青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「左様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

工場~ ~工夫 工夫~ 工業~ ~左 左~ ~左右 左右~ ~左手 左手~
左様~
左衛門~ ~巧 巧~ ~巧み 巧み~ 巧妙~ 巨人~ ~巨大 巨大~ ~差

「左様~」 2896, 28ppm, 4186位

▼ 左様~ (626, 21.6%)

44 ことは 41 ことを 23 事を 11 ことが, もので 8 わけで, 事は 6 ことも, 訳で 5 もんで, 者は 4 ことには, ものは, 噂を, 者で 3 こと, ことで, もんです, 事とは, 人は, 儀は, 心配は, 軽薄な

2 [25件] お方が, ことに, ことはござりませぬ, ところには, のが, ものに, ものを, 事, 事が, 事に, 人物が, 傾向に, 儀なら, 家柄に, 御無理, 愛好家が, 時に, 次第で, 法力を, 真似を, 者を, 良妻に, 覚えは, 金子は, 馬鹿な

1 [368件] いかさま刀と, うわさが, おしとやか, おたずね, おまじないを, お下知, お取り込み, お客様が, お席, お心, お方とも, お物好き, お答えのみを, お考え, お言葉, お話を, お高声, こそく, こといちいち, ことぐらいで, こととは, ことについて, ことの, ことはござりません, ことはと, こと仰つ, こと汝らが, こと詫びる, さい, さる時, せんさくは, たわ言を, だいそれた了見, つたのに, つて来る, でもねえ, ところに, ところへは, に這入る, ので隠そう, はずは, まちがいは, まねを, ものかな, ものが, ものである, ものでございまし, ものには, ものも, もの存ぜぬ, もの欲し, もの用意させ, もの見掛けませぬ, わけです, わけにも, んかねえ, んだろう, んぢや, んでございます, んでしょう, んです, イカサマ病院, グロテスクで, ケチな, タルティーニが, ミジメな, 下手な, 不つつか, 不作法を, 不埒な, 不埒者の, 不埓者, 不忠不義の, 不思議を, 不所存者の, 不敬は, 不敵の, 不法を, 不浄の, 不祥な, 不穏な, 不覚な, 不親切は, 主君の, 事ぐらいは, 事で, 事も, 事何の, 事実で, 事柄には, 些々たる, 人あり, 人が, 人物ある, 人物の, 人物は, 人達が, 人間を, 仮面を, 企てに, 企てを, 企を, 会話法が, 体験が, 作品が, 作法に, 例が, 例も, 侮辱に, 信念を, 値が, 傾向が, 僅かばかりの, 儀を, 兇器の, 兇状者を, 光景の, 再吟味, 処には, 処へ, 処へでも, 制度的カムフラージなく, 前例は, 卑怯を, 卑怯者と, 単純な, 危険を, 危険性を, 原因が, 口出しを, 合理性を, 名の, 名物を, 名称が, 名称の, 名称も, 名誉の, 品お, 商売人とは, 喧嘩を, 嘘を, 噂は, 噂も, 坊主は, 場合には, 場合も, 場所は, 大した訳, 大事に, 大事を, 大事件, 大胆な, 天下の, 天分を, 失礼の, 奇怪な, 奇略が, 女には, 女丈夫であったなら, 妖怪変化の, 委しいこと, 娘さんを, 宝暦は, 寺宝が, 小事何も, 山々が, 山彦と, 席へも, 弓矢が, 弱い精神, 形容を, 御上意一語, 御乱行, 御心配, 御推挙無用, 御斟酌, 御方が, 御沙汰が, 御焦慮, 御疑念, 心底では, 心当ては, 心得で, 心得と, 心得違いを, 心持が, 心持に, 心持も, 心根とは, 心配の, 忌わしい言葉, 忍耐は, 思し召, 思召が, 思召しでござんすなら, 思慮で, 性と, 恨みを, 悪戯を, 悪気は, 惰弱な, 意味の, 意味を, 意地悪る, 意志は, 意志を, 意見は, 愚挙に, 態度は, 慶たい, 憧憬や, 懸念を, 我儘な, 戦に, 戯言聞く, 所業は, 手引を, 手狭な, 才覚が, 抜け目の, 招きには, 指図は, 揚足を, 放言し, 敏感は, 旗差物を, 日は, 日数に, 時には, 時勢の, 時間の, 時間を, 晴がましい御, 智慧を, 暢気な, 暴な, 曲言申さるる, 有様で, 条件が, 来客は, 根本の, 極悪人では, 横死を, 機密を, 次第であった, 次第でござる, 次第では, 正確な, 武蔵どのか, 残忍な, 殺生や, 気振りの, 決心を, 浅ましい卑しい了簡, 淪落の, 点に, 点は, 点も, 無体を, 無益の, 無礼な, 無礼も, 無礼を, 無謀は, 片手落ちを, 物は, 物を, 物影を, 物音が, 状態に, 独り決めを, 独断に対しては, 狼藉を, 献策を, 現象を, 理由ゆえ道具係という, 生理の, 申立てで, 男達という, 異変を, 異常な, 疑いを, 疑問を, 病弱で, 白々しい音, 白痴た, 目先の, 真実の, 禄なら, 私情に, 稍, 稼業の, 策は, 粋人とは, 粗暴な, 粗末な, 細心な, 組織, 組織が, 組織は, 経歴などを, 結婚の, 結果なぞは, 絵が, 罪人の, 美人を, 美女を, 考えから, 考えを, 考へから, 者あら, 者が, 者じゃ, 者でない, 者で無い, 者なら, 者に, 者に対して, 腰抜けことばが, 自信の, 自由を, 苦しい立場, 薬は, 虚勢を, 蛮地の, 術策に, 褥の, 要害なれ, 覚は, 言を, 計画は, 訳の, 訳は, 証拠が, 諫言を, 謀叛が, 警戒を, 議論で, 賊に, 質問を, 身ぶりを, 軽々しき振舞, 道ならぬ, 道楽の, 道理は, 道理を, 遠方へ, 部落が, 酒癖あしき, 醜い好奇, 重々しい儀礼, 量見では, 金吾で, 鈍重な, 間では, 間違いを, 雑言さ, 非常の, 非道の, 非難をも, 頑固な, 頓着や, 顔に, 風流沙汰では, 馬鹿者は, 駄々っ, 驕りが, 魔術使いを

