青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「山~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

屏風~ 屑~ 展~ ~展開 展開~ ~属する 属する~ 屡々~ 層~ ~山
山~
~山々 山々~ 山の上~ 山上~ 山中~ 山口~ 山崎~ 山本~ 山田~ 山脈~

「山~」 41010, 394ppm, 246位

▼ 山~ (12899, 31.5%)

336 中に 323 ように 245 中の 243 中で 200 中へ 154 方へ 107 ような 93 麓に 92 中を 73 やうに 67 麓の 61 中腹に 54 中から 51 方を 49 頂に 45 方に 44 間に 43 方から 39 宿の, 頂上に 38 奥に 37 裾に 35 中では, 中には 34 奥の 33 中は, 姿が 32 間を, 高さ 30 中でも 29 麓を 28 中だ, 奥へ, 裾を 27 ものとも, 中腹を 26 祖神の 25 姿は 24 やうな, 中にも, 中腹の, 斜面を 23 頂を 22 なかに, 中まで, 半腹, 木を, 裾の, 頂から 21 なかの, 井の, 麓へ 20 家の, 影が, 話を, 間の, 頂の 19 中腹から, 向うの, 姿を, 斜面に, 背を, 頂きに 18 ふもとに, 雪が 17 姿も, 家に, 彼方に, 頂は 16 ことを, 中です, 方で 15 ほうへ, 中へでも, 娘の, 形が, 湯の, 蔭に

14 [12件] かげに, なかで, ふもとの, 名を, 向うに, 向ふ, 奥から, 如くに, 腹を, 裾から, 陰に, 鼻を

13 [13件] 中が, 前に, 南の, 姿に, 形を, 影を, 雪の, 雪は, 雫に, 頂が, 頂には, 頂へ, 麓から

12 中にでも, 中腹で, 方が, 林の

11 [15件] いただきに, かなたに, 会堂, 夜, 底に, 方は, 方へと, 春の, 美しさ, 背の, 裾が, 裾へ, 際の, 頂上へ, 麓まで

10 あなたに, すがた, 人生, 名が, 土を, 夜の, 背に, 色が, 鴉が

9 [24件] いた, うえに, なかを, 傾斜に, 名に, 姿, 娘は, 峰の, 影は, 方の, 木が, 森の, 様に, 生活が, 空気は, 空気を, 緑が, 腹へ, 花を, 通人は, 間から, 頂きを, 頂上には, 頂上の

8 [16件] 名は, 奥で, 娘たちは, 尾を, 景色を, 木の, 温泉に, 祖神は, 絶頂に, 色は, 際に, 青さ, 頂きから, 頂上で, 頂上まで, 頭が

7 [26件] うつくしさ, ために, なかへ, ふところに, ほうを, 中, 中と, 中ばかり, 中腹まで, 事を, 傾斜を, 名と, 崖の, 形に, 形も, 御本陣, 様子を, 畑の, 肌が, 腰を, 裾で, 通人が, 間には, 雪を, 麓には, 鼻に

6 [59件] あること, いただきの, うちの, ことで, しづけさ, すその, すそを, なかだ, ふもとを, 一つの, 中も, 中や, 中らしい, 中腹へ, 人々は, 人も, 人達は, 傾斜の, 好きな, 姿の, 家, 家で, 宿で, 宿へ, 宿まで, 小屋で, 小父さん, 峠の, 峯の, 巓に, 巻, 彼方の, 彼方へ, 旧火口, 木に, 樣に, 深さ, 温泉の, 温泉へ, 湯に, 町の, 畑に, 秋, 秋の, 紅葉は, 肌に, 肩の, 腰に, 腹に, 色の, 色も, 話に, 話の, 辺に, 邊の, 陰から, 陰の, 頂上を, 麓で

5 [84件] お君, お寺の, かげの, ことは, そよぎ川瀬, た, ふもとで, ほうから, よさ, 一角に, 上か, 中でございます, 中な, 井に, 井医学士の, 人の, 北の, 君, 城, 城を, 奥にも, 奥を, 奧に, 如く積んで, 娘, 家へ, 家まで, 宿, 宿に, 小屋の, 小道を, 尾の, 尾根から, 尾根を, 峡から, 峡を, 峯, 峯に, 峰が, 峰に, 峰を, 崩れるよう, 嶺に, 巓から, 形の, 形は, 斜面の, 春は, 景色が, 杉の, 松の, 楚原へ, 樹を, 気が, 水の, 水は, 水を, 湖の, 湯へ, 獣の, 秋は, 空は, 空気が, 空気に, 立ち姿が, 紅葉を, 緑は, 肌は, 肩に, 背くらべ, 花の, 蔭から, 蔭へ, 襞に, 躑躅の, 連中は, 間へ, 間道を, 雪に, 頂で, 頂上から, 頭を, 風の, 鬼神野の

4 [118件] あたりに, あちらの, あなたへ, いただきには, うえから, うえには, うしろの, うねりが, かなたの, ことです, ことなら, ごとく, ごとし, すそに, てっぺんに, なぞへについて, ふかさ, ふもとまで, みどりの, ような怒, 一部に, 上に, 中か, 中である, 中にて, 主と, 人は, 側面に, 傍に, 写真を, 出鼻を, 南に, 南下野界に, 名の, 名も, 向うで, 向うへ, 向う側の, 土の, 外輪に, 大きさ, 大部分, 奧へ, 姿だ, 姿である, 姿と, 字を, 家には, 宿から, 寒さ, 尾上の, 尾根伝ひ, 山の, 峠に, 峰つ, 嶺を, 庵, 庵に, 彼方には, 御寺, 懐に, 方には, 方角を, 旅に, 旅を, 景色に, 景色の, 曲に, 木の葉を, 末海の, 東の, 林に, 様な, 此方に, 此方にも, 水に, 池に, 湖, 物の, 真洞, 祖神が, 秋山の, 穴に, 空には, 空を, 竹に, 絵の, 絶頂から, 者, 者が, 者の, 肌を, 腹が, 膚に, 英雄, 裾野を, 西に, 話が, 躑躅林が, 辺の, 近くを, 間で, 陰が, 雨が, 雪も, 雲は, 霊に, 頂上は, 風が, 高みに, 魔神の, 鳥や, 鴉の, 麓である, 麓では, 麓は, 鼻が, 鼻の

3 [210件] うしろに, かげ, かげから, かなたは, ことほぎ, ことも, こなたを, ごとく積んで, すぐ下, すそで, てふてふ, どこかで, なかから, ほうは, ま, みどりが, ものです, ようで, 一つである, 一角を, 中とは, 中にばかり, 中へと, 中心に, 中間に, 人が, 人と, 仕事の, 仕事を, 会堂へ, 佐伯野の, 修行場に, 修行場へ, 修行場を, 側に, 傾斜が, 傾斜面を, 入口で, 入口に, 冬の, 別荘へ, 前の, 動く日, 南麓に, 合戦に, 名, 名から, 名で, 名前を, 向うから, 向う側に, 向こうに, 向こうは, 君の, 味方の, 地肌を, 城で, 城に, 城は, 夜は, 夢を, 大親分, 奥でも, 奥には, 奧で, 奧の, 女に, 如きは, 姿や, 娘が, 娘たちという, 娘たちも, 子だ, 子と, 客が, 家を, 容を, 宿には, 宿は, 小屋に, 小径を, 小舎で, 小鳥の, 尾に, 尾根が, 尾根の, 山中に, 山人と, 岩の, 岩壁に, 岩石の, 峡と, 峡は, 峡より, 峯から, 峰から, 峽に, 嶺の, 巓が, 巓は, 差し出でたる処, 平に, 影と, 散らまく惜し, 斜面が, 斜面は, 斜面へ, 方まで, 方向に, 日は, 景色は, 月の, 月を, 木の葉が, 木の間より, 木も, 末に, 本陣へ, 村に, 林泉の, 根方を, 案内者が, 桜の, 樹が, 樹の, 檜の, 歌の, 水が, 沖に, 泉の, 洞穴の, 深くへ, 清水の, 清水を, 渓, 温泉にでも, 湖水の, 湯が, 滝の, 瀬に, 熊の, 猟師が, 瓜を, 生活の, 生活を, 甲斐に, 町に, 畑へ, 療養所に, 登り口に, 眺めは, 眺望が, 石の, 石を, 磐根し, 秘密, 窪みへ, 窪地に, 紅葉が, 絵が, 絶頂まで, 緑の, 美を, 肩を, 背が, 背は, 胴骨が, 脊に, 腰の, 色と, 色を, 若葉に, 茶屋の, 草に, 草の, 草を, 薯の, 蝉鳴きて, 裏手に, 裾と, 裾には, 裾は, 裾や, 襞, 西の, 言葉に, 路, 途中で, 道を, 金鉱しらべ, 門を, 附近に, 陣を, 陰へ, 際ゆ出雲の, 雪, 雲を, 霊が, 霊も, 青葉の, 頂きには, 頂きの, 頂きへと, 頂まで, 風に, 高い所, 鳥, 鳥の, 鳴動, 麓や

2 [655件 抜粋] あいだに, あいだを, あたりで, あたりを, あちこちに, あなた, あなたには, あなたの, あらしの, ある所, ある蜀, いただきが, いただきや, いただきを, いちに, うしろなる, うしろへ, うら, おくに, おじさん, おそ桜, お墓, お宮に, お屋敷, お玉が, かげが, かげより, かげを, かたき討ち, からす, からすが, こっちの, ことなどを, ことに, この山, ごとき大, ごとく積, ごとく積み重ねて, さなかづら, すそ田の, そのまた, たたずまいや, たわ, たを, てっぺんから, てっぺんが, てっぺんの, てつぺんに, どこか, どこに, なかには, なかや, ながめ寒, なぞへ, においの, にほひ, はから昨日の, はとは, はを出で, ひのき林の, ふもとには, ほうに, ほとりで, みどりに, みどりへ, みどりを, むかうから, もので, ものと, ものを, やうだ, よう, ようである, をとめ, サナトリウムに, サナトリウムの, テッペンに, ドタ靴などは, フクロウの, ホテルを, 一つで, 一つに, 一つ一つが, 一方から, 一端に, 一端へ, 上から, 上の空は, 上まで, 中からも, 中じゃ, 中だった, 中でした, 中での, 中などに, 中などには, 中までは, 中央から, 中央に, 中程に, 中程には, 中程の, 中腹以上に, 中腹目がけ, 中途に, 中野の, 主が, 主で, 主に, 事が, 事に, 事業と, 井, 井さんが, 井さんの, 井や, 井近く, 人, 人たちは, 人に, 人には, 位置は, 低いところ, 側面が, 側面は, 傾斜面に, 兎は, 入つた帶, 八方へ, 其方に, 冷気が, 切り通しの, 前へ, 前を, 匂いが, 匂を, 北が, 北に, 北方の, 半に, 半ば以上を, 半面を, 南には, 原を, 右手に, 名では, 向うは, 向こう側の, 向ふから, 周囲の, 噴火の, 図を, 国では, 國では, 土石が, 地を, 地肌が, 坊の, 城攻めの, 場合は, 塑像の, 境内で, 墓原も, 墓所へ, 外に, 外は, 外線の, 夜ふけに, 夜気は, 夢ばかり, 大なる, 大日堂の, 大自然, 天狗に, 奥, 奥か, 奥にでも, 奥へでも, 奥へと, 奥まで, 奥底の, 奥深いところ, 奥谷の, 女は, 女怪, 女神の, 如く甘い, 如し, 如しと, 娘も, 子, 子に, 子は, 子供達が, 字も, 学校から, 家が, 家では, 家と, 容が, 宿金竜山下瓦町, 寒きに, 小屋へ, 小徑, 小襞, 尖が, 尖りも, 尾, 尾が, 尾も, 尾をめぐって, 尾主人の, 尾根と, 展望には, 山中俗に, 山城川を, 山奥に, 山小屋で, 山本に, 山深く, 山脈の, 山腹の, 山腹は, 山裾が, 岩に, 岬を, 岳神と, 峠には, 峡に, 峡間に, 峯が, 峰つづき, 峰は, 峰や, 崖から, 崖に, 崖を, 崖近く敷かれ, 嶮に, 嶮峻なる, 嶺より, 巓を, 左から, 左の, 左手に, 平軍を, 底の, 形, 形だの, 影すら, 影に, 影も, 彼方, 彼方から, 後ろに, 後ろへ, 御堂に, 御旅館, 心は, 恵みに, 憶い, 懐も, 懐ろへ, 所々に, 所へ, 所在を, 持主は, 描寫が, 故宅, 教義, 料地, 斜面から, 新緑が, 方にも, 方へも, 方や, 旅から, 旅で, 旅らしい, 日向に, 景色でも, 景色も, 最頂上, 月に, 朝の, 木々の, 木々も, 木か, 木は, 木原から, 木戸を, 木霊の, 村で, 村では, 条に, 東を, 松が, 松を, 松林には, 林が, 林で, 林にでも, 枯葉は, 柳の, 栄光, 案内の, 桜なりけり, 桜は, 梢を, 椎の, 椿の, 横腹を, 樹木が, 歌が, 歌と, 武蔵の, 気か, 気に, 水, 法師が, 法師の, 淋しさ, 渓流の, 温泉が, 温泉と, 温泉には, 温泉らし, 湯, 湯という, 湯宿の, 湯宿へ, 灯ちんがり, 灯の, 災難に, 爭ひ, 爺が, 爺さんの, 物を, 獣が, 獸の, 玉でございます, 生活と, 生活も, 産物を, 男と, 町から, 町らしい, 畝り, 療養所から, 療養所の, 登りに, 皺が, 皺に, 盆地を, 真上に, 社に, 祖神として, 秀は, 秋かな, 秋に, 秋色は, 秘密を, 穴へ, 空気の, 空線は, 窟に, 立体的な, 精と, 精に, 精の, 精霊, 精霊が, 紅葉の, 素湯めで, 絵も, 絶頂では, 緑に, 緑も, 線が, 線の, 美泉を, 義で, 翠が, 翠微, 老樹に, 老臣共は, 聖なる律法, 聖人, 聳ゆるあり, 肌には, 背や, 背後に, 脊を, 腰から, 腹の, 膚や, 臓腑が, 臣, 自動車は, 色に, 色水の, 色空の, 芝居でも, 花は, 若者の, 茂みの, 茶店の, 草原の, 草山の, 草木の, 荒くれた, 蔭かよ, 薄紅葉, 薯が, 處, 蛍は, 表皮を, 裏から, 裏手を, 裙は, 裙田畑は, 裾なる, 裾にも, 裾まで, 裾越しに, 裾野に, 西から, 西側は, 観念は, 角を, 話や, 谷の, 谷間の, 谺を, 賑い, 質屋鎖しぬ, 起伏が, 輪郭が, 輪郭を, 近くに, 近くには, 途中から, 通人, 通人と, 道も, 道具を, 遠くから, 郡の, 酒屋の, 野菜山の, 鉛が, 陣地にも, 陰には, 隅では, 隧道の, 隼が, 雉子の, 雨の, 雨は, 雪と, 雲に, 雲の, 霊を, 霊達に, 霊達には, 霊達は, 霧と, 霧の, 青いの, 青物が, 静かな, 頂きが, 頂きにでも, 頂きへ, 頂きまで, 頂である, 頂や, 頂上が, 頂辺に, 頂近く, 頭は, 顔が, 風情が, 飛騨の, 館へ, 香山の, 骨を, 高きより, 高き知る, 魅力は, 魔神を, 鳥に, 鴉は, 鴉も, 麓にて, 麓より, 麓路を, 黒い影, 鼬狐など, 鼻と

1 [4862件 抜粋] あいだから, あだ名が, あなたで, あらもの, ある演説, いただきで, いは, うえとか, うちに, うれに, おくのほら穴, おばさんと, おり口で, お寺には, お玉では, かかりに, かげにぞ, かたへ, かぶさったよう, きつねと, くちなし樹が, けわしいがけ, こちらに, ことだの, ことへまで, これを, ごとき時, ごとくそびえて, ごとく積込んだ物, ごとしづもる戰車, さして, しじまの, しら雲の, すそな, ずっと奥深い, そばを, たたずまいに関しては, つむじ風ますらたけをが, てっぺんへも, ところで, どこから, ない方, なかばは, ならは, のぼりに, はしの, はに入, はもなく, ひだ同じ, ふかみどり, ふもとなる, ほうが, ほらあな, まに, みどり, むらさきに, ものが, もみぢが, やまももの, よほど高い, んは, ゴツゴツした, ダイヤモンドの, ノロさんは, フチの, ムードと, 一つ家も, 一味が, 一方には, 一箇所で, 一部分に, 三代で, 三角的天辺が, 上り口の, 下に, 世の, 両裾, 中だろう, 中なぞに, 中にもを, 中までや, 中心を, 中腹だ, 中腹や, 中裏見, 主だ, 主白髪童子, 九十九折の, 争い, 事務所を, 二本松時刻は, 五虎ノ, 井よ, 井医学士, 人々を, 人夫さん達は, 今日この, 仕事へ, 代表は, 会堂などで, 伯父貴が, 住人鐘巻自, 作った詩, 俗化に, 修行だ, 倉庫番から, 側面又は, 傲岸さである, 傾斜面でも, 僧都の, 先生か, 兒の, 入り口における, 全盛時代に, 八分が, 公園, 円い頂, 冷えた空氣, 凡ての, 出で, 出鼻の, 切れ目ごとに, 初日の出見物の, 刺戟に, 前途には, 力を, 労働に, 勝れたる氣色, 包囲を, 北面に, 半ばまで, 南で, 南西腹は, 原始地主で, 友軍や, 叔母さん, 古い伝説等, 古宮の, 台附の, 合戦では, 名として, 名前は, 名起れり, 向う側という, 向こう側すなわち, 君三川の, 命も, 噴火に, 四頭領と, 国信州へ, 土塀を, 地主故, 地図に, 地膚も, 坊さんたちの, 城が, 城内深き, 場所は, 境内に, 墓場は, 壕でも, 変化を, 夕日を, 多い上州, 夜も, 夜語り, 大きな掌面, 大地底道, 大神宮の, 天主閣は, 天狗, 失陥など, 奥とも, 奥へでもは, 奥御殿に, 奥野の, 女を, 女賊, 如き一簇, 如き関東, 如くなら, 如く動かずむしろ, 如く打上打下し新艘の, 如く炭, 如く積んであります, 如く鬼, 妖精, 姿それが, 姿山の, 威圧に対して, 娘だった, 子ばとは, 子感心な, 存在が, 守護神飯綱権現の, 客や, 家といふ, 容貌なり, 宿を, 宿駅らしい, 寫生に, 小つ, 小売を, 小屋を, 小父さんと, 小路に, 小鳥らしい, 少女オレアス, 尼院へ, 尾主人太田多吉という, 尾根や, 屏風を, 山すそへ, 山ふところの, 山口に, 山巓が, 山男だった, 山路を, 岨に, 岩などと, 岩漿帯の, 岳神とも, 峠嶮峻に, 峡間から, 峰々の, 峰尾根どこへ, 峽間には, 崖先から, 崩れた所, 嶺が, 巓でございます, 巡礼達が, 巫女で, 平だらう, 幾夜が, 庄屋のや, 庵通夜する, 強かつ, 形という, 形恰かも, 彫刻に, 影多き, 彼方なる, 径は, 後方から, 御宣旨, 御陣地, 思出が, 性と, 恐ろしい力, 惡い, 愛鷹山は, 懇意に, 我詩思を, 所有者の, 持つ個性, 採集を, 支配権が, 数多の, 斜え, 斜面と, 断崖に, 方, 方です, 方向を, 旅あの, 旅籠の, 日向で, 明けたいろ, 時とは, 晨明に関する, 暁である, 曉月夜さては, 書割りを, 最高峰エヴェレスト山が, 月見んとて, 朝らしい, 木々岩石は, 木の実海の, 木原では, 木末の, 木立深い, 本が, 本山の, 朽木と, 材木が, 村も, 東側から, 東面を, 松林なら, 林を, 柔い, 根元から, 案内人と, 案内者山には, 梅の, 森蔭へ, 椿と, 様なる, 樣子を, 横腹に, 樹木を, 檜に, 次第に迫り, 正調と, 殆どすべてが, 毛脛の, 氣象は, 水掛地蔵は, 氷雪に, 沈黙とが, 沼湖渓谷には, 波音, 洞門を, 浜屋敷へ, 淡緑, 深い雪, 清澄な, 温かい石, 温泉場で, 湖水に, 湯らしい, 滝つせ, 濃く茂った, 火事の, 炉辺の, 無動寺へ, 煙は, 熊の胆あり, 父上には, 牙営から, 物らしい, 特長を, 狭まって, 猟小屋へ, 獣らが, 王者が, 生命, 生活海の, 産物らしい, 男です, 町へ, 留守師団長なる, 番小屋の, 瘤くらいな, 登りが, 白い沙羅, 白雪積れ, 皮膚とも, 盗伐の, 直下から, 真下な, 真相を, 眺望ことに, 知識を, 石尊様へ, 砦の, 碑琅邪臺の, 祖神であった, 祭は, 禿などが, 私の, 称が, 稜白く, 穴住まいを, 空氣を, 窪みなどには, 立ち木の, 競売通知書も, 笹原の, 精にでも, 紅の, 紫を, 経営者の, 絶壁から, 絶頂へ, 総称である, 緩い斜面, 羊たちの, 羚羊よりも, 老若合わせた, 聖が, 聯隊へ, 肌も, 背にも, 背後蒲田川の, 胴骨と, 脊には, 脚ばかり, 腰低く, 腹木曽川の, 自然と, 色であった, 花です, 芽ぶく色, 茂つた賢木を, 茶畑に, 草むら, 草木それから, 荒神たちと, 落人で, 葡萄畠が, 蕨だらう, 薬草を, 蚕も, 蜃氣樓の, 衆っ, 表側と, 裂け目に, 裙片, 裾も, 裾野地とも, 襞また, 西側を, 西面から, 見えぬの, 見える窓際, 見物を, 観念から, 観音様へ, 記号で, 詩, 話みたいに, 説明では, 諸相が, 護衛百戸倪諒という, 谷や, 谿流に, 貉であろう, 賑やかな, 赤い数々, 起原を, 路拾得の, 輪郭は, 辺りに, 近所の, 途中まで, 連なりでも, 連脈だ, 道具, 遠輪, 部に, 里, 重量が, 金太郎を, 鉱石を, 鐘鳴りわたる, 長陣は, 開祖に, 間が, 間より, 関係は, 附近においては, 陣営も, 陣所を, 陰影が, 険に, 隈に, 際を, 雄々しき姿, 雑木紅葉が, 難所で, 雨雲を, 雪はか, 雰囲気であった, 電話だ, 霞の, 青々した, 青空に, 静寂とは, 靜けさ松の, 面積の, 音響, 頂きと, 頂だけ, 頂上であっ, 頂上より, 頂即ち, 頃は, 額へ, 顰み, 風光を, 風雨だけ, 養子例の, 香と, 騒ぎが, 高いところの, 高きに, 高低は, 高山が, 鬱然として, 魑魅魍魎の, 魚は, 鳩の, 鴉はけふも, 麓が, 麓までは, 麓長安寺の, 黒い姿, 黒龍江軍は

▼ 山~ (3936, 9.6%)

147 越えて 70 下りて 64 降りて 61 見て 51 下って 31 越して 27 歩いて 26 眺めて 25 おりて 21 なして, 出て 20 降って 19 登って 17 見ると 16 下った 15 築いて 13 離れて 12 背に, 降りた 11 こえて, 見れば, 踰え 10 くだって, 下りた 9 のぼって, 崩して, 指して, 見に 8 下つた, 下れば, 仰いで, 指さして, 望む, 見るの, 越え谷, 踰えて 7 おりた, ながめて, 下りました, 下る, 中心に, 背景に, 見ながら, 越えると, 隔てて

6 [12件] くずして, 下ること, 分けて, 前に, 右に, 成して, 望んで, 背負って, 観る, 負うて, 越すと, 降りると

5 [15件] あれだ, はなれて, 中心と, 廻って, 思う心, 控えて, 歩きま, 焼いて, 登つて行く, 眺めた, 眺めながら, 経て, 裂くよう, 見るに, 越え海

4 [31件] うしろに, まへに, 一面に, 下ったの, 下りると, 下ろうと, 中心として, 仰ぐと, 出ると, 包んで, 後ろに, 思って, 急ぐこと, 持って, 指した, 照し, 知って, 築いた, 背後に, 見たり, 見ても, 見る, 見るよう, 見上げて, 視め, 評して, 越える, 越えれば, 越え河, 開いて, 馳け

3 [60件] おりようと, きりひらいて, して, なすばかり, わけて, 一つ越す, 下ったこと, 下りはじめた, 下りようと, 下るに, 下るの, 仰ぐ言, 仰げば, 作って, 出で, 出でしより, 切り崩して, 南に, 去って, 右の, 圧して, 奥へ, 巻いて, 後に, 拓いて, 指さしながら, 控へ, 望んでは, 歩くこと, 登りますと, 登るの, 眺めたり, 眺めては, 知る者, 積んで, 積んでも, 築きました, 築く, 脱け, 見あげて, 見た, 見たこと, 見たの, 見つめて, 見ては, 見まわして, 見ること, 見るという, 負って, 負ひ, 越えた, 越えたり, 越えながら, 越えなければ, 越さなければ, 距てて, 過ぎて, 開墾し, 降つた, 降りながら

2 [252件] あさって歩く, あちらに, あるいて, いで, うたふ, おりかけたが, おりかけて, おりたこと, おりた許宣, おりると, おりるの, おりる途中, お下り, お出, かけおりて, かけて, かすめて, きずいて, くずし石室, くだると, くだれり, ぐるりと, こして, こちらへ, ごらんに, さした, さして, するもの, つつんで, でる, なした, なしたが, なし敵, なすこと下, なすと, なすほど, なすゆゑ, なす所, なせり, のぼりつめて, のぼりてこ, のぼるの, ひかへ, ふかめて, またかの, まともに, まわって, みて, もち慾張り, ゆるがして, よく知っ, ムレと, 一つもっ, 一つ越し, 一ツ置い, 一人の, 一里半ほども, 上って, 上つて左の, 上の, 下ったという, 下ってから, 下の, 下へ, 下りかけた, 下りし時, 下りたあと, 下りたの, 下りつつ, 下りてから, 下りては, 下りながら, 下りまして, 下りようとして, 下りる, 下りること, 下りる時, 下り出した, 下り麓, 下るとき, 下れ, 二つ持った, 二つ越え, 今日か, 仰いだ, 仰ぎながら, 仰ぎました, 仰ぐ, 何時か, 俗化する, 借りるとは, 出た, 出でて, 出るの, 出る前, 出る日, 切って, 削り谷, 動いて, 動かすこと, 北に, 占領し, 去らなければ, 去り蹤, 取り巻いて, 叩き岩, 向うへ, 吹きさ, 味う, 呼んで, 囲んで, 坊主に, 壓し, 失おうと, 好み智者, 好む, 守って, 崩したり, 崩し堀, 川に, 左に, 征服しよう, 忘れて, 思う, 思う時, 思えば, 思えばとて, 思ふが, 思わしめ山, 思惟し得ない, 思惟する, 想は, 意味する, 愛して, 愛する人, 愛する心, 愛好する, 抜けて, 押して, 抽い, 拵へて, 指さした, 挙げて, 捜して, 捨てて, 探して, 描いた, 望むこと, 望む如きは, 望んだ, 望んだ朝, 枕に, 染めて, 歩いたの, 歩いたり, 歩きまわった, 歩きまわり日, 歩き廻つて, 歩くあて, 水を, 泣いて, 為して, 物色し, 登ったこと, 登りながら, 登るだけの, 登ると, 目がけて, 目の, 目標として, 相して, 相手に, 眺めた時, 眺めるの, 眼下に, 睨んで, 知るもの, 神として, 空を, 築くほど, 築くよう, 而も, 聳起し, 背負い前, 背負つてゐる, 自分の, 荘厳に, 落つる瀧, 西へ, 見あげたり, 見たまま, 見ない, 見ました, 見るが, 見上げながら, 見廻って, 見水, 見渡す隅田川, 観るの, 訪れた時, 訪れる人々, 詠んだ歌, 識別する, 谷と共に, 負いて, 貫いて, 買って, 購ひ, 走りたいとは, 走るの, 超えて, 超え来, 越え, 越えること, 越えるとき, 越えるの, 越える時, 越える閑, 越え垣, 越え森, 越し谷, 越し野, 越すといった, 越へて, 越谷を, 踏まえて, 踰て, 通って, 過ぎ, 重ねて, 降り, 降りた虚無僧, 降りました, 降ります, 降りること, 降りる時, 降り昇り, 降り村, 降ると, 降れ, 降ッ, 除いては, 震は, 震わすよう, 飛び越して, 飛んで, 餝り, 馬は, 駈け下って, 鬼に, 黒ずませて, 黙々として

1 [2097件 抜粋] あおぎながら, あたふたと, あまりに熱心, あるくに, いう, いだきながら, いつか通り過ぎ, いろいろな, うづみぬ我, うろうろし, おおうて, おこえなされ, おりその, おりたの, おりる, おり国, お出なさらない, かきまわして, かくす程, かける, かけ廻ると, かすめ海, かれら, きずきアコ長, くずすの, くだらねば, くだりました, くだるの, くり抜いて, けがすまいとの, こえる朝, こえ来れば, こさえたり, こじったり, こめて, こんもり隠す, ご拝領, さして出立, さんざん歩き廻っ, しばらく見つめ, じっとこう見, すてて, ぜんたいです, そのまま君, それに, たくさん越し, たづぬべし, たどり峰, ぢなど, つかんで, つくつた, つつみ夜, つんざく雷, でる日, とび丘, どういう風, どよもして, ながめた瞳, ながめ引しまって, なしいよいよ, なす, なす人々, なぜ後方羊蹄山, にらんで, のせて, のぼりきって, のぼりました, のぼるにつれて, はじめて甲州, はじめ鶴峠鶴巻山鶴根山鶴飼山鶴, ひかえた地形, ひつ掻い, ふみこえて, ふり仰いで, ぶらつく, ほりくづしたもので, またぼんやり, まなかいに, ま正面, みるの, むねに, めぐらしめさて, めぐりて, めぐり谷, めぐるあいだ, めぐる躑躅, もう少し深く, やつて, ゆく気もち, ゆるがし皓々, よじ登った, わたるに, ショーウインドの, ドシドシ登っ, ヘルメットの, メリメとへ, 一つ一つ新に, 一つ登っ, 一つ越さなけれ, 一つ飛越え, 一名豊後富士という, 一廻りすれ, 一段二段と, 丁度向う側, 三度も, 上ってしも, 上りはじめました, 上り終へ, 上るところ, 上州の, 下った私, 下つて學校, 下つて氣壓, 下つて薄, 下らうよ, 下らねば, 下りそこ, 下りたよりも, 下りに, 下りはじめる, 下りようか, 下りられる, 下りるとき, 下りる人, 下り京都, 下り山, 下り思われては, 下り楠軍, 下り無事, 下り町筋, 下り里, 下るとき撫院, 下る点, 下ろうか, 世に紹介, 主峰と, 乗り越えた不死身, 争おうと, 二度まで, 人助けに, 仙人山というかという, 仰ぎつつ, 仰ぐので, 仰望する, 伐ろう, 伝わって, 住居と, 何町歩と, 作つて神を, 作る, 佶と, 來る, 修験の, 傳つて行く, 先に, 八の, 其と, 写し渓流, 出し矢台, 出たる目, 出づる, 出でたる暗, 出るという, 出逢い場所, 切りひらい, 切り拓い, 切り開きて, 削りとった岩石, 割って, 加えると, 勤めたるも, 包む濃, 包んだ體, 十町歩ほど, 南へ, 去ってから, 去る, 収めること, 取り詰め山王二十一社, 受取つてさて, 同山異名と, 吟味なさん, 吹きおろして, 味わって, 呼出されて, 噬む, 固と, 地底から, 埋め野, 塞へ, 売って, 売り飛ばして, 夢見る哲学者, 大群と, 奪わば, 好くの, 好む者, 守らしめ籍帳, 家と, 尋ぬる, 少しお, 少し登りかけた, 展望する, 山巡りする, 崛起し, 崩したの, 崩すと, 崩壊させる, 巻いたよう, 幾つと, 床の間の, 廻り西側, 引き上げる日, 張って, 形造っ, 彷徨し, 往復し, 待って, 後方羊蹄山と, 御覧に, 思い出しました, 思うの, 思出し, 急襲した, 惧れ, 想像し, 愛したこと, 愛するの, 慕い人, 懐中に, 我友に, 投げた時, 抜くという, 抜け出して, 抱いて, 押し出して, 拓いたところ, 拓くこと, 拵えた, 持ちながら, 持つ神, 指ざし, 指す, 指呼の, 振りか, 捜し求めつつ, 掘ったら自動車, 掘りかえしはじめた, 掘り崩して, 掘れと, 探そうと, 掩い, 掻きわけて, 描き木, 揺りました, 搖が, 撫でて, 攀じ川, 攀ぢて, 攀づ, 攻め取ったならば, 敲いて, 断り崩した赧土, 旅する, 昇り四つ, 曲りながら, 望みもしくは, 望み居たり, 望み見ずして, 望むよう, 望んだこと, 木などの, 村の, 枯し, 案内し, 極めたらば, 構成し, 横ぎりて六時發横川行の, 横断した, 止すと, 武甲というなどと, 歩いた矢口森栄君, 歩いては, 歩き, 歩くそして, 歩く場合, 歩けるとは, 歴観す, 毎日眺め, 河に, 浮き出させる, 海の, 深く行く, 渉猟り歩い, 湖の, 滑り落ちて, 為し一方, 無茶苦茶に, 焼きぬる, 焼くとか, 煙草畑に, 片付けるつもり, 猟つて高い, 玲瓏と, 生きる, 界し, 疵物に, 発見した, 登ったの, 登つて来た, 登らせて, 登りつめたよう, 登り独自, 登り魂等, 登るに, 登る人, 發見しよう, 的確に, 目差して, 看るか, 眺めあれ, 眺めた津田, 眺める時, 眺め続けるうち, 眼界に, 瞥見し, 知らないこと, 知るほどの, 石膏細工の, 示して, 神上げの, 禿に, 移動させ, 積み燈明, 積む程, 積んだ車, 穿ったこの, 突くと, 立ち去りたいと, 立てなければ, 築いたが, 築きそれ, 築き私怨, 築くに, 築けり彼ら, 終日駆け廻っ, 結びつけた方, 綿密に, 縦に, 縫ったの, 繞つて秋の, 繞りし, 羽黒と, 聞き出すつもり, 背中合に, 背負つて出張所の, 自分と, 舞った原杉多喜子, 苅り人家, 荒し河, 蔽うた夜霧, 蔽った厚い, 行かなければ, 行く時, 裂いて, 製造する, 襲って, 覆うて, 覆したよう, 見おろして, 見くらべて, 見し時, 見ずといふ, 見せますと, 見たら白く, 見つけても, 見つめ山中山上, 見ぬうかつ, 見まわしながら, 見るごとしじゃ, 見るには, 見るほどの, 見る会, 見る必要, 見上げたとき, 見付けること, 見出して, 見廻つたり, 見樹, 見破りこれ, 視山, 覗くよう, 観て, 観ること, 観るばかり, 覺えて, 訪ねて, 証拠立てるよう塩尻がた, 話せと, 語る, 誰の, 護法の, 負いいたるところ, 負い水, 負うた杉林, 負つて, 貫き渓, 買いとって, 買う木, 買占める正直, 走せ下り荘官, 走り巌, 走ること, 超え川, 越えたでは, 越えた女, 越えてから, 越えました, 越えようかと, 越えるのに, 越えサチ子, 越え前後隊, 越え幾日, 越え更に, 越え美濃, 越え逃げ込んだの, 越さねば, 越したと, 越したる奉公人, 越した向う, 越しますと, 越すだけの, 越す哀しい, 越は, 越昼は, 距てた, 踏みわけて, 踏み越えながら, 踏むより, 踰ゆる, 蹴開き湖水, 転げ落ちたに, 迂回し, 近付けまいと, 追われる地獄, 退治る, 逃げ下りて, 逃げ廻りながら, 這い登り, 通つた時渇し, 通りだれ, 通る旅人, 連ねた平, 遊覧する, 過ぎるの, 遠くから, 遠巻きに, 選んだもの, 里の, 野を, 閉じ籠め, 開かんと, 開拓し, 降った, 降つた樣子, 降らしに, 降りかけた時, 降りたの, 降りた府関, 降りても, 降りませんか, 降りようとは, 降りる前, 降り切ったところ, 降り湖, 降り車, 降るが, 降るもの, 降れり, 除いて, 陰翳し, 隔て, 集めて, 離れたと, 離れると, 離れ胡粉, 震ッ, 青年が, 音羽や, 頼みに, 顫わ, 飛び歩けそう, 飾って, 駆け下りしばらく, 駆け降り, 駈け上って, 駈け降りて, 騒がせそこ, 高くしたい, 鳥海と

▼ 山~ (3267, 8.0%)

51 入って 37 登って 22 なって 19 向って 18 して 15 行って 13 こもって, 入りて, 登ること, 登るの, 雪が 12 住んで, 向つて 11 入つて, 来て 10 入りながら, 就て, 登った, 隠れて 8 向かって, 沿うて, 生えて 7 かこまれて, すんで, 入ると, 火を, 登る, 登れば, 籠って 6 かくれて, のぼると, 入っては, 對し, 拠って, 於て, 登ると, 遊んで, 隱れ, 響いて

5 [16件] いって, いて, いると, なると, 住む人, 入れば, 囲まれて, 柴刈りに, 棲んで, 登ったこと, 登りて, 登りました, 登る人, 登る理由, 躑躅が, 野に

4 [30件] いた時, いても, かかると, さしか, つ, なつて, のぼって, のぼりて, むかいて, むかひて, や, 住む人々, 入った, 入ったという, 入ること, 寝て, 手を, 持って, 来てから, 来る, 沈んで, 沿って, 海に, 積んで, 積んでも, 続いて, 翔け, 見入つて居る, 遊びに, 遮られて

3 [45件] あって, ある, お登り, かかって, こだまし, しても, ゐるや, 入て, 入りたる若僧, 入る, 冥通する, 出でし月, 包まれて, 反響し, 取り巻かれて, 向ひ, 囲まれた盆地, 圍まれて, 寝ね, 対うて居る, 就いて, 居る天一坊, 帰って, 日が, 木が, 木を, 本営を, 棲む獣, 残って, 火が, 牛女の, 猟し, 生れて, 登りたいと, 登る気, 穴を, 育って, 落ちて, 行きけむ, 行こう, 見入つてゐる, 追ひのぼ, 遁れ, 雪の, 飛んで

