青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「平~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

帽~ ~帽子 帽子~ ~幅 幅~ ~幕 幕~ ~幕府 幕府~ 干~
平~
~平凡 平凡~ ~平和 平和~ 平均~ 平家~ 平常~ ~平次 平次~ 平民~

「平~」 5940, 57ppm, 2027位

▼ 平~ (987, 16.6%)

13 それを 10 自分の 6 云つた 4 おつぎ, さう, 云った, 刀を, 目を 3 いつて, お品, むつ, 何か, 凝然と, 煙管を, 答へ, 縁側の, 與吉の, 身を

2 [56件] あっと思った, いった, おらんか, こういっ, すぐに, そこに, それから, どうした, はっとして, ひらめさ, ツイ眼を, 一向恩, 上つて來た, 八十に, 加世子と, 固より, 声を, 大きな唇, 太, 小屋の, 尻を, 居なかつた, 彼女を, 後ろから, 復た, 心得たこと, 恐縮し, 悲慘な, 慌てて, 有繋, 椅子を, 横臥した, 檢査員の, 死なない, 無意識に, 父の, 物に, 窪んだ目, 笑つた, 絶叫し, 続けて, 肥沃の, 腰を, 舳に, 船が, 苦い顏, 血の, 諫めた, 鉈で, 銀子の, 頭を, 馬の, 馬を, 駒を, 駿介に, 黙って

1 [796件 抜粋] あいそが, あるの, あんでも, いうの, いきなり煙管, いつた, いつどうして, いつに, いつもの, いつも凹まされる, いよ, うるさげ, おかしそう, おとなしい出方, おやと, お夏, お縄, かくまで, かぶりを, からからと, きいた, きびしく戒めた, ぎょっとした, ぐつたりと俛首れた, ぐつと力を, こう一言, こう云っ, ここで, ここに, こそつぱい, ことさらに, ことに辰弥, この世界以外, この夜, この年, これも, これより, ごろりと其処, さうい, さっそくアンマ, さらに掛構い, さらに罪, さらに関せざる, しかしそれら, しきりに暑がり, しっかり水底, してやったりと, しみじみ歎, しめたと, すぐ, すぐはっと或, すばやく間, ずぶ濡れの, そういっ, そう聞く, そこで, そこで駿介, そこまで, そつけなくいつ, そのまま目, その人柄, その仕事, その後も, その日一日, その時, その時四十五歳, その溝川, それだけいつ, それだけ自信, それつ, それでもお, それでも種々, それと共に, それは, それらの, それらを, たちまち退き, たびたび身, たぶん生活, ちょうど一ト風呂, ちょうど一年, ちょっとおれ, つつまず申し立てた, とびあがって, なあに構やせん, なお半, なにか, につこり笑つて, ねえぞ, はね起き走って, ひとりうなずい, ふところから, ふと三台, ぶすりといふ, ぶつ, ぶつつける, べつな, ほかの, ぼくらを, また両手, また溜息, まだ菓子, まるで商売, むらがる伏勢, もう反覆, もう外, もしかしたら, もともと人々, もと沼だった, やつて, ゆつくり, よろこんで, らっぱを, われ知らず乗り出し, われ知らず微笑した, グランド, ツルの, ニヤ, ピョイと, フィアンセの, フト車の, ホッと, ホツと, ラジオ体操で, ヴェールを, 一ぺんに, 一人で, 一刀を, 一家全滅した, 一寸考へ, 一寸言葉, 一度しか, 一度に, 一日でも, 一日も, 一時立ち止まり, 一杯をも, 一歩さがった, 一種の, 一行を, 一足前へ, 一隊を, 丁度留守, 万三郎が, 万三郎の, 上段に, 下の, 不器用ないひ, 不平面, 不意を, 不自由な, 丘の, 久振で, 乾びたやう, 予と, 事切れて, 二つ返事に, 云つて大儀さうにゆるゆる, 五六日の, 井戸の, 人々とともに, 人々の, 人並には, 今いる, 今度は, 仕事の, 他人には, 伊貝といふ, 伊貝幸藏の, 低いが, 体を, 何が, 何と申し立てた, 何にも, 何んという, 何思いけん, 何時でも, 何處までも, 使と共に, 侮辱を, 偃城に, 傍に, 元来金持ちと, 先づ勘次の, 先生の, 兩手を, 八蔵に, 六尺位の, 其, 其の僅少, 其の日, 其の爲, 其の薄暗い, 其の蹙め, 其處を, 再び戻っ, 冷めた白粥, 凝然として, 凝視めて, 出て, 出なくても, 刈り進んで, 別に驚き, 前から, 剣を, 剥身絞, 助力を, 勘次と, 勘次との, 勢ひ, 勿論彼, 千駄木時代から, 即座に, 又お, 又情な, 又煙管, 又軟か, 反対し, 口が, 口にこそ, 口の, 口獨りで, 口重に, 只快, 只點頭, 右の, 吸差しを, 呟きながら, 呻いた, 咽喉が, 唯勘次, 嚊に, 四ツ本の, 四十六歳頭の, 固辭, 国府に, 国経や, 圍爐裏の, 均一の, 執拗に, 壯時に, 夏期に, 多智多才, 夢の, 大いに笑っ, 大きく肯き, 大日連嶺, 大納言に, 天性が, 太い低い聲, 失望した, 奇に, 奥の, 女房と, 好奇心を, 妻の, 始終財布, 婢が, 宮中で, 将来を, 小さいなりに, 小屋から, 小鯛, 少し退屈, 少し遠慮, 少時躊躇し, 尻ごみし, 屋敷に, 山師で, 屹度ガラス戸を, 峰を, 川北を, 左大臣の, 席も, 平時の, 平素県令国貞廉平の, 年寄りだけに, 幼な, 幾つに, 幾ら飮んで, 幾杯も, 座に, 張, 彦太郎の, 役目の, 彼の, 彼ぼんやりした, 待ち構えたるごとく喜び, 待つこと, 後で呟いた, 後れて, 徐に, 心から哀憐, 心に, 忌, 念佛寮から, 念佛寮へ, 怒鳴った, 思い切って, 思わず立ち停まった, 怯れた, 恐怖を, 息子を, 息継ぎの, 悚然と, 悲壮な, 愉快さうに笑つた, 態と與吉, 憎い奴, 懶さ相, 戦う気, 戸板に, 手に, 手にも, 手具脛ひい, 手勢五千を, 打頷き, 拭きも, 拳で, 振り向きぬ, 捨てて, 掘立小屋, 故関白太政大臣基経, 救はれた, 數分時の, 斯うい, 日に, 日頃の, 早く商売, 早稻田, 明の, 昨夜の, 時々外, 時々鹽鮭, 晝前の, 暇が, 暫くし, 暫く目, 暫く經つて, 曖昧な, 書面を, 朝まだきに, 木の, 木曾の, 本能的に, 村落に, 枕から, 枕元に, 案内に, 梅吉の, 梶子の, 椀を, 椅子に, 樂し, 欅の, 止しに, 此の, 此頃人の, 段々時候, 毎日歩きました, 比較的悠長, 気骨の, 氣の, 決して惡人, 決して衷心, 泣き出しそう, 泰助の, 淋しく笑いました, 深い皺, 深い雪, 漢初の, 漸く重い, 澁り, 濃霧に, 火桶の, 無二無三に, 熱心に, 父から, 片膝, 独りで, 狹い, 猶も篠, 猿島の, 獨り呟く, 珈琲を, 田圃に, 町, 町の, 畝の, 畝間を, 疲れた心, 皮を, 監獄へ, 相談する, 真鍮の, 眼の, 眼を, 短い時間, 確信に, 神妙に, 秋から, 稍快よ, 突然かれ, 窶れた蒼い, 立ちかけたが, 立ったまま, 競い立ちて, 笑いたくなるの, 笑い出せば, 簡單な, 組長だつた, 總括, 續けた, 缺けた齒齦で, 老衰の, 考え深, 考へ, 耳の, 耳を, 聽か, 腕も, 腰の, 膝を, 自信が, 自分勝手に, 與吉へ, 舊の, 舌舐, 芝居や, 苦し相, 荷を, 荷物へ, 菓子を, 萍と, 葱の, 蕎麥掻を, 蕎麥粉を, 藁屑と, 藥罐の, 蚊帳を, 行方も, 袴の, 裏梯子を, 裸の, 見も, 見るから, 覗きて, 言って, 言を, 言辭を, 詐って, 語った唐檜, 誰が, 諸方へ, 負けた, 賭場へ, 起ったり, 足音荒く, 身に, 軟かな, 辛未の, 近頃この, 近頃滅切, 途端に, 道場へ, 遲緩し, 部落の, 鄭重な, 酔えるが, 重い調子, 重傷だった, 野田の, 銀子が, 銜へ, 長き廊下, 長くも, 阿芳, 附加えた, 隱居へ, 雨の, 雪に, 非常に, 頷きて, 顔を, 風葉の, 飛び起きた, 食ひ始めた, 飯臺の, 首を, 馬もろとも, 騷ぎを, 驚きつまた, 驚きながら, 鬼魅が, 鶏を, 默つて五厘の, 默つて聽い, 默つて被害の, 黙然と彼, 鼻柱へ

▼ 平~ (818, 13.8%)

9 前に 5 ところへ, オカミサンが, 心 4 もので, 側に, 心を, 方が, 方へ, 死骸には, 父の, 郷民達が

3 [17件] ことを, 前へ, 家へ, 小屋へ, 店の, 店へ, 所へ, 手を, 方は, 日電の, 爲に, 狹い, 話を, 郷の, 郷民達は, 顔が, 顔は

2 [63件] ために, ような, ように, 一世一代だ, 三氏を, 不道此一, 人間に, 任を, 側には, 側を, 名が, 名を, 場合は, 塚と, 夫人の, 女, 女房の, 妻と, 妻に, 姿が, 姿は, 姿も, 姿を, 字を, 孫ま, 家の, 小屋で, 心に, 戸口に, 所に, 方で, 死骸は, 清盛が, 激しい調子, 男達が, 町の, 白髮に, 目に, 目を, 細工で, 美, 者が, 者に, 耳に, 脇差を, 舌には, 茶, 裾へ, 言葉には, 讒毒に, 身許を, 身體を, 遺骸は, 郷へまで, 郷民達から, 郷民達の, 長の, 頭脳に, 顏を, 顔を, 飴じゃ, 馬場の, 齒齦には

