青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「小声~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~小さく 小さく~ 小さな~ 小作~ 小倉~ ~小僧 小僧~ 小児~ 小判~ ~小声
小声~
小姓~ 小娘~ ~小学校 小学校~ ~小屋 小屋~ 小山~ 小川~ 小林~ 小柄~

「小声~」 1660, 16ppm, 7063位

▼ 小声~ (1331, 80.2%)

71 言った 53 云った 39 訊いた 26 いった 22 言って, 話して 19 云って 18 答えた 17 何か, 囁いた 13 云つた 12 呼んだ 11 言いました, 言つた 10 歌を 9 ささやいた, 私に, 話し出した 7 いって, 呟いて, 呼んで, 彼に, 話した, 話し合って, 話を 6 たずねた, 云いながら, 歌いながら, 歌って, 訊ねた 5 いう, 囁いて, 話しながら

4 [11件] いいました, こんなこと, そんなこと, 口早に, 尋ねた, 相談し, 言う, 言うと, 話しかけた, 話し合った, 話すの

3 [22件] いいつけた, きいた, そつと, たしなめて, たずねました, つぶやきながら, ひそひそと, 云い出した, 呟いた, 呼びかけた, 唄を, 唱歌を, 囁きながら, 注意した, 注意を, 答へ, 言い出した, 言ふ, 訊いて, 訊きました, 訴えた, 読んで

2 [66件] いうと, いつた, いろいろ雑談, おっしゃった, かれに, さ, ささやきながら, さよならと, それに, それを, つぶやいた, つぶやく, わたしに, カテリーナ・リヴォーヴナは, 二こと三こと小言を, 云う, 云うと, 何事か, 制して, 口ずさんだ, 叫んだ, 叱るよう, 呼びとめられた, 呼びながら, 呼ぶの, 和一郎に, 唄って, 囁いだ, 囁きあって, 囁きました, 囁く, 囁くよう, 囁やいた, 尋ねました, 尋ねる, 彼は, 彼を, 彼女を, 念を, 挨拶を, 教えた, 時代色の, 朗詠を, 母に, 注意する, 物を, 独語の, 相槌を, 礼を, 私を, 竹さんに, 笑った, 笑ふ, 素子に, 繰り返した, 繰り返して, 自分に, 言ひ, 訊き返した, 訊く, 訊くと, 話しあって, 話し合, 誘って, 語った, 語り合って

