青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「宋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~守る 守る~ ~安 安~ 安い~ 安らか~ ~安全 安全~ ~安心 安心~
宋~
~完全 完全~ ~完成 完成~ 宗~ ~宗教 宗教~ 官~ 官吏~ ~宙

「宋~」 2919, 28ppm, 4153位

▼ 宋~ (738, 25.3%)

10 もまた 9 はその 7 の身, はこの 6 と呉用, はこれ 5 その人, はそれ, はまた 4 が, が彼, です, と戴宗, の姿, はただちに, はふと, は彼, も呉用

3 [16件] がこう, そのほか, と柴進, と花栄, のこと, の名, の幕舎, の軍, はいま, はここ, はすぐ, はよく, は大いに, は言った, や呉用, を生け捕る

2 [48件] がいえ, がいる, がここ, が次, だった, である, とやらのお, にしろ, にひきあわせた, のいる, のことば, のため, の下, の体, の前, の弟宋清, の心, の手, の救出, の方, の無事, の陣, の顔, はいつ, はうなずいた, はかさね, はかたく, はこんな, はさらに, はそう, はつい, ははっと, はもう, はよろこん, は二人, は今, は天, は官, は役署, は急, は早, は目, は自分, は静か, へ向っ, をひきとめ, を総, を見る

1 [498件] か, からご, からすぐ, からの密書, から一喝, から怒られた, から思いがけない, から手紙, から耳打ち, から説かれた, がうしろ, がことば, がせつな, がその, がそば, がたずねる, がただ, がなん, がふと, がまた, がもしや, がもっとも, がもらっ, がやがて, が一名, が仲, が会っ, が出, が加えられれ, が危難, が口, が土地, が地, が報ら, が壁, が姿, が婆惜, が心, が憤然, が折, が接待役, が控え目, が来た, が潯陽江, が立てさせた, が老父, が胸, が言った, が身, が近, が過っ, が邸内, が酒, が首将, すぐ計らい, だ, だから, だったの, っ外, であった, であったせい, であって, でありほか, でしたか, でなく若者, ではない, でもない, というの, というやつ, とが衆目, とした, として日ごろ, として珍しい, とそして, とてももとより木, とのあいだ, との約束, とは一体, とは騒ぎ, とやら, とよく, と世, と世間, と共にその, と宋清, と弟, と扈成, と燕順, と申す, と盧俊儀, と聞いた, と聞け, と軍師呉用, などのほか, なの, ならぬ一丈青, なる者, にあった, におまかせ, にし, にしがみつく, にたいしてとかく, にたいしてはみな愛相, につづい, にとって有利, にとって第, にはそぞろ, にはよく, には情け, には無関係, には特に, には通じない, にまた, にみせた, によく, に三千, に主席, に助言, に叱られ, に問われる, に女難, に御簾内, に心服, に渡し, に首尾, のあだ名, のあと, のいきさつ, のうわさ, のがら, のこめかみ, のさし, のそれ, のてまえ, のどこ, のみが悟っ, のみは彼, のめがね, のやつ, のわけ, の一人旅, の一瞬, の中軍, の予感, の二大将, の人となり, の人柄, の人間, の今にも, の令, の仲, の係, の側面, の兇悪さ, の処刑, の卑下, の口, の口書, の口添え, の同情者, の問い, の場合, の奇禍, の如き, の実家, の家, の容体, の就い, の希い, の平常, の弱味, の後ろ姿, の徳望, の忘れない, の急, の性情, の性格, の意, の持物, の指揮下, の旅情, の日頃, の明るい, の智略, の最期, の本軍, の椅子, の歌, の片手, の牢, の犯した, の病状, の発言, の目的, の眉, の真心, の眼, の筆禍, の素裸, の罪, の罪業, の義, の耳, の胸ぐら, の腕, の腰鎖, の臆病者め, の自由, の至誠, の術, の衣裳, の襟, の親思い, の言, の説, の足さき, の足どり, の身の上話, の身代り, の身柄, の身辺, の迷惑事, の追, の退路, の逮捕, の郷里, の閑暇, の陣門, の面, の風態, の首, の首カセ, の首枷, の馬前, の驚き顔, の麾下, は, はあ, はあきらめ, はあくまで, はあと, はいう, はいく, はいった, はうつろ, はうやうやしく, はうれしかっ, はおもわず, はかえって, はかっと, はかねがね, はかりた, はくれぐれ, はこう, はこちら, はしい, はしきりに, はしごく, はしずか, はしばし, はじっと, はすぐさま, はすすん, はすっかり, はすでに, はそうした, はそこ, はそこで, はそっと, はただ, はたちすくん, はたのしん, はついに, はとっさ, はなお, はなぜ, はひだり, はひとかたならず, はふかく, はべつに, はほっと, はまずまっ先に, はまたの名, はまだ, はやがて, はわれ, はガバ, はサッと, は一そう, は一丈青, は一同, は一団, は一眄, は三人兄弟, は世, は世間, は丘, は人, は人波, は今日, は仲, は伸び上がった, は何, は例, は冷静, は刎, は十日余り, は危なかっ, は厳命, は取り逃がした, は叱っ, は司令部, は呟いた, は国賊, は坐り直した, は夕方ぢ, は夜来, は夢, は夢中, は女, は宋江, は官途, は宸筆, は封, は小, は居る, は屹, は帰る, は年来, は幾たび, は座, は弟, は張乙, は強, は当惑, は後ろめた, は微笑, は心, は心耳, は応じなかった, は忠義堂, は怒った, は思う, は怪しむ, は怺, は息, は悵然, は惨, は意中, は慄然, は憎い, は手, は押司, は持ち, は故郷, は敵, は旅, は旗, は東平府, は柴進, は楼台, は武松, は江上, は消極的, は深く, は清風鎮, は満座, は無事一ト足先, は無意識, は父, は独り暢びやかに病後, は狼狽, は環帯, は生ける, は疑った, は白虎山, は盧俊儀, は目ざとく, は眉, は知らん顔, は碑, は礼, は秦明, は突然, は竹窓, は笑い出した, は笑う, は笑っ, は笑った, は素直, は終夜, は絶体絶命, は耳朶, は聖手書生, は自問自答, は自身, は舌打ち, は花栄, は苦笑, は菊, は要心, は見, は見た, は見る, は言っ, は負けた, は走り, は起っ, は身, は軍師呉用, は退庁, は酌, は間, は陣幕, は馬, は馬麟, へ, へその, への贈り物, へ一案, へ囁いた, へ愛想, へ死, へ気の毒そう, へ注意, へ花栄, へ言い払った, へ食っ, またその, までもそこ, まで申し出た, も, もいま, もいわれ, もお, もくだらなく, もすぐ, もすっかり, もすでに, もすべて, もつい, もついに, もつねに, もとうに, もめずらしく, ももちろん, もよほど, もよろこん, もチラ, も一頭, も否みかね, も周囲, も声, も婆惜, も弓, も晁蓋, も立っ, も胸, も苦笑, も蒼白, も近く, も酒, も酔っ, も顔, や燕順, や花栄, や軍師呉用, や頭目ども, よりは端公ふたり, らしい, らしい処分, をこれ, をごらん, をつかまえ, をとり逃がし, をはじめ, をまず, を信じた, を再拝, を初めて, を助け, を即刻, を嚇す, を慰め, を押, を捕えた, を掲陽鎮, を目, を眼, を繞, を見, を見つけ, を訪ね, を賊名, ヲ捉エン, 小旋風, 待てえっ, 約を

