青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「彼ら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~役割 役割~ 役所~ ~役目 役目~ ~役者 役者~ ~彼 彼~ ~彼ら
彼ら~
~彼女 彼女~ 彼奴~ ~彼方 彼方~ ~彼等 彼等~ ~往 往~ ~往々

「彼ら~」 16805, 161ppm, 645位

▼ 彼ら~ (6282, 37.4%)

45 それを 43 自分の 36 彼らの 33 たがいに 30 二人とも 18 そこに, 彼を 16 いずれも 15 これを, 自分たちの 13 私の, 自己の 12 彼の 11 われわれの 10 いっしょに, 一斉に, 何を, 少しも, 自分を 9 それに, 口々に, 私を 8 これらの, それが, そんなこと, 他の, 何か 7 一つの, 明らかに, 考えた, 自分が, 黙って

6 [11件] そこで, 一般に, 人の, 何が, 家の, 彼に, 彼女の, 急いで, 私に, 見る間, 非常に

5 [28件] おのれの, ここで, その日, どちらも, よく知っ, クリストフに, フランスの, 一方では, 人を, 人間の, 以前と, 何も, 国家の, 土地の, 声を, 多くの, 怒って, 急に, 手を, 最初の, 杖を, 永久に, 生きて, 知って, 社会の, 穢れたもの, 考えて, 言う

4 [39件] いかにし, いろいろの, いわゆる, すべての, すべてを, そこへ, そのこと, それから, ただ自分, どこまでも, わたしの, クリストフの, クリストフを, プロレタリヤの, 一様に, 一種の, 一言も, 人から, 今まで, 他人の, 何らの, 例の, 出かけた, 奴国の, 我々の, 時代の, 次の, 民衆を, 目を, 相互の, 確かに, 私と, 腹を, 自分たちが, 言った, 言葉を, 識らず, 音楽を, 顔を

3 [74件] いつでも, いつまでも, ここに, これに, すぐに, そういうふう, そう言っ, そのため, その場, その考え, それぞれ自分の, それで, それらの, たがい, ただその, どこから, どこへ, ひそかに, まだその, われわれに, 一人の, 一切を, 三人とも, 何と, 何にも, 何よりも, 何事をも, 偉大なる, 僕の, 共通の, 別れて, 努めて, 口を, 各自に, 喜んで, 壁の, 外に, 多数の, 好んで, 家に, 帰って, 当時の, 形を, 彼が, 彼と, 彼らが, 彼ら自身の, 心の, 恐れて, 慰めらるべけれ, 手に, 敵の, 敵を, 日本の, 普通民の, 朝の, 生産を, 申し合せたよう, 異常な, 相変らず, 知らない, 私が, 笑って, 自分らの, 自分自身が, 自然の, 自然を, 身を, 過去に, 金を, 非人なる, 革命の, 頭を, 食卓に

2 [295件] あらゆる手段, あらゆる方面, あわてて, いかなる意味, いったい何者, いって, いつの, おそらく自分, おまえの, お互いの, お互に, かかる幻想, かかる恵み, こういうふう, こう云っ, こう言った, ここの, この, この力, この新しい, この某, この点, この目的, この種, すでにその, そういうもの, そこから, その, その仕事, その他の, その作る, その労働, その周囲, その土地, その境遇, その声, その子供, その数, その理論, その生活, その職務, その身分, その辺, その魂, それぞれの, それぞれ何枚かの, ただ, ただ征服者, だまって, だれよりも, なにも, なるほど, なんという, ふたりとも, ほんとうに, まくこと, ますます堕落, またその, またそれ, みずから進ん, みなこの, もうその, もう遊ん, もとより自分, もはやその, より多く, りっぱな, イタリーへ, クリストフが, シナの, ドイツに, ブレーデの, ベートーヴェンの, 一列に, 一刻も, 一台の, 一定の, 一家を, 一度に, 一方に, 一日に, 一時に, 一緒に, 一軒の, 上衣を, 不平の, 不幸な, 不思議な, 不正な, 世の, 世界の, 世間に, 世間の, 中途で, 主人の, 主君の, 二人きりで, 二人の, 云う, 云うの, 云った, 京の, 人が, 人間では, 今の, 今日の, 仏教を, 伝来の, 低い声, 住居を, 何かしらふてぶてしい, 何という, 何の, 何事も, 何処に, 例によって, 信じて, 信長の, 偉大な, 停車場へ, 健全な, 働いて, 僕を, 兵庫の, 出て, 列を, 別にその, 勇敢に, 勇躍し, 十分に, 千枝太郎に, 単純に, 叫んだ, 各地に, 同じよう, 同一の, 君が, 呼んで, 唯一の, 喊声を, 嘘を, 四人で, 固より, 国家から, 地を, 地上生活の, 外出を, 多く作らね, 夜に, 大いに悦ん, 大いに驚い, 大人と, 大袈裟に, 天下の, 失敗した, 如何に, 安全であった, 実に小ざかしい, 家へ, 少しずつ, 少しの, 山の, 山へ, 山口の, 崇高な, 川上の, 左右から, 己が, 己の, 平凡な, 幸福であった, 幸福に, 広場の, 庭を, 廣き, 彼にたいする, 彼よりも, 彼らで, 彼らにおいて, 彼女を, 後に, 徒党を, 従前と, 心が, 必要と, 必要以上に, 思い思いに, 意外な, 憤激し, 或る, 手段を, 政治の, 故意に, 新たに, 新らしい, 旅の, 日光の, 日常の, 明白に, 時を, 普通の, 智慧の, 暗黙の, 曰く, 最後の, 最早や, 期せずして, 本当の, 本来の, 極度の, 楽しそう, 歌に, 歩きだした, 歴史の, 死を, 毎日の, 永遠を, 決してその, 淫な, 滅多に, 無学であった, 無政府主義者, 父の, 特別の, 特殊の, 特殊部落として, 現世を, 現代の, 理性を, 生きんが, 疑いも, 疲れて, 盛んに, 相手の, 眉を, 知つてゐる, 知らず識ら, 神の, 私たちの, 私よりも, 空想的な, 窓が, 立派に, 第一, 第四階級以外, 米の, 絶望に, 美を, 考えたの, 考える, 胸を, 胸迫る, 自らの, 自らを, 自ら考える, 自分で, 自分自身を, 自分達の, 自国の, 自己を, 自然または, 自由に, 自身に, 芸術に, 芸術の, 芸術上の, 草を, 葉之, 蒙古人, 蚕児の, 複雑な, 見て, 親を, 言うそれ, 言って, 話し出した, 谷の, 足を, 身動きも, 逃げてばかり, 逃げること, 連戦連勝の, 進むにつれて, 遊びに, 過去の, 酒の, 長々と, 長井に, 闇の, 雨に, 非常な, 頼正の, 風の, 首を, 麦の

1 [4638件 抜粋] あえて叫ぼう, あたかも成年, あとで, あの尻尾, あまりに多く, あまり世間, あらゆるユダヤ人, あらゆる革命的性質, ある水, いい音楽, いかにも自信, いくつかの, いち早く伏し, いったいどこ, いつもうまく, いつも不快, いつも快い強い, いづれも, いよいよ山, いわゆる永遠, うっかりし, おそらくこの, おそらく現在受領, おのおの同様, おばさんの, お城下, かかる名家, かくして円い, かつて重い, かれを, きっと溝縁, きわめて慎み, けっして安達, こうして人々, こちらに, この一見なん, この国際的組織, この悪魔, この機, この穀物, この貴重, こめかみを, ころがるよう, ごく仲, さらに強く, しきりに襖, しばしば国是確定, しまひ, じつに不自由, すこしく怯んだ, すでにオリヴィエ, すでに肉体, すべてこの, すべて眼には, そういう言葉, そうだ, そう酷く寒, そのあたり, そのままもう一言, そのわずか, その両親, その仮装, その俗謡, その勝れた, その国土, その大, その川岸, その後機会ある, その所在地, その提示, その時代, その死ん, その牛馬, その異様, その穢れた, その結果, その落伍, その誇, その門前, それくらいの, それだけ偉く, それほどの, それを以て, そんなにはしゃぐ, たいへん落着, たしかに甚だ活動的, ただに, ただ人馬, ただ法律, ただ貧しき, たちまち戸惑いし, たびたびは, だんだん自分, ついぞ一度, ついに自分達, てんでに下駄, とかく教育費, どういう名前, どうする, どこかへ, どんなに恐れ, なおその, なお羽振り, なぜすぐさま, なんという愛すべき, ぬからずその, はかどらぬ工事, はたして黙し, ひとしく軍独裁政権, ひどく陽気, ふたたび砂漠, ほかの, ほとんど無意識, ほほえんで, まさしく男一匹, ますます疎外排斥, まず自分たちの, またぐっすり, また三田線, また同時に, また新作者, また毛布, また銀行, まだほんの, まだ自分, まったく社会圏外, まるで戦陣, みずから後ろへ, みな仰天した, みな私を, みんなベテランだ, みんな怏々として, むしょうに腹だたしく, むしろ快, もうさっき, もう他, もう少年俳優, もう自動車, もちろん, もっともっと強力, もともと行儀, もと沓作り, ものを, もはや何, もはや希望, もはや農民, やってきても, やはり容易, やむをえず彼ら, よくこちら, よく読みとっ, れんげ畑から, わたしたちに, われ先にと, イプセンを, オンドリの, ガタガタと, クリストフにも, コンスタンチンの, シニックに, スペインや, ヂヨゴよりも, ドイツ内にて, ニュースにより, パンを, フランス民族を, プロフェサアでなかった, ポットペチミットを, ムロランで, リーロフ以上に, ロッソンムの, ヴェルノンへ, 一も, 一人として, 一冊の, 一度で, 一方で, 一朝に, 一目散に, 一週に, 三上の, 三昧聖として, 下, 不安だった, 不思議そうに, 世界を, 丹生川平と, 久しく入浴, 乾燥した, 事実上には, 二人だけ, 二日間も, 云い合った, 互いに夢想, 互いに見かわし, 互の, 亡びんか, 人並以上に, 人間じゃ, 人類の, 今や秋昊, 今日なお, 他人だけが, 代る代る, 仲間うちだけから, 伸子たちの, 何かの, 何事か, 何者であろう, 使役せられた, 便宜空地を, 信二の, 個人的にも, 側杖を, 僕と, 元々平和, 先ず食堂, 光栄ある, 全く自分, 全部この, 共に一〇, 内地の, 再び来る, 出かけたが, 切歯扼腕した, 別に急い, 利己的な, 前二回, 力戦する, 勇悍に, 勞働階級が, 勿論永く, 医者と, 千年の, 南波武二を, 単に職業上, 即日附近の, 又出く, 叔父甥と, 口に, 古い家, 古着屋を, 各々政府, 吉良まで, 同一日本民族, 君の, 周章ていた, 品物で, 啻に演劇, 囁いた, 団結を, 国権の, 土の, 圧倒され, 地方生活の, 堀の, 墓地から, 声高く, 外出する, 多分神代, 夢みて, 大きな水盤, 大乗院所属としての, 大和言葉で, 大概一年間は, 大袈裟な, 天主堂の, 天真に, 奏鳴曲だの, 奴隷であり, 始めの, 子供が, 学士号を, 安全な, 官命を, 実にだらし, 実に物質的, 実家や, 実際警固その他人夫, 家と, 富力も, 対して, 尊敬に, 小さな仕事, 小泉に, 少し醒めかける, 尼寺の, 山上の, 岡田の, 工人その他の, 己れ, 席を, 常に快活, 常人より, 平和の, 平素であったなら, 幾世紀の, 庄屋に, 弓と, 引越した, 弾動する, 彦ちゃんを, 彼ら一夜の, 往々竹細工, 後世の, 御所の, 心を, 必らずしも, 必要欠くべからざる, 快活に, 思いがけなくまり, 思って, 怠惰に, 恐れを, 悔悟の, 悲惨から, 意識し, 愛の, 慶長十七年に, 成城学校の, 我愛我慢の, 戦争中は, 房吉の, 手放しなんかで, 抑えても, 拳固を, 捨てられた老, 提灯を, 支那への, 政府を, 教祖代理は, 数学を, 敵と, 文学談を, 新しい潮流, 新感覚派, 既にその, 既定の, 日本人が, 早く西洋, 昔から, 昼中に, 時にその, 晩餐に, 暗夜の, 曰く土地に, 最もよく一つ, 最初顔を, 服装を, 木の, 本拠の, 本船を, 東から, 松永弾正を, 根こそぎに, 森を, 概ね自活, 機先を, 次第, 歌うの, 正しく田原藤太秀郷, 武張った言葉, 歴門教化する, 死者の, 殺人より, 民族的に, 気の毒そうに, 気違いの, 汝に, 決して安らか, 決して離れられない, 河原の, 法治を, 洪水の, 浅草日本館へ, 海水で, 深く体得, 湖中の, 滅ぼそうと, 激しい調子, 為政者から, 無論如法, 照応の, 爾来明暦義党, 物質的問題を, 狂人の, 狼狽え血迷うところ, 獣の, 玉若, 現にそれ, 現実生活も, 甚大の, 生を, 生活せん, 用いられるため, 田舎者で, 畳の, 病気という, 白いお, 百足虫の, 皆そこに, 皆先駆者の, 皆小人どものみ, 皆知り合っ, 皮肉で, 目の, 直ちに服用, 相当研究, 看過する, 真実そればかり, 眠くなる, 着物を, 知らなかった, 砂だらけに, 確実に, 神だって, 神様に対して, 私たち二人を, 移住しない, 空へ, 窩人であった, 立ち去って, 竹で, 筑土を, 簡単には, 精いっぱい力, 紙の, 終に慣用手段, 経済的に, 絶えずペルシア人, 縦に, 美濃に, 翌朝近所の, 考えても, 職場に, 背に, 腹に, 自から裁, 自ら多少, 自ら自分に, 自分に, 自動車を, 自然に, 自陣へ, 船尾ハッチの, 芝居の, 若き永年囚, 苦痛が, 荷を, 蓄音機の, 蛙に, 血に, 行商人として, 装毛の, 見いだしぬという, 見込みの, 角面堡の, 言うかくして, 言葉の, 話すにも, 調度品の, 警官たちを, 象徴詩に, 貪欲と, 賤民の, 起き上がって, 跋渉し, 身の, 軽蔑してる, 農民以外の, 追い出されたに, 逆上し, 通行人に対して, 遂に彼, 過去を, 遠くから, 遮ぎる事, 部落を, 里人と, 金堂の, 銀座に, 鐃, 長く気, 間もなくなか, 降伏を, 階級を, 雑戸の, 雪もて, 青春期の, 音を, 顔さえ, 風濤の, 食糧を, 饑じ, 馬車の, 騒々しく賑やか, 驚天動地の, 高らかに, 魚と, 鷹の

