青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「型~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

坐っ~ ~坐った ~坐つ 坐つ~ 坐り~ ~坐る 坪~ ~垂れ 垂れ~ ~型
型~
垢~ 垣~ 垣根~ ~埃 埃~ ~埋め 埋め~ ~城 城~ ~城下

「型~」 6121, 57ppm, 2031位

▼ 型~ (2116, 34.6%)

25 ごとく 15 ような 14 ように 13 如くに 11 中で 10 ものが, 中に 9 懐中電灯を 8 やうに 7 ものを, 通りに, 通りの 6 ものである, 人と, 女は, 男は, 額を 5 もので, ものも, 写真が, 女で, 女を, 男が, 結晶は

4 [28件] あるもの, ものか, ものに, ものは, やうな, 上に, 中へ, 人が, 人も, 人物の, 人間だ, 人間に, 人間は, 写真を, 唇で, 女の, 如きもの, 如く, 方が, 方を, 服を, 検査を, 研究, 研究を, 結晶が, 結晶を, 自動車の, 雪の

3 [25件] もの, ものばかり, 人は, 人物で, 半ペラ, 古い黒, 唇を, 外に, 外套を, 女人の, 帆船が, 帽子を, 懐中電燈を, 挨拶を, 男で, 男である, 男を, 紳士であった, 美人であった, 船の, 良い男, 華奢な, 長槍, 雪が, 顔を

2 [117件] あること, うちに, この男, ごとくに, とおりに, とほり, なかに, ま, ものだ, ものであります, ものと, ケーブル, シボレーが, スリルと, チヤブ台の, バチバチの, ライターから, 上衣は, 中には, 中の, 事を, 人々を, 人では, 人とが, 人の, 人を, 人物が, 人物である, 人間が, 人間たらん, 人間であっ, 人間であった, 人間である, 人間では, 人間には, 人間を, 代りに, 作家で, 先生が, 兎の, 出来の, 分, 口から, 口が, 口で, 口の, 唇が, 唇に, 図, 図面だけでも, 大自動車, 女が, 女であった, 女に, 女も, 女不, 女形である, 女形としては, 女性を, 如く取調べ, 如く線香, 婦人の, 孔が, 存在する, 学生服を, 学者が, 学者は, 完全な, 少女だ, 少女に, 帽子に, 性格である, 懐中電灯が, 成功主義者は, 挨拶が, 望遠鏡で, 望遠鏡を, 正直で, 残って, 気質の, 水の, 消極的な, 火山弾も, 物語の, 田舎言葉を, 男と, 男に, 疵痕を, 石が, 研究から, 研究が, 秀でた額, 筆立には, 紳士で, 自動車が, 自動車と, 自動車を, 船に, 船舶を, 解釈哲学は, 記録が, 話は, 説明を, 論理が, 論理で, 跡を, 通りで, 通りです, 通りところで, 通り四方金具の, 通り米相場で, 銘仙の, 間に, 雪は, 靴を, 顎髯を, 顔が

1 [1494件 抜粋] あくどいよう, あにいです, ある女, いいあらわしで, いかにも酒場, うすいペラペラ, うぬぼれ男, お役人, お顔, かみさんだつた, くずれたお, くずれた黒ソフト帽, こと, ことを, この細君, ごとき山師, ごとき煮込, ごとき秀吉礼讃, ごとき起請, ごとき陣前, ごとき黄母衣, ごとくがん, ごとくそこ, ごとくコップ, ごとく出陣, ごとく名のり, ごとく姓名, ごとく文初め, ごとく検視, ごとく済んで, ごとく経帷子, ごとく酒宴, ごとく錦霜軒, ごとく飾った奥, すいふくべ, すらりと, その機関車, それぞれには, だぶだぶの, ちがった人, ついた怪しい, でなく映画, ところがはっきり, と二つ, どれが, ない娘形, なかでも, なよなよした, ひとであった, ひよどりは, ぽっ, むっつりや, ものじゃ, ものぢや, ものとしては, ものより, やさしい眉, ゆるい水線, よい海ヘビ, ようにも, りりしいところ, を持っ, を註文, アレジヤ龕が, オジサンは, カバンを, ガラスを, クライスラーを, ケースを, コップの, ザラ紙それに, シャンデリアが, ジク長四五厘ほど, ジャイアントでも, スタイル, スリルが, スヾメ蜂の巣を, セルロイド面を, ソレ乙型スウィッチよ, チャブ台の, テーブルと, ドイツ人らは, ナイトを, バスが, パリ女の, ピストルである, ファシズムである, フォード, フナばかり, フロックコートを, ブリキを, ブル気分平民式の, ポケット付きの, マルキシストが, ヨットに, ランプその, レコードをも, 一つ, 一人で, 一人間である, 一女性なども, 一種だ, 一端は, 一般的解釈哲学, 三つに, 三本柱の, 上げ底に, 上衣を, 不思議な, 世界から, 丘にとり, 両親から, 中でも, 中間型を, 乳房へ, 二つの, 二厘餌は, 交換者につき, 亭が, 人々は, 人であった, 人に, 人工衛星を, 人物だ, 人物では, 人物は, 人物ばかりが, 人裲襠を, 人間だった, 人間であるらしい, 仕込みの, 付いた菱餅, 休み場も, 伽藍の, 体系によっては, 作家でありまし, 作業服な, 俗物に, 偉大なる, 優さ男は, 先生で, 光芒の, 六分か, 内側へ, 円タク自動車が, 凄い手腕, 処置だ, 出て, 分析に, 判斷と, 制御台が, 刻印が, 創始者と, 加工せられた, 動的決定とは, 化粧で, 半身像を, 印刷機が, 原稿です, 叙事詩の, 口上を, 口説を, 古い十字架聖像, 古びた木枕, 台詞を, 同じ大き, 向う疵と, 哲人だ, 問題が, 嘘である, 器を, 四間で, 国士なり, 土偶の, 均整美に, 堅さ, 塗の, 壁に, 壜または, 変つた荷馬車が, 外, 外套の, 大きいコンステレーション機, 大きなランチ, 大きな帽子箱, 大きな絶頂, 大凧, 大岩が, 大水門, 大阪弁で, 天井が, 天才だ, 奉公人と, 女だつた, 女でも, 女よ, 女人は, 女優が, 女性が, 女性は, 好男子であった, 如き使節ぶり, 如き屏風, 如き法律的用語, 如き親仁, 如き起請, 如き道化, 如くある, 如くこの, 如くしつらえました, 如くなる遺言書, 如くオオル・ドウウヴル, 如くニヤケ, 如く一席祝辞を, 如く伯爵夫人, 如く先生, 如く大学, 如く姓名年齢身分職業, 如く居並んで, 如く年頃, 如く手を, 如く早速, 如く汚れた, 如く無職, 如く片, 如く紋付, 如く腹, 如く観音, 如く近習, 如く運ばれたので, 如く酒を, 如く鞘, 如く鹽辛聲, 姫君の, 婆娑羅肌と, 婦人であった, 婦人服見本を, 子供は, 字母が, 学者の, 完成の, 定つた現象, 実話では, 容器と, 寫眞を, 封筒は, 小さいど, 小さい上品, 小さい方, 小さな村, 小卓, 小説を, 少し野暮, 尾の, 山の, 山路も, 岩魚は, 崩れたオーバア, 崩れた帽子, 帆船であった, 帳へ, 常識的な, 帽子や, 平屋が, 広い紺, 廉い, 廻って, 弾道を, 彼の, 後で, 御説教, 思い付きに, 性格の, 怪談じゃ, 恐怖が, 悪さ, 意味を, 感情描写も, 懐中電灯など, 懐中電燈でも, 戦争評論家とは, 才筆で, 投石機仕掛にな, 探偵小説では, 撒水器の, 撮影機が, 教科書の, 整った切れ目, 文例を, 文化血管を, 文学は, 文章や, 文芸です, 斑点を, 方, 方は, 日本服を, 明るい美貌, 映画女優という, 普遍的要素が, 暦は, 書物の, 月刊ものを, 望遠鏡時計磁石小型の, 木太刀を, 未来の, 朱を, 李の, 染め抜かれたる, 柵を以て, 桜丸として, 椋鳥を, 極めて小さい, 様に, 権太は, 横顏を, 櫛で, 武家の, 歯車が, 殻を, 母船が, 民譚としての, 水槽へ, 水甕片口飯鉢平鉢土だらい, 水門は, 氷結を, 決定は, 洋式銃が, 洋装私は, 派手を, 浮気女の, 淋しいところ, 温泉で, 演技に, 火山が, 火炉の, 無表情な, 燈籠が, 父方の, 物質を, 特級品が, 犬を, 独断家な, 玄関の, 理論が, 生き方だつた, 生活者であり, 男です, 男バタバタ, 男子によって, 男達に, 疵痕が, 痣な, 癖が, 発見という, 白い額, 相違が, 看板を, 真似事でしか, 眼を, 短い金鎖, 短剣を, 石塀の, 石油ランプとが, 石燈籠の, 石膏像を, 研究に, 研究の, 研究方法は, 社交が, 祝詞を, 神妙を, 禿頭の, 私を, 移轍については, 稚兒だるま, 種類なぞは, 空気帽を, 窓から, 窓ばかりを, 窪みが, 立憲国に, 笑いの, 筒の, 管が, 箱へ, 範囲に, 粋人だ, 精神は, 紙が, 紙を, 紙束に, 素晴らしい美人, 細かい凹凸, 紳士, 紳士みたいに, 結晶だ, 結晶などが, 統計の, 絹表紙で, 線の, 練習に, 美しい奥さん, 美しさ, 美女からは, 美少年金之助が, 美男と, 美貌だ, 美青年からの, 美髯が, 考へ方, 聰明さという, 肩が, 背広に, 胴片が, 自伝なんか, 船が, 花壇, 花弁を, 芸術は, 若い婦人, 英雄では, 茶釜, 荷船便船漁り船小舟まで, 薄い木片, 藝能では, 融合, 行李は, 表情だった, 表現を, 要素が, 親切な, 観覧者に, 解らない所, 言葉使ひで心の, 評論家や, 詩人音の, 誰にでも, 諸譚, 谿には, 象牙札を, 貴族貴族した, 赤い帽子, 赤ら顔だ, 越後系の, 跡で, 身分が, 車を, 輪廓美と, 辺幅や, 通りその, 通り別間に, 通り自滅の, 逸なる, 運動家は, 違った美青年, 選定と, 選定は, 部分が, 郵便受を, 酒風も, 金属製の, 釜へ, 鉱山師は, 鋭い線, 鍔広の, 長衣, 関船であった, 限りなく, 雪である, 電燈が, 電球蔽い, 青年が, 青白い顔, 靴です, 靴跡の, 頂上へ, 頭は, 頭巾を, 頭蓋骨を, 顎髯に, 顔し, 顔です, 顔には, 顔色の, 類庭を, 風変りな, 風車が, 飾りを, 馬車が, 馳驅で, 高級服を, 髪が, 髭を, 魅力を, 黄楊の, 黄金メダルは, 黒い山影, 黒の, 鼻の