▼ 宋~ (423, 14.5%)

12 時代に 9 時に 7 時の 6 時代の 5 太宗の, 太祖の 4 時には, 特色として 3 仁宗の, 初期に, 太祖が, 頃から

2 [30件] 代に, 初めに, 初期の, 国に, 地に, 学問へ, 宋敏求の, 御計画, 徽宗皇帝が, 文化は, 文帝の, 時にも, 時代から, 時代でも, 時代には, 時美術天子の, 書は, 朝廷に, 求那跋摩の, 洪邁の, 美では, 莊綽の, 蘇頌の, 趙汝, 趙與時の, 野人の, 間に, 頃に, 順帝, 高宗帝

1 [299件] ある有名, お供として, ときなにがしという, マニラ市を, 一世代のみ, 下英雄は, 世と, 世の, 世は, 丞相賈秋壑が, 中世に, 乾道七年縉雲の, 乾道元年に, 亡びて, 人といふ, 人にでも, 人の, 人文天祥の, 人死す, 仁宗時代である, 仁宗時代に, 仁宗時代の, 代には, 代り目が, 儒者でも, 元嘉元年, 元豐時代, 光宗の, 光宗は, 公女だった, 公族の, 兵馬都監李處耘の, 初に, 初めから, 初めには, 初め戰亂の, 初め頃から, 初期から, 初期にかけて, 初期には, 初頃にかけて, 劉子, 医王山に, 南方物資の, 南渡が, 南渡と共に, 南渡の, 南湖の, 古史も, 古文を, 古陶, 司馬光に, 司馬光や, 司馬桓, 名僧の, 名臣范文, 君臣を, 呉才老などの, 哲宗の, 四都ばかり, 国から, 国が, 国を, 國から, 國が, 國を, 國都の, 國都開封を, 壺一個が, 大事すでに, 大儒朱子が, 大守, 大慧禅師, 大観年中都の, 天子に, 太夫と, 太守の, 太守を, 太宗に, 太祖であり, 太祖によって, 太祖へ, 太祖太宗の, 太祖武徳皇帝の, 契丹, 姚興その, 孟, 学芸を, 學者の, 宗, 宗室が, 宗族を, 宗炳, 官吏で, 官庫の, 宣和年中に, 宣宗の, 家の, 寇準, 山である, 山水襖床の, 山航路は, 岳珂の, 岳飛が, 岳飛は, 崩壊などは, 左圭の, 帝都で, 幵官氏を, 度宗の, 庫から, 張世傑は, 張稗の, 張耆四十二子あり, 影響によって, 御希望, 御府, 徽宗の, 徽宗は, 徽宗皇帝の, 徽宗皇帝は, 志盤の, 志磐の, 忠臣として, 怪談で, 政治は, 文化が, 文化に, 文化の, 文化を, 文化運動を, 文天祥宋の, 文帝を, 文物が, 方で, 旧軍官人たち, 旧面目, 時であります, 時でも, 時などは, 時代からは, 時代で, 時代であります, 時代と, 時代までに, 時代十三世紀の, 時代日本の, 時分に, 時男色を, 時程, 書に, 書家として, 朝の, 朝は, 朝廷や, 朝廷覆没し, 末から, 末だ, 末に, 末には, 末山尼了然, 末年に, 末期から, 末期に, 末頃に, 末頃には, 末頃までは, 本意も, 朱子が, 朱子の, 朱泰貧乏で, 李如圭の, 李心傳, 李知先の, 案内役に, 桓司馬将に, 梁楷の, 梅瓶が, 梅瓶の, 楊萬里の, 樂子明, 樓鑰の, 欧陽修の, 欧陽修を, 歐陽修に, 歐陽修の, 歐陽脩は, 武帝に, 武帝の, 決意は, 沈俶の, 沈括の, 法帖の, 法帖も, 法賢訳, 泰平も, 洪邁であります, 海上を, 淳煕三年金国へ, 滕元発一夕に, 爲に, 牧谿を, 玉澗馬遠, 王儉の, 王安石らの, 王安石時代から, 王應麟, 王應麟は, 王逵が, 王遂は, 理宗皇帝の, 産物を, 画苑に, 画院に, 画風を, 眞宗の, 真宗の, 硯, 社会からは, 祖沖之の, 禅は, 禅僧あるいは, 秦檜さ忠良を, 稀品, 穀倉と, 窯をさえ, 筆意や, 紹興の, 紹興三十二年劉子, 紹興二十八年の, 紹興二十四年六月江州彭沢の, 紹興十年両, 終から, 終りに, 終りの, 統一, 羅廬陵は, 羅泌の, 育王山の, 船が, 英宗の, 茶の, 茶は, 茶人らが, 華父督が, 蒙古, 蔡襄が, 薛尚功の, 薬白粉唐織珠釵子欲しい, 蘇東坡が, 蘇東坡は, 虚堂の, 行在, 行在の, 袁樞といふ, 袁樞の, 裴松之の, 襄公は, 襄城の, 言葉西班牙の, 詩人などが, 詩人の, 詩人李仲光は, 詩文を, 誰の, 謝枋得処士劉因明の, 豊麗な, 費袞が, 賈似道などの, 賈秋壑の, 赤絵としては, 路振, 軍勢は, 遺民, 遺臣等は, 鄭所南の, 鄭樵などからは, 鄭樵などは, 鄭樵は, 鄭道子の, 醇美な, 錢易の, 閔公を, 陳, 陳準の, 陸佃が, 陸游の, 陸游は, 陸象山, 陽延昭ここに, 青銅仏は, 韓世忠兵を, 頃には, 頃まで, 馬遠, 高似, 高僧傳を, 高宗, 魯應龍の

