青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「岡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

山の上~ 山上~ 山中~ 山口~ 山崎~ 山本~ 山田~ 山脈~ 屹度~ ~岡
岡~
岡田~ ~岩 岩~ 岬~ 岳~ ~岸 岸~ 岸本~ 峠~ 峯~

「岡~」 3564, 34ppm, 3422位

▼ 岡~ (826, 23.2%)

65 上に 28 上の 10 御神 9 上へ 8 ことを 7 上から, 上で, 方を 6 上には 5 上は, 伯父は, 家の, 崎にも, 手を, 方に, 顔を

4 [16件] ほうに, 上まで, 上を, 下の, 中腹に, 地勢を, 方へ, 東塔に, 畑に, 畑は, 裾に, 裾を, 道を, 鉾杉, 陰から, 麓に

3 ような, 上, 傍の, 小町, 斎き姫, 蔭から, 辺に, 麓を

2 [53件] うえに, なぞへに, ふもとの, ほうを, ように, アトリヱで, 一件の, 一件は, 一件を, 上では, 上べ, 下で, 下へ, 亭主について, 伯父が, 伯父に, 前に, 地に, 墓と, 墓の, 墓地には, 夕陽敗荷の, 大虎, 大鳥居の, 意中の, 手は, 方の, 方へと, 梅の, 樹梢を, 法師と, 法師の, 町の, 畑一杯に, 目を, 碧潭に, 端の, 端は, 端を, 肩に, 胸の, 草根を, 親爺が, 赤い曼珠沙華, 辺なんぞ, 辺の, 鉾杉を, 鉾杉鉾杉の, 陰に, 高みに, 麓から, 麓の, 齋き

1 [450件] あたりで, あたりに, あたり獅子は, あちこちに, あの一件, あるの, いう事, いただきも, いるの, いる事, うえをも, お仕置場という, お供これは, ここの, ことが, ことも, ことや, この言葉, ごとく積んで, さる法師, すそを, すみかへ, すみれを, せせらぎや, その手紙, そば近く, たぐひ, ために, つかさに, てっぺんに, ところに, ところへ, ところまで, はなしと, ひた岡, ふもとから, ほうへ, ほかに, ほとりで, まわりにも, ものは, やさ肩, やに, ようかと, わが荒, アトリヱから, アトリヱの, アトリヱへ, アトリヱまでの, ブロンズを, モデルを, モデル椅子に, 一件だ, 一件という, 一件な, 一林に, 一端では, 一週駿河台の, 一部を, 三庵先生は, 上が, 上であった, 上とか, 上などで, 上なり, 上なる, 上にも, 上より, 上ろに, 上下を, 上棟式には, 下あたりに, 下から, 下では, 下に, 下には, 下まで, 下を, 下迄は, 丘の, 丘阜を, 中ほどに, 中村君と, 中腹へと, 中腹を, 中途に, 丸木, 事が, 事などを, 事を, 二本松, 五人が, 五百杉山は, 人目の, 仕事と, 仕事に, 仕事は, 仕事はじめの, 仕事振りを, 仕業に, 伯父の, 作品が, 信号球は, 側へ, 傍で, 傍なる, 傾斜の, 元神官屋敷, 先に, 全景が, 全貌を, 兼好が, 内へ, 写真は, 出鼻から, 分には, 刑場へ, 制作台に, 制作品である, 前が, 前で, 前年度の, 前後の, 劉修撰の, 加わった事, 北の, 北面の, 匪賊と, 南の, 南側を, 原っぱで, 友人で, 口から, 口を, 口唇から, 古墳の, 右手の, 合戦までは, 名など, 名には, 名も, 名物が, 向うに, 向うには, 向うの, 周圍の, 呼んで, 問題は, 問題を, 噂や, 噂を, 地勢であった, 地勢に, 坂下に, 城主中川修理大夫久昭に, 城主中川修理大夫久貞の, 城主中川修理大夫久貴の, 埴谷の, 報告も, 場でも, 場合には, 場合は, 塞な, 塾は, 墓伽羅樹一もと, 声で, 声を, 外からは, 大役お引き受け申し, 大役を, 天海寺だ, 夫人は, 奇矯な, 奥の, 好きな, 姉の, 姿は, 字に, 家, 家から, 家では, 家は, 家専ら, 家瑠璃すむ, 寄宿舎が, 實家から, 寺といふ, 小作地の, 小松の, 小泥棒, 小町が, 小藪で, 小高い所, 尾崎を, 局を, 屋敷, 山の, 山中に, 山林へ, 岡の, 岡場所と, 峠路だった, 峡から, 峰ふかく, 差し入れ口だ, 差し出す紙幣, 布の, 帰って, 年貢の, 庭と, 庭の, 庭や, 庭を, 庭乳首を, 庵に, 庵の, 庵へ, 弟の, 形は, 後を, 従妹に, 心の, 心を, 心持ちを, 応待が, 忠節として, 性質では, 悪辣な, 惨殺された, 意である, 意志では, 所へ, 手から, 手が, 手によ, 手紙の, 手製の, 招きで, 招待川口松太郎と, 指す母家, 指先に, 指紋も, 掌が, 数多い石仏, 斜面に, 斜面の, 方が, 方角へ, 旅は, 旅館に, 時鳥いつか雲井の, 智恵取り, 最初の, 木かげに, 木も, 木立は, 本街道, 本陣は, 本陣を, 杉の, 条に, 条には, 条にも, 来た時, 来診の, 東に, 東一里の, 東側に, 東尾根の, 東端ひときわ, 東西には, 松には, 松は, 枝垂櫻と, 根に, 根を, 梅林から, 森に, 森は, 森蔭に, 様な, 横顔を, 樹木欝蒼たる, 樺太神社から, 樺太神社に, 歌が, 歌の, 歌は, 歎き, 歩みは, 残した貞世, 殿づくり饑ゑし百人つちはこぶらし, 気先をさえ, 気持ちは, 池に, 法師へ, 法橋とも, 流石に, 深草といふ, 淺間下の, 清水の, 湊すなわち, 煮え切らないよう, 片岨, 片端などに, 片端の, 牧場という, 牧場の, 猛虎で, 猛虎をも, 現實, 田圃だ, 田舍に, 申す條, 男で, 町に, 画室の, 画室を, 畠へ, 盛事が, 盡きたる, 目の, 相談に, 看護ぶりは, 真向きの, 眼ざし, 眼と, 眼には, 眼の, 眼は, 石仏の, 石像が, 石像の, 砂地へ, 社前へ, 社頭において, 社頭は, 神酒きのう全, 秀色を, 私宅其の, 秋草を, 稻取同, 穏やかな, 空屋敷から, 空屋敷へ, 端まで, 筆に, 系統が, 細長い華車, 緑樹の, 繁りには, 繊美な, 美しい右手, 翁の, 翁も, 耳に, 肩は, 背中が, 背面に, 脇の, 腰元と, 腰元どもの, 舞以前に, 舞殿に, 花の, 若葉の, 茶寮でも, 茶寮など, 茶寮に, 茶寮を, 茶店に, 草こそ, 草の, 草原の, 草庵で, 草木が, 華車な, 萱根の, 落胆を, 蔭に, 蔭の, 蔭へ, 薄なら靡く, 虎ほど, 虎をさえ, 虎武松を, 裏側に, 製紙工場を, 裾, 裾から, 裾まで, 西で, 要求と, 見える北向き, 親から, 親爺さんが, 親達と, 親達は, 言う, 言うこと, 言葉から, 言葉が, 言葉は, 訴へは, 診察する, 話に, 話の, 話は, 話を, 調子が, 谷合の, 贔顧な, 赤橋邸へも, 路辺の, 辺から, 辺で, 辺や, 近村に, 近辺に, 返事も, 遠慮に, 邊の, 邊や, 醫學校に, 門人か, 間に, 阻崖に, 陶本陣の, 隣に, 雑木の, 面白味が, 頂に, 頂の, 頂上に, 頂上也, 頂點などの, 頼みといふ, 額には, 顏には, 顏は, 顏を, 顔でも, 顔には, 館に, 高みや, 鬼と, 鶯谷一帯にわたる, 鹿, 麓には, 麓手児奈の