▼ 彼ら~ (5235, 31.2%)

48 ために 37 間に 30 うちの 27 中には 26 前に, 手に 25 多くは 22 上に, 中の 21 うちに 20 中に 18 ことを 17 姿を, 生活の, 生活は 16 間には 15 ある者, 心は 13 姿が, 心を 12 うちには 11 心の, 様子を, 頭の 10 生活が, 生活に, 眼に, 眼は 9 ような, 一人が, 仲間の, 多数は, 生活を, 眼には, 眼の 8 ように, 仕事は, 大多数, 方で, 方へ, 顔は 7 そばに, 一人は, 仲間に, 前で, 大部分, 心に, 或る, 手中に, 祖先が

6 [18件] あとに, あるもの, 不断の, 人口が, 人口は, 仲間と, 作が, 内に, 前には, 唯一の, 幸福の, 意見を, 持って, 方が, 目の, 職業は, 背後に, 胸に

5 [28件] ための, ほうが, ほうを, ものである, やうな, 中にも, 作を, 利潤が, 口から, 境遇は, 姿は, 態度は, 態度を, 或者, 手によって, 活動は, 眼が, 考えに, 行動を, 言うところ, 言葉で, 言葉に, 言葉を, 貨物の, 身に, 頭上に, 顔に, 顔を

4 [52件] いうこと, いわゆる, なかに, なすまま, 一団の, 一団は, 一行は, 主君が, 仕事を, 仲間が, 仲間には, 住居は, 作に, 前を, 力が, 労働の, 声は, 存在は, 存在を, 後から, 後に, 意の, 手で, 手は, 方に, 日常の, 服装は, 正体を, 死を, 気持を, 状態は, 生活には, 目に, 目には, 目的は, 眼を, 祖先の, 精神を, 群へ, 耳に, 耳を, 言うこと, 言葉の, 言葉は, 話に, 話は, 財貨の, 間で, 間では, 間にも, 間を, 音楽を

3 [90件] あいだに, あいだには, うしろに, うちで, すべてが, ところで, なかには, まわりに, 一団が, 世界には, 中から, 主張は, 人口を, 仕事の, 仲間では, 会話を, 位置は, 住んで, 例に, 偉大な, 偉大なる, 傍に, 傍を, 出て, 前へ, 剣は, 力は, 努力は, 勇気を, 命を, 困窮は, 国土の, 増加に対する, 家を, 希望に, 希望は, 影を, 後を, 恋愛の, 意志を, 意見に, 意識に, 手から, 手が, 手には, 手を, 推測の, 数は, 新たな, 機嫌を, 歌を, 歩みは, 気持は, 注意を, 生きて, 生命を, 疑いを, 目から, 目は, 目を, 目的である, 真実の, 眼中に, 眼中には, 立場が, 精神の, 罪では, 罪を, 群から, 群の, 肉体の, 肩の, 胸の, 舌は, 視線は, 言を, 話を, 足が, 身体が, 運命に, 運命は, 道を, 部落は, 間から, 頭が, 顔には, 食料と, 首を, 魂を, 鼻を

2 [299件] あいだでは, いずれをも, いる前, うしろでは, うちにも, うち工業に, おも, すべての, ところに, ところには, ところへ, なすところ, ほうで, ほかに, ほかには, むだ口が, ものでない, ものなれ, やうに, やった仕事, わずかな, テーブルに, ブルジョアジーに, 一々の, 一人で, 一人として, 一人に, 一人を, 一団に, 一日の, 一生に, 一般に, 一行が, 一隊を, 上の, 不安と, 不安な, 不平を, 不幸の, 不幸は, 中でも, 中へ, 主張する, 乗って, 乱暴を, 事業は, 云い分, 云うところ, 亜流たる, 人口増加の, 人生の, 人生を, 人間の, 仕事が, 仕業と, 代りに, 仲間だ, 仲間である, 住家を, 作の, 作品に, 作物に, 使命の, 価値を, 信仰は, 信仰を, 健康を, 傾向を, 先に, 全部が, 共通な, 内には, 内の, 内生の, 出世の, 列が, 利益は, 利益を, 前にも, 力の, 力を, 勢力の, 勢力を, 化け方にも, 友誼は, 反感を, 口には, 口を, 名は, 名を, 名誉の, 周囲に, 周囲には, 呼吸は, 哲学は, 唾液は, 団塊は, 団結は, 国が, 国の, 国主を, 地代の, 地位が, 地位に, 地位は, 執って, 堕落の, 境遇が, 増殖率の, 声が, 声に, 声も, 声を, 外に, 多数が, 大なる, 大半は, 大半を, 好戦的な, 妻女は, 娘の, 嫌がるの, 学問は, 家は, 家中の, 家中は, 家中も, 家中を, 家庭の, 宿命そのものでは, 富と, 専有物に, 将来の, 小屋の, 崇高なる, 平和の, 幸福に, 弱点を, 影が, 影も, 役目は, 後ろに, 徒弟期間が, 得意な, 得意の, 心から, 心が, 心には, 必要と, 志を, 応対は, 怒りを, 思想の, 思想は, 性格から, 性格は, 恐怖を, 悪事は, 意に, 意図が, 意志が, 愛は, 愛や, 態度が, 態度に, 戦争は, 数を, 文化が, 日々の, 日常生活を, 最も好む, 最初の, 最大の, 最長者であり, 未来を, 本当の, 本心を, 本陣へ, 様子は, 欲するところ, 歌の, 正面に, 母が, 母は, 気分を, 気力は, 気色を, 求むるもの, 汝を, 注意に, 活動を, 消息は, 清潔には, 満足する, 無学は, 無心において, 無知と, 熱愛する, 爲に, 父の, 父祖が, 物語は, 犯罪を, 現在の, 生存が, 生存の, 生活状態が, 生産する, 田園を, 異様な, 疲労は, 目ざすトウベツ, 目的を, 直観と, 真似を, 眼にも, 眼前に, 知って, 社会では, 社会に, 祖先は, 私宅を, 立場は, 立派な, 素朴な, 経験が, 結合は, 絶え間ない, 美に, 美徳から, 美術館を, 習慣が, 考えが, 考えて, 考えるところ, 考え方の, 職務は, 職業を, 肉を, 背中に, 背後では, 背後の, 背後へ, 胸には, 胸を, 胸中を, 腕は, 腹も, 自治に, 自由に, 自由の, 船は, 良心を, 芝居には, 芸当も, 芸術は, 若かりし, 荷物を, 華やかな, 虚偽を, 行動は, 裸の, 製作に, 要求と, 親しい友, 計画は, 話の, 誇りでも, 資本が, 資本の, 足は, 足下に, 身体は, 身長は, 運命の, 過去に, 過去の, 部屋へ, 郷は, 野心は, 鍬を, 長い労働, 長と, 長吏, 間の, 間は, 頭は, 頭を, 頭上の, 頭上を, 頭脳は, 頭髪は, 顔つきも, 顔と, 顔の, 馬は, 魂が, 魂の, 魂は

