青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「広間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~幾度 幾度~ 広~ ~広い 広い~ ~広く 広く~ 広告~ ~広場 広場~
広間~
庄~ 庄吉~ 庇~ ~床 床~ 床の間~ 序~ ~底 底~ ~店

「広間~」 1376, 13ppm, 8359位

▼ 広間~ (438, 31.8%)

17 中を 15 方へ 9 中央に 8 中に, 中は, 中へ 6 ほうで, 方で, 真中に 5 まん中に, 入口に, 入口の, 隅の 4 中の, 壁に, 方に 3 うちは, ほうへ, 中では, 方から, 長椅子の, 隅から

2 [35件] うちに, なかを, まなか, まんなかに, まんなかを, デスクの, 一つに, 一方の, 一隅に, 一隅には, 上の, 中で, 中には, 中ほどに, 人ごみの, 前の, 向うの, 四壁に, 壁には, 左の, 左右に, 扉の, 方には, 方へと, 方を, 暖炉の, 煖炉の, 煖炉棚の, 真ん中に, 空気は, 空気を, 窓に, 隅へ, 階段の, 電気が

1 [235件] あちこちに, あっちこっちに, いくつか, うちには, うちを, お客衆は, お灯明, かべにはきれい, かべには生き, すそから, すみの, そこの, そのよう, ところで, ところどころに, どこかに, どこにも, どこを, なかに, なかは, なかばどころは, ならんだずっと, はじに, ひと側の, ほうから, ほうに, ほうへと, まんなかには, まんなかの, まん中の, みんなおお, むこうの, もう一つ, ようで, ような, ように, アーチの, ガラス戸越しに, ガラス窓いっぱいに, タイプライターの, テーブルが, ドアが, ドアーの, ドアーを, ナゲシには, ラヂオの, 一つは, 一同は, 一方に, 一方奥へ, 一隅で, 三方の, 上は, 上へ, 上座から, 上手の, 下座正面へ, 両側に, 中が, 中ほどの, 中や, 中央には, 中央は, 中央へ, 中央床柱を, 中央柱に, 中程から, 中程に, 中程の, 事です, 事務室の, 二階の, 人々が, 人たちの, 人に, 人びとの, 人動揺めき, 人声であった, 側壁へ, 傍に, 光景が, 光景に, 光景は, 入り口に, 入り口の, 入り口まで, 入り口近くへ, 入口で, 入口まで, 出口の, 別の, 前で, 前に, 前まで, 北側の, 十個処に, 卓上に, 博奕場に, 反対側から, 反対側の, 右と, 右側に, 右側の, 右端の, 向う側までも, 周囲には, 周囲の, 四方の, 壁から, 壁へ, 壇上装飾は, 声々は, 夏は, 外に, 外の, 外へ, 外を, 大きい写真, 大きい処, 大きなテーブル, 大時計, 大欄間, 大火鉢, 天井に, 天井には, 天井を, 奥に, 奥の, 客は, 客席に, 宴会席の, 寂寞と, 寄木の, 寒い一隅, 左には, 左半分は, 左右と, 左奥の, 左手の, 帽子かけには, 広さ, 床に, 床の間の, 床の間へ, 床を, 庭は, 彼方此方でも, 待合室で, 後には, 戸は, 戸口を, 戸棚を, 扉を, 揚げ戸から, 敷居の, 敷居を, 方でしょう, 方向で, 昂奮を, 明が, 明るみの, 時計が, 暗がりの, 暗中に, 有る事, 有様が, 東に, 松韻亭は, 板間に, 柱に, 棺中に, 椅子で, 椅子にかけて, 椅子の, 椽側からも, 様な, 様子を, 横手から, 次へ, 正面まで, 水欄には, 法廷に, 灯が, 煖炉棚に, 燈影は, 燭を, 片隅に, 片隅の, 畳に, 畳の, 畳へ, 畳を, 真中へ, 短かいほう, 神官の, 祭壇に, 空気に, 窓からは, 窓のみ, 窓は, 窓わくに, 窓越しに, 端に, 端へ, 紅い絨氈, 縁から, 蒸被を, 薄暗い奥, 裏へ, 裏廊下から, 襖や, 話などには, 議場では, 賭場仲間の, 近くに, 連中何事, 長椅子に, 閾を, 閾際まで, 陳列品は, 隅々に, 隅っこに, 隅では, 隅に, 隅や, 障子に, 障子へ, 隣りに, 隣室へ, 電灯が, 電燈は, 電話が, 電話の, 食堂を, 騒々しさ

