青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「帰国~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

帰っ~ ~帰った 帰った~ ~帰つて ~帰り 帰り~ ~帰る 帰る~ ~帰ろう 帰ろう~
帰国~
帳~ 帳場~ 帶~ ~常 常~ ~常に 常に~ ~常識 常識~ 帽~

「帰国~」 1017, 10ppm, 10904位

▼ 帰国~ (237, 23.3%)

33 途に 12 上は 4 旅に 3 のちは, 後は, 旅の, 準備を

2 [13件] 仕度を, 噂が, 宿望かなえ, 挨拶を, 旅を, 日が, 日も, 日を, 船中蘭貢で, 許可を, 話が, 途を, 途中に

1 [150件] いとま, うえじゅうぶん, うえで, うえは, うえ会っ, うえ篤と, おりじかに, お供を, お日, お旨, かないたるは, ことだけは, ことを, さいあんな, さい路次において, しるしという, その日, ときと, ときには, ときぼくは, とき昌平黌に, のちに, のち病を, はずに, はずゆえ, ほども, ままでは, やむなきに, リバティ船では, 一行じゃが, 三集に, 上これを, 上主人袁術へ, 上他家への, 上官へ, 上永の, 上父母とも, 上申し, 上神経衰弱症の, 上義兄らにも, 上隠居謹慎兼松三郎は, 不可能を, 事を, 事実と, 今日こういう, 供の, 供を, 便宜を, 前に, 勧告でしょう, 原因と, 叔父を, 吉報を, 命を, 噂の, 噂も, 容易でない, 引揚げを, 後, 後たまたま, 後に, 後も, 後十幾年に, 念を, 手紙は, 承諾を, 折人に, 挨拶に, 方途わけ, 旅費まで, 旅費も, 旅費を, 日に, 日には, 日の, 日は, 日まで, 日までは, 日以来とかく, 日以来の, 日以来初てと, 日以来心を, 日取, 日御覧下さるべく, 旨を, 時お, 時が, 時そのまま, 時に, 時一尋の, 暁には, 暇乞いに, 望みも, 朝には, 本意なき, 決心が, 決心を, 涙これを, 準備として, 物語の, 物語を, 理由, 用意の, 用意を, 由で御座います, 目的である, 目的は, 砌御供廻仰付けられ, 祝いとして, 祝を, 端緒と, 第一声として, 翌日, 考えに, 航海を, 船なら, 船は, 船中で, 船中コロムボと, 船中太平洋の, 船中蘭貢において, 船賃に, 許しが, 許可江戸諸, 諸侯が, 足もとを, 途で, 途へ, 途への, 途上から, 途上に, 途中ちょっと, 途中で, 途中である, 途中でも, 途中には, 途中京都に, 途中佐月どのの, 途中哈爾賓で, 途中旅費が, 途中物故した, 途中私の, 途中辻川博士に, 途中通過した, 途中高野山その他の, 途次畑中は, 道を, 都度郷党の, 際の, 際は

▼ 帰国する~ (135, 13.3%)

14 ことに 5 ことを 3 のだ, のを, 前に 2 とすぐ, のが, ように, 時に

1 [99件] か, かそれとも, からと申, から畑姉弟, がいい, が宜, が宜しい, ことが, ことその, ことなどを, ことには, ことにも, ことは, ころは, そうだ, そのとき大学, つもりだった, つもりである, つもりです, という報知, という約束, という養子, とき弁之, とき必死の, ところ, ところである, とただちに, とのうちあけ, との御, とまもなく, とトルコ革新, と云う, と余類, と即日, と尹書房, と弥左衛門, と程なく, には及ばん, に一人, に先だち, に当り, のでお, のでちょっと, ので大体, のと, はずに, までその, までそのまま, までに約, まではたれ, まで幸衛門, ものなど, ものを, やソビエト政府, ようにでも, ようにと, よう命ぜられた, わけだった, を得, グットネルと, 予定であった, 事に, 人が, 人たちの, 半島人で, 場合には, 夫人は, 女学生は, 容子は, 屋敷方には, 意志が, 折ひとつお供いたしましょう, 新住職, 旅支度の, 日が, 日と, 日も, 時ある, 時期に, 時私は, 時細君の, 気に, 気配あり, 決意を, 程の, 筈で, 者と, 者も, 船へ, 船出までを, 若殿を, 裴世清を, 親とに, 許り, 迄私, 途中を, 途中約束の, 達弥は, 際に

▼ 帰国~ (101, 9.9%)