▼ 宋兵衛~ (355, 12.2%)

5 の手下 4 である, と蚕婆 3 の一族, の前, の手, の部下

2 [23件] か, がこの, がこんど, では, とその, と可児才蔵, のあと, のからだ, のほう, のまえ, の口, の妖術, の手下ども, の残党, の目, は, はいきなり, はいよいよ, はたちまち, は唇, は昌仙, をはじめ, を生けどっ

1 [284件] あおじろい額, あやうしと, いきなり障子, いよいよここ, かどれ, からわたされた, から張り番, か井戸, がいく, がうまうまと, がうらみ骨髄, がおれ, がかくれ, がかわさ, がきのう箱根, がこう, がさ, がさけび, がしきりに, がしゃべっ, がすばやく, がとくい, がどこ, がふところ, がもどりかける, がイヤ, がチラ, がヨロケ, がヨロリ, が三人, が人穴城, が南蛮錦, が命がけ, が山, が強力, が役, が得意, が怒号, が扇, が手策, が放, が桑名, が武士, が水, が水気魚陰, が眼, が立ちさった, が脾腹, が自由, が蛮流幻術, が裾野, が護送, が身, が逃げのぼりました, が魔, こそ多少, このほう, この期, さだめし明日, してやったりと, じゃああ, その者, その黄金, たちのいたところ, だ, だけになった, だぞ, だった, だどうして, だの伊那丸, であった, でありその, でももう, といい, というの, という怪人, という悪い, という者, という賊, という野武士, といっ, とそち, とともに間道門, とにがりきった, とよびならわし, と出会おう, と半, と問答, と昌仙なにごと, と菊池, なの, なので, にうらぎられた, におまえ, にかぶれ, にここ, にしたがう, にそうい, にはあまり, には詩, にまぎれ, にむかっ, にもまして, にも龍巻, にれい, に天ヶ丘, に折りかさなり, に申しつける, に目, に蚕婆, に軍師丹羽昌仙, のいく, のいのち, のお流れ, のことば, のごとき, のす, のところ, のふところ刀, のゆくえ, のよう, のようす, の一行, の下, の二の腕, の五体, の人, の側面, の偽者, の列, の前後, の努力, の叫び, の名, の在所, の奥の手, の姿, の家来, の密告, の寝台, の山, の幻惑, の幻術, の所在, の手もと, の手並, の指, の敵, の横, の正, の水龍隠れ, の縄尻, の耳, の脇腹, の腹心, の足もと, の軍師格, の辞退, の遠, の隠密, の顔, の顔色土, の首, の黒い, はいか, はいちはやく, はいま, はいまし, はかならず, はき, はくろい, はここ, はことば, はさきごろ桑名, はしめた, はじ, はじゅうぶん, はすぐ, はすっかり, はすでに, はすばやく, はずるい, はぜったい, はその, はそれ, はただいま, はただいま小, はとん, はどう, はどうやら, はなにか, はなんと, ははじめて, はひそか, はふい, はふりかえっ, はぼうぜん, はま, はまえ, はまた, はまったく, はもう, はもち, はもとより, はやっと, はややしばらく, はや天命, はらんらん, はジリジリ, はスッ, は一同, は上段, は中央, は人知れず, は今夜, は土手, は大広間, は富士, は山, は幻術, は徒歩, は心中, は怪力, は息, は有り金, は杯, は民部, は没落, は法術部, は混血児, は琥珀, は立ちなおっ, は聞きおわっ, は肩, は腹心, は荒廃, は蛮人, は蛮音, は裾野, は鉄格子, は陶器パイプ, は馬, へのお, へもついで, まだなにかいう, もあちら, もすぐ, もそれ, もはやく, もまた, もズルズル, も伴天連, も弱腰, も昌仙, も臆病, も舌, も蚕婆, も間道, やその, や吹針, や敵, や昌仙, よ, をあい, をあそばせ, をうちとり, をうっ, をこの, をとり逃がした, をのがさじ, をはじめその他, をはじめ丹羽昌仙, をはじめ天ヶ丘, を乗せた, を取りおさえろ, を取り逃がした, を多宝塔, を引っ, を手, を生けどり, を討つ, を追っ, を頂上, 待て

▼ 宋~ (91, 3.1%)

