青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「天上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大臣~ ~大衆 大衆~ 大通り~ 大金~ ~大阪 大阪~ 大陸~ ~天 天~
天上~
~天下 天下~ ~天井 天井~ 天使~ 天国~ ~天地 天地~ 天子~ ~天才

「天上~」 1020, 10ppm, 10874位

▼ 天上~ (417, 40.9%)

8 星の, 星を 5 星と, 火を, 神 4 しるしです, 祝福を 3 ものと, 世界に, 事を, 幸を, 星は, 神に, 神の, 福を, 薔薇の, 諸神

2 [27件] お月さまさ, ことに, ことを, ものが, パンが, パンの, 他の, 光に, 宗教では, 幻を, 忌服殿に, 所在と, 星が, 星に, 星も, 松を, 永遠の, 泉に, 福, 美しさ, 美を, 聖徒達は, 舞を, 薔薇, 薔薇を, 飛脚, 高寒

1 [294件] あこがれと, あなたを, いづこの, うごきを, お方, お月さま宛, お月様, ことばかり, ことわざを, それと, た, たのしみは, ものだ, ものであり, ものとしての, ものにも, ものは, ものへ, ものを, よき日, わかれ道, アイスクリームに, イエルサレム, ウーリュンポスに, エホバの, エロスに, オリオン座を, キリスト降誕の, グレーチヘン, パンを, ヒューマニティーや, レゼー先生の, 一つの, 一つ星を, 上を, 不滅の, 世界では, 世界という, 世界とか, 世界には, 世界は, 世界へ, 中の, 九体仏殿を, 事と, 事に, 事まで, 事を以て, 事物に, 事物を, 人か, 人と, 人に, 仙と, 仙の, 仙人に, 仙女と, 仙女に, 仙閣の, 仙館が, 位置を, 作なら, 光りを, 光輝に対して, 凉味を, 分る, 分子の, 切穴から, 則に, 劒たるや, 力, 動者の, 印を, 友だちや, 可能界の, 同一の, 名は, 名前である, 君主と, 君達と, 善き日, 喜びは, 嚴なる, 土地の, 地を, 報いを, 声に, 声の, 変化のみ, 夢を, 大学ありき, 大岩と, 大花園, 天の川が, 天秤に, 女神の, 妃, 妖術, 子とお, 宮殿を, 小さな月, 山が, 峰たちも, 川と, 巡礼者が, 平和を, 平安より, 幸特に, 幸福の, 幸福を, 序言, 御座を, 御殿の, 微笑を, 快楽を, 恋人たちの, 息吹きを, 悦び, 悪魔を, 惡熱だ, 愛に, 愛ベアトリーチェの, 戀, 教へを, 方で, 方は, 方へ, 方を, 日の, 日月共に, 日神の, 明月を, 星をも, 星光雲を, 星地上の, 星宿は, 星屑の, 星斗より, 星族に, 景色を, 最も明, 月と, 月の, 月も, 月を, 月照に, 望みという, 松に, 果てから, 枝から, 柱である, 桃色の, 案内者の, 梅一輪遠く, 楽に, 楽にも, 楽の, 楽を, 楽園が, 楽園と, 楽園という, 楽園とは, 楽園に, 楽園の, 楽園や, 楽園並びに, 榮え, 榮を, 榮光はた, 樂にも, 樂園を, 権利が, 機微を, 欲樂に, 歌の, 歓喜を, 歡樂の, 武神でも, 水とを, 水晶宮裏に, 水沫に, 泉を, 法廷に, 澄み渡った中心, 炎もて, 無上の, 無人の, 父その, 物的ならぬ, 玉帝さまの, 玉帝さまは, 王国に, 生に, 生活が, 生活は, 田を, 町だった, 皆さま, 盗み星と, 眞を, 眼の, 知恵者は, 祖国に, 神である, 神と, 神として, 神は, 神を, 神様の, 神界と, 神苑也, 神話的楽園から, 福なり, 福に, 福の, 福は, 秘密を, 秩序で, 空次第に, 範疇を, 糧をば, 罪, 罪では, 罪と, 罪といふ, 美人が, 群神は, 聖地と, 聖徒すらか, 聖徒の, 聖徒は, 聖徒を, 聖職を, 至上神としての, 至上神を, 舟という, 舟の, 色今も, 花の, 花園が, 花野である, 菩薩と, 薔薇における, 薔薇や, 虹が, 虹でも, 虹の, 行列そのまま, 規を, 詔座において, 詔座における, 諸の, 諸帝, 諸星の, 諸神言句, 諸聖徒, 諸靈, 迦陵頻伽の, 酋長に, 重い扉, 銀光殿かと, 錦衣, 闇昼の, 限りなき, 隠家, 雪に, 雲が, 雲では, 雲に, 雲間からでも, 雷を, 靈の, 音, 音であっ, 音楽に, 音楽の, 音楽を, 音樂に, 領域を, 風景に, 風格は, 食料を, 飯を, 香にさえ, 香具山と, 騷ぎも, 高士から, 魚, 魚の, 鳥という, 鳥の, 鳥を, 鷲の, 黙示でも

