青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「廻った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~建築 建築~ ~建設 建設~ 廻~ ~廻し 廻し~ ~廻っ 廻っ~ ~廻った
廻った~
~廻り 廻り~ ~廻る 廻る~ 廿~ 弁~ 弁当~ 弁解~ 弁証法~ 弁護士~

「廻った~」 1006, 9ppm, 11338位

▼ 廻った~ (155, 15.4%)

3 どこにも 2 どこも, 借りられる額, 矢張這入られません

1 [146件] あの頃, いいと, いかにせん, いずれも, いぜんとして, かいくれ宗春, かつぐ袋, ここから, このこと, この迷宮, さっぱりわからん, さっぱり手答え, さて窓口, しかし梶子, しまいにやっと姿, すぐに, そういえ, そこでスペイン, そのうち, そのままの, そのまま倒れ, その主人弥二右衛門, その後何も, その旅費, その行方, その辺一帯誰か, その途すがら運, その音, それは, とうとう両国, とうとう襟, どうかすると, どうした, どうしても彼, どうしても逢えない, どうも機会, どう間違った, どこだって, どこに, どこの, どこへ, どの建物, どの部屋, なかなか発見, べつに手, また一人, まだ弦, ままよとばかり, まるで蒸発, もっと充分, もとより住所番地姓名, やがてドッタリ, やがて下流, やがて二, やっぱり何となし, ドロシイの, 一向手懸り, 一向面白くなし, 一度手, 不思議にも, 二三日降りつづい, 二十一の, 井谷が, 人の, 人数の, 人間は, 今でも, 何も, 何分にも, 何所へ, 何等の, 先ず目, 其処の, 刃に, 別段猛犬, 勝手違ひらし, 友達の, 台所の, 台洋燈を, 問題の, 噴水の, 四つか, 墓地は, 外国から, 夜が, 大いに笑っ, 夫人も, 女世帯の, 娘小, 子供の, 実際に, 室の, 容易に, 少しも, 尾行の, 川手氏は, 幸子は, 廻って, 影も, 後ろの, 思い通りの, 思うよう, 情を, 手型も, 救われた子, 文代らしい, 新一は, 新吉は, 旧によって, 暮から, 木材と, 板倉屋の, 果して光, 殺した一角, 母親の, 気が, 気温が, 漸く着, 無い兵庫白馬, 犬の, 猛然と角, 皆目消息, 直ぐまた飛ん, 相当この, 眼に, 税関の, 空腹の, 端から, 結局は, 綿文が, 落穂の, 蛇吉の, 蜂は, 訊く度, 誰かに, 誰も, 貴殿の, 足端に, 逢う事, 遂に何, 遂に徒労, 道人様も, 釣れないこと, 銃を, 雀が, 鰻は

▼ 廻った~ (107, 10.6%)

13 です 8 である 5 か, だ, だが, であった 3 かい, ですが 2 だから, だったか, だろう, であろう, でした, は

1 [48件] かそう, かな, か真砂町, か肝心, か自分, がはからずも, がばれた, がピサロ, が彼女, が赤熊, じゃ, だけれど, だった, だったが, だろうな, であったが, であるから, であるが, でしょう, ですか, ですけど, ですね, とはまた, と梯子段, はあの, はお, はかく, はさすが, はそれから, はハドルスキー, は一五六三年, は人間, は以上, は先刻, は子供, は日本橋人形町通, は旧, は真夜中過ぎ, は知らず, は面白う, もその, も岸本, も彼, も或は, をあなた御存じ, を知ってる, を見, を遺憾

▼ 廻った~ (41, 4.1%)

5 見えて 4 みえて 3 思うと 2 見える

1 [27件] いう, いうが, いうだけの, いうので, いわれて, さりげなく答え, したら胴体, する, まあ思わっせえ, みえるな, 一般であった, 云うだけ, 云うの, 云うので, 思う, 思う間もなく, 思う頃, 思えば, 思ったが, 思われねえこと, 思われるところ, 申そうか, 知ったら百万円入, 莫迦を, 見えるぞ, 見るや, 覚って

▼ 廻ったこと~ (37, 3.7%)