▼ 岡~ (385, 10.8%)

81 引の 46 引が 34 引は 26 引に 19 引を 16 引と 7 引だ 6 引じゃ, 引には, 引も 5 引だって, 引で, 引や 4 引では, 引なんか 3 引とは, 引より, 引風情の

2 [16件] 引である, 引です, 引でも, 引とか, 引として, 引などの, 引なんかに, 引なんて, 引にでも, 引にとっては, 引へ, 引らしい, 引らしくない, 引奴, 引風情が, 引風情に

1 [74件] ぴきは, 引, 引じゃねえ, 引その他の, 引だけ, 引だった, 引でした, 引という, 引としての, 引としては, 引とに, 引とも, 引どもが, 引な, 引なし, 引なぞに, 引など, 引などという, 引などに, 引などにとっては, 引なども, 引などを, 引ならず, 引なら殺し, 引にとって, 引にも, 引にゃ, 引まで, 引め, 引めし, 引めどうして, 引めみんなぶち, 引め俺が, 引よりは, 引らし, 引らの, 引一同に対して, 引二人の, 引二人は, 引二人も, 引仲間で, 引仲間でも, 引仲間の, 引共の, 引共を, 引冥利お, 引冥利だ, 引冥利一度は, 引勘次の, 引大根畠の, 引奴どこへ, 引奴ッ, 引奴ッ俺たちは, 引宗七が, 引宗七と, 引将軍様の, 引彦兵衛の, 引御用聞が, 引御用聞に, 引志願でも, 引手先の, 引早耳三次が, 引本能が, 引本能に, 引本能を, 引根性が, 引根性を, 引留五郎の, 引葬式彦兵衛は, 引藤吉の, 引警察制度の, 引釘抜藤吉が, 引釘抜藤吉乾児勘弁勘次に, 張で

▼ 岡~ (260, 7.3%)

49 引の 27 引が 25 引に 16 引は, 引を 8 引だ 7 引と, 引には 5 引きが, 引ぢや, 引風情に 4 引奴 3 引などに, 引なんか, 引も, 引より

2 [11件] 引, 引きで, 引で, 引では, 引でも, 引とは, 引へ, 引や, 引本能を, 引風情が, 引風情の

1 [52件] 引お前も, 引きだ, 引きぢ, 引きでは, 引きでも, 引きよりは, 引き冥利, 引さ旗本屋敷の, 引だらう, 引です, 引といふ, 引として, 引としての, 引とも, 引など, 引などといふ, 引などをからか, 引なら殺し, 引なんかに, 引なんて, 引にも, 引まで, 引め, 引よりは, 引三輪の, 引二人迎へて, 引仲間から, 引仲間には, 引冥利お, 引冥利一遍は, 引奴ツ, 引奴ツ俺達は, 引奴何を, 引奴俺が, 引奴左吉松は, 引將軍樣の, 引御用聞に, 引志願でも, 引手先の, 引扱ひ, 引本能が, 引本能に, 引根性を, 引相手に, 引組ん, 引考へ, 引警察制度の, 引野郎が, 引野郎に, 引陣の, 引風情には, 引驚いたらう

▼ 岡~ (235, 6.6%)