▼ 天上~ (153, 15.0%)

5 向って 4 遊んで 3 於て 2 あるやう, お連れなさる, 世界が, 向いて, 散在する, 昇って, 楼閣を, 燃える炎, 輝いて, 遊べると

1 [121件] あこがれしめないで, あって, あの僕たち, ありて, ありと, あるに, あるの, あるもの, ある土地, ある如く語られたもの, いられると, いるの, うくる, うまれ後, おれと, お送りいたしましょう, かがやき虫, つく不幸, とめ置きて, なる, のぼり行くを, よじること, ブリアレオース地の, 二三の, 享くる, 人あり, 人が, 位置を, 住むこと, 俺と, 其手を, 凱歌を, 千木を, 半円形, 半月を, 原頭より, 去るよりも, 受くる, 召されて, 向かうもの, 向かって, 向かひ八本, 向けること, 向て, 君臨し, 団欒する, 国が, 在って, 在らん時, 妬なけれ, 嫁入する, 存在した, 宿れるヂュウス・クロニオーン, 導く力, 帰しつる君, 帰ること, 引き上げて, 投げあげるやう, 投げあげるよう, 投げ上げた米友, 持上げると共に, 描きは, 揚げ或は, 於けるキリスト, 於ける天神, 於ける素盞嗚尊, 於ても, 昇っては, 昇つた怪物の, 昇り再び, 昇り神邊, 昇るかの, 昇ると, 星は, 月も, 来ると, 桃の, 棲んで, 樂土を, 歸ります, 永遠に, 求むべきである, 求めて, 照臨し, 生きて, 生きると, 生まれ地下, 留め他, 登り來, 登る心地, 神, 神さまが, 神様だ, 祭りあげたに, 移す様, 空なる, 縊れたるものの, 聖職を, 舞いのぼるが, 舞いのぼる姿, 舞い上っただけの, 舞上り, 蔓り, 誘うごとく見える, 貯ふる, 貯へ, 走るよう, 赴くに, 起れる神典上, 近い上, 送り奉ると, 逃れようと, 遊ぶこと, 遊ぶの, 達して, 電光を, 青い小さな小さな, 須佐之, 飛んで, 高市が, 鳴き犬

▼ 天上から~ (51, 5.0%)

3 地獄の 2 人間に, 地上へ, 落ちて

1 [42件] うつかり, こうして地上, この土牢, そそぎかけると, ひらひらと, 一人ずつ, 丁度その, 下界に, 下界へと, 不思議な, 九天までを, 十字架を, 地上の, 墜落し, 大きな力, 大女, 射す光, 将来せられた, 持つて, 来たの, 来た霊的, 来ないの, 来臨する, 此国へ, 火を, 烏天狗が, 盗んで, 眺めたならば, 瞰下し, 窃むがいいや, 落つるよう, 見た地球, 送られた王女, 銀色の, 降って, 降つたもの, 降つた処女, 降つて, 降りて, 随伴する, 霧が, 鶴子嬢が

▼ 天上~ (41, 4.0%)

3 に似, の存在 2 と地上界, に超

1 [31件] だすなあ, では人々翠帳, で五百年前, で霊霄殿, とやらへ舞い上った, と下界, と同じ, にうけ, にうつる, における天, に上っ, に住む, に属すべき, に浮かばせ, に生れたら, のこと, のやう, の力, の夢, の天使, の希望, の無心, の論理, の遊山船, の間, の雰囲気, はあなた, へ, へまで逃げのび, へ参らね, も狭し