▼ 左様~ (231, 8.0%)

6 ござります 5 して 3 ござりまする, 御座り, 申して 2 この工場, 人間の, 多く転がっ, 存じます, 彼は, 心得て, 文句を, 甘くない, 見えますか, 都合よく

1 [191件] あたしは, あっさりと, あること, いうたら江戸, いうなれば玄蕃, いたしまする, いふの, おっしゃらずわたくしども, おっしゃるあなた様, おっしゃれば, お心, お思い, お急ぎ, お恨みなさる, お手荒, お沙汰, お礼では, お礼を, お笑いあそばす, お聞き申し, お親しみ下さらぬ, このドグラ・マグラ, この崑崙茶, この症候, ございます, ござりました, ござりましょう, ござるで, その人, なさるが, なつた, なりますわけ, はげしくした, はござりませぬ, みな申しおります, わるびれた色, われ, われわれは, セットを, 一生うだつの, 事を, 云う, 人の, 人前を, 人様には, 人間と, 今はや, 仰せでございました, 仰せられました, 仰せられましては, 仰せられるけれども, 仰せられるの, 仰せられるもの, 仰っしゃっておいでになりまして, 伺いました, 余の, 信じて, 候へば, 僕の, 僕は, 優柔不断なら, 内談が, 出て, 勤まり難い, 単純な, 取極めたの, 取計らったの, 古今独歩の, 呪われたもの, 唯心論を, 唱へ, 四角張って, 土地を, 外国に, 多いの, 多勢の, 大きな建築, 大器である, 奏楽に, 媚, 存じて, 存じますが, 存じますれど, 存じます其の, 実世間, 家康が, 容易く改廃, 小さい作品, 小さくし, 幻怪驚異を, 広大の, 庇うの, 彼の, 御すすめ候, 御座ります, 御気分, 御覧じ, 徹底した, 心得おられ候え, 心得まする, 心得ませえ, 心得置くよう, 心許なき者, 心配する, 忖度し, 怖い思い, 思いとうない, 思いましたけれど, 思し召さるべくそろ, 思し召して, 思われます, 思われるが, 急いで, 急がずとも, 急を, 恐しい研究材料, 恐れて, 悠長で, 感じた迄, 感ぜしめたの, 慄えず, 手の, 手軽く向背, 新東京, 早く変っ, 早手廻し, 早朝でなく, 昂奮めさる, 時代の, 有名な, 楽には, 気取るもの, 泣き悲しむ筋, 深き認識者, 深刻偉大な, 漫然たる遊歴, 無造作な, 猛悪な, 申されるので, 申したであろうが, 申し上げましたところ, 申し残して, 申す白痴者め, 異なった種類, 発心し, 相成る遠慮, 真空の, 神変自在な, 私の, 私は, 秦野屋の, 筑前が, 簡単には, 精神が, 純粋に, 絶縁され, 緊張を, 考えたから, 考へたと, 聞いて, 自己に, 自然の, 自覚自, 若い者, 苦労し, 覆面こそ, 見くびっては, 覚えます, 解すべきもの, 訂正なさっ, 計ろうて, 訓練されおらぬ, 詫びられますかと, 詳しい輩, 誇称され, 認めねば, 謙譲に, 豊かには, 豪勢な, 貪慾で, 賢人君子ばかりは, 迅速敏活を, 迷った揚句, 違いご, 違ない, 酒が, 重んぜられること, 離れた畑中, 首尾よく, 驚きましたか, 高かった

▼ 左様でございます~ (208, 7.2%)

6065 とも, ねえ, よ 4 かお 3 かじゃ, かそれ, か私, な 2 かな, かね, か一寸, か併, が

1 [101件] あなたと, あの下, あの通り, あれも, おいでに, お近い, お部屋様, お高い, かいつ, かお供, かお客様, かしかし, かその, かそれでは, かそれに, かそん, かという, かと云っ, かと引下, かと此, かなと申し, かなど, かなん, か下総, か云う, か今, か今日, か何処, か先ず, か実は, か小さい, か成, か旦那さま村方, か無い, か貞藏さん, か道理, ここは, この子, この繰り上げた, じゃあなた様, そのため, その品, それは, ただ薩摩, とっくにそこ, ともご, ともその, とも後世, とも自分, とも諺, とも長く, と申し上げる, どうしてそれ, どうも有難う, なあ, なお, などうも, な何とか, な古書, ねえこんど, ねモシ, ね何とも, ね別に, ね瓜, ね脈, ね近頃別段, ね開け, の, みんなもう, もうお, よお, よそれ, よ天性, よ好男子, よ御, よ男, わたくしの, マア続いた, 何う, 先年あの, 十津川騒ぎから, 只今より, 哲学者が, 土地の, 大神宮様の, 天保の, 少々仔細, 御案内, 御災難, 昨夜まで, 書物を, 皆様が, 矢張旦那様が, 破落戸か, 私の, 穂高の, 華英通語は, 親分, 言葉だけを, 貴方の, 遊行上人

