青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「市中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

巳~ 巴~ ~巴里 巴里~ 巷~ 巻~ ~巻い 巻い~ ~市 市~
市中~
市場~ 市民~ 市街~ 市長~ ~布 布~ 布団~ 帆~ 希~ ~希望

「市中~」 1278, 12ppm, 8892位

▼ 市中~ (342, 26.8%)

3 様子を

2 [20件] いずれかに, 井戸の, 人を, 借家に, 地の, 堀など, 家の, 散歩は, 死亡者の, 民家に, 水流は, 生活に, 者が, 見物に, 諸所, 辻, 道に, 電気器具店廻りを, 電車に, 風景に

1 [299件] ある家, うちこわしの, こととて, ことも, ことや, これからの, しかるべき武術家, すっぽん料理店で, どこに, どこよりも, どのくらいに, ならずもの, はづれ, はづれだから, ふとしたうち, ぶらぶら歩き, ものが, もので, ものとは, ものまでが, イパチエフという, カステラは, カツフエー洋食屋との, コオヒイ店で, ビルディングの, ホテルに, マージャン倶楽部で, 一日中陽差の, 一町目付けへ, 一角に, 一角を, 上下は, 下水を, 並木の, 中央に, 中央の, 乱売者を, 二三流町でも, 人々が, 人々の, 人々は, 人たちは, 人は, 人も, 人出の, 人口二十二万あり, 人口百二十万なれ, 人心を, 人民は, 人気の, 人気山の, 会社商店等の, 住宅は, 住居とは, 余り人にも, 俳優や, 倒潰家屋は, 停車場へ, 光景などを, 光景を, 公園には, 公園は, 内外を, 再吟味, 写真師も, 凡俗が, 出来事など, 初春気分は, 別天地也, 到るところ, 劇場が, 北の, 取り締まりに, 取締が, 取締りも, 各地点, 各所で, 各所に, 各方面, 名料理, 味方で, 呼吸に, 商人は, 商店にも, 商店は, 商府を, 喞筒は, 噂も, 園林到る, 土蔵から, 地下鉄と, 地理は, 坂について, 場末よりも, 塵埃の, 売女と, 変化明治の, 夏, 多くの, 多彩で, 大劇場, 大商人, 女に, 女髪結, 好事家の, 威力は, 子どもは, 学生さん仲間では, 実際を, 害を, 家々の, 家という, 家は, 家屋は, 容子か, 宿屋に, 宿舎に, 寄席に, 寄席また, 富有者でも, 富豪で, 富豪に, 富豪より, 寓居を, 寺院, 寺院に, 寺院や, 小川に, 小料理屋で, 小景, 屋敷町という, 屋根を, 屠者, 山の手を, 山賊強盗の, 峡谷, 巡回を, 広場, 店に, 店には, 店舗に, 建築に, 形勢, 役人か, 役所を, 恐ろしい噂, 愛玩用で, 或る, 拝借地を, 捨児や, 探索から, 損害は, 搗米屋と, 搗米屋に, 支局に, 教会の, 教育の, 散歩に, 散歩に際して, 散歩を, 数カ所に, 料理店の, 料理茶屋とか, 料理茶屋へは, 方が, 旅舎へ, 旅館に, 日蔭の, 旭劇場にか, 昭和道路などよりも, 景気を, 書店を, 書物は, 書肆へ, 最も枢要, 最高処に, 本屋を, 本能寺あたりへ, 様子が, 模様を, 樣子を, 樹木を, 武門へ, 水菓子屋風景, 氷屋湯屋理髪店などの, 汚水を, 汚物掃除などを, 河岸半, 泥濘は, 消防は, 混雑や, 游侠児は, 湯屋に, 溝渠は, 濠の, 火は, 火附強盗の, 灯火を, 無頼漢どもが, 焼跡を, 燈火は, 燈火を, 牧場らしく, 物の, 物価という, 物音は, 犯罪モウソン・ウィリアム会社の, 犯罪者も, 狼狽ぶりを, 玩具屋を, 理髪店に, 男女数万という, 町人にまで, 白い壁, 白首を, 百貨店や, 盛り場を, 盛況など, 目ぼしい, 目明しには, 相場が, 眺望は, 石造七階館の, 破落戸を, 神社仏閣の, 私立で, 秦, 空一体に, 紙屋で, 細い横丁裏, 絵草紙屋に, 縁日など, 繁華な, 繁華街で, 罪人悪, 者までが, 者共は, 聞きこみ捕物, 肉屋の, 肥料を, 自宅に, 至る所, 花店へ, 芸妓か, 若い者, 荒物屋や, 虫売り, 衛門のこらず, 要所要所, 見廻りに, 見廻りや, 見物も, 親類と, 評判と, 評判に, 評判にな, 評判は, 評判も, 話題を, 諸処に, 諸商店, 諸店, 諸隊, 警備から, 警固や, 警戒を, 警政に, 賑かな所へ, 賑は, 賑やかな, 賑わいは, 質屋古物贓品買を, 路地裏には, 道を, 道路は, 遠方へ, 酒場の, 重立た人, 金持は, 銀行が, 鐘ことごとく, 防火や, 雑沓は, 雑然と, 雑誌店や, 雑貨商を, 雪の, 電車にて, 静けさの, 音や, 風儀は, 風聞なども, 食品屋へは, 飼い主の, 騒々しいどよめき, 騒がしい最中, 騒動が, 騷動言ふべからず, 高台に

