青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「御用~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

得意~ 從~ ~御免 御免~ 御前~ ~御存じ 御存じ~ 御所~ 御殿~ ~御用
御用~
~御覧 御覧~ 御身~ ~御飯 御飯~ ~御馳走 御馳走~ 復~ 復活~ ~復讐

「御用~」 3292, 32ppm, 3703位

▼ 御用~ (393, 11.9%)

17 声を 10 提灯を 9 提灯が, 方は 8 ことに 7 筋は 6 提灯と, 節は 5 声が, 者を, 間を 3 ことで, ときは, ひまな, 二字を, 声に, 暴力団を, 者が, 聲を, 邪魔を

2 [25件] あるお方, ある時, おもむきを, ことです, ことは, ために, ない時, ものだ, 下請負, 先頭に, 呉服屋西陣の, 品なれ, 唐櫃力任せに, 声は, 多い平次, 多い身体, 折は, 提灯などは, 方も, 時は, 暇を, 筋が, 筋を, 紙問屋越前屋の, 隙の

1 [229件] あるお客さま達, あること, あるに, あるの, あるまで, ある客, うちは, おかた, おかたはお守り石, お品, お客様じゃ, お手先, お有り遊ばした, ことだ, ことと, ことなら聞きましょう, ことを, さらさ, すじは, すみました上, すんだ小者たち, ためそなた, ためという, ため江戸表へ, ため禁裡へ, ため秘密を, ないお, ないお方, ないこの, ないとこ, ないもな, ない人, ない日, ない私, ほうも, ほかに, ほかには, ほどは, ものは, ようにばかり, コップに, ミ御, 一件ナ, 主が, 主は, 二字, 人足帳と, 仔細あり, 仕事に, 会符でも, 作家でなけれ, 侍たちも, 儀あら, 儀が, 儀これあり, 儀に, 出先だ, 出役を, 前に, 勢の, 勢は, 勤まる人間, 化粧品屋に, 十手を, 合間を, 向きを, 品, 品と, 品を, 商人について, 商人を, 声だ, 声で, 声と, 声の, 声もろとも, 多いこと, 多いところ, 多いなか, 多い幾日, 多い時期, 大工左官あり, 始めも, 字を, 家ばかり, 家柄だ, 家柄で, 小僧なんか, 小者が, 屑買は, 山論一条だ, 左官職であった, 帰りに, 序といふ, 役に立たないこと, 役人と, 御の字も, 御方は, 御筆屋, 御筆師, 御紙所, 御茶壺, 御都合, 御鞍打師, 忙が, 忙しい時, 愛煙家ばかり, 手が, 手先を, 手紙を, 折でなけれ, 持田家は, 掛声で, 探索で, 提灯, 提灯だ, 提灯で, 提灯という, 提灯の, 文字が, 文学と, 方から, 方が, 方なら, 方もすつかり, 旅で, 旅という, 旗を, 日記取調べましたる, 旨を, 時が, 時と, 時などにも, 時に, 時には, 時も, 暇には, 暴力団が, 暴力団でありました, 暴力団との, 書類などを, 木を, 杉林が, 松茸は, 株が, 株を, 標が, 残ったもの, 残り裂れで, 洗濯屋さんだ, 済むの, 濟むのを, 物を, 生じた御, 由早々, 眼が, 矢は, 神学者シェリング等が, 程は, 程度によって, 立札に, 筋で, 筋と, 筋な, 筋ゃなんですかいお, 筋之, 筋有に, 節には, 絵符を, 繁多な, 織物を, 者だ, 者でも, 者ども, 者に, 者の, 者は, 聲, 聲が, 聲と, 聲の, 胸板を, 船大工の, 芝居を, 茅を, 茶器として, 茶園が, 虎屋なれ, 虎屋には, 裁縫師によって, 裏を, 許しを, 話だ, 話を, 調べものが, 諸器, 諸家休泊年内旅籠の, 諸粋兄, 議題に, 負傷者の, 走り使いを, 起らぬ限り, 趣きも, 趣き某代っ, 趣何か, 趣餘の, 足りる筈, 身と, 送り荷が, 途中で, 進行の, 道中で, 道中であり, 道中である, 道中でも, 道中などを, 邪魔とばかりに, 部類だ, 長持では, 間に, 間へ, 階数を, 風, 風を, 飛脚も, 馬には, 馬屋が, 騒動に, 鷹は

▼ 御用~ (375, 11.4%)

34 勤めて 9 聞いて 7 つとめて 6 して, 承って, 聞きに 5 うけたまわって, 承つて 4 伺いに, 勤める人間, 承る者, 聞く者 3 させて, 伺って, 勤める者, 嵩に, 帯びて, 承は, 承はる者, 承るもの, 承わっ, 足して

2 [30件] したこと, つとめようと, つとめること, つとめるの, なさるよう, 一手に, 仕舞って, 仰せつかること, 仰せつけて, 務めて, 勤めそう, 勤めに, 勤めること, 勤めるもの, 勤めるよう, 勤める平次, 勤める平次殿, 勤める平次親分, 勤める方, 勤める身体, 勤める身體, 承はるもの, 承はる平次, 承る平次, 承る方, 拵えて, 聞く親分衆, 被仰, 達して, 達す身の上

