青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「塔~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~場所 場所~ ~場面 場面~ 堺~ ~塀 塀~ ~塊 塊~ ~塔
塔~
塗~ 塗り~ 塚~ 塩~ 塵~ 塾~ ~境 境~ ~境内 境内~

「塔~」 5197, 50ppm, 2317位

▼ 塔~ (1776, 34.2%)

57 中に 53 上に 45 ような, 上から 30 下に 29 中へ 25 上の 19 ように 17 上で, 方へ 15 上へ 14 底へ 13 中は 12 上には, 下の, 中で, 屋根に, 底の 11 上を, 中から, 高さ 10 屋根の, 頂に 9 まわりを, 底に 8 下から, 中には, 中の, 前に, 階段を 7 下で, 下へ, 屋根を, 峰の, 頂上に, 頂上の 6 なかに, 上, 九輪の, 入口に, 内に, 前の, 周囲を, 時計が, 時計の, 窓から 5 てっぺんに, てっぺんの, 下には, 人, 屋根から, 岡の, 形を, 方を, 見える当麻

4 [23件] あるところ, てっぺんから, ところへ, なかへ, ほうへ, やうに, 一番上の, 一階に, 三階に, 上より, 下まで, 下を, 中を, 初重, 前で, 外へ, 大時計, 沢の, 真下に, 秘密を, 部屋へ, 頂から, 頂きに

3 [36件] あるあたり, あること, ある丘, いただきに, いただきへ, てっぺんまで, てっぺんを, てっペン, まわりに, まわりは, 三階の, 上では, 上は, 上まで, 中, 入口を, 向うに, 周囲には, 四階に, 四階へ, 外が, 尖端に, 屋根は, 底で, 建立は, 機械室に, 歴史は, 沢を, 窓の, 立って, 聳えて, 部屋の, 頂が, 頂の, 頂上から, 頂上より

2 [102件] あたりを, あるの, いでたる時何, うずめて, うちへ, お尻, すがた, つまぞ, てっぺんで, てっぺんへ, ところまで, なかで, なかの, ほうを, やうな, 一つに, 一つの, 一切工事川越源太に, 上にか, 下より, 中では, 中にも, 中庭で, 主に, 事あり, 事を, 二重三重重なる, 二階に, 二階を, 五階に, 五階の, 修繕に, 傍に, 先わたる, 内部の, 前へ, 十倍は, 半腹, 周囲に, 四方に, 四階の, 地階に, 壁を, 外に, 外の, 如きもの, 姿が, 姿は, 姿を, 宝を, 屋根が, 岡に, 峰や, 庇の, 建つに, 建てたいは, 建立も, 形が, 影の, 影も, 影を, 扉の, 扉を, 持主お, 持主の, 文字の, 時計を, 根の, 模形, 正面の, 段に, 沢か, 沢こちごち, 沢へ, 照りしらむ, 燒跡に, 相輪を, 碑とが, 神女の, 秘密の, 積み重なるの, 空たかく, 窓に, 窓には, 端月明らけしひ, 綿帽子が, 縁の, 縫の, 置きかえを, 胴の, 胴を, 蚊を, 表面には, 運動も, 部屋に, 部屋は, 釘一本ゆるまず, 鐘が, 附近に, 頂きの, 頂は, 風鐸を

1 [675件 抜粋] あいだに, あたりから, あたりは, あったアリゾナ, あの名, ありさま, ある, あるたてもの, あるビルマ, ある処, ある大きな, ある宮の台, ある小さな, ある所, ある教会, ある柳田商会, ある西洋館, ある赤い, ある門, いただきにて, いちばん上の, いちばん高い, うしろが, うしろは, うしろへ, うつしその, おいて, かくし場所, かたちに, かなたにて, かべや天井, くぼみが, こうもり男の, ことさ, ことだ, ことで, ことは, ことを, ごと, すぐ上の空, すこし前方, ぜんぶの, そばを, そびえる庁舎, たつ沿岸警備員, ちかくによって, ついた店, つま, てっぺんだけに, てっぺんにでも, てっぺんは, てつぺんだ, とんがり屋根, なかでし, なかでは, なかには, なくなった海岸, なまへは, ならんで, ひともと草, ふたが, ふちを, ふもとの, ほこりと, ほとりに, まへに, まわりにも, みえる丘, もっとも下の, もつ巍然, もつ森厳, やうで, やらいの, ゆさゆさきちきち, ゆふ, よき間隔, ガラス窓の, ドアが, ドン底で, 一つは, 一室, 一室に, 一点に, 一番下の, 一部が, 一部等で, 一重の, 一階から, 一階で, 一階のと, 一階は, 一階室に, 七つの, 三重目にあたる, 三階は, 上じゃ, 上です, 上にての, 上にでも, 上までは, 上や, 上り口に, 上二重だけが, 上到る, 上半部は, 上層に, 上方見上ぐる, 下かげ行く, 下なる, 下は, 下や, 下部に, 不思議な, 丘の, 丘上または, 中であった, 中でなく, 中なんぞに, 中まで, 中心の, 中心を, 中慟哭しつ, 主人であるです, 主人は, 主人より, 九輪頂上に, 事など, 事に, 二つある, 二階で, 五つの, 五つ並ん, 五階へ, 人です, 今までの, 仏たち猶, 代償を以て, 伝説を, 伽藍も, 何の, 使命が, 使命を, 修繕が, 修覆, 倒るる, 元来の, 先から, 先端九輪の, 入り口に, 入り口の, 入り口を, 入り口一パイに, 入口から, 入口の, 入口も, 全体が, 六座は, 典雅な, 内がわと, 内部で, 内部へ, 内部を, 写真を, 処々には, 処に, 出入口の, 出口が, 出口間近く, 刑場で, 初号に, 前でも, 前にぞ, 功徳を, 北側の, 北谷に, 十二階は, 南谷に, 印象から, 印象と, 口もとの, 古棺, 台石と, 司令室です, 各区分, 各層の, 名と, 名は, 向こうから, 向こうに, 周りには, 周囲は, 周圍に, 問題に, 四方には, 四階だ, 四階で, 四面は, 回廊に, 図に, 地下へ, 地下聖所に, 地内に, 地曳の, 堪えんこと, 場合と共に, 境内の, 壁から, 壁に, 壁上に, 壁寒き, 夕陽に, 夕鴉が, 外で, 外のかべを, 外側を, 外壁に, 夢の, 大きいの, 大きなケース, 大修繕, 大将は, 大工業, 大理石が, 天井に, 天辺に, 奇談と, 奥から, 奥へ, 如き叢書類, 如き赤石山, 如くに, 如く傾き来れり, 如く盛り上げ, 如く衆目, 如く黄昏, 姿に, 安置し, 実際を, 宮の, 寺は, 尊林坊と, 小さい陶器, 尖の, 尖や, 尖尺, 尖端から, 尖端には, 尖端は, 屋上から, 屋上で, 屋上の, 屋上は, 屋上へ, 屋根へ, 屋根をな, 屋蓋下の, 岡から, 岡へ, 岡を, 峯の, 峯談山神社の, 峰つづき, 巓を, 平屋根, 年齢が, 幽囚と, 幽閉, 幽閉所から, 広場で, 床の, 底から, 底でした, 底と, 底には, 底塔の, 座敷に, 庭へ, 廂離る, 廃室で, 廊踏め, 建てられた深山, 建物に, 建築を, 建築家, 建築者なりし, 廻りを, 廻転した, 彫刻と, 影が, 影さえ, 影は, 影や, 影堅き, 後には, 思ひ切つた形, 急傾斜屋根, 悲痛な, 戸口を, 所在を, 手すりの, 打首は, 持主より, 教会が, 文字と, 文字を, 文字盤の, 方から, 方が, 方へか, 方へは, 時計室の, 書斎の, 替え玉の, 最上階へ, 有名な, 望まれる所, 本当の, 村へ, 林立せる, 根もとには, 根元で, 根元に, 根元よりは, 根本中堂まで, 格好で, 梯子を, 森さえ, 森と, 検査に, 検査は, 構造樣式さては, 様に, 様式が, 横に, 横へ, 横腹に, 歌, 歌という, 歌はいふ迄も, 此の, 武蔵坊という, 武蔵坊弁慶である, 歴史であっ, 歴史に関して, 死刑場へ, 残りの, 段の, 段へ, 殺風景な, 気象台よりも, 沢あたりからは, 沢から, 沢です, 沢と, 沢などで, 沢まで, 清瘠な, 湧出したる, 湿っぽい牢屋, 澤は, 澤着, 灰色に, 無数の, 無電室には, 燈火, 爆発する, 爲めに, 版経が, 物理学者の, 狭間の, 瓦の, 瓦哉, 甍には, 番人は, 番人を, 発見から, 相輪中に, 真中に, 真珠が, 眺めは, 石も, 石を, 砕片, 科学者が, 秘密, 秘密として, 秘密に, 秘密も, 空, 空へ, 空輪の, 空輪を, 窓が, 窓によ, 窓を, 竹林房静厳法印という, 第十三, 簪花たる, 精舎で, 絵だ, 絶頂だろう, 絶頂に, 緑色と, 緑青色の, 縁側に, 繪圖面を, 美しいもの, 美しさ, 聳えた建物, 聳えを, 背に, 背後に, 胴中が, 舵の, 芝生, 薄日なる, 行手を, 行方が, 行方は, 表面に, 裏に, 裏へ, 裏面には, 裡に, 製作に, 西洋館を, 見えて, 見える八官町, 見える東山あたり, 観念が, 訪問者の, 設計者は, 話しを, 話を, 赤煉瓦が, 跡の, 輪廓が, 辺まで, 辺りに, 近くの, 近くへ, 近傍に, 途中から, 運動の, 運転手でありました, 遠望と, 邊に, 部屋には, 配電盤の, 重量は, 針は, 鉄壁から, 鉄檻の, 鉄骨構造の, 錆ついた, 鍋今夜は, 鍵穴から, 鐘楼より, 門に, 間近まで, 除幕式は, 陰に, 陰へ, 険しい二つ, 隅っ子の, 階下の, 階段に, 階段も, 雄大さ人が, 雨樋飾の, 雪, 霊が, 霞の, 面積から, 頂きから, 頂きには, 頂きを, 頂で, 頂まで, 頂を, 頂上が, 頂上だけを, 頂上まで, 頂上までは, 頂上を, 頂上十七米四方も, 頂白壁の, 頂邊なら, 頭部, 頸輪を, 顛にて, 類ででも, 類は, 風鐸の, 飾り, 首が, 高きを, 高さ三十米, 高さ六十米六, 鳩の

