青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「廉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

度目~ ~座 座~ ~座敷 座敷~ ~庭 庭~ 庵~ 庸三~ 廃~
廉~
~廊下 廊下~ 廣~ 延~ 建~ ~建て 建て~ ~建物 建物~ ~建築

「廉~」 1083, 10ppm, 10322位

▼ 廉~ (172, 15.9%)

3 の眼 2 であった, である, の胸, もそれ, も小

1 [159件] かその, からの求め, からは祭祀, から女院, がいちいち, がお上, がお冠, がお答え, がさしあげる, がすぐ, がそっと, がてもなく, がふと, がまめやか, が世, が号泣, が存在, が恐く, が案じる, が浮かぶ, が灸治, が産んだ, が童僕, が船上, が見えた, が身, が軍兵環視, すらも賄賂, だけがひとり帝, だけにはたと, だけは泣き, だけを室, だの親王方, っ, である次, でさえこわい, でさえもそれ, でなくば, という人, ときけ, とのあいだ, との御, とはもとより, とよばるる, と今日, と四, と大塔, と権, と第, などの艶姿, など隠岐, なの, にある, にしろ, にたいするもの, にはその, には仰っし, には帝, にもお, にもそう, にもできるだけ, にも惧, にも謁, に会った, に抱きとめられ, に注意, のいとこ, のうしろ, のおもしろい, のさまざま, のとる, のどんな, のほか, のみがこんな, の君, の命, の引立てひとつ, の御, の御方, の手, の枕, の横顔, の機嫌, の父, の独占, の産んだ, の監視, の目, の美貌, の耳, の脳裡, の薬籠中, の血, の輿, の黛, は, はいきなり, はいくら, はいちばん, はおい, はすぐ, はただ, はたとえば, ははじめて, はひざまずいた, はひときわ, はひどく, はみか, はみかどのお側, はもとより, はやっと, はよろこんだ, はわざと, はキュッ, は仰せ, は声, は女将軍, は帝, は後日, は怪しんだ, は意識, は昨夜らい, は皇后, は皇后以上, は自分, は言った, は道誉, は配所, は雲清寺, は黙った, ばかりを召す, へお, へたて, へもう, へもお目にかかり, もこれ, もとうに, もどんな, もまじっ, もまた, もみかどの, ももう, も今, も公知, も吉田定房, も寝不足, も思う, も暁, も聞い, も親房, や准后, や小, や廷臣たち, や権, をお, をなぐさめられた, を呼べ, を見, を遠く

▼ 廉~ (100, 9.2%)

5 のを 4 のは 3 のが, 時代でも 2 のに, 金で

1 [81件] からこっち, からとか七面鳥, からどう, からな, から今, くらいだ, ことである, ことなどを, さうだ, じゃありません, とかいうこと, とか高い, な, には代, には相違, のか, のだ, ので, のである, ので一度, ので徐, ので流行り出した, ので風呂, のとで, やうに, わるい香, 三十銭位の, 事である, 事は, 二部屋続きの, 人形で, 仕立もの, 仕立ものの, 代価で, 俸給で, 入場料が, 処で, 処へ, 処を, 利で, 利息ちうたら, 割に, 勘定を, 単価で, 取引は, 品物でも, 品物ばかり, 品物を, 地代で, 地面家作の, 大劇場, 店で, 店まで, 所得税だ, 日用品食料品を, 時世に, 時代である, 朝飯を, 本を, 材料を, 櫛や, 煙草を, 物で, 物を, 玉子玉子と, 玉蜀黍も, 甘味料である, 田地でも, 着物は, 筈です, 米が, 米を, 約束で, 紙きれである, 耳目口舌の, 肉で, 舌を, 贅沢は, 酒を, 野菜を, 陶器や

▼ 廉~ (74, 6.8%)

