青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「垂れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

坊主~ ~坐 坐~ ~坐っ 坐っ~ ~坐った 坐つ~ 坐り~ 坪~ ~垂れ
垂れ~
~型 型~ 垢~ 垣~ 垣根~ ~埃 埃~ ~埋め 埋め~ ~城

「垂れ~」 3161, 30ppm, 3847位

▼ 垂れ~ (1945, 61.5%)

185 いた 117 いる 43 いるの 39 ゐた 34 ゐる 32 しまった 26 いて 23 居る 19 いたが 14 いました 12 いるので 11 いるよう 10 立って 9 聞いて 8 いるが, いると, ゐるの, 居た, 座を 7 しまつ 6 ある, ゐました, 眼を 5 いった, いるし, いる藤, しまいました, だまって, 来た, 目を, 老い木の

4 [14件] あつて, いた頭, います, いるところ, いるばかり, いる柳, しまひました, ゐるばかり, 動かず, 居ります, 平次の, 考え込んだ, 自分の, 黙って

3 [26件] いたの, いるその, いるという, いる人, いる幕, いる男, いる筈, いる綱, きて, くる, そこらのに, その中, それが, 両眼, 何も, 唇を, 地に, 坐って, 居りました, 居るの, 来るの, 歩いた, 水を, 聴いて, 腰掛けて, 身を

2 [87件] あった, あるの, いたであろう, いたん, いた顔, いって, いるあの, いるうち, いるから, いるじゃ, いるだけ, いるでは, いるより, いるカーテン, いる二本, いる左腕, いる絹布, いる繩, いる自分, いる髪, うちかたむいた, おります, きたの, ください, くるの, しまったの, しまって, じっとし, すっかりふさぎ込ん, そのすそ, そのまま動かなくなっ, ついて, みんなの, もうつぶやく, ゆら, ゆらら犬蓼, ゐたが, ゐたり, ゐて, ゐること, ゐるし, ゐると, ゐるやう, ゐる儘, トボトボと, 一句も, 了つた, 二人の, 人の, 代掻きの, 何か, 俯向い, 兄の, 其処に, 前垂の, 坐り込みました, 始めてホロリ, 居たが, 居りましたから, 居る事, 居る索, 左の, 座った, 影の, 彼女が, 後には, 恐ろしい悲しみ, 星の, 歩くの, 歯が, 死灰の, 汝の, 海原の, 涎を, 涙を, 石の, 私の, 考え込んで, 聞き入って, 肩に, 背中に, 腕を, 遁る, 違った人, 静かに, 髷に, 黙つて

