青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「思う~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~思い出 思い出~ ~思い出し 思い出し~ ~思い出した 思い出した~ ~思い出す 思い出す~ 思い切っ~ ~思う
思う~
~思え 思え~ ~思えた ~思える ~思っ 思っ~ ~思った 思った~ 思ったら~ ~思つて

「思う~」 35795, 344ppm, 284位

▼ 思う~ (11821, 33.0%)

165 私は 159 急に 156 彼は 90 今度は 71 それが 63 すぐに 61 彼女は 56 彼の 52 そうで 48 自分の 44 気が 39 こんどは 34 僕は 33 それは 31 何か, 胸が 29 私の 26 わたしは, 伸子は 20 それを 19 それも, 不意に, 源氏は 18 涙が, 葉子は 17 かれは, 俺は, 矢代は 16 さすがに, またすぐ, 今まで 15 彼女の, 自分が 14 次の, 自分は 13 書いて, 私も, 非常に 12 たちまちに, もうその, 妙な, 瑠璃子は, 美奈子は, 腹が 11 そうでも, そこに, 今でも, 心が, 心の, 部屋の 10 うれしくて, おれは, そうじゃ, そうでなく, パッと, 一刻も, 一方には, 新子は, 眼の, 胸の 9 これは, すぐまた, わたくしは, 俄に, 僕の, 女の, 眼が, 矢も

8 [14件] これも, さに, そのあと, その下, どうした, 二人は, 余は, 変な, 左の, 悲しかった, 早くも, 目が, 身を, 頭の

7 [18件] きゅうに, しばらくし, そこの, その手, その時, それに, またし, また急, 不思議な, 何も, 俄かに, 女は, 我ながら, 手を, 私が, 自然に, 言った, 黙って

6 [33件] かれの, じっとし, すぐその, そうでない, そこから, そこへ, その姿, その次, その男, それと, ぞっとする, ふいに, ほんとうに, ぼくは, もうじっとし, 一人の, 一方では, 中から, 二人の, 云った, 他の, 何を, 先生は, 又すぐ, 夢の, 大間違い, 妙に, 村川は, 浩は, 男の, 矢代も, 突如と, 豹一は

5 [48件] いった, いても, おかしくて, くるりと, さすがの, その中, たまらなかった, つづいて, なぜか, ふいと, また, またその, やがてまた, スーッと, ゾーッと, ハッと, 一種の, 一緒に, 久慈は, 人々の, 何の, 例の, 信一郎は, 先生の, 右の, 同時に, 夜も, 夢が, 妾の, 居ても, 廊下の, 愉快です, 書いた, 気の, 気持が, 泣いても, 流石に, 目を, 直ぐに, 突然, 船は, 葉子の, 見る間, 言うの, 誰も, 途端に, 間違うぞ, 隣の

4 [87件] あとは, いきなりそこ, いって, いまでも, いやな, いやになる, うれしい, うれしかった, お菊, お高, こうし, ここで, ここに, こっちの, しみじみと, すべての, そのうち, そのこと, そのまま気, その人, その瞬間, その頃, その顔, それだけで, たまらなくなる, ひらりと, ふたりの, またある, もうそれ, もう何, もう次, もう私, やがてその, われながら, ギョッと, ゾッとする, 両手で, 中, 云うと, 云って, 今から, 今までの, 今も, 今日の, 何かに, 何んだ, 俊夫君は, 全身の, 可哀そうに, 右手の, 同時にまた, 同時に彼, 君は, 夜の, 夜中に, 娘の, 小林君は, 彼が, 後の, 持って, 栄三郎は, 次には, 武蔵は, 死んで, 気の毒に, 気を, 消えて, 灰色の, 目の, 眼に, 矢庭に, 美奈子の, 老人は, 腰を, 自分ながら, 自分も, 譲吉は, 足の, 足を, 身内が, 闇の, 雨が, 雨の, 静かに, 音も, 顔を, 鶴雄は

3 [161件] あっしは, ある時, あれは, あわれ, いきなりピストル, いくらか, いっしょに, いっそうその, いつでも, いつの間にかそれ, いやだ, うしろへ, うんざりする, おれの, お母さんの, お綱, お角, お雪, かわいそうに, がっかりし, ここの, この女, この胸, この頃, こわくなっ, こんなこと, じぶん, すぐ, すらりと, そこが, そのあいだ, そんな馬鹿, ぞっとします, たちまちまた, つかつかと, つぎには, どうと, どこか, どこからか, どこからとも, ぼくの, またたくま, また一方, また自分, また足, まっしぐらに, みんなは, むやみに, もううれしく, もうそこ, もうたまらなく, もう見えなくなっ, やがてそれ, わしは, アッという, カッと, ガックリと, ドッと, ドノバンは, ワッと, 一と, 一方の, 一枚の, 一瞬に, 世の中が, 世の中も, 中の, 主人の, 九郎助は, 二つの, 人の, 人間は, 今に, 今の, 今は, 伊織は, 何かの, 何が, 何と, 何にも, 余り好い, 兄の, 先に, 前にも, 前の, 千鶴子と, 半七, 厭な, 厭に, 反対に, 口惜しくて, 可笑しい, 同時に私, 変に, 多鶴子は, 大きな声, 大マチガイ, 大違い, 大間違いで, 嬉しくて, 安心し, 富士男は, 少女は, 庄吉の, 引返して, 彼らは, 彼女が, 後から, 心細くて, 恥かしい, 悲しくなっ, 我慢が, 扉が, 敵の, 早や, 明日は, 明智は, 昔の, 時には, 晴れが, 最初の, 松の, 栄之, 次ぎの, 次郎の, 次郎は, 残念で, 残念でたまりません, 母の, 気の毒で, 泣かずに, 泣きたくなります, 淋しさ, 片手を, 瑠璃子の, 男は, 相手は, 石に, 石の, 窓の, 竜之, 笑って, 老先生, 考えただけでも, 肩の, 背後に, 自分で, 自動車は, 草の, 蟹江は, 見て, 言うに, 足が, 身に, 身ぶるいが, 遠くから, 静かな, 頭が, 首の, 馬は, 馬上の

2 [599件 抜粋] あたしは, あたしも, あたりが, あとから, あなたが, あまりの, あるとき, あるところ, あッという, いうに, いうよりも, いきなり, いきなりお, いきなりそれ, いきなり一人, いきなり刀, いきなり橇, いきなり眼, いじらしくて, いっそ荒海, いつの間にやら, いままで, いやで, いらいらし, うしろの, うっかりした, うっかり口, うれしいよう, うんざりした, おかしいくらい, おかしくなっ, おくればせながらここ, おげん, おそろしさ, おっしゃいますと, お別れ, お前の, お妙, お師匠様, お杉, お松は, お気の, お爺さんの, お蝶, かれが, かれら, かわいそうで, がさがさと, きょうは, きょう来, くやしくて, こちらでは, こっちで, このお, この始末, この方, この男, これが, これで, これまで, こわくて, さらに内, しゃくにさわって, じきに, すぐと, すぐ次, すぐ消え, すぐ消えた, すぐ消える, すれば, そうは, そうばかり, そうも, そこにも, そのあたり, そのため, そのなか, そのままそこ, そのまままた, そのまま垂直, そのまま暗い, そのまま消え, その人達, その代り, その口, その心, その昔, その煙, その眼, その黒い, それから, それの, それらの, そんなこと, そんなに遠く, そんな事, ぞうっと, ぞっとし, た, ただその, たちまちその, たちまち一人, たまらなくなっ, だしぬけに, ちっとばかり, ちょうは, ちょっと愉快, つぎの, つくづくいや, とても落ちつい, どういう訳, どうしても心, どうにも, どうも残念, どたっ, どっちが, どんなこと, なかなかつかまらない, なつかしくて, なんだか自分, なんとなくこの, なんともいえない, にわかに勇気, はじめて自分, ぱッと, ひとりで, ひとりの, ひろ子は, ふしぎで, ふッ, ほんとに何, ますます悲しかっ, またこっち, またしばらく, またたちまち, またどこ, またはいり, またはっと, またぱっと, また一人, また下の, また何, また俄, また元, また向こう, また女, また忽ち, また急い, また時に, また石段, また突然, まったく現代, まるで山, まるで狂気, むかしの, もう一時, もう一遍, もう姿, もう気, もう親, やたらに, やっぱり弱気, やはり服, やはり沸, よくあの, わたくしも, わたしの, わたしも, われわれの, キラリと, ゴブッ, サッと左右, スウッと, ゾッとした, ドアは, バッタリと, バラバラと, ピンと, フイと, フッと, ホッと, ポケットから, ポンと, リンリンと, ワーッという, 一人で, 一匹の, 一層その, 一散に, 一方においては, 一時に, 一時間も, 一瞬間に, 一種異様な, 一足飛びに, 一閃の, 一間ばかり, 万力は, 下に, 不思議だ, 不思議にも, 不思議や, 不憫で, 世の中の, 両の, 両手を, 中には, 中将は, 主膳は, 乳母は, 二郎は, 云う, 些細な, 人を, 今までは, 今日は, 今更の, 今迄の, 代助, 伊代は, 伸子の, 体が, 何かしら, 何だか名残惜しい, 何だか急, 何となく嬉しい, 何となく懐かしい, 何となく気, 何ともいえない, 何ともいえぬ, 何んで, 何んと, 何んとも, 何度も, 何思った, 信一郎の, 信吉の, 信長は, 俺あ, 俺には, 元の, 兄を, 全身が, 六樹園は, 其は, 内から, 前よりも, 前川は, 勇吉は, 勝平は, 北の, 単に悲惨, 厭だ, 又, 又急, 反対の, 口が, 口では, 古風な, 可なり, 可哀そうだ, 可笑く, 可笑しくなった, 同時にお, 同時にそれ, 同時に他, 同時に心, 同時に父, 向うに, 向うの, 咄嗟に, 地上に, 地面に, 城太郎は, 堪ま, 堪らない気, 声の, 夢は, 大きな間違い, 大まちがい, 大変な, 天に, 天王寺の, 太刀川の, 太郎には, 太鼓の, 夫の, 失望と, 奇妙な, 奥の, 如何に, 妾は, 娘は, 婆やは, 嬉しい, 嬉しいが, 宗助は, 実業家は, 寂しかった, 小林君の, 小次郎は, 尚お, 屋根の, 岸本は, 島田さんは, 川の, 己は, 平中は, 平次も, 店の, 庭の, 彼には, 彼女と, 彼女も, 彼方の, 彼等は, 復た, 微かに, 心は, 心細くなる, 心臓が, 心配に, 忠直卿の, 忠直卿は, 忽ちまた, 忽ち又, 怒りが, 怖ろ, 思い出したよう, 思い切って, 急いで, 怨みと, 恐ろしくて, 悚然と, 悲しい, 悲しくて, 悲しくなる, 悲しさ, 悲壮な, 情けない, 情なくなる, 感慨が, 感服し, 懐から, 我々の, 我れ, 手が, 手も, 拳を, 支那そばでも, 文字春は, 新吉は, 日頃の, 明くる, 明智の, 春の, 昨日の, 時としては, 普通の, 更にその, 木村さんであっ, 本を, 林の, 柄杓の, 柩の, 栄二は, 格子の, 横を, 次郎左衛門は, 正木博士は, 正造は, 此の, 武蔵の, 死ぬにも, 残念です, 母が, 気がかりで, 気の毒でも, 気の毒な, 気も, 気味が, 水草の, 波を, 海の, 淋しかった, 渡瀬は, 滝の, 火の, 無性に腹, 熱い涙, 父親は, 物が, 特別に, 狐は, 獣の, 玄蕃は, 玄関の, 生きて, 男女の, 病気に, 白の, 白髪の, 相手が, 相手の, 真青に, 眼を, 眼前の, 矢っ, 確かに, 磯五は, 神様の, 私たちは, 私どもは, 私に, 空を, 空中の, 突然に, 窓硝子の, 立って, 立っても, 立つ, 立止っ, 笑うの, 等間隔の, 答えた, 米友の, 紋三は, 縁の, 群衆を, 老人の, 老武士, 肚が, 胸は, 胸を, 脚が, 脚を, 腰が, 膝の, 自から, 自分と, 自分を, 自然と, 自由に, 舞台の, 舵輪を, 若い女, 若僧は, 蔵の, 藤崎さんは, 蘭堂は, 血が, 血を, 袖を, 西洋の, 見えざる相手, 見るま, 見事に, 言いました, 誰か, 誰かが, 誰でも, 誰彼の, 諸戸の, 足は, 足も, 足許に, 跡から, 踵を, 身も, 身体が, 迚も, 述べた, 述べて, 途中で, 道の, 違う, 遥かに, 遥かの, 酒の, 采女は, 金の, 金を, 金吾の, 長三郎は, 間違いです, 間髪を, 闇に, 限りなく, 雨は, 電車の, 霧の, 青年は, 青木は, 順平は, 頭から, 頭と, 頼母は, 顔から, 鳥の, 鼻の

1 [7283件 抜粋] あ, あからさまに, あたしあ, あっしゃあ口惜しく, あと四千メートルあまりの, あの大東汽船, あの黄色い, あらためて我が身, ある日, あんまりな, いい気持ち, いかに言っ, いきなりサーベル, いきなり元, いきなり戸, いきなり船, いきなり飛びつく, いけない, いっそうに, いつかしらその, いつしかその, いつのまにか怪人, いつの間にか山, いでやろから, いま目の, いよいよ万感胸, いわゆる非人, うまいスタート, うんざりだ, おかしかった, おせい様, おとっつあん, おやこれ, おれ紀久ちゃんを, お増, お思い, お盆を, お袖, かえって悪い, かつて郷関, かんしゃくが, きっとその, くすぶりも, ぐるぐるまわり, こういう目, こちらに, このもう, この問題, この川, この町, この食物, これに, こんな山, さしもの, さっと身, さらにその, しかし一方, しばらくうしろ, じいさんは, じつにむじゅんしたはなしだが, すぐここ, すぐまっさお, すぐ出し, すぐ広壮, すぐ町, すぐ閉められ, すこし肩, すでに二番試合, ずっと深, そいつの, そうで無い, そこで電光石火, そのこちら側, そのとろんと, そのままばったり倒れちまった, そのまま又, そのまま爆ぜ割れる, そのよろこび, その上, その内ぶところ, その執念, その幕, その憤り, その横合い, その皮膚, その胸苦し, その護衛, その隣, それからそれ, それっきりな, それどころかもっともっと, そんな女, たいがいが, ただ一騎, たちまちそこ, たちまち全身, たちまち小, たちまち江岸, たちまち縦横, たちまち選挙違反, たとえ真理, たまらなく不安, だんだん大きく, ちょうど俊夫君, ちょっと水温, ついわし, つづく波間, とうとうしまいには, とつぜんひろく, とても掛川, どうか, どうしても厚かましく, どうでも, どかどかどか, どっと船, なあに昨日までは, なお更に, なさけなくなります, なまぬるい風, なんだか体, なんでそんな, なんとなく早く, にわかに, にんじんは, はいふき, はっと我知らず胸, はや一人ふたり, はるかな, ぱったり立, ひっかけ結び, ひょいと立っ, ぴったりと, ふたたび現われ, ふと憂愁, ぶらさがって, ほかに, ほんとに情なく, ぽつ, ますます千鶴子, またぐいと, またのこのこ, またもと, またスック, また丸く, また北, また妙, また心, また新しい, また津田, また目, また続きました, また貞奴, また雲, まだそれ, まだ碌, まったく考えた, まるでもう遠い, まるで違った, むくりと, もうあと, もうがらり変っ, もうとても今日, もうイヤ, もう一疋, もう凡て, もう失っ, もう慾, もう楽, もう眠, もう自分, もう階段, もろに凭, やがてポンポンと, やがて小さな, やがて流浪, やがて銃声, やっぱりつい, やにわに二メートル, やはり僕, ややあっ, ゆらゆらと, よく感, わざ, われとも, アメリカから, ウンザリした, カタンと, キャッと, クビを, ケティは, サッと舞い立っ, ジョバンニは, ズーッと, ダシヌケに, トキョウ・ブウルジョワと, ドロッと, ハラ, バラッバラッと, パリも, ビックリし, フット又, プイと, ホントに, ミケランジェロの, ユラユラと, 一つ所に, 一同さすが, 一寸の, 一層彼, 一斉に, 一概に羨ましい, 一種いわれぬ, 一面は, 万国地図日本地図東京地図などが, 三千代の, 上品である, 不便でも, 不当に, 不憫に, 世界の, 中学を, 主人が, 九輪草の, 争闘を, 二人きりに, 二層目の, 二間も, 云うん, 五年のちの, 亭主らしい, 人民は, 仇を, 今にも眼, 今明お, 介三郎も, 他方軽輩の, 任原は, 伯母の, 体じゅうの, 何かを, 何だか可笑しく, 何だか笑いたい, 何となく張合, 何とも言えず, 何んの, 何時の間にか利己本位, 余り意地, 信一は, 俺の, 僅に, 兄は, 光は, 全くみじめ, 全然手ごたえ, 六歳の, 其儘くるり, 内心ある, 再び同じ, 冷たい汗, 出かかった微, 刎橋へは, 刺すよう, 力なげ, 勘兵衛の, 匂うほど, 十分ぐらいで, 千穂子は, 半裸体の, 原稿紙を, 又さめざめ, 又やむ, 又何事, 又悲しい, 又自然, 双鬟に, 古代の, 可笑しくなる, 吉里は, 同じ調子, 同時につと進み出た, 同時に一種, 同時に実際悪い, 同時に番頭, 同門の, 吾, 周馬は, 哀れな, 喜兵衛の, 四つの, 四辺は, 圓右, 地軸が, 城太郎の, 堪らないほど, 声いっぱいに, 外出着の, 夜中錦霜軒に, 大きい魚, 大きに違う, 大庭の, 大褂児, 大鼠山を, 天罰覿面必ず, 失望した, 女先生が, 好きな, 姉は, 婚姻の, 子供たちは, 宅中の, 実にこの, 実に惜しい, 実際内的事件, 家へ, 寐言を, 寝転ぶ, 小さなオオケストラ, 小学校の, 小雪さんは, 少し人間, 少し驚かず, 屈辱にも, 山出しの, 崖から, 左岸の, 巾着切りや, 常識である, 年若い, 幾日か, 底が, 廻り路に, 引返したいよう, 当てが, 彼はい, 彼等の, 後返り, 御訪問, 心地が, 心細さ限り, 忌に, 忽ちに何処, 忽ち思い当った, 忽ち針, 怒りで, 思うわ, 思わず顎, 恋は, 恐ろしい戦慄, 恥ずかしさ, 息苦しそう, 悪鬼の, 悲鳴の, 情無かっ, 意に, 感慨深うございます, 慾も, 懐かしい, 戞, 扉を, 手洗の, 投地礼拝し, 持参金が, 探偵の, 支配人が, 数十本の, 斜めに, 新助, 日本の, 早くから親しませ, 早足に, 明智探偵の, 昼頃ぱっと, 時代の, 暗澹と, 更に悪, 最も有効, 月影に, 木の葉ばかりを, 本尊に, 朱潮が, 松に, 林太郎は, 柴折戸の, 案外に, 椅子の, 横町からは, 欣ば, 此方に, 死という, 殆どすぐだった, 母から, 比喩などという, 気恥ずかしい, 水色の, 汽笛だ, 治三郎の, 泣き泣いてるかと, 洋館の, 浜路を, 涙も, 深川の, 渋紙色した, 源十郎は, 演奏は, 火星行は, 無性に情けない, 焦躁感は, 燈籠の, 片膝, 特別の, 猫柳の, 現代の, 生きた心地, 甲斐は, 画くの, 疾風の, 癌で, 白崎は, 皆立っ, 目白の, 直ぐ戸, 直ぐ頭, 看護婦が, 真名古は, 真鍮鐺, 睡くなり, 知った同志, 社会学経済学などに, 福禄寿の, 秋が, 空から, 突如庭奥, 突然一個, 突然烈しい, 突発的に, 立てませんそれ, 笑える, 答えたそう, 粗末な, 紅い棒, 素裸体に, 絶対に, 縁側に, 美女を, 翌朝は, 聖母マリアが, 肩に, 脱がして, 膝つき合せ, 自分らの, 興味が, 良吉は, 若松屋は, 茨だの, 萩乃は, 葬式彦兵衛が, 薫には, 蛾次郎は, 行って, 袋戸棚の, 西陽の, 見る見るうち, 覚悟は, 言われました, 誠に賤, 講武所芸者が, 豊世は, 賤しい, 起き上るかの, 路次に, 身体に, 軽蔑し, 近い所, 追, 這って, 道が, 違うぞ, 部下の, 里心が, 金之助が, 鉄杖の, 鍔から, 長い腕, 間も, 間もなく廊下, 闇太郎の, 陽気に, 隠して, 雪の, 電話は, 非常な, 音松は, 頭髪の, 颯然, 食慾は, 馬超は, 駕を, 高手小手に, 魚心堂が, 麦積山が

▼ 思う~ (4193, 11.7%)

585 です 530 である 261227 だが 211 であります 200 ですが 171 であった 147 だった 10691 であるが 4637 だよ 35 でございます 31 かい, であったが 30 では 28 ですよ 25 でした 24 も無理 18 でありますが, はこの 17 だったが, ですか 16 だがね, は当然 15 じゃ, だけれど, ですけれど 14 は大 13 だろう 12 だけれども, ですから, ですがね, はその, は無理 11 であろう 10 かね, は間違い 9 ですけれども, でも, は, は彼, は私 7 が当然, はそれ, は誤り 6 かもしれない, が人情, が間違い, だね, でしょう, ですね, と同じ, はこれ, は僕, は自分 5 だけど, でございますが, はもっとも

4 [12件] かえ, が, がそもそも, だろうか, はあなた, はあの, はただ, はまちがい, は全く, は自然, は間違っ, も尤も

3 [17件] がある, が第, だから, だろうが, であって, でありました, であろうと, でございますよ, といっしょ, はあたりまえ, はいや, はどう, は実は, は思う, は迷信, 情に, 情は

2 [70件] かというよう, かまたは, かも知れない, かよ, かよく, か前列後列, があたりまえ, がまちがい, が世間, が実は, が普通, が私, が自然, が至当, が間違, だい, だがな, だそれ, でありまして, であろうが, ですがな, ですけど, ですって, ですな, です何, と同時に, はあながち, はあまりに, はお, はお前, はそんな, はもっと, はよい, はよく, は一種, は人情, は人間, は何, は何故, は別, は君, は吾, は多く, は大きな, は大変, は当らない, は恐らく, は早く, は普通, は此, は決して, は素人量見, は虫, は親, は誤謬, は身勝手, は道理, は遠い, は飯, もあまりに, もある, もその, ももっとも, もやはり, も大, も心, も間違い, 心より, 私たちの, 酒の

1 [732件 抜粋] あたしを, あの人, あまり森彦, いけないよう, いつまで, お情け, お歌を, お母さんな, かお, かお前, かしら, かしらどうして, かそう, かその, かだれ, かとたずねた, かと云う, かと叱る, かと直に, かねとんでも, かのぼせあがる, かばか, かもう, かチョコ, かッ, か今, か伸子, か俘虜, か兎, か右往左往, か城, か増六, か検校一人, か正直, か無理, か爾, か知らぬ, か自火, か西, か非常, があっ, があり, がありました, がいちばん, がいっぱい, がおもしろい, がかれ, がすっと, がすでに, がそう, がそんなに, がちらちら, がつらい, がほんとう, がもう, がやっと, がよしあし, がマチガイ, が一杯, が一番手ッとり, が一般, が一般人, が不信, が不愉快, が乱れかかっ, が二人, が人間, が今, が俄, が僕, が儒教, が凄い, が分らん, が別に, が却って, が各地, が合理的, が大, が嫌い, が寂しかっ, が嵩じ, が弱味, が当り前, が恥ずかしく, が抑, が本手, が楽しみ, が正しい, が気, が汽車, が無尽蔵, が無理, が目, が虚妄, が蛤, が衝, が近々と, が道理, が適当, きみらしくない, こそ当然, さいっそ, さえある, さえ恐ろしかっ, さこれ, さ終, じゃが, じゃがわし, じゃが上杉家, じゃが何処, じゃございますまい, じゃない, じゃ父上, そうでしょう, その上, それだけ, だいつお主, だお, だからもうすこし, だがのう, だけどほめられ, だけを少し, だそう, だそして, だただ, だったら, だったらあんた, だつたらあたし, だと, だなと, だもう, だろうたいそう, だろうと, だネ, だボート, だ一晩, だ余, だ原田, だ名前, だ構うもの, だ百姓, だ諸君, だ頭, であったから, であった校長, でありそして, であるか, であるかも, であるからと, であるけれど, であるという, であるに, である又, である美食, であろうか, であろう男泣き, であろう結束, でございますけれど, でございまする, でしょうああ, でしょうが, ですがねえ, ですこれ, ですそれでも, ですと, ですもの, ですわ, ですズット, ですフガフガ, です何だか, です恋, です気, です現実, です私たち, でないと永い, でなくただ, というの, とお, とちがう, とではだいぶ, とで膝, とのため, とは別, とは違った, とを選り分け, と同様, と大通り, と少し, と当人, と違う, なら, ならすぐ, ならその, ならね, なら他人, なら彼, なら香具師, にきかれなかっ, には, にはお, にはこんな, にはなお, にはまず, にはもう, には村右衛門, には聖オウガスチン, に見つけられない, はあくまで, はあたしたち, はあたらない, はあたり前, はあまい, はあまり, はあゆ, はある, はあんまりよく, はいい, はいく人, はいたましい, はいまだに, はおかしい, はお互い, はお前さん, はお前様, はきょう, はこう, はこのいわゆる, はこのごろ江戸, はこれら, はざっと, はしばらく, はすこし, はそいつ, はそう, はそのまま, はそれほど, はたとえ, はたのしく, はとんだ, はなお, はなかなか, はなん, はなんだか少し, ははなはだ, ははなやか, はひとり作者, はほしい, はまた, はまちがっ, はむしろ, はむしろ当然, はむりもない, はもちろん, はやはり, はゆうべ, はよそう, はわが, はわたくし, はわたし一人, はわれわれ, はウナギ, はカヤ盤, はゴーマンさ, はソレアあんた, はソヴィエット治下, はデパート, はニューヨーク, はプラグマティスト, はレオナルド・ダ・ヴィンチ, は一, は一寸, は一般的, は一貫, は万人, は三十年前, は上代, は上等, は不遜, は世間, は中庸, は主君, は事実, は五, は亮作, は今, は今度, は仏道, は他, は何だか, は俗解, は偽, は催眠状態, は僕ら, は凌雲閣, は出場人物, は利己主義, は前者, は勝手, は勿論, は北海道, は十, は卒業制作, は南, は古来, は只, は右, は各所, は名前, は外国, は外道, は大いに, は大した, は天平, は失敬, は子供たち, は実に, は容姿美, は小峰助右衛門, は少々, は少し, は少なくとも, は山々, は常に, は平地, は平次, は当りめ, は当り前さ, は彼ら, は彼女, は心, は心得違, は思い過し, は悪い, は愚, は慾, は憫然, は我々, は我々凡夫, は或, は戦争, は抑, は推測, は敏ちゃん, は教育, は文化的迷信, は文学上, は日本, は旧, は早かっ, は明らか, は昔, は暫く, は更に, は最初, は本能, は東洋人一般, は枯尾花, は正しい, は此方, は民衆, は永年問題, は波, は浅い, は激し, は珊瑚樹, は現代日本語のぶざまさ加減, は理窟, は生れつき, は畢竟, は白布, は皿小鉢, は盆, は相州愛甲郡煤ヶ谷, は相州箱根, は矢, は矢田津世子, は祖父, は穿った, は第, は筋ちがい, は粗忽, は素人, は素人考え, は考え, は耐え難い, は自, は自惚れだ, は茶飲み話, は蒙昧, は蒟蒻, は虎井夫人, は西園寺公, は見なけれ, は覚え, は証人関係, は詩稿, は誤った, は誤解, は誰, は誰だい, は身, は軍, は軽率, は遂初会, は遠く, は酒, は鈴木信太郎君, は間違, は間違えだ, は風, は風鈴, は馬鹿, は高柳君, へ小, もあきよ嬶, もあながち, もいい, もいちおうもっとも, もいや, もう一度ためし, もそこ, もただ, もみれんだ, もみんな自分, もむりはありません, もむりはない, もむりはないのです, もむろん, ももの, もやっぱり, もわかります, もわし, もムリ, も一つ, も一応, も主, も人情, も別所, も千鶴子, も哀れ, も夕顔, も宗教, も実際, も彼, も怖しく, も悪い, も憚, も無頼, も物哀れ, も男, も素より, も自分, も苦しく, も誤り, も長く, も間違っ, やが, やすべてこれ, よりも女, らしいわ, わたしきっときっと, を, をあきらめ, をよく, を二つ丈, を御覧, を手帳, を見つけた, を見れ, を通り越し, を黙っ, んでしょう, んです, んやったら, ん身贔屓, ん間違うてる, ママよく, リーザ, 一念より, 丑年の, 二度までも, 他ない, 余り死, 余地が, 北海道ぐらいまで, 厚き情, 変装し, 実に女らしい, 幹子さんの, 念は, 悪いよ, 情切で, 感情一口に, 時です, 時には, 熱情と, 田舎の, 私は, 至情から, 貴方あたしの

▼ 思う~ (1988, 5.6%)

43 ままに 42 どうだ 35 どうだろう 30 それは 25 いい 21 私は 15 これは 12 それを, どうであろう 11 それも, どうじゃ, 私の 10 それが, 僕は 9 どうか, ままの 8 どうでしょう, どんなもの 7 よい, 今では, 今は, 念の, 早いか 6 併し, 自分は 5 これが, これも, それに, ともかくも, 何うだろう, 私が, 自分の

4 [11件] お前は, この点, しかしこれ, その前, その時, その点, その頃, どうです, 今の, 何か, 彼は

3 [15件] ある日, いかがでしょう, これを, そうする, そこは, その中, それなら, どうだい, 今日は, 何うだ, 困ったこと, 御承知, 日本の, 残念ながら, 確かな

2 [78件] あいにく私, いつまでも, お前の, お身, かりにその, ここで, ここでも, これだけは, これとても, これに, これには, さてそう, しかしこの, しかし存外, すべては, そのころ, そのとき, そのよう, その反対, それと, それには, それよりも, そんなこと, とても近寄る, とにかくに, どうかと, どうかね, どうした, なかなかやって来ない, なんでも, はっきりした, ほかに, よくわからない, よしきり, わたしは, フランスの, ロシアの, 一種の, 不幸に, 世の, 中, 之は, 事実は, 今まで, 他の, 何分にも, 余は, 俺の, 可い, 君の, 問題は, 天鉄の, 女の, 好い, 如きは, 如何, 如何に, 妾の, 娘の, 実際は, 当人は, 彼女が, 彼女は, 怨むぞと, 慥かで, 故にこんな, 是は, 気を, 現代ものに, 私としては, 私に, 私も, 絵画の, 自分には, 自分も, 詳しい月日, 青べかは, 高品夫人が