1 [585件 抜粋] あたら若者, あたりを, あと押しで, いう蝙蝠岳, いう農作組合, いきさつは, いふの, うしろへ, うちへ, お花畑は, きげん, ことは, ことばが, この別天地, さしいれ物, せいだ, そう云う, とくい, ところへは, どこやら, にほひ, ふたりが, ふたりも, ほうは, むつ, もの, ものとは, ようには, アリバイは, オカミさんに, オカミサンに, オカミサンも, カラダを, フトコロに, ホラアナと, ホラアナは, ホラアナを, 一万騎と, 一件が, 一勝地であっ, 一味であった, 一団でした, 一座の, 一撃に, 一族が, 一軒茶屋の, 一隊が, 丁稚音吉に, 三名が, 三村本家に対する, 三男の, 上から, 上に, 下へ, 下を, 世坦蕩の, 主は, 主人, 主人坪田平吉は, 事をも, 事件などと, 二つの, 二夜が, 二度目の, 二手が, 二手と, 云うこと, 云った言葉, 人々は, 人々へも, 人民の, 人達に, 人間と, 人間の, 仕事, 仕事場が, 代りに, 代表という, 仲間だろう, 仲間を, 低く響く, 住み家, 住民が, 住民達であった, 体は, 体質に, 作曲で, 例に, 倅が, 倉科様ち, 側から, 側が, 側へ, 側へは, 側へも, 偽装隊は, 傲慢な, 僕と, 先陣と, 党員では, 入口で, 入獄の, 兵は, 内に, 冒涜の, 冷たい身體, 冷静を, 処から, 処へ, 刀は, 刈跡は, 初陣から, 別天地に, 刻印が, 前には, 副将として, 力ない, 助手に, 助手を, 勇は, 勤め先も, 北方に, 北端明科あたりから, 十四年に, 半分と, 半合羽, 半日, 南に, 友人でも, 友人の, 叔父の, 口は, 古い林道, 右側半身を, 右前に, 吃りに, 名前は, 向に, 周囲に, 品右衛門さんという, 品右衛門爺さんでありました, 品右衛門爺さんである, 品右衛門爺さんであろう, 品右衛門爺さんでございました, 品右衛門爺さんという, 唄は, 善政, 四字を, 圓い, 土百姓からは, 地と, 城主安藤家の, 場合と, 場所へ, 境地を, 士とは, 声の, 声を, 声寝入った, 外孫に, 大和田十郎次めに, 大飢饉, 太刀を, 奥の, 女房であった, 女房と, 女房に, 奴が, 奴遂に, 好風, 如き人物, 妻お, 姓を, 姪が, 娘の, 子たちや, 子で, 子として, 子供を, 字の, 守護神とも, 宗盛にて, 宗盛の, 家という, 家には, 家は, 容子を, 寝顔を, 審査員は, 将文を, 将門, 将門が, 将門みたいに, 将門公を, 將門が, 將門由井正雪の, 小屋, 小屋に, 小屋は, 小屋へは, 小屋まで, 小屋までは, 小屋も, 少年期には, 居ぬ時, 居館の, 屋敷から, 屋敷を, 山河を, 巖頭に, 左に, 左の, 帰りが, 帳場を, 平坦地は, 店に, 店は, 店を, 座員として, 座敷か, 弟に, 弟子であります, 弥曾太郎の, 役目である, 役目と, 往くところ, 後から, 後裔は, 徒は, 御心もち, 微かな, 心にも, 心も, 急使が, 悲惨な, 情人が, 惟茂四代の, 意図を, 意太棹は, 意志と, 態度は, 懐中には, 懷へ, 戦いぶりと, 戦法を, 扈従組で, 手から, 手が, 手つきや, 手の, 手もとは, 手もとを, 手下でなけれ, 手下と, 手先を, 手勢に, 才を, 才幹は, 打悄, 扱いで, 持ち笛, 持つ独特, 指導者としての, 指揮する, 挙を, 挨拶に, 捨吉これを, 捨吉汝今頃この, 教, 教盛の, 散所民, 敵だ, 料理とっ, 方まで, 日電小屋, 旦那が, 旦那の, 昔を, 昔話を, 星定吉この, 暖簾を, 暮し向きは, 暮し向は, 曲馬団に, 書簡と, 最終の, 有難い所, 木剣が, 本尊は, 机も, 来かかるを, 松に, 枕へ, 果物の, 某養蚕所, 椀に, 椀には, 標木が, 横顔へ, 正反対に, 歳は, 死が, 死だの, 死後三十五年の, 死顏は, 死骸で, 民間人として, 気持が, 氣性としては, 決心を, 泊りには, 泥棒と, 注意を, 浪江殿と, 浮世絵などを, 温泉の, 漁師も, 火傷へも, 烏の, 父は, 片ほとり, 牛乳も, 物, 物を, 猿の, 率いる曲馬団, 甲だかい声, 男達であった, 男達に, 男達の, 町より, 町赤井嶽に, 番頭の, 瘡痍に, 白玉の, 白髮へ, 皺が, 盆地であった, 目から, 真剣な, 真珠庵, 眥からは, 眼いろ, 眼を, 知合ひ, 知盛卿などの, 石碑が, 社員は, 神殿には, 神経は, 福井に, 空は, 空想は, 窩人の, 窩人達にとっては, 窩人達は, 端まで, 筵へ, 精悍な, 糜爛した, 紋附羽織袴なぞ, 純粹, 続く地平線, 維盛の, 維盛卿と, 罪とは, 罪に, 義兄の, 羽織に, 老顔, 考えは, 者, 者には, 耳へ, 聲で, 聲は, 聲も, 肖像画でした, 肩にかけて, 背に, 胸は, 脇差が, 腕は, 腕へ, 腰巾着を, 膳には, 臂を, 自信はくづれなかつた, 自殺を, 芸妓が, 若者達と, 若者達は, 茶目が, 茶碗を, 草床にもの, 蒲鉾を, 蒼白く頬, 蓆に, 蓋は, 薄幸を, 藁を, 血気に従って, 行爲に, 衣類を, 袋を, 袴位を, 袴左手に, 裏切と, 裏切りと, 裾の, 褞袍が, 西に, 西の, 西北に, 見物人である, 視線と, 親子を, 親子感情は, 言うところ, 言などを, 言葉と, 言葉に, 言葉遣いまでが, 許から, 訴えより, 話した女, 話で, 話の, 話は, 誠が, 説明を, 誰の, 調子は, 讒言によって, 谷へ, 豊麗に, 貞文の, 貫禄に, 赤井岳の, 足もとには, 足もとの, 足もとは, 足場は, 足許にも, 足音が, 踊りと, 身體は, 車が, 車を, 軍卒などに, 辺である, 連中が, 道元禅師は, 道化た, 邸に, 邸は, 郷民たちが, 郷民達と, 郷民達な, 郷民達に, 郷民達にとっては, 郷民達へ, 都合も, 采配で, 重常, 重盛の, 釜は, 鋭鉾, 門に, 門人と, 門弟を, 開墾事業が, 間に, 附近を, 陰謀が, 隊員でさえも, 随一と, 隣には, 青年団主催の, 面上に, 頃から, 頃までは, 頃俵藤太秀郷といふ, 頑固な, 領域へまでは, 頬には, 頭部に, 顏に, 顏は, 顔に, 顔には, 顔色が, 養蚕を, 馬場で, 馬楽, 駅へ, 駒は, 駕籠の, 高橋農場へ, 鰻を

▼ 平さん~ (219, 3.7%)

7 の小屋 4 と同じく

2 [17件] がかわいそう, が帰っ, が来る, と二人, と云, と言う, なる者, のところ, のよう, の声, の眼, の間, の顔, はなに, は富士山, は小屋, は来なかった

1 [174件] お互に, か, からつい, が, があまり, がお客様方専門, がこう, がこの, がたずね, がなにか, が一番, が三両, が上海, が世にも, が今, が古本屋, が同じ, が地, が大切, が最も, が来, が来た, が来れ, が水道端, が片山さん, が留守, が著した, が買った, が買戻し, が退却, さえいなけれ, その馬, だあんな, だったね, だって内の人, であった, でありました, という, というだけで, というの, という男, と云っ, と内の人, と出, と片山さん五時頃, と稱, と腕, と読者, などがたずね, なの, にあれ, にとってはこの, にとっては中華民国, にとっては蛙, にとって名誉, にはその, にはそんな, には女房, にまだ, にもたせ, にも帰っ, にも逢わず, に一応, に初相, に呼びかける, に手伝っ, に文ちゃん, に明日, に殺されちゃう, に済まない, に起させ, に逢いました, に限らず, に電話, の, のおかみさん, のこと, のこれ, のさしいれ, のしょうばい, のほか, のマットレス, の丹念, の動かない, の動き, の半面, の品, の姿, の富士山, の心眼, の意識的, の手作り, の敏感, の旦那, の煙草入, の生活, の耳, の脇, の覇気, の親切, の言葉, の詩, の詩作, の豊潤, の足, の近所, の近著, の遠ざかる, の預ける, はあの, はあぶない, はいつも, はこちら, はこれら, はしばしば, はすぐ, はすっきり, はそれ, はそんな, はたった, はときどき, はどう, は一昨年, は三度, は事, は先ず, は凝視, は半, は土間, は外套, は女, は富士山そのもの, は少し, は島田駅, は彼女, は徹夜, は掘り出し, は断わりきれない, は札, は来ません, は機会, は焚木, は無, は無類, は煮あげた, は独り者, は甞, は百両, は私, は窓, は誰, は身動き, は鈴喜, は静か, は黙っ, もいかない, もうあなた, もほんとう, もやつぱり, もゆく, も二十四, も平さん, わるく思わない, をあんな, をいつか, をチヤホヤ, を突き殺し, を見なかった, を訪ねた, 可い, 大金持, 御夫婦, 捻さん, 掻き立てて

▼ 平~ (217, 3.7%)

3 の空気

2 [13件] が天下, が空前, にし, に反, の一族, の天下, の成功, の族, の関係, は却, は私, は遂に, をし

1 [188件] あり夕, いらいの, かといえ, から必要, から遺物, から頼まれ, がこれ, がどうしてこう, がひとり都, がべこの, が何千, が使者, が兵糧米, が其運命, が堂上, が居た, が左, が彼等, が後藤さん, が政権, が此窮鼠, が比較的, が法皇, が独特, が猶, が百十三名, が知盛, が破れ, が竜舟錦帆, が胸中, が蒙りたる, が藤門, が阪東, が頭上, たる平正盛, だったよう, であって, である, であるのに, といい, というも私名, という人, といへる, との海運関係, と共にし, と南都, と合し, と対称, と源氏, と相, と義仲, と親戚関係, なし, などが商人, にそむき, になっ, にば, にも劣りたる, に代り, に処し, に劣らず, に多く, に対してはた, に対して反抗, に対して少から, に対して平, に対して提, に対して止むべからざる, に対して比較的, に対して温和, に対して燃, に対して終始, に対する勁敵中, に対する恐るべき, に抗する, に無情, に移り, に致命, に親しん, に通じ, のこと, の一子平太清盛, の一族たち, の一門, の三家, の上, の中心的人物, の亡びし, の亡ぶ, の健児, の先祖, の党, の勃興, の北条, の北条家, の危機, の同族, の名, の命数, の地侍, の女婿乃ち龍馬, の好敵手たる, の子孫, の子弟, の守介, の家, の家人, の家庭, の帝系, の常に, の後胤, の忠実, の意, の手中, の支族, の暴逆, の末流, の本職, の棟梁, の武家政治, の殿, の氏族, の清盛, の潮流, の用いた, の皮肉, の盛運, の眷族たち, の祖, の立脚地, の総領, の者たち, の脆く, の衰滅, の谷中, の財力, の跋扈, の跳梁, の軍兵, の運命, の酔態, の隆勢, の隨筆集, の面々, はすがめなり, は之, は九州四国, は其源軍, は完, は平氏自身, は恰も, は是, は桓武天皇, は此陰謀, は独り, は独り彼等, は瓶氏, は真に, は福原, は西国, は途中, もあらう, もあれ, もなく喧しく, も藤原氏, や源氏, を亡ぼす, を代表, を去らず, を去り, を吊ひ, を名乗っ, を呪, を呼ばし, を外, を征, を扶, を振付, を水島, を称え, を罵り, を逐, を黌長, ノ過渡期ニ至ル專制君主國時代ナリ, 及び後, 在西國, 良持, 遺民

