青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「少佐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

少く~ ~少し 少し~ ~少しく 少しく~ ~少ない 少ない~ ~少なく 少なく~ 少なくとも~
少佐~
~少女 少女~ 少将~ ~少年 少年~ 少数~ 尖~ ~尚 尚~ 尠~

「少佐~」 1105, 10ppm, 10423位

▼ 少佐~ (405, 36.7%)

8 それを 5 そこで 4 それに 3 そういっ

2 [21件] お腹が, この言葉, これまでに, それまで, ハッと, 何か, 何を, 少しも, 山岸中尉と, 心の, 新一, 歯を, 残念そうな, 源一の, 礼を, 笑って, 覚悟を, 謎の, 頭を, 首を, 鼠色の

1 [343件] あい変らず, あごの, あの目, あまりの嬉し, あわただしく自, いかにもうし, いかにも勿体らしく, いかにも得意そう, いちはやく万事, いつもと, いつ見, いろいろお話し, いろいろの, いわれるまま, うむと, うるさそう, おどろいた顔, かさねて, かつて折鞄, からからと, きっと唇, こう云う, ここで, このとき重大, この事件, この意外, この日, この青年将校, これまでよりも, これより, さい前まで, さきに, さすがに, しばらく何, しばらく次郎, しばらく眼, しばらく考えこん, じっと岡部伍長, じっと考え, すぐに, すぐプロシヤ, すぐ近く, すこしそり身, そう云う悲しむべき, そう云っ, そのこと, そのころアメリカ, そのとき階段, その人物, その壊れ, その大, その日, その男, その蟇, その頃, それから病院, それは, そんなこと, たいへんき, たいへん喜ん, ただちに山岸中尉, ただ食堂, ちょっと考え, ついに重傷, つと前, つぶやいた, とうとう敵, ときどきにたりと笑い, ときどき来, なつかしそう, にこにこ顔では, にっこり笑っ, にやりと笑った, はいって, ひげ, びっくりした, ぶるぶるッ, まごついて, まず一室, また上眼を, まだまだゲン, まづ, まづフランス, まるで何事, まるで歯, むきに, もうその, もう無駄, もちろんその, やがてヒラリ, やくそくしたとおり, やっと面, やはり厳然, ゆっくり葉巻, よく私, よろこびの, わざとの, アイネの, エルスベルゼ兄弟の, ゴンドラの, シムソンの, ジープの, ステッキで, ツカツカと, テーブルの, ナポレオン三世皇帝が, ハンモックを, パイプを, ピストルを, フルートで, レシーバーを, ロシヤ人だ, 一三七部隊の, 一二三と, 一号艇へ, 一向平気, 一応出版, 一段と声, 一郎に, 三たび言葉を, 三好曹長からの, 三階へ, 上眼を, 上衣を, 不平も, 不必要, 不思議さうな, 両手で, 中へ, 乃木に, 久し振りで, 乱暴者です, 事件前まで, 二の矢が, 五十嵐博士の, 五十嵐博士逝去の, 京子の, 今でも, 今の, 今度の, 今度は, 仏軍将士の, 他へ, 会議を, 伝声管の, 何でも, 何事か, 個人的に, 傍の, 傷の, 先ず直立不動, 全体が, 全身ずぶぬれ, 六尺ゆたかな, 兵事を, 兵員陸揚げなどで, 兵隊たちを, 其の人達, 再び銃, 初め自分の, 初陣の, 別に, 別室に, 力まかせに, 勝手口から, 卑劣です, 原因不明だ, 厳然と, 参諜本部の, 参謀総長以下並居る, 又し, 友の, 口を, 口惜しさ, 口笛を, 叫びました, 可笑しかつ, 叱るよう, 司令艇に, 唇を, 問題を, 土曜日の, 地上観測鏡の, 壁から, 士官を, 声を, 多く默つて, 多く黙っ, 大きなこえ, 大声を, 大満悦, 天才的な, 天皇陛下並に, 太い指, 夫人に, 失敗した, 妙に, 孫伍長が, 宇宙戦隊の, 宇宙戦隊を, 安心した, 室には, 封筒の, 射撃場へ, 小倉第, 少年の, 居住いを, 山岸中尉から, 島の, 島野の, 川上機関大尉の, 帆村に, 帰朝後これから, 帽子を, 幽かに, 底力の, 建築工学に, 待って, 従者である, 得意げに, 微笑さえ, 心理作戦部の, 心配そうだ, 怒った, 怒声を, 怒鳴りながら, 思うまま, 思わず大声, 思わず首, 急に, 怪我を, 恐らく艦隊司令長官, 恭しく礼, 愈々感, 愉快そうに, 意外な, 愛嬌の, 慈父の, 戦争中ずっと, 戦友の, 戦車の, 扉を, 手に, 手を, 手早く猿轡, 拳銃を, 改めてプロシヤ軍, 救われた人, 敵の, 新しい葉巻, 新一が, 新一を, 日本語が, 昔理工科学校の, 昨夜の, 暫く考えた, 最後の, 最後まで, 机の, 東京からの, 東京を, 松木にとって, 椅子の, 次郎が, 次郎の, 歩みよった, 死なれたん, 水兵の, 江田島の, 決心の, 決然と, 決闘が, 沈着な, 波に, 泳ぎながら, 涙の, 深い興味, 清少年の, 源一が, 滅多に, 漂流器を, 潜遠, 火砲を, 無一文である, 無電班に, 爪先探りに, 特別の, 病室で, 白い長い指, 直ちに阿佐谷通信中尉, 相変らず, 相手から, 相手に, 真剣な, 眼を, 眼玉を, 知って, 砂の, 破れ目から, 確信に, 穴蔵の, 突然右, 答えた, 紅玉髓の, 絶えず微笑, 耳を, 肩を, 腰の, 腹が, 自分の, 自棄に, 自負心を, 船首に, 艇員が, 艦橋に, 若いとき, 若き岡部伍長, 葉巻を, 行けと, 衝立に, 西洋風の, 見晴台から, 見晴台の, 言いすてて, 計介, 話し続けた, 谷山大佐から, 賛成した, 軍医と, 部屋に, 銃を, 開け放った扉, 陸地の, 隊兵を, 電話を, 静かに, 非常に, 頭に, 顔を, 飛び上がった, 養鶏が, 馬田たちと, 驚いた

