青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「少女~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~少し 少し~ ~少しく 少しく~ ~少ない 少ない~ ~少なく 少なく~ 少なくとも~ ~少女
少女~
~少年 少年~ 少数~ 尖~ ~尚 尚~ 尠~ ~尤も 尤も~ ~就

「少女~」 7386, 71ppm, 1600位

▼ 少女~ (1954, 26.5%)

79 ように 36 ような 29 顔を 23 ために, 手を 18 やうに 17 姿を 15 ことを, 顔が 13 姿が, 姿は 12 方を 11 やうな, 心は, 顔は 10 心に 9 すがた, 顔に 8 ラブレター, 方へ, 額に 7 屍体を, 心の, 心を, 肩に, 頃から, 顔も 6 あとを, 上に, 美しさ, 肩を

5 [14件] ことも, ころから, もので, 事を, 傍に, 名を, 声が, 手に, 持って, 方が, 給仕が, 胸に, 頃に, 顏を

4 [13件] ことは, ための, 前に, 友, 名は, 声は, 日の, 様に, 父の, 話を, 頭の, 顏は, 顔の

3 [35件] からだに, くせに, そばへ, ひとりが, ほうは, ままで, ようで, 一人が, 一人は, 人形が, 住んで, 前で, 前では, 口から, 周囲に, 影に, 心にも, 方に, 方は, 日を, 枕元に, 横顔を, 眼ざし, 眼は, 耳に, 肉体は, 胸を, 記憶に, 身体を, 運命を, 間に, 青春の, 頃の, 頬を, 魂を

2 [127件] あいだにまで, うちの, うち今年の, お涌, こころは, ことが, ことで, それと, そんなにも, そんな眼つき, つや子に, ときの, ところでは, ほうが, ほうで, ほうを, ままな, ようだった, 上を, 不平と, 中には, 丹の, 事が, 交際の, 俤が, 全身を, 写真は, 出奔を, 厚い情, 叡智を, 叫び声も, 可憐な, 名こそ, 坐って, 場合は, 声だけが, 声だった, 夢の, 好みそう, 姿, 姿に, 家の, 容色に, 寝姿, 寝顔を, 差別なし, 巴里まねび, 廻り梯子を, 強直屍体を, 当然受け継ぐべき, 影は, 影響を, 彼女を, 後に, 微笑は, 心と, 心には, 心持が, 心理の, 心理を, 心音を, 悩みは, 情にか, 愛を, 手で, 手紙の, 持った真紅, 故を, 救済を, 方で, 時分口ばかり, 時皆三に, 朗朗と, 横顔の, 死屍を, 気もちに, 気持を, 氣に, 泣顔の, 無邪気な, 生活と, 生活を, 皮膚の, 目と, 眼が, 眼つきは, 眼の, 瞳は, 瞳を, 立って, 美しい姿, 美しい眼つき, 美を, 群は, 習かや, 聲は, 肉体を, 腕を, 自分が, 自殺を, 虐殺屍体を, 言葉は, 話は, 読物の, 足を, 跡に, 躯とも, 難を, 青銅像にも, 面を, 面影を, 頃からの, 頃九州の, 頭は, 顏が, 顏に, 顏の, 顔だの, 顔と, 顔には, 顔丈は, 顫ふ, 首を, 髪を, 魂が, 魅力に, 鼻の

1 [1029件 抜粋] あったこと, あばら屋と, いうこと, いた家, いなぶねは, いまうたっ, いるところ, うしろ姿を, おかあさんに, おちつき, おとうさんに, おとづれとてなかりし, おらざる所, お伽の, お弁当, お目見得を, お陰である, かえって, かしら三つ四つを, かつらを, からだが, からだを, きず口, くろ髮, ことな, ことなどが, この世に, これが, ころまでは, ごとく狡く, さまを, した仕事, すべきこと, する仕事, ずるさ, その余り, それの, ためなら, たよりは, だれである, つや子は, であった, ところへ, なかに, なやみは, はうでも, はその, は大抵, ばあいに, ひざの, ひとりは, ふしぎな, ほかには, また世, まるで少年, まわりを, みちびくまま, むごたらしいあり, むれも, ものいみ, ものです, やがて向う, やり口は, ゆびさすドア, ようだ, よくひびく, わがこころ, ゐる世界, アグネスに, イメージを, カンは, クリームの, チグハグな, トラックは, プリムロウズが, ヨットの, レター, ヱプロンが, 一人だ, 一人にて, 一人身で, 一団の, 一念で, 一杯に, 一群が, 一群緑玉髄を, 上にぞ, 上をも, 上気した, 不潔な, 不良性とか, 不良行為が, 世界ぢや, 両の, 両手を, 中に, 中宮などに, 乳房高から, 事は, 二人生活であった, 二重に, 云うの, 人物評価の, 人生観の, 人造人間は, 今の, 仕事が, 仮面を, 伸子に, 伸子は, 体に, 何人かを, 作品から, 俊寛に対する, 側に, 像である, 優れた頭, 先導で, 全貌を, 全部で, 其の眼容, 写真が, 凌辱が, 凝視が, 列を, 初戀, 前へ, 力の, 勢ひで誰も, 匂いに, 印象が, 去った後, 友スター等の, 取引所の, 口の, 口を, 口絵が, 口辺には, 叫びし聲, 可哀そうな, 右腕の, 名で, 名と, 名前を, 向上心は, 呪詛, 呼吸に, 哀しいなら, 唄を, 唇元を, 喉元を, 喜びようという, 噂は, 団体が, 圖が, 堕落の, 境地から, 声だ, 声であった, 声です, 声には, 声を, 夢ばなしに, 夢物語滑稽の, 天使の, 夫で, 女中さんは, 女工が, 好みさうな, 如く新しく美しき珍し, 如く走しり, 如く驚かねども, 妄執が, 姿から, 姿つねよりも, 姿である, 姿などを, 姿全体に, 姿暗く, 宅まで, 安宅先生は, 宗教心道徳心芸術心野心権勢欲成功欲等の, 宮を, 家へ, 家庭は, 密集が, 寝息とも, 寝顔と, 射ち殺された頃, 尋常の, 小さな眼, 少しは, 居間の, 屍体に, 屍體が, 屍體を, 山根光子に, 巣の, 工匠たちであった, 帰りたがらないこと, 常識に, 年で, 幸福に, 幻影が, 幼稚な, 床のべ, 店へ, 引かえ, 弾くらしい三味, 影と, 役割, 後から, 復讐を, 微笑と, 心, 心にさえ, 心ゆくまで, 心理が, 心理に, 心移や, 思い出は, 性の, 怪獣に, 恋などは, 恩人でも, 悩みに対して, 悲壮な, 悲鳴が, 情熱に, 情緒にも, 意は, 意地わるな, 愚かな, 感傷か, 感傷は, 感情を, 懸命な, 我すみれうりに, 所, 手, 手が, 手によ, 手は, 手もと近く漂いぬ, 手伝ひ, 手弱に, 手紙で, 手記としては, 才能を, 持つ寶, 指した神祠, 捜索を, 接吻は, 摩耶を, 故により, 敏感さで, 教育に, 数は, 文芸上の, 新鮮な, 方だつたら出掛け, 方も, 日に, 昇つて行つたらしい, 昔日が, 春情発動期に, 時に, 時代この方われわれは, 時分に, 智恵に, 書いた作文, 最も年長, 有様やら, 服装と, 朗読が, 未完成, 本当の, 柔かい頭, 根を, 椿子に対して, 様な, 様にと, 様子を, 歌, 歌える歌, 歌を, 歌謠が, 正子を, 死, 死に触れたくも, 死屍に, 殺される現場, 殺人鬼の, 母親に, 気に, 気もちの, 気持ちが, 気持と, 水汲場信天翁は, 泣き叫ぶ有様, 泣声と, 泳ぎま, 活躍が, 浮かんで, 淀君は, 混血児お, 清淨なる, 滝かね, 演奏料としては, 澄みきつた好奇心, 澄み切った声, 激増は, 無礼は, 無邪気さを, 無邪気とも, 熱い熱い吐息, 熱情で, 爲可き, 父であるらしかった, 父親が, 父親よりも, 版画を, 物語の, 物語り雨後, 特別な, 犯罪が, 獨り, 玩弄物に, 理科知識に, 生ッ粋, 生活は, 生活環境に, 生白い瞳, 甲高い声, 男性誘惑法を, 番である, 異樣, 病気が, 癡談は, 発言をめぐって, 白粉を, 目に, 目は, 相手ぐらい, 相舞に, 真上に, 眠りを, 眺め入る, 眼では, 眼差しや, 瞳, 知らなかったどっさり, 研究に, 祈りの, 科学智識に対する, 秘密は, 空前の, 空想の, 立ち姿が, 立ち姿を, 笑ひ, 答が, 節操を, 約束が, 純真さは, 素晴らしい肉体, 素直で, 細そりと, 給仕に, 緑茶色の, 罪, 美しい事, 美しい眼, 美しい裸体, 美容にも, 群が, 群の, 群れに, 群れまでが, 群を, 考案という, 聡明さに, 聲の, 肉体に, 肌の, 肖像だった, 肴に, 背中から, 背中は, 背後へ, 胸の, 胸腹部を, 脇下を, 脱線ぶりが, 腐敗像の, 腕に, 腰へ, 膝の, 至りし, 色褪せた唇, 花を, 花形として, 苦しみを, 英雄の, 荒れた手, 著者フランス十八世紀の, 血の, 血潮で, 行動を, 行末何と, 衣模様に, 表情廿歳の, 袴の, 装いで, 裸の, 裸体画だつた, 裸像が, 裾を, 見て, 視野で, 親切だった, 言葉ながらも, 訊問を, 証言に, 詩と, 話に, 誓いの, 誠実と, 読物である, 諸君には, 象徴である, 貧しきを, 赧く, 足もとには, 足下で, 踊りを, 身で, 身の, 身も, 身上につき, 身体が, 身振りには, 身辺において, 身體, 輪郭を, 辻久子は, 返事を, 追憶は, 透き徹る, 通るの, 運命, 運命は, 遺言が, 醸し出すセンチメンタル, 野の, 銀座通りを, 間で, 陣法によって, 集団は, 雨に, 霊魂までを, 面の, 面影に, 頃, 頃よく, 頃一度, 頃純情な, 頗る美, 頤を, 頬の, 頭ご, 頭には, 頭脳の, 頭骨を, 頭髪に, 額から, 顏, 顏から, 顏な, 顏よりも, 顔だ, 顔にも, 顔よりも, 顔付を, 顔程, 願だった, 風流思ひやられ, 首, 首に, 馬鹿馬鹿しい恐怖, 髑髏が, 髮, 髷が, 鬘を, 魂に, 魅力が, 魔の, 鶯も, 黒髪である, 黒髪は