▼ 天上~ (33, 3.2%)

4 仰いで 2 流れた

1 [27件] あおいで, さして, じっと見つめました, 仰ぎつづけて, 仰ぎて, 仰ぎ憧がれ, 仰ぐか, 伏し拝むと, 同時に見, 待ちかまえて, 御覧かな, 意味する, 支配する, 望めば, 眺むるなり, 縦横に, 羨みしに, 考へ, 舞う魅惑, 行き天下, 見ずにも, 見るもの, 視れば, 踏み歩いたもの, 降る, 降れる神, 飛びゆくと

▼ 天上~ (27, 2.6%)

4 行くとこ 3 行ったの 2 さへ, 行かしゃれた

1 [16件] かけのぼる, 上って, 向つて飛びあがつた瞬間, 宮移しの, 届く鉄塔, 昇りましょうとも, 昇り五穀の, 昇る訳, 滑り私, 移され柘, 舞いのぼると, 行った二つ, 行って, 行つたのか, 行つて西王母に, 誘うよう

▼ 天上皇帝~ (24, 2.4%)

10 の御 2 の神勅

1 [12件] が邪神, とはこの, に帰依, に御, の力, の照覧, の遺された, は堕獄, も格別, を始め, を知られぬ, を祈りました

▼ 天上する~ (23, 2.3%)

4 ような 2 と申す, などと申す, を見たりき

1 [13件] ありゃア, とか申すで, などと言い伝え, のだ, のに, のを, ように, 三月三日に, 事に, 少し前, 心持ち部屋の, 所を, 面白さ

▼ 天上~ (19, 1.9%)

4 なもの 2 なるもの

1 [13件] であるが, でなくなって, なる愉悦, な恋, な明朗さ, な浄光, な片隅, な言葉, な部分, な雰囲気, な露, に邪気, よ

▼ 天上より~ (13, 1.3%)

1 [13件] きたるの光, 來れるなり, 地下に, 墮ちし悖れる, 来る, 眺むれ, 移り来りし, 絶望の, 落ち来る唯一, 落ち給, 落下する, 起こり合唱, 足の

▼ 天上~ (10, 1.0%)

1 ていた, てしまった, てしまひ, て一切, て中, て失せおわる, て来た, て来る, て行った, て豚

▼ 天上~ (10, 1.0%)

1 せめてこの, 冒した罪, 只号令, 弼馬温なる, 悪い事, 浴びて, 無類の, 犯された罪, 犯した罪, 終って

▼ 天上~ (9, 0.9%)

2 地上とを, 地上の 1 同一な, 地上と, 地上とに, 地上との, 地獄との

▼ 天上にも~ (8, 0.8%)

1 あること, わたくしたちには, 天下にも, 帰れませんし, 生れる, 聞かれ夜, 舞ひあがらなけれ, 響くかと

▼ 天上~ (7, 0.7%)

2 叶ひ 1 かく静か, 些の, 大騒動, 紫に, 騷ぎだ

▼ 天上における~ (5, 0.5%)

1 すさのをの, エホバ対サタンの, ヂュウスと, 皇祖としての, 行為を

▼ 天上にて~ (5, 0.5%)

1 これを, 得し知識, 消えぬかぎり, 罪を, 親しく神

▼ 天上地下~ (5, 0.5%)

1 ただ徳, とはなれた, にあるまじく思はれる, にたちこめ, の迷路

▼ 天上からの~ (4, 0.4%)

1 号令が, 声, 懐かしい歌声, 神秘的啓示による

▼ 天上した~ (4, 0.4%)

1 からには総て, とでも考える, のだ, 談は

▼ 天上では~ (4, 0.4%)

1 なかった, なくて, 南極の, 恋と

▼ 天上~ (4, 0.4%)

4 んだ

▼ 天上へなんか~ (4, 0.4%)

3 行かなくたって 1 行かなくたつて

▼ 天上よりも~ (4, 0.4%)

2 もっといい 1 もっとい, もつと

▼ 天上~ (4, 0.4%)