1 [191件] あちこちなさる, いいつかって, いたしましょう, うけたまわります, うけたまわる女たち, おっしゃって, おつとめ致し, おびて, お取り次ぎ, お命じ, お命じつけなされた, お言いくださいましたなら, お言い付けなすっ, お足しなさいまし, かさに, きいたの, きいて, ききに, きくという, きくやら, こうむりたるの, ここまで, ごゆっくり, さっさとする, したらいい, したり, してるん, し度, すまして, すると, するという, するの, するよりも, する事, する様, たしたがってる者, たしたり, たして, たのむこと, つとめたこと, つとめなけりや, つとめまいらせ候, つとめますから, つとめるはず, つとめるべく起つ秋, つとめる一, つとめる大道武芸者, つとめる気分, つとめ四十二年後八十四歳, どうする, なさい, なすって, はたすまでは, ひかえ心身, よそに, 仕て, 仰しゃってみて, 仰せつかって, 仰せつかつ, 仰せつけられた, 仰せつけられましたついで, 仰せつけられるという, 仰せつけられるの, 仰せつけ下さいませ, 仰せ付, 仰せ附けられた次第, 仰っしゃってください, 仰付, 仰付けられましたの, 伊豆伍から, 伺いながら, 伺いますのに, 務めてから, 務めようと, 務める事, 勤むる御, 勤めさせて, 勤めた, 勤めたいん, 勤めたこと, 勤めたという, 勤めたに, 勤めたの, 勤めたのみか, 勤めたもの, 勤めた老, 勤めた老舗, 勤めねえじゃ, 勤めねば, 勤めましょう, 勤めます, 勤めますこと, 勤められた戸川, 勤めるお, 勤めるたいそう, 勤めるという, 勤めるの, 勤めるので, 勤めるやう, 勤める事, 勤める大層, 勤める時, 勤める池田屋八郎兵衞, 勤める身の上, 勤めろという, 取り上げその, 取り上げて, 受けとるか, 受ける洗濯長屋, 喰っちまえあ, 喰はせよう, 嗅ぎ出さうとして, 嗅ぎ出そうと, 奉仕させ, 専門に, 小事とは, 廻さぬば, 弁じて, 引きうけた由良, 御免蒙る, 御欠かせ申しましたる, 怠って, 急ぎながら, 手紙で, 打っちゃって, 扱うて, 扱って, 承ってからに, 承ってる者, 承はり多勢, 承はる, 承はるお前, 承はる方, 承はる神田, 承はる私, 承はる身, 承はる身體, 承り多勢, 承るの, 承るほん, 承る神田, 承る身, 承る身体, 承わりたいと, 承わる, 抛ち貴重, 持って, 早く仰しゃっ, 有って, 柳営から, 欠いて, 欠いて迄, 欠かぬ限り, 済まして, 濟ませ, 濟ませられ, 片付けて, 立派に, 聞いてる以上, 聞かせに, 聞く土間, 聞けるやう, 聴く形, 肩に, 致しましょうと, 蒙った出入り, 蒙り古着屋商売, 見習え, 言いつけたの, 言いつけたは, 言いつけるには, 訊いて, 論理の, 足した縣廳, 足すこと, 足す間, 逐返し, 達しける萬事利發, 達したこと, 達したもの, 達しに, 達しますという, 達し同時に, 達す処, 達す樋口屋五兵衞, 達て, 頂くお, 頂戴する, 預かる家, 願い出て, 食ったらそれッきり

▼ 御用~ (291, 8.8%)

12 あって 9 あるから, あるん 7 おあり 6 あると, あれば 5 ある, なければ, 多くて 4 あるの 3 あったらお, ありましたらお呼び, おすみ, 多いの, 忙が

2 [22件] あったの, あっての, あつたら, あらば, あるそう, あるとか, おありだ, おありだった, おありな, おありなさいます, おありなさる, おありなさるなら, たくさんある, ないから, なけりゃあ, なけりゃどう, 出来て, 勤まらねえ, 勤まるかい, 勤まると, 済んで, 遅れる

1 [164件] あったか, あったからと, あったもん, あったらいつ, あったらおっしゃって, あったらこの, あったらどうか, あったらなん, あったらば, あったら仰しゃって, あったら及ばずながら, あったら呼んで, あったら手, あったら新聞, あったら電話, あったり, あってか, あつて八王子, ありそう, ありましたならば, ありましたので, ありましたらどうぞ, ありましたら言付けて, あります, ありますかと, ありますかな, ありますから, ありますそう, ありますと, ありますので, あるお, あるか, あるさ, あるって, あるとかで, あるなら, あるならいって, あるならこの, あるならば, あるなら吩咐, あるなら唯今, あるなら御, あるなら私, あるなら筆, あるなら關善, あるによ, あるッ, ある節, おありだろう, おありでしたら, おありでしたら仰っ, おありでしょう, おありです, おありなら, おありなら行きませう, おあん, おあんな, おじゃりますかな, おすみ遊ばしたら, お有, ございましたら, ございましたらお, ございましたらここ, ございましたらちょうど, ございましたら御, ございますか, ございますかね, ございますから, ございますならば, ございますなら仰しゃり, ございませぬ危篤, ござりましたなら, ござります, すっかり暇, すつかり, すみましたから, すみましたらあの, すみましたらちと, すみましたら何卒, すむまで, すめば, すんだので, すんだらここ, すんだらすぐ, すんだらその, すんだらついで, すんだ後, つとまらないん, つとまると, できますぞ, ないか, ないかと, ないと, ないとも, ないの, ないはず, ないゆえ, ないよう, ない時, なかったら, なくっても, なくなって, なくなりますね, なくば, ねえ事, ヒマで, 一段落に, 一段落にな, 三度に, 下りるよう, 今も, 何家へ, 先じゃ, 出来たから, 出来ましたゆえ, 前よりも, 勤まらないと, 勤まらないという, 勤まらないといふ, 勤まるもの, 参りました, 參り, 多いから, 多いため下城, 多いので, 多いン, 多い上, 多忙だ, 御出来, 御在, 御在り, 御在りな, 御用だけ, 意外に, 暇で, 暇な, 有らば, 有りますから, 有るの, 来て, 柳生藩に, 残って, 段々遅れ, 済まないうち, 済みましたらば, 済みましたら修道院長, 済むと, 済むまで, 済んだから, 済んだの, 済んだらお, 済んだら一寸, 済んだ上, 湧いて, 濟んだ, 犬を, 異うので, 空徳利を, 繁多な, 足りるとは, 足りるん, 通じたの, 通りか, 鼻の

▼ 御用です~ (177, 5.4%)

1235 かい, かえ 4 の, よ 2 かね, か云っ, か私, わ

1 [28件] いつでも, かしら, かとはいっ, かとも聞き返さなかった, かと声, かと尋ねる, かと愛想, かと現われた, かと訊いた, かな, かね親分さん, かほか, からお, からここら, か中尉どの, か旦那, か聞い, が然し, さあどうぞ, さあ御上がんなさい, って, ってあんな, つて, とも, ともね, ね, わね, 着物は

