青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「庄吉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

広~ ~広い 広い~ ~広く 広く~ 広告~ ~広場 広場~ 広間~ 庄~
庄吉~
庇~ ~床 床~ 床の間~ 序~ ~底 底~ ~店 店~ 店先~

「庄吉~」 1111, 11ppm, 10079位

▼ 庄吉~ (427, 38.4%)

5 俯向い, 急に 4 左手で, 手を, 自分の 3 微笑し, 縁側へ, 黙って

2 [51件] こういっ, こう云った, その時, それを, なにも, まだそこ, もう四十, よろめいて, マダムの, ヨロヨロヒョイヒョイ突かれ押され, 一刀両断水も, 一時その, 其処に, 南玉が, 南玉の, 口惜しさ, 右肩を, 周章てて, 土間へ, 夢を, 大よろこび, 妙に, 孤高の, 後輩の, 怒り心頭に, 懐から, 按吉に, 有頂天に, 泣き乍ら, 泥酔した, 深雪に, 片手で, 益々有頂天, 相変らず, 真赤な, 真赤に, 眼を, 立ったまま, 笑いながら, 笑った, 腕を, 膝に, 転々と, 近代作家の, 近代日本文学の, 部屋の, 都を, 酔っ払うと, 酔つ, 頻りに泊る, 首を

1 [294件] あからさまな, あがって, あたり構は, あのよう, いきなり番頭, いっそう蒼く, いった, いつしかそれら, いつしか新, おせんより, おどろいた, かっとなった, がばとはね起きた, きっと死ん, ぐらっと右手へ, ぐんぐん近づい, こういい, こう云っ, こう南玉, このままこっち, じっと深雪, じりじり近づいた, すっかり安心, すっかり逆上, すっと身, そういう自分達, そういっ, そう云いかけ, そう云いすて, そう云っ, そう云われた, そこでそっと, そっと炭俵, その声, その夕闇, その後姿, その日銀貨, その明くる日, それきり黙, それきり黙っ, それでも腕, それまで, それまでと, そんなこと, ただむやみ, だんだん俯向, ちやうど, ちょうど爪先, ちらっと二人, ちらと, ついでに, ながいこと, はらはらと, ぱっと明るい, ひどく蒼い, ぶらぶら歩き, ぺろりと, また大留, まつたく下手糞, もういい, もうどうにかしなけりゃいけない, もう何, やっと気, よく外, よく小母さん, ドカ, 一人で, 一昨日から, 一生懸命であった, 一種の, 一足退った, 丁寧に, 三田の, 上って, 上り口で, 上座に, 世の, 両手を, 主人の, 乱れた髪, 二三度起される, 二人の, 二目まで, 五十を, 仕事場で, 付人じゃ, 低い声, 何だかお, 何と, 何とも答えなかった, 何んとか, 何気ない風, 例の, 俯向いた, 元気よく, 入ろうとして, 全然すまな, 全然すまながっ, 八時頃弁当を, 其処から, 其日お茶の, 利ぎすました, 勇ましい頭, 勢いよく立, 十銭だけ, 危険の, 去って, 叫んだ, 右の, 右手の, 右手を, 右袖を, 合羽の, 同じ浅草, 呟いた, 呟くと, 呼吸を, 唄いながら, 唇に, 商人に, 土手を, 土間を, 堅吉や, 壁際に, 声を, 夕方一人で, 大きい声, 大声で, 大阪の, 太平の, 太平を, 女達を, 学生時代に, 宗慈寺に, 宿を, 小太郎に, 小太郎の, 小太郎へ, 小母さんから, 小母さんの, 小鬢の, 少しずつ, 屡々長い, 崖を, 巣鴨の, 左手の, 左手を, 巾着切として, 常よりも, 幸太より, 広い社会, 床柱へ, 座敷の, 廊下へ, 強く低く, 彼の, 彼女の, 待って, 微かに, 心の, 心臓の, 怖, 思った, 思ったが, 怠けて, 急いで, 愛人なし, 慇懃に, 慌てた口つき, 懐の, 懐へ, 懐手の, 手さぐりに, 手首の, 投げるよう, 指を, 振向き, 教えられた方, 斬られた腕, 斬られる, 暫くの, 暫く階段, 本当に自分, 格子戸を, 棟梁の, 棧の, 横目で, 機械ブローカーで, 欄干へ, 武家育ちの, 歯を, 殆ん, 気がつかずに, 気性と, 決心した, 泣きながら, 泣き声を, 泣声で, 泣声を, 泥溝板を, 流れ雲, 浴衣の, 涙を, 淋しい心, 深雪と, 深雪を, 温い焼, 湯槽から, 満足した, 源公へ, 炭俵へ, 無言の, 無闇に, 狂つた, 狂的に, 田名部の, 男が, 畳廊下を, 痛さ, 白雲頭の, 白鞘を, 直に縛られ, 真暗な, 眩暈の, 眼の, 眼も, 睨みつけた, 睨みつけるよう, 知らぬでも, 短刀を, 稀にしか, 立ちかけた, 立って, 立上った, 笑ひ, 答えた, 箪笥の, 節を, 絶叫した, 緩かに, 縁側に, 縁傳ひ, 縛られて, 繰返し言ふ, 義観へ, 耳を, 職人の, 肩を, 脅え切って, 脅え切て, 腹這いに, 膝まで, 自分ぐらいが, 自分さえ, 自分へ, 自然に, 色男だ, 若くて, 若僧の, 落着き払つてゐ, 蒲団の, 薄暗い大門, 薄笑いを, 表の, 袖を, 襖を, 襖越しに, 見えぬ手, 見た, 見て, 見出さるる度毎, 触れまいと, 警察の, 走って, 足を, 足許を, 蹴られて, 身を, 躱された刹那, 転がるまいと, 返事も, 追究しよう, 逆上し, 野獣の, 長いあ, 階段の, 障子を, 隣り町, 隣家の, 雨の, 静かに, 頭の, 頭を, 首の座に