▼ 平~ (201, 3.4%)

4 の顔 3 の手

2 [13件] その方, というやつ, のあと, の前, の咽喉, の子平太郎, の申す, の目, の頼み, はいっ, はいま, は又, は浴衣がけ

1 [168件] から訝しい, から雪, が, がいかに, がいった, がいま打割羽織, がこう, がこの, がじろりと, がすくん, がつい, が云った, が力づけ, が同じく, が嫌, が左手, が思い, が持っ, が撥ね上げた, が流石, が艶, が荒々しい, が言う, が酔うた, が鶯, だ, だったの, って誰, であった, である, でございます鮫島, ではない, ではなかっ, という者, といえ, とても女, とわかる, と地味, と申す, と闇太郎, など, に, にそう, にはうれしく, にはそれ, には見向き, にもそこ, にも洩らし, にバッタリ, に出られ, に向けた, に感じさせ, に聞こえる, に送っ, のいきさつ, のうしろ, のとつぜん, のようす, のハッ, の一刀, の凄, の友達三人, の喉元, の大喝, の姿, の存在, の強い, の後, の息, の愛し, の技倆, の振りかざし, の根性, の武骨, の永井家, の永井家乘取策, の淫, の狂犬, の生命, の肩, の胸, の腕, の腕前, の藩, の計画, の門, の門弟, の雪駄, の面白, の頬先, はいかめしく, はいくら, はいっかな, はいっさい夢中, はいよいよ, はうめい, はお初のけもの, はこう, はさらに, はじっさい, はすこし, はすっかり, はそのまま, はそれ, はちょっと, はどき, はどこ, はにっこり, はびっくり, はべつに, はまだ, はやっと, はよう, はわし, はコッソリ, はソロソロ, はフット立, は二尺, は仕合, は別, は十九歳, は口元, は叫んだ, は大刀, は家事, は家事向き, は往来, は忍び寄り, は急い, は息, は憎々し, は手, は最早, は毒々しく, は物思い, は真面目, は腕, は膝, は苦手, は薄手, は蟠り, は血走った, は言下, は誰, は返事, は青ざめ, は馬鹿, は黒い, もいうたであろう, もお, もお嬢さん, も亦, も今更, も手負い, やある, や和田喜兵衛, や市川主膳, を中心, を仰い, を取り巻く, を探し, を煽った, を筆頭, を見る, を見上げ, を追う, を送っ, 返り

▼ 平~ (191, 3.2%)

15 ったくなって 14 ったい顔 4 ったい鼻, ったくして, ったくて 3 ったいよう, ったい大きな, ったい狐

2 [13件] ったいもの, ったい処, ったい声, ったい松, ったい灰色, ったい石, ったい胸, ったい頭, ったくし, ったくって, ったく横たわって, ッたい, ッたくなっ

1 [115件] たく折り重ねて, ったいお, ったいが, ったいこと, ったいしおぜの, ったいし腰, ったいせせら笑いの, ったいたらい, ったいちょっと, ったいって, ったいところ, ったいの, ったいのに, ったいふらふら, ったいやつ, ったいん, ったいサナダ紐みたい, ったいソーセージ, ったいチンチクリン, ったいチーズ, ったいトタン屋根, ったいトランク, ったい一つ, ったい一本, ったい一枚岩, ったい三角形, ったい中, ったい丸く固い, ったい丸石, ったい丸缶, ったい俎板, ったい傍屋, ったい円形, ったい卵形, ったい口, ったい名古屋, ったい嘴, ったい尻尾, ったい底, ったい彦根殿, ったい拇指, ったい掌位, ったい新聞包み, ったい方, ったい木造二階建, ったい板, ったい格好, ったい檻, ったい活字, ったい海, ったい渦, ったい瀬戸物, ったい煉瓦積み, ったい瓶, ったい眉尻, ったい緑, ったい肉厚, ったい胴体, ったい胸部, ったい脂手, ったい虱, ったい袋, ったい豆腐, ったい貧相, ったい赤い, ったい跡形, ったい都市, ったい醜悪, ったい金冬瓜, ったい金時計, ったい鐘, ったい陰鬱, ったい頬骨, ったい餅, ったい髑髏, ったい髪の毛, ったい魚, ったい鳥打ち, ったかった, ったかったり, ったくしか, ったくしたよう, ったくした黒い, ったくたおれて, ったくなったがんりき, ったくなったまま, ったくなったもの, ったくなった畑, ったくなってる亀, ったくなりながら, ったくなりましたの, ったくなるよう, ったくゆがんで, ったくヨチヨチ, ったく並んで, ったく人間, ったく低い, ったく口, ったく壓搾, ったく或いは, ったく浮き出してるの, ったく海水, ったく細い, ったく腹這い, ったく薄い, ったく見せること, ったく透明, ったく骨ばっては, ったく鼠みたい, ったさ, つたい而, ッたい一個の, ッたく, ツたい, ツたいゴマ石を

▼ 平~ (191, 3.2%)

7 殺したの 5 見た 3 加へて, 得ざれば, 見て, 見ると 2 おろして, 三河屋の, 前に, 怨んで, 横へ, 殺した上, 突き川, 離室に

1 [151件] いっぺんにここ, いつまでも, おどかすこと, この世の中, さ, じっと睨みつけた, そこでしばらく, そのまま邸, ちらと, でございますかな, はじめ少し, はじめ若者たちも, ひたと長作, ぶら下げた以来, めぐり諏訪, サカと, サカという, ヒオシという, プールに, 下枝の, 両々振り分けの, 主として四人, 乘せた, 二階の, 人知れずある, 伏し拝んだ, 使いに, 供に, 凝視めて, 出発する, 分岐点として, 初め五名の, 剥ぐ時, 加えて, 勦る, 千曲川に, 南に, 去る者, 叩き起し音次郎, 叩き起し馬鹿, 可愛がるやう, 呼び戻したり, 呼べ, 呼んだ, 呼んで, 喚んだ, 囲み東, 圍んだ, 大いに軽蔑, 奪い合いは, 始め満座の, 嫉むやう, 寢かせた, 導き行きぬ, 店内へ, 引立てるよう, 当てて, 忘れては, 思い出しあいつ, 思い捨てて, 悪くばかりは, 意識し, 慕うて, 慰めた, 慰めようと, 慰めるに, 扇動した, 持せしめる即ち, 指で, 挙げて, 挟撃した, 擧げて, 改めて更に不快, 攻めるもの, 書きつつ, 村會に, 横たへる, 殊の, 殺さぬと, 殺しお, 殺した, 殺したか, 殺したと, 殺したるは, 殺すよりも, 殺せし者, 殿として, 求むるなり, 江戸に, 海岸に, 滿足させ得る, 甲信武三州の, 界と, 発, 発見し, 睡らせて, 祀って, 祀るといった, 神に, 突き放して, 繞る, 罪人に, 自分の, 荊州へ, 葛籠に, 行く, 見かけたが, 見せる段, 見たかれは, 見たこと, 見つ, 見つめて, 見ても, 見る, 見るの, 見るので, 見れば, 見上げ見下した, 見下ろしながら, 見出して, 見遁, 訪ねた, 訪れたが, 誘っての, 誰と, 警戒し, 越えて, 越え倉科村, 越して, 踏まえて, 踏みはずし仄, 辷って, 迂誕, 迎えること, 追いまわした, 追うかと, 追うの, 逆に, 通って, 通りある, 通り低い, 連れて, 過ぎて, 過ぎると, 過ぐる, 遮って, 除いて, 鞭に, 顧みて, 養子に, 騙って

▼ 平兵衛~ (135, 2.3%)

5 の舟 3 を連れ 2 である, と共に馬籠, と連れ, の立場茶屋, は平三郎, は気

1 [115件] からだいぶ, がそこ, がたずね, が催促, が先方, が勝手, が堕, が家, が投げ入れた, が福島, が背後, が荷, が街上, が迎い, が采配, が長い, で其補筆, という郷士, とか源蔵, となおした, とは旧, と一緒, と二, と二人きり, と共に案内, と共に社頭, と共に馬荷, と口論, と顔, にだけ見える, に分け, に託し, に金子, の上京, の乗った, の代, の声, の変りよう, の孫, の家, の居間, の店先, の振り上げた, の方, の相識, の立ち話, の蒲団, の行方不明, の許, の話, の話した, はうう, はおりん, はお側, はからだ, はこう, はご, はその, はただ, はつづけ, はどこ, はひたい, はもう, は上町, は予定, は二月, は井戸, は伊之助, は伊那南殿村, は別人, は半蔵, は台所, は四代目, は婆さん, は峠村, は帰った, は後, は後日知人, は怖, は旧, は朝, は気がつかなかった, は浮田秀秋, は疑った, は笠, は胆, は腰, は自分, は舟, は言った, は路傍, は通いだし, は陣笠陣羽織姿, は頭, は高岡郡, は黙っ, へ, もあわて出した, もそこ, も半蔵, も固唾, も旅, も既に, も日ごろ, も路傍, よりすこし, をそこ, を使者, を供, を呼んだ, を家, を斬っ, を起こしまわっ, を門内, 哭き悲しんで

▼ 平~ (133, 2.2%)

8 てしまった 76 て, てしまう 4 て了, られて 3 てしまいました, ること, ると 2 その兄, ている, てしまい, てしまいます, てまた, てやろう, て後, ましたが, るの, る火口

1 [69件] さすと, しめられた, ずば, たまう, たりした, たる樫, つつある, てあと, ていく, ていた, ていつ, てお茶, てから鳥屋場, てくれた, てしまえ, てしまっ, てしまつて, てしまふ, てすぐ, てその, てつまり, てなお, てまだ, てやっ, てバヴァロア, て八五郎, て其處, て勇気凜絶, て大, て妻, て差される, て往来, て思ひ, て恭順, て播磨, て支那, て文学, て最早, て机, て津軽, て深く, て湯, て自分, て行っ, て行った, て赤土, て野菜, てVAN, ながらいろいろ, にかかつ, はる, ました, よと云つた, よと命じた, られたが, られたといふ, られ茶, るあゝ, るかが, るので, るほど, るほどの, る人, る勢い, る此処, 大漢四百年, 尽したる光景, 終ったとき, 諸民