3 さすがに, 私の 2 それを, どうなる, 只長閑, 壜型の, 少女の, 歸つて行つた, 田と, 葉子の, 部屋の, 非常に

1 [209件] あかくな, あきれたよう, あわてて, いう言葉, いつでも, かすかに, かなり黄葉, かねてから玄白, きれて, こういっ, このアトリヱ, この硝子箱, さう, さうまで, さながら墨絵, しばしば画室, しばらくリオン, しょう事, すがるよう, すっかり腰, すねた政枝, そして鶴井, そのころ, その吉隠, その形容, その気まず, それらの, そんなこと, ただ虫, ちょっと返事, とうとう愛子, どこまでも, どんなにさびし, なぜ幕, はじめて親達, ひどく当惑, ひどく意志, ぶつつり, ほんとうに, ますますいい, また女, また岸本, また帰国後, まだ訪れ, まるで幽霊, もういま, もちろん押し切っ, やがて彼方, やっと診察, やむを得ずおずおず頭, やや真面目, アトリヱに, オリエンタル, ハンカチで, バケツの, モデルの, 一に, 一向気, 一縷の, 一路の, 七葉の, 上手に, 不意に, 両方の, 中央公論改造文藝春秋なんぞばかり, 云つた, 云ひ, 人なじみの, 今の, 今更の, 今迄に, 仕事の, 何うでしょう, 何かしら, 何とは, 余程亢奮, 余計に, 倉地からの, 倉地に対し, 倉地の, 先の, 冗談を, 写真機を, 凡そそんな, 制作の, 制作台の, 前にも, 同じ言葉, 唯々として, 唾を, 喉の, 嗄れた聲, 国へ, 多くを, 夜を, 夢みるよう, 大きな事, 妹たちの, 始めて, 孤立に, 客の, 少ししか作つて, 少し人, 岸本に, 岸本の, 岸本よりも, 当惑し, 当惑顔で, 待ち設けたよう, 待ってるの, 怖じながらも, 思い入ったよう, 思い入った様子, 思はず四五尺, 思わしい製作, 思わず顔, 恐縮した, 悪い事, 愛子に対しては, 愛子を, 慌た, 懺悔でも, 手を, 手相について, 持って, 振り返って, 改めて杉野, 日かげに, 日ごろそういう, 日ごろの, 昔赤牛江を, 昨日採集した, 時々葉子, 暖炉の, 暗く沈ん, 更に言葉, 木兎の, 村の, 板の間に, 柴田勘兵衛石川彦兵衛に, 案の定私, 案外しんみり, 桐野の, 款待顔に, 殆ど時の, 決して葉子, 流石に, 浅岡で, 涙ぐましいよう, 涙ぐんで, 済州管下だ, 湖の, 激しい言葉, 煙草で, 父親の, 独語ち, 現在丁度, 瓶の, 生活に対して, 画家らしい, 画布を, 病身では, 白山の, 目ざとくも, 真剣に, 真赤な, 真面目な, 眼を, 神秘的に, 私立大学を, 窓ぎわに, 練りあ, 縁側に, 縣の, 美しい三人, 美人屋敷と, 羞恥の, 義太夫の, 考慮の, 胆吹山の, 膝の, 自分が, 自分に, 葉子と, 葉子に, 襤褸布を, 言出した, 言葉どおりに, 言葉も, 言葉を, 言葉少なながら, 診察も, 詩集らしい, 認めて, 諦めること, 返事の, 途方に, 遠く出島, 遠慮する, 鋸を, 電報の, 震え声で, 静かな, 頑固に, 頬を, 飲み干した茶碗, 駿介が, 驚いて, 高まりて

▼ 岡~ (164, 4.6%)

5 居させられる叔母 4 あります 2 それを, なって, のぼって, 上って, 伴われて, 作らせて, 摘む花, 来て, 添うて, 言って

1 [135件] ありて, ある, あるが, ある斡葛思, ある翁, いる時分, かかりますぜ, かかる大, かくれて, かよう道, このごろ一種の, して, すり寄った, そうて, そそり立つ, たくさん咲く, たどりつきました, ちょっと挨拶, つく, つづいた桜, とりかこまれた小さな, なったとき, のぼりて, のぼると, ひとりの, ひょっくり逢, ひらき直って, もつと, よく出る, よばれ京極, よれとか, ハ印あり, 三益, 上つて看る, 上り時には, 上る, 与えなかった, 乘り, 二羽, 云った, 今もっ, 仰がれたの, 会ったので, 会見し, 住むで, 住んで, 住所を, 倚って, 出没した, 劣らない価値, 勧めた, 吉井土持山内等が, 名づけて, 向かって, 向けて, 向った, 君も, 命中し, 咲きほこって, 哀訴する, 坐す天之子八根, 変らなかったが, 大丈夫と, 寄せ我が, 尋ねた, 小豆を, 居るあの, 広い池, 建って, 御参詣, 怪しい啼声, 抱えられ再び, 招かれ築地房田中, 持上げられませんでした, 推服し, 撞き出す鐘, 昇りて, 杖を, 来たので, 梢の, 毎日通う, 比して, 沿うこと, 沿ふて, 泊り待つと, 添うた坂道, 添ひ, 渡すよう, 用も, 申し遣ると, 登つて行つたのである, 登りました, 登り川, 登る, 登ると, 登れば, 盟神探湯し, 目を, 眞言宗豐山派の, 突き当り, 立ち, 立つて, 結構せし, 罷り在, 耕作させず, 背中を, 葉子は, 蒲原さんを, 蒲原有明氏を, 行くまでには, 行つた, 言ふ, 訊いては, 訴えて, 話した, 話した通り, 誘はれたが, 語った, 讓つ, 質問し, 近づくよう, 退いて, 送った, 遊び氏, 金楽へ, 釣り早, 関は, 陣した, 隅田治部と, 隱ろひし, 響いて, 頼む, 頼んで, 飛び帰り来, 麥の

▼ 岡~ (136, 3.8%)

7 越えて 3 下りて, 見た 2 なして, 乗りま, 本陣と, 西へ, 見て, 見やった, 見ると, 降って

1 [107件] あわれむ事, あわれんだ, いくの, うしろに, おおいかくして, かわいがった, この初子, さすの, その家, たずねたこと, たずねて, たらし込むぐらいは, できるだけたびたび山内, ぬすんで, のぼって, のぼる人, のぼれば, ほほえましたり, みた方, 一つ越え, 上って, 上つて多くの, 上れば, 下った, 下りかけた時, 中心として, 中心としての, 乗せた人力車, 二人連れ散り来る, 二階に, 仰いで, 使い分けただけ, 促すよう, 凌いで, 励まし慰めるよう, 包み, 半ばまで, 南へ, 取り巻いて, 囲らし, 容れ落つる水, 射て, 巡つて寺, 引き止めた, 引っ立てるよう, 引つこ抜いて, 弟とも, 微笑ませた, 心ざし, 抱きすくめて, 抽い, 指して, 挙げる, 掩ひ, 撲殺した, 撲殺後綿井をも, 攻撃し, 暖かく見やった, 染め街, 横に, 款待そうと, 歩いてる時うつ, 歩く畑, 殺した犯人, 母と, 水莖山と, 為す, 無邪気に, 登って, 登るが, 目掛けて, 眺めてる心, 立ち去った後, 縦貫する, 置いて, 背負ってるから, 脅迫した, 臥龍の, 自分の, 覆ひ, 見ず, 見つめて, 見やったが, 見やりながら, 見直した, 訪ねて, 誘い出して, 説伏する, 説得したら, 説得しなけれ, 越えると, 越え峰, 越え河, 越え野, 越へ, 踰えて, 迎えた, 追ひのけ, 通るには, 過る旅人, 金, 開いて, 降りて, 降ること, 離れようと, 顧みた, 駈け上がった

▼ 岡~ (133, 3.7%)