▼ 庄吉~ (208, 18.7%)

10 顔を 6 ことを, 袖を 5 姿を 4 顔が 3 帯を, 掌の, 方を

2 [25件] あとから, うしろへ, ために, 作品では, 前に, 友恋し, 友情を, 口から, 右手を, 如くに, 嫁に, 小学校時代からの, 小説の, 手に, 手を, 方が, 東京に, 母は, 母訓導あがり, 消耗衰弱は, 肩を, 言葉は, 言葉を, 近作を, 部屋で

1 [118件] あの死物狂い, いうこと, いうの, ことで, ことよりも, この癖, しゃがんで, たくましい腕, ところにも, ほうが, ほうへ, まえに, もとへ, ようすが, 二の腕の, 二人の, 仕事振りを, 佇んで, 側に, 元気な, 冴えた腕, 凄い見幕, 前へ, 勢い込んだ声, 危険さに, 友情の, 名を, 呼んで, 哄笑だった, 喋って, 声が, 声だった, 声であった, 声でない, 声と, 外に, 姿が, 姿とは, 家へ, 寝息を, 寢息を, 左右へ, 左手に, 左手へ, 帯へ, 引こうと, 影によ, 後ろには, 後方に, 心に, 心を, 志に対して, 志も, 性格に, 恋も, 悲痛なる, 意気込みに, 愛に, 手が, 手首から, 控えめな, 朋輩が, 未来の, 本心じゃあ, 枕頭へ, 枯れた芸, 棄身な, 沈んだようす, 涙が, 父母の, 狙った印籠, 生活が, 生活と, 用心から, 用意は, 田舎訛の, 疑いが, 目にや, 目は, 真心を, 眼と, 眼とが, 眼の, 眼も, 眼叫び, 碁笥の, 突きを, 立去ったあと, 答えの, 細い目, 結婚が, 置いて, 聴かされた通り, 肩へ, 胸の, 腕が, 腰を, 腸を, 蒼ざめた顔や, 蔭に, 表情に, 言葉からは, 言葉が, 話を, 踊を, 蹤けて, 身の上は, 身代りとして, 身代りに, 身体が, 野郎め, 野郎毎朝眼が, 頤を, 顔から, 顔とを, 飛びかかって, 首筋に, 髻を

▼ 庄吉~ (155, 14.0%)