▼ 塔~ (644, 12.4%)

11 の顔 10 の素顔 9 の声 8 です 7 の体, はその 6 のマスク 5 のため 4 と和睦, と大利根博士, のうしろ, の覆面, の首, はこの, はそれ, は自分

3 [21件] が二人, が体, が顔, だ, に降参, のところ, のほんとう, の仕業, の姿, の正体, の死, の目, の胸, の足, は, はいきなり, はまだ, は塔, は磁力砲, は窓, をやっつける

2 [48件] が僕たち, が博士, が怪塔, が見, だったの, だと, だという, というの, という不思議, と黒人, になりきっ, に目, のあと, のあの, のいう, のおちた, のもっ, のやつ, の前, の力, の最期, の根拠地, の死体, の生命, の眼, の耳, の配下, はあらあらしく, はいよいよ, はおそろしい, はおもわず, はこっち, はしばらく, はすっかり, はたいへん, はついに, はどんな, はなおも, はなに, はびっくり, はまた, はマスク, は両手, は大, は寝床, は気, をひったて, を捕え

1 [390件] からいわれ, からぜひとも, から奪った, かを言いあてた, か怪塔王, か見分, がいいました, がいきなり, がいくら, がいた, がいつも, がいまや, がいま磁力砲, がいよいよ, がいる, がうしろ, がかくれ, がこっち, がすっくと, がその, がそれ, がそんな, がつくった, がなぜ, がひきかえし, がふかい, がへん, がみずからハンドル, がむい, がむずかしい, がよく, がテレビ鏡, が一歩, が一番, が一番大事, が二つ, が博士邸, が叫ぶ, が困る, が大, が大事, が好き, が怪しい, が息, が放った, が日本, が横須賀, が檻, が死んだ, が海辺, が特別, が砂, が磁力砲, が窓, が自分, が貴様, が起し, が身, が逃げよう, が邸, が麻綱, こうなる, このへん, さえ捕え, だな, だなと, だろう, て弱い, であったかという, でありました, でしょうか, ですか, でないか, ではありました, でよかっ, と, というふしぎ, とそっくり, とたたかう, とたたかっ, とてとても, との出くわし, との向き, との戦, との間, とはたがい, とはなんだか, とは一体, とは大利根博士, とは機械, とむかいあっ, ともいわれる, と一騎うち, と仲, と博士, と声, と戦っ, と言う, と闘っ, と降参, と顔, なんて変, にあわれみ, にいわれる, にうまく, におされ, にかぎつけられ, にかつがれ, にがぶり, にさとられ, にたいしてなに, にちがいありません, につかまる, にとってはそれ, にとっては珍しい, にどなりつけられました, になっ, になりすまし, になりました, にはあたりません, にはとどかない, にひっかけられた, にマスク, に出会った, に化け, に向け, に問, に声, に変え, に変装, に天, に或, に気づかれ, に気どられる, に組みつこう, に見られ, に馬のりと, のあやしい, のいい, のいった, のけんか, のけんまく, のこと, のさ, のしゃがれ, のしわがれ, のする, のせい, のその後, のそば, のため息, のため日本, のつかっ, のにくい, のにせ, のねむる, ののっ, のほか, のほろんだ, のめいめい, のピストル, のロケット隊, の一味, の一言, の両手, の仮面, の仲間, の住む, の右手, の命, の命令, の墜落, の声色, の大きい, の寝所, の巣, の巧妙, の後, の心臓, の思いがけない, の思う, の悲鳴, の手, の手もと, の持っ, の指さした, の方, の早合点, の服, の様子, の横, の横腹, の気づかない, の磁力砲, の秘密, の罵り, の背中, の背後, の胸もと, の腰, の腹, の膝頭, の自滅, の親類みたい, の言いなり放題, の足もと, の身体, の部下, の部屋, の間眠, の首全体, はあ, はあくまで, はあざ笑い, はあの, はあらあらしい, はあわて, はあわてふためき, はあわてました, はいい, はいかり, はいたいたしい, はいっかな, はいつ, はいまどこ, はいまなに, はいまや, はいま三階, はいろいろ, はうろたえ, はおそれ, はおどろきました, はおれ, はかみつく, はからから, はかんかん, はきっと, はきょろきょろ, はぎくりと, はけわしい, はこうして, はこれから, はさい, はさき, はさらに, はしきりに, はじ, はじりじり, はすぐ, はせきたてます, はせせら笑いました, はそう, はそこで, はそのまま, はそんな, はそんなにやすやす, はたがい, はただ, はちょっと, はつづい, はとうとう, はとびあがる, はどす, はどなります, はなんだか, はにがにがしい, はにくにくし, はにやりと, ははきだす, ははじめ, ははじめて, はふきとばされ, はふしぎそう, はほ, はますます, はまっ青, はみむき, はもう, はもうこ, はやっつけられ, はわが, はわざとらしくながい, はわし, はガス, はガラス窓, はテレビジョン, はモーター, はレンズ, はロケット, は一たん, は不思議, は不機嫌, は互に, は体, は何, は俵, は傍, は僕たち, は力, は半身, は又, は受話器, は司令室, は坂道, は壁, は夜, は夢中, は大力, は寝台, は小浜兵曹長, は岩, は岩礁, は帆村探偵, は帯革, は思わず, は怪塔, は手, は捕えられ, は敗戦, は日頃, は机, は案外, は横須賀, は次に, は歯, は気の毒, は気味, は泣きだし, は煙, は目, は砂原, は私たち専門家, は秘密, は秘密艦隊, は結局, は肩, は覆面, は言いました, は赤く, は軍艦, は逃げた, は配電盤, は長い, は額, は顔, は首, は魔法, もさすが, もたいへん, もどん, ももう, も困っ, も手下, も捕え, も考え, も腰, や帆村探偵, や見, らしいと, をあまり, をおそるべき, をおどす, をじっと, をすっかり, をつかまえ, をとっちめ, をとらえ, をどうして, をどこ, をどなりつけました, をにらみつけ, をねらいうちしました, をねらっ, をはじめて, をひったてました, をみ, をもう一度, をやっつけ, をやっつけました, を征伐, を指さし, を捕える, を本式, を本当に, を生けどった, を生けどり, を相手, を睨ん, を討伐, を追いかけ