3 云つた, 言った 2 ありその, ある

1 [123件] ああまで, あすこを, あの田圃, あの純直, あまりにだ, あるけれど, あるので, ある森, いかにも病気中, いくつも, いって, かぶさりか, きた, きっと身近, この程度, さう云つて, しきりと, すぐには, せきこんで, せまってるの, そのやう, その場, たった一人しょんぼり, たとへ, ちゃんと立派, どうして君, どこかで, どれほど, なつかしかった, ほとんど入りびたり, ますます神, みえます, わきから, ブルタアニュの, 一帯に, 乗客に, 了解し, 事情を, 二つに, 二つほど, 云ふ, 今迄や, 今途中で, 何を, 何氣なく, 余程親しい, 作つてゐる, 作らして, 作りたい云, 倉地の, 出て, 出来て, 加入し, 古く海神, 可細く, 同じく微雨, 呼ばれて, 呼留めた, 在留する, 夜ふけに, 大井の, 大学を, 失くなって, 孤島の, 家を, 尋ねて, 小道具を, 少し震え, 尽きて, 居るだろうと, 岬の, 岸本と, 左う, 引きと, 彼を, 怪獣の, 悪夢の, 持つて, 探出して, 撫で, 本多に, 来たらそう, 柔かな, 桜の, 森の, 烏ヶ森那須野を, 独龍山だ, 画室の, 知つてゐる, 知らないで, 知らぬ間, 私の, 突然真夜中, 立派な, 築地房田中に, 紅茶を, 繰り返すので, 考え苦, 胆吹山と, 自分の, 自発的に, 葉子と, 葉子の, 見えた, 見えて, 見えます, 見える, 見る見る葉子, 言出した, 話し相手に, 語るところ, 諦めて, 買った奴, 逃げ隠れようと, 道具を, 金を, 開いたに, 雪の, 顔を, 風炉先きの屏風に, 鬼神の, 鳴動した, 黙って

▼ 岡さん~ (93, 2.6%)

3

2 [11件] かお隣, がい, だけ一緒, つまり半分, ですよ, のところ, は, はお, は三日前, は二本差, は長崎

1 [68件] いって, おみえ, か, かい, からお, からの電話, から注意, が, がいくら, がいらし, がお, がきょう, がこの, がこんなに, がねえ, がはいりたい, が何, が制作, が得, が忙しい, が見えた, だってそう, ちょいと, というお, とひょんな, とわかれる, と僕たち, と別れ, と別れたい, と喜瀬川さん, と喧嘩, どうぞこの, などに聞かれ, ならお, なんかはそれ, に, に伴われ, に創, に用, に話し, に連れ, に電話, のいや, のお, のこれから, のその, のとこ, のゐない, のアトリヱ, の奥さん, の歌, はここ, はどう, は二つ, は二つ位, は胸部疾患, もうあなた, もなかなか, も呪, も殘, よりどれ, より電話, を見る, を譲っ, を連れ, 丁度いい, 本当においで, 本当に悪い

▼ 岡~ (77, 2.2%)

3 太郎稲荷の, 愛子とが 2 いい海傍, いい芝居, 一緒に, 名づけられたもの, 浜との

1 [61件] あなたと, あなたとが, いいます, いうが, いうので, いって, いふ, いふべくや, いへば, それから福岡, なり岡, なり汀, はいっても, はよう心付きました, 一処に, 三角山, 二人だけで, 云うこと, 云うそう, 云ふ, 仁木, 今一人の, 会見した, 会食, 共通する, 初夏は, 千駄木の, 口を, 古藤とに, 同じこと, 同じ樣, 名づけました, 呼ばれた青年, 呼ばれて, 呼ぶ村, 宮城野の, 対しその間, 岡との, 岸本とが, 差向いに, 愛子だけが, 懇意で, 父とは, 牧野とは, 申しましてね, 申しますだ, 男之, 畑浦とが, 畑浦との, 畑浦は, 目黒原の, 私が, 私は, 称して, 称する其理由, 稱す, 細川勝元とを, 罔齊と, 肩を, 話し話し眺め, 駿介とは

▼ 岡~ (69, 1.9%)

3 上って, 登って 2 上つて來た, 上つて来た, 上り帰り仕度

1 [57件] あがったよう, その姿, ですよ, なぞ行く, まいって, まいりまして, ゆこうと, 丁ど, 上がった河童, 上がって, 上げなかつた, 上ったり, 上った石, 上つ, 上つた石を, 上つて行つた, 上るべく小石川, 上る岨道, 何の, 來掛る, 出して, 出て, 出直しました, 切りはめたやう, 参拝に, 啼いて, 少しく経上がった, 帰ること, 帰れと, 庵を, 引っぱられて, 強く射し掛け, 戻して, 旗を, 案内致し, 殺到した, 海上の, 登った, 登つて行つた, 登れば, 着いた時, 着いた頃, 空を, 行かれるのに, 行くと, 行こうと, 行ったの, 見えたから, 詣でた, 足を, 跳ね上げると, 踏み込んだもの, 送金する, 逃げ上がろうと, 遣す, 飛上り坊主の, 駈け上がる

▼ 岡~ (55, 1.5%)

2 と私, は

1 [51件] から築地豊村, が, がそんな, がノビ, が不慮, が協力, が原案提出者, が死ん, とは如何なる, と共に, と君, と対談, と池氏, と逢, と面談, によって書かれた, に唯研, に就い, に改めて, に昼食, に殺意, の個人関係, の友人, の奥さん, の恋愛論, の憂, の所持, の政治的立場, の方, の死, の理論, の第, の終始, の考, の質疑, はこの, は九州帝大, は他, は取調べ, は岡待蔵, は本来, は歴史的, は父子共, は立場, は絶対, は鞄以外, も岩佐氏, や私, を殺す, を殺害, 来りホテル

▼ 岡~ (50, 1.4%)

4 畑浦も 2 愛子も

1 [44件] いるという, こ, この山, さういふ彼等, さすがに, それを, たくさんあります, ちょっと形, つや以上に, まだ寝ない, よく耕され, よしと, わが子に, 上陸し, 乾いて, 何時帰る, 余程気分, 來ます, 元気づいた, 力を, 呼吸し, 多く武家屋敷, 大二郎達でも, 小竹も, 心配な, 暮れ影は, 替へよや, 最初から, 来合わせて, 無条件で, 牧場も, 私の, 私も, 笑出した, 簡単な, 臥龍の, 自分達も, 若草の, 見て, 赤橋の, 飲みさ, 駭ろい, 駿介の, 默つてゐた

▼ 岡~ (36, 1.0%)

2 だと, である, の兄貴, の女房, 呟いたもの

1 [26件] が一喝, しょげざるを, だ, だが, だぞ, つづいて, でも一人, というの, と感づいたら, なんかとはいわせ, のぶつかった, の銀口, はいった, は決して, またいった, またも考え込んだ, もつけ, も歩い, も薄, ニヤリと, ピタリと, 唸るよう, 嘲るよう, 当然びっくり, 成るだけ, 見廻したが

