しつけて, 思ひきり味はされ, 思ひきり大胆に日本語, 思ひきり川の水, 思ひきり心のあり, 思ひきり忠告する事, 思ひきり惡さうに横から覗い, 思ひきり惨めな自分, 思ひきり拍車をかける, 思ひきり撥ねとばされ, 思ひきり擲しつける癖, 思ひきり歪まして, 思ひきり沢山手の平にあけ, 思ひきり派手な往き方, 思ひきり突つつかれる, 思ひきり紅白粉の薄化粧, 思ひきり若作りで惱, 思ひきり酒を飮, 思ひきり障子に掴まつた, 思ひきり雨をあびた, 思ひきり額にさげた, 思ひぎゆつとからだを硬ばらせた, 思ひくし居るほどに, 思ひくつつける事, 思ひくらぶれば, 思ひぐまなき花と見る見る, 思ひこころからなる感謝, 思ひことごと新しくなる, 思ひこめしなり一人, 思ひさうかと云つて安易に, 思ひさうな貧乏徳利だ, 思ひさつき何か妙, 思ひしかもそれを, 思ひしなへてしぬぶら, 思ひしばかりにて其後, 思ひしばらくも冥加, 思ひしみつくづくと, 思ひしをりを忘れた, 思ひと云, 思ひすぐに笑顔, 思ひすぐさま裁判に, 思ひすこしは薄気味悪く, 思ひずつと大きくな, 思ひせめて歌姫の, 思ひそこで非常なる, 思ひそこはかとない無常感, 思ひそこらではない, 思ひその後ぼくもさつ, 思ひそれから少年を, 思ひそんなことは, 思ひそ事あらば, 思ひたけを整, 思ひただ単に幾分手心, 思ひたち人影のまれ, 思ひたち夜更けに参上, 思ひたち木の芽の箱, 思ひたち田中桃葉を伴, 思ひたち長女の二年生, 思ひたち長男と次男, 思ひたつもはかなき, 思ひたとへば冷淡な, 思ひたりと誤解する, 思ひたりとも他の, 思ひたるが如く, 思ひだから叱らうとは, 思ひだにあらば, 思ひだに人の消, 思ひだまつて見て, 思ひちよつと心, 思ひついては筆の, 思ひつきぢやが, 思ひつき升た, 思ひつき專門の雜誌, 思ひつき放題にどんな, 思ひつき自身が一つ, 思ひつき至つて妙雅にし, 思ひつくづくその姿, 思ひつくものぢ, 思ひつつけふもいひ食む, 思ひつつさびしいそがしきくらしのなかをいつ出で, 思ひつつぞ来るその, 思ひつとめて父には, 思ひつみ今は忍びかね, 思ひつめ乍ら私はぐつたりと横, 思ひつらむが予を, 思ひつらうとりあへず行列, 思ひてか出立の, 思ひてねにつく, 思ひても女房には, 思ひででもある, 思ひでとならむ事, 思ひでにやせむ, 思ひとが一緒に, 思ひときのま, 思ひとして実現する, 思ひとしてもその想像, 思ひとつてしまふ, 思ひとともに述べら, 思ひとに迷は, 思ひとにかく相手の, 思ひとまれよ, 思ひどこで會, 思ひながらとぼとぼと歩い, 思ひながらはづしそびれてゐた, 思ひながらもをぢさんは, 思ひなす事ができたなら, 思ひなつかしい子守唄を, 思ひなつかしく尊い氣が, 思ひなど降る雪, 思ひなどを頻りに吹聽, 思ひなにがなし爽やかな, 思ひなほ嗅ぎ見れば, 思ひなりにし, 思ひにこそ身を, 思ひにといふ気持が, 思ひにのぼつて, 思ひにのみ先立たれて, 思ひぬるうち又もや, 思ひわが背, 思ひねにさぬと, 思ひのどめて遲, 思ひのみを深かめるらしい, 思ひはからで, 思ひはからずも心に, 思ひはしやア, 思ひはつと胸, 