▼ 広間~ (219, 15.9%)

6 集まって 4 いて, なって, 出た 3 入って, 残って

2 [14件] いた, いました, つれて, 一人残っ, 席を, 案内される, 案内した, 渦巻いて, 用意され, 群れたどの, 行くと, 這入って, 集って, 集めて

1 [167件] あつまったみんな, あつめた, あつめて, あふれた昼, ある例, ある藤花蘭, いたこと, いた幕僚, いる小人, いる間, おりた, お父さま, お見えなさらぬ, かくれて, かなりの, がんがん響く, ぎっしりつまってる, すわって, たった一つ膳, では, とぐろを, とびこんだ, とび出すと, なにか嘲笑, なりました, はいった, はいったとき, はいったマリユス, はいらせて, はいりそこ, はいりました, はや一同, ひっくりかえった時, まきちらす馬鹿騒ぎ, やって来て, カンヅメに, コーヒーが, ボンヤリし, 一同は, 一間四方の, 三つテーブルを, 主人と, 二つ三つ人間の, 二三人紋付羽織の, 二列に, 人が, 人影も, 伯爵は, 体躯逞ましい, 侵入した, 入った, 内蔵助の, 円陣を, 出て, 出ても, 出で, 出ました, 出南側, 十人もの, 取って返すと, 嘆く鉦, 四五人の, 坐って, 多数の, 大きい円形, 大切に, 大勢の, 大勢人が, 奏楽席の, 姿の, 安置した, 客を, 宮中の, 家来を, 寄合う, 居ながれた一同, 居残って, 帰った, 帰りました, 引見した, 張りだした廊下, 張り出されました, 待たされ受付, 戻った, 戻って, 招き主人, 招集され, 捜査本部を, 据えても, 据えられた棺, 控えて, 揺がす代り, 於てこそ, 案内されました, 残った四人, 沿うた土間, 泊った, 満ち溢れた, 溢れるほどの, 火鉢などを, 燈火が, 用の, 疲れきった二頭, 白木の, 皓々と, 監禁した, 眤として, 突ッ立つ, 立ちつくして, 立って, 立つて, 築き上げられる大, 簾を, 籠る薬, 紋付袴の, 網を, 線香の, 置いた幾つ, 群臣を, 翻る孔雀服, 聞えて, 聞える槍踊り, 臨みこの, 舞台が, 芝原氏は, 茣蓙を, 落ちついたの, 行って, 設けられたかけつらねた燭台, 詰めて, 話しこんで, 読書し, 赴いた, 起き揃ったらしい連れ, 辷りこんで, 這入ったとき, 通された, 通されたとき, 通されました, 通した, 通じる扉, 通って, 運びこませて, 過ごした, 達した, 酔いつぶれて, 鉢が, 陣取って, 陳列され, 陳列棚が, 隠れこんだり, 集った捜査陣, 集った時, 集まった城中, 集まった時, 集まりつつ, 集まり朝倉先生夫妻, 集まると, 集り街頭, 青い顔, 響いて, 顔を, 食事を, 食卓の, 飾って, 駆けこんだ, 駆け込んで

▼ 広間~ (157, 11.4%)