▼ 型~ (741, 12.1%)

25 なって 17 はまって 16 して 12 はめて, 入れて 10 属するもの 6 なつて 5 はまったもの, 属して, 屬する, 嵌めて 4 なるの, 描く習慣, 過ぎぬが 3 あてはめて, なつた, なる, はめられて, 陥つて

2 [33件] きめて, ぎゆつと引き結びいかに, したがって, したの, なったの, なると, はまった, はまったこと, はまったよう, はまりすぎて, はまること, はめるよう, 入つた, 入つて, 入る, 入るし, 入れようと, 分類した, 切って, 囚われないという, 属するか, 属すること, 属する女, 嵌ったよう, 嵌って, 憧れて, 残って, 特有な, 興味を, 身を, 這入つたやう, 過ぎないの, 陥ること

1 [530件 抜粋] あっちの, あっては, あてはまって, あてはめる傾向, あて嵌るよう, あらずして, ありそう, うき身, うち出す, お切り, かえした点, かたまるの, かためられた茶色, くずした中間, くっきり浮き上がった, くつ下を, ぐっとそりあげた, ぐるぐるまわっ, けずって, こう記す, こしらえたの, こしらえた梳き毛, これだけ, これも, させた方, させるよう, したいよう, したがわずもっと, したところ, した奧庭, した富士, しっくりする, しや, し木皮, すぎませんが, すっかり嵌り込ん, すること, せよ純粋美術, そっくり篏, そっと織り込ます, そびえて, ぞくします, ぞくする人間, ぞくする者, ぞくする風土, たがいちがい, たくさん有る, たたきつけ布海苔, ちょっと曲り, つかねて, つきあたった処, つもりたり, とった, とつた, とらはれた感じ, とらわれた柳生流, ながれこんだよう, なったから, なったので, なった細面, なった胸壁, なった鈎, なってから, なつたり, ならない美術品的要素, なりつつ, なりました, なります, なり切った美術的要素, なるかも, なること, なるもの, なる以前, なる子, なれて, のみさ, はまったればこそ, はまったモラル, はまった一般, はまった三人, はまった古くさい, はまった和文脈, はまった善玉, はまった墓, はまった太刀筋, はまった宗教家, はまった家庭教育, はまった工匠, はまった常識的, はまった常連, はまった廻転, はまった形, はまった所謂小説, はまった抑揚, はまった教育, はまった文句, はまった書体, はまった無意識, はまった男, はまった経歴, はまった考え方, はまった芸者, はまった襞, はまった豪語, はまらないそこ, はまらないと, はまらないやう, はまらない不屈, はまらない自然児, はまらぬ以前, はまらぬ柔軟性, はまりきったこと, はまりこむ生活, はまりこんで, はまりつ, はまりやすさと, はまり無難, はまり込んで, はまるだけ, はまるという, はまるには, はまるまで, はまるよう, はまる事, はまれば, はまろうと, はめきる必要, はめこんだり, はめこんで, はめずすました女史, はめた, はめたよう, はめた道徳心, はめた関係, はめましょう, はめようと, はめようとして, はめるの, はめる安定, はめ卑屈, はめ得るだけの, はめ込まうと, ひらいて, ひん曲って, ほとんど模様, まとめ次, まるまって, みはった, むりやり自分, やはり黒っぽい, やや大きい, やられたならば, わが子を, わけて, カストリを, ギューッと, グーグー眠っ, ズーッと, ドラム缶が, ハメ込んだ, ピラピラ動く, レールを, 一つ一つ合せ, 一つ折れ, 一応は, 丘の, 並べた若狭ガレイ, 二分ほど, 人間の, 仕上げて, 仕立てた帽子, 仕立てた白い, 仕込んだ五吋, 付いて, 伝染する, 伸びた触角, 似せること, 佇立する, 何か, 作り上げて, 依って, 依て, 依る舞踏, 倒れる, 偏するところ, 傾きよった樹, 先が, 光りを, 入った人殺し, 入った批評家, 入った文芸, 入った絶対, 入ってること, 入つたところ, 入らうとしては, 入らない処, 入りむしろ, 入りやすく, 入り組んださま, 入ると, 入るとは, 入る前, 入れきれなくなりますその, 入れたるごとき日々, 入れぬ工合, 入れられ冷めたところ, 入れるため, 入ろうと, 公娼は, 円く窪ん, 凍結させ, 凝然と, 凝結し, 凹んで, 出来上がって, 出来上ったこの, 出来上って, 分つとしても, 分れた, 分類され, 分類された, 分類される, 分類する, 切った, 切つて生の, 切られ全体, 刈り品, 刈込んだ顎髯, 刳った出口, 刺しその, 則って, 包囲し, 區畫した, 十五階まで, 反撥する, 取ってからに, 取つたが, 取巻く山々, 口の, 合って, 合わない形式, 喜んで, 囚は, 囚はれ過ぎ, 囚われた文章, 囚われた芸術家, 囚われなかった点, 囚われる, 囚われるの, 囚われる芸術家, 囚われ易い, 因って, 固まって, 固めあげた粘土, 固定し, 固有な, 圧しつぶされて, 坐って, 執着する, 堕した時, 堕ちて, 堕ちる, 堕在し, 変化し, 変形する, 外に, 外れて, 多くは, 大廻りさせられ, 好感が, 定められたもの, 定ツ, 寸分たがわず, 対応されるべき, 小さく締まった, 就いて, 展開され, 属しますが, 属する, 属するかという, 属するの, 属するらしい, 属するらしいね, 属するセンチメンタリスト, 属する人, 属する剽軽, 属する土器, 属する子供, 属する独楽, 属する者, 山が, 岐れ, 嵌った古来, 嵌った実験, 嵌った戦場, 嵌った法式剣術, 嵌った綺麗, 嵌った見解, 嵌つた, 嵌つた平場, 嵌つた説明, 嵌つて, 嵌ま, 嵌まった, 嵌まったよう, 嵌まった凄, 嵌まつた綺麗, 嵌まり, 嵌めたの, 嵌め込む迷妄, 嵌り過ぎて, 帰るとは, 建てられた鉄筋コンクリート, 建築に, 彎曲した, 当ては, 当て嵌った脚本, 当て篏め, 当る, 彫刻し, 彼も, 往来に, 従って, 従は, 従ひ, 從つて行動する, 復して, 微笑し, 徹したもの, 心を, 心得が, 応じて, 懸つて, 成り切って, 打抜いて, 投げ出されて, 折りまして, 折れた, 折れ曲つて, 押しはめて, 押し詰められて, 押し込まれて, 拡げ翼, 拵えて, 持ちこまれたもの, 指の, 捉えられぬ関西将棋, 捉はれ, 捉はれた, 捉われ, 捲き上げる, 接触する, 接近する, 推し込めて, 推込まれる, 描かれその, 描き残されたままし, 敗北を, 断髪し, 於て, 曲げただけの, 曲げたり, 曲げて, 曲ったこまかい, 曲ったと, 曲った鉄張り銀象眼, 曲って, 曲りくねつて, 曲折し, 書いて, 書かれて, 木を, 構えて, 構えブルン, 権威を, 止まれるもの, 歪ませて, 歪めて, 歪んだ天井裏, 比して, 比べて, 氏の, 池を, 法って, 波止場の, 流しこんで, 流し込まれるの, 流し込んだ濃い, 流れて, 満足し, 焼けた蓮畑, 琥珀色の, 男性と, 畳み上げられた営舎, 疊み, 盛られて, 盛り上り凝結, 直されて, 相応し, 相異, 相當金, 相違なく, 知らず知らずの, 磨り滅, 積重なったり, 立ち歸つて, 立ったかと, 立て, 竿を, 篏って, 篏まっ, 篏まる, 篏めようと, 篏める, 篏らない, 系図を, 組み上げた梁, 結は, 結ばねば, 結び付けられて, 結んだ, 線を, 縛ったの, 縛られて, 織り出した露西亜絨氈, 繰り返すだけ, 肉が, 背かざらん, 背かないで, 能吏として, 自ら飽き足りなく, 自分を, 自然に, 興味ある, 色を, 落ついて, 葺いた前, 融合せられ, 行塞つて左の, 裂けた雲, 装われて, 装飾した, 見えますよう, 見覚えが, 触れると, 訓練され, 詰め込んだ米, 該当しない, 語りつたえその, 變って, 負けて, 走って, 起伏する, 転じて, 輝くしり, 近いの, 近いまるまる, 近いもの, 近よ, 逆手を, 這入つたの, 這入つて, 這入るといふ, 這入る女, 遊ぶの人, 遊んで, 過ぎなかったが, 違いなかった, 適って, 適らず, 重なって, 重なりあった葉状体, 鉄を, 鋳直して, 長い列, 長くなっ, 間違いない, 関係し, 限られて, 限る必要, 限定し, 限定しよう, 陥った大, 陥らずに, 陥り易い, 陥る, 陥る虞, 隆起し, 離れられない因縁, 雪が, 電燈の, 頬髯を, 頼っても, 類する方, 顧念せず, 飛び出した, 駈けまわらせて, 高くなりました, 高まつ, 髪を