▼ 市中~ (237, 18.5%)

10 歩いて 5 散歩し 4 散歩する 3 彷徨いて, 横行し, 横行した, 歩いた, 通り抜けて, 隈なく 2 うりあ, 呼び売りして, 往来する, 徘徊し, 徘徊する, 流れて, 見物し, 見物した, 離れて, 騒がして

1 [180件] あげて, あちこち見せ, あちらから, あっちへ, あつちこつ, あめりか, あらすだけ, あるけぬ代物, いきつくたび, うつらうつらと, うろつき廻った果, かけめぐつたが, かの植ゑ殘, くぐり抜け弁信, ぐるぐると, こっそり見廻っ, さがしても, さまよい歩いたけれど, さまよい歩いて, さまよい歩く白痴, さまよい車坂, さまようて, さまよう夜な夜な, さ迷, さ迷いおった, どよめき渡らした, ぬけると, はじめ近在から, はなれなければ, ひとりあるきする, ぶらついて, まわるもの尠, みて, めがけて, めぐります, ガラガラ引き廻し, ジープが, フラフラ泳ぎまわっ, ブラブラと, 一人歩い, 一走りに, 一通り見, 一通り見学し, 一過し, 一過する, 乗り回して, 乗り廻した時, 二分し, 二階の, 人力車で, 今の, 六十四区に, 出あるいて, 出外れると, 半ば放浪する, 去る事余り遠く, 吹き拂つて稍, 呼びある, 呼び歩く, 喰うもの, 回って, 地圖を, 尋ね歩いた, 少々ばかり, 尺八の, 巡廻して, 巡羅, 巡見する, 巡邏あり, 巡邏し, 巡邏する, 廻った, 廻ったらよい, 廻って, 引き摺り廻された, 引廻した, 当も, 彷徨い歩くの, 彷徨い深夜, 彷徨った, 徘徊した, 押廻って, 持ち歩かせた, 捜したらば, 探偵し, 支配し, 散歩した, 東に, 横に, 横行する, 横行闊歩し, 歩いた事, 歩いてを, 歩かせなかったと, 歩きま, 歩きまわったもの, 歩きまわって, 歩き廻, 歩き廻り夜, 歩き廻り時々, 歩き暮して, 歩く, 歩く虚無僧, 歩む時, 流しまわる事, 流し敵, 流れるアルノ, 漫歩する, 焼き払おうと, 焼き払われないよう, 焼払はん, 狂い廻るなんて, 狂奔する, 眺めた, 眺めたが, 眺めて, 眺望する, 着て, 練つて歩いた, 練りま, 練り歩いたこと, 練り歩きて, 練り歩く広告夫, 練り歩るい, 縦横に, 脅威し, 自動車で, 自在に, 荒しました, 荒らしたので, 血刀を, 行く, 行進した, 見下した, 見下して, 見下ろす, 見廻って, 見廻り是非, 見渡したまえ, 見渡しました, 見物させ, 見物しよう, 見物する, 見納めの, 調べ間もなく, 警備せよ, 貫流せる, 貰て, 走ります, 走り回り煙突, 踊り回るという, 迷い暮らして, 迷い歩いたこと, 逍遙す, 逍遙せられた, 通って, 通り過ぎて, 通ると, 進んで, 進行する, 錬りある, 錬りあるきに, 隠見出没し, 離れた丘, 離れた此, 離れるやう, 馬に, 馳け, 駆けまわった前非, 駆け廻って, 駈けまわって, 騒がしあるいは, 騒がす, 騒がすため, 騒がす乱暴人, 騒がす悪い, 騒がす攘夷党, 騒がせたの, 鬧が, 鼓や

