青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「川~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

島田~ 崇拝~ ~崖 崖~ 崩れ~ ~嵐 嵐~ 嶺~ 巌~ ~川
川~
川上~ 州~ ~巡査 巡査~ ~巣 巣~ 工~ 工事~ ~工合 工合~

「川~」 13638, 131ppm, 812位

▼ 川~ (4416, 32.4%)

175 中へ 78 中に 68 方へ 65 水は 62 水が 59 水を 50 岸に 32 上に, 水に 31 ほとりに 30 水の 29 流れを 27 ように, 中を, 岸を 26 流れに 25 中の 24 中から, 岸の 23 なかへ, 中で, 水も 21 両岸, 流れの 19 流れが 17 方に 16 岸へ 15 中には, 堤に, 岸まで 14 方から, 流れて 13 ほとりを, 瀬の 12 ふちに, ほうへ, 上を, 橋の, 縁に, 面を, 音の 11 上流に, 底に, 音が 10 上流の, 名を, 底から 9 ほとりで, まん中に, やうに, 向ふ, 水で

8 [17件] おもて, ほとりの, ような, 上には, 上の, 上へ, 上流を, 向うの, 土手を, 堤を, 岸には, 左岸に, 水と, 流れは, 辺に, 面に, 鮎は

7 [11件] そばに, 右岸に, 土手の, 堤の, 岸で, 川口に, 方が, 流に, 畔に, 端に, 音を

6 [11件] なかに, ふちの, ふちへ, ほとりへ, 中へでも, 名は, 姿を, 底へ, 支流の, 方の, 近くに

5 [24件] ふちを, ほうを, 上流は, 下流に, 下流の, 中は, 中流で, 北岸に, 名, 堤で, 左岸を, 底を, 橋を, 水, 水面に, 水面も, 河原へ, 河岸に, 流を, 浸蝕力は, 瀬を, 瀬音が, 石の, 網代木に

4 [46件] あるところ, お光, ことを, せ, そこの, そばへ, ふちまで, ほうから, ほとりまで, 一の瀬で, 上や, 上流である, 上流には, 中ほどまで, 中地の, 中流に, 名が, 向うで, 向うに, 向う岸に, 土堤に, 家を, 小さな雑貨屋, 岸から, 広さ, 微光を, 支流を, 方で, 方は, 方へと, 景色を, 水から, 水嵩が, 流の, 真中で, 真中に, 真中へ, 縁で, 西岸に, 谷は, 遠くを, 面は, 音と, 音は, 顔を, 魚も

3 [84件] かなたに, けしきぞも, そばで, そばの, ために, なかで, なかの, ほうに, やうな, 上流, 上流だ, 上流で, 上流と, 上流へ, 中では, 中でも, 中まで, 中央に, 丸木橋わたる, 仮橋, 作品を, 口に, 名と, 向うから, 向ひ, 向岸, 堤が, 堤でも, 堤防の, 家の, 対岸の, 岸です, 岸べに, 岸や, 岸辺に, 川筋を, 巴を, 幅が, 底で, 方を, 景色が, 景蔵や, 本流に, 様子を, 水上の, 水源を, 水面を, 水音が, 氷が, 汀に, 河原に, 河原を, 河口の, 河岸へ, 洲の, 流も, 流る, 流れ, 流れから, 流れである, 流れへ, 流れも, 流域には, 流域の, 流域を, 海に, 渓流に, 渡しを, 源を, 秋の, 紅葉を, 縁には, 谷を, 辺へ, 辺まで, 道を, 鉄橋が, 鉄橋を, 間に, 面から, 面が, 面には, 面の, 音も

2 [224件] あたりを, あちらこちらを, おち口, かたちが, かたちを, かなたの, かみで, かれら, くろい水面, ことが, すがた, すぐそば, ずっと上, そばまで, ところの, どよめきに, なかへでも, はうを, ふち, ふちで, へんで, ほうへと, ほたる, ほとりから, ほとりでした, まわりだの, まん中で, みなかみ, もっとも下流, アユは, イワシと, デルタの, 一つの, 一線を, 上は, 上流や, 下の, 下流から, 下流沖の, 丘に, 両側つづき, 両側に, 中ほどで, 中ほどへ, 中ほどを, 中心に, 中林の, 中流へ, 中近所の, 事を, 側に, 側の, 入江に, 冰を, 出口に, 出発点と, 前で, 前に, 前の, 医者で, 友人香蔵の, 口の, 口元を, 合流する, 名に, 向うへ, 向うへは, 向うを, 向う岸, 向う岸が, 向う岸の, 向ふで, 商人について, 商人も, 土堤で, 土手へ, 土橋を, 埋り方, 堤へ, 堤防が, 堤防に, 堤防を, 堰を, 夜も, 夢を, 大洪水, 奥入は, 如き天然, 如き流, 如き細流, 字を, 家に, 対岸に, 対岸を, 小さな支流, 岸, 岸が, 峡谷は, 川原で, 川原に, 川口から, 川口の, 川口へ, 川尻から, 川岸に, 川底の, 市に, 帰着点と, 幅も, 広い水面, 底には, 底の, 底まで, 心持ちに, 意で, 或る, 所在は, 手前に, 折れ曲るあたり, 揚げ場までを, 支流である, 支流は, 斎場から, 方には, 方ばかり, 方へは, 景蔵も, 末が, 本流で, 東岸に, 東西に, 橋が, 此方の, 死は, 水温が, 水肌に, 水量は, 水量を, 水際に, 水雨後の, 水面や, 氾濫の, 汀で, 河口に, 河岸を, 河岸通を, 河童に, 沿岸に, 沿岸を, 泥水に, 洲で, 洲に, 流が, 流は, 流れで, 流れと, 流れ平次, 流域に, 浅いところ, 浅瀬に, 浸蝕力の, 深みに, 淵などに, 清流に, 渡しで, 源が, 源流に, 瀬が, 瀬に, 瀬音に, 火打石, 町で, 町の, 畔で, 畔の, 畔まで, 眞ん中に, 真ん中に, 真中から, 真中の, 眼に, 石, 石に, 石は, 石橋を, 神, 端にて, 端へ, 細い流れ, 綺麗な, 線に, 縁の, 縁を, 落ち口に, 落ち口へ, 葦の, 行く先, 西, 西を, 西岸を, 見える窓側, 言葉を, 谷で, 谷と, 谷の, 谷へ, 赤心を, 辺には, 辺の, 近くの, 邊に, 鉄橋の, 長さ, 附近で, 靄, 面や, 音, 音だ, 音であろう, 香蔵が, 魚が, 魚の, 魚は, 黒物には

1 [1788件 抜粋] あいだに, あたりに, あたりは, あっちこっちで, あなたは, あべこべの, あゆや, ある下町, ある田舎, いつもの, うき瀬, おかげで, お春, お節殿と, かなたにと, かんからの, きしまで, くらくし, こちらでは, こっちに, ことなるべし, こなたを, ごとくその, ごとく注いだ, ささやきを, さびしさ, しぶきを, ずぼらな, せせらぎを, そこに, その由縁, そばを, た, つつみを, でございす, ところあそことても, ところには, と違, どんよりと, ない処, なかばを, ながれと同じ, ながれも, のぼりに, はるか向こうに, ふちは, へりに, ほうで, ほうまで, ほとりか, ほとりにて, ほとりや, ほとり橋の, まえには, まんなかへ, みなか, むこうへ, やまべの, ゆるやかに, よく行く, コイ海の, ソ同盟兵が, フチを, モデルに, 一なり, 一夜そちは, 一幅を, 一時に, 一第, 一部分とか, 七分目へ, 万屋安兵衛は, 三狐, 上あたり一筋の, 上で, 上ばかり, 上下へ, 上川の, 上手を, 上流が, 上流です, 上流などとは, 上流にさえ, 上流下流隈なく, 上流大笹に, 上流東沢を, 上流秋成村の, 上空から, 下に, 下流であります, 下流は, 下流大, 与瀬で, 両大河, 中か, 中であれ, 中との, 中ほどに, 中サ, 中央を, 中心を, 中洲へ, 中流上流などで, 中程に, 丸木橋, 主だ, 事は, 五本松八景坂の, 人に, 人足の, 付近正内という, 会議が, 住民が, 何か, 作品の, 停留所から, 側まで, 傍まで, 優勢だった, 光って, 全幅を, 八銭で, 冷たい水, 出合と, 出発点で, 別莊, 労作の, 勢揃いに, 北の, 北側を, 十一月号から, 南に, 南岸に, 印地打ちの, 原型が, 友人景蔵の, 反対の, 口へ, 可恐し, 右岸の, 合流点と, 合流点付近荒川の, 名では, 名なり, 名も, 名残りかとも, 吐け口, 向うと, 向うも, 向う岸から, 向う岸よ, 向かふの, 向こう側に, 向こう岸の, 向より, 向谷の, 味真心を, 唐手, 商人らは, 商人万屋安兵衛手代嘉吉同じ, 問屋に, 囚人が, 土が, 土手だ, 土手には, 土橋の, 地先に, 坂を, 城趾の, 堆積物を, 堤防工事, 堰は, 増水を, 夕涼み或は, 多い村, 夢八, 夢八と, 大小の, 大師匠, 大橋近くへ, 失敗で, 奔湍の, 奥の, 奥伊予にも, 奥次は, 女王鮎は, 如きかかる, 如き其の, 如くひしめく敵方, 姿である, 姿は, 子陽, 字に, 安と, 宮川寛斎が, 宮川寛斎も, 家人と, 宿で, 宿は, 宿まで, 宿場端れで, 富子さえ, 対岸一面の, 尊い流, 小流れ, 小舟さえ, 少し上流, 屈曲し, 山女魚は, 岩本に, 岩魚と, 岸では, 岸などを, 岸のへ, 岸までは, 岸壁は, 岸辺で, 岸非常に, 峡谷もちよ, 崖です, 川づら, 川べりに, 川上なり, 川上を, 川下へ, 川原の, 川口だった, 川尻へ, 川底から, 川水であろう, 川沿いで, 川瀬に, 川筋から, 川開きの, 川音も, 工事場から, 左右は, 左岸には, 左手に, 幅は, 幅山の, 年魚が, 広き所, 庄屋は, 底と, 底も, 引き込み工事, 形に, 彼岸は, 彼方に, 御厄介, 心にも, 心境から, 急流では, 急流は, 性質の, 想像の, 意味によって, 感触だった, 戸口には, 所在を, 手前で, 手長エビ罌粟の, 折れ曲がったところ, 搬出した, 支流なる, 支流只見川は, 支流猿ヶ石川の, 改修工事以来駄目に, 断崖に, 方だろう, 方へでも, 方向を, 方面に, 旧廬, 早瀬の, 晩以来どこも, 景色も, 景蔵さんや, 景蔵の, 智嚢, 曲がり角を, 曲折した, 月夜の, 末と, 本流が, 本流は, 本陣では, 本陣一方は, 材木置場に, 条に, 杭がらみ石垣の, 東へ, 東側は, 東岸の, 東沢へ, 東部に, 果てまで, 枝河にまで, 枯れ柳, 柔らかな, 柵内へ, 桃源橋まで, 椹島に, 様な, 模様を, 横暴も, 橋のか, 橋上に, 櫓音が, 此八字は, 此方に, 段, 気色を, 水いろ, 水さえも, 水それを, 水では, 水な, 水によって, 水ひ, 水中から, 水利やら, 水勢の, 水害という, 水池より, 水流は, 水温と, 水温よりも, 水源で, 水源に, 水烟山の端白く, 水質は, 水量が, 水門尻の, 水面は, 水音だけが, 氷の, 汚い水, 沙石に, 河原も, 河尻の, 河岸や, 河水は, 治水工事第, 沿岸の, 泡立つ音, 波止場に, 泥に, 洗たく女を, 流でしょう, 流に従って, 流れそのまま, 流れとに, 流れ塩梅が, 流れ込んで, 流域である, 流心の, 流路は, 流量貯水池の, 浅みに, 浅見景蔵が, 浅見老人, 海口ぢかい, 涙なり, 深い処, 深処東, 淵が, 淵の, 淺瀬に, 清姫を, 渓流が, 渓谷に, 渡, 渡しまで, 渡し銭を, 渡河に, 渡舟は, 湖へ, 源から, 源の, 源流へ, 溝縁から, 溪流よりは, 滝の, 漁業権とか, 潮の, 激流に, 濁水に, 濃霧の, 瀬には, 瀬・人の, 瀬音は, 火除け, 牧草地に, 狭い所, 現場において, 生長に, 男衆を, 町を, 畔にも, 白い石原, 真ん中で, 真中ぐらいで, 真白川原に, 眺めにも, 眼が, 石が, 砂が, 砂中から, 碌々に, 神と, 神火の, 積土の, 窪みに, 端は, 端迄, 筋違橋から, 紀行は, 紅葉百花園の, 絵を, 綜合美は, 緑さんのだ, 縁です, 美しい有様, 義, 者も, 背後に, 膨脹力よりも, 舟の, 舟遊を, 船頭だち, 色を, 花村家は, 草原に, 荷物が, 落ち口な, 落込む, 藻屑と, 蛆と, 蟹で, 行く手に, 表象に, 表面近い, 裾じゃ, 西に, 西岸で, 西谷, 見える処, 見える廊下, 見える欄干, 言う様, 言った通り浮気, 話なんぞを, 調査の, 諸驛, 谷間から, 谿谷から, 谿谷二里四方も, 賑かな, 踊りだ, 辺で, 辺や, 近くまで, 近所から, 通りを, 遊は, 避難先に, 郵便局へ, 釣り人は, 長々と, 長流東より, 門人に, 開鑿に, 間なりし, 陋宅をも, 陣所で, 隔てが, 集水区域という, 雪解の, 霑す, 面すでに, 面にも, 音あたりの, 音で, 音以外には, 頭の, 風致には, 香蔵さんそれに, 香蔵も, 髑髏が, 高岸を, 魏軍は, 魚や, 鮎に, 鮎よりも, 鰍は, 鱚な, 鷺石鉄橋を, 黒物は

▼ 川~ (1239, 9.1%)

83 沿うて 45 沿って 18 身を 14 なって 12 添うて, 臨んで 10 落ちて 9 そって 8 向って, 添って 7 出て 6 面して 5 入つて, 日の 4 そうて, 下りて, 入って, 接して, 映って, 架した, 沿いて, 沿ふて, 溺れて, 遊んだ

3 [17件] おりて, かかって, して, 並んで, 住んで, 出で, 合する, 架って, 棲んで, 沈んで, 流したり, 流れて, 浮いて, 臨みて, 落ちた, 行って, 鮎が

2 [80件] いたとき, いって, いれば, おちて, かがめり月見草, かけた橋, かけて, したところが, そふて, とびこんで, なった, なつた, なる, なる川, はまって, むかって, ゆく吉野, よりて, 下って, 入ると, 入るの, 出ました, 出るの, 加茂山に, 区切られた街, 千鳥が, 合して, 夜な, 就いて, 戻って, 手を, 投げこんで, 投げ込むつもり, 投げ込んだの, 投げ込んで, 捨てたり, 捨てて, 捨てるところ, 架かった大きな, 橋を, 沈めて, 沿った永島, 沿った街道, 沿ひ, 注いで, 注がれて, 流した始末, 流れ出る, 浸けて, 添った堤, 無慙な, 産する, 着いた, 着きその, 着きました, 突落した, 突飛ばされた子供, 糸を, 縁の, 育った鮎, 臨んだ閑静, 臨岡に, 舟を, 船は, 船橋を, 若い女, 落ちる, 訊いて, 詩的恐怖を, 近いので, 近い家々, 近く住みける, 釣に, 附いて, 面した所, 面する窓, 飛びこんで, 飛び込み死んで, 駒とめ, 鮭が