2 [222件] あったの, あらず, あらず川, あると, あるの, ある神社, いたとき, いだかれた或, いながら, いるの, いるもの, うすらかに, うちつけに, おはいり, おるの, お入り, お葬り, きて, こだまさせ, こだまする, こもつて, そうて, そふて, そんな名前, つきました, つつまれた町, つれて, なく街, なった, なつた, なる, のこって, のぼりました, のぼり日, のぼるに, のぼる人, はだらに, ぴったりと, ふさがれて, ゆきて, ゆき谷, ゆく, ゆくの, わけこんで, ゐて, 一庵を, 上がって, 上って, 上らむと, 乗つて, 九曲ある, 人の, 人を, 伏して, 住み世, 住むこと, 住むといふ, 住む者, 何か, 何しらず, 依って, 倚り, 働く他, 入つた, 入りながらという, 入るという, 入る人, 入る或は, 入る時, 入る服装, 入る者, 入れて, 凭り, 出て, 分け入って, 取っては, 向ふ, 向へる, 圍まれた, 在りて, 埋もれたる人生, 外ならぬ, 多い杉, 天然に, 姿を, 嫁した, 子供らは, 對うて居る, 對する, 導きます, 小さな一軒, 就ての, 就ては, 居る間, 居る雲, 山を, 巣を, 帰つ, 帰つてみなに, 帰つて来ない, 廻つたらしい, 引っ込んで, 心を, 慣れて, 憎いとか, 投げかける蔭, 捨てて, 據り, 攻め上った, 於いては, 於ては, 日を, 春雨, 暑さ, 月が, 月た, 来た, 来ぬ, 来も, 東海坊が, 枯葉が, 棲む天狗, 樹が, 死ぬという, 比叡と, 沿ふて, 活きて, 清水が, 溶け谷, 照る月, 物詣でに, 特有な, 狩りくらして, 猿が, 獣あり, 率て, 生えた杉, 生じて, 生れ山, 留まって, 登ったとき, 登ったり, 登った時, 登っても, 登つ, 登つた, 登らなかった, 登りお宮, 登りますと, 登り其, 登るには, 登る事, 登る事飛禽, 登る元気, 登る必要, 登る時, 登ろうとは, 白い花, 白い雲, 目を, 相当する, 眼を, 石が, 祭る, 積った, 積りたる, 積んだお年玉, 立って, 箱梯の, 籠つてから, 育ち今, 腰を, 至りて, 葛を, 葬ったと, 蔵る, 蕨の, 薄らかに, 螢雪の, 行きて, 行き向, 行くと, 行くには, 行くの, 行こうでは, 行った筈, 街に, 裸で, 見入った, 見入って, 親しんで, 谷に, 谷蔭に, 路に, 踏み込んだばつ, 身を, 辛夷の, 辷りかけた頃, 近いところ, 近づくこと, 送って, 連れて, 違いない, 還って, 還りたもう, 邪神あり, 野生する, 金花咲く, 鎮座する, 関係が, 降れる故, 限るやう, 陣した, 陣を, 隔てられて, 雪降りに, 雲が, 雲下りゐ赤らみ, 雲霧白く, 風は, 鳴く鳥, 鳴く鹿

1 [2042件 抜粋] あからむ, あったもの, あつて廬山, あふれるかと, ありそう, あるいら, あるやつ, ある古い, ある柿本神社, ある洞穴, ある艸, いいつけて, いた, いたころ, いたり, いた叔母, いた群盗, いつぱい, いますとね, いられるの, いるよう, いる兵, いる間, うずめて, うろうろする, おくつもり, おった老人, おびきだして, おまつられ, おりますこと, おんじ, お嬢さんの, お葬り申し上げました, かかった, かかった時, かかる, かかる時, かかれば, かくれた, かくれ河, かけて, かこまれた奥羽, かこまれながら, かさなり續, きた, きょうで, くわしい道案内者, この小僧ッ子, こもった, こもり居て, ころも, さえいれば, さけて, さしかかりました, さらばの, しがみついて, したつて, しめを, しろ水, すがた, すまひ, すむ獣, すりよ, せむために, そっくりであった, そひ, たてこもったの, たどりつきました, だんだん上りました, ちがいない, つくと, つつまれた盆地, つみ草に, とっぷりと, とられたの, とり囲まれた明るい, なったので, なびかん浮雲, なりますと, なるの, のしあげる, のぼらざるを, のぼり大きく, のぼる前, はいった, はいり長い, はせゆけり, はや立ち, ひびくおばさん, ふくろ, ふみ込むと, ぶつかった時, ぶつつかつて, まいりますと, また山, まつわって, みさ, むかって, もたせ緑, もどりたくなってる折, ゆかぎりしさき即ち, ゆき小舎掛けし, よきに, よった所, よりかかって, わが目, わたした, われらの, ゐるうち, ゐる時, ゐる雲, サルと, トンネルを, マルセイユ・マタンの, 一人の, 一座且聳え, 一礼した, 一週間いる, 三面独眼一本脚の, 上られ一生, 上りつけた人, 上り惟う, 上ると, 上るもの, 与えられたもの, 中心な, 乘鞍人に, 予科の, 二筋の, 亘る一連, 今でも, 从った, 以前の, 任して, 伐りたる大, 伝わって, 似て, 住みし巨人, 住み馴れた經驗, 住む修験者, 住む巨人, 住む猟師, 住む馬, 住める妖女, 住んだ人達, 何とか言つた医者, 作って, 例えば比良, 修業し, 偃松無しとは, 傾いた夕日, 働く時, 充てられたもの, 入ったので, 入った少尉二人, 入つたあたり, 入つた道士, 入つて行つた人達, 入らぬと, 入りあるいは, 入りけるに, 入りたるまま, 入りまししかば, 入りまたは, 入り大木, 入り所, 入り木, 入り渓谷, 入り込んだと, 入るかも, 入るとも, 入るの, 入るまでの, 入るを, 入る岐, 入る處, 入れども, 八千坊と, 其様な, 冥通を, 凭つ, 出かけること, 出るの, 分け入りて, 分入, 別に錦橋, 到り一夜明月, 勝ち大, 勿体を, 十万の, 千年も, 単衣, 参した, 反響を, 同情し, 吐月峰という, 向う原因, 向っての, 向はしめ大将軍維盛自らは, 吹き当てた風, 呼ばれて, 啼いて, 因みて, 囲まれたもの静か, 囲まれた湖畔, 囲まれた美しい, 圍まれたる, 在って, 坐す, 埋めかけた処, 埋葬した, 執着を, 変じて, 夕日が, 多いの, 多きオオヤマザクラ, 夜気は, 夢を, 大地震, 大桃樹あり, 天の, 女を, 威を, 実家を, 宿るよう, 密生し, 寝た, 寝或は, 対い合ってる, 対した気持, 小屋掛けを, 少しく上り, 居た頃, 居られた時, 居るの, 居る頃, 属する北半分, 山は, 山桜咲き初めて, 山藍あり, 巣食う害虫ども, 布陣した, 帰る時, 年を, 庵室を, 引きかえして, 引込むか, 当るもの, 彼の, 往って, 御陵を, 心静に, 怪異が, 感激し, 憧憬れ, 成つて居る, 投げ棄てること, 拠つてゐました, 拠り山あい, 拠る雁門関, 挟まれたる谷, 捨てられたの, 掛れば, 探りに, 擬し, 改まって, 放たれたよう, 放られたら困るさかい, 敵が, 新道を, 於ける雲, 旅宿致居る, 旗本を, 昇降した, 映る夕陽, 智恵子と, 會した, 有, 朝立ちぬ, 木精した, 朱き, 来たなという, 来た幸福, 来ても, 来る時, 林, 栖みたし, 桃樹あり, 棄つるが, 棚引いて, 棲むこと, 棲む面白い, 植えて, 樹, 樹木なく, 櫛の, 此等の, 歸つてゐた, 死別れた, 残れる, 気がついたやう, 水のみに, 池田が, 沈みつつ, 沙を, 沿い石陣, 沿った道, 法華経よ, 流れ込んで, 海を, 消えて, 添い江, 添つて城の, 渡せば, 湖上に, 湧き処々, 溶け込み馬, 漂泊ひ来つ, 漠然と冠した, 潜んで, 灯を, 無尽蔵に, 照りつけ初めた, 燦然と, 牛を, 牽かれるこころ, 狩の, 猟に, 獵し, 現れた, 現れ出て, 生えるの, 生え茂つて, 生じたる, 生れた熊, 田地を, 異変が, 登ったし, 登った事, 登つたのは, 登つて月を, 登の, 登らせられて, 登らば, 登らんと, 登りその, 登りたく思って, 登ります, 登り一方, 登り出来れば, 登り始めましたの, 登り思いがけず上, 登り海, 登り荒涼と, 登り走りし, 登るという, 登るにも, 登るもの, 登るを, 登る以外, 登る様子, 登る資格, 登れと, 登れると, 登ろうとして, 登拝する, 百合の, 相当し, 真っ赤な, 眠る旧師, 石卵より, 砲声を, 碧い, 神と, 禅頂しなかった, 移つたのみ, 積って, 積みあげられ出はいりなく, 積もり里, 突きあたる地点, 竈を, 立つ時, 立てこもって, 立籠もる, 筏が, 籠つてある, 籠つて花かづらを, 籠城し, 紅き日, 紛れて, 統軍亭の, 続きみなこれ漢中, 縁が, 繁茂し, 置いては, 罷りこし絶えて, 群盗あり, 老朽を, 聞くこと, 背を, 腰掛けたる何人, 臥す鹿, 至る縦走, 舟を, 茶を, 草鞋を, 落ちかけた夕陽, 落ちる月, 落付いた, 葬つた趣, 葬られた自分, 蕨を, 薪採りに, 蜜柑が, 融け入ったよう, 行かなければ, 行きたい海, 行きましょう, 行き暮れた者達, 行き粽, 行くこと, 行くまで, 行く時, 行ったとき, 行った香り, 行つて何か, 見えた蒸氣, 見えます, 見た, 見られて, 見立てたもの, 親ま, 討入て, 詣して, 詩の, 認めた松平勢, 謝罪し, 買いものに, 走り込んだという, 踞し渓, 軍陣を, 近いから, 近い上, 近き南, 近くなっ, 近づいた, 近づくにつれて, 近代を, 返した例, 迫り法正, 迷ひ, 追い上げられる亡者, 追上げられる, 逃げ母, 這い登り頂上, 這入る前, 通へども, 連なるほか, 遁げこんだ, 遊ぶが, 遊ぶ時, 遊んだ者, 道を, 遠い平野, 遠鳴りした, 遯るる, 里に, 野生した, 銃声が, 長文の, 閑居し, 降った雨, 限らない何處, 陽が, 隠して, 隠れた, 隠れるという, 隠れ蕨, 隠棲した, 集つた, 雉子啼く, 雨と, 雪ふれり見, 雪降る, 霊あり, 霧のか, 非常の, 面する所, 響き白一色, 預けられて, 飛んだ, 飯に, 餓死せりと, 馴れたテンバ, 馴れぬ義弟, 駈登って, 高山右近あり, 髣髴たり, 鯨を, 鴉すく

▼ 山~ (1842, 4.5%)

13 天下の 6 元の 5 ない, 皆影濃く, 雪が, 音どころか 4 あれども, 厭は, 忽一時の, 自分の, 英傑の, 裂け海, 見えない, 雲に

3 [25件] かすみて, これだ, しづかに, その麓, づつしりとおちつき野は, どこに, どの山, どれです, どれも, まだ雪, 一面に, 低い山, 名の, 山の, 急に, 次第に深く, 火を, 神の, 紅の, 紫に, 美しい, 自然の, 見込みが, 雨に, 雲の

2 [94件] あるまい, うんと人出, かなり顕著, くきや, こう云っ, この山, この次に, この空寺ごと, これでも, さすがに, さほど高く, すくない, すぐに, その時, それを, た, つまらねえ山, どうも怖い, どこも, どちらを, なかった, ひがしよ, ひっそりし, ひとつの, ぼんやり, まだ花, まだ雲, もう完全, よかった, カチカチ山つていふ, 一つも, 今日も, 何か, 何て, 例の, 冬の, 南の, 危ふく石わかれ, 吹雪の, 唐土の, 土の, 大好きだ, 天地開闢の, 如何に, 少しも, 山と, 岩山なり, 崇高である, 平野から, 御覧の, 怪しからん, 或時, 明れ, 是より, 朕の, 本來此愴さ, 来るん, 水に, 沢山ガイド, 流紋凝灰岩, 浅葱の, 清朝の, 無いと, 燻銀の, 猶ほ, 町奉行の, 直立した, 短か, 私の, 綺麗だ, 菅の, 蜜柑等の, 見えて, 見た眼, 近くに, 迫って, 追, 過ぎて, 遠うございます, 遠望した, 附随し, 附隨し, 雨の, 雪で, 雪の, 雲を, 霧が, 霧より, 青葉に, 静かに, 頂が, 驟雨親仁が, 高いし, 高くない

1 [1508件 抜粋] あおき故郷, あすこに, あと何日ぐらいで, あの橋, あまりに平, ありとても, ありゃどこ, あるが, あれから, いい, いい価, いくたび雲, いずれかの, いって, いつと, いつもよろしい, いつ頃, いまだ暮, いよ, いよいよ暮れ, いよいよ説, うごかない, うつくしい, うね, おごそかに, おのずから幾多, おもしろい小さい山, お前房州よりも, かうして, かすみたち村びとは, かなしき, きれいだ, くつきりと, ぐれて, ここよりも, こっち向けに, ことごとく見えました, このお, この宿場, この間まで, これから湿っぽい, これと, これ一色で, こわい東京, さかんな, さてあらせ, さびしも, さらに詳しく, しぐれて, しづけし, しもさ, すぐ取りつくし, すっかり凍りつい, すつかり晴れ, すでに紫煙, すべてそれを, そいだよう, そう言っ, そこから, そのままに, そのまま山, その分水嶺, その役目, その戸帳, その男, その雲岡, それが, それ茸狩だ, たいてい歩きました, たださうさ, ただ一面, たのしい, ちっとも見えなくなった, ちょいと, つまらないにも, ですね, ところどころ紅葉, どういうもの, どうしても釈けなかった, どこかね, どんどんと, ないか, ないと, なかなかあ, なだらかな, なにか海, においの, ぬきや, はや萩, ひそかな, ひどい, ひる過ぎ, ほとんど常, ぼう, まあすむ, ますます不思議, まず弦, またもと, また彼, また茸狩り, まだ七つ, まだ冬, まだ毬栗, まだ鶏, まっ黒です, まひるの, まるで生き, みな樹齢が, みな霧に, みんなたった, み雪, むやみに, もうまつたく見えぬ, もう初秋, もう秋, もえであるべし, もちろん槍ヶ岳, もっと近々とここ, もみぢ始めなむ, やがて家, やつぱり大きい, ゆれ岩, よく滑る, よした, よそうね, らを, わし気に入った, われを, ウンと, カルラーラの, ススケ峰から, トンネルの, パルチザンにとって, ボーと, 一も, 一名坂東山と, 一層嶮, 一座の, 一方を, 一本立だろう, 一番高い凄い, 七八里は, 万象とともに, 三十二歳なり, 上から, 上代に, 上野の, 下葉, 不向きな, 不断の, 世界を, 中央アジアに, 乘鞍かしこき, 乱雑に, 二ヵ月以内に, 二十四歳より, 云う, 五月の, 人の, 人間が, 人間第, 今みる, 今一杯で, 今度は, 他に, 代赭と, 伊賀名張郡の, 低いと, 住吉村から, 何と, 何れも, 何処に, 何時でも, 何色かと, 余りにも, 依然として薄暗く, 倦か, 僭号を, 兄よりも, 入口の, 全く世界中, 全く水晶, 全山, 八十四メートルの, 六月に, 其奥に, 其翠緑の, 円く入江, 冠ヶ岳と, 冷寂な, 分離し, 初めて, 別な, 前年よりも, 割合ひ, 動かないが, 勿論かくれた, 勿論少なく, 勿論槍ヶ岳, 北の方から, 北海道後志の, 十二月十八日に, 十里も, 千九百十五米の, 半ばは, 半腹, 南宮山の, 即下界, 厚ぼったい雲, 去ること, 古い砦作り, 古来登山者絶無と, 右下手を, 合って, 同じ大き, 名を, 向こうの, 吠え鼓, 呼べば, 啓吉の, 噴火口が, 四十歳で, 固く辞退, 土が, 地の利を, 地面から, 墓地であった, 夏を, 多いが, 多くも, 多けど, 大いに驚き扨, 大きな影, 大和南葛城郡葛城村大字朝妻に, 大方雲, 大森林, 大津へ, 天が, 天気つづきである, 天狗党の, 奇たるに, 奉行支配場にて, 好きな, 娘と, 孤獨の, 安宅先生が, 実際よりも, 家の, 富士山である, 寒いだらう, 寒空うす, 小さいが, 小唄浄瑠璃仕舞なども, 少くとも, 少なからざれ, 尽きずかえって, 尾張国の, 屡々見た, 山だけに, 山に, 山を, 山林と, 山風寒し, 岡田半江の, 岩石の, 島の, 崩れたい時, 嶮しくなりかけ, 巌を, 幕末の, 平均十年毎に, 幼時句読を, 幾重にも折りかさなり, 廊下の, 張りを, 当然北岐沢, 形状臥牛の, 彼奥に, 待ちきれずに, 従って, 御前の, 御飯は, 忘れましけむ, 忽ち登り尽され, 思いも, 急斜面の, 恐らく立山連峰, 恐怖の, 悉く外れた, 悲惨な, 慣れないうち, 懐から, 我が富士山, 押へる, 措て, 政治も, 数ヵ所に, 新緑が, 新聞紙を, 既に春, 日本の, 日本海と, 明るい, 明るくなっ, 昔も, 春に, 昨日の, 時によ, 晩年に, 晴れたぞ, 暖かに, 暗くなった, 暗然と, 暮れぬましぐら, 曾ては, 朕が, 朝は, 朝鮮の, 本丸白旗山は, 本当の, 村から, 東京からは, 東側が, 松山だ, 柔しい, 森々と, 極めて繁昌, 樂過ぎます, 横はれり, 橋の, 次第にうすれ行き, 次第に暗色, 次第に険しく, 此事なりと, 武尊岳だ, 殆ど上り, 殆ど皆, 残るところ, 毎日朕の, 気の毒そうに, 水はよ, 水松が, 決してお, 浄土図の, 浮穴郡の, 海を, 海抜八一七五フィートという, 涼しかった, 深い, 深い海, 深山中の, 渓の, 湖畔に, 満員で, 漢江に, 濫伐を, 火山なる, 烈しい生, 無いん, 無気味で, 無理強いに, 無限の, 焼け山だ, 煮えくり返るよう, 父の, 物惜しみする, 狩野派の, 甚だしく温厚, 田楽狭間の, 男神だ, 畝傍を, 畳, 登るばかりが, 白く大海, 白銀である, 白馬ヶ岳だ, 百五十メートルぐらいの, 皆一望の, 皆火山性で, 皆登られ, 皇后の, 盛り上が, 相並ん, 真っ白だ, 真白いまま, 真黒い冬木立, 眠りに, 眺めるの, 睨み合いに, 知つと, 石を, 石骨を, 確に, 祖母山, 禁猟地で, 禿げ地, 私が, 私に, 私を, 秋まだ, 科学の, 穏やかに, 立ち上がったが, 立てり東北, 笹島か, 答へる, 紅葉と, 紫緑に, 絶頂までも, 緑河原の, 置かれて, 美保神社から, 群青で, 考えたの, 聖天の, 肌が, 自から, 自分に, 自然薯を, 芝生も, 若葉の, 茸狩りに, 草火の, 荒れて, 菅原の, 落葉松つづき, 葡萄に, 蒼雲の, 薬草で, 蜀兵の, 蟹田の, 袂の, 西海岸の, 見えずや, 見えたり, 見えなかったけれど, 見えませぬ, 見かけほど, 見るだけで, 見るを, 見納めという, 言わば自分, 誰も, 貧乏に, 赤い火, 赤石山川は, 越えずに, 距離から, 身を, 近かつ, 近づけば, 近在の, 返辞を, 逃げないしかし, 遙に, 遠い山, 遠く望む, 遠のいて, 郷里の, 醇の, 金物の, 鉢巻を, 錦を, 閑の, 闇を, 陣座峠より, 険阻で, 隠れて, 離れて, 雨だ, 雪, 雪崩を, 雲母より, 震い雲, 靄に, 青くし, 青く秀で, 青菅の, 青葉時海も, 静かであり, 靜かに, 非常に, 頂上だけ, 風が, 風化作用という, 駄目, 駕側の, 騾馬の, 高いところ, 高うご, 高く思う, 高さ, 高し時々, 高房山の, 魔王が, 鳶尾山と, 麓から, 黄金の, 黒く点々, 黒く靜

▼ 山~ (1772, 4.3%)

48 ある 39 あって 30 見える 17 聳えて 14 あった 11 見えて 9 あります, 見えた 8 あつて 7 あるの, つの, 出来て, 多い 6 そびえて, 崩れて, 来るん, 高いので 5 あるから, できて, 好きに, 描かれて, 迫って 4 あると, あれば, いくつも, 入って, 山に, 急に, 目に, 見えます

3 [38件] あったの, あっては, あつた, ありました, ありまして, ありますが, あり森, あるでしょう, あるわけ, いかに高い, かすんで, できた, ないと, のぞいて, 世界の, 両方から, 光って, 切れて, 多いの, 好きだ, 好きで, 屏風の, 幾つも, 文殊で, 曇れば, 浮んで, 深いから, 真黒に, 積まれて, 突兀として, 立って, 続いて, 胸に, 自分の, 見えたり, 見えだした, 見えなくなった, 霞んで

2 [112件] あったと, あったり, ありその, ありますか, あり西, あるか, あるし, あるという, あるので, いつも私, うす紫, うっそう, お好き, ごう, ずるずると, せまつて, それである, つが, つづいて, つに, つを, できる, どこに, どつ, ない, ないから, なくて, ならんで, のびて, まだ雪, みんな集まっ, よく見えた, ポカリと, 一つに, 一番高い, 一面眼前を, 三つある, 三方から, 並んで, 乱を, 今は, 低い, 低いので, 何だ, 入つて, 出た, 出來, 出来る, 名高くなりました, 向うに, 噴き飛ばす灰, 墨色を, 妙に, 尽きる辺, 崩れたり, 往来を, 微かな, 心を, 恋しくなりだした, 手を, 晴れて, 晴れれば, 暮れて, 月が, 望まれること, 来るな, 次第に四方, 気に, 沢山ある, 深いため, 深くなっ, 漸次に, 火を, 無限に, 焼けて, 物凄いので, 現われた, 現出するであろう, 白い河洲, 眠つてゐる, 神の, 綺麗に, 背くらべ, 自然に, 若杉の, 荒れると, 荷に, 裂けて, 見えたから, 見えたやう, 見えること, 見えると, 見えるの, 覗いて, 語る, 近くな, 迫り山, 連つて居ります, 道の, 重なって, 重なりあって, 重なり合, 重なり合って, 雪に, 雲の, 青く風, 非常に, 響いて, 顔を, 高くて, 鮮かに, 鳴り谷

1 [1140件 抜粋] あざやかに, あったから, あったろうと, あっちゃ, あつたなら, あつまつ, あらましは, ありそこ, ありそれ, あります川, ありや, あり一方, あり其東, あり林, あり背後, あり谷, あり馬車, あるくらいは, あるそう, あるって, あるとい, あるならば, あるのに, あるばかり, あるんで, ある柳, あれて, いちどにどっと笑いだした, いっこう敵, いつもくずれ, いまだ仕, うす霞ん, うず高く, うつくしいなだらか, うまくあたっ, えり, おしひろげられ, おもしろ, お前さんの, お玉杓子の, お銀様, かさな, かぶさって, かりたる小高い, きづかれた, きれいに, くずれるさい, くもりて, こしらえて, この城址, この屋敷, この文化流入, これからどうなる, これに, ころび出たやう, こんなに赤く, ござります, さぞ苦心, さらに幽, しだいに迫っ, しづけく, すくすくと空, すぐ眉, すこし変, すっかりかくれ, すっかり白い, すっきりした, すべて浅く, ずっと湖水, ずらりと列ん, せまると, そうです, そこは, そちに, その体積, その地図, その姿, その最初, その朝影, その雲, そびえその, それか, それでもまだ, そろ, たくさんあるだろう, たといひ出し, だんだん低く, だんだん暗く, ちゃんとある, ちょうど象, つきて, つくして, つまって, つも力つきて, できても, どうして不意, どこかという, どんな形, ないの, なかなか近寄らない, なくては, なくなったという, なくば, なぜこんな, なにごとか, ぬつと, はじめて地上, ひかる伊吹山, ひつそり, ひに, ひの, ひろいので, ふたたび藺編, へり, ぼうツと, またぞろ都, また向う, まだ京都, まだ標山, まっくろに, まるで絵, みえるまるで, みんなこの, みんな顔を, もう一度来, もみづるところ放たれた, やったか, やや烈しい, ゆったりと, よい姿, よく見える, よろしい水, われ, アーベント・グリューエンに, ジイ, ズラリと, タリム盆地の, チラと, トラックの, ボタ山に, マリオコス灣に, ユラユラッと, ロック, 一つその, 一つチョンポリと, 一ツ特別あつかい, 一向凄し, 一時に, 一望の, 一番人目に, 一眸の, 一面に, 三つあっ, 三つ重なってる, 上方の, 下界同様人出に, 不規則に, 与えられた, 丸坊主に, 乱伐の, 二つある, 二つも, 二つ小, 二マイルばかり, 二座ある, 云い知れぬモノスゴイ気分, 五つも, 人間を, 今とは, 今にも崩れ落ち, 他の, 低いにも, 低きに, 低くなだらか, 何か, 何と多かっ, 何処かに, 信州側に, 側です, 僅かに, 先生水が, 全勝の, 全盛の, 其伝えを, 再興された, 凝と, 出て, 出来た, 出来るわけ, 切りくずされ朝鮮人, 切れ代り合って, 列な, 削り立って, 前記の, 剥げて, 動きだしたよう, 動き出すよう, 動揺する, 勝を, 北の方に, 医者の, 千町合せ, 半天に, 南北の, 却つて盛観を, 参与し, 古代の, 右手を, 同じく五葉山, 吐き出される, 周囲を, 唯一なりや, 唸るほどの, 四方を, 囲んでるせい, 土蔵の, 地上から, 地球全部を, 埋め残した百五六十坪, 墳墓だ, 夏らしくなる, 多いので, 多くそして, 多く中, 多武峰と, 夜空に, 大きくなつた, 大きくみえ, 大きければ, 大したもの, 大地震, 大洞山の, 大渓谷, 大鳴動, 天外に, 太刀山に, 太陽の, 奔り流れ, 好きだった, 好きであった, 好きでなく, 好箇, 姫路と, 威圧する, 孤立し, 宛然氷つて了ひ, 宝暦の, 寄りの, 寒いので, 寺領で, 小娘の, 少し大きく, 屏風を, 山が, 山国川に, 岩と, 峨々として, 崩る, 崩れたといふ, 崩れた時, 崩れるだけ, 崩れ崩土, 崩れ田, 崩壞し, 嶮しく, 巨大な, 幌に, 幽閉と, 幾箇と, 幾重にも畳, 引退の, 彩る目瞼, 彼の, 彼を, 彼方に, 待ちかまえて, 後々まで, 御神体, 心ばかりの, 怒って, 思い出されて, 息を, 恰も自分自身, 悉くぎつしりと立ち, 意勢よく, 戀しくなる, 或る, 所謂事業不振で, 抜けでも, 押し合って, 持って, 描かれたの, 揺れたとき, 攫って, 教へて, 斑, 新大関, 旗将と, 日が, 日本北アルプスの, 明るくなる, 春霞の, 晴れか, 暗くなっ, 暮色に, 更に, 月ばかり, 月待山, 有名な, 望めそう, 朝靄の, 木の間ご, 来ます, 来るだろうか, 東と, 松が, 柱だった, 桜の, 森林で, 楠の, 横長く, 欠けたま, 次第に明るみ, 次第に深まる, 此処に, 残ったの, 残雪斑, 比較的烈しく, 気に入らない, 水が, 水際から, 沈み, 活火山である, 浅いため, 浅くなっ, 浅間だ, 浮び上つた, 海と, 海岸にまで, 消えて, 深いだけに, 深いと, 深く嘗て, 深ければ, 湖岸まで, 潤ふ, 澄まし返って, 無かった, 焼ければ, 燃えるよう, 爆発し, 爆発します, 物言わんばかりに, 独立し, 珍らしく, 現れた, 現われて, 現出した, 現役中の, 生れた, 男で, 畠の, 発見された, 白馬岳と, 目の, 直ぐ鼻先, 相当に, 眉に, 真正面に, 眺められた, 矢筈ヶ岳その, 砂岩ばかり, 破裂する, 秀で清水, 空が, 空に, 空を, 立ったよう, 竜宮に, 第一, 筍山の, 築けましょうかな, 紫の, 経を, 続々と, 緑の, 繁昌し, 纔に, 耳を, 聳える, 聳え右, 聳え駅, 胆吹山だ, 胸から, 自ら授読し, 自由林であった, 船の, 色色の, 荒らされるという, 荒れた河, 荒れても, 荒れ始めると, 著しく小さな, 蔽われ眼, 薄っ, 薄赤い, 薬草の, 虎之助清正の, 虫の, 蟻地獄の, 行手を, 衰退の, 裏手に, 覆いかぶさって, 見えたが, 見えたと, 見えたもの, 見えた鳳凰山, 見えないの, 見えない霧, 見えましたが, 見えますね, 見えよう, 見えるかと, 見えるで, 見えるとは, 見えるよう, 見え一, 見え出した, 見え川, 見え木崎湖, 見え谿流, 見られた, 見られる, 見られるの, 見返りお, 言われますと, 語つてゐる, 證據物件として, 買いつけられたこと, 赤くなり, 赤外線で, 越えられますか, 足ぶみし, 身を, 輪に, 近か, 近くなるほど, 近寄って, 迫つて廣瀬川は, 迫つて流も, 迫る谷川, 透かして, 這つて居る, 連つて居る, 連り, 遂に彼, 遙かの, 遠い, 遠く北国, 遠く高く容, 遠ざかる, 遥に, 重って, 重なり交通, 重なり返って, 重なるよう, 重畳し, 鋭角を, 開いた眼, 開けたもの, 関東の, 阻めて, 険しくなっ, 隠れて, 隱れ, 雨に, 雪ぞ, 雪ながら, 雪を, 雲で, 霞むよう, 霧に, 青い御供, 青く青く女, 青白い夜空, 面倒なら, 頂より, 顕われ, 飛んで, 飛鳥, 驚くなかれ, 高いの, 高く山, 高く頭上, 高まって, 鳴って, 鳴り家, 鳴動し, 黒く迫っ

▼ 山~ (1658, 4.0%)

57 登って 40 行って 18 来て 17 入って 15 上って, 行くと 13 帰って 12 はいって, 登った 11 のぼって, 行くの, 連れて 9 登るの 8 かかって, 出かけて, 行く 7 出て, 行けば 6 いって, 入ると, 山へと, 木を, 柴刈に, 薪を, 行きました, 行った, 遊びに 5 仕事に, 入った, 向って, 往って, 来てから, 登ること, 行くこと, 行く時

4 [19件] あがって, かくれて, かけて, しば刈りに, 來て, 入る日, 山へ, 帰った, 持って, 登ったの, 登ると, 登るん, 登る事, 行くもの, 行くん, 行っても, 逃がして, 這入って, 雪が

3 [30件] お帰り, きて, こもって, つれて, やって, ゆくと, 入ったの, 入るの, 向かって, 帰るの, 往った, 散歩に, 来たの, 来るの, 柴刈りに, 登っても, 登つ, 登つた, 登らうと, 登りに, 登る, 登るもの, 空へ, 落ちて, 行きたいの, 行く事, 行く途中, 谷から, 飛んで, 馳け

2 [82件] いくと, いつて, おはいり, お入り, お登り, かえる, かかると, かけての, かけのぼるその, なり安息, なんか被行つた, のぼれば, はいるの, むかって, もつ, ゆく, ゆくの, ゆけば, 上げて, 上ったこと, 上りました, 上ると, 伴れ, 來る, 修業に, 入ったら蛋白石ども, 入っても, 入つた, 入つて, 入らなければ, 入ろうという, 出かけた, 出かけると, 出がけ, 出る時, 參り, 取ッ, 向うところ, 向く, 宗助, 寄せて, 山から, 帰さぬか, 帰りたかんべ, 帰ると, 帰るよ, 急いだ, 戻って, 戻つて, 枯枝を, 火を, 登ったり, 登ります, 登るか, 登るには, 登ろうと, 眼を, 茸狩に, 葬けて, 薬草を, 行きたい, 行くかな, 行く人, 行け, 行けと, 行こう, 行ったこと, 行ったと, 行つ, 行つた, 行つて見ます, 走って, 足を, 躑躅でも, 逃げこんで, 逃げて, 逃げろ, 逃げ込んで, 這入つて, 遁げて, 道が, 隠れて

1 [955件 抜粋] あがる時, あそびに, いかないと, いくとき, いけば, いったつもり, いったとき, いったまま, いったり, いつか消え, いつたら例, いつの間にか脈々, うっ伏して, おいでに, おかくし申しあげました, おやりなすっ, お住ませする, お出での, お嬢様を, お戻り, お捨て下さろう, お詣りしよう, お迎えいたした, お遁, かえってしまえ, かえると, かかった, かかった訳, かかってから, かかるや, かくれた, かくれてからは, かけあがりました, かすむ山, きても, くまを, ことごとく移動, この阿弥陀沢, こもると, こもるべきである, こもる決心, さしかかって, さしかかり幾個, さしかかるに, さして来た, さして行った, そう云う, たどりついて, ついた三人, つきそこ, つづいて, つながって, つツ, である, どんぐりを, なんか行つて狼, のぼったの, のぼらねえ, のぼりましてねえ, のぼり低く, のぼる, のぼるなら, のぼッ, はいったそう, はいったの, はいった父, はいった豚, はいりかかった赤い, はいりきりに, はいると, はいれば, はたらきに, ひきあげよう, ひそかに, ひなん, ひらみ附いて, ふみこむと, ふんぞりかえった, へばり付いて, まいったの, まいります, まぎれこんで, まつしぐらな自動車, むかつた, めえりやした, もち込ん, もどりました, もみづる山山, やってきたの, やられました時, ゆかうかなど, ゆきここ, ゆくため, ゆくよし, ゆく牛, ゆく道, ゆけない日, わけこむそれら, わけこんで, わたって, ガマズミの, ピクニックに, ロケーションに, 一寸行っ, 一庵を, 一緒に, 一行を, 一面に, 上がれまいと, 上ったと, 上ったもの, 上ったり, 上つたが, 上つて其所で, 上つて来た, 上つて行きました, 上りかけた, 上りなさるの, 上りましょう, 上るが, 上るだけと, 上るにつれて, 上る所, 上れ商人, 下るという, 乗込んで, 二日続け, 休養に, 何を, 使者を, 來ようか, 働きに, 光線を, 児童を, 入ったこと, 入ったとき, 入つて一生, 入ながらに, 入らぬが, 入られるという, 入りながら, 入りスネ, 入り右, 入り田, 入り込んだ事, 入るか, 入ること, 入るその, 入るところ, 入るにつれて, 入る前, 入る如き希望, 入る時憂鬱, 入る第, 入れて, 入込むの, 入込む向, 入込んで, 円心坊を, 出かけたこと, 出かけよう, 出かければ, 出たもん, 出られるん, 出払って, 出掛けて, 出掛け巴里, 分け入りたい, 分け入る秘密, 別れ別れに, 到り明日辰, 印した足跡, 去ってから, 参って, 参りましてね, 参ること, 参れ斬殺, 参詣し, 友だちにも, 取りに, 取次ぐよう, 向うより, 向かわせる原動力, 向けた, 向けて, 向つて, 向つて足, 吹き附けて, 埋めに, 報告します, 夜に, 奇襲した, 女人来候ゆへ, 姿を, 子供の, 寄する, 寄りかかったまま, 導いて, 山の上へ, 峰続きを, 帰して, 帰ったからね, 帰ったん, 帰つて行きます, 帰りたいと, 帰りぶつぶつ, 帰りますが, 帰り二人, 帰り得ただけでも, 帰るかと, 帰ること, 帰るなら私, 帰るまでに, 帰るん, 帰れば, 帰ろう, 幾度も, 幾日かの, 建てたわけ, 廻った陽, 引きこもって, 引っ返した時, 引ッ張っ, 引上げたり, 引受けて, 張りわたされました, 彼を, 往き来する, 往く, 徃つて茶店の, 御案内, 急いで, 懸れば, 戻すやう, 戻ったの, 戻つて出家, 戻らなければ, 戻るからと, 戻るの, 打つかる, 投懸け, 抜けようと, 拠ったぞ, 持つて, 捨てると, 探検に, 攀じのぼりその, 放した時, 放牧に, 散歩しよう, 旅する, 旅に, 旅立ったの, 旅行に, 映して, 暮時出, 木の実とりや, 木材の, 木樵り, 来たという, 来たん, 来た形見, 来た明日, 来た行者, 来とるげ, 来り候えども, 来る約束, 来れば, 枯れ木とりに, 枯枝拾ひ, 柴刈には, 柿を, 栽ゑたんぢやけど直, 案内し, 棄てて, 棄てられるという, 森から, 植ゑて元の, 橋を, 歩み入る, 歸つて來て, 歸る, 沈みかけて, 沈む十日, 波の, 消えて, 清江と, 炭を, 熊狩りに, 狩りに, 王様を, 現れて, 町なら, 登っただけで, 登ったと, 登ったという, 登ったもの, 登った上, 登ってから, 登つたのは, 登つた時既に, 登つても, 登つて其処から, 登つて崇高な, 登つて行きました, 登つて見ん, 登らうとして, 登らな見え, 登られたの, 登りそこ, 登りたいという, 登りたいわ, 登りつめる廣, 登りましょうね, 登り出した, 登り沼, 登り霞, 登り霧, 登ること十分, 登るつもり, 登るとは, 登るに, 登るにも, 登るので, 登るやう, 登る人, 登る奴, 登る径, 登る支度, 登る時菓物, 登る源三郎さん, 登る程, 登る頃, 登れ雲表, 登ろうもの, 百合の, 着いた, 知らせようとして, 神として, 秋日和の, 移って, 稼ぎに, 突きあたりますよ, 立ちました, 立ち寄つた, 立つ, 立帰ろう, 笛や, 籠ったらしかったが, 籠って, 籠ること, 素人が, 絡繹として, 続く森, 罪の, 自信を, 舁きあげ半, 舞い戻って, 芝刈りに, 花見に, 茸狩などに, 草刈りに, 莚を, 落すもん, 落ちた, 著くなり, 葬れ, 薪かりに, 蝶々つかまえ, 行かうと, 行かないの, 行かなくても, 行かぬと, 行かはりました, 行かれましたら着るもの, 行きかかると, 行きたいそして, 行きたい風, 行きますわい, 行きん, 行き寿, 行き貯水池, 行くが, 行くで, 行くでは, 行くとき, 行くにも, 行くのに, 行くより, 行く二番, 行く前, 行く四人, 行く奴ア, 行く心もち, 行く日, 行く時分, 行く汽車, 行く海, 行く絵, 行く道, 行けないの, 行けるの, 行こうか, 行こうと, 行たっ, 行ったかい, 行ったが, 行ったよ, 行ったん, 行った後, 行った猟師, 行っちゃうと, 行っては, 行ってる時, 行つた富岡の, 行つた様に, 行つてく, 行つてゐた, 行つて一度その, 行つて日の, 行つて来た, 行つて百合を, 行幸され, 衝突し, 襲せた, 視線を, 言明した, 誘いだして, 誘います, 走せ登り仇敵金眸, 走らせて, 赴いた, 路が, 踏み入り藪, 転地しろ, 辛い顔, 近づくほど, 迫って, 追い上げられる事, 追い申したの, 追い込めば, 追って行った, 追はれ, 追われた時, 退散の, 送って, 送りやられた, 送る荷, 送電塔が, 逃げこんだ, 逃げさえ, 逃げたですから, 逃げるの, 逃げ去つた, 逃げ登った, 逃げ込むよりも, 逃げ込んだが, 逃げ込んだハンガリー人, 逃上つた, 這入った奈古谷, 這入つたの, 這入つて饑渇, 這入りますと, 這入るが, 這出た形, 連れだしました, 連れ帰った, 進路を, 遊山に, 運ばれて, 運ばんならん, 運びまいる頃, 運動に, 達するの, 遠足に, 避暑に, 避難した, 還らない彼, 野から, 降りて, 陣取って, 隠れたかと, 隠れました, 集って, 集合した, 電報を, 預けちまったん, 飛びこむ奴, 飛び移ってるうち, 飛ぶから, 食べ物を, 馳せのぼって, 駆けつけ出雲屋さん, 駆りたてるであろう, 駈けつけるより, 駈けのぼって, 駈け寄った, 駈け登つたもの, 驅け, 鷹を