思ひはてなし, 思ひはとほし秋, 思ひはやく足の, 思ひばかり続けて, 思ひばかりが自然で, 思ひばかりはせぬ, 思ひひとり先んじて, 思ひひとりでに浮ぶ微笑, 思ひひと日よく生, 思ひふつと品川, 思ひふとそつち, 思ひぼくにはあれ, 思ひぼんやりと歩い, 思ひまつはり, 思ひまんがな, 思ひみじめに感じる, 思ひむしろ不可思議に, 思ひむりやりさう信じよう, 思ひぐらいて居つたれ, 思ひもうどうでもい, 思ひもう一度この椰子, 思ひもし毋丘長が, 思ひもともなふ, 思ひものの話しが, 思ひやけに草の, 思ひやはり古風な, 思ひやめにした, 思ひやらうつむいた外, 思ひやりきれないとも感じた, 思ひやり切れなく胸を, 思ひやるせなくてたまらなかつた, 思ひ空に, 思ひよくも邪魔を, 思ひよそへた, 思ひわが食ひ, 思ひわざとこれを, 思ひわたしは龕塔, 思ひわるくすれば, 思ひゑがいたので兵はみな渇, 思ひゑがいて楽しんで, 思ひをか致し候, 思ひをなせしめそ, 思ひをも心も, 思ひを通して見せるつていふ一貫, 思ひギクリとした, 思ひクラバツクの如何, 思ひクルツプやモスコウ, 思ひコリヤ幸手宿杉戸屋富右衞門其方年は何歳, 思ひスポオツをはじめた, 思ひツ切りギユツと女, 思ひツ切り泥をはねあげ, 思ひトン子と父, 思ひナイフだけを受け, 思ひハヽア僧主は僧主丈正直, 思ひフランチエスカの出場, 思ひプロレタリヤの利益, 思ひベッドの上, 思ひホテルの案内書, 思ひボーイに交渉, 思ひポンプやの爺さん, 思ひラマルクを思ひ, 思ひリラの花香, 思ひルノアルを立ち, 思ひレーヴィの族, 思ひと思ひ, 思ひ一たび此に至れ, 思ひ一世の思ひ, 思ひ一人の娘, 思ひ一先小倉に行, 思ひ一尺八寸の刀, 思ひ一度嫁し, 思ひ一心籠て切立, 思ひ一方ならず愉快, 思ひ一番憎いと, 思ひ一種の焦げつく, 思ひの事, 思ひ丁度卒業試験が, 思ひ三百兩づつ男手で拵, 思ひ三里あまりの道, 思ひ治して, 思ひ上がりなどせ, 思ひ上つた勝利感それを私, 思ひ上つた天才らしい自意識, 思ひ上つた姿はいい, 思ひ上つた批評はゆるされない, 思ひ上つた暴虐が不快, 思ひ上つた秋葉の小平, 思ひ上つた考へはこの, 思ひ上つた言葉である, 思ひ上つた警句や皮肉, 思ひ上つた連中がある, 思ひ上つて他の全, 思ひ上り方も鼻, 思ひ上代人が彼, 思ひ上役の申付, 思ひ上衣を取り, 思ひ在中母の, 思ひ不孝をわびる, 思ひ不安に思, 思ひ不覚にも過したる, 思ひの袖, 思ひ中頃は他山の石, 思ひ丸善へ行った, 思ひ主人の長, 思ひ久保にはもうこ, 思ひ乍らツイ申しそびれて, 思ひ乍ら一年一年と長く, 思ひ乍ら二つ三つガランガランとやる, 思ひ乍ら云つて居る, 思ひ乍ら今日まで御無沙汰, 思ひ乍ら何か斯, 思ひ乍ら内心いくらか弟子入り, 思ひ乍ら冠つて居る手拭, 思ひ乍ら塩を与へる, 思ひ乍ら姪のお, 思ひ乍ら彼は煙草, 思ひ乍ら朝朝出発するの, 思ひ乍ら校長は文平, 思ひ乍ら椅子を離れ, 思ひ乍ら浮足になつて耳, 思ひ乍ら結局ただそのまま, 思ひ乍ら默つて眺めて, 思ひ九尺二間に楊貴妃小町, 思ひ九時頃に砧, 思ひ九郎兵衞とも種々相談, 