▼ 左様なら~ (180, 6.2%)

6 左様なら 53 と云う, をし, 御機嫌宜しゅう

2 [11件] お休みなさいまし, って, と云っ, ばこれ, ば御免, 又どうぞ, 御免なさい, 御機嫌よろしゅう, 御機嫌宜しく, 有難うございます, 皆さん

1 [138件] お二人さん, お先へ, お前は, お大事, お女中, お父さん, お置き遊ばし, お隣の, が略され, これから直ぐに, これへ, じゃアお前, そうして入, それまで, ちょいと, では二三日, という, という覚悟, とお答え, とかえろう, とか云っ, とくるん, とした, とて頭, ともいはず, とも何, と帽子, と指, と清吉, と言っ, と言つて乗, と言つて立, なくては, にし, の挨拶, の略語, ばあの, ばいつごろ, ばお, ばご, ばその, ばと後声, ばと挨拶, ばと言っ, ばどうか, ばなお, ばホン, ば仔細, ば先づ水車, ば出る, ば参ります, ば取, ば大丈夫, ば左様, ば御, ば御機嫌, ば念仏, ば我々, ば明日昼飯, ば申します, ば申し上げ, ば直に, ば私, またいらっしゃい, また今晩, また信念, また明日, また途中, まア随分, みんな, よ三之丞様, をする, をなさいまし, をキメる, を云い, を云わせ, を云われ, を告げた, オクサーナ, キキリツツリ, チヨンよ, ハアお大事, ピッタリ締め, 一寸お, 一寸と, 二五八八年, 今日は, 何卒確, 俺は, 先生御機嫌よう, 又いつか, 又た, 又来る, 又逢おう, 夜が, 大事に, 太郎さん, 姉さんあの, 姉ちゃん, 宜しく, 小母さん, 帰りに, 弟は, 後刻番頭を, 御亭主, 御機嫌宜, 御遠慮, 心持で, 愛しい妹, 我の, 手前が, 拙者が, 拝借を, 旦那あなたの, 旦那さま斯様致しましょう, 旦那様申し上げます, 明後日は, 明日また, 明朝早く, 時節が, 有難う, 望月さん永久に, 檻の, 気い付け, 気を, 源ちゃんお, 牧師様, 申上げます, 皆さんさ, 皆さん特に, 確り頼んだ, 私は, 花房君又, 花魁に, 若しお前, 行つてま, 誠に御, 風の

▼ 左様~ (178, 6.1%)

44 ござります 10 ござりました, ござりまする 5 はございません, はない 4 ごぜえます 3 がすか, ござりましょう, せうか, もない, 厶りました

2 [14件] あつた, がんす, ごさい, ござえます, せう, それは, はありません, はございませぬ, はござらぬ, ゲスか, 厶います, 御在, 御座りまする, 御座居ます

1 [57件] あつたか, あの方, あゝ惜しい, お比丘尼様, がさア, がんすか, がんすが, ここに, こざいます, この六七年, ござえやすかな, ござりません, じゃア, せうだから, せうとも, せうネ, せう自身, それじゃ, それなれ, ではお茶, はありませぬ, はあるまい, はご, はございます, はございませんでしょう, はござらん, はなかっ, はなかつた, は在つ, は御座らぬ, は無い, もなかっ, ゲス, ゲスとも, ゴゼエマス大衆小説みたいです, 今日は, 何でも, 其の許, 初めまして, 別に化物, 名刀め今度は, 墓場から, 小石川へ, 年は, 御ざりやす, 御在ました, 御老体, 慥か左團次, 昔はね, 昨夜の, 此方の, 源右衛門さんとね, 私に, 私共の, 誰人からな, 貴方の, 道楽な

▼ 左様です~ (135, 4.7%)

4095 かねえ 43 なあ, ね 2 かお, か何, ツてネ

1 [65件] かあ, かい, かいそんな, かえ, かけれど, かこれ, かそれで, かって, かとその, かとは決して, かとアッサリ, かと下手, かと答, かなるほど, かの, か並大抵, か先生, か前, か山木様, か幾度, か御, か承知, か此, か武者修行, か私, か私ども, か貴方, が親孝行, つてネ, とも, ともモウいま, なあ僕, なあ貴方, なア, ねと云っ, ねと云つて, ねと賛成, ねエ, ね土浦, の随分, よお, よ人様, よ大師様, よ始めて, 不道徳なる, 世間では, 二ツで, 人生の, 何か, 僕は, 先方から, 其の様, 力を以て, 十六七の, 十字架は, 原書は, 大阪の, 彼の, 彼は, 松島が, 私も, 純潔です, 若し松本等, 長左衛門の, 間違ありません

▼ 左様~ (88, 3.0%)

10 左様か 3 それは, 私は

1 [72件] いやますます, うん是, えお前さん, えじゃ, え増田屋, お前は, お手柄, お繼, かたじけないかたじけない, この小増, これは, ご貴殿方, しからば, じゃア自ら, そうなら, そう度胸, それで, それではお前, それではみゑ, そんなら, そんな病気, では任す, では婚儀, なるほど道場内, ねじ切った奴, まだ働いてる, まだ御, もう少し傍, もそツ, よろしゅうござる, アハヽヽヽいや, ウヽン, ソリャ気の毒な, ッ, マア暑い, ヨシヨシ待たし, 不埓, 云っては, 五年以前に, 今夜は, 仕様が, 何うだ, 何か, 何れに, 大分不人情の, 妙だ, 娘が, 宜しい皆あちら, 実にそれ程までに, 少々控え, 忝け, 忠義の, 既十兵衞が, 暫く控, 源兵衞当家の, 然うだろう, 然ら, 用心なさい, 直に分ります, 直に茶, 知らん, 知ラ, 確と, 私も, 立派に, 茶代を, 荏原屋敷, 行て, 誰か, 金吾由次少々, 雪の, 駒井が