▼ 少女~ (1339, 18.1%)

9 自分の 8 答えました 7 顔を 6 それを 5 そこに, 急に, 眼を, 私の 4 いいました, びっくりし, 一人も, 何か, 俺の, 少しも 3 すぐに, つと立ち, 例の, 嬉しそう, 家の, 彼の, 彼女の, 私に, 窓の, 返事を

2 [96件] あと, あるが, あんまり離れ過ぎ, いかにも弟, いって, いつのまにかどこ, いつもの, うれしそう, おずおずと, かすかに, かわいらしい指, くるりと, このとき, この不意, これを, さっきから, さびしそう, すこしも羞, そういっ, その時, その晩, そんな突拍子, どうかし, どこかへ, びっくりした, ふとその, またブルブル, まるでうれし, まろぶ, やはり自分, シヨオペンハウエルを, ソッと, 一糸も, 二人の, 云う, 何をか, 先刻の, 前の, 吃驚し, 名を, 嘆息を, 声を, 夜毎に, 女の, 小林君の, 少し訛りたる, 帰って, 常の, 引返して, 影だに, 彼を, 微かに, 恋の, 慌てて, 憲一の, 我を, 扁理を, 扉を, 手に, 明らかに, 昔の, 是誰が, 東京へ, 森の, 次第に積極的, 死亡した, 残酷な, 母の, 滅多に, 燈籠を, 父の, 父親の, 目を, 直ぐに, 神社の, 私を, 稀にしか, 立去らない, 笑って, 笑ひ, 答えた, 羞を, 老人の, 脅えながら, 自分自身の, 花の, 蘇らず, 街頭に, 言った, 言つた, 軽く叩, 階段の, 青年より, 驚き感ぜしさま, 黙って, 鼻に

1 [1043件 抜粋] あきめくら, あちこち逃げまわり, あなやと, あまりの悲し, あらず, ある感化院, あわてて, あん蜜, いうだろう, いきなり箒, いくらでも, いそいそと, いちはやく会場, いっそうこわい, いったの, いつか見た, いても, いまじ, いよいよたまらなく, うせしや, うなずいた, うなずきましたが, うまくゾウ, えらいという, おこった顔, おどろいて, おばあさんに, おびえて, おれの, お人形, お嬢さんの, お竜ちゃん, かういふ述懐, かぐわしい夢, かるく會釋, きかれると, きくきく, きつい顔, きやら, きらい, くすくす笑い, けろりとした, こう言っ, こちらに, ことにわれ, このとき急, この二三年前, この家, この惨, この有り様, こらえて, これには, ごく子供, さっきと, さと, さも不服そう, さも可笑しくっ, しかたが, しきりと, しばしばぼく, しばらく黙っ, しょんぼり窓, しんせつな, じっと両足, じっと蹲った, じめじめした, すかさず追, すぐ前, すこしあるきだします, すこしも驚きませんでした, すっかりとり乱し, すっかり感心, するりと逃げました, せかせかと, そういいすて, そう反射的, そう言っ, そっちの, そなた, そのとき, そのままひらひらと, そのよう, そのベッド, その一輪, その名, その声, その姿勢, その屋根の, その感情, その方, その樹木, その猫, その穴, その翌晩, その間じゅう一人で, その頭, そばに, それが, それに, それも, そんな囁き, た, たかちゃんといった, ただうれしく, ただ恩人, ただ自分, たった一つ電灯, たまらなそう, だから案外堂々, だんだん生長, ちょっとはじらいました, ちょっと暗い, ちらと, つつがなく暮らし, つと僕, つまり嬉し, とうとうその, ともかくとして, とんび脚の, どうしてよい, どうやら病後, どこにも, どんな心持, なかなかおせじ, なかなか意識, なだめられると, なにも, なるほど山下, なんの, にこにこし, にっこりし, ぬけろじを, はじめて気がついた, はちきれるよう, ひとりで, ひどく同感, ふいと, ふと器械的, ふと見る, ふるえ声, へいから, ほがらかな声, ほんもの, まうけられぬ, まず帽子, またあなた, またケラケラ, また彼, また瞬き, また飛び立つ, まだこわがっ, まだ五十メートル, まだ少年, まだ生き, まだ自分, まだ若い幼い, まぶしくお, まるで相手, まるで魔法使い, もういつのまにか窓, もうその, もうへい, もう何事, もう十二三, もう大, もう怖, もう私, もう聞い, もう非常, もちろん一寸法師, もっと物語, もはや女, もはや遊び, やがておどろいた, やっと宣教師, やっぱり中学一年, やはりリストリア, ゆっくりと, ようやく身動き, よほどこわかっ, らんぼうな, わざといふ, われわれの, アヌンチヤタなり, アリラーンを, オールを, キチガイの, コックリと, ソックスを, チプリイの, テントの, ドアの, ニコリとも, ハッと, ビックリし, ブルブルと, ベッドから, マッチを, ルールドの, 一つの, 一人で, 一寸も, 一寸地蔵眉, 一年ほど, 一揖し, 一本足であった, 一杯だ, 一躍天才, 一面には, 丁度あの, 三毛を, 三造の, 不圖我身, 不思議な, 不相変編みもの, 与市の, 中園の, 乳母の, 二つに, 二人姉妹と, 二学期に, 云つて必死の, 互にお喋り, 井深君と, 人形の, 人間に, 今までの, 他の, 仲, 伊曾の, 伏目に, 低い声, 何かに, 何だか合点, 何と品位, 何れも, 何者だろう, 余が, 來て, 俊寛の, 傍の, 僕に, 兄の, 光を, 入園した, 全く無言, 全身に, 共に東京電話交換局, 其の來, 再び身, 冷たい水溜り, 切れ切れに, 別に, 別に許婚, 前なる, 副級長, 劇しい, 匕首を, 十一二で, 十二三歳ぐらい, 半次を, 卓越し, 去らうと, 又俯き, 又昔, 友だちに, 口を, 口早やに, 叫んで, 同年の, 名は, 吸いとるよう, 品の, 唐突に, 問われるまま, 喉に, 嘘を, 四十年前と, 困ったよう, 固唾を, 土間へ, 声も, 夕食の, 夜なかに, 夢を, 大きく頷いた, 大きな石, 大手を, 大概よい, 天の, 夭折した, 失望せ, 妹の, 妻の, 姉さんの, 始終笑顔, 娘であろう, 子ね, 子供らしい, 実際何, 客の, 宣教師と, 密と, 小さな窓, 小林君と, 小走りに, 少しもじもじし, 少し群, 少女なりに, 巣を, 巨勢に, 帰つ, 平常着の, 平馬の, 幸福な, 床なる, 庭へ, 彼から, 彼女に, 得心した, 微笑は, 心に, 心もち眼を, 心配そうに, 応接間の, 忽ち美少年, 思い切ったよう, 思はず叫んだ, 思ひ切つたやう, 急いで, 息を, 悲しい声, 惶てて, 愛の, 感心し, 憲一が, 我前に, 戸外へ, 手折った芙蓉, 抱き合って, 按摩の, 振り返って, 振向いて, 改めて御礼, 救ひました, 文字どおりの, 新吉を, 旅人が, 既に結婚, 明智の, 昼は, 暗い外, 暫し耳, 最も甚だしい, 最早死ん, 有して, 朝ひらく, 期せずし, 東京の, 東洋の, 果して降り, 棕櫚の, 極めて田舍, 樂の, 横浜の, 正吉くんの, 正面を, 歩きながら, 死んで, 殆ど金, 母と, 母屋の, 毎年の, 毎日毎日その, 気を, 水に, 永久に, 江の, 決して一世紀昔, 泣きやまずモトム, 泣き出しました, 泣く泣く家, 浮気な, 淡谷スミ子と, 清き涙, 溜息を, 漁家の子を, 澤に, 炉の, 無表情に, 父母にも, 物を, 特にずんずん進ん, 犬に, 独りで, 玄関に, 王城へ, 珍しい異性, 現場へ, 生れけむかも, 田川, 男と, 疑を, 痛く憂苦, 登場した, 白い柔らか, 皆暗誦し, 目に, 直ちに摘まみ, 真黒な, 眼にも, 着物の, 知らぬ男, 硫黄を, 磨きも, 神の, 祠の, 秋子の, 空かける, 突如たる, 立ちあがると, 立ち去るとき, 童子と, 笑つ, 笑顔の, 答えて, 籠を, 紋切型を, 紫の, 紺の, 結婚する, 継母の, 縛られたまま, 美しい目, 羽衣に, 耳の, 聞いて, 肩の, 胸の, 胸中を, 脚を, 自分たちの, 自分を, 舞臺の, 色白で, 花火の, 若い女, 若き男, 莞として, 落ちついて, 藪を, 虚空に, 裡へ, 要するに綣村, 親しくも, 言いためらって, 言わず語らずの, 訝かしげに, 語を, 誰が, 貴族の, 赤い玉, 赧く, 起きなお, 足ずりを, 身を, 身体を, 身動ぎを, 軽く言った, 近ぢ, 近づくと, 通りかかったの, 逸早くこの, 遂に喜び, 遠い空, 酒で, 銀の, 長い間然うし, 閃めい, 関口屋の, 雪と, 震災後激増し, 青い空, 青年に, 静江である, 非常に, 面紗を, 頬を, 頼みました, 顋を, 顏を, 風流である, 首かざりを, 馬に, 馴れやすから, 驚嘆すべし, 高等を, 黄金塔の, 黒い洋服, 黙っては

▼ 少女~ (876, 11.9%)

7 あった, ある, 出て 6 手を, 立って 5 いる 4 はいって, 叫んだ, 森の, 歩いて, 立つて, 顔を

3 [12件] あって, ありました, いて, それを, 入って, 姿を, 彼の, 持って, 私の, 背を, 自分の, 自轉車

2 [51件] あつた, あまりにも, いいました, いた, いつもの, お茶を, この壜, その頃の, それに, ついて, つかつかと, でて, ぼんやり私, また私, バケツに, ベトウリヤ第, 一人いた, 一人の, 一人川の, 並木の, 乗って, 乳桶を, 二人洗濯を, 使う新しい, 侍女を, 側に, 傍に, 僕の, 六人の, 口を, 坐って, 坐つて, 客間の, 居る, 心には, 怒って, 戦時中十文字に, 暗い裏通り, 来た, 楽譜を, 歌を, 父の, 男に, 砂の, 神を, 神社の, 肩に, 胸の, 茶を, 赤ん坊を, 黙々として