思ひ乞食達に向, 思ひはまた, 思ひへん, 思ひ二つには日輪寺其阿, 思ひ二三の軍需工場, 思ひ二三手近なところ, 思ひ二十三日自ら榎本を伴う, 思ひ二枚ほど少し, 思ひ二重の意味, 思ひ五寸ばかりの高, 思ひ五月人形の中, 思ひ人一人は妻, 思ひ人生に於ける, 思ひ人目を忍び, 思ひ人知れず心の, 思ひ人麿終焉の地, 思ひ仁左衞門へ島屋, 思ひ仁田村の八, 思ひから二十三年前, 思ひ今に失せず, 思ひ今日迄待て居し, 思ひ今月の金, 思ひ今頃は半, 思ひ他人の家, 思ひ付きぢやな, 思ひ付き一兩日過て又, 思ひ付以上のもの, 思ひ付獨り心, 思ひて甚だ, 思ひの雌鼠, 思ひ企つる処さまざまなりしかども, 思ひ伯母を思は, 思ひはするだらう, 思ひ何とて其樣に, 思ひ何処からが嘘, 思ひ何分慄へて足, 思ひ何卒して, 思ひ佗びるかのやうに凝然と冷めたく, 思ひ佗びプチエーの地, 思ひ佗び此夜寒しと, 思ひ余つたあげくが親, 思ひ余つた揚句こんどは逆, 思ひ余つた様な顔, 思ひ余つた様子がありあり, 思ひ余つた胸のよ, 思ひ余つた顔でもあつ, 思ひ余つて女房を行路病者, 思ひ余つて総理大臣へ手紙, 思ひ余つて親方の深井某, 思ひ余り昔のあと, 思ひすれば, 思ひの半, 思ひかに様々, 思ひ修一の顔, 思ひして, 思ひ候はず言はであるべき, 思ひ候ふうへ物好き心, 思ひ候ものからいとど, 思ひ候不覚より人, 思ひ候父上なき後, 思ひ假令藥違ひにて, 思ひ偕老同穴の契り淺, 思ひ做しし中にも作左衛門, 思ひ傍らより口, 思ひ傾城遊女と成, 思ひ兄千久馬の部屋, 思ひ充分教へ, 思ひの思ひ, 思ひ先々代の姪, 思ひ先ず茅野氏の, 思ひ先づ取敢, 思ひ先祖代々を思ひ, 思ひ入り侍りしを, 思ひ入れ澤山に手, 思ひ入江の海士小船, 思ひ兩人申合其の夜, 思ひ公儀へは長男藤五郎, 思ひ其事柄を主人, 思ひ其人を見れ, 思ひ其儀は文右衞門事質物流れ, 思ひ其儀一向此方, 思ひ其処に何, 思ひ其十兵衞を殺した, 思ひ其夜忍入て殺害, 思ひ其夜竊に兩人并びに願山, 思ひ其安心の最中, 思ひ其寶澤と云, 思ひ其平さんとやらの女郎衆, 思ひ其日も堪, 思ひ其時同行を拒み, 思ひ其無邪氣な態度, 思ひ其笑顏を思ひ, 思ひ其邊を改めし, 思ひ其頃諸子仲間で猿蓑, 思ひ其黨與を求, 思ひて心, 思ひ内儀のお, 思ひ内心には甚だ, 思ひりと, 思ひ然たる, 思ひりても, 思ひ出し給はば夫, 思ひ出そのものが同時に, 思ひ出だして氣遣, 思ひ出づとも何, 思ひ出づべくも余りに複雑, 思ひ出づるまにまに再記し, 思ひ出づるも腹立たしや, 思ひ出づる歌聲に耳, 思ひ出づる老婆はセキ上ぐる涙, 思ひ出づる能はざる, 思ひ出づれども才足らざれは, 思ひ出づればなつかしや行平の中納言, 思ひ出とそつくり同じ, 思ひ出らる, 思ひ出ニ候間何卒一人, 思ひ出中の知己, 思ひ出位あつて, 思ひ出來りたり, 思ひ出噺に新しく, 思ひ出多かるべき新聞, 思ひ出好きみたいぢやない, 思ひ出憂が積り, 思ひ出花は櫻木人, 思ひ出草なん, 思ひ出話男の話, 思ひ切り下手な字, 思ひ切り人と自然, 思ひ切り堕落するか, 思ひ切り声高に呼んだ, 思ひ切り奮闘して, 思ひ切り往生ぎはのわるい奴だつた, 