1 [958件 抜粋] あたりは, あった錦, あつた, あるいて, あるが, いう言葉, いかにも若く初々しい, いそこ, いたお, いたそれ, いたとかいう, いたもの, いたスヴェン, いた三人, いた八ツ, いた実は, いた帆, いた弥生, いた彼, いた片, いた異様極まり, いた窓掛, いた胸, いた袷, いた雲, いた頸, いた魯智, いつ降り, いても, いなくって, いなければ, いましたが, いらっしゃる, いるきじ塗り, いるそう, いるため, いるとは, いるのみ, いるもの, いるらしかった, いるん, いるスタンド, いるリンデン, いる一人二人, いる一条, いる両足, いる二様, いる人影, いる依然として, いる八字眉, いる凄まじい, いる均衡, いる埃まみれ, いる大きい, いる天井, いる子供, いる容子, いる寝台, いる尾花, いる布, いる床の間, いる所, いる木, いる母, いる汚, いる渓, いる滝, いる濠側, いる無, いる病人, いる白髪頭, いる石榴, いる紛れ, いる美しい, いる花, いる荒筵, いる莟, いる袂, いる裸形, いる赤い, いる間, いる電燈, いる頭, いる風姿, いる髯, いわば屠所, うと, おくれ, おとなしくがさがさ, おとなしく聴い, おねがいします, おりました, おり綺麗, お答, かしこまって, かれの, きそう, きたが, くだされよう, くると, くるわ, くれた, くれたの, くれるの, こう云った, この成ぎ, これも, こん度は, さして, さも困つた, さらにさめざめと, しかもその, しかも耳, しばらくじっと立っ, しばらく唇, しまい右, しまうかと, しまったから, しまってからも, しろい埃, じっとうずくまった, じっとすわり続け, じっと考え込ん, じっと虫, じっと身動き, すぐ息, すごすごあと, すすり泣いた, すっかり寝ぼけ面, すやすやと, そして人形, そのま, その低き, その声, その枝, その端, その脚, その自然, それからまた次, それを, たつた一人, たぶん一向に威勢, ついて行く, ときどきたんか, とる, どこかへ, なにかの, にわかに皺, のろのろと, のろのろ歩く, ひと鉢の, ふっくふっく息, ほうり落つる涙, ます, また以前, みては, みんな高足駄を, めいめい物思ひ, もしそのままでいたら, もっぱらシ, やがてしずか, やや暫くじっとし, やるべく痛快, ゆくにつれて, ゆっくりあるきました, ゆれて, よろめき出した, わが即興詩人, ゐさ, ゐたと, ゐたのに, ゐたら王様, ゐた事, ゐた二人, ゐた草, ゐないやう, ゐます, ゐるかの, ゐるだらう, ゐるので, ゐるらしい音無, ゐるルオー, ゐる二人, ゐる処, ゐる埃まみれ, ゐる景, ゐる栗毛, ゐる浦島太郎, ゐる田, ゐる白い, ゐる窓掛け, ゐる花, ゐる蕾, ゐる處世訓, ゐる電燈, カラリコロリと, サントオレアの, ジッと, テーブルと, ハッと, ヒョロヒョロ走り, ポカンと, モゾモゾと, 一つくるり, 一層しとやか, 一糸乱れない, 一語も, 一語一語に, 一雨来, 丁度目の, 上流も, 下さるおつもり, 下さるの, 下すった, 下りて, 両の, 両肩, 之に, 乙女子は, 了った, 二三町程も, 二人を, 云いだした, 云った, 人生から, 今宵の, 伊達卷で, 佇みつ, 体が, 何やらしばらくは, 何やら暫らく, 何やら考へ, 何時まで, 余輩の, 俯向きぬ, 傍の, 先き, 光を, 八五郎の, 其愛子ヘルメーアスに, 再生の, 冷気加はる林間の, 凝として, 出て, 出離の, 刷毛で, 力ない, 励ました, 動かない, 動かなくなって, 博労に, 参るの, 反身に, 口惜し涙, 叫んだ中, 右の, 合掌した, 吐息を, 君を, 呻いた, 咲いて, 咲く藤一種, 哀願せざるべからずなりぬ, 唯その, 唯一人由井ヶ濱へ, 嘆息した, 嚏噫にも, 四条隆資二条, 困ったが, 土堤下の, 地面に, 夕暮れの, 大きな蓼, 大人しく聞い, 大剣二振り, 大学生とは, 大柄が, 太く疲れ, 妙に, 娘の, 子供達を, 容易に, 富山平原の, 寛や, 寝に, 實つたのを, 小さい糞, 小さな足跡, 小路へ, 少し蒼ざめていた, 尖った口, 尾を, 居たところ, 居た神様, 居なら, 居ます, 居ます南無阿弥陀仏, 居るか, 居ると, 居るやう, 居る兵士, 居る形, 居る西, 屈託そう眉毛の, 屋根の, 岩魚一尾を, 岸辺に, 工場の, 左右の, 己を, 帆柱に, 帰って, 幽かに, 座に, 庭の, 引き下れ, 引退く, 強い黒煙草, 彼等に, 後から, 微笑し, 心に, 忍びやかに, 念じ入って, 恩を, 悄れた, 悠々自適を, 意気地が, 愛しき小, 戎橋を, 我が肌, 戻って, 扉を, 承り殿, 挽いて, 描く, 日光を, 日当たりの, 時々蝙蝠, 晝間と, 暫く右手, 暫く考, 暫らく默つて居りました, 月の, 来たほつれ毛, 来る水, 松陰先生を, 枯れて, 柱の, 横に, 橋を, 歌いつ舞った, 此等の, 歩きながら, 歩き暫く, 歩み去った, 歸つて行つた, 段を, 水は, 水気が, 永久に, 沾れた, 泣いて, 流し場, 流れの, 浅黄無地に, 海との, 浸って, 涙ぐんで, 深い吐息, 深く根, 清三様, 温和しく, 溺れる者, 激しく痙攣, 濡れて, 炭火吹く, 焔を, 無言だった, 爛れて, 物思ひ, 物見と, 獅に, 生あたたかい風, 番ひ, 病人の, 登る, 白い足, 真平御免, 眠って, 眠つ, 眠るの, 眤と, 眼からは, 眼光人を, 睡蓮の, 瞑目れ, 石筍を, 確と, 神と, 神妙に, 秀吉は, 私に, 稲は, 空と, 立ちさて, 立ちました, 立ち疎んだ, 端坐し, 答へ, 粉紅色の, 粗野な, 紅く咲いた, 素人眼にも, 細い声, 終に森, 置いて, 翼なき, 考えこんで, 考え沈んで, 考え込むの, 考へ, 聞いたが, 聞きました, 聞き果てたり, 聴きとれて, 肋骨の, 肩で, 胸を, 腕組みし, 腰を, 膝には, 膝ま, 舌を, 船唄を, 船宿の, 芝生に, 花を, 花盛り, 苦しげ, 茫然と, 草の, 萎れ乍ら, 落ちず学校, 葉の, 葺いた宮, 薄暗い街燈, 藪から, 蜂も, 衆人は, 行く地上, 行灯の, 襟足を, 見えたという, 見ると, 言った, 謹慎の, 豊かな, 赫く, 起立せしめ, 足元にまつわる, 踵に, 身も, 近い前山, 這入って, 速に, 遅く遅く歩く, 道ばたの, 遠くの, 酒を, 重たげ, 釣ること, 錦帳を, 鏡や, 長い間, 開扉を, 降りて, 陰気な, 隅の, 霊地を, 青い焔, 静け, 靜かに, 非常に, 面照りに, 頬の, 頭を, 額が, 顔いっぱいに, 顔にか, 飾と, 馬車の, 高津の, 鳥が, 鷹の, 黄金の, 黒紋附の, 默然たり, 黙つて父, 黙然たり