▼ 型~ (725, 11.8%)

14 して 8 取って, 見せて 7 守って, 破って 6 とって, 示して 5 やって 4 作って 3 きめて, つくって, とるの, もつて, 並べて, 代表する, 破つて, 離れて

2 [42件] したもの, した大きな, その男, ちょいと, つくること, つけます, とったの, とりそれ, とるため, なして, もって, 一つ持っ, 一時間に合せに, 入れて, 出て, 分類した, 創造した, 大切に, 始めなければ, 形の, 披露する, 拵えて, 持って, 持つて, 摸したもの, 暗示する, 標準として, 活用し, 演って, 無視し, 特徴附け, 用いて, 発明した, 確立した, 示したり, 示すもの, 見た, 計って, 踏襲する, 選定し, 附けるので, 鶏小屋の

1 [552件 抜粋] あれこれと, いくつも, いつまで, いでず挨拶, いふの, うけ継ぎ, えらび材料, おしつけた, おしつけられしかも, お所有, お見せくだされた, かぞえて, きざんだチクワロール二本, きざんで, きめた, くらべて, くりかえして, こころみたの, こしらえたの, こしらえる仕事場, した, したくちばし, したすばらしい, したマナイタ, した二つ, した残蝋, した灰色, した珍, した真黒, した紫, した美貌, した鋭い, した額, してを, しらべたん, すりかえた人, すりかえて, する, せずに, そうやっ, そっくりとれる, そっくり真似, そなえて, そのま, その儘, その参事官, それぞれに, ちやんと, ちよつと, つかいそれ, つかいつぎ, つかいはじめました, つかいました, つかって, つくった, つくつた, つくつて, つくらなければ, つくりながら, つくり上げたの, つくり上げようと, つくる, つけあたかも, つけた一定, つけた肉色絹, つけて, つけられたま, つける事, つける紺屋糊, とった靴みたい, とつて, とどめられた, とらうと, とらせて, とらせ大切相, とりだして, とり今の, とり出して, とり容れて, とり形見, とり澄ました態度, とり終って, とるから, とること, とると, とる時, とろうと, どうしました, どっかで, なさない乱雑, なし改良型, なし矢張り, なすから, ぬけて, のこしたこと, のべて, はじめインディアン型マレイ型エスキモー型から, はめたまま意識, はめること, はめれば, ひったくるよう, ひとつ地で, ひとつ話し, ふむばかりか, ほぼ完成, まづ顧, まねて, まねる, まもって, まもつ, みつけましたから, もたしめるの, もった山城, もった者, もつこと, もとに, もとめる男女, やったね, やぶって, やりだす時, やり出して, より強調, わらひ, クルーニの, スリ替え, テーブルの, ネオ・アンピールと, ハミ出し, ヘコサに, 一つ一つ虱潰しに, 一人で, 一室の, 一旦押し込ん, 一歩も, 一面に, 三つに, 三人四人模倣したら, 不如意に, 与えた, 与えたコナン, 主張した, 二枚並べ, 云われました, 人品に, 他の, 付けるより, 代表し, 以つてし, 以つてする, 伝えて, 伝授する, 伝統し, 何百枚見, 作ったの, 作つた, 作つたのである, 作つて飾つてある, 作り, 作りかく, 作ります, 作り上げること, 作るの, 作る仕事, 使いはじめました, 使いました, 使って, 使つてゐる, 保つて, 借りそれ以上, 入れること, 全く脱し, 共有する, 具えて, 再びやる, 出したビョルンソン, 出して, 出そうと, 出でず美, 出でなかった, 分類し, 切りかえるまえに, 判断する, 利用し, 刺繍した, 刻みつけながら, 前に, 創りいだそう, 創り出さうとして, 卒業したら, 参考に, 取ったの, 取つたこと, 取つたの, 取つたので, 取つて, 取つて來, 取つて合鍵, 取つて拵, 取られ他方, 取りたいため, 取りまして, 取り上げた, 取り入れる事, 取り寄せるの, 取り自身, 取り錺屋, 取るの, 受け継ぐこと, 口上と, 吊つた首飾り, 否定しよう, 呼び起す, 喜ぶん, 固定させた, 土台に, 地面へ, 壊しそう, 変えよう等, 変えること, 変へる, 大事そうに, 大事に, 太古の, 奪い返す必要, 始めに, 始めやがるの, 守つての, 守つてゐた, 守り続けます, 守るが, 守ろうと, 完うせん, 定めて, 定めようとは, 対立させ, 尊重し, 小さくいくつ, 少しは, 少し粋, 崇敬する, 崩さず勃々, 崩すこと, 常識として, 引合に, 強いるもの, 強ひる, 彫って, 彫る, 彫るとか, 彷彿させる, 彼の, 後世に, 後生大事に, 得て, 得ること, 心の, 心得て, 応用し, 思へば, 患者が, 想像し, 想像した, 意味する, 成すに, 手に, 手足に, 打ち壊して, 打眺め, 批判した, 抜き取つて, 抜けねば, 択って, 抱えて, 押したやう, 押しつけその, 押しつけるの, 押します, 押し流して, 拵えようという, 持った男性, 持つこと, 持つた容貌, 指して, 指すの, 挙げる者, 捺させるぞ, 捺したかと, 捺しながら, 授けて, 採つたもの, 採るに, 採証的, 探しはじめたが, 探すには, 描いたの, 描いて, 握る手, 摸すること, 改めた事, 改められて, 改良し, 教えて, 教へたり, 旧い間違った, 明瞭に, 普通の, 書加へて, 有して, 有ちます, 有って, 本庁へ, 根本から, 棄て, 棄て同時に, 検査すれ, 構成し, 構成した, 構成する, 模倣した, 模型的に, 樹立する, 機械的に, 歯型を, 残した歌舞妓, 残して, 残す, 残すの, 毀して, 比べさせて, 氷と, 永久に, 求めた型, 決定的に, 河童の, 泳いで, 消化し, 清算し, 測定し, 演じた方, 演じて, 演じる, 演じること, 無視した, 父は, 物語って, 理解させる, 理解し得ない, 生じたが, 生んで, 用う, 異った, 発見し, 発見した, 皆覚え, 盗まねば, 盗んだ人, 直すと, 眞似すぎた, 睨めて, 瞶めはじめた, 知ってるん, 知らねえ, 知るだけで, 知識人の, 研究する, 破ったもの, 破った人物, 破った作家, 破った小説, 破った独創, 破った髷物小説, 破つた, 破つた弔詞, 破つた新し, 破らうと, 破られ山, 破りつつ, 破りながら, 破り得ないこと, 破り棄てむ, 破ること, 破るもの, 破ろうとして, 示しある, 示すくらいの, 示すこと, 示すのに, 社会に, 社会の, 空に, 立てて, 築いたほどの, 篤と見定めました, 紙に, 置いたり, 置いた浴衣, 置いては, 習うが, 習熟し, 考えたり, 考へず防空壕, 考案し, 聞いたの, 聴いて, 脱しその, 脱しては, 脱し切れない未成品, 脱し映画, 脱すること, 脱せず国際情報, 脱却し, 腕に, 自分が, 自分達の, 自得し, 自得する, 芝居もどきに, 苦に, 落さぬ程度, 行って, 表出する, 表現上の, 表示した, 覆い隠そうとしての, 見ずだよ, 見せた, 見せたこと, 見せつけられたよう, 見せる可, 見たと, 見たの, 見た最初, 見て, 見に, 見ましたか, 見ましたが, 見ると, 見る機会, 見出すだらうと, 見習って, 規準として, 覚えたり, 覚えて, 覚えても, 解きはじめた, 解説する, 言ひ終る, 記した厚紙, 記憶する, 設計し, 設計せよ, 話し合うこと, 誇りながら, 説明し, 調べたが, 調べたり, 調べて, 調べ上げた, 識別する, 護ること, 變へる, 變更しなく, 買い求めサンタルシア, 賣り出した, 越えねば, 踏んで, 踏襲され, 踏襲した, 蹂躪する, 身に, 身を, 軽蔑する, 載せちょっと, 近代式に, 追いはじめた, 追いもしくは, 追うて, 追って寒中, 追わない如く前人, 逃れがたい, 通り自分, 造りそれ, 造りだしそれ, 造ろうと, 連想する, 逸れること, 選ぶよりも, 選ぶ可, 選んで, 避けたいとは, 重ねて, 附けるの, 附録する, 離れた一種, 離れるには, 頭に, 養父家元の, 髣髴させる, 髣髴と, 鮮かに

