青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思い出す 思い出す~ 思い切っ~ ~思う 思う~ ~思え 思え~ ~思えた ~思える ~思っ
思っ~
~思った 思った~ 思ったら~ ~思つて ~思はず 思はず~ ~思はれた ~思はれる 思はれる~ ~思ひ

「思っ~」 34156, 328ppm, 295位

▼ 思っ~ (31951, 93.5%)

1683 いる 1618 いた 1173 いるの 874 いたの 649 いると 621 いたが 513 います 416 いました 387 いるん 253 いたところ 226 いたん 211 いたのに 193 いなかった 188 いるうち 185 いない 165 居ります 163 私は 147 いるが 145 いること 139 いて 138 見て 131 おります 120 いるよう 114 いましたが 100 いるところ 97 いたので 95 いたこと 94 いたから 86 いるから 84 見ると 83 彼は 81 居た 76 おりました 75 いるらしい 68 いる人 67 待って 66 居る 65 それを, 眼を 57 いますが, いるもの 56 いるか, おいでに 54 いるのに 52 いたもの 50 いらっしゃるの 49 みた 47 いなかったの 46 いても 45 いるので, 来たの 44 いますと, 目を, 黙って 43 聞いて 42 いたよ, いるに, みると, 安心し 41 来て 40 居りました, 急いで, 持って 39 いないの, いる者, 出て 37 いたに 36 みても 35 おりましたが, 気を 34 いたのよ, 下さい, 居ると, 考えて, 自分の 33 いるらしかった, いる事 32 いるのよ, 耳を, 顔を 31 居るの, 見た 30 心配し 29 いますよ, いるだけ, くれ, 僕は 28 いるよ 27 いないが, いますの, いるかも, いれば, ください, 来た, 見れば 26 いましたよ, みたり, よく見る 25 いたし, いるくらい, いるという, ます, やって, 居りましたが, 来ると 24 いたらしい, いた処, いましたのに, いません 23 いたと, いた人, いながら, 行って 22 いるわけ, いる様子, その方, わたしは, 居たの 21 いたその, いたところが, いましたから, いませんでした, いらっしゃるん, いるだろう, おりますが, 来たん, 馬鹿に 20 いたよう, いる時, すぐに, みたが, 手を, 気が, 私が 19 いるほど, みて, みれば, 居たが, 居る事, 帰って, 私の 18 あたりを, いたけれど, いるし, おりません, それで, みたこと, 居りますが, 源氏は 17 いたという, いないから, いないよう, いるでしょう, ここへ, 喜んで, 居ました, 急に, 私も, 覗いて

16 [11件] いた所, いた矢先, いた私, いた自分, いないん, いなかったが, いましたの, おいで, 居るが, 居るん, 読んで

15 いたか, いないらしい, いましたわ, いますから, いるとき, いる次第, くれて, 今まで, 声を, 足を

14 [11件] いたそう, いたわ, いた彼, いた者, いる中, したこと, ひそかに, 一生懸命に, 感心し, 眺めて, 見たが

13 いたわけ, いないこと, いなかったので, いる所, いる矢先, いる間, おる, おるの, 心配した, 見る

12 [16件] あきらめて, いたくらい, いないらしかった, いられるの, いるけれども, いる人間, ながめて, ましたが, もらいたい, 今日は, 出かけて, 家の, 居るのに, 彼女は, 見に, 調べて

11 [16件] いたけれども, いる位, かれは, くれたまえ, くれるの, ました, 人の, 半七, 居たので, 居た事, 彼の, 心の, 歩いて, 筆を, 自分で, 買って

10 [22件] いたとき, いたよりも, いたらそれ, いないと, いなかったから, いましたけれど, いやしない, いるだろうと, いる心, おくれ, きたの, くれるな, ここに, しまって, それが, ちょうだい, やしません, わたくしは, 二人は, 家へ, 居ます, 胸を

9 [35件] いたこの, いただきたい, いただけ, いたものの, いた人々, いた女, いた通り, いないし, いないよ, いなかったん, いましたので, いますのよ, いやがる, いら, いるかの, いるらしいが, いるらしいの, いる以上, いる方, おった, おりましたところ, ここまで, して, しまう, そこを, その男, やって来たの, らっしゃるの, ゐたの, 念の, 我慢し, 無理に, 窓から, 行ったの, 言った

8 [47件] ある日, いたほど, いたより, いない様子, いなさるの, いらっしゃる, いるとおり, いるとは, いる処, いる通り, おりましたの, おりますと, これを, しまったの, そのこと, その時, そばへ, びっくりした, みる, やって来たん, ゐたが, 一人で, 今度は, 何か, 前の, 大事に, 居て, 居りますと, 居れば, 後を, 心を, 感心した, 手に, 書いて, 来ました, 気に, 気にも, 泣いた, 注意し, 涙を, 立って, 聞くと, 自分も, 自分を, 葉子は, 近所の, 開けて

7 [52件] あわてて, いたあの, いないという, いないのに, いますわ, いるかと, いるその, いるふう, おったが, おれは, きいて, これまで, これも, こんどは, さがして, しまいました, しまった, そこに, そのままに, その前, その顔, ばかに, ひとりで, みました, やめた, よい, わたしも, ドアを, 人を, 伸子は, 余は, 例の, 俺は, 別に気, 声の, 外へ, 居たのに, 居ましたが, 居るうち, 居るから, 朝から, 来たが, 来たのに, 楽しんで, 油断し, 見ますと, 見るの, 見直すと, 貰いたい, 近寄って, 遠慮し, 首を

6 [73件] いい, いいでしょう, いたそれ, いただけに, いただけば, いたでしょう, いたら, いたらこの, いたらそう, いた時, いた男, いっしょうけんめい, いっしょに, いないだろう, いなかったし, いなかったのに, いなかったよう, いらっしゃるでしょう, いるかね, いるだろうが, いるな, いるね, いるよりも, いる内, いる女, いる私, いる自分, いる青年, いろいろに, くれと, しまうの, そこへ, そのほう, それに, ぼくは, みること, みるの, よく見ます, らっしゃるん, わたしが, ゐた, ハッと, 今日まで, 他の, 何の, 傍へ, 喜んだ, 家を, 寄って, 居ながら, 居るので, 居る処, 平気で, 戸を, 捜して, 探して, 時計を, 目が, 相手の, 窓を, 聞いた, 聴いて, 胸が, 胸の, 自分が, 自分は, 試みに, 諦めて, 辛抱し, 隠して, 静かに, 頭の, 飛んで