▼ 少佐~ (225, 20.4%)

11 顔を 5 前に 3 ような, 声は, 眼が, 顔は

2 [15件] うちに, 君, 家に, 居間, 手から, 手を, 方で, 方に, 果敢なる, 肩を, 胸の, 言葉は, 言葉を, 身体は, 部下の

1 [167件] いうこと, うちでは, お父さんであろう, お立場上, お腹に, からだも, ことが, ことばには, こと馬田の, ごとく発砲, ご招待, ご本意, その後の, その後を, その発見, そばに, そばを, ために, ところに, ところへと, どら声が, ひきいる先遣部隊, ひきいる第, ひげ, ひとと, ひとも, ひろげた図面, ほうから, コワリョーフは, ツキモノで, ハンモック吊り, ポケットを, 三人を, 両人が, 久慈隊千六百名岩永という, 予感は, 人がらは, 人情の, 任務は, 低いが, 住居は, 住居へ, 住所氏名を, 出張を, 到着を, 前には, 前の, 叔父さんだ, 口やかましい声, 口辺に, 号令だ, 号令を, 号令一下まず, 名によって, 命を, 命令で, 命令一下, 国民主義を, 声を, 外に, 失言政党本部占拠事件右翼, 奇禍に, 好意に, 妻として, 姿が, 娘の, 子供で, 家って, 家と, 家の, 家は, 容態は, 宿泊し, 寝棺の, 将校会食は, 履歴書だ, 心を, 性慾の, 性格だ, 息子な, 息子は, 意嚮を, 意見を, 懇切なる, 懐中電燈が, 所へ, 所属部隊司令官に, 挨拶, 方へ, 方を, 旗下で, 時従卒と, 服か, 望むところ, 木という, 未亡人で, 未亡人と, 本書を, 某君, 某君であった, 横顔を, 歓喜の, 武勇談が, 死に, 片腕として, 率いる戦艦朝日, 生きかた, 用事は, 申し入れを, 癇走, 目には, 目を, 眼つきが, 祈りは, 祈祷が, 笑顔は, 純真に, 素行調査を, 細君に, 細君にな, 紹介で, 義妹が, 考へは, 耳に, 職を, 胸に, 胸を, 胸中が, 胸中は, 脇腹に, 自宅を, 船室へ, 葬式が, 葬式の, 藤原威夫だった, 藤原威夫は, 親族諸君は, 解釈による, 言うこと, 言葉に, 言葉も, 許しを, 話が, 認める自由, 説教すらも, 説教は, 説明として, 講話を, 負傷は, 資格で, 賜なり, 質問にも, 身体を, 鋭い眼, 長いひ, 間に, 音楽上の, 頓死を, 頬と, 顎に, 顔だけ, 顔とが, 顔も, 騎馬旅行以上だ, 黒い頭, 鼻が, 鼻の

▼ 少佐~ (127, 11.5%)