思ひ切り村税を取立てる, 思ひ切り派手に此, 思ひ切り玉ひたれ入道, 思ひ切り糸のダマ, 思ひ切り罵倒して, 思ひ切り醜悪なもの, 思ひて大事, 思ひ別段気にも, 思ひを思ひ, 思ひから結婚, 思ひ前々からのお, 思ひを他, 思ひ之猿島河原, 思ひ勘兵衞と名, 思ひ勝ちであつ, 思ひ勝手を知つた貸間, 思ひ勝手元迄手傳, 思ひ勞らふ勿, 思ひ医者の手, 思ひ十一時迄かかる, 思ひ十六七の時, 思ひ千載一遇の好機, 思ひ半日ほど上野, 思ひ卑怯な人間, 思ひ南洋の從兄, 思ひ南都附近著名の石燈二十基, 思ひ原稿紙を前, 思ひ又はさう, 思ひ及び渠に, 思ひ反射的にハッ, 思ひ叔母を訪ねる, 思ひ取り給ふなと, 思ひ只何歳になる, 思ひ右京大夫に参り, 思ひ右品引換に金子, 思ひ合つた恋愛の囘想, 思ひ合つて米三君がそこ, 思ひ合ふたものでも, 思ひ吉之助ならではと今, 思ひ同じ道を, 思ひをも惜む, 思ひ吾が背, 思ひ吾人が猶, 思ひる段忝, 思ひにかけてお, 思ひ喜びさうな話, 思ひ吐きと, 思ひ四半刻ばかり經つて, 思ひ固く結んだ鬼頭, 思ひまんぢゆう, 思ひの中, 思ひ堅く禁酒を, 思ひの羽目板, 思ひ夕方女中さん相手に一本飮ん, 思ひ外出の支度, 思ひ外廣くその, 思ひ外遊中の佐佐木君, 思ひ多ければ專, 思ひに入り, 思ひ夜更けの本郷通, 思ひ大いなる夜の, 思ひ大切にせよ, 思ひ大将軍大政治家, 思ひ大岡越前守の名, 思ひ大膳一人潜より入り, 思ひ大西がうまく, 思ひ天下に於, 思ひ天文臺へ登り, 思ひ太守より御沙汰, 思ひ太郎は瞳, 思ひ夫婦は頻, 思ひ夫婦相談の上江戸表, 思ひ奉公の誠, 思ひ奧附が必ずしも, 思ひばかりが子供, 思ひ女郎を呼ん, 思ひに何とか, 思ひ好い加減にごまかさう, 思ひ如何にもし, 思ひ如何なる故とも, 思ひに感傷的, 思ひにいふ, 思ひの為め, 思ひ始むるまでは思ひ, 思ひ姿をあなた, 思ひと二人, 思ひがるお, 思ひ嬉しき時は, 思ひ孔子に問, 思ひ存分頬ぺたを吸つて, 思ひ孝行を為べし, 思ひ学問は二, 思ひからむ, 思ひ宗門奉行から三冊, 思ひ定め給はんには先づ, 思ひ宮内省御用と銘打ちし, 思ひ家主の宅, 思ひ家人も言, 思ひ家内の者, 思ひ寂しいしづかな, 思ひには相違, 思ひに人, 思ひ密かに此中, 思ひの夢鳥, 思ひ寒いほどの勇氣, 思ひよ, 思ひ寧そ有體打明てと, 思ひも早く, 思ひ居候と有, 思ひ居候処女子不幸にし, 思ひじに, 思ひ山中の境, 思ひ山巓に沈み行く, 思ひ折れて, 思ひ嶺太郎はちよ, 思ひ工場の者, 思ひの目, 思ひ左樣に御, 思ひ常盤橋御門を出, 思ひ平伏して, 思ひ平吉は早速, 思ひ平常着のま, 思ひ幼年時代にさ, 思ひ幽かになりぬ, 思ひにつく, 思ひ店員のチンプンカンプン, 思ひ度々探して, 思ひへ出る, 思ひにあつ, 思ひいては, 思ひは兄, 思ひ彦兵衞方へ掛合十兩, 思ひ役人に賄賂, 思ひ役所が少し, 思ひ彼方此方と見廻す, 思ひ彼是にて弟藤三郎, 思ひ彼等もまた, 思ひ往來へは出ず, 思ひ後悔した, 思ひ徐々來懸りしに, 思ひ従つて当分発表するもの, 思ひしかツァラツストラ, 思ひ得がたしあゝ奮, 