▼ 山~ (1166, 2.8%)

69 山との 26 山の 20 積んで 14 積まれて 13 なって 11 いっても 8 云ふ, 海との 7 なれ, 呼んで 6 つまれて, つんで, 山とが 5 いって, なつた, なつて, 一緒に, 山とに, 川との, 海とを, 自分とに, 谷とに

4 [12件] あるの, いうよりは, いえば, なれだ, 人との, 水と, 海と, 申すもの, 積まれた, 細長い野, 谷との, 雪の

3 [15件] いう, いうと, いうほど, 云つても, 水とは, 海とに, 海の, 渓谷, 湖と, 湖とに, 積んでも, 見て, 谷が, 谷と, 谷とが

2 [76件] あるもの, いうほどの, いうよりも, いふ, いふと, なく野, なり, なりに, なり筑波, なれか, なれこんな, なれで, なれ式, なれ的, ふならね, やるね, よく似, 云うの, 云う山, 云って, 云っても, 交渉を, 人と, 人間の, 何か, 原野なり, 同じに, 名づけて, 向うの, 命名した, 地質は, 変って, 山が, 山と, 山とは, 山の上に, 山は, 岩とを, 川, 川と, 川とに, 川を, 平地との, 拾得とを, 森と, 水の, 海ほどの, 湖との, 田圃と, 知らずや, 私, 称して, 積まれたまま, 積まれる, 積み, 空との, 空の, 美しい女, 耳梨山と, 背くらべ, 西の, 見えて, 言はれ, 言ふ, 言へば, 谷とは, 谷とを, 谿谷の, 違って, 酒, 野の, 野原の, 雲, 雲の, 霞沢山とが, 高さ

1 [675件 抜粋] あって, あっても, あひし, ありますから, ありますが, ある, あるは, いい嶮峻巉巌, いい沢, いい野原, いうので, いえよう, いっては, いはれて, いひ野原, いふの, いふ訳には, いへば, いやお前さん, いわず野, おっしゃったが, おなじ意味, お三輪, お濠, お関所, きては, きまったもの, きょうの, ここで, この山, この水, この辺, この雲, し口, し悟空, し見ゆれ重り, すること, するもの, する想像, そしてあと, そして幾十樽, そっくりな, その上, その下, その巓, その次, その空, その間に, それからまたその, たまらない石油, つかえて, つまれたホゴ, つまれた凄い, つまれ色とりどり, つみあげられて, つみあげマッチ, つむとも, つもって, つんだまま, つんだ石炭, つんでも, である, どこまでも, なく到る, なく川, なく河, なし或は, なし若, なったに, なったの, ならんで, なりまた, なり七月七日, なり其髪, なり更に, なり水, なり炭団, なり点滴石, なり貫禄将棋, なるかも, なるって, なると, なるの, なるので, なるらしい, なる青葉, なれすでに, なれだよ, なれといふ, なれなん, なれ一, なれ仏, なれ彼, ひかえて, ひろが, ひろがって, ぼんやり云っ, まっ白な, まつ白な, みゆる, もりあげて, よく似た, よもす, よんで, スキー, ビーチェン崖が, ビーチェン崖に, ペリオン山とを, 一八郎が, 一八郎の, 三つの, 三十越えた, 上の, 上毛の, 下で, 並び占めた位置, 丹沢山の, 乗鞍岳は, 乳の, 二の, 二人は, 云, 云う医者, 云う席絵, 云ける, 云つた卑しい, 云と, 云はずどこと, 云はず突進む神變不思議なる, 云はば, 云はれ, 云ひ, 云ふも, 云わず野, 人, 人は, 人夫たちとの, 人家と, 人家といった, 人界との, 人間, 人間を, 今日出, 仮定の, 仰ぐべきなし, 仰せられては, 会ったの, 会ひし, 作業場に, 信ぜられて, 其弟とを, 切っても, 初対面の, 別れること, 別居した, 別荘の, 前景の, 剣ヶ倉山, 加の, 効果にまで, 化したこの, 化したる天主堂, 十と, 千九百八十米の, 厖大な, 友の, 取組合っ, 号した, 号す聖堂書記役, 同じくらい, 同じく赤松, 同じよう, 同じ目的, 同一山, 同時にけっして晴れた, 名く, 名づけたの, 名づけられた名, 名づけられて, 名を, 名付けられまい, 名付けるといふ, 吐月峰は, 呼ばれて, 呼ばれてのみ, 呼ばれ後, 呼びその, 呼ぶ, 呼ぶよう, 呼ぶ丘, 呼んでると, 命名する, 唱えて, 唱え親分御用, 嘲られて, 土が, 地に, 地の, 地上に, 埃の, 城下とを, 堆積し, 夕暮と, 多寡を, 大寶沼, 天竜川の, 太田多吉翁の, 女, 娘をか, 子持山の, 寄りあがっ, 寄り上っ, 密林と, 富士山, 寺が, 寺との, 対して, 小ススキ山, 小判を, 小鳥と, 少しも, 山で, 山に, 山ばかりに, 山を, 山峯と, 山狩を, 山神が, 岡を, 岩手山とが, 岳神と, 岸崩しが, 峡谷, 崖とが, 崖ぶち, 川から, 川では, 川の, 川は, 左京之, 巴に, 市との, 平野の, 幾分か, 度々出會仕つり至つて別懇に, 彼とは, 彼らの, 後で名, 思いて, 思うもの, 思える空, 思って, 思つた此の, 思ひきや, 思ひしを, 思ふ滝津瀬鳴り, 戦わねば, 戯れたよう, 戯れて, 拾得とが, 拾得の, 掘りくるどるら, 教えた, 数うる, 新しい活火山, 新道の, 日光山とのみに, 旭山城との, 昔は, 書いて, 書きます, 書くか, 最も交渉, 朝日岳と, 朝潮の, 未来に, 来ると, 松平左京之, 林泉の, 染まったの, 桐生の, 森つづきで, 森生活し, 植えたりは, 槍ヶ岳との, 横浜公演に, 樹木の, 樹木ばかりが, 檜垣御坊との, 歌われ妻覓ぎ, 此方で, 毛勝とを, 水, 水とが, 水との, 水とを, 水声と, 江から, 決めて, 河にも, 河ばかり, 流れの, 浦曲を, 海が, 海とが, 海とどつち, 海は, 浸蝕の, 混り合っ, 渓の, 湖水と, 湿った山, 溪とが, 滝といった, 為れ人間世界, 煙草, 狭い野, 獲れるん, 瓜生山の, 田と, 田ばかしじゃ, 田圃に, 申しても, 申し古く, 申し河, 申すところ, 申す僧, 申す天, 申京都智恩院に, 申者は, 町, 町へ, 畑との, 畠で, 畠の, 略称され, 異名の, 白旗山とは, 盆地, 盛って, 盛られた丸ぼうろ, 盛られて, 盛りお客さんいらっしゃい, 盛りて, 盛り汁, 直面し, 相対し, 相對, 相迫り, 眼の, 睨めッ, 石に, 石の, 石油臭の, 砂の, 破風山を, 私とは, 私の, 称え親分御用, 称す, 称する, 称するつくり台, 称する古城, 称する奇特, 称せられる山, 積って, 積ませた, 積ませた土産物, 積まなければ, 積まねば, 積まれたり, 積まれたる水菓子, 積まれた原因, 積まれた奇観, 積まれた懸賞, 積まれた日, 積まれた給料袋, 積まれた菜, 積まれた薪, 積まれた賞品, 積まれた金銀財宝, 積まれてからが, 積まれランタン, 積まれ五斗入り袋, 積まれ心得顔, 積みあげました, 積みこんで, 積みたまえ, 積みながら, 積み上げた材木, 積み上げられて, 積み曹家, 積み込んだ荷車, 積み重ねられて, 積む, 積む激戦, 積めども, 積りどう, 積んだ, 積んだならどこ, 積んだやう, 積んだよう, 積んだ大, 積んだ汚, 積んだ白紙, 積んだ負債, 積んだ野菜, 積んだ金, 積んである諸所, 積上げたトラック, 積上げられた灘, 空とが, 空とを, 立派に, 竜王とが, 竹ヤブが, 筆太に, 総称し, 考へ, 聞いたの, 聯想し, 聳えて, 聳ゆる, 能く, 脚下の, 自分と, 自分等の, 花嫁と, 草津の, 荒野ただ, 華厳の, 落語, 著しく模様変, 蒲生の, 蓄えて, 蓄えられて, 虚空蔵, 袂を, 裾野の, 見える, 見し雲, 見ゆるもの, 見做, 見当を, 言うし, 言う歓喜, 言えば, 言っても, 言つても, 言つてゐた, 言わず峰, 詩情は, 諸共に, 谷, 谷とからは, 谷とで, 谷の, 谷は, 谷を, 谷底の, 谿との, 谿谷と, 負ひ, 買いこんで, 買い込んだ品物, 路は, 載せまたは, 迂廻して, 違いました, 違うか, 違ふ, 重ねられたまで, 野と, 野とを, 野は, 野原とに, 鋭利に, 間違へ, 闘うため, 降ろされた俵, 陰踏を, 陸地を, 隣接の, 集めて, 離れた事, 雲だけを, 雲との, 霜の, 青野峠まで, 音羽屋の, 頡頏する, 頼杏坪とが, 飾った華麗, 駒ヶ嶽との, 駒ヶ嶽とは, 高く掲げられる, 高さ競べ, 高野山比叡山の, 鮎の, 黒光寺山に

▼ 山から~ (1033, 2.5%)

38 出て 27 下りて 24 山へ 22 山を, 降りて 12 山へと, 帰って 11 流れて 9 おりて, 里へ 7 下って, 山に, 山の, 帰ってから, 谷底見れ, 飛んで 6 小僧が, 採って, 風が 5 取って, 持って, 海へ 4 家へ, 薪を, 鬼が

3 [16件] ホイ, 來た, 吹いて, 山が, 山の根を, 引いて, 暮れて, 材木を, 来る, 水が, 眼を, 背負って, 里の, 降って, 雪が, 雲が

2 [52件] お下り, ぐるりと, ころころ石ころ, それを, つれて, とって, とんで, はね飛ばされて, 一人で, 一人の, 上って, 下へ, 下りるのに, 下ろして, 京へ, 京都に, 伐って, 切り出すの, 吹く風, 四十里の, 小鳥が, 山谷から, 帰つて来る, 帰る早々, 引かれて, 折って, 掘り出したばかりの, 月が, 月の, 来た木の葉, 来る神, 東京へ, 泣いて, 流れ出して, 流れ出て, 海迄の, 火の玉が, 発して, 白い花, 石を, 突き落されて, 継鹿尾鴉ヶ峰と, 草を, 見た島, 谷から, 谷へと, 逆おと, 連れて, 野を, 降りしな, 離れて, 青々と

1 [608件 抜粋] あがると, あたらしく吹い, あっちの, いっしょについて, いろいろの, うごきはじめて, うごき出す, おけさ婆さん, おびただしく土砂, おろして, お手放し, お昇り, お見舞, かえって来た, かえらぬうち, かえりました, かえりましたから, かついで, きた兄, きた木魂みたい, きって, くる清水, こ, こちらの, この水, ころげ込んで, こんの, ごろごろと, さかき, さらに次, しずかに, しづかに, しどけ沢, しばを, じか, すべり落ちて, ずっと本陣, そのくらい, そのまま流れ, その日, その邊, それだけ遠ざかった, たちも, だす色鍋島, つづく峻嶺高峰, である, でがす, ですか, でて, ときどき遊び, とびおりて, とびおりると, どこへ, なお幾分, にこにこし, にじみ出した水, ぬけだすと, のぼります, はやして, ひく掛樋, ひぐらしの, ひろがった白雲, ぴょろこでも切っ, ほり出して, ぼおっと, まず夜, またまた金鼓, また一括, まっすぐに, まん丸いお, むこうは, もいで, やってきて, カタカタカタッと, カメを, カンヌキ山へ, ゾロゾロ降り, テベレの, トロッコが, ネコシダを, ブリキ缶や, マミ穴森から, ワラを, 一つ引き出し, 一ぴきの, 一個ずつ, 一本の, 一本択り, 一生出られない, 一直線に, 一道の, 三十五哩離れた, 上飯田に, 下ったもの, 下った三人, 下つて田の神, 下の, 下りたばかりの, 下りたらすぐ, 下りながら, 下りる人, 下りる時, 下り自己, 下る私達, 下手の, 不思議な, 与五兵衛, 丘陵丘陵から, 中の, 乱れ降った, 事情を, 二汁五菜の, 五六町東に, 五十マイル下の, 今の, 今日は, 今登っ, 以後百年余にわたる, 伊勢の, 伐りだした松薪, 伐り出されたの, 伐り出した材木, 伐り出して, 伐り出す事, 伐り出す材木, 伐り出す檜類, 伐出され自分, 伐出して, 佐藤と, 何の, 何等の, 作りだす色鍋島, 使の, 來る, 修験者を, 俵を, 假に, 全く野菜, 冬の, 出さうにも, 出したまま, 出し人, 出た黒い, 出ましたので, 出ました日, 出ようとは, 出るにも, 出るの, 出る土, 出る山金, 出る材木, 出る鳳, 出來, 切って, 切りとって, 切り出したと, 切り出した石材, 切り出し牛馬, 切り出す材木, 切り出す良い, 刈って, 北向きの, 北東の, 北越関東の, 十州の, 南を, 南宮山, 去ろうとしては, 去来したまう, 反響し, 取った水樋, 取っては, 取つて来, 取れた紫色, 叩き出されて, 合戦を, 吹いたら, 吹きあげた火山灰, 吹きおろして, 吹きおろす風, 吹きとばされる木の葉, 吹き下す風, 周泰左の, 呼ぶよう, 喊声を, 国境山脈は, 土に, 土を, 地形を, 垂れる水, 城下を, 城中へ, 夏が, 夜が, 夜風が, 大きい雪崩, 大きな十八日, 大きな木, 大塚へ, 大木を, 大略十時間の, 大迂回, 天に, 天狗が, 奥不帰岳唐松岳に, 奧澤へ, 姿が, 安質莫尼が, 宝でも, 宝剣を, 実に燦爛, 導かれたもの, 小僧の, 小屋の, 屏風の, 山と, 山姥の, 山姫山の, 山木から, 山稜は, 岡から, 川へ, 川上からという, 左に, 市中を, 帰ったとも, 帰ったの, 帰った人夫, 帰っては, 帰つ, 帰つて来, 帰らせなかった私, 帰られて, 帰るの, 幕の, 平地に, 広河原へ, 延びた稜線, 廻して, 引いた氷, 引いてる氷, 引きずりおろして, 得て, 怪しい火, 戻つて, 戻られませんかな, 戻りに, 戻る, 手招ぎや, 折つて帰つた山独活を, 押し出された土砂, 押し出して, 押流された, 拾って, 持つて, 捕えて, 捕って, 掘りだしたまま, 掘り出されたばかりの, 掘り出したの, 掘り出したよう, 掘り出した新しい, 掘り出すガラス, 掘り出す白土, 掘出したやう, 採った黄金, 採つて, 採集し, 掻き集めて, 携へて, 摘んで, 數多の, 新手二万を, 日光の, 日本領地の, 早川へ, 春, 春めいた煙, 時雨りよと, 暗くなり, 書いて, 最初に, 月に, 月影に, 望めば, 木の実を, 木や, 木を, 木小屋へ, 木材や, 村へ, 村への, 村を, 来い, 来たの, 来たのよ, 来たらしい筏師, 来た僧, 来た最初, 来た男, 来て, 来るならば, 来るわね, 来る不思議, 来る冷たい, 来る場合, 来る様, 来る歳神, 東の里へ, 東山道へ, 東方に当たって, 東福寺へ, 松枝を, 林から, 林を, 栗原山は, 根岸を, 梨ノ木峠へ, 森へ, 次ぎの, 次の, 次第に登つて行, 此方向い, 歸つた天南に, 歸つて來た, 毎朝早く, 水を, 汽車へ, 沢へ, 河向うの, 沼の上を, 洲崎の, 流されて, 流したもの, 流れた木, 流れ落ちて, 海から, 海を, 海嘯の, 海岸まで, 海沿いにかけて, 港へでは, 湖水へ, 湧いて, 溪の, 漆を, 火の手が, 炭焼小屋でも, 無理やりに, 物凄い雪崩, 犬鮭を, 狐が, 狼火を, 猟銃を, 猪を, 生まれ落ちたばかりの, 生徒に, 由井ヶ浜の, 由井ヶ濱の, 町の, 町へ, 畑から, 発散する, 白くまが, 目が, 目ぼしい, 真赤の, 眺める下界, 石灰石を, 神聖な, 神霊を, 移し植えられ白い, 移り住んだ頃, 空へ, 突抜けに, 立ちのぼる悪気, 立昇っ, 立昇つてゐる, 粉雪, 紀州へ, 結構な, 絞り出される雪解け, 絶えず吹下, 網張山を, 緑葉の, 縁離れした, 聞えた, 背負い下して, 腕いっぱい花を, 腕いつ, 自分と, 自転車で, 若狭越前に, 茸を, 荒針駅まで, 莫大な, 落ちた大石, 落ちるって, 落ちる奴, 落ちる時, 落ちる砂, 薊州を, 薪野から, 蘭を, 蛇を, 螢を, 行った一人者, 行った人達, 行って, 行動を, 西風の, 見えるなんて, 見た富士, 見た海, 見て, 見下すか, 見下せば, 親子四人が, 誘い出すため, 谷底でも, 谷底に, 谷底へ, 谷底を, 谷穴の, 貰つて來た, 貰ひうけ, 貰ふと, 贈り物が, 起った伝説, 超絶し, 踏みだすこと, 身投げしよう, 農作の, 迎いが, 迎えに, 迎えら, 迎へて, 近く見える, 追い出したの, 追い出して, 追い出しますぞ, 追うこと, 逃げかへ, 逃げだして, 逃げて, 逃げ出した虚無僧, 逐い払おうと, 遁れた, 運び出すこと, 運び小屋, 運び或は, 道了山の, 遠くない, 遠くに, 遠ざかった, 遠ざかったので, 遠のいて, 郊外へ, 都が, 都へ, 都会へ, 里ちかく, 里に, 里見, 野に, 野生の, 銅鑼が, 降らないかも, 降りたら郭公, 降りた歌子, 降り来て, 降るという, 降ろされて, 陰気な, 隅田川が, 離れられない所, 雨の, 雪に, 雪も, 雪崩が, 靄の, 音させ, 響く爆破, 頂いて, 風を, 風吹き, 颪す風一陣, 飛ぶが, 飛下りて, 食事を, 飢えと, 駆けて, 駈下りました, 鬼怒沼山あたりへ, 魚を, 鳴きだしたもの, 鴉の, 麓までは, 黄金を, 鼓が

▼ 山~ (703, 1.7%)

23 谷も 21 野も 18 海も 17 川も 15 森も 12 水も 7 あれば 6 さやに, 林も 5 のどかに, 河も 4 丘も, 湖も, 空も, 若夏 3 ない, 人家も, 家も, 峰も, 持って, 木も, 湖水も, 草も, 見て

2 [45件] あり川, ある, うつくしかつ, うつろひ, える, お千絵, これだ, しっとりと, せに, その, ないと, ないよう, なかった, なければ, なし, よく水, 一斉に, 一色に, 人も, 今では, 寒く湯, 岩も, 桔梗色である, 樹も, 次第に解け, 深い, 田も, 田圃も, 町も, 畑も, 登って, 空しの, 美しく薄, 街の, 西に, 見ゆ, 見渡す限り, 近くに, 野原も, 雪の, 震ふばかり, 青い田, 餘り, 高からず, 高くなく

1 [435件] あった, あったもの, あらわなり, ありげに, ありますし, あり不自由, あり又, あり海, あり濃く, あり畫家, あるかい, あるが, あるし, あるし川, あるので, あるもの, ある谷, あれなど, いいが, いいだろう, いく山, いつの間にか丸坊主, いつも阿蘇, いにしえより, うごかん, うつくしいし, うつくしい四方なだらか, えらく持っ, おいおいに, おなじだいがく, お久良, お城, かがやき中空, かくやとお, かすんで, かならず晴れ, かれの, くずれるよう, こえぬべら, ここまで, ことごとく静まり返った, この家, この川, この河, この綺麗, こんなもの, さう, さだめし消息, しきりに煙, じっとし, すぐに, すこしにぎわう, すつかり, すべて姿を, すべて賑やかな, そうだ, そうであった, その下, その他五つの, その宝, その年, その熱意, その要素, その軽気球, その間に, そびえ野, それから, それに, それまでは, それを, そんなに大, たいそうな, たえず見え隱, たちまちに, たのしみだろうと, だんだんかくれ, ちっとここ, ついぞ見知らぬ, つかわそうか, でた, とう, とかすむみなせ川, とくとうなずい, どこから, どよむばかり, どよめき渡る, どんどんとびこえ, ないおまけ, ないから, ないに, ないト, ない沖, なお狭, なかなかいいじゃ, なかなか素敵, なき世, なくなって, なく奇勝, なく泣く, なく西, なげに, なしという, なしなんぞと, なに一つ覚え, ねえ空, ねむげ, のいはず川, はでな, ひそかに, ふくめて, ふもとの, へりくだってばかり, ほがら, ほとんど諸, ほのかなる, ぼんやりしか, またいつ火, またきり, またさぞ, また一時, また人間, また同様, また心, また整うた, また深い暗い, また神話, また笑い, まっ白であっ, まつくら, みな国中で, みな姿を, めぐれど, めっきり寒く, もう雪, もとはと, やる, ゆらぐばかりの, ゆるがす勝鬨, よいじゃ, よい温泉, よい神社仏閣, ようやく高い, よく瀧, よく見えた, よし海, よろしく海, り, り乾ぶどう, カプリの, カメラに, サヤに, セメント山だ, ダイナマイトの, トップリ暮れ, ブルカノ島も, 一つ一つ個性が, 一段歩の, 一種の, 一籌を, 一色の, 一面のも, 万吉も, 下へ, 世界中が, 二三度越えた, 五色の, 人間の, 今に, 今は, 今までの, 今わの, 今日こそは, 低い, 低いので, 何か, 何年ぶりか, 余が, 來てを, 俵同心も, 倒れて, 備わった実に, 其の岩, 其間に, 冬は, 冬を, 前の, 前山も, 動かすべく川, 動け川, 単独行, 取られたと, 右手の, 同じでありました, 同じ視線, 向うの, 向ふ, 唯一面の, 地中に, 地平線上に, 地球の, 地面も, 坂も, 埋めて, 墨一色だ, 夢の, 大きいし, 大へん, 大尉が, 大昔は, 大菩薩, 奇妙な, 好い, 好いが, 好きだ, 宇宙の, 富士と, 尽きて, 山大きな, 山私が, 岬も, 峰の, 島全体が, 崩して, 崩れそう, 崩れた, 崩れ海, 嶮しい, 川をも, 平和だった, 平野も, 年々減っ, 幽なり, 広小路にも, 弦之, 彼れ, 後の, 御存知で, 御当家, 忘れるほどに, 思案中に, 恐らく持つまい, 恨むが, 悪くない, 愛宕山に, 戸隠山も, 手に, 挙げてない, 揺るぎ河, 斉しく, 斯んな, 新緑で, 日野家へ, 旭嶽も, 昔の, 昔は, 春は, 春日を, 時代の, 暗い, 暴れて, 最早覺悟, 月丸も, 望まれる, 朦朧として, 木立も, 木萱も, 村の, 村も, 杜も, 来て, 東に, 東また, 東京の, 桑畑も, 森の, 森林の, 樹木も, 次第に近く, 此の, 此一種で, 此頃のは, 殆ど手の, 水晶の, 水浅黄色に, 池の, 沢も, 海の, 淡青い, 深い渓, 深く眠っ, 深く雲, 淺緑深緑暗, 清に, 渥美平野も, 温かく私, 渺々として, 湖面も, 源内も, 滅切り近く成つて居た, 濃く青い十一月, 灯つてゐる, 灰と, 炎える, 為に, 無限の, 焼け亡, 焼け水, 焼け海, 焼よと, 熊の胆も, 燈籠も, 燦々として, 片ッ端, 猶, 珍らしい, 理介の, 田地も, 町の, 画題に, 白い霧, 百合の, 盆地に, 盛りあげて, 眞近し, 眠れ川, 眺めなくなった, 瞬く間, 知るよ, 石は, 砕くるばかりに, 秋が, 秋の, 移るという, 積んだまま, 積んで, 空し何れ, 竜王も, 競争せず, 粘板岩の, 絶えて, 総て全く, 緑田には, 縦に, 縹渺である, 耕地も, 聞いて, 花も, 花園も, 花盛りに, 芽ぐんで, 芽吹きさ, 蒼い光, 蔭ながら, 薄化粧を, 行くと, 街も, 衰微した, 裂け雲, 見あたらぬのでね, 見えず却って, 見えず川, 見えず海, 見えず身, 見えたと, 見えない, 見えないせまい, 見えないと, 見えなくなると, 見えなければ, 見えぬのに, 見えます, 見える, 見えるだろう, 見えるの, 見えるので, 見えるよう, 見える日, 見える筈, 見えんの, 見ず雲, 見ゆらん, 見ゆるぞ, 見ること, 見る見る寒い, 見送って, 認めること, 説くには, 谿も, 賦に, 越えられよう, 越え来ぬ, 越え海, 越した, 越すこと, 足の, 近いええところ, 近い秩父, 近くし, 近づいた, 連なる, 遠くからは, 遠くには, 遠くふかみどり, 遠く家々, 酔い波, 里も, 門出へ, 関の, 阻めて, 阿蘇同, 陸も, 隱れ, 雪ならぬ, 雪も, 雲が, 雲も, 震うよう, 霞んで, 青き天鵞絨, 青葉若葉と, 静かに, 静まつ, 風も, 風流な, 風雪の, 飾りも, 駈來, 驚いた, 高いが, 高くない, 高原も, 鮮やかな, 鳴りて, 麓の, 麓も

▼ 山~ (669, 1.6%)

19 あつた 5 遊んで 4 働いて, 切る木, 木を, 鳴く鳥 3 あらう, あらうか, カツコカツコ, 日を, 生れて

2 [30件] あつて, かこまれた池, こんな音, ござります, すべてを, その山, その煩瑣, のんびり遊ん, ひとりで, 二人立ばなしを, 今の, 修行し, 啼く狐, 囲まれて, 塞がって, 寝て, 意味も, 敵討が, 普賢が, 暮して, 朝から, 毒蛇に, 白峰という, 私が, 私を, 育って, 親んだ, 道に, 頼朝が, 高さ

1 [554件 抜粋] ああした, あなの, あまり高く, あらゆる茸, いい, いった彼, いっぱいで, いまの, いるだけの, うさぎを, えらいこと, えらい評判, おあひ, おざる, おほか, おまけに, おれ, お主, お互に, お通, かこまれた雪, かこまれて, かぶる葛籠笠, がす, きっと不思議, くまを, けわしい崖, こちらの, この人, この懐しい, この植物, この石量, この花, この頃, これは, ころんで, ごん, さえぎられて, すら道路, せう, せう私, せみは, そちを, その中, その中腹, その円い, その向う, その山々, その山裾, その岩, その白山権現, それが, それに, それは, だれの, ちょっと人, ぢや, つつまれた根, つめたい静けさ, つんだ番茶, でも, とれたといふ, とれた蕨, とれる熊の胆, どれが, なくして, なにかあった, はねるは, ひるね, ひろった木の根, また一人, まへは, みつけ養生所, もう何人, やつて, やられるって, やりたく出て, ようやく人買い, よく枯木, よろしい水, らっぱ吹く, わかれた子, わしが, アイヌの, オホモノヌシの, ガレと, キャンプを, ネズミや, ブロバリンを, マイタケを, 一ヶ月を, 一切蔵経を, 一大失敗を, 一度破れた, 一方が, 一日遊ん, 一条の, 一番の, 一稼ぎする, 一緒に, 一羽の, 一頭打った, 七兵衛と, 三人は, 三里ばかり, 上総前, 不必要, 不慮の, 且つ其山容, 世帯を, 中央が, 中央山脈や, 中腹から, 二十年も, 二手に, 二狼の, 京都の, 人つ, 人と, 人の, 人死にを, 今いう, 今迄, 仕事を, 仕切られて, 仙, 伊勢へ, 伐つた薪, 休ませて, 会う以外, 会が, 会った人, 会った時, 位置も, 何か, 何事も, 信州界では, 修業した, 修業を, 修法の, 修行した, 修行を, 倒れて, 傭つた小さい, 働くお, 働く人, 働く者, 元気の, 兎や, 兎狩を, 全くあたり, 全くの, 其処に, 凉しい, 出会ったの, 出來, 切り落としたよう, 切る時, 初めて会った, 初夏の, 初登山, 別れた子, 別れてから, 割に, 割合に, 劃られる, 北葛岳, 区切られて, 十文二十文と, 千七八百米の, 半歳暮す, 取り囲まれて, 取れるという, 取れるもの, 取れるりっぱ, 取圍まれ, 取圍ん, 取巻かれたかなりに, 口ば, 古墳の, 右側は, 吹出す川端, 呼ぶと, 命を, 啼いた, 啼きや, 啼く, 喰べた麦菓子が, 困ったこと, 困った話, 囲まれた小さな, 囲まれた崖下, 囲まれた町, 国師岳を, 地図に, 地獄を, 地肌さえ, 坐禅を, 埋つた, 埋めて, 塞がれて, 墓が, 夜を, 夜中まだ, 夜明かしだ, 夜番し, 大きな女, 大人, 大喧嘩, 大爆発, 大蛇に, 大雪に, 天皇奪回を, 太宰府に, 失って, 女の, 好い切明け, 姉を, 子どもに, 子供が, 子供の, 孤絶した, 実演される, 実際に, 富岡は, 寝ずの番の, 寝なければ, 少し休もう, 居る処, 山の上には, 山仕事し, 山鳩が, 山麓, 岩や, 岩間には, 岸に, 峻しい, 左右が, 帆柱, 帰って, 平面の, 年々この, 年少の, 幼い時, 引き込んで, 当てた金, 待ち伏せて, 待ち合, 待ち合わそうと, 待ったが, 待つて, 従って, 必ず牧, 怖ろ, 懇意に, 戦う時分, 戦死した, 戸倉界の, 所々に, 手ごろな, 打ち出す三発, 打ち落としたこの, 拾いまたは, 拾ったくり, 拾った男, 拾って, 持ちこたえるあいつ, 捕われこの, 掘られた自然薯, 採った松茸, 採った梅もどき, 採って, 採る野菜, 採れた木いちご, 掩われた, 摘む, 教授夫妻は, 新羅三郎義光, 方々を, 日が, 旧坑, 明治の, 昔女が, 春日の, 昼寝が, 暮した, 暮しなすったらどんな, 暮せる, 暮らして, 暮らすべき日, 暴女王が, 暴風雨に, 有う, 有名な, 有徳の, 木が, 木の, 木小屋の, 杉野の, 村の, 村を, 果てる, 柴を, 栗を, 桜沢を, 植物採集を, 楽しく遊ん, 樹が, 樹の, 樹は, 樹液の, 死に損, 死ぬかも, 死ぬって, 死ぬの, 死ぬやつ, 死ぬ山賤, 死んだという, 死んだ人達, 死んで, 殊に東面, 殺そうが, 毎年相当な, 毎日いろいろ, 気楽に, 決してアルネ, 泊つて明日の, 泊る宿屋, 法敵に, 活きて, 海岸沿いに, 海抜三一七〇メートル以上ある, 深い笹藪, 清水が, 渋川町の, 温い日, 源兵衛に, 滅多に, 炭を, 焚木を, 焚火を, 無いとしても, 焼いた小鳥, 焼かれた炭, 焼畑を, 焼畑耕作を, 煮羹, 熊に, 猟夫が, 現に三, 現像が, 生まれたかと, 生まれた虎毛, 生れ山, 生捕られた, 病付い, 病附い, 盆地の, 目つけた, 眼を, 知合に, 石を, 石材を, 石門も, 研究を, 磨かれて, 祀る神, 神を, 祭るから, 私の, 私は, 秩父往還の, 稜線が, 稼いでりゃ頭痛位, 稼いでる方, 笛吹く, 細長く区切られた, 終った, 縊死しかけた, 縊死を, 羊かいを, 翁の, 職人払が, 育ったお, 育ったので, 育った武蔵, 育った私, 育でだ, 胴卷や, 腹臣の, 自殺を, 若し偃松, 苦しい作業, 茶飯豆腐汁煮, 草が, 荒れる, 荒削りに, 荒沢山と, 荼毘に, 菅原の, 菎蒻玉の, 萩野が, 葬式を, 薬草採りなど, 藏經を, 虎に, 虻か, 蛇を, 蝉は, 行うの, 行き止まりだつた, 行なわれること, 行倒れその, 製り, 見えない山, 見かけた方, 見たからばかり, 見たしゃくなげ, 見たもの, 見た事, 見た日, 見た氷河, 見た草, 見つけたの, 見つけた錆十手, 見られたと, 見晴らしの, 見聞した, 親の, 解散した, 言ふた, 貰いました, 買入れの, 賭博を, 赤いの, 赤い幹, 赤い舌, 越後界の, 足踏みの, 足首だけを, 転んで, 送って, 途中で, 逢ったもの, 逢曳きする, 遊んだり, 過ごした, 過した楽しかっ, 道なぞは, 道を, 遭難し, 遭難した, 遭難しました, 遭難する, 遭難も, 遭難を, 邦人に, 郭公が, 酒が, 酒を, 酔っぱらった工夫たち, 重なって, 野放図な, 金剛山の, 金属の, 釣った鱒, 鍛えた木のぼり, 長く根, 限られて, 雉子なく, 雑草荊棘生い茂った, 難儀を, 雨で, 雪が, 雲助に, 雲霧に, 静かに, 頂上には, 頂上は, 頻りに木, 顔が, 顔馴染の, 風が, 飛び出した雉, 食うべきもの, 食えば, 飢え死させる, 馬を, 駒鳥が, 魔封を, 魔法つかいの, 鰐口が, 鳴く山鳩, 鳴く鹿, 鳴る鐘, 鳶と, 鹿を, 鹿狩りを, 麁朶を, 黒部川に

▼ 山~ (477, 1.2%)

18 川や, 谷を 11 森を, 河や, 海の 9 谷の 8 丘の, 川の, 森の 7 森や, 野や 6 海や, 谷が, 野に 5 まは, 水や, 谷は, 谷や, 野の 4 まの, 林の, 森が, 森に, 谷に 3 丘や, 川が, 底無しの, 林や, 森へ, 水の, 海を, 血の池などは, 野を

2 [30件] フッド, 丘には, 壑の, 家が, 岩の, 峠や, 川に, 川を, 木に, 林に, 林は, 林も, 林を, 森などは, 沢の, 河の, 河は, 河を, 深い谷, 渓の, 無間奈落といふ, 田に, 田地を, 秩父の, 草原や, 血の池の, 谷, 谷間を, 野原を, 雲に

1 [211件] あれや, いろんな恐ろしい, うらさびしい氷河, おまえに, この地球, すべて寸眸の, その尾根, その属, その裏側, どこへ, どのあるじ, まから, まが, まさしく大き大き, まに, まを, ま濡れそぼった, イタリーでは, トロッコの, ドブを, ハイリゲンブルートなぞの, レオポルト皇帝の, 一八郎が, 丘に, 丘は, 丘へ, 丘をも, 丘陵が, 丘陵で, 丘陵の, 丘陵や, 両親から, 丸い山, 久保山から, 人家が, 仙人やが, 低い山, 何から, 何も, 其等の, 冬田や, 効果を, 原に, 原の, 原野では, 原野の, 呉清源が, 呉清源の, 土地の, 墓所に, 大潮の, 大雪を, 太平山の, 奥日光の, 女山の, 孫山が, 家や, 少年の, 山なる, 山畑から, 岡が, 岡である, 岡を, 岳神を, 峠ばかり, 峡谷を, 峰は, 峰を, 島の, 川などが, 川などに対しては, 川ばかりに, 巨大な, 平地や, 年の, 幽, 広い沢地, 底なしの, 強いの, 數里の, 明神山の, 最上川畔を, 木が, 木の, 木曾の, 松の, 松の木を, 松林の, 林で, 林なし, 林なんどの, 林ばかり, 林へ, 森さえ, 森で, 森には, 森は, 森林や, 椿や, 横田川の, 樹の, 樹や, 樹木が, 樹木の, 比叡山や, 水が, 水に, 水は, 水やの, 水を, 水雲などから, 沢に, 沢を, 河, 河ばかり, 河原に, 河森の, 沼を, 波の, 流れが, 浅草公園の, 海で, 海に, 海へ, 海への, 海も, 海よりも, 海岸を, 海辺に, 清風山の, 渓にばかり, 渓にも, 湖の, 湖水や, 湖畔や, 湾や, 溪が, 溪の, 火の, 無数の, 煙草車を, 熊の, 田の, 田や, 田圃を, 田地は, 田地も, 田畑を, 田舎と, 田野が, 由良之助や, 甲相の, 町の, 畑の, 畑や, 畑を, 畠を, 目明しの, 石ころ道を, 石の, 石橋や, 社山の, 神社仏閣や, 空である, 空とは, 米国の, 紫の, 翡翠の, 耳成山を, 腐った脂身, 船を, 船小屋の, 花色なる, 茂った森, 蒼穹などを, 蔵王山あたりを, 薪山や, 蜜の, 蜜柑畑や, 西保山は, 谷である, 谷には, 谷へ, 谷歩きにかけては, 赤い山, 農家の, 近の, 近江の, 遠い野, 里はずれまで, 野から, 野が, 野っ, 野で, 野には, 野ばかり, 野原で, 野原や, 野菜畑までに, 金剛山などが, 隣る月夜, 雄阿寒岳雌阿寒岳が, 離れ島にも, 雪や, 雲が, 雲や, 雲を, 駿河甲斐信濃相模越中越後等の, 高原を, 高野の, 麦湯などが

▼ 山には~ (431, 1.1%)

14 雪が 5 いって, まだ雪 4 其後亦, 登って 3 いると, もう雪

2 [21件] あれど, いつて, いま朝日の, ない, なるまい, ひるので, みんな名前が, 他にも, 古塚, 必神の, 昔から, 朝の, 木々の, 木樵唄水には, 無数の, 目も, 相違ない, 秋が, 銅も, 高山植物が, 黒