4 がある 3 だろう 2 がありました, があります, もある

1 [24件] があった, がわかりました, が何, それから去年, だろうが, であった, であろう, ですが, と存じます, に気がつく, のある, はない, は確実, ほど胸, もありました, もございます, も一度, をそう, を云う, を告げ, を思いだし, を想い出させ, を男, を聞いた

▼ 廻った~ (29, 2.9%)

75 です 3 ですよ 2 でしょうね

1 [12件] じゃアしょうが, だから, だけど, だなと, だよ, だろう, でしょう, ですが, ですけれど, ですって, ですな, やそう

▼ 廻ったもの~ (26, 2.6%)

54 です 2 だから, であった, ですから

1 [11件] が今年ゃ, じゃア, だった, だと, だろうかと, である, と自分, に相違, はパルコル, は迷惑, らしく二

▼ 廻ったところ~ (20, 2.0%)

2 であった, で誰

1 [16件] だから, であろう, でそう, でそんな, ではない, で人々, で売れやしない, で怪しまれる気づかい, で誰か, で警部補, で闇, なん, に物置, は帯広, を捕えられた, を難なく

▼ 廻ったという~ (17, 1.7%)

2 ことである

1 [15件] ことが, ことです, ことを, のであろう, のです, ものであろう, わけです, 事を, 事実が, 今聞いた, 報らせ, 感じ, 方が, 有様で, 用事や

▼ 廻った~ (16, 1.6%)

4 だった 2 であった 1 この乃信姫, それから多度村, だったが, だったと, だろう, でたいそう, で往来, に部屋, のいろいろ, を計っ

▼ 廻ったので~ (15, 1.5%)

1 [15件] ビショ濡れに, 一足先に, 下町の, 今でも, 今まで, 前の, 十四五軒程, 千代子は, 各業倶楽部, 埒は, 奉行が, 徳川勢も, 旗本の, 樫田氏の, 殿の

▼ 廻ったよう~ (15, 1.5%)

2 ですから

1 [13件] だ, だった, だと, であった, である, であるから, でも, なお, なこと, な先生, な形勢, な気分, にもんどり

▼ 廻った~ (13, 1.3%)

1 [13件] しくじったと, して, まるっきり記憶, よくは, よく記憶, ア, ガラッ八, 余吾之, 否かを, 真に水, 知れない, 知んな, 米友は

▼ 廻ったから~ (12, 1.2%)

2 である 1 いいが, であります, でご, もうダメ, 今日でも, 堪ま, 帰って, 監獄へ, 起こった妄想, 逃がしたんで

▼ 廻った~ (11, 1.1%)

2 である 1 その道路, たしか円覚寺, だった, でも多く, にはじめて, にもう少し, の事, の疵あと, 追いつめられた男

▼ 廻った時分~ (10, 1.0%)

1 から本降り, でございましょう恐々, でした, で明り, と思います, には大方, に小野, に門, のこと, 迄には屹度

▼ 廻った~ (10, 1.0%)

2 にもしや 1 に仙太, に思い切っ, に漸く, やっと刺, やっと棒, やっと楽屋, やっと高い, 又元

▼ 廻ったかと~ (9, 0.9%)

6 思うと 1 思う時刻, 思う頃, 見ると

▼ 廻った~ (9, 0.9%)

1 そのカフェー, その男, で平次, で雨, にこんど代議士, にはその, やっぱり同じ, 一しきりは, 又訊い

▼ 廻ったけれども~ (8, 0.8%)

1 すべて徒労に, そのあたり, とうとう何所, ルイズの, 一向わかりません, 僅に, 目的の, 見つからない

▼ 廻ったとき~ (8, 0.8%)

1 その硬い, だったと, であるうす, には或, にドア, に露地, 大監督, 狙われはじめたこと

▼ 廻ったばかり~ (8, 0.8%)

2 である 1 だ, だけれども, だった, だったの, だなア八, 田圃では

▼ 廻った~ (7, 0.7%)

1 がありました, がある, さえある, になります, は皆, まで知られ, もありやん

▼ 廻ったあと~ (6, 0.6%)

1 では死ぬ, でふと, で帰り, で彼, のよう, の気持

▼ 廻った~ (6, 0.6%)

2 違いない 1 ちがいありません, ちがいない, 違いなく, 違えねえよ

▼ 廻った形跡~ (6, 0.6%)