1 [1339件 抜粋] ああいう, あした八時頃電話を, あっちにゃ, あの事, あの地方, あの天狗岩事件, あの汽車, あの華やか, あの酒屋さん, あまり問題, あるいは共産党, あるいは私, あれだけの, あんな気狂, あゝ云う行届いた, いいさ, いいだろう, いいよ, いかがじゃ, いくらかでも, いずれその, いそぐ旅, いったいその, いつでも, いつも学問上, いまの, いま私には, いよいよここ, いわゆる知識階級, えらい人, おふくろは, おれは, お互に, お前さん媒妁に, お品さん, お聞き入れくださる, かなり程度の, がまんを, きょうは, けだしこれら, こういうこと, こういう苗字, こう言われ, ここには, ここへ, こちらの, ことに戦後, この一切, この乱, この人たち, この内, この夏, この娘, この幸福, この成語, この梅, この汽車, この眼, この秦野屋, この統一, この説, この間ほとんど, これだけ, これと, これまでの, これッ切り来られねえ, こんな稼業, ごく大ざっぱ, ご辺, さすがに, さてどんな, さらにわたくし, しかしお前, しかしその, しかしたとい, しかしどうしても, しかしながら民族自決, しかしなんとも, しかしまだ幾分, しかし一層, しかし人, しかし他国, しかし南洋語, しかし国防, しかし多数, しかし形, しかし数百キロ, しかし止む, しかし精, しかし自己嫌悪, しかし間もなくあまりに, しだいしだいに, じつはそんな, すぐサラ, すこし頭, すばらしい中年増, ぜひも, そういう意味, そういう風, そうした根本問題, そうじゃ, そうでない, そうなら, そこから, そこを, そしてたぶん, そのこと, そのため, そのなか, その一道, その何丁目, その内容, その名, その基礎, その奉公, その子供, その当事者, その後また, その意図, その方法, その時諸君, その最も, その理由, その由来, その程度, その置土産, その複雑, その連中, その間に, それからの, それだけは, それでは分裂, それでもその, それでも今日一方, それでも念, それでも日本人, それともお前, それならインテリ, それにしてもこれ, それにしても子供, それにしても百円札, それにしても雨, それについても, それによって, それより, それらの, それ程木村屋, そんな場所, そんな次第, たしかそうであった, たとえば女子, たぶんその, ために, だれが, ちがったかも, ちょっと読む, ついまだ自分, つまり仏師, でも他, でも遠い, とにかくこんな, とにかく印象, とにかく東京, とにかく運命, とにかく面白く, ともに山, どうかしらん, どうかねえ, どうしても書物, どうせ後, どうでありましょう, どうも不安, どこかに, どちらが, なお興味, なかなか出来ない, なかなか威勢, なつた, なるだけ, なんだか女々しい, にげられずなげたの, はっきりそうだ, ひとついい, ふつうの, まあしようが, まあ暫らく葉山, まさかお前, また一方, また父, まだそうはっきりと, まだ伊勢路, まだ確かめ, まだ香港, ままどんな, ままを, むっつり右門, もうそれ, もう二週間, もう少し時間, もしそうなら, もし三田先生, もし図書館, もし支那, もともと富士山, やって, やはりこれ, やはりもう来, やはり内側, やはり秀八, ゆえに, ゆえに努め, よいきっと, ようすが, よく考え, よろしい, わたくしの, わたしの, われわれは, カミは, ステパン・ミハイロヴィチの, テオデュールは, ナショナルリーダーの, バスの, パリーの, ビョルンソンという, マルクス主義文學も, メーデーが, レインボーで, 一人で, 一体何, 一向に見あたらない, 一命は, 一度だって, 一度御飯, 一応御, 一方には, 一時高輪の, 七十の, 万一同氏, 万事は, 三峰神社の, 三木清なる, 下論の, 中央電信局中之島公園一帯は, 丸善から, 久し振りで, 之を, 九連城が, 事實だ, 二三日前に, 二人とも, 二人を, 二番目の, 五六人揃っ, 京都では, 人家も, 人間の, 今さらそんな, 今までの, 今一つだけ, 今帰っ, 今日その, 今日到底, 今確実, 他人から, 仮りに, 伊助さんが, 伜だ, 但し故意, 何う, 何かの, 何しろその, 何しろ大, 何だ節供, 何とか方法, 何も, 何を, 何一つ昔, 何処へ, 何分出る, 何分私, 何故そうならなけれ, 余の, 作者は, 例の, 信州から, 偶然の, 僕等の, 儘に, 元来無口, 光秀の, 兎も, 八五郎の, 公表された, 其処が, 再案, 処で, 初学者の, 前から, 動物は, 化粧品の, 医家で, 午後から, 友愛塾は, 古いいわゆる, 句意の, 可惜, 同じ航海, 同様に, 君が, 君どう, 君も, 品物は, 善良な, 嘗て一度, 四川料理と, 困難は, 地図を, 埴生は, 声荒く, 多いと, 多助さんは, 夢中に, 大よそ, 大杉は, 大部分, 天井裏も, 夫婦生活そのものを, 女は, 如く忌わしい, 如何であろう, 始めて洋燈, 子供の, 字書が, 実にきれい, 実は七, 実は宅, 実は必要, 実際には, 家出の, 寝ても, 寧ろこの, 小さな胴, 小日向の, 小説上で, 少し悪口, 少し違う, 少なくとも, 少なくとも木綿, 尚参考, 尾崎行雄君が, 山の, 岩見重太郎が, 己が, 常で, 平安朝に, 平生の, 広告の, 弁信さんは, 当の博士, 当時の, 形式だけが, 彼ら自身は, 彼等の, 後世まで, 従って兵隊さん, 御免安という, 御挨拶, 復讐心にも, 心当りは, 恐らく彼, 悪いかね, 情けないうち, 慇懃すぎる, 我々の, 或いはその, 或いは誤っ, 戦うには, 所詮は, 扨何う, 揺籠よりは, 操縦席の, 故に小歌, 教示を, 敵を, 文字は, 斧田と, 断崖に, 旅人が, 日本人の, 日除の, 明智探偵が, 昨日何か, 時々は, 時経ち, 普通の, 更に見る, 最後に, 木下杢太郎君に, 本人の, 本当の, 来るか, 東京近くの, 東雲の, 松崎さえ, 果して昔, 果たして見, 案外そうで, 棒は, 次郎君の, 此方でも, 死は, 死んで, 殿の, 母様は, 気に, 気持が, 汝らの, 江戸幕府の, 決して一時, 泣き声から, 深刻な, 滞りなく, 然しすべて, 照代は, 牡の, 物理や, 特に目, 独ソ戦争の, 現にその, 現在の, 現在京都帝大の, 現実感そのものでは, 理屈は, 生意気盛りに, 町長寄贈の, 異存は, 病の, 目暗, 真で, 真夜中の, 知りすぎるため, 確かでない, 確には, 私と, 私はとに, 秋口に, 突然会社側, 第一非常, 箱と, 紙は, 細かに, 終日誰も, 結局例の, 而も, 胸と, 自分で, 自分に, 致し方なし, 船中の, 芝居に, 若王子の, 英信さんあなたは, 著者は, 行く気, 袈裟などという, 要するに川口, 見えるだろうか, 見物人が, 訪ねる事, 誠に不思議, 誰か, 諸君いかが, 谷川と, 責任の, 買えないの, 資本は, 越後西蒲原には, 足音だけが, 軍部の, 農家を, 近世の, 近藤も, 返辞の, 道庵が, 遠望には, 都新聞と, 酔って, 野間清治が, 鉄砲も, 長々留守, 院が, 随分困難, 雪の, 頃日漸く, 顔中白毛の, 食物の, 香川景樹の, 高々と, 鴉片の

▼ 思うよう~ (1598, 4.5%)

186 になった 57 になっ 56 になりました 47 なこと 32 なもの 31 になる 18 にならない 17 な人, になり, に行かない 14 なの 13 な事 12 にし, にならぬ 9 にゆかない, に口, に成った 8 にならん, に行かなかった 7 にいかない, にならず, に仕事 6 だ, では, にはならない, に動かない, に行かず 5 なところ, にいかなかった, にその, になります, にやっ

4 [19件] であった, なそんな, な人間, な声, な形, な心, な所, な日, な気持, な男, に, にする, にできない, になく, にはならぬ, に出来ない, に勉強, に手, に歩けなかった

3 [31件] です, な, な仕事, な場合, な大きな, な時, な気, な絵, な顔つき, になつ, にならなかった, になりません, になれ, には出来ない, には行かなかった, にゆかず, にゆく, に一時, に云え, に使っ, に出, に参りません, に声, に書けない, に研究, に育てる, に自分, に行かん, に行っ, に逢う, に進まず

2 [61件] だが, であったが, であるが, でした, なそういう, なふう, な処, な反, な場所, な大, な大雨, な家, な恐ろしい, な感激, な手, な美しい, な職業, な調べ, にいかん, にうまく, にお金, にかけない, にさえなっ, にさせ, につとめました, になりまし, になるだろう, にはいかない, にはうまく, にはかどらなかった, にはならなかった, には出来ません, には動かなかった, には参りません, には延ばされない, には行かない, にまっすぐ, にわたし, に使える, に働く, に働けなかった, に出た, に出なかった, に出来る, に利かない, に山, に描けない, に歩かれない, に泳げない, に活動, に激しい, に物, に筆, に薬, に行きません, に行った, に表現, に見えました, に言葉, に足, に進みません

1 [659件 抜粋] あの女, いかさま得, さては駒井, じゃない, すだったが, だったらどこ, だったら祝祭日, だ残雪, である, であれば, ですが, ですよ, です折々, でないと, でない結婚, でなく到頭, で何, で気持ち, なあわて者, ないかにも, なうち顫, なうつろ, なうまい, なから, なこころもち, なごく, なさまざま, なしっちゃか, なすさまじい, なせりふ, なちょっとした, なつまらない, なつまらぬもの, なつるりと, なとりとめも, ななんとも, なひと, なふしぎ, なまるで, なやさしい, ならず, ならでは, なら自己, なわけ, なアスパラガス, なシグサ, なメレンス友禅, な一つ, な一団, な不思議, な世にも, な主要, な事柄, な五体, な亢奮, な人々, な人達, な今にも, な会話, な何ん, な余裕, な作品, な保養, な偈, な傾き, な先入主, な光, な全く, な冷ややか, な凄い, な凄惨, な初々しい, な別天地, な力, な単なる, な号外, な喊声, な喜びよう, な四辺, な土地特有, な地位, な境涯, な壺, な夜分, な大根, な大男, な女, な女性, な妻, な娘, な子, な字句, な孤立, な実に, な家庭, な宿, な寒竹, な尊い, な小僧, な巨大, な年増, な幸運, な役, な御, な微妙, な微笑, な快い, な思い上がりすぎたところ, な性質, な意外, な愚痴, な愛念, な挙動不審, な挨拶, な教えかた, な文学的評論, な方向, な方法, な時急, な時期, な智恵, な暗, な書物, な朗らか, な本, な枯枝, な栄華, な構え, な機会, な歌, な気もち, な水, な活動, な派手, な清逸自身, な点, な物, な狭, な理由, な生活, な療治, な白い, な目付, な相手, な眼差し, な睫毛, な矛盾, な破れ鐘, な礼装, な程度, な空明り, な章句, な笑い顔, な素晴らしい, な細長い, な結晶, な罎, な羽音, な老人, な考え方, な者, な耕地, な自白, な芝居, な芸人, な苦しみ, な蒸暑い, な薬品, な蘆, な見事, な覚束, な調子, な谿, な買物, な貸家, な贅沢ぶり, な赤い, な身, な身の上, な身装, な軽, な辛苦, な迷妄, な連中, な重大秘密, な鋭い, な長い, な門構, な面白い, な音, な頼り, な飛切上等, な騒ぎ方, な高位高官, な麻痺状態, な黒い, にあ, にあやつらせ, にあわて, にいえなかった, にいかず, にいかにも生き生き, にいきません, にいけません, にいっ, にうごかし得ない, におこなわれなかった, にお客さん, にお宮, にお礼, にかかります, にかけた, にかけません, にがんりき, にきかない, にこちら, にこらしめる, にさえなりました, にさせなかった, にしか生きたくない, にしたく, にしなけれ, にしぼれず, にしゃくっ, にしろ, にすすまない, にずんずん, にそして, にだけわれわれ, にちぎれない, につかねえ, につやつや, にできなくなりました, にできる, にととのわず, にと謂わ, にどこ, にない, になされ, になされない, になすっ, になったでしょう, になったです, にならないで困っ, にならなく, になりたい, になりだした, になるなら, にはいかないでしょ, にはいかなかった, にはいきません, にはかどらず, にはかどりませず, にはけたこた, にはさせません, にはし, にはできない, にはならないらしい, にはならねえ, にはなりません, にはなるまい, にはなるまじく, にはやれない, にはゆかない, には仰, には伝えられず, には儲け, には出, には出来, には動い, には動かない, には動き, には動けない, には急げなかった, には愚か, には手, には捗どらない, には泣けない, には活けられない, には申, には行かん, には行きません, には行われ, には見つからなかった, には言い廻せなかった, には進まれない, には進歩, には駆けられない, にばかりさせない, にばかりならない, にひき入れ, にひどく, にふき矢, にふっくり, にほく, にまた, にまでなっ, にまとまっ, にみっしり, にもうからない, にもなった, にもなりました, にも単純, にも参りません, にも成っ, にも行くまい, にやがて, にゆかぬ, にアイリス, にアグネス, にクララ, にモウケ, に万更詩人的空想, に世話, に事, に事件, に人, に伸びない, に体, に使えない, に便り, に保護, に働かないらしく, に働き, に働けませぬ, に働けません, に公使ら, に其飲食物, に出られない, に出来, に出来ず, に出来ぬ, に利かず, に利目, に刺せん, に前進, に力, に功, に効, に動かし, に動かす, に動かせなかった, に動かなく, に動かなくなる, に動かぬ, に動きません, に動きませんでした, に動きゃしない, に動悸, に半分, に卑しい, に参らず, に参らぬ, に取られ, に同じく, に同門, に向こう, に呼べた, に和歌, に咬みつかなかった, に商い, に喰えぬ, に地歩, に埒, に壁面, に変え, に外せない, に大声, に天使, に奏効, に媾曳, に宜, に実物, に小萩, に小説, に届かなかった, に工事, に工合, に左右, に師, に廻っ, に引く, に弾けなかった, に復習, に思う, に思っ, に思わせ, に感じ, に感心, に我, に戦えなかった, に戦っ, に手綱, に打明け, に振舞え, に捗らない, に捗取らない, に描かれ, に敏速, に教え, に新しい, に旨く, に早く, に時間, に晩酌, に暮し, に曲, に書き上げる, に月, に東京, に果たせませんでした, に楽, に横柄, に歩く, に泥, に流れ, に流行唄, に海水浴, に消費, に渉ら, に熟睡, に牢屋, に理想, に生きられる, に生きる, に生長, に用向き, に痒, に療治, に発色, に的中, に相手, に看病, に砕けなかった, に私, に稼業, に空, に結べないらしい, に網, に纏まらない, に聞えん, に肥, に脱線, に腹, に自由, に良く, に良人, に茂太郎, に荷, に行かなく, に行かぬ, に行かぬらしい, に行程, に見る, に見出せなかった, に親, に観察, に解決, に計り, に訳せなかった, に話, に話す, に語りあう, に説明, に質受, に賭場, に赤く, に走れない, に退かなかった, に逃げられない, に通るまい, に進まれぬ, に進めない, に進行, に運, に運ばない, に運ばなかった, に運んだ, に運転, に遠慮, に量, に釣り, に闘う, に集まらねえ, に難, に音, に飛ばせない, に飛ばぬ, に飛ぶ, に飼えない, に首, に馴らされ, に駆ける, に駈けられぬ, に魂, に鼻緒, は, もある, やっぱりこれ, 細々と

▼ 思う~ (1519, 4.2%)

332 です 325223 だが 127 ですが 60 ですがね 48 だがね 39 ですよ 35 だよ 29 だけれど 26 だけど, ですけれど 20 ですけど 18 ですか 16 だね 13 ですの 12 ですがねえ 10 だがな 6 だがなあ, だろう, でございます, でしょう 5 だけれども, ですもの 4 だから, だな, であります 3 ですから, ですけれども, ですね, やったらそ

2 [15件] じゃない, だお前, だがねえ, だがネ, だけどな, だけれどもなあ, だそう, だもの, でございますの, でございますよ, ですかい, ですと, ですわ, なら, ならこの

1 [72件] か, じゃ, じゃあねえ, じゃありません, じゃが, じゃが一つ, じゃごぜ, じゃ安心, だいや, だからな, だからね, だがなァ, だきっとなにか, だけどなあ, だけどね, だけども, だけれどねえ, だけれどもね, だことに, だそいつ, だぞ, だったら間違い, だと, だとか, だども, だよく, だら見せて, だろうが, だろうね, だイカモノ, だ一つ, だ人間同志, だ今日, だ俺, だ千二百円, だ君, だ君達, だ少し, だ金, でありますが, でございますが, でございますけれど, でしょうか, でしょうが, ですあたし, ですおまけ, ですおよそ, ですお嬢さん, ですお年, ですからね, ですがな, ですけ, ですけどね, ですけれどねえ, ですそれだけ, ですみんな, ですわたくし, ですネ, です二人, です彼女, です父さん, です百人, ならあっち, ならす, なら君, なら早く, なら机, なら目と目, なら私立探偵, なら自分, なら見て, なら身

▼ 思う~ (1502, 4.2%)

46 いる 40 いたが 36 ゐる 32 いるの 20 いた 16 いると 15 いたところ, おる 13 居る 11 ここに, 居ると 9 いるが 8 いたの, おります, ゐると 7 いたに 6 います, おるが, おるの, ゐた, ゐるが, 居るの, 見ると 5 みれば, 居ります, 居る中, 聞いて, 言うて, 近づくと

4 [12件] いて, いない, いるので, いる人, おいで, そのよう, ます, 姥たちも, 居た, 居なかつた, 心が, 来たの

3 [18件] いたのに, いたら, いました, いるか, いるから, いるもの, おったが, おりましたが, くれ, まして, まん, やって, よい, ゐたが, 居たが, 来ると, 行水を, 見て

2 [88件] いきなり駆けだす, いたこと, いたね, いた所, いなかったの, いなさるの, いましたが, いるうち, いるかと, いるところ, いるのに, いるよう, いるらしい, いる間, おった, おったの, おらぬ, おられるか, おりました, おりましたところ, おりましたの, おりますると, おるか, おるところ, おるのに, おるまい, くれるな, くれれば, こっそりと, これに, これへ, これを, じゃ, つい, てんけど, なり, ましたの, ましてん, ますの, まんが, みい, みて, みても, もみい, もみよ, やらなん, よい様, よかろう, よるの, わしの, わたしは, ゐたのに, ゐるの, ゐるもの, エしまへん, 一生懸命に, 下さい, 之を, 今まで, 今日は, 僕此の, 厭, 好きでも, 居た予期, 居た豫期, 居ます, 居る人, 居る人間, 居る内, 平気に, 往って, 心の, 心配で, 急に, 悲しんで, 是に, 来たが, 気に, 深く懼, 煩悶絶え間なき, 父が, 痛いより, 私は, 自分は, 茲に, 見ても, 見れば, 頼むねんけど

1 [857件 抜粋] あきらめるの, あくる年, あたしや, あの下僕, あまり虐める, あれの, い, いじめんかも, いたがん, いたけれど, いたしました, いたぞ, いたと, いたによ, いたほどの, いたらいつか旅路, いたらおん身, いたらすでに, いたら案, いたわ, いた今, いた大坂, いた武田四郎勝頼, いちじ, いっしょに, いつも心, いないの, いないよう, いぬの, いますれば, いません, いやや, いよう, いられるかの, いられるの, いるかね, いるくらい, いるけれど, いるしかし, いるせい, いるそれ, いるそんな, いるだけで, いるという, いるとにかく, いるな, いるわけ, いる一人, いる人々, いる外, いる幽霊, いる心, いる所, いる点, いれば, いればこそ, うちよった, えへ, おいでやしたこと, おくんな, おったところ, おったれあ今, おったれば, おった事, おらぬから, おらぬが, おられるの, おりましたとこ, おりましたら, おりましたら尋ねも, おりますから, おりますところ, おりまするが, おりまするので, おります故, おりゃまた, おり申したが, おるかも, おるよ, おれ, おれも, お前の, お念仏, お慈悲おかけ, お見のがし下さいまし, お頼み, お願いし, かよ, きっと心, きょうは, きょうも, くさるか, くださりましょう, くださるあなた, くだされい, くれて, くれへんもん, くれるあまり, くれるなと, くれる人, くれる婆どの, くれる志, くれる忠義者, くれ給うな, こいさんと, ここで, この一条, この手紙, この題, これこの, ござつては, ござるの, ごらんなさい, さしつかへは, さっきから, しきりに急ぐ, じつに感慨, すすめまする, すること, せっかく死ぬ, そういう人, そう云う, そちたちを, そのお, その夜, その店, その方, その森山, その次ぎ, その顔, そりや, それだけは, それで二の足, そればかり, そんなに言う, そんな甥, たいせつに, たらえらい, たら怖, たら私, たんです, ちょっとここ, ちょっと帰宅, つい不平, つくづく感心, つもる話, つらい日, どういう心持, どんね, なさるの, なさる様子, なつかしい山, ねっからよういきまへん, はおりまするが, はおるまい, ひかえても, びくびくし, ぶしつけな, ほん俺ら恥しい, ましたもの, ましたん, ますのに, また氣, また河, みませんでした, みること, みると, みるの, もみいどんな, やかましくいう, やっと逢った, やりたい, ゆうがた, よいの, よいやう, よろこぶにも, わざとこっそりと, わざと取りのぞい, わざわざ山, わしも, わては, われらも, ゐたの, ゐたらしいの, ゐたら宿, ゐた為, ゐましたのに, ゐませんが, ゐら, ゐるけれども, ゐるだらうか, ゐるであらうかと, ゐるわけ, ゐる人達, ゐる語, ゐる證據, んの, ダリヨの, ナア, ヒヤヒヤした, ピラミッドを, フランク分隊長を, ワザワザ訪ね, 一人心を, 一存で, 一滴の, 一穂の, 三十一字を, 下さるの, 下はるなら, 乗り込んで, 二三歩歩行ます, 云々, 云うたん, 云ふ, 人を, 人事ならず, 今までか, 今日の, 今月の, 令兄に, 会場である, 何ともいえぬ, 何やかや売つた, 何度も, 余計な, 來た, 侮つて, 侮るか, 俺の, 傷む, 働け, 兎にも, 入れて, 其の脇差, 出かけたの, 出して, 出すと, 出家の, 前から, 助けて, 勝手な, 十五歳まで, 午後駅長の, 参ったが, 参らぬもの, 又次, 収めて, 取りあは, 取るもの, 取扱うた, 吃驚します, 呉れさ, 呉れたらそれで, 呉れればこそ, 唐草銀五郎に, 問ふた, 喜んで, 嘆息する, 嘸啼立, 堪へられなかつたで, 堪忍せい, 外へ, 大に, 大事に, 女の, 姉共を, 娘を, 嫁って, 存分に, 学校へ, 學ばざるもの, 安心した, 実は裏, 実は電報, 家へ, 容れて, 寝ようと, 寝返りを, 尊に, 尋めよった, 小舟に, 少く頭, 少しは, 尚全身, 尽力し, 居たけれ共, 居たで, 居たの, 居たろう, 居った, 居ったです, 居ったん, 居つたによつて, 居つたらしいだから, 居なかった, 居ながらも, 居ました, 居られたの, 居らんから, 居りましたが, 居りました実は, 居ります今, 居りみす, 居るかと, 居るから, 居るが, 居るその, 居るて, 居るに, 居るので, 居るよし, 居るらしくうす, 居るん, 居る其の, 居る玄照, 居る近頃, 居る間, 居れと, 屋後の, 屋敷近くへ, 崖を, 市九郎は, 平三は, 幼い頃, 床から, 廻つて見る, 強烈な, 彼の, 彼方によけ, 待ち構えて, 待っちょるんじゃが, 待っとったん, 得々として, 御座る, 御覧, 心は, 心配し, 心配しづく, 心配でも, 怖れ戦く, 思うて, 思わず小さい, 急いで, 怺え, 恋うとよむ想夫恋, 恐れを, 息を, 恵んだ者, 悦んで, 感ずること, 慄然たら, 慄然として, 慙じ, 憫笑せざる, 懐紙に, 我まませい, 我知らず涙を, 戴きたい, 戴きます, 手出しの, 拍子抜けの, 持ち帰って, 挨拶を, 探るの, 描きに, 故意に, 敢えてこの, 数年間多大の, 斬るに, 斯う透し, 方々へ, 日ごろの, 日を, 明日じゅうに, 易々とは, 昔山宅にて, 書いた, 書物ばかり, 月が, 有難がりもしや, 望み見て, 杉山検校の, 来た, 来たらそんな, 来たわい, 来たん, 来た考, 格別気にも, 梅田に, 楽しみに, 次第に殿, 止むとき, 此処に, 死ぬもの, 死んで, 殆ん, 残して, 気が, 沈んで, 泣いたも, 泣いて, 泣くん, 浜勇と, 浮かるるも, 渓の, 湧くの, 溝口豊後かく, 灰皿が, 無理な, 焼き撃ちに, 煩悶する, 爲た, 独り身の, 猿面秀吉が, 理由を, 甘くあつこう, 生きてはを, 生つて, 生命がけ, 男と, 疑う者, 病を, 白金の, 百姓が, 目礼だけに, 真にわが, 石塔の, 私が, 私に, 私を, 窃かに, 立つて, 笑ったり, 粗末に, 素性の, 結納の, 絶念め得るであらう, 老病に, 考えて, 而し, 聞きなさい, 聴いて, 育てた, 胸の, 自ら発奮し, 自分ながら, 至誠奉仕し, 良久しく立去りかねた, 苦笑せず, 荷物は, 行きよった, 襟半の, 西洋人の, 見い, 見たが, 見なおすでしょうね, 見のがして, 見るが, 見るせい, 見るせゐか, 見る要, 見入って, 見直すと, 見送ると, 覚えず自分, 観察したです, 言い出したもの, 言葉爭ひせし, 設けた四天王寺四個院, 誰か, 誰でも, 警官に, 足ついでに, 足の, 身を, 車の, 返らぬ事, 追ひ掛け, 退散する, 逃げて, 逃げ廻って, 連れだして, 遊んで, 遣れ, 選んだに, 都の, 里人が, 門の, 随分苦心, 頂かねば, 頼まれたか, 頼母しく, 食べる, 飲むの, 飲めよ, 馬力を, 馳り, 默つてる, 黙って

▼ 思うこと~ (1167, 3.3%)

89 がある 37 もある 22 があります 20 があった 19 もあった 11 である 10 ができる, がない, もあります 7 ができない, がよく, が多かっ, だが, もない 6 がたびたび, ができた, さえある, だろう, であろうと, はこの, もなかっ 5 がしばしば, が多い, が度々, はその, をする

4 [17件] があっ, があったら, がこの, ができなかった, が出来ない, だった, であった, であるが, でしょう, でも, に変り, の十, はありません, はできない, はなかっ, は私, をし

3 [28件] がありました, がございます, が一つ, が出来た, が口, が沢山, さえあった, だ, であります, であろう, では, にし, にした, のできる, の十分の一, はこれ, はない, は人, は何, は出来ない, もございます, もできない, もできる, もなく, もまた, をそのまま, を実行, 考えること

2 [57件] あらば, ありて, ができぬ, がどんなに, がなかっ, が出来なかった, が少し, が屡, が幾つ, が幾度, が時々, が有る, が深かっ, が深く, さえもあった, だけだった, だと, でありますが, であろうなどと, ですが, なかれという, なくし, なくて, によって私, のかなわない, のできなかった, の一つ, は, はあの, はある, はどんな, はなかなか, はほとんど, はやはり, は一つ, は不可能, は今, は出来なかった, は多く, は矢代, は誤り, もありました, もあるだろう, もあれ, もできなかった, も一度, も有ります, も沢山, をこの, をすぐ, をそれ, をどう, を一, を云う, を忘れなかった, を思う, を言っ