5 ている 3 ていた 2 てしまった, てその, てみる, て後, て来た

1 [83件] てい, ていただきたい, ていない, ていなかった, ており, ておりました, てからその, てからだ, てからだんだん, てからの一夜, てからの活動, てからはいっそう, てからは又, てからは各, てからは政府, てからは自らそれ, てからも久慈, てから会った, てから有名, てから第, てき, てきた, てくれ, てこの, てし, てしまっ, てすぐ, てとりあへず, ての報告, てはかれ, ては如何, ては泥田, てまた, てまもなく, てもいい, てもけっして, てもなお, てもらいたい, ても軍令部, ても関, てゆく, てよい, てミセス, て一年足らず, て三一年, て上野, て下さい, て了, て以来, て僕, て初めて, て国, て夫, て学位, て宮廷, て息子, て押しかけ, て暫く, て本, て残る, て満州事変, て石鹸, て自分, て見れ, て調べ, て謹慎, て謹慎後, て静養, て養生, て魚漁り, またすぐ, やがて殿様, サア妃を, 一週間滞在し, 今は, 再来し, 同時に家督相続, 国際聯盟から, 帰国後も, 度い, 故郷の, 東京に, 自国に

▼ 帰国した~ (87, 8.6%)

7 のは 3 ときに 2 がその, ことは, ことを, のだ, のであった, のを, 上で, 後も, 時に, 親戚の

1 [57件] あと甲斐は, か, がその後, が何分, が帰り, が次, が行っ, きり娘夫婦から, ことと, ことも, その同じ街道, その直後, ぞッ, とある, といい, ということ, というの, という甲府筋, ときすぐ, ときは, とき例の, とき前年義姉を, ところで, とすれ, と成つた, と言, のだった, のちは, のである, のであろう, ばかりである, ばかりのところ, まま先達ってまで, ものだ, ものと, イギリス人の, ドイツ人ケムプヘルは, 一年は, 会津藩の, 兄の, 夫人が, 始末であった, 後に, 後一夜微, 後再び, 思いも, 方も, 時は, 時処理するだろう, 次の, 牧野から, 痣蟹仙斎の, 私に, 私の, 者は, 藩主によって, 鈴木の

▼ 帰国~ (81, 8.0%)

4 待って 2 促したの, 願ひでる

1 [73件] いそぐ, いそぐとの, お待ちし, した, すすめた, するドイツ人, とりなさないわけ, のばして, ひかえて, ゆるされたか, ゆるされ旧, 一日のばし, 仰せ付けられた会津, 促されたという, 促したが, 促し来ること, 促す交渉, 勧めた, 勧めましたが, 勧告した, 命じられて, 命ぜら, 命ぜられたの, 命ぜられ九月, 奇跡をでも, 届け出て, 希いわれわれ, 幸い校川さん, 幸い縁辺, 延ばすよう, 強要され, 待ちあらゆる, 待ちまして, 待ちわびて, 待ち受けて, 待ち合わすの, 待つもの, 待て相談, 後から, 得ずと, 御勧告, 思うまでの, 急いだころ, 急いだそれら, 急いだは, 急ぎたがるの, 急ぎつつ, 急ぎまする, 急ぎ妃, 急ぐ途中, 急ごうとして, 想ふ, 拒むほどの, 決心したる, 決意し, 海道の, 発表し, 知った亀山, 知って, 聞いて, 要求し, 見あわせいしばらく, 見送った, 見送って, 許したに, 許すという, 許そうと, 誰よりも, 迎えるため, 迫られた為, 送った, 送りながら, 願ったの

▼ 帰国~ (29, 2.9%)

3 の半蔵

1 [26件] とかく定まらなかった, のファラデー, の一夏, の助教授, の岸本, の己, の景蔵, の算哲博士, の訪問, はす, はもう, はアフリカ, は子供, は思った, までもそれ, まで大切, まもなく病い, もなお, も江戸浅草, も石井補佐官並び, 一向に御, 吾が心, 書き送ります, 死んだとは, 直に無条件, 第一

▼ 帰国~ (21, 2.1%)

2 関係が

1 [19件] およばれましたが, なったに, なること, なるん, なろうから, 何か, 依って, 先立って, 当たり今度上京, 当つて, 従いて, 扈従なさる, 極まりて, 真田一族は, 眼の, 繋いで, 薄氷でも, 贈る, 適せぬ

▼ 帰国~ (19, 1.9%)

