青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「微か~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

御身~ ~御飯 御飯~ ~御馳走 御馳走~ 復~ 復活~ ~復讐 復讐~ ~微か
微か~
微塵~ ~微妙 微妙~ ~微笑 微笑~ ~徳 徳~ 徳利~ 徳川~ 徹底~

「微か~」 2169, 21ppm, 5501位

▼ 微か~ (1154, 53.2%)

16 聞えて 12 なって 11 残って 9 動いて 8 うなずいた, して, 揺れて, 顫え 7 声を, 微かに, 首を 6 なつて, 答えた, 見えた 5 息を, 流れて, 笑った, 耳に, 顔を

4 [17件] した, ふるえて, ゆらめいて, ゆれて, 人の, 動いた, 慄え, 洩れて, 涙が, 笑つた, 聞える, 見えて, 記憶し, 震へて, 音を, 響いて, 頷いた

3 [18件] うなづきました, なった, 云った, 光って, 息が, 感じた, 溜息を, 煙を, 眼を, 笑を, 聞えた, 肩を, 血の, 見せて, 覚えて, 震えて, 鳴って, 鳴つた

2 [68件] あまり薄く, きこえた, ちらついて, のこって, ふるえた, わなわなと, グラリと, 一味の, 人々の, 僕に, 兄さんの, 光沢を, 匂ふ, 口許に, 吹いた, 吹いて, 吹き起つて, 呻き声, 呼吸を, 嘆息した, 好奇心と, 射して, 差して, 悲憤の, 手を, 星の, 春の, 横雲が, 水の, 淡紫, 漂って, 燃えて, 琴の, 疲労の, 白く一筋, 白秋さんに, 目で, 眼に, 瞬いて, 私は, 聞こえた, 聞こえて, 胸を, 苦しいと, 苦笑を, 見える, 見えるの, 見え投出, 言ったが, 言って, 足音が, 身を, 身動きした, 透いて, 道端の, 遠く, 遠雷の, 銃声, 震へる, 響いた, 響いたが, 響くばかり, 頭を, 顫えた, 顫える, 鳴いて, 鳴つて, 鼻を

