青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「張っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~弟子 弟子~ 弥~ 弦~ 弱~ ~弱い 弱い~ 弱く~ 張~ ~張っ
張っ~
~張り 張り~ 張る~ ~強 強~ ~強い 強い~ ~強く 強く~ 強情~

「張っ~」 2212, 21ppm, 5405位

▼ 張っ~ (2100, 94.9%)

84 いた 53 いる 45 いるの 43 ある 30 いて 25 あった 22 あって 21 あるの 20 いると 15 いるよう 14 いたの 10 いたが 9 いるので, 来て 8 いるもの, いるん 7 いった, いました, いるから, いるが, いるところ, 居る 6 あったが, いるうち 5 あるので, いても, いなければ, おいて, その中, 待って

4 [12件] あったり, あるから, ある所, いたん, います, しまった, その上, 張って, 来たの, 来るの, 肩を, 行った

3 [32件] あったの, あること, あるし, いたせい, いたので, いたり, いましたが, いるし, いるだけ, いるわけ, いる姿, いる時, おりました, きて, くると, くれ, これを, しまいました, しまって, それに, みても, やって, 下さい, 何か, 口を, 嘘を, 大きく手, 来た, 来る, 生きて, 置いて, 言った

2 [101件] ありその, ありました, あるが, あるため, あるところ, あるよう, あるん, ある大黒さん, ある盥, ある紐, ある綱, ある船, ある重い, いけ, いそう, いたお母さん, いたから, いたため, いたに, いたらしい, いた少年, いた肩, いながら, いること, いるじゃ, いるその, いるには, いるものの, いる内, いる医者, いる筈, いる者, いる荒物屋, おいた, おりましたが, おりますから, おり眩し, おれたちは, きた, きたの, くる, くれた, こい, この蛾, これも, しまいまで, しまう, すまして, そっちの, その下, その夜, それで, それを, みせた, みせる, みたが, みて, みようという, やろうと, 両手を, 主人を, 五十円の, 人を, 今までの, 僕の, 入って, 動かなかった, 堂々と, 居た, 居ります, 居りますから, 居りますので, 居るの, 彼を, 息も, 悠々と, 悪いは, 教室を, 歩いて, 歪んで, 泊った, 泊ること, 淀屋の, 無理に, 目を, 眼を, 私を, 立って, 笑い出した, 置いた, 置いた網, 自分の, 自分を, 舟を, 船の, 虫の, 見せる, 見て, 訊ねた, 酒の, 顔を