5 [134件] いそいで, いたお, いたけど, いたやさき, いたらその, いたら大, いたら果して, いたり, いた葉子, いた言葉, いったの, いないわ, いなかったこと, いなかったろう, いましたのよ, いますか, いませんよ, いませんわ, いよう, いらしった, いらっしゃるから, いられたの, いられます, いられるかも, いるかという, いるがね, いるだろうか, いるま, いるものの, いるより, いるらしいん, いるんだい, いる一つ, いる人たち, いる彼, いる男, いる証拠, うしろを, おられるの, おりますから, おりますの, おれば, きまりが, くると, くれては, くれないの, くれる人, その家, その日, それは, そんなこと, ちょいと, ついて, つれて, なんの, びっくりし, ほかの, みたの, みるだけでも, みろ, やったの, やって来た, やめに, よくよく, わしは, ヒョイと, 上を, 下さるの, 下へ, 乃公は, 云った, 今は, 今も, 何度も, 使って, 先刻から, 先生の, 入って, 出来るだけ, 努力し, 口を, 可愛がっ, 四辺を, 大切に, 女の, 妙な, 安心した, 家に, 居たところ, 居た処, 居ても, 居なかった, 居ること, 居るところ, 居る中, 居る人, 左の, 幾度か, 店の, 往って, 後悔し, 悲しんで, 感謝し, 振向くと, 振返ると, 机に, 楽しみに, 此の, 油断を, 注意した, 注意を, 熱心に, 生きて, 用心し, 男は, 眼が, 私を, 笑って, 腰を, 行くと, 見たこと, 見るせい, 訊いて, 訪ねて, 話して, 誰も, 身を, 近づいて, 連れて, 道を, 門を, 電話を, 非常に, 頭を

4 [179件] いいの, いい気, いたお前, いたかも, いたため, いたとおり, いたもん, いたらしかった, いたら何, いたんで, いた事, いた事が, いた人間, いた先生, いた訳, いた際, いって, いつまでも, いないかも, いなかったであろう, いなかったよ, いなかったらしい, いなければ, いなさい, いまい, いましたけれども, いましたところ, いますうち, いますがね, いますけれど, いますし, いますのに, いやがるん, いられるだろう, いられるよう, いるけれど, いるこの, いるだけの, いるであろう, いるばかり, いるらしいので, いる或, いる源氏, いる程, いる訳, おかしかった, おりましたのに, おりまする, おりませんでした, お経, お金を, お高, きょうまで, くれたの, くれれば, くれ給え, ここで, こちらへ, この手紙, これは, じぶん, すること, そうし, そう云った, そこから, そして一人, そっちへ, その夜, その辺, それから, それらの, はじめは, はらはらし, ひやひやし, ひやりとした, びくびくし, まいりました, ましたの, ましたよ, ましたわ, ますよ, みるに, もらえば, やってきたの, やめて, よく視る, よく調べ, わざわざこの, ゐたのに, ゐます, ビクビクし, 丁寧に, 上って, 下に, 下の, 下を, 世話を, 二三の, 二階の, 人に, 何でも, 何とも, 何も, 傍を, 僕も, 先に, 出掛けて, 出来るだけの, 勉強した, 参りました, 周囲を, 呼んで, 大急ぎで, 子供の, 寺の, 少年の, 居たもの, 居たん, 居られるの, 居りましたの, 居りましたのに, 居るか, 居るけれども, 居るに, 居るらしい, 帰った, 庭を, 後の, 得意に, 微笑した, 心も, 心待ちに, 心配しました, 心配で, 忘れて, 念を, 思い切って, 息を, 慄然と, 或る, 手紙を, 探したが, 書いたの, 来たわけ, 来ましたよ, 様子を, 次の, 歎い, 止めた, 毎日の, 気の, 独りで, 甲斐は, 空を, 窓の, 米友は, 糸を, 結婚した, 腹の中で, 苦笑した, 見たの, 見たり, 見ても, 見まわすと, 見ること, 見るに, 見廻して, 見廻すと, 観念し, 訊いた, 諦らめて, 身体を, 迷って, 金を, 間違いは, 障子を, 電車の, 馬を, 骨を