5 売って 4 ない 2 ない絵葉書, なつた, はない, 売ると, 売るの, 売れば, 買えて, 買って

1 [49件] さへ, しかも責任, する, ために, ていい, て一石三円六十何銭, て働く, て六ペンス, て加之, て夏向き, とも三両, ないからね, なったので, なりますから, なるの, なる上, は見せられなくなる, 上って, 仕入れたいかさまもの, 仕切るので, 何う, 値切り倒した, 傭使へる, 参りましょうと, 売ったって, 売ったッ, 売りつつも, 売ります, 売ること, 売るという, 売るので, 売るもん, 売る事, 売払っても, 家賃も, 晝夜とも, 沢山こさえられる, 理想的な, 積もっても, 而かも, 致しまして, 買おうと, 買おうとして, 買ったか, 買ひたい其顧問に, 遣るべ, 願え度, 食は, 鶏が

▼ 廉~ (64, 5.9%)

3 は一枝 2 はちよ, は急

1 [57件] からは一, からよく, がたつた, が弘, が所望, が珍しく, が車代, で髪, とが巴里, としては得意, に立ちむかふ, のゐる, の低い, の使, の方, の無責任, の現在, の筆蹟, の肩, の青年時代, の順, はいくぶん, はいつ時眼, はこの, はさ, はその, はその間, はた, はとみる, はともかく, はなぜ, ははじめて, はぶつ, はガウン, はサン, はピッコロミリ夫人, は一室, は一年分, は二階, は仕事部屋, は何気なく, は別に, は口, は吐き出す, は唸つ, は妻, は娘, は彼女, は梨枝子, は流石, は癇癪, は眼, は突然, は誰, は遅く, も梨枝子, を

▼ 廉~ (62, 5.7%)

2 縛るん, 逮捕され

1 [58件] あらう, おれの, お前さんに, お役御免, かねがね世間, エリザベス女王の, シベリヤに, デックの, 一兵卒に, 一旦役, 且は, 俺は, 六カ月も, 出仕だけは, 切腹を, 即刻返金を, 厳しく痛め付けられる, 召喚される, 同時に引致, 告発された, 告訴する, 奉行所から, 威張ったり, 審理しなけれ, 己の, 幸子殺害の, 店員が, 彼を, 彼等から, 御採用, 恩賞が, 手切の, 拘引された, 拘引される, 捕縛します, 暇を, 最近懲戒訓告の, 林子平を, 検挙せられた, 牢に, 獄門に, 町奉行所から, 番頭さんが, 皆實用に, 禁ぜられて, 私に, 私達は, 結構負傷, 罪に, 詫言を, 起訴された, 逮捕された, 違警罪に, 遠流に, 鍛冶橋監獄に, 間もなく免職, 関の, 首を

▼ 廉~ (46, 4.2%)

4 家へ 2 學問を

1 [40件] ある日, かげから, ごときは, ものを, ようである, ような, 事を, 人物らしく聞こえよう, 別荘に, 名人と, 垂れて, 士である, 妖法に, 妖法は, 妖法を, 妖術が, 妖術やら, 妖軍を, 妻が, 妻は, 姿も, 学問を, 家で, 影をも, 政を, 有りしには, 死骸であった, 気象が, 父加藤五景員は, 父子であり, 父景員であった, 真額を, 知ったこと, 科に, 行動を, 許に, 諸部隊, 遊楽天下に, 部下で, 魔陣

▼ 廉~ (45, 4.2%)

3 あって, ある, 有るから 2 あるから

1 [34件] あったらば, あつて江戸, あつて筑前國, あらば, ありますから, あり桝, あり直に, あるさ, あるだらう, あるだろう然, あると, あるとか, あるとして, あるので, あるもの, あるゆゑ道具衣類, いる, これに, ございますならば, ございますなら幾重にも, ございますので, ないでも, ないもの, なえという, また来, 付きませんと, 却て, 吏として, 多々あろう, 多い故, 多過ぎる, 徳川家では, 破れた証拠, 第一等