3 に出, の高 2 に新, に於ける, に至り, の史學, の文化, の蒲姓, の鄭樵, やゴシック時代

1 [69件] からある, から元, となり, となる, とやらの詩, にあり, にいたっ, にては唐代, になつ, になつて, になり, になります, になる, には別に, には史學, には各種, には抹茶, には眞宗, には約, にわたる名刹, に作られた, に入り, に及びし, に於, に書家, に理解, に生まれた, に生れ, に考へ, に至つて, のたとえ, のみならず, のもの, のやきもの, の中華, の例, の兵法書, の名, の士大夫, の如く, の帝后像, の役所, の怪談総まくり, の書家, の有名, の校定, の歴史, の歴史経済, の物, の百川學海, の目録, の目録學, の磁, の磁州窯, の緑林挿話, の繪畫, の習慣, の芝居, の著述目録, の詩人, の陶器, の青磁, は恰も, は近世, は陶磁, やあの, よりは重量, より明末, を見よ

▼ 宋時代~ (76, 2.6%)

3 にこの, になる, にもたぐ, に支那 2 の名, の陶器

1 [60件] から, からこの, からである, から一層, から否, から或, から有名, から死刑, である, でも矢張り廣州, といふこと, などは僅か, にかけて有名, になつて, には, には一層, には外國貿易, には我が, には支那政府, には目録學上, には福建路, には色々, にもたぐえ申すべく, に出来た, に及ん, に多い, に妻, に支那在留, に政府, に於ける, に日本人, に盛ん, に至つて, に通史, に金, の, のこだわり, の名作展, の哲學, の大, の學者, の市舶, の支那, の文人墨客, の明判官, の歴史, の目録, の磁州窯, の茶の湯, の蒲姓, の運河, の關税收入, の雲, は紙幣, や元明時代, を經, を通じての特色, を通じて支那, を通じて支那政府, を通じて韓

▼ 宋~ (44, 1.5%)

2 なると, むかって, 入って, 奔り

1 [36件] 之て, 仕えて, 住する, 併合される, 使した, 入った, 入ったの, 入りますと, 入るは, 入冦, 及ぶ幾千, 向かった, 学生が, 對し, 往来し, 於ける契丹, 於て, 栄え明清, 比べて, 渡って, 渡り彼地, 渡ると, 渡るといふ, 烈しく反対, 王儉が, 至っては, 至つて盛んに, 至りては, 至るまで, 行き陳, 起つたが, 起つたに, 趣きし, 遣わし給, 降り, 非ず

▼ 宋~ (43, 1.5%)

3 時代の 2 の頃, 時代に, 鼎革の

1 [34件] あたりから, から凌遲, との交通, に上っ, に学んだ, のうち, の名品, の名画, の大家, の山水画, の幽玄, の文物, の水黒画, の畫, の絵, の脈, の記録, の運命消長, の間, 以來の, 以來續いた, 以来の, 傾覆の, 及明史の, 嘉二十六年見, 戯曲史, 明に, 明清の, 時代から, 時代であっ, 時代にかけて, 時代には, 時代支那に, 畫などに

▼ 宋以後~ (30, 1.0%)

3 のもの 2 になります, の正史野乘

1 [23件] として居ります, となつて, になれ, にはあまり, に及び, に手, の人, の天子, の官海游泳, の朱子, の歴史, の織物, の風格, はさ, はしなくなりまし, はだ, は内, は如何なる, は實際目, は政治, は流石, 漸次發達, 益々衰

▼ 宋~ (27, 0.9%)

2 なり, の茶, の虚字

1 [21件] か元, が先, が宋, が屠, が最も, と分け, なり彼寺供養, にあった, に刪改, に南宋, に及ばぬ, に比し, の中秋, の妄, の小説, の牛, の陳和卿, の餘弊, は先祖, まで善悪正邪, 不講六書

▼ 宋先生~ (27, 0.9%)

2

1 [25件] あの劉夫人め, お一人, さすがは, じゃありません, だッ, とふたり, と盧俊儀さま, なら梁党, にはまだ, のご, の大難, の手紙, の治療, はそんな, は人, は独り, もう来, もお, もどうぞ, もまた, も呉用軍師, も心配, も折, を奪い取っ, 万一が

▼ 宋~ (27, 0.9%)

2 と老父

1 [25件] からは折々, がすぐ, が一しょ, とご, とをあらためて, とをである, にだけ後日, に対しては親切, に書かせた, に次に, に譲ッ, の筆蹟, はいま, はすぐ, はすでに, は罪, は酒庫, までを一生, もあたら, もいる, も名残り惜しげ, も寨城, も日々, を見る, 遠先生

▼ 宋公明~ (25, 0.9%)

1 [25件] か, がある, がいる, がそこ, がどこ, その人, だ, だが, だけに法三章, だな, っていう人, です, というお方, といえ, とわかっ, について花栄知寨, には久しく, の人柄, の危機, の名前, の消息如何, の身, をはじめ, を主将, を知らねえ

▼ 宋~ (24, 0.8%)

3 圍んだ 2 滅ぼして

1 [19件] とどめて, のばして, 亡ぼしたと, 亡ぼしたの, 亡ぼして, 亡ぼし得ずと, 企てた時, 伐つや, 併せて, 傾け, 去り魯, 囲み宋人従軍, 征せん, 思ひ立つた御, 捨てて, 留め給う師, 経て, 送って, 過ぐ

▼ 宋~ (22, 0.8%)

4 それにて 2 金に

1 [16件] お留まりなさる, 事實上滅亡した, 亡び金, 南方の, 各, 塞外より, 女眞, 宋明は, 復た, 意を, 揚子江流域に, 断わった, 最初廣州明州, 自分の, 蒙古, 遼に

▼ 宋~ (22, 0.8%)

3 の造詣

1 [19件] と申す, にもふれ, に受け入れられ, に大きい, に始まり, に御, の新, の新説, の書, の根本思想, の泰斗, の甚だしく, は当時後醍醐天皇初め南朝公家, へ反, へ導入, もその, を研究, を論究, を起した