1 [3207件 抜粋] あとについて, あらん限り, いい手仕事, いう懐疑, いた田畑, いない隙, いわゆるモンタージュ, いわゆる業務, いわゆる限界利用, うたう追分節, うち一人でも, うまさ, お家の, かくれた左右, きれぎれ, こういう生活, ことには, こまごました, ご処分, しゃれた装釘, すべては, そうした得意さ, その理由, それとは, たたずまいは, ため慶祝し, つくった粗末, とうてい企てえまい, どちらにも, なかの, ばら色を, ひどい脱線, ほうから, ほんとうの, ま上, もたらして, もとの, やり口の, ようすを, よろこんで, オサカナにも, キャベツ漬は, コップに, タッチは, テーブルには, ナイビテートを, ベンチ, ユーカラを, 一人, 一人暗黒の, 一団と共に, 一枚看板でした, 一群は, 一隊は, 上にも, 上着は, 下位に, 不平だけ, 不案内に, 不純を, 世界を, 中より, 主人であった, 主張と, 主旨の, 乗りだした暗い, 乱雑な, 事である, 二三人を, 五パアセント四年半の, 交友範囲は, 人と, 人名に, 人格彼らの, 人生観である, 人間性の, 仕事では, 仕打を, 代弁者な, 仲間で, 仲間を, 企は, 会合の, 伝うる系図, 位階は, 住む西半球, 体が, 体系は, 何人かに, 作る美しき, 作品を, 使節たり, 価値が, 俘囚たる, 信ずる如き神, 信教に関しては, 俳諧即ち, 候補者を, 偉大さを, 健康の, 傑作も, 僕を, 兄妹である, 先達でありました, 入れられて, 全存在, 共通の, 内心を, 写字仕事なる, 処方は, 出演し, 刀が, 列は, 利害を, 利用する, 前では, 前面に当たって, 力で, 功績は, 労働は, 労役の, 勇ましい歌, 動揺を, 勤めるの, 勤王行動は, 医薬の, 卓の, 危険より, 去るの, 友情との, 反省と, 収入は, 取締りの, 叛意を, 口笛は, 叫喚に, 右手には, 同僚なりし, 同意は, 同類に, 名前は, 否定的な, 味方でなかった, 呼び声に, 命旗と, 品行の, 哲学上の, 商売とは, 善良な, 嗜好する, 囀りを, 四肢は, 固定資本の, 圓を, 圧制は, 地位と, 執念の, 報告から, 場合は, 境遇の, 墓場だった, 変化に, 多くにとっては, 夢を, 大きな石造り, 大帝国主義, 天分が, 夫婦関係は, 奉ずる皇統, 女房たちは, 好奇心を, 姉妹で, 姿かたちには, 威嚇は, 嫉妬は, 子供に, 存在の, 学識と, 宗教は, 官位の, 実に空しい, 客間的社会主義は, 家, 家中に, 家庭的習慣や, 家畜の, 容貌を, 宿舎は, 寝て, 対局は, 尊敬しない, 導くよう, 小テーブル, 小屋にとっては, 小説を, 居た地点, 屋根裏の, 崇拝する, 巣で, 左方に, 帝国の, 帰朝する, 平和な, 年齢では, 幻との, 庇うよう, 弓弦は, 強みは, 形状を, 役目だ, 後ろの, 後裔も, 得た利益, 御飯である, 心中に, 心安んぜず, 心意的印象の, 心理の, 心身に, 必要なる, 志の, 忠誠を, 思いと, 思ひつき, 思想を, 性向に, 怪我勝ちという, 恐怖の, 息子つまり, 悩みにも, 悪戯を, 悲鳴が, 情熱の, 意味では, 意見が, 愛が, 愛の, 愛相や, 感情の, 感覚的作物に対する, 慣れた営業, 憎悪心を, 憤慨と, 戦いであった, 戯は, 所得を, 所為と, 手も, 手段だった, 才能は, 技巧は, 抵抗を, 拳は, 持前, 挙動から, 捜索範囲内に, 掠奪侵入によって, 接待に, 擅権が, 支藩にとっては, 放縦は, 故郷と, 教えによって, 数が, 敵が, 文化現象の, 文学的活動は, 新しいと, 方こそ, 旅宿で, 日本医学者としての, 早い先駆感, 時代の, 智慧に, 暴挙を, 書物を, 最も憎みきらう, 有するところ, 服装なり, 期待する, 本名を, 本旨が, 本能的な, 杖を, 栄耀の, 根本的な, 案内によって, 楕円塊が, 極力な, 槍を, 権利では, 横柄な, 欠点彼らの, 歌が, 正しき心, 武器は, 死に, 死者を, 母親は, 民事制度及び, 気に入らんこと, 気取りと, 気質にも, 水中で, 決定の, 治世の, 注目を, 浅見と, 深く掘り下げ, 渦に, 滅種政策の, 漁場は, 濃厚な, 無思慮, 無為な, 無言の, 熱情は, 爪を, 父母妻子も, 牙は, 物音が, 犠牲に, 状態をも, 独立心は, 猜疑的な, 王公に対すると, 現実のみ, 理想で, 生きた歴史, 生命ある, 生存に, 生活から, 生活への, 生活圈内に, 生活様式が, 生活経験が, 生涯は, 生立ちが, 由来を, 留守を, 異なった魂, 疲労と, 瘠我慢で, 皆が, 盗癖は, 目彼らの, 目色には, 相談は, 真実性である, 眼から, 眼孔は, 瞑想の, 知る所, 知恵を, 石合戦の, 碧い, 社会内に, 祈りの, 神と, 神楽を, 祭壇の, 科学の, 移住が, 種族を, 空想の, 窮迫した, 立ち際に, 笑いに, 答えであった, 策略を, 粗野な, 精神生活に, 紛争の, 紳士的態度の, 経験から, 結束と, 絵は, 繁殖力は, 罪にのみ, 美しいといった, 美意識を, 群れには, 義理の, 習慣は, 考えかただ, 考える山, 耳には, 聚落の, 職務を, 職業人としての, 肚は, 胆を, 背後には, 胸裏に, 脚では, 脳中の, 腕や, 膝に, 自動車を, 自然的限界内に, 至大な悲しむべき, 舟行の, 色合いの, 芸術家らの, 若干を, 英雄詩的行為に対する, 荒れたる国, 落胆も, 薄赫, 虚弱や, 血液の, 行く手には, 行動について, 行状は, 街であった, 衣裳は, 表現せん, 裏を, 襲撃に, 要求は, 見た幻像, 見方よりも, 視線を, 親切な, 観物と, 言い分だけに, 言動の, 言論に, 記憶する, 訴える道, 評論を, 詰所と, 話術を, 認容しない, 誠意は, 説は, 誰も, 談笑の, 論文に, 講義を, 讃美が, 財貨を, 貨物に対する, 貼りついて, 資格なる, 起原が, 趣味を, 足もとの, 足許を, 路は, 踏んだ道, 身体に, 身分は, 軌道が, 軍規は, 辛苦や, 近親民族を, 迷信の, 退散を, 通じないところ, 逞ましい, 遊星が, 運命を, 道において, 道徳心が, 遥か行手の, 邪魔に, 部落には, 都合の, 重圧の, 金を, 銅の, 鑑賞が, 長たる者, 間だけの, 関係ここにおいて, 阿諛は, 陣羽織だ, 陰険な, 階級的芸術団体と, 隣人は, 集団は, 雨曝しに, 青少年時代の, 非常に, 靴先が, 領主から, 頭には, 頭痛の, 額に, 顔つきや, 願いは, 風貌に, 食卓の, 食物も, 首領が, 駿馬兩將を, 驚き, 骨髄に, 魂胆が

▼ 彼ら~ (1496, 8.9%)

12 それを 8 何を 6 これを, そこに, 自分の, 自分を 4 何か, 社会の, 私を

3 [17件] どこから, どこへ, はいって, より多く, 他の, 何者である, 出て, 如何に, 彼の, 彼らの, 手に, 最後に, 物を, 生活の, 目を, 私のけふ, 自然に

2 [54件] あらゆる可能性, あらゆる種類, お前を, かくの, この種, これに, これまで, そこから, その子供, それに, それの, そんなこと, どこで, どんなにし, やって来ると, やって来るの, われわれの, われわれを, フランスを, 一つの, 一様に, 今まで, 以前に, 僕らを, 口に, 口を, 同一の, 土地を, 好んで, 姿を, 学問は, 守護国司の, 完全なる, 帰って, 徂徠派の, 我々の, 普通の, 極度に, 殺生を, 求めて, 熟知し, 特別に, 生きて, 発見した, 知って, 立ち去るとき, 蕪村を, 諸国から, 貧乏である, 貧困なり, 身体を, 通るの, 通過した, 非常に

1 [1281件 抜粋] あえて穢れた, あくまでも強情, あの時, あまり若く, あらゆる封建的反動, あれほど, あんまり守袋, いう如く何, いかなる態度, いかにし, いかに予期, いかに彼ら, いかに無, いかに現在, いかに苦しき, いくらか金持ち, いたらわたし, いつも両手, いふだけの, いわゆる外来思想, うちまけ, えたでなくて, お化け鞄に, かえって心配, かかる現前, かつて内地, かもしだす雰囲気そのもの, くだらないこと, こうして働い, こう言う, このよう, この世に, この国, この宇宙移住, この島, この教会, この火星, この艱難, この言葉, この際従前通り豊富, これは, こんなこと, さきの, ざっと数えた, しばしば起る, しんみりした, すっかり搾りあげられ, すでに相当, すべて家人を, そういう一つ, そうした余罪全部, そこへ, そこを, そのつれあい, その下, その前, その地位, その家族, その専門的学識, その当時, その悪行, その推論, その晩, その有限, その梯子, その死体, その法則, その発育中, その真率, その職, その職業上, その貯蔵, その資本主義的, その霊感, それぞれその, それほど飢餓, そんなに振り返り始める, そんな面中, たとい実行, たびたび奏聞, だんだん世間, つぎつぎに, つけ上がって, どうかした, どのよう, どんなに強く, どんなに日光, どんなに貧しい, どんな状態, どんな陣容, なお自, なかなか腰, なしたよう, なしもしくは, はたして本当, はたして結婚, ひざまずいて, ひと晩じゅう夢に, ふたたび襲いかかっ, ほじくる動作, ほのかに, まこと, ますます淪落, また多量, また肉屋, まだ非人時代, みな親戚の, むしろ進歩, もし, もし他, もし正しい, もし生き残れ, もっとも愛し, もといかに, もと三昧聖の, もと内地発生, もと多く, もと数に, もと楽しい, ものの, もはや地上, もらしたという, やって来るよう, やっとその, ようやくぬけ出し, よどんだ沼, われ, エタ仲間に, クリストフに, コラント亭の, セミナリヨの, パッカア果物店前の, パンの, フトンを, ブレーメル山を, プロレタリヤに, ムホンする, ラーゼマンの, 一ばん好きな, 一世水平の, 一切の, 一向宗, 一年の, 一旦自分, 一興行する, 一般世人から, 一語発する, 不作を, 不当に, 不潔で, 与えて, 世話し, 両親に, 乞食である, 事実多少なりとも, 二つに, 二派に, 互いに押し沈めよう, 享受する, 京師に, 人の, 人一倍一門一族, 人間から, 人間として, 人間第, 今さまよっ, 今は, 今日とは, 今日の, 今求め, 仏教文化に対して, 仕事に対する, 他国人の, 他日, 企てつつ, 企むところ, 伸子の, 似て, 住居の, 何の, 作ってるもの, 使用する, 依然たる, 信じまいと, 停留所を, 働くの, 僕の, 優越を, 光り輝かして, 全然理解, 公然と, 共産主義者に, 再び群, 冬から, 処罰を, 出発する, 刀を, 初めに, 別の, 利用する, 到着した, 前払する, 劇場から, 劣等なりや, 勝手に, 北斎に, 十七世紀風の, 十二月八日を, 十分の, 千荊万棘を, 単に作業, 去ったあと, 去った時, 反動を, 取って, 受けた圧迫, 受けた苦しみ, 古墳の, 右に, 同じく, 同一名称, 同人雑誌などで, 吐きだして, 君の, 吾人の, 告訴を, 唾棄し, 喉に, 喜ぶの, 嗜好を, 四方から, 固有の, 国外に, 園丁僕婢等を, 在京中第, 坑夫用の, 境涯の, 売るべき高, 外国に, 夜営し, 大事に, 大建設, 大胆に, 天下の, 天才である, 太甚だ, 失う所, 奪った奴隷, 奴隷から, 始から, 姫氏の, 娼婦を, 嬉戯する, 学術語で, 定住した, 実感する, 家に, 家庭の, 容易に, 密集し, 富裕なる, 尊氏の, 小さな主人公, 小麦に対して, 少年の, 山という, 山の手の, 工場へ, 市街の, 希望する, 帰る時, 常事, 平地の, 幾月も, 座から, 廊下に, 弁護しよう, 引受ける事件, 強かった, 当時は, 当時解放された, 彼ら自身の, 征服した, 後進部落と, 得るよりも, 得体の, 微々たる人物, 心底では, 忍び出でた, 忘れたと, 性慾を, 恋愛の, 悟ること, 悪知恵を, 想像せる, 愛するところ, 感じてる証拠, 感覚派なる, 懐中物を, 我々よりも, 戦場における, 戯れの, 手がけたと, 手も, 打ち勝ったの, 扶持離れした, 抜剣し, 拉し去ったという, 拾い取り, 振出し私, 探討講索, 搬出し, 支払いを, 支配し得る, 支配者として, 攻撃し, 政権の, 故国に, 救われないまま, 散処, 敵対せぬ, 文学を, 断末魔の, 新教の, 旅行の, 既に指図, 日本に, 日本人に, 日本各地に, 旧教的信仰を, 昔ながらに, 昼間くる, 暴政を, 最もふたりきり, 最も感動, 最も適切, 望んで, 朝夕その, 期待した, 本当に立ち去る, 本来この, 本来普通民と, 本来職業上から, 来るか, 来ると, 東寺の, 根柢ある, 極めてわずかの, 楽園の, 橋の, 欠乏及び, 次郎が, 歌わなかったの, 正直でない, 武芸の, 歸つたあとその, 死んでも, 死者に対して, 残して, 母国へ, 比例的に, 毛嫌いされた, 気にいるよう, 水上を, 永くエタ, 求めるもの, 江河の, 決してことに疎外排斥, 法則と, 法学部に, 泥足であった, 浜から, 浮浪散, 海辺の, 混乱に, 温順であった, 漂う時運, 火星人でなく, 無理なる, 熱愛した, 特に他, 特に甚だしく, 狂喜し, 狩猟や, 猟を, 現に消費, 現世界, 甚しく, 生きようと, 生れおちるとき, 生活した, 生産物の, 用ゐる, 甲板に, 申し分以外の, 疎外排斥せられる, 百姓町人の, 盗みだした金箱, 目的を, 相当の, 真面目に, 眼前に, 知性の, 砂利場と, 研究会や, 確立した, 社会生存上には, 祇園祭の, 祖先から, 私の, 称するところ, 穢物に, 立ち去ったと, 立ち止まった, 立去る時, 笑ったの, 答えると, 糸子の, 結婚し, 結婚の, 絶えず曝され, 罪名を, 美しと, 義を, 考えたこと, 聞いたこと, 肥後守と, 胸に, 腹だつの, 自ら反省し, 自ら非人なる, 自分で, 自国に, 自慢誇張してる, 自白を, 興奮すれ, 舟を, 若いの, 若し自己, 荒廃的戦争を, 蒙る一切, 薬を, 蝦夷と, 蝦夷族では, 蟆人すなわち, 血まみれの, 行動に, 衰弱しきった, 被害者を, 見かけなかったよう, 見て, 規定した, 触れ得る人類, 言うには, 言ったり, 訴えるところ, 認めた一個, 諸君を, 谷間に, 貧民の, 貯蓄し, 費用の, 超自然, 路用の, 身を, 辿ったあの, 迷い苦しみ願望, 追放令を, 逃げ去ったとき, 逆らえば, 途中から, 通例の, 進んで, 道徳的に, 遭遇した, 部落の, 醜悪で, 金切声を, 釘を, 鈍感で, 鎖から, 鑑賞において, 長火鉢の, 門口を, 関係した, 陣中でも, 陰湿な, 集めた証言, 雑器でなかったら, 零落の, 非人と, 面白い, 題せる, 食う全部, 食物が, 馬術に, 駐る, 驚いたこと, 骨冷かに, 魚に