3 [355件] あたしは, あちこちと, い, いい加減な, いくども, いたいろいろ, いたかの, いたからさ, いたからね, いたがね, いただきます, いただろう, いたって, いたであろう, いたとの, いたらいつの間にか, いたらしいが, いたらしいの, いたらば, いたらまた, いたら今, いたろう, いたろうか, いたろうが, いた伸子, いた位, いた僕, いた兄, いた家, いた扉, いた折, いた方, いた時代, いた母, いた母親, いた青年, いつでも, いないけれども, いないでしょう, いなかったもの, いましたし, いますけれども, いませんから, いませんでしたが, いませんでしたよ, いませんでしたわ, いやな, いらしたの, いらっして, いらっしゃったの, いらっしゃるか, いらっしゃるかも, いらっしゃること, いらっしゃるでしょうね, いらっしゃると, いらっしゃるに, いらっしゃるのよ, いられました, いらッ, いるお, いるかしら, いるかを, いるくせ, いるじゃ, いるそう, いるそれ, いるそんな, いるだけで, いるであろうと, いるでしょうが, いるなどと, いるにも, いるのね, いるもん, いるんで, いる人々, いる人達, いる僕, いる向き, いる夫, いる奴, いる小説, いる山, いる気持, いる連中, うす笑い, うんざりし, おたずねし, おったこと, おったの, おらぬ, おられたの, おられたもの, おりましたから, おりましたけれど, おりましたこと, おりましたよ, おりまして, おりますうち, おりますのに, おりますん, おりませぬ, おること, おれが, お世話を, お伺い, お出, お前は, お前を, がっかりした, がまんし, きいた, きた, きたのに, きたん, くれても, くれよ, くれるか, くれると, くれるなと, くれるもの, こちらの, こちらも, このよう, この地, この子, これでも, こんな所, さっきから, しまえば, じっとし, じっと見, そこらを, そして自分, そっと室, そのため, そのまま私, そのまんま, その人, その室, その晩, その次, その窓, それきりに, ぞっとした, たくさんの, たずねて, だまって, ちょっとお, ちょっとその, ちょと, つい, つかつかと, つくづくと, とうとうその, とって, どうかし, なおよく, のぞいて, はいって, はっとした, ひかえて, びっくりする, ふいと, ふりかえって, ますのよ, みるが, もらって, もらっては, やしねえ, やれば, よく見, よろこんで, らっしゃる, らっしゃる方, ろ, わあいと, わざと平気, わたくしも, わたしたちは, ゐる, ゐるの, んだ, んの, キャラコさんは, ジッと, ペンを, 一旦は, 一生けんめいに, 一種の, 一緒に, 上人の, 下さいまし, 下さいますな, 下さっては, 下さる, 下さるでしょう, 下さるな, 下すって, 不図, 両手を, 中を, 中将は, 二階へ, 云ったこと, 人間の, 今日の, 仕事を, 伴れ, 体を, 傍に, 僕が, 入口の, 冷汗を, 出かけた, 出かけたの, 出たが, 初めは, 別れて, 力を, 努めて, 努力した, 参ったの, 参考の, 取って, 口の, 塔の, 大変に, 大将は, 太郎は, 夫人に, 夫人は, 奥の, 女を, 安心する, 室の, 宵に, 家来に, 寝衣, 尊敬し, 居たけれど, 居たけれ共, 居たこと, 居たより, 居ったが, 居ますと, 居りましたところ, 居りますので, 居りますよ, 居りやす, 居るかも, 居るという, 居るよう, 居る千世子, 居る所, 居る様, 岩の, 差控え, 差支えない, 差支えは, 帰りがけに, 幾度も, 床を, 往った, 待ちかねて, 後ろを, 従いて, 怒って, 悦んだ, 悪口を, 慌てて, 我慢に, 手の, 承知し, 探しに, 控えて, 提灯を, 放って, 故意に, 日の, 更にその, 最初から, 最初は, 期待し, 机の, 来たこと, 来たと, 来たところが, 来たね, 東京に, 栄二は, 案じて, 機会を, 次の間へ, 死んだの, 母に, 池の, 泊めて, 海の, 涙が, 清三は, 渡しましたら車掌, 無暗に, 父の, 生活し, 用意し, 町の, 疑って, 白娘子に, 相手に, 眺めた, 私に, 立ち上った, 立ち上ろうと, 立ち止まると, 笑いながら, 緊張し, 縁先へ, 聞きました, 聞き耳を, 肩を, 自ら慰めた, 花を, 苦しんで, 苦笑する, 蓋を, 薫は, 表へ, 見つめて, 見ねば, 見ようと, 言葉を, 話の, 話を, 諦めるん, 走って, 足の, 足音を, 近寄ると, 逃げて, 透かして, 這入って, 部屋へ, 酒を, 長い間, 間違いない, 降りるん, 隙を, 障子の, 面倒を, 頂きたい, 頼んで, 食べて, 驚いて, 鬼火の