▼ 宋~ (20, 0.7%)

2 から南宋, 元初

1 [16件] から元, には餘程流通, に退, の兪, の如く, の官人たち, の宰相, の朝廷朝臣, の本, の朱, の著述, の馬端臨, まで久しく, や元, より元, 迄を漢文

▼ 宋兵衛さま~ (19, 0.7%)

1 [19件] から軍配, すこしもはやく, とにかく早く, にお知らせ, に知らせ, のあと, のおん, のところ, の手先, の身内人, はやくここ, へお供え, へこの, もうこうは, もお, も一国一城, も帰らぬ, も手傷, をお

▼ 宋~ (18, 0.6%)

2 が入, の影響

1 [14件] が來, が支那哲學史上, といふ, といふやう, とか宋學, に對, の中, の思想, の本, の正統, の輸入, の錚, をやられ, を輸入

▼ 宋~ (17, 0.6%)

1 [17件] が唱, が雄, のいわゆる, の一派, の如く, の学, の学問, の性論, の指す, の最初, の理, の陋轍, は人民精神, は此等, は門戸, を尊信, を尊崇

▼ 宋~ (17, 0.6%)

1 [17件] が国王, が神, と秀才, にいった, には自分, の呻き, の妻, の手, の書いた, は, はすぐ, はそこ, は唯, は死ん, は殿上, は母, もその

▼ 宋思芳~ (17, 0.6%)

2 が僕, はひどく

1 [13件] が前, だったの, とが寝台, と云った, と似, と先刻, と逢っ, と非常, にとっても茶飯事, に向かっ, に答え, はだんだん, は鴉片

▼ 宋~ (16, 0.5%)

1 [16件] ではその, では酒肉, に潜伏, のため, の内, の外塀, の屋敷, の戸籍, の朝臣, の東, の母, の父子, の老父, の親, へ往, をとりかこみ

▼ 宋~ (16, 0.5%)

2 に求める, の模倣

1 [12件] とてもそうである, と称せられる, ならでは, に近い, の水, の滋州壺, の系脈, の黒柿, は欧米, や明窯, を想わせます, を見せ

▼ 宋家村~ (15, 0.5%)

3 の宋江

1 [12件] から日々, で同勢, においてあっ, のおや, の医者, の及時雨宋江, の家, の村ぐち, の生れ, の近く, へたどり着い, を立退いた

▼ 宋~ (15, 0.5%)

1 [15件] が躍りだし, だけか, とその他, などきのう, などに手痛い, のふたり, の二大将以下, の仇, の部下, はいるか, はこれ, はそれ, は寄り添っ, は怒れる, は欣然

▼ 宋~ (14, 0.5%)

2 の仏典

1 [12件] であ, である, の一切経, の史記, の国宝古書籍, の大蔵経, の方, の書, の木活字, の本, の漢書, 元版

▼ 宋~ (13, 0.4%)

2 や杜選

1 [11件] が騎馬, そのほか梁山泊, といった手輩, とか旱地忽律, と杜選, の二名, の雄, は十位, は宛子城, は金沙灘, を抱きとめた

▼ 宋~ (13, 0.4%)

1 [13件] が北画, が掛る, などによく, に蓮花, のある, の代表, の宗, の寒山拾得, の流行, の精神, は愛された, への味, や琳派

▼ 宋から~ (12, 0.4%)

1 [12件] 元と, 元代にかけて, 元明時代にかけては, 元時代, 公子朝という, 公子朝といふ, 帰って, 明にかけて, 清朝までの, 渡来した, 起つたと, 陳に

▼ 宋~ (12, 0.4%)

1 [12件] からは薬品, といっ, との交渉, においても理解, によき, の北, の叢林, の善知識, の天子さま, の禅林, の鬼, を愛す

▼ 宋~ (12, 0.4%)

1 [12件] として取るべき, にて校, には序, には計, は市野迷庵, は沒, を墨守, を得, を見る, 太平御覧我国伝ふる, 御覧や, 校正病源候論跋元

▼ 宋朝廷~ (11, 0.4%)

1 [11件] が匪賊, では皇太子さま, でもここ, に時めく, のご, の大臣高, の天文太史院, の朝臣, の権臣, の禁軍, の都

▼ 宋江さま~ (11, 0.4%)

2 のお 1 がばッ, じゃございません, だ, だご, にはすでに, に会いてえ, の経緯, へあらためて, を見

▼ 宋~ (10, 0.3%)

1 かけて, かけても, 向けて, 御出発前, 攻め入って, 旅立ったの, 着いたが, 船の, 行かうと, 行つて来られた

▼ 宋~ (10, 0.3%)

4 のおかげぢ, や王褒 1 のおかげ, や登徒子

▼ 宋~ (9, 0.3%)

1 の一行, の首, は宛城, は彼, は生きた, は衣服鞍馬, は開平, を引ッ, を放った

▼ 宋~ (9, 0.3%)

1 が児玉氏, に大いに, の洪鐘, の美齢, はある, は家政, は当時二十八歳, は春登, は言

▼ 宋~ (8, 0.3%)

1 あっただけ, なって, なってから, なると, 云ふ, 呼ばれるもの, 明清とが, 明清とは

▼ 宋~ (8, 0.3%)

6 元軍 2 元氏

▼ 宋押司さん~ (8, 0.3%)

1 がここ, じゃありません, じゃねえ, だ, でございますがね, と伺っ, のお, をもう

▼ 宋秀陳~ (8, 0.3%)

1 から今朝噴水, が佇ん, が加十, が呼び込まれた, が帰っ, が日比谷公園, だったの, というもの

▼ 宋~ (8, 0.3%)

1 が攻撃, が湖南征伐, にすら敵しかねた, は幼主祥興帝, は復, は泉州, は糧食空, は霹靂砲

▼ 宋太郎~ (7, 0.2%)