▼ 左様~ (51, 1.8%)

3 ことは, 事を 2 ことが, 事とは, 次第で, 義も, 道には

1 [35件] ことで, ことを, こと申せ, こと聞かんで, ためにゃ, ものを, 不心得者が, 世上凡俗の, 乱暴を, 事なきかとは, 事に, 事には, 事は, 事堪忍これなき, 人物を, 使にて, 例ある, 例は, 儀で, 儀は, 儀も, 処分に, 処置を, 口実を, 国は, 娘さんで, 密書を, 御冗談, 心を, 政治上の, 曲を, 横死を, 物を, 由無き事, 者一人も

▼ 左様でございました~ (34, 1.2%)

193 かそれ

1 [12件] かしから, かその, かつい, かとんでも, かどなた, か一向, か伊勢, か実は, な, なあ, のそれで, 小判五十二枚です

▼ 左様~ (31, 1.1%)

3 とすれ

1 [28件] あね, か列座, が堂々, この私, そうでございます, そうです, それじゃ, て来た, といふ, とも左様, と云つて, と思う, と思った, と感ずる, わねエ, ネ悪魔, 一晩裸に, 今頃は, 何とか斯, 先生を, 其の済む, 其を, 刺身は, 卑怯は, 彼の, 旧弊な, 露西亜の, 魚の

▼ 左様~ (26, 0.9%)

7 やない 6 や有 5 や無い 3 やありません 1 や, やらう松島, やろ左様, やろ流石, や御座

▼ 左様いふ~ (25, 0.9%)

2 ことが, ことを

1 [21件] お婿さん, ことも, のは, もので, ものを, 事は, 事を, 其方の, 叔父さんが, 問題を, 御心配, 思想を, 意見な, 感じが, 批難を, 方が, 日には, 時には, 時代の, 気心の, 美しい思想

▼ 左様でござる~ (24, 0.8%)

115 かな 2 かそれ 1 かあの, かな仰せ, か拙者, と答える, なこの, 手前は

▼ 左様なれ~ (24, 0.8%)

3

1 [21件] ばお, ばこの, ばカント, ば万事, ば不足, ば交際, ば君, ば彼, ば往かない, ば拙者, ば旦那様御機嫌様, ば早く, ば此処, ば決して, ば申し聞ける, ば百目, ば私, ば親父, ば誠に, ば頂戴, ば鶴

▼ 左様じゃ~ (23, 0.8%)

3 ないか, アありません, アない 2 アねえか

1 [12件] ありませんか, けれども今, げな, ござらんか, ないん, ない予て, なかった, ア, アって, ア無, 正道潔白な, 至極左様

▼ 左様~ (21, 0.7%)

2 ていられない, て下さい

1 [17件] からば, てくれる, ては悪い, て上, て何, て居られ, て彼, て御, て数多, て来, て私, て置き, て見る, て見れ, て遊ん, やうとも, 給へ

▼ 左様~ (20, 0.7%)

6 承知を 3 承知被 2 承知下さい 1 勉強ぢや, 心得が, 心配が, 承知ありたい, 承知ねがいたい, 承知下され, 承知可被, 舎弟は, 転任に

▼ 左様~ (19, 0.7%)

1 [19件] あの婆さま, あの飽き, いわば罪, たしか拙者, ちょうど今日このごろ, どうで, なあ, なあ普通, ね, ねお, もう随分に, よくは, ナ, ネと生返事, 先ず日本一, 愈々幽霊塔, 或いは甚いか, 投捨て仕舞いました外, 爾なれ

▼ 左様でげす~ (17, 0.6%)

2 か, かえ

1 [13件] かいろ, かお, かじゃ, かそりゃ, かオヤ, かナオイ駕籠, か入らつ, か御免, か是, か鹿, これが, な四品, 別に面白い

▼ 左様いう~ (16, 0.6%)

2 事を

1 [14件] ことを, ように, んだ, 人が, 地位に, 塾に, 感じも, 方に, 東京からは, 病気は, 素振りを, 船でも, 訳け, 訳に

▼ 左様かも~ (16, 0.6%)

5 知れません 3 知れない 2 知れないと, 知れませぬ 1 知れませぬまア, 知れませんが, 知れませんな, 知れん娘

▼ 左様でございましょう~ (16, 0.6%)

73 とも 1 かとは何, か知ら, がお, が出所, と思います, 人間の

▼ 左様なる~ (15, 0.5%)

3 事を

1 [12件] お尋ねは, と人情, と娘, と殆, と猶々, 不所存者の, 事に, 事の, 事若き, 暴な, 条件を, 運命だ

▼ 左様~ (15, 0.5%)

7 はれて 2 つて 1 つたが, つたやう, ふ君, へばお, へばまあ, へば其迄

▼ 左様でも~ (13, 0.4%)

3 ない 2 ございましょうが 1 ありませんな, あろうが, ござろうが, ないの, ない珍, なかつたの, なくそれ, 為て

▼ 左様で御座います~ (13, 0.4%)

321 かで, か何, なあえーと, ね何, のねエホヽヽヽヽ, よお嬢様, チト妙な, 寒い朝

▼ 左様~ (11, 0.4%)

1 [11件] いつた現実感, お志保さん, 丑松へえ, 今度は, 打湿っ, 早くいう, 瀬川君此頃から, 知った時, 知つて居られるらし, 致しますれば, 見えるうっかり

▼ 左様~ (11, 0.4%)