1 [351件] あつた, あのよう, いた, いたんだもの, いつたといふ, いない, いなかった, いませんし, いま一つもっと人々, いらうと, いるか, いるという, いるまで, いろ, いろんな花, い上りつつ, うんざりした, おまえの, おらないそう, お前の, かくの, くまや, くりが, こちらから, このほか, この傾向, この木, この物, こんな人, こんもりと, さまざまの, すくなし, すでに人影, すでに初雪, すなは, ずいぶん長い, せみや, その代り, そんな用意, たいてい一度, たえず雲, たくさんある, たくさんございます, たくさん吹く, ただこの, たぬきが, ちょっと手, つつじ藤の, とてもけわしい, ともすると地獄谷, どんぐりが, どんな花, ない茶, なく私, ならない, ならぬ百年, なれないので, なんらの, のこして, ひっそり夜霧, ひびく梵音, ふもとから, ぶな, ほんもの, またうす黒い, またしめやか, まだところどころに, まだ多かっ, まだ山桜, まだ春, まっ白に, もうあきあきしてる, もういくら, もう一度いつ, もう材木, もう霜, もちろんこの, もと良い, よくある, よく自分, よく茸, よく風の神, わが叔父, アイトゥ・ファフィネなる, クマが, スカンポや, ニウツムリという, ノタリといふ, パンクした, モンティ・ムッソリーニモンティ・ヴィットーリオ・エマヌエーレの, ロクな, ワシが, 一帶に, 一度も, 一日一度ずつ, 一根の, 一目見た, 一面に, 三度登つた, 三月の, 人を, 人身の, 人間の, 人間みたいな, 今でも, 今近頃の, 仏寺の, 仔細らしい, 他に, 他の, 他所の, 低く雲, 住んでも, 何度雪が, 何時の間にか山, 何百何千という, 何百何千といふ, 先妻武藤氏が, 入りたる者, 全く度胆, 処々針葉樹が, 出ない, 出火が, 初めての, 別しても, 前田利家と, 前田利家父子橡谷山には, 前田家の, 剛胆だ, 千年も, 原房親の, 原而し, 古代の, 古代微生物の, 名工の, 団栗も, 地図の, 多くの, 夜登る, 夥しい漆, 大きな檜木, 大分いる, 天狗が, 天狗様が, 天界と, 好物の, 子生嵶と, 孔子も, 孟宗の, 家が, 寔に, 小さい洞, 小早川隆景の, 小松が, 少しあった, 少しも, 少ないが, 居ない, 居りませぬ, 山が, 山の幸野には, 山吹馬酔木もちつ, 山姥が, 山焼けの, 山男が, 岩場は, 峠路川には, 川には, 常春の, 平地が, 平山堂観音堂などの, 年の, 幼い頃, 幾らでも, 幾らでもが, 幾らも, 幾軒も, 建国の, 彼の, 後にも, 後漢, 徳川幕府の, 必ず多少は, 必ず山路, 必松なり, 怒つた, 怪獣が, 悉く雲, 悪い岩場, 招代を, 旌旗が, 既に雪, 日本の, 早く秋, 早や, 明るいつもり, 昼の, 更に緑色, 月が, 朝夕鴉ばかり, 木が, 木の実が, 木の実草の, 木の葉の, 松にか, 松杉の, 松柏茂り, 栃の木は, 栗が, 根雪が, 格別秀れた, 桃が, 桔梗が, 桜, 棲めない, 棲んで, 樵夫の, 樹が, 樹と, 樹も, 樹木は, 樹木少なし, 檜を, 次右衞門, 正しくいた, 武器庫さえ, 武蔵に, 殆ん, 殘つて居りません, 毎日煙は, 毛人という, 毛利の, 水が, 沢山いた, 清水が, 温泉など, 温泉も, 滝が, 漆の, 漢の, 濃い青嵐, 灰色の, 無言の, 煉瓦工場が, 牛女の, 狐狸兎猿などが, 狼が, 狼の, 猿や, 猿多し, 珍しいモグラ, 生えて, 生えとらんな, 産しないだらう, 田村中務, 番人の, 疎遠であった, 病葉が, 瘡蓋の, 登らない, 登らぬという, 登りそこねたけれども, 登るべし保険, 登山道すらも, 白鷺が, 百合が, 百草も, 石斛岩千鳥鷺草などの, 神社の, 祭あり, 禿山は, 紅白の, 経の, 絶えず鶯, 緑の, 縁が, 美しい更紗模様, 美しい花, 羽柴秀長の, 背が, 背広の, 自分の, 茜色の, 茸も, 草に, 落葉は, 葉の, 蕈は, 薄い靄, 薬の, 藤かづらが, 藤躑躅畠には, 蘇鉄や, 虎が, 虎豹狼などの, 處女林が, 蛇とか, 蛇も, 蠅が, 行者の, 褐色の, 見ごとに, 観音様の, 谷を, 赤いい, 赤い猪, 赤く熟した, 走り大黒, 跡を, 躑躅が, 近づきは, 遅い春, 遊ばずと, 道が, 遠い海岸, 避難民が, 野鳥が, 金鉱の, 金銀を, 金龍山草創前の, 針葉樹が, 銅が, 長束正家山下には, 雨が, 雪の, 雪も, 雲, 雲が, 雲がか, 雲の, 雲を, 霜が, 霧が, 霧がか, 青いチョーク, 青い木の芽, 頑入みた, 食物が, 餌が, 馬や, 馴れきった者, 高いの, 高い山, 高山右近も, 鬼の, 鬼婆が, 魑魅水には, 鹿などが, 黄色に, 黄葉も, 黄金色の

▼ 山~ (198, 0.5%)

44 助は 30 助が 27 助の 13 助に 8 助と 6 助お比奈兄妹, 助お繼, 助も 5 助を, 木郷の 2 助, 助さんの, 助さん確かりし, 助だ, 助との, 助などは, 助妹は, 木郷へ

1 [32件] を湖, を穿つ, 井, 井氏の, 初, 助おやま, 助おやま大難, 助お草鞋, 助さん, 助さんお前さん方も, 助さんにも, 助さんは, 助さんまア, 助さん今日は, 助さん私は, 助さん誠に, 助でございます, 助という, 助といふ, 助とか, 助までも, 助や, 助をば, 助二人暮し, 助今更懺悔, 助年, 宿の, 宿へ, 木郷から, 木郷に, 木郷までは, 肩領可

▼ 山では~ (182, 0.4%)

12 ない 9 あるが 5 ないが 4 この二上山 3 ないし, なかった

2 [15件] ありません, あるまいか, なくして, なしに, 五十余名の, 何を, 処々茅蜩殿血と, 完全な, 岩角に, 木の, 無理に, 皆心配を, 私の, 蔬菜ばかしを, 蛭が

1 [116件] あったけれど, あは, ありがとう, あるけれど, あるけれども, いちばん小, いつ吹雪, えらい砂, おいしげる木々, かなりの, かりにまとも, こうした植物, この二上, ございません, その建物, ちっとで, とても見はらし, ないか, ないかと, ないから, ないだろう, ないと, ないので, ないむしろ, ないよう, なくその, なくて, なくなった, なく吾家, なく牧場, なく現世, なさそう, ふしぎに, まったくへば, よいと, ヌエが, ハンノキに, ホウベラ春の, ヤツカ, 一体に, 一番高い, 主の, 亡者と, 今でも, 仔牛が, 何町の, 僅に, 到底見る, 勝軍地蔵を, 半煮, 半煮え, 味わえぬもの, 城下の, 大へん, 大吹雪, 孫悟空は, 密書の, 山じゅうの, 必需品である, 思われて, 恐山岩木鳥海月山其他私の, 日本画に, 昔から, 時々どうしてもカンジキ, 暗さ, 最も遠い, 松の, 枯木も, 桜の, 権現様の, 殊に谷渡り, 殺気だって, 母ざるが, 母親の, 求められぬ私, 火が, 火の, 無い, 熊野の, 牛若, 猟を, 珍しくない, 珍らしくない, 生駒山の, 男は, 病が, 病室の, 直ちに追い出される, 碑を, 秋でした, 秋でなく, 秋らしく澄んだ, 筑波山の, 紅葉は, 絶えず杜鵑, 絶えて, 老鶯, 聞かなかつた, 自然の, 落葉の, 見かけねえ身装, 誰ひとり彼の, 警備隊が, 讃岐の, 豐か, 路が, 遮那王, 金峰山高原では, 雨も, 雪でも, 雪カラッ, 青い旗, 面白くない, 鵙の, 鶯が, 鹽原角右衞門が

▼ 山ほど~ (180, 0.4%)

19 ある 8 積んで 6 あるん 5 あるの 4 あって, あるよう 3 あった, あります, あるが 2 あっても, ありながら, ありまさア, あるけれど, あるし, あるのに, あれど, 取って

1 [109件] あったという, あったはず, あったもの, あつた, あつて, ありしかも, ありどれ, ありますが, ありますよ, あり予想, あり物価, あるいろいろ, あるかの, あるから, あるくせ, あるけれども, あるその, あるだ, あるでしょう, あるに, あるやう, あるよ, あるを, ある上, ある入って, ある勞働, ある気色, ある石, あろうな, い, いたもんさ, お金を, かさんで, ございます, しても, してやって, だして, だった, つかえて, つまれて, つんで, なお話, なるが, なるに, なれど, な理由, な用, な長櫃, な難問題, もらっても, ゐるン, 一杯詰まっ, 並べて, 使物を, 出て, 出来るぜ, 土産を, 在るの, 在る筈, 大きく汲み, 山ふところに, 嵩みましたが, 彼を, 恐ろしいこと, 持ち出し出勤, 持って, 振舞って, 揃っても, 教えて, 書いて, 書いても, 有っても, 有ツ, 残ってるん, 浜に, 添えて, 物を, 番頭に, 目前に, 盲越え, 積って, 積つてゐる, 積まれて, 積みこんだが, 積みクリーサス, 積み上げた戸棚, 積むお客, 積れ, 積んだって, 積んでも, 背負って, 良いこと, 若々しい快, 薪を, 薯が, 襲って, 買いこんで, 買って, 買つて來て, 賞讃される, 運び出そうと, 金には, 銭を, 銭金を, 閊えて, 集って, 集まって, 集り蚤一匹, 黒い紐

▼ 山~ (172, 0.4%)

4 がその, と思っ, と言 3 という, ということ, よ

2 [14件] からさ, がそれ, つたのです, つてみんな少し, という話, といっ, といった, と人, と感ずる, と言う, と賞め, なあ, もの, よう

1 [123件] あの山, うんと食い, おごそかさと, かさっぱり, かすぐ, かそれ, かちっとも, から, からそれで, からと感じ, からなあ, からね, からのう, からやはり, から二三日, から其, から北岳, から大した, から平気, から時に, から滅多, から草, から誠に, かわからない, か小屋, か川, か拾得, か掘り当て, か海, か白金, か知ら無, か私共, か見当, か近さん, か遂に, がこれ, がどう, が偃松, が別に, が名, が夏冬, が当時, が此山, が湖, が熱帯地方, が立木, けど鉄, けれど, これが, しかも夜半, し実際, し書生, ぜ, そうだ, そうでございまし, そうでございました, そうでございます, そうです, ぞう, だが山, つてほ, つて親類の, つね尋ね, といいました, といい伝え, というよう, というん, といふ, といふで, といふやう, とおもっ, とか島, とすれ, とは聽, とばかり思つて, ともなんとも, と廻っ, と思いこむ, と思います, と思え, と思った, と教, と教えた, と教えられ, と昼間, と毛唐人, と申します, と白雲, と空気, と考へられ, と言いました, と言った, と遺書, と首肯かれた, どうです, な, なあと背, なと云う, なと思っ, ね, ねいったい, ねえ, の, のう, のが, のって, のでみんな, のと, のという, のを, は, も分, よ若い衆, 四方の, 特殊な, 独り秩父山脈中に, 竟に, 緑平居あたりからの, 緑平老の, 裾野が, 近くでは, 鉄鎖が, 顔なんぞ

▼ 山三郎~ (168, 0.4%)

3 は母

2 [12件] が, が圖書, と刺違え, の云う, の側, の犬, の顔, は入婿, は女房持ち, は米藏, は馬, を瞞

1 [141件] か, が乗っ, が内々, が別嬪, が参った, が大急ぎ, が媒妁, が掘出したる, が来たら, が流行期, が片, が見まする, が覗く, が認めました, それから致し, だけは差上げる, だ向, で昨夜小原山, で連れ, という侠客, という廻船問屋, という男, と果し, になり, にはこの, には恩分, には自然頭, にもとんと, に向っ, に問詰められ, に怨, に怨み, に狙, に耻, に遺った, の乗っ, の亡霊, の其の, の前, の参る, の口, の命, の実, の実在, の提げ, の来る, の気に入っ, の氣, の火焔宝珠, の申した, の申す, の耳, の腕, の見世, の身体, の身體, の間諜, はお, はお前, はじり, はにっこり, ははて, はひらり, はまだ, は一人, は中, は何, は何事, は其の, は前, は十一二, は又, は同じく, は圖書, は娘, は実に, は封, は帳場, は年三十歳, は心, は急きます, は惜気, は憫, は我々, は手, は持参, は振向い, は振返り, は早く, は暫く, は格子, は此, は気抜, は無理, は男, は留守, は癇癪紛れ, は直に, は相州浦賀郡東浦賀, は真, は石塔, は種々, は穴, は見, は訝かしげ, は訝しく, は詞, は読みかけた, は遥か, は釣, は開け, は階梯段, は離れた, は飛んだ, は馬作, は驚き飛, は驚く, も, も予て, も始め, も居りません, も平生, も斯く, も江戸屋, も男, も船, も身体, も迚, も馬作, をそれ, を仕止めれ, を嚇す, を打殺そう, を生, を船, を見まし, 其の翌晩小原山, 半治小かね馬作, 存じて, 思わず手紙, 暫くの

▼ 山~ (165, 0.4%)

3 の中, の軍師 2 にいる, の一窟, の下, の仲間, の内, の夜, の留守, へ帰っ

1 [143件] から一歩, から地丸左陣, から密か, から餞別, か叩い, がただ, であったが, でございますぞ, でござろうよ, でご馳走, でさんざん, ですね, ではえらく, では地丸, では良縁, では防ぎきれまい, でも一同, で同じ, で見かける, などではお目にかからない, にい, にいた, にいつ, にいらっしゃる, にお, におとめおき, にたどり着いた, にてご, にとってもこんな, には九名, には九紋龍史進, には名だたる, には置いてない, には酒, にひきあげ, にもどる, にも兵三百, に住む, に住ん, に居候, に帰り, に幾日, に招い, に捕えられ, に残っ, に火, に百日, に迎え取らせる, の, のうち, のさびれ, の一人, の一同, の一員, の上, の主, の主地丸左陣, の人馬財物, の倉, の六, の副, の副将, の和, の士気, の大, の大男, の宛子城, の平和, の手下, の掟, の方, の最, の木戸, の本丸, の用, の石門, の統領, の群星, の聚議場, の衆, の貯水池, の返, の連中, の配備, の頭, の首長, の馬賊, の驍勇ども, は今や, は残らず, へお, へかけつけやし, へかつぎ上げ, へき, へたよっ, へだ, へはやって来た, へは帰られまい, へひきあげた, へひきあげる, へも帰る, へケシかけ, へ何ん, へ初めて, へ向け, へ喰, へ届けさせた, へ帰ったら, へ帰らね, へ持たし, へ持ち運ばれ, へ来, へ案内, へ着く, へ知らせよう, へ立て籠る, へ落ちのびよう, へ迎えよう, へ迎え取ろう, へ送らせる, へ連れ, へ駈け登っ, まで, も持っ, をかまえ, をきずき, をさとられる, をたよっ, をむすん, を作り設け, を持つ, を揺がす, を構, を構え, を構え海道筋, を構成, を留守, を破門, を築い, を築造, を解散, を設けた, を頼っ

▼ 山という~ (147, 0.4%)

11 山は 10 山が 7 山の 6 のは, ものは 4 のが 3 ことに, 山に 2 ことを, そうである, のに, ような, 人の, 名を, 山を

1 [83件] きゃん, ことで, せいか, ところだ, ところだろう, ところに, ところは, のから, のだ, のであっ, のである, のです, のはね, のを, もので, ものに, ものの, やつかのう, ように, 三角山の, 不思議な, 丘が, 丘ほど, 丘陵の, 二人の, 人だの, 以上は, 俳人の, 僻地へ, 元天満与力, 名前が, 名称と, 在所を, 地が, 地理上の, 大変な, 奥まった山村, 奴が, 妙な, 寺が, 小山が, 山から, 山であった, 山には, 山の下へ, 山丘という, 山木という, 山海という, 山谷という, 建築が, 意味から, 意味で, 意味であるらしい, 感じが, 慾無しを, 所に, 有名な, 残雪を, 決定でした, 海抜四五〇米ぐらいの, 特にさしたる, 狂歌が, 現実を, 環状山が, 生活は, 男は, 画家に, 相撲上りの, 神の, 程度の, 者が, 者の, 者を, 華族さんの, 言葉は, 酒を, 険しい山, 離れ山, 面白い法号, 順で, 風景に, 高い山, 高地が

▼ 山にも~ (141, 0.3%)

7 野にも 4 雪が 3 谷にも

2 [14件] のぼりました, 一面に, 並べたあの, 寒そう, 川にも, 木にも, 武家の, 水にも, 海にも, 満ち, 猿が, 立烟りな, 里にも, 雪の

1 [99件] あった, あてはまる, ある訳, いなくなり多く, いふ也, いられなかった, いろいろな, おられなくなったと, かぎらず形状峯, これに, さしわ, しきりに牡鹿, せよ野, それぞれ特長ある, たよること, たよれなかった, とこめづらし, のぼること, はたらく也, ひそみ, ひとときの, または山岳, また自, みなぎらし野末, もう往来, ゐるの, スパイが, 一時国樔人の, 万吉にも, 千疋猴とて, 半分ほど, 古くは, 同樣, 墓碑を, 増って, 変化が, 夜は, 大谷の, 失望し, 妨げられず国際的, 山姥が, 帰れずその, 往った, 急いで, 恐ろしき自然, 悉く神経, 数年い, 文人画家は, 時には見つかる, 村にも, 枯れ草雑り, 桜を, 森にも, 次第に近く迫つて行つて, 比し得る程, 比すべき斷案, 沢にも, 流にも, 浦にも, 海道にも, 淵が, 港にも, 湖水にも, 漲ぎらし, 生えて, 産する, 登った, 登らんと, 登るもの, 登路が, 皆顔を, 盛り分けて, 砕けないで, 碎けないで, 秋は, 空にも, 等しい仙女, 絶無な, 美しい女人, 花といふ, 蜀の, 行かれそう, 行き野, 行けずまた, 行つて居られた, 見られない, 見られる, 負けない大男, 通じて, 野に, 金や, 降りそそぐ冬, 降れよ, 雨が, 雪がございませんそう, 雲の, 青々として, 面白い話, 鳥の

▼ 山また~ (134, 0.3%)

51 山の 19 山を 9 山が 5 山で 4 山, 山に 3 山だ 2 山という, 山は, 山ばかり, 山へ

1 [31件] 丘である, 口惡き, 山さその, 山そして, 山である, 山でございまし, 山です, 山と, 山には, 山の上を, 山また, 山も, 山トンネルまた, 山信玄も, 山南濃州に, 山富士が, 山播州西部の, 山木といふ, 山次第に, 山直ぐ, 山相当の, 山自然の, 山谷また, 山路, 山青葉に, 川に, 槐樹坡と, 漸く迫り, 箱根一つ向うの, 西方には, 雪の

▼ 山との~ (124, 0.3%)

30 間に 12 間の 4 間には, 間は 3 あひだ 2 大きな傾斜, 間から, 間を, 関聯に, 關聯に

1 [61件] あいだには, あいだは, ことを, さし出た, たけくらべ, 三色の, 上に, 中間に, 争いは, 二つに, 交り合った, 交換で, 交渉も, 仲が, 位置関係は, 兄弟の, 別離を, 区別が, 合体から, 境は, 境界が, 夕暮に, 対陣は, 峡に, 峽から, 接触だ, 旅の, 景色は, 歿した, 深い谷, 界の, 絵を, 繋がりで, 美しい色, 肩の, 背くらべ, 背競べの, 複雑な, 調味豊かな, 谷を, 谷間には, 谿合に, 距り, 距離は, 迫り合った狭い, 連なりつづいた, 間が, 間だ, 間である, 間では, 間でも, 間にか, 間へ, 間より, 間らしく見える, 間四五町にわたりて, 間少し, 間東西二里南北五里がほどに, 間蓊鬱たる, 間隔即ち, 陰気の

▼ 山より~ (103, 0.3%)

3 ほかに, 出づる月, 林より 2 不忍池, 外に, 山に, 帰って, 滑り落ちたり, 雪頽不意に

1 [82件] いでて, きたり, こ, こんの, ずっとむこう, ずっと下, で故郷, とり来ると, ながれくる水, まだ奥深い, まろび來り, みれば, ペルーへ, ペルージアは, ロイテン附近に, 上に, 上りけり, 下る, 下るや, 人くさく, 以上な, 低いので, 信長の, 偉大なる, 凄き大海, 出づ, 出で, 出でて, 出る所, 半蔵御門へ, 取りし秦皮, 受取って, 吹く夕風, 外の, 多くすき, 大きな身, 対いの, 山を, 岩戸山日金山弦卷山玄嶽小川澤山は, 川に, 帰りしに, 帰京, 押出したる所の, 掘取った植物, 摘みてかへれば, 月の, 来せば, 水の, 河口, 河口に, 海に, 海の, 海見れ, 涼しき風そ, 滝おとされたる, 炭薪を, 秋川の, 移して, 稍, 突出で, 約半里程隔, 綾織村の, 街道に, 街道へ, 西へ, 超越せる, 迎え娶るが, 追い下し各, 還る者, 重い, 重し, 降り其脚, 險阻なる, 集り落つる清水, 雪の, 静かな, 音し来, 高い二三尺水, 高きこと五六尺, 高きもの, 高く上っ, 高しと

▼ 山~ (103, 0.3%)

4 を歩い, を歩く 3 の上 2 だつた, のとある, の方, を好き, を登る

1 [82件] あり高輪, から突然, があっ, がこれからなかなか, が三里あまり, が今, が太古, だった, である, であるが, でころんだ, では山, で一人, で行き逢います, というの, とそこ, とはいい, とクスコ, などへ散歩, なん, に合流, に沿う, に青葉, のつき, の下, の傍ら, の見当, の隅々, はのぼれない, はわけても, は昼間, は監獄, は谷, は風, ばかりを一気に, ばかりを転々, へ夢, もむかし, も間断, をえらん, をお前, をさ, をさまよっ, をた, をたどった, をたどらなけれ, をつたつて穴倉, をとっ, をま, をガサガサ, をグルグル, をブッ, を三哩, を上っ, を下り, を下りはじめた, を二人, を五里, を仰ぎ, を伝へ, を何年, を半, を攀じ, を散歩, を昇り降りし, を村, を歩いた, を湾, を漸く, を登った, を登りはじめ, を脚, を警笛, を走らね, を走る, を越えなけれ, を辿る, を運びださなきゃならないのさ, を選ん, を降, を駈け降りた, 清し

▼ 山火事~ (101, 0.2%)

54 のよう 3 でござんせう

2 [12件] があった, がある, だと, で焼けた, となっ, のあった, のとき, のやう, の恐し, を消し, を見, を起し

1 [65件] うつる夜寒, うとくなりに, かとおもわれました, があっ, があつ, があり, がありまし, がどうして, が崩壊, が突発, が続き, が起こるであろう, が起つた, じゃない, ださうな, だな, だん, でございます, です, ではない, では開墾, というもの, とである, と野猪, と間違え, なの, にあった, にあつたらしい, にでもあった, になっ, になった, による, にわざと, に焦がされ, に焼け黒ずみ, に追われた, に逢う, に遇つて, に関する問題, のあとみたい, のそれ, のシーズン, の一番, の場合, の天, の延焼, の煙, の禿げ, の調査, の起こる, の頻度, は, はいよいよ, はひろがった, は七日, は案外, は止まない, は谷, もおこしかねない, も春, をあと, をたきつけ, を発する, を起こし, を遠く

▼ 山深く~ (83, 0.2%)

3 して, 進んだ 2 かくれて, に心, 入つて, 迷い入って, 里幽, 閉籠つた

1 [65件] いにしえの, かくれたの, すゝんで, なるばかり, に, にまた, ねて, のがれよう, のみひき籠つて, はいる, はひつ, はひらないで, も何とも, わけ入, わけ入ら, わけ入らね, 上り行きぬ, 人煙また, 何か, 何かい, 何にか, 來た, 入った人, 入って, 入つて曲物, 入つて行, 入りてきりしま, 入ると, 入る前, 入れば, 入ろうとして, 入込めば, 分け入ったが, 分け入った時, 分け入りつ藤, 分け入り吉野川, 分入る, 参つたのが, 叔父を, 寝て, 尋ね入りたもう, 尋ね入り峰, 岩魚の, 嶮岨に, 庵を, 廃寺の, 木を, 樹茂り, 燃え下つた, 狭間に, 行けば, 覓め行く, 身を, 輾らせ, 迷い入った猟夫, 退いたので, 逃げこんだ張英, 逃げ入ったの, 逃げ籠ったが, 這入って, 這入つて, 逢ひし, 進んで, 霜に, 非凡過ぎ

▼ 山でも~ (82, 0.2%)

3 海でも 2 い, ないが, 叫び廻り度い, 場所に, 川でも, 斯んな, 昔は, 林でも

1 [63件] あるし, あれ程の, いいが, お歩き, かじりてえ, そうした差別, そうだった, その土地, たくさんに, とばされるやう, どこでも, ない, ないの, ないのに, ながめながら, なくなるという, なく結局尾州家, なければ, ぶつかつて, また奥深き, まだ一稼ぎ, やはりこの, やはり山, カンジキは, 一度その, 今日では, 何んな, 何處の, 八日見, 六時や, 又遠い, 咬み倒して, 噴火したで, 坂でも, 大辻には, 富士山の, 少し渉, 少し見え, 山という, 恐ろしい川辺, 探檢, 時々轟, 晩春初夏に, 木が, 根こぎに, 森でも, 構わず駈出して, 構わない式, 歩き廻って, 沢でも, 温帶林寒帶林灌木帶草本帶と, 火が, 發見したい, 皆特徴, 石を, 草でも, 見て, 見に, 谷でも, 道が, 里でも, 野でも, 黒木の

▼ 山である~ (81, 0.2%)

4 ことを 3 ことは 2 が飛騨, こと, ことが, ということ, と同時に, のとが

1 [62件] かその, かは知る, から, からその, からなだらか, からアルメニア, から中腹, から何回, から危峰怪岩, から赤噴火丘, から造作, から面白い, かを指点, かを探し出す, か夫, か樹, か殆ど見当, か私, か雲, が, がこの, がその, がわけても, がサテ實際, がムラ, が今日, が同時に, が名, が噴火, が最高峰, が爲め, が町, が私, が隣国, ことノアの, し側面, そうだ, それは, ためでは, と, という, という以上, といふこと, とは如何, と思っ, と知ったら, と雪崩, に反し, ので彼, のは, のみならず, ばかりでなく, ゆえに, わけの, 事が, 以上先生が, 太古の, 東洋一である, 浅間は, 総じて豊後, 農鳥岳は, 関東山脈の

▼ 山駕籠~ (71, 0.2%)

5 に乗っ 3 の中 2 であった, に乗せ, に乗る, をかつぐ

1 [55件] おろす野菊, があった, がまず, が一丁, が一挺, が一梃森, が六文, が列, が唯一, が宝恵駕籠, が待つ, が徳間峠, が浮かぶ, でございます, ではなく, で櫛型, という機械, とそれから, と四人, と対, と干, と草鞋, には上, に乗せられ揺られ, に乗った, に乗り換えた, に揺られ, に桐油, に母, に身, のところ, の一挺, の婦人, の引き戸, の煤けた, は別段, へ乗ったら行けます, へ乗ったら行けるだろう, へ高蔵尼, も不思議, や芝居, を, を一丁, を一挺, を伴, を借り, を取り巻いた, を取囲ん, を囲んだ, を守り, を指さし, を揺り, を真ん中, を連ね, を金沢

▼ 山船長~ (70, 0.2%)

4

2 [33件] からじかに, がカンテラ, が後者, が船, ですよ, とし, と語りあかした, にとってはぞうさ, には息子, にめぐり会った, の一日, の乗った, の交換条件, の妻, の話, はしゃがれ, はふと, はむかし, は云った, は凭れ, は十七号船, は口, は喉, は徽章, は東湾汽船, は欠伸, は笑った, は考えぶ, は舵輪, は船長, は黙った, も頑強, を訪ね

▼ 山まで~ (60, 0.1%)

4 来て 3 行くと, 行って

1 [50件] あれで, いらっしゃいましたが, お迎えに, しょっていっておくれ, たどりつかねば, たどりつきました, ついて行きました, つづくという, とぶ道道, とんで, ゆくと, わざわざ来た, 一またぎ, 一面に, 丈余の, 五六里の, 侵入し, 凹に, 出て, 出向いて, 加担人の, 即ち波長, 含めて, 安全に, 尾けて, 御着, 持って, 来ると, 楽々と, 煙って, 登って, 行かなくとも, 行きつこうと, 行きて, 行く路, 行ったら, 行っても, 見わたすこと, 見下したもん, 見渡せました, 誰か, 谺する, 足を, 踊りあがっ, 連れて, 雪の, 雪見と, 雲を, 飛ぶこと, 飛んで

▼ 山~ (57, 0.1%)

9 のである 5 んだ 4 のだらう, んです 3 の, のだ, のです 2 ので, のであろう

1 [22件] だりには蜜柑, だり茶, のか, のかね, のさ, のじゃ, のだろう, のであらう, のでこの, のでございます, のでそう, のでそこ, のでひととおり, のでまだ, ので互に, ので清水, ので雪, のに, のやら, んで, 報告を, 實社會である

▼ 山~ (55, 0.1%)

20 山の 16 山を 3 山が 2 山と, 山に

1 [12件] しても, 山, 山の上を, 山みたいな, 山上れ, 山伝ひ, 山峩, 山狐色の, 山重なり, 山高い, 山鶯が, 河秋風今

▼ 山~ (52, 0.1%)

2 の温泉

1 [50件] からシヤンベリ, から來, から出, から南部, から江戸, から牛, である, でかう, などにはいくら, なる湯瀬, にもなほ人, にわれわれ, に二人, に今, に住ん, に入る, に取り, に居る, に山腹, に散ら, に石, に神社, に蟄居, のほそ, のやう, の妖氣, の安い, の小屋, の平地, の或, の方, の村, の温泉場, の湯村, の溪, の猿みたい, の突き當, へ, へと奧, へと進ん, へ入, へ出掛け, へ山奧, へ歸, へ行つて, へ逃げこむ, へ這入る, へ連れ, まで馬, を巡つ

▼ 山~ (51, 0.1%)

3 づら, づらせよ 2 名を, 拾得の, 海か, 海に

1 [37件] あるいは相州箱根山, さらに見当, ずらを, その家, づらと, づら山の端, づら戸口, づら霞, ですが, とおも, なにかに, ひは, または池, ピラミツドか, 一里塚か, 丘の, 低い丘, 何んか, 夕霧遠く, 寺院か, 山よりも, 川に, 愛宕山, 掘りおこしたが, 斑らな, 案内者を, 死人の, 河原でも, 海かの, 瀬戸内海の, 知らん, 空か, 谷の, 遙かな, 里か, 野に, 野原に

▼ 山とは~ (50, 0.1%)

2 おれが

1 [48件] あまりに相違, いいながら, いうと, いわず浦倉山, こういうもの, このよう, だいぶ様子, だいぶ違わ, ちがって, どうしても見えぬ, どんな人, もちろん金剛山, 云い難い, 似も, 何だ, 何の, 出合わぬが, 切っても, 千万里も, 反対に, 反対の, 地球の, 塩山の, 当市の, 思えないほど, 思えなかったの, 恐らくこれ, 既にす, 最も近い, 正反對, 殆ん, 永久に, 汝か, 濠と, 異なり黄ばんだ葉, 異なるの, 神の, 色も, 薔薇色から, 藐姑射之, 言うべくも, 言え頂上, 負けず劣らずの, 違いますでな, 違つてゐた, 遠い, 非常に, 馬の

▼ 山ばかり~ (49, 0.1%)

2 だ, である, では, なる月, 坂あり, 歩いて, 見て

1 [35件] いささか人里, これも, だから, だし, だった, だったので, ぢや, でございますな, でそんなに, でどれ, でなくほか, でなく向う, でなく里, で丘, で取り処, で次次に, で海, で爺, で蓊鬱, で食べ物, な駅路, ひたすら修行三昧, ぼんやり白かっ, よくもこう山, 人の, 尖った岩山, 屏風の, 山嶽重畳として, 描いた, 歩いた, 目立って, 眺めて, 紅葉には, 群山は, 見てるの

▼ 山~ (46, 0.1%)

3 の主人, の旦那, の血統 2 とコマ五郎, の二人, の後, の御, の聟, はたしかに

1 [25件] が成仏, とジッコン, と私ども, には世, のあと, のノレン, の一粒種, の主従, の二名, の位置, の内情, の冥福, の危険, の子孫, の孫, の家法, の屋台骨, の市川別荘, の当主, の立場, の覚悟, は一代, は喜兵衛, を乗, を叩きつぶす

▼ 山チイ~ (46, 0.1%)

3 が来 2 の五人, の愛情, はシゴイさん

1 [37件] あの軍艦, がいった, がいる, がそそと, がそば, がゆっくり, がコオジイ, がチラ, がヒストリカル・イヴェント, が悠々, が悠然と, が聞きつけ, だけがひどく, と並ん, と二人, と珠子さん, と鎮子さん, ならだいこん, にたのん, にでも連絡, になにか, に知らせ, に逢いなさい, のところ, の愛人, の電話, はあなた, はたぶんまだ, はでたらめ, はまだ, はむこう, はパイプ, は東洋, も愛する, や初子さん, を呼ん, を見る

▼ 山~ (46, 0.1%)

4 の壁画 2 でなければ, の屏風

1 [38件] かが絢爛, があります, がちょうど, が池田新太郎少将, だの友松, でも一枚, という, ということ, として認識, とも思わない, などの狩野調, などの豪宕絢爛, にはなお, にむかっ, にも召使, に相違, の出でた, の如き, の絵, の襖絵, の顔, はどの, はまた, は二十五, は山楽, は庭越し, は明けない, は本当, は柄, は甚だ, は長生, も拝む, も枝折戸, をつれ, を傍, を山楽, を知らなけれ, を見る

▼ 山なみ~ (45, 0.1%)

3 の上 2 の, の雪

1 [38件] があり, がそこ, がみどり, がより, が早春, が見え, が近, で逃げ終せ, に, にしりぞいた, にはまだ, に含蓄, に対して, に淡, に雲, に青い, に黄ばめる, のあちら, のうつくし, のふもと, の中腹, の幽遠, の斜面, の此処, の深い, の黒木, は, ははせ, へだ, までよく, もよかつ, やが一望, をその, をた, をサナトリウム, を見, 見える雪, 青く

▼ 山あり~ (44, 0.1%)

4 川あり 3 水あり 2 海あり, 渓あり, 谷あり, 谷あり流れあり

1 [29件] それか, てその, て其入り口, て右, て我等, て軒, とも日, などとよく, イーダと, 上に, 予山と, 共に川俣村, 周囲三万里巨蛇これを, 問へば, 尺水と, 山の, 庵の, 森あり, 水あっ, 池あり, 河あり, 深林ありし, 田あり, 程遠ければ, 自から, 觀音坂といふ, 谷ありで, 野獸住み, 高さ一里あまり

▼ 山です~ (44, 0.1%)

532 か, からあたり, から窓, がこれ

1 [28件] あすこの, かと聞い, からその, からちょいちょい, から人間, から何処, から好ん, から如何に, から寒く, が, がこの, がその, がね今, がまるで, が山, が市, が阿蘇, が霞ガ浦, しまた, ぜ, とさ, とほめたたえました, とも, な, ねエ何, ねヱ, の, 寿江子一人留守い

▼ 山~ (44, 0.1%)

5 のお父さん 2 の家, の馬

1 [35件] がこの, がやって来, が学問, が小さい, が気の毒, が直接, が肉, が誰, という, と槇村君, と私, と遊ん, のうち, のは十五歳, の出来, の妹さん, の感心, の田舎, はその, は中学, は偉い, は元通り学校, は前, は可哀そう, は大隈重信, は幸福, は永井君, は苦学, また四国, も, や里見謹一君, を中学, を排斥, を見る, を説

▼ 山~ (44, 0.1%)

2 が突っ, につい, に喧嘩, を見

1 [36件] がうち, がお, がゆさゆさ, が作られ, が出来た, が練り歩く, です, で喧嘩, といっ, と数度, にはどれ, には一匹, には勝則, にぶっつけた, に七区, に名高い, に近づい, のお, の位置, の太い, の意匠, の横, の稚児流れ, の通りかかる, の飾り物, は, はときどき, は一層, は危うく, も荒っぽく, をお, をおさめ, をくずし, を止める, を舁ぐ事, 舁きは

▼ 山といふ~ (43, 0.1%)

3 ところに, 山は 2 のが, のは, ものを, 事に, 小嶺に

1 [27件] うちにも, きやんな, のに, ひ, ものが, やうな, 不思議な, 丘陵が, 事で, 事である, 仇名が, 名前に, 大きな山, 家で, 小山が, 小高き処, 小高き處, 山が, 山なり, 山に, 山の, 山號が, 巨人に, 意である, 木の芽, 男は, 高い山

▼ 山~ (42, 0.1%)

17 中で 12 中へ 2 なかに, 中を 1 なかだった, なかを, ぼ風, 中, 中じゃ, 中だ, 中でもいろんな, 中などに, 中や

▼ 山よりも~ (41, 0.1%)

6 高く海 2 くだる, 見えて

1 [31件] ぬきんでて, 一層深く, 前に, 動揺を, 大きい高い深い山, 大きく見え, 川よりも, 広く針葉樹, 早く雪, 杉の, 松原よりも, 林に, 柿の, 海が, 深, 深いお, 深く甲板, 近く見える, 重し俸禄捨, 重とう, 険呑な, 高い, 高いと, 高いよう, 高い恩義, 高い空, 高き波間, 高くもちあがる, 高く死ん, 高しと, 麓に

▼ 山つづき~ (40, 0.1%)

1 [40件] から遠い, が毒, が眺められる, この間は, で竹藪, といっ, になやまされた, には相違, に出, に百鳥, に道, のところ, のやう, の土地, の場所, の崖, の庭, の星, の深く, の禅寺, の藪ぎわ, の蛙ヶ鼻, の裏手, の裏表, の見える, の高原, の高台, の麓, を左右, を見る, 一方は, 一里余の, 四五里瓶, 左と, 左にわたる, 影の, 祖谷の, 落葉松の, 雲こごる, 鳥獣でさえも

▼ 山~ (40, 0.1%)

2 きたりて, の, の宣, の無

1 [32件] か奇, がけもの, が出没, が撞木, が金髮, が長襦袢, というの, ともいった, と交わり, どころか, にいづれ, になっ, になり, に半ば, に対して濫, に布, のいい, のお, のくるくる, のたぐい, のゑめる, の來, の字, の染むる, の歌, の錦, の霞, は, はあけび, は春, は里, や巌

▼ 山深い~ (40, 0.1%)

3 ところに, 古里を 2 一軒茶屋から, 田舎に, 箱根の

1 [28件] その領地, ところで, ところでは, ところといふ, ところなどで, ホテルの, 信州に, 処で, 北国筋の, 古寺に, 国の, 奥に, 宮峠の, 尼寺に, 島に, 感が, 所に, 所の, 故郷で, 木挽の, 木曽の, 湿地に, 白骨の, 空閑を, 街道の, 道を, 香りが, 高地に

▼ 山~ (39, 0.1%)

2 で猪, の狹, の首都

1 [33件] から平, が首都, そだちで, だ, だらう, であ, ですから, で暮らし, にし, にて海魚, にとぢ, にはこんな, に住む, に埋め, に故郷, のひと, のま, の初秋, の名, の士, の山, の常, の春, の朝, の民, の産, の石, の秋, の空, の空氣, の者, の馬, はチエスタ孃

▼ 山~ (39, 0.1%)