1 [746件 抜粋] あって, あつたの, あゆつる, あらずという, あらねば, あり, ある, あるの, ある友人香蔵, ある問屋, あわさる, いきあたった, いたるの, いたるまで, いた虹鱒, いて, いるよう, うかびました, うつる, うまく乗せられ, おちた人, おちた森, おっこちますなよ, おつこち, かえるつもり, かかった古ぼけた橋名, かかるところ, かかる三つ目, かかる頃, かけられた丸木橋, こぎいれた, これただ, さへ, しちやア橋, しょう山, しろ結局, すてたところ, すて余生, すむ赤い, せし御, せし禊神, そい東塔坂, そこで, そそぐお茶の水, その全容, その境目, その昔, その河水, そへる, ただ一人で, だつて木精, ちかき村, ちげえねえです, ついた, つかって, つくと, てこ, とどろきわたって, ながさむ, ながしに, なげこみ木々, なったの, なつて, なつてる, なにが, なり, なりました, なりまする, なると, なる水溜り, なる砂川, のせられたの, のぞみこれ, のぞめる眺望, のぞんだ座敷, のぼって, はいったこと, はいりましたが, はいり足, はきつと, はなして, はまるから, ひとし, ぶつかって, ぶつかる, ほかならないの, ほたる, またがって, みとれた記憶, むかった窓, むかつた縁側, もぐるの, やすな, ゆかむといふ我を, ゆきまして, よく似, よったの, トロッコ橋が, ボートを, ヤナが, 一日も, 一頭の, 三寸厚サの, 下りず高岸上, 下ると, 二人を, 人が, 会しなほ南, 会し南辻橋菊川橋猿江橋, 会す, 住み付いて, 何か, 何かを, 來か, 依らねば, 兇刃を, 入ったもの, 入らんには, 入りて, 入り又は, 入り川, 入るところ, 入る其水, 入れない, 入れりといふ, 出して, 出た, 出た一本, 出なければ, 出ましたね, 出る, 出ると, 出る恋塚求女, 出掛けて, 出犬山, 出逢った, 初秋が, 別れて, 到着する, 匂ふら, 匹敵する, 千年劫を, 卜した, 危うく渡せる, 取られた方, 叩き込まれて, 合すもの, 合流しよう, 吐き出しついに, 向いた一軒, 向いた縁側, 向いた縁先, 向かって, 向けて, 向った二階座敷, 向った仏蘭西窓, 向つて, 向つてぼんやり, 吹き落ちる時西岸, 呂の, 因縁が, 土橋で, 垂れか, 変形させ, 多い鶺鴒, 大きなはや, 好んで, 家を, 寄せて, 寄題され, 小さいダム, 小便を, 小鳥狩を, 就いては, 居る蛇, 居残りの, 岸に, 川の, 年とった, 延びて, 張り出した道頓堀, 当るの, 影見え, 徃き, 待伏居り, 御座候, 懸つて, 成つたかと, 戻る時ウケ, 投げこまれたと, 投げる方, 投げ込むと, 投げ込む時, 投り込まれ, 投り込む, 投込みまし, 拠って, 挾まれ温泉宿, 挾れ, 掛かつて, 掛かる新しい, 接した場所, 接木した, 接近する, 擬宝珠の, 教えて, 於ける最初, 明るいの, 星が, 映つてそり, 映りよい, 暑さ, 暴力で, 月見橋の, 朽ちかかつた橋, 来りて, 板を, 架かった古風, 架けられた橋, 架け渡した小橋, 架せられた橋, 架つて居る, 染まる, 棚や, 棲むと, 棲むもの, 棲む虫, 棲む鮎, 棲めないと, 橋が, 次し, 死体が, 比して, 比べて, 氣を, 水死人が, 水浴し, 水音なく, 氷を, 沈みしや, 沈みても, 沈める積り, 沈め暫く, 沈んだか, 沢山生え, 沿い京橋川, 沿い坂, 沿うた, 沿うたあばら家, 沿うたもの, 沿うたる遙, 沿うた処, 沿うた村, 沿うた森, 沿うた紅葉, 沿うた細長い, 沿う一村落, 沿う北野一帯, 沿える細路, 沿ったある, 沿ったほんとう, 沿った上, 沿った田舎道, 沿った窓ぎわ, 沿った道, 沿ってずゐぶん, 沿つた窓ぎはを, 沿つた静かな, 沿つて出, 沿つて左へ, 沿つて歩きたい, 沿つて水戸樣の, 沿ふてつくられた, 沿ふて上る, 沿へる, 泛べた記は, 注ぎ他方, 注ぐ多く, 泳がして, 泳ぐ様, 洗濯を, 流された吉田修理亮, 流しこっち, 流しご, 流したという, 流したとき, 流して, 流しに, 流しまたは, 流す, 流すとて, 流すなり, 流せば, 流るる, 流れも, 流れやらぬ髑髏, 流れ去り漏泄, 浪士らが, 浮かんで, 浮び, 浮べられそう, 浮んで, 浴する女, 海馬が, 浸って, 涙の, 深夜投身自殺を, 混つては, 添いたる所, 添い水神, 添うた郊外, 添う堤, 添った狭く, 添った田, 添つ, 添つた公署で, 添つた堤に, 添つた暗い, 添つた百姓家の, 添つてその, 添つて下れ, 添つて古い, 添つて山奧へと, 添つて昇つて行く, 添つて暑い, 添つて海まで, 添つて走つ, 添ふ, 添ふて上る, 渡した橋, 満ち漲つて, 溺れてる者, 溺れもう, 溺死し, 漁し, 漬けに, 漬って, 濁流は, 瀬戸に, 灌水に, 灑いだ, 照りかえす月あかり, 燃える祭り, 猶わたる, 現在棲ん, 産すとは, 産まれた岩魚, 登るの, 白い鳥, 皆流れ込ん, 着く, 着くまでの, 知られるの, 移り堤外地, 穴が, 突当つた, 立ち寄る, 筬を, 簀巻に, 納涼舟を, 終わって, 網し, 縁る生活, 罪は, 群れてる鯔, 育つた鮎, 育つと, 臨みここかしこ, 臨み人口三萬三千, 臨み反対側, 臨むの, 臨む方, 臨む花壇川前町, 臨んだコテージ風, 臨んだ一帯, 臨んだ小さい, 臨んだ崖, 臨んだ左岸, 臨んだ母屋, 臨んだ浴室, 臨んだ生活, 臨んだ福住, 臨んだ背, 臨んだ茶屋, 自分を, 至っては, 至る野獣, 舟うけ, 花流る, 花見舟を, 荒らされて, 落したこと, 落した九文, 落した話, 落し国土, 落し底, 落ちたとき, 落ちたなどという, 落ちた因果関係, 落ちた因果關係, 落ちつくか, 落ちてからも, 落ちるその小さな, 落ちるぞと, 落ちるの, 落ちる仕掛け, 落ち水, 落ち込んで, 落っこった川, 落っこって, 落込む, 薬が, 融け合, 融け合ったよう, 行く事, 行當つても, 覆ひたる下, 見て, 見入りながら, 親しみ心, 言わば用心棒代り, 言葉あり, 訊き山, 許すの, 赤川という, 赴いて, 跨って, 蹴込んで, 身投げが, 転げて, 辱しめられた, 近いか, 近い以前, 近い地方, 近い所, 近い故郷, 近い秋草, 近い通り, 近き村里, 近く下っ, 近く住む, 近く芭蕉庵なる, 近し, 近づけるときパリヌルス, 迫ったやはり, 追はれ, 逗留し, 通じて, 通じ芝浦, 通ずる石垣, 通ずる運河, 遊び跳ね, 遊んでの, 達するに, 達するの一水西北, 達するまで, 達する最も, 違いない, 遠い田畝, 遮られる, 避暑中だつた, 釣りに, 銀砂が, 阻め主人家康, 降つたら魚, 陥つたやう, 陥るの, 隠れたぎり御一新後, 集って, 集合した, 離れたり, 面したその, 面したテーブル, 面した別棟, 面した堤, 面した寺院, 面した小, 面した廊下, 面した廣間, 面した物, 面した硝子窓, 面した終日陽, 面した縁側, 面し反対, 面し平和湖, 面する口, 面する岩壁, 面目を, 響きました, 飛び込む, 飛び込む鰐, 飛び込んだり, 飛び込んで, 飛込むだり, 飯櫃ひたし, 魚なく, 魚など, 鮭の, 鰍が, 2円の

▼ 川~ (1172, 8.6%)

64 渡って 37 隔てて 24 越えて 21 下って 14 越して 12 溯って 11 眺めて 10 渡ると 9 上って, 濁すなよ, 隔て 8 へだてて 7 のぼって, わたって, 流れて, 渡るの, 遡って 6 にごすなよ, 前に, 泳いで, 渉る, 渡る, 離れて 5 向うへ, 渉り, 渡りて 4 下りて, 中心に, 去って, 挟んで, 横に, 渡れば, 見て

3 [24件] あるいて, うしろに, くだって, さして帰っ, はさんで, みつめながら, 上ったり, 伝って, 吸うが, 嫌って, 左に, 後ろに, 指して, 渉って, 渡して, 渡らなければ, 渡りました, 渡るのに, 渡るよう, 渡る時, 経て, 見た, 訪ねた, 距てて

2 [68件] あるくこと, お渡り, くだったん, こいで, なして, なすもの, のぼるだろう, のぼるん, はしりだしてから, へだて, わたりて, わたる夜, 一つ隔てた, 上へ, 下して, 下つた, 下に, 下る, 下るの, 中に, 佐奈志川といふ, 合わせる薄根川, 向うに, 向こうへ, 境に, 始め市中の, 意味する, 戻るよりは, 挾んで, 渡すの, 渡ったと, 渡ったの, 渡ったり, 渡っては, 渡るに, 渡るには, 渡るを, 渡ろうと, 渡船で, 溯つて, 溯り山野, 潜る, 登って, 背に, 舟で, 見る, 見ると, 見るの, 見下して, 見下ろす高い, 見晴らして, 見護るよう, 覗いては, 覗きこんで, 越え, 越えた, 越えると, 越しては, 越すたび, 越すと, 跨げて, 遡りて, 遡航, 除いた旭川, 隔てた福井屋, 離れながら, 離れると, 高瀬川と

1 [622件 抜粋] あがると, あさって, あさつ, あはれに, うち流し, おし渡り軍隊, およいで, かいぼりするの, きらひだ, くだった, くだる, こえて, こえ由比ヶ浜, こぎの, こぎ上り, さかのぼった, さかのぼって, さかのぼりて, さかのぼります, さかのぼれば, さしはさむアスファルト, さしはさんで, さし挾んで, さらに三里, さらはせる, さらわせると, ざぶざぶ入っ, すぎスチュワート河, すぐ下, すこし上流, ずんずん上っ, せき止めて, その丘, その前, そ殿にも, たどり会津境, たまゆらに, つたって, つたつて下つて見る, てらすだろうか, とこ, とび越える, どう感じ, どんどと, どんどんこい, ながめ, ながめて, ながめました, なし流れ, ななめに, なまつ, ぬしのない小船, のぼった, のぼりました, のぼり奈良, はさんだ両側, はなれて, はるばると, へだてたむこうが, へだてた向う岸, またずんずん, またたくうち, まっすぐに, みつめた, みる, めがけて, もう一ぺん, やっつける御, よくもまあこんな, わたった, わたってから, わたらねば, わたりました, わたり或は, わたり権道寺山, わたり湖, わたり聖徳寺, わたり館林, わたるでも, わたると, わたる本郷台, われわれを, ガンジスの, ザブザブザブ百余騎の, セエヌ川かしらと, ボートで, ラインとか, 一つ隔て, 一刎ね, 一里十三丁さかのぼる, 三方の, 三筋ばかり, 上つて來た, 上り十町くらいまで, 上ると, 上るとき, 上る船, 上下し, 下った, 下ったほう, 下った方, 下つて了うた処, 下らむ, 下りこんど, 下りそのまま, 下り大, 下り枯草, 下り海, 下る途中, 下谷の, 中心と, 主として後, 乗っきって, 乗越して, 乾して, 二つ三つ徒渉し, 二つ渡っ, 二度も, 二度渡りかへ, 二里ばかり, 二里ほど, 今日は, 伝わって, 何時の間に越, 作つた, 作者は, 併せて, 併せ二百里以上, 傳つて下り, 出てからも, 出るが, 出帆し, 出立した, 分て周防国, 初めて歩い, 利用し, 北へ, 北界として, 半分防岸工事を, 半町も, 南に, 南へ, 厨川と, 収めて, 受け容れ中野区淀橋区, 右岸に, 合せ此処, 合せ此處, 合わせた吉野川, 向かへて, 嘲笑し, 圧して, 地つづきに, 埋み海, 埋め両, 埋め兩岸, 埋め残した森林, 境する, 境として, 境界として, 声だけで, 多摩川と, 大まわり, 失えば, 対うに渡らん, 射て, 少し離れ, 山の, 山谷堀まで, 左にわたりて, 左岸に, 巻いて, 常陸に, 干して, 幾つも, 幾度も, 広く見ん, 引き揚げて, 当て後ろ, 徒歩し, 徒歩等困難せり, 徒渉し, 徒渉する, 微かに, 心に, 悠々と, 想った, 愛するの, 愛するよう, 打ち越えたら直ちに, 打渡っ, 抜手を, 抱いたる片掛村, 押し渉, 押し渡り上田城, 押流した, 拵へ, 持ち反対, 持ってるわけ, 指した, 指したもの, 挟み山, 挟む両, 挟んであります, 挾み山, 挾む山々, 挾んだ兩岸, 挾んだ部落, 捜した, 捜すと, 捜索した, 掠むあるのみ, 探すと, 探り麓, 控えたる寂びたる村, 控え他端, 描いた巨大, 描きわけて, 搜す, 擦るよう, 旅し, 旅行し, 更に遡る, 有すチベル, 望見せし, 札幌區から, 来させろと, 東に, 棹さして, 横ぎって対岸に, 横ぎって町屋の, 横ぎり森の, 横切って, 横切り砂町, 横切る二つ, 横断し, 歩み関口, 水色に, 氾えて, 決したよう, 泰軒の, 泳いだ, 泳いだと, 泳いだら私, 泳ぎあ, 泳ぎ上って, 泳ぎ渡って, 泳ぐくらいは, 泳ぐ魚, 流されて, 流して, 流すため, 流す材木, 流れるの, 流れる水, 流れる紅葉, 流れ下つた甕, 流れ里, 浅くし, 浚うという, 浚うよう, 渉りかけた, 渉るべく, 渉れ, 渉ろうと, 渡しますから, 渡し自ら先導, 渡す今, 渡ったこちら岸, 渡った山手, 渡った稍小, 渡ってから, 渡ってからは, 渡つたところの, 渡つたり, 渡つた皿ヶ峰は, 渡つて三千代の, 渡つて堺の, 渡つて新しく, 渡つて早々, 渡つて清里駅に, 渡つて田口の, 渡つて行つたのを, 渡つて霧降, 渡つて鴫打ちの, 渡らない, 渡らなくつちや, 渡らなくては, 渡らなければといふ, 渡られたらこの, 渡りある, 渡りえたと, 渡りお, 渡りかがみヶ原, 渡りきって, 渡りくしめ坂, 渡りげんげ, 渡ります, 渡りわずらうの, 渡り一生懸命, 渡り上, 渡り九十九折, 渡り二里宇根駅, 渡り佐夜, 渡り冷たい, 渡り切った時分, 渡り北進, 渡り十九町福川駅, 渡り南方, 渡り大垣堤, 渡り尼崎城下, 渡り岩, 渡り岸, 渡り峻坂, 渡り神田, 渡り笹原, 渡り藻岩村, 渡ること, 渡るため, 渡るとき, 渡るところ木柱一株, 渡るなど, 渡る便宜, 渡る時身, 渡る様, 渡る橋, 渡る道, 渡る間中, 渡れ, 渡ろうでは, 游ぎ渡って, 游ぎ越し, 游ぐもの, 溯った, 溯ったの, 溯つたり, 溯りて, 溯りました, 溯るとき, 溯るん, 溯る帆船, 溯行した, 滑って, 漕がせ中川, 漕ぎ下るボート, 漕ぐ船頭, 澄江と, 照し, 照らし, 生む, 登らんと, 白く埋め, 目がけて, 直上に, 相良の, 真ん中に, 真白い全裸, 眸で, 眺むるによろしく皀角坂, 眺めさせて, 眺めながら, 眺めました, 眺めるたの, 眺める窓, 眺め降ろして, 眼の, 瞰る, 知らないふなは, 神流川と, 突っきれる自信, 立って, 競って, 竹杖の, 筏の, 紅に, 結びつけるとでも, 縫って, 繋いで, 繞る, 置き構えるよう, 聴きながら, 育てる事, 脛の, 船が, 荒して, 蒸汽で, 蜥蜴二匹上下に, 行く汽船, 行け川, 衝いた, 裏庭へ, 西へ, 見おろして, 見おろしました, 見おろしますと, 見おろす大きな, 見おろす高圧線, 見おろせる丘, 見た眼, 見つけたの, 見るバナナ, 見れば, 見上げ見下す風致, 見下した時, 見下すの, 見下す六疊, 見下ろして, 見下ろし二階, 見卸しつつ, 見卸して, 見廻した, 見晴せる, 見舌, 見限っては, 見限つて, 覗いた, 覗きながら, 覗きに, 覗き込んだり, 親川と, 言現す, 詠んだ古, 語る者, 説かんとして, 謂つた, 走るやがて, 超えて, 越えしやは, 越えし場合, 越えたり, 越えた彼方, 越えた後, 越えてから, 越えなくても, 越えりゃ自, 越える, 越えるばかりに, 越える途中, 越え野, 越しその, 越した, 越したもの, 越したら駕籠, 越したり, 越した向こう側, 越した東京寄り, 越しての, 越しても, 越しました, 越すだね, 越すなら, 越すほう, 越す方法, 距て, 跨いだ大きな, 跨いで, 跳び越えて, 踰え, 蹈むのである, 辿って, 辿りこの, 迎えたの, 逃げ越えて, 逃れるため, 通せろやい, 通った時, 過ぎ右手, 過ぐ, 遠くに, 遡ったり, 遡り奇岩怪峰, 遡り鎌田町, 遡る, 遡行し, 遥かに, 里近く流れ出で, 釣り歩い, 閃めかし, 降り尾張知多, 限るお茶の水, 隔てたこちら, 隔てたすぐ, 隔てた八右衛門岳, 隔てた向う, 隔てた向う岸, 隔てた向う河岸, 隔てた廓, 隔てた本所, 隔てた直ぐ向う, 隔てながら, 離れそう, 離れたるも, 離れなかった荷物, 離れ東, 音も, 風靡した, 飛び出すと, 飛び渡って, 馳け, 鳩雜し

▼ 川~ (818, 6.0%)

26 身を 17 落ちて 13 飛び込んで 10 行って 8 いって 7 出て, 洗濯に, 流して 6 投り込んだ, 行く, 釣りに 5 はいって, 落して, 飛込んで

4 [12件] おりて, ながしに, 下りて, 入って, 投り込ん, 水を, 流しに, 流す烏瓜, 流れて, 突き落し, 行くの, 飛び込んだの

3 [25件] すべり落ちるの, とびこんだの, のぼって, はいったよ, はまって, 下って, 下りた, 出かけて, 出た, 向って, 帰りますからね, 投り込まれ, 投り込む, 抛り込んだの, 持つて, 来て, 石を, 突き落した, 突き落す, 落こち, 落ちた, 落ちたの, 飛び込もうと, 飛び込んだから, 魚を