▼ 彼ら~ (981, 5.8%)

60 して 6 自分の 5 待って, 相手に, 見て, 見ると 4 ながめて, 愛すること, 疎外する, 駆って

3 [11件] 区別する, 忘れた, 恐れて, 愛した, 愛して, 憎んで, 救おうと, 款待し, 殺すこと, 見た, 説得し

2 [40件] ながめた, なだめて, 一団の, 保護し, 制御する, 助けて, 助けに, 呼ぶに, 大きな世界, 失ったら永き, 守護する, 導いて, 幸福に, 待ち受けて, 恐れては, 捨てて, 搾取する, 支配する, 救いに, 救いの, 教化せん, 理解し, 目し, 眺めた, 眼下に, 知って, 終りまで, 結合する, 美の, 蔑視し, 見つめて, 見るが, 見るの, 見守って, 解放し, 説き伏せて, 赦すであろう, 赦せ, 邪魔者とは, 集めて

1 [766件 抜粋] あっと, あの戸口, あまりしっかり締めすぎる, あまり見せつけ, ある程度自分, いきり立たせたの, いたわって, いつくしむ, いつくしんだの, いらだたせた, いらだたせたか, うしろへ, うらやみは, おいて, おおいひとり, おそい暴威, おびやかした, おぼえて, お嫌い, かくまい潜伏, かく賞賛, かこむ感情, かまわなくなっただけ, からかって, きらって, きりきり舞いさせ, ことごとく隣人, このみじめ, この境遇, この惡名, この食糧獲得, こわがらせると, さそいこむの, しきゅうひきかえらせるつもりだった, しのびまた, しめつける, すぐ面倒, そのままに, その家, その猟場, その集合的関係, たのしませるの, だんだん陸上, つかって, つけ上がらせるの, つるして, ともに生まれ変わらせ, とりなすどころか, どこへ, どこまでも, なすだろう, なだめた, ねぎらい大勢, のせた十, ののしり始めた, のらくら仲間, はじめて見た, はなはだしく排斥, ひっ捕えた, ひとたまり, ひどく賤, びっくりさせる, ほとんど見なかった, また追い出す, むかえた, もって, ものすごい渓谷, よく仕事, よく知ってる, われらに, われわれの, インドの, エタの, カラスと, キッと, フィジオクラットと, ヤケに, 一歩ぬきん, 一網打尽に, 下役の, 不可避的に, 不当に, 丸のみに, 乗せおわると, 乱臣賊子と, 予の, 事実上の, 二人ぎりに, 二千年の, 互いに近づける, 亡ぼすこと, 人類の, 今から, 仏法の, 他人と, 何かと, 作り出した社会, 侮って, 侮辱する, 保護するであろう, 信じて, 信用しない, 信長に, 健康に, 傳へたり, 働かせること, 優待し, 優遇する, 先に, 免職する, 全く威圧, 全滅させよう, 共通な, 兵馬の, 内部や, 再び愛し得る, 再び野, 冥々の, 凌駕し, 凡人視する, 出迎える者, 分散せしめよう, 利用し, 制し, 刺戟した, 助けたくて, 励まし同時に, 動かした, 動かして, 包んで, 区別すべき, 区別せぬ, 区別せん, 単なる必要品, 占有しよう, 即刻陣地へ, 厄介払い, 原っぱじゅうひっぱりまわす, 去らしめよ, 取り巻いて, 取り巻く腐敗, 取り扱って, 取扱うに, 受取り社会, 叱る声, 各種の, 同所に, 君の, 呶鳴りつけた, 呼びとめた, 呼んだの, 呼んで, 啓発し, 喜こ, 喜ばせたの, 喜ばせる事, 嘲笑って, 囲んで, 国で, 圧し潰して, 圧倒し, 圧迫した, 圧迫し始めた, 地方へ, 堪らぬと, 外道視し, 大きな窮乏, 奥へ, 奨励し, 威嚇し, 娼家へ, 嫌悪し, 嬲れ急, 守った, 守りかくまった, 守りながら, 守る自然, 守る魔力, 安心させる, 安楽に, 宦官と, 害しも, 害する者, 家から, 寂しくせず, 寺の, 射殺した, 尊敬さえ, 導いたか, 導かねば, 導きそして, 導く仏教, 導く特権, 少しも, 少し助け, 山神の, 工場内に, 幸に, 幸福なる, 床に, 庭へ, 弁別するあたわざる, 弁護し, 引きずって, 引き止めない, 引き止めようと, 引渡した, 引見した, 当てに, 彼は, 彼ら以上の, 征服し, 待ち設けたもの, 待つて, 待つ苛酷, 待遇する, 後に殘, 御せし, 復帰せしめるであろう, 忌むの念, 快よく, 念頭においては, 怒らせ刺戟, 怒濤, 怖れ, 思い立たせずには, 思うたび, 思へ戰勝, 恨みは, 悩ます政府, 悪く思っ, 悲憤さした, 悼ましく思わず, 想像し, 愉快でなく暮させ, 愛したという, 愛した自分, 愛します, 愛し続けたかったと, 愛す, 愛するから, 愛する人々, 愛せられなかった, 感動せしめ, 感嘆せしめた, 慰めたから, 慰めよ, 憎むばかりじゃ, 憐れまずに, 憐んで, 懐柔し, 我々の, 戦かせ狂気, 手玉に, 打ちとりぬ, 打つため, 打てという, 抑制し得ない, 抑制する, 抱きこみ内応, 抱擁した, 押しつけてる群集, 押しもどそうと, 招いて, 招き寄せる囮, 指さして, 振るい立たせつき進め解放, 捕えようと, 捜し出し彼ら, 捜し彼ら, 捨てたこと, 捨てたの, 捨て置いて, 探し出しこの, 描くにあたって, 援助した, 援護した, 撃つか, 撫育し, 撲りとばすより, 擾す, 支持する, 改善救済する, 攻撃する, 放任し, 放免した, 放逐しない, 救い出した, 救い得るという, 救うか, 救うもの, 救済しよう, 救済せん, 教育する, 散々に, 散歩に, 数珠つなぎに, 断頭台へまで, 新白丁, 日本民族に, 暴民と, 暴虐な, 最も害し, 有頂天に, 根こぎに, 極めて快く, 模範と, 欲しなかった, 欺くが, 欺こうと, 歓迎する, 正しき人, 正業に, 死ぬべきとき, 殺したの, 殺した者, 殺し又, 殺すよう, 殺す意志, 殺そうとは, 気にかけては, 水夫らと共に, 水軍の, 治めたるサルペードーン, 洗って, 満州の, 満足させる, 滅亡へ, 激励し, 無個性, 焼き殺して, 煙に, 煽動し, 熱く抱擁, 片寄せる, 特別に, 犠牲と, 犠牲台に, 狂暴に, 狙うだろうな, 率いて, 率いるに, 率直に, 理解した, 理解し得る, 理解は, 甚だしく賤しん, 生きながらえさせて, 生き返らせたの, 生める我妻, 生んだ母, 用いる一計, 疎外せしめる, 疑って, 疑っては, 登山家に, 皆一様に, 皆満たし, 皆追い払っ, 監視し, 目ざめしめただけの, 直接保護する, 真向に, 真実により, 眺めて, 睨まえた, 知ってたの, 知ってる者, 知る前, 矯正する, 祝福し, 神に, 私の, 私は, 穢多, 突き伏せて, 立たすアイアース, 笑わせた, 純粋に, 結びつけて, 結びつけるなんら, 結ぶ紐帯, 結合さしてる, 統御する, 統率する, 継承し, 総括する, 縮み上がらした, 繁殖せしめた, 置くべきかを, 置去りに, 罰せんか, 美しくする, 職業婦人たらしめね, 育て導いて, 背に, 脆くさせ, 脱走へ, 自分らと, 自滅に, 船島からは, 艇内に, 苦しませるため, 苦しめたの, 苦しめる財力, 英雄たらしめた, 蘇生させた, 衛って, 裏切って, 襲うこと, 襲う危険, 西人と, 要したの, 見かけでも, 見かけること, 見たこと, 見ただけ, 見ないでも, 見なかった, 見るを, 見下していう, 見廻したが, 見習う多く, 覘って, 親切に, 解放さすべき, 訊問する, 討つ所存, 訪ねた, 訪れて, 診察する, 誅伐し, 認めたの, 誘って, 説かば, 説きつける方法, 説き伏せまっすぐ, 説得する, 説破する, 諭さんと, 諭したり, 識らず, 護りたまえ, 護る限り, 讒したという, 責むべきものは, 責むるのやむなきに至った, 賤むの, 賤視侮蔑し, 蹂躪する, 車下に, 軍隊なり, 軽蔑し, 軽蔑する, 迎いに, 迎えた, 迎えるため, 迎える大仰, 追いかけ廻した, 追いこした, 追うの, 追っかけて, 追ッ, 追放すべきである, 退出させる, 送りし船, 逆上させ, 通さした, 連れ込んで, 逮捕すれ, 遇すること, 運んで, 遠い空間, 酒の, 酔わした, 釣って, 釣ろうと, 閉塞すれ, 闇へ, 除いては, 陥れました, 集め住ましめたの, 雇傭し, 離すこと, 雪の, 面白がらせ, 頭の, 顛倒させた, 養い得なくなるであろうと, 養う慈善, 養って, 餓死させる, 馬鹿に, 馭そうと, 駆らずには, 駆りて, 驚かした事, 驚かして, 驚かせしなり, 高め導き精神的法悦

▼ 彼ら~ (756, 4.5%)

11 向かって 9 して, 向って 6 言って 5 いった, 取って, 言った 4 すれば, 代って, 向ひ 3 よれば, 与えて, 労働を, 取っては, 教えたの, 教えること, 自分の

2 [47件] あって, あっては, その誤り, なんらの, やって, 与えた, 与えられて, 与えるであろう, 何か, 何の, 何を, 便らずして, 光を, 共通な, 加わった, 同情する, 多少の, 姿を, 安心を, 完全に, 宣んし曰, 対抗する, 影響を, 感謝する, 挨拶し, 接して, 接近し, 教えて, 敵意を, 構って, 注意を, 用が, 穏やかな, 続いて, 美を, 自由を, 言わすれば, 訊いた, 許された無造作, 詰問した, 課せられた道, 豊かな, 負うところ, 近づいて, 道を, 適当な, 食を