12 入って 5 戻って 4 はいって, 出て, 来て, 連れて 3 通された, 降りて

2 [12件] おりて, つれて, もどって, 下りて, 姿を, 戻った, 来ると, 案内され, 現われた, 移った, 行くと, 通った

1 [94件] あがると, いらっしゃって, おいで, お集まり下さいまし, くばる, くると, ついて, でる, とおりました, ぬけ大きい重い, はいりました, ひき出して, ふたりの, みちびいた, もどりかけたが, やって, トントンと, ドミトリイ・フョードロヴィッチが, 一番には, 上りこちら, 上ると, 入った, 入つて, 入り込んで, 入る前, 出た, 出たらしく居合, 出た時, 出ました, 参りましょう, 呼び入れると, 呼び出されて, 呼び集めた, 帰って, 帰つて来る, 年順に, 広間から, 座を, 引き出せ, 影の, 彼を, 忍び込み斎藤老人, 思いのほかの, 急遽幕僚, 戻った波瑠子, 戻り由子, 戻ると, 房枝が, 抜けて, 担ぎ込んで, 招じ入れた, 持ち去って, 来た三人連, 案内された, 案内した, 案内しました, 母親が, 流れて, 海老塚医師を, 溢れて, 溢れ出して, 現れたの, 由良婆さまが, 移って, 移ってからも, 移り互いに, 立ち戻って, 立った, 縦横十文字に, 自分を, 舳を, 行かなければ, 行くの, 行く途中, 行こうと, 行った, 行った時, 行って, 行ってな, 趣いた, 這入って, 通された百合子, 通して, 通すか, 通すかも, 通ずるガラス扉, 連れ戻った, 進むにつれ, 釜が, 集って, 集りましたから, 集りまして, 駆けこんだ, 駆けこんで

▼ 広間~ (107, 7.8%)

12 出て 4 横切って 3 出ると, 通って 2 かけぬけたり, のぞくと, 出た, 見下ろした

1 [77件] いれて, うろついた夕方, うろつきまた, くまなく, さして, さして行きました, しらべて, すぎて, すべり出て, そのまま使っ, つくりそれ, とおって, ぬけて, のこらずかけぬけました, のぞく, ふらふら歩き, ふわふわと, みたして, よこぎって, ウロウロし, メルキオルの, 一周する, 一瞥し, 三つ四つ打っこ抜い, 予約し, 借りきって, 借りて, 借りること, 兵士らに, 再び捜査本部, 出たが, 出なかった, 占めて, 去った, 去ること, 垣根としては, 填むる, 大きな永遠, 奥の, 廻って, 往っ, 御寝所に, 抜けて, 控えて, 日本酒に, 昼の, 横ぎって歩い, 横ぎって玄関の, 横切り居間, 横切ると, 歩くよう, 死の, 浄め燭を, 浸して, 渦巻く燃え上るよう, 片付け料理場, 目指しカーテン, 碁会に, 窺うと, 行進し, 見たかったの, 見て, 見まわした, 見ると, 見渡した, 見渡すと, 覗くと, 覗けば, 通らないよう, 通らぬよう, 通らねば, 通り抜けた, 通るたんび, 造った, 飛び出しました, 飾り礼拝所, 鳥の

▼ 広間~ (93, 6.8%)

2 広沢八助

1 [91件] いま玉音の, おそくまで, お加代さま, お待ちかねの, お待ち願う, お茶を, したたかに, すること, そこに, その西廻り航海, へだてられあちらこちら往来, めずらしくも, もうズーッ, よんで, イヴニングを, カロムに, ピアノを, ポルカを, マホガニーの, 三人が, 三人の, 不動さまへ, 不思議な, 主人と, 五人の, 五月の, 俳句や, 光秀を, 出合ったこと, 十三世紀の, 呼ぶ声, 四壁には, 墓参の, 夜明しの, 大池を, 天井に, 天井も, 女の, 客と, 宴と, 宴会を, 家臣の, 小さい灯影, 巨大な, 帰って, 幾つもの, 御馳走を, 明智小五郎と, 昼食と, 時間を, 有難いお, 条野採菊翁の, 校長肝入りの, 椅子に, 毎日土地の, 沈んで, 活溌な, 灰色の, 無料, 煖爐の, 甲斐に, 白いイヴニング, 白布の, 白衣を, 私と, 競馬の, 簡潔な, 籐椅子を, 細君たちと, 老人が, 舞踏の, 良人や, 芝居が, 芝居に, 芝居の, 花月床に, 蝋燭の, 行われた, 贅沢な, 跡目披露を, 踊りましょう, 踊りやがて, 酒を, 酒宴が, 開かれた素義大会, 開かれると, 面白がっ, 願いましょう, 飯を, 飲むよう, 魔女ハーガーが