1 [571件 抜粋] あたわず要するに, あったら聞いて, あって, あらん, ありげ, ありますけどね, ありません, あるその, いいたいこ, いよいよ深く, かつて, からほど遠い, から滑けい, から私, かわかった, か嫉妬, があるです, があれ, がきり, がございまし, がござる, がしば, がすこぶる, がただ, がただ死, ができ, ができず, ができなけれ, ができましたら, ができません, ができるだろう, ができるであろう, ができるなら, がときどき, がなん, がまた, がまま, がやれる, が一度, が三日, が二つ, が云, が云え, が今, が今君達, が何, が出来ず, が出来なくなる, が出来ぬ, が出来ますなら, が出来ませんでした, が出来る, が出来るでしょう, が勝手, が即ち, が各々, が多う, が多く, が大, が如何, が少なかっ, が山, が彼, が心から, が思う, が思わず, が成就, が更に, が書けません, が有り, が朝, が毎晩, が気楽, が減っ, が無き, が碌, が私, が空頼み, が繰返された, が胸, が苦痛, が言えなかった, が言える, が言葉, が説明, が通らない, が陶酔, が難く, ございます, さえたのみに, さえときどき, さえ憚, さえ無意識, さわったと, しか知らぬ, すらどんなに, すら忘れ, すら有った, せねば, そしてこの, そのままに, そのまま行い得る, だけが非常, だけれども, だけを心任せ, だけを記す, だし, だってあります, だってこの, だろうから, でありましょう, であろうから, であろうが, であろうし, であろうそれほど, であろう世間, でいっぱい, でご, でございましょうあの, でしょうか, でしょうから, です, ですな, でまだ, で不安, で不満, で云う, で人生, で今, で夢中, で姫君, で床, で彼, で御, で心, で源氏, で矜, で知らず知らず, で足りない, で逆, といい, とてできた, とは何, とジッド, と同様, と紙一重, と自分, と血, どっさりです, ども次々, なお今日, なかれ, なく静か, なし, などもあった, などを話し, なの, ならどんな, なり実行, なんぞはおれ, においてなら, において感じられる, にたえきれない, にたえせじ, になっ, になる, には, にはああ, には人間すべて善玉, には意見, には物, には秀吉, にぶつかる, によって, によってその, によって姉君, によって始めて, によって宮, によって昔, によって無限, によって腹立っ, によって豹一, によって責任, によって高貴, に多く, に気分, に無限, に疲れ, に羞恥, に間違い, ね, のうかがわれる, のうち, のおでき, のため, のできない, のなん, のほか, の万が一, の万分の一, の三分の一, の中心, の出来た, の出来ない, の半分, の四分の一, の多き, の深けれ, の要点, の言い合える, の適切, はあっ, はあまりに, はあります, はありませんでした, はある程度, はあれ, はいい, はいかに, はいく, はいったい, はうれしかっ, はかえって, はかの, はここ, はこんな, はございまする, はさすが, はしばしば, はすでに, はずばずば, はそ, はそう, はそのまま, はそれ, はそんなに, はたしか, はただ, はただただ, はたび, はつまらん, はつまり, はできないだろう, はできぬ, はできまい, はできます, はできる, はとおさず, はとても, はとてもとても, はどうして, はどこそこ, はなん, はねそういう, はねバルザック, はの, はひと, はほんとに, はまだ, はまだまだ, はみんな, はむかし, はもっと, はやっ, はやる人間, はわたしたち, はわれわれ, は一体二科会, は一方, は一時気違い, は一番直接, は一遍, は中世以後, は二, は京都, は人一倍, は今日, は今更, は仏, は仮に, は何もかも, は何より, は何一つ, は僕, は先, は児童, は再三, は出来ます, は出来ません, は出来る, は勝手, は勿論, は北ヨーロッパ, は取り, は口, は古い, は同じ, は君, は変え, は大, は失業問題, は女, は学問, は実は, は寂し, は寺内内閣, は少し, は市十郎, は師匠東雲師, は式場, は当然, は彼, は彼女, は後進子弟, は思いました, は思う, は戦争遂行者, は日本古来, は昔, は是, は時々, は書く, は書物, は有っ, は楽しい, は正直, は武者さん, は殆ど, は涙, は無い, は無かっ, は無用, は無論, は父, は父親, は現在, は疑い, は皆, は皆口止め, は相手, は真実, は知っ, は積極, は窓, は結局, は羅風君, は美奈子, は考える, は脳細胞, は芥川, は芸術, は著者, は被告人, は要するに, は言っ, は読本, は違っ, は間違い, は間違っ, は雀, は黙っ, ばかりいう, ばかりそれでも, ばかりな, ばかり多く, もありましょう, もあるらしかった, もう止めなけれ, もかなり, もした, もたびたび, もたま, もちがっ, もできたでしょう, もできません, もな, もなげ, も下らぬ下らぬ, も予想, も今, も出来ない, も出来る, も同じ, も多かっ, も度々, も張合い, も急ぐ, も恋しい, も恥ずかしく, も時, も書きかわしうる, も満足, も確か, も考える, も苦労, も言, も言い得ない, も言わず, も静か, やしぐさ, よりも先, よ私嫌, らしい, らしかった, をいい, をおかし, をさえ許さない, をさけ, をしたら, をしない, をしなけれ, をしばしば, をします, をしゃべる, をずんずん, をせず, をそんな, をたとえば, をちゃんと, をどんな, をはきはき, をひろ子, をまさしく, をまっとうする, をみんな, をも遠慮, をやっ, をやめなかった, をやる, をわたし, をズケズケパッパッ, をハッキリ, を一切, を与えられ, を云っ, を互いに, を仕遂げ, を他, を俺, を傍若無人, を先立っ, を口, を呑, を基本, を夢寐, を始めた, を存分, を学ばなけれ, を張合い, を急, を打ち明けた, を打ち明けられる, を抱い, を指図, を捨て, を書こう, を有っ, を為した, を申す, を発見, を的確, を直接お話, を知らず, を示そう, を突きのけ, を考え, を考え出し, を聞け, を腹, を言いました, を言い兼ねた, を言い出す, を言い表し, を訊い, を許されない, を話す, を述べた, を述べよう, を遠慮なく, を選び出し, を避け, を避けただ, を附記, 信ずることみな空想, 多い時, 屡, 徹さな措かん人, 忘れぬつもり, 或いは迷惑, 本当は決してあやしく, 止めて, 正しいと, 深し, 為さざるは, 申したる上, 能わざりき, 言いたいこと, 重なるころ, 頻りである, 願うこと

▼ 思う~ (1021, 2.9%)

27 つけて 26 これは 19 つけても 14 違いない 11 それは 10 ちがいない 8 彼の 6 日本の, 相違ない 5 彼が, 過ぎない 4 しても, 私の, 違いありません

3 [13件] この人物, この頃, これも, われわれの, われわれは, 之は, 天の, 彼は, 彼女は, 此説話は, 父は, 至った, 至ったの

2 [37件] いたった, かくの, きまって, ここに, この世の中, この人, この問題, この女, この男, これらの, そなた, それが, まかせず, 不思議は, 二人の, 今の, 今も, 付けて, 任せません, 何人も, 個人の, 呉の, 太宰は, 孔明は, 彼らの, 我等の, 正当な, 此の, 現今の, 皇帝は, 真名古は, 私は, 自分が, 自分は, 至りました, 遑あらん, 院の

1 [759件 抜粋] あいつは, あなたなどは, あなたは, あのとき, あの光, あの時九十郎め, あの晩, あの見張り, あの連中, ある国, ある年, あれが, あれと, いくたび, いたったが, いとなつかしく, いよいよ時勢, おおかた人違い, おそらく蕪村, おまえと, お婆さんだって, お銀様, かかるとき, かかる物理的, かかわらず前鬼後鬼, かつてアメリカ, かの二人, かような, かれら, かれ自身, きりはたり, くまを, こういうこと, こういうふう, こうしたイデヤ, こうだったろう, こうべ, ここの, ここ七八十日は, このこと, このロマンティック, この三者, この両者, この事, この二千年, この優雅, この出張, この区別, この場合, この壁, この奇怪, この子, この家, この小次郎, この形, この後者, この書, この状態, この理由, この神, この私案, この羽織, この老, この蛮風, この西坂町, この解説, この論文, この霊, この青銅像, この類, この騒暗, これだけ, これには, これまで, これら雪雲は, これヨブ記が, これ皆天地の, こんな筋道, ご辺, さきの, しからず, すべての, すべて呂蒙, そこへ, そちの, そちは, そのころ, そのひと, そのものは, その乳, その大, その家, その年限, その方, その特殊, その目的, その頃の, それぞれの, それより, それらの, それを, たがわず好男子, だどうして, だね, ちがいあるまい, つけ心細く, とどまるだろう, ないであろう, はじめから, ばばは, ひるま新, ふたりの, まかせずいまだに, まかせずまだ, まかせず大, まかせず興行, まかせず荏苒, まかせない娘, まかせない貧富, まかせなくなって, まかせなくなりお, まかせぬの, まかせぬまま, まかせぬ儀, まかせぬ恋, まかせません, まかせませんから, ましてはげ, まずわれ, またしても, また世, また鶴子, みつはの, むしろ今年, むやみと, もう宵, もしここ, もし今, もし英国, やっぱり深くこまかく, よっぽど以前, わかったの, わが国を, わが国特有の, われは, われも, われわれが, われわれ人間にとって, アツマルは, アドルフ・マンジュウの, カヤノの, カントが, スヰフトも, セザンヌには, フランスは, マーク・トゥエーンは, ヨーロッパ人は, ルクレチウスを, ロマンティストは, 一つの, 一個の, 一日生きれ, 一般相対性原理の, 七兵衛と, 三つの, 三島の, 上代の, 世の中に, 世界に, 世道人心と, 丞相は, 之が, 予と, 二つの, 二つは, 五以上の, 五官の, 人々は, 人に, 人事において, 人為の, 人界に, 人間が, 人間の, 人間は, 今は, 今までの, 今世界的, 今夏六月七日には, 今日東陽公園先の, 今曹操の, 今玄徳の, 仏典中に, 他に, 他の, 仲達が, 任せずとうとう, 任せず対露侵入作戦, 任せず連合軍, 任せず遂に, 任せたらよろしかろ, 任せて, 任せなかった, 任せなん, 任せぬあ, 任せぬこと, 任せぬひとり息子, 任せぬよう, 任せぬ有様, 伊達家の, 低コスト, 佐々木先生としては, 何か, 何代目かの, 余の, 作者の, 作者も, 例の, 俄に, 信長が, 個人主義放任主義の, 偉人は, 充分勝計, 先生は, 入学志願者の, 全体, 共に戦意, 凡そ貴, 利休は, 前の, 劉皇叔は, 加十は, 労働手段の, 半分は, 南アルプスの, 厚き嬢, 及ばぬ, 古代は, 古塚, 古来英雄の, 右の, 吉太が, 同様な, 君と, 君の, 君も, 否定し得ない, 哲学は, 唐代において, 問題の, 回りの, 固定資本の, 国粋ファシスト反動論理学は, 土地の, 地代と, 地代の, 地震に, 城兵の, 堪えず我, 堪えない, 堺屋では, 増したすばらしい, 夏口へ, 夕立模様の, 多彩な, 多情淫奔な, 大きな幅, 大事は, 大分道草, 大山村の, 大漢, 天, 天皇御, 太古に, 夫は, 夫婦は, 女が, 奸智に, 姉は, 委せない, 委せなかったが, 孔子は, 孔明の, 学校時代は, 学者が, 完き, 完全武装した, 宣伝という, 家康の, 専務は, 将来久しからずし, 将軍家は, 将軍家を, 尊氏は, 小林の, 小野さんは, 少くとも, 少年が, 尼が, 屋根の, 山中の, 山影めも, 峠や, 師匠は, 師直と, 平常の, 幸福の, 幾分嗜虐性, 庁の, 庭の, 当時の, 当時アテンに, 当時博文館内に, 当時宮廷貴紳を, 彦根の, 彼において, 彼らが, 彼らは, 彼女の, 彼等の, 後者の, 後醍醐が, 従来は, 御府内も, 心中なぞ, 必ずその, 恐らくこの, 恐らく今度, 恒産なく, 悪女の, 惨まし, 愚夫玄徳の, 我々は, 我国では, 戦勝国の, 所要熱量が, 批評が, 承認し, 抜け目の, 持ち矢, 指など, 攘夷派の, 支那民族は, 教区は, 教学論の, 教育が, 教育界が, 数学の, 敵の, 斉泰黄子澄の, 新免武蔵は, 旅人の, 旅行者が, 日米の, 旧二見ヶ浦マーケット, 明日明後日までの, 明朗な, 昔から, 昔の, 春琴が, 昨夜の, 昨春丹沢山遭難以来航路が, 昼と, 昼は, 暗い筈, 更にその, 曹真は, 最もよく彼, 最善の, 最後の, 月明の, 有形とは, 未だかつて疑われた, 末の, 本軍の, 東西も, 桂子たちの, 桔梗の, 植物精霊の, 検察の, 極まってる, 極めて大きな, 欧州の, 正しい解決, 此奴は, 此時の, 武術の, 母は, 氏直の, 気を, 水中の, 氷は, 汝は, 江戸中期に, 決って, 決まってる, 決まってるの, 治部太輔義元には, 沿海を, 法然上人は, 海岸には, 淫放の, 深きもの, 漁夫が, 漁村の, 火雷神の, 無意識の, 無駄ばっかり, 然ら, 熱中し, 父兄ことごとく, 狐の嫁入りは, 猫の, 玄徳も, 現代の, 現時の, 生活の, 画と, 疑い得よう, 疲れては, 白面郎の, 盲目と, 直義は, 相場の, 真の, 矢野氏及び, 石亭先生は, 社会大衆党が, 神籠石の, 禅坊さんなどにも, 秀吉も, 私が, 私らは, 種々の, 穴にも, 穿鑿やや, 第一回目, 第四, 紀州の, 紐育市ハドソン河畔の, 経済問題が, 結局正確に, 維新後に, 羅布人の, 群犬を, 聖武天皇は, 聾なるべし, 股の, 自分の, 至るの, 色々の, 英国風の, 茶屋の, 荊州の, 菅沼の, 蓑笠を, 蕪村は, 藤原氏滅ん, 蚕籠は, 蟾蜍を以て, 袁紹は, 西村さんは, 西洋人の, 角杙活杙とは, 記憶力の, 読者は, 誰でも, 諸君, 謙さんは, 賀茂の, 賊は, 趙雲の, 足りる自制力, 車輛の, 軽部は, 近親の, 這奴が, 逢わずして, 連れ益々, 連れ秀子, 過ぎぬの, 過去の, 道阿弥は, 違いて, 違い無い, 違なかっ, 違わず品, 遠からず, 都の, 酒も, 鉄砲使用以前には, 鑁阿寺から, 関羽を, 阿武隈または, 隙を, 難破船の, 風当りの, 風間木曾の, 鵺は, 鹿児島の

▼ 思うから~ (542, 1.5%)

51 である 3221 です 6 して 5 ここでは, なの 4 いうの, であった, であります 3 それを, だよ, でしょう, ですよ, では, でも, わたしは, 私は, 黙って

2 [15件] ここで, それで, だった, だと, だろう, であろう, でございます, でした, 今は, 君に, 妙だ, 止める, 気が, 自分は, 言うの

1 [353件] あとを, あなたに, あなたも, あんたを, あんなこと, いうん, いきなり手, いけないの, いけないん, いけねえ, いちど向うで, いっしょに, いっそ忌々し, いよいよもっ, うむ可, おいそがしい, お前も, お前らも, お前内へ, お呉ん, お妙, お嬢さんと, お支度, お美夜ちゃん, お話しする, お邸, お酌, お願いだ, きょうにでも, こうしてなに, ここには, こっちはよけて, このたび, この上お前, この放送, この日光行, この時, この篇, この風習, これからの, これから歴史的探偵小説, これから私, これで, これは, これより, これを, ごたつき, ご注意, さしあげるよう, じゃ, じゃありません, ずーん, せいぜい夢, そういう意味, そうだ, そう言ってた, そこで夜陰, そちは, そちらへ, そっとし, その, そのお礼, そのとき, そのはなし, そのままに, そのまま使う, その和歌, その時, その物語, それっきり行かない, それでまあ, それで忙, それで訊く, それに, それにさえ, それまで, それまでに, そんなに気, そんな事, そんな理窟談, たぶん明治二十六年, だが, だね, だ丹治, だ此の程, だ私, ちょいと, ちょっと総論, ちょっと預け, ついぞ今, ついでに, ついドカッ, であって, であの, でありましょう, であろうか, でございますよ, でしょうに, ですが, ですわ, でつまり, で何, で御座います, で腹の中, で茶屋, ところどころ, とばっちりを, ともかくキャゼリン嬢, どうかそういう, どうにかしてやん, どう考え, なおよく, ながびく問答, なのでございます, なのでも, なるべくさからわない, なるべくは, なるべく正太, なんです, なんとかし, ばかばかしくなっ, ひとまず前述, ほんとだ, まああんた, まあここ, まあ差し, まあ当分, まずはじめ, またいつもそう, また多く, みな神妙に, みんなし, みんな花岡さんと, むしろやわらかく, むてえ癪に, もう少し待っ, よく親父, わざと威勢, わざわざやって来た, わたし一人で, イヤ与, ゲジゲジや, コロップなどは, サ, ダメな, ビックリ箱を, マニ教の, マルセルだって, 一つの, 一つやっ, 一つ見たら, 一人で, 一切の, 一同は, 一生懸命に, 万一の, 万事あの, 上せるん, 不思議だ, 丹波は, 乗出す気, 予は, 云いますがね, 云うので, 云うん, 云おうじゃ, 井伊侯からも, 交り, 人間並にゃ, 今の, 今度こそ, 今後お前には, 今後だ, 今日昼の, 今繁を, 仕方なく, 仕方なし, 仕込みさえ, 仲, 伍三郎には, 伜を, 伴藏は, 何ごとも, 何とか気紛, 何なら, 何処かに, 何処までも, 何卒家を, 余計に, 信ずるん, 俺は, 傷つかないで, 傾く耳, 僕が, 優しく出りゃ, 兄弟三人で, 入れる, 全部お, 其の野郎, 其方で, 出かけるん, 刀の, 別に言葉, 前後も, 動くの, 十分の, 十分慎重に, 千両欲しい, 単純な, 可惜もの, 叱られても, 名は, 唯余を, 善行を, 国もとの, 坊主頭が, 声を, 多勢人の, 多少の, 夜分上った, 夢などを, 大声で, 大正十年頃の, 女房お, 安っぽい感じ, 安心し, 実はお, 尊大な, 尋常に, 少しなり, 工夫を, 左に, 平気な, 序説の, 当分この, 御主人, 心配せんで, 心配は, 必ず逃げ, 怖くて, 思いきり金を, 恐怖んだ, 悪い事, 悪体, 想像だけで, 意見を, 愚かな, 憲兵隊の, 成るたけ我慢, 我慢にも, 手を, 手前に, 手加減を, 手厚くお世話, 手廻しよく, 持て来たと, 探して, 撲るの, 教を, 敢えて発言, 早撃ちだ, 早速帰っ, 明日の, 本当に私, 本当の, 杜撰ながら, 来ました, 来年三月宿下りの, 案内し, 檜山を, 止めよう, 此方が, 死ぬ前, 気を, 油断は, 油断を, 法の, 泣くの, 漸, 濡れたの, 炬燵の, 特にその, 猶更気分, 用が, 用事が, 申しますが, 申し上げるの, 申上げる, 疲れたこと, 痛いん, 発言する, 白状する, 直言する, 相当に, 省略する, 眠る時間, 矛盾が, 石垣も, 私へ, 私も, 立つこと, 笑い出すか, 筆まめな, 簡単な, 簡単に, 紹介する, 結局どれが, 結局当分実家に, 考えない, 考えないつもり, 耳を, 腹が, 腹も, 自分としては, 自分も, 自然幽霊だって, 自由廃業には, 良人に, 苦しむの, 苦痛を, 行って, 裏へ, 裏通りまで, 見す見す高い, 見に, 見る気, 覗いて, 親切は, 解剖し, 言って, 言わないけど, 言われたとおり, 詰らぬ様, 話して, 話すん, 読者の, 誰か, 誰も, 謝るつもり, 貸さなかったッ, 踏台か, 迷いが, 金の, 鎌を, 長平は, 間違いです, 間違って, 隠さずに, 順序を, 頼むの, 顔出しが, 食物の, 馬田の

▼ 思うほど~ (515, 1.4%)

10 だった 9 である 6 です 4 であった, であります, でした, 私は 3 だ, 自分の, 驚いた

2 [12件] そこに, その眼, それが, でも, なの, なん, 不思議な, 効果が, 平凡に, 揺りたてる, 美しかった, 苦しくって

1 [441件] あきつには, あたしばかでもよわ, あっけなく勝負, あなたが, あらゆる色彩, いきなり隠居, いつの間にか越し, いつも気持ち, いまいましくこと, いよいよその, いよいよ長き, いろいろな, いろんな事, ういて, うす赤い柘榴, おおげさに, おそろしいもの, おどろいて, おもかげ, お孝, お客様私は, お祈りを, お顔, かえってでたらめ, かえって高く, かかる兵士, かけがえなき, かすかな, かわいかった, きたないな, ぐったりする, ここに, こたえるしかし, こちらも, この病弊, この閑地, これは, こわばって, しげく瓦, すさまじく大地, すっかり別人, すっかり忘れ, ぜんぜん身動き, そうした戦争哲学, そうは, そっくりかえって, その人, その光景, その姉, その心, その心理, その顔, それは, そんなに長く, ぞっと背筋, だいじな品, だから, だが, だったが, だったの, だなどと, だんだんその, つのって, つまらなかった, つまり全体, つめたい, つよく欄干, つらく情なく又は, であるのに, できないもん, でございました, でございます, ですから, ですもの, ですよ, でその, では, で傘, で父, どうしてこんなに狂っ, どしんば, どろどろと, なおさら寝つかれなかった, なおさら自分, なお下駄, なお顔, なくまっ, なり, なんの, な愕, な癇癪筋, な美, ぬっと起ち上がった, のろい時計, はかばかしくない, はげしく肩, はげしく鳴動, はっきり聞え, はやくまっ黒, はれて, ひっそりし, ひっそりと, ひとり壁立万仭の, ひどいボロ, ひどい鼓動, ひどく揺れました, ひどく震動, びっくりしました, ぼくは, まず細かく, まっしぐらに, まともに, みごとに, みじめな, むこうの, むさぼり食った, むちゅうになってきました, やさしくこまやか, やせて, やせほそって, よい夢, よく働く, よく笑う, よく肖, よく飛び, わかる, われながら, イライラし, スチューピッドに, パアッと, 一と, 一合の, 一向な, 一層お金, 一層可愛, 一番古く, 下った所, 下に, 下へ, 不審が, 不思議に, 丸くなっ, 久助君にとって, 五体が, 今でも, 今の, 仕事に, 仕事の, 他には, 他の, 仰天し, 仲が, 伊賀之, 低いところ, 低く這, 何, 何だか怖い, 何もかも原形, 何を, 俺たちは, 具体的に, 内端に, 写実と, 冴えて, 冷かった, 冷やかだった, 凄いこと, 凄しげ, 出来なくなるん, 分けられた波, 切りたった, 初初しいところ, 刻一刻と, 前の, 加奈江も, 労働を, 動けなくなって, 厚くつけた, 参木は, 及第し, 取り返しの, 取れない, 口が, 口も, 口惜しいこと, 口説いて, 古ぼけた珍, 可い加減, 可哀そうでした, 同情した, 吝な, 呼吸の, 喘ぎ出した, 嘗て鉄砲, 器用な仕あげ, 四囲は, 四顧むかしを, 困難でない, 固く凝り, 地味に, 堂々たる背, 夜は, 夢中に, 大きくみひらかれ, 大げさに, 大ぜ, 大人びて, 女を, 好きな, 好意が, 妙に, 姿も, 媚態を, 孤独無縁だ, 実に不思議, 実に物好き, 実は扇, 実は頼朝, 客ぜんたいの, 寂寞した, 寒い, 寒かった, 少しの, 尚お, 尚意地, 尻抜けで, 平然と, 年取ってからの, 幻は, 広い, 強い不愉快, 強くなった, 強く風, 強引に, 役者ば, 彼は, 彼女は, 待ちましたが, 復一の, 心が, 心も, 心細くなります, 忘れること, 忠直卿は, 快く感じた, 念入りに, 怖ろ, 怪しい姿, 恋しい萩乃さま, 恐らく一生, 恐ろしい, 息ぐるしくくらくら, 息苦しくなりました, 恵まれた天分, 悄々と, 悲しかった, 悲しき寂しき人生, 惜しくて, 惨酷, 意を, 意味の, 意外でした, 愛して, 憎悪の, 憔悴し, 扇も, 手荒く取扱っ, 抑揚の, 折檻された, 拙らしくでき, 捗々しく行かなかった, 揺れたこと, 数々受けた, 数多く見せられた, 旅費も, 旨かったです, 明るく水晶宮, 明るく美しく見えた, 明瞭に, 明細で, 普通の, 暮し向, 曠れた, 月並でも, 来るたんび, 柔らかく暖かく悩ましく顫, 棉は, 楽で, 様子がよか, 武蔵は, 残念で, 残念なり, 殷々と, 母の, 毛穴が, 気の, 気は, 気も, 気楽でも, 沈んだひびきが, 波一つ揚げ, 泣いて, 活き活きし, 涙ぐましい不幸, 淡いの, 淡く影, 深い思慕, 清十郎は, 湿って, 滾, 激しく動悸, 激しく叩く, 濃かった, 火の, 烈しい音, 烈しい頭痛, 無中, 無性に飲みたくなる, 無惨に, 無意味な, 無量の, 熱して, 熱中し, 物わかりの, 犬は, 猛烈に, 玉野は, 珍しい感情, 瑠璃子の, 異常な, 疑いは, 病に, 痩衰え, 益々何, 益々反抗, 益々心, 盛上げた土船, 相手の, 眇に, 真白き面影, 眠れない事, 眼と, 硬くなった, 神威を, 神経質で, 私が, 私を, 空気が, 立体的に, 立処に, 立派な, 竦毛の, 笑い出した, 粗末で, 糸目が, 細った鼻筋, 美くしいには, 美しい, 美しいお姫さま, 美しくて, 美しく取りすまし, 群集の, 老成た, 考えたの, 考えは, 聳えて, 肌が, 肌を, 胸が, 胸の, 胸は, 胸轟かし, 腑に, 腕が, 膝を, 自分は, 自分ひとりの, 興奮し, 色を, 艶, 花は, 苦しい, 苦しかった, 苦しくつらくなり, 苦しくも, 苦しげ, 苦にも, 苦悶し, 落付きを, 落着い, 葉子の, 蒼い顔, 蕎麥は, 薄くなっ, 薄気味の, 西洋から, 見かけは, 見事な, 見物人は, 親しい印象, 言葉に, 負け焦れば, 賑やかに, 赤黒い皮膚, 身綺麗に, 遠い人, 遠くに, 避暑に, 醜かった, 鋭く働い, 鋭く廻った, 長いあいだ, 長い間それ, 長かった, 長く写し出される, 長く書い, 長く現われ, 長く長くつづく, 開き難い, 阿母さん, 際どく回った, 霊顕が, 青ざめて, 静止した, 音に, 頭が, 頻に, 顔が, 顔は, 顔も, 顔を, 顔色も, 風が, 食べものを, 駄目に, 驚いたの, 高い山, 高まる呼吸, 魔法博士と, 鮮かな, 鳴く事

▼ 思うもの~ (337, 0.9%)

28 である 8 か, だから, です, ですから 7 がある, はない 64 はありますまい, はあるまい 3 があった, だよ, では, の一つ, はありませんでした, もある

2 [21件] かね, がたくさん, が出, だが, であります, であると, でないこと, でも, になる, の前, はきっと, はこれ, はなかっ, は一つ, は一人, は当時, は彼ら, よ, らしい, をやる, を彼

1 [189件] あらば, あるが, かお前, かとつくづく, かどう, から一層, から問う, から急ら, があったら, があり, がありましょう, があります, があるだろう, があるなら, がいざ, がこの, がございましょう, がございます, がございません, がない, がなく, がもう, が中部日本, が五つ重ね, が何, が何処, が充満, が写真, が十種, が多い, が大, が少し, が彼, が急, が或, が暫く, が段々, が無い, が猥褻, が秩序, が立所, が胸, が落ちた, さえあった, さらば八百善料理, その位, その共犯, ただ魏, だいたいこの, だけれど, だけを摘録, だし, だってありません, だと, だまして, であった, でありますが, であり多年, でございます, ですか, でないと, で頭, とまた, とも知らず, なきに, などがあっ, などがどの, なら思うほど, なれば, なんかありゃしない, にすぎず, にすぐ, にとっては安全, にはめったに, には婚舎, にふりかけなさい, にぶつかったら, に会っ, に対して或, に最も, に自分, に邪慳, に限っ, のすべて, のほか, のみであります, の世間, の中, の今, の味, の片, の醍醐弦四郎, の野暮, は, はいつも, はいま, はおれ, はかの, はここ, はございません, はござんすまい, はすぐ, はそれ, はたいがい, はただ, はたとえどんなに, はつづい, はなかなか, はなく, はなん, はひとり, はほとんど, はみんな俺, はむずかしい, はめったに, はわたしたち, はカマイタチ, はリスト, は値切り, は兄弟, は冬, は創痍, は即刻私, は夢にも, は少なかろ, は当, は当代, は思う, は方々, は早く, は極めて, は殆ど, は無い, は甚だ, は直ぐ, は笑われるであろう, は第, は罪, は葬儀会社, は行住坐臥, は見, は誰, は諱, は迂, は鉄仮面, は頭, もあった, もありましょう, もありませんでした, もあるまい, もいた, もいるであろう, もなかっ, も無かっ, も見当らない, も買えず, も買っ, をあげます, をあれ, をかり出し, をそれなり十分, をたとい, をとり殺し, をなぜ, をも自由自在, を他人, を取った, を報せる, を大いに, を夫人, を娘, を手, を捉えた, を捨て, を書い, を柳ちゃん, を活かし, を空想, を縮図, を自分, を見つけ, を見付けた, を試み, を買い歩いた, 乃至由之氏, 多し, 故遂に, 書かねば, 程愚か

▼ 思うところ~ (291, 0.8%)

18 あって 10 があっ, がある 8 もある 4 に心, のもの 3 である, を述べた

2 [15件] あってか, あつて, があります, だ, であろう, で立, と一致, によれ, はそのまま, もあった, もそれ, を主張, を人, を述べ, 感ずるところ

1 [201件] あったの, あっての, ありて, ありてか, ありての, あり長沼守明一人, あるか, あるらしくかたい, あるらしく容易, からていねい, からどうか, からカルカッタ, からジタバタ, から宮, から最初, から来る, から胸, から自然, から親切気, から釣狐, があった, があったらしく, がありました, があるなら, がいくら, がよろしい, が人生, が付け目, が出, が心持, が数箇所, が有る, が浅ましい, これから述べよう, ござって, じゃ君, だが, だそれ, だった, であっさり, であったが, であります, であるが, であるし, でございます, でございますが, でしたよ, でしょうが, ですが, ではこの, ではドイツ, では弁天様, では恐らく, では永久, でまるで, でもハッキリ, でヒョーロー, で容赦, で打出し, で村役場, で真っしぐら, と符節, なきに, ならん, にし, にしたがっ, になく, には赤ちゃけた焼灰, には青草, による, に子守女, に居りゃ, に従い事, に新た, に日章旗, に更に, に根本的, に案外, に比べ, に演技以外, に経之, に落ちつい, に警官, に長, のあった, の作物, の動き, の意向, の感懐, の所謂織部, の第, は, はある, はいっこう, はかかる, はかね, はかの, はございません, はそうした, はどんどん, はみんな, はスエーデン, はバルザック, は僧堂教育, は如何に, は必ずしも, は残る, は自由, は長政, へお供, へとん, へは見向き, へゆける, へ一人, へ先ほど, へ出, へ出ない, へ出られない, へ加賀見忍剣, へ動い, へ図書刊行会, へ国民図書刊行会, へ安川嬢, へ幸い, へ当て, へ我, へ押し込めた, へ早く, へ横浜, へ気まぐれ, へ落ちのび, へ行けます, へ行ける, へ飯島, まできた, までその, まで拡大, まで来, まで逃げられやしない, もあっ, もあります, もあれ, もすこし, もでき, もなかっ, も出来ました, も同じ, も自ら, や感ずる, らしく, をあさく, をある, をいっ, をおれ, をぐん, をさり気, をその, をたずね, をどしどし, をな, をなせ, をな聞く, をぶらつい, をもっ, をグイグイ, を云っ, を伝えよう, を出, を告ぐる, を外, を尋ね, を弁ずる, を強いて, を思い, を思いあてた, を押し進むる, を指先, を採用, を探し廻った, を推し, を書き記し, を正直, を決行, を現, を申す, を発露, を私, を行い得る, を言, を言いあらわし, を言う, を述べる, を述べ立て, を逞し, を部下一同, を陳, を陸, 欲するところ, 見残したところ, 言うところ, 願うところ