▼ 廉~ (42, 3.9%)

3 それを 2 あるが, ない

1 [35件] ありません, その言葉, その詩, その青粘土, ただの, どこ, どこに, ないお前, ないのに, ひどくそれ, またそれ, 一だ, 上から, 丹い, 事わが, 云々と, 人を, 口から, 喬は, 如何成儀, 妖法を, 帰って, 当惑した, 必死な, 怒って, 怒り悲しん, 数々あっ, 望楼から, 死体を, 直閣, 知って, 約束を, 虐殺された, 越前守殿の, 重罪でございます

▼ 廉~ (31, 2.9%)

7 もって 2 以って

1 [22件] いわずに, くぐったが, さがせ, そんな底, つつむ妖雲, 仇に, 以つて君の, 以つて度々, 取って, 咎められ厳しい, 問われるの, 害しては, 愛するという, 押したら宜, 持ち合せた様子, 挙げて, 旨と, 案内し, 生じたと, 立て, 訊し, 附けて

▼ 廉~ (22, 2.0%)

3 して 2 あげられて, 取って

1 [15件] よる, 仕えて, 依つたより外, 依りて, 依り退学, 取りまして, 叛いた, 懦夫も, 拘わらず重宝, 挙げられ少壮, 授けながら, 故障を, 来て, 追い返して, 過ぎれば

▼ 廉を以て~ (22, 2.0%)

2 知行召放され

1 [20件] お執, 一旦筑前國, 七月十三日にに, 免すまい, 刑事巡査に, 吟味致し, 四万八千石から, 学問らしい, 御帰参相, 忽ちこの, 忽ち差押, 我が飯島, 拘引されました, 江戸追放を, 町中引廻しの, 程なく家碌, 腹を, 賞賜を, 隠居を, 飯島平

▼ 廉~ (21, 1.9%)

1 [21件] あつた, あらむ, あり主税, あり祖五郎, あるから, あろうし, これには, その旗本, ないが, ないで, ないので, なかった, なく何となく, 之有により, 候は, 多いで, 多いであろう, 弓を, 御座るなら如何, 望楼へ, 無いのに

▼ 廉~ (16, 1.5%)

1 [16件] だけは時々, だつた, の知らない, の紙石板, はひとり洗心亭, は今, は叔父, は唯, は外, は嬉し, は必叔父, は東京赤坂, は青梅, も母, を怒らせた, を見つけた

▼ 廉~ (16, 1.5%)

2 の人, の心, の議長 1 でせう, と極, な人, な人間, な行爲, な言, の老, も良心, を知ッ, 知らず昇

▼ 廉いもの~ (15, 1.4%)

2 だ, です

1 [11件] がある, が続々, だと, であったと, であるが, ですから, ですよ, では, に相違, はありません, を飾っ

▼ 廉~ (14, 1.3%)

2 ではある

1 [12件] だらうが, で, との木質, のおき, のヴァイオリン, の三色版, の仏蘭西皿, の畳, の白, の空気枕みたい, の蓄音機, を買つて

▼ 廉いと~ (12, 1.1%)

1 [12件] いうが, いうでは, いうので, いう実際, は思った, 云うこと, 思い十円札, 思うと, 思ったが, 思って, 思つて居る, 思われようという

▼ 廉~ (10, 0.9%)

1 い, であると, なる樂天主義, なる獨創, な自由, に考へ, に買, に買つて, の諸, を重砲

▼ 廉なる~ (9, 0.8%)

1 に反し, はけだし, は君子たる, ももとより, も二十円三十円, 時節である, 点は, 者は, 釣遊なり

▼ 廉~ (8, 0.7%)

2 その株, を得 1 ことは, 價なり, 品物を, 石油の

▼ 廉くっ~ (8, 0.7%)

2 て味 1 ても乗り, ても仕事, ても高くっ, て何処, て巧, て腕車

▼ 廉~ (8, 0.7%)