▼ 型~ (379, 6.2%)

27 ある 10 あって 8 出来て 7 あるが 5 あるの, ついて 4 あった, あつた, あります, きまって, なければ, 残って, 生れて, 違って 3 あつて, あるもの, あるよう, あれば

2 [18件] あると, あるばかり, あるやう, あるん, くり出されて, ちがって, つきます, ない, ハッキリつい, ハツキリし, 世人に, 付いて, 付く道理, 分ると, 変って, 気に, 私の, 頭に

1 [237件] あらゆる農村生活, ありうるから, ありうるの, ありこの, ありその, ありました, ありますから, ありますけれども, あり個人, あり劇作家, あり外, あり普通, あり浪花節, あり矢弾, あり義太夫, あり貧乏人, あるいは喋られ, あるだらう, あるといふ, あるので, あるらしく鹿児島, あるわけ, ある筈, ある鉄, いい, いいん, いつか推移し, おのづか, きまっちゃあ, きまつて, くっついて, くつつい, くりかえされると, ぐいぐいと, この上, こわれたん, こわれて, ごく普通, ございますね, ございますの, ございますのでね, ござります, すなわちその, たしかに同, ちがいます, ちがうと, ついたの, ついた口, つかなくなると, つきそう, つく, つくられねば, つくれるのに, できあがりつつ, できたが, できて, できる, できること, とりつけて, どこにも, ないので, ないッ, ない場合, なくなったの, なくなった様, なつかしくな, はっきりと, はっきり分っ, ふたたび同じ, べったり残っ, ほしいと, まず直感的, またつねに, よく六寸, カブキの, サロメの, マウント・モウリスの, 一つである, 一つの, 一つや, 一とおり濟むと彼は, 一挙に, 三角形でなく, 不調和や, 世にある如く, 主で, 二枚目に, 今日の, 付いた訳, 付かなかった, 何であつ, 何とあらわれた, 何といふ, 作り出されるの, 併び存し, 催眠術的な, 全く異, 全然泛, 再現可能の, 出て, 出来かかって, 出来そう, 出来たと, 出来たとも, 出来る, 出来ると, 出来るの, 出来上ったの, 出来上って, 出来上つて, 初まった, 印せられて, 原に, 取れるでしょう, 古くなっ, 同一で, 咲いた結晶, 型として, 壁に, 壊れちまった, 変ったという, 変つて一ツは, 外交官の, 外向的であった, 多い, 多くの, 多すぎ, 多すぎる, 多分に, 多様の, 多種多様だ, 大きかった, 大眞面目, 大阪には, 好きだった, 好きな, 如何に, 存するの, 存在しなかったなら, 存在する如く, 完成しない, 実用に, 尋常一様の, 小さいの, 小さくて, 小さすぎる, 少し古い, 崩れて, 崩れると, 崩れ悪臭, 常套です, 帽子の, 幾つもの, 彼の, 必要で, 忍びこむところがあったりして, 我が国の, 或程度, 扉を, 抜け切れない処, 日本では, 明かに, 明らかに, 明智の, 有って, 有るという, 根強く承け継がれた, 極まつ, 次第に疊, 歌舞伎の, 止め度, 殆ん, 残ったため, 残ると, 残るの, 残るもの, 殘つて居るだらう, 気に入らないので, 水で, 決して経済, 沢山ある, 流行し, 消えないうち, 満員昇降機の, 滑稽であった, 演劇の, 漸く江戸根生, 点々と, 無い一生, 現われなければ, 現われ退いては, 生じ, 生じて, 生じない事, 生み出される, 生れ, 生れるか, 生れるといふ, 生れるの, 用いられたの, 痕跡を, 發見される, 白雪の, 石子刑事を, 破壊された, 示された, 私達兄弟の, 立派だ, 竜之, 綺麗だ, 編み出せるもの, 脱れ, 至つて舊式だ, 芳年から, 著しい, 薄青く, 行き悩んで, 行はれ, 表現され, 見えすいたお座なり, 見えます, 見つかりやすい, 見られた, 見出されつつ, 記憶に, 転がり出そうとも, 近代の, 這入り過ぎて, 通用しなくなった, 違う老女, 適者な, 附いて, 電話線の, 面白いからと, 風変りだった, 魅力ある, 鼻について

▼ 型~ (213, 3.5%)

6 あつた 2 あつて, こしら, その実, 一人は, 主人の, 之も, 二代も, 押して, 真の

1 [189件] あつたり, あらう, い, いいと, いこうと, いやだ, うち出した, お母さんが, こんな跡, ござりました, しかも一分, じぶん, すこしデ, そこには, その渦中, それ程いい, ただ女, だいたいこういう, ちんまり纏っ, できて, でも, とびこんだ, どこまでも, はねえだか, ほぼ同様, むずかしいとの, もちっと, ものを, やって, やって来て, やるあれ, よろしうございます, よろしゅうございます, アイリスに, イカサマ師の, ガニだ, グリグリの, シリンダーを, ハピー・エンドに, ホンモノを, ポンと, マドリットという, 一応きまる, 三十がらみであった, 三流的まとまりの, 三角型の, 上に, 上瞼が, 下って, 中を, 中世向きの, 中間を, 二回往復した, 云ひなれ, 五六萬臺も, 些か金, 人の, 今年の, 他を, 伴蔵志丈も, 何とも云えず, 作られるから, 作るの, 作者という, 例外なく, 兄の, 全長約, 出入り口の, 分りきって, 十二分に, 取り扱われて, 同じ能, 呑み干したり, 問題の, 四分三八秒四の, 地面に, 多分一九二四年型, 大した面白い, 大上段に, 夫人の, 女らしさ, 姉の, 子が, 寄せる時仏蘭西チェリー, 尋常に, 履き物も, 帽子の, 幻視と, 幾十と, 底は, 店全体土間に, 弟妹共に, 役に立つよう, 彼の, 後部に, 徳性の, 愛嬌が, 打ち抜いたかと, 打抜き刻印, 抑えられるかも, 抜きます, 抜き杏, 押したやう, 押した文樣, 押した様, 押し出したよう, 押し出しみたい, 押すよう, 拒否され, 指紋を, 捉えて, 描いてるだけじゃ, 支配される, 日本に, 書いて, 書けない理由, 杯が, 東北弁で, 次代へ, 水を, 海老錠の, 漆黒である, 演じたとしても, 演じまた, 無愛想を, 物越しの, 現われて, 生易しいところ, 甲板から, 男の, 発行し, 白い眉, 皮を, 眉根キリリと, 眉毛のねえ, 立って, 立派な, 笠神博士は, 筆で, 米國の, 精力的な, 結局ど, 統一されね, 美しくその, 美しく整った, 聞かすという, 肉の, 背が, 背の, 背中の, 胴が, 腰の, 自ら利用せられる, 自分たちを, 至って非力, 船足が, 艸緑色に, 虫も, 血圧が, 行かなくっちゃ, 行くつもり, 行く時, 行けば, 行はれる, 行われる, 親の, 言うこと, 言ふこ, 試みとしても, 詰らなかつたが, 説明する, 諷刺する, 賢い若い女, 赤黄青紫黒白などの, 軽く振っ, 返辞を, 道楽肌の, 遺して, 長さ, 院長らしい気取った, 頁数八九十丁慶応二年須原屋茂兵衛版, 頬骨などは, 頭は, 飛び出したり, 騒がれて, 高度の, 高荷, 高貴性の, 鼻に

▼ 型~ (184, 3.0%)

