青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「幹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~年齢 年齢~ ~幸 幸~ ~幸い 幸い~ 幸子~ ~幸福 幸福~ ~幹
幹~
~幻 幻~ 幻影~ 幼~ ~幼い 幼い~ 幽~ 幽か~ ~幽霊 幽霊~

「幹~」 2773, 27ppm, 4363位

▼ 幹~ (502, 18.1%)

13 間から 12 間に 8 まはり 6 太さ, 間を 5 かげに, 上に, 中に, 白い珊瑚, 蔭から, 蔭に, 頂に, 高さ 4 ほうへ, ような, 下に, 松が, 松の, 間で, 陰に 3 あいだに, ところに, ように, 上の, 下の, 中で, 皮を, 穴に

2 [31件] あいだから, あいだを, いちばん近い, うしろから, うつろに, ごとひわれ, ところを, やうに, 一つ一つに, 一所へ, 上で, 下半分, 中ほどから, 側に, 周囲を, 堅さ, 影と, 手を, 手紙で, 日記が, 朽ちて, 根元の, 根方に, 皮は, 細い樹, 蔭で, 記憶する, 陰から, 隙, 頂上に, 馬でも

1 [303件] あたりを, あは, あひだ, いただきの, いろが, うえで, うしろに, うちに, うつろも, うつろより, うねりが, うら, かげから, かげの, くだりに, ぐるり全体, ことな, ことなど, ことも, ごく少しの, ごつごつした, さけめに, しっかりした, しんまで, すきまとい, すぐ前, すり傷衣裳戸棚の, そこ此処から, そばで, そばに, つとめを, つるつるした, でこぼこし, でこぼこを, ところから, ところは, なかばから, なほ我等に, ひと目に, ほそい分, ほの, まえに, まわりで, まわりに, まわりは, まわりを, まん中から, めきめき太, もとを, もの, やうな, やさしいそこ, よき処, 一点に, 一番下の, 一部だ, 一部を, 一部分だの, 一面に, 丁度楢夫, 上を, 上部で, 上部や, 下あたりには, 下で, 下は, 下へ, 下まで, 下を, 下蔭, 下部を, 両側から, 両方に, 並んだ奥, 中, 中から, 中では, 中とか, 中にも, 中へ, 中ほどまで, 中を, 中央に, 中程から, 中程に, 中頃から, 二三丈上よりは, 二大, 亭々と, 代理を, 傍に, 僅少な, 優雅さに, 先の, 先へ, 入る隙, 全長は, 内部の, 冷たい苔, 凋落樹の, 出入りする, 刀痕は, 分れの, 切れ目から, 列, 前へ, 力に, 半に, 半ばから, 半ばを, 半分は, 半分以上が, 半面に, 半面には, 半面を, 右の, 名は, 名を, 向うに, 向うへ, 向う側の, 周りを, 周囲が, 周囲に, 周囲三十八尺六寸根もとの, 周囲約, 地上三フィートばかりの, 地味な, 地面から, 堅い植物, 墓あり, 外に, 大きさ, 大きさ枝, 大きな若楓, 大半を, 大政て, 大部分, 太い四, 太い楡, 太さ三抱え, 太さ五ツ抱え, 姿態を, 実弟に, 少し高, 尖端に, 屋根から, 巨松が, 巨松に, 廻り一丈にて, 廻り一丈三尺關東第, 形にも, 形の, 形も, 形をも, 影などは, 影に, 影は, 影を, 彳んで, 後に, 後へ, 後ろに, 心は, 心を, 思いなしか, 手紙なら, 支えを, 政党が, 斡旋, 方から, 方には, 方へ, 方まで, 日記に, 日記は, 日記を, 映れる見れば, 曲りくねった松, 最下部, 木が, 木に, 木の, 木の下へ, 木ぶり面白い, 本性を, 本迄, 束を, 松杉の, 林立し, 染めたよう, 染めた樣, 柳でありました, 根は, 根より, 根を, 根元から, 根元は, 根許に, 梢が, 梢を, 様子葉の, 檐からも, 母, 母が, 母の, 母は, 洞の, 洞穴に, 清潔な, 湿った杉, 激しい思慕, 濡れた樹樹, 父が, 父に関する, 父は, 片膚, 特殊の, 生母は, 生肌二尺あまり, 男らしい処, 瘤まで, 瘤を, 白い松, 白い枝, 皮の, 直ぐ下を, 直径は, 直径二尺から, 直立と, 真中あたりに, 真中に, 真直に, 眺めは, 硝子じみた, 程よい高さ, 穴には, 空洞には, 空洞の, 立ち並んだ蔭, 立ち並んだ陰, 節くれ, 細長い木立, 組合員の, 続いて, 総量よりも, 縄を, 繊維で, 群立ちも, 老松の, 耳にも, 聯想を, 肌が, 肌は, 股から, 股に, 肢枝の, 腕に, 腹ちがいの, 腹には, 膚黒みて, 臭いが, 色が, 色に, 色の, 色は, 色土の, 色彩が, 色描き, 色赤けれ, 芯まで, 花の木が, 蔵するもの也, 行儀よく, 表皮から, 表面的な, 裂けたよう, 裂けた半面, 裂けた桜, 裏から, 見える庭, 見事さや, 記録には, 赤い縦, 赤い色, 軽く高いところ, 重なりて, 重り合った蔭, 間さし交した, 間には, 間にも, 間へ, 間や, 間一面に, 間我等の, 關係が, 雄々しい線, 青きに, 面へ, 頂は, 高い不思議, 高きこと一丈, 黒い松