▼ 御用~ (149, 4.5%)

6 ござります 4 せう, 来たの, 親分 3 ござりまする, 駿府へ

2 [11件] いらっしゃいますか, おいで, お出でです, ござりました, 入らっしゃいました, 半歳ほど, 幾度と, 忙が, 来たこと, 甲府へ, 近江へ

1 [103件] いらっしゃいます, いらっしゃったの, おいでに, おれは, お乗り, お出, お出でなすった, お前さんが, お見え, お起き, お越しでした, げす, げすか, こ, ここに, ここへ, この上, この引揚工事, これへ, ござりましたら, ござりましょう, ごぜえます, しよう, せう親分さん, そっと行っ, そつと, その死骸, たったいま, てまえ, な, はるばる越前, まいりましたと, もっさっさ, ゆくという, よばれたワケ, わたしを, ゑっさっさ, ッて, 三味線拔き, 上海へ, 丸太ん棒を, 二三度この, 二三町先の, 仕方がねえ, 以て, 仰し, 伺いました時, 何時何處へ, 入らせられまするか, 入らつし, 出られなかったって, 出られなかったと, 出る今夜, 北海道へ, 午ちかく, 半紙を, 厶いませう, 名誉の, 呼ばれたで, 城の, 夜中この, 夜中此邊を, 夜明かしでも, 小川村へ, 山を, 御座ます, 御泊掛, 急に, 揉掛けに, 星野温泉の, 晩いと, 村の, 来たのよ, 来たん, 来た人, 来て, 来なすったの, 東京へ, 東海道の, 毎年の, 毎日御, 江戸に, 江戸の, 江戸へ, 江戸表へ, 江戸表まで, 牛込へ, 獣脂も, 疲れ夜, 絶体窮命した, 行くん, 行った, 行った帰路, 行って, 行つて薄暗く, 西の丸へは, 西洋へ, 親分さん, 調べるの, 調べるん, 調べ物を, 長崎へ, 駿府に

▼ 御用~ (142, 4.3%)

18 ぞッ 1612 ぞ, ぞツ 117 ぞ神妙 2 か知りません, という, と云っ, ね, 御用だ, 早く開けろ, 相で, 神妙に, 親分

1 [48件] いくらでも, え, からこそ若年寄連判, からしつかりし, からその, からと言っ, からもう少し, から今一度邸, から仕方, から呼んだ, から唯, から帰れ, から通る, がお前, がそいつ, がオジジ, が石童丸, そうで, そうです, ぞい, ぞ遠, ちょいと, て侍らん, というお迎え, ということ, とか神妙, とさ, とも, と云, と仰しやる, と引き請け, と申し, と称し, なにしろあの, なんての, なんて威かした, ね何, よ, よと米友, よほほ, ッと, ッ神妙に, 他所行き, 他所行の, 俺が, 岩船重吉, 早乗を, 繪符だ

▼ 御用~ (131, 4.0%)

12 ありませんか 5 ございませんか 4 勤めて 3 ないかな

2 [12件] いかがで, こちらでございます, ございませんかしら, ございませんですか, ないかと, ないと, ないの, なんです, もうお, 何でございましょう, 勤まらないぞ, 無し

1 [83件] あなたさんで, ありませぬか, おすみ, おッ, お出入り, これで, ございますまい, ございませんかといふ, ございませんですね, ございませんでせうかと, ござりますまい, ござりますまいなれ, すべてお, すみましたか, する, その鳥, それだけ, そんなこと, だと, つとまらない, つとめられます, ない, ないかね, ないでしょうか, ないよう, なかなかお, なきやと, なき筈, なし退屈, なんでも, ねえかね, びつくりする, みんな他の, もうすっかりお, よろしゅうございます, わたくしが, わたくしに, 一人が, 今度の, 仕方が, 何, 何でございます, 何でございませう, 何です, 何でも, 何で御座いませう, 何もかもお, 何ん, 余人へ, 全く有難く, 勤まらねえ, 勤めたいと, 勤められないかも, 増田や, 大暇, 大有りだ, 大概相濟可申奉, 御座いませんか, 御座いませんかと, 徴せられて, 暇だ, 松兵衛に, 殆どない, 毎月そんな, 永続的な, 済ませて, 済みましたか, 済んだの, 済んだらまた, 滞りなく, 無いかと, 無いと, 無引取, 申すに, 申すまでも, 皆んな片付け, 相濟, 聞いて, 船師一代の, 誰にでも, 遠慮なく仰っし, 鐘ヶ淵の, 長谷寺の

▼ 御用~ (116, 3.5%)

4 なって, なりました 3 ござりまする 2 お立て, かまけて, ござります, 候や, 御座り, 時刻が, 気を, 立つべき珍, 立つ事

1 [87件] あいたつよう粉骨砕身, あい立てましたほう, ありつくまでの, いそしんで, お尽し遊ばす, して, しよう, すること, するところ, たちたいもの, たてば, ですか, なったの, なったもの, ならなかったかを, なりまして, なるよ, なるよう, なる女, まいる町人, やと, 上がるよう, 付いて, 付き小梅中屋敷, 來て, 候はば, 候先づ何は, 力瘤を, 参つたもの, 取りかかろう, 取りまぎれて, 取り混んで, 召され老職, 召し出されて, 差支えると, 差支へ, 役立つこと, 待て暫し, 応ずるが, 態, 成りませんでしたな, 持って, 早い遅いは, 早い遲, 明るくて, 毎日追われ, 相立申候, 神田橋の, 立たない事, 立たん嬉, 立たん願, 立ちそう, 立ちます, 立ちますならば, 立ちます事, 立って, 立つこと, 立つたといふ, 立つでしょう, 立つとは, 立つならどうぞ, 立つべき事, 立つべき胆気, 立つべし, 立つもの, 立つよう, 立つ男, 立つ金, 立つ間, 立てたいと, 立てて, 立てない以上, 立てられよう, 立てるが, 精励した, 紛れて, 而堀副, 而罷越帰路一泊, 自分を, 行くとも, 買いあげて, 買った鏡, 足りますよう, 追はれ, 追われて, 遠慮は, 關する