1 [676件 抜粋] あきめくら, あったという, あの戸板店, あひびき, あらわれた, ありそう, あるいて, あるでしょう, あるのに, あるほか, ある部屋, あれほど, あわれで, いかにし, いかにも美しく, いきなりつい, いたろう, いっそう悪い, いった言葉, いつもぼく, いとしくなる, いなかったならば, いま胸に, いるからこそ, いるし, いるでは, いると, いるの, いろいろな, うしろの, うろうろする, おそろいの, おそろしい犯人, おどろきの, お七, お嬢さま, お鶴, かかえて, かなり甚だしい, かれに, かれの, かわいいあどけない顔, かわいらしい声, ききはじめた, きゃあきゃあし, けろりとし, こういう, こっち向きに, このようす, このホテル, この問題, この楽園, この牡丹園, この著者, これと, これは, こんな事, こんな性質, さしかざす忽忘草, さもさも頼, さも愛くるしく, さも楽し, しきりに下, したよう, しとやかに, しょんぼりと, じっとそこ, じつと, すぐうしろ, すぐ後, すばやく割り込んだ, するよう, すわって, そう言っ, そこに, そこまで, そのあいだじゅう, その人, その仮死状態, その毎日, その父, その茫, その親達, その風船, そばに, それっきり死骸さえも, それつ, そんな事, たき子と, たくさんの, ただ独り炉端, ただ狼, たつた一人, ちっとももたない, ついに火刑, つげた, とびだして, どなった, なぜ名, なにかを, なにやら合図, にこにこし, のこって, のぞいて, のって, ひしめいて, ひとつの, ふいに, ふたりいた, ふるえ声, ぼんやりおも, ぼんやり突っ, まいりました, またパン, また隣り, まだ十八歳, まづ父親, みなから, もうひとり, もう後, もし随, やがて若い, やさしいネコ, やさしい表情, やっぱり四十面相, やっぱり売女, やるから, わけて, わずかに, ゐた, ゐたので, ゐて, ゐる, ゐること, ゐるん, ギョッと, グッタリと, コンクリの, ショールで, シートンの, ジェラニウムの, セエラの, タントいる, チョイチョイ居る, ハンドルを, パレスチイナでの, ビラビラかんざし, ムリを, ヨハンネスに, ラケツトを, ランプの, リストリアの, ヴィンセントの, ヴェリチャーニノフを, 一人と, 一人まっ先に, 一人傍に, 一人古びた, 一人彼から, 一人或は, 一人明るい, 一人白衣の, 一人突然, 一人腰掛け, 一人電車に, 一朝の, 一番いい, 七十歳位と, 七歳である, 三人, 三四人あった, 三四人で, 上を, 上をも, 上氣した, 下町の, 不思議そうな, 世にも面白い, 両手の, 並んで, 乗るの, 九歳の, 二人いる, 二人つく, 二人と, 二人の, 二人一群の, 二人木の下から, 二人色紙を, 二人連れ立つ, 二十と, 二十人ほども, 云いだそうと, 云うと, 京に, 人間では, 今の, 今まで, 今井君の, 今夜は, 伴は, 何よりほし, 何人も, 何者である, 作品を, 來て, 偶然に, 傍の, 傍へ, 先刻の, 入口の, 全くおびえた, 全體, 八九人正面の, 八五郎の, 出かけると, 出がけ, 出た, 出前に, 出来上るの, 列を, 前に, 労働の, 勉強し, 医学上稀有と, 十二三人ほど, 十人あまり, 十四五歳頃に, 十間ばかりの, 即棚機, 厭な, 厳めしき検視の, 去なば, 又こんな, 又呉モヨ子, 口づけた, 叫び始めた, 可哀そうで, 台所で, 右側の, 合掌し, 向い会っ, 向日葵の, 命助, 唄ったり, 唄に, 善良な, 四五人い, 四人灯明と, 団扇を, 園田の, 坐る, 堂の, 堕落しない, 塗りの, 壁の, 壽を, 夏秋交叉の, 夕陽の, 夜そのものからの, 夢中にでも, 大きな寝息, 大事に, 大阪だけかと, 天上に, 太って, 女の, 女子誘拐者の, 好きだったらしい, 好きな, 好きに, 好んで, 姿は, 姿勢正しく, 学校の, 安心させる, 完全に, 家に, 寒さうに, 寝て, 寢卷の, 實は, 尋ねた, 小気味よげ, 小萩と, 小走りに, 少女に, 少女を, 居た, 居るの, 居眠りから, 帳場ミシン機械或は, 座敷の, 庭の, 彼に, 彼女の, 往来で, 後から, 御免なさい, 心得顔に, 応えた, 快活に, 思ひ切つて云, 急に, 恋人の, 恐竜島の, 悪魔と, 悲しさ, 意地を, 感嘆おく, 慰め顔に, 懐中電灯を, 或いは神, 或る, 手みやげの, 手早く紙, 手紙を, 扱きのばす翁索麪, 持つて, 指したの, 教室の, 数人笑っ, 整理を, 断然父母, 新しく加つて, 旅す, 日毎に, 日頃手習を, 早く何, 昨日彼女が, 昨春三月頃の, 曲って, 曲つて行つたのを, 書きたくなりました, 最後の, 月の, 有罪だ, 朝早く, 未知の, 朱の, 来たの, 来る, 東銀子だった, 染桶と, 柳秋雲でありまし, 榻の, 横の, 櫛に, 欠伸一つし, 次第に年ごろ, 歌いながら, 止めた, 死の, 死んだため, 殺されたか, 母と, 毎夜来た, 気がかりで, 水を, 水車の, 汽車に, 河を, 泣き出したの, 泣出す, 泳いだと, 深い紅色, 渡って, 測らずも, 炭坑労働に, 熱い砂, 熱情を, 片手に, 片頬, 物憂げ, 犯されふみにじられて, 狂犬の, 独りで, 独り野に, 玄関を, 玉手もて, 珍らしがっ, 現はれた, 現はれる, 現れる, 現われます, 甕の, 生きて, 生き返って, 男により, 男の, 男子に, 疾風の, 病気で, 病気の, 登校する, 白いベンチ, 白い手袋, 皆で, 目に, 眉深, 眠って, 眼に, 短い生涯, 禍いを, 私から, 私に, 私達の, 秋には, 程近い, 突然立つ, 童謡を, 約三百, 紅茶の, 紅茶器を, 結婚関係に, 絡みせめて, 絶え間なく, 縁が, 縁に, 縞の, 美しいか, 老い尽し, 考える, 聞きました, 肩をも, 育てられて, 胸中の, 脊の, 腰を, 膳と, 自信を, 自分に対して, 自分は, 自転車で, 舞台を, 良驥を以て, 芙蓉の, 花輪を, 芸者か, 若い女性, 若しあなた, 茉莉の, 荒い世, 荷馬車の, 莞と, 落馬した, 蒼ざめたのか知らなかつた, 薄くらがり, 薬缶に, 蘆間隠れの, 蛇退治の, 行くの, 街路を, 街道まで, 補足した, 裸で, 見えた上, 見えません尤も, 見たくて, 見ると, 見事に, 覚醒し, 言ったので, 詩を, 話を, 誘拐せられ, 読むため, 谷川で, 貴く美しいもの, 赤い帶, 走り出ました, 足手まといです, 身に, 近くと, 追って, 退屈し, 逃げて, 通りか, 運んで, 鍛えられるの, 長い廊下, 長い袖, 閉じこめられるの, 間もなくこの, 附添に, 離れた井戸, 雨戸を, 青い林檎, 静かに, 面輪こよな, 靴の, 食ったという, 首に, 馬鹿に, 髪の, 髪を, 黒岩万五の, 黙々と壜, 鼠の, 鼻血を

▼ 少女~ (546, 7.4%)

6 見た, 見て, 連れて 5 伴れ, 自分の 4 して, 愛して, 見つけて 3 さらって, つれて, 恋して, 浚って, 見たとき, 誘拐し

2 [32件] お助け, お嫁, そこへ, ランプの, 一目見る, 伴ひ, 何かに, 使って, 前に, 呼んだ, 家に, 急に, 怪み見送る, 或時, 抱き上げて, 捕えて, 探しに, 救ったこと, 死ぬほど, 生きた亡者, 眼中に, 知って, 見つける, 見つめた, 見ました, 見ると, 誘惑した, 辱か, 迎えに, 選びだすと, 金の, 集めて