▼ 垂れ~ (150, 4.7%)

40 がって 21 がつて 7 がる 5 がつた 3 うな, がる荒石 2 がったよう, がった木, がった枝, がった灰色, がつた木, がり, がる荒岩

1 [57件] うです, うで一時, うなお, がった, がったの, がったまま, がったコード, がったバルバリー, がった下, がった中心, がった丸い, がった口, がった右手, がった拳, がった玉座, がった白い, がった眉, がった色テープ, がった雨雲, がってそれ, がってほとんど, がってまず, がってもう少し, がってやっと, がってジャガイモ, がって上唇, がって今度, がって動い, がって四辺, がって夕月, がって段, がって洞, がって町, がって舵, がって鬱々, がつたスクリーン, がつた下, がつた唇, がつた形, がつた枝, がつて來, がつて地球, がらせその, がり花環, がると, がるの, がるばかり, がるよう, がるズボン, がる亜麻色, がる年頃, がる死, がる眉, がる葉, がる長い, がる髪の毛, がる鼻汁

▼ 垂れ~ (77, 2.4%)

7 あげて, はぐって, 上げて 4 刎ね 3 おろして 2 あげた, はねて, ピラピラさせ, 下ろして, 下ろそうと

1 [39件] あげた津軽越中守, あげ向う, おろした駕籠, おろそうと, かき分けながら, かけ胸, したもん, つかまれて, つまみ上げて, はねのけ最も, はね上げたの, まくって, めくりあげました, ソッと, パッと, 一枚だけ, 上げますか, 下げて, 下して, 下ろす, 下ろすと, 内から, 即製の, 合掌し, 投げるよう, 排しつつ, 排して, 掛けたる出入口, 揃えた三挺, 深々と, 破り刀, 自分で, 裂いて, 解いた, 蹴とばしたの, 辛く垂れ來, 開けると, 頭で, 鳴らして

▼ 垂れながら~ (39, 1.2%)

2 歩いて, 歩行い, 眼を

1 [33件] そして挽子, そっと脇, そのやう, その伴, ただ機械的, ふらりと, ふるえる唇, むせぶよう, 人々の, 刑事の, 合点, 太く溜息, 帰って, 彼女の, 後を, 悄々と, 悄然と, 歩き出したが, 死を, 涙を, 田原さんの, 白く骨, 眠って, 禰宜様宮田は, 立つと, 考えるの, 茂夫の, 荒凉たる, 行くの, 通り過ぎて, 重い荷, 静かに, 駅の

▼ 垂れそう~ (36, 1.1%)

3 だ, になっ 2 であった, な若

1 [26件] だった, だったのに, で一時, なの, なので, なほど, な円髷, な塩梅, な寺小姓, な島田, な晩, な果物, な男振り, な秋, な綺麗, な美し, な美人, な美男, な若衆, な顔, な鼈甲, になり, になりはじめた, にぬれ, にテラテラ, に美しい

▼ 垂れ~ (31, 1.0%)