2 はなかっ 1 があった, があり, がありません, がない

▼ 廻った挙句~ (5, 0.5%)

1 その林, に, はきっと, 再び山中, 半刻

▼ 廻った~ (5, 0.5%)

1 が硝子戸, にはとても, にはどんな, の赤, を斜め

▼ 廻ったあげく~ (4, 0.4%)

1 にいき, また腰かけ, やっとお, やっと抜け出し

▼ 廻った~ (4, 0.4%)

1 友だちが, 庄親子の, 浦ままごと狂女を, 豊は

▼ 廻ったせい~ (4, 0.4%)

1 かうずうず, か突然, か額, で自然

▼ 廻ったそう~ (4, 0.4%)

2 である 1 ですが, で時節柄

▼ 廻ったため~ (4, 0.4%)

1 と聞きおよびまする, にその, についに, に案外

▼ 廻った~ (4, 0.4%)

1 では島中, にある, に新しい, はどこ

▼ 廻った揚句~ (4, 0.4%)

1 に古い, の果, また再び, やっと矮

▼ 廻ったいい~ (3, 0.3%)

3 方を

▼ 廻ったけれど~ (3, 0.3%)

1 どうしても田中, 一向に埒, 何を

▼ 廻ったころ~ (3, 0.3%)

1 にこの, に上野広小路, を見計っ

▼ 廻ったって~ (3, 0.3%)

1 とこも, 無駄です, 魚は

▼ 廻ったにも~ (3, 0.3%)

1 かかわらずここ, かかわらず死骸, せよこんな

▼ 廻ったもん~ (3, 0.3%)

21 ですたい

▼ 廻った一人~ (3, 0.3%)

1 がばらばら, が柄, である

▼ 廻った~ (3, 0.3%)

2 でないと 1 に終夜殆ど安眠

▼ 廻った二人~ (3, 0.3%)

1 の徒歩, はと皆, ははて

▼ 廻った~ (3, 0.3%)

1 が辛苦, でこの, も在らず

▼ 廻った~ (3, 0.3%)

1 がある, はない, は金蔵

▼ 廻った~ (3, 0.3%)

1 がある, もいる, も機

▼ 廻ったその~ (2, 0.2%)

1 上阿蘇の, 河岸を

▼ 廻った~ (2, 0.2%)

1 すると藤蔓橋, ア

▼ 廻ったのに~ (2, 0.2%)

1 そのいい, 夜もう一度

▼ 廻った~ (2, 0.2%)

1 おろかいまだに, つい今日

▼ 廻ったはず~ (2, 0.2%)

2 だが

▼ 廻ったばかりの~ (2, 0.2%)

1 ところ, ところでした

▼ 廻ったわけ~ (2, 0.2%)

1 でも, よ

▼ 廻った事実~ (2, 0.2%)

1 を書く, を洩らせ

▼ 廻った人間~ (2, 0.2%)

2 の噂

▼ 廻った~ (2, 0.2%)

1 でございますが, の杉戸

▼ 廻った千鶴子~ (2, 0.2%)

1 のこと, はソアレ

▼ 廻った太陽~ (2, 0.2%)

1 が自分達, が赤く

▼ 廻った女房~ (2, 0.2%)

1 に話しかけた, のお

▼ 廻った岡田弥市~ (2, 0.2%)

2 の拝み

▼ 廻った彦太郎~ (2, 0.2%)

1 がべらべら, は囮

▼ 廻った~ (2, 0.2%)

1 がじんわり, が空

▼ 廻った最後~ (2, 0.2%)

1 の者, まで頭

▼ 廻った末左手~ (2, 0.2%)

2 への道

▼ 廻った様子~ (2, 0.2%)

1 である, はねえ

▼ 廻った甲斐~ (2, 0.2%)

1 があっ, もなく

▼ 廻った疲れ~ (2, 0.2%)

1 が出た, と寒

▼ 廻った疲労~ (2, 0.2%)

1 が出, と四五杯

▼ 廻った~ (2, 0.2%)

1 というもの, は橋向う

▼ 廻った結果~ (2, 0.2%)

1 が日本, 大観覧席

▼ 廻った~ (2, 0.2%)

1 がその, が縁側

▼ 廻った~ (2, 0.2%)

1 にもの, の法然天窓

▼1* [279件]