▼ 平~ (133, 2.2%)

4 駿介は 3 駿介とは 2 きけば, 劉封の, 呼ばれて, 懇意な, 手前は, 蘇双の

1 [114件] あったに, ありましたから, いいあれ, いう, いって, いひました, おつた, さへ, して, そして全, その一族, その手下, それだけ以外, そんな処, ならんで, なりたるなり, もうす者, よぶわずか, グズ弁の, 一つ竈である, 一言も, 万三郎とは, 三室銀子の, 三室銀子は, 並べてその, 九太夫とを, 二人で, 二言三言いつ, 云うと, 云うよ, 云う所, 云う男, 云って, 云ふも, 五六合戦った, 井上八郎が, 仲間の, 保とは, 兄弟駒を, 六助は, 六区の, 出て, 刺違えるよう, 前に, 劉封とは, 勘次との, 勘次とは, 勝手にて, 口論を, 同じく出入商人, 同時に出し, 名乗るけれども, 呼ぶの, 命名された, 善兵衛は, 大抵一つ食卓, 大谷平, 太田嘉助は, 太良が, 奥方が, 宗忠は, 寅蔵いずれも, 帆村とは, 平藏が, 廖化とは, 廖化は, 弁内が, 張嶷を, 張翼とは, 強羅の, 忠が, 思い込んだが, 戦いを, 斯うし, 新婦の, 昇進を, 朝霞の, 李恢に, 来ちゃ, 根に, 比べられて, 汁の, 汝と, 湯本との, 申しやす, 申すもの, 申は, 白河戸郷とが, 白河戸郷とを, 相談した, 相識に, 知らざる人, 称えて, 称するもの, 稲吉でした, 竜女いわくわが, 第一装, 結婚させ, 聞いて, 腕を, 衝突り, 見習の, 覚しき鬱蒼, 親ゅう交っ, 言い九州南部, 言った, 言って, 言つて, 誌し, 誰か, 趙累の, 阿芳, 駿介とが, 黒部を

▼ 平~ (121, 2.0%)

4 して 3 向って, 渡した 2 お酒, ささやいた, されて, なって, 似て, 出た, 差すの, 達した

1 [95件] あぶなく叩ッ, いいつけて, いて, いる友助, おります, きこえたらと, され滑, したもの, したよう, しても, し小さな, し巻紙, すすめた, する役, つれて, なりに, なり明, はやりきれないもの, やどし夜もすがら, 並んで, 二万騎を, 云った, 付けて, 代らうとして, 会い市有開墾地, 会うこと, 会った最後, 住んで, 先立たれた時, 出た道, 出る, 出ると, 別れ去る, 削ったり, 劣らずかねて, 劣らず伽羅, 劣らず伽羅大尽, 取っては, 受け止めても, 呼ばれて, 囲われて, 均された所, 売った, 嫁いで, 宛てたもの, 宿った晩, 宿泊し, 寇し二年, 寝返りを, 寢返り, 対したお, 居りて, 廻って, 怨みや, 怨や, 手渡した, 抱かれて, 拉し去られるの, 於てを, 日本に, 暮がたの, 添うて, 渡す, 渡そうと, 甘えた, 生々しい木, 登り荒川, 真砂町更科と, 磨いた方, 立って, 続いて, 置かれて, 義理が, 臍を, 至り甘酒茶屋, 行かないところ, 見つけられたので, 親分の, 訊いた, 訊いて, 訊ねます, 討たれ, 詰まらぬおしゃべり, 詰め寄られると, 話したい話さねば, 走り去るやう, 辿りつくや, 近づいた, 近づいて, 返した, 送られて, 降りて, 集った, 雪の, 騙され捨てられて

▼ 平~ (110, 1.9%)

2 ところに, 尾根の, 所に, 所を, 斜面に, 窪地に, 道を, 長い頂上

1 [94件] ところが, ところへ, のである, ので帽子, ので方向, ものが, ものだつたら, ものと, んだ, んです, ゴンドラらしい, 一枚岩な, 上端が, 丘の, 中央に, 井戸の, 個所を, 側を, 円味の, 前庭には, 卓の, 原を, 四郎岳は, 國道を, 土で, 土地で, 地へ, 地面, 地面に, 場所を, 墓地に, 大きな石, 小鼻を, 屋梁には, 山である, 山稜は, 岩が, 岩の, 峰が, 島の, 布団に, 帯の, 幅広な, 床へ, 床を, 所には, 所へ, 所も, 段だ, 沙地が, 河床は, 状態を, 田畑の, 盆地に, 石である, 石の, 砂地が, 砂地で, 砂地に, 砂浜としか, 礫が, 稍や, 窪地で, 籠は, 苔錆びた, 草原で, 草原の, 草原へ, 草地を, 處に, 街道を, 谷間を, 赤土色の, 足痕を, 通路を, 道だ, 道であります, 野から, 野原が, 野原の, 雪の, 雪堤の, 雪渓の, 露出面に, 面は, 鞍部に, 頂上が, 頂上で, 頂上とが, 頂上は, 頂上を, 高原を, 高原状を, 鼻梁や

▼ 平~ (104, 1.8%)

2 文吉も, 江崎屋の

1 [100件] あった小屋, あの環境, あれば, あわてた, いかにも全身これ窮屈, うつらうつらと, くずれ立ち荊州軍, この民族, しばしば中, しばらく立ち止まっ, しめやかに, すっかり成人, そうせい, そうだ, そのころ, そのほか, その中, それに, それらの, それを, ちょっと手, どうなる, ひきあげたろうと, ふとこの, べそを, まず自ら気, また兄, まだ壯, もう支度, 一撮み取つ, 不思議に, 亦だから云はん, 亦なつかしい, 今年はじめて, 仕事に, 他の, 以前から, 何か, 何様なつ, 來て, 先の, 可愛がられて, 呆気な顔, 墓薙の, 壺も, 大きなくしやみ, 大亀も, 学校を, 将文も, 小鉢小皿も, 少し恥ずかしく, 少し気味悪, 少し面, 居るや, 廖化も, 張嶷も, 強かつた, 心は, 志津馬も, 忠も, 患者の, 成人した, 打笑う, 持ちきれない感じ, 新聞で, 時折には, 武蔵会雑誌に, 泣いた, 滿足らしく, 漸と, 父の, 猪口を, 玉汗も, 現われここ, 目を, 私も, 稲垣定之助も, 立ち上つた, 立ち入つて, 笑い出す, 肩で, 自信は, 自分に, 自白し, 若いもの, 著名な, 裏の, 退屈凌ぎに, 過ぎました, 邪魔者な, 醜い争い, 重荷は, 銀子が, 隣の, 雪女の, 頷いた, 顔に, 顔を, 駆けつけた, 默つてゐた

▼ 平靖号~ (97, 1.6%)

3 の甲板, へつかい 2 のうえ, の乗組員, の事務長, の積荷, の船長

1 [81件] からは, から野菜その他, があやしまれ, がここ, がそんな, がはからずも, が岸少尉, が日本, が航海, が走りだし, が頒, さして波, だから, だが, であったでは, という船名, とがおしどり, とが特別, と並行, にあきれ, にのりこん, には特別, に接近, のボート, のヤード, の一員, の乗組員たち, の使命, の名物, の壮途, の搭載貨物, の方, の水夫, の水夫一名, の真上, の秘密, の舷側, の船上, の船員, の船員たち, の船員対ハルク, の船影, の船腹, の船長室, の若者たち, の荷, の荷役, の行く, はかなり, はこっち, はこれから, はこれから極力, はさいわい, はどんどん, はまだやっと, はまんまと, は中国, は弦, は後, へいっ, へにげこん, への使者, への接近, へも全速力, へ出かけ, へ帰ろう, まで貴様, もおかしな, もそば杖, もついに, もサイゴン港, をおそった, をじっと, をやといたい, をやとう, をノーマ号, を一秒, を映画, を犠牲, を臨検, を退

▼ 平~ (83, 1.4%)

5 である 4 な態度 3 になつ 2 であつ, に歸

1 [67件] が再び, が破られ, だつた, である如く勘次, でけ, でそれで, でねばり, で斯, で更に, で無神經, と物見高い, なおちつき, なのに, なもの, ならしむる能はず, なる山川, な世の中, な働き, な姿, な學者的詩人, な心持, な愛, な日々, な氣持, な波, な滿足, な生活, な誇り, な調子, な足取り, な部分, にかへつて, にかへる, にし, にずつと正しく, になり, になり出した, に且, に保つ, に勉強, に復つたシャク, に肩, に返つ, に返ります, のうち, の中, の典型, の度, の状態, は大した, への盜人, らしく云つた, をとりもどした, を保つ, を取り戻す, を取戻し, を取戻した, を取戻しました, を取戻します, を失し, を失っ, を失った, を失つて, を失ひ, を奪, を與, を表面

▼ 平~ (82, 1.4%)

8 が云った 7 は云った 4 は呟いた 3 は続けた, は首 2 が答えた, は思っ

1 [53件] かそう, がつかみかかる, が坐る, が急, が訊き返した, とに会釈, とは仲, にはそれ, のあと, の叫び, はあと, はあらまし, はうかがう, はかっと, はちょっと, はとぼけた, はにべ, はまた, はみかね, はやり返した, はようやく, はわれ, は上り框, は云い, は云い直した, は会った, は会釈, は口, は思った, は挑みかかる, は昂奮, は森家, は構わず, は正直, は歩き, は済まな, は父, は片手, は立ちあがった, は立った, は笑っ, は聞いた, は肩, は脇差, は腰, は苦笑, は話, は話し続けた, は頭, は頷いた, は飲まない, も正直, より四つ上

▼ 平~ (70, 1.2%)

2 おいでに

1 [68件] いった, かかるとともに, かけてまで, くる, たずねた, でかけて, やつた, 下りました, 下り右往左往, 下る山稜, 事件を, 兎を, 入り込んでから, 入り鯛, 六時十七分着, 写して, 出る, 出る外, 出る頃, 到着しない, 十九町別道へ, 参る, 参ろうと, 向き直った, 吹き抜ける風, 噺した, 夢遊病者の, 山越しない, 帰って, 帰ること, 帰ろう, 往こうと, 微笑した, 捉つて袂を, 来て, 来ると, 杯を, 泊る, 渡して, 登ったならば, 目に, 直接では, 直行する, 着いたの, 知らせること, 移行する, 種々な, 縋つたり, 罵った, 茶碗を, 行きぶら, 行き食事, 行く, 行く人夫, 行こうか, 行ったの, 行って, 見せつける樣, 見物に, 走らせるな, 跳びかかって, 逃げ帰るか, 通ずるところ, 進んで, 酒を, 顏を, 首尾よく, 駛らせ