▼ 思うまま~ (279, 0.8%)

10 のこと 6 にならぬ, になる 5 になっ 4 にする, にできる, にならない 3 にはならない, に出来る, に発揮 2 にさせる, にし, にしよう, にその, にならなかった, に今, に作っ, に動く, をしるし

1 [213件] あやつって, いうと, があんまりはっきり, がいかにも, さ鼻, しても, じゃありません, だから, だが, だぜ, でありすぎる, です, で世, ということ, なぐりつけられて, なぜいたくを, ならで, な侮辱, な蹂躙, な金子, にあやつっ, にあやつり, にいやがらせ, にうごかし得る, にうらやませ, におさえつけ, にこの, にこれ, にさすっ, にさせ, にさせよう, にさせられ, にされ, にされなくっ, にしかし, にした, にすべて, にそれ, についばん, にというわけ, にどう, になしとげられ, になったろう, になつ, にならず, になります, にのびた, にはここ, にはならず, にはならなかった, には逢えぬ, にふるまっ, にぶちまける, にまったく, にも取りまとめる, にやらせ, にやらなかった, にやり通す, にやれるだろう, にピクピク, に一日, に一浴, に主宰, に乗切る, に事, に云い, に人, に他, に会う, に伝三, に伸した, に使, に使用, に侮辱, に修業, に利用, に動かされ, に動かし, に動かせ, に勝手, に向く, に味, に四方八方, に増長, に大手, に姿, に定める, に実現, に寝る, に屠った, に工費, に建築, に彼女ら, に彼等, に懸け, に我意, に戦った, に戦は勝っ, に振り動かし, に振る舞う, に振る舞った, に振舞おう, に振舞っ, に搾る, に操っ, に操縦, に攪乱, に政, に料理, に暮らす, に書く, に最後, に望, に楽器, に止める, に正直, に武備, に歩かない, に歩ける, に泣いた, に涙, に溢れ, に溺らされ, に濶歩横行せり, に獄舎, に生かす, に生き, に生れかわれる, に生涯, に看病, に種々, に続けない, に綱吉将軍, に罵りたてる, に翫ん, に自分, に自由, に舞台, に芸術, に草し, に行え, に行く, に表現, に裸, に見物人, に言い罵り, に話し合った, に調べ, に議決, に賞翫, に赤く, に踊っ, に遂げた, に運びし, に避難, に金, に飛びまわっ, に飜弄, に食っ, に駆けられない, に駈け廻っ, のさし, のべた, の二人, の享楽, の地金, の心もち, の悪口雑言, の振る舞い, の政治, の方向, の松, の統制, の荒使い, の設備, の質問, の贅沢, の音, はびこって, はッ, をするだろう, をわし, を云わせ, を信念, を口, を振る舞っ, を書い, を書く, を書け, を有体, を次に, を発揮, を知る, を行う, を詠みたる, を話し合っ, を誌, を随意, 延ばして, 怒らして, 戦えるので, 打たせながら, 捗らずとうとう, 欲するまま, 泣いて, 盗んで, 笑った, 答えても, 見たまま, 言わして, 話し出すと, 遊ばせて, 遊ぶべしと

▼ 思う~ (269, 0.8%)

25 がある 10 もある 5 があったら 4 があります, もあろう 3 があるだろう, が出, が多い, が自分, の手

2 [14件] があれ, が多く, であった, ならば, はある, はこれら, は多い, は日本, は無い, もあった, もありましょう, もあるだろう, もあるべけれ, も少なく

1 [178件] があっ, があったなら, があら, があるでしょう, があろう, がいた, がいる, がおっ死ん, がおのずから, がこうして, がそう, がそんなふうに, がたくさん, がない, がまだ, がもしいる, が一人, が万一, が世に, が今, が出来, が出来る, が多かっ, が少く, が手, が有ったら, が死ん, が見つかった, が触れず, が郊外, が長者, さえ本当に, だって, でおおぎょう, ですからね, でなかったかも, でなければ, でもこれ, でも命, でも捜し, といっ, とまるで, と併, と同じ, と愛子, と添うなら, と物質, と聞きたい, と自分, と親, と逢った, と連れ立っ, などがいま, なのよ, なり, なれば, に, につたえるで, になっ, にはこれ, にはやはり, には何, には少々, には見せ, には逢わぬ, には金, にもう, にも顔, に似た, に再会, に捨てられた, に行きあう, に話し, に逢っ, に逢われる, ね, のあずかり知る, のこと, のため, の俤, の出来た, の名前, の唇, の夢, の字, の心, の接吻, の災難, の為め, の疎ら, の病, の紋, の考, の肖像, の血, の表情, の言葉, の説, はあっ, はあり, はあわれむべきであります, はいい, はお, はお雪ちゃん, はここ, はこの, はこのもしく, はすでに, はただ, はだれ, はと云ったら, はないでしょう, はなくっ, はなんと, はなんとなく, はねえ, はもう, はやっ, はメニューイン, は一人, は三人, は二度と, は伏見屋, は何時, は先生, は再び, は出来る, は勇敢, は即座, は多く, は多少, は彼女ら, は星, は格別, は父, は皆先, は祈祷車, は私, は笑っ, は簡単, は虚空, は西, は誰, は踊りなさい, は鏡, ばかりだ, ばかりで, ばかりであった, へ無遠慮, もあり, もありました, もあるであろう, もあるでしょう, もあるらしい, もいるでしょう, もおわそう, もこれ, もさぞ, も一人, も単に, も多い, も多かろ, も多く, も父, も見え, や子供, よりも更に一層, をあんな, をえらばなけれ, を取る, を多く, を思えるなり, を持つ, を終古, を藪, を見た, を見つける, を選び

▼ 思う~ (257, 0.7%)

32 がある 16 もある 7 もあった 6 があります, もあり 4 が度々 3 があっ, が多かっ, さえある, は出来ない, もない 2 があれ, がいろいろ, がない, がよく, でも, はない, は葉子, をし, を叶え

1 [153件] あり, ありし事, ありとも, あるでしょう, から驚いた, があった, があったら, があッ, がさびしかっ, がしたい, がしばしば, がそんな, がたびたび, がちょくちょく, ができない, ができやしない, ができる, がなけれ, がならず, が不幸, が乙, が人, が充分, が出来ず, が出来なかった, が出来れ, が十度, が向う, が多い, が嬉しかっ, が引っ, が成らぬ, が成る, が既に, が時々, が有, が次第に, が無い, が肝腎, が自由自在, が良い, が苦しい, こそ本当, さえあった, さえ打明け, さえ時たま, すらが失望, だけは狂人, だけをやっ, だけを述べます, だった, だろう, であった, であったが, でありまた, である, であるが, でございますが, です, では, とどちら, とを聴き, なども申し上げ, なの, なんぞない, にすら消え入る, になった, には, によってこの, に依る, のない, のみを言い, の万分一, の叶わぬ, の多き, の方, はあり得る, はある, はいかにも, はお, はことごとく, はこれ, はそういう, はそうっと, はたくさん, はたれはばからず思え, はまだなかなか, はみんな, はよく, は一つ, は何, は先ず, は全く, は大抵, は左, は御身, は恐ろしい, は決して, は無い, は皆妄想, は絶対, は美しい, は聞, は誰, ばっかりがあっ, または隠し, もありました, もあります, もしない, もしばしば, もその, もたびたび, もできる, もまま, も云う, も其女, も出来ず, も口, も度々, も昨日, も有った, も有る, も言え, も遠慮, よ, をあの, をいう, をさら, をしとげる, をしました, をする, をその, をそのまま, をのべる, を云い, を他, を力, を口, を字, を思う, を望む, を為る, を聞い, を行え, を言っ, を語っ, を辛い, を遣ろう, 久しけれど, 又は他, 又は激しい, 積んでは, 食うに

▼ 思う~ (234, 0.7%)

4 からその, にまさる, の中 3 がある, が動いた 2 があった, が強い, のうち, の下, の仇桜, の裏, は一つ, は起らなかった, もある

1 [198件] あるならその, かならず起こらん, からこんな, からただ, からもの, から二つ, から二条, から人, から他, から姫君, から巌山, から彼, から忍ん, から時方, から柏木, から気, から特に, から解い, から語らない, から誠意, から近く, から雨声, があらわれ, がいっそう, がいつか, がおさえ, がおさえつけ, がかすか, がこもっ, がさらに, がし, がしきりに, がすぐ, がそれ, がそれから, がつのっ, がつよう, がつよく, がぬけません, がはるか, がわが, がハチ, が一層, が一時, が一種, が働く, が切, が切々, が募った, が半分, が却って, が好奇心, が寄せ, が岸本, が強かっ, が強く, が戻っ, が斯, が暗澹, が月日, が案外, が泉, が深けれ, が熱い, が眼, が自分, が起こる, が起りました, が非常, こそ何, さえなくなる, しかし祖母, じゃ, そして父母, その二つ, だけも知らせず, である, でいっぱい, でもござりません, で一杯, で彼, で行い, というもの, とおいしい, とが罪, とそれら, との間, とやれやれ, と失望, と歩く, などは表, に, にかけては同門, にせめられ, にはわたし, には変り, にほだされ, にも少し, に似, に変り, に変わっ, に寸分, に急き立てられ, に日, に浮ぶ, に用捨, に襲われる, に負け, に連立っ, のほう, のみが先, のリズム, の丈, の余裕, の喜ばし, の増す, の奥, の尊, の底潮, の彼, の方, の添った, の端, の裡面, の起り始める, の軽, の遣り, の鏡, はあり, はある, はこの, はさっき, はすぐ, はすでに, はそこ, はその, はその後, はそれ, はだれ, はどう, はなかなか, ははなはだ, はまず, はやがて, はリズム, は一家, は以前, は双方, は口, は同じ, は変る, は尚々まして, は底, は当時, は抽象, は消え, は消えない, は百たび千たび, は矢, は私, は自分, は衰えなかった, ばかりがさき, ばかりである, ばかり多く, もあった, もそれ, もて彼, もなく, も届き, も確か, も緩和, も縷々, も育っ, も起きません, よりほか, より寸陰, をうけつける, をかく, をささやい, をふてくされ, を人, を失, を少し, を岸本, を強く, を御息所, を棒, を男, を直接, を禁ずる, を籠め, を色, を誰, を貫い, を起さないで, 絶えず, 躍りだとも

▼ 思う間もなく~ (205, 0.6%)

4 今度は 3 彼の, 彼は 2 つづいて, 大音響, 私の, 私は, 足を, 車は

1 [183件] うしろに, おとし穴, おとなしく降参, お登久, かたわらに, かれは, こっちに, しずしずと, その七ツ, その両翼, その中, その姿, その手, その紋十郎, それは, ちりん, どこの, ばさり, ぱたんとそれを伏せ, またヒョイ, また昨年, また次, また溢れ, また駐, まばらな, ウェッシントン夫人の, ガーンと, クッシャン, ゴンドラから, シャンと, タッタ今閉まった, ヅROス一つの, ドッと, ドーッと, ノコノコサイサイ永田秀次郎氏が, バタと, ピシンと, モナ・リザの, ワッという, 一二歩前に, 一人の, 一番機は, 一郎次を, 三人の, 下へ, 下まで, 下も, 不図, 主人は, 乃公は, 二人の, 二台の, 五百は, 人蔭は, 今日に, 今背後, 仏前の, 仰向きの, 僕の, 全身真紅の, 冷たいアスファルト, 冷汗が, 切り下ろされたと, 前の, 千二は, 南米大陸は, 博士の, 厚く襲ねた座布団, 又もと, 収穫小屋の, 吾輩の, 呀っと, 喰い縛った歯, 四辺は, 園の, 夜具の, 夥しい人波, 大勢の, 大地に, 大地を, 大残雪, 大粒の, 太陽の, 奥から, 女の, 女は, 妾の, 姑の, 孫兵衛そのものも, 室内は, 密雲忽ち, 崩れ落ちて, 巨き, 巨大な, 床柱に, 底深い, 座敷の, 式が, 引続い, 微塵に, 思いがけない真, 思いも, 恐しい風, 愛吉のを, 戸泉さんが, 抱きすくめられて, 指が, 支配人めいた, 旅の, 早くも, 早や, 昏倒した, 最前の, 東の, 栓穴から, 槍を, 正面から, 源吉の, 烈しい雷, 燃え上る火, 牛乳の, 牡牛の, 猛火は, 猫の, 獣の, 玄関の, 王は, 畳の, 白刃を, 盆が, 相馬運転手は, 看護婦が, 真っ暗な, 真正面に, 眼を, 石の, 硝子戸の, 立秋である, 竹槍等を, 第二図, 紛々として, 細田氏は, 老女は, 背後の, 自分達の, 自動車は, 色の, 色は, 薄手乍ら千代之, 薄暗い障子, 薄月, 蝶は, 装置の, 襖の, 襖を, 西空は, 豪雨は, 足が, 足元は, 身は, 身体が, 身体の, 車屋の, 轟刑事が, 轟然と, 逃げ去ったという, 郷里より, 鉄道馬車は, 銀の, 長蛇の, 長距離らしい, 障子が, 雪崩入る, 電線は, 震動は, 顔面全体に, 風立っ, 飛び退いて, 飛行機は, 魚の, 鳰鳥の, 鼠色に, 龍代自身の

▼ 思ううち~ (164, 0.5%)

8 にその 5 に, に又 4 に彼 3 にやがて, に突然

2 [11件] にいつか, にだんだん, にひとり, にもう, に三月, に今度, に向う, に急, に父, に目, に銀

1 [114件] いつのまにか市十郎, がしあわせ, せき上げる涙, たちまち庭下駄, たちまち長い, たちまち頭, とつじょとして, にあるかない, にいや, にうとうと, にかよう, にがくんと, にこの, にこれ, にこんど, にすぐ, にするどい, にその同じ, にとうとう, にどう, にどこ, にどたりと元, にはや, にはやもう, にぴいひゃらぴいひゃらとっぴきぴなどという派手, にふらふら, にまた, にも, にもこの, にもほっと, にも慰める, にも烈しい, にシテ, にスキー, にスヤスヤ, にツイ向う, にツカツカ, にハラハラ, にバラ, にパッ, に一しきり, に一つ, に一人, に一山ゴウッ, に一気に, に不思議, に二, に二人, に何だか, に何処, に全身, に刻々, に午後, に半馬身, に南, に又ピタリ, に右端, に吹かれ, に哀しみ, に嚥, に妹の, に宜, に室, に家康, に廊下, に彼女, に彼方, に待合室, に後頭部, に忘れ, に思い, に扉, に指, に新しい, に早, に果たして, に格子, に框, に気, に水玉, に汽笛, に汽車, に火の手, に眸, に眼, に短い, に石, に秀子, に老, に背後, に自動車, に艦首, に茶がま, に蓋, に見る見る, に質屋, に赤ん坊, に足, に通り過ぎ, に遠い, に部屋, に酒徳利, に風, に魚, に鼻, ぬき足さし足和尚, のこと, のひとたち, ふと思い出し, もう後ろ, 忽ち庫裡, 織娘, 見る見るすそ, 遂に猛犬

▼ 思う~ (155, 0.4%)

9 もあら 6 にその 5 にそれ, もない 4 もあらせず, もなし 3 にもう, も無く 2 に, にまた, に今度, に先, に彼, に父, に相手, に非常, に黒い

1 [98件] にいつかそれ, にいつか自分, におばさん, にかたづい, にさながら, にすぎる, にたちまち再び, にたぬき, にどういう, にどこ, にどんと一発, にぬっく, にひらり, にまたし, にまるで, にわたし, にツルツル, にポン, にムズ, に一尺, に一本, に一朶, に一面, に丈太郎, に両, に乳, に今, に体ごと, に何, に俥夫, に其, に前部, に嚢, に土間, に大, に寝所, に小, に嵐, に左, に彼女, に忽ち, に思う, に戸, に掌, に教授, に数日, に既に, に星, に晴れ, に板, に林助手, に檻, に死ぬ, に法規, に流, に海, に消え去っ, に消え失せた, に瀕死, に男女共一緒, に畑, に真逆様, に私, に立てかけた, に美和子, に老人, に肉, に自分, に自転車, に落ち散る, に西洋人, に要之助, に見る見る, に見返り柳, に起きた, に足, に車, に車体, に轟然, に近づけ, に逃げる, に逃げ出した, に通り越した, に通り過ぎ, に金網, に闇, に陽, に陽光, に青年, に風, に馬, に魚, の出来事, はありません, もあらず, もありません, もなかっ, ものうぱらぱら

▼ 思う~ (144, 0.4%)

7 がある 5 もある 3 もあった 2 が来るだろう, ですら, にその, にはわざと, のその, の人心, はこの, 取り出して

1 [113件] いつも私, お君, お醤油, かれは, があっ, があった, があります, があるらしく, がくる, がなく, が全く, が大切, が来る, が来れ, が遂に, さえあった, さえある, さらに一種異様, その死, その火気, その美女ヶ原, それだけ自然, ただひとり, ただ悪人ら, だけじゃ, だけだ, だけはただ, だけは泣く, であった, である, でした, でしょう, です, でもする, でも御, どうした, などはい, なのに, なんかは, にすぐ, にそう, になっ, にのみ彼女たち, には, にはいかなる, にはいつ, にはいつも, にはそこ, にはそれ, にはただ, にはなん, にはもう, には何より, には僕, には塔, には子供, には当然, には彼, には深い, には熱海, には病人, には自分, には荒鷲, にも顔, に兄, に入口, に売り, に女心, に姫, に屁, に彼, に思う, に死ぬ, に洩らすらしい, に源氏, に特需, に私, に蘆屋, に買う, に鎮守, のわたし, の感じ, の軽い, は, はあっ, はいつ, はそれ, は僕, は凡智, は半分小児, は彼, は村山翁, は私, は自分, は蚊帳, は血肉, は鬱ぎました, ひいても, ほど真に, またいろいろ, も一刻, も旧, も時, よりも魔物, わが居たる, 今更ながら, 即ち絵画, 始めて故郷, 嬉しと, 尚更あくど, 常に京伝, 当然そこ, 鋭くも

▼ 思う~ (140, 0.4%)

6 はない, はなかっ 4 もあった 3 がある, が多く, である, もある 2 があっ, があるだろう, がいやしい, です, はあるまい, はねえ, もあっ, も多かっ, も多く

1 [94件] からわざと, があった, があったなら, があるなら, があれ, があろう, がい, がいます, がいるなら, がそれ, がぞろぞろ, がない, がなかっ, がゆかなけれ, が一方, が出来, が古い, が多かっ, が押す, が有った, が裁判官, が首, こそ多, さえあった, さえありました, さえある, さえない, さえなかっ, だけ勉強, であります, では, なくフランス, にはあ, には半分位門, には思わせとい, には注意, には誰, によって使われる, の一人, の前, はありません, はありませんでした, はあるべからず, はいない, はこの, はこれら, はその, はだれ, はどうしても, はないでしょう, はなお, はなかるべし, はなけれ, はなし, はみな群舞, はみんな, はよろしく, は一人, は人類, は先ず, は前, は去っ, は又, は口, は少なく, は当然, は忘れ, は愛, は拙者, は政治算術, は楽しかっ, は次, は気の毒, は深く, は第, は芝原氏, は行け, は遠慮なく, は風, ばかり多く, へこっち, へ附着, もありました, もあるだろう, もあるらしい, もあろう, もいた, もその, もない, もなかりし, も無い, を多く, を打, を用いなけれ

▼ 思うくらい~ (139, 0.4%)

12 である 11 であった 10 だ, です 4 だった, ですよ 2 だから, で, なもの

1 [82件] あんたが, うれしい, おどろいて, おどろきました, ことごとく失敗, こよい, すべてに, その中, その伏し, だったよ, だよ, だわ, であったが, でありました, でした, でしたよ, でしたら彼, でしたわ, ですから, で左様, なの, なのよ, ならおと, ならこう, ならなん, なら日本料理, なんだ, な大き, にぎやかな, のめらせながら, はしたない調子, ハッキリし, ハッキリと, 何か, 何の, 健康と, 優しい口調, 充実し, 内心では, 力が, 厳重に, 古い物, 大きいの, 大人しいもの, 寒気に対して, 常人と, 年が, 心が, 怒って, 恐ろしいけんまく, 悲しくて, 悲惨な, 手近かなと, 整然とぴかぴかし, 方々の, 桃子の, 気の, 気分が, 消極的の, 温順しいんです, 溜ったらわけ, 濃い煙, 烈しい驚き, 烈しく舗石, 猛烈な, 病的に, 直されて, 真剣に, 磨き清められた室内, 窮屈げに, 精しい, 美しいアクセント, 美事な, 色とりどりの, 色には, 豪華を, 近くを, 重い荷, 静かに, 顔中に, 騒々しい, 驚異と

▼ 思う通り~ (136, 0.4%)

5 にし, にする, になる 4 になった, にならない, にならなかった 3 の事 2 に出来る, のもの, を言った

1 [100件] だ怪美人, です, ですから, ではどう, となり, なこと, なら先生, な事, にさし, にさせ, にしなけれ, にします, にしよう, にしろだ, にじゃらされ, にできない, になっ, にならず, にならぬ, にはいかなかった, にはいつ, にはかどっ, にはならぬ, にはならん, にはバウンド, には何一つ, にゃなりっこないよ, にやれる, によく, にズンズン, にリード, に世の中, に事, に任せ, に位, に使い棄て得る, に働い, に僕, に先方, に出ぬ, に出来ない, に出来上がったら, に利かなかった, に勉強, に動かし得た, に動かそう, に原稿, に執筆, に夫婦, に審理, に急, に感謝, に成, に手順, に捗取らなかった, に植物学, に歩, に溜まっ, に燃えた, に爆撃, に生き, に直し, に行かない, に行きました, に行った, に見え, に返事, に通っ, に進ん, に進展, に運ん, の人, の像, の勝利, の夢, の寸尺, の方角, の求婚, の結果, の美的条件, の自由, の金, の青年, の風, やって, をその, をやっ, を云え, を云った, を引き出した, を書い, を父, を精一杯, を行っ, を言っ, を述べたる, 垢抜けて, 言い切って, 言って, 長く続かない

▼ 思うので~ (134, 0.4%)

2 ござります, ついでに, 私は

1 [128件] あらかじめこう云っ, いつでも, いつも私, がす, がすが, ここに, こっちでは, この歌声, これから調べ, こんどの, ござった, ござりました, ござろうか, しばしば洗濯, しばらくは, すっかり安心, ずんずんと, そういう鎮静剤, そのため, そのとき, その手当て, その時, その気苦労, その腹, その金, その閑適, それでお呼び, それでわざわざ, それ迄に, そんな人たち, つまり精神的, つまり豊島さん, とうとう病気, どうかこいさん, どうかみんな, なおすぐ, なお大事, なお意志, なくて, なるべくは, なんら他, ふっとその, また悪事, まアそれ, むつかしいの, もう少し話し, もっと世, やめるが, よい菊, ケティを, フオホホーイと, 一同は, 一向構わず, 一寸お話し, 一年一回する, 一往手紙で, 一言し, 不謹慎の, 九の, 云って, 今処方しました, 今日は, 今日まで, 今日之は, 他の, 何だか落, 何となく心, 倭文子は, 僕は, 僕自身に, 再録, 力の, 単なる現象記録, 又云う, 古いこと, 大切に, 大変な, 奥から, 始めてこの, 孫十郎は, 寂しくも, 寧ろ彼自身, 小言を, 左に, 巻末には, 弟に対する, 御座います, 御座いますが, 御手洗で, 忍んで, 思考力や, 怠らず監視, 急いで, 懇談に, 手に, 新左衛門夫婦は, 日本料理の, 日頃婆さんを, 昂然と, 昨夜鈴木先生に, 書くの, 最初の, 未だに悟りきれず, 本誌に, 本誌の, 此処に, 殆ど全部, 毎日買い物を, 決してわたしども, 沢庵は, 泣いて, 物を, 物好きな, 皆を, 目顔で, 眼も, 秀之進は, 秀麿は, 立って, 結局若宮の, 織田滝川の, 自分からは, 自分に, 親切に, 逃げること, 面は, 音物は, 食う道

▼ 思う~ (133, 0.4%)

8 にもう 5 にその 4 にまた, もあら 3 にそれ, に小林君 2 に, にかれ, に彼女, に闇

1 [98件] にあやか, にあれ, におそろしいはや, にお爺さん, にこの, にこんな, にざー, にすぐ, にずるずる, にそこ, にたちまち, にとうとう, にとけ, ににせ, にはるか, にぱッ, にひとかたまり, にひとり, にぴかっと, にほろり, にぽろり, にギャーッ, にハンドル, にペチャンコ, に一寸, に一柱, に一筋, に丈八, に三, に二三尺, に二三歩, に二人, に今, に伊織, に伝六得意, に克彦, に入口, に北風, に又, に地, に地上, に地面, に城, に外, に奥, に子, に宏壮, に密着, に少女, に崖, に張飛, に彼, に後ろ, に息, に悪魔, に手, に手ぬぐい, に明るい, に朱柄, に板子, に武田太郎義信, に歩いてる, に水中, に法達, に泰二君, に消え, に深い, に深淵, に渡し, に激しいく, に空, に細そり, に老, に自分, に自動車, に菊池, に蔦, に蛾次郎, に見えずなりぬ, に豹, に足もと, に追いこし, に速い, に遠い, に頂辺, に風, に駕, に魔人, に黄金, に黒, に鼠, のでき, の出来事, もあらず, もあらせず, もない, もなかっ, 兎も

▼ 思うだけ~ (123, 0.3%)

12 である 11 です 105 だった 4 であった, なん 3 だが, なの 2 でございますけれども, でした, ですよ, では, でもう

1 [61件] おいで, じゃ, その苦痛, だ病気, で, であろう, でいま, でいま大塩沙漠ゆき, でうれし, でこの世, でございます, でさあ, でしょう, ですわ, でどこ, でなお, でなく事実, でなく良人, でなぜ, でなん, でべつに, でほか, でむしろ, でもちろん, で世間, で僕, で取り留めも, で名前, で娘, で専門家, で彼, で御座います, で恐らく, で明るい, で明確, で格別, で武蔵, で決して, で秀頼方, で私, で義兄, で背筋, で胸, で腹, で身体中, で銃, で非常, なのよ, ならいい, また一つ, 一緒に, 余の, 刈り上げさえ, 取れと, 察すれ, 無益である, 私は, 脈を, 虫を, 言いたまえ, 道糸を

▼ 思うかも~ (119, 0.3%)

30 知れないが 14 知れない 11 しれない 10 しれないが 6 知れません, 知れませんが 5 しれんが 4 知れぬ 3 しれません, しれませんが 2 しらんが, しれぬと, しれねえが, 知れないけれど

1 [19件] しれないけど, しれないけれど, しれないし, しれないでは, しれないなどと, しれないね, しれなかった, しれなくてよ, しれぬ, しれませんな, しれませんね, 恥ずかしい, 知れず, 知れないけど, 知れないの, 知れないのに, 知れねえが, 知れませんね, 知れんが

▼ 思うけれど~ (114, 0.3%)

4 それは 2 仕方が, 余は

1 [106件] あまりの, あるいは見なかった, あんた位なら, うちの, おかしくて, お上の, お腹の, こ, こいつは, こちらから, しかし他人, そうで, その大奥, その朗らかさ, その苦痛, それから, それが, それではあんまり, それでもきのうお母さん, それでも泣きたい, それに, それには, ただ一つ, だれかに, ちょっと手, ついこうし, でもおそらく, でも全体, とにかくはじまっ, どういけない, どうかしら, どうした, どこか, どこまで, なんだかジリジリし, なんだか火, はっきり決ってない, ひとりでに顔, まず僕等, またその, まるで蠅, もうかれこれ月, もう四年, もう気, やっぱりこの, わたしには, 一切秘密だ, 万一この, 主人には, 二人と, 今じゃ, 今は, 今日の, 今更それ, 何が, 何しろあの, 何しろの, 何という, 何となく終り, 偶然と, 偶然として, 僕等の, 円髷じゃあ, 刺された後, 前後の, 却って両, 呼んでも, 夜に, 如何でしょう, 婆の, 実際何事, 家へ, 小説の, 小説を, 小説風なお, 帰らなければ, 平生心おきなくまじわった, 張りさけるよう, 後で考える, 手探りに, 拒む訳, 明日にでも, 昔日の, 曲者が, 本人に, 本当に読書, 構わないか, 次郎には, 歩くの, 然う, 爾も, 猶だ, 生れつきかなあ, 皆が, 直ぐ大津, 私に, 私は, 節ちゃんに, 米友さんの, 考えると, 逢わないで, 遅いじゃ, 阿難, 頭まで, 顔を, 骨が

▼ 思うばかり~ (114, 0.3%)

10 である 9 です 8 だった 7 でした 53 でそれ, では 2 であった

1 [67件] あの沙門, いうまでも, さすが物事, するどいさけび, その古びた, その説明, だから, だからキヨ子, だとも, つぎから, で, であって, でありました, であります, でいつか, でございます, でございまする, でさえ, でそれで, でそれ以上, でなかなか, でなくかえって, でなくて, でなく口, でなく彼, でなく技巧的, でなく旧人, で今日, で体, で何故, で女房子, で子ども, で対岸, で後悔, で手, で晴れ渡った空, で未だに, で正当, で永き, で無かった, で私, ならい, なり, なりき今, ドス黒い, 何か, 利用の, 前刻彳ん, 十五六年いや二十年もっと, 和かい線を, 塵一っ, 大雨大風と, 天に, 家庭の, 小県, 昂奮し, 木の葉が, 染いろ, 注意力を, 無念で, 獅子奮迅の, 男女長少, 痩ぎす, 白地の, 立てば, 見ひらかれました, 跣足を

▼ 思う~ (113, 0.3%)

54 して, 知らんが 32 しれません, 知らねえが

1 [93件] ああ, あるいはまだ, あるいは自分, いい年, いや御両人, うつけ者め, え不埓, おおむね皆, お前でも, きみの, このまま, この校長, これ大, したくないか, しっかりしろ, そしてまた農村, その密勅, それが, それともまた, それともまた自分, それとも少し, それとも生き, どうか, どうかと, どうかは, どっちです, また誰, みんなが, やさ, わかりません, わしの, オタツは, サア然うなれ, ヤイ, 不埓, 乃至は, 今夜宅へ, 但しは, 余計な, 俺は, 俺も, 其方の, 分らない, 分りかねます, 分りません, 分れへん反対, 判らない, 利家は, 勤王とか, 取らぬと, 否だ, 喧嘩を, 四人と, 国手, 大抵分るだろう, 失敗される, 安心しろ, 思わないかは, 思わない内, 急遽浜松, 恥を, 悪いと, 慕って, 手前には, 手前は, 拙者の, 日本の, 日本は, 本当の, 次郎左衛門は, 殆どその, 無いと, 独仙君, 甲斐, 男子の, 知らないが, 知らぬが, 知りませんが, 知れない, 知れないけど, 知れないと, 知れないの, 知れぬが, 知れません, 知れめ, 知れんけれど, 知んねえけれども, 短かい, 考えて, 若者は, 証拠は, 馬鹿も, 鼻を