思ひ得難き心地ぞ, 思ひ從つて江戸町奉行の轉任, 思ひ御上の御用, 思ひ御意の如く, 思ひへし, 思ひ心待ちに待つ, 思ひ心當りを, 思ひ心自ら豊かなるを, 思ひ応接間をのぞい, 思ひを盡, 思ひ忠僕茶屋にあまざけをのむ, 思ひ忽ち持ち行きて, 思ひ思つてはね付けられた, 思ひ急ぎ遁げんと, 思ひ恐らく一番楽しみに, 思ひ恐れしにぞ, 思ひかしいと, 思ひ恨めしと聞く, 思ひふやう, 思ひ悪しきことを, 思ひ悲む苦惱解けざりき, 思ひ悴太七を呼勘兵衞殿, 思ひ惑つたあとです, 思ひ惑つたのである, 思ひ愛想能酒も負, 思ひ感興の深まる, 思ひふ, 思ひ慕つて居つたと, 思ひ憂慮に堪へず, 思ひにしまつ, 思ひ戀しきがうち, 思ひ我々が歸, 思ひ我今百兩有らば安, 思ひ我等其金を與ん, 思ひ戰はず武具を交換, 思ひ戸外では無心, 思ひ手ばやに塩, 思ひ手伝ひませうと, 思ひき見るに, 思ひけなかつた, 思ひつれどいかに, 思ひ捨つる上は口きく, 思ひに温む, 思ひへのない哀しい, 思ひ支度をなし, 思ひ政策政策の実行, 思ひら異を, 思ひ故国の文芸中, 思ひ故郷の林檎, 思ひてこの, 思ひひ慎み, 思ひ永元年十月三日, 思ひ文字を落し, 思ひ断めて望, 思ひる惡人, 思ひ新規抱へ入れ, 思ひ斷つてまつすぐ, 思ひは続い, 思ひ旅裝束のま, 思ひをすごしゆく, 思ひ日の本の荒磯, 思ひ日夜工夫なし居, 思ひ日日にあり, 思ひ日本よりも世界的, 思ひ日本文化の上, 思ひ日毎に耕すなれ, 思ひ早々に田町, 思ひ早く体が, 思ひ昌造が, 思ひ明治元年のこと, 思ひ明瞭な返詞, 思ひ易くてよい, 思ひよくでかけた, 思ひ昨夜の顛末, 思ひ是非巖石城の攻撃, 思ひも夢見ぬ, 思ひ昼寝の邪魔, 思ひの鎭臺, 思ひ時に朦朧と, 思ひ時間や風雨, 思ひ晝夜寢もやらず居る, 思ひ晴々とした, 思ひ暗黒の中, 思ひ暫し工夫に, 思ひ暫らく氣を轉, 思ひ暮し居るにのみに, 思ひへてやうやう, 思ひ更に仲, 思ひ書棚の隅, 思ひ最う此上は, 思ひ最早私達が, 思ひ最近四五年來アラビアと支那, 思ひが澄め, 思ひ有気な眼付, 思ひ起きると, 思ひせずして, 思ひ木戸銭を払つて観, 思ひ未だ約束の, 思ひ未熟なもの, 思ひ未練らしく斯, 思ひの表紙, 思ひ材木屋仲間の中山形屋箱根屋, 思ひ松とり捨つれば, 思ひ梅園産院へ電話, 思ひ極めたる直, 思ひ楽しみであつ, 思ひを思ひ, 思ひを供, 思ひがない, 思ひの上, 思ひ橋本町八右衞門店にも駕籠屋仲間, 思ひ機械的に内, 思ひ次にこれでも, 思ひ次第に力の, 思ひ欣然として勇む, 思ひ歎息してた, 思ひ止つたといふ二十年前, 思ひ止つたのです, 思ひ止つて三千兩を山分け, 思ひ止つて貰ふ事, 思ひ止り給へ, 思ひ正しいことを, 思ひ正しからざること, 思ひ正札は人絹, 思ひ此事に於, 思ひ此人は何屋, 思ひ此原は未だ, 思ひ此所にて草鞋買調, 思ひ此方へ向い, 思ひ武人は撃たん, 思ひ歴史に因り, 思ひに死ん, 思ひ毎夜此處へ通, 思ひ民子はエプロン, 思ひ附かぬ振り, 思ひ附かぬ振り, 思ひへ飛び込む, 思ひ永く海の, 思ひを汲む, 思ひ汝達には来る, 思ひ決して世に名乗りで, 思ひ泛ぶいくつかの, 