2 [14件] いつた, ふりむいて, 下駄を, 偶然その, 口を, 家の, 振向いて, 暗然腕を, 深雪を, 立上った, 腕を, 自分を, 話の, 騙しに

1 [127件] あんなに, あんな前身, いた, いった, いつも買い, おせんを, おもて, お久美, くさしつける程, くっつきましては, こう叫ん, こう叫んだ, ここまで, こんな不貞腐った, さう書きさ, すべつてころんだ, そう云っ, そう書き, その島, それを, ちょっと意外, とんとん歩い, ぶらさ, ぶらさがって, また大きな, みるみる使, みるみる使い果し, もっとからかわれ, もつとからか, やつれ果て, やつれ果てて, 一々挨拶, 一人に, 一寸ずつ, 一足踏み出した, 下から, 云うので, 何うし, 余りに近づきすぎ, 先へ, 入口を, 其儘下を, 其奴の, 出て, 十日ほどの, 去って, 叫んだ, 叫んだが, 叫んで, 向うの, 向ふ, 囁いた, 土色の, 土間へ, 夢に, 大きな声, 大旦那, 大留の, 大阪から, 孤独な, 小声で, 小太郎の, 小藤次, 尾羽打枯らした, 常に太平, 庭掃に, 引かれみしたと, 心配し, 怒鳴った, 怒鳴った時, 急に, 惨殺され, 手を, 指さした, 振り切るはずみ, 振向くと, 振返って, 敷居に, 斬られた, 暗い土間, 書生の, 月曜の, 来た, 来て, 梶平の, 欠伸を, 次の間で, 欺した, 止めた, 歩きかけると, 死んだ, 殺されます, 江戸へ, 真剣に, 眼を, 短刀を, 立上りも, 立上る, 立止まった, 第一, 答えた, 紐を, 絶えず側, 縞の, 老人くさく, 聲を, 肩を, 臥て, 自分が, 行こうと, 袖を, 襖の, 見て, 見上げた, 言つてゐた, 訪ねて, 話して, 詳しく物語っ, 走り出した時, 起き上ろうと, 身体を, 近所へ, 追われてでも, 酒を, 頷いて, 首を, 髪の毛を

▼ 庄吉~ (58, 5.2%)

4 つれて 3 訪ねた 2 愛して, 梁から, 睨みつけて, 見た, 見て

1 [41件] お連れ, すかして, よべ, 一打ちに, 使いに, 入れて, 其処につき, 助けて, 呼留めました, 咎めた, 嫌っては, 家の, 庄吉さんと, 忘れて, 思うそれ, 愉快に, 慰めるの, 打ったり, 扶けて, 抱きだすやう, 抱きだすよう, 押えました, 押へ, 止める手付き, 殺すよう, 無理矢理に, 物影に, 生き返らせるん, 相手に, 睨みつけながら, 睨みつつ, 睨んだ, 睨んで, 縛って, 縛つ, 裏門の, 見たまま, 見てから, 見上げて, 追わそう, 黙殺し

▼ 庄吉~ (38, 3.4%)

2 まだ限度, 亦真, 招かれる

1 [32件] いること, しばしば来た, ちがってるし, つづけました, なんとなくあの, まったく狼狽, まつたく狼狽, もう口, よく知つて, 一しよ, 一度棟上げ, 其處までは, 力強いやう, 力強いよう, 南玉も, 同じ台詞, 妙子を, 富士春も, 居ないで, 微笑した, 承知の, 深雪も, 益満も, 聞かされたこと, 胸を, 蒼白に, 許して, 身体を, 逃出し, 進み出づ, 重な, 黙って

▼ 庄吉~ (36, 3.2%)

4 二人で 2 きては, 一緒に, 話して, 調べて

1 [24件] いい罪状, いうが, いやあ巾着切, 云うの, 云う者, 南玉と, 同じよう, 四人で, 幸太との, 悲しい問答, 掛り人の, 改めて米, 月丸とは, 松太郎という, 深雪とは, 深雪の, 申しやす, 申すやくざ, 私と, 自分との, 自分とは, 言ふんだ, 逢ったわずか, 都合よく

▼ 庄吉~ (32, 2.9%)

2 会って, 囁いた

1 [28件] あんなに尽し, なにか云っ, 云った, 五月蠅さを, 会いましたが, 会ひ, 出会った, 別れると, 南玉は, 同情する, 吾, 呼びかけて, 声を, 對し, 情なさ, 戸を, 打ち開けて, 打明けて, 振り向けようと, 會ひました, 案内させ, 発達し, 知られたくないし, 答えも, 語ったと, 返して, 逢ったの, 頭を