4 それはね 2 お前また 1 大見平太等は, 甲斐源氏の

▼ 廉~ (8, 0.7%)

1 から的屋, に著き, に託せられるであらう, の留守, をあづかり, を監, を辞し, を過つた

▼ 廉~ (8, 0.7%)

2 が飛び込ん 1 おちか, の云, の後ろ, の言葉, の話, も訝かしげ

▼ 廉~ (7, 0.6%)

1 おまつ, がア, 売るの, 売るので, 売れそう, 売れと, 負けと

▼ 廉~ (7, 0.6%)

2 のを 1 人であった, 供給を, 札を, 肥料の, 酒は

▼ 廉かった~ (6, 0.6%)

1 から, からね, ことを, と頻りに, に相違, もので

▼ 廉によって~ (6, 0.6%)

1 この春, 再び帰参, 同罪であるべきであった, 拘引された, 死刑の, 窃盗犯としては

▼ 廉いも~ (5, 0.5%)

1 なあ, のさ, のでご, のでちっとも, の買い

▼ 廉~ (5, 0.5%)

1 が視察, である, の方, の部隊, 相助け

▼ 廉州先生~ (5, 0.5%)

1 が遅れ馳せ, はまた, はまだ, は王氏, も来られる

▼ 廉立った~ (5, 0.5%)

1 悪いこと, 様子も, 瑕瑾が, 落着を, 過失が

▼ 廉ある~ (4, 0.4%)

1 も直に, 奴か, 生活の, 興行でなく

▼ 廉くし~ (4, 0.4%)

1 たので, て盛, て私等, て馬

▼ 廉卿氏~ (4, 0.4%)

2 の宅, は世

▼ 廉いや~ (3, 0.3%)

1 こりゃ, これや, 矢張目が

▼ 廉きもの~ (3, 0.3%)

2 この低い 1 故とりわけ

▼ 廉~ (3, 0.3%)

1 いえば, ひとしい程度, 洪将軍と

▼ 廉とは~ (3, 0.3%)

1 まことに不思議, 利を, 彼に

▼ 廉子さま~ (3, 0.3%)

1 です, でなければ, へまた

▼ 廉~ (3, 0.3%)

1 を供給, を纔, を買っ

▼ 廉~ (3, 0.3%)

2 または逐索術 1 が証明法

▼ 廉あっ~ (2, 0.2%)

1 て上官, て召捕らね

▼ 廉いか~ (2, 0.2%)

1 わからない位, 知れませんです

▼ 廉いこ~ (2, 0.2%)

2 とはない

▼ 廉いに~ (2, 0.2%)

2 相違ない

▼ 廉~ (2, 0.2%)

1 こと云は, ものさな

▼ 廉くぐり~ (2, 0.2%)

2 さへ

▼ 廉くない~ (2, 0.2%)

2 関係から

▼ 廉く借り~ (2, 0.2%)

2 てゐた

▼ 廉けれ~ (2, 0.2%)

1 ば上海玉, ば醜業婦

▼ 廉~ (2, 0.2%)

1 からお, よ

▼ 廉という~ (2, 0.2%)

1 人物, 者が

▼ 廉などの~ (2, 0.2%)

1 比較は, 烈しい矢

▼ 廉により~ (2, 0.2%)

1 次の, 軽くて

▼ 廉~ (2, 0.2%)

1 廉などの, 廉に

▼ 廉入道~ (2, 0.2%)

1 がそう, にわたす

▼ 廉~ (2, 0.2%)

1 である, の楷書

▼ 廉坊おまえ~ (2, 0.2%)

1 か, は村

▼ 廉~ (2, 0.2%)

1 之明後十七日県下発, 之明後十七日県下登

▼ 廉立つた~ (2, 0.2%)

1 時に, 瑕瑾が

▼ 廉~ (2, 0.2%)