▼ 市中~ (175, 13.7%)

4 住んで, 出て 3 売って, 潜伏し 2 売りに, 届けて, 撒いたさうな, 散在する, 残された池, 跡を, 飛んで

1 [147件] あったが, あっても, あらわれた, あらわれて, ありながら, ある, ある丈, ある時, ある葬儀取り扱い人, いるの, かえって来た, かくれ親族, さらしパークス, すむ淫賣女, ずいぶんたくさん散在, その堂宇, たくさんな, とび出したとき, ひろくその, ひろまった, もっぱらその, ゐないもの, 一騒動おこさせる, 不思議な, 事件が, 二万四千の, 二重の, 五里四方の, 交通する, 介在する, 会員一百名賛成者二百名ある, 伝わりました, 住むという, 住むもの, 住む悪, 住んだ, 住んだが, 住んだ二旬余, 何かと噂, 余りお, 使いに, 偶然温泉場の, 催された富興行, 充ち充ちて, 充満し, 入って, 入りて, 入り虎, 入ると, 其高く優しき, 出ずること, 出でて, 出没いたし, 劣らぬ繁華熱閙, 呼わっ, 噂が, 囲われて, 在宿の, 変ったこと, 嫁いでからも, 子供を, 宿泊し, 小唄が, 小道具屋が, 就いて, 居つても, 居を, 布令が, 広大な, 張りだすため, 徘徊し, 戒嚴令が, 戻って, 拡がった, 拡がりまして, 拡まっ, 掠奪を, 探して, 放ち遷都, 散ずるに, 散在し, 散布し, 於てでも, 於ても, 暮らして, 暮らし原稿, 暴動が, 暴動を, 曝されたといった, 木柵を, 来たり, 来り住民, 残って, 泊って, 流れ出して, 流れ出て, 流寓, 流行した, 溢れて, 潜って, 潜入し, 潜居してる, 玩物多く売物これ有り, 現われ通行, 現存する, 生まれて, 生れて, 疎通せしめ, 病家千戸を, 白鶴を, 盜賊が, 相應, 知れついに, 知れ渡りそれから, 移つた, 移らしめたか, 移り住んだもの, 立って, 絵葉書屋の, 縦横に, 聞こえるよう, 育ったもの, 良人を, 花売を, 若い女, 薄すらと, 見えたの, 見えるよう, 見かけたもの, 設けられ市民たち, 評判の, 販が, 起こった, 起りました, 足を, 踊りまわって, 転がり込みおれ, 輝いて, 遊ばして, 遊歩を, 酒舗の, 雨乞いの, 露呈し, 非常線が, 革命の, 飛び出し市民, 鳶の者と