2 [1027件 抜粋] ああいう, あがって, あけて, あた, あたりの, あとは, あなたの, あの湖心寺の前, あるとき, いいました, いくたび, いず一年, いたあたし, いたお母さん, いたさ, いただいて, いただくよう, いたとこ, いたには, いたばかり, いたらあなた, いたらそんな, いたらとうとう, いたらやっぱり, いたらよい, いたら今日, いたら案外, いたればこそ, いた以上, いた夫, いた彼女, いた心, いた故郷, いた毛布問屋, いた為, いた物, いた相手, いた節子, いた許宣, いた部屋, いた金銀珠玉衣服, いた隣, いた鳥打帽子, いつもの, いないだろうが, いないに, いないらしく, いない相手, いなかったという, いながらも, いなさるだろう, いぬの, いましたけど, いましょう, いますもの, いませぬ, いまの, いやがん, いやに大束, いようと, いらっしゃい, いらっしゃいますのに, いらっしゃるよう, いらっしゃる事, いられますか, いるあの, いるかって, いるかは, いるこころ, いるすべて, いるそういう, いるため, いるだろうね, いるとも, いるならば, いるには, いるほどには, いるまもなく, いるよりは, いるらしいと, いるらしかったが, いる一人, いる丈, いる云々, いる其の, いる女性, いる感情, いる時代, いる母親, いる点, いる真面目, いる考え, いる葉子, いる風, いろいろと, いろいろ思案, うちへ, おいでだ, おかしいの, おずおずと, おったところが, おらぬらしい, おられる, おりましたに, おりましたのよ, おりますがね, おりますという, おりますよ, おり私, おると, おれども, お人形, お出でなさい, お医者, お在, お庭, お松は, お礼を, お雪ちゃんは, かなたの, かの川べり, がたがたと, がまんに, きっぱりと, きのうも, くださいと, くださるでしょう, くださるよう, くれたこと, くれたので, くれない, くれるだろう, くれるん, ぐッと, ここを, この四, この男, これで, こわごわその, ごらんなさい, さがしに, さてこそ, した事, しばらく耳, しまうに, じっとその, じっと気, じりじりし, すぐ声, ずっと前, そういったの, そう言った, そこの, そこらに, そっと覗い, そのうち私達, そのまま帰った, その中, その問題, その子供, その支度, その方面, その機会, その翌日, その話, その金, それこそ, それぞれに, それでそれ, それなりに, そればっかりを, それ以上は, そんな事, たべて, だんだんに, だんだん調べ, つい今日, つくづくお, どうしてそんな, どうでしょう, どこから, なの, なめるの, はいられませんか, はじめから, ひたむきに, ふと気, ふりかえると, ほっとした, ますからね, ますそう, ますもの, ませんでしたよ, またその, みずに, みますと, みるよう, みる時, みんなを, もって, ものを, もらいましょう, やった仕事, やめたの, やるの, よいほど, ようすを, よく見たら, よした, よんで, らッし, ゐましたが, ギクリと, サヨは, タカを, ネエ, ホッと, ポケットへ, ムカムカし, 一つの, 一人の, 一寸, 一所懸命に, 一束の, 七兵衛が, 万三郎は, 三吉が, 上から, 上げて, 上りました, 下さいよ, 下さると, 不安に, 不審し, 不思議がった, 不意に, 中には, 主水, 九十郎は, 二人に, 二人を, 云うん, 云ったん, 五郎さんの, 京都へ, 人にも, 今この, 今夜は, 今来た, 休んで, 何うし, 何を, 何事も, 何処かへ, 余計な, 俳句は, 僕に, 兄の, 全速力で, 六連発の, 内々は, 内から, 再三白娘子, 出して, 出口に, 刀を, 初めから, 前からの, 力めて, 勘弁し, 勝手に, 午後から, 南無阿弥陀仏と, 即座に, 参上した, 友達の, 口まで, 叫ぼうと, 右の, 同情した, 君は, 呉れるの, 呼ぶこと, 喜びました, 喜んだの, 嘆息した, 団扇で, 堂島の, 外の, 外套の, 多少は, 夜は, 夜着の, 大いそぎ, 大に, 大臣は, 奥へ, 女王は, 妻の, 始めから, 姫君の, 娘が, 娘を, 存分に, 学校へ, 安心は, 室を, 家中を, 尋ねた, 尋ねました, 少しばかり, 少しも, 尼に, 尾けて, 居たって, 居たのよ, 居た矢先, 居た者, 居ったの, 居った所, 居ないん, 居なければ, 居ますが, 居ますけれども, 居ます処, 居りましたから, 居りました処, 居りますうち, 居りますの, 居りません, 居るかと, 居るし, 居る様子, 山を, 己が, 己は, 帰ったこと, 年内に, 床に, 度胸を, 庭の, 廊下に, 廊下を, 当時東京に, 彼を, 彼方此方と, 往くと, 後から, 後悔した, 御覧なさい, 微かな, 心がけて, 心配しちゃった, 心配する, 思いきって, 恐ろしくなった, 息苦しいよう, 悲観し, 態, 慰めた, 憂鬱に, 我慢する, 戸外に, 手で, 手拭を, 手紙出しました, 投げられて, 拾いあげて, 挨拶を, 振り向くと, 捨てて, 故意と, 数えて, 新吉は, 方々捜した, 日を, 明けて, 昨日の, 暗い中, 暗に彼, 暮して, 書かないこと, 書斎へ, 最後に, 朝まで, 本堂の, 来たけれど, 来たところ, 来ますと, 東京へ, 柵の, 栄之, 梶棒を, 検めて, 横に, 歎息する, 武州公の, 死力を, 毎日そこに, 水を, 江戸を, 沼の, 注意しいしい歩いた, 津軽海峡を, 深く心, 温泉の, 満足した, 火箸で, 無闇に, 熟と, 父は, 物に, 猫の, 玄関の, 現にこの, 生徒を, 用意を, 町へ, 皆が, 盗んで, 相談に, 眠りに, 眺めると, 眼の, 知らん顔を, 破って, 秘密の, 種々の, 窃に, 立ちどまりました, 立ち上りました, 立上った, 立停っ, 竿を, 第一, 約束の, 縁側に, 縫って, 羽衣を, 考え込んで, 腹が, 自ら慰め, 自由に, 船の, 若者は, 茫然と, 菊女は, 薬だけ, 蘆の, 行ったん, 裏の, 襖の, 見え隠れに, 見くびるな, 見てるところ, 見ましたが, 見るとも, 見上げて, 見廻わすと, 見返すと, 覚えて, 親類の, 訊くと, 試しに, 誠一は, 読むけれども, 読んだの, 誰かの, 警戒し, 貰おう, 起きぬけに, 跟い, 躊躇し, 身ぶるいを, 軽蔑し, 辛抱する, 近くに, 返事も, 追いかけて, 退屈男は, 逃げたん, 途中で, 逢って, 過して, 遠慮した, 遣って, 避けようと, 針ノ木の, 門の, 開いて, 随分気, 雲の, 青二は, 頂戴, 顎を, 飛び出して, 餞別を, 馬吉は, 高見の, 髪を