▼ 思うけれども~ (108, 0.3%)

3 それは, 私は 2 そこは

1 [100件] あなたにとっては, あるいはわれわれ, あるいは使, いかにどうした, いろんな人, いわゆる近代思想, きっとかえ, この四五年, これは, こんなこと, さて実際, さらに料理, そういう訳, その黒百合, それでシゲキ, それとても, それには, それも, それを, ただこう, とても出来ぬ, とにかくこの, どうかする, どうしても思い出せない, どうしても考えず, どうしてやる, どうやら過去, どれか, なか, ふとって, また子供, もし取逃がした, わしにとっては, わたしと, ゴルドン君に, 一往夫にも, 一馬自身が, 世間の, 二十歳の, 人が, 人夫とは, 今では, 今は, 今日ここで, 今日一部に, 今日例えば, 仕事の, 他人という, 伊緒は, 何う, 何だかこの間, 何も, 何事にも, 何分にも, 何分出る, 何分手数, 俺が, 僕も, 先方は, 又くりかえし思う, 又こう, 呼べば, 国へ, 子供に, 学術の, 安福軒の, 実際は, 寒中に, 専門の, 少しながく, 少女が, 師匠の, 当人が, 当時は, 志賀という, 恨むらく, 我々の, 或はどの, 捨て難い, 時の, 最後の, 未だ眠から, 母は, 水害の, 決して人, 現に, 田舎に, 私の, 私も, 立ちどころに厄災, 第一, 第一私, 自分や, 自負心とは, 行方不明である, 見事に, 酒を, 長ッ尻, 隣室へ, 雪姉ちゃんは

▼ 思うのに~ (107, 0.3%)

1 [107件] あせって, あと十年も, あなたは, あなたも, あの勝山, あれこれと, あんたには, あんなふう, いつまでも, お前の, かれは, こうしてよく, この事件, この頃, これが, これは, そのまた, その昔ブータン, その謡, それが, それに, そんなこと, そんなに義王御前, どうしてアメノウズメ, どうもどっち, どうも成績, なお五里, なかなかそうで, なかなか戻っ, なんだかんだと, ひとりでに瞼, ひとりでも, ふさわしいもの, まだ床, もう煤煙, もし此, やっぱりやあ, わざわざ解り, コップが, ダラダラ儲けた, ドヤドヤと, 一方真, 三左衛門の, 与次郎は, 中, 中段が, 久作の, 京に, 人間という, 今と, 今は, 他人これに, 何時までも, 作者は, 傍らの, 初めてじゃ, 前線からは, 十年一日と, 午後まで, 南方から, 博士は, 又し, 同じ話, 呉服には, 国民の, 坂の, 塩漬けに, 大抵の, 大正十年十月二十一日の, 実は十日, 家が, 少しも, 山は, 巻雲ぼやけ, 彼が, 彼は, 彼等は, 慧鶴は, 或る, 打ちしおれて, 折しもコツコツと, 教授は, 未来の, 本街道, 毛の, 水の, 源氏が, 濫りなる, 焼ゴテ, 牛馬や, 目指す窟, 看護婦が, 私の, 筵囲いの, 総監は, 胸が, 自分の, 街路は, 誰も, 赤坊は, 身に, 錦の, 阿久刀神は, 陶磁の, 面と, 頸には, 黄金階段の

▼ 思うても~ (103, 0.3%)

4 居ぬし 3 たまらぬ重圧, よいだらう 2 ごらんなされ, そうは, たまらぬ重, みられい

1 [85件] あいにくに, あまりが, いちど啓之助の, いやで, いらりょうが, うっかり珍, おぞい奴等, おた, お見, くれまい, けがらわしい, このあり, ご覧じませ, さしつかえなかろうに, せんなきもの, そういう事, そこは, その相手, それは, とても七日, どうしても応じない, どうしても這入り, なかなか安閑, なんとなくその, ひとびと, まだあんたはん, みい, みるが, よいだろう, よい様, よからう, よさ相, よしや不憫, ゐた, 下りを, 下司の, 今後は, 何が, 傍へ, 先刻ちゃんと, 出仕する, 出来んもん, 切らして, 口には, 和合せぬ, 埒明かん, 実に愉快, 帰らぬ事, 心は, 怖ろ, 思いきれない, 思いの, 思うても, 急に, 慄と, 慄然と, 所詮むすび付いた, 掴みどころの, 是非ない, 暑いこと, 格別の, 止んで, 殺すこと, 涙が, 物影の, 目覚しい, 眠られぬし, 矢張まとまった, 網を, 聞けは, 背に, 胸が, 胸くその, 腸が, 自分として, 自分には, 色気も, 藻も, 見たが, 見なかつた, 見なされあろうこと, 見よ其煙草入, 見られい公方, 見られぬ処, 道理で

▼ 思うより~ (101, 0.3%)

15 ほかは 13 ほかに 5 仕方が 3 先に 2 ほかありません, 仕方なかった, 仕様が, 他に, 他は, 外に, 外には, 外仕方が

1 [49件] きくもの, しかたが, そっとそのまま包みたくなり, その乗艦, その関係, どうもなり, はるかに, ほかその, ほかなかっ, ほか仕方が, ほか別に, むしろつんと胸, 一層切, 不愉快な, 世を, 今まで, 仕方がねえ, 他には, 他再び, 以上おれは, 以上の, 前に, 売って, 外ありません, 外なかっ, 外なんにも, 外は, 外考え様が, 妻を, 娘の, 幾分の一外仕事の, 思いようが, 恋しいて, 情には, 早くいっそ, 早くまた, 早く三人, 早く余, 早く剣鬼左膳, 早く弥生, 早く栄三郎, 早く橋, 権門富貴に, 気が, 痛切なる, 致しかた, 軽部さんの, 遠かった, 酔って

▼ 思う~ (94, 0.3%)

9 にはまっ, にはまった 54 だったの, であった 3 にはまる 2 に入っ

1 [58件] じゃない, じゃろうけなあ, だぜ, だぞ, だった, だったので, だったろう, だったわけ, だなんと, であったが, であったの, である, でいい, でいつも, でご, でございます, でございますよ, でした, です, ですわ, でもあった, で満足, というよう, という所, と煙草盆, と申し, なので, なのよ, なん, に, にだんだん, にはならない, にはまらぬ, にはまりました, にはまり通し, にはめられた, に入った, に女中, に嵌, に嵌っ, に嵌まっ, に嵌らなけれ, に嵌りすぎ, に氏郷, に浴びせられ, に舌, に落ち, に達せぬ, の巣, の状態, へはまった, へ墜ち, へ竿先, へ誘い込まれ, へ陥れた, まで手繰り得た, らしい結論, をまっすぐ

▼ 思うとき~ (86, 0.2%)

4 にその 3 がある 2 があった, に彼, は知らず, もある

1 [71件] あつらえ向き, いつもこれ, かならずつづい, があります, がときどき, がなかっ, が来ます, きっきっという, くったり, しみじみと, するよう, その人, その酒屋, たとえば全面講和, だけよ, だけ一度, では何となく, でも病院, に, にあす, にあの, にすべきだ, にすべて, にそれ, にそれら, につくづく, にどこ, には, にはそれ, にはむしろ, にはもと, には先ず, には十時, には同情, には塔, には常に, には彼ら, には知らない, には自分, にふと, に一度, に何, に半, に古, に吊られた, に大きい, に現実, に生じ, に畏, に病身, に膝, に自分, に限っ, に馬, の用意, は, はなぜ, はほか, はまず, は夜仕事, は朝, は第, は黙っ, もあるでしょう, 太い蔓, 新しい大, 早くね, 決して見のがされない, 看る人, 突然敵, 第一

▼ 思う~ (83, 0.2%)

3 があっ 2 あって, ありて, は決して

1 [74件] あるらしく死体, あるらしく谷山, あるらしく魏延, か心中, があった, があつ, がございません, が有っ, が次, だ, だけを云っ, だった, だろうが, であった, である, でお前たち, ですが, でサクリ, で壁, で強くせわしなく, とよく, によっていろいろ, に予想, に幸, に彼, に至る, に見えぬ, に請出され, のもの, の横丁, の物, の真面目, は, はと梁川君, は全国男女, は枝, は見出しえなかった, へそれ, へは届かぬ, へ往け, へ横付け, へ此の節幸手, へ着いた, へ落ちつく, へ行かず, へ行けぬ, まで来, もおました, も日本, より四, をジワジワ, を云っ, を云った, を伝える, を助けられ, を十分, を掘っ, を揚げ, を書い, を歩い, を竭, を見, を見廻した, を述, を述べ, を述べよう, を述べられない, を述べ出した, を通そう, を魚刺, 即ち我が, 為す仕事, 無くいきなり, 等しければ

▼ 思うには~ (77, 0.2%)

5 これは 2 男は

1 [70件] ああいう, あのお婆, あの北海丸, いったいこの, いまの, おそらくこれ, お茶や, かなしいかな, きっとおまえ, けっきょく, ここは, この呉, この檀渓, この金貨, これからは, これじゃ, これだけの, これを, これ必ず, こんな家, とてもの, なんぼ自分, まず艱難, まだ裏, もうその, もしも花村甚五衛門様, ブランカも, 一段床しく懐しい, 世の中で, 今日支那に, 仲, 伊織は, 伝説的の, 似ず平気, 例の, 冬に, 出すという, 参覲交代という, 及ばない, 女房に, 孔明は, 家庭料理を, 少しさわり, 張飛でなく, 強い濃い刺激, 当分は, 必ず何, 思いましたが, 思うけれど, 思うん, 思ったが, 思ったん, 我が悪事, 昔の, 東海東山二道ある, 此林中には, 段九郎の, 火星の, 獅子とか, 男と, 砒石を, 祖父祖母親子姉妹海山百里二百里と, 私は, 粂之助が, 自分の, 花の, 薬なんて, 語学校の, 金の, 頬から

▼ 思うほどの~ (77, 0.2%)

3 ことも 2 ことが, ことは, 心で

1 [68件] いらいらした, きりょうです, こどもなら, すごい金切り声, それは, た打つもの, のんきさ加減なれ, ひどい雑音, ものが, ものは, やむに, よろこびに, 下駄では, 事をも, 人が, 人なら, 会釈も, 傑作にも, 分別あり, 切り詰めた暮らし, 力が, 功果の, 呶鳴り声が, 声で, 大もの, 大夕立, 大鉞, 好奇心も, 媚びを, 実も, 小さな地面, 嵩に, 平気であった, 店員が, 度胸の, 強い魅力, 待望を, 心に, 心地が, 心持で, 恐怖を, 恩を, 悲痛な, 感じに, 憎々しいくらいの, 手数も, 整理ぶりだった, 新味を, 暇も, 有様後は, 本であります, 毛むくじゃらで, 無価値, 痛みを, 皿である, 絶望に, 絹夜具の, 美しい女性, 者は, 興味も, 色が, 裸体の, 親切を, 評論が, 重大なる, 釜状の, 長い袖, 難行五時間後に

▼ 思う~ (71, 0.2%)

2 一方では, 自分の

1 [67件] いかにもかよ, いやいやそうで, おバケ, お君自身, お母さんの, かりに区切り, こんなところ, そういう人, そうしたらどう, そこで取交わされた, そしてその, それにその, それは, たとえそう, たとえ山, またすこし, またそんな, まただれ, またもう, また例えば説明, また希わく, また木陰, また疑われ, また郁太郎, また高い, みんなが, もし先生, もちろん周防, ハンズは, ヴァン・ダイクなど, 一面で, 二度と出掛け, 亡くなった人, 人も, 位置から, 僕は, 僕も, 兎に, 吾輩も, 商人も, 大局的に, 大臣の, 女房たちも, 婦人部として, 家来たちも, 封建的な, 少々長い, 怒られるの, 慰めても, 批評家の, 昔の, 最後の, 本家も, 本当に病気, 松本にも, 源氏も, 独身で, 現代の, 白髪の, 真実でなけれ, 維茂どのも, 肉親の, 自然腑に, 自由に, 見境いが, 関さんの, 鰌が

▼ 思う~ (71, 0.2%)

2 だった, である, です, でないと

1 [63件] あわれな存在, おかしく私, かすかに, がやがやと, げっそりし, この問題, そう思え, それ程文学上, だ, であった, であります, であるが, でした, でしたが, では, でも, で手, なりき, に, に文三, に苦しく, のなさけない, の屈辱, の或, の有様, の父, の特別, の盆栽, の立派, の緊張ぶり, の自信, の高, はっきりはっきり定, はっきり十六, もしその, ハッキリと, 互によく似通った, 低く飛んだ, 余計に, 全く戦前的演出, 凡てが, 初代こそは, 取り立てて, 吾身ながら, 大きい声, 御陽気, 心は, 揃って, 時代の, 泣かされた, 浅草の, 深い馴染, 男らしき釣, 私の, 積もって, 繰返して, 腸は, 自然に, 色の, 試験を, 非科学的, 頭脳が, 饒舌に

▼ 思う~ (70, 0.2%)

3 なの, な事, な人, になっ 2 にならぬで, になる, に行かず

1 [52件] ないや, なもの, な事柄, な体裁, な大変, な心持, な戦争, な疑わしい, な節々, な素振り, な装置, な辻占, な馬鹿, に, にうけ, にかけない, にき, にし, にしみじみ, にとれぬ, にどこ, になった, にならない, にならなかった, になり, になりました, になりません, にはつけず, には出来ない, には出来なかった, には廻りません, に一人, に之, に出, に出あるけなかった, に制御, に剥, に動かす, に半分, に又, に困っ, に心, に接近, に書け, に書けない, に本統, に空ア雲, に行かない, に行かぬ, に行く, に言う, に談話

▼ 思うという~ (68, 0.2%)

8 ような 6 風で 5 ことを 4 ことは, のは 3 話を 2 ことだった, ことの, 風であった

1 [32件] あの船乗, ことが, ことと, ことも, のが, のである, のです, のを, わけは, 一節も, 不決定, 事, 其のお, 彼女を, 徹底的に, 意味の, 手紙を, 抱負を, 文章が, 方が, 様な, 点で, 登には, 知らせを, 船乗の, 表現が, 言葉が, 話であった, 話です, 話なぞを, 説と, 道理で

▼ 思う~ (63, 0.2%)

6 です 5 である 3 だ, だった, であった, でした 2 だよ, であったが, のもの, の事

1 [32件] いです, い昂奮, い気, かも知れず, だから, だったので, だのに, でありましょう, であります, であるが, でございます, でしたが, でしょう, で別に, で水, なのよ, なん, になっ, にはなった, に実, に彼等, に打擲, に掻き廻し, に迷信, のこと, の姿勢, はっきりした, よ, 可い, 御常, 苦しんで, 落つけ

▼ 思うとおり~ (58, 0.2%)

3 になる 2 にうち, にし, にする, になった, を云っ

1 [45件] おっしゃるの, ずばずばと, なもの, な気, にできた, になっ, にならなく, になります, にはどうしても, にはならない, には云え, には動かなくなった, には行きません, にもの, にやる, に事, に人生, に出る, に動く, に取り決め, に御, に最初, に母娘, に生きよう, に生活, に行く, に言っ, に送れよう, にFIX, のこと, の人, の告白, の理想, やって, をいい, をじゃんじゃん, をぶっきらぼう, を三四郎, を倉地, を正直, を直行, を腹蔵, 暮らして, 書けなかった, 走れなかった

▼ 思う存分~ (55, 0.2%)

4 に発揮 2 のこと

1 [49件] な所, にその, にって, にながめたい, になすっ, にはねまわった, には出せない, に作らせ, に使っ, に傍若無人, に傷つけられた, に募り切っ, に啓発, に嘲笑, に大胆, に専門, に恨み, に意志, に愛玩, に憎しみ, に打込んだ, に托する, に排斥, に掻き, に描けます, に改革, に施し, に書い, に本, に泣き入っ, に洗っ, に活動, に演説, に為, に発現, に眠る, に繁り合っ, に自分, に舞台, に蹂躙, に面詰, に騒ぎ散らし, の利潤, の痛み, の自由, の落書き, の袋叩き, の面罵, を振る舞っ

▼ 思う~ (53, 0.1%)

3 大間違い 2 大なる, 当然の, 誤りである

1 [44件] あながち咎, あなたの, いかに, この上, この方面, これを, その人, ただ死せる, ど静か, はなはだ幼稚, まだまだ早き, まだまだ金, もっと実践力, 不文不明の, 偶然かかる, 別の, 則ち動くなり, 去るわれ, 天下の, 嬉しく思わぬ, 実にこの, 実にその, 屍を, 帝王の, 当前, 当然何故お, 愚の, 愚も, 愚俗の, 愚民の, 押が, 普通の, 無理なし, 無理ならぬ, 物に, 能く, 詩という, 誤り正直, 迷信である, 迷信の, 間違いである, 非なり, 非常な, 黒雲を以て

▼ 思う~ (53, 0.1%)

2 にはこれ, に人力車

1 [49件] お勝手口, から法華経, が壁隣, その女, その実数間, でした, にかれ, にここ, になっ, にはもう, には雷雨, にふたたび, にふと, にまた, にもう一度, に二人, に今度, に却って, に又, に彼, に押入, に次の間, に滔々, に濡れた, に草むら, に行き違い, に裏口, に足, に足早, は十三夜, は母親, は辛酸, ふと幅広い, また白眼, までまだ, もうよかろ, やっと前, 凄じい電光, 又も, 同じ場所, 呼びさ, 始めて起き上った, 宜道, 忽ちワッ, 漸く十二時, 漸く遠く, 遥か岩, 阿父様, 颯と音

▼ 思うその~ (51, 0.1%)

2 心の, 瞬間に

1 [47件] お千さん, とき電報為替が, はなへ, まさかを, 一つの, 一例を, 中年の, 偽善を, 包が, 原稿と, 厨子の, 向うの, 唯一の, 場所から, 奥に, 姐御, 姿が, 当時は, 心が, 心今の, 心持から, 心配で, 思いだけ, 手巾さえ, 手紙に, 提灯が, 故郷の, 日こそは, 時おそく, 時の, 点です, 点に, 物は, 瞬時に, 瞬間を, 瞬間箱の, 私という, 胸へ, 言葉の, 足で, 辺までは, 金に, 隙も, 非常と, 頃は, 頃東京では, 黒い唇

▼ 思うものの~ (49, 0.1%)

1 [49件] いざという, いよいよあした, この場合, ごとく, さすがに, さて未練, さりとて云い出しかねる, しかし新子, そう思われない, そこまでの, その数, その釈迦, それだけの, そんな事, どうも判断, どうも安心, どの部分, なんだか暗い, なんとかする, ほかから, また一方, もし外れ, やはり列, やはり時間, やりかた, 不用心と, 与の, 世間を, 二葉亭は, 今も, 仲裁人らも, 何だか奥歯, 何となく例, 兄の, 冗談にも, 取って返して, 只こうやっ, 彼女が, 悲しいか, 気の, 火山は, 留守中の, 相手は, 私には, 絶つに, 良寛様の, 若しお, 藤吉郎も, 見れば

▼ 思う~ (49, 0.1%)

1 [49件] あって, あるらしくこの, あるらしく房, から, から兎, から入水, から悪い, がある, がいずれ, がない, がなけれ, がふらふら, が有る, が矢張野原, で, でも吹い, でキリキリ, で亀, で五六尺天窓, で左, とは異, にある, にし, には誰, に曳, に違わず, は, は爪立足, へこう, へどしどし, へ五六人, へ人殺し, へ大音寺前, へ忰小平, へ旅行, へ欄間, へ泊った, へ湯タンポ, へ番頭津山, へ親しく, を, を両手, を探り当て, を爪, を肉切庖丁, を覘, を論じ合った, を述べよう, を述べる

▼ 思う~ (49, 0.1%)

4 がある 2 がどうか

1 [43件] から来ない, から追い立てる, があまりに, があるいは, がどうやら, がどだい, がむりもない, がよっぽど, が多く, が床, が強い, が手っ取り早く, が無理, が笑止, が郊外, が閑人, が間違い, が間違っ, が馬鹿, であるの, にはそれ, に別れ, に心, に進め, に遊び, の前, の諸, は切に, は大した, は煙管, は科学普及書, は自然, へと傾い, へは行かない, へひたすら, へ海流, へ紙鳶, へ船, へ走ろう, もある, を, をさし, 慕う方

▼ 思うだけでも~ (46, 0.1%)

1 [46件] けなげな, この二人, ぞっとする, なんとなく自分, ひどく頼もしくなります, もう夫, もう胸, やはり涙ぐん, やりきれたもの, やりきれなかった, よくよくの, わたしの, クリストフは, 今の, 体の, 偶然な, 吾人にとって, 喉を, 堪えられなかった, 大てい, 夫が, 彼には, 彼の, 彼は, 微笑み, 忠通の, 恐ろしくて, 愉快です, 朱実は, 気が, 気持が, 気窮りであった, 永い間田舎, 浩は, 私の, 私は, 肉体的に, 肌に, 背筋には, 胸が, 自由な, 負担であった, 起こりますよ, 身が, 面白さ, 頭は

▼ 思うほか~ (45, 0.1%)

28 はない 4 はなかっ 3 なかった 1 ないで, なくなった, に, にいよいよ, に一人, の人, はありません, はないです, はなかろう, は淡い

▼ 思うまもなく~ (45, 0.1%)

1 [45件] あがり口, あっという, かたこと, こんどは, その女, その恐竜, その白い, ふたつの, またいな光り, またばったり, カワウソは, チョビ安と, フハンは, モコウの, 三本松の, 六人の, 古い池, 呂布は, 姿が, 姿は, 富士男の, 平七の, 彼は, 彼女の, 怪塔ロケットと, 意外残念わしの, 明けるに, 玄関で, 白いふろしきづつみは, 目が, 矢場の, 福田くんが, 胸に, 自動車は, 船は, 荒浪に, 裏の, 身体は, 車軸を, 遠く遠く吹き飛ばされ, 醤油樽ほど, 鐘巻一火は, 長途の, 青ざめて, 駕籠の

▼ 思うよりも~ (44, 0.1%)

2 案外に

1 [42件] お美代, かえってより, この人, こんな忍び姿, こんな目, そんなこと, そんな興味, どうかし, むしろそう云う, むしろ嬉しく, むしろ珍, もっとこまっ, もっとゆったりした, もっと影響, わが敵, 一層姫, 三五〇円しか, 三好さんに, 今彼に, 他人を, 先に, 器械の, 困ったもの, 夢の, 夫を, 女の, 嬉しいと, 寧ろ愉快, 少し事情, 恥ずかしい自身, 支那に, 数寄を, 早くピューッ, 早く相, 点と, 現在の, 畔に, 私自身の, 結局大切な, 行けるか, 遙かに, 驕慢で

▼ 思うとも~ (40, 0.1%)

2 言った

1 [38件] いう, うその, これを, なき顔, なく, なくい, なくきょろきょろ, なくこころ, なくしばらく, なくじっと, なくその, なくそれ, なくなに, なく事務長, なく今年一年, なく何, なく唯茫然, なく天井, なく女, なく庭前, なく思い, なく思いやられる, なく思い出した, なく思い返す, なく思っ, なく椅子, なく物思い, なく眼, なく瞼, なく胸, なしに, はばかる気, 云った, 形も, 彼の, 書いて, 知らずに, 話した

▼ 思うにつけ~ (40, 0.1%)

2 心の, 自分の

1 [36件] あの東北, あまりと, あれほど, いつも久慈, かつての, こう云う, これから先, その好意, なんとし, はやれば, ふと目, よけいに, エトラスケール語の, 一入秘蔵, 五体の, 人の, 何か, 何んとか, 坊野寿山子が, 妃たちは, 学生の, 彼のみは, 彼は, 彼女を, 思いは, 日露開戦の, 昨日の, 深夜十二時あえて, 知って, 知人の, 私は, 胸が, 自分と, 通貨の, 邪慳で, 飢餓に

▼ 思う~ (38, 0.1%)

1 [38件] が, があっ, がいた, が二人, が失われた, が年齢, が殆, だが, だったの, でした, とは添わせたい, と世帯, と死に遂げる, と花房一郎, に, にはもはや, にぶつかる, に寄添う, に対してはなお, に贈っ, の人香, の安否, の店, の心, の情熱, の手, の藤川庄三郎, はまあ, は一生, は先, は居らんで, へ打ち明けられよう, もあり, や女, をどこ, を厭応, を取った, を過ち

▼ 思う途端~ (38, 0.1%)

3 に彼

1 [35件] に, にうらなり, におそろしい, におれ, にずっと, にその, にである, にどこ, にふっと, にまあ, にむくり, にもう, に一, に今度, に余, に又もや, に女, に彼女, に忽ち, に早く, に次の間, に沖, に目, に真, に真っ正直, に第, に続い, に胃嚢, に表, に重い, に電燈, に馬鹿, に駕籠, ばさり, ぼちゃんと

▼ 思うころ~ (36, 0.1%)

1 [36件] お艶, がたんと, であった, にいきなり, にかの, にはおいおい, にはそろそろ, にはカタカタ, には木村, には本陣, にひとりでに, にわかにあたり, に上, に今度, に初めて, に山, に帝劇, に後ろ, に急, に時雨, に本所中, に欧米, に父, に紋作, に縁側, に老婆, の年ごろ, は吉左衛門, は紛れ, へさき, ぽっかり, やっと四時, やっと車, ようやく屋内, 小高いところ, 廻れ右

▼ 思う気持~ (35, 0.1%)

2 になった, になる

1 [31件] が, があるだろう, がとんと, が大きく, が彼等, が段々, が湧い, が眼付, が筆, が頻りでした, だけがある, だけでぞっと, であった, でいっぱい, でその, で暮し, で結ばれた, としっかり, にはならなかった, に成った, はお, はその, はわかる, は一つ, は却って, は残っ, もあった, も薄く, を一ぺん正直, を起させた, を顔

▼ 思うかと~ (32, 0.1%)

1 [32件] ありました, いうと, いうには, いきなり訊ねた, おっしゃるの, きいた, きいたと, たずねて, また恥じられ, 云う十枚内外の, 云えば, 云った, 其母親が, 反問する, 哀なり, 問うて, 尋ねた, 心に, 書いたの, 気づかわれました, 私が, 聞いた, 聞いたら, 聞いたら彼, 聞くの, 言うならば, 言うの, 訊いた, 訊いたとき, 訊いた時, 訊ねて, 質ねたら

▼ 思うふう~ (32, 0.1%)

6 であった 4 である 2 が見えた, で, であったから

1 [16件] が源氏, であちら向き, であったが, であるから, ですからね, で乳母, で子, で泣い, で近く, なので, に泣く, に見えた, の見えた, の見える, もなく, を時々

▼ 思うだけの~ (31, 0.1%)

5 ことで 2 ことであろう, ことです, ことを

1 [20件] ことである, ことでしょう, ことも, もので, 一瞬が, 事かも, 事が, 事は, 何かの, 余裕が, 余裕も, 値を, 厚顔を, 四角い穴, 因縁が, 根據は, 物を, 自信も, 金は, 領分を

▼ 思うては~ (30, 0.1%)

4 ならぬ 2 いけない

1 [24件] あせります, いかぬ, いつでも, いよいよたまらない, その後成る, ならぬと, ならぬの, ならぬ海つばめ, なりませぬぞ, なりません, 不安も, 大なる, 失い今, 失い攫んだと, 實際罪惡感にすら, 慄然たら, 戦慄せず, 手古奈も, 日ごろの, 柳生家では, 生き物は, 罰が, 誰とて, 違ふ

▼ 思う~ (30, 0.1%)

2 無理は, 道理これぞ

1 [26件] あれども, そのはず, たえ難い, また人情, むりではあるまいが, 叔母の, 同様であります, 哀れにて, 子を, 尤もながら, 心からぞとは, 恋い思うとばかり, 恐ろしい, 恥ずかしいよう, 束の間兄たる, 武人の, 気高い, 涙後生の, 無理も, 疾しや, 見るも, 遅い, 道理それは, 道理と, 道理文三の, 道理金助が

▼ 思うわけ~ (30, 0.1%)

4 です 2 がある, にはゆかなかった, は無い

1 [20件] があった, がわからなかった, じゃない, そしてそんな, である, では, とお, にはいかない, にはいかなかった, にゆきません, に行かない, のもの, はございません, はない, はねどの, はむしろ, は後姿, は我国, は跡隠し, もなく

▼ 思う~ (30, 0.1%)

2 の名

1 [28件] があられ, がそうして, が夜半, という言葉, と夫婦, と言う, なり姉, には気, に思われる, に持ちかけられた, に見限られた, に逢いたい, のこころもち, のため, の一心, の人, の後ろ姿, の生み, の頭, は入口, は決して, へ打ち明けられよう, もし, もない, も吾が, を取り返した, を引奪, を祈り殺そう

▼ 思う~ (29, 0.1%)

4 の心 2

1 [23件] が気, が間違っ, さえ吃驚, であるが, と酔うまい, なんぞにはああ, にはそう, にも一緒, のほう, のよう, の一念, の叔父, の在学時代, の気, の気持, の熱意, はそういう, は何だか, は厳密, は後, は自分, も, を気違い扱い

▼ 思うあたり~ (28, 0.1%)

1 [28件] からまた, から飛び込んだ, でカックカック, で先, で再び, で得意, で男, にそういう, に時, に来た, に沈ん, に蛙, に足, に蹈まれ, の一隘路, の岩穴, の氷, の硝子, へグザッ, へ三つ四つ, へ行っ, へ談柄, まで一, を, をそぞろ, を力一杯, を手さぐり, を瞥見

▼ 思うもん~ (28, 0.1%)

8 だから 63 ですか, ですから 2 かね 1 かねえ, じゃない, だ, で, ですからな, でない

▼ 思う~ (28, 0.1%)

1 [28件] あそこには, あたしなんかが, いまに, うちの, お父つぁんさえ, ことに先生, さあめしあがれ, それを, とにかくあなた, どう, どうせ, なし, なんにも心残り, まわりには, ジェム, ネエ, 亡くなった旦那様, 佃は, 小母さん眞箇に, 幸福に, 手紙も, 早くおり, 時間が, 清水は, 真個に, 血気の, 辛いこと, 野原さん

▼ 思う時分~ (28, 0.1%)