▼ 御用聞き~ (106, 3.2%)

4 の半 3 が来, にまわっ, を使っ 2 にゆく, に伺いまし, に来る, の声

1 [85件] が来るだろう, たちの, とか岡, とか目明し, とが向い合っ, なぞに, など, などが凡骨, などが油, などは寒中, などを呼入れ, にいきました, にう, にでかけなけれ, にならねえ, には有力, にまわる, に出さぬ, に出逢った, に別れ, に到る, に助勢, に呼び付けられ, に来た, に突き返す, に行った, のところ, のガラッ, の七兵衛, の不思議, の出入り口, の到着, の前, の名折れ, の実状, の小僧, の平次, の手, の教育, の方, の早耳三次, の来た, の清廉さ, の素質, の酒屋, の陳述, の面汚し, はしまひには, はみな, はスーツ, は横合い, は総がかり, は非常, ふうな, へ註文, までみんな, まで人, も同然, も片っ端, も薄々, も馴れっ, も黙許, や岡っ引き, をさき, をし, をつかまえ, をつとめる, を全国的, を出し, を廃, を引きつれ, 三次ちょっと, 二人に, 仲間でも, 位の, 商法の, 廃止, 戦が, 新助, 春公と, 生意気に, 石原の, 竜土の, 胞衣を, 風情が

▼ 御用~ (93, 2.8%)

6 あれば, おっしゃる 5 仰し 4 あらば, おっしゃるの 2 なって, 仰つし, 聞いて

1 [62件] いいながら, いうまで, いたずらに, いへば, おっしゃいまして, おっしゃったの, おっしゃりゃあ, おっしゃるは, おっしゃるん, おっしゃれば, おぼしめして, お急ぎ, お聞きなされ, きかされて, きかされまた, くらわせろ, ございますならあっし, させるに, するから, なったもの, ならば, なり従って, なると, なれば, ひきうけた訳, 不思議そうな, 云うので, 云う声, 云えば, 云ひ, 云繪府を, 仰しゃりますか, 仰せらるる, 來た, 内容が, 叫んで, 名乗って, 呼びかける捕り手, 問はれ, 声が, 声の, 声掛け, 存じながら, 存じますお金, 引請け, 御挨拶, 承諾し, 捕ると, 札の, 来たもん, 来た日, 染めぬいたあかり看板, 申しますの, 表書きし, 言いたかったが, 言うの, 言えば, 言ったよう, 言へば, 言わぬばかりに, 誰かの, 銘打ちし菓子

▼ 御用~ (65, 2.0%)

5 勤めて 3 あらば, つとめて 2 そこそこに, ないのに, ない折, なく巾着切, 勤めるの

1 [44件] あったので, ありましたらわたし, ありますまいから, あるかも, あろうに, おありだろう, たくさんある, ないの, ないもの, ないよう, ない銭形平次, ない錢形平次, なきに, ねえが, ねえでしょうに, ひとと, ひと休みで, やと, 一段落に, 上々に, 今日こそは, 仰せつかって, 侯じきじきお, 候は, 勤まる侍, 勤めると, 勤める家柄, 勤め苗字帯刀まで, 勤め苗字帶刀まで, 多かろに, 多ければ, 大抵お, 御座らば, 忙が, 怠って, 挽子連も, 暇で, 止まり伝さんそれ以来左, 殊の, 殖え諸家, 済みたれば, 済み忌服, 追, 隙だ

▼ 御用でございます~ (60, 1.8%)

472

1 [11件] かつて云, かと云った, かどこ, か仰せ, か何, て, とも, と言っ, ね, もとよりこの, よ

▼ 御用商人~ (58, 1.8%)

2 と結託, の一人, の小僧, の手

1 [50件] ある金持ち, かと思われる, か役人, か新聞記者, がすぐ, がその, が出, が嫌い, じゃありません, たらば, だった五条, であつ, であり兄, であること, でござんす, でつまり, で二三百万円, で仕上げた, で奉行辺, で息子, といった形, とかいふ男, として一代, として政府, とのあいだ, との切っ, と特別, と謀っ, なん, になつ, に御用達, に托し, に早変り, の三谷, の娘, の店, の校主, の真似, の話, の賄賂ぢ, は彼, は頬, もなけれ, も腐っ, やそい, やら腐れ儒者, を呼出し, を相手, を野球用, 必ずしも非難

▼ 御用提灯~ (51, 1.5%)

3 だ, の灯, 打割羽織 2 の火, の鈴なり

1 [38件] が右, が埋もっ, が幾十, が消える, が燦, が目, が遠のい, だの岡ッ, でいっぱい, とはいえ, と陣笠, に追われ追われ, のあと, の一行, の明り, の見えぬ, の身, の連中, の集団, はもう, は南町奉行所, は悠々, もなく, も目, をかざし, をさげた, をつけた, をひらめかす, をふところ, をふる, をやり過す, を先, を取り上げ, を振りかざし, を振り立て, を粗末, を置き並べ, を見る

▼ 御用でも~ (36, 1.1%)

2 あるの, おありだった, おありな, 有つて

1 [28件] あったん, あって, あるまいと, あるん, あるんで, いたします, いらっしゃいましたの, おあり, おありでしたら, おありです, お出来, ございましたならば, ございまするか, できたの, ないか, わたくしに, 出来しましたか, 出来たん, 勤めますから, 女が, 宜い, 寝醒めが, 寢醒めが, 御免蒙る, 御座ります, 御有, 有って, 有りますかと

▼ 御用~ (30, 0.9%)

155 んです 1 のかしら, のかしらん, のじゃ, のであった, のでしょう, ものです, んだ, んでございましょう, んでしょう, んでせう

▼ 御用~ (30, 0.9%)