▼ 幹~ (429, 15.5%)

13 手を 7 よりかかって 6 身を 5 抱きついて 4 倚りかかっ, 凭れて, 腰を 3 からだを, しがみついて, しばりつけて, ぶつかって, 添うて, 片手を, 背を, 身体を

2 [20件] かくれて, からんでは, つながれて, ぶっつかったり, 並んで, 住んで, 凭りか, 力を, 四五丁の, 弾かれて, 打衝つて度, 日の, 纏ひ, 近づいて, 遮られて, 隠れて, 雨が, 靠れて, 頭を, 額を

1 [322件] あてがって, あやしい情熱, あらわれるの, あるの, ある洞穴みたい, ある趣, いいました, いよいよ優しく, うつりだん, かくれそこ, かこまれたちょっとした, かじりつきながら, からげて, からみついたまま, からみついて, ここを, こじりつけると, こすりつけた跡, さわりながら, しかけた, しが, しがみつきながら, しつかと, しつかりとくつつ, して, しばつたま, しばらく背, しばりつけた, しばりつけられたかっこう, しばりつけ両手, しばり付けたふたり, しばり眠ると, しみの, じっとしがみつい, すがって, すがりつく事, すがりつつ, すがりつ攀登らん, すがり座間, すきとおる大きな, そうて, そのすきとおる, そのロープ, その青い, それを, ためいきの, ちょっと支えられた, ついたまま, つかまつたまま, つかまりながら, つかまり低い, つかまり内庭, つきさして, つき立っただけ, つき立った槍, つながれし若, つながれた丸木舟, つまって, できて, とげを, ところどころ太い, とりついて, なった庭, なって, のこって, はって, はりついて, ひそめるけら蟲, ひたと身, ひっくくって, ぴたりと, ぴったりと, ぶつかったり, ぶつかる, ぶつかると, まき付けて, またがって, まだ羽根, まつわりついて, もたせかけた, もたせかける, もたせて, もたれかかって, やさしくまつわりつい, よせかけて, よせかけ僅, よっかかったり, よりそって, シッカリと, ドシンドシンと, ハンモツクを, ピッタリと, ピッタリ身, ベタリと, リヤトニコフの, 一ツ宛丸裸体の, 一本ずつ, 一本の, 一痛打を, 一群の, 不断に, 両手を, 亀裂が, 互生に, 付いた態, 任か, 伝つてすぐ, 伝わって, 体を, 何か, 何の, 作つたため, 倚っかかり, 倚って, 倚りかかつて, 停って, 先鞭を, 全く科学的, 全身を, 其の指端, 其槍立てかけ, 凍つた, 凭せ掛けて, 凭つた, 凭掛って, 分れて, 切り傷を, 刻もうと, 刻んだ切痕, 削り花, 前脚, 千社札が, 半ばす, 半裸と, 卷きつけて, 取っては, 取りすがって, 叩きつけよ, 吊りおろされそれから, 名馬の, 向かって, 向っても, 咲く箇人主義, 喰ひ込む, 固結, 在るの, 執っつきはじめた, 執ついて, 塩を, 大釘, 妙な, 姿を, 宝石の, 宿を, 寄りそった, 寄り添うて, 寄席の, 密生し, 対って, 射して, 小孔, 届くかと, 山葡萄や, 巻いて, 巻きついて, 張るしめ縄, 当って, 当てて, 微暗い, 恁懸つてご, 悄然と, 手斧を, 打ちこんだもの, 打ちつけ蝋, 打ち当てつ, 打っつかりもうこ, 打つ付, 打当つるなど, 払われて, 投げかけた片手, 抜き身, 抱きついた, 抱きついたまま, 押しつけられて, 捲いて, 掌を, 掴まって, 掴まつて, 摺れて, 攀らんとして, 攻めよれば, 斜めの, 斜陽が, 新しい枝, 映しながら, 春は, 月を, 月光が, 朝日の, 札を, 朽ち込み大穴, 松の, 止ってるやつ, 止めを, 比して, 汝突き刺した, 注射する, 注連縄を, 注連繩を, 洞穴でも, 深く刺さり込ん, 添って, 添つてまつ, 添ふて, 爪を, 獅噛みつこう, 由り疑獄, 疵つけ徒長を, 疵を, 痛, 瘤の, 登って, 登らんとして, 登りかけ候処, 登れるか, 白いきのこ, 皮を, 真っ赤な, 真白な, 砒石を, 私が, 移ると, 稲の, 穴などを, 突きあたりながら, 突き当つたり, 突き立てる身構え, 突っ張った片手, 突っ立っ, 突当つたり, 立たせて, 立ちました, 立った振袖, 立って, 立てかけ, 立札し, 笠を, 結いつけて, 結びこれ, 結びつけた, 結びつけた兵古帯, 結べるは, 絡んだり, 絲の, 緑の, 縋つて, 縛し終ると, 縛って, 縛らせた, 縛りつけ雨ざらし風ざら, 縛り附けた, 縛り附けられて, 縫いつけて, 繋いで, 繋ぎけり, 纏い附こうと, 纏つては, 纏わる, 耳あて, 耳を, 聖母の, 背中を, 腕組を, 腰かけたまま, 腰かけて, 腰掛くる, 自分の, 花が, 苔厚く, 若様が, 落ちる, 葉に, 蔦ひかり見, 藤の, 虫が, 行燈を, 触れた, 赤い粘土, 躯を, 軽く身, 輪生し, 近いところ, 近き者, 近づくと, 道化た, 遮られ山, 釘付に, 鉄の, 鉛丹色の, 鉞を, 鋸を, 長く深い傷, 関した記事, 附けて, 陽光が, 隠されすぐ, 隠すよう, 隠れたし, 隠れ枝, 隧道を, 電撃を, 電灯の, 電燈の, 震えついた, 青蛙の, 靠れか, 顔を, 飛びちりながら, 飛び上った, 飛び付きそれ私, 馬を, 駈け寄り幹