7 ない 3 当流での 2 あるかも, くずれて, 一二・〇〇プリンストン型米国エディス会社製, 古い蜘蛛, 維新近く

1 [164件] あたかも時流, あちこちに, あっても, あまた知りつくし, あまり有力, あるが, あんまり贅沢, お役所, こういうとき, こうだの, この研究会内, そういう範型, その両極端, その後世, その逆順, それぞれある程度, それ程に, たいていの, たしかに出, ただ在来, ちっと古い, とうてい子供, とるが, どうも好きません, どこかで, どこに, ないから, ないしさ, ないという, ないの, なくな, なくなりましたね, なく各, まずこの, またイェーンシュ, また誰, むしろそれぞれ個性的, もうすっかり剥げ, やるが, わが俳優陣, インテリの, カトリック大, クレッチュマーの, セルギウスも, ソナータである, ホンモノと, 一つの, 一つも, 一の, 一二・〇〇, 一二・三〇, 一体だれが, 一体誰, 一分計でも, 三種あり, 世界共通とでも, 丸味を, 主として関西, 主体的に, 二つの, 亡びた, 人を, 人類に, 今いった, 付けられない, 何流に, 兄の, 全くちがう, 公娼と, 共通し, 内向型と, 凡そ, 凡べて, 出來, 出来て, 前記特色の, 副文的で, 十箇で, 千差万別の, 単なる形式, 単に体裁, 却, 古いが, 古くも, 合って, 同じ物, 吾人が, 周知の, 四つに, 四つ折りに, 壊れるかも, 変えること, 変らないの, 外から, 外向型と, 多少の, 大きいが, 大別し, 大抵前半, 天然の, 失つても, 好きだ, 存せり, 実に硬, 実に表現, 客觀的實在世界の, 小さいが, 崩れて, 常に赤面, 後の, 必ずしも理想主義者, 必要な, 怪力無双な, 憖じ, 或る, 所謂三歌式以来各, 押型あらい, 支那から, 敏子と, 数々の, 斑紋で, 新しい世代, 最も普通, 最も見事, 最早恐怖, 朔日の, 案外本人, 案外非力, 極端な, 概ね荷風, 歌舞妓に, 死刑である, 氣絶なぞ, 湿性である, 無垢の, 父から, 特に大きい, 現われない, 現われないし, 生れずO型, 生れない, 生れない事, 畢竟するに哲学的, 異っ, 白く冴え, 破つて, 破れ見るもの, 竦んだよう, 笑の, 美津子さんの, 翁の, 聞くでも, 至極古めかしい, 舞えない事, 英語では, 螺の, 行為の, 街娼の, 論外と, 通称ダルマと, 適評です, 随所に, 音羽屋系の, 鬘に

▼ 型~ (154, 2.5%)

3 なって, なつた 2 ある, いって, いへども, お言い, 個性との, 相場が, 言つても

1 [134件] ある通り, いいどう, いい構え, いい犯罪, いう, いうので, いうべくやや, いうより, いえよう, いえるよう, いっても, いつたの, いふこと, いふもの, いふよりは, いふよりも, いわれますが, くらべて, この伊藤, この座談会, ござあい, さへ, するだろう, すれば, そうでない, その応用, それからまたこう, それを, であった, なり, なりました, なり奥義, なり青年, なる, なること, なるの, なるもの, はいったが, みれば, もう一つ, もん数に, よくもあんなに変わった, アマゾン型と, ス型と, トタンで, 一致したら, 一足の, 乖離性とに, 二つに, 二枚を, 二種類ある, 云うもの, 云ふ, 云ふ禿げ, 今一つ妙な, 他人でない, 作業とは, 俳句型とが, 全く別, 共に禿げたる, 具象型解析型と, 原存在との, 同じく曲中, 同じ様, 同じ真実味, 名づけて, 名前を, 味いと, 呼んで, 因習を, 女型の, 娼婦型と, 実とが, 家庭的という, 寂しい母, 寸法とを, 幾何型, 幾何型との, 底を, 後述の, 循環性とに, 思われる男用, 或る, 扇型とが, 技術とを, 改良型この, 放射型とが, 早朝型とが, 普通の, 月並とを, 月並な, 服装で, 染とを, 歩幅とに, 海型と, 狎れ合って, 現れた, 申すそう, 直線型革命型と, 直観型あるいは, 直観型が, 看做せば, 矛盾する, 磁器と, 礼儀に, 礼儀を, 称した小舟, 称する何種類, 空想型である, 童女型の, 笑うかも, 等級の, 約束を, 結びつき易い, 美術型とが, 考へる, 聽覺型とに, 色を, 見えたが, 見えた全体, 見て, 見ようという, 見られる様, 見る方, 謂おうと, 謂は, 警視庁型との, 賊の, 遊覧船型とを, 違わないから, 間違へ, 随筆評論の, 靴の, 靴を

▼ 型ばかりの~ (66, 1.1%)

2 お長屋門, 四尺ほどの, 家探しを, 式を, 硯箱を, 祭礼を

1 [54件] あらい垣根, あらい籬, もので, ものと, ものに, キスだった, ノックを, ベッドが, 仏事を, 代物では, 会釈する, 低い垣根, 低い粗い垣根, 低頭を, 処法を, 化粧具や, 台所が, 垣の, 寂しい式, 小屋に, 小屋の, 帳場格子が, 床の間には, 床を, 念仏を, 手土産にと, 手続きを, 挙手の, 晩飯を, 木戸あり, 松飾注連繩を, 柳が, 水盃を, 沓脱石の, 法事を, 真似を, 竹窓あり, 粗い竹垣, 結制を, 結婚式を, 縁先に, 置床の, 脱衣場も, 荷物を, 葬式でも, 薄化粧の, 行事を, 訊問を, 話では, 通夜を, 酒や, 釣舟が, 門松や, 香華を

▼ 型~ (56, 0.9%)

2 先例も

1 [54件] あり, いない, いなければ, おのずから法則, くずれたが, くずれて, その前後, その行動的矛盾, つくが, できて, とって, ともに一つ, どうやら実験室, ない全く, なくなって, なくノック, なく消え, なく消え失せ, なく消え失せた, なく消え失せる, なく消え飛ん, また無用, また私自身, やはり存在, プロレタリア文学の, 世には, 五型も, 使用する, 俺の, 入れたな, 円く薄手, 出て, 出来紋切り型, 同様である, 変って, 多く見受けられる, 大きい, 大分ち, 大分ちがう, 小さかった, 形式も, 改まって, 極意もねえ, 様々で, 残つてゐ, 残つてゐない, 流儀に, 無き偽り, 狂わず傷, 理も, 種類も, 見ざりければ, 観世らしい, 足跡も

▼ 型という~ (54, 0.9%)

10 のは 5 ものが 4 ものは

1 [35件] ことを, のか, のが, のだ, のだろう, のであろう, のでない, のなら, のも, ものと, ものによって, ものを, やつでは, やつな, ような, わけです, んです, 一タイプを, 一定の, 古い切り方, 名の, 四発の, 四発機, 夫人, 奴で, 所さ, 手に, 点で, 舞台の, 舟だ, 船に, 言葉を, 鉄板の, 飛行機で, 骨相上の

▼ 型には~ (52, 0.8%)

15 まつた, まつて 2 いって, なりましたが

1 [18件] いやに, いるん, づれた蟒の, づれて居る, どこかに, まつた作, まり易く, オソレを, 今更驚き, 全く嵌, 動物測定を, 嵌める事, 眉の, 研究し, 硬軟の, 道徳的である, 酔わせなかった, 鬱金の

▼ 型である~ (51, 0.8%)

2 からたち, ことを, という事, のか

1 [43件] うえに, か, から回教国, から給血者, がいよいよ, がその, がそれ, がまだ, が土地, が色, が閃かない, が飜訳種, が鼻緒, けれどもあれ, ことが, ことで, ことに, ことは, この型, し退屈至極, ために, というは生前面識, といふ場合, とはいへ, と云われる, と判斷, と想像, と考えられる, と言うべきである, と説明, と駿介, にも拘わらず, のに, はずの, はずも, ますますこれ, もしくはそれ, ような, 事その, 場合に, 彼に, 母子間の, 間は

▼ 型から~ (46, 0.8%)

4 抜いて 2 いえば, 一歩も, 出て

1 [36件] あふれて, あまり出, それのより, でき上った偏窟人, ぬきとられて, はずれた事実, ひっぱいだときゃ, ほんの少し, ニグロ型まで, 入って, 出して, 受けた印象, 型を, 外れる訳, 如何なる, 始まるの, 抜き出す時熱湯, 抜け出ようと, 抜て, 採ったもの, 早く脱, 次の, 母型に, 突然最上先生, 考へてか, 脱しさせようと, 脱して, 蝉脱する, 解放され, 解放する, 言っても, 近世の, 鋳出した人形, 除けば, 離れたすぐれた作家, 離れようと

▼ 型では~ (45, 0.7%)

7 ない 5 なかった 4 ないかと 2 あるが, ないが, なかろうか

1 [23件] あったが, あつた, ありません体つき, いかない文学, いつでも, どうしても彼女, どうも調子, ないか, ないの, ないらしい, ない希臘型, ない彼, なかつた, なくそれ, なくて, なく四肢, なく後姿, なく源氏, 歌六のを, 無いの, 知識の, 肩が, 行われない場合

▼ 型~ (43, 0.7%)

32 から敵

1 [38件] からそれ, からちょっと, からねえ, から語, か毛, がこの, がこれ, がさば, がそういう, がそれ, がねえ, が曾, けれどわりに, だんだんそうなり, つたと, ということ, という事, という証拠, といつ, といふこれ, とかあの, とか白血球, ときた, とのこと, と思, と思っ, と思つて, と思へ, と思われ, と言った, と認め, なあ御, よ, よあれ, わ, わね二十年, 何かしら次に, 旗二郎娘へ

▼ 型~ (38, 0.6%)

7 のだ 5 のである, のです 4 んだ 2 のであった

1 [15件] つて居ります, のか, のかも, のさ, のだろう, のであらう, のであります, のですでに, のでとうとう, ので気に入らなかつた, のに対して, のも, んです, 浅黄裏の, 淺黄裏の

▼ 型ファシズム~ (37, 0.6%)