1 だったの, という青年, は, はのち, はふるさと, は大阪, も自分

▼ 宋槧本~ (7, 0.2%)

1 が躋寿館, であった, とか元, には劣つて, に就い, の未だ, を写させられ

▼ 宋~ (7, 0.2%)

2 との交易 1 が日本, との交渉地, の入朝, を導い, を賑わした

▼ 宋より~ (6, 0.2%)

1 元にかけて, 安南, 帰って, 御帰朝以来, 海南にわたり, 近時に

▼ 宋代以後~ (6, 0.2%)

1 には趣味的, には頗る, に貴ばれた, の哲學, の大, は茶人

▼ 宋以來~ (6, 0.2%)

1 その書, の史學, の大勢, の官吏, の治療, の目録

▼ 宋公明さま~ (6, 0.2%)

1 があなた様, が云々, じゃったの, にちげ, の身, は先頃

▼ 宋公明さん~ (6, 0.2%)

1 だったんで, ですよ, では, にひとつ, の一命, の命とり

▼ 宋押司~ (6, 0.2%)

1 がこんな, が見える, です, に一書類, の自宅, はそれ

▼ 宋江先生~ (6, 0.2%)

1 からよしと, の奮起, の寿命, の秘命, もおいで, や呉用軍師

▼ 宋~ (6, 0.2%)

1 とかいふ建築, の形式, の書風, の肖像畫, の花鳥, を襲

▼ 宋~ (5, 0.2%)

2 金に 1 南渡し, 第二回文展, 遅れたとて

▼ 宋~ (5, 0.2%)

1 あつて, あらうが, その他には, 明朝の, 黄東發が

▼ 宋~ (5, 0.2%)

1 南蛮の, 台湾まで, 唐の, 唐や, 高麗の

▼ 宋~ (5, 0.2%)

2 のもの 1 の有名, の柳開, の頃

▼ 宋~ (5, 0.2%)

2 の藝文志 1 なり, の伝, 全體

▼ 宋~ (5, 0.2%)

1 に入れ, に行く, の寺院, の知識, の諸

▼ 宋大陸~ (5, 0.2%)

2 との貿易 1 との交通, の文化, や南方諸島

▼ 宋~ (5, 0.2%)

1 か, は一大決心, は中軍, は李, ばかりで

▼ 宋求法~ (5, 0.2%)

2 の志 1 するの, の沙門道元, は真実

▼ 宋美齢~ (5, 0.2%)

1 なら娘薯, のおしゃもじ面, の方, はいったい, をみ

▼ 宋高僧傳~ (5, 0.2%)

2 に見え 1 に般若三藏, の金剛智三藏, 第二

▼ 宋~ (4, 0.1%)

1 て仏照徳光, て霊場参拝, ながらやわらかい, 天台山に

▼ 宋という~ (4, 0.1%)

1 姓の, 姓も, 家へ, 男親は

▼ 宋との~ (4, 0.1%)

1 時代に, 貿易が, 通商も, 間は

▼ 宋には~ (4, 0.1%)

1 いって, 島井家の, 永く滞在, 私の

▼ 宋~ (4, 0.1%)

1 あれで, ここに, さしたる難事, また元

▼ 宋初期~ (4, 0.1%)

2 の蔡絛 1 の人, の錢易

▼ 宋助左衛門~ (4, 0.1%)

2 の手代 1 とか茶屋助次郎, と云われ

▼ 宋強硬外交~ (4, 0.1%)

31 も実利的

▼ 宋素卿~ (4, 0.1%)

1 がこの, が乗っ, のごとき, は十六世紀

▼ 宋老人~ (4, 0.1%)

1 と弟, の神妙, へ令状, を糺問

▼ 宋~ (4, 0.1%)

1 が仇, が落ちる, の胸板, を失った

▼ 宋貿易~ (4, 0.1%)

1 の上, の誘致, を将来, を開き

▼ 宋にかけて~ (3, 0.1%)

1 壁畫が, 天子の, 福建の

▼ 宋兵衛一族~ (3, 0.1%)

1 が天ヶ丘, の列, の焼けだされ

▼ 宋史藝文志~ (3, 0.1%)

1 が出, の頃, もこの

▼ 宋思芳少年~ (3, 0.1%)

1 が一人, が鴉片窟, は云った

▼ 宋~ (3, 0.1%)

1 の気分, は明, を経

▼ 宋~ (3, 0.1%)

2 に勅 1 は好

▼ 宋江ら~ (3, 0.1%)

1 の並び, の全, の義軍

▼ 宋江以下~ (3, 0.1%)

1 は麓, を迷路, 諸将

▼ 宋淵さん~ (3, 0.1%)

1 のたらちね, は介山居士, をつかまえ

▼ 宋~ (3, 0.1%)

1 とは蓋し, にも推奨, に故

▼ 宋翔鳳~ (3, 0.1%)

1 の尚書譜, は, は此外

▼ 宋老父~ (3, 0.1%)

1 の釈明, は老い, を拉した

▼ 宋蘇卿~ (3, 0.1%)

1 の最期, の遺子順喜歓, を

▼ 宋赤絵~ (3, 0.1%)

2 のもの 1 に最も

▼ 宋金花~ (3, 0.1%)

1 と云つて, はその, を訪れた

▼ 宋~ (3, 0.1%)

1 から南洋, に學問, の壁画

▼ 宋あたり~ (2, 0.1%)

1 からそれ, の詩

▼ 宋さん~ (2, 0.1%)

1 がじつは, はもつ

▼ 宋とか~ (2, 0.1%)

1 元明清とか, 高砂とかいう

▼ 宋などの~ (2, 0.1%)

1 文化の, 言語が

▼ 宋において~ (2, 0.1%)

1 司馬の, 学者の

▼ 宋にな~ (2, 0.1%)

1 つては, つても

▼ 宋まで~ (2, 0.1%)