▼ 幹~ (385, 13.9%)

5 叩いて 4 ぬうよう, 斜に 3 して, 楯に, 眺める, 背に

2 [23件] かけて, かすって, しぼつ, すかして, たたいて, ちらしおく, つたって, はなれて, まわって, 仰ぎながら, 伝って, 伝わって, 削る, 叩いたので, 叩きながら, 小盾, 廻って, 想像する, 手で, 抱いて, 照らして, 見せて, 見て

1 [314件] あがったり, あちこちと, あらは, あらわして, あんなにスルスルのぼる, いふ, おとした旧, かき抱き, かじっても, かつぎあげました, きって, くねらした赤松, くねらせて, くねらせまた, くるっと, ぐつと曲ては, ぐるぐる廻っ, さすったり, さすれば, しきりに撫で廻す, しばしば見出すであろう, し踏みぬ, じっと眺め, じつにりっぱ, じつにりつぱだとおもひました, すかすと, すくすくと立てならべ, すべって, すべり, すべりおり下, するすると, せかせかと, その紐, たしなめるの, たたいた, たたきなど, たわめて, ちょっと撫で, ちょろちょろと, つ, つたいおりると, つたうよう, つたわって, つつきはじめました, つつみ, です, ところどころに, とつぜん殴りつけ, ながめて, なさない, なでて, なびかせて, ならべ珊瑚, ぬって, ねらつて, のばしかけた大木, のぼって, はって, ば蹴っ, ひらひらと, ぴたぴたと叩き, ぶんなぐりながら, まわると, めぐつて, めぐりながら, もちうつくしい, もった蘇鉄, もつは, もつ緑, ゆすぶる晩, ゆるがせて, ゆるやかに, よく見, よじて, よじのぼって, よじのぼり高い, よじのぼるの, よじ上った勢, よじ上って, よじ登り枝, コツコツと, コナし, ズルズルと, ノックする, ハッシ, パッと, ビュウ, ボイコットしろ, ボンヤリと, 一刀両断に, 七八尺の, 三度叩いた, 上り下りし, 上り始めた, 上り枝に, 下つて根, 両腕, 並べた栃の木, 並べつらねて, 久江は, 乗越えた時, 交えて, 仰ぎ自分, 伐って, 伐るよう, 伐る音, 伝い小, 伝い降りて, 伝つて一生懸命に, 伝ふ, 伸して, 伸し枝, 伸ばし枝, 使ったの, 倒せる衆人, 凝視した, 出す木, 切って, 切っても, 切り倒し, 切り倒して, 切り取ったり, 切り開いて, 刈り倒した時, 刈り取つて來, 利用し, 利用する, 削りて, 剥いでは, 剥り抜き, 割って, 取って, 取り巻いて, 叩きつづけたの, 叩き出せ, 叩く音, 右に, 右へ, 吹きめぐり雲, 地上一間半ぐらいの, 太らす助け, 太らせついに, 太らせるよう, 存する点, 寄り合わせ厚く, 小刀一本で, 小楯に, 小楯にとって, 少し右手, 少年が, 山三が, 巡り廻った, 差替, 差替わ, 巻いたの, 巻いて, 巻き竹, 延し左右, 引っかいて, 後に, 後楯に, 思わせるひょろ, 恰も虜, 我むしやらに, 所有する, 手探りに, 打ちつけ, 打って, 打つた, 打つて, 抱いた, 抱えながら, 抱え片手, 抱きしめるよう, 抱き向き合つて, 抱き足, 抱くよう, 抱へ, 押さえましたそう, 持ち一樣, 持って, 指で, 振り翳し, 振上げた勇気, 捉えて, 捉えながら, 排撃する, 接し枝, 揃えたその, 揺った, 揺ぶるの, 揺るが, 撓めて, 撫して, 撫でさせたおよそ, 撫でた, 撫でたごとくに, 撫でたもの, 撫でたり, 撫でて, 撫でるよう, 撫で廻した, 撫で擦った, 擁するを以て, 攀じながら, 攀じのぼって, 攀じますよう, 攫むやう, 支えて, 支えに, 支へる, 敷寢の, 斜めに, 曲ったなり, 染むる, 栄さそう, 棒縞の, 検べて, 楯として, 横さまに, 欠かさず見て, 次から, 正と, 殖やし枝葉, 殴りつけ足もと, 水ながれ見, 沸く脂, 波紋の, 注意ぶ, 派生させる, 海渚に, 渡らなければ, 滑り下りるの, 焼き四大, 焼き昼, 照す, 爲し, 爲す, 珍重するだろう, 現すの, 生じ枝, 畳むもの, 痛めたくないもの, 発止と, 登るん, 白, 白くみせ, 益, 目あてに, 直立に, 相手に, 盾に, 盾にとって, 眺めはじめる, 私は, 空虚に, 立てたなり, 立てたよう, 立て車輻, 結綿の, 絞り根, 縫い位置, 縫って, 美しく並べ揃え, 背景に, 背負うよう, 背負って, 蟻が, 裸で, 西日に, 見あげた, 見あげても, 見ると, 見るよう, 見る日, 見上げながら, 見分けること, 試みに, 認められて, 誰が, 調べると, 走り下っ, 路の, 跼め, 踏み梢, 踏み越え痛い, 踏んで, 蹴っとばせ, 軋らせ枝, 輝かして, 辭し, 辷り降りて, 辿つて, 途中から, 這い廻って, 連ねて, 連れて, 重ねあって, 間に, 降り辷って, 隔てて, 離れかけると, 離れた枝, 離れると, 露に, 露わして, 露出し, 露呈し, 青く盛り上げ, 青銅の, 顫慄させる, 騰り枝, 骸骨の, 黒く見せ