思ひ泣く泣く酔つてお金を, 思ひ泥工の棟梁權九郎, 思ひ浅からずよしあし, 思ひゆらし, 思ひ消光けるが, 思ひ渠等兄弟を殺さす, 思ひ温かい吐息と, 思ひ温き日を, 思ひ然, 思ひ湖畔のロメオ, 思ひ湯あみする窓, 思ひ滅多にないこと, 思ひ滿願の朝, 思ひ演劇の畑, 思ひまぬ, 思ひ瀧口は燒跡, 思ひに煖, 思ひぬは, 思ひ暗に人, 思ひ無言にて袖, 思ひ然るべき縁にも, 思ひ煙草を喫, 思ひ煩つて今日の日, 思ひ煩らひ給, 思ひ煩らつてさへゐる, 思ひ煩悶を忘れん, 思ひす可, 思ひの書いた, 思ひ蔭に, 思ひ牛込若松町の坂下, 思ひ物質のこと, 思ひ特に中川一政氏を, 思ひひたわみ迷うて, 思ひを呼, 思ひく志確, 思ひ猫みたいに荒い, 思ひ樣, 思ひ實の, 思ひ現在かうし, 思ひ現在日本国民たるの多幸, 思ひを觀, 思ひがあつ, 思ひ田地を質入れ, 思ひの事, 思ひにてもあれ, 思ひ留つて萬兵衞の知らぬ, 思ひ留め迄刺たる, 思ひ番頭を以て主人小兵衞儀, 思ひ當つたばかりで, 思ひ當つた事は實物, 思ひ當つた心持がする, 思ひ當つた時には彼, 思ひ當つた氣持で急ぎ足, 思ひ當つた膝を叩く, 思ひ當つて居らず, 思ひ當つて杉村は青く, 思ひ當つて考へ込んだ, 思ひる, 思ひや薬, 思ひ病氣付事あり是心, 思ひ発表の機会, 思ひ登城した, 思ひ白系ロシヤの美人, 思ひに彼女, 思ひな皆, 思ひし半, 思ひ目附役に命じ, 思ひ樣八十兩の, 思ひ直ぐ破り棄てようと, 思ひ直さま手配をなし, 思ひ許し相, 思ひ相州さまなど遠, 思ひ相手にもしなかつた, 思ひ眈つてすごして, 思ひ眉毛をつまん, 思ひ眞先に馳, 思ひ真向へる朝, 思ひをあげる, 思ひ眼前養父の預り金, 思ひの熱く, 思ひ知つたといふの, 思ひ知つたのだつた, 思ひ知つて人間の生き, 思ひ知らせ度さに変り果てた, 思ひ祖母を懷, 思ひなるもの, 思ひもいそ, 思ひ私ハ其左へ立変り立, 思ひ種々に斷, 思ひ種々心を付慰め, 思ひ種々考へし, 思ひ積みこし, 思ひ積りて熟, 思ひ空腹を我慢, 思ひ立ち仕度をし, 思ひ立ち候が汝, 思ひ立ち夫に就, 思ひ立ち通り此処に一晩泊つて, 思ひ立出で三里先きの海上, 思ひ立日が吉日, 思ひ立歸りて, 思ひ立當地の道場, 思ひ一の, 思ひにあふれ, 思ひ粂之進に對, 思ひふばかり, 思ひ索める, 思ひ結局断はること, 思ひ給はんことのみは望ましく, 思ひ給ふかさらばいか, 思ひ継ぎ長きはし, 思ひ編集者の勧め, 思ひ繼ぎ長きはし, 思ひ續進ぬ足, 思ひはり若草, 思ひ美しいと思つた心持, 思ひ義兄の人間, 思ひ義雄は詳しい, 思ひの忌, 思ひ老いはてて, 思ひふる余裕, 思ひ耕作がおくれる, 思ひを揚, 思ひ職工にし, 思ひ聞けば, 思ひの鍵束, 思ひ腹立たしかつた, 思ひ腹立たしくも思つた, 思ひ自ら口辺の微笑, 思ひ自体の存在, 思ひ自分等の誇張的, 思ひ自動電話をかけ, 思ひ至つたのです, 思ひを恨, 思ひ與四郎が妻, 思ひあること, 思ひ芝口から飛ん, 思ひ芝居を見せ, 思ひや知つた御方, 思ひ若いお葉, 思ひ若旦那五郎藏が奉行所, 思ひ茂左衞門に對, 思ひ茫然とこの, 思ひ茶の間に這入つ, 思ひしげき夏野, 