1 [11件] いかねえ, 今の, 問屋で, 往くめエ, 思はないかね, 思ひませんわ, 思ひません全く, 思われないの, 感じな, 我国では, 行かないよと

▼ 左様云う~ (11, 0.4%)

1 [11件] ような, 人々は, 仕事に, 処に, 周囲を, 心を, 悪い奴, 悪い者, 所へ, 点を, 訳で

▼ 左様言つて~ (11, 0.4%)

1 [11件] お呉れ, それからぷいと, 呉れませんか, 呉れるの, 呉れるん, 呉れる人, 引受けて, 悦んで, 来て, 置いて, 頂くと

▼ 左様~ (10, 0.3%)

1 つし, ふくみの, ふくみを, 伝え願おうか, 取次ぎ下さい, 含み下され度候, 心得下されたい, 聞きねがいたい, 願ひ致さう, 鳥殿の

▼ 左様かえ~ (10, 0.3%)

1 あの炭屋さん, お前が, お前に, 一旦泥水, 何でも, 余り早, 兎も, 少しお, 致し方は, 貴公些と

▼ 左様あの~ (9, 0.3%)

1 おばさんの, とき白河口の, 両名, 庭で, 悪者を, 慷堂の, 時代に, 男が, 話

▼ 左様かと~ (9, 0.3%)

2 思ふと 1 受けて, 存じまする, 心得ます, 捨てる, 知りました, 言つて可厭に, 言つて普通の

▼ 左様である~ (9, 0.3%)

32 やうに 1 から況ん, と思える, 女性の, 庭の

▼ 左様~ (9, 0.3%)

1 つときます, て下され, ふこと, ふて下され大丈夫, ふの, ふもの, ふ意見, ふ男, ふ雰囲気

▼ 左様でない~ (8, 0.3%)

1 と云う, と後, のでありました, ので相手, 事を, 今アノ家老, 禁酒致しおる, 自から

▼ 左様心得~ (8, 0.3%)

2 ておく 1 てほしい, てもらいたい, て居らぬ, て帰る, ませい, よ

▼ 左様すれ~ (7, 0.2%)

1 ばお前さん, ばお前得心ずく, ばすべて, ば口, ば女, ば篤, ば細か

▼ 左様であった~ (7, 0.2%)

41 としたら, とは信ぜられぬ, のでは

▼ 左様でした~ (7, 0.2%)

41 なあ, ねえ, よタシ

▼ 左様には~ (7, 0.2%)

2 存じ申さず 1 まいりませんの, 存じませぬ, 思わず藪鶯, 打ち明けたの, 申しませんが

▼ 左様心得ろ~ (7, 0.2%)

1 という, ッ, 口惜しくば, 嗚呼立派, 手前らは, 權六を, 痴呆め早く

▼ 左様~ (7, 0.2%)

2 らば, らばの 1 らばで, らばと, らばは

▼ 左様かい~ (6, 0.2%)

1 それじゃ, そんな事, まア二人, 彼人かい, 御苦労さま, 汁粉を

▼ 左様その~ (6, 0.2%)

1 つもりでした, 冒険という, 大百姓, 時尾州を, 猿で, 通り

▼ 左様それ~ (6, 0.2%)

1 が時折いろいろ, につきまし, は俺, は矢文, は私, は自分

▼ 左様でしょう~ (6, 0.2%)

21 が四年前, これは, それじゃ, 私にも

▼ 左様とは~ (6, 0.2%)

1 存じませんで, 心得ず甚だ, 心得ませんで, 気も, 申されますまい, 知らずに

▼ 左様~ (6, 0.2%)

6 のやう

▼ 左様~ (6, 0.2%)

3 つた 1 つたねえ, て居ました, れても

▼ 左様あれ~ (5, 0.2%)

1 からまもなく, に比べる, の死んだ, はもう, ば縮

▼ 左様でござんす~ (5, 0.2%)

1 あちらの, お馬, なあ清姫様, 一味と, 左様でござんす

▼ 左様~ (5, 0.2%)

1 いかない, ならず何, ならないからネ, 無ければ, 血路を

▼ 左様わし~ (5, 0.2%)

1 がちょうど, が眼, でさえ本年三十八歳, の先輩柳生石舟斎様, は何週間

▼ 左様心配~ (5, 0.2%)

2 した日 1 した程, しなさるに, しねえが

▼ 左様思召~ (5, 0.2%)

4 して 1 し下さいまし

▼ 左様~ (5, 0.2%)

1 が二十一歳, とナオミ, のメモ, の位置, はことごとくよく

▼ 左様貴方~ (5, 0.2%)

3 のやう 1 が言, は気

▼ 左様かねえ~ (4, 0.1%)

2 君は 1 左様見える, 郡視学が

▼ 左様だろう~ (4, 0.1%)

1 きっと左様, と思う, な, 棚に

▼ 左様であろう~ (4, 0.1%)

2 と思う 1 が, この神尾

▼ 左様~ (4, 0.1%)

1 危険ナ, 恐レガアル, 能力ヲ, 製作ヲ

▼ 左様思う~ (4, 0.1%)

1 から筆まめ, てきょう, と私, も無理

▼ 左様面白い~ (4, 0.1%)

1 ことを, ものを, 本は, 話が

▼ 左様いふ人~ (3, 0.1%)

1 で他, は左様, は有る

▼ 左様かね~ (3, 0.1%)

1 予て聞く, 図らず勇治, 夫ぢや

▼ 左様この~ (3, 0.1%)

1 地球, 数日の, 月

▼ 左様これ~ (3, 0.1%)

1 は六百間, は水, ほどの水甕

▼ 左様~ (3, 0.1%)