1 [1254件 抜粋] あたかも病みあがり, あったもの, あった皮, あとへは, あらゆる遁げ路, ありそれ, ありましたが, ありますが, あり三方, あり左右, あり湯殿, あり路, あるか, あるこぢんまり, あるその, あるでも, あるという, あるはず, あるもの, あるらしく針, あるデスク, ある丁度, ある事, ある何故か, ある切れ, ある始末, ある家, ある山の端, ある幕, ある本陣, ある煤色, ある短冊, ある窓枠, ある組子, ある罠, ある蜘蛛, ある金網, あれ既に, いい張り, いくらか手紙御無沙汰, いささか得意, いたからの, いたころ, いたそう, いただき身, いたつじ役人ども, いたと, いたところ, いたばっかりに, いたらしいの, いたワイヤー, いた二, いた僕, いた家, いた彼女, いた方, いた松の木, いた玉村, いた男, いた舌, いた賭場, いた間, いた頃, いって, いないから, いないので, いのちの, いましたけれど, いますから, いますも, いらっしゃること, いられたの, いられなくなったので, いりゃア, いるおまえ, いるか, いるかも, いるからね, いるご, いるそう, いるため, いるだろうから, いるとしか, いるに, いるばかり, いるやつ, いるよりか, いるらしい大地, いるナオミ, いる一本, いる上, いる両, いる人たち, いる俺方, いる卜者, いる土豪, いる大円房覚明, いる女, いる宮廷周囲, いる岡, いる戦場往来, いる教団, いる曾根権太夫, いる東方, いる様子, いる滝山, いる父, いる状態, いる白い, いる相手, いる糸, いる老, いる菊太郎, いる蜘蛛, いる長い, いる電線, いる骨董屋, いれば, うたって, おいたそう, おいたらよしんば, おいた褥, おお神様, おきその, おき下, おけるぐらい, おやり, おりそれ, おりますからね, おりますセミヨノフ, おります政党関係, おりませんから, おりよほど, おり彼, おる, お供え申し, お困りでございます, お見そめなすった, かたがた清十郎の, きかなかった, きたと, きた八幡船, きた様子, きっと型, ぎしぎしいう, くれた後方, くれますって, くれろと, くれ鼠, こう下, こう大きく, こたえた, この坊さん, これへ, ごまかそうと, さりげなく尋ねた, しかもいつそれ, しばらく考え, しまいましょうか, しまうまで, しまったか, じぶんたち, せめて河, そこで一冬, そのままふたり, その境内, その子, その目, その膜, その面, それからは, それに何やら, たとい一時, つかまったから, つっ立ってる力, とうとう青森県, どうしても女王, どかりと, どの舟, なるほどもし, なんらの, のけぞるよう, はじめて, ひと息に, ふっくりし, ほとんど樹身, ぽかんとし, ますから, またたき一つ, まってたよう, みせた若, みたところ, みたり, みますと, みようとこう, みるが, むっとふくれ, もう雨, やすから此, やってるん, やりの, やること, やろ, ゆきお, ゆく, ゆるゆると, わざと低い, ゐるぢゃないか, ギーキーン, コソコソ策動, ゴリラみたいな, ダンスを, テニスコートなども, ナニこの, バカな死に, ポンと, 一あし詰めより, 一ツ星に, 一匹の, 一声わめき, 一方に, 一般に, 七輪や, 三四冊も, 上には, 上背が, 不断ミ王驢耳を, 並んで, 中里介山と, 事こまかに, 二人に, 二十七番の, 云い出したの, 云った, 五分や, 交通を, 今年まで, 仕様が, 佇むとき, 体全体に, 何やら手真似, 例えば夢, 偉張っ, 僕に, 充分物足りた, 兎や, 入場し, 兵馬の, 冬越しを, 処々の, 出た私, 刀の, 前を, 力んで, 助け合うこと, 動かれなかった, 動く, 勝山通四丁目の, 包まれた分, 半日を, 南へ, 博徒を, 厚い肩, 参詣の, 口に, 叫ぶよう, 合掌してる, 吐きすてるよう, 告げた, 呼吸を, 唸りを, 四ツ足の, 団扇を, 困る, 土手を, 坐り仲間, 堤防が, 墓所の, 壁には, 声を, 外部へ, 夢幻の, 大きな圏, 大きな息, 大それた, 大変叱られた, 大木と, 大議論, 天下か, 奉公人達の, 奴凧の, 始末が, 威容を, 子供を, 存分呼吸の, 宥免状認めませぬ, 容子を, 寝ころびたくなる, 寝床に, 対抗し, 小形の, 居そう, 居た由, 居ても, 居りました, 居るから, 居るだが, 居るとて, 居るん, 山上に, 嶮しい, 巡査様の, 工場に, 左内の, 市中音楽隊の, 席に, 干して, 平常より, 幾遍も, 庭を, 弁慶でも, 弓の, 弱い弟妹達, 張り捲った, 当家の, 彼に, 待ちぼけ, 待った, 徐盛が, 御不浄の, 忠相の, 怒りました, 急に, 怯け, 恭しく頭, 悪うございました, 惚れ惚れと, 意気込んで, 扉の, 手製の, 押し通すという, 拳を, 挾み撃ちしてやろう, 据えて, 揚げ蓋, 撰者に, 敵の, 文に, 断わること, 新左衛門の, 日本ラインの, 日本曲馬を, 明日の, 時々奇兵, 時を, 暗がりに, 暮らして, 曹彰を, 有効に, 朝日を, 木靴で, 来たお, 来た三人, 来た乳房, 来や, 来るなどの, 来るクリーム, 来る心持, 松の, 株を, 棒の, 楽しそう, 歌い出した, 歌った, 武蔵は, 歩きながら, 歩けこうして, 殆ど敵意, 残飯を, 毎日煮豆を, 民弥を, 江戸三名医の, 沈酔したであろう, 泣くばかり, 注意を, 流木を, 浮かせて, 深々と, 深呼吸を, 清めの, 温かさ, 準備を, 滞在し, 潜り込んだ, 火曜日に, 無為にも, 煙を, 物賭など, 犯人厳探中である, 生きてるかの, 用心を, 畳でも, 疲れが, 痛んで, 目の, 真っ白に, 真四角に, 睨み合ったまま, 知らないで, 神主に, 私が, 秋子の, 稀代の, 空に, 突き進もうと, 窓を, 立ち上がれるほどの, 端坐した, 答えた, 精進練磨し, 絵の具で, 綺麗な, 縛られ地蔵, 繁昌し, 罠を, 置きます, 置こうかしら, 聞えて, 肋骨が, 肯かなかった, 背景を, 腕組みを, 腹の, 自から, 舞って, 花を, 苦しい, 茫然と, 菜切庖丁に, 蒼白い頬, 蓋と, 藻掻く, 血染の, 行きつつ, 行くこと, 行くの, 行けよう, 行けるん, 行こうと, 行司顔に, 被入っし, 製えた, 見せなければ, 見たまえ, 見やいの, 見るか, 見据えて, 覗込む, 親兄弟の, 言いました, 詰め寄るの, 調子を, 警官が, 谷底を, 貧乏人助けを, 貴公たしかに, 走って, 走るほど, 跨ったの, 転がって, 近来とみに, 逃げられねえよう, 通る人, 進んで, 遡って, 酒場で, 野生そのまま, 金五郎の, 針金の, 銃撃の, 鍋鋳掛を, 長陣を, 門口を, 附いて, 隠して, 隣との, 集会の, 雪子自身は, 青味の, 音も, 頑強に, 風も, 食い荒らし居るそれ, 飽くまで自分, 騒がしからず, 驚いたよう, 髪も, 鳥を, 鳴き続けて, 鳴く時