9 の徒 6 の居場所 4 の連中 32 の一団, の部落

1 [13件] が攫っ, が立っ, が連れ, というの, なるもの, の一隊, の何者, の性質, の生活, の群, の迫害, の長, はどこ

▼ 山~ (39, 0.1%)

4 の址 3 の秋 2 に居, の午後

1 [28件] がある, が豆本百種, であった, で話, とあの, と私, にあり, に住, に入, に蔵, に託し, のあの, の住持たち, の水, の論文, の謀, の雨, はからから, はコハンスキー, へついた, へつれ, も真紀子さん, を守つて, を訪うた, を訪ねた, を訪れた, を訪問, を辞した

▼ 山~ (38, 0.1%)

2 が海, の間

1 [34件] がすぐ, がゆるやか, が作る, が悉く, が東北, が没入, が絶壁, が長く, であるに, とから, と妙見, なり, の一, の一部, の下, の山, の毛脛, の絶崖, の緩, の間々, の高低, の黎明, はいよいよ, は峡流, は海, まで行っ, をたどりたどり歩い, をめぐる, を南, を大廻り, を指し, を洗う, を越え, 遠く長く走り

▼ 山へと~ (37, 0.1%)

2 続いて

1 [35件] まわって, めざして, やつて, 仕事を, 入って, 冬は, 出かけた, 出かけて, 岐れる, 急ぎ行次右衞門道, 放浪し, 歩いて, 歩き廻ったの, 疾走した, 秋草を, 移って, 移つて行つた, 簇つて靡い, 続き二, 続く深く, 練り出したそこで, 老人に, 股にかけて, 薄緑色, 越えて, 辿った, 近づいて, 這って, 遠慮なく延びる, 里の, 長い間, 雲は, 青嵐を, 飛んで, 駈け上ったそうして

▼ 山~ (37, 0.1%)

4 の木 3 である 2 の生える, も出ば

1 [26件] が生え, が部屋, が金花, だそう, ともいい, と枇杷, と称する, の, の名, の字面, の木製, の朽木夜, の槌, の言葉, の話, は元来ツバキ, は痛み, も一時, も出端, を担い, を根元, を神, を神木, 売りも, 多く茂れる, 多しと

▼ 山みち~ (36, 0.1%)

3 を下っ 2 で, ですから, を, をこえ

1 [25件] です, なん, にある, にからっぽ, にさしかかっ, には月, に寄った, に立った, のうねった, のやう, の側面, の絆, の電信棒, の風景, はおのずから, は黒い, をあえぎあえぎ登っ, をあるい, をしみじみ, をよぢ登つて, を傳, を幾, を歩い, を歩き出した, を通る

▼ 山拾得~ (36, 0.1%)

3 の話 2 が文殊, に落ちる, のよう, は生き

1 [25件] が揃つて飯田橋, が歩い, が私たち, であったが, ですか, で満足, とおんなじ, に遇つた, のごとき, のやう, の出来損, の出来損い, の出来損いが, の如く, の幅, の怪しげ, の悠々閑々, の顔, の類, はその, は月, は薄暮, を女性, を描いた, を見れ

▼ 山籠り~ (35, 0.1%)

4 の風, をする 3 をし 2 をした, 苦は

1 [20件] から急, が行われ, のある, のお, のなごり, の一家, の事, の新しい, の物忌み, の生活, の習慣, の験者, は一種, は処女, も同じ, をさせ, をさせよう, をさせる, を懸け, を致し

▼ 山~ (34, 0.1%)

2 が存在, の名, を崇めた

1 [28件] がますます, が小さく, として取り扱われ, に磅, に黒く, の凹凸, の半分, の各所, の大, の存在, の完備, の或, の東半部, の欠片, の烈しい, の登り, はおのずと, は横, は渋面, は肩, は胸, を厳飾, を望む, を破壊, を神, を解放, を銷磨, を陶器

▼ 山~ (34, 0.1%)

2 差して

1 [32件] がホロホロ, である, でさ, でも寝, といえ, と名付け, と名付けられた, と申します, などへおい, なら知って, なるもの, に痩せた, に相違, に行った, の内, の在り, の奥, の寂し, の晩餐, の百畳敷, の門, へおい, へギッシリ, へ接近, へ疑惑, へ行く, へ踏み込む, まで出かけ, まで来た, まで行っ, もよろしく, を出る

▼ 山へは~ (33, 0.1%)

1 [33件] あした案内する, いるに, いる頃, さしかからず平地, すぐ下れた, だれも, 一人で, 何時いらし, 出かけなかつたもの, 厳秘に, 去年の, 寝るなと, 時々いっ, 来られないし, 来ること, 歸るまい, 沈まないよ, 登ったこと, 登らないが, 紅葉の, 自分が, 行かない, 行かなくなって, 行かんの, 行きません, 行けないこと, 行けるとも, 行ったこと, 近づこうとは, 近所の, 這入らせまいと, 通じては, 里の

▼ 山一つ~ (33, 0.1%)

4 越えて, 越せば

1 [25件] さえその, で古来風俗, で感情, とそち達, なし, へだて, もえ, も見えなかった, を人, を越す, を距, 向ふ, 攻めとるのに, 登れば, 見えない空間, 超えた会津, 越えた向う, 越したあちら, 越した先, 越して, 越すと, 運んだの, 隔てただけ, 隔てた妻籠, 隔てて

▼ 山~ (33, 0.1%)

3 のある 2 の前, の様子

1 [26件] からオオ, がある, では不, にとらわれ, には姉上, に封じこまれ, に生き, に終身, の中, の口, の地域, の安否, の柵, の穴, の近く, は一面, へきた, へも訪れる, へ入れ, へ封じこめ, へ捕まっ, へ送っ, へ送りこまれ, まで達し, もだいぶ, を解放

▼ 山~ (32, 0.1%)

4 の歌 2 が谷, の花

1 [24件] がコスモポリタン植物, が咲い, が咲き, が散り, が新, が茶褐色, である, と柑子, の區域盡, の咲, の多い, の大きい, の大木, の巨木也, の美, の老木, の見るべき, の谷, は小金井, は見事也, も咲き, も既に, を移植, を見むか

▼ 山~ (32, 0.1%)

1 [32件] が海, が潮, が這, が髪, さびしいな, で岫, とかいふ温泉特有, につ, にぼやけ, に包まれ, に包まれた, に対しても甚だしく, に懐中電気, に月, に酔う, のなか, のふかく, のよう, の冷, の波, の紗, はもうだんだん, はようやく, は次第に, は深い, は雨, ふかく風車, や波, や黄土, をうつし, 全く霽, 深うし

▼ 山らしい~ (31, 0.1%)

4 山は 2 ものの, ものは, 山の, 山を

1 [19件] のも, ものを, 厚味が, 坂に, 坂にもか, 山であった, 山という, 山に, 山へは, 形の, 形貌を, 感じが, 感じを, 方角に, 林の, 気などは, 涼しさ, 記憶を, 風情も

▼ 山~ (31, 0.1%)

2 の下

1 [29件] からは石, から僅か, から谷, が見おろせました, とがチョウ, にからみつき, にくらべられる, にこだま, にすがりつい, には夏, には巨大, にまで押しよせ, に押しこめられた, のどんな, のはし, の中, の傾斜層, の成層岩, の難場, の霜葉, の骨, はほとんど, は海, を打ち, を望み, を浸蝕, を碑, を見, を見上げた

▼ 山~ (31, 0.1%)

3 の間 2 の気, を一目

1 [24件] が多い, が安曇川流域, が左右, が深く, が聳え, が雨, が高く高く, といふ感じ, と山法師, にうけた, には多量, に吹かせ, に嘯い, に囲まれ, に微か, に添つて旅行, のただならぬ, の中腹, の奥深く美しい, は軽石, をさま, を分け, を指し, 寒い荒凉

▼ 山~ (30, 0.1%)

4 は一 2 の亡霊

1 [24件] がおなじ, が刀, が教, が津山, が阿国, である訣, との問答, の下部, の五匁, の亡魂, の先登, の引き出した, の芸, の親方, の親父, の霊, の鞘當, は幸若, は昔, は蒲生家, は蒲生氏郷, ほどの良い, や政宗, を褒めそやし

▼ 山~ (29, 0.1%)

10 ひに 7 ひの

1 [12件] あんなに積, ぢさゐ, つて山尽きず, てっぺら, ひを, ひ蹙, をあ, をくわれ, 好きで, 景気が, 近いし, 開墾し

▼ 山~ (29, 0.1%)

3

1 [26件] から, か私, たどる, に, にあった, にながれ, に消え, に薄, のあちこち, のこの, の上流, の小, の村, の橋, の空, の迫りきはまれる, の道, の道路, の間, の險, をいまだかつて, を下る, を出た, を出たい, を登つて來, を自動車

▼ 山~ (29, 0.1%)

2 の終り

1 [27件] から帰れ, だった, ではあり, にいい, にご, に眼, のもうけもの, の思い出, の情, の朧げ, の計画, はおかしい, はただ, はまるで, は出来ない, は槍ヶ岳, は甲武信岳, ばかりし, へと進ん, への不吉, をし, をする, を事, を明治二十八年, を終り, を続け, を続けた

▼ 山~ (29, 0.1%)

4 ある 2 あっても, あるし

1 [21件] あって, あつまった, あるも, あるん, ある上, ある然し, い, した, で今頃病気, 刈って, 勝つたボタン, 嘗めたと, 売りに, 待って, 持って, 数日長, 盆に, 盛つて來た, 積んだ駄馬, 積んで, 積んであろうところ

▼ 山~ (29, 0.1%)

2 というの

1 [27件] が始まる, が聞える, という, ということ, という歌, とやらも一度, なるもの, の文句, の来る, の歌, はまだ, はわたし, をうたい, をうたいまし, をうたい返した, をここ, をまた, を唄い, を唄いなすった, を唄った, を待ち兼ね, を昔ながら, を死ぬ, を聞い, を聞いた, を聞かせ, を聞こう

▼ 山~ (29, 0.1%)

2 の大藪, は神代

1 [25件] がまっ, が出ます, が吸付き, が血, が足袋, だ俺, などが落ち, にくいつかれ, にでも執着, になっ, になつて, に吸い付かれた, に吸われた, に往来, に悩まされ, に悩まされた, に足, の不意, の多い, ひいやりと, やヤブ蚊, や蚋なぞ, よりも怖, を恐れながら, を袖

▼ 山椿~ (28, 0.1%)

3 の枝, の花, の花片

1 [19件] が, があったら, と呼ん, の一輪紅色, の下, の大樹, の木蔭, の炎, の精, の花びら, の若木, の葉, の蕾, の血, の赤い, は父親, らしい枝ぶり, 咲く八峰, 撰び折り来て

▼ 山~ (28, 0.1%)

3 にし 2 にした, にする

1 [21件] だった, にしたら, にしない, にしなけれ, にすこし, に放り出した, に盛られ, に盛り上げた, に積んだ, に致し, のお菓子, のゴチソー, の事, の沢庵, の白い, の砂糖, の飯, をなし, を平らげ, を病人, 入れて

▼ 山おろし~ (27, 0.1%)

7 の風 2 にあかく

1 [18件] が吹, が吹い, が庭先, が松, が烈しく, それも, に堪へぬ, に木の葉, に松釵雨, に比べれ, のこと, のみ渦巻, の吹き交ぜ, の吹く, の唸る, の音, の風さ真黒, 関路の

▼ 山全体~ (27, 0.1%)

3 が花原

1 [24件] から吹き湧き, があの, がある, がさながら, がそれ, がほのか, が動いた, が唸り出した, が大きな, が揺れる, が本殿, が真っ黒, が磁石, が神体, には闊葉樹, に段々, に流れる, の刀自, の濶葉樹, の色調, は眼, も底, をとりまい, を預

▼ 山~ (27, 0.1%)

3 を廻る 2 のほう

1 [22件] からこの, から生えた, が際だつ, さえ雨, でヘッド, で不意, に, に小屋場, に影, に影嚮石, に立った, のお, のカーブ, の一端, の北方方面軍司令部, の大岸, の小径, の温泉, の畑, の端, を見る, 曲がり山

▼ 山なす~ (26, 0.1%)

2 ここだく, 怒濤, 雪の

1 [20件] 久年の, 人々の, 借金所詮, 出迎えの, 商品を, 宝, 悪句は, 歌反古の, 残本を, 毀誉褒貶も, 波に, 波浪と, 浪を, 激浪を, 荷物を, 財物, 資料の, 遺文を, 重荷を, 陳述記録から

▼ 山への~ (26, 0.1%)

3 ぼつて 2 ぼつた, 出入以外には

1 [19件] ぼつても, 一筋の, 奇襲攻撃に, 幼い憧れであり, 思慕であった, 恐怖では, 情熱は, 想片, 憧れが, 旅は, 登り口に, 私の, 第一線地区と, 自信等多くの, 荷物が, 距離とから, 遠い山道, 遠乗りの, 食糧の

▼ 山~ (26, 0.1%)

2 がかつ, が鼻眼鏡, です, はあわて, はピカピカ, は仕方, は強い, は灰, よくこれ 1 がいつ, だ, はよろよろ, はよろよろつと, を思い出し, を思ひ出し, を追, を追い

▼ 山~ (26, 0.1%)

2 が谷, をすりつけ

1 [22件] がだんだん, がぽっちり, が一杯, が一杯群, が地面, が柱, が逃, が這, が這ってる, が駆けだし, が驚い, といふ奴, などを殺し, のゆきき, の巣, の死骸, の附, の附着, や羽蟻, を全身, を払い, を驚かせ

▼ 山独活~ (25, 0.1%)

2 の漬もの

1 [23件] が出, だ, とウト蕗, と根, なな, にそつ, のぬた, の二三本, の匂い, の根, の漬, の花明らけしおの, の芽, の高い, は独活, もつと, をそ, をつけ, をみやげ, を四五本, を掘り, を摘み, を鉢

▼ 山~ (25, 0.1%)

2 が段

1 [23件] があつ, で死ん, で男, にかけ, にかけがえ, に働い, に出る, に添つた路, に烟, に豆, のあたり, のあちらこちら, の傍, の小家, の機, の附近, の陸稲, の雪, は掌, へ逃げのぼった, をもそう, を五つ, を越し

▼ 山~ (25, 0.1%)

1 [25件] あるいは馬, がつつましく, が必要, が茶, たる炭焼, ではなく, として区別, なる炭焼, にせよ, にとってもまた, には口相応, にもあてはまるべき, の, のおと, の垣, の垣根, の慰藉, の炭焼, の為, の無, の生活, の負, の身, の類, まで

▼ 山とも~ (24, 0.1%)

2 いう, お別れ, わかずただ

1 [18件] いうね, いふべく月, きめて, つもる思ひの, なつた, よばれ同家累代, 付かない不安, 口には, 名づけられた, 待乳山とも, 申合せ跡を, 知らず海, 知れずただ, 見えて, 見えんか, 見え山に, 見当の, 鋸の

▼ 山狩り~ (24, 0.1%)

3 をし 2 までし

1 [19件] が何より, が絶対, などに行った, にさそった, に出る, に致しましょう, に行こう, に行っ, のよう, の味方同志, の御供, の汗, はますます, をさせなかった, をしない, をはじめた, を始め, を始める, を生業

▼ 山なら~ (23, 0.1%)

1 [23件] たいへんである, どんなところ, なかなかいい, ねど, ばこの, ば其心配, ば其目的, ば土地, ば少く, ば山, ば嶺, ば形, ば木, ば馬, んでゐる, んと, 何処までも, 好きだ, 山で, 御岳から, 草木の, 遭難という, 頂上に

▼ 山へでも~ (23, 0.1%)

3 行は 2 入って, 行つて来たら

1 [16件] おのぼり, 上げて, 登ったり, 登って, 登ると, 籠って, 行きましょうよ, 行ったと, 行って, 行つて写したら, 護送し, 逃げたいと, 這入って, 連れて, 遊びに, 飛んで

▼ 山をも~ (23, 0.1%)

2 川をも, 移す

1 [19件] 三輪山と, 原野をも, 含むなり, 奪おうと, 巧みに, 愛すること, 抜くに, 揺がす武者, 撼かすばかりに, 棄て, 海と, 空しく失, 籠めて, 見なむ, 越ゆべし, 軽蔑しなかった, 野をも, 開き得たので, 顧る

▼ 山仕事~ (23, 0.1%)

3 に行っ 2 の方, をし

1 [16件] から帰った, が当っ, が忙しい, して, ですよ, で疲れてん, と末, に出かけた, に出る, の出来る, の目安, も出来ねえ, も散々, をした, をやっ, を目論もう

▼ 山伝い~ (23, 0.1%)

2 に余, に行く

1 [19件] で平坦, に, にカーキ色, にメキシコ, に何処, に信州, に北方, に妻女山, に忍び込ん, に志賀山街道, に急い, に湖東村, に画房, に箱根, に遠のい, に闇, の小道, の路, の近道

▼ 山案内~ (23, 0.1%)

3 をし

1 [20件] がゲット・セット・ドン, が威風, として大膳吉兵衞左京, なんての, にでもなろう, に背負わせ, に遣し, のデコボコ頭, の小, の桜井一雄, の申します, の種切れ, の者, の身知らず, は委しい, は必死, は明日, をさがし, を志願, を買ッ

▼ 山~ (23, 0.1%)

2 のある, を呼吸

1 [19件] があつ, がある, が何處, が肌, で人, といふやう, とはや, と嵐氣, なし眞面目, に混つて鼻, に漉し, に邪魔, の多い, の身, は一層, は山氣日夕佳, は翠, は部屋, を吸

▼ 山絵図~ (23, 0.1%)

2 をひろげ, をふところ

1 [19件] であった, である, とがどう, によれ, に従ってなるべく, のごとき, はある, やら兵書, を, をひらい, を一見, を写し, を出し, を前, を席順, を按じ, を示した, を繰ひろげ, を辿っ

▼ 山そのもの~ (22, 0.1%)

1 [22件] があたかも, がその, が先ず, が動い, が動き出し, が思いがけぬ, が火, が焼ける, が神社, が腕, が色絵錦, としては何ら, に宿る, に対する愛着, の富士山, の崖ぷちにそって, の林石, の美し, も高い, を岳神, を祀った, を神

▼ 山とが~ (22, 0.1%)

2 あるの, 横様に

1 [18件] あるばかり, あるよう, すれすれに, シエッペラアクの, 仲よく見える, 其名称に, 列べられて, 少し離れた, 最もよく望まれる, 激しく咬み, 相迫り, 程よく調和, 見える, 見出されたの, 迫つて來て, 重なり合って, 重り合つて, 陸続きに

▼ 山三五郎~ (22, 0.1%)

2 はこの, は首

1 [18件] がきめ, が席, が武具, とその, に渡す, の問答, の船, は先づそ, は平次, は待つ, は橋番所, は矢, は簡單, は自分, は舌, は説明, を撫め, を迎

▼ 山役人~ (22, 0.1%)

2 だア, の前

1 [18件] からその, が三人, が声, が山, が山窩出現, とは全然, と結托, に聞えたら, のあの, の方, の溜り, の眼, の食料, はあれ, は大事, もあり, も疑うまい, や岡ッ引

▼ 山~ (22, 0.1%)

2 のあらし, の遠

1 [18件] が景, が間, であつ, のあ, の声, の夕日, の姿, の根, の根方, の梢, の葉, の音, の風さ, ばかりだった, やみ, や全く, や白百合, を見上げた

▼ 山遊び~ (22, 0.1%)

1 [22件] かね, か行っ, が好, しか, したとき, なん, なんて僕, におい, に出かけた, に出掛け, に出掛けた, に行く, に行った, の人々, の弁当, の時分, はつまり, も始め, や運動, らしい軽袗, をかねた, をした

▼ 山での~ (21, 0.1%)

2 死は, 食物なら

1 [17件] ムク犬擁護の, 不幸な, 仕事着として, 休息が, 安宅先生の, 彼女達を, 最も大きな, 最後の, 最高点, 死を, 災禍という, 焚火は, 茸狩りの, 言葉を, 話, 逍遙は, 遭難原因は

▼ 山へも~ (21, 0.1%)

2 木を, 登って

1 [17件] いつか上る, 入ること, 大粒の, 木魂し, 流行の, 海へも, 燃え拡がって, 畑へも, 登れまい, 登れるし, 登ろう川, 行かざる身, 行かれず海, 送らず手元, 逃げず里, 通じるし, 里へも

▼ 山~ (21, 0.1%)

2 たこと, たりし

1 [17件] た, たい時, たりはしなかつた, た雀, てからつ, てなほ, てばかりゐ, てゐる, て見え, との中, ながら午後, なければ, ばかしやつ, ること, るな, るの, る興味

▼ 山淵右近~ (21, 0.1%)

1 [21件] がお, がそち, が下役, が奉行, ではない, どの奉行, に云いふくめられた, に代っ, のほう, の日常, の気もち, の逆, はお, はその, はその間, は左官棟梁, は雑兵, へそれ, もきっと, をいっそう, をだ

▼ 山からは~ (20, 0.0%)

1 [20件] いつもの, いつも荒鳥, ごー, その白, なにを, やがて尊い, ミソギ峠の, 一日に, 僧都の, 全く離れ, 出られない, 取り付きの, 始終パルチザン, 富士が, 少し遠く, 最初の, 白い何, 蜩, 金石一つ出ぬ, 釘が

▼ 山この~ (20, 0.0%)

2 ゆふ, 海温泉だの

1 [16件] 三つであります, 上に, 四角いの, 山, 山と, 山に, 山の, 後雨露を, 旗標も, 海に, 紆曲した, 胸の, 語の, 谷の, 谷を, 道思ひ

▼ 山その~ (20, 0.0%)

2 名を, 空の

1 [16件] これる, 下に, 山の, 山は, 岩その, 川その, 方面の, 物が, 物として, 物の, 白雪を, 谷それそれに, 過半数は, 金竜山の, 頂からは, 高きこと

▼ 山だの~ (20, 0.0%)

2 丘だの, 名前から, 川だの

1 [14件] かんなだの, ウネビ山だ, 丘などを, 九鬼だ, 大湊の, 松代の, 染井の, 森へ, 河だの, 渓流だ, 湖だ, 畠だ, 谷だ, 革表紙で

▼ 山にて~ (20, 0.0%)

2 掘得たりと

1 [18件] ふしぎな, ハくわ, ムーサのと, 一人突留昨日小堤にて, 我慰候に, 板に, 樹を, 殺したり, 沼澤を, 溪の, 熊を, 神話の, 秘法を, 紫紺の, 護謨の, 越後を, 路を, 跳るべからず

▼ 山ねこ~ (20, 0.0%)

2 がすこし, が叫びました, の陣羽織, の馬車別当, はふところ, はもう, は大きく 1 はお, はおおよう, はぴょこっとおじぎをしました, はぴよこつとおじぎをしました, をさがし, をとっ

▼ 山入り~ (20, 0.0%)

2 をした, をする

1 [16件] された三年前, した古俗, するから, できぬ日, では, のよう, の日, の時, の様, の生活, の辺鄙, は作法, は止め, も七兵衛, をし, を放擲

▼ 山~ (20, 0.0%)

4 の店 3 の若い衆 2 の喜平, の材木店 1 という材木屋, のいたずら小僧, の主人, の仕事場, の喜平どん, の小僧, の町内, の組, へ行っ

▼ 山寄り~ (20, 0.0%)

2 の土地, の道

1 [16件] にし, に一軒, に住ん, に見える, の, の一めん, の地, の地勢, の地方, の密林, の小高い, の村, の梅林, の水害, の町, の間道

▼ 山~ (20, 0.0%)

4 のうえ 2 の上, の平地

1 [12件] が少し, で編みます, で編んだ, の多い, の平, の広やか, の築山, の高い, の黄いろく, へ腰, を材料, を背

▼ 山~ (20, 0.0%)

1 [20件] とかいうもの, にうつせ, にかくれ, にさししねむけ, にのせ, にのる, に召されぬ, に抛り込まれ, に若い, のなか, の側, の駕かき, は彼, へ乗せられ, も邪魔, を下ろし, を心配, を括した, を用意, を雇う

▼ 山なる~ (19, 0.0%)

1 [19件] か, がわれ, に, は森厳, ものは, を弁ずる, 名称を, 哉山なる, 哉山は, 天一坊が, 旅館へ, 水や, 瀧の, 点において, 白塔の, 石滝の, 遠雷の, 長兄の, 雅号を以て

▼ 山稼ぎ~ (19, 0.0%)

2 の人, の女

1 [15件] が必要, に入り込み, に出かける, に疲労, の中, の二人, の私娼団, の若い, の貝, の賊, の馬子, はいたし, も面白く, をし, をすべき

▼ 山~ (18, 0.0%)

8 なみの 2 なみが, 祇 1 なみだの, なみでも, なみとかで, なみなどで, なみに, なみは

▼ 山とか~ (18, 0.0%)

2 伯山とか, 月とか

1 [14件] ちと看病疲, では, ドライヴ, 云う盲人, 何川とか, 岳とかいう, 岳とかに, 或はまた伯龍, 或は又, 明夷の, 海とかに, 田とかを, 話の, 龍門とか

▼ 山~ (18, 0.0%)

1 [18件] から預った, が儒者, に手討, の代参, の側, の妾, の手, の手許, の最後, の法要, の許し, の足元, はこの, はその, もさすが, も斯, を促し立て, 常酔習家池

▼ 山大将~ (18, 0.0%)

2

1 [16件] がいらっしゃる, がこの, が大, のひきいる, の副官, の友だち, の御, の聯合艦隊, は不幸敵弾, は井上参謀長, は吉田松陰, は戦死, もなくなられた, も少佐, をよく, を殺した

▼ 山宿~ (18, 0.0%)

3 で一年, で死にました 2 のこと, を逃げる 1 だった, であった絶項, といったところ, に一泊, に宿, に立てこも, に立てこもっ, や軒端

▼ 山小舎~ (18, 0.0%)

2 へ帰っ

1 [16件] がある, が建設, が爆発, で落ち合い, にちょっと, にもちらちら, に監禁, のあたり, のよう, の中, の主人, の深い, は世界じゅう, へでもほうりこん, へ下り, へ都合十一人

▼ 山~ (18, 0.0%)

2 の心, の生活

1 [14件] から聞い, であったが, でも出, といい, などの間, のため, のみ騎馬, の信仰, の土着, の眼, の運材法, の部落, は多く, 貯えて

▼ 山~ (18, 0.0%)

5 を穿き 2 をはい, を穿い 1 あり余る髪, と稱, など一抱え, に蔓巻, をつけ, をつけた, をはいた, をはき, を穿いた

▼ 山~ (17, 0.0%)

2 のうち

1 [15件] が廻廊, が殺到, が燕順, が獲た, だったの, だ山賊, ではない, でも烏合, とその, に何で, のあらまし, の埋伏, の死骸, はつ, もきょう

▼ 山~ (17, 0.0%)

5 の花 2 の実 1 で染めた, のボタン, の枝, の花一輪, の蔭, の黄, よりは色, を止め, を毎日, 似たところ

▼ 山~ (17, 0.0%)

6 をし 2 の人 1 せられしは, でなくば, と思へ, の住家, の信者, の僧, の暮し, をした, を据え

▼ 山~ (17, 0.0%)

5 の花

1 [12件] がはびこっ, が紫, が這い伸び, のにおい, の懸れる, の盛り, の葉, の蔓, の香い, の香り, もそここ, を見つけ

▼ 山血河~ (17, 0.0%)

2 をへだて

1 [15件] と化した, の勝どき, の大, の天地, の惨状, の激戦, の間, をつくっ, を作った, を大刀, を渉, を現出, を築く, を見, を越え

▼ 山からの~ (16, 0.0%)

1 [16件] おたより, どん, 下りは, 娘も, 彼の, 手紙ありがとう, 手紙です, 手紙にも, 援軍も, 歸り, 水は, 眺めは, 荷出しには, 薪運びに, 見はらしは, 酒造用水を

▼ 山~ (16, 0.0%)

1 [16件] その上, ばかり来, へ, へまるで, へゆく, へ光り咲く, へ眞向, も寝た, ゐるん, 来て, 来る奴, 突っぱしるだから怪体, 行く, 行ったこと, 行っても, 連れて

▼ 山つつじ~ (16, 0.0%)

4 の花

1 [12件] がうつくしい, がたくさん, が咲き乱れ, が点々, が真っ, でも菫, の灰色, の色, の薄紫, も一瞬, や山桜, を採

▼ 山として~ (16, 0.0%)

1 [16件] ある, すなわち, はさほど, 了った, 勝景に, 教えたの, 曾て, 榛名は, 残すの, 理想的だ, 立てられる, 縄を, 聞えたる大原, 記載された, 通って, 高い方

▼ 山とに~ (16, 0.0%)

4 囲まれて

1 [12件] せばめられた不破, ちょいとでも, とりかこまれた対岸, 会したこと, 因む二十点, 因んだ二十点, 囲まれた要害, 狭められたり, 狭められた地形, 狹められた, 登った, 紅葉が

▼ 山のぼり~ (16, 0.0%)

1 [16件] か海邊, だった, などした, などをし, についてはいささか, のげんき, のこと, のため, のよう, の仕度, の道中, やハイキング, や木のぼり, をする, をはじめた, 水泳魚つりスケッチを

▼ 山ほどの~ (16, 0.0%)

1 [16件] パルプを, 中で, 仕事が, 品物が, 基本財産を, 山で, 恨みも, 早生蜜柑とかを, 米山ほどの, 荷を, 話を, 負債は, 財産が, 財産を, 馳走を, 高さ

▼ 山~ (16, 0.0%)

2 頗る峭抜

1 [14件] が一曲, が並び立った, が甚, が稍, に似たる, の奇抜此, の雄偉, は屹然, は見れぬ, やや高く, を察し得られた, を知る, 大いなる波濤, 頗る緊張

▼ 山向う~ (16, 0.0%)

3 の村

1 [13件] にもう, に在る, に見え, の安, の岸, の峰, の柳村, の炭坑, の竜巻村, の裾, の隣県, は樊城, へ越えれ

▼ 山好き~ (16, 0.0%)

2 の友人

1 [14件] がある, でもあきあきします, で降りたり, と見え, な山, な懐かしい, な自分, になる, に逢いまし, の小鳥たち, の彼, の旅びと, の男, は日本人

▼ 山~ (16, 0.0%)

1 [16件] か盜賊, が, がわたくし, でも田, ともつかぬ, のいう, の如き, の工夫, の水墨山水, の申した, は, はこう, はそう, もあっ, や炭焼, や猟師

▼ 山深き~ (16, 0.0%)

1 [16件] いで, ここらにのみ, ところに, ヴェストファーレンの, 処年古る, 地へ, 夜の, 奥へ, 小鳥の, 岐岨には, 径に, 心地ぞ, 所で, 暁の, 谷間をも, 賊寨にて

▼ 山続き~ (16, 0.0%)

2 に離森

1 [14件] から陰影, でその, ではない, で右, で奥, にて遠から, に何百町歩, の留り, の肥後五箇荘, の陸地, 左は, 白雲という, 袈裟丸山の, 陰影の

▼ 山あたり~ (15, 0.0%)

2 の深い深い

1 [13件] からでも飛ん, から一体, で暁, で溶ける, にはそれ, のあり, の熊, の連脈, はかすん, まで一眸, や, を散歩, を越え

▼ 山かと~ (15, 0.0%)

2 見た樹立

1 [13件] 存ぜしに, 思えば, 思ってたらそんな, 思はれるやう, 思はれる大きな, 思ひ, 思ひしに, 怪しまれた西方, 怪ませる, 疑ひぬ, 見れば, 訊ねたこと, 高き兵船

▼ 山こえ~ (15, 0.0%)

2 て, 夢こえ

1 [11件] てゆかう, て夏, て女, て行かう, て谷, て踊大皷, て里行つた, て雷鳴, ようやく一つ, 牧場こえ, 谷こえ

▼ 山だろう~ (15, 0.0%)

2

1 [13件] かその, か乞御示教, が河, が避け, が驚ろか, という, ということ, という仮説, と傍, と叫んだ, と思っ, と想像, と考える

▼ 山とを~ (15, 0.0%)

1 [15件] かわるがわる熱心, 固守した, 多年憧憬し, 往来し, 心得た甲野さん, 描いて, 照らして, 積み重ねたもの, 維ぐ糸の, 見た時, 見廻した, 讃えるよう, 除くほか, 離して, 題と

▼ 山に対する~ (15, 0.0%)

1 [15件] ときつい, イニシエーションは, 人の, 信州の, 切々な, 奥の院の, 好奇心を, 弾劾文, 心に, 忌日の, 恋々な, 態度は, 登山者の, 興味を, 認識は

▼ 山もり~ (15, 0.0%)

3 にし 2 にした, になっ 1 が居る, それに, になった, に大根おろし, に炭, に置い, に西瓜, に飯

▼ 山ん中~ (15, 0.0%)

1 [15件] から出, がいい, が面白, つちうたつて, に, にいよう, にもみんな, に引込んでる, に隠れ, のこと, のちっぽけ, の温泉, の猿, の自由, の金

▼ 山ヂサ~ (15, 0.0%)

1 [15件] がエゴノキ科, ではない, とは果して, とは花色, と呼ぶ, にチサノキ, に対する知識, はチサノキ, は売子木, は樹, は決して, をあるいは, をし, を上, 新考

▼ 山ン中~ (15, 0.0%)

2 にひっこんでる, の爺婆

1 [11件] だと, でフライ, で日本人, で見直す, で赤い, の尼寺, の獣, へ入, へ入っ, へ連れ出し, まで連れ出し

▼ 山~ (15, 0.0%)

2 い坂, しからず, しく感ぜら 1 けれども, この雪中, しい山, です, で不意, に拠っ, の雪, は滝津瀬, ももの

▼ 山~ (15, 0.0%)

1 [15件] あるいは越後, からなだれ, からわけ, が変化, と, と相対, に属する, に過ぎない, の上, の二日路, の像, の總稱, の遠く綿亘, を取り, を成す

▼ 山背大兄王~ (15, 0.0%)

1 [15件] が仁柔, が殺された, と由義王, に讓, の勢力, の対, は一族, は太子, は胆駒, は自ら, は蘇我入鹿, やその, を斑鳩宮, を斥け奉り, 及び十五王子

▼ 山~ (15, 0.0%)

3 の別 2 の大 1 にいほる, にかく, にも啼く, に御, のオホタカ, の翁つぶ, の赤人, は吾枕, もあさし, をとぶ

▼ 山であり~ (14, 0.0%)

1 [14件] ながらさて, ながら今日, ながら全く, ながら地図, ながら蒙, またシナイ, 全山三十八万町歩, 函館は, 峠であり, 徐々に飛翔, 比喩の, 海の, 話題は, 野であり

▼ 山など~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありませんよ, あわせて, そうざら, であります, みんなで, よし, 富士山を, 峰々の, 殆ん, 綴直し呉れ, 見たこと, 言ふ, 運動場から, 駈け歩いたもの

▼ 山などは~ (14, 0.0%)

1 [14件] まだございます, まだ浅い, 一も, 二十万分一で, 今更日本アルプス, 傾斜が, 其の著しき, 典型的に, 小民, 左下に, 形式が, 春に, 此神事に, 記憶も

▼ 山~ (14, 0.0%)

5 體が 3 體を 2 帯が 1 塞に, 山の, 軍すべての, 體の

▼ 山~ (14, 0.0%)

1 [14件] の僧兵, の僧兵千余人, の嘆願書, の守り, の張本, の悪僧, の本陣, の潜勢力, の道場坊宥覚, は本意, も当然, も稲, をよびあつめ, を買収

▼ 山~ (14, 0.0%)

3 夫の 2 夫山に 1 夫たちである, 夫たち防ぎ, 夫どもが, 夫どもは, 夫どもや, 夫どもッ, 夫も, 夫四五人, 夫竹童の

▼ 山清水~ (14, 0.0%)

1 [14件] がしとしとと, が引かれ, が潺, に, のにじみ出し, のほとり, の小流, の流れ, の滴る, の辰巳, は常に, へ誰, を指定, 汲みに

▼ 山~ (14, 0.0%)

2 の塩漬

1 [12件] が一時, が手向けられ, が繁茂, が美しく, の料理法, の止まず, の香, はすなわち, や植物, をあの, をつける, を刈る

▼ 山などに~ (13, 0.0%)

2 旅行した, 踏み込んだが 1 ついた物, やらずに, 住んで, 初日の出を, 散開し, 無数の, 独で, 登って, 登るばかり

▼ 山房論文~ (13, 0.0%)

2 にて曲

1 [11件] とまことに, に活差別相, に烏有先生, に答, の理想, の縁起, の逍遙子, の附録, は寓意語, を作る, を著す

▼ 山支度~ (13, 0.0%)

4 をし 2 して 1 と狩装束, に厳しく, の娘, の軽い, はすっかり, はほぼ, を揃え

▼ 山教授~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいった, がベル, が法医学, と一郎, と矢走千鳥, に矢走千鳥, の腰, はこの, は俄, は残る, は頭, を煩わし, を騙し

▼ 山~ (13, 0.0%)

2 の葉

1 [11件] が花, のよう, の匂い, の叢, の垣, の木, の花束, の花環, は少し, も榛, を観賞

▼ 山~ (13, 0.0%)

1 [13件] であるか, との連絡, の一頭領, の仲間, の捕獲, の軍師呉学究, の運命, の頭目連中, は沸いた, へ引きあげろ, へ落ち, へ迎える, へ送りこまれ

▼ 山~ (13, 0.0%)

2 の珍味

1 [11件] あり, である, として明る, にし, に変え, に富ん, の名称, の山湖, の水面, の趣, らしき趣

▼ 山牛蒡~ (13, 0.0%)

3 の葉 2 や山法師 1 が生える, の, のよう, の枯れた, の濶葉, の煮た, の花, を提げ

▼ 山~ (13, 0.0%)

2 となる

1 [11件] というもの, という人物, として記述, とは同種, の勢い, の山, の挙動, はもと, を呼ん, を山ワロウ, を忌み

▼ 山茱萸~ (13, 0.0%)

1 [13件] であるが, として, には単に, のそれでは, の夜露, の略された, の略せられた, はあえて, はけっして, は黄色, をサワグミ, を採り, を蔓

▼ 山~ (13, 0.0%)

2 の恒藤権右衛門宅

1 [11件] としるされ, に朽木, に行く, の丘陵地帯, の中腹, の古い古い, の斜面, の方, の角海, の谷, の黄金浜

▼ 山うど~ (12, 0.0%)

3 の香気 1 がある, が眼, のやう, は北海道, は少し, は東京, も清々しい, をとっ, を栽培

▼ 山さん~ (12, 0.0%)

2 は船 1 お気の毒, て家どこ, といった, と来, と瀬加, と言う, のお父さん, は少し, まで碁, 変じて

▼ 山づと~ (12, 0.0%)

1 [12件] であり其, と呼ばれ, と見られる, に折りとっ, の両, は何なに, は初春, は此, は物忌み, をつまらな, を我勝ち, 贈りに

▼ 山であった~ (12, 0.0%)

2 しとにかく 1 か其処, そうです, ということ, とかいっ, に違い, のが, ので意外, のは, ものが, 女が

▼ 山としては~ (12, 0.0%)

1 [12件] この上, すごい恐ろしい山, むしろちっぽけ, 大したこと, 少なくもひとつ, 幸運な, 早く発見, 決して立派, 異彩を, 遅い方, 遅い朝飯, 高山の

▼ 山なし~ (12, 0.0%)

2 体を, 姫は 1 が山, の円い, の実, の脚半, を山立, 亦た, 姫に, 血は

▼ 山などの~ (12, 0.0%)

1 [12件] あいだに, あろうはず, 大山高岳に, 如きもの, 山々が, 幾塁や, 景色に, 自然又は, 見えんと, 見通しで, 賊塞があり, 迫って

▼ 山~ (12, 0.0%)