1 [607件 抜粋] あああと, あいさつを, あそこか, あつた, あやして, あやまった, あれは, いいだしました, いいながら, いうて, いうてるの, いうの, いったと, いっても, いつて, いひました, いふと, うたい乍ら, うたい出すの, うたって, うたつた何と, うなりその, おこったよう, おしゃべりし, おじいさん量が, おずおずと, おっしゃったが, おとの, おどすよう, お世辞, お前は, お念仏, お祈りを, お蝶, かう云つて, かう答, かぞへながら降り, きいて, ききたまえ, ききました, きくと, きょうの, くすくす笑い出した, くり返したり, けしかけた, けれども鋭く, こういう事, こういっ, こういった, こうひとり言, こう云っ, こう囁いた, こう答え, こう繰り返し, こう言った, このうた, こびるよう, さう云つて眉, さう言, ささやいて, ささやかれる言葉, ささやき交したり, ささやき合った後, ささやくと, さしずを, さっぱり分りません, さんと, しかしずけずけ, しかりしかり様子, しきりに懇願, しきりに訴, しきりに話し, しめやかに, するの, そういっ, そうつぶやく, そう云っ, そう云った, そう叫ぶ, そう呟き, そう答える, そう言う, そう説明, そっと命じました, そっと囁いた, そっと囁く, そっと大助, そのこと, その事, その兄弟, その唄, その文句, それでも流石, そんな短い, たがいに, たしなめながら, ちょいと, つぎの, つけ加えました, つけ加へ, つけ足した, つづけた, つぶやいて, つぶやきました, つぶやくこと, つぶやくよう, なにか, なにかを, なにか言っ, なんか言おう, ののしりながらも, はき出すやう, はなしかけて, はなしこんで, はばかりながら, ひそひそ囁く, ひそひそ話し, ひそひそ話し出した, ひとりごちに, ひとり呟い, ぶつぶつと, ぶつぶつ呟き, ぶつぶつ言った, ぺちゃくちゃ話し, また云った, また叫んだ, また女, また言, また言いつづけた, また訊いた, また話しつづけました, もう一人, もう一度彼, やって, よくは, よって, よぶ者, わびた, わびる, アイリスに, アツ, イワンは, グーセフに, スミチャーンと, ダンス曲を, ツネ子に, ノズドゥリョフに, バクシシユジェントルマンと, フィルムの, ブラームスの, ボソボソと, ボソボソ話し合い, ラム・ダスに, リンゴの, 一中節でも, 一同に, 一寸お, 七瀬に, 三甚の, 不思議な, 世話に, 主人に, 亀吉に, 二人に, 二階の, 云いかけた, 云いのこして, 云いました, 云いますがね, 云い訳, 云うた, 云うもの, 云ったきり, 云ったの, 云ったらしかったが, 云ってから, 云つてゐる, 云ひ, 云ふ, 云ッて, 交ぜっ返した, 交わしあった, 亭主と, 人を, 今ちょうど, 今井の, 今日は, 仰せられた, 仰有った, 仲光を, 仲間に, 佐伯に, 佐吉さんを, 何かの, 何者かを, 促した, 信長は, 俺たちも, 側に, 僕は, 優しく宥めすかし, 兄に, 先刻からの, 光秀は, 内証話して, 出ようと, 切に頼んだ, 切り出した, 助けて, 勝ちほこっ, 半ば嚇かす, 半七, 卑屈らしく感じた, 友に, 友人を, 取交わして, 口を, 口誦み, 叫びました, 叫んだかと, 叫んだが, 叫んだの, 叫んで, 叫んでしまつた, 叱った, 叱ったり, 叱って, 叱りつけ人, 叱りながら, 叱り励まして, 合わせたりなんか, 同僚に, 呉用の, 告げた, 告げました, 告げる者, 呟いたが, 呟いたの, 呟き, 呟きました, 呟き出した, 