1 [28件] つよい排気, でした, にあの, にあわただしき, にお, におじいさん, にただ, にだんだん, には妹たち, には復, には木々, にわざと, にメリケン粉, に今, に俥, に力, に動物, に向う, に大長柵, に忽ち, に杉林, に火, に百万, に路, に踏みとどまり, に風, までお前, 不斗目

▼ 思うたび~ (27, 0.1%)

3 に私 2 にあの, にとても

1 [20件] にいつも, にさる, にどんなに, にはきっと, にもう, にイラショナル, にゼロオム・オゾリウス僧正, に人恋しい, に今, に冷たい, に半, に天平時代, に惻々, に暗い, に李, に波うち, に白い, に真摯, に老, に苦痛

▼ 思う~ (27, 0.1%)

3 ア, 平和に 2 慥かに

1 [19件] いま, おれなんぞ, おれは, こいつは, この花, なるほど異国人, ぼくは, アねえ, ッ, 佐々面を, 僕ア失敬だ, 夢では, 大丈夫の, 子とも, 家の, 心を, 斬ろうと, 身を, 阪東薪十郎

▼ 思うそれ~ (26, 0.1%)

1 [26件] が今日, が老翁, である, というの, と小波さん, と殆ど, について私, には少し, には木曽, には独り, にも拘らず, に喜兵衞さん, はおれ, はまったく, は原作そのもの, は慥か, は踵, ばかりが心, までの感情, までの辛抱, までゆっくり, も細かく, よりも, よりも問題, を, をそう

▼ 思う仔細~ (26, 0.1%)

7 があっ, がある 3 あれば 2 があった 1 あって, ありて, のあり, のある, のあれ, もある, を語った

▼ 思う心持~ (26, 0.1%)

2 は僕

1 [24件] があります, がし始めた, がその, が沁み沁みあった, こそ文化, だのに, であったの, でしたが, に混, に結びつい, に通じた, はそういう, はどこ, は一体, は変りません, は晩秋, は毛頭ない, は直接, は自分, もその, も微笑まれる, をもその, を有難く, を残したくない

▼ 思うほどに~ (25, 0.1%)

1 [25件] かの狂女, その人, それが, なった, 俺たちが, 入れて, 初秋の, 売れず多く, 変って, 寂しかった, 弱り込んで, 強く押し付ける, 心も, 愛し合いながら, 愛情が, 打ったが, 押し寄せて, 澱んで, 理不尽極まる, 白く見える, 目を, 美くしく, 美しいもの, 耳に, 高尚な

▼ 思うけど~ (24, 0.1%)

1 [24件] いまに, お前の, お嫁, かならず内地, これも, しかしもしか, そない, そんな跡, どうだい, わたしの, ダメな, 今自分, 仕方が, 何かの, 右平さんが, 君も, 委しいこと, 新しく探した, 日本一の, 果してうまく, 私は, 第一, 若しお父つぁん, 駄目よ

▼ 思うぞんぶん~ (24, 0.1%)

1 [24件] いじめながら, えへへ, こわがらせたの, つかせようという, にさがしまわる, になぐりつけました, にまり, に二人, に吸っ, に呑む, に拡がっ, に放埒, に泣きました, に琴, に甘え, に鳴い, のこと, はいまわり, はねまわって, 泣いて, 笑った, 苦しめること, 走れます, 飲めるであろうかつ

▼ 思う~ (24, 0.1%)

6 否や

1 [18件] いな, おまへん, ひそかに, ほえ声, まもなく色めき立っ, まるで崩れる, ッ, 二郎と, 同時にど, 同時に目色, 否, 否その, 必死に, 思わざるや, 早かった, 望の, 目さめし, 近来医学の

▼ 思うちょ~ (22, 0.1%)

93 った 2 ったが, るか, るが 1 ったと, ったのに, っての人, るし

▼ 思う~ (22, 0.1%)

1 [22件] がし, がした, がします, がつよく, がふい, が出, が切々, が常に, ぐらいが理由, さえした, さえしました, になった, になれなかった, にはなれず, にもなれなかった, はすこし, はそれ, は起らなかった, は起りませんでした, も起っ, 遣は, 遣も

▼ 思うとともに~ (21, 0.1%)

1 [21件] いまも, おはつさん, かの市岡, きゅうに, こちらからも, このまま自分, そういう形, ぼくらも, 今朝も, 初対面の, 又こちら, 同じ日本人, 女に, 妻である, 彼の, 彼は, 期待の, 灰燼に, 絞車盤, 自分は, 自身の

▼ 思うのみ~ (21, 0.1%)

9 である 2 です 1 だった, で只管, で最早どう, ならず, ならずそう, ならず今, ならず其, ならず己, なり, 歯が

▼ 思う~ (21, 0.1%)

3 がある

1 [18件] があります, があろう, がない, が多々, が多かっ, で私, は, はけっして, はこの, は今度, は昔, は苦悩, へひらひら, まで自分, もある, をやはりそのまま, を一つ一つ, を話す

▼ 思う~ (20, 0.1%)

1 [20件] げんと, めえ, 人なら, 人に, 姉さまそう, 姿さながら, 役人だ, 政治を, 新を, 時は, 母の, 浦が, 浦の, 父様に, 石どの, 稲の, 米の, 蘭の, 豊少し, 馴染が

▼ 思うのよ~ (20, 0.1%)

3 お助け 2 あなたは

1 [15件] あの文芸評論, いまの, すこし謙遜, そして其, つまり女, でも折角, バルザックなどは, 人間の, 弱くなっ, 本当にかきたい, 確かに, 私の, 罪も, 誰が, 賛成なさいません

▼ 思う人々~ (20, 0.1%)

1 [20件] があら, が出来る, そういう素朴, だった, ですから, の前, の屋敷, の手, の気持, の迷信, は, は仲, は平和, は彼, は恐らく, は更に, は誰, ばかりである, へはこちら, も多い

▼ 思う次第~ (20, 0.1%)

11 である 7 です 1 がある, だで

▼ 思うだに~ (19, 0.1%)

2 滑稽である

1 [17件] いまわしい, この心, しない所, ぞっと身の毛, 凄愴, 前非のほど, 唾の, 心躍る, 悲痛な, 気が, 総毛立つ心地, 胸が, 胸迫り, 身の毛が, 身の毛の, 颯爽として, 髪の毛が

▼ 思うてを~ (19, 0.1%)

6

1 [13件] つた, つたが, つたら僕, つた君を, らん, りましたに, りますから, りませんでした, るか, ると, るな, るならを, るので

▼ 思うまで~ (19, 0.1%)

3 である

1 [16件] いやな, やらせる丈, 今夜は, 側について, 凄じ, 完成され, 我を, 来れや, 泣くの, 烈しき悲鳴, 私の, 色合恰好そのまま, 足許が, 距たった, 頭に, 高くのぼっ

▼ 思う~ (19, 0.1%)

1 [19件] に, にう, にその, にそれ, にふっと, にホームズ, に一人, に何時, に光, に又, に急, に谷, に貴婦人, に近所, に逃げちまった, に館, に麻酔剤, の君, はまだまだ

▼ 思う~ (19, 0.1%)

4 の切

1 [15件] からその, が切に, が表, だからって, に堪えられない, に変り, に変わり, のほう, の余り, の方, はその, をいだいた, を旨く, を言顕わし, を誘っ

▼ 思う~ (19, 0.1%)

8 もなく 3 もなかっ 2 もない 1 が有, さえなく, のない, もなし, も無く, も碌々

▼ 思う自分~ (19, 0.1%)

2 の心

1 [17件] がいや, がしっとり, が悪い, が気の毒, が間違っ, さえ日, に俺, に気づき, の家, の気取った, の気弱さ, の眼, の筋紙, の計画, は今度, は平野地, を鞭打っ

▼ 思うくらいに~ (18, 0.1%)

1 [18件] ミソクソに, 万事が, 住み古し, 信用する, 俺は, 偶然な, 変な, 心の, 早く走ける, 昔の, 是は, 槍の, 気分も, 的確であります, 苦しい事, 額が, 風の, 馴

▼ 思うと共に~ (18, 0.1%)

1 [18件] あやうく睫毛, きこえぬ霹靂, その人々, それと, それに, それよりも, ついそこ, また母, また深刻, 今まで, 佐助は, 僕は, 千代ちゃんの, 各, 当時私が, 時の, 殺したくないと, 陳彩は

▼ 思う~ (18, 0.1%)

1 [18件] あれは, お少さい時分, ぼくが, まったく, われわれは, アリバイは, ミーシャ, 今でも, 今夜あたりは, 八さんに, 取るに, 君の, 変に, 大方面目, 斯うし, 暁方に, 本能寺を, 私は

▼ 思うばかりに~ (17, 0.0%)

2 一面に

1 [15件] さっきの, その風, よく学んだ, クヮッと, ミリミリと, 両手を, 劇しく, 捕物の, 棕櫚の, 此様な, 濡れ朽ちて, 燦然と, 犯した罪, 豊満な, 贅毛の

▼ 思う一方~ (17, 0.0%)

1 [17件] しかし子供, では都, なお胸, にはまた, には怖い, にまた, にややともすると, にわが, の雄, ふと微笑, またさすが, 又大, 多少の, 強い愛情, 強い敵, 聞かれた方, 見て

▼ 思う様子~ (17, 0.0%)

1 [17件] で, です, でクッション, で凝, で少し, で特別, で謂い, で鄭重, はなく, は源氏, もありません, も見えなかった, も見えぬ, をかわいく, をし, を見せなかった, を隠さなかった

▼ 思うがね~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの問題, いかにも妾, これから台湾, だっておれ, どうも, まあそんな, 人生の, 何分年齢, 余計な, 北風が, 実はこの, 思いやりの, 招待状を, 故人への, 旦那が, 花でも

▼ 思うての~ (16, 0.0%)

2 事だ

1 [14件] あなたの, お悩み, ことです, こと左様に, ハハ, 事なり, 余りであろ, 従来及び, 改造が, 無礼か, 眞心なる, 老婆心, 老婆心じゃ, 親切から

▼ 思う人間~ (16, 0.0%)

2 です

1 [14件] が二人, だと, である, なん, にはおもしろい, には平常, に後事, に自殺, のため, のひとり, の前, の心, の生活, は消え

▼ 思うんで~ (15, 0.0%)

3 ごぜえます 2 がす, がすがね, がすよ, げすが 1 がんさ, がんし, 叱られるの, 樽の

▼ 思うしかし~ (14, 0.0%)

2 余は

1 [12件] この島, この辺, そんなこと, とにかく前, わたしは, 同時に最も重大, 少しばかり, 正直に, 河童は, 私を, 自分を, 躰質の

▼ 思うよりは~ (14, 0.0%)

1 [14件] あなたを, かえって孫策, この女, むしろ皆様女, やっぱり上杉謙信, シナインドの, 与吉としては, 凌ぎ易い, 嬉しさ, 幸今日の, 怖ろ, 武松は, 難しいこと, 非常な

▼ 思う場合~ (14, 0.0%)

2 もある

1 [12件] こまかい材料, その人, でもこれ, でも不思議, には, にはその, にも心, にブツカルよう, はなかなか, はなるべく, を除い, 多かりし

▼ 思う~ (14, 0.0%)

2 もあった, もある 1 が長く, でもあった, とがあっ, とやたら, に陥, の夕方, は煮, もその, をかさね, を知らせました

▼ 思う瞬間~ (14, 0.0%)

2 があった

1 [12件] だったが, にそれ, にはもう, にパッ, に二人共車掌台, に吐く, に相手, に突然, に鮮, の悽愴, はいつも, 微笑ましい光景

▼ 思うこの~ (13, 0.0%)

1 [13件] ばあい, ままで, モリヨリヨンという, 上は, 二つの, 利尻山の, 右門か, 姫の, 我々の, 気持は, 矛盾は, 辺から, 間際

▼ 思うごと~ (13, 0.0%)

2 にその

1 [11件] ならんもん, にさながら, に二つ, に今, に伸子, に余, に小, に年少, に彼等, に苦悶懊悩, に貧賤

▼ 思うって~ (13, 0.0%)

1 [13件] いうけれど, ことに, なんとも思わん, べつに, まだ何とも分かりません, 云う程度, 何がさ, 何を, 別に, 帰って, 熱心に, 申しました, 聞くの

▼ 思う~ (13, 0.0%)

3 にまず 1 になぜ, には全快, には相手, にまた, に唯, に小沢, に経済学者, に自分, 刻の, 社長楠本正敏男は

▼ 思う~ (13, 0.0%)

1 [13件] がある, があれ, など聞きます, のリスト, の一つ, はその, は手, ばかりをひとまとめ, もある, も購入書類, をさがす, をその, を順序

▼ 思うため~ (12, 0.0%)

2 である 1 か今, か学園, か母, だ, ではない, にさえもある, にも必然性, に神, に自分, に起る

▼ 思うとたん~ (12, 0.0%)

1 [12件] にしずか, に余りに, に八ヵ月, に外れ, に女, に女中, に少女, に彼, に柔術, に栄三郎, に相手, に眼

▼ 思う~ (12, 0.0%)

1 [12件] この家, そうじゃ, そうすりゃ, そのため, それを, グイグイグイグイと, 今室蘭, 僕は, 勿論僕ら, 張君, 羨しくなんぞ, 諸君

▼ 思う一心~ (12, 0.0%)

1 [12件] からじゃない, からだ, からだろう, からちゃんと, から遮二無二, から館, だけが彼, でしきりに, で御, とその, にて其招き, よりこれ

▼ 思う仕事~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出来ぬ, が思う, だけを少し, ですし, の一つ, の志, はほ, はまだ何一つ, は何等, を客舎, を探し, を末

▼ 思う~ (12, 0.0%)

1 [12件] がせっぱつま, が内攻, が切に, が厚かっ, が重なる, に制せられ, の切, の消えぬ, は届く, は起らなかった, もまじり, も遂げられた

▼ 思う~ (12, 0.0%)

2 があった, さえある 1 さえあった, さえあれ, しもいきなり, しもこんど, しも汽車, しも背後, もあった, もある

▼ 思うからこそ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あわてて, いうん, ここまで, こんないや, わたしこうして, 下手に, 割に, 命も, 少しの, 辛い看病, 骨を

▼ 思う必要~ (11, 0.0%)

6 はない 1 があろう, がない, のない, は無い, もあるまい

▼ 思う理由~ (11, 0.0%)

2 がある 1 があります, が私, である, の説明, は今, は土地, もある, もない, を有っ

▼ 思うくらいの~ (10, 0.0%)

1 ことが, ところで, ところに, 大きな音, 大雨が, 師家だ, 強引だ, 独り好, 目に, 盲点は

▼ 思うせい~ (10, 0.0%)

1 かちょうど, かぽっと, かもう, か気, か興世王, か菓子, か頭, か馬子, か鳴海司郎あまり執着, でしょう

▼ 思う~ (10, 0.0%)

1 がすよ, ごぜエます, なしに, なぶる気, のみますわ, 御本家, 有ろう, 有ろうな, 簡単に, 話が

▼ 思うでも~ (10, 0.0%)

2 ない 1 ないらしく, なかった, なくワアワア, なく一種, なく思わぬで, なければ, 何を, 兄弟の

▼ 思うばかりの~ (10, 0.0%)

1 すさまじさだ, ために, 人に, 体裁だった, 大塊, 大音響, 姿である, 痩腕を, 目に, 高山らしい

▼ 思うひま~ (10, 0.0%)

4 もなく 2 もない 1 がなかっ, はお, もなかっ, も行なう

▼ 思う方向~ (10, 0.0%)

1 にそろそろ, に歩い, へしゃにむに, へとぶ, へも向けられない, へ動く, へ動ける, へ向っ, へ根気, へ船

▼ 思う気持ち~ (10, 0.0%)

1 がある, が前, だん, でいっぱい, はいまだに, はますます, は各人, は山陽線, も強く, を久慈

▼ 思う~ (10, 0.0%)

1 がない, が出来, ことごとく得べし, では, はすべて西洋, はそう, は彼等, もなかっ, を捜しあてなかった, を揃え

▼ 思う矢先~ (10, 0.0%)

3 に今 1 にこの, につい, にグイグイ, に何, に道也, へもっ, 早まりやがって

▼ 思う程度~ (10, 0.0%)

1 が大分, だ, であったが, に成功, に発達, に食える, の一膳めし屋, の心持, の気持ち, は前

▼ 思うがと~ (9, 0.0%)

1 いいながら, 云いなにか, 云うの, 云った, 提議した, 老画師, 言ったの, 話したこと, 院は

▼ 思うぐらい~ (9, 0.0%)

3 だった 1 かなり親しい, であった, なん, 大原にも, 妙に, 車が

▼ 思うだけで~ (9, 0.0%)

1 その質問, なんともいえぬよろこび, 充分だった, 充分満足, 戦慄する, 満足した, 疲労が, 誰の, 過ぎ去って

▼ 思うはず~ (9, 0.0%)

3 はない 1 がない, がなかっ, じゃあなかったんだけれ共, なのに, はなかっ, はなく

▼ 思うひと~ (9, 0.0%)

1 があっ, があるだろう, にぶつ, に兄, のところ, はない, は居りません, もある, もあるでしょう

▼ 思う~ (9, 0.0%)

1 けで, けです, けの話, だ秀子, でも彼女, のこと, の事, の親切, めぐまれて

▼ 思う~ (9, 0.0%)

1 にぞろぞろ, にどこ, に大, に彼, に本, に赤帽, に車, に難なく, に鹿の子

▼ 思う~ (9, 0.0%)

2 に岸本 1 にお, に人知れず, に妙, に枕, に自分, に身体, に阿鼻大城

▼ 思う感情~ (9, 0.0%)

1 がある, に疑, の一つ, の方, の根, の歌, はすぐ, をとめる, をもたせた

▼ 思う~ (9, 0.0%)

5 の心 2 の情 1 の慈愛, の誠に

▼ 思う~ (9, 0.0%)

1 に立ちふさがる, の両側, の先, の闇, はまだやっと, へと踏み出そう, をこう, を撰, を歩い

▼ 思うこころ~ (8, 0.0%)

1 が先, が彼女, と身, によい, に変わり, の矢さき, は一つ, を寄せ

▼ 思うざま~ (8, 0.0%)

1 な大, な最期, な統御, ぬれ透って, わき立って, を吐い, 飲み更かしたこと, 飲むが

▼ 思うしか~ (8, 0.0%)

2 ない, なかった 1 ないが, ないの, ないよう, 方法が

▼ 思う~ (8, 0.0%)

1 え私, これこそ, 如かず忍辱, 官兵衛は, 尚武の, 永代粗略には, 老中が, 老人その

▼ 思うたけ~ (8, 0.0%)

1 に一つ平馬殿, に咄嗟, に実地, に思い切っ, に特別, に私, に襟半, に見な

▼ 思うとは~ (8, 0.0%)

2 何を 1 とんだ間違, なくほのか, ッと, 何事だ, 思はないその, 頭の

▼ 思うにも~ (8, 0.0%)

2 まして哀れ 1 かかわらず注意, 不拘, 川の, 恰もこの, 拘らずここ, 拘らず平然

▼ 思う~ (8, 0.0%)

1 からこうして, からなんとも, からチクチク, から山田美妙斎, から日, から歯, から顔, より涙

▼ 思う子供~ (8, 0.0%)

1 っぽい気持ち, としてははなはだしい, のとき, の心, の片え, はいない, も無い, を両親

▼ 思う~ (8, 0.0%)

3 の心 1 の家, の心事, の眼, は甘んじ, を貰っ

▼ 思う~ (8, 0.0%)

2 に孫 1 なり, に, にはあらず, に我, に風景画, 二部三部でも

▼ 思う~ (8, 0.0%)

1 がある, なので, の焦点, は三河, は譬喩, ばかり多く, も四つ, も実は

▼ 思うあまり~ (7, 0.0%)

1 の兆, の強意見, 国松君の, 必要でも, 恥を, 神経衰弱の, 見ちがえたの

▼ 思うさえ~ (7, 0.0%)

1 やりきれない事, 恋と, 涙は, 爽快を, 端麗なる, 背すじに, 胸の

▼ 思うそして~ (7, 0.0%)

1 いささかも, それが, ボタンは, 今度は, 水道の, 絶えず女中, 自分が

▼ 思うまでに~ (7, 0.0%)

1 うまい, どれ位の, なった, なって, 仕上げなければ, 立ち至る記事, 美しい

▼ 思うツボ~ (7, 0.0%)

1 だ, であったであろう, とし, とした, と歩き, なん, に行った

▼ 思う~ (7, 0.0%)

3 だけど 1 じゃがうまく, だ, で, でしょう

▼ 思う刹那~ (7, 0.0%)

1 その声, にまた, に怪しい, に緑, に陳, の顔, を一番

▼ 思う場所~ (7, 0.0%)

1 がありません, がある, が場所, に出た, へ参り, へ近づき, をすっかり

▼ 思う~ (7, 0.0%)

5 はない 1 ないの, はなかっ

▼ 思う~ (7, 0.0%)

1 からとどく, なので, には突当っ, の頭, はとかく, はないだろう, は自分

▼ 思う相手~ (7, 0.0%)

2 の人 1 でない限り, のこと, の素性, の顔, へ伝える

▼ 思う~ (7, 0.0%)

1 が描けなくなっ, の夜, の裏, は容易, もない, を私, を観客

▼ 思う~ (7, 0.0%)

1 で一人, にはそんな, には何物, に力, まで来る, まで河心, を刺した

▼ 思うあの~ (6, 0.0%)

1 ひそかなよろこび, 努力感が, 当時松竹が, 稀代の, 雪子姉さんが, 音楽家を

▼ 思うかという~ (6, 0.0%)

1 ことを, ところに, 問いが, 意味だ, 詰問としてしか, 質問が

▼ 思うかは~ (6, 0.0%)

3 知らないが 1 任意である, 知らぬが, 知れんが

▼ 思うがとに~ (6, 0.0%)

1 角これは, 角之, 角単に, 角各種の, 角文学と, 角文学の

▼ 思うこれ~ (6, 0.0%)

1 じゃ仲, でもう, に眩く, はもう実に, は商売女, は立派

▼ 思うそういう~ (6, 0.0%)

1 わけだ, 人が, 場面も, 意が, 意味で, 結論に

▼ 思うたより~ (6, 0.0%)

1 も寂しい, も手ごろ, も老練女, も興味, も路, も退屈

▼ 思うてか~ (6, 0.0%)

1 この舅, 何の, 停車場では, 御子息, 武士は, 重々しげ

▼ 思うとの~ (6, 0.0%)

1 ことである, ことでした, ごの, 事を, 意を, 批評も

▼ 思うどころか~ (6, 0.0%)

1 いつどこに, じぶん, 何かの, 平然と殺人, 覚えて, 重ねて

▼ 思うなと~ (6, 0.0%)

2 あの人 1 問いかけられ薬草道人, 母君から, 芳古堂の, 言い合って

▼ 思うなんて~ (6, 0.0%)

1 事は, 全く恥, 大それた, 少しオーバー, 底ぬけの, 生意気だ

▼ 思う~ (6, 0.0%)

1 から童女, でさえ彼女, では大衆文学, は社会党ファン, まで有った, も衣兜

▼ 思う~ (6, 0.0%)

4 はない 1 にどの, はなかっ

▼ 思う余裕~ (6, 0.0%)

2 もなく 1 ができた, はなかったろう, もござりませぬ, もなかっ

▼ 思う~ (6, 0.0%)

1 にする, に受けられ, に行動, のまた, をやる, 欲しいま

▼ 思う~ (6, 0.0%)

1 が一つ, さえ起こっ, だけは一つ, で下, の下, までがのどの

▼ 思う~ (6, 0.0%)

1 お園, がある, になろう, の一念, の側, は宮仕え

▼ 思う~ (6, 0.0%)

2 の前 1 が南向き, が見当りません, に植木屋, を見れ

▼ 思う~ (6, 0.0%)

1 がある, があるらしく, を公, を半分報知, を述べた, 伝えて

▼ 思う~ (6, 0.0%)

1 がない, だ, だわ, です, はない, もなかろう

▼ 思う~ (6, 0.0%)

1 あれば, があった, がある, があれ, がない, もあるだろう

▼ 思う~ (6, 0.0%)

1 がある, が吹い, です, でもなく, で近, に悪びれず

▼ 思うお方~ (5, 0.0%)

1 と一緒, にゃ逢え, の御, は世辞, をずいぶん

▼ 思うかね~ (5, 0.0%)

1 お前ら, その達, 一人の, 俺が, 君は

▼ 思うからの~ (5, 0.0%)

1 ことだ, ことで, ことであった, ことである, ことな

▼ 思うじゃ~ (5, 0.0%)

2 ろう 1 ないか, ないの, ア無い

▼ 思うそう~ (5, 0.0%)

1 だ, である, では, でもしなけれ, 思われる人生

▼ 思うそんな~ (5, 0.0%)

1 ことが, ことを, ときに, 小説が, 自信みたいな

▼ 思うなり~ (5, 0.0%)

1 いろいろ情緒, おりつ, 爆裂弾を, 陶の, 飛退い

▼ 思う~ (5, 0.0%)

2 れど 1 え, えぜ, えぞ

▼ 思うやいなや~ (5, 0.0%)

1 いつもそんな, がぶりと, 手塚は, 抜き足さしあし忍び足, 河の

▼ 思う一念~ (5, 0.0%)

1 が幻, が首, で森, に紛れ, より寄る

▼ 思う以外~ (5, 0.0%)

1 に仕方, に急, に批判, に解釈, は絶対

▼ 思う~ (5, 0.0%)

1 がまことに, は, を二つ三つ, を少し, を思い切っ

▼ 思う小さな~ (5, 0.0%)

1 包を, 安心が, 火が, 足痕の, 馬方が

▼ 思う心から~ (5, 0.0%)

1 の動き, 急いだの, 恥じられて, 生き続けて, 返事を

▼ 思う~ (5, 0.0%)

1 とは他人, にはまた, の泉, の深, はこれ

▼ 思う方角~ (5, 0.0%)

1 へ全速力, へ夜中, へ彼, へ歩い, を遠く

▼ 思う時刻~ (5, 0.0%)

1 から正午, だった, にその, になる, に這入っ

▼ 思う時私~ (5, 0.0%)

1 など最も, はいつも, は一般婦人, は私, は自分

▼ 思う~ (5, 0.0%)

1 かとぞ思う, が眼, の手, はとうとう, は櫛

▼ 思う~ (5, 0.0%)

1 にいつも, にその, に汽車, に若し, に重く苦しく

▼ 思う気もち~ (5, 0.0%)

1 があっ, のほう, の裏, ばかりつよく, もない

▼ 思う生活~ (5, 0.0%)

1 との間, とは随分, に前進, の核心, を開こう

▼ 思う~ (5, 0.0%)

1 がまず何より, が二つ, にちらりと, ぼしいも, をお

▼ 思う種類~ (5, 0.0%)

1 とは掛け離れた, のもの, の偉い, の書物, の雌牛

▼ 思う習慣~ (5, 0.0%)

1 があった, がある, がつい, がつけられ, がない

▼ 思う若い~ (5, 0.0%)

1 のに漆黒, ギリシア人タレースピタゴラス, 女も, 娘が, 馬や

▼ 思う~ (5, 0.0%)

1 に右, へ更衣所, もなく, も無, をも趣味

▼ 思うあと~ (4, 0.0%)

1 からあと, からとてつもなく, から事実, のこと

▼ 思うおれ~ (4, 0.0%)

1 ではない, とやる, はそう, も此処

▼ 思うからと~ (4, 0.0%)

1 いうはっきり, かかれて, 前置きを, 答えたん

▼ 思うがな~ (4, 0.0%)

31 お雪ちゃん

▼ 思うすぐ~ (4, 0.0%)

2 そばから 1 そのあと, その下

▼ 思うそこ~ (4, 0.0%)

1 に泊った, へ乗り込ん, までの智慧, んところが

▼ 思うそこで~ (4, 0.0%)

1 おれを, こんどの, ビスマークと, 話が

▼ 思うとか~ (4, 0.0%)

1 そして最後, 同情し, 思わないかは, 筋が

▼ 思うとから~ (4, 0.0%)

3 だが 1 たぐりと

▼ 思うとね~ (4, 0.0%)

1 お前さんだって, くくくやしいん, こう胸, 横倒れ

▼ 思うどころ~ (4, 0.0%)

2 では 1 でない朝夕, でなく広々

▼ 思うなどと~ (4, 0.0%)

1 いった, ちゃらかす, 一時間も, 私は

▼ 思うにつれ~ (4, 0.0%)

1 こうして自分, これを, そのよう, 従って

▼ 思うほう~ (4, 0.0%)

1 がいい, がほんとう, がよっぽど, が寧ろ

▼ 思うほどには~ (4, 0.0%)

1 ならなかったが, また自分, 感じは, 逞しゅうするあたわざるゆえんのものはなんぞや

▼ 思うまた~ (4, 0.0%)

1 こちらでは, 主事室へ, 教養ある, 質に

▼ 思うまでは~ (4, 0.0%)

1 その興奮, 世の中に, 理想として, 負けて

▼ 思うまんま~ (4, 0.0%)

1 におもちゃ, に腕, のこと, を振舞っ

▼ 思うやつ~ (4, 0.0%)

1 ができる, が幹, のまえ, の策動

▼ 思うゆえ~ (4, 0.0%)

1 か少し, このつぎ, 互いに申, 訊くこと

▼ 思うよって~ (4, 0.0%)

1 に, に聞く, もう暫らく, 尋ンねてんねん

▼ 思う人情~ (4, 0.0%)

2 が離れたい 1 と商売上, には変り

▼ 思う~ (4, 0.0%)

1 から, からやっぱり, から何奴, に今

▼ 思う~ (4, 0.0%)

1 に嵌らなけれ, に生えたる, に陥, に陥った

▼ 思う~ (4, 0.0%)

1 な跫足, 商いを, 瓢箪を, 鑷で

▼ 思う大きな~ (4, 0.0%)

1 砲弾であった, 米櫃へ, 轍の, 魚が

▼ 思う女の子~ (4, 0.0%)

1 があっ, があります, に宮仕え, をその

▼ 思う好奇心~ (4, 0.0%)

1 から例, から宮, がむくむく, でいっぱい

▼ 思う嬉し~ (4, 0.0%)

2 さに 1 さで, さの

▼ 思う~ (4, 0.0%)

1 からやっぱり, から声, から彼, の脚本

▼ 思う意味~ (4, 0.0%)

1 が明, に解し, もあった, をとり出す

▼ 思う懸念~ (4, 0.0%)

1 と弁解, のある, のほう, もあっ

▼ 思う拍子~ (4, 0.0%)

1 にあの, に二人, に忽ち, に自然

▼ 思う時代~ (4, 0.0%)

1 が続いた, には尚更, の前後, はまだまだ

▼ 思う最後~ (4, 0.0%)

1 に至っ, のぎりぎり, の一心, の麦束

▼ 思う源氏~ (4, 0.0%)