▼ 岡から~ (31, 0.9%)

1 [31件] いかむ, お迎えと, すぐに, その話, わざわざ八重子, 上野の, 下へ, 便りの, 出たので, 地獄谷という, 地獄谷へ, 夜昼なし, 失望の, 娘の, 岡へ, 平庭, 戻って, 手紙を, 承って, 数町の, 来たもの, 来た手紙, 浜の, 無数の, 王子に, 突き落された時, 若宮大路の, 行かば, 話が, 誘はれたので, 起つた地名

▼ 岡~ (30, 0.8%)

3 ほの 2 あつた, 虎退治を

1 [23件] あらうと, くるくる転, この山手組, しとめた大, そこで漆, その生え, それを, ほのぼのと, 人っ子ひとりおりません, 仮死状態にまで, 命を, 商業會社を, 埋もれた噴火口, 姫の, 座談会が, 息を, 死んで, 牧師を, 猛虎を, 突き落されて, 踊つた江森美子さんが, 遭った一代, 鉄砲で

▼ 岡~ (29, 0.8%)

2 まつ

1 [27件] その他の, 似たやう, 原や, 吉田山の, 名古屋に, 小径を, 小竹が, 小竹の, 小竹は, 小竹を, 山足の, 愛子, 朝顔など, 村が, 林, 樹立や, 渚に, 牧野にも, 牧野や, 畑浦が, 畑浦などから, 谷や, 重の, 閑吉達に, 静脈の, 飯倉の, 麦積山の

▼ 岡浪之進~ (29, 0.8%)

2 が相談, の家, の浪宅, の額, はさすが, はフト口, は長崎屋

1 [15件] が亡くなった, が亡くなつた, という卜伝流, といふ卜傳流, と一緒, の智恵, の智惠, の顏, の顔, は卜伝流, は卜傳流, は自分, は身分, を送った帰り, を送つた

▼ 岡~ (28, 0.8%)

1 [28件] から聞かされ, から見る, がこっち, が執筆, が第, との手紙, とわたし, と僕, と相談, と違っ, と銀座, にあの, には逢わず, のところ, の主張, の受持ち, の手紙, の芸術, の言う, はもう, は人, は自分, も, もわたし, も有る, らしく過敏, を連れ, 立たないで

▼ 岡ッ引~ (27, 0.8%)

1 [27件] があわて, がそれ, が目, が調べ, だから, だな, であると, ということ, とは云え, と変らない, なかま, などやろう, においたてられ, に頼まねえ, の下職, の寄り合場, の小役人, の心眼, の智慧, の眼, の耳, の調子, の起き抜け千里, もある, や何, をし, を部屋

▼ 岡さま~ (24, 0.7%)

2 では

1 [22件] が, がい, が急, って神さまみたい, と松吉, に定, に関係, のおかげ, のほう, の凄く, の助力, の来, の表情, の顔, の顔つき, はその, はもう, は五十四五, は殆, もあたし, も驚いた, をぬすみ見た

▼ 岡~ (22, 0.6%)

5 をし 3 をした

1 [14件] して, してか, だけで, だけれど, てるんで, で此, ともつかない, と名, と来, も引退, をされる, をする, をもってる, を拵

▼ 岡~ (22, 0.6%)

5 半分に 2 半分の

1 [15件] さ, でもいたします, としても念, ながら弄, なさるから, ばかりで, をさせた, をし, をする, キ気味デモアルサ不便ト思ッテクレ給エ, 党は, 居士が, 連が, 連は, 連を

▼ 岡という~ (20, 0.6%)

3 のは 2 のへ, 人は

1 [13件] ことに, そうである, ところに, のが, んだ, 処に, 名は, 少年は, 岡の, 岩で, 烈婦が, 男が, 画家が

▼ 岡秀三郎~ (16, 0.4%)

1 [16件] がフト, という青年, の大発見, の最も, の身, の頭, はこの, はこんな, はその, はもうすっかり, は学生時代, は少年, は思わず, は殆, は殺人, も興味的

▼ 岡茶寮~ (14, 0.4%)

1 [14件] で会食, に招ん, の, のあった, のあの, のドイツ会, の主人公, の北大路氏, の披露, の松田宗貞宗匠, の林柾木氏, の独逸会, へ出かける, へ集まった

▼ 岡には~ (13, 0.4%)

1 [13件] いかにも氣, 何度も, 來る, 呆れて, 山国の, 平常何百人, 改めて逢, 松の木どもあり, 白い幕, 草堂風な, 處, 親戚が, 額の

▼ 岡八幡~ (13, 0.4%)

1 [13件] から拾っ, といい, に一切経, に参詣, に寄った, のほう, の下, の境内, の社前, の社地, の社地内, の銀杏, へ参拝

▼ 岡邦雄氏~ (13, 0.4%)

1 [13件] と共に幹事, と私, などもそう, に唯研創立, に答える, の同書, の恋愛論, の石原批判, はエンゲルス, は一面, は初めヒューマニズム, は本誌二月号, は自然科学史

▼ 岡まで~ (11, 0.3%)

1 [11件] いらっしゃりたいとおっしゃるんだが, お連れ, まいりたいの, トンネルを, 伸して, 參りました, 行くと, 行くもの, 行くん, 行程を, 走って

▼ 岡との~ (10, 0.3%)

1 いるほう, 組から, 結婚は, 間が, 間で, 間に, 間には, 関係において, 関係を, 關係から

▼ 岡にも~ (10, 0.3%)

1 その心持ち, ふもとにも, ゐたし, 居た事, 強い横日, 影が, 愛子にも, 秋の, 里にも, 駿介にも

▼ 岡ッ引き~ (10, 0.3%)

1 か, がそんなに, この男一人, じゃ手, と下, には日ごろ, に告げ, の目, は遠っ走り, へな

▼ 岡ツ引~ (10, 0.3%)

1 が氣, には勿體, の徒, の門口, はよく, は上, は稼業, や御用聞, を手古摺らせ, を買收

▼ 岡先生~ (10, 0.3%)

1 がいらっした, がおいで, が教室, が覚え, じゃなく, に面謁, のおっしゃった, の家, の素読, も漢学話

▼ 岡埜博士~ (10, 0.3%)