4 をかかげ 3 の内側 2 を掲げた

1 [22件] がかけられ, がダラリ, で幾部屋, で顔, に蔽われ, のこ, のついた, の方, の模様, の隙, をかかげない, をつと, を一つ, を上, を下さう, を左右, を引き上げ, を押し分け, を捲っ, を掲げる, を片手, を靡かせ

▼ 垂れ~ (28, 0.9%)

2 中の, 外から

1 [24件] ベコニヤ印度の, 上に, 下から, 中から, 中で, 中へは, 二人は, 保輔であった, 傴僂が, 外で, 外に, 大供, 大将と, 姫という, 姫よ, 娘の, 子供ばかり, 家は, 徒党である, 徒党は, 横から, 猫背が, 裾より, 長い極地防寒帽

▼ 垂れ~ (28, 0.9%)

6 がつて 3 つた 2 つて, つてまるで, つてゐる

1 [13件] がつた穂波, ったらしく感じられた, つてそれが, つてゐた, つて中は, つて全体が, つて咲い, つて娘さんの, つて来た, つて来る, つて行く, つて過ぎ, 唇を

▼ 垂れ下った~ (27, 0.9%)

1 [27件] ところを, 両耳, 中に, 五葉松や, 何の, 半白の, 大きな口, 大枝は, 岩の, 曇空の, 柳の, 栂や, 栗の, 樹の, 樹間に, 毛の, 白い眉毛, 目の, 真珠白や, 瞼の, 筵戸の, 緋の, 葉子の, 葦の, 雨催いの, 髪が, 鯰の

▼ 垂れたり~ (26, 0.8%)

5 して 2 するの, 春の

1 [17件] あるいは薄荷パイプ, した娘子, しは, するばかり, する場合, 一つの, 上つ, 何か, 寝小便を, 或は手足, 手網で, 日の, 有頂天に, 溜息を, 總は, 銀行の, 騰ったり

▼ 垂れ籠め~ (22, 0.7%)

5 ている 2 てい

1 [15件] ていた, ておりました, ておわす, てくださらぬ, てたった, てのみ日, てのみ暮らす, てゐた, て分厚い, て御, て昼, て浩さん, て育った, て臆, て鬱陶し

▼ 垂れ~ (18, 0.6%)

121 ひ, ひぬ, ふ, ふその, ふでありませうか, へと願ひき

▼ 垂れ~ (15, 0.5%)

3 けり, 仕事の 1 けるかも, けれ, なって, なつた, 奔放な, 成つて居る, 様子を, 歌舞伎座牡丹燈籠などと, 甘垂れ

▼ 垂れ~ (12, 0.4%)

1 [12件] あがると, ある, ふくらんで, 上げられた, 上げられる, 上ると, 五人も, 彼の, 微かに, 明瞭に, 星の, 風も

▼ 垂れその~ (12, 0.4%)

2 頭を 1 下に, 光る足, 外に, 姨の, 指先が, 星明りの, 滴りの, 碧眼は, 葉叢の, 譯出した

▼ 垂れ下つて~ (11, 0.3%)

4 ゐた 1 ゐる, ゐるが, ゐるの, ゐる苧屑, 居た, 居りました, 居る

▼ 垂れ~ (11, 0.3%)

2 を伏せ 1 であった, は深い, をしょんぼり, をつむっ, をつむった, を白く, を瞑り, を瞬き, を閉じ

▼ 垂れ~ (8, 0.3%)

4 其場で 2 かつた 1 かつてゐる, 結び下げ

▼ 垂れ~ (8, 0.3%)

1 しめえが, ちぎれ凭竹, ケシ飛び, 上げて, 両方から, 抗議した, 深ぶ, 遙かに

▼ 垂れ下り~ (8, 0.3%)

1 その家屋, たるなか, たる薄き, ついに地, または融解蒸発, 効果が, 大きな眼, 魚釣る

▼ 垂れ両手~ (8, 0.3%)

2 を膝 1 で膝, は組ん, は袴, をつい, を畳, を組み

▼ 垂れ下っ~ (7, 0.2%)

4 ている 1 ていた, ているで, て来た

▼ 垂れさうな~ (6, 0.2%)

1 のが, コーモリ傘と, 年増です, 恰好で, 着物は, 露骨な

▼ 垂れそして~ (6, 0.2%)

1 寢褥に, 棒切れや, 歩み去った, 死んで, 頭にも, 鷓鴣の

▼ 垂れてを~ (6, 0.2%)

4 ります 1 り深, るの

▼ 垂れ~ (6, 0.2%)

5 をした 1 の運命

▼ 垂れ~ (6, 0.2%)