1 が追い追い, であった, はこの, はささやか

▼ 思う~ (4, 0.0%)

2 がある 1 が生じ, はある

▼ 思う~ (4, 0.0%)

1 で見た, に若, の前, をふさいだ

▼ 思う~ (4, 0.0%)

1 はございません, はない, は毫も, を衝い

▼ 思う親心~ (4, 0.0%)

1 からのお, が源氏, に泣き, はどこ

▼ 思う読者~ (4, 0.0%)

2 もある 1 があるだろう, もあろう

▼ 思う~ (4, 0.0%)

1 となっ, にとって死ん, にはいっそう, にもなっ

▼ 思う~ (4, 0.0%)

1 で話, の心傷, は幕府内, をし

▼ 思う間もなくもう~ (4, 0.0%)

1 小さな白い, 小さな雨粒, 手に, 町の

▼ 思う~ (4, 0.0%)

1 が一寸, をし, をむり, 少し差出だし

▼ 思うあなた~ (3, 0.0%)

1 にとって最善, にはでき, の性質

▼ 思うあまりに~ (3, 0.0%)

1 春さんは, 病床に, 軽卒な

▼ 思うある~ (3, 0.0%)

1 希望に, 日市蔵が, 観想の

▼ 思うお前~ (3, 0.0%)

1 は, は時次, も知っ

▼ 思うかい~ (3, 0.0%)

1 いや面目次第, なに駒井の, 私は

▼ 思うかって~ (3, 0.0%)

1 きいて, 機関長に, 誰だって

▼ 思うかの~ (3, 0.0%)

2 ように 1 女は

▼ 思うからに~ (3, 0.0%)

1 ちがいない, 外なりません, 大そう

▼ 思うかを~ (3, 0.0%)

1 少しも, 惧れ案じ, 想像した

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 え, はい, 一所懸命手伝いは

▼ 思うけどね~ (3, 0.0%)

1 そこに, むしろ無, 僕あ

▼ 思うこういう~ (3, 0.0%)

1 とき侍に, 意味の, 瞬間に

▼ 思うこと切~ (3, 0.0%)

1 だ, です, なるよし

▼ 思うそば~ (3, 0.0%)

1 からまた, から新, から涙

▼ 思うそれで~ (3, 0.0%)

1 早く逃げなけれ, 財産も, 雪子ちゃんも

▼ 思うたか~ (3, 0.0%)

1 しれま, て勝手, 知れませぬ

▼ 思うただ~ (3, 0.0%)

1 それだけな, どうしてうまい, 皮膚とか

▼ 思うたった~ (3, 0.0%)

1 ひとりの, 一つの, 一人の

▼ 思うだが~ (3, 0.0%)

1 いつも金, そうする, それを

▼ 思うてけ~ (3, 0.0%)

2 つかる 1 つかるの

▼ 思うてな~ (3, 0.0%)

1 はるやろ, 下書を, 東京に

▼ 思うとき私~ (3, 0.0%)

1 の妻, はじっと, は東洋

▼ 思うどう~ (3, 0.0%)

1 じゃこれ, です私, 思う源助

▼ 思うどんな~ (3, 0.0%)

1 小さいこと, 必然が, 限界も

▼ 思うなど~ (3, 0.0%)

1 いう気もち, いや空恐ろしい, とんでもない

▼ 思うなどは~ (3, 0.0%)

1 出過ぎた料簡, 思うだけでも, 殆ど茶趣味

▼ 思うようす~ (3, 0.0%)

1 が互い, はありません, もない

▼ 思うよく~ (3, 0.0%)

1 来て, 母と, 酔える二杯

▼ 思うわと~ (3, 0.0%)

1 いって, つぶやいた, 申しました今

▼ 思うトタン~ (3, 0.0%)

1 に私, に背向, に胸

▼ 思う一つ~ (3, 0.0%)

1 のもの, の理由, の資料

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 にそれほど, に可愛い, は火事

▼ 思う人たち~ (3, 0.0%)

1 は警戒, ももちろん, をし

▼ 思う人物~ (3, 0.0%)

1 があら, には何らかの, を巧

▼ 思う人達~ (3, 0.0%)

1 からまず, の数, は多分

▼ 思う今日~ (3, 0.0%)

1 の二人, の区役所, の梅田

▼ 思う以上~ (3, 0.0%)

1 にいつの間にかだんだん, に先方, 呆れ返らざるを

▼ 思う余りに~ (3, 0.0%)

1 ふたりの, 出たことば, 要らざる事

▼ 思う作品~ (3, 0.0%)

1 にまでもツイ, は沢山, も決して

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 の心霊研究会, の新聞広告, をたった

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 には女, の上, は両度

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 きである, き立派, 厭な

▼ 思う同情~ (3, 0.0%)

1 の心から, の念, を起し

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 から伝達, が深き高き清き, は

▼ 思う品物~ (3, 0.0%)

1 がない, がむしろ, はその

▼ 思う土地~ (3, 0.0%)

1 が見つかった, はまず, を奪

▼ 思う地名~ (3, 0.0%)

1 がこれ, の中, はほ

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 と母, の満足, を異

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 の情, の矢代, を喪

▼ 思う安心~ (3, 0.0%)

1 から種員, がすでに, で矢代

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 で国師岳, へも登れまい, をいつか

▼ 思う岸本~ (3, 0.0%)

1 の影法師, の心, の方

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 の一層, りとて, れば

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 にかえ, に点れ, の結晶

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 ある者, し誠に, はどんな

▼ 思う思い~ (3, 0.0%)

1 がいたしました, にとらわれ, に堪えかね

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 の心, の成立, を自分

▼ 思う恐怖~ (3, 0.0%)

1 がつきまとい, のため, の心

▼ 思う所存~ (3, 0.0%)

1 あって, があった, が出来た

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 とぶつかるやい, とよりあい, なれば

▼ 思う時間~ (3, 0.0%)

1 が立つ, に極, も多かっ

▼ 思う最も~ (3, 0.0%)

1 恐ろしい連中, 自然な, 進歩的な

▼ 思う未練~ (3, 0.0%)

1 があった, が弥三郎, ばかりの故

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 からしかし, からその, から意気地

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 などを作った, に父親, を百首

▼ 思う気分~ (3, 0.0%)

1 が湧く, に制せられ, の方

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 に着くまえ, に着けず, に着ける

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 です私, でもあった, 実は此

▼ 思う烈しい~ (3, 0.0%)

2 愛の 1 喊声さえ

▼ 思う熱心~ (3, 0.0%)

1 から今や, であった, の余り

▼ 思う白い~ (3, 0.0%)

1 墓標は, 毛が, 蝶々の

▼ 思う百姓~ (3, 0.0%)

1 の目ざめ, の道, は去っ

▼ 思う研究~ (3, 0.0%)

1 がやれたら, のプログラム, の万分の一

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 一の, 一印象が, 三の

▼ 思う精神~ (3, 0.0%)

1 だけは英雄, と出家, のほとんど

▼ 思う美しい~ (3, 0.0%)

1 場所自身を, 妹を, 年増襟の

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 がドキドキ, はまず, をさすっ

▼ 思う~ (3, 0.0%)

2 であった 1 の悲しみ

▼ 思う言葉~ (3, 0.0%)

1 が醸成, は一々, を死者

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 がありません, じゃない, では

▼ 思う辺り~ (3, 0.0%)

1 を十手, を注意, を濶歩

▼ 思う部分~ (3, 0.0%)

1 だけ翻訳, も結局, を強く

▼ 思う間もなくたちまち~ (3, 0.0%)

1 それが, バッタリ倒れ, 深井の

▼ 思う青年~ (3, 0.0%)

1 の口, の多い, は読書

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 がした, のところ, はあの

▼ 思う願い~ (3, 0.0%)

1 がじりじり, に燃えました, も今日私たち

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 が二個, なり, は同じく

▼ 思う~ (3, 0.0%)

1 が気, の先, の尖

▼ 思うああ~ (2, 0.0%)

1 二人なら歩く, 儘に

▼ 思うあれ~ (2, 0.0%)

1 が俺, は先方

▼ 思ういずれ~ (2, 0.0%)

1 にせよ, は書物

▼ 思ういや~ (2, 0.0%)

1 なお客, 待って

▼ 思ういろいろ~ (2, 0.0%)

1 なこと, な品物

▼ 思ういろんな~ (2, 0.0%)

1 人間の, 条件も

▼ 思うかた~ (2, 0.0%)

1 がある, だってある

▼ 思うかなどと~ (2, 0.0%)

1 威張ったが, 度々申しました

▼ 思うかなどという~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことを

▼ 思うかよ~ (2, 0.0%)

1 商売は, 馬鹿ッ腹を

▼ 思うくせ~ (2, 0.0%)

1 にいざ, に誰

▼ 思うこと深切~ (2, 0.0%)

1 ならず, にし

▼ 思うこのごろ~ (2, 0.0%)

1 である, でそれとなく

▼ 思うこれ等~ (2, 0.0%)

1 の聖賢, の諸君

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 んだ, 後室は

▼ 思うしり~ (2, 0.0%)

1 からあす, から彼

▼ 思うせつな~ (2, 0.0%)

1 守り刀を, 無意識に

▼ 思うそれとも~ (2, 0.0%)

1 ひと思い, 君たちは

▼ 思うたしか~ (2, 0.0%)

1 二場ばかりの, 品川の

▼ 思うたって~ (2, 0.0%)

1 そうは, 自分には

▼ 思うたり~ (2, 0.0%)

1 すること, すると

▼ 思うたん~ (2, 0.0%)

1 じゃ, じゃけどどうにも

▼ 思うだから~ (2, 0.0%)

1 その国土, わたしは

▼ 思うだけが~ (2, 0.0%)

1 せめて私, 今僕の

▼ 思うだけに~ (2, 0.0%)

1 女たちは, 激する

▼ 思うだけを~ (2, 0.0%)

1 奪い去る, 話し合う友達

▼ 思うちよ~ (2, 0.0%)

1 つたい, るんぢ

▼ 思うてん~ (2, 0.0%)

1 の, のや

▼ 思うといった~ (2, 0.0%)

1 将軍家義昭を, 所で

▼ 思うとかの~ (2, 0.0%)

1 女は, 男は

▼ 思うとが~ (2, 0.0%)

1 ちゃんと音, ーんと

▼ 思うときそれ~ (2, 0.0%)

1 がし, はゆるすべきだった

▼ 思うとき子~ (2, 0.0%)

1 の声, を持つ

▼ 思うとき性欲~ (2, 0.0%)

1 が興奮, は興奮

▼ 思うとき秀吉~ (2, 0.0%)

1 はかれ, はたとえ

▼ 思うとぞ~ (2, 0.0%)

2 ッと

▼ 思うとつ~ (2, 0.0%)

1 た, たら遂

▼ 思うなとも~ (2, 0.0%)

2 言って

▼ 思うなどという~ (2, 0.0%)

1 ことは, ような

▼ 思うなりと~ (2, 0.0%)

1 いう, 一人くらいは

▼ 思うにかの~ (2, 0.0%)

1 チェホフや, 国権論派は

▼ 思うにゃ~ (2, 0.0%)

1 あなたが, それは

▼ 思うによって~ (2, 0.0%)

1 ここの, これからは

▼ 思うにより~ (2, 0.0%)

1 一日妻子眷族を, 旁

▼ 思うねえ~ (2, 0.0%)

1 僕は, 君

▼ 思うねんけど~ (2, 0.0%)

1 ちょっとも, 今度ち

▼ 思うのねと~ (2, 0.0%)

1 云って, 面白く思えました

▼ 思うのほか~ (2, 0.0%)

1 はない, べつによき

▼ 思うのみにて~ (2, 0.0%)

1 何事も, 日を

▼ 思うばかりにて~ (2, 0.0%)

1 つくせぬの, むくいまつらん言の葉

▼ 思うふし~ (2, 0.0%)

1 は毛頭, をそれとなく

▼ 思うまじ~ (2, 0.0%)

2 見まじと

▼ 思うまでには~ (2, 0.0%)

1 できるだけの, 彼は

▼ 思うもう~ (2, 0.0%)

1 一つの, 夜なかだ

▼ 思うもし~ (2, 0.0%)

1 いなければ, 必要なら

▼ 思うやがて~ (2, 0.0%)

1 そのくらい, の事

▼ 思うやら~ (2, 0.0%)

1 で私, わからぬ

▼ 思うわれら~ (2, 0.0%)

1 ではありません, の名

▼ 思うんでね~ (2, 0.0%)

1 今ここに, 要之

▼ 思うコケ共~ (2, 0.0%)

1 が多い, の多い

▼ 思うテーマ~ (2, 0.0%)

1 をしっかり, を発見

▼ 思うヒマ~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 思う一二~ (2, 0.0%)

1 の点, の理由

▼ 思う一人~ (2, 0.0%)

1 ですどうも, はもはやいかに

▼ 思う一点~ (2, 0.0%)

1 を守り立てる, を射し動かし

▼ 思う一途~ (2, 0.0%)

1 な意気, に

▼ 思う三分の一~ (2, 0.0%)

1 もそれ, もはかどらない

▼ 思う予感~ (2, 0.0%)

1 が鳴海, に顔

▼ 思う事実~ (2, 0.0%)

1 があります, には不可思議

▼ 思う二人~ (2, 0.0%)

1 が知らぬ, の者

▼ 思う但し~ (2, 0.0%)

1 空想の, 読者も

▼ 思う位い~ (2, 0.0%)

1 に善い, のもの

▼ 思う余り~ (2, 0.0%)

1 この妹, の過

▼ 思う作家~ (2, 0.0%)

1 は武田麟太郎氏, を自由

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 し其の, し彼

▼ 思う例えば~ (2, 0.0%)

1 ヴァイオリンの, 私の

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 で売れず, を附け

▼ 思う値段~ (2, 0.0%)

1 で売ります, を紙

▼ 思う傾き~ (2, 0.0%)

1 がある, が生ずる

▼ 思う先方~ (2, 0.0%)

1 と直接, には光秀自身

▼ 思う先生~ (2, 0.0%)

1 がひとり, は東京高師

▼ 思う其の~ (2, 0.0%)

1 お前に, 気を

▼ 思う努力~ (2, 0.0%)

1 がすぐ, が少なくとも

▼ 思う~ (2, 0.0%)

2

▼ 思う半蔵~ (2, 0.0%)

1 にはその, は一方

▼ 思う半面~ (2, 0.0%)

1 がそれで, にあわれな

▼ 思う古い~ (2, 0.0%)

1 形を, 風習が

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 に印, はまれまれ

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 がある, を聴得

▼ 思う名前~ (2, 0.0%)

1 を幾つ, を書きつけ

▼ 思う名称~ (2, 0.0%)

1 が何となく, を挙げた

▼ 思う問題~ (2, 0.0%)

1 は日本人, を講じ出す

▼ 思う喜び~ (2, 0.0%)

2 を得る

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 がある, も見える

▼ 思う土蔵~ (2, 0.0%)

1 の茶, を金

▼ 思う地点~ (2, 0.0%)

1 に立っ, へおびき込む

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 のあたり, ばかりである

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 でない所, のよう

▼ 思う大将~ (2, 0.0%)

1 であった, もいない

▼ 思う大雨~ (2, 0.0%)

1 が朝, であった

▼ 思う奴ら~ (2, 0.0%)

1 はおれ, をことごとく

▼ 思う好き~ (2, 0.0%)

1 と思わなく, なこと

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 の声, を持った

▼ 思う姫君~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 思う姿~ (2, 0.0%)

1 で形, を人中

▼ 思う婦人~ (2, 0.0%)

1 があっ, のみ居残りたる

▼ 思う家臣~ (2, 0.0%)

1 の手, を絶対

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 さな, 暑の

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 宰相であった, 父さんどうして

▼ 思う左膳~ (2, 0.0%)

1 とこうして, は壺

▼ 思う年頃~ (2, 0.0%)

1 では全く, となった

▼ 思う年齢~ (2, 0.0%)

1 の差, は十四五

▼ 思う彼女~ (2, 0.0%)

1 の恋, はこの

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 心底感じ入りました, 気色に

▼ 思う心づかい~ (2, 0.0%)

1 からであった, の結果

▼ 思う心理~ (2, 0.0%)

1 は青年, ばかりが五月蠅

▼ 思う心配~ (2, 0.0%)

1 で心, のため

▼ 思う念力岩~ (2, 0.0%)

2 をもとおす

▼ 思う念慮~ (2, 0.0%)

1 が重なる, はマルセーユ上陸以来矢代

▼ 思う怪しい~ (2, 0.0%)

1 叫びが, 奴です

▼ 思う意識~ (2, 0.0%)

1 さえ確, の底

▼ 思う感じ~ (2, 0.0%)

1 がその, も決して

▼ 思う憎しみ~ (2, 0.0%)

2 に還る

▼ 思う我々~ (2, 0.0%)

1 の意志, の方法

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 る山奥, 日和田義郎

▼ 思う或は~ (2, 0.0%)

1 もう一夏, コスバリと

▼ 思う所以~ (2, 0.0%)

1 は後で, は次に

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 は打ち, も青い

▼ 思う折柄~ (2, 0.0%)

1 であった, には女

▼ 思う捨鉢~ (2, 0.0%)

1 な慾, な憤怒

▼ 思う新しい~ (2, 0.0%)

1 腹巻を, 頭を

▼ 思う方法~ (2, 0.0%)

1 で頼ん, を試みる

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 に戻そう, の日本画

▼ 思う時の~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ 思う時彼~ (2, 0.0%)

1 はしみじみ, は心

▼ 思う時日本~ (2, 0.0%)

2 に生れた

▼ 思う時機~ (2, 0.0%)

1 がある, にさせ

▼ 思う書物~ (2, 0.0%)

1 を一冊, を読む

▼ 思う書籍~ (2, 0.0%)

1 は何程, も読める

▼ 思う有力~ (2, 0.0%)

1 な事実, な証拠

▼ 思う望み~ (2, 0.0%)

1 は遠く, も絶え

▼ 思う果物~ (2, 0.0%)

1 を市民, を食べた

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 かな乳首, な背

▼ 思う機会~ (2, 0.0%)

1 がない, さえ見つかれ

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 ではござりませぬ, になれ

▼ 思う殿御~ (2, 0.0%)

1 と, との新

▼ 思う母親~ (2, 0.0%)

1 はきびしく, は多助

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 その足, を見はからっ

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 づいた低地, は

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 の上, を立て

▼ 思う然し~ (2, 0.0%)

1 この機縁, 確な

▼ 思う熱情~ (2, 0.0%)

1 が足りない, も決して

▼ 思う熱意~ (2, 0.0%)

1 があった, のほとばしり

▼ 思う熱望~ (2, 0.0%)

1 と殆, に変わり

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 に死に別れた, は今

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 にうっかり, 毒づいたと

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 をコレット, を藤三

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 にいっ, を影法師

▼ 思う画家~ (2, 0.0%)

1 です, の中

▼ 思う直感~ (2, 0.0%)

1 とたしかに, の正当さ

▼ 思う真心~ (2, 0.0%)

1 の価値, は見ね

▼ 思う真情~ (2, 0.0%)

1 がこもっ, が行き渡らぬ

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 だッ, には圭角

▼ 思う程クニャクニャ~ (2, 0.0%)

1 した躯つき, して

▼ 思う種々~ (2, 0.0%)

1 の切抜き記事, の感情

▼ 思う~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 から顔, のあたり

▼ 思う箇所~ (2, 0.0%)

1 が気づかれる, を発見

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 の数, の頼み

▼ 思う老婆心~ (2, 0.0%)

1 から, から云う

▼ 思う考え~ (2, 0.0%)

1 が少し, が頭

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 のはた, へ秒

▼ 思う胸騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 に締めつけられた, をじっと

▼ 思う自身~ (2, 0.0%)

1 の性格, の生き

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 の白い, を眼

▼ 思う苦しみ~ (2, 0.0%)

1 はそれ, よりも娼妓

▼ 思う苦痛~ (2, 0.0%)

1 に過ぎない, もある

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 の影, を摘み

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 という題, という題名

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 が手の平, だから

▼ 思う見当~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, を捜し

▼ 思う親切~ (2, 0.0%)

1 から彼女, は仮令

▼ 思う親身~ (2, 0.0%)

1 の情愛, の温かい

▼ 思う証拠~ (2, 0.0%)

1 があり, は係官

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 もなかっ, もなく

▼ 思う部屋~ (2, 0.0%)

1 の窓, へおれ

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 のこと, の力

▼ 思う間もなくすぐ~ (2, 0.0%)

1 次の, 眼が

▼ 思う間もなくまた~ (2, 0.0%)

1 気味が悪くなった, 訪れる

▼ 思う間もなくまたもや~ (2, 0.0%)

1 力任せに, 同じしない

▼ 思う間もなく又~ (2, 0.0%)

1 もニコニコ, もパッパッ

▼ 思う間もなく突然~ (2, 0.0%)

1 地雷爆発いたし, 暗い物隅

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 にさまよう, はお

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 が復, ばかりである

▼ 思う~ (2, 0.0%)

1 芸術さ或は, 風君が

▼ 思う頃不意~ (2, 0.0%)

1 にこんな大きな, に近く

▼ 思う頃左~ (2, 0.0%)

1 から来る, の谷

▼ 思う頃自分~ (2, 0.0%)

1 は俥, も前

▼ 思う風潮~ (2, 0.0%)

1 もある, も大きく

▼ 思う食べもの~ (2, 0.0%)

1 は番人たち, を見つける

▼ 思う骨太~ (2, 0.0%)

2 でがっちり

▼1* [1486件]