▼ 市中~ (91, 7.1%)

12 出て 3 入って, 向けて 2 はいること, 入ったの, 足を

1 [67件] あふれて, お出かけに, お移りに, かかげた軍令, さまよい出た, そのバルビュー, にせものが, はいり込んで, 一つ目小僧や, 下った, 乗込もうという, 作ったよう, 使いに, 侵入し, 入ったという, 入ったれい, 入りこんだ, 入り込む早々, 入ると, 出ず売切れますましてや, 出せば, 出た, 出たついで, 出ないよう, 出ました, 出る, 出るという, 出るの, 出るので, 出るらしいの, 出る途, 化けて, 卸したらよかろ, 取って返すと, 合力に, 壮士を, 売り出されたの, 売ろうなんぞという, 奉公に, 宿を, 巡察に, 布教に, 帰って, 引っ返す, 張られた落首, 押し出し立派に, 撒いた引き札, 放火でも, 泥濘の, 流れ込みました, 現われた, 現われたところ, 移って, 突き進んで, 繰り出し遊び, 繰込む乞食, 肉など, 花肆を, 蔓延し, 行く, 行って, 貰いに, 走ったに, 辻斬という, 追い放し深夜, 逃げ込んで, 配って

▼ 市中~ (58, 4.5%)

3 大変な 2 千門万戸千歳の, 大分雑沓し, 物のに

1 [49件] いろいろな, これこそ, ごったかえします, ごった返して, さながら戦慄, ざわついて, その代り拠所, なんといっ, まるで祭, むらむらと, もちろん諸国, もの, ものの, 云うまでも, 今や勤皇, 到る処, 大コレラ, 大混乱, 大騒ぎを, 寂しかった, 巴里以上に, 平和だろう, 年暮が, 忽ち靜まり, 戦です, 戸が, 散々の, 文字通り無, 明るい不眠症, 明るくなる, 昏迷し, 歩かれなかった, 歩かれなかつた, 残らず軒前, 残る暑, 殘る, 毎日毎日斬, 物情恟々として, 猛獣毒蛇の, 盗賊横行の, 菰樽の, 言うに, 賑かに, 鎮まらん, 電灯が, 非常な, 風も, 餘り, 騒動の

▼ 市中~ (43, 3.4%)

3 売って 2 三十年生きる

1 [38件] この遊戯, さわぎまわらせられた京都, それを, やかましく評判, タクシを, ドロップスという, 三十年しか, 刺殺されたもの, 刺殺されたよう, 刺青を, 吾儘ぶりを, 和時計の, 大喧嘩, 妙な, 屡見出した, 映画や, 昼食後の, 桐油と, 歩きまわるところ, 深刻な, 爺に, 生の, 確かに, 羽ぶりの, 職業が, 芭蕉の, 蟋蟀が, 見て, 見る大原女, 評判を, 豌豆煮立と云っ, 買えないもの, 買ったの, 銭を, 雪掻き人夫を, 電車に, 食事を, 鶏肉を

▼ 市中には~ (26, 2.0%)

2 下水の

1 [24件] いっても, とうに切れ, また類, まだ電車, トラックを, 一つも, 事業が, 写し伝へた, 各所に, 囂々たる, 市役所の, 布告が, 急性の, 日本橋の, 棟の, 検非違使も, 清い川, 犬の, 犬医者の, 登るべき岡阜, 箱根細工の, 米国兵が, 銃声は, 鳶や

▼ 市中では~ (24, 1.9%)

1 [24件] あり屋敷そのもの, あんな赭土, いつも大晦日, この事, すでに幾日, そろそろ評判, できぬ芸, ない城気, みんな金冠を, もうめったに遊覧客, もう三尺, よく小さい, カステラの, ホテルの, 今だに, 今にもここ, 古建築, 君の, 想像も, 折々牡, 朝早くから, 泥濘であった, 高輪や, 鬼頭堂の