1 [752件 抜粋] あからめ, あつた, あの声, ある, いい気持, いかなる音楽, いった, いつか全く, いつたのみで, うかがえたの, うごいて, うち點頭き, うなずいて, うなずく, うなって, うめいて, うるむで見えた, おののいた, おののかせて, おぼろに, お歯黒を, かげろうが, かすれて, かち合う壜, かなたに, かよって, きこえたかと, きこえて, きこえるが, きこえるの, きこえる頃, きしむ緊金, きなくさい匂い, こういう感じ, こういっ, こだました, こちらを, これだけ, こわい, ごそり, さしわ, さし残つて, さし添, さら, しかしきわめて, したはじめて, しゃがれて, すいすいと, すけて, すり切れて, する, する位, ずっと前, せまった眉, そこに, その双, その周囲, その声, その眼, その蒼白め, その間から, それが, それと, それを, そんな気さ, だがはつきり, だが情熱的, ちろちろと, ついた指, つぶやきながら, では, ともすランプ, ともって, なつた, なつてこだ, なびいて, なびくと, なりとうとう, なりましたただ, なる, なると, におう心地, にじみ來, ぬれて, のこったばかり, ぱっぱっと燃え立っ, ひきつった, ひと声叫んだ, ひびいた, ぴくぴくし, ふける, ふるえながら, ふるえを, ふるえ出して, ふるへたの, ほこらしい感じ, ぼやけて, また, まわりながら, もれたり, やすらかな, ゆらいでね, ゆらぐ春, ゆらめくと, ゆらめくなか, ゆれるかと, よい匂い, わかつた, わかるが, わななきながら, わななきを, アと, カタリ, ギイ, ギイギイと, サラ, チョッと, ドラが, ニコつい, ビクリビクリと, ブザーが, ミシリミシリと, ムズムズと, ロシヤの, 一二回ブルン, 一言洩らし, 上って, 上気し, 不安を, 不快ささえ, 二三度うなずき, 二三箇所疵の, 云ッて, 五体を, 交つて聞える, 人々を, 人声が, 人声も, 仄見え, 仙吉の, 伝わって, 低く沈ん, 佐治君の, 体じゅうへ, 体温が, 何か, 何だかふだん, 作者の, 信濃なる, 傳つてくる, 光った, 光つてゐた, 光り始めてから, 光り止まない空想的, 光り遠い, 光る, 光るの, 光を, 八畳の, 其半身の, 其頃の, 冷笑が, 分った, 加奈子を, 動かして, 動かしながら, 動かす, 動きかけて, 動き出したので, 動くの, 匂った, 匂つてゐる, 半面に, 卑人を, 口の, 口を, 口笛の, 口笛を, 叱った, 合図する, 吐息洩らし, 吠えながら, 呟いたが, 呟いだ, 味噌の, 呻いた, 呻くわなわな, 呻吟しはじめた, 呼んだ, 呼吸づい, 唄って, 唇の, 唸つた, 喘ぎが, 嗟嘆を, 嘴などを, 囈言を, 声する, 外光が, 大砲の, 女は, 媚びの, 宝沢同行二人と, 客間から, 宿って, 寒々と, 寝息を, 小判形の, 小栗物語の, 岸に, 左手の, 左文字に, 帯びた風, 幼顔が, 庭面の, 廊下が, 引き合うて, 弱々しく燃え, 当つて, 彫刻した, 彼の, 微笑した, 快よ, 念仏を, 思い出すこと, 思ひ出した, 悲しげ, 悲しんだ, 意識を, 愛しき囁き, 感じるくらいの, 感ぜられた, 憎らしくも, 憶えて, 懐しく思, 戦いたけれども, 戦いで, 戦かして, 