青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「子爵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

子~ ~子ども 子ども~ ~子供 子供~ ~子供たち ~子供達 子分~ ~子孫 子孫~
子爵~
孔~ 孔子~ 孔明~ ~字 字~ ~存 存~ ~存じ 存じ~ ~存じます

「子爵~」 1033, 10ppm, 11073位

▼ 子爵~ (238, 23.0%)

4 来訪が 3 なれの, 一行と, 家に

2 [17件] お言葉, 不用意な, 令嬢で, 令嬢である, 処へ, 哀訴の, 家を, 引証せられし, 態度か, 態度を, 手に, 方を, 旧領地, 来訪の, 突然の, 長男直也は, 顔は

1 [191件] いわれしごとき, いわれしごとく, お伴を, お嬢様では, お孫さんが, お客間, お相手, お話し, ことだ, ことでしたら, ことを, ごときも, すらりと, そうした観察, それほど広大, ためと, つながりで, ところへ, ようすが, アドヴァイスにより, 一人姫糸子といへる, 一昨夜の, 一言より, 三男の, 三男も, 不運という, 予を, 二十六に, 云ふところなり, 五稜郭戦争を, 交際嫌いな, 人殺しな, 代りに, 令夫人が, 令嬢いまは, 令息として, 令息を, 何倍という, 側へ, 側室であった, 傍に, 先代や, 処に, 別荘が, 別荘へ, 別莊, 別邸あれは, 別邸たつた, 十口は, 厚意に, 友人に, 口吻より, 君最愛の, 告白書の, 味方を, 国家学会にて, 堂々たる紹介状, 場合よりも, 声に, 声を, 夫人で, 妄の, 姫君玉江嬢側へ, 威権烈しく, 娘が, 婿に, 婿君であった, 子が, 子である, 子孫で, 室から, 室に, 室の, 室まで, 家では, 寵愛子よりも, 幽霊を, 幽霊談は, 広親老人, 後ろ姿を, 後嗣の, 従妹の, 御了解, 御令嬢, 御休息所, 御前が, 御前様で, 御名望, 御子息, 御次男, 御演説中, 心には, 心の, 応接間や, 息子さんが, 息子だ, 息子の, 意見と, 愛妻瑠璃子の, 愛妾お, 慌てたる顔, 懐古的な, 所へ, 所有地な, 手紙を, 手許へ, 折角の, 振舞は, 掘り出した世界的逸品, 敗北とな, 方の, 方へ, 昔今を, 本家筋にあたる, 枕もとには, 栄誉と, 様子に, 様子には, 樣に, 次男が, 歓迎を, 死が, 死は, 死体を, 死骸なら, 気まぐれでございます, 火の, 為か, 為に, 爲に, 爵位まで, 物貰ひだいや, 独身生活の, 現実を, 生涯の, 用いた武器, 立派な, 筆で, 答えを, 経営店である, 考えも, 考えを, 耳にも, 肩を, 肩書が, 胃痛を, 胸に, 自殺の, 自殺は, 若様を, 若様ッて, 英語を, 親友の, 親戚で, 親戚とか, 親族の, 言が, 言に, 言を, 言葉が, 計算に, 許に, 許へ, 許諾を, 話が, 話の, 話を, 説は, 説を, 談だ, 請に, 貧乏華族より, 身の, 遭難から, 遺書の, 邸だ, 邸なれ, 邸内で, 邸内に, 邸内にて, 郷土運動も, 長子であり, 開墾地で, 随行の, 靴が, 頑固な, 頭の, 頭へ, 頭部に, 馬鹿娘を, 鶴の

▼ 子爵~ (163, 15.8%)