▼ 幹~ (231, 8.3%)

3 枯れて, 父の

2 [13件] あたくし, それを, てかてか黒く, どうどうと, 伸びるに, 後に, 思いがけずも, 杉の, 横に, 父が, 生きて, 鮮かな, 黙って

1 [199件] あたりを, あの事件, いいました, いくら書い, いつもの, いつも若々しく, いつ迄, いつ迄も, うねうねと, およそ一尺余, かたくすべすべ, かなり太く, ここに, さながら古, さまで大, しいんとし, しないはじめ, しば, しやり, しょっちゅう家畜ども, すっかり枯れ, すつかり, そう心づく, その後どう, その時ほんとう, それきり母の, それと, それに, それほど古く, そんなこと, そんなに母, そんな気, たいへん太い, ただ梢, たとい母, たとえよう, ついぞ母, とある塚, どうしてあんなに醜い, なお疑っ, なく細く, ひそかに, びくともしません, また合し, また思い切っ, もう一度云った, スクスクと, ズンズン高く, 一二間の, 一本立ちに, 丁度天幕, 丈夫で, 丈夫です, 不審に, 中央における, 乳人に, 乾いて, 二人の, 二抱へも, 五十呎より, 人の, 他日成長し, 以前は, 体が, 体を, 何かの, 何と云う, 何も, 何処で, 何処の, 傾きて, 光発す, 全く思いがけない, 六抱えも, 割れなかったであろう, 勇健で, 半から, 単純ながらも, 又云う, 又来た, 又気味悪く, 叫びました, 吃りながら, 否応なしに現実, 命からがら北狄, 四十二三歳に, 四十五の, 四十四五歳に, 団扇の, 地に, 垣根が, 埋もれて, 夏緑色だ, 外套の, 大伽藍, 大小いろいろ, 天半に, 太くて, 太く暗緑色, 太く枝, 如何に, 妻戸の, 子を, 子供心に, 尊卑分脈に, 小屋ほどの, 少しく傾きかけた, 巨大な, 平中に, 年々うつろに, 并州の, 幹で, 幹の, 幼少の, 幾度か, 強く葉, 当分父の, 影と, 後にも, 急に, 恐さ, 悉く小枝, 愈, 感じた, 折られはげしい, 推した, 揺るがなかった, 新発田の, 最後の, 木の, 本当に枯れた, 朽ち液化, 東方の, 枯れ地上, 柔軟な, 根もとの, 梢近くで, 横はり, 横斜屈曲し, 樹皮に, 殆ど踵を, 母に対して, 水気を, 永くつづいた, 決して人間, 滑か, 濡れて, 火の, 灰色で, 点頭した, 無くなり残ってる根本, 父について, 物凄く口, 玉骨と, 痛いけに, 白いからな, 白けど, 白ちゃ, 白桃色または, 益々白い, 盛り繁った, 直径八フィートも, 硬直の, 立ちて, 立ち他, 立ち枝, 絶好な, 翌日日も, 聞かされて, 背丈から, 自分が, 自分の, 自分も, 艶, 花びんの, 茶色に, 葉に, 葉を, 虫に, 血の, 裸女の, 褐色で, 誰が, 轆轤で, 近所の, 違って, 鋸の, 間隔を, 雨で, 雷に, 青からず, 風の, 高くは, 鱗の, 黄これに, 黄土の, 黄昏の, 黒, 黒く塗抹

▼ 幹~ (216, 7.8%)