戦きふるえて, 戸を, 手足を, 打ちふるえて, 押しやりながら, 持つて, 指先が, 指先を, 振動する, 掠って, 揺ぶった, 揺らぎ残って, 揺れた, 揺曳する, 搏って, 撮まれたよう, 改まった気分, 斉彬の, 明りの, 明るく顫, 昔の, 晒った, 暖かい肉感, 暮す奧木佐十郎, 曳くびつこは, 有るの, 木の葉に, 来馬甚七の, 棚曳い, 歌を, 歎め息を, 残して, 残ったその, 残つてゐる, 残つて居る, 気に, 水光りし, 江の島が, 沒し去, 波だつ血管, 波の, 泣くを, 洩し, 洩らした, 洩らすかと, 洩れる猟館, 洩れる鼻息, 流れ入るの, 流星の, 浮かぶ, 浮ばせて, 浮んだ, 浮んで, 海の, 消えて, 消え去った時分, 消え残って, 涙を, 淨く, 温みを, 湧いた, 湧き出して, 湯が, 湿って, 湿り気が, 漂いはじめた, 漂い燈明, 漂った, 漏れるの, 潤んだよう, 火の, 灯を, 灯影が, 点頭いたり, 点頭いて, 煙るアーク燈, 煙硝の, 照し, 照した, 照らされて, 照らした, 熱ばんで, 燃える, 燐光が, 燐光を, 父の, 爽やかな, 犬が, 率意の, 現われる肉, 生えかかって, 異様な, 痙攣した, 白い歯, 白い水蒸氣, 白く降つ, 白み初める頃, 皮膚の, 目を, 相異なる, 眉を, 眠るとき, 眺められた, 眼開く, 瞼を, 知つては, 知れる窓, 破れ窓から, 硝子窓越しに, 礼を, 祈祷場からの, 神経質な, 空想されない, 立って, 立つて, 笑う, 笑うかとも, 笑って, 笑ひました, 笑顔を, 筋肉が, 答える時, 答の, 節を, 粉が, 糠の, 糸に, 紅の, 紅み, 細君の, 結んで, 而も, 耳の, 聞えたの, 聞えたので, 聞えるという, 聞えるのみ, 聞える水, 聞え出した, 聞かれた, 聞かれるあたり, 聞きつけて, 聞き取られた, 聞く, 聞こえた様, 聞こえました振り向いて, 聞こえるので, 聞こえるばかり, 聞へて, 聞ゆ, 聴えて, 聽える, 肩で, 肯いた, 胸の, 能力が, 脣の, 膨らせて, 自嘲めいた, 船の, 色が, 色づけられて, 苦笑し, 苦笑した, 茶飯屋と, 草履を, 蒲団が, 薄らぎて, 薄笑の, 薄黒い, 藻が, 虫の, 蠢めかす, 血が, 表から, 表情を, 見えました, 見えるが, 見えるでは, 見える宝物, 見え山々, 見え水星天, 見た, 見たとき, 見るところ, 見付けたので, 見開いた睫毛, 覺束なく, 触れる程度, 触れ合って, 言つた, 記憶えて, 記憶に, 認めさせる程度, 読まれた, 読まれて, 谺させ, 貴女は, 赤らみながら, 赧らめて, 跫音が, 躍りました, 身が, 身体を, 転々と, 軽く触れた, 通って, 過去と, 遠きに, 遠く半鐘, 遠く聞こえる, 遺れるなど, 部屋の, 酔が, 重砲の, 野に, 鈍き脈, 鈴が, 銀色に, 長く引く, 開きしも, 開くと共に, 闇を, 降って, 障子紙の, 雜り, 雪が, 雪の, 雷が, 電光が, 震えた, 震えながら, 震えるの, 震え出した, 震動し, 霞が, 青く見え, 靡いて, 響いたかと, 響き, 響くと, 響を, 頭痛の, 頷いては, 頷くと, 頷くよう, 顫い, 顫へて, 顫動する, 風が, 飛んで, 首肯いて, 馬の, 驚愕の, 鳴っただけ, 鳴つたの, 鳴るだけ, 鳴るオルゴール, 點頭いた, 鼻に, 鼾の, 鼾を