52 のこと

1 [23件] がございますなら, がなけれ, が起る, でいらっしゃいます, でございますか, でもハイハイ, でも仰付けられます, という次第, とは, にて參, にて只今, にて御, のほど, のほどを承りましょう, の筋, はどんな, はなん, も伺いません, も存じ, を仰せ聞けられます, を仰付けられ, を承り置きまし, 担当滞り無く

▼ 御用~ (28, 0.9%)

6 存じませんが 5 知りませんが 32 存じませぬが

1 [12件] えここ, ぞんじませんどうぞ, 何だ泣い, 僕に, 存ぜねども, 承り度い, 知ません, 知らないが, 知らねえが, 知らんが, 知りませぬが, 遠慮なくずっと

▼ 御用という~ (20, 0.6%)

8 のは 2 声を 1 のが, わけでも, 名で, 名を, 声の, 字が, 提灯を, 文字が, 特種な, 風を

▼ 御用なら~ (19, 0.6%)

1 [19件] いま行く, お人, こちらから, と栗原, ばあの, ばそちら, ばちょい, ばと存じまし, ば上り給, ば店, わたしが, 入口で, 口で, 宅で, 家の, 当時がんちゃんに, 御案内, 毎日仰せつかっ, 長座は

▼ 御用繁多~ (19, 0.6%)

2 だ, なので, な方

1 [13件] であったが, でお, でとても, でもあるでしょう, で平次, で林之助, で江戸, で番, と來, のあなた, の折柄, も笑, を幸

▼ 御用~ (18, 0.5%)

8 の仕事 1 でも急, にいた, のほう, の一部, の作業, の見廻り, の道, もその, を盗伐, を見廻り

▼ 御用~ (17, 0.5%)

2 を拝命

1 [15件] でもあった, で月給四十円, で植物学教室, といふ官職, といふ格, となつ, に被, の交代, の方たち, の渡辺さん, は其召物, は勿體, を拜命, を拝, 無滞

▼ 御用部屋~ (17, 0.5%)

1 [17件] であんな, でお待ち, にい, にまごまご, に出た, に封禁, に当座帳, の中, の壁, の大きな, の奥, の方, の窓下, へおさまる, へその, へ這入っ, まで参っ

▼ 御用学者~ (15, 0.5%)

1 [15件] だから, だその, だと, だという, だよ, であったが, ですよ, としても怠慢, になり果てた, になる, になろう, に御用歴史家, に新聞雑誌記者, の嫉視, は維新

▼ 御用駕籠~ (15, 0.5%)

1 [15件] がお, が行列, だッ, です, とでも札, なぞに納まっ, なん, にはみずからうち, に飛び乗る, は時, へたれ, をこれ, をそろえ, を二丁, を連ね

▼ 御用きき~ (14, 0.4%)

2 に来る

1 [12件] が来, が来た, が魚, それ自身の, だな, というもの, におこされる, にま, に廻る, の自転車, はちゃんと, 床屋の

▼ 御用~ (12, 0.4%)

1 [12件] 勤被, 取次は, 取次より, 取次を, 取次を以て, 取次是を, 取次水野出羽守の, 大切之, 大工棟梁依田土佐の, 年金之, 極まりは, 通行その

▼ 御用~ (12, 0.4%)

2 の秘法 1 から下, としての苗代川, にかかる, には火, に火, の中, の前, も務めた, も破壊, を命ぜられた

▼ 御用立て~ (12, 0.4%)

3 しましょう 1 しても, しましょうかね, をします, を仰せつかる, を申し上げます, 仕ろうぞ, 申しましょうと, 申しますと, 申すという

▼ 御用でしょう~ (11, 0.3%)

81 かな, かね, この間の

▼ 御用人様~ (11, 0.3%)

2 へ御 1 から親切, で, に御, の仰し, はきっと, はこの, へ, へ返し, 御屋敷

▼ 御用~ (11, 0.3%)

1 [11件] という, という役, といえ, といふもの, となる, となッ, にされ, に登用, の命, はまったく, を命ぜ

▼ 御用でございましょう~ (10, 0.3%)

81 かそれ, か一寸

▼ 御用~ (10, 0.3%)

1 したもの, しますこまる味, はします, は出来ない, られては, る者, 下さらんが, 下さるべしと, 出来ないとは, 出来ませんから

▼ 御用~ (10, 0.3%)

1 か御, が忙しく, が思わぬ, が閑散, さ, とあっ, にや, のはなし, の通った, を離れ

▼ 御用にて~ (9, 0.3%)

1 候哉と, 咎人を, 年々当, 御出成れしや, 拝謁願い出られまし, 斯早く, 新城宿より, 欧州に, 當時御

▼ 御用済み~ (9, 0.3%)

2 の上 1 だ, だよ, ということ, となった, につき, になった, にならない

▼ 御用でした~ (8, 0.2%)

521 かしら

▼ 御用とは~ (8, 0.2%)

2 いいながら 1 それだけ, 云いながら, 何か, 何でご, 爲換方を, 近ごろ冥加の

▼ 御用~ (8, 0.2%)

1 とは言いません, とばかりやっ, とやる, と打っ, と来ました, と襟髪, と言った, と首筋

▼ 御用ッ神妙~ (8, 0.2%)

6 にせい 2 にせ

▼ 御用道中~ (8, 0.2%)

2 ですから 1 で何月何日, で大阪, というの, に鎧櫃, の悪い, の旅先

▼ 御用では~ (7, 0.2%)

1 ございますまいし, ございませぬか, しかたが, ないのに, なくあなた, なく日本, 済まなかった

▼ 御用ツ神妙~ (7, 0.2%)

4 にせい 2 にせ 1 にし

▼ 御用~ (7, 0.2%)

1 とか攘夷党, となった, となる, になっ, の力, をつくるべし, を曲庇

▼ 御用十手~ (7, 0.2%)

1 が千段巻, が飛びこんだ, の円陣, の暴風雨, の親分, を呑んでる, を預っ

▼ 御用~ (7, 0.2%)

1 であった, というの, と書いた, のある, をおろし, をみつめ, を読みおわった

▼ 御用~ (7, 0.2%)

1 からあっさり, という, といわれる, のうち, の予期どおり, の何気ない, の面々

▼ 御用~ (6, 0.2%)