▼ 塔~ (520, 10.0%)

6 吹く風の音, 築かんと 4 おりて, 出て, 建立する, 持つた京西, 見て 3 すかし見て, たてること, ながめながら, 下りて, 作れ, 建てて, 指して, 見上げて

2 [35件] かこんで, きづくの額, こしらえさして, こしらえて, さがすこと, すかし, たてこの, たてて, ねらって, めぐらし近, めざして, 七層の, 下れば, 仰いで, 作って, 出る, 噬み, 川中の, 建て, 建てたの, 建てた当人, 建てよと, 建てること, 建てれば, 指さした, 擔いで, 望みながら, 目に, 眺め, 眺めて, 立てたと, 立てた人, 見に, 見上げたとき, 隠して

1 [394件] あのよう, あの高い, いくつも, いったいいくつ, うごかしますか, うごかす機械, うしろに, うずめること, うつつに, おっ立てたり, おね, おり木の下路, かくよべる, かけおりても, かけおり廊下, かざった座敷, かすめて, きずかんと, きづきあげて, きづき羽虫, きり箱に, くつが, ぐんぐんと, ここへ, ここまで, こしら, こしらえたもん, この床下, ごらんの, さがしその, さして, さしてゐました, して, じつと, すかし見る塔, すみからすみまで, そこに, そばだてて, たてはじめました, たてるもの, だんだん高く, ちょうだいする, ちらと, つくったん, つくって, つくれ, つつんだふろしき, つないで, つなぐ頂上, つらぬいて, でるとたん, とばして, とびあがらせるが, とられたり, とりかえしても, とりだしだいじそう, どこから, ながめて, なして, なでたり, なんとかうごかす, なんの, ぬすまれた腹だちまぎれに, ぬすみだしたやつ, ぬすみだした事件, ぬすみだした手下, ぬすみだし世間, ぬすみだすため, ぬすみだそうという, ぬすみに, ぬすみ出し名, ぬすむぞという, ぬすんだの, ぬすんで, のぞけば, のんだ黒い, はいおりて, はいおりると, はこびだすの, はじめて見た, はじめとして, はじめ鳥仏師作と, はやくうごかさ, はやく横須賀, はるかに, ひょいと突っつく, ふりかえって, ぼかし初めるの, ぽかんとながめ, まもりぬこうと, みあげながら, みつけると, みつめて, みて, めあてに, めがけて, めぐり歩いては, めぐる五つ, もう一つ, もった古い, もって, もつ東京, ゆるがすこと, わたり, われわれの, カメラへ, ガラス箱の, スリ替える, チベット語で, チラリと, マツラと, 一つ失っ, 一つ建てた, 一つ聳やかした, 一つ貰つただけで, 一つ運び出し, 一定の, 一目見る, 上げ下げする, 上下すゝ, 下から, 下つた, 下へ, 下りやう, 下るとき, 並べたよう, 中心に, 二ツ取出し程, 仰いだ以外, 仰ぎたいという, 仰ぎみたすえ, 仰ぎ見た場合, 仰ぐ, 伸子は, 何の, 作った十兵衛, 作つた十兵衞といふは, 作へて, 作られた, 作られたその, 作りそこ, 作り或, 作り或は, 修築し, 偵察, 凌いで, 出た, 出でて, 出ること, 出る様子ゆえ, 出陳し, 出陳した, 利用し, 包んで, 十三がいまで, 千代子の, 占領された, 占領し, 去らずに, 去る勿, 取り巻いて, 取り頽, 右へ, 吹いたり, 吹く塔, 囲む廻廊, 囲んだとき, 囲んだ五人, 圧するばかりに, 城門を, 塔橋の, 塗る朱, 売って, 売り渡したの, 売る気, 大きな金庫, 守って, 完成する, 実験台として, 宿屋の, 射撃用意, 巡礼し, 左の, 左右に, 幽霊塔と, 床の, 床下の, 建ちょうとはもう, 建つることを, 建つるには, 建てうとは, 建てかえるよう, 建てたからと, 建てたという, 建てたもの, 建てたり, 建てた時代, 建てた此, 建てに, 建てやう, 建てようと, 建てようという, 建てるか, 建てると, 建てるやう, 建てる事, 建てる前, 建てビルヂング, 建て一切衆生, 建て始めたの, 建る, 建立され, 引き抜いて, 引摺りながら, 引擔いで, 御陵に, 心の, 思い浮べた, 想わせる, 意外な, 戴きたるその, 打ちたて, 打建てる, 押しくづす, 押し流す寒流, 押立てて, 担いで, 担ぎ込ませました, 拿捕する, 持ちだすなんてよ, 持った京西, 持った人, 持った陰惨, 持って, 持つてるの, 指さしました, 指した, 指す, 振り仰いだ, 振り仰いで, 据えたの, 据えつけたなんて, 掠めて, 探検し, 探検に, 携へて, 撫で廻して, 撼が, 攀ぢよう, 攻めて, 攻める方法, 新調し, 日本の, 昇り降りして, 昼の, 暫くながめ, 月影の, 有す, 望む, 望むこと, 望んだとき, 望んで, 望見した, 望見する, 某大国, 模した, 横須賀の, 横須賀方面へ, 機銃で, 残して, 深山の, 渡せと, 焚火で, 爆発から, 特に一等巡洋艦マール号, 狙って, 献じて, 盛んに, 目じるしにた, 看, 看板に, 眺む, 眺めた, 眺めては, 眺めながら, 眺めること, 眺めるとき, 知つ, 知つてゐる, 知らないの, 砂丘に, 研究します, 砲車牽引車に, 硝子ご, 磨いたよう, 礼拝し, 神々しく支配, 積むとくどきにのつてかたつて居る, 積むやう, 積むよう, 積入れ, 空に, 窃取し, 立ちこめた, 立つ, 立て, 立てその, 立てたその, 立てた事, 立てた時, 立てた此, 立てては, 立てるという, 立て此, 立て爾, 立て自ら, 第二義と, 箱の, 築いたり, 築いた大工, 築いて, 築きその, 築きました臺, 築き上げて, 築き仏, 築くもの, 組む, 繞る, 置き大きな, 考えて, 考へて, 聳てたり, 聳やかして, 自分の, 自由に, 至心供養せ, 落成さし, 裏へ, 見, 見あげそれから, 見あげながら, 見あげますと, 見せて, 見たその, 見た目には, 見また, 見まもって, 見まもる, 見る, 見ると, 見る間, 見上げるの, 見上げウオーッ, 見出した, 見分くる, 見失い嵐, 見物し, 見物した, 見物する, 見物に, 観たの, 觀て, 認めたとき, 調べて, 負い勇ましい, 貴賓室まで, 買い取ったの, 買い取り爾, 買い取るの, 買い取るより, 買い取れば, 買おうと, 買ったの, 蹴返す時, 軒なみに, 造らしめたの, 造ると, 造るやう, 造るよう, 造立すれ, 金庫から, 鉄の, 降りて, 降りるとき, 降り此, 除く, 雷峯の, 雷峰の, 電撃で, 震わせた, 頽そうかと, 風が, 高く立て, 黄金仮面が