1 が銀鬚, ではなかっ, とはその, と一緒, に似, の御手元, はぐらり, はそんな, は残念そう, よりも更にしょぼしょぼ

▼ 岡寛斎~ (9, 0.3%)

2 である 1 であつ, といっ, と云つた人, と改めた, と称した, の兄, も優に

▼ 岡~ (9, 0.3%)

5 之進 2 之進さん, 之進も

▼ 岡つづき~ (8, 0.2%)

2 の地勢 1 になっ, に上っ, の僅か, の山, の細道, の起き伏す

▼ 岡より~ (8, 0.2%)

1 いくら暖かい, 岡へ, 岡を, 更に北, 柳橋新誌審美綱領を, 筑波山を, 被招, 露伴先生舊著

▼ 岡八幡宮~ (8, 0.2%)

1 に右大臣, に属し, に擬し, に賽, の写真絵はがき, の境内, の神前, は康平

▼ 岡~ (8, 0.2%)

1 して, じゃなお, でも, にすべき, に用いる, の人, はいけ, をし

▼ 岡釣り~ (8, 0.2%)

1 かえ, でもやれる, と間違, に沖釣り, の好, や沖釣り, よ, をする

▼ 岡といふ~ (7, 0.2%)

1 のが, ものが, 人間の, 人間は, 彫刻家の, 青年が, 青年の

▼ 岡医師~ (7, 0.2%)

1 から, に寄せ掛け, に帰られる, に色々, の顔, への乙女, をまとも

▼ 岡中尉~ (6, 0.2%)

1 が一小隊長, が考えた, と大矢少尉, はあおのけ, はそれ, は防暑服

▼ 岡~ (6, 0.2%)

1 と云う, には坊主, の下足番, の木戸, の米, へ往

▼ 岡沙魚~ (6, 0.2%)

1 が鳴く, ってなん, というの, というもの, というもの土, と言う

▼ 岡病院~ (6, 0.2%)

1 から連れだした, で目, にいた, にはいった, にはいる, に怪人

▼ 岡~ (6, 0.2%)

1 である, とすれ, に何, に當, の燒津町, の赤壁

▼ 岡~ (6, 0.2%)

1 という語, なる藤浪, に家, に群れゐ, は光, も暮れ

▼ 岡でも~ (5, 0.1%)

1 かいて, なくむしろ, 三島でも, 好い, 首手足を

▼ 岡とは~ (5, 0.1%)

1 三沢初子の, 名を, 姻戚関係に, 岡榮一郎の, 弟と

▼ 岡などは~ (5, 0.1%)

1 ごく少, その一例, 全く姿, 全く無視, 本能的に

▼ 岡~ (5, 0.1%)

2 ながら弄 1 きども, の激しい, をせずし

▼ 岡祭り~ (5, 0.1%)

3 に参向 2 に參向

▼ 岡~ (4, 0.1%)

1 けれどもこの, し與, とて構はん, とばかり思っ

▼ 岡一人~ (4, 0.1%)

1 がそれ, が浴, しか知らない, の私事

▼ 岡中井~ (4, 0.1%)

1 に切り, に支, は四郎左衛門, は従者等

▼ 岡~ (4, 0.1%)

1 の前, の大福餅, の幟, の裏手

▼ 岡埜先生~ (4, 0.1%)

1 と彼女, と御, にお話, は眼鏡

▼ 岡庄五~ (4, 0.1%)

1 が徳山夫妻, に招かれ, の室, の招待

▼ 岡持ち~ (4, 0.1%)

1 さげて, でご飯, を片手, を運ん

▼ 岡~ (4, 0.1%)

1 が大勢, といっ, に入り込む, の百姓

▼ 岡浴場~ (4, 0.1%)

1 でした, というもの, の主人, は充分

▼ 岡~ (4, 0.1%)

1 の稻熟, の葉, も刈り飛ばし, を見る

▼ 岡鬼太郎君~ (4, 0.1%)

1 が大いに, とわたし, に問, は近松

▼ 岡鬼太郎氏~ (4, 0.1%)

1 が吉右衛門一座, と鳥居清忠氏, などの博学, は早く

▼ 岡あたり~ (3, 0.1%)

1 で傳道師, の物静か, まで歩い

▼ 岡さんあなた~ (3, 0.1%)

1 の仲間, はまた, もわざわざ

▼ 岡さん何~ (3, 0.1%)

1 うなさいました, か奢っ, にもありません

▼ 岡~ (3, 0.1%)

1 のか, のです, ので古市

▼ 岡なる~ (3, 0.1%)

1 一群き, 一群れきわ立ち, 朝ぼらけひかる

▼ 岡にて~ (3, 0.1%)

1 拾ひ, 犬がくはへ, 鉄砲で

▼ 岡ッ引根性~ (3, 0.1%)

1 という奴, の絶滅, をすて

▼ 岡八兄貴~ (3, 0.1%)

1 たとえどんなにあわてよう, なら解けるだろう, のいい

▼ 岡剛蔵~ (3, 0.1%)

1 という名刺, という者, と変名

▼ 岡埜精神病院長~ (3, 0.1%)

1 と思っ, はそう, は鼻梁

▼ 岡木綿~ (3, 0.1%)

2 に町名 1 の紋付き

▼ 岡~ (3, 0.1%)

1 という料理屋, の二階, の母親

▼ 岡潔氏~ (3, 0.1%)

1 が, だった, もすこぶる

▼ 岡蒸気~ (3, 0.1%)

1 がピイ, にばかり我, のため

▼ 岡~ (3, 0.1%)

2 に逃げ 1 に尋

▼ 岡~ (3, 0.1%)

1 と択ぶ, もなく, を破りぬ

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 その麓, 畑浦かと

▼ 岡からは~ (2, 0.1%)

1 何も, 牧野岸本両

▼ 岡からも~ (2, 0.1%)

1 來てる, 釣れますが

▼ 岡これ~ (2, 0.1%)

1 が蟄居, ほど相

▼ 岡さえ~ (2, 0.1%)

1 がいっこう, なかった

▼ 岡さんあたり~ (2, 0.1%)

1 にはあちら, に聞い

▼ 岡さん三人殺し~ (2, 0.1%)

2 の曲者

▼ 岡だろう~ (2, 0.1%)

1 が古藤, という説

▼ 岡っ引か~ (2, 0.1%)

1 らちら, 何かを

▼ 岡である~ (2, 0.1%)

1 ことは, 事が

▼ 岡であろう~ (2, 0.1%)

1 か, が山

▼ 岡では~ (2, 0.1%)

1 ない, 頼朝夫妻から

▼ 岡といった~ (2, 0.1%)