2 やってきた, 電話を

1 [123件] ある日, いかにも大ぎょ, いた, うはべ, おなくなり, きて, ここに, ここへ, こちらへ, このこと, このペテルブルグ, しばらくし, じっと時計, すぐその, そう云う, そのすぐ, その司令, その大きな口, その席, その時, その時間, その顔, そばに, それに, それを, たずねて, ですよ, どうして彼, どなるよう, どの方向, なぞの, はいって, ひとりいた, ひどくおどろい, ふるえながら, まだ言葉, まるで相手, アイネへ, フランスの, 一生懸命に, 三年間の, 不思議な, 云った, 京子の, 低い声, 住んで, 何で自分, 何を, 保管し, 僕の, 入野の, 出て, 前に, 剣橋で, 北極飛行を, 叫んだ, 可哀そうだ, 司令官の, 和服姿で, 四五人の, 土曜日の, 夜も, 大きな声, 大股に, 大陸在任時代からの, 大隊を, 好まないところ, 姉の, 就任した, 帰省の, 幕面を, 快活な, 怪しいこと, 悠然と立っ, 或は近くモスク, 所長な, 拳銃を, 挙手の, 捕虜に, 救助された, 新一, 日本へ, 昇進とともに, 来たの, 来る, 来着した, 根気づよい, 横から, 沈黙を, 満身の, 源一の, 火の, 特別講演に, 玄関に, 生徒を, 発見した, 眉毛を, 眠りもう, 破って, 種々の, 立って, 立つて, 翌朝執刀と, 聞かうもん, 自分に対する, 舵を, 血色の, 袋の, 見破つた兵器, 言った, 言って, 訊ねた, 訝しげに, 軍人に, 部隊長として, 閉会の, 開通式と, 陸軍大学で, 隊列を, 頑張って, 顔を, 駈け上がって, 駈け降りて

▼ 少佐~ (59, 5.3%)

2 先手を, 進級し

1 [55件] いわれたとおり, かぶせた, きまったよう, この事, この旨, こびること, さしだした, した, そこを, たいしふたたび, だつて, とびついて, なったばかりの, なったよ, なって, なっても, ゆずる態度, わるいか, ミトライユを, モスク, 云った, 云は, 任命した, 会った, 会っても, 何か, 出会った, 制止され, 叱られた士官たち, 司令を, 向かって, 向って, 呼びつけられたこと, 命令され, 声を, 對し, 懐中電燈の, 成ってから, 押しつけて, 早く中, 率いしめて, 疎遠され, 目礼し, 相談し, 相談した, 相談を, 移して, 突きつけながら, 聞いた, 聞えるよう, 聞くと, 茶を, 見せたところ, 面会を, 願って

▼ 少佐~ (47, 4.3%)

2 見た

1 [45件] おいて, ここへ, じっと見詰め, ついに動かした, にらむよう, ねらって, はじめ地上員は, はじめ憲兵隊の, はじめ試験部隊の, はじめ遭難の, ほめられた, まともに, むかえた, むかえて, ものに, アダノの, 伴つて國後島へ, 凝視した, 初めとして, 助けて, 同伴し, 地下の, 尊敬し, 少からず, 手招きし, 指揮官として, 横浜まで, 残して, 相当な, 眺めたが, 睨みつけたまま, 見あげて, 見かえして, 見たきり, 見つめたまま, 見つめるの, 見上げたまま, 訪ねたの, 諦められないん, 追悼する, 連想した, 隊長と, 隊長に, 顧みて, 驚歎せしめた

▼ 少佐~ (40, 3.6%)

2 南博士の, 新一とは

1 [36件] いっしょに, きめたの, そのほか, なって, ダンリ中尉とは, フオストフ事件とは, 一緒に, 並んで, 五十嵐新一とが, 五名の, 交際を, 仰しゃいましたかね, 別れるとき, 千種との, 同席した, 向い合って, 向きあって, 呼ぶこと, 呼んで, 夫人とは, 山岸中尉の, 山崎唯男に, 差向いで, 折から, 新一青年, 村はずれの, 決闘を, 源一は, 相対し, 称したデフレ, 自称し, 西山教頭とが, 話して, 話を, 議論を, 顔を

▼ 少佐~ (29, 2.6%)

2 それを

1 [27件] あまりの, これには, そのこと, その一人, それに, ただ渋い, どこからか, ドライバーも, ニコ, 中尉も, 余儀なくおれ, 全然取り上げなかった, 十五時間も, 同じく固執, 夫人も, 宙を, 将軍も, 彼と, 感心してた, 探照灯に, 救助された, 暗い顔, 東京に, 次郎だけは, 清少年も, 足を, 軍医正も

▼ 少佐夫人~ (12, 1.1%)

2 は只 1 がまだ, が云, とによって福引, とフリイデリイケ, にそつ, に臂, の真白, の顔, は体, は生憎口

▼ 少佐殿~ (11, 1.0%)

1 [11件] だ, でありますか, と僕, におなり, の事, の手, はさっき, はめかし, は熱心, へ, も大佐

▼ 少佐から~ (9, 0.8%)