3 の幕 1 が地, は晴れよう, を左手

▼ 垂れ~ (6, 0.2%)

1 をうなだれた, をさしのばし, をたらし, を俛, を傾け, を垂れ

▼ 垂れそれ~ (5, 0.2%)

1 からすぐ, から立っ, がぜんたい, が岩礁, が彼等

▼ 垂れ小僧~ (5, 0.2%)

1 でも買っ, と寝小便娘, におめおめ, にからかわれ, のくせ

▼ 垂れ~ (5, 0.2%)

1 で一見, の佐原重兵衛, はげつそり, ひきしまった頤, ふくらみ面

▼ 垂れ黒い~ (5, 0.2%)

4 バイブルを 1 小形の

▼ 垂れから~ (4, 0.1%)

1 お米, のぞかせて, 一刀を, 僅かに

▼ 垂れがち~ (4, 0.1%)

1 であつ, なもの, な婦人, に歩い

▼ 垂れたる~ (4, 0.1%)

1 は落ち着いた, 帽子の, 樹を, 池の

▼ 垂れつつ~ (4, 0.1%)

1 あるに, 世を, 侘ぶと答へよ, 大様に

▼ 垂れ~ (4, 0.1%)

1 人づき, 女は, 拭いて, 高慢で

▼ 垂れ下げ~ (4, 0.1%)

1 て, ている, て互いに, て黄八丈

▼ 垂れ~ (4, 0.1%)

1 が微風, が薄紫, には澄み切つた, へ手

▼ 垂れ流す~ (4, 0.1%)

1 ものは, 時も, 糞便で, 隱し

▼ 垂れ罩め~ (4, 0.1%)

1 た河靄, た空, ていた, て月

▼ 垂れ~ (4, 0.1%)

3 をちぢめ 1 をすぼめる

▼ 垂れ落ち~ (4, 0.1%)

1 かかったり, てゐた, て薄い, て行った

▼ 垂れ~ (4, 0.1%)

1 のま, の唸り, もない, 吹けば

▼ 垂れさがり~ (3, 0.1%)

1 その尖, 建物の, 眼には

▼ 垂れては~ (3, 0.1%)

1 いたが, いるが, ふり落つる涙

▼ 垂れ~ (3, 0.1%)

1 ときた, にしてやられ, の足音

▼ 垂れ加減~ (3, 0.1%)

1 に至る, の濃い, を見よ

▼ 垂れ右手~ (3, 0.1%)

1 で眼, には湯呑, に握った

▼ 垂れ地蔵~ (3, 0.1%)

2 の由来 1

▼ 垂れ~ (3, 0.1%)

1 をころし, をし, を低う

▼ 垂れ~ (3, 0.1%)

1 が大切, の頬の, はその

▼ 垂れ~ (3, 0.1%)

1 をきちんと, を中心, を揮

▼ 垂れ~ (3, 0.1%)

1 でしきりに, で地面, はすこし

▼ 垂れ暫く~ (3, 0.1%)

1 おりつ, はじっと, 不快な

▼ 垂れ~ (3, 0.1%)

1 も濡れ, をやさしく, を噛み切ったらしい

▼ 垂れ流した~ (3, 0.1%)

1 のだ, やうな, 糞小便が

▼ 垂れ落ちた~ (3, 0.1%)

1 冬の, 毛髪を, 雲の

▼ 垂れ込め~ (3, 0.1%)

1 てゐた, て壁, て気

▼ 垂れいつ~ (2, 0.1%)

1 までもそう, までも冷たい

▼ 垂れうち~ (2, 0.1%)

2 ひしがれた心

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 行ったかな, 行ったん

▼ 垂れぎぬ~ (2, 0.1%)

1 に濾され, を揺する

▼ 垂れさながら~ (2, 0.1%)

1 渡御の, 達磨禅師の

▼ 垂れじっと~ (2, 0.1%)

1 殺されるの, 考えに

▼ 垂れてさ~ (2, 0.1%)

2 うして

▼ 垂れてと~ (2, 0.1%)

1 ぼとぼと歩, ぼとぼと脚

▼ 垂れても~ (2, 0.1%)

1 一匹も, 尻を

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 三下野郎を, 貧乏臭い

▼ 垂れながらも~ (2, 0.1%)

1 儼として, 私の

▼ 垂れまた~ (2, 0.1%)

1 ながいこと, 内臟

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 が, がと罵られた

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 あがる, アしますまい

▼ 垂れ下げた~ (2, 0.1%)

1 葛の, 鋼索が

▼ 垂れ下げられ~ (2, 0.1%)