1 ような, らしい

▼ 岡とても~ (2, 0.1%)

1 何も, 新しくその

▼ 岡とも~ (2, 0.1%)

1 云ふべくや, 書いてない

▼ 岡など~ (2, 0.1%)

1 であった, 目に

▼ 岡などの~ (2, 0.1%)

1 姿も, 落着き払つた仕事の

▼ 岡なり~ (2, 0.1%)

1 古藤なりから, 古藤なりが

▼ 岡にでも~ (2, 0.1%)

1 いって, 浅い山

▼ 岡にとっては~ (2, 0.1%)

1 この放心, 自分の

▼ 岡に対して~ (2, 0.1%)

1 いった言葉, 激しい言葉

▼ 岡のうへに~ (2, 0.1%)

1 さびしくたつてゐる馬, ないて

▼ 岡ぼれ~ (2, 0.1%)

1 に似, の事

▼ 岡までが~ (2, 0.1%)

1 とうとう自分, 写真で

▼ 岡を通して~ (2, 0.1%)

1 倉地との, 愛子と

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 引くさい眼, 引くさい者

▼ 岡ッ引ども~ (2, 0.1%)

1 は霜, を骨

▼ 岡一杯~ (2, 0.1%)

2 に薄く

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 から駒, の赤橋守時

▼ 岡伯爵~ (2, 0.1%)

2 の長男

▼ 岡児水~ (2, 0.1%)

1 及び同村字浜児水, 及び浜児水

▼ 岡卯太郎~ (2, 0.1%)

1 がもたらした, だつた

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 平乙波孫十郎が, 弥生が岡一名向陵乃至

▼ 岡君新作~ (2, 0.1%)

1 の小, の狂言其姿団七縞

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 へ行く, へ行っ

▼ 岡大沢~ (2, 0.1%)

2 の三人

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 むらさき, むらさき芝居の

▼ 岡山縣~ (2, 0.1%)

1 の宮本村地方, の津山

▼ 岡待蔵~ (2, 0.1%)

1 が新, と称し

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 墓地で, 墓所の

▼ 岡戸坂~ (2, 0.1%)

1 でやっ, をはじめ

▼ 岡月明~ (2, 0.1%)

2 うして

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 まで歩く, 及び田部行乞

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 の宴, は上野

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 が預かっ, の無二

▼ 岡清水~ (2, 0.1%)

1 といい, といった

▼ 岡白沙塢野雲渡~ (2, 0.1%)

1 などという有名, などという難所切所

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 で見た, をし

▼ 岡~ (2, 0.1%)

2 に鮎

▼ 岡石窟~ (2, 0.1%)

2 の写真

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 のスピーチ, より年長

▼ 岡続き~ (2, 0.1%)

1 に以前, に高く

▼ 岡翁助~ (2, 0.1%)

1 に告げた, に当て

▼ 岡自身~ (2, 0.1%)

1 からかそれとも, の交渉

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 に仕, の小川弥右衛門

▼ 岡~ (2, 0.1%)

1 も青みそめ, を回り

▼ 岡邦雄~ (2, 0.1%)

1 の如き, や戸坂潤ら

▼ 岡邦雄杉山平助神近市子~ (2, 0.1%)

2 など

▼ 岡鬼太郎~ (2, 0.1%)

1 の, の劇評

▼ 岡鬼太郎さん~ (2, 0.1%)

1 のお, の円朝評

▼ 岡鹽山裂石さし手~ (2, 0.1%)

2 の名

▼ 岡麓さん~ (2, 0.1%)

1 と一, は今井邦子さん

▼1* [290件]