1 はたしに, 取次ぎ高木伊勢守, 取次水野出羽守それに, 急ぎ散歩の, 染め物師, 槍師行徳助宗と

▼ 御用ずみ~ (6, 0.2%)

1 だ, でござろうが, と相, になられません, の上, の体

▼ 御用でしたら~ (6, 0.2%)

1 お伝えし, どこかで, 今度伺いました, 宅へ, 直ぐいらしっては, 直ぐいらしつては

▼ 御用には~ (6, 0.2%)

1 その狩り出し, 口を, 相違ない, 私らが, 立ち難く, 立つまいが

▼ 御用掛り~ (6, 0.2%)

1 が道路見分, なぞの人々, に明け渡すべき, の人たち, の見分, 同じく四年

▼ 御用~ (6, 0.2%)

1 が参りました, にて申, の趣き, をぞ渡しける, を御, を相

▼ 御用~ (6, 0.2%)

2 又は天下祭 1 だ, とも天下祭, と言っ, に涜

▼ 御用~ (6, 0.2%)

2 を吹かせた 1 が吹い, が身, に抱きこむ, を吹かせ

▼ 御用である~ (5, 0.2%)

1 かいずれ, か一向, ぞ, ので組頭, ほかに

▼ 御用まで~ (5, 0.2%)

2 勤め昔 1 勤めて, 勤めるよう, 承る後藤

▼ 御用をも~ (5, 0.2%)

3 つとめける薄 1 務めたの, 勤めて

▼ 御用~ (5, 0.2%)

1 とやる, と來, と言つた, と首筋, 逃げるか

▼ 御用~ (5, 0.2%)

1 あり拙者共, 儀御, 儀御座候に, 御間, 触夫

▼ 御用伺い~ (5, 0.2%)

2 に出る 1 に来た, に行く, を隔日

▼ 御用向き~ (5, 0.2%)

21 で, でご, は何

▼ 御用呼ばわり~ (5, 0.2%)

1 したくらい, した野郎, などをされる, はしたくねえ, をされる

▼ 御用~ (5, 0.2%)

1 でい, なこッ, に相成, に釣り, 繁

▼ 御用~ (5, 0.2%)

1 から下る, だけだ, で水, の長屋, へ出勤

▼ 御用~ (5, 0.2%)

1 之候共相勤候儀, 之御, 之早々, 之明十六日朝四時出頭, 之逗留

▼ 御用~ (5, 0.2%)

1 たり勝手, となつ, なりと申渡し, はそれ, みお

▼ 御用~ (5, 0.2%)

1 という, の老中松平右近將監殿, の若年寄衆, の順, へ進達

▼ 御用でござる~ (4, 0.1%)

21 かな, か上野

▼ 御用で御座います~ (4, 0.1%)

31

▼ 御用なし~ (4, 0.1%)

1 さ, さ見限られた, だ, だと

▼ 御用~ (4, 0.1%)

1 が出, になる, 被成候, 被成候節

▼ 御用までも~ (4, 0.1%)

2 取次ぎこの, 取次ぎ長い

▼ 御用以外~ (4, 0.1%)

2 は梃子 1 のこと, の話

▼ 御用取次~ (4, 0.1%)

1 に御, の役人, は未だ, は立花出雲守

▼ 御用~ (4, 0.1%)

1 から買, であった関係, で家中, になる

▼ 御用大事~ (4, 0.1%)

1 と, と心得, に思うなら, に思ふなら

▼ 御用屋敷~ (4, 0.1%)

1 からお, のある, の新, を折り廻し

▼ 御用御用~ (4, 0.1%)

1 という声, といたずら, と呼びかける捕り, の声

▼ 御用提燈~ (4, 0.1%)

1 が赤い, に毒々しく, を振り照らし, を振り翳し

▼ 御用文学~ (4, 0.1%)

2 となる 1 それから今日, にならない

▼ 御用新聞~ (4, 0.1%)

1 が盛ん, であったとき, と較べ, の持つ

▼ 御用~ (4, 0.1%)

1 として我が, に描いた, の三幅双, も出来

▼ 御用立てる~ (4, 0.1%)

1 ことに, にし, のでございます, 前に

▼ 御用聴き~ (4, 0.1%)

1 にさう, に廻る, の若者達, の若衆さん

▼ 御用あら~ (3, 0.1%)

1 ばいかほど, ばといひくるる, ばまた

▼ 御用かよ~ (3, 0.1%)

3 尻目にかけて

▼ 御用なれ~ (3, 0.1%)

1 ばいつ, ばたとえ, ば政孝

▼ 御用にも~ (3, 0.1%)

1 十手にも, 差支える, 無御座候

▼ 御用はと~ (3, 0.1%)

1 下り際, 尋かれ, 恭

▼ 御用みたい~ (3, 0.1%)

3 だが

▼ 御用係心得~ (3, 0.1%)

1 だ次に, を命ぜられた, を拝命

▼ 御用~ (3, 0.1%)

2 があった 1 で度々

▼ 御用史家~ (3, 0.1%)

1 により成るべく, のこしらえ事, は

▼ 御用~ (3, 0.1%)

1 にわざと, に月番, の朝

▼ 御用空地~ (3, 0.1%)

1 で逢引, に面した, の隅

▼ 御用~ (3, 0.1%)

1 に納め, の蓋, を目八分

▼ 御用絵師~ (3, 0.1%)

1 でもなく, などにくらべたら, ならば

▼ 御用あっ~ (2, 0.1%)

1 てこの, て御

▼ 御用あり~ (2, 0.1%)

1 ての事, とは覺

▼ 御用ある~ (2, 0.1%)

1 につきすぐ, につき直

▼ 御用きき制度~ (2, 0.1%)

1 が漸次, というもの

▼ 御用これ~ (2, 0.1%)

1 あるに, あるにつき

▼ 御用ごと~ (2, 0.1%)

1 がある, ではない

▼ 御用じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんぜ, ないの

▼ 御用ぞと~ (2, 0.1%)

1 行って, 行つて問へば

▼ 御用たし~ (2, 0.1%)