1 てあつ, てゐる

▼ 垂れ下つた膝~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 垂れ下りそれ~ (2, 0.1%)

1 がほとんど, に気圧

▼ 垂れ下る~ (2, 0.1%)

1 洞窟の, 髪の毛を

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 の拳, 腕は

▼ 垂れ乍ら~ (2, 0.1%)

1 ころころと, 少許慄

▼ 垂れ先生~ (2, 0.1%)

1 と天狗先生, は叫んだ

▼ 垂れ兩手~ (2, 0.1%)

1 を胸, を膝

▼ 垂れ再び~ (2, 0.1%)

1 うや, 素の

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 に欄干, 髮で

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 も重くのろく, をいからせる

▼ 垂れ呼吸~ (2, 0.1%)

1 はだんだん, をはずませ

▼ 垂れ四季~ (2, 0.1%)

2 の風物

▼ 垂れ大きな~ (2, 0.1%)

1 目玉が, 胸は

▼ 垂れ意味~ (2, 0.1%)

2 も無く

▼ 垂れ果てた~ (2, 0.1%)

2 肩へ

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 の巨木, へ向っ

▼ 垂れ流れ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 垂れ片手~ (2, 0.1%)

1 で上半身, をひざ

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 を自分, 思わしそう

▼ 垂れ白い~ (2, 0.1%)

1 牙が, 花は

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 の視線, は二人

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 を伏せ舌, を澄まし

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 にはあるいは, を踏張

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 をかがめ, を屈め

▼ 垂れ自分~ (2, 0.1%)

1 だけの世界, に許容

▼ 垂れ苦しみ~ (2, 0.1%)

2 や怨み

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 を内, を門

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 の人々, は人通り

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 した若い, を頭

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 は腰, を合せ

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 の先, をひきずる

▼ 垂れ込めた~ (2, 0.1%)

1 二階の, 博士邸には

▼ 垂れ通し~ (2, 0.1%)

2

▼ 垂れ長い~ (2, 0.1%)

1 枝を, 髯は

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 の伏屋, を瞞

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 は他方, は禿げ

▼ 垂れ~ (2, 0.1%)

1 の色, は茫としてよく

▼ 垂れ飾り~ (2, 0.1%)

1 とを贈っ, のなか

▼1* [377件]