2 [58件] あけて, いたり, お帰り, かかった大きな, すてて, たえず目, とびこみ一人, はいると, ほうり込んで, 一時に, 入りました, 出ると, 叩き込まれた子分二, 叩き込む, 夜釣りに, 寄ったところ, 投げ込み今度, 投げ込んだ, 投込まれる, 投込み, 抛り込まれた, 抛り込んだ時, 持って, 捨てた酒, 捨てて, 泳ぎに, 流した, 流すこと, 流すの, 流れたら, 漕ぎ出された, 稽古に, 突き出て, 突き落されたん, 突落し, 突飛ばした時, 立ち込んで, 膝まで, 落こちた, 落した, 落ちこんで, 落ちたところ, 落ちたり, 落ちないとは, 落ちられたの, 落ちる, 落ちるから, 落ちると, 落っこったり, 落つこつたり, 身でも, 転落した, 連れて, 遊びに, 陥って, 飛いり, 飛び込んだ, 飛込んだところ

1 [451件] あげに, あそびに, あゆを, いきません, いくと, いっしょに, いったら魚, いってね, いて, い一つ, えびを, おちた女の子, おちて, おとしそれ, おりる踏段, お入り, お寄り, お棄て, お洗濯, お落ちなされ, お身, お酒, お魚, かかります, かけて, かけての, くると, ころがし込んだ, ころげ落ちた, ざんぶりという始末, すてなければ, ぞめき出る季節, たどり着くまでは, たびたび釣り, つかつたら如何, つりに, つれて, とびこんで, とび入り, とび込んで, どぶん, なぞ入れる, なりと, にがしに, ぬける狭間道, のめりこんだ, のりこんだの, はいっちゃ, はいるか, はいれば, はまった犬, はまると, はまッても, はめちまおうと, びんどを, ぶちこんで, ぶつかりこれ, ほうりこまれたの, もちゆかむとせしに猫は, ゆきゃあ, ゆくの, ドブンです, ドンドン落ち, バチャンと, ビリンスキーの, ボートこぎに, 上げて, 上って, 上り始める, 上ること, 上るの, 下りる時, 下りんも, 下り込んで, 下るが, 乗りこむさき, 乗り込みこの, 乗出した一番端っこ, 乘出した, 京都の, 伴ったこと, 伴れ, 何う, 何し, 僅かばかりの, 先陣を, 入ったの, 入ってるって, 入つ, 入つたの, 入つて, 入り込もうと, 入る, 入るあり此, 出かけたと, 出した, 出せるか, 出ます, 出られた, 出られない, 出ること, 出るに, 出るまでの, 出る所, 出張し, 出掛けた, 出掛けたけれども, 出掛けたです, 出掛けて, 出発いたしました, 刈萱は, 十一時上り込む, 千体は, 却売りを, 又行っ, 取ッ, 吐き捨てるいとまもなく, 向いた苫, 向かい同時に, 向かって, 向け神田川, 吹きそれ, 四つは, 埋めて, 墜ちる, 墜まる, 大磯と, 天から, 女が, 姿を, 嫁入りします, 寄るには, 寒ぶ, 導いた, 峠を, 差かかった, 帰って, 帰りたいと, 帰りましょうかな, 引いて, 引きずり込んで, 引き込まれた, 引き込まれたと, 張出しの, 往けば, 必らず, 忍川へ, 急いだこと, 我も, 戻るの, 戻る魚, 打ち合わせに, 打投, 投げこました, 投げこまないもの, 投げこんだの, 投げた, 投げ入れまた, 投げ捨てた, 投げ捨てたらしくきのう, 投げ捨て壺, 投げ捨て掃除, 投げ込みそこねて, 投げ込めるはず, 投げ込んだが, 投げ込んだもの, 投げ込んで, 投じて, 投ずると, 投りこめ, 投り込まれる, 投り込み, 投入れたるに, 投入れ身を, 投込覺悟を, 抛りこむ, 抛りこむと, 抛り込みましたが, 抛り込み空, 抛り込んだため, 抛り込んだ米友, 抛り込んで, 抜けると, 押しおとして, 招待ウイ, 指して, 捨てさせた, 捨てたこと, 捨てたという, 捨てに, 捨てにと, 捨てようと, 捨てる習慣, 捨てれば, 捨ました, 接近し, 揚がった死骸, 放して, 放たれたよう, 放って, 放つたん, 放出する, 放流した, 散って, 散つて, 散歩した, 斬りすてて, 旅した, 春情稍動く, 来た時, 来やがった, 松明を, 枝を, 案内し, 棄てた, 棄てようかとまで, 歸つた, 歸ります, 死骸が, 毎月放し, 毒流し, 水浴に, 水浴びに, 水飲みに, 沈む奴, 沈めたという, 泛か, 泛かび出, 注いで, 注ぎ込まれる度ごと, 注ぐ渓流, 泳がせたり, 洗い物を, 洗濯桃の, 流さ, 流された女, 流されパラチン山, 流したか, 流したこと, 流したらしい, 流したるに, 流しちゃうよ, 流しては, 流しても, 流しまたは, 流し二人, 流し出すため, 流し捨て翌朝, 流し田畑, 流し着類, 流す, 流すだけの, 流すとか, 流すので, 流すもの, 流すやら, 流す呪事, 流す外, 流す材木, 流す風習, 流せ, 流せし趣き, 流せば, 流れます処, 流れる上流, 流れる分水界, 流れ入る水, 流れ出しそして, 流れ出す, 流れ出ないこと, 流れ出る, 流れ出るその, 流れ出るわけ, 流れ出る水, 流れ落ちて, 流れ落ちる, 浮かびあがったの, 浮かびあがること, 浮き出したの, 海から, 涼みに, 滝を, 漂って, 眼を, 着いた時分, 着くという, 着こうという, 石段づたいにぐいと, 硝子罎を, 突き出た丘陵, 突き出るやう, 突き落さうとして, 突き落された男, 突き落されるの, 突き落そう, 突き落とす, 突き飛ばしたという, 突出したら, 突立つてゐた, 立つ, 立寄先年, 続く崖, 続く曲がりくねった町, 網を, 繋いだ材木, 繋いで, 繋り船, 置いて, 聞きに, 聞に, 臨んでも, 自分の, 船を, 茶碗を, 落こつて蘇生へ, 落された人, 落された侍, 落したこと, 落したそのまま, 落したところ, 落したの, 落し殿様, 落そうと, 落ちさうに, 落ちさうになつ, 落ちそう, 落ちたか, 落ちたぐらいが, 落ちたこと, 落ちただけの, 落ちたって, 落ちたつて言, 落ちたもの, 落ちたやう, 落ちたよう, 落ちたらしくそれ, 落ちた時, 落ちっこない, 落ちても, 落ちないため, 落ちられたからには, 落ちるほど, 落ちるもん, 落ちるよう, 落ちる奴, 落ちる小川, 落ちる渓流, 落ちれば, 落ち込むよう, 落ち込む流れ, 落ち込んだの, 落ち込んで, 落っこちさ, 落っこちたり, 落っこった事, 落っこった子, 落つこちさ, 落つる水, 落として, 落としまして, 落としも, 著いた, 著いて, 行きたり, 行きました, 行きましょう, 行きませう, 行き石塊, 行くもの, 行くよう, 行く途中コツプ酒, 行こうかとも, 行こうと, 行こう松山, 行った時, 行っても, 行つた, 行つてくつつけやうと, 行つて水に, 行つて泥鮒を, 覗きに, 誰とも, 足を, 跳び込むもの, 跳び込んで, 踏みは, 蹴落したに, 躍り入っては, 身投げする, 身投げを, 転がされて, 転げた石, 転げ込んだん, 轉が, 辿りつく, 近い座敷, 追落し, 送るの, 逃がして, 逃がす気, 逃げるかも, 逃げ込ませて, 逆トンボ, 途中あまり, 通ふ, 遠乗, 遡って, 遡らないかと, 遡り込んで, 金を, 釣綸を, 釣魚にでも, 陥ちいら, 陥ったこと, 陥った一人, 陥り寒, 陥り田, 陷らない, 障子を, 雑魚を, 露き, 静かな, 響けて, 響けます, 飄亭と, 飛びこむより, 飛びこんだとしか, 飛びこんで, 飛び入ったが, 飛び込む前, 飛び込めば, 飛び込んだが, 飛び込んだら何, 飛び込んだ振り, 飛び降りて, 飛ぼうと, 飛んだり, 飛入, 飛沫を, 飛込まうとして, 飛込まなかった罰, 飛込めば, 飛込もうと, 首を, 駆け付けたの, 駈けだす, 駈け込んだの, 鮎釣りに, 鮒や, 鰹節を, 鹿の

▼ 川~ (677, 5.0%)

107 流れて 32 ある 15 あって 7 あります 6 ながれて 5 あつて, あるの, 海に 4 あった, ゆるゆると, 明るく下, 薄濁り, 見えた 3 あつた, あるから, あるん, やっぱり幅, 一筋流れ, 流れた

2 [30件] あつたら, あつたり, ありまして, あり橋, あること, くろぐろと, この街, こんこんと, それを, ないから, わずかに, 一筋, 出来それ, 出来て, 南の, 山から, 怒るので, 昔の, 流れます, 流れる, 海へ, 私に, 腐れば, 見える, 貫いて, 貫流し, 運んで, 静かに, 非常に, 鼠いろ

1 [397件] あそこを, あたしを, あったと, あったの, あったら歩渉, あの下, あの宴会, あの時彼女, あふれて, あらアね, ありここ, ありこの, ありこれ, ありそこ, ありました, ありましたの, ありますか, あります河太郎, あります道, あり其川上の山, あり地球, あり奇岩怪石, あり歳月, あり水, あり沼, あり瀬戸, あり若し, あるか, あるかい, あるかと, あるこれ, あるそこ, あるその, あるため, あるだろう間, あるでせう, あるでも, あるとも, あるので, あるらしい水, ある他, ある点, ある魔, あろうぞ, あろうなぞとは, いい, いきなり目前, いくつも, いくら訊い, いちばんで, いつもの, いるん, うねって, おごりより, おちるぞ, おなつ, きらきら光っ, きらきら光つて, くねくねとつ, ここを, この川, この日風邪気, この種, これに, これを, こんなに成つたの, ごうごう鳴る, さむざむと, ざあと, しばしば氾濫, しら, しらじらと, すぐ目の下, すこし幅, すつかり凍, すなわちマブチャ・カンバブ, せせらぎを, そうである, そう遠い, そこに, その上, その後に, その時, その河口, その辺, たずねると, たといどんなに水, ちっともない, ちょいちょい脚, ぢやぼ, つ, どこである, どこの, どっちに, ながれけるかな, ながれ来たり, なくて, なく池, のさばって, ほかに, ほしいよ, ぼくが, ぼくの, ぼくを, まがって, また方向, みるに, やがてうねり, やつぱり幅ひろく明るく, よいとか, イエナ橋の, キラキラと, ゴウゴウと, ニュージーランド川です, バスケットを, マナサルワ湖の, モロモロと, ヤムド湖から, ロンドンを, 一すじある, 一すじ私と, 一つある, 一つわたしたちの, 一天地押包んだ, 一方の, 一旦ここ, 一杯溢れる, 一目に, 一秒九噸の, 一筋ありました, 一筋ある, 丁字形を, 三つ, 下瞰, 不憫がっ, 中川へ, 九戸三戸二郡の, 乱れて, 予想外に, 二つに, 二わかれし, 二勇士を, 二又に, 二岐し, 二年もの間私を, 二筋見ゆる, 今よりも, 今歸省, 今自分達, 低い声, 何本も, 作つ, 侵入し, 俗人だ, 先日どなりこん, 入って, 六月一日の, 其処を, 再び, 写真に, 冷たい音, 出て, 出まして, 出来たの, 出来たもの, 出来た様, 出来ました, 別れて, 別れ話に, 前だった, 北へ, 十の, 十文字に, 半ば以上も, 半町, 古の, 只見川と, 只見川に, 右の, 合流し, 合流する, 向うの, 呼びに, 國境と, 土中に, 在ったの, 地下の, 埋つた, 埋るかも, 城山の, 境だ, 増水する, 外濠に, 多いから, 多いの, 多くツ, 大きいと, 大きくま, 大きく左, 大きな曲線, 大川に, 太って, 好きだ, 好きだった, 好きで忘れられないなら, 始まると, 嫌いだ, 嬉しい, 宇治川で, 完全に, 家の, 家並みと, 少し左, 崖に, 崖の, 左に, 市街に, 常に枯渇, 平らな, 年々の, 年々五十町も, 年々五十町歩も, 幾つも, 幾つ集っ, 幾筋か, 廣が, 弟子に, 弧を, 強い鉄線, 彎曲し, 忽ちばつ, 恐くて, 恐ろしい勢, 悉く鳴り, 折れ曲, 折れ曲ったかと, 折れ曲つて, 持場である, 日高川に, 早瀬に, 明日子に, 明日子の, 明日子を, 明石で, 暖かい陽当たり, 暴力で, 曲って, 曲れば, 最後の, 最良の, 月の, 月光を, 有るね, 望まれる, 村の, 来た, 来て, 東から, 東南に, 楽に, 横ぎって池の, 横た, 横たわり住, 横断し, 気に入ったからさ, 気の毒な, 気持ちよく流れ, 水で, 水を, 水勢を, 水嵩を, 氾濫し, 汎濫し, 河内平で, 河床を, 沼沢の, 洪水に, 洪水の, 洪水を, 流れこんで, 流れだした, 流れてる, 流れでて, 流れるよう, 流れ一夫, 流れ伊那, 流れ出ると, 流れ川岸, 流れ浅い, 流れ無性に, 流れ込んで, 浅いから, 浅いが, 浅かったら, 涸れる, 深い眠り, 深かったら, 深くば, 深く流れ, 深ければ, 深潭を, 渡られて, 渡れぬなんて, 渡れんで, 渡良瀬川に, 溶, 濁ったならば, 濁っても, 濁つた, 濁つて, 瀬にな, 烈しく鳴っ, 無くなって, 無数に, 牛込の, 狭え, 猿ヶ石川である, 現れた, 生じて, 生意気だって, 疾走した, 目路から, 真直に, 眼前に, 石和川じゃ, 私の, 突っ立っ, 突然憤る, 窓下を, 竹藪の, 笑うよう, 米町川が, 精一パイ蛇行し, 細かく建て込ん, 細くな, 細くなり, 細くなる, 細って, 細り候, 細長い滝, 結氷する, 縦横に, 胸に, 腐ったと, 腐つたと, 自ら誘惑された, 苦手で, 荒れて, 荒川に, 莨を, 行方に, 西の, 見えそれから, 見えた水, 見えて, 見えない, 見えなくなったから, 見えなくなつ, 見えるが, 見えるでも, 見えるよ, 見え出しましたの, 見え出すと, 言った, 言外に, 話し出した, 誕生する, 走って, 近いん, 近かったら働く, 近年に, 逆流し, 通って, 逶, 道路と, 遠く見える, 遠く野, 適しない, 部屋に, 重り合つて上つ, 鉛と, 銀線を, 銀色に, 鍵の, 長崎に, 閃めい, 開いた, 開いたと, 開けた, 間近く押寄せ, 雨で, 電燈の, 青々と, 静脈の, 鳴る, 鴨川そっくり, 黒い一条

▼ 川~ (635, 4.7%)

4 二つに

2 [46件] かなりの, ぎごちなく, そこを, その上, その此方, それが, だん, どうした, どちらへ, ない, ないがね, ばが, ば一ぱい銀河が, ふだんは, ぼくの, また南, もう見えません, もう開きました, カイを, 一つの, 二三町の, 今の, 今よりも, 何と, 元より, 千鳥ぞ, 増水し, 夜の, 大小の, 孰れ, 山から, 川口にまで, 川底が, 悪臭を, 数日前に, 村の, 東南の, 水が, 流れて, 海へ, 深山幽谷の, 益田川の, 直ぐ近く, 私が, 藍子の, 銀の