1 急いで, 押しわたろうなんて

▼ 宋一代~ (2, 0.1%)

1 の行在, を通じて外國貿易

▼ 宋一廛~ (2, 0.1%)

1 と號, については當時古書

▼ 宋万杜選~ (2, 0.1%)

1 と申し, また白面郎

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 余波也, 門と

▼ 宋人彭乗~ (2, 0.1%)

2 が作墨客揮犀

▼ 宋代明代~ (2, 0.1%)

1 のもの, の織物

▼ 宋以前~ (2, 0.1%)

1 の古書, は外丹

▼ 宋儒理気~ (2, 0.1%)

1 の学, の説

▼ 宋元明清~ (2, 0.1%)

1 に及び, の医家

▼ 宋八家文~ (2, 0.1%)

1 じみた文章, などと書いた

▼ 宋兵衛たち~ (2, 0.1%)

1 がおおきな, はこの

▼ 宋兵衛め~ (2, 0.1%)

1 が人穴城, はいずれ

▼ 宋兵衛ら~ (2, 0.1%)

1 のため, の祈祷

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 統も, 統機会は

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 ぜひも, のお

▼ 宋哲元~ (2, 0.1%)

2 だという

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 の恢復, を中興

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 の後胤趙生, 占うて

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 の神, を祭る

▼ 宋応昌~ (2, 0.1%)

1 に蹴られ, はき

▼ 宋押司さま~ (2, 0.1%)

1 でしたか, は噂

▼ 宋敏求~ (2, 0.1%)

2

▼ 宋教仁~ (2, 0.1%)

1 と共に矢張り鶴巻町, や汪兆銘

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 に至つて尚之, の古文

▼ 宋暹羅~ (2, 0.1%)

1 などにわたる亜細亜, 安南

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 などは割合, の志

▼ 宋本御~ (2, 0.1%)

1 覽が, 覽は

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 の一切経, の書

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 と元, の経子

▼ 宋江呉用~ (2, 0.1%)

1 の大物, はやがて

▼ 宋江軍~ (2, 0.1%)

1 の総, もさんざん

▼ 宋淵坊~ (2, 0.1%)

1 が来た, の照返し

▼ 宋清さん~ (2, 0.1%)

1 のお, もどうか

▼ 宋皇帝~ (2, 0.1%)

1 の十六番目, の朝廷

▼ 宋祕書省續編~ (2, 0.1%)

2 到四庫闕書目

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 一の, 一都苦熱骨将

▼ 宋統領~ (2, 0.1%)

1 とした, の命

▼ 宋自身~ (2, 0.1%)

1 も女眞, も蒙

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 に近き, 之仁

▼ 宋諜報部長~ (2, 0.1%)

1 に詰め寄られ, を丸め込む

▼ 宋~ (2, 0.1%)

1 の事, の八景

▼ 宋青磁~ (2, 0.1%)

1 が約束, の小香炉

▼1* [281件]