1 [424件] あくまでも罵詈, あたえると, あっさりと, あつさ, あとに, あなたの, あなたは, あの正直そう, あの男, あれから, いけにえに, いためつけいびつ, いたわりました, いたわるよう, いつの間に新子, いろいろな, うそを, うまく不良事務所, うらやましく思う, おさえつけ綱, おとりに, おれが, お冬, お家へ, お知り, お見捨てなく, かえりみた, かこむ都会, かたえ, くちを, このキチガイ地獄, この世に, こわきに, さらったの, しかも流浪児みたい, しばって, すえて, すぐには, せなか, そっと見上げた, そのドッチ, その結婚式, その頃, それっきり何とも, それと, それ以上苦しめる, たずねましたが, ためすよう, だきおこして, だきすくめるよう, だしぬけに, ちらちら盗み見, ついにとり逃がし, つかっても, つかまえようと, つきたおして, でも私, とらえて, とりこに, どうする, どう思う, なぐりつけた事件, なぜ殺さなけれ, にらみつけて, にらんで, のせたゾウ, のぞき込んだ, はつきり見る, ば星の, ひったてると, ひとまず与市, ふびんなり, ふりはらって, ぶつ真似, ほめ上げて, まあその, まもれ佐保神, みた, むちでなぐりました, もって, もっとよく見たら, もてあそんで, もらうか, よく叱った, よく見ず, よそほ, わざわざ銃撃, わたくしの, チラと, モデルに, ラインの, 一人だけ, 一人一人一室に, 一人一人攫へて, 一人連れた, 一体どこ, 七人も, 三吉は, 両腕, 中に, 中において, 主人公として, 主人公に, 主題に, 乗せて, 乞食に, 二人くらい, 二人ずつ, 云ふ, 人目さえ, 人間的自覚の, 今一度僕の, 仮死状態から, 伴れた, 作りあげた上, 作者が, 傷つけるなんて, 傷物に, 元豊の, 其の生贄, 冷やした, 凌辱した, 凝視めた, 初めて見た, 初め菊人形の, 別荘に, 前から, 助けた旅, 動かすか, 募集し, 千二百万弗, 又お呼び寄せ, 友達に, 取り巻く一家, 取囲んで, 取消しますわ, 受け入れたも, 可哀そうに, 叱りつけた, 同伴し来る, 同教会内別室, 君は, 吾に, 呑もうと, 呼び止めた, 呼び止めました, 呼んだこと, 呼んで, 唄った詩集, 唯そんな, 堕落させ, 売り渡して, 夜道に, 奪い去った男, 奪ひ去り, 奪ひ取る, 妖婦の, 妖魔の, 妨げる者, 姦した, 娶りて, 媒婆に, 宥めすかしはじめた, 対象としての, 小手招き, 小脇に, 岸へ, 帆村に, 帰らせてから, 庇護する, 廻りぬ, 弄んだピンカートン, 引取って, 強いて結婚, 彫りて, 彼は, 彼女は, 待ち兼ねて, 待って, 待ってるでしょう, 後に, 従へて, 得られるなら得たいという, 志賀の, 忘れたま, 忘れること, 応援する, 怒らせこの, 怒りつけて, 思い出して, 思うて, 思ひつきり, 思ひ出すと共に, 思ひ切つて睨み据ゑた, 思ひ浮べその, 思わずに, 思わせた, 思わせます, 恋いわたるよう, 恋しそして, 恋の, 惨殺し, 惨殺する, 想ふ, 想像せず, 愛しいたは, 愛しきつて, 愛したの, 愛すると, 愛する事限り, 愛する心, 愛する資格, 愛せしめよ, 感動させる, 慕って, 慕ひ, 慰めるべく彼女, 慰め励まし, 憎からず, 懐げに, 懐しむ, 戀し, 戒めるに, 抱きいれぬ, 抱きかかえた, 抱きかかえて, 抱きしめて, 抱きしめるよう, 抱き上げた, 抱き登場, 抱き起こした, 拉したの, 招きながら, 拾いあげたの, 持ち出して, 指し, 振り棄てて, 捉り懸り, 捕へた好奇, 掠奪する, 探し出そうという, 掻き分け死骸, 描いた白い, 描いた絵葉書, 描いて, 描き空想, 描写しよう, 搜した, 撰り出しなされた, 撰り出で, 擒に, 放ち去らしめん, 救って, 敬慕し, 文学を, 新宿に, 昔ながらの, 昔知つてゐた, 映して, 書きとめて, 書き入れんと, 月と, 本当に愛し, 横目で, 橇に, 次第に東京, 欲し, 欲するならあなた, 歌劇趣味に, 正常な, 殺ったという, 殿は, 毒牙に, 気に入らなく思わせた, 氣に, 求めて, 洗ひ終り, 浚った人, 溺死せし, 爺さんに, 物色させる, 独特の, 献上し, 率て, 生けどるのに, 生み出すに, 生贄に, 痛快に, 発見し, 発見しました, 目し, 目の, 目のあたりに, 直ちに殺す, 相手に, 眩さん, 眼光る, 知りたがりはじめる, 石にて, 砂漠の, 私の, 空想し, 空想の, 突き放さずに, 突飛ばすと, 窺ひ, 立ち返りよく, 笑えません, 納得させる, 結びつけて, 結婚する, 絞め殺したの, 絞殺し, 置くに, 肉親の, 背負って, 脅かしつけて, 脅かして, 腰に, 膝に, 自分が, 自分で, 自由に, 與へ, 艱苦の, 花の, 苦しませた, 荘重な, 蛇の, 襲った犯罪, 襲へ, 要する祭り, 見いだした, 見かけましたが, 見すゑながらさう直感, 見たから, 見たからと, 見たこと, 見たという, 見たならば, 見たの, 見たり, 見つ, 見つけました, 見つけると, 見つけ出すの, 見ないと, 見なおした, 見に, 見るため, 見るに, 見る時, 見る様, 見上げた, 見上げて, 見付けて, 見付け出して, 見入られて, 見出した, 見出したの, 見出したらまた, 見守った, 見守ろうと, 見捨てて, 見据ゑてゐたが, 見物し, 見直したとき, 見返しました, 言葉通りに, 訪問しませう, 訪問する, 許嫁だ, 認めた, 認めて, 誘う, 誘うよう, 誘ひつ, 誘ふ, 誘惑し, 誘惑する, 誘拐する, 誰かに, 調弄ふ, 識った, 負傷させ, 買い受ける金, 賜わるという, 贈り使歸, 載せて, 載せ來, 迎へ, 返しすぐれたる禮物, 追って池, 送って, 連れし丈, 連れたフランス人, 連れた喬生, 遠ざけた, 選り出して, 選んで, 野に, 釣ったり, 鍾愛し, 閉籠めて, 険悪な, 随分尊敬, 隠して, 隱し, 雇い入れたこと, 雇うこと, 雇ったこと, 雇って, 雇ってから, 雲井秋生の, 電車の, 頭の, 顧みた, 飮んで, 飲んで, 驚さんことの, 高田殿は, 髣髴する, 麻酔さし, 點出しかの

▼ 少女~ (333, 4.5%)

6 なって 3 なった, ばけた小林少年, ばけて, 向かって, 心を, 目を, 私は

2 [22件] かねて, して, しては, なったよう, なるの, ひとめまた, クルリと, 仮装し, 印象させよう, 向って, 声を, 對し, 導かれて, 惚れる男, 手を, 比べると, 燈籠を, 至るまで, 訊ねて, 近づいて, 近付いて, 馬車の

1 [262件] あくが, あなたの, あの, あること, いくらかお金, いざ会, いった, いひかけたる處固, いひかけ次に, いふ, いま秋の, お出会い, かえるよう, かぎり修業年限, かしづかれる, かわるが, くれぐれ云いきかせ, けだし逢, こちらへ, ことと, しても, しばらく待て, する, そういうこと, そう云う, そこへ, そっくりです, その再来, その教育, たずねた, たずねます, たづねる, だきつかれながら, ちがいは, でつくわしたこと, とつて, とりでの, とり東京, どうか上がっ, どうしてこの, どうも好意, なったであろう, なった伸子, なっちゃう, なってしもてんなあ, なつかしさ, なつた, なりかかって, なりきって, なりました, なり平凡, なり私, なる場合, なる順序, にて, のりうつったの, ばけた小林君, ひとかたならず恋, ふさは, ふさわしい, ふと目, まんまとだまされた, みたてる淡紅色, もたせて, よく似, レンズを, 不便を, 九鬼は, 二人が, 云いつける声, 仕立てるつもり, 付帯された, 代って, 仮名遣ひ, 会った, 似た, 似たる金製, 似つかは, 似つかわしくない, 似て, 似合わない萩, 似合わぬ尖鋭さ, 体現せられ, 何か, 何故嘘, 依って, 依ツ, 信用が, 偉大な, 先に, 具は, 出っくわして, 出会うこと, 出会った時, 出會つた時, 出逢った, 出逢ったこと, 出逢って, 出逢ってから, 切ない気持, 加えられた虐待, 助けられた話, 化けて, 化ける, 化して, 危険を, 又サイン, 及ばぬの, 及ぼす影響, 取っては, 同情し, 名刺を, 向つて言, 向て, 向ひ, 呼びかけなすった, 呼びかけられたので, 呼びこまれた家, 問ひ, 喰って, 四杯めの, 売られた荷風老, 大きな声, 如何に, 宇宙の, 宛がって, 家庭教師を, 対って, 尋ねました, 就いて, 就ては, 屡く見受ける, 己の, 引かれて, 強盗と, 当てはめて, 彼等煙草生徒も, 後から, 心靜めて, 忍ぼうと, 恋しその, 恋なぞ, 恋を, 情熱を, 愛されて, 感謝した, 慰めむとてか, 懸想した, 戯れる常習犯, 戻り走り回ったり, 打撃を, 抱えられひどく, 持たせて, 持って, 挨拶したく思った, 接吻し, 接吻します, 接近した, 擒に, 教へたは, 文句なく, 於て, 早くも, 暫らく人知れず, 暴行を, 書齋で, 會つた, 案内させ, 案内され, 欠けて, 死なれて, 気がつくと, 水を, 注いで, 注ぎ込まれる教訓, 注意した, 洗礼を, 浴せかけて, 淡い恋心, 熱と, 熱烈な, 物を, 特に強く, 特有な, 牽かれて, 生まれてない恋慕, 異ひなかつた, 盃ごとを, 相違ない, 眼が, 着せるつもり, 着せるべく解剖台, 秋波注ぐ, 立って, 笑いかけて, 紫陽花の, 缺けて, 羽衣を, 聞いた歌, 自分が, 自分の, 興味を, 舐められて, 苦しめられたの, 英語を, 茶菓を, 被せて, 見えた分けても, 見せて, 言って, 言ふべき, 言わせたこの, 言葉を, 訊いた, 訊くと, 訊ねた, 討たれるくらいの, 話して, 誘はれて, 誘惑されるだろう, 譬へて, 變裝する, 負けないよう, 赤ん坊を, 跟い, 較べると, 近い, 近い如何にも, 近づきたり, 近づく時, 返した, 追いつき並んで, 追っかけられて, 追われて, 逃れられない運命, 逢いたくなって, 逢った, 逢った日, 遇いたいという, 過ぎないこと, 過ぎない彼女, 過ぎなかった彼女, 遞與しつ, 遭ふと, 長き, 間違えられたり, 関聯し, 関聯せしめ, 關聯し, 附添っ, 附添つて面倒を, 限られた特徴, 隣合って, 面した時, 面会する, 面会を, 預けては, 頻りに何, 顔を, 飛びかかろうとして, 駆け落ちを, 髪の毛を

▼ 少女たち~ (292, 4.0%)

8 の中 6 の姿 5 の合唱 4 のこと, の声, の間 3 がその, の方

2 [19件] ががやがや, が窓, が自分, とも知合, に取りかこまれ, に紹介, のため, のほう, の一人, の一人一人, の名前, の眼, の視線, は, はてんでに, は五郎さん, は私, もその, を魅する