1 [539件 抜粋] あすこの, あたりに, あとに, あふれた, あまり立派, あるまい, ある場所, あんまり冷たく物凄かっ, いきなりぢ, いすけより, いずれへ, いった, いっぱいの, いつしか遠く, いつだって, いつのまにか潤おい, いつもは, いとど物凄く, いま冷たい, いま段落を, いよいよ細く, いわば排水渠, いわゆる悲劇, いわゆる木曾川, うなずいた, うねりて, おそろしい川, おろかたと, かういふ断崖, かくの, かつて白巌窟尊者, ぐるりと, こ, ここへ, こちらの, ことごとく収容, この大勢, この池, この町, この藪, この辺, この附近, これか, これだ, これより, これを, こんなにさびしい, こんな遠隔, さかのぼって, さけで, さして困難, しずかに, しばらく寂しい, しばらく暗然, しまって, すぐそこ, すぐそば, すぐには, すっかり暗く, すっかり霧, すつかり, すべての, すべて一般に, すべて事情を, そうだろう, そこから, そこで一方ノートル・ダーム橋, そこで直接大河, そのひと, その下, その二階, その崎, その席上, その幹道, その幼年期, その廊下, その後度々, その星, その河口, その沼川, その為, その身長, その邸, その陶郷, それとは, それほどの, たいそうきれい, たしなめた, だんだん細っ, ちょうどこの, ちょうどひき潮, ちょうど雨, ちょっと謂れ, つづけて, つと立ち上がった, とまる, ともにこれ, どういう所, どうしても武蔵野, どことなく苦々しく, どっちに, どれも, どんと船を, どんどん氷, どんどん谿間, どーと, ないと, なお瞑目, なかつた筈, なかなか見え, なし, なぜ死, なんという, なんにも, のっそりと, はげしい針, はじめて椅子, はるかの, ばいっぱい銀河が, ば一ぱいに, ひえびえと, ひつそりと, ひどい悪相, ひどく弱い, ひどく感心, ぶち壊して, ほんの纔, ぼくが, ぼくに, ぼくを, また呻いた, まだ山川, まっすぐに, まったく墓場, まるで泉水, まれで, みな雪峰から, みんなかたく, むかしの, むかしは, むっくり目, もう大阪, もう大阪表, もう淺, もう興味, もう見, もちろん凍り, やがて左, やっぱり照れた, やはり水, やはり答えなかった, やや平面的, ゆるやかに, よく見えます, よほど奥地, わしには, わたしを, わたらず鹿毛, インキの, インドでは, ガロンヌで, スペイン語にて, ダージリンの, チベット唯一の, ツァーランという, ドルドーニュ川であった, ナイル河という, ナーウ・ツァンボと, ハガキを, ビエーヴル川である, ブツブツと, プハラの, マナサルワ湖から, ヴェッテルン湖という, 一つも, 一ページ約, 一之橋二之橋竪川橋三之橋新辻橋四之橋等の, 一層綺麗, 一日の, 一部分流れ, 三つの, 三途と, 上に, 上流で, 上流下流どこから, 下から, 与助の, 与瀬から, 両岸, 両岸ごとむず, 中部の, 主な, 事に, 二つあっ, 二三日来の, 二岐に, 亜鉛板の, 亡びて, 人跡絶えたる, 今でも, 今までの, 今年ゼーロンの, 仙丈ヶ嶽白根三山から, 伊那丸の, 何にも, 何遍と, 余が, 依然として流れる, 俄に, 信玄帰依の, 修善寺橋上手の, 俯向き首垂れ, 其の自, 再び來, 冬に, 冬は, 冬涸れ, 凍りつき氷, 初めて口, 前を, 劇場の, 勝手に, 勾配を, 勿論もっとセンチメンタリズム, 北から, 北流し, 千隈川地理書では, 南の, 南バイエルンの, 南東から, 南東に, 南流を, 危ないから, 即ち笠科川, 古生層より, 同じ色, 吹弾歌舞の, 吹雪の, 喩した, 国の, 圓山川とも, 地獄の, 地質時代の, 堤を, 墓でも, 墓な, 売店に, 夕日が, 夕焼の, 大きな流れ, 大へん流れ, 大体三本である, 大変な, 大小ともに, 奔流の, 女中に, 好きでも, 如何にも寂しい, 実に流れ, 実に縷, 実に重要, 富士川の, 専ら陶淵明, 小さな川, 小さな流れ, 小渋本流, 小舎の, 少くて, 少しは, 尚子の, 尾久の, 山の, 山崎の, 峡の, 巌の, 巌截り, 川とて, 川下へ, 川下よりも, 布へ, 常夏の, 幅稍ひろく, 平地に, 平担, 平然と, 幽邃そのものだ, 幾千の, 幾筋にも, 広く開け, 底を, 底無しな, 引括られた, 彼の, 彼をも, 彼女に, 彼女の, 得意で, 御存じの, 復活し始めた, 思ったよりも, 思わず呟いた, 急流で, 恐らく数回, 愈々漂渺, 愕い, 戦う武者, 數日前に, 文字通り救われた, 料理の, 斜に, 既に笹濁り程度, 日々の, 明日は, 明日子が, 昔の, 昨日稽古を, 是の, 時代に, 暗かつ, 暮して, 曲りくねって, 曾ては, 最も海, 本当に気持, 村から, 村はずれの, 東の, 東北の, 東方川という, 枯れて, 梓川である, 森と, 森の, 極く, 概して急流, 構わずこう, 正月を, 武鑑に, 死んだ, 殆ど毎日, 気ぜわしく泡立ち, 気持が, 気持ちが, 水の, 水中植物の, 水嵩も, 水枯れ, 水温が, 水筋が, 水蒸気を, 水道橋より, 水量を, 氷が, 氾濫した, 汚れて, 江南江北の, 江戸から, 江戸川利根本流荒川及び, 決して淺, 汽車の, 河内の, 河口から, 河床から, 沼から, 沼に, 泣きませぬ, 流れたり, 流れ渡り, 浅いが, 浅く底, 浮かない返辞, 淡水を, 清かれと, 清くし, 渦を, 溢れるという, 激しい勢, 瀬が, 瀬も, 灰白色に, 灰色に, 烏川といふ, 烟にと, 無事に, 煙に, 爆発する, 牽牛織女お, 狭くし, 猪苗代湖に, 玉オモリ一匁から, 現実の, 男峯より, 白い絹糸, 白物を, 目の, 盲目的に, 直ぐ表, 真夜中に, 真物だ, 眠ったよう, 眠つたやうに, 石灰を, 私たちの, 私と, 私の, 私も, 私達の, 秋の, 空諦と, 突然ぼく, 突然真剣, 筑摩の, 答えない, 米沢境の, 細いが, 細いながらも, 紺碧にな, 罕である, 美しく日, 美濃の, 脣づけ, 膨れるだけ, 自然の, 自由気ままな, 芝原水源地の, 花火の, 落ちつきはらっ, 葭の, 蓼川といふ, 藪の, 螢の, 血に, 行きたいが, 西の, 西を, 西南に, 見えない氷, 見えぬが, 見ようと, 見るに, 見渡すかぎり, 訣なく, 諸国に, 變化に, 賑か, 賑やかであった, 賑わう, 赤沢岩小屋辺から, 赤石山脈一帯の, 越中へ, 足もとに, 路と共に, 躍り立ち, 近く東麓を, 迫って, 逆に, 道から, 道を, 道鏡の, 遙か, 遠く開けたる, 邪悪の, 釣れないから, 鈴見という, 鉄橋が, 鉛と, 鉱山から, 鏡の, 長さ, 長雨に, 開いたが, 開きたる扇, 關宿より, 降れば, 限りも, 陰に, 隣接する, 雨に, 雪と, 雪の, 静夜の, 面を, 音ばかり, 音も, 音楽を, 頭を, 颯と顔色, 首を, 首里赤田の, 馬で, 驚いて, 高大な, 鬼の, 鬼門な, 鰍沢から, 麦の, 麹町台の, 黄濁した, 黒血川という, 齢もはや

▼ 川~ (297, 2.2%)

7 なって 5 なりて, 云ふ, 呼んで 4 汽車との 3 なつて, 川との

2 [23件] いうより, いって, いっても, いふが, かわるがわる窓, なすこと, なった, なつた, 云って, 合して, 呼ばれて, 呼ぶ類, 太平洋に, 山である, 山の, 東の, 流れて, 犀川との, 田と, 言えば, 関の, 陝西の, 鳥居嶺との

1 [219件] あまり遠く, いう, いうのに, いうよりは, いうよりも, いえども, いつしよ, いはうよりは, いひました, いひ領巾振山, いふを, いふ所を, いへども, お嬢さま, かかれて, きめたところ, くりゃあ, これに, ささやき曲節, しよう, す, その迂曲, でない川, とうきょうこうのさかい目の, なく城, なった流れ, なってから, なりあるいは, なりからだ, なりみるみる, なり北浦, なり市, なり旗, なり末, なり汝, なる, なるあたり, なるその, なるでその, なるべく流れ出した, なるわけ, ふきこんだ本人, もう一つ川, ソーヌ川の, トロイア城との, ドルドーニュ川と, マククェスチョン川を, ヴェスドル川の, 一つに, 一筋どこまでも, 一路東海の, 三国川の, 三峰川の, 並行し, 中岐川, 中島との, 二つの, 云うお話, 云うと, 云うよう, 云う人, 云う名, 云う川, 云う秋谷, 云えば, 云へば, 京橋川を, 人間の, 伊尾木川とが, 何時の, 余り違, 兄弟の, 入れ代り立ち, 八ヶ岳の, 其支流, 分かれて, 分れ, 判断させる, 利根川とを, 北上は, 北又川の, 南牧川を, 口論し, 合さる口, 合す, 同じこと, 同じよう, 同流に, 名が, 名く, 名づけて, 名乘, 名栗川へも, 呼ばれる部分, 呼ばれ更に, 呼びそれ, 呼ぶが, 呼ぶところ, 呼ぶの, 呼ぶもの, 呼ぶ古い, 呼ぶ渓流, 命名しよう, 団子坂との, 地上の, 多摩川の, 大井川との, 大見川の, 天満川とに, 天竜川の, 太平洋へ, 夷隅川には, 字の, 安井川と, 安井川の, 安治川の, 宮本村は, 家並みとに, 密接に, 小意気な, 小森川との, 小舟を, 川とを, 川原だけ, 平行し, 座生沼とに, 弘前市の, 律の, 微妙な, 忍川の, 思って, 思ふやう, 悪い地方, 振り仮名, 改まつ, 明日子の, 昨日以來見, 書いたの, 書いて, 書し, 木津川との, 末森城との, 杉並馬橋とで, 東へ, 東条川とを, 森に, 榛名山と, 武庫川とを, 母たちが, 汀とに, 汐留堀との, 汐留川を, 洲の, 洲股川の, 海の, 独立し, 玉島川との, 田だけ, 申しまする, 町との, 畑が, 白沢に, 白萩川との, 直角に, 相合する, 相譲らない, 相近づきたる, 神奈川の, 私が, 秋川と, 称し転じて, 称する名称, 称する部分, 称び代へ, 稱す, 終日終夜分水界の, 絶交する, 線路とが, 肝胆相照らした, 藁科川, 藍子とは, 蘆屋川の, 蘆屋川沿岸の, 裏と, 西の宮川とに, 西北から, 見違えたという, 覚しいもの, 覚ゆ, 親しい林大学頭, 言ったそう, 言はず直ちに, 言ひかへる, 言へば, 言わず人間, 言われて, 訳し更に, 詠まれて, 誰か, 誰かが, 謂ツても, 越えて, 路とが, 転々変化浮気女の, 迫って, 違って, 郡川の, 酒匂川だけは, 釜無川と, 釜無川は, 銀行木の, 隅田川とを, 離れて, 離れる, 雲助かい, 飯田の, 高らの, 高瀬川の, 鮭川を

▼ 川から~ (212, 1.6%)

9 水を 5 上って, 海へ 3 這ひ

2 [13件] 出て, 帰って, 引いた用水堀, 引揚げた, 拾い上げた地蔵尊, 揚げて, 来る, 来る人, 泥が, 羽織に, 逆に, 遠ざかった山岳地帯, 離れて

1 [164件] あがったばかりの, あがるもの, あまり遠く, あらわれた新顔, おれの, お迎えの, かえってから, かえると, くぐって, くる水, くれないに, こっちだけが, さらさらと, しきりに聞える, すくいあみ, すくつ, その知らせ, とった雑魚, のぼって, もらった瓜, やってきて, やって来て, わいた, ジュネーヴの, ピー堡塁に, 一種の, 上がった弦, 上がって, 上がりたい水, 上げて, 上つたま, 上つて来たらしい, 上つて縁側で, 上に, 上りびくを, 上る時, 両神山に, 二三町ほど, 二三間離れた, 二十三里も, 伊織の, 來た, 再び木曾川, 出た羽織芸者, 出ること, 出るの, 出る時, 切ったよう, 切つた, 助けて, 北の, 反射する, 受け出されて, 吹いて, 吹きあげて, 吹きあげる風, 吹き上げる嵐気, 吹く風, 呼ぶ時代, 嗅ぐ時, 堀らしい, 堀切を, 大川へ, 大洋に, 天龍川へ, 宍道湖に, 山襞から, 岐阜大垣の, 岩の上へ, 岸に, 川へ, 帰った信長, 引いて, 引き上げられたまま, 引き揚げた犬, 引くの, 引上げる, 強い刺戟, 影を, 思って, 手桶が, 打上げられては, 拾いあげた死体, 拾い上げて, 拾った地蔵さん, 拾った細い, 拾って, 拾つた細い, 撃ち込んだの, 撃ち込んだので, 放たれた鮭, 救いあげて, 教はる, 木曾の, 来たの, 来たもの, 来た長持, 来て, 来り臨む若, 東京方面へ, 標木の, 此方は, 歩いて, 水路を, 水鶏が, 沼や, 流し落すの, 流れでる石, 浅草の, 溢れ出た水, 灌いで, 灌漑用に, 炎の, 父上死去の, 猿江あたりの, 獲れる鮭, 現れたでしょうに, 田へか, 町の, 町中へ, 畑へ, 直接に, 直角に, 矢の, 神奈川まで, 突進した, 立ち昇る, 立昇る, 紐育へ, 舟が, 舟で, 荒川を, 落合の, 落合附智久々里大井岩村苗木なぞの, 行った二人, 西市まで, 西横堀川に, 見上げたとき, 越して, 送ったの, 這いだして, 這い上がったところ, 這い上がったよう, 這い上がること, 遠くない, 遠ざかつて, 選り集めた名園, 野辺へ, 金を, 阿下喜地方まで, 離すと, 離れた, 雲が, 風が, 飛び出し天, 飯田へ, 馬で, 馬籠峠を, 駈けつけた六波羅兵, 駕籠で, 高い飛沫, 魚を, 鮒を, 龍ノ口へ

▼ 川~ (203, 1.5%)

4 顔を 3 拾って

2 [21件] とれたという, 一方は, 伝馬が, 何が, 何べ, 向島から, 棹と, 水を, 水浴した, 泳いだとき, 泳いだり, 洗濯し, 洗濯を, 漁れたもの, 漁れた鮎, 濡らした此着衣, 覚えた城ヶ島, 足を, 釣を, 魚を, 鮭を

1 [154件] あつて, いいはず, いい筈, およいで, ここで, ここの, この仕, ござった水, したたか手間取った, じゃまされる, せつせ, その中, その人, その川, その流末, その渓, その辺, たくさん魚を, たなごが, つきて, とって, とれたいわゆる, とれるシラス, なし海, なまずを, ひそかに, へだてようと, ぼちゃぼ, まずこちら, やたらに, よく洗っ, わが生命, ザルで, ハヤ共を, ブラマプトラに, ポリプ, ライン川とは, 三途の, 下船した, 不破明神の, 乗りかえた車室, 今は, 今も, 今朝漁っ, 今漁れた, 今銀鱗を, 以て, 何人ぐらい, 使用する, 例の, 其渓の, 其源は, 切れて, 取った川魚, 取れる岩魚, 口を, 召し抱, 名の, 向こう岸も, 四十以上の, 四百六十目桝田屋の, 土左衛門よ, 土木工事を, 坂の下の, 垢離を, 堤の, 堤防下の, 大変な, 大石田から, 実際見た, 家鴨や, 山女魚の, 山羊を, 川と, 川口から, 座敷から, 感じました, 披露の, 捕れるの, 捕れるやう, 探る鮎, 掴んで, 揚がった女, 数日川止めに, 日が, 日に, 暴れまわって, 書いた手紙, 東海道は, 果てるとも, 柳が, 死ぬ時, 死ねるかしら, 死んで, 水の, 水面から, 水鳥が, 沙魚でも, 泳いで, 泳ぎ廻る, 泳ぐ, 泳ぐこと, 洗うその, 洗って, 洗ふ, 洗われて, 洗われなければ, 洗濯する, 洗濯女と, 流したもの, 海老を, 浸礼を, 溺れかかったこと, 溺れた自分, 片目の, 狭かった, 獲れた鮎, 着物を, 砂金に, 硯を, 磔刑に, 禁断の, 稼ぎ足した, 籠渡しが, 紙すきを, 網に, 総督お迎えの, 美濃の, 育ったの, 膝くらいの, 舟遊を, 蘆荻ところどころむさし, 蛇に, 行先不明の, 西岸には, 西袋は, 見た, 見付かつて, 見出されるの, 谷の, 身心を, 速い瀬, 連日我ら一行と, 遊んで, 遽かに, 釣るの, 雑魚を, 面白く遊ん, 音楽史と, 鮎は, 鮒釣りする, 鰐や, 鰹が, 鰻を

▼ 川~ (181, 1.3%)

10 に吹かれ 4 寒く千鳥 3 が頬, の中, の涼し

2 [13件] がせせらぎ, が肌, にふかれ, に動い, に吹かれた, に灰, に袂, に飜, のなか, の吹き, の吹く, の寒い, は肌

1 [132件] あがれよす, が, がさむ, がつめとう, がなま, がのびのび, がひえる, がびゅっと, がふわりふわり, が冷たく, が凉, が凍みる, が吹い, が吹き, が吹きあげ, が吹き混じっ, が吹き渡り, が吹き込ん, が吹く, が唸り, が寒い, が強く, が往来, が水, が水面, が涼しい, が烈しい, が荒っぽく, が蕭々, が薄ら寒い, が衣袂, が襟, が門暖簾, が雨, さむく千鳥, さむみおちつかないてふてふ, そよそよと, で酔い, と庭, と格別, にうごい, にうっすら, にうっとり, にさからう, にさっと, にさらされ, にそそけ立っ, にそよい, にそよがせ, になびい, になぶられ, にはた, にひらひら, にひる, にふくらました, にふるえ, にも文字通りそれ, にゆらめく, にゆれ, にクルクル, にホッ, に俥上, に傳, に千鳥, に吹, に吹かせ, に吹かせた, に吹きさらされ, に客, に当り, に得, に忘れん, に懐手, に戦がれ, に提灯, に柳, に水色桔梗, に波, に混じっ, に煽られ, に煽られつ, に立迷, に立迷う, に筵, に紺絣, に絶えず, に蝋燭, に袴, に身顫い, に送られ, に逆, に遭っ, に青, に靡い, に音, に鬢髪, のため, のよう, の凉, の吹きのま, の揺れる, の洩れる, の涼しく, の清凉, の肌, の身, の音, はあり, はげしくし, はさっと, はさむい, はたちまち, は冷え, は凉, は帽, は毒, は水気, もその, もまだ, も忽ち, も生, も秋, よりも寒い, をこころよく, をなつかし, を入れ, を染め, 上れよ, 寒き千鳥足, 寒くちどり, 寒く皮膚, 寒み