3 そう云う 2 すくすくと立っ, ぬれ草, 中途から, 争議を, 二股に, 云うと, 勝手に, 支柱の, 横たわって, 短く見える

1 [193件] あった, あつて, ありました, ある, ある石楠, あれば, いちめんに, かすかに, がらん胴である, くた, くつつい, くれに, ぐつと落付いた, ぐらぐらツ, ことごとく光っ, ざわめくところ, すく, すげなく立つ, すっくとつっ立っ, すっくと伸び, すっくと伸びきり, すっくと太く高く, すべすべし, すらりと, すーっと, ずツ, その特殊, その詩, それだけ白, それと, それを, たった一本道路, つめたい絹, てこに, でき上がって, です, なま白く, のっそり入っ, はつきりと, ひとりでに輪, ぼんやりと, まっすぐに, まっすぐにつき, みっしり立てこん, みな半面を, むらさきを, めりめりとおれ, よこたわって, りっぱな, 一句を, 一抱え以上も, 一斉に, 一本キラキラ, 一齊に, 七つぐらいの, 三つの, 不安そうにも, 二つに, 二本並ん, 互に近づきつ, 今私の, 他所へ, 伸び上, 何と黒, 傍で, 傍へ, 傷付い, 傾き出したこと, 全く伐り倒された, 六本に, 出て, 分れて, 分れ分れに, 切られるか, 前へ, 半分ほども, 半面丈け, 又あの, 口を, 喇叭の, 四分五裂し, 地に, 地を, 地上七フィートの, 地上六フィートの, 坂路へか, 堅くなり, 夕日に, 夜目にも, 大きくうねっ, 大きくゆれた, 大方は, 太い縞, 太くつ, 太くなり, 奇妙に, 官渡の, 宙に, 尋ねると, 巧みな, 彼の, 後から, 微暗い, 恐る, 手前へ, 折れて, 押しあって, 支柱に, 数本と, 斑らに, 斜めに, 暗く並ん, 更に形づくられる, 朝日に, 朽ちて, 朽ち苔, 枝を, 柔げられ, 柱の, 根まで, 根を, 森森と, 権勢の, 横に, 横倒しに, 櫓から, 欲するならば, 歩いてる様, 歩るいて, 母の, 気の, 浮き出て, 温味, 疎に, 疎らに, 痛むから, 白, 白い, 白い地上, 白くなっ, 白く抜け, 目に, 真正面に, 真直で, 矗, 破け稲妻, 磨き減った胴緊, 空洞に, 立ちならんで, 立ち並び鬱蒼, 立ち並んで, 立って, 立つて, 細いかわり, 総がかりで, 総立に, 縁辺に, 總立に, 腕を, 茶がかり残った, 荒れ多和, 荒ッぽく, 菅糸を, 葺き上げられた次ぎの, 行先の, 見えたり, 見えて, 見渡す限り天, 訝しみ, 調子を, 豫想した, 赤い幹, 転がって, 輝いた, 近くに, 逞しく厚い甍, 遠近に, 重なり合って, 鈍るつまり, 間を, 雨に, 青い空, 青くつる, 非常に, 風に, 飛び飛びに, 高く直, 高瀬の, 黒, 黒ずみつやつや, 黒ずんだ色, 黒ずんで, 黙って

▼ 幹~ (116, 4.2%)

19 介の 112 介うっとり, 介だ, 介と, 介を, 介ベッタリ, 介ムッ, 介今は, 介同じ

1 [70件] 介いよいよ, 介さびしく, 介さも, 介さんは, 介さん膾, 介しばらくじっと, 介すすり泣きの, 介で, 介である, 介では, 介には, 介にわかに, 介へ, 介も, 介や, 介わりゃ, 介グ, 介ゴロリと, 介ズ, 介ブルブルと, 介ホーッと, 介一層, 介不意に, 介両手に, 介並ん, 介今度は, 介優しい, 介刀を, 介受け取っ, 介城の, 介姿が, 介尾張宗春の, 介年二十三近習役志水甲斐守の, 介幽鬼の, 介恋煩悩に, 介手頼りな, 介抜こう, 介撲たれよう, 介様への, 介様やり, 介歩き出した, 介殿, 介殿お前様だ, 介殿お尋ねしたい, 介殿わしにはな, 介決心し, 介洞然, 介無心に, 介無言返辞を, 介片手で, 介独言の, 介畳へ, 介眼瞼が, 介突然, 介立っ, 介簡単に, 介絞られる, 介考えた, 介胸へ, 介薪十郎の, 介近習役禄高と, 介返辞を, 介釣られた, 介障子を, 介頷いた, 介額から, 介顔を, 介顫え, 介飛び上がる, 介黙っ

▼ 幹から~ (80, 2.9%)

6 幹へと 3 幹を 2 木の, 脂の, 離れた影

1 [65件] ある角度, えぐり出したアイヌ, えぐり出し彫りぬいたもの, おりて, くねりと, さっき庭へ, すっかり離れ, たくさんの, つやつやしい, ひきはなしました, ふと青い, ヒョイヒョイと, 一本の, 五十間四方に, 今度芥川といふ, 出した処, 出たもの, 出たりは, 剥ぎとられまだ, 吹き出して, 外れそう, 天才の, 太い逞, 左側の, 幹へ, 幹石から, 引き分けると, 引き抜いた此, 抜け出したと, 斬り除, 枝から, 枝にかけて, 枝の, 枝へ, 枝や, 枝を, 校舎の, 根もとを, 根元まで, 梢を, 横に, 段々と, 流れ出る汁, 滑べツ, 珍しい形, 現はれた, 直角に, 知られぬ程づつ, 背を, 脱落し, 花を, 芽も, 芽出つ, 萌え出た勢, 複雑な, 身を, 輝いた鮮, 運んで, 離れて, 離れようと, 離れるやう, 離れ村人, 離れ足早, 雪を, 青い嘴

▼ 幹~ (79, 2.8%)

10 幹との 3 云ふ 2 かれくさ, なって, なつて, 幹とは, 幹の, 幹枝と, 枝, 枝と, 枝とに

1 [48件] いえば, いはず蔦葛, いわず蔦葛, この枝, すぐその, その上, なりうるの, なりその, なると, なるべき林道, なる市電, 一つであっ, 三抱えぐらい, 並んで, 丸い緑, 交って, 値遇と, 其外二三の, 功績の, 動かぬ枝, 同様一見し, 女の, 幹を, 幹根と, 支柱とを, 書し, 枝とを, 枝の, 枝ぶりは, 柳入江プロへ, 根と, 根元を, 樹姿とを, 母との, 簡素に, 精悍な痩せた, 緑の, 老を, 老樹の, 茂りとを, 葉とが, 葉の, 言わず梢, 違い決して, 野菊の, 高い鉄柵, 黒みを, 黒曜石の