1 [217件] がおお, がかつて, がかぶっ, がきょう, がく, がくぐりぬけすりぬけし, がささやい, がどう, がひとり, がふい, がまじっ, がまばたき, が三々五々, が上等席, が並ん, が中, が二列, が二列縦隊, が五六人づゝユテコ, が今に, が付添い, が何人, が入る, が内職, が外, が女, が寄っ, が彼ら, が悲し, が愉快さうに喋, が扉, が手, が日本, が武力, が瘠せ細り, が笑い, が絡げた, が職業紹介所, が自ら, が蕁麻, が行うた, が身, が野, が集った, が頻繁, が顔, が馬車いっぱい, ことにその, だそう, であった, であり農村, である, でかれ, でさえ神戸, との出会, とはまるで, と一緒, と初めて, と別れる, と悉仲好し, と異, と目配せ, と背中合せ, と遊び, と露わな腕, にある, にいろいろ, にいろんな, にさ, にしきりに, についてのヒント, につぎ込みました, になにか, ににんき, にはこの, にはひとりひとり, には度々, にもずいぶん, にやんや, によく, に人形木製玩具製作, に失敬, に接し, に混つて踊つて, に物語る, に雑巾, のこしらえ, のざわめき, のす, のなか, のひい, のまえ, のダンス, の一群, の乘, の事, の健やか, の先頭, の内的生活, の出發, の囚人, の夢, の好奇心, の存在, の形づくった, の後姿, の心, の愛, の感じ, の感傷的, の感性, の手, の日常, の朗らか, の歌, の歓声, の洗いざらし, の特殊, の生活, の生活記録, の眸, の笑う, の総て, の聲, の肢体, の胸, の若々しい, の視界, の記憶, の話, の賑やか, の身, の集り, の雰囲気, の頬, の顔つき, の高笑い, はあたらしい, はいづれ, はからだ, はこの, はそういう, はそこ, はその, はぞろぞろ, はた, はちょっと, はとう, ははじめ, はまた, はみんな男の子, はみんな白鳥, はめいめい, はやがて, はやがてかならず, はやっぱり, はややしばらく, はキキ, は一層, は七人, は三百余名, は不幸, は世の中, は二列縦隊, は何, は口々, は喜び, は四葉, は夕暮, は天女, は女学生, は実際, は年, は廊下, は彼, は必ず, は急, は机, は死ぬ, は自分, は船, は花, は葉子, は虹, は酸漿, は開きかけた, は陽気, は静か, ばかりすん, ばかりの時, ほど学校, までが僕たちあたしたち, までが参加申込み, もいっせいに, もどっと, もどつと, も同様, も多い, も自分等, も親たち, や水兵服, よさようなら, よりも下手, よ君たち, をあざ笑っ, をこきつかう, をこんな, をさけ, を働かせる, を回顧, を搾取, を斬り死させる, を案内, を眺め, を私, を見, を雇う

▼ 少女~ (206, 2.8%)

7 いっしょに 6 一緒に 4 すれちが, 肩を 3 二人で, 少年が, 比較し

2 [13件] いっても, その少女, その心像, それから, であった, なって, なりし父母, ママゴトみたいな, 並んで, 時代物の, 私との, 話して, 連立って

1 [150件] ああこの, あまり口数, いうと, いって, いつた情趣, いまこそ, いわれて, うまれしろ百合, おじいさんが, お寺の, お見え, さし向い, すれちがいながら, そのほか, その傍, その弟, その母親, その親, それに, それより, それを, たいこを, たたかわねば, なりし君, なりて, なり次に, なる, ひそやかに, ひとりの, まだ修業, まだ青年, みくびって, めぐり會, めぐり逢, めぐり逢いげろ, もう一人, やがて結婚, よく似, アブ公が, アブ公の, ヨットを, リリイは, 不良少女の, 乙な, 二人あり, 二人きりで, 二人っきりの, 二人づれなのを異様に, 云うべきです, 云うもの, 云うよう, 云う雑誌, 云っても, 交換した, 今こうして, 今彼を, 他ならぬ, 侮りあえて, 入れかわり, 入れ代つて, 全く違う, 共通なある, 別れぎはに, 十五歳の, 博士とが, 友情以上の, 双生児の, 同じくら, 同じくらいの, 同じよう, 同じ下げ髪, 同じ服, 同一に, 名乘, 向きあって, 嘲笑ふ, 四十女との, 地獄の, 大変仲よく, 大学生と, 夫婦に, 妹の, 妻の, 婚し, 婚約さす, 婚約した, 子供子供した, 学生の, 少年の, 少年はい, 少年を, 居る, 差し向いに, 差向, 怪声との, 恋と, 恋に, 想像し, 成しを, 成長し, 昨日九段に, 時々ぶつかる, 會つた, 森先生と, 楽しく語っ, 歌人とは, 毎日顔を, 水の, 決めて, 活動写真館から, 淡いだが, 瀕死の, 申す者誰, 異様な, 知れる姿, 知合いに, 祖母の, 私は, 等しくある, 結びつけて, 結婚し, 結婚した, 結婚する, 縁組を, 繋る点, 老婆が, 老婆に, 考えられて, 膝を, 自分が, 自分と, 若者とは, 見なかつたの, 見合いを, 言うの, 言つても, 記者に, 話しあって, 話しあつ, 話してる年長, 誉めぬわれ, 連れ立って, 遇うこと, 遊べたらと, 遊んでるね, 道連れに, 違わないらしい, 醜くく強直, 雖も, 馬糧小屋の

▼ 少女時代~ (117, 1.6%)

5 のこと 3 の思い出, を過した 2 から娘時代, の生活, の私, を思い出す, を過ごした

1 [96件] からすでに, からつきまとっ, からのこと, からのもち, からの勤労, からの召使い, からの宗教心, からの故, から一緒, から不運, から働きつづけた, から光源氏, から切り苛, から勤労者, から始終, から歩んだ, から母, から決して, から特殊, から知っ, から立派, から結婚生活十七年, から育っ, から自分, から見馴れ, から辛苦, から養っ, から養われ, が今, その境遇, で甲州, という大ざっぱ, と少し, にお, にさら, にさらわれ, にすごした, につかえた, にはこの, に不慮, に六条院, に暗い, に東京, に私, に観世, に近所, に飛び出し, の二年, の五年間, の労働, の境遇, の声, の夢, の富士, の思ひ, の感覚, の或, の昔, の極彩色, の生活環境, の瞳, の絵本類, の自分, の記念品, の記憶, の話, の追想, の遊び友達, の遊戯, の遠い, の里子, の重要, の顔, の風景, はあなた, はすまし, は毎晩仏壇, は腺病質, は非常, もない, よりも複雑, をお, をしらべた, をすごし, をすごした, をとりかえした, をどうして, をよく, を南フランス, を快活, を思ひ出した, を東京, を瀬戸内海, を過し, を除い, 若い女性

▼ 少女~ (110, 1.5%)

3 はセエラ 2 がいろいろ, の中, の夢, の眼

1 [99件] が他愛, が何故, が古い, が喚声, が喜々, が売る, が弁当, が急, が悪, が手芸, が採用, が沢山, が男性, が縄飛び, が耳, が職業婦人, で地方, との交友, との思春, と共に十歳前後, と彼等, と手毬, と話, と話す, にとって一つ, にのこされ, にみな平等, にフランス語, に小突きまわされ, に話しかける, のする, のそうした, のため, のなまなましい, のゴム毬, の上, の中心, の優美, の可憐, の家族, の心, の手, の横, の注意, の為め, の生活, の目, の純, の素足, の素足踊り, の肩, の行末, の輿論, の面, の顏, の顔, の魂, は, はいつも, はお腹, はお菓子, はかれ, はそりゃ, はそれ, はそんな, はただ, はどんなに, はのり出し, はまるで, はめいめい, はジャケツ, は世の中, は人形用, は何, は同情, は唄った, は実, は家庭, は容易, は岡, は改まっ, は教室, は燃, は立ち上つた, は肱, は花, は規則, は食べる, は驚き, までいつの間にか, もみえのす, もモジモジ, も全く, も小さな, も昔, も考へ, を次々, を眺め, を自分

▼ 少女~ (86, 1.2%)

2 いれば, 出て

1 [82件] あたりを, あらむ, ある, あるがね, あると, いた, いて, かえして, この精神的地理, さういふ一人, さっきから, して, そのひとり, その一つ, その一軒, その半分, その幻想, その後絶え, その早熟, それに, ただ微温的すぎ, たちまち掻き消され, だんだんこの, ついには, ときどき睡り, まじって, また傷, また兄, まるで黙っ, もう大, もはや無意識, やがて口べら, やっと宣教師, やはり龍山, よくこの, わたしを, 一人いた, 一枚の, 三度柱と共に, 亦實, 今は, 何だか少しぴったりしなかった, 元の, 其他ラングが, 加は, 十五くらゐ, 同情する, 営々と, 外を, 学ぶなり, 家路に, 寝入って, 小さな彼女, 小生と, 居るといった, 彼男子の, 心もち蒼い, 感じられた, 我等と, 日本娘では, 未熟ながら, 来て, 次第に高く, 死んだ子, 洋子と, 消えて, 現在眼の, 白髮の, 私と, 私に対しては, 立ち止まった, 笑いながら, 続いて, 美しい令嬢, 美少年も, 自然に, 葬式に, 蚊帳の, 蝋燭と, 赤い着物, 農家の, 通る

▼ 少女~ (85, 1.2%)

19 あつた 4 さへ 2 あつたらう, あッた, 形は

1 [56件] あつて神社, あり得た, いっぱいです, いまだ十六, お召し物の, お小夜, この物語, その女学校, その映画劇場, その隣, それが, だがよく, どこの, どんなむずかしい, はない, もし並ん, クリストフが, ストゥヴァン家に, ベッドの, ロレイン街の, 一ぱいです, 一方では, 下げ髪を, 内気で, 初夏に, 前に, 名前を, 団体的の, 大きい目, 大層綺麗, 富家の, 小説を, 少しはらはらし, 少将の, 尤も僕, 抜群の, 指輪も, 新太郎を, 東洋的美し, 樹のぼりが, 母親より, 無軌道で, 私が, 私と, 稚児髷に, 肩揚げの, 脳味噌も, 詩や, 話しの, 誠之に, 雀班だらけの, 青い眼, 青白くやせ, 頬が, 頬骨の, 顔も