1 だったの, と堕落派, は女人, も堕落派

▼ 天上高く~ (4, 0.4%)

1 わしか, 死せぬ, 限りなく, 震ふ時

▼ 天上~ (3, 0.3%)

1 から受けた, が教化, を知つたの

▼ 天上永遠~ (3, 0.3%)

1 の幸福, の福, の福祉

▼ 天上無窮~ (3, 0.3%)

2 の福 1 の幸福

▼ 天上との~ (2, 0.2%)

1 交渉を, 交通を

▼ 天上どこ~ (2, 0.2%)

2 じゃない

▼ 天上なすっ~ (2, 0.2%)

1 て神, て神さま

▼ 天上なる~ (2, 0.2%)

1 ものへの, 聖母に

▼ 天上にては~ (2, 0.2%)

1 智よく, 言ふ

▼ 天上には~ (2, 0.2%)

1 なくて, 二重鍛え

▼ 天上にまで~ (2, 0.2%)

2 引きあげられて

▼ 天上にまでも~ (2, 0.2%)

1 探し求めること, 響き行くべきほどに

▼ 天上へさえ~ (2, 0.2%)

2 行ける切符

▼ 天上への~ (2, 0.2%)

1 凱旋だ, 彼岸への

▼ 天上まで~ (2, 0.2%)

1 引上げられる, 高くなっ

▼ 天上までも~ (2, 0.2%)

1 届いて, 谷底までも

▼ 天上~ (2, 0.2%)

1 すでに昔, 落日の

▼ 天上一日~ (2, 0.2%)

1 の中, の朝

▼ 天上一輪~ (2, 0.2%)

2 の月

▼ 天上不思議~ (2, 0.2%)

2 はごわす

▼ 天上人開山~ (2, 0.2%)

2 として知られ

▼ 天上生活~ (2, 0.2%)

1 が開かれ始めね, の面影

▼ 天上~ (2, 0.2%)

1 から飛出した, の平次

▼ 天上起原説~ (2, 0.2%)

1 もこの, を生じたる

▼1* [79件]

天上あとに降り, 天上および世間わが, 天上おり來り, 天上奈落か, 天上からでも降りて, 天上高いせゐ, 天上さして立ち歸, 天上させる気色も, 天上したくなってまい, 天上しないと申す, 天上しなかった限りこの, 天上しようと心掛けた, 天上ともいう, 天上すめる神其後災降らしめ, 天上たかくそのかたまり, 天上か分りません, 天上でありすでに立派, 天上でして来た, 天上でもしたの, 天上というのだろう, 天上とか恩寵の, 天上どこぢやない, 天上どこぢゃないどこでも勝手, 天上なりに引き据ゑ, 天上においても無辺際に, 天上にてもまた秀づるかの生, 天上にのみ走せて, 天上ぬけに美, 天上へでもさして, 天上へと人の, 天上まします至高至尊の, 天上もろもろの門, 天上陸でだけ, 天上やどる神明の, 天上よりのお声, 天上押シナガサレ, 天上ワルハラの殿堂, 天上一夢に宋江, 天上一片の月, 天上一面にぶら下っ, 天上不死の神靈, 天上二十八宿の連錢, 天上人筆の名, 天上人間地獄餓鬼畜生に向っ, 天上仙家の人, 天上住める神明に, 天上光明の神, 天上及び人間の, 天上天堂地下蘇杭といふ諺, 天上将来の呪言, 天上山上渾ての有, 天上常住の不死, 天上幾万歳も電光, 天上弥勒の内縁, 天上は變ら, 天上政道を, 天上悪行から追放, 天上極楽申し分ないの, 天上界下に見ゆる, 天上界人間界に対する諸, 天上界等にさらに, 天上空中野外時としては, 天上一の, 天上縊死の一章, 天上入譚, 天上聟入および信州小野村, 天上致したなどと申す, 天上誓約の条, 天上靈の, 天上遠く追ひ, 天上遥かに仰いだ, 天上住せしめ, 天上となる, 天上陰気が回ぐって, 天上陽気の夏, 天上陽気盛んであるが, 天上霊域で待ち合され居る, 天上音信を得ざれ, 天上高き處に