▼ 幹~ (72, 2.6%)

3 背を 2 縛りつけて, 腰を, 額を

1 [63件] からだを, くっつけた, さしかけに, しがみついて, しばりつけられた, すっかり巻き付け, それぞれつながれ, てんでに手, はねかえって, ひたッ, ぶすん, ぶつけて, まわさせた, キリキリと, グルグルと, ピッタリ体, プーン, 一つの, 一伐, 一太刀刀痕を, 一気呵成に, 串刺しに, 五寸釘の, 倚りかかっ, 凭か, 刺さった, 刺さって, 十字架に, 叩きつけられたの, 各自に, 向って, 張り繞らし, 心を, 抑えつけた儘, 抱きついた, 抱きついたと, 抱き付き, 押さえ付けた, 楽器の, 流れて, 熊の, 牛が, 発矢と, 穴を, 突きあたって, 突刺さった, 結び捨てられて, 結んで, 絡みはじめました, 縛りつけ, 繁みから, 繩を, 萩野は, 蝉の, 蝋燭で, 角を, 足を, 身を, 近づきかけると, 通って, 鎧の, 顔も, 顔を

▼ 幹~ (66, 2.4%)

9 枝も 3 根も 2 暮れが, 葉も

1 [50件] ああ実, あって, いくらか脅, うその, これも, しっかり立て, すべて青き, そそり立って, そんな時, ただ日南, とおれと, みなそれぞれに, やれよ, パラリとして, 一方に, 不意に, 亦我知らず歩み, 傷だらけに, 光って, 再び父, 凄まじい音, 動揺し, 半ばは, 古い丸太カヌー, 地に, 太くなり, 太さ, 心が, 悉皆以前, 悲み, 折れて, 支柱も, 暗くなる, 最初の, 朽ちず日本国中, 枝の, 根もとの, 梢も, 残らぬ様, 母に, 泥で, 灌木も, 真黒く見え, 確然立て, 草の, 草も, 見えず闊葉樹, 見る間, 重傷を, 黒く軟

▼ 幹~ (63, 2.3%)

8 枝の 4 枝が 3 枝は, 枝を 2 枝に, 枝には, 梢に, 葉や

1 [37件] いかつい角, うつろな, そのほか家具, その枝, わりに色, インドに, 其の他, 叢は, 地面やの, 大枝の, 小枝, 枝から, 枝で, 枝ぶりが, 枝葉の, 枝葉も, 柳の, 根を, 梢が, 梢を, 歩道は, 泥の, 疎らな, 石垣の, 社会民主主義者どもに, 竹の, 細い枝, 細くても, 色褪せた菫, 芽の, 草堤の, 莖が, 葉っぱは, 葉のみを, 葉へ, 電柱が, 黒松の

▼ 幹には~ (41, 1.5%)

3 苔が 2 蔦葛の

1 [36件] いくつと, すべて厚い, そうなっ, つくつく法師が, つたが, のこぎりの, 丁ど, 別に何, 勿論それ, 呪詛の, 堪え難そう, 変りは, 大きな枝, 孤独の, 思い出せないの, 新旧多くの, 本の, 残照が, 気の毒だ, 浦の, 深々と, 犬の, 犯し難い, 真っ赤な, 蔓が, 藤だの, 蝉が, 趣が, 金を, 鋸の, 雅致が, 青い苔, 青い葉, 面白く切口, 養分が, 黒い斑点

▼ 幹~ (34, 1.2%)

4 の部屋 2 がそれ, だ, と下女, と養子, に始末, の二人, の説明, は無筆, は熊, は裏木戸 1 じゃない, ぢや, という下男, といふ下男, に縄, に繩, の懐中, の懷中, も無筆, も無筆同様

▼ 幹~ (23, 0.8%)

1 [23件] おさえて, おしつぶそうと, さへ, すりむいた傷, とらえた見事, ダレる, 一間置き, 三つばかりに, 五間ぐらいの, 其幹の, 圍うた厠の, 小屋を, 幹に, 廻って, 截られた, 手薄く, 新聞にさえ, 日暮らしが, 月光は, 瘤, 細長い枝, 葺いて, 造って

▼ 幹太郎~ (23, 0.8%)

2 の頭

1 [21件] が鼻, と五ツ, に, にとびかかった, によって実現, のうしろ, のうなだれた, のそば, のほう, のようす, の主張, の側, の受持, の子, の支配役, の胸, の袂, の足, はいま自分, はこの, へのあてつけだ

▼ 幹にも~ (20, 0.7%)

5 枝にも 3 たれて

1 [12件] たれボンヤリ, みな青やかな, 伝わる土蜘蛛, 似るかこしかた, 全軍, 凭懸って, 分った, 小枝, 最初は, 灰が, 硬くて, 青苔が

▼ 幹との~ (16, 0.6%)

4 間に 3 間を 2 間から 1 あひだ, なかへ, 並び立つさま, 向こうに, 形は, 間で, 隙間を通じて

▼ 幹さん~ (8, 0.3%)