12

▼ 山ほととぎす~ (12, 0.0%)

42 が, の初音 1 が出, の啼きぬく, 涙ぐましも, 聞くには

▼ 山ほども~ (12, 0.0%)

2 あるの 1 あったこれら, ありまする, ある, あるやう, あるよう, ある玉葱みたい, おみやげの, 出て, 積みもて來, 積みもて来さ

▼ 山~ (12, 0.0%)

2 海よ 1 さようなら, ほのぼのひらめき, ろひ, わたしは, シーハイルシーハイル, 來る, 出来得べくは, 山の, 酒よ, 願はくは

▼ 山~ (12, 0.0%)

2 て, の明り 1 が現に, と舟, のあと, のよう, の済んだ, の跡, の飛ぶ火, をする

▼ 山行き~ (12, 0.0%)

4 はまだ 2 しかば山人 1 かね, の人達, の女, の身支度, は一時中止, 朸とも

▼ 山~ (12, 0.0%)

2 のよう 1 かそれとも, が無事, が舞上, が見つ, だと, の屍骸, は何処, は枝垂れた, を射落した, を打ち

▼ 山じゃ~ (11, 0.0%)

2 ございませんか, ないか 1 くたびれて, ない, ないです, ないですね, ねえが, アなかっ, 死う

▼ 山だけ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あって, だそう, でありまして, では, でアイスピッケル, で斯ん, なの, まだ雲, 白く残る, 白く遺つ, 遥かに青い

▼ 山ふかく~ (11, 0.0%)

1 [11件] きて, して, なり大きい, 人家居し, 入って, 入ること, 棲むいろいろ, 蕗の, 谺する, 越えて, 龍虎山の

▼ 山ツツジ~ (11, 0.0%)

3 の毒 1 だそうですね, だろう, である, で人, という一種, には毒, に毒, は町

▼ 山万福寺~ (11, 0.0%)

2 は隠元, へ植えた 1 と同様, の境内, の開祖隠元禅師, はわづか, は純, ほど均斉, を訪

▼ 山~ (11, 0.0%)

3 の仔 2 に似た 1 が二三疋, が窪地, のやつめ, の飛ぶ, はシチュー, は采女

▼ 山右衛門~ (11, 0.0%)

1 [11件] が若く, の殺された, の留守, はそれほど, は不用心さ, は恐る恐る, は懐ろ, は気, は脇腹, は芝神明前, は金持

▼ 山右衞門~ (11, 0.0%)

1 [11件] が若く, の殺された, の留守, はそれほど, は恐る, は懷ろ, は氣, は無用心さ, は脇腹, は芝神明前, は金持

▼ 山~ (11, 0.0%)

3 ひに 2 ひの 1 が闊, にまひ, に流れ, の寺, の谷間, 深く谷川

▼ 山尋ね~ (11, 0.0%)

5 の咒術 4 がわるい 1 がいけない, 迎へか

▼ 山~ (11, 0.0%)

3 の町 2 の湯宿, の部落 1 といふばかりで, にし, の村落, の水

▼ 山~ (11, 0.0%)

1 [11件] で仙人, には霜柱, に峰, に成る, に蔽, のやう, の一隅, の大, の流, の窄いところ, の荒地

▼ 山~ (11, 0.0%)

2 の小道 1 に七八尾, の中, の小径, の根, の筍, の茂った, やつつじ, をひしゃげた, をひつ

▼ 山~ (11, 0.0%)

1 [11件] からその, がそれ, で御, には別に, に八景, に滯在中, のなか, の入口, の八景沙汰, へ私達, を訪

▼ 山近く~ (11, 0.0%)

1 [11件] である理由, ではただ, なり坂道, にでもなれ, に住む, の村里, 住んで, 林密に, 河原に, 狭ば, 聳えて

▼ 山~ (11, 0.0%)

2 の路 1 という話, という語, の末, の釜, はおおよそ, は地方, は日本, ももと, 又は野婆

▼ 山~ (11, 0.0%)

2 の魚田 1 うぐい, がいる, が沢山, でしょうか, でも捕る, の腹, もいなくなったいまじ, より大きな, を釣つて

▼ 山ある~ (10, 0.0%)

2 のみ, 方に 1 を玄武, を見る, 効果であった, 山国に, 方を, 蛙かな

▼ 山からも~ (10, 0.0%)

1 いろいろたくさん, この城地, 一団の, 味方の, 姿を, 川からも, 思わず揚がっ, 来ない, 砂が, 荷を

▼ 山だし~ (10, 0.0%)

3 の女中 1 だけれど, て御嶽さん, で仁王様, のやう, の女, の小娘, の御

▼ 山であろう~ (10, 0.0%)

21 からこの, がその, がぶっ, この外, と想像, と想像的断定, と無間地獄, と野

▼ 山に対して~ (10, 0.0%)

1 あまり抒情的, ふと思いおこした, 其名を, 古代の, 可なり, 嘲るよう, 山を, 左手にも, 平常並々ならぬ, 微塵の

▼ 山~ (10, 0.0%)

4 らを 2 らの 1 らが, らと, らは, らも

▼ 山みたい~ (10, 0.0%)

1 なもの, な塀, な存在, な強力, な感じ, な所, な風景, にうずたかく, に下, に植えつけ

▼ 山姫山~ (10, 0.0%)

3 の頂上 2 の山小屋 1 のどこ, の嶮, の方, へのぼりだした, までたどりつかね

▼ 山~ (10, 0.0%)

1 が黒, である, と看做し, には夏, の牙, の積翠, の紅葉, は日暮れ, や山稜, 湧くが

▼ 山~ (10, 0.0%)

2 は海 1 にあずけといた, につづく, に海, の山, の方, は林, は田子の浦, は菜の花

▼ 山~ (10, 0.0%)

1 いろいろな, がアーベント・グリューエン, である, と共に專ら豐後, の名, の如き, の美し, の華魁繪, は平野, へ出かける

▼ 山育ち~ (10, 0.0%)

1 だ, だけれど, でなく自分たち, なん, の娘, の彼, の悲し, の自然生, の青年, は争われない

▼ 山~ (10, 0.0%)

1 が連, つく, に導いた, に沿う, に落ち, のよう, も高原, を境, を走る, ヲ界シ

▼ 山自身~ (10, 0.0%)

1 が一番, が呼吸, が発し, が見る, に聞い, のいつ, の凹凸, もまた, も搖ぎ, よりもほか

▼ 山~ (10, 0.0%)

1 に波, に隠れた, の曲り, の松原いつか, の陰, をめぐって少し, をめぐりぬ, を廻る, を曲っ, を曲る

▼ 山~ (10, 0.0%)

3 の声 1 がやたら, が啼く, だの閑古鳥, の旬脱, の聲, もしきりに, も山頭火

▼ 山かが~ (9, 0.0%)

1 しが, しがと, しだから, しと, しは, しへ, しを, しキュー, し一匹

▼ 山~ (9, 0.0%)

2 墨色に 1 その山, なかりける心, ひどこ, ひに, ひの, ひ路, 高野原の

▼ 山ねこさま~ (9, 0.0%)

2 のお, の馬車別当, はいま 1 にえらい, のおぼしめしじゃ, はありがたい

▼ 山までは~ (9, 0.0%)

2 荷車が 1 そう遠く, 僅か一里, 左のみ, 行けやしない, 谷を, 距離が, 運べないから

▼ 山もと~ (9, 0.0%)

2 の里 1 かすむ水無瀬川夕, にし, にたぎつ, より一, より少なから, 恋しくば, 霞む水無瀬川

▼ 山住み~ (9, 0.0%)

1 が生む, で小さな, には大, の丸三年, の娘, の年, の気安, の翁, をする

▼ 山和尚~ (9, 0.0%)

2 というもの 1 で俺, で通した, に書, の名, は富岡鉄斎, は道楽, を弟子

▼ 山~ (9, 0.0%)

2 のいろ 1 がぶつけ, に敷, のよう, の傾斜, の十車, の崩壞, の赭

▼ 山~ (9, 0.0%)

1 から迷いこん, として諸賢, にある, に吉野川, は姥子, は未踏, へも出でず, を踏破, 亦同不

▼ 山多き~ (9, 0.0%)

6 地方に 1 が故に, イトウメーの, 佐伯また

▼ 山太郎~ (9, 0.0%)

1 が, が又, が横合い, だった, であった, といっ, の説明, は極り, は泣かん

▼ 山廻り役~ (9, 0.0%)

1 が置かれた, であったろうと, なども時々, なるもの, によって行われた, に依っ, の一行, の人夫, の見分記

▼ 山~ (9, 0.0%)

8 繁の 1 繁だ

▼ 山祭り~ (9, 0.0%)

1 でみんな, で酒盛り, には巨人, の休み, の日一山, の無礼講, は陰暦十一月初め, まで待っ, をしよう

▼ 山~ (9, 0.0%)

2 の葉 1 が咲きほうけ, ことに自然薯, の煮浸し, の甘煮, の胡麻, は夏, を採

▼ 山~ (9, 0.0%)

2 も野山薬 1 が薯蕷, といい, といった理由, とした, となった, もまた, をヤマノイモ

▼ 山~ (9, 0.0%)

2 の卵 1 とあそぶ, と生薑, と雁, のき, の出, は赤い, までへろへろ

▼ 山街道~ (9, 0.0%)

1 から無難, とが山中, に蘭, に面し, の地勢, の途中, へ次第に, へ走りました, を初瀬川

▼ 山~ (9, 0.0%)

1 から名付けられた, が奇抜, と優美, と鳶色, に著しい, の厳し, の怪異, は紛, を咫尺

▼ 山~ (9, 0.0%)

1 があっ, があった, がいう, の役人ども, の手配り, へつづく, へ届いた, も越え来ぬ, を張り

▼ 山~ (9, 0.0%)

1 に埋れた, に蔽われ, のよう, の幻像, の筋, や常信, を越え, 之, 漸消

▼ 山~ (9, 0.0%)

1 が起っ, が通つた, と戦う, のちぎれ, のなか, のやどり, のよう, を眺めた, を退散

▼ 山高く~ (9, 0.0%)

3 して 1 そびえて, そびえ左方, も登る, 夏は, 聳ゆ, 谷深し

▼ 山かも~ (8, 0.0%)

2 知れぬ 1 さふる, しれません, 知れない, 風吹け, 高き, 高き巻向

▼ 山くずれ~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 があった, の危険, は一二ヶ所, を生じ, 洪水などの, 落葉ふかく

▼ 山だって~ (8, 0.0%)

1 またいつか, 向うに, 地続きに, 川だって, 死んだおじいさん, 海だって, 裾野か, 難かしい

▼ 山にな~ (8, 0.0%)

3 つてゐた 2 つて下暗い 1 つてゐ, つて其からが, つて積重

▼ 山に関する~ (8, 0.0%)

1 ニュースは, 伝説や, 古い地図, 対話も, 態度は, 態度も, 本も, 雑文を

▼ 山のみ~ (8, 0.0%)

2 寒し野 1 づうみに来てぬ, では, 寺の, 常は, 現れ来るも, 道をか

▼ 山ばかりの~ (8, 0.0%)

1 この寂しい, やうな, プロヴィンスを, 世界が, 国が, 庭を, 村である, 貧しい村

▼ 山みな~ (8, 0.0%)

2 白し, 青けれど 1 よからざる, 円し野, 見ゆるなり, 青し並ぶ

▼ 山ゆき~ (8, 0.0%)

5 すがた 1 という, の支度, はお

▼ 山ゆけ~ (8, 0.0%)

2 ばしみみ 1 ばお山, ば山, ば春, ば水, ば照り, ば蕗畑

▼ 山よりの~ (8, 0.0%)

2 落葉松林は 1 ところに, ところ柳や, 方は, 方へ, 町の, 高みでは

▼ 山住い~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 してから, で中, と睨んだ, に慣れない, の物珍, は憂い

▼ 山~ (8, 0.0%)

1 がここ, が柵, ざっと十人, でいつも, の一人, の頭蓋骨, は同時に, は引っ

▼ 山先生~ (8, 0.0%)

3 らしい人 1 がいつの間にか, だと, だよ, にに, の住居

▼ 山友達~ (8, 0.0%)

1 からは今, としては海, とともにいつも, とともに春, の乗った, は松虫草, もともに, を山

▼ 山~ (8, 0.0%)

2 の戦い 1 が容易, で自分, とか言った, の方面, の高地, の麓

▼ 山夜雨~ (8, 0.0%)

5 の時 1 の四字, を話, 漲秋池

▼ 山~ (8, 0.0%)

2 という 1 うつくしい山, には松柏, の差し出でたる, の腹, の麓, もう八時間

▼ 山~ (8, 0.0%)

3 は木 2 が作つて 1 が作っ, に属し, は黒く

▼ 山~ (8, 0.0%)

1 がき, のふところ, の家, の臀, の臍, はこれ, は外, は驚い

▼ 山~ (8, 0.0%)

1 が特許権, といふ選ばれ, と逢つて, などのところ, の人格論, の柱, は, は帝展

▼ 山海嘯~ (8, 0.0%)

1 があつ, が出た, が逆落し, である, にも似た, の如く, の話, の跡

▼ 山~ (8, 0.0%)

1 が望まれ, であります, にかこまれ, のみにて五, の最高峰火打山, の青嵐, は山体, も山姿すべて鮮ら

▼ 山~ (8, 0.0%)

1 に皹, に鏤められた, の處, は白, までがハッキリ, をくつきり, を白く, を縫った

▼ 山~ (8, 0.0%)

2 むこうの 1 がほのか, にかぎる, の一叢, の一枝, の花, 刈る人

▼ 山~ (8, 0.0%)

2 が所々, を読む 1 にも老翁, はその, は其の, は読んだ

▼ 山~ (8, 0.0%)

2 の熊鷹 1 であつ, と云え, のとこ, の眼, の若い, や課長

▼ 山~ (8, 0.0%)

2 で林 1 っての, でいつも, で麻雀, へ, へ堀井, へ行っ

▼ 山~ (8, 0.0%)

4 の渡し 3 の渡 1 の羽

▼ 山~ (8, 0.0%)

2 は常に, も眞澂, を畫 1 へのいひ, を覺

▼ 山~ (8, 0.0%)

1 で駒, にどっしり, には闇, に立たせ, に辿りつく, のみキラキラ, の風, や緑

▼ 山鴿~ (8, 0.0%)

2 の鳴, は 1 が遠近, の声, の物淋し, の鳴く

▼ 山あらし~ (7, 0.0%)

3 の肖像画 1 になつて, のやう, のよう, 土竜の

▼ 山おく~ (7, 0.0%)

1 にある, の安全な, の雲, へかくれる, へまよっ, へやってきただ, やいなか

▼ 山がかり~ (7, 0.0%)

2 の庭 1 になっ, に出来た, の宿の, の巌, の田畑

▼ 山した~ (7, 0.0%)

2 の方, 庵も 1 小野に, 小野の, 小野は

▼ 山じゅう~ (7, 0.0%)

1 が揺れる, が轟ッ, の凱旋祭り, の寨門, の桜, の笹, は楽

▼ 山~ (7, 0.0%)

2 やない 1 あね, うの, やが, やもう, やもの

▼ 山であっ~ (7, 0.0%)

2 てそれ 1 ても唯, て一所, て富士山, て身内, て近く別山

▼ 山でなけれ~ (7, 0.0%)

2 ばなるまい 1 ばこれら, ばならない, ばならなかった, ば得られぬ, ば見られない

▼ 山などを~ (7, 0.0%)

1 いろいろと, 勤めたとき, 愛したで, 應援に, 眺めるやう, 自分の, 遥かに

▼ 山なれ~ (7, 0.0%)

2 ばおそらくは 1 ている, ど狩る, ばこそ, ば歸路, ば被

▼ 山における~ (7, 0.0%)

2 新設備 1 より水, わらびの, サウルの, 兵学大講会の, 蕨の

▼ 山について~ (7, 0.0%)

1 だんだん奥, まるで知識, 北上し, 安珍坂, 槍法の, 種々の, 説明し

▼ 山によ~ (7, 0.0%)

4 つて立つ 1 つてこの, つてはじめから, つて救はれ

▼ 山~ (7, 0.0%)

1 かまの, たで, たも, た谷, とがのど, なから岩石, のぼり始めたずおん

▼ 山ばかりを~ (7, 0.0%)

3 眺めて 1 歩いて, 睨めて, 縫って, 見て

▼ 山~ (7, 0.0%)

1 づと山鳥の, づに, づにさくらいざよふ清滝の, づのおのづからなる音きこえ, づのながるる音の, づの源どころの, ても燻し

▼ 山よりは~ (7, 0.0%)

1 低い而, 何やら奥深く, 急で, 数丈の, 町の, 眼下に, 遥かに

▼ 山~ (7, 0.0%)

2 看ル 1 ウチ出デテ見, 下シ, 家トシ薪ニ枕シ艱難漸, 混同セリ, 踏破シテ宋江ヲ

▼ 山~ (7, 0.0%)

1 という茶屋, といふ怪獣, とは異なるなるべし, と云, のおかみ, のジョウ, の鞋

▼ 山以外~ (7, 0.0%)

2 の天地 1 ではこれ, ではむしろ, の世の中, の地, の浮穴郡

▼ 山以来~ (7, 0.0%)

2 のお 1 のその, の主人, の対陣, の論功行賞, は

▼ 山~ (7, 0.0%)

1 で見た, と呼ん, と言った, なるもの, に出た, に出席, をやる

▼ 山~ (7, 0.0%)

1 に山王帽子, に愛鷹山, に日左, の山, の方, は海, も左

▼ 山~ (7, 0.0%)

5 ふの 1 ふでキラキラ, へ逃げ

▼ 山巡り~ (7, 0.0%)

1 なとせん, に来た, のお, の二本, の役人, の流行, をする

▼ 山~ (7, 0.0%)

2 との交渉 1 に於, のこと, の戯, の間, の鞦韆

▼ 山~ (7, 0.0%)

1 では芒, のありふれた, の墾田, の日だまり, の暗闇, へ入っ, や川隈

▼ 山~ (7, 0.0%)

2 の大木 1 の大きな, の実, の木, を剥い, を我が

▼ 山~ (7, 0.0%)

3 の下駄 1 のかた, の大木, の薩摩下駄, や桑

▼ 山淵父子~ (7, 0.0%)

1 が叛旗, の奉公ぶり, の謀叛, は何, も遂に, を悩ませた, を繞

▼ 山焼け~ (7, 0.0%)

3 があった, の火 1 はする

▼ 山~ (7, 0.0%)

2 の幾むら藁屋 1 となり, の上の空, の原, の陽ざし, の雨

▼ 山~ (7, 0.0%)

1 からぞろ, にい, にて作れる, に池, の窪地, の綴喜, を越える

▼ 山~ (7, 0.0%)

2 がうつむけ 1 という旅, にて祖父, のケンコウ院, の体, をした

▼ 山~ (7, 0.0%)

2 をする 1 が行, は又, ひを, を伝承, を演ずる

▼ 山艦隊~ (7, 0.0%)

2 は二百隻 1 なんかがあん, の勇戦, ははたして, はもう, は一隻

▼ 山躑躅~ (7, 0.0%)

1 が黄, などが咲い, などの咲いた, の朱, の花, は多く, を打付け

▼ 山近い~ (7, 0.0%)

1 三多摩の, 処に, 土地の, 山高い, 農村で, 農村風景, 里の

▼ 山雅房~ (7, 0.0%)

2 から, から出した 1 から出版, と深い, と関係

▼ 山~ (7, 0.0%)

2 に宿し 1 の唯一, の茶店, の趣, の間, へ先

▼ 山~ (7, 0.0%)

1 が下りた, が囀つ, が美しい, になどと, の嘴太, の恋, もまた

▼ 山あれ~ (6, 0.0%)

3 ば山 1 が乗鞍ヶ岳, どとりよろ, よこれ

▼ 山がはの~ (6, 0.0%)

1 おと, おとも, 岩間の, 水の, 源のぼり, 石の

▼ 山ぎは~ (6, 0.0%)

1 にある, に日影, の畑地, の経蔵, へ吸, まで続く

▼ 山~ (6, 0.0%)

3 しの風の 2 しに 1 しの風を

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 ぎが, ぎのやうにやせたからだをまかせてゐます, そうだった, づもる見れ, て水汲, と憎く

▼ 山たづ~ (6, 0.0%)

3 ね尋ね 1 ね迎, の, の迎

▼ 山たる~ (6, 0.0%)

1 にとどまった, や大抵春, を覚えず, 仙人山の, 眉山の, 資格を

▼ 山だった~ (6, 0.0%)

1 かな, があの, ことを, のかしら, のでした, のです

▼ 山などが~ (6, 0.0%)

1 あって, あつて, あるし, それと, まだ控え, 見え東

▼ 山のむ~ (6, 0.0%)

2 こうには 1 かふから, かふからさし, こうに, こうは

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 つらむ友, はりの, よひ, んて, んで牛肉, んへ

▼ 山または~ (6, 0.0%)

2 丘など 1 乗瀬御岳と, 広峰山, 望岳台とも, 森の

▼ 山わけ~ (6, 0.0%)

2 では 1 か, が出来る, にした, にしよう

▼ 山カゴ~ (6, 0.0%)

1 がグラグラ, が彼, をお, をかた, をかつい, を担った

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 のく, の一家, の樽, をくれろ, 行く, 連れて

▼ 山ヤク~ (6, 0.0%)

1 がのろのろ, が出, という非常, の子供, の角, も居ります

▼ 山其物~ (6, 0.0%)

3 を神 2 が神 1 を崇めた

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 が崩れ, にい並んだ, にする, に乗っ, の事, の笛

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 に沿う, に見る, の上, の偃松, を下っ, を染め

▼ 山奉行~ (6, 0.0%)

1 があり, が村民ら, というの, に別れ, の森, への手紙

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 だが, だろうが, に坑夫, に限っ, のまん中, の灯

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 の山, も山, ノ巌下ニ至リ, 宇多以下南朝系の, 宇多天皇頃から, 宇多後醍醐三代の

▼ 山持ち~ (6, 0.0%)

1 が上座, と呼ばれる, の息子, は損する, や網持ち, 汽船持ち

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 が枝, が鈴なり, のうれた, のここだ, の赤, や櫨紅葉

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 でも取つ, を取り, を手, を持つ, を捜した, を採り

▼ 山~ (6, 0.0%)

3 の実 1 に興味, は藪柑子, を裹

▼ 山櫨子~ (6, 0.0%)

6 の枝

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 というその, に会った, に住ん, はおそらく, はやはり, は或

▼ 山~ (6, 0.0%)

2 処春猶 1 むほど, ク嶮岨ナル故, 処暁冥冥雲影侵窓夢忽醒残雪懸, 谿を

▼ 山温泉~ (6, 0.0%)

1 から一里, で正確, と反対, なぞと大袈裟, は勿論, へ行く

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 と呼ん, などもただ, のこと, の一人, の話, は

▼ 山紅葉~ (6, 0.0%)

1 が眼ざま, だが, の奇, の時期, も木犀, より可

▼ 山~ (6, 0.0%)

2 いづれの 1 に限られ, の中, はいよいよ, はしからず

▼ 山萵苣~ (6, 0.0%)

1 すなわちヤマヂサ, といったもの, とを, の字, の白露, は食用

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 で引, に縋っ, に蔽, の太い, の細道十團, の蔓

▼ 山裏金司~ (6, 0.0%)

1 がニヤニヤ, だけは階下, という中年男, と警官たち, はあいそ, はよけい

▼ 山言葉~ (6, 0.0%)

2 の中 1 です, では米, にアイヌ語, の一

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 がけんか, でそりゃ, の裁許, はどう, までが露骨, もその

▼ 山谿~ (6, 0.0%)

1 が幾重, に生, の間, みづ, を彫み, を駈る

▼ 山輿~ (6, 0.0%)

1 にすぎなかった, にゆられ, に乗っ, に舁きまいらせ, のうえ, を舁いだ

▼ 山遠く~ (6, 0.0%)

1 なつて, 下に, 夏が, 氣も, 谷深けれ, 重なりあひて

▼ 山~ (6, 0.0%)

2 の奥 1 のお, の奧, も霧, を引い

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 がし, が聞え, とかいふべき, は蛟, ふかき日, 山霧さびしい

▼ 山~ (6, 0.0%)

1 だ, と名, のよう, の名, の軽捷, は白鷓鴣

▼ 山いも~ (5, 0.0%)

2 の花, の蔓 1 の葉

▼ 山うば~ (5, 0.0%)

1 といっしょ, に向かっ, に熊, は, もそう

▼ 山かに~ (5, 0.0%)

1 あったリンドウ, なる, 備えるであろう, 出遇うと, 遁れ

▼ 山がかった~ (5, 0.0%)

1 ところでは, ところと, ところへ, ところほど, 地方の

▼ 山ここ~ (5, 0.0%)

1 から見る, の川, の御宮, の谷, は何

▼ 山これ~ (5, 0.0%)

1 が何百, が武田, に双, を囲繞, 大公園

▼ 山だけが~ (5, 0.0%)

1 その鑛毒, 依然として囲ん, 海の, 盛んに, 目立って

▼ 山だけに~ (5, 0.0%)

1 姿が, 樹という, 秘し隠しに, 非常に, 風が

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 気ある, 気が, 気と, 気の, 気も

▼ 山って~ (5, 0.0%)

1 ことが, すごいよ, どんなだろう, 山は, 月夜に

▼ 山なんか~ (5, 0.0%)

1 始めて, 山の, 持ってる人, 支那の, 落っことし

▼ 山にかけて~ (5, 0.0%)

1 しきりと, むっとした, 東北には, 現れたので, 荒沢岳へ

▼ 山にでも~ (5, 0.0%)

1 また高い, やれば, 行くと, 谷にでも, 降つたら如何

▼ 山によって~ (5, 0.0%)

1 彼と, 得た地名, 立って, 距てられる, 違うであろうが

▼ 山はと~ (5, 0.0%)

2 ほし千里 1 三藏は, 聞くと, 見ると

▼ 山ひとつ~ (5, 0.0%)

2 持って 1 押し傾けて, 持つて, 越えるため

▼ 山ふかき~ (5, 0.0%)

1 処は, 埴生の, 林に, 林の, 里に

▼ 山までの~ (5, 0.0%)

1 こんなに小, 切符を, 距離とは, 距離に, 間に

▼ 山めぐり~ (5, 0.0%)

1 で見廻った, に費した, をした, 四季の, 白根山付近の

▼ 山やら~ (5, 0.0%)

1 上野の, 岬やらの, 川やらを, 眼界も, 谷やら

▼ 山ゆく~ (5, 0.0%)

1 と妻, と山, をさ, 君により, 水は

▼ 山一つ彼方~ (5, 0.0%)

1 に伯母さん, に白, へといった体, へ越します, までも伝わらなかった

▼ 山二つ~ (5, 0.0%)

2 ばかりを越えた 1 にわれ, に分かれ, を二山帽子

▼ 山低い~ (5, 0.0%)

1 山, 山まっ白な, 山滑かな山嶮しい, 山鋭い, 山高原平野畷道または

▼ 山公園~ (5, 0.0%)

1 に寝泊り, の広場, の樹蔭, の煙草屋, は面白く

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 で張, に身, の流れ, は川, 残月淡

▼ 山千禽~ (5, 0.0%)

2 の曲 1 だけだった, である, のさえずり

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 と海型, に盛られ, に立て, のジグザグ, をした

▼ 山増上寺~ (5, 0.0%)

1 の子, の山門前, の朱, の法衣, の鐘

▼ 山~ (5, 0.0%)

2 の仏法 1 に山, に隔たりぬ, へ搬出

▼ 山天文台~ (5, 0.0%)

1 からまた, から何, から無電, に知らせ, のもの

▼ 山女衒~ (5, 0.0%)

1 でふだん, の半, の手, をあさっ, を呼ん

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 のよう, の我, の霞, の風情, また山姫

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 それぞれ, のほとんど, の花栄, 曹が, 曹は

▼ 山小夜衣~ (5, 0.0%)

1 に向, の兩人, の兩人共, の許, も持餘

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 あって, と峯, には樓閣, に居り, を擘

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 が汀, と溪流, の海浜, の草いきれ, を降る

▼ 山廻り~ (5, 0.0%)

1 が実行, のお, の役人, はこ, 或は薬草

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 が裾, のうへ打殺し, らしく體温表, を傳, を玉轉

▼ 山或は~ (5, 0.0%)

1 三輪山と, 丘と, 空から, 竜頭山とも, 香酔山の

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 の字, の嵎, の漢字, の票, やサンズイ

▼ 山抜け~ (5, 0.0%)

2 の跡 1 御維新以来, 谷崩れ, 雪流より

▼ 山時鳥~ (5, 0.0%)

1 にもこ, のから紅, は, は毎年, 鳴かんと

▼ 山桔梗~ (5, 0.0%)

1 だと, なら一段と, にもたとえたい, の君, はことに

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 たとえ体, に申しわけ, のお, は, めでたく大事

▼ 山沿い~ (5, 0.0%)

1 だから, に突撃, の木下蔭, の淋しい, の田

▼ 山~ (5, 0.0%)

2 の肉付 1 などが杉, の木, を掻い

▼ 山祝い~ (5, 0.0%)

2 の酒 1 をいたしましょう, をする, を快く

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 の, のごとく, の生活, の社會, の類

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 にかく, に入り, に安倍, の賊, の門

▼ 山~ (5, 0.0%)

2 をたわめ 1 と南天, のひと, の茂み

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 一の, 一名が, 一峰, 一峰と, 一本の

▼ 山籠りし~ (5, 0.0%)

4 て花 1 ていた

▼ 山~ (5, 0.0%)

2 に且つ 1 が真紅, に染まった, を霜囲い

▼ 山~ (5, 0.0%)

2 きの 1 か丘續, きに, く巓

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 が幼い, つとにシナ, の, は法, まさに子供

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 に, に據, の谷合, をゆく, を指し

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 がデザート, の三つ四つ, の実, を食べ, 咲いて

▼ 山茶屋~ (5, 0.0%)

1 ありぬ十一時, で数日, の軒, の陰, を見かけ

▼ 山菓子~ (5, 0.0%)

2 盗りだと, 盗りは 1 に出し

▼ 山~ (5, 0.0%)

2 か蓋し 1 が鳴きはじめた, の声, の翅

▼ 山~ (5, 0.0%)

2 から谷 1 という谷, は谷, また谷

▼ 山~ (5, 0.0%)

1 などの水, にあたる, にうつる, の地, は西北

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 くにも, くに妙な, 借上げの, 名残りを

▼ 山かせぎする~ (4, 0.0%)

2 ものも, ものを

▼ 山かん~ (4, 0.0%)

1 だから, でももっと, で博士, は大嫌い

▼ 山がら~ (4, 0.0%)

1 す, すならあんなに, の我棚つる, やほほ

▼ 山こだま~ (4, 0.0%)

1 が方々, して, に賑わい沸いた, を揺り鳴らす

▼ 山こちら~ (4, 0.0%)

2 の山 1 の山の根がた, は千束

▼ 山さらに~ (4, 0.0%)

2 幽なり, 静かなり

▼ 山だけは~ (4, 0.0%)

1 あいも, なつかしく窓, 取り止めたの, 昔の

▼ 山でございます~ (4, 0.0%)

31 よこっちの

▼ 山でした~ (4, 0.0%)

1 が暗い, し運動場, ね同じ, ように

▼ 山とかいふ~ (4, 0.0%)

2 きざな, のに

▼ 山とばかり~ (4, 0.0%)

1 おいて, この一番, 支度し, 薪を

▼ 山ども~ (4, 0.0%)

2 がのっきのっき, は

▼ 山などで~ (4, 0.0%)

2 あつたら 1 大きな岩, 悠遊した

▼ 山などへ~ (4, 0.0%)

1 出かけたの, 登って, 登つては, 籠っては

▼ 山なほ~ (4, 0.0%)

2 明く温かき山 1 低し, 遠き雪

▼ 山なんて~ (4, 0.0%)

2 屁の河童さ 1 ここから, 登れは

▼ 山にては~ (4, 0.0%)

1 天一坊を, 往昔巓に, 炭竈に, 行列を

▼ 山にても~ (4, 0.0%)

1 おなじ心, その山, またかの, 山神の

▼ 山~ (4, 0.0%)

2 この黄いろ 1 松の, 鶯谷ね

▼ 山のうへの~ (4, 0.0%)

2 榛名の 1 寺まで, 湖

▼ 山ばっかり~ (4, 0.0%)

1 だ, でな, 拵えたもん, 穴馬谷へ

▼ 山ひと~ (4, 0.0%)

2 えの 1 え川一すじ, こえですし

▼ 山ふかい~ (4, 0.0%)

1 ところで, 所では, 谷底の, 里に

▼ 山ぶし~ (4, 0.0%)

1 など, にあるらしい, に系統, は和讃

▼ 山までが~ (4, 0.0%)

1 おこり出すわ, ついに見えなくなっ, 上ったり, 濃厚な

▼ 山までも~ (4, 0.0%)

1 含んで, 探し廻ったの, 枝梢は, 馬来語で

▼ 山もみじ~ (4, 0.0%)

2 がある 1 の葉, の蔭

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 取上げちやれ, 始めると, 掘崩したり, 荒れる

▼ 山一つ向う~ (4, 0.0%)

1 には懐しい, に狼, のオロンガボオ軍港, の町

▼ 山三郎殿~ (4, 0.0%)

1 のお, の御, は孝心, は来た

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 得水不, 得登, 狃という, 狃に

▼ 山~ (4, 0.0%)

2 といひ, といふ

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 と, にての如し, の登りみち, より左

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 は人主請人夫, は以前京都智恩院, は常々身持, は江戸表

▼ 山光水色~ (4, 0.0%)

1 の中, の美し, は決して, を吟

▼ 山割り~ (4, 0.0%)

2 にし 1 か悪く, の儀式

▼ 山博士~ (4, 0.0%)

1 が院長, だった, もまた, をいつも

▼ 山及び~ (4, 0.0%)

1 スキーの, 山に, 猛獣の, 遠旅

▼ 山同心~ (4, 0.0%)

1 がゐ, が先, が居, をも借

▼ 山官林~ (4, 0.0%)

1 に天狗さん, の松茸, の松茸ぐらゐ, は誰

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 あり矣, の頑愚, 亦何ぞ, 亦厳に

▼ 山尼達~ (4, 0.0%)

1 がめいめい, は攫っ, は横, は秩父

▼ 山左衛門~ (4, 0.0%)

2 と伊十郎 1 ていう美男子, は家中

▼ 山左衞門~ (4, 0.0%)

1 が自分, といふ大, は三月, は家中

▼ 山帰り~ (4, 0.0%)

1 に柳屋先生, のみやげ, の何物, の苞

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 に書, に渡御, の土蔵, の滝

▼ 山~ (4, 0.0%)

3 造営の 1 本陣へ

▼ 山時雨~ (4, 0.0%)

2 が襲っ 1 の音, よく

▼ 山曲輪~ (4, 0.0%)

1 には巽, の一室, の一廓, へ通じる

▼ 山更に~ (4, 0.0%)

1 幽なりという, 幽なりの, 幽なる, 松の

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 と名づける, のメムバー, の出店, へ持つ

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 だけでなく, といい, とよぶ, のさき

▼ 山松風~ (4, 0.0%)

1 の向, の空近く, も聴い, も高う

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 の部, の雌雉, も標高七百米, を廻る

▼ 山泉川~ (4, 0.0%)

4 の見える

▼ 山淵左馬介~ (4, 0.0%)

1 が訊く, は暗然, は狼狽, を疑惑

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 などで逢, にお, に慣たる者, の様子

▼ 山~ (4, 0.0%)

2 の君 1 ありその, との混血児

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 な雌伏此, 動くが, 松并雜木に, 痛ましく離れ

▼ 山盛二杯~ (4, 0.0%)

1 だけ水, とそれ, を一合, を一合五勺

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 で岩磐, の上, もしつ, をつつんだ

▼ 山系統~ (4, 0.0%)

1 のだし, のもの, の練りもの類, の練り物

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 であった松本山, にし, の色調, も深き

▼ 山荒れ~ (4, 0.0%)

1 が出現, となったら, のあと二, 今覿面

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 である, など一束, は残そう, を折る

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 が居り, が生れ, ゐるなり, 織の

▼ 山~ (4, 0.0%)

2 をただ 1 を斬りそこなう, を逸す

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 というの, と仰せられる, と宣長, の内容

▼ 山西~ (4, 0.0%)

1 に富士山箱根山軒端, に鳥取県, の山, はカルメル山脈

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 りだから, りである, りであるの, り見て

▼ 山詣で~ (4, 0.0%)

1 の場合, の最も, は無意味, は飽くまで

▼ 山~ (4, 0.0%)

2 もご 1 と, 撞いて

▼ 山高き~ (4, 0.0%)

31 ところに

▼ 山~ (4, 0.0%)

1 に民, の藁屋根, の郷, の霞

▼ 山あるき~ (3, 0.0%)

1 に出掛けた, の極意, 野歩きに

▼ 山いっぱい~ (3, 0.0%)

1 にこもっ, にまっ黒, の蜂の巣

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 ぐひす, ぐひすが有難い, ぐひすしきりに啼け

▼ 山うる~ (3, 0.0%)

1 しの木, しの葉, しやど

▼ 山かせぎ~ (3, 0.0%)

1 などする, には馴れ, に出るちう

▼ 山かの~ (3, 0.0%)

1 やうに, 一山影を, 下へ

▼ 山がらす~ (3, 0.0%)

1 が里, をさ, 汝が

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 はすこし, ははなれ, は少し

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 ぢらや, づすところ爆音ふかし, づれて川を

▼ 山くら~ (3, 0.0%)

2 ゐ積み重ねると 1 ゐは

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 え, ふ朗らか, 散したり

▼ 山ざる~ (3, 0.0%)

1 だったの, という人, 根性は

▼ 山しい~ (3, 0.0%)

3 事か

▼ 山しか~ (3, 0.0%)

1 ないと, 挙げてない, 見たこと

▼ 山しづか~ (3, 0.0%)

2 にし 1 なれば

▼ 山~ (3, 0.0%)

2 まひの 1 まひのみ

▼ 山ずみ~ (3, 0.0%)

1 の一人, の憂さ, の静

▼ 山そして~ (3, 0.0%)

1 ちいちやんを, 五里四方に, 屋根に

▼ 山そだち~ (3, 0.0%)

1 の女中, の娘, は山

▼ 山それ~ (3, 0.0%)

1 が東, は焼けた, も大抵

▼ 山それから~ (3, 0.0%)

1 アイスランドの, 梢低く, 都近くの

▼ 山ぞい~ (3, 0.0%)

1 にあった, の二, を蜿

▼ 山ちかい~ (3, 0.0%)

1 村で, 村の, 辺地とても

▼ 山つき~ (3, 0.0%)

1 て村落, の低地, を迂回

▼ 山つづきだ~ (3, 0.0%)

1 から日, これから先, ホラ小諸の

▼ 山つづきで~ (3, 0.0%)

1 ちょうどその, 大きい斜面, 峠の

▼ 山であれ~ (3, 0.0%)

1 ば案内者, ば頂き, 河であれ

▼ 山でしょう~ (3, 0.0%)

3

▼ 山でなく~ (3, 0.0%)

1 て女, とも岡, むじなの声が

▼ 山とともに~ (3, 0.0%)

1 いつまでも, その見物人, 爆発する

▼ 山なか~ (3, 0.0%)

2 なれば 1 だがと

▼ 山なせる~ (3, 0.0%)

2 は山 1 上に

▼ 山などと~ (3, 0.0%)

1 いつても, 一緒に, 結んで

▼ 山なり~ (3, 0.0%)