垂れあかき眼擦る, 垂れあるひは, 垂れあゝ何うし, 垂れいい匂が, 垂れいかにも物憂げ, 垂れいよいよ深く遜るべきで, 垂れうそ寒そうに, 垂れうっそりと眼, 垂れうなづきて, 垂れおとなしい眼付で, 垂れおのずから合掌し, 垂れかかるように, 垂れかげんでいる, 垂れがてにする山吹, 垂れきりっと合せた真白, 垂れぎぬの外にある, 垂れぎみの下, 垂れぐあいまでさながら生きた, 垂れぐあい白粉刷毛のよう, 垂れけむ桃の, 垂れけるにぞうるさ, 垂れここを歩い, 垂れさうな美しい女振りでした, 垂れさうな良い男ばかり, 垂れさがっている, 垂れさがった紙ひもが, 垂れさがってるしなやかな, 垂れさがりで顔の, 垂れさがり気味でした, 垂れさがり絡み合い胴に, 垂れさがれり, 垂れさげてまるで, 垂れさげた二人の少年, 垂れしおしおどこかへ, 垂れしかも四肢は, 垂れしたたっていた, 垂れしばらくじっと考えて, 垂れしぼんでる和服の, 垂れしみじみとその, 垂れしもたれならなくに, 垂れしんそこ後悔した人間, 垂れすごすご私の, 垂れそうして悠揚と, 垂れその間を燕, 垂れそれぞれ薄い陰翳, 垂れそれにしても四方の, 垂れたまへり, 垂れたりしも実に欧州, 垂れたる見れば秋, 垂れから一人, 垂れちやつて先生に拭い, 垂れついては汝に, 垂れつけがそん, 垂れつつも切尖, 垂れてから泣き腫らした眼, 垂れてぞともなわれし, 垂れてぞともなはれし, 垂れてもの食ふ, 垂れでもオビンズルでも, 垂れしほとを, 垂れどこに行っ, 垂れどっぷりと夜, 垂れなお扉から, 垂れながいこと悲し, 垂れながらとぼとぼと歩い, 垂れなす姫が, 垂れなせば, 垂れには春らしく, 垂れのれんを分け, 垂れぼんやり佇んで, 垂れまっ青な眼, 垂れまどひかなしみ, 垂れみじめな表情, 垂れシンと, 垂れもうこうなれば, 垂れもっぱら四季の, 垂れやうと云, 垂れやがつたからな, 垂れやがて憐み, 垂れやがてゆっくりと首, 垂れややしばらく息を, 垂れわが健脚の, 垂れわれはわが, 垂れゐたるに, 垂れゐつ我は, 垂れをも打った, 垂れイヤにもったいぶった, 垂れウオーウオーとけだもの, 垂れカブって涎流, 垂れコクリコクリと居眠り, 垂れトマトが熟れかけ, 垂れドロンとした, 垂れブラブラとさし, 垂れベネチヤの純白, 垂れミジンも殺意, 垂れレエスの胸衣, 垂れ一人は前, 垂れ一心に耳, 垂れ一段高い處, 垂れ万吉の棹, 垂れ上越の山地, 垂れ下したる日蔽は, 垂れ下つたくちひげ, 垂れ下つたのを透してる, 垂れ下つたカアテンを隔て, 垂れ下つたグリーン色の, 垂れ下つた口髭も名物, 垂れ下つた可憐な草花, 垂れ下つた枝を幾つ, 垂れ下つた淡紅色の花瓣, 垂れ下つた皮の無い, 垂れ下つた葡萄の實, 垂れ下つた藤蔓をたより, 垂れ下つた隣席の人, 垂れ下つた髪の毛を無, 垂れ下つて垢だらけの男, 垂れ下つて糸の露, 垂れ下つて行つて景色の變化, 垂れ下りそこから裸, 垂れ下り口は見る見る, 垂れ下り液が流れ出, 垂れ下り町を流れ, 垂れ下り行く手の陸, 垂れ世の常の悲しみ, 垂れ世事を一笑, 垂れ中央の大, 垂れ中段以下はおぼろ, 垂れ乍ら天井からぶら下る, 垂れ九カラット八カラット順次に, 垂れでぐッ, 垂れ二つの眉, 垂れ二人の人, 垂れの気, 垂れ今やいきいきとした, 垂れ今度は例, 垂れ今日で云え, 垂れしたあたり, 垂れ伏目になつて, 垂れ伴奏の曲, 垂れ低い声で, 垂れかを聞こう, 垂れ何遍もお辞儀, 垂れてすゑ人, 垂れによって床, 垂れ元気のない, 垂れ露幽, 垂れ入口は頭, 垂れ兵庫介は, 垂れ其上二日二夜海上に漂, 垂れ其処に塚, 垂れ其處に自分, 垂れには女たち, 垂れって御座る, 垂れ冷たい奇麗な, 垂れている, 垂れ切れの長い, 垂れ切石をたたみ, 垂れの辛い, 垂れ前髪でうつむいた, 垂れ剛力などは眼中, 垂れなさそう, 垂れ加えまた諺, 垂れ勝ちに跫音, 垂れ千思万思といった体, 垂れ卯の花は雪, 垂れ其大きな, 垂れ又は遙, 垂れ反りの強い, 垂れ口々に, 垂れの足, 垂れ合掌す, 垂れ同時に頭も, 垂れ見たらむしろ, 