呟き私, 呟き肩, 呟き起き上って, 呟くこと, 周囲の, 呻くやう, 呼びかえした, 呼びかけたら千三百年, 呼びかける者, 呼びかへしてゐたさうだが返事の, 呼びませう, 呼び止めた, 呼び起こして, 呼び起した, 呼ぶ者, 呼んだと, 呼んだら周さん, 呼んだ窓, 呼んでは, 命令を, 咽ぶ夜鳥, 唄いながら, 唄いはじめた, 唄い出した, 唐紙を, 唱いながら, 唱えて, 唱える合唱, 唸りながら, 喋った, 喚ぶたび, 嘉吉を, 噂する, 囀り始める, 囁きかえした, 囁き合いやがて, 囁き合い三人, 囁き合った, 囁き合ひました, 囁き私, 囁くと, 囁くもの, 囃して, 地蔵経を, 報告する, 声援も, 外から, 夢見るよう, 大友さんが, 夫人に, 女は, 女を, 女房に, 嬉しそう, 嬰寧を, 子供を, 官兵衛が, 寒子を, 尋ねて, 尋ね合った, 小一郎は, 小唄を, 小学歌を, 小間使と, 尚いろいろと, 山木さんと, 幸子には, 庄吉に, 彦兵衛を, 彼の, 忙しく囁き合った, 応酬した, 念仏を, 怒鳴った, 急いで, 急き立てるので, 急くと, 恐わ, 悪いよう, 感想を, 懇願し, 戯れに, 手短かに, 打て打てと, 投げすてるやう, 押問答し, 持ちかけたでは, 指さした, 指示を, 教えて, 数えながら, 日本の, 明石へ, 昼休み桟橋横で, 本尊様の, 机の, 杉野君に, 李太郎を, 松吉に, 松木に, 案内を, 梶に, 森ちゃんごめん, 検事の, 歌いヒヒヒ, 歌い出した, 歌い出した女, 歌い歌いおわって, 歌う唄, 歌う外伝, 歌った, 歌ったり, 歌つた, 歌つてゐる, 歌ひだした, 歯と, 段々大声, 母の, 法水に, 注意されたら, 注意しました, 洩しただけ, 流行唄を, 渋いのど, 湯の, 源次に, 無駄を, 然う, 熊太郎は, 熊本君に, 熊蔵に, 物の数を, 物言いを, 物語った, 独りごちたの, 独語を, 申し上げたらお母さま, 申し入れました, 男を, 盃の, 相談した, 相談し合う, 相談を, 眉根を, 看護婦から, 矢代に, 短く何ごと, 石の, 祈祷し, 祈祷を, 私る, 秘鼠秘鼠と, 稽古本を, 立ち話を, 笑い合いひとしきりコンコン, 笑ったが, 答えたが, 答えたその, 答えて, 答へて, 節を, 米友を, 粋な, 紋七と, 続ける, 綿密なる, 繰り返し繰り返し, 罵った, 羞し, 群衆に, 義太夫を, 老妓に, 耳元に, 耳打を, 聞いた, 聞えなかった, 聞きますので, 聞き返して, 腹立たしそう, 自信あり, 茶菓など, 荒田老の, 藤枝に, 行き先, 行くさき, 西洋の, 言いすぐ, 言いながら, 言いなさる, 言いなだめて, 言いふくめて, 言いましたらいきなり, 言い直しました, 言い私, 言い聞かせた, 言い聞かせました, 言うこと, 言うの, 言う者, 言ったが, 言っただが, 言ったもの, 言ったよ, 言ったら兄, 言ったら木村, 言った時, 言つたのださうである, 言つて微笑んだ, 言つて無作法に, 言はれた, 言ひ出した, 言ひ直しました, 言われて, 言ッて, 言葉の, 計ると, 訊いては, 訊かれた, 訊きかえした, 訊ねる, 訴えるよう, 詩を, 詩吟を, 詫を, 話しあったり, 話しあつ, 話しかけて, 話しかけるの, 話しだした, 話してるの, 話し合ったり, 話し合つて, 話し合われて, 話し始めた, 誦して, 説明し, 説明した, 説明する, 誰か, 談判ひとしきり, 諮った, 謡い始めると, 謡う, 謡など, 謡を, 踊りの, 軍議を, 返事を, 追って, 退けたらすぐ, 鋭く名人, 錆の, 長羅, 附け加えた, 隆達節を, 雑談を, 頻りに訊ね, 願うよう, 鼻唄を