▼ 少女歌劇~ (76, 1.0%)

5 を見 3 の男役 2 というもの, の女優

1 [64件] が自分, じみて, だけで, てもの何うに, である, であるという, ですが, で名高い, とあし, といふもの, とかいうもの, とやらを觀, と言っ, などの出来た, などは変, にくらべる, につながる, に対する考, に関する限り, のクレオパトラ, のスター, のファンそのもの, の内容, の出, の切符, の創始者, の可愛い, の女, の少女たち, の少女達, の川路龍子, の愛好者層, の昼, の東京大阪合同, の楽屋, の生徒達, の田村淑子, の神様, の総見, の舞台, の連中, の雑誌, は, はあちら, はフンバアヂング, は実に, は東京, は浅草, は男, は立派, ばかり出, ばかり見, へ行き, もなく, もひどい, も勝て, をつくる, をやり出す, を広く, を御覧, を思う, を見る, を見物, 御覽

▼ 少女らしい~ (63, 0.9%)

2 優しい好意, 勇気を, 夢の, 平和は, 計画が, 顔を, 驕慢な

1 [49件] あどけないどこ, お姿, お心, ことしか, ことである, ことを, ところだけを, のである, ぷりぷりした, ものが, 一種の, 人だ, 几帳面さで, 可憐な, 声で, 夢が, 夢を, 好みで, 好奇心に, 寝顔にまで, 少女なんぞといふ, 希望に, 微笑の, 微笑み, 愛嬌や, 感傷に, 感傷的な, 手入れの, 手紙を, 敏感さで, 新鮮さが, 様子で, 模倣に, 涙が, 無邪気な, 熱中も, 特徴で, 眼で, 矜り, 競争心を, 笑い声を, 肢体は, 胸に, 血行は, 衿持を, 要でも, 身ぶりで, 輝きが, 魅力さえ

▼ 少女小説~ (42, 0.6%)

2 か童話, と云う, に筆, を書く, を買っ

1 [32件] からいくら, って名, について私, によって頭, に到っ, に探偵小説, のいま, のやう, のよう, の作者, の価値, の数, の文, の本, の絵, の著者, は一, は悲しみ, は通っ, めいたもの, も私, や婦人雑誌, をお, をむちゅうになって, を一つ, を作る, を女中, を持っ, を改革, を書い, を書いた, を読もう

▼ 少女~ (40, 0.5%)

2 が黒天鵝絨, であった, は一人

1 [34件] あゆむ, が, がするだらう, が育っ, が首人形, しからぬもの, である, と, と朝な夕な, に出, に出会った, に己, に直接, に血潮, に面, の, のため, のほとんど, の両親たち, の乗り捨て, の異, の異様, の笑, の笑い, の群れ, の行く末, は, はおどる, ははげし, は恐怖, は羊さし, は華麗, を売らしむ, 見れば

▼ 少女~ (38, 0.5%)

42 つたと, ということ, といわれ

1 [28件] からこの, からこんな, からその, から気, から自分, がその, が奥テル子, が頭, ぜ, ちの姿は, つたのです, つた時分の, つた私は, つた遠い, つた頃或, とかいう言葉, とかいふこと, とでも思つて, とは思つて, とばかり思い込ん, とばかり思ひ込ん, と云う, と十内, と告げた, と往来, と思っ, と思った, と気がつく

▼ 少女から~ (36, 0.5%)

3 若い娘 2 手紙が

1 [31件] ごく若い, どんな手紙, ひどく慇懃, もらって, もらつた写真, 三間ほど, 中年の, 乙女に, 人妻そして, 何事かを, 健全な, 受け取つた印象, 娘に, 娘への, 容易く常盤御前, 己れ, 成熟した, 手紙を, 来た手紙, 気兼も, 相当の, 眼を, 老婆までの, 脱け, 芍薬の, 處女の, 見れば, 詳しい話, 酌を, 離さなかった, 青春時代は

▼ 少女とは~ (35, 0.5%)

2 やや苦しく, 全く別, 思えなかった

1 [29件] こんな者, しばらく門, その生活感情, では何, どっかへ, まるでちがった, みぬか, やがて赤坂見附, わざと背中, 二人に, 似ても, 何の, 室の, 思えぬ鉄火口調, 思はれない荒々しい, 思へない力, 思へなかつた, 思われない荒々しい, 或る, 正反対に, 比べものに, 清水の, 皮膚の, 組が, 見えないほど, 見違, 言えない齢, 髮に, 鶴子の

▼ 少女には~ (30, 0.4%)

1 [30件] あり得ないほどの, かまわないで, それ以上の, なつくよう, まだ真実, めぐり会わない, よく頷かれ, 云いよう, 些の, 他人の, 似氣, 何か, 余りに多, 判らないよう, 幼い日, 弥八を, 彌八, 得て, 悲しかった, 比較的興味, 珍らしい, 相当魅力, 稚い正義感, 縁が, 自分には, 誰も, 通じないの, 違ひない, 非常に, 食べさせて

▼ 少女では~ (24, 0.3%)

5 なかった 3 なかつた 2 ないの

1 [14件] あったが, ありましたが, ありませんよ, あれど, おられない聡明, ない, ないか, ないから, ないと, なくなって, なく成熟, なく老翁, 断然ない, 相手に

▼ 少女~ (23, 0.3%)

5 のです 3 んだ 2 のか, のかも

1 [11件] のかしら, のかな, のだつた, ので, のであった, のでした, のでしょう, ので可愛らしい, ので此時, のね, んです

▼ 少女であった~ (21, 0.3%)

1 [21件] から, がその, がそれでいて, が以来日々, が仲間, が何となく, が千人, が変, が正面, が落ち, が間もなく, ことと, ことを, し又, というの, としたら, に違い, のにこれ, 妹は, 男姿の, 神近市子山川菊栄岡本かの子その他を

▼ 少女との~ (19, 0.3%)

2 交漸く

1 [17件] つつましい結婚式, 不意の, 二人が, 二人暮しだ, 名高き石像, 問答を, 墓が, 恋の, 恋を, 恋愛を, 愛の, 瞬間が, 結婚が, 自身の, 間には, 関係は, 關係は

▼ 少女~ (19, 0.3%)

1 [19件] が, がかざし, が手, が着る, が運動, きかば, にも縫っ, の中, の爲, の玩具, の賑やか, の間, はよく, は常世の国, は恋愛, は機會さ, は眞, を考へさせた, を賺し

▼ 少女~ (18, 0.2%)

2 をぬけよう

1 [16件] から成長, が親, が送られ, っての, にいた, の光沢, の危機, の志賀暁子君, の終りごろ, の終り頃, も悦二郎, をすごし, を出た, を脱, を脱しかけ, を過ごした

▼ 少女とが~ (17, 0.2%)

1 [17件] あたって, うろついて, おのれの, お互に, そこに, その村, どうかした, ドンナ関係に, 一人ずつ, 乗合せた時, 互いに肩, 互に肩, 店で, 成るたけ世帯, 抱き合せて, 田川と, 籐椅子に

▼ 少女だった~ (16, 0.2%)

2 伸子に

1 [14件] あれを, から東助, が市子, ことを, とき多, のである, のです, ので全く, わたしは, んだ, 伸子の, 彼女の, 私は, 遠い昔

▼ 少女~ (16, 0.2%)

1 [16件] そのほか, よってお前, 世間を, 友達に, 女子生達の, 少年に, 少年の, 少年を, 少年達が, 思われたん, 探偵やの, 背広を, 若い女, 若い露天商, 近所の, 青年たちは

▼ 少女という~ (15, 0.2%)

2 のが, のも, ものは 1 ことが, ちんぴらな, のは, ものが, ものに, ものを, 大そう, 年頃の, 恰好だ

▼ 少女として~ (15, 0.2%)

1 [15件] ふれて, より寧ろ少年, ニューヨークの, 不良青年に, 傍観する, 入社した, 只大人, 成長し, 故郷を, 父さんと, 真弓は, 育てて, 自分の, 評判だった, 評判だつた

▼ 少女~ (15, 0.2%)

2 にお, の他愛

1 [11件] が張り切, が張り切っ, とは云, には浅ましく, にも深く, に物, のこよなく, のすべ, の浅, をおもいみ, を失わず

▼ 少女にも~ (13, 0.2%)

1 [13件] ある恥, すぐそんな, 似る, 何か, 努めて, 即座に, 少しの, 教訓に, 構わずに, 気を, 男の, 見えるな, 試みて

▼ 少女に対する~ (13, 0.2%)

2 一種の

1 [11件] ある友人, ことが, こらえに, ささやかな, やるせない追憶, 取締が, 同情が, 彼女の, 無限の, 犯人の, 私の

▼ 少女雑誌~ (13, 0.2%)

2 に少女小説, を読ん 1 から急速, で僕, と英語, にフキヤ・コウジ, の附録, や翫具, をいく, を持っ, を読みきかせ

▼ 少女である~ (12, 0.2%)

1 [12件] がここ, が何もかも, が知的, ことそして, ために, だけ若い, としたら, とはもはや, とは今, とは信じられなかった, とは思へない, のを

▼ 少女みたい~ (12, 0.2%)

1 [12件] だ, だよ, なん, な口ぶり, な声, な慢性幻覚性偏執症, な桃色, な点景人物, な無邪気さ, になっちゃう, に男の子, に見えた

▼ 少女らしく~ (12, 0.2%)

1 [12件] あれから, きわめて可憐, そのホール, パッと, フックリ, 何んで, 傍に, 彈む心を, 恥ずかしがっ, 涙が, 科を, 鋭いが

▼ 少女でも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あれを, これだけの, ないが, ないと, ない色, 一度不良的刺戟, 十四にも, 大人の, 容赦は, 神経衰弱に, 読む雑誌

▼ 少女あり~ (10, 0.1%)

21 て杼, て現に, て鼓, 兵卒と, 其名を, 友が, 大河の, 年ごとに

▼ 少女ばかり~ (10, 0.1%)

3 では 1 じっと見つめた, ぢつと, でこの, でなく大人, で何だか, で先生, で彼女

▼ 少女としての~ (9, 0.1%)

1 ナオミが, フロレンスの, 処女としての, 感情が, 朧ろな, 知力にとっての, 肉体と, 自分が, 華やかさを

▼ 少女に対して~ (9, 0.1%)