4 の奥さん 2 の疎開先 1 という方, とおっしゃる

▼ 幹だけが~ (7, 0.3%)

1 のこされる, ほの, 地面に, 残つてゐる, 残りました, 空間に, 軟らかに

▼ 幹でも~ (7, 0.3%)

1 ほほ笑んで, 伐って, 十五代, 志願した, 抱へる, 構はずに, 起すよう

▼ 幹へと~ (7, 0.3%)

2 身を 1 さまよって, すばやい大股, その怪物, 足を, 身ぶりおかしく

▼ 幹~ (7, 0.3%)

2 お起きなさいまし 1 この不景気, この妾, とも馴染んだ, の執念, の後生

▼ 幹~ (6, 0.2%)

1 がコロムバン, が宝田, が悪酔, が死んだ, の斡セン, の父

▼ 幹ばかり~ (5, 0.2%)

1 こいつで, であった, である, のこされた東交, 太るよう

▼ 幹より~ (5, 0.2%)

1 前か, 大きな肩幅, 遙に, 鋸き倒し, 養汁を

▼ 幹その~ (4, 0.1%)

1 下に, 人に, 枝, 枝さきまで

▼ 幹という~ (4, 0.1%)

1 ずばぬけた着想, 幹には, 条初めから, 者が

▼ 幹まで~ (4, 0.1%)

1 さがった栄三郎, ぼっと燃え上りました, 三四本は, 真青に

▼ 幹~ (4, 0.1%)

2 か, の代

▼ 幹~ (4, 0.1%)

2 と枝 1 が緑色, を見れ

▼ 幹~ (4, 0.1%)

1 および郵船代理人バクスター氏, にてありけれ, の手, の説

▼ 幹からは~ (3, 0.1%)

1 指の, 新枝, 蜜が

▼ 幹とは~ (3, 0.1%)

1 ひたと並べり, 擦れ合って, 次第次第に

▼ 幹とも~ (3, 0.1%)

1 云ふべき, 根柢とも, 謂うべき丸太ン棒

▼ 幹なる~ (3, 0.1%)

1 哉, 者は, 裸女どもが

▼ 幹にかけて~ (3, 0.1%)

2 半身を 1 足場を

▼ 幹よりも~ (3, 0.1%)

1 大きく広くなり, 枝枝よりも, 花が

▼ 幹~ (3, 0.1%)

1 の夫, を取, を與

▼ 幹高く~ (3, 0.1%)

1 して, 稍, 連る

▼ 幹黒く~ (3, 0.1%)

2 硝子窓に 1 一種の

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 或は恐らく, 根を

▼ 幹かたむき~ (2, 0.1%)

2

▼ 幹それから~ (2, 0.1%)

1 樂しい, 簡単な

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 と思った, のが

▼ 幹だけ~ (2, 0.1%)

1 でなく根, 残った大樹

▼ 幹だの~ (2, 0.1%)

1 女郎派だ, 辻堂の

▼ 幹でなけれ~ (2, 0.1%)

2

▼ 幹とても~ (2, 0.1%)

1 すべて一抱えの, すべて一抱への

▼ 幹などに~ (2, 0.1%)

1 人手を, 止まって

▼ 幹などの~ (2, 0.1%)

1 如く多少, 明らかに

▼ 幹なども~ (2, 0.1%)

2 なにか粉

▼ 幹なら~ (2, 0.1%)

1 ばさして, ん

▼ 幹について~ (2, 0.1%)

1 居る, 生き繁って

▼ 幹にて~ (2, 0.1%)

2 衰へ

▼ 幹によって~ (2, 0.1%)

1 孤立させられ, 飽かず眺め遂に

▼ 幹のみ~ (2, 0.1%)

1 短く残れる, 聳ゆる

▼ 幹ばかし~ (2, 0.1%)

1 でも, 延びつちやつてそんだ

▼ 幹ばかりが~ (2, 0.1%)

1 太くなり, 立って

▼ 幹ほど~ (2, 0.1%)

1 太いロウプ, 滑らないもの

▼ 幹をけ~ (2, 0.1%)

1 づつて英語の, づりしに

▼ 幹をは~ (2, 0.1%)

2 ひ下り

▼ 幹をも~ (2, 0.1%)

1 一筋の, 伝って

▼ 幹をよ~ (2, 0.1%)

2 ぢ登る

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 の十一章, ひ流る

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 のお, のため

▼ 幹助あれ~ (2, 0.1%)

1 は好い, は良い

▼ 幹助さん~ (2, 0.1%)

2 が取次い

▼ 幹~ (2, 0.1%)

2 に枯

▼ 幹太く~ (2, 0.1%)

1 大いなるかな家桜, 節固く

▼ 幹太郎自身~ (2, 0.1%)

1 もそれ, も危険

▼ 幹寸断~ (2, 0.1%)

2 に折

▼ 幹手腕~ (2, 0.1%)

2 ある一廉

▼ 幹掻き立つる~ (2, 0.1%)

2 母の

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 があらわれる, と根

▼ 幹次郎~ (2, 0.1%)

1 が話した, はすっと

▼ 幹次郎自分~ (2, 0.1%)

2 をいう

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 といふの, の畔

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 であつ, とする

▼ 幹~ (2, 0.1%)

2 にうち

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 の濃き, の間

▼ 幹自ら以~ (2, 0.1%)

1 て世人, て大

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 の枯れる, は黒き

▼ 幹~ (2, 0.1%)