1 [9639件 抜粋] あああの, あきらめようかい, あたかも好し, あつかって, あの山, あまやかして, あらわれます, あれなら, あんな危, いい加減, いくら目を, いたいつか, いたがねえ, いただく, いたですが, いたのみ, いたらあの大, いたらさっき右側, いたらそれから, いたらイヤ, いたら全く, いたら当っちゃった何, いたら本名, いたら目, いたら食糧, いたスケート, いた上, いた人たち, いた凄惨, いた友達, いた坂口, いた天下一, いた家中, いた念, いた昔, いた核心, いた民衆, いた犬, いた相良十吉氏, いた紅, いた芸人, いた話, いた遭難当時, いた青年探偵, いた鼻, いつの間にか川上, いないか, いないのみ, いない人々, いない花, いなかったと, いなかった時代, いぬ様, いましたそれでは, いましたら大, いますそちら, いません憎い, いやしませんよ, いらしたと, いらっしゃらない, いらっしゃるみたい, いられないほど, いられる人々, いるかなあ, いるだけれども, いるでしょうと, いるのにねえ, いるらしいドイツ語フィロローグ, いるらしくそうして, いるらしく音, いるン, いる仲, いる半分, いる夢, いる小箱, いる後三年, いる新入生, いる此, いる矢, いる習性, いる読むの, いる面白い, いろいろ尋ねた, いわば有頂天, うっすらと, えんりょなく内, おかしくって, おさせしたの, おったらどう, おのれも, おらず全員, おられるほどに, おりそして, おりましたわ, おりますんで, おり堅い, おる私, お出での, お参りに, お寝間, お母さんも, お膳, お起し, かえたの, かぞえました, かれこれし, きかかりますと, きっと怨ん, くださいます, くふう, くれないお, くれるかも, くれるよう, けっかるん, こう胸ッ, ことさらに, この唯一, この条例, この通り, これこの, こんなに早く, ござる, さして訝し, さっぱりした, さらに馬, しきりに東京, しばらくすれ, しばられたまま, しまったのよ, じっと坐っ, じつはその, すぐ家内中, すっかり忘れ, する仕事, ずっと向う, せめてアルコホル, そうしました, そう言う, そちらを, そっと奥, そっと若党, そのそば, そのまま声, そのモンソー・エ・トカヴィユ・ホテル, その供養, その安, その後竹さんに, その月, その理由, その裏, その飯屋, それでおまえ, それとなく図星, それ以来更に, そんな生意気, たかが戦争成金, ただ呼び醒ました, たびたび押し, だよ, ちゃんと死際, ちょっと兄貴風, ちょっと立ちどまった, ついて行ったん, つい真面目, つとめる事, です, とかく本気, ともすれば向く, どうしても殺さなけれ, どちらとも, なおきまり所, なかを, なにか立身, なんとか助け, ねる, はいます, はこぶ足, はらはらした, ひっかからずに, ひどく心配, ひろ子は, ふたたび待っ, ふと頸, ぶるぶるッ, ぼくに, ましたぜ, ますな, まず家宅捜査, またよく, また心, また話, まだ言わず, みずただ, みな一生懸命に, みんな平気だった, むりに, もうイタズラ, もう少し北, もはやなん, やがて踏み出す, やった電車, やっぱり飛び込む, やるという, ゆっくり隣室, よく引越, よむ人, らっしゃいいま, わざと, わざと気楽げ, わざわざ下, わざわざ遠く, われ知らず, ゐた果して, んじゃ, イライラした, ガバと, クーパーが, ジッとして, ソーッと, ツイ油断しちまい, ナスクる, パッと, フイッと, ボイラー室の, マルコの, ルミちゃんを, 一しょに, 一同で, 一度問い訊, 一応御, 一旦立ち停った, 一歩退る, 一番仲の, 一途に, 万事を, 三年越し目を, 上げたくても, 下さいますから, 下さるん, 下車の, 与右衛門を, 中宮の, 乃木さんの, 乳母と, 事務所へ, 二三日の, 二日の, 五六歩あるいた, 亭主の, 今あなたの, 今年の, 今見回った, 仕舞ったの, 仲よく暮らし, 伯父さんが, 佐伯へ, 何にも, 余りうるさく, 侍従は, 俺はい, 傭媼に, 元きた, 先刻ある, 光線の, 全くの, 六階へ, 其時僕は, 内心穏か, 再三苦心, 出かける, 出入りの, 切角出かけた, 別段に, 前方の, 劬って, 勢いよく声, 十八の, 半太夫, 却って気の毒, 参りましたん, 又寝, 友人伊藤貫一君に, 取っといたの, 取越苦労ばかり, 古図に, 台所の, 同じくそちら, 向うを, 呉れてや, 呼びに, 唄って, 啖い付きました, 喰って, 四日の, 国体明徴を, 地団駄を, 塀の, 夕方俊三と, 夜具ふとん, 大いに遊ぶ, 大分不自由に, 大崎の, 大風に, 奇術の, 女の子たちを, 好く見た, 始終まいります, 婚礼を, 子供も, 安住の, 実はこの, 実験を, 宿直の, 寝たふり, 寺男達に, 小僧は, 小箱の, 少しびくびくし, 少し考え, 尾行した, 居たは, 居た云々, 居た継母, 居ない夫, 居ますさ, 居られたけれ共, 居りましたら鳥, 居ります塚前, 居るのよ, 居る外, 居る衷心, 山口の, 島の, 左へ, 己惚れて, 帰らずに, 平中が, 幾たびも, 床柱を, 弁天社内を, 引っ攫っ, 強いて, 彫ったの, 待ち兼ねて, 後ろへ, 御座らぬ, 御館へ, 心当りを, 心配も, 忽ちワッ, 思わず知らず斬りました, 怪塔王の, 恣に, 悚然として, 悪しざまに, 愕然と, 慈しみお, 憲兵が, 我慢, 戸の, 手早く振切っ, 打つには, 抛って, 招待を, 指に, 捉まえ, 掛合に, 控え銚子, 携えて, 改心した, 敬意を, 料理し, 新子は, 旅行用の, 早く出, 早速手蔓, 昨夜は, 時々線香, 暗い心, 暫らく待っ, 書いたもの, 書生さんを, 服の, 本屋を, 杉窪などへ, 来たもの, 来ます, 枕元の, 校長を, 梟紺屋に, 楽しまないふう, 欄干から, 歎息を, 此処な, 歩く気, 殊更ら, 母などは, 毎日見, 水がめの, 池ノ平から, 油断した, 泣く大臣, 活動小屋の, 海賊たちは, 深い呼息, 湯呑を, 潜戸の, 焔を, 然し人生そのもの, 爺い, 物語ぶりに, 狭い廊下, 現在忠義の, 生命がけ, 田辺さんに, 町住居し, 病人の, 百年計画に, 目途の, 真剣に, 眼え, 知らせたの, 研究会の, 神も, 私たちも, 秋田生徒は, 空ばかり, 立ちあがった, 立とうと, 竹置場の, 籠へ, 紋兵衛は, 細田氏の, 続いて, 縫われたもの, 羽を, 考えるに, 聞きかえした, 肝を, 腸を, 自分のや, 自身は, 船から, 艶子が, 若葉の, 苦楽座を, 茶屋の, 萎えて, 蔵って, 蚊帳の, 行くが, 行李の, 裁判の, 要の, 見たであろうと, 見つめる薫, 見ますもの, 見るものの, 見所から, 覗いては, 親分も, 言いださずに, 訊き質すと, 試して, 誤りは, 調べ出した, 謙遜する, 貞ちゃんと, 貰いてえな, 買おうと, 走りに, 越前守の, 跳び上がった, 身も, 軽蔑する, 近いうち, 返辞は, 送りました, 通して, 連山を, 道傍へ, 選んだ色, 酒屋の, 金入を, 銭を, 長三郎は, 間の, 附けた渾名, 随分辛, 雨の, 青い木, 頂くとは, 頭蓋骨を, 顧みがち, 食えば, 飽気ない, 馳走いたす, 駒井能登守の, 高圧的に, 鶴見は