1 承知おきありたい, 承知ねがいたい, 承知下さいまし

▼ 左様した~ (3, 0.1%)

1 ことも, 方が, 立場から

▼ 左様だらう~ (3, 0.1%)

1 と思つて, ねえ, 未だ結婚

▼ 左様でござった~ (3, 0.1%)

21 かそれ

▼ 左様でござん~ (3, 0.1%)

1 すか, すかいずれ, すかいな

▼ 左様で無い~ (3, 0.1%)

1 かは夫人, 何でも, 町人でも

▼ 左様やっ~ (3, 0.1%)

1 て一月, て何時, て呼吸

▼ 左様よく~ (3, 0.1%)

1 はない, は知らない, は知らん

▼ 左様~ (3, 0.1%)

1 お正さん, ね僕, 何しろ役人位

▼ 左様云つて~ (3, 0.1%)

1 ましたよ, 下さらなければ, 呉れ給

▼ 左様~ (3, 0.1%)

1 から考える, に遙, 頼まれた物

▼ 左様仰れ~ (3, 0.1%)

1 ばまあ, ば其迄, ば御

▼ 左様~ (3, 0.1%)

1 ういう手段, か物騒がしい, でも鎌倉時代

▼ 左様左様~ (3, 0.1%)

1 よい絵, 六十五さいいえ, 面白いもの

▼ 左様思つて~ (3, 0.1%)

1 借りて, 呉れ玉, 居るの

▼ 左様思ふ~ (3, 0.1%)

1 かも知れない, からまあ, でせう

▼ 左様申し~ (3, 0.1%)

1 ちゃ何, てはいられない, てはおる

▼ 左様あなた~ (2, 0.1%)

1 の官服, の身の上

▼ 左様あり~ (2, 0.1%)

1 そうな, 度と

▼ 左様いふ風~ (2, 0.1%)

2 だから

▼ 左様かなあ~ (2, 0.1%)

1 最早御, 神経の

▼ 左様さこれ~ (2, 0.1%)

1 で清姫様, も七十人

▼ 左様したら~ (2, 0.1%)

1 また不潔, 彼奴等は

▼ 左様じゃあ~ (2, 0.1%)

1 ございません一寸, ないと

▼ 左様たしかに~ (2, 0.1%)

1 おりましたよ, やけくそです

▼ 左様でありました~ (2, 0.1%)

2

▼ 左様でいらっしゃいます~ (2, 0.1%)

1 か, かそれ

▼ 左様でし~ (2, 0.1%)

1 やうか, やう袖に

▼ 左様でなく~ (2, 0.1%)

1 てすらあの, て日本文学

▼ 左様で御座いました~ (2, 0.1%)

2

▼ 左様という~ (2, 0.1%)

1 親方が, 返事は

▼ 左様とも~ (2, 0.1%)

1 一刻も, 何とも仰し

▼ 左様ならだ~ (2, 0.1%)

1 ね, 縁が

▼ 左様な死に~ (2, 0.1%)

1 ようは, ようを

▼ 左様ばかり~ (2, 0.1%)

1 でも, 行かぬから

▼ 左様~ (2, 0.1%)

2 づその

▼ 左様やっぱり~ (2, 0.1%)

1 十代に, 君ぐらいの

▼ 左様やはり~ (2, 0.1%)

1 お江戸, 夏だった

▼ 左様らしいです~ (2, 0.1%)

1 ね, わね

▼ 左様~ (2, 0.1%)

1 御座リマスカト云ウカラ年来, 御座リ升御

▼ 左様丁度~ (2, 0.1%)

1 その日, その辺

▼ 左様二人~ (2, 0.1%)

1 で取附かないで, の仲

▼ 左様云っ~ (2, 0.1%)

1 てやりました, てッケンド

▼ 左様~ (2, 0.1%)

1 に取附く, の噂

▼ 左様仰し~ (2, 0.1%)

1 ゃっていらっしゃるのサ, ゃれば真実生涯見棄てぬ

▼ 左様仰つ~ (2, 0.1%)

1 て下さい, て下す

▼ 左様仰る~ (2, 0.1%)

1 んです, 方も

▼ 左様何処~ (2, 0.1%)

1 か見覚え, と云っ

▼ 左様~ (2, 0.1%)

1 とは筋, はフランボー

▼ 左様~ (2, 0.1%)

1 にも分らな, はキザ

▼ 左様全く~ (2, 0.1%)

1 知らぬが, 罪な

▼ 左様土居画伯~ (2, 0.1%)

1 があやか, は先ず最も

▼ 左様~ (2, 0.1%)

1 にご, の年

▼ 左様~ (2, 0.1%)

1 のゆかない, 若い女

▼ 左様思っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 左様思つた~ (2, 0.1%)

1 からドシン, 程で

▼ 左様思わるるなら~ (2, 0.1%)

2 んと

▼ 左様~ (2, 0.1%)

1 の切れる, 易くは

▼ 左様~ (2, 0.1%)

1 をいら立てず, を御

▼ 左様申した~ (2, 0.1%)

1 と二俵, のでございます

▼ 左様申す~ (2, 0.1%)

1 には及ばん, ので何

▼ 左様見える~ (2, 0.1%)

1 かねえ, 丈です

▼ 左様言っ~ (2, 0.1%)

1 たって聴き, て置い

▼ 左様遠慮~ (2, 0.1%)

1 されては, しないで

▼1* [410件]