思ひ草深い不案内な, 思ひ萬屋さんを誘つて私, 思ひ葉牡丹を見, 思ひ薄汚い支那の, 思ひをぬつた, 思ひりても, 思ひ蟻台上に饑ゑて月, 思ひ行つて見ると, 思ひ衲子は仏意, 思ひ西洋の書, 思ひ見物に行きました, 思ひ覚えず涙を, 思ひ親戚の誰, 思ひまで一直線, 思ひふと言, 思ひ言葉をつづけ, 思ひ設け居たれ別れ, 思ひによみ, 思ひ詩人の貌, 思ひ詰めちやつたわ, 思ひ詰めりやアわれながらおそろしい, 思ひ詰め結納までも取交せし, 思ひ詰給ふ上, 思ひ誇りを覚え, 思ひ誠實に善き, 思ひ誤りダンテは實物, 思ひ誤り無用にし, 思ひ誤り詩形即字句, 思ひ誰かがホテル, 思ひ讀書人の便利, 思ひ樣は, 思ひ貴きを思ひ, 思ひ貴君の事, 思ひ貴方を頼つて, 思ひ赤心の誤, 思ひ起し今更のやう, 思ひ起し氷峰が曾, 思ひ起し流石に少し, 思ひ起し自分以外のあの, 思ひ起し苦笑せざるを, 思ひ越後屋へ右, 思ひが地, 思ひ足元に寝, 思ひ足摺して, 思ひ身一己を思ふ, 思ひ身心を分離, 思ひ身體を憂へずし, 思ひを急がせた, 思ひ軍属で仏印, 思ひ軒端の秋簾, 思ひ軽蔑もした, 思ひ較らぶれば, 思ひい胸, 思ひ辛口の料理法, 思ひ込みやがつたな, 思ひ込むのだといつたが君助はそれでも, 思ひ込奸才邪知の曲者, 思ひ込斯の始末, 思ひ近所の本屋, 思ひ返し乍らうたげ遊ぶの, 思ひ返し候へばこの, 思ひ返し千恵は畳じき, 思ひ迫つて大いに決心, 思ひ迷つたのと少し, 思ひ迷つた細君の胸, 思ひ迷つて丑松はあちこち, 思ひ迷つて新聞紙を懐, 思ひ迷はずにはゐられなかつた, 思ひは物, 思ひ通り夫婦になれた, 思ひ通り猟が出来る, 思ひ通り生活なさること, 思ひ通り男の命, 思ひ逢瀬をば, 思ひ戻り我が, 思ひ遂に眠を, 思ひらして, 思ひ運す程世, 思ひ運らすことも, 思ひならぬ事乍ら盜, 思ひ道子も共に, 思ひ達摩の外, 思ひ違ひだつたでせう, 思ひ違ひであれは山中湖, 思ひ違ひで本家は別に, 思ひ違ひもあるけれども, 思ひか三十米, 思ひ遠くから人間, 思ひ遠慮しては, 思ひ那金八十兩を盜取ん, 思ひなしと, 思ひを恨ん, 思ひに歸, 思ひありと, 思ひ量つてゐます, 思ひ金杉と心, 思ひを持つ, 思ひ銀河を仰ぐべし, 思ひにたま, 思ひ銅色の娘, 思ひ鎌倉駅で下りる, 思ひ鎌倉驛で下りる, 思ひの面, 思ひ長兵衞申は何卒, 思ひ附いた事はお, 思ひ附ことありてや, 思ひ附事ありて, 思ひれざりき否, 思ひ集中の多く, 思ひ集合の場所, 思ひ離婚といふ誠意, 思ひ離縁状の一件, 思ひ難いのである, 思ひ震災以來一度も行, 思ひ震災以来一度も行, 思ひに死に就く, 思ひ静かに進ん, 思ひ非常に後悔, 思ひ音信不通に仕, 思ひ領主が受, 思ひに浮ん, 思ひを覆ひたく, 思ひふこと, 思ひ風静なる日, 思ひふ, 思ひ食事そのものが非常, 思ひ食物をしらべた, 思ひひけり扨, 思ひ餘つた彼は體操, 思ひ餘つた樣な顏, 思ひ餘つてそんな手紙, 思ひ餘つて度々制へきれない, 思ひ餘程刻限は延, 思ひ餘計な細工, 思ひ香氣ある風, 思ひ馬喰町の番屋, 思ひを早め, 思ひ駒之助を作る, 思ひ骰子をとれ, 思ひ高鼾で寢, 思ひ鼻髭の中