2 [11件] ほんの傀儡, ベッドの, ポケットから, 何の, 如才なく, 子の, 小間使の, 彼の, 急に, 瑠璃子が, 相手が

1 [141件] くるりと, こう云っ, この場, この汽船会社, さっき云った, すっかり投げ, その後胤, その時県令, その機会, その設計, それを, そんな考え方, だしぬけに, ちょっと真面目, つづけて, つまらない小細工, どこからか, どこまでも, まことによい, まッ, もう諦め, やはり乙, やはり微笑, わざと眼, ケンブリツヂ出の, ベッドに, ベッドには, ルイ・カペエ, 一人で, 一方ならず迷惑相, 丁寧に, 不審さうに訊いた, 不審そうに, 不審に, 世事に, 主人の, 之を, 乙の, 予に, 今思い出した, 今日を, 伊藤内閣の, 体を, 元来声自慢一揚一抑法に, 充分の, 先ず食道楽会, 全然私達, 冷罵に, 前夜の, 北海道に, 北英の, 同じく軍紀問題, 呼べり, 命と, 唯で, 堪らなくな, 堪らなくなって, 壮年時代の, 大きな財産, 奥さんに, 如何いう, 安楽椅子に, 宮城県の, 小声で, 少しあわて, 左利きである, 庭に, 弟が, 当日の, 当然甲, 彼女にと, 彼女にとっては, 心に, 思い出しても, 恐らく予, 恐ろしい雪崩, 息子が, 意外の, 我々と共に, 手を, 招待に, 新しき智識, 新子と, 日下部の, 日本の, 早くも, 明子と, 更に, 更に杖, 最早猶豫, 杖の, 某紳士, 極度の, 機械製造工程の, 歩きながら, 毎朝自動車を, 深く中川, 湧き上る微笑, 漸く落付き, 犯行の, 狂気で, 率先し, 生前に, 皆を, 皿に, 相手の, 知合いらしい, 秀麗な, 秀麿が, 秀麿の, 私に, 私の, 私を, 種板を, 立って, 立つて, 精神上の, 素と, 素早くあたり, 結句他人, 縁先に, 翌日医師ジュウル・デゾールを, 老体の, 胸に, 若い時, 苦笑し, 蠅取, 袴を, 諦めたの, 豪いもの, 財政が, 貴郎方, 身生の, 近日何か, 遂に明子, 重態で, 青年が, 頷けり, 飄然として, 食物研究の, 鳥にも

▼ 子爵~ (103, 10.0%)

2 お見え, わざ, 自殺した, 賤しく

1 [95件] ある, いつだった, お不在, お登和さん, がた馬車に, ここまで, この山, さしのばした, したの, ぞんざいな, どの位, ひとりで, ふと目, まだ工科大学, わざわざ来訪, ベッドに, 一人, 世に, 二三間後に, 今でこそ, 今では, 他人の, 会長と, 伴直人の, 住んで, 何らかの名目, 何程でも, 先に, 先へ, 入費を, 半折, 友人の, 向うから, 呟いたばかり, 喝した, 喫茶店を, 声を, 外務省機密局長松平友麿男爵弁護士藤波堅策氏と, 太子を, 夫人に, 宮崎一郎の, 家從の, 家督を, 居る事, 居直って, 屹と, 平民よりは, 幽閉され, 彼に, 微苦笑し, 心配を, 患者の, 愛用し, 憤ったよう, 手軽に, 持って, 持つて, 持出すし, 政府委員に, 楽天的な, 歯が, 死んだ時, 死体と, 殊に多, 殊に多かっ, 殺されたか, 殺された自殺, 殺した相手, 海外から, 物珍らしく感じ, 犯人として, 独りで, 留めて, 相当な, 真面目くさって, 眼の, 精しい返事, 経営し, 背後から, 自分は, 苛, 行おうと, 言った, 訊く, 証言し, 詞通り思想も, 贋などとは, 道楽に, 遭難する, 郷人の, 雪崩の, 韓国京城から, 頑張って, 頭を, 高利に

▼ 子爵~ (73, 7.1%)