廻ったあげく江戸は両国, 廻ったあげく腹を立て, 廻ったあの記憶が, 廻ったある日の, 廻ったいちばん奥の部屋, 廻ったお初が戻っ, 廻ったお礼でしょう, 廻ったお蔭でヤット炭坑, 廻ったかぎの手, 廻ったかなと歯が, 廻ったかも知れない, 廻ったからにはしょせん悪あがき, 廻ったがね今度は, 廻ったくらいでございましょうね, 廻ったこと三日間いかな, 廻ったころ太田は張り終えた, 廻ったころ折竹がいいだした, 廻ったしかし三日目には, 廻ったすえこの下総, 廻ったそれらの印, 廻った山中中尉, 廻ったただずまい器用, 廻ったため定雄も千枝子, 廻ったため疲労で弱っ, 廻っただけであった, 廻っただけでも尼の, 廻っただけの事な, 廻ったとか菩提寺の, 廻ったとき人造大理石の柱, 廻ったとき黄人であるため, 廻ったところが電車が, 廻ったところ不意に一時, 廻ったとしてもそこに, 廻ったとたんである, 廻ったとて昔三百年前に, 廻ったとの事この, 廻ったとは云わなかった, 廻ったとも思われず, 廻ったこのおれ, 廻ったのちに一人, 廻ったのちウールウオウスの店, 廻ったばかりじゃないの, 廻ったひとりの男, 廻ったほどだった, 廻ったほどの自然児が, 廻ったまま濡れて, 廻ったみたいだった, 廻ったわが探検自動車が, 廻ったイヤなおばさん, 廻ったトリックが使われる, 廻ったナポレオン三世に踏襲, 廻ったバカ野郎は, 廻ったポチの姿, 廻ったロマンスの精霊, 廻ったワケじゃない, 廻ったヴィエンヌ河の畔, 廻った一帯の山脈, 廻った一組は松, 廻った万吉の足, 廻ったけで, 廻った三名が街道, 廻った三年ぶりの馴染, 廻った三次背中へ衝突, 廻った上どこにも明智, 廻った上南風楼に帰った, 廻った上東海道はわざわざ, 廻った下女は室, 廻った不思議な探偵小説, 廻った両親の苦悶, 廻った中国地方の低, 廻った丹頂のお, 廻った亀井滝の上, 廻った二人連れあれはどうやら, 廻った人達は惨め, 廻った思うと, 廻った代りに長柄, 廻った仲間の龍平, 廻った伊集院狙いすまして, 廻っただから, 廻ったでイタリア人, 廻った使命の果て, 廻った健三はどうして, 廻った兵隊もいた, 廻った円い眼には, 廻ったの深夜, 廻った劇場は歌舞伎座, 廻った勝気の亥, 廻った匈奴の一隊, 廻った十二支組元は弱い, 廻った午前四時ちかく泥, 廻った半蔵はフラフラ, 廻った印象記とを合せ, 廻った叔父は火, 廻った古代の娘, 廻った向こうの道, 廻った味噌倉も土蔵, 廻ったですよ, 廻った四明ヶ岳の雪, 廻ったはエジプト, 廻った国々で眺め, 廻った場合にこの, 廻った塀外がじき, 廻った墓地である, 廻った外一九一八年には北イタリヤ, 廻った多吉は二人, 廻った泥棒, 廻った大きな野良犬の, 廻った大賊でその, 廻った天狗様を祀り, 廻った夫人はその, 廻った好色の一人, 廻った妹織江これも抜き身, 廻ったのおののき, 廻った姿も同じ, 廻ったがあっ, 廻った家々の中, 廻った供達は, 廻った山田八蔵はその, 廻った岩窟へも下り, 廻ったや堀, 廻った川筋より遠く, 廻った帰りで尾張町, 廻った幻影が乱れ始め, 廻った幾名かは栗山善助, 廻った庭は, 廻ったの方, 廻った延暦寺の僧侶達, 廻った強賊の, 廻った後三吉は火, 廻った後地上へドッサリ堕つる睹, 廻った後彼はいつのまにか, 廻った後正太は森彦叔父, 廻った後神楽坂署に拘禁, 廻った後老人は奥, 廻った後轟然たる機関, 廻った隠居さんじゃ, 廻った忠作が通り, 廻った思い出のな, 