1 にまいりました, のよう

▼ 御用ださう~ (2, 0.1%)

2

▼ 御用だった~ (2, 0.1%)

1 の, のでしょう

▼ 御用~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 御用って~ (2, 0.1%)

1 下宿に, 何の

▼ 御用といふ~ (2, 0.1%)

1 ところで, のは

▼ 御用とか~ (2, 0.1%)

1 あるいはまたは長袖, あるいは今

▼ 御用とも~ (2, 0.1%)

1 何とも, 何とも言はず

▼ 御用なり~ (2, 0.1%)

1 尋常に, 駕籠は

▼ 御用なんか~ (2, 0.1%)

1 まっぴらだ, 聞くん

▼ 御用なんて~ (2, 0.1%)

1 えの, 嘘でしょう

▼ 御用にでも~ (2, 0.1%)

1 お使いください, お心安く

▼ 御用~ (2, 0.1%)

1 頬っ, 頬つ

▼ 御用~ (2, 0.1%)

1 しあって, しござるかの

▼ 御用ひなき~ (2, 0.1%)

1 時は, 法師なれ

▼ 御用までが~ (2, 0.1%)

1 種切れに, 種切れにな

▼ 御用むき~ (2, 0.1%)

1 は, も仰っしゃいませぬ

▼ 御用ッ御用~ (2, 0.1%)

1 だぞ, だッ

▼ 御用ツ御用~ (2, 0.1%)

1 だぞ, だツ

▼ 御用~ (2, 0.1%)

1 承リマスナ, 申シ渡シタ故

▼ 御用~ (2, 0.1%)

1 だと, は忙しい

▼ 御用~ (2, 0.1%)

1 など要路, の平岡円四郎殿

▼ 御用人様私~ (2, 0.1%)

1 の指, は金

▼ 御用仕舞~ (2, 0.1%)

1 と共に家臣たち, の年暮

▼ 御用代議士~ (2, 0.1%)

2 を選出

▼ 御用仰せつけ~ (2, 0.1%)

1 らる, らるる

▼ 御用仲間~ (2, 0.1%)

2 ですが

▼ 御用初め~ (2, 0.1%)

1 に聽, は親分

▼ 御用~ (2, 0.1%)

1 としてあらわれ, とによって之

▼ 御用医者~ (2, 0.1%)

1 の山崎椿庵, の田沢菘庵

▼ 御用取扱人~ (2, 0.1%)

1 があった, というもの

▼ 御用商五十嵐組~ (2, 0.1%)

2 の若

▼ 御用商人的~ (2, 0.1%)

1 な企業, な考え

▼ 御用宿~ (2, 0.1%)

1 で役人, ということ

▼ 御用~ (2, 0.1%)

1 にならない, になる

▼ 御用承り~ (2, 0.1%)

1 係に, 度く

▼ 御用暴力団~ (2, 0.1%)

1 という, にやらせた

▼ 御用槍師~ (2, 0.1%)

1 といえ, となるほど

▼ 御用歴史家~ (2, 0.1%)

1 なんか此, による維新史

▼ 御用~ (2, 0.1%)

1 すらに二個月, は問屋

▼ 御用疲れ~ (2, 0.1%)

1 で宵, もあり

▼ 御用的役割~ (2, 0.1%)

2 を務める

▼ 御用立申~ (2, 0.1%)

1 べし其上, べし必ず然

▼ 御用組合~ (2, 0.1%)

1 にし, にまで成り下った

▼ 御用~ (2, 0.1%)

2 らしい小僧

▼ 御用鍛冶~ (2, 0.1%)

1 の初代康継, を勤めまする

▼ 御用雑誌~ (2, 0.1%)

1 だの, の記者

▼ 御用~ (2, 0.1%)

2 をした

▼ 御用飛脚~ (2, 0.1%)

1 から受け取った, つづいて

▼ 御用~ (2, 0.1%)

1 や諸侯, を出した

▼ 御用騒ぎ~ (2, 0.1%)

1 があった, を聞く

▼ 御用龕燈~ (2, 0.1%)

1 をしっかり, をつきつけ

▼1* [268件]