▼ 川~ (147, 1.1%)

3 ある

2 [13件] ありけり, すぐ前, 三河島の, 人間の, 以前の, 木も, 森も, 水温が, 流れて, 溝も, 溢れ横川, 谷も, 鼻の

1 [118件] あった, ありて, ありました, あります, ありムジナ, あり坂, あり萱, あり鱸, あるいは犬, あるが, あるさ, あるわ, いや噴火口は, おなじ灰, かくし山々谿, きれいで, このお, この道, ずいぶん大きい, せきあ, その名産地, その年, その後訪ね, その流域, その端, たそがれに, とどめしむべく腕力, どんどん小さく, ないが, ないの, ないのに, ない荒涼たる, なければ, なんでも, ひどいけれども, びっくりした, びっしより濡れる, びつしより濡れる, ぼくも, またたく間に, また上と下, また震災後, みんなさうな, みんな同じ, めりめりと, もはや非常, よろこぶこと, わたれますまいからな, 一つも, 一ツとして, 一様に, 一白皚々たる, 一面が, 上流の, 丘も, 人の, 佐太と, 何も, 全く姿, 動け山, 危殆に, 只飛び過ぎ, 同樣, 名も, 困難だ, 堰のずつと, 増水の, 多くの, 夜露の, 大川も, 少く生れ, 山も, 崕も, 崖も, 幅が, 忽ちの, 思わず釣られ, 数珠を, 明るかった, 春に, 木々の, 木立も, 杜も, 此の, 氾濫し, 汝らの, 決してお, 流れるだろう, 浅いので, 海も, 渡て, 渡り劍, 渡れます御, 濁れ水, 無くたまたま, 熔岩の, 爪さきに, 町の, 眠れと, 知って, 知らず名島付近, 縁の, 船頭と, 薄く氷りたる, 見えずもちろん, 見えず船, 見えなかったこと, 見える, 豊産であった, 越し点燈頃, 近いから, 野も, 野原も, 釣りもの, 釣り場として, 青いし, 静かに, 音を

▼ 川~ (138, 1.0%)

4 の中 3 の上 2 がかすんだ, に座蒲団, のお, も青く

1 [123件] かれある, がうねうね, がひたひた, がほのか, がまず, がピタピタ, が上ったら, が光っ, が匂う, が増す, が壁, が強い, が徐々に, が池, が汲ん, が濁る, が白く, が絶品, が胴の間, が血, が青く, が青白く, こそは大, であろうか, で顔, と, とが一度, と共に湯気, と雪, に, にうつり, にまかさね, に一所影, に光り躍る, に冷, に冷えた, に動く, に大きい, に姿, に杯, に沈め, に流れてつ, に流れ落ちる, に浸し, に灯火, に照りそい流れ, に産湯, に胸, に近く, に関し板垣氏, に関係, のあふれた, のさ, のため, のやう, の大, の姿, の影, の復活, の心, の早, の流るる, の流れる, の涸渇, の淀み, の相, の緩, の色, の落口, の見えた, の過, の遠い, はすべり, はときどき, は人々, は低く, は冷たかっ, は凍りかけである, は刻々, は前方, は墨, は少し, は指, は暗く, は渡し人足, は濁流, は研いだ, は肩, は荒神橋, は誰, は量, は雪代, は高桑加助, もどんより, も凍った, も曇天, も見えざる, らしい, を, をくむ, をながめ, をみだし, を一心に, を乱し, を乱し立て, を十分, を取り入れ, を吹い, を屋敷, を引入れた, を描かれ, を汲む, を汲ん, を沸, を照らし, を眺め, を睨みつけた, を突っ切っ, を落し, を蹴上げ, を飲ん, 軽くか, 青うし

▼ 川~ (129, 0.9%)

4 をとっ 3 の王

2 [13件] でも, との入り, なんかありまし, のよう, のフライ, の塩焼, の子, の焼いた, は何, も減った, をと注文, を焼く, を燒

1 [96件] がたべたい, が喰, が土地, が嫌い, が手早く, が盛ん, が金色, が静か, が食べたい, だと, でありながら, であるが, であろうが, でなければ, ではこの, では初秋, でもあぶらせ, でも喰おう, でも探させろ, で食べ, で飯, といううち, とかである, と缶詰, と言, と野菜, ならば, なん, なんかは嫌い, なんぞふだん, にし, のうち, のうち鮎, のさしみ, のとれる, のカツレツ, の串刺し, の佃煮, の刺身, の匂い, の問屋, の塩焼き, の干した, の感じ, の焼ける, の煮いた, の突つき傷, の第, の荷, はいささか, はこの, はじき, はどう, はみな揃つて小指, はみんなそう, は何斤, は嫌い, は少し, は底, は甘煮, は腹, は餌, までが方々, までが美味, もある, も捕れない, や山菜果実, や川苔, や草, や蔬菜, や黒ダイ, をあぶらせ, をさかな, をとる, を取っ, を啄み, を売っ, を売り, を大鍋, を天麩羅, を好まない, を市, を扱つて, を持っ, を持ツ, を採っ, を掬っ, を漁, を炙っ, を焼い, を煮く, を煮た, を甘煮, を買出し, 御料理, 探しに

▼ 川~ (123, 0.9%)

7 なぎの 5 海の 4 沼に 3 池に, 海に 2 天竜川の, 沼が, 沼の, 海が, 海や, 野や

1 [89件] お秀, そのあたり, その他が, その他の, それを, なぎは, ほかの, まだ張りすて, ものすさまじい森, ボツボツと, 丘や, 丘を, 井戸は, 伊那地方の, 八丁堀なぞいう, 内房川の, 古池に, 吉田川飛騨川, 城も, 堀では, 堀の, 堀へ, 堀割の, 堀割りは, 天津川かも, 天願氏で, 奈良子川の, 学校が, 家や, 小さな淵, 小山や, 小川が, 屋敷の, 山は, 山や, 峡谷を, 庭園は, 掘割り, 掘割を, 木が, 村が, 森や, 水上の, 水車に, 池から, 池が, 池の, 沼まで, 波や, 浅草は, 海などを, 海には, 海へ, 海も, 海を, 渡し場が, 湖などで, 湖の, 湖水から, 湖水が, 湖水の, 湖沢で, 湖沼に, 湾を, 溝へ, 狩野川の, 王滝川の, 玩具の, 用水の, 皐月雨, 石や, 磯を, 種々の, 立派な, 繁華な, 船や, 草や, 草木の, 荒川の, 落合へ, 落合へも, 豊後の, 遠い山なみ, 野原には, 野原は, 馬籠から, 高座川の, 鳥は, 鵯越え

▼ 川には~ (105, 0.8%)

4 いって, 橋が 2 まつて, 河童が, 白い砂洲, 近くに, 魚が

1 [87件] いかぬ結構, いったんだ, いなかったが, いるとき, えびが, きっと水, こう言う, どう云, はっきりした, ひったん, ひどい波, またこの, まだ数多い, むこうが, ブルークが, ボートが, 一箇所に, 上流に, 不思議である, 今年山女魚と, 何処にでも, 別の, 大きな鮎, 大鼇, 宮川寛斎が, 小さな船, 小波ひとつなく, 小魚, 屋形や, 山女魚と, 岩魚なんか, 川で, 川童多く, 幽霊が, 後先に, 愛情は, 支那の, 木造の, 材木を, 橋も, 欄干の, 殆ど水が, 水が, 水がまん, 水なんか, 氷が, 決してない, 汽車の, 泰平の, 流し火, 流れの, 流材, 浅瀬が, 添ひません, 渡し場が, 渡船が, 温泉の, 滔々として, 潔く没我合, 澄みきつた水, 現に二つ, 目が, 相違ない, 着くであろうとの, 石の, 石や, 石炭を, 私心覚えが, 筏に, 紅葉を, 美しい夏, 脂肪が, 至るところ, 舟が, 舟という, 船が, 艀舟が, 荷足も, 葦が, 葦や, 藍屋町の, 赤い魚, 赤土色を, 金剛石の, 鮎が, 鮎も, 鱒が

▼ 川沿い~ (95, 0.7%)

9 の道 8 の家 2 から乙, にあった, に行こう, の座敷, の旅館, の町, の部屋

1 [64件] だぜ, でこの, ながらミュゾオ, に, にきたない, にさかのぼっ, によろよろ, に上った, に右, に向島, に奥地, に徐川, に数日, に枯草, に登っ, に路, に車掌, に進み, に都市, に駿河, のその, の一つ家, の一室, の一帯, の丘, の並木道, の乞食たち, の台地, の土堤, の寮, の山荘, の平地, の広間, の庭, の径, の戸叶, の方, の木立, の村, の東, の松並木, の柳, の森, の歩立, の牧場, の田舎村, の畑地, の知合, の空地, の窓際, の細かい, の草木, の荒地, の貸席, の路, の道路, の障子近く, の高い, のKB村, も山の手, や峠, や田舎道, を溯っ, 黒い高

▼ 川周馬~ (84, 0.6%)

3 という男 2 が帰っ, であった, という者, とかいう奴, はお

1 [71件] いかにも恍呆けた返辞, お十夜孫兵衛, か, からの飛脚, が, がしきりに, がよろよろ, が上, が優柔不断, が可愛, が戻っ, が疾駆, が身, さえ龍耳老人, その三人, その時, だ, だけは割合, だった, だッ, である, でなくお, と, というお, というふたり, という浪人, とお, とでも面, と同腹, と天堂一角, なるもの, なン, にとってまことに, にはお, には邪智, に呪われ, のいねえ, のやつ, の出立, の奸策, の妻, の影, の手先, の白刃, の眼, の筆跡, の脅威, の行動, の門標, の顔, は, はいつのまにか, はいない, は帰っ, は思いがけなく, は耳, は自分, は荒屋敷, は身辺, ふたたび韋駄天, へ残し, まだよろこぶ, も驚いた, も黙っ, らしい, を先, を追, 悪賢い目, 指さして, 白いの, 重ねて

▼ 川という~ (62, 0.5%)

7 のが 5 のは 3 川が 2 ものは, 川に, 川は, 意味

1 [39件] ある川, ことなどを, その川, その男, ところに, のか, のに, のを, ものが, ものとは, ものに対する, んです, 一筋の, 中国一の, 人で, 処に, 別管区域, 利根の, 名が, 大きい河, 字を, 家から, 家へ, 川な, 川の, 川を, 料理屋が, 旗元は, 村より, 村境いの, 水の, 流れの, 男と, 綺麗な, 若いお, 茶店の, 角の, 解釈は, 道順で

▼ 川~ (56, 0.4%)

2 から水, ぞ, と云, と考えるなら, と考へるなら, よ, 水の

1 [42件] から世, から大丈夫, から涼しい, から自然, から誰, か知れた, がその, が川幅, が年代, が水車, けれど, ちの危い, つたのです, つてそんなに, つて面白く, といわれ, とか簡単, と云う, と云った, と云わぬ, と云われ, と仰, と思っ, と思つたの, と河床, と真面目, と知らされた, と素直, と聞きました, と言われ, と謂つて, なあ淀川, なと思え, なと思へ, なんてひどい, なんて飛双六, ね一盆, のという, また飛, やらその, わねえお母さん, 名前を

▼ 川蒸汽~ (54, 0.4%)

4 の中

2 [12件] が一艘矢張り浪, の客, の後部, の来る, の汽笛, の音, は仲, は僕等, は蔵前橋, は静か, も一銭蒸汽, を下り

1 [26件] がずんずん, がその, が出来た, だけは昔, でも出さうである, で縦, というの, にのる, に乗った, に乗りまし, のばらばら, の横波, の為, の船着場, はやっと, はやつ, は意外, へ乗つた, もまた, も亦, や汽車, や荷舟, を待っ, を待つ, を捕まへる, 浮かんで

▼ 川では~ (49, 0.4%)

2 半蔵は

1 [47件] あの恥辱, ありません, ありませんか, あるまい, そう持っ, ない, ないかわり, なく博士, なく蕎麦, はやを, よく取っ組み合い, ダメだ, ハヤヤマベの, 一昨春合祀反対の, 丸木船に, 何が, 去年中に, 呼び方, 大小の, 子供らが, 子供達が, 山女魚釣りに, 張り切れなくなったと, 木の葉ヤマメが, 水温が, 江戸名物の, 河鹿が, 流しの, 淡水魚と, 満洲, 目覚めた鴎, 相當, 筑前遠賀川の, 若ものが, 荒川放水路が, 落ちブナ, 蛙の, 追って来た, 風邪を, 飛魚が, 魚たちが, 魚を, 魚類もはや, 鮎と, 鮎漁が, 鮎鱒鯉鮒ニゴヒハヤモロコヤマベイハナヤマメタナゴ鰻鯰鰌ハゼイナなどが, 鱒の

▼ 川~ (47, 0.3%)

8 ぷちに, ぷちの 6 ぷちを 2 ぷちに家が, 縁で

1 [21件] ぱたまで, ぷち, ぷちだ, ぷちでふと, ぷちでランチの, ぷちで商人が, ぷちで寒い, ぷちと, ぷちとも今年で, ぷちなどに, ぷちにささやかな家を, ぷちには, ぷちへ, ぷちへいそぎもう, ぷちまでの間に, ぷちや停車場前の, ぷちをつたいながら弥太堀の, ぷち薬屋ガールの, 端から, 縁に, 縁や

▼ 川にも~ (44, 0.3%)

2 なれて, 僕は, 通船や, 電車にも, 鮎が

1 [34件] いくらも, これ程の, こんな水怪, その子孫, はいって, やって, やはり河童, 人にも, 入江にも, 別れて, 土手の, 少し繁殖, 岸にも, 川虫は, 往来の, 拘わらず大河, 春の, 棲み海, 沢にも, 河原にも, 沿って, 沿岸の, 田にも, 矢張り支流が, 細々と, 船が, 草木にも, 螢が, 負けずに, 起こり落合, 近いし, 近年まで, 運命が, 陸の

▼ 川まで~ (37, 0.3%)

2 大きいと, 運んで

1 [33件] おりて, お供, お出合い, まじって, ビエーヴルの, 一時間余, 一眸の, 二百メートル位くだる, 出かけて, 地下に, 延ばして, 引きずりもどして, 御存知の, 急に, 掘りぬきまる, 来ると, 歩く, 段々乗, 水を, 燃えねば, 砂を, 突き出して, 罷越せば, 草臥れ足, 行く間, 行けば, 見通しの, 送って, 通って, 連れて, 進軍した, 遠征した, 駈けて

▼ 川~ (36, 0.3%)

5 の枝 4 の葉 2 がこんもり, の木

1 [23件] がぽ, が押し流され, が疎ら, が行列, である, などが鬱蒼, などの最, に身, のしなやか, のひと, の古木, の大木, の左側, の木立, の森林, の葉末, の蔭, の頭, は半ば水, は梢, ばかりだ, も白樺, や土俗

▼ 川との~ (35, 0.3%)

5 間の 4 間に 3 間には 2 合流点から, 間で

1 [19件] あいだには, 三つの, 三角州の, 三里あまりの, 二流が, 会流の, 分水嶺を, 分水界の, 堺ひ, 境の, 奇態な, 差こそ, 挟める一帯, 水流の, 流れについて, 縁が, 違いだけ, 間を, 関係を

▼ 川~ (32, 0.2%)

4 をとる 2 や藻蝦, をつけ, をとっ

1 [22件] がとれない, がまだ, が針先, といっ, とみみず, には平たい, のカメノコ型, のチョロ, の一種, の姿, の生育, の餌, はいる, も山女魚, や羽虫, をとり, を使っ, を売っ, を山女魚, を用い, を石筒, を食う

▼ 川でも~ (30, 0.2%)

4 海でも 2 沼でも, 泳いだり

1 [22件] あるまいし, この地域, そして鮒, それが, どんなには, ないお, ないのに, 動揺み, 同じこと, 場所によって, 奥利根川でも, 嬬恋村大前の, 才女と, 暑中水温の, 権五郎が, 池でも, 泣かぬとは, 湖でも, 熱海の, 西の, 見たもの, 釣らないこと

▼ 川~ (30, 0.2%)

2 [15件] からなにか, でも堀南, でやはり, で会った, で留さん, で自分, で飲んでるだ, の主人, の出前持, の女給, へゆく, へ住み込ん, もつぶれ, もつぶれちまっただ, をとびだした

▼ 川より~ (27, 0.2%)

2 天神川に, 猿江裏の

1 [23件] あげて, ほかに, 三里ばかり, 上り來たるに, 下呂まで, 低いに, 來りし, 出づる道別, 出でて, 吹くは, 大川に, 奈良井の, 寶田村迄, 平和湖へ, 拾い上げし由, 更に奥, 水温が, 流す土砂, 海が, 登り頂上附近の, 舟に, 逃れ來し, 驅け

▼ 川といふ~ (25, 0.2%)

2 川の, 町の

1 [21件] ありて, ところに, のが, のは, もの, ものは, より寧ろ入江, 其の界隈, 句元の, 名が, 名に, 境川一つを, 字が, 宿へ, 山村の, 川も, 支流が, 流れとに, 清い渓流, 部落が, 鮎の

▼ 川~ (24, 0.2%)

2 に面した, のほう, の桜

1 [18件] から一竿, だ, で与右衛門, には引っ, に並ん, の上, の場, の岐路, の方, の草, を十歩, を大阪, を歩, を歩い, を水, を行っ, を走った, を通つて

▼ 川について~ (23, 0.2%)

1 [23件] だんだんと, とっとといっ, どこまでも, どんどん上っ, どんどん行きましたら, よくそこ, 上流の, 下つて, 二十ヵ所とか, 南へ, 厩橋の, 古風な, 地文学者の, 教わった通り, 朝じ, 水上の, 町へ, 私は, 考えて, 言ふ, 走って, 走る, 遡れば