或は晋, 宋した人數の, 宋しようとした, 宋することに, 宋せずにはやまぬ, 宋せんことは, 宋その他の墨, 宋明だ, 宋でなくてもいい, 宋では姦臣の, 宋とは文化の, 宋なさるのでございませう, 宋なされば師, 宋などという南方地方では, 宋なんてでたらめだ, 宋における仏教哲学や, 宋にとつては, 宋に対し経略の, 宋のみならず比, 宋へでも渡らうと, 宋までも赴いた, 宋・元の高僧, 宋一廛賦といふもの, 宋万らは床, 宋万杜選朱貴などの仲間, 宋万穆弘張黄張順穆春侯健蕭譲金大堅ら, 宋丞相信国公文公之神位, 宋が寂照, 宋乾道中人呉為元至, 宋二代の高僧伝, 宋二朝の文化, 宋交流の途, 宋交趾安南あたり, 宋人之に次ぐ, 宋人和卿に仰す, 宋人和卿唐船を造り, 宋人従軍して, 宋人方の黒牛, 宋人陳和卿が来た, 宋人魏泰の東軒筆録, 宋代あたりの音, 宋代位で止つて, 宋代典籍の一, 宋代文化の所産, 宋代概皆係明清両朝重修, 宋代肖像畫の傳來, 宋以下の内容, 宋以來あまり注意されなかつた目録學, 宋以來古書改竄の餘毒, 宋以後一兩を十錢, 宋以後君主專制となる, 宋以後天子の諡, 宋以後手を入れ, 宋以後支那の歴史, 宋以後雜劇の流行, 宋以来支那に跋扈, 宋傳統の制度法令, 宋僉憲は幼, 宋の祖, 宋儒以來は殊に, 宋儒諸氏も未だ, 宋元以後の禅味, 宋元明の間, 宋先生これはまず, 宋先生呉軍師そのほか, 宋先生毎度毎度出勢, 宋公旦那が色白, 宋公明さん一人だとは, 宋公明どのの添え, 宋公明ッての, 宋公明以下の漢たち, 宋公明及時雨さまは常, 宋公明君のご, 宋公諱を, 宋兵衛うしろに徳川勢, 宋兵衛きょうこそはかならず, 宋兵衛ここにおった, 宋兵衛さま意外なところ, 宋兵衛さま裏手のほう, 宋兵衛ざまを見ろ, 宋兵衛したたかに肩, 宋兵衛その他のもの, 宋兵衛たち五人のもの, 宋兵衛どのにも軍師, 宋兵衛のからだ, 宋兵衛はいぜんとして目, 宋兵衛はかッと眼, 宋兵衛はじッとたたずん, 宋兵衛ひとりは裾野, 宋兵衛ふたりを乗せた, 宋兵衛ほかの二人, 宋兵衛ムズとつかんだ, 宋兵衛一味の残党, 宋兵衛丹羽昌仙などというやつら, 宋兵衛久しぶりの酒, 宋兵衛九輪の銅柱, 宋兵衛以下野獣のごとき, 宋兵衛伊那丸方にさる者, 宋兵衛卜斎のふたり, 宋兵衛口をもっ, 宋兵衛呂宋兵衛汝いかに猛, 宋兵衛得意の口術, 宋兵衛手を打っ, 宋兵衛柴田の内幕話, 宋兵衛桑名のご, 宋兵衛汝いかに猛, 宋兵衛煙草色のウブ毛, 宋兵衛監禁の六角室, 宋兵衛神妙に渡し, 宋兵衛脱兎のごとく, 宋兵衛黒衣に蛮刀, 宋でご, 宋功臣列傳があつ, 宋助左衞門石川五右衞門石田三成とかう, 宋北宋の画風, 宋北端のアパリ, 宋十郎町である, 宋南宋の稀品, 宋南支那などの旅行ばなし, 宋南蛮ニ往来スル倭船モ必ズココニテ酒壺ニ吉備酒ヲ満, 宋南齊にかけて倭國王, 宋渡りの, 宋司令の天子さま礼讃, 宋司令お迎えに来ました, 宋を江, 宋君白楽天の古跡, 宋呉祕は之, 宋は雲門僧, 宋国側で日本, 宋国山川社稷之図, 宋国総理の地位, 宋へ行つた坊さん, 宋士宗という人, 宋大将はお, 宋天竺などを訊ね, 宋天竺あたりまでへもご法度, 宋天聖明道間の刊本, 宋太史の期望, 宋太宗の太平興国七年, 宋媽港安南, 宋学流行のなか, 宋学盛んにし, 宋学起り宋学盛んにし, 宋学風潮がいかに, 宋學禪學をやられた, 宋學者流の氣, 宋南暹羅満, 宋から元, 宋家代々の重恩, 宋文謝赫などの, 宋のお, 宋屏風で式場相応, 宋式肖像畫といふこと, 宋復古と申す, 宋徽宗がその, 宋忠謝貴張, 宋慶齢夫人に, 宋慶齢女史の告別, 宋慶齢女史乃木大将夫婦これらは子ども, 宋慶齢蔡元培楊杏仏林語堂魯迅などで人権同盟, 宋憲らの責任, 宋憲以下の者ども, 宋憲魏続の二将, 宋と再婚, 宋或は重厚典雅を, 宋所刊のもの, 宋押司足下がやった, 宋を見よう見, 宋拓元拓明拓といふやう, 宋教仁らと並ん, 宋教仁章炳麟とわたし, 宋教仁等はいずれ, 宋文化への大きな, 宋文字のいれ, 宋星主さまをお迎え, 宋時代あたりの支那, 宋景濂朕に事, 宋暹羅和蘭陀天竺など南蛮諸州, 宋暹羅明国を股, 宋暹羅柬蒲寨の数ヵ所, 宋書記載の国書, 宋書院の主人, 宋朝廷下の官吏, 宋末大陸の画風, 宋本国策新帰架蔵, 宋本漢高誘註清嘉慶中黄丕烈依宋木重刊, 宋板外台中屠蘇の方, 宋板外台秘要に出で, 宋板本を見ざる, 宋板百川学海又本草綱目, 宋林寺へお, 宋梟涼州学術少なし故に, 宋といふ外, 宋槧本三國志を以て余, 宋母忌最後皆燕人で東北方, 宋水滸伝ともいわれる, 宋江さんすぐそこ, 宋江たちはやがて, 宋江たち三人は手, 宋江ともに異議, 宋江ひねッて生捕り, 宋江ほかあまたの領袖たち, 宋江みずから出て, 宋江みずから一軍をひきい, 宋江一行が, 宋江三位に軍師呉用, 宋江以下どよめきを明るく, 宋江以下修羅という修羅, 宋江先生以下三千の泊兵, 宋江出でよ, 宋江呉用らの顔, 宋江呉用公孫勝らの出迎え, 宋江呉用晁蓋らの賊首, 宋江呉用朱同李応, 宋江嘘はいわん, 宋江大人はもうこ, 宋江宋清も日々, 宋江愁眉をひらき, 宋江戴宗ふたりはただちに, 宋江林冲などもみな眉, 宋江柴進戴宗を迎え, 宋江盧俊儀呉用の順, 宋江端公たちの声, 宋江等の事蹟, 宋江自身です, 宋江花栄がその, 宋江花栄楊雄石秀などである, 宋江酔歌して, 宋治平監本に從, 宋の画法, 宋渡天の願, 宋に停泊, 宋潜渓に知らる, 宋濂一代の大儒, 宋爪哇満剌加, 宋爪哇婆羅納安南, 宋版その他古版, 宋玉一派の爛熟, 宋が屈原, 宋王儉の四部書目録, 宋画時代を出現, 宋の名手, 宋白尚書の玉津雑詩, 宋百五十年の治世, 宋的山水の中, 宋は全く, 宋は自分, 宋を滅亡, 宋神宗の嘉泰中, 宋秀陳氏が入京, 宋窯花瓶やら尊氏自筆, 宋細工の珍しい, 宋総督マリニャス宛ての勧降, 宋織りの垂布, 宋織りらしい男女痴遊の, 宋美齢まがいのママ薯, 宋而別新古従人所求或用漢唐伝疏, 宋胡六の鉢, 宋胡録として知られる, 宋若思や武勲赫々, 宋茘裳も国, 宋蘇卿明の真宗, 宋蘇卿最期の所, 宋諸家の中, 宋の仁, 宋赤繪の高雅, 宋軍敗亡いたし襄公自身, 宋は已に, 宋とともに真, 宋部長がホテル, 宋鄭景望としてある, 宋鄭景璧としてあり, 宋元明, 宋の無実, 宋に於ける, 宋は車, 宋瓷を, 宋青瓷の釉薬, 宋は僅, 宋魯等の君, 宋齊梁陳と云