▼ 小声~ (209, 12.6%)

25 なって 11 力を 8 なり 6 話して 4 なった 3 云った, 言って

2 [14件] ささやいて, なりて, 云いながら, 云う, 何か, 僕に, 呼んで, 彼等と, 教えて, 歌った, 言いながら, 言った, 説明し, 返事を

1 [121件] いいました, いった, いったもの, いって, いひて, いましめあって, いわでもの, うたったり, うたひだした, うたふ, うたへば, うたを, うちあわせまた, おなりなされ, かう僕, くすくす笑っ, こう僕, こう言う, こう言った, こんな返事, さけんだ, ささやいた, ささやいてから, ささやき合ってるその, しゃべって, し氏, それを, である, ないて, なったから, なったが, なった相談, なにやら唄っ, ならなくては, なりました, なりまして, なり一寸勝手, なり一番思慮, なり半分口, ひそひそと, ふとからからと, ほかの, まだと, ブツブツ口小言, 下婢の, 云うと, 云ったが, 云って, 云つてぽ, 交わされて, 何をか, 侍従へ, 優しく, 制しつ, 動かないで, 受け流して, 口を, 口三味線を, 叫びました, 叫んだ, 右衛門七は, 吟じながら, 含めて, 告げて, 呼びて, 呼びました, 呼止めた, 唄を, 唱ひ出す, 唱名せり, 問い或, 問ひ返した, 囁き交しながら, 囁き交わして, 囁き合って, 囁く, 囁くの, 変わって, 少し力, 彼に, 御読み, 思い出す歌, 成って, 成り, 抑揚を, 押し合ってる, 挨拶し, 歌いながら, 歌って, 歌を, 気遣, 注意を, 洩らした, 独語を, 猫の, 珍妙な, 相手の, 看護婦へ, 答えたが, 答えて, 答えながら, 答へ, 節を, 経を, 聞き取った上, 見舞った, 言つて納戸の, 言つて若い, 言ッて, 言付けつつ, 話し合つて, 語り合い折り折り忍びやか, 語り合つて, 語合ひたりし, 誦しつつ, 説明を, 読み出した, 返って, 返辞を, 遠慮し, 闇へ

▼ 小声~ (20, 1.2%)

1 [20件] うちにも, しらせの, ために, つぶやきばかり, つもりで, ひとりごとの, ほうで, 下に, 叫びを, 呼かけでも, 愛嬌などを, 早口で, 歌を, 称名を, 程度なら, 立談を, 耳打ちも, 言葉を, 話ほど, 談話を

▼ 小声~ (17, 1.0%)

2 かけた, ひそめ

1 [13件] かわして, ぐっと小田島, 一層小声, 交し合って, 交わして, 出した, 出して, 向けて, 寄せて, 発した, 発するの, 立てました, 重ねて

▼ 小声にて~ (15, 0.9%)

2 歌う

1 [13件] その歌, ちっとも聞えず, マルテに, 何か, 唱え, 小人に, 小言を, 目科を, 聞取れず, 解事者等に, 言う, 語り合う, 説明す

▼ 小声~ (9, 0.5%)

1 いふ, して, しばらくとぎれた, する, 気にな, 甘い襟おしろい, 竜之, 耳元で, 聞えた

▼ 小声では~ (9, 0.5%)

3 あるが 1 あったが, あったものの, あつた, ありましたが, いるよう, なくいつしか

▼ 小声ながら~ (6, 0.4%)

1 はっきりと, 人混みの, 呼吸を, 聞取れるほどに, 評議中には, 頻に

▼ 小声~ (5, 0.3%)

1 があわただし, がたしかに, が強い, が絶え間, けれどすぐ

▼ 小声~ (5, 0.3%)

2 なった 1 なったが, 前屈みに, 小声に

▼ 小声であっ~ (4, 0.2%)

2 と叫んだ 1 と云った, と言った

▼ 小声ながらも~ (3, 0.2%)

1 一語一語念を, 凛とし, 同じ文句

▼ 小声~ (2, 0.1%)

1 ので因幡守, 歌を

▼ 小声~ (2, 0.1%)

1 つづいて, 外の

▼1* [23件]

小声だけが魔の, 小声だけにうるさいこと, 小声や呼びやる, 小声であったけれど竜, 小声である為に, 小声でさえ話を, 小声でしたが場所がら, 小声でじやあと, 小声でばかり話し出したので, 小声とはいえ隣席, 小声ながらに力瘤を, 小声にとり交わす三人, 小声になつて, 小声になんかうたって, 小声長持ちしなかった, 小声もかの女を, 小声そのわな, 小声聞イタ, 小声乍らあつと, 小声切々時雨の, 小声小声の下, 小声に吟じゐ, 小声誦さみのそそり節