1 [579件 抜粋] あいそを, あたえずには, あたえて, あてがわれた狭い, ありがち, ありと, あります, あること, あれよ, いくぶん, いひつけた, いろいろ質問, いわせれば, うち勝ち本望と, お下げ渡し遊ばさるる, お諮り, かぎらずすべて幕間, かくれて, かなり寛大, からだを, きわめてわずかに, くらべて, くり返し見せ, このよう, この奴隷的条件, この幻覚, この運命, これでもかという, さから, させた組合, したたか酒くらわせ, しても, してやった, そうやすやすと, そっくり似寄っ, その嗜好物, その地平線, その思い, その掠奪, その支払った, その機会, その義務, それらドイツの, それを, それ以上の, そんなこと, そんな力, そんな巧妙, ただ分配し, たとい華族様, ちょうどいい, つかみかからないだろうという, つきまとう重い, つきまとって, できるもの, とても従順, とらえられた浜路殿, とりて, とり大きな, どうしてそれ, どうしてみずから批判, どれほどの, どんないい, ないという, ながらえて, なきもの, なんの, なんら罪, はいって, はかった, はなした, ひきつけられて, ふさわしい自負心, ほったらかされたの, ほとんど重要, ほんとに人間, まかせて, みえる, みとめられて, むかって, もし自分, もし西行, もたらしたという, ものの, よい死場所, よき仕事, よく見せ, わかるよう, わかろうはず, わりつけられて, イリュージョンを, シテやられない, マルクス一家の, 一カートンあたり五百円の, 一寸の, 一度も, 一度手紙を, 一時的援助を, 一流の, 一縷の, 一般利潤を, 一言も, 一読たちまち, 一顧の, 三〇〇磅を, 不平言い, 不必要, 不満である, 不足し, 与えたに, 与えたので, 与えなかった, 与えようと, 与えられたる運命, 与えられた今, 与えられるところ, 与えること, 与えるもの, 与え健全, 世界に, 乏しい生活資料, 乱打され, 事を, 些し, 人間的自覚の, 仇返しを, 仏性が, 仕事を, 他との, 仙語を, 任して, 会いに, 会いました, 会うこと, 会うと, 会ったが, 会って, 会釈する, 会釈を, 似て, 体を, 何は, 何も, 何らかの方向, 何らかの計, 何十倍何百倍する, 作品を, 供せしそ, 供給する, 依って, 侵略され, 保護色を, 信用が, 信頼し, 優しい言葉, 優れて, 充分な, 先だって夏の, 先行する, 免れがたい, 全く不十分, 共通し, 共鳴し, 兵を, 内在する, 出して, 出会いまた, 出会うこと, 出会ったので, 出会って, 出合う場合, 出逢ったという, 分ろうはず, 分配し, 切に乞, 利用される, 利益を, 前科者比較的, 加えた侮辱, 加わり社会, 劣らない或いは, 劣らぬ精神錯乱, 劣らぬ精神錯亂, 励まされながら, 勘定を, 勝って, 勝手な, 包囲され, 包囲された, 十二分の自信が, 卑小な, 単に, 危害迫るらし, 厄介を, 反して, 反問せず, 反対した, 反抗した, 取っても, 取り次ぐこと, 受け取られるの, 口を, 叫んだ, 召集令が, 可能ならしめた, 合流の, 同じ動作, 同情した, 同感も, 向いゆるやか, 向かい間接, 向けた, 向っては, 向へ, 吹き込んで, 告ぐるに, 告げさせた, 告げて, 告げよ今, 命じて, 命じ将軍様, 命名した, 和し, 器を, 圧倒された, 圧迫を, 声援した, 多くの, 多大の, 大きな影響, 大事決行を, 天上の, 好意と, 好都合を, 委任された, 嫁し, 孤島生活の, 宛て彼ら, 害を, 寄する, 対して, 対抗すべく, 将来の, 尋問したい, 就いては, 就て, 尾が, 巡視を, 希望する, 帽子を, 平安を, 年利五分を, 幸福か, 引きつけられて, 引きとめられた, 引き合わせて, 引渡されたの, 強要した, 当然な, 後れるもの, 復讐を, 徳義上の, 必然的に, 必要以上の, 忘れさせは, 応ぜしめる電報, 思いを, 思い出さしたり, 思わせただろうという, 思われた媒介物, 恨まずだれ, 恵む者, 悩まされて, 悪口を, 悪罵の, 悪習慣, 愛を, 感じさせなかったの, 感じさせること, 感謝し, 感謝を, 懐しさ, 戸田老人は, 手きびしく, 手は, 手仕事を, 手渡ししない, 打ちあけること, 抱かせること, 抱く不満, 抱く私, 拳を, 挑まれた為, 捕えられぬよう, 授けたり, 接しただけ, 接し来ること, 接するに, 損失を, 擬して, 支払って, 敗北する, 教えたと, 教えを, 教え込もうとは, 教育が, 敬意を, 敵すべくも, 敵を, 敵対する, 文化が, 文化を, 文才が, 断たれると, 新たな, 方向を, 施したもの, 旅人愛護の, 日本の, 時代の, 最も非難, 有せしめたい, 有島武郎芥川太宰さん等を, 服を, 朝家の, 期待できない, 楯つい, 極楽往生の, 欠けてるの, 死体を, 残ってる性格, 殘された, 比して, 比べられては, 比べると, 気づかなかったの, 気づかれぬよう, 気を, 水を, 永く仰がれ, 求められた, 波瀾が, 泣かされて, 注がれるに, 注意し, 海外への, 深い愛, 深い敬意, 渡した, 渡す十万円, 火薬も, 無償で, 爾の, 物資を, 特殊な, 特殊なる, 献げて, 現われたとしても, 理解させよう, 理解しうる, 理解し得ない, 生をも, 生活の, 生活資料を, 申しますの, 異存の, 発し彼ら, 発作を, 百二十フラン借り, 皮田の, 目だたぬよう, 眉を, 真実の, 真実を, 真面目な, 眠りあれ, 着せる事, 知らさないよう, 知らしめて, 知らせなければ, 知らせようと, 知らせるよう, 知られて, 確かな, 示した書面, 示すまいと, 礼を, 祈りました, 祖国への, 神への, 空気と, 窘めら, 笑って, 答える代り, 答える隙, 紛れ込まれては, 結びつける共通, 結び交, 給与する, 続くであろうが, 罪を, 罪悪をも, 美しいもの, 美しき器, 美の, 美への, 耳を, 聞かせること, 聞かるべし, 肩書や, 自然な, 自覚反省の, 興を, 良きフォーム, 芸術家的本能を, 苦しさ, 苦痛を, 虚無の, 衣服を, 裏切られた, 襲来した, 見えて, 見せた, 見せたところ, 見せて, 見られる熱病, 規定され, 親しい何物, 解らぬながら, 触れたい話したい働きかけたい, 言い聞かせて, 言うつもり, 言ったと, 言わせると, 言葉を, 許された極めて, 許しがたく, 話して, 誇りを, 誨えて, 説き促, 説明し, 課しつ自ら, 課せられたこの, 課せられた不幸, 調子を, 調法がられ, 譲り野外防禦, 譲吉は, 護衛を, 豊富な, 負かされる訳, 負けては, 負けまいと, 貧しい人々, 責めら, 責任を, 貯蓄心が, 貸し渡しあまつさえ, 起させるよう, 跟い, 身の上を, 身を, 身体を, 近づいた心地, 近づき彼ら, 近づくを, 近づく人, 近よった, 返されるの, 返し業, 返すこと, 迫り來, 追いつめられたらなん, 退屈させ, 逢はむ, 運ばれて, 運ぶ而, 酬いる所以, 酬うたことは, 重要な, 金袋を, 鉄拳制裁の, 銃火を, 鋲締めした, 長く侮られ, 長く見回してる, 降伏を, 陳じ, 随喜の, 集る平信徒, 非ずして, 非難する, 音楽を, 預けた, 頼んで, 願うこと, 馴れて, 駱駝を, 鼓吹したる

▼ 彼らには~ (198, 1.2%)

3 なんらの, 必要だった 2 それが, それらの, 並ならぬ, 他人であった, 彼の, 思われた, 欠けて, 無関係である

1 [176件] ある程度まで, いつも必要, いわゆる女人済度, おかしく思われた, けっしてそんな, このうえスコットランド, この美しい, この静か, これらの, これを, しばしば幻滅, すこしも反映, そのこと, そのよう, その人, その将棋, その庭, その成り上がり, その手段, その疑い, その音楽, それぞれ頭が, それだけで, それで, それの, それを, とにかくそういう, どうもこの, どちらが, ない, ないの, なかなかやれ, なく先ず, なつかしく思えた, なにが, ひどく珍, ほとんど不可能, ほとんど賞与, またそれ, また充分, また意外, また特有, まるでわからなかった, まるで無縁, みなそれぞれに, むしろ醜悪, もう一つ, もったいないその, もと生活上, もの珍しくて, やっぱり主人, やはりこの, よく似てる, わからなかったし, わからぬ, スポーツも, ボル派の, 一切の, 一切反省が, 一切敬語が, 一向効能, 三年も, 不思議に, 不愉快だった, 与えられた権力, 二人の, 互を, 仏教の, 他人を, 他国人と, 伝統は, 伝説や, 何ひとつ出来は, 何よりも, 何らの, 何を, 何物よりも, 信念も, 光が, 共通であった, 区別は, 十分だった, 十分です, 午後から, 名前も, 善である, 嚏でも, 四五歳に, 因習が, 多くの, 妙な, 子が, 安来節ひとつ満足に, 定まる家, 尊敬に, 少しも, 帝王の, 帰して, 帰る必要, 平易な, 幼年時代も, 幾世紀も, 必然的な, 快楽な, 思われたに, 思われる古い, 性に, 悩ませられますよ, 想像が, 憎むべき性質, 拘束が, 捨てて, 損失の, 既に偶像, 日常の, 明かに, 是非とも, 景色を, 本能的に, 来ないの, 楽園が, 標準であろう, 欠点の, 歴史的の, 比較的影響, 水さえ, 滑稽に, 滝は, 無為怠慢の, 無論考え得られなかった, 片隅の, 現世は, 現世を, 理解でき, 甚大な, 生命以外の, 田畑という, 男性的の, 破壊的戦争が, 秘書どもが, 稚拙美が, 積極的が, 立ち止まって, 経済上における, 考へられないこと, 聴衆が, 胸甲騎兵の, 膚を, 自分の, 自分らの, 自分ら兄妹でなく, 自覚が, 表現の, 見覚えが, 訓練が, 誇るべき何もの, 誤った行い, 財が, 貧乏である, 軍法を, 退職手当という, 通例は, 運動場は, 運命が, 遠いもの, 遺憾ながら, 都会や, 酒も, 金輪際わかりっこない, 鉄砲が, 鑑賞と, 陣中に, 階級が, 非常に, 面会人も, 面白かった

▼ 彼ら~ (195, 1.2%)