▼ 広間~ (61, 4.4%)

2 人で

1 [59件] あかあかと, あけはなされて, いっぱいの, いよ, がらんとして, くすんだ色, こうも, しんと, そつくり待合室に, ただもう, ただ森閑, ちょうど結婚式, どこの, どんなよう, なんマイルにも, なんマイルも, ひそと, ひろびろと, もうすっかり明るく, ガランとして, ケビンの, ベルサイユの, 三十帖ばかりの, 事件当時と, 俄に, 元の, 全く不用, 六フィート四方深, 前に, 十分に, 四十フィートに, 壁が, 大きな長め, 奥行も, 帽子掛けや, 広々と, 店から, 彼の, 彼是二十二三畳も, 恐らくニュウファウンドランド全島, 昔は, 暖かで, 暗澹たる, 書院窓竹窓などから, 木の, 杉で, 殺気立った, 深い眠り, 澄んで, 目の, 真の, 礼拝堂であった, 私が, 蓮の, 表徳当月の, 見ちがえるほど, 談話会の, 賓主従一堂の, 通りぬける

▼ 広間には~ (59, 4.3%)

13 いって

1 [46件] あかりが, あかりがぞ, いっせいに悲し, いませんでした, いる, いると, この秋, これも, できるだけいたく, ところどころ護衛, まぶしい反射器, まんなかに, むやみに, もう暮色, リット少将が, 一列に, 丁度此時, 五つも, 五色の, 今五十名余りの, 今夜の, 令嬢や, 伯父さん伯母さんの, 光秀の, 全体何が, 凡そ二十脚ほどの, 医師の, 古典の, 唯朝日, 壁画が, 多数の, 大きな墨絵, 大ぜ, 居なかった, 床几が, 敷物や, 日本酒も, 明りが, 歌声と, 比ぶべく, 流血の, 燃えるよう, 痩身左腕の, 種々な, 鏡中看, 長き食卓

▼ 広間~ (40, 2.9%)

4 あった 3 あって 2 ある, つづいて

1 [29件] あいたま, あいて, あいてるから, あてられて, あらわれました, あること, かねがねきい, じゅんに, その店, ないので, のぞけました, ぱッと, ひっそりし, また賑やか, みえました, イギリスの, ローソクの, 一刹那真の, 埋まるほど, 審理所に, 彼の, 手術室だ, 暗くなっ, 暗黒に, 水底から, 百いじ, 私共の, 見える, 見えテーブル

▼ 広間から~ (30, 2.2%)

4 出て 2 直ぐ二階

1 [24件] さっさと退出, はじめてうち, ワーリャ登場, 一ぱいに, 二階へ, 俄に, 兄の, 客間へ, 広間へ, 広間へと, 廊下へ, 持って, 木の, 玄関へ, 男声ばかりの, 見あげる位置, 見えたひろい, 追いはらわれたの, 追い出すこと, 退るとき政岑, 退出した, 音楽の, 飛んで, 黙って

▼ 広間~ (20, 1.5%)

1 [20件] うすぼんやり, おぼしき燭, きまった, こことは, し燈火, その横, その次ぎ, なり地上, なり奥, ヴェランダの, 区切られた客間, 同じよう, 土間とに, 客間でした, 次の間と, 短い階段, 絵の, 縁側とで, 縁側とに, 邸じゅうを