▼ 塔~ (381, 7.3%)

13 立って 12 ある, そびえて 9 聳えて 7 見える 6 立つて, 見えた 4 あって 3 みえる, 目に, 見えて

2 [26件] あった, あつて, ありました, あります, ありますよ, ぬすまれたの, エレベーターの, 一基さびしく, 一基の, 丁度かの, 地中に, 地面の, 堪るもの, 夜の, 姿を, 建って, 建てられた, 急に, 折から, 浮んだよう, 消えて, 灰色の, 燒け, 見える山, 近くでは, 連立し

1 [251件] あそこに, あちこちに, あったがね, あったこれ, あったと, あったので, あつた, ありこの, ありそれ, ありまして, あります馬車, あり塔, あり小さな, あり最上階, あり水晶, あるいは林, あるため, あるだけ, あると, あるとは, あるの, あるん, あろうとは, いかに美しく, いきなりロケット機, いつの間にか箱, いつも窓, お日さま, かつて解体, かなり小さく, かんざし, くっついて, こなごなに, これだった, こわれて, さっととびこん, しずかに, すぐ目の下, すっかり板, すつかり見え, ずっと目, そこに, その両方とも, その森, その白色, そびえてゐるのはふさはしくない, そびえ立って, たくさんそこに, たって, だんだん上, だんだん近づい, ちょうどこの, ついてる古い, できあがったころ, できかかって, できねばな, とびだそうと, どこかへ, どこに, ない, なかなか遠く, なくなったしだい, ならんで, なんだ, ぬい, ぬすみだされた夜, のぞきはるか, ひっくり返って, ぶじに, へんな, ほんもの, ぼんやり見える, まえに, まったく同じ, みえはじめる, みえるであろう, みえる塔, ものすごいうなり, もりあがるみどり, よい例, よくこの, よく見えるだろう, よっぱらいの, わずか一夜, カリフォルニヤ大学に, ガスの, パリの, 一つその, 一つぽつり, 一つ空に, 一つ車上から, 一夜の, 一尺くらいのから, 一度に, 一方の, 三階の, 上から, 下から, 下るなんて, 並んで, 中断せられ, 二つ揃っ, 二つ立つ, 五六尺の, 交通路な, 仰がれた, 何とも名, 何本も, 倒れたこと, 倒れても, 倒れ京都, 傾いた, 傾いたり, 六角に, 出来た, 出来ちまったん, 割れて, 十二尋の, 卒塔婆から, 取って, 取り毀たれた暁, 右斜に, 同じよう, 地上に, 地中より, 埋まって, 城壁の, 壊されるとか, 売り物に, 夕の, 夜夜かの, 大きい飾窓, 天空を, 寂然として, 小さく見える, 尾を, 山から, 峙つ, 島馬酔木しみ立ち, 平和の, 幽かに, 幽霊塔と, 庭園の, 建つとは, 建てられたり, 建設される, 廻転を, 影も, 御座んす, 怪しくうつらないで, 成ねば, 戦後には, 手招ぎする, 揺れ出した, 星を, 暴風の, 最も不, 最初の, 有ります大, 朦朧として, 林立し, 枯れつくしたる草, 構内照明燈の, 横に, 欲しいが, 欲しいと, 水気に, 浮んだ, 海中に, 海水中に, 澤山あつ, 火の, 火を, 点滅した, 無かつ, 無残な, 焼けた, 焼け失せるとは, 燒けて, 燻んでみえやがて, 爆発し, 爆発すれ, 瑠璃色の, 白い角, 白く燦, 白つ, 真直に, 眼の, 眼前に, 瞬く間, 砂浜と, 私の, 空に, 空へ, 突立っ, 窓から, 竣成し, 築いて, 築かれるの, 紫色に, 絵の, 美しく眺められる, 聳えそれ, 聳えたって, 脆くも, 自分を, 舞踏し, 苔蒸してる, 英人の, 英国で, 茸の, 葉を, 蒼白の, 薄暮の, 薄月, 表忠塔, 見えたりなど, 見えなくなった, 見えなくなったと, 見えました, 見えまする, 見えません, 見えるそれ, 見えるでしょう, 見えるの, 見えるほか, 見えるん, 見える限り, 見え大きな, 見え左, 設けられて, 評判に, 軍艦淡路から, 輝いて, 近く立つ, 雪に, 震災でなくなっ, 霞んで, 霧から, 霧の, 青空高く, 青葉ふかく, 音羽山の, 頃あいな, 頭上に, 高々と, 高い, 高いので, 高くそびえ, 高く中空, 高く聳え

▼ 塔~ (252, 4.8%)

3 まだ厳重

2 [11件] あれは, ますます高く, まだ嚴重, 九輪が, 五階に, 何より地行, 原子弾が, 園に, 大丈夫倒れませぬ, 建つるに, 明らかに

1 [227件] あたかも四囲, あとかたも, あの辺, ありひむが, いうまでも, いかばかりぞ, いちばん上の, いちめんの, いつか模造品と, いつしか太平洋, いつのまにか大地, いつ見, いまだかつて完成, いま空中を, うち対ひ見, うち對ひ見, うまくうごい, がたがたと, くずれて, ぐぐっぐぐうっと動きはじめました, こりゃいったい, これと, これに, さながら楽器, しずまりかえって, すこぶる巨大, すごい音, すつかり見えなけれ, すでに崩壊, するどく青ら, ずぶずぶと, そういつ, そこから, そののち海上, そのよう, その風, たくさんの, たしかにちょうだい, たとえ一日, だんだん高く, ちゃんとここ, ちゃんとそこ, ちゃんと床の間, ちゃんと手, ぢき, ついに勿来関, つまりその, とりもどせるぞ, どうあろう, どうした, どこ, どこに, どこにおいて, どこへ, どんとはげしい, ないし, なんだ, なんだかそんな, なんでしょう, なんです, にせものだって, ぬすまれて, はじめて見る, はたして檻, ふかい海底, べつじ, また作者自身, また飛びだす, まだちゃんとし, まだちゃんと形, まったくここ, まったく安全, みじんに, むろん黒川, もうぬすまれ, もう一つ, もう八方, もとより山, もはや私, やみの, よく千二百年, エレベーターの, エレヴェーター仕掛で, セント, ピラミッドで, ピラミッド型に, ポカリと, メカニズムの, ロケット塔であっ, 七層の, 七角に, 三重県の, 上の, 下から, 与えるの, 丘陵の, 二十間四方で, 五重いういう, 五階で, 仆れるだろう, 今では, 今幻の, 低く沈ん, 何か, 何かね, 何だ, 光に, 八菱形の, 其所から, 再び丸部家, 写真で, 凍って, 出し放しに, 十三年前の, 呉越王妃黄氏の, 周知の, 唐の, 土台から, 地球から, 塔の, 塔中の, 墓場かも, 多分彼, 多分氏の, 夜に, 夜の, 大じょうぶな, 大使館内で, 大分人が, 大地震, 大正時代の, 天を, 奇妙な, 如何あらう, 如何ばかりぞ, 宋代の, 家の, 宿世の, 寂しげに, 小さなジウラ王子, 少しも, 崩れるだろう, 崩れ墜ちて, 幸福の, 広さ六十センチ四方, 度度の, 彼の, 往来からも, 微塵に, 思ひしよりも, 教授の, 文学の, 昔この, 是れ, 時計から, 有りや, 望遠鏡の, 朝日に, 木造建築の, 本来の, 東京市に, 林の, 梯子も, 棟に, 森林の, 極楽浄土の, 概してこの, 横たおし, 正面入口の, 此の, 此処に, 母の, 永久に, 法隆寺の, 波の, 活気づいて, 深い青葉, 湯の, 漸く土台石, 火の, 無事で居る, 無殘, 焼けて, 煉瓦造りで, 燒けても, 爆弾と, 爆発する, 爆発するであろう, 爆風の, 猶未だ其工事, 現代の, 百家説林の, 空の, 空へ, 笑ふべし, 築かれるの, 緑瓦を, 芝区愛宕山の, 花崗石を, 西の, 西湖十景の, 見ゆ, 見ゆいら, 見る見るうち, 解体改築され, 解體改築され, 誰, 誰々二人で, 誰が, 諸所に, 謎の, 買わないらしいって, 近年しばしば, 近所の, 迦葉波仏陀の, 遠く風, 部屋の, 長いまま, 隋の, 青白く光っ, 額に, 飛鳥の, 駅に, 高い, 高く清らか, 高さ三尺五寸, 高さ三百七呎