廻った怪しい男は, 廻った恰好をし, 廻った患者の名前, 廻った所為もあったでしょう, 廻った手先が真, 廻った手前あっしは引っ込み, 廻った挙句僕は東京, 廻った挙句魂の抜けた, 廻った捏造物だある, 廻った揚句咄嗟に思いつい, 廻った揚句真夜中過ぎまで追いつ追われつ, 廻ったの李通, 廻ったが良い, 廻った日光が斜, 廻った日鹿児島で一泊, 廻った時分巷から出, 廻った時刻でしたが, 廻った時刻寺の前でお, 廻った時巣籠って, 廻った時彼は思わず, 廻った時彼女はやせた, 廻った時斯ういう, 廻った時私は多少, 廻った時続け様にくしゃみ, 廻った時芒の中, 廻った曖昧な言葉遣い, 廻ったの光, 廻ったのこと, 廻った末午後バサデナのラ・ヴィナ病院, 廻った末原中に突立, 廻った末大変空腹になった, 廻った末安楽椅子にド, 廻った末彼は到頭, 廻った末日の出町の周旋屋, 廻った末日当壱円五拾銭の筆耕, 廻った末朝夕たった二回きり, 廻った末玄関の方, 廻った末都合のいい, 廻った末野原の向側, 廻った朱同の腹, 廻ったに潜在的, 廻った柴田勢の底意, 廻ったなドス, 廻った次第です, 廻った残りをまた, 廻った波越八弥はふい, 廻った泥坊を驚死, 廻った津田の報告, 廻った鳴の, 廻った海賊の五島我馬造, 廻った海賊船時代からの経験, 廻ったはその, 廻った為顔を見られず, 廻った無謀な風, 廻った煙草のうち, 廻った爪先を縁, 廻った狂信者の群, 廻った狂言をやっ, 廻った独楽が完全, 廻った甲賀房と河内房, 廻っただが, 廻ったの強い, 廻ったでありました, 廻った盗賊というの, 廻った監物はこう, 廻った直後のこと, 廻ったを据ゑる様, 廻った瞬間に武蔵, 廻った矢代はその, 廻った磯野は芝居, 廻った祖母もあんまりぞっと, 廻った神尾主膳はやや暫く, 廻った神部の総, 廻ったの日脚, 廻ったであったが, 廻った一お, 廻ったには召捕え, 廻った節上屋敷の重役ども, 廻った紀行の草稿, 廻ったの一人, 廻った結び目を解きほどく, 廻った結果千束町の松居, 廻った結果金の工面, 廻った緯日の黄色く, 廻った練兵場は曩日, 廻ったの下, 廻った老人は傍, 廻った老婆の顔, 廻った考えのよう, 廻ったの高い, 廻った自分はそれ, 廻った臭味があります, 廻ったであろう, 廻った船客の誰, 廻った色々の場所, 廻った茶屋四郎次郎と本多忠勝, 廻った草臥も交っ, 廻った蓑直しの安蔵, 廻ったも船, 廻った藤三が掃除, 廻ったの結び目, 廻った表現で最後, 廻ったの中, 廻ったでございますの, 廻った言い方のため, 廻った記憶以外には一度, 廻ったですが, 廻った証拠じゃあございます, 廻ったをした, 廻った諸国諸山の宮方, 廻った議論はできない, 廻っただ, 廻ったには魚, 廻った軽業師達は面白, 廻った辛労とで頼母, 廻った近い所である, 廻った部下の一人, 廻った部屋でありやっと, 廻った酔漢のよう, 廻った重太郎しっかりやれ, 廻った釘勘の断案, 廻った鈍い日脚が, 廻った鉄公の手, 廻った頃いやに丁寧, 廻った頃エリオット・ウェンドリの急, 廻った頃コストイリョーフはさよなら, 廻った頃二時間半近くかかって, 廻った頃公会堂と職業紹介所, 廻った頃平次の家, 廻った頃御行の松, 廻った頃支那料理店の門口, 廻った頃木村屋と申す, 廻った頃松本は菓子, 廻った順序なの, 廻ったをこちら, 廻った風情ある女, 廻った馴染の船, 廻った鴎外先生も漱石先生, 廻った鶏卵を丹念, 廻った黒光りする眼, 廻った之助