1 の立った, の立つた

▼ 廉~ (2, 0.2%)

1 を事, を重んじ

▼ 廉葡萄酒~ (2, 0.2%)

1 だけは客, の外

▼ 廉~ (2, 0.2%)

1 に代う, は年八十

▼1* [125件]

ある如く覺えらるれ, 廉あれば後, 廉いが中にも廉いもの, 廉いが人間のする, 廉いしたとえ繭, 廉いしなにしたって, 廉いしろ物である, 廉いし虫の仲間, 廉いで有名な, 廉いといへる諺に, 廉いところへ引, 廉いのもございます, 廉いもんだからしょっちゅう, 廉いもんだつせ本は, 廉いもンだと, 廉いようであるがその頃, 廉いようですがあれ, 廉いんで大, 廉いんだな, 廉い様である, 廉い買い場所に, 廉うしとくれ, 廉うては良い, 廉おしろひのに, 廉ない, 廉かったら宜え, 廉かつたんだすやろ, 廉からず蔬菜, 廉きがゆえに旅客, 廉くいたさせるのが, 廉くお売りなさいだが仲間入, 廉くお買いなすって下さり, 廉くつて親切, 廉くも出來るの, 廉くやんべえ, 廉く引き取るような, 廉く見つもっても七八十円, 廉売って, 廉ぐって買うもの, 廉しにつき立った山腹, 廉に吃驚, 廉さま以下の御家人, 廉品も, 廉すぎましたよ, 廉すぎると頻りに, 廉その割には, 廉だけで生きながら, 廉字だ, 廉であるならばのんき, 廉であろう伯耆は, 廉とか迅速とか, 廉とが結合した, 廉とれて人, 廉なく公然離縁, 廉なしと言渡しつ, 廉なぞあろう筈, 廉などほとんど洩れなく, 廉などという人々や, 廉なり亜米利加種の, 廉によつて今日拓務大蔵三井三菱に, 廉ねるか湯氣, 廉ものだからと, 廉タバコや西洋蝋燭, 廉一氏の監, 廉一重の奥, 廉三さんの公邸, 廉に小生, 廉伊沢五郎逸見冠者光長などが甲斐源氏, 廉位植字の形式, 廉ノ地ヲ, 廉使劉在園, 廉で引, 廉價本は恐らく, 廉價至極ならずや, 廉入道長閑斎というあの, 廉の官吏, 廉半襟を買, 廉原隼人内藤修理菅沼刑部などの隊, 廉な茶塗り, 廉堀藤次親家の三人, 廉売り投げ売りを, 廉多き国民之, 廉大槻修二小澤圭二郎久保吉人の諸氏, 廉大見平太佐々木高綱堀藤次などのわずか, 廉天下の議論, 廉太出で去る, 廉太浜木万籟を伴, 廉が抽斎, 廉子あたりから内々, 廉子さまはじめ二十人もの妃嬪で御, 廉子たち三名の妃, 廉子はじめ後宮の女人たち, 廉子以下あまたな女御, 廉子鈴を引け, 廉宗形直蔵というよう, 廉宣仲云ふ此, 廉封筒だ, 廉将軍の三遺失, 廉少なからざるに, 廉にし, 廉張った顔とが, 廉の老, 廉慈善を説かん, 廉なニッカーボッカー, 廉操院という, 廉更紗のカーテン, 廉毅忠果の性格, 廉の文章, 廉煙草の三百本, 廉物許りであるが, 廉貪魚瞰鶏睨, 廉白粉の人込, 廉相立候樣御受可, 廉穴山梅雪原昌胤菅沼定直などの三千五百余, 廉立ったおちつきを見せた, 廉耻心のない, 廉耻的の人間, 廉術等から幾何学的, 廉術逐索術零約術, 廉はこれ, 廉の胆入り, 廉過ぎるくらいである, 廉を飲む, 廉頗李牧に優る, 廉高直なる代物