あるところ進み打つ, 岡あれば宮宮, 岡うるはし, 岡お前眠うない, 岡からの迎へで, 岡からむッつり沈みがちだった, 岡こちらの山肌, 岡さんあなた一つ背中でもどやし, 岡さんちよいと, 岡さんわたしもさびしい, 岡さん今ここを出, 岡さん今度国に帰っ, 岡さん君は一体, 岡さん木兎は何, 岡さん深切な人, 岡さん私はあなた, 岡さん親切な人, 岡さん頭髪なんかつん, 岡しづ子を手裡, 岡じゃ嵯峨野では, 岡その岡の, 岡それに源次, 岡それぎり彼女を見る, 岡たかみの意, 岡だって言ったろう, 岡だの帆かけ, 岡ったるいこっちゃあない, 岡っていうと, 岡つつじの生垣, 岡つづきで田と, 岡つていふ男爵, 岡つ引から先に, 岡つ引きならずともよく, 岡づたいに家の方, 岡づたひに或は海, 岡ですが宮ちゃん, 岡でなくほかの, 岡とか畑浦とか, 岡とかいう者も, 岡としか見えないし, 岡として評したい, 岡とちがひ, 岡とて義家陣営の, 岡とを故意に, 岡なぞに語った, 岡などを演ずる場合, 岡ならええが, 岡なれば, 岡なんかとは違うよ, 岡にぞ著きに, 岡についての知識の, 岡にてものしづかなれ, 岡にとつて新しく, 岡にのぼつて, 岡にや止めて, 岡に対しては非常な, 岡に対しても葉子は, 岡のうへの木立, 岡のべに通, 岡のべの新緑は, 岡のむこう側, 岡はりら子にぽ, 岡ばかりでは, 岡へでも持って, 岡へと出た, 岡への手前すぐ, 岡へは嘉助から, 岡べに群れゐつつ, 岡べのたま篠のうへに, 岡またあるいは原野にも, 岡または寒翠園で, 岡までも訪ねました, 岡までをそそのかして, 岡ものとほとんど, 岡やき的な, 岡らしい高台から, 岡コウの森, 岡ッピキの三下ヤッコ, 岡ッ引き目明し待って, 岡ッ引風情の真似, 岡ツ引き亀久橋の文太郎, 岡ツ引輩の探偵, 岡向ヶ岡トハ東西相対ス, 岡トトキの名, 岡ビクターより笹巻すし沢山, 岡ビクター迎へに来り, 岡フンベ山蘭法華の丘陵等, 岡ムゼの山, 岡ヶ鼻というの, 岡と記し, 岡一郎氏との共著, 岡三四郎という人, 岡三滝温泉宮城野原多賀城址など次第に, 岡下がりにいつか町, 岡竜脳を, 岡中尉榊原少尉大矢少尉佐藤主計少尉古屋軍医補などの将校, 岡中形の浴衣三枚紛失せり因, 岡乗りだのおのおの, 岡了節法眼奥御医師三百五十石, 岡事件の後始末, 岡五郎太村田平内左衛門等でご, 岡京太郎というん, 岡ひに, 岡伯庵の女, 岡佐佐木両氏の随筆, 岡侍医を差遣, 岡から秋風吹きぬよ, 岡も凍る, 岡光雄空知晴次といういずれ, 岡全体がご, 岡八さん何も私, 岡八ソロリと位置, 岡八チョイと気, 岡八フラリと皆川町, 岡八一寸眼を見張った, 岡八何かに躓いた, 岡八家へ帰っ, 岡八屋敷へ忍び込んだ, 岡八幡門前仲町の藝妓, 岡八店先へ腰, 岡八往来へ出た, 岡八心で呟いた, 岡八普段着の姿, 岡八本式に女, 岡八相手の眉間, 岡八返事をしなかった, 岡八重桐朝顔なぞは男女, 岡八青麦を二本, 岡其大人踐跡長卅餘歩, 岡冬次郎中幕の, 岡力雄中井刀禰雄と云, 岡千仭氏が中助, 岡七等いずれも, 岡同車で賑, 岡君あそこに少し, 岡君君はアベラアル, 岡君国から雑誌, 岡善左衛門の三人, 岡喜七郎氏が関, 岡の生れ, 岡均一が飲ん, 岡均一氏が初対面, 岡埜老博士が続いた, 岡塩山裂石さし手の名, 岡大塚の四城, 岡大森森戸戸坂など, 岡大森森戸私など, 岡奥深い森に, 岡如き女を, 岡妬きの強い, 岡きの, 岡学寮の青道心, 岡てもの, 岡寛斎出府乗船之処, 岡寛斎近日東京出府に付, 岡小松まじりの, 岡少し離れて, 岡山縣災害補助費其眞ン中に栃木縣災害補助費, 岡山縣邑久郡長島愛生園内小川正子女史宛送附され度, 岡のうへの木立, 岡にいたる, 岡にかたより, 岡川口松太郎中野実等現はれる, 岡川尻及余の三人, 岡川添の森, 岡工学校の卒業生, 岡左内西村左馬允岡田大介岡半七等, 岡巴里へ来, 岡と九太夫, 岡庄五氏来るビクター, 岡庄五豊川稲荷のお, 岡康之の岳父石井氏邸, 岡弥一郎桜間勘八狩野右馬吉石原十蔵舟崎曾兵衛の五人, 岡と称, 岡待乳山洲崎なんどいずれ月見, 岡待蔵後の寛斎, 岡待蔵等の名, 岡忠義の段, 岡惚帳拵へれば, 岡といっ, 岡或は山に, 岡拝賀の一条, 岡で小ざっぱり, 岡敬治岡崎恭輔なぞの政府顛覆, 岡新左衛門の屋敷, 岡方屋と申し, 岡方村と申し, 岡方面や久我, 岡木立の繁り, 岡枝垂桜の老木並木, 岡柔順な愛子, 岡柳村雄の妻, 岡柳秀子はその, 岡栄一郎が座興, 岡栄一郎成瀬正一松岡譲江口渙等も学校友だち, 岡栄一郎氏佐佐木味津三氏などの随筆, 岡の草, 岡榮一郎のこと, 岡正雄君の兄, 岡氏夜見物に来る, 岡氏寛斎である, 岡氏川口松太郎の来, 岡氏来洛木屋町の中村家, 岡氏殺害犯は綿井氏, 岡氏殺害犯人は, 岡氏等と竈河岸, 岡氏自身の又は, 岡氏見物新橋房田中で御馳走, 岡氏達が銘々, 岡氏邸迄車, 岡永田秋沢私などが関係, 岡浴場開業第一日, 岡潔君を紹介, 岡即ち富士, 岡灣一帶の地, 岡焼めらが騒い, 岡焼半分に無礼, 岡焼的にこの, 岡燒半分い, 岡とも言, 岡牧場の白牛酪, 岡牧野の年順, 岡で補う, 岡玄卿氏が人工呼吸, 岡田の面とを等分, 岡畑浦ばかりぢ, 岡直道の君, 岡相生柳適祖太夫花太夫人形は吉田国五郎, 岡は午前, 岡社頭の森, 岡神前の舞, 岡窪地の底, 岡縣周智郡長から伊勢神宮, 岡花子や山高, 岡若宮の拝殿, 岡英治や原田裕, 岡茂雄君の本屋, 岡茂雄氏に本, 岡いろの, 岡藩主久昭は夙く父, 岡藩士となつ, 岡虎雄牧逸馬浅野玄府鳥井零水若目田三郎, 岡袴腰の場, 岡装束が森, 岡西島などの諸, 岡見物茶巾ずしを一箱, 岡誠志の評, 岡豊太氏などの庇護, 岡貝塚に關, 岡越えの路, 岡越前守花房助兵衛の四老, 岡そのほか, 岡道行の場, 岡蹟の, 岡邦雄伊豆公夫その他諸氏によって編まれ, 岡邦雄戸坂潤鈴木安蔵堀真琴林要の七名, 岡邦雄氏其他を数える, 岡邦雄石原純その他の諸氏, 岡邦雄等は現代, 岡都築ヶ原にいたる, 岡釣師ですな, 岡鈴木安蔵堀真琴そのほかすべて, 岡附近の最も, 岡陵ハ其攀登ニ飽カズ洋海川河ハ其渡渉ヲ厭ハズ, 岡に獅子, 岡頭一望平江山如恨動吾情林風時有鳴枝葉, 岡が出廷, 岡を出る, 岡鬼さんの当座帳, 岡鬼太郎のと大体, 岡鬼太郎三上於菟吉尾崎士郎井上唖々楠田敏郎川上三太郎氏などがあった, 岡鬼太郎今村次郎石谷華堤氏を盟主, 岡鬼太郎先生はいつも, 岡鬼太郎君新作狂言今様薩摩歌の批評, 岡鬼太郎小山内薫も亦, 岡鬼太郎杉贋阿弥土肥春曙らの劇評家, 岡鬼太郎鏑木清方の諸君, 岡鴻東と覚え, 岡鴻東氏の, 岡鹿之助のお, 岡鹿楼笑名と号, 岡鹿門の塾, 岡麓さん今井邦子さん築地藤子さん阪田幸代さんの見えられた, 岡麓先生のお, 岡麓岩波茂雄橋本福松藤沢古実高木今衛, 岡麓氏の伝えられた, 岡麓氏予が請, 岡麓氏等である, 岡麻呂の, 岡麿が詔