▼ 微か~ (792, 36.5%)

31 音を 21 音が 20 声で 9 溜息を 8 声が 7 声を 6 笑ひ, 笑みを 5 物音が, 笑を, 音も, 風が 4 人の, 光の, 光を, 寝息を, 遠い昔, 青みを, 風に 3 亢奮を, 光が, 光に, 太鼓の, 星の, 燈火の, 皺の, 遺風にな, 響を

2 [52件] あかりに, どよめきの, 不安を, 傷の, 光, 冷笑を, 動悸を, 叫び声が, 呼吸が, 塵が, 声に, 夕の, 好奇心と, 寝息が, 希望を, 微かな, 息の, 明りが, 明りを, 月光が, 月光の, 望みが, 未練を, 気配を, 波をも, 溜息さえ, 灯が, 灯で, 灯影の, 灯火が, 煙が, 煙を, 燈火が, 生を, 皮肉を, 眩暈い, 秘密が, 笑いが, 笑が, 聲で, 苦笑が, 蝋燭の, 記憶が, 足音が, 足音を, 返事を, 運動の, 鈴の, 響きが, 顫え, 風の, 風も

1 [505件 抜粋] あっしの, いい匂い, いくすじと, いろいろの, おとが, からい味, けれども確か, ことです, こぼれ雨大助は, しかしまぎれ, しかもおそるべき, しかも透き通った, しゅうという, すき間や, せせらぎに, そのひと言, その恋, それをも, だけに彼, ちりん, ところから, ぬくもりが, ので聞き取れなかった, ひそひそ声, ひとすじの, まるで埃, ものだ, もので, ものであった, ものである, ものでも, やさしい薔薇色, ような, わらひらしい, カサカサいう, カタカタと, ガス燈の, キューキューいう, サザメキが, シミが, ショックに, セヽラ笑ひ, タクトを, タナグラ人形の, ダンシング・モウションが, ツマラナイ本当に, テレピン油の, ノックが, ヒステリイ風の, ユーモアを, リズミカルな, 一種の, 一筋の, 一音を, 一點に, 三本の, 不安が, 不安と, 不安らしい, 不慥か, 不足を, 中くぼみ, 中に, 予感すら, 事柄が, 人目に, 仕方ででも, 低聲, 体温を, 余情を, 余裕の, 余韻だけが, 余韻の, 傷に, 光さえも, 光でも, 光のみが, 光は, 光明の, 光瞬ける, 光線が, 光線で, 光線と, 光線の, 光線を, 光線をも, 其の呼吸, 凹凸からも, 刺戟を, 剥啄, 動きを, 動まで, 動悸でも, 勾配で, 匂いも, 卑下感である, 印象に, 参差の, 反動が, 反抗が, 反抗力, 反撥の, 口笛を, 叫び声と, 叫び声の, 叫び声を, 叫び聲と共に, 吐息は, 吐息を, 呻り, 呼び声で, 呼吸ごとに, 呼吸に, 呼吸の, 呼吸は, 命を, 哀れな, 哀傷を, 哀愁に, 哀愁を, 哭声に, 唸りが, 唸りを, 唸り声を, 嘲笑すら, 囁きさえも, 土の, 圧迫を, 地響を, 墨を, 声だった, 声であった, 声では, 声と, 声などを, 変な, 夏と, 夕靄とともに, 夕風が, 夢にもお前, 夢の, 女の, 好奇心も, 姿を, 嫉妬を, 嫌悪感らしい, 嬉しさ, 子供への, 安堵を, 宿命観は, 寐息が, 寝息で, 寢息に, 小さい渦, 小鳥の, 希望が, 希望は, 常と, 干割れの, 幸福の, 幽玄なる, 弱々しい声, 弱々しい聲, 当惑の, 影が, 影の, 影を, 彼女の, 微笑が, 微笑さへ, 微笑を, 心地の, 心持旅愁の, 応答信号を, 怒りさえ, 思いを, 怪球の, 恋を, 恐怖であった, 恐怖を, 恐怖心を, 息づかいを, 息も, 悔み心を, 悦びが, 悦びを, 悲しみを, 悲哀の, 悲鳴を, 情ない声, 情緒の, 惜み, 意識の, 感じを, 感謝を, 慄動を, 憂悶を, 