2 の進行

1 [35件] が想定, が所謂, が遠く, という言葉, とその, と他, と名づける, と呼ぶ, と客観的意義, と文化人民戦線, に向かっ, に就い, に於, に於ける, の, のこうした, の一つ, の上昇, の典型的, の固有, の必然的, の指導者, の推進, の新しい, の日本型, の本質, の特色, の発展, の社会的実地踏査, の結論, の非, の高潮, は民族精神, への一途, やそれ

▼ 型として~ (35, 0.6%)

1 [35件] あつた, おもに演技, この応用, はまりこんだまま, ほしかった, ほぼ考えうる, ゐるもの, 一通りあり, 伝承する, 何か, 儀礼の, 内的外的活動を, 取り残されたところ, 固定する, 墺太利帝国最初の, 声楽の, 尚勢力, 帯の, 怖れられ, 想定された, 文化規範として, 最もそれ, 望ましいの, 残って, 残ること, 洵に, 福田吉岡小松といふ, 紹介する, 考えながら, 行わるべき, 見るの, 認めしむる, 適切である, 部落から, 鋳直すこと

▼ 型ばかり~ (30, 0.5%)

2 取り残された石城, 取り殘

1 [26件] あるの, した後, だが, であった, であつ, でご, でも, で下調べ, で彼等, で男同士, な処, のに, ヒョイと, 会釈した, 作りたがる故, 作り度がる, 去年の, 地続きの, 執り行, 執り行われたの, 家財が, 成立つたやう, 整は, 習つてゐる, 脱いだ式, 雨戸を

▼ 型~ (28, 0.5%)

11 入れて 2 バターを, 入れますが

1 [13件] うちこみそれから, はめられて, 入て, 入れる代り, 内蔵介を, 出場し, 嵌めて, 推込もう, 移して, 移轍し, 詰め込みます, 退却させる, 進んで

▼ 型~ (26, 0.4%)

2 アルプス式の, 何かは, 見本が

1 [20件] な, ぶりが, ぶりだ, ぶりと, 主義は, 人間の, 公式ばかりを, 呼吸の, 弧形で, 振事の, 方式を, 昔の, 木の, 柔術の, 櫓が, 番号は, 糸瓜型に, 見かけや, 針状は, 顔面の

▼ 型潜水艦~ (24, 0.4%)

2 の威力

1 [22件] がいっしょ, が太平洋, が舳, じゃない, でむかえうとう, で東京湾, で約, といえ, に勝てる, のこと, のため, の姿, の攻撃目標, の格納庫, の自慢, はかたく, はだて, はめずらしく, をつかっ, をひきい, を一隻, ノ威力

▼ 型~ (20, 0.3%)

2 がすなわち, に立つ

1 [16件] すでになし, であるにも, なり資本的企業型態, においてもまた, にまで同じ, に深い, に転じた, に転換, の原理, の名, の変遷, より集団的型態, をその, をもつ, を取る, を正しく

▼ 型とは~ (16, 0.3%)

1 [16件] いいながらも, いえない, いは, ごく典型的, よほどちがった, 云いにくい, 云えない, 大分事情が, 大統領が, 少し型, 打つて, 気がつかないで, 言つても, 言は, 計算型と, 誰が

▼ 型といふ~ (15, 0.2%)

4 ものは 3 やうな 2 ものを 1 ところで, のか, 劍で, 問題を, 奴は, 点で

▼ 型とか~ (15, 0.2%)

1 [15件] ドロシユケとかいふ, ヴンプ型とか, 云うの, 呼ばれるあれ, 将棋という, 或は商人, 教師の, 牢屋の, 瓔珞型とか, 申したよ, 痩身型とか, 称ふ, 等と, 言つて小さい, 随分雑多

▼ 型ばかりに~ (14, 0.2%)

2 なって

1 [12件] しらべて, なった, 出来て, 吊って, 囚われては, 手を, 掲げた小さな, 槍を, 流しは, 粗く結っ, 芸者にでも, 設えて

▼ 型であり~ (12, 0.2%)

1 [12件] あやかさんは, そして今, ながらまた, クロル式水泳法は, ファッショ型だ, 一方の, 大里町子嬢は, 女子は, 始終笑顔, 母が, 礼儀である, 韻会型であっ

▼ 型としては~ (12, 0.2%)

2 個性的な, 明瞭である 1 一つの, 上乗の, 五代目を, 代表的な, 後の, 既う, 異色ある, 鴈治郎が

▼ 型によって~ (12, 0.2%)

2 立証する 1 人形は, 作られた工芸品, 動作する, 北極の, 型の, 思考し, 格外の, 表現される, 表現する, 近所の

▼ 型なし~ (11, 0.2%)

2 です, になっ 1 じゃない, だ, であり知性, でがん, で塵一, とき, になる

▼ 型人造人間~ (11, 0.2%)

1 [11件] が一せい, が爆発分解, ではない, なんて, の発明者, の破片, の設計図, もじつは, もハンス, をエッキス光線, を停める

▼ 型~ (11, 0.2%)

5 な人間 2 な強 1 な峡流, な文化, の生理關係, 非論理性

▼ 型でも~ (10, 0.2%)

1 ありましょうか, なかった, なく, なくまた, なくやっぱり, なくAB型, まだよい, 作るよう, 傑れた, 破って

▼ 型とでも~ (10, 0.2%)

2 云うか 1 いうの, いうべきもの, いふべきでせう眉, 云ふ, 云ふか兎に, 名付けたい位, 形容しよう, 言うべきもの

▼ 型について~ (10, 0.2%)

1 こう語った, その代表的, その生成, それが, なにか気付いた, へんな, 一言しなけれ, 無限に, 私は, 説明し

▼ 型~ (9, 0.1%)

1 あるいは外, あるいは小さい, それとも古い, どうかを, 乙型か, 前方後円か, 矢代型かの, 知らぬが, 翼賛型か

▼ 型であった~ (9, 0.1%)

1 が今, が案外, が鮎掛け鈎, ことだから, ということ, にし, のである, ような, ように

▼ 型とも~ (9, 0.1%)

1 いうものの, なりまた, なるの, 一致しない, 云うべき譜, 品川湾で, 見られようが, 言えるでしょう, 言へる

▼ 型~ (9, 0.1%)

1 でも之, でも我々素人, で浮出し, と感じられない, と縞物, の世界, の女, の眞, も作ります

▼ 型なる~ (8, 0.1%)

2 ものが 1 ものに, ものにこそ, ものを, 事が, 事を, 山人が

▼ 型にも~ (8, 0.1%)

1 かなりいろいろ, かぶれて, 何にも, 呪はれ, 地の, 夫を, 残らぬ型, 追い追いと

▼ 型十三号潜水艦~ (8, 0.1%)

1 が風雨, が飛行島, との連絡, に出動, はいまどこ, は一たい, は風雨, を呼ん

▼ 型~ (8, 0.1%)

1 が上御殿, でどこ, に比べるなら, の一路, の他, の家, の方, の衣裳

▼ 型だけ~ (7, 0.1%)

1 お顔, して, だから, では, 巧みに, 済ませガラクタ, 遺って

▼ 型だった~ (7, 0.1%)

1 がどうしても, が保存, という, と証言, のです, ので二十四歳, ものに

▼ 型です~ (7, 0.1%)

1 か, から主文形, がそこ, がね, が少し, ね, よ

▼ 型らしい~ (7, 0.1%)

4 もので 1 から一番上等の, 殆おなじ, 痕が

▼ 型であっ~ (6, 0.1%)

1 てこうして, てたまたま, てはつまりません, て内容, て強い, て角板

▼ 型とが~ (6, 0.1%)

2 ある 1 あること, あると, 上下二段に, 分野し

▼ 型との~ (6, 0.1%)

1 ふたつが, 両図面, 区別が, 融合した, 間からは, 間に

▼ 型など~ (6, 0.1%)

2 あるべきもの 1 いう月並, 構って, 言ふも, 馬鹿

▼ 型にまで~ (6, 0.1%)

1 上昇せしめた, 成り切ったもの, 批判改造されなけれ, 様式化せられ, 高まったもの, 高まり後

▼ 型によ~ (6, 0.1%)

1 つて伝へよう, つて思考し, つて理解される, つて紫色の, つて芸術自体に, つて麻雀とか

▼ 型による~ (6, 0.1%)

2 親子の 1 のが, もの多く, 舞台表現によって, 陽刻である

▼ 型十三号~ (6, 0.1%)

2 はどう 1 という日本海軍, の艦内, の艦橋, は一路飛行島

▼ 型潜水艇~ (6, 0.1%)

2 の中 1 から出, の背後, は彼女, を駆っ

▼ 型~ (6, 0.1%)

1 が關西地方, である, で新しく, なの, に寄与, の卷頭

▼ 型だの~ (5, 0.1%)

1 アイヌ式文化だ, 定跡を, 小児性夫人だ, 微小角板だ, 表通りは

▼ 型つまり~ (5, 0.1%)

2 公式とか 1 危くズリ落ち, 喉頭ばかりを, 演伎それから

▼ 型などの~ (5, 0.1%)

1 いずれの, いろいろの, 中世甲冑が, 細かい飾り, 結晶が

▼ 型まで~ (5, 0.1%)

1 ことごとく標本的, 含んで, 変えられぬぞと, 有りうる, 束縛し

▼ 型スウィッチ~ (5, 0.1%)

1 が急, というの, は全, よあれ, を彼

▼ 型摺り~ (5, 0.1%)

2 の大, の大様 1 の美しい

▼ 型染紙~ (5, 0.1%)