1 いろいろと, 主としてナポレオン戦争, 声を, 大佐は, 大阪朝日新聞を, 昨日の, 畏くも, 第三大隊, 電話が

▼ 少佐~ (9, 0.8%)

1 いたこの, いらっしゃいますの, すごい権力, せう, スタインザアという, ポウシェンという, 同少佐, 大隊長, 退役後茶人に

▼ 少佐との~ (6, 0.5%)

1 三名であった, 出会いの, 問題が, 婚約を, 縁談が, 間には

▼ 少佐とは~ (5, 0.5%)

1 あれから, うって, どうしてすぐに, よくお, 見えなかった

▼ 少佐には~ (5, 0.5%)

1 どんな成算, みごとに, 毎日ネフスキイ通りを, 結婚する, 資料収集について

▼ 少佐自身~ (5, 0.5%)

1 ではそれで, では怒った, としてはそんな, には深い, も数弾

▼ 少佐に対して~ (4, 0.4%)

2 とった自分 1 無雑作, 言った言葉

▼ 少佐~ (4, 0.4%)

1 リード氏の, 天宮さんの, 西山教頭を通して, 馬田の

▼ 少佐~ (3, 0.3%)

1 の, のだ, んです

▼ 少佐なら~ (3, 0.3%)

1 まあ及第点, わるくない, 少佐らしい

▼ 少佐以下~ (3, 0.3%)

1 の少壮軍人, の幹部士官, の沈着

▼ 少佐あれ~ (2, 0.2%)

1 は一体, を見よ

▼ 少佐~ (2, 0.2%)

1 あの人, 中佐か

▼ 少佐からも~ (2, 0.2%)

1 お話し下さるだろう, 帆村へ

▼ 少佐だった~ (2, 0.2%)

1 が, な

▼ 少佐として~ (2, 0.2%)

1 勤めて, 戸畑高等専門学校の

▼ 少佐としては~ (2, 0.2%)

1 それは, 無理も

▼ 少佐にも~ (2, 0.2%)

1 あったよ, こいつは

▼ 少佐シベリヤ行~ (2, 0.2%)

2 の歌

▼ 少佐~ (2, 0.2%)

1 であったかしら, の未亡人

▼ 少佐~ (2, 0.2%)

1 の人物, の将校

▼ 少佐~ (2, 0.2%)

2

▼1* [72件]

少佐あたりが乗る, 少佐あの少年下士官は, 少佐いま何時ですか, 少佐くらいにはなれたでしょうにね, 少佐ぐらいから禿げ始めて, 少佐ぐらいになるでしょう, 少佐これは実に, 少佐自身は, 少佐へ承知, 少佐しかれども, 少佐から私, 少佐だってもうどうにも出来んだろう, 少佐であったけれどあまりたびたび, 少佐という表示の, 少佐といふ男は, 少佐とが委員会の, 少佐とに噂の, 少佐とを見くらべた, 少佐などは野戦郵便局を, 少佐にだけはこの事件, 少佐にとっても新一青年, 少佐になつても, 少佐はじぶんの漂流器, 少佐はにが笑いを, 少佐届けられる, 少佐ほどの理由も, 少佐もうひとりは, 少佐よりもあなたの, 少佐らしい物の, 少佐エリク・ヘンダスンだから, 少佐ガロウニンは本, 少佐ゴルドンという勇敢, 少佐シャブランとは暗黙, 少佐テオバルト・フォン・エッセンは死に, 少佐懇切嚴密ナル校閲アルニ於テヲヤ世, 少佐バード中尉の両, 少佐五十嵐新一青年南京子の三人, 少佐今のを見た, 少佐仏壇の前, 少佐以下六名の国民服, 少佐は軍人つて, 少佐参謀になっ, 少佐及びその一行, 少佐四五年前アメリカ人のコックス, 少佐地下戦車は行方不明, 少佐大佐なども数人, 少佐夫人リヒテルの紫色, 少佐宮家附の浅野宮内省属, 少佐岡田雄三氏来訪せらる, 少佐島野鸛一君と故, 少佐の戦闘, 少佐待遇だという, 少佐抛っといてくれ, 少佐播州赤穂に生まれた, 少佐攻撃は失敗, 少佐日野強とあつ, 少佐時代からポツポツ, 少佐本人がそう, 少佐呉服店営業課長某, 少佐である, 少佐樺山資紀中佐など幕僚五, 少佐浴衣姿にて現, 少佐清水昌彦氏なる旨附記せり, 少佐目がけてパッ, 少佐を俘虜関係, 少佐級以上の将校, 少佐藤原威夫の, 少佐西山教頭馬田そうした人たち, 少佐閣下の奥様, 少佐阪本中尉高桑中尉森下少尉などの幹部, 少佐鬼頭令門氏はいち早く, 少佐鸛一さん事シゴイさんを追いかけまわし