1 と寝なまし, 今日大野川に, 谷なりに

▼ 山なりの~ (3, 0.0%)

1 ま, 文化が, 炎に

▼ 山なんかに~ (3, 0.0%)

2 負けて 1 登つた事が

▼ 山にこそ~ (3, 0.0%)

1 入れ, 向ひ, 直接な

▼ 山についての~ (3, 0.0%)

1 本は, 経験では, 行事で

▼ 山については~ (3, 0.0%)

1 どんな道, 何一つ知らない, 私のより

▼ 山につき~ (3, 0.0%)

1 あたつ, ものであり, 当る恐れ

▼ 山にのみ~ (3, 0.0%)

1 拘泥し, 籠って, 護られて

▼ 山にや~ (3, 0.0%)

2 霧立つ 1 斑に

▼ 山ぬけ~ (3, 0.0%)

1 などあった, をした, をします

▼ 山のけもの~ (3, 0.0%)

1 からすっかり, の動きぐあいでは, は多く

▼ 山のね~ (3, 0.0%)

1 うちが, うちに, 山の

▼ 山のべ~ (3, 0.0%)

1 ににほひし, にひそむ, に行く

▼ 山ばかりに~ (3, 0.0%)

1 なって, 囲まれた盆地, 生えて

▼ 山ひらに~ (3, 0.0%)

1 似た所, 変って, 小屋が

▼ 山びらき~ (3, 0.0%)

1 お庭拝観, で座, に牡丹町

▼ 山ふたつ~ (3, 0.0%)

1 その谷間, 揺りとどろけり燃, 燃えぬと

▼ 山ぶところ~ (3, 0.0%)

1 にかくされたる, に一軒, のよう

▼ 山べに~ (3, 0.0%)

1 入りはてて, 小男鹿の, 駒を

▼ 山ほどに~ (3, 0.0%)

1 あるけれど, なって, 積みあげて

▼ 山まわり~ (3, 0.0%)

2 や猟 1 の巡吏

▼ 山やき~ (3, 0.0%)

1 と深山, を食, 深山あげ

▼ 山やけ~ (3, 0.0%)

2 の火 1 のした

▼ 山ゆか~ (3, 0.0%)

3 ば草

▼ 山わろ~ (3, 0.0%)

1 などは爺さん, などもやはり, など謂

▼ 山をな~ (3, 0.0%)

2 せり況や 1 せり柴

▼ 山をめぐって~ (3, 0.0%)

1 姿を, 生きと, 飛ぶ

▼ 山ををが~ (3, 0.0%)

3 みに

▼ 山ヌケ~ (3, 0.0%)

1 が起こっ, でございますから, といっ

▼ 山ユリ~ (3, 0.0%)

1 が咲い, が咲く, の花

▼ 山一帯~ (3, 0.0%)

3 を支配

▼ 山万岳~ (3, 0.0%)

1 の煙, の重畳, をサッサ

▼ 山万水~ (3, 0.0%)

1 がいかなる, だが, の数十キロ

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 という丘, の多い, の鞍部

▼ 山会館~ (3, 0.0%)

1 でバイヤーたち, のバイヤーたち, の前

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 で四時近く, と装置, に女優三人

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 か, に屈する, の高

▼ 山住まい~ (3, 0.0%)

1 が羨し, に婦女, の凶漢

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 せば, だ, の一条

▼ 山~ (3, 0.0%)

2 に我 1 又田野

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 か時代, がします, でどうも

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 には扇ノ山, はエバル山, は金峰山

▼ 山又は~ (3, 0.0%)

1 峰の, 笠品山として, 鎮座する

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 ともよく, のひとり, 故辻本満丸博士

▼ 山合い~ (3, 0.0%)

1 にぽつねんと, の小屋, の部落

▼ 山~ (3, 0.0%)

2 が張り出し 1 に沿う

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 裏一船奔, 裡に, 裡結茅蘆

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 にひ, の美, もた

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 のうしろ, の一行, はけわしい

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 上山賤ヶ嶽田上山木之本などの, 擂の, 碁家呉八段この

▼ 山夷田夷~ (3, 0.0%)

1 とか書くべき, の事, 普通掘

▼ 山学部長~ (3, 0.0%)

1 が裁決, の手許, はこの

▼ 山守り~ (3, 0.0%)

1 が高い, は, をし

▼ 山寨一同~ (3, 0.0%)

1 の志, の者, の願い

▼ 山寨中~ (3, 0.0%)

1 の手下, の端, へご

▼ 山寨脱出~ (3, 0.0%)

1 の人足ども, の企て, は少く

▼ 山小舍~ (3, 0.0%)

1 には誰, の前, の戸

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 あり, の祠, をその

▼ 山後方~ (3, 0.0%)

1 にかたより, にかたよれる, を見

▼ 山心中~ (3, 0.0%)

1 と信長記, も要するに, や皿屋敷

▼ 山~ (3, 0.0%)

21 ひに

▼ 山想う~ (3, 0.0%)

1 心が, 心である, 心は

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 と書い, の花, ト云ヒ古事記ニ手を

▼ 山暮し~ (3, 0.0%)

1 の帰り途, を切り上げよう, を必要

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 から木, という木, といふ木

▼ 山案内人~ (3, 0.0%)

1 というよう, の称呼, の経験

▼ 山梔木~ (3, 0.0%)

1 の根方, の樹蔭, の花

▼ 山棟蛇~ (3, 0.0%)

1 が這いだし, が這いだした, の眷族三百三十三匹

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 の面白, よりも草, をもっ

▼ 山~ (3, 0.0%)

3

▼ 山沿~ (3, 0.0%)

2 ひの 1 の根笹

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 の意味, の釣り人, の間

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 の門, は熕隊司令官, を師

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 の脚絆, 峻山状, 此上候

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 の如く, の姿, の幾千幾百

▼ 山猟師~ (3, 0.0%)

1 がやってき, はわたくし, をやっ

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 かでなければ, と書かね, もゐる

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 と云, の亭主, の奉公人

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 すると, の流行, を一回

▼ 山盛一杯~ (3, 0.0%)

2 加えて 1 の割

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 にねざめ, の夕日, はにほひ

▼ 山立ち~ (3, 0.0%)

1 姫と, 姫なるべし, 姫に

▼ 山~ (3, 0.0%)

21 ふは

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 というの, をきく, を吹いた

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 ふ, へ富士, へ岩

▼ 山聳え~ (3, 0.0%)

1 て進むべき, 南には, 花深く

▼ 山華氏~ (3, 0.0%)

1 と二人切り, に会, の紹介

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 して, として祓, を捲き

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 ても, ても雲, 度くもない

▼ 山見え~ (3, 0.0%)

1 て月, て花, 来れば

▼ 山訛り~ (3, 0.0%)

1 できめつける, で訊いた, よりも緩慢

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 で山路, の荷持ち, を見送っ

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 な片田舎, な町, 月上遲

▼ 山近き~ (3, 0.0%)

1 この里, 水, 町並の

▼ 山近し~ (3, 0.0%)

3 山近し

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 で二人, に差しかかる, を引きずられた

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 にて, に白雲, の磽

▼ 山郭公~ (3, 0.0%)

2 の声 1 なども啼い

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 は恐れる, をつい, 多きゆゑ釜戸

▼ 山附近~ (3, 0.0%)

1 の川, まで移動, まで進出

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 から小手, に戻った, を張り

▼ 山難路~ (3, 0.0%)

1 をたどっ, を軽んずる, を過

▼ 山青く~ (3, 0.0%)

1 山白く, 澄んで, 雲白き

▼ 山~ (3, 0.0%)

2 に水 1 似太古

▼ 山馴れ~ (3, 0.0%)

1 ている, てもいる, のした

▼ 山~ (3, 0.0%)

1 の唯一, の趣, の間

▼ 山あてる~ (2, 0.0%)

1 つもりで, のだ

▼ 山あの~ (2, 0.0%)

1 中腹に, 道あすこの

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 づれもみな薄つ, 行っても

▼ 山いくつ~ (2, 0.0%)

1 ある小, か越え

▼ 山いただき~ (2, 0.0%)

2 の空

▼ 山いづ~ (2, 0.0%)

2

▼ 山いで~ (2, 0.0%)

1 たちに, たちの

▼ 山いまだ~ (2, 0.0%)

1 はやけれ, 明けねば

▼ 山お寺~ (2, 0.0%)

1 の隣りで, の隣りであった

▼ 山かい~ (2, 0.0%)

1 と聞かれ, の川かい

▼ 山かご~ (2, 0.0%)

1 にお, にのせ

▼ 山かさなり~ (2, 0.0%)

1 て峠なほ遥か, 合ふ

▼ 山かせ~ (2, 0.0%)

2 ぎにいでゝむすめ独りなれ

▼ 山かた~ (2, 0.0%)

1 つきて, 走る子等

▼ 山かつら~ (2, 0.0%)

1 せよ, に月影

▼ 山からと~ (2, 0.0%)

1 し天, 海からとの

▼ 山がた~ (2, 0.0%)

1 が描かれ, に三

▼ 山ぎりに山~ (2, 0.0%)

2 の施餓鬼

▼ 山くらい~ (2, 0.0%)

1 あるかね, 影木も

▼ 山ぐには日~ (2, 0.0%)

1 が落ちる, の昏れる

▼ 山ぐみ~ (2, 0.0%)

1 がさも, の赤い

▼ 山こそ~ (2, 0.0%)

1 国中で, 彼が

▼ 山ことごとく~ (2, 0.0%)

1 樹木鬱蒼として, 紺と

▼ 山ことば~ (2, 0.0%)

1 だが, といふあり

▼ 山こなた~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 山さえ~ (2, 0.0%)

1 お暴, じろりと一瞥

▼ 山さして~ (2, 0.0%)

1 登って, 高麗城の

▼ 山さては~ (2, 0.0%)

1 汝が, 遠く飛騨

▼ 山さ書物~ (2, 0.0%)

1 を持っ, 持って

▼ 山ざと~ (2, 0.0%)

1 の秋, の筧

▼ 山しら~ (2, 0.0%)

2 たえや

▼ 山すべて~ (2, 0.0%)

1 の山勢, 低く白い曳迷

▼ 山すら~ (2, 0.0%)

1 判然とは, 雲に

▼ 山する~ (2, 0.0%)

1 は此地, ものら此蔓を

▼ 山その他~ (2, 0.0%)

1 で左, には毛利

▼ 山そびえ~ (2, 0.0%)

1 東に, 水ながる

▼ 山それ自体~ (2, 0.0%)

1 の一部, の説明

▼ 山たち~ (2, 0.0%)

1 かくす霧, である

▼ 山たち姫~ (2, 0.0%)

1 といわば, に知らせ申さん

▼ 山だけの~ (2, 0.0%)

1 ものを, 風景は

▼ 山だけを~ (2, 0.0%)

1 残して, 集めたもの

▼ 山だち~ (2, 0.0%)

1 姫という, 姫とは

▼ 山だったら下り~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ 山ちかく~ (2, 0.0%)

1 つどひ, に尼寺

▼ 山ぢさ~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 山っていう~ (2, 0.0%)

1 のは, やつさ

▼ 山つつじ瑶珞つつじ~ (2, 0.0%)

1 が赤松, なども交っ

▼ 山づたいに~ (2, 0.0%)

1 逃げ廻って, 逃れ此処

▼ 山でありまし~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て悪

▼ 山でありました~ (2, 0.0%)

1 か, が弥右衛門

▼ 山ででも~ (2, 0.0%)

1 あったの, 野良ででも

▼ 山でなきゃ住ん~ (2, 0.0%)

2 でいられない

▼ 山でやす~ (2, 0.0%)

2

▼ 山とかいう~ (2, 0.0%)

1 やつが, ように

▼ 山としか~ (2, 0.0%)

1 知られて, 見えない

▼ 山とて~ (2, 0.0%)

1 その終焉, 眺望は

▼ 山とで~ (2, 0.0%)

1 どちらも, 囲まれた村

▼ 山とりわけ~ (2, 0.0%)

1 かしの, 汝の

▼ 山と共に~ (2, 0.0%)

1 三峰と, 鎮り

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 つしり, どっちぁ好い

▼ 山どり~ (2, 0.0%)

1 の尾, 雉

▼ 山ながら~ (2, 0.0%)

1 かくも, ふ雲

▼ 山なき~ (2, 0.0%)

1 国の, 国を

▼ 山なく~ (2, 0.0%)

1 て月日, 丘なく

▼ 山なぞと~ (2, 0.0%)

2 呼ばれて

▼ 山ならぬ~ (2, 0.0%)

1 はない, 人世の

▼ 山なりと~ (2, 0.0%)

1 いう, すれば

▼ 山なりに~ (2, 0.0%)

1 海へ, 荷物を

▼ 山なりや~ (2, 0.0%)

1 海なりや, 畫に

▼ 山なるい~ (2, 0.0%)

2 さや

▼ 山なんぞ~ (2, 0.0%)

1 ありは, よして

▼ 山においては~ (2, 0.0%)

1 今日も, 富岳の

▼ 山にか~ (2, 0.0%)

1 かつてゐた, かつてゐなけれ

▼ 山にかけては~ (2, 0.0%)

1 何人も, 冥通自在な

▼ 山になんぞ~ (2, 0.0%)

1 いないで, 行て

▼ 山にの~ (2, 0.0%)

1 こりて, ぼつて

▼ 山にゃ~ (2, 0.0%)

1 いろんな鳥やけ, ア熊や

▼ 山により~ (2, 0.0%)

1 川によって, 自然と

▼ 山にわたる~ (2, 0.0%)

1 伊軍第, 旗と

▼ 山に関しては~ (2, 0.0%)

1 詳細なる, 高いとか

▼ 山ねこ拝~ (2, 0.0%)

1 というはがき, といふはがき

▼ 山のど~ (2, 0.0%)

1 てっぱら, てっ腹

▼ 山のに~ (2, 0.0%)

1 ぎはひといはれるやうに, ぎはひといふ私は

▼ 山はずつと~ (2, 0.0%)

1 古い事, 遠くの

▼ 山はに~ (2, 0.0%)

1 たゆたひ, 円く白きもの

▼ 山はん~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 山ばかりは~ (2, 0.0%)

1 何かしら特別の, 何人も

▼ 山ふもと~ (2, 0.0%)

1 の薄, を迂廻し

▼ 山ぶどう~ (2, 0.0%)

2 の虫

▼ 山ぶみ~ (2, 0.0%)

1 に, のかへ

▼ 山へだけは~ (2, 0.0%)

2 行つ

▼ 山へばかり~ (2, 0.0%)

1 登つてゐた, 行ってるって

▼ 山へまで~ (2, 0.0%)

1 いけるん, 遠く僧都

▼ 山べの~ (2, 0.0%)

1 冬らしい, 嵐に

▼ 山まもる~ (2, 0.0%)

2 兵士も

▼ 山みこ~ (2, 0.0%)

1 という者, と称する

▼ 山みた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 山もと道~ (2, 0.0%)

2 もなし

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 ふ越え行きて, 還り来ぬかも

▼ 山よく~ (2, 0.0%)

1 枯れて, 見ゆるよし

▼ 山らしく~ (2, 0.0%)

1 且つ眺望, 朗らかで

▼ 山われ~ (2, 0.0%)

1 をおくり, を忘れ

▼ 山をの~ (2, 0.0%)

2 ぼつて

▼ 山をば~ (2, 0.0%)

1 やんさ, 仰いで

▼ 山オコゼ~ (2, 0.0%)

2

▼ 山ガツ~ (2, 0.0%)

1 に近い, は出

▼ 山ザクラ~ (2, 0.0%)

1 が野, で野ザクラ

▼ 山ショウビン~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, の方

▼ 山ッ気~ (2, 0.0%)

1 とで人生, のほう

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 入ラントテ, 隠レテハ

▼ 山ハ絵~ (2, 0.0%)

2 ノ具

▼ 山ホテル~ (2, 0.0%)

1 ってところ, と云う歪んだ

▼ 山ワロ~ (2, 0.0%)

1 と謂, のよう

▼ 山一丸~ (2, 0.0%)

1 で一人, を取巻いた

▼ 山一方~ (2, 0.0%)

1 は崖, 里位燧岳の

▼ 山一杯~ (2, 0.0%)

1 にかんかん, に咲く

▼ 山三途の川賽の河原~ (2, 0.0%)

2 や地蔵様

▼ 山三郎さん~ (2, 0.0%)

2 は物

▼ 山三郎力~ (2, 0.0%)

1 にまかし, に任し

▼ 山三郎方~ (2, 0.0%)

1 へ五十兩, へ賣し

▼ 山下野~ (2, 0.0%)

1 にて赤安山, に日光山

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 がいたします, に乗り付け

▼ 山丸さん~ (2, 0.0%)

1 が腕, にコック

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 に基き, に続き

▼ 山丹人~ (2, 0.0%)

1 と交, より器具

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 と言った, の店

▼ 山乞食~ (2, 0.0%)

1 の伊那丸, ばかりだ

▼ 山二世~ (2, 0.0%)

1 がサムマア・ガアデン, と言

▼ 山二等兵~ (2, 0.0%)

1 の未亡人, を斬殺

▼ 山五大寺~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 と自然, の波

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 かの如く, は太

▼ 山以下~ (2, 0.0%)

1 の記事, の高山

▼ 山伐り~ (2, 0.0%)

1 に出かけ, や漁師

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひを

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 だよ, の女性

▼ 山低き~ (2, 0.0%)

1 ところや, 野の

▼ 山住居~ (2, 0.0%)

1 の人, はぶるぶる

▼ 山侍たち~ (2, 0.0%)

1 と中, のため

▼ 山信玄~ (2, 0.0%)

1 である, も豪かっ

▼ 山傷だらけ~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 といはず, 遠

▼ 山入り日~ (2, 0.0%)

1 であった, であつ

▼ 山八幡宮~ (2, 0.0%)

1 への坂路, を通っ

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 遠州屋

▼ 山六岳~ (2, 0.0%)

1 のお, もくずれん

▼ 山内子亨~ (2, 0.0%)

1 が一行, を伴つて京

▼ 山刈り~ (2, 0.0%)

1 と土肥作り, を一丁

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 で油揚, の母

▼ 山利さ~ (2, 0.0%)

1 いたこ来, 遊びに

▼ 山前山後是~ (2, 0.0%)

2 れ青草

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 領事の, 領事へ

▼ 山加屋~ (2, 0.0%)

1 という東京, は当時

▼ 山勝ち~ (2, 0.0%)

2 の絳

▼ 山千光寺~ (2, 0.0%)

1 の所在地, へ登っ

▼ 山千手院~ (2, 0.0%)

1 と名付玉ふた, に広

▼ 山千鳥~ (2, 0.0%)

1 かとばかり散っ, の啼く

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 は老樹条, 破れの

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 が河, に乗鞍

▼ 山即ち~ (2, 0.0%)

1 中部アペンニノ連山を, 川グルミ沢の

▼ 山同年九月~ (2, 0.0%)

1 には日光山, には羽後

▼ 山吹く~ (2, 0.0%)

2 風は

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 のある, を元

▼ 山國生れ~ (2, 0.0%)

1 であるから, のお前

▼ 山地方~ (2, 0.0%)

1 に残る, に産

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 と誤, に葬った

▼ 山増位山~ (2, 0.0%)

1 などの嶮, を負い

▼ 山多く~ (2, 0.0%)

1 さながら衣, の天狗

▼ 山大きな~ (2, 0.0%)

1 りっぱな, 川か

▼ 山大岩山~ (2, 0.0%)

2 の砦

▼ 山妙解寺~ (2, 0.0%)

1 が建立, を熊本城外

▼ 山姿~ (2, 0.0%)

1 の, はいかにも

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 が美女, のよう

▼ 山媛神~ (2, 0.0%)

2 あらゆる鎮護

▼ 山子爵~ (2, 0.0%)

1 が海外, ちゅうたら

▼ 山子規虫~ (2, 0.0%)

2 聞きなどの

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 にて父様母様, の事

▼ 山安蘇山~ (2, 0.0%)

1 の山地, は鹿沼

▼ 山富士~ (2, 0.0%)

1 がひよつこり, にはその

▼ 山寨方~ (2, 0.0%)

1 が優勢, の手

▼ 山寨第一~ (2, 0.0%)

1 の強者, の膂力

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 ヘルモン山西は, 豚の

▼ 山小橋~ (2, 0.0%)

1 です, の西念寺

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 のかたち, を利用

▼ 山山山~ (2, 0.0%)

1 うつくしい山, もう八時間

▼ 山峨々~ (2, 0.0%)

1 として白雪, として鳥

▼ 山島民譚集~ (2, 0.0%)

1 だけは巻二以下, に尽し

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の二女, の御陵

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 樂院法華寺へ, 樂院長洞寺の

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 に里靜, に雄

▼ 山~ (2, 0.0%)

2

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 というの, へのお

▼ 山後支局長~ (2, 0.0%)

1 は三人分, やら長岡

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 にし, に開け

▼ 山悉く~ (2, 0.0%)

1 岩石より, 暴風雨と

▼ 山慈姑~ (2, 0.0%)

1 だけには限らぬ, で薄紫

▼ 山懷ろ~ (2, 0.0%)

1 に, の葱畑

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 を看る, ヲ看

▼ 山扮装~ (2, 0.0%)

1 の侍, の侍たち

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の妾, の息子さん

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 ぎなぞより何ぼ, ぎを

▼ 山日和~ (2, 0.0%)

1 すこし崩れぬ, なり濃

▼ 山日本寺~ (2, 0.0%)

1 の山, の羅漢様

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 やも痩せ

▼ 山早く~ (2, 0.0%)

1 新勝寺を, 月を

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 が某, の如く

▼ 山是山~ (2, 0.0%)

1 から山, となつ

▼ 山時代~ (2, 0.0%)

1 のこと, の写真

▼ 山景野色~ (2, 0.0%)

2 も雪

▼ 山暮らし~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 に見あるき

▼ 山杉甚作~ (2, 0.0%)

1 が逃げ, を案内

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 ついて, を持った

▼ 山棲み~ (2, 0.0%)

1 が案外のんびり, の人

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 が三日三夜東京横浜, の蔭

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 博士に, 博士の

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 の枝

▼ 山櫻會~ (2, 0.0%)

2 の若人

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 だから, は目録

▼ 山此去~ (2, 0.0%)

1 尚千里, 尚千重

▼ 山殿~ (2, 0.0%)

1 が浜, の居所

▼ 山民中~ (2, 0.0%)

1 で一番綺麗, で比較的

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 にも花, に水

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の原, の山

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 摂三州, 高い空

▼ 山泊り~ (2, 0.0%)

1 か今宿, でございました

▼ 山泊祭り~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, の大

▼ 山派一門~ (2, 0.0%)

1 の畫, の美術家

▼ 山流し~ (2, 0.0%)

1 で甲州, の格

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 という海, を埋め立てる

▼ 山涼し~ (2, 0.0%)

1 少し蓮葉, 馬を

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 の豆太郎

▼ 山深み杉~ (2, 0.0%)

1 のむら立, の群ら立ち

▼ 山淵左馬介義~ (2, 0.0%)

1 遠の, 遠は

▼ 山淵様~ (2, 0.0%)

1 がいう, の口

▼ 山清兵衛~ (2, 0.0%)

1 の事, の女房

▼ 山清路~ (2, 0.0%)

1 の景, への案内

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の河口, の行担島

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 と聞け, へゆく

▼ 山無縁寺回向院~ (2, 0.0%)

1 が建立, といった

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 ゆるという, るかと

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 かとばかり痩せ, のやう

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 に隠れ住む, の霧

▼ 山獨特~ (2, 0.0%)

1 のもの, の珍しい

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の主, の首

▼ 山生涯~ (2, 0.0%)

2 之極

▼ 山相模~ (2, 0.0%)

2 の平野

▼ 山眺め~ (2, 0.0%)

1 つつ行かな, 見わたす男

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 のよう, の筒袖

▼ 山着姿~ (2, 0.0%)

1 の小娘, の老人

▼ 山碼頭~ (2, 0.0%)

1 に船, を日本

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 という植物, をクロバイ

▼ 山禅師~ (2, 0.0%)

1 その刹那, に師事

▼ 山禽野獣~ (2, 0.0%)

1 に学ん, は人間

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 が住み慣れた, の足

▼ 山程の~ (2, 0.0%)

1 仕事を, 財宝を

▼ 山程も~ (2, 0.0%)

1 あるが, ある昔

▼ 山竜姫~ (2, 0.0%)

1 という, は野猪

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 をおしわけ

▼ 山篠生~ (2, 0.0%)

2 ひ茂りて

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 をいう, 何と景色

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 で風, のよう

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 寧寺と, 寧寺の

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 ではなかつた, や

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 は籠, 依然我白鬚

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 坂へ, 衲とは

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 のあぶれ, は仕方

▼ 山背大兄~ (2, 0.0%)

1 が殺された, を殺した

▼ 山背女~ (2, 0.0%)

2

▼ 山背王~ (2, 0.0%)

2 の密告

▼ 山背風~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の吹い

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 く見ゆ, 承ま

▼ 山芽ぐむ~ (2, 0.0%)

2 春日を

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 で滑り, のやう

▼ 山若しくは~ (2, 0.0%)

1 温泉其物を, 竜頭山であっ

▼ 山茱萸山葡萄~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の婦ども

▼ 山草茂み行き~ (2, 0.0%)

1 なづみ, なづみ骨箱

▼ 山莊太夫~ (2, 0.0%)

1 が故, のやう

▼ 山菊五郎~ (2, 0.0%)

1 の直, の直次郎

▼ 山萄葡~ (2, 0.0%)

1 のしぼり, の房

▼ 山~ (2, 0.0%)

2

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 と笹むら, をわけ

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 だの, や韮

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 たづねますな君, のそれ

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 あり野, を備中地方

▼ 山蘆屋~ (2, 0.0%)

2 の或

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 が附い, とか幼時古老

▼ 山蚯蚓~ (2, 0.0%)

1 が小, をくわえ

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 が浸し, と山蟹

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 山行く~ (2, 0.0%)

1 ての雲, 旅人に

▼ 山見る~ (2, 0.0%)

1 だに咽喉, ところ近き

▼ 山親子三人口~ (2, 0.0%)

2 おも湯

▼ 山詣り~ (2, 0.0%)

1 が殖え, をする

▼ 山護国寺~ (2, 0.0%)

1 は皇城, を定額

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の何番, を追いかけまわし

▼ 山賤たち~ (2, 0.0%)

1 は皆, も

▼ 山赤く~ (2, 0.0%)

2 黄に

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 は泊, をうごかす

▼ 山途川~ (2, 0.0%)

1 の辺, の門

▼ 山通し~ (2, 0.0%)

1 をいよいよ, を甲府

▼ 山進駐~ (2, 0.0%)

1 の皇軍将兵, の皇軍部隊長

▼ 山遊園地~ (2, 0.0%)

1 へと駈けつけました, へ来れ

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 の好い

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 在空翠, 月明多

▼ 山遠い~ (2, 0.0%)

1 人間遠い, 山脈を

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 とも書いた, のみやげ

▼ 山長堂内~ (2, 0.0%)

2 に苧幹

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 に帰す, 夫利山など

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 と気象, を負う

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 りて, れる

▼ 山雄さん~ (2, 0.0%)

1 の弟, は四月二十五日

▼ 山集塊岩~ (2, 0.0%)

1 の丘, の露出

▼ 山霧しげみ~ (2, 0.0%)

2 かも細川

▼ 山霧山ぎりに山~ (2, 0.0%)

2 の施餓鬼

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 しかへる, に至る

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 山を, 山水非水

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の跡, をはいた

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 と刈萱, を振り

▼ 山飛び~ (2, 0.0%)

1 越て, 越ゆる

▼ 山飛騨~ (2, 0.0%)

1 の山々, の谷

▼ 山飛鳥山~ (2, 0.0%)

1 など可, へかけ

▼ 山馴れた~ (2, 0.0%)

1 わらじば, 足どりで

▼ 山馴れない~ (2, 0.0%)

1 この年下, 政子はと

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 さは, さ千五百尺これが

▼ 山高い~ (2, 0.0%)

1 のも, 山低い

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の影, 又は野人

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 という鳥, の飛ん

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の毛, や兎

▼ 山~ (2, 0.0%)

1 の, わしく

▼ 山黄泥岡白沙塢野雲渡~ (2, 0.0%)

1 などという有名, などという難所切所

▼ 山黒く~ (2, 0.0%)

1 海暗し, 聳えて

▼ 山~ (2, 0.0%)

2 が作つて

▼ 山龍子~ (2, 0.0%)

2 の墨絵

▼1* [1854件]