3 それを 2 この愛すべき, またその, われわれと, 一様に, 彼らの, 知って, 若いの

1 [178件] あくまで生き抜こう, あるいは忍ん, あわては, いっしょに, いて, いまや逆上気味, かつては, きっと見ぬ, このお, この噴行艇, こんどは, すっかりそちら, ずいぶん里近く, そう無茶, その職, その跡, その鎮撫, それらを, ただの, だろうが, だんだん日本化, ちょうど君, ちょっと首, ちらりと見た, どうやらそうした, なおよく, なかなか狡猾, なかなか頭, にわかに飛びつい, のけぞるばかり, はじめは, ほとんど身ひとつ, また, またあの, またいっしょ, またおいおい, またかかる, またこの, またごく, またせめて, またはらわた, またヘクトー, また人間, また仏陀, また倒れなく, また古代, また同, また同じ, また君, また国民, また夜泣き, また宿場全盛, また常識的, また彼, また彼女, また悲しい, また意識, また我々以上, また是, また父祖伝来, また物陰, また率直, また神様, また科学者, また移っ, また自分自身, また農民, また遊女屋, みな英雄とは, もう帰っ, もちろん無人, もとは, もはや自分自身, やはり唱門, やはり夷, やはり家, やはり火星人, やはり現状, やや狼狽, よき世, アルネ・ボルグの, タツノオトシゴの, ファッシズムであり, ホルトガル人同様の, 一斉に, 一時に, 一生涯その, 一齊に, 不正直には, 五十年後の, 亦だら, 人間の, 今は, 仕方なし, 他人と, 以前は, 休んで, 何人の, 僕から, 先頭に, 全国なみにしか, 共に惰気, 力行実践で, 勢揃ひし, 同じよう, 呼び子で, 喧嘩を, 夜を, 女郎買いを, 完全に, 寝耳に, 専門的に, 少し酒, 帝座の, 平民の, 幽霊が, 強いてきかざりし, 彼の, 彼も, 彼らが, 彼女らも, 彼女を, 後に, 心に, 忠直卿の, 思いだしたから, 怪人の, 恐ろしい運命, 息を, 感染し, 支配者の, 改めてわが身, 放免された, 日の, 時としては, 時代の, 普通人と, 村に, 東西二列と, 根負けが, 案じて, 次第に工夫, 次第に意味, 正しいもの, 武士だ, 死物狂ひ, 気まりが, 沈酔し, 無下に, 煙草入れを, 獰猛の, 生きんが, 男が, 疲れきって, 疲れて, 的確に, 眩惑せられる, 眼光る, 知らないの, 知らなかったであろう, 破滅に, 私の, 美しいと, 考えさせられたの, 聖人の, 胆に, 自分たちの, 自分と, 自分達の, 花の, 茶を, 行かせせいぜい, 赤く照, 返事は, 遂いに, 閉口した, 電話か, 騎馬の

▼ 彼ら~ (194, 1.2%)

8 同様に 7 同じよう 6 いえども, いっしょに, 一緒に 4 話を 2 交わって, 共通な, 別れを, 別れ他に, 反対の, 行動を, 顔を

1 [143件] いえ前夜, いっしょでは, おちあった, おなじよう, がみがみいい合い, きたら結構, きては, こうしていっしょ, ことばを, して, すれば, そして彼ら, つながる何, ふざけて, まったく違った, めったに会わなかった, わかちもちたくは, わたし達との, イギリス兵との, オタツと, リュクサンブールの, 一しょに, 一度いさかい, 一応商議, 並んで, 争おうという, 事を, 互角に, 交あっ, 交り, 交友を, 交換した, 交渉が, 交際してる, 交際の, 付き合うの, 伍を, 会わないこと, 何の, 併合した, 俺とは, 共に行く, 共に進み, 共鳴する, 別れてから, 区別すべく, 友誼を, 友達附き合い, 同じく, 同じく今, 同じく宿, 同じく少しも, 同じく病的, 同じコース, 同じ信仰, 同じ宿, 同じ役務, 同じ流れ, 同じ程度, 同じ能力, 同じ血, 同じ血統, 同じ趣味, 同じ速度, 同一の, 同一コースを, 同意と, 同様な, 同様の, 同程度, 同視される, 同説, 名古屋から, 向い合って, 和睦を, 地位を, 売笑婦との, 大喧嘩, 大多数, 大衆との, 子守との, 学校の, 富強を, 対抗し, 対抗する, 山神との, 常に馴染ん, 床を, 彼との, 思を, 恐竜の, 懇意な, 我々の, 戦うこと, 戦うとき, 戦う権利, 手を, 折衝を, 接見した, 接触し, 握手する, 握手を, 文通する, 時を, 暮して, 校長との, 橇の, 次郎との, 歎き, 比較する, 浮世の, 異る, 異邦人とに, 知り合いに, 知り合って, 私との, 立廻りながら, 絶縁し, 肩を, 肱を, 膝を, 自分との, 自分とは, 自分も, 芸人の, 街路とを, 規則立った交通, 親しくすれ, 親密に, 話してるの, 語ること, 警官との, 足利とは, 農民との, 連れ立ちやはり, 連れ立った二人, 遊び暮した, 道づれを, 関係ある, 隔差の, 雖も, 非常に, 顔が

▼ 彼ら自身~ (149, 0.9%)

3 の利益, の生活 2 がその, の喜び, の思想, またその

1 [135件] から直接教え, がそう, がどんなに, がまず, が一, が互いに, が国民, が地主, が天孫, が武力, が消費, が百姓, が知っ, が立派, が結合, が言っ, が金, が飢える, すら知らない, だと, でありそして, であれば, でも見分け, でわれわれ, で保とう, としては侍, と彼ら, なの, において自ら発奮興起, にとってもむしろ, には責任, にほかならない, にもいたずら, にもはっきり, に帰した, に於きまし, に自治, に負わし, に集団的観念, の, のための, のもの, の仲間, の個人的利害, の儀礼, の前提, の剣, の力, の努力, の労働, の原理, の口, の問題, の国, の場合, の妻子, の子供, の定義, の実質上, の工夫力, の幸福, の当世風, の得た, の思索, の悟り, の悲しみ, の愛, の感じ方, の手, の方, の映画, の注意, の流儀, の消費, の犠牲, の理由, の生命, の生活上, の生活方法, の眼, の知恵, の祖先, の精神開展, の経験, の罪, の習慣, の自然人, の自覚反省, の被害, の語, の身, の進路, の運命, の過去, の間, の食料, はこれ, はふっと, は一体どう, は何と, は小さく, は徳義上, は無知, は生存, また少く, また朝鮮関係, また立っ, もいまさら, もなん, もまた, もパン, もユーゴー, も不覚, も嗣二, も夜なか, も好く, も彼女, も故意, も時々, も気づかない, も決して, や両親, をさぞ, をである, をのみ表現, を彼ら, を焼く, を生存, を置いた, を見いだした, を認めた, 即ち社会不調和, 及び国家, 実はシュク, 絶えず不安

▼ 彼らから~ (90, 0.5%)

3 見れば 2 悪を, 離れて

1 [83件] あまりよくは, あやされて, いうと, いくらか愛し, いっそう多く, いろいろの, いわせると, かくして, きっとひどい, すらりと, その処分, その労賃, その勇敢, その反逆, そんな自覚, では, なぐられるまま, 一篇の, 事情は, 云うと, 余儀なくされた, 侮辱と, 俺は, 別れて, 剥ぎ取って, 剥奪し, 剥奪する, 区別する, 受けた屈辱, 受ける注文, 多くの, 大へん, 大事に, 奪い取って, 奪って, 幾分の, 彼らの, 恩を, 憐れまれて, 抽き出し得る, 排斥せられた, 摘発され, 故障を, 教えを, 教わりました, 数列先の, 断然冷ややか, 旗を, 来れば, 民窯への, 理解せられた, 用を, 目を, 直接に, 知られて, 知られないま, 示される感情, 絶えずもっとも強力, 罪悪の, 聞いて, 聞くだけを, 聴き出した知識, 自分の, 自由と, 蠅の, 見た世, 見て, 見ると, 言われて, 買い取った四枚, 買うた一疋, 買うもの, 賤視された, 逃げ頭, 遁れられない, 邪魔されつきまとわれいらだたせられ, 間断なし, 隔離された, 離れた, 離れなかった, 面白がって, 高利を, 鼓吹された

▼ 彼らにとっては~ (86, 0.5%)

5 それは 2 音楽は

1 [79件] いかなる物, いっそう苦痛, いよいよ十字架, かかる論理的, ここは, この流行, この行列, これほど, これも, さながら夢幻, すべての, すべては, すべて東方な, そうであり, そのほう, それが, ただの, ただ定義, なんでも, まだ初め, まったく致し方, むしろ事は, もう生きない, もはや善, よいもの, われわれの, インドに, フランスは, 一片の, 人生は, 人間という, 人間の, 何らかの特異, 作品の, 侵略戦争史という, 保護者であっ, 信じられない奇蹟, 信長は, 単なる権力, 右の, 味方の, 問題と, 四度目の, 国粋運動な, 大多数, 大金だった, 失恋し, 子供の, 学問そのものは, 宿命であっ, 市門から, 彼が, 彼は, 成り上がる一方法, 教理などは, 数々の, 文体という, 正邪善悪は, 死の, 現前の, 現実である, 理想は, 登山者の, 真の, 神たる, 稼ぎの, 第一, 纐纈城主と, 自分の, 自然の, 致命的な, 芸術は, 親愛な, 道楽すなわち, 重要な, 鉄砲とは, 響きの, 風馬牛であった, 鶯の

▼ 彼らにとって~ (83, 0.5%)

4 一つの 2 無上の, 至上の

1 [75件] ことに, この特権, その二俵, その熱意, その現実, それからあと, それは, それより, ちっとも腹, ともかくも, なんとなく心, まことに幸福, 一たんの, 一の, 一大打撃であった, 一週一クロウネは, 不利な, 世界の, 人間同士の, 人間族は, 伝統的国家精神の, 何であろう, 何にも, 何の, 作家としての, 信長こそ, 偶像は, 全く意外, 内輪の, 別に, 利益多き, 否定は, 唯一の, 基本的な, 堪え得ないもの, 天皇は, 実に奇跡, 家畜の, 常に新しい, 幸いであった, 幽霊の, 彼女は, 快く思われた, 恐ろしい, 愛の, 新しいの, 日本は, 最も適当, 最も高尚, 有利な, 有害なる, 朝は, 朝飯前の, 棟上げと, 民衆に, 狭くて, 現代日本語は, 現実である, 生の, 生命よりも, 異教徒である, 眼新しい, 絶対だった, 美は, 致命的打撃である, 船上の, 苛烈であった, 解脱の, 言葉という, 誠に楽しい, 路は, 重要な, 非常な, 非常なる, 黄色な

▼ 彼ら二人~ (68, 0.4%)

2 のもの, の中, はそこ, はその

1 [60件] がどこ, が出発, が始めたる, が情人同志, が永久, が郊外, が酔っぱらいども, で同じ, とを心, とを比較, と別れた, にその, にとっていかにも, にとれ, になお, にはそれ, には毎日苦悩, に会おう, に非常, のため, のほう, の光榮, の到着, の前, の幸福, の心, の恋人, の恋愛生活, の果実, の様子, の準備行動, の父, の近況, の運命, の部下, の酔態, の間, はまもなく, はもし, は先, は兵車, は安心, は実に, は彼, は数か月以前, は気が付かないらしい, は自分, もいよいよ, もひとりでに, より以外, をも混乱, を主君, を接合, を気の毒, を組み合わせた, を美男美女, を苦しめてる, を襲った, を見, を親方

▼ 彼らにも~ (34, 0.2%)

1 [34件] あって, お辞儀を, この悦楽, すぐ想像, はじめて事態, はっきりわかっ, やっぱりぐうたら, やらせること, ようやくチャンス, わかって, わからなかったろうが, われらにも, 不似合い, 与えて, 仄かな, 仕事への, 伝わって, 何らかの衝動, 出して, 及ぼすの, 同情すべき, 心中で, 批判は, 持たせなければ, 本来の, 武器を, 相当の, 神様の, 私の, 聞こえるほどの, 親しいもの, 近頃の, 送り届けられ彼ら, 通力が

▼ 彼らに対して~ (28, 0.2%)

1 [28件] ある点, かくも, これを, どれほどの, やはり一種, 不必要, 企てうる唯一, 効果が, 同情に, 同情の, 呪法を, 多く不正, 大きな愛情, 好意を, 忘恩であったろう, 意地を, 提起された, 改善救済を, 新しい問題, 更に一段, 款待は, 気の毒だ, 深い興味, 無意味な, 甚だしく偏見, 肩身の, 自ら集団的観念を, 集団的取扱いを

▼ 彼らによって~ (25, 0.1%)

1 [25件] ちょっとでも, ますます工藝, またその, 代表される, 作られる新た, 保存せられ, 優れた伝統, 再建修理され, 否定された, 完成され, 左右せられる, 征服された, 待たれて, 担われた弁証法, 流された血, 消費される, 物語られた選手, 破壊せられる, 行われる犯罪, 製造された, 見出されて, 討議された, 起されました, 運び出され面紗, 選び出された作

▼ 彼らに対する~ (23, 0.1%)