左様あなた方には見えぬ, 左様あるべき事である, 左様あるべきだとも思つて, 左様あるべきなのである, 左様あんたは聞分, 左様いかにも不可解です, 左様いかぬのだ, 左様いたし候へば, 左様いたそうか, 左様いっている, 左様いったんは大いに, 左様いつ迄も考へ, 左様いふ気味も有ます, 左様いふ話ですなあ, 左様いふ間違ひが, 左様いへば彼奴, 左様うまく行きツこ, 左様おれは坂崎出羽守, 左様お前のやう, 左様お前さんのよう, 左様お前達に側, 左様かかれば幾分, 左様かつちや, 左様かなア去年も, 左様かなとおっしゃいましたが, 左様かねえもないもん, 左様かへさあ遅く, 左様ここは空家, 左様さあれは数百年, 左様さあん時は所長, 左様さいぜんから左様, 左様させたやうに, 左様さそれはそう, 左様さどこぞの供養, 左様さウェルビッツカヤの傑作, 左様さマアマア仮面を被せる, 左様さ一寸顔を見せ, 左様さ三日だから, 左様さ不幸な町, 左様さ保護者のある, 左様さ先は平凡, 左様さ先年美濃国から信州, 左様さ刀を買う, 左様さ十五までは大抵, 左様さ吾妻山の高, 左様さ四百円有れば, 左様さ大概お昼を喫, 左様さ宿屋の裏, 左様さ小学教員の資格, 左様さ左様さそれはそう, 左様さ拙者は是, 左様さ此の家, 左様さ狂人の囈語, 左様さ私の情婦, 左様さ素人に分る, 左様さ貴女の身の上, 左様さ貴方の顔, 左様さ邪魔にもなり, 左様さ鉄砲傷のやう, 左様さ陶の方, 左様しからば家, 左様しかるべき町家の, 左様しなければ解雇, 左様しなさい山姥金時で, 左様しませうか, 左様やございません, 左様すりゃ蜂の巣を, 左様するとあなた, 左様ずいぶんえらく奪られましただ, 左様なたは, 左様それではひとつ気休めを, 左様そんな気も, 左様だったのか, 左様だって太郎さん能く, 左様だつたねえ, 左様だつたさうだね, 左様ちとこの道場, 左様まえが, 左様であらうソラ此器で, 左様であります終りって, 左様でがすどこで, 左様でげしょう併し, 左様でこざるか, 左様でございます噛みしめればしめる, 左様でございます死んでしまえ, 左様でござらば剣道, 左様でござらぬ朝日権現は, 左様でござろうか, 左様でござんしたか, 左様でござんすねえありゃ女, 左様でしたらうホラ貴方も, 左様です思って見る, 左様でない通るものは, 左様でなく終った事は, 左様ではござりましょうがねえお, 左様ではござりませぬが, 左様でもござりますまいが, 左様でやすよ, 左様で出ちゃア, 左様で在つしやいませう, 左様で御座いませうねえ, 左様で御座んしょ, 左様ともかく六百坪二反歩は, 左様とんとがしかし, 左様どうでもいいです, 左様どうして是を, 左様どうも諸君の, 左様どころでは, 左様なかなか込み入って, 左様なかにはショコラアの, 左様なくばむね, 左様なさしめたものか, 左様なすったら何うです, 左様なつたら奈何し, 左様なつまらぬ告げ口を, 左様なにしろこの街道筋, 左様なにせ洒落たお方, 左様なふざけた姓名は, 左様ならかえったらどうぞお, 左様ならするんだ, 左様ならでございますつて, 左様なら切るよ, 左様なりますと私, 左様なりませうネ, 左様なんと言っても, 左様な依怙の, 左様な出たらめを, 左様な変った武術者に, 左様な早まったことを, 左様な立入った詮議は, 左様な聞きつぬ山の, 左様な見得を, 左様にてあるか, 左様にてこそ誠の, 左様にては御座なく, 左様にばかりあり得ないで, 左様にまでご卑下, 左様にも思いませぬ, 左様ねエぢや, 左様のみは行かず大いに, 左様ばかりは云われませぬ, 左様ばかりも言へ, 左様ほかには疵, 左様ほんとになア, 左様まあその通り, 左様まず町絵図に, 左様まずまあ鳥居派で, 左様めまいと言え, 左様もうそろそろ潮が, 左様よい絵です, 左様らしくもある, 左様らしくあったので大変, 左様わたしは全部, 左様アメリカでは政府, 左様コスター聖書もです, 左様サ威海衛砲台の攻撃, 左様サ持物の一ツ, 左様サ私が一枚, 左様サ親の口, 左様サ質素な風, 左様サ陸海軍御用商人九州炭山株式会社の取締, 左様タケノコメシの顔ぶれ, 左様ナ一度トカ一糎トカ僅少ノ幾何学的問題ニ一生, 左様仕ルガ, 左様ニ可被思召候已上, 左様一つには, 左様一円もあれ, 左様一図に舞台, 左様一時間くらい死人, 左様丁度何人になりまする, 左様七十七か八, 左様三月も末, 左様不可なくなつた, 左様主人の理平, 左様主客の様子, 左様久能山の下, 左様了簡を極めたら, 左様事実はその, 左様二三十分ですかな, 左様云えば何, 左様云ったような, 左様云つて林檎の肩先, 左様云はずと家, 左様云ふからこまる, 左様云わねえ木村屋で, 左様互いに挨拶致した, 左様五両ばかり, 左様五百人は大丈夫, 左様些不審では, 左様人質といたしまし, 左様今お地蔵様へ, 左様今度のもブレイン, 左様今日から六日前, 左様今日参ろうか, 左様他人のこと, 左様代作不可せんか, 