2 の仕事 1 との二つ, にある, のみならず

▼ 型自動車~ (5, 0.1%)

1 が二台, が熱海, だった, の中, は深夜

▼ 型からは~ (4, 0.1%)

1 いは, 外れて, 決して, 絶対に

▼ 型じゃ~ (4, 0.1%)

1 ないん, ない民政党型, なく洟, ねえか

▼ 型それ~ (4, 0.1%)

1 にファルネス, に屋号, も好ましい, を好き

▼ 型としての~ (4, 0.1%)

2 概念でだけ 1 不動な, 話であっ

▼ 型にな~ (4, 0.1%)

1 つた毛受けを, つて, つてし, つて居りました

▼ 型よりは~ (4, 0.1%)

2 ネオグリークの 1 国士型である, 心持張つて見える

▼ 型よりも~ (4, 0.1%)

1 むしろその, 個性拵え, 娼婦型を, 遊びの

▼ 型ファッシズム~ (4, 0.1%)

1 がファッシズム一般, に集中, の何より, の固有

▼ 型~ (4, 0.1%)

1 された幽霊, せられて, せんと, を急ぎ

▼ 型変り~ (4, 0.1%)

1 でありまた, の優人, の戦術家, の物好き

▼ 型快速潜水艇~ (4, 0.1%)

1 にうち, の入口, をそっくり, を認め

▼ 型懐中電灯~ (4, 0.1%)

2 をとりだし 1 で老人, を取りだし

▼ 型模様~ (4, 0.1%)

2 のある 1 のつい, をした

▼ 型~ (4, 0.1%)

1 三に, 三級とか, 二号, 五級とかいう

▼ 型さえ~ (3, 0.0%)

2 あれば 1 似てりゃそれで

▼ 型~ (3, 0.0%)

1 ている, てまぎらかす, てまた

▼ 型だけの~ (3, 0.0%)

1 もので, ものであった, 水溜りが

▼ 型だけは~ (3, 0.0%)

1 先生の, 厳めしいがおそらく, 固定的な

▼ 型だけを~ (3, 0.0%)

1 のこして, 終りますと, 集めて

▼ 型~ (3, 0.0%)

1 が決つて, に盛り, をとっ

▼ 型つて~ (3, 0.0%)

1 いふもん, ないわ, ゐるもの

▼ 型でない~ (3, 0.0%)

1 からそれ, にし, 点が

▼ 型といった~ (3, 0.0%)

2 方が 1 ような

▼ 型とを~ (3, 0.0%)

1 くらべて, 結びつけようと, 絶した

▼ 型などは~ (3, 0.0%)

1 崩れなければ, 微塵も, 潔く揚棄

▼ 型については~ (3, 0.0%)

1 すでに早く, 今日では, 最も深く

▼ 型にとって~ (3, 0.0%)

1 小さくした, 岡野さんは, 置いて

▼ 型ばかりは~ (3, 0.0%)

1 ひどくハイカラ, 残って, 残っても

▼ 型ばかりを~ (3, 0.0%)

1 執つて逆上, 教えおる故, 教え実際

▼ 型または~ (3, 0.0%)

1 内部八畳の, 名人肌の, 茶卓型と

▼ 型より~ (3, 0.0%)

1 外には, 懐狭く, 成れる一定

▼ 型コンツェルン~ (3, 0.0%)

1 の一般的特徴, の政治生活, の特徴

▼ 型ハンドプレス~ (3, 0.0%)

1 がオランダ, といふこと, とか半紙型ハンドフート

▼ 型フォード~ (3, 0.0%)

1 があった, の中古品, は凡て

▼ 型~ (3, 0.0%)

1 けの一つ, けも學ん, の稽古

▼ 型~ (3, 0.0%)

1 が変る, の内容, は永久不変

▼ 型~ (3, 0.0%)

1 だからという, のくせ, の安否

▼ 型宗教~ (3, 0.0%)

1 にそして, は即ち, は社会的生活

▼ 型帆船~ (3, 0.0%)

1 で占守島, の帆, もかつて

▼ 型癡呆~ (3, 0.0%)

1 です, という, とはお

▼ 型~ (3, 0.0%)

1 いろいろさまざま, すっかり覚え, について読んだ

▼ 型船大工~ (3, 0.0%)

1 といわれた, の名, の棟梁

▼ 型霊代~ (3, 0.0%)

1 には余計, に余計, や大

▼ 型いろいろ~ (2, 0.0%)

1 の唇, 大変面白い

▼ 型かの~ (2, 0.0%)

1 どちらか, 流線型哲学は

▼ 型この~ (2, 0.0%)

1 区別は, 様な

▼ 型これ~ (2, 0.0%)

1 は一番, は新宿

▼ 型さながら~ (2, 0.0%)

1 の切れ長, 地獄の

▼ 型しか~ (2, 0.0%)

1 ないので, 言わなくなって

▼ 型その~ (2, 0.0%)

1 儘だ, 物の

▼ 型たる~ (2, 0.0%)

1 お天気師, 所以を

▼ 型だけしか~ (2, 0.0%)

2 書いて

▼ 型だけで~ (2, 0.0%)

1 つくされては, 全身を

▼ 型づけ~ (2, 0.0%)

1 があまり, ながら死ん

▼ 型であれ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ばそれ

▼ 型でした~ (2, 0.0%)

1 がある, がペルシャ服

▼ 型でなく~ (2, 0.0%)

1 保守的な, 面長の

▼ 型とに~ (2, 0.0%)

1 なかなかはまれず, 分類した

▼ 型~ (2, 0.0%)

1 ほりうまく, ほり二人づつの

▼ 型などと~ (2, 0.0%)

1 批評する, 訳して

▼ 型などといふ~ (2, 0.0%)

1 ものも, 水指に

▼ 型などを~ (2, 0.0%)

1 いかにきわどく, 多く念頭

▼ 型なら~ (2, 0.0%)

1 倭文子さんこそ, 型といふ

▼ 型なんか~ (2, 0.0%)

1 その喀痰, 拵えて

▼ 型における~ (2, 0.0%)

1 教育への, 発露が

▼ 型に対する~ (2, 0.0%)

1 嫌疑を, 彼自身の

▼ 型に従って~ (2, 0.0%)

1 泣きじゃくったり, 考えたり

▼ 型に関する~ (2, 0.0%)

1 研究は, 自由を

▼ 型のみ~ (2, 0.0%)

1 でなく凡て夜露, では

▼ 型ばかりと~ (2, 0.0%)

1 いふこと, なって

▼ 型やら~ (2, 0.0%)

1 半円やら, 説明やらを

▼ 型をも~ (2, 0.0%)

1 含め従来, 行は

▼ 型を以て~ (2, 0.0%)

1 未来に, 簡単に

▼ 型トラック~ (2, 0.0%)

1 が置い, の中

▼ 型ピアノ~ (2, 0.0%)

1 なら後ろ, の前

▼ 型ファッショ化~ (2, 0.0%)

1 にとって不, への拍車

▼ 型プレス~ (2, 0.0%)

1 といふ順に, のそば

▼ 型マホガニー~ (2, 0.0%)

1 の事務机, の額縁

▼ 型一つ~ (2, 0.0%)

1 のため, を練習

▼ 型人形~ (2, 0.0%)

1 が立っ, へ打ちこみ

▼ 型俳優~ (2, 0.0%)

1 である, を排除

▼ 型公式常識そのもの~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 型及び~ (2, 0.0%)

1 板状と, 監督によ

▼ 型取り~ (2, 0.0%)

1 大きい顏, 天地を

▼ 型土器~ (2, 0.0%)

1 と呼ばるる, にし

▼ 型女大学~ (2, 0.0%)

2 の猛

▼ 型定木~ (2, 0.0%)

1 だ, を当てた

▼ 型定規~ (2, 0.0%)

1 のよう, や監督

▼ 型~ (2, 0.0%)

1 土器, 土器である

▼ 型~ (2, 0.0%)

1 が輝, をかぶり

▼ 型彫り~ (2, 0.0%)

1 というもの, をし

▼ 型~ (2, 0.0%)

1 のたっぷり, を有する

▼ 型懐中電燈~ (2, 0.0%)

1 をとりだす, を取り出し

▼ 型或は~ (2, 0.0%)

1 多宝塔型其他いろ, 類型を

▼ 型持出シ~ (2, 0.0%)

1 御覽アリ, 御馬場ニ於テ

▼ 型文化ファシズム~ (2, 0.0%)

1 が盛ん, の支柱

▼ 型~ (2, 0.0%)

1 だのカレンダー, だの青い

▼ 型~ (2, 0.0%)

1 が, は

▼ 型無し~ (2, 0.0%)

1 です, になつて仕舞

▼ 型男性~ (2, 0.0%)

1 の受動的, の能動的

▼ 型~ (2, 0.0%)

1 の処女, 甲鯨型とでも

▼ 型空中線~ (2, 0.0%)

1 と強力, の支柱

▼ 型美貌~ (2, 0.0%)

1 の持ち主, は役に立たぬ

▼ 型自身~ (2, 0.0%)

1 が独立, にも僕等

▼ 型~ (2, 0.0%)

1 はかかる, をわが

▼ 型~ (2, 0.0%)

2

▼ 型~ (2, 0.0%)

1 を拡げ, を指差し

▼ 型8号~ (2, 0.0%)