あかずなどいふ, 山あざやかに, 山あそびがいつか僕, 山あたり石屋が隣り合っ, 山あとでそれ, 山あなたの森, 山あやめも知れ, 山あらはれぬ, 山あるいは山脈は, 山あるまいと思ふ, 山あわただしい物音が, 山いくさ, 山いくらで滅法, 山いただきかけて煙り渡った, 山いたる所に, 山いちごの実, 山いちじくのつぶら, 山いちめんの小松原, 山いっぽうは深い, 山いつづく谷の, 山いなの古江, 山いまも恋しき, 山いま大空にあらはれ, 山いや銭の, 山いよいよ近くより, 山いろづきにけり, 山いわくわれを穿つ, 山うきことよそに, 山うち越え見れば, 山うっとりと花, 山うつくしい山好きな, 山うつくしき我れ, 山うつる鏡も, 山うらの山毛欅, 山えらいぞ金太郎, 山おち椿ふむ, 山おなじ姿に, 山お伽噺の中, 山かいわいは市内, 山かきくらし時雨るれ, 山かく高く天, 山かくれがの松, 山かこむ枯野の, 山かたじけなさに, 山かづらにあつ, 山かとばかり御祖師花, 山かとも思ふ地, 山かぶる山よ, 山かへ放って, 山かもんのすけという, 山からけふは, 山からでも伐つて, 山かんな女興行師につかまっ, 山かん政治家石川五右衛門成金女郎屋の亭主, 山かん横町というの, 山かん野郎のペテン師, 山か月かなし, 山がけの旅, 山がちなところ, 山がにの鳴らすが, 山がには黒く太かりき, 山きりか, 山きわに轟々, 山ぎざぎざに白し, 山ぎはのすこしづつあかみて, 山ぎはの線はいふ, 山くさったまるた, 山くじらを売っ, 山くずるるも, 山くずれとばかり下, 山くまの屋なみ, 山くらいはある高台, 山くれ野くれ行ったれ, 山くろくして, 山ぐみの木なの, 山ぐみ苺ばらどちらもさみしい, 山ぐらい乗りこえて, 山ぐらいの大きい隕石, 山ぐらいもあるまっ黒, 山ぐりの落ちる, 山ぐるみ地所附だと, 山ぐるみ買つてしまつてもい, 山ぐるりと一廻転, 山けいこ漸く進む, 山けたたまし跳り, 山にげに, 山ゆる牛, 山こえゆけば落葉松, 山こそがむかしの, 山こそは木浦随一の, 山こっちの古本, 山こともなげなる, 山ことに高しとには, 山こはしの土工, 山こめて秋, 山こん度はほんと, 山ごえを, 山ごぼうの房実, 山ごまと言う, 山さがりにずつと離れ, 山さくらかな, 山さしでの磯, 山さっそくにやって来, 山さながらの偉大, 山さもこそと思った, 山さゆかばおれ, 山さわぐ印南野の, 山さんぢやありません, 山さん自身本読みする念, 山さ君らもあの, 山さ来てらたもな, 山さ行つて粗朶を少し, 山ざかいなら眼をつぶっ, 山ざかいを越え雲, 山ざかい沂嶺のいただき, 山ざむらいも皆, 山ざる山ざるという人, 山しう見えて面白げ, 山しげけれど, 山しげ山しげけれど, 山したるもの, 山しづけさよ重なり, 山しろの泉, 山じゅう爆発でもし, 山すぐ目の下には, 山すでに晦く, 山すみれ藪をあるけ, 山ばみ, 山せばまッた, 山せまき土地俄な, 山そうに, 山そういう物に, 山そうしゅんというの, 山そこへ没入, 山その他二三しか見られない, 山その他諸国の山, 山その間に海水, 山そばにて, 山それでワザ師で, 山それらの上, 山それ自らが息, 山それ自身が高大, 山ぞい町からすぐ, 山ぞろいである, 山づといへるは今の, 山たかく河大いなる, 山たずね尋ねて尋ねあてた, 山たちどころに鳴動, 山だけになつてし, 山だたぢや, 山だつたが島原町, 山だつたら一度見せ, 山だなア娘っ子お前が, 山だらうと思ふ, 山ゅうのは乗鞍岳だした, 山ちょか, 山ちょう山により自然, 山ぢゆうの男達, 山ってば温泉の, 山っ子ではない, 山つたひに, 山つつじ小松のもと, 山つつじ篠笹などが密生, 山つづいては上野山内, 山つづきであること東京から, 山つづきなので蟇, 山つづき掘り切りけん, 山つみの神, 山つんでも売りきれる, 山づくしとか種々, 山づたいに上卿やしき, 山づたいに不破へはいった, 山づたいに二人はようやく, 山づたいに伊賀の卯木, 山づたいに児ヶ淵を抜け, 山づたいに六浦の方, 山づたいに四明ヶ嶽を越えれ, 山づたいに常陸から下野, 山づたいに往還できる, 山づたいに徳島の方, 山づたいに搦手の雑人門, 山づたいに数千の兵, 山づたいに月ヶ瀬から伊賀, 山づたいに東京都の西, 山づたいに甲州へ落ちのび, 山づたいに誰にも知られず, 山づたいの日本アルプスの裏, 山づたひに古い松, 山づたひに隣字へ通じる, 山づたひに駿河路に越え, 山づとかは知れませぬが, 山づとぞ是とのたま, 山づとであつたのでそれを群臣, 山づとで此を里, 山づとで鬼木と言うた, 山づとと取り易へて里, 山づとと言ふ語, 山づとなる木を門前, 山づとにして分霊献上を意味, 山づとの一種であ, 山づとを家の内外, 山づらの一間余, 山てえものは, 山であったら拾ってみる, 山でありますからこれ, 山であるらしいのは, 山である忘れられない山である, 山である行けども山, 山でがなあろう, 山でございまして中, 山でさえこんなに寒い, 山でしてね恐山, 山でだって空気は, 山でないと同時に, 山でなかったかいや, 山でりょうをなさるのがそれはそれはお得意で, 山で御座るぞ, 山というか知らんが, 山というはどの辺, 山といふのはねあの, 山といふほどのものは, 山とおもひ, 山とかいふに登れば, 山とかの金高なお宝ものを, 山とかを仰いで, 山とこそ名付たれ, 山としての光栄を, 山とては幼かりし, 山とでなんぞこんな都々逸, 山とでは山の, 山とと云つた, 山となせるは, 山とについてのドイツの, 山とのみ見られたの, 山とのみにありて, 山とぶなの木々, 山とまではいかないが, 山とやらの下に, 山とよむまで啼く, 山とより出來, 山とをかたみがわりに, 山どころか自分が, 山どっちを向い, 山どよみして鵲, 山どん底寺と申し, 山なあみんな買い取っ, 山なぜ黒いぞな, 山なぞに手を, 山なぞには姿の, 山なぞは用の, 山なぞを見ると, 山なつかしい雨と, 山なつかしく草萌ゆる, 山なつかしみ出で, 山などから衛士が, 山などでは見ること, 山などでもかつて西河内, 山などというのが, 山などといふ峻嶺が, 山などとの称の, 山などにかかつた, 山などにはなかなか沢山居りました, 山などにものぼりぬ, 山などへはいるとき, 山などもあのまま, 山なみ日頃隱されて, 山なみ雪にた, 山ならざるべからずここにおいて, 山ならでは見る, 山ならねどふくろ, 山なりとは衆評の, 山なんかが多いの, 山なんかもこれは, 山なんぞがケチを, 山なんぞというものは, 山なんぞに登って, 山なんぞは見たくない, 山において恥を, 山においても吉川元春と, 山にかへりけむ, 山にけふや, 山にさえ少なくなった, 山にぞありける, 山にたいしてギザも, 山についてばかりでなく一般, 山についてもいう語, 山にてこそ見るべけれ, 山にてや問は, 山にとつてあたらしい, 山にとっては外国の, 山にとり囲まれた平原, 山にべッたりと, 山にまで連なって, 山にもナ楠孔明が, 山によってはカンジキの, 山にわたつて, 山にをどる, 山にんじんやオランダ, 山に対し次の, 山に関してだの生活に関してだの, 山しと, 山ぬけでもすりゃ, 山ぬし先づ微笑み, 山ねえあれが, 山ねこ呼出躍り子, 山ねこ雑多な名, 山のうといふ語が, 山のうねになったところ, 山のうへより目守る, 山のうへだけ濁つた水色, 山のうへでトタンの, 山のうへのみ寺に, 山のうへをばふわ, 山のきこり仲間に, 山のけむりのこなたにも, 山のずつと先から, 山のせも單調, 山のせゐで飛びぬけ, 山のてまえに, 山のとほざかる山, 山のばあさま, 山のべの村で, 山のぼりたち國見を, 山のぼりとなつて友人たちの, 山のぼり会は雨, 山のぼり用の道, 山のみがその裾, 山のみに限らず温泉, 山のみねゐたを, 山のみは樹木鬱蒼として, 山のみを渇仰の, 山のやしきへ, 山のよこを, 山はくづれ崖はなだれ, 山はけはしく, 山はじめ両親はかえって, 山はずれを西, 山はぜ丁字桜山ぼうしかまづか, 山はどえらい値, 山はなを曲る, 山はなはだ不高, 山はのぼつても, 山はよかつた, 山はよかつた, 山ばかりか我が家の, 山ばかりしか見えない, 山ばかりじゃ手を, 山ばかりな一孤峰だ, 山ばつかだ, 山ばとの鳴く夜, 山ひそかなる砂, 山ひつじとおも, 山ひとつこっちで領主, 山ひとつマハベリガンガと云, 山ひと山なだりとも, 山ひらけて大原, 山ひるぶよその, 山びやうぶの中だ, 山びるのよう, 山びるをつかんで青くなった, 山びんに入れ, 山ふかみ世, 山ふかうして, 山ふじの杖, 山ふみをしつ, 山ふりさけ, 山へかかつて一山, 山へてっぽうを, 山へというような, 山へとか頭に, 山へとて天野長川を, 山へなんか行かれるもん, 山へはから身で, 山へへえつと, 山へまゐりました, 山べにはやたら生, 山べは椎も, 山べをも馬車より, 山ほかに尋, 山ほころび初めしつぼみ, 山ほととぎすいつか来鳴かむ, 山ほととぎす汝が鳴け, 山ほりたち合点といっせいに, 山ぼうしかまづか等, 山まさかにた, 山まずそちが, 山まだ明れ, 山まっ白な山, 山まつたく一山とり出させ, 山まつりせん老の春, 山までと思ひしも, 山までへの鉄道に, 山まゆの繭, 山まるで野生の, 山まろき, 山まろ山の低, 山みさきまた藪いたち, 山みち暮れいそぐりん, 山みち模様を縫い, 山みな峨々として谷, 山みな燃ゆるといった, 山みな甲斐に走りけり, 山みるにお, 山むかふが穏やか, 山むこうまで陣地, 山居るな, 山めぐりをしてから後はまた, 山もう八時間山の, 山もかくる, 山もしくは岡の, 山もて囲まれたる湿地, 山もと杉たてるかど, 山もはやしもけふ, 山もよかつたし, 山やだの巖松堂だの, 山やに商売に, 山やまや出羽の国, 山やや近し時に, 山ゆきすがたで, 山ゆき姿で来た, 山ゆりでで, 山ゆゑに深山つつじ, 山ゆゑ夜のしづか, 山ゆ佐保の内, 山ゆ帰り来ぬかも, 山ゆ秋津べに来, 山よい海よい, 山ようやく窄り, 山よし天気よし, 山よりかへりしといふ, 山よりとして署名が, 山よりに建てられて, 山の名, 山らしくまもることを, 山ら皆これに倣, 山わが家のそら, 山わたりして, 山わると称, 山をかかけ, 山をけふか越ゆらむ, 山をだけしか見る事, 山をとへば此川南の, 山をにぎはさないでもあるまいと考へ, 山をね貴方お, 山をは降りに, 山をや水をや, 山を以て囲まれた町, 山アララット山の山巓, 山アルメンテラ山を経, 山ア坊主にし, 山イエルサレムの反, 山イヤ谷と呼ぶ, 山ウチワ太鼓に埋まっ, 山ウロと申す, 山エリコナにあり, 山オクデ一生ヲ終ルナンテ, 山カデと呼ん, 山カムポ山アルメンテラ山を経, 山カンだが, 山カン野郎さ, 山クジラロクなべもときどき, 山グミが生え, 山ゴボーの干葉, 山ザルだ, 山シギも子鳥, 山シシリー島にある, 山シダマという名, 山シダマシシぬぐと, 山スキーの霊場, 山スゲなどと既に, 山スノードンに登った, 山ズイコ木ズイコ棒ズイコは明白, 山セキレイがその, 山タロ芋の更に, 山ダシの堅ゾウ, 山ダニに取, 山ダンテの生地フィレンツェ, 山チイだいこんの六人組, 山チイ私の三人, 山て按摩, 山ツイ其処に見ゆる, 山ツイ其處に見ゆる, 山ツツジレンゲツツジなど石楠花科, 山ツーグスピッツェを一目, 山ツ気のない, 山アル, 山トヤランノ御供スベシ急ギ介錯セヨト有シカバ, 山トンネルまたトンネル, 山ト曰ウハ瀘水甘南水, 山ナシという水域, 山ニモアラズ水ニシモ非ズ, 山ニ死ス, 山ニ鬼声ヲ絶ツ, 山ヌケ出現し田畑家屋人畜草木, 山名トス, 山ノマヂカク指向ヒテ見ユル, 山多シ, 山ハ伏覆, 山ハ当村ト薄村ノ両, 山ハ河田羆氏ノ西征地理考ニ, 山ハ私ガ実際ニ感ジルヨリモアマリ平面ノヨウデス, 山ヒダが遠望, 山プニュクスの岡, 山ヘイ四年以前に御座候, 山ホテル品川へ行った, 山ボタン雪ふりしきる, 山マッギオ山カムポ山アルメンテラ山を経, 山ミサキ藪イタチまたは小, 山モミヂオヒヨウ楡ハンの木, 山ヨリ重シ, 山ロシヅヱとかいう人々, 山ロシヤ人の死骸, 山ワロウというあるいは, 山一〇〇〇の物凄い, 山一〇〇〇メートル級の山々, 山一たび轟烈爆然火を噴く, 山一つあなたへ獅噛, 山一つ南へ越えました, 山一つ樹木がこんもり, 山一つ距てた此処, 山一体を近頃, 山一円どこを見, 山一名富士隠の外, 山一山これ島島中絶えて, 山一帯巌石の峨々, 山一目寺と云う, 山一面は海, 山七十餘丈落ちたぎつ瀧, 山七里を北, 山万岳烟と真中, 山万岳鉄桶を囲繞, 山万岳雪に蔽われ, 山万峡嶮岨を越え, 山万峰は皆眼下, 山万巻の経典, 山万松岡独立墓の側, 山万水いまが一ばん, 山万水峨々たる山道, 山万水楼といふ, 山万水道はいかに, 山丈山姥などを総括, 山三さまの御, 山三そっくりなん, 山三五郎土地の御用聞常吉, 山三五郎樣だ粗相, 山三十八万町歩にもわたる, 山三十八万町歩あまりのうち, 山三味線けいこす, 山三国の峰, 山三大部に分る, 山三年間お借上げ, 山三脚を据える, 山三観を刻, 山三輪晁勢氏の綱渡り, 山三途の川のお供, 山三郎これに於, 山三郎一人で乗込ん, 山三郎一人不服でございますから, 山三郎仔細あって, 山三郎土下座を致し, 山三郎媒介いたして, 山三郎心遺さず勇ましく, 山三郎手を突い, 山三郎折入って, 山三郎様と仰し, 山三郎様粥河圖書という手紙, 山三郎殿拙者がこれ, 山三郎江戸屋半治, 山三郎熊谷精一郎林庄七郎渡邊剛藏等と合した, 山三郎生年十五歳天下に名, 山三郎私用あって, 山は大空, 山上りの意味, 山上れば峰, 山上京したるばかりの, 山上総に鬼涙山, 山上野に赤城山, 山上野台の丘陵, 山下りてしまいましたら, 山下り福島へ行く, 山下総に海上山, 山不二の眺め, 山不二三頭雲取大, 山不二山箱根大山を眺め, 山不動の開帳, 山相海, 山をふりすて, 山丘地から来る, 山両人をかえりみる, 山中国では大, 山丸い山が, 山丹人毎年一次ずつ小船, 山丹地方と交通, 山丹満州と交易, 山丹花を見る, 山主筆の面, 山乃勝山なり, 山之間信實追討之訖, 山乗越を越えた, 山乙女あり, 山乙女峠長尾の肩, 山九澤九州等と九, 山也刀の刃, 山也樹木なき山也, 山亀戸天神なんぞいつか古顔, 山は三河國藤川在岩井村百姓十兵衞, 山事務所でその, 山二つ響き高鳴りて, 山二三尺ほど後, 山二世帝を弑した如き, 山二十一と十七, 山二十八両の約束, 山二十八兩の約束, 山二千尺前後の高, 山二日一の輿丁, 山云其山のくだけ, 山五萬坪の藪, 山五郎は関五郎, 山井戸であった, 山の地車, 山京町大笹屋, 山人間の山, 山の別荘, 山仁さんはまた, 山今一方が主, 山今戸焼の鉢, 山今日で十日, 山に胆, 山仕事野良仕事の手伝い, 山仕度で庭, 山仕舞いの日, 山の説, 山仙洞と同義, 山以上六郡越後の内, 山以來のこと, 山以前に, 山以来七兵衛を見れ, 山以来余と居士, 山以来彼の温容, 山以来恩義に思っ, 山伝い峰伝いに姜維, 山伸入浴食事すると, 山伸等で飲む, 山重螺水, 山低しといえ, 山住む仙女らは, 山住民の内, 山佐知毘古として毛, 山何かとご苦衷, 山何ぞ青き, 山何と申しましたっけ, 山何れの処, 山何処平沙望漠然, 山何百年とたった, 山作りや足跡, 山使者の廟, 山侍医伊沢一安久矣今聞其訃音, 山の, 山保津川の風景, 山保護の精神, 山信仰を見る, 山信行寺海念和尚の弟子, 山俵一八郎などと申す, 山りに, 山備前邑久郡裳樹村大字五助谷字通り山美濃恵那郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 山ひに, 山傾斜地の葡萄畑, 山働きの者, 山優勢を以て其大場所, 山光勝寺との因縁, 山光島影に接, 山光水色ために異彩, 山光雲煙を破り, 山兎野兎また野猫児, 山は天皇, 山党仲間には早くから, 山入り山のけしき水, 山入れて柔かい, 山全部が青々, 山兩君を起し, 山八ヶ岳颪が吹く, 山八月雲猶白, 山八萬宮に對, 山八面の比, 山公様が蘭奢待, 山公附の女中, 山六つまで焼き, 山六七分以上ハ草木生セサル程, 山六湛寺を尋, 山六船に而讚岐金刀比羅宮参詣, 山共居宅に在, 山兵二百人に擁され, 山兵軍は規律整然, 山其平左衞門には外, 山円通寺跡の丘, 山円通寺跡大智禅師墓碑そしてキリシタン墓碑, 山は南海, 山冷えに嚔, 山冷めたく清らかな, 山凡そ三四百間遠き處, 山の, 山の中, 山出流山等は平野, 山切れには折々, 山と草刈, 山が斜め向き, 山初めての盛儀, 山初め有力なる朝日, 山別けにする, 山利きこと刀の, 山をまた, 山則ニ依ッテ罰スモノ也, 山削る裸の, 山前山はしろし, 山前月尼連河上風跡残霊樹下塔聳宝林中堪喜千年後, 山前村へさしかかる, 山前田組の大, 山剰水といわれる, 山剱岳に圧倒, 山割り鬼で花祭り, 山加賀の方, 山劫楽寺の住職, 山労働者は宝石, 山勇み足で負け, 山な地方, 山勢さまから, 山勢さんのお嬢さん, 山勢俄かに蹙まり, 山勢千賀子さまあなたはそこ, 山勢奔馬の如き, 山勢屹然千仞余砲門高構圧坤輿金城鉄壁独難比恐是当初帝釈居, 山勢氏に学び, 山勢渓流いよいよ非凡奇抜, 山勢蹙まりて窮谷, 山勢附近の山岳, 山北二荒山赤城山吾妻山西北に浅間山, 山北岳間の岳, 山十二名あげて, 山十五景の狂歌, 山十国峠と峰, 山十観の一つ, 山千仭の谷, 山千別舎の号, 山千古斧入らぬ蓊鬱, 山千海千のした, 山千秋庵白雲房あたりの名, 山千谷みな火となっ, 山午蒡の, 山半楼の内, 山卑怯なるぞ, 山南条という二等兵, 山南泉寺と云う, 山南海のはて, 山南濃州に向, 山占いをした, 山占い通りいささか良人, 山厚く畳み嵐気冷, 山友達二人とともに白馬岳, 山友達山野三郎君や有名, 山叔母の尼, 山取ることありません, 山叡光院という寺, 山叢林園苑孤樹靈廟に歸依, 山応神宮, 山古見及び原, 山只一本の金剛杖, 山只雲で包んでしまつた, 山可有之候, 山台の下で語ったおり, 山史思明安慶緒などは申す, 山司令長官の戦死, 山合戦へ移行, 山國沙流郡上ピラトリ膽振國勇拂郡鵡川川筋カイカウン同, 山同じような, 山同じく大和の, 山同人妹富こと小夜衣石町二丁目甚藏店六右衞門麹町三丁目瀬戸物渡世忠兵衞ならびに同, 山同志は立会, 山同時に見える所, 山同然だと, 山同道にて助太刀, 山吐月と詠じたる, 山向かハイ藝州の, 山君僕は此の間非常, 山君君は碁, 山君山千秋庵白雲房あたりの名, 山吠え谷叫び火は, 山吹上山里の方, 山呼拝舞し退いたと, 山咲月末に又, 山商人に引っ張りまわされ, 山善左衛門等と図った, 山の洪水, 山嘴突端の逆行, 山四囲のうち, 山四岳雪だったろう, 山四河の中, 山図書館へ送っ, 山国府津と家, 山國人の體格, 山國産らしい肩, 山國育ちでこんな, 山を半周, 山土佐の蹉陀岬等, 山土十車代等千円である, 山土産としてこの, 山奉天省南部諸山中有, 山在役当時の上役, 山在所の由来, 山地獄の谷, 山垂根が女, 山埃水入吟眸, 山城屋主人自慢の生, 山堀秀政の東野山, 山の中, 山堂木神明街道中ノ郷の諸, 山堂無月ノ夜, 山堡占領の二号活字, 山塔如意輪観音大竹林隠窟, 山の詩, 山塩津方面を監視, 山塵会というもの, 山境木曾の妻籠峠, 山境蒲田に第一歩, 山境鳥首峠が遙, 山墾海物産を蕃殖, 山壁紺青の湖, 山に立, 山れの, 山ぞ落ちくる, 山声水声雨声しづかにもしづか, 山壽經寺が徳川幕府時代所謂傳通院殿, 山夕べは磯, 山夕冷早しくろぐろ, 山外史を読む, 山多く骨をあら, 山多けれども関東, 山夜雨時と詠じた, 山大いなる空千里を, 山大きく加うる, 山大和の大峰あたり, 山大将閣下以下一万の勇士, 山大小の岩石, 山大岩山茶臼山足海峠など余吾, 山大根畑の波, 山大烏帽子山小烏帽子山云云, 山大覚寺というの, 山大阪で申せ, 山大高山小高山, 山に連ら, 山天下の第一人者, 山天狗手稻の諸山, 山天邊に寸碧, 山太田西戸部あたりの靜, 山太郎氏が傍, 山を爭, 山奈良茶の昔, 山奉行辻安兵衛山廻伊藤刑部と書いた, 山奧越後境三國峠の中腹, 山女らしくないい, 山如意ヶ岳すぐ背後, 山如月寺と名, 山は種類, 山妖木魅を駆る, 山妖水怪のたぐい, 山妙法寺の藤井行勝師, 山に逢った, 山姫いずれかにしよう, 山姫ラウテンデラインといふ, 山姫様御意遊ばす, 山姫神は又, 山姫神トイフ御岳山ノ記ニハ大国玉命トアリ, 山姿すべて鮮らかである, 山姿高峻優に秩父連山, 山媚水明に加, 山子持山北にあたって草津, 山学寮出奔この方何十年音信不通に相, 山守備隊の近く, 山安楽園皆な盛処, 山宗及居士と申候, 山宗山か, 山定立病院に收容, 山宝祥寺の住持秋山暁道師, 山宝重寺と云, 山のなった, 山家族とも千五百, 山と音, 山寂々焉たる禅味, 山寂光院といふ寺, 山寂寞兮巌泉旧蕭条兮烟霜新, 山になつ, 山の七古, 山密林で蔽, 山寒ければ火, 山寨七百人の手下, 山寨上における一夜, 山寨入りしたお方, 山寨妙高山へともかく, 山寨岩窟中に一党十余名, 山寨構えをし, 山寨附近の山蔭, 山寸余の芝生, 山寺山長良山などに散開, 山対駒ヶ岳の立合, 山将軍だって字, 山小便せむとするに兩手, 山小学校に通学, 山小禽が腹毛, 山小舎式の珈琲店, 山小菅なびかす風, 山少くおもむろに石, 山少しく凹む所一條, 山少女をば星, 山少女湖ぞひゆけ, 山尼了然が, 山尽きて谷, 山尽き下ガリラヤの平原, 山尽しだとか獣類, 山山みなよからざる, 山山上に, 山山山山もう八時間, 山山岡紀一郎の上達, 山山男殿と上書き, 山山脈にさえぎられ, 山を以て成立, 山岩崎日差山などのあいだ, 山峙河流は其常, 山峯続きの中, 山峰雲間に突出, 山島地黙雷南条文雄村上専精森田悟由釈雲照勝峯大徹, 山島民譚集一に馬, 山島田からの荷物, 山峽六十戸ばかりの小さい, 山峽部落には古く, 山崖下の細流, 山嵐山すべて寂とした, 山嵐山赤壁渓の附近, 山嵩山は崇拜, 山嵯峨たる岩, 山の塁壁望楼, 山嶋氏などのお, 山嶮湖沢城市塁寨平野などさしも, 山の姫たち, 山巍然として雲表, 山巒前面を圧する, 山巒地方から山襞, 山巒松声いかにも苔, 山巒重畳するところ, 山かなしく死ねる, 山川木草石等の神, 山川森沼御勝利, 山川等の文字, 山川雲を見あげた, 山州宝寺の城, 山州黒猿善く酒, 山巡りするという古い, 山巡る麓に, 山巡吏の監督, 山左手は足もと, 山左衛門伊十郎常磐津では松尾太夫, 山左衞門旦那は百姓仕事, 山きな, 山巫峡を越え, 山師付の森, 山へハイキング, 山常念岳の雪, 山常磐の山海, 山常陸に筑波山, 山年中晴れ渡つた, 山幾つの橋, 山幾個かの谷, 山幾重君が館, 山幾重雲幾重鳥は高く, 山広くは東方, 山庄右衛門の, 山庄左衛門の, 山のアンティオクス, 山は覆され, 山座円次郎氏に遇った, 山へはいりこんだ, 山の窓近く, 山の我, 山続し, 山廷さんそして奥さん, 山て海, 山廻してかへれる, 山廻りせむとする也, 山廻伊藤刑部と書いた, 山弁当の大きな, 山弁才天山など峰々, 山の方, 山式風説は認めず, 山引退相撲横綱土俵入照国羽黒山双葉山の三横綱, 山弗擾が費, 山二月紋次郎痘死之由, 山当てた金で, 山当てるツモリの, 山彦甚太は外, 山役人木下闇を分け, 山役人達は妙, 山役詰所へゆき, 山役銭を課した, 山は聖都, 山彼岸詣でのかげ, 山径づたいにいそいそと連れだって歩い, 山径四里と聞い, 山径水涯を過ぎ行く, 山径草深くし, 山後ろに最も, 山後君がにわか算段, 山後山前処処梅, 山後氏帰社反町氏も帰る, 山徒これを叡山, 山得意の小夜衣草紙, 山御幸町の人, 山御旅館へ御, 山御殿そのものでありとすれば, 山御霊屋へ御, 山復山など綴直し, 山徳ぢや借り, 山徳音寺に行き, 山心中夜の部, 山や平家伝説, 山を有っ, 山恋いではないだろう, 山恐れながら然樣, 山迫り来りて, 山感情を塗りかえした, 山慣れた健康者夜半に, 山慣れない人には, 山應擧の畫, 山懐かしい金峰山これが, 山ひに, 山戎之戯とある, 山戎固有の遊戯, 山戎征伐に遡らせ, 山戎等ありて, 山が全日本, 山戦野戦又は水戦, 山房当時の状, 山房林室のうち, 山扁土扁などの語, 山手前の水面, 山批評家よりも余程, 山拾得牧渓江天暮雪大名物瓢箪茶入, 山拾徳見たいな, 山持たちは山, 山持たん者ぢゃ話にならん, 山持って来, 山持っとる者は, 山持つて來, 山持土地の大尽, 山持田地持の類, 山指し出た所, 山挺立の中, 山採りのその, 山接せむとするに方って, 山提灯を携え, 山提督の仇, 山し致候得共, 山播州西部の山岳, 山擬宝珠の花, 山攻めは見合せろ, 山政道君であった, 山故郷の水, 山教授白面の青年, 山教授西一郎赤星ジュリア矢走千鳥という面々, 山はまだ, 山の影, 山文女喜代女及三沢老母, 山斎けふ見れば馬酔木, 山斎属目の歌, 山斎牡丹以下十首の詩, 山斎牡丹四月十三日静宜亭宿題, 山斑雪また吹き, 山の如し, 山料地に蒔ける, 山斜風凄雨春蕭颯, 山新緑鬱茂して, 山旅幾十年をへだて, 山暮れて, 山日光山そびえ東, 山日影を見る, 山日本武尊以来の歴史, 山日記を翻, 山明かなるにて別峰, 山明治の初年, 山に変らず, 山昔サマリヤ人のエルサレム, 山の新年会, 山春主催の函館義捐, 山是一端に隆起, 山時分じゃない, 山時鳥くもに鳴くなり, 山晉望也の句, 山普通にアララット, 山景風光ともにすぐれ, 山晴れて見, 山暖かい路, 山暗く夜は, 山暗し灯の, 山暮れゆくを見, 山曇りと云う, 山更にしんしんとし, 山としてある, 山最も大に, 山最早めづらしくも無し, 山月桂樹の枝, 山有り名を, 山有れば巌, 山望村にいる, 山望田甚瀟灑矣先生有詩次韻賦呈, 山朝日をうけ, 山朝熊前山の諸, 山朝熊嶽五十鈴川宮川の風, 山木之本などの第, 山木立は彼女たち二つ, 山本物の森林, 山の風まれ, 山杉丸太の山々, 山杉木立明るい錆金色, 山の花, 山材大石を積ん, 山村里のその, 山杓子を授けた, 山杖ヒュッと虚空, 山杖一ツを力, 山杜鵑啼き渡る五月上旬, 山杜鵑若葉に啼く, 山来り巌近づき, 山は荒山, 山東方の空, 山東条の麓, 山東西に低き, 山東西茨城郡界の哺時臥山, 山松かげに萱, 山松の木が多い, 山松尾の三山, 山板倉勝明撰の墓碑銘, 山林それらの怨み, 山果庭ニ落チテ朝三ノ食秋風ニ, 山果物畑の山, 山果猴摘ミ池魚白鷺含ム仙書一両巻樹下読ンデ喃々, 山し盡, 山枯木に対して血, 山枯草山その間を縫う, 山某役に当り, 山柳圃晴湖等その他各方面, 山柳瀬山高山に出雲民族, 山栂原山ヤケノソリエンマノトヤ等の諸山, 山栗アリ極メテ小ニシテ一年ニ三度, 山栗ハ諸州ニ在レドモ, 山栗一袋買いこむ, 山の枝, 山案内人中山彦一君等の生命, 山案内以上に親しい, 山案内的のもの, 山桑畑の鶏, 山桔梗二株活けた女郎花一本, 山桔梗撫子苅萱女郎花萩等等等野は山, 山梅さく頃は加茂川, 山梅年と云う, 山梔のかはり, 山梔色の染め糸, 山の花, 山または多く, 山森岩の形, 山森林保護の目的, 山森畑寺遠き牧場, 山椙山の方, 山椿丹念に落す, 山椿山椒の魚, 山椿照りおそろしき真昼時小僧, 山の家, 山楚水蘇浙小観北清見聞録長江十年観光紀游征塵録満洲, 山極氏とどっち, 山楼画学斎その他の号, 山楽のは柳, 山楽光悦宗達等の色彩絢爛, 山楽家康がしばしば, 山楽永徳であるか, 山楽荘といふ此, 山の混合林, 山榛の木やわけ, 山榛の木沢胡桃などが悄然, 山槐記といったよう, 山槐記治承三年六月廿二日条, 山様拙者万吉を召し連れまし, 山や永徳, 山樣矢の飛ん, 山権現等であるが, 山樫君の創った, 山樹木が茂つて, 山樹溪流また明, 山樹空濛として四顧只雲烟, 山櫨木瓜に似た, 山櫻單瓣の雪, 山櫻移し植ゑられてその幾千萬株, 山の林, 山欅樹に身, 山次第に峰が, 山款冬の茎, 山款冬数十茎を折っ, 山歌麿の類, 山歓んで飛び上がる, 山正園を訪, 山を去る, 山此二人もいた, 山此山に狹まれ溪流, 山歩き慣れない雪の, 山死出の山老の阪, 山殆ど岩石の途, 山殆ど赤松のみである, 山に谷筋, 山殊ニ多シ, 山段峯までも見え, 山殺しという綽名, 山毅然と聳え昨年縦走, 山毎年二月に入り, 山比叡先達は桐紋, 山比女の, 山比良の高根, 山毘沙門縁起来迎寺所蔵十界図の条, 山毛戸の源太郎, 山毛虫になっ, 山氏高橋氏の臨席, 山民たちは希望, 山民一行の祭, 山民習得て一身慵, 山民間に起った, 山氣冷かに衣, 山氣多男澤氣多女と准南子, 山氣日夕佳なりとある, 山氣澤氣の氣, 山氣男多しと, 山水の手も無事, 山水仙を祈つ, 山水家すべてが好まし, 山水戸の第, 山水落つる庭を有, 山氷河および地殻, 山氷雪中の竜瓢, 山永く栄え人, 山は蒙, 山汝如何程申ても申口, 山池裸女の群, 山池野原川岸土堤寺宮の境内, 山汽車に乗り替えました, 山河これらに私, 山河内平晴れた日, 山河畔に咲き乱れる, 山河草木池都会ごみ溜ビルディングの窓, 山河野は我々, 山沿い川沿いだぜ, 山泉水のやう, 山法恩寺をはじめ, 山法華三昧寺多田院と言つて, 山泗水の間, 山の谷, 山洗足寺という寺, 山洛川いにしへの, 山津浪のごとく流込む, 山津軽の十三潟, 山洪水がすさまじく, 山洲崎なんどいずれ月見, 山に屬, 山流舞の, 山浄土画像一鋪と載せ, 山浅草餅の震災後, 山浅間山木曾の御嶽, 山浜名の海, 山の, 山浪曲では春日亭清吉, 山浮き沈む路, 山浮世をよそ, 山海そのもののなか, 山海抜千六七百尺に過ぎず, 山海湖などがもし, 山消えて沙, 山淡く描かれたり, 山深うして, 山深き幽僻地の, 山深く暑を避けたる, 山深ければ千歳, 山深し朴の, 山深み尋ねわびてや, 山深み山深み果てがない, 山深み月日も知らず, 山深み果てがない, 山淳良な氣風, 山淵殿の御, 山淺間山天の遙, 山清塚本周三西隆窪川イネ等の由, 山清澄にし, 山渓斎英泉の二人, 山渓斎英泉鳥居清峰らは不幸, 山温泉客を此処, 山よりもズット, 山湖山両子の美育社, 山湖山画家では老, 山湖水を渡る, 山湖集つた人人を眺め, 山湧き河流れ, 山満月寺の遺蹟, 山滑かな山嶮しい山, 山を残し, 山滝村いうたら岸和田, 山滝村イ預けよった, 山滿月寺といつ, 山漁村を含む, 山漆鶴虱のこと, 山の魚売, 山見路, 山漸くあらはる, 山潰え水漲り, 山澄六蔵は却って, 山澄吉蔵というもの, 山活だの, 山濁った海の, 山濃い紫紺色の, 山のいき, 山火事あとの落葉松林, 山火事ぢやない, 山火事やつたら炎, 山火事無用じゃ, 山火事警戒の赤い, 山の下, 山ありしとき, 山為海万畳雲濤露一峰と詩, 山焚火でもする, 山無為寺の住持, 山のした, 山うでは, 山焼くやひそめき, 山焼岳などの下, 山焼残寺が一院, 山のよう, 山煙草の花, 山煙雨の情, 山熔岩で埋められ, 山熱海はたちまち, 山燃えし煙も, 山爲事なの, 山と云, 山父馬を山子, 山爾金有等麻宇之多麻敝礼御心乎安吉良米多麻比, 山牛王院山が挙げ, 山牛王院山唐松尾などという名, 山牛蒡つる草蓬蛇苺あけびの蔓, 山牛蒡反魂香と云う, 山牛蒡山獨活春は一面, 山牢制度ができた, 山牢生活に自分, 山牧百峰宮原節庵が江戸, 山の条下, 山物凄き夜の, 山物語りにホロリ, 山特に日本アルプスには, 山特有とまでゆかなく, 山特産のウスバ黄蝶, 山の雄偉, 山狐色の波, 山みて, 山狼火を上げ, 山猪和名クサイイキ俗称イノシシという, 山の峻, 山獄ダマラ族らと僅少, 山獨活山人參山蕗ことに自然薯, 山獨活春は一面, 山が持参, 山玄関先を本, 山玉鏡に可憐一点, 山瓜生山から白妙山, 山生活がなお, 山産物の豐富, 山はトランプ, 山を見廻し, 山田屋和三郎方にいる, 山由利滴水橋本峩山新井日薩七里恒順などという人々, 山由布山のなだらか, 山甲州の山, 山甲斐の白峰, 山男らしくて面白い, 山男山を見, 山男座山を経, 山画伯と呼ぶ, 山の争い事, 山界隈の紀, 山なくし, 山畔日将に, 山畔路叉を成す, 山畠輕便鐵道の歩みのろし, 山病院から頸, 山する, 山痩多見骨, 山登以外に體, 山登美でひらめ, 山白き鼠色黒に, 山白くして, 山白河附近にては最も, 山白洲屋御床網である, 山白雪に埋められ, 山百万の化物, 山のやや, 山盛一ぱいのせて, 山盛一升の一口茄子, 山盛三杯の飯, 山盛二杯半入れて, 山盛二杯新鮮なクリーム二合, 山盛五六杯食って, 山盛五杯それへ玉子, 山盛六杯へ二合, 山盛店へ運ばれ, 山直ぐ前には, 山直ちに海に, 山竝んで, 山相当の用意, 山真如寺の門前, 山真珠の滝, 山真部春甫氏などがある, 山などいへる, 山知らず彼れ震怒, 山石橋に似る, 山層雲起, 山に傳, 山碓氷峠などの前山, 山社山黒檜岳太平山等を含む, 山を崇めた, 山神代杉の巨木, 山神名備山神尾山などは即ち, 山祥雲寺にあり, 山福徳寺の鐘, 山福慈の神, 山福浦領福浦番福浦号福浦始福浦苧福浦村福浦便福浦理福浦及び吉福浦, 山禽野鳥の上, 山禿たり, 山秀でたる吾妻路の, 山秀イデ光輝ヲ競ウ, 山秋風吹けど, 山租税課出張所の権, 山秤らされたところ, 山秦皮樹の枝, 山程度でもムリ, 山程揃つても武家屋敷, 山稼ぎ人は戻れ, 山稼ぎ畑打ちです, 山稼ぎ畑稼ぎをし, 山稼ぎ者はことに, 山稼人は避け, 山行く雲, 山空しく月明かに, 山空木が咲い, 山空木花咲きしづかなり飛び, 山空際に見える, 山突兀として高い, 山窓二人の少年, 山窪堀池橋なぞいう, 山立ち見る度に, 山竜堂樫村博士も青山博士, 山竜堂病院に寄寓, 山竜子山石間に生ず, 山竜池中その竜蜥蜴, 山童乱を作, 山竹の藪跡らしいところ, 山竹垣城といふ所, 山竹老へ持ち込んだら, 山笑山眠など, 山笠そのものはあばれ, 山笠みたいである, 山笠人形のよう, 山笠縫島は参河, 山等いろいろな物, 山等四面に崔嵬繚繞, 山の上, 山へて四年以前, 山箱根山富士山以上十山なり, 山築く上から, 山籠りいたしたものでしょう, 山籠りした世阿弥の, 山籠りすると各自, 山籠りで女子は, 山精オリノーネに愛せられ, 山精木魅の出で, 山精木魅威名を避, 山精野鬼を借り, 山紅はやまつつじである, 山紅日沈辺或呉越, 山紅桜の根, 山紅盛に開く, 山紅葉山のつづきです, 山に空, 山紫藤山葡萄などの蔓, 山紫陽花はこの, 山紺碧の水, 山組打の図, 山読む程, 山統一となつ, 山絵図山絵図を, 山絶路を我々, 山続か丘続, 山続きであったがある, 山続く巓聳ゆる, 山網張山鼻曲山八栗山の剣ヶ峰, 山かに水舒びて, 山広ければ, 山繁きが中, 山り少しく, 山羅漢寺というお寺, 山はしく, 山美しや小鳥網, 山美しく水清く, 山美濃ざかいの山どっちを向い, 山美濃恵那郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 山翡翠の空, 山をひろげ, 山老木の藤, 山にこ, 山聖天から土運び機械, 山聖天山弁才天山など峰々, 山聯合艦隊ははたして, 山肥後と筑後, 山に居た, 山肩茜色の暗, 山だからかしら, 山育ちですから山, 山背川の川原, 山背王等の建立, 山背画師に属する, 山背風ア七日吹く, 山胸底に収む, 山脊南北ヘ延テ径路東西, 山脚下の小西, 山脚刃物ヶ崎の岩峡, 山脚急に下り, 山脚赤城の如く, 山腰青年の紹介, 山臨川寺の境内, 山蒼蒼水自, 山自ら震動す, 山自然の嶮城, 山興津峠などをすぎ, 山舒び水緩かに, 山などのやう, 山航路は熱帯, 山に船頭左太夫以下, 山良家の年頃, 山花野艸に至り, 山や芋, 山苔日苔の肌, 山かへる, 山若くはセンゲン山, 山苦心のカクテル功, 山英昌等の看板, 山英泉あたりの末流, 山英琢の家, 山茂り合ふ, 山の白い, 山茫々蕭条として秋, 山茫々鳥刺し怪しじゃ, 山茱萸一齊に搖, 山茱黄と樒, 山茶一枝を挿し, 山茶作りの槌, 山茶屋敷てふ, 山茶店で聞いた, 山茶褐色の山, 山草会百二三十種の出品, 山草家の木下友三郎君, 山草花の横手, 山草薬草の珍しき, 山草軒に削り掛け, 山草部四巻を刻す, 山る, 山荒れでない恐怖も, 山菊野菊の花, 山を取っ, 山菖蒲が咲い, 山の杢兵衛, 山萩原に地伝, 山萩女郎花雑草にまじる, 山萬峰の奧, 山落ちして, 山落つる水を, 山落城の間際, 山落日を呑み, 山落木の姿, 山落胤のさらに, 山著聞奇集の中, 山や芋, 山蓬莱洲いわゆる世界, 山蓮城寺についても真野, 山蓮照寺のなか, 山蓮華院西光寺奥の院南郷庵であります, 山である, 山にや, 山薊いちりんの, 山薩陀峠や宇津, 山を掘っ, 山薯掘りといった恰好, 山藍色の形木, 山藤崎台法華坂などに迫った, 山藤松にか, 山の湖, 山蘭法華の丘陵等, 山虔しき木工のみ, 山に踏まれ, 山虹ノ松原松浦潟の風光, 山の群, 山という, 山蛙ヶ鼻の山端, 山蛭往来の人, 山蛭膚に, 山が硝子天井, 山蜘蛛が激しい, 山蟻あれなる黄蜂の巣, 山蟻山のしづけ, 山の河, 山血の池へ趁, 山血潮の川, 山行き我来れど我が, 山袴づれが真鯉競り, 山袴一尺ばかりの脇差し, 山袴腰山古礼山等に就, 山裂けて成しける, 山裏梓山の高原, 山を曳け, 山裸出の懸崖, 山が交互, 山西南に多摩山, 山西南間川上山北に阿弥嶽, 山覊舟行数十日荊州へ着く, 山見え隠れするを, 山見すぼらしい山を, 山見た様な, 山見るべく甲板に, 山見れば雲, 山見わたすかぎり広がっ, 山見物させ其案内, 山覗き滝の深潭, 山角のとがつたの, 山角上野介福島伊賀守山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 山角伊豫守と組ん, 山角定吉十六歳今打ち落した氏輝, 山角紀伊守依田大膳亮南條山城守など三万余騎, 山言葉里言葉をちゃんぽん, 山言語とは, 山許りかは人, 山詩神等の住む, 山詩鑑賞多少の, 山の役人, 山詰めの武士, 山誓願寺へ内葬, 山とむるとはなけれども, 山論一条だ, 山論和解の報告, 山論山論でそりゃ, 山峰の, 山諸共に江戸, 山諸共多年の積惡遁, 山の主, 山警察船の着き, 山警策である, 山譽王子閭等は皆墨子, 山谷間みな赤い, 山も呼ぶ吠え, 山豁然として大悟, 山豆柿一本と自然薯, 山豊富な樹木, 山豐山の龍象, 山象山あるも, 山貌等外観上にも少から, 山貞保元年二月には伊豆, 山貞性大姉と題する, 山の車, 山ふて戴いて, 山賣りを斷行, 山賤めきたるには, 山賤見出して, 山賤輩何物と知らず, 山赤城山榛名山秩父山高尾山雨降山足高山箱根山富士山以上十山なり, 山赤山黒山の, 山赤薙山太郎山明神岳あたりを中心, 山起こる所に, 山起伏する丘, 山起重機で捲き揚げられた, 山超え川越え, 山越える時分には, 山越さずにすます, 山越後に三国山, 山趣味がやがて, 山足北ヘ長, 山の, 山路嶮にし, 山の夢路, 山踏みをした, 山踏む時に, 山踏破のこと, 山蹈みの麓で挫折, 山躑躅花さきにけり, 山軍源義仲が都入り, 山輝石安山岩及び其集塊岩, 山輿中にあ, 山轟きぬ木の枝, 山を並べ, 山という一種特別, 山の行う, 山辺りの景色, 山行って, 山近うして, 山近く谷淺きあたり, 山近く雪まだ残る, 山近ければ空, 山近江の山, 山近辺の山, 山も大きい, 山迫り來り, 山迫れる間の, 山速記にはか, 山連峰の上, 山遂に珍重し, 山遊亭猿松と洒落た, 山遊亭金太郎だの鶯春亭梅橋, 山は都会, 山達ヶ関の時代前後八年間, 山に仙境, 山遠けれども中, 山遠し峰かさなり, 山遠遠に, 山遥水遠望無辺平原一色青如染不是麦田渾牧田, 山遺愛の石燈籠, 山邊迄大イニ荒レタサウデアル, 山のところどころ, 山都賀山の裾, 山をさえ供え, 山酸漿といったの, 山重なりて其境, 山野林畑のなか, 山野谷を地上, 山を買入れ, 山金採掘の仕事, 山金時山の峯巒, 山金胎寺だった, 山の林, 山鈍く光って, 山を取り上げ, 山鋭い山丸い, 山の嶺, 山鎮までひき揚げて来た, 山を突破, 山長さんにゃおべっかばっかしこけやがって, 山長谷寺の座敷, 山長門の人矢島屯, 山まだ, 山開いてこの方, 山開成山と思っ, 山開発の事業, 山関興寺の上人, 山関附近の山地, 山閣下の仇討, 山閣寺町の南北社, 山き海, 山のごとし, 山阜岡岫竜雲雨を興す, 山降りて大, 山へ身, 山院長がかけつけ, 山隠れのとのゐ, 山多深林, 山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 山雑纂を写す, 山難所で時計, 山難渋寺と云, 山雲住寺縁起に秀郷水府, 山雲忽鎖鉄車衝雨入英京, 山電気を組合関係, 山霞み海紅の, 山霧灯秋の菓物, 山霧等私は今, 山をし, 山露一滴と大海, 山露出す, 山靈一たび怒れば, 山靈蓋し茲, 山靈風虚の賜, 山青い野私は, 山青き山遠し, 山青し何をか, 山青丹よし奈良の山, 山青塚小口曼陀羅寺などの陣, 山青葉に青葉, 山静かだし, 山靼人等と交通, 山といふも同書, 山音風の歩み, 山の答える, 山の細道, 山頬白鳴くこと, 山のところ, 山頼むごと訪ねき, 山題経寺と書い, 山顛雲あれば, 山飛天とはどんな, 山飛達といっ, 山餅ヶ瀬の称呼, 山養殖場へ早川, 山をうしろ, 山首先の登攀, 山馬道富士神社と来る, 山馴れぬ者が, 山駅柏原に着いた, 山駕それをかつい, 山駕籠その他のもの, 山駕籠ふうの粗末, 山駕籠五挺駕籠桐油二十五枚馬桐油二十五枚駕籠蒲団小五十枚中二十枚, 山駕籠舁が居ります, 山を露, 山を作つて, 山高く草深く分入れ, 山高ければこれ, 山高さわづかに, 山高しやつぽ, 山高まるほど山気, 山高原平野畷道または波うち, 山高山に出雲民族, 山鬼一郎と来る, 山鬼護法と連, 山魅人妖異類のあまた, 山魅道を導き, 山魯助は文政四年生, 山の大物, 山を運ばし, 山鱗どもを綯交ぜ, 山と雀, 山鴫カケスなぞは四日目, 山鴫山鳩鴨小鴨雁牛羊なぞはあまり, 山鴫雉山鳥水鶏の類, 山鶏秋草もみじを切出した, 山鶴城山鶴掛山鶴木山などがある, 山鶴掛山鶴木山などがある, 山鶴木山などがある, 山鶴見組の一味, 山鶴谷山鶴城山鶴掛山鶴木山などがある, 山が飛ぶ, 山麗らかなれば, 山黄楊などが植えられ, 山黄蝶であらう, 山黒く白きものあり, 山黒姫山其間に粹然, 山黒姫山野尻湖又は飯田町, 山として黒く, 山鼠是らは反, 山だ, 山鼻曲山八栗山の剣ヶ峰, 山龍王密院と号し, 山龍華蟲は繪