1 [19件] いうぞ, きめる, しようよ, ちがって, となえて, 一緒に, 云うから, 俄に, 同時にすぐ移るべき, 同時に直, 同時に起こりよった, 岡田博の, 思わるるが, 承りました, 決定し, 行を, 見えましょうが, 見え須原宿泊まり, 話は

▼ 帰国~ (19, 1.9%)

1 [19件] この十日, これで, したが, して, その他にも, たぶん六月, ならんと, なんらこれ, 二月二十二日に, 多分秋, 展墓が, 延期される, 引揚では, 御勝手次第, 春に, 次第にのび, 海上気遣なるべし, 相ならず, 許されないから

▼ 帰国~ (13, 1.3%)

1 [13件] かちあえば, これによって, その辺, できないよう, でき候, 京阪地方の, 宜かろう, 延び延びに, 彼女にも, 後れました, 知れわたると, 許されるとは, 近づいた頃

▼ 帰国~ (12, 1.2%)

1 [12件] おぼつかないと, しませんでした, しませんでしたが, するので, できないから, できるから, なりがたい, ゆるすでは, よろしく候, 近く待て, 迫って, 防州芸州は

▼ 帰国したい~ (9, 0.9%)

2 と思い 1 という, としきりに, と云う, と心, と焦慮, と言っ, 一心から

▼ 帰国したら~ (8, 0.8%)

1 すぐ調べ, ぜひいちど, ゆるりと, よろしく伝え, 之を, 卒業祝いを, 松山の, 涌谷さまと

▼ 帰国しよう~ (8, 0.8%)

2 と思っ 1 というの, といふ, としない, とする, と思う, と決心

▼ 帰国される~ (7, 0.7%)

1 そうだ, ので, のでしょう, ので松山, まで我慢, ようなら, ように

▼ 帰国早々~ (6, 0.6%)

1 には容易, に何事, 可申上候処, 知り合いより, 逢って, 面白くも

▼ 帰国された~ (5, 0.5%)

1 が急ぐ, それに, のか, のじゃ, のでいと

▼ 帰国以来~ (5, 0.5%)

1 ついご無沙汰, とかく手, の希望, まだ彼, まだ麹屋

▼ 帰国します~ (4, 0.4%)

2 から 1 が御, ので主人

▼ 帰国すれ~ (4, 0.4%)

1 ばそのまま, ば用, ば直ちに, ば蜂須賀家

▼ 帰国という~ (4, 0.4%)

1 ふうに, 事は, 名義が, 推定は

▼ 帰国については~ (4, 0.4%)

1 そう軽々, その記録, それについては, 彼も

▼ 帰国出来る~ (4, 0.4%)

2 ことを 1 ことは, んだらう

▼ 帰国され~ (3, 0.3%)

2 てからも始終 1 てまた

▼ 帰国しない~ (3, 0.3%)

1 おつもりで, でこちら, と固い

▼ 帰国しなけれ~ (3, 0.3%)

1 ばならない, ばならぬでしょう, ばなるまい

▼ 帰国するなら~ (3, 0.3%)

1 いろいろあなた, ばなぜ, ん東京にて

▼ 帰国せね~ (3, 0.3%)

1 ばならない, ばならぬ, ばならん

▼ 帰国って~ (3, 0.3%)

1 了われた, 来た, 考えて

▼ 帰国~ (3, 0.3%)

1 その計画, 左近君に, 目出度いと

▼ 帰国なさった~ (3, 0.3%)

1 のでご, ばかりじゃ, ゆえそれと

▼ 帰国当時~ (3, 0.3%)

1 の季節, の心持, の義雄兄

▼ 帰国披露目~ (3, 0.3%)

1 だ, に豊田, をさかい

▼ 帰国いたしました~ (2, 0.2%)

1 がその, 上は

▼ 帰国いたします~ (2, 0.2%)

1 と私たち, ので

▼ 帰国させ~ (2, 0.2%)

1 たりくらい街上, て頂きとうございます

▼ 帰国しました~ (2, 0.2%)

1 ことは, 後で

▼ 帰国するであろう~ (2, 0.2%)

1 という噂, と附添

▼ 帰国できない~ (2, 0.2%)

1 事情が, 事情に

▼ 帰国できる~ (2, 0.2%)

1 かということ, か否

▼ 帰国とともに~ (2, 0.2%)

1 わが国に, 清く正しい信心生活

▼ 帰国との~ (2, 0.2%)

1 お報ら, こと

▼ 帰国なさる~ (2, 0.2%)

1 おつもりな, までの一年間

▼ 帰国に際し~ (2, 0.2%)