憎悪の, 懸念は, 戦慄が, 戦慄とともに, 戦慄を, 戸惑いを, 手懸りでも, 抵抗を, 挙動をも, 揺らぎを, 揺れかえし, 散点, 文學意識が, 日光の, 日影が, 日影を, 早春の, 明りだけの, 明りは, 昔で, 星ほのかな, 星明りを, 春の, 暗示が, 曉方の, 曙光の, 曲が, 曲まで, 最後の, 月の, 期待が, 期待と, 本心が, 植物の, 歌も, 歯音を, 殺気が, 母親の, 気の, 気息が, 気息を, 気軽さ, 気配が, 水の, 汗を, 波の, 波を, 波動を, 波紋を, 活力で, 海の, 海風が, 涙に, 涙を, 深い溜息, 温かみその, 湯氣が, 満足を, 満足気な, 溜息が, 滑稽に, 滑稽を, 漣が, 漣は, 濃淡の, 濃淡も, 火が, 火は, 火光も, 火気を, 火花の, 灯の, 灯のみ, 灯りが, 灯影が, 灯揺らぎが, 灯火に, 灯火の, 焔の, 無数の, 煤煙は, 照返しが, 燈が, 燈を, 燈心の, 燈火に, 爆音を, 爪弾きで, 物の, 物懶, 物音あの, 物音だの, 物音でしか, 物音と, 物音と共に, 物音に, 物音にさえ, 物音や, 物音を, 琴の, 琴歌も, 甘い哀傷的情緒, 甘い香, 生きものだ, 生成を, 生気が, 疑惑を, 疲れと, 痕を, 痙攣が, 痙攣さえ, 痛みを, 痣が, 痺れが, 発動機船の, 登りに, 白い煙り, 白い粉, 白い羽虫, 皮紋であっ, 皺が, 相違が, 相違は, 眠さ, 眩暈の, 眼で, 眼鼻の, 瞬一つからでも, 知覚を, 短い音, 砂粒が, 砲煙の, 硬さ, 私語を, 秘密を, 稲妻, 稲妻が, 穴の, 空気の, 空鳴り程に, 竜涎香の, 笑いしか, 笑いの, 笑い声を, 笑に, 笑ひとも, 笑ひもその, 筋肉の, 粒である, 紅は, 紅潮が, 細い道, 細長い凹み, 縦縞の, 罪の, 羞恥の, 羽音遠き, 翳りが, 翳りの, 翳を, 耳に, 聲, 聲が, 聲を, 脈搏の, 自分の, 自覚が, 自覚と, 臭味が, 臭氣が, 興味が, 色を, 色彩が, 艶を, 花は, 芽, 芽を, 苦笑を, 茶色で, 草の, 葉ずれの, 薄笑いが, 虚しい響, 虫声に, 虹と, 蛙の, 蟇の, 蠅の, 蠱の, 血が, 衝突で, 衣ずれが, 衣ずれの, 衣摺れ, 裏書きを, 西風が, 規則正しい息, 覚えだけが, 触れ合いで, 記憶にの, 証拠に, 誇りの, 誇りを, 説明し, 警戒と, 讀經の, 谿の, 豆ランプの, 赧らみ, 跡を, 跫音が, 跫音つ, 跫音に, 身ぶりと共に, 身ぶるいを, 身動きを, 身悶えが, 身慄いが, 身振りで, 身震いが, 軽蔑に, 輝きは, 輝や, 輪を, 返事が, 運動が, 遑が, 道と, 遠いもの, 遠くからの, 遺風に, 酔に, 鈍い音, 鈍痛を, 鉄分を, 鋭い余韻, 錆の, 鍔鳴りが, 鐘が, 鐘の, 閃光が, 閃光その, 閃光で, 陰影でも, 陰翳が, 陰翳は, 隙が, 障害の, 隠れ道が, 雑音が, 雨気が, 雪洞の, 雲が, 雷だ, 電鈴の, 震へ, 震へが, 震へを, 震動から, 霧が, 青びかりもありました, 音しか, 音だに, 音で, 音でありました, 音である, 音でした, 音でも, 音とともに, 音にも, 音の, 音まで, 音までも, 音や, 音一つ立てなかった, 音楽の, 音響だ, 音響であっ, 響かすめ, 響が, 響きだけが, 響きであった, 響こまかく早く, 響で, 響も, 響をも, 頭痛を, 頼もしさ, 風にも, 風の音ばかり, 風邪らしい, 風鈴の, 香の, 香も, 香料の, 香水の, 馬糞の, 驚異の, 鳴りを, 鼓動を, 鼻鼾を, 鼾きがする, 鼾を