1 とはこの, の暗号表

▼1* [330件]

あるいは構成派と, 型いざとこそ片, 型おきをし, 型およびイワウ型が, 型かといつた方, 型かなりふけて, 型かにわかれる, 型かも判らない大型, 型からもほぼ家格, 型がかはつてゐる, 型がちがふ, 型ぐらいは覚えられましょうと, 型へ取れ, 型さね珍らしく, 型しうる筈である, 型した濃紺の, 型ゃなかったとでもいうのかい, 型すらあります, 型そういう型が, 型そこに想像, 型そっくりにフラフラッ, 型そのままだと, 型そのものが何, 型それにあなた自身が, 型それらのすべて, 型だけが残つてゐ, 型だけなりと記念に, 型だけにうなずいた, 型だったら僕には, 型だってほんとうな, 型だろうがわし, 型ちがいでいたっ, 型ちの変つた眼鏡でウマク, 型やない, 型ついて日々, 型つけ職工だが, 型つんとすねたり, 型づくられるところの, 型でありますが眉, 型でございますな, 型でさえある苦業者, 型でしょう御存じ, 型でなかった初対面の, 型でなければならない, 型でばっかり物を, 型というは維新前後から, 型といふかさう, 型とかいうものを, 型とかいふのが, 型とさえたわむれに, 型とったに相違, 型とまで考へられて, 型なぞを束ねて, 型などに引っ掛かって, 型などもこのさい, 型なり形式なりの, 型なりとす, 型なりに完成美に, 型なりの中に, 型なんかよりはずっと有力, 型なんぞへ入る事, 型なんてハイカラな, 型にしか読めなくては, 型についても同様な, 型につきそれぞれ最もよく, 型にてむらく, 型にとりそれを, 型にのみ陥ち入りましょう, 型にははづれ過ぎ, 型にばかり囚われた仏法, 型によっても割りきれない, 型ぬきになっ, 型のきまつたものが, 型のくづれぬ角帽を, 型ののびちぢみするおもちゃ, 型のみを襲踏する, 型はずれの台詞, 型ばかりで済みました, 型ばかりということに, 型ばっかり買って, 型へでも丼鉢へでも, 型へと飛ぶよう, 型への移轍である, 型みたいなもの, 型もしくは類型の, 型やさういふありとあらゆる, 型やぶりおうような, 型われに何, 型をかぞへて, 型アンコ型という, 型イシダイに似た, 型インヂアン・オートバイを持つ, 型インドは代数型, 型エスキモー型からニグロ型, 型オーヴァを着, 型ガルボ型ディートリヒ型入江型夏川型等いろいろさまざま, 型ガ染マリ水着デ隠, 型クジウ型およびイワウ型, 型クライスラー売りたし, 型クラシカル型の人, 型ソファーバッグシーツ枕一組何円のセット, 型タクシーが炎天下, 型ダブルカラに土耳, 型ディオゲネス型の何れ, 型ディートリヒ型入江型夏川型等いろいろさまざま, 型トラクターの能率, 型ドン・キホーテたるにすぎない, 型ナイフを取上げ, 型ナルシシスムの宿命, 型ナンセンスの類, 型ナンセンス後者はふざける, 型ニ外側ヘ彎曲シテオリ, 型ネロやハドリアヌス時代, 型ノロールフィルムニ印画紙ガ重ネテアルモノデ, 型ハモやサヨリ, 型ハンドフートなどの實物, 型ピラミッド型及び板状, 型ファシストともいうべき, 型ファシズム化にある, 型ファッショの一翼, 型ファッショ支配に対する人民大衆, 型ファッショ文化に帰着, 型ファッショ的イデオロギーは国民, 型ファッショ的支配主体であるが, 型フォード作家ではオー, 型ブラシから軍手, 型ベッドのけん, 型マレイ型エスキモー型からニグロ型, 型ユダヤ型をはじめインディアン型, 型ユワウ型についても同様, 型ランプの影, 型リボンがむす, 型ロマンチック型の学者, 型ローマ型ユダヤ型をはじめインディアン型, 型一つ痕らなかつた, 型一通り覚え込むさえ, 型七連発のブローニング, 型三六号の心中, 型三十幾カラットの宝玉, 型上げしたばかりの, 型世界観さえが成り立ち, 型の異, 型中途引かえし型, 型丸型の水甕, 型乃至準退役型, 型二四七号の人殺し, 型五号とし, 型人民戦線の特殊事情, 型人造人間同様に不完全, 型は可, 型以上に大きい, 型以外のもの, 型何とかいう自動車, 型何んとそう, 型作つた姿にあつ, 型作りだけでも一再, 型俳人には俳人型, 型儒者には儒者型, 型にし, 型光背につつまれた, 型のいでたち, 型入りのハマザクラ, 型入江型夏川型等いろいろさまざま, 型公理型の性格, 型其他いろ, 型其物の如き, 型医者の代診型, 型十三号自身駆逐機隊から爆弾, 型十頁を毎週一回, 型即ち流派は, 型原始クロールをいちはやく, 型原敬のは巡査, 型取ってそれ, 型取った一つの, 型取つた古い部屋着, 型取られ顏の, 型取りみたいに細い, 型同士からは, 型呉服屋の番頭型, 型四発機は滑走路, 型図面などがざった, 型麺麭や, 型国貞型ガルボ型ディートリヒ型入江型夏川型等いろいろさまざま, 型や動物解剖, 型堡塁前の第一線, 型変わりだとてお客さま, 型夏川型等いろいろさまざま, 型外れ見物は, 型外輪汽船に貨物, 型大会開かる会場神田国民体育館, 型大身鎗から十六世紀鎗, 型女優でもなく, 型女剣劇や映画俳優, 型妙子が, 型がのっ, 型娯楽の見本, 型醜いもの, 型学者は学者型, 型宗教的な世界観, 型家庭の型, 型寄木踏むべくは, 型寿司や水玉, 型将軍型などのいずれ, 型尾崎学堂のはテオドラ夫人, 型屋根にさす, 型山本権兵衛のは英蘭銀行, 型の一犯人, 型巻上大時計未来派裸体巨人像の額縁, 型帽子型真甲鯨型, 型平凡な良妻型, 型広告マッチがレッテル, 型廊下の長い, 型弁当箱をもっ, 型式跡質の漢字, 型強力政治への進行, 型後者は線, 型性欲ではない, 型成者なる恋愛, 型戦争ジャーナリストである所以, 型戦艦は大, 型戦闘機を見た, 型の瓦, 型押しつけ型で大した, 型提示が前記, 型文化躍進の足どり, 型文句を言い, 型日本綴の帳面, 型などは世界的, 型時々あたれば, 型時代で從來, 型暴力や暴力対抗, 型月並な辞礼, 型木魚型鳥型帽子型真甲鯨型, 型朱塗りの大, 型机絵地図模型地球儀石盤黒板インク入れその他, 型柔術の型, 型である, 型検定用のブラウン管, 型検査による, 型検査報告で事実, 型標準人間を作る, 型標準服の仕立, 型標準服僕はこの, 型樹枝その他の立体的, 型歌人には歌人型, 型武人は武人型, 型武人型将軍型などのいずれ, 型比べがあっ, 型気質決定説等であった, 型決定の方法, 型活動写真のもつ, 型渓谷になっ, 型潜水艇内に寝た, 型潜水艦隊のおそるべき, 型爆弾で純金, 型特攻隊の中, 型装を, 型の用語等, 型百七トンの的矢丸, 型であろうか, 型真鍮製の小, 型知的残忍型というやつ, 型短距離につ, 型神経型結節型の三つ, 型その力, 型程の大きさ, 型程もある, 型競泳にクロール, 型筆筒真鍮の香炉, 型等々に限られ, 型に注がれた, 型節文句等には無意味, 型築地於屋舖内手職人エ申付爲造立度尤長崎住居大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 型紳士であったが, 型結節型の三つ, 型の燗徳利, 型編上である, 型續出で噴飯, 型罫紙の大部, 型置洋燈と云う, 型の典型的, 型の低い, 型自らが仕事, 型自動車十三号の中, 型色等があっ, 型花形には青酸, 型花片型いろいろの, 型茶色の小心律気, 型補助機関附きの, 型観念論の或, 型角帽被りたさの, 型角板角錐角柱側面付角柱の順, 型角柱側面結晶などほとんど, 型解析型と直観型, 型言葉だが, 型言説をなし, 型評論家や或いは, 型詳しく云へば, 型護符の代金, 型趣味に囚われない, 型輪底であり後部の, 型辞典に曰く, 型になられたれ, 型造る程沢山, 型過ぎて笑止, 型違いな子供, 型違ひな子供のゐる, 型部曲固有の利権, 型金曜日の翌日, 型をうちつける, 型録的に一, 型の洪水, 型鏡筒型鏡の洪水, 型附半襟の裡, 型附紙と板締, 型をつくっ, 型雑誌の発行, 型電気スタンド木枠正方型巻上大時計未来派裸体巨人像の額縁, 型電話器という, 型霜夜鐘の宗庵, 型青年とは期せ, 型革命型と改良型, 型頭脳の習慣的, 型顔回は口述試験, 型顔面は稍長形, 型鳥型帽子型真甲鯨型, 型黙つてゐる, 型鼻輪はいま, 型6シリンダーの広告, 型AB型同士からは