▼ 思っても~ (933, 2.7%)

12 みなかった 11 それは 7 いなかった, それが 6 ぞっとする, みた 5 いなかったの, 私の, 見た, 見なかった 4 いないこと, そうは, 仕方が, 私は 3 いなかったので, そこは, みたこと, みて, みないの, みなかったこと, 思うよう, 思っても

2 [40件] いざと, いない, いないだろうが, いないのに, いない事, いまいが, ごらんなさい, せぐりあげる涙, その元気, それに, それも, ぞっとします, どうなる, なかなかそうは, ひとりでは, みなかったの, みるが, よい, ツイ涙が, 人が, 仕様が, 俺の, 口に, 向うは, 堪らないの, 声が, 変えること, 展覧会で, 帰ること, 彼は, 御覧なさいまし, 恐ろしいこと, 深く心, 自分が, 舌が, 見ろ, 親の, 足が, 鏡を, 駄目だ

1 [744件 抜粋] あきらめきれるもの, あきらめられないもの, あとを, あなたの, あの桶, あまりいい, あれは, いいが, いいです, いいと, いいなと, いいの, いい夢, いい女, いい顔一つしよう訳, いうほう, いかんせん分化作用, いけないの, いけませんよ, いた, いたし, いたの, いた源氏, いちばんだった, いつかそれが, いつも無事, いないが, いないし, いないふう, いない方法, いなかったし, いなかったなれなれし, いなかったらしく意外, いなかったわ, いなかった自分, いなかった話, いましたが, いますし, いませんでしたわ, いませんよ, いまやその, いやだ, いやな, いるし, いるであろうから, うち中箒だらけで, うれしがれない, おそらくどこ, おとっさん, おらぬが, おられない, おれの, お前は, お姫さま自身が, お宅, お母さんが, お礼を, お艶, お附, きっと幾度, くれない母親, こうして会う, こうまで, ここは, こないだ中の, このごろは, このクララ, この次千鶴子, この母, この際, この頃, これじゃ, これと, こればかりは, こわいよう, こんな事, ごらんに, さきは, さしつかえありません, さしつかえないでしょう, さまざまの, しかたが, しぜん, しばらくは, しゃくにさわる, しゃべれなくなって, しようと, じいさんの, じつは愛し, すぐに, すこしお話し, する気, そういうとき, そういう俗悪, そうそうは, そうなったら, そう不, そう思っ, そこが, そこまで, そのとおり, その心持, その手, その手さき, その方角, その日, その暇, その理窟, それから, それさえ, それぞれもう, それだけいう, それでも久慈, それならカソリック, それを, そんなこと, そんな機会, そんな隙, ただ生活, たまらねえね, だめだ, だめであった, ぢも, ついこの, ついひとりでに音, ついめんどう, ついムカムカッ, つい時間, できないじゃ, できなくなって, できは, できる事, とうてい駄目, とても無駄, とにかく宿屋, どうしてもその, どうしてもまぎらす, どうしても来, どうしても死ぬる, どうしよう, どうする, どうにもできまい, どうにも致し方, どんなに離れ, なお思いたりない, なかなかうまく, なかなかむずかしい, なかなか抜けなかった, なかなか拵え, なかなか諦めきれない, なったら帰って, ならぬ, なれない人, ひとりでに唇, ひどい貧乏, ぷりんと肉が, ほとんと, ぽき出し, まさかやらない, またその, また源氏, まだ小学校前, まだ熊, みずただ, みたが, みな, みない, みないひと, みない男, みない痛々しい, みなかったし, みなかったであろう, みなかったよう, みなかったん, みました, みませんでした, みよう, みる, めんどうくさくて, もうあと, もうその, もうべつにいや, もう心, もう暗号, もう遅く, もとでが, やって, やっぱりなんだか気がかり, やはり似, やはり林之助, やはり解らなかった, やはり酔, やれなかったら広言, よいの, よいよう, よかろう, よさそう, よめず汗, よろしければ, よろしゅうございましょう, わざとは, わたしと, ゐなかったらしく大いに, ウイスキーなんか, エサが, カタ, ガタンガタンが, コリンスの, ソンナ余裕なんか, ツイ胸が, ムダだ, 一つだって, 一ペエジも, 一向に生え, 一寸見附から, 一粒も, 万一模様, 不具の, 不安だった, 不快悪, 不思議で, 世ずれた, 世の中が, 世間では, 並ぶもの, 主人は, 主観の, 二人は, 人から, 人の, 人伝で, 今宿屋, 今度十円の, 仕よう, 仕上げるまでには, 他人は, 仲, 何うも, 何しろ遠い, 何だか不安心, 何だか淋しい, 何でも, 何の, 何事に, 何処に, 何分御, 何度も, 何時逢える, 例えば富士山頂, 傍が, 兄さまが, 兄や, 先方では, 先方に, 先祖から, 先通りの, 入れずに, 兵隊は, 其辺に, 冷汗が, 出て, 出ない, 出られねえので, 出来ないあんばい, 出来ないの, 出来ないよう, 出来ること, 出来る話, 別に不都合, 別に恐怖, 別に自分, 前に, 力んで, 力量が, 助けて, 助けられなくなる場合, 動かされぬもの, 動かなかった, 勝手に, 十七の, 及ばないこと, 及びも, 取ること, 口を, 可思議, 同じ座敷, 向うが, 向うで, 呉れやせんの, 嘆かわしいこと, 四十以下には, 土地家屋が, 地の, 堪えられない矛盾, 堪らなかった, 場所が, 売れせんで, 夜に, 夜中に, 天下が, 天井の, 奥底知れない, 女が, 女を, 女王様の, 姉上貴女に, 嫌いで, 子供たちは, 子供ながらに, 孝行な, 安全感から, 宜しいでしょう, 実否も, 実行出来る, 実際には, 容易に, 容易の, 寒うて, 小気味よい, 少し遅れ, 居らなん, 山国の, 山田も, 左様には, 左膳は, 差支えないでしょう, 差支ない, 平坦な, 平素から, 庄兵衛は, 弱音に, 彼には, 彼らは, 往かれないの, 御存じの, 御覧なさい, 心配が, 心配で, 必ず辛く, 必要が, 忘れられなくなりました, 忘れられるもの, 念の, 怒る, 思い尽きないもの, 思えば, 急いで, 急に, 恐しい汚れた血, 恐ろしいそして, 悲しい哉時, 情なくされる, 愉快だ, 感受性の, 憂欝, 憎いの, 我々は, 手が, 手水鉢は, 技師が, 推測される, 政府の, 日の, 旦那は, 昨夜の, 昼間伝票を, 朋輩に, 末吉には, 朱実には, 来たの, 栄三郎は, 案内者は, 欺される, 止せなくなって, 止め度なく, 此の, 此れ, 段々馴れ, 殺されるから, 母は, 毛穴が, 気も, 気味が悪うござんす, 気味の, 気迷が, 決していい加減, 決して朝, 泣けて, 消えるもの, 涙が, 演若の, 無である, 然うい, 爺様と, 牛のよ, 犯せないよう, 独り心へ, 生憎勤務, 用事が, 甲の, 甲斐ない, 男は, 疲労が, 痩せられやしません削るわけ, 皆一様に, 直ぐ背後, 相手の, 相手方が, 真似を, 矢張り, 知れようこれ, 社会的には, 私が, 空恐ろしいよう, 笑えない, 筋さえ, 結局一人呑込みに, 結論は, 絶対に, 絶対安静に, 綿を, 考えても, 聞えやしません, 聞かずに, 肚の, 肥り出し怯えようとしても, 脊筋の, 腰を, 自分には, 自分の, 船が, 船でなけれ, 若いに, 若し実際やれ, 葉子で, 虚無僧が, 血は, 行く山, 行に, 行衛が, 襟を, 見えは, 見せる時, 見たが, 見ただろうか, 見たまえクリコー, 見たろうか, 見て, 見ないから, 見ないし, 見ないわけ, 見なかったこと, 見なかったむしろ主従, 見よ, 見られなかった, 見られなかった闊達, 見るの, 見る事, 見違えるわけ, 見首尾, 親同士, 親御さんが, 親類なら養っ, 言葉が, 話せない山嵐, 調和に, 謝罪する, 貰いたくならないの, 貰えないの, 賛五郎の, 質問さえ, 路が, 躊躇し, 身ぶるいし, 身体中が, 輝かしい一事, 農業者が, 逃げっちまうじゃ, 逃げられるもの, 逃げるわけ, 逃げ道の, 連れて, 道が, 酔えないもの, 酸が, 鉄の, 銷沈しない, 開けず, 間違いありません, 雨天その他第, 雲が, 頭の, 風は, 飛べないでは, 飲まれないの, 駄目です, 駄菓子一つも, 高嶺の, 髪の毛を, 黙っては