2 が買い取っ, の人, の実権, の相, の財産, を去っ

1 [61件] から貰っ, から逃げた, が大, が相続, ではどうも, では和武, では喪, では自殺説, でもその, でも和武, で思っ, にたづ, にはあの, にも秘伝, に和明, に報告, に大手, に男勝り, に行っ, に行った, に這入った, に養女, のあと取り, のお姫さま, のやり方, の主人, の事, の出来事, の前記, の厄介者, の在, の夫人, の姫君, の姫君玉江嬢, の婿君, の嫡子, の客, の当主, の方, の本邸, の構内, の次女, の注文, の空氣, の縁故, の繼嗣, の菩提所, の蔵品, の血統, の親戚たち, の親族, の跡目相続, の遠い, の邸内, の雇人, の雇人達, へ引っぱり込ん, へ片付い, を出, を出奔, を飛び出す

▼ 子爵夫人~ (68, 6.6%)

2 が不良少年少女

1 [66件] が主宰, が急, が手, が行方不明, が頷く, じゃない, たたずみたり, であると, でした, というの, という身分, としての教養, として決して, とみや子, ともあろう, ともいい, と僕, と千鶴子, と潮, なり, にあてた, になっ, に会釈, に子, に敬意, に旅行, に注ぎつ, に走りつ, のくれた, のこと, のやう, の唇, の妹さん, の恋婿, の手, の書, の束髪, の格式, の父上, の計, の長女, はあまり, はさらに, はしばし, はわき来る, はわずか, は件, は会釈, は感歎, は掌, は気, は泣き沈む, は無邪気, は男, は看護婦, は蒼白い, は進み, もこの, もさすが, もと料理屋, も伯母, をさき, を幾度, を訪い, を載せ, 某実業家

▼ 子爵~ (47, 4.5%)

4 なって 2 宛て

1 [41件] あるらしいこと, しても, そこここ備忘録の, なると, よれば, よろしく取次い, 不利益な, 並んだと, 云いかける積り, 会うと, 会合する, 伝え席, 伴われて, 劣らぬ馬鹿者, 取入るを, 叙せらるる, 呼ばれた, 命ぜられて, 報告しない, 売渡せし門内, 對し, 御相談, 応分の, 招れ, 振向き, 採用せられ, 昇つたのは, 気の毒を, 泣き付いたこと, 縁づいて, 自殺の, 親炙し, 言った, 話して, 話すの, 話を, 謝するところ, 質問する, 返ったの, 頼まれて, 頼んで

▼ 子爵~ (37, 3.6%)

3 明子とが 2 なり伯爵, 明子との, 明子と共に, 某紳士

1 [26件] その婆, それから, 一夜墨上の, 予とが, 二人で, 云ふお, 会して, 会った時, 何か, 同じ腹, 喋りながら, 定まり伯爵, 富山との, 当日までに, 思うもの, 悟ること, 愉快そうに, 懇意に, 支那で, 新子とは, 来賓一同が, 玉江嬢とは, 知る由, 秀麿との, 私とは, 衝突せざる

▼ 子爵~ (30, 2.9%)

2 介して, 賤しい

1 [26件] かねて, ご存じかね, はじめ夫人を, むき出しに, 助け起して, 始め世間が, 授けられたが, 殺さざらん, 殺さんか, 殺したとは, 殺して, 殺し僕, 殺害せ, 殺害せる, 知って, 私の, 罵倒する, 訊ねた, 訪うて, 訪ふ, 訪れ始めて, 説きここ, 賤しん, 賤しんで, 雪崩の, 頂く頃

▼ 子爵~ (27, 2.6%)

2 少女の

1 [25件] あれには, すでに幽霊, そこに, その当時, また物, また自身, 中川の, 二十年の, 亦時代, 今は, 何でおろそか, 大原君の, 好みて, 安心し, 我々の, 手を, 昨夜下山の, 発起人の, 続いて, 罪作りさね, 視察された, 都新聞に, 閉口しけん, 間近に, 黙って