▼ 微かながら~ (58, 2.7%)

3 エロティッシュな 2 摺り剥き, 血の

1 [51件] これに, さだかに, その光, それと, それは, とぎれとぎれに, はつきりと, まだ動い, もさう云, ナーヂャに, 一縷の, 侮蔑的な, 倍音を, 冴えて, 創作衝動の, 可能性が, 土民の, 妾の, 実現しよう, 悲哀の, 提灯の, 敵意の, 斑, 杞憂を, 果も, 泥の, 活, 漂ようのを, 父母の, 理解が, 痕跡が, 知って, 祖靈であり, 私の, 第二, 箇々の, 絶間の, 絹を, 続いて, 緒口の, 美意識に, 薄黒い, 認め得た一筋, 読めて, 赤味を, 跳ね返す力, 車輪の, 金泥を, 長白山, 頑固な, 髣髴させる

▼ 微かなる~ (42, 1.9%)

1 [42件] あか色ようように, しかし打ち消し, その新月, を指, 住家より, 光が, 叫び遂に, 土の, 堤防を, 墨痕の, 声ながら, 声をも, 変化を, 奥に, 寝息は, 希望を, 幻影に, 幻燈の, 心の, 必然は, 悲鳴を, 日影が, 明暗の, 毛孔の, 浪の, 生計を, 眼の, 笑の, 笑を, 糸を, 結果である, 聲の, 脈搏のみ, 虫の, 邊に, 金を, 音を, 音をだに, 頭の, 願であった, 風また, 香気をだに

▼ 微か~ (21, 1.0%)

9 はある 4 はあった 2 あつた 1 あららかには, はありました, 早かった, 眼は, 纏綿する, 苦みの

▼ 微かながらも~ (16, 0.7%)

1 [16件] ある背景, 人の, 其ほんとうの, 勝利を, 吾吾の, 大気の, 失望を, 快哉を, 感動に, 指点された, 植えつけられた文明, 泡立たせたこと, 異様な, 確かに, 笑顔を, 老師の

▼ 微かにも~ (8, 0.4%)

2 動かぬので 1 光る虫, 動かなかった, 地上に, 泣きしと, 聞えず何, 触れること

▼ 微かにでも~ (6, 0.3%)

1 あること, 似たよう, 心の, 拝もうもの, 聞えて, 触ると

▼ 微か~ (5, 0.2%)

1 が心動, が指輪, が自分, けれども, けれど握り

▼ 微かである~ (4, 0.2%)

1 からこれ, がそれでも, が今, ことよ

▼ 微かでも~ (3, 0.1%)

1 ご決心, そのよう, 何か

▼ 微かにしか~ (3, 0.1%)

1 働かない頭, 聞こえず壁, 覚えて

▼ 微か~ (2, 0.1%)

1 から天使, にもいい

▼ 微かだった~ (2, 0.1%)

1 が女, 脈が

▼ 微かなかがやき~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 微かなふるえ~ (2, 0.1%)

1 までを伝える, を特有

▼ 微かな光り~ (2, 0.1%)

1 が縞, を放っ

▼ 微かな啼き~ (2, 0.1%)

2 ごゑも洩れ

▼ 微かな思ひ~ (2, 0.1%)

1 は其方, をさせ

▼ 微かな身じろぎ~ (2, 0.1%)

1 とともに口, に何と

▼ 微かにかよ~ (2, 0.1%)

2

▼1* [39件]

微かずつ落して, 微かであっても堪えがたい, 微かであったにし, 微かで聴き取りにく, 微かなあるかない, 微かなおののきをその, 微かなかすり疵を, 微かながらに動き出すの, 微かなくつろぎに連れ, 微かなぜい, 微かななぐさめや自分, 微かなひびきが聞えた, 微かなりといえ, 微かなりし太陽が, 微かなる耀きを放つ, 微かなる陥欠は, 微かな呻きごえを, 微かな和らぎが忽ち, 微かな唸声が, 微かな啜泣きの, 微かな啜り泣きが洩れた, 微かな嘲るような, 微かな憂ひを現, 微かな憎みの陰影, 微かな憤りを感じ, 微かな戦きがあつ, 微かな戦ぎが書物, 微かな戯れも浮ばなかつた, 微かな歪んだ頬笑みを, 微かな湿った泥が, 微かな軋りを立て, 微かな返辭だつた, 微かにげえげ, 微かにに聴え, 微かにのぼつて, 微か極に, 微かりせば今日, 微か乍らヒューッという唸, 微か乍ら泥足の跡