▼ 川さん~ (22, 0.2%)

2 のこと

1 [20件] あの人, お早よう, がみえました, が急ぐ, が来る, が非常, たいへんだったでしょう, で借りた, には死ん, に会わし, に高松, のあの, の伜さん, の外, の手, の案, は, へ戻っ, も種々, を呼ん

▼ 川~ (22, 0.2%)

1 [22件] がたてこめ, がだんだん, が一めん, が条, が森林, が立ちのぼっ, が降り, と一緒, に宇治, に濡れ, のこめた, のため春, の下, の交った, の向う, の対岸, の消え, の立てこむる, の答, はまったく, をながめ, を破っ

▼ 川ぞい~ (21, 0.2%)

4 の家 2 の道

1 [15件] にある, にその, にはおりしも, には同じ, に仮, に山入り, に歩い, に浜離宮, に西郷, の三股, の家々, の屋根, の温泉宿, の片側町, の草むら

▼ 川ふち~ (21, 0.2%)

2 へ降り

1 [19件] でかおる, でしたの, で大, で釣糸, にあつ, に彼, に溜る, に達し, に開い, の東屋, の榛の木, の猫, の霧, の風呂, へ出る, をさ, をずっと, を一匹, を歩いた

▼ 川左門太~ (21, 0.2%)

1 [21件] が書いた, だけでした, だったん, でないと, ではなかっ, に逢う, の懊悩, の手紙, の真, の筆蹟, の言葉, はせいぜい, はその, はむつかしい, はフッツリ姿, は三十五六, は手習師匠, は昂然, は頑固, も佐々波金十郎, も平次

▼ 川~ (21, 0.2%)

3 がい 2 ややなぎ

1 [16件] がその, がのぼっ, が豊富, が静か, である, でもある, で釣る, で鰺, の尻差し, の餌, はあの, は長, をとった, を三つ, を二尺, を釣る

▼ 川~ (19, 0.1%)

1 [19件] からは川, がお, が掛かっ, という新しい, には近い, のあたり, のずっと, のモダン, の上, の下, の改架事業, の橋番, の欄干, の袂, の近く, の附近, を渡れ, を通りける, 黒い天主

▼ 川渡り~ (19, 0.1%)

2 を試み

1 [17件] が済みました, であります, でもする, ということ, なの, に再, の二人, の便, の図, の地点, はいい, は御免, は船中, も今晩, を決行, を遠目, 布袋の

▼ 川破り~ (19, 0.1%)

2 の小男, の男, の罪

1 [13件] が抗弁, のこと, のため, の続演, は懐中袋, もまた, も刀調べ, をお達し, をやって来た, を受取っ, を咎めよう, を決行, 男も

▼ 川~ (19, 0.1%)

2 の子

1 [17件] が山, が淵池ごと, と同じ, と話, なりしとなり, なるべしという, にせよ, に角力, の冬, の害, の手出, の足跡, の顔, は面, らしき物, 出でて, 多く住めり

▼ 川宗兵衛~ (18, 0.1%)

1 [18件] からの添書, からもう, がひそか, が或, が面会, じゃ御, だった, という仁, との面会, とやら申す, と秀之進, どの急, に会っ, のしょうふく, のもと, の宅, の決心, は紋服

▼ 川づら~ (17, 0.1%)

2 一帯早く

1 [15件] でぴよ, に, にその, には狭霧, に突き出した, に近く食卓, に響く, の工作船, の景気, の景色, はさざ波, も動く, をしずか, 一ぱいの, 榜げば

▼ 川~ (17, 0.1%)

4 のであらう 2 のかい

1 [11件] かのうへへ, がるる, のか, のだろう, のであろう, のです, ので成るべく, ので浅, ので落着, のよ墜, んだ

▼ 川~ (17, 0.1%)

8 たの 3 たに 1 たで災難, たを, た柳, た道, た韋駝天, 見てれば

▼ 川へでも~ (17, 0.1%)

6 身を

1 [11件] ころげこんで, はまったよう, 投げ込んで, 投り込まれた, 捨てて, 棄てて, 落ちたらと, 陥ったの, 飛びこんだほう, 飛び込むかと, 飛び込んだかも

▼ 川蒸気~ (17, 0.1%)

2 などそんな, の屋根, の発着所

1 [11件] でポンチャナク, に乗, に乗っ, の中, の事, の石炭, の笛, は両国, やな, や荷足, を飛出しました

▼ 川~ (17, 0.1%)

1 [17件] が品切れ, が氾濫, でしかも, にそっくり, のこと, のしろき, のなか, の由来, の私, は暗, は毛布, もそれ, をつっついたなら, をつついた, を思いついた, を持っ, を食べた

▼ 川あり~ (16, 0.1%)

2 早出川と, 泉あり

1 [12件] て越, て門, 両岸絶壁, 伊万里川あり, 山あり, 月あり, 此に, 無限の, 竪川あれ, 谷あり, 野ある, 野の

▼ 川丘みどり~ (16, 0.1%)

1 [16件] がたやすく, が便所, が死んだ, が真, が真紅, が麻雀倶楽部, に対して大分優越権, に拾われた, の三人, の真白, の顔色, は十九, は降りる, をスポーツ, を引出し, を第

▼ 川~ (16, 0.1%)

1 [16件] がお, とか北海道, とを並べ, と卵, と生, と紅鱒, と虹鱒, のフライ, の放流, は塩, やお菓子, を一尾, を持つ, を携つて, を放流, 取の

▼ 川とは~ (15, 0.1%)

2 反対の

1 [13件] こんなの, なる, なれて, まるで比べ物, 別々に, 反対に, 反対側に, 大河なる, 思えなかった, 絶えず道連れ, 言へ, 違って, 遠く離れ

▼ 川とも~ (15, 0.1%)

2 いふ, つかないもの, 蘇川峡とも 1 いう, いう河原, しるされて, 云へ, 何とも見えぬ, 呼びいよ, 呼びにくい, 呼んで, 言うもの

▼ 川~ (15, 0.1%)

2 の朝, へ帰り

1 [11件] のもと, の三階大広間, の河添, へ三時, へ久しぶり, へ寄り, へ帰る, へ移った, へ落ちつき, へ落ちつく, へ麻雀

▼ 川和尚~ (15, 0.1%)

1 [15件] からその, が一山, が幼心, が筆, だけは自若, とお, に胆力, のこと, の三十棒, の最期, の訓育, はふと, は京都, は恵林寺, を呼び迎えた

▼ 川ぶち~ (14, 0.1%)

1 [14件] から見返る, にある, に倒れた, に少し, に目立つ, に菜種, の八百屋, の共同湯, の土手, の茂林, の道, へ歩み寄った, まで飛ん, 伝いに

▼ 川向い~ (14, 0.1%)

2 の飯場

1 [12件] では火葬, にある, にこの, にこんもり, には山, のある, のケクワ, の山, の山裾, の方限り, の昆布岳, を通っ

▼ 川~ (14, 0.1%)

2 の方

1 [12件] から御, に出入, の仕打ち, の別荘, の奥座敷, の家令, の物, は大変, を出る, を訪ね, を辞した, を辞去

▼ 川番所~ (14, 0.1%)

2 の番太郎

1 [12件] にきょう, にもすくなから, のお, のほう, の下, の兵, の前, の方, へ交代役人, へ繩, まで引ッ, や鎌倉方

▼ 川魚料理~ (14, 0.1%)

2 を肴, を食べ 1 が出た, であったが, である, とはよい, に舌鼓, の, の店, の門構え, へ行こう, を喰べた

▼ 川らしい~ (13, 0.1%)

2 姿に, 川の 1 ごみ, ところに, な町, のです, 川に, 川も, 感じにな, 水明かりは, 石橋の

▼ 川~ (13, 0.1%)

2 の旧居

1 [11件] が, が後援, にそういう, のお話, のこと, の案内, の気性, の決行, の知人, を失う, を失わず

▼ 川長老~ (13, 0.1%)

3 が哄笑 1 がいた, がこう, が五度, であった, どうなされた, の説教, は, はこう, はこんな, は笑っ

▼ 川~ (12, 0.1%)

1 [12件] あるいは海, 何とよぶ, 堀かの, 山に, 水が, 沼に, 海か, 海に, 海へ, 竜田川かに, 隅田川か, 餡ころくらい

▼ 川である~ (12, 0.1%)

2 ことを 1 からこの, がコンボ, が忽ち, が最後, が極めて, が溜池, ことが, として居る, ので詮議, 枝折峠から

▼ 川~ (12, 0.1%)

7 中へ 1 なかで, なかに, 中さ, 中で, 中を

▼ 川~ (12, 0.1%)

1 [12件] から崖, だが, に中腰, のどこ, の島, の方, の砂, へお, へ飛び上がる, へ飛び降り, を現, を飛ん

▼ 川~ (12, 0.1%)

2 の岸 1 が変っ, とた, にそっ, に其身, の岸の, の恒, は屍體, また大地, を投げ入れた, 深く渦

▼ 川~ (12, 0.1%)

2 の川魚料理, の薄暗い 1 でも飲む, という家, と云, に入る, に至る, の小さい, へ行った, へ行つた事

▼ 川~ (12, 0.1%)

1 [12件] に傍, に展開, に往, に牛馬, に自決, の下向山, の宿, の店, の直ぐ, の草土手, の風光, を散策

▼ 川~ (11, 0.1%)

8 ひの 1 ひと云つて, ひ家並絵, 音も

▼ 川にて~ (11, 0.1%)

1 [11件] 人に, 候, 其源常州文殊ヶ岳より, 捕らるるいわなと, 捕りたるを, 朝飯くらふ, 死したるもの, 水淺けれど, 沐浴する, 鉱を, 高橋箒庵の

▼ 川中島~ (11, 0.1%)

2 に転 1 で三回, の上月, の夜霧, の月, の村, の松葉, の百姓, の百姓たち, へ退き

▼ 川~ (11, 0.1%)

2 となる, とも呼ばない, のみを以てすれ 1 との別, とは別, の奇勝, の景勝, の最

▼ 川通り~ (11, 0.1%)

1 [11件] だって荷足, の夏, の大, の船頭, の骨董屋, へ出ました, を中心, を次第に, を歩, を真直ぐ, を陽炎

▼ 川からは~ (10, 0.1%)

4 なれて 1 いやに湿っぽい, ひ上つて, 宗泉寺の, 親戚の, 角十側の, 隠居孝高入道如水が

▼ 川とに~ (10, 0.1%)

1 便船の, 分かれるが, 刻み込まれて, 囲まれて, 岐れる, 彩られた嘗て, 挟まった不正形, 挟まれた, 挟まれた尾根, 足を

▼ 川への~ (10, 0.1%)

2 落合から 1 ぼつた, 出口に, 出口の, 大水門, 小休み, 斜面の, 曳船の, 絶えざるあこがれ

▼ 川へは~ (10, 0.1%)

4 はいらないでね 1 いつたよ, ひつて, 一切漁に, 大正十五年の, 降りて, 飛込めまい

▼ 川一つ~ (10, 0.1%)

1 だけである, のあちら, 越えた伝馬町, 越したら後, 越して, 越せば, 隔てた小さな, 隔てた藪, 隔てた里, 隔てて

▼ 川鐵馬~ (10, 0.1%)

1 でした, といふ尤, の出廻る, の居間, は一刀, は喉笛, は小さい, は本, は照れ臭, は聲

▼ 川です~ (9, 0.1%)

2 が少し 1 からあれ, からほか, から非常, から馬の足, これが, ぞムダ, って

▼ 川などの~ (9, 0.1%)

1 各所に, 名は, 方から, 河川は, 河川を, 舟宿へ, 若鮎と, 諸君に, 諸隊

▼ 川国師~ (9, 0.1%)

1 が, が住む, である, ではない, にとって不利, のごとく, の如く, は故, は楼門

▼ 川~ (9, 0.1%)

1 でお, ではこれ, と云う, などに連れ, にはこの, の内, の店, へお, へ行く

▼ 川狩り~ (9, 0.1%)

1 から出た, が今日, の人夫, の壮観, の最中, の材木, の検分, をし, を検分

▼ 川釣り~ (9, 0.1%)

1 なり沖釣り, にその, になる, には玉ウキ, の好き, の方, の漁師, の餌, はぼく

▼ 川~ (8, 0.1%)

2 はまっ, 出来たで 1 へ大方姿, 下りて, 落ちて, 行つたら

▼ 川じゃ~ (8, 0.1%)

2 ないよ 1 あるめ, ないか, なかったけどよ, ねえです, アねえか, 大橋も

▼ 川なら~ (8, 0.1%)

1 これを, ば瀬, 何処にでも, 多摩川を, 大丈夫で, 少しは, 淵と, 遊釣りの

▼ 川にでも~ (8, 0.1%)

4 身を 2 渓にでも 1 いるよう, 落っこちるだろうと

▼ 川ン中~ (8, 0.1%)

2 から足, に手 1 へお, へじゃ, へ叩き込まれ, へ投

▼ 川~ (8, 0.1%)

1 お十夜様, からお, の別荘, の御, の本名, の若様, は御存じ, もお待ちかね

▼ 川~ (8, 0.1%)

1 となる, などと共に街道筋, など云う, にあわぬ, のため, のよう, の外, は実に

▼ 川那子メジシン~ (8, 0.1%)

2 の広告 1 に適用, の厄介, の名, の裏面, の誇大広告, の首脳部

▼ 川~ (8, 0.1%)

1 がある, で大, に行く, の夕, の延期, の日, の時, の花火

▼ 川しもの~ (7, 0.1%)

3 方を 1 ほうから, 大きい石, 白いランチ, 音沢内山は

▼ 川だった~ (7, 0.1%)

2 のです 1 から踏み転がる, が夏, けれど俊子, ところが, ので上流

▼ 川とか~ (7, 0.1%)

2 はるが 1 堀割とか, 山間の, 橋とか, 沙流川とか, 言う山川

▼ 川のむ~ (7, 0.1%)

3 こうには 2 こうに 1 かいは, こうは

▼ 川までは~ (7, 0.1%)

2 よほどありましょう, よほどありませう 1 ここから, そんなに遠く, 首尾よく

▼ 川むこう~ (7, 0.1%)

1 で見ました, にあらわれ, に見ゆる, の崖, の松平越前, の空, を指さし

▼ 川一面~ (7, 0.1%)

1 が湯, と云, にある, にもうもうと, に低く, に蔽, に鱒

▼ 川土手~ (7, 0.1%)

1 だった, で摘んだ, の上, の下, へ行っ, をすこし, を送っ

▼ 川~ (7, 0.1%)

2 の宇三郎 1 という仕出し屋, の亭主, はなかなか, は馬酔木林, ゆく水

▼ 川~ (7, 0.1%)

1 ではそう, の全, の屋台骨, の性格, の流儀, の相続, へあつまり

▼ 川歌夫~ (7, 0.1%)

1 からテル子嬢, っていう人, という外務省情報部勤務, という奴, という青年外交官, の恋敵, の方

▼ 川~ (6, 0.0%)

1 午など, 小姓繁などが, 断わり申し上げます, 春と, 春という, 遡上ること

▼ 川からも~ (6, 0.0%)

1 のがれるみち, 人が, 幾首かの, 彼の, 空からも, 集まりつつ

▼ 川よりも~ (6, 0.0%)

2 早く流れ 1 早く老い, 池が, 湖よりも, 町の

▼ 川一筋~ (6, 0.0%)

2 や雪 1 とか積藁, の雪, むかうで, 隔てしのみ

▼ 川三郎~ (6, 0.0%)

1 という凡そ, にし, に常識, の留守中, は何処, を煩わす

▼ 川下り~ (6, 0.0%)

1 したり, といえ, の弥次, の水, の風, をしよう

▼ 川健太郎~ (6, 0.0%)

1 がこう, が平泉, です新た, は健一, は感慨深く, は有名

▼ 川~ (6, 0.0%)

3 の主人 1 のマダム, へひとまず, へ落ち着く

▼ 川~ (6, 0.0%)

2 は紀伊 1 の入口, を下, を下っ, を越え

▼ 川~ (6, 0.0%)

4 孝と 2 孝という

▼ 川沿岸~ (6, 0.0%)

1 で土左衛門, にも三四軒, の, の土地, の惨害, の目一つ小僧区域

▼ 川渡し~ (6, 0.0%)

1 がお客, の人間, の前, の画, は雨後, 伝令斥候の

▼ 川~ (6, 0.0%)

1 か, か火事, でございます, で半分, に異ならず, の段

▼ 川留め~ (6, 0.0%)

1 であれ, で旅, になる, の所, の洪水, 川留めで

▼ 川裳明神~ (6, 0.0%)

1 と聞い, の像, の本地, の縁起, は女神, へ詣ろう

▼ 川~ (6, 0.0%)

1 から玄武洞, に, には, のたより, の方, は早

▼ 川近く~ (6, 0.0%)

1 なって, の戦略的要地, の海, の野地, の黒田, 気持の

▼ 川~ (6, 0.0%)

1 が引っ掛かっ, とが激しく, は囮鮎, は必ず, は近年, を魚籠

▼ 川あたり~ (5, 0.0%)

1 だったから, で釣つて, の泥炭地, の船宿, まで釣り

▼ 川ぎし~ (5, 0.0%)

2 に生立 1 でまっ, にあった, の濃

▼ 川さま~ (5, 0.0%)

1 がご, に会っ, の事, の計画, 御自身

▼ 川とを~ (5, 0.0%)

1 つなぐ掘割, 分つ尾根, 區別する, 知るの, 見渡すこと

▼ 川などは~ (5, 0.0%)

2 六月へ 1 どうで, 南国の, 早く増水

▼ 川なり~ (5, 0.0%)

3 池なりあらうなら 1 海なりを, 辻なりに

▼ 川のべ~ (5, 0.0%)