2 反抗で

1 [21件] さげすみと, 不満が, 世間の, 主権を, 人々の, 何らかの反撃, 偏見は, 同情なき, 同情を, 圧迫の, 圧迫を, 多年の, 宮廷の, 待遇が, 有罪の, 様子も, 気特に, 疎外排斥の, 社会の, 需要は, 需要も

▼ 彼らよりも~ (22, 0.1%)

2 創造的な

1 [20件] いっそう大, いっそう猛烈, さらに賢く, もっとひどい, もっと彼, よく評価, 一層投げやり, 一層精しく, 一段秀れ, 下位にさえ, 優れて, 先に, 善良な, 強く花江, 敢為の, 散文的な, 私らが, 芸術家たり, 遥かに, 駄目な

▼ 彼らとは~ (19, 0.1%)

1 [19件] あいさつも, あらゆる人, どうしてむく, どんな関係, アベコベに, 一旦の, 全く異邦, 別系統, 反対に, 反対の, 味方である, 思いのほか疎々しく, 故の, 朝廷に, 無関係な, 相当の, 約半町, 背中合せに, 逢わないの

▼ 彼ら以上~ (17, 0.1%)

2 のもの

1 [15件] である, に, にも真剣, に働い, に唾棄, に工藝, に生々しく, に考えた, に要求, の人物, の低級, の何もの, の価値, の大, の所

▼ 彼ら自ら~ (15, 0.1%)

1 [15件] が源, その個体, ではなし得ない, では救う, においては創意, にそんな, のため, の利益, の力, の武勇促, はそれ, よくこれ, を語らせたい, 唄いて, 選んで

▼ 彼らこそ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あわれみかつ, この薬, その病気, たがい, まことに親, もっとも偉い, 予審判事の, 人の, 偉大な, 第一人者である, 纐纈城の, 自分の, 訓練の

▼ 彼らとの~ (13, 0.1%)

3 距離は 2 間に, 間には 1 つきあいが, 交渉を, 妥協を, 対照によってこそ, 最初の, 無縁を

▼ 彼ら三人~ (13, 0.1%)

1 [13件] しか客, のため, のだれ, のほか, の手, の潔白, の間, はバベ, は三人, は刑務所, は暗夜, もまたあるいは, を無心

▼ 彼らほど~ (12, 0.1%)

1 [12件] その身, やがて人, よく眠る, ガンメイ固陋な, 仕事を, 俸給低き, 公然と, 多人数でない, 忘却の, 思想の, 搾取される, 烈しくこの

▼ 彼らみずから~ (12, 0.1%)

1 [12件] があまりに, が波谷, に社会的, の, の工業主義, の心中, の情, の或, の招く, の文化, の運動, も見聞

▼ 彼らより~ (12, 0.1%)

3 先に 1 いっそうまっ, いっそう若い, よく知っ, 一だ, 以上の, 恩を, 悲慘の, 見て, 離れて

▼ 彼らとともに~ (11, 0.1%)

1 [11件] する, そしてわれわれ, つぶさに辛酸, またはその, マルセーユまで, 先駆けせん, 喜ぶこと, 彼らの, 死んで, 自然詩人と, 飲んで

▼ 彼らまた~ (11, 0.1%)

2 いづこ 1 その源流, 事実上武士すなわち, 同一の, 実にもと, 実に武士, 往々に, 畢竟河原者, 自己の, 鹿苑院に

▼ 彼らにたいして~ (10, 0.1%)

1 あれほど, いだいて, いだいてる信仰, 不正だった, 単なる四月, 引け目が, 愛情を, 無関心, 言った不正, 近来に

▼ 彼らとしては~ (9, 0.1%)

2 優に生活 1 それこそ, 主君を, 内心自分たちが, 実際上, 当然そういう, 晴れの, 相当な

▼ 彼らにとっても~ (9, 0.1%)

2 社会にとっても 1 この日本, そうである, その人間的存在, 敵と, 美しい嘆賞, 自分たちが, 芸術であった

▼ 彼らのみが~ (9, 0.1%)

1 ことさらに, これに, それに, 一芸術の, 公民の, 特に嫌われる, 特に永く, 特別に, 賤ま

▼ 彼らふたり~ (9, 0.1%)

1 のほかだれ, の心, の生活, の目, の至福, の魂, は光り輝い, は罪人, を撲りつけた

▼ 彼らをも~ (9, 0.1%)

1 ことごとく済度, その下, また自分, 同胞として, 憎まないでは, 憎んだ, 打ち倒さなければ, 非難したろう, 驚かせたの

▼ 彼ら夫婦~ (9, 0.1%)

1 が佐野, が思わず, に別れた, のため, の贈物, の間柄, は極めて, をふくめ, を結ん

▼ 彼らにたいする~ (8, 0.0%)

1 いつもの, シュルツの, 君の, 尊敬の, 愛称だ, 生きた愛情, 自分の, 賛辞も

▼ 彼らにと~ (8, 0.0%)

6 つては 1 つて一石二鳥を, つて一般文化の

▼ 彼ら~ (8, 0.0%)

1 ふくめられて, 告げ, 寄せる村人ら, 打ち明けて, 教え江戸, 殺到し, 近寄って, 追いつこうと

▼ 彼らとて~ (7, 0.0%)

1 やはり唖, 事なき日に, 全面的な, 必ずしも悪い, 無償で, 米食の, 肯かないこと

▼ 彼ら以外~ (7, 0.0%)

1 にも多い, に於い, に真, に知る, の一般社会, の普通, の生活

▼ 彼らからは~ (6, 0.0%)

1 なんにも聞き出す, なんの, 放れない, 火星ほども, 見くびられるの, 風の

▼ 彼らでは~ (6, 0.0%)

1 ない, ないかと, なかったろうかとか, なくなる, なく私たち, 無かった

▼ 彼らでも~ (6, 0.0%)

1 ない, なかった, 有って, 死んで, 目を, 立つ瀬は

▼ 彼らにおいて~ (6, 0.0%)

1 少くとも, 強く感ぜられなかった, 特性的な, 生命であり, 自由であり, 見ざるところ

▼ 彼らについて~ (6, 0.0%)

1 お話しする, なんらかを, 出て, 回って, 話し合った, 語り合った

▼ 彼ら両人~ (6, 0.0%)

1 には完全, の動作, の立場, はこの, は驚ろ, を作った

▼ 彼ら仲間~ (6, 0.0%)

1 では常習, に伝うる, の共済会, の最上, の自治, の規律

▼ 彼らだけの~ (5, 0.0%)

1 いとも小さな, 仲間に, 共通な, 言葉と, 間に

▼ 彼らとても~ (5, 0.0%)

1 一と, 同一の, 変りは, 死の, 追手に

▼ 彼らにとっての~ (5, 0.0%)

1 ダーチーには, 三途の川で, 享楽時代である, 大なる, 東方と

▼ 彼らへの~ (5, 0.0%)

1 不尊な, 売行が, 宿命的な, 正しい不満, 篤い共鳴

▼ 彼ら一同~ (5, 0.0%)

1 にもわかる, はいきなり, はズヴェルコフ, をもてなし, をゆるし

▼ 彼ら同志~ (5, 0.0%)

1 と妾, にし, に逢わざるべき, の拡張, の間

▼ 彼ら~ (4, 0.0%)

1 くだだ, さです, さの, さを

▼ 彼ら~ (4, 0.0%)

1 がこんな, けれど幼児, し官家, と考えられる

▼ 彼らだった~ (4, 0.0%)

1 がこんど, が昨日今日, のでそのまま, ので気味悪く

▼ 彼らだって~ (4, 0.0%)

1 人間だ, 僕と, 永く添っ, 生れ付いての

▼ 彼らである~ (4, 0.0%)

1 からこの, から疑い, とも刈り入れる, ので共同生活

▼ 彼らと共に~ (4, 0.0%)

1 働かない方, 籤引き, 車坐, 酒汲み交わし

▼ 彼ら~ (4, 0.0%)

1 ので, のである, のです, のでひとたび

▼ 彼らばかり~ (4, 0.0%)

4 では

▼ 彼らオランダ人~ (4, 0.0%)

1 からはるか, にこの, にはすでに, は長崎蘭医

▼ 彼ら一人一人~ (4, 0.0%)

1 に, に与えられる, の人間, の身許調べ

▼ 彼ら四人~ (4, 0.0%)

1 だけはいる, の前, はとつぜん, は椅子

▼ 彼ら夫妻~ (4, 0.0%)

1 が自家用自動車, に僕ら, は恥ずかしい, は礼儀上

▼ 彼ら本来~ (4, 0.0%)

3 の言葉 1 の住居

▼ 彼ら特有~ (4, 0.0%)

1 なこの, の一種, の発音, の鋭

▼ 彼ら独特~ (4, 0.0%)

1 の, の意味, の戦術, の畏

▼ 彼ら~ (4, 0.0%)

1 公卿たちは, 公卿は, 夫婦が, 御料を

▼ 彼らだけ~ (3, 0.0%)

1 では, で俺, オヤツに

▼ 彼ら~ (3, 0.0%)

1 また自ら, 事実, 大きくなったら

▼ 彼らにとり~ (3, 0.0%)

1 価値の, 勝利的に, 重要な

▼ 彼らのみ~ (3, 0.0%)

1 ならず今日, 特に増加率, 足を

▼ 彼らのみは~ (3, 0.0%)

1 いつ迄も, 甚だしく増加, 盛んに

▼ 彼らよりは~ (3, 0.0%)

1 一段高く, 十分な, 高い知識

▼ 彼ら何者~ (3, 0.0%)

1 ぞや, でご, にご

▼ 彼ら兄弟~ (3, 0.0%)

1 の供給, の扮装, も無下

▼ 彼ら公卿~ (3, 0.0%)

1 と薩長派, は表面武人, や浪人ども

▼ 彼ら斯く~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 彼ら父子~ (3, 0.0%)

1 の向背, の身, を真実

▼ 彼ら~ (3, 0.0%)

1 に何, の玩具, を自分自身

▼ 彼ら相互~ (3, 0.0%)

1 に一定, の間, も離れ離れ

▼ 彼ら自体~ (3, 0.0%)

1 が堕落, に一つ, のうち

▼ 彼らいづ~ (2, 0.0%)

2 こより

▼ 彼らいよいよ~ (2, 0.0%)

1 参りましたぞ, 来り見れば

▼ 彼らこの~ (2, 0.0%)

1 たびは, 団地の

▼ 彼らごとき~ (2, 0.0%)

1 におくれる, 廟鼠輩を

▼ 彼らすべて~ (2, 0.0%)

1 がそれ, に影響

▼ 彼らだけが~ (2, 0.0%)

1 その宝, 日々ただ

▼ 彼らだけに~ (2, 0.0%)

1 なると, 通じる将棋

▼ 彼らであった~ (2, 0.0%)

1 かということ, から

▼ 彼らでさえ~ (2, 0.0%)

1 それを, 現実に

▼ 彼らなりに~ (2, 0.0%)

1 彼らの, 甞めて

▼ 彼らにこそ~ (2, 0.0%)

2 易々と

▼ 彼らにのみ~ (2, 0.0%)

1 この地, 増殖率が

▼ 彼らに対しては~ (2, 0.0%)

1 国家なり, 天罰という

▼ 彼らに対しても~ (2, 0.0%)

1 また一大奮発, 手加減を

▼ 彼らはも~ (2, 0.0%)

2 うたがいに

▼ 彼らばかりが~ (2, 0.0%)

1 描いたよう, 芸術家に

▼ 彼らまでが~ (2, 0.0%)

1 王の, 離反の

▼ 彼ら~ (2, 0.0%)

1 その家族たち, 彼女らの

▼ 彼らを通して~ (2, 0.0%)

1 フランスを, 海の

▼ 彼ら一家~ (2, 0.0%)

1 の急, は休ん

▼ 彼ら世界~ (2, 0.0%)

1 の大, の富

▼ 彼ら両名~ (2, 0.0%)

1 が被害者, 大トラ

▼ 彼ら二人きり~ (2, 0.0%)

1 だと, ではなかっ

▼ 彼ら人間~ (2, 0.0%)

1 と表裏, にとって持て余す

▼ 彼ら以前~ (2, 0.0%)

1 に, に愛し

▼ 彼ら企業者~ (2, 0.0%)