▼ 子爵から~ (8, 0.8%)

1 云えば, 何百円かを, 依頼を, 分けて, 或る, 手紙が, 此親爺が, 若干金

▼ 子爵とは~ (8, 0.8%)

2 決して親しい, 自分達の 1 ブロニュの, 会ったこと, 子供の, 非常に

▼ 子爵~ (8, 0.8%)

1 が聞い, だ, というの, の愛娘, の留守, はとうとう, は間もなく, も変った

▼ 子爵には~ (7, 0.7%)

2 荘田の 1 どんな物, 一目置た, 心苦しかった, 心苦しかつ, 至極に

▼ 子爵~ (7, 0.7%)

1 から電話, の, の古色蒼然, の林泉, までお越し, をご, を訪れた

▼ 子爵~ (6, 0.6%)

1 ボーイに, 国嶋夫妻などが, 子爵家の, 津田仙高橋秀臣の, 腹違いの, 通訳の

▼ 子爵との~ (5, 0.5%)

2 間が 1 会談が, 尊稱は, 挨拶も

▼ 子爵に対する~ (5, 0.5%)

2 手紙は, 父の 1 暗殺企図数名の

▼ 子爵令嬢~ (5, 0.5%)

2 と青年 1 がありました, で深窓, の錦

▼ 子爵~ (5, 0.5%)

1 が頭, は家庭, は遺伝, は長い, も疾

▼ 子爵その~ (4, 0.4%)

1 人かと, 人が, 人であろう, 人の

▼ 子爵~ (4, 0.4%)

1 つたのです, と云う, などと放言, 男爵だ

▼ 子爵と共に~ (4, 0.4%)

1 下山した, 六年ぶりにて, 好んで, 明子を

▼ 子爵よりも~ (4, 0.4%)

1 より生命, 一層我々, 玉江嬢が, 眼が

▼ 子爵閣下~ (4, 0.4%)

1 が, よなぞと呼びかけられる, よりあらためて, より御

▼ 子爵という~ (3, 0.3%)

1 のは, 肩書にも, 青年が

▼ 子爵といふ~ (3, 0.3%)

1 人は, 冠の, 金箔を

▼ 子爵令嗣~ (3, 0.3%)

1 から聞い, が言っ, 若夫人

▼ 子爵~ (3, 0.3%)

1 が過っ, という人, と昨日今日墨黒

▼ 子爵玉置道高~ (3, 0.3%)

1 の血, を何ん, 押えられたまま

▼ 子爵自身~ (3, 0.3%)

1 に就い, の, もその

▼ 子爵閣下並~ (3, 0.3%)

3 に夫人

▼ 子爵からの~ (2, 0.2%)

1 お使い, 御志

▼ 子爵だった~ (2, 0.2%)

1 かな, 父の

▼ 子爵~ (2, 0.2%)

1 あつた, 別に資産

▼ 子爵であった~ (2, 0.2%)

1 からである, またこの

▼ 子爵でなく~ (2, 0.2%)

1 てはと拒絶, とも男爵

▼ 子爵とも~ (2, 0.2%)

1 あろうもの, 面識が

▼ 子爵~ (2, 0.2%)

1 のでございます, のです

▼ 子爵はと~ (2, 0.2%)

2 見ると

▼ 子爵より~ (2, 0.2%)

1 宜う, 礼の

▼ 子爵夫人エリサベツト~ (2, 0.2%)

1 の名, の君

▼ 子爵夫婦~ (2, 0.2%)

1 は喜ん, を面白

▼ 子爵~ (2, 0.2%)

2 に寄越した

▼ 子爵~ (2, 0.2%)

1 母堂元子樣に, 母堂樣跋文を

▼ 子爵未亡人~ (2, 0.2%)

1 とその, の云い草

▼ 子爵~ (2, 0.2%)

1 が下, の名

▼1* [112件]