1 にわれ, に君, に吾, に蜂, をわれ

▼ 川へも~ (5, 0.0%)

1 ぐってぬれたやつをいまし, 投げ込めないもの, 行った, 遡って, 鮎と

▼ 川べに~ (5, 0.0%)

1 ねころばう, 下りて, 夕さりに, 立って, 聳える比叡尾

▼ 川べの~ (5, 0.0%)

1 桜を, 石に, 葦を, 逍遥を, 鳥が

▼ 川また~ (5, 0.0%)

1 これを, 余輩と, 川を, 池と, 沼葦の

▼ 川をも~ (5, 0.0%)

1 夢中で, 山をも, 打渡り箱根, 知らず来に, 知らで

▼ 川一帯~ (5, 0.0%)

4 に同時に 1 の地

▼ 川人足~ (5, 0.0%)

1 が群れ, の肩, は行きちがう, は輦台, や折助たち相手

▼ 川伝い~ (5, 0.0%)

1 にたどっ, にまっ, に爪先, に聞え, に豊海橋

▼ 川~ (5, 0.0%)

4 丁首 1 にし

▼ 川歌枝~ (5, 0.0%)

1 という女性, とは何等, と娘, は何処, ん坊

▼ 川河岸~ (5, 0.0%)

1 にはあの, の地名, の錺屋, へ出た, を二つ目

▼ 川~ (5, 0.0%)

1 から弟子屈, に浸, に浸っ, の部落, の驛長さん

▼ 川蒸氣~ (5, 0.0%)

2 に乘 1 がある, にて隅田川, の顫動

▼ 川越え~ (5, 0.0%)

31 て三百里, て皷

▼ 川那子丹造~ (5, 0.0%)

3 の真相 1 が生れた, らしく二千円

▼ 川野水太郎~ (5, 0.0%)

1 という文士, と久々, の奥さん, はイヤ, も同行

▼ 川~ (5, 0.0%)

1 にをり, に汝, に萱, のさ, の柳いま

▼ 川~ (5, 0.0%)

1 で盆踊, になった, の, の人目, の岩壁

▼ 川~ (5, 0.0%)

1 というの, はそっくり, ほど灰, を無, を知らないで

▼ 川えび~ (4, 0.0%)

1 が脚, や鮠, を買っ, 小あぢ

▼ 川そして~ (4, 0.0%)

2 南には 1 山手の, 漸くに

▼ 川その~ (4, 0.0%)

1 ものです, 向こう岸に, 家すべて, 源は

▼ 川だの~ (4, 0.0%)

1 そのあたり, 大な, 平野だの, 畑だ

▼ 川って~ (4, 0.0%)

1 うちへ, のには, ものは, 一体何川な

▼ 川とが~ (4, 0.0%)

1 あった, ありますこの, ある, しばらく闇

▼ 川として~ (4, 0.0%)

1 あつて, 太平洋へ, 心中に, 近頃漸く

▼ 川なか~ (4, 0.0%)

1 ですりかえた, へ投げだされ, へ押しだそう, へ漕ぎだした

▼ 川によって~ (4, 0.0%)

1 成長率が, 現わ, 解禁期も, 違います

▼ 川~ (4, 0.0%)

4 あすこは

▼ 川ガラス~ (4, 0.0%)

4 の若者

▼ 川~ (4, 0.0%)

1 すぢ, と筋, と筋距, 跨ぎの

▼ 川~ (4, 0.0%)

1 で南岸, の鉄橋, へかけ, まで

▼ 川吉人~ (4, 0.0%)

1 が幸い, が自ら二役的存在, の幻想, は一脚

▼ 川~ (4, 0.0%)

1 だ, でご苦労, というの, へ行きついた

▼ 川寄り~ (4, 0.0%)

1 の取遺された, の方, の線, へ曲がれ

▼ 川~ (4, 0.0%)

2 伯爵が 1 伯爵から, 伯爵と

▼ 川~ (4, 0.0%)

1 だけでも五六丁, は一間, は隅田川, は随分

▼ 川橋畔~ (4, 0.0%)

2 の雀 1 にある, に現在

▼ 川歌枝さん~ (4, 0.0%)

1 で自殺, の事, の投書, の自殺

▼ 川海老~ (4, 0.0%)

1 が小さな, が楽し, の串焼, の異端

▼ 川温泉~ (4, 0.0%)

1 で会議, という, に安宿, に着いた

▼ 川~ (4, 0.0%)

1 にいった, に行っ, へまた, をし

▼ 川~ (4, 0.0%)

2 の姿 1 が飛び抜けた, は電報配達夫

▼ 川~ (4, 0.0%)

1 から本所, から本所五つ目, と称し, に多年居住

▼ 川~ (4, 0.0%)

1 というの, の人, をおけない, を集め

▼ 川百足~ (4, 0.0%)

1 など姿, に至っ, もいる, も瀬虫

▼ 川~ (4, 0.0%)

1 一の, 八に, 四発電所より, 幾橋

▼ 川自身~ (4, 0.0%)

1 から聞いた, が志賀先生, の声, の関する

▼ 川~ (4, 0.0%)

4 の音

▼ 川からの~ (3, 0.0%)

1 人が, 冷たい風, 手紙或は

▼ 川ぐち~ (3, 0.0%)

1 に島脱, へ入っ, までのあいだ

▼ 川しもに~ (3, 0.0%)

1 あらわれて, ある水車小屋, 見いだされた

▼ 川せみ~ (3, 0.0%)

1 のセミ, の所, も丁度

▼ 川づたいに~ (3, 0.0%)

1 上って, 帰って, 逃げ延びて

▼ 川であった~ (3, 0.0%)

1 か海, が命, が音

▼ 川であろう~ (3, 0.0%)

1 か, とおもわれる, とゆっくり

▼ 川での~ (3, 0.0%)

1 ボートあそび, 場合は, 祭礼狂言は

▼ 川とかいう~ (3, 0.0%)

1 ものの, 店で, 水が

▼ 川と共に~ (3, 0.0%)

1 下りて, 南東走する, 秩父の

▼ 川などが~ (3, 0.0%)

1 やつて, 現われて, 糸の

▼ 川なる~ (3, 0.0%)

1 その邸, 其邸で, 西ヶ原の

▼ 川なんか~ (3, 0.0%)

2 じゃよく 1 なら自信

▼ 川につき~ (3, 0.0%)

1 きりで, きりな, 狩野派を

▼ 川エビ~ (3, 0.0%)

1 で一日, をオモリ, を夜釣り

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 中ニイル水死人ハ, 入ニテ, 流レニシタガッテ

▼ 川一ツ~ (3, 0.0%)

1 へだてた向う, へだてた近, 隔たりたり

▼ 川一条~ (3, 0.0%)

1 なり然, の前途, は人界

▼ 川一杯~ (3, 0.0%)

2 に流れ 1 を抱きしめ

▼ 川亡魂~ (3, 0.0%)

1 と唱え, なるもの, に相違

▼ 川会議~ (3, 0.0%)

1 を自宅, を開い, を開いた

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 にうかがった, を出, 待って

▼ 川周馬様~ (3, 0.0%)

1 それ程の, の奥方, の隠密術

▼ 川~ (3, 0.0%)

2 を積み上げた 1 で新地

▼ 川天狗~ (3, 0.0%)

1 に相違, のまね, を捕らえ

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 からわき出た, と覚しき, に押しひろがっ

▼ 川文學士~ (3, 0.0%)

1 が伴, の隣, は既に

▼ 川木屋~ (3, 0.0%)

1 で刀, の内情, をオレ

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 とを引換, は, を眺め

▼ 川杉屋~ (3, 0.0%)

2 の身代 1 で何

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 どんなところ, の, を流る

▼ 川牛乳店~ (3, 0.0%)

2 の荷車置場 1 に生れ

▼ 川白く~ (3, 0.0%)

2 流れたり 1 黄ばんだ土手

▼ 川祭り~ (3, 0.0%)

1 が大きな, に胡瓜, の固有

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 と共に古く, の文字, の柔線

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 によって作り出されたる, によって新た, によって生じた

▼ 川藥師~ (3, 0.0%)

1 の富, の留魂祠, の石標

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 の流れ, の濃紺, の靡い

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 とは城下, へ乗りこみました, まで

▼ 川那子~ (3, 0.0%)

1 がどんな, だから, 満右衛門

▼ 川那子薬~ (3, 0.0%)

2 で全快 1 をのませた

▼ 川那部易介~ (3, 0.0%)

1 が徹宵附, の所有品, は成年

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 である, に請うた, は書籍

▼ 川~ (3, 0.0%)

1 がぎらぎら, さえたちのぼっ, もほ

▼ 川鳴り~ (3, 0.0%)

3 の音

▼ 川あの~ (2, 0.0%)

1 山々, 川は

▼ 川あら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば此蝶

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 入って, 入ると

▼ 川がわ~ (2, 0.0%)

2 づかに

▼ 川くま~ (2, 0.0%)

1 のふた, を廻り来る

▼ 川これ~ (2, 0.0%)

1 なり, によりてその

▼ 川しも~ (2, 0.0%)

2 旧米沢町

▼ 川しもで~ (2, 0.0%)

2 発見された

▼ 川しろじろと~ (2, 0.0%)

2 まじはり

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 ぢの, ぢ一帯どこを

▼ 川すなわち~ (2, 0.0%)

1 今の, 相模川の

▼ 川それ~ (2, 0.0%)

1 から古川, に呼応

▼ 川それ自身~ (2, 0.0%)

1 の争闘, の栄華

▼ 川だけが~ (2, 0.0%)

1 中国山脈を, 異常に

▼ 川だけでも~ (2, 0.0%)

1 十幾つか, 合計約

▼ 川だって~ (2, 0.0%)

1 その勢い, そんなに遠く

▼ 川だつた~ (2, 0.0%)

1 か棒杭, がその

▼ 川だろう~ (2, 0.0%)

1 が金, と海

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 や, やない

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 端へ, 端を

▼ 川づたいの道~ (2, 0.0%)

1 でしたが, を女

▼ 川でない~ (2, 0.0%)

1 から永代橋, から石

▼ 川としては~ (2, 0.0%)

1 多分上流, 小さいその

▼ 川とで~ (2, 0.0%)

1 形成られ, 形成られた

▼ 川とでも~ (2, 0.0%)

1 合する, 申そうか

▼ 川ながら~ (2, 0.0%)

1 船の, 頗ぶる

▼ 川など~ (2, 0.0%)

1 である, 何れの

▼ 川などと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 大きなこと

▼ 川なども~ (2, 0.0%)

1 おのおのこの, やはり動物

▼ 川なれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ばローマ

▼ 川については~ (2, 0.0%)

1 またこの, 構造よりも

▼ 川に対して~ (2, 0.0%)

1 この大, 限りなき

▼ 川のしも~ (2, 0.0%)

2

▼ 川のみ~ (2, 0.0%)

1 ぎわを, 行方も

▼ 川はと~ (2, 0.0%)

2 聞くと

▼ 川ばかり~ (2, 0.0%)

1 で, では

▼ 川~ (2, 0.0%)

2

▼ 川へと~ (2, 0.0%)

1 伴れ, 低く裾

▼ 川ほど~ (2, 0.0%)

1 歴史を, 神秘に

▼ 川みたい~ (2, 0.0%)

1 な物, になり

▼ 川むかひ~ (2, 0.0%)

1 柳千株に, 黄褐色の

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 ふべは, 行く水

▼ 川ゆき~ (2, 0.0%)

1 か, 森を

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 いつ見, とわに

▼ 川ん中~ (2, 0.0%)

1 から這いあがっ, にでもドンブリ

▼ 川ツヤ子さん~ (2, 0.0%)

1 の手紙, は妾

▼ 川一つ向う~ (2, 0.0%)

1 はもう, を敵国

▼ 川万楼~ (2, 0.0%)

1 の暁, へ行く

▼ 川~ (2, 0.0%)

2 忍の

▼ 川~ (2, 0.0%)

2 という料理茶屋

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 岸の, 岸一覧

▼ 川中島附近~ (2, 0.0%)

1 には塩柿, の越後

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 に乗込んだ, の甲板

▼ 川二間四方~ (2, 0.0%)

2 ほどのところ

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 のせ, 多くし

▼ 川伯爵~ (2, 0.0%)

1 だ, の令息

▼ 川便~ (2, 0.0%)

1 でおくれ, で勘定所

▼ 川俟村~ (2, 0.0%)

1 と, まで

▼ 川健一~ (2, 0.0%)

1 はこんな, は二人

▼ 川健一少年~ (2, 0.0%)

1 は必死, は誰

▼ 川入り~ (2, 0.0%)

1 の日, の池

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 帯の, 體の

▼ 川兵助~ (2, 0.0%)

1 はある, を書いた

▼ 川利一~ (2, 0.0%)

1 という筆名, なんて名前

▼ 川利一様著者~ (2, 0.0%)

1 という字体, と毛筆

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 という料理屋, を出た

▼ 川及び~ (2, 0.0%)

1 松浦川の, 関宿から

▼ 川周囲~ (2, 0.0%)

1 の山地, を取囲ん

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 の普請, へ流れ込み

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 ありて, の下

▼ 川天竜川~ (2, 0.0%)

1 に入る, の間

▼ 川太郎~ (2, 0.0%)

1 じゃとかおしろい, にだまされた

▼ 川夫人~ (2, 0.0%)

1 として披露, になった

▼ 川好き~ (2, 0.0%)

1 な男, の友達

▼ 川学校~ (2, 0.0%)

1 へ行く, へ通っ

▼ 川宿~ (2, 0.0%)

1 の兆, の宅

▼ 川小屋~ (2, 0.0%)

1 から土地, で一席

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 で股, の下

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 の窪, の際

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 だぞ, で働いとる

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 一町余あさし, 六七町なれ

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 の流, の流れ

▼ 川忍川~ (2, 0.0%)

2 不忍

▼ 川志賀先生~ (2, 0.0%)

2

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 ぞつもり, わたる身

▼ 川料理屋~ (2, 0.0%)

1 だったかと, へ行つて友だち

▼ 川断じて~ (2, 0.0%)

2 お断わり

▼ 川方面~ (2, 0.0%)

1 に行動, への突撃

▼ 川旅館~ (2, 0.0%)

1 の朝めし, へ宿

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 の出る, の此頃

▼ 川春の店~ (2, 0.0%)

1 にいない, の者

▼ 川春の店さき~ (2, 0.0%)

1 へ忍ん, まで行きかかる

▼ 川景色~ (2, 0.0%)

1 でも見, はさ

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 という侍, という旗本

▼ 川梅園~ (2, 0.0%)

1 も廢, も無くなり

▼ 川槇雄作~ (2, 0.0%)

1 と彫りつけた, の木彫

▼ 川樣兜町~ (2, 0.0%)

2 の米樣

▼ 川権六~ (2, 0.0%)

1 なの, まだまだ汝

▼ 川橋下~ (2, 0.0%)

1 の水門, を過ぎ

▼ 川橋場総泉寺~ (2, 0.0%)

2 の裏手

▼ 川水位~ (2, 0.0%)

2 に冷えた

▼ 川治水~ (2, 0.0%)

1 で金, の怨み

▼ 川海苔~ (2, 0.0%)

1 よ, を細かく

▼ 川深川~ (2, 0.0%)

2 の小名木川辺

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 りなまって, りを

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 の大概, は大概

▼ 川渫い~ (2, 0.0%)

1 や土方, 畑作土方お

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 は信越, は嶋中

▼ 川溜池~ (2, 0.0%)

1 といふところ, へ遊び

▼ 川王子~ (2, 0.0%)

2 の音無川

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 肅ノ, 肅ヲ

▼ 川福士川佐野川稲子川芝川~ (2, 0.0%)

1 など何れ, など渓流魚

▼ 川芝川~ (2, 0.0%)

1 など何れ, など渓流魚

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 の香, を採っ

▼ 川落合~ (2, 0.0%)

1 と順に, の両

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 の中, の蕭々

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 行かんと, 蹈み込んだ

▼ 川近い~ (2, 0.0%)

1 下流へと, 書斎に

▼ 川野田尻犬目鳥沢~ (2, 0.0%)

1 も過, も過ぎ

▼ 川野田尻犬目鳥澤~ (2, 0.0%)

2 も過

▼ 川釧路町~ (2, 0.0%)

2 を眼下

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 の向うあたり, へ入

▼ 川附き~ (2, 0.0%)

2 の座敷

▼ 川~ (2, 0.0%)

1 が白い, 啼く

▼ 川魚みたい~ (2, 0.0%)

1 でちょっと, な欠伸

▼ 川魚中~ (2, 0.0%)

1 には魚卵中, の王

▼ 川魚特有~ (2, 0.0%)

1 の淡泊, の薄

▼ 川麻布~ (2, 0.0%)

2 の古川

▼1* [664件]