左様仰あって頂き得, 左様仰いまして, 左様仰せられずに何卒, 左様仰せられますが高松, 左様仰らないで私, 左様何人か罪, 左様余程意思の, 左様修繕を致さなけれ, 左様停車場毎に下り, 左様へまで入れ, 左様僕たちの恋, 左様兄達の様, 左様先ず一つの, 左様八ヶ岳にも雪, 左様八百屋お七はどう, 左様六十五さいいえ六さい, 左様六千余に上, 左様れを, 左様兼吉は大切, 左様い人間ぢ, 左様出羽の米沢, 左様動き出したのは, 左様十一時ごろまでは扉, 左様十年か十一年前, 左様十年前の父上, 左様十津川入りには, 左様十頭以上十五頭ぐらいに刺, 左様南北流を少々, 左様原稿紙も支那風, 左様参れば面白い, 左様右様思ひめぐらし, 左様名前はモミハラ・ダフ, 左様名著ではござらぬ, 左様咒語の本文, 左様器械的に物, 左様固く出られると, 左様土蔵といったところ, 左様城内の侍, 左様夜中に他人, 左様大きにそうかも, 左様大事を取, 左様大儀な芝居, 左様大連で一, 左様夫婦にし, 左様女一人とすれ, 左様女軽業の元締, 左様いつもなら, 左様敷い事, 左様婦人の方, 左様も言, 左様宝石がだんだん, 左様家来の粗相, 左様容易く告白ける, 左様小湊片海あたり, 左様少し待つて, 左様の眉尻, 左様左様お前さんのよう, 左様左様ほんとになア, 左様左様出羽の米沢, 左様左様左の眉尻, 左様左様年の瀬もおしつまった, 左様左様手製の粗茶, 左様左様結構なお天気, 左様左様至極ご尤, 左様巴里の空, 左様沙の, 左様年の瀬もおしつまった, 左様には四ヶ月, 左様度々気絶し, 左様強いていえば, 左様寺が, 左様当人にも申, 左様が自分, 左様後ろから絞められた, 左様徳川氏の農民政策, 左様心得るがよかろ, 左様怒るから不可, 左様思います何故彼女, 左様思えはははは, 左様思っただけである, 左様思つた其途端其夜汝の家, 左様思つて絶念めろよ, 左様思はざるを得ん, 左様思ひますよ川地さん, 左様思わないのは, 左様がんでも, 左様の恨み, 左様恐らく洞穴にこそ, 左様恰度七年前に確, 左様恵林寺ではヒドイ目, 左様悪い事を, 左様懇意では, 左様成って呉れ, 左様我々の見る, 左様手前の所持, 左様手製の粗茶, 左様手軽には参らぬ, 左様手飼の郷士ども, 左様打ち明けなければならなかつた, 左様承知ありたい, 左様聞け下さるべく候, 左様拙者へもじろりと, 左様捕らえて糺明, 左様数え歳の, 左様斬られたのは, 左様明々白々です外, 左様明後日ときめ, 左様明言した, 左様昨日私と, 左様村田寛一では, 左様東経は百七十度, 左様根治とはマア, 左様横ツ腹へ器械, 左様此処まで来れ, 左様気に入らぬかな, 左様水泳をそ, 左様沈まれて仕舞, 左様沢山無いもの, 左様注意して, 左様浪士でござる, 左様深く考へても, 左様するから, 左様暗には, 左様無垢のガラス, 左様無残にも頭, 左様然るべき才貌兼備の, 左様の伊太夫, 左様牧仲太郎の倅, 左様独りで苦, 左様琵琶はまだ, 左様甘く往くこと, 左様甘やかして胸, 左様申されるか, 左様申しました今日お, 左様申し上げたのでございました, 左様申し上げましたがお, 左様申し上げましたればそれ, 左様申し伝えてもらいたい, 左様申越されております, 左様男の子じゃ, 左様疎々しいのであらう, 左様百六十キログラムの牛肉, 左様盗賊忍び入ったれば, 左様目方が十四五貫, 左様目立たぬよう然るべき, 左様真剣に詰問, 左様真面目顔でむつつり, 左様確か九時十分頃だったと, 左様神主サンというもの, 左様ぶよ, 左様穂高の村, 左様ふけれど, 左様笑つたものでも, 左様粥河様とやらへ何, 左様結構なお天気, 左様絹木綿は綾操, 左様へ込ん, 左様考える訳は, 左様考へて下さる, 左様肥後の熊本, 左様の腐った, 左様自分は看護員, 左様至極ご尤, 左様致したなら翌日は, 左様若い人の, 左様藤沢恒太郎殿が順逆, 左様の冬ごもり, 左様行つても好い, 左様裁判所から倉子, 左様西村は彼, 左様西蓮寺といいます, 左様見えて, 左様見えたつて仕方, 左様て居るべし, 左様観音様に誓い, 左様言いましたよ柳田典藏様, 左様言うてらした, 左様言つて鈴を鳴らさせ, 左様言はずに引, 左様言わぬか, 左様話したらお母さんは, 左様謂うのであろう, 左様貴女のお, 左様貴殿が御, 左様のお, 左様濶には, 左様近頃はトン, 左様送られる方が, 左様進化した果実, 左様遊ばされ候へとの, 左様運動にばかり夢中, 左様道具屋仲間は千両, 左様道理とか言葉, 左様遠くもある, 左様都合よくは, 左様れたの, 左様るより, 左様里数にしたら, 左様金輪際君の, 左様釣っては商売人, 左様の清水, 左様陛下のご, 左様隙間があったれ, 左様隠さないで一冊位, 左様じゃ, 左様青酸加里です, 左様静かにさせ, 左様面倒な条件, 左様頭蓋骨も肋骨, 左様願いたいと思います, 左様願えたら面白いがね, 左様飛騨の高山, 左様馬鹿さが過る, 左様黙つて居る