▼ 平~ (66, 1.1%)

5 あつた 3 東西に 2 ひらめだ, 受けましたが

1 [54件] おでん食ってたら, お前の, そして恐ろしく, だ, でございますかな, ぶん廻す, 一日に, 七兵衛を, 二坪程の, 今年, 何でも, 何時でも, 作らせたもの, 保が, 偃松が, 六・一自粛の, 刺されて, 力一パイ, 南面には, 叫んでるの, 右は, 名だたる歓楽, 喧嘩早く, 坂本見れ, 天神の, 小屋でも, 少し高い, 岩を, 広い, 広いが, 御座ります, 打つたと, 拵えて, 採集し, 控えて, 日電の, 更に一千一尺, 木立の, 松高の, 林道も, 焼いたこと, 祖母谷林道と, 私は, 第六師団, 絶えず鬢, 綺麗で, 落ち合って, 葛籠越しに, 西瓜売り, 遊ぶという, 遊んだ, 高原状を, 高山植物を, 黒部川を

▼ 平という~ (57, 1.0%)

2 のが, のは, 人が

1 [51件] お嬢さんは, ところからは, ところがそれ, ところに, のか, のだ, のであった, のも, のを, ような, 一つの, 一番齢を, 一部の, 万夫不当な, 不思議な, 井上家の, 人の, 八つに, 別天地へ, 商人に, 奴で, 奴です, 寂しい土地, 小料理屋で, 少しは, 山を, 平地が, 店で, 弁護士, 弟が, 文士は, 新聞社の, 材木問屋では, 気風が, 洋紙店の, 男が, 男だ, 男の, 疎開者が, 綽名を, 者すなわち, 者だ, 者だった, 草原で, 草原に, 親分でした, 謡の, 質屋に, 質屋の, 郷に, 高田が

▼ 平~ (53, 0.9%)

3 訊いた 2 あるの, やって, 来て

1 [44件] あったのに, あって, あるよう, いいつける, きっと復讐, ぐんぐん近づい, すぐに, そう云いかけた, そう云う, そう云う死に, ちと度, つくので, つづいて, つと進ん, なかなか上っ, ぶらぶら散歩, まだこそ, まだその, やがて見えた, やって来たな, 作る豆腐, 借りたまま, 剥がれる処, 呼びかけた, 始終草, 少し離れた, 帰ったの, 帰って, 思いついた意志, 恐る恐る答えた, 捜しに, 曳いて, 構えて, 求める副食物, 現れる, 矢代の, 研いだばかりの, 答えること, 聞いた, 負けると, 起きあがった, 迎えに, 野田へ, 驚くこと

▼ 平調~ (53, 0.9%)

2 で唄われる, を冒し

1 [49件] から盤渉, がもどる, が乱れた, が保ち, である丈, でいらっしゃるらしく何より, でしたから, でしょうか, です, なことば, なる月給, な北國, な口吻, な殆ど, な経過, な英語, な言葉, に, にし, になった, にならなかった, にもっ, にもどっ, にスラスラ, に下げ, に復, に復しかけ, に復りきら, に戻, に戻す, に澄まし返っ, に癒, に返し, に返そう, に返っ, に返ろう, に通わせ, に還っ, の琴柱, をとり戻したらしい, をとり戻す, を失う, を失っ, を失った, を心掛けた, を欠い, を破っ, を脱, を装

▼ 平二郎~ (43, 0.7%)

14 は云った

2 [14件] が妻子, という老人, と同年, のかみさん, の問わず語り, の妻, の家, は増さん, は大きな, は息子, は止め, は続けた, は自分, は訊き返した

1 後俳人落柿舎去来

▼ 平~ (42, 0.7%)

5 である 3 なるが 2 でないの, なること

1 [30件] お由羅あたり, だ, だし, だったので, ぢや, であって, でございました, でない, でないといふ, でないので, でないもの, でないらしい, でない様子, でない者, でない顏色, でなかつた, でなかつたの, で無い, ならざる抵抗性, ならず誰, ならぬを, ならぬ人, なるとき, なるに, なるもの, なるを, 博多か, 将文か, 小伝馬町三丁目の, 楠平か

▼ 平兵衞~ (40, 0.7%)

2 より其方, を殺し

1 [36件] お梅白洲, が娘, が采配, とは兄弟, と云手紙, と申者, に咄, に對, に相談, に見せし, の兩人, の悴成, の手跡, の教, は南無, は古河, は喜八, は宅, は我が家, は承知せり, は早々, は殊, は聞終り是, は肩先, は頭, へは右横山町地面間口十間奧行十八間, へ斯, も思はず, も進み出, より私, より送りし, より送りたる, を先, を呼び, を奧, を殺害

▼ 平から~ (39, 0.7%)

1 [39件] あちらは, いつも井戸, もうよほど行った, 今年の, 仰望した, 北アルプスでも, 十五分で, 南へ, 吸ひとらせ, 奥仙人沢まで, 室堂へ, 川の, 師宣宮川長春などという, 御前谷, 振り仰ぐ北アルプス, 望月沢の, 杉戸屋の, 東沢に, 東沢までは, 殼蕎麥が, 海岸通りを, 爪先上りの, 申せば, 番所原まで, 直接に, 相馬の, 眺めた時, 絶頂まで, 聞いたところ, 聞き彼, 背まで, 見あげられる連山, 見ると, 譲られた借財, 金を, 鉄砲や, 錢を, 長い尾根, 間近く仰望

▼ 平あやまり~ (35, 0.6%)

7 にあやまる 5 にあやまっ 4 に謝罪 3 にあやまつ 2 にあやまった, にあやまり

1 [12件] にわび, に母, に詫, に詫び入った, に謝, に謝つて歸つて貰, に謝り, に謝りぬいた, のこっち, 他日つぐない, 再びあすこ, 手を

▼ 平なる~ (33, 0.6%)

2 こと能は, 野と

1 [29件] ことあたわず, ことを, こと儒家の, こと能ざりし, こと鏡の, ところへ, にあらざる, ものなり, もの板昆布の, を得むや, デルタの, 処に, 処を, 原あり, 原を, 地上より, 屋根高き, 山側と, 心には, 所半丁ほど, 方も, 浅き谷, 海を, 能は, 街道あり, 路を, 金床台, 陸に, 頬の

▼ 平~ (33, 0.6%)

1 [33件] が大挙, が大挙入洛, と横田川, と義経軍, と雌雄, に迫る, の中, の半, の孤立, の将, の彼, の意気大, の手, の撃破, の敗走理由, の教経, の本拠, の鋭鋒, はおなじ, はわれがち, は四国, は少なくも, は已に, は是, もまた, を破る, を衝きぬ, を討たし, を討たしめ, を追いちらし, 悉く都, 既に破れ, 既に鞭

▼ 平ったい~ (30, 0.5%)

1 [30件] のや, ものであったら, ものに, ボール紙の, 上に, 下駄を, 円形の, 団子を, 国だ, 太鼓の, 屋根と, 建物のみ, 房, 指先で, 板では, 盆の, 目の, 眉と, 石に, 石片とで, 竹籠から, 箱から, 胸を, 部分の, 野原だけ, 金びしゃくにのせナースチャは, 金属板だった, 靴を, 額は, 顔を

▼ 平~ (27, 0.5%)

632 から太郎, ぜ, よ三河屋

1 [12件] からある, から深い, から踊る, がぼく, がジヨンニーさん, でなお, といふ意味, とか武藤金吉, とは知らねえ, と申す, の, 土平だ

▼ 平九郎~ (27, 0.5%)

2 はあわて, は彌

1 [23件] が一枚, が先, が着流し, というもの, にでも訊いたら, の弟, はいった, はぼんやり, は一生懸命, は二人, は人々, は伴左衞門, は再び, は大, は山杉甚作, は急い, は摺, は早々, は烟草, は顏, も甚作, をひき出せ, を勤めた

▼ 平~ (27, 0.5%)

4 の言う 2 の及ぶ, の忍ぶ, の持つ, の止める, へ飛付いた

1 [13件] がこんな, の勝ち誇った, の思った, の持っ, の来る, の立っ, へさう, へそう, へでも返し, へ久住, へ庄太郎, へ武者振り, を掴んだ

▼ 平かに~ (26, 0.4%)

8 して

1 [18件] し千紛, せしより, なった満潮時, なって, ならしおく也, なりぬ, なり人民, 地ならしされた, 居給, 平かに, 広くなっ, 廣く, 憩はせ, 東西に, 致させますでございます, 見えても, 静に, 静止し

▼ 平には~ (24, 0.4%)

2 却て

1 [22件] いい見学, きょうも, さう, そう思われる, ひどくすれつ, また小さい, やはりわからなかった, よく身, わからなかつた六區, 不快で, 先から, 同情し, 大抵覚え, 敵にあたる, 気骨が, 氣づかれまい, 牛と, 自分の, 話してなかったので, 誰も, 飲ませるの, 首里殿内真和志の

▼ 平氏政府~ (24, 0.4%)

2 の命数

1 [22件] が日一日, に反, に向, に於, に於ける, に迫り来れり, の亡滅, の厄介物, の周章, の命運, の外, の存在, の敵, は其最, は刻々, は浮島, も是, を倒滅, を劫さむとす, を呑めり, を寸断, を挽回

▼ 平~ (23, 0.4%)

2 三吉を

1 [21件] おむら, お前は, そなた, その友達, ほかの, また不, 侍臣は, 六十里越八十里越あたりの, 否やは, 大亀, 将曹, 小縣盆地, 幕僚たちは, 弁内は, 武や, 王甫などの, 茶臼岳北方の, 薬師堂の, 部下周倉を, 関索なども, 阿能十蔵

▼ 平三郎~ (23, 0.4%)

3 はその 2 は刀, は盃

1 [16件] はしかた, はそんな, ははあ, は一種, は八重, は十九, は執拗, は声, は嫌い, は山瀬新五兵衛, は眼, は立っ, は腰, は退出, もかくべつ, もそれきり八重

▼ 平~ (22, 0.4%)

1 [22件] から来られた, から汽車, から百九十哩, では雪, と云え, にすゝめ, に一泊, に著い, の方, の方向, の満, の見物, へ, へ帰れない, へ廻り, までは生面, まで引上げ, まで来ず, まで行つて奥地, を出発, を立つ, を離れ

▼ 平~ (22, 0.4%)

2 第一

1 [20件] にあらず, にのこし, に関して考へね, の, の下, の卿相十人, の周郎, の外, の威武, の小冠者, の惰眠, の柱石, の栄華, の楼台, の犬羊, の画眉涅歯, の袖扉, の豎子, の貴公子, へ上がった

▼ 平では~ (19, 0.3%)