越して, 川あかりが如何, 川あきらめの野, 川あげだしさては鳥, 川あそびにいっ, 川あとの眞ン中, 川あなたの町, 川あり合して滝, 川ある樺太も, 川あるいは大井あたりまでの, 川あればこの, 川いさとこたへて, 川いっぱいの涼み船, 川いづるみなとは, 川いにしへの, 川うち過ぎて, 川おのづから分岐, 川および夕色に, 川お前は案外, 川かいの, 川かしらと思ひました, 川かとも思ったん, 川かなしく死ねるよう, 川かなどと尋ねられる, 川かへ身を, 川かも知れません, 川きよき佐賀の, 川ぎわを立っ, 川くだすいかだの, 川くんだりの雲助, 川ぐち魚見堂を本営地, 川ぐらいのもので, 川こうやるン, 川こえて, 川ここに入る, 川ことしの花, 川このあたりは, 川こ大水で行かえない, 川さえおおかた姿, 川さらいの仕事, 川さんあなたがわたし, 川さんきょうはさかん, 川さんそれはどういう, 川さんひとつすぐに, 川さんファザアならファザア, 川さん私が貴方, 川ざらいには土, 川しばしが程, 川しもには油堀の, 川しもへ押し流されて, 川しもや月の, 川しもを見ると, 川しりの八十, 川じりゆ吐き出, 川すそで, 川すでにくらき夕, 川せうえうしける, 川そこなる影, 川それから相模川などで, 川だけに流れる水, 川だし大は大, 川だ聞いてみなさい, 川ちうのは, 川っていう字は, 川つづきをこのまま立慶河岸, 川づたいに何処へか出, 川づたいに信濃川本流へで, 川づたひに信州に這入つ, 川づたひに行つて, 川づたひに路地の家, 川づたひのみちを行きました, 川であって海, 川であり雨の, 川でしたがなまず, 川でなくて海, 川でなくって堀川, 川で無い池に, 川というは古名である, 川といった頃土師臣中知と, 川といふのみなもと, 川とだけが硝子の, 川とてひたすらに, 川めも, 川どこも水涸れ, 川どのからの添書, 川ながれ塵埃の, 川なぞへ行っ, 川なぞの流れに, 川なぞは可哀想な, 川などから沢山の, 川などでやって, 川などには断じてなれ, 川などへいっては, 川なみなみに充ち, 川なめらかにくすん, 川ならぬ時の, 川ならんこと疑いなし, 川なりに辿ると, 川なりの景色でありましょう, 川なんかのあるのに, 川にかかつてゐる, 川にかけて燃え弘, 川にこそ來りけれ, 川にさえ出没し, 川にだけ居る特別, 川にてはほと, 川にと齒痒く, 川にとりまして上作の, 川になつてそそい, 川にばかり棲む鯨類, 川にぶくひかって, 川により場所により, 川によりも振らないぼく, 川にわ文字通り鮭が, 川に対する愛情を, 川のぼり來る, 川のむらさき鯉を食う, 川のりあひ, 川はかへつて西南, 川はずうっと, 川ははばが, 川はるかに葛飾, 川はんの座敷, 川ばかりに行って, 川ひとえ彼方, 川ひとつへだてて, 川ひとつただにかびろき, 川ひと筋のながき, 川ひろびろとした, 川の柔草の, 川びらきの夜, 川ぷちを崩し, 川へか或は川, 川へなど身を, 川へなんて其, 川へねボーし, 川へばかりゆくの, 川へまで出かけて, 川へり一帯薄が, 川べには水車が, 川べをゆけば, 川ほたる杜鵑, 川ほとりに生れた, 川づその貧しき, 川までが入り組んで, 川までの崖は, 川までもちょうどソフトフォーカス, 川ぎはのみこそぬれまさりけれ, 川みどりこよなく濃ゆし, 川むかしは武藏下總, 川もござりまする女の, 川もち力もち葛湯麦粉などの中世的粗野, 川もとうたう涸れて, 川ものを生かし, 川もろともに吉林, 川もをさなくて, 川やったら川並山へ, 川やら掘切, 川やらを仔細に, 川よどにし, 川よりは平穏だ, 川づかまで, 川わがおもふ, 川をずつと上流の, 川をのぼつて, 川をはだかで, 川をばドミの, 川をわたつたり, 川荒れる, 川アキシオス流るるほとりアミドーン, 川アリ是ヲ界トスルナリ, 川エビタナゴにし, 川エビフナ海ではカサゴ, 川エビ釣りであらう, 川エビ魚類は人間, 川エルべ, 川キンキンたれば, 川クンボベツ川斗満川の相会, 川グルミ沢の頭, 川グル川大重沼押っ堀, 川コンコンと流れる, 川スティックスを認める, 川スティージェの沼, 川タナゴのしもり, 川ダンテの時代, 川てところ, 川ッぷちで蔭間が犬, 川ッぷちを五ノ橋通り, 川ッぺりのビル, 川打チアゲテ何スルノ, 川トンボの模様, 川ト云フ川アリ是ヲ界トスルナリ, 川ニナッタカラ問屋ヘ寄ッテ, 川ネズミをつかまえ, 川ネッタレの川, 川ハ加賀川ノ入, 川ブチで熊, 川プラート市の附近, 川入ラナイ, 川ヘンリーの心臟, 川マスの養魚池, 川マスニジマスブルトラウトスチールヘッド等の各種鱒族, 川メルボルンに至り, 川ラヴェンナの北, 川ルッカの人々夏, 川越エ給ヒ武田四郎勝頼ガ此地ニカカラレ候折ノ, 川ヲミテハキ気ヲ催ス, 川ンとこを測量, 川一すじの隣, 川一すじ隣の讃, 川一つ山一つ越しゃへえ, 川一つ有よし, 川一つ距てた組屋敷, 川一の橋のこと, 川一パイの涼み船, 川一丸とか吉野丸, 川一丸関東丸十一間丸などと名, 川一人で腕, 川一処に会, 川一家の人達, 川一曲景一変舟の動く, 川一歩こえれば, 川一派に気づかれ, 川一端そいつが, 川一筋向のお, 川一門に向っ, 川万場油井薩陀峠箱根山六郷大森等に鴻爪, 川万河を見, 川丈座へゆく, 川三勝三敗五分と五分の星, 川三囲の段, 川三日の原, 川三次郎矩行仇討執心の趣, 川三留野の両, 川三郎兵衛次男三次郎矩行と申す, 川三隈川花月川そうし, 川上流のカムイエロキ, 川上流地帯に起きた, 川上流小瀬戸の御料局宿泊所, 川上郷の奥, 川下木下川はるかに葛飾, 川なるが, 川中島地方で二月八日, 川中川隠亡堀あたりの描写, 川丹波守どのまえだ玄以斎どの, 川主税之助, 川久原川の流れ, 川序, 川と, 川亀島川箱崎川がある, 川二つ渡って, 川二つ渡つて伯父夫婦を見舞, 川京橋川汐留川の三筋, 川人間犬電信柱なん, 川の御茶の水, 川付近を荒した, 川以外の男, 川伏流を為し, 川伯爵様のお, 川住吉堺までを作戦地域, 川佐野川福士川戸栗川波木井川早川常葉川など何れ, 川何処の峡, 川使用権とプラチナ山, 川に移った, 川備前屋の親仁伊左衞門, 川と書い, 川この数日来頭痛, 川入江の蓮, 川全体が胴, 川八代將軍吉宗公の御代名譽, 川公一岸田一夫堺駿二大村千吉石田清などである, 川六条などの遊君, 川其の川上は, 川内房川稲子川佐野川福士川戸栗川波木井川早川常葉川など何れ, 川冷たいなあ, 川凍ったばかりで, 川とでも書け, 川出し等の費用, 川出現の条, 川出生の者, 川出陣などを重ね, 川のアルノ, 川加茂川原づたいに洛中を焼き, 川または大川化, 川は淀川, 川北上川だの利根, 川北新川は大江戸, 川十勝石狩國境の山中, 川十里四方万世無税家康湯の島へ入湯, 川千禽が何と, 川千禽都は恋しく, 川千筋萬筋の鰻, 川は大空濠, 川南方エチオピアよりいづ, 川という家, 川なるが, 川司天龍黒瀬川大鳴門等々, 川合流の地点, 川吉野十八郷の荘司ばら, 川吉野川などと川, 川同じく本所五ツ目羅漢寺千住目黒青山竜巌寺青山穏田水車神田駿河台日本橋橋上駿河町越後屋店頭浅草本願寺品川御殿山及び, 川を権六, 川君一言も無い, 川吸峠を踰, 川周伯といふ者, 川周馬あとへも退かず, 川周馬ずれに, 川周馬の足は軽い, 川周馬ゲタゲタ笑って, 川周馬バラバラッと表二階, 川周馬ムクムクと身, 川周馬一個人の立場, 川周馬五六寸ほど後ずさりし, 川周馬大手をひろげ, 川周馬天堂一角そしておれ自身, 川周馬引金をひいたら, 川周馬悪党のくせ, 川周馬手をつかえ, 川周馬目をねむっ, 川周馬秘密の渦路, 川周馬総髪で納まっ, 川周馬腕に器量, 川周馬腰から鍵, 川周馬血達磨のよう, 川周馬隙を狙っ, 川和泉屋の子息, 川喜多長政氏や其他茲, 川嘉治郎なんていう, 川土呂部川の岩魚, 川土堤を一里, 川土材木などの問屋, 川圭祐君がうたった, 川圭祐淡谷のり子笠置シズ子さんを始め, 川地方では二, 川地蔵川熊川にも姿, 川埃及山何処平沙望漠然, 川増水のため, 川なき小, 川は秋, 川多摩川の清流, 川多摩川久慈川の谷, 川夜光命は利根, 川夜船に素見山の手, 川大和屋で百枚, 川大膳なり開門, 川大谷兩人が呈せ, 川大重沼押っ堀, 川大野川中江川の諸, 川奈良井へ来た, 川奥山の旅, 川学園の保姆, 川学士に依頼, 川宗泉寺老和尚, 川家別邸へ引, 川宿秋葉山伏赤川大膳方に居られ, 川寂びた由縁の, 川富士川の鐵橋, 川小名木川に比し, 川小学校の訓導, 川小田原の酒匂川, 川のない, 川尾瀬沼の附近, 川屈曲深き所, 川山吹の如き, 川に八十洲, 川岩淵などで一尺, 川峠尾鷲をへ, 川崩壊をメメ, 川また池, 川川一杯を抱きしめ, 川巡査が出張, 川巡礼殺しとを出し, 川巣鴨葛飾の生活, 川左右は予山, 川左岸に陣地, 川左門太押っ取り刀, 川巾廣く穩, 川巾狹く棧橋, 川市村しるこ渠はあまい, 川師仲間でも誰, 川師堀武三郎の留守宅, 川常陸の馬見山, 川平澤の諸, 川を色々, 川幸田親益宿谷空々新楽閑叟, 川雅な, 川広い川を, 川広ければはしもみじ, 川庄右衞門樣御先觸參り來月中旬頃, 川もすれちがう, 川康樂園に雇, 川をなし, 川彼方を跛足, 川往来の蒸汽船, 川後ろ一面たんぼの中, 川御成である, 川忘却というもの, 川恩智川などがいわゆる, 川恵那峡養老長良川等に遊ぶ, 川或は湖より, 川戸栗川福士川佐野川稲子川芝川など渓流魚, 川戸田川新正川鮒川町屋川あたりまで釣り, 川手紙まろめて流しけり, 川投身も知ってる, 川揖斐川などの海口, 川支配の役人, 川教官へお, 川文好の家, 川文眺め前津の香雪軒, 川斎藤寅次郎としばし, 川斗満川の相会, 川料理の支那料理店, 川料理店であつ, 川新正川鮒川町屋川あたりまで釣り, 川日原川秋川などはここ, 川日田よりくだる, 川やたえだ, 川早川常葉川など何れ, 川春町が黄表紙, 川春町芝全交, 川の光, 川普請の蛇籠, 川普請等の土木工事, 川暗い野路見渡す, 川暴漲せりと覚, 川最奥の部落, 川の裏皮, 川漕ぎしつ, 川木草石等の神, 川本道建て物, 川朽ちてかたぶく, 川杉家を覘, 川来たのかと, 川松瓦煎餅の亀井堂, 川板橋その他明日は林町, 川栄二の秘書役, 川根利沢砂沢南雲沢吾妻川など利根川, 川白くちりぬ, 川梅園向島の百花園, 川森沼御勝利, 川森野原そして仲, 川楊つまり柳の木, 川を休ん, 川様あなたはすんで, 川様兜町の米様, 川様藤枝蔵人様が三河屋, 川横断三千谷安岳縦貫一百州地底猶埋, 川歌夫さんはそれっきり, 川歌夫君の事, 川歴々たり漢陽, 川殿しばしば遊びたま, 川の黄いろ, 川水の上に一, 川水一落して, 川水一面金の帯, 川水二人が弥陀堂, 川水出迎へた, 川水弥陀堂迄送, 川水従て泥濁り, 川水日夜に流れ, 川水毎夏漲り色, 川水牛角なきを, 川水訪問したが, 川水郷田名へ日本教育TV, 川水雪代ふ, 川氷解け初め, 川汐留川の三筋, 川の山, 川江戸川今井橋の上手, 川江長津江近く渾河や靉河, 川河口ではミカン, 川治水積年の鬱憤, 川沿岸一帯は工場相, 川はおろか溜り水, 川波木井川戸栗川福士川佐野川稲子川芝川など渓流魚, 川波木井川早川常葉川など何れ, 川波木井川福士川佐野川稲子川芝川など何れ, 川泳ぎして, 川洲此方の露地, 川流しともまたは, 川流れて清き, 川流域に栄え, 川流沼澤の滅却, 川浅く流るる島田屋, 川浮ぶ水沫も, 川海池沼にし, 川海道一の早瀬, 川涼みと思ったらしく, 川淀川の二水, 川淺瀬でほのぼの, 川清八という関取, 川清明の滝辺, 川渓谷などの話, 川渡らぬさきに, 川渡り急ぐなよゆっくり, 川渡ることむずかしく, 川渡れば又, 川渡河強行のこと, 川温泉入口とアーチ, 川渺茫裾野の道, 川湧けば, 川湯西川三依川, 川漁師が二人, 川漲りて詮術, 川漲り流れ左り, 川濁れる水に, 川濁水の臭気甚, 川濃き緋の, 川濫觴ハ奥仙丈ノ中, 川瀑沼となり, 川いでやつ, 川為次郎氏これは皆松山人, 川無滞一統相済候, 川片方は阿武隈川, 川特性の水温, 川狭き川流れ落つ, 川うして, 川番役人はそんなに, 川番役人共がどうしても, 川白き濁りに, 川白く長きと炎天, 川百足黄金虫蟹などで何, 川目がけてサーッ, 川直に隅田川と, 川花帰時日景猶, 川知らず山案内の, 川矩行という若, 川の老舗, 川石岩に映, 川次郎なり, 川を設け, 川社こころましませ流れ, 川神田川それから古川, 川秋田と称し, 川稲子川佐野川福士川戸栗川波木井川早川常葉川など何れ, 川穀蒼ざめた瞼の下, 川章邱等に約, 川童予防の護符, 川童今は村, 川童駒曳の一話, 川竹葉丹波屋大和田伊豆屋奴なぞそれぞれ, 川竹葉大黒屋蕎麦は団子坂, 川箱崎川がある, 川紅葉や朽ち, 川紫色の波, 川細谷離と村内, 川の乱, 川続きであるから多く利根, 川網六兵衛の家, 川の山, 川育ちは川, 川肴料理では赤, 川と申す, 川の夢おだやか, 川臥してしづか, 川自体がぐン, 川自身河尻殿のお, 川艶子さんのお, 川芝居小屋料理屋果物屋がある, 川芦一本にまがりけり, 川英次と言う, 川荊公の細, 川荒廢の跡, 川落口より下, 川蒸気川の向, 川蒸気船の着く, 川蒸汽川の向, 川蒸汽船の石炭殻, 川蒸汽隊を組み, 川蓮池に隣, 川薄根川片品川赤城大沼の出尻, 川虫山葡萄の蔓虫, 川虫魚類ではイワシ, 川が白い, 川蛇出羽にてトンヘビ, 川のやう, 川蜻蛉のやう, 川街道である, 川装束でひょっこり, 川をすぐ, 川裳明神縁起とある, 川西ヶ原の陋巷, 川西保川は孰, 川西俣にぐっと, 川要橋の木場, 川見え森の, 川筈十二社少し, 川は, 川葛孔明論の, 川谷川宝川楢俣川薄根川大尻川, 川赤川などの山女魚, 川越中立山の西北, 川に直, 川辰口で一丈, 川辰巳巷談書きだしたらきり, 川クノ或, 川ひあぐる裸馬, 川へ出る, 川通りのはづれ, 川通り二つ目の橋, 川通餅と称す, 川などをしない, 川遊園地の桜, 川運上雑魚を漁っ, 川遠い此村里では, 川遠く行く, 川遠白く山青し, 川那ホテルの上, 川那子さんざまあ見ろ, 川那子メジシン全国総発売元, 川那子メジシン新聞広告ほど醜悪, 川那子丹造鑑製の薬, 川那子商会支店長に任命, 川那子家の御寮人, 川那子肺病薬に対する盲信, 川酒勾にか, 川酒匂川は六月一日, 川野水太郎君を訪ね, 川金茶大根おろしかき下ろしよ, 川針摺橋に二段陣地, 川鉄道の線一つ, 川鐵馬さんの怨, 川鐵馬御用だぞ, 川開中止となる, 川閑居時代にふと, 川と何事, 川附近の農家, 川を見あげた, 川雲南の方面, 川霧立まよふ, 川青海北チベットにまたがる, 川風凉しき夏の夕暮, 川風思画堂青潮水の音, 川風肌にしみじみ, 川飛び餅だ, 川飛騨川の渡舟, 川飛鳥川にあらね, 川餅屋の前, 川のごとくで, 川なども以前, 川駅前のガレージ, 川の勘五郎, 川高原療養所近く流れて, 川魚これは湖水魚, 川魚たちの祝祭日, 川魚専門の事業, 川魚專門の料理店, 川魚茶屋で酒, 川魚釣りにはなく, 川魚類もまた, 川魚鳥肉果実牛酪菜根などあらゆる, 川鮑魚湯だの葱焼海参, 川鮒川町屋川あたりまで釣り, 川のこれ, 川鯊鮠雨降り揚句には鮒, 川のとれる, 川鱒ロース焼の馬鈴薯, 川には東京, 川鱸釣りの興趣, 川を助けた, 川という鳥, 川の群, 川鶺鴒も来る, 川鼎造学士担当約一ヶ年