▼ 塔~ (223, 4.3%)

3 して, なって, 登って

2 [17件] こもって, したが, しては, とじこめられて, のぼって, 上られ心, 住んで, 來た, 少しも, 手を, 据え付けて, 損じの, 来たの, 眼を, 立て籠って, 西日しぐれぬ, 見はるけて

1 [180件] あたりません, あった此, あらねども, あるいは閣, あると, いかせて, いつも見張り, いるん, いる姉, おったの, おどろくべき最新科学, お登りやす, くらべて, こごりゐて, この町, ご起居, さへ, しても, せよ肝心, そっくりの, そなえつけの, だれか, つきまして, つぼんで, つるす鐘, つれこんで, とじこめて, なつた, なつて, なにか, なりかねないよう, のぼ, のぼったん, のぼりて, のぼりました, のぼるほか, はいりこんだの, みょうな, むすびつけて, わたしかけた一本, 一大蛇住み, 丁と当っ, 上ったもの, 上った兵隊さん, 上りセーヴル橋, 上る, 不思議に, 似たもの, 似た放水塔, 似る巨大, 似る心, 住み唯我独尊主義, 住む, 住むやう, 何萬兩の, 入った, 入って, 入つたジウラ王子, 入りざつと半年, 入り徒歩, 入る, 兩足を, 兵隊を, 到れば, 刻し, 努められたの, 吹き当る音, 咽び泣く風音, 囲まれて, 変りそれ, 宝物が, 実因僧都, 就いての, 居ろ其の, 巣喰つてゐた, 帰った聊か, 帰り秀子, 帰るや, 幽閉された, 引き続いた不思議, 彼を, 急に, 或る, 投げ込まれた瞬間, 折々西洋奇術, 押籠めらるる, 捕われてから, 攀じのぼって, 攀じ上らないで, 文字の, 斎ける, 日の, 昇ったり, 昇った事, 昇って, 昇つてその, 昇つてサンパウロの, 昇り籠手, 昇る前, 最も感心, 月光さす, 朝日夕日が, 柳秋雲は, 案内した, 樹てられ, 歩め, 残って, 殘つたのは, 比するに, 比較し, 沿ひつ, 注がれて, 浸みこんで, 満ちて, 灯がと, 灯の, 焦点を, 王女を, 登ったらよく, 登ってるかな, 登つ, 登つて四方の, 登らない, 登りたいもの, 登るの, 盗人が, 立てこもり最後, 立派な, 立籠っ, 籠って, 絡まって, 翼を, 落ちかかれ, 落ちたらこの, 落雷する, 行かして, 行かない, 行きたくなった, 行く, 見える, 見入ってるその, 赤旗が, 身を, 輝く存在, 輝く最後, 迎えたてまつりおり, 近い一反, 近い二階, 近くなっ, 近づいて, 近づかうと, 近づくこと, 近づくにつれて, 近づくもの, 追って, 送られこの, 送られた, 送られるだろうという, 送られ女王, 通じる階段, 進撃の, 過ぎず実, 道化師が, 遠くない, 還って, 銘じて, 閉じこもって, 閉ぢこもつた, 閉ぢ込められた, 關する, 隣りて, 隱されてる, 隱した, 音調と, 響いた, 頭を, 顔を, 風が, 飛びつき石, 鳴る鐘

▼ 塔ロケット~ (181, 3.5%)

7 の根拠地 5 と青江機 4 のあと, の中, の舵 3 の周囲, の姿, の尾翼, の行方, を追う 2 がこっち, が七八台, です, においすがっ, のまわり, はどこ, をつなぐ

1 [128件] から出す, があった, があんな, がいきおい, がいつ, がいつの間に, がこの, がしずんだ, がどこ, がはやい, がまごまご, がやがて, が一つ, が七つ八つ, が七八機, が上むき, が丘, が八台, が右, が宙ぶらりん, が放出, が波間, が海, が海面, が爆発, が自ら, が見える, だ, だって飛ぼう, でありましたが, であると, でにげ, となっ, とまた, と偵察機, と平行, においすがる, においつき, にこの, にせっかく, にせまりました, について来た, につながっ, にはいつのまにか, にはどこ, にはりわたした, にむすびつけた, にもあわず, に七八台, に備, に閉じこめられた, のいく, のお, のお先, のごく, のなか, のびっくり, のわるい, のモーター, の上, の入口, の出発, の前面, の司令機, の壁, の持つ, の放った, の方, の様子, の機影, の発する, の直し, の窓, の第, の胴, の距離, の野郎め, の金属壁, の頭, はうごかない, はこっち, はすっかり, はその, はその後, はそろそろ, はだんだん, はついにふたたび, はなぜ, はまた, はもうもうたる, はわが, は一体, は一台かぎり, は傘, は全身, は前もって, は思う, は急, は悪い, は爆弾, は舵, は舵機, は隊長機, へむかいました, へ一たん, もそろそろ, も占領, をおい, をおいました, をさがしあてる, をただ, をとばせ, をとりにがした, をはじめ, を一そう, を俄, を叩きおとす, を撃ちまくっ, を操縦, を海中, を監視, を睨ん, を空中, を襲撃, を追いかけ, を追跡, を追跡中行方不明, 第一号

▼ 塔~ (96, 1.8%)

2 あり無帽, いふからには, なって, わたる月, 同じよう, 名づく, 名づけつたふ, 書伝たる, 飛んで

1 [78件] あるもの, いいデヴルウ家, いい歩廊, いっしょに, いって, いへば, お堂, かなたに, この夜祭, そこに, その功績, その捧呈書, それからその, それらの, つけるはず, である, とがった塔, なった, アパルトマンの, 一行及び, 世人から, 並んで, 云うは, 云う綽名, 云う言葉, 云ったの, 云つた方が, 云はむ, 云ふも, 五町三町おきに, 仏像経巻を, 伽藍から, 伽藍と, 六府の, 刻んで, 卒都婆これは, 博士邸とは, 同じく向いた, 同じ形, 名づけて, 名づける, 名の, 名を, 向き合って, 呼ばれて, 呼ばれる海角, 呼ぶ山, 塔の, 塔の間は, 外陣は, 大きな町, 彫んでありまして, 拉んで, 改称し, 書く事, 柳絮とを, 歩廊とを, 気象台の, 物見台二千何百の, 狭間の, 白楊並木との, 相違し, 称えて, 称して, 称すべく, 称する程, 等しくその, 絵画館と, 見まちがうばかり, 記念塔だ, 講堂と, 迷い入ったら最後, 遼河, 金堂の, 鏡の, 雲との, 高さ, 高楼と

▼ 塔~ (94, 1.8%)

3 来て, 登って 2 上る階段, 入り込んで, 帰って, 火を, 行かねば, 行って

1 [76件] あがる階段, おいで, お出, かえり私, かくれて, じりじり近づい, そっと匿う, その小石, ぞろぞろと, ちょうどついた, なぞ, なぞ塔へ, のぼる階段, のぼろう, はいれば, ひっぱりつけたほどの, ぴったりと, むかって, 上ったと, 上った事, 上った男, 上って, 上らせたら何, 上りますかと, 上り此, 上り鉄板, 上る人, 他人を, 伺って, 入つて, 入らつし, 入り込んだ者, 出た, 参拝に, 参詣に, 參詣致し, 向ける, 塔へ, 帰っては, 帰ります兎, 帰り着いた玄関, 帰るの, 帰ろう, 幽閉された, 引き返したに, 来た時, 来ぬ以前, 架け廊, 歩め, 現われる前, 登ったの, 登った時, 秀子に, 私は, 立て籠る暗い, 蔵すること, 行かずに, 行きつくまでに, 行きました, 行きましょう, 行き憎く, 行くん, 行く気, 行ったなら此, 行ったの, 行っては, 行つて呼鈴を, 詰め切って, 近寄らせぬよう, 通つた晩は, 連れて, 遊びに, 金を, 降りしきる, 隠して, 馳せ返って