1 あんな乱暴, すべての, その叔父, もし性欲, 与えるもの, 互に面, 残酷である, 済まない約束, 風流の

▼ 少女~ (9, 0.1%)

1 が二つ三つ, と認められ, の団員章, の団長, の草分時代, の話, の首領, もライオン, や少年団

▼ 少女姿~ (9, 0.1%)

2 の山形警部 1 でこの, になった, に仮装, の小林君, の小林少年, の自分, は

▼ 少女趣味~ (9, 0.1%)

2 でこし 1 かい, だと, ですよ, ね, よ, を思い出した, を排除

▼ 少女です~ (8, 0.1%)

2 が父親 1 から, から皆, がでも, が着物, が道人, よ

▼ 少女と共に~ (7, 0.1%)

1 こんな山奥, 数歩すすんだ, 此の, 胸の, 語り合つ, 遊び暮し, 首肯いた

▼ 少女にとって~ (7, 0.1%)

1 この時代, それは, なんという, まるで人間一個, 問題は, 療養所の, 非常な

▼ 少女にな~ (7, 0.1%)

2 つてゐた 1 つたのである, つてし, つてゐました, つて仲, つて小鳥の

▼ 少女助手~ (7, 0.1%)

4 のマユミさん 1 だよ, といっ, の花崎マユミさん

▼ 少女だけは~ (6, 0.1%)

2 家に 1 どうした, 岩の, 神武の, 私に

▼ 少女だち~ (6, 0.1%)

1 が引返し, につらつら, はしとやか, は同じ, は広, は黙っ

▼ 少女でした~ (6, 0.1%)

1 からどうか, からにげだし, から兵馬, から自分, がなかなかしっかり, がみんな十歳

▼ 少女といふ~ (6, 0.1%)

2 少女が 1 のは, のを, もの年中, 言葉を

▼ 少女~ (6, 0.1%)

1 しかしもう何もかも, なんとこの, ひと飛び, われなんじ, 人は, 笑みかたまけ

▼ 少女二人~ (6, 0.1%)

1 に私, のこれ, の一行, は学校, を妹, 暫し飛ぶ

▼ 少女~ (6, 0.1%)

2 の海水着 1 であるの, のアメリカ品, の緋ぢ, の赤い

▼ 少女~ (5, 0.1%)

2 六が 1 つねを, 君に, 園の

▼ 少女こそ~ (5, 0.1%)

1 いつぞや彼, ほかならぬ, 私の, 雄々しく自由, 顯はれたれ

▼ 少女たち黄菊~ (5, 0.1%)

1 には九重, には古代, には御, には紫宸殿, には聖駕

▼ 少女っぽい~ (5, 0.1%)

1 という, まんじゅう頭が, ロマンチックな, 純潔さを, 花瓶が

▼ 少女でない~ (5, 0.1%)

1 かぎり結局は, 事は, 代り鮮やかな, 玉鬘は, 限り

▼ 少女とを~ (5, 0.1%)

1 あこがれて, 愛せしめよ, 無理にも, 異った, 見下して

▼ 少女にとっては~ (5, 0.1%)

1 これは, それが, 夢の, 学校は, 生涯忘

▼ 少女よりも~ (5, 0.1%)

1 今は, 優しい心, 心持ち大きい, 男たちだった, 私の

▼ 少女一人~ (5, 0.1%)

1 くらいと思っ, である, の故, はカーキー色, 乗せて

▼ 少女歌劇そのもの~ (5, 0.1%)

1 の発達, はすでに, は格別一風, は相当, を女子占領軍専用

▼ 少女歌劇学校~ (5, 0.1%)

1 の第, の運動会, へ白井鉄造氏, へ行く, 備付けの

▼ 少女~ (5, 0.1%)

1 から女子文壇, の投書, の歌壇, の縁, は其時代

▼ 少女からの~ (4, 0.1%)

2 便りである 1 愛慕を, 手紙を

▼ 少女だけ~ (4, 0.1%)

1 であと, では, 特別扱いに, 靴下を

▼ 少女としては~ (4, 0.1%)

1 やり所, 可なり, 容易ならぬ, 少し手

▼ 少女なる~ (4, 0.1%)

2 母宮の代と 1 が紅裙風, ことを

▼ 少女によって~ (4, 0.1%)

1 証拠立られ, 証明さる, 軽く注がれた, 運ばれた

▼ 少女めいた~ (4, 0.1%)

1 ちんまりした, の, 声音に, 妙な

▼ 少女エラ子~ (4, 0.1%)

1 が情夫, だなんて, に絡まる, を見つける

▼ 少女~ (4, 0.1%)

1 がいきなり, をこづい, をこづき, を指し

▼ 少女~ (4, 0.1%)

1 に就, の額, は昔, を一そう

▼ 少女探偵~ (4, 0.1%)

2 のなか 1 になりたい, のスミ子ちゃん

▼ 少女歌劇団~ (4, 0.1%)

1 が外国, にお伽, の努力, も賛成

▼ 少女~ (4, 0.1%)

1 でしたよ, でない文学ファン, な感傷, な興奮

▼ 少女自身~ (4, 0.1%)

1 が姿, が少女, に, は年

▼ 少女~ (3, 0.0%)

2 何かの 1 私は

▼ 少女じみた~ (3, 0.0%)

1 カシミヤの, 感動を, 野心を

▼ 少女その~ (3, 0.0%)

1 嬌眸を, 裡に, 親との

▼ 少女だけが~ (3, 0.0%)

1 唐草模樣の, 後に, 永遠に

▼ 少女だけの~ (3, 0.0%)

1 ことは, 知ること, 面白がっ

▼ 少女だって~ (3, 0.0%)

1 いうの, 云う事, 今にアメリカ

▼ 少女であっ~ (3, 0.0%)

1 ても悪く, て世の中, て見れ

▼ 少女などと~ (3, 0.0%)

1 お思い, 一々その, 通行者の

▼ 少女などは~ (3, 0.0%)

1 この場合, 最も拙劣, 迚も

▼ 少女なら~ (3, 0.0%)

1 んとは, んには, 何でそんな

▼ 少女なれ~ (3, 0.0%)

1 ばにや目, ば境, ば姿

▼ 少女について~ (3, 0.0%)

1 いろいろの, 尋ねました, 考えなかったし

▼ 少女のみ~ (3, 0.0%)

1 であった, である, 特に属する

▼ 少女~ (3, 0.0%)

1 マンジリとも, 友人より, 向けたと

▼ 少女までが~ (3, 0.0%)

1 かわいそうな, やあへんてこ, 無事に

▼ 少女わが~ (3, 0.0%)

2 目がねは 1 手に

▼ 少女をも~ (3, 0.0%)

1 生けどって, 空想な, 紹介した

▼ 少女ネルリ~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 の小さい

▼ 少女上り~ (3, 0.0%)

2 の福子 1 です

▼ 少女労働者~ (3, 0.0%)

1 の位置, の血, は殆

▼ 少女同志~ (3, 0.0%)

2 の文通 1 のはなし

▼ 少女少年~ (3, 0.0%)

1 に仕立てる, の戸別訪問, の病気

▼ 少女~ (3, 0.0%)

2 を着た 1 のスカート

▼ 少女狩屋愛子~ (3, 0.0%)

1 が蜘蛛, の失踪, の姿

▼ 少女~ (3, 0.0%)

1 てしばし, むとて街を, むわれをためしに引く

▼ 少女ある~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 少女くさい~ (2, 0.0%)

1 ところを, のは

▼ 少女~ (2, 0.0%)

2 うして

▼ 少女じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんから, 無いん

▼ 少女たち全部~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, に呼びかけ

▼ 少女であり~ (2, 0.0%)

1 ながら商売女, 私は

▼ 少女としか~ (2, 0.0%)

1 思えなかったの, 見えないの

▼ 少女とでも~ (2, 0.0%)

1 いうべき眼鏡, 云いたいよう

▼ 少女とに~ (2, 0.0%)

1 あやまるし, 對し

▼ 少女ども~ (2, 0.0%)

1 あまたならび居たれ, に見出し

▼ 少女なかなか~ (2, 0.0%)

1 の美人, 利発もので

▼ 少女ながら~ (2, 0.0%)

1 二人は, 侮蔑を

▼ 少女などが~ (2, 0.0%)

1 みな口々に, 平気で

▼ 少女などに~ (2, 0.0%)

1 ふと男心, 画本や

▼ 少女などには~ (2, 0.0%)

1 受け難い, 見られないよう

▼ 少女なり~ (2, 0.0%)

1 しならん, 今日は

▼ 少女なりに~ (2, 0.0%)

1 お茶の, し

▼ 少女なんて~ (2, 0.0%)

1 図々しいもん, 言う資格

▼ 少女にたいする~ (2, 0.0%)

1 幼い初恋, 彼の

▼ 少女のみが~ (2, 0.0%)

1 思いつき得るよう, 思ひつき得るやう

▼ 少女ひとり~ (2, 0.0%)

1 が鵞鳥, と思っ

▼ 少女むき~ (2, 0.0%)

1 の文芸雑誌, の科学小説

▼ 少女よと~ (2, 0.0%)

1 かこつのみ, かこつ言葉

▼ 少女クララ~ (2, 0.0%)

1 の上, の練達無比

▼ 少女ゴオド~ (2, 0.0%)

2 と共に寂しい

▼ 少女シノ~ (2, 0.0%)

1 の半, を救うべく

▼ 少女ドロシイ~ (2, 0.0%)

1 の暴行惨殺事件, の暴行虐殺犯人

▼ 少女メリー~ (2, 0.0%)

1 の靴, をからかっ

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 探シ出シ, 有スルガ如シ

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 もポロポロ, を指し

▼ 少女一夕~ (2, 0.0%)

1 の痴談, の癡談

▼ 少女俳優~ (2, 0.0%)

1 から爾汝, のファン

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 である, に見出し

▼ 少女助手マユミさん~ (2, 0.0%)

1 のおとうさん, は探偵事務所

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 は, を雅琴嬢

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 みれば, 見れば

▼ 少女団長~ (2, 0.0%)

1 であった彼女, として神明

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 のあどけない, の彼女

▼ 少女奥テル子~ (2, 0.0%)

1 には井荻, の作った

▼ 少女子ども~ (2, 0.0%)

1 のなつかし, はある

▼ 少女小説作家~ (2, 0.0%)

1 が同性愛, は如何

▼ 少女小説的~ (2, 0.0%)