▼ 市中から~ (19, 1.5%)

2 望見される

1 [17件] お取り, きた大道歌手, この深川, ぞくぞく帰っ, 啻に頂上, 姿を, 市中へ, 帰る駄馬, 浅間の, 消え失せて, 相当離れた, 街道すじにかけても, 見えること, 遠くない, 集めて, 馬を, 駈け集まった約

▼ 市中到る~ (13, 1.0%)

3 ところに 2 処に 1 ところ百鬼夜行の, ところ祝賀の, 処その, 処の, 処新緑賞すべし, 所の, 所大きく, 處太郎兵衞の

▼ 市中~ (9, 0.7%)

1 地方などへ, 市外をめぐって, 木の葉も, 村落の, 東京居周りの, 田舎の, 街道に, 近郊で, 郊外を

▼ 市中取締り~ (8, 0.6%)

2 の酒井左衛門尉 1 がこの, の巡邏隊, の手, の立場, の篝, の酒井侯

▼ 市中見廻り~ (8, 0.6%)

1 に出し, のため, の与力, の任務, の八丁堀, の為, の途中, を継続

▼ 市中~ (7, 0.5%)

1 いえども, いわず禁門, 同様に, 市外とに, 芝居町との, 郊外に, 郊外を

▼ 市中にも~ (7, 0.5%)

1 このごろは, たくさん潜伏し, ショウモンジ部落が, 凧屋は, 山村にも, 数日の, 流行り出して

▼ 市中より~ (7, 0.5%)

1 ずっと深い, 乗りつけるお客, 五マイルあり, 何か, 移り来て, 見る富士山, 迷宮に

▼ 市中でも~ (6, 0.5%)

1 さまざま取沙汰する, 少しばかり, 月送りの, 歩かせようもの, 毎日夥しい, 目抜きの

▼ 市中にて~ (6, 0.5%)

2 見上るばかり 1 亜杉製の, 売出しおります, 眼に, 竹製の

▼ 市中繁華~ (6, 0.5%)

2 の町, の街 1 なる街路, な町

▼ 市中とは~ (5, 0.4%)

1 いい乍ら, 思えぬほどの, 思はれぬやう, 思われぬ幽邃気分, 暑さ

▼ 市中見物~ (5, 0.4%)

1 のお伴, のため, の途上東大谷, の門出, を

▼ 市中~ (4, 0.3%)

1 この通り, その話題, そんなに物騒, 山ま

▼ 市中一般~ (4, 0.3%)

1 においてはこれ, に休業, に春, に閉店

▼ 市中諸処~ (4, 0.3%)

2 の寄席 1 に立つ, の縁日

▼ 市中からも~ (3, 0.2%)

1 撤退の, 日本晴の, 鮮に

▼ 市中において~ (3, 0.2%)

1 放水路の, 更に一市, 自分を

▼ 市中へも~ (3, 0.2%)

1 この騒動, 出られるし, 降りること

▼ 市中取締~ (3, 0.2%)

1 が手厳しく, が焼き払った, を役目

▼ 市中生活~ (3, 0.2%)

1 の内容, の末期, も遠い

▼ 市中~ (3, 0.2%)

3 一の

▼ 市中諸所~ (3, 0.2%)

2 の渡場 1 に貸本

▼ 市中電車~ (3, 0.2%)

1 なく街路間静, の雇人, の雑沓

▼ 市中騒動~ (3, 0.2%)

3 の巻

▼ 市中いつたい~ (2, 0.2%)

2 におよぼし

▼ 市中~ (2, 0.2%)

1 もしくは近郊, 郊外か

▼ 市中との~ (2, 0.2%)

1 交通は, 間は

▼ 市中ながら~ (2, 0.2%)

2 山の手の

▼ 市中にては~ (2, 0.2%)