1 である, はほとんど

▼ 幹邦子~ (2, 0.1%)

2 が夫

▼1* [186件]

あの木の, 幹いとど明れり, 幹うつとて下部, 幹および旧兵隊, 幹かと思われて, 幹かもしれない, 幹からも根元からも, 幹がっちり枝こん, 幹ぐらい大きくよじれ, 幹これも松明, 幹しに, 幹ごと伐つて, 幹さえ枝さえ, 幹しか見えず屋根, 幹その間のところどころ, 幹たちは悲壮, 幹だけとなつて, 幹だけにたいへんに, 幹だけの一本立が, 幹だけはいかにも苦しみ悶え, 幹づたいに滑り落ちた, 幹であり黄葉であり, 幹であるのだ, 幹でしつかと蓋, 幹ですから私, 幹でなく其根が, 幹ではその木, 幹でもは自分を, 幹とが見えるばかり, 幹ときたら性質が, 幹ところきらわず突き刺さって, 幹として子枝孫葉, 幹とでも云うの, 幹とを入れちがえて, 幹と共に倒れた, 幹どのもおられる, 幹どれが枝, 幹なかば銀ながしたる秋, 幹など二人か, 幹などと云うもの, 幹などは太く頑丈, 幹なり枝なり, 幹なれば通わぬ, 幹にとまつて, 幹にのみ這わせつつ, 幹によぢ登る, 幹によりかかるよう, 幹に対して何の, 幹よ, 幹のうへに父が, 幹のみがその雪白, 幹はげしく氣を, 幹ためして, 幹ばかりの青桐が, 幹ばかりも五丈八丈すく, 幹ばかりを見て, 幹へでも抱きついて, 幹へよりかかると, 幹までがその媒介, 幹むらさきに東明, 幹め俺達を, 幹やがぼんやり見え, 幹やと目を, 幹やらその外色々, 幹やらを求めて, 幹やを大砲の, 幹ら何れも福建, 幹を以て枝に, 幹ニモ生ゼリ而シテ其全ク一種ノ寄生植物ニシテ年, 幹ヌキで大いに, 幹大ニシテ厚シ, 幹一これがキ印, 幹一人酔ひ皆にからみ, 幹一尺ほど長く, 幹一杯に止め, 幹一花ヲ蘭トイヒ一幹数花, 幹一面長い針, 幹股に, 幹に一, 幹五尺ほど下, 幹はその, 幹偃蹇して, 幹の本性, 幹公今夜はご, 幹は叫ぶだらう, 幹其儘で小, 幹其長短歌を集め, 幹利休という人, 幹と戦っ, 幹力量は多, 幹千輪の珍花, 幹半島にゲルマン民族, 幹却って弱きの, 幹及び旧兵隊, 幹及旧兵隊の者随行致候間, 幹古りて大, 幹叫びて何ぞ, 幹吹く嵐に, 幹噴水盤の頭蓋, 幹四男が保命, 幹太き一樹の, 幹太郎以外男けがない, 幹小柯にいたっ, 幹小説であるかを, 幹のたたずまい, 幹岩片などがしらし, 幹の流路, 幹已に倒れて, 幹平清基など東国, 幹から梢, 幹廻り高さ十三尋, 幹廻り六十六尺木の高, 幹で或, 幹引率の下, 幹弱枝之レヲ挿スニ生ジ易シ, 幹形木理麗はしい, 幹彦二氏の阿, 幹彫れる桐の, 幹から足音, 幹征伐を行わなけれ, 幹折れ枝摧て, 幹拮掘たるお, 幹数花ヲ薫トイフ, 幹數丈なる怪しき, 幹施方を, 幹日本發祥以來次第に大きく, 幹明北川礼弼堀江帰一などが専ら, 幹曲りて直立, 幹の愁, 幹枝葉繊維叢蔓芽棘すべてが互いに, 幹のやう, 幹高さ五十丈, 幹次男が世光, 幹次郎さんのその, 幹を作らず, 幹に花, 幹水楢桂の灰色, 幹派プロレタリア文学を彼ら, 幹深く枝, 幹かに頂き, 幹潮流に呑まれたる, 幹の枝, 幹火光を反射, 幹無産政党を総動員, 幹焦げた枝それが, 幹甚ダ大ナラズ, 幹白き辛夷は, 幹相場朋厚の人々, 幹相場朋厚その他を加え, 幹が成善, 幹から石, 幹石面に到る, 幹種々の果物, 幹空池の中, 幹等諸家の口調, 幹等頭上には森, 幹と称し, 幹細かく入りくんだ, 幹組合の革命的反対派, 幹縦二間横一間合わせた掌, 幹繁茂した夏, 幹に寄生木, 幹を曲げ, 幹と割れ, 幹自ら恃む所の何ぞ, 幹自身は格別そう, 幹至って低いが, 幹與謝野寛の手紙, 幹を刈り取る, 幹を蹂躪, 幹莖葉を成さし, 幹裂きてその, 幹覆いに圧迫, 幹りの, 幹諸州その他に於, 幹越しに睨み息, 幹躑躅山吹の上下, 幹輿謝野寛がたのまれ, 幹部連そのうち六割, 幹部連所が寿美蔵, 幹重大宝城主の下妻政泰, 幹青竹野生桑の枝, 幹に蝉, 幹頂上ニ只一花黄弁大心, 幹に動く, 幹魔術にかかっ