1 何か, 米五百石豚百頭鶏千疋を

▼ 帰国に際して~ (2, 0.2%)

1 将来の, 教皇に

▼ 帰国までに~ (2, 0.2%)

1 会えまいが, 行かねば

▼ 帰国までの~ (2, 0.2%)

1 通路にあたる, 顛末が

▼ 帰国~ (2, 0.2%)

1 ということ, を幸い

▼ 帰国以後~ (2, 0.2%)

1 とかく仕事, の義貞

▼ 帰国後村~ (2, 0.2%)

1 で乱暴, の因循姑息

▼ 帰国準備~ (2, 0.2%)

1 と自分, のため

▼ 帰国祝い~ (2, 0.2%)

1 の式, の招宴

▼ 帰国~ (2, 0.2%)

1 仰候処, 遊

▼1* [125件]

帰国あったがよい, 帰国ありし趣に, 帰国あるように, 帰国いたすとある, 帰国いたせば悪しからず, 帰国いたそうな, 帰国つかれでございましょう, 帰国かうしたオペラの, 帰国からいろいろな, 帰国こうして御奉公, 帰国さしたのは, 帰国させたなどという, 帰国させたらどうか, 帰国させないということ, 帰国させなければ清国政府, 帰国させられたのかも, 帰国させるほうが, 帰国されぬという, 帰国されますか, 帰国したらおめにかかって申, 帰国したら読んで御覧, 帰国したれども学問, 帰国しなかったのと, 帰国しなくてはならない, 帰国しろという手紙, 帰国し得たものは, 帰国すべき時が, 帰国するまえにまた, 帰国ば他, 帰国せざるべからずと決心, 帰国せし時, 帰国せしむべき旨を, 帰国せしむべしというの, 帰国せしめた暫くし, 帰国せずばなるまい, 帰国せられるとき供を, 帰国せりという, 帰国せる者らと, 帰国せんと決心せり, 帰国だったのである, 帰国だろうっていわれてる, 帰国ったから今夜遊び, 帰国できナスの, 帰国でござったか, 帰国でなく鎌倉へ, 帰国とは心得ぬお, 帰国のでさすが, 帰国なさいましたか叔父さん, 帰国なされては, 帰国なされねば, 帰国なされますか, 帰国なすってしばらく, 帰国などは決して承知, 帰国ならばどうせ, 帰国ばなしはこの, 帰国への出発は, 帰国ますか, 帰国までゆるゆるおわしませ, 帰国まもなく病を, 帰国と言われた, 帰国ろうと支度を為, 帰国予定, 帰国一五〇九年にマラッカ遠征, 帰国中妾の親友, 帰国上猶, 帰国九月に上京, 帰国候ものに, 帰国仕るまじき旨の, 帰国以来僕は心, 帰国以来再会した節子, 帰国以来彼はしばしば, 帰国以来急激に変っ, 帰国以来葉之助, 帰国出来そうにも, 帰国出来なくなつた日本人, 帰国には必一日可申承候, 帰国勝手たるべしという, 帰国匆々の忙しい, 帰国匆々当地の英和学院, 帰国卍丸の船出, 帰国参勤相やめ江戸, 帰国参議副島後藤板垣江藤らの辞表奉呈, 帰国右手当向併, 帰国同じ車室に, 帰国四人のうち, 帰国大いに残り多き事ども, 帰国入申候, 帰国後ケンブリッジからロンドン, 帰国後スペインは急い, 帰国後マラリヤにかかった, 帰国後伝道事業に大いに, 帰国後当分の間, 帰国後教皇庁にその, 帰国後父の望, 帰国後石膏に斑点, 帰国後衣望服度宮室を漢, 帰国後銅像その他鋳造を専門, 帰国後陸軍大学教官となった, 帰国勝手次第という, 帰国手続だの, 帰国旅中離婚成立の報, 帰国東京行き関東大暴風, 帰国残念ながら御, 帰国瀬戸内海は船, 帰国犬千代公ならびに家中衆, 帰国申出にたいし, 帰国相成るべき事とも, 帰国第一声を重視, 帰国第一声講演及び心霊実験会, 帰国等前代未聞の大, 帰国が方々, 帰国の彼, 帰国致して妻子, 帰国致せばよし, 帰国致そうがそう, 帰国蟄居を命ぜられる, 帰国を見せ, 帰国証書が私, 帰国途上の坂本, 帰国途中の大洋丸船中, 帰国通行券がある, 帰国遊ばされて以来, 帰国陣用意をととのえ, 帰国願いはかなり, 帰国願書を捻じ