▼ 思っては~ (384, 1.1%)

28 いけない 16 ならない, ならぬ 13 いない, いないの, いなかった 10 いません 7 いけません, いたが 6 いるが 5 いるの 4 いけないと, いけませんよ, いなかったの 3 いけないの, いないよ, いないん, 居なかった

2 [20件] いけないぞ, いた, いたんですが, いないよう, いませんから, いませんでした, いませんわ, いらっしゃらないの, しなかったの, ならないの, ならぬと, ならぬという, ならぬの, みても, 下さらないの, 大間違い, 居るが, 見たが, 間違いです, 駄目だ

1 [186件] あと強く, いかぬ, いかぬか, いかぬと, いかんぞ, いけないいけないと, いけないので, いけないよ, いけないよう, いけない夜叉, いけない当分, いけねえ只, いけませんとな, いけません歌うもの, いたさ, いたの, いたものの, いても, いないか, いないかも, いないけれど, いないだろう, いないであろうか, いないでしょうね, いないらしい, いないらしいが, いないわ, いない前川夫人, いなかったが, いなかったけど, いなかったけれど, いなかったこと, いなかったでしょう, いなかったと, いなかったので, いなかった位, いなかった男爵, いなかろう, いねえの, いまい, いまいけれども, いました, いましたが, いませんか, いませんがね, いませんと, いやしない, いらっしゃらない, いられないん, いるけどね, いるものの, いるん, おびえた, おりおりひそか, おりましたん, お出なさらない, かえって間違, ききませんが, きものをと, くれないこと, くれないでしょうから, くれないの, くれないもの, この, こまります, これは, さも感心, しない, しないから, しなかった, しませんが, しませんでした, すまない, そこらを, そっとあたり, そっと涙, その味, その期待, それを, ぞっとする, だれが, ついいつも遠慮, ときおりペン, ならないこと, ならないし, ならないぞ, ならないと, ならないという, ならぬいっては, ならぬそれでは, ならぬ人, ならぬ安心, ならんぞ, ならんの, なりません, なりませんよ, ひどく恐れ, またとめどない, また悩, また疑念, まだ自殺, まちがいだ, まちがいである, まちがいです, みたものの, みないの, むだに, もって, ものを, ゐなかったらう, 下さいませんか, 下さらないですよ, 下さらなかったの, 不十分であろう, 不可せん, 不可ない, 何遍か, 前もって震え上がり, 又出, 又家, 困りますよ, 大きな声, 大まちがい, 大間違である, 妻と, 宜しくない, 寒いと, 居た, 居ても, 居ないの, 居ないのに, 居ませんの, 居りますけれど, 居りますけれども, 居りますけれどもね, 居りませぬどころ, 居りません, 居りませんから, 居るに, 居るん, 幾度か, 忠節が, 恵み己, 悪事を, 感嘆の, 感心し, 成りませんぞ, 手紙で, 早すぎる, 昔あの, 時々お, 暗い絶望的, 暗然と, 最う添っ, 来たが, 楽しんで, 歎息ばかり, 毎日同じ, 毎日話の, 注意し, 海を, 涙を, 済まないが, 満足できぬ, 煩悶を, 瞼に, 私の, 私は, 罪を, 翌朝は, 自分で, 自身の, 苦み苦んで, 見るもの, 誤りである, 誤解である, 踏みとどまって, 迎えぬはず, 違うお前, 遠慮し, 門口に, 間ちがいだ, 間違いである, 間違いでございましょう, 間違うであろう, 非常な

▼ 思ったり~ (368, 1.1%)

90 した 55 して 14 する 11 しました, するの 9 したこと, したの 7 すること 5 したが, します, すると 4 しながら 3 しては, するよう, それを, 言ったり 2 ある時, したので, したん, 何か

1 [123件] あるいは早く, あるいは曠野, いたします, いったり, おかしく思っ, お清, かなりの, このごろの, この勢い, こまかい虫, こんなにも辛い, さらにまた, しがち, したけれども, したけれ共, しただ, したほど, したもの, したわ, しちゃ, しつつも, しましてね, しますが, しますけれど, し乍ら, するから, するが, するその, するのに, するば, するもん, するわけ, する直接, そう思う, そこまで, そのとき, その仕返し, その点, それともつい, それは, てんでになにか考え, ときには思い切っ, なんかしてやしない, なんとか話, なんどし, まあそう望ん, また, またあまりに, またこう, またこの, またとき, またはそんな, または真実, また中, また人声, また夜, また思いなおし, また思い反し, また直接当面, また賃銀, もう疾うに, もてなしたり, やまがらに, ツイね, ハンと, 一寸うらやましい, 不意に, 世の常の, 云ったり, 何と何, 信じたり, 俯向い, 先方の, 出来て, 又は刑事巡査, 又或, 可愛い, 各種の, 哀な, 多少なり, 大逆に, 妻に, 姉の, 娘とさえ, 家の, 思い出される毎, 思われたり, 恐ろしくなっ, 恐縮する, 悪いと, 悪く思っ, 悲しんだり, 悲惨に, 惜んだり, 感じたり, 感じるの, 按摩師の, 政府乃至, 普通の, 本能的な, 東京よりも, 死ぬくらい, 潮ふく鯨を, 為たり, 現実の, 男の, 相当な, 私と, 突然自分, 等した, 考えたり, 職業上や, 膝っ, 自分の, 自分自身や, 致します, 見たり, 言葉も, 途中歩い, 酒が, 隠したところ, 音楽を, 頭痛が

▼ 思っちゃ~ (94, 0.3%)

10 いないん 6 いけない 5 いませんよ 4 いない, いないよ 3 いけないよ, いません 2 いけねえ, いけません, いないの, いねえん, いるん, すまないよ, 居ない, 間違いだ

1 [43件] いかん, いけないぜ, いけないって, いけないと, いけねえぞ, いけませんよ, いないさ, いないぞ, いないだろうなあ, いないですよ, いないね, いないので, いないよう, いなかった, いねえ, いねえから, いまい, いますが, いませんがな, いませんぜ, いませんでした, いられぬ風景, おらん, おらんの, おりません, おりませんですよ, おりませんよ, くれない, だめです, つい生かしちまう, なりませんよ, まちがいだ, まちがえだぜ, アいけません, ア兎ても, 不可ねえ, 危さに, 厭です, 呉れんよと, 困るから, 困るよ, 引っぺがすようにして, 済まないのね

▼ 思ってや~ (91, 0.3%)