▼ 広間では~ (19, 1.4%)

2 ユシュルー上さんと

1 [17件] お姫さまが, もはやどんちゃん騒ぎ, グラン・ロン, 一月の, 五人づれの, 五人の, 人々は, 今しも, 出るにも, 十名ばかりが, 広すぎ, 愉快そうな, 舞踏会が, 誰も, 賑かな, 非常に, 飲み食いと

▼ 広間~ (10, 0.7%)

1 サンタクロースの, 主人たちの, 便所に, 屋上や, 廊下には, 書院の, 納戸や, 絵を, 若夫婦, 華麗な

▼ 広間じゅう~ (8, 0.6%)

1 にひろがった, に響きわたる, のざわめき, は数々, をぐるぐる, を営々, を明るく, を這いまわっ

▼ 広間にも~ (8, 0.6%)

1 その二つ, まだ何人, 人が, 客は, 客間にも, 廊下にも, 止まらずに, 玄関にも

▼ 広間へと~ (7, 0.5%)

1 そっと忍ん, 呼び出される時, 消えこんだ, 移って, 通り抜けた, 連れて, 門番が

▼ 広間いっぱい~ (6, 0.4%)

1 にこもりました, にふるわせ, に人, に声, に綱, の甲冑

▼ 広間まで~ (6, 0.4%)

1 その声, 二人の, 出迎えたところ, 参って, 迎えに, 通った

▼ 広間~ (6, 0.4%)

1 あるという, すでに湯屋, 人工で, 周囲の, 穴ぐらも, 見えます

▼ 広間へは~ (5, 0.4%)

1 いつて, いるなり, ゆかずそのまま, 明, 来つけて

▼ 広間~ (5, 0.4%)

1 につたわり, にひろがっ, に流れ, の灯, の黒い

▼ 広間にて~ (3, 0.2%)

1 会談し, 余の, 茶を

▼ 広間全体~ (3, 0.2%)

1 の人々, の畳, をどっしり

▼ 広間~ (3, 0.2%)

2 被仰 1 の頭

▼ 広間ででも~ (2, 0.1%)

1 あったの, 振舞うこと

▼ 広間でも~ (2, 0.1%)

1 このこと, 借りなければ

▼ 広間~ (2, 0.1%)

2 のです

▼ 広間なら~ (2, 0.1%)

1 まだいい, 広間全体の

▼ 広間よりは~ (2, 0.1%)

2 古風を

▼ 広間正面~ (2, 0.1%)

1 の舞台, へ並んだ

▼ 広間番格奥~ (2, 0.1%)

1 御医師, 御医師石川貞白五十八

▼1* [49件]

広間あたりから夜な夜な, 広間ある庭園ある, 広間あるいは一種の, 広間からくらいじめじめした, 広間からは晃, 広間からも芸妓が, 広間じゃ大騒ぎです, 広間じゅう撒散したよう, 広間すると女王, 広間せましと舞い立った, 広間その中に, 広間だけが空いて, 広間であってシムトン会長, 広間でありこの主人, 広間であるお浦, 広間でなく別な, 広間とかいったよう, 広間とから成って, 広間とでもいうよう, 広間とともに一階を, 広間との境には, 広間なる大酒盛り, 広間についていて, 広間にへいつくば, 広間にまで聞こえて, 広間のこらずかけぬけました, 広間より書院に, 広間らしく水の, 広間をもてらして, 広間一ぱいにひろがる, 広間一面に血, 広間三ヵ所でひらかれ, 広間中一杯に漲, 広間中裾から火, 広間二十一の塔の間, 広間京間の十畳, 広間ひの, 広間天井をつきぬけてる, 広間小間にはまた, 広間床の間を背, 広間廻す六枚屏風, 広間徹りて家裏, 広間戦っている, 広間書院の床下, 広間書院錠口より奥向き, 広間球突場になってる, 広間として是非, 広間血なまぐさい服を, 広間酒その他の平和的軍需品