御用あるべければとて五, 御用あれば仰せ下さる, 御用お側お取次, 御用かしらないけれど, 御用かと宙を, 御用かということを, 御用かは存じ上げません, 御用から離れるが, 御用こそ勤めて, 御用こちらから婆, 御用ゃああるめえし犬っ, 御用じゃぞお燕, 御用すんだの, 御用たんとはございませぬ, 御用だけ一寸お, 御用だけの特別の, 御用ださうで錢形の, 御用だったら坑内でも, 御用だろうと思う, 御用だろう承りましょうえ, 御用ゅうだ, 御用ちょうちんにちらりと, 御用ぢょうちんをつけた早駕籠, 御用御用っ, 御用ってな陥し穽, 御用ってほどのことも, 御用っと無意識の, 御用つて下宿に女, 御用つて何ですの, 御用つて奴が嫌えなら, 御用であった天下一品の, 御用でありましたか, 御用でありますか, 御用であろうな, 御用でおっしゃるんじゃ, 御用でがすか, 御用でございましたらばわたくし, 御用でございましたら伝へますつて申しましたら, 御用でございまするな, 御用でござんすかえ, 御用ででもいらっしゃったん, 御用でなくてもこういう, 御用でなければ坊や, 御用でもと言い伝六, 御用で御座る早速取調べ, 御用というはナナナなんでござる, 御用としてはおやすき, 御用とってお前, 御用とやらで, 御用どころかつまらぬ人間, 御用どすか奥さん, 御用などには手を, 御用などは寒中に, 御用ならやってあげましょう, 御用なら上って頂く, 御用なら呼んでまいりましょう, 御用なら承ってもいい, 御用なるやと云, 御用にてと尋ねければ, 御用にても爲せ, 御用にといふ挨拶, 御用になつて茶屋の, 御用にのみ役立つと, 御用にゃ立ちませんでほんの, 御用に対してかつてこれ, 御用はというように, 御用べやに南北両, 御用もはや済みましたので, 御用やら何やらが, 御用おれに, 御用ようやくおん大事の, 御用らしいから, 御用らしく見せかけてこっち, 御用被成候, 御用ゐなく殊の, 御用をこそ勤めたが, 御用ガキキタイト云ウ故ニ, 御用キキも犬, 御用キキニシテヤッタガソノ前ニ心願ガ出来タラ, 御用スポーツこんなの, 御用ダカラ早ク通セト云ッタラ, 御用ッ岡浪之進, 御用ッ御用ッ御用だぞ, 御用ッ竹神妙にせい, 御用ツ岡浪之進, 御用ツ御用ツ御用だぞ, 御用ペンであること, 御用モタサズシテ困ッテイルト高田藤五郎トイウ者ガ云ウカラ, 御用は随行者, 御用一切をあらためて, 御用一条につき, 御用下命の吉報, 御用中不都合がある, 御用井戸がある, 御用人さまが両国, 御用人さんに二歩, 御用人さんお召しです, 御用人中は非道, 御用人格の立派, 御用人様一日も一刻, 御用人様奥庭の祠, 御用人様金太郎様一昨日の御召物, 御用仕舞いでおれ, 御用仰せ下さるように, 御用作家達の日本, 御用係某は殿下, 御用へ厳重, 御用倫理学と頼ん, 御用允可のはこび, 御用出勤御繼立, 御用出府同年六月七日暫御差留同日丸山学問所へ罷出, 御用出張という格, 御用出役を命ぜ, 御用出版社に分与, 御用列以下の者, 御用剣術家無門関あたり, 御用労農大衆党と同じ, 御用勤まりまするもやはり, 御用勤務ということ, 御用包みの何, 御用の意見, 御用半分遊び半分よ, 御用印刷処という文字, 御用反動雑誌の読書会等, 御用取次衆が増されました, 御用までの広い, 御用召夫れからい, 御用を名のり, 御用向私も主君, 御用呉服所と染めぬいた, 御用呼ばはりを, 御用哲学体系とファシズム, 御用商人こっちは蜂須賀家, 御用商人ブウルガンの所有, 御用商人三谷三九郎の邸, 御用商人九州炭山株式会社の取締, 御用商人加賀屋と云っ, 御用商人専用の裏階段, 御用商人検挙のこと, 御用商人的落着きが身, 御用商人芸人大名囲われ者, 御用商人親戚友人無関係者見知らぬ通行人, 御用商人達は藤吉郎, 御用団体にまとめ上げ, 御用土器を製造, 御用壮士と極印, 御用多き出入の, 御用多端の事, 御用新聞に, 御用始メノ夜ニ何者トモ知ラズ狼藉者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, 御用姿で踏込ん, 御用学者ぶりを盛ん, 御用学者らが揃い, 御用学者達が権力, 御用學者として國師公, 御用宿舎だけあつ, 御用専一の篤実勤直, 御用専心に致せ, 御用専門家はこの, 御用屋敷小屋敷百人組その他の組, 御用工人土塀囲いだが, 御用建築家をつとめた, 御用弁士で貯金, 御用藩に, 御用御座候えば, 御用思想だけが思想, 御用所じゅうに知れわたった, 御用所用人の役目, 御用所神田竪大工町の御, 御用振りを書いた, 御用捕ったぞキリキリ, 御用掛伊豆殿まで其趣, 御用掛位な位地, 御用探偵で将軍自身, 御用改めであるぞ, 御用新聞社の打壊し, 御用へ相, 御用というの, 御用旅舎本陣鍵屋の前, 御用旅館の広い, 御用書師和泉屋市兵衛須原屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 御用有るに付召呼, 御用有之に付私, 御用が打っ, 御用染め屋でお, 御用根性についてこの, 御用といったの, 御用正宗の明瓶, 御用武士などにはお, 御用歴史の歪み, 御用歴史家御用商人に御用達, 御用に警察, 御用残りおり他人には, 御用浪人から町方, 御用の上, 御用済みしだい解放されるの, 御用済み次第お目にかかりたいと, 御用火消しなどのいかめしい, 御用無しか, 御用焼きの色鍋島, 御用状先御披見, 御用状到達なし則, 御用状持參致したり, 御用状等江戸表へ持參, 御用狩屋で京極丹後守, 御用狩野の輩, 御用番久世大和守殿に左, 御用番匠でありこと, 御用番町野平助殿被仰, 御用畫家の狩野元信, 御用登りの窯, 御用的立場はすっぱぬかれ, 御用的講話やすべて生, 御用とはよく, 御用片づき候えば, 御用相勵拙者共において先, 御用相済近日帰藩可致旨, 御用相濟だぞ, 御用神原五郎治様とかいう奴, 御用立て候とも御用済, 御用立差上候ひしに, 御用一なり, 御用筋差支可申哉に付, 御用から召状, 御用箱うしろに太刀持, 御用箱なんどがバラバラ, 御用が尾州, 御用精励でお上, 御用細工を申附, 御用細工人の陶器小屋, 御用絵符や御, 御用のほか, 御用に可, 御用繪師の金, 御用聞きでもない, 御用聞きなら裏口へ, 御用で支弁, 御用自動車が爆鳴, 御用なれば, 御用船乗の皆さん, 御用衆筆頭の職分, 御用衆筆頭大筒方兼帯を仰付けられ, 御用に付, 御用仰付日増, 御用見たいだが小出し, 御用を見る, 御用論説の筆, 御用警察なの, 御用議員どもを多数, 御用軍閥が戦う, 御用に相成, 御用込合順番札にて差上, 御用近侍の者たち, 御用運送車の厄介, 御用達しましょうとそういった, 御用遠国鉄砲改という切手, 御用都屋につづいた, 御用重なる御重詰, 御用師の, 御用鍛冶行徳助宗将軍家御台所のお, 御用間瀬日向守様がお, 御用雑誌その他のあらゆる, 御用雑誌営業者が歴, 御用雑貨商続木商店, 御用静物セット裸女兼用といったもの, 御用飛脚屋むかでやの扱い印, 御用馬車だお客さん, 御用駕籠検分に烱