▼ 塔十郎~ (71, 1.4%)

2 であった, と東儀与力, のため, の三名, はうなずい, は彼

1 [59件] がいま江戸表, がそんな, が今, が剃刀, が役禄, が龍山公, その人, だけは酔えなかった, だぞ, だよ, とそして, ともある, と東儀三郎兵衛, と江戸, と申します, に交渉, に話し出した, のあと, のするどい, のところ, のふたり, の声, の如き, の宿所, の眼, の第一歩, の答え, の顔, はおもむろに, はすこし, はその, はど, はふところ, はべつに, はまだこう, はやがて, は一本釘, は不躾, は何, は写し, は切り際, は前, は呆ッ気, は庭先, は最前, は検死役人, は筆, は胸, は自殺, は草埃, は莨入れ, は身, は隙, は隣家, は鷹揚, も同じ, も威圧, も意外, も時々

▼ 塔~ (68, 1.3%)

4 円屋根を 2 それを, 九輪の, 五重の, 低い緑色, 尖閣や, 橋や, 警報所や

1 [50件] いろ, いろいろの, とがった窓, サン・メーリーの, セント・ポールス寺院を, ベッカ森の, 五智如来, 仏像の, 伽藍や, 公の, 円屋根の, 円明園の, 十字架を, 古い建物, 噴水や, 城壁や, 塔門を, 威儀張つた公園の, 尖閣などは, 山の, 工場の, 帝王の, 庫裡の, 建物が, 拱廊や, 教会の, 柱などが, 森や, 椰子の, 浅草の, 港の, 煙突の, 砲壁の, 破風の, 神殿は, 神殿も, 神殿や, 緑光瓔珞を, 見るも, 記念碑について, 議事堂も, 長い窓ガラス, 門の, 門や, 飛行場見物ちようど郵便飛行機が, 高い建物, 高台や, 高層建築が, 高楼が, 黒煙を

▼ 塔から~ (64, 1.2%)

2 おりて, 出て, 流れて

1 [58件] あなたを, であったこと, とびおりました, とびおりるはず, とびさった, りっぱに, コンシエルジュリに, 三町ほど, 人類以外の, 來る, 僅かに, 出して, 出られないの, 取り出して, 右へ, 四十面相が, 塔へ, 外へ, 始めて, 尾けて, 市の, 帰って, 幾らも, 悪沢岳, 手を, 折折石が, 抜けだしたの, 抜け出たか, 放逐し, 断じて眼, 日本の, 望遠鏡まで, 河の, 滑り落ちるやう, 物を, 発せられたあの, 発射する, 監視の, 眺めると, 美しい鐘, 美しい音楽, 舞いあがって, 落ちたの, 落ちた怪少年, 落ちても, 見たの, 見て, 見下ろした時, 逃げた鉄人, 逃げだしたあと, 逃げだして, 逃げだすまでに, 逃げ出しました, 離れたケメトス, 離れ二人, 響き出した, 飛び降りたい, 鳴くの

▼ 塔~ (64, 1.2%)

4 の鐘 3 の怪人 2 の怪物, の怪獣, の石欄, の聖火

1 [49件] から何年来, から透視, にある, にいない, にのぼっ, にはけだ, には一本, にわが, に仰いだ, に十字形, に座する, に残し, に登つて, に立ち, に立ちつくす, に群衆中, に落ちよ, に進退, に閉じこめられる, に限らず, のうす暗い, の丸い, の二勇士, の二少年, の侶, の円柵, の売店, の大, の奇術師, の小室, の幡, の怪, の機械室, の武器庫, の窓硝子, の立像, の童子人形, の老, の金, の魔術師, の黒トカゲ, へこんな, へのエレベーター, へ出, へ登る, より投下, を, を見よ, を身代金授受

▼ 塔~ (49, 0.9%)

2 あれば, 何も, 倒れよ暴風雨, 建てなくても, 早くからもの, 絶類抜群にて

1 [37件] あった, あります, あるが, おつた, おなじ手口, さるやんごとなき, そこで粉みじん, それと, できあがりぬ, なかつた, のみつくして, また日本人, みえるという, わたくしには, 上六重を, 丘も, 以前の, 倒さな, 倒れやせむと, 倒れやせんと, 倒壊した, 帆も, 建物も, 忘れるであろう, 成あがりぬ, 昭和十九年雷火の, 橋も, 消される, 焼けて, 煉瓦で, 珍しいもの, 私が, 見えず裏口, 見えなくなった, 見な, 見よ踏みたるは, 震災前

▼ 塔~ (39, 0.8%)

2 あつた, 段々が, 足場が

1 [33件] お紺, お紺婆, こういう木の下, この塔今, こまかいところ, すらが世間, それも, でも, ひどいめ, ライオンを, 他の, 初めて発見, 前述の, 北岸のは, 囲んだイリオス, 塔と, 塔の, 変な, 夢みながら, 大らっぱ, 実験した, 星や, 時計が, 有る, 案内者の, 機を, 永い年月, 燒け, 着て, 私の, 経文が, 行ったという, 頗る壮麗

▼ 塔には~ (28, 0.5%)

2 薄むらさき

1 [26件] あつい鉄板, いって, いのぼると, おびただしい国旗, てっぺんにまで, なんの, ひつた, ふしぎな, まだガラス, タクマールの, 十三重まで, 千羽の, 合点の, 呆気に, 宸翰金字の, 屋根が, 悲愁の, 戸口も, 方々に, 櫻木海軍大佐武村兵曹日出雄少年他, 湿った影, 番人が, 着いたが, 窓も, 階段も, 隣と

▼ 塔~ (19, 0.4%)

2 に入っ

1 [17件] から何者, から引ッぺがしてきた厨子, で死, にひびく, に入らん, に反響, に天平, に洗, のこの, のキャバレ, のモーター, の彫刻, の機械, の狼, の闇, ばかりで, を駈けあがる

▼ 塔~ (16, 0.3%)

1 [16件] なる淪落, に押し寄せ, に演説, に踞し, に迫っ, の一番, の前後左右, の娯楽場, の怪奇, の舞台, の魔窟, へ訪ね, より人, を流れ, を経, を語りつ

▼ 塔~ (15, 0.3%)

1 [15件] あれが, からもう, か司祭, がね, つたのである, ということ, とか茶, とばかり信じ, と云います, と説明, など話し合っ, なんて, のを, よ, よ塔

▼ 塔~ (14, 0.3%)

2 である

1 [12件] にあらず, にあり, におしこめられ, にな, には欅, には蝙蝠, に住む, に幽せられ, に幽せられし, に生き, の陀羅尼, また寺中

▼ 塔まで~ (11, 0.2%)

1 [11件] いらっしゃいな, かざって, ぐるっと見まわしました, ずらりと併ん, のぼれば, 参られよ, 行ったが, 行って, 見えた窓, 辿りついたとき, 近づきながら

▼ 塔~ (11, 0.2%)

1 [11件] が再び, が北海, が宿, のよう, の件, の伝説, の場合, の如く, の神話, やスサノオ, を拒み

▼ 塔という~ (9, 0.2%)

2 のが 1 いかめしい名前, ものが, ものの, ものを, 一字が, 同一性の, 塔の

▼ 塔などが~ (9, 0.2%)

1 いくつも, うす青色, なお後, 二束三文で, 牧野の, 狭くかたまっ, 立ち並んで, 見えて, 際立つて

▼ 塔~ (9, 0.2%)