1 と云おう, に受動的

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 が作業台, の数

▼ 少女歌劇養成会~ (2, 0.0%)

1 が組織, の教育方法

▼ 少女温泉~ (2, 0.0%)

1 の湯女, を汲み

▼ 少女特有~ (2, 0.0%)

2 の敏感さ

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 が往き集う, の

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 へて曰はく, へて母君

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 からを, 體で

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 にゐなく, の前

▼ 少女~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 少女誘拐~ (2, 0.0%)

1 で牢獄, ともちがう

▼ 少女贈るべし~ (2, 0.0%)

2 中に

▼ 少女雜誌~ (2, 0.0%)

1 がはじめて, や何

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 と壯年顏, は生きた

▼ 少女~ (2, 0.0%)

1 のなき声, のやう

▼1* [336件]

少女どけ無い頬, 少女ああ私は, 少女あがりの細君, 少女あつかひにし, 少女あの髮の, 少女あまた群をなし, 少女あらずばわれこ, 少女ありけり年下なる, 少女ありしがこの, 少女いかにして, 少女いそしむは, 少女おお我が恋人, 少女おしとどめて, 少女おどおどと少年, 少女お玉は兎, 少女かが何品かを, 少女かなんぞのやうに, 少女かも知れない, 少女からはなれました, 少女かわいらしい男髷で, 少女がとつくに, 少女がもの佗びた面もちで, 少女づれだつた, 少女ぐらいにしか思って, 少女こそは前回に, 少女この傲慢な, 少女これによりてすでに, 少女じみて煙草, 少女すなわち去らんと, 少女すむ家と, 少女せいの高い黒い, 少女そのものになつて, 少女それはチヨ子, 少女たたずみてこなた, 少女たちはちよつと立ち止まつ, 少女たちみんなの顏, 少女たち一同との仲, 少女っぽい美しさ可愛らし, 少女っぽく身を, 少女づれに分らう, 少女てるの涙, 少女であったら近づいて小声, 少女でありましたがおじさん, 少女であれば少く, 少女といはんも理, 少女といふは年の, 少女とおもひきと, 少女とかいうものだって, 少女とかの出現などを, 少女ときやうだいだ, 少女とではきっとつつましく, 少女とともに泣く泣く憲一, 少女とばかりに思って, 少女とも思えぬ由子, 少女ともの語せり, 少女ち中, 少女ども誰おし巻かむ, 少女ながらに非常に, 少女なぞと云ったこと, 少女なぞは彼女を, 少女などことに, 少女などをお城, 少女なほよく詩, 少女なるべし美しき腕, 少女なれ飛び去りたる例の, 少女なんぞいふて, 少女なんぞといふものは, 少女にたいしてやさしみ, 少女についてのずっと近ごろ, 少女にでも自分から, 少女にとつて無上の, 少女に対し行われる処罰等, 少女に対しては気の毒である, 少女に対しても井深君は, 少女に関する感想の, 少女のみは一言をだに, 少女はかぶりを振った, 少女はから傘を, 少女はからかふやう, 少女はてのひら, 少女はとびら口へ, 少女はにツとも, 少女ばかりで組織された, 少女ばかりといふ風な, 少女ばかりの三人であった, 少女ひろ子である, 少女ふたたび見たき情, 少女ふたりと手, 少女へという宛名に, 少女への謝礼包みだけに, 少女ほそぼそとなにか, 少女ほどにもいかない世間, 少女また鷹の, 少女または子どもづれのおとなたちでした, 少女までをふくめて, 少女みんな同じ年ごろ, 少女よその蜜柑, 少女より一箱二箱を, 少女よりはさつ, 少女らしいではありません, 少女らしい思い過ごしにほかならない, 少女らしかったそして石, 少女らしくだまりこんでいた, 少女らしくなった姿が, 少女らしくほがらかに, 少女らしゅうございますもの, 少女ら冠のいみ, 少女ら戸を細目, 少女ら紙鳶あげて, 少女わかい人々の, 少女をば棄てて, 少女を以て任ずる, 少女を通じてグレゴール, 少女アリスがたどった, 少女アリスガ辿つた鏡, 少女インゲボルク奇妙な二三, 少女エンミイが天野中尉, 少女エンミイ清楚バラの如き, 少女カルロ・ナインでございます, 少女クリューセーイス乘らしめよ, 少女コセツトをわが, 少女コゼツトの美し, 少女コンスタンティアに近づく, 少女サビツがギルガメシュ, 少女ジャンヌ・ダルクが勇ましく, 少女ジャンネットにおきかえる, 少女ジュヌヴィエヴが第, 少女スンガリイなる青, 少女セツ子は跪いた, 少女ゼンタの愛, 少女ソーニャの許, 少女デデットのため, 少女ニモ戀愛ヲ自決セシム可シト云ハバ如何, 少女ニ育兒ヲ講義スル如キ, 少女ネリは無事, 少女凄咽相泣クノミナラズ, 少女ハプスブルグの娘, 少女ハンスルといふ娘, 少女パウラのよう, 少女ピアニストとして知られ, 少女フエデリゴが畫, 少女ヘシオーネを救いし, 少女ベビー・ベッキイの名, 少女ホルモン文学的な, 少女マヌエラのほう, 少女マルグリツトの家, 少女ミチミの名, 少女ミンナとお伽話, 少女モダン仕立ノーテイ少年の跋扈跳梁, 少女モヨ子はあの, 少女モルチュリューの犯人, 少女レヴィウはわれら, 少女ヴァイオレットと馴染, 少女一人二人三人集つて来た, 少女一同を相手, 少女一寸英語で返事, 少女万歳ですな, 少女三人はさんざん, 少女上着をぬぎ捨て, 少女不良老女がたくさん, 少女不言花不語, 少女世界の当選作文, 少女両親より突然, 少女に扱つたの, 少女中心のもの, 少女の荷, 少女予言者を訪れ, 少女二人三人を見る, 少女二十余名打ち集, 少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 少女享楽団が全部揃い, 少女享楽団長の名前, 少女人形がりっぱ, 少女人形電気で動く, 少女沁み沁みと, 少女以上にも以下, 少女何れも呼吸, 少女りて, 少女係後藤四方太氏はこの, 少女倶楽部か何, 少女倶楽部少女の友, 少女入り来たり, 少女其母の跡, 少女で來, 少女劇場で見る, 少女助手花崎マユミさんは中学一年, 少女労働の搾取, 少女十六の笑, 少女千代子を押しのけ, 少女千葉房枝の名誉, 少女去りにけり, 少女口々に駒, 少女その職, 少女同士の文通, 少女名探偵になっ, 少女の雑誌, 少女向きの花簪, 少女向けの絵雑誌, 少女四人に大, 少女団ジャンヌダルクの一件以来, 少女団長時代の可憐, 少女を監視, 少女垢つきよごれたれど, 少女売り子たちに負ける, 少女壹與を奉戴, 少女奉仕を定め, 少女はず正しく, 少女女性の生活, 少女好みの町, 少女姫草ユリ子の怪手腕, 少女姿さへ聯想, 少女に歸, 少女容姿ふぜ, 少女富子の姿, 少女小説作家諸君に問いたい, 少女小説探偵小説等総てを含め, 少女居りわがため, 少女市子と米子, 少女幸子は巧み, 少女座員薗道由子だった, 少女彼らの手, 少女忘れかねつも, 少女もわかき, 少女情人らの噂, 少女摘草などする, 少女数人がさかん, 少女文学の傑作, 少女文芸はだんだん, 少女日中より影, 少女より後, 少女時代ボストンで声楽, 少女時代他人の非難, 少女時代以来のこと, 少女時代土曜日のやすみ, 少女時代彼女の好き, 少女時代文学雑誌に紫苑, 少女時代私が読みもの, 少女から出版, 少女月の桂の身, 少女之腎臓病, 少女期以来彼女が見聞, 少女期青年処女期壮年期老年期とまあ, 少女て肩, 少女を畑, 少女桜花さかえをとめ, 少女棄てよと命ずる, 少女歌劇ばりの作り声, 少女歌劇公演用の記念, 少女歌劇場それらの場所, 少女歌劇女優の夕空あけみ, 少女歌劇学校生徒松谷鶴子の自殺事件, 少女歌劇家族温泉等であるかも, 少女歌劇式場面が出来上った, 少女歌劇自身が女, 少女歌劇見物エスキーモでカツランチ, 少女歌劇見物三度目に見る, 少女歌劇集第一号, 少女歌壇に私, 少女歌手の歌, 少女歿なつた子供, 少女殊勝げに嘘八百, 少女氷まもりぬ山, 少女くさく活溌, 少女浅田シノのグザグザ, 少女浪子が, 少女海馬めかしき若人, 少女裝素服し, 少女ぞひゆけ, 少女滔々と美辞麗句, 少女炬燵にはいっ, 少女燃えにける, 少女町子の顔, 少女画報から原稿, 少女界時代の馴染, 少女にかかつて, 少女百合江でありましたから, 少女的一寸才があり, 少女皆川美奈子を押し包ん, 少女皇帝の后宮, 少女の大きい, 少女の御, 少女立ちながら袂重げ, 少女笠鞍に風ふくあけぼの染, 少女等数人及び病院, 少女のテエブル, 少女紅子を使った, 少女索緒て煮る, 少女の竈, 少女組織である, 少女綾子と燿子, 少女縱令美しと, 少女織りしもの, 少女のよう, 少女先生ときたら, 少女老いさらばった年寄りの女, 少女をすます, 少女肥満なる体, 少女が高く, 少女花形の葉子, 少女草いきれ暑き小径, 少女荒木久子といふ花柳流, 少女の花, 少女葉子を知り, 少女裏口のへん, 少女見れば髪, 少女えず笑みて, 少女り集つて, 少女誘かいさわぎはどうも, 少女読書は線, 少女読物としては世界有数, 少女調教師も仕方, 少女調簿をもっ, 少女諸君もみな手, 少女讚美者として種々, 少女赤坂の方, 少女趣味一般は若い, 少女身装もきれい, 少女個人, 少女逃げ走れわれを, 少女遊びの友達, 少女達かなだ, 少女達すべての意見, 少女達田蓑の島, 少女鈴木と云, 少女鉱物などである, 少女眼速く, 少女より退場, 少女の遊戯たる, 少女青年処女の多い, 少女の潜在, 少女を見合せ, 少女の矜持, 少女を垂れ, 少女魅力を備え, 少女の肥料, 少女麻雀闘士の明子さん