思うあいだは随分, 思うあからさまな真白, 思うあきらめに変り, 思うあこがれが泉, 思うあたり広やかに雪田, 思うあたり微笑を月, 思うあたり遥に馬子歌, 思うあたり馳違う人, 思うあまりついあまやかしたくなる, 思ういい御門人を, 思ういきさつの男女, 思ういたいたしい気持の, 思ういっぱい探し求める自由, 思ういとまなく, 思ういと間もなく只そのこけおどし, 思ういまはそれ, 思ううえに更に, 思ううしろで衣笠久左衛門, 思ううたの続き, 思ううちそれも一瞬, 思ううちアヽ面倒だ面倒, 思ううち不思議や其の, 思ううち先生は独語, 思ううち城の内, 思ううち夢が消, 思ううち女はすばやく, 思ううち彼の制帽, 思ううち数日前の夜, 思ううち汽車はいつしか, 思ううち汽車出でたれば, 思ううち瞼自然とふさぐ, 思ううち秀子は読み終っ, 思ううち越前自身はもう, 思ううち階段の影, 思ううまい考えも, 思ううれしさと, 思う君彼れ, 思うええつがもねえ, 思うえ小烏の, 思うおい己だ, 思うおっ母さんでも, 思うおまえに婿, 思うおりもあった, 思うおろかしさ, 思うお互い様のこと, 思うお前独身者かね, 思うお客は馴染, 思うお金方も出張っ, 思うかくいわば君達は, 思うかげにながい, 思うかしらア, 思うかたがた君のため, 思うかってのままに, 思うかとか貴下の, 思うかなア, 思うかに興味を, 思うかねと重ねて, 思うかねなんて問うだけ, 思うからけもないこと, 思うからといったような, 思うからとは云いながら, 思うからねこれで, 思うからはッと, 思うかんは棺, 思うがという話, 思うがとかそいつは, 思うがとにもかくにも, 思うがなあ君なんぞ, 思うがねえそんな気遣い, 思うがねえと総務部長が, 思うがねと田中君が, 思うがねんのために, 思うがのオ, 思うがのう今の, 思うきつい雀が, 思うきょう髪洗って, 思うきり外のこと, 思うきわどい瞬間を, 思うきわめて興味ある, 思うくらいまで働きまして, 思うくるりと背後向, 思うぐらいな風の, 思うぐらいのところであろう, 思うけどさあの夫妻たち, 思うけに京都迄, 思うけれどと一部分の, 思うけれどねまた新しい, 思うこう思うという, 思うここでなければ, 思うこころ涙を流し, 思うこだわりのない気安, 思うこちらの意志, 思うことそれが科学的精神, 思うことわが家を思う, 思うことオルムヅの貿易船, 思うこと不愉快と思う, 思うこと乱麻胸を衝き, 思うこと今に止まず, 思うこと心も矢竹, 思うこと意のごとくならず, 思うこと痛切なるもの, 思うこと私にきい, 思うこと累日多方, 思うこと胸を衝きし, 思うこと自分は若し, 思うこと邦夷ほど切実, 思うこれヨブの味, 思うこれ彼の操, 思うころあや目も知れない, 思うころお祖母さんがやっと, 思うころお花畠ともいうべき, 思うころわれわれの眼前, 思うころ一台の自動車, 思うころ一行の前, 思うころ二三間ほどの前面, 思うころ井戸端で人, 思うころ例の女, 思うころ六条もキンチャコフ, 思うころ卓上電話がまたし, 思うころ右手の後列, 思うころ外から誰, 思うころ大仏と言う, 思うころ山姥は大根, 思うころ彼はある, 思うころ彼らは壁, 思うころ急に天地, 思うころ方三間高さ一間余, 思うころ沖が鳴りました, 思うころ浄杖の先, 思うころ犬は今, 思うころ私は思わず, 思うころ蒼白な顔, 思うころ表の部屋, 思うころ闇太郎突然バラバラと, 思うこんな感動は, 思うそいと, 思うさいわいこの月末, 思うさえも厭に, 思うさかいにだんだんと, 思うさきへ落ち, 思うさし迫った感情, 思うさしてこだわるほどの, 思うさびしさにつつまれた, 思うざま剥奪くって, 思うざま名残りを尽せ, 思うざま恋を味わう, 思うざま男に恨み, 思うしかもそれが, 思うしたがって僕の, 思うしと云って, 思うしね他なら, 思うしゃにむにの歎願, 思うじかにこのゆく, 思うすこしはまし, 思うするとあいつは, 思うなただ, 思うそいつはあんまり, 思うそうくり返して云っ, 思うそうしてあとは, 思うそこもとたち三人は上位, 思うそしてまたレオナルドは, 思うそちには怨み, 思うそのままを書く, 思うそのものを彼, 思うそもそも人類には, 思うそりゃ宇津木が, 思うそれから先ず木下君, 思うそれでも養生の, 思うそれにお前も, 思うそれ此の通り抜けぬ, 思うそれ等のこと, 思うぞというご意中, 思うぞんぶんふくしゅう心を満足, 思うぞんぶん乳くり合ったの, 思うぞんぶん唾をとばし, 思うぞんぶん怪人に毒液, 思うぞんぶん敵を討っ, 思うぞんぶん横向きや七三向き, 思うぞんぶん発揮できる全, 思うぞんぶん良斎をからかった, 思うぞんぶん調査しよう, 思うたことも再々, 思うただし賢明な, 思うただ人と違う, 思うたっぷりした一日, 思うたびごとに猛然と, 思うたまさかのこの, 思うため世人が自分, 思うたらしゅう御座いましたが, 思うたんか南米へ行く, 思うたんぢや, 思うたんびに後ろ, 思うだけでもぞーと, 思うだけとなった, 思うだけは思って, 思うだけをば遺憾なく, 思うだって姉さんは, 思うちょっとの隙間, 思うちょらんけうるさい, 思うついては雪子は, 思うつて言つてやつたの, 思うつまり理智派の, 思うていうので, 思うてかに熱い, 思うてじゃないでのう, 思うてと云ったらいや, 思うてなあ若先生, 思うてのやらやっと重たい, 思うてばかりの事夫より, 思うてやほら寢, 思うてようく見る, 思うてナそれだ, 思うというはまして人, 思うとお書きに, 思うとおりおりすさまじい音, 思うとおりお金が寄る, 思うときあとから川添, 思うときこれらの彫刻, 思うときそれぞれの文化産物, 思うときひとはそれ, 思うときぼくはいつも, 思うときわが家の背後, 思うときわたしの心, 思うときわれらは断じて, 思うときわれわれは彼ら純真, 思うときハヤ左手なる汀, 思うとき一本松をながめ, 思うとき上高地でみた, 思うとき人生の便利, 思うとき人間に保持, 思うとき今は亡きわが, 思うとき他の吾, 思うとき伸子は自分, 思うとき信長は良人, 思うとき僕は大きな, 思うとき先生もはるか, 思うとき向が泰然, 思うとき四方かけまわって, 思うとき婆さんはまた, 思うとき幾人が死, 思うとき彼の涙, 思うとき彼らは武門, 思うとき心の扉, 思うとき恵みということ, 思うとき感慨無量たらざる, 思うとき慧鶴青年の心, 思うとき我々日本人に取っ, 思うとき掛金のかかった, 思うとき斃れて, 思うとき母をおもう, 思うとき水野忠善はふたたび, 思うとき水面にガバッ, 思うとき男にも女, 思うとき異常な光, 思うとき発田のこと, 思うとき私たちの心, 思うとき自分自身の運命, 思うとき頼胤はいい, 思うとくらいは言って, 思うとこで, 思うところそこに悲劇, 思うところでシャツなく, 思うところ孔明の意中, 思うところ有之近来, 思うとこ一つもない, 思うとしても一度読んだ, 思うとたんに目から, 思うとたんわれ知らず言葉が口, 思うととやこうと, 思うとというのが, 思うとどいつもこいつ, 思うとなんぞはからん三角, 思うとにッと, 思うとにかく花柳小説の, 思うとばたんと倒れ, 思うとばかり詠む短歌, 思うとへッへ, 思うとまで思われた, 思うとやアこれは, 思うとりまん, 思うとわーっ, 思うどうもお四才, 思うどおりにならぬ, 思うなあたしかに意識的, 思うなかれ彼一人安閑として, 思うなじみの森, 思うなぜなら僕が, 思うなつかしい声を, 思うなということは, 思うなとかいうのは, 思うにこそわれも, 思うにさえ胸の, 思うにぞ三吉は, 思うについては自分一人で, 思うにつれて此生活の, 思うにや六部順礼など, 思うに従って供養が, 思うねんし, 思うのでね長生きが, 思うのね嫌いな, 思うのほか何ものもない, 思うのほか別になすべき, 思うの人であったが, 思うの余りからそういう, 思うの切なるより, 思うの尤もね, 思うの私はそれ, 思うはかない気持も, 思うはずみを何故か, 思うあいも, 思うばかしでね, 思うばかばかしいにも程, 思うばかりな一箇体の, 思うばっかりです自分, 思うばっかりに愚痴が, 思うえいちいち, 思うほか何も考え, 思うほか感情的な女, 思うほか解釈のしようが, 思うほとんど生身を, 思うほどな辛さ, 思うほどへ小判を, 思うほども遊んで, 思うほんのりと白く, 思うまさしくそこに, 思うまた下から親ごころ, 思うまでのくだりに, 思うまでもない, 思うまにまに泛んで, 思うまま丞相に敵対, 思うまま俺の力, 思うまま嘆息したの, 思うまま容易に楽しむ, 思うまま工事をすすませ, 思うまま弄殺して, 思うまま彼へうち, 思うまま日光を吸う, 思うまま春風に曝し, 思うまま武威を示した, 思うまま湯気と湯, 思うまま相手に感じさせかねた, 思うまま表現できる人間, 思うまま詩や小説, 思うまま調練し給え, 思うまま野に出で, 思うまもなくざくざく切って, 思うまもなくすうっと退場, 思うまもなくすぐまたお, 思うまもなくたちまち銀閃ななめに, 思うまもなくちらちらと消え, 思うまもなくどんどん暮れかかる, 思うまもなくはや見えずなりたり, 思うまもなくぱっと大きくあけはなされた, 思うまもなくサッと板戸が, 思うまもなく再び姿を, 思うむきもある, 思うめいめいの心当り, 思うもしそうであると, 思うもっとも私は, 思うもどかしさも, 思うもの一人もなく, 思うやっぱり狂気だ, 思うやはり生活の, 思うゆえにわれ在り, 思うよういたずらが出来, 思うようできさえすれ, 思うよう亭主はあくまで, 思うよう今まで多少, 思うよう何うも, 思うよう学問は必ずしも, 思うよう恍惚となった, 思うよう杭がすくすくと, 思うよそのこと, 思うよとなにげなさそう, 思うよという意味を, 思うらく正成である, 思うらんようにその, 思うわが深き深き情け, 思うわしは, 思うわたくしの気持ち, 思うわたしそういう修正, 思うわれわれがとても, 思うわれわれ一組の観客, 思うわれわれ達で雑誌, 思う要す, 思うをもよく知りつ, 思うんざます, 思うんざますから少し, 思うイジワルという語, 思うイヤ是れは, 思うエイゼンシュテインの方, 思うエビ茶色のローズ, 思うオルガは自分, 思うガラッ八の, 思うキャンバスその他も高い, 思うコーヒーを飲まし, 思うサイジンバ・サジナにも接し, 思うジイド独特の歩きつき, 思うスタンダールのよう, 思うスロープが谷, 思うセツナの中, 思うセンチメンタルな希望, 思うチベット語がわずか, 思うがの, 思うツクシという春, 思うトルコってどんな, 思うニホンの民謡, 思うハマの遊び, 思うバダジャッカの喇嘛寺, 思うパリの地下牢, 思うモスクワ河には河童ども, 思うモティーヴと目ざめた, 思うヤケの原因, 思うユイ・タユイ・タゴの浦, 思うレニンもまた, 思うロマンチックであった, 思う思うだけの, 思うワな己の, 思うヴロンスキイそのままだった, 思う一つ家の図, 思う一体は宿, 思う一刹那の前, 思う一刹那彼はあっと, 思う一句が最新学説, 思う一図意に屏風, 思う一度だけ郷里, 思う一心に小さな角燈, 思う一方それがほんとう, 思う一方伸子の心, 思う一方木曾自身にも残った, 思う一本の吹矢, 思う一本杉をありがたし, 思う一条である, 思う一枝の花, 思う一歩前が実は, 思う一片の婆心, 思う一番大事なこと, 思う一種の宿命的, 思う一端に周囲三里, 思う一等運転士パイクソンはどこ, 思う一筋のもの, 思う一箇の人足, 思う一行の泊った, 思う一貴人の後生, 思う一部始終を悉, 思う一陣の風, 思う一面にこの世, 思う万分一その一言, 思う三ツのつづら, 思う三度の時, 思う三谷青年が有名, 思う下宿を見つけ, 思う不幸な敗北, 思う不快さに目, 思う不思議に楽しい, 思う不満のため, 思う世の中にこの, 思う世間の賞め, 思う両親たちは経験, 思う丸ノ内の或, 思う主人を自分, 思う主君にご, 思う予想が矢代, 思う事件かもしくは, 思う事当時の悪風, 思う事昔より人, 思う事柄を一つ一つ, 思う事等は東京, 思う事蹟伝説が見当ったなら, 思う二つの方法, 思う二面独眼一本脚の二面大黒, 思う五月二十八日または中世, 思う井上角五郎が朝鮮, 思う井戸端に腰かけ, 思う交番は怪物, 思う人びとは天皇, 思う人声の女, 思う人影もない, 思う人生もいつか, 思う人生問題は天然物, 思う人生観や道徳観, 思う人種もあれ, 思う人自身の心, 思う人通りの激しい, 思う人間どもに, 思う今度の縁談, 思う今日此の如く, 思う今時常識の分析, 思う今晩も寝, 思う仏像に縄, 思う代りになんとなく, 思う代わりに, 思う以上旅愁に襲われ, 思う以上明日子もまた, 思う以上秀吉にふかく, 思う仮令相手が, 思う伊乃のモラル, 思う伊佐子なら識, 思う伊勢と上村, 思う伊東どのはそう, 思う会話がツンツン, 思う伝六もちっと, 思う伝統の所作, 思う伝説がある, 思うこの関係, 思う佃さんだろう, 思う位すべては単純, 思う位だぶだぶだ, 思う位丁寧なお辞儀, 思う位厄介なもの, 思う位小癪に障る, 思う位晶子夫人が笑う, 思う位熱心にそんな, 思う位置に一朶, 思う位自分に課した, 思う位蛇や蛙, 思う位軒並に人々, 思う位運命のつながり, 思うである, 思うでも鳥, 思う何しろ金が, 思う何となく気を, 思う何れの極, 思う何んだか, 思う何卒か貴所, 思う余りめったなこと, 思う余り私の云う, 思う余り虚偽の自白, 思う余地があっ, 思うをあれ, 思う俊雄は馬, 思う信念を強く, 思う信玄と謙信, 思う俳諧なるもの, 思う個人の心, 思う個所へ挿入, 思う候補者以外は書かなかった, 思う停車場は縁日, 思う傍らでまだ, 思う傍ら電の様, 思う傍証の一つ, 思う備前物や相州物, 思う傾向がわが国, 思うはハイカラ, 思う元気さえなくなっ, 思う兄貴は, 思うを見せ, 思うに音松, 思う先入見が, 思う先年東日大毎に連載, 思う光琳などは僕, 思う全部は必, 思う八束は才気, 思う公私の建物, 思う公達はな, 思う六月の朔日, 思う六条院の奥様, 思う六畳の縁側, 思う六角の蜂窩, 思う其処で実は, 思う其死や彼等, 思う内スウーットンと襖, 思う内側からよん, 思う内切放れよく, 思う内大臣の性格, 思う内容での夜ふかし, 思う内心の衝動, 思う内稲穂が大半, 思う内部を一人, 思う円タクの運ちゃん, 思う円周の上, 思う冷淡な同心, 思う処旦那様は世間, 思う処理を自身, 思う切実な焦心, 思う切支丹屋敷とはまるで, 思う刑務所見学の仲間, 思う列強は自ら禍, 思うて死体, 思う初めのうち, 思う判断がまるきり, 思う別れ来ぬれば, 思う利他心とを同時に, 思う利尻島の内, 思う利己心と他人, 思う刹那ルパンの手, 思う刹那闇をつん裂い, 思う前年度のソヴェト, 思う剣道上の心得, 思う割目を見つけた, 思う弱さ, 思う功臣はひとり, 思う加賀国や足利, 思う七である, 思う労働者のよく, 思う動機はひととおり, 思う動物報恩譚から見る, 思う勝見に香しく, 思う勿論その演奏者, 思う北欧羅巴の方, 思う医者への払い, 思う十分一もできませんで, 思う十時までにおいで, 思う千ちゃんはいったい, 思う千駄が谷, 思う半分も喰えぬ, 思う半面私はずいぶん, 思う卑屈な宮廷婦女, 思う南端の宮古島, 思う原始へ返る, 思う原稿で七八十枚, 思う対手の, 思うの心, 思う反対ね, 思う反省は彼女, 思う反面にはこれ程よく, 思う叔母に会し, 思う叔父が怪美人, 思う叔父それを中心, 思うのそば, 思う口惜しさに, 思う古くして, 思う古代精神はそれ, 思う古典をしっかり, 思う古文書なぞは取り出したら, 思う叱咤と共に半纏, 思うも左, 思う同じ御影石の, 思う同伴の若い, 思う同時にいずく, 思う同気の輩, 思う名字が諸国, 思う名木でそのある, 思う名残り惜しげな姿, 思うから一人, 思う向きがある, 思う君たちは, 思う吾妻屋は大井久我, 思う呉服屋が来るで, 思う咄嗟にもう, 思う和尚はない, 思う哀惜の情な, 思うや美, 思う善意とマゴコロ, 思う噴行艇アシビキ号には二百三十人, 思う四十年の過去, 思うなり, 思う圖書の心, 思う土州には深尾主人殿, 思う土曜日は学校, 思う圧感でした, 思う圧迫のみが強く, 思う地域にまでこの, 思う地方が多かっ, 思う坂道の異なる, 思うの中, 思うもない, 思うには達し, 思う執着に涙, 思う場合鳥や獣, 思うの上, 思う境遇に堂々, 思う壺どおりに確定, 思うに, 思う外ドウもあなた, 思う外交官試験をうけ, 思う外国の山, 思う多くの伝説, 思うの九時ごろ, 思う大いなる感謝, 思う大らかな表情, 思う大人のあさまし, 思う大利根博士発明のあべこべ砲, 思う大力の衆, 思う大口を水面あらわ, 思う大学に学んだ, 思う大岩が一つ, 思う大正の末期, 思う大泊村の海岸, 思う大蛇と称える, 思う大金は影, 思う天平の庶民, 思う天狗はこの, 思うは未決監, 思う夫婦の醇朴さ, 思う奇瑞の枕, 思う契機ともなった, 思う女乞食が俄盲, 思う女帝であったが, 思う女王であったから, 思う奴失礼お方もあるだろう, 思う好都合が出, 思う如く苦度々, 思う妄念は一切, 思う妖婆はすべて, 思う妻たちの心, 思うの純愛, 思う娘たちのところ, 思う娘心の浮き, 思う娯楽の力, 思う婚礼当時のこと, 思うは小屋, 思う子どもたちでもこの, 思う子守唄の哀切, 思う子細がございまし, 思う存ぶん撲るよ, 思う存分人の世話, 思う孤独を抱きしめ, 思う学校の裏, 思うばかりで, 思う守人の恋, 思う宗円が, 思う宗助の代り, 思う宗茂が三千, 思う宗達和尚が常に, 思う官僚など保元, 思う官兵衛は氏職たち, 思う官吏風の洋装, 思うった名, 思う宝石青い玉, 思う実に気の毒だ, 思う実相は日本, 思う実際は案外, 思うは誰, 思うの戸, 思うであったから, 思う宮崎湖処子であった, 思うにもぐうぐうと, 思う家主の誰, 思う家庭の婦人, 思う容姿を持っ, 思う容子でしばらく, 思う容色は容色, 思う宿題は僕, 思う寂しさに, 思う富豪の邸, 思う対岸には鉄, 思う対象にぶつかりました, 思う小さいながら美しい, 思う小手へどこ, 思う小柄の爺さん, 思う少々船は, 思う少女たちを回顧, 思う少年を伴っ, 思う尤も外に秀子, 思うては不自由, 思うから自分, 思う屋根の上, 思う屍体を姉, 思う山の根の波, 思う山中の狂女, 思う山形警部の機械人間, 思う岡本などまでが俺, 思う岩石でしきつめられ積み重なっ, 思うの影, 思うの下, 思う川島片岡両家の関鍵, 思う川越芋の紅い, 思う工場の前, 思う工夫は日本人, 思う工藝品の数々, 思うの目, 思う巴屋の店, 思う之丞様, 思う希望だけは充分, 思う師範の地位, 思う常識で, 思う幕府人の剣幕, 思う幕臣らの意向, 思う干潟に崩家, 思う平四郎は涎, 思う平岳は名称, 思う平次の心やり, 思うよりの感情, 思う年ごろの者, 思う年紀上の綺麗, 思う幸福だけで充分, 思う幻想をたくましく, 思う幽霊で三世, 思う幾つかの煩悶, 思う幾分の好意, 思う庄公がもう, 思うに節子, 思うには世間, 思うを探しあてた, 思う度びにそんなに小さく見え, 思う度合いはちがい, 思う庭石の上, 思う庸三の感情, 思うの朽ちた, 思う引廻して, 思う弱々しい女の子で, 思う弱気の部也, 思う張子の筆, 思う強い闘志を, 思う強いて言えば, 思う当りがある, 思う当時のベートーヴェン, 思う当時神田の三崎町, 思う彫刻には一日, 思うが揺ぐ, 思う彼らの愛情, 思うをあちこち, 思う後悔があと, 思う従者たちは主人, 思う御方はこの, 思うな元結, 思う微笑のお, 思う微衷のほか, 思う心そのものがすでに, 思う心それは私たち日本, 思う心づくしの妻, 思う心地はなかっ, 思う心当りの人, 思う心得で斯様, 思う心情は一とおり, 思う心持ちはもう少し, 思う心支度である筈, 思う心洞察すべし, 思う心自分をとおし, 思う忠平には別れ, 思う忠節のため, 思う忠臣は多く, 思う快晴になった, 思う念願はつよく, 思う思い方は考えようで, 思う思想とあまり, 思う心に, 思う急迫音がどっと, 思うですね, 思う性分なの, 思うがある, 思う怪塔王はこうして, 思う怪異は, 思う恩人です, 思う恰幅の共にいかさま, 思う悪いから止めよう, 思う悪事を百, 思う悪党さ, 思う悪心はこの, 思う悪魔の業, 思う悲しいことうれしい, 思う悲歎に沈ん, 思う想像がみんな, 思うでござる, 思う意匠の本, 思う意地を張らず, 思う意志のある, 思うが附随, 思う感傷主義もまた, 思う慈母の愛, 思う態度で手, 思う態度そのものが甘ったるい, 思うがあった, 思う慾徳尽の追剥, 思う憂慮のため, 思う憂慮わしげに仰い, 思う成長や仕事, 思うを上, 思う戒心がある, 思う戦争孤児はおらぬ, 思う手がかりもわれわれ, 思う手応がありました, 思う手懸りは何等, 思う手紙を受け取っ, 思う技法はとことん, 思う折々にすぐ, 思う折柄勘次に盗取られた, 思う折角の好意, 思う拵え一人付添って, 思う合せた金子, 思う政党の候補者, 思う政府でありおん身ら, 思う故今夜そちの家, 思う故郷かな, 思う教授が糸, 思う教育の威力, 思う教育上の厳格さ, 思う数奇も有, 思う文句がひょいひょい, 思う文学上の新しい, 思う文武の百官, 思う文選植字印刷解版皆自分の手, 思う新奇な材料, 思う方針によって極端, 思う方面が誤たず, 思うの煽つ, 思う日数であったから, 思う日本の政界, 思う日本アルプスその他の縦走コース, 思う日本人はいない, 思う日本文化の一面, 思う日本犬が手, 思う日田の川師, 思う旦那のめ, 思う旧友も住ん, 思う昂奮もよけい, 思う昌幸の心, 思うもなく, 思う明らかな叡智, 思う明るい善良な, 思う昔話になお, 思うを探しあて, 思う春秋社の楼上, 思う昨日今日の壮観, 思うれ大小, 思う昼過ぎの烈しい, 思う時々に源氏, 思う時あなたは少し, 思う時それを出す, 思う時それらの知識, 思う時一番興味深く思い浮かべられる, 思う時丁度外を誰, 思う時今日ラッパを吹い, 思う時光悦が起こる, 思う時冷静に感情, 思う時分上野の山, 思う時分図書館の扉口, 思う時分小楊子を刺し込ん, 思う時別な橘, 思う時匂宮の御, 思う時名の主, 思う時妾の胸, 思う時婦人開放も婦人参政, 思う時左右より驀地, 思う時座敷の燈, 思う時彼女の面影, 思う時掻消えるよう, 思う時数正はふらふら, 思う時期が来ました, 思う時水戸屋の乾, 思う時滋幹の心, 思う時私たちは知, 思う時私達の心, 思う時筆者は翁, 思う時自分はうらやむ, 思う時荒海の巌, 思う時誰もニュートン, 思う時車掌が大倉別邸前, 思う時遥かに望み, 思う時釣瓶のよう, 思うさだった, 思う暮しかたをすれ, 思う曙覧の貧, 思う書斎の条件, 思う最初であった, 思うが落ち, 思う月光の下, 思う月明りの中, 思う有力者には悉く, 思う望月の欠け, 思うからのビショビショ降り, 思う期待で浮く, 思う木立の影, 思う木蔭山蔭をも無事, 思う本当の事, 思う本来の念願, 思う本能がどういう, 思う本質を, 思うの幹, 思う杉材はさっき, 思う杉田屋はあれ, 思う材料を選りわける, 思うの問題, 思う村娘の結婚, 思う束の間に又, 思う束髪を見, 思う東京の, 思う板の間の広い, 思う林道の入口, 思う果して然らば, 思うを見つける, 思う根拠はなにか, 思う桂子を信じ, 思う梅モドキの実, 思うの芽生え, 思う梵語文典の目録, 思う楔石を持った, 思う極悪非道な者, 思うみが, 思う様子ハタからは全く, 思う横町の角, 思うの樹, 思う橋弁慶なぞは何時も, 思うの瞬間, 思うし泣き, 思う歌舞伎座で活動写真, 思う正季だったが, 思う正直一途の心, 思う正面には広い, 思う武士の娘, 思う武士達の顔, 思う武家の後家, 思う歴史を今, 思う殊に余が, 思う残忍な気持, 思う母人の生れ育った, 思う母艦の, 思う母親許婚の命, 思う比どこからともなく, 思う比天鵞絨の峰, 思う民衆の予想, 思う気くばりをみせる, 思う気力もない, 思う気味もある, 思う気品と才気, 思う気色を見せない, 思う気運というもの, 思う気遣いはない, 思うもありました, 思うにも似, 思う汚い服装の, 思う江戸の下谷, 思う江藤新平を演ずる, 思う沈欝やりどころ, 思うの大, 思う法政大学の予科, 思う泰軒先生はいまだに, 思う津軽領の方, 思うと迸った, 思う流木を見かける, 思う墓な, 思う浅ましい心から, 思う浪子が一生, 思う浮世絵に現れた, 思う浮舟が失望, 思う浴衣が青白い, 思う海ぞいに室戸岬, 思う海老茶ではない, 思う消息は重, 思う消極性によってしまう, 思う涌谷は譲歩, 思うが米, 思う涙格子の内外, 思う涙血が沸, 思う涙近く崇巌院の夫, 思うさが, 思う深い恋しさと, 思う深く脱いだ襟脚, 思う清らかな微, 思う済まないがその, 思うを小児, 思うが野, 思う源三郎には自分, 思う源助考慮は, 思う漠然とした気持, 思うをいつ, 思う火中にあっ, 思うともし頃, 思う為医学士の這入り得ぬ, 思う為是くらい聞かせ, 思うも見えず, 思う無尽か勝たね, 思う無量な感慨, 思ううして, 思う然しそれでは当面の, 思う岩の, 思うが手, 思うのかたまり, 思う煩悩の闇, 思う父母も親類, 思う父親に苦しい, 思う爺さんだって旅他国, 思うすれば, 思う片方から, 思う牛込は少し, 思う物凄い両刃の, 思う特徴は複雑, 思う特色の説明法, 思う状燗の出来立の, 思う狡い考えに, 思う狭い女の, 思うが今日, 思う玉鬘であった, 思う王様はもっと, 思う珈琲店へ出かけ, 思う現に小舟町の, 思う現在その人, 思う現場はひどく, 思う球根がいくつ, 思う理想的人物だと, 思う理論的或は道徳的理想, 思う瑠璃子を失おう, 思う生きかたでしばらく, 思う生命なり, 思う生物の肩胛骨, 思う用意からであった, 思うに行っ, 思う甲乙の二地点, 思う甲所をちっとも, 思う甲種熱心家が, 思う男女が添い遂げられない, 思う男子に身, 思う番頭から詫び, 思う疑いはあった, 思う疑問は仮に, 思う疑惑さえ彼, 思う疑懼に交っ, 思う病床の父, 思う病気なん, 思う痕だらけ力が支離, 思う痕跡は今, 思う涙も, 思う痛恨な悲憤, 思う発見もなく, 思う白帆に離れ, 思う白沢の水量, 思う白髪を覗かせた, 思う百四十年前自己利益是認の教義, 思う百姓たちの不能, 思う百年は一年, 思う百篇の歌, 思うに行きあわない, 思う皆親友神月の弁護, 思うを御, 思う盆栽室へ密, 思うもなし, 思う盗人の悲哀, 思う目つきで早口, 思う目当ての人, 思う目高は小さ, 思う三は, 思う真に凄い怖いという, 思う真中のは壁, 思う着物縫いにかかる, 思う瞬間それはわたし, 思う瞬間アルコールの一滴, 思う瞬間一足出た, 思う瞬間両翼はもぎれ, 思う瞬間悚然として戦慄, 思う瞬間白蛇長閃して, 思う瞬間銀行から先刻, 思う矢先フト思い付いたの, 思う石川の娘, 思う砂糖を使っ, 思う磯助役の今日, 思う礼手紙だ, 思う祈願は人人, 思う神明前の田中重兵衛, 思う神田君がたとえ, 思う禅家が生死超脱, 思う秀吉麾下の将士, 思う秀子が顔, 思う私どもは五十年母, 思う科白を空, 思う秩父の奥山, 思う移転の時, 思う程あでやかな衣類, 思う程不思議なもの, 思う程度正直と云う, 思う程徹底的に仰ぎつ伏しつ笑い続けた, 思う程感心しない事, 思う程欠伸が出た, 思う程無茶苦茶に成っ, 思う程腹をへらし, 思う程赤ん坊ではない, 思う程迅速なもの, 思う程酷遇られたため, 思う種々様々な心, 思う稲妻ではない, 思うがぽかぽか, 思う空地を掘りかえし, 思う空軍は全く, 思う空間をグッ, 思う突然左り, 思う窓下の葉蘭, 思う立派なエズイタ先生, 思う竜舌蘭をヌスビトノシリサシ, 思うの内, 思う笑いをあ, 思う笹原の急, 思う筆法である, 思う筋合もありませぬ, 思う筋目のあり, 思うがない, 思うを取る, 思う箱自動車が穴, 思う節子をどう, 思う精神一到何事不成というよう, 思うの量, 思う糸七の袖, 思う系譜の一巻, 思うを求め, 思う紅蓮が一茎, 思う鮮血色で, 思う純情からのこと, 思う純林が残っ, 思う純真な気持, 思う紛らわしに女房たち, 思う細々とした, 思う細い柳の, 思う細巻の怒り, 思う紺青色の大, 思う経験をする, 思う絶海の孤島, 思う続きに薫, 思うがどう, 思う綾錦を積んだ, 思う総長屋の桝形形, 思うとは何ぞ, 思う縁談を先方, 思うくしさ, 思う美奈子の心, 思う羞恥心から姫君, 思う義一のまわり, 思う翁里人の深切, 思う習練を永久, 思う翻訳をし, 思う老女の髪, 思う老婆だった, 思う考えかたはこの, 思う考え方と同じ, 思う者たちだけを弁護, 思う者どもである, 思う者老いたる親, 思うして, 思う聯想につれ, 思う職工たちもこ, 思う肘掛椅子をバラバラ, 思う胸中の一人物, 思うの痛, 思うをかかえた, 思う自伝の一節, 思う自信がある, 思う自分自身に帰っ, 思う自尊心に悩み, 思う自己の向上, 思う自己流の俳句観, 思う至情に於, 思う至誠に動かされた, 思う舅夫婦とともに妊婦, 思う興奮はどう, 思う舞妓がはじめ, 思うが入っ, 思う船幽霊のよう, 思う良人と裂かれ, 思う良沢の前, 思う色彩に塗りかえ, 思う花瓶を見つけ, 思う花簪を妹, 思う花車がいない, 思う芸者の見つかり, 思う若し然うだと, 思う若干の事実, 思う若狭の八百比丘尼, 思う苦々しさが, 思う苦しさからは, 思う苦しい夜々は, 思う草土の猛者, 思う草花がすっかり, 思う菅江真澄なども暖かい, 思う菩提の心, 思う落葉松からあまりに, 思う蓉子が不意, 思うの花, 思う蕎麦屋が影, 思う蕪村郷愁曲の一つ, 思う薄弱な知力, 思う薄色の小袖, 思う薬品をロック氏液, 思う薬草はある, 思う藻西は死し, 思うは, 思う虚剛と人間らしから, 思う虚栄とそう, 思う蚊帳の中, 思う蜘蛛の巣, 思うに憑かれた, 思う衣類もついに, 思う表情でひとりフォーク, 思う表現として敬語, 思う衷情が知れ, 思う袖口も綻び, 思う被害妄想でありプロレタリア, 思う裏面に恭吉, 思う製作を世間, 思う裾模様をおかせた, 思う襟脚細く紺蛇目傘, 思う西洋でもこれ, 思う西洋人は何ん, 思う西瓜のあと, 思うもない, 思う要するにこれが, 思う見事な蓮根, 思う親ごころのそれ, 思う親切心を持つ, 思う親切気を眼色, 思う親心ゆえに血, 思う親戚がかえって, 思う親類家族の人々, 思う親鸞を表わし得たら, 思う観客にとっては最も, 思う観念を持つ, 思う解毒剤を作った, 思う言い伝えは自ら鬼, 思うがある, 思う計画について考えた, 思う記憶ばかりだ, 思う証書のこと, 思うなり歌, 思う誘惑がそれ, 思うがあれ, 思う誠意と話したい, 思うでも一応, 思う説明に入っ, 思う読者諸君はここ, 思うが騒い, 思う警視が, 思う豊前中津下小路の西南, 思う豹一にももともと, 思う貞節お前さんの志, 思うにはいつも, 思う貨物に関して上述, 思う質問を帆村, 思う質素な老, 思う赤露のマルキシズム, 思う足あとが心, 思う路傍の立石, 思う身の上話を一ツ, 思うに真紅, 思う転石を見た, 思う軽いキャキャと, 思う辺黄金の鈴, 思う迄のテンポは, 思う処へ, 思う近ごろの彼, 思う近年のよう, 思う迷いをする, 思う悔によって, 思う逆さにし, 思うはじ, 思う途中でついつい, 思う途端寝台の陰, 思う途端火床を開いた, 思う途端甚兵衛は頭上, 思う途端車掌がベル, 思うに弄んだ, 思う通り口を動かした, 思う通り実りがありませんない, 思う通り曲馬団の仲間, 思う通り書直して, 思う通り正直にお, 思う通り永遠に賢く, 思う通り活動出来ないので, 思う通り自分を愛さないなら, 思う通り貴方に対して責任, 思う通行人はワルシャワ, 思う速水輪太郎にも会えなかった, 思う連中とは少々, 思う逸話がなお, 思う運命の方向, 思う道化師もどこ, 思う遣戸の外, 思う邪推とは言い切れない, 思う部位に命中, 思う部門には旧, 思う部面の上半, 思う部類のみを二, 思うの名, 思う郷里の方, 思う都人じゃ, 思う都会毎に原形, 思う都会的の婦人, 思う重大な問題, 思う野性的で行儀作法, 思う野望は他人, 思う野郎を名指し, 思う金鯉とはもとより, 思う鈴木主人をつきおう, 思う銀行にあずける, 思う鋭い事実だ, 思う鑑賞家もいられる, 思う長虫と見えた, 思う間もなくかえって入獄中の, 思う間もなくすぐもうそこで, 思う間もなくついに自分が, 思う間もなくつるつるちゅうと音, 思う間もなくどうした途端, 思う間もなくまず最初の, 思う間もなくキリキリキリと, 思う間もなくグーンと空高く, 思う間もなくサッと宙に, 思う間もなくドーンと爆音, 思う間もなくパッと上, 思う間もなくパラパラと大粒, 思う間もなく一寸降って, 思う間もなく一気に濠端を, 思う間もなく忽ちするすると庭前, 思う間もなく果たしてドサクサと, 思う間もなく直ちに蒼白に, 思う間もなく突如世界は, 思う間際に当っ, 思う陰惨とした, 思う階級的売りわたし, 思う際穀精再び現, 思う際身分より出, 思う障子一重その百何十畳, 思う雑誌が手元, 思うの中, 思う雪堤はいつか南, 思う雰囲気は濃い, 思うで遠く, 思う青春だったの, 思う静さで何だか, 思う非人法師らはみな, 思うを見ました, 思う面影がまんまと, 思う音楽放送がたまに, 思うがする, 思う頃シャーロンの町, 思う頃ビシイインという震動, 思う頃一つの大広間, 思う頃一二丁隔ったある, 思う頃一方の車輪, 思う頃三丈近い瀑, 思う頃三角定木わムクムク, 思う頃下女がまた, 思う頃中世風の一つ, 思う頃二人の足, 思う頃今度はたった, 思う頃仕事をし, 思う頃令弟から安達君, 思う頃伯爵がきいた, 思う頃何うした, 思う頃偃松の幾谿, 思う頃先に歩い, 思う頃其一人は三番目, 思う頃其熊或穴, 思う頃北の方は起きなおっ, 思う頃半月の真下, 思う頃右と左, 思う頃合に, 思う頃哀れにも芽, 思う頃山勢が一曲, 思う頃広告気球の下降, 思う頃庸之助, 思う頃彼はあなた, 思う頃彼女の頬, 思う頃後からバタバタ, 思う頃徐々頭を挙げ, 思う頃揚板に蹶い, 思う頃氏は突然, 思う頃沢が尽き, 思う頃潜戸の外, 思う頃玄関から廊下, 思う頃私たちは比較的, 思う頃立止って, 思う頃自動車が止まりました, 思う頃蠅も, 思う頃赤耀館の玄関, 思う頃路は殆, 思う頃轟然たる爆音, 思う頃遠くに一点, 思う頃鉄道のストライキ騒ぎ, 思う頃門口を開ける, 思う頃雑木の茂った, 思う頃静かに口, 思う頃養蟲園へ達した, 思う頃香椎の踏切, 思う頃黄昏の空, 思う頬辺を窪め, 思う頭蓋骨折だからね, 思う頸引きという遊戯, 思う題材もなかっ, 思う題目なの, 思う額縁屋へ走る, 思うがそれ, 思う風体でした, 思う風土記の物語, 思う風情をそなえた, 思う風采でもの, 思う食べ物はいくつ, 思う食通はまず, 思う駄馬が顔, 思う駒吉の気持, 思う骨肉の情愛, 思う高島藩士因幡守様家臣じゃこの, 思う鬼小僧だ, 思う魂魄はそちら, 思う鮮血を滴らす, 思う鴛泊の町, 思う鴻之台は先年, 思う鶴さんの心, 思うが旋風, 思うの絹帽, 思う鼻うたでもきっと