1 が相互, に生産的用役

▼ 彼ら~ (2, 0.0%)

1 て, るを

▼ 彼ら及び~ (2, 0.0%)

1 彼女らの, 無数の

▼ 彼ら各自~ (2, 0.0%)

1 の法的正義観, の解釈態度

▼ 彼ら同士~ (2, 0.0%)

1 が, の顔つき

▼ 彼ら~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 彼ら四名~ (2, 0.0%)

1 はわれわれ, は宮

▼ 彼ら塹濠~ (2, 0.0%)

1 を過ぎ, 退くに

▼ 彼ら探険隊~ (2, 0.0%)

2 の一行

▼ 彼ら政治家~ (2, 0.0%)

1 の堕落, を動かし

▼ 彼ら母子~ (2, 0.0%)

1 の者, の間柄

▼ 彼ら水陣~ (2, 0.0%)

1 の, の壘壁

▼ 彼ら無心~ (2, 0.0%)

1 に遊べ, の毛族

▼ 彼ら男女~ (2, 0.0%)

1 のなから, は私

▼ 彼ら誘拐団~ (2, 0.0%)

1 の威力, の本意

▼ 彼ら~ (2, 0.0%)

1 に徒然, に物徂徠

▼ 彼ら農民~ (2, 0.0%)

1 のうち思慮, を最も

▼ 彼ら通詞~ (2, 0.0%)

1 が外交, を通詞

▼ 彼ら集団~ (2, 0.0%)

1 の最後, は自国

▼1* [344件]

彼らあるいはまた背き去ると, 彼らいたずらに革命党, 彼らかえってその後に, 彼らからの迫害を, 彼らからもまた愛される, 彼らからより多量を, 彼らがちゆうちゆういひだすの, 彼らがつつ立つて, 彼らきりだった, 彼らぐらいの程度の, 彼らさえ時々は, 彼らさながら倦怠と, 彼らしからぬ質問を, 彼らしくもなくふと感傷, 彼らじしん船の, 彼らすでに始めが, 彼らすら敢て, 彼らだけで話し合, 彼らだけは感じて, 彼らだろうといった調子, 彼らであってもなし得ない, 彼らであり尊いお方, 彼らである追い逼ま, 彼らですよ, 彼らでなくとも人, 彼らでなければ運べなかった, 彼らとりわけ馬田自身は, 彼らとを隔つる溝渠を, 彼らなおこれを, 彼らなくては出来なかった, 彼らなしに済まし, 彼らなどが相手に, 彼らなほこれを俗, 彼らにおいてこそ性格の, 彼らにおいては新鮮ささえ, 彼らにたいしては僕も, 彼らにだけ特有な, 彼らにまでのけ者に, 彼らによってまでも愛護されなけれ, 彼らにより多くの, 彼らによりて新しい日本, 彼らに対し自分は, 彼らに従って前進しよう, 彼らのまん前を, 彼らのみに付与し, 彼らのみの美や, 彼らのみを責めるの, 彼らはいちように起っ, 彼らはたこれを, 彼らはつひに, 彼らはと彼は, 彼らはは入って, 彼らはへだての, 彼らばかりのことだろう, 彼らふたりきりだった, 彼らほどには自由に, 彼らほどの鬼の, 彼らまことに押し強い, 彼らまでも破滅の, 彼らみんなの幸福, 彼らめいめいの用意, 彼らよい頭脳の, 彼らよすがら見張りし, 彼ら鮭お, 彼らをこそまた監視所, 彼らをのみ賤しむべき, 彼らをもって日本画の, 彼らを以て新白丁, 彼らアカイア軍勢と戰, 彼らギリシア人にとって学問, 彼らグルウプの新, 彼らスペイン人どもはウォルシンガム, 彼らヒダ人はこの, 彼らフランス人やオランダ人, 彼らプリアモス又トロイア, 彼らプロレタリアートの全, 彼らユダヤ人の夢想, 彼ら一人の製造能率, 彼ら一党は民衆, 彼ら一同死せると, 彼ら一同百六十名の老幼男女, 彼ら一向承引せず, 彼ら一団はグル, 彼ら一夜のうち, 彼ら一揆の仕業, 彼ら一日のプログラム, 彼ら一村の一ト旗組, 彼ら一派が愛用, 彼ら一般の状態, 彼ら一部の作家たち, 彼ら七人は何者, 彼ら三匹の唄った, 彼ら三友が教義, 彼ら下級労働者が祖先以来, 彼ら不死なりわが, 彼ら両者をとらえ, 彼ら中馬が往還, 彼ら丹生川平の郷民達, 彼ら主従がオダル, 彼ら主従五人のもの, 彼ら争闘を続け, 彼ら二三の同志, 彼ら二十人の家士, 彼ら二十余名の模範店員たち, 彼ら二賊のため, 彼ら二騎手の手, 彼ら五人の親子, 彼ら五名はいつ, 彼ら亜細亜人の海賊ども, 彼ら我無き, 彼ら代々の古い, 彼ら仲間特有のそして, 彼ら伸子たちと行動, 彼らの不遜, 彼ら作家のいまだかつて, 彼ら促し立たしめし老ネスト, 彼ら個人で砂金, 彼ら僧侶が遠く, 彼らい連, 彼ら党人の論調, 彼ら全体としては素晴らしく, 彼ら全部に共通, 彼ら其居を定めし, 彼ら内部の法律, 彼ら凡下の推量りで, 彼ら前代の人たち, 彼らに脂塗り, 彼ら動き出でアガメムノーンこ, 彼ら動物どもの生活形態, 彼ら動物間には法律, 彼ら北条遺臣のめざす, 彼ら十二名も殺したく, 彼ら十名はけが, 彼ら十数名の一隊, 彼ら卒伍の者たち, 彼ら印象派の画家, 彼ら原上に殘らんずる, 彼ら体畸形の, 彼ら徒どもは, 彼ら死屍を, 彼ら各々一日の労働, 彼ら業者の, 彼ら同胞の跡, 彼ら和寇の功績, 彼ら哀痛の, 彼ら唱門がこの, 彼ら善人を愛し, 彼ら囚徒らによって日々適用, 彼ら四十七人はことごとく, 彼ら土人達の会議所, 彼ら地上の人類, 彼ら地方人の人, 彼ら塔上に群衆中, 彼ら境界を, 彼ら多くは兼ね有し, 彼ら多数の同胞, 彼ら大いに火を, 彼ら大尽は地租, 彼ら大衆の清掃力, 彼ら天皇崇拝論者はこの, 彼ら夫婦間に横たわる, 彼ら夫婦関係の変化, 彼ら失へば, 彼ら如き輩を, 彼ら如何に迫切なる, 彼ら姉二人が僕, 彼ら姉弟が神教, 彼ら学者にはすべて, 彼ら家中の気持, 彼ら家臣の一団, 彼ら家臣一統の前, 彼ら宿なしども, 彼ら小人輩は怨恨, 彼ら小役人は旅籠, 彼ら少年にとってたやすい, 彼ら少数の階級, 彼ら少数者にとってさらに, 彼ら屍體より武具, 彼ら山上の麗人族, 彼ら山民の土着, 彼ら島民殊にその, 彼ら嶮要の, 彼ら布衣のもの, 彼ら藩士の, 彼ら平気で何処, 彼ら年輩の青年たち, 彼ら幾列に舟, 彼ら庶民の道義, 彼ら当局者は無神, 彼ら彼等は早晩撲殺, 彼ら往来の場処, 彼らはむ, 彼ら御身をつれ去りぬ, 彼らた小舟, 彼らは常に, 彼ら必ずしも細民のみ, 彼らるる事, 彼られずその, 彼ら徒の, 彼ら懦弱な輩, 彼ら或は彼女らは, 彼ら戦功の兵, 彼ら戦後派なるもの, 彼らひ得ざるべし, 彼ら打合ふ盾, 彼ら久以来の, 彼ら支配者を海岸路, 彼ら攻勢に出た, 彼ら政争者の残虐非道, 彼ら敗れて速, 彼ら旗本方はほとんど, 彼ら日本人にし, 彼ら旧式政治家の性格, 彼ら明智一家の将士, 彼ら最上の, 彼ら望まず賭くる, 彼ら末輩はただ, 彼ら来朝して, 彼ら植物群の本能イズム, 彼ら権勢者の玩弄物, 彼ら欧米人は一斉, 彼ら武人にも正しく, 彼ら武士大衆はその, 彼ら武家が怒ったら, 彼ら歸國を遂げ, 彼ら残党たちはほとんど, 彼ら殺さずばわれ食事, 彼ら民衆のはたらき, 彼ら水夫ら全部を下船, 彼ら水戸浪士はもはや, 彼ら水軍の, 彼ら永くも忘れ, 彼らべの水脈, 彼ら泣かばその, 彼ら流儀の, 彼ら海洋の潮, 彼ら湊川の生き残り, 彼ら漁民の妻女たち, 彼ら漂着船の目的, 彼ら激しく戰はむ, 彼ら火星人は人間たち, 彼ら火星人たちの驚愕狼狽ぶり, 彼ら炎々の火焔, 彼ら無名の性教育家, 彼ら牧師輩は皆かく, 彼らの恐ろし, 彼ら特殊社会の為, 彼ら特色の治療法, 彼ら独自の職人的道義, 彼らの群れ, 彼らゐるは, 彼ら生き乍ら捕, 彼ら生死の外, 彼ら田安家へ植え込ん, 彼ら田舎武士の間, 彼らぢ震ふ, 彼ら異国の珍客, 彼ら異国人の話す, 彼ら異邦を航海, 彼ら癩病人たちの舌なめずり, 彼ら癩病人達の舌なめずり, 彼ら百姓のこの, 彼ら盛り返し我ら船より, 彼ら直ちにききたれば, 彼ら相手の女, 彼ら社会の常識, 彼ら禅僧は立派, 彼ら私兵の言い分, 彼ら秘書たちでさえ, 彼ら穴中に居た, 彼ら端公二人はまたも, 彼ら端公役の端公, 彼ら端役人の端公, 彼ら答えていいける, 彼ら箇々のもの, 彼ら築きたる長壁脆く弱く, 彼ら純真の若き, 彼ら細民を牛馬, 彼ら組織人そのものが直接文学, 彼ら統べたりき, 彼ら総出で何とも, 彼ら緑鬼は動物, 彼ら罪人は追放, 彼ら婦人に, 彼ら老骨は頭, 彼ら職工たちが自分たち, 彼ら飛者たちの, 彼ら腕力家の特徴, 彼らからの, 彼ら自ら家畜を飼育, 彼ら自身分散して, 彼ら自身恭順論者でありながら, 彼ら芸術の魂, 彼ら若者は戦争, 彼ら草木の葉, 彼ら薄給仲間のお座所廻り, 彼ら蛮人の常, 彼ら蛮人どもの一人, 彼ら蜀人はここ, 彼ら衣冠のつつしみぶ, 彼ら西洋人が百年, 彼ら見るべきや, 彼ら親子のもの, 彼ら親方は旦那, 彼ら観光団の俗悪者, 彼ら討幕派指導部は藩士, 彼らひ行きて, 彼ら詩人にとってはです, 彼ら譽め稱へ, 彼ら貧しいものの, 彼ら貴族が世間, 彼ら賠償齎して, 彼ら足軽の輩, 彼らにつけし耀く, 彼らに帰ろう, 彼ら返し得ば, 彼ら退きて水陣中, 彼らがし, 彼ら遍歴の法師, 彼ら遺臣間の乱後, 彼ら部落の土人ども, 彼ら部落民に買われる, 彼ら部落民全体を通じて最も, 彼ら醜類のうえ, 彼ら金属の智能, 彼ら金持は最初, 彼ら閣臣の輩, 彼ら闇屋の目, 彼ら隷農の大, 彼らひて, 彼ら青年はもちろん, 彼ら青年どもを無二, 彼ら革命に先, 彼ら頑迷なる上流社会, 彼ら飢えた狼に, 彼ら飽く迄爭へ, 彼ら香具師どもはただに, 彼ら香具師達は尋常普通, 彼ら駿足を, 彼らや獣, 彼らを持ち去る, 彼ら麗人達は立派, 彼ら鼠どもの隠れ里, 彼ららして