子爵あるを忘れしめぬ, 子爵さまになつ, 子爵じゃないか, 子爵じゃあない, 子爵その他の人, 子爵その他相馬永胤目賀田男爵鳩山和夫等が法律, 子爵たる財産と, 子爵だけは老体の, 子爵ゅうたら華族仲間でも, 子爵やない, 子爵ですね, 子爵ではないか, 子爵でもないから, 子爵とか高橋箒庵などという, 子爵とかいう貴公子も, 子爵とかいふ貴公子も, 子爵とが兄の, 子爵として見知つて, 子爵とても人の, 子爵とに向けられた, 子爵とやらであった, 子爵どの宜く, 子爵などというものが, 子爵などはその少なき, 子爵なんか非常に, 子爵なんぞは最初実家の, 子爵にさえ惚れたん, 子爵にとって二つの, 子爵にも手紙の, 子爵に対してかうし, 子爵に対してこうした感情, 子爵はがツかりした, 子爵ばかりでは, 子爵申出して, 子爵まで進む筈, 子爵よりと毛抜ずし沢山, 子爵エスクーブローもいる, 子爵スープを歃, 子爵チャアトレのフェラ男爵, 子爵ヴァランティノア公爵らは客間, 子爵三浦悟楼のほか寺田彦太郎, 子爵中有数の内福, 子爵主人の奇言, 子爵主従に木下法学士, 子爵二川重明が乗鞍岳, 子爵仙波基経私はこの, 子爵代つて東京博物館長となりぬ, 子爵以上とのみ考え, 子爵以下では何とも, 子爵伊藤大師本願寺法主に次い, 子爵会衆を聚め, 子爵何某の未亡人, 子爵東大教授元, 子爵加藤俊明氏の夫人, 子爵勝見家に生まれた, 子爵破矢家, 子爵千破矢滝太郎は今年, 子爵及びその他の, 子爵及夫人等の名, 子爵品川弥次郎の徒, 子爵牟田敏清の, 子爵大倉男爵浅野総一郎西野恵之助山本久三郎さん等有名なかたがた百三十名, 子爵大岡忠綱氏の出品, 子爵大河内正敏氏については個人的, 子爵大河内正敏氏その他を主として, 子爵夫人さま一日としてあなた, 子爵夫人さま私どものこと, 子爵夫人京子だ, 子爵夫人加藤子爵夫人千鶴子駒子及び幾, 子爵夫人千鶴子駒子及び幾, 子爵夫人夫をすすめ, 子爵夫人極子がきわめて, 子爵夫人竜子であるが, 子爵夫人竜子語を換え, 子爵夫人繁子はたたずめるなり, 子爵夫人繁子水色眼鏡の方, 子爵夫人黒河内京子と青年潮十吉, 子爵を促し, 子爵家従田原栄作とあり, 子爵山河内定子はいつ, 子爵岡部法相を送, 子爵後藤新平なるもの, 子爵曾禰荒助氏の, 子爵曾禰安輔氏の実弟寛治氏, 子爵来り明日満州へ, 子爵東海道の鮨, 子爵某氏にそれ, 子爵梓氏となっ, 子爵殺しの容疑者, 子爵片岡中将はネル, 子爵片岡毅とて名, 子爵玉置義正の孫, 子爵玉置道高氏正面の安楽椅子, 子爵らしそう, 子爵男爵と肩書, 子爵相談役としての彼, 子爵相馬家のお家騒動, 子爵福岡孝悌である, 子爵秋元興朝氏は呂昇会, 子爵脇坂夫人でありかの, 子爵自ら森木に与えた, 子爵自ら長柄の蠅, 子爵議員などが今更, 子爵越後の甘粕少将, 子爵の珍評, 子爵連中が揃っ, 子爵邸内の春, 子爵邸前のだらだら, 子爵の綯総, 子爵金子氏令嗣の新, 子爵青木周蔵子爵夫人エリサベツトの名, 子爵黒田広志氏の次女雅子嬢