▼ 庄吉には~ (13, 1.2%)

2 その意味, 腹に, 都落ちを 1 何うし, 何の, 小刀の, 愛する者, 折角手, 気が, 耐えきれぬくらいに

▼ 庄吉さん~ (11, 1.0%)

1 [11件] お役人衆, か, が好き, が梶平, と呼び, のため, の腕, もこの, もこんど頭梁, を呼ん, 久し振で

▼ 庄吉~ (8, 0.7%)

1 一人が, 南玉へ, 向けた, 向けて, 手を, 揉手を, 眼を, 笑いかけると

▼ 庄吉~ (7, 0.6%)

2 ちかごろで 1 あつた, お角, かれは, ござりましょう, 無くなって

▼ 庄吉にも~ (6, 0.5%)

1 云わぬじゃ, 分って, 呑込め, 汝にも, 真心が, 逢いたし

▼ 庄吉~ (5, 0.5%)

1 お久美, つて知つてゐた, と分った, な, のへ

▼ 庄吉という~ (5, 0.5%)

1 寺男が, 手代が, 男か, 者が, 言葉が

▼ 庄吉から~ (4, 0.4%)

1 キミ子を, 愛されて, 放した, 聞かされた短い

▼ 庄吉といふ~ (4, 0.4%)

1 三十二三の, 名で, 男は, 道樂者だ

▼ 庄吉との~ (4, 0.4%)

1 あいだに, やって, 愛欲の, 暗黙の

▼ 庄吉とは~ (4, 0.4%)

1 その前後, 如何致す, 手を, 顔を

▼ 庄吉どん~ (4, 0.4%)

2 に半金 1 は店, は氣

▼ 庄吉~ (4, 0.4%)

2 これを, 現にあなた

▼ 庄吉からの~ (3, 0.3%)

2 手紙が 1 ことづかりもの

▼ 庄吉への~ (3, 0.3%)

1 同情を, 恩返しの, 挨拶を

▼ 庄吉~ (3, 0.3%)

2 うした 1 うする

▼ 庄吉お前~ (2, 0.2%)

1 はどう, 何故巾着切

▼ 庄吉この~ (2, 0.2%)

1 仇は, 爺も

▼ 庄吉でさえ~ (2, 0.2%)

1 ちゃんと礼, 疑って

▼ 庄吉とが~ (2, 0.2%)

1 すぐ口, 賛成しました

▼ 庄吉先生~ (2, 0.2%)

2 を訪問

▼ 庄吉夫人~ (2, 0.2%)

2 の訪問

▼ 庄吉頼む~ (2, 0.2%)

2

▼1* [55件]

庄吉真直な, 庄吉いい腕だ, 庄吉いろいろと世話, 庄吉かに見つかるであろう二人, 庄吉これをせい, 庄吉へも顫, 庄吉さん庄吉さんお役人衆, 庄吉しっかりして, 庄吉だけは末長う, 庄吉だって知って, 庄吉って野郎は, 庄吉っていうひと知ってる, 庄吉っ突いて, 庄吉ついて参れ, 庄吉であったから, 庄吉であろうとは夢にも, 庄吉でない外の, 庄吉ではないらしい, 庄吉でもつれて, 庄吉とか春吉とかの, 庄吉としては尤もな, 庄吉とで討取った, 庄吉などが不安と, 庄吉などはすっかり焦れ, 庄吉なんざあっさりした, 庄吉なんて大馬鹿野郎, 庄吉について出た, 庄吉はきゃアと, 庄吉までが彼女を, 庄吉め本堂の縁, 庄吉お香, 庄吉やってくれ, 庄吉よしませぬか, 庄吉よりもおせんには, 庄吉一世一代の仕事, 庄吉を救う, 庄吉お客様を, 庄吉今度はお, 庄吉共々に同じ, 庄吉同様又富士春同様, 庄吉周章てちゃいけねえ, 庄吉大変だ, 庄吉小太郎のところ, 庄吉恋しその内, 庄吉手前は馴染, 庄吉故郷に近く, 庄吉武家は徒ら, 庄吉死ねっと仰し, 庄吉決して兄を, 庄吉深雪に申そう, 庄吉無理はない, 庄吉爺さん栗の澁, 庄吉物騒なところ, 庄吉聞えるではない, 庄吉自身が一人