1 にすわり, の上部, の墓, の墓石, の櫓, の高い, をした, をなした, をなす

▼ 塔でも~ (8, 0.2%)

1 ありますので, ある, あるの, たてられては, 中, 作るつもり, 思わすよう, 狼火を

▼ 塔とは~ (8, 0.2%)

1 いうものの, この事, どこに, はんたいがわ, 世々に, 二丁の, 云うけれども, 量において

▼ 塔みたい~ (8, 0.2%)

2 なもの, な屋根 1 だ, だよ, に積み重ね, ね

▼ 塔より~ (8, 0.2%)

2 墓地に 1 はるかに, 下に, 少し丈, 落つると, 遙かに, 高く其名

▼ 塔~ (8, 0.2%)

1 がす, がすっかり, が雪, で偶然知己, で裏はず, に新しく, の夜, を油絵具

▼ 塔とか~ (7, 0.1%)

2 云うの, 西塔とか 1 または彼等自身, 宮殿とかは, 橋などは

▼ 塔~ (6, 0.1%)

1 あんなもの, わからぬが, 他の, 又は本郷元町辺, 寺院の, 山ぐらいも

▼ 塔である~ (6, 0.1%)

1 から, といわれた, と云, と言, ように, 藤村の

▼ 塔~ (6, 0.1%)

3 のです 1 のである, のであろう, んでござんす

▼ 塔など~ (6, 0.1%)

2 睫を 1 云うの, 春吉君の, 町の, 石少し

▼ 塔~ (6, 0.1%)

1 が立つ, で殊に最もよく, の前, まで馳せ着けた, を入る, を振り仰い

▼ 塔あり~ (5, 0.1%)

1 てその, てインド中最大, て美しき, インド諸地より, 塔上に

▼ 塔だけは~ (5, 0.1%)

1 天に, 残して, 波に, 現に遺つ, 高くそびえ

▼ 塔として~ (5, 0.1%)

1 あのまま, 仰いだこと, 保護し, 塔の, 我々の

▼ 塔とを~ (5, 0.1%)

1 むすびつけて, 法王に, 置きたるほどの, 辨ずる, 頭の

▼ 塔ヶ島~ (5, 0.1%)

2 の離宮 1 の水際, の蔭, の鼻

▼ 塔天王~ (5, 0.1%)

1 いや晁旦那, だ, とアダ名, の二太子, の晁蓋どの

▼ 塔天神~ (5, 0.1%)

1 という北方, と言う, に賞罰, は今, は行き

▼ 塔~ (5, 0.1%)

2 は野 1 が幻, が接しあっ, を映した

▼ 塔~ (5, 0.1%)

2 を渡っ 1 の上, の欄干, を渡り懸けた

▼ 塔では~ (4, 0.1%)

1 あるが, あんな擦過傷, なかった, 旗が

▼ 塔とが~ (4, 0.1%)

1 あつた, 暗夜の, 立ち昇つて來る, 霞んで

▼ 塔とも~ (4, 0.1%)

1 いうべき優雅, 云へよ, 愕ろきます, 類似し

▼ 塔などを~ (4, 0.1%)

1 担ぎ出して, 標準に, 立てるの, 立てるもの

▼ 塔への~ (4, 0.1%)

1 出入り口の, 幽閉に, 監視を, 道

▼ 塔~ (4, 0.1%)

2 直立の 1 づるゝゝゝゝ, 去れど

▼ 塔よりも~ (4, 0.1%)

1 ずっとずっと大きかっ, ずっと高い, 僅か二十一尺の, 塵労の

▼ 塔~ (4, 0.1%)

1 壇幸神町に, 沢, 沢へ, 沢福住へ

▼ 塔全体~ (4, 0.1%)

1 から考える, が夏子, としては非常, の調和

▼ 塔~ (4, 0.1%)

1 に巨大, より石人, を望み, 聳門前乞食群

▼ 塔ある~ (3, 0.1%)

1 のみ, はエジプト, は埃及

▼ 塔からは~ (3, 0.1%)

1 ラッパが, 浅間山しか, 眉を

▼ 塔その~ (3, 0.1%)

1 法皇の, 物を, 礎には

▼ 塔といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, 塔の, 塲合に

▼ 塔との~ (3, 0.1%)

1 配合が, 間で, 間に

▼ 塔なら~ (3, 0.1%)

1 ここから, この二つ, ししらし

▼ 塔ロケット隊~ (3, 0.1%)

1 に出動準備, の指揮権, はおもいがけない

▼ 塔供養~ (3, 0.1%)

1 あるべきはず, あるべき筈, へ出かけ

▼ 塔~ (3, 0.1%)

1 において左股, に石板, に立つ

▼ 塔~ (3, 0.1%)

1 がかすか, とに統一, を形づくっ

▼ 塔十六谷~ (3, 0.1%)

1 の山法師, の様相, を鳴り

▼ 塔同様~ (3, 0.1%)

1 なもの, に立ち, に誰

▼ 塔~ (3, 0.1%)

1 が一刷毛刷, にかけて急峻, に押し

▼ 塔~ (3, 0.1%)

1 にも心, の苔, もなく

▼ 塔うつろ~ (2, 0.0%)

2 ふ雲

▼ 塔からの~ (2, 0.0%)

2 無電は

▼ 塔こそは~ (2, 0.0%)

1 われわれの, ヘクザ館の

▼ 塔~ (2, 0.0%)

1 てヨオク屋敷, て去らん

▼ 塔そのもの~ (2, 0.0%)

1 はさほど, もたいへん

▼ 塔その他何~ (2, 0.0%)

2 でも遠く

▼ 塔それから~ (2, 0.0%)

1 聖武天皇頃の, 道祖神が

▼ 塔だけ~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 塔って~ (2, 0.0%)

1 どこに, 東山の

▼ 塔です~ (2, 0.0%)

1 か, ぞ

▼ 塔とともに~ (2, 0.0%)

1 ここで, 近世建築学上の

▼ 塔などの~ (2, 0.0%)

1 ごたごたした, 立ち竝んだ

▼ 塔なども~ (2, 0.0%)

1 その珍し, 礎の

▼ 塔なる~ (2, 0.0%)

1 ことは, 聖壇の

▼ 塔なれ~ (2, 0.0%)

2 ど虚空

▼ 塔なんか~ (2, 0.0%)

1 半分ぐらい, 知らなくても

▼ 塔において~ (2, 0.0%)

1 きわめて美的感覚, 獨善的な

▼ 塔にて~ (2, 0.0%)

1 中に, 共に何

▼ 塔にも~ (2, 0.0%)

1 まよわされずほんもの, 別離を

▼ 塔にや~ (2, 0.0%)

2 あらん

▼ 塔に対して~ (2, 0.0%)

1 北岸に, 強い警戒心

▼ 塔のね~ (2, 0.0%)

1 もとから, もとに

▼ 塔のみ~ (2, 0.0%)

1 では, ならず宮廷

▼ 塔のよ~ (2, 0.0%)

1 こに, こには

▼ 塔へも~ (2, 0.0%)

1 上つた, 行けないの

▼ 塔また~ (2, 0.0%)

1 しぐれだした, 法隆寺罹災以後の

▼ 塔めいた~ (2, 0.0%)

1 建物の, 陰気な

▼ 塔らしい~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ 塔をば~ (2, 0.0%)

2 建てる人

▼ 塔ロケット一台~ (2, 0.0%)

1 さえもてあまし, ですら

▼ 塔一区~ (2, 0.0%)

1 ずつを造り, を敬

▼ 塔~ (2, 0.0%)

2 剌と

▼ 塔~ (2, 0.0%)

2 看院等

▼ 塔伽藍~ (2, 0.0%)

1 が甍, は更に

▼ 塔倒れ~ (2, 0.0%)

2 西湖水乾れ

▼ 塔倒れた~ (2, 0.0%)

2 時生き

▼ 塔倒れたら生き~ (2, 0.0%)