垂れ大きくゆるやかに, 垂れ大黒柱の前, 垂れ照るや, 垂れ天井を眺め, 垂れ太刀を捧げ, 垂れ姿鏡を写し, 垂れ学生は女, 垂れ守護し給, 垂れ小さくなって, 垂れ小さな膝を, 垂れ小僧めほんとに小憎らしい, 垂れ小児のよう, 垂れ小豆の粒, 垂れと失礼, 垂れを掉つて, 垂れ屋根のひくい, 垂れ屏風や襖, 垂れ山々は濛々, 垂れ工合が三十代, 垂れ左右は板羽目, 垂れ市中には犬, 垂れ布等を幻想, 垂れが一枚上, 垂れの代り, 垂れの奥, 垂れ帽子を手, 垂れ幕府方や会津桑名, 垂れを見詰めた, 垂れ廻してある, 垂れ引きいにし姿, 垂れ弘法菜の花をもつ, 垂れ強い蕾だけは, 垂れうすく俯向き加減, 垂れ影嚮石も厚い, 垂れ後ろ手をし, 垂れ後脚へ力, 垂れ得給ふからであります, 垂れ從來背部に殘つて, 垂れの中, 垂れ心頭にあった, 垂れ忌中と記し, 垂れ怖いもの見た, 垂れに改, 垂れ恐ろしい顔を, 垂れ悄々として歩い, 垂れ悔いおののいて, 垂れひしづめば, 垂れを乞, 垂れ憔悴しきった足どり, 垂れ憮然とし, 垂れ懸った頬の, 垂れ我足の爪先, 垂れ手火を投げ, 垂れ折り目の高い, 垂れ掛けた金襴の, 垂れをうける, 垂れ散らし頭の左右兩側, 垂れ散らす象を, 垂れ斜面を進撃, 垂れ断髪の彼女, 垂れもヒド, 垂れ日向でほのか, 垂れ日暮れて帰宅, 垂れのこと, 垂れ時々あげて, 垂れ暗く圧し迫る, 垂れ曲った方向に, 垂れ曳いて裸僧, 垂れ曳く丈の, 垂れ更にそれから, 垂れ朝寝かな, 垂れ木々の葉, 垂れ李伯将軍は膝, 垂れのよう, 垂れは霧, 垂れをのせた, 垂れに衣裳, 垂れ梵天幣或は旗, 垂れ椅子の上, 垂れの中, 垂れ横向きになった, 垂れより離れ, 垂れひ舞, 垂れ武蔵野一面が一種, 垂れ気味にし, 垂れ氣味にさ, 垂れは淙々, 垂れ水道栓が音, 垂れ沈思黙座す, 垂れ洞穴の中, 垂れ流しちまうから, 垂れ流れたその氷河, 垂れ浅黄または紅, 垂れのよう, 垂れ湖水の波, 垂れ滋潤の徳, 垂れ滲み出ている, 垂れとして涙, 垂れ無念そうに目, 垂れ熟視めぬる女, 垂れ片方の膝, 垂れ物案じ顔に歩い, 垂れ犬達はその, 垂れのやう, 垂れへ, 垂れ理想の釣法, 垂れ理由のない, 垂れ甚太郎は無念無想, 垂れなだらし, 垂れ相手が近づく, 垂れを上と下, 垂れ眉毛が三寸, 垂れ眼袋ができ, 垂れ瞑目し郡兵衛, 垂れは深く, 垂れを敬い, 垂れ稲妻に羅星, 垂れ空気は塵芥, 垂れ突撃的なる暗黒, 垂れは眼, 垂れ立木の梢, 垂れをとっ, 垂れは脱, 垂れの外, 垂れ粕どもが, 垂れの端, 垂れ紅麻の裾, 垂れにも見えた, 垂れ素盞雄尊を見る, 垂れ終ったところで, 垂れ終戦の聖断, 垂れ給はん事を, 垂れ総体に単純化, 垂れ緑色の眼, 垂れへ見れ, 垂れ聴衆席と反対, 垂れがいや, 垂れに紅き, 垂れ脇息褥目にうつる, 垂れを組み, 垂れをつき出し, 垂れ腹の中にはトンカツ, 垂れを折つて, 垂れ自らそれをなに, 垂れはいま六七人, 垂れ若者は翁, 垂れ草叢からとび出, 垂れ莞爾とばかり笑った, 垂れの間, 垂れると, 垂れ落ちますと血, 垂れを垂れ, 垂れ蒼ざめて常に虚脱的, 垂れ蒼白に凋れこ, 垂れ蒼白めた唇, 垂れ藤下の明子, 垂れの色, 垂れを見せ, 垂れ深く頤, 垂れ規則正しく揺れて, 垂れひ踊る先祖, 垂れは莢, 垂れひ, 垂れ赤い羽二重の, 垂れ赤地金襴の袋, 垂れに葛, 垂れ身長の高, 垂れ車坂の方, 垂れの輪, 垂れ近侍小姓は綺羅星, 垂れ遂には地上, 垂れ過去を追想, 垂れ遠くに見える, 垂れ重々しい重量を, 垂れ鈴蘭が匂い, 垂れ鉛筆で書類, 垂れ銀錫円盤大の白月, 垂れの睫, 垂れ長く伸びた指, 垂れ長刀を持っ, 垂れ閉口したよう, 垂れ開いてその, 垂れに聳えた, 垂れ間口が狭い, 垂れの香襲, 垂れ階段の方, 垂れ難い地では, 垂れ降ると, 垂れや雨, 垂れ青い上着を, 垂れ靡いている, 垂れを覆, 垂れ面相全く女, 垂れ鞠躬如かたつむりの, 垂れ頬意志強そう, 垂れ頬柔和の容貌, 垂れ颶風起りて, 垂れ馬方の背, 垂れはふるえ, 垂れを項, 垂れの苦患, 垂れの帯, 垂れ黒インキのよう, 垂れの下