▼ 張ったり~ (48, 2.2%)

4 した, して 3 張ったり

1 [37件] あるいは林, ある種, いきなり頬ぺた, いろいろさまざま, した意味, するため, すると, するとき, する代り, せっせと働い, そうは, そのほか, ゆるんだり, ペンキ塗の, 十円張っ, 女が, 帯の, 帯を, 床屋に, 弦を, 張らなかったり, 思ってること, 指で, 月代を, 樗蒲一張っ, 気取ったり, 油粕まで, 種々の, 空箱を, 罠を, 考えたり, 腕組みし, 致しやすので, 茨の, 薪を, 逆に, 針金で

▼ 張っても~ (28, 1.3%)

1 [28件] いいと, いいや, いる, うなだれる自分, おれは, からだの, かれは, しまいには, たとえ幾分, たれかかりながら, とうとうお, ひょろひょろと, また病人, 不可は, 事実彼女に, 仕方は, 其中心に, 力が, 同じだ, 墓あらしは, 声は, 売れるだろう, 張っても, 心の, 文句は, 肩相から, 誌面は, 追っつか

▼ 張っては~ (12, 0.5%)

3 いるが 1 あるが, いけない, いたが, いたけれど, いるものの, 味方の, 店の, 生きにくい, 見たものの

▼ 張っちゃ~ (5, 0.2%)

1 いけない, ァいる, 兄哥に, 身も, 面白くないだろう

▼ 張ってや~ (4, 0.2%)

2 がるん 1 がって, がら

▼ 張ってから~ (3, 0.1%)

1 のちは, パイプを, 連日の

▼ 張っての~ (3, 0.1%)

1 ご奉公, 御見物, 渡世を

▼1*

張ったりがはやるの, 張ったりなどして, 張ったりの弊事だ, 張っちょくれッ, 張ってか声一つ出さなかった, 張ってなどいても, 張ってのみおると, 張ってばかり居るの, 張ってよ凧を