1 一人も, 往々歌舞音曲

▼ 市中へは~ (2, 0.2%)

1 決して姿, 這らず

▼ 市中まで~ (2, 0.2%)

1 持って, 約一マイル

▼ 市中~ (2, 0.2%)

1 の同心, の者

▼ 市中散歩~ (2, 0.2%)

1 の道しるべ, 別れて

▼ 市中正月~ (2, 0.2%)

2 の行事

▼ 市中~ (2, 0.2%)

2 の油尽

▼ 市中粥杖~ (2, 0.2%)

2 の事

▼ 市中至る~ (2, 0.2%)

1 ところ薫風に, 所太郎兵衛の

▼ 市中警固~ (2, 0.2%)

1 の一方, の係り役人共

▼1* [109件]

市中ツぱいに, 市中いたる処に, 市中おだやかならず劇界不振, 市中からの来客には, 市中からは見にくいの, 市中さ新網の仁三, 市中そのものにはまた, 市中であるだけ一層, 市中とも思われぬ場末, 市中どこにでも住む, 市中などであると, 市中などに住まれるより, 市中ならんには, 市中ならねば凉しきかげ, 市中なんぞへ鼻を, 市中においては万事わけが, 市中における将士や, 市中にさえこれを, 市中にてもこのわたり, 市中にでもあるまいからな, 市中にのみ住める身, 市中へのちょっとした散歩, 市中または林間田野を, 市中までも評判に, 市中よりはいくらか, 市中セラの大寺, 市中マヨ街の車馬, 市中たいのち, 市中一円を引き廻された, 市中一巡を終りかけ, 市中両国辺を散歩, 市中並びに人馬の, 市中乗物の許し, 市中乱暴其上浜野両家及津川高島等焼立候に付, 市中五萬軒後馳せの, 市中人家稠密の場所, 市中人車の雑踏, 市中尚かく, 市中以外には足, 市中何処という限り, 市中公会等の席, 市中内外行かれる処, 市中処々の桜花, 市中出火の折, 市中処に, 市中原野蚊におなじ, 市中甚だ近から, 市中又は附近に, 市中取り締りとはいう, 市中取締り令を発し, 市中取締役は庄内藩, 市中取締方兼帯という役, 市中古着商う家, 市中各戸の点灯, 市中各所にそれ, 市中商家を荒した, 市中図面を見, 市中在住の浪人ども, 市中地価の高き, 市中塵埃全く目, 市中掃除日も, 市中大いに騒ぎ各戸みな寝ずの番, 市中大名旗本の屋敷, 市中大晦日の景况, 市中大通りはもちろん, 市中寂々としてただ, 市中寂寥たるも無理, 市中富豪の子等十二人相, 市中川筋の眺望, 市中巡視の任, 市中巡邏のお, 市中布教会軍中布教会神典出版会等あり防護, 市中引き廻しに逢い, 市中引廻しに処した, 市中影向石といふもの, 市中往々茅屋草舎を, 市中往来の婦人, 市中徘徊は禁止, 市中定めず遊び歩くの, 市中所見の物象, 市中打壊しの暴動いよ, 市中昨夜の状况, 市中漫歩者の情調, 市中火災の実景, 市中無事でいて, 市中無数の小, 市中甚だ遠からね, 市中目抜きの場所, 市中群衆雑鬧の各, 市中自在に横行, 市中色町の盛衰, 市中芝居は休まず, 市中荷物を片づけ, 市中など吹い, 市中行賈の中, 市中行進も夢, 市中見るものなんとなく, 市中見物生ビールとトンカツ, 市中警戒という名, 市中警衛の酒井左衛門, 市中身起賤民成碩学応知翁亦一英雄, 市中近郊一巡ときめ, 市中通行を禁止, 市中道路頗る狹隘, 市中郊外のいずれ, 市中なし, 市中金持の町人ども, 市中音楽隊の奏楽, 市中風景の一角