19 がる 16 しない 13 がるん 6 しないよ 5 しないん 3 しないの 2 がるな, がるの, しないわ, しないわよ

1 [21件] あがるん, がるうん, がるくせ, がるこの, がるし, がるそんな, がる世話, がる馬鹿, しないかの, しないが, しないがね, しないし, しないだろう, しないと, しないとか, しないのよ, しないワ, しない相当, しなかった, しなかったん, しねえん

▼ 思ってか~ (80, 0.2%)

2 彼の, 急に, 自分の

1 [74件] あるいは単に, きゅうに, くすんと, そこに, そのまま踵, その家, その駕籠, ただ相手, とっくに戸締り, にわかに遮, ひとつには, ひどくあせっ, ひどく乱暴, びくびくし, ふと此方, わしの, ハタと, プロが, 一銭五厘の, 七日間の, 下へも, 予の, 二階の, 今晩一家中で, 余り問題に, 侯は, 僕の, 兄は, 光君を, 勧誘に, 取合わないの, 台を, 同じこと, 否か, 大槻に, 女は, 寮へ, 寺田屋から, 小屋の, 少しも, 少女は, 床几の, 引返して, 弟に, 彼が, 彼一人伸子の, 彼女に, 息を, 押入の, 方図も, 横須賀まで, 歌の, 母が, 法水が, 泰軒は, 眼を, 硯箱を, 突然さけんだ, 突然に, 終日船を, 続いて, 耳の, 色青く, 若い母親, 苦々しげ, 荷づくりを, 菓子や, 蓋を, 蔦之, 衣服は, 身振い, 遠く離れ, 髪は, 黙然と立っ

▼ 思ったって~ (52, 0.2%)

4 仕方が 2 饒舌っ

1 [46件] あんたの, いいかげんまで, いいじゃ, おっしゃるの, お前親藩とは, かまわない, かんしゃくが, この谿間, しかたが, そうは, そう出来ない, それ以上の, だめだった, ちっとも不思議, とてもだめ, どうにも, どうにもできる, もう直り, やっぱり違う, わたしそんな, 世の中が, 仕様が, 伸せない, 僅かに, 冗談じゃ, 出来ないもの, 動かねえや, 化かされないぞ, 変な, 始まらないよ, 守れねえ奴ら, 彼の, 悔んで, 手おくれだ, 持って, 泣けちゃうじゃ, 然う, 生きるだけは, 知って, 立たれない, 贔屓の, 足が, 逃がしたりなど, 間に合わねェ, 防ぎきれるもん, 食物が

▼ 思ってね~ (43, 0.1%)

2 そいで, それで, 私は

1 [37件] あちこちひっくり返し, いいかげんあき, いいかね, いえ不断, いろんな風, おれは, ここ迄, この墓所, これは, さっそく大急ぎ, じつあ, すっかり頭, そうしたら一番, そうそこ, それを, なにかワケ, もう熱, よしたん, わたしは, アハハハハハ, ホントに, 今夢, 今年の, 傘一本着換え, 喫煙室へ, 大いに愉し, 妾ずいぶん, 当時流行る, 支度は, 旅稼の, 本当に, 毎日ここへ, 私も, 私ゃ弔供養を, 近所の, 電話を, 黒田先生の

▼ 思っての~ (30, 0.1%)

3 ことだ 2 ことで, ことである, ことです

1 [21件] お気の毒, お腹立ちなら, ことか, ことでした, ごった, ごとな, その言葉, 上での, 事, 事であった, 密と, 悪ふざけだい, 振舞いであろう, 為でしょう, 生活態度と, 申し出で, 腹立ちか, 訪問であった, 詠である, 赤誠であっ, 遠慮か

▼ 思ってな~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの市会, いや忙しい, さきほどから, そりゃお前, それが, それで, それでわざわざ, ちょっとばかり, つい今, やっと出向い, ア若し, 今じゃ, 縄を, 諦めて, 酒を

▼ 思ってから~ (12, 0.0%)

1 [12件] あ, まだ日, わしは, 僕は, 学問は, 彼は, 後〇・〇二秒, 後に, 急に, 皆の, 糟谷は, 間もなく源氏

▼ 思ってでも~ (10, 0.0%)

3 いるかの, いるよう 1 いたん, いて, いるの, おりましたせい

▼ 思ってよ~ (9, 0.0%)

2 可哀そうに 1 あなたには, いくらお母さん, お駒さん, こっちも, 今の, 例えば佃, 金を

▼ 思っちゃあ~ (8, 0.0%)

1 いけない, いけねえ, いねえお, いねえよ, いまいけれど, こまります, 不可い, 見たものの

▼ 思ってさ~ (8, 0.0%)

1 いい人, うかがって, おお寒い, この男, そうしたら, ちょッと, びっくりし, 薬を

▼ 思ってさえ~ (7, 0.0%)

2 いるの 1 いた, いなかった, いれば, すぐに, 焔の

▼ 思ってと~ (5, 0.0%)

1 云ったら私, 又モヤ, 弾む息, 畳に, 見こう

▼ 思ったより~ (4, 0.0%)

1 かお前, か余計, か感心, や感じ

▼ 思っちょ~ (4, 0.0%)

2 るん 1 ったらどうして, るの

▼ 思ってねえ~ (4, 0.0%)

2 私は 1 まあ, 己は

▼ 思ってネ~ (4, 0.0%)

1 ぼんやりあそこ, めずらしく山, 今迷っ, 見物に

▼ 思ったりも~ (3, 0.0%)

1 した, して, します

▼ 思ってたり~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 思っ~ (3, 0.0%)

1 くれ, らんです, 呉れよ

▼ 思ったりなど~ (2, 0.0%)

1 して, しました

▼ 思ったりなんぞ~ (2, 0.0%)

1 したの, しても

▼ 思ってけ~ (2, 0.0%)

1 えって, つかるの

▼1* [25件]

思ったまもない, 思ったらしく立止っ, 思ったりなんぞはしちゃあ, 思っていうのは, 思ってかと思い私, 思ってからに桐の, 思ってからは断然やめ, 思ってこそほんとの, 思ってさえも胸の, 思ってぞッとして, 思ってというのである, 思ってとかとかその側, 思ってながらやはりちょっと遠慮, 思ってなちゃあたまげたい, 思ってなどいはしませんの, 思ってなどと談笑し, 思ってなんかいなくても, 思ってのう婆さん, 思ってはとそれも, 思ってばかり見た, 思ってほどよく金, 思ってもからだが, 思ってもぞッと, 思ってわたりをつけたり, 思ってんだい