3 ない, なかった

1 [13件] かしこの, ないか, ないよう, ない樣, ない波紋, なくな, やがて近い, 先ず絶対, 切れないぞ, 始終世話, 恐ろしい事件, 蝦夷蝉らしい, 鷹の

▼ 平~ (19, 0.3%)

2 は常

1 [17件] かもう, という人間, と嚊, と常, と若い, にも逢わねえ, の嚊, の方, はいくら, はそれ, はふと, はまた, は其處, は急い, は確か, は話聲, も常

▼ 平打ち~ (19, 0.3%)

2 の紐, ピッシリ肩先へ

1 [15件] がゆく, がピシヤリピシヤリ, にかけて鋼, に一刀, のその, のなまめかしい, の丈夫, の二本, も見事, をくれた, を引きぬい, を食わし, を食わせ, 珊瑚の, 紐の

▼ 平かな~ (18, 0.3%)

2 境内へ, 砂路へ

1 [14件] ときは, 一仙境が, 國に, 姿であり, 底を, 敷地の, 海に, 海面が, 田畑らしく, 砂地で, 筈は, 語調で, 豊かなる, 道路に

▼ 平~ (18, 0.3%)

1 [18件] か, が前, が目見得, が訊き返した, じゃあねえか, と本人, に新しい, のうあの, のことば, の眼, の話, は, は歩, は羽織, まっぴら御免, も飽気, を張っ, 御注進

▼ 平~ (17, 0.3%)

2 く, くしろしめせ, 訖へて

1 [11件] き心, くまつりご, く治ろしめす, く治ろしめせ, く聞し, たまひき, 和し, 和したま, 小濱, 給ひ, 訖へ

▼ 平~ (14, 0.2%)

1 [14件] がずいぶん, がその, が同書, が私, とそれから, と私, に飯, の厄介, の厚誼, の宅, の案内, の第, も来訪, を訪

▼ 平ったく~ (13, 0.2%)

2 てまるで, て黒い 1 ただ一面残暑, 云や, 円いリンゴ, 地に, 岩と, 崖に, 横に, 烈しい日, 穴が

▼ 平一郎~ (13, 0.2%)

1 [13件] に投げる, に深い, の前, の父, はどうしても, はもう, は和歌子, は嘗めね, は学校, は帰っ, は思った, は知った, は考えた

▼ 平~ (13, 0.2%)

2 の身, より下 1 とは別に, と別, と違, にてもこの, に落し, の妻子, の関わる, よりは一等, よりも奢り

▼ 平にも~ (12, 0.2%)

1 [12件] これを, すでに久しく, ふかい事情, 古い蓑笠, 告げず飄然, 多少その, 子供にも, 恩が, 手傳つてもらつ, 異論は, 相談し, 羨ましいほど

▼ 平といふ~ (11, 0.2%)

2 人が 1 ところは, のが, ものも, 人の, 人は, 人をも, 半分屋台みたいな, 小町紅を, 役を

▼ 平~ (11, 0.2%)

1 [11件] というの, と磯二, にどんな, にはむさくるしく, には生きた, に与えた, に挨拶, に言, の弱点, の村, の胸

▼ 平左衞門~ (11, 0.2%)

1 [11件] という旗下, とは其方, と呼, に逢, の一周忌, の兩人, の兩人吟味筋, の別荘, の留守, より形見, 罷出其有樣最

▼ 平馬殿~ (11, 0.2%)

1 [11件] が入, が入っ, に申し含め, のお, の処, の器量, の物語り, の話, はこう, は都合, を宇佐美家

▼ 平とは~ (10, 0.2%)

1 しばらく二階, その政治的, ちが, まるっきりなに, ややしばし囁き合い, 一つ家で, 反りが, 只一回逢つたのみ, 親しい間柄, 違って

▼ 平靜さ~ (10, 0.2%)

2 の中, を手 1 だけであつ, に比べ, はあなた, や身體, を十分, を與

▼ 平七郎~ (9, 0.2%)

2 の剣 1 つと栄三郎, のわきばら, の右脇, の生き血, らしかった, パッと, ピタリ一刀

▼ 平~ (9, 0.2%)

1 だらうが, であつ, で社村, で笑顏, で見る, な人, になる, をつくろひ, を粧

▼ 平~ (8, 0.1%)

1 なって, 云や, 出で, 寢て, 掛けた, 敷いた, 船尾は, 言ふと

▼ 平などの~ (8, 0.1%)

1 予審ぶりなども, 企みを, 兄と, 写生画は, 叛謀に, 手勢は, 日記を, 軍勢も

▼ 平~ (8, 0.1%)

1 から板前, から駕籠, に寄りあい, に来, の前, の植込, へもたび, や両国あたり

▼ 平ったくなっ~ (7, 0.1%)

2 ている 1 てい, てしまっ, て叫んだ, て水底, て立っ

▼ 平つたい~ (7, 0.1%)

1 のも, やうな, 壜には, 大きな石, 小さい壜, 感じの, 笊を

▼ 平である~ (7, 0.1%)

1 か無い, がそこさ, が左右, が群衆, ことが, と云う, 為に

▼ 平です~ (7, 0.1%)

321 がね, が右

▼ 平まで~ (7, 0.1%)

1 くりだした, つづいて, ぬけたい考え, 来ると, 直径に, 通ったこと, 遡上

▼ 平~ (7, 0.1%)

1 がひょっこり, が惚れた, であった, であったこと, であったの, である, であるらしいこと

▼ 平将文~ (7, 0.1%)

1 なども, なども側, のふたり, の二人, の兄弟, も彼, を伊豆守

▼ 平~ (7, 0.1%)

1 からの自動車, なき所, なる道, のなか, の停車場, の巷, を失ひ

▼ 平~ (7, 0.1%)

2 なり 1 でその, なる沼沢地域, の地, 広丙鎮東鎮南, 蒼茫たる

▼ 平馬どの~ (7, 0.1%)

1 が出られる, ぐらいの腕, にもしも, に斬りかけられた, のこと, は平気, を出場不能

▼ 平つくばっ~ (6, 0.1%)

1 たり, て, てお, ておじぎ, て礼, て神さま

▼ 平より~ (6, 0.1%)

1 先に, 平ヶ岳尾瀬方面旅行記, 当然海岸伝, 御前谷の, 本流に, 逐い転じて

▼ 平~ (6, 0.1%)

1 が御, とおっしゃる, のお, の兵, の合図, も将文様

▼ 平~ (6, 0.1%)

1 であった, と称する, には白い, に来, までは一里, を渡り

▼ 平~ (6, 0.1%)

1 の二十五六, の年, の東京弁, の目, は両, を思い出し

▼ 平その~ (5, 0.1%)

1 ほかごく, ほかの, ほか六郎将, 中央に, 二千両を

▼ 平つたく~ (5, 0.1%)

2 なつて 1 なつた, 四角に, 木曾道中記とは

▼ 平との~ (5, 0.1%)

1 結婚話が, 衝突が, 金簪を, 間は, 関係は

▼ 平など~ (5, 0.1%)

1 いう通称, みな杯を, 口に, 奥上州の, 幾つかの

▼ 平右衞門町~ (5, 0.1%)

1 の上總屋伊八, の小町娘, の左官, の酒屋, の醫者

▼ 平~ (5, 0.1%)

2 の消防組 1 とか風下村, に営, は城

▼ 平殿~ (5, 0.1%)

1 が奥方, の供, は私, へお, より富右衞門殿

▼ 平~ (5, 0.1%)

1 であること, でいらつ, との美, とを得, とを得る

▼ 平~ (5, 0.1%)

2 して 1 しおよそ, し花, せる花面

▼ 平馬様~ (5, 0.1%)

2 というの 1 とは, にお目にかかりたい, の子

▼ 平かで~ (4, 0.1%)

1 あつた, ゐる時, 只私達, 毒が

▼ 平たち~ (4, 0.1%)

1 にも出立, は兄, は叔父, も

▼ 平だの~ (4, 0.1%)

1 弁内なんぞが, 御所の, 片桐助作だの, 餡麺麭だの

▼ 平ったくいえ~ (4, 0.1%)

1 ばだ, ばウヤムヤ, ば小説, ば小間使いみたい

▼ 平ったく云え~ (4, 0.1%)

1 ばお, ば枕探し, ば甘い, ば赤い

▼ 平であった~ (4, 0.1%)

1 がグズ弁, が胸, が階子段, ナポレオンを

▼ 平とか~ (4, 0.1%)

1 そういう方面, 仰有る方, 又兵衛とかに, 書いて

▼ 平とも~ (4, 0.1%)

1 書く事, 称し東西, 称す可, 違い冬

▼ 平と共に~ (4, 0.1%)

1 かよの, 二万余の, 出て, 菅公讒奏の

▼ 平はの~ (4, 0.1%)

3 つそり 1 つそり歸つて來

▼ 平への~ (4, 0.1%)

1 夜食を, 斜面は, 道を, 道筋を

▼ 平みつい~ (4, 0.1%)

2 てじっと 1 ていまや, ている

▼ 平公夫婦~ (4, 0.1%)

1 の毎日里, の里, は常, は酒

▼ 平劉封~ (4, 0.1%)

1 などの留守隊, などの諸, の二人, は共に

▼ 平~ (4, 0.1%)

1 にせられ, に対し徒士, の三人, の長野

▼ 平~ (4, 0.1%)

2 曹の 1 曹等は, 曹豊後などを

▼ 平張嶷~ (4, 0.1%)

1 に命じ, のほう, の三名, の二軍

▼ 平橋村~ (4, 0.1%)

1 から五里, と言っ, にはたった, は村

▼ 平氏門~ (4, 0.1%)

1 によつて, に片寄つてさ, のはし, を乘

▼ 平~ (4, 0.1%)

3 の浦 1 と渺

▼ 平番士~ (4, 0.1%)

1 だが, の大迫玄蕃, の玄蕃殿, も才

▼ 平~ (4, 0.1%)

3 の山 1 へかよつて

▼ 平~ (4, 0.1%)

1 が与えられる, である, でなくては, は直線

▼ 平馬さん~ (4, 0.1%)

1 がお, この俺, でしたね, は初

▼ 平~ (3, 0.1%)

1 めえ, ゆるし下さいまし手前, 染と

▼ 平され~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, て上段

▼ 平~ (3, 0.1%)

1 たりし, て不, て入れ

▼ 平とて~ (3, 0.1%)

1 横浜に, 武芸に, 義経袴の

▼ 平ならざる~ (3, 0.1%)

1 や彼, 所以は, 道を

▼ 平なり~ (3, 0.1%)

1 よしや血, 打たんずる, 揺り曳きに

▼ 平~ (3, 0.1%)

2 重衡 1 資盛

▼ 平一人~ (3, 0.1%)

1 がこの, であり季節, に止まらず

▼ 平~ (3, 0.1%)

2 といきなり 1 の平

▼ 平~ (3, 0.1%)