1 てはいぬ, ては居ぬ

▼ 塔危い~ (2, 0.0%)

1 ぞ十兵衛, ぞ十兵衞

▼ 塔~ (2, 0.0%)

2 の襖

▼ 塔~ (2, 0.0%)

1 一部を, 院に

▼ 塔大きな~ (2, 0.0%)

1 白い時計面, 臀大

▼ 塔定め~ (2, 0.0%)

2 て立派

▼ 塔建たぬ~ (2, 0.0%)

2 前から

▼ 塔建て~ (2, 0.0%)

2 させ見よ

▼ 塔~ (2, 0.0%)

1 からは月別銭, の侍

▼ 塔~ (2, 0.0%)

1 が見える, は夕陽

▼ 塔~ (2, 0.0%)

2 にかけぬ

▼ 塔~ (2, 0.0%)

1 に遊び, に隠居

▼ 塔爾巴哈台~ (2, 0.0%)

1 からは支那領, までの行程

▼ 塔王たち~ (2, 0.0%)

1 につかまり, は俺

▼ 塔王征伐~ (2, 0.0%)

1 のいい, をしなけれ

▼ 塔王貴様~ (2, 0.0%)

1 は俺, は博士

▼ 塔破壊~ (2, 0.0%)

2 されても

▼ 塔西塔~ (2, 0.0%)

1 の伽藍, はいう

▼ 塔見事~ (2, 0.0%)

2 に建てた

▼ 塔~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の高

▼ 塔~ (2, 0.0%)

1 に上る, に十字架

▼1* [216件]

あはれ色なし, 塔いよいよものの見事, 塔おそらくは城の, 塔かしこの龕, 塔かのシナの, 塔からものの五百メートルも, 塔ぐらいもふとくて, 塔この白き明り, 塔ごとに蒼ぐろくしきつて, 塔へ能, 塔さえよくできれ, 塔さてはアルハンブラペラルタベイヴュウ等海岸通に, 塔さ雷さまのため, 塔ぞと人云はん, 塔たしかに見おぼえが, 塔だけが見える学校, 塔だけを黒い大きな, 塔だったのである, 塔だらけの壮大, 塔てえのは, 塔であって現に, 塔であった一方は, 塔であり単調な, 塔でなくチパーンの, 塔といったところが通じる, 塔としてもあの不, 塔とに当たって, 塔とばかりでは, 塔なぞ知らなくても, 塔なぞとはおよそちがった, 塔なぞにまじって, 塔にかけのぼって, 塔にしか棲んで, 塔のぼり車臺の, 塔のみがわずかに, 塔のみは一切忘却の, 塔はがつちり, 塔へでも参詣した, 塔へと視線を, 塔へは行かなかつたので, 塔ほどよい目, 塔づ雲に, 塔または三峯浅間の, 塔までも盗んで, 塔までを遠見に, 塔みたような, 塔もう第三, 塔もしくは近郊より, 塔もとは淨法寺, 塔やくわを, 塔やら人間に, 塔らしく形の, 塔をまであちら向きに, 塔をめぐって駅路へ, 塔をも水牛をも, 塔アメリカの無線電信柱等, 塔アーチパゴーラ音楽堂等の自分, 塔ガ嶺の中間, 塔シャトオ・ド・ミュゾットを偶然發見, 塔ナンカニ上ル時ノダンダンニアリマスナグルグル廻ッテ昇ッテ行キナガラ, 塔ニ限ルッテ仰ッシャッテタワネ, 塔模様ノ, 塔ロケット内のすべて, 塔ロケット基地といった方, 塔ヶ岡を本陣, 塔ヶ島半島にも一カ所発光点, 塔ヶ島四山の中, 塔ヶ島離宮の省, 塔ヶ島離宮屋根を貫い, 塔一つとして全, 塔一つこれが天下, 塔上北欧のネロ, 塔上甲板兩舷側はいふ迄もなく, 塔世坂の急, 塔中菩薩が乗った, 塔して, 塔二つなく尊い贈り, 塔もあり, 塔以外では聖, 塔会合して, 塔会議でさけん, 塔伽藍すべては當麻, 塔位牌如意持蓮柄香炉常花, 塔ると, 塔公園となつ, 塔公園辺の見聞, 塔其の物と同じく, 塔北谷持宝房源光が許, 塔十郎不才をもっ, 塔十郎今初めて多年, 塔十郎以外の何者, 塔十郎殿で, 塔南谷の円融坊, 塔占領の計画, 塔又は光塔, 塔及びこれと, 塔同様洋式建築のもあります, 塔四十余宇禅坊三百余宇とある, 塔をのぼっ, 塔或は多宝塔型, 塔埃及なるヂオスポリス, 塔墓陰盈尺の地, 塔は赤し, 塔の空, 塔の地盤, 塔吹雪の, 塔天守の砦, 塔天王様にうん, 塔ち正義, 塔如意輪観音大竹林隠窟, 塔である, 塔実験室を訪問, 塔宮護良親王が戸野, 塔の古, 塔寺僧法進泉州超功寺僧曇静, 塔小六と申す, 塔尖塔円屋根などの集まり, 塔などの山々, 塔山王院の堂衆, 塔の先端, 塔崩壊するだろうと, 塔を追, 塔幽霊塔と世人, 塔庵房のあと, 塔廟弥陀の像, 塔建つるもの, 塔建築の時, 塔征伐をやっ, 塔忽ち煙と, 塔慈眼房叡空の庵, 塔或いは五輪或いは, 塔描けよ恋しき国, 塔方柱の数々, 塔旦那は男伊達, 塔昭和のひめ, 塔時計塔アーチパゴーラ音楽堂等の自分, 塔暗黒影がとりまき, 塔書院小林君のお, 塔の明り, 塔本堂のない, 塔東塔が立つ, 塔柿林檎の山, 塔の大, 塔森等をすべて管理, 塔楼閣講堂山門七十七の寮舎, 塔様誰方モ参リ被下度, 塔横川とあっ, 塔橋型の大, 塔正門からはいる, 塔此二山の間, 塔に各, 塔に序文, 塔水煙の天女, 塔水輪ガ下ノ方デ細, 塔涸川の底, 塔状渦巻のある, 塔状積雲が濛気, 塔王あてにかかっ, 塔王あれは何, 塔王おれまでふりおとそう, 塔王みたいな声, 塔王もうこのへん, 塔王一人が住ん, 塔王一味に襲われた, 塔王僕はじつ, 塔王声ばかりでおどかさず, 塔王秘蔵の殺人光線灯, 塔王軍に対していさましい, 塔生菓子麦藁のパイプ, 塔白き秋の, 塔相対ひ立ち夕凪, 塔相對ひ立ち夕凪, 塔の大きい, 塔らしかつ, 塔破り得んことを, 塔神壇を寄衛, 塔科蔓菜科岩菜科花葱科などの様, 塔空しく雨露の, 塔のこと, 塔米児斡児桓の両, 塔米児斡児桓両河の三角洲, 塔続篇及酒についての覚書, 塔置きかえの説明, 塔美しき美しき水煙, 塔の四人, 塔聳宝林中堪喜千年後, 塔腕輪指環等の粧飾品, 塔自身で安政, 塔舞子のだらり, 塔芝愛宕山の愛宕館, 塔荒れて, 塔菓子のよう, 塔にある, 塔西塔横川とあっ, 塔ゆ, 塔見えて橋, 塔見たいなお部屋, 塔見物にそば, 塔設立の顛末, 塔講堂を過ぎ, 塔起仏に御, 塔追跡の刻々, 塔造り兵船と軍勢共, 塔連なれる老杉, 塔風圧片帆遒海水平, 塔の蜘蛛, 塔門型の水門, 塔除幕式の日, 塔雁ヶ峰高石山など右手, 塔雑草や不吉, 塔露盤の銘文, 塔鞦韆索樓閣朦朧煙雨中と云, 塔風車狩猟をする, 塔さ約, 塔高く雲を, 塔黒谷の慈眼房叡空