1 の何, の女房, の肩入れ

▼ 平兵衛君~ (3, 0.1%)

1 からはがき, はゐ, は留守

▼ 平太夫~ (3, 0.1%)

2 も近頃少し 1 が会っ

▼ 平左衞門様~ (3, 0.1%)

1 でございます, にお話, の娘

▼ 平巻き~ (3, 0.1%)

3 の鞘

▼ 平~ (3, 0.1%)

1 勘弁を, 夫妻から, 夫妻を

▼ 平氏一門~ (3, 0.1%)

1 が栄達, の受領国, の隆昌

▼ 平氏自身~ (3, 0.1%)

1 の立脚地, も亦, をし

▼ 平~ (3, 0.1%)

1 となっ, なりし, を以てす

▼ 平線儀~ (3, 0.1%)

1 というの, とが香川県, はその

▼ 平談俗語~ (3, 0.1%)

1 のうち, の通り, を主

▼ 平象山~ (3, 0.1%)

1 に師事, の詩, は経術

▼ 平馬忠~ (3, 0.1%)

1 などへ何事, の先手, はご

▼ 平~ (3, 0.1%)

2 の扇 1 の扇子

▼ 平げた時~ (2, 0.0%)

2 で新潟

▼ 平げよう~ (2, 0.0%)

1 と思い立った, などという利いた

▼ 平さえ~ (2, 0.0%)

1 も南アルプス, 居なければ

▼ 平さん自身~ (2, 0.0%)

1 が飛び出さない, も言う

▼ 平した~ (2, 0.0%)

1 地面の, 畑は

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 い女性, い往来

▼ 平った~ (2, 0.0%)

1 くつッ伏し, さ怖

▼ 平って~ (2, 0.0%)

1 え御船蔵, 利者だ

▼ 平つく~ (2, 0.0%)

1 ばつたもんや, 張つて挨拶を

▼ 平であっ~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て頂き

▼ 平であり~ (2, 0.0%)

1 何んにも, 眼の

▼ 平でない~ (2, 0.0%)

1 から置物, 玻璃の

▼ 平でも~ (2, 0.0%)

1 ありまっすぐ, 野良犬でも

▼ 平とが~ (2, 0.0%)

1 坊主だの, 後に

▼ 平として~ (2, 0.0%)

1 あつた, 言って

▼ 平とで~ (2, 0.0%)

1 あとの, 平の

▼ 平とともに~ (2, 0.0%)

1 でかける決心, 見知らぬ男

▼ 平ども~ (2, 0.0%)

1 の何割, は専ら

▼ 平なら~ (2, 0.0%)

1 金廻りが, 飛びかゝるところだろうが中学校高等学校を通じての

▼ 平ならず~ (2, 0.0%)

1 寧親の, 更に薩長彈劾

▼ 平なんぞと~ (2, 0.0%)

1 來た, 来た日

▼ 平までが~ (2, 0.0%)

1 子細らしく, 相槌を

▼ 平までは~ (2, 0.0%)

1 往復更に, 楽な

▼ 平よりは~ (2, 0.0%)

1 すべてを, 気も

▼ 平をも~ (2, 0.0%)

1 煙に, 痛く落膽

▼ 平一郎さん~ (2, 0.0%)

1 は何もかも, も旦那様

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 は十兩, や小石川

▼ 平久町~ (2, 0.0%)

1 へはいり, まで駆け戻っ

▼ 平二郎老人~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 平五さん~ (2, 0.0%)

1 ですか, は妙

▼ 平五郎八~ (2, 0.0%)

1 というの, と名乗っ

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 の徒, の話

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 に復し, は呑んだ

▼ 平使~ (2, 0.0%)

1 の後, を遣わされた

▼ 平允端懿~ (2, 0.0%)

2 なる貴公子

▼ 平八郎等~ (2, 0.0%)

1 の獄, の舟

▼ 平兵衛これ~ (2, 0.0%)

1 は面白い, よ平兵衛

▼ 平兵衛さん~ (2, 0.0%)

1 がこんな, も世話好き

▼ 平兵衞方~ (2, 0.0%)

1 へ出入, へ迯歸

▼ 平博見物~ (2, 0.0%)

1 で国, に来

▼ 平右衛門町~ (2, 0.0%)

1 の中通り, の医者

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 富基中村宗義など, 米八清元千蔵同

▼ 平士上隊~ (2, 0.0%)

1 でいる, と改名

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 の通信簿, 掾氏の

▼ 平川口~ (2, 0.0%)

1 へ出, へ青網

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 ってなん, なもん

▼ 平希也~ (2, 0.0%)

1 で門外, など僅か

▼ 平廖化~ (2, 0.0%)

1 の二軍, は張嶷

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 であつ, を以て射

▼ 平忠清~ (2, 0.0%)

1 に飛ばし, はこの

▼ 平~ (2, 0.0%)

2 日国経の

▼ 平易く~ (2, 0.0%)

1 なったが, 要領よく

▼ 平松屋源左衞門~ (2, 0.0%)

1 が武家, は三年前

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 に係る, を名乗っ

▼ 平次兄哥面目次第~ (2, 0.0%)

2 もない

▼ 平正穏当~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 平氏系図~ (2, 0.0%)

1 に見え, も厳密

▼ 平氏追討~ (2, 0.0%)

1 の流言, を名

▼ 平江崎屋清五郎~ (2, 0.0%)

2 などは滅茶滅茶

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 ならしめるもの, な客観写生句

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 てとこ, のロケ

▼ 平町附近~ (2, 0.0%)

2 の村

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 な心情, の表面

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 に宛平県, より順天府

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 つ平, ッ平願わく

▼ 平社員~ (2, 0.0%)

1 の結婚, の間

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 一の, 五子将文第

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 も臺, を洗ツ

▼ 平~ (2, 0.0%)

2 をつくる

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 という, は東京

▼ 平舞臺~ (2, 0.0%)

1 の下手, の正面

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 がある, の集團

▼ 平茶屋~ (2, 0.0%)

1 へ這い上がる, より一丁あまり

▼ 平西都督~ (2, 0.0%)

1 に封じ, の印綬

▼ 平調枯淡~ (2, 0.0%)

1 な作品, に過

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 とし, を仄起

▼ 平~ (2, 0.0%)

1 を捨て, を求め

▼ 平靖号乗組~ (2, 0.0%)

1 の一等運転士, の水夫

▼ 平馬一人~ (2, 0.0%)

1 とかぞえ, を取っちめよう

▼ 平馬周吉~ (2, 0.0%)

2 などの動き

▼ 平馬樣~ (2, 0.0%)

1 といふの, の子

▼1* [521件]

あたりの歴史書, 平あやまりだと云う, 平いつもながら実に, 平いよいよ図に, 平かさとがそこ, 平かな交易がつづいた, 平かな地上を見ない, 平かな岩の上, 平かな巌を太陽, 平かな水田もことし代, 平かな町であった, 平かな調子で, 平かな遙かな景色, 平かな顔である, 平かも知れません, 平からも熱烈に, 平直て, 平くらいは呑んだかも, 平ぐるみあの六人, 平けて遠山之を, 平けに遣す, 平げすしの方, 平げた後がコーヒー, 平げやうなどといふ利いた, 平げドビグラスのうま, 平げリスター・バッグの水, 平げ上杉景勝と和, 平げ以て徳川氏, 平げ天下ひとつの楽土, 平げ宿敵斎藤氏を岐阜, 平げ建國の基, 平げ昼までに残り, 平げ朝鮮を属領, 平げ民を撫順, 平げ翌日僕にニヤニヤ, 平げ色を歛め, 平げ荊州の劉表, 平げ近頃は荊州, 平げ順々に十数種, 平げ飯を食い, 平げ馬超を逐つた後, 平こういう日あたりの, 平こそひと足先に, 平こそはまことに世界的, 平ことみじめ見せてんの, 平これはと打, 平これらはその, 平こんこん次郎, 平させ無双の, 平させたと云, 平さまが下着, 平さんあんたなにしとるか, 平さんかくまで身上, 平さんたちもとびだし, 平さんヘキエキという, 平さん一人放つとき, 平さん一緒かな, 平さん先生は来ない, 平さん友達甲斐がねえと恨ん, 平さん善七さんさんに逢つて愉快, 平さん夫妻の首, 平さん娘と息子, 平さん真からもっ, 平さん自身特異な詩人, 平ざしまといつきざしまといざしからみ繍などで, 平しくすること能は, 平しし状をま, 平しっかりやってくんな, 平も, 平すぎる上に, 平すなわち窩人の, 平となり, 平そうれ一杯飮め, 平たち案内者はさすが, 平たる決意の, 平だけである, 平だけが深夜裸山を, 平だけはいづかた, 平だつたら合して九平, 平だら槍で, 平ちゃんというの, 平ちゃんと連立って, 平ちやらだ, 平ったい到ってわけ, 平ったくならないように, 平ったくなるまでタタキ, 平ったくもうせばよかっ, 平ったく云って了, 平ったく云った方が, 平ったく冠さってその, 平ったく判りやすいよう, 平ったく寄せて雪, 平ったく寝ている, 平ったく座ると急, 平ったく押してくる, 平ったく晒されている, 平ったく考えて姉さん, 平ったく言えばなあに, 平つくばった男が, 平つく這っていた, 平つたくな, 平つたい濁つた顏を, 平であればさ, 平であろうと構わない, 平でございましてね, 平でござるな, 平でござんす, 平でなければならなかつた, 平というはどこに, 平とう言うて, 平とかいうそこからは, 平としては身の, 平とやらは石を, 平とを見た, 平とんと胸を, 平どうしたもの, 平どころの話しでなく, 平どのは居る, 平どんにでも手伝わし, 平などであとを, 平などという中老の, 平などに加えて, 平などにもやはりガンボジ, 平などは余ほど, 平などもそれぞれその, 平などを手こずらして, 平なほも油斷, 平ならざれば則, 平ならずして吉原通, 平ならぬ処自然の, 平なる能わずと云う, 平において老臣の, 平にとって三村家の, 平にとっては云わずと, 平にとなつてゐる, 平にね蜜蜂を, 平のせゐだと思ひ込ん, 平のみを以てするも, 平はげつそりと, 平はちよつと頭, 平はといえば, 平はもどつて, 平はやはらかに, 平ばかり苛めるの, 平へはいはなかつた, 平ほど虚勢を, 平ほどの背の, 平またそのよう, 平までに採集した, 平までも見届けて, 平みつけてわざと, 平みんなその點, 平み打つ伏す凄さ, 平めかした姿勢で, 平もしくは双六平の, 平よりも衣子の, 平れふす群衆が, 平れ伏し讃美の, 平をんでげす, 平カベケ原五郎平もしくは双六平, 平ニハ見せられぬ事, 平なの, 平七つあんまだ, 平七郎河のまん中, 平七郎雪崩おちの, 平三一人は如何, 平三年の辛, 平三年十一月だった, 平三年壬申四月二十二日の真昼, 平三爺はそのまますぐ, 平上河内岳の南, 平与力本多為助山寺三二郎小島鶴之丞, 平中原大烏来船, 平中村宗平というの, 平乙波孫十郎が誰, 平九郎はみかへり, 平九郎大蛇を裂く, 平九郎市川団十郎ら声名ありし時代, 平九郎廿七八歳先生の代, 平九郎津村彌平次, 平ける後, 平事大矢市次郎君である, 平二年彗星の出ずる, 平二年王莽が漢室, 平二階堂とぽんぽん, 平五はにわかに晴ればれ, 平五はみのに云った, 平字類抄のるゐ, 平仙寺雲林寺という風, 平仙寺雲林寺等の山門, 平以下一族郎党を数多, 平以下五百の将士, 平以来まずこの, 平仲吉利へ押えきれない, 平仲等が殿, 平侯内藤政樹も数学, 平侯左将軍の印, 平倉義倉等備荒の用意, 平假名で書かなけれ, 平側用人種子島六郎島津石見が入っ, 平入りに改めたらしく, 平八茶屋である, 平八茶屋對山臨溪清談半日席上余謂博士曰花易散人易老君亦須及, 平八蔵連立ちて, 平八蔵交代に八橋楼, 平八郎が企, 平八郎父子は焼けた, 平公子供を負, 平公連公雅といったよう, 平兵衛さ今お帰り, 平兵衛さおれはもう, 平兵衛さお前もここ, 平兵衛さんわたしたちもぽつぽつ, 平兵衛参上いたさせ候ところ, 平兵衛妻籠本陣の寿平次, 平兵衛尉葛西十郎筑後六郎和田三郎土肥先二郎佐原太郎多多良, 平兵衛巳之助清蔵初三郎, 平兵衛帰宅して, 平兵衛方の囲炉裏ば, 平兵衛様五升お貸し, 平兵衛殿には土州, 平兵衛治兵衛其他の如き, 平兵衛火を持て, 平兵衛自身一切れ試食して, 平兵衞來り今, 平兵衞儀は豫, 平兵衞儀日頃何か他, 平兵衞儀權現堂小篠堤にて横死, 平兵衞儀殺害に逢, 平兵衞共に途方, 平兵衞夫は何より, 平兵衞始め家内の者, 平兵衞此度の働き町人, 平兵衞殿がと大, 平兵衞竊に辨當, 平でござる, 平刈安峠五色ガ原立山温泉富山という旅行, 平刈安峠五色ヶ原立山温泉富山という旅行, 平刈安峠佐良峠五色ヶ原立山剱祖母谷大黒という当時, 平刑部卿忠盛が弓, 平機又は, 平の籠った, 平北将軍馬岱が一軍, 平北都元帥に封ぜられた, 平十年で韓山童, 平博見物人の為, 平即ち阿賀野川の, 平参ろうかの, 平及びその子孫たち, 平同前也, 平句同前なり, 平右衛門と忠信利平, 平右衛門桜甚助の兵, 平吉夫にては手前, 平吉造富三郎という三人, 平君夫妻の優待, 平君徃訪これは海上ビル, 平周倉廖化糜芳などをあと, 平品川の幇間富本登, 平員経のみで, 平を見, 平四年の秋, 平四条隆資なども宮同様, 平団ナラシメ而シテ青栢葉ニ盛テ以テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 平の船頭衆, 平圧しに圧し, 平は一分計, 平で見た, 平士九人徒六人小頭七人足軽二百二十四人を率, 平士組の有志者, 平夏沢峠を通り, 平大村和吉郎蔵原惟郭三宅雄二郎丹羽清次郎江原素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 平大谷平馬, 平天平地とかいう機械, 平天慶の時代, 平天才といえ, 平太田嘉助村野伊平沢野雄之助, 平夷陵にわたる七十余里, 平如き奴等二三人を, 平姜維の二軍, 平安全の世の中, 平実は平の, 平専次それから三河屋, 平専称寺に修業, 平将武を下総守, 平将軍も嶷将軍, 平将軍貞盛宣旨を蒙るによつ, 平專次それから三河屋, 平小伝馬町三丁目にも蒲焼, 平小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 平小山藤八黒田茂吉野村千代蔵中田善次郎小泉忠三郎福地彦蔵田名網忠助堀口源吉庭田駒吉永沼政吉麦倉亀太郎原福太郎井汲幸蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 平小次郎将門事徒党を狩り, 平小笠原騒動の岡田良助等, 平小関栄吉以上五十余名であった, 平嵯峨善兵島公靖その他の人々, 平に源, 平左衛門尉奥街道口の塩川城, 平左衞門切首多兵衞僧願山嘉川家, 平市郎谷平助芳野宮内などの旗本, 平市附近の村, 平の房, 平庄司弁吉大羽藤蔵, 平府地方ではこの, 平座して傍観, 平座するありてその, 平康平康と言う, 平廖化張翼張嶷呉懿なども一人一人枕頭, 平建橋に隠れ居る, 平式酒壺洞式十時過ぎて, 平張るなんて外聞, 平張嶷呉班呉懿の輩, 平張翼の後, 平強羅の平, 平にし, 平などの役, 平役以下手伝い小役人吹所の棟梁, 平待つこと久し, 平後詰して, 平心坦懷己れを, 平忠頼叔父良持の子, 平性而不書諱又其廣, 平愛二という人, 平戦条規を出し, 平打ちいただいてござる, 平打ち金かんざしを, 平支流溝渠網の如く, 平攻めに敵残兵, 平文句がよい, 平である限り, 平皇と, 平と源氏, 平の気, 平易しい字も, 平春海もこの, 平時分はよし, 平晴れた日には, 平枝ぶりよきを, 平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, 平棚倉福島仙台米沢から遠く, 平楽山の段々畑, 平構えの城, 平様殿付け等の区別, 平欒州また燕, 平次の間に割っ, 平次兄哥かわざわざ, 平な人々, 平正喜嘉忠長善などはよく, 平正心に戻りかかっ, 平正氏が嫡子, 平正眼に構え, 平此ツ等もそん時やつ, 平武衡となす, 平歯入れ鼻緒のすげ替え, 平殿お前もお, 平氏ここに十三年前, 平氏一族のカラカイ, 平氏世ヲ乱ストキハ, 平氏中の特別, 平氏久しからず, 平氏伊豆相模の豪族, 平氏兄弟及その令息, 平氏原田氏について, 平氏平氏は瓶氏, 平氏忠盛と子, 平氏撰と称され, 平氏政府自身が恒, 平氏時代も相当, 平氏派を左右, 平氏源氏の徒, 平氏美濃侍近江の山本姉川衆, 平氏西敗の図, 平氏討伐の念, 平氏討滅の大功, 平氏輩に, 平氏門それからつ, 平氏関係の甚, 平吸う, 平汁昼もおなじ, 平江山如恨動吾情林風時有鳴枝葉, 平波前日のごとし, 平波右方に一帯, 平波船室内にあり, 平の島, 平洋丸に乗り込み, 平洋商事会社はもともと, 平洋社へは現金, 平津太夫小竹浜の茂七郎, 平洲為之称有疾, 平浅間を眺め, 平清基など東国, 平清岡野その他の何所, 平清川長青柳等の料理屋, 平清水である, 平船載, 平滿漢の上諭, 平漁夫の間, 平潁州の石広元, 平厭夢, 平煉瓦の化粧張り, 平が十三年, 平片山両氏が手つだい, 平玄間は未だ, 平玉小玉などいろ, 平生子自慢の母, 平産してもと, 平番士いつまで経っ, 平なる日本人民, 平直していた, 平直信の妻, 平相国何者ぞ, 平相國清盛の食生活, 平省吾は席順, 平省眼のよふ, 平の衣裳, 平知康を愚弄, 平知章墓監物頼賢墓平通盛墓を看る, 平石井郡三郎茂呂宗次郎野村千代蔵谷熊次郎関口多吉堀口源吉である, 平石田佐吉糟屋助右衛門など七, 平秀吉誠惶誠恐稽首頓首, 平稲垣定之助海保帆平庄司弁吉大羽藤蔵, 平突くばっていた, 平立山温泉と三泊, 平章劉哈剌不花, 平おはぎ, 平との二氏, 平にし, 平組合員が, 平の寝巻紐, 平絵師は春信, 平と麻, 平は真に, 平脇坂甚内等の勇士, 平脇坂甚内糟屋助右衛門片桐助作桜井佐吉伊木半七, 平腹心の周倉, 平煮染め天麩羅等, 平ではなかっ, 平苦り切った顔色で, 平菅原紀などの類, 平菊五郎のお, 平藩皆降る, 平街沙をし, 平街附近ばかりでなく, 平装のもあり, 平西都督驃騎将軍司馬懿と読まれた, 平言い出したからは血, 平言辞一類となり, 平記者の隔り, 平を口, 平説臘は刑, 平調さで他, 平談俗話に錬金術, 平談座語調子では演ずる, 平葛亮などの, 平貞文の歌, 平貞蔵小林高四郎中村浩山田武の諸氏, 平貞蔵教授の免職, 平の事, 平軍三千騎がなん, 平軍入洛の事, 平軍十万赤旗天を掩, 平軍卒に貶され, 平軍是を宇治橋, 平軍次鷺内将左衛門, 平軍潰敗して, 平軍高翔軍の側面, 平供奉, 平這っている, 平遅かったわ, 平をひらけ, 平遥県では十日, 平の豪華, 平といふ部落町, 平都県の尹氏, 平重くも平, 平金森義入狩野又九郎, 平金米糖でさえその, 平鈎掛升の六之進, 平を持っ, 平だネ, 平長泰が声, 平門公子の容儀, 平関索をし, 平附近の例, 平をしかれ, 平の劉府君, 平なの, 平隊士芹沢鴨は本部付幹部, 平じゃハハハハ, 平雅楽は山, 平靖号乗組員として参加, 平頭四十驚吾老何況明朝又一年, 平頼みに頼まれ, 平わくば, 平風恬波のとき, 平風恬波洋々として流る, 平養子の金三郎, 平馬こと一旦女賊風情, 平馬さんお蔭で自身番, 平馬さん土部の御, 平馬さん奴等が近づい, 平馬ひとりが橋, 平馬びっくりした目, 平馬わしの一身, 平馬一味というよう, 平馬下妻のやつら, 平馬俺がさっき貴様ら, 平馬奥歯を噛ん, 平馬妙な顔つき, 平馬忠張翼などが早, 平馬忠関索などにも一人一人, 平馬折入って, 平馬殿一献重ねられい, 平馬異なこと, 平馬窮鼠猫を噛もう, 平馬鬼小島弥太郎など旗本八, 平魏延などの幾隊, 平魏延張翼などの伏兵, 平鶴山火打峰われ沢山みな笠